5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

尾辻克彦=赤瀬川原平

1 :吾輩は名無しである:02/08/19 10:22
飽きちゃいましたか、純文学は。

2 :吾輩は名無しである:02/08/19 10:28
老人力で2ゲット

3 :かばん:02/08/19 15:48
「ゼロ発信」連載中、毎日楽しみに読んでました。
半年で終わってしまったのが残念・・・。

4 :吾輩は名無しである:02/08/20 19:46
ょっ、待ってましたっ!

5 :吾輩は名無しである:02/08/20 19:50
儲からないもんね。
カメラ本とか美術関係の方が実入りいいんだろうね。

6 :吾輩は名無しである:02/08/20 22:02
飽きたっていったら、常に飽き続けてきた人だろ。純文学に限らず。

7 :名無し物書き@推敲中?:02/08/20 22:05
あの某有名タレントが使用している
出会いサイト。まさかあの人が



http://k-free.com/joijoi/ioi.htm

8 :吾輩は名無しである:02/08/20 22:34
もともと画家なのに、専業作家の兄(赤瀬川隼)よりも先に芥川賞を受賞してしまった多才ぶり。
隼先生は直木賞を受賞するまでだいぶ肩身が狭かったことであろう。天は二物を与えるのだ

9 :吾輩は名無しである:02/08/24 17:55
カメラがホスイ…(゚д゚)

10 :吾輩は名無しである:02/08/25 13:07
ハイレッドセンター

11 :マンガ家:02/08/25 17:29
零円札

12 :吾輩は名無しである:02/08/25 17:40
くるみ子萌え〜

13 :吾輩は名無しである:02/08/30 01:57
いまごろニラハウスの屋根のニラが花盛りなんだろうな

14 :吾輩は名無しである:02/09/01 21:38
お風呂の水がだばーっと出てくるのって何だっけ?

15 :吾輩は名無しである:02/09/02 11:31
美学校トマソン課

16 :吾輩は名無しである:02/09/16 11:03
age

17 :ダダカン:02/09/21 01:35

                     ■■■■■■■■
                  ■■■■■■■■■■■■
                 ■■■■■■■■■■■■■■
                ■■■■■■ 〜〜 ■■■■■■
              ■■■■■■〜〜〜〜〜〜■■■■■■
             ■■■■■ 〜〜〜〜〜〜〜〜 ■■■■■
             ■■■■■   ■■〜〜■■   ■■■■■
           ■■■■■  ■■■■〜〜■■■■  ■■■■■
           ■■■■         ||          ■■■■
          ■■■■■   〓〓〓〓||〓〓〓〓   ■■■■■
          ■■■■   〓〓     ||    〓〓   ■■■■
          ■■■■        //  \\       ■■■■
          ■■■■      //( ●● )\\     ■■■■
          ■■■■    // ■■■■■■ \\   ■■■■
          ■■■■■  / ■■■■■■■■ \  ■■■■■
          ■■■■■   ■/〓〓〓〓〓〓\■   ■■■■■
          ■■■■■■ ■ /▼▼▼▼▼▼\ ■ ■■■■■■
          ■■■■■■■■■ ▼▼▼▼▼▼ ■■■■■■■■■
           ■■■■■■■■■   ■■   ■■■■■■■■■
           ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
           ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
            ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
              ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
              ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



18 :吾輩は名無しである:02/09/28 11:55
age

19 :吾輩は名無しである:02/09/28 15:02
保坂和志を先取りしたような「肌ざわり」(中央公論新人賞)の異常な好評価
今以て謎。床屋いって帰ってくるだけの話です。

20 :吾輩は名無しである:02/09/28 15:25
文壇での評価を決めるのは作品の価値なんかじゃなくて、文壇の政治状況なんだよ。そんなこと常識じゃないか。

21 :吾輩は名無しである:02/10/07 04:56
この人の小説で、夢から覚めてもまた夢でそれが繰り返される、
ってな趣向の作品があったんだけど、タイトル忘れる。
どの文庫に入ってるとか、知ってる人いたら教えてください。

22 :吾輩は名無しである:02/10/16 01:42
父子家庭ののほほんとした小説もお一度読みたいが、書かないかな。
書きそうもないな。

23 :吾輩は名無しである:02/10/24 14:21
「贋金使い」だったかな?
何も知らずに読んでかなり面白かった記憶があるけど。
でも、過去の自分の仕事(?)を小説に仕立て直しただけ
って言われたらそれまで。

24 :二笑亭:02/10/24 16:55
バブル全盛期の頃、
ひたすら街の中の死臭、停滞、影の部分にフォーカスした
「超芸術トマソン」に萌えた。
もはや機能できない造型物の暗示する死とニヒリズムと滑稽感の世界。

口をコンクリートでふさがれた郵便ポストや、
無意味な上り下りだけを予感させる四谷階段は、
デュシャン並みの衝撃度があった。
(…いまや、地方都市は、町全体がトマソン化。つまりトマソンとは、日本崩壊の予兆だった!)

25 :吾輩は名無しである:02/10/24 17:00


26 :吾輩は名無しである:02/10/25 23:28
高田馬場トライアングル。よく待ち合わせに使ったなぁ。

27 :吾輩は名無しである:02/10/25 23:30
田口検証本、本日堂々発売!
馬鹿ども買え!!
我々の印税がかかっておるのだ協力しろ!


28 ::02/10/26 01:28
 無礼きわまりない、上記のカキコについてのお詫び。

田口スレの住人ですが、ランディ周辺の汚猿が、盗作監視スレの
評判を落とすためのなりきりカキコを、
あちこちのスレで乱発しています。
こちらのスレッドを無礼なカキコで汚して申しわけありません。
どうかお許し下さい。m(_ _)m

29 :吾輩は名無しである:02/10/26 14:55
なんで27と28はいつもワンセットなんだ。
同一人物なんだろ?

30 :吾輩は名無しである:02/11/11 14:55
age

31 :逆さまゲーム理論 ◆DHhstoVQ7. :02/11/11 21:37
>>24
「超芸術トマソン」、無意味なものとしてつくられている造形物。
でも、造った連中は恐らくマジボケであり、笑わせようなどという意図は一切
なかったであろう、という状況が、いやはや何とも可笑しいと思いました。

32 :吾輩は名無しである:02/11/18 11:56
「肌ざわり」を二百円でゲット。赤瀬川氏の表紙イラストからして
もうたまらない。大事に読もう。

33 :吾輩は名無しである:02/11/21 15:31
sage

34 :吾輩は名無しである:02/11/22 17:02
剥げどー

35 :吾輩は名無しである:02/11/30 20:11
偽金造り

36 :吾輩は名無しである:02/11/30 21:43
>>31 真面目につくったものを嘲り笑うスタイルが
大嫌いでしたけどね、私は。
結局、観察することだけで満足できる人は、何も作り出せないんだと
悟りました、赤瀬を見て。

37 :吾輩は名無しである:02/12/01 01:57
>>36
氏は、嘲り笑っているのではないと思うな。
むしろいとおしみ、いつくしんでいると思う。
そして「新たな物の見方」という、我々にとって
全く未知な物を、作り出して見せてくれた。

38 :逆さまゲーム理論 ◆DHhstoVQ7. :02/12/02 05:51
>>37  同意いたします!

前略。
この度、私めがBBSを新設いたしましたので宣伝申し上げます。
最近の2ちゃんねるに満足し切れなくなった方に朗報です!
2ちゃんねると比較して、勝るとも劣らぬ面白い掲示板を不肖、逆さまゲーム理論めが創りました。
ってゆうか正確に言うとまだ設置したばかりなので「勝るとも劣らぬ」と言えるようになるまでは暫く時間がかかると思うのですが。

三人寄れば文殊の知恵と申します。
人が集まって協力し合えば、必ずや面白いものが生み出せると信じております。
ということでして、掲示板を盛り上げるため、是非お力添えを!

興味を持たれましたならば、取り敢えずご覧にいらしてくださいナ。
http://jbbs.shitaraba.com/study/2403/
草草

39 :吾輩は名無しである:02/12/14 18:01
保守

40 :吾輩は名無しである:02/12/15 20:59
ほしゅ

41 :吾輩は名無しである:02/12/15 22:13
dat落ち防止

42 :吾輩は名無しである:03/01/03 14:14
hozen

43 :贋作鶏のジョナサン:03/01/05 00:16
う〜む。今度テレビに出るらしいけど、…間違いだらけの紹介だ。おれも本名が「尾辻」だとばかり…
よく有ることなのか。そういえば「雪野」にも騙された。あっ、もっと凄い勘違い、兄貴は元プロ野球
選手かと…。ちょっと思ったダケですが。「肌ざわり」の地の文はスゴイ。疲れたろうナ…。
「まだ今は随筆」のまま、ずーと来てやしない? そりゃともかく、胡桃子ちゃんは芸名で、本名は何
ていったかな。「二段式」には泣かされた…

44 :吾輩は名無しである:03/01/05 23:22
>>43
いつテレビに出るんだ?

45 :贋作鶏のジョナサン:03/01/05 23:32
あれ? テレビ朝日(全国ネット)1月22日(土)23:30
人物解体新書シリーズ  
ニラハウスからの中継で、放送するんだって! 詳しくは、
http://www.paonetwork.co.jp/sakuhin-data/sakuhin2000/00-01/01.htm



46 :贋作鶏のジョナサン:03/01/06 04:02
優柔不断力⇒無精力、無知力、恐妻力、野暮力、病弱力、変人力、運動不足力、閉所恐怖症力
注意散漫力、インポ力、痔力、書き込み中毒力、匿名依存力、自己満足力、性悪力、無鉄砲力
付和雷同力、誇大妄想力、臆病力、ヤケクソ力、貧乏力、…ああ、止まらん。

47 :吾輩は名無しである:03/01/06 11:50
>>45
アドレスで分かるけど、2000年の放送じゃないすか?

48 :贋作鶏のジョナサン:03/01/06 14:58
注意散漫力

49 :我輩は名無しである:03/01/16 10:52
本物の「新解」はどこにある。

50 :吾輩は名無しである:03/01/16 10:58
>>49
santoku suisan にある

51 :我輩は名無しである:03/01/16 19:46
そこにあるのも第四版で微妙に違うのだ。だから聞いておる。
近所の図書館にもない。おそらくは古い版であろうが何とか手に入れたいのだ。




52 :ixion ◆ySh2j8IPDg :03/01/19 09:40
今『全日本貧乏物語』(福武文庫)読んでるけど、さすがに赤瀬川は
選ぶ作品のセンスが良い、と感じさせる。

関係ないけど、とり・みき『トマソンの罠』も面白い。

53 :山崎渉:03/01/20 02:01
(^^)

54 :吾輩は名無しである:03/01/23 14:40
彼の小説、なかなかのもんだと思ったが、
図書館でボロボロの本読む以外に手がない。
こんなのが絶版になる現状って、やっぱりどうかと思う。

55 :吾輩は名無しである :03/02/01 21:11
オマイらどうせひまなんだろ...
もっと書き込めボケェ

56 :吾輩は名無しである:03/02/01 21:13
>>55
先生、雑談スレにおいでくださいませ。

57 :吾輩は名無しである:03/02/03 09:02
赤は赤 黄色は黄色 白は白   (贋金づかい)

絹丸が忘れないように力を入れたので、私が覚えてしまった。

58 :吾輩は名無しである:03/02/04 14:19
胡桃子の本名は櫻子。

59 :吾輩は名無しである:03/02/04 20:15
櫻子ちゃんにお友達から電話、
「…あの。櫻子ちゃん、いみゃすか……?」

60 :吾輩は名無しである:03/02/06 19:01
櫻子さんは池袋のリブロで働いているらしい

61 :吾輩は名無しである :03/03/03 04:04
age

62 :吾輩は名無しである :03/03/13 09:08
...

63 :吾輩は名無しである:03/03/13 11:38
廉価の文庫全集を発売キボーヌ。


64 :吾輩は名無しである:03/03/13 15:19
氏の著作は100冊以上出てるが、5年もかければ全部集まる。
でも、「ニナの話」だけはダメ。絵本だからどこにもありゃしない。
あと「絵次元・あいまいな海」。限定本だからほとんど無い。
昔オークションで200,000円くらいで出てた。
この2冊以外はまあ、何とか揃うでしょう。サイン本も結構ある。

65 :吾輩は名無しである:03/03/14 00:50
あの、脱力系の文体は凄い。ちょっと真似できない。
夢の話。偶然の話には感動した。

66 :吾輩は名無しである:03/04/07 23:22
>>64
「ニナの話」は、歯医者の待合室用に作られた絵本だそうです。
国会図書館にも無いようなんで、どこにあるかぜんぜんわからん。


67 :吾輩は名無しである:03/04/08 19:37
保守

68 :宇宙の缶詰:03/04/17 11:12
若い頃、前衛してた時の顔は
なんだか凶悪犯みたいな人相だったのが
今やすっかり「いいおじいさん顔」に……。


69 :山崎渉:03/04/19 23:27
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

70 :吾輩は名無しである:03/04/21 22:42
ゼロ発信読了。面白いんだけど今頃の赤瀬川さんの頭で考えたことより体で感じた
もの方をよしとするところがなんだかなぁ。

71 :吾輩は名無しである:03/05/04 18:30
ハイレッドセンターが岐阜でガンガってますよ。
樹木の梱包も有り。

72 :ぐるぐる:03/05/04 18:34
さて、どれが正解か解りますか?
http://henachoko.homeip.net/uploader/updata/20030502144741.jpg


73 :吾輩は名無しである:03/05/04 21:32
>>71
一瞬、回顧展でもやってるのかと期待したじゃねーか。

74 :吾輩は名無しである:03/05/04 22:38
    ------------------------ 、
   / ◎◎◎.//◎◎◎||◎◎◎.||◎| |
  /◎◎◎◎// ◎◎◎||◎◎◎||◎| |
[/_◎◎◎◎//[ ]ΦДΦ)(ΦДΦ)◎|| <我々はHRCとは無関係です!
.||◎◎◎◎|_|◎◎◎|.| ◎◎◎◎ |_◎|
.lO|--- |O゜.|◎◎◎◎|.|◎◎◎|◎◎ ||
|_∈口∋ ̄_l◎◎_⌒ l.|◎◎◎_|⌒l_||
  ̄ ̄`--' ̄ ̄ `ー' ̄ ̄`--'  `ー'


75 :吾輩は名無しである:03/05/04 22:44
    ------------------------ 、
   / ◎◎◎.//◎◎◎||◎◎◎.||◎| |
  /◎◎◎◎// ◎◎◎||◎◎◎||◎| |
[/_◎◎◎◎//[ ]ΦДΦ)(ΦДΦ)◎|| <アカイ アカイ アサヒハ アカイ
.||◎◎◎◎|_|◎◎◎|.| ◎◎◎◎ |_◎|
.lO|--- |O゜.|◎◎◎◎|.|◎◎◎|◎◎ ||
|_∈口∋ ̄_l◎◎_⌒ l.|◎◎◎_|⌒l_||
  ̄ ̄`--' ̄ ̄ `ー' ̄ ̄`--'  `ー'


76 :吾輩は名無しである:03/05/05 23:36
こんな源平は嫌だ。

「白装束を思う会」結成、源平。

77 :吾輩は名無しである:03/05/06 05:12
「宇宙の缶詰」を聞いたときには感動したよ。千円札裁判のときに作った偽札判定機だっけ?
あれも爆笑した。

78 :吾輩は名無しである:03/05/06 11:50
白装束が、偽札作ってたら・・・。

79 :ハートマン軍曹:03/05/07 14:03
トイレに文庫版『老人力』を
置いているのだが最近、文字に
焦点が合わない。42歳で早くも
老眼力が付いてしまったかヽ(`Д´)ノ

80 :吾輩は名無しである:03/05/07 14:44
この作家は、文章力、発想力、企画力、老人力
どれも満点だ。
俺の本棚には野坂昭如ry

81 :吾輩は名無しである:03/05/07 15:09
>>79 ・・・42歳
まるでそびえ立つクソだ、サバ読んでるのか? (ハートマン)

82 :吾輩は名無しである:03/05/10 11:30
エッセイはおもしろいけど、すぐ野球の話に例えるのはどうかと。
それから意外と保守的だよね。

83 :吾輩は名無しである:03/05/11 21:37
やっぱり生活が安定すると保守になるかなぁ。年収で作家ベストテンに入ったりすると。
うまくいってない奴は自分の努力が足りないと。世の中の文句ばっかりいってる政
党には入れないようになるかな。

84 :吾輩は名無しである:03/05/11 21:39
阪神優勝するから、喜んでるだろう。

85 :吾輩は名無しである:03/05/12 22:33
>ふと思ったのだが、白装束集団は現代美術の影響を受けている。
道路脇に白い布で幕を張ったり、車や樹木を白い布で覆ったり。
これは、クリストの作品(?)を想像させる。
それから車に沢山張られた渦巻き模様は、草間弥生を連想させる。
草間の、水玉模様や網の目が描かれた作品。
マカロニの切断面を衣服に張りつけた作品。
エアメールステッカーをキャンバス一面に張った作品等を思い出させる。
そう言えば、千乃代表は全裸で街中を走るという、奇行の前歴があるらしい。
かつて草間も、ニューヨークで活動していた時代。
そういうパフォーマンスをした事があるらしく、その点も類似している。

86 :吾輩は名無しである:03/05/13 08:53
>85
う〜む。「前衛」していたのか。
しかし昔の「ハプニング」今なら
「パフォーマンス」いづれにしても
そこはかとない間抜け力とでも
いうべきものが足りないな。

87 :吾輩は名無しである:03/05/25 12:39
村上隆 お気に召しませんか?

88 :吾輩は名無しである:03/05/25 12:44
召しません。

89 :山崎渉:03/05/28 08:58
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

90 :吾輩は名無しである:03/06/01 21:46
【モナー】モナーはFlashに乗って海を渡る ★3
http://news2.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1054141278/l50

これは2chのフラッシュを意味もわからずに評価する海外のblogerの記事なんですが、
なんだか超芸術トマソンを愛でる人々と似てませんか?
2chフラッシュに秩序があるように、トマソンにも二笑亭にも秩序があるんだなと、そのように感じました。
にしても二笑亭綺譚、本屋さんで訊いたところ、絶版なんですね。残念です。

91 :吾輩は名無しである:03/06/01 21:56
これいいよな
http://yoga.tripod.co.jp/flash/kikkomaso.htm

92 :_:03/06/01 21:57
http://homepage.mac.com/hiroyuki43/jaz09.html

93 :吾輩は名無しである:03/07/01 10:38
ある古本屋さんで0円札がでてるね。20万円だってよ。公務員の皆さん。昨日の
ボーナスの使い道これにしますか?

94 :吾輩は名無しである:03/07/03 20:24
原平さんのカメラに対するフェチ感覚で女体についての描写が読みたいんだが。

女はみんなビフテキでつか?

95 :原文ママ:03/07/03 23:45
短編集『出口』の中の「恐縮」がものすごくすきです。あれは読んでいて実に
愉快でした。ちょっと安部公房と印象がだぶったりしましたけれども。ああー
また読みたひ。

96 :吾輩は名無しである:03/07/04 01:01
南しんぼうの頭蓋骨とおむすび
世界にこれ以上の相似形はない。

97 :吾輩は名無しである:03/07/11 00:47
『オトナの社会科見学』の表紙の写真、ちょっと老いたM伸坊みたい。


98 :山崎 渉:03/07/15 09:02

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

99 :おれのウニを土足で…:03/07/23 02:09
S潮社の季刊誌の連載もイイ!



100 :食中りでサルトル:03/07/24 09:38
あ、100だ……。ま、いいか。


101 :吾輩は名無しである:03/07/25 12:31
猛烈な老人力で
下がっていくこのスレ……。

102 :吾輩は名無しである:03/07/25 13:54
    ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧( ´∀`)< あげ
 ( ⊂    ⊃ \____
 ( つ ノ ノ
 |(__)_)
 (__)_)


103 :高山昇 ◆QTTsPqzxtE :03/07/25 16:40
高樹のぶ子の「その細き道」と尾辻克彦の「父が消えた」って、
文学界の同じ号だったんだよね。
ワシは高樹のぶ子の受賞だと思っていたんだが。

そうだよ、高山は芥川賞の選考委員に媚びてるんだよ。

104 :山崎 渉:03/08/15 10:44
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

105 :吾輩は名無しである:03/09/11 09:42
あげ

106 :吾輩は名無しである:03/09/11 10:00
正直最近はあまり面白くない。
『純文学の素』あたりは今読んでも最高に面白いが。

107 :吾輩は名無しである:03/09/11 12:53
日和ってきたからねえ。
カメラ板の一部の無教養カメラオタクはぽっと出の日和爺ということで
ゴミだとか死ねだとかずいぶんと勿体無い接触の仕方をしていて悲しい。
ゴムの惑星なんかで無防備にさびしさを表に出していて驚いたけど
それでも対談なんかでテクノロジーについて語らせたりすると
メディアだ物理だ哲学だを持ち出さずに確信に迫る語り口に感嘆するね。
この人は無闇に張り詰めた糸を緩めるのが本当にうまいんだよね。
俗世間の調弦師みたいなもんで、おかげで弦が切れたり不協和音に苛まれずに済む。

108 :吾輩は名無しである:03/09/22 09:36
芸術も文学も写真も始まりが一番面白くて、あとはその惰性で続い
ている。
初期のエネルギーが大きいので途中でも結構面白いが、いつしか
運動量がなくなり消えてしまう。そんな感じ。

109 :吾輩は名無しである:03/09/23 12:38
>>108
同じことをいつまでもやっていてどこが面白いのか。
 のようなことを自分でも言ってるからね。


110 :吾輩は名無しである:03/09/25 10:52
前衛、桜画法、文学、……、
ステレオ写真、路上観察(トマソン)、
老人力、と来てさて今度は
何が出てくるのか?

111 :吾輩は名無しである:03/09/25 17:33
>>110
「死」に関するなにかでは?
まあ昔から心臓が止まる強迫観念に悩まされたり、有名人の墓めぐり
なんかはしてたけど、老年期を迎えた今ならではの意見があるかも。

112 :吾輩は名無しである:03/11/01 04:59
赤瀬川原平の最近の本は文章がすかすかしていて面白みが薄れたなぁ。
また、『純文学の素』や『東京路上観察記』『超芸術トマソン』のような
傑作を書いて欲しい。
尾辻克彦名義ならやっぱり『父が消えた』だね。(・∀・)イイ!

113 :112:03/11/01 08:07
すまん
×『東京路上観察記』
○『東京路上探検記』

114 :吾輩は名無しである:03/11/14 04:58
無用エントツに上ってセルフ写真を撮った人が居たなあage

115 :吾輩は名無しである:03/11/14 18:20
この人の家の屋根、どうしてニラみたいな植物が栽培されてんの?
屋上とかじゃなくて普通の屋根なのに。
均等に間をおいて並ぶニラ。すごく変。

116 :吾輩は名無しである:03/11/15 05:28
中古カメラを手に入れる過程を読んでいて卑しさを感じました。

117 :馬鹿者:03/11/15 20:22
>>112氏は詳しそうなのでお尋ねしたいんじゃが
著作の中で『肌ざわり』の位置付けはどうでっしゃろ?

118 :(>_<):03/11/15 21:57
107さん面白いことおっしゃいますね…!最後の二文に深く肯きました。
108さんの言うことも面白い。…というか同じかたなのでしょうか??
いづれ、うんうん、と思いました。
先日『背水の陣』を読んで、赤瀬川氏はよい年の取り方をしているなぁ、
と思いました。若い頃にしか出来ないこともあるけど、年を取ってから
しか、見えないもの気付かないことも色々あるんだなぁ、と。
若い頃の活動の方がダイナミックというか、見てて面白いということは
あるかもしれませんが。その辺もまあ、このみといえばこのみで、評価
がわかれるところなのかもしれないですが…。
結論。長生きしてほしいなぁ。

119 :吾輩は名無しである:03/11/15 22:18
>>115
設計者(藤森教授)の「建物緑化」思想の一環です。

小難しい事いわずに済ませば、……設計者の趣味です。
それに乗ってしまう施主(赤瀬川氏)の趣味でもありますが。

120 :112:03/11/16 03:01
>>117
尾辻克彦の第一作品集『肌ざわり』は『父が消えた』と双璧だね。
ちょっと中公文庫の『肌ざわり』を持ち出してきてみたけど(この文庫はまだ
生きてるのかな?)、いま読んでみるとなかなか斬新な文章で、読みふけって
しまった。
最初に書いた小説は尾辻克彦名義じゃなくて、赤瀬川原平の名前で「レンズの
下の聖徳太子」っていうのを書いてるんだけど、ぼくは未読。
柄谷行人が『反文学論』のなかで、この短篇に触れて、この小説より、赤瀬川
氏が実際に書いただろう絵のほうが面白いと書いている。
「私が赤瀬川氏に期待するとすれば、いわば小説とか文学とかいったものを
百倍の拡大鏡にかけ、その自明性をグロテスクなものに変えてしまうような
試みなのである。」(反文学論より)
でも、尾辻克彦は日常生活を対象に実際にそういうことを試みたと思うね。
長篇の『贋金つくり』は未読。概して尾辻克彦の長篇はあまり面白くない。
短篇集『出口』はだいぶパワーが衰えてきたなぁという感じだった。
結局>>108氏の言うことに尽きるね。



121 :馬鹿者:03/11/16 18:27
>>120
御教示かたじけない。
拡大レンズ的異化作用には納得。

122 :吾輩は名無しである:03/12/11 18:42
age

123 :吾輩は名無しである:03/12/12 00:45
贋金つくりは読んだけど、大分トマソン的要素がはいってる

124 :吾輩は名無しである:03/12/23 01:26
「ゼロ発信」の文庫版のあとがき読んできた。ニナタン……

125 :吾輩は名無しである :04/01/11 04:29
age

126 :吾輩は名無しである:04/01/17 00:30
トマソンの父トマソン
トマソンの母阿部定

127 :馬鹿者 :04/01/28 22:15
『肌ざわり』読んだよ。
カメラという機械に通じた一種ドライなタッチではあるけれど
視線が言葉になる過程で光のプリズムがきらめくような面白みんみたいなのが
ほんわりとさりげなく感じられた。よーわからん表現でスンマソン。

128 :お伽の国の社会人:04/02/03 13:36
『肌ざわり』よりも、『国旗が垂れる』だったかに収められていた、
後日談的作品『バーバー肌ざわり』のほうが薄気味悪かった…。

>>120
> 短篇集『出口』はだいぶパワーが衰えてきたなぁという感じ
胴衣しまつ。長篇『贋金づくり』は、(俺的には)う〜む…でしたが、
長篇『我輩は猫の友だちである』は好き。


129 :吾輩は名無しである:04/02/06 21:03
『夢泥棒』が文庫になってた。松田哲夫の解説付。
イラストが縮小されて、細かいところが少々つぶれ気味ですが。

130 :吾輩は名無しである:04/02/25 22:03
「日本美術応援団」からの収穫はどうなって出るんだろうか。
コスプレ開眼じゃないでしょうね(笑

131 :吾輩は名無しである:04/02/26 20:49
「わかってきました 科学の急所」 講談社

なんかつまらんかったなー。聞き役の赤瀬川さんもやる気なさそうだけど、
本文のレイアウト、デザインが悪くて読みにくくてしょうがない。


132 :吾輩は名無しである:04/02/26 21:07
行列のできる法律相談所の丸山弁護士をみると
赤瀬川げんPを思い出すんだ。よ。

133 :吾輩は名無しである:04/03/30 20:15
>>84
赤瀬川原平って巨人ファンじゃなかったっけ

134 :吾輩は名無しである:04/03/31 06:29
赤瀬川原平の名画探検 ルソーの夢

って絵の画質はどうですか?

135 :吾輩は名無しである:04/03/31 23:36
r上

136 :吾輩は名無しである:04/04/15 00:29
最近は筑摩文庫からの復刊も無いな……
『肌ざわり』『国旗が垂れる』の初期短編集と『ピストルとマヨネーズ』は
劣化が激しいので、筑摩文庫で出して欲しい。中公が再版してくれてもいいけど。
『櫻画報』のように

137 :吾輩は名無しである:04/05/24 23:08
『日本美術観光団』刊行age

本屋に注文したんで、来週には届くだろう……。

138 :吾輩は名無しである:04/07/08 00:57
文学校 購入age

139 :吾輩は名無しである:04/07/20 22:14
美術手帖で赤瀬川特集。


140 :吾輩は名無しである:04/08/23 21:05
『おざ式』が読めるのはガロのバックナンバーでのみですか?
本に収録されたりしているんですか?

141 :吾輩は名無しである:04/08/24 23:18
>>140
大昔に出た(20年ぐらい前かな??)極厚の『木造モルタルの王国』(厚みが7、8センチあったと思う)に、
『おざ式』が載ってたと思うけど(『お座敷』じゃなかったと思う)、
あれを探し出すのと、ガロのBN探すのじゃ、困難度は変わらないと思う。

142 :140:04/08/25 00:52
>>141
ありがとうございます。探してみます。

143 :吾輩は名無しである:04/09/27 00:37:17
>>115,119
25日NHK教育 藤森教授の番組に、ニラハウスと原平さんも登場。
ニラは根がつまってきてチョボチョボ。

144 :吾輩は名無しである:04/10/20 18:41:15
>>143
のカキコのNHK教育の番組、
「スロー建築のススメ 〜藤森照信流 家の作り方〜」
10月30日(土)午前1時〜2時30分(29日の深夜だな) 
教育テレビで再放送。
 

145 :144:04/10/28 21:18:59
>>144
で、お知らせした放送、地震で吹っ飛んだ将棋番組に替わって中止です。

再放送予定から消されてるから、再放送があるかどうか不明……。

146 :吾輩は名無しである:04/10/30 01:22:37
>>144.145 thanks!

147 :吾輩は名無しである:04/11/03 13:38:32
『国旗が垂れる』(中央公論社)が大学付近の古書店にて50円で投げ売りされて
いるのを保護してきた。
面白いかなこれ?

148 :吾輩は名無しである:04/11/04 22:09:34
>>147
裏山すィ

149 :144:04/11/05 02:07:29
ユリイカ11月号が、藤森教授の特集。
原平さんも10ページ書いてます。伸坊氏も3ページ。

150 :吾輩は名無しである:04/11/05 02:09:20
あ……名前消し忘れてた……0r2

151 :吾輩は名無しである:04/11/13 00:17:38
このスレ生きが長いな、おれが立てたスレで生き残ってんのは
これと車谷・宇能・石川(達三)くらいなもんかな。

152 :吾輩は名無しである:04/11/30 20:04:55
NHKに再放送のお知らせ載ってました。

放送日:12月4日(土)午前1時〜2時30分 教育テレビ
 (12月3日 金曜深夜の放送となります)

  「スロー建築のススメ 〜藤森照信流 家の作り方〜」

今度は、何も起こりませんように……。


153 :吾輩は名無しである:04/12/04 02:37:53
>152 多謝

無事放送!

154 :吾輩は名無しである:05/01/09 13:12:52
一ヶ月あいたな……、
書き込むネタが無いのも事実だが。

155 :吾輩は名無しである:05/02/07 17:19:53
芸術新潮が、デュシャンの特集だったので購入。



156 :吾輩は名無しである:05/02/19 06:53:36
宇宙缶詰は、ポストダダ的でおもしろいよね。
ああいったコンセプチュアルアートを彼他にてがけてる?

157 :吾輩は名無しである:05/03/01 23:41:27
>>156
宇宙の缶詰のことを聞いたときは感動した

158 :吾輩は名無しである:05/03/15 19:08:40
最近ニセ札が流行ってるよな

159 :吾輩は名無しである:05/03/15 19:47:45
昨日古本屋で買った『ユビュ王』の装丁が赤瀬川さんで、とてもカッコイイです。

160 :箱男:05/03/15 21:45:33
胡桃子ちゃんが可愛いと思う私は箱男決定でつか?

161 :吾輩は名無しである:05/03/16 04:25:04
娘さんどんな顔してんの?
やっぱお父さん似?

162 :吾輩は名無しである:2005/03/23(水) 00:10:01
この人のイラスト、カメラは結構迫力あるのに
それ以外の絵は妙にほのぼのしてるなー。
ゼロ発信読んだ後で、カメラ雑誌でどっかの
銀塩カメラのイラスト見てびっくりした。

163 :吾輩は名無しである:2005/03/26(土) 00:18:49
>>162
赤瀬川氏の40〜30年前のイラストやペン画は、妙に金属質だからね。
……考えてみたら名古屋の展覧会からもう10年か。
又やってくれないかな。

164 :吾輩は名無しである:2005/04/13(水) 21:06:54
「不思議面白古裂館」って読んだ人いますか??

165 :吾輩は名無しである:2005/04/13(水) 21:46:40
「桜画報」なんか突き刺さるくらい金属質だよね。
新潮文庫の復刻は嬉しかったなあ

166 :吾輩は名無しである:2005/04/13(水) 22:48:02
どうしてこんなになっちゃったんだろうな・・・・・・

167 :吾輩は名無しである:2005/04/29(金) 23:42:23
>>166
本人がエッセイで
「力を抜いて描くようになった」とか書いてたよ。

168 :吾輩は名無しである:2005/04/30(土) 11:29:49
地から抜きすぎ

169 :吾輩は名無しである:2005/05/01(日) 07:13:09
文庫でまっせぇー
http://www.kawade.co.jp/soon/index.htm

170 :吾輩は名無しである:2005/05/08(日) 15:20:32
今日三省堂で見かけて買ったよ、『肌ざわり』。
中公文庫版も持ってるけど劣化も激しいし、ちょうど良かった。
『国旗が垂れる』『父が消えた』も復刊されるといいね。『父〜』はいまいちだけど。

171 :吾輩は名無しである:2005/05/18(水) 23:39:36
そういや、『名画読本』も文庫になってたな。

なんか付け足しあるんだろうか(あったら買おうかな)
近所の本屋で見かけないのである。

172 :吾輩は名無しである:2005/06/13(月) 17:52:10
『父が消えた』復刊記念あげ。
『国旗が垂れる』まだー?
ついでに『ピストルとマヨネーズ』もよろしく、河出書房様

173 :吾輩は名無しである:2005/06/13(月) 17:56:51
>>166
同感。どんどん生き恥晒してるという感じ。

174 :吾輩は名無しである:2005/06/21(火) 22:50:10
「出口」を再刊して欲しいものでありますが。

筑摩の専務殿、無理ですかぁ??

175 :吾輩は名無しである:2005/07/08(金) 20:43:58
『運命の遺伝子UNA』発刊age

176 :吾輩は名無しである:2005/07/10(日) 21:29:10
>>174
雲子漏らす話、そんなに読みたいの?

177 :吾輩は名無しである:2005/07/14(木) 22:00:26
>176
手元に置いときたいのは、「裏道」「続・裏道」なんだがね。
モノクロでいいから、幻の「二ナのはなし」も収録してくれたら尚良し。

178 :吾輩は名無しである:2005/07/23(土) 07:47:45
ニナもの、私も好き。


179 :吾輩は名無しである:2005/07/23(土) 23:33:30
もともとは犬嫌いだったらしいのにね。
最後の方は「おとーさんだよ」と…

しかしその割に原寸先生の描くニナは
写真とあんまり似てないというのが不思議。

180 :吾輩は名無しである:2005/07/24(日) 11:25:24
なんか文章読本みたいな本出してるでしょ。どっかの先生と
対談してるやつ。どうすれば面白い文章が書けるかみたいな。
買うか迷ったんだけど、読んだ人いるかな?

181 :吾輩は名無しである:2005/08/18(木) 20:32:31
このスレ今日でまる3年か、ながもち
してるなぁ
おれが立てたスレで一番古いみたいだな
あのころは暇だったんで、相手してやってたが
もう時間とれなからダメだな

笑ったのはあんまりスレ立て過ぎて
規制されたことかな

182 :吾輩は名無しである:2005/08/19(金) 00:47:03
 SF板の火浦スレには負けてるな。あっちは2001/06/05に立ってる。

183 :吾輩は名無しである:2005/08/21(日) 16:58:32
優柔不断術を読んで千円札裁判に興味持ったんですけど
詳しく書かれた本ご存じだったら教えてください。

184 :吾輩は名無しである:2005/08/23(火) 21:18:39
>>183
東京ミキサー計画

185 :吾輩は名無しである:2005/10/25(火) 19:44:59
明解さん、字が大きくっていいね

186 :吾輩は名無しである:2005/12/05(月) 16:28:24
プリマー新書誰か読んだ?

187 :吾輩は名無しである:2005/12/17(土) 11:36:06
「運命の遺伝子」読んだ。ニナ、死んじゃったんだね〜
子犬のころからずっと話を聞かされてたからなんか感無量

188 :吾輩は名無しである:2005/12/17(土) 14:47:39
「裏道」で紹介されてる、土方巽が死んだ日にカラスの大群に囲まれた大蝙蝠を保護した・・・
という小説の題名が分かる人。


189 :吾輩は名無しである:2005/12/17(土) 19:24:36
一般書籍板のスレから転載(一部追加)
赤瀬川原平(尾辻克彦)の文庫

ちくま    超芸術トマソン                 純文学の素
        学術小説 外骨という人がいた!      少年とオブジェ
        路上観察学入門                ごちそう探検隊
        反芸術アンパン                東京ミキサー計画
        じろじろ日記                  トマソン大図鑑(全2巻)
        こいつらが日本語をダメにした       ちょっと触っていいですか 中古カメラのススメ
        ライカ同盟                   老人力 全一冊
        老人とカメラ 散歩の愉しみ         日本美術応援団
        優柔不断術
新潮     櫻画報大全                  科学と抒情
        カメラが欲しい                 東京路上探検記
講談社   少年とグルメ
講談α   困った人体
知恵の森  悩ましき買物                  目利きのヒミツ
        中古カメラの愉しみ              赤瀬川原平の名画読本
        名画読本 日本画編
中公    肌ざわり               .     吾輩は猫の友だちである
       ピストルとマヨネーズ             明解ぱくぱく辞典
       我輩は施主である              猫の宇宙
       ゼロ発信
文春    父が消えた                  優柔不断読本
       新解さんの謎                 路上観察華の東海道五十三次
福武    全日本貧乏物語               不思議の国の広告
新風舎   睡眠博物誌 夢泥棒
朝日    老人力のふしぎ               日本美術観光団
角川    少年とオブジェ
河出    肌ざわり                    父が消えた

190 :吾輩は名無しである:2005/12/17(土) 20:20:46
>>188
うろ覚えだが、「舞踏神」だったと思う。

191 :188:2005/12/17(土) 20:39:56
>>190
これか!ありがとう。
http://131.113.216.189/jp/data?id=2905

まずは新潮のバックナンバー探しからたぐってみます。

192 :吾輩は名無しである:2005/12/17(土) 21:40:47
この人は無意識を明文化する天才だな。
見過ごしている物を見事に炙り出す手品師。

193 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2005/12/29(木) 14:23:46
中井英夫・・・虚空から掌を一閃して薔薇を掴み出す。
尾辻克彦・・・虚空から掌を一閃して藁を掴み出す。


194 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/11(土) 00:33:15
あれま、年明け初書き込みか……。
懐漫板の杉浦日向子スレで見つけたけど、今年のヴィネチア・ビエンナーレ建築展日本館の展示に、
藤森教授を筆頭に、路上観察学会が関わるらしい。

原平氏も長期間イタリアに行くのかな。




195 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/11(土) 10:08:58
http://www.ime.st/j.pic.to/41q6m

196 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/12(日) 06:30:30
↑は糞、踏むな。

197 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 11:03:40
今、ネットで日記書いてるのね。
ttp://diary.nttdata.co.jp/resource/resource11.html
この時代に赤瀬川原平が生きていることを幸せに思う

198 :吾輩は名無しである:2006/03/25(土) 20:44:59
hosyu

199 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 01:57:18
寝る前になんとなく、ウィキで色々人物見てたら、原平さんのところに

>2006年4月より、武蔵野美術大学日本画学科の客員教授を務める。

と書いてあったんで、眠気がすっ飛んだ。

200 :吾輩は名無しである:2006/05/10(水) 16:18:40
200

201 :吾輩は名無しである:2006/05/18(木) 09:20:00
球は転々宇宙空間あげ

202 :吾輩は名無しである:2006/05/18(木) 12:57:58
「球は転々宇宙間」は赤瀬川隼だろw

203 :吾輩は名無しである:2006/05/18(木) 13:04:30
弟だっけか?

204 :吾輩は名無しである:2006/05/18(木) 19:03:14
お兄さんだよ>隼
昔読んだ隼氏の短編が、半自伝だが兄弟構成が男女をひっくり返していたな。

題名忘れたな……「父の外套」……うーん違うな、「〜の外套」だったと思うんだが。
ぐぐって見るか。

205 :吾輩は名無しである:2006/05/18(木) 19:07:10
ぐぐった結果、「消えた外套」だった模様。

206 : ◆LSpjChC.Xc :2006/06/09(金) 02:54:35
お札にひげを画くやつの題名はなんですか

207 :吾輩は名無しである:2006/06/10(土) 01:49:00
文庫だったらなにから読んだらいいですか?

208 :吾輩は名無しである:2006/06/10(土) 10:57:11
「新解さんの謎」かな。
原平さんの思考回路が合わない人もいるから、これとか「我輩は施主である」で、
波長が合うかどうかを判断した方がいいと思う。この辺ならまだ新刊でも手に入ると思うし。

品薄や、絶版ものなら「東京路上探検記」、「反芸術アンパン」あたりもいいと思う。

209 :吾輩は名無しである:2006/06/11(日) 11:54:39
それって小説じゃない・・・と言いたくなるけど原平さんの場合は
すべての世界が連関してるからなあ。

210 :吾輩は名無しである:2006/06/11(日) 15:32:29
普通に「父が消えた」からでいいんじゃないか?

211 :吾輩は名無しである:2006/06/11(日) 15:51:18
ウルフの缶詰

212 :吾輩は名無しである:2006/07/21(金) 23:02:00
エッセイはおもしろい

213 :吾輩は名無しである:2006/07/28(金) 22:33:12
9月にNHK教育の「知るを楽しむ」に出演。
テキスト本屋で販売中。(今日見つけた)

214 :吾輩は名無しである:2006/08/09(水) 18:48:16
東京路上探検記がベスト1かな ネタがいっぱい詰まってる

215 :吾輩は名無しである:2006/09/05(火) 18:43:24
明日から教育TVで
知るを楽しむ 「人生の歩き方」
 − 赤瀬川原平 中古美品? −

放送時間は午後10・25〜10・50

詳しい内容はとりあえずこちら
ttp://www3.nhk.or.jp/omoban/main0906.html#20060906005

216 :吾輩は名無しである:2006/09/17(日) 02:11:58
ニラハウスって今は無人なの?

217 :吾輩は名無しである:2006/09/17(日) 18:34:52
>>215の番組で住んでると言ってたよ。
家の中の映像からすると、書庫とカメラ棚は現役稼動中だから、無人ってことはないと思う。

218 :吾輩は名無しである:2006/09/25(月) 22:13:00
>>216


219 :吾輩は名無しである:2006/09/25(月) 22:19:46
げ、間違えた。
えーと、>>216さん

ニラハウスは、老人になるとかなり生活し辛い造りだと思うので、
(アトリエ部分の天井が高すぎて、冷暖房が不便)
「近所のマンションとかからニラハウスに通勤する」じゃないですかね。

220 :吾輩は名無しである:2006/09/25(月) 22:32:16
過去ログ
尾辻克彦&赤瀬川原平
http://makimo.to/2ch/mentai_book/995/995611579.html

221 :吾輩は名無しである:2006/10/15(日) 11:02:31
http://diary.nttdata.co.jp/writer_list.html#wed2

222 :吾輩は名無しである:2006/10/15(日) 11:03:35
>>215の打ち上げについて書いてる。
http://diary.nttdata.co.jp/diary2006/10/20061011.html

223 :吾輩は名無しである:2006/12/08(金) 17:27:54
>>222のリンク先の10月25日分によると、
12月中旬から池袋のジュンク堂で
「赤瀬川原平書店」をやるらしいですね。
原平氏の好みの本で1コーナー作るらしいです。

224 :吾輩は名無しである:2006/12/30(土) 11:28:31
ジュンク堂に行き損ねたなぁ

225 :吾輩は名無しである:2007/01/27(土) 00:57:45
新年あけましておめでとうございます

226 :吾輩は名無しである:2007/02/07(水) 22:56:18
なべぞが死んでしもうた

227 :高橋源一郎誅伐評議会一番隊隊長・銀壱 ◆cqhsAMLQIg :2007/02/07(水) 23:00:11
本当の天才って、何をやっても一流になれるんだな。

228 :吾輩は名無しである:2007/02/08(木) 02:40:10
父が消えた

229 :吾輩は名無しである:2007/02/08(木) 15:19:30
先見日記でイベントやるみたいですね。
行きたいけど、私は地方なので難しいなぁ。
行く人いたら、ぜひレポしてください。

http://diary.nttdata.co.jp/event8/index.html

230 :吾輩は名無しである:2007/02/08(木) 17:52:40
老人力から10年なのか。
原平氏も、すっかり老人だしな。
最近の先見日記は体の不調を訴えるものが多くて、たまに心配になるぞw

231 :高橋源一郎誅伐評議会一番隊隊長・銀壱 ◆cqhsAMLQIg :2007/02/08(木) 23:49:40
>>228
>父が消えた

そう!

232 :吾輩は名無しである:2007/03/05(月) 14:20:46
今日の日経のコラムを読んでいたら、いきなり童貞喪失の経緯が書かれていた。
ごくさりげなく。さすが。

233 :吾輩は名無しである:2007/03/05(月) 16:26:11
a

234 :吾輩は名無しである:2007/03/05(月) 21:06:57
>>232
「雪野」

神社で直立してる人間の手の描き方なんかも数回読んだな

235 :吾輩は名無しである:2007/03/10(土) 12:29:23
銀座スエヒロのクリーム乗せたビフテキが食いたくなった。




今は銀座にスエヒロはないんだよな…


236 :吾輩は名無しである:2007/03/18(日) 01:26:27
ウメ昆布茶を飲み始めたんだけど、まだ銀河の発生には立ち会えていません

237 :吾輩は名無しである:2007/03/18(日) 12:25:18
ウニにドロを塗るようなものだよ

238 :吾輩は名無しである:2007/04/06(金) 11:34:31
ここの人は『ビックリハウス』世代の人が多いのでしょうか。

239 :吾輩は名無しである:2007/04/06(金) 23:49:52
『ゼロ発信』五月L日で触れられている意に反する出版をされた本って
『中古カメラウィルス図鑑 赤瀬川原平のカメラコレクション』かな?

240 :吾輩は名無しである:2007/04/07(土) 00:08:15
>>239
そうだよ。
改訂版がすぐに出ている。

両方共買ったが、確かに本としての仕上がり具合が違う。
初版は「Y氏の赤瀬川カメラに関する本」で、
改訂版は「赤瀬川氏の自分のカメラに関する本」だ。

241 :239:2007/04/07(土) 20:45:32
>>240
サンクス。やっぱりそうですか。
表紙に「新版」となっているし、奥付が時期的に近かったからひょっとしてと思ったら…
旧版も古書店で探してみようかな。

44 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)