5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

▲▲▲▲大学の文学部って何やってるの?▲▲▲▲

1 :吾輩は名無しである:03/03/17 01:28
文学の醍醐味、苦労話、ゼミ、就職状況、人生への影響など聞かせて。

2 :吾輩は名無しである:03/03/17 01:36
いよし。



3 :吾輩は名無しである:03/03/17 01:36


4 :吾輩は名無しである:03/03/17 01:43
マン毛

5 :吾輩は名無しである:03/03/17 02:04
なにもやらなかった。

6 :吾輩は名無しである:03/03/17 02:23
終了

7 :吾輩は名無しである:03/03/17 04:21
いいじゃないか、金の無駄遣いしたって。

8 :吾輩は名無しである:03/03/17 05:23
大学なんて遊びにいくところでしょ
ディズニーランドってよく言うじゃん

9 :吾輩は名無しである:03/03/17 07:16
>>8
レジャーランドともいうな。

10 :吾輩は名無しである:03/03/17 11:37
うちは病院って言われてました。

11 :吾輩は名無しである:03/03/17 15:59
俺は文学部院修了した者だが、
大学院の最初のガイダンスで
研究科長が冒頭の挨拶で
「皆さん、入院おめでとうございますww」
といきなりギャグを飛ばした。

12 :吾輩は名無しである:03/03/17 22:10
エッチネタは人目をはばからず文学引き合いに出して声高に話せるから
ストレスはないな

13 :吾輩は名無しである:03/03/17 22:34
別に大卒が偉いとは思わんが、
中学・高卒の人が「学生の頃」とかいうと
なんつーか違和感がある。



14 :吾輩は名無しである :03/03/18 01:58
国文科卒業後、化学メーカーの総務部に在籍。
新入社員歓迎会で「自己紹介と今後の抱負を万葉集を引用して
スピーチしてください」といやがらせされました。

15 :吾輩は名無しである:03/03/18 06:20
>>13
学生を名乗れるのは大学卒だけだよ。
中高は生徒、小学生は児童。

16 :吾輩は名無しである:03/03/18 07:10
>>15
だよね。まずはテレビの日本語なんとかしてホスィ

17 :吾輩は名無しである:03/03/21 10:40
青春の意味について、熱く語り合っている。

18 :吾輩は名無しである:03/03/21 10:43
経済学部卒の友達は全く経済の知識が無い
文系学部は関係無いね


19 :吾輩は名無しである:03/03/21 10:43
文学について熱く語り合う
・・・という大儀名文(?)で毎日酒を飲む。


20 :19:03/03/21 10:47
訂正

酒飲まない香具師には文学わかんねぇよ、
異性経験のない香具師に文学はわかんねぇよ、
・・・という大義名分のもと酒池肉林の日々。

21 :吾輩は名無しである:03/03/23 13:54
実は保守的なやつが多いので発展的な議論は望めない

22 :吾輩は名無しである:03/03/23 17:43
「授業で取り扱う小説だししょーがねーや、読むか」って
読んだのが島尾敏雄だったり小島信夫だったり安部公房だったり・・
読んでよかったよ。


23 :吾輩は名無しである:03/03/25 02:54
読書部

24 :吾輩は名無しである:03/03/26 21:03
古典をやってる人は徒弟制。

25 :吾輩は名無しである:03/03/26 21:05
>>24
現代文学でもそうです(w

26 :吾輩は名無しである:03/03/26 22:02
>>25
んー、でも古典の場合は教授を中心とした共同作業になる
ケースが近現代より多いんで、封建的かもしんない。

27 :吾輩は名無しである:03/04/18 21:55
精神病院

28 :吾輩は名無しである:03/04/18 22:05
>>26
主君に忠誠を誓うかわりに投稿スペースを与えられるのです

29 :吾輩は名無しである:03/04/18 22:07
いや、いつでも主君の求めに応じて差し出せるよう
翻訳力・論文制作力を養っておくかわりに・・・というべき

30 :山崎渉:03/04/19 22:46
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

31 :吾輩は名無しである:03/04/21 23:33
前半は遊んで、ゼミに入ったら
文献を数十冊高く積み重ねて、コピってコピってコピル。

32 :吾輩は名無しである:03/04/26 21:44
文学部に所属してる男って何?
文学部って女が嫁入り修行に行く学部じゃないのか?

33 :吾輩は名無しである:03/04/26 21:46
ようするに俺が言いたいのは、男は経済学部とか法学部とかに行けってことね。

34 :吾輩は名無しである:03/05/01 00:59
男なら理系に行けよ。経済・法なんてセールスマン養成学部じゃん。

35 :吾輩は名無しである:03/05/01 04:44
文学部はどこの大学も乱交パーティですよ!
女も男もとっかえひっかえ
チンポもマムコも乾くヒマもない。
ちょっと暗くてオタ入ったキミも
文学部にはいっちまえばもう逆レイプ状態(笑)
チンポさえ付いてりゃ女が何匹も擦り寄ってきますって!

36 :吾輩は名無しである:03/05/01 18:02
>>35
はぁ?? 俺、文学部だけど、そんな事は絶対に無いぞ!!
ちなみに俺はブサイクじゃないからな!!

俺の通う文学部は、変に清純ぶった女が多いです。
男は男手「プラトニック君」の集まりです。まぁ、俺もその一員だが。

37 :吾輩は名無しである:03/05/01 21:19
キティ出現age

38 :吾輩は名無しである:03/05/01 22:35
a

39 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :03/05/01 22:36
プラトンってもーほーだから、文学部にはホモばかり

40 :吾輩は名無しである:03/05/02 13:19
>俺の通う文学部は、変に清純ぶった女が多いです。
>男は男手「プラトニック君」の集まりです。まぁ、俺もその一員だが。
そう思ってるのは36だけですよ。
みんな本当はやりまくりなんです。
童貞君の前ではかわいそうだから黙ってるだけ。

41 :吾輩は名無しである:03/05/04 07:54
@登校
A一時限さぼって部室で麻雀
B午後から大学に出て睡眠を確保
C夜5時に目が覚め牛丼屋のバイトに行く
D夜は風俗の呼び込み、主にチラシ配り
E夜中1時ごろ家に戻って寝る
F→1に戻る

42 :41:03/05/04 07:56
ちなみに俺の友達は留年が決定した

43 :吾輩は名無しである:03/05/04 18:16
文学部は文学部でも、社会学科なんだけど……。

44 :動画直リン:03/05/04 18:21
http://homepage.mac.com/hitomi18/

45 :吾輩は名無しである:03/05/04 18:35
学部での違いよりも、本人の嗜好の違いが大きいように思うのだが。

俺は、女が多いから文学部に決めた。
新入生の中から、わりと人気のある子と付き合っている。
もうすぐ彼女が晩飯の材料を持って部屋に来る。
勉強していない。授業出ていない。
今年になって読んだのはナボコフ1冊だけ。
バイトを週に4日、サークルで飲み会。
就職の心配などしていない。
親のコネでイイ感じの企業に入れる。

こんな典型的な馬鹿大学生だらけでもマズイだろ?
でも俺の周りには多いんだなこれが。

46 :吾輩は名無しである:03/05/04 18:40
就職できません
二浪です
三流大です
どうすればいいのでしょうか

47 :吾輩は名無しである:03/05/04 18:42
45と46を登場人物にして誰か小説を一本書いてください。

48 :吾輩は名無しである:03/05/04 18:49
>>47
 ひきうけた。無事卒業できたら着手する。
 国文科の奴っているかな?
 卒論どうですか?おれは西鶴でやるつもり。
 「好色一代男」とかすげー面白いよ。シモネタ満載なので
 古典興味ない人でもとっつきやすい。

49 :吾輩は名無しである:03/05/04 19:49
>>48
書いてくれ〜
できあがったらネットでもいいからうpしてくれ〜

50 :吾輩は名無しである:03/05/04 20:04
>>45
 白石一文が書いたら面白そうなキャラかも。
 でもあの人学生を主人公にしないからなー。
 そこがいいんだけど。
 

51 :吾輩は名無しである:03/05/04 21:05
俺は、二葉亭四迷の「浮雲」で卒論書くよ。言文一致体とかね。

52 :山崎渉:03/05/28 09:20
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

53 :吾輩は名無しである:03/06/04 12:46
結論:文学部はいらない

54 :吾輩は名無しである:03/06/04 16:13
>>53
文学部がなくなったら、俺が困る。

55 :吾輩は名無しである:03/06/04 16:22
>>53
禿しく胴衣。
53は、これから受験勉強して入りたいらしいから可哀相だがw

56 :我輩は名無しである:03/06/05 21:33
いらないのは、文学部だけ?
一応まじめに勉強やってる子もいるんだけど・・・
とか思ってみるテスト。
就職のことは抜きにしてもね!!

57 :吾輩は名無しである:03/06/05 22:33
どうなんだろね、文学に実利性がないのは認めるとしても、だからって
大学生がみんな経済学とか商法の「理論」を学んだところで、経済が
活性化したり、日本国民総商売上手になったりするとも思えないしね。
あーもう、大学自体いらねーんじゃね?世の中は高校までの知識以上
のものは要求してねーべ?

58 :吾輩は名無しである:03/06/05 23:17
本読んでつまんない感想文だか書いて研究とかぬかして、これで大卒とか言ってんだよ、たまんないね

59 :吾輩は名無しである:03/06/05 23:26
<文学の醍醐味>
ていうか、文学で括れば全ての事象が文学でありテキスト
経済で括れば全ての事象が経済であるように。
要は切り口の名前になってしまっていると気付かされること。

あと、文学やっていったい何の職業に就けるって云うの?
とは思うが、それは文学を嘆いているわけではない。

<人生への影響>
テクスト論に追われて、
読書が娯楽じゃなくなってしまった。悲しい。



60 :我輩は名無しである:03/06/05 23:59
>58
あなたは知らないんだ・・。
文学部って一口に言うけど、扱ってるものによっちゃあ
その「つまんない感想文」書くために
日本各地を渡り歩かなきゃいけないこともあるんだ!!
そんなにあまいとこじゃないっての!!!

61 :吾輩は名無しである:03/06/06 00:03
>>60
うるせーばか
哲学科だけ残して文学部など潰してしまえ

62 :吾輩は名無しである:03/06/06 00:12
>>41>>45のような、ろくな文学書けなくて企業に入ってよ、大卒という肩書きだけで
ヒーコラヒーコラ糞真面目に研究して来た理系の坊っちゃんと同じくらいの給料もらってよ、
何だこの不条理は。世の中まちがっとる。

63 :我輩は名無しである:03/06/06 00:35
>61
「うるせーばか」ってw
そういうあなたは哲学科なの?
何勉強してきたんだw

64 :我輩は名無しである:03/06/06 00:37
>>60
哲学科は、何学部として生き残るんでつか?

65 :吾輩は名無しである:03/06/06 00:40
>>63
工学部
うちの大学文系がないのw
野郎ばっかりで思考も偏ってどうしようもないw
暇つぶしで書いてるだけだから相手してくれなくて良いよ

66 :吾輩に名は在る:03/06/06 01:38
中卒の僕からみても、現在の大学はなにやってんの?って気がします。
文学とは何かを語れない人ばかり。語ったとしてもドコかで聴いた受け売りばかり。創造性、独創性がない。
文学部と名乗るからには、言葉の持つ力を再検討して戴きたいと切望致します。

67 :吾輩は名無しである:03/06/06 02:14
>>66
スマソ

68 :吾輩は名無しである:03/06/06 03:17
>>58
本読んで感想文を書くことができる人間なら大卒でもまし方では?

69 :吾輩は名無しである:03/06/06 09:24
いや、文学部っていってもさ、考古学とか地理学、歴史研究なんかは必要なのよ。
学部で不要なのは英米文学とか日本文学とか。あれは大学院でだけやっていればいい。
研究者養成のためにね。学部でやる意味がない。本読んで感想書いてなにが研究だよ!
阪大で文学部不要論が出ているが確かに他の学問と比べると研究とはかけ離れたことやってて
でも一応研究って名づけとけばすごいことやってるんだなぁ・・・って思われるしね。
実態は細々と本読んで感想言い合ってるだけだろ?

70 :吾輩は名無しである:03/06/06 09:27
なんでここ削除されないの?
すっげ−糞スレじゃん

71 :吾輩は名無しである:03/06/06 09:28
東京大学のスーパーカミオカンデとか京都大学の霊長類研究所(批判もある研究所ですが)
なんかが本当に研究と呼べるのではないだろうか。(ここらだけじゃなくてつまり理系ね)
あとは少年事件やら精神鑑定やらの法学部。そしてまじで実務をやる商学部。
あとはいらん。経済学も虚学ということが竹中さんみてて思った。
文学部と経済学部はいらない。だが臨床心理学をやってる文学部は残せ。以上。

72 :吾輩は名無しである:03/06/06 09:29
白痴ばっかり

73 :吾輩は名無しである:03/06/06 10:28
教養という文化は残しときたいね。
でも文学部の構成員から教養の匂いはしないんだよなぁ
データベースみたいな学問しかやっとらん。

74 :吾輩は名無しである:03/06/06 11:59
>>71

少し暴論だと思います。大学で文学を教えるようになったのは、
大衆啓蒙の一環だという話を聞きます。
昔の欧羅巴の貴族たちが、普通にサロンで話しているような
内容を、一般大衆にもひらこうと。
戦後の大学教育が広く大衆に開くという前提がある以上、一見
無意味にみえてもやはり文学は必要かと。

最近その前提がぐずれてきているようですが。

75 :吾輩は名無しである:03/06/06 15:01
「まぁ、とりあえず大学でも行くか」って感覚で文学部に行きました。
回りもそんな奴ばっかです。
そんなこんなで、あと3年間遊びまくる予定です。

76 :吾輩は名無しである:03/06/06 15:52
「まぁ、とりあえずソープでも行くか」って感覚でソープに行きました。
回りもそんな奴ばっかです。
そんなこんなで、あと3年間遊びまくる予定です。

77 :吾輩は名無しである:03/06/06 16:26
「まぁ、とりあえず誰か拉致でもするか」って感覚で日本人を拉致しました。
回りもそんな奴ばっかです。
そんなこんなで、あと30年間日本人を拉致しまくる予定です。

78 :吾輩は名無しである:03/06/06 18:48
文学部に入った理由。小説家になりたいから。以上

79 :吾輩は名無しである:03/06/06 23:04
>>78
オレもそう思ったけど、無理だろ〜
三流大に入ってノホホ〜ンって過ごして
いるだけじゃどう考えても無理

ソウケイ京東大(同志社?)なら話は別だけど

80 :吾輩は名無しである:03/06/07 00:23
小説家なんて甘い考えじゃ無理。みんな総理大臣目指してる

81 :吾輩は名無しである:03/06/07 00:34
どこ行こうがのほほんとしてたら無理だろ。

82 :吾輩は名無しである:03/06/07 10:54
>>71
経済学の知識を基本にして商学が存在するわけだが。
竹中君が悪いのでなく彼のしたいことができないだけ。
この期に及んで財政出動で景気回復とかいってる亀井静香は
死んだ方が世のため人のため。本題から逸れた。すまそ。

83 :吾輩は名無しである:03/06/07 23:33
いや、文学自体は必要だよ。海外でもそれは認められてる。だけど日本の場合、
大学院にだけおけばいいものを学部においてるんだよね。だから問題がある。
文学なんかやってたって就職できないのは当たり前。だけど大学院で研究者養成目的なら
大いに意味があるのではないだろうか?学部は消して、文学だけは大学院のみにしたらいい。


84 :吾輩は名無しである:03/06/08 02:32
大学四年間で1000冊くらいやっぱり読むの?文学なんか楽勝で読めるよね、理系の本などにに比べて。

85 :ことみ:03/06/08 19:37
>36さん
清純ぶった女ってどんなんですか?
私文学部希望だし人と話すときちょっとどもってしまうから
「ブスのくせに清純そうにしてんなよ」とか思われそうで怖いんです(>_<)
教えてください!!

86 :吾輩は名無しである:03/06/08 19:40
文学部の女は
別に清純でもないよ。
やるこたあやってるよ。

87 :吾輩は名無しである:03/06/08 19:41
しかもキモイ。

88 :吾輩は名無しである:03/06/08 20:45
文学ってのは芸術なんだから、芸術学部に英米文学科とか日本文学科とかをつくればいいと思う。
歴史学科とか文化学科とか哲学科は、また別の、新しい名前の学部に置くとか。

89 :吾輩は名無しである:03/06/08 20:55
近代の日本文学を学びたいと言って教育学部に入れてもらった綿矢りさは
清純です。まだ純潔を守ってます。暇なときには本を読んでネタを探しています。

90 :吾輩は名無しである:03/06/08 21:04
まあてろてろ本読んで適当に文章をこねくり回せば論文なんてすぐできるわ
理系の人たちはせいぜいヒーヒー苦労して俺と同じ給料で働いてなさい
かわいそうな頭脳労働者プププ

91 :吾輩は名無しである:03/06/08 23:57
>>90
きみは直ぐ様PCをぶち捨てなさい。電気類も機械類も一切、いえ、理系が作り出した印刷機で
出来る書籍さえ、すぐさまぶち捨てなさい。服も脱ぎ捨てなさい。さあはやく。

92 :吾輩は名無しである:03/06/09 04:53
文学部はOL学科だけ置いて、大学院で本来の文学をやるといいね。

93 :吾輩は名無しである:03/06/09 05:33
文学部は古文献の解読をおこなうところです。
文学+部じゃなくて文+学部ですからよろしく。

94 :吾輩は名無しである:03/06/09 05:48
うちの大学の仏文科は4分の1が留年する。
毎年のこと。なんで仏文ばかり留年するんだろうな。
大学1年ですでにフランスのフの字も嫌になっちまうのだろうか。

95 :吾輩は名無しである:03/06/09 06:03
文学は実学である。

96 :吾輩は名無しである:03/06/09 06:32
http://www.isis.ne.jp/

http://www.maromaro.com/

http://www.tomita.net/

本を読もう


97 :吾輩は名無しである:03/06/09 16:47
アナルセックスらへんまで覚えた

98 :吾輩は名無しである:03/06/09 18:04
>>91
だから君達はただコキ使われるだけの労働者なわけププ
馬脚を現したな理系労働者め
おまえらは汗だくになって家を建てる低学歴と同類なのよぉ
俺達文系は読書を楽しみくつろぐのさぁwww
君達は、俺らのために必死こいて便利な道具を開発してなさいプププ

99 :吾輩は名無しである:03/06/09 18:14
マスコミの盗聴、盗撮は許されるのか?http://natto.2ch.net/mass/kako/974/974478132.html

489 名前: 文責:名無しさん 投稿日: 2001/04/11(水) 17:25
一般人なのに盗聴される、じゃなくて、「一般人だから盗聴される」んじゃないのかな?
基本的にネタ集めのためにやってんなら、有名人のネタを盗むと、有名人は告発できるし、
そんなことされても当たり前だと思われるので告発しても信じてもらえる。
そうでない人は、ここの途中の書き込みにもあったように「電波」扱いされるだけ。

ただで、ネタを仕入れるんなら、一般人に限るでしょう。
マスコミは自分らの無能さを恥じてほしいです。

ちなみに私が盗聴されはじめたのは、芸能人にストーカーされ始めてからでした。
そこからマスコミに広がって行った。
だから余計「妄想」とか思われそう。
友人に話したら完全に病気扱いされた。ストーカーって言葉がない時代だったしね。
書いておいておいた小説のネタが、他人の原作でドラマ化されたときにはきれまくっ
たなあ。(一度や二度のことじゃないけど) 

100 :吾輩は名無しである:03/06/09 18:16
>>98
>君達は、俺らのために必死こいて便利な道具を開発してなさいプププ
なんか、ドラえもんみてぇだ(w

>俺達文系は読書を楽しみくつろぐのさぁwww
なあ、のび太、理系労働者に敬意払えないオマエは、
どうやら悪態ついて淀んで溜まってるだけの能無し
みたいだな?

そんなヤツは、文系労働者側からも村八分だよなwww
悪いなぁ、ただ読書しても文系にはなれねぇんだよ?
ページめくるだけなら、お猿さんでも出来るからなぁプププ

101 :吾輩は名無しである:03/06/09 18:39
100には神の恩寵が必要なようです。

102 :吾輩は名無しである:03/06/09 18:57
www←これだけで98と100は馬鹿とみた

103 :吾輩は名無しである:03/06/09 19:18
>><102
残念ボッシューと ちゃらっちゃらっちゃん〜ホワワワ
ププ 実は俺は金沢大だったりするぜい?
低学歴ちゃん。まあ、低学歴でも、理系よりは認めてやるよ。あほ理系よりはさあ。

104 :吾輩は名無しである:03/06/09 19:21
ちなみに俺は98な。
あの糞コンバの100ちゃんとは一緒にしないでね音符
??
>>100
ぜんぜんわかってないねえポスドクの屑はさあゲラゲラ
楽しても文系はドキュソ高校生どもに漢文教えるだけで食えるのよ?
君、苦労するものに敬意祓えとか、水戸黄門じゃないんだからさあブプッ
あ、理系はそうでもしないと精神壊れちゃうからかプクス

105 :100:03/06/09 19:34
お、来たなのび太?
オマエの悪態に期待してんだからよ、もっとバカ晒せよ?
オマエのつまんねぇ話聞かせろよ(w

なぁ、のび太ァ、ドラえもんの道具に頼ってちゃだめだろー?
そんなんじゃしずかちゃんも結婚してくれねぇぞ(w

106 :吾輩は名無しである:03/06/09 19:38
>><←これ何?(爆笑中)

107 :吾輩は名無しである:03/06/09 19:42
>103
は勘弁だったりして(w

108 :吾輩は名無しである:03/06/09 19:46
>>105
プププもう言ってる事ぎ支離滅裂よ?
道徳的なことはどうでもいいよの!!頭脳労働者、名づけてズノーカらー!!

理系労働者は生かさず殺さず、しぼりとるだけしぼりとれ!!!!!
てか、あのノーベル章採ったさえない学会員みたいの見ればわかるっしょ??
あのツナギのメタルマックスの主人公みたいなのが理系の男
それがわ・か・っ・て?

109 :吾輩は名無しである:03/06/09 19:47
>>106
レスついたんで、嬉しかったんだろ?
微笑ましいじゃねぇか。
コイツ尻尾振って、勢いづいて失禁までしてるからなぁ(w

キャンキャン♪てな。

110 :100:03/06/09 19:53
>>108
わかんねぇし、オマエの話なんて誰も聞かないよ(w
なぁに、共感求めてんだよ?

のび太ァ、オマエの悪態のつまらなさは、そんなもんじゃねえだろ?
ほら、村八分覚悟しろよ(w

111 :吾輩は名無しである:03/06/09 20:03

    |┃三,.、   ,r 、
    |┃ ,! ヽ ,:'  ゙;  ガラッ!
    |┃. !  ゙, |   }
    |┃≡゙;  i_i  ,/       ___________
    |┃. ,r'     `ヽ、    /
    |┃.i"       ゙;  <  話は全て聞かせてもらったぞ!
    |┃:!. ・     ・ ,!   \ 
    | (ゝゝ.   x  _,::''      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
______.|┃= ,::`''''''''''''''"ヽ.   
    |┃  |      r';
    |┃  ゙';:r--;--:、‐'
    |┃≡ ゙---'゙'--゙'


112 :吾輩は名無しである:03/06/09 20:51
文学は実学である。

113 :吾輩は名無しである:03/06/09 20:59
>>112
いい事言った!!

で、就職や生活に応用できないような、文学部はどうなんだろう?
ってコトだね。


114 :吾輩は名無しである:03/06/10 01:35
なにやってたんだろーなーわかんねーしゃかいをこばかにしてたかな
しゅうしょくできなかったのもそのせいかもね

115 :吾輩は名無しである:03/06/10 04:23
あら、とっても切実ね。
学問をとおして、なにがしかの奢りを消化できなかったってコトね。
今の多くの文学部の教育方針がおかしいってトコね。

ヘタに文系にかぶれると、100やのび太みたいなのが育っちゃうのね。
いやん、繁殖力たかいワ。
レスするだけで、妊娠しそう。

116 :吾輩は名無しである:03/06/10 05:12
おごりをしょうかできないんじゃないけどしゃかいぶんせきなんてけんきょにやるもんじゃねー
けっきょくしゃかいをれいしょうするやくにしかたたなかったかな

117 :吾輩は名無しである:03/06/11 00:58
結局文学部ってところは何をするところですか?
文学評論ですか?

118 :吾輩は名無しである:03/06/11 02:11
ええと、文学部は「わたしたちの世界のあらゆる物事を文章
によって他人に伝える方法」を勉強したり研究したりする学
部らしいです。

で、そっから派生して、社会分析したり、人間分析したり、
数学したり、哲学したりと、言語の研究に戻ったりしてる
のかな、と。

わたしは、勝手にそう解釈しています。
誰か、他に何か意見あったら言ってね。

119 :吾輩は名無しである:03/06/11 02:47
解釈だけ

120 :吾輩は名無しである:03/06/11 03:10
俺は商学部行ったけど
今だったら米文学とかチマチマ研究したい
優雅でいいじゃん

121 :吾輩は名無しである:03/06/12 01:27
教授に「社会に出ても役には立たないが、社会を出た後役に立つ」と言われた漏れは日文。

122 :吾輩は名無しである:03/06/12 01:30
そういう愚にもつかない、すべて知ってるような言葉遊びが身に付くのですね。

123 :吾輩は名無しである:03/06/12 01:33
>121
すごくいい教授だね。

124 :吾輩は名無しである:03/06/12 01:34
出版関係なら、役に立たない事はないでしょ。


125 :吾輩は名無しである:03/06/12 01:38
>>124
出版関係だと、上智の新聞とか成城のマスコミとか日芸の方が役に立ちそう。

文学部行く人って、社会で役立てようなんて思ってないんじゃないの?
本人たちにしても、理想を言えば一生研究していたいんだろうし。

126 :吾輩は名無しである:03/06/12 01:39
マスコミは東大卒の肩書きが役に立ちますが、何か?

127 :吾輩は名無しである:03/06/12 01:51
文学部は、「文学」部じゃなくて、
「文」学部らしいですよ。

128 :吾輩は名無しである:03/06/12 01:57
音楽大に作曲科があるように、文学部に作文科はありますか?

129 :吾輩は名無しである:03/06/12 03:39
社会に役に立てようとか思って学校行かなくちゃ
ダメ人間って云われるのかなぁ。
でも、大学行くときに将来見据えてどうしてもそこに行きたいとか、
この教授が居るから此処で勉強したい
なんておもって受験勉強してる人って少なかった。
土地柄のせいか、世代のせいかわからないけど。
文学部で、しかも日文でも本なんて全然よまねぇやつばっかだしな。
学士取るだけのために居るんだろうなぁ。
社会がそれを当然と見なしている風潮にあるし。
僕の周りの事しかわからないけど、文学部で何するっていっても
カリキュラムこなして、単位取る事だけなんだろうなっておもう。
で、数学できないから文学部に逃げ込んできたみたいな人おおいし。
結局同じところに立てるんだから同じものを違う角度に見ているのに過ぎないな
って思う。
理系も文系も。
で、その角度、文学部に関して云うと文章と理屈で系統立てて考える力を養うところで
やっぱり社会の役って云うか直接的には職業に結びつかないだろうね。
って、こういう風に理屈で長々話す事を覚えるのが文学的思考w
だから根っからの理数系の頭の人とはそりがあわないw
文系にも理系の頭の人って居るし、理系にも文系の頭の人がいると思う。
理系で文系の頭持ってる人って凄いなぁっておもう。
文系で理系の頭持ってる人は可哀想だけど。だって文学部って、社会の事を考えていても
何処か社会とは隔絶した場所で傍観的に分析しているにすぎないから。
一度社会的事象を社会から取り出して、議論して社会にはめ直す練習をしているのが
文学部の作業だと思う。
で、現場で頑張る作業を学ぶのが理系一般、という印象

130 :吾輩は名無しである:03/06/12 03:42
>128
作文科あるらしいですよ。何処の大学か忘れたけど、講師募集してたんで多分あります。
創作科。




131 :丸木戸佐渡守:03/06/12 03:51
マジレスすると文芸評論かな。それなりにおもしろいけど学部入ってすぐに
きちんと将来設計を考えとかないと失業者になるので注意して。

132 :吾輩は名無しである:03/06/12 06:04
あんただけは、こんりんざい、俺の作品で
オナニーするな。

133 :吾輩は名無しである:03/06/13 01:13
例えば三島由紀夫を研究テーマにするとしてですね、

134 :吾輩は名無しである:03/06/13 23:42
↑ですね、何?気になるから!
>128
うちは作文科は無いけど、詩を作る授業と小説を書く授業があります。
詩のほう行ってみましたが、教官が・・・。
作品さえ出せば単位貰える楽チン授業なので、
単位ほしさに参加してる生徒のテキトーな詩を
必死に文学作品に仕立て上げてました。
ま、こういうのに引っかからないようにね。

135 :吾輩は名無しである:03/06/14 18:46
捨てるほどの時間と金があれば文学部にいってもいいなぁ。
お茶を啜り、日がな一日生きていく上で屁の足しにもならん事を
あーだこーだ言いながら過せたらどんなに幸せだろうか。

136 :吾輩は名無しである:03/06/14 18:48
恋愛しなければ死人と一緒だからな。
恋人いねー文学部員になりたくねー。

137 :吾輩は名無しである:03/06/14 20:53
日文やってます。院生。徒弟制度な古典だから、文学評論などやっておらんよ。文献調査。

138 :吾輩は名無しである:03/06/14 20:55
>>137
時代どこ?

139 :137:03/06/14 20:58
中世。

140 :138:03/06/14 21:00
>>139
やはりテキストクリティークが中心ですか?

141 :137:03/06/14 21:03
そうです、まさに。特に関西では、それが主流な大学も多いと思う。

142 :138:03/06/14 21:05
>>141
新しい視点出すのたいへんそうですね。
指導教授と同じ作品をやる人が多いんですか?


143 :137:03/06/14 21:12
>新しい視点出すのたいへんそうですね。
最近善本公開があいついでるし、そうでもないですよん。やることはたくさんあります。
本文批判をなおざりにしては、あとがすすまないし、もっとやられてよいと思う。
すいません、ちょっと飲んでるので熱くなってしまう。

指導教授と同じ作品をやる人が多いんですか?
それはいえてますねー。学部のころは特に。やってくうちに、他の時代に流れる人も多い。私は万葉→中世歌学。
148さんは文献学やってみえる方ですか?




144 :137:03/06/14 21:15
148→138でした。スマソ。

145 :138:03/06/14 21:16
>本文批判をなおざりにしては、あとがすすまないし、もっとやられてよいと思う。
確かにその通りですよねー。

私は近現代専攻です。
普通の作品論。

146 :137:03/06/14 21:19
>138
近現代専攻の人で、本文批判的な研究に理解を示してくれる人がいるのは嬉しいな。


147 :138:03/06/14 21:28
>>146
古典の先生方とも付き合いありますしね(笑)。
私は専門外ですが、とても面白そうだと思います。
(授業でも少しやりました。)

ところで、古文・漢文板はここより院生率高そうですね。

148 :138:03/06/14 21:33
137さん、またねー。
お互い研究がんばりましょう!


149 :137:03/06/14 21:43
>138さん。
ありがとう。何かほのぼの会話できましたね。古典板行こうかな・・・。
文学部いいとこですよ。


150 :吾輩は名無しである:03/06/14 21:49
だからやっぱりそろそろ

151 :吾輩は名無しである:03/06/14 22:10
ネットしながらバイト。けっこういいらしいよ。
http://f15.aaacafe.ne.jp/~storm/


152 :吾輩は名無しである:03/06/14 23:21
比較文学を専攻してます。

153 :吾輩は名無しである:03/06/14 23:27
今も就職活動していますがなにか


154 :文学業界は常習的にやってますよ。:03/06/15 00:01
●●●マスコミの 「盗聴/盗撮」 は許されるの?その2●●●http://natto.2ch.net/mass/kako/988/988402795.html
864 名前: 文責:名無しさん 投稿日: 2001/05/25(金) 02:10
>>860
856じゃないけど、盗聴/盗撮は、トイレの音や、自分の過去、
今日その日思いついた事、買ったもの、自分の体までネタですよ、気持ち悪いですよ、
本当に大変だから、気軽にそう書かない方がいいですよ。(マジレス)
(笑)って冗談のように書く時あるけど、別に気楽な気持ちで書いているんじゃ
なくて、悲しい事を楽しく表現する事で、重い気持ちを無くしたいんです。じゃないと、体にくるから・・・

710 名前: 文責:名無しさん 投稿日: 2001/05/21(月) 19:44
>>709
だから、気が付かなきゃ良かったのに。
気が付いたから、メディア総出でお前らを精神病者か自殺に追い込もうとしてたんだ。
ゴミとか野良犬とか言ってやったろ。それでも生きてるお前らはよほど神経が図太いんだな。
演技もいい加減疲れたらしな?。仕方ないよ自分達が悪いんだから。

だとよ。


155 :吾輩は名無しである:03/06/15 02:37
今までに、たとえば芥川竜之介を研究テーマにして来たヤシは五万といるとおもいますが、
それをかいくぐって、自分独自の研究をしていくことは、至難の技のように感じます。
違いますか。そんなことはありませんか。
違いが分かる大人になれ、これはぼくのしんだおばあちゃんの遺言では、ありません。

156 :吾輩は名無しである:03/06/15 04:06
ちぇー
>>138>>137の会話に混ざりたかったな
近現代やってる人と話がしたかった。


157 :吾輩は名無しである:03/06/15 10:21
>>156
俺も近現代やってるよ。俺の場合、比較文学だけど。

158 :156:03/06/15 19:59
>>157
比較文学ってどんなコトするの?
俺のとこはテクストテクストで、学生も「てくすとってなに?」っていいながら
一生懸命先行研究批判してるw
いきなりテクスト畑に放り込まれるから…

159 :吾輩は名無しである:03/06/15 20:20
>>158
まぁ、僕はもともと「〜文学科」とかじゃなくて、比較文化学科なんで。
歴史的背景とかを主にして、作品の言葉使いや人物の投影とかをやるんです。

160 :吾輩は名無しである:03/06/16 00:00
>>159
わー!ねちゃった?ねちゃったかなー。
僕今其れで苦しんで居るんだけど!!


161 :吾輩は名無しである:03/06/16 00:31
>>160
寝てないけど、あんたの方が寝てそうだな(w

162 :吾輩は名無しである:03/06/16 00:33
>>161
ざんねんながらおきてます
レジュメできなくてねれねーの…

163 :吾輩は名無しである:03/06/16 00:37
>>162
必死で書きなさい(w

164 :li:03/06/16 00:40
「ノルウェイの森」読んでると死にたくなってくる。

165 :吾輩は名無しである:03/06/16 00:41
>>164
死んじゃだめだ!!

166 :吾輩は名無しである:03/06/16 00:46
逝ってヨシ

167 :1:03/06/16 00:48
「ノルウェイの森」って「純潔」について無関心で、ヤリマンが自分の行為(妥協)を正当化するのにはもってこいだよね。

168 :吾輩は名無しである:03/06/16 01:08
文学部では、ヤリマンが自分の行為(妥協)を正当化する為に、哲学しないでノルウェイの森などを
持ってくるんですか。安っぽいですね。

169 :吾輩は名無しである:03/06/16 01:24
>>163
煮詰まってかけないんだよー。
>>159いたらたすけて

170 :1:03/06/16 01:52
168はばかですね。哲学的にすばらしい作品だから、ヤリマンの正当化にはもってこいなんですよ。

171 :吾輩は名無しである:03/06/16 01:57
悔しかったんだろうか、文学的でなく直接的にばかと言いますた

172 :吾輩は名無しである:03/06/16 10:57
>>169
ここにも「煮詰まる」の誤用者発見!

173 :文学部生:03/06/23 20:10
だから、「文学」部じゃなくて、「文」学部だって・・・
人文科学系の学問を無理矢理一つの学部におさめて、
人文科学部=文学部、なんだから・・・・。

174 :吾輩は名無しである:03/06/23 22:12
文学最高!!

175 :148 ◆I6QsxyNcug :03/06/26 13:31
>>154
ワロタ

ところではなしは変わるけど、携帯ゲーム機"プレイステーションポータブル(PSP)

 このPSPは、新規格UMD(ユニバーサルメディアディスク)というディスクを利用しており、そのサイズは直径6cmととても小さい(CDの半分程度)。 容量は1.8GBとなっている。
画面は4.5インチのTFT液晶で、480px x 272px(16:9)。MPEG4の再生やポリゴンも表示可能。外部端子として、USB2.0とメモリースティックコネクタが用意されているという。

この際、スク・エニもGBAからPSPに乗り換えたらどうでしょう。スク・エニの場合、PSPの方が実力を出しやすいような気がするんですが。
任天堂が携帯ゲーム機で圧倒的なシェアをもってるなら、スク・エニがそれを崩してみるのもおもしろいですし。かつて、PS人気の引き金となったFF7のように。

いきなりへんなこといいだしてすまそ・・
GBAと比較してみてどうですかね?シェアの事は抜きで。

176 :山崎 渉:03/07/15 09:18

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

177 :山崎 渉:03/08/02 00:33
(^^)

178 :吾輩は名無しである:03/08/11 08:50
>>118
じゃあ論理学だけでいいじゃんと思ってしまうのはオレが理系だから?

179 :吾輩は名無しである:03/08/11 09:21
また理系がバカ晒してるぞ( ´,_ゝ`)プッ

180 :吾輩は名無しである:03/08/11 12:14
ここのホームページの日記読むと文学部生の生態がわかるかも。
http://donzokohigashi.tripod.co.jp/

181 :吾輩は名無しである:03/08/14 14:07
就職とか何をいう。作家になりゃあいいんだよ。
お前らにとっての内定=新人賞受賞やど。

182 :つんく:03/08/14 14:21
http://elife.fam.cx/a011/



183 :山崎 渉:03/08/15 09:21
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

184 :吾輩は名無しである:03/08/28 18:01
179は何を言いたいんだ?

185 :吾輩は名無しである:03/09/10 20:57
だから何を言いたいんだ?

186 :●のテストカキコ中:03/09/10 20:57
http://ula2ch.muvc.net/ (このカキコは削除しても良いです)

187 :吾輩は名無しである:03/09/10 23:34
>>185
おまえには永久にわからんよ…( ´,_ゝ`)プッ

188 :某女子大文学部:03/09/11 01:16
私は、文学の中に芸術を見出すために文学部に入りました。
まだ二回ということもあり、一般教養ばかりのせいもありますが、
私の大学では、それが勉強できそうにありません。
というわけで大学院に進もうと思っているのですが、
文学は芸術だ!という勉強ができる大学を教えてください。

189 :吾輩は名無しである:03/09/11 01:49
>>188
そんなところまずないからやめときなさい。
しいていえば東京芸大くらいでは。

190 :吾輩は名無しである:03/09/11 02:17
>>188
文学好きの先生がたくさんいるとこがいいんじゃない。
但し、信者にならないと、干されるよ。
先生の研究されてる作家こそが芸術家でごいます、
それ以外の作家はクズの大衆作家であります、○○万歳!!! 
文学理論なんて外在批評はクソ喰らえであります、
私は先生と偉大なる芸術家○○様に一生付いていくのでごさいます。
ええ、飢え死にしても構いませんとも。先生万歳!○○様万歳!
くらいやれんなら良いんじゃないの。

191 :騙された人 ◆Mr9V2vK5bw :03/09/11 02:26
>>188
文学のどこに芸術性を見出すかによって違ってくるでしょう。
190さんの意見は極論だと思うんですが、
文学に対するアプローチの方法は多種多様ですから、
まずはそこを調べてみてからでも遅くはないと思いますよ。

192 :吾輩は名無しである:03/09/11 08:53
ttp://www5d.biglobe.ne.jp/~wp_soul/document/03.html
文学部の末路

193 :吾輩は名無しである:03/10/17 23:41
わたしはサークルにはいっていて
文学部の女子ともいっしょになったが
家政学部のわたしの教科書をみて
「こんなの簡単に解けるよね」といっていてむかついた。
確かに簡単なのだ。でもお互い自分の志した学問には自信もってほしいじゃない。
わたしは一環理系の勉強ばかりしていて、理系おちでほんとに高校でもカノジョと
道はわかれている。また一緒になる日がくるとは、という、
わかってほしい。

194 :吾輩は名無しである:03/11/17 21:55
鬼仏表:学生による大学の授業評価

制作したばかりなので
まだ全くデータがありませんが、
よろしくお願いします。

http://www.internext.ne.jp/kibutu/

195 :吾輩は名無しである:03/11/25 18:08
中国文学科教員の問題発言集
K・N教授・・・研究発表会で挨拶の際に某右翼漫画家(T大一直線・
        O・Bくん・G宣言等で有名)の著書を読むように
        学生にすすめた。
H・K教授・・・授業中に当時の総理大臣の暴言を擁護した。
        試験を受けなかった学生に「B」評価を与えた。
N・S教授・・・授業中に「人間は働かなくても生きていける」
        「(自分のことを棚にあげて)中国語学科の学生は常識が
        無さ過ぎる」
        「セクハラは行う本人に悪気が無ければセクハラとは
        認められない」
        「大学教授は世間を知らなくて当たり前だ」etc迷言多数
Y・Y助教授・・・退学願を提出した学生に電話で裏取引を持ちかけた。

このように中国文学科はキ○ガイ教員の巣窟です。
これから大東文化に入学・編入を考えている皆さんは
中国文学科にだけは絶対に出願をしないで下さい。

196 :吾輩は名無しである:03/11/25 22:04
>>195
>「(自分のことを棚にあげて)中国語学科の学生は常識が無さ過ぎる」
>「大学教授は世間を知らなくて当たり前だ」
この時点で矛盾している事だけは短大出のOLですら解る

197 :三島さんは私に、『ぼくはもともとバックという奴は好きじゃない。:03/11/25 22:37
私が抱きついてゆくと三島さんは急に体の向きを変えて抱き返してきて
小さな声でささやいた。
「しばらくぶりだったね、会いたかったよ。」
、、、、懸命に三島さんの首から、胸、腹に、強いキスを浴びせかけていった。
、、、三島さんはこちらが驚くほどの、甘えた子供のような声をほとばしらせた。
1966年、昭和41年8月27日、熊本、ホテル・キャッスル。
三島由紀夫42歳、福島次郎36歳、熱い再会だった。
http://cgi.din.or.jp/~yossiy/cgi-bin/umeboard10.cgi?task=view&mnum=93
「林さんはもう駄目です。」
「え?」
「もうだめです。あの人、右と左の両方から金をもらっちゃった。」
林とは勿論、右翼の論客・林房雄である。
1970年・昭和45年の9月のある日、場所は銀座「浜作」
呼ばれて駆け付けた毎日新聞徳岡孝夫は『五衰の人』のなかで書いている。
「、、それまで私が見たことのない、世間の人が三島に想像したこともない、
投げ遣りな姿と言葉遣いだった。、、(林房雄に対する怒りは)執拗であった。
普段そんなに飲まない人が、少し自暴自棄に酔っていた。」
同席していたのは三島の実弟・平岡千之氏だ。
徳岡孝夫も千之氏も林房雄の背信行為を呪う三島の言葉を黙って聞いていた。
三島事件のおよそ2ヶ月前である。
「・・・・私の方から三島さんの体を強く抱きしめ、その首筋に、激しいキスを
しゃぶりつくようにしたのだった。三島さんは、身悶えし、小さな声で、わたしの
耳元にささやいた。
「ぼく、、、幸せ、、」
歓びに濡れそぼった、甘え切った優しい声だった。・・・」
「、、私は、頭に灰かぐらをかぶったまま、キスを続けた。私の体よりもずっと小さく細い、
三島さんの体は腰が抜けそうに、私の両腕の中で、柔らかくぐにゃぐにゃになっていた。、」
http://www2u.biglobe.ne.jp/~horizon/misima.htm


198 :吾輩は名無しである:03/11/26 02:02
すいません
戯曲家ヘッベルの「ユーディット」のおおまかなあらすじわかる人いたら教えてほしいです

199 :吾輩は名無しである:03/11/27 14:58
>>198
アッシリアに攻められて陥落寸前のベルトゥリアを救うために、
処女・ユーディットが敵陣に乗り込んで敵将ホロフェルネムを
誘惑、その寝首をかく…みたいな話。旧約聖書の外典が出典
らしい。

200 :199:03/11/27 15:00
×ホロフェルネム→○ホロフェルネスだったっぽい。
ついでに200げっと。

201 :吾輩は名無しである:03/11/30 17:23
文学部に入って、本を読むのが嫌いになりました…。

202 :吾輩は名無しである:03/12/02 06:17

どうせくだらないことばかりしてるんだろ
えっちなことをおひるからしてるんだよ

203 :吾輩は名無しである:03/12/02 14:47
ちっとは作品かけ。

204 :吾輩は名無しである:03/12/02 14:53
桐野夏生のことを研究してる人おらんかな?

205 :吾輩は名無しである:03/12/05 08:23
>>199
ありがとうございました


206 :吾輩は名無しである:03/12/05 09:55
俺、文学部に入りたかったんだよなー。

207 :吾輩は名無しである:03/12/06 00:18
仏文科卒業したけど、文学を学べたという実感は薄いな。フランス語の文章を
読むための訓練だけ、ひたすら続けさせられたようなもんだ。結局それさえ
身につかなかったわけだが。

208 :吾輩は名無しである:03/12/28 00:04
保守

209 :吾輩は名無しである:04/01/10 01:18
文学部で4年間ずーっと勉強らしい勉強しなかったなぁ。
本ばっかり読んでた。
ロクに学校行かなかったのに卒業できたし。
卒論は泉鏡花だったけど、何書いたかも覚えてないわ。
理系は大変そうなのにな。

210 :吾輩は名無しである:04/01/22 13:31
ほーんと、なにやってんだろうねぇ…オレ…(゜Д゜)y─┛~~

211 :吾輩は名無しである:04/01/22 14:06
>>207
おしかったな。
俺は文学は専攻しなかったが、フランスの小説を原文で読めたら、
っていつも思うよ。


212 :吾輩は名無しである:04/01/23 06:02
論文コピる時、紀要の大学名で判断しちゃうことない?
全く聴いたことない短大と東大の紀要だったら東大のほう優先しちゃうんだけど…

いけないとは分かっていても。

213 :ダンシングダルシアム:04/01/23 09:25
変態諸君、性的欲求の道具ばかりに利用しないで
彼女のピュアな小説を応援すんでだニャ!

 純粋で、自然体で天然ボケ、知的で清楚な女性を
求めるピュアな心はわかるニャ

 まあ、本質の画像でも見るて、彼女を応援するニャ

@http://news.tbs.co.jp/20040116/headline/tbs_headline889840.html

Ahttp://cafebleu.vis.ne.jp/livre/y/r_wataya.html

Bhttp://www.cityheaven.net/ (NEW)

Chttp://www.renpou.com/bbs/zatu.html




214 :吾輩は名無しである:04/01/23 10:53
現在樋口一葉を研究しているが、卒論をどうしようか考え中。
最近日本語学に興味が湧いてきたので。
だって文学研究しても自己満足なだけじゃん。
語学ならそれなりに日本に貢献できるかもしれん。
うまくすると教科書なんかに採用されて、新たな日本語の常識とかに……

215 :吾輩は名無しである:04/01/23 11:02
英文卒だけど>>207とほとんど同じ。

英文は英語スキなだけの人が多かった。みんな本読まない!
文学部入ってよかったことは、本をちゃんと読めるように
なったこと。日本文学と英米文学の違いがちょっとわかったこと。
ゼミはそこそこ楽しかった。卒論はつらかったけど、まあ学部だし、
英作文が上達した程度。
就職は女子大だったので、銀行のパンショクが多かった。
先生になる人もいた。あと一部スッチーとか。

216 :吾輩は名無しである:04/01/23 11:39
>>215
女子大に就職したのですか?

217 :吾輩は名無しである:04/01/23 11:40
文学部は実社会では使い物にならない。これは常識。
しかもそれをエライとかんちがいしてるからなアホどもは。
話にならない。

218 :吾輩は名無しである:04/01/23 22:53
大学は役に立たないものを教えるところだ、とはうちの大学の偉い先生の言。
役立つもの(法学とか経済だとか)は専門学校で教えろと。
なるほどなぁ、と思った。そういえばヨーロッパでも最初に大学だ出来た頃は
哲学とか神学とか天文学とかを教えていたわけだ。
結論、法学部、経済学部、商学部他はクズ。

219 :吾輩は名無しである:04/01/23 22:54
ドイツ文学部って本好きな人多いですか?
単なる遊び人が集まってそうな危険な学部はどこですか?

220 :吾輩は名無しである:04/01/23 22:56
単なる遊び人が集まってるのは、学部ではなく大学単位。
東の慶応義塾、西の芦屋大学。

221 :吾輩は名無しである:04/01/23 23:58
>東の慶応義塾、西の芦屋大学。
すげえ。同じ遊び人でも天と地の差だな。


222 :吾輩は名無しである:04/01/24 00:13
>>220
大学行ったことないだろw

223 :吾輩は名無しである:04/01/24 21:13
>ドイツ文学部

こんな学部がある大学ってどこ?

224 :吾輩は名無しである:04/01/24 21:20
↑いいから大学行けってw

225 :吾輩は名無しである:04/01/24 21:28

ここにいる奴ほんと馬鹿だねー。
大学入ってもろくに勉強もしないくせにプライドだけはやけに高い。
強い物には諂い、弱い物へは横柄。
どこの大学だって入るのは真面目に勉強してりゃたいして難しくね−んだよ。
そこでどこまで人間性を高められるかだな。
入ってからがスタートだってことが解ってないやつが大杉。
まぁ当ったり前の事言っても煽られるだけだけど。

226 :吾輩は名無しである:04/01/24 21:36
↑お前はどこ大だよ!?

227 :吾輩は名無しである:04/01/24 21:39

別に一回社会人になってから学費稼いでから某最高学府ですが。


228 :吾輩は名無しである:04/01/24 22:04
>>227
某じゃ答になってないよw

>どこの大学だって入るのは真面目に勉強してりゃたいして難しくね−んだよ
これは同意。

229 :吾輩は名無しである:04/01/24 22:17
>228
今回の芥川賞だって叩いてるやつらってのは文学崩れのプライドだけが高い連中だろ。
結局、アイドル作家も押しのけるほどの才能もないもんだから、そこばかりを取り上げて
吊るし上げる。
あの二人だって実力はともかく選ばれるだけの要素はあったわけだからな。
それが作品と直接関係ないにせよ、それは認めた上での批評なら好ましいけど。

230 :228:04/01/24 22:44
>>229=227ですか?
なんでレス番指定でレス?
全然話が繋がってないし…

ちなみによく自分は知らないのだけど
芥川賞叩いてる理由って「若さだけが取り得」とか「実力がない」→芥川賞の質の低下云々
ってことなのでは?もしそうなら
>叩いてるやつらってのは文学崩れのプライドだけが高い  ってことと
>実力はともかく   ってこと矛盾しない?
違ったりしたらごめん。訂正して。

231 :吾輩は名無しである:04/01/24 23:06
要するに自分では大して努力してないくせに端から見て苦労せずに注目を浴びた人間に対する
妬みや誹謗中傷が惨いってこと。

>実力はともかく   ってこと矛盾しない?

別に文学の実力のみで評価された訳ではないだろ。
文壇の政治的な利用に使われたとしても使われるだけの要素が無ければ利用もされない訳だから。
文壇から利用価値も認められず実力も中途半端な連中が叩いても説得力ないってこと。
賞の権威なんて自作自演もいいところだろ始めから。
そんなものに価値観を委ねて主体的な批評基準を持たないから塵みたいな自尊心ばかりが肥大するんだと
思うけどね。

232 :吾輩は名無しである:04/01/24 23:19
加えて言えば、大学の権威のみに依存してその本質から逸脱した認識で行動してるくせに
都合の良いときだけ虎の威を借る根性が今回の受賞叩きに似てるってこと。


233 :吾輩は名無しである:04/01/24 23:32
お前の周りだけだろ。つまんない人間多いんだな。
大学の権威のみに依存って誰も権威なんか期待してるやついないよ。

それに芥川賞叩いてる奴が文学部のやつだって思ってる自体おかしいだろ。
文学部だって国文から心理学まで他の学部に比べてバリエーションが豊富なのにさ。
文学部以外の人間は文学に興味ないとでも?
最高学府の意味も間違ってるし大丈夫かお前?

234 :吾輩は名無しである:04/01/24 23:39
>233
どこに芥川賞叩いてる奴らが文学部のやつだって表記がありますか?


235 :吾輩は名無しである:04/01/24 23:41
>>234
ここは大学の文学部スレですが?

236 :吾輩は名無しである:04/01/24 23:42

この2chの学歴偏重ぶりは十二分に権威依存だと思いますが?


237 :吾輩は名無しである:04/01/25 00:11
>231 >236
   ∩___∩
   |ノ ⌒  ⌒ヽ くっやしい けれっど♪
  /  ●   ● |   おっまえは正論♪
  |    ( _●_)  ミ
 彡、   |∪|  、` ̄ ̄ヽ
/ __  ヽノ   Y ̄)  |
(___) ミ彡    Y_ノ
     \      |
      |  /\ \
      | /    )  )
      ∪    (  \
            \_)
       ∩___∩
       |ノ ⌒  ⌒ヽ 正論!♪
      /  ●   ● |         
      |    ( _●_)  ミ         ダージリーン♪>
    /彡、   |∪|  ミ      
   (  (/     ヽノ_  |  正論♪
    ヽ/ ミ彡 (___ノ   
     |      /              ミルクテーマイウー♪>
   / /\  |
   (  (    ヽ |
  /  )    ∪
  (_/


238 :228:04/01/25 00:22
>>231
はあ、、、、なるほど。
で、何でそんなに偉そうなの?

239 :吾輩は名無しである:04/01/25 00:57
>>236
2ちゃんがすべてか?
ちゃんねらーが皆大学に行ってる上に、その大学に権威依存してると思ってるのか?
相手がよく分からない中では分かりやすい指標でしか評価出来ないだけとは思わないのか?

文学部について話すんでなければ何の理由で芥川賞の話を持ち出したんだ?

240 :吾輩は名無しである:04/01/25 01:08
>239
君は人の文章を自分の選り好みした解釈でしか判断できないのですね。
他に解釈の仕方があるとか考えないのですか?
君の文章をみる限りでは自分が最初に感じた印象のみで判断してますよ。
文字は必ずしも一意的な場合ばかりとは限らないのですから、他の解釈を鑑みた
ほうが良いと思いますが。
いままでのレスを見る限りこれ以上議論しても仕方なさそうですし、時間的にも
遅いので明日に備えて寝るとします。


241 :吾輩は名無しである:04/01/25 01:31
>>240
ってかまず第一の書き込みからズレてるんだよな。
こっちの指摘、質問にはノータッチでさらに質問で返すし。
最後には解釈が違うって…それなら最初の段階で指摘すべき。
それから複数の解釈に取れる文は書かないこと。
お互い知らない仲なんだし、レスが交錯するからやりすぎなくらい丁寧に書くのは鉄則。

ま、もう終わりみたいだしさようなら。

242 :傍観者(政治経済学部卒):04/01/25 02:06
う〜ん、若いっていいねえ。

243 :吾輩は名無しである:04/01/25 10:20
>>242
   ∩___∩
   |ノ ⌒  ⌒ヽ くっやしい けれっど♪
  /  ●   ● |   おっまえは正論♪
  |    ( _●_)  ミ
 彡、   |∪|  、` ̄ ̄ヽ
/ __  ヽノ   Y ̄)  |
(___) ミ彡    Y_ノ
     \      |
      |  /\ \
      | /    )  )
      ∪    (  \
            \_)
       ∩___∩
       |ノ ⌒  ⌒ヽ 正論!♪
      /  ●   ● |         
      |    ( _●_)  ミ         ダージリーン♪>
    /彡、   |∪|  ミ      
   (  (/     ヽノ_  |  正論♪
    ヽ/ ミ彡 (___ノ   
     |      /              ミルクテーマイウー♪>
   / /\  |
   (  (    ヽ |
  /  )    ∪
  (_/


244 :吾輩は名無しである:04/01/25 10:47
>>217
経済学部の友達はテスト直前の勉強しかしてないので、全然経済の知識ないよ。
経済の話してたら俺のほうが経済に詳しくてビックリした。
>>227
別に叩いてる奴が自分自身を基準にしてるわけでもなかろう。
俺の好きな作家はドマイナーな人も多いが、
そういう人に比べて、ということだな俺の場合。
芥川賞の基準って、優秀だが無名な新人に与えるってもんだったはずだしね
綿谷なんか純文のなかではすでにメジャーだったじゃん。
もう一人の方は普通に下手糞で内容も新しさもないし。
もちろん俺に比べてじゃないよ。だったら他にいるだろう、という話。

245 :吾輩は名無しである:04/02/10 20:32
文学なんて所詮オ○ニーみたいなものなのに、何で文学部の教員・学生は
偉そうな顔をしたがるのだろうか?

>>218
その教授に半年間の企業研修を課すべし。

246 :吾輩は名無しである:04/02/11 03:50
オナニーほど崇高な行為はないぜ

誰か古川日出男の「アラビアの夜の種族」読んだ人います?あれ卒論の題材に
しようかと思っているのだけれど、どうでしょう。

247 :吾輩は名無しである:04/02/11 08:40
おめーら頑張って2ch出身の賞作家になって!
そしたら俺の秘蔵のエロビ(臼消し)あげるよ。10枚くらい

248 :吾輩は名無しである:04/02/11 17:04
オナニー=自己満足

本が読みたい奴は図書館に行けばいい。

249 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

250 :吾輩は名無しである:04/02/23 00:35
age

251 : 吾輩は名無しである :04/03/19 03:35
文系って女子も多いし、自由な時間も多いんでしょ?スゲーウラヤマスィ。
理系は野郎だらけだし、自由な時間もねー。てか眠い。

252 :吾輩は名無しである :04/03/19 03:55
age忘れ

253 :吾輩は名無しである:04/03/19 10:17
>251
ガンガレ。おまいらが明日の日本を作る。


254 :吾輩は名無しである:04/03/19 12:11
真面目に文学や哲学や映画や音楽や美術を学ぶぞ!
となると悲劇が訪れる。
恋愛ができない&理系のような実学ですらない
単なるオタクでした。
そして今に至る。

255 :吾輩は名無しである:04/03/19 14:28
大学が実学だけ教育、研究しているような国は衰退します。今の日本の文学部
がどういう状況なのか詳しい知識は持っていませんが、今の文学部のあり方が
まずいなら改善していくべきで、無くしたほうがいいとは思いません。

256 :吾輩は名無しである:04/03/19 22:45


おれは高校時代日文志望だった。小説を、特に大正、昭和初期の近代文学を読むことが純粋に好きだったからだ。
しかし俺は思った。文学部の、しかも日本文学科じゃあ就職ねー、と。
そこで俺は史学科に志望変更した。ここで「変わらねえだろ」などの突っ込みはよしていただきたい。
史学科では政治史も、経済史も、法制史もやる。資料を収集し、批判的に読解することは、きっと役に立つはずだ。
当時の俺はそう思ってた。
それから10年余り、今俺は市立歴史博物館の学芸員をしている。まあ、史学科ならではの仕事だ。
これから文学部を目指す諸君に言っておきたい。
文学部を甘く見るな! 文学部で甘く過ごすな!
一生懸命文学部で勉強したやつは、ふつうの経済学部、商学部、法学部学生よりも、ずっといい就職が出来ると。
そして、もしかしたら君たちが好きなことで、飯を食っていける可能性も(小さいが)あるということを!
文学部であることに誇りを持て! 大学とは、その歴史を考えればそもそも文学部なのだ!

257 :吾輩は名無しである:04/03/19 22:58
ちょっといいですか?
経済法学商学で頑張ったらもっといい職に付けるのでは?
いえ学芸員がナニだとは言わないですけどね。

258 :せばすちゃん・ないと ◆xMK/F0Rq8c :04/03/20 05:13
しょせん文学部は滅び行く楽園だよん。
いま在学してるひとは、がんばって文学部
ライフを満喫しとくべし。
欲を言えば、知識の収集におぼれず、立体的な思考力を
養うようにね。中途半端な資格なんかより全然役立つよ。



259 :吾輩は名無しである:04/04/02 03:58
>>223
学習院にあったような気がする。

260 :吾輩は名無しである:04/04/03 18:29
というより、文学部こそ文系諸学部の頂点だよ。
法学部、経済学部、教育学部等のような実学を扱うところと違い、
より抽象度の高い真理を志向するのが文学部だ。

なのに文学部はDQNばかり。何故だ、、、

261 :吾輩は名無しである:04/04/03 22:31
文学部に入っちゃったよー記念カキコ。

262 :吾輩は名無しである:04/04/03 23:18
DQNは君1人なんだよ>>260

263 :吾輩は名無しである:04/04/03 23:52
>>260
人気無いから入りやすいんだよ。
付属高校がある大学の文学部はやめとけ。
ほんの一握りは優秀だけど、カスがあがってくるぞ。

264 :吾輩は名無しである:04/04/05 14:56
参考までにうちの文学部で今年開講される授業を晒しておこう。

現代日本コミックスの研究
ロリコンの系譜学
etc、、、

265 :吾輩は名無しである:04/04/05 16:28
京大ですか…( ̄□ ̄;)!?

266 :吾輩は名無しである:04/04/06 22:20
経済学部から文学部に編入しますが何か? 経済学部こそ意味内よ。いちお国立だったけど。

267 :吾輩は名無しである:04/04/07 00:05
>>265
こんなに早くばれるとはおもわなんだ。
つか、ナカーマ?

268 :吾輩は名無しである:04/04/07 00:12
蛇の道は蛇。

269 :吾輩は名無しである:04/04/09 02:49
あげ

270 :吾輩は名無しである:04/04/09 03:12
>>265
俺もそれとろうと思ってる

271 :吾輩は名無しである:04/04/09 07:43
オレも

272 :吾輩は名無しである:04/04/09 08:05
>>218
文学部の教授の言葉なら信用ならない。
なぜなら、文学部の無意味さを棚に上げて、大学は役に立たない学問をするところだと居直っているとしか考えられないからだ。
大学は役に立たないことをする場所では断じてない。
最古の学問は、医学、法学、神学であり、神学を除けば、どちらも役に立つことを追求する学問だ。
アカデミックで高尚なものをよしとする悪しき風習は、アカデミズムそのものの死を招来する結果となるように思う。

273 :吾輩は名無しである:04/04/09 08:09
>>255
なぜ衰退するんですか?

274 :吾輩は名無しである:04/04/09 08:16
>>260
抽象度の高い真理を扱うから、文学部が頂点。
くだらない論拠だな。
  

275 :吾輩は名無しである:04/04/09 09:16
文学部に入れば数の法則で彼女が出切るらしいので文学部はいります。
就職とかどうでもいいです。

276 :吾輩は名無しである:04/04/09 09:44
>>275
量より質_| ̄|〇

277 :吾輩は名無しである:04/04/09 09:50
>>272
役に立つか立たないかという点で学問を評価するのはどうかと思う。
ある学問が役に立つかどうかというのは結果論的な側面が強いからな。
あと、最古の学問は哲学だろ?
全ての学問は哲学より生まれた。

278 :P:04/04/09 10:07
郡山さん、今井さん、高遠さんの命を救え!!!!!!!!!!!!!!!!

もう時間がありません。

あらゆる立場を超えて、スレ違いを乗り越え力を合わせ、
郡山さん、今井さん、高遠さんの命を救うため、
われわれに出来る限りのことをしましょう。

そこで提案ですが、2ちゃんねる全体を、
郡山さん、今井さん、高遠さんの救出スレ、
もしくは自衛隊のイラク撤退を呼びかけるスレで埋め尽しましょう。
そして自衛隊のイラク派遣を支持するあらゆる団体に抗議のメールを送りましょう。
われわれが声をあげればきっと彼らを救うことができるはずです。


279 :吾輩は名無しである:04/04/10 07:48
あげまふ

280 :吾輩は名無しである:04/04/19 06:35
>>277
>>218の教授が打ち出した基準。

281 :吾輩は名無しである:04/04/20 20:48
AO入試で文学部入りたいんだが、それで入った人いる?
自己推薦なんだけど、自分がいかに文学部向きかをレポートにしたりして
面接して、あとはちょっとした試験ですむっていう。
三島とか太宰とか安部あたりをちらちら出したりしたら
「あー工房にしてはなかなか読んでるじゃないの」って感じで
入れたりしないかな、甘いかな、そうか、甘いか

282 :吾輩は名無しである:04/04/20 20:50
>>1
文学部って、別に文学について学ぶところじゃないから。
文学の醍醐味とかわかんないだろ。

283 :吾輩は名無しである:04/04/21 04:09
>「あー工房にしてはなかなか読んでるじゃないの」って感じで
そんなのざらどころか普通も普通なので無理だと思う。

284 :吾輩は名無しである:04/04/21 08:38
まあ、文学部はなくなっても困らないからこの先一番危ういよね・・・・

285 :吾輩は名無しである:04/04/21 14:49
俺はちょい文学部でいい思い出あるよ
俺含んだ男4人と女2人が結構仲良くていつも飯とか食べる時とかバイトとかも一緒で
充実した大学生活を過ごしていました。
んで3年生のときに女の中の一人が「うちらで色々アイディアとか出し合って
何かミステリー小説書いてみない?」って言って頑張って5ヶ月間ぐらいかけて
凄いとんでん返しがあるミステリー小説書きました、んでそれを某コンクールに
出したんですよ、でも結局駄目だったと・・・で残念だったねぇみたいな話してたら
本当に諦めてたときに「特別賞受賞しましたよ」って大学に電話来たんですよ
本当感動物でした、ってか小説書こうって言った女ボロ泣きしてましたよ
一応本は当時に短期間出版されたんですが 個人名バレたら嫌なのであえて言いません。
内容は森で起こる事件みたいなやつです。

286 :吾輩は名無しである:04/04/23 02:18
>男4人と女2人
六人とは多いねえ。俺は三四人でお腹いっぱいだわ。

287 :吾輩は名無しである:04/04/26 02:29
文学部は大学の中でも特に勉強するやつとしないやつの差が激しいな。

288 :吾輩は名無しである:04/05/05 23:19
マァチの日文卒で就職できずにフリーター街道まっしぐら。もう5年目。
居酒屋やガソリンスタンドで中卒の上司にコキ使われてるって香具師
俺以外にもいる?

289 :吾輩は名無しである:04/05/05 23:53
おれなんて無職だよ。
文学部にもいってないよ。
大學入れただけでありがたいと思え。

290 :吾輩は名無しである:04/05/06 00:05
>>285
ブレアウイッチプロジェクトだね。

291 :うんこ:04/05/06 01:16
僕は理系で課題でよく大学で徹夜しました。3,4年は年間3分の1は大学に泊まってました。
だけど、哲学も文学も言語学も経済学も経営学も社会学も近代史も芸術学も読みます。
次は政治関係読もうと思ってる。
文学部なら文学の程度が高くあってほしいものです。
ほんと馬鹿ばっかり、文学部。
セフレが3人いたって本は読めるぞ。

292 :吾輩は名無しである:04/05/06 01:34
頭いい人は人のこと馬鹿にしないもんだと思ってたよ。
塀の陰から自慢話を聞こえよがしに話すのはあまり見栄えがよろしくない。

293 :吾輩は名無しである:04/05/06 01:56
文字の羅列が、文学であるための。条件とは何か?
教えていただきたい。

294 :吾輩は名無しである:04/05/06 02:04
ただ聞きドロボーはイクナイ!


295 :うんこ:04/05/06 02:17
頭いいひとは人のこと馬鹿にしませんが、
努力する人は努力しない人を馬鹿にします

296 :吾輩は名無しである:04/05/06 02:18
無視します、のまちがいだろー

297 :うんこ:04/05/06 02:33
無視して馬鹿にしておまけにからかいます
(うそうそ)

298 :吾輩は名無しである:04/05/07 01:09
関東圏で近代文学の評判良い教授がいる大学ってどこかありません?

299 :吾輩は名無しである:04/05/07 01:13
評判って、どういう方面の?
文学部関係者なら、どの面下げてこういう意味不明の質問を。

300 :吾輩は名無しである:04/05/07 01:16
そだね。
大学入試か院試かも不明だし、レスしようがない。

301 :吾輩は名無しである:04/05/07 19:21
>>295
馬鹿にしないだろ。軽蔑するだけで。


302 :吾輩は名無しである:04/05/07 21:46
>>299
>>300
スマソ。大学入試です。
近代文学の研究が充実して出来る、ってことで聞きたいです

303 :吾輩は名無しである:04/05/26 06:39
文学部にはいろうかと思っているのですが、就職って何があるんですか

304 :吾輩は名無しである:04/05/26 06:46
何もないよ。

305 :吾輩は名無しである:04/05/26 12:36
おれの友達は文学部出てコンピュータ系の職種に就いた。
本人の技能があればなんとかなる。

306 :吾輩は名無しである:04/06/20 03:56
>>272
神学「も」役に立つ(役に立ってた)んだよ。
大学の当初の目的は、聖職者養成、法学者養成、医者養成の三本柱だった。
ただし、哲学を含む「役に立たない」学問は自由七科としてきちんと教えられてはいた。

ただ、そういう実学志向が学者の反感をかって、アカデミズムが勃興した。
各地に「アカデミー」ができてったのはアンチ大学の運動だったわけ。
そのうち、大学内でも教養勢力(哲学部)が力を持つようになって、
じきに力関係が逆転して大学においても学問的なものが貴ばれるようになった。

カントあたりの時代がそうだったのかな。『学部間の争い』なんてのを著してるし。
文学部不要論者、実学主義者にとって心強いのは、
そういう学部間(あるいは学問間)の力関係が変わりつつあった時代においてさえ、
「哲学なんてなにやら難しいものは役に立たん」と言ってる人達が多かった、ということだ。

307 :吾輩は名無しである:04/06/20 10:51
リストラが・・・来る・・・

308 :吾輩は名無しである:04/06/21 00:33
うちの大学の場合、文学部には
仏独伊中国の各文学専攻、東洋西洋史専攻、心理学専攻、教育学専攻、社会学専攻、
人間科学専攻、図書館学専攻・・・・ほかにも色々と、ごちゃまぜ

309 :吾輩は名無しである:04/06/21 21:09
文学部が本を読む文学科だけだと思ってる奴は氏ね

310 :吾輩は名無しである:04/06/21 22:02
哲学科や史学科の多くの専攻も本を読まねば始まりませんが。

311 :吾輩は名無しである:04/06/21 22:31
っていうか文学部だと本を読んでるだけの奴は使い物にならんのですが。

312 :我輩は名無しである:04/06/22 03:12
今、某国立大学の文学部、日本文学3回生です。
女です。
個人的に文学部は本を読むところではなく研究するところだと思っています。
古典したくないのにくずし字の読みの練習したり、
学説の強要が行われていたり、
などなど純粋に文学をするのではなく
卒業のための文学も必要になってくると思います。

偏差値とかよりも、教授が何を専攻してるか見たほうがいいですよ。
これは本当。
近代の卒論したくても、新しい時代は明治どまりとか、本当に多い。
研究したいこと決めてから選ばないと大変なことになります。

私は今、夏目さんの研究中。
頭悪いので時間かかりますが、文学してるって感じで楽しいです。

参考がてらに。

313 :吾輩は名無しである:04/06/22 03:34
文学部→教育、マスコミ、公務員っていう王道は一部だけ。
しけたサラリーマンをやるんなら学部なんて関係ない。
くだらない仕事やるなら専門なんて必要とされないわけで、
適当にやっておけ。

俺? 俺は文学部中退のひきこもり。

314 :我輩は名無しである:04/06/22 13:12
…よぉし、叩くか。

文学部ってなんなんだよ?
数学が出来なくて集まってきた馬鹿ばっかじゃん。
まずさぁ、なんであんなに大量に本読まないといけない訳?
俺は理系の宿題でいっぱいな訳よ。
お前らみたいに暇じゃねーってぇの。
そんでなんで一般教養に文学があるんだよ…
それならもっと歴史とか哲学、または宗教の枠増やせよ。
俺は小さい頃から本が大好きで本読むのも速いけどさ、
フィクションは読む気しないんだよね。
結局作り話じゃん。矛盾だらけ。糞面白くねぇ。
小説は全部映画にしちまえよ。
何? 「小説はよかったのに、映画になってつまらなくなった?」
それはその作品がもともとつまらんのだろ。
悔しいならお前らが映画作れ、ヴォケッ!!
まぁ、どうせ社会に出ても何の役にも立たないから
ホームレスか首吊るかの二者択一だしな、同情するよ。w
ただ、これ以上大学で幅利かせるなよ、屑ども。

315 :吾輩は名無しである:04/06/22 13:15
痛々しいな。

316 :吾輩は名無しである:04/06/22 15:31
理系のレポートは文系と比べて優れてる、って意見をどっかで見たけど
理系文系で分けてるところからして既に信用ならないと思ったなあ。

>>312
古典も漢文もある程度やってないと、視野狭くなるのでやっといた方が良い。
これは全部の学問に通じるから、本当は電気とかにも手を出すと良いんだけど。

317 :314:04/07/09 03:05
スマソ、言い過ぎた。吊ってくる。

318 :吾輩は名無しである:04/07/19 22:01
>>316
主観と客観の違いじゃないのかなぁ。
理系って事実を重視するじゃん。
だから、文章の表現も客観的且つ的確で判り易いものになるんじゃないかな。


319 :吾輩は名無しである:04/07/19 22:07
それがもう勘違い。文系だって客観的かつ的確で無いと話にならないよ。
やる気の無い教授ならともかく、主観に頼った意見であれば「具体性が無い」とばっさり。
中学や高校の読書感想文レベルなら、事実関係無しで構わないけどね。

経済学部と文学部では、中身もまったく違うだろうし。
理系文系なんて大まかに分けるのは形式以外では不可能。

320 :吾輩は名無しである:04/07/19 22:31
すんません。読書感想文レベルで考えてますた。

321 :吾輩は名無しである:04/07/27 03:42
早稲田の文学部は、クズはどうしようもないクズだが、頭いい奴は本当にずば抜けてる。
女の子は意外にも慶應文と同様、良家のお嬢様が多い。

就職は慶應文に負ける。慶應文の知合いが伊藤忠に行ったが、早稲田文から伊藤忠は難しい。

322 :吾輩は名無しである:04/07/27 04:55
文学部でまともな就職しようというのが間違い

323 :吾輩は名無しである:04/07/27 23:46
うーん、文学部って専攻がいろいろあるからね
オレは学部では地理学やってて今は院で地球科学やってるんだけど
地理学の友達はほとんど就職決まってたからね
日文とかでもきっと就職できると思うんだけど・・・・
ただ金融関係はちょっときついかもしれないね

324 :もう我慢できねーーー!:04/07/28 01:23

平野啓一郎名文章

「いやよ!ねぇ!いやぁ!お願いだからもう一度何か言って!ねぇ!いやぁ!」(葬送)

「畜生!いらいらする!まったくいらいらする!」(最後の変身)

「魔女のせいだ何だと言って村人たちを唆しているのかときいておるのじゃ…。」(日蝕)

「これも神の思し召しです。いわば神罰です。アァメン。」(日蝕)

「ルサンチマンが服を着たようなやつもいるからね」(高瀬川)なにこの比喩w



325 :吾輩は名無しである:04/07/28 04:35
>>324
なんかドラクエの会話みたいだ!
日蝕は世界観が似てるから仕方ないだろうけどさ。

326 :吾輩は名無しである:04/07/30 05:08
文学部で何やってっかってゆうとだなー、まぁ後輩にジュース買いに行かせたり
あと雑談とか。あと精神力やしなうために後輩に力のかぎり朗読させたりとかね。
もちろん名作限定。どすとえふすきーとか。

327 :吾輩は名無しである:04/07/30 12:41
USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!
USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!
USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!
USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!
USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!
USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!
USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!
USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!
USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!
USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!
USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!
USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!
USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!
USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!
USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!
USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!USA!

328 :吾輩は名無しである:04/07/30 14:31
「英語のたくらみ、フランス語のたわむれ」斎藤兆冶・野崎歓著
を読むといいよ。やさしく書かれてるけど、いろいろ勉強になりました。

329 :吾輩は名無しである:04/07/30 17:57
日本一頭のいい文学者 若島正(京都大学文学研究科教授)
         
         元数学者
         アマ将棋元日本一
         チェスプロブレムインターナショナルマスター(日本人唯一人)
         詰め将棋作家 看寿賞史上最多7回受賞(長編1回中篇5回短編1回)

  乱視読者の帰還(みすず書房)・・・本格ミステリー大賞
  乱視読者の英米短編講義(研究社)・・・読売文学賞

330 :ポチン(゚ё゚):04/08/21 18:07
文学部があって就職率の高い大学を教えてください。


331 :吾輩は名無しである:04/08/21 20:08
>>327
うさ?

332 :(゚д゚):04/08/21 20:40
>>331

USAテ、アメリヵじゃネーの??

333 :吾輩は名無しである:04/08/22 22:47
>>330
とうきょうだいがく、かなぁ、、、

334 :ポチン(゚ё゚):04/08/24 12:06
東京大学(゚ё゚)

335 :吾輩は名無しである:04/09/09 05:10
うちの場合は文学部が学科で幾つかに分岐していて、私は社会学科だ。

だから主に読むのは社会科学の文献かね、そのうちでも自分は「人文社会科学と
これからの教育機関の在り方」 についてベンキョしてるっちゃ。

文学部・社会学科でよかったのは専門阿呆にならなくて良かったことだ。
経済学部〜経済学科(文型学部では不幸な学部か?)とか、理学部〜学科の香具師らの奴らって結構、専門馬鹿か(〜定理によると〜は有り得ないからw・・とかね)
単純な相対思想に傾倒する向きがあって、いけすかねえ。(今西錦司、嫁といいたい)

なんかなね、病人的なところがあるのはお互い様だと思うよ。
現社会の実益があるか否かの問題ねえ。  
人文社会がこんな不当に扱われているのは日本だけだと聞くけれど
、気にしだすとホントそう。


ぶっちゃけ、理論的なことなら人文自然科学関係なく学べるよね。


336 :吾輩は名無しである:04/09/09 05:18
>>330
東京大学。間違いナイッ!

あ、でもなんで就職なんて気にすんだ? 好きなこと好きなように
やりゃいいじゃん(笑)
人生なんて、何選んで何捨てるかだぜ。選んだものに萌えつきろ!
捨てたものをうじうじ惜しむな!!
だいたい、決断できねー香具師って、損するのがこわいんだよ。

337 :吾輩は名無しである:04/09/09 05:49
>>335
なんかものすごい偏見あるね。
いまどき、今西錦司なんかを持ち出されてもな。

>香具師らの奴ら
「頭痛が痛い」並ですね。

338 :吾輩は名無しである:04/09/15 09:29:27
なんかこのスレ読むと文系ってろくでもない学科に見えて
きたけど、文系と環境学科ってどっちの方がいいの?
主に就職とかで

339 :吾輩は名無しである:04/09/15 09:39:45
今、ひきこもってる中学生なんですが、
大学の文学部に行かれなくても
小説家になれますか?
たくさん本読んでるだけじゃムリですか?
不安になってきています。

340 :吾輩は名無しである:04/09/15 09:41:31
ぼくの好きな小説家はみんな
大学の文学部を卒業していますし
ひきこもりなんていないですし

でも学校なんてもうムリですし
小説家になるしか道がないんです。

341 :吾輩は名無しである:04/09/15 10:36:17
小説家、とは小説を書くことで生計を立てている人のことを言ってるんですよね?

大学の文学部を卒業していなくても、小説を書くことは可能ですし、
売れてる作家も多いと思います。

しかし、たとえ文学部であろうがなかろうが、きみが現実の中に身を置かずに
小説を書いたとすれば、その小説がリアリティのあるものになるとは思えません。
そのような小説は世の中の人に共感を持ってもらえるのでしょうか。現実問題と
して、その小説を世に出すことは難しいと私は思います。

体験したことをそのまま書けば小説になるわけでもありませんが、
経験がなければ面白い小説が書けないことも事実だと思うので、
難しくてもまず自分の身を世に晒すべきと存じます。

いっそ一度海外に出て、紀行文などを書いてみては?

342 :吾輩は名無しである:04/09/15 10:37:59
>>339
丸山健二『まだ見ぬ書き手へ』朝日文芸文庫 よめ

何をやるんでも厳しいぞ。自分の行動からしか自信は生まれんが、
おまえの代わりに努力することはだれにもできない。

343 :吾輩は名無しである:04/09/15 11:19:02
>>341
うまれつきの問題があって(言えない)
社会と適応したくても、自動的に社会に拒絶されてしまう。

だから集団とか組織とかにはいさせてもらえないので
逃げてるわけではないけれど、どこにも居場所がない。

でも1年間くらい誰とも喋らないでいると
なんだか変な気分になってくる
ああやっぱり誰かと関わりたいなぁと思う。

いろいろ考えて、ぼくの場合は小説を書くことでしか
社会とうまく関われないのではないかと思った。
たくさん本読んでるうちに、読むより書きたいなって思った。
他の職業ではだめなようです。たくさん考えてだした
いまのところの結論です。

毎日、一つずつ物語を書いてる。毎日12時間くらい寝てるので
夢を沢山記憶してる。朝起きたら忘れないうちに
その夢をもとにした恋愛物語を書いてます。主人公は大学生のじぶん。

それらをパズルみたいに組みあわせたりつけ加えたりして
恋愛小説にできたらいいなと考えてる。

誰かのためとか何かのためとかいうのがまだはっきりしていないので
まだまとめることができないでバラんバラんです。

大学で文学を語り合いながら恋愛とか馬鹿みたいな遊びとか
するのが夢です。いつも寝るまえに想像してます。
文学部の学生の生情報がもっと読みたいです。

344 :吾輩は名無しである:04/09/15 11:22:25
>>342
>丸山健二『まだ見ぬ書き手へ』朝日文芸文庫
検索してみます。時間だけは沢山あるのでいくらでも読めます。
自分だけが悩んでるとか思ってたり、かまってちゃんとか
甘えてるわけではなくて、真剣にどうしようどうしようって
生き残っていくために毎日考えてます。
まだ外へ出ることはできないけど、お兄ちゃんがボーナスで
インターネットを買ってくれたので毎日検索窓にいろんな文字を
入力してヒント探しをしてるところです。

345 :吾輩は名無しである:04/09/15 11:52:13
>>343
方向性を欠いたそれらのメモは、
めったに小説作品には結実しないから注意しろよ


346 :吾輩は名無しである:04/09/15 11:58:02
こいつは中学生を装ったフリーターじゃないか

347 :吾輩は名無しである:04/09/15 12:46:00
"Read a lot, write a lot."

とスティーヴン・キングが「On Writing」という本の中で書いていた。
4,5年前に出た本。一応自叙伝になっているが、小説家を志す者にとって
有益なアドバイスで溢れている。英文のスタイルとかは関係ないかもしれないが、
中学生君にとっても辞書を引きまくって読む価値はあると思う。

自分も3年以上前にこの本を読んだのであまりよく覚えていないが、筆者は少年時代いわゆる
問題児で、校長先生(だったかな?)に学校の新聞のスポーツ記事を書くことを勧められて、文章を
上達させていったらしい。他にも、初めて出版社に投稿したとき、「原稿はホチキスで
止めずにクリップでとめろ」と指導されたエピソードなどが含まれていたと思う。

あと、家族でも友達でもいいから、原稿を読んでくれる人を見つけることも、「よく読み、よく書け」
と同様に大切。伝えたい相手をイメージして、その人に読み聞かせるように書かないと。

私は純粋に英文ライティングに興味があったからこの本読んだだけなんだけど。

348 :吾輩は名無しである:04/09/15 19:18:10
大学は入学はしなくても、門をくぐってベンチに腰掛けて人間を観察したり、
建物の中を見学したりするのは比較的自由だよ。

大学生のふりをすることはない。
学食とかで食事をしたり生協で買い物をしたりしてみたければ、近くを通り
がかった学生に尋ねてみてごらん。別に嫌がらずに教えてくれると思うぞ。
親切そうな学生を選ぶのがコツだ。

349 :吾輩は名無しである:04/09/15 21:19:34
漏れが「おおっ、これは!!」と思える文筆家のほとんどは法学部卒…。


350 :吾輩は名無しである:04/09/15 23:47:23
っつーか書きたければ書けよ。書かずにうだうだ言うより書いてからあーだこーだと悩め。で、賞に応募しろ。
ひきこもりに小説家は一応いるけど碌なもんじゃねえな。滝本っつーの。

それと一つ誤解してるようだから言っておく。大学の文学部で文学を語り合うのは諦めた方が良い。

351 :吾輩は名無しである:04/09/16 01:22:16
>>1 本読んで、勝手な解釈をいいまくって勉学した気になっています。
どれも勝手な深読みなんだけど、偉いひとのいったことを知らないと怒られます。

352 :342:04/09/16 04:28:03
>>344
甘えてるとか、言ってないぞ。ただ、何をやるんでも楽じゃねえぞ、と(笑
頑張れ、なんて言わんよ。ただ、きょう出来ることをおまいのペースでやっとけ。
おれも、なんとかいきてられるのは十代のお陰。子供の頃のおれが、おじさんに
なったおれを支えてくれてんだよ。おまいの歳には考えもしなかったがなぁ。
>>348さんもいってるが、大学みてみたら? これから大学祭シーズンだし。
おれは都心で育ったんで、おまいの歳には画廊をずいぶん回ったな。銀座、神田、京橋。
現代美術の若い作家の作品観てまわるの。話しかけてくれたら話をした。
あと、たくさん本読んだっつーけど、何よんだ? おれはおまいの歳に『異邦人』
に出会ったな。『坊っちゃん』もけっこう奥が深いぜ。あと、名画といわれる映画も
たくさん観とけば大学で無敵だ。日本史、世界史両方勉強しとかないと文系の勉強
辛いよ。あと数学と古典力学、旧仮名遣いぐらいかな、あとで役に立つ勉強って。
長くなったが、城山三郎『総会屋錦城』、石川達三『青春の蹉跌』あたり、まだなら
読んどけばこんご10年の方針たつかもね。

353 :吾輩は名無しである:04/09/17 05:05:30
『難しいことを云々いう人も多いですけどね。
結局感性があるかないか、そこだけなんですよ。
文学なんていうのは、そもそもが学問として成り立たないかもしれない分野
ですからね。
教師も、大人になりきれてない大人ばかりで、変人が多いですね。
まあそれでも、やっぱり文学に惹かれるっていうなら
文学部でどっぷり活字につかってみるっていうこともいいかもしれません。』

某国立大学の某先生のお言葉でした。

354 :吾輩は名無しである:04/09/17 05:32:36
>>342
最近読んだよ。俺は小説家志望でもない日文の学生に過ぎないが、
これは現代文学に何かしら関わる立場にあるやつ、全員読んでも良いと思う。

この本の言う通りに動く必要は、それこそまったくない。
意思を感じられればいい。というより、意思だけを感じるべきだ。

355 :吾輩は名無しである:04/09/22 10:44:30
>>354
おっしゃることはわかりました、ってか?

こ の ヘ タ レ が っ

356 :吾輩は名無しである:04/09/23 15:03:02
誤読されてんな。文字間空けて楽しいか?
文壇を内側から抉った作品としてよくできてると思う。
現状を徹頭徹尾否定してんだから、反発するにしろ肯定するにしろ、
自分の文学(文壇)観を確かめることになる。

357 :吾輩は名無しである:04/09/24 02:17:07
正直、そこまでほめるのは買いかぶりすぎ


358 :吾輩は名無しである:04/11/28 23:15:23
hoshu

359 :吾輩は名無しである:04/11/29 20:15:48
みんな言いたい事がいっぱいあるんだね。饒舌でビクーリだよね。

360 :吾輩は名無しである:04/12/04 04:35:47
東北大学大学院文学研究科・文学部
http://www.sal.tohoku.ac.jp/index-j.html
21世紀COEプログラム 社会階層と不平等研究教育拠点
http://www.sal.tohoku.ac.jp/coe/index.html

国際文化研究科http://www.lbc.coe.tohoku.ac.jp/index.html
21世紀COEプログラム 言語・認知総合科学戦略研究教育拠点
http://www.lbc.coe.tohoku.ac.jp/guide.html

「魯迅先生東北大学留学100周年記念事業」
http://www.istu.jp/movienews/movienews_no4.html

 2004年。中国の著名な文豪、魯迅が東北大学の前身である仙台医学専門学校に留学してから100周年をむかえる年になります。
 本学では、このことを記念するとともに、日本と中国との教育学術交流のより一層の振興を目的として今回の記念事業を10月22日、23日に開催いたしました。
 魯迅に関する特別展示を実施するとともに、東北大学との学術交流協定締結関係者を招き、仙台の財界人とのパネルディスカッションや今後の学術交流について協議する学術セミナー等を開催いたしました。

361 :吾輩は名無しである:04/12/06 12:15:49
文学部というか
文芸学科みたいな
そんな所へ行きたい
これは文学部の管轄?それとも芸大の?

362 :吾輩は名無しである:04/12/07 16:07:05
本当に「文学部唯野教授」みたいなことになってんのか?
だったら失望するよ。

363 :吾輩は名無しである:04/12/07 16:26:13
あんなことになっていない組織はどこにもない。
だから文学部だけが駄目なのではない。

364 :吾輩は名無しである:04/12/07 16:32:38
>>363
サイアクダァ〜〜〜。
実際に教授はあんなあほみたいに講義して、
それをきく聴講生はノルンですか?

365 :吾輩は名無しである:04/12/07 17:17:01
良く読めよ。
どの学部でも事情は変わらない。
それだけじゃない。会社なんかあれよりひどいところはいくらでもある。
あの小説は、
単なる「一般社会の縮図・大学文学部編」。

が、もちろんそうじゃないところもある。


366 :吾輩は名無しである:04/12/07 17:32:46
>>365
ちゃんと研究やってる人は居るんですよね?
研究って一体何をやってるか知りませんが・・・・・・。

367 :吾輩は名無しである:04/12/07 18:08:25
頭の回転の速い人たちは凄いよ。
既存の資料さえあれば、レポートなんて馬鹿でも書けるけどね。

玉石混合はどこでも変わらない。
好奇心の働く向きが多い人ほど面白いのもそう。

368 :吾輩は名無しである:04/12/08 03:04:36
東北大大学院文学研究科に入学した脚本家の内館牧子さんのエッセー「内館牧子の仙台だより」は、
毎月最終水曜日、読売新聞宮城県版に掲載しています。
 内館さんは女性初の横綱審議委員で、東北大大学院では「横綱神学」をテーマに修士号取得を目指しています。
杜の都での「発見」や学生生活をつづります。
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/miyagi/kikaku/053/main.htm


369 :壁の緒 ◆4RM1fB0.lc :04/12/09 00:19:50
ウチダテは相撲ファンの間で嫌われている。

370 :教えてください:05/01/02 13:57:38
作家志望、そして今まさに受験生の18才です。
東大と京大以外の文学部ならどこにでも受かると思う。
とりあえず地理的経済的に便利な名古屋大学の文学部に進学するつもりだが、
大学に頼る気は毛頭無い。自分の力で道を切り開くつもり。

作家を養成する大学なんてありはしないと決めつけてそうすることにしたけど、
果たしてそれで本当にいいのやら・・・、と直前になって悩む日々。
かえって他の学部に進学した方が良い経験を積めるのでは?とすら感じ始めました。

この大学のこの学部に入ればとりあえずいい経験になる、というところ、ありませんかね?(私立はなるべくナシで)

371 :吾輩は名無しである:05/01/02 14:08:48
名古屋やめて上京すれば?

372 :370:05/01/02 14:23:02
>>371
東京の方が学べることが多いんですかね、やっぱり。
今名古屋に住んでるわけではないので、
名古屋という未知の都市に子供らしい憧れを抱いているのですが。

373 :吾輩は名無しである:05/01/02 14:35:23
就職にこだわってないなら上位私大でもいいじゃん
田舎だとマジで読書家が少ない。
名古屋はバンドなら良いけど、文学はどうかな?
というか東京以外有り得ない。

京大入れるなら京都の方が良いけどな

374 :吾輩は名無しである:05/01/02 14:52:25
学者志望なら絶対に国立だけどな
370はそうには見えない
なら東京だろ
メディアにコネ作る可能性が「ある」のと「ない」だと
まさに1か0かぐらいの違いがある。

375 :吾輩は名無しである:05/01/03 14:51:00
文学部ほど文学となんの関係もないところもめずらしい
文学部の教授が文学で何か仕事を残せるはずもなし
まして文学部の学生に文学がわかるやつもない
さっさと消えてしまえ文学部

376 :壁の緒 ◆4RM1fB0.lc :05/01/17 19:24:08
■■■■■
■     ■
■     ■
■     ■
■     ■
■■■■■ 

377 :吾輩は名無しである:05/01/18 07:54:29
文学部よりパチンコ部の方が役立ちそう。

378 :吾輩は名無しである:05/01/18 08:13:59
んなことはない。

379 :http:// YahooBB220048120033.bbtec.net.2ch.net/:05/01/18 08:24:20
guest guest

380 :http:// YahooBB220048120033.bbtec.net.2ch.net/:05/01/18 08:28:40
guest guest

381 :吾輩は名無しである:05/01/18 08:43:13
何も教えちゃくれませんよ、文学部は。まあ他の学部でも
そうだけど大学なんて自らが学ぶ場所であって知識を教えて
もらう場所じゃないんだよね。

382 :吾輩は名無しである:05/01/18 09:16:57
読書感想文を書きます。

383 :吾輩は名無しである:05/01/18 10:57:43
age

384 :pdd3489.ngyaac00.ap.so-net.ne.jp:05/01/18 10:58:43
age

385 :吾輩は名無しである:05/01/19 10:01:18
助けてください!!レポートが終らないんです!!!
締め切りは20日なんですがどうしても文学のレポートが間に合いません
簿記論の試験が明日あるのでその勉強もせにゃならんので助けてください


386 :吾輩は名無しである:05/01/19 18:51:26
とりあえず、何も考えるな。そして寝ろ。

387 :吾輩は名無しである:05/01/28 13:22:57
age

388 :吾輩は名無しである:05/01/30 23:04:02
私の4年間はなんだったんだろうなぁ、と思う今日この頃。
英文学科ってただ英語読んでるだけだったよ。

389 :吾輩は名無しである:05/01/30 23:10:56
それはよっぽどつまらないスタッフだらけの大学だったんだね
面白い授業が一つぐらいあるものだが

390 :吾輩は名無しである:05/03/05 18:40:40
うちの教授は、文献のあたり方とか読む込むとき気をつけること、
を簡単なレポートとかで実践して最終的に研究者候補(の候補?)を作るのが
目的、みたいな話をして種。

391 :吾輩は名無しである:05/03/06 00:27:07

ご利用下さい。

学歴板 【草のみどり】中央大学総合すれ【タマでお昼寝】

http://tmp4.2ch.net/test/read.cgi/joke/1107019095/l50



392 :吾輩は名無しである:2005/04/14(木) 20:21:44
大学の文学部とは一言で言ったら掃き溜めですな。

393 :吾輩は名無しである:2005/04/15(金) 19:50:22
中古文学研究という授業があるんですけど受験時にやった
古文みたいな感じですか?
自分は文学部ではないので難しく感じますかね?
履修するか迷ってます    

394 :吾輩は名無しである:2005/04/16(土) 00:47:59
370 :教えてください :05/01/02 13:57:38
作家志望、そして今まさに受験生の18才です。
東大と京大以外の文学部ならどこにでも受かると思う。
とりあえず地理的経済的に便利な名古屋大学の文学部に進学するつもりだが、
大学に頼る気は毛頭無い。自分の力で道を切り開くつもり。

作家を養成する大学なんてありはしないと決めつけてそうすることにしたけど、
果たしてそれで本当にいいのやら・・・、と直前になって悩む日々。
かえって他の学部に進学した方が良い経験を積めるのでは?とすら感じ始めました。

この大学のこの学部に入ればとりあえずいい経験になる、というところ、ありませんかね?(私立はなるべくナシで)




このような不遜な若者に、感動的な小説が書けると思うもの、手をあげよ!

395 :吾輩は名無しである:2005/04/16(土) 00:49:04
リアル厨房は、万博でもいってろ

396 :我輩は名無しである:2005/05/03(火) 13:17:11
nurui

397 :吾輩は名無しである:2005/05/09(月) 21:23:31
高三生の女です。
読書はすきで、国語の成績はトップです(田舎のしょぼい高校なんで)。
長年、法学部志望だったんですが、文学部に変えようかなあと思ってるんです。
受験科目とか偏差値とかで、法学部を諦めるってわけではなく、
純粋に文学の奥深さにほんわかと魅せられた感じなんです。
ただ、『文学なんて本来、習うものではない』とか『就職を考えるなら法学部』
と、家族にも言われ、悩んでいます。

どうすればいいのか分からなくて困っています。
スレ違いかもしれませんが、何かアドバイスや文学部のメリット、デメリット、
実体験を教えてくださると助かります。。
同じような経験のある方など、宜しくお願いします!!!



398 :吾輩は名無しである:2005/05/09(月) 21:34:08
>『文学なんて本来、習うものではない』『就職を考えるなら法学部』
正論だと思う。

法学部へ行たって教養科目とかで文学関係の講義取れるんじゃないの?
仮に取れなくても、単位にならないことを覚悟の上で好きな講義に潜れば
いいし、それが後ろめたければ教授に聴講許可を貰えばいいんだし。

399 :吾輩は名無しである:2005/05/09(月) 21:47:09
>>397
文学部でも英文学科にしたらどう?
親説得しやすいんじゃない?





400 :吾輩は名無しである:2005/05/09(月) 22:25:58
>>397
僕は文学部ですが、現在は銀行で普通に財務・法務を仕事にしてます。
就職を考えるなら法学部とかいうけど、あんま関係ないのでは?

経済学部も法学部も文学部もみんな等しく阿呆です。(その代わり、
社会人になってからみんなこそこそ勉強します)
大学時代くらい好きなことやりなさい。文学部のデメリットは、暗
い男の子が多いこと。就職活動のときに会社によっては、文学部に
リクルート活動をしない会社がある(東京三菱とか、今はしらんが)。

メリットは有名な哲学者や文学者の授業が聞ける(別にもぐれば聞
けるって話もあるし、大学にもよるけど・・・)。要は好きなこと
ができる。それだけ。

401 :吾輩は名無しである:2005/05/09(月) 22:34:47
>>394
早稲田大学はずばり小説を教えてくれる専攻がある。
名古屋大学は・・・知らんが、愛知県は文学不毛の地だと聞いた。

ていうか昔みたいに作家はみんな東京帝國大学なんて時代ではないんだし
さ、ごりごり本読んでとりあえず書いてみれば?
綿矢りさのしくみって本で、早稲田の学生が綿矢りさの悪口をたくさん
言って「自分だって書けば、あいつよりいいの書けると思う」みたいなの
がすげえ痛かった・・・。
だったら書けよって。どこに入ろうかとか言ってる前に、小説書いて応募
してみなさい。群像だったら原稿用紙50枚くらいでもOKらしいから、
応募してみたら。

402 :吾輩は名無しである:2005/05/10(火) 12:57:10
>大学に頼る気は毛頭無い。自分の力で道を切り開くつもり

だったら、逝けるうちで一番良い大学に行って公務員になれ。時間がたっぷりある。

403 :吾輩は名無しである:2005/05/10(火) 23:57:59
文学部って言っても大学で随分違うしね。どこを受験するつもりなんだ?

404 :吾輩は名無しである:2005/05/15(日) 17:36:22
じゃあ、サークルでそういう文学的なものが盛んな大学はどこですか?
早稲田は「早稲田文学」があるし、慶應にもなんかあるって聞きました。
大学で小説を習うつもりはないけど、サークルとかで色々な人と知り合いたいと思ってます。

私立国立関係無しに、そういう大学知りません?

405 :吾輩は名無しである:2005/05/15(日) 17:54:03
美大じゃね?


406 :吾輩は名無しである:2005/05/15(日) 19:48:27
2007より新設される、早稲田大学文化構想学部についてコメントお願いします。

407 :吾輩は名無しである:2005/05/15(日) 20:11:08
文学部=究極の道楽

俺の4年間の印象でした。

408 :文学部卒広告代理店営業:2005/05/15(日) 20:26:48
文学部、哲学やってる学生は、まじで扱いにくい。
勘弁してほしい。
体育会系の馬鹿とか欲が肥大化してる経済学部や法学部の
学生は扱いやすい。操作しやすいからね。

文学部の学生でも本格的に書いてて賞とか狙ってるのか
目がギラギラしてるやつなんかは、扱いやすいね。

ただ多読して、一人の世界に堕ちくぼんでるような
文学部卒生は、はっきりいって、怖い。

気持ちはわからんでもないが、自分を貫きたかったら
就職なんかするなと言いたくなる。
半端な欲で就職なんかするから悪いんだよ。
生活者をなめるな!って怒鳴りたくなる時がある。

その悟ったような顔に説得力もたせたかったら
社会と断絶して、一人で自給自足で生きろと言いたいね。

409 :吾輩は名無しである:2005/05/15(日) 21:00:53
>>408
>生活者をなめるな!って怒鳴りたくなる時がある。
馬鹿がよくいうセリフだ。
詩ね

410 :吾輩は名無しである:2005/05/15(日) 21:02:32
>>408
貴様はこのスレのサンプルだ。
営業ソルジャーは勝手に疲弊していろ

【会社員】「社会を知ってる」っ奴って誰?【大人】
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/sociology/1094153475/l50

411 :吾輩は名無しである:2005/05/15(日) 23:59:13
>気持ちはわからんでもないが、自分を貫きたかったら
>就職なんかするなと言いたくなる。
そこでのずれがますます拍車をかけていくんだろ。
トートロジーで遊ぶつもりは無いけど、貫くために就職して、でも折り合いつけられずに辞めてく人なんてごまんといるよ。

>その悟ったような顔に説得力もたせたかったら
これもよく言われるよなあ。仕事も出来ない人に物を言う資格は無いとでも思ってるのかなあ。
何で彼らが否応無く、向きもしない仕事に就いて、おまえみたいな奴と付き合ってるか考えないのかなあ。

412 :吾輩は名無しである:2005/05/16(月) 00:30:19
>>411
かつての自分を叩いているんだと思うよw

413 :吾輩は名無しである:2005/05/16(月) 02:09:20
>>409
馬鹿になる勇気がないなら、死ぬしかないぞ?
餓死するか?盗人になるか?


414 :吾輩は名無しである:2005/05/16(月) 04:19:17
>>413
そういうのは勇気っていわねーよな

415 :吾輩は名無しである:2005/05/16(月) 18:27:38
社会に対して怠惰的。酒とタバコとセックスやって頭がよくて弁が立ち、
人間としてクズだと自分で決め付けてる姿がカッコイイぞと騙せるのは、
所詮、世間を知らない十代くらいなもん。




416 :吾輩は名無しである:2005/05/16(月) 21:09:41
>>415
おー。俺もそう思う。

417 :吾輩は名無しである:2005/05/17(火) 03:23:31
違うだろ? おまえらは論理的で筋道だってて実利的でシャープで無駄の無いものが嫌いなだけだろ?
その論理性によってお前等のあらゆる問題を看過されてしまうことに耐えられないんだろ?
おまえらは彼らが鬱屈を覚える機構的な無駄(体育会系なんてわかりやすいな例だな)に「そういうものだ」と折り合いをつけてるだけだろ?

そして彼らは問題そのものを見つけるだけであって、それを何ら否定しないでも(やりたい奴はやればいいというスタンスであっても)
そうした人間が非社会的だと、集団のみに帰する価値観でもって排除し、自分達がさも「社会的で」あるかのように振舞っているだけだろ?

さらにまた、彼らが気づいた問題を取り上げる「だけ」であることと、彼らが事実何をしているかについて切り離せないだけだろ?
「仕事ができないくせに文句ばかり言うあいつより、間抜けでも仕事をこなす俺のほうが偉い」とちっぽけな優越感で自分を満たしてるんだろ?

社会の厳しさなんてもんは大学生にでもなりゃ知っている。
想像以上であろうことも、また避けようとするなら、自分の弱さにも鋭い人間は気づいている。

それでおまえらは何を望むんだ? 

418 :吾輩は名無しである:2005/05/17(火) 05:20:00
ぼくはなんにも欲しない
ぼくはなんにも欲しない

419 :吾輩は名無しである:2005/05/17(火) 07:43:38
>>417
>かをりは僕の乳首を
まで読んだ

420 :無名草子さん:2005/05/17(火) 22:33:49
唐突ですが、
国公立大の中でいい文学部がある所ってどこでしょうか?
高2なんで進路について考え始めたんですが、よく分からんとです。
とりあえず、偏差値とか関係なしにいい大学があれば教えてください。

421 :吾輩は名無しである:2005/05/17(火) 22:44:41
>>417
無視しようと思ったけど、一言。
お疲れ様。

422 :吾輩は名無しである:2005/05/18(水) 00:10:54
>>420
文学部がある国立大自体そんなに多くないので、まずは進路指導室やネットで調べるべし。
相当絞られるよ。またそこから個別に調べていったら良いと思う。まだ2年だし。
あと、「いい文学部」っていうのは漠然とし過ぎてるので、何ともいえない。
他のスレで質問するにしても、どういうジャンルの勉強がしたいか、おおまかで良いから(例えば英文学、とか)決めてから質問した方が良い。
それと、研究者になりたいかどうかも重要。

423 :吾輩は名無しである:2005/05/18(水) 00:18:31
便乗でしつもーん。
自分も高二です。
自分の場合は、文学部への進学にはこだわってないんですけど、
文芸サークル的な事をやりたいと思ってます。
スレ違いかもしれないですが、そういうのが盛んな国立知りませんか?
ちなみに私立は早稲田志望です。サークル&生徒の数と、
広く浅く学べそうな雰囲気がいいと思ってます。
モチベーション上げるために国立を第一志望にしたいのです。

424 :吾輩は名無しである:2005/05/18(水) 01:49:34
>>423
国立はそういうのメチャクチャ弱い。
例えば東大のサークルってお笑い草だ。


425 :吾輩は名無しである:2005/05/18(水) 02:38:49
>>417
わかってるだけじゃだめなんじゃないのかな?



426 :吾輩は名無しである:2005/05/18(水) 02:41:01
ソクラテスは一言で言って「嫌な奴」であった。

だからこそ訴えられて死刑になった。
しかし「嫌な奴」とはどういう意味であろうか。

自分が最も触れられたくない事をズケズケと指摘したのである。

世間ではイッパシの大立者と見なされていた政治家や
技術者などに向かって、「あなたは肝心な事を何一つ知らない」
と言ったのである。

ここで言う「肝心な事」とは、何が善で、何が正で、何が美かといった事柄
である。そうした事を知らなければ、他にどれだけ様々な事どもを知って
いても、人間にとって真実の「意味」は無いと彼は考えていた。

政治家が国を善くしますと演説で言った所で、「何が善いか」を知らな
ければ、そもそもこの公約は虚しいものとなる。それどころか本人は善い事
をしているつもりでも、国にとってひどい事をしてしまっている等という事
にだってなりかねない。

技術者が「美しい」建築物を作ると言ったって、「何が美しいか」を知ら
なければ、「美しい」建築物など作れるはずがない。

人が生きてゆく上で、「善く生きよう」と思っても、「何が善い」かを知ら
なければ、「善く生きる」事など到底望めないはずである。

人が「意味」のある生き方をするためには、それら善や美、正といった
「肝心な事」を知らなければならないのに、それ以外の事を知っただけで、
それさえも知ったつもりになっているのが世間で大立者と言われている人々
であるとソクラテスは次第に気付く。



427 :吾輩は名無しである:2005/05/18(水) 02:46:01
何か、>>1のスレタイを読んでいると、叱られているような気分になる。
タイトルに含まれている、剣山様のサンカクを見てもまた。ごめんなさい、ごめんなさい……

428 :吾輩は名無しである:2005/05/18(水) 02:57:11
>>423
創作活動やるなら、やっぱり関東が便利なんじゃないのかな。
大学外での活動も考慮に入れて。

429 :吾輩は名無しである:2005/06/02(木) 16:10:04
高卒の コンプレックスが スレ荒らし

430 :吾輩は名無しである:2005/06/02(木) 18:12:22
だから、はっきり言えよ。

文学部を選んだ理由=女の子が多い

なんだろ!

431 :吾輩は名無しである:2005/06/02(木) 20:17:33
文学の醍醐味:文学部に行かなくとも図書館に行けば良い。
苦労話:ヲタが多い。
ゼミ:教授のオナニー。
就職状況:最悪。文学部生は企業に嫌われる。
人生への影響:実社会に疎くなる。

432 :吾輩は名無しである:2005/06/27(月) 03:12:04
都内の大学で文芸サークルが盛んな大学ってどこすか?
早稲田でいう「早稲田文学」みたいなものがあるところ。

433 :吾輩は名無しである:2005/06/27(月) 21:32:00
age

434 :ミス:2005/06/27(月) 21:32:59
age

435 :吾輩は名無しである:2005/06/27(月) 23:21:03
ざっと1から読んだけれど、スレタイの答えになっているものがほとんどない。。
文学部バッシングは置いておいて、文学部はどんなことをやっているのですか?
ゼミではどんなテーマが出されるのですか?
それに対して何をどうするのですか?
外回りが多いのですか?図書館での資料調べが多いのですか?
期末試験はどんな問題が出るのですか?

436 :吾輩は名無しである:2005/06/28(火) 00:47:26
文学部にもいろいろ科があるからねー
何科よ
うちは科によって全く違う。
そしておそらく大学によっても全く違うだろう。

437 :吾輩は名無しである:2005/06/29(水) 22:10:29
ついでに言えば、ゼミも人によって全く違うだろう。一言で言えば研究をする。

438 :吾輩は名無しである:2005/06/30(木) 02:03:36
具体的な質問があれば、返事も具体的になるよ

439 :吾輩は名無しである:2005/07/01(金) 17:47:23
関東で仏文科だったらどこがよい?

440 :吾輩は名無しである:2005/07/02(土) 13:10:42
国立なら東大駒場か東大本郷だね
外語大でもいいか
ようは留学するための語学力をとっとと身につけるべき。

私大だと、教員の質と学生の質が必ずしも比例しない。
例えば学習院は、教員の質は高いが、学生は?
上智はその逆。

441 :吾輩は名無しである:2005/07/09(土) 01:50:48
>>432
頼みます

442 :吾輩は名無しである:2005/07/19(火) 23:56:57
>>440
>私大だと、教員の質と学生の質が必ずしも比例しない。
例えば学習院は、教員の質は高いが、学生は?
上智はその逆。

上智の哲学科はどうだろうか?

443 :吾輩は名無しである:2005/07/21(木) 12:28:04
上智の哲学は、中世やるなら最高の環境でしょう。
ただ、あそこはアンチカトリック作家の研究ができない(当然だが)。


444 :吾輩は名無しである:2005/08/24(水) 05:22:49
文学部は就職不利とか書いてますが、社会学部も就職不利なの?
法経営経済商と比べて、文学部や社会学部はどんなもんなんでしょう。

445 :吾輩は名無しである:2005/08/24(水) 05:44:39
就職気にするような奴は法学か経済行けよ
いいかげんウザイ


446 :吾輩は名無しである:2005/08/24(水) 15:17:26
いや、それは分かってますが、、、、
どの程度かを知りたいのです。
就職が不利になることを承知で文学や社会学をやりたいのだとしても、
どの程度不利かにもよるじゃないですか。
将来中卒以下とか、そんなんなら行く人はほぼ居ないと思うし。
どの程度不利かってのが重要だと思ったんです。その不利度が許容範囲内なら
文学部や社会学部に行こうかと。

447 :吾輩は名無しである:2005/08/24(水) 15:39:22
>>446
不利度は許容範囲外です。法学部に行くといいよ



























そういえば、信用するのだろうか?

448 :吾輩は名無しである:2005/08/24(水) 17:17:03
そういうの気にする馬鹿は法学部行ってもウジウジするだけ。
廃人覚悟で文学部行けよ


449 :吾輩は名無しである:2005/08/29(月) 05:11:30
>>447
信用というかクロスチェックはもちろんしますよ。

450 :吾輩は名無しである:2005/09/18(日) 14:01:57
美香ってひと、自分は早稲田出たって言い張ってるけど、無理があるよ。
英語まるでダメ、
古本好きとか言うくせに早稲田の古本街のこともしらない、
演劇好き、戯曲好きとかいうくせに演劇科のことも全然しらない、
演劇博物館を利用したこともない。
あのキャンパスで演劇好きだってふらふらしてれば、関係者とのつてもできるはずなのに、
まるでない。
そもそも、根本的に頭が悪いし、全然文学の知識がない。

仮に間違って早稲田にいたとしても、
他の学生とのレベルの違いにおののいて、コンプレックスの塊で、
暗ーい4年間を送ったんだと思う。

だいたい卒論何やったの? 文学的に何の専門知識があんの? あんたは


451 :吾輩は名無しである:2005/09/20(火) 19:32:43
文学なんて一人で本でも読んで勉強してりゃ良いのに。
わざわざ教室行ってなにか得たのか?
それやってても自分以外を幸せにすることも出来ないだろ?
金かけてまで四年間通う価値あるのか? しかも大概親持ちだろ?
こってりと小説なんか読んでても世間知らずになるだけだろ?
やめておけって。

452 :吾輩は名無しである:2005/09/20(火) 19:46:52
俺は自分以外を幸せにすることなんてどうせできないししようとも思わないなあ。

453 :吾輩は名無しである:2005/09/20(火) 19:57:29
>>450
高校中退すると大学への憧憬で身を焦がすんだろうな…詐称までして。

454 :吾輩は名無しである:2005/09/20(火) 23:19:01
そもそも今の文学部生は本について積極的に語り合ってるんだろうか
現地の意見を求む

455 :吾輩は名無しである:2005/09/21(水) 00:15:49
苺ましまろについてなら激論を交わしたよ

456 :吾輩は名無しである:2005/09/21(水) 02:09:18
俺は政経の連中(早稲田学院卒)との方が盛り上がった。


457 :吾輩は名無しである:2005/09/30(金) 08:45:13
太宰
谷崎
開高
井上靖
遠藤
芥川

卒論を書くなら誰がいちばん「通」ですか?


458 :吾輩は名無しである:2005/09/30(金) 10:53:11
靖ではなくひさしで書いてこそ「通」というもの。

459 :吾輩は名無しである:2005/10/02(日) 08:47:02
おまえら細谷博っていう評論家ご存知?

460 :吾輩は名無しである:2005/10/02(日) 11:32:31
知らないんでぐぐった。

461 :吾輩は名無しである:2005/10/11(火) 12:22:21
高校生の時は、早稲田の一文入ってサークルとかやって、映画、演劇、文学の話しを
みんなで語らってこの田舎とは大違いの生活を送ってやると思ったけど

入って見たら一文なんてくそ真面目ぶった女か、妙に発言しまくるお高い女とあと、目立たない男
しかいなくてクソだった。単位取るのに必死なやつら。上辺だけのやつらばかり、そいつら読む作家と言えばえくにかおりやら村上春樹?なめんな。


二文に行けば良かったよ。学校行く気しねー。

462 :吾輩は名無しである:2005/10/11(火) 12:27:34
それはお前がひきこもりだからだろ。好きな奴はどこかに必ずいる。
授業をすみっこで一人で受けてる奴いるだろ。勇気出して交流持つべし。
(先輩より)

463 :吾輩は名無しである:2005/10/11(火) 12:28:46
>>461
政経に編入、ポン女食い放題という手もあるらしいが。

464 :吾輩は名無しである:2005/10/11(火) 20:26:25
>>461
おれはただちに国立大学に再受験した


465 :吾輩は名無しである:2005/10/17(月) 01:21:58
何か、スレタイに答える書き込み少ないので…。
地方国立大文学部日本文学科卒。
教員免許は取ったけど専門学校に入り直している駄目人間の説明でよければ。
文学部ってこんな感じ。

就職ってどうなの?>
微妙。教員免許や図書館司書なんかの資格は取れるけれども…。
効率主義や実利主義で行くとすんごく無駄で意味のない学部。

でも、はまるととても楽しい。図書館に入り浸ったり、
滅多に読めない本に触れたり、のめり込んだり。
ひたすら悩んだり、めいったり、ひきこもったり。
日々の生活に追われているとやれない事はよく出来る気がする。

今、実利や結果が求められる医療の勉強をしているけれども、
それが糧になっていると感じる。
医療って最後は「生きるの苦しい、でも死にたくない」という点では共通していても
色んな価値観を持った人間との付き合いだから。

466 :吾輩は名無しである:2005/10/17(月) 01:31:23
どんな学問をするの?>
方言や文法から(広義での)ことばの成り立ちを追及してゆく国語学。
古典から近代まで、様々な時代の人の著作から人間の息遣いを感じたり、
人生やら命やらあれこれ考えたりする文学研究。

小説が書きたいなら文学部講義受けるよりも自分で本読んで書いた方が良い。
早稲田みたいに小説家養成コースがある所なんて少ないので。

文学部はどちらかというと研究者を養成する機関なので、
物事の仕組みや成り立ちを構築する方にシフトがかかっている。
何か琴線に触れる言葉を生み出して読者に訴えるのとはちょっとスキルが違う。
(素晴らしい論文を読むとそういう小説みたいな感動を感じるから厳密にじゃないけど…。)

文学部を出てみて、今はどうよ?>
正直、文学部に入って、文学に深入りし過ぎて、
とうとう文学が嫌いになって卒業してしまったんだけど、
この頃やっと「あぁ、文学って楽しいなぁ」と改めて思うようになった。

また、社会経験を積んでみて、頭では理解していたつもりの小説の内容が、
身体で「あぁ、そうだったんだ!」納得できるという感触もつかめるようになった。
そこがまた楽しい!

そういう意味で、確実に心の糧になってくれる体験が出来る学部だと思う。
だから、そんな経験がしてみたいのなら文学部に行ったら良いと思う。
個人的に文学部進学を迷っている人に是非入れ!とお勧めしたいけれども、
万人にはお勧めしにくい内容ではある。(苦笑)

467 :吾輩は名無しである:2005/10/17(月) 22:03:20
お手本みたいな解説ですね。

>小説が書きたいなら文学部講義受けるよりも自分で本読んで書いた方が良い。
>早稲田みたいに小説家養成コースがある所なんて少ないので。
まったくその通り。体系的に学びたいなら文学部へどうぞって感じかな。
読んでもいないくせに書きたいだけの人は文学部行かない方がいいよ。

468 :吾輩は名無しである:2005/12/05(月) 15:53:38


469 :吾輩は名無しである:2005/12/07(水) 00:09:31
言語文化最強説

470 :吾輩は名無しである:2005/12/19(月) 02:06:35
文体とか2、3番で、
1番にとにかく物語、哲学、史学、
、今まで読んでいなかった分読みまくりたいんだ。
とにかく読む時間が欲しいんだ
文学部じゃ無理?みんな暇そうなこといってるけど


471 :吾輩は名無しである:2005/12/19(月) 09:54:47
>>461
目的からして二文に行くべき

472 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/01(水) 18:10:22
かなやかなやかなや

473 : ◆Lr85rvy2Tg :2006/02/01(水) 18:11:39
かなやかなやかなや

474 : ◆4j1PrXxu5E :2006/02/01(水) 18:13:15
かなやかなやかなや

475 : ◆9iyN0aL9VY :2006/02/01(水) 18:13:54
かなやかなやかなや

476 : ◆rplCsiZ3Go :2006/02/01(水) 18:14:45
かなやかなやかなや

477 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/10(金) 03:51:48
伝統的には作家論作品論以外に何もやってねえよ


478 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/10(金) 08:49:08
ここ見て決意した。文学部目指すの辞める。ありがとう。
自分で読むので十分すぎるますね。理転します。

479 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/11(土) 01:00:53
同じ文学部といっても旧帝のそれと他とでは別物です
本気でやりたいのなら、東大or京大に来なさい

480 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/11(土) 01:06:07
【思想】【歴史】東京大学文学部【言語】【行動】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1099737177/

481 :吾輩は名無しである:2006/02/19(日) 05:19:42
糞学部(ふんがくぶ):作家の排泄物を研究する学部

482 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 13:51:33
文学部ってカワイイ子がいっぱいいるんでしょ?

483 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 11:23:36
受かったのか?受かってから心配しろ

484 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 13:14:42
マジレスすると、早稲田以外は行っても無駄。

485 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 16:07:03
>>484なんで?慶應でもダメなの?

486 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 19:29:25
日本文学に限定すれば、早稲田の文学部・教育学部>慶応だろうな。
偏差値のことは知らねえが。

487 :吾輩は名無しである:2006/03/21(火) 11:23:37
文学部はどういう所に就職するの?

488 :吾輩は名無しである:2006/03/21(火) 12:16:54
文学部生は生きてて恥ずかしくないの?

489 :吾輩は名無しである:2006/03/21(火) 12:17:29
一般企業か公務員
他の学部と変わらないよ

490 :吾輩は名無しである:2006/03/21(火) 12:20:05
>>488
白痴は生きてて恥ずかしくないの?

491 :吾輩は名無しである:2006/03/21(火) 12:28:54
>>490
工学部>∞>文学部

492 :吾輩は名無しである:2006/03/21(火) 13:45:18
文学部にいる人はどうして文学部に行ったの?

493 :吾輩は名無しである:2006/03/21(火) 15:37:26
人文学を学びたいから
大学で無いと学べないものがある 史料編纂所の史料使えるし

494 :吾輩は名無しである:2006/03/21(火) 19:40:29
なんで人文学を学びたいと思ったの?

495 :吾輩は名無しである:2006/03/25(土) 07:37:42
昨日卒業式をむかえた俺としてはもう大学で習ったことなんてどうでもいい

496 :吾輩は名無しである:2006/03/25(土) 15:24:39
受験でスベって文学しかなかったから。法とか経済とかが良かったな。

497 :吾輩は名無しである:2006/03/25(土) 22:25:44
いろんなことに真剣に頭を悩ませる人は人文学に走らざるを得ないだろうな。
適当にやりすごせる人間は本来なら人文学なんぞまったく必要ないだろう。俺とか。

498 :吾輩は名無しである:2006/03/25(土) 23:20:09
>>494
史料の使い方なんて学べるの大学だけですよ 法律・経済と違って本よんだって
うちは史料編纂所かかえているから史料も豊富にあるし

>>496
法や経やりたいやつが文受けるなよw
俺は、東京大学文科V類と早稲田大学第一文学部・慶應大学文学で受けて、後ろ二つけって文Vいってる

499 :吾輩は名無しである:2006/03/26(日) 00:05:27
史料学っつーと、まとめかたの問題ではなくて、なんか特別なこと教えてくれんの?

500 :吾輩は名無しである:2006/03/26(日) 00:51:30
>>499
史料(厳密な”史料批判”をした上のもの)を基にしてどう過去を読み取るのか。究極的にはこれだけど、これが結構難しい

501 :吾輩は名無しである:2006/03/26(日) 00:58:15
>>498
かっこいいなあ。俺なんか、地方私大の文学部だよ。も、死にたい。

502 :吾輩は名無しである:2006/03/26(日) 01:13:38
>>500
なるほど、大体分かった気になった。ので多分分かってない。
どんな文献でも読み間違えりゃまるきり意味が変わっちゃうから、
史学系で厳密にやったら楽に過労死できそうだなあ。

俺は完全に文学ばっかりなので、資料と言ったら思想や表現の体系編纂とかだなあ。

503 :吾輩は名無しである:2006/03/26(日) 01:23:04
>>502
>どんな文献でも読み間違えりゃまるきり意味が変わっちゃう
鍛錬を積んだ一流の研究者ですら、基本的な読み取りを間違えたらそれでその研究の成果ゼロ

まぁこういうことに対し、公然と「それは間違っている」といえるのがこの世界のいいところだと思うよ
医学部などこれやったら、一生棒に振ることになりかねないからね

504 :吾輩は名無しである:2006/03/26(日) 04:35:43
「この世界のいいところ」ねえ。むしろ他分野からはバカにされてるところだってのに。
たとえば医学部から言わせりゃ、文学部なんてのはエセ学問の趣味クラブでしかないしな。

505 :吾輩は名無しである:2006/03/26(日) 12:47:47
>>504
間違っていることに対してすら、間違っているといえない権威主義がいいんですか?w

エセ学問??? 何考えてるの?w

506 :吾輩は名無しである:2006/03/26(日) 13:05:04
文学部は、学部の境界を越えて研究を行っている

ex心理学・・・理学部人類学科、工学部人工知能、教育学部教育心理
ex歴史学・・・法学部政治学科、経済学部経済史、理学部人類学科、工学部建築史、教育学部教育史etc

507 :吾輩は名無しである:2006/03/26(日) 20:45:24
>たとえば医学部から言わせりゃ、文学部なんてのはエセ学問の趣味クラブでしかないしな。
学問ってなんすか?

508 :吾輩は名無しである:2006/03/26(日) 21:35:46
>>506
心理学・・・理学部人類学科・脳科学、工学部人工知能、教育学部教育心理

509 :吾輩は名無しである:2006/03/27(月) 00:51:30
>>461
俺の友達の女の子でかなりの文学少女いるけど一浪までして今年早稲田一文に決めたぞ
探せばそういう子もいるよ。ってかおもしろい奴にはおもしろい人が集まってくると思うぞ?自然と
俺は現役で某法学部入っちゃったがその子詳しいから文学の話してて楽しい
亀レスだがこのスレの人に言いたくて書いてみた

510 :吾輩は名無しである:2006/03/27(月) 00:54:40
面白い奴を探そうとすると、どうしても自分の面白さと向き合わざるを得ないからな。

511 :吾輩は名無しである:2006/03/27(月) 00:57:08
ちなみにその子は英文仏文露文独文日文の有名どころは高校まで全部ちゃんと読んでる
音楽とか映画とか遊びもすごくする人だが
文学部目指すくせに有名なのすら読んでない奴多過ぎだよなー
周りが春樹江國ばかりだったら嫌になる気もわからなくないか…
その子が早稲田に失望しませんように(-人-)

512 :吾輩は名無しである:2006/03/27(月) 01:00:02
その子早稲田で孤独かもな…
嫌気がさして中退して作家になれ

513 :吾輩は名無しである:2006/03/27(月) 01:15:33
>文学部目指すくせに有名なのすら読んでない奴多過ぎだよなー
耳が痛い
今日ドンキホーテ読んだ大学四年生

514 :吾輩は名無しである:2006/03/27(月) 01:21:04
ヘミングウェイやドストエフスキーすら大学入ってから読もうとするからな
受験だからあんな長いの読めないとか本読むの好きじゃねえのかよ
難関大の文学部にはたぶん読書愛好家はいないな
意外と国学院とか日大にいそうだ

515 :吾輩は名無しである:2006/03/27(月) 01:37:21
大学というより高校とかで決まってそうだけどな。
やっぱり周囲に読んでる奴がいるのといないのとでは違うから。

516 :吾輩は名無しである:2006/03/27(月) 01:48:30
文学部≠文学マニア

だからw 文学系の学科以外だと、文学マニアあんまいないよ かわりに心理学マニア・歴史マニア・言語学マニア・宗教マニアなんかがいる

>>514 難関大の文学部にはたぶん読書愛好家はいないな
そんなことはない。教養として読んでいるやつは多い。ただ、○文学にいくやつが少ないのも事実(文V)結構いろいろな学問分野にちらばるよ

517 :吾輩は名無しである:2006/03/27(月) 01:53:27
早稲田なら〇文学、人文あたりに行くのが花嫁修行女子で
文芸、演劇、哲学、心理あたりが気合い入ったやつらだろうな

518 :吾輩は名無しである:2006/03/27(月) 01:54:54
>>516
文Vって政治経済オタ多いだろ あいつら論議大好きだし

519 :吾輩は名無しである:2006/03/27(月) 01:58:06
>>517
東大の女子は、男子と変わらず公務員の上級職や民間企業の総合職狙うから、花嫁修業感覚のやつは極々少ない

普通に主婦になるつもりのやつは、旧帝大や医学部にはいかないだろ

520 :吾輩は名無しである:2006/03/27(月) 02:01:38
東大ウッサス

521 :吾輩は名無しである:2006/03/27(月) 03:16:07
なんか 頭悪くて田舎でもいいなら島根大学がいい文芸サークル持ってるみたいよ
したらば とかいうの。 まあおれは旧帝だったけどそんなサークルなかったんで
すこしうらやましく思った

522 :吾輩は名無しである:2006/03/27(月) 19:29:39
本読んでて知識はあるけど研究できない人もいるし
本はそれほど読んでないのに鋭いこと言う人もいるが、
後者が本を読めば単純に凄くなるわけでもないので困りものだ。

523 :吾輩は名無しである:2006/03/27(月) 21:17:38
いい先生が居るかどうかも大事だしね。

524 :吾輩は名無しである:2006/03/27(月) 21:25:08
>本読んでて知識はあるけど研究できない人
大学にそういう奴がいるとマジで困る。謙虚ならいいんだけど、
俺が見てきた人たちは大概頭でっかちで、自分の意見がなかった。

525 :吾輩は名無しである:2006/03/29(水) 03:37:13

早稲田大学「文学部」出身者。

<文芸科>
中島梓、見延典子、笹倉明、小川洋子、星野智幸、角田光代、大泉芽衣子、
青木淳悟、荒川洋治、是枝裕和

<国文・日文科>
丹羽文雄、澤野久雄、尾崎一雄、竹西寛子、立原正秋、吉行理恵、岡崎祥久、
暉峻康隆、野口武彦、大河内昭爾、保昌正夫、小田切進、俵万智、澤地久枝、
田原総一朗

<英文科>
小沼丹、宇野浩二、葛西善蔵、中河與一、直木三十五、石川達三、榛葉英治、
中山義秀、火野葦平、広津和郎、牧村信一、菊村到、高井有一、生島次郎、
小林信彦、常盤新平、田中光二、高橋三千綱、辺見庸、宮城谷昌光、北村薫、
飯田蛇笏、大手拓次、加島祥造、柳瀬尚紀、坪内祐三、鈴木大拙、会津八一、
小渕恵三(内閣総理大臣)



526 :吾輩は名無しである:2006/03/29(水) 03:40:22
<仏文科>
井伏鱒二、八木義徳、辻亮一、田村泰次郎、三浦哲郎、平岡篤頼、野坂昭如、
阿刀田高、石和鷹、辺見じゅん、堀江敏幸、秋山駿、新庄嘉章、窪田般弥、
鈴木志郎康、矢代静一、小沢昭一、中村吉右衛門

<独文科>
長田弘、千田是也

<露文科>
後藤明生、李恢成、宮原昭夫、三木卓、森内俊雄、五木寛之、多和田葉子、
海野弘、鎌田慧

<演劇科>
青野聰、三田誠広、村上春樹、原田宗典、道浦母都子、清水邦夫、加藤剛、
篠田正浩、小栗康平、風間杜夫、北大路欣也

<史学科>
近松秋江、吉永小百合、永六輔、今村昌平、吉村作治

<社会科>
長部日出雄、長塚圭史

<哲学科>
三石由起子、福島泰樹、山本茂美、森田一義、石橋湛山(内閣総理大臣)

<学科不詳等>
藤田宣永、古川日出男、折原一、三浦しをん、篠田真由美、森絵都、樋口裕一




527 :吾輩は名無しである:2006/03/29(水) 04:34:11
一文と二文が混ざってるのか。

528 :吾輩は名無しである:2006/03/29(水) 10:14:57
本読んでて自分の意見がない?
しょうがないじゃん。
そういう風になるよ。どうしても。
まずこれまでの先人の研究成果をまとめなきゃいけないし、
そこからどういう問題点を引き出すのかこれまた文献の整理を
しながらやらないといけないからね。
自分の意見意見いうけど何かをちょっと読んで自分の実感だけでしゃべるのとは
ぜんぜん別なんだけど。情熱豊かなのはわかるけど
大半の学生の言うことなんてそればっか。
さっさと研究手法を身につけたほうがいいに決まってる。
自由な発想ってそうそう許されているものではない。

529 :吾輩は名無しである:2006/03/29(水) 10:40:57
ある作品についてのある解釈が定説になると
それを克服するような読み方を提示するのも

「自分の意見」のあらわれなのですが・・・。
そういうのがどうも血気盛んなバカ学生には
お分かりいただけないようだ。

えてして「若者向け」作品を好む者に限って
こうした傾向にあるのがまた社会学調査の対象にもなろう?

530 :吾輩は名無しである:2006/03/29(水) 11:10:37
文学研究者は誰も腹の中で「自分の論文はちゃんとした手続きと論理性に裏打ち
された『研究』だが、他のやつらのは単なる感想文」と思ってますから。

531 :吾輩は名無しである:2006/03/29(水) 13:45:17
早稲田教育国文は一文日文専修よりいい先生揃ってるな。
近代の石○、千○、東○、近世の中○、中世の大○など。

532 :吾輩は名無しである:2006/03/29(水) 14:45:33
 過去の作品の死体解剖、新しいヒット作を産む力には成りません、
小説製作の方法を工業高校風に教えてくれる藝術学部文芸学科をめざせ。

533 :吾輩は名無しである:2006/03/29(水) 18:35:50
>>526

多和田が露文なのが意外。
独文だと思ってた。

534 :吾輩は名無しである:2006/03/29(水) 19:00:38
>>528
先行研究漁りなんて当たり前じゃん。そりゃ必須だから誰も言わないだけだ。

これ俺の大学ゼミ時代にあったことなんだが、
本質、というのが話題をかすめた時、イデアが〜って発言した奴がいたのね。
んで、イデアって何ですか? って訊かれて、プラトンに関する知識を晒すのはよかったが、
じゃあその「イデア論」を、どう解釈して、どう捉えていくのか・いるのか、
もともとの話題の中でどう扱うのかを喋れない。そのまま尻すぼみ。
そういう人は一番困る。っつー実体験。こいつは特別バカだったんだけどさ。

535 :吾輩は名無しである:2006/03/29(水) 21:05:15
個人的には「オリジナルな思想」とか「自分の考え」みたいな概念は嫌いだが
しかし思想も考えも無い奴が論外、って事には同意。

536 :吾輩は名無しである:2006/03/29(水) 21:23:33
>個人的には「オリジナルな思想」とか「自分の考え」みたいな概念は嫌いだが
先人たちの思想や作品に触れていく中で固まってくもんだからな。
読んでる自分が介在しないなら、それこそ数学じゃなくて算数を一生やってればいい。

537 :吾輩は名無しである:2006/03/30(木) 14:51:59
やっぱ浪人して早稲田にしよう。
>>525
に勝てるところはない。

他の駄レスを見ても、相手したくないし。

538 :吾輩は名無しである:2006/03/30(木) 18:56:06
早稲田はいいところだと思ってたが、星野智幸とかいうのが平気で教授してる学校だぜ
左翼というより売国人だぞ、日記の内容。洗脳されんなよ
http://www.hoshinot.jp/diary.html
>ほとんど関心はないから見てもいないのだが、
野球のワールドカップで、日本は幸運にも準決勝へ進めた。
大会そのものがアメリカの思惑に基づきおよそいびつで
(なぜ同じチームとばかり当たるのか?)、
そのいびつさの一つが審判問題なのだろうし、
こんな形で先へ進んでもあまり意義はないと思うけれど、
韓国と三度対戦するのは悪くないだろう。
私としては、延長で日本が負けるのが妥当だと思っている。

539 :吾輩は名無しである:2006/03/30(木) 22:06:02
「敵国のスポーツチームが勝ったらいい」と言う程度で売れるとは、
いやはや日本っていつの間にそんなに安くなっちゃったのかねー。

540 :吾輩は名無しである:2006/03/31(金) 05:40:52
>>537
われ こら ええ加減にしとけよ
早稲田にはいってない浪人のくずが
>他の駄レスを見ても、相手したくないし。
はあ? あほか?おまえ
>やっぱ浪人して早稲田にしよう。
カスが しんどけ お前みたいな偏差値だけでうちの大学来るな てか
入れるか ボケ

541 :吾輩は名無しである:2006/03/31(金) 05:43:56
>>537
大体な早稲田ぐらい現役ではいらないとあほ扱いなんだよ。
偉そうにしてるけど、早稲田なんて昔は誰でも入れたんだよ。
それを偉がって、ましてや現役で入れないIQの持ち主が予備校
でがたがた抜かすな、 早稲田を持ち出すな、死んで前。

542 :吾輩は名無しである:2006/03/31(金) 11:15:49
うわホモがいる

543 :吾輩は名無しである:2006/03/31(金) 16:45:07
>>537
早稲田一文ってふつうスベリ止めでしょ。
浪人して、もう諦めて早稲田で妥協する気でいるの?

544 :吾輩は名無しである:2006/03/31(金) 21:22:53
時代は変わったんだねえ。
オイラのときは浪人しても、ま、OKでしょう、って感じだったのに。
受験、かなり簡単になってきてるみたいだねえ。

545 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 00:21:24
ていうか、>>537に反応しすぎ。一人が書いてるのかもしれないが。

546 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 06:11:11
周りから「本が好きなあんたは文学部」と言われて、受かったらしたいことなかった私が来ましたよ。
高校生ってほんと子供だったよなぁ。私だけか…。

547 :吾輩は名無しである:2006/04/03(月) 20:37:43
>>544
本命によってすべりどめの基準は異なる

東京大学文科V類→早稲田大学第一文学部、慶應大学文学部
京都大学文学部→同志社文学部
早慶文学部→MARCH文学部
MARCH文学部→日東駒専文学部

548 :吾輩は名無しである:2006/04/03(月) 21:33:06
>>547に追加
学科によっては、早慶文学部→早稲田教育、のパターンもあり。

549 :吾輩は名無しである:2006/04/03(月) 23:08:07
東京大学文学部(現役)なんですが、教官の夢破れ就職しようと思っています
就職出来ないのではないかと心配なのですが、就職できるでしょうか?

それとも、ダメ東大生と一緒に医学部再受験したほうがよいのでしょうか?
受験生のとき、センター九割ほどあったので、駅弁で良ければ可能だと思いますが・・

550 :吾輩は名無しである:2006/04/03(月) 23:46:48
2ちゃんで自分の進路を決めるようになるなんて
東大生にもアホが多くなったもんだ。

551 :吾輩は名無しである:2006/04/03(月) 23:52:06
(´・ω・) カワイソス

552 :吾輩は名無しである:2006/04/04(火) 00:07:51
>>549
ネット東大生乙

553 :吾輩は名無しである:2006/04/04(火) 03:14:15
一文の人は分かると思うけれど、東大落ちたから仕方なく一文という人がとても多い。

554 :吾輩は名無しである:2006/04/04(火) 15:26:11
一文に限らずたしかに東大落ちが多かったなあ。
そういう人が早稲田を牽引してるのかもね。
やたら貶めているのは第一志望入りや推薦上がりなのかなあ。

555 :吾輩は名無しである:2006/04/04(火) 18:34:40
東大落ちでもどこ落ちでもいいけれど、
人生妥協の連続とはいえ、
仕方なく通う学生が多い学校というのは
何だか項垂れている不満顔の人ばかりの
魅力のないところになってしまいそうだね。

556 :吾輩は名無しである:2006/04/04(火) 19:25:26
作家志望だが慶應文と早稲田二文蹴って早稲田一文にした
まあ妥当だよね

557 :吾輩は名無しである:2006/04/05(水) 21:32:11
>>555
東大Come on

558 :吾輩は名無しである:2006/04/05(水) 22:03:11
>>549
本当に東大だったら就職なんて出来る。
未だに学歴重視な会社は結構多いし。
リクナビにエントリーして企業に情報流すだけで、あっちから連絡来る。

559 :吾輩は名無しである:2006/04/05(水) 22:27:32
今の文壇の主流は早稲田に移ってしまったか
東大は大江で終わりかな

560 :吾輩は名無しである:2006/04/06(木) 21:37:41
文学部≠作家育成学部

561 :吾輩は名無しである:2006/04/10(月) 02:20:13
文学部への編入を考えているのですが、国学院と二松学舎ではどちらに定評がありますか?

562 :吾輩は名無しである:2006/04/10(月) 21:05:15
中国文学系なら二松学舎
他は国学院

563 :吾輩は名無しである:2006/04/10(月) 21:58:06
中国文学なら大東大だって負けてないぞ、と大東生が言ってました

564 :吾輩は名無しである:2006/04/12(水) 13:33:54
俺は地方大の国文だが、去年「批評」の時間に江國と梨木をやらされたよ。
あれには閉口した。
というより侮辱された気がしたね。
ま、その一方で後藤明生や中上やってくれる先生もいるから救われるけどさ。





565 :吾輩は名無しである:2006/04/12(水) 20:46:08
文学専攻科卒

566 :識者:2006/04/13(木) 21:00:19
文学と経済学とか学問って言うなよ。言葉遊びの世界だろ。全員科学を勉強すべき。

567 :吾輩は名無しである:2006/04/16(日) 06:57:31
言葉遊びって わかって言ってんのかね

「科学者」とは思えんね

ノーベル賞からも文学外せってか

少なくとも歴史には疎そうだ

過去の科学者を知らないらしいからな

568 :吾輩は名無しである:2006/04/16(日) 14:26:03
一般に
 文学部=就職出来ない
というイメージがあるため、
 東京大学文学部=就職が出来ない
というイメージを持つ人が多い様だ
実態はどうであろうか?

569 :吾輩は名無しである:2006/04/16(日) 14:53:59
早慶以上の文学部なら普通に就職できますよ。

570 :吾輩は名無しである:2006/04/16(日) 23:02:08
3月に文学部の日文卒業して春から大学院だけど、いろいろ身についた4年間だったな
他学部の学生とかはさ、「読む」だけじゃない?自分も高校までは読んでるだけだったよ、本。
でも大学でいろんな講義聞いたり演習で発表したりして説得力の出し方というか、
綿密な調査の重要性が学べた。いい4年間だったし、他学部とはちがって卒論もしっかり
取り組めたしね。文学部入って本が好きなのと研究するってことの違いが分かったよ。
たまに「文学部って本読むだけじゃん」とか言われたけどね。
ちなみに就職先は文学部ってだけじゃなくならない。自分の努力次第。
結局院にあがったけど、内定ももらえたから。変な心配せずにやりたいことやりに文学部入ってほしい。

571 :吾輩は名無しである:2006/04/16(日) 23:34:00
研究だって? 冗談じゃない。あんなものただの趣味。学問じゃないよ。
たとえば医学部に進んで、ブンガクは余暇に趣味ですればよい。
大学に行ってまですることではない。

572 :吾輩は名無しである:2006/04/16(日) 23:36:57
そう思うならそれでいいんじゃないの。
ただ、そこまで明確に否定するなら説明を求められる可能性も考慮しとこうな。

573 :吾輩は名無しである:2006/04/17(月) 00:17:18
フフン。

574 :吾輩は名無しである:2006/04/17(月) 03:34:29
経済や法と比べて文学部日文科ってわりと暇なほうなの?ゆったり本の読める時間とか、
趣味に没頭する時間って結構あったりするのかい???

575 :吾輩は名無しである:2006/04/17(月) 03:42:30
暇。そしてバイト三昧。単位さえ取れればよし。
誰も本なんか読んでないよ。
経済や法の学生のほうが文学にも通じているよ。

576 :吾輩は名無しである:2006/04/17(月) 07:30:46
経済は読みもしない奴だらけだよ。法も読むのは現代のそれこそ売れてる作品くらい。
なにより読むだけで書けない。何回楽勝科目だからと文学部の講義をとったやつらの代筆をしたことか…。
専門にしてないと目のつけ場所が分からないんだろうな、とつくづく感じた。

なににしろ、文学部の勉強は趣味一辺倒じゃない。それはどこも同じだろ。

577 :吾輩は名無しである:2006/04/18(火) 00:37:12
俺んとこの文学部はレポートの山で忙しかったが。

578 :吾輩は名無しである:2006/04/25(火) 00:27:41

古文書よめないくせに日本史くる他学部、他学科の方はなにを考えているのでしょう?

579 :吾輩は名無しである:2006/04/25(火) 00:39:12
今、ニートが叩かれる理由は、

1、こいつら働かないから税金が取れないクソ!(政府)
2、俺が働いてるのに、こいつらグータラしやがって!(労働者)
3、こいつら働かないと社会不安が増大しそうだ!夜討されたらやだな!(資産家)
4、私達の年金が!(高齢者)
5、安い賃金で働け!奴隷になれ!(主に経団連)

つうことで結局は自分が心配なだけ。だって他人が働こうが怠けようが
どうでもいいでしょ?本当に心配なのはニートじゃなくて自分なんだよ。
結局エゴイズムなんだよ。だから説得力が無い。

この人を見よ!
文学板主要コテハンにしてネット論客・・・
天皇殺害事件でも有名♪
美香論先生=総合学としての文学 ◆YH4pIhUROU
通称「論先生」の実態が今日明らかになる!!!!!!!

★☆★祭り会場★☆★
牛の涎の如く雑談を垂れ流すが好い 38
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1145266824/

http://eload.run.buttobi.net/cgi-bin/img/e_402.jpg

右側の人物が上野祐二さん(33歳無職・自称ネット論客・大阪府枚方市在住)

580 :吾輩は名無しである:2006/04/25(火) 08:10:27
>570
いまは堅い国文学の研究方法とカルスタ的なのにわかれるね

581 :吾輩は名無しである:2006/04/25(火) 08:12:56
もちろん伝統的な手法でなされた研究書は
文学ときいてすぐに軽んじる人たちが読んでも理解できないと思うよ

582 :吾輩は名無しである:2006/04/25(火) 11:06:24
文学部って作品の書き方を教わるわけでもなんでもないしね。
「学部」だもん。それぞれの作品が文学史上どんな位置づけがされるかとか
表現方法の変遷とか
日本人の感覚の変化を作品の中に読み取るとかそんなのばっかなんだけども。。。

そんな中でテクスト論などはわりと「斬新な」カンジがしてウケやすいという話なだけで

583 :吾輩は名無しである:2006/04/25(火) 22:02:47
歴史やっていますが、文学・哲学が全く分かりません
どうしたら理解できるようになるでしょうか??

584 :吾輩は名無しである:2006/04/26(水) 19:55:50
読書百遍自ずから

585 :吾輩は名無しである:2006/04/30(日) 02:56:52
東京大学文学部歴史文化学科○○史学専修だと

@ゼミ(演習)での先行論文の批判
Aゼミ(演習)での史料の精確な読解と分析
B講義によるある史料からどのような論法でどのような結論を導けるのかの説明

この三つかな

高校までの歴史とは勿論、教養の講義とも全く毛並みが異なるよ

586 :吾輩は名無しである:2006/04/30(日) 06:55:59
>>583
とくに理解する必要はないかと思いますが・・・
@ 哲学の場合→元になる本を読む必要は全くないので、
できるだけ簡単そうな哲学史の概説書を買ってきて、
カントやヘーゲルやショウペンハウエルなどが
どのようなことをいっているか
だいたいの内容をつかむのが良いです。
カントだって、ヘーゲルだって、言っていることを
かいつまんで書いてしまえば、数ページにおさまるような
ことしかいっていません。
つぎにそれぞれの哲学者の考えがあっているか、
まちがっているか自分で判断し、
自分の哲学的な立場を確認した上で
既存の物をもとにして自分の哲学を確立できれば
完璧です。
A 文学の場合→必ず元になっている本を読みましょう。
訳本(現代語訳)はかまいませんが、
解説書は基本的に学習には無意味です。
現代の小説から、徐々に昔の作品へとさかのぼっていくのが
吉です。また、0ヘンリなどの外国作品から
読むのもおすすめです。
つまり簡単な現代の言葉から
難解な古い言葉へ
分かりやすい人の心の動きから(←Oヘンリなどはこれです)
複雑な心理の分析へと
学習をすすめていけばいいのです。
知識とともに人の心を理解し、それに美を感じ取る
感性をそだてていくのです。


587 :吾輩は名無しである:2006/04/30(日) 14:05:28
         ハ,,ハ
        ('(゚∀゚∩_ おいらをどこかのスレに送って!
      /ヽ   〈/\ お別れの時にはお土産を持たせてね!
     /| ̄ ̄ ̄|.\/
       | .モツ煮..|/
        ̄ ̄ ̄
現在の所持品:たばこ・ライター・コーヒー・ブラックブラック・枕・ケータイ電話
睡眠薬・聖教新聞 ・ダッチワイフ・外付けSCSI340MHDD・ネットランナー4月号
TYG02・小嶋進社長・ゲルトモ・ディプスファンタジア・抵抗1kΩ(黄紫橙金)・媚薬
バーボン・リップクリーム・セガサターン・バールのような物・バイブ・50インチ液晶TV
ボンカレー(甘口)・ジローラモ・エースヘルム・MAR全巻セット・切断済みの亀頭
東京タワーのミニチュアキーホルダー ・無償の愛・おっぱいプリン・イオナ・電話代の請求書・ウナコーワ
NHKの請求書・かりんとう(黒糖)・新庄・コロッケそば・『森の生活』・ベルディ君・ミアキスタソ・(`〜´)・
ラジオライフ5月号・ヤマダポイントカード・PSP初期型・DS赤・川島教授・バーチャルボーイ・カルカン
月刊農業4月〕BE@RBRICK-SERIES11コンプ・おたべ・コッピー2匹

588 :吾輩は名無しである:2006/04/30(日) 21:29:11
>>586
哲学科でそんなことやったら間違いなく落第だな。

589 :583:2006/05/01(月) 20:28:44
>>586
その程度なら俺でも分かる
個人個人の思想は本読めばなんとなく分かるけど、どのような系譜があるとか言われると分からなくなる

590 :吾輩は名無しである:2006/05/01(月) 21:38:45
レス読んでないけど
文学部ってそれこそ文学から哲学から歴史、心理とかあまりにも幅広くてごちゃごちゃ

591 :吾輩は名無しである:2006/05/01(月) 22:11:12
大したことやってないよ
教員含めてロクに小説も読めない、たいして語学もできない
それでいて流行の理論にはやたら詳しいようなのがのさばってる
まあ、デキル人もいるけど少数ですな、他の業界同様


592 :吾輩は名無しである:2006/05/02(火) 19:49:45
以前レヴィストロースの構造主義にのっとって文学を論じる人がいたんだけど、
名門の大学では論じられることある?

593 :吾輩は名無しである:2006/05/03(水) 14:37:10
>>592
教養学部の小森さんは前期教養の授業では遣っていたよ
後期教養で遣っているかは不明

594 :吾輩は名無しである:2006/05/03(水) 14:57:54
男で文学部卒って
なんか身体障害者とかわらんイメージだな

595 :吾輩は名無しである:2006/05/04(木) 17:42:47
>>593
どちらの大学ですか?

596 :吾輩は名無しである:2006/05/05(金) 21:37:25
>>593
東京大学教養学部の小森さんのことだと思われ
論基礎では構造主義を使った分析もしていたな

597 :吾輩は名無しである:2006/05/06(土) 19:00:45
大学4年は長すぎる
1年ぐらいならいいのに

598 :吾輩は名無しである:2006/05/06(土) 19:20:39
あの人は東大出身ではなかったのにどこで勉強したんだろう

599 :吾輩は名無しである:2006/05/07(日) 19:30:03
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1047832085/501-600
小森さんは、北大卒
日本共産党党員の父親の仕事で、幼少期、中学時代までチェコスロヴァキアのプラハで過ごす。
明確な左翼思想の持ち主であり、文学評論にとどまらず、政治的な発言も多い。
東大で1・2年生相手に宮沢賢治を題材にした講義を行っているが、そこでも政治的発言(軍隊が国民を守ってくれたことは史上一度もない、など)をするほどである。
現在は、憲法改正に反対する「9条の会」の運営にも参画しており、また憲法や教育基本法の改正に反対し、多くの集会で発言を行う。

ついでに言うと、駒場では小森陽一、高橋哲也、姜尚中の3氏が代表的左翼教官として知られている。


600 :吾輩は名無しである:2006/05/07(日) 21:18:59
大学の文学部の漏れ様が全存在をかけて600をゲットするっっ!

601 :吾輩は名無しである:2006/05/08(月) 04:21:39
平成18年度
大学別、科学研究費補助金の配分
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/18/04/06042509.htm

602 :吾輩は名無しである:2006/05/08(月) 17:46:02
すごくくだらない存在なんだな
構造主義において解析したら何も残らない風のチリのごとき椰子であろう

603 :吾輩は名無しである:2006/05/11(木) 05:25:05
・・・俺と同じ・・・一文生多そうだな。
大学の文学部なんてくだらないところだ・・・と気付かせてくれた文学部に感謝しようか・・・。

604 :吾輩は名無しである:2006/05/12(金) 00:07:16
東大生協の調査では、東京大学文学部生の講義満足度は70%ほど

ほとんどの他学部の%はこの半分程度 理学部だけは例外で60%ほど

605 :吾輩は名無しである:2006/05/13(土) 00:15:28
文学と哲学ならどっちがいいですか??


606 :吾輩は名無しである:2006/05/13(土) 00:20:43
好きなほう行けば?

607 :吾輩は名無しである:2006/05/13(土) 00:49:07
出来るやつは教養、人間的にまともでコミュ能力があるやつは社学へ行って文学部は・・・

というイメージがあるのは俺だけではないと思う。勿論早いうちから意志を決めて文学部を選ぶ奴もいるけど。


608 :吾輩は名無しである:2006/05/13(土) 00:59:59
ありごとうございます。

609 :吾輩は名無しである:2006/05/13(土) 11:45:21
所詮趣味の領域だし。実質ではない。
就職先は営業が多い。趣味で終始する。


610 :吾輩は名無しである:2006/05/13(土) 16:53:41
>>607
社学乙ww

哲学、倫理系に変わった人がいるのは事実だけど、他の学科はそれほど変わらない

611 :吾輩は名無しである:2006/05/14(日) 12:17:23
早稲田の文学部入った俺の知り合い、柄谷行人知らなかったよ。そんなもんなのね。

612 :吾輩は名無しである:2006/05/14(日) 12:20:31
>>611
「『つかやゆきひと』って知ってる?」とか言われても、そりゃわからんよw

613 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/05/14(日) 12:27:29
 ぼくは知ってますよ、がらやゆきひとは。

昔、哲学板でNAMがなんとかゝ言ってた気がしますよ。
有名人なんですか?
夏目漱石の新潮文庫のあとがきはみんながらやこうにんですけどね。
やっぱ漱石ファンなんかな。

 たしか夏目漱石論で日本文芸批評界に一躍debutした
かつて作家になりたかったらしい、中上健次の親友だし。
 まぁつかたにさんは常に着眼点が「社会的」なところに多少問題がある気がしますがね。
何しろ芸術は政治経済から縁起的に独立しなければならない文明進捗機構なのだから。

614 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/05/14(日) 12:36:41
 大学の文学部教授なんて99%まで作家とは正反対の人間なんだから、

そういう人らの繰り老人痴話を有り難く聴いているようでは到底抜群の作品は書けないばかりか、
仕舞には研究者になって只野式に堕廃するのが大体の落ちじゃないですかね。

 まあいろいろ、

かなり最近『学問のすすめ』のわるくない現代語訳をがんばって出した
慶応の檜谷教授みたいないい人もいますけどね。大抵はだめです。

芸術学自体が実証体系化されてないし。やばいです。
早稲田文学志望の作家になりたい高校三年生なんかがこれ読んだら
その戦後体制に足元絡めとられた脳足りんなアタマ混乱して仕方ないだろうけどさwww
いいじゃんいいじゃん
年功序列の階梯社会的差別阻害で犠牲になれば。

誰が困る?
普通の中流だった両親の心配だけでしょ。
あと学閥官僚が地位名誉搾取できる国民を減らして迷惑なだけで。いいじゃん

615 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/05/14(日) 12:55:56
 わたやとかねはらの例を観てわかるように、
べつに大した研究なんかしなくても書けちゃうもんですよ。文芸。

要するに「強い不満」があればいいだけです。
それがえねるぎーになって一人前の文芸が書けてしまう。

作家というのはこの強い不満を定期的に溜めて出す、というさいくるに適応した人たちのことなんです。


 研究者なんかぜんぜん関係ないでしょう。
あんなの趣味の延長でいろんな文芸読んで人生を深く楽しみたいだけの老人clubです。
まあ老人くらぶが好きな人もおありでしょうから、あんたけ人気あるんでしょうがね。女とかに。
 いいんじゃないですかりべらるあーつ。
あたかも中世代の西洋貴族とか朝鮮の文弱ソンビっぽくてさw
きしょきしょい


文強独尊の有閑文士はぜったいに東大みたいな学閥搾取で腐った牙城から出ませんよ。
中味はただの受験禁欲から解放された性欲もらとりあむ遊園地なんだから。
すーふり見てりゃばかにもわかるよwww
 自由自立の独行独創は慶應義塾のような私立の気概にしか史上、根付いた試しがないんだからwww

616 :吾輩は名無しである:2006/05/14(日) 16:36:03
>>603
探せば面白い講義もそれなりにあるよ。

617 :吾輩は名無しである:2006/05/14(日) 17:52:50
東京大学コンプの慶應生マジきしょすぎww

618 :吾輩は名無しである:2006/05/14(日) 18:37:39
文学部の中で、一番暇で卒業が楽そうな学科ってある?

619 :吾輩は名無しである:2006/05/14(日) 19:30:15
サボろうと思えばいくらでもサボれるのが大学って言うところ

卒業だけすればいいのならどこでもいいのでは? てか、なんでそんなやつが文学部来るの? 止めたほうがいいよ

620 :吾輩は名無しである:2006/05/14(日) 19:38:49
☆東京大学

・思想文化学科
 ・哲学
 ・中国思想文化学
 ・インド哲学仏教学
 ・倫理学
 ・宗教学・宗教史学
 ・美学芸術学
 ・イスラム学

・歴史文化学科
 ・日本史学
 ・東洋史学
 ・西洋史学
 ・考古学
 ・美術史学



621 :吾輩は名無しである:2006/05/14(日) 19:39:48
・言語文化学科
 ・言語学
 ・日本語日本文学
 ・中国語中国文学
 ・インド語インド文学
 ・英語英米文学
 ・ドイツ語ドイツ文学
 ・フランス語フランス文学
 ・スラヴ語スラヴ文学
 ・南欧語南欧文学
 ・西洋近代語近代文学
 ・西洋古典学

・行動文化学科
 ・心理学
 ・社会心理学
 ・社会学


622 :吾輩は名無しである:2006/05/14(日) 19:48:36
今年の東大・日本史3年って全員新フリ第一段階で希望出したやつで、第二段階も第一段階で定員から漏れたやつだけってホント??

623 :吾輩は名無しである:2006/05/14(日) 20:14:09
>>622
少なくとも、俺が知っている数人はそう。
そもそも日本史とかって研究者目指すやつしかいかないだろ
まぁ多くは挫折するか、他の道(就職)をさぐるんだけどな


624 :吾輩は名無しである:2006/05/14(日) 20:44:17
>>1
決まっている     勉強

625 :吾輩は名無しである:2006/05/14(日) 20:48:40
史料を調べたり、専攻論文を読んで問題点を調べたり、動物実験をしたり、考えをめぐらせたり(哲学系)、統計分析をしたり

学科や個人にもよるけど、やることは色々ある

626 :吾輩は名無しである:2006/05/15(月) 22:04:54
>>622
第二段階も底ついてる
底点は第一段階より十点ほど低いけど

627 :吾輩は名無しである:2006/05/18(木) 12:32:53
北米トヨタ・セクハラ訴訟 訴状に書かれた大高社長の言動
(ゲンダイネット - 05月12日 10:00)

 ついに辞任に追い込まれた北米トヨタの大高英昭社長(65)は一体、何をしたというのか――。215億円セクハラ訴訟の争点である。日刊ゲンダイ本紙が入手した、この訴訟の訴状には、大高氏の言動が極めてリアルに書き連ねられている。


 原告の小林さやか氏(42)は97年、ミシガン州アンアーバーのトヨタ技術センターに入社。02年にNYにある北米トヨタの企画部門に移った。そして05年3月に大高社長の秘書となる。

 大高氏からのアプローチが始まったのは、秘書になって半年もたたない8月後半、最初はランチの誘いだった。これを契機に、行動がエスカレートしていく。

 8月29日の週、大高社長は小林に向かってワシントンへの出張に一緒に出掛けるよう指示した。

 9月3日の小林氏の誕生日の前日には、24本の赤いバラをプレゼント。

 そして、問題のワシントン出張となる。

 9月6日 午後10時ごろ、大高社長はホテルの小林の部屋に電話をかけ、今からそちらの部屋に行ってよいか、あるいは自分の部屋に来てくれるかと聞いてきた。小林は社長の言動に不快感を感じたが、聞き入れる以外に方法はなかった。

 部屋を訪ねると、大高社長は「あなたのような美しい女性が今までなぜ結婚しないのか」などと不適切な会話を進めてきた。そして突然、近づいてきて彼女の体を無理やり触り始め、さらに性的接触を始めようと試みてきた。

 小林は大高社長から逃れ、自分としては職業的な関係だけを望んでいること、現在(ボーイフレンドと)交際中であることを伝え、部屋に戻った。しかし、部屋を立ち去る際にも大高社長は「もし良かったら、今夜はこの部屋で寝ていってもいいんだよ」と誘った。

 真相が訴状通りであれば、紛れもないセクハラである。しかも、それだけでは終わらなかった。出張同行の要求は、マイアミ出張、デトロイト自動車ショーと繰り返された(いずれも同行せず)。

 そして、再びこんな展開に。




628 :吾輩は名無しである:2006/05/18(木) 12:34:00
続き

 9月6日 午後10時ごろ、大高社長はホテルの小林の部屋に電話をかけ、今からそちらの部屋に行ってよいか、あるいは自分の部屋に来てくれるかと聞いてきた。小林は社長の言動に不快感を感じたが、聞き入れる以外に方法はなかった。

 部屋を訪ねると、大高社長は「あなたのような美しい女性が今までなぜ結婚しないのか」などと不適切な会話を進めてきた。そして突然、近づいてきて彼女の体を無理やり触り始め、さらに性的接触を始めようと試みてきた。

 小林は大高社長から逃れ、自分としては職業的な関係だけを望んでいること、現在(ボーイフレンドと)交際中であることを伝え、部屋に戻った。しかし、部屋を立ち去る際にも大高社長は「もし良かったら、今夜はこの部屋で寝ていってもいいんだよ」と誘った。

 真相が訴状通りであれば、紛れもないセクハラである。しかも、それだけでは終わらなかった。出張同行の要求は、マイアミ出張、デトロイト自動車ショーと繰り返された(いずれも同行せず)。

 そして、再びこんな展開に。

 11月14日 ランチをとり、メトロポリタン美術館で開催中の展覧会を見学した後、大高社長は、セントラルパークでの散歩を求めた。パークに入り、人けのない場所に行くと、大高社長はいきなり小林の体をつかみ、無理やり性的接触をしようと試みた。

 社長を押しのけた小林は「自分は交際中であり、触られたりすることは非常に不快である」「大高社長とセックスするつもりはない」と言明。すると大高社長は「もし自分が10歳若ければ、あなたに僕の子供を作ってほしかった」と言った。

 11月末から12月上旬にかけ、小林氏は人事担当副社長や上級副社長と会い、セクハラの事実を訴えたが、結論は出なかった。12月12日には大高社長と会ったが、大高社長は、彼女が副社長に何を訴えたのかを気にしていたという。

 1月6日 朝のミーティングで小林が先週、結婚したことを社員に伝えた。すると、ミーティング後、大高社長がやってきて「あなたが結婚していると知っていたならば、あなたにうるさくはしなかっただろう」と言った。

 小林氏は弁護士を通じて「社長秘書の経験は悪夢でした」などと語っている。

 

629 :吾輩は名無しである:2006/05/20(土) 08:33:00
この世に無用としか思われない文学の講義なんてのを頭の悪い教授
が行いそれを更に頭の悪い学生が分かったフリして聴く学部なんですねw
第一、文学作品を講義するって事は無意味であるだけではなく文学作品
への冒涜としか思えないですね。
作家より頭の悪い教授がその作品をさもかし分かったフリして滔々と
話す事に何の意義があるんでしょうか?

630 :吾輩は名無しである:2006/05/20(土) 12:47:47
夏目漱石「行人」のタイトルの由来知ってる?

631 :吾輩は名無しである:2006/05/20(土) 17:20:58


 サイコロの目のようにコロコロ変わる理論(?)がサイコロジーです

 最近自然系で騒いていますが、心狸ガクではデータ捏造なんて昔から
 日常茶飯事、当然やるべき事なんです



 というわけで、論文の有効期限・賞味期限はせいぜい一ヶ月程度なので
 ご注意願います
 http://academy4.2ch.net/psycho/





632 :吾輩は名無しである:2006/05/20(土) 18:02:38
大学は理工学部だけでいいんだ
文学みたいなオバチャンの趣味はカルチャーセンターで
やっとけばいいんだよ


633 :吾輩は名無しである:2006/05/21(日) 00:56:49
理系学部もきったねえ町工場や三流企業の開発室でチンタラ実験やってりゃいいんだよ

634 :吾輩は名無しである:2006/05/21(日) 02:49:52
理学部物理学科卒のオレに教えてくれ。
テクストって、日本語で言うとどういう感じ?

635 :吾輩は名無しである:2006/05/21(日) 02:58:05
「かかれたもの」あるいは「かくもの」というのが教科書的な表現。
俺は「なにカッコつけてんだ仏文科のキモオタ」、と常に思ってるけどね。


たんに「文章」でいいじゃん。

636 :吾輩は名無しである:2006/05/21(日) 06:19:20
>>634
テクノロジーテキスト(仏)=TEXTO

637 :吾輩は名無しである:2006/05/21(日) 12:41:58
おいおい
物語なんぞいくら読んでも
頭はよくならん
時間つぶしにしかならん

若いうちから
こんな安易な道を選ぶやつは
死んでしまえ

638 :吾輩は名無しである:2006/05/21(日) 13:48:25
テキトーにストレスを解消できる読み物=大衆文学=テキスト
テクニシャンでないとストーリーが把握できない読み物=純文学=テクスト

639 :吾輩は名無しである:2006/05/21(日) 14:37:05
ttp://nw.ume-labo.com/
小説読んでる。

640 :吾輩は名無しである:2006/05/21(日) 19:32:12
なんもやってないよ 実際

641 :吾輩は名無しである:2006/05/21(日) 21:40:47
>>634
>>635の言ってるのは単に辞書的な意味だから全然参考
にならないよ
「文章」とテクストなんて全然別物だから。カッコつけとか
言う前に最低限の知識身に付けてから発言してほすぃよね

642 :吾輩は名無しである:2006/05/21(日) 23:35:53
文学部=文学を読むところ

などと思っているバカもいるようだが 違うからw 残念ww

文学部=思想、歴史、文化、言語、心理などを対象とする学問を行う学科の集合体


テクストってのは、文と文とが絡み合って構成されるもの   らしい
教養で小森さんの講義受けただけだから良く分からないが

643 :吾輩は名無しである:2006/05/21(日) 23:57:03
じゃあ結局は文学部=文学を読む所ってことじゃん


644 :吾輩は名無しである:2006/05/22(月) 00:06:48
>>643
白雉(はくち)だろw お前w

文学なんて、言語文化学科で行われているに過ぎない
他の三学科は全く別のことをやっている

645 :吾輩は名無しである:2006/05/22(月) 00:11:25
日本の大学で世界最先端の研究やっているのって国史、国文学、工理農医のごく一部くらいしか無いじゃん

646 :吾輩は名無しである:2006/05/22(月) 00:11:35
文学部で早稲田や立教、法政以外に小説技巧を学べる大学ってある???

647 :吾輩は名無しである:2006/05/22(月) 00:21:55
>>646
東京大学、京都大学

648 :吾輩は名無しである:2006/05/22(月) 00:22:43
京大はレベル低い

649 :646:2006/05/22(月) 00:23:16
>>647
私立で…

650 :吾輩は名無しである:2006/05/22(月) 00:27:16
>>649
よく分からないが、明治はそこそこいいという話も

もっとも俺は歴史系専攻だから良く分から無いけど・・
東大の国文学に関しては話を聴く限り良好

651 :吾輩は名無しである:2006/05/22(月) 00:34:52
そか。thx

652 :吾輩は名無しである:2006/05/22(月) 01:04:14
ちょwまて。小説技法って近代小説だよな。

東大の国文はぜんぜんないぞ。そもそも近代以降の授業が少ないしな

653 :吾輩は名無しである:2006/05/22(月) 01:46:08
>>652
芥川賞取った京大生のように擬古文で書けば?

654 :吾輩は名無しである:2006/05/22(月) 06:03:03
>>644
(はくち)って何?


655 :吾輩は名無しである:2006/05/22(月) 12:01:13
元号

656 :吾輩は名無しである:2006/05/22(月) 19:52:56
え〜テキストだとずっと思ってた
てかそう言っていた

657 :634:2006/05/25(木) 00:23:55
>635,>641,>642
答えをくれて、ありがと。
とすると、テクストの定義は
「辞書的な意味では文章って意味なんだけど、
でも実はもうちょっと深い意味もあって、それは、
文と文とが絡み合って構成されるものって感じである」
ということか。うーん。謎ですね。使う教科書の説明が
こんな風なら・・・・・・文学部ってつらそうですね。

658 :吾輩は名無しである:2006/05/25(木) 01:17:53
>>657
大学学科によって全く違う
T大日本史だと、教官が現在ご研究なさっている最中の古文書を使った講義も数多くあり、最新の知見を伺ったり、自分の新解釈を提唱できたりして面白かった
学科によっては、何十年前のテキスト使うまわしているんだよ、という感じの講義もあったけどね・・今でも同じノート使いまわしているのかね
byOB

659 :658:2006/05/25(木) 01:39:06
>>657
一般書使う講義なんて殆ど無いと思うよ(研究書なら使う)


伝わるスピード
論文・研究書発表→研究者に伝わる→→→専攻している院生に伝わる→一般書に出てくる→学部生に伝わる→愛好家に伝わる→→→→→→→→→→→→→→→→→→中高の教科書に反映される→→一般社会に流布する

660 :吾輩は名無しである:2006/05/31(水) 22:40:20


 自分や他人の気持ちが汲めないヤシが、もしかしたら分かるようになるかも、
 と期待してやるのが心狸ガクです。

 周囲の人は分かっている様子なのに自分は何がなんだか分からない、
 場で浮いてしまう、こんな人が心狸ガクトになるんです。




 よ〜く観察してみなさい。
 心狸ガクの教員って、他人の気持ちを理解していないでしょう。

 相手の表情の変化が読めていないでしょう。

 心狸ガクの教員=心狸の学生のうち、特に社会へ出る勇気が無かった
 引きこもりの成れの果てなんですから。


 http://academy4.2ch.net/psycho/subback.html







661 :吾輩は名無しである:2006/06/01(木) 01:23:55
bakabakka

662 :吾輩は名無しである:2006/06/01(木) 01:25:39
女子大と合コン。バイトと芝居

663 :吾輩は名無しである:2006/06/09(金) 23:58:50
文学部=何の役にも立たないことを学ぶところ


いまや、文学部は窮地に立たされている

当たり前だ
百年もの長きに渡り、
何の意味の無いことに大量の資本を騙し取ってきたからだ
そのツケを今、支払っているのだ

そして今、多くの大学で(人)文学部が潰れ、衰退している
東京大学文学部すらも今や衰退期に入った
教官が退官しても予算カットで後任が取れない
こんな状況だ

逆に言えば、今こそが、この日本で人文学部を学べる最後の瞬間なのだ
この一瞬を逃せば、二度と人文学を学ぶ事はできなくなる

だが、それには人文学と共に心中する覚悟が必要である


さて、大いなる可能性を秘めたる中高生諸君よ
それでも、諸君らは、人文学を学びたいか?

よく考えて見給え!
まだ君らには若干の猶予があるのだから

これが最後の 私からの忠告だ

664 :663:2006/06/10(土) 00:05:42
正確に言えば

(人)文学部=いかに人文学が役に立たないかを身をもって感じるところ

665 :吾輩は名無しである:2006/06/10(土) 00:32:48
>>663
役に立たないから面白いんじゃん。役に立つことって、面白いか?
役に立つだけじゃんか。

それに文学部に入ってたくさん本を読めば君みたいな文章が下手な人間でも、
少しはまともにものを書けるようになるかもしれないよ。

あ、役に立つじゃん(爆笑)


666 :吾輩は名無しである:2006/06/10(土) 01:16:37
>>665
面白いだけでは飯の種にはならん

667 :吾輩は名無しである:2006/06/10(土) 01:34:25
飯の種を期待するなら、そもそも人文って選択肢はない。資格でもとって、
手に職でもつけるがよろし。飯食うよりも本が好き、それについてうだうだ
話したり考えたりするのが好きってやつらじゃないと、入ってもつまらんし、
いる意義を見出せないと思うよ。

だいたい、「役に立つ」っていうけど、「なにに役に立つか」ということも
あるわけだし。ただただ「役に立つ、立たない」っていわれてもなあ。
たとえば本は漬物をつける役に立つし。

668 :吾輩は名無しである:2006/06/10(土) 01:45:24
大学=就職予備校

これ現実

∴医学部>>>>獣医学科>>薬学部>>>>>法学部・経済学部>>工学部>>>その他

669 :吾輩は名無しである:2006/06/10(土) 01:53:32
「獣医学科」が微妙でいい。
歯学部は「その他」か?
薬学部より工学部のほうがえらいような気が駿河w


670 :吾輩は名無しである:2006/06/10(土) 01:58:44
>>669
そだそだ

医学部>>>>獣医学科>歯学部>>>薬学部>>>>>>>>法学部>経済学部>>>工学部>>>>>>その他>>文学部

671 :吾輩は名無しである:2006/06/10(土) 02:03:33
てか

国公私立医学部>>>>(越えられない壁)>>>>>東大法学部

672 :吾輩は名無しである:2006/06/10(土) 03:23:14
と学歴コンプレックスの持ち主たちが申しております。

673 :吾輩は名無しである:2006/06/10(土) 08:52:05
「獣医学科」って「学科」の癖して「学部」よりえらいんか?
そもそも「獣医学部」ってないんか? それに獣のことを扱うのが
どうして「歯学部」よりもえらいのだ? 獣の歯を扱うやつは人間の歯を
扱うやつよりもえらいのか?
獣医より弁護士のほうが下というのもよくわからん。猫を飼っている弁護士
がいたらどうするのだ?
農学部や社会学部はどこに位置されるのか? 水産学部や外国語学部は?
お米を馬鹿にすると撥があたるぞ。

674 :吾輩は名無しである:2006/06/10(土) 09:00:44
>>673

668 名前:吾輩は名無しである [] :2006/06/10(土) 01:45:24
大学=就職予備校

これ現実

∴医学部>>>>獣医学科>>薬学部>>>>>法学部・経済学部>>工学部>>>その他


わかった‥‥‥よ‥な?

675 :吾輩は名無しである:2006/06/10(土) 09:49:58
>>674
「その他」かい…

犬とか猫とか、そんなにえらいんか? 
犬とか、猫のほうが、お薬より、えらいんか。
人間パカにする、よくないよ。


676 :吾輩は名無しである:2006/06/10(土) 11:35:15
期待賃金の差

医学部(どこでも) 3000万
獣医学科(どこでも) 2000万
歯学部(どこでも) 1600万
東大薬学部 1500万
東大法学部・経済学部 1200万
東大文学部 1150万
東大工学部 950万



677 :吾輩は名無しである:2006/06/10(土) 11:37:33
>>675
家族にはカネを使わないやつでも
飼っている動物のためなら、いくらでもつぎ込むやつはごまんといる
食費だって 人間より動物のほうが高い

ドックフードの値段知っているだろ?

678 :吾輩は名無しである:2006/06/10(土) 11:41:14
S 東京大学法学部(弁護士)・医学部医学科
A 東京大学農学部獣医学科・法学部(国T)
B 東京大学法学部(就職&司法浪人) ・薬学部
C 東京大学経済学部
D 東京大学工学部・文学部・教育学部・教養学部(文系)
E 東京大学理学部・農学部・教養学部(理系)・医学部看護学科


679 :吾輩は名無しである:2006/06/10(土) 11:42:02
>>677
そうすると、

獣医学科>>>>>医学部

ってことだね!

680 :吾輩は名無しである:2006/06/10(土) 11:42:48
サベスデ…。

681 :吾輩は名無しである:2006/06/10(土) 11:45:51
>>679
人間死ぬとなると、いくらでもカネを使う
現在、病院に落とされるカネの大半は老人の治療費

寝たきり老人が一人入院すると、医師一人まかなえるのは有名な話

682 :吾輩は名無しである:2006/07/02(日) 15:48:26
何で文学部のやつらってあんなにコミュ能力が低いわけ?
キモオタ同士で群れちゃって蒸れちゃってバカみたい
あんなやつらが文学を名乗るのは侮辱以外のなにものでもないね

683 :吾輩は名無しである:2006/07/03(月) 18:14:23
中央省庁幹部出身大学(室長・企画官以上、除ノンキャリ)

■財務省本省
東大88(法70、経16、教養1、工1)京大6(法5、経1)東工2(理1、院1)一橋4(経4)早大1(政経1)慶大1(工1)中大1(法1)

■金融庁本庁(財務省本省からの出向含む)
東大36(法29、経4、教養2、院1)京大2(法1、経1)一橋2(経2)阪大1(経1)金沢1(法1)早大1(政経1)

■国税庁本庁(財務省本省からの出向含む)
東大12(法8、経2、農1、院1)京大4(法3、経1)東北3(法3)阪大1(法1)早大4(政経1、法1、教育1、院1)

政官要覧平成17年秋号より

684 :吾輩は名無しである:2006/07/21(金) 04:06:01
文学のどこに税金使ってまで養う価値がある?

685 :吾輩は名無しである:2006/08/04(金) 18:55:04
現在高3で数学、理科、英語で受験しようといままでやっていたのですが
薬学、医学は難しいので看護などしか行く当てが無いのですが…それはイヤ
なので文学部に行こうかと思ったのですが、数学、理科、英語で受験できる
文学部は無いでしょうか?どうしても国語は必須ですか?

686 :吾輩は名無しである:2006/08/04(金) 20:25:17
文学部はヤメレ。
就職先がナインダヨ。


687 :吾輩は名無しである:2006/08/04(金) 20:35:11
http://ime.nu/zaraba.qp.land.to/up/src/1154687572544.jpg

688 :あげ荒らしの大王まさ ◆KZnyecwpQw :2006/08/04(金) 21:13:00
就職先あるよ
お前文学部じゃないだろ
知ったかぶり乙

689 :吾輩は名無しである:2006/08/04(金) 21:23:11
メディア産業の時代だから。工学部より院進学は少ないだろう。
キー局アナウンサーの出身大学の文学部なら就職は原則無問題。
3大出版の待遇も向上している。実力かコネは必要だが。

690 :吾輩は名無しである:2006/08/04(金) 23:39:38
>>686
就職考えるのなら

東京大学文学部

にしたら?

就職は、特に問題ないよ

691 :吾輩は名無しである:2006/08/04(金) 23:43:07
因みに、人文学を学びたいけど
就職もきちんとしたいから
東京大学文学部
選んだってやつも結構多いんだよ

692 :吾輩は名無しである:2006/08/05(土) 00:18:15
まあなんにしても東大京大は別格あつかいだよ。
たとえ多浪して入学したとしても。

でも文学部だから就職がどうとか関係ないよ。
文学部ってけっこう自堕落なヤツ多いし。
そういう個人にかかわる傾向と学部でやることと
就職はまず関係ないでしょ。
学芸大学で一般のとこに就職なんかさらに無関係じゃん。
でも結構多いんだよ。

693 :吾輩は名無しである:2006/08/12(土) 22:05:18
文学部は独特の空気あるよな

694 :吾輩は名無しである:2006/08/12(土) 22:17:21
女の匂いプンプンだよ。文学部。最高。

695 :吾輩は名無しである:2006/08/12(土) 22:36:15
あとさ一人でいることを肯定してくれる空気がある。

696 :吾輩は名無しである:2006/08/12(土) 23:19:42
そうそう、ほうっておいてくれる。

それで、しんみりしていると「どうしたの?」って女の子が
かまってくれる。圧倒的に女の子が多いから。

文学部最高です。

697 :吾輩は名無しである:2006/08/14(月) 07:17:40
文学や哲学に興味を持って入ってくるヤツって、年齢が多朗相当のヤツ多い?実際に浪人してたって意味じゃなくてね

698 :吾輩は名無しである:2006/08/14(月) 08:22:28
東大の哲学、印哲は理系などからの学士入学が時々いる。
立花隆は仏文→文春就職→哲学科再入学。印哲は留学生多数。

699 :ペンギン ◆od0qY8Ss/. :2006/08/14(月) 09:05:37
文学部の人間はとりあえず自分が一番頭いいと思ってない?
教授に対しても、論理的な思考で文学を解釈・感動している本質的には
文学と縁の無い人間、みたいに、知識面&論理面以外では自分より遥かに
格下に位置づけたり。
でもまぁここの連中はまさにそういう縁の無い人間がごちゃごちゃ騒いでるように
見えるけど。

700 :吾輩は名無しである:2006/08/14(月) 09:25:44
それはいえてる

701 :吾輩は名無しである:2006/08/14(月) 21:13:16
>>699
まて、文学部って思い切り実証+理論勝負だろ
少なくとも史学は

702 :吾輩は名無しである:2006/08/16(水) 05:32:57
「仏文学は床に落ちた米粒のようなもの。(=取っても食えない)」
と、先生が冗談で言っていたんですが、これって元ネタありますか?

703 :吾輩は名無しである:2006/08/16(水) 11:45:59
バカ多いから。

704 :吾輩は名無しである:2006/08/16(水) 19:30:35
1%の天才と99%のキモかバカ

705 :吾輩は名無しである:2006/08/16(水) 20:59:39
1%の男子学生と99%の女子学生!

706 :吾輩は名無しである:2006/08/17(木) 00:28:32
>>701
文学部って理論、実証がないと駄目ですよ。
これに文章ができてないと駄目。
アイデアがないと駄目、発想力がないと駄目。
語学・地学なんてPC使ってるのも珍しくないし。
文学で卒論50枚でしょ? 感覚で埋められるわけないじゃん。

707 :吾輩は名無しである:2006/08/21(月) 16:00:15
>>698
学士入学か・・・
アホ大除籍の俺は何かショボく見られるだろうな

708 :吾輩は名無しである:2006/10/05(木) 01:40:15
448 名前: 研究する名無しさん  投稿日: 2006/09/28(木) 11:14:09
    博士号を取得するのにずるずるやっていたら30歳を越えてしまいました。
    それなのに文学系なのでアカポス職はほとんど見込めない情勢です。
    非アカポスに転進する気持ちで今年某県の教員採用試験を
    受けに行ったのですが、2次で落ちてしまいました。
    教採2次面接って難しいね。
    仕方ないので他に職を探してます。
    就職活動に有効な新聞ってやっぱり日経でしょうかね。。。
    文学系の非アカポス職って主にどういう職種に転進しているのでしょうか?

485 名前: 448  投稿日: 2006/10/04(水) 23:22:05
    >>448の記事を投稿した30過ぎの文系Dです。
    10月に入ってからずっと就職活動をしているのですが、
    ・一般社会人経験がないこと。
    ・30歳を越えていること。
    ・教免と自動車免以外の資格を持っていないこと。
    という3点がネックになってハローワークでもお手上げ状態です。
    せいぜい塾講師ぐらいしかないという雰囲気です。
    いざとなれば派遣でも〜という気持ちになってきているのですが、
    親にそれを言うと「10年もかけて親のスネかじりつつ大金を使って
    大学院生活をやってきて、あげく高卒でもなれるような
    派遣社員って情けない・・・」と絶句されてしまいました。
    親の気持ちも分かるけど、文系の院生なんて就職口がホントないし。
    下手に今までの学問スキルにすがっていたら、マジでこのまま
    40歳まで無職状態になりかねないと危惧しています。
    たぶん私が今後取れる道は三つ。
    1、専門学校に行って就職口を斡旋してもらう。
    2、派遣で働きつつコネを作る。
    3、高校の講師を一生続ける。
    どれも厳しい道のりだよね・・・

709 :吾輩は名無しである:2006/10/05(木) 02:26:32
文学部四回生の僕ですが、文学を学んで良かったことと悪かったことがあります。

良かったことは、物事を深く考察できる眼を養えたことです。
これは、表面的な物事の裏側に当たる真実を見極める眼の事で、
経済学や法学などの現実の利益と直結している学問では得られないものだと自負しています。

逆に悪かったことは、人と話が合わなくなってしまったことと、
俗世的な価値観に自分のそれが迎合できなくなってしまったことです。
つまり、「真実を見る眼」を得られたが為に、帰ってそれが生きる上で支障となってしまうのです。
まず、文学にはまると、あまりテレビを見なくなります。くだらなく思えてしまうからです。
文学の話をしようにも、周りの連中は日夜くだらない話で盛り上がり、そしてそれを
「くだらない」と一蹴してしまう自分に嫌悪感を抱きます。
世の価値基準の中心であるお金に関しても、全く固執することがなくなります。
他の学部の人たちは、「将来どうやってお金を稼ぐか」ということを念頭に学問をしているのでしょうが、
文学を学ぶと、その固定された価値基準自体に疑問を抱くようになり、社会との折り合いが難しくなります。

文学自体には絶対的価値はあるけれど、それにのめり込むほど社会に溶け込むことに障害が生じるのであり、
それは文学を愛する僕にとっては大きなジレンマであるのです。

トーマス・マンの「トニオ・クレーゲル」を読んで主人公に共感した人は文学をするべきだし、
何も感じない人はさっさと足を洗うべきであると思います。

710 :吾輩は名無しである:2006/10/05(木) 14:37:15
>>709「痛俗物」の典型例だな。
「真実を見極める目」か。はは。凄いねえ。
そんなモン持ち合わせてる奴がこんな所で自慰に耽るとは。
俗物のくせに別の形の俗物を馬鹿にするな。
自分を特別だと思うのは勝手だけど、それを口に出すのは阿呆の極み。
お前が高い金払ってまで大学で習ったのは「真実を見極める目」じゃなくて
「オナニーのやり方」だろ。別に悪いことではないけど、崇高なことでもない。
ごまかすなよ。

711 :吾輩は名無しである:2006/10/05(木) 14:49:52
>>710
文学を信じられなくなった可哀想な奴だな。

712 :吾輩は名無しである:2006/10/05(木) 14:55:47
>>710
良いじゃん、微笑ましくてw

それより「こんな所で」、世の民草の代弁者を気取るお前の方がよほど滑稽だよ。

713 :吾輩は名無しである:2006/10/05(木) 19:09:15
文学部は女の子が圧倒的に多くて天国。外国語学部と授業が重なっていたり
もするからなお結構。ハーレムですよ。


714 :吾輩は名無しである:2006/10/05(木) 21:57:04
>>711文学を信じるってのが>>709みたいな状況なら、信仰なんて俺には必要ないな。残念だけどね。
>>712冷たい奴だな。微笑ましいとか言ってないで、お前がやんわり助言なり指摘なりしてやれよ。
せっかくの「こんな所」なんだから。俺は俗物らしく、自分の為に突っ込んだだけだ。
それが滑稽だなんて当たり前のことだろ。んなコトを言い始めたら揚げ足取りの連続で堂々巡りだよ。
俺は代弁者なんて気取ったつもりはないけど、そう見えたなら仕方がないな。否定する意味も材料も気力も無い。

715 :吾輩は名無しである:2006/10/05(木) 22:27:40
>>709
あなたは大学でいったい何を学んだんですか?
と訊きたくなった

716 :吾輩は名無しである:2006/10/05(木) 23:23:52
人生オワタ\(^o^)/スレッドほしいな。

・奨学金払えなくて人生オワタ\(^o^)/
・博士出たけど非常勤のコマなくて人生オワタ\(^o^)/
・毎日がネット中毒ひきこもりで人生オワタ\(^o^)/
・40過ぎても独身非常勤講師年収100万以下パラサイトフリーターで人生オワタ\(^o^)/
・博士中退で人生オワタ\(^o^)/
・職歴が非常勤しかなくて人生オワタ\(^o^)/
・重度な精神的病にかかって人生オワタ\(^o^)/
・親が要介護なのにパラサイトでヘルパー検定とって自分は1コマのみの非常勤で人生オワタ\(^o^)/


大学院博士課程に行ったら人生オワタ\(^o^)/

717 :吾輩は名無しである:2006/10/05(木) 23:25:27
りさいじり。

718 :吾輩は名無しである:2006/10/05(木) 23:30:49
りさイジリ。

719 :吾輩は名無しである:2006/10/05(木) 23:39:39
文学オタクって、
世間から見ると秋葉系と同じ認識ですかね?

720 :吾輩は名無しである:2006/10/06(金) 20:59:16
>>719そんなコトないと思うけど、容姿には気を付けた方がいいな
あと、くだらない理屈や知識をベラベラひけらかすのも宜しくない
まあ対人関係に無頓着な奴が多いから、多少イメージが悪くても仕方ないかもな

721 :吾輩は名無しである:2006/10/07(土) 00:06:37
>>709
釣り?じゃなければただのポコチンカス。

722 :吾輩は名無しである:2006/10/07(土) 00:21:25
>>716
勃てれ

723 :吾輩は名無しである:2006/10/07(土) 01:27:22
>>710
僕はあなたの言うとおり「俗人」です。
ただし、唯の「俗人」ではなく、「迷える俗人」なのです。
自分を特別だなんて微塵も思っていないけれど、
大勢の人たちに塗れると明らかに独りだけ浮いているのを感じます。
自分のせいで輪の空気を乱していることを察知することもしばしばです。
僕はその大勢の人たちに対して、嫉妬と、羨望と、軽い軽蔑を覚えます。
まさに、「トニオ・クレーゲル」と同じように。
僕も本当は、そのような、何も考えること無しに速やかな行動を取れる人たちのようになりたい。
しかし、どうしても無理なんです。
だから僕は、芸術で生きていくつもりです。
「迷える俗人」として、これが僕の最後の選択です。
それでは、さようなら、また会う日まで。

724 :吾輩は名無しである:2006/10/07(土) 02:43:08
ただの文学かぶれの社会不適合者じゃないか。
キャラ作ってないでさっさと肉体労働でもしろ。

725 :吾輩は名無しである:2006/10/21(土) 11:59:32
悩める彼の人生相談に乗ってやってくださいませ

早慶でも文学部卒の人間は明治・駒澤程度の扱いか?
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/joke/1161398152/l50


726 :吾輩は名無しである:2006/10/21(土) 23:34:00
>>709って、上から目線みたいで悪いんだけど
過渡期なんじゃないの?誰でも通過しない?

727 :吾輩は名無しである:2006/10/21(土) 23:49:04
既に文学が社会的にはサブカルチャーにすぎないのに>>709みたいのは痛々しいな。
トーマスマンなぞ中学校で読むだろうし文学部の人間がこんなやつばかりのわけがない。
文学部は文学を研究対象にするところであってブンガクをするところではない。
個人のコミュ能力の能力不足を学科のせいにしてモラトリアムを孤独に満喫してくれ。

まあ俺のことでもあるが。

728 :吾輩は名無しである:2006/10/21(土) 23:57:25
>>727
おめぇなんもわかっちゃいねぇなw

>文学部は文学を研究対象にするところ
はぁ?
なんいってんのおめぇ
文学部ちゅうのはさ
人文学の研究をするところなんだよ
文学を研究するのは文学科だけだぜ

729 :吾輩は名無しである:2006/10/22(日) 00:00:26
そこかよ。

730 :就職偏差値:2006/10/22(日) 00:57:26
78 東大法
75 東大経済 京大法
74 一橋経済 京大経済
73 東大教養 東大文 東大教育 一橋法
72 一橋社会 一橋商
71 京大総人 京大文 
70 
69 慶應経済
68 慶應法
67 早稲田政経
66 阪大法 阪大経済 
65 名大法 東北法 慶應商 早稲田法
64 名大経済 東北経済 
63 慶應SFC 神戸法 早稲田商 立命館国際
62 北大法 北大経済 阪大人間 阪大文 九大法
61 神戸経営 九大経済 慶應文 早稲田教育 早稲田国際教養 国際基督教養
60 早稲田一文 早稲田社学 早稲田人科 同志社法 同志社経済  
59 名大文 東北文 九大文 上智法 上智経済 筑波 首都大 小樽商
58 上智外国 横国経済 広島法 
57 関学経済 関学法 立命館経済 立命館法


731 :吾輩は名無しである:2006/10/25(水) 22:36:16
最近は公務員志望者が減ってるそうなので
がんばって試験勉強して公務員になっては如何。
激務ぢゃないから自分の時間が持ててたくさん本が読める。

でも人生終わっちゃってるほうがブンガク的かもしれない。


732 :文学部ランキング:2006/11/02(木) 01:50:21
東京大学文科V類 偏差値75  cf東京大学文科T類 偏差値76
               cf京都大学法学部  偏差値73
京都大学文学部  偏差値71
お茶水大文教育  偏差値70  一橋大学社会学部 偏差値70
大阪大学文学部  偏差値68  cf大阪大学法学部  偏差値69
九州大学文学部  偏差値66
名古屋大学文学部 偏差値65  cf名古屋大学法学部 偏差値65
神戸大学文学部  偏差値64
東北大学文学部  偏差値63
北海道大学文類  偏差値60

733 :吾輩は名無しである:2006/11/02(木) 03:09:19

1993年『鏡の影』
1998年『日蝕』 ←「鏡の影」と内容が酷似している
   同年12月 平野・芥川賞候補
   その直後に「鏡の影」絶版通知
・・・平野・芥川賞受賞・・・

平野さん、もう認めましょうよ。

734 :吾輩は名無しである:2006/11/02(木) 22:42:08
北大ってのは1校だけどんどん差をつけられてるんだな。
人気ないの?

735 :吾輩は名無しである:2006/11/02(木) 22:43:31
偏差値60なんて誰でも入れるじゃん。

736 :吾輩は名無しである:2006/11/03(金) 00:27:14
でも獣医学部とか人気あるから難しいんだろうな

737 :【文系・一期校】:2006/11/03(金) 02:09:01
東京大学文科T類 偏差値76
東京大学文科U類 偏差値75
東京大学文科V類 偏差値75
京都大学法学部  偏差値73
京都大学文学部  偏差値71
京都大学経済学部 偏差値71
一橋大学経済学部 偏差値71
お茶水大文教育  偏差値70
一橋大学法学部  偏差値70
一橋大学商学部  偏差値70
一橋大学社会学部 偏差値70
京都大学教育学部 偏差値69
大阪大学法学部  偏差値69
大阪大学文学部  偏差値68
九州大学法学部  偏差値67
大阪大学経済学部 偏差値67
九州大学文学部  偏差値66
東北大学法学部  偏差値65
名古屋大学法学部 偏差値65
名古屋大学文学部 偏差値65
九州大学教育学部 偏差値64
九州大学経済学部 偏差値64
お茶水大家政学部 偏差値64
神戸大学文学部  偏差値64
神戸大学法学部  偏差値64
奈良女大文学部  偏差値64

738 :【旧帝大文系】:2006/11/03(金) 02:09:52
東京大学文科T類 偏差値76
東京大学文科U類 偏差値75
東京大学文科V類 偏差値75
京都大学法学部  偏差値73
京都大学文学部  偏差値71
京都大学経済学部 偏差値71
京都大学教育学部 偏差値69
大阪大学法学部  偏差値69
大阪大学文学部  偏差値68
九州大学法学部  偏差値67
大阪大学経済学部 偏差値67
九州大学文学部  偏差値66
東北大学法学部  偏差値65
名古屋大学法学部 偏差値65
名古屋大学文学部 偏差値65
九州大学教育学部 偏差値64
九州大学経済学部 偏差値64
東北大学文学部  偏差値63
名古屋大学経済学部 偏差値63
東北大学経済学部 偏差値62
名古屋大学教育学部 偏差値62
東北大学教育学部 偏差値60
北海道大学文類  偏差値60

739 :【理系・一期校】:2006/11/03(金) 02:27:14
東京大学理科V類 偏差値77
京都大学医学部  偏差値75
大阪大学医学部  偏差値73
九州大学医学部  偏差値73
名古屋大学医学部 偏差値72
東京大学理科T類 偏差値71 ←理T
東北大学医学部  偏差値71
千葉大学医学部  偏差値70 ←旧六最高ライン
岡山大学医学部  偏差値70 ←旧六最高ライン
北海道大学医学部 偏差値69 ←旧帝医最底辺
東京大学理科U類 偏差値68 ←東大最底辺
金沢大学医学部  偏差値68
熊本大学医学部  偏差値68
神戸大学医学部  偏差値68
広島大学医学部  偏差値68
大阪大学薬学部  偏差値67
長崎大学医学部  偏差値67
京都大学理学部  偏差値66
京都大学薬学部  偏差値66
九州大学歯学部  偏差値66
筑波大学医学部  偏差値66
新潟大学医学部  偏差値66 ←旧六最底辺
鳥取大学医学部  偏差値66
三重大学医学部  偏差値66
徳島大学医学部  偏差値66
京都大学工学部  偏差値65
東工大学第1類  偏差値65
浜松医大医学部  偏差値65
東北大学歯学部  偏差値64
東工大学第2類  偏差値64
東工大学第5類  偏差値64
富山大学医学部  偏差値64

740 :旧帝大文系:2006/11/03(金) 02:52:52
偏差値76 東京大学文科T類 
偏差値75 東京大学文科U類  東京大学文科V類

偏差値73 京都大学法学部
  
偏差値71 京都大学文学部  京都大学経済学部 (一橋大学経済学部)
偏差値70 (一橋大学法・商・社会学部  お茶水大文教育学部)
偏差値69 京都大学教育学部  大阪大学法学部
偏差値68 大阪大学文学部
偏差値67 九州大学法学部  大阪大学経済学部
偏差値66 九州大学文学部  
偏差値65 東北大学法学部  名古屋大学法学部  名古屋大学文学部
偏差値64 九州大学経済学部  九州大学教育学部 
偏差値63 東北大学文学部  名古屋大学経済学部
偏差値62 東北大学経済学部  名古屋大学教育学部

偏差値60 東北大学教育学部  北海道大学文類

741 :吾輩は名無しである:2006/11/04(土) 00:21:18
論文と同じノウハウでやれば、文学部でも就職は楽勝。

まず先行研究として、他のESを集めまくれ。
次にOB訪問をして生の声を拾え、
その上で、自分にしか書けない、オリジナルなESを書いてみる。
さらに友人や先輩、OBにESをチェックしてもらえ。

就職活動と卒論が違うと思っているから、文学部は就職に失敗する。
ESはもう一つの卒論、面接はもう一つの口頭試問と思うこと。
この原則を押さえれば、文学部は、どの企業でも受かる。本当だ。


742 :吾輩は名無しである:2006/11/04(土) 01:08:46
九大法入るくらいならもちっと頑張って一橋受けるわオレ

743 :吾輩は名無しである:2006/11/07(火) 12:15:23
>>716感動した。


744 :吾輩は名無しである:2006/11/07(火) 12:36:28
文学部なんていらねえんだよ、まじで。あの無能勘違い教授達にかね払
うんじゃなくてあいつらは全部クビ。で社会人になれそうなやつだけ再
雇用で事務員にすりゃあいいんだよ。で、文学部は立派な図書館と有能

かつ感じのいい司書さんや事務員の集団に改組して、大学全体の文献を
総合的に管理する大図書館施設になればいいんだよ(そうすれば今いる
文学部のアホどもの存在意義とプライドも満たされるだろ)。で、研究
やりたいやつはそこ行ってやりゃいいんだよ、自腹で。

国公立なんて国の金だろ、あたりまえだろ。アホか。研究者に金なんて
払う必要なんかねえよ。

745 :吾輩は名無しである:2006/11/07(火) 12:48:23
少なくとも、研究・大学運営・教育この3つで大学教授って金もらって
んだろ?「研究」なんて本ありゃできんだから自分でやれよ、万年童貞
引きこもりニートども。昔の哲学者や思想家なんてそうだろ、ドイツの
。みんな私講師とか、授業で学生から金もらってたんだろ。

大学運営してるか?あいつら?キモイんだよ。有能で、事務能力のある
人を雇えよ。

教育?すんなそんなもん。外国語教えんなら、外国語できるやつが教え
ろよ。アホか?教育しない(授業を適当にやる)のが変な美意識になっ
てるやつも中にはいるからな。職務怠慢でクビ。あたりまえこれが真の
「良識」。

少なくとも、「研究」はほっといて、てめえでやれってこと。それに対
し金なんて払う必要ない。残りの二つが、きちんとできるやつだけ雇え。
「研究」に対して金はらうんなら、成果出してからそれを国が買え。

…って、家庭教師の先生が言ってました。

746 :吾輩は名無しである:2006/11/07(火) 13:19:46
大学時代死ぬほど本を読んでおけばよかったわ・・・

747 :吾輩は名無しである:2006/11/07(火) 16:42:37
>>744-745
かわいそうに・・・

748 :吾輩は名無しである:2006/11/07(火) 18:01:04
>>744-745感動した。

749 :吾輩は名無しである:2006/11/08(水) 12:45:12
まあふつう、語学担当するのは教養部の教員だけどな。
私立は違うのかw

750 :吾輩は名無しである:2006/11/08(水) 17:10:19
語学は非常勤(食いつなぎ無職)の人達じゃない?私立も国立も。

751 :吾輩は名無しである:2006/11/08(水) 18:24:49
うちの母が学習院の文学部の国文科に在席してました。生前の母に大学時代のことを聞いたら、漢字の成り立ちとか文学史の勉強をしていた由。

752 :吾輩は名無しである:2006/11/11(土) 12:13:41
>>709
三島由紀夫がそれを「文学の毒」と書いていましたね
確かに本を読むごとに冷たくなってゆく気はします

753 :文学部ランキング:2006/11/11(土) 23:58:27
偏差値75   東京大学文科V類  cf偏差値76 東京大学文科T類

                 cf偏差値73 京都大学法学部
  
偏差値71 京都大学文学部
偏差値70 一橋大学社会学部  お茶水大文教育学部

偏差値68 大阪大学文学部

偏差値66 九州大学文学部  
偏差値65 名古屋大学文学部  cf偏差値65 東北大学法学部  名古屋大学法学部
偏差値64 神戸大学文学部
偏差値63 東北大学文学部


偏差値60 北海道大学文類

754 :吾輩は名無しである:2006/11/12(日) 00:03:07
北大は入るの簡単だけどイメージ的には
飯台や命題なんかより良くなくない?



755 :吾輩は名無しである:2006/11/12(日) 00:27:33

偏差値76 東京大学文科T類 
偏差値75 東京大学文科U類  東京大学文科V類

偏差値73 京都大学法学部
  
偏差値71 京都大学文学部  京都大学経済学部 一橋大学経済学部
偏差値70 一橋大学法・商・社会学部  (お茶水大文教育学部)
偏差値69 京都大学教育学部  大阪大学法学部
偏差値68 大阪大学文学部
偏差値67 九州大学法学部  大阪大学経済学部
偏差値66 九州大学文学部  
偏差値65 東北大学法学部  名古屋大学法学部  名古屋大学文学部
偏差値64 九州大学経済学部  九州大学教育学部
       神戸大学文学部  神戸大学法学部
偏差値63 東北大学文学部  名古屋大学経済学部
       神戸大学経済学部  神戸大学経営学部
偏差値62 東北大学経済学部  名古屋大学教育学部

偏差値60 東北大学教育学部  北海道大学文類

偏差値58 神戸大学教育学部

756 :吾輩は名無しである:2006/11/12(日) 00:28:11

22 :おさかなくわえた名無しさん :2006/11/12(日) 00:07:25 ID:EHmmqb+a

文系だと

東大>京大>一橋>阪大>九大≧名大≧東北大=神戸大>北大

なのが歴然としているな

757 :吾輩は名無しである:2006/11/27(月) 19:35:52
阪大以下はないわ

758 :吾輩は名無しである:2006/11/27(月) 21:15:48
全ての文学部が文学の勉強してるわけじゃないよ。
私も文学部だけど教育学科だから、よそでいう教育学部と変わらないよ。

759 :吾輩は名無しである:2006/11/28(火) 01:25:49
>>756
てめーは阪大文の俺を怒らせた

760 :吾輩は名無しである:2006/11/28(火) 01:37:17
だって早稲田慶応よりも下だもん


761 :吾輩は名無しである:2006/11/28(火) 21:35:48
博士が100人いる村
http://www.geocities.jp/dondokodon41412002/

762 :吾輩は名無しである:2006/11/28(火) 21:41:53
耳に痛い

763 :吾輩は名無しである:2006/11/28(火) 22:58:24
>>1
もっぱら合コン

764 :吾輩は名無しである:2006/12/03(日) 10:40:33
>>763
そりゃーどこの学部でも人による。

765 :吾輩は名無しである:2006/12/04(月) 18:43:47
>>759
数学が不必要な時点で阪大文学部は北大と同レベル

766 :吾輩は名無しである:2007/01/21(日) 22:22:12
おいらの好きな作家は早大出ばかり。
保坂・春樹・堀江・多和田・角田・・・
堀江タンと多和田タンは最終的には違う大学だけどサ。

767 :吾輩は名無しである:2007/03/04(日) 22:28:16
早稲田の文学部より京都の文学部に行った方がいいですよね

768 :吾輩は名無しである:2007/03/07(水) 07:01:55
>>765
簡単なんだな

769 :吾輩は名無しである:2007/03/11(日) 10:02:17
文学部ってどういう人が行くところ?作家志望?

770 :吾輩は名無しである:2007/03/12(月) 09:20:05
花嫁修業

771 :吾輩は名無しである:2007/03/12(月) 09:56:45
>>770
 野郎だと流石に主夫狙いはそうはおらんだろ。
就職活動で冷や汗ものは見えているものの、
それでも上位校なら三流どころの法経等は笑って
観ていられる

772 :吾輩は名無しである:2007/03/12(月) 15:08:50
>>769
出版・マスコミ志望が大半
旧帝と早慶の文系は大手新聞社、出版社、TV局にいく
早稲田一文のある年はNHK入社が10人出た
まあそんな感じ


773 :吾輩は名無しである:2007/03/13(火) 10:27:21
まあ大手マスコミなんて行けるのは一握りだけどね。
大抵は普通に就職したり、公務員試験受けたり。
あと、鼻から就活しない人種も多い。そういう奴等は、この時期スーツ着てる連中を蔑んだり、敵意のこもった視線をぶつけたり。

774 :吾輩は名無しである:2007/03/13(火) 11:47:18
そういうのは私立の文学部でしょ
国立の文学部はそうでもないよ

775 :吾輩は名無しである:2007/03/13(火) 14:00:46
文学部のある国立大
東京大学 京都大学 大阪大学 名古屋大学
神戸大学 九州大学 東北大学 金沢大学
広島大学 千葉大学 岡山大学 熊本大学
(公立大、人文学部・教育学部などは含まない)

776 :吾輩は名無しである:2007/03/15(木) 13:48:49
学科って成績で決まるものですか?

777 :吾輩は名無しである:2007/03/31(土) 22:43:01
男で文学部のやつらに質問

おまえらなんで文学部を選んだの?

778 :吾輩は名無しである:2007/03/31(土) 22:43:32
ついでにあげとこう

779 :吾輩は名無しである:2007/03/31(土) 23:26:53
>>777
数ある学科の中で、勉強するのが一番面白いから。

780 :吾輩は名無しである:2007/04/01(日) 00:01:26
>>778
現役の文学部学生か? 専門は?
いま、大学ではどんな本読んでるか教えれ。たのむ

781 :吾輩は名無しである:2007/04/01(日) 00:02:51
 ↑
ミスった >>779 に訊いてる

782 :吾輩は名無しである:2007/04/01(日) 00:34:56
専門は近現代。今度四年に上がるから卒論のテーマを考えてるところ。
今まで(個人的に)中心に据えてやってきたのは安吾、谷崎、川端。

学科の課題でやってものであれば、二葉亭四迷からこっちのを点々と。
思いつくさま挙げてみると、埴谷、有島、芥川、高橋たか子、公房、鴎外、
太宰、泰淳、志賀、佐藤春夫、遠藤周作、伊藤整、横光、その他大量に。

他には各講義で外国文学の名作、評論、詩、俳句の古典などなど。
もちろん専攻が近現代でも、日本の古典は古事記から読まされる。
やろうと思えば読まなくても済むけどね。まじめにやってるのは極一部です。

783 :吾輩は名無しである:2007/04/01(日) 14:55:12
>大学の文学部って何やってるの?

厳しく赤点(落第点)やってる。

784 :吾輩は名無しである:2007/04/07(土) 01:25:48
飯台の天野○雄氏ね。

198 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)