5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

●●● 中村航 ●●●

1 :吾輩は名無しである:04/03/27 17:56
大垣市立北小学校卒
大垣市立北中学校卒
岐阜県立大垣北高校卒
芝浦工業大学卒
富士写真光機退社

『リレキショ』 第39回文藝賞受賞
『夏休み』 第129回芥川賞候補・第25回野間文芸新人賞候補
『ぐるぐるまわるすべり台』第130回芥川賞候補

公式HP http://www.nakamurakou.com/

2 :吾輩は名無しである:04/03/27 18:23
宣伝スレは禁止ですよ
削除依頼を出してきてください


3 :吾輩は名無しである:04/03/28 00:16
こうしてみると、発表した作品がすべて文学賞に絡んでいるのだな。
芥川賞も詠美や池澤などが高評価であったし
慎太郎も悪くない感じだった。
三度目のノミネートでいくんじゃなかろうか。

4 :吾輩は名無しである:04/03/28 00:20
文藝賞で男が受賞した場合はよっぽど凄い奴だよ。
文藝賞っていえば若い女かゲイだけだもの。
普通の30歳過ぎの男が受賞した場合は
とてつもなく力量のある輩だな。

5 :吾輩は名無しである:04/03/28 00:26
夏休みのライトさ。

6 :吾輩は名無しである:04/03/28 00:29
スーパーライト

7 :吾輩は名無しである:04/03/28 02:20
ビートニックに行こう!

8 :吾輩は名無しである:04/03/28 02:27
ぐるぐるまわる夏休み

9 :吾輩は名無しである:04/03/28 10:08
なよなよ小説

10 :吾輩は名無しである:04/03/28 11:12
ライトノベル

11 :吾輩は名無しである:04/03/28 11:26
工業大学卒で芥川賞候補にまでなったのか。かっこいいね。
時々スレが立つ「理系文学者」のひとりというわけだな。

12 :淳一  ◆8kTRz46uUU :04/03/28 19:23
>>1
乙。

好きなんだけど、肝心の処女作が未読だったので、たった今『リレキショ』読了。
森健の処女作が現代版『風の歌〜』だなんて言われてるけど、
ブツ切れの構成除けば、こちらの方がよほど近いと思った。

なんにせよ、次回の芥川賞に届きそうなのは、彼かイトヤンくらいなんじゃないだろうか。
今回は石原以外に評価されなかったけど、しばらくは『ぐるぐる〜』路線で行っても良いと思う。
もう一人の中村と比べて筆力はあるので、芥川賞逃がしてもじっくり書きつづけて、直木賞狙いでも良いかもしれない。
個人的に、応援します。

13 :吾輩は名無しである:04/03/28 19:37
現実的なものを求めているのはわかる

14 :吾輩は名無しである:04/03/28 20:43
彼なりの虚構の世界で現実の問題点をえぐる

15 :吾輩は名無しである:04/03/28 20:45
文藝賞出身の作家はほんとうにかすばかり。。。

16 :吾輩は名無しである:04/03/28 21:40
かぼすけ

17 :吾輩は名無しである:04/03/28 21:44
重複 http://book2.2ch.net/test/read.cgi/book/1071238624/l50

>>5-10 森健スレの人?

18 :淳一  ◆8kTRz46uUU :04/03/28 21:51
別に個別スレはいいんじゃない。あれは新人五人の抱き合わせだし。

>>15
文藝って芥川に絡めるうえに、変節しても直木も狙えるから、良い賞だよね。
作家として食うには、得な賞だと思います。


19 :吾輩は名無しである:04/03/29 03:19
青春デンデケデケデケみたいにそのまま直木賞もW受賞することもある。
どちらかといえば直木賞作家が多い。
というか実は綿矢が芥川賞とった最初の文藝賞作家。
候補にはよくなるんだけどね。
金原もすばるが月刊誌になってから、初の受賞。
すばる掲載で受賞はでないジンクスを破った。
その点で先の芥川賞は河出、集英にとって
ジンクス破りの受賞劇であった。

20 :吾輩は名無しである:04/03/29 19:46
そのうち三賞のどれかは獲るでしょう。
それが芥川賞なら
そのまま販売に結びついて嬉しいよね。
彼の作品は売れるよ。

21 :吾輩は名無しである:04/03/29 19:48
かなぁ。。
ぐるぐる〜読んだけど、さっぱりつまらなくてやっとのことで
最後までたどり着いたって感じだったんだけど、リレキショとかは違うの?

22 :淳一  ◆8kTRz46uUU :04/03/29 20:12
>>19
最近、文学界の傾向が、文藝のそれに近づいている気がします。
それはそれで、良いのかもしれないけども。
実は、中村航の作風は、直木向きだと思ってます。
>>20
そう思う。「売れそう」な感じだよね。
>>21
『ぐるぐる〜』は悲しみ。みたいなのが心地よかったけど、
『リレキショ』は輝き、希望。が前面に出ている感じ。
文藝賞じたいがエンタメ傾向の賞なので、やっぱり受賞作のこれも、少しライト。
『ぐるぐる〜』と比べれば、読みやすくはあると思いますよ。

23 :吾輩は名無しである:04/03/29 21:11
だが彼の傑作は「夏休み」だ。
テレビゲームで離婚を決めるライトさ。
女の友情。
彼なりのリアルさを追及した作品だと思う。

24 :吾輩は名無しである:04/03/29 23:25
>>淳一
 単なる興味本位なのだが。
 随分知識が豊富に伺えるが、小説家か評論家を目指してる人ですか?
 それともたんに文学好き?

25 :吾輩は名無しである:04/03/30 04:02
カメラを分解しては組み立てるのは、中村!おまいだ!

26 :吾輩は名無しである:04/03/30 06:06
温泉に行ってプロレス技をかけるのは、中村!おまいだ!

27 :吾輩は名無しである:04/03/30 09:45
中村文則の童貞文学。
中村航のライト文学。
この二人が芥川賞を同時に受賞するだろうことは
もはや運命である。

28 :吾輩は名無しである:04/03/30 10:03
時代はライト文学

29 :淳一  ◆8kTRz46uUU :04/03/30 12:13
>>24
んんー。微妙にどう答えていいかわからんのですが。
評論とかはある種のナルシシズムがないとやってられんかなと。最近思います。
基礎知識と論の構成は前提として、言葉遊びを楽しむ、というより、
自らのそれに酔う能力がないと、数百頁は書ききれんのだろうなと。
オレは、一介の画家崩れでございます。



30 :淳一  ◆8kTRz46uUU :04/03/30 13:54
>>24
肝心なことを書き忘れてた。

ありがとう。

31 :吾輩は名無しである:04/03/30 20:33
画家崩れか。
それはもう芸大入試に失敗するところから崩れていたのか。

32 :吾輩は名無しである:04/03/30 21:21
都立の芸高でも行くか。

33 :淳一  ◆8kTRz46uUU :04/03/30 22:35
>>31
んむー。
オレのばあいは、第一志望いっこだけ受けて現役合格したから、美大受験は問題なかったな。
むしろバーテン始めて、一旦燃え尽きたころが、一番のやばかったかもしれない。
>>32
やめとけ。
画家になりたいならば、クソのやくにもたちませぬ。

スレ違いですまんです。

34 :吾輩は名無しである:04/03/31 03:31
世の中は色々あるから、どうか元気でお気をつけて。

35 :吾輩は名無しである:04/03/31 12:32
この人は村上春樹みたいになるんじゃないかな。
今の時代の村上春樹。
最近の群像の出身者は春樹の頃のテイストから大きく外れている。

36 :吾輩は名無しである:04/03/31 14:36
キッズ アー オールライトの人はどうなったかな。
小学校の先生だから忙しいか。

37 :吾輩は名無しである:04/03/31 19:43

中村航vs絲山秋子

38 :吾輩は名無しである:04/04/01 12:18
>>37
芥川賞を同時に受賞する予感

39 :吾輩は名無しである:04/04/01 23:50
彼ならまた候補になるでしょう。
絲山も当然なる。
選考委員も折れるだろう。

40 :吾輩は名無しである:04/04/02 15:05
だんだんと中村が表現するリアルさが
伝わってきているな。
もし芥川賞をとるなら、一気にブレイクしそうだ。

41 :吾輩は名無しである:04/04/02 19:22
堅苦しくなくて良い。
紋切り型でもないのでエンタメともしっかり差別化。
さすが

42 :吾輩は名無しである:04/04/03 03:12
無理に100枚くらいで収めるのはどうなのかな。
この人の文章はライトだから
300枚くらいあっても長さを全く感じない。

43 :吾輩は名無しである:04/04/03 03:56
中央区に住むってのも変わってるな。

44 :吾輩は名無しである:04/04/03 06:00
そりゃ本を買うなら神保町、
服なら銀座、
電化製品秋葉原って具合なのさ。

45 :吾輩は名無しである:04/04/03 12:05
日本橋あたりに住むのが一番粋ですわ。
実家に帰るにも、新幹線の東京駅がすぐ近くだしね。
名古屋駅までのぞみで行って、
東海道線で大垣へ出る。
岐阜羽島の駅は使う機会がまったくない。

46 :吾輩は名無しである:04/04/03 12:14
岐阜羽島の駅から岐阜駅に向かうのと、
名古屋駅から岐阜駅に向かうのは、
あまり変わらないじゃないかと思われるかもしれないが、
名古屋で乗り換えれば、東海道線が10分に1本は出ている。
それに対して岐阜羽島からだと1時間に1本なのだ。
そして岐阜駅からまた乗り換えることになるので、二度手間。
政治って不便。

47 :吾輩は名無しである:04/04/03 12:35
そんな不便さを解消したくて中央区に。

48 :吾輩は名無しである:04/04/03 14:07
中央区なら便利だわ

49 :吾輩は名無しである:04/04/03 15:58
カメラを分解しては組み立てなおす。
それが休日の過ごし方。

50 :吾輩は名無しである:04/04/03 16:42
非常に正しい休日の過ごし方だ

51 :吾輩は名無しである:04/04/03 18:23
見事だね

52 :吾輩は名無しである:04/04/03 19:34
夏休みがピークだったと言われないように。

53 :吾輩は名無しである:04/04/03 19:39
半沢良は19歳、家族構成は姉のみ、得意技はアイロンがけ。
姉さんに拾われてからの僕のリレキショだ。
ガソリンスタンドでバイトしていると1通の手紙がきた。

一番興味をひかれるのは、姉さんにどのように拾われる場面です。
が、しかし、描いてません。
こういうシーンで読むもののハートをがっちりとつかんでほしかったです。
アイロンがけの得意な身元不明の少年の日常をつづっただけの
ストーリーで終わってしまっている原因になっているような気がしてなりません。
ウルシバラとのやりとりも、変な女との遭遇にしか見えなかった。 

54 :吾輩は名無しである:04/04/03 19:41
心地よいことは確かだが、それ以上のなにがこの小説にはあるのだろう。
面白さがわからない。
大の男がしばらく家に帰ってこなかっただけで、なにが問題になるのだろう。
結局は、いちゃいちゃ仲がいいだけの小説?
とても気に入ったのは、お茶を淹れるのが名人的に巧いお義母さんの存在。
だからって、序盤に少し活躍するだけのお義母さんの存在が、
この小説の中でどういう意味を持っているのかは不明。

55 :吾輩は名無しである:04/04/03 21:13
来る日も来る日も、某新人賞の下読みに追われているワタクシですが、
仕事の合間に、どうしても我慢しきれずに読んでしまった、
中村航『夏休み』(河出書房新社)が抜群に良かった。
『リレキショ』で、文藝賞を受賞した作者の、受賞第一作です。
『リレキショ』も良かったけれど、
この『夏休み』もまた、爽やかで、それでいて心にすん、と沁みてくる一冊です。
全編を貫く、しゃらん、としたユーモア感もいい!
妻の母親と同居する若い夫婦と、妻の友人夫婦、2組の夫婦の、ひと夏の出来事を描いた物語。
妻の母親と同居する「僕」が主人公なんですが、この「僕」のキャラクタが最高!
いわゆる今ふうの青年、なんだけれども、何ていうんだろう、初期の頃の村上春樹の小説の主人公を、
心身ともに健康的にしたキャラ、というか、内省の仕方を明るくさせたキャラ、というか、
そんな感じなんです(分かりにくい喩えでごめんなさい)
とにかく、読んでみてください。
『リレキショ』が好みだった人は勿論、瀬尾まいこ『卵の緒』が好きな人にも、お薦めします。
「朝食が美味しいということは、それだけで人生の半分は成功なのだ。」
『夏休み』に出て来る言葉です。このひと言だけでも、この本を読む価値はあります^^

56 :吾輩は名無しである:04/04/04 04:43
ため息色した通いなれた道
外人墓地、また一人ぼっち、歩くの早いとふくれた
君だったらドースル、俺は知らねえ
片隅に捨てられて呼吸をやめない猫も
雨が止んだら迎えに行くよ

57 :吾輩は名無しである:04/04/04 11:30
文藝賞作家は素敵な男性が多いね

58 :吾輩は名無しである:04/04/04 12:22
コムデギャルソンの鈴木正剛や
星野智幸もカッコええのう。
写真選考でもしとるんやろか。


59 :吾輩は名無しである:04/04/04 20:40
お洒落さん。

60 :吾輩は名無しである:04/04/06 17:57
中村航ってさ、読んだ事ないけどおもしろいの?
あんなヘボ作家、綿矢、金原に負けるくらいだから読む気起きねえ。

61 :吾輩は名無しである:04/04/06 18:17
ぐるぐる

62 :吾輩は名無しである:04/04/06 18:18
読んだことないのに「あんなヘボ作家」。

63 :60:04/04/06 20:10
ヘボ作家ってのは綿矢、金原のことだよ!
なんで今回芥川賞とれなかった?
あ?だれか説明しろ!

64 :吾輩は名無しである:04/04/06 21:09
>>60
おもしろいよ
少なくとも構成力は確か

65 :吾輩は名無しである:04/04/14 22:42
6月号に出るのだろうか。

66 :吾輩は名無しである:04/04/19 01:07
池澤くんだけが微妙に押してましたね。
あの人ひとりだけ、みんなと言ってることが
いつも違うので微妙に落ち着きます。

67 :吾輩は名無しである:04/04/19 07:25
格好ええ兄さんやないか。

68 :吾輩は名無しである:04/04/19 09:11
経歴見て、同じ高校の2個上の人だったのか〜と思った。
名前聞いたこともなかったが。

69 :吾輩は名無しである:04/04/22 20:31
>>68
同窓生ハケーン
名前聞いたことないのはペンネームだからだよ

70 :吾輩は名無しである:04/04/26 23:54
岐阜高出身の漏れとしては大垣北高なんて、プププッ

71 :吾輩は名無しである:04/04/26 23:56
>>70 おれも儀不幸だよ 何年卒?

72 :吾輩は名無しである:04/04/26 23:59
83年卒

73 :吾輩は名無しである:04/04/27 19:15
PAYING ATTENTION!
PAYING ATTENTION!

74 :吾輩は名無しである:04/04/30 11:37
新幹線の岐阜羽島駅は潰していいよ。(岐阜県民談)

75 :吾輩は名無しである:04/04/30 15:53
岐阜羽島駅は本当に使えない。
岐阜駅に行くにも名古屋駅で新幹線を降りて、そのまま東海道線に乗れば
15分で着く。
名古屋ならひかりやのぞみも止まるしね。
こだまへの乗換えを待っているうちに岐阜駅にいけてしまう。
岐阜羽島にかろうじて降りたにしても
岐阜駅と連絡する私鉄は一時間に一本の閑散とした様子。
もういいかげん潰していいわ、岐阜羽島駅。

76 :吾輩は名無しである:04/04/30 21:38
このスレは岐阜羽島駅の使えなさを語るスレ



じゃないだろ

77 :吾輩は名無しである:04/05/04 09:39
今ヘルタースケルターをエンドレスで聞いているのだが
ぴんとこない曲だなあ。
ビートルズがこんな曲をやったというのが珍しいのか。
岡崎京子が扱ったからいいのか。
教えて、エロい人。

78 :吾輩は名無しである:04/05/26 20:30
ぐるぐるまわるすべり台が現実に。
スピッツのペースとLRの健やスクーデリアエレクトロが組んだバンドの
最初のセッションは
なんとヘルタースケルターであった。
ついに彼らがデビュー。
こいつは中村航もびっくり!

79 :吾輩は名無しである:04/05/28 23:29
穴井夕子が好きだそうじゃねえか。
長嶋有と対談してる場合じゃねえぞ。
月に吠える。
フェアリーテイルの穴井夕子でござった。

80 :吾輩は名無しである:04/05/29 12:26
穴井夕子もタモリ倶楽部でいってたが
夫が全く家に金を入れてくれないそうだな。
まあぎりぎりのプロゴルファーだから収入もないのだろうが。
でもああいう野生的ながっちりした香具師が
穴井夕子は好きなんだな。
親父がトラックの運ちゃんだし。

81 :吾輩は名無しである:04/05/29 21:49

    ∧_∧   アー  
  /( ´∀`)\
 @と      つ@

   @_@   ボヨヨーン
 ∩( ´∀`)∩


82 :吾輩は名無しである:04/05/30 03:52
>>81
大阪に住んでいればこの人をたくさん見られるのだろうな。

83 :吾輩は名無しである:04/06/03 04:08
ヘルタースケルターが手塚治虫賞やて。
兄さん、元ネタばれてもうたがね。

84 :吾輩は名無しである:04/06/04 13:42
リトルモア新人賞で佳作だった長嶋有がデビューしたって本当ですか?

85 :吾輩は名無しである:04/06/09 16:34
嘘です。だまされちゃいかん!

86 :吾輩は名無しである:04/06/11 19:03
「ぐるぐるまわるすべり台」

発売記念にあげます。

87 :吾輩は名無しである:04/06/13 21:46
ぐるぐるまわるすべり台、読んだ。普通に面白かった。
ってかこの作者、わりといい人なんじゃないかと思います。

88 :吾輩は名無しである:04/06/13 22:55
>>87

この普通に面白かったって感想よく看るけど、
必ず本人(ry

89 :吾輩は名無しである:04/06/28 19:56
たまにはこのド阿呆を上げておこう。

90 :吾輩は名無しである:04/06/29 17:02
綿金があれだけ売れたんだから、
ぐるぐるも買ってやれよ。

91 :吾輩は名無しである:04/06/29 17:03
ぐるぐるは文春だからなあ。
結局、他所の新人でも優秀なら、一回目は文藝掲載でノミネートだけど
二回目以降は文學界掲載だもんなあ。
文春は巨人だよ、まったく。
FAで引っ張ってこればいいんだから、楽なもんだよ文學界。

92 :吾輩は名無しである:04/07/25 17:22
中央区でほえええええ

93 :吾輩は名無しである:04/07/25 23:33
いけめん作家だそうですね、坊っちゃん刈り

94 :吾輩は名無しである:04/07/29 06:59
文春から発売されたぐるぐるも河出の単行本と同じ人が装丁やってるんだね。

95 :吾輩は名無しである:04/07/29 11:34
ぐるぐるはつまらなくて途中で読むのやめてしまった

96 :吾輩は名無しである:04/07/29 12:44
第二の長嶋有,という印象。

長嶋有は二人はいらないよ。

97 :吾輩は名無しである:04/07/29 12:47
なんか似たような色の作家増えてるなあ。
そんなもんかな?

98 :吾輩は名無しである:04/07/29 13:26
全然似てない気がする。

99 :吾輩は名無しである:04/07/29 15:45
>>98
中村さん、こんにちわ。
「やさ男、小さくて優しい世界」というのが共通項に思われ
なんですが?反論お願いします!まじで。


100 :吾輩は名無しである:04/07/29 22:41
中村さんか、おめでたいな。

じゃあ「強い男、大きくて厳しい世界」が共通項の作家は何人いるのかと。

長嶋は短編。精緻な私小説風。寂寥感が際立つ。
中村は長編。ファンタジック。多幸感が際立つ。
まじで全然似てないと思う。

101 :吾輩は名無しである:04/08/18 00:56
こいつ、日記でハゲを馬鹿にしたな

読者の30%を失ったと思え

もうこいつの本は買わん

102 :吾輩は名無しである:04/08/18 01:26
>>100

中村は長編???


103 :吾輩は名無しである:04/08/30 11:21
ペンネームで中村航だが、本名は鈴木敏郎

104 :吾輩は名無しである:04/09/17 11:58:32
鈴木なんてありふれた名前のやつがこれまたありふれた中村なんてペンネームにする理由は何だろう。


105 :吾輩は名無しである:04/11/04 20:29:00

●●第26回野間文芸新人賞決定●●

選考委員/奥泉光・川村湊・佐伯一麦・笙野頼子・久間十義・山田詠美(敬称略)

中村 航 氏 『ぐるぐるまわるすべり台』(文藝春秋刊)
中村 文則 氏 『遮光』(新潮社刊)

http://www.kodansha.co.jp/award/h16_noma.html

106 :吾輩は名無しである:04/11/05 07:10:00
>105
ぐるすべキタ━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━!!!!!

107 :吾輩は名無しである:04/11/14 08:00:29
中村航(本名:中村勤)

108 :吾輩は名無しである:04/11/14 21:27:29
中村

109 :吾輩は名無しである:04/12/11 02:19:54
最近どう?

110 :ハニロウたん ◆T61/rdmlFM :04/12/24 04:19:06
きんちゃんだあよ。
ぼっちゃん刈りをやめてカジュアルな感じになったね。
イケメン作家は羨ましいのだあよ。

111 :吾輩は名無しである:04/12/31 00:02:41
イケメンイケメン言ってるのハニロウだけやん。
航の顔って、ヲタっぽくてキモイよ……
おじさん顔なのに無理やり若作りしてて

112 :吾輩は名無しである:05/02/07 00:02:41
あははははー。
…笑ってみました。

113 :吾輩は名無しである:05/02/22 01:32:50
>>111
文則と間違えてるんじゃないかと

114 :吾輩は名無しである:05/03/06 22:13:09
間違えてないよ。おっさん顔だよ。脂ぎってて。

115 :吾輩は名無しである:05/03/13 22:07:38
あげ

116 :吾輩は名無しである:05/03/16 01:56:12
春樹臭がするねこの人

117 :吾輩は名無しである:2005/04/13(水) 01:20:32
中村航って、もしかしたら人気ないのですか?


118 :吾輩は名無しである:2005/04/13(水) 02:20:42
文学板では、ない

119 :吾輩は名無しである:2005/04/27(水) 13:17:14
新作発表あげ

120 :吾輩は名無しである:2005/05/10(火) 11:37:58
新作って群像の随筆のことだべ。

121 :吾輩は名無しである:2005/05/16(月) 06:29:56
顔がタイプ。内容は良いけど表紙の絵をどうにかしてくれ。
ラノベっぽい。

122 :吾輩は名無しである:2005/07/18(月) 14:36:44
装丁はずっと同じ人に頼んでるな。

123 :吾輩は名無しである:2005/07/21(木) 04:18:58
この人は童話を書いたほうがいい。
純文学にはあってない気がする。
とっとと芥川賞なんかには見切りつけて、自由に創作活動してほしい。
そうだろ、みんな?

124 :吾輩は名無しである:2005/07/21(木) 16:26:56
みんな、と呼べるほどファンはいません

125 :吾輩は名無しである:2005/08/25(木) 13:38:50
>>96
長嶋有バカにすんなよ

126 :吾輩は名無しである:2005/09/22(木) 01:45:54
先輩だけど、全く知らない。
部活なにやってたのかな。

127 :吾輩は名無しである:2005/09/24(土) 10:56:49
履歴書かりてきた

128 :吾輩は名無しである:2005/10/12(水) 13:28:10
この人のブログ、「耳障りが良い」と書いてある。w
ろくな教育を受けた作家じゃなさそうだ。

129 :吾輩は名無しである:2005/10/12(水) 16:37:29
この人のセンス好きだな〜。まぢめに。
ブログとかオモシロイヨ。

130 :吾輩は名無しである:2005/10/25(火) 22:47:07
顔がかわいい

131 :吾輩は名無しである:2005/11/03(木) 17:50:36
航さんってオモシロイ?

132 :吾輩は名無しである:2005/12/01(木) 18:05:20
「リレキショ」から入ってみた。
・・・・
歯が浮くとはこういうことを言うのか。
こっから入ったのは間違いだったのか?って読み終わってから思ったんだが。
この人の作品に出てくる19歳ってのは、みんなこういう描写なのか?
こんな小学生のような感想ばかり頭の中で展開してる19歳がいるのか。
別人格になり切ってる演技、なのかと思って最後まで読み通してみたが、そうじゃないし。
突飛に「小宇宙」なんてもんが出てくる比喩も引き出しの乏しさを思わせるし、
技量も人物観も稚拙としか思えなかった。

この作品のおとぎ話的雰囲気を加速するための作者の作為なんだと
したら、それはそれで納得できる。
が、天然だとしたら、30代も後半になって夢見てるシスコン坊やとしか思えない。

133 :吾輩は名無しである:2005/12/01(木) 18:30:04
リレキショは青春小説っていうより、童話と捉えるぐらいがいいかも知れない。
青春小説と思って読むと、主人公が純粋過ぎて到底読めない。
彼がなんで逃避しているか説明がないのは、リアル感を避けているからだろう。
細かい背景より、とりあえず甘い心境を呼び起こすのが狙いなんじゃないかと。
ダメな人には徹頭徹尾ダメだと思う。
俺は別に嫌いじゃないけど、あっそ、ぐらいの感想。

しかし作風ってのは、顔に出るもんだね。作者の顔の年齢に似合わず坊やっぽいこと。

134 :吾輩は名無しである:2005/12/01(木) 20:01:32
この作家、普通にオタクなだけだと思う。
「しゅわしゅわ、ぴーす、じわじわ」「りれきしょー」
とか、ひらがなを多用した妙な擬声語や表現に耐性が作れない人は、かなりキツイ。

135 :吾輩は名無しである:2005/12/01(木) 21:39:51
きゅうりを食べた。
ぽり、ぽり、ぽり、ぽり、ぽり

キショーイ

136 :吾輩は名無しである:2005/12/01(木) 23:49:34
スレ立てしたのも本人なら、誉めてるのも半分以上が本人だな。

創作文芸板の文藝 賞スレにいた「華」さんよ。


137 :吾輩は名無しである:2005/12/02(金) 00:00:28
思うんだけど、アマゾンの書評がなんであんな賛辞ばっかりんだろう。
このスレも2chにしてはマイナスな意見が少ない。
マジで誰かの自演なの?

138 :吾輩は名無しである:2005/12/02(金) 00:31:06
マジで中村の自演だよ。

興味があれば、創作文芸板の文藝賞スレの過去ログも見るといい。
「華」というハンドルネームでネカマやって見破られてた。
中村航の人間性がよく分かるよ。
過去ログが見られなくても、今の文藝賞スレにも事の経緯が書いてある。


139 :吾輩は名無しである:2005/12/02(金) 13:23:35
リレキショ読む限りでは、文章はかなり未熟。
語彙の少なさをまず真っ先に感じる。
○○ワールド、マシンガントーク、○○的には、のような、
一般でも飽きられていて、普通の会話でも少し捻ってみようか、
と思うような言葉を簡単に使いすぎるのもいちいち気になる。
自分の言葉を持ってない作家だと思う。

140 :吾輩は名無しである:2005/12/02(金) 16:22:52
甘ったるい。女ウケする文章かも知れないが、男が真顔で読めるかという気が。

141 :吾輩は名無しである:2005/12/02(金) 18:57:44
角田の話はガセだろ?

142 :吾輩は名無しである:2005/12/02(金) 22:27:34
こいつの小説読んだあとは、他の人の小説読んでリハビリする必要がある。
こんな駄文が印刷物になったなんて、もはや都市伝説だな。

143 :吾輩は名無しである:2005/12/02(金) 22:31:18
でも芥川候補にもなったわけで

144 :吾輩は名無しである:2005/12/02(金) 22:33:46
奇を衒ったり、文字に親しまない人間に受け入れられるようなものを書くと、
すぐ賞候補になる。もっとシンプルでも確かな筆致の作品を見直すべきじゃないかと。


145 :吾輩は名無しである:2005/12/02(金) 22:53:55
角田の話も、文藝 賞スレでの「華」の話も本当だよ。

146 :吾輩は名無しである:2005/12/02(金) 22:54:49
角田の話も、文藝賞スレでの「華」の話も本当だよ。

147 :吾輩は名無しである:2005/12/03(土) 00:37:29
中村航嫌いですか?


148 :吾輩は名無しである:2005/12/03(土) 00:48:12
あれは駄文なのか、狙いなのか・・・
狙いだとしたらスゴイが、意図は理解しかねる。

149 :吾輩は名無しである:2005/12/03(土) 01:06:07
角田のおっぱいもみもみしてるのか。

150 :吾輩は名無しである:2005/12/03(土) 01:25:44
もしこの人が芥川賞取ったら、俺の中では芥川賞は完全に終わり。トドメ。

151 :吾輩は名無しである:2005/12/03(土) 02:29:33
第一回からして芥川賞は完全に終わったなと言われ続けて70年

152 :吾輩は名無しである:2005/12/03(土) 17:48:05
綿矢でかなりキツくなったが、中村来たらホント終了だな。

153 :吾輩は名無しである:2005/12/04(日) 14:36:23
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/bun/1128750928/l50
三並&青山がむっちりむちむち大受賞★文藝賞9

287 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/16(水) 21:47:48
インストール買うついでにリレキショ買ったが、やめときゃ良かった。極貧の身でとんでもない無駄遣いしたよ。

以前ここで「華」というハンドルネームでネカマやって散々バカさらしてた中村航の書くものなぞ、どうせバカの戯言だろうと思いつつも、
バカと天才は紙一重だから、2ちゃんでバカやってても小説を書かせたらとてつもない天才なのかもしれないとわずかばかりの期待を持って読んだんだが……


154 :吾輩は名無しである:2005/12/04(日) 14:37:07
291 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/16(水) 21:59:36
期待はずれどころか、当初の予想をはるかに超える、稀に見る駄文。
リレキショを読んでると、あれほど酷評されたナオコーラが、実はもの凄い名文家だったのではないかという気がして来るほどに、中村航の文章は凄まじい。印刷されたこと自体が奇跡としか思えない。


155 :吾輩は名無しである:2005/12/04(日) 14:38:07
293 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/16(水) 22:06:41
「華」の正体が中村航だというのは本当だよ。誘導尋問にまんまとひっかかって、正体をさらしてた。
過去ログ見てみな。間違いないから。
笑えるぜ。
299 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/16(水) 22:21:09
リレキショで唯一笑えるのは次の箇所。

此処が世界の真ん中であるかのような、そんな愉快な気分。
僕は履歴書履歴書とつぶやきながら部屋中を歩き回り、最後に「りれきしょー」と声に出してみた。

世界の真ん中で「リレキショ」と叫ぶか……
中村本人は文壇の世界の片隅からもずり落ちそうな気配だが。



156 :吾輩は名無しである:2005/12/04(日) 14:40:29
311 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/17(木) 16:14:21
2ちゃんのハンドルネームは別に登録制じゃないんだから、「華」を名乗る人間が何人いようと知ったこっちゃない。
ここで話題になっているは、過去の文藝賞スレで、中村が角田の愛人だという話題の時に、何かと登場して話をそらそうとしていた奴のこと。
そいつが、カッとなるとネカマを忘れて、素の男言葉で書いていたのは事実。
過去ログを見れば明らか。

315 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/17(木) 16:57:33
俺も過去ログの見方は知らないので、俺の記憶によって、事の経緯をたどってみる。

まず発端は、テレビで角田光代を見た奴が、角田の話し方・考え方の幼さを批判した。
すると、創作板に出入りする分際で角田を批判するとは生意気な、どうせお前ら万年一次落ちだろという偉そうな書き込みがあった。
そういうからには、そいつはそれなりの経歴の持ち主で、しかも角田に特別な思い入れのある奴だろうということで、角田の愛人である中村航の名が挙がった。
中村の名が挙がったとたんに、「華」という奴が現れて話をそらし始めた。
しかし、中村が群像で河出をコケにし講談社にヨイショするエッセイを書き、それがここで批判されたときに、
中村が我を忘れてぶちきれ、ネカマを忘れて「華」のハンドルネームのままで男言葉で本音をぶちまけてしまい、「華」の正体が中村だとバレバレになった。
正体がばれてから、「華」は文藝賞スレには来ていない。


157 :吾輩は名無しである:2005/12/04(日) 14:43:15
338 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/20(日) 22:41:59
中村の新刊本の推薦文を角田が書いてましたな

339 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/21(月) 10:09:10
えええー……なんか生々しいなあオイ

340 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/21(月) 13:24:51
その本のことを「なんて美しい小説」って評してたやつだね。新聞で見た。


158 :吾輩は名無しである:2005/12/04(日) 20:48:31
なんかもう角田と付き合ってんのか・・・?
俺中村航のケツ狙ってたのに・・・。チッ

ところでその「華」スレは何処にあるんだ??

159 :吾輩は名無しである:2005/12/05(月) 00:10:27
文化「創作文芸」板の「文藝賞」スレだが、華が暴れてたのは少し前のことなので、過去ログから探してください。
稀に見る名(迷?)スレでしたよ。


160 :吾輩は名無しである:2005/12/05(月) 00:18:51
私は逆に創作文芸板ばかり見て、文学板があることに気がつきませんでした。
小説を「学問」の分野として認識していなかったので。
文学板を見ている人は創作文芸板を見ていないのかもしれませんね。
よかったら一度見てください。
もっとも、あちらは新人賞落選組が主流の板なので、レベルの低さに驚かれるかもしれませんが。


161 :吾輩は名無しである:2005/12/05(月) 21:19:36
皆さん中村航作品のよさはどこだと思いますか?
また悪いところは?

162 :吾輩は名無しである:2005/12/05(月) 23:10:08
このスレの前半ってなんか持ち上げばっかりだな。しかもageで。
途中からピタリと持ち上げが終わってる。本人とは言わないがどうにもこうにも自演くさい。

163 :& ◆K5LYYyQ.vw :2005/12/11(日) 17:37:33
最近、ふつふつ、ふつふつ、と創作意欲が沸いているらしい。坊や。

164 :吾輩は名無しである:2005/12/11(日) 20:41:17
新刊は小学館だな。やはり新文芸か。

165 :吾輩は名無しである:2005/12/12(月) 00:01:51
なんか河出と仲違いしたんだろ。

166 :吾輩は名無しである:2005/12/12(月) 18:43:29
そしたら文庫はでんだろ

167 :吾輩は名無しである:2005/12/12(月) 18:45:35
河出も小学館も文庫置いてない書店が多いな。

168 :吾輩は名無しである:2005/12/12(月) 20:55:20
顔が可愛いから許す

169 :吾輩は名無しである:2005/12/13(火) 00:50:23
キモイだろ。ヒゲ青いし。
リレキショのカバーの写真とか、ヲタ全開だぞ。

170 :吾輩は名無しである:2005/12/13(火) 14:11:36
こいつがイケメン扱いされてる意味がわからんな。どう見ても秋葉系

171 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 09:41:57
色白でオタぽいところが可愛いんじゃん。
男ってマッチョならイケメンとか思ってるんでしょ?そんなの詠美だけだよ。

172 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 10:49:19
2ch 的イケメン論だな・・・
こんな秋葉坊主、世間じゃただキモがられるだけ。年齢37だろ?コイツ。
一番痛々しいのは、本人がボクから卒業してないとこだな。

173 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 11:32:01
だから「世間」って何?随分と不用意な使い方。

174 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 12:09:55
塾講師。
いったい何をやっていたやら。

175 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 13:08:12
年甲斐もない顔って感じかなあ。作品にも顔にも坊やっぷりが現われてる。
甘えん坊のオタク少年という意外にイメージがない。

176 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 14:01:12
芥川賞には一生届かない気ガス

177 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 16:31:46
野間新とってるから、もういいだろ。次はワンランク上の賞だよ。

178 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 18:25:51
芥川賞にはこだわらないほうがいいんじゃないのこの人。
気持ちよく童話でも書いていたほうがいいような。
構成力は人後におちないと思うが、文章力においては最低ランク。
言葉選びのセンスは好き嫌いが分かれる。

179 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 23:00:13
確かに文庫は出たが、河出と仲違いしたというのは本当なのでは?
群像で河出をコケにしたエッセイを書いていたが、あれは酷かった。あれで河出側が激怒しなかったとは思えない。
逆に、すでに仲違いした後で、激怒した中村が群像でウップン晴しをしたのかもしれんが。


180 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 23:15:31
河出に対して、具体的にはどんな事を書いたの?

181 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 23:44:44
『群像』捨てちゃったから、正確には引用できないが、覚えてる範囲で。

河出を初めて訪れた時、どこにあるのか見つけられず苦労したが、やっと見つけたと思ったら、自分が蹴りを入れたら崩れそうな建物だった。
それに対して講談社は軍艦のような巨大なビルで眺めも素晴らしかった。

建物の差は事実だから仕方がないが、編集長の人物描写にまで露骨な差を付けていた。
群像の編集長をヘビのようなすごい人だとか何とか、見え透いたお世辞を使っていた。

創作文芸の文藝賞スレで、明らかに本人としか思えない奴が、自分にメリットのある方を取って何が悪いと逆ギレしてた。
興味のある方は過去ログを。


182 :吾輩は名無しである:2005/12/15(木) 02:18:14
石原慎太郎が評価してんのにはビックリしたな。
毎回、どの作品も独断炸裂でクソミソにけなすんだが。

183 :吾輩は名無しである:2005/12/15(木) 13:03:31
ヘビのようなすごい人?
むしろ批判じゃ

184 :吾輩は名無しである:2005/12/16(金) 12:09:22
いや、褒めてるつもりなんだろ。
「キャンバスという言葉の響きのよさは、異常だと思う」
とか、言葉のセンスが変わってんだこの人。
メルヘンの国の不思議ちゃん。いや37歳の不思議オヤジ。

185 :吾輩は名無しである:2005/12/16(金) 12:10:57
まあずれてるからこそ可愛いわけで
このまま上手くならずに成長(難しいな)して欲しい

186 :吾輩は名無しである:2005/12/16(金) 15:20:13
かわいいって歳じゃねーだろ。40直前オヤジだぞ。

187 :吾輩は名無しである:2005/12/16(金) 21:27:00
moonpower0723@yahoo.co.jp
中村航さんを目指してます。
よかったらどうぞ。

188 :吾輩は名無しである:2005/12/17(土) 16:45:38
かわいいキャラを演じたいなら、芥川賞なんてすっぱり諦めて、
ライトノベルかマザーグースの世界にでも行くべきじゃないかと。

189 :吾輩は名無しである:2005/12/20(火) 09:46:01
かわいいぞー。

190 :吾輩は名無しである:2005/12/21(水) 22:04:35
オッサンが好きな人もいると言うことで。

191 :吾輩は名無しである:2005/12/21(水) 22:48:18
中村航はオヤジグースという新たな地平を築いた。

192 :吾輩は名無しである:2005/12/26(月) 00:40:17
なんかこう萌えるよね、あの顔。
あのケツ、犯してぇ・・・w

193 :吾輩は名無しである:2005/12/26(月) 00:48:18
オヤジ好きな人がいると世の中くずれるよね。

194 :吾輩は名無しである:2005/12/26(月) 01:04:47
仕事が終わり、そのままデスクに突っ伏して寝てしまうカワイイ航たん。
ボクはそっと窓から侵入し、航たんの頬にキスをして、ベッドまで運んであげるんだ。
靴下を口で脱がし、シャツのボタンも口で一つ一つほどいていく。ん、まだ起きないな。
ボクの行為はどんどんエスカレートしていく。航たんを全裸に剥くと、かわいいちんちんを
口に加えて吸う。んぷふ、ちゅふ、ぷ。くはあうめえ。「わあ!なんだ君!」
ああ航たんが起きてしまった。ボクはポケット航たんのネクタイで両手を縛り、ベッドの柱にくくりつけた。
「やめろ!なんだ!」航たんの口をボクの口でふさいで、後ろをゆっくりとほぐしてあげる。一本、二本、三本。よし。
航たんのぷにぷにしたすね毛だらけの足を肩に担いで僕自身をあてがう。ああ、航たんの悲鳴がボクを興奮させる。
ゆっくりと先端を入れて、出し入れして、慣れてきたところで奥まで一気につっこむ。「ふっ・・あ」
ああ、ここが前立腺だね?こりこりした所をボクは思い切り突いた。ほら・・それ!
「・・・・やめろ・・よぉ・・・ぁ・・」
ぐちゅぐちゅと航たんのお尻を犯しながらボクは左手で航たんのモノを握って上下に動かす。
あっという間に元気になった。航たんのカラダをおるように覆い被さって、航たんの口を吸う。
ああもう限界なんだね航たん。そうなんだろ?ボクは手の動きと腰の動きを速めた。もちろん前立腺に向けて。
「あっ・・ふ」「はぁ・・はぁ」白い液体を放った航たん。随分と濃いね。溜まってたのかな?でも大丈夫、これからも毎日来て、犯し続けてあげるから。
36歳童貞の中村航、窓から侵入してきた謎の身長180センチの巨漢に犯され、初めての男を味わう。

195 :吾輩は名無しである:2005/12/26(月) 01:06:42
通報しますた。

196 :吾輩は名無しである:2005/12/27(火) 22:48:42
作品についてまともに語る奴いないな

197 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/25(水) 21:57:52
このスレもう終わったんですヵ?

198 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/12(日) 13:01:54
というよりも文学として成り立っていないような希ガス

199 :吾輩は名無しである:2006/03/01(水) 23:53:46
最近だと芥川賞にはもうエントリーされなくなってきてるが・・・
この人はまだ芥川賞ねらってるのか?

200 :吾輩は名無しである:2006/03/02(木) 10:02:25
200ゲトー。野間も獲ったし、どうだろうね?

201 :吾輩は名無しである:2006/03/17(金) 04:46:32
別に>194に便乗するわけじゃないけど、確かにこの人ってそっちの気ありそう。
リレキショの男主人公はなんかショタっぽいし、夏休みでは男同士で旅館に泊まって
ゲイであると誤解されるなんてストーリーまではいってる。
この歳で結婚すらしていないのもまた怪しい。

202 :吾輩は名無しである:2006/04/06(木) 15:47:39
私も中村航さんのファンです。
あの独特のせかいかnが大好きです。
そんなに中村さんが嫌いなら、あなたたちは書けるんですよね?
子供っぽいですよ!

203 :吾輩は名無しである:2006/04/16(日) 00:16:54
華の件についてだが、男言葉=中村航っていうつながりがよくわからん・・
ネカマだとどうして中村航にたどりつくんだ?


204 :吾輩は名無しである:2006/04/28(金) 21:02:03
【私の修業時代】作家・中村航さん 「書く」こと以外は次々削る
ttp://www.sankei.co.jp/news/060424/boo014.htm

205 :吾輩は名無しである:2006/06/13(火) 23:03:06
夏休み読んだけど、どこが面白いの?
ゴスペラの誰かのあとがきみたいなのもうざいし。
萩原浩の作品読んだ後だったから、
中村の表現力の乏しさに萎えた。

206 :吾輩は名無しである:2006/06/25(日) 20:32:30
>>202
意見と作品は全く別。
批判する者がそれ以上のことが出来る、
なんて意見は子供っぽいですよ

207 :吾輩は名無しである:2006/07/14(金) 08:34:11
角田光代に捨てられちゃったんだね……

208 :吾輩は名無しである:2006/07/14(金) 11:24:34
あんな不細工おばさんどうでもいい。

209 :吾輩は名無しである:2006/07/21(金) 12:10:05
203に同意〜、なんでネカマ発覚→中村航ってなるの?

210 :吾輩は名無しである:2006/07/21(金) 12:12:26
萩原浩

くそ

話にならない

211 :吾輩は名無しである:2006/07/22(土) 13:03:15
ヘルタースケルター?
聴いたことなかったから『ぐるぐるまわるすべり台』の良さがあんまわからんかったでし。

212 :吾輩は名無しである:2006/07/29(土) 19:41:55
過去ログを読んでいないと、

>ネカマ発覚→中村航がわからん

というのも仕方ないか。
中村航批判が始まったとたんに「華」というネカマがあらわれて、しまいには中村航批判に対して怒って素に返ったのだから、中村航本人と解釈するのが自然。
まあ、いくら言っても読んでなきゃわからんかもね。


213 :吾輩は名無しである:2006/07/29(土) 19:52:15
中村より良いものを知ってるから批判するんだろ?
そうでなきゃ単なる基地外の戯言にすぎない

214 :吾輩は名無しである:2006/07/29(土) 21:26:54
基地外
基地外
基地外
基地外
基地外……



言うに事欠いて「基地外」ですか?
2chで批判されてキレる人の典型的なパターンですね。

中村より良いもの?
あんた気は確かか?

私は中村よりひどい物書きを知りません。


215 :吾輩は名無しである:2006/07/29(土) 21:33:14
中村より良いもの?

そのココロは?




知っている作家の名前をすべて挙げよということさ。大学の入学試験に出るかもよ。



216 :吾輩は名無しである:2006/07/29(土) 21:49:58
「基地外」

図星をさされた人間が反射的に口にする言葉ですね。

217 :吾輩は名無しである:2006/07/31(月) 03:01:53
中村航は中村航。華でもなんでもないよ。
みんな冷静になった方がいい。
中村航は華を演じるほどオタクじゃないし、バカじゃないと思うよ。
って言っても本人じゃないからよく分からないけどね。
そう思いたいかな。



218 :吾輩は名無しである:2006/08/01(火) 03:53:39
んまあどんなカキコミがあったにせよ中村航であるってことはまずないだろう
「ネカマが中村批判受けて素にかえった」じゃ本人の証明にはならない
本人しか知らないことをぶちまけたならわかるけどねーまあ中村だけが
知ってることなんて次作の内容ってのだけに限定されるけれども。

それにしても中村航の浴衣姿・・・ハァハァ
夜這いして正常位で突きまくって中だししたくなっちゃうよ

219 :吾輩は名無しである:2006/08/01(火) 12:09:00
W中村は終わっちゃったのかな

220 :吾輩は名無しである:2006/08/01(火) 17:59:37
このスレで中村賛美を繰り返してたファンだか通りすがりの第三者だかはどこへ消えちゃったんでしょうね?

中村航本人の書き込み説があってからパタッと姿を見せなくなったんだが。

分かりやすい人だよね、中村航、じゃなかった中村ファン、でもなかった通りすがりの第三者さんよ。



221 :吾輩は名無しである:2006/08/08(火) 21:23:06
「100回泣くこと」普通によかった。

222 :吾輩は名無しである:2006/08/13(日) 00:52:36
この人、作家らしいアクが全然感じられないね
ブログも一般人みたいだし
いい人なんだろうけど...文章もインパクトない

223 :吾輩は名無しである:2006/09/18(月) 03:48:23
中村よりよいものなんて腐る程あるだろ…

224 :吾輩は名無しである:2006/09/25(月) 08:29:29
100回泣くことはいいと思う。誓いの言葉とかすげーきれいだと再認識。犬のくだりも好き

225 :吾輩は名無しである:2006/09/27(水) 09:18:51
はやくつぎのを書いてくれよ。奇妙な結婚の話とかがいいな〜

226 :吾輩は名無しである:2006/09/28(木) 22:02:01
新刊出ますね。

227 :吾輩は名無しである:2006/09/29(金) 13:03:17
タイトルすごすぎ…

228 :吾輩は名無しである:2006/11/03(金) 15:00:12
絶対、最強のホモの歌 発売!
私のこの手に素晴らしいテクニックがあると仮定しよう
そしたらもっともっとイかせることができる。

229 :吾輩は名無しである:2006/11/03(金) 18:54:05
相手しました。の予定変更等激しく犯さになった気が引けるはみる?ハードゲイも予定通り中村俊輔

230 :吾輩は名無しである:2006/11/05(日) 12:22:48
竹内結子の何が気に入らなかったのかな

231 :吾輩は名無しである:2006/11/06(月) 02:30:25
「100回泣くこと」読書中

232 :吾輩は名無しである:2006/11/06(月) 13:42:28
恋愛ものは向いてないんじゃないかと思う
とくに、恋人が死んじゃうようなやつは

233 :吾輩は名無しである:2006/11/12(日) 20:56:16
何か100回泣くこととか見ると
今流行りのYoshiとか女子高生ターゲット臭がぷんぷんするんだけど、どうかな?

234 :吾輩は名無しである:2006/12/27(水) 02:28:04
良い作家なのに
最近は流行に乗った様な恋愛の話しばっかだな
始まりの三部作の方が良かった


235 :吾輩は名無しである:2006/12/31(日) 00:51:51
なんなら抱きしめてやりますよ!(ブログより)

Σ(゚д゚;)

どうしよ・・・むしろ押し倒した・・・い・・・

中村・・・中村押し倒したい・・・中村・・・まじで・・・

236 :吾輩は名無しである:2006/12/31(日) 00:53:51
. .: : : : : : : : :: :::: :: :: : ::::::::::::::::::::
    . . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: :::
   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: :
        Λ_Λ . . . .: : : ::: : :: :::::::::
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :::::: :
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: .
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : ::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ̄ ̄ ̄

どうしよう、押し倒したい。まじで・・・

237 :吾輩は名無しである:2007/03/07(水) 22:29:56
なっかむら!(ハイ!)
なっかむら!

なっかむら!(ハイ!)
なっかむら!

238 :吾輩は名無しである:2007/03/07(水) 22:59:03
>>212
>中村航批判が始まったとたんに「華」というネカマがあらわれて、しまいには中村航批判に対して怒って素に返ったのだから、中村航本人と解釈するのが自然。
まあ、いくら言っても読んでなきゃわからんかもね。

ん?だとしてもそれって推測、いやもっといえば妄想でしかないよね。
作家センセがわざわざ素人の批判戯れ言聞きに2chまでやってくるとか
普通に思ってる奴ワロス。凹むだけなのに見てるわけないじゃんw
2ちゃんねらーってのは作品に批判するとこがないと悔し紛れになって
経歴だろうが身体的特徴だろうが、いやもっといえば
長所まで小馬鹿にしてやろうっていう卑しい魂胆もってるからな。
作家センセは雲の上。俺たちとは越えられない壁で隔たっているのだ・・・
















だがこの人やっぱホモだろ

239 :吾輩は名無しである:2007/03/07(水) 23:53:34
この人の場合、作品に批判するところは山ほどあるけどな

240 :吾輩は名無しである:2007/03/08(木) 03:56:46
安っぽいへなちょこ文学。

241 :吾輩は名無しである:2007/03/27(火) 15:06:42
「夏休み」読み終わった
書いてる人、ゲイ?ってのが感想

242 :吾輩は名無しである:2007/03/31(土) 20:53:17
で、面白いの?

243 :吾輩は名無しである:2007/04/05(木) 22:38:03
>>242
リレキショと夏休みしか読んでないが
リレキショの方はおもしろかったよ
夏休みはなんかグダグダしてた

244 :吾輩は名無しである:2007/04/05(木) 23:31:30
リレキショもグダグダだろ
芝浦工大とか頭の悪い奴を作家にしちゃ駄目
なにがはじまりの三部作だよ・・・春樹のファンなのか知らないけど全てにおいて足りてない作家だと言える

245 :吾輩は名無しである:2007/04/07(土) 09:36:50
確かに新人作家がはじまりの三部作とか言ってるのは痛い

246 :吾輩は名無しである:2007/04/07(土) 20:22:25
>>245
ロマンティック3部作とどっちがイタイ?

247 :吾輩は名無しである:2007/04/08(日) 00:41:28
イタイイタイ病

248 :吾輩は名無しである:2007/04/09(月) 14:59:33
>>246
ロマンティックの方がイタイ

249 :吾輩は名無しである:2007/04/09(月) 17:02:23
どっちも糞だよ・・・

46 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)