5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【古本屋】古本・古書スレッド【古書店】

1 :吾輩は名無しである:03/11/12 15:37
古本・古書、古本屋・古書店についての情報を交換しませんか?

関連スレ
神保町古本祭りは切なすぎる
http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1035395235/l50

2 :吾輩は名無しである:03/11/12 15:38
>>1
お疲れさんです。2げっと。

3 :吾輩は名無しである:03/11/12 15:57
田舎住まいでWEB利用の頻繁な方、
古本闇雲堂を悪く言ってはなりません。

4 :美香 ◆FE5qBZxQnw :03/11/12 22:22
2ちゃんねるのコテハン・工藤伸一であった。わたしの古本アレルギーを治したのは!
彼はブックオフ町田店をすすめた。
今年の一月。わたしは行った。天国だった。ほしかった本が山のようにあった。
思った。潔癖症ではなかったのかわたしは?
どんな人がどんな手で触ったかわからない本を買うなんて。
それもこのわたしが! そんな思いはブックオフ町田店で買った本を読んだら消えた。
決して工藤伸一の顔写真とは関係ないとここで強調しておきます。
そしてそれから十ヶ月。またあらたな前進をとげたのです。
わたしはネットで古本を買うようになった。見たこともないものを買うなんて!
これは神保町の矢口書店のおかげ。演劇シナリオ専門の古書店。
ネットでは600〜1000円のものを2500〜3000円で売るんだから。
たとえば山田太一のシナリオ本。
先日、初めてネットで探した古書店から本を買った。
商品はまだ届いていません。いつ届くかと楽しみです。
いろいろな本を読む。その時々でほしい本がでる。しかしどこを探してもない。
次の作家(ジャンル)にうつる。しばらくたってある日、古本市でそれを発見する。
もちろん買う。でもそれはあのときほしがっていた本と違うのではないか。
そのことにわたしは今まで気づいていなかったのかもしれません。

5 :吾輩は名無しである:03/11/12 22:51
>>4
業務妨害で訴えられないよう気をつけようね。結構危ない橋渡ってんだよ。気づいてないようだが。

6 :美香 ◆FE5qBZxQnw :03/11/12 23:14
>>5
矢口書店に一回行ってからそのセリフを……。

7 :吾輩は名無しである:03/11/14 08:19
>>4
伏せ字にでもしておいたほうが無難だな。

8 :吾輩は名無しである:03/11/14 08:22
ヤグチ書店に通報しますた。

9 :校長が強盗:03/11/14 13:03
この事件は報道されていません。教育委員会も校長を処分しません。
 皆様の力でこの事件を広めてください。
被害者先生のサイト
 http://www.geocities.co.jp/NeverLand/8595/
 事件究明を求める署名サイト
 http://chiba_273.at.infoseek.co.jp/
   ∧_∧
  (  ^^ )< ひろめよう


10 :吾輩は名無しである:03/11/17 23:54
どうせ美香だから

11 :吾輩は名無しである:03/11/18 23:47
やっぱり美香か

12 :吾輩は名無しである:03/11/19 17:24
某マイナー私鉄沿線のブックオフに行ったら、100円コーナーに
掘り出し物が沢山有りました。中央線沿線と違ってまだ荒らされて
いないのね。

13 :美香 ◆FE5qBZxQnw :03/11/20 07:05
>>12
ずばりどこですかそれは。

まえに西台店はすごいと書いた。
都営三田線でしかいけないところ。
ほかのスレで西台店にいったひとの書き込みがあった。
お礼も言われなかったけれども。

14 :吾輩は名無しである:03/11/20 12:32
西台にブクオフはねえよ馬鹿が

15 :吾輩は名無しである:03/11/20 15:22
都内の駅前ブコフしか行ったことないヤンが
地方都市の店に行ったらびっくりすると思う。

16 :吾輩は名無しである:03/11/20 16:34
>>15
何故ですか? 逆に都会のブックオフに言ったことのないものですが…。

そうそう、先日ブックオフで岩波「芥川龍之介全集 月報附き」全十二巻を一冊百円だったので即買しました。とても得した気分です。

17 :美香 ◆FE5qBZxQnw :03/11/20 23:17
>>14
こほん。なにか?
http://www.bookoff.co.jp/shops/shop2178.html
ここでゲットしたお宝は数知れず。
以前にN台店はすごいとばらしたから、今はそうではないかもしれないけど。
だれか戯曲が100円コーナーにたくさんあるブックオフ(都内)を教えて。

18 :吾輩は名無しである:03/11/21 00:36
まえ高田馬場にあったよ 今はわからんけれど

19 :吾輩は名無しである:03/11/21 02:28
>>17
お宝ってどんなの?

20 :吾輩は名無しである:03/11/21 03:42
谷崎とかでしょ

21 :吾輩は名無しである:03/11/22 01:33
http://www.miyukisha.co.jp/huruhon-nikki.html
こういう乞食がいるからブックオフが廃れたのである。

22 :吾輩は名無しである:03/11/22 01:57
>>21
まぁこの板的には害のない品揃えだけどね。

23 :吾輩は名無しである:03/11/22 02:00
>>21
いや、これは驚いた。こんな日記をネット公開してるなんて恥ずかしいだろ。
中身もレベル低いし。こんなので商売できるとはな。

24 :美香 ◆FE5qBZxQnw :03/11/28 20:09
>>18
高田馬場店? あそこあまりいい思い出がない。
ふつうのブックオフは半額か百円か。
それなのに高田馬場店はその中間を作っていたから。
けちにもほどがある。
良書は高く買い取りますなどと宣言しているくせにろくな本がない。

>>19
たいしたものではない。
例の龍と春樹の対談本とか、山田太一のシナリオ本。
ま、百円だったら嬉しいというレベル。

>>20を名無しで書いたのはわたし。
こいつがいるから都内のブックオフに山田太一シナリオ本がないのかと納得した。

25 :美香 ◆FE5qBZxQnw :03/11/28 20:15
>>21を名無しで書いたのはわたしの間違い。
ブックオフ背取りで食っているバカがいるとは。
以前にもどこかで古書店主の日記を見たような。
こことは違うとこで。
古本屋はどこも乞食だと思います。

26 :吾輩は名無しである:03/11/29 01:46
>>25
ブックオフ総合推定33店舗目
http://pc4.2ch.net/test/read.cgi/yahoo/1069815977/
乞食がわんさか。

27 :工藤伸一 ◆H/j1HkWi6c :03/11/29 03:11
>>21>>25
その手のブローカー商売は、他の分野でも結構あります。
不動産や自動車、場合によっては企業を売買する人もいますよね。

とりあえず僕の考えでは、
何らかの労力を使って儲けている限り、
乞食ではないです。

乞食って言うのは、自分で何の労力も払わずに
憐れみを誘うことでお金を恵んでもらう人のことです。

ちなみにその日記の執筆者のプロフ読んでわかったんですが、
その人がプロデュースしたビデオ、過去に2本、観てます。
一部執筆した本も、1冊読んでます。意外なところで接点があるものです。

28 :吾輩は名無しである:03/11/29 04:13
背取りがイカンって言ってるんじゃなくて
ブックオフで背取りして商売することを恥ずかしげもなくネットで公けにする神経が
馬鹿にされてるんだろ。
専門店で10万単位の背取りやってるんだったら、ネット日記で書いても恥ずかしくないよ。
サブカル本の背取りとは、いやはや情けない仕事だな。

29 :吾輩は名無しである:03/11/29 19:08
>>28
お前も焦点ずれてるよ。サブカルだろうと専門店だろうと関係ない。
サブカル専門店もあるぞ?w

30 :吾輩は名無しである:03/12/09 19:10
都内(神田神保町以外)でペーパーバックの品揃えがいい古本屋って
ありますかねぇ?

31 :吾輩は名無しである:04/01/11 14:06
阿佐ヶ谷になかったっけ。

32 :吾輩は名無しである:04/01/11 14:33
美香がくるとスレが荒れる

33 :吾輩は名無しである:04/01/13 19:03
50年ほど前の古本を買いましたがもの凄い古本の匂いで読んでいると涙、クシャミ
が出て読書になりません。この古本臭を抜くにはどのような養生をしたら良いので
しょうか?経験者の方おられましたら良き方法をご教示下さい・・。

34 :吾輩は名無しである:04/01/13 19:11
拙者は古本に慣れておるので虫食い本を枕にしても大丈夫でござる。本人も古本に近いのじゃがね。日光浴が良いのは老人に限らんじゃろね。

35 :35歳 主婦 ◆baeGuFHffI :04/01/13 20:56
よくそんな汚い本読めるね。

神保町で色々見たけど触るのもイヤだった。

36 :吾輩は名無しである:04/01/13 21:05
さすがバブリー世代

37 :吾輩は名無しである:04/01/14 12:15
>>34
有難うございました。今回同時に8冊ほど買ったのを全部陰干しをしていましたがやはり
日光に当てないとダメですかね。やってみます。

>>35
No way, a laziet 35 years oooold house wife, since we are not able to purchase
the contents as new, what else can we do but reading those 50 years old books.
You should have to be more thoughtful before you did tell those ugly words!

38 :吾輩は名無しである:04/01/14 12:18
変な英語

39 :吾輩は名無しである:04/01/14 23:03
>>35
けつの穴の小さいばばあだ!
てめいのマムコのほうがよっぽど汚なかろう(w

40 :吾輩は名無しである:04/01/14 23:50
ブックオフとかで絶版の文庫本を仕入れて
ネットで高値で売っている人なんてたくさんいるよ。
それだけで生計は立てられないだろうけど、小遣い稼ぎにはなる。
「インターネット書店」なんて、そんなもの。

41 :吾輩は名無しである:04/01/15 00:20
君のことかね。

42 :風来のシレソ:04/01/15 00:42
>>33
毒ガスマスク付けて読みなさい。

43 :吾輩は名無しである:04/01/15 01:08
町田中央通店の岩波文庫、講談社学術文庫を買い占めているのは私でございます。
現在は雑魚しかありませんので業者の皆さん許してね。

44 :43:04/01/15 21:15
今日行ってみたら復活してた・・・

アソコは不死身だ

45 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/01/17 10:42
あきれた。ここまでなめきったネット古本屋があるとは。
文庫本に五千円の値をつけるなんて狂っているのか(w
http://www.biwa.ne.jp/~chaton/index.html#menu

>当店では「本への愛情」をモットーに、巷の大手古本チェーン店では実現できない
>こだわりのラインナップ・隠れた名著をご紹介します。いわゆる世間の相場とは
>違っているかもしれませんが、一冊一冊丁寧に内容・装幀・版・流通状態それに
>店主の思い入れ等を考慮した適正な価格で、皆様と「新しい蔵書」との出会いを
>お手伝いできればと考えています。

>>35
「なれ」かと思います。
一度どうしても読みたい、だけど汚い本を読んでみるべき。
新たな世界が開けるかもしれない。
なんかインド旅行者みたいだけど。

46 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/01/17 10:43
それにしてもバブル世代がうらやましい。
いまだに人生ちょろいちょろい、ラクショーとか考えていそう。

47 :美香QNW:04/01/17 10:50
ほんとうにうらやましい。
わたしなんか缶拾い生活崩壊! ……みじめです
公園のあちこちにあるゴミ箱は、ペットボトルばかりの不毛の箱
缶不足なのだ、わたしには!


48 :43:04/01/18 00:14
今日はブックオフ相模大野店、座間店、海老名店、厚木中央通店、厚木他二店、伊勢原店、平塚なんとか店、平塚なんとか店を襲撃しました。
先週襲撃済みなので殆ど収穫無し。

49 :吾輩は名無しである:04/01/20 05:10
古本屋で買った本をまた古本屋に売るときって、
前の値段書き込み消しゴムで消したりしてる?

50 :吾輩は名無しである:04/01/20 18:13
>49
消しゴムで消して、前の値段よりも高い値段に書き換えておく。

51 :吾輩は名無しである:04/01/20 18:28
>>33
虫干ししなさい

52 :35歳 主婦 ◆baeGuFHffI :04/01/20 21:09
ここにいる人達ってご飯食べてる時に隣で洋服バタバタされても
平気な人達なんだろうね。



53 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/01/20 21:10
しねしねしえんしね

54 :吾輩は名無しである:04/01/20 21:11
例えばサルトルの『存在と無』を普通に買ったら1万8千くらいだが、
古本屋だと千円程度。利用しない手は無い。大著になればなるほど読んだ形跡が無いし

55 :吾輩は名無しである:04/01/20 22:29
美香QNW語録

「オイディプスの両目潰しはいつか真似してみたい」




( ゚д゚)・∵.




56 :吾輩は名無しである:04/01/20 22:58
「皆さーん、無職ですかー!!」「とっととハロワに、いってこい〜!!」
「ハイ!」「1・2・3・無職〜!!!」
「挙動不審」「労働意欲が見つからない(缶拾いは除く)」「ヒキコモリ」
ダラダラ 止まらない
「無職」「アルコール依存」「情緒不安定」「2ちゃん以外にすることない」
ズルズル ずっと無職 多分……
ママンがため息 つくたびに 胸が 胸が 痛むのよ
ヤ・ト・ッ・テ・ホ・シ・イ オバサン 職歴もないけれど
I Want JOB 熱いハートの微熱
今すぐ雇ってよ 雇って 使って バイトでいいから
雇用して 昼間でも 夜中でも
毎日何もしないから 眠れないの
セツナイ刺激 All Night Long I Miss JOB
きっと変われる 素敵なわたし 無職オバサン
近所の冷たい視線 感じる毎日 肩身狭いの
雇ってください 十年 百年 一億光年!! 「クビだよ。……役立たず!」
オバサン無職!
「まだまだ無職だよぉ〜〜〜!!」
「オバサン無職! オバサン無職!」「生麦 生米 オバサン無職!!」
「オバサン無職! オバサン無職!」「蛙ピョコピョコ オバサン無職!!」
「オバサン無職! オバサン無職!」「セクシャルバイオレット オバサン無職!!」
「オバサン無職! オバサン無職!」「ソウルトレイン オバサン無職!!」
「オバサン無職! オバサン無職!」「姉三六角 オバサン無職!!」
「オバサン無職! オバサン無職!」「立直一発 オバサン無職!!」
「オバサン無職! オバサン無職!」「オバサン無職! オバサン無職!」
「オバサン無職! オバサン無職!」「オバサン無職! オバサン無職!」
「最後にもいっちょー、ハイ!」
「オバサン無職!」


57 :吾輩は名無しである:04/01/20 23:01
>>56
美香うるさい

58 :吾輩は名無しである:04/01/21 00:00
>>54
千円なわけないりゃろもん

59 :吾輩は名無しである:04/02/05 01:12
みなさん古書札(?)ってどうやって剥がしてますか?

60 :吾輩は名無しである:04/02/05 01:17
>>56
不謹慎だがワロタw

61 :吾輩は名無しである:04/02/05 01:56
35 腐ればばあの化粧臭さに比べればドテコトナイ。

62 :吾輩は名無しである:04/02/09 02:56
美香さんってどんな人?

美人っすか?

63 :吾輩は名無しである:04/02/09 03:52
『銃撃戦と粛清〜森恒夫自己批判書(新泉社)』(美本)が、
かのブックオフで300円で並んでたことに衝撃をうける。
確かに美本だったが…。

64 :マニアマニア:04/03/13 06:55
アスタルテ書房について教えてください。

65 :35歳主婦 ◆baeGuFHffI :04/03/13 20:48
今日神保町の古本屋街に久しぶりに行った。
相変わらずよくもまあこんなボロボロの本にこんな高い値段つけるなあと
感心するやら呆れるやらで・・

あそこって時代が10数年止まってる感じがするね。
価格競争も無いみたいだし、なんか行っても面白味が無いんだよね・・
あそこにブックオフでも出来たらいい刺激になるのにな。

66 :吾輩は名無しである:04/03/13 21:40
>>65
ゆったりと自分の机で珈琲にブランデをちょいとたらし、
トレセドルの手触りを感じながらゆったりとくゆらす

そんなときに、背表紙からのりのはみだしそうな本はちょっと読めないね。
漏れはPDAで電子書籍を読むのもきらいではないが、こんなときには
どっしりとした単行本でもめくりたいものだ。

最近の本は開いてもじっとしていないものが多くて困る。
今IVANHOの小型本(Macmillan1906)を読んでいるんだが、
こうした気分は最近のじゃあ味わえんな。

もちろん、もっと安く手に入るに越したことはないし、ブックオフも
いいけどね。

67 :吾輩は名無しである:04/03/13 22:08
>>56
サザンを彷彿とさせるね


68 :吾輩は名無しである:04/03/14 05:07
好きちゃんねるにもどうぞ

http://jbbs.shitaraba.com/movie/1973/


69 :吾輩は名無しである:04/03/14 18:51
>>68
まったりでいいところですね

若い人が多そうで、読書範囲が最近のものが多いという印象をもちました

漱石・鴎外・谷崎なんていうと笑われそう



70 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/23 19:45
今日、新橋古本祭りに行ってきた。

71 :吾輩は名無しである:04/03/24 23:49
あの雨の中を。。。

72 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/25 00:04
>>71
日付を確認されたし。

73 :吾輩は名無しである:04/03/25 00:06
降ってたよ。

74 :吾輩は名無しである:04/03/25 00:07
ああ、うっかりさげちゃった。


75 :吾輩は名無しである:04/03/25 00:11
ああ。。。
さふいへば、
昼からあがった。

76 :吾輩は名無しである:04/03/27 13:54
発掘しにくくなったので、上げておきます。

77 :吾輩は名無しである:04/03/27 22:24
眼賞銅さんの入り口右がわ、すごいことになってるね

海外の書物がテン子守り

78 :吾輩は名無しである:04/04/27 00:29
定年退職したら古本屋のおやじになりたい。

79 :吾輩は名無しである :04/04/27 01:34
中央線三鷹駅まえの下田書店
再開発工事のため根こそぎなくなってました。更地です。
どこにいったかご存知の方、教えてください。

80 :36歳節約ママ ◆baeGuFHffI :04/04/27 21:11
GW中に古本祭りとか開催されないの???

81 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/04/27 22:57
されませんよ節約ママ♪

82 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/04/27 23:00
だけど節約ママの好きなブックオフでどこもセールをしそう。
節約ママはガキをどこにも連れて行かないつもり???? いや、ぜんぜんOKだけど。

83 :吾輩は名無しである:04/04/27 23:28
>>82
ここはお前とママのチャットじゃないんだよボケ
豚女氏ね

84 :吾輩は名無しである:04/04/27 23:37
ぶこふ臭い

85 :36歳節約ママ ◆baeGuFHffI :04/04/27 23:48
>>82
ブックオフに連れていくよwww

GWはどこに行っても混んでるんだからわざわざ出かけないよ。
本当にみなさんご苦労様って言ってやりたいね。
日本人ってマゾ??

86 :吾輩は名無しである:04/04/27 23:51
ゴールデンウィーク?そんなもんがあるやつは陳腐な能無しサラリーマンでしょ。

87 :36歳節約ママ ◆baeGuFHffI :04/04/27 23:51
古本屋ってのは儲からないらしいね。(当たり前か)
前にTVで脱サラして古本屋始めた人の特集見たけど
この業界は利益はほとんど出ないみたいなこと言ってたような・・
本当に趣味の世界。
一日中読書出来るもんね。

88 :36歳節約ママ ◆baeGuFHffI :04/04/27 23:52
私は自営だからGWなんて関係無いし・・・
でも子供は関係あるか。

89 :36歳節約ママ ◆baeGuFHffI :04/04/27 23:53
古本屋の店主の給料いくらなんだろ・・・
本当に気になる。


90 :吾輩は名無しである:04/04/28 01:11
ここで聞きなはれ

新★古本屋の経営方法
http://money2.2ch.net/test/read.cgi/manage/1075625029/


91 :吾輩は名無しである:04/04/30 01:03
>>87
> 一日中読書出来るもんね。

んなわけあるかいな。
古本屋に限らず、まともな個人事業主は忙しいよ。なにかと。

TVが世界の真実ではないですよ?奥さん。
自営とか言ってるけど、ほんとに真面目に仕事した事あんの?

92 :36歳節約ママ ◆baeGuFHffI :04/04/30 21:01
>>91

真面目に仕事したことは無い。
仕事なんて私はやらない。
働いてるのは旦那だけ。
私はたまに気が向いたら手伝うだけ。

93 :吾輩は名無しである:04/04/30 21:23
しかし、>>1その他この板に巣食う甘やかされた消費者どもは、何も分かっちゃいない。
ジュンク堂その他大型書店のねーちゃんに、カバーおかけしますか? とか聞かれて、
ニタニタしてるアホども。
お前らみんな文学板住人失格だ。
本を買うなら古書店。しかも、ハードコア古書店で買わねばならぬ。
ハードコア古書店は、まず入るまでが大変。
平日の昼過ぎなどに足を運んでも、平気で店を閉めていたりする。
当然、休日の知らせなど記されていない。一週間通い詰めて、ようやくある日、
ああ、この店は営業していたのだと知る。
そのような店こそハードコア古書店。
たとえ店には入れたとしても気を抜いてはいけない。
店は暗く、店主がいないことなどざらだ。
三十分ほど立ち読みをしていて、ようやくのそりと現れた店主が電気をつけてくれる。
見回せば店内の陳列は、たとえドンキホーテ店長が見たとしても卒倒するほどの過密さだ。
もちろん販売効率は皆無。売る気も多分皆無。品の三十パーセントほどしか確認できぬ。
そのような店こそハードコア古書店。
いいか>>1その他この板に巣食う甘やかされた消費者ども。
明日より襟を正してハードコア古書店に通い詰めろ。
閉まっていたとしても、爽やかな笑顔を浮かべ速やかに散れ。
で、翌日も崩れかけた木造モルタルに三顧の礼だ。
買うのではなく買わせていただく。この気持ちを忘れるな。
貴様らが、資本主義社会への誇り高い反逆の戦士となれることを、私は期待している。

94 :吾輩は名無しである:04/04/30 21:29
>>93
熊本の八代書店なんかはハードコア書店認定してもよかですか?
一回火事で閉めちゃったみたいだけど、又近くで営業してるみたい。


95 :吾輩は名無しである:04/04/30 21:49
江古田の○○舎とか?
まあ、資本主義に反逆っていうか、市場原理無視っていうか
とにかく法外に高いよね、そうゆうとこって。


96 :吾輩は名無しである:04/04/30 23:32
全ての古本屋は潰れろ

97 :36歳節約ママ ◆baeGuFHffI :04/05/01 17:12
ここの人達ってネットの古本屋で買ったりする??

商品の写真が無いから少しためらう。
ボロボロのが来たら最悪だし。

98 :吾輩は名無しである:04/05/01 18:15
ネットの古書店リンクはありがたい。
書名検索して複数ヒットすると、値段や本の状態や古書店の性格?を調べた上で
よさそうな古書店のHPを覗いてから、メールでやりとり。
適切価格で入手できるし、なによりも、速いのがありがたい。

ヒマがある時は、古書店の手持ち本リストを眺めて
思いがけない奇書や稀書を発見することもある。
これは楽しい、神田をぶらつく楽しさには、遠く及ばないにしろ


99 :吾輩は名無しである:04/05/02 02:19
神保町すずらん通りの金太郎

100 :吾輩は名無しである:04/05/02 02:27
100

101 :吾輩は名無しである:04/05/02 08:47
京都ローカルネタだが、今年も春の古書大即売会の季節になった。
昨日は行けなかったが、今日は朝一で出かけよう。
収穫があったら報告しまつ。

102 :吾輩は名無しである:04/05/03 01:25
報告を楽しみにしてるんですけど・・・・(´・ω・`)ショボーン

103 :吾輩は名無しである:04/05/03 11:50
>>102
すまん。実は大した収穫が無かった。
日本幻想文学集成の夢野久作と泉鏡花、アンダーグラウンドの初版、流れとよどみ、
岩波の銀の匙、あと自分の専門分野関係の本数冊。

104 :吾輩は名無しである:04/05/04 02:02
そうでつか 大阪だからどうしようかな

考えときます

105 :吾輩は名無しである:04/05/05 09:37
四天王寺とみやこめっせに行った。
四天王寺は秋に比べて明らかに店の数が少ない。まあ数冊買ったが。
みやこめっせはなかなか。
個人的には松浦寿輝の「映画n−1」が掘り出しかな。

106 :みか5さい ◆NGaQPY3pmc :04/05/05 16:42
>>66
ねえきいて
トレセドルってなんのことか
みかわからないからぐぐったの
インターネットのグーグルつかうの
さいきんちょっとじょうずになったんだ
でもね
そしたら
1けんもヒットしないの(w

だからパパがかえってきてからきいた
かみまきたばこのこと?
ほんとうはそれをつくる
しょくにんさんのことだって
ぐぐってもひっとしない

でもね
トレセドールでぐぐったら

いくしおんが
おしえてくれた

107 :吾輩は名無しである:04/05/05 18:41
美香ーーーーーーーー!
いい加減にしろ!!(w

108 :36歳節約ママ ◆baeGuFHffI :04/05/05 19:51
神保町の本屋高いよね。

平均して三千円くらいするのかな?

忘れもしない私が数年前に初めて神保町で本を探したときのこと。
大江健三郎の絶版の本を目当てに行ってある店で見つけたの。
もうボロボロで汚い本だから500円くらいかと思ったら
なんと1万円!!
冗談じゃない!そのまま帰りました〜。

109 :吾輩は名無しである:04/05/05 20:47
高いよね(w
ぶくおふみたいに本を価値差別なく扱ってくれるとこちらは助かる。

110 :あほ:04/05/05 20:49
「綿矢はカメラマンの腕」の「綿矢りさ」、本人っぽい?

111 :吾輩は名無しである:04/05/05 20:54
「綿矢はカメラマンの腕」
これさ、綿矢はカメラマンとして玄人はだしの腕、
って意味に読めるんだよな。
行ってみたら違ったけど(w

112 :吾輩は名無しである:04/05/05 21:13
小さいみかちゃんはトリップも可愛いね。なんとなく。
みかちゃんも大きくなったら美香になるのかな。

113 : ◆qu49ck1wIE :04/05/05 21:17



114 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/05/06 09:52
>>112
「みか」はわたしの妹。いじめたら許さない!

ところでところで。
見ちゃいけないものってあるよね。
古書店に本を売りに来るお乞食さん……。
こちらがかわいそうになるくらいおどおどして。
それを偉そうな店主が見下しながら、
ゴミ置き場から持ってきた本の中から数冊を選ぶ。
買い取り金額は一冊百円いったらいいほう。
古本店主は売り手の外見で金額を決める人種だから。
数百円をお乞食さんに渡すと、しっしと追い払う。
乞食が消えたらそれに二千円、三千円という価格を書き込み棚に並べる。
もしかしてみなさん、お金に困った大学院生が売りにきているとばかり思ってらした?

こんな原価率の商売はめったにないでしょう。
わたしは思っている、古本屋は乞食だと! それもいやしい乞食である! 最低最悪の乞食である!

115 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/05/06 09:59
考えてごらんなさい。
乞食に寄付するような気持ちで(=バカにしながら)
百円で仕入れた本が三千円で売れたときのことを。
それも客に感謝されながら、ずっと探していた本なんですとか。
乞食に感謝され、客に目利きだと誉められ……。
いちどこんなことがあったら古本屋をやめられなくなるのは至極当然の道理。

だからあえてわたしは言う。
古本屋は乞食である。見下すべき商人である。

116 :吾輩は名無しである:04/05/06 12:17
美香様おながいです


オク板の古本スレでコロッケと一度対決してくださいまし

117 :吾輩は名無しである:04/05/06 21:44
http://pc4.2ch.net/test/read.cgi/yahoo/1083466929/

118 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/05/06 22:04
>>117
リンク乙。

残念ながらその地方の「出張買取」はお断りしています(w
だけどそのスレ荒れているね。

119 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/05/06 22:34
いやあ、他板に書き込むのって緊張するもんだ。

120 :ファルロス満々:04/05/06 22:36
おまい、演劇板の後にまたどっか行ったのか?!

121 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/05/06 22:48
>>117ですファルロス満々さん♪

122 :36歳節約ママ ◆yh8F30D4Iw :04/05/07 00:04
        ,.-‐ """''''''- 、       /)
           /          \     ( i )))
          /  ノりノレりノレノ\  i     |‐―|
          i  ノcニつ ⊂ニュ ミ | .   |:::::::::|
         ノ  |  <@  ミ @ヽ. | |    |:::::::::| 汚い本はお断り、
         イ   |    (o_o.   | |   |:::::::::|    手が荒れちゃうわ
         ノ   !   ノ u 丶.  ! ヽ   /:::::::::|     36だし、いろいろケアしていかなくては
         彡  !    (つ     !  ミ /:::::::::/
        ノ   人   "     人   /::::::::::ノ
        ー '''"   |      | _/::::::::::::/ モグモグ
            /::|`─-─´.|::\::::::::::::::/


123 :ファルロス満々:04/05/07 00:38

あーんぐり。。。。(w




124 :36歳節約ママ ◆yh8F30D4Iw :04/05/07 01:56
  ,.-‐ """''''''- 、       /)
           /          \     ( i )))
          /  ノりノレりノレノ\  i     |‐―|
          i  ノ cニつ ⊂ニュ  ミ | .   |:::::::::|
         ノ  |  <@  ミ @ヽ. | |    |:::::::::| >>123 :ファルロス満々
         イ   |    (o_o.   | |   |:::::::::|  「あーんぐり」って何よ。   
         ノ   !   ノ u 丶.  ! ヽ   /:::::::::|    意味不明なことかく奴がいると   
         彡  !    (つ     !  ミ /:::::::::/      スレが荒れるから出てお行き
        ノ   人   "     人   /::::::::::ノ
        ー '''"   |      | _/::::::::::::/ モグモグ
            /::|`─-─´.|::\::::::::::::::/


125 :吾輩は名無しである:04/05/07 22:11




【文学板業務連絡】

うんこ=ファルロス満々(元:ファルスマン、ファロスマン)
以外の人は、「うんこ」という言葉を使わない方がいいです。

言葉に使われているというか、身の程知らずというか、場数というか迫力が足りません。






126 :吾輩は名無しである:04/05/08 07:37
古書店での値引き交渉ってどうなの?

実際に安くしてもらった人っている?

昨日、全集買う際に値引き交渉したら、かなり嫌ーーな顔された。

俺が値引き交渉するの下手なのかなぁ。。

127 :吾輩は名無しである:04/05/08 08:18
>>126
髪をパンチパーマにしてサングラスをかけていけば簡単に値引きしてくれるよ

128 :吾輩は名無しである:04/05/08 12:26
あまり36歳ママを苛めるなよ。
オレは36歳ママの読書量とかちゃんと買っているんだから・・・

129 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/05/10 20:38
>>126
古本屋がいちばん嫌うのは値引きだって。
なんでも価格はその古本屋の思想だとかで。
わたしから言わせりゃちゃんちゃらおかしいんだけど。
客が古本屋を甘やかしてきたせいだと思う。
値引きなんて当たり前じゃん、古本の価格なんていいかげんなんだからそもそも。

130 :みか5さい ◆NGaQPY3pmc :04/05/10 20:40
みか
ねびきしてもらう
いやがられたこと
ない

131 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/05/10 20:43
>>130
ほんと?
いくらのなんていう本をどのくらい?
みかは少ないお小遣いでがんばっていてえらいね。
わたしが店主でも負けちゃうよ5さいの子がきたら。

132 :みか5さい ◆NGaQPY3pmc :04/05/10 20:45
ふるい
べっさつたいよう
ひゃくえんに
してもらた
せんにひゃくえん
くらいだった

133 :みか5さい ◆NGaQPY3pmc :04/05/10 20:48
べつさつたいよう
ふるくても
ていかで
うってる
しんかんしょてん
みたとき
ぶいっ!
ておもた。

134 :みか5さい ◆NGaQPY3pmc :04/05/10 20:55
あ、ていかは
2200円
ふるほんやで
1200円
おしゃべり
じょうずに
できなかったw

うえので
ぬいぐるみ
どんどん
やすくなった
やすくなったのに
かわなかった

みてるだけで
やすくなる

じっとみる
じっとみる

135 :吾輩は名無しである:04/05/17 10:48
ブクオフではない、古本屋店員としてはっきり言いたい。
「『世界の中心で愛を叫ぶ』ありませんか。」って週に何人も来る。

新 刊 で 買 え よ そ れ く ら い ! 

136 :吾輩は名無しである:04/05/17 12:38
>>135
話題の本だからちょっと読んでみたいけど、定価で買うほどの価値はない
とわかっている。庶民とは賢いものだと思う。

137 :36歳節約ママ ◆baeGuFHffI :04/05/17 23:41
古本屋で働いてる人って給料安そう。



138 :吾輩は名無しである:04/05/18 00:33
おまえの旦那だって給料安いんだろ
仲間ジャン

139 :一般庶民:04/05/18 00:44
おれも安月給の働き蜂なんだからさあ、
そういうへこむネタはやめてくれよー。な。
おれも庶民中の庶民なんで>>136に同意。
日本の小説はすぐ文庫化されるし、
文庫になったら古本屋にも出回る。
すぐに読むまでのものでもなけりゃ
それまで待つ。
そのかわりに評論なんかは単行本で買う。

140 :吾輩は名無しである:04/06/01 19:05
梅田の地下に1件あったろ
昔あすこで湯澤の文法書を見つけた
いまでもあるんだろうか




141 :吾輩は名無しである:04/06/02 09:06
>>135
> 新 刊 で 買 え よ そ れ く ら い !

大量に出版される本は資源の無駄遣いなんだよね。
環境保護重視の人は、古本屋でさがしてるんだよね。
図書館って手もあるんだけど、
公にたよるのもかったるいんで、
古本屋で手にいれたがるんだよね。

142 :吾輩は名無しである:04/06/03 01:07
んなことどうでもいいじゃんか


143 :VON・トーマス・マン:04/06/05 22:01
今日の収穫は大きかった。あのフリードリッヒ・シラーの「メアリー・スチュアート」
の英語版を手に入れることができた。多少高かったがこよなく愛した作家なだけに
外国語版といえども、大きな価値を手にした満足感を得られた。


144 :吾輩は名無しである:04/06/05 22:06
これまたつまらんことをぉ〜〜


145 :吾輩は名無しである:04/06/06 01:52
アプトン・シンクレア の 「The Jungle」を探しているんですが、
誰か最近本屋で見たって人とか居ないですかね・・・。

最近、米本土では所謂完全版が発売されたみたいなんだけど、
こっちは翻訳される可能性が低いので諦めてます。

146 :36歳節約ママ ◆baeGuFHffI :04/06/15 21:13
古本屋は人生の墓場。

147 :吾輩は名無しである:04/06/15 22:19
>>146
復活早々1行レスすんなってw
してもいいけど、もうちょっと発言に責任を持ってよ。理由くらい付け足せ。


148 :吾輩は名無しである:04/07/02 12:15
神保町に小説がうって無さ過ぎると思うのは僕だけでしょうか? 

149 :吾輩は名無しである:04/07/17 10:34
おい、早稲田の文献堂はいつ閉店したんだ。あのヘーゲリアンのおやじが死
んじまったってことか。


150 :吾輩は名無しである:04/07/17 15:09
古書の保管保存って、皆さんどうやってます?


151 :吾輩は名無しである:04/07/18 12:44
私も去年の12月頃上京した折、時間をつくって文献堂に行きましたが
すでに閉店されておりました。
学生時代は新本の1割引きをよく利用させてもらいました。
確か、左翼団体の機関紙や吉本さんの「試行」なども置いてましたね。




152 :吾輩は名無しである:04/07/19 10:00
>>150
おいらは段ボール箱に入れて屋根裏に放り込んでるけど、どして?

153 :吾輩は名無しである:04/07/19 12:44
漏れも衣装ケースに入れて屋根裏に置いてるな。
豪傑の知人は本のために3部屋のアパートを郊外に借りてるが。

154 :386:04/07/19 21:06
わたしは知人から頂いたサザビーズが販売している"Perfect Beauty"という
保護剤を敷いたご近所の薬屋さんから失敬した箱に入れております、特定の
本だけですが。
効能書では、特に紙魚・湿気・寒暖差にその効果を現すとありますしたが、
果たしてどうですか。

155 :吾輩は名無しである:04/08/04 03:17
古本屋ってどうなんだろ? 古着屋はぼったおおいぜー
今日古本屋についての本かってきたよ 反町茂雄とかいうひとの自伝買った
神田とかの店って自分らのことを誇りを持って「古書店」っていうらしい
漫画とかうってるとこは古本屋っていって馬鹿にしてるんじゃねえか。
俺は三島とかの限定の稀少本がほしい。 装丁金かけすぎだろっていう・・

156 :吾輩は名無しである:04/08/04 14:26
買ったけど読まずに捨てた。

潔癖症にはキツかった・・・

157 :吾輩は名無しである:04/08/04 17:09
ぼったくり接客最悪の古着屋情報募集中です。
http://life5.2ch.net/test/read.cgi/fashion/1091596856/l50


158 :吾輩は江呂である:04/08/16 22:07
神戸元町高架下の「モトコー」で、フランス書院やマドンナメイトの文庫本を売
っている古本屋を教えて欲しい。

159 :吾輩は名無しである:04/08/16 22:25
ブクオフ探したほうがいいんじゃない?

160 :吾輩は名無しである:04/08/23 03:17
>>152
いやね、明治時代の雑誌とかの保存法に難儀してるのよ
下手な保存したら劣化が進むかもしれないし

161 :吾輩は名無しである:04/08/26 11:20
必要なとこだけカラーコピーして、捨てればいいやん。

162 :吾輩は名無しである:04/08/29 21:16
>>114
飛び入りで話を戻してスマソ。漏れも禿同。噛んだの店で一番タチわりー店はどこよ?

163 :吾輩は名無しである:04/08/29 21:33
美香に亀レスかよ。
文壇BARへ逝け。

164 :吾輩は名無しである:04/08/29 22:53
age

165 :吾輩は名無しである:04/08/29 23:04
age

166 :吾輩は名無しである:04/08/29 23:10
age

167 :純文学団長 ◆xyX.vGXBSY :04/08/29 23:54
小宮山書店が好きだな。

168 :吾輩は名無しである:04/08/30 00:43
age


169 :吾輩は名無しである:04/08/30 07:46
うむ。小宮山書店は良い。

170 :無名草子さん:04/08/30 08:03
三島由紀夫のお宝ものが充実しているよね。

171 :吾輩は名無しである:04/08/30 08:22
他にお勧め店は?有益な情報だな。お宝探しが楽しくなるような・・・

172 :純文学団長 ◆xyX.vGXBSY :04/08/30 09:32
田村書店の店頭販売安くていいよね。

173 :吾輩は名無しである:04/08/30 11:12
田村書店?それ、どこですか??

174 :吾輩は名無しである:04/08/30 12:00
>>173
神田神保町の古本屋

175 :吾輩は名無しである:04/08/30 12:31
知らなかった。店頭販売って掘り出し物多いですか?
今まで、どんな本がありましたか?


176 :珍満腹 ◆LpB0apFrxs :04/08/30 13:23
小宮山書店も田村書店も神保町での巡回ルートに入ってるな。
あと中野書店(文学書のほう)。値づけが変な店で「そんな値段じゃ誰も買わねーよ」ということが多いけど、逆に掘り出し物があることもある。
もっとも最近なかなか神保町に寄ることができないのだが・・・。
カスミ書房はまだ生きてるのか?


177 :純文学団長 ◆xyX.vGXBSY :04/08/30 13:25
>>175
何を以って掘り出し物というのか分からないが、稀少本が店頭販売というのはまずない。
全集が店前で安く売っているだけかな。状態悪いのもあるけど、他店と比べると格段に安い。

178 :純文学団長 ◆xyX.vGXBSY :04/08/30 13:30
山陽堂は店の雰囲気あまり好きじゃないけど、まぁ、掘り出し物がたまにあるね。

179 :吾輩は名無しである:04/08/30 16:05
そうですか。いかに自分が知らないお店があるのかが、よく分かりました。
神保町って、いかつい店構えのところが多くて、外から見えるところに
「○○全集、うん万円!」みたいなのを見ただけで、怖くて入れない店が
結構あります。私は読むジャンルが不特定で、本を深読みする方でもない
ので、文学とは云々的な話にはついて行けませんが、本は好きですし、
本を買うのも好きですし、渋い古本を書だなに並べるのも好きです。
逆に、ここは行くのよしたがいいよ!みたいなお店はありますか?

180 :純文学団長 ◆xyX.vGXBSY :04/08/30 19:31
>>179
そーいうのは営業妨害になりかねないから慎むべし。
自分で歩いて調べなさい。

181 :吾輩は名無しである:04/08/30 20:45
100円ではなく500円だったんだが
角川文庫から昭和32年に出版された
小林秀雄の『ゴッホの手紙』の初版があったから買ったんだけど
最後のほうにある、初版印刷日とか著作者とか発行者とか印刷されたページの
角川のマークの上に被さるように角川の印紙(?)みたいなものと「小林」って刻印されてあるんだけど
これ何か知ってる人いる?


182 :吾輩は名無しである:04/08/30 20:48

一行目は「ブックオフ100円コーナーの掘り出し本」で訊いたことを
消すの忘れてコピベしたのだから、気にしないで

183 :吾輩は名無しである:04/08/30 21:06
>>181
何かすごい期待しているのかもしれないけど、単なる検印紙だよ。昭和30年終わりくらいまでの本には普通に付いてる。
ちなみに、
>最後のほうにある、初版印刷日とか著作者とか発行者とか印刷されたページ
は、普通、奥付といいます。

184 :吾輩は名無しである:04/08/30 21:07
>>181
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=798694

185 :吾輩は名無しである:04/08/30 21:10
>>183
たしかに、こいつからは
価値あるものだと期待している感じが
伝わってくるな。

だけど、検印そのものは何でもないよね。
だいたい、小林秀雄の本できたいするなってのw

186 :吾輩は名無しである:04/08/30 21:11
>>180
そうですね。足で知識を稼ぐ努力をします。それと、181についてですが、
昔の本には、「著者承認検印」というのが、必ず付いていますね。私も、
そんな印鑑が押してある本をいくつか持っています。著作権か印税との関係
なのかも知れませんが、昔の習慣なのだと思います。あまり確証がない話で
すみません。でも、いい本ですね。小林秀雄の印鑑、見てみたいです。

187 :吾輩は名無しである:04/08/30 21:15
186は、つまらぬ書きこみでした。すみません。

188 :吾輩は名無しである:04/08/30 21:16
>>181
著者検印。
詳しく知りたければ「著者検印」をキーワードに検索するがよろしい。

189 :吾輩は名無しである:04/08/30 21:22
普段はだれもいないスレなのに

おまいら、一体どこから湧いてきたんだw


190 :純文学団長 ◆xyX.vGXBSY :04/08/30 22:25
神田で値引き交渉したことないんだが、だれか経験者いたら語って下さいな。

191 :吾輩は名無しである:04/08/30 22:51
したけど、引かないよ。

192 :吾輩は名無しである:04/08/30 23:01
古書店の値段は主人の趣味思考の象徴みたいなもんで、
値引き交渉するはそれを否定された気分になるらしく、
大抵の場合嫌われますな。

193 :純文学団長 ◆xyX.vGXBSY :04/08/30 23:09
>>191
神田ですか? 神田としたら何書店ですか?
>>192
そうだな。
しかし、どこかで「値引きしてもらえた」と言っている香具師がいて、すこし気になっとるんです。
 そういえば八木書店は値付けが少し高いね。値引きしてくれないかな。

194 :吾輩は名無しである:04/08/31 01:35
俺値引きできた 由縁堂ってとこ 楽勝だろ?

195 :珍満腹 ◆LpB0apFrxs :04/08/31 15:54
>>192も書いてるけど、古書店の値段って店主の見識と価値観がダイレクトに反映したものだから、
値引き交渉なんかされると自分の見識にケチをつけられたと思ってすごく怒るみたい。
少なくとも神保町ではやらないほうがいいと思う。
田舎のもっとのどかな古本屋なら、もしかしたら仲良くなったら安くしてくれることもあるかも知れない。


196 :吾輩は名無しである:04/08/31 16:17
でも書き込みとか線引きとか汚れなどを見つけて
値段に反映されてないなと思ったら、堂々と値引交渉
すればいいと思うよ。それでも嫌な顔されたことは
あるけれど、この場合は勝算はかなり高い、私の経験では。

197 :純文学団長 ◆xyX.vGXBSY :04/08/31 16:31
なるほど。今までの流れからまとめをかく。
 一、神田神保町での値引き交渉は控えるべし
 一、値引き交渉は古書肆のオヤジと仲良くなってから。
 一、汚れや書きこみ、線引き、蔵書印を見つけて値段に反映されていない場合は勝算高し。(神田神保町でも)

 こんな感じかな。続いて情報求む。

198 :吾輩は名無しである:04/08/31 17:30
売れる本は値引きしなくても売れるからね。


199 :珍満腹 ◆LpB0apFrxs :04/08/31 17:44
>>196
まあそうかも知れないけど、それをやるためにはこっちも相場とか詳しく知ってないとね。
初心者にはお勧めできない。

200 :吾輩は名無しである:04/08/31 17:50
>197
欲しいジャンルが充実している店に
こんな本を、と注文しておけば
出物があり次第連絡くれる。

201 :吾輩は名無しである:04/08/31 17:57
阿部公房の「密会」の初版本はいくらで売れますか?
100円で買ったけど

202 :吾輩は名無しである:04/08/31 18:42
鑑定依頼は切りがないから他所でやれ。
応対してたら乞食の巣窟になる。

203 :吾輩は名無しである:04/09/06 12:10
時計収集を趣味とする者です。先日購入した時計関連の古い洋書の発行年代について質問
があるのですがよろしくお願いします。

書名:Old Clocks and Watches and Their Makers
著者:Britten, F. J.
出版社:Batsord
出版年:1899

出版年の1899年というのを信ずれば明治31年、日露戦争よりも前の出版という事
になります。本の外観は結構古色蒼然としているのですが、本文の紙や印刷が非常にし
っかりしていて、活字も綺麗で驚いたのですが英国のこの頃の出版物というのはこんな
に優れているもんなんでしょうか?明治31年の出版物、というと日本で普通考えると紙
は黄ばんでボロボロ、印刷は不鮮明、臭くてたまらないのではないか、という印象があ
るのですが。

「復刻ではないか」と思ったのですが本のどこをひっくり返しても復刻に関する記述は
ありませんでした。
また、各ページは全て袋綴じ?だったらしくほぼ全ページ、右ページの右側、左ページ
の左側にはペーパーナイフで切り開けたと思われる痕が見られます。
各ページの外周部には軽い「黄ばみ」が見られますが本文の活字印刷の部分は綺麗な
ものです。活字そのものの美しさには驚きました。

これはやはり1899年の本そのものなのでしょうか?余りに状態がいいので驚いたので
質問いたします。識者の方、よろしくお願いいたします。

204 :吾輩は名無しである:04/09/06 13:18
識者ではありませんが検索をかけたところ、
偶然にも同書初版の画像を発見しました。
座右の書と比較されてはいかがでしょう?
http://cgi.ebay.co.uk/ws/eBayISAPI.dll?ViewItem&category=20046&item=6114215494&rd=1#ebayphotohosting

また、一般的に同時代の洋書は和書と比較すると、
ペーパーバック等の安価な本を除けば、印刷、紙質共に上等です。

205 :珍満腹 ◆LpB0apFrxs :04/09/06 18:35
欧米の大学の図書館なんか行くと、そのくらいの年代の本ってけっこう普通にあったりするけど、
案外きれいだよ。


206 :203:04/09/07 13:45
>>204-205
有難うございました。ご紹介のeBayを見てみましたが装丁、内容ともに全く同じ本だと思わ
れます。100年以上前の英国で出版された本がこんな綺麗な状態で残っている事に驚いてい
ます。装丁、紙質、製版技術、印刷技術などに当時の英国の国力、産業力みたいなものが反映
されているんでしょうか。

この本が出版された1899年頃というのは時計史的には保守的な英国の時計業界がスイスや
アメリカが進めた新時代の時計開発に遅れを取って衰退が始まったのがはっきりした頃なの
ですがこの本を読む限り誇り高い英国人は微塵もそのような記述をしていないようであります。
こうした業界人の意識と現実の乖離みたいなものも面白いと感じました。
以上余談でしたが有難うございました。

207 :吾輩は名無しである:04/09/09 23:07
神保町にある古本屋を
ちょっと巡ったんだけど
どれもそこらの古本屋より
大して安くないんだけど
誰か説明してえ

208 :吾輩は名無しである:04/09/10 07:18
別に安さが売り物ではない店が大部分なので。

209 :吾輩は名無しである:04/09/10 09:17
>>207
骨董品的な価値を付加した本が多いからね。岩波文庫
とか文学全集みたいな流通本は、そこそこ安いですよ。

210 :吾輩は名無しである:04/09/10 18:02:46
>>33
激しいなw

211 :159:04/09/11 13:04:56
まあ、高田馬場とか中央線沿いの方が値は安いよね。
神保町で1万円で売っている本のもっと良い状態のものが3500円だったり。
ただ、神保町は本がそろっているから。
探す手間を省くために金を払っていると思えばいい。

212 :211:04/09/11 13:08:23
ああ、159じゃなかった。

213 :吾輩は名無しである:04/09/12 00:35:16
>>94
確かに営業してる!ブックオフに慣れた身としてはもう耐え切れません。

214 :吾輩は名無しである:04/09/12 01:38:24
りりぃ登場>>185

215 :吾輩は名無しである:04/09/12 02:00:17
>>211
あと、話が通じるのがいいよね。
地元の店で宇能鴻一郎の話をしても「あぁ? そんな古いエロ小説は置いてねーよ。このスケベ野郎」とあしらわれるのが普通だけど、
神保町の中野書店とかだと、ちゃんと話にのってくれる。
「いまは在庫ないけど、××は時々市場に出回る。売価は××円くらい」とか教えてくれたりして。
でも、神保町では、昔の宇能鴻一郎の本は1500円くらいする。高い!
地元の店だと、(ごくたまーに発見できる程度だが、)店の前の均一本ワゴンで100円というのが当たり前なんだよね。
こっちの方が、(発見できた時の)喜びは大きい。

216 :吾輩は名無しである:04/09/12 06:15:53
宇能鴻一郎は元町の古書店でえらくたくさん見たよ。
駅からかなり遠かったけど。

217 :215:04/09/12 22:26:44
ええっ? 元町って神戸の? でなくて横浜の? 横浜の元町だと、うちの直ぐ近所なんですけど。
最近は近所の古本屋巡りしてなかったからな、明日にでも近所の店々をぐるっと一回りしてみる。

218 :珍満腹 ◆LpB0apFrxs :04/09/13 18:38:25
宇能鴻一郎が芥川賞受賞作家だとか、川上宗薫が芥川賞の候補に5回挙がったということを知らない人も案外多いのかも知れないね。


219 :吾輩は名無しである:04/10/06 03:18:15
すいません、お尋ねしたいのですが、三鷹の三鷹書房(古書店)は、
今でもやっているのでしょうか? 同名の新刊本屋さんは、別の場
所で営業中のようなのですが。どなたか、ご存知の方がいらっしゃ
れば、よろしくお願いします。

220 :吾輩は名無しである:04/10/06 03:45:39
>>219
ここで検索したら出てきたよ。
http://seibundo.sgk.gr.jp/bookstore.html

221 :219:04/10/06 03:58:44
>>220
ありがとうございます。電話番号が載っていたので、今度かけてみます。

222 :吾輩は名無しである:04/10/09 23:04:17
大手古本屋で学参売れる所誰か知りません??

近所のブックオフでは販売はしてるのに持って行ったらダメって言われました。

223 :吾輩は名無しである:04/10/11 14:07:01
今、文化庁が著作権法改正要望のパブリックコメントやってるので提出おながいします。
http://www.mext.go.jp/b_menu/public/2004/04100601.htm

提出先メールアドレス ch-houki@bunka.go.jp
締め切り:10月21日(木)必着

2年半前に中古品売買禁止を要求し、最高裁でボロ負けしたコンピュータソフトウェア
著作権協会(ACCS)とかが「権利の消尽は悪だ! 最高裁判決をぶっ潰せ!」と怪気炎を
上げています。しかも、審議会には最高裁で負けた張本人である弁護士が参加しており
1通でも多く反対の声を出して圧倒しなければ非常に危険です。詳しくはパブコメ提出運動
ポータルサイトを見てください。

http://publiccomment.seesaa.net/article/740685.html

テンプレ(この様式に則って書かないと受け付けられません)
--
件名: 「著作権法改正要望事項について【1.著作者の権利関連】

 文化庁長官官房著作権課 法規係 御中

 著作権法改正要望事項に対し、以下の通り意見を表明します。

氏名:
所属:(会社名・学校名等又は職業)
住所:〒
電話:
意見: (7),(8),(9)について ←必須。これが無いと無効
(本文)
--
提出方法がややこしくてよくわからない場合はパブコメ提出運動ポータルサイトを参照
http://publiccomment.seesaa.net/

224 :吾輩は名無しである:04/10/11 20:54:42
で、賛成して欲しいの? 反対して欲しいの?

225 :吾輩は名無しである:04/10/16 21:56:47
探している本があるのですが、
そういうことを相談できるサイト・掲示板ってありますか?
2ちゃんではまともなレスこなそうで。


226 :吾輩は名無しである:04/10/16 22:03:27
>>225
http://www.google.com/search?hl=ja&q=%22%E6%8E%A2%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E6%9C%AC%E3%81%8C%E3%81%82%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%A7%E3%81%99%E3%81%8C%22&lr=

227 :吾輩は名無しである:04/10/16 22:53:04
>>226
ありがとうございます。
残念ながら、ちょうどよいところはありませんでした。

やはり直接いろんなお店に足を運んで、情報を集めるのが一番ですかね。

戦前、日本文学ですが、相談できるよいお店知ってる方いますか。
質問ばかりごめんなさい。



228 :吾輩は名無しである:04/10/16 22:58:02
>>227
その本のタイトルを教えてよ。

229 :吾輩は名無しである:04/10/16 23:14:27
>2ちゃんではまともなレスこなそうで。

そういう先入観はイクナイなー


230 :吾輩は名無しである:04/10/16 23:32:56
本気で探しているならこのサイトはすぐに見つかるはずだが。
http://www.kosho.or.jp

231 :吾輩は名無しである:04/10/17 00:21:21
100円くらい出してもいいなら「はてな」に質問出してみろ

232 :227:04/10/17 00:45:23
レス遅くなってすみません。
先入観は226で崩れましたよ。
「第七官界彷徨」の、昭和8年に啓松堂というところから出版されたものです。

230のサイトでは検索済ですが、目当てのものは見つかりませんでした。
会員でなければ使えないサービスにはまだ行っていません。


233 :吾輩は名無しである:04/10/17 01:19:36
「第七官界彷徨」の啓松堂版か…正直、かなり見つけるのは難しいと思う

234 :吾輩は名無しである:04/10/17 01:23:30
>>232
>会員でなければ使えないサービスにはまだ行っていません。

だったら、真っ先にそれをやる。
個々の古書店へ問い合わせるより遙かに効率的。

235 :吾輩は名無しである:04/10/17 01:26:32
>>232
超稀少書じゃん。
まず購入は無理だと思うぞ。

236 :吾輩は名無しである:04/10/17 02:11:29
>>234 解りました。会員、となると躊躇してしまって。

>>233,235
稀少書の場合、購入が無理でも、見せていただくことはできるのでしょうか。



237 :吾輩は名無しである:04/10/17 02:32:57
>>236
そりゃあ店主次第だよ。
読みたいだけなら図書館を利用しましょう。

http://www3.ocn.ne.jp/~whatever/1_fruits/b16-30/010701.html
によると鳥取県立図書館でコピーしてくれるらしい。

Webcatで検索したら立教大の図書館も所蔵しているらしい。
研究目的ならこちらでも複写は可能かもしれない。

238 :吾輩は名無しである:04/10/17 03:37:15
雑誌のバックナンバー探してるんですけど都内で一番雑誌の
バックナンバー置いてる古本屋さん・本屋さん・図書館はどこでしょうか?


239 :吾輩は名無しである:04/10/17 03:40:39
>>238
国会図書館

240 :吾輩は名無しである:04/10/17 04:55:35
>>236
早稲田大学の図書館では「第七官界彷徨」の啓松堂版、
普通に借りられるみたいですよ。状態は分かりませんが…
知り合いに早稲田の人がいたら頼んでみたら、どうでしょうか?

241 :吾輩は名無しである:04/10/17 11:23:47
>>238
一番じゃないけど有名なのは大宅文庫。

242 :吾輩は名無しである:04/10/17 13:35:02
戦前までの雑誌なら芝公園の三康図書館とかね。

でも「バックナンバー」という表現から見てそう古い雑誌ではないかな。

243 :吾輩は名無しである:04/10/17 22:06:36
>>237
非常に貴重な本なんですね。
古本界で探すのはやめておきます。

>>240
閲覧と複写が可能のようですね。ありがとうございます。



244 :吾輩は名無しである:04/10/19 11:04:32
今、文化庁が著作権法改正要望のパブリックコメントやってるので提出おながいします。
http://www.mext.go.jp/b_menu/public/2004/04100601.htm

提出先メールアドレス ch-houki@bunka.go.jp
締め切り:10月21日(木)必着

2年半前に中古品売買禁止を要求し、最高裁でボロ負けしたコンピュータソフトウェア
著作権協会(ACCS)とかが「権利の消尽は悪だ! 最高裁判決をぶっ潰せ! 金子一義
大センセイもそう言ってるんだ!」と怪気炎を上げています。しかも、審議会には
最高裁で負けた張本人である弁護士が参加しており1通でも多く反対の声を出して
圧倒しなければ非常に危険です。詳しくはパブコメ提出運動ポータルサイトを見てください。

http://publiccomment.seesaa.net/article/740685.html

テンプレ(この様式に則って書かないと受け付けられません)
--
件名: 著作権法改正要望事項について【1.関連】←必ずこの件名でコピペ

 文化庁長官官房著作権課 法規係 御中

 著作権法改正要望事項に対し、以下の通り意見を表明します。

氏名:
所属:(会社名・学校名等又は職業)
住所:〒
電話:
意見: (7),(8),(9)について ←必須。これが無いと無効
(本文)
--
提出方法がややこしくてよくわからない場合はパブコメ提出運動ポータルサイトを参照
http://publiccomment.seesaa.net/

245 :吾輩は名無しである:04/10/28 18:50:51
奥崎謙三の宇宙人の聖書ってゆー本をさがしているんですけど、なかなかみつかりません。
あと、パルチザン伝説とか民族派関連の本も探しています。神保町その他で
けっこう揃っている書店ってありますかね?

246 :吾輩は名無しである:04/10/31 20:59:58
神保町古本祭はどうですか。

247 :吾輩は名無しである:04/10/31 21:07:08
>>246
稀少本、絶版本などは値引きされないから、
わざわざ行くまでもないと思った。

248 :吾輩は名無しである:04/10/31 23:09:12
>>245
「パルチザン伝説」は、問題になった無許可掲載本も、桐山版の完本も持ってるよ。
両方とも、地元下町のエロ本中心の店で100円で買った。
欲しい本を入手するには、ただただ気長に、暇な時間を見つけては古書店巡りをするしかない。
(昔は神保町に「ウニタ」という伝説的な思想書専門店があったんだけど)
あなたのように、ひとつの専門分野に執着して特定の本を探しているんだったら、
図書館で借りて丸ごとコピーするのが良いんじゃないかな。
都内在住だったら、地元の図書館を仲介させて国会図書館にある(はずの)
「宇宙人の聖書」「パルチザン伝説」を借りることができる。
じゃなかったら、ネツト古書店で検索しまくるとか。
ネット古書店の方が専門性が高いから、見つかる可能性があるかもよ。

249 :245:04/11/04 21:30:00
248さん、返事がおそくなりました!レスありがとうございます!パルチザンが
100円ですか!5000円くらいはするかなって思っていたんですけど。キントト
という古書店で聞いたら水平書館ってとこを教えてくださったんですが、そこのホムペ
の目録にはなかったんですよね。ちなみに僕は23区内にすんでます。でも2冊とも
持っているなんてすごいっすね!

250 :吾輩は名無しである:04/11/10 21:09:22
東京にある小説や文庫本が沢山置いてある古本屋かたっぱしから教えて下さい。
神保町は小説が少ないですよね。

251 :吾輩は名無しである:04/11/10 22:58:54
ブックオフ町田中央店

252 :吾輩は名無しである:04/11/11 04:50:42
笑った!
しかし、「小説や文庫本」「かたっぱしから」なんて適当な尋ね方では答えようがないもんな。
小説や文庫本なら、何でもいいんだろうか? >>250

このスレッドは、はっきりとした趣味嗜好がある愛書家が集まっているんで、
>>250のような人にはブックオフを薦めて御退散願うしかない。

253 :吾輩は名無しである:04/11/17 23:20:38
☆【装丁】書物の歴史【印刷】

http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/whis/1098109346/l50

254 :吾輩は名無しである:04/11/24 06:02:45
ミュージシャンのコンサートやプロレスのパンフレットを買い取りしてくれる古本屋ってありますか?


255 :吾輩は名無しである:04/11/24 09:38:22
あります

256 :吾輩は名無しである:04/11/24 09:49:08
>>255
場所と店名教えてください。

257 :吾輩は名無しである:04/11/24 22:47:48
そんなの、神保町に行けばゴロゴロあるだろ。

258 :吾輩は名無しである:04/11/26 07:11:42
今年出た中公文庫のガンジー自伝の改版、
都内に帯付きの半額位の古本ないでしょうか・・・

259 :吾輩は名無しである:04/11/26 10:33:04
あります

260 :吾輩は名無しである:04/11/26 13:39:37
>>259
場所と店名教えてください。

261 :吾輩は名無しである:04/11/26 16:28:12
そんなの、神保町に行けばゴロゴロあるだろ。

262 :吾輩は名無しである:04/11/28 23:53:38
「そんなの、神保町に行けばゴロゴロあるだろ。」という言葉で答えられないような、
このスレにもっと相応しい質問しろよ。

263 :吾輩は名無しである:04/11/29 00:04:13
>>262
実際、神保町行けばたいていの古本諸問題は解決するしね。(金と時間さえあればね)
誰か地方の熱い古本屋の話題でも振ってくれや


264 :吾輩は名無しである:04/11/29 00:22:36
関西には古本屋街のようなところはあるのかな?

265 :吾輩は名無しである:04/11/29 01:45:26
神保町は、初心者と専門家と金持ちインテリのための町。
254と258は、やはり、まずは神保町に行きなさい。
その後に近所のブックオフで修行し、地元の名店のオヤジに叩き直してもらってから、再び神保町を訪れなさい。

266 :吾輩は名無しである:04/11/29 11:05:54
>>258
今年出た本なら新品を買えばよい。

267 :吾輩は名無しである:04/12/01 04:40:38
Amazonの古本検索の方がお手軽だなぁ・・・。
古本や巡りして衝動買いで7〜8万使っちゃうこともないし。

268 :215:04/12/02 12:09:58
でも、そういう衝動買いこそが楽しいんじゃない? 
それにネットでは、「意外な安価」というのがまずない。
「意外に安いから買ってしまう」というパターンの衝動買いの楽しさというのが、
古書店巡りにはあると思う。
>>267さんは裕福そうなんで、そういう感覚とは無縁なのかも知れないけど。
というわけで、自分は昨日も3冊の本を買ったけれど、すべて100円だった。
>>248も自分)

269 :吾輩は名無しである:04/12/02 23:51:26
古本の権威、徳永康元氏は家の中が古本で埋まっていたらしいぞ。

270 :吾輩は名無しである:04/12/04 21:30:04
雑誌バックナンバーを豊富に取り扱っている古書店の老舗といえば?

271 :吾輩は名無しである:04/12/04 22:58:30
どんな雑誌かによるだろう。
単なる週刊誌、総合雑誌のバックナンバーを探してるんじゃないよね?
その専門分野の専門古書店に行けば?
どこに行けばあるのかというと、
・・・>そんなの、神保町に行けばゴロゴロあるだろ。

272 :吾輩は名無しである:04/12/05 20:23:54
神田神保町で
簿記やソフトウエア開発などの資格関係の古本を
扱ってる古本屋を教えてください
お願いします


273 :吾輩は名無しである:04/12/05 20:31:33
文学板で訊くことかよ。

274 :272:04/12/06 08:39:48
そんな事言わずに教えてください(´・ω・`)

275 :吾輩は名無しである:04/12/07 22:01:12
その手の書店なら、表通りをプラプラ歩くだけで、いくつも見つかるよ。
ただ、その手の質問は、書籍板で聞いたほうがイイかも

276 :吾輩は名無しである:04/12/07 22:28:56
>>272
とにかく神保町に行きなさい。
意外に狭い街だから、どうにかなります。

277 :あるあるネタをひとつ:04/12/08 04:35:08
絶版本をスーパー源氏で検索!

あった!

古本○堂だった .. . .. ..._| ̄|○

278 :吾輩は名無しである:04/12/08 06:30:57
古本○堂


ここはカスなのか?

279 :吾輩は名無しである:04/12/09 21:36:26
>>278
カスってことはないが、俺の財力では買えない > 古本☆堂

280 :吾輩は名無しである:04/12/09 21:38:07
利用したことが無いが高いのか、その店は?

281 :吾輩は名無しである:04/12/09 21:46:50
>>280
俺も利用した事はないよ。
ただ、絶版本をスーパー源氏で検索するとよく引っ掛かる。

282 :吾輩は名無しである:04/12/10 00:01:26
リョサの『緑の家』新潮文庫(絶版)が欲しいんですが
置いてある古本屋知りませんか?

283 :吾輩は名無しである:04/12/10 00:30:14
手に入らない古本ほど欲しくなるなあ。
見つけて嬉しくなっても結局あんま読まないんだよなあ。

284 :我輩は名無しである:04/12/28 18:47:33
>282
神保町の 文庫川村 か 山陽堂で聞いてみたらいいんじゃないですか?

285 : 【中吉】 【1325円】 鬼検索 ◆ONIoniKkao :05/01/01 12:26:20

古書畸人堂 早川多摩雄
http://www.kijin.com/top.html
http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/saku2ch/1029061921/16

http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1047393007/53-56

286 :吾輩は名無しである:05/01/02 03:00:31
腎某町のK未山書店のオヤジは糞

287 :吾輩は名無しである:05/01/04 00:02:25
明日は「第21回 銀座古書の市」初日。
於:松屋銀座8階
午後2時開場

東京古本市予定表2005
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Shikibu/5603/furuhon2005.html

288 :吾輩は名無しである:05/01/04 00:42:44
http://www.matsuya.com/ginza/topics/0110e_kosho/index.html

289 :吾輩は名無しである:05/01/04 01:45:17
>>286
週末のガレージセールお世話になってますう。


290 :吾輩は名無しである:05/01/04 12:28:32
>>282
ないね。
ちょっと前に沖縄の古書さ○いにあったが
2000円の値段ついてたぞ
日本の古本屋にもひっかからん

291 :吾輩は名無しである:05/01/04 23:56:49
古本のオークションでは楽天とヤフー以外にあるの?

292 :吾輩は名無しである:05/01/05 16:14:04
>>282
有藤書店 1700円
六栗書賈 2400円
あべの古書店 2500円

どれでも好きなのをどーぞ。つーか、高い。

293 :吾輩は名無しである:05/01/18 21:48:49
かなり昔のアサヒグラフ 現天皇陛下の御成婚の特集号?(写真とか色々載ってる) があるんだけどこれって売れるの?じいちゃんちの押入からでてきたんだけど....

294 :吾輩は名無しである:05/01/18 22:20:55
ABAJ創立40周年記念「世界の古書・日本の古書 過去から未来へ〜貴重書の祭典」

 東京・六本木ヒルズ アカデミーヒルズフォーラム(森タワー49階)
 2005年1月28日(金) 11時〜20時
      1月29日(土) 10時〜18時



295 :吾輩は名無しである:05/01/18 22:27:28
>>293

世界のその雑誌が一冊しかなく、
また読んでみたいという歴史家でも
いたら売れるかもな。いまから何百年後の未来にな。
それに、もう一つ条件がある、
まだ、その雑誌が酸化せずに原型を保っていたらな・・・

296 :吾輩は名無しである:05/01/20 22:12:38

大阪に同窓会名簿等を取り扱ってる古書店はありますか?


297 :吾輩は名無しである:05/01/21 01:51:08
>>293
>>295が変なこと言っているけど、普通に売れるよ。
ただし、買い取り値は多分、状態が最良のものであったとしてもせいぜい6〜700円程度。
それに、それ1冊だけを古書店に持って行ったんでは断られる可能性が高い。

298 :吾輩は名無しである:05/01/21 18:47:14
売れないよ、そんなゴミ本。( ´,_ゝ`)プッ
じゃお前が率先して買えや。責任持って買ってやれ(・∀・)ニヤニヤ
売れもしない本を売れるとか言って安易に希望を持たすなよ、馬鹿!

299 :吾輩は名無しである:05/01/21 18:50:35
ひどいよー。売れるよ。懐かしいなあ。

300 :吾輩は名無しである:05/01/21 21:34:23
>>297
素人が適当なこと書き込むなや。
293が可哀相だろ。

301 :吾輩は名無しである:05/01/21 22:02:59
俺も売れないと思う。
需要と供給という言葉聞いたことある?
欲しい奴がいないと売買は成立しないんだよ。
297も普通に売れると書いている割には
自分で条件つけて売れないとしまいには言っているしな。

302 :吾輩は名無しである:05/01/21 22:20:37
老人には懐かしいんだよな。美智子様はすごーくキレイだったよ。
まあ、今でも美しいけどね。

303 :吾輩は名無しである:05/01/21 22:23:55
ムキになってる奴が約1名。
どーでもいい話題だな。

304 :吾輩は名無しである:05/01/21 23:37:42
a


305 :吾輩は名無しである:05/01/21 23:37:46
( ´,_ゝ`)プッ

306 :吾輩は名無しである:05/01/22 00:55:56
ここまできたら、
売れるか売れないか、
>>293は実際に売りに行って、
報告してほしいな。

俺は売れる方にかける。
ただし売値は300円くらい。

307 :吾輩は名無しである:05/01/22 01:01:58
(・∀・)ニヤニヤ

308 :297:05/01/23 00:55:01
俺は「アサヒグラフ」の東京オリンピック特集号を背取りして500円で売ったことあったけどな。(買値は100円だった)

あと、サンデー毎日の三島事件特集号も1000円で売ったことがある。
ただし、これは事件の実況録音ソノシート付きなんで、普通のバックナンバーとはちょっと違うんだが。

309 :吾輩は名無しである:05/01/28 15:55:14
墨田区の両国駅付近でいい古本屋ありませんか?ミステリ関連で

310 :吾輩は名無しである:05/01/31 22:13:54
>>309
力士がタダで食えるマックの脇道にあるが

311 :吾輩は名無しである:05/02/16 15:00:10
fo

312 :吾輩は名無しである:05/02/20 10:31:02
結局>>293の本はいくらで売れたのか、つーか、そもそも売れたのか?


313 :吾輩は名無しである:05/02/21 16:25:15
大型サイバー古本屋にはどんなものがありますか?
 日本の古本屋
   http://www.kosho.or.jp/index.html
以外のものを教えて下さい。

314 :吾輩は名無しである:05/02/21 17:09:05
敵に塩を送るほどお人好しではない。

315 :吾輩は名無しである:05/02/27 02:18:14

ワロタ

316 :吾輩は名無しである:05/02/27 03:07:50
殺伐としてますね

317 :吾輩は名無しである:05/03/02 00:52:50
一般にブックオフとブックマーケットとわんぱくこぞうってどこが一番買い取り価格高い?


318 :吾輩は名無しである:05/03/09 19:03:51
中野区中野に「〜本舗」という古本屋ありますか?

319 :吾輩は名無しである:05/03/09 19:19:19
タウンページがネットで検索できるのになぜ訊くか。

320 : :05/03/17 23:14:18
 

321 :吾輩は名無しである:2005/03/30(水) 14:17:38
現代文豪名作全集の6と7を各100円で買ってきた〜。
この前違う店で見たらかなり汚いのに3000とかぼってたから得した気分だ・・・。

まぁ今だと500円が山だろうけど。

322 :吾輩は名無しである:2005/03/30(水) 14:56:40
戦後詩など、現代詩に強いお店ってありませんか?
昔はあったそうなんですが、今は詩が専門の本屋ってほとんどありません。。。
あってもストリート系のナル詩人の作った冊子をおいていたりと
ふぬけた本屋が多い。。。。

探している本が多いので、どなたか教えてください

323 :吾輩は名無しである:2005/03/30(水) 15:09:16
>>322
何処に住んでるか分からなければ助言のしようも無いと思うのだよ

324 :吾輩は名無しである:2005/03/30(水) 15:11:58
石神井書林の目録を買へ。

325 :322:2005/03/30(水) 17:32:47
>>323
東京都です。

>>324
偶然そこに今一冊注文中なのですが、
あの500円?かなんかの目録ってそんなにいいのでしょうか。
それじゃ買ってみようかな。。。

326 :吾輩は名無しである:2005/03/30(水) 17:42:32
内堀弘『石神井書林日録』(晶文社)も買ひたまへ。

327 :吾輩は名無しである:2005/03/30(水) 23:36:01
>>322
詩専門というわけではないが、
渋谷 宮益坂上 の 中村書店。ただし、高いぞ。
下北沢 白樺書院 あたりはどうじゃ。

328 :322:2005/03/31(木) 00:19:55
>>327
中村書店は聞いたことあります。
青学の近くのかな。。。
行ったことあるような気もするけど、もっかい探して行って見ます。

下北はよく行くのですが、そこは知りませんでした。
検索したらMAPまで出てきたので今度行くときはぜひ立ち寄ってみます。

>>326
アマゾンで検索したら出てきました。
有名な本屋さんなんですね。

お二人ともthxでした


329 :吾輩は名無しである:皇紀2665/04/01(金) 02:43:40
ローカル情報で何ですが…
昨日、横浜市中央図書館(最寄駅はJR・地下鉄桜木町か京急日出町)の無料
交換棚に、昭和45年に出た筑摩書房「世界文学全集」が30冊ほどありましたよ。
ギャスケル、ミュッセ、ロート、コンラッド、「アンチ・ロマン集」等は
いざ探すとなると大変でしょうから、御興味がある向きはお早めに。
一階ロビー右手、エレベーターの陰にあります。

330 :吾輩は名無しである:皇紀2665/04/01(金) 16:48:25
初心者なんですが質問させてください。
ある作家の個人全集のうちの3,4冊がほしいのですが、
そういう本はブックオフなんかのチェーン店には置いていないもんなんでしょうか
やっぱり古書を取り扱ってるような古本屋さんで探すのが妥当でしょうか
「日本の古本屋さん」で検索したら1冊2、3000円して目が回りました…


331 :吾輩は名無しである:皇紀2665/04/01(金) 22:34:39
どの作家さんかによると思います。探しているのは誰ですか?

332 :330:皇紀2665/04/02(土) 00:31:22
>>331
正岡子規です。
作家と言うかなんと言うか…


333 :吾輩は名無しである:2005/04/03(日) 08:45:03
以前ヤフオクで10数冊1000円で出ていたことがあったよ。
ブックオフについては近くにないので分からない。
ブックオフスレで聞いてみては。

334 :330:2005/04/04(月) 00:45:39
オークションと言う方法もあったか・・・
なるほど。探してみます
ありがとうございました。

335 :吾輩は名無しである:2005/05/14(土) 21:09:07
古本屋をあまりよく知らない初心者ですが、質問させて下さい。
昭和43年の「オリバー!」というミュージカルの来日公演パンフを探しています。
神保町の矢口書店が専門と聞いて行ってみたのですが、いきなり撃沈しました。
なにしろ古いものではありますが、都内・近郊で他にありそうなところって
ありますでしょうか? また、同時期の「東宝」という雑誌を置いてあるところも
探しています。 もしお心あたりの方いらっしゃいましたら教えて下さい。
よろしくお願い致します。

336 :吾輩は名無しである:2005/05/14(土) 22:03:01
>>335
古本探しはまず
スーパー源氏
http://sgenji.jp/
日本の古本屋
http://www.kosho.or.jp/servlet/bookselect.Kihon
で検索するのが基本です。

337 :335:2005/05/14(土) 23:30:17
>336
レス頂きありがとうございます。早速登録してきましたが
演劇関係のものが多い古本屋、というと矢口書店以外にどこか
ありますでしょうか? (重ね重ねすみません)
マイナーなのか「東宝」ってなかなか扱って無いようなんですよね…

338 :吾輩は名無しである:2005/06/13(月) 00:05:27

< 料理研究家は稀覯本の蒐集家としても知られている人で、(略)僕はその人と(略)ニア・ミスしたことがあった。
 カリフォルニア大学バークレイ校で(略)研究室の机をもらっていた頃のこと。サンフランシスコの坂の上の、広く
知られた古書店にいった。そのうち奥まった仕切りのなかの書棚を直接見せてもらえるようにもなっていた。そこで
ある日、ブレイクの預言詩のカラー版復刻『ジェルサレム』の最良の版と思えるものを見たのだった。僕は(略)生
活費として銀行にあずけてあったお金も全部おろすと(略)古書店に再び駆けつけた。しかし(略)本はなかった。
ただ老人の書店主が、――きみは日本でなかなか名を知られているようだね、それというのも、きみが執着している
と話すと、ミスター**が面白がって(略)あれを買って行った(略)といったのだ。この出来事はずっと心の傷と
して残り、後年(略)まで、癒えることがなかった。>

              ――大江健三郎「ゆるやかな絆」講談社――


339 :吾輩は名無しである:2005/06/13(月) 00:07:17

<サン・フランシスコの大きい古書店で、はじめあまり気のない対応を受けるうち、――日本人の上客は天理図書館の
買い付け係や、さる料理学校のオーナーだというのですから、無理もないのでしたが>

               ――大江健三郎「小説のたくらみ、知の楽しみ」新潮文庫――


340 :美香 ◆FE5qBZxQnw :2005/06/13(月) 00:40:53
金額はいくらでもいいからほしい本なんてわたしには一生無縁かと(w

341 :吾輩は名無しである:2005/06/14(火) 18:55:19
小遣いの乏しい高校生のころ、坂口安吾に著しく傾倒していた。参考書を探しにぶらりと入った
古本屋でそろいの評論集を5000円で見つけたときは、息が止まるかと驚き、打ち震え、梁上の君子よろしく、
神々しくさえあるそれに近づいていった。ためつすがめつ、おおよそ一時間ほどもそこにいたのでは
あるまいか。当然金は持っていないので、そして、とって置いてくれなんぞとは口が裂けても恥ずかしくて
言えず、当然憎むべき金満家で安吾と珊瑚の違いも分からぬであろう己以外の、見つけたら殺しても
飽きたらぬやからの手に渡ってしまうであろうことを認めないわけにはいかなかった。
それから一週間と言うもの、普段からキチガイの一歩先を行くと言われていた学校では、
安吾安吾と口走っていたため、「あいつ、やっぱり...」とささやかれることしきり。中には件の古本屋へ
出向いてブツを確認しに行ったやつもいたらしい。俺は存在確認が日課になっていたのだが。
吉野家の牛丼の卵や大盛りを削り、艱難辛苦のすえに5000円を手にしていたとき、頬はこけ、鬼気迫る
形相であったであろうことは想像に難くない。まだ、あるだろうか...
放課後、俺は札を握り締め、メロスもかくやと言わんばかりの猛スピードで古本屋へ直行すると、
宝物の存在を確認し、無愛想がチョッキを着て坐っているところへアプローチすると、「あのお、ウインドの
安吾の評論集、幾らですか...」よもや5万なんとふっかけることはないだろうけれど、絶対に売りたくない
はずだ。あんな重文級の書物を置いているだけでも、ステータスシンボルとなるはずだから。
しかし、案外あっさりと「5000円。」おお、なんていい親父なんだろう。「じゃ、く、ください。」
キャッフォー!人目がなかったら俺は本にほお擦りしていたに違いない。汗でぐちゃぐちゃの5000円を
怪訝そうに調べている親父を尻目に、人生最良の時間を楽しむべく、俺は安吾とともに家路についた。

342 :吾輩は名無しである:2005/07/01(金) 11:03:38
反町茂雄さんですか

343 :吾輩は名無しである:2005/07/19(火) 05:31:43
中央公論社の「日本の文学」という全集が家にあります。全冊揃ってるか
どうかは不明ですが、かなりたくさんあります。
こういうのをブックオフなどに持っていくと、買取料金0円、せいぜい
引き取ってもらうだけだと思うのです。
オークションやそれといった書店に持っていけばもっと高いお金で買い取って
もらえるのでしょうか?
朝日新聞の土曜版で知ったのですが、
正宗白鳥氏の作品などは今手に入らなくなっている
ようですね。全集の中に彼の作品は収まっています。

ちなみにカバーは全て紛失しています。

344 :吾輩は名無しである:2005/07/19(火) 06:38:55
>>343
多分、買い取ってもらえないよ。カバーもないなら、なおさら。
ブックオフ行けば分かるけど、中公の「日本の文学」は
100円コーナーにたくさん転がってる。
その手の文学全集は、家のインテリアとして買った人が多くて
出回っている量も多いよ。

345 :吾輩は名無しである:2005/07/19(火) 15:09:31
>朝日新聞の土曜版で知ったのですが、
>正宗白鳥氏の作品などは今手に入らなくなっている

はて? 白鳥の単行本なんかは、古書展にゆくたび見掛けるがね。
なんか誤読してない? 記事原文を引いてくれ。

346 :吾輩は名無しである:2005/07/19(火) 17:46:24
文庫の目録から姿を消しているので
新刊書としては入手が難しい、ということじゃないか。

347 :美香 ◆FE5qBZxQnw :2005/07/20(水) 20:53:11
わたし悪いことしたのかな。
古書店。新しくできたとこみたい。
脳内血管がぶちきれるくらい値段が高いわけ。
とくにわたしの好きな演劇のジャンルが。
通常の3〜4倍の値段。
そこでの話。細かく書くとばれるかな。
あるひとの翻訳のシェイクスピア全集が「17冊そろい」と書いてありかなり高額だったわけ。
だけどわたしはその全集がほんとうは18冊まであることを知っている。
商品知識もないくせに高額をつけるなと憤り、思わず指摘を。
だってそれをうっかり買ったお客さんがかわいそうでしょ?
そこにいた店主は難癖をつけられたかのような顔をして、ああ、そうなんですか、ありがとうございますと。
ちっとも、ありがとうという雰囲気ではなく。
それはいいのである。わたしだって、なかば「いやがらせ」をしたとわかっているのだから。
しかしなのだ。またその古書店のまえをとおった。
相変わらず「17冊そろい」と同じ金額をつけていた……。
わたしが悪いのかな? 「そろい何冊」のほかに「全何冊」という表現があるのを知った。
「そろい」だったら完結していなくても高値をつけていいのですかね。
とすると今度はわたしのほうに罪悪感が。ご存知の方は教えてください。

348 :美香 ◆FE5qBZxQnw :2005/07/20(水) 21:01:04
「古本買い 十八番勝負」(嵐山光三郎/集英社新書)を読んだ。
感想は↓
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1121693331/23

おもしろいなと思ったのは買った古本のタイトルと金額を報告するという試み。
そういえば。
デパートの古本市などでも他人のカゴにある本って気になりませんか?
ここもかなりの過疎スレです。
だから盛り上げませんか、やりませんか、掘出物自慢大会♪
ただ買った古書のタイトルと金額を書く。
自慢できなさそうだったら書かないのもポイント(w
じぶんはもっと安く買ったなどと荒らしたりはしない。
そういう場合はただこころのなかでにんまりする。
だめですかね、こんな企画は?

349 :パンパース5000:2005/07/20(水) 21:13:59
>>348
『FBI心理分析官』
800円。ブックオフ。

350 :パンパース5000:2005/07/20(水) 21:27:28
>>347
どこをどう考えても美香の白痴性から産まれた弱者の滑稽悲劇です。
その店主は明らかに美香に文句言いたかった。だけどお前の血走った白痴的眼に
気力が失せたんだろ。どう考えても自分より馬鹿な奴に教育的指導は無意味と考慮した。
そこで美香の明々白々な厚かましいまでの中華思想的喜悲劇を傍観する歴史家としての
態度を貫徹した模様でR。

351 :吾輩は名無しである:2005/07/20(水) 21:42:45
>>348
その企画いいね。美香ちゃんの対談をブログにまとめたよ。偽名で。
>>350
美香に責任能力はなかったと認識すべきだと思う。



352 :おさむ ◆YST1av./UU :2005/07/22(金) 03:00:56
>>348
そうやって自分の腐臭に気が付かずに占有しようとするからいじめられるんだお♪
ぜんぜんダメだよぉ☆そんな企画は〜、ネー、キミィ〜♪

それと文壇スレ沢山あるのに、名前が気に入らないからって建てないでねっ♪www






353 :吾輩は名無しである:2005/07/22(金) 22:14:36
ヒットラーのマインカンプ 1938年にでた徳富蘇峰が序文かいてるやつ
中二ぐらいのときに100円で買ってた。 そのころから潜在的に骨董好き
だったんだな いまはヴィンテージ古着集めてるし。

354 :343:2005/07/24(日) 09:11:27
>>343です。
>>344さん。買い取ってもらえないというのはBOOKOFFででしょうか?
それはもう覚悟しております。専門の古書店やインターネットオークション
でも同じことでしょうか?
>>345
いえ、新刊として刊行されてないものについてです。朝日の記事は、
著作権の延長で、著作権保護が続くにもかかわらず、絶版で手に入りにくい
というギャップを問題にしたものでした。
中央公論の「日本の文学」が入手しやすい、著作権保護が続いているにも
関わらず絶版になっているものも古書店で手に入れることができる・・・
という事情を考え合わすと、カバー無しの「日本の文学全集」が売れる可能性は
限りなく低いということでしょうか。ざっと見た限り
朝日が挙げている入手しにくいとされる作家8名中、宇野浩二 正宗白鳥
尾崎士朗 中勘助 広津和郎 5名の名は目録にありました。
古書店に行けば、それほど難しいものでもないのですかね?
>>346
そのような意味です。


355 :吾輩は名無しである:2005/07/24(日) 18:08:08
>>347
それは、商品知識がないのではなく、悪意でやっているのでは?
>わたしが悪いのかな? 
>「そろい何冊」のほかに「全何冊」という表現があるのを知った。
いえ、それはお店がイケナイ。
良心的な(というか最低限のモラルのある)お店は、不揃いなら、
「**冊中**冊目まで揃い」とか「第*巻(以降)欠け」って書きますよ。

356 :紫苑 ◆asFxDSUhcg :2005/07/24(日) 18:12:02
>>355もわたしです。

>>348
>掘出物自慢大会♪
いいですね〜。参加します♪
でも実は最近、地べたの古本屋さんにほとんど
行ってません。古本市の目録とか古本屋の在庫目録も
届くけど、何となく目をとおす気力がなく、
そのまま開封しないことが多くて…。
ちょっと前の収穫ですが
・改造社の日本文学全集(戦前に出たいわゆる"円本")の
『第二巻 坪内逍遥集』。100yen。藤沢の古本屋で。
 総ルビで、「役の行者」「ハムレット」(翻訳)などが入っています。
・『リイルアダン短編集』岩波文庫、上下、300yen。これも藤沢にて。
 リイルアダンはヴィリエ・ド・リラダンのこと。
 某所では3000yen。
・ノーバート・ウィーナー『人間機械論』みすず書房。
 100yen。下北沢にて。


357 :吾輩は名無しである:2005/07/24(日) 19:35:10
>>354
http://www.aucfan.com/
ここで色々調べてみたらいいよ。

5月にそのものずばり日本の文学全80巻が売れてる。
http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g32719182

ブックオフもってくよりヤフオクのほうがずっと良いよ。売れるまで忍耐が必要かも
しれないが。

358 :美香 ◆FE5qBZxQnw :2005/07/24(日) 23:38:23
紫苑さん♪ いま気づきました!

>掘出物自慢大会♪
継続します、紫苑さんが参加してくれたのだから♪

ですが今日は限界。占有じゃないんです、ごめんなさい。明日以降。

古書スレはもっと盛り上がるべきだと思うのです。
いま本屋で買える文学書など氷山の一角なのだから……。 

359 :美香 ◆FE5qBZxQnw :2005/07/24(日) 23:43:43
生意気そうに見えたらごめんなさいzzz……。

360 :紫苑 ◆asFxDSUhcg :2005/07/25(月) 01:44:54
>>358
わたしもここに書けるように、また古本屋めぐり、
再開してみます。ネットばっかりではつまらない。本は一期一会♪

>>359
いえ、そんなふうに感じたこと、一度もありませんよ。
でも美香さん、ちょっとお疲れみたい…。

361 :343:2005/07/25(月) 04:25:46
>>357
そうですね。オークションの方が良さそうです。ただ80冊ほぼ
まともな状態でも4000円じゃくですか。
カバーも無い状態だと良くて半額、1000円以下かも。。
労力に対して報われる額を考えると微妙ですね。
一冊一冊出すとしても漱石、鴎外などの著作物は売れないでしょうね。。

10冊ほど残して取り合えず70冊はブックオフに処分してもらうって
方法もありかなー。

362 :吾輩は名無しである:2005/07/25(月) 13:13:09
なんで美香はすぐ占有して馴れ合うんだ?
いい加減にしろよ。

363 :珍満腹 ◆LpB0apFrxs :2005/07/25(月) 18:22:25
神保町で村上春樹『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』函帯つき
(少し背焼け等あり)著者サイン入りを4500円で。
5年以上前のことですが。

364 :美香 ◆FE5qBZxQnw :2005/07/25(月) 19:11:04
>>363
古本好きにも二種類ありますよね。
1、本の内容にこだわる派(かたちのないものなのでいわば無形派)。
2、ものとしての本に執着する派(カバー装飾サイン入りなど=有形派)。

無形派は翻訳者などにやたらこだわる。
有形派はもはや骨董好きかと。

わたしはどちらかというと無形派。
いくら漱石の初刷本だろうと、文庫で読めるから別に興味がない。
珍満腹さんは有形派なんでしょうね。

365 :美香 ◆FE5qBZxQnw :2005/07/25(月) 19:18:14
無形派とかいっておきながらライン本はがんとして買わないわたしはわがまま。

>>356
わたしが人生でいちばん嬉しかった掘出物は「オニール名作集」1000円。
にっくき矢口書店では2万円。
だけど、あはは、オニールなんてだれも知らないからうらやましがられない。
わたしもそう。
上で書いた嵐山さんの古本新書を読んでも関心のあるジャンルがちがうから……。

まあ、その各人(各古書店)の関心のちがいが掘出物を生むわけですから(w

>>355
ありがとうございます。慰められました。

366 :美香 ◆FE5qBZxQnw :2005/07/25(月) 19:26:30
>>361
その日本文学全集はむつかしいかもしれません。
でも意外と嬉しいのがブックオフの買取。
4冊100円のワゴン本で1冊だけほしい本があった。
(ちなみに木下順二全集の端本、定価4000円!)。
とりあえず4冊買って、いらない3冊を近くのブックオフへ。
B(50円)が2冊でC(20円)が1冊。
あはは、120円になってしまった。とすると差し引き20円のプラスか(w
いいんでしょうか。古本業界もデフレがすごい……。

367 :紫苑 ◆asFxDSUhcg :2005/07/26(火) 18:44:20
ニュース速報スレからのコピーです


809 :吾輩は名無しである :2005/07/23(土) 22:57:41
フリマでミニミニ古本市
普段は店売りをしていないネット古本屋が集合する1日限りの古本市!
品川インターシティ・フリーマーケット屋内会場 
JR品川駅港南口
7月31日(日)
10:00〜16:00
http://www.i-hon.net/event/


368 :吾輩は名無しである:2005/07/26(火) 21:06:10
>>362
俺はもう諦めた
故意なのかどうかは知らんが厚顔無恥もここに極まれり、ってやつだな
さっさと見捨ててあぼーんしとけ

369 :紫苑 ◆asFxDSUhcg :2005/07/26(火) 21:23:09
>>363
それ、安いです。サイン本でなくても、『世界の終りと…』の
箱入り単行本は最近あまり出ないようで、思いのほか高い値がついてますから。

>>364
わたしもどちらかといえば無形派かと。
初版とか執着しません。でも帯は、青土社の本みたいに重要な情報が
書かれていることもあるし、編集者のつける惹句や推薦者の言葉などから、
出た当時のその作品・作者の位置づけがわかって面白いので、
あるにこしたことはない。



370 :紫苑 ◆asFxDSUhcg :2005/07/26(火) 21:36:23
>>365
オニールって、そんなに高くなっているのですか。
たしかに新本では『楡の木陰の欲望』ぐらいしか読めませんが
(わたしもこれしか読んでません)。
そういえば戯曲ってかなり定番の作品でも、
文庫になっていなかったり、単行本でも品切で古本が高騰するものが
多いですよね。
白水社などはたまに新装復刊しますが(イヨネスコとかベケットとか)
けっこう高価です。

あ、そういえば、べつに最近買ったわけではないけど、
『ベケット戯曲全集』1&2巻(ほんとうは4巻まである)で700円。
350円/冊と考えれば、まあ安かったかと思います。


371 :吾輩は名無しである:2005/07/27(水) 18:00:30
あぼ〜んばっかり続いてるwww

372 :吾輩は名無しである:2005/07/27(水) 18:24:16
やっぱり自演なの?

373 :吾輩は名無しである:2005/07/27(水) 22:14:38


374 :珍満腹 ◆LpB0apFrxs :2005/07/29(金) 12:25:24
たしかに僕は有形派ですね。コレクター的なところがあるから。
もちろん中身も読みますけど。
あ、漱石の初版本とかそういうレベルのものはさすがに手は出しませんよ。
なんぼあっても足りん。


375 :吾輩は名無しである:2005/08/04(木) 15:26:35
ブックオフのポイントカード何気好きなんだが。

376 :美香 ◆FE5qBZxQnw :2005/08/17(水) 22:05:38
今日のお買い物。
池袋西武夏の古本まつり(池袋西武・イルムス館2F西武ギャラリー)。

「ハムレット読本」(岩波書店)800円
→日本の作家・研究者のハムレット論を集めたもの。
スリップがはさまれていて、読まれていないみたいだったのでわたしが読んであげねばと。
「ハムレット」はいちばん好きな戯曲です。

「近代劇全集 フランス編」(ハコなし)200円。
→メーテルリンクの未読戯曲が3つ入っていたので。昭和2年発行。

「戯曲・演技・演出」(「国文学」の別冊)315円。
→存在はまえから知っていた。315円は安い。

「現代世界演劇4」(白水社)400円。
→このシリーズは全18冊。いま所有しているのは10冊。バラで集めている。
美本、月報つきで400円は安い。だぶりではと気になったが帰宅後確認したらセーフ。
おなじ本を二度買うのはいやなものです。

「近代劇大系10」(メーテルリンク集)1000円。
→今回、いちばん迷ったのがこれ。大正12年刊行。
1000円は高いよなと思うも「青い鳥」で号泣させられたメーテルリンク。
未読戯曲が5つ入っている。だけどハコも壊れているし、訳は古いし、うーん。
しかし古本の最大法則。迷ったら古本は買うべし。だから買ったのでR♪

377 :美香 ◆FE5qBZxQnw :2005/08/17(水) 22:18:54
>>370
>『楡の木陰の欲望』
おもしろくなかったですかこれ?
わたしも最初に読んだオニール作品はこれ!
現代版(近代版?)ギリシア悲劇というのか。
これでオニールに目をつけました。
ストーカーしてやろうと。

>そういえば戯曲ってかなり定番の作品でも、
>文庫になっていなかったり、単行本でも品切で古本が高騰するものが
>多いですよね。
はい、そうです、だから専門書店は避けます。
価値(名前か?)を知らぬ古書店が売りに出すのを待つのみ。
古本市などが絶好の機会だったりします。
戯曲はロット数(出版数)がはじめから少ないからたいへんです。
ここでトリビア。
大正時代が戯曲もけっこう売れていたみたい。
先日買った大正11年発行の戯曲集の奥付を見たら第五版!

>『ベケット戯曲全集』1&2巻(ほんとうは4巻まである)で700円。
安いですねえ。まこと安い。キチガイ安い。
「ゴドー」新刊に支払ったかつての2000円がわたしをせめたてます♪

関係ないけど。
「オニールかメーテルリンクかピランデルロか」。
こんなスレを建てたらレスはつきますかねえ。
たぶん無理でしょうね、ええ、はい。

378 :美香 ◆FE5qBZxQnw :2005/08/17(水) 22:29:22
 大正時代が戯曲もけっこう売れていたみたい。
→大正時代は戯曲もけっこう売れていたみたい。


379 :吾輩は名無しである:2005/08/18(木) 08:12:42
>365
ライン本て何すか?

380 :美香 ◆FE5qBZxQnw :2005/08/18(木) 16:05:58
>>379
別名、線引き本。
つまり以前の読者によって、線が引かれている本のことです。
読むときの妨害に(わたしは)なります。
思考を遮断されるというのか。
線を引きながら本を読むのはXXが多い……。

そうでもないかな。
井上ひさしさんなんか線を引かないと読んだ気がしないらしい。

わたし。最近。
気になったところがあったらそばにある紙にその本のタイトルとページ数をメモる。
あとで読了報告をするときにそのメモにあるページを読み直す。
そんな感じ。

あ、あと書き込み本にも許せる場合がある。
誤字を直していたり、戯曲の配役の誤りを指摘していたり。
難解な漢字にルビをふるくらいまでなら、うん、許せる。
ちなみに上記はすべて経験済みです。

381 :紫苑 ◆asFxDSUhcg :2005/08/19(金) 02:57:40
>>376
美香さん、暑いなかの古本市、お疲れさま〜♪
わたしも今日(18日)は
ちょっとだけ古本をあさってきました。
もう遅いので、明日以降、レスつけますね。



382 :みか5さい ◆NGaQPY3pmc :2005/08/19(金) 23:33:10
ぜんぶじゃないけど ほんには 
いっぱいせんひいたり かきこんだりしてる
きゅうかんじに ふりがなふったり
じょしの まちがい なおしたり
へんな ぶんしょう てんさくしたりも してる……

だから げんざい りゅうつうしている ほんのばあい
まっさらなぶんと かきこむぶんと あわせて 
おなじほん にさつ もってたりするのでR(おもに ぶんこ)

383 :美香 ◆FE5qBZxQnw :2005/08/19(金) 23:44:37
>>381
>ちょっとだけ古本をあさってきました。
ご報告、楽しみにしています♪
紫苑さん、かなり刺激になっています。
ちなみに加藤周一で反応があったのは紫苑さんがはじめてです。

>>382
みか5さいを引き取るのは蔵書が目的ではないんです!
わたしだって。
持ってる本を先日買った。
ブックオフ105円。
それはちがうだろうと。
いくらなんでもこの本を105円で売っちゃいかんでしょう。
いつかみか5さいにプレゼントしようとかごに入れました。

ふう、今日も飲んだ、では、このへんで。
382を発見しなかったら今日は沈黙するつもりだった。

384 :紫苑 ◆asFxDSUhcg :2005/08/20(土) 14:06:51
>>376
西武の古本市、いいですね。
わたしはあの規模のに行くとあっというまにお財布が空になって、
しかも悪いことにデパートの古書市はカード決済ができる(!)ので
すぐ何万という額を使ってしまいます。なので今のところ我慢しています。
が、月曜あたり、ちょっと寄ってみるかもしれません。

池袋はサンシャインの地下1階でも古書市をやっているはずですが
行かれましたか?

ご存じかもしれませんが、このページ(古本カレンダー)は
便利ですよ。
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Shikibu/5603/furuhon2005.html

385 :美香 ◆FE5qBZxQnw :2005/08/20(土) 14:29:42
>>384
そこを参考にしていますわたしも>古本カレンダー
サンシャインの地下1階は行きませんでした。
というか、遠い……。

>すぐ何万という額を使ってしまいます
わたしとはカクがちがいますねなんか。

>>383はなにを言いたいんでしょうかね。
酔っ払って書いた記憶がない。

>>382
みか5さいは書き込み派か!
でもさ。線引き?
定規できちんと引いたりするほうでしょ。
めんどくさくない?

386 :紫苑 ◆asFxDSUhcg :2005/08/20(土) 14:33:05
それで、誘惑の少ない小さ目の古本屋&古本市で掘り出し物さがし。
とくに稀覯書狙いで行ったわけではないので
たいしてめずらしい本はありません。

横浜駅、西口地下で開かれている古本市の収穫。

野口米次郎『叙情英詩集』宝文館(昭和5年、定価1円50銭)、300円(絶版)
 ブレイク、ポオ、ブラウニング、D.G.ロセッティ(わたしの大好きな詩人♪)
などの訳詩集。むかしの女学生(not女子学生)が持っていたような本ですね。
野口米次郎は詩人。英国で『東海より』を出版しています。
蕗谷虹児の挿絵(本文のは白黒。巻頭に一葉カラーがある)もすてき。

カール・ケレーニイ『医神アスクレピオス』白水社(1997年、定価2100円)、1000円
 古代ギリシア以来、今でも医の倫理の基本とされる「ヒポクラテスの誓い」。
そのヒポクラテス一族の始祖神がアスクレーピオス(Askle^pios)。
アポロンの息子です。欧文の本に医師とか医術の意味で
Asclepius(英)、Ascle'pios(仏)という形をみかけることがあります。
ケレーニイは天才的な神話学者。

小田実『何でも見てやろう』講談社文庫(1979年、定価540円)、100円
 ベ平連(若い人は知らないかも)をやっていたころの著者が
22か国をめぐった旅行記。講談社文庫の旧装丁版。
とにかく体力勝負で書いた本(でもそれはマッチョな強さとは違う)。


387 :紫苑 ◆asFxDSUhcg :2005/08/20(土) 14:59:07
>>377-378
>>『楡の木陰の欲望』
>おもしろくなかったですかこれ?
う〜ん。ギリシア悲劇はほとんど神話の延長のようで
生々しい話なのに時代性・地域性が希薄なんですよね。
この作品は、自然主義なのかどうかは分かりませんが、
とにかくアメリカの19世紀のニューイングランドという
時代・地域に密着している感じがする。
その分、その地域時代に独特の文脈にのっかれないと、
どうも共感しづらいんです。
おもしろくないということはありませんが。
でも『喪服の似合うエレクトラ』はぜひ読んでみたいです。

>大正時代が戯曲もけっこう売れていたみたい。
そうでしょうね。島村抱月とか松井須磨子とかの
まさにあの時代ですもんね。


388 :紫苑 ◆asFxDSUhcg :2005/08/20(土) 15:04:50
>「オニールかメーテルリンクかピランデルロか」。
>こんなスレを建てたらレスはつきますかねえ。
それなりにレスはつくのでは?
わたしが密かに企てている
「バシュラールかリシャールかスタロバンスキーか」
よりはずっと集客力あるでしょうw
もしスレができたらまっさきにうかがいます♪
でもじつは、ピランデッロ、未読なのです。
たしか「イタリア年」に乗じて2001年に原典訳が出ていて
買って持っているんですが(イタリア文学は全般に好きです)
もう4年も積ん読状態。なにやってんでしょうね>わたし。
メーテルランクはオペラにもなっている『ペレアスとメリザンド』が
ちょっと前に岩波で復刊していて、読みました。これはもう感涙もの。
あと、工作舎で出てる、昆虫誌というか自然誌文学系の著作もあるんですよね。
未読ですが。

>>385
>>すぐ何万という額を使ってしまいます
>わたしとはカクがちがいますねなんか。
いえ。使わないように自制してるんですってば。
本読みは清く貧しく美しく♪

389 :美香 ◆FE5qBZxQnw :2005/08/20(土) 22:20:26
紫苑さんにレスするまえに、まずはスレタイにしたがい……。
こわいひとに怒られたくないですから。 今日の古本収穫。ブックオフ某店。値段はすべて105円。

「十二の世界を開く」(山田太一)
→対談集。まあ、絶版なんで一応。 神保町・矢口書店では1500円つけてたな。
べつにシナリオ本でもないのに。あこぎでR

「ひとことで言う」(山本夏彦)
→2年前に出版された山本夏彦名言集。
大学1年の語学クラス(中国語)で一緒だった男の子に無理やり読まされたな山本夏彦。
頼んでもないのに本を数冊貸してくれ……。ええ、読みましたよ。
もちろん嫌いになりました山本夏彦。いま読んだらどうなのかな。

「嫁ぐ日84」(つかこうへい)
→テレビドラマシナリオ。早くかれの出世作の戯曲「熱海殺人事件」を読まないとわたし。
もしつかこうへいが嫌いだったら105円で買ったかれの戯曲がすべて無駄になる。

「リトル・バイ・リトル」(島本理生)
→文庫化ってたしか3年だよね? あと半年でこれも文庫化されるのか。

「頭痛はこわい」(KAWADE夢新書)
→98年初版だからてっきり絶版かと思っていたらまだ新刊で買えるみたい……。
まあ、105円だし。ここ3ヶ月頭痛はないから、うんOK!

「西欧政治思想」(岩波テキストブックス )
→岩波テキストブックスは「シェイクスピア伝説」(小津次郎)をヨンダことがR
こういう講義形式の本はわたしの好み。
とくにこれは放送大学教材を増補したものだとまえがきに!
だれでも入れる大学、放送大学のテキストはわたしの愛読書。
バカのために書かれた本という位置づけ。この本は世界史学習の一環として。

390 :美香 ◆FE5qBZxQnw :2005/08/20(土) 22:38:53
>>386
ブラウニング。このひとの名前先日なにかの戯曲で読みましたぁ〜♪
いえ、それだけです。

>『医神アスクレピオス』白水社
わたし。むかしは固い決意があったんです。
絶版ではないのは古本で買わない!
しかしです。戯曲があまりに高いので演劇関係にかぎり禁を破り……。
いまでは一般書も微妙なところです。
いえ、それだけです。失礼しました。

>小田実『何でも見てやろう』
調べたら、これまだ絶版じゃないんですね。
どこの圧力のおかげか。
ええ、はい、ベ平連を知っているわたしはお年よりかもしれません。
有名ですよねこの本。おもしろいんですかね、いま読んでも。
積ん読している加藤周一「世界漫遊記」といい勝負(何が?)かもしれません。

391 :美香 ◆FE5qBZxQnw :2005/08/20(土) 23:09:28
>>387
>その分、その地域時代に独特の文脈にのっかれないと、
>どうも共感しづらいんです。
ほんと「ひとそれぞれ」ですね何事も。
あるひとの「人生の一冊」をつまらないと最後まで読めないひとがいる……。
あの島田雅彦だって、作家で食べているんだから(わたしとしては!)世界の七不思議です。

えーと、『楡の木陰の欲望』です。
かなりがつんとやられたんです。
ギリシア悲劇はつまらない。だけどこう加工したらここまでになるのかと。
暗いのが好きなんです。やりきれない不幸みたいのが。
オニールはいっています。
人と人の関係に興味はない。人と神の関係こそ自分が追求するテーマだと。

>でも『喪服の似合うエレクトラ』はぜひ読んでみたいです。
岩波文庫でもRけど、おすすめは「ノーベル文学賞全集」の翻訳です。
こちらの訳のほうがかなり新しい。わたしもこれで読みました。
「ノーベル文学賞全集」はたまに古本市で投売りされています。
信じられない価格で。
たしか出版は「主婦の友社」だったか(w
『喪服の似合うエレクトラ』、読んでいて震えがとまらなかったです。
でも、そうそう、これもいわばギリシア悲劇(アイスキュロスのオレステア三部作)の翻案なので、
紫苑さんの好みにはあわないかもしれません。

なんといってもオニールの最高傑作は「夜への長い旅路」。
これが筑摩書房の世界文学全集「近代劇集」に入っているので、
うまくいけば100円で読めるかもしれません。
これはギリシア悲劇も何も関係ない。私小説ならずして私戯曲。
オニールが死後10年は上演するなと遺言で残した作品です。
ただし。筑摩書房版のあれは活字が三段組なのできわめて読みにくい。
わたしも「オニール名作集」の二段組で再読するのが楽しみです。
読後、なみだがとまりませんでしたこの作品。イタイです。

392 :美香 ◆FE5qBZxQnw :2005/08/20(土) 23:27:12
>島村抱月とか松井須磨子とかの
そういえばそうですね。
だけど、うーん、そこまで影響力があったのか。
国語便覧でしか触れたことがないのでなんとも。

>>388
>「バシュラールかリシャールかスタロバンスキーか」
だれなんですか?
3人とも知りません。
だけど紫苑さんはそんなことでひとをバカにしないのがいい。
文学板の大多数がそういうことでひとを侮蔑するのを楽しみにしているようで、うーん。
多趣味ですよね紫苑さん。ああ、そうだ加藤周一も。
映画、演劇、絵画、音楽、漫画、……芸術一般に造詣が深い。
わたしなんて演劇の一部だけですから。
映画は今年になってから1本しか見ていない(「またの日の知華」です)。
CDにいたれば、ここ5年は買ったことがない。
絵画? 退屈なだけです。 かなりコンプレックスかもしれません。

ピランデルロは「ピランデッロ」でメーテルリンクは「メーテルランク」
なんですかねやはり、原文の読みに従うと……。わたし外国語はてんで……。

『ペレアスとメリザンド』は先日、読みました。
ええ、例の岩波文庫で。
挿絵が多くて楽しかったです。
だけど感涙までは……。
「青い鳥」に比べたらかなりレベルが落ちる、というのがわたしの感想です。
ひとそれぞれ!

>本読みは清く貧しく美しく♪
そうです。同感です。
食べるより着るより寝るより……読む? しかし何を?

393 :美香 ◆FE5qBZxQnw :2005/08/21(日) 20:29:44
今日もつい出先の古本屋へ。

品切れ岩波文庫
戯曲「恐ろしき媒」
ホセ・エチェガライ ;永田寛定
岩波書店 1988/10出版
ホセ・エチェガライってだれなんですかね?
聞いたこともない。
でもあとがきを読むとノーベル文学賞を取っているとか。

品切れ岩波文庫
戯曲「ピエール・パトラン先生」
[原書名:Maistre Pierre Pathelin ]
178p 15cm(A6)
岩波書店 (1995-03-08出版)
・渡辺 一夫【訳】
これも聞いたことない。翻訳者は仏文学の超有名なひとですよね。

金額はどちらも200円。
岩波文庫の棚はあたまに入っているから品切れ判定には自信あります!

394 :美香 ◆FE5qBZxQnw :2005/08/21(日) 20:35:22
>>389
訂正です。
「シェイクスピア伝説」(小津次郎)は岩波セミナーブックスでした。
わたしが読んだことのある岩波テキストブックスは「言語表現法講義」(加藤典洋)。

395 :吾輩は名無しである:2005/08/24(水) 19:35:20
ここを見て西武の古書店へ行って見ました。
普段ブックオフにしか行かないので、値段が大層高く感じました。

湯沢の江戸語の研究、龍胆寺雄全集の一巻目購入。

フランス語、ドイツ語の小説なんぞもちょっと出ていましたが、哲学書は
見当たりませんでした。ほとんど文系書籍で、理工系はごく一部、
コンピュータ関連ぐらいかな。





396 :紫苑 ◆asFxDSUhcg :2005/08/25(木) 22:04:04
>>395 美香さんの宣伝(?)の成果がありましたね♪

>>389 美香さん
わたしも、スレタイにのっとって古本の収穫から。
誘惑に負けて西武古本市、最終日に行ってしまいましたorz

『新集 世界の文学(8) ネルヴァル/ボードレール』中央公論社(1970年)、500円(絶版)
 ネルヴァルのほうは詩人の入沢康夫が訳しています。

『世界名詩集1 ダン/ブレイク』平凡社(1969年)、500円(絶版)
 このシリーズはゴーチエ/ネルヴァル、レニエ/ラフォルグ、
ジャム/クローデルなどの巻を持っています。
今でも他で読めない作品が入っていて貴重です
ダン/ブレイクは、岩波などで読めるけど、安かったので。

(図録)『皮膚の想像力』国立西洋美術館(2001年)、1000円
 コロックの記録なので図版よりも論文中心です。
谷川渥、ゲルハルト・ヴォルフほか。
ちなみに執筆者の一人が某氏に贈った献呈本ですw
献呈者の手紙ぐらい抜き取ってから売りなさい!

(図録)『揺れる女/揺らぐイメージ (フェミニズムの誕生から現代まで)』、
栃木県立美術館(1997年)、2600円
 こういうテーマ主義でまとめた展示&図録が面白いです。
もうクリムト展とかルーブル美術館展のような人物・美術館別で
まとめたものは、よほど珍しいものでないかぎりいらない。

ミシュレ『魔女』現代思潮社・古典文庫(1969年)、上下で1000円(絶版)
 これは安い。岩波文庫版で読めますが、あえて単行本で買いました。



397 :紫苑 ◆asFxDSUhcg :2005/08/25(木) 22:06:03
さらに、サンシャイン地下1階の古本市(30日まで)
にも足を伸ばしました。ここは珍しい本はそんなにない。
値段は安め。

V.-L.ソーニエ『十六世紀フランス文学』文庫クセジュ (1958年初版)
V.-L.ソーニエ『中世フランス文学』文庫クセジュ (1958年初版、70年2刷)
ロベール・ピニャール『世界演劇史』文庫クセジュ(1969年初版、70年2刷)
 各315円。たぶん今も新刊で買えると思いますが、『十六世紀…』は初代の装丁、
他の2冊は2代目の装丁です。現行4代目の俗悪な装丁が嫌いなので。
ソーニエの方は定評ある分冊通史。ピニャールの本は、
原始時代からベケットまでを新書判で通史しようという
壮大な(または無謀な)本。


398 :紫苑 ◆asFxDSUhcg :2005/08/25(木) 22:15:18
美香さん

というわけで、結局行ってしまいました池袋2か所。お金つかいすぎ〜。
当分、「その他の雑酒(2)」で過ごす日々が続きそう。
西武のほうは誰か知り合いに会いそうで危ないなぁ…と思っていたら、
案の定、会場に入って間もなく知人に遭遇。危険水域でしたw
結局サンシャインも梯子することになり、食事に誘われ喫茶店でも話し、
帰宅は深夜にorz 楽しかったけど、ちょっと疲れました。
その人は職業的シネフィルなのですが(映画評論の著作がある)、
やっぱり例の演劇・映画のY書店のことは、散々こきおろしていました。
神田なら田村や巌松堂、さらに各地ブックオフで目を皿のようにして探して、
どうしてもないときしか行かない、と。本業の方にも不評なんですね。
Y書店もうでは最後の砦(?)ということで意見が一致。

>>389-390
>放送大学のテキスト
わたしもかなり愛用しています。誰でも入れる大学なのに、やたらと
レベルが高いですよね。フランスのコレージュ・ド・フランスみたいなもの。
テキストも例えば渡邊守章さんの『フランス文学』は
仏文研究者向けの専門書、または院生以上向けの教科書です。
>「西欧政治思想」(岩波テキストブックス )
百円なら安いですね。未読ですが。
放送大教材で、政治思想関係でしたら、
川出良枝&松本礼二『近代国家と近代革命の政治思想』は
かなりオススメです。国家と自由というテーマが縦糸になってます。
川出&山岡龍一『西洋政治思想史』もいいです。

>絶版ではないのは古本で買わない!
>しかしです。戯曲があまりに高いので演劇関係にかぎり禁を破り……
わたしは古本フル活用ですね昔から。
でも潰れて欲しくない出版社の本は古本が出ていてもあえて新品で買います。
平凡社、工作舎、ありな書房など。

399 :紫苑 ◆asFxDSUhcg :2005/08/25(木) 22:23:10
>>391
>『喪服の似合うエレクトラ』、読んでいて震えがとまらなかったです。
これはもう、読むしかないですね。ノーベル文学賞全集を探してみます。

>筑摩書房の世界文学全集
そう、読みにくいですよね〜。重いし場所とるし最悪。ちなみにこの筑摩の巨大な全集は
最初に出たオレンジの装丁(世界文学大系)と
後からでたグレーの装丁(筑摩世界文学大系)の二種類があって、
グレーの方は評価が高く古本でも高価ですね。装丁も渋いし。
(もちろんブックオフではどちらも100円なんですが)
20年がかりで刊行されたので完結したのはごく最近です。

>>392
>>「バシュラールかリシャールかスタロバンスキーか」
>3人とも知りません。
無理もないと思います。古本でないとほとんど手に入りませんし…。
3人ともフランス語圏の詩論家です。ただ、純粋な詩論家といえるのは
リシャールだけで、
バシュラール(もと化学者)は詩を読みつつ、同じような手つきで科学史を読む。
スタロバンスキー(医者出身)は文学と歴史と科学を混ぜこぜに読む。
フランスの百科全書的な伝統ですね。
ムー大陸さんもバシュラールはお好きみたい。
バシュラールだけは文庫になっています(ちくま学芸文庫『夢想の詩学』ほか)。

>映画、演劇、絵画、音楽、漫画、……芸術一般に造詣が深い。
いえ、そんな…。
武智鉄二の映画を見たことがないのに、彼の著書を読んでいる
わたしは、やっぱり間違っている気がします。
それより美香さんの演劇を読む感性と知識のほうがすごいです。
はっきりと好きなものがあるほうがずっと素敵ですよ♪
偏愛礼讃です。人生は短いですから(最近ますますこの感慨が強まっています)。


400 :紫苑 ◆asFxDSUhcg :2005/08/26(金) 07:13:16
>ピランデルロは「ピランデッロ」でメーテルリンクは「メーテルランク」
べつにこだわっているわけでもないのですがw 
llは促音でも2回発音しても間違いではないかと。
ベルギーは必ずしも仏語音で読むとはかぎらないのでメーテルリンクなのかも。正確なところはよくわかりません。

>『ペレアスとメリザンド』 「青い鳥」に比べたらかなりレベルが落ちる
ほんと、ひとそれぞれですね♪(w
もちろん『青い鳥』、あれは別格というか、数あるフランス語文学のなかでも
抜きん出た傑作ですよ。この点は同意です。読了スレ、読ませていただきました。
(美香さんとはじめて評価が一致した気がしますw)
美香さんと少し別の観点でみると、あの溢れるようなオブジェ趣味、
色・光・イメージへの偏愛に魅力を感じます。
とにかくいろいろなモノが出てくる。モノでないはずの事柄すらモノとして形を備え、
しかも命をもって動き回る。
「ほんとうの幸福は身近にあった」なんて要約では、あの魅力は絶対に伝わらないでしょう。
真の幸福は、例えば「水のほほえみ」「曙の空の色」「こはくの露」
だというわけです。光彩と物質のなかにこそ幸福は現れるという確信!
青い鳥とは幸福の寓意でも隠喩でもなく、幸福そのものなのです。
でもね、『ペレアス…』も劣らない傑作だと思いますよ。
メリザンドの髪と水と光を結ぶイメージの連鎖。とにかく、メーテルランクについては話せば長くそうです。

>絵画? 退屈なだけです。
うわぁ、これは悲しい(泣)。いつか美香さんに「思い出の本は?」って訊かれて
わたしが美術史の本を何冊も挙げたとき、やけに冷淡だったのはそのためでしたかww

>ホセ・エチェガライってだれなんですかね?
名前はスペイン人ですね。そう思って、事典がわりに持っている(=通読してない)
『スペイン文学史』(文庫クセジュ) をみてみると、
「ホセ・エチュガライ(1832-1916)は、演劇におけるロマン派の
最後の代表者である。この傾向のおかげで彼は作品の中に叙情的な
感激、韻文の使用、烈しい情熱的な衝動、それからあまりにも
頻繁に筋を悲劇的に結ぶ宿命などを用いることになった」云々。美香さん好みっぽいw

401 :吾輩は名無しである:2005/08/26(金) 18:44:08
今日はサンシャインの古本市に行ってみました。
電車の場合は有楽町線の東池袋で下車。徒歩10分というところかな。
買ったのは二三冊。
嬉遊笑覧上下
嬉遊笑覧は岩波で復刻されているし、国書刊行会から大部のもの
が出ているけれど、これは日本随筆大成刊行会って書いてある。
現代のフランス
フランスへ行きたいと思っているけれど、あまりに遠いので
せめてこの本で楽しみたいな。

値段はリブロよりは安めに思いました。
あ、あと横光の全集がバラで何冊かでてました。


402 :ムー大陸 ◆DMnIjpZYd2 :2005/08/26(金) 19:42:18
ヒマと金がある人はいいなあ。
俺はこのところ毎日仕事で埼玉県のあちこちに出かけてるのだが、
仕事が終わると、かならず駅周辺を古本屋を探してうろつくのが日課になって
しまってる。
で、今日は鴻巣市で、一軒だけプレハブ建ての古本屋を見つけて入った。
マンガとエロ本が大半で、あとは色のあせた文庫本が、作者名もバラバラに
並べられているという、典型的なダメ古本屋でR。
でもまあ、そんな本屋でも出会いというものはあるもので、ちょっとした
掘り出し物(というほどでもないが)をgetしました。

『みちのくの人形たち』 深沢七郎 中央文庫版 1982年初版

ネット古書店でも1000円くらいはするものを50円で。
しかも帯つきで、状態も良好。
ささやかな幸せ。
後藤明生とかが見つかったらもっと幸せなんだけどね。


403 :美香 ◆FE5qBZxQnw :2005/08/26(金) 22:48:03
レスするまえに古本のはなしを。
こわいひとに怒られないように。

古本探しってある意味ギャンブルだとは思いませんか?
巨大なスペースの古本祭りに行って1冊もほしい本がないときもあり、
かと思えば、ふと立ち寄った小さな町の古本屋で15冊買うこともある。
人生以上にめぐりあいや一期一会を感じることができるのが古本世界。
わたしが古本にはまったゆえんです。

404 :美香 ◆FE5qBZxQnw :2005/08/26(金) 23:11:39
>>396
>ちなみに執筆者の一人が某氏に贈った献呈本ですw
>献呈者の手紙ぐらい抜き取ってから売りなさい
献呈本は嬉しいですよね。どれもたいがい読まれた形跡がない。
なんか古本で読まれたことがなさそうなのを見るとかわいそうになります。
たとえばスリップが何ページにもまたがってはさまっていたり。

図録ってなんなのでしょう。
絵画のコピーがたくさん入ったやつですかね。
あ、思い出した。
展覧会の展示品の紹介本では?
わたしも遠藤周作展のそれを買ったことがあります。
文化的です。
深夜、お酒を飲みながらひもとくは図録(つまみは食べない!)。
おっとな〜。おっしゃれ〜。わたしには縁遠い世界です。

405 :美香 ◆FE5qBZxQnw :2005/08/26(金) 23:25:08
>>397
>ロベール・ピニャール『世界演劇史』文庫クセジュ(1969年初版、70年2刷)
ふう。ひと安心。共通項が。それ読んだことあります。
わたしが所持しているのは2000年第28刷発行です。
白水社の分際でこんなロングセラーは生意気などといったら失礼にあたるのでしょうか。
一見すると劇作家の名前を並列しただけにも思われましょうが、
読んでみるとなかなかの良書です。フランス人の著作にしては、まあ平易なほう。

演劇史の本では。
「東西演劇の比較」(放送大学テキスト)がためになりました。
日本の演劇も世界の演劇もこの1冊ですべてわかる!
最近、この本を古書市や古書店で見ることがやたら多い。
そういうことってありませんか。
なぜか一時期、おなじ本ばかり発見する。

これもふしぎな古本の法則です。

406 :美香 ◆FE5qBZxQnw :2005/08/26(金) 23:39:16
>>398
>例の演劇・映画のY書店
まえにも書いたことですけれども。
ただでさえ出版数の少ない戯曲を卑怯にも安く買い叩いて(ためしに買値を聞いたことがR)
その戯曲を目の玉が飛び出る価格でさばこうとするあの古書店は、
いくら資本主義の原理には適合していようとわたしはNO!と叫びつづけます。

>神田なら田村や巌松堂
田村書店のワゴンでしたらわたしもお世話になっています。
店内には入りません。あの店主は嫌いです。
巌松堂はどこなんでしょう。
いま調べてみます。古書店。よく行く店でも名前を知らないことが多々あります。

>>399
>最初に出たオレンジの装丁(世界文学大系)と
>後からでたグレーの装丁(筑摩世界文学大系)の二種類があって、
>グレーの方は評価が高く古本でも高価ですね。装丁も渋いし。
これ初耳です。すごい情報を。へえへえへえです。
ちなみに「現代劇集」オレンジ版とグレー版、収録作品がちがうんです。
発見したときは感動しました買いました。
たしか500円だったか(グレー版)。
こんなに未読戯曲が収録されていてこの値段? と驚いた記憶があります。

407 :美香 ◆FE5qBZxQnw :2005/08/26(金) 23:51:51
>>399
>それより美香さんの演劇を読む感性と知識のほうがすごいです。
>はっきりと好きなものがあるほうがずっと素敵ですよ♪
わたしには感性も知識もありません。
あるとしたら低劣な感傷(すぐ泣く!)と愚劣な独断(すぐ怒る!)かと。
あとそう。作者の意図などまったく考えない。
おのれの楽しめるところをひたすらむさぼろうとする。
むかし文学板で名無しさんに言われた「筋が悪い」。
これほどわたしの本質を言い当てたものはありますまい。

>>400
>もちろん『青い鳥』、あれは別格というか、数あるフランス語文学のなかでも
>抜きん出た傑作ですよ。この点は同意です。
こっそりメーテルリンクスレッドを建てました。
即落ちしないようここ数日は名無しにもなりレスを増やします。
ご協力、さきほど垣間見ました。ありがとうございます。できましたら今後もorz

>(「青い鳥」の)あの溢れるようなオブジェ趣味、
>色・光・イメージへの偏愛に魅力を感じます。
>とにかくいろいろなモノが出てくる。モノでないはずの事柄すらモノとして形を備え、
>しかも命をもって動き回る。
そのような観点があったとは。わたしは芸術的には田舎者なんです。近々再読します。
あとはメーテルリンクスレで。読み手がいて、とても嬉しいです。


408 :美香 ◆FE5qBZxQnw :2005/08/27(土) 00:05:08
>>400
>うわぁ、これは悲しい(泣)。いつか美香さんに「思い出の本は?」って訊かれて
>わたしが美術史の本を何冊も挙げたとき、やけに冷淡だったのはそのためでしたかww
ごめんなさい。もしかしたらそうかもしれません。
絵画とかいわれちゃうと、わたしとは別世界にいる天上人、そんな認識です。
そのくせベストセラー小説をバカにしたりするわたしに芸術的な倫理性はありません。
貪欲なだけなのです。とにかくじぶんが楽しみたい。そしていつかだれかを楽しませたい。
およそ芸術的なるものから程遠いわたしの毎日です。

ホセ・エチェガライの紹介、ありがとうございます。
たしかにわたし向きかと。近日中に読みます。

>>401
>今日はサンシャインの古本市に行ってみました。
どきどきしますよね。古本市は。ご収穫、おめでとうございます。

>>402(ムーへ)
>ネット古書店でも1000円くらいはするものを50円で。
複雑なものです。たとえば古本屋ワゴンで買った100円本の田村隆一「詩人の旅」(中公文庫)。
お酒を飲みながら読もうかと。ええ、はい、汚れてもいいと。
だけどネットで価格を調べたら、あはは。なんかもったいないような……、
貧乏人の読書家は苦労します。


409 :紫苑 ◆asFxDSUhcg :2005/08/29(月) 03:18:58
>>389
ブックオフでかった本もアリなんですねw
では、わたしも報告。ぜんぶ105円です。

「図書」編集部編『書斎の王様』岩波新書(1985年)、品切
 文筆家17人による本と書斎をめぐるエッセイ集。悪趣味なタイトルだけど
由良君美さん、下村寅太郎さんのエッセイが読みたいので購入。

「夫(恋人)からの暴力」調査委員会『ドメスティック・バイオレンス』
 有斐閣選書(1998年)

ホフマン(神品芳夫訳)『黄金の壷』岩波文庫(1974年)、品切
 旧訳(石川道雄訳)『黄金宝壷』は読んでますが、安かったので。

あと、地元の古本屋さんで2冊。

四方田犬彦『月島物語』集英社文庫(1999年)、200円<定価571円
 映画評論家の四方田さんが月島の長屋にくらしていた頃のエッセイ。

『岩波講座文学 第2巻 創造と想像力』岩波書店(1976年)、100円<定価1700円
 井上光晴、入沢康夫、島尾敏雄などが執筆。いま出てる新版の岩波講座文学
より執筆陣が豪華♪

410 :紫苑 ◆asFxDSUhcg :2005/08/29(月) 03:43:33
>>401
渋いご趣味ですね。あの古本市は、一見すると、コンビニでうってる
ペーパー装のマンガ本のゾッキとか出ていてダメっぽいけど
丹念に探すと、けっこういい本が安くでているみたいですね。
わたしはあまり買わなかったけど、一緒にいった人が、
ずいぶん掘り出し物をみつけていました。

>>402(ムー大陸さん)
> 『みちのくの人形たち』
あ、これ、未読です。50円、いいなぁ♪
深沢七郎は、いま『楢山節考』とか
『言わなければよかったのに日記』ぐらいしか新刊では
買えないんですね。わたしのすきな『庶民列伝』新潮文庫版も品切orz

>>403(美香さん)
>古本探しってある意味ギャンブルだとは思いませんか?
ほんと。海外からカタログだけをたよりに古本を取り寄せている人は
文字どおりギャンブルでしょうけど、そこらの古本屋さんで
本あさりしているレベルでも充分ギャンブル性がありますよね。
中毒になるゆえんですね。
あと、古本屋さんの棚をみていると勉強になります。
本の世界の動きが垣間見える気がします。
最新の新刊書をフォローしていても、意外とそういうのは見えてこない。

411 :紫苑 ◆asFxDSUhcg :2005/08/29(月) 04:05:35
>>404
図録、そうです。アレです。
じつは美術展でみるより、図録をルーペをつかってみたりするのが好き
という倒錯者です、わたし。展覧会に行かず、図録だけ送ってもらったり、
典型的インドア派(というか、美術館って寒すぎて、長くいると
体調がわるくなるんですよ。学芸員さんはみんなひざ掛けして座ってますし…)
>深夜、お酒を飲みながらひもとくは図録(つまみは食べない!)。
そんなオサレなもんじゃないですよ〜。
付箋をはったり論文の部分にラインを引いて愚直に熟読。もう受験生状態です。
ひとから「図録に線を引くの? 信じられない!」といわれたことがあります。

>>405
『世界演劇史』の内容紹介、ありがとうございます。
美香さんのOKが出たので安心して読めます。
>「東西演劇の比較」
新刊品切。net古本にも出ていません。古本屋でみつけたら「買い」ですね。
>最近、この本を古書市や古書店で見ることがやたら多い。
>そういうことってありませんか。
ありますね。べつにベストセラーでもない本でも。
あれは、買って買って〜って本が語っていると見るべきですかねぇ。
目にとまりやすいってことは、きっと無意識の
レベルで気になっているのでしょうから、もしかしたら、
自分にとって大事な本なのかもしれません。


412 :紫苑 ◆asFxDSUhcg :2005/08/29(月) 04:33:16
>>406
巌松堂は神保町駅から歩いて田村書店の何軒か手前です。
ここは結構大きくて幅ひろくそろっています。店舗は2階建て。
名前はご存じなくても、たぶん、行かれたことがあると思います。
『東京ブックマップ』はお持ちですか? あの本の神保町1丁目の地図をみるとすぐわかるかと。

>>407-408
>感傷(すぐ泣く!)、独断(すぐ怒る!)
泣く!怒る!がなかったら読書のたのしみなんてありません。
もちろん、笑う!喜ぶ!も大事ですよ♪
>あとそう。作者の意図などまったく考えない。
わたしも。どれだけ作者の逆鱗にふれる読み方をしていることか…。
むかしフランスの某が「作者の死」なんてもっともらしくいって、
日本のお馬鹿な人たちがさんざん受け売りしましたが、
そんなこと、ことさら言うまでもなく、物語の読者はずっとしてきたことですよね。
小説はなにも作者のはり巡らせた糸(意図)にそって、たとえば、順を追って頭から読むことだって絶対ではないでしょう。
どのページをいきなりひらいて読んだっていいはず。

>絵画とかいわれちゃうと、わたしとは別世界にいる天上人、そんな認識です。
いえ、そんな…。戯曲を読むかたは、少数精鋭、エリートですよ♪

>いつかだれかを楽しませたい。
すでに、いつも楽しませていただいてますよ。
とにかく自分が読み手として、文学を好きで、楽しんでいるのが絶対。
そうでない人が、文学をものしたり、
他人に文学作品について語ることの非倫理性といったらありません。
これはもう犯罪と呼ぶべきなんじゃないかと。
読む喜びをろくに味わったこともないのに自分語りの延長だけで作品を書く人たち、
出来レースの書評・文学賞(全部がそうだとは決して言いませんが)、
一部の文学研究者=大学教師たちの書く、原典を読む気をうせさせるダメ研究書。
ああ、なんか愚痴になってきました。ごめんなさい。深夜は駄目ですね。

413 :吾輩は名無しである:2005/08/30(火) 11:19:02
ナニこのスレッド。古書臭が全然しないね。

414 :美香 ◆FE5qBZxQnw :2005/09/01(木) 22:54:52
いいかげんに(いい湯だな♪)下がってきましたね。

えーと、恒例の古本レスから。
ブックオフは古本界の革命児です。
すべての本は105円で買えるのかもしれない!

最近、わたし105円コーナーしか行かないようになりましたブックオフ。
単行本も文庫も。
いぜんは絶版文庫目当てで半額(最近は違う)文庫コーナーも巡回していましたが。
105円。ツーコイン。100円玉と5円玉♪ 
本=紙束の価値を暴露したブックオフは犯罪者か革命家か?

415 :美香 ◆FE5qBZxQnw :2005/09/01(木) 23:09:03
>>409
>「図書」編集部編『書斎の王様』岩波新書(1985年)、品切
>文筆家17人による本と書斎をめぐるエッセイ集。悪趣味なタイトルだけど
くすっ。くすっ。紫苑さんたら。悪趣味なタイトルだなんて♪
書斎ってあこがれます。というか本棚。ひとの本棚をのぞきみたい。

>『岩波講座文学 第2巻 創造と想像力』岩波書店(1976年)、100円
いい買い物でした〜ね〜♪

>>410
>あと、古本屋さんの棚をみていると勉強になります。
ええ、そうですね、そうですとも、まったくです。
じつは、はい、事実は――。
いま新刊書店で買える本なんてほんと氷山の一角かと。
海面下にはどれほどの宝が隠れているか。
うっひょ〜ですねうっひょ〜♪

416 :美香 ◆FE5qBZxQnw :2005/09/01(木) 23:50:01
>>411
この倒錯者さん♪
「図録に線を引くの? 信じられない!」
わたしも言いたい♪
図録、たしかに池袋のあれ、たくさん売っていました。
わたしは注意していないから、たぶんほかの古書展でも、きっと。
いいんですか? ライバルを増やしたかもしれませんよ。

あ、紫苑さんはご存知ないかも。
マリーというコテがいます。
ポリシーは好きな本はひとに教えない。
じぶんだけのものにする。
どうなんでしょうかね。
わたしもストリンドベリやオニールに言及するにつけ、
ライバルを増やしているような気が。
商品知識ともいえなくはありません。

417 :吾輩は名無しである:2005/09/02(金) 01:08:56
チラシの裏に書いてなさい。このスレッド汚しが。

418 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/06(火) 22:45:26
部分的に嫌い

419 :吾輩は名無しである:2005/09/13(火) 10:48:19


420 :吾輩は名無しである:2005/09/13(火) 11:00:01
頭わるい
がらくた自慢してるけど、それを読んだところで、
体系的な知識がつくとはとても思えないのが笑える。
バカはバカのままで、がらくた自慢しててください。

421 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

422 :吾輩は名無しである:2005/09/13(火) 12:44:07
↑学歴厨、マルチで必死。超おもしれえええええええ

423 :吾輩は名無しである:2005/09/13(火) 13:45:57
必死だねえ。便所豚

424 :吾輩は名無しである:2005/09/13(火) 21:18:44
>>421
えっ?美香はジャナ専だよ。

425 :吾輩は名無しである:2005/09/13(火) 21:22:31
>あのキャンパスで演劇好きだってふらふらしてれば、関係者とのつてもできるはずなのに

こういうところはたしかにあるね、あの学校は。

426 :吾輩は名無しである:2005/09/14(水) 00:31:53
神保町なんてブコフがあるから絶滅じゃないの?
まだあったの?
ビクーリしました
前世紀にそこらへんで働いてたけど


427 :吾輩は名無しである:2005/09/14(水) 00:34:26
bookoffで買えないような本のためにあるんじゃん
何をいってるんだか

428 :吾輩は名無しである:2005/09/14(水) 00:56:41
少なくとも
学術書・専門書の類はブックオフは限りなく手薄だ

429 :吾輩は名無しである:2005/09/14(水) 01:33:58
ブックオフの在庫が悪いとはいわんがね。
あそこに入らない種類のCDも本もいぱーいあるもんね。
しかし大川リュウホウの本とか大作の本とか、在庫たくさんありすぎて笑うわw

430 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

431 :吾輩は名無しである:2005/09/14(水) 14:03:06
>>430
は誰のことだ???

そういう奴は実際にいそうなんだが。

432 :吾輩は名無しである:2005/09/14(水) 15:13:21
|ω・`) ノシ


(´・ω:;.:...

;.:... ;.:... ;.:...

433 :吾輩は名無しである:2005/09/14(水) 18:00:11
>>430
は誰のことだ???

そういう奴は実際にいそうなんだが。

434 :吾輩は名無しである:2005/09/18(日) 16:45:40
売るならどこがいいですかね?
できるだけ高値で引き取ってくれる所がいいです。

435 :紫苑 ◆asFxDSUhcg :2005/09/23(金) 11:35:43
いま売っている「ヨミウリウィークリー」10/2号、p.94以下に
ネットで古本検索ができるサイトの一覧が載っています。
まだ駅の売店などにあるとおもうので、ご興味のある方、
買ってみてください(次号発売は26日(月)ですから、この号はそろそろなくなるかも)。

検索サイトは「日本の古本屋」のほかにもずいぶんあるのですね。

436 :吾輩は名無しである:2005/09/23(金) 16:07:19
>>435
そのサイトのうち、ここはすごいっていうとこの
リンクをここに貼ってよ。

437 :紫苑 ◆asFxDSUhcg :2005/09/27(火) 13:17:50
●第46回東京名物神田古本まつり●

 ◆期間:10月28日(金)〜11月3日(木)
 ◆会場:岩波会場・三省堂会場・東京古書会館地下1階

☆特別イベント☆ 『テクストの祝祭日』
【開催期間】10月29日(土)<トーク>
      10月30日(日)<シアターピース+トーク>
【会場】東京古書会館2階情報コーナー 
本のお祭りという祝祭日に、朗読、歌、語り、といった書物
以外のかたちでテクストを提示し、書物文化へ感謝をこめて
行います。

(ニュース速報スレにも貼りましたが、ここにも。
「日本の古本屋」メールマガジンからの引用です)

438 :紫苑 ◆asFxDSUhcg :2005/09/27(火) 13:18:54
>>436
ちょっと待ってください。後でリンクします。

439 :吾輩は名無しである:2005/09/27(火) 14:36:09
東京人はいいなあ

440 :紫苑 ◆asFxDSUhcg :2005/09/27(火) 20:31:22 0
>>436 & ALL

ネット古書店リスト

一応、>>435に載っていたのを全部貼ります。
「日本の古本屋」「スーパー源氏」「Amazon マーケットプレイス」は
皆様ご存じと思いますので除きました。

★古本市場(古本, 中古ゲーム, 中古CD, 中古DVD)
http://www.ubook.co.jp/shop/goods/goods.asp?country=SYS99

★イーブックオフ(ブックオフのオンライン版)
http://www.ebookoff.co.jp/main

★InterBook絶版センター(廃刊・絶版文庫・新書…)
http://www2.odn.ne.jp/backpage/

★アーカムブックス(古本コミック 中古CD 販売・買取)
http://www.arcam-b.com/

★B&B(古本漫画、プレミアコミック、中古本、食玩…)
http://www.booksmiyuki.com/

★リサイクルブック(古本ネット販売)
http://www.rebooknet.com/

441 :吾輩は名無しである:2005/09/28(水) 22:29:43
ごくろうさまです。

442 :吾輩は名無しである:2005/09/28(水) 23:08:41
どういたしまして

443 :紫苑 ◆asFxDSUhcg :2005/09/28(水) 23:17:37
わたしにかわって勝手に「どういたしまして」という方、
質問スレにもいうたような…。別にいいですけど。

444 :美香 ◆FE5qBZxQnw :2005/09/29(木) 00:05:44
神保町もいいです。
だけど、早稲田古本祭りも気になるところです。
10/1〜6
なんか宣伝しちゃいました。

ああ。
本って情報を抜いたらすべて紙くずなんですよね。
その事実には何もいえぬ……。

445 :紫苑 ◆asFxDSUhcg :2005/09/29(木) 00:19:58
>>444

穴八幡のですよね。毎年ではないけど、わりとよく行っています。
たしか、あの会期中は、会場だけでなく、早稲田古書店街の古本屋さんも
値引きか何かがあったような気がします。

446 :吾輩は名無しである:2005/10/03(月) 00:40:12
つくばエクスプレスから行ける古本屋を教えてくださいな

447 :吾輩は名無しである:2005/10/03(月) 14:15:23
美香ってひと、自分は早稲田出たって言い張ってるけど、無理があるよ。
英語まるでダメ、
古本好きとか言うくせに早稲田の古本街のこともしらない、
演劇好き、戯曲好きとかいうくせに演劇科のことも全然しらない、
演劇博物館を利用したこともない。
あのキャンパスで演劇好きだってふらふらしてれば、関係者とのつてもできるはずなのに、
まるでない。
そもそも、根本的に頭が悪いし、全然文学の知識がない。

仮に間違って早稲田にいたとしても、
他の学生とのレベルの違いにおののいて、コンプレックスの塊で、
暗ーい4年間を送ったんだと思う。

だいたい卒論何やったの? 文学的に何の専門知識があんの? あんたは


448 :吾輩は名無しである:2005/10/06(木) 00:28:04
品川プリンスの裏の古本屋さんがいいですね。
画廊もあります。

449 :吾輩は名無しである:2005/10/06(木) 14:16:15
>>448 眼の保養ってか? 高くて購入できない古本屋なぞに用は無い。

450 :美香 ◆FE5qBZxQnw :2005/10/09(日) 13:32:29
       巛彡彡ミミミミミ彡彡 私がジエン馬鹿の美香◆FE5qBZxQnw
       巛巛巛巛巛巛巛彡彡      30歳。無職のひきこもり。学歴コンプレックスで自称早稲田卒。
   r、r.r 、|:::::           |  2chに貼り付いて一日中ジエン。
  r |_,|_,|_,||::::::     /'  '\ | 過食症で食っては吐きを繰り返す毎日。
  |_,|_,|_,|/⌒      (・ )  (・ )|  現実世界には生きる場所が無く 
  |_,|_,|_人そ(^i    ⌒ ) ・・)'⌒ヽ   2chで頭の悪さ丸出しのレス書きなぐり
  | )   ヽノ |.          ,| 自己顕示しているつもり。
  |  `".`´  ノ     ノ ̄i  |  でも、文学板の人には全然見向きもされず
  人  入_ノ´    ヽニニノ ノ\    毎日悔し泣きしてるの。逆立ちしてもかなわないので
/  \_/\\       /|\\      平野啓一郎スレッドを荒らすのが慰めなの。
      /   \ ト ───イ/   ヽヽ   名無しとステハンでジエンする私を
     /      ` ─┬─ イ     i i  見かけたらどうかどうか
    /          |      Y  | |  構ってね!


451 :吾輩は名無しである:2005/10/21(金) 18:09:07


      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽヽ
/⌒ヽ  / ''''''     '''''' ヽ
|  /   | (●),   、(●) |
| |   |    ,,ノ(、_, )ヽ、,, |
| |   |    `-=ニ=- '    |  
| |   !     `ニニ´    .!  天狗じゃ、これも天狗の仕業じゃ!
| /    \ _______ /
| |    ////W\ヽヽヽヽ\
| |   ////WWWヽヽヽヽヽヽヽ
| |  ////WWWWヽヽヽヽヽヽヽ
E⊂////WWWWWヽヽヽヽヽヽヽ
E////         ヽヽヽヽヽヽヽ
| |  //WWWWWWWヽヽヽヽヽヽヽ



452 :吾輩は名無しである:2005/11/04(金) 20:46:29
      〃. ;,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,; .ヽ
     , 彳. ;,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/バ;ヾメ;:`ミ_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,; .゙、
    //. ;,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;//:7- __ _  ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,; .ヽ
    ´/. ;,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;//_/ ̄      ゙、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,; .',
   〃. ;,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;// /      _,,._ i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,; .゙,
   《, ;,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∧ヾ、    ,;ii〃"゙`ミ;.i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,; .i|
  、{. ;,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ト〈、`゙,.  , ´ ,._.,.,、,_ `゙|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,; .゙,
  i". ;,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;リヘソ,> Y! i〃 <.(;・),゙ゞノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,; .《     ほんと〜につまらぬものは人生。なにをやったってむだですよ
  ((. ;,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;人"´`.:;;l l;.゙ `^''ーヾ`,リ!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,; .リ
  ソ. ;,;;;;;;;;;;;;;;;;i      r'(;. );:..      l |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,; .ヾ,     失敗したのも成功したのもあなたのせいじゃない
 ゞ. ;,;;;;;;;;;;;;;;;;;;i┘    ヽヘ、;ハ ,)      /!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,; .ゞ
ヾ". ;,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|ヾ;:            ,:; 人;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,; .((._  < もうやめませんか自己啓発。生まれてきた条件・環境こそすべて
.`゙》. ;,;;;;;;;;;;;;;;;;;;| :;;i 、-‐‐:v.‐-:、_  〃;:  !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,; .〃
.ノリ. ;,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙、:;| `ヾニゞ‐;;;;ニフ  j|;.  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,; .{{
((. ;,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`、   - ̄    ,./;:. /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,; .ソ,
_.)). ;,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ilヽ、._  ;,.    ,.:-‐'"/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,; .ノノ
彡. ;,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;》 \ニ ;`  ̄  . ::;〃─ン;;;;;;;;;;;;;;;;;;,; .'"<
ソノ. ;,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;リノ!   \``ー  ;彡 /ミ;;;;;;;、;;、;;,; .乂ミヾ、


453 :平下流:2005/11/18(金) 18:10:02
荒れてますね。
ご挨拶代わり。
http://www.agui.net/met/metsta-age-6h.jpg

454 :吾輩は名無しである:2005/11/19(土) 07:14:38


455 :我輩はナナシである:2005/12/04(日) 21:47:13
15年前に5万円で買った岩波の志賀直哉全集(古本)が、横浜の古書市で全巻揃い4千円で売っていた。
新たな全集が出版されたからかもしれないけど、タケ−買い物をしたなあ。バブルかあ。

456 :吾輩は名無しである:2005/12/04(日) 23:22:39
そこが古本の怖いとこでもあるよね バブルじゃなくても。
値段のつけかたってイマイチわからんときもある


457 :吾輩は名無しである:2005/12/05(月) 17:02:09


458 :吾輩は名無しである:2005/12/05(月) 18:33:15
今、文学書の相場がどれほど下がっているか、
70年代に読書を始めた人は、ショックを受けるはず。
柳田国男著作集が@250円。岩波菊版漱石全集全巻4000円。

459 :吾輩は名無しである:2005/12/05(月) 20:04:52
『定本 柳田國男集』のつもりか?

460 :吾輩は名無しである:2005/12/06(火) 09:01:08
458です。正しくは『定本 柳田國男集』でした。

461 :吾輩は名無しである:2005/12/06(火) 16:01:48
文学書の相場ではなく、
「全集」の相場の下落と言ったほうが正確なのでは。

462 :吾輩は名無しである:2005/12/06(火) 18:44:49
いやぁ、昔は人気のある文学書の単行本、定価の6割くらいが
古書の相場だったと思うが、今は、2割くらいではないか。
新潮書き下ろし@1000円が200円くらいだろ?

463 :吾輩は名無しである:2005/12/08(木) 20:57:55
人気がある=玉数もある本、だから安くなるのは当然。
評価が上向きかつ出版時の人気が低かった=玉数が少ない本、はいまだに高い。
たとえばナボコフ、グラックの絶版本なんかは古書価格うなぎのぼりだ。
もっとも、そういうのも思わぬ再版と同時に価格暴落するわけだが・・・
「仮往生伝試文」「シルトの岸辺」「シュルツ全小説」嗚呼・・・
再版情報を迅速に入手し、さっさと売っぱらうのが吉。お釣りで他の本が買える。

蔵書の中でそろそろヤバイらしいのが「アカシア」「ヨーロッパ文学講義」
「ロシア文学講義」「ニューヨーク革命計画」「アレクサンドリア四部作」
などなど

464 :吾輩は名無しである:2005/12/08(木) 22:15:01
そうか

465 :吾輩は名無しである:2005/12/09(金) 19:49:09
>>463
もうすぐ復刊されるってこと?

466 :吾輩は名無しである:2005/12/12(月) 13:16:08
30年ほど前、絶版の「失われた時を求めて」を揃えはじめたことがある。
全集の端本に含まれない「ゲルマント家」、新潮文庫で2冊1500円だった。
スワン家:筑摩(の全集端本)、花咲く乙女:新潮か河出、
ソドムとゴモラ:筑摩(但し、一部省略)、囚われの女:中公、
逃げ去る女:講談社、見出された時:三笠書房、というように、
これでほぼ揃うのだ。
が、今や、新潮社の元版が全13冊で古書価格2000円だ。
ただし、訳が古びていてぎこちないのもあるので、鈴木訳を読むべきか?

467 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/15(日) 13:10:59
芥川龍之介全集限定本・北原白秋全集限定本(明治だか大正だかの)
売るとしたらいくらになるんでしょうか?
やっぱりガラクタ程度のお値段なのかしら・・・

スレチだったらすみません

468 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/17(火) 04:19:32
0円( ´,_ゝ`)プッ

469 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/17(火) 23:02:10
某古書店で『文学界』の小林秀雄追悼号に\1'500と書いてあるのを見、「(買いだな)これ下さい」と言うと、「あーこの値は仮だからね」等と言い、売りたくなさそうな素振りを見せだした。「大体貴方、どれだけ解ってるのかな?」等と言いだした。→

470 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/17(火) 23:07:57
→それからしばし、その店主である親爺と小林についての問答が始まった。「小林秀雄の文体が問題だ。あの文体でさも貴重な話がされてる気がしてくるんた。ドストエフスキーについても小林よりも埴谷の方が血肉化する読み方をしているよ」と親爺は俺に言った。→

471 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/17(火) 23:13:53
→小林の文体の魔力については同感する所があり、反論はしなかった。その甲斐あってか親爺はそのうち、「まあ、貴方もちゃんと読んでるようだからその値でいいよ」と初めの値で売ってくれた。その後、白山通りの外れにあるその古書店は閉店になった。→

472 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/17(火) 23:17:35
→おそらく親爺は体を悪くしたのだろうと推測した。あの日も「これから病院に行くんだ」と言ってたから。書棚の中の『文学界』を見るとあの偏屈ぽい親爺をつい想いだしてしまう。

473 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/17(火) 23:20:55
なんかいい話しだね

474 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/17(火) 23:23:54
でも俺、ブックオフ100均コーナーの魅力には逆らえない

475 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/17(火) 23:26:31
文学界の小林秀雄追悼号、早稲田の古本屋で50円だったよ。

476 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/17(火) 23:29:38
そっか苦笑あれはかなり前だったからね。今はそうなったんだね。

477 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/18(水) 04:03:35
250円以下100円、みたいな本屋だと
物価の安い時代の本が安くて嬉しい

478 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/18(水) 04:22:39
その昔米国の日本語書店は、100円=1ドルでした(今は知らない)
だから同じ本でも、より古いほうを選んで買った記憶がある。
もちろん新刊の話。空輸の雑誌は倍とかしてた。

479 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/19(木) 01:09:22
市場に入りたい。組合員にならなきゃだめ??
掘り出し物ある??
個人買取はゴミも買わなきゃならないし
古物商取得か・・・
(゚д゚)ウマーな雑誌やCDを格安でゲットしたい。
ブコフ店舗によって高杉


480 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/19(木) 23:39:08
最近古書店で買った掘り出し物というと、埴谷雄高全集3死霊全一巻(定価8'800円)が3'600円てのがあった。状態も良かったので買い。昨年6月早稲田の文英堂にて。

481 :美香 ◆ESCVVanDCU :2006/01/19(木) 23:41:36
>早稲田の文英堂

どうでもいいですがわたしも常連です。

482 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/19(木) 23:45:20
ホント、どうでもいい。

483 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/20(金) 00:50:28
文英堂には女性客も確かにときどき来てますねー美香嬢かどうかは分からんけどW今調べたら筑摩叢書の『文芸評論上下 小林秀雄』もあそこで2冊2'000円で買ってた。考えたらあそこで結構世話になってたんだな、俺も。

484 :ネットハンター:2006/01/20(金) 01:12:11
ネット書店の話してもいいのかな? 最近の掘り出し物

アラン・ロブグリエ「嫉妬」300円
※線引きあり、って書いてあったけど、薄い線が解説に1本あっただけでラッキー。
ウォー「ブライズヘッドふたたび」 600円
※カバー背上部に若干しわ
ナボコフ「ロシア文学講義」 2800円
※新装版 美本! ちなみに現在のネット上の最安値は5000円だと思う。
グラック「森のバルコニー」 2400円
※短編がオマケで入ってる白水社版をずっと探してた。高○書店にてゲト!

田舎モンなのでネットで買ってますが、かなり安く買えてるほうだと思います。
でもネットでは、どう頑張ってもこのあたりが限界ですね。神田行きたいけど
家からだとカンダハールに行くのと、大して変らないくらい時間がかかる・・・

485 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/20(金) 01:18:38
集英社 世界の文学を、ナボコフ他8冊ほど。

ブックオフで...

486 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/20(金) 02:07:18
『三島由紀夫vs東大全共闘〈美と共同体と東大闘争〉』も文庫化される前は貴重だったよねー。どこの古書店で見つけたか忘れたが見つかった時は内心嬉しかったな。カバーなしだったけど気にならない位に喜んでたな。

487 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/20(金) 14:59:19
定期的に書棚のCHECKしたい古書店といえば高円寺の都丸書店だね。ガリマール版バタイユ全集が何げにごっそりバラで売られてたり、意外性があるのがいい♭

488 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/20(金) 15:34:11
穴場の古書店の情報を2ちゃんでさらす人の気がしれない。

まあ、ここに穴場の情報はでてないけど。

489 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/20(金) 18:38:50
某古書店で入手した宇野弘蔵著作集、だんだん邪魔になってきたのでたいして読まぬ内に都丸書店に売却。全11冊で10'000円。あれ、買った人居るのかなあ。

490 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/20(金) 18:56:19
ちなみに10'000円は僕の売値であり、店頭では15'000〜20'000円であると思われます。

491 :美香 ◆ESCVVanDCU :2006/01/20(金) 21:12:53
定期的に書棚のCHECKしたい古書店といえば、おっと伏せておく。

都丸書店はカタすぎてわたしにはあわない。

492 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/20(金) 21:20:43
>定期的に書棚のCHECK

あちゃあ…

基本的に古書の買い方知らないんだね・・・(失笑)

493 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/20(金) 21:22:15
>>491
誰も聞いてないっての。

494 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/20(金) 21:24:39
美香ってひと、自分は早稲田出たって言い張ってるけど、無理があるよ。
英語まるでダメ、
古本好きとか言うくせに早稲田の古本街のこともしらない、
演劇好き、戯曲好きとかいうくせに演劇科のことも全然しらない、
演劇博物館を利用したこともない。
あのキャンパスで演劇好きだってふらふらしてれば、関係者とのつてもできるはずなのに、
まるでない。
そもそも、根本的に頭が悪いし、全然文学の知識がない。

仮に間違って早稲田にいたとしても、
他の学生とのレベルの違いにおののいて、コンプレックスの塊で、
暗ーい4年間を送ったんだと思う。

だいたい卒論何やったの? 文学的に何の専門知識があんの? あんたは


495 :492:2006/01/20(金) 21:27:42
>>494
どうも…

いっちゃってるヒトなのね。。。
忠告ありがとう。

496 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/20(金) 23:11:08
本なぞ好きなように楽しんだり利用してればいいよ。勿体ぶらない方がいいだろう。

497 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/20(金) 23:15:11
早稲田出たとか実は出てないとか話の次元が低い。て書けばすぐに「と三流大学出が主張してくる」なぞとまた書かれるんだろーなあ。

498 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/21(土) 00:18:56
都丸書店からPR料とって言う訳じゃないがあそこは原書関係も掘り出し物が見つかる。できれば真面目に研究している人に入手してほしい、というのが俺のささやかな願いである。

499 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/21(土) 00:51:42
>>498
了見が狭いね。



500 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/21(土) 01:17:31
数寄者としては普通の感覚だと思うがね。
オタカラは、その価値の判る人のもとに。

501 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/21(土) 01:34:28
うん。私の売った「エロイカより愛をこめて」が価値の分からない人の手に渡ると思うとぞっとするよww

∞∞∞∞∞∞∞∞
  |⌒|U U半分天国に 召されました。
川 |   | 〜'
  U~U


502 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/21(土) 01:35:10
∞∞∞∞∞∞∞∞
川 |   | 〜'これぐらい 召されました。
  U~U

503 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/21(土) 01:35:40
∞∞∞∞∞∞∞∞
  U~U   そろそろ やばいです。

504 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/21(土) 01:36:10
∞∞∞∞∞∞∞∞ 
             召されました。

505 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/21(土) 01:36:42
∞∞∞∞∞∞∞∞
川 |   | 〜'これぐらい もどってきまつた。
  U~U

506 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/21(土) 01:52:12
今まで買取してもらって一番高く売れた本。俺の場合、小池栄子の最新写真集。ちなみに1'500円で。他にも高く売れたのはあったと思うが何故か記憶から消えている。

507 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/21(土) 11:20:37
どなたか東京古書会館でやってる「がらくた市」行った人いますか??

508 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/21(土) 14:48:23
森茉莉全集欲しいけど、どっかで見かけてない?
寒くて古本屋巡りする気も起きないの。

509 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/22(日) 11:52:11
森鴎外全集なら頻繁に目撃するけどねー茉莉はどうだろう、神保町古書店数件あたれば見つかるんではないかなあ。

510 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/22(日) 12:16:24
鴎外全集の今の相場ってどの位?20000じゃ高いかね。

511 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/22(日) 13:20:23
古書じゃないけどマル・エン全集最新版の原書がVictoria傍の洋書店あったんだけど、それ570'000円て書いてあったのには驚いた。

512 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/22(日) 13:30:35
ちなみにその洋書店店頭に洋書古本があり、そこにサルトルvsボーボワール対談で有名な『別れの儀式』の原書『LA CEREMONIE DES ADIEUX』が1500円だか1000円の格安で数冊あったのは嬉しかった。買わなかったけど。

513 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/22(日) 13:43:43
ちなみに上記マル・エン全集最新版は紙が大判、状態はかなり綺麗でした。どんな人もしくは団体?が買うのか興味津々です。

514 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/22(日) 14:01:04
研究者が公費で買う

515 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/22(日) 18:29:32
>>507 行ったけど、我樂多市が何か?

516 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/28(土) 12:17:23
ここのスレの人は「R.O.D」シリーズ好きなの?

んなわけないか

517 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/30(月) 00:58:21
頼むよ!!お願いだから
店以外でのCDや雑誌の仕入れ場所教えて下さいよm(__)m

518 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/31(火) 13:14:55
変な人だな〜個人宅ニキマッテルダロ(・∀・)ニヤニヤ

519 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/09(木) 20:54:35
ヘアヌード写真集を高く買ってくれる店ってどこ?

520 :吾輩は名無しである:2006/03/01(水) 20:57:45
三月になると古本がよく棄てられてますね。age

521 :田0書店:2006/03/01(水) 22:11:45

森茉莉全集
森茉莉、筑摩書房、8冊、1993
(株)田0書店  67,000円



522 :吾輩は名無しである:2006/03/02(木) 09:02:17
>>521
そこで全集物買ったんだけど、なかなか状態良くてびっくりした。
山のように詰まれた店晒しの古本、というイメージだったから。

523 :吾輩は名無しである:2006/03/02(木) 17:55:21
絶版の全集ものを買うのは勇気がいるよなぁ。
たいていの全集はそろいで買うと、古書でもかなりいい値段がする。
それでいて状態の善し悪しや書き込み(ペン)の有無とかも気になるし、
かといって数十冊ある分厚い全集をくまなくチェックするのは難しいし。
結局、古書店を信用するしかないんだよね。

524 :吾輩は名無しである:2006/03/02(木) 20:21:06
気にするな、神経質だぞ。書き込みもたのしめ。

525 :吾輩は名無しである:2006/03/02(木) 20:22:44
書き込み線引きなければ全然構わない

526 :吾輩は名無しである:2006/03/02(木) 20:24:47
構うよw
なんか書店に有利な書き込みばかりだな

527 :吾輩は名無しである:2006/03/02(木) 20:25:53
526は人間が小さい。

528 :吾輩は名無しである:2006/03/02(木) 20:27:58
多少傷んだり書き込んだりしてあっても、読むのに支障無ければ、
少しでも安い方がいい。浮いた金で他の本が購入できるもの。

529 :吾輩は名無しである:2006/03/02(木) 20:30:02
BOOKOFFの百円本なら気にしないよ
全集なら気にするに決まってんだろ

530 :吾輩は名無しである:2006/03/02(木) 20:30:59
じゃあ図書館で借りてくればいい

531 :吾輩は名無しである:2006/03/02(木) 20:57:45
全集だからって特別視するのは了見が狭い。あれも本なり、これも本なり。

532 :吾輩は名無しである:2006/03/02(木) 21:11:27
全集1セット購入するだけでビビってんぢゃないよ。
幾つでもどんどん全集を買って、要らなくなったらまた古本屋に売れ。
本は天下の回りもの。

533 :吾輩は名無しである:2006/03/02(木) 21:59:42
書き込み線引き、店側はよくチェックしてるよ。
ブックオフはそうじゃないけど

534 :吾輩は名無しである:2006/03/03(金) 10:38:33
近場の古本屋が閉店するんだが、しばらく前から処分売りしてて、とうとう店内全品100円以下(CD、ゲームまで)になっちまった。

そこまでして換金せにゃならんのだろうか・・・
やっぱ同業者には引き取ってもらえないのかな?

535 :吾輩は名無しである:2006/03/04(土) 12:49:01

古本屋店主、古本屋愛好家のスレ Part8
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1141099142/


536 :吾輩は名無しである:2006/03/04(土) 22:17:44
>>534
すいませんどこの古本屋ですか??


537 :吾輩は名無しである:2006/03/06(月) 15:56:01
教えて下さい。
古本屋さんの支払いはだいたい現金だと思うのですが、クレジットカード決済ができるところはありますか?
ブックオフ以外で。

538 :吾輩は名無しである:2006/03/06(月) 17:40:20
インターネットが発達して、歩いても歩いても入手できなかった貴重な品々があっさり手に入るようになったのは素晴らしいことで、古書店が対抗措置として値下げに走ったことも大層喜ばしいことです。

539 :吾輩は名無しである:2006/03/06(月) 23:07:35
>>537
ネット取引で? それとも店舗での現実売買で?

ネット取引の大手は使えるところが多いのでは。
livedoorブックスとか。

個人の書店でもないわけではないはず。
随分前だからどこだったかは覚えてないけど
店舗を持ってるネット古書店で注文したら
クレジット決済OKだった。

540 :吾輩は名無しである:2006/03/07(火) 00:00:16
都内某所ブックオフの斜向かいにある古めかしい古書店
店の外に出してある古い文庫本は30円から100円まで
単行本もせいぜい1500円くらいまで。
大江の「現代伝奇集」と安部の冬樹社版「終わりし道の〜」を手に入れた。
奥の上がりはガラス戸になっていてお金を払いに行くと
コタツに入りっぱなしのおじいさんがのっそり出てきてゆっくりお釣りを数えてくれる。
100円で買った新潮日本文学北杜夫集に北杜夫の新聞記事の切り抜きや
「楡家」の舞台の広告が挟まっていたのが印象的だった。

帰りにブックオフにも寄っていって安部の「ユープケッチャ」文庫本を発見した。
満足な一日だった。

541 :吾輩は名無しである:2006/03/07(火) 12:07:32
>>539
ありがとうございます。
ネット取引です。
ちょっと調べてみたら、ヤマトや佐川のコレクトサービスでクレジット決済できるみたいですね。


542 :吾輩は名無しである:2006/03/07(火) 14:25:27
みすず書房で直接買う場合、分割払いで買えるようになったよ。
よかったね。

543 :吾輩は名無しである:2006/03/08(水) 01:13:33
70年代の南こうせつの同じ楽譜が3冊
あきらかに個人からの買取じゃないだろーな(´-`).。oO
どうやったら良い仕入先のパイプがひけるのだろーか(´-`).。oO
古物商はとりたくねー

544 :吾輩は名無しである:2006/03/08(水) 01:31:37
チリ紙交換の集積所とか
ブックオフから背取とか
出版社で品切れ扱いにした時からもらいに行くとか

545 :我輩は名無しである:2006/03/08(水) 17:20:51
ピエール・ガスカル「女たち」
1150円でGET。

546 :吾輩は名無しである:2006/03/17(金) 12:10:11
やっぱり、書き込みはいやだよ。その分、70パー・オフにしておくれ。蔵書印も勘弁。
特に全集は読んだらすぐに売り飛ばすつもりで買ってねえもん。本は大事に扱いましょう。

547 :吾輩は名無しである:2006/03/17(金) 18:56:23
わたしのよく行く古本屋の店主がブログやってるんだけど、
「今日は売り上げゼロ」、「貯金がどんどん減っていく」、「ブックオフでバイトしようなか」、
ってな愚痴ばかり書いてる。その店がすきなだけに、読むのが辛い…。
儲からない商売なんだなあ。


548 :吾輩は名無しである:2006/03/17(金) 20:23:44
ブックオフ不買運動
ブクオフでは。。。。

549 :吾輩は名無しである:2006/03/17(金) 20:48:08
そうだねえ。確かにこれまでの古本屋はある面、楽してた。客がくりゃジロッてにらんで
神保町のあの有名な古本屋なんか、「おら、はじめての奴が何しに来た」って完全に威圧してくるし、
ま、あそこは極端にしても、客が来るのは当たり前、店じゃ俺が一番エライんだって態度だった。親しくなりゃ
悪い人じゃないのに、ね。でも、それ以上に不快なのはB−オフ。客の顔見もしないでマニュアルどおりの挨拶すんな。
清水のこうるさいCMがまた神経を逆撫でしてくるし、アレで何人の客が殺意を抱いたか少しは考えろい。
しかも、買取額が死ぬほど安い。査定の基準が発行日だって、冗談言うな。B−オフに古本を売る資格なし。
因みに、うちの近所の店が、第一号店。移転したんだけどね、町内で。あそこの地下は何故か異様な臭気が充満してる。
何かあんじゃない?死@とか。

550 :吾輩は名無しである:2006/03/18(土) 01:10:27
>>547 おう、おれもあそこ好きでブログ見てる。
無更新が続くと心配になるよな。
品揃えも根付けもいい感じなのに。
がんばって欲しい。

551 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 12:48:41
>>550
教えてくんですまんが、それどこの古本屋?
品揃えによっては、売上に貢献できるかもしれんし。

552 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 14:47:13
>>547>>550
私も知りたいでつ・・・

553 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 14:53:39
おれっちも。

554 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 18:06:15
>>551-553
ヒント1:関東
ヒント1:路線頭のまん中
ヒント2:青島幸男

俺もたまに行く。頑張ってほしいけど、
あんまライバル増えるのも嫌なのでこのくらいのヒントで。
まあ、簡単な問題だよ。

555 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 18:52:40
訂正
ヒント1:関東
ヒント2:路線図の真ん中
ヒント3:青島幸男

あやまりついでに、追加しよ。
ヒント4:秋葉原ではない

556 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 19:58:09
了見狭いぞ。そこが潰れたら、お前責任取れ・・・って言っても無理だろう。
だからもっと素直に書きやがれ。ここまで言われたら書くよな。
いや、意地でもかかねえか。
ばかばかしい。

557 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 23:12:04
>>549
B-OFFのさー
「イラッシャイマセーコンニチワー!!!!!!!!!!!!」
・・・つーの?あれの連呼聴くと、マジで察意が湧いてくるんですが。
この前、よっぽどカウンターに怒鳴り込みに行こうと思った・・・(w


インターネットにオンライン展開している古書店でも、値段付けに?????
つーのがあるよねー。仏文関係も扱う書店なんだけど、他とあきらかに値段が
2,3倍以上ちがうのよ(w あの本屋は何なんだろうかと思ってたら、案の定、
その本屋のスレがあった。(今もあるか知らんけど)

>神保町のあの有名な
「 T 」ですか(w

558 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 00:03:12
>>555
路線図の真ん中→中央線
青島幸男(が住んでた)→中野ブロードウェイ
秋葉原じゃない、オタクの街ってことか?

中野ブロードウェイの2Fの店だろ。
レア本中心の店じゃないんだから、別に隠す必要ないだろ。
まあ、あとはこのキーワードでググればいいんでない。

ちなみにブロードウェイ4Fにも面白い古本屋あるね。

559 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 00:30:14
「いらっしゃいませ、こんばんわ」って、知ってた?午後の5時か6時になると
「こんにちわー」から「こんばんわー」に変わりやがんの。洒落かと思ったけど
店員の面みりゃ、そんなセンスがないのは瞭然じゃ。
そのうちドン氣ホウテみたいなことになりかねんぞ。あ、消されるからこの辺にしておきます。
それから、神保町の店はそうです、そこです。あの@村書店です。
あの親父ぃ、うーん。何だろね、ありゃ。何にもしてないのに、ただ本を見てるだけなのに、
ジロジロ、胡散臭いものをみるようにガンつけやがって。気がつかずに本を後前(函入りの画集)
に本棚に戻そうとした瞬間、「逆にいれんなあ」だとよ。はいはい・・・何だ。こっちは客だぞう。
あん時はb−オフ以上の殺意が俺の心をみたしたねえ。あ、長いと消されるから、また今度。

560 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 01:21:27
T書店は、店頭前の本を漁るだけ。
ブックオフの挨拶やうるさいBGM、ドタバタと走り回るのは
客の回転をよくしてるんだよ、多分。
もう慣れたので、どうってことはないけど。


561 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 06:24:27
おお、若干の反響。
>>547よ、許してくれ、あの親父の苦境を鑑み、晒してしまう俺を。
皆さん、良き古書店に愛を。

http://www.k2.dion.ne.jp/~darumaya/index.htm

562 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 06:25:23
あ、じかリンクごめんなさい。

563 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 09:05:57
「客の回転をよくする」ため・・・以前はアタシもそう思ってた。
でも、わざわざイスまで用意してたことがあったし、ありゃ、どう見ても
センス、の問題。趣味の問題。室内楽でもかけた方が、漫画本コーナー以外
の売り上げは上がると思うぞえ。

564 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 10:06:17
てゆーか、神経症かよ。。
わざわざ来ないでいいよ。

565 :547:2006/03/20(月) 11:39:33
>>561
別にかまいませんよ。
>>558さんの気持ちもわかるけど、潰れちゃったら元も子もないしね。
本も安いけど、店主さんの人当たりのよさも魅力のお店です。

中野区の古書店をもっと盛り上げていきましょう。

566 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 14:33:36
564、あ、ここにもこんな馬@がいたのか。「こないでいいよ」って、店員かあ?
やっぱり、B−オフは足らねえの集めて洗脳してんだあ。
ようくわかったぜ。実はみんなそう思ってんだよ。
ありゃ、きっと嫌がらせだろうってな。
あんなとこにいるから馬@になったのか、いや、それとももともと馬@だからあそこにいられんのか、
一度、医師に相談した方がいいぞえ。何なら、いい医者紹介してやらあ。

567 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 14:38:39
>>566
彼氏いないの?

568 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 14:43:44
いないよ。はげたら二度と恋愛できないんだよこの国では。

569 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 15:34:45
うだうだ言ってるヒマあったら
やせれば?

570 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 15:39:52
他人は自らを映す鏡だよね。甘い物止せよな〜

571 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 16:00:56
ほほほ、凄い釣果やん。

572 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 16:40:13
かわいそう
孤独でぶす

573 :吾輩は名無しである:2006/03/22(水) 22:40:41
一匹が餌をつついているんでしょう。ま、どちらでもいいけど。
ただ、あそこの店員が本が本当に好きだとはとても思えませんねえ。
創業者の話もテレビで聴いたことがあるけど、その経営手腕は確かに優れていると思いますよ。
でも、少なくとも本好きを感心させる哲学は感じられなかったな。
残念です。

574 :吾輩は名無しである:2006/03/22(水) 23:18:40
ま、古本屋ってぐらいだし。

575 :吾輩は名無しである:2006/03/22(水) 23:48:07
ブク  オフの創業者ってチョンだから経営手腕もイランとおもうが。。

576 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 00:52:51
あ、知らなかった。多いんだね、あちこちに。
「経営〜」と言ったのは、つまり、@め語呂氏みたいなモンですが。
ここにも、養殖場で飼育された小魚がいるみたいだし、一つの日本人としての礼を・・・
ま、あの、一見、温厚そうな印象と実際の店舗内の姿は、やはりかけ離れてはいますなあ。
言いたかないが、アレにあっさりのっとられた古本屋さんたちも、ちょいと情けなかったけれど。

577 :ナダ:2006/03/23(木) 02:15:08
池袋にある『池袋古書店』が良い良い良い。
3階建てで神保町を濃縮した様な店。
店長も狂ってて素敵です。


http://www.sha-page.com/m/24970(グロ画像有るので嫌いな方は見ないで下さい。単なる私のHP)

578 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 17:04:30
「池袋古書店」て、そういう名前の本屋?探したけど見つからず、代わりに
面白そうな本屋を見つけた、今度出かけてみよう。

579 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 22:12:54
今日b−オフに行ってきた。サイコーの店だった。感動した、王さんくらい
感動した。綺麗な店内、綺麗な本、若いてきぱきした店員たち、価格の安さ、
でも、そこに一人の客が入ってきた瞬間、店内が恐ろしい色に染まりだした。
「いったい何を?」誰かが訪ねた。客は黙って出ていった。
その後姿をみるなり、俺は立ちすくんだ。その男が手には灯油のポリ容器、
心にはライターを持っているのが、見えたからだった。信じられないが、
コレは事実である。

580 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 22:22:08
は?

581 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 23:57:09
そういえば、こっちでも見たって噂が・・・札幌のさる店で。
そのまん前にあった、優良な古本屋、30年はやってたと思うけど、消えちゃってたもんなあ。
まさか、あの人のいい店主のアレじゃないでしょうねえ。

582 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 02:26:12
さて、明日も漁に出かけるか・・・・・。イイのがあるとい〜な〜。

583 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 02:26:52
って、もう「今日」でした。てへ(w

584 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 13:07:45
もし、右手に灯油、心にライターの、アイツを見かけたら、報告してくれ。

585 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 20:54:17
みたあっ。
沖縄に来てた。汗かいて、ちょっと暑そうだった・・・

586 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 22:43:44
今年の一月、熱いおきなわに行ってきた。b^オフあったよ、2件も。
もっとあるんだろうけど、一軒見たら、他のところは行く気がしなかった。
b^オフだけじゃなく、他も見たけど、この島の人は、熱いからあんまり活字は
好きじゃないんだろうなって思った。
代わりに音楽はもう、必需品って感じでやんしたよ。

587 :吾輩は名無しである:2006/03/25(土) 01:09:16
ライター男 サラ金かパチンコで朝鮮人に恨みあるんだろ
応援してやれ 手伝ったらいかんがww

588 :吾輩は名無しである:2006/03/25(土) 01:25:52
ああ、応援してる。俺も、タバコも吸わないのに、今日から、100円ライター
買ってからb^オフに行くようにしてる。

589 :吾輩は名無しである:2006/03/27(月) 02:50:29
古本屋件数
都区部 1045件
大阪  257件
京都  135件
札幌  117件
横浜  100件
名古屋 97件
神戸  85件
さいたま46件
福岡  45件
千葉  44件
仙台  37件
北九州 34件
広島  27件
川崎  24件

http://sgenji.jp/koshotendb/

590 :吾輩は名無しである:2006/03/27(月) 23:58:12
>>589
5000円だして講習会参加して
ブックオフや古本市場で仕入れましょうなんて
落ちじゃないだろーな・・・(w
もうこの商売仕入先(特殊なルート)だけがすべてだ。
個人買取はゴミ大杉だし・・・

591 :吾輩は名無しである:2006/03/31(金) 20:38:09
そういや、まだ一度も「スーパー源氏」で買い物したことないな。
「日本の古本屋」はしょっちゅう利用しているんだが。

592 :吾輩は名無しである:2006/04/07(金) 20:12:01
結局そこかいww、妙なコンプレックスは無いけど、こんな生活で、
多少は丸っこくwなったかな。ま、フツーだよフツーwww

…人生=時間が大切だと思えたからこそ、まどろっこしいのが嫌。
俺、日がな一日2ちゃんに張り付いてたりなんか、したくねーもん。
即レス嫌がるのもそれが理由。気持ちはすっごく弾むんだけど、でもね。
結構、常識的な人間でしょ?ww まー大人は大人ですから。

落ちます。

593 :吾輩は名無しである:2006/04/07(金) 22:23:02
あちこち、同じこと書き込んで、淋しいのか?
でも、ここは違うだろう。

594 :我輩は名無しである:2006/04/07(金) 23:14:17
文芸オタクが好きな古本屋と実際に好かれてる古本屋は違うんだよ
立ち読み自由だしブックオフ最高じゃん



595 :吾輩は名無しである:2006/04/08(土) 00:25:46
そうそう、あそこ行くと、そういう碧いのがいっぱいいるね。
あんなに嫌われてる古本屋て、かつて観たことがないよ、
CMやってる清水の莫迦ぶりも、最高じゃん

596 :吾輩は名無しである:2006/04/08(土) 00:29:36
コピペされてんのw

597 :吾輩は名無しである:2006/04/08(土) 03:45:30
昨日の古書店。始めて手ぶらで帰投しました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・疲れた。

598 :吾輩は名無しである:2006/04/08(土) 03:46:42
古書店ぢゃね〜!!古書展だよ!!!・・・・・・ハァ。
もうあそこのグループには二度といかねー!!

599 :吾輩は名無しである:2006/04/08(土) 05:08:49
ブクオフは朝鮮企業だからね みんな

600 :我輩は名無しである:2006/04/08(土) 07:25:56
捏造するな

601 :吾輩は名無しである:2006/04/08(土) 09:13:49
597.
どこの古書店さ。
599.
そうか、はむかんけいか?
600.
捏造は向こうが本家。

602 :吾輩は名無しである:2006/04/08(土) 13:00:50
俺はブッコフは創価って聞いたけど・・・

>>601
レスアンカーちゃんとつけてくれよ

603 :吾輩は名無しである:2006/04/08(土) 14:22:33
>>602
これでいいかな?

604 :吾輩は名無しである:2006/04/08(土) 14:24:15
>>602
いや、こうか?どうだ。

605 :吾輩は名無しである:2006/04/08(土) 14:25:07
やりゃあ出来るんだ。俺だってさ・・・

606 :吾輩は名無しである:2006/04/08(土) 23:16:30
owarihatikaina

607 :吾輩は名無しである:2006/04/10(月) 00:36:05
個人の古本屋はこのまま、陶汰されていくのか。
半島人に征服されてしまうのか。
経営者の方、本音を聞かせてくれまいか。

608 :吾輩は名無しである:2006/04/10(月) 04:13:36
彼女の部屋の本棚に腐ったようなボロい文庫本がたくさんあってヒイタ

609 :吾輩は名無しである:2006/04/10(月) 04:21:06
間違ってる

610 :吾輩は名無しである:2006/04/10(月) 04:27:34
なぜ

611 :吾輩は名無しである:2006/04/10(月) 05:13:46
>>608
表題を確認し、報告せよ。
その他にも、ナニげに本棚に、薔薇十字社や
森開社の本が並んでなかったか?


612 :吾輩は名無しである:2006/04/10(月) 07:44:43
いちいちうるせーんだよばーか

613 :吾輩は名無しである:2006/04/10(月) 08:54:22
608 :吾輩は名無しである :2006/04/10(月) 04:13:36
彼女の部屋の本棚に腐ったようなボロい文庫本がたくさんあってヒイタ

612 :吾輩は名無しである :2006/04/10(月) 07:44:43
いちいちうるせーんだよばーか


614 :吾輩は名無しである:2006/04/10(月) 12:25:00
>612の教養が溢れ出るようなレスですね。

615 :吾輩は名無しである:2006/04/10(月) 14:05:06
確かに。この辺には教養豊かなのがウジャウジャいるみたいだわ。

616 :吾輩は名無しである:2006/04/10(月) 17:53:02
>>611
プロ倫、サルトル、トルストイなど

617 :吾輩は名無しである:2006/04/10(月) 18:37:50
「砂の枕」(大15初版)買った〜♪
堀口大学は評価してないが、ハセキヨ好きだから
まぁ、持っててもイイかと。難アリだから、安かったし。


618 :吾輩は名無しである:2006/04/10(月) 19:21:23
>>617
そりゃ古いな。よほど好きなんでしょうが、状態は大丈夫なの?
つまり、普通に気持ち悪くならずに読めるのかな?
お答えしなくてもいいけど、ネットで?

619 :吾輩は名無しである:2006/04/10(月) 19:40:17
古本屋で10円50円で売ってる文庫本読んでる子カワイイんだが
顔が可愛ければ

620 :吾輩は名無しである:2006/04/10(月) 19:41:22
616は親の本とかを貰ったのではないかな。

621 :吾輩は名無しである:2006/04/10(月) 21:58:11
可愛いんなら、顔見ずに、その10円の本、10冊買ってやれよ。
顔は見ずにさ。

622 :吾輩は名無しである:2006/04/11(火) 01:52:11
>>607
ブックオフコーポレーション株式会社は、中古CD、古本屋(古本の売買)の全国チェーン
「ブックオフ」 (BOOK OFF) を主にフランチャイズ方式で展開するとともに、ハードオフ
(HARD OFF)やTSUTAYA(レンタルビデオチェーン)のフランチャイジーでもある。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%AA%E3%83%95


株式会社ハードオフコーポレーションは、新潟県新発田市新栄町を本社として、
中古品リサイクル販売業を直営店またフランチャイズ方式で全国に展開する企業である。

ブックオフを展開するブックオフコーポレーションとの資本関係は全くないが、社長同士の仲が良いため、
友好企業として互いのフランチャイズに加盟しあっている。
《中略》2004年7月にはハードオフコリアを子会社化し、韓国へも本格的に進出を開始し、2010年には
1000店舗の展開を目指している。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%AA%E3%83%95

立場が逆だよ

623 :吾輩は名無しである:2006/04/12(水) 11:38:05
b−オフ=半島=集団スリ=兆選=そうか=半島=b−オフ=日本侵略


624 :吾輩は名無しである:2006/04/12(水) 21:50:32
ああ、それならわかるね。b−オフはやっぱり異常なんだよ。
あの雰囲気は誰だって「おい、待てよ、冗談だろう?」って、初めは思ったもんだ。
今でも思ってる人の方が圧倒的に多い。が、選択肢を奪われた往年の古本マニアは
我慢して店を覗いてる。しかし、違和感は拭うことができない。
それを時代の流れ、などという言葉で片付ける輩がいるが、違うのだ。
間違っているのは、おかしいのは、奇妙なのは、気持ち悪いのは、おぞましいのは
こっちじゃなく、奴らの方なのだ。ただ、こちらは「それを口に出して言う
のは〜」などと遠慮していたために、暗黙の了解と取られて、図図しい奴らに侵略
されてしまったのだ。
だから、今こそ、声を大にして叫ぼう。「b−オフ」何か嫌いだっ!と。

625 :吾輩は名無しである:2006/04/12(水) 22:13:16
                  __
               /   _`ヽ、
              /ト、 ,-__, ー_ i、
                 lイミF fr'三テ fヨ!
              ハ マl} 丶 .ィー;_チ_!
             jリヘ._ト、  //゙,ニ、`i}
             jノLイムjト、 {!_,rヌミヽi!
           / / ヾiヽlリ `「|i |! li |\
          / 、    ヾiヽ`、 ヾ!i |リ! .ヽ
         /    ヽ :i! ヾiヽ\/ノ!ii|  i. ヽ
        ,′/   ', !   lii lヽ./ |lii| 、! , '、
         !      i:    ヾiiヽ  |lii| V  ヽ
        i      ー ' /  l iil、|lii|  !    i
         !     , 、-、-く    ヾヾ洲   ,  ヽ
.        l    \\\\ ___ヾ:ぐ,ィーi′ _ ヽ
       |    、 \\\\─┴==イヱ-'´   ゙i-ー=ー-、
釣 師 [Chen Chih] (前372頃〜前289頃 中国戦国時代)
「粗悪な餌ほど良く釣れるが、釣れる獲物もまた粗悪なものである」
とする「釣論」で有名な儒者。言葉通り粗悪な餌を用いてクマを釣ったという
伝説は余りにも有名。

626 :吾輩は名無しである:2006/04/12(水) 22:16:21
>>625
ワロスwwwwww

627 :吾輩は名無しである:2006/04/12(水) 22:26:28
頑張ったわりには・・・省略されてる・・・

628 :吾輩は名無しである:2006/04/12(水) 23:36:22
>>625
すげーワロタ

629 :吾輩は名無しである:2006/04/12(水) 23:43:53
やっぱ、俺も、そう。
Bつくオフは気持ちわりいよ。

630 :吾輩は名無しである:2006/04/13(木) 00:00:00
「ヨーロッパ文学講義」「ロシア文学講義」「壁の中」「言葉と小説」

こーゆーのは何度も読み返している自分にとっては大切な本だけど
全部県内のブコフで105円で手に入れました。
感謝してるよ。

631 :吾輩は名無しである:2006/04/13(木) 00:02:24
そうだな。
ただ、その値段で売られてることが気持ち悪いと言ってるんじゃ
ないのかな?

632 :吾輩は名無しである:2006/04/13(木) 03:42:00
とりあえず俺らだけでも不買運動と布教活動しようや
万引きっし放題のやつらの同族の会社だろ?
てことは、ブクオフでも。。。。
ニヤリ



ここで一句
万引き犯 捕まえてみれば 同胞人

633 :吾輩は名無しである:2006/04/13(木) 08:45:05
同胞人 お金は無いがと 贋ドル見せる

634 :吾輩は名無しである:2006/04/13(木) 08:52:53
自分たちそのままのレッテル返しで万事オッケイ
子供騙しの北朝鮮猿芝居

635 :吾輩は名無しである:2006/04/13(木) 08:53:57
電話送受信歴からさかのぼって辻褄合わせた茶番劇

636 :吾輩は名無しである:2006/04/13(木) 08:57:54
不買なんてするわけない

637 :吾輩は名無しである:2006/04/13(木) 09:54:44
この人の文体面白いよね。
好き。


638 :吾輩は名無しである:2006/04/13(木) 10:26:07
俺古本屋でバイトしてるけど、昨日エロ漫画を
磨いてたら毛がはさまってた。
どう見てもマン毛です。ありがとうございました。

639 :吾輩は名無しである:2006/04/13(木) 13:42:16
チン毛である可能性も否定はできないだろ

640 :吾輩は名無しである:2006/04/13(木) 14:44:27
間違いなく、男のだよ。レディース・コミにしたって、ただの髪の毛
の可能性の方が・・・

641 :吾輩は名無しである:2006/04/13(木) 15:13:33
クサァ

642 :吾輩は名無しである:2006/04/13(木) 17:09:06
マン毛じゃないのか・・・orz

643 :吾輩は名無しである:2006/04/15(土) 08:48:57
先日行った古本屋のバイトの女の子が可愛かった。そのとき僕はゴーティエを買いました。ただそれだけ

644 :吾輩は名無しである:2006/04/15(土) 09:01:48
早くそのとき買った本を読み終わって
また買いに行って買って読み耽ろう

645 :吾輩は名無しである:2006/04/15(土) 09:46:38
週末くらいは家で本読め

646 :吾輩は名無しである:2006/04/16(日) 19:38:13
今週末は、狙い目の古書展がなくてノンビリだったな〜。

647 :吾輩は名無しである:2006/04/23(日) 01:07:13
さて、明日は猟だ。





・・・・しかし明日の猟場は、期待できないんだよなァ

648 :吾輩は名無しである:2006/04/23(日) 14:53:48
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・猟場から帰投。



思った通りだ。万一を期待した私がバカだった。
もうあそこのグループの古書展には行かん!!

手ぶらで帰るのもシャク故、無理に数冊買ったら
そのうちの一冊は書庫にダブってるし。アホクサ。

ウィスキー・ソーダ飲んで、ふて寝111111111。

  ( ⌒ )
   l | /       まぁ・・・分かってはいたんだよね。周辺の大先輩諸氏が
  <⌒/ヽ-、___ 『あそこは行くだけムダだよ』って苦笑してたから・・・・・。
/<_/____/まだまだ私も、青いっってコトか(w









    ∩ミヾ  おまいらおやすみ・・・
  <⌒___⊃ヽ-、__
/<_/____/



649 :吾輩は名無しである:2006/04/24(月) 19:18:24
b−オフ情報。
先日行ったその店では、例によって神経逆撫で野朗の「くにあき・CM」が流れていたが、
驚いたことに、レジの若者は「いらっしゃいませ、こんにちわ〜〜〜〜」
を言わずに会計してくれた。たまには洗脳されていない、意志の強い奴もまだ
いたんだと思って、また行ってみようと思った。
ただし、品揃えはアッというくらい、クズだった。
因みに、そこは南のほうである。

650 :吾輩は名無しである:2006/04/24(月) 20:36:10
ケツマンコ

651 :吾輩は名無しである:2006/04/24(月) 21:01:21
因みにそこの南の方には、もう一軒b−オフがある。
「いらっしゃいませ、こんにちわ〜〜〜」って、ばか者、いや、若者
がやってやがんの。こわいね。
でも、品揃えは同じように、クズだったよ。

652 :吾輩は名無しである:2006/04/24(月) 21:29:58
>>651
ひとつ、言わせて頂ければ、B−oはクズでいいのである。
あれは大衆、100歩譲って文学趣味を標榜するサルどもの
巣窟、痴障めくガキどもの暇つぶしの場に他ならないからである。

品揃えは、あくまで軽佻浮薄に「白っぽく」
店員は、あくまで薄痴・無能に「バカっぽく」

B−oに「谷崎の胡蝶本」や「総革の朔太郎詩集」
更には
15世紀刊の「ニュールンベルク年代記」
19世紀刊の百人愛書家協会版「さかしま」
などがGケースに並ぶ日こそ呪いあれ。

ブラウニングの詩をもじって言えば
「B−oにクズ本ならびまして この世はすべて、事もなし」

ーーーーーーーーーーーーーなのだから(w

653 :吾輩は名無しである:2006/04/24(月) 22:42:29
>>652
ああ、知ってたよ。Jポップとやらの騒音以下(ほとんど奈良の騒音婆
を彷彿とさせるクズ)のBGM、汗と精液の臭いを撒き散らす店員ども、
新興宗教並みの妙なテンション・・・ありゃ、全て嫌がらせだろうってさ。
義務を果たさず、権利だけは主張する、アホ教師に育てられたガキが、
何にもわからないままに洗脳されて、白痴化されていくんだろうよ。
やるねえ、さすがにアッチの連中は。
            
                   「竹島を守る会会員」

654 :吾輩は名無しである:2006/04/24(月) 23:26:38
自宅にある文学書、思想などを売りたいんだけど、
電話して専門店に持ち込むのがいいんでしょうか?

他に何かよい方法があったら、教えてください。

655 :吾輩は名無しである:2006/04/24(月) 23:39:22
>>654
釣りですか?なら釣られてあげよう。b−オフはやめよう。
専門店てのがあるならそれが宜しいでしょう。内容と量にもよりますが、
チェーン店系は堅い、古いのはぶったたいて買うことがあります。
いらないと言われることもあります。ひどく屈辱を味わうこともあります。
ただ、一般に一度行った店に「他を回ってきますから」と言うと、二度と
相手にしてくれませんので。後は勘でしょうね。
実はイエローページでも広告を見ると、本屋の良心がわかる場合があります。
あと、「高@書店」「まつお@書店」辺りは真面目な本屋さんです。
長くやってるだけあります・・・

656 :吾輩は名無しである:2006/04/27(木) 00:35:17
    〃〃∩  _, ,_
     ⊂⌒( `Д´) < ヤダヤダ!値下げはヤダ〜!徴集は完全義務化でなくちゃヤダヤダ!
       `ヽ_つ ⊂ノ    カラ出張なくなるのヤダ〜!
              ジタバタ
      _, ,_
     (`Д´ ∩ < 払わないやつは厳罰じゃないとヤダヤダ! 交際費で飲み食いできなくなるのヤダ!
     ⊂   (     DVD化で荒稼ぎできなくなるのヤダ〜!
       ヽ∩ つ  ジタバタ
         〃〃
             (ヨ
    〃〃∩  _, ,_ ノノ キィィィ 給料下げるの絶対ヤダ〜!!
     ⊂⌒(#`Д´)illi   < ヤダヤダヤダヤダヤダヤダ!!
       `ヽ_つ⌒ヽ(ヨ) (     ヤダヤダヤダヤダヤダヤダ!!
            ⌒Y⌒ ドンドン

       ∩  _, ,_
     ⊂⌒( * ゚∀゚) <皆様のNHKでございます
       `ヽ_つ ⊂ノ

657 :吾輩は名無しである:2006/04/27(木) 18:43:11

                         ∧二∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                    ┌┐ (д′ ) < さぁ!!明日は一番期待が持てる猟場だ!!!
      _          ___」_|‐――┐ーーy \__________
     .〇) )))二二二二二))___) |    || |  |\
       ̄          / /▽二ニ|    | | .|   |  V  キアイイレテイクゾーーーーー!!!!
                / (__lニニニニニニニl_| | |   |  |
               //     /  /  ̄ /|   |≡|
           ___/◇       ̄    /Θ)__|_|
          ‐―∠――――――――‐/‐―‐> ^9 ̄()
          |――| 册册册册册册册 ||――‐|  /))/ キュラキュラキュラキュラ
           {===ll >―――――――|{==={) ())/ 
           λ===>/          λ===> /   キュラキュラキュラキュラ


658 :654:2006/04/27(木) 22:17:01
>>655
情報サンクス。釣じゃないよ。

今までは買う一方だったのだが、部屋の広さの関係で売ることにした。
たまに行く古本屋はあるけど、店主と顔なじみというわけではないので、
どうすればよいかと考えていたんだよね。

659 :吾輩は名無しである:2006/04/28(金) 12:50:18
>>658
高く売れるといいね。
この前、ダンボール7箱を「高@書店」に電話して取りに
来てもらった。こことは古い付き合い(と言っても個人的にではなく)だし、
信用してるから、値段はどうでもよかった・・・でも、低い想定額の倍だった
ので、「やっぱり」と思って、うれしかった。

660 :吾輩は名無しである:2006/04/28(金) 13:31:48
>>659
別に伏せ字にする必要はないと思います。
有名な古本屋ですから。
ブクオフやその手の店に負けないで頑張ってほしい良心的な古書店ですよね。

高原書店
http://www.takahara.co.jp/

まつおか書店
http://www.matsuokashobo.com/

661 :吾輩は名無しである:2006/04/28(金) 14:57:06
>>660
同感です。ともに以前あった場所から移転してしまい、(恐らくはb−オフ
進出などの影響かと?)駅からちょいと脚を運ぶのには遠くなりましたが、
この30年、度々お世話になった両店です。少なくとも、Bとは違って
行けば欲しい物が何冊もみつかりますから。

662 :吾輩は名無しである:2006/04/29(土) 01:39:48
ーーーーーー猟場より帰投
あ〜〜〜〜〜今日は疲れた。

やっぱ、あの古書展は違うわ。
第一書房の珊瑚集(昭13初・限定)が
函欠とはいえ安く入手出来たのは良かった。

ついでに話題のB-O(原宿店)に行ったが、なにをか、いわんや(w
B-Oは漫画だけ売ってりゃいいのでは、と考えたりもしますね。
しかし、あまりに中古市場が栄えると、その源流を細らせてしまうのは
困ったモノです。隣国のK黒では「漫画は買うのではなく、借りて読む」
という認識が浸透してしまったために、漫画文化が痩せ細ったそうな。
日本はそうならないよう、心したいですね。

663 :吾輩は名無しである:2006/04/29(土) 13:01:10
卓見です。しかし、マンガはわかりませんが、文学はすでに・・・
それはもちろん他にも多くの原因があるでしょうが・・・
そういえば近頃読むのは多くが「古典」と呼ばれてもいいようなモノに傾いて
ます。
昨年の話。古都にあるBでサバト館の「山崎俊夫作品集」が売ってて慌てたよ。
何せ、「アスタルテ」の帰りだったもんだから。他にもアルトーとか、そちら系
が固まっておいてありました。恐ろしいことがあるもんです。ただし、Bにしては
そんなに安くない根付け。こんなところで変な色気は出して欲しくないです。
105円で売れとは言わないが、しっかりとマニュアル通り、半値にして欲しいです。

664 :吾輩は名無しである:2006/04/30(日) 06:58:48
東中野のブックオフには「希少な本は神保町や早稲田の古書店にお売りください」
という良心的な?張り紙がある

665 :吾輩は名無しである:2006/04/30(日) 10:00:11
自分をよくわかってる、ってこと?

666 :吾輩は名無しである:2006/04/30(日) 10:06:19
クズ本を高く買ってくれ、というお客様が多く、困っています。

667 :吾輩は名無しである:2006/05/01(月) 10:38:31
「クズ本を高く〜」って言う、B−負ふの判断基準がコワイ。

668 :吾輩は名無しである:2006/05/01(月) 15:36:25
B−オフ観察記
某北の方にあるそこでは、買取に持っていったホンを査定し終わると、レジ
の中で、ダンボールごと足で気持ち良さそうに蹴飛ばしています。
頑張れ、コンサ!

669 :吾輩は名無しである:2006/05/01(月) 15:39:29
B−オフ観察記2
古都にある上で話題にもなったそこでは、買った本をレジの鼻ピアス
兄ちゃんは、レジ袋に逆さまにいれて渡しました、ちょっと偉そうな
態度でした。
負けるな、サンガ!

670 :浪江フケ亮太:2006/05/01(月) 18:25:28
日野駅の近くにある自由書房とかいう店。
本がとにかく汚い!!ホコリまみれのダニだらけ!!!
そのせいで喘息になり、風邪をこじらせた。
塵屋敷だね。

671 :吾輩は名無しである:2006/05/01(月) 19:12:35
某米軍基地のある南の島では古本屋総じて「ゴミ屋敷」
bオフもあるが、何故か、証明が明るくなくて、助かる。品揃えは
「ゴミ」だが。

672 :吾輩は名無しである:2006/05/02(火) 01:19:21
B−オフ情報3
ここの一号店、正確には本店と呼んでも良いソコでは、地下のCDコーナー
がすごい。行ったことある人は、もうご存知の通り、鼻が曲がるのでした。
やるなあ、伊藤コウスケ。

673 :吾輩は名無しである:2006/05/02(火) 01:28:11
池袋西口公園の古本祭り行ってきた。
タイミングが悪いのか、ろくなものがなかった。
値段も店頭とほとんど変らん。
ハシゴしたサンシャインのほうが断然良かった。

674 :吾輩は名無しである:2006/05/02(火) 02:54:13
>>673
>サンシャインのほう
この時分だとアルパの奴ですね。
池袋は射程外なので、行ったこと無いです。
(当方は、猟場の北限が早稲田ぐらい)

出撃して獲物が無いと、ガックリ来ますよね(w
おもにどんなモノが守備範囲ですか?


675 :吾輩は名無しである:2006/05/03(水) 20:51:38
京都の古本まつり行ってきた。
100円均一コーナーがなくて残念。

676 :吾輩は名無しである:2006/05/04(木) 21:01:56
↑ 掘り出し物はありましたか?

677 :吾輩は名無しである:2006/05/05(金) 00:01:32
あすの猟場は行かん!!
お巡りが張り込むとNETで噂のある
別の猟場にいくぜ!
ーーモノ好きだから〜男だから!ダダッダ!!


678 :吾輩は名無しである:2006/05/05(金) 21:21:09
今日は晴れてて気持ちよかったですね。
1942年刊の La celestine というものをげtしました。

大戦中のフランス刊行なのに、背・コーネル革装で
「戦時体制版」などという自粛版を作り出した日本と
違って、文化の厚みを感じますね〜。

679 :吾輩は名無しである:2006/05/06(土) 01:17:36
下世話で申しわけないが、いかほどか?
その手の本には興味はないが、参考までに。

680 :吾輩は名無しである:2006/05/06(土) 02:11:36
すんません。
このてのもの(洋古書)は
評価ポイントが多岐に渡り
とても値段を、ざっくり一言では言えません。

・版画(プレート)の有無(ウォーターマークの無いウブモノか?)彩色は?
・紙の状態(酸化染み・等)はどうか
・後のエディションが豪華になる場合があるので、初版がイイとは限りません
・装幀の革は(モロッコ?カーフ?ヴェラム?)また、その状態は?
・本のサイズは?
・古ければイイ、と言うモノでもありません。
・集める人によって、価値の見方も変わってきます
(ベル・エポックの豪華なモノを好む人、1550〜1600までの古版本(インキュナブラ)を好む人)

etc,etc,etc,

まぁ、安くて数千円。高ければ数億〜国宝級、と言うところでしょうか。
ちなみに今日のは、ただの印刷もので、数千円レベルでした(w
しかし、しっかりした造りで、さすが出版文化の国、と思われます。
同時期、日本じゃちょっと豪華な本を作った日にゃ、内務省に呼び出されましたからねぇ・・・。

681 :吾輩は名無しである:2006/05/06(土) 02:49:31
>>678
いいものをいいというのはいいんだけど、

源氏はシェークスピアより100年前
袋とじの和書
北斎や写楽の版画

こういうものには文化の厚みを感じないの?(笑


682 :吾輩は名無しである:2006/05/06(土) 09:49:58
>>680
成程。ちょっと参考になりました。一〇年くらい前のポランスキーの撮った
ジョニー・デップ主演のあの映画の世界に近いものがありますな。
やはり、本国の方が手に入れ易いのしょうか?

683 :吾輩は名無しである:2006/05/06(土) 10:13:45
>>681
戦時下における文化の扱い、という意味では日本<<<<<おフランス

684 :吾輩は名無しである:2006/05/06(土) 13:15:59
ネットの古書店値段高い・・
と思うのは俺だけ?

685 :吾輩は名無しである:2006/05/06(土) 14:16:10
本屋にもよるのでは?
同じモノでも、書店によってかなり差がある。状態の差ばかりではなく、
へえっ、と思うところもあるよ。
どんなモノお探しか?差し支えなければ・・・

686 :吾輩は名無しである:2006/05/06(土) 16:02:12
ワラフリット・ストラボーの『小庭園』でし・・

687 :吾輩は名無しである:2006/05/06(土) 17:46:50
>>681さん
文化、というのは、それを発生させるだけせなく、
保持してゆくのも文化程度の内だと思うのですよ。
文化人類学の見地から言えば、一つの車輪、として機能しうるか否か、ですな。

その点、日本は仰るとおり、文化の『発生例的』には、文学(源氏物語)
冶金工学(日本刀)発酵技法(味噌、醤油、日本酒)など、世界でも
高レヴェルであると、クロード・レヴストロースも述べていますが、しかしながら
『文化の保持・保護』と言う点では、世界でも「超ド三流」だと思うわけです。

金に困ったから、法隆寺の五重塔をバラして売っちまえ、とか、
戦後、日本語を廃止して、仏語を導入だ、いやエスペラント語だ、とか
まるで自国の文化の有り難みを認識していません。

貴重な肉筆浮世絵が、海外に流れまくったのも、その一例でしょう。
五重塔の場合は、外国人の方から『フザケンナ!そんな馬鹿なことはヤメロ!』と
横やりが入り、売却計画を中止する始末。外国の方が、よっぽど文化が厚いと
書いたのは、>>683さんも書かれているとおり、そんなところが所以です。

ーーーしかし、別に私は、洋モノにかぶれきってるワケではありませんよ?
自分は、手漉き和紙に、活字の押し味がのこる古書が、最高と思ってますから。
(中世の写本を除いては(w)

688 :吾輩は名無しである:2006/05/06(土) 21:03:55
>>686
ご返事ありがと。専門外でした・・・

689 :吾輩は名無しである:2006/05/06(土) 22:02:54
>>687
そういう短絡的な発想も日本文化の一部なんだけど、
一部の無理解な人間の行為によっての文化批判はお門違い
だし、
戦時下の文化の取り扱い?が
日本<<<<<フランス
だったらとっくに俺たちはロシア語でも話しているだろう。

>683って明治生まれだったりして


690 :吾輩は名無しである:2006/05/07(日) 00:21:19
もうチョイ、具体的に説明してくれるとわかりやすい。

関係ないが、683氏が明治生まれだったら、どうなの?

691 :吾輩は名無しである:2006/05/07(日) 00:29:01
>>690
ほっときましょうよ。>>689はただの荒らしでしょ。
どっから流れてきやがったんだ、コイツ。

692 :吾輩は名無しである:2006/05/07(日) 08:55:03
>>691
そうします。

693 :吾輩は名無しである:2006/05/07(日) 12:30:01
もっとマターリと、古本の良さを語るとか、古本屋に関する情報交換をしませう

694 :吾輩は名無しである:2006/05/07(日) 15:09:43
では、マターリと。
たまに北海道へ仕事で行きますが、ここもb−オフのせいか、かつての賑わい
は今いずこ。それでも、地味に頑張ってる「古書店」があります。
住所は正確じゃないけど、南1か2、西12か3.
オールジャンルですが、両親的な根付け。主人も穏やか。床曲がってるのも
御愛嬌。地元民ならご存知でしょう。是非、札幌へお出かけの際は。

695 :吾輩は名無しである:2006/05/07(日) 17:42:02
>>694
それって、すすきののあたり?

696 :吾輩は名無しである:2006/05/07(日) 20:39:34
>>694
石川書店か?

697 :吾輩は名無しである:2006/05/07(日) 21:51:17
違います。石川書店は床が曲がってないし、地下もありましたよね?
ススキの方面でもなかったです。ええ、もっと西の方?名前書いて問題は
ないですよね?勿体つけるわけじゃないけど、あらかじめ言っておくと、
「これが欲しい!」と思って行っても出会うことはないと思われ。
そういう大きい店ではありませんので。変な期待はご容赦・・・
何だか店の人間みたいだな。とりあえずイニシャルだけにしときま。

「N」さんです。知ってた?なら御免ね。

698 :吾輩は名無しである:2006/05/11(木) 06:57:47
あ、わかった!ザリガニヤだ!
でもあそこつぶれたよ。

699 :吾輩は名無しである:2006/05/11(木) 10:23:11
「ザリガニヤ」?其処は何処?
「N」さん、一ヶ月前はありましたが・・・

700 :吾輩は名無しである:2006/05/11(木) 13:09:17
高円寺

701 :吾輩は名無しである:2006/05/11(木) 23:02:27
e?


702 :吾輩は名無しである:2006/05/12(金) 02:00:05
痴呆スレか…

703 :吾輩は名無しである:2006/05/12(金) 05:43:42
さて・・・・・今日の猟場はどうしようかなァ。

あまり期待の出来るトコじゃないしな・・・・。

704 :吾輩は名無しである:2006/05/12(金) 22:13:59
所謂街の古本屋と薬局が物凄い勢いで潰れてる。
全国チェーン店のせい。安さと品揃えで勝てない。

705 :吾輩は名無しである:2006/05/13(土) 09:15:28
ーーーーーーーーーー昨日の猟場は、まぁまぁでしたナ。
探索中の函付き完本が、ネットの1/3〜1/4で買えたのは、嬉しい。

天気もよかったので、地下鉄を途中下車し、表参道ヒルズ
とやらに、遅ればせながら行ったのだが・・・・・・ナニあれ。

今更あんなモノつくっても、仕方ないと思うのだがねェ。
まぁ、好きにして下さい、という感じか・・・嗚呼・同潤会アパート(つД`)

706 :吾輩は名無しである:2006/05/13(土) 15:34:57
>>705
たしかに、表参道ヒルズって、同潤会アパートを壊して建てる程の物かね。
結局、商売をやりたかった、ってことだろう。

あの中で、古書展とかやらないかな。客層がちがって面白そう。

707 :吾輩は名無しである:2006/05/13(土) 16:09:13
カフェのディスプレイにどうぞ、みたいな中身関係ない大型洋書の古書展かなんかになるんじゃない。

708 :吾輩は名無しである:2006/05/13(土) 22:39:09
家賃高すぎ。結局b−オフが入ったりして。
でも、安藤さんは、そうなりゃ、心外だろうね。
逆に言うと、b−オフの店舗のセンス、外観も中身も所謂オシャレではない
と言う証拠でもある。ありゃ、どうみても、半島人のセンス・・・

709 :吾輩は名無しである:2006/05/13(土) 22:43:28
レイシズム発言やりたきゃそのての板に行くR

710 :吾輩は名無しである:2006/05/13(土) 23:44:01
>>708
だってブックオフって創価(≒半島)だろ

711 :吾輩は名無しである:2006/05/14(日) 19:19:23
これからは古書店はネットだけでの販売が主流になるのかな?
俺っちの住んでいる某政令指定都市なんかは、何年か前に国立大が
移転してその周辺の古書店街(つーか街そのもの)がすっかり寂れて
しまった。家賃の安い郊外に移転したとことか、ネットのみにした店や
廃業してしまった店などが目立つね。。

712 :吾輩は名無しである:2006/05/16(火) 02:45:14
与謝野晶子の宗教関連の古書を探しています。
ネットではなかなかヒットせず、どこをどう回ればよいのか・・・
どなたかアドバイスをお願いします。

713 :吾輩は名無しである:2006/05/16(火) 09:54:36
>>711
広島?

714 :711:2006/05/16(火) 12:13:55
>>713
そうです。
千田町にはとんと行かなくなった。
市内でいいのは金座街の某書店くらいかな。
あそこだったら中心部だから行きやすい。

715 :吾輩は名無しである:2006/05/16(火) 12:33:04
広島にも古書街があった事におどろいた。
古書街といえば東京、名古屋、京都ぐらいだと思っていたので。


716 :吾輩は名無しである:2006/05/16(火) 12:42:31
>>715
古書街つっても、昔、移転前の大学周辺に4、5軒(?)くらいあっただけの話。
いまは何軒くらいだか。昔より少なくなっているのは確か。
いまもむかしも正確な件数は、不勉強なので知らないけど。

717 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/05/16(火) 13:12:52
 表参道hillsというのは、
老朽化が進んでロクに住めない状態がつづいた同潤会apartに、
六本木hillsもやった森社長さんが目をつけて、都心再開発計画の一貫として実行したものですね。

あれは、かなり戦後復興期、建てた人たちの強い意志がこもった伝統的な建物だし、また立地もよく
かなり高度な建築的戦略が必要だったので、それで世界のAndoに頼んだのですよ。

 安藤さんは商売一辺倒には反対の『男伊達(おとこだて)』だから、思い切って
ああいう中のひろい空間をむりやりにでも敢えて取って、
高層ビルよりずっと狭くてもあまり圧迫感のないような、
誰にも楽しめるショッピングの場所をつくりあげた。
 そして文化を想うこころを大切にする為に、開発側の「無駄だ!」という大反対を
十数年かけてなんとか説得して、大切な文化遺産である同潤会apartの一棟を
あのバカ高い地価の場所にやっと、残したんですよ。

彼は『自然』を愛する建築家だから、ケヤキ並木のつづく美しい表参道の街並みを壊したくなかった。
だから普通では高層ビルをばかんばかん建てて商売第一でとにかく
沢山の店を詰め込むところを、ああいう地下に伸びる逆転の発想で
もともと、同潤会apartの魅力だった『ケヤキの四季の表情が見える閑静な住宅』を守ったのです。

 あれをやらせた森さんも、安藤さんも、
あるいはあれだけつくるのに大変な力のかかるものをきちんと施工した大工さんも
はっきり言って現代日本文化人の誇りではないかと思う。

718 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/05/16(火) 13:23:35
 あれは成長する建物なんですよ。
屋上に植樹してあるから、だんだん時に連れて建物が自然に包まれる。
そして暮らしていく人々の大事な風景の一部になる。

 今でも「TASCHEN」が一階の通りに面して入ってますが、
限られた店舗spaceの計画特性から言って、
ふつうの規模の古本屋なんかが入るには賃料が激高でむずかしいでしょうねw
 けれどもあの建築を街に住む人々がだんだんと使いこなせれば、やがては同じように
店舗や住居そのもの「成長させていく」ことができるかもしれません。

例えばもっと地下に延ばしたりね。
あれだけの地下空間をつくれる土木的技術力のある国は、今でも日本をおいてそうはありません。

719 :吾輩は名無しである:2006/05/16(火) 14:09:10
写真さらされても書き込みできる神経を疑う


720 :吾輩は名無しである:2006/05/16(火) 22:37:18
しかし、>>1その他この板に巣食う甘やかされた消費者どもは、何も分かっちゃいない。
ジュンク堂その他大型書店のねーちゃんに、カバーおかけしますか? とか聞かれて、
ニタニタしてるアホども。
お前らみんな文学板住人失格だ。
本を買うなら古書店。しかも、ハードコア古書店で買わねばならぬ。
ハードコア古書店は、まず入るまでが大変。
平日の昼過ぎなどに足を運んでも、平気で店を閉めていたりする。
当然、休日の知らせなど記されていない。一週間通い詰めて、ようやくある日、
ああ、この店は営業していたのだと知る。
たとえ店には入れたとしても気を抜いてはいけない。
店は暗く、店主がいないことなどざらだ。
三十分ほど立ち読みをしていて、ようやくのそりと現れた店主が電気をつけてくれる。
見回せば店内の陳列は、たとえドンキホーテ店長が見たとしても卒倒するほどの過密さだ。
もちろん販売効率は皆無。売る気も多分皆無。品の三十パーセントほどしか確認できぬ。
そのような店こそハードコア古書店。
いいか>>1その他この板に巣食う甘やかされた消費者ども。
明日より襟を正してハードコア古書店に通い詰めろ。
閉まっていたとしても、爽やかな笑顔を浮かべ速やかに散れ。
で、翌日も崩れかけた木造モルタルに三顧の礼だ。
買うのではなく買わせていただく。この気持ちを忘れるな。
貴様らが、資本主義社会への誇り高い反逆の戦士となれることを、私は期待している。

721 :吾輩は名無しである:2006/05/16(火) 22:58:23
>>720
ハードコア、って言うのかね?そういうものは?

な に よ り 本 が 可 哀 想 ーーーだと考えるが、如何。

二、三件そういう書肆を知っているが、管理もしっかりされてないし、
虫が這っている。湿気やホコリも凄い。なにより主がタバコを吸っている。
非道い時には雨がパラついてるのに、外に本が置きっぱという体たらく。

1880に『書物の敵』を著したウイリアム・ブレイズではないが、
「やる気のない古書店主」も、敵の中に加えるべきと当方は考える。

722 :ムー大陸 ◆DMnIjpZYd2 :2006/05/17(水) 03:09:45
ムー大陸は>>720氏を応援します。

723 :吾輩は名無しである:2006/05/17(水) 08:04:14
>>720の文章ってどこかでみたことあるなあ。
元ネタなんだっけ?


724 :吾輩は名無しである:2006/05/17(水) 13:19:38
ムー氏はともかく、ここにまで「似非文士」が貌を出すとはな。
とうとう「牛」じゃ誰にも相手にしてもらえなくなったか。ご愁傷様。
無論、レスは無用。

725 :吾輩は名無しである:2006/05/17(水) 13:37:09
俺は某文士じゃあないが、コテやるのほんと大変なんだよ。
本音オンリーでOKな名無しと違うからね。


726 :吾輩は名無しである:2006/05/17(水) 13:49:11
>>725
よっ、無名文士の中の人。カゼ治せよ。

727 :吾輩は名無しである:2006/05/17(水) 14:03:38
>>726
よっ、無名文士の中の人。カゼ治せよ。

728 :吾輩は名無しである:2006/05/17(水) 14:48:25
>>727
その中の人はやってないよ。

729 :吾輩は名無しである:2006/05/17(水) 15:22:47
4 :鈴木大介 ◆m0yPyqc5MQ :2006/01/09(月) 18:33:11
今晩は。
無名の文士、大介と名乗るものです。

 超硬派・新潮に憧れています。

文庫の「紐」を飽くまでも固持する姿勢が大好きです。
僕も超硬派な生き方をしているし、処女作短編を応募させて戴くつもりでいます。
 純文学上等!
僕がこの国の現代文学史を先導してやりますよ。
皆さん、お互いに頑張りましょう。
以上。

530 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/04/13(木) 13:40:00
 じゃあ正直に言いますが、僕は法律家つまり弁護士に成りたいんですよ。
2chで三年ほど愚衆を見渡していましたが、
彼らには非常に根の深い悪意がしばしば見受けられるわけです。
僕が先ほどの引用文のような厳しい発言を否応なくしなければならなかった背景も同様です。

彼らを教化するにはもはや宗教だけでは不充分なんです。
奴ら最低限の教育は受けていますから、少なからぬ懐疑がありますので。
その場合、法律を武器に刑罰で威嚇して善導するしか仕方ないのですね。

ですから、僕は法律を学び、弁護士になる為にそれなりの勉学をするべく
大学かどうかは分かりませんが、まだゝ向学の途を行かなければならないと悟っているだけです。
その心理は複雑ですから、勿論語り尽くせない心情もある。
よって表現には大学如何について表面上矛盾する見解も観られるわけ。

何も一見した論理的に矛盾した見解を発表してはならないという法律も倫理もないはずです。
僕は人間本性に由来する『良識』にしたがって行為する普通人ですから

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・フーン。

730 :吾輩は名無しである:2006/05/17(水) 22:50:14
論理を操れないバカってことだな。

731 :吾輩は名無しである:2006/05/19(金) 22:30:51
ここのミナさんに触発されて、オレっちも古書展に行ってきますた。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(´・ω・`)でもクズばっかだったわ。
おまけに高かーい。
堀口大学の「空しき花束」2まんえん、ってナンじゃソレ(w
ネットの値段でつけてはる。「10年前のお値段です」じゃボケが!
損したわ、時間。やっぱ、地道に店に行かんとな。

732 :吾輩は名無しである:2006/05/21(日) 18:46:36
先日の猟場は不作でありました。

常連さんが開場前の行列に姿を見せないことから
「うわ〜!主戦場は、アッチか!」と。
15分でその開会場に見切りを付け(ホントに何もなかった)別の会場に
急行したのですが・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ここも今ひとつ。

>>731さんの言う「空しき花束」、当方も発見。値を見て一瞬、眼を疑った後
華麗にスルー。古書に値を付けるのは、古書店主の権利。○川次郎の
文庫本に50万の値をつけようと、我々にどうこう言う権利はありません)

ここではブラントの「阿呆船」上下巻・500円でゲト。
1968年初版・帯・訳者献呈サイン付き。

いつか1494年刊の原書も欲しいなぁと思ったり。2〜300万くらいで買えるかな・・・無理か。







(ちょっと調べたら1570年刊のモノで6万$ですか・・そうですか・・・・・orz)

733 :吾輩は名無しである:2006/05/22(月) 21:32:38
ブクオフにいって、買い漏らしてたエチーまんが買った。
レジの女がむかついた。氏ね。

734 :吾輩は名無しである:2006/05/25(木) 09:31:29
何処のブ区オフ?
何された?

735 :吾輩は名無しである:2006/05/25(木) 17:22:16
外回りの途中に見つけた古本やで「トイレット博士」見つけた。なつかshi!

736 :吾輩は名無しである:2006/05/25(木) 21:45:05
>>735
仕事しろ。

737 :吾輩は名無しである:2006/05/26(金) 16:50:57
AJ書房の値段の付け方って、異常だよな!?
大げさに言えば「0ひとつ多くね?」って感じ。
なんであそこまで、大上段に振りかぶれるのか、不思議。

738 :吾輩は名無しである:2006/05/28(日) 18:24:23
高円寺の「アジアンドッグ」って友達が言ってたが会員制になったのかな。
行ってみない事にはわからないけど、誰か知らないか?
とりあえず、あの店の店主は性格悪そうだな。


739 :吾輩は名無しである:2006/05/28(日) 19:19:40
>>738
会員制じゃないよ。
ただ、看板も出てないし、扉閉め切ってるから、
中の様子が伺えず入りにくいけど。。。
店主も、まあ一見冷たい感じだけど、話すと面白い人。

740 :吾輩は名無しである:2006/05/28(日) 20:33:16
ベートーヴェン
http://ex14.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1148813380/


741 :吾輩は名無しである:2006/05/28(日) 23:32:31
最低¥50000出すから誰か売ってくれ。

「文身 二代目彫常の世界」
山本 将文 (著)
白夜書房
ISBN: 4938256878
初版第1刷 版 (1985/06/10)


742 :吾輩は名無しである:2006/06/27(火) 00:25:48
元気だせよ、といっても無理か。一般書籍の方は結構普通に元気なんだが。やはり、文学板の小手半「嵐」が来ると、こうなる訳だ。

743 :吾輩は名無しである:2006/06/27(火) 06:11:00
AD、最初行ったときは親切な感じだったのに
次に行ったときには冷たい感じだった
なんなのアレ

744 :吾輩は名無しである:2006/06/27(火) 06:43:58
ブックオフみたいなくだらない本は無いから暇ツブしにくるな
という意味合いの張り紙した店と
人分系のそろった高めの店
どちらもわかいムスメさんがバイトしてる
ああうらやまし

745 :吾輩は名無しである:2006/06/30(金) 16:05:52
75 名前: 投稿日: 02/03/13 08:04 ID:q2GHXKSG

「帝京大生お断り」っていうアパートがかなりあるらしいよ(実話)
マナーがヤンキー高校の生徒よりも悪いんだってさ。
帝京ってオウム並みに差別されてるね。
憂さ晴らしに教員を二人がかりでリンチしたアホや警備員の顔に
スパイクを履いたまま跳び蹴りを食らわせたキチガイもいたってさ。
ものすごいイジメにあって校舎から飛び降りた学生もいたらしい。
学生食堂は暴走族のたまり場みたいになっていて勝手に席に座るとイジメられるとかもね。
このドキュソ以下の大学は他にも麻薬とか放火とか臭い話は挙げればキリがないよ。


帝京大学過去の犯罪特集
http://choco.2ch.net/news/kako/1015/10154/1015445145.html

746 :吾輩は名無しである:2006/07/04(火) 00:07:46
むう、こっちのスレか。
すいません改めてお聞きします。
昭和28年頃の「未来(短歌結社誌)」を入手したいのですが、
東京周辺で古い短歌誌の品揃えが良い店はあるでしょうか?

747 :吾輩は名無しである:2006/07/13(木) 01:59:26
>>746
場所は別として1つみつけた。あとは自分で探せ。
http://www3.ocn.ne.jp/~shiojima/kosho/sonota/zashii/zashii.html

748 :吾輩は名無しである:2006/07/14(金) 19:31:10
>>747
ありがとうございます。
でも昭和29年までしか遡れないや(ノД`)難しいなぁ……

749 :また帝京:2006/07/27(木) 17:14:00
ttp://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060727i204.htm
DVDなど万引き→中古店に売却…大学生ら5人逮捕

東京都内の家電量販店でDVDやCDのソフトを万引きし、売りさばいたとして、警視庁少年事件課は27日、
駒沢大学生(20)(犯行当時19歳)と帝京大学生(19)など少年4人の計5人を窃盗の疑いで逮捕したと発表した。
少年グループは昨年10月〜今年4月、世田谷区や三鷹市など計7店舗で、40回以上の万引きを繰り返し、
DVDなどを売って計約120万円を得たと供述しており、同課で余罪を調べている。
調べによると、少年グループは今年2月5日午前10時ごろ、立川市曙町の「ビックカメラ立川店」で、
DVDとCD計10枚(3万8656円相当)を盗むなどした疑い。盗んだDVDなどはそのまま近くの中古品販売店などで売りさばいた。
少年たちは調布市内の中学校の同級生仲間などだった。


低狂を廃校にすれば日本の犯罪発生率は今の半分以下になるでしょうw

低狂の犯罪行為一覧(抜粋)
○薬学部の学生が女性に後から抱きつき胸を揉む
○単位を取れなかった腹いせに理工学部の学生が教員をリンチ
○陰惨なイジメで校舎から飛び降り自殺
○暴走族、麻薬、食堂放火、万引き
○盗聴
○集団レイプ
○薬害エイズ
○守衛にスパイクシューズのまま跳び蹴り
○暴力団を雇って組合員を銃撃
○入学詐欺
○運動部の監督が部費を横領
○トイレで中学生にわいせつ行為
その他多数
帝京大学過去の犯罪特集
http://choco.2ch.net/news/kako/1015/10154/1015445145.html

750 :吾輩は名無しである:2006/08/17(木) 15:04:36
age

751 :ささ:2006/09/10(日) 08:59:15
埼玉?

752 :吾輩は名無しである:2006/10/16(月) 23:32:27
sasa

753 :吾輩は名無しである:2006/10/16(月) 23:39:45
sasa

754 :吾輩は名無しである:2006/10/30(月) 00:02:12
神保町で古い本を高く買ってくれる店ってどこですか?
一応売る予定なのは昭和16年のと大正11年の。昭和16年のは当初の値札に200円って書いてあるんだけど5年前に近所の古本屋で500円で買った

755 :吾輩は名無しである:2006/10/31(火) 16:50:50
>>754
(・∀・)ニヤニヤ

756 :吾輩は名無しである:2006/11/25(土) 19:31:28
>>754
田村書店という本屋さんがいいです。
店長に直に見せてください。きっと良い値がつくと思います。

757 :吾輩は名無しである:2006/11/25(土) 20:32:31
高円寺のアジアンド○グは最悪だな。あの店主、頭大丈夫か?

758 :吾輩は名無しである:2006/11/25(土) 21:52:27
>>757
kwsk

759 :吾輩は名無しである:2006/11/26(日) 00:21:12
>>754
古くてもくずはくず。

760 :吾輩は名無しである:2006/11/26(日) 01:00:22
>>757
あまり悪いうわさは聞かないのだが・・・

>>759
まぁタイトルくらいは聞いてみようよ

761 :吾輩は名無しである:2006/11/26(日) 01:15:34
人文書はアジアンドックよりも、中野か東中野のブックオフの方が断然高く値段をつけてくれるね。
それ以外のブックオフは本部系列だからたたかれるけど。

762 :吾輩は名無しである:2006/11/26(日) 01:28:23
>>761
その2店は店長が一緒なわけ?

763 :吾輩は名無しである:2006/11/26(日) 03:58:15
フランチャイズみたいで、チラシを見ると馬場に二店舗と江古田と中野と東中野にあるんだってさ。
確かにいってみるとブックオフというよりは、いい古本屋という感じ。


764 :吾輩は名無しである:2006/11/26(日) 14:50:13
あげ

765 :吾輩は名無しである:2006/11/27(月) 01:01:28
>>760
そうね、タイトルも書かずに古いだけで高く売れるとか思っているずぶの
素人感にちょっとイラっとしてしまっていたよ。
うちにもたまに古いだけでそれはゴミだろってものを持ってきて、不要な
旨を告げると不満げに帰っていく人がいるからさ。

766 :名無しのオプ :2006/11/27(月) 21:58:14
同人誌「白樺」を単品で売っている
古書店探してるんだがみかけたことないですか?
セットでウン十万じゃなくて。

「白樺」第一巻四号(1910年7月発行)探し求め中。


767 :吾輩は名無しである:2006/11/27(月) 23:39:35
>>757
あの店移転したの?

768 :吾輩は名無しである:2006/11/28(火) 23:39:03
最近即売会行ってる?

769 :吾輩は名無しである:2006/11/29(水) 10:17:29
行かない

770 :吾輩は名無しである:2006/11/29(水) 23:14:07
俺も。

771 :吾輩は名無しである:2006/11/30(木) 03:29:05
神保町に数ある古書店のなかで、手軽に本をあさるにはどの店から入り、
その後どう店を回ればいいの?

772 :みほみほ ◆fXdBq/cRPI :2006/11/30(木) 05:02:28
>>771
なにを探すかによってルートが変わると思うけど、
わたしはいつもこんなかんじです。

九段下駅で下車→矢口書店(映画関係の本漁り)→
神田古書センターを上から見て回る→
ブックパワー(雑誌のバックナンバー探し)→田村書店(文学書)→
八木書店→羊頭書房(幻想文学系)→
キントト(昭和のレトログッツを見学)→風光書房(外国文学中心)

で、あとは適当に歩きながら気になった店に入る。
http://jimbou.info/
↑も参考にしてください。



773 :みほみほ ◆fXdBq/cRPI :2006/11/30(木) 05:12:43
あ、定番の小宮山書店を忘れてた。
ただ、神田はどこも高い。
いつも古書見物だけして帰ってきてしまうなあ。

774 :吾輩は名無しである:2006/11/30(木) 09:47:51
神田よりも阿佐ヶ谷、荻窪、西荻窪の古本屋を自転車で回るのがいいな。

775 :吾輩は名無しである:2006/11/30(木) 10:16:20
手軽にあさるならそれこそ最寄の即売会に。

776 :吾輩は名無しである:2006/11/30(木) 11:05:26
>>774
晴れた日に道を折れ入っていくのが気持いいですね。阿佐ヶ谷はすこし遠くて
房書まちち〜よみた屋

777 :吾輩は名無しである:2006/11/30(木) 11:40:45
777 ゲット! 不純ではいけないから、古書店について書くと、名古屋の三松堂は良心的でいい店だ。

778 :吾輩は名無しである:2006/11/30(木) 11:48:32
幸あれ。
776に追加すると帰りに傀儡草でストロング(コーヒー)。書物は光を嫌うのです。

世田谷区の古書店事情ってどうなんでしょう。
在住の作家は多いはずですが、小田急沿線をあまり気にかけたことがないもので。

779 :吾輩は名無しである:2006/11/30(木) 12:05:02
明日まで新宿西口広場イベントコーナーで、
古本屋さんが44店舗あつまって古本市やってます。

780 :吾輩は名無しである:2006/11/30(木) 22:55:08
殺伐としたスレに救世主が!
 .__
ヽ|・∀・|ノ ようかんマン
 |__|
  | |

781 :吾輩は名無しである:2006/12/08(金) 13:55:56
大阪の古本屋 メイワ書房が、今日から11日まで 30%offのバーゲンやっています。
http://www.meiwasyobou.com/

782 :吾輩は名無しである:2006/12/08(金) 15:52:30
年末棚ざらえというのは、古本屋こそやるべきだね。
すす払いついでに景気よく安売りしる!

783 :吾輩は名無しである:2006/12/08(金) 16:04:24
やだ!

784 :吾輩は名無しである:2006/12/08(金) 16:08:08
古本って言う時点ですでに安いと思うけど。例外はあれど。

785 :吾輩は名無しである:2006/12/10(日) 17:53:58
日本の古本屋以外で使えるサイトないの?
スーパー源氏のぞいて。
楽天がおかしくなってから、不便になった

786 :吾輩は名無しである:2006/12/10(日) 21:34:31
高円寺にある竹岡書店をご存知の方いらっしゃいますか??
今日地図見ながら行ったんですけど無くって。。
もしかしてもう閉めたんですかね??
知っていたら教えてください。

787 :吾輩は名無しである:2006/12/10(日) 21:52:09
高円寺にこの前まで住んでたけど、竹岡書店なんて知らんよ。

788 :吾輩は名無しである:2006/12/10(日) 21:57:35
>>785
そんなこと、知っていても教えたりはしないよーーーだw
わざわざ敵に塩をおくるようなことはしないもんw

789 :吾輩は名無しである:2006/12/10(日) 22:21:21
>>786
西部古書会館近くにあった2店舗は随分前に閉めて
以前あった線路沿いの通りに戻ったはずだけれど
私は開いているのを見たことがありません。
看板が出ていたかどうかは不明。


790 :吾輩は名無しである:2006/12/10(日) 22:47:32
高円寺古書業界は竹岡一族の支配圏ですよ。
でも竹岡は店舗をすぐ倉庫化するからね。店内山積みにして店を開けなくなる。
竹岡一家の経営する古書店でちゃんと営業中なのは飛鳥書房位か。

791 :吾輩は名無しである:2006/12/10(日) 23:24:55
風船舎がいいよ。

792 :吾輩は名無しである:2006/12/10(日) 23:26:13
楽天フリマ、ウォッチリストの内容がゴッソリ消えてた…orz

793 :吾輩は名無しである:2006/12/11(月) 21:22:27
竹岡の先代が亡くなってからは
あまり勢力がなくなったとの話。
あの凄まじかった在庫量も今はそれほどでもないとか


794 :吾輩は名無しである:2006/12/12(火) 21:10:58
掘り出し物あったのにな

795 :吾輩は名無しである:2006/12/12(火) 21:16:13
最近はネット古書店が増えてきたみたいだけど、
金払わない客とか不達とか、結構トラブルがあって大変みたいね。
人件費と場所代を節約するために一人で全てやっている店主さんが
ほとんどみたいだけど、かなり激務なんじゃなかろうか。

796 :吾輩は名無しである:2006/12/12(火) 21:18:51
先払いにすりゃいいのに。

797 :吾輩は名無しである:2006/12/12(火) 21:22:27
>>796
実際、そういうところも多いし、増えてきているような気がする。
ただ、それだと先払いしたものの商品が届かなかったらどうしよう
と思って初めての客なんかが敬遠してしまう場合があるので、
後払いのままにしている店とかあるみたい。
状態とかを加味して返品する際も、後払いのほうが楽みたいだし。

798 :吾輩は名無しである:2006/12/12(火) 22:55:43
先払いの店めんどくさいし、なんか気持ち的に嫌。
まぁよっぽどそこしか在庫なければ買うけど、優先順位は落ちる。

払ったのに、請求されたことあったな。そういえば。
通帳確認したら支払い記録がでてきたので、向こうがまちがってた
ってわかったけど。

799 :吾輩は名無しである:2006/12/12(火) 23:15:14
Amazonマケプレ最強伝説

800 :吾輩は名無しである:2006/12/13(水) 00:10:28
クレジットカードしか使えないし、ぼったくり価格も多い。
どこが最強なんだよ

801 :吾輩は名無しである:2006/12/15(金) 23:03:09
この前渡辺なんとかってのが取り込み詐欺して捕まって新聞に出てたじゃん。
あんなことがあるんだから、ネットに関しては先払いになるのは仕方がないと思うし、
俺は別に後払いでも先払いでもどちらでもよい。まあ、時間がないときは
代金引換便ていうのにするが。


802 :吾輩は名無しである:2006/12/16(土) 17:39:32
これからは先払いが主流になるだろうな

803 :吾輩は名無しである:2006/12/16(土) 20:53:58
先払いが一番だと思うけどな。
古書を買おうと思う奴の中なんて、詐欺師みたいなのが多いだろうから。

804 :吾輩は名無しである:2006/12/17(日) 01:31:24
田村書店の買い取り価格が高いのは有名だけど、
高値で売れる本しか買い取らないよ。売れないものは0円。
外国作家の翻訳全集で絶版になっていて、状態がいいものは高値。
とくに20年以上再版されていないものは高値がつく。

805 :吾輩は名無しである:2006/12/17(日) 23:10:02
中央公論社の「日本の名著」(全50巻)が欲しいのですが、
なかなか在庫が見つからないし、もし見つかったとしても、
高価すぎて私には手が出ません。

3万円以内で販売している古本屋はないでしょうか?

806 :吾輩は名無しである:2006/12/17(日) 23:15:21
なに都合の良いことを言っているんだか。。

807 :吾輩は名無しである:2006/12/17(日) 23:32:34
図書館を利用するしかないな

808 :吾輩は名無しである:2006/12/18(月) 00:27:26
日本の古本屋だと、セット50000円ですな。
バラだと500円位と出ていたが、
街の古本屋をまわって、
一冊500円以下で買いまくれ。
まあ何冊かは無理だろうがな。

809 :吾輩は名無しである:2006/12/18(月) 00:46:55
全部新書になるんじゃね?

810 :吾輩は名無しである:2006/12/18(月) 00:53:27
このあいだ、ブックオフの105円コーナーで20冊ぐらい見たな。
別に全巻買わなくても、欲しい巻だけ買えばいいと思うんだけど

811 :吾輩は名無しである:2006/12/18(月) 15:11:37
805のカキコのニュアンスからして、状態の良いものを全巻まとめて
買いたがっているっぽいけどな。

812 :吾輩は名無しである:2006/12/18(月) 15:58:51
まあ二万の違いだから、いっそのこと買えば。

813 :805:2006/12/20(水) 16:33:13
皆さん、レスありがとうございます。

できれば全巻揃えたいのですが、今はバラ売りでも構いません。
それらを読了した後に、徐々に全巻を揃えていきたいのですが、
「日本の古本屋」を検索しても見つからない巻があるようです。

例えば、

第2巻『聖徳太子』
第3巻『最澄・空海』
第13巻『伊藤仁斎』
第16巻『荻生徂徠』

を売っている古本屋はありません。
(伊藤仁斎・荻生徂徠は特に読みたい巻なので悲しいです)

そこで質問なのですが、「日本の名著」シリーズには、
特に品薄で入手の難しい巻というのがあるのでしょうか?

814 :吾輩は名無しである:2006/12/20(水) 16:44:23
しらねーなあ

815 :吾輩は名無しである:2006/12/20(水) 16:49:09
何かお前すっげー偉そうだよな。死んどけカス。

816 :吾輩は名無しである:2006/12/20(水) 16:51:42
こっちが下手に出てるからってあんま調子に乗ってんじゃねーよ。

817 :吾輩は名無しである:2006/12/20(水) 16:55:11
嘘です言い過ぎましたm(__)m

818 :吾輩は名無しである:2006/12/20(水) 21:27:05
まあまあ

819 :吾輩は名無しである:2006/12/21(木) 01:53:42
うっせー、はげ

820 :吾輩は名無しである:2006/12/21(木) 02:03:35
ハゲ。前髪薄くなってっぞ。ハゲ!

821 :吾輩は名無しである:2006/12/25(月) 08:38:17
「日本の名著」は「北一輝・宮崎トウテン」の巻が入手なんですよーん。

822 :吾輩は名無しである:2007/01/13(土) 21:39:01
YELLOWS

823 :吾輩は名無しである:2007/01/14(日) 17:21:28
年始は京王がなかったのでさみしかったよ

824 :吾輩は名無しである:2007/01/15(月) 20:27:20
ユングやらフロイトなんかを沢山扱ってるオヌヌメの古本屋ある?神保町とかで
小〇山書店?

825 :吾輩は名無しである:2007/01/15(月) 21:46:58
専門店はなかったと思うが、
巌松堂の二階とか、けっこう並んでいたような…
あと明倫館にも意外とあるかも。

826 :吾輩は名無しである:2007/01/15(月) 22:35:47
>>825
トンクス

sageスマソ

827 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 00:19:31
このスレはじめて見たけど、今はネットのおかげか、一昔前に比べて本が安く
なったよね。以前2〜3万円してたものが1万円、店によってはそれ以下で
売っているんだからね。こういう点はネット様様って感じではあるね。
上のほうにあった前払いがどうとかなんてどうでもよいぐらい価格が下がっているから
買う側としてはなんとなく悪い気がするときもある。

記念カキコでした。

828 :セチガライ ◆SPj8OryZTM :2007/01/17(水) 01:23:40
良スレ認定印 byセ チガライ

829 :吾輩は名無しである :2007/01/27(土) 02:45:36
自分も伊藤仁斎探しているが本当にみつからない。
日本思想体系はよくみかけるんだけど日本の名著はいっこうに。

830 :吾輩は名無しである:2007/01/27(土) 03:30:32
日本の古本屋リニューアルされたな
みなさんはどう?快適ですか?

俺は1000点以上だと絞れと言われるのがイヤン
あとログインってのは、一般ユーザには関係ないの?

831 :830:2007/01/27(土) 04:50:23
自己解決。
いま、試してみたらログインできるようになってました。

832 :吾輩は名無しである:2007/01/28(日) 01:33:52
>>829
「日本の名著」の「伊藤仁斎」は『論語古義』が現代語訳で入ってたね。
『論語古義』は他で手に入りやすい版が出ているとも思えないし、
そっち方面に関心があれば、貴重な本かもしれない。

833 :吾輩は名無しである:2007/01/28(日) 13:53:53
俺の恩師が和辻哲郎の「古寺巡礼」の初版を探してるんだが、
狙ってれば買えるような代物なの?

大正8年とかのやつらしいけど・・・。


834 :吾輩は名無しである:2007/01/30(火) 00:37:56
(・∀・)ニヤニヤ

835 :吾輩は名無しである :2007/02/01(木) 01:38:34
上記で話題の日本の名著シリーズ
「葉隠」で
グウルモンに興味を持ち
日本の古本屋や源氏で
探してみると堀口大学が訳している
たっかい本しかない。
まぁ読むだけなら地元図書館の
堀口大学全集を借りればいいだけなのだが
欲しい本もある。

なぜ・・こんなに高いのだ・・・


836 :吾輩は名無しである:2007/02/09(金) 13:51:53
大阪の古書店で、Tarzan(ターザン:マガジンハウス)のバックナンバーの
在庫豊富な店はどこ?

837 :吾輩は名無しである:2007/02/09(金) 19:30:49
>824
心願社はどーよ?

838 :吾輩は名無しである:2007/02/11(日) 00:29:46
.

839 :吾輩は名無しである:2007/03/01(木) 12:21:18
神保町近辺に住んでいます。
質問なのですが、美術館の、企画展のカタログを高く買い取ってくれそうな所で
どこかいいお店ありませんか?
神保町以外でも23区内だったらどこでもいいのですが。
どなたか教えてください。お願いします。

840 :吾輩は名無しである:2007/03/01(木) 22:54:09
源喜堂ぐらいしかしらないな〜
でも、美術館のカタログってそんなに高く買い取ってもらえないような

841 :吾輩は名無しである:2007/03/02(金) 11:23:38
そうか?商品としては人気高いが
買取となると別なのかな
俺が欲しいくらいだ


842 :吾輩は名無しである:2007/03/03(土) 14:24:51
阿佐ヶ谷の風船舎ってなんか入りにくくなったな。
前は帰りに気軽にちょっと寄って、気に入った本があったら一冊買ってていう
いいお店だったのに。
奥さんらしき人が店番のときはいいけど、男の方が店番のときはかなり雰囲気が悪くなった。
男の方も前はいい感じだったのに。
いいお店なだけに残念だ。
あの空気の重さを考えると、最近は素通りしてしまう。

843 :吾輩は名無しである:2007/03/03(土) 20:31:23
                ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                ( ・∀・)< 安いよ
             _φ___⊂)__ \_______________
           /旦/三/ /|
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
        |愛媛みかん|/

844 :吾輩は名無しである:2007/03/04(日) 22:25:55
このスレ始めてきたけど古本屋なんて船橋のブックオフと軽井沢にあった古本屋しか行ったことねえw

845 :吾輩は名無しである:2007/03/04(日) 22:41:40
行った事があるのがブックオフとりんどう文庫とは
随分極端な・・・

846 :吾輩は名無しである:2007/03/05(月) 19:34:30
古書店減ってきてんな

847 :吾輩は名無しである:2007/03/05(月) 20:58:32
ずびばぜん
文藝春秋の綿矢りさの載ってた号が欲しいんですが、どこか簡単に即日で手に入る方法ありませんか?
当方、東京都北区住まいです

848 :吾輩は名無しである:2007/03/05(月) 21:45:13
古書店とうまい付き合いができる人が減ってきてるな。
これも格差ってやつかな。頭の出来も含めてw

849 :吾輩は名無しである:2007/03/05(月) 22:12:36
接客をしないからだろ。
どんな商売だって、あんなに客に対して失礼な態度とる商売はないぞ。
古書店でも接客だけは糞ブックオフを見習うべきだよな。
古書店の店員は頭の出来よりも、人間的によっぽどお粗末なのだろう。

850 :吾輩は名無しである:2007/03/05(月) 22:34:13
>>848は客側の話をしていると思われ

851 :吾輩は名無しである:2007/03/05(月) 22:55:23
なんで古書店の男の店主ってどこでもあんな風にちょっと無礼な感じなんだ?
だれか教えてくれ。

852 :吾輩は名無しである:2007/03/05(月) 23:49:09
社交下手→人間嫌い→本好き→サラリーマンに失敗→古書店の店主が、
よくある道筋だから。

853 :吾輩は名無しである:2007/03/05(月) 23:53:36
本=文化(教養)に対するプライド&本屋の商業的な困窮
というアンビバレンツ、というのもある。

854 :吾輩は名無しである:2007/03/06(火) 00:37:24
最近出てきてる若い店主の古本屋は本に愛着がありすぎる
店に並べてる全部の本の価値を知ってます的な感じで
品揃えはいいけど(っていってもどの店も同じような趣味だけど)
価値ある本にはしっかりプレミアがついちゃってるから掘り出し物がない
ああいう店に行くと腹が立って万引きしたくなる気持ちはよく分かる

855 :吾輩は名無しである:2007/03/06(火) 00:40:30
愛を金にするなってことか

856 :ななお:2007/03/06(火) 01:30:09
阿佐ヶ谷の風船舎、入口に”ひやかし、立読みお断り”の札があって入りにくくなっちゃったよね。
前は無かったのに。
それでも品揃えが好みなので入店して本を物色していたら、一冊の本に手が止まり購入判断の為にあとがきを読んでいたら、
女性の店員さんに”立読みは勘弁してください”と注意された。
そういうのってどうなんでしょ?
ひやかしや立読み目的ではなくても心動かされる本と巡り合わない時もある訳だし。
購入するか判断するのに、ある程度内容の確認も必要ではないかと思う。

今までも何回か購入してたけど、行きづらくなったな。残念。
それにしても、風船舎は残念だ。
人を大事にしないとバチが当たるよ。きっと。




857 :吾輩は名無しである:2007/03/06(火) 01:56:43
風船舎、開店当時は本当にいいお店だったよ。
今は閉鎖的だな。
品揃えはいいんだけど、居心地が悪くなって本当に残念だ。周りの人もみんな言ってるもん。

あいかわらず荻窪のささま書房は居心地がいいんだよなぁ。なんでだろ?

858 :吾輩は名無しである:2007/03/06(火) 14:10:07
居心地が悪いなんて古本屋らしくていいじゃないw
オレは古本屋に居心地の良さなんかは求めないし、
そんなことはどうでもよいと思っているからかな。
ただ本が揃っていればそれだけでよい。
神田なんか客を怒鳴るオヤジいるけど、その店も全然問題なく利用している。
かなりいい本が揃っているからね。

859 :吾輩は名無しである:2007/03/06(火) 14:15:03
居心地が悪いほうが好きなんだろw

860 :吾輩は名無しである:2007/03/06(火) 14:24:12
>>854
隙のなさすぎる価格や棚構成だと
店主の自己満足だけでお腹いっぱいになるからね。
万引きをしてはいかんが

861 :吾輩は名無しである:2007/03/06(火) 15:36:36
初めはいい感じなのにってとこ多いな。
つぶれた高円寺アジアンドッグも初めは愛想の良い店主だったが、
最後のほうは本当に嫌な感じの店主になってた。
金銭的に苦しいと人間的にも貧相になるんだろうな。

862 :吾輩は名無しである:2007/03/06(火) 15:38:03
嫌な客が多かったのかもしれないな
古本マニアには癖のある人が多いし

863 :吾輩は名無しである:2007/03/06(火) 15:40:47
阿佐ヶ谷あたりだと変な客が多いのは仕方がないとしても、
買うために「あとがき」くらい目を通すのは無問題にしてほしいな。
ただ、阿佐ヶ谷ではないけど、俺のよく行く古本屋(立ち読みをけっこう
許している)ではこの間、隣にいたオヤジ(団塊世代くらい)が本を棚に
もどす時思いっきり帯破っていたな。
で、そのオヤジはまったく躊躇せずにそのまま店から出て行った。
ひどいヤツもいるもんだと思ったよ。
まあ、店を構えている側からすればそんな客からも商品を守らなければ
ならないから立ち読み云々は難しいんだろうね。

864 :吾輩は名無しである:2007/03/06(火) 15:50:11
帯とか気にする時点で変態としか思えないんだが
素人の意見なんだろうなそれで価格が変わるわけだから

865 :吾輩は名無しである:2007/03/06(火) 16:04:28
俺も少しの間古本屋で働いてたけど、
気持ちのいい接客をすれば客だって気分いいだろうし、
店の雰囲気も良くなって、客も多く来るようになるんだが。
変な客はくるけどさ、表紙破ったりするような奴、
でもそういう奴のために他の客に対しての接客を悪くするようじゃ甘いよな。
商売としてのプロ意識が足りないんだろうな。
いい本だけ集めとけばいいって思ってんだよ。
俺も昔そう思ってたけど、実際に古本屋で働いて接客がどれだけ大事か知った。
その上での品揃えだな。
値段が高くつくのを知っていながら、わざと掘り出し物を作るために安くしたり。
ささま書房はそれをやってる。

866 :吾輩は名無しである:2007/03/06(火) 16:14:58
大変だなあ、古本屋の営業努力も。2チャンネルまで出張か… 頭が下がる


867 :吾輩は名無しである:2007/03/06(火) 17:32:48
>帯とか気にする時点で変態としか思えないんだが

これは釣りですか?
紙が破れる音ってけっこうするものなんだよ。それを言っただけだよ。
なぜ変態になるのかね。
さっさと死ね!!!!!

868 :吾輩は名無しである:2007/03/06(火) 17:44:07
古書好きは変なのが多いから。妄想癖があるとか、866みたいに。

869 :吾輩は名無しである:2007/03/06(火) 22:19:32
>>861
この間デパート展で見かけたけど
嫌な感じではなかったよ

870 :吾輩は名無しである:2007/03/06(火) 22:22:38
句読点打てない時点で知障だから気にするなw

871 :吾輩は名無しである:2007/03/06(火) 22:24:23
>870は>>867へね。

872 :吾輩は名無しである:2007/03/08(木) 17:44:12
あげ

873 :吾輩は名無しである:2007/03/08(木) 17:53:39
古本屋だめなんだねえ。

ブックオフだと、きゅうにいらっしゃいませー、こんにちはー
と叫びだすけど、立ち読みはやめろ、なんてこと言わないだけましだな。

愛想が悪いのを気にしない、なんて馬鹿がいくところなんだね、古本屋。

客商売で、競争があるのに愛想が悪ければ、本なんてどこで買っても同じものなんだからすたれるのはあたりまえ。

そういうところはブックオフか茶店にしてほしいな。

874 :吾輩は名無しである:2007/03/08(木) 18:06:26
つまり自分のことを馬鹿だと

875 :吾輩は名無しである:2007/03/08(木) 21:01:52
>>873
どこでも売ってる本ならな

876 :吾輩は名無しである:2007/03/08(木) 22:00:26
古書なんぞネットで買ったほうが安い。

877 :吾輩は名無しである:2007/03/09(金) 00:27:46
>>875
そういうのを幻想って言うわけだ。
大体はどこかにころがってるもんよ。しかも安くな。

古本屋が合理的に値段をつけているわけじゃない。
あれは一種の談合だ。神田を回ってみろ。
同じ値段つけてやがる。

価格破壊したら神田のほとんどはつぶれちまうから、内心必死だぜ。
本に相場を作ろうなんぞはもう古い。

無策じゃブックオフの勝利だな。

878 :吾輩は名無しである:2007/03/09(金) 07:01:13
万引きはブクオフだけにしろ
それならむしろ国士として推奨するwww
ww

879 :吾輩は名無しである:2007/03/09(金) 07:23:02
前に地元の古本屋でジュネの泥棒日記を万引きしました。

880 :吾輩は名無しである:2007/03/09(金) 07:27:34
↑中上健次の話のパクリ  『ジャズと爆弾』

881 :吾輩は名無しである:2007/03/09(金) 07:28:27
>>879
コロスww
ブ○オフでなら国士だがww



882 :吾輩は名無しである:2007/03/09(金) 07:37:19
パクりました。

883 :吾輩は名無しである:2007/03/09(金) 08:03:53
パクりますん

884 :吾輩は名無しである:2007/03/09(金) 14:01:50
陰湿な業者が多いな(笑


885 :吾輩は名無しである:2007/03/10(土) 08:04:18
>>861 アジアンドッグは潰れてない。店売り止めてネット販売中心なのはどこも同じ近年の流れ。

886 :吾輩は名無しである:2007/03/11(日) 00:30:22
サンシャインの古本市出してたしね

887 :吾輩は名無しである:2007/03/11(日) 20:23:08
>>885
ネット販売はただ在庫に困ってやってるだけじゃないの?
あの店長就職すりゃいいのに。

888 :吾輩は名無しである:2007/03/12(月) 22:44:18
私怨乙

889 :吾輩は名無しである:2007/03/13(火) 00:24:40
>>887
やっぱりそうでしたか!ちなみに何回もアナタを見掛けた事ありますw

890 :吾輩は名無しである:2007/03/15(木) 20:10:15
藤沢有隣堂の古書まつりに行ってきました。
翻訳文学好きの自分には、見事なほどに不作。
爺様たちが相変わらず多かったなあ。

891 :吾輩は名無しである:2007/03/15(木) 20:40:20
>>890
規模どのくらいですか?
神保町の古書会館で毎週やってるのと同じ位?

892 :セチガライ ◆SPj8OryZTM :2007/03/15(木) 20:49:15
昔、大久○近くにあった、高○書○。。。好きだったのだが。



復活しないかな?(在庫はあるようだし)。

893 :吾輩は名無しである:2007/03/15(木) 21:12:17
>>891
神保町の方は未体験なんですよ。
大した規模じゃないです。
二十坪弱のスペースに爺さん達が押し合い圧し合い。
同ビルの4階にも文庫本を中心とした古書フェアコーナーあり。

人文科学ものはそれなりに充実していたような。
しかしどれもこれもイイ値段がついていました。
本当に暇な人だけにお勧めしたいですねw

894 :吾輩は名無しである:2007/03/15(木) 23:04:48
>>893
どうもです。
行こうかどうか迷ったけど行かなくて正解だったかな

895 :吾輩は名無しである:2007/03/23(金) 12:43:21
古本屋がいっぱいある地域?駅?ってどこですか?
やっぱり神保町ですか?
それから超大型(ブックオフなどで、そしてその数ある店舗の中でも大きい店舗)のところってどこですか?


896 :吾輩は名無しである:2007/03/23(金) 12:46:26
西早稲田通り
赤門の近くにも目玉古書店あるよ

897 :吾輩は名無しである:2007/03/23(金) 13:41:59
早稲田も本郷も良い古書店あるけど、三田はどうなのよ?
ラーメン二郎しかチェックしてないw

898 :吾輩は名無しである:2007/03/23(金) 15:35:25
わかりました
ありがとうございます!

899 :吾輩は名無しである:2007/03/23(金) 17:40:29
大久保にでかい古本屋あったね。
ナボコフの「プニン」600円で買ったなあ〜。

900 :吾輩は名無しである:2007/03/23(金) 22:07:53
>>899
やっぱりハングル系に強かったりするの?

早稲田は純文マニアにはたまらない店が何軒かあるね

901 :吾輩は名無しである:2007/03/24(土) 05:09:18
名古屋か京都でおすすめの古本屋があれば教えてください。
京都は旅行で行くので見つけられるか自信無いですが..よろしく!

902 :吾輩は名無しである:2007/03/24(土) 06:58:16
ハングル系の本はあんまり無かったなあ。
掘り出し物が多い郊外の大型書店って感じの品ぞろえだったよ。
あーいう店が大久保にあったなんて…、バブル崩壊後の地代の安さを物語っているよね。
今じゃ到底無理。

903 :吾輩は名無しである:2007/03/24(土) 13:56:26
>>901
名古屋なら百萬文庫。文庫本専門。安くはないが品揃えはなかなか。


904 :吾輩は名無しである:2007/03/24(土) 17:17:56
マルカム・ラウリーの『活火山の下』とか、
今の古本屋の買い取り価格は幾らぐらいになりますかね?
高く売れるようなら、うちにあるのを売ろうかと思ってるんですが

905 :吾輩は名無しである:2007/03/25(日) 03:40:26
>>903
arigatou

906 :吾輩は名無しである:2007/04/07(土) 02:06:48
すいません、昭和初期からずっと探している本があるのですが、
全く見つからないのです。
心当たりだけでもよいので、よろしければ、情報教えて下さいませんか。
探しているのは以下の本です。

光瀬龍の「走れ由紀(もしかしたら、逃げろ由紀かもしれません)」「AマイナスB」
花登筐の「俺は女だ」
作者は分かりませんが「女教師ブラジル日記」

以上です、よろしくお願いします。


907 :吾輩は名無しである:2007/04/07(土) 03:11:18
>>906

>花登筐の「俺は女だ」
花登筐の『俺は女』です。
実業之日本社から1973年に出版されています。

>光瀬龍の「走れ由紀(もしかしたら、逃げろ由紀かもしれません)」
光瀬龍『あばよ!明日の由紀』です。
ソノラマ文庫から1979年に出版されています。

>「AマイナスB」
『AマイナスBへ侵入せよ』のち『逃げろ!ユカ』に改題。
中学二年コース1966年4月〜10月号に連載。
単行本化されていないと思います。

>「女教師ブラジル日記」
沼昭三『ある夢想家の手帖から』内にその記述がありますね。

908 :吾輩は名無しである:2007/04/07(土) 14:17:44
早いお答えありがとうございます。
上記三つについてはなんとか見つかりそうです、本当にありがとうございます。
もう一つ見つからない古書があるのですが、
そちらもよろしければ教えてもらえないでしょうか。お願いします。

「学園物で、ミユキ?(名前うろ覚えです)という綺麗な女生徒を巡って、
 男達が争奪戦を繰り広げる」と言う内容です
タイトルが「アイ・アム〜」で、作者が大木圭だったと思うのですが、
こちらもかなりうろ覚えです、すみません。ただ、「アイ・アム・女の子」ではなかったと思います。

また、「女教師ブラジル日記」は和書ではなく、洋書の翻訳本で、
女教師が自分の妄想混じりに、ブラジル旅行の日記を記すと言う内容です。

色々とあやふやですみません。

247 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)