5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

≪美貌は衰えず≫曽野綾子について

1 :財団:03/06/14 12:16
 年を取っても今でも美しい曽野綾子さん
日本財団のTOPとしても国際的に活躍
まさに日本の良心
曽野さんについて語れ!!

2 :吾輩は名無しである:03/06/14 12:23
右翼婆

3 :おすすめ:03/06/14 12:34
セクシー画像を生クリック☆!(閲覧無料)
http://endou.kir.jp/moe/linkvp.html

4 :吾輩は名無しである:03/06/14 21:16
どういう過程で日本財団の会長になったわけ?
S川氏の傀儡とゆーわけですか?

5 :我輩は名無しである:03/06/14 22:38
1よ、勘違いするな!
ここには右翼ババァのファンなどいない。
宗教板のカトリックスレから逃げてきたんだろうが
ここにもお前の安住の地はない!

とっとと消えろ!

6 :英霊商売屋が骸骨を放置してマリア綾子を挑発しまくり。:03/06/15 01:33
http://www.linkclub.or.jp/~teppei-y/tawara%20HP/2000.10.2/korega.html
http://www.jtu-net.or.jp/library/zissen/kk/kk08/kk8001_2.htm
北朝鮮に拉致された松木薫さん(拉致当時26歳)の「遺骨」は、別人の可能性が高いと判明した
からと言って、防衛利権屋・安部晋三はキムヘギョンを混血だと差別し高齢横田夫妻の
残された会える時間を、実質裏で北朝鮮人民軍幹部と手を組み一緒に妨害している。
http://www.mainichi.co.jp/news/article/200306/05m/097.html
フィリピンで戦病死した叔父の遺骨も見つかっていない。
約240万人の海外戦没者のうち、遺骨が日本に戻ったのは約124万人。
01年にはフィリピンの無人島で身元不明の遺骨約50体を確認したが、
遺族の元に帰すすべがなく、もどかしさだけが募った。
戦争犯罪のTOP一家は恥知らずにも戦後、生き残り、
英霊商売の破廉恥靖国神社は自民党の票田と化し、数百万の遺骨を放置したまま
軍人恩給利権で遊び呆けている。
拉致問題は、いまや防衛利権屋の最大の関心事であり、
北朝鮮のバカ息子・金正日天皇を政権の座から引きずり降ろすしかない。
2chの阿呆サヨが言ってることは論理が破綻し過ぎてまったく理解できないのは悲しい。


7 :吾輩は名無しである:03/06/15 01:42
フジモリを匿ってた小母さんのことか

8 :我輩は名無しである:03/06/15 06:10
文学板の品位が落ちる アホスレ立てるな!

9 :財団:03/06/15 08:40
ペルーのフジモリを匿うなんてなかなか
できないぞ!!

10 :財団:03/06/15 15:33
驟雨より私の遠来の客達のほうが
評価高かったのよ。
なんで芥川賞取れなかったのかしら?

11 :吾輩は名無しである:03/06/15 17:54
綾子のところに居候している元大統領の日常生活・・・

http://life2.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1054486691/554
http://www5e.biglobe.ne.jp/~sawadee/img-box/img20030226011829.jpg
http://www1.harenet.ne.jp/~dandy/img-box/img20030104230857.jpg
http://www1.harenet.ne.jp/~dandy/img-box/img20030104231111.jpg
http://www1.harenet.ne.jp/~dandy/img-box/img20030104232049.jpg
http://www1.harenet.ne.jp/~dandy/img-box/img20030104232201.jpg

12 :我輩は名無しである:03/06/16 21:40
フジモリ大統領に裁きを!(アメネスティーペルー)
http://www.amnistia.org.pe/firmas/enindex.php

みなさん、よろしくお願いします。

13 :我輩は名無しである:03/06/20 10:01
アムネスティー・ペルーの要請にご協力を お願いします

14 :吾輩は名無しである:03/06/20 11:21
こいつとクラインと三浦朱門が当面の敵だな。

15 :吾輩は名無しである:03/06/20 16:11
敵だ。何故クリスチャンなら自分自身は説教を慎まない?

16 :吾輩は名無しである:03/06/21 23:30
財団主催の文学賞
この間はお友達の慎太郎さんにあげたから
この次は夫の朱モンにでもあげようかしら?

17 :たのメール:03/06/21 23:52
http://life.fam.cx/a004/

18 :吾輩は名無しである:03/06/24 19:50
この人のエッセイはつい読んでしまうが、いつも「また同じ事ばかり」
と思う。
弱者の立場に立っているようで、彼女は地位も名誉も若い頃にしっかり
ゲット。そういう高見から見た捻くれたものの見方。
アフリカの貧しい地域に何度も足を運び、海外ハンセン病患者の施設への
寄付金を以前から送っているという行為についても、所詮エリート様が
危険な場所に行っても安全に守られている立場があるから
出来ること。誰でもやりたいと思っても出来ないことを、彼女はその特別な
地位から何でも出来る。自分の恵まれた状況を語らずに、貧しい人の事
ばかり語っても説得力は持たない。

言ってることはごもっともだが、どうしてもこの人にはひっかかりが
取れない。人に説教するくらいなら、笹川財団のような怪しげな所から
金貰うべきではない。

19 :吾輩は名無しである:03/06/24 22:38
>>18
金は貰っていない無給だって言うんだよね。
でも、雑誌等のマスコミに大量の広告を打っている
財団の理事になれば出版社はご機嫌取りに懸命になる。
仕事も増える、圧力もかけられるようになる。
いやな女だよ、ホント。

20 :ちよ:03/06/24 22:52
おねがいしま〜す♪
http://www1.free-city.net/home/kotarou/page005.html

21 :吾輩は名無しである:03/06/24 22:54
こういうクソスレが上にあると、
文学板はなんという厨房の集まりなのか・・・と吐き気がして
立ち寄る気分もなくなる。

22 :吾輩は名無しである:03/06/24 22:56
>>21
他スレをageればすむこってしょ?
いいレス書いてってぇなw

23 :吾輩は名無しである:03/06/24 22:59
徴兵制や核保有に賛成なアヤヤが、
どうして「日本人の尊厳」なんて言うのかわからん。
「国家」にアイデンティティーを保証させる文学者って何なんだ?

24 :吾輩は名無しである:03/06/25 08:57
小説家がこんな副業したらもう終わりだな。

25 :吾輩は名無しである:03/06/25 09:29
フジモリとの決定的瞬間!
http://www.amefeed.jp/zurubon1/source/up2257.jpg

26 :吾輩は名無しである:03/06/26 23:45
作家と財団の理事を兼ねるなんて
並の人物には出来ない事だと思うが?

27 :吾輩は名無しである:03/06/26 23:47
コメントがつまんね。はんぶんはシモンか?

28 :吾輩は名無しである:03/06/28 14:15
美貌は衰えず

29 :吾輩は名無しである:03/06/29 19:15

どこが?
単なる出っ歯のくそババア!!!!










30 :吾輩は名無しである:03/06/29 19:24


スレタイが 美香は衰えず に見えた

31 :吾輩は名無しである:03/06/29 19:28

どの綾子?

32 :吾輩は名無しである:03/06/29 19:33
つまらん

33 :吾輩は名無しである:03/06/29 19:37
所詮、キリスト教は男尊女卑の一神教です。

34 :吾輩は名無しである:03/06/29 19:44



美香は
衰えず
っておもしろ

ギャグだよね>?

35 :吾輩は名無しである:03/06/30 15:42
美貌は衰えず いやまさに美しい

36 :吾輩は名無しである:03/06/30 18:30
>>35 禿同

37 :吾輩は名無しである:03/06/30 19:14
曾野綾子もこれくらい美しければ文句ないのだが・・・
http://ime.nu/ruffnex.oc.to/ipusiron/upload/12682.jpg

38 :吾輩は名無しである:03/06/30 21:19
美貌は衰えず 綾子様
http://www.auhw.ac.jp/even/H14kokai/SONO.JPG


39 :_:03/06/30 21:21
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/jaz10.html

40 :必ず文学業界の刑事責任を問います。:03/07/01 00:56
●●●文芸誌の書き手に盗撮されてるのですが…●●●    http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1050463002/-100
79 :吾輩は名無しである :03/04/29 15:36
>>76
んなことに驚いているおまえの方がキモい。「文学業界」というのは
君の幻想の中にしか存在せず、実際にあるのは出版界というのよ、
そこでは盗聴、盗撮、盗作、盗妻、盗愛人なんか日常茶飯事、
君が生まれるずっと前から、伝統的に続いてきたことなんだワ。
無邪気な厨房の君が、ふと迷い込んで驚いたのもムリはないが、
この世界の、とりわけ「モノ書き」と呼ばれる連中が溜まる辺りは
真昼間でも何がなにやら文目もわかぬ闇の領域で、とても君なぞがうろつける場所ではない。
創作に役立つならば、自分の糞を皿にのせてナイフで切りつつじっくりと観察するなんか
朝飯前の作家が、うじゃうじゃ居る。ま、世界が違うんだから、悪い夢を見たと思って、
おかーちゃんとこへ帰って、ションベンして寝なさい。

80 :吾輩は名無しである :03/04/29 19:41
>>79
まるでシャブなんぞを燻らせては粋がっているクソガキみたいな物言いだね。
上っ面にどんな御託を配していたところで、その実態は旧態然としたもの。
権力の横暴がまかり通る“サル山”なみの支配原理からいまだ抜け出せずにいる          
点においては、理性や知性の先端と思われがちな出版界も例外でないってことがそんなに新しいことなの?(ぷ

41 :おさる ◇cgi ver7.09p:03/07/04 02:12
Don't say the abuse of the good person.


42 :吾輩は名無しである:03/07/14 00:41
海洋文学賞

43 :我輩は名無しである:03/07/14 06:56
意味のないageするな!  ヴァッカ!

文学板とはな〜んも関係無い連中の仕業だ

44 :山崎 渉:03/07/15 08:52

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

45 :吾輩は名無しである:03/07/19 23:44
age

46 :我輩は名無しである:03/07/20 20:53
フジモリ大統領に裁きを!(アメネスティーペルー)
http://www.amnistia.org.pe/firmas/enindex.php

みなさん、よろしくお願いします。




47 :吾輩は名無しである:03/07/28 19:38
なんで、公益性の高い立派な仕事と文学を両立させている
曽野さんのスレが伸びないんだ?

48 :我輩は名無しである:03/07/31 12:12
ペルー政府 日本政府に正式に身柄引渡しを要求!

いよいよ死刑台への一歩を踏み出した! (詳しくは後ほどアップ)

曽野よ! お前も地獄へ落ちろ!

49 :我輩は名無しである:03/07/31 20:38
今日のニュース!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030731-00000149-kyodo-pol
「国際的義務として送還を ペルー大使が会見」
お馬鹿な1よ  感謝する!
お前のおかげで曽野の悪事が露見した。

宗教板には書きこみ済みです。


50 :吾輩は名無しである:03/08/01 02:26
作家の副業なんぞどうでもいいよ。小説について語るか?
星と魚の恋物語なんか残酷で好きだったけど。
やっぱり男性作家よりも女性キャラの描き方がシビアで容赦ないよな。

51 :我輩は名無しである:03/08/01 05:31
「どいでも良い」ことがこいつの本性だ。


であるなら看過できまい どうよ?

52 :_:03/08/01 05:35
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

53 :山崎 渉:03/08/01 23:54
(^^)

54 :我輩は名無しである:03/08/04 18:48
age

55 ::03/08/04 18:52

http://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_detail.cgi/3e78670a92e910102759?aid=&bibid=02351101&volno=0000

56 :吾輩は名無しである:03/08/06 17:56
美貌は衰えずでつかw
昔は流石に麗しいでつ↓
http://www.city.kanazawa.ishikawa.jp/bungaku/writers/sono/gif/sono.gif

でも今ではこんなかんじに↓
http://www.mainichi.co.jp/eye/kaze/200012/image/1203.jpg

とはいえ美貌は衰えながらもお美しい↓
http://www.kantei.go.jp/jp/m-magazine/backnumber/2002/images/sono.jpg
http://www.auhw.ac.jp/even/H14kokai/sono.html

ま、そんなことより文学でつね。漏れは「天上の青」が好きだね。
No Reason for Murder って題で英訳もされてる模様。

57 :吾輩は名無しである:03/08/06 18:35
最新作「魂の自由人」平積みを見るたびに、
ピンク板→ガイドライン板でみた
風俗嬢のアナルから糞便を爪で掻き出すことを至上の幸福とする
「魂の自由人」さんを思い出してしまう。誰かもってたら張って。

58 :吾輩は名無しである:03/08/06 18:40

http://images-jp.amazon.com/images/P/4334973930.09.LZZZZZZZ.jpg

59 :吾輩は名無しである:03/08/07 14:37
日本社会の偽善性を暴かせたら右に出るものはいないね。

60 :_:03/08/07 14:53
http://homepage.mac.com/hiroyuki45/

61 :我輩は名無しである:03/08/07 18:54
フジモリ大統領に裁きを!(アメネスティーペルー)
http://www.amnistia.org.pe/firmas/enindex.php

みなさん、よろしくお願いします。



62 :吾輩は名無しである:03/08/09 17:56
全然伸びませんね。曽野さんがまた爆弾発言をしてくれると面白いのですが。

63 :吾輩は名無しである:03/08/09 18:31
体力はあるのですね。
イヤリングとかつけてるもん。年いってくると、ああいうものは
重たくなってくるんだけどな。


64 :吾輩は名無しである:03/08/09 18:58
体力はあるでしょう。畑仕事もしてるし、アフリカやエルサレムまで旅行はするし。
噂の真相の馬鹿田誠ともやりあうし。

65 :吾輩は名無しである:03/08/09 20:20
「不在の部屋」を読んだ。
こいつはカトリックの恥

66 :吾輩は名無しである:03/08/10 11:31
偽善性というけど、この人だって偽善的
偽悪ぶっているけど。

けどこの人、スタイルいいね。

67 :吾輩は名無しである:03/08/10 20:09
どこが偽善的なんだ?

68 :吾輩は名無しである:03/08/11 08:59
初等教育で二次方程式はいらないなどというスーパーDQN発言をするのを
きいてからあまり信用できなくなった。三浦朱門もそれに賛成しているし。
三浦ってもう少し賢いかと思ったけどなあ…

69 :_:03/08/11 09:09
http://homepage.mac.com/hiroyuki45/hankaku05.html

70 :_:03/08/11 09:54
http://homepage.mac.com/hiroyuki45/

71 :吾輩は名無しである:03/08/11 10:38
>>67
みせかけ偽悪。


72 :吾輩は名無しである:03/08/11 10:41
>>68
三浦が賢いわけないだろ。
徴兵制賛成だし、
日本は核武装すべきだと言ってるし。

国力と経済力回復には「武器輸出産業の振興が急務」なんてマジで言ってるぞ。

73 :吾輩は名無しである:03/08/11 12:34
みせかけ偽悪って言葉ヘン。偽悪ってもともと見せかけの悪って意味じゃん。
偽悪なら曽野より遠藤周作だろ。まあ、偽悪ってのは作家全般に見られる傾向だけどね。
あと、徴兵制賛成&核武装賛成だから賢くない、ってのも短絡的だよ。
72の考えと相容れないだけじゃない。俺は朱門の考えには賛成しかねるけど
何事も議論することは必要だと思う。

74 :吾輩は名無しである:03/08/11 12:38
>>73
短絡もなにも大前提だと思うが。

あと「ある方からの引用」という形で、物書いて、
自分の逃げ場を常に作るところもコスい。
三浦、曽我、クラインとも同じだが。

「我が国が核武装をする事は非核三原則に抵触しない」
ってなんなんだ。
一休さんかと思ったよ。

75 :吾輩は名無しである:03/08/11 12:41
大前提って何だよ。 そういう思考停止はだめだよーん。

76 :吾輩は名無しである:03/08/11 15:21
かとりっくと読むから腹が立つ。ちからとりっくと読めば、手品がうまいということである。
信者たるもの、それくらいに構えるしかないですな。

77 :吾輩は名無しである:03/08/11 17:20
何が大前提なんだ? 非核三原則かい?
「我が国が核武装をする事は非核三原則に抵触しない」ってのは滅茶苦茶だが
徴兵制および核武装を論じることは何の問題もないはずだが。
論じることすらいけない、論じるやつはアホ、っていうのはあなたの個人的心情であって
前提でもなんでもないよ。

78 :吾輩は名無しである:03/08/11 18:44
(*´Д`)


79 :吾輩は名無しである:03/08/11 18:46
こちらはそれほど大きくはないですけれど
柔らかくて揉み心地のよさそうなオッパイの持ち主です。
上のお口と下のお口をフルに使っての4Pシーンは見所満載!
オマンコの奥深くに突き立てられていくチンチンが気持ちよさそうです。
無料ムービーはここから
http://www.exciteroom.com/


80 :吾輩は名無しである:03/08/11 20:19
まだ第一次ヒロシマナガサキジェネレーションがぎりぎり生き残ってるから
非核三原則に異議を唱える事すら許されない空気があるけど、
普通に考えて日本クラスの国が軍事的に自立してないというのは異常とも言える。
徴兵制および核武装論=絶対悪、というニュアンスはさすがにそろそろ崩れるだろう。
タカ派的だからバカという事はない。

とんちは確かにバカだけどな(w

81 :吾輩は名無しである:03/08/12 00:17
エッセイは、とてもすきです。

82 :吾輩は名無しである:03/08/12 00:46
>>80
昭和20年8月6日の昼の12時あたりに広島市内にいればそんなことは言えないよ




83 :吾輩は名無しである:03/08/12 01:24
思考停止ですね >>82

84 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :03/08/12 01:52
>>82に同意
 私の知人に、その当時に広島におられた方がいるのだが(現在九十歳、
地元ではかなりに名士だったらしい)それは凄惨な有り様だったらしい。
 その方の首筋にも僅かなケロイドが残っている。幸いにも白血病を併発
される事も無く、現在でもご夫婦で仲睦まじい事この上無く、微笑ましい
限りなのだが、被験者の体験談を聴いた事は、少なくとも私にとって如何
に机上の空論が虚しく、説得力の無いものであるか、を深く悟らせるもの
だった。だから、反論もあろうが私は理屈抜きで核武装反対。
 スレ違いでゴメン!

85 :吾輩は名無しである:03/08/12 08:01
「理屈抜きに○○」は理屈抜きにヨクナイ

86 :吾輩は名無しである:03/08/12 09:37
確かにそのような経験談を聞いた場合、核武装の是非を問うこと自体が禁忌に思えるかもしれない。
でも、国防という観点で考えたら核兵器の保持を論じることは決して机上の空論ではないよ。
言論の自由があるのが民主主義の基本でしょ? 論を封じるのは一種のファシズム。

87 :_:03/08/12 09:57
http://homepage.mac.com/hiroyuki45/

88 :吾輩は名無しである:03/08/12 10:01
だから核について考えるなって言ってるんじゃないの
むしろ核のもたらす被害をよく考えろって言ってるの

核の被害の悲惨さを自分の身に起きることも含めて想定して
その科学的な威力をよく理解したうえで、核が人類にとって
どれほどの災厄をもたらすかよく考えたほうがいい。
実際全面使用されば広島長崎の地獄が世界中に展開される 

つまり「核」の威力を良く考えろって言ってるの どこが思考停止なんだよ

そして日本の国防という狭い思考ではなく つまり一国のことだけではなく
核のもたらす凄惨な被害の事実を、唯一の被爆国として
いかに世界に伝えるかを考えた方が はるかに人類全体にとって意味がある

それの、どこがファシズムなんだよ


89 :吾輩は名無しである:03/08/12 10:07
だいたい政治的に「核もあり」とか言う人は
核爆弾の威力をどの程度に考えてるのかな。
落としたアメリカの国民自体も以前は普通の
通常のTNT火薬の爆弾を超大型化したもの
程度にしか考えてなかったそうだしね。

90 :吾輩は名無しである:03/08/12 10:32
核を語るには、上のような政治的思考能力がやっとのレベルの人間じゃダメなんだよ
政治的思考はもちろん出来た上で科学的・物理的さらには医学的思考が出来るレベルの人じゃないと

だから政治的に核武装賛成の連中は、可哀相だが実は核そのものについて語る能力が無い
つまり自分が理解できないから、核廃絶を叫ぶ人を思考停止状態としか理解できない

要するに核反対を思考停止とか言ってる人ほど、もっと科学や医学を勉強しなければならない



91 :吾輩は名無しである:03/08/12 10:56
>「論を封じるのは」一種のファシズム。

文をよく読んでください。
核の被害を考えるなとも言ってないしね。

92 :吾輩は名無しである:03/08/12 11:27
>>91
だから封じてないだろっての 

そっちが言ったことに対して、こっちの意見を返してるだけだろ
「論を封じるのは」は悪いんだろ?だからこっちも自由に発言してるだけじゃん
頭悪いなあ 

>核の被害を考えるなとも言ってないしね。

だから〜 
「核の被害を考えるな」とは言ってないだろうけど(もっとも、それこそ言論封じだぞ)
「核の被害を考えたうえで」の意見じゃないだろ
だからそこを考えた方がいいよって「意見」を言ってるの わかる?





93 :_:03/08/12 11:29
http://homepage.mac.com/hiroyuki45/

94 :吾輩は名無しである:03/08/12 11:37
核兵器の被害を考えることのどこがファシズムなんだ? ってきくから
それはファシズムじゃないよ、僕はそんなこといってないよ、って答えたの。
そもそも核兵器の恐ろしさを論じることは核武装を検討する上で当然俎上に上がる問題でしょ?
核武装を「検討する」前に核の被害を論じないといけないってこと?
違うよね? 核兵器を「保有する」前に核の恐怖を知り尽くす必要がある、ってことだろ。

95 :吾輩は名無しである:03/08/12 12:01
「いいとも」を見たいだけなのに、田村亮子の「きっかけ音頭」を
見さされるなんて、精神的被害は核攻撃並みだな。

96 :吾輩は名無しである:03/08/12 12:09
核武装を「検討する」前に核の被害を論じないといけないってこと?
核兵器を「保有する」前に核の恐怖を知り尽くす必要がある、ってことだろ。

同じことだろ もう支離滅裂だな
結局いいわけっぽくしか聞こえないよ

ファシズムじゃないの一応理解したってことにしてもいいけど、
反対してる人が思考停止ってことだけは許せないなあ



97 :吾輩は名無しである:03/08/12 12:15
>>86
>言論の自由があるのが民主主義の基本でしょ? 
>論を封じるのは一種のファシズム。

人を大量に殺すことについての「言論の自由」などどこにも無い



98 :我輩は名無しである:03/08/12 13:17
>>97
禿どう
そもそも国防などという言葉が一人歩きしてしまってるが、
その言葉、誰が何の為に歩かせてるか よ〜く考えないといけない。
彼等の目的をしっかり見ておかないと。
奴等 計算ズクだからね。

99 :吾輩は名無しである:03/08/12 15:20
>人を大量に殺すことについての「言論の自由」などどこにも無い
つまり人を大量に殺す戦争は絶対悪だと。基本的には賛成だが、戦争や核兵器が絶対にいけない
と考えない人もいる。自分の考えと違うからといって「言論の自由」の基準を勝手に狭めないように。

>彼等の目的をしっかり見ておかないと。
>奴等 計算ズクだからね

彼ら、奴らって誰? それと「(核保持に)反対してる人は思考停止」なんていってない。
議論すること自体に反対なら思考停止だけどね。



100 :我輩は名無しである:03/08/12 18:00
>>99
しっかり読め

それと 自分の論理がクルクル空回りしてるのが分からないか?

101 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :03/08/12 19:43
 続いていますね、核議論。正否は個人の考え方だから割れるのは当然の事
ですけれど、こうした議論が交わされる事は意味のある事だと思います。
 そうした事から目を逸らして傍観者を決め込む人間が多い中、ここには真
摯な方達が多いのだな、と改めて共感を覚えました。
 ま、「ぜったい多数」は、どちらかとは一概には語れませんし(笑)多い
側が常に正しいとも言えませんから、飽くまでも結論は出ませんよね。
 と言う所で、これを機会に、昔に読んだ曾野綾子の小説でも引っ張り出して
読んでみる事にしますね。
 
 

102 :吾輩は名無しである:03/08/13 15:24
「ぜったい多数」はどちらか分からないが
「哀しさ優しさ香しさ」をもって
「魂の自由人」になろうとすれば
「燃えさかる薪」のように熱くなりがちな議論も
「愛と許しを知る人びと」の力によって
「長い暗い冬」も去り核兵器の
「遠ざかる足音」が聞かれるだろう。

103 :p:03/08/13 15:27
スレンダーなロリ体形ながらもオマンコ方はしっかり発達しちゃってます。
大きなオチンチンを喉の奥までくわえ込んでのフェラは大人顔負けですぞ。
挿入シーンは少ないながらも小さなオマンコにしっかり挿入されているシーンが勃起モノ!
若い娘はいいですな。

無料ムービーはこちら!
http://www.cappuchinko.com/


104 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :03/08/13 18:58
>>102
 うまい!!!座布団、一枚!!!

105 :吾輩は名無しである:03/08/13 20:13
>>102
皮肉な事に、曽野の主張と真逆だね(w



106 :吾輩は名無しである:03/08/13 21:27
アメリカ司教団「平和の挑戦」でも読んでれば。
それと「平和の挑戦十年」とかいうその後に出た文書もね。
曽野さんは・・・・・・どうおっしゃってるか。楽しみなんですが、意外と口が堅かったりしてね。
ある人に言わせれば老獪。またある人に言わせれば最後の一線は守っている。

107 :我輩は名無しである:03/08/13 21:30
そう言えば 不思議と「信仰」については無言ではある・。

ネタオチするのが怖いかな そのへんは2cn住民とおなじかな?

108 :吾輩は名無しである:03/08/14 15:52
「湖水誕生」だとか「女神出奔」だとか「極北の光」だとか
「木枯らしの庭」だとか上手い題だと思うんだけれど、
「哀しさ優しさ香しさ」だの「自分をまげない勇気と信念のことば」だの
「愛」だの「希望」だの赤面するような恥ずかしいタイトルもある。
そこが綾子の二面性なのか。

109 :山崎 渉:03/08/15 09:20
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

110 :吾輩は名無しである:03/08/18 08:12
刑事マガジン

111 :吾輩は名無しである:03/08/26 13:44
「いやさ、わたくしは無給、一銭たりとも懐に入れてはおーりーまーせーぬーっ!!」

イヤホン解説:

「大センセイお得意の大見得を切るシーンです。
サクラの皆さん、ここで盛大なブラボー!をかけてあげてくださいっ!!

こら、そこ!! 「いよ〜っ、笹舟屋っ!」 は禁句です。

あ!そこの方達っ! お捻りは厳禁ですっ! やめてください!
大センセイに叱られます。 私どものクビが飛びます。

お土産のお弁当の裏には図書券をもれなく貼ってありますので、
それで大センセイの本を買ってあげてくださいっ!!

もしくは、ご帰宅後に地元の○工会や○艇翼賛会を通じて、
○団に大センセイの講演を招請してください。
これが一番よろこばれますっ!!
あなたがたの懐が痛むこともありませんよ!」

112 :吾輩は名無しである:03/08/26 15:13
2ちゃんねるする日々

曽根阿波子

 2ちゃんねるというインターネットの掲示板で、私のことが話題に
なっているという。私はインターネットをしなくても別段困ることは
ないから、普段はパソコンの電源を入れることもないのだが、先日、
若い知人が2ちゃんねるをプリントアウトしたものを送ってくださったので
初めて事情を知ったようなわけなのである。
 そこには私を激励してくれるような方もいらっしゃるのだけれど、
多くの発言は私に関する誹謗・中傷や口汚く揶揄するものであった。
私は非難されることをどうこう言っているのではない。ソネアワコの
発言を快く思わなかったり、おかしいと感じたりする人がいるのは
当然だろうから、そんな方はキチンと名前を書いて私に反論すれば
いいことなのである。何もインターネットの匿名掲示板だけが
発言媒体でもあるまい。
 

113 :吾輩は名無しである:03/08/26 15:13
私は作家として、幸いにもメディアで発言する与えられてきた。だが、それは
諸刃の剣で常に自分の言葉に責任を持つという義務を負ってきたのである。
権利があれば義務も生ずるのは当然のことなのだから、私はそのことに
何ら不満を抱いたことはなかった。しかしインターネットの掲示板はどうだろうか。
自らの顔を隠しながら、普段は決して口にしないような罵詈雑言を撒き散らす
人たちに、私は寒気を覚えたものである。
 彼らの親や教師たちは一体何をしていたのだろう。不特定多数の人が目にする公的な場で発言には
それなりのリスクが伴うものだ。好きなだけ言って責任は逃れようとする、
そんな匿名で人を批判することの卑怯さをなぜ教えてこなかったか。
今では学校でもパソコン教育が盛んだという。しかし、この程度のマナーも
伝えられない教育のどこが教育的だというのだ。
 戦後日本人は社会を変えれば幸福になれると信じてきた。もちろん、
民主主義や人命尊重の精神はありがたいものに違いないし、情報技術の
発達によって私たちの生活は格段に便利にもなったろう。しかし、基本的な躾を
疎かにして、コンピューター教育などという目先のものばかりに
とらわれているのは決して教育的ではないし、最低限の節度も守れない人間を
量産しかねないという事実もまた忘れてはならないだろう。


114 :曽野綾子日本の良一カモル:03/08/26 16:00
http://esashib.hp.infoseek.co.jp/jyunkin08.htm
【日本】          【北朝鮮】
・極端な短足        ・短足
・強制連行         ・拉致
・タクアン         ・キムチ
・IQが低いと愛国右翼   ・IQが無くても愛国右翼
・家が狭く貧乏臭い生活   ・貧乏で家が無い生活
・国中が主体思想のような創価靖国カルト・国中が創価靖国カルトのような主体思想
・マツタケに異常に興奮    ・興奮してマツタケ狩り
・天皇「陛下」(Pu      ・将軍「様」(Pu
・顔が朝鮮顔          ・顔が日本顔
・国民皆奴隷制         ・人民皆奴隷制
・愛子「様」がぐったり系デブ  ・金正男「様」がぐったり系デブ
・朝鮮人と実の兄弟       ・日本人と実の兄弟
・右翼が兄弟喧嘩で国民をカモる ・軍人が兄弟喧嘩で人民をカモる

http://www.asahi-net.or.jp/~tq8r-tnk/020316.htm
昨夜、土井たか子が北朝鮮問題で皇居の石垣をよじ登る。


115 :吾輩は名無しである:03/08/26 19:39
>>112-113

ワラタ



116 :吾輩は名無しである:03/08/26 21:49
>>112-113

こちらもなかなかの傑作ですよ。
普段は物言わぬカトリック信者の氏を見る目の変化を敏感に嗅ぎ取って
ノイローゼにでもなられたのか、先生、錯乱しておられます。

では、どうぞ!

お題「クリスチャンの癖にどうしてテラ銭ピンハネ団体の長なんてやってんの〜??」

第四章「自分に関する噂」

 昨日も私は一通のみ知らぬ人からの手紙を受け取ったところであった。
名前も内容も、私は努めて忘れるようにしている。作家という特殊な立場だけで
知り得た或る人生の、別にこちらから聞き出そうとしたことではないにしても、
もしかしたら秘密に属するようなことをいつまでも覚えているということは、
何となくフェアーでないような気がするからである。

 そうした手紙の多くに共通するのは、悔しさと悲しさであった。
自分がしてもいないこと、感じてもいないことについて、
全く誤解されることを訴えているのである。誤解する相手は、
同級生であったり、本家の嫂であったり、仕事場の同輩先輩であったりする。
最近では老人ホーム内での人間的な対立や葛藤もあるようになったが、
それはやや数は少ないように感じられる。

 どうして少ないかというと、年取ってもう誤解を解くだけの体力が残っていない場合も
あるだろうが、長い人生の間に、誤解くらいどうでもいいと、居直る術を覚えた人もいるだろう。


117 :吾輩は名無しである:03/08/26 21:51
 ほんとうに人は、思いもよらぬことを他人について言うものだ。
昔私が立てられた噂でもっともおもしろかったのは、私の家には、たくさんの
借金がある、ということだった。私の家には借金だけはないのである。
お金があるからではなく、夫が借金でものを買うのを嫌うからである。
他人から見てむだなものでも、自分がほしければ買えばいい、と夫は言う。
しかしその場合でもお金ができてからにしろ、というのが私の家のルールだ。
一時相続税を考えてわざと借金を作るべきだということを私は人からも教えられたが、
我が家では相続税対策の投資ということをついぞしなかった。
 もう一つ他人は私のことを知らない、と改めて思わせられたのは、私が普段から
親しい編集者を呼び出して、しきりに競艇を見に行こうと誘うと、雑誌に書かれたことだった。
 私は人との付き合いが怖いので一人で家に閉じこもっていても済む小説家になった。
今でも編集者を誘って飲みに行ったりしない。皆忙しいことを知っていて、
呼び出すのは罪悪だと感じている。しかしおきれいごとを言うより、
そんな時間があったら、私自身がまず寝ていたい。何より私は賭け事が好きではないから、
任務として行かねばならない場合以外、わざわざ自分から賭け事に行く気には全くならない。
しかし私は今、日本船舶振興会の仕事をしているので、仕事として競艇場に行く必要が年に何度かはある。

 私たちがこの程度に正反対の内容の記事を読まされているケースは、
決して珍しくはないのだろう。



118 :吾輩は名無しである:03/08/26 21:51
 しかし私は賭け事が悪いなどという判断をしたことがない。
賭け事もお酒も、それらはどの程度自制して楽しむかが問題で、
それこそ個人の選択の範囲に責任がある。自動販売機がビールを売るから
アルコール依存症になったという発想の人はいるが、料理に酒類は必要である。
お酒がそのまま悪ということもない。同様に人生は、登山でもヨットの世界一周でも
(と一々数えたてるより、あらゆるスポーツも経済も研究も国際政治も、
と言った方が早いだろう)すべて賭けの要素がある。

 正義・8435ディカイオシュネーという言葉は、現在の日本では普通
「少数民族が平等に扱われること」とか「裁判で冤罪がないようにすること」だと
思われているが、本当の正義は「神とその人との間の折り目正しい関係」を指す
という。横並びの世間の判断は問題ではないのである。つまり世間が、
それはいいことだと言っても、神の眼から見て必ずしも正しいわけではない。
同様に世間から袋叩きに遭っても、神がそれを望んでおられることもある。

 もちろんこの折り目正しくあるべき神との関係は常に歪んでしまう。
それを私たちは必死で正し続けて一生を終わるわけである。

 私がこういう考え方に比較的素直に馴れることができたのは、
私たちのカトリックの世界では、誰もが、造物主の造りたもうたものを愛することを
悪いとは言っていないことを身を以(もっ)て知っていたからだろうか。
ミサ聖祭には必ず葡萄酒が使われる。また私たちの知り合いの神父たちは、
楽しそうに葉巻やタバコを吸う。度を過ごしてそれが体に悪い程度になるか、
或いは嫌いな人の迷惑になるような場所で吸うかどうかこそその人の生きかたになるのである。
そして神父たちは、自分をも含めた人間の弱さについて
極めて闊達(かったつ)に笑うことのできる人たちであった。

 一度は外国で一人の日本人のブラザーにお会いしたが、
その方は昔長距離トラックの運転手さんとして働いていた、と自分の方から話された。
「あの頃はずいぶんあちこちで競艇に行きましたよ」



119 :吾輩は名無しである:03/08/26 21:52
きっと儲からなかったから、ブラザーになられたに違いない、
と一瞬私は思いかけたが、実はそうでない場合も大いに考えられるのである。
(そうでない場合を書くのは文学の世界だ)

 トマス・アクイナスの「すべて存在するものは、よきものである」という
言葉を知って私が衝撃を受けたのは、私がもう若いとは言えなくなってからなのだが、
それはそれまで私の心の中でもやもやした状態で残っていたものが
一挙に明快になったからであった。

 今の私くらいの年になれば、すべて存在するものの持つ任務と意味が
わかっている。それはどれも単純ではない。病気と戦争は、
明らかによくないものだが、その中でさえ、見事な人生を見たり覚ったりした人は
決して皆無ではなかったのだ。だからと言って誰も病気や戦争を奨励する人はいない。

 しかし世間はもっと近回りの人生を期待する。よきものでなければ存在を
許さないようにしろ、と言い、今でも悪いことをするとひどい目に遭うような
「勧善懲悪」の世界を期待したりする。確かにこの世で悪人が栄えない方が
いいだろう。しかし行った善行の量と同じだけ人が栄え、犯した悪行の量と
同じ程度に現世で罰が加えられるとしたら、人はいい目を見るためにだけ善行をする。
それはもはや商業の世界だ。人間は幸福を買う手段として善行を行うようになる。

 神はそのおぞましさを避けるようにしてくださった。現世では完全に辻褄を
合わせて報いられることがなくてもなお、善行をするという自主性と、
その誇りと、その栄光を人間に許してくださったのである。



120 :吾輩は名無しである:03/08/26 21:52
 私たちの多くが現世で他人は自分を理解していないと苦しむことに関しては、
神は最大の保証と慰めを与えられた、と私は思っている。

 『マタイによる福音書』の6章は、徹底して神と人との間の秘密な関係について
述べている。
「あなたは施しをする場合、右の手のしていることを左の手に知らせるな。
それは、あなたのする施しが隠れているためである。すると隠れたことを
見ておられるあなたの父は、報いてくださるであろう」(6・3〜4)
「あなたは祈る時、自分の部屋にはいり、戸を閉じて、隠れた所においでになる
あなたの父に祈りなさい。すると、隠れたことを見ておられるあなたの父は、
報いてくださるであろう」(6・6)

 ほんとうは、人間同士には他人のことなど全くわからないものなのである。
親のことも子供のことも、夫のことも妻のことも、知らない部分がたくさんある。
ましてや一つ屋根の下にもいない他人のことなど、どうしてわかるのだろう。
それなのに、人は平気で他人のことをああだこうだと言う。
新聞も週刊誌も、記事の多くは、わかるはずのない他人の話である。
私たちは普段皇室の方々と個人的にお会いする機会などないことは
わかり切っているのに、或る人は皇室の最近のニュースを
ずっと見て来たことのように喋っている。それらは皆週刊誌の受け売りなのだが、
週刊誌の記者といえども、皇室に親しく出入りしているわけではないことも
また明らかなのだ。

121 :吾輩は名無しである:03/08/26 21:53
 その手の不確かな記事を読んで楽しむ人は実に多い。
その記事が「おいしい」のは、それが時には過剰なファン意識、
時には明らかな悪意で味付けされているからである。
公正を装わねばならない出版物でさえそうなのだ。
ましてや日常の、個人のお噂話となったら、人はどんな噂でも平気で作りあげる。

 もし神がいなかったら、という設問がよく使われるが、もし神がいなかったら、
人は世間すべてに対していちいち自分に関する噂を訂正して歩かねばならないだろう。
或いは自分の能力をもっと認めさせたり、自分がどんな場合にどんな働きをしたかを
宣伝して歩いたりしなければならないだろう。しかしそんなことは決してできることではないのだ。


122 :吾輩は名無しである:03/08/26 22:21
神が隠れた所に在って、隠れたものを見ておられる、ということほど、
人間にとって大きな慰めはないだろう。自分に罪がなかった、
ということが神に知られていればいい、というだけではない。
世間は知らなかったが、自分はあの時あのような恐ろしいことをやりかけていた、
ということを知っていてくださるのも神なのだ。しかし私はその恐ろしい考えを
実行しないで済んだ。その喜びと感謝を捧げられるのもまた神だけなのである。

 要するに、神にだけは理解されていることが必要なのだ。
あたかも世間の恋人たちがお互いの心さえ繋がっていればそれで充分、
と思うようにである。
 その反面、神がいない怖さはどんなものだろうと思う時がある。
世間を相手に自分の正しい実像を絶えず主張して生き続けようとしたら疲れ果てる。
神なしに生きるのは、私にとってはどうしても無理が出るのである。

123 :あやや:03/09/20 20:11
あのーーー、どなたかわかる方
答えて下さい。
以前、曽野さんが『日本人がわからない事の一つに「奴隷」がある。
その奴隷について今資料を集めていていつか小説を書くつもりだ』とか
書いてあったのを読んだんですが、誰かそういう著作を知りませんか?

124 :吾輩は名無しである:03/09/21 13:40
知らんな。もしそう言ってたのならいつか書くんだろ。
ヘロデは奴隷の話じゃないしなw

125 :あやや:03/09/21 17:29
ども、ありがとう。
数年前の雑誌だったけど
彼女は多分まだ書いてないと考えておきます。
それでは、失礼します。

126 :吾輩は名無しである:03/09/22 02:08
三浦朱門がひどいエゴイスト自認してるから私はまだましよって思っちゃうんだろうね

127 :吾輩は名無しである:03/09/22 13:15
三浦朱門はいい香具師だろ。少なくとも女房に暴力振るう自称「平和主義者」井上ひ○しよりまし。

128 :吾輩は名無しである:03/09/22 13:21
>127
中央教育審議会での振るまいやら、「日本会議」への接近を見るにつけ、
こいつらは信用できないが。

129 :吾輩は名無しである:03/09/23 04:33
ところで彼女の最高傑作は何?
小説でもエッセイでも。
俺は産経で隔週のエッセイ読んでるだけ。

130 :吾輩は名無しである:03/09/24 12:04
神の汚れた手(アカヒ新聞連載小説)

131 :吾輩は名無しである:03/09/24 17:11
誰のために愛するか

132 :吾輩は名無しである:03/09/25 13:02
>>127
三浦朱門だって1回殴ってるだろ。1回だけも100回も大して変わらん、

133 :吾輩は名無しである:03/09/25 18:44
曽野さん好きだったんですけど、
日本の今後の教育のあり方で、
たとえば50人学級で天才一人が凡人49人をひっぱていけばいい
というようなエリート至上主義?とでもいうのでしょうか、
そのような考え方だと聞いたのですが、本当ですか?
間違っていたらごめんなさい。

134 :吾輩は名無しである:03/09/25 20:49
>>132
アホ。反省して二度としない人間と何度も妻を殴って一方で平和を唱える御仁と
変わらんわけがないだろ。

135 :吾輩は名無しである:03/09/25 22:30
三浦も曽野も『愛国心』教育の必要性を訴えてるし、
徴兵制、武器輸出も肯定してる。
対中、対朝強硬派だし、
西尾とかと懇ろだよ。
まぁ、ガッチガチの保守右翼だよ。

136 :吾輩は名無しである:03/09/26 09:28
>>123

ギリシャ・ローマ(ヘレニズム世界)、古代ユダヤ(旧約の揺籃たるユダヤ・イスラエル世界)由来の、
あるいは、ゲルマンの従士制から連綿と続く西洋世界の「由緒正しきの奴隷制」の話を
「現代日本」への当てつけ寓話として、ヒエラルキーやロイヤリティの大切さでも説く小説を
書くつもりなんだろ。
あの人は、旧約・新約の故事を引いて、自分の意見の正当化を図るのが得意だから。

宗教板に貼ってあった産経新聞に書いた記事では、太平洋戦争の時に沖縄で
軍に教唆された民間人が起こした集団自決を、ローマ軍に蜂起してマサダ砦に立て篭もった
ユダヤの熱心党の故事をひいて、自決(とそれを唆した軍)を正当化してた。
でも、熱心党(ヘロデ派)って、現代の西欧では無意味な犠牲を生む宗教過激派の代名詞なんだけどね。

あの人が旧約・新約や古代イスラエルの故事から引いてくる話は、元の文脈を確かめないで
そのまま鵜呑みにすると危うい。


137 :吾輩は名無しである:03/09/26 10:46
>ガッチガチの保守右翼
あの程度で右翼? どこが?
あんなんが右翼ならアメリカ人はみんな極右だな。

138 :吾輩は名無しである:03/09/26 22:49
__ _________
      r | |――┐  r――  ヽ    すいません、ちょっと通りますよ・・・
      L.! !__./⌒ヽ Li__   \
       ._| | / ´_ゝ`) ||____    \_              (~ヽ       .. .
     (_| | |   /⊃⌒ヽ i     \)         /⌒ヾ .\\_   :・:∵:
        \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄"''' - ..,,  人 /⌒ヾ / \\ヽ∴: 
      _  \_/⌒ヽ________/⌒ヽ  て   / ノテ-ヽ( 。Д。)二二つ ←曽野綾子
        ヽ      _ノ r―――─―――┐ _ノ ドカッ/ / /   ∨ ̄∨
         |  ____| 三三三三三三三.|__l__    / / | |
      | ._|--[_______________] / __) ノ )
     ノ.|  |    ===========[___]======='   ー'    し'
   ヽ_ノ_ノ               ヽ__ノ_ノ



139 :吾輩は名無しである:03/10/02 14:26
しかし、作品が全く話題に上らないのがミソか。


140 :吾輩は名無しである:03/10/10 22:49
いまや,あの人を作家として見ている人はいないだろ。
『遠来の客たち』が芥川賞受賞作を超える評価を得る。なんて
今でも,書かせるくらいだから・・・

141 :吾輩は名無しである:03/10/13 14:13
>いまや,あの人を作家として見ている人はいないだろ

いるね。

142 :吾輩は名無しである:03/10/13 14:25
>>141
日本財団の奴とか日本会議の奴とか中教審の奴とかだろ?

143 :吾輩は名無しである:03/11/08 18:30
ショセツは知らんがズリネタとしてなら抜ける
美人はいくつになっても美人

144 :吾輩は名無しである:03/11/25 04:53
短編集が面白いだろ「華やかな手」とか
「神の汚れた手」「天上の青」あたりは誰にでも勧められる名作
「ブリューゲルの家族」が個人的にはベスト
政治的発言とかでバッシングされて、哀しいよ。

145 :吾輩は名無しである:03/11/26 13:02
精神が汚らわしすぎて顔が醜悪なのでズリネタにもならん。

146 :吾輩は名無しである:03/11/26 18:00
>>144
同感。「華やかな手」はいいね。「暁の水葬」とか不気味でいい。
長編なら「虚構の家」とか「たまゆら」かな。

147 :吾輩は名無しである:03/11/27 12:46
別スレは40とかいう○○○゛○がいて五月蝿いがここはマターリしてていいね。

148 :吾輩は名無しである:03/11/28 15:56
>>144
>政治的発言とかでバッシングされて、哀しいよ。

だって、ここ30年以上、政治活動が本業でしょ。
ガーディアンかタイムズだかで、日本のファシストとして紹介されてたよ。


149 :吾輩は名無しである:03/11/28 23:04
曾野綾子のバヤイファシスト呼ばわりは至極正当かと

150 :吾輩は名無しである:03/11/29 21:36
ひとことで言うと「世間知らずのシニシズム」

151 :吾輩は名無しである:03/11/29 22:15
>>150
シニカルなスタンスのようだけど、クリスチャンから攻撃されると
本気になって反論してくるよ。
教科書裁判の時に金城重明牧師を貶めた時には、
カソリックからもやり過ぎとの声があがって、必死になって言い訳してた。


152 :吾輩は名無しである:03/12/01 11:11
>ガーディアンかタイムズだかで、日本のファシストとして紹介されてたよ

それがどうしたの?

153 :吾輩は名無しである:03/12/01 11:15
>>150
アンタよりは知ってるとおもうけどね。

154 :吾輩は名無しである:03/12/01 20:05
こいつ教育審議会で「私はこの年まで2次方程式は使わなかった。学校で
教える必要は無い」ってのたまったんだよな。

155 :吾輩は名無しである:03/12/01 22:31
私はこの年まで2ちゃんねるは使わなかった。学校で
教える必要は無い

156 :吾輩は名無しである:03/12/01 22:48
鸚鵡返しやっているヴァカがいると思ったら、宗教板の曽野スレの荒らしさんでしたか。

157 :吾輩は名無しである:03/12/02 02:05
151=40だな

158 :吾輩は名無しである:03/12/02 13:34
ん?相変わらずヒューリスティック全開だな(藁

>>151
沖縄のクリスチャン(カトリックも含む)全体を敵に回した。
しかも、日本最大のカトリック信者を抱える九州近傍での
氏の振る舞いはじっくりと観察されていたことさえ気づかない。
端的に言うと、馬鹿そのもの(藁

その後、B&G財団が沖縄に施設やホテルを建設したのは、
曽野の肝いりで”これでチャラにしましょう。昔のことは水に流しましょうよ”だとさ(藁
この人は札びらで頬を叩くような真似を平気でして、恥じることさえない。

で、九州の信者はこれもよく知っていますよ。
モノ言わぬ信者から支持されていると思ったら大間違い。

159 :吾輩は名無しである:03/12/12 23:15
つうかこのスレのクリスチャンきもい。


160 :吾輩は名無しである:03/12/29 06:22
アホ面綾子age

161 :吾輩は名無しである:03/12/29 20:32
聖心女子大出身だよね。

162 :吾輩は名無しである:04/01/03 23:47
つうかこのスレの極左集団キモイ

163 ::04/01/04 23:38
>1
美貌は衰えずってああた・・・(w。

でもお若い頃ってほんとうにおきれいでしたよね。
「女の作家にしては」美人なんじゃなくて、「美人だから」美人ていう感じで。

164 :吾輩は名無しである:04/01/05 00:31
今も十分おきれいですよ。同年代の婆やたちと比べて見れ。

165 :曾野綾子:04/01/05 20:22
私を女王様とお呼びこの似非インテリども!

166 :吾輩は名無しである:04/01/07 12:19
このばあさんが日本を代表する女流作家であるんだから、日本の文学の低レベル
 がうかがえておもしろい。

167 :吾輩は名無しである:04/01/07 13:06
緒方貞子女史直系の後輩として正論を喝破し続けるお姿に感服!

168 :吾輩は名無しである:04/01/07 14:17
>>167
緒方女史直系の後輩。緒方さんに失礼ですよ。

169 :吾輩は名無しである:04/01/07 15:13
フジモリさんを調教してるおばさんでしょ。きもい。

170 :吾輩は名無しである:04/01/14 01:47
曽野綾子に天罰を part2
http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1058634547/l50

171 :吾輩は名無しである:04/01/16 12:03
「天上の青」が好きだなぁ・・・
白竜が主演したドラマの方を先に見たのだけどw

172 :吾輩は名無しである:04/02/21 00:47
右翼にしておくのがもったいないくらい間抜けな論調を展開する事があるよね。

173 :吾輩は名無しである:04/02/22 23:10
>>172
いまでは、あの財団のおかげで誰も突っ込めない存在に
なっちゃっているからね。

174 :吾輩は名無しである:04/02/23 01:40
悪人 曽野綾子

175 :吾輩は名無しである:04/03/15 06:50
統一協会の年増女に曽野の本を読めと勧められた事がある
その後、合同結婚式か何かで結婚したその女は即、子供を二人作っていた。

http://www.geocities.com/Colosseum/Court/8490/special/toitsu.htm
そういうことか

176 :吾輩は名無しである:04/03/15 21:28
そういうことだ。


177 :吾輩は名無しである:04/03/15 22:08
そういえば大学の時変な人がいました。統一協会って確か韓国起源のカルトでしたっけ?

178 :吾輩は名無しである:04/03/16 15:44
>>175
どういうことよ?

179 :吾輩は名無しである:04/03/16 19:58
曽野みたいなステレオタイプには『バカの壁』があるので何を言っても無駄なようです。

180 :吾輩は名無しである:04/03/16 20:18
曾野さんってけっきょく、笹川さんの私生児だったんでしょ。
そんなことがタブーになるのが不思議。
半島の血すじだって隠すこともないでしょ、あそこまで偉くなれば、

181 :吾輩は名無しである:04/03/16 21:00
曽野ってチョンだったの?

182 :吾輩は名無しである:04/03/19 20:58
「テニスコート」は好きだった。
随分まえだけど。


183 :吾輩は名無しである:04/03/19 22:00
曽野の亭主ってあれでしょ、文化庁長官かなんかだった時に
「レイプするくらいの男らしさが欲しい」なんてドキュン発
言した人でしょ。
曽野自身も石井苗子のストーカー騒ぎを起こした愛人をファ
ーストクラスの機内でナンパしたって剛の人だしね。
もちろん騒動の前ね。

184 :吾輩は名無しである:04/03/19 22:25
作品の感想も書いてもいいのかな?文学板だし

二十一歳の父 はが若いころ読んでとても好きでした。
主人公より、その友人の秋穂の生き方に共感を覚えた
主人公の父親も魅力的だった。

映画の方が有名みたいだけど、盲目の奥さん役が倍賞千恵子って
時点でもうぜんぜん別物になっちゃってると思う・・・


185 :吾輩は名無しである:04/03/20 03:32
>>178
壷やら印鑑やらを数十万円で売り付けてくる人が好むのよ

186 :吾輩は名無しである:04/03/20 13:35
70年代の著書は割と良いと思うんだけど
近年のはちょっと肌に合わないですー

187 :吾輩は名無しである:04/03/22 16:09
曽野綾子に天罰を part2
http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1058634547/l50

188 :吾輩は名無しである:04/03/23 08:32
>>183

「女性を強姦できるぐらいの体力がないことは男として恥ずべきことである。」
「強姦はなくならないのだから、どうせ強姦するのなら貞操観念のない女性を強姦すればよい」

189 :吾輩は名無しである:04/03/23 08:45
>> ≪美貌は衰えず≫

まあ、あの年にしては綺麗な方かもしれないけどね。
でもその美貌をもってしても曽野の心の醜さを隠すことはできない。

190 :吾輩は名無しである:04/03/23 09:02
>>188

国会会議録検索システム  http://kokkai.ndl.go.jp/

昭和60年6月20日参議院・文教委員会で、三浦朱門(文化庁長官:当時)が
社会党(当時)の議員から吊るし上げられている様子がかかれています。(w

191 :吾輩は名無しである:04/03/23 09:21
http://kyoto.cool.ne.jp/sono001/archives/gokan.htm


192 :吾輩は名無しである:04/03/23 10:19
>>188 アジャ・コングに逆レイプされてほしいな。

193 :吾輩は名無しである:04/03/23 23:57
日ごろから「受けるよりも与える方が幸いである」とか言って、
自分がボランティア活動に熱心であることを吹聴しまくっているくせに、
他人の活動については何やかやとケチをつけるのが好きな曽野綾子。
こいつは自分がカトリック教会から誉めてもらいたくて
ボランティア活動をやっているのだ。

194 :吾輩は名無しである:04/03/25 22:05
プロフィールの欄の肩書きを羅列してあるところを
見ると・・・

195 :吾輩は名無しである:04/03/26 04:39
自慢したくて仕方がないのがよくわかりますね。

196 :吾輩は名無しである:04/04/05 22:38
>>194
新興宗教のアゴン宗の教祖とソックリですね。

197 :吾輩は名無しである:04/05/05 22:39
池田大先生のご母堂に捧げる文章は名文です。
皆さん是非ご一読を。

198 :吾輩は名無しである:04/05/05 23:45
最近エッセイを読んだけど結局自画自賛じゃないの?という
気がしたのですが・・・

なんか今度のイラク人質事件の「自己責任」論調なんて
この人のいいそうな事だなあ、と思ったし。
でも案外地位のある中年以上の男性に受けがいいんだよなあ。
自民党の偉い人たちはこの人の思考形態が好きらしいし
大分影響を受けてると思う。

うーん・・・外国に住んで日本をけなすようなハイソ系の人の
視点を持った私=名誉白人的地位にいる私=男性に認められてる私
を「貧乏で虚弱で女らしくなくて可愛げのない私」というコーティング
で読む者を安心させ・・・・ているつもりらしいが

この人、石原慎太郎と大して変わらん・・・

199 :吾輩は名無しである:04/05/06 22:48
>>198
この人、石原慎太郎と大して変わらん・・・

その通りじゃないですか。この人自分がTOPの日本財団の文学賞
を石原氏にあげているし大の仲良しみたい。っていうかこの人の仲良しばかり
受賞させているような・・・自分の孫があまり良い大学(上智ただし神学部)に
行けなかったのは読書ばかりしていたせいといわんばかりの事を随筆に書くし・・・
自分の子をモデルにした小説では慶応の補欠に入ったけどやりたいことがあるから
南山らしき大学にしたとか、ウソっぽい言い訳するし・・・・

200 :吾輩は名無しである:04/05/07 10:33
>この人、石原慎太郎と大して変わらん・・・

週刊ポスト今週号に両者の対談が載りますね。
だいたい内容は予想つくけど。

201 :吾輩は名無しである:04/05/07 17:57
↑ 立ち読み

「人助けだから歓迎してもらえるだろう」・・んなこと誰も言ってねえっつーの。
相変わらず、他人のことは決め付け、
自分のことは、反論を先読みして言い訳、・・・・・・そんなのばっか。

202 :吾輩は名無しである:04/05/08 14:35
http://www.nippon-foundation.or.jp/org/moyo/2004560/20045601.html

年金未納は日教組が悪いんだそうです。

203 :吾輩は名無しである:04/05/08 14:37
勘違い女!
いちばんに粛正されるべきカマトトはてめー自身だろうが!


204 :吾輩は名無しである:04/05/08 15:44
>日本の教師たちの多くが、自分が損になることは一切しないことが人権だと教えていた。

ハァ?????

205 :吾輩は名無しである:04/05/08 21:53
全国の教師から名誉毀損で訴えられそうな発言だなw。

206 :吾輩は名無しである:04/05/09 08:09
小泉首相に面会を求めた女子高校生がいたじゃん。
結局断られたんだけど、ああいうふうに図々しい子供がいるのも
日教組が悪いって書いてたな。

207 :吾輩は名無しである:04/05/14 15:23
風が吹けば桶屋が儲かる式を論理の構築と捉える癖は直らないのだろうか。

208 :吾輩は名無しである :04/05/14 17:58
日教組が子供を教育したというのもどうもピンと来ないし、
(組合の主催で学校の教育が行われているわけでもないしね)
その教育がいきなり首相に面会を申込んだ子供を生んだと、
よく結びつけられるもんだと思う。

ただもし、これが首相ではなくて革新政党の党首に会いに行った
としても、同じコメントをしただろうか?


209 :吾輩は名無しである:04/05/14 23:40
世の保守オヤジが喜びそうな事を書くのが本当に上手い。
産経,諸君とかの読者向けの。
湖水誕生とかゼネコンヨイショ作品とかもうまいし。
まぁ、日本財○の広告を使った圧力が怖いから誰も批判できないんだろう。
最近は池○○作さんの母上さまに捧げる文章も書いたらしいし・・・
なんでもありだね、まさに

210 :吾輩は名無しである:04/05/30 00:07
自民党と財界の妾

211 :吾輩は名無しである:04/05/31 21:44
>>198 最近エッセイを読んだけど結局自画自賛じゃないの?という気がしたのですが・・・

曽野は「海外邦人宣教者活動援助後援会」なるNGOをやっているそうです。
そのこと自体は少しも悪いことではない、むしろ結構なことだと思いますよ。
ところが曽野は、このNGOを通して「どこそこにいくら寄付した」、
「あそこにはいくら寄付した」と自分の作文に書きまくって自慢しているのだから、
読んでいるほうがうんざりします。
このNGOはカトリック修道者の活動のみに寄付をするそうだから、
ある意味、教会で献金をするのと同じでしょう。
普通、教会で献金したときに「私はいくら献金しました」なんて事を他人にしゃべるものだろうか。
金額までこと細かに書いて、いかにも「私は立派なことをしています」と自慢しまくる曽野綾子。
もう、教皇様から勲章をもらっているのだからそれで十分でしょうが。
もう少し他人に気づかれないようにひっそりとやったらどうですか?

212 :吾輩は名無しである:04/06/01 12:46
>>211
どんな活動をしているかを知って自分も参加したい、送金したいと
思う人がいれば、結果的に活動を促進することになるのだから良いんじゃないですか。
地味にやってたって限界がありますから、広報活動にも意味はあるのでは?

213 :211:04/06/01 15:50
>>212

そういう考えもあるでしょうね。
でも、それならせめて、他人の活動にケチを付けるのだけは、やめてもらいたいです。

214 :吾輩は名無しである:04/06/01 17:23
自分のすべてをしゃべりつくさないと気がすまないオバハン

215 :吾輩は名無しである:04/06/01 19:20
フジモリを飼育してるんでしょ、この変態さんは。

216 :吾輩は名無しである:04/06/03 06:45
>>212
実際に文章を読んでみるとなんとも言えない嫌な気分に
なりますよ。ぜひご一読を

217 :吾輩は名無しである:04/06/03 20:06
同じことでも、自民党の政治家の場合は一生懸命擁護するが、
野党議員だった場合はけなす、というのが曽野のお決まりのパターン。
あっちとこっちで言う事が正反対なのはしょっちゅう。
曽野の書いたものを読んだ感想は、「浅薄」の一言ですね。
曽野の言葉には、「重み」というものがまったく感じられません。

218 :吾輩は名無しである:04/06/03 20:07
同じことでも、自民党の政治家の場合は一生懸命擁護するが、
野党議員だった場合はけなす、というのが曽野のお決まりのパターン。
あっちとこっちで言う事が正反対なのはしょっちゅう。
曽野の書いたものを読んだ感想は、「浅薄」の一言ですね。
曽野の言葉には、「重み」というものがまったく感じられません。

219 :吾輩は名無しである:04/06/03 20:08
>>218

二重カキコ、スマソ

220 :吾輩は名無しである:04/06/04 23:28
>>217
自民党を貶すとしても、自分の後ろ盾となっている中○根とか
石○とかは貶さない。財団への影響を考えてか扇前大臣をヨイショしたり
忙しいこった。

221 :吾輩は名無しである:04/06/17 04:29
>>私も初めからアメリカ追従型のイラク派兵に反対であり、その線に沿って発言して来た。
http://www.nippon-foundation.or.jp/org/moyo/2004558/20045581.html

よくこんなでたらめを書けたもんだぜ。
曽野が「私はイラク派兵に反対だった」だって?
曽野は今まで、アメリカのアフガニスタン攻撃、イラク攻撃に反対する人たちを批判しつづけていた。
そして、自衛隊のイラク派遣についても、

>>イラクに自衛隊を派遣すれば、危険があるのは覚悟しなければならない。
>>だから自衛隊しか対応できないのだ、とやっと世間が理解するようになった。
http://www.nippon-foundation.or.jp/org/moyo/2004526/20045261.html

と自衛隊派遣を支持する発言をしている。
それを今になって「もともと私は反対でした」だとさ。
嘘もいいとこ。
そもそも曽野は、アメリカのイラク攻撃に対して賛成なのか、反対なのか、明らかにしようとしない。
アメリカのブッシュ政権の悪口を書くことはあっても、そのブッシュ政権の中東政策に
日本政府が全面的に追随していることにもほとんど論評無しだ。
自民党政権を批判するようなことを曽野は書くことができない、
かといって、アメリカ追従の小泉内閣の政策を積極的に支持することはもっとできない。
自分が戦争を支持している、となるとカトリック教会から批判されるのが怖いのだ。
曽野綾子ってとことん卑怯な人間だよね。

222 :吾輩は名無しである:04/06/21 17:49
宗教板のスレ、デリキタ━━ヽ(゚∀゚)ノ━( ゚∀)ノ━(  ゚)ノ━ヽ(  )ノ━ヽ(゚  )━ヽ(∀゚ )ノ━ヽ(゚∀゚)ノ ━━!!

削除依頼なしにいきなりきたな〜 



223 :吾輩は名無しである:04/06/21 20:35
「デリ」って"delete"のこと?
980に達して、24時間書き込みがないものは、自動的に倉庫行きになるんじゃなかったっけ?
まあ、新しいスレを立てればすむことよ。

224 :吾輩は名無しである:04/06/26 19:53
お待たせしました。part3の開始です。

【基督教ペテン師】曽野綾子に天罰を part3
http://life6.2ch.net/test/read.cgi/psy/1088233508/l50

225 :吾輩は名無しである:04/06/28 22:46
自慢話ばっか、この人の書くのって

226 :吾輩は名無しである:04/06/30 07:24
「2次方程式の解の公式など 何の役にも立たない。
あんな下らないことを教える必要はない。」
これがジョークでないとすると、この人は想像力が
欠如しており、他人を貶めて優越感に浸りたい欲求が
強いということがわかる。

227 :吾輩は名無しである:04/07/11 22:58
日本財団 ライブラリー
私はこう考える【北朝鮮について】
このコーナーは、私たちにとって大きな社会的問題となっているテーマに
ついて、新聞・雑誌等のマスコミ各社が発表した記事や社説、有識者の方々の
論文などを掲載しているコーナーです。
http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2001/00997/mokuji.htm

日本財団の曽野綾子さんにも
北朝鮮礼讃記事を書いた産経新聞記者の坂本郁夫氏のことを知らせたいです。



228 :吾輩は名無しである:04/08/07 09:33
この人、今一つ人気がないみたい。そういえば天木直人も曽野綾子の事、嫌いと言っていた。統一教会信者で似
非右翼の大物の笹川良一やヤクザとのコネクションが強く、未だに政界に隠然たる力を持つ糸山英太郎と同族というイメージがあるせいか、どうもこの人
好きになれない


229 :吾輩は名無しである:04/08/07 09:46
笹川の私生児という噂もあるよ。
日本船舶振興財団の理事長を継いだというのは、並大抵の事情
ではないからね。
笹川と顔が似ていると言えば、(娘として考えると)確かに似ているし。

230 :吾輩は名無しである:04/08/07 14:08
>>229 笹川の私生児という噂もあるよ。

確かに曽野と笹川はよく似ているけど、「噂」で人を批判するのはまずいよ。
そんなものを引っ張り出さなくても曽野のバカ作文を読めばいくらでも批判るネタはあるしね。

231 :吾輩は名無しである:04/09/07 00:40
   ――――――   @ノノハ@
               //( ´_ゝ`)
  ――――――  ,-―─<\__/> 、
            / ,ゝ─、(\/λ )
  ―――――― √7  /_ ,<\ノ                 /⌒彡
           (_,ソ  ノ ノ(_ノ ⌒─―i―,--―っ       / 冫´)
  ――――――   <_ノ―――ー---'-┴ー⌒     ;  ^ζ`,,、/
                 У ノ        , ; '  ∵   ; , '~
    ―――――――  /  /           ∴ :' ''.
                  へ/         ; : ;
          '⌒       , ヘ/
         ,γ,、ξ  //
     ⊂^~⊂ )ボシュッ
      / (  < ←曽野綾子
     (_(_ノ

232 :吾輩は名無しである:04/09/07 00:50
つまらん

233 :吾輩は名無しである:04/09/07 00:57
なんか荒れてんなw

234 :吾輩は名無しである:04/09/07 00:57
スレタイ見て吹いてしまったモレは地獄逝きでせうか、そのさん?

235 :吾輩は名無しである:04/09/07 19:37
>>231って知能指数相当低そうだなw

236 :吾輩は名無しである:04/10/03 21:03:05
今回の内閣改造で、外務大臣曽野綾子説があった。
これこそサプライズだったのに・・。

237 :吾輩は名無しである:04/10/04 20:20:30
>>236
本当かそれ?
また自分の名前を出したくての自作自演じゃないのか?

238 :吾輩は名無しである:04/10/06 00:28:02
曽野に政治家は無理でしょう。こいつは自分が批判を受けない場所にいて、
そこから他人を批判するのが好きですからね。
少しでも自分が批判を受けるとむきになってやりかえさないと気がすまない性質だ。
曽野がよく、「私は政治は好きではない」という様なことを言うが、
これは「私は政治は好きではないから私を政治的に批判をしないでくださいね。」と言いたいのだ。
「政治は好きではない」のなら政治的発言は慎めばいいのにね。
自分では好きなだけ政治的発言をして他人を批判する、
でもその一方で自分への批判は許さない。
ほんと、下らない人間だよね。
七十過ぎだというのにあそこまで幼稚な人間て珍しいよね。

239 :吾輩は名無しである:04/10/07 21:01:48
>>238
日本財団の仕事で世界中をめぐっているんだから
外相なんて最適じゃん

240 :吾輩は名無しである:04/10/20 17:53:28
>少しでも自分が批判を受けるとむきになってやりかえさないと気がすまない
>その一方で自分への批判は許さない
批判に応えるのは物書きとして当然のこと。批判を許さないって言論弾圧でもしたんですか?
このオバサンが嫌いなら、ただ嫌いだと言えば済むことだ。
自分の考えと違うからといって頭の悪そうな屁理屈を捏ねることはないよ。

241 :吾輩は名無しである:04/10/26 02:21:31

>学校その他に避難した人たちは、ラベルのついた新しい毛布を支給されていた。
>一晩のことに何でそんなに甘やかさねばならないか私はわからない。
>避難したら新聞紙を床に敷いて、何枚も重ね着をして眠って当たり前だ。
>それがいやなら、早めに毛布や蒲団(ふとん)を背負って避難するだけの
>個人の才覚の訓練が要る。
>お弁当なども行政は配る必要はない。
>天気予報を聞くことができるシステムがあるのだから、自分で歩けない老人や障害者は
>別として、避難する時、食料は自分で持って来るのが世界の当然だ。
>台風は教育のチャンスでもあるのに、それを少しも利用していない。

曽野 綾子 「台風 教育のチャンス 利用を」 2004/10/22
産経新聞社 コラム名 透明な歳月の光 131 ※日本財団HPより
※日本財団は、競艇の収益金の一部を財源として、先見性と柔軟性を持って、幅広い公益活動を推進している助成財団です。
ttp://www.nippon-foundation.or.jp/org/moyo/2004596/20045961.html

242 :吾輩は名無しである:04/10/26 10:37:35
●福田恆存歿後十年記念――講演とシンポジウム――
 日時――平成16年11月20日(土)午後2時30分開演(会場は2時)
 会場――科学技術館サイエンスホール(地下鉄東西線竹橋駅7分)
 特別公開――福田恆存未発表講演テープ「近代人の資格」(昭和48年)
 講演――西尾幹二「福田恆存の哲学」/山田太一「一読者として」
 シンポジウム――西尾幹二、由紀草一、佐藤松男
 参加費――2000円
 申し込み――電話(03−5261−2753 *午後5時〜10時)
または電子メール(氏名、住所、電話番号、年齢を明記=bunkakaigi@u01.gate01.com)で、
現代文化会議まで

243 :吾輩は名無しである:04/10/26 19:46:48
「賭け事は嫌いだから,わざわざ自分から賭け事を
しに出かけることはない.」ってホント?
たしか若い頃,二人してパチンコで食べてた頃
あったんじゃなかった?

244 :吾輩は名無しである:04/10/26 20:08:52
心と宗教板
「【基督教ペテン師】曽野綾子に天罰を」スレ
http://life6.2ch.net/test/read.cgi/psy/1088233508/l50


245 :吾輩は名無しである:04/10/27 22:13:43
統一協会=国際勝共連合初代名誉会長の笹川の後継者だからまあ
活動はそのまんまだよね。

笹川ってCIAの手先って話もあるけど本当かなあ?

しかし文学板でこんな話してスレの雰囲気から外れてないというのもなかなかね。

246 :吾輩は名無しである:04/10/27 22:23:26
楽しいリンク集

http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1055560578/l50
≪美貌は衰えず≫曽野綾子について

http://live18.2ch.net/test/read.cgi/eq/1098640884/l50
【被災者は】曽野綾子は凄いぜ!【甘えるな】

http://life6.2ch.net/test/read.cgi/psy/1088233508/l50
【基督教ペテン師】曽野綾子に天罰を part3



247 :吾輩は名無しである:04/10/28 02:50:25
曽野綾子が被災者からサンドバックにされています。w

248 :吾輩は名無しである:04/10/30 19:09:36
家で産経をとっているから、毎週金曜日のコラムを、
なにげに読むんだけども、
今回の震災でNHKアナウンサーについて、もう、
ぼろくそ、人格否定、メチャクチャな攻撃をしてましたが、
ああ、この人は、OL経験もないし、組織に属して下働きもしたことないし、
ただただ、わがままな世間知らずなお嬢さんだったんだなって、
思いましたね。
だいいち、アナウンサーは時間担当のロボットであって、
自分っていうものは持ち得ない。すべて指示にしたがって、声を出し、
操り人形のように、ただ役割を演じているに過ぎないんです。
それも察っせず、ボロクソにその人の資質を攻撃するなんて!

まあ、ホンモノは隠れてじっとしてまつ。
しゃしゃり出てくるのはみんな、ニセモノなんですけどもね。

249 :吾輩は名無しである:04/10/30 20:59:28
http://live18.2ch.net/test/read.cgi/eq/1099069387/l50
【特権意識】曽野綾子ワールド【論理破綻】

250 :吾輩は名無しである:04/10/31 02:40:17
>ホンモノは隠れてじっとしてまつ。
>しゃしゃり出てくるのはみんな、ニセモノなんですけどもね
つまり作家だの評論家だのといった連中はみんなニセモノなわけだ。

251 :吾輩は名無しである:04/10/31 16:21:53
外に出てくると発言に矛盾が生じたり、後に変節したりすることもあるので、
彼の一生にわたる発言が信用できないものになるからね。

252 :吾輩は名無しである:04/11/12 00:24:48
 ちなみに綾子の旦那はゆとり教育推進者の朱門=オマンコです。
 夫婦そろって害基地で大変ですなあ。
 若い頃の苦労が足らないまま文学少女してるとこうなると言う最悪例みたいでかっこいい。

 >>250
 本物って誰?露払いは↑たちだとして。
 だれかがこいつらを煽ってる?ロンヤスのヤスジイサン?かな。

253 :吾輩は名無しである:04/11/19 22:39:16
文学板なのに小説の話する奴がいないな。

254 :吾輩は名無しである:04/11/19 23:04:19
 では、曽野綾子の「太郎物語」。高1のときの教科書に出てきた。ブックオフで続編を見かけたが、(僕が読んだのは陸上部の試合の部分)まだ読んでいない。
 家に戒老録というタイトルのもあるが、おそらく普段のこやつの言動とは正反対の事が書いてあると思われ。
 普通の作家で終わってりゃ良いんだがな。まだ死んでないか。
 早く遠藤周作の後を追え。

255 :吾輩は名無しである:04/11/20 00:26:23
彼女と形容するのも不毛だが、こいつは、すなわちデンパでしかないだろ。|

256 :吾輩は名無しである:04/11/20 23:45:25
 第三の新人はずーっと新人であり続ける奴が多い。作家として成熟しないアカンタレ。
 作家である事が特権階級に属する、と考える人たちが多すぎ。
 

257 :吾輩は名無しである:04/11/21 02:23:03
第三の新人は金持ちが多いからね

258 :吾輩は名無しである:04/11/21 22:48:55
太郎君は頭が良いんです。
慶應の補欠に受かってもやりたいことあるから
南山大学に行くんです。

259 :吾輩は名無しである:04/11/21 23:16:14
 >>257詳細感謝、これでわざわざブックオフや普通の本屋で未熟な作品読まなくてすむよ。でも、笑い話の種によんどかないといかんか。

 ナンチャン?ああ、あの愛知の?キリスト系だったね、たしか。やりたいことって何?太郎君。
 シンプソン、じゃない神父にでもなるのか?
 アヤコの旦那も愛知でどこかの学長やっていたっけ。
 太郎君、慶応の補欠ではあんまり頭いいとはいえないです。
 太郎君、愛知なら名古屋大学へ行きなさい。それも文系ではなく理系へ。
 

260 :吾輩は名無しである:04/11/22 19:49:46
太郎君の子供は高校時代小説ばかり読んでいたんです。
だからいわゆる学校秀才ではないんです。
上智の神学部か文学部に通っています。
将来は貧乏学者になるそうです。
三浦氏も最近、上智が昔と違って超一流大学になったと書いています。

261 :吾輩は名無しである:04/11/22 22:50:56
>>259
アホ?

262 :吾輩は名無しである:04/11/22 23:41:07
>>261
 君はナンチャンか刑殴? それとも情痴?
 アホは太郎君。神学部か文学部。企業にはどちらも使い物にならないとみなされる駄目学部。
 
 
 朱門=女性器ですから。超一流の。そこの浅い予備知識。学はあるけど教養がない。


263 :吾輩は名無しである:04/12/26 22:23:19
名大だけには逝かないことをおすすめします。
愛知県内だけしか通用しないお山の大将の腐臭に嫌気が指すこと請け合いです。
愛知で生まれ育ち愛知で一生を終えるのならオススメですが、それ以外はオススメしません。
名大は学部的には文系より理系がいいのは事実です。
文法経は三流の左翼系教授だらけで気の毒です。
しかし親の七光りで食えるのだからあくせく企業に行く必要ないので、
情痴の神学部がいいと思う。カトリック系神学部だと難産だけど都内の方が
何かと便利ではあります



264 :吾輩は名無しである:04/12/26 23:22:47
>>248
自分もそれ読んだ。被災地の役所に電話がかかってるのに
アナウンサーが職員にインタビューをして電話の対応に手が回らなかった
ことを傲慢だって叩いていた話だと思う。自分はアナウンサーだけが叩かれるの
はおかしいと思った。理由は3つ。
第1に役所側にも対応の選択枝がある。電話番を配置したっていいし、無理なら最初からインタビューを断れる。
最悪インタビュー途中でも対応の指示を出してればアナウンサーとNHKも状況に気づいてたかもしれぬ。
第2にNHkも報道してるのだから無意味ではない。インタビューによって人が救われることがあるかもしれぬ。
第3にアナウンサーだけが責められれるのはおかしい。人格攻撃的な書き方してたが、中継チームの責任まで
アナウンサーがとれるとは思えない。
まあぱっと見た感想なんで精密な検証は実際の文章を見てやってほしい



265 :吾輩は名無しである:04/12/31 19:14:52
>>263 よく知ってるな。それは否定できない。確かに。
 名大の友人達からすべて聞いた台詞「だって俺、名大だし」
でもね、会社員ってのは転勤あるからお山の大将ではいられないから大丈夫。頑張ってガンダムでも何でも作ってくれればいい。
 神学部で神様ボケするよりはずっとマシ。理系なら物を作れるから。
 イエス相手に最終解脱したって何の役にもたたんだろ。高学歴のバカが一人増えるだけ。
 日本の知識人ってイカレウヨに攻撃される反撃できない役立たずサヨの戦いでもあるのだな。
 反戦叫ぶとすぐにサヨ。イカレウヨは戦争ボケ。戦いたきゃ傭兵にでもなれよ、とか思うし。
 カソリック系は血の気が多くて困る。
 来年も財団ババアは暴言を繰り返すんだろうな。昼寝するお化け、これは自分のことなんだな。
 ずうっと寝てていいからね。ババア♪
 執拗に香田さん攻撃してるものな。なぜ誰も猫の首に鈴を付けないのだろうか?
 
 

266 :いなむらきよし:04/12/31 19:21:15
俺の奇形も衰えないキケー!

267 :吾輩は名無しである:05/01/16 19:48:29
キショスレage

268 :吾輩は名無しである:05/01/17 15:12:19
この人も昔は美少女作家だった。

269 :吾輩は名無しである:2005/04/18(月) 17:24:15
age

270 :吾輩は名無しである:2005/05/12(木) 20:07:39
偶然見つけたが、

ttp://www.taku.net/pp/ima/006.html

9 クライン孝子→山崎 拓
2000年10月17日

>日本では曽野綾子氏の学校における奉仕活動義務化について、
>いろいろと批判があるようですね。氏は日本の国内事情を心得ておられ、
>その事情というのをよく呑みこんで


ギャグですか?

271 :吾輩は名無しである:2005/05/26(木) 03:54:23
「哀歌」は優れた小説だ。

272 :吾輩は名無しである:2005/06/17(金) 08:18:27
曽野綾子のエッセイ読んでると、自民党に投票したくなる。

273 :吾輩は名無しである:2005/06/20(月) 13:59:25
曽野綾子が警戒せよ と言い続ける この事実 ↓

彼女は それを言うなら もっとはっきり言えばと思うが

http://blog.goo.ne.jp/pandiani/e/af1a456cca7c5cb96360360b4c16abdf


274 :吾輩は名無しである:2005/06/20(月) 14:46:25


これも彼女が盛んに言っていた 

http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Lake/2362/ZAINICHI.htm

275 :吾輩は名無しである:2005/06/21(火) 18:00:38
曽野綾子みたいな反動婆さんに若いうちから賛同してたら
終わりだね。

276 :吾輩は名無しである:2005/06/21(火) 18:01:35
おっと、あげとくか。

277 :吾輩は名無しである:2005/06/22(水) 09:48:58
>>273
こういう方に関心があるんだね  この婆さんは

278 :吾輩は名無しである:2005/06/22(水) 20:26:24
昔から曽野は韓国が大嫌いだからな。韓国はキリスト教徒が多いから
曽野は、その方面からのいろいろの情報に通じていて、韓国人を非常に
嫌っている。
日本にいる韓国人も、居ることがおかしいから、さっさと出て行けと
言っている。
けっこう徹底した在日嫌いのおばさんだ。

279 :吾輩は名無しである:2005/06/25(土) 11:14:47
 ***** 曽野綾子の常識 *****

横山ノック知事のレープ事件
1999年、毎日の朝刊の「時代の風」で、曾野さんは「なぜその時、
女子大生は『キャアー』と叫び、『何するのよ!』 と知事のほっぺたを
ひっぱたかなかったのか」「後から裁判を起こしたりするのは、女性の
甘えである」と主張。

男性が痴漢のぬれぎぬを着せられる小説を引用し、「男女同権運動家
ほど、女性を売り物にするのは、昔も今も 変わらない」と述べた。
 
弁護団は「わいせつ行為がうそのような印象を与える内容。痴漢に
注意したためレイプされた事件もあり、 抵抗が有効とは限らない。
恐怖から声を上げられない女性も多く、曾野さんは性被害に誤った
見解を持っている」 と述べている。







280 :吾輩は名無しである:2005/06/25(土) 19:10:38
宗教の話はホントにこの辺にして
オレは靖国賛成派

政教分離は原則として必要だろうが、政治に影響を及ぼさない限りは問題無いと思う
イラク戦争で「これは宗教戦争だ」と言い出したブッシュもあまりのバッシングでアッというまに撤回してた
政治に宗教を持ち出しちゃいかんよね 例としては不適切かな

靖国参拝は、実際は政治そのものには影響していない
中韓の「政府」が文句つけたいだけなのは、誰が見ても明らか

それ以外に問題なんか発生して無いじゃん

結局、あの発生したことしたいがバカバカしい裁判でも
判決そのものは「憲法違反ではない」になってるわけだし

281 :吾輩は名無しである:2005/06/25(土) 22:48:19
なんまり曽野のこと書くのやめようぜ。 あのババアは、また調子に
のって変なことばかり書くからな(藁)

282 :園子:2005/06/29(水) 22:15:22
曽野のオバンスレ ここも ↓

http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/sisou/1120030597/l50

283 :吾輩は名無しである:2005/07/10(日) 21:40:59
処女結婚した曽野さん。

284 :吾輩は名無しである:2005/07/12(火) 23:58:14
 財団を弟に譲ったね。作家に専念するのか?評論よりも小説書いてくれたほうが良いな。
評論は図書館で読破しているがひどいの一言に尽きる。

 小説はまだマシ。

285 :吾輩は名無しである:2005/07/13(水) 15:53:03
>>284
辞めたことネタにPHPから本出てたから、立ち読みしたら....
確かにひどい。こいつ女の肩書き取ったら何も残らない作家だな。
一冊しか入荷してないのも頷けるw

286 :吾輩は名無しである:2005/07/16(土) 14:33:47
>>284
ひどくなんかないやい。
「誰のために愛するか」には納得しながらよんだ。

287 :吾輩は名無しである:2005/07/16(土) 15:17:01
>>280
高橋哲哉の靖国問題でも読んで出直してくれ

288 :吾輩は名無しである:2005/07/18(月) 10:05:30
>>287
高橋なんて
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1102739444/
スレの 松 ◆Rkwnr/BQ7Y さんにあっさり論破されてるじゃんw

289 :吾輩は名無しである:2005/07/18(月) 10:42:06
そのあや子に関して、面白い記事がある

http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/sisou/1120030597/l50




290 :吾輩は名無しである:2005/07/18(月) 11:22:15
曽野も、この画面から・・

http://web1.nazca.co.jp/hp/vipper774/bhw/bhw.html

291 :284:2005/07/24(日) 00:36:12
 他のも読んでみ。まともなものなんてほとんどないやい。
 

292 :吾輩は名無しである:2005/07/24(日) 22:15:37
笹川良一は あっちにも、こっちにも子供を作りまくった男だそうよ。
曽野もその一人、俗に言えばメカケの子らしいってホントかしら?

293 :吾輩は名無しである:2005/07/24(日) 23:38:43
曽野綾子さんの作品で、生まれつき顔半分が大やけどで、
あとの半分が美人という女性が主人公になっている小説があると聞いたのですが、
そのタイトルをもし知っている方がいらっしゃったら教えていただきたいです。

294 :284:2005/07/25(月) 00:57:09
>>292
 曽野は嫌いだが、産まれまでは本人がどうする事も出来んだろ。
 そうだとしてもそれとこれとは別だと思うぞ。曽野個人の思想がそれで歪んだり、宗教に頼らざるをえないとしたら気の毒だが。

 だが曽野は偏った思想を公然と正当化しているから問題なのだと思う。

 

295 :吾輩は名無しである:2005/08/10(水) 15:14:40
>>293
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101146349/bbsplus-22/ref%3Dnosim/249-0809375-1705955

296 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 21:09:37
age

297 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 21:18:06
政治なんかには時々トンチンカンなこというけど
『魂の自由人』なんかはおもしろく読めたけどな
おれは完全な無宗教だけど

298 :吾輩は名無しである:2005/10/08(土) 08:10:33
アヤヤの政治思想は嫌いだけど、『天上の青』の迫力とテーマの深みは、今ま
でオラが読んだ作品のベストテンに入るな。悪をせざるを得ない人間の悲しみ
によりそい共苦するヒロインの造形はお見事でやんす。


299 :吾輩は名無しである:2005/10/08(土) 09:19:47
百瀬博教とはどこで知りあったんだろう

300 :吾輩は名無しである:2005/10/08(土) 12:05:38
300ゲット?
三浦綾子とよく混同する

301 :下の名は、ちづこ:2005/10/08(土) 15:47:26
本名の姓が、ちうかダンナが三浦だからね。尚更...。


302 :吾輩は名無しである:2005/10/08(土) 16:03:45
「天上の青」って、大久保清の事件から材を取っているとよく言われているけれど、
獄中の殺人者と無垢な魂を持つ女性との往復書簡という部分は、きっと、死刑囚・
島秋人と当時女子大生だった前坂和子さんとの書簡集「空と祈り」あたりから着想を
得ているんだと思う。

島秋人は死刑になる寸前まで俳句を読み、歌集を出版することを夢見ていた。
そして、洗礼を受けてクリスチャンとなり、刑場の露と消えた。一方の前坂さんも
クリスチャン。このように設定が似ているところがある。カトリックの曾野綾子さんは
きっと、このふたりのあまりにも純粋な交流を、自身の文学の一部として留めて
おきたかったのかもしれない...と思う。



303 :302:2005/10/08(土) 16:08:49
× 俳句を読み
○ 短歌を読み



304 :吾輩は名無しである:2005/12/05(月) 15:52:23


305 :吾輩は名無しである:2005/12/05(月) 15:57:15
ばばーおんなキリスト教右派だろ。女版ブッシュじゃん。w

306 :吾輩は名無しである:2005/12/06(火) 23:53:39
部族虐殺というのを読んでいます。
なかなか面白いのですが、一遍一遍短いエッセイなのに
途中から内容がすっ飛んでいくので「えっこれ何の話だっけ」
と題名からしばらく読み直したりします

まあでもいろんな国に行って野宿とかしてんのは凄いと思う。

307 :吾輩は名無しである:2005/12/07(水) 21:26:11
>>306 まあでもいろんな国に行って野宿とかしてんのは凄いと思う。

バックパッカーの真似事をして、それで世界を見た気になって
日本人を馬鹿にするような作文を書くのが曽野の流儀。

308 :三浦友一:2005/12/07(水) 22:31:48
>>307>>306
野宿なんて驚くことないよ。漏れも日本で野宿はしたことたびたびある。
ただ夏の夜に公園のベンチで眠ったりするのは、たいていにした方がいい。
ホームレスと見られると、嫌なことに会う。

曽野は女一人で、砂漠のど真ん中で野宿なんかしてないさ。結局、
こんな大胆なこともやりました、と書きたかっただけ。きっと、そばで
若い用心棒に見張りさせていて眠ったんだ。


309 :吾輩は名無しである:2005/12/08(木) 05:50:17
教徒が有名な犯罪者に擦り寄っていく様は、何度見ても吐き気がする。

310 :吾輩は名無しである:2005/12/08(木) 06:03:20
>>308
それって石原のヨットクルーズと一緒だな。
周りの人間が全部お膳立てしてるらしいから。


311 :吾輩は名無しである:2005/12/08(木) 10:00:46
>>300
三浦綾子 V 曽野綾子

どっちが上か?

312 :神の贈り物:2005/12/09(金) 09:36:30
★ 佐藤しのぶのクリスマスコンサートがあります。 ★

12月15日、16日にオーチャード・ホール 午後6時30分から

豪華な夜のひととき、世紀の歌姫が最高の贈り物です。
「歌はあたし、あたしは歌よ。歌に出会い、歌に小石、人生は浴衣に!」

みなさん誘い合って来てちょうだい!

S席 9000円です!A席7500円です!  安い!



313 :吾輩は名無しである:2005/12/09(金) 09:59:28
>>312
氏ね

314 :吾輩は名無しである:2005/12/15(木) 14:25:42
>311
病弱放蕩自殺未遂クリスチャン Vs 温室老けお嬢
じゃないの?

こいつの経歴konozamaで見ようとしたら自作自演書評を見つけた
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4198620326/qid=1134623654/sr=1-6/ref=sr_1_10_6/249-0244661-7079524

315 :吾輩は名無しである:2005/12/15(木) 16:21:54
日本財団の内部の人間に書評を書いてもらわなければならないなんて
落ちぶれたものですね。

316 :吾輩は名無しである:2005/12/15(木) 22:30:47
「希望」は面白いと思う。
読んでいて鬱になるが…。

317 :吾輩は名無しである:2005/12/22(木) 22:13:26
曽野綾子って亡くなったんだっけ?

318 :吾輩は名無しである:2005/12/23(金) 19:52:00
>>317
とうに死んだよ。

319 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/23(月) 12:38:04
もしも曽野さんのルックスが林真理子だったら、辛口エッセイ、聖書のお話なども
もっと説得力あったんじゃないかと思えてならない。

320 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 01:58:23
c

321 :吾輩は名無しである:2006/02/23(木) 17:47:51
曽野綾子は小説家ではない。エッセイストか、せいぜい文化人だ。君達は曽野綾子の小説読んで小説だと思うのか。不思議だ。

322 :吾輩は名無しである:2006/03/11(土) 21:21:42
>>321 曽野綾子は小説家ではない。エッセイストか、せいぜい文化人だ。

曽野のいったいどこが「文化」なの?
あんなものは便所の尻拭き紙の価値もないんじゃないの?

323 :吾輩は名無しである:2006/03/12(日) 21:36:50
いい根性しるな。
囃子まり子と一緒にはできないぜ。

324 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 02:34:40
曽野綾子さんマンセー!

325 :熱燗兵衛:2006/03/23(木) 08:06:20
曽野はペルーのフジモリを匿い、
右翼の日本財団のトップになった極悪人!


326 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 09:18:56
今や、志を失った日本人のなかの、「武士」の一人である。
あるいはその妻になる資格を持った大和撫子である。

327 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 10:22:14
曽野綾子が武士とは笑わせる。
曽野はバテレンに魂を売った売国奴。
国際メーソンリーの一員として日本のユダヤ化に向け、日夜暗躍している。

328 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 10:36:21
でも「靖国神社」には堂々と行くってさ。

329 :吾輩は名無しである :2006/03/23(木) 11:47:24
美人で背が高くて文才があって聖心出身で、21歳で東大卒と結婚して
22歳で男の子産んで芥川賞候補になって、、勝ち組人生まっしぐらの人。
実の父親に迫害されたこと、目が悪かったくらいしか苦労してない。
傲慢に見えてもしかたがないでしょう。人に使われたこともない人だし。
目の病気してた一時期は謙虚で性格が良かったような気がする。その頃だけ。

330 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 18:03:00
そう?俺は好きだけどな。
某「社^党」や、もと総理の下品な娘や、青いドレスのオバハン、
セックスレスの本当はスケベな同業者何かより、
こういう女性がいてくれて、ほっとするよん。

331 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 18:03:33
小説家としては二流あるいは三流だが、楽天的平和主義者や観念的左翼知識人
を批判するエッセイの中には鋭い指摘もあり、かつてはそれらを愛読したこと
もある。
しかし最近は、老人性痴呆の初期症状の一つである<感情失禁>としか思えな
いような駄文を、書き散らしている。


332 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 22:21:51
そっかな、別に逆らうつもりはないよ、でも、3系の週一のコラム、先週のも
含めて読んでて、膝を打ったけどね、個人的には。ただ、小説は今は読まない
けども。

333 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 23:02:34
>>329 芥川賞候補になって、、勝ち組人生まっしぐらの人。

芥川賞「候補」にはなったけど「受賞」はできなかった。
そのことがいまでも相当に悔しいらしい。
特に、左翼の大江健三郎が自分が受賞し損ねた芥川賞のみならず、
ノーベル文学賞まで受賞したことには我慢ができないご様子で、
大江のノーベル文学賞受賞直後に、どこかの雑誌に、
「『ノーベル賞は評価されすぎだ』と、イギリスのサッチャーが言っている」と書いて、
つまらないケチを付けようとしていたあたりに、この婆さんの本性が現れています。

334 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 23:23:35
おっと、そこまでいわれちゃあ・・
いや、それより川端のノーベル賞のとき、一人「何だ、ぺこぺこして
みっともない」と言って、一人日本人の熱狂ぶりに冷水をかけた人物
がいた。
でも「ノーベル賞」でおお騒ぎするのは、お隣の絶対日本の野球世界一
を評価しない、やつらとこの国ぐらいだろう、もちろん更なる「文化後進国」
も含めて。大江のありゃ、どう考えたって酷い。堂々とけちをつけた女史が偉いのだ。
第一、川端にやるなら谷崎は?三島は?って話になるだろう。さらには西脇順三郎も・・・
で、川端を嗤ったのは、・・・言うまでもないわさ。

335 :吾輩は名無しである :2006/03/24(金) 12:44:46
曽野綾子は文学賞に縁がない作家。むしろ財団や奉仕活動でノーベル平和賞でも
もらいたかったのだろう。もはや作家という感じしないし。

336 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 19:29:21
>>334 堂々とけちをつけた女史が偉いのだ。

曽野は大江健三郎のノーベル文学賞受賞に対して「堂々とけちをつけ」ていません。
雑誌の中で、大江の名前を出さずに、その上、他人(サッチャー)の名前を使って
「こそこそケチを付け」ただけですよ。

337 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 19:39:41
でも、ちゃんとわかった。
それを「堂々」というんじゃない?
要するに、謙虚と皮肉と両方を織り交ぜた・・・
たしか、シュモンさんに聞いたら、そう言ってたと記憶してる。

338 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 20:06:55
>>337 それを「堂々」というんじゃない?

いいません。
「堂々」という言葉を使うのであれば、

1.相手(大江健三郎)の名前をきちんと出す
2.自分の言葉で説明をすべきであり、「他人がどう言っている」などという
「虎の威を借る」ような真似をすべきではない

ということを最低限守るべきでしょう。
もっとも、曽野のような自民党と財界の「妾」にそんなことを要求することじたいが間違いなんですけどね。

>> シュモンさんに聞いたら、そう言ってたと記憶してる。

337はシュモンさんとお知り合いなんですか?
このジイさんはかつて、「女性を強姦できる体力がないことは、男として恥ずべきことだ」
と言う馬鹿発言をして国会でつるし上げられたことがあるけど、
このときシュモンは、国会ではしおらしくしていたにもかかわらず、
あとになって「にわか長官のなんとか・・・」という本で
自分に抗議してきた女性団体に嫌味を言ったり、
こともあろうにシェイクスピアの名前を引っ張り出して、
ごちゃごちゃわけのわからない言い訳をしていたもんだ。
シュモンにしても、曽野綾子にしても、どうしてこうもそろって馬鹿なんだろうね。
良かったら教えてくんない?

339 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 20:22:50
>>330

曽野の「セックスレスの本当はスケベな」同類たち

http://homepage3.nifty.com/m_and_y/genron/ishihara/data/1999genei-p20.htm
http://www.janjan.jp/government/0504/0503315198/1.php
http://natto.2ch.net/soc/kako/1019/10196/1019641568.html

340 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 20:47:46
知ってるよ、そんなこと。
ご苦労さん。
もっと、聞きたいよ。あんたの卓見。
みんな期待してるからね。

341 :吾輩は名無しである:2006/03/25(土) 05:53:14
「極北の光」は好き。主人公を変に美化せずにあくまでも平凡な女性として描けてるとこがすごい。

342 :吾輩は名無しである :2006/03/25(土) 09:47:14
曾野綾子の小説読むと気持ちが暗くなる。曽野自身の中にある嫌な内面をキャラに代行させて
救いようがない感じ。本人は小説に書くことで心のバランスを計っているのかもしれないけど、
毒を読むようで読者は迷惑。もの凄く人間不信で暗い性格の人だというのは分かるけど。
明るいのはモデルが息子の「太郎物語」くらいでしょ。

343 :吾輩は名無しである:2006/03/25(土) 11:57:31
このクソババァを擁護する香具師はこいつが
自  分  に  甘  く  人  に  厳  し  い
傲慢ババァだってことに気がつかないんだろうな
中越地震の被災者をボロクソにやじっといて横山ノックやフジモリは擁護するチンカスさ
何が「弱きを助ける」だよ
い  い  加  減  目  覚  め  な  さ  い
いや
死    に    な    さ    い
高級な別荘ごと燃えてろ

344 :吾輩は名無しである:2006/03/25(土) 13:09:27
オレも「ノック」と「フジモリ」は擁護したいぜ。

別に高級別荘を燃やさなくても、あんたの中で腐った情念が大火事
起こしてるからいいんじゃないの?

345 :吾輩は名無しである:2006/03/25(土) 22:50:25
このババァがノックとフジモリを擁護する理由は自分の株をageたいだけってことは見え見えだろ

>あんたの中で腐った情念が大火事
うまいな…さすが文学板…

346 :吾輩は名無しである:2006/03/25(土) 23:07:36
ありがと。

347 :吾輩は名無しである:2006/03/25(土) 23:42:22
>>344 このババァがノックとフジモリを擁護する理由は自分の株をageたいだけってことは見え見え

そんなめんどくさい理由があるとは思わないですね。
曽野には「強気に諂い、弱きを挫く」という習性が染み付いているからだと思うよ。

348 :吾輩は名無しである :2006/03/26(日) 07:47:18
不眠症に悩んだり、目を悪くした40代までの顔はそんなに悪くないと思うけど、
最近の写真見ると、もろに傲慢、不遜、自分だけ正論、という印象。
キンキラに着飾った女帝風。もう今からじゃ変わらないだろう。

349 :吾輩は名無しである:2006/04/02(日) 21:38:09
>>332 でも、3系の週一のコラム、先週のも含めて読んでて、膝を打ったけどね、個人的には。

昨日、久しぶりに図書館に行ったので、3Kに掲載されているそののこ作文を読んでみました。
まあ、なんというか、あれはもう曽野自身の老化防止を目的とした作文教室ですね。
些細なことを大げさに取り上げて説教して見せる、というのがお決まりのパターンで、
それでいて常識の範囲のことしか書いていないので、およそ「膝を打」つような物ではないですね。
332はいったいどこに感銘を受けたの?あんなものに「膝を打」つほうが問題じゃないの?

350 :1,2のアッホ!:2006/04/03(月) 07:02:58
ただの婆!

351 :吾輩は名無しである:2006/04/05(水) 22:33:25
もう少し、貶すなら、面白い書き方をしてくれ。
芸があればの話だけども。

352 :吾輩は名無しである:2006/04/06(木) 00:24:21
曽野綾子女史は時期安部内閣において、入閣が内定しているそうです。
これでやっと日本も普通の国々の仲間入りができますね。
今夜は祝杯だ。
万歳!

353 :吾輩は名無しである:2006/04/06(木) 18:18:00
普通の国々にあやまれ

354 :吾輩は名無しである:2006/04/06(木) 18:46:14
美人も不美人も、年取ると似たり寄ったりになるんだね。



355 :吾輩は名無しである:2006/04/07(金) 22:27:31
普通の国ぐにって、日本のことか。
そうだ、半島人、チャイナ、やんきー、ロスケ、ちゃんと謝れっ。

356 :吾輩は名無しである:2006/04/08(土) 01:28:35
>>355
君は何を言っているのか?

357 :吾輩は名無しである:2006/04/12(水) 21:35:21
満州をかえせ!

358 :吾輩は名無しである:2006/04/13(木) 01:17:25
曽根さん年収いくら?

359 :吾輩は名無しである:2006/04/13(木) 03:04:45
街道や層化には嫌な人だろうな、この人は。
人道屋や無責任な左巻きよりか好感持てる。

360 :吾輩は名無しである:2006/04/13(木) 19:49:09
自民党と財界のめかけ。

361 :吾輩は名無しである:2006/04/13(木) 20:31:29
満州をかえせ!

362 :吾輩は名無しである:2006/04/15(土) 05:07:02
>>359
この人は無責任な右巻きですが

363 :吾輩は名無しである:2006/05/05(金) 11:09:31
くだらんこと書いて荒稼ぎだな おばさん

364 :吾輩は名無しである:2006/05/06(土) 19:55:51
ここの管理人H之sanよりキタナいカスだよばぁさん
速く御退去なさって下さい

365 :吾輩は名無しである:2006/05/06(土) 20:26:32
インタビュー読めばわかるけど、ひろゆきは左翼だよ。

366 :吾輩は名無しである:2006/05/06(土) 20:31:35
管理者が右寄りだったら安心して書けねーよw

367 :吾輩は名無しである:2006/05/09(火) 17:35:52
この人の書いたエッセーわりと好きで読んでたんだけど、
横山ノックの事件の被害者に対する発言とか、台風被災者批判の文章見てからは
腹立っちゃってあんまり好きじゃなくなった…

368 :吾輩は名無しである:2006/05/09(火) 17:38:00
この人の書いたエッセーわりと好きで読んでたんだけど、
横山ノックの事件の被害者に対する発言とか、台風被災者批判の文章見てからは
違和感覚えてしまって、あんまり好きじゃなくなった…

369 :吾輩は名無しである:2006/05/09(火) 19:02:17
昔はキリスト教だったでしょ?
今は...

370 :吾輩は名無しである:2006/05/13(土) 13:42:10
オウム震痢狂

371 :吾輩は名無しである:2006/05/14(日) 09:43:32
今朝都知事とテレビに出て種

372 :吾輩は名無しである:2006/05/14(日) 12:42:13
こいつイエスよりも苦しい死に方して欲しいよw

373 :吾輩は名無しである:2006/05/18(木) 09:35:54
>>372
イエスを引き合いに出すのは、イエスに対する冒涜ですよ

374 :AmiLaLa ◆V0C09R5Pg. :2006/05/18(木) 12:42:52
まぁイエスみたいな邪悪なぺてん師よりかは、少しはマシだろうよ。

375 :吾輩は名無しである:2006/05/23(火) 10:18:07
>>374 まぁイエスみたいな邪悪なぺてん師よりかは、少しはマシだろうよ。

そういうことは、直接、曽野にいってやれ。
ばあさん、発狂するぞ。

376 :吾輩は名無しである:2006/06/05(月) 20:20:59
age

377 :吾輩は名無しである:2006/06/12(月) 22:06:27
サッカーなんかにおお騒ぎする人達って、どこか幼稚ですね
(その あやこ)

378 :吾輩は名無しである:2006/06/12(月) 22:35:28
同意。
日本は文化の熟成度がいまいちです。
サッカーなんてただのスポーツなのに。

379 :吾輩は名無しである:2006/06/12(月) 23:58:24
スポーツ面はだめだから、せめて文科系は世界に通用するような水準まで行けば医院だが。


380 :吾輩は名無しである:2006/06/17(土) 01:18:45
面白かったのは、『虚構の家』と『不在の部屋』どすな。

381 :吾輩は名無しである:2006/07/26(水) 00:03:47
-=-::.
    /       \:\
    .|         ミ:::|
   ミ|_≡=、´ `, ≡=_、 |;/  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  .  ||..(゚ )| ̄|. (。) |─/ヽ < おりゃ
    |ヽ二/  \二/  ∂  \_____
.   /.  ハ - −ハ   |_/
   |  ヽ/__\_ノ  / |
   \、 ヽ| .::::/.|/ヽ  /
.     \ilヽ::::ノ丿_ /
      /しw/ノ..( ,人) 
      (  ∪゚  ゚|  |
      \ \__, |  ⊂llll シュッ! シュッ! シュッ!
        \_つ ⊂llll  
        (  ノ  ノ     シュッ! シュッ! シュッ!
        | (__人_) \  シュッ! シュッ! シュビデゥビドゥ〜〜
        |   |   \ ヽ
        |  )    |   )


382 :吾輩は名無しである:2006/07/29(土) 13:14:45
>>375
今更ながらコーヒー吹いた

383 :吾輩は名無しである:2006/07/29(土) 13:18:44
夏だなー

384 :吾輩は名無しである:2006/07/29(土) 13:20:05
曽野綾子さんって今何歳ですか?

385 :吾輩は名無しである:2006/07/29(土) 13:24:59
今年75になられるようですが・・

386 :吾輩は名無しである:2006/07/29(土) 19:49:35
年をとればとるほどプライドが高くなるって聞いたことがあるが、この婆さんの場合(ry

387 :吾輩は名無しである:2006/09/26(火) 18:11:51
週刊ポストの記事には閉口した

こんな耄碌した婆は
日本の文壇の恥だ

さっさと断筆してくれ
老害婆!!

388 :吾輩は名無しである:2006/09/27(水) 16:18:40
>>387
どんなことを書いていたの?

389 :吾輩は名無しである:2006/09/29(金) 23:02:10
はやく このばば詩ね!

390 :吾輩は名無しである:2006/09/29(金) 23:10:40
同年代の女性を見るに、ほとんど自分のお母さんのようにしか思えないのですが

391 :吾輩は名無しである:2006/09/29(金) 23:54:44
>>385
75だからどうした?
75だから、もう書くな  そう言いたいのか?

392 :吾輩は名無しである:2006/09/30(土) 00:46:17
>>387
宣伝乙

393 :吾輩は名無しである:2006/10/01(日) 02:07:52
今年のはじめに書いたコピペ
 ↓
697 名前:名無しさん@3周年 投稿日:2006/01/21(土) 20:37:11 ID:BuTKVTC4
>>693
ポスト立ち読みしてきた。

まず最初に曽野はニートとフリーターの広義での定義を引用してる。
しかし、その後で曽野は、フリーターを"好きな時だけ働いて、嫌になっ
たらすぐ辞める、社会的な責任を負わない若者"とばかりに再定義。
最終的には、ニーともフリーターをまとめて"親に寄生するパラサイト"
として捉え、親が甘やかしすぎだ、不相応の収入を望んでいる、最低
賃金の仕事でも文句を言わせずやらせろ、とまあこんな感じでまとめ
ている。

「欧米」や「私」の例を引き合いに出すのも忘れないが(笑)、比喩とは
いえ途上国では「他人から盗んででも、一人立ちしてる」とでもいうよう
なことを書いていて、少し笑った。

394 :吾輩は名無しである:2006/10/02(月) 13:00:54
>>393
曽野綾子流の犯罪の薦めだよ

こんなことしか言わない オバン

395 :吾輩は名無しである:2006/10/03(火) 21:00:40
>>393
>最低賃金の仕事 ・・・がバイトなのにね

396 :吾輩は名無しである:2006/10/04(水) 02:14:46
>>393 "好きな時だけ働いて、嫌になったらすぐ辞める、社会的な責任を負わない若者"

相変わらず、自らのバカさをさらけ出しているあたりが、曽野らしいですね。
「社会的な責任を負」っていないのは、雇用保険や厚生年金負担を逃れるために、
正社員雇用をせずに派遣社員やパート社員を増やしている企業のほうでしょうが。
このような雇用環境の悪化が、少子化、年金制度の不安定化につながっている。
曽野は、このような企業の社会的責任逃れについて、少しは言及するつもりはあるのだろうか。
まあ、曽野は馬鹿だから思いつきもしないんだろうね。

397 :吾輩は名無しである:2006/10/06(金) 11:23:30
今日の産経朝刊も酷かったな。もう何も言いたくない

398 :吾輩は名無しである:2006/10/06(金) 20:12:38
内容書けやクズ

399 :吾輩は名無しである:2006/10/06(金) 22:31:13
エッセイを読んだことがある。
文才は感じなかった。

400 :吾輩は名無しである:2006/11/02(木) 22:13:09
先日の産経にいじめについての記事は醜かった。
私は言いたい。
氏ねやクソババア


401 :吾輩は名無しである:2006/11/04(土) 19:39:40
曽野さんて文学賞に縁がない作家ですね。

402 :吾輩は名無しである:2006/11/06(月) 09:44:16
産経新聞「主張」10月31日付
>(前略)作家の曽野綾子さんは本紙のコラム「透明な歳月の光」(30日付)で、こう書いている。
>「私が違和感を覚えるのは、だれが悪いという犯人探しである」「自殺した当人も親も先生も、
>いじめをした側の当人も親も先生も、そして同時代の社会全体も、共に責任の一端を担うべきだろう」
>その通りである。ただ、責任の軽重はなくはない。いじめた生徒とその親たちの責任はやはり重い。
>厳しい反省が求められる。
(中略)
>自殺は、いじめに屈して負けを認めるようなものだ。真相も分からなくなる。曽野さんが指摘するように、
>いつかはいじめた相手を見返すくらいの気持ちをもって、心身共に強く生き抜いてほしい。

曽野綾子によれば、いじめで「自殺した当人」が真っ先に責任の一端を担うべきだそうだ。

その一言を、苦しみ抜いて自殺した当人に言えるのだろうか。
嘆く遺族の前で「自殺したあなたの息子・娘が悪いのですよ」と言えるのだろうか。

言えるのだ。言い放てる人々が、いじめを支えているのだ。

しかし、そういう言葉を吐ける人のことを、「美しい国」の言葉では、「人でなし」と呼ぶのではなかっただろうか。

産経の主張は曽野の意見を「その通りである」と前提にしてから、但し書きとして、
いじめられた側、いじめた側に責任の軽重は「なくはない」とお茶を濁している。

つまり、明快に「いじめられた側に責任がある」としている。

この思考が、自殺に追いやられた側・遺族にまで「責任」を強いる、感情を強張らせた、暴力的な精神土壌を育てる。

いっぽうでこれは、「弱い者虐め」によって起きた惨劇の責任を雲散霧消させ、
「共に責任の一端を」と訳知り顔の厚顔無恥、「一億総懺悔」に繋げるニッポン的思考の典型だ。

403 :吾輩は名無しである:2006/11/07(火) 10:19:58
ttp://miyaneta.exblog.jp/5966624/

いじめ自殺の記事のキャプチャーなんだけど…

「これから、いじめられた子は皆作家になって、
作品の中で復讐しながら大金を儲けてほしいと思う」って…ww

404 :吾輩は名無しである:2006/11/08(水) 22:54:01
>>403
あまりにも軽率で不謹慎で無責任なたとえの文章だね
産経はこれでOKだったんだ…ww

405 :吾輩は名無しである:2006/11/09(木) 08:54:33
有名な作家がいた。若い頃、学歴が低いということで、現地採用で勤めていた
全国紙の新聞社でいじめられた。その時にいじめた相手を、後年この大作家は
彼の作品の中で一人一人殺していったという説がある。これから、いじめられた子は
皆作家になって、作品の中で復讐しながら大金を儲けてほしいと思う。

ある大劇作家は、若い頃自分を振った女優たちを、後年全部役の上で
脱がせて行ったという嘘かほんとかわからない話もある。
死なないで心身共に強い人間になることだ。

406 :吾輩は名無しである:2006/11/09(木) 09:28:26
>1
挿花乙!

407 :吾輩は名無しである:2006/11/09(木) 23:47:52
>>404
「誰が悪いという犯人探し」に違和感を覚えつつ、「日教組的教育」に
罪を擦り付けるあたりは、産経的には全然OKでしょう!

408 :吾輩は名無しである:2006/11/12(日) 09:10:22
たとえ、前後の脈絡がなくとも、日教組批判を盛り込めば産経読者は喜ばれますからね。
しょせん、曽野綾子は売文屋。

409 :吾輩は名無しである:2006/11/13(月) 18:22:40
その綾子

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/jiken/jikenbo/oi/oi.htm

410 :吾輩は名無しである:2006/11/15(水) 13:38:16
韓国・ソウルの有名な焼肉店に招待された。
注文してまもなく、斜め向いの席で韓国人の女がテーブルに乳児を寝かせ
紙おむつの交換を始めた。

周囲の韓国人達から非難らしき言葉がでたところ、女は開き直って汚物
まみれの紙おむつを投げつけた。
一流レストランでこんな事が起きるのが韓国である。


411 :吾輩は名無しである:2006/11/21(火) 11:05:20
>>410
曽野綾子とオムツを投げた韓国女性とはどういう関係で???

412 :吾輩は名無しである:2006/11/22(水) 14:03:32
曽野さんもオムツあてるのかな。

413 :吾輩は名無しである:2006/11/24(金) 23:26:25
>受ける権利ばかり主張して、他人に与える行為をすることはあたかも損なことのように言い続けた日教組的教育

保守の人(自分もどっちかというと保守だから、ただの反動懐古派の人を保守とは呼びたくないけど)って
よくこういうこと言うけど、そうかな?
おれ、そこそこ日教組強かった学校(小中高とも)出てるけど、義務とか道徳とか結構厳しかったけどな。

414 :吾輩は名無しである:2006/11/25(土) 00:08:57
芸術院会員にふさわしくない作家が三人いる。曽野綾子と三浦朱門、そして北杜夫だ。まttくもってふざけた人選である。

415 :吾輩は名無しである:2006/11/30(木) 20:59:47
男は強姦できなければいけない、との発言は、今考えると、奇妙だ。曽野綾子の旦那さん、三浦朱門の発言なのだが、現在の暴力肯定論のきっかけになっているように思われてならない。

416 :吾輩は名無しである:2006/12/01(金) 22:05:48
>>415 現在の暴力肯定論のきっかけになっているように思われてならない。

「暴力肯定論のきっかけ」というよりも、伝統的な日本人男性の性意識を端的にあらわしたものだと思うよ。
戦争中、日本軍が進出した地域で日本兵向けの慰安所が多数、作られたが、 
コンドームには、「突撃一番」という文字が入っていたそうだ。
「男らしさ」=「女性を力ずくで犯すこと」という考えが、日本人男性に広く蔓延していることの表れでしょ。

417 :吾輩は名無しである:2006/12/02(土) 16:27:40

「これから、いじめられた子は皆作家になって、
作品の中で復讐しながら大金を儲けてほしいと思う」

良いと思う 
作家とよべるほどの品格をたもてるなら
暮らしに困らない主婦がまともなことを言う例


418 :吾輩は名無しである:2006/12/02(土) 16:52:41
殺しても殺されてもいけない

419 :吾輩は名無しである:2006/12/15(金) 20:19:20
>>396
文字を書く事と宗教にどっぷりはまる以外何もしてこなかった
主婦ですから。ああ、あと南米の原住民を根絶やしにしようともしたな。
想像の世界で生きてるだけだから想像するしかないわけだ、現実を。
ただのおばちゃん装って働こうとしてみれば自ずと分かるんだがな。



420 :吾輩は名無しである:2006/12/22(金) 21:40:44
最近は「イラク派遣はするべきではなかった、私には分かっていた」
といってますが。昼寝するお化けババア。ええ〜〜、そうだっけ?
なんか重心移動が激しいな。
脳内にイエスのフンでも入ったか?
>>414が良いこと言ってますが。おれはこれに遠藤周作と海月ルイ(なぜ)を
加えたい。
石原慎太郎もか。あれ作家っていうのか?

421 :吾輩は名無しである:2006/12/24(日) 20:49:36
美しい・・・

422 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 18:56:25
>>420 最近は「イラク派遣はするべきではなかった、私には分かっていた」といってますが。

別におかしくないじゃん。分かっていたけど、
「一番のお得意様を批判する事はできないからだまっていた」
ってことでしょ。

423 :吾輩は名無しである:2007/01/26(金) 00:48:05
>>422
違うっての。昼寝するお化けでは派遣の際「正義のため当然!!!」
という論調だった。それが泥沼化するや否や「派遣するべきではなかった!」
と変わったからだよ。

これでもおかしくないか?お得意様を批判できないから黙っていた、より程度が
低く進んでお得意様の弁護をし媚びへつらった、が正確な表現だな。
だからインチキクリスチャンは困る。


しかし君、勉強が足らないねえ。頭もなw

424 :吾輩は名無しである:2007/02/23(金) 13:02:35
汝、我がはからいにあゆまず,歴戦孤灯の粉末、東西南北唯我独尊、釈迦如来に
奔方希釈数冥に成るすべく美しい日本に奉るべし曽野綾子先生尊敬に至り。

425 :吾輩は名無しである:2007/03/13(火) 13:31:27
大日本帝国万歳・・曽野綾子万歳・・

426 :野蛮な愛 ◆oe7Lgyp/t2 :2007/03/13(火) 19:08:40
初めて曾野綾子をみたとき、
オペラ座の怪人のお面をつけてんのかと思ったよ。

427 :吾輩は名無しである:2007/03/15(木) 10:15:12
この人って昔からそうだよ。過去に公害問題についても
「(健康が良くないのを)何でも公害のせいにするのはよくない。
私は排気ガスの多い東京に住んでるが、体操を習ったら体調が
よくなった」という官僚の答弁みたいなノーテンキな事書いてたし。

428 :吾輩は名無しである:2007/03/17(土) 13:24:04
曽野綾子先生の右に出る人物なし
聖徳太子の贈り物!

429 :吾輩は名無しである:2007/03/17(土) 15:21:58
曽野綾子さんは日本を代表する知識人だと思います。
そして度胸がよい。
論説も鋭い上、何よりも人間的魅力に満ちています。
http://www.umigoroshi.com/newpage22.html

430 :吾輩は名無しである:2007/03/24(土) 02:04:39
このスレ、ちょっと流し読みしてみたけど政治絡みの話で荒れてるみたいですね・・・

「時の止まった赤ん坊」のモデルになったという
遠藤能子さんというシスターは私の母の親戚で、
母は彼女のことをよく誇らしげに話していました。
どんな人なんだろうとネットで検索してみると
昨年末にマダガスカルの奥地で亡くなっていたとのこと。
そして曽野綾子さんの小説のモデルになったということを知りました。
単行本も文庫本も絶版のようなので古本屋を探して読みました。
すると母から聞いていた能子さんの壮絶な苦労がそのまま描かれていました。
主人公の設定は本人とは違いますが、能子さんの伝記を読んでいるような気持ちでした。
普段私は小説どころか本や漫画さえろくに読まないのですが、
この本をきっかけに曽野綾子さんの作品をもっと読んでみたいと思いました。

ヘタクソな小学生の感想文のようですがお許し下さい。

431 :吾輩は名無しである:2007/03/25(日) 16:41:25
産經新聞で奥谷禮子を賞賛していたらしいんですけど本当ですか?

110 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)