5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ゴンブローヴィッチどうよ?

1 :外大タイ語:03/01/26 22:43
島田マニアだけではないはず。

2 :吾輩は名無しである:03/01/26 22:45
>>1
シマダマニアには読めないと思われ。

3 :吾輩は名無しである:03/01/26 22:51
春樹スレはもういいよ・・・

4 :chiangmai:03/01/26 23:00
コスモスはかなり基地外じみてて、ポルノグラフィアほどまとまってないよね。
でも、コスモスのが好き。

5 :吾輩は名無しである:03/01/27 00:14
わたしはバカカイが好き

6 :吾輩は名無しである:03/01/27 04:31
すきでつ

7 :吾輩は名無しである:03/01/27 22:26
ここポーランド文学総合スレとしても使っても(・∀・)イイのかな?

8 :吾輩は名無しである:03/01/28 01:08
いっそのこと、東欧全般スレにしちゃってもいいような。。。
どのみちdat落ちは目に見えているのだが。

9 :吾輩は名無しである:03/01/28 01:17
フェルディドゥルケを最後まで読んだ人います?
あれ、かなり疲れるんですけど・・・
あと、シュルツなんかどうですか?短編で読みやすくて幻想的。

10 :吾輩は名無しである:03/01/28 12:58
diary   を読みました

11 :ixion ◆ySh2j8IPDg :03/01/28 13:21
『ポルノグラフィア』が好き。
これは「二人」が、個として、また組合せとして存在することについて
考えた作品であり、また完全さと不完全さ、若さが不完全ゆえに激しい
「生/死」へと傾くことを考えた作品であって、ゴンブローヴィチは、
こういう「二重性」を常に意識して創作しているんじゃないかと、他の
作品を読んでも感じられる。だからこそ、語り手と世界認識の問題、
そこから生じる歪みこそが、彼の作品を論じるうえで大切なのではないか。

『フェルディドゥルケ』は確かに疲れた^^;

12 :吾輩は名無しである:03/01/28 15:41
仏語訳で読んだが『呪われた人々』はすばらしかった。
日本語訳ってあるのかな?

13 :吾輩は名無しである:03/01/28 16:54
フェルディドゥルケ よかったけどな。
最後まで楽しかった。
疲れなかった。

14 :吾輩は名無しである:03/01/28 18:25
1よ、でかした。
何て呼ばれたい?
そうだ、チャリネ、チャリネと呼ぶ事にしよう。

15 :外大タイ語:03/01/29 22:48
ゴンブロはボルヘスとは比べられないほどに聡明で、変態で、過激ですな。
ボルヘスみたいにヒッキーする夢想家というより、破壊者だからね。
結構日本人の感覚に合うと思うけどな。
テリー伊藤とか勘違いして誉めそう。

16 :吾輩は名無しである:03/01/29 22:52
つーか国おん出されたんだから仕方が無い・・・

17 :吾輩は名無しである:03/01/29 23:13
ゴンブロとボルヘスなんて比べようがないと思うんだけど・・・
全然別物じゃない?

18 : ◆GQgggggggg :03/01/29 23:14
短篇「弁護士クライコフスキ」を島田雅彦が絶賛していたのを思い出す。

19 :吾輩は名無しである:03/01/29 23:14
アルゼンチン繋がりで

20 :吾輩は名無しである:03/01/30 00:56
アレナスと男漁り

21 :吾輩は名無しである:03/01/30 03:29
>>17
"Trans-Atlantyk"にボルヘスをネタにしたとおぼしき人物が出てくる。
そのくだりを、確か王寺賢太が読書人だかで紹介してた。
それにつられて英語版を買って読んだがやたらと難しい。
ゴンブロヴィッチとしては、打倒すべき相手として意識してたんじゃ
なかろうか。

22 :吾輩は名無しである:03/01/30 11:24
基地害だよね
その基地害さがすき

23 :外大タイ語:03/01/30 22:18
文体や作品はともかく、深沢七郎的な変態さ加減もあるよ。

24 :吾輩は名無しである:03/02/23 06:32


25 :吾輩は名無しである:03/03/08 06:28
 

26 :age:03/03/27 17:59
age

27 :吾輩は名無しである:03/04/12 12:33
保守

28 :山崎渉:03/04/19 23:39
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

29 :吾輩は名無しである:03/04/21 22:33
邦訳で読めるゴンブの作品教えてください。
ゴンブローヴィッチだったり、ゴンブロヴィッチだったり、表記が。

30 :吾輩は名無しである:03/04/22 23:01
>>29
『フェルディドゥルケ』→「集英社版世界の文学」か「集英社ギャラリー世界の文学」
『バカカイ』(短篇集)→河出書房新社
『ポルノグラフィア』→河出書房新社
『コスモス』→恒文社「東欧の文学 コスモス」
『トランス・アトランティック』→国書刊行会文学の冒険シリーズで刊行予定
絶版になってないのは『コスモス』『バカカイ』あたりかなー。

『コスモス』読みました。
ゴンブロヴィチは強迫観念剥き出しで楽しいね。事件を捏造する迷惑な探偵最高。

31 :吾輩は名無しである:03/04/24 10:38
>>30さん
ご丁寧にありがとうございます。
私の近場の本屋らにはなかったので、取り寄せられる分だけ注文してきました。

32 :吾輩は名無しである:03/05/22 19:01
      (⌒─-⌒)
      ( ・(,,ェ)・)
      / こつつ))
   ((C:、.   ノ
     ∪"U


33 :山崎渉:03/05/28 09:23
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

34 :吾輩は名無しである:03/06/04 01:39
バカカイヤバイ

35 :吾輩は名無しである:03/06/12 01:00
ポルノグラフィア、友人の友人(面識なし)が持ってるらしく、
学食おごったらくれるとのこと。ラッキー。

36 :吾輩は名無しである:03/06/20 05:29
>>33
                          .|_|__|__|__
                        .∧_/|__|__|__|_
                  グシャ  (  ;;;;;;;|_|__|__|__
                    =〔~∪ ̄..|__|__|__|_
                    = ◎〜◎|_|__|__|__

37 :774:03/07/08 18:15
のもす、かおす、こすもす、かおすもす、ヴィトキェヴィッチも!

38 :山崎 渉:03/07/15 09:05

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

39 :山崎 渉:03/08/02 00:36
(^^)

40 :吾輩は名無しである:03/08/03 16:41
salvage

41 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

42 :山崎 渉:03/08/15 10:09
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

43 :吾輩は名無しである:03/08/31 19:02
ほしゅしとこう

44 :吾輩は名無しである:03/09/05 17:43
a

45 :吾輩は名無しである:03/09/05 17:43
aa

46 :吾輩は名無しである:03/09/05 17:59
a

47 :吾輩は名無しである:03/09/05 18:00
a

48 :吾輩は名無しである:03/09/05 18:01
a

49 :吾輩は名無しである:03/09/05 18:01
a

50 :吾輩は名無しである:03/09/05 18:02
a

51 :吾輩は名無しである:03/09/05 18:23
シュルツとの書簡が意味不明で楽しい

52 :吾輩は名無しである:03/10/19 20:46
保守

53 :吾輩は名無しである:03/10/26 00:43
保守。

54 :吾輩は名無しである:03/10/28 07:04
age

55 :吾輩は名無しである:03/12/21 23:27
sage

56 :吾輩は名無しである:04/01/03 22:05
「コスモス」を読みました。
吊された鳥とかがイイ感じ。
次に読むなら何がいいでしょうか?

57 :吾輩は名無しである:04/01/03 23:15
>>56
馬鹿かい?

58 :吾輩は名無しである:04/01/03 23:20
http://jbbs.shitaraba.com/study/3665/
ミヤディちゃんねるに来るでやんすよ

59 :吾輩は名無しである:04/01/29 23:31
ゴンブロヴィッチ

60 :吾輩は名無しである:04/02/13 22:41
『ポルノグラフィア』読んだけど、よくわかんなかった。
クンデラとヘンリー・ジェイムズを足して割ったような感じか・・・?
ところで『トランス・アトランティック』まだかいな?
だれかどこかでポリトガルの作家ゴンブ・ローヴィッチとか書いてたが、
同一人物ではないだろう。しかしよく似た名前ってあるんだなあ。。、

61 :吾輩は名無しである:04/03/11 21:58
age

62 :吾輩は名無しである:04/03/12 01:00
三島って確かゴンブローヴィッチ読んでたんだよな。
何かとても意外な感じ。

63 :吾輩は名無しである:04/03/26 00:11
そう。三島はバタイユやクロソウスキーと並べて
ゴンブローヴィッチをすごく評価してたよ。
その影響で島田雅彦も読んだらしい。

64 :吾輩は名無しである:04/03/28 04:45
講談社文芸文庫からでてる、三島と中村光夫との対談本でも、三島は、谷崎をおとしめて、ゴンブロをもちあげてた。
観念がうんちゃらとかいって。

65 :吾輩は名無しである:04/03/28 11:35
>>64
その「うんちゃら」の部分もちっとキボン。

66 :吾輩は名無しである:04/03/28 19:51
64氏ではないけど、結局三島は「若さ」に絶対的価値をおいてたわけで
実際にラディゲのように天才として若死したかったんだろうけど、
ゴンブロヴィッチの「青二才」というテーマに共鳴したのもわかる。

67 :吾輩は名無しである:04/04/24 18:57
『トランス・アトランティック』どーなってんねん?>国書刊行会

68 :吾輩は名無しである:04/07/23 19:37
age

69 :吾輩は名無しである:04/08/28 00:23
トランス そろそろでるやろ。今年は100年だかんな

70 :吾輩は名無しである:04/08/30 22:22
>>69
国書が刊行を予告してからですか?

71 :吾輩は名無しである:04/09/16 21:44:25
9月刊行予定ってなってるけど・・
どうなんだろね???


72 :吾輩は名無しである:04/09/16 21:58:46
今年の9月とは書いてないからねえ。

73 :吾輩は名無しである:04/09/16 23:28:16
>72
それが冗談じゃなくなる気もするな・・・

74 :吾輩は名無しである:04/09/17 02:02:14
レムの『ソラリス』も9月だよ。
ただ、酷暑のことだから、
2010年頃の9月だと思われ・・・

いやー、酷暑は叙述トリックがさえてるなー。

75 :吾輩は名無しである:04/09/17 19:20:18
ほんと読者を弄ぶのに長けていますね

76 :吾輩は名無しである:04/09/25 00:45:15
やっぱりトランスアトランティック出るみたいだよ
このまえ現物見かけてしまったから。
あんまり詳しくは言えないんだけど……

77 :吾輩は名無しである:04/09/25 00:47:46
>>76

酷暑の社員なら、社員といってもいいんだぜ。
酷暑のサイトにも、某掲示板とはいいつつも、
2CHに触れてるじゃないか。
もっとなかよくしようぜ、酷暑さんよお

78 :吾輩は名無しである:04/09/25 01:05:19
>>77
残念ながらただの大学院生です。

79 :吾輩は名無しである:04/09/25 01:55:22
>>76
現物見かけた…って、
原書をじゃねーの?西氏の机上で・・・これから初稿だったりして

80 :吾輩は名無しである:04/09/25 02:58:50
>>79
いやいやちゃんと訳書。
自分も見かけたときは少々動転しましたが、タイトルも確かめたし。
紺っぽい装丁だったかな……

81 :吾輩は名無しである:04/09/25 17:41:22
レムコレの第一弾が出たと、
酷暑版で騒いでるから、
ゴン風呂も出るのかもな。

82 :吾輩は名無しである:04/09/26 00:55:56
今日ジュンク堂いったらトランスアトランティック売ってたよ。
中原昌也が帯書いてた。

83 :吾輩は名無しである:04/10/10 18:54:44
で、どうだった?

84 :吾輩は名無しである:04/10/10 19:29:14
中原昌也の帯の推薦文は意味がない気がした。
あれ読んで購買意欲わく人いるの?

85 :吾輩は名無しである:04/10/10 20:46:30
トランス=アトランティックの巻末によると
米川和夫訳のフェルディドゥルケが平凡社ライブラリーから出るらしいですよ

86 :吾輩は名無しである:04/10/23 04:23:07
>>85
ばんざーい。
文庫で欲しかったんだよ!

ドスト好きの島田はそのつながりでこの作家を読んでいる節があるが、
おれは、ドストは嫌いだけど、この作家は好き。

87 :吾輩は名無しである:04/11/02 10:25:31
初めて読んだゴンブローヴィッチですが、
トランス=アトランティックすげー面白かった。
いや、こんな話だとは。予想の斜め上でした。

88 :吾輩は名無しである:04/11/02 20:45:32
amazonのカスタマーレビューで山形ひろおがたたいてるけどどう思うよ
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4336035946/qid%3D1099395872/249-8219165-9354713


89 :吾輩は名無しである:04/11/05 23:38:07
『フェルディドゥルケ』発売詳細情報
12月8日発売 平凡社ライブラリー
価格は2000円くらい。

90 :吾輩は名無しである:04/11/06 14:26:28
なんかせっかく出たのに、観想少ないね>トランスアトランティック
かく言う俺は、山形の書評がかなり当てはまると思ってしまった口。
事前の期待がでかかったせいかな……?言われてるほど面白くないって言う。
他に読んだ人、あとすでに外国語で読んでた人たちはどうなのさ。

91 :吾輩は名無しである:04/11/11 06:53:29
>>89
サンクス!

92 :吾輩は名無しである:04/11/16 19:32:20
トランスアトランティック面白いか?
途中で投げたよ、おれは。

93 :吾輩は名無しである:04/11/16 20:45:27
山形評は笑いながら読んだけど、作家自身の自意識というより、
祖国ポーランドへの思い込みが激しくて目がシロクロ。
それもトランスより併録の日記の方。実はそういう人だったのかと、
その意味で興味深く読んだ。

94 :吾輩は名無しである:04/12/03 02:06:33
両国の劇場で、ポーランドの劇団が「フェルディドゥルケ」をやるそうだ。
よってあ げ て み る。

95 :吾輩は名無しである:04/12/10 19:29:24
フェルディドゥルケ
出ましたね
それから文学界で特集

96 :吾輩は名無しである:04/12/10 22:45:12
エッセイが島田雅彦か。。。。
ウザイよ、こいつ。買う気が失せます。

97 :吾輩は名無しである:04/12/12 15:45:51
フェルディドゥルケ購入


98 :吾輩は名無しである:04/12/12 18:24:33
おなじくフェルディドゥルケ購入。
ちょっと高いですね。

99 :吾輩は名無しである:04/12/14 23:53:00
島田雅彦のエッセイの原稿料分定価から引いて欲しい。

100 :吾輩は名無しである:04/12/15 08:10:28
>>99
同意。

昨日の朝日の朝刊の一面にこの本の宣伝があった。
アンチ・ナショナリストだってさ。
今となっては陳腐な標語。宣伝部も頼みますよ。

101 :吾輩は名無しである:04/12/20 03:10:11
角川のブレイク詩集についてる中沢新一解説なみに嫌。

102 :吾輩は名無しである:04/12/20 14:55:15
トランスアトランティックは英語版をふうふう言いながら読みきった、その達成感
だけでお腹いっぱい。日本語版買いはしたけど読む気にならん。

103 :吾輩は名無しである:04/12/20 21:02:05
うーん、ふくらはぎ ふくらはぎ ふくらはぎ。

104 :吾輩は名無しである:04/12/31 02:13:34
トランスアトランティック購入したぜ

105 :吾輩は名無しである:05/02/02 19:19:04
おちり、おちり、おちり!

106 :吾輩は名無しである:05/02/24 01:44:10
フェルディドゥルケ購入。多分、10年ぶりくらいに読んだ。
10年前は口語体のテンションの高さとミェントウスの魅力で
どうにかグイグイ読んでたが、現在は一文一文、濃厚に味わっている。

ゴンブロは島田雅彦(10代の頃ファンだった。)から入ったけど
やっと自分の手にした本の解説を書いているのがマーサだという事態を
疎ましく思う様になってしまったのは感慨深い・・。



107 :葉墨 詩夏彦:05/02/24 02:35:33
10代の頃は雅彦ファンで大人になると疎ましく思うようになる。
まともに年齢を重ねれば、そうなりますよ。

108 :吾輩は名無しである:2005/04/15(金) 00:07:08
ウホホ

109 :吾輩は名無しである:2005/04/15(金) 00:10:55
>>101 別に島田ファンではないが、中沢新一のブレイク解説の方が
嫌だろ。ウィリアム・ブレイクを中沢さんに論じられても……。

110 :吾輩は名無しである:2005/06/17(金) 18:14:00


111 :吾輩は名無しである:2005/09/03(土) 17:34:53
「日記」読んだことある人いる?

112 :吾輩は名無しである:2005/11/13(日) 11:47:53
保守。こちらのスレもよろしく。

中東欧文学総合スレ
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1131623054/

113 :吾輩は名無しである:2005/12/05(月) 17:20:35
保全

114 :吾輩は名無しである:2005/12/05(月) 18:39:36
1


115 :吾輩は名無しである:2005/12/27(火) 12:28:29
餃子の皮

116 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 04:11:34
おいおい、ちょっと雅彦記念あげ

117 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 04:47:26
きもっ
俺は生田耕作の紹介で高二の時初めて知ったがね

118 :吾輩は名無しである:2006/04/12(水) 23:58:17
『ヴィトルド・ゴンブローヴィッチ』 復刊特集ページ
ttp://www.fukkan.com/group/?no=4103

119 :吾輩は名無しである:2006/04/23(日) 11:53:40
>>109
中沢なんかdでもないが、島田もなぁ・・・

120 :吾輩は名無しである:2006/04/26(水) 00:08:11
島田のエッセイさえついてなければ平凡社ライブラリーのを買ったんだけどなあ

121 :吾輩は名無しである:2006/06/25(日) 15:48:09
やや退屈

122 :吾輩は名無しである:2006/06/25(日) 15:50:30
売れてない奴は何をやってもだめ

123 :吾輩は名無しである:2006/06/27(火) 17:24:59
西成彦のトランス・アトランティックなんて全然つまんない。
フツーに評論だけ書いてろってカンジ。

あと河出はポルノグラフィアを文庫化するように。

124 :吾輩は名無しである:2006/07/12(水) 15:27:50
age

125 :吾輩は名無しである:2006/07/28(金) 13:52:00
保守


126 :吾輩は名無しである:2006/10/22(日) 00:19:08
age

127 :吾輩は名無しである:2006/11/19(日) 21:54:38
保守

128 :吾輩は名無しである:2007/01/19(金) 08:04:22
保守

129 :吾輩は名無しである:2007/01/30(火) 15:29:52
「ベルグ」

130 :吾輩は名無しである:2007/02/05(月) 20:19:22
ベンベルグ!

18 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)