5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

家畜人ヤプー

1 :吾輩は名無しである:01/12/05 00:19
どうよ?

2 :吾輩は名無しである:01/12/05 00:31
どうよっていわれても、最高ですけど?
セッチン!

3 :吾輩は名無しである:01/12/05 00:33
あれって、作者正体不明なんだよね?

4 :吾輩は名無しである:01/12/05 00:48
本当に作者だれなの??
ウヨから怒りかって大変だったろうな・・・・・。

5 :吾輩は名無しである:01/12/05 00:51
ダヴィンチにでてたよ。

6 :吾輩は名無しである:01/12/05 01:02
>5
いつのダヴィンチ?誰だったのですか?

7 :吾輩は名無しである:01/12/05 01:06
裁判官説・代理人の編集者天野説などがあるけど、
どれもイマイチ。

8 :吾輩は名無しである:01/12/05 01:08
別スレに遠藤周作が正体とも出てたけど・・・。
ソースがどこにも見当たらない

9 :吾輩は名無しである:01/12/05 01:13
前からうわさは聞いてましたが、ふるほにゃで500円で
見つけて迷った。買いですか?

10 :吾輩は名無しである:01/12/05 01:14
>>8
遠藤スレですか?

11 :吾輩は名無しである:01/12/05 01:15
>>10
そうです。

12 :吾輩は名無しである:01/12/05 01:20
遠藤スレの22

13 :吾輩は名無しである:01/12/05 01:25
>>6
よく覚えていないけど一年以上前だったと思う。
じいさんだったが、眼光が鋭かった。「殺されるのが最高の
マゾヒズム」よーなことを言っていたような…

14 :吾輩は名無しである:01/12/05 01:27
「殺されるのが最高のマゾヒズム」

すげぇ、本物のあっち側の人だったんだ

15 :吾輩は名無しである:01/12/05 01:35
ここなんの話しのスレですか?

16 :吾輩は名無しである:01/12/05 08:12
>>9
全1册のやつだったら買いです。
どの版かな?

17 :吾輩は名無しである:01/12/05 08:38
>1
文学板にヤプーですか!サイコーです!
ついでにSM板にも立ててクレ

18 : :01/12/05 08:45
つーか、バイオ技術がこれだけ進歩すると、ヤプーの世界って説得力
がありすぎるほど気味が悪い。
作者が名を隠すほどの問題作だったんだろうけど、ほんと、誰が書いたんだろ?
あれって1970年代だっけ?

19 :吾輩は名無しである:01/12/05 08:54
ミステリー板のヤプースレと相互リンクしておきました
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/mystery/984491199/

にもあるけど、ダ・ヴィンチって雑誌に作者本人が出てる
写真&インタビューつき!ふつーのじいさんだったyo

20 :吾輩は名無しである:01/12/05 10:15
洋モノの『オルガスムス・マシーン』はヤプーの男女の役割を
ひっくり反したような世界。でもなんか大味なのは海外ポルノ
映画と同じ。

21 :吾輩は名無しである:01/12/05 12:09
殺されるのが最高のマゾヒズム・・
らしき作品は遠藤周作も書いているよね。
「悪霊の午後」だっけ??

22 :吾輩は名無しである:01/12/05 18:09
がーん。全1冊のなんてあったの?初版???
私は3冊やわ。

23 :吾輩は名無しである:01/12/05 18:38
>>22
小説版だけで

都市出版社 1970
スコラ 1991
ミリオン出版 1991
太田出版 上中下巻 1993
幻冬社 1ー5巻 1999

これだけあります。

24 :22追加:01/12/05 18:42
角川文庫 1972

もあります。
書き足しながらの出版ですから
版によってちょっと違ってきます。

25 :吾輩は名無しである:01/12/05 22:12
>>24
角川版が一番いいよね

26 :nanashi:01/12/06 08:55
作者は元東京高裁判事の倉田卓次氏だと思う。「裁判官の書斎」などの名著で知られる。
以上。

27 :吾輩は名無しである:01/12/06 10:38
>>26
それが一般的な見方だけど、
どうかな。

28 :吾輩は名無しである:01/12/06 11:26
>>16
了解。買いに逝ってきます。

29 :28:01/12/06 11:28
一冊、集めの文庫本でした。第何版とかは覚えてないけど。

30 :16&22:01/12/06 12:06
>>28
1册で厚めの文庫だったら、角川文庫だと思う。
数年前に都市出版社版が¥2000で古本屋にあったから、
¥500は安いよ。
これ以降(ミリオン出版〜)の版は書き足し過ぎの感もあるからねえ。
よろこんで逝ってよし!

31 :16&22:01/12/06 12:14
斉藤綾子の処女作”愛より速く”に
N氏の名前で登場してます。
斉藤綾子の描写がいいから古本屋で見かけたら買ってね。

32 :草双紙趣味:01/12/06 19:09
「ある夢想家の手帖から」と
読み比べて見ると文体はまちがいなく
倉田卓次って感じ。
荒俣宏が近著で生物学の某大家が材料を提供
…みたいなこと書いてたから複数作者とまでは
いかずとも素材提供者は多数いたかも。
倉田氏は一高→東大で同期には大家多し。
そのあたりの青春群像は「二十歳にして
心朽ちたり」で描かれてるそーだが未読。
あと古本屋で買った「手帖」(潮出版社版)
は著者サイン入り本だった。ただし「代理人」
天野哲夫が沼正三本人として活動してるので
(ダ・ヴィンチも「愛より…」も天野氏では?)
油断はできぬ。

33 :吾輩は名無しである:01/12/07 22:34
親が石森章太郎の漫画と小説両方持ってたから、小3で漫画版、中1で原作読んだ。
イース編と、古代地球編、みんなはどっちが好き?

34 :16&22:01/12/08 09:44
>>32
沼氏と天野氏は別人なんですか?
同一人物だと思ってました。

35 :16&22:01/12/08 09:47
今年出た”犬になった老人の死”天野哲夫に著作リストがありました。
数回にわけて買いときます。

36 ::01/12/08 09:48
フウイヌムに飼われていたヤフーなら知っているが?

何?ヤプーって。

37 :吾輩は名無しである:01/12/08 09:58
沼正三名義
1 家畜人ヤプー 都市出版社 1970
2 ある夢想家の手帳から1 都市出版社 1970
3 劇画 家畜人ヤプー 石森章太郎 都市出版社 1971
4 ある夢想家の手帳から2 都市出版社 1971
5 ある夢想家の手帳から3 都市出版社 1972
6 家畜人ヤプー 角川文庫 1972
7 ある夢想家の手帳から1 ニトリア書房 1974
8 金髪のドミナ(ある夢想家の手帳から1) 潮出版社 1975
9 家畜への変身(ある夢想家の手帳から2) 潮出版社 1976

38 :吾輩は名無しである:01/12/08 10:26
三島由紀夫大絶賛。

39 :名無しさん:01/12/08 13:26
旧制高校→旧帝大・学徒出陣→戦争体験・エリート変態ネットワーク、みたいなもの
があったんじゃないンスかねぇ。
あ、あとこないだ亡くなった会田雄次氏著、『アーロン収容所』って『ヤプー』の
モトネタみたいな内容です。必読!(笑

40 :吾輩は名無しである:01/12/09 13:36
今月発売の「決定版三島由紀夫全集13巻」の月報に
『天野哲夫(沼正三)』としておっさんが一文寄せてる。
三島が変態マイナー雑誌での連載の切り抜きスクラップまで作って
ヤプーを愛読してくれてるって聞いてびびったとか、
三島が強く推してくれたので公刊できたとか。

41 :吾輩は名無しである:01/12/09 17:25
ウチの大学の元裁判官の教授が、倉田氏の筆跡、文体に酷似してる。
って言ってた。

42 :吾輩は名無しである:01/12/20 19:44
ヤプー怖いよぅ。

43 :吾輩は名無しである:01/12/20 22:31
このスレを見て、家畜人ヤプーを買って読みました。
1巻だけだったけど、もうダメ・・・・・。
お肉が食べられなくなりました。

疑問なんだけど、日本人以外の黄色人種は存在するのかしらん?

44 :吾輩は名無しである:01/12/22 15:26
君はどんなヤプーになりたいの?

45 :吾輩は名無しである:01/12/22 16:20
>>43

>疑問なんだけど、日本人以外の黄色人種は存在するのかしらん?

すげえ、疑問だね・・・ね、ね、どしてそう思うの?

46 :吾輩は名無しである:01/12/22 16:38
>>45
43じゃないけど、「ヤプーの作品世界には日本人以外の黄色人種
は存在しているのか?」という質問なんでは?

47 :吾輩は名無しである:01/12/22 16:42
>>46 そうか、そういうことか・・・そうだといいけど。

48 :43:01/12/22 20:39
>>47
そうです。ヤプーの作品世界には・・です。
どう思います?

49 :吾輩は名無しである:01/12/23 03:03
>48
たしか後編の方に「日本人は動物が人間の真似をしていただけの
偽人間、黄色人種とは違う」(要約)
的な事が書いてあったと思う。
中国人がちょっと出てくるんだけど黄色人種として人間扱いだったような

50 :43:01/12/23 04:53
>>49
そうなんですか・・。
今、文庫本1巻目を読んだだけなので、わかりませんでした。
読んでもいないので、本来ならばなんともいえないところでしょうが、
「日本人は、動物が人間の真似をしていただけ・・・」っていうのは、
ちょっと苦しいですよね・・?

51 :吾輩は名無しである:01/12/25 00:15
 2chできちんと「ヤプー」批評ができるのか?
 っつうか、この作品を批評できるんだったら、相当な奴だぜ、をい。

52 :吾輩は名無しである:01/12/25 00:23
あはははあ!
便所便所べんじょ!!!!!!!!!!!

53 :吾輩は名無しである:01/12/25 00:26
>51
禿胴衣。まともに論じるなら、面白い。

54 :吾輩は名無しである:01/12/25 00:46
みんな便所!

55 :吾輩は名無しである:01/12/25 00:50
 生物学とかの理屈を根拠とした上で発展させる物語は、
真実性を向上させることで現実感を読者に植え付ける。
 ってな手法には惚れるぜ。

>>51
 「ドグラ・マグラ」や「背徳の栄え」を批評しろってこ
となのですか?

56 :吾輩は名無しである:01/12/25 12:16
理屈や根拠はあんまり関係ないんじゃないかな?
そういうのを無視したところに(まあ一応それっぽくは書いてあるけど)
この作品のすばらしさがあるんじゃないかな?

57 :吾輩は名無しである:01/12/25 13:13
>>43
ヤプーの世界では、「白人=神、黄色人種=中間、黒人=奴隷」という序列がある。
今も厳然として存在する序列を強調したもんだね。

で、百太陽帝国では、日本人は「知的猿猴」つまりヒトモドキ、人間並みの知能を
獲得した猿の一種という生物学が主流になっている。
だから白人は日本人を改造して皮革や便器にしても良心の呵責はない。
ヤプー世界では、日本人以外の黄色人種はすべて滅び、日本人が家畜として扱われて
いるので、結果的に「白人=神、黒人=奴隷、日本人=家畜」の序列ができあがっている。

58 :吾輩は名無しである:01/12/26 02:48
 >>43
 日本人以外の黄色人種が滅んだ理由というのが、第三次世界大戦による
放射能の影響と、α爆弾によって発生したω熱によるもの。
 第三次世界大戦は、米国からソ連などの共産圏(1978年が第三次世界大
戦の起こった年。しかし大戦は一日で終了)に撃ち放たれた水爆α爆弾に
よって一日で終結した。だが同時にソ連も米国へ爆弾を撃ち放つ。
 この爆弾が細菌兵器ω熱を含んでいた。ω熱はメラニン色素の弱い人間に
感染するウィルスであり、これによって米国白人は次々と死んでいき、ま
たたく間に黒人の人口比率が上がっていった。
 さて、この辺りのことはさておき、黄色人種の話だ。
 最初に米国によって撃ち放たれた水爆によってユーラシア大陸は放射能
によって汚染された。これによってソ連を含む共産圏人類は滅亡していく。
 日本もω熱による被害を免れなかった。人口の大半を失い、また同時に、
気象の関係からソ連に降り注いだ放射能が日本にも降り注いだ。
 ……ってな説明が「ヤプー」の第二十四章に書かれているので、あとは
読め。

59 :吾輩は名無しである:01/12/30 00:46
批評とかしようとした時の最大の問題は、この小説を読んで、
「嗚呼、これぞパラダイス!」と思える人(日本人で!)でなければ
この物語に対する批評・非難・苦情は行えないという事かな(w

60 :吾輩は名無しである:02/01/03 23:58
高校生の時初めて読んでから劇画版も買った。70年出版のやつだけ買ってないのよね、私。

61 :吾輩は名無しである:02/01/07 02:37
 白人になりたいと思うね。

62 :吾輩は名無しである:02/01/07 03:09
そういう人が読む作品じゃないんじゃないかな?
わからなくはないけど。

63 :御神体は皮かむりである:02/01/08 06:29
唇人形キミコ萌え

ショートカットにヘアバンド・・・・ハァハァ

64 :吾輩は名無しである:02/01/11 13:53
劇画版のキミーはロングヘアだったが・・・

65 :僭越厨房:02/01/12 11:31
この本を推奨した三島由紀夫や石森章太郎は勇気あるよね。マゾなんですか?
って人に聞かれるだろうし、マゾヒストでなければ、価値は分かるまいと思うし。 ・・・

66 :僭越厨房:02/01/12 11:37
倉橋由美子が沼正三らしき人に女王様になって下さいと迫られる女
子大生を主人公にした小説書いてた。「変身」だったかな? 題名も
内容もうろ覚えですが。萌えたけど・・・

67 :吾輩は名無しである:02/01/12 11:50
日本のアニメーションの粋を集めて映画化したらどうかね、この作品。
アンチ・ディズニー!

68 : :02/01/12 14:38
ヤプーのAA無いのかな?

69 :吾輩は名無しである:02/01/12 16:06
>>67
枠を集めておきます。

70 :吾輩は名無しである:02/01/12 16:21
>69
木偏じゃないよ! 米偏だって(和良

71 :吾輩は名無しである:02/01/12 22:31
>>70
ジョークだよ。
あーーーー、ここ文学板じゃないの?
誰、厨房いれたの?

72 :70:02/01/12 22:41
>>71 勿論気がついてるよ。せっかく突っ込んでやったのに。ばか

73 :吾輩は名無しである:02/01/12 23:08
>>72
突っ込んでいただいたとのこと、ありがたく、
厚く御礼を申し上げます。
失礼がありましたことは、大変申し訳なく、
心よりお詫び申し上げます。

74 :吾輩は名無しである:02/01/12 23:15
>>70
これが突っ込みだと言うのは苦しいんじゃ・・・。
>>70のレスがなければ、>>69はまあまあ笑えたんだが。

まあ、いい。スレ違いのやりとりは他でやってくれ。

75 :吾輩は名無しである:02/01/13 05:20
 馴致への過程。
 同族意識→決別→下僕への強制→
虐げられる苦痛→思慕による救済→
恋人から主人へ→主人への思慕→
思慕による苦痛の受け入れ→
下僕化の羨望→家畜への意識→
家畜化

76 :吾輩は名無しである:02/01/20 04:38
>67
そんなモノ作ったら映画館の前にライトウイングの
黒い車がずらりと並んじゃうだろうね。
作るとしたらアンナ・テラスが出る前でやめとかないと。



77 :吾輩は名無しである:02/01/20 19:51
放置プレイのヤフーが1年縛りプレイも始めた模様
http://www2.bbspink.com/test/read.cgi/sm/999950697/

家畜ヤプーな話題にスライドしているので
文学板のヒトにも乱入してほすい気分

78 :米押し達磨:02/01/30 21:29
白人女の体臭描写がいやらしくて好き。

右系は三島由紀夫の鶴の一声で攻撃を止めたのでは?むしろ
「アングロサクソンは本音では日本人を軽蔑しているのだ」
「フェミニズムへの妥協の果てにこのような世界が待って
いる」という教材として好意的に受け入れているように思う
(作者の意図と無関係に)。

>>67
私は実写希望。ドリス役はデニス=リチャーズがいいな。

79 :吾輩は名無しである:02/02/09 09:42
この作品をフェミニズムの立場ないしシンパシーから評価しよう
とする人も多いが、私は同意できない。

白人女性の絶対権力の前提は子宮畜たちであり、子宮畜や唇人形・
長髪尼畜として使役されているのは選び抜かれたエリート雌畜達
で一般雌畜はフェムハイブでブリーディングマシンとして子宮を
搾取され続ける。

黒人奴隷にも父権制が機能していることが語られる。

イース女権制の恩恵にあずかっているxx染色体所持者は
全体の0.1パーセント以下である。

「強くて美しい女だけがフェミニズムに値する」というのが
作者の思想ではないか。

80 :吾輩は名無しである:02/02/10 01:53
 このスレッド、本当にゆっくり、動いているよなぁ。

81 :吾輩は名無しである:02/02/15 15:19
初期が倉田氏、ある時期から天野氏が書いているのかもしれない。
「裁判官の書斎」シリーズはいいね。

82 :吾輩は名無しである:02/02/18 19:15
>>81
俺は「裁判官の書斎」シリーズすべて(4巻)持っている。
ところで、「新潮45」の嵐山光三郎の文章を読んでいて知ったのだが、
後藤繁雄編「独特老人」の中に天野のインタビューが入っていて
沼正三のことについて語っているようだが。現物の本を見ていないので
情報求む。

83 :吾輩は名無しである:02/02/18 22:49
嵐山はかつて天野のことを沼の関係者と認めていなかった。
天野がそのことについて文句を別冊宝島に書いている。
30年前は天野に対してひややかな人が多かった。

天野は書いたものを読むと粘着質。ネットに登場したら「人をナチュラルに
不快にさせる文章」とか言われて叩かれまくるタイプの文体ではないか?


84 :吾輩は名無しである:02/02/28 00:55
今、幻冬社の文庫で読んでいるんだけど、
なんか途中からつまらなくなってきた。
4巻は1、2巻とは別の人が書いてるんじゃない?
それとも沼正三って、複数の書き手の集合体なのかな。
言葉遊び(こじつけ)がいっぱい出てくるけど、
最初の方が面白かった。

85 ::02/03/09 12:55
誰でもあると思うんだけどそのドアは自動ちがうんやパン。そこそないしたあ
ストラングラーズにrotten thought yapsとか、goobye truthとかありますし
よんでんだろうね。俺の周りにもyappoというアダのやついたし。こくらまくら
とアレ砂漠そうてくまくまやかんちゃうまくららやかんとにかくあることない
こと宇宙いた帰った。生まれた死ぬ。


86 :吾輩は名無しである:02/03/09 13:31
>>85
私のようなバカにも理解できるように書いてくださいまし

87 :吾輩は名無しである:02/03/09 13:37
>>85
キミは出来損ないのジョイスか?
駄畜人ジャプーか?
それとも326を打倒するために幻冬舎が開発した最終兵器「前立腺のみアンドロイド」か?

88 :吾輩は名無しである:02/03/15 18:43
貿易センタービルのあった場所に投写でビルを再現した映像をみて
邪盤国のセンターピラーを思い出したのは俺だけ。

89 :吾輩は名無しである:02/03/27 13:51
age

90 :吾輩は名無しである:02/04/02 00:29
「この小説のすばらしいところは、前提が変われば世界は変わるということを
証明しているところだ」by三島由紀夫(寺山修司との対談より)

三島は評論「小説とは何か」でもこの作品に言及している。これは優れた評論。

俺は「ヤプー」を読んで法律という体系がいかに構築されてるか知ることができた。


91 :吾輩は名無しである:02/04/09 15:37
>>60
劇画なら読んでみたいのですが、まだ出てますか?

92 :吾輩は名無しである:02/04/09 22:59
>91
普通の本屋にはもう無いかも…
関東近辺なら、「まんだらけ」っつう古本屋に聞けば有る事が多い。
後はヤフオクとか。普通の古本屋では見たことないな…
60さんじゃないけど、参考になれば


93 :吾輩は名無しである:02/04/11 16:08
>>92
サンクス。

94 :吾輩は名無しである:02/04/15 07:40
>>67
>日本のアニメーションの粋を集めて映画化したらどうかね、この作品。
アニメもいいけど、
モンスターズ・インクのようなCG作品でも、
なるべくリアルに。

まあ、日本では性(器)表現の限界で無修正公開は無理だろうが。
というか表の世界ではアメリカを含めてどこでも不可能な気がする。

人種差別とか奴隷制・人体改造等々。
そうとうヤバイ作品だからちょっとね。
Snuff Film並の危なさ。


95 :吾輩は名無しである:02/04/16 01:36
当方、女子なんですけども。
これ読んだとき
あたしゃ子宮畜になれんわ。
精々、沢山のヤプーを産むだけ産んで、
ボロ雑巾のように死んでゆくのであろう…
と思った。

96 :吾輩は名無しである:02/04/16 13:35
「ある夢想家の手帖」は買う価値がありますか?
ネットで購入しようかと思っているのですがビンボーなので
思いきりがつきません。どなたか教えてください。
ちなみに家畜人ヤプーは娯楽として面白かったです。

97 :吾輩は名無しである:02/04/17 06:09
公立中学で平均点を取れなかったDQNが「大学に行って
サラリーマンになりたい」などと抜かす現代、職業的
威信を以ってUNGKOの処理を遂行するヤプーの世界は
再検討に値する。

98 :吾輩は名無しである:02/04/18 22:47
まがりなりにも、セッチン達は誇りを持って任務を全うしているからな。
そのへんはおおいに見習いたいトコロ。

99 :79:02/04/22 18:58
>>95
貴女みたいに認識しないで自分をクララやカヨに投影する女性読者
が多いんですよね…困ったことに(^^;)

「オラ、コレガオマエガオ腹ヲ痛メテ産ンダ仔ダ。アト20匹
ハ産マセルカラナ」と黒奴獣医に双仔の標準型肉便器幼体を突
き付けられ、恐怖の表情を浮かべ絶望の涙を流す雌ヤプー……
かなり萌えなシチュと思うが。

100 :吾輩は名無しである:02/04/23 00:07
ひゃぷー

101 :吾輩は名無しである:02/04/25 14:25
>>84
誰が書いたかはともかく書き足した分は蛇足だと思う。

突飛ではなくきちっとしたお行儀よい作品。
どうも阿Q正伝に似ている気がするのは気のせい?

102 :吾輩は名無しである:02/04/28 20:54
作者の沼正三は天野哲夫です。
天野哲夫は自伝「禁じられた青春」で本名が沼倉正三であると告白している。

つまり本名が沼倉正三でペンネームが沼正三および天野哲夫ということ。


103 :吾輩は名無しである:02/04/29 20:29
右翼は案外ヤプーにはまるかもよ。
最近の大半の右翼は単なる日本軍オタクで、皇室には思い入れ薄いと思う。
ファッションで天皇天皇言ってるだけ。
白人に対する思いは複雑だと思うよ。クララは憧れのドイツ人だしね。


104 :吾輩は名無しである:02/04/29 20:59
山上たつひこが漫画化しようとしてたんだたけ?

105 :吾輩は名無しである:02/04/29 21:07
あの絵で?

106 :吾輩は名無しである:02/04/29 22:29
「風光る」のタッチで描こうとしたのかな?

107 :105:02/04/29 23:44
「風光る」読んでないや。
だけど、石森章太郎の印象が強すぎてどうにもならないだろう。個人的には。
あと、宇野アキラの挿し絵ね。

108 :吾輩は名無しである:02/04/30 16:32
読んだ事ないけど、このスレ読んでかなり気分悪くなりました。オエー

109 :吾輩は名無しである:02/05/01 03:20
>>108
なんでだ?気分が悪くなるとは少々俗物っぽいぞ。

考えてもみたまえ、人間だって動物の一種だし、
ヤプーに対する扱いは牛・豚・鶏等の家畜に対して
やっていることと同じだよ。
我々は毎日、彼らに対して一方的に、
品種改良して、繁殖させて、去勢して、殺して、解体して、
喰っているんだ。皮革は手袋になったりしているんだ。
(初等教育させてから、皮革工場で生きなめしするなんてことはやらないが)

結局は、強い種族が弱い種族を好きなように扱う権利を有する、
という現実がある。


110 :吾輩は名無しである:02/05/01 03:44
>>109 てかそういう今となってはあったりまえのことをウダウダするのも
族っぽいような気がしますが。

111 :光る風:02/05/04 00:45
>>106
ピカーンひゅ〜

112 :吾輩は名無しである:02/05/04 09:27
up

113 :吾輩は名無しである:02/05/05 09:17
石森・佐藤版はちょっとな〜

ポーリーンやドリスはいいんだけどクララやセシルの
デザインがちょっと酷すぎ。あと、麟一郎が男前すぎ
る。

114 :吾輩は名無しである:02/05/05 14:35
天野哲夫(本名はしらん)さんは新潮社の社員でした(新潮社では有名)。新宿の某所に時々顔を出し、
お客のおしっこ飲んだり、アナルなめたり、いろいろしてたそうですよ。
以上は伝聞によるもの。真偽のほどは・・・。

ヤプーのすごいところは確実に現代を予見していること。今ってまさにヤプーの世界だもんな。
それに気づかないDQNばかりというのがまさにヤプーの世界だよ。
日本人はほんとみんな肉便器になっちまったぜ!

115 :我輩は名無しである:02/05/13 21:50
石森版のヤプーはどうなんですか?
私は小学生の頃本屋で出だしだけ見て、
結局中身見る勇気なくて見てないんですけど。

116 :我が輩は名無しである:02/05/14 01:51
これって一体どんな話なんですか? 問題作なの?
小学校の図書室にフツーに置いてあったから、何かほのぼのした
話かなと思ってた…。

117 :ひ@文学者:02/05/17 03:29
石森版、いいんじゃないかな。
でも、漏れはもっとリアルな劇画で見たひ・・・。
原哲夫とか平松伸二みたいな画風で。
誰か描いてきれ〜!

118 :吾輩は名無しである:02/05/17 14:29
>>116
今までのレスを見ればお判りかと思いますが、日本文学の傑作です。
小学校においてあったのも、きっと子供に読ませるべきだと先生たちがお考えになったんでしょうね。
友人や恋人への贈り物に最適です。
感動します。

119 :我が輩は名無しである:02/05/17 23:24
子供(小学生)が読んで分かるのか?
つーか、読み切れるか??

120 :吾輩は名無しである:02/05/31 16:20
102さんの言う通り、作者沼正三は天野哲夫ですね。
図書館にあった天野哲夫の自伝で確認しました。

この自伝「禁じられた青春」は登場人物がすべて実名なのが
すごい。
でもほとんどが戦前の話なので、天野氏の他のエッセイに
あるような話が載ってないのが物足りない。
できたら戦後編を読みたいと思うのだけど。
登場人物が実名では差し障りがあって書けないんだろうな。





121 :吾輩は名無しである:02/06/12 21:17
我は傷口にして刀
生贄にして拷問吏なり...

O嬢は萌え〜
ヤプーは萎え〜

122 :吾輩は名無しである:02/06/19 03:00
先日美術館で出会った腋臭のキツイ白人美女(ブロンドで身長
は180近くあった)にセッチンとして御仕えしたい…去勢され
てもいいから…




123 :吾輩は名無しである:02/06/19 03:45
おーこのスレまだ生きていたんだ。

>>26
それ、随分と昔に裏取れてたでしょ?

むかーし、TBS「報道特集」でもやってたよ。
倉田さんにも直撃取材してたもん。

124 :吾輩は名無しである:02/06/30 07:36
>>123
それで確定なの?>>120は?

125 :吾輩は名無しである:02/06/30 09:36
作者がこれを書こうと思ったのは以前外人の女とつきあっていて、その女ににひどいふられ方をしたから、復讐としてこれを書いたと聞いたことがあるんですが。
太田出版版のあとがきに出てくるマダム・マリリン・NMという人がその人でしょうか。

126 :吾輩は名無しである:02/06/30 10:57
作者は倉田さんではなく天野哲夫だろ。
「日本幻想作家名鑑」幻想文学出版局に
ながらく「沼正三の代理人」を称していたが1982年に
本人であることを告白した。
とあるよ。




127 :吾輩は名無しである:02/07/10 04:33
>>125

復讐ではなく差別的に扱われ倒錯的なセックスを強いられた
関係を懐かしんで書いたのでは…

128 :吾輩は名無しである:02/07/17 13:22
>>127
戦争で英軍の捕虜になった時の影響ってきいたぞ

129 :吾輩は名無しである:02/07/24 23:26
これを白人に読ませたらどんな顔をするだろう?

130 :遠藤千秋:02/07/24 23:28
家畜人だプー

131 :吾輩は名無しである:02/07/25 00:02
>>129
手を叩いて喜ぶ。

132 :乙葉 ◆wljPk1.c :02/07/25 00:03
人間椅子とか人間便器とかすごかった!

133 :吾輩は名無しである:02/07/25 01:33
まだ最後まで読んでないけど、結末はどうなるの?

134 :吾輩は名無しである:02/07/25 02:33
>>133
言っていいの?

135 :吾輩は名無しである:02/07/31 21:09
>>129
白人のゲロを喜んで食うと描写された黒人の方が
マジギレしそうだな。

136 :吾輩は名無しである:02/08/01 07:12
不覚にも>>130で笑ってしまった。

137 :吾輩は名無しである :02/08/02 15:22
一週間前に、全5巻のやつを本屋さんで見つけて全部買って来ました。どんなヤプーがでてくるのかなぁ。最後はどうなるんだろー。

138 :吾輩は名無しである:02/08/04 23:59
作者は有名作家を含む(澁澤龍彦等)プロジェクトチーム
だったというトンデモ説を長いこと信じてました。


139 :吾輩は名無しである:02/08/08 21:24
日本神話の美女コノハナサクヤが改造人間・顔面おまんこ男だったなんて…

140 :吾輩は名無しである:02/08/08 22:11
荒俣氏の著書で、康○○が家畜人ヤプーの仕掛け人だとありました。
康さんはモハメドアリを日本に呼んだりした有名なプロモーターです。


141 :吾輩は名無しである:02/08/08 22:13
猪木vsアリ戦を企画した興行師は、この作品をデヴィッド・リンチに
映画化させるのが夢なんだってさ。

142 :吾輩は名無しである:02/08/08 22:15
ケコン?

143 :吾輩は名無しである:02/08/08 22:32
石原ネッシー交流も夢だったんですかね?

144 :吾輩は名無しである:02/08/08 22:34
そういや麻原は康○○氏の弟子だったそうで。

145 :吾輩は名無しである:02/08/16 19:03
ttp://www2.ocn.ne.jp/~lucifeus/KL1_1.html

なかなかよく出来ていると思う。

146 :吾輩は名無しである:02/08/17 19:38
これ読むとマゾだと思われてしまうんですか?

147 :吾輩は名無しである:02/08/30 19:08
>>146
そんなことは無い。これは決してフェミニズムではない。

148 :吾輩は名無しである:02/09/09 19:58
実家に帰省して、親父とヤプー談義を交わした。あの当時すごい話題になったって本当だったんだ

149 :吾輩は名無しである:02/09/10 04:02
1983年頃?の「諸君!」に沼正三はK田判事であるとの特集があった。
>>123の報道特集云々はそのころではなかったのか?
おそらく、正編はK田氏、(評判の悪い)続編はA野氏によるものかと。

イースの法体系や社会構造を描写しているところなど、法学者ならではと
思わせる。ブンガク系の人ではああいった書き方はできないと思う。
三島もヤプーについて「小説とは何か」の中で「文学的ではないが、小説
として成立している」みたいな書き方で、何か匂わせてるような・・・。


150 :吾輩は名無しである:02/09/16 15:51
いまよみおわったところです。
都市出版社版を。

クララが黒獣を倒して
え!?おわり?あ、でもおわりか。
と、おもいました。
続きがあるの?



151 :吾輩は名無しである:02/09/16 15:52
http://profiles.yahoo.co.jp/tengaiten2002

152 :吾輩は名無しである:02/09/17 00:33
>>150
幻冬社アウトロー文庫から全5巻の完全版が出ている。但し、書き足された分は
最初の作者とは別人との噂が尽きない(このスレの議論を参照してね)。

153 :150:02/09/17 01:04
ありがとうございます。
そういうことだったんですね>議論。
都市出版社版は文字が緑で2段組で読みにくいことこの上なし。

154 :吾輩は名無しである:02/09/20 18:12
図書館にリクエストして一巻読了。
ちょうどプリン食ってるときに肉便器が出てきたよ。
ファンタジー小説として純粋に読んだので、こりゃとんでもねえ本だとは
思ったけど、ちらりとも興奮しなかった。

155 :吾輩は名無しである:02/09/21 00:11
>152

ヤプーの書き足し部分別人説は、単なる噂=風評ではないと思われ。

ヤプーの「幻冬舎アウトロー文庫版・第4巻」(及び「太田出版版・上巻」)解説で荒俣宏は、「異端は決して終わらない」と題して、複数の人間が<沼正三>を名のってヤプーを書き継ぐことができたカラクリを明らかにしている。

また、嵐山光三郎が「風俗奇譚・昭和45年7月臨時増刊号」に発表した「小説・沼正三」は、<沼正三>を名乗る人物によってヤプーの書き足し・改ざんがどのように行われたか、その具体的な手口を詳細に暴露している。

参照
★沼正三複数説
http://homepage2.nifty.com/equus/umasen04.htm

★ヤプーの深化と衰退
http://homepage2.nifty.com/equus/bk04,yapoo.htm

>154
ほんとに、ヤプーは読者を選ぶ小説ですね


156 :吾輩は名無しである:02/09/21 00:13
ここはブンガク掲示板なのでひとこと。
ヤプーの書き足しが、「ある夢想家の手帖から」を書いた沼正三によるものか、それとも別の人物によるものかということは、下世話な「作者の正体捜し」にとどまるものではありません。ヤプーのブンガク的評価を左右する問題であると思われ。

なお、「あの三島由紀夫も絶賛した」ということがヤプーの金看板ですが、三島はヤプーの都市出版社版が出た年に亡くなっています。
あたかも、その後に書き足された分まで含めて三島が称賛したように言うのは、彼の文学的感性に対する冒涜というものでしょうね。



157 :吾輩は名無しである:02/09/21 00:19
>あたかも、その後に書き足された分まで含めて三島が称賛したように言うのは、

誰も言ってないと思われ。

158 :吾輩は名無しである:02/09/21 00:21
作品が終ってもナゾーなところがエライところだ罠

159 :154:02/09/22 20:31
頭に焼き付いて離れない・・・。
なんか、部屋の家具とか、該当のオブジェなんか見るとヤプーが・・・と当て
はめて反応してしまう。
昨日仮装大賞見て思ったけど、ピグミーのユーフォーキャッチャーとか、深
夜の通販でヤプー健康器具(かそ大では中年二人が外人さんの下敷きになって、
ルームウォーカーやらアブトロやらになって頑張っていた)なんかもありかな、
と。

>155 いや、興奮はしたんだけど、ハァハァする種の興奮じゃなかったというか。
その道の人にはたまらんでしょうが。

160 :吾輩は名無しである:02/09/22 23:05
あれでハアハアできる奴は神

161 :吾輩は名無しである:02/09/23 20:43
フェチ板に逝ってごらん。神がうようよ。

162 :吾輩は名無しである:02/09/24 23:46
高校の時に読んでからずっとヤプーの虜に。
漫画版も全部持ってるし、
性癖にも影響しちゃったかなあ・・。

163 :吾輩は名無しである:02/09/30 22:42
「イース白人は完全に女性上位」とは言うものの、貴族に
限れば白人男性はお気楽なヒモ生活を謳歌しているように
思える(マダムへの貞操を義務付けられるといっても黄肌
黒肌のメスは自由にできるわけだし)。

164 :吾輩は名無しである:02/10/01 21:43
幻冬舎のコミックバーズ?で江川○○が来月から
ヤプー連載するんでしょ?
違ったっけ?


165 :吾輩は名無しである:02/10/01 22:08

マンガ化するって・・。石森の惨憺たる前例があるのに。どうせなら
水木しげるの背景+三山のぼるの人物 をキボン。

166 :吾輩は名無しである:02/10/01 23:58
>>164
マジかよ…幻冬舎いい加減にしてほしいね

167 :吾輩は名無しである:02/10/02 00:31
>>166 やっぱ本当です
 11月からみたいよ HPにあったから 

168 :吾輩は名無しである:02/10/02 00:53
せめて原作に忠実にして欲しい。

169 :吾輩は名無しである:02/10/02 08:17
>164
ひえ〜。言葉が出てこない。

170 :吾輩は名無しである:02/10/09 05:14
折角だから、本編で軽く流されてしまったプリンセス=オットーの挿話や
百合枝の近親相姦・強制出産などを掘り下げてくれれば…

171 :吾輩は名無しである:02/10/10 03:15
これか…。

早くも話題沸騰の新連載
「家畜人ヤプー」江川達也
http://www.gentosha.co.jp/comics/index.html

172 :吾輩は名無しである:02/10/13 00:57
M男のバイブルっす!

173 :吾輩は名無しである:02/10/13 02:12
だめだ…漏れはあれに萌えられるほどMではない…せいぜい痴人の愛レベルのMさ…

174 :吾輩は名無しである:02/10/19 12:55
江川版…悪くは無いと思うが

175 :吾輩は名無しである:02/11/02 23:02
書店でバイトしてたとき、すごくカコイイ真面目なサラリーマン風の男性が
これ買ってったの見てひとりでほくそえんだことがある。


176 :美香 ◆FE5qs2YX/I :02/11/02 23:04
あの偏執狂的な構築力には脱帽です。
惜しいのは、M男性限定なこと。
本当に惜しいことをした(笑)

177 :吾輩は名無しである:02/11/11 01:28
ヤプー肉を食うのが嫌だった。食人は気分悪い。

178 :吾輩は名無しである:02/11/19 19:07
あげ

179 :吾輩は名無しである:02/11/25 17:39
 

180 :吾輩は名無しである:02/11/26 14:25
太田出版版の上中下巻を古本屋で買ってきた。
一冊800円だった。高い?


181 :吾輩は名無しである:02/11/27 02:52
安い、買い得だね

182 :吾輩は名無しである:02/11/27 02:53
ああ、3冊で800円じゃないのか。それは高いや。

183 :吾輩は名無しである:02/11/27 08:56
おれも800円で買った。

184 :吾輩は名無しである:02/11/28 19:58



185 :吾輩は名無しである:02/11/28 20:00



186 :吾輩は名無しである:02/11/30 00:14
今週の「読書人」に江川とミヤダイがヤプーについて語ってたね
よくわからなかったから途中で読むのやめたけど
江川のひげづらが汚かった


187 :タバスコ ◆aWFfCao0Sk :02/11/30 00:49

今読んでいる途中(文庫で3巻目)なので、読み終わったら何か書きたいです。

188 :吾輩は名無しである:02/11/30 12:07
江川の漫画読んでる人、詳細きぼん

189 :吾輩は名無しである:02/12/04 19:09



190 :吾輩は名無しである:02/12/05 13:45
>>180-183
おれは当時、1800円×3で買った。


191 :吾輩は名無しである:02/12/05 18:40
( ´_ゝ`) ふーん

192 :吾輩は名無しである:02/12/05 22:20
日本人が出てくる始めの方だけ読んで気持ち悪くなったのでやめた

193 :吾輩は名無しである:02/12/06 17:23
1巻だけ読んだ。
作者自身が途中で最後の落ちばらしすんなやボケ。

194 :吾輩は名無しである:02/12/06 17:44
今読んでますが何度もオナニーしてしまい、なかなか進まない・・・
Sだと思ってたのにMかも・・(w

195 :吾輩は名無しである:02/12/21 10:20
>>194
素敵なお話ですね(ワラ

196 :吾輩は名無しである:03/01/06 14:30
AGE

197 :吾輩は名無しである:03/01/10 00:52
唇人形になりたい。

198 :山崎渉:03/01/20 08:12
(^^)

199 :吾輩は名無しである:03/02/13 02:15
良スレage

200 :吾輩は名無しである:03/02/21 02:47
200戴きました。
妊娠判定機はちょっと欲しいかも。
もちろん、下戸限定。

201 :山崎渉:03/03/20 20:54
(^^)


202 :吾輩は名無しである:03/04/02 01:31
何故か書かれていないので、案外知られていないのかもしれないと思い、
いちおう基本情報を提供しておきます。

森下小太郎「家畜人ヤプーの覆面作家は東京高裁・倉田卓次判事」
(『諸君!』82年11月号)。かなりの反響を呼んだらしく、翌号
にも同じ筆者が反論に対する再反論を掲載。

203 :吾輩は名無しである:03/04/02 01:45
倉田卓次さんは俺の爺ちゃんの知り合いだった。
戦前、倉田さんが台湾で軍人やってたころ知り合ったとか。
爺ちゃんは30年近く前に死んだので、俺は母親から聞いたけど。
戦後、引き上げて来てからも何年かは年賀状のやりとりとかしてたらしい。
例の、右下がりの特徴的な字だったとか。

204 :吾輩は名無しである:03/04/05 02:07
http://utopia.ddo.jp/
WISH納車間近!
WISH命名所で『鯖憑』に御投票ください。


205 :山崎渉:03/04/19 23:33
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

206 : :03/04/29 16:43
 

207 :吾輩は名無しである:03/05/14 17:17
>193
ああいう手法はほかに類を見ないな>途中で結末そのまんまバラす

208 :吾輩は名無しである:03/05/14 17:25
入場無料

http://ime.nu/www.net-de-dvd.com/




209 :吾輩は名無しである:03/05/14 22:39
ヤプーっていろんなところでみるんですが、どんな意味かどなたかおしえてもらえませんかー
この本読んだらわかりますか?

210 :吾輩は名無しである:03/05/22 12:04
ゲームの君が望む永遠のシナリオ書いた人かと思ったw
あれはたしか鬼畜人タムーといったな・・

211 :山崎渉:03/05/28 09:04
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

212 :吾輩は名無しである:03/05/29 22:37
江川達也版「家畜人ヤプー」発刊age

213 :吾輩は名無しである:03/05/31 00:35
sageてんじゃん(w

214 :吾輩は名無しである:03/05/31 02:23
あなたが探してる話題あれはこれでしょ♪
http://angelers.free-city.net/page003.html

215 :吾輩は名無しである:03/05/31 21:23
1巻買った。
う〜〜ん・・・なんか違うなあ・・・。
石の森章太郎の絵の方が。。イメージに近いかも?
高校生の時に読んだから印象強いのかな?
でも、ヤプーの加工の仕方は丁寧に書いてあったな?
よくわかったよ。


216 :吾輩は名無しである:03/06/15 21:39
ブックオフに「完結編」というデカイ本があったのですが、
あれは文庫を全部読んでから読むべきものですか?ずぶの素人なもんで。
それにしても高い本ですね。

あとがきを少し読んだのですが、当時「K氏」という作者の知り合いに本人説が
降りかかったことが書かれていましたが、それが>>202にある倉田という人物なのでしょうか。

217 :吾輩は名無しである:03/06/20 22:10
そうだね〜、やっぱり文庫からの方がいいよ。


218 :吾輩は名無しである:03/06/20 22:19
          / ∧\
        /  |  | |              __    且____
      /    |   |  | ┌――――_ーー∠  、_\且∩| /    |
   ((] ̄ ̄ ̄| ̄) |八》⊂ |))))))//⊂)))))))| ̄ ̄|/朋| ̄ 〔皿〕 |
      \  ̄ ̄|   |  | └―――/ / ⊂))))))) |   |___|)) ̄) ̄)) ̄)
        \  |  | /      く /____ 〕_/__| 匚コニlニ=― ̄
          \ V /           L_______iill||||| ̄
                       冖冖冖冖|冖冖冖冖冖冖冖|冖冖冖冖
                      / ̄ ̄ ̄ ̄´ ⌒ ` ̄ ̄ ̄|`/| ̄ ̄ ̄| ̄ヽ、―-_
                   __|中  ⊂⊃ □ 目目目 |/_.| Ε∃ | 冂 | ̄1 1|   
         八冖丶      || ̄|| ̄|| ̄ || ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄ ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄||-┐┐┐-_
      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄    ̄| ̄ ̄\日||本||共||産||党|| * / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄―┘┘-_|
     /_/―――\__|__ γ⌒ヽ彡ヽ\_||_||_||_||_||_/γ⌒ヽ彡γ⌒ヽ彡ヽ__//
      ()()()()ノ三ノ   入_ノ彡ノ              入_ノ彡入_ノ彡ノ

219 :吾輩は名無しである:03/06/22 00:17
ヤプオク 

220 :吾輩は名無しである:03/06/25 16:56
厨時代、Yahooとヤプーはどう違うのかと小一時間…。

221 :吾輩は名無しである:03/07/13 22:05
おれ、タクワン好きなんだけど、
素質あるかな?

222 :吾輩は名無しである:03/07/14 00:01
>>216
×太田書房版、幻冬社文庫版
○角川文庫版

図書館で借りて読むべし。
まあ、大した小説でもねえけどな。

223 :山崎 渉:03/07/15 08:55

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

224 :吾輩は名無しである:03/07/18 13:56
石の森章太郎の漫画読んでみたら?
結構まとまってる。

225 :吾輩は名無しである:03/07/18 14:29
>>222
都市出版のは?

226 :元図書館員:03/07/21 19:30
沼正三名義「マゾヒストMの遺言」筑摩書房 出ました。

某古本屋でヤプ−を買ったら、店主からMとまちがわれたみたいで
その後、かなり強引な接客をされた。
古本屋2代目なんて、こんなもんなんですか?




227 :山崎 渉:03/08/02 00:21
(^^)

228 :吾輩は名無しである:03/08/03 17:24
  

229 :吾輩は名無しである:03/08/10 14:36
いい古本屋じゃん。

230 :山崎 渉:03/08/15 10:57
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

231 :吾輩は名無しである:03/08/28 23:50


232 :吾輩は名無しである:03/09/18 03:07


233 : ◆CRaxoB3keg :03/09/21 22:04
>>226
沼正三「マゾヒストMの遺言」筑摩書房について
今日の朝日新聞に中条省平氏の書評が載っていたね。

『家畜人ヤプー』については、なんと
「埴谷雄高の『死霊』と並ぶ戦後文学最大級の観念小説」とのことで
ちょっとこの表現はどうかなとは思ったけれど
前者が形而上的で、後者が形而下的、という対比をしたかったためと納得。

234 :吾輩は名無しである:03/09/22 09:49
>>233
 でも、ヤプーの著者は文学作品や観念小説を作ろうとは
 考えていなかったから、またもや困惑してるかもしれない。

235 :226:03/09/25 10:49
>>233
載ってましたね。
「死霊」は今度読んでみます。

236 :吾輩は名無しである:03/10/10 01:54


237 :吾輩は名無しである:03/11/16 22:53
保守

238 :吾輩は名無しである:03/12/09 11:24
角川文庫版購入揚げ。1000円。

239 :吾輩は名無しである:03/12/09 12:13
今売ってる
SFジャパンて雑誌に
著者のインタビュー載ってるね。
写真入りで。

240 :吾輩は名無しである:03/12/10 23:57
うpきぼん。

241 :吾輩は名無しである:03/12/17 12:32
著者はどういうきっかけであんな白人(女性)崇拝(フェチ)になったんでしょうか?
ヨーロッパに住んだりしてたんですか?

242 :吾輩は名無しである:03/12/17 17:26
福田和也によるとデビッド・リンチに「ヤプー」の映画版とらせようと
仕掛けてたやついるらしい。本人乗り気だったとか。

243 :吾輩は名無しである:03/12/17 18:27
白人男が撮ってもつまんねぇーべ。
白人美女の女優は日本より自由に調達できそうだが。

白人女>白人男>>超えられない壁>>黒人女>黒人男>>超えられない壁>>ヤプー雌>ヤプー雄

このヒエラルキーの最下層に位置づけられるヤプー雄が
自ら紡いだ物語だからこそ「ヤプー」は面白いわけだろ。
石ノ森章太郎も江川達也も横尾忠則も天野嘉孝もみんなヤプー雄。
ビジュアル化の際には、そこからの視点って不可欠じゃないか?
白人男なんて高ぁ〜い位置からヤプーの涅槃は描けないよ。

244 :吾輩は名無しである:03/12/19 07:55
>>241
捕虜になったときに英国兵の妻に動物扱いされたときに異常な快感を
覚えた。とどっかに書いてあったな。

245 : :03/12/23 13:02
なるほど。「アーロン収容所」にも似た話があります。

246 : :03/12/24 10:38
米英人が我々をどう見てるかについて以下のようなこと忘れてはいけませんね。
日本人 _市民_ を100万人殺しても、
イラク人 _市民_ を2万人殺しても、
アメリカ人にとっては「間違って少し多めに家畜を殺した。でも殺したのが人間じゃないから大したことじゃない」という感覚ですからね。

「アーロン収容所」
http://www5.tok2.com/home/JOHNVOID/arlon.html
想像以上にひどいことをされたというわけでもない。よい待遇を受けたというわけでもない。たえず殴られ蹴られる目にあっ
たというわけでもない。私刑的な仕返しを受けたわけでもない。それでいて私たちは、私たちはといっていけなければ、少なくとも私は、英軍さらには英国というもの対する燃えるような
激しい反感と憎悪を抱いて帰ってきたのである。異常な、といったのはそのことである。
p2

ある日K班長が、青ざめ、顔をひきつらせて豪州兵の兵舎作業から帰ってきた。聞くと彼は、豪州兵の便所で小便をしている
と、入ってきた兵士にどなられ、ひざまずかせて口をあけさせられ、顔に小便をかけられたという。日本兵は便器でしかないという表示である。その少し前に配達された妻からの頼りを手
にしていなかったら、このおとなしい兵隊は私刑覚悟でその豪州兵を殺していたかも知れないほどの形相だった

 その日、私は部屋に入り掃除をしようとしておどろいた。1
人の女が全裸で鏡の前に立って髪をすいていたからである。ド
アの音にうしろを振り向いたが、日本兵であることを知るとそ
のまま何事もなかったようにまた髪をくしけずりはじめた。部
屋には二、三の女がいて、寝台に横になりながら『ライフ』か
何かを読んでいる。何の変化も起こらない。私はそのまま部屋
を掃除し、床を拭いた。裸の女は髪をすき終わると下着をつけ
、そのまま寝台に横になってタバコを吸い始めた
「アーロン収容所」P39

http://boamo.tripod.com/rbaron.htm
そこに英国人男性が入室したときには、途端に態度が変わり急いで肌を隠したそうだ。
[若い娘らしくキャーキャーと恥ずかしがった」


247 :映画:03/12/29 07:41
>>243
> 白人男が撮ってもつまんねぇーべ。

Ridley Scottみたいに撮った映画の共通点が余り無いような器用な人もいるから、
(Lynchもそういうタイプ)いいの作るんじゃないの。
個人的にはそんな映画つくって欲しくない。


248 :吾輩は名無しである:04/01/06 02:30
今から初めて読むけど注意すべき心構えとかある?

249 :吾輩は名無しである:04/01/06 06:13
>>248
 自分の好みのエロがあると期待してはいけない。

250 :吾輩は名無しである:04/01/07 08:40
>>248
不必要に長いので、読破できると思ってはいけない
              ↑俺は文庫版4巻で挫折

251 :吾輩は名無しである:04/01/07 23:25
>>248
岩波文庫版が良いらしいよ。
減当社の3巻あたりまでかな?俺もまだ読んでないけど。

252 :吾輩は名無しである:04/01/13 23:33
私はいろいろ集めたけど太田出版のが好きだな。
天野喜孝のカバーイラスト美しいよ。

253 :吾輩は名無しである:04/01/17 05:42
是非アニメか実写番wでゴールデンタイムに教育番組として放送してもらいたいw
アバンギャルドになるかも?

254 :吾輩は名無しである:04/02/02 02:35
肉便器という言葉は、家畜人ヤプーがソースだよね?

255 :吾輩は名無しである:04/02/04 20:40
今から二千年でタイムマシンとかできるのかなあ。
そこの所がちょっと疑問。
理論から実践は途方も無いでしょ。




 セ ッ チ ン が 欲 し い で す 。 








256 :吾輩は名無しである:04/02/10 09:20
hoshu

257 :hoshu:04/02/22 13:38

肉便器という言葉は、家畜人ヤプーがソースだよね?



258 :吾輩は名無しである:04/03/11 01:41
>>66
「マゾヒストM氏の肖像」

>>251
「角川文庫版」の間違い。

259 :意思の森:04/03/17 12:58
石の森版サイコ−!古本屋で1500円でゲットしました!江川達也版は全く駄目ですな

260 :吾輩は名無しである:04/03/27 05:22
age

261 :吾輩は名無しである:04/03/28 00:31
石の森版って、SMの世界って感じがするが
江川達也版って、SMの世界を知らない人が描いたものって感じだ。
単なるSFにしか見えない。だから、違和感0なんだよね。
石の森版ってSMをしらない漏れには、違和感100で未知の刺激だったよ。

262 :吾輩は名無しである:04/03/31 16:06
江川版はSFですらないよ。小説にヘタな挿絵つけてるだけ

263 :吾輩は名無しである:04/04/10 11:52
ゲラゲラで江川版読んだ。カスです。家畜人ヤプーの名を勝手に使うなといいたい。

264 :吾輩は名無しである:04/04/12 13:49
デヴィッド・リンチが映画化するという噂はどうなったの?
セッチン役はフットボ−ルアワー岩尾、三津間JAPAN、井口昇、マメ山田
のいずれかを是非!


265 :吾輩は名無しである:04/04/12 17:41
江川版はヤプーを知らない人には丁度かと
ヤプーの普及には役立つかもな

266 :吾輩は名無しである:04/05/09 15:35
リンタロウってのはやっぱり鴎外のパロディなの?

267 :吾輩は名無しである:04/05/09 15:50
難しくて読めません。文章固すぎ。

268 :吾輩は名無しである:04/05/17 00:47
気持ち悪くて読めません。文章キモすぎ。

269 :吾輩は名無しである:04/05/18 22:07
>>266
あー、そういやそうかもね。気づかんかった。

270 :吾輩は名無しである:04/05/19 14:56
『毛皮を着たヴィーナス』(ザッヘル・マゾッホ)のゼヴェリーンって、『家畜人ヤプー』のポーリーンに似てる。
後者が真似したのかな。

271 :吾輩は名無しである:04/05/20 21:16
リンタロウ?リンイチロウじゃなかったっけ?

272 :吾輩は名無しである:04/06/17 20:18
キミー!!



彼女にこの本をプレゼントしたいのですが、どこの出版社のが
適切でしょうか?僕は大田出版のしか読んだこと無いので

273 :吾輩は名無しである :04/06/21 18:23
江川の漫画本でも読ませとけ

274 ::04/06/21 18:35
>>273非現実嫌い

275 :吾輩は名無しである:04/06/21 20:00
これは、敗戦後家畜になってしまった日本人を風刺した小説.だと聞いた。


276 :吾輩は名無しである:04/07/18 23:20
康芳夫のインタビューによると、キューブリック監督で映画化っていう
プランがあったらしいね。


277 :タバスコ ◆ZBIi5OJ.UY :04/07/18 23:29
>>276
彼がなくなった今、欧米人で映画化するとしたら誰だろう?
タランティーノが匿名でアニメ化とかしないかね?
東條とかが出てくる場面はローカル色・時代色が濃すぎるから、そこはカットかな。
アメリカで公開したら、きっとアジア系(日系)の団体が抗議運動するだろうなあ。

278 :吾輩は名無しである:04/07/23 16:29
>>78
遅レスだが、三島は存命中は右翼に対して、さしたる発言力はなかったはず。
むしろ、右翼からは、小説家が行動もせずに理屈を並べている、と軽く
見られていた。
三島が右翼から、先生扱いされるようになったのは、割腹事件以後。

本作品も、当時はそれなりに右翼からの攻撃にさらされていたはずだが、
なぜ嶋中事件のような展開にならなかったのかは、ぜひ詳しい方に解説して
もらいたいです。
当方の想像では、康芳夫の力なのかな…、と。

279 :278:04/07/23 16:30
上記書き込みの「右翼」は「行動右翼」としたほうが正しいですね。訂正。

280 :吾輩は名無しである:04/08/18 10:45
キリスト教関係のイース人は作中に一人も出てこないんだよね。
古今東西の歴史上の有名人物のみならず民話の元ネタや
ギリシャや日本の神様まで殆どイースの者の変装?って設定なのに。
イエスキリストやモーゼの奇蹟、大洪水やソドムとゴモラの滅亡なんかも
全部イース人の仕業でした、としなかったのは何故なんだろうか。


281 :チープトリック ◆bfoOI3Iz.A :04/09/05 20:16
この作者絶対変態でしょ・・・
ベロニンガで引いた

282 :吾輩は名無しである:04/09/20 19:15:20
>>281
変態だよ。何をいまさら…。

283 :吾輩は名無しである :04/09/20 19:25:34
変態の変態による変態のための小説を読んで何を言ってんだ

284 :吾輩は名無しである:04/09/20 19:46:30
その変態を提示することで、既成概念を完璧に破壊し人間の本質とはなにか?
に迫ろうとしたのがこの作品なんだよ。
ベロニンガで引く=既成概念の揺らぎ
さあここからだ!ここから真のヤプーが始まり、それとともに違う自分を発見する
んだ。

285 :吾輩は名無しである:04/09/20 21:51:03
>>270
セヴェリーン!それで瀬部麟一郎なのか。

286 :吾輩は名無しである:04/09/23 20:00:22
なんかスコラとか大田出版とか色んなとこから出てるみたいですが、
どれお勧めですか、装丁とか解説とか。

287 :吾輩は名無しである:04/09/28 02:59:16
都市出版社版の増補限定版(2000部限定)を薦める。
イラストはカラーで重厚な装丁で造りも頑丈。
値段は5000円ほどだから無理なく買えるのでは?


288 :吾輩は名無しである:04/09/28 11:06:11
俺は先日幻冬社アウトロー文庫で買った。
5巻まで出てて、一冊500円くらいだから全部で2500円くらいで集まる。
中古本屋で買いたいけどなかなかないです

>>255
俺はベロリンガやったかな、それが欲しい。ついでにカニリンガーもゲットしてお尻の穴に入れたい

289 :吾輩は名無しである :04/09/29 01:21:21
角川文庫版をネットで500円で買ったよ。まだ読んでないけど。

290 :吾輩は名無しである:04/09/29 01:24:29
俺家畜人ヤフー

291 :吾輩は名無しである:04/09/29 03:15:48
都市出版社

292 :吾輩は名無しである:04/09/29 03:28:09
エロの形をとった、戦後日本人の正体を告発したというせつがあるぞ。
敗戦直後の日本人の振る舞いは、動物に近かったそうだし。
レジスタンスとか起きなかったのは、占領軍の家畜になってしまったからだそうだ。
奴隷の反乱はあるが、家畜の反乱というのはないからな。
家畜だと気づいた奴は、現実逃避するか、番犬になるか、逃げるか、三島のように絶望して死ぬ。

293 :吾輩は名無しである:04/09/29 13:22:53
【生活苦】大学院生の汚部屋【研究苦】
http://life5.2ch.net/test/read.cgi/lifesaloon/1095907451/l50
◎大学院生の輪っ 3◎
http://human5.2ch.net/test/read.cgi/nohodame/1094624027/l50
●大学院博士課程単位取得●土木作業員★
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/recruit/1088656977/l50
【研究破れて】院卒派遣社員【就職なし】
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/haken/1095788371/l50#tag2

http://human5.2ch.net/test/read.cgi/dame/1085884016/l100
●大学院生とか博士号持ってる無職だめ■
http://school4.2ch.net/test/read.cgi/part/1085544803/l100
【研究人生】大学院卒フリーター【アカポス絶望】
http://science3.2ch.net/test/read.cgi/rikei/1050662436/l50
■一流を目指す理系が日々精進するスレ 2枚目■
http://bubble2.2ch.net/test/read.cgi/middle40/1086844282/l50
●40代で教授になりたい●OD助手講師助教授●


294 :吾輩は名無しである:04/10/03 20:12:18



295 :吾輩は名無しである:04/10/03 20:20:06
戦後日本人の正体

296 :吾輩は名無しである:04/10/07 00:55:00
スプーンの次にヤプーンもおぼえなさい

297 :吾輩は名無しである:04/10/07 01:18:18
家畜道とは死ぬことと知ったか。

298 :吾輩は名無しである:04/10/07 01:29:56
おまえら左翼は自虐的だとおもっておるのか ワラ(聖水

299 :吾輩は名無しである:04/10/07 01:35:18
発売当初 右翼が出版社を襲撃したらしい。

なんでも武力で訴えないでほしいわな!

300 :吾輩は名無しである:04/10/07 01:55:46
あえて難しい学者用語を使ったりしてて、僕にはちょっと理解できませんでした。
なんとなくすごいシーンだな
というのはわかるんですが。

301 :吾輩は名無しである:04/10/08 05:36:49
>>292
なるほど
今となんら変わらんな

302 :たき:04/10/08 17:17:18
卒論で『家畜人ヤプー』書くことにしましたよ。親には読ませたくないな。

303 :吾輩は名無しである:04/10/08 18:37:09
ワラ(聖水

304 :吾輩は名無しである:04/10/08 21:16:54
小人ヤプーのムサシとコジローが胸に響いた。
・・・画期的な発明をしても、大した金をもらえなかったであろう、プロジェクトXに出てくる連中と重なったよ。
人間でなく社畜だから報酬がもらえないとかね。



305 :弧高の鬼才 ◆auSqARo302 :04/10/09 22:04:11
リビングファーニチュア映像化したらとても素敵だろう。

306 :弧高の鬼才 ◆auSqARo302 :04/10/09 23:40:25
リラダンの影響や、乱歩の触覚芸術論の影響、マゾッホの影響、スウィフトの影響、

しかし、この本のフォロワーはいまだ現れずといったところかな。

307 :吾輩は名無しである:04/10/12 14:19:53
ヤプー手に入らない。古本屋で安く買いたいんだがなー。
人体改造に興味あるんで、どんなヤプー登場するのかが
非常に気になってます。

308 :吾輩は名無しである:04/10/13 10:00:48
ネット上で結構見つかるけど。

309 :吾輩は名無しである:04/10/13 18:06:21
ネットでは買い物しない主義なんで。
カード持ってないし。

310 :吾輩は名無しである :04/10/13 22:51:02
そうですか

311 :吾輩は名無しである:04/10/14 10:35:26
探す時間もったいないじゃん。
主義とか言わずに買ってみなよ。
カードなくても平気だし。

312 :吾輩は名無しである:04/10/14 21:51:05
うーん・・・・・・そこまでして買いたいのかと言われたら微妙。
小説として評価してるというより、興味本意的な部分があるから。
気長に捜そうと思ってます。

313 :吾輩は名無しである :04/10/14 22:02:50
「日本の古本屋」なら全国の古本屋から検索して直接お店に振込で買えるよ。
俺はそれで角川文庫版を500円で買ったさ。

314 :吾輩は名無しである:04/10/15 16:08:23
捜してみたけど、めちゃ高かったよ。(´・ω・`)
値下がりを待つとする。
他にも手に入れたい本あるし、いいサイト教えてくれてサンキュ。
ところで、あそこは宅配の代金はどうなってるの?
別料金取られるのかな。

315 :吾輩は名無しである :04/10/15 21:34:34
>>314
店によって違う。

316 :吾輩は名無しである:04/10/17 16:40:03
>302
をを勇者が(w
ちなみに私も大学の卒論の一部に「家畜人ヤプー」扱いました。
私の拠った資料(一部ですが)は、

『家畜人ヤプー(上・中・下)』太田出版
『集成「ある夢想家の手帖から」(上・下)』太田出版
『女神のストッキング』工作舎
(↑天野哲夫の本。帯に『家畜人ヤプー』作者、沼正三倒錯のエロス論(w とある)
あとはコミックスで「石森・佐藤版」(一応全部)と「江川版」(こちらは卒論には間に合わず。現在収集中)

ポーリーン・ドリス・クララについてはほぼ問題なく一連の作品共通のイメージが固まりますが、
ちょっと友人連(男女問わず皆けっこう読み手)に読ませてみると、
本編はともかくコミックスだけでヤプーを指して幸福と言うか無残というかは、
麟一郎が男前なのかブ男なのかで印象は相当変化しておりました。面白かったですな。

しかし現在の私にとって一番の不覚は、ポーリーン・ドリス・クララという名花を押さえ、
江川版セシルに萌えてしまったことです・・・・男に萌える日が来ようとは。とほほ。


317 :吾輩は名無しである:04/11/24 22:22:27
只今 幻冬の4巻の途中まで読んだ
過去ログで1巻の時点で肉が食べられなくなったと言っていた人がいたが
自分的には3巻のネグダルバーの食事の描写で軽く気持ち悪くなった…

江川版読んでみたいけど今一歩勇気が出ない
江川の作品ってあちこちにヤプーの影響を受けたと思われるところがあるよな

318 :吾輩は名無しである:04/11/29 20:20:49
むしろ「K」は択僕で、漱石が朝日にいたころ択僕の論評を朝日に
載せなかった事をくやんでいたんだと思うよ。択僕は本名、工藤やし。

319 :吾輩は名無しである:04/11/30 17:26:12
江川達也によって漫画化されてるね。キモくて読んでられなかった。

320 :吾輩は名無しである:04/11/30 23:24:30
>>280
実に重要な指摘。この作者は白人文明のヘレニズム由来の要素を
崇拝しているもののヘブライズムには無関心である。

321 :吾輩は名無しである:04/12/02 04:01:49
「ヤプー! BBしよう」

322 :吾輩は名無しである:05/01/06 17:01:04
本屋で江川版の第三巻を立ち読みした後、
市立図書館にて小説の方も読了(でもないけど)しますた。

で、個人的な感想を垂れ流させてもらうと、
小説>>>>>>>>(越えられない壁)>>>>>>>>>>>江川マンガ
になりました。
第三巻(セッチンのトコ)しか読んでないのに僭越だけど、なんか江川のはグロイだけ。
江川に比べると、小説版はすごく読みやすいし、面白かった。
子宮畜カヨのとこだけ2回読んだw

で、この作者なんだけど、
日本人の白人マンセー主義を揶揄してるのは良くわかる。
っていうか、そのまま本文中で批判しまくりだから。
で、理屈では批判しときながらも、白人に対してものすごい劣等感を抱いてるのがキモイ。(これは馬鹿でもわかることですが)
育った環境っていうか時代のせいか知らんが、今現在17歳の自分から見ると、別人種かと思うほど違和感アリ。
でも、その屈折した感情を“マゾ”の名の下に積極的に肯定して昇華しちゃってる辺りがすごいといえばすごいと思った。
あと、これがそのまま反米プロパガンダになりそうなコトがいいね。極東三馬鹿の反日政策みたく。
まぁ染まりたくはないですけど。

やべ〜まとめらんね。
あ、でも自分すごいスッキリしました。
こんな駄文読んでくれてどーもアリガト。(馬鹿の文章だよこれじゃ

323 :吾輩は名無しである:05/01/06 17:12:32
あ、あと最後に。

将来自分が欧米に留学した時、
“JAP”や“NIP”なら我慢出来るかも知れないけど、
“YAPOO”って言われたら最後、相手が2mの巨漢でも叩き潰すと思います。

“おいヤプー!今すぐ俺さまのセッチンになれよ。さもなきゃヤップドッグにすんぞ!”
とか言われたらもうダメ。コロス。

アメ人はこの小説の存在を知らないとは思うけど。


324 :吾輩は名無しである:05/01/06 17:18:06
うわ〜!
“おい、ちょっと俺にヤプーン(家畜語)教えてくれよ!”
とか
“oi, ungk″.”
とか
その他にもネタはざっくざっくとありすぎるだろ。
今までのどの侮蔑語よりもすごい差別用語になりそうだよ〜。

連稿スマン

325 :吾輩は名無しである:05/01/07 20:12:18
江川の駄目だ。こういうのはリズムが大切なのに。
もっとマンガ的に大胆にやってもよかったんじゃないか。

326 :吾輩は名無しである:05/01/07 20:47:50
俺は普段マンガはあまり読まないが
マンガならマンガなりの表現っていうのはあるんじゃないだろうか。
しかるに江川版はなんだ。
こんなのは文を読み光景を思い浮かべると言う想像力を奪うだけで、
子供の教育に良くない。子供にはこんなマンガ読ませたくない。
これでは教育界からマンガが非難されるのも当然。

327 :吾輩は名無しである:05/01/11 19:58:26
【“家畜人ヤプー” 韓国国定教科書に 】

韓国内の公立高等学校で来年度から、日本の沼正三著“家畜人ヤプー”が教材として使われることが、今日わかった。
「日本民族の歴史的な成り立ちから未来の社会像までを非常に現実的な表現で描き出し、
また、我々韓民族にとっても日本人はかくあるべきだという、明確なビジョンを与えてくれる作品。
一世紀もの間、日帝の軍国主義に傷つけられてきた我々に、未来への希望を与えてくれる。
これからの韓日関係にとっても非常に有意義な選択になることは間違いない。」
とは韓国国定教科書委員会会員の話。

尚、実習として北韓より入手した日本人を用いて唇人形、舌人形、肉便器、子宮畜、食料畜を製造する予定。
その際の副教材として石森版及び江川版マンガも使われる予定だという。


コリアンジョークスレより。
いいですか?ジョークですよ。

328 :吾輩は名無しである:05/01/11 22:03:51
サンクス ギビング

329 :吾輩は名無しである:05/01/20 17:22:25
wdf

330 :吾輩は名無しである:05/01/24 19:04:54
今、ざっと最初から目を通してみました。
01/12/05 スタートとすれば4年目のスレですか? 
ゆっくりとよく続いてますね...
[家畜人ヤプー」に多くの人が関心持っているのは分かりますが
失礼ながら表面的なコメントが多いような気がします
別スレの「名作...」のほうがこだわりのあるように思えます
ネットが一般に普及し始めたころは、「ヤプー」を検索しても殆ど
何も出てきませんでしたが...2チャンネルにはいくつかのスレが
あるので驚きました...yapoo comic本を紹介している英語のサイトが
あります...欧米人もこの本の存在は少数ですが知っている人がいるのですねえ
とりとめないコメントですがとりあえず

331 :吾輩は名無しである:05/01/26 01:34:20
古本屋巡っても売ってない
読みてぇ

332 :吾輩は名無しである:05/01/26 12:55:36
幻冬舎のなら新本屋で売っているのでは?

333 :吾輩は名無しである:05/01/26 22:06:50
うっかりしてました
そういや幻冬舎から全五巻出てました
買いに行ってこねば

334 :吾輩は名無しである:05/01/27 18:23:15
Book of taboo: The Domestic Yapoo
J. Tack
http://japattack.com/japattack/book/yapoo.html

This is based on a novel that is the most bizarre story ever told in
the history of science fiction and sado-masochism. Yukio Mishima said
of it, "As an ideological novel written by the postwar Japanese,
it is the top." The Domestic Yapoo is also the ultimate statement of
Japanese racial self-hatred.

The author of the original novel is Numa Shozo, known as the king of
masochists in the world of Japanese perverts. And he claims to be a
virgin even though he is now a married man in his sixties. Anyway,
this article isn’t long enough to explain everything about the man,
I'll simply say that his work inspired one of the most bizarre moments
in manga history. For this deranged masterpiece of SF was adapted
into a manga by none other than kids' superhero comic icon (Kamen
Rider and others) Shotaro Ishinomori.

The manga version of Yapoo was published on Christmas Day in 1970
through a minor publishing company called Toshi Shuppan.


335 :吾輩は名無しである:05/01/27 18:28:31
Our story opens in the year 4000 AD. While the marquise (marchioness)
of the EHS (The Empire of One Hundred Suns) is absorbed in masturbation
with her tongue doll Cunnilinger, a piece of "telepathic living body
furniture," her UFO-like Time Yacht (a time machine) causes an
accident on the way back from observing a large migration of
Germanic people. The ship crashes in a mountain range in West Germany
during 1960s and is found by a Japanese foreign student and a German
female couple. When the ship takes off again, the couple is taken to
the EHS and the Japanese foreign student is turned into a creature
called a "Yapoo."

White aristocrats make up the elite of the galactic EHS, and in the
world of EHS, black men are used as slaves and Japanese people are
treated as livestock or domestic animals called "Yapoo." Although
this already sounds pretty frightening, what makes this book even
more strange is its meticulous depiction of the world of the Yapoo.
In the manga several pages of text interrupt the story to give detailed
explanations of each kind of Yapoo. These sections are a parade of
amazing ideas.

In this world, Yapoo are intellectual monkeys and are barely considered
human. They are the result of the long history of humankind. Yapoo
are a considered an appliance, a technological product of mankind's
desire for comfort and convenience.

Although SF tools and gadgets usually make people excited about the
future (like Doraemon, for instance), the Yappo is a more problematic
invention. To enjoy this future, one must give up an ordinary sense
of morality.

336 :吾輩は名無しである:05/01/27 18:30:08
Here are some examples of different kinds of domestic Yapoo available
to the aristocracy of the EHS: The tongue doll Cunnilinger is a piece
of "telepathic living furniture" that appears in the beginning of the
story as a masturbation tool for women. A sucking doll Penilinger is
also available for men. Yapoo can also become a living toilet called
a Settin, which puts a white aristocrat's hips on their remodeled
flesh of their shoulders, and obtains excrement from a mouth as food
and drink. There is no toilet paper in the EHS, so it also carries
out the duty of wiping after excretion. There are also many examples
of Yapoo which are made small, in 1/12 of sizes, and are used as
portable tools.

Yapoo are the "reconstructed human beings" that even Ishinomori's
famed Kamen Rider cannot defeat. Now, why did Ishinomori work on this
manga? Maybe, the sense of "Freak=Cyborg" reminded him of his own
Cyborg 009.

These living furniture "domestic freak Yapoo" appear every four to
five pages and work very diligently for whites. This manga perfectly
presented the world of Numa's frightful imagination via the dreamlike
beauty of Ishinomori’s pictures. For some, the world of Yapoo could
be hell. But if you are a true masochist, and a hardcore SF fan, this
could be manga heaven.

337 :吾輩は名無しである:05/02/01 15:07:19
済みません、英語で長々と引用したから白けてしまいました?

338 :吾輩は名無しである:05/02/01 16:59:46
白けてしまいました

339 :吾輩は名無しである:05/02/01 17:45:36
>>338
ま、そんなこといわんと、何か言うてえな...

340 :吾輩は名無しである:05/02/01 17:56:10
何か言うてえな...

341 :吾輩は名無しである :05/02/01 23:35:04
英語が読めないので何も言えない。以上。

342 :吾輩は名無しである:05/02/09 23:03:19
>>334
書いてるの日本人みたいだよ。

343 :吾輩は名無しである:05/02/10 00:09:38
ドナルド・キーン氏は三島由紀夫になぜ家畜人ヤプーの作者を訴えないのかと言ったそうな。
三島は呵呵大笑。

344 :吾輩は名無しである:05/02/14 22:54:52
http://item.easyseek.net/item/36290835/

一瞬、買い! と思ったらすでに売り切れでした…
(´・ω・`)ショボーン…

345 :吾輩は名無しである:05/02/22 00:45:43
高校生くらいのときに角川文庫版を読んだよ。
あのヴァージョンが一番良かったみたいね、捨てなきゃ良かったや。
もったいないことをしたなあ。
特に性的指向に影響は無かった。
普通に面白くて感銘を受けた。

346 :吾輩は名無しである:05/02/22 05:40:21
五反田のブクオフでカドガワ版見つけたけど、3巻しかなかったーよ。
どっか古本屋で売ってないもんかね。

347 :吾輩は名無しである:05/02/22 21:50:01
角川文庫版は一冊ですが。

348 :吾輩は名無しである:05/03/03 23:29:35
分冊している版もあるようだけど、
一冊で完結する版が一番オリジナルに近いそうな。

349 :吾輩は名無しである:05/03/18 18:12:40
本日角川文庫版を読了。実はもう10年以上前に購入してた。
10年前はムサシとコジロの決闘辺りで面倒くさくなって読まなくなった。
ついこの間、久しぶりに本棚で見つけて見てみようと思った。
10年前はリンが皮膚窯に入れられ、皮膚強化されエンジン虫を飲み込まされ、
家畜化される事に戸惑いを感じた。
また、結果的には恋人・リンを苦しめるクララの無分別で軽率な行動に
憤慨する思いを感じたのを覚えている。
だが、自分がこの10年での経験、ネットで見聞する性モラルの変化。
その影響からか、冷静に受け入れることができた。
Sとしての思想形成のバイブルとも言うべき書物だと思う。

貴方はまだ馬に遠慮してるとこがあるのよ、それがいけないの。
馬ってものは一度増長させたら癖馬になってしまうのよ。
こちらのほうが強くて偉いんだということを馬に飲み込ませるまでは、
徹底的に責めつけなくちゃ・・

この言葉が、この作品のもつ意味を示しているように思える


350 :吾輩は名無しである:05/03/19 03:05:13
10年前に購入して積んだままでしたが、人生観が変わるのではないかと手付かずでした。が諸兄の喜悦あふれるお言葉にーやっと読む決心がつきました。

351 :吾輩は名無しである:05/03/19 03:13:04
>>350
猟奇殺人だけは起こすなよ。
これ読むと人間が物に見えるから

352 :吾輩は名無しである:05/03/19 03:29:22
うわっ!ヤプーのスレがっ!!
3、4年前に幻冬のモノを読んだんですが、作者は唯の変態かもしれない。マゾかもしれない。笑
しかし、ここまでの想像力と日本人の自虐的思考を書けるのは凄いと思った!
更に、環境の変化で恋人が家畜に成る流れや4、5冊有るのに2、3日しか経ってないのが凄い。
作家が謎なのが気になる…三島由紀夫説高いが文的に違う気がするし…。

353 :吾輩は名無しである:05/03/19 13:37:41
日本列島原住民が未来世界から運ばれたヤプーの子孫だったとは!
・・待ってくれ、そのヤプーなるものは、元来、
日本人だったのを家畜化したというのではないか。
その日本人の先祖がヤプーだとしれば、いったいどっちが先だ?
麟一郎の頭は時間旅行(タイムトラベル)の逆説(パラドックス)に、
すっかり混乱してしまった。

日本人が自尊心を喪失した時代には、その自虐性が意味を持つ悩みだと思う。
誇り高き民族がある日突然、その尊厳を剥奪する。



354 :吾輩は名無しである:05/03/19 14:05:56
元来、「ヤプーは類人猿(エイブ)の一種だ」と言う説は、
新地球軍の地球再占領当時初めて、ヤプー処遇上、
人権問題の口を塞ぐ便宜上からマスコミに付された俗説で、
政策的神話ともいうべきものだった。

日本人は外国人からどう見られているのか?そういう不安がこの作品に感じられる。

白人であれ日本人であれ、一個の人間として価値は同等という意識はあるだろう。
それは同じ地球人という同胞意識があればこそ。
もし仮に、チンパンジーが人の言葉を理解し、話せるようになればそれは人か?
同じ地球人という同胞意識は持てるのか?
類人猿に対し医学実験の材料として使用するに良心の呵責を逃れるために、
「こいつは畜生だ!」と思うことで平然と居られる。
同じ地球上に生まれた同じ生命体でありながら、
一方は神のように生殺与奪権が与えられているのだ。
社会の状況によって、その線引きは変化しうるものなのである。

原子爆弾を日本に投下する際に、イエロージャップだから、サルだから、
そういう意識であればこそ何の躊躇もなかったのだろう。

353の訂正
誇り高き民族がある日突然、その尊厳を剥奪される。
そして、卑しい民に貶められる現実にどう感じたのだろうかと思う。 




355 :吾輩は名無しである:05/03/19 14:21:40
鯨を平然と食する民族は少なくなった。
欧米各国の圧力である。知性ある動物の愛護。
そういう視点で考えると鯨を食する事に抵抗が出てくる。
何も鯨食がなくてもそれほど困らないしね。

だけど、牛や豚は消費財として物として処分されている。
どんなに知性をもっていたとしても。どんなに人間に懐こうと。
何かが矛盾してる・・

日本史の教科書を思い出せば、ペリーの来航目的は、
米国が捕鯨の便宜を図ってのことでなかったろうか?思い出して見ると。
欧米では鯨を食しないが、その油を求めて殺戮をし、余分な肉を捨てた。
日本は余すところなく利用していた。

いつのまにか歴史は忘れ去られていく。

僕の頭は時間旅行(タイムトラベル)の逆説(パラドックス)に、
すっかり混乱してしまった。



356 :吾輩は名無しである:2005/04/03(日) 09:09:18
女が男より強くなっても、
嫁姑戦争は絶えないんだな。

357 :吾輩は名無しである:2005/04/03(日) 09:59:07
家畜人ヤフー

358 :吾輩は名無しである:2005/04/17(日) 16:10:35
ここの板ってどれくらいの頻度で保守すれば落ちないの?

359 :吾輩は名無しである:2005/05/02(月) 12:30:19
ほしゅ

360 :N:2005/05/02(月) 12:42:10
三島が書いただとか渋沢が書いただとか説があったけど、どちらも違うだろうな
と思ってた。(古い話だ)。
渋沢には書けないような内容だし、三島が密かに書いたにしてはストーリーが長すぎ
だったからな。さすがの三島とて、密かにあれを書く程の時間は無いだとろうと思って
た。文体も三島のと全然違うし。
ま、平成の今、こんなの読む奴なんてそうとうの変わり種だな。

361 :吾輩は名無しである:2005/05/16(月) 23:59:54
昔より今のほうが全然手に入れやすいので、
別に変り種でもなんでも無い。

362 :吾輩は名無しである:2005/05/17(火) 13:05:00
昔古本屋で活字が緑色のヤプーを見かけたんだけど、あれは何版だったんだろう。
たしか1冊になってたやつだと思うんだけど。

363 :吾輩は名無しである:2005/05/21(土) 00:23:27
都市出版社版じゃないですか。
ここにあるようです。

http://azure2003.sakura.ne.jp/yapoo/mokuji.html


364 :ミユ ◆MIYU/7A.SM :2005/05/26(木) 22:32:30
http://blog.livedoor.jp/miyumiyu38/archives/23193318.html
http://blog.livedoor.jp/miyumiyu38/archives/23194140.html
http://blog.livedoor.jp/miyumiyu38/

365 :吾輩は名無しである:2005/05/30(月) 18:41:52
古本屋で角川文庫版買って来た。
三冊百円の棚にあってびっくりしたけど
物凄いボロボロ……。

366 :吾輩は名無しである:2005/06/01(水) 02:48:35
2代続けて黒人から国務長官が出たり、黒人観客動員のため
ハリウッド映画のヒーローヒロインの中には必ず黒人を起用したり。
今の若い子にはヤプーの羨望や劣等感は
いまいち違和感があるんじゃないかな?
2050年のUSA人口比は、白人<黒人+ヒスパニックになるそうですよ。

やはり終戦後のあの時代の日本だから生み出せた奇書なんだろう。

367 :吾輩は名無しである:2005/06/12(日) 22:26:17
>>366
いや、黒人起用とかその手のことが政策的になされていること自体が差別の根
深さを物語っているわけで。そうでもしなければアメリカは自己崩壊しちゃう
って危機意識があるからこそなんじゃない?

それはともかく、幻冬舎版2巻の途中まで読んだ感想では、SF版春琴抄+逆ユー
トピアのシステム・法体系概説っていう印象。終戦後の価値転倒・白人コンプ
レックスってのも本作を生み出した土壌であるのは確かだと思うけど、それ自
体は主題ではないと思うんだな。




368 :吾輩は名無しである:2005/06/16(木) 01:04:56
あ、そ

369 :吾輩は名無しである:2005/06/22(水) 20:50:55
三島は武田泰淳にもヤプーを読ませようとしてたそうだね。
嫌がらせに近い。

370 :深雪(ミユ) ◆P7xWfy4tj. :2005/06/28(火) 00:05:06
http://blog.livedoor.jp/miyumiyu38/archives/26146525.html
http://blog.livedoor.jp/miyumiyu38

371 :吾輩は名無しである:2005/07/02(土) 18:35:48
ヤプーを読んで思ったことは、私もあのように生きてみたいと思ったことだ。
大好きな彼の側にずっといられそうだから。

372 :吾輩は名無しである:2005/07/12(火) 19:47:40
イース人はさぞかし美しいのだろうけど
現代の白人じゃセッチンなんて死んでもなりたくない。

373 :吾輩は名無しである:2005/07/23(土) 11:14:46
o

374 :吾輩は名無しである:2005/07/24(日) 00:09:50
しかしヤプーの世界に動物愛護団体はいないのだろうか?
獣と人間の命を同列に考えている偽善者連中が黙っているはずが無いのだが。

375 :吾輩は名無しである:2005/07/24(日) 00:16:53
>>374
作中に、ヤプーの人権を認めようとした貴族が周りから変人扱いされて没落
して以来、誰もそんなことをいう人はいなくなりました…みたいなエピソー
ドがあった希ガス。

376 :吾輩は名無しである:2005/07/31(日) 19:18:41
動物愛護団体があっても今みんな普通に牛食ってるしね。
なんと言っても家畜だから。

377 :吾輩は名無しである:2005/08/05(金) 00:44:41
「名誉白人」ってのが衝撃的だったなあ。
あれに比べると奴隷なんて生やさしい。

378 :ミユ ◆MIYU/7A.SM :2005/08/21(日) 08:56:44
http://blog.livedoor.jp/miyumiyu38/archives/50028569.html
久々に記事書いたよ
http://blog.livedoor.jp/miyumiyu38

379 :吾輩は名無しである:2005/08/21(日) 13:42:57
以前、白石美帆が深夜番組で「ヤプー」と連呼していた。
正直興奮した。


380 :吾輩は名無しである:2005/08/22(月) 21:26:21
どんなシチュ??

381 :吾輩は名無しである:2005/08/23(火) 10:32:43
>>380
「poo」という番組の「やっぷー」という挨拶。

だったような

382 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/07(水) 12:31:54
i9

383 :吾輩は名無しである:2005/09/09(金) 13:41:27
http://d.hatena.ne.jp/nenemuu/20041025#p3
■家畜人ヤプー
英語ができない私をせめないで! : I want to speak English! /小栗左多里 大和書房 2004 ISBN:4479770666

現代の「家畜人ヤプー」とはこういう人をいうのでしょうなあ。マゾヒズム、英語至上主義の奴隷の極み。

『ダーリンは外国人』ISBN:4840110328 シリーズもそうだけど、日本女&外国人男のカップルはもはや自明ということか。

http://d.hatena.ne.jp/nenemuu/20050907
この女性、マゾヒスト?と以前書いたけど、あながち外れてもいなかったみたい。

なるほど、しょせん外国人の男も、日本女性に求めているのは、いわゆる「日本の女」なわけですな。やれやれ。

もっと言ってしまうと、彼らがこうやって 「日本はろくでもない国だ。日本の男もろくでなしだ」 と
けなせばけなすほど、彼ら外国人男性の格は上がり、女性にモテる、と。 つまりこれもまた「モテ競争」なわけか。

■小樽の温泉「外国人お断り」事件の裏話
さらにラズロ氏つながりで。http://www.han.org/hanboard/c-board.cgi?cmd=one;no=920;id

この事件、出来すぎてるよなあ、何か裏があるのかな・・・とは思っていたんだけど、こういうことですか。

『ジャパニーズ・オンリー : 小樽温泉入浴拒否問題と人種差別 / 有道出人 ISBN:4750316997』

本まで出してるし。この著者も元・外国人。日本に帰化したのは訴訟のためらしい。

経営が厳しい温泉に対して、弱者の振りして差別主義者扱いですか。なんなんだこいつら。

> 湯の花の『外国人お断り』を聞き付けたDavid Aldwinckleは、南幌からわざわざ4時間かけて家族をつれてその問題の温泉に出向いて、『差別』されに行った上で、入浴を拒否されると、これは『差別』だ!といって訴訟を起こしたのです。
> もう一ついうと、わざわざそのために日本国籍を取得して、(人種差別撤廃条約は国籍による差別を認めているので)『日本国籍なのに排除されたのは、人種の違いによるもので、人種差別撤廃条約違反だ』という理屈をつけた上で訴えました。

384 :吾輩は名無しである:2005/09/10(土) 14:01:07
邪蛮国とアンナ・テラス
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/min/1126328132/

ヤプー好きのみなさま、語りましょう

385 :無名草子さん:2005/10/01(土) 12:08:45
精神衛生に悪い

386 :吾輩は名無しである:2005/10/06(木) 15:01:48
うちの近所にある小さい古本屋でヤプーみつけた
都市出版社ってとこから出てる黒色の装丁で5000円…

なんかプレミアでてるやつなん?

387 :386:2005/10/06(木) 15:13:47
スレ読んでみたらややプレミアっぽいけど
どこでも買えそうな品でしたね…

388 :吾輩は名無しである:2005/10/13(木) 09:16:30
シュバンクマイエル先生に実写イヒしてほすぃ

389 :SM板ヤプースレ:2005/10/16(日) 17:31:03
806 :名無し調教中。:2005/06/08(水) 12:32:58 ID:cMjRjMag
 こんにちわ。
 最近街の本屋さんに行かなくなりました
名作「家畜人ヤプー」や「痴人の愛」とまでいかないまでも、あるいは
駄作でも、フェムドム(女性支配・男性マゾヒズム)願望を満たしてくれる
ような作品は出版されてますか。
 21世紀にはいってから、なにか注目・話題作ってありましたっけ?
●マゾヒズムに花束を!
http://blog.goo.ne.jp/fem_dom/


816 :名無し調教中。:2005/08/07(日) 11:27:53 ID:/V9Ws5Hr
このスレにも(>>806)宣伝が貼られてたか。
2chを使い捨てのこやしにして、atが立ち上げたBLOG。
小理屈並べが結構集まってたんだけど、どうやら馬仙人がすみついたようだ。
理論的SM愛好者といえば聞こえがいいんだけど〜。
こういった人たちってあれだよね。性風俗の視点・切り口からしか掘り下げようとしないんだよねえ。
だから、基本的な部分で間違いも多い。
番頭グループは論外にしても、視野狭窄的頭でっかちにも困りもの。。。



390 :SM板ヤプースレ:2005/10/16(日) 17:32:07
817 :名無し調教中。:2005/08/07(日) 12:54:10 ID:VuHr7gsF
ブログを読む人が増えるだけ。

818 :名無し調教中。:2005/08/13(土) 13:21:41 ID:NQBChN38
増えるとか減るとか、そんなちっぽけなことはどうでもいいんだ。
いや、むしろ増えたほうがいい。その分だけ潔癖感の強い野次馬の目に付いてgoo blogに通報される可能性が増すから。
最新記事にはあきれ返ったよ。
覆面作家の作品を大々的に転用した上、高みから評した挙句、隠しアドまで晒すとは!
個人がハンドルでやってるwebサイトには、時事報道性・時事評論性はない、
40にもなって、こんな基本的な社会規範を知らないんだな。
或いは知ってて版権侵犯(概念的)してるのか?
マジ、ああいうことは潰しにいかないといけない。
まあ、馬仙人だけが槍玉にされるのは不公平だから、おだてた他の奴らも名指ししとくよ。
       U U 、 ク ロ 、 ユ イ ナ 
お前らも同罪だわ!




391 :吾輩は名無しである:2005/10/16(日) 22:25:55
家畜人ヤプーの作者と疑われた倉田卓次元判事が判例タイムズという雑誌に
興味深い一文を載せている(判例タイムズ1180号4頁)
要約すると
氏は判事補時代に雑誌「奇譚クラブ」を定期購読しており、その編集部で紹介された
文通相手A、Bを持つこととなった
そしてAから家畜人ヤプーの構想につき相談を受けアドバイスをし、このことを
Bに対しても言及したのだが虚栄心からあたかも自分が作者となってその小説を
書くという話にしていたという
それから倉田は最高裁調査官(裁判官のエリートコース)となりBとの文通をうち切った
そして家畜人ヤプーが発表されそれから10年余り後にBが家畜人ヤプーの作者は
倉田であると暴露しその証拠として倉田のその書簡をあげたのだという
これが沼正三=倉田卓次説の真相であるという

詳しくは判例タイムズ誌を参照されたい

392 :吾輩は名無しである:2005/10/17(月) 00:45:37
宇宙空間にまだ大英帝国が残ってるというのがなぁ。

393 :吾輩は名無しである:2005/10/17(月) 01:36:13
>>389
美本で8000円〜10000円(すべて揃っている完本)
並本で3000円超程かな。
品物の状態によるに差額大。
だから状態によります。
俺は並程度のものを3500円で買いました。
綺麗な装丁の本です。挿絵も綺麗。

394 :吾輩は名無しである:2005/10/17(月) 02:57:06
著作権買ったところが
「デューン砂の惑星」のデビッド・リンチに映画化依頼って
話を聞いたことあるんだが・・・あれはどうなったのか。
もう10年も前だけど。


395 :吾輩は名無しである:2005/10/17(月) 21:31:48
イレイザーヘッドの人かw

396 :吾輩は名無しである:2005/10/17(月) 22:14:53
原作は読んでないけどコミック江川版1〜5巻、マンガ喫茶
で一気読みしましたw あれは原作に忠実
ではないのですか?結構面白かった。



397 :吾輩は名無しである:2005/10/17(月) 22:16:40
さげますよ

398 :吾輩は名無しである:2005/10/18(火) 00:30:19
映画化したら国際問題に

399 :吾輩は名無しである:2005/10/18(火) 13:53:18
リンチは「ツインピークス」で謎の日本人男性登場させて、
しかしその正体は白人女性の変装だった!ってへんなネタやってた。
リンチによる「ヤプー」映画化実現してたら
イース帝国の美術は凄まじいものになったと思うけど。

400 :吾輩は名無しである:2005/10/18(火) 16:54:08
アレハンドロ・ホドロフスキー作品と並ぶものが出来るだろうな…

401 :吾輩は名無しである:2005/10/20(木) 20:16:20
>>386
都市出版社版家畜人ヤプー
http://azure2003.sakura.ne.jp/yapoo/mokuji.html
ここにあるようです。


402 :吾輩は名無しである:2005/10/31(月) 12:59:37
>>400
ホドロフスキー好きですが、なんかセックスが祝祭感とともに
捉えられていて、
リンチのような「支配するーされる」な関係と見る視点がないような。
「ヤプー」には合わないのでは。

403 :吾輩は名無しである:2005/11/04(金) 22:59:23
>Q. 他者の著作物の無断転用を重ねながら、自らの記事の著作権を主張し尚且つその二次転用を禁じてる悪徳ブログがあると聞きましたが本当ですか?
>A. はい、ここがそうです。
> http://blog.livedoor.jp/fem_dom/
> http://blog.goo.ne.jp/homer_2005/
> http://ameblo.jp/femdom/
> メインブログを削除されながら一向に行動が改まらないところをみれば、社会常識が著しく欠如した管理人が運営しているものと思われます。

Q.
創作サイトを装いながら、その実情は他者著作物の無断転用の連続。無法サイトであることをむしろ鼓舞している個人HPがあると聞きました。
俄かには信じられません。本当なんでしょうか?

A.
はい、残念ながら本当です。
http://uu-net.ddo.jp/
ここがそうです。
完全会員制をいいことに、無断転用を重ねてきたこのサイトも、悪評が立つにつれ少しは行動が改まってきました。
しかし、いつ何時また元の木阿弥になるとも限りません。
こうして声を高めていくことが良策と思われます。


404 :吾輩は名無しである:2005/11/04(金) 23:01:57


【苦情の宛先】
fem_dom@mail.goo.ne.jp
oldmanequine@hotmail.com
uu0222@hotmail.com
slakina@po1.dti2.ne.jp
info@mistress-cafe.net

【通報はこちらへ】
https://ssl.livedoor.com/help/inquiry/?sv=blog
http://blog.goo.ne.jp/info/staff.html
https://blog.ameba.jp/help/inquiryinput.do



405 :吾輩は名無しである:2005/11/15(火) 02:08:19
ルネ・ラルーがアニメイヒしねーかな

406 :吾輩は名無しである:2005/11/23(水) 17:24:07
シリアルナンバー入りの限定本って誤植だらけらしいね

407 :俺は>>21で ◆AhcRAC3CHY :2005/11/28(月) 02:45:57 ?#
家畜人ヤプー読了記念

408 :吾輩は名無しである:2005/12/01(木) 15:49:12
頭おかしくなるだろ?w

409 :吾輩は名無しである:2005/12/01(木) 16:07:49
オレは親父の仕事の関係でフランスにいたとき、16〜17歳の時分にヤプーを読んだんだが、
まわりに白人しかいない中で読んだ分だけ強烈だった。
心に堪えたというより、もう腹にズシーンときた感じ。
学校行っても別に差別されないし、意外にも結構モテたし、そのあたりでは大丈夫だったんだけど、
大人しかいないような場所へ行くと吐き気がした。

410 :吾輩は名無しである:2005/12/01(木) 17:50:45
はぁ?
いきなり行ってよくフランス語話せたな。

みえみえの嘘つくなよ。
下流人間

411 :吾輩は名無しである:2005/12/01(木) 17:52:11
江川達也の漫画はひどすぎる。全然イメージに合わない。
荒木飛呂彦あたりが書いてくれたらいいのに。

412 :409:2005/12/01(木) 17:56:39
>>410
話せるわけないでしょーが。
だから本読んでたんだよ。
学校は、とりあえず行ってれば日本の高校の出席日数にしてもらえるんで行っただけ。
勘違いしてひがむな。

413 :吾輩は名無しである:2005/12/01(木) 18:00:36
>>410
409ではないが、どこが「みえみえの嘘」なのかようわからん。
俺も親の仕事の関係でスイスに住んでいたことがあるが、
必要があれば言葉ぐらい話せるようになるよ。
俺の住んでたとこでは、英語とフランス語とドイツ語が使われていたが、
3年いたら、まあそこそこ必要な会話はできるようになった。
(読むほうは英語しか駄目だったが…)
田舎だったせいか、日本人に対する偏見はまあまああったな。
気に病むほどのことではなかったけれど。
スレ違いスマソ。

414 :409:2005/12/01(木) 18:13:06
>>413
俺は短期(7ヵ月)だったから最初から言葉覚える気もなく、本当に何も覚えないで帰ってきた。
差別や偏見がなかったのは、イールドフランスだったからかな?
とにかく、援護射撃ありがと。

415 :吾輩は名無しである:2005/12/01(木) 18:13:47
>>410
なにに僻んでキレているのかさっぱりわからんw
恥ずかしい奴だな。

416 :吾輩は名無しである:2005/12/02(金) 22:57:39
じゃあ俺は410の長所を探しに明日、旅に出ようと思う。
おやつはいくら分持ってこうかな?

417 :吾輩は名無しである:2005/12/02(金) 23:58:10
>>416
困難な旅が予想されるので、チョコレートとナッツは必ず持ったほうがいい。
遭難したときにはそれを少しずつかじって耐えるのだ。

出帆社版のヤプーをブックオフにて\950でゲット。
状態は中の上といったところで、なかなかよい買い物をした気がする。
金井美恵子が結構いい解説書いてる。

418 :吾輩は名無しである:2005/12/04(日) 06:11:58
>>410みたいなやつがヤプー読んで大丈夫なのか?
心に余裕持てよ。

419 :吾輩は名無しである:2005/12/05(月) 18:00:39
>>411 いまの荒木じゃあ役不足だよ、顔のかき分けできないし

そこで丸尾大先生の出番ですよ

420 :吾輩は名無しである:2005/12/05(月) 23:16:23
>>419
マルオスエヒロはいいね。

421 :吾輩は名無しである:2005/12/06(火) 02:21:05
佐伯俊男はどう?

422 :吾輩は名無しである:2005/12/06(火) 14:07:44
文学板で丸尾の名前が挙がるとは意外だ。

423 :吾輩は名無しである:2005/12/07(水) 14:08:01
そうでもないよ。丸尾の単行本に「夢のQ作」ってのがあるしね

424 :吾輩は名無しである:2005/12/08(木) 04:02:48
>>421
佐伯俊男 壁紙
ttp://www.neoplan.jp/saeki/koten/pix/04_large.jpg

425 :吾輩は名無しである:2005/12/12(月) 09:42:16
>>424
おお。初めて見た。いいね。

426 :吾輩は名無しである:2005/12/16(金) 11:07:46


427 :吾輩は名無しである:2005/12/24(土) 14:56:27
三浦健太郎が漫画化したらおぞましいだろうな

428 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2005/12/29(木) 16:16:30
ヤプー自体は石森版初版で知って、その後原作(小説)を読んだんだけど、
荒唐無稽過ぎてピンとこなかった。

それが江川版を漫喫で6冊イッキ読みして、ちょっとした衝撃を受けた。
思えば小説を読んでる時はその細かい描写に、
イメージは沸くんだけど想像したくない心理が働いていた気がする。

それが江川版で否応無しに日本人顔のヤプーを見せられて・・・
常々品種改良した食材やペットをキショク感じていた俺にとっては、
ヤプーの未来像も在り得ない事でも無いかと思ってしまう。

SMっつーのが判らん俺にとってはホラー作品だわ。

429 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2005/12/31(土) 11:29:52
サガノヘルマーの漫画みたいだよね

430 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2005/12/31(土) 11:32:41
そうなるよそのうち

431 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2005/12/31(土) 13:11:02
ありえない未来ではないよね
サガノヘルマーの描いたヒテロ社会みたいに

432 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/04(水) 02:03:01
428っていくつくらいなのだろうか・・・

私は18くらいで原作読んだんだけど、
ワリと普通に受け入れてしまったよ。
人によるものなのかな、年齢はあんまり関係ないのかな。

あー、作者はSMで白人女性に服従したい人なんだろうなあと
普通に受け入れて読んじゃった。
でも、描写が細かくて気持ち悪いけど、性的描写はファンタジーだししょうがないのかと思った。

433 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/06(月) 23:03:14
ヤプーには、一応、
日本人を非人間と<科学的>に決定付ける根拠が示されているが、
その<科学的>とされる根拠には染色体数の一致の矛盾やDNAその他の
問題が無視されているため、実は全然科学的でない。
こんなものはSFでも何でもない。ただの子供の落書き。

434 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/08(水) 06:24:32
実際はヒトなんだけどヒトじゃない扱いを受けてるって話じゃないの?
SMなんだから


435 :名誉白人など、くそくらえ:2006/02/13(月) 18:33:04
これって、もしかして警世の書、だったりしないだろうか

読んだことは、ない、が、紹介だけ読み聞きしていても、
白人、特に白人女性と接する時に、身構えてしまうような
気がする。ちょっとでもふざけたこと言ったりしたら、平手
打ちかましてしまう、みたいな。白人男でも、ちょっと、
身構え気味、キレ易気味、になるかもしれぬ。白人でも、
みんながみんな、悪人ではないはずだが。大体、普通の教育
受けてれば、イース人みたいな態度とること自体を、恥ずか
しく思うはず。でも、最近のアメリカ人は、わからないな、
イラクの人々への態度見ていると。テレビ番組でも、あから
さまにアラブ系を馬鹿にしたコントとかやってるし。クララ
だっけ、洗脳されてしまったんでしょ。

読んだことはないが、なんと、萬葉のパロディまであるんで
しょ。いったい作者は、何を考えていたのか。ものすごい深
いところで、いろいろなものの本質をつかんでいたのかもし
れない。無視しにくい本だろう。

436 :吾輩は名無しである:2006/02/13(月) 19:13:59
>>435
いろんな意味で君は間違った解釈をしているみたいだ。
無理に読めとは言わないが、読んでないならつつしみたまえ。

437 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/02/13(月) 22:16:52
ヤプー!BB

438 :名誉白人など、くそくらえ :2006/02/14(火) 00:30:26
>>436
マゾの分際で、俺に説教か、ゴルア。
俺は、お前と違って、このスレのまともな人たちに質問しているので。
すっこんどれ。
手元に本がない、あいにく読む時間を取れてない人間が、このスレで質問
するのは、このスレの趣旨に反していない筈だ。

このスレの住人の内で、まともな方々へ。私の気分・考えは、>>322-333
に近いです。また、私のように、この小説に特に生理的な嫌悪感を感じて
おられる方々も書込みを見ているとかなりいらっしゃるようです。

さて、>>435 の書込みでは少し感情が高ぶってちょっと激しい表現に
なったかもしれません。注意事項ですが、欧米諸国で、公の場で女性に手を
上げると、まず周り全員を敵に回すと考えて間違いありません。(日本でも、
このくらい、自国女性を守ってやるという意識があればいいのにね。)
でも、あまりにもひどかったら、ということで。

439 :吾輩は名無しである:2006/02/14(火) 01:26:25
>>438
>>435のどこが質問なんだ?
あらすじを適当に聞きかじって、「〜でしょ」「でしょ」
って見当違いのこと並べてるだけじゃんか。

とくに
>白人でも、
>みんながみんな、悪人ではないはずだが。大体、普通の教育
>受けてれば、イース人みたいな態度とること自体を、恥ずか
>しく思うはず。でも、最近のアメリカ人は、わからないな、
>イラクの人々への態度見ていると。テレビ番組でも、あから
>さまにアラブ系を馬鹿にしたコントとかやってるし。クララ
>だっけ、洗脳されてしまったんでしょ。
は痛々しいにもほどがある勘違いだ。

440 :吾輩は名無しである:2006/02/15(水) 06:11:04
>>438
つまり、何が言いたいの?
あれこれ妄想めいたことを書き込む間に、そこまで興味があるなら、
とりあえず読んでみたらどうなんだ?
おそろしく見当違いなことを言っていることに気づくはず。

441 :& ◆Mch1MElHro :2006/02/17(金) 06:15:22
>>436, 439, 440
何が悲しくてマゾヤプーに喧嘩売られなければならないのか。
ネットだと何でも言えるからな。
その攻撃性を、2m100kgの白人に向けてみな。
もし俺の目の前でお前が白人にヤプーしてるのを見たら、
白人もお前もぶっころすからな。
日本人のくせして、ここまで、英霊への恩を感じないのは
許せない。問題意識がなさすぎる、最近の日本人は。

442 :名誉白人など、くそくらえ:2006/02/17(金) 06:17:12
>>436, 439, 440
何が悲しくてマゾヤプーに喧嘩売られなければならないのか。
ネットだと何でも言えるからな。
その攻撃性を、2m100kgの白人に向けてみな。
もし俺の目の前でお前が白人にヤプーしてるのを見たら、
白人もお前もぶっころすからな。
最近の日本人は、問題意識がなさすぎる。下手すると、
ほんとにヤプーになってしまうのではないか。
俺たちのために死んでくれた英霊に、申し訳ないと思わないのか。

443 :吾輩は名無しである:2006/02/17(金) 15:59:38
この小説を清純な女子小中学生に見せたいのです。

444 :吾輩は名無しである:2006/02/24(金) 11:51:57
イタイ奴が紛れ込んでるな
娯楽小説だから楽しんで読め

445 :吾輩は名無しである:2006/02/24(金) 12:16:22
そんなに衝撃的とも思えない。谷崎のがすげーよ。

446 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 12:32:12
251 名前: Homer Simpson 投稿日: 2005/12/29(木) 15:58:51 ID:LaNmUH7i
●関連ブログを一括収録 今話題のあのブログも、見られなくなってしまった記事・コメントも全部ここで見られる!
●広告・アフリ一切なし けばけばしい文字装飾を外した読み易い紙面!
●一部記事にてコメントTB受入!


http://femdom.seesaa.net/
マゾヒズムに花束を!
252 名前: ↑↑↑ 投稿日: 2006/01/01(日) 20:14:55 ID:fgPGHwb8

マゾヒズムに花札を!
http://blog.goo.ne.jp/homer-2006/

253 名前: 名無し調教中。 投稿日: 2006/01/10(火) 08:10:01 ID:BqXn9lhG
http://namioharukawablog42.seesaa.net/


447 :吾輩は名無しである:2006/02/28(火) 16:29:29
「アーロン収容所」 会田雄次 (中公文庫、中公新書)

その日、私は部屋に入り掃除をしようとしておどろいた。一人の女が全裸で鏡の前に立って
髪をすいていたからである。ドアの音にうしろをふりむいたが、日本兵であることを知ると
そのまま何事もなかったかのようにまた髪をくしけずりはじめた。部屋には二、三の女がい
て、寝台に横になりながら「ライフ」か何かを読んでいる。なんの変化も起こらない。私は
そのまま部屋を掃除し、床をふいた。裸の女は髪をすき終わると下着をつけ、そのまま寝台
に横になってタバコを吸いはじめた。

入ってきたのがもし白人だったら、女たちはかなきり声をあげ大変な騒ぎになったことと思
われる。しかし日本人だったので、彼女らはまったくその存在を無視していたのである。

もちろん、相手がビルマ人やインド人であったとしてもおなじことだろう。そのくせイギリ
ス兵には、はにかんだりニコニコしたりでむやみと愛嬌がよい。彼女たちからすれば、植民
地人や有色人はあきらかに「人間」ではないのである。それは家畜にひとしいものだから、
それに対し人間に対するような感覚を持つ必要はないのだ。

はじめてイギリス兵に接したころ、私たちはなんという尊大傲慢な人種だろうとおどろいた。
なぜこのようにむりに威張らねばならないのかと思ったのだが、それは間違いであった。か
れらはむりに威張っているのではない。東洋人に対するかれらの絶対的な優越感は、まった
く自然なもので、努力しているのではない。女兵士が私たちをつかうとき、足やあごで指図
するのも、タバコをあたえるのに床に投げるのも、まったく自然な、ほんとうに空気を吸う
ようななだらかなやり方なのである。

「アーロン収容所」 会田雄次 (中公文庫、中公新書)

448 :吾輩は名無しである:2006/03/13(月) 19:41:28
>翌日、原一男さんのところへ相談に行った。すこしまえに大学は卒業していた。
>大隈講堂のまえで人目もはばからず泣きながら母のことを話した。

うそをつくのはおやめなさい。
あなたは大学受験に失敗して引きこもりを続けているだけでしょう。
医者に診てもらいなさい。あなたは病気です。

700 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/04/13 08:42
「踏み越えるキャメラ」(原一男/フィルムアート社)*再読
→原一男は「ゆきゆきて、神軍」「全身小説家」などで知られている映画監督。
副題に「わが方法、アクションドキュメンタリー」とある。原一男はいう。
表現をするとは何か。私たちが生きている日常。この日常というのは監獄のようなもので、
常に私たちを縛りつける、不自由にする。表現とはそこから解放されたい、
自由になりたいという欲望に他ならない。だからキャメラをもったと原一男はいう。
キャメラをまわす。すると日常が変質する。ひとはキャメラのまえで演技をするからである。
かっこよく見られたいという思いはもちろん。お墓のまえでは泣き、不正には怒る。
ふだんはなあなあで済ませていたものに真っ向から向き合うことをキャメラから求められる。
だれにだって「かくありたい」という自分がある。キャメラがその欲望を刺激するわけである。
したがってかれはキャメラがなかったらできないようなことまでやってしまう。
すると劇的なシーンが生まれる、それを原一男は撮りたいのである。
過激なものを、劇的なものを、なまの人間の葛藤を原一男は撮りたいのである。
表現は社会に向ける刃(やいば)と考えればこそである。
そのときキャメラは武器となる――。

この本を読んだのは何回目だろう。赤線や書き込みがたくさんある。

>表現におけるわたしのお師匠さん(というのか?)は原一男さんかもしれない。
>といってもむかし数日間の映画セミナーのようなものに参加しただけなんだけれども。


449 :吾輩は名無しである:2006/03/17(金) 20:36:16
>>445
ヤプーのマゾは谷崎のマゾと並べるもとは違うんジャマイカ?

450 :吾輩は名無しである:2006/03/17(金) 23:28:57
>>445
まぁジャンルが違うんでないかい。
谷崎が生きた時代には「SF」という概念が確立してたかどうか。
ちなみにヤプーの作者の沼正三はエッセイ「ある夢想家の手帖から」で
「江戸川乱歩は谷崎と同じくらいSM資質がある作家だが、谷崎のような
SM分野には行かずに推理小説分野に行ってしまった」とか批評してたと思う。

最初に戻ると、沼は谷崎のような純愛風味のあるものは書けるか
どうか分からんし、谷崎は沼のような壮大なSF小説は書けないんじゃないかな。

あと、小説では無いですがアメリカで、「もし南北戦争で南軍が
勝利して奴隷制度が存続したら現代世界はどうなっていたか」
という趣旨の映画「CSA」が製作公開されているようです
ttp://www.csathemovie.com/
この映画だとアメリカでは白人以外は黒人は勿論、黄色人種も
奴隷化されるという筋書きのようなので。
(詳しくは今週発売のTVBros誌に町山智浩がコラムで書いている)

451 :吾輩は名無しである:2006/03/27(月) 09:45:18
客氏 (中国・明) − 宦官・魏忠賢をクリンガにした皇帝乳母
http://blog.livedoor.jp/fem_dom_2006/archives/50219820.html



http://blog.livedoor.jp/fem_dom_2006/

452 :吾輩は名無しである:2006/05/25(木) 00:11:02
    

453 :吾輩は名無しである:2006/05/25(木) 04:43:34
珍しいスレが

454 :吾輩は名無しである:2006/05/29(月) 20:46:38
図書館にいったら通常版と完結編があったんだけど
どうちがうんですか?
よむなら完結編だけでいいですかね?


455 :吾輩は名無しである:2006/05/29(月) 20:48:53
後半は別の人が書いてるから、全部読めば?参考になるよ。
ただし、忍耐は必要ではあるが。

456 :吾輩は名無しである:2006/06/02(金) 06:37:47
なんか今まで勇気がなくて読めなかったんですけど、帰国後真っ先に読みたいと思います。

457 :吾輩は名無しである:2006/06/02(金) 14:14:00
>>455
何回も加筆してるのは事実だけど
「後半は別人」説は本当なの?

458 :吾輩は名無しである:2006/06/02(金) 18:42:10
おそらく本当だとおもう。
というのは、前半と後半で文体が全く異なるからです。
前半の硬質で耽美的な文体に対して、後半は変な駄洒落や下世話な表現が目立つようになります。


459 :吾輩は名無しである:2006/07/06(木) 22:41:21
合作なのは同意だけど、前半から文章ヘタじゃね?
三島の覆面という噂を最初に流したやつは、この文章でよく三島が書いていると思えたよな。
思いっきり素人文章じゃん。

460 :吾輩は名無しである:2006/07/07(金) 15:11:32
後半は、「合作」ならあり得るかなと思うけど「別人が書き足した」とは思えない。
あれだけ粘着タイプの人が思い入れのある作品を他人の自由にさせるはずがない。
駄洒落が多くなるのは、ウケが良かったから調子に乗っただけじゃないか?
あるいは出版社の要望を容れたのかも知れん。

461 :吾輩は名無しである:2006/07/27(木) 22:12:57
この世界では日本人以外の黄色人種はどうなってんの?

462 :吾輩は名無しである:2006/07/28(金) 00:22:47
>>460
なに言ってんの?
作者暴露事件が起きて、正式に代理人が襲名したんじゃん。

それに後書き見れば、沼が最初の人物とは別人ということはうかがい知れる。

463 :吾輩は名無しである:2006/07/28(金) 02:03:52
白人、黒人、日本人しかいない世界と言えば戦後直後の日本のことじゃないか。
やっぱり戦後直後は、米兵とかに性的玩具にされたり拷問されてたりしたんだろう。
悲しいことだ。

464 :吾輩は名無しである:2006/08/15(火) 15:18:39
説明多すぎて途中で読むの止めた。
SFで用語説明長ったらしいとなんか冷めるんだよな。

465 :吾輩は名無しである:2006/09/03(日) 13:22:31
>>461
いろいろあって全員死滅。
白黄混血も殺されてるらしい。

466 :吾輩は名無しである:2006/09/14(木) 19:17:02
>>465
日本以外の黄色人種の国はすべて、共産主義国家となっていた。
アメリカは核ミサイルで、ソ連をはじめ、すべての共産主義国家を滅ぼした。


467 :吾輩は名無しである:2006/09/14(木) 21:15:06
最近、親王様が生まれて名前が決まったが、そのことで思い出したことがある。

マック将軍の地球再占領軍が来たときの、天皇の名前を覚えているかい?
天皇といっても南米の黒人国家で奴隷の身分だったわけだが、奴隷化された日本人の
間では尊敬されていた。
その名は、「チクヒト」。

漢字では一体どう書くのだろうか?と気になった。
「ヒト」は「仁」だと思うが、「チク」はなんという字だろうか?
歴代天皇の名前は訓読みばかりだ。「チク」なんて訓読みする漢字は無いぞ。

まさか、こう書くんじゃないだろうね?
「畜人」
だとしたら、あまりにふざけすぎている。
いや、元々娯楽小説なのだから、こういうのもアリなのだろうか?


468 :吾輩は名無しである:2006/09/14(木) 22:23:47
ヤプーBBって誰か言った?

469 :吾輩は名無しである:2006/09/15(金) 12:44:45
ヤフーはガリバー旅行記に出てくる馬の国の言葉だ。意味は、人間。

その馬の国では馬(馬語でフウイヌム)が万物の霊長で、人間(馬語でヤフー)は家畜化されている。
「作者のスウィフトは時間旅行中の未来人から家畜人ヤプーの話を聞き、それを「ガリバー旅行記」
のネタにしたと思われる」
イースの国では百科事典にそう書いてあるそうである。




470 :吾輩は名無しである:2006/10/18(水) 16:18:42
畜仁だろ

471 :吾輩は名無しである:2006/11/09(木) 07:02:25
蓄仁

472 :吾輩は名無しである:2006/11/10(金) 22:35:49
なかほどまで読んだんだけど、急にクララの瀬部への
愛情が冷めるところなんか、めちゃくちゃ無理がある。
わずか数時間なのにさ。三島はこれのどこに惹かれたんだろ。
娯楽的な読み物としてはおもしろいが、心理描写はめちゃくちゃだ。

473 :吾輩は名無しである:2006/11/18(土) 12:59:08
がっこの図書のリクエストにこれ出したら拒否られた。
18歳以上が適切だからとか。うっそん。

474 :吾輩は名無しである:2006/11/19(日) 00:32:47
佐伯俊男は白人の描写に問題が無ければ、超即戦力だな。

475 :吾輩は名無しである:2006/11/20(月) 18:10:54
細かいストーリーなんていいんですよ、どうでも
イースの風俗を詳細に描くことが重要なんでしょ

476 :吾輩は名無しである:2006/11/25(土) 20:50:48
結局、知的猿類というのはそうとうきわどい理論だな。
イース人の不満分子が黒奴や邪蛮国をうまいこと使ったら制度転覆できるかも。

477 :吾輩は名無しである:2006/11/25(土) 21:09:25
へぇ〜。

買って10年経つが未だに読んでいない漏れ……orz

478 :吾輩は名無しである:2006/11/28(火) 16:58:55
>>476

その制度転覆の可能性を全く無視して、
白人に奉仕し続けるのが、
家畜人ヤプーの本懐なのですよ。

479 :吾輩は名無しである:2006/12/07(木) 18:37:06
>>476
無理だよ。
だって黒奴にはデイリーレポートの義務があるんだから。

黒奴は毎日、1日の出来事をもれなく録音機に吹き込まなければならない。
この録音機にはポリグラフ機能もあり、もしも嘘の疑いがあったら、厳しく追及される。
他の黒奴の報告と突き合わせ、照合され、嘘の報告はほとんど不可能だ。

特に他の黒奴の悪事については、最優先で報告する義務がある。
もしも他の黒奴の悪事の報告を忘れたら、共犯者とされ、「私刑公売」の刑にされることになっている。

反乱を起こせる可能性は、まったくと言っていいほど、ないね。


480 :猪鹿蝶:2006/12/07(木) 22:45:50
≫467
チクヒトは地球再占領当時ではなく、もっと後のヤプーが家畜その物になった頃のミカドです。おそらく「畜久仁」「痴狗非仁」号と書くのでしょう。この時代で未だ人間意識もっていたヒトだから自嘲を込めていたようだ。


481 :吾輩は名無しである:2006/12/08(金) 12:22:53
>>480
「ミカドセッチン」って言ったっけ?
天皇の末裔であるチクヒトは、女王専用の便器、第一号だったね。

482 :吾輩は名無しである:2006/12/08(金) 22:25:48
大分前にスタジオボイスで沼正三と団鬼六が対談やってた。
女子寮に忍び込んで、汲み取り式の便所の肥溜め中から
女子の排泄する様を覗いて興奮したとか何とか。
見た目は普通のおじいちゃんなのにすげーことやってるなぁとか思いながら読んだ記憶が。

483 :猪鹿蝶:2006/12/24(日) 00:05:10
イースの牛豚羊に次ぐ重要な食肉資源、
食用畜:サルコという食肉用ヤプーはエンジン虫を寄生せず、
前史時代の人間並みに自然食で育っています。
素敵なの語源とされる>ヤップステーキ用は別として、裸首輪姿で獣檻暮らしは原ヤプーと同様。
ファミ通で渡辺浩弐「2000年のゲーム・キッズ/きれいな仕事」で完全自動化された人肉製造工場というのがあったけど、
食用ヤプーの暮らし振りその物の動画を発見しましたので見てください。
白人なのが玉に瑕ですが。
動画アップロード板よりUPL:dolby.dyndns.org/upfoo/107.html

IMAGE + MOVIE [1617:15]CM人間家畜
10396 名前:アペックス 05/01/26(水)23:52 ID:FyxwTI4I
人間を食用としている世界です。


484 :吾輩は名無しである:2006/12/25(月) 02:11:31
都市出版社(1970)版
を古本屋でみつけたんですけど、
価値ありますか?


485 :吾輩は名無しである:2006/12/27(水) 18:22:44
>>484
幾らでした?
美本だったら価値あるかも知れないけど
ヤプー好き以外は関心無いかもな

486 :吾輩は名無しである:2007/01/01(月) 21:01:15
20年ほど前の予備校生の時、古本屋で見つけて読んだ。
角川文庫版だった。
数年後、書店で続編を見かけたが読む気がしなかった。
現在、幻冬舎文庫でも続編が出ているが手に取る気がしない。
精神が破壊されそうな恐怖を覚える。

487 :吾輩は名無しである:2007/01/15(月) 00:18:50
角川の第9版を300円で買った。おもしろい。

488 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 12:32:44
この小説では、日本人はネアンデルタール人の末裔だとされている。
ところがネアンデルタール人の化石は、ヨーロッパと西アジアと北アフリカでしか出土しない。
現代の白色人種の発生地域と、かなり一致している。
「白色人種は有色人種とちがって、ネアンデルタール人の血が入っているのでは?」
と言う人も一部にはいるくらいだ。
もちろん、日本列島でも東アジアでも、ネアンデルタール人の化石は出土しない。
この小説と、皮肉なくらい、正反対な説である。
現代ではDNA解析によってこの説は否定されているようだが、それほど、ネアンデルタール人と白色人種の地域は一致しているということだ。
作者はこの事実をどう考えるだろうか?


489 :白豚:2007/01/16(火) 19:47:47
なんか白人がチョン並みにムカついてきたわ 白人だって白豚だろあいつらこそ家畜にしてやれイギリス女を強姦したくなってきた

490 :吾輩は名無しである:2007/01/24(水) 00:41:04
どの辺から作者変わってんだ?

491 :吾輩は名無しである:2007/02/02(金) 23:38:10
角川のヤプー読んだんだけど、すっげー中途半端な終わり方なんだが・・・・。
すっきりするにはどれ読んだらいい?

492 :吾輩は名無しである:2007/02/10(土) 01:08:19
>>482
もう見て無いだろうけど。
発表当時、沼正三は身許を隠していて
顔写真なんてとんでもない、って感じだったけど
今は出してるんだねえ。

>>491
そんなもん無い。どれ読んでもすっきりしたところで終わらないから。
果てしない妄想小説。

でもものすごくペダンチック。

493 :吾輩は名無しである:2007/02/14(水) 17:04:41
白人が天下を取るのは無理。
この本の白人の最後は大和民族の反乱で終了。

494 :吾輩は名無しである:2007/02/15(木) 15:00:39
戦後マゾ

495 :吾輩は名無しである:2007/02/21(水) 03:16:24
>>488
今の学説だとアフリカ単一起源説と他地域連続進化説がある。
でも白人も黄色人種もDNAを調べると人類の祖先はニグロイドになる。


496 :吾輩は名無しである:2007/02/23(金) 19:42:34
文体や発想は奇譚クラブ初登場時から一貫していて途中で作者が変わったとは考えられないな。
作者が誰かという論争は別にして。

497 :吾輩は名無しである:2007/02/24(土) 18:11:09
始めに匿名で発表した以上、後になって(仮に本人であっても)名乗りを上げるのはどう考えても駄目だろぉ
本人であるかどうかの検証に熱を上げる人達も、ちょっとねぇ。

でさ、ttp://azure2004.sakura.ne.jp/yapoo/mokuji.html これってどの版なの?
最後の解説が途中で切れてるんだけど、つづき手に入らないの?



498 :吾輩は名無しである:2007/02/25(日) 00:20:52
みなさーん 映画化ですよー
ttp://www.yapoo.skr.jp/index.shtml

499 :吾輩は名無しである:2007/02/25(日) 00:32:53
ヤプー犬の3つのおきて
「白い肌を咬むな」
「服を着ている者を咬むな」(白人に仕える黒奴)
「首輪をしている者を咬むな」(飼育されているヤプー)

水浴びをしていた麟一郎は、この3つのおきて全てからはずれていたため、ヤプー犬に咬まれてしまった。

このヤプー犬は、タイムマシンに乗せられてネアンデルタール人狩りをするそうだが、
最近、ネアンデルタール人は金髪碧眼で肌の色は白かったかもしれないという説も出てきている。
肌が白かったらヤプー犬は咬むことができないことになる。
おまけに、ネアンデルタール人の文化は意外と高かったらしいという説もある。
服くらい着ていたかもしれない。
だとしたら、ますます咬めないではないか。

500 :吾輩は名無しである:2007/02/25(日) 07:13:35
>>498
映画化ですか!CGとか使うんだろうか…
劇画のも見たことないんだけど、期待していいのかな。

501 :吾輩は名無しである:2007/02/25(日) 21:01:50
>映画化
康芳夫のプロフを読んで判断しよう。

502 :吾輩は名無しである:2007/02/26(月) 09:11:00
黒人のアルビノ(白子)が量的に定着して白人化→寒冷地に適応→さらに適応して
極北コーカソイド(アイスランド人らの一部)や黄色人種に
という見方も。

503 :吾輩は名無しである:2007/02/26(月) 11:51:26
つまり黄色人種は、人類の最終進化形態であると。。。
もしくは、突然変異種であり不完全(不具)であると。。。
人種によって中身が決定づけられるのは、アジアの一部の民族だけだろうな
あとは、後天的な環境に依存すると感じる



504 :吾輩は名無しである:2007/02/28(水) 15:41:07
ヤプー読みたいんだけどとりあえず何巻まで買えばいい?

505 :吾輩は名無しである:2007/02/28(水) 19:17:24
ん? 一巻しかないけど?

506 :吾輩は名無しである:2007/03/01(木) 02:01:52
言い忘れた
幻冬舎文庫版です

507 :吾輩は名無しである:2007/03/06(火) 21:05:47
で、表紙とか挿絵の奇麗な画像、手に入らない?
うpうp!!!

508 :吾輩は名無しである:2007/03/08(木) 01:01:18
>>504
とりあえず前半の3冊前後読めばいいんじゃね?
全部で何冊あったか忘れたけど。

509 :吾輩は名無しである:2007/03/29(木) 19:05:44
「日本の男はキモイ」byリンゼー・アン・ホーカー

126 :('A`):2007/03/29(木) 09:08:12 0
149 名前: 鬼畜米英 投稿日: 2007/03/29(木) 07:45:08 ID:tU+Y14KJ0

日本男児よ、アーロン収容所の屈辱を忘れるな!

つーことで、

どいつもこいつも
http://blog.livedoor.jp/fem_dom_2006/archives/50755611.html
http://femdom.seesaa.net/article/22362134.html
http://blog.livedoor.jp/mixi_homer/
http://ahonosatoshi.blog82.fc2.com/blog-entry-18.html
http://femdom.seesaa.net/article/21470389.html

510 :吾輩は名無しである:2007/03/31(土) 02:09:14
 SFでありSMだな、家畜人ヤプー。
初めに読んで、なに言ってやがんだこいつ!!!と思うけど、後々
ああ、変態小説なんだな、と納得。
 人種間の生体的差異やら差別やら跡付けでいろいろ考えさせられるけど、
結局のところ、作者の妄想がつまった小説ってかんじだとおもう。
 重要なのは面白いかどうかであって、実際面白い。

511 :吾輩は名無しである:2007/04/06(金) 17:20:06
>>484
> 都市出版社(1970)版
> を古本屋でみつけたんですけど、
> 価値ありますか?

亀レスだが、買っとけ。

ヤプーは新版が出るたびに駄目になっていくのは有名な話。
後半は完全に代理人作だが、前半にも代理人が加筆して駄目にしてしまった。

都市出版から出すときには代理人が中心に作業をしたが、
オリジナルの作者にまだ遠慮していた。
途中から代理人が自己主張を始めて、勝手に加筆していった。

幻冬舎文庫でヤプーを読んだつもりになるな。


512 :吾輩は名無しである:2007/04/07(土) 02:44:38
>1
筆者は判明しているのですか?

513 :吾輩は名無しである:2007/04/07(土) 02:56:38
小説としては退屈。眠くなる

514 :吾輩は名無しである:2007/04/07(土) 07:54:58
前にスタジオボイスかなんかでインタビュー?を読んだ覚えが。
知的障害者のフリして女子寮だかなんだかに潜り込む話だった。
ホンモノは凄いよw

515 :吾輩は名無しである:2007/04/08(日) 14:35:32
小説には遠く及ばないが
ヤプーズマーケットっていうM男専門レーベルがあるね

121 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)