5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★☆★星野智幸の文学と思想★☆★

1 :吾輩は名無しである:04/05/17 05:30
ラヴコールスレお疲れ様でした。
浅田のほうは、既存スレに合流として、
星野のほうを、作品の議論も含めた、総合的な作家スレ
ということで、立てさせて頂きます。

2 :吾輩は名無しである:04/05/17 06:03
ロンリーハーツともちゃん40歳

3 :吾輩は名無しである:04/05/17 06:03
さゆちゃん、あんあん
さゆちゃん、じゅんじゅん

4 :吾輩は名無しである:04/05/17 06:05
さゆっと丸呑み極太ペニス
さゆさゆあんあん
さゆあんあん

5 :吾輩は名無しである:04/05/17 06:05
さ〜ゆさゆ、あんあん
さ〜ゆさゆ、じゅんじゅん

6 :吾輩は名無しである:04/05/18 03:28
『ファンタジスタ』『ロンリー・ハーツ・キラー』は面白かった。
阿部っちやヒロポンと並んで俺にとっての最近注目の作家だ。

7 :作品以外の星野:04/05/18 06:28
なかなか美形なのにそれをまったく売りにしてないのが偉い…のか?

ユリイカの渡部直己と蓮實重彦のサッカー対談について、
特に蓮実に「もっと勉強しろ」と批判できるのが偉い。
普通蓮實批判と言えば
「お勉強ばっかの机上の空論だ!ごまかすために晦渋な表現してるんだろ!現実を見ろ!」
的なものが多いし、蓮實も他人に「もっと勉強しろ」とイヤミに言うので
星野は偉い。

8 :吾輩は名無しである:04/05/18 08:02
>>1さん、お疲れさま。待ってたよ!

9 :吾輩は名無しである:04/05/18 08:46
>>7
そんなことで偉いと思えるんですか?
それともネタ?

10 :吾輩は名無しである:04/05/18 09:53
ネタだろ。じゃなきゃバカだ。

11 :吾輩は名無しである:04/05/18 12:29
>>6
ヒロポンって誰ですか? 川上さん?

12 :吾輩は名無しである:04/05/18 12:43
清水博子

13 :吾輩は名無しである:04/05/18 19:51
>>9-10
男の嫉妬は女のものより醜い。

14 :吾輩は名無しである:04/05/18 19:54
>>13
本気なん?ネタじゃないなら相当ヤバイぞ。


15 :吾輩は名無しである:04/05/22 21:02
>>1よ、もっとがんばれ。

16 :吾輩は名無しである:04/05/26 03:01
来月の新潮に長篇が載るらしいね。「アルカロイド・ラヴァーズ」だって。

17 :吾輩は名無しである:04/05/26 10:19
週刊新潮の儲けが還元されるわけだ

18 :マタリックス:04/05/26 12:57
ロンリー・ハーツ・キラー
ファンタジスタ
毒身温泉
目覚めよと人魚は歌う
嫐嬲(なぶりあい)
最後の吐息

みなさんのイチオシ、ニオシを教えてください。

19 :吾輩は名無しである:04/05/26 13:24
にぼし

20 :吾輩は名無しである:04/05/30 02:38
>>18
迷うとこだが
「ロンリー・ハーツ・キラー」
「最後の吐息」
でも個人的な思い入れでは
『ファンタジスタ』所収の「砂の惑星」かな?
時間がかかっても言葉って、届くことがあるのだな、と。

21 :吾輩は名無しである:04/06/03 16:47
語れって

22 :吾輩は名無しである:04/06/09 14:08
新潮7月号に「アルカロイド・ラヴァーズ」掲載されたね

23 :吾輩は名無しである:04/06/20 16:01
>>22
これまでの星野作品の中では一番怖かった。
ふだんあまり意識していないで生活している社会の制度と個々人とが
深くつながっていることを自覚させてくれるのはすごく良いが、
作者が自分自身の憎しみや怒り、死への憧れの感情に
手をつかねているようにも思えた。
ほかのひとはどう思った?

24 :吾輩は名無しである:04/06/20 17:33
初期作品が好きな自分としては、久しぶりに「物語」の
入った作品になってて好きです。
こういうのが読みたかった、という感じ。


25 :吾輩は名無しである:04/07/03 20:02
日記に
>もうすぐ齢39だけど
とあったがマジでか? 若すぎる。
>7ではないが結構美男子なのに、それを利用してないのは作風からしても損だと思う。
町田なんか実際ルックス分もあるでしょ。島田はそれに頼りすぎだが。
クソくだらん事かもしれんが、優れた作家なんだし、売るための戦略として考えても良いと思うんですが。


26 :吾輩は名無しである:04/07/03 21:39
蓮實批判ってどこでしてたの?
蓮實のサッカー話しは確かに今見るとちょっとずれてると思うけど

27 :吾輩は名無しである:04/07/03 22:05
>>26
ホムペの日記です。

28 :吾輩は名無しである:04/07/03 22:51
>>27
どうもありがと。2002年5月のとこだね。
でも具体性がなくて正直よくわからんな・・・
期待してたけど

29 :吾輩は名無しである:04/07/22 02:41
星野智幸の小説本文って結構読みにくいけど、日記はちょっと読んでしまう。
星野の小説って評価されてるけど評価されてるのは本人の経歴だと思うが藻前らどう思う?

まぁ、確かに今までにないような作風な気もするけど。。。いかんせんわかりにくいわorz

30 :吾輩は名無しである:04/07/22 02:46
砂の惑星で、地面に穴をほって、おちんちんを入れて射精するという
場面があるが、あんなの全然気持ちよくないぞ。
星野もやってから書け。
想像でなんでも突っ走るな。

31 :吾輩は名無しである:04/07/22 14:33
かっこいい?
むしろ背低いコンプレックスが少しあると思うけど・・・



32 :吾輩は名無しである:04/07/22 20:20
そういうのループ(鈴木光司)に無かったっけ?パクリ?

33 :吾輩は名無しである:04/07/22 22:54
背が低いって何センチくらい?

34 :吾輩は名無しである:04/07/26 22:37
フットサルなんて家でTVゲームやってんのとほとんど変わらないぞ。
わるいけど。
まあでも基本的に考え方は好き。ガンバレ星野!


35 :吾輩は名無しである:04/07/26 23:25
この人、ホモなんでしょう?

36 :吾輩は名無しである:04/07/31 04:49
なんつーか、サッカーに幻想抱いてる。
フットサルてwあれは中年がゴルフやって楽しんでるのに近い。


37 :吾輩は名無しである:04/07/31 22:06
今日のヨルダン戦はすごかったなー
星野は日記でなんて書くんだろう。
渡部と蓮實は「あんなのはプププ」とか言いそうな内容だったけど。
俺も正直若干国際サッカー板の人たちのノリのレベルまでは行ってないが…
でも最後の最後で、というのがヨカッタヨー

38 :吾輩は名無しである:04/07/31 23:21
セルジオ「堀池さん、先っぽ濡れちゃった」

39 :吾輩は名無しである:04/08/03 22:21
>>37 スルーしたね。
今日もスルーするのはあまりうまくないと思う。

40 :吾輩は名無しである:04/08/04 18:00
日記、とんちんかんぶりが笑える

41 :吾輩は名無しである:04/08/04 19:18
いつも思うのだが、星野ってほんとにユーモアがねえな。
だから小説つまんねえのかな。苛烈な左翼であることと、
ユーモリストであることは少しも矛盾しないはずなのだが。


42 :吾輩は名無しである:04/08/05 00:00
左翼かな?

43 :吾輩は名無しである:04/08/05 10:43
自分で「勝ち組」って言っちゃった・・・
島田師匠級のダサさ。

44 :吾輩は名無しである:04/08/05 10:53
新潮で「未だに飛行機代払わないイラク人質三人組」だって。
こんな出版社から、もう本は出せないな。だよな?

45 :吾輩は名無しである:04/08/05 12:40
>>39
たぶん決勝が終わってから総括する形で書くのでは?
>>43
自分の属する世代全体の経済的状況についての説明なんだから別にいいじゃん。
いかにも2ちゃんねるらしい嫌な書き込みだなあ。

星野の小説ってたしかにユーモアがない…のかな、忘れた。
オカマ小説はどうだったかな?


46 :吾輩は名無しである:04/08/06 04:31
>>45
星のもオマエもメディアリテラシーがかけてまつね。

47 :吾輩は名無しである:04/08/06 09:03
>>46
ほんと星のの思考停止ぶりにはびっくり。



48 :吾輩は名無しである:04/08/08 14:10
まあある程度優れた作家?はそんなもんかと。
大江とか。

49 :吾輩は名無しである:04/08/08 16:07
いや大江は意外にヒューモアがある。

50 :吾輩は名無しである:04/08/12 03:07
日記、完全にバカの壁じゃん。大丈夫か?

51 :吾輩は名無しである:04/08/14 21:46
女子アナでもできるフットサル

52 :吾輩は名無しである:04/08/16 00:40
今日の日記でカミングアウト

53 :吾輩は名無しである:04/08/21 17:01
フジ三宅穴、失敗実況(の一部)らしい

阿武決勝「背負い投げ!!!!きまった背負い投げ!!!!」(←袖吊りこみ)
フランスの選手ルブランを「モーリス・ルブラン!!」(←ルパンの作者)
今日鈴木金の後「山下さんですね!山下です」(←斎藤)

54 :吾輩は名無しである:04/08/25 10:56
名前がかわいいね

55 :吾輩は名無しである:04/08/25 11:49
ヒステリックな左翼作家

56 :吾輩は名無しである:04/08/26 08:36
小説家は左翼の方が面白いじゃん。
右は10人に1人くらいの感じが良い、なんか。
ところであの考え方で、産経新聞ってちょっとちがうような。

57 :吾輩は名無しである:04/08/26 11:02
ラノベ作家だと思ってた

58 :吾輩は名無しである:04/08/26 17:23
>>56
そこまで考えずに受かったとこに就職したんじゃない?

59 :吾輩は名無しである:04/08/29 20:51
しかしひどいな星野は。
何だあの日記。
右派による批判の動機と鏡写しの動機でやり返してるだけじゃん。
しかも「凡庸な一般人」に対する軽蔑と敵意を垂れ流して根拠のない選民意識を露呈させてるし。
自分の言ってることも右派の言ってることと同じように相対的な一党派的主張に過ぎずもちろん「正義」
とは無縁のものであることをまったく自覚できてない。
>>56
はやらないよ。左翼性が知的ファッションとして通用する時代はとっくに終わってる。

60 :56:04/09/01 21:33
>>59
でもあの勘違い具合が純文作家としては作品を面白くするのでは?
ファッションかどうかもどうでもいい。
政治性それ自体で優れた作家なんて昔からほとんどいないだろうし。
で右か左かはどっちでもいいけど。
大江もそうだし、中上も別に大したこと言ってないよ。

って星野の作品面白いかといわれると…沈黙。最後の吐息は好きだったけど…

61 :吾輩は名無しである:04/09/03 00:25
勘違いとか無自覚とはおもわないな
右派のように弱さゆえ何かにしがみつくようなこともしてないし
誠実に考えようと努力してるとおもう
作家が日々、社会に対して意見を言うだけでも立派ではない?


62 :吾輩は名無しである:04/09/04 00:16
ぜんぜん立派ではないと思うよ。なんだ「誠実に考えようと努力してる」って。
そんなのが許されるのはしゃべり場くらいだ

63 :吾輩は名無しである:04/09/05 02:20
>>62
2ちゃんねるみたいに匿名じゃないんだから、
発言することはいろんなリスクを背負ってる。
その上で覚悟をもってやってるのは
>>61の言うように、立派だと思うよ。

64 :吾輩は名無しである:04/09/05 21:07
リスクを背負ってるから立派なのか。どうでもいいや

65 :吾輩は名無しである:04/09/05 22:37
リスクってどんな?

66 :吾輩は名無しである:04/09/05 22:59
批判する側に回って自分だけ助かりたいだけ。
なんて汚い人間性だ。

67 :吾輩は名無しである:04/09/05 22:59
そういえばそういうところイラクに行ってた女に似てるな。

68 :吾輩は名無しである:04/09/05 23:07
つーか、仕事が全体的につめが甘いって感じさね。
やっつけでやってけるほど、感性も個性もないよ。


69 :吾輩は名無しである:04/09/06 07:09
作家は社会には目を向けないで“純”な文学やってればいい、ってのじゃダメだろう?
「文学」じゃないコトバを使うってのもいい戦略だと思うよ。
作家の場合、おかしなこと言っても妄想の力とかいう逃道があったけど
そういうこともこの人、全然考えてないと思う。

70 :吾輩は名無しである:04/09/06 08:45
そもそも批判の根拠が見当違い。信じたくないものは信じないんだもの。
なにかと大仰だし。ばからしい。

71 :吾輩は名無しである:04/09/06 15:09
いいじゃんいいじゃん
アルカロイド・ラヴァーズおもしろけりゃそれでいいじゃん

72 :吾輩は名無しである:04/09/06 16:06
おもしれえの?

73 :吾輩は名無しである:04/09/06 16:15
言ってる事は、馬鹿だなあと思うけど、
良いもの書いてると思う。

74 :吾輩は名無しである:04/09/06 17:33
人魚までは読めた

75 :吾輩は名無しである:04/09/06 21:34
文学じゃないコトバ?そんなもの存在すんの?もっと目を広く向けろよ。いまの日本語って同じ言語とは思えないくらい多種多様だよ。文学が先にあるんじゃなくて、多種多様な日本語から文学がうまれるんじゃないか?

76 :吾輩は名無しである:04/09/07 19:23
どっちでもいいよ 意味わかんないし

77 :吾輩は名無しである:04/09/12 02:18:42
おまえらが悪口いうから日記終わっちゃったじゃんか!バカ!

78 :吾輩は名無しである:04/09/13 05:08:28
やりたいことのある人に嫉妬して
コノクニの人が集団で叩いたことになっちゃった。


79 :吾輩は名無しである:04/09/13 07:40:04
なんでサヨクって感情的なんだろうね

80 :吾輩は名無しである:04/09/13 07:53:50
>コノクニの人
すいません。それ僕です。

81 :吾輩は名無しである:04/09/13 10:10:36
サッカーを通じて
いかに
中国や韓国の人が日本を敵対して悪く思ってるかわかったよ。
もうやつらのために金を使うのをやめなきゃ。
キックバック自民党反対!

82 :吾輩は名無しである:04/09/14 16:27:27
>>78
でも実際そうなんじゃない?

83 :吾輩は名無しである:04/09/14 23:58:35
>>82
うわあ

84 :吾輩は名無しである:04/09/28 08:59:28
「やりたいことがある人」に嫉妬するってのは、まったくずれてる。
若いオリンピック選手に今井君に対するみたいな批判がいくか?
人質が叩かれたのは(それは由々しきことではあったが・・・)、
「やりたいことがある人」に対する嫉妬なんぞでは全然無い。
彼らがやりたかったことの中身と質を検討しなさい。
「やりたいことがある人」に単に嫉妬するほど大衆は馬鹿じゃない。

85 :吾輩は名無しである:04/09/28 10:08:45
馬鹿

86 :吾輩は名無しである:04/09/28 10:23:07
スルー

87 :吾輩は名無しである:04/09/28 11:38:35
自分以外の誰かと誰かを比較しては、その片方を「良」と持ち上げ、
もう一方を「不可」と切り捨て。ひいては自分のことも物事の良し悪しが分かる
「良」なるものと結論づける。

しかし、こういった安易な比較査定をしている輩に限って、その実、自分のことを棚にあげて
「攻撃しやすい対象を誹謗中傷したいだけ」だったりする。大した理由も無くww



88 :吾輩は名無しである:04/09/28 18:10:49
オリンピック選手と今井を比較査定しても仕方ないよな
今井は単に攻撃しやすかっただけのこと

89 :吾輩は名無しである:04/09/28 21:37:07
この人身長どのくらいあんの?

90 :吾輩は名無しである:04/09/29 01:06:53
>>89
この人ってイマイ氏?

91 :吾輩は名無しである:04/09/29 07:59:27
いや〜、火遊びが過ぎましたw

92 :吾輩は名無しである:04/09/29 17:39:11
新聞記者やってた方がよかったんじゃないかな。
もっとも産経じゃつとまらないだろうけど

93 :吾輩は名無しである:04/09/30 00:18:26
団地か。
やっぱ作家って儲かんないんだな。
マンションくらい買えそうだけど・・・

94 :吾輩は名無しである:04/10/03 16:46:35
星野さんは、「言葉」に対してとても真摯に向き合ってる作家だと思う。
「砂の惑星」とか、結構好きです。
先輩格である島田雅彦氏の対談、星野さんの対談、両方とも行きましたが
島田雅彦氏は美貌を鼻にかけてて、何だかなあ…、というのが正直な感想。
星野さんは硬派と言うのかな、とても謙虚で、あれだけの美男子なのに
ちっとも意識してなくて、今時珍しいです。
人当たりもやわらかくて、好感が持てましたよ。


95 :吾輩は名無しである:04/11/01 00:47:57
この人の日記すごいいいこと言ってる

イラク人質の件にしても、これからの日本についても。

めちゃくちゃ好感触だ。小説はあまりよくわからんけども。

96 :吾輩は名無しである:04/11/01 00:53:57
いいにはいいんだが、
ナルっぽい雰囲気が怖いことがある。
あれも一種のファシズムなのでは?

97 :吾輩は名無しである:04/11/01 01:21:35
売れないよねえ。。難解だし固いし

98 :吾輩は名無しである:04/11/01 02:23:15
前衛とか、破天荒とかいわれる作家にかぎって
と書いてたけど、具体的にだれのことだろう?
花村萬月とは仲が悪そうだなとは思うのだけど

99 :吾輩は名無しである:04/11/01 09:46:24
町田

100 :吾輩は名無しである:04/11/02 01:06:13
文庫化された「人魚」、とにかくつまらなかった。

101 :吾輩は名無しである:04/11/02 09:00:20
単行本で読むとおもしろいんだよ

102 :吾輩は名無しである:04/11/02 11:09:28
>>96
日本でマジックリアリズムをやる
→ギャグになってしまう(笙野さんは狂気のギャグだと思う)
→自分にはギャグセンスなし
→ナル

103 :吾輩は名無しである:04/11/02 11:41:13
砂の惑星を何度読み直しても、さっぱり筋がわかりません。
結局、新聞記者の勇み足だったのでしょうが
それが行方不明の小学生たちと
どうゆう関係だったのかさっぱりわかりません。

104 :吾輩は名無しである:04/11/02 18:39:40
>>100
エエエ
TELも聞いて買おうと思ってたのに

でも素敵な声でした。やっぱ買おう…

105 :吾輩は名無しである:04/11/03 08:17:01
>>103
関係はないし筋もない

106 :吾輩は名無しである:04/11/03 11:08:51
関係があったら余裕で芥川獲れてたよね。
砂の惑星はホントに惜しい出来だ。

107 :吾輩は名無しである:04/11/05 04:49:02
暗黒の時代が始まったようです

108 :吾輩は名無しである:04/11/05 04:57:15
ロンリー、つまらんかったぞなもし。
転ちゃん性、ぱろったぞ、カゲキだろってなことしか感じなかったぞ。

109 :吾輩は名無しである:04/11/10 16:01:55
政治性を警戒しすぎて、政治にとって無害な存在になるのであれば、
小説なんて必要ではない。

110 :吾輩は名無しである:04/11/10 17:07:17
ガイシュツかも知れんけど、「最後の吐息」って・・・。アレ? アレレー?
同年同時期の「文藝」と「すばる」の予選通過欄に名前が載ってるYO!
あれって二重投稿だったの? トモchan?

111 :吾輩は名無しである:04/11/10 17:33:44
>>110 二重投稿っていけないの?

112 :ハニロウたん ◆T61/rdmlFM :04/11/10 18:12:43
>>110
マジでか!
堂々と二重投稿で受賞なんてグレイトだあよ。
その後にすばるで砂の惑星を掲載して
芥川賞候補にもなったし、
やっぱ星野さんて超やり手だあよ。

113 :吾輩は名無しである:04/11/10 19:28:30
やり手っていうよりは、いやらしいとかあざといとかのほうが
ぴったりくるんじゃないかと…(((゚Д゚)))イヤーン

114 :吾輩は名無しである:04/11/10 21:57:01
そんなことが?

115 :吾輩は名無しである:04/11/10 22:13:39
違う作品ならいいんじゃないの?
金原ひとみもすばる新人取ったけど、
同じ年の文芸賞の予選通過者に名前出てたぞ

116 :吾輩は名無しである:04/11/11 17:39:37
違う作品じゃなきゃいけないの?

117 :吾輩は名無しである:04/11/11 21:02:30
バックナンバー見てみた。確かに同じ「最後の吐息」。
だが作者名が違う。すばるの方では変な筆名使ってる。
これって二重投稿をごまかすため?
それとも単なる偶然によるタイトルの一致?

118 :吾輩は名無しである:04/11/11 21:11:14
筆名が違うって、それじゃあ意図的に二重投稿をカモフラージュしたのか。
ちょっとメールで星野さんに尋ねてみよう。

119 :吾輩は名無しである:04/11/11 21:37:32
もひとつ発見。この時のすばるを受賞した岩崎保子「世間知らず」が、1年前の文藝で予選落ち。
二重投稿ではないけれど、タイトルまでそのまんまってのは・・・。
同じ下読みに当たらなかった幸運。
まあ消えちゃった人だから、どうでもいいんだけど。
同時受賞の清水博子「街の座標」、同じすばるの最終落選作を改稿し、
選考委員が入れ替わるのを待って再度最終に上げ受賞、って本当? 

120 :吾輩は名無しである:04/11/11 22:22:14
他スレからのコピペですが・・・

@すばる文学賞の落選作である「本の写生」は選評を読む限り、
三年後に受賞することになる「街の座標」と同一内容であることが推測されます。
同じ作品を直してもう一度挑戦する清水博子女史の逞しさに心を打たれました。

@使いまわしかよ

@それより同じ作品をまた最終候補に残すすばる編集部が面白いや。
っていうか応募してないんじゃないか、清水本人は。
今度から選考委員変えましたんで、前のやつでもう一度最終にかけませんか?
ってすばる編集部に頼まれたとか。
若い女で早稲田文修でヒロポンは必要とされたのでは。
石原慎太郎が本の写生なんてタイトルで買う馬鹿がいるかとののしっていて
三年後には街の座標に変えてある。


121 :吾輩は名無しである:04/11/12 01:02:25
清水には「編集部の意向」とやらが混じっていそうだが、
星野の『最後の吐息』二重投稿は如何なものかと思うぞ

122 :吾輩は名無しである:04/11/12 08:43:13
二重と決めつけるイクナイ!
偶然の一致かもシレナイ!

123 :吾輩は名無しである:04/11/12 14:52:31
二重投稿って、わざわざ言わないってだけで
わりにみんなやってるみたいよ。
いくつもの新人賞の選考に重複投稿作品が残ってる場合は、
編集部間で事前に調整するとかいってた気がす。
だから、べつにいいんじゃない?

124 :吾輩は名無しである:04/11/12 18:07:47
入学試験じゃねえんだからいいんだよ

125 :吾輩は名無しである:04/11/13 11:21:01
99回文學界新人賞の予選通過作品の中に、同じタイトルの作品が二つあったぐらい
だから、偶然の一致じゃないの。本当に二重投稿だったら、名前だけじゃなくタイトル
も変えるだろう。

126 :吾輩は名無しである:04/11/13 12:46:53
すばるって中上健二の愛人に授賞したかと思えば実の娘に授賞したり
しかもその時の選考委員が中上全集(集英社)の編纂委員ってどういうことよ?
一時は芸能がかった人、最近では早稲田の文芸専修ばかり
いくら早稲田とはいえ一学部の一専修の奴があれだけ連続して受賞するなんて、
確率的にありえんだろフツー
あーもう何も信用できねー

127 :吾輩は名無しである:04/11/13 12:56:14
>>126
商売になる書き手を探してんだよ。何を勘違いしてるんだ?
>>125
あちこちで本人が喋ってることだよ

128 :吾輩は名無しである:04/11/13 13:44:52
で、商売になってるのかな?
そんなデタラメなことばかりやってるから、すばるは金原が出るまで
芥川賞では30年間も干されてた
掲載作=文学界50、新潮19、群像15、
季刊の文藝すら8の時点ですばる1・・・。

129 :吾輩は名無しである:04/11/13 13:55:52
すまん。中上の愛人って誰?

130 :吾輩は名無しである:04/11/13 14:27:11
>>129
茅野裕城子のことかな・・・ スゴイ美人、元ミス青学 今じゃおばさん
受賞インタビューでもやけに中上、中上言っていた
ずーっと前の文学界新人賞でも中上がゴリ押しして他の選考委員に大顰蹙、佳作どまり

131 :吾輩は名無しである:04/11/13 14:33:45
どっかの文芸誌で(群像?)
大学の教壇に立ったとか国際会議に出たとか自慢してたな
女を武器に立身出世する上昇志向のかたまりみたいな奴か

132 :吾輩は名無しである:04/11/13 15:52:12
チノってオバンじゃねーか! と思いつつヨミウリの絵をUpしてみると、
アリリ? なかなかイイ女。
40後半であれなら、若い頃は・・・ハァハァ
こんないい女とB地区の中上は・・・ハァハァ
20も年上のオバンで抜いちまっただ!
誰か若い頃の画像ギボンぬ! 烈しくギボンヌ〜〜〜〜〜ぅ!!!!

133 :吾輩は名無しである:04/11/13 16:06:24
>>127
あちこちって、具体的にはどこ?

134 :吾輩は名無しである:04/11/13 18:51:02
下読みをしている末端の人間からしたら、
阿保な原稿が多すぎるので、絶対に二重投稿はやめてほしい。
だが、編集部からしたら
ある程度以上の力量のものなら
むしろどの編集部でも採用権を持ちうるくらい
オープンに拾い上げたい。

135 :ぬるぽ:04/11/14 11:11:11
ボキ人に云うのも恥づかしい大学だけど上京したての頃、おじさんに頼まれ下読み手伝った
じっくり読んで残してたらそんなに上げるなと怒鳴られ、どにかくどんどゴミ箱へ
社員の人缶ビール片手に「あーまた世紀の傑作がシュレッダーかよー」と大笑いしてた
あの中に綿矢やばなながあったと思うとゾッとする

結論 多重投稿、大いに結構コケコッコー
      要領の悪い人はみな死にました



136 :吾輩は名無しである:04/11/14 11:24:20
http://www.barks.jp/watch/

137 :吾輩は名無しである:04/11/14 12:47:45
>>110-112
自作自演としか思えんのだが
111は微妙だが合いの手だとしたら入れ方が絶妙
にしてもその後はコテハン晒さずか
ハニロウたん、ホームの創作文芸板でまたお得意の自演やってるのかな〜

138 :吾輩は名無しである:04/11/14 16:03:33
>あと同じ作品を同時に複数の賞に応募(ry
それは二重投稿といって、バレた場合は受賞取り消し確実です。
取り消しだけならまだしも、たぶん永久に門前払いでしょうね。

他の所ではこんな風に書かれてました
いったいどの情報が本当なの?
どなたか最終的な答えをください。

139 :吾輩は名無しである:04/11/14 17:09:20
>>138
10年以上も前のことだが、某新人賞で2年連続で最終に残った男がいたが、
二重投稿がばれて以来、中間発表ですら一度も名前を見ていない。

140 :吾輩は名無しである:04/11/14 23:04:59
>>138
>>123の言ってることが本当。
編集部は横のつながりがあって最終候補発表前に確認取り合ってるよ。


141 :吾輩は名無しである:04/11/14 23:07:59
難しすぎるし硬すぎるので一生売れません

142 :吾輩は名無しである:04/11/15 11:59:58
二重投稿くらいでみんな大げさだね!
知人に見せたら勝手に応募しちゃったでOK牧場
盗作と比べればションベン刑 以前の太宰賞、あと童話の賞でたまに
受賞取り消し、版元大損、メンツ丸つぶれ 作者は当然永久追放

巧妙にパクった平野は大成功!! パクられた佐藤の方が切られちゃったよ
車谷のトッツァン開き直って逆ギレ これってどっちも新庁舎

143 :吾輩は名無しである:04/11/15 17:42:22
●●星野智幸について●●

昨今、噂されている二重投稿疑惑に関してですが、
確かに1997年に文藝賞を受賞した「最後の吐息」は
同じ年のすばる文学賞でも一次通過しています。

第21回すばる文学賞一次予選通過
「最後の吐息」(東京)大須賀和秀

この作品は二次通過していません。
星野氏の文藝賞受賞作と同じタイトルであり、東京都在住ということで同じ土地なのですが
やはりこれは、たまたま同じタイトルの別人の作品ではないでしょうか。

今回の文學界でも全く別人が同じタイトルで一次通過していたことは記憶に新しいです。
結論として、星野氏の最後の吐息と大須賀氏の最後の吐息は全く別であると思われます。

144 :三毛虫ホームズの乱交パ^ーティー:04/11/15 19:18:11
只今、創作文芸板デハ星野親衛隊ノ手ニ依ッテ
悪質ナデマヲ流シタはにろう狩リガ行ワレテイル
自作自演ノ常習者ニ詩ノ制裁ヲ
星野智幸大先生ニ薔薇ノ祝福ヲ

145 :山田秀樹:04/11/15 21:24:05
>>133
ソースを示せない>>127はガセと思っていい
そもそも集英社内ですばるは採算度外視だから、商売になる書き手というのがおかしい
売れ線なら小すばの方で拾うからいいよ
反論大歓迎 ただし具体的情報を手土産にな。

釣り糸垂れるんなら撒き餌くらい撒けや


146 :吾輩は名無しである:04/11/15 22:38:16
>>145
本人にメールでもして聞いてみ

147 :吾輩は名無しである:04/11/16 06:05:56
拉致問題はなんにも感じないらしいね

148 :吾輩は名無しである:04/11/16 06:28:09
ほしのっとHP

149 :吾輩は名無しである:04/11/16 07:45:29
>>127は星野さん本人
ちょっとムカ入ってますね

150 :ぽるぬ:04/11/16 20:06:43

他スレで星野読者を煽ってる香具師いますが、もうsageときます。

 (´・ω・` .。oO(お茶でもどうぞ・・・)
  (つ旦と)
  と_)_) ∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬
       旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦

151 :吾輩は名無しである:04/11/17 08:24:55
http://w1.nirai.ne.jp/shousei/


152 :吾輩は名無しである:04/11/17 18:59:48
さあっ、ハニロウたん
いよいよあなたの出番です
なんか書き込みな

153 :吾輩は名無しである:04/11/17 21:40:05
そんな事より1よ、ちょいと聞いてくれよ。スレとあんま関係ないけどさ。
昨日、近所で牛鮭定食食ってたんです、俺。
そしたらなんか人がめちゃくちゃいっぱいでお薦めできないんですよ。
で、よく見たらなんか垂れ幕下がってて、諸刃の剣、
とか書いてあるんです。 もうね、アホかと。これ最強。
お前らな、150円引きごときで普段来てない隣の奴にはねぎが多めに入ってる。
そん代わりつゆだくが少なめ。これ。
150円だよ、これが通の頼み方。
なんか親子連れとかもいるし。一家150人で吉野家にマークされる。これだね。
よーしパパ特盛頼んじゃうぞー、ボケが。
お前らな、つゆだくやるからその席空けろと。
吉野屋ってのはな、もっと何が、やっぱりだ。
Uの字テーブルの向かいに座った奴といつつゆだくが始まってもおかしくない。
刺すか刺されるか、そんなのすっこんでろ。
で、やっと座れたかと思ったら、肉がぶち切れですよ。
そこでまた、喧嘩大盛で、とか言ってるんです。
あのな、つゆだくは雰囲気がいいんじゃねーか。
最近流行はきょうび流行んねーんだよ。
得意な顔して、問い詰めたい。問い詰めたい。小1時間問い詰めたい。
お前は本当に殺伐としてるべきなんだよ。
女子供を食いたいのかと。
お前、つゆだくが4円って言いたいだけちゃうんかとか言ってるの。
吉野屋通の吉野屋から言わせてもらえば、今、吉野屋の間での吉野屋通は
もう見てらんない。
大盛りねぎだくギョク。150円。
ねぎだくって来てんじゃねーよ、ボケが。
で、それにギョク(馬鹿大盛り)。玉子かと。
しかしこれを頼むと次から店員150円引きという危険も伴う。
素人は座れないんです。
まぁお前らド素人は吉野屋でも行ってなさいってってこった。



154 :吾輩は名無しである:04/12/10 18:27:49
一つの文学賞で落選した原稿を
他の文学賞に出すなんて
誰でもやってることだよ、アホ。
ダメな奴は二重投稿しようが
他の文学賞に何度出そうが
永遠に受賞しないんだよ、クズ。
才能ない文学オタクが
ガタガタ喚くな、カス。

155 :吾輩は名無しである:04/12/11 05:20:56
そんな事言うなんて、めっ

156 :吾輩は名無しである:04/12/25 13:13:05
「在日ヲロシヤ人の悲劇」は読みました?

157 :吾輩は名無しである:04/12/25 17:11:07
age

158 :吾輩は名無しである:04/12/25 23:54:48
>>156
力作だね。フランゼンのコレクションズを思わせる、
相互理解という凡庸さに着地するかと見せて際どく逃れる手法は見事。
ただ一人メタレベルに立ったかに見える好美を最後に引きずり下ろす「アポカリプス」=「黙示」。

159 :  :04/12/26 21:02:02
星野はなんで姫野カヲルコに毛切りされてるんだ?

160 :吾輩は名無しである:04/12/26 21:04:05
童貞を風俗で捨てたからだよ

161 :吾輩は名無しである:04/12/30 14:51:09
http://www.hoshinot.jp/
写真が変わった。
ほもおじさんみたい。


162 :吾輩は名無しである:04/12/30 17:32:52
>>1
二言三言政治について言及すれば「思想」かよw
おめでてーな

163 :吾輩は名無しである:04/12/30 18:46:45
>>162
はいはい、新作読もうね。

164 :吾輩は名無しである:04/12/30 21:02:21
なんでホモだとカミングアウトしないの?

165 :吾輩は名無しである:04/12/30 23:55:31
さすがニューヨーク育ち。。。。イヤァン

166 :吾輩は名無しである:05/01/02 00:52:57
芥川賞はどうなんでしょう?

167 :吾輩は名無しである:05/01/05 17:59:57
星野さん、読売新聞の夕刊の書評欄で、斎藤貴男氏の本を紹介する形で
自衛隊イラク派遣に反対するご自分の主張を述べられていましたが、
読売新聞の社論がイラク派遣賛成であるから購読している
わたしのような読者には不愉快ですのでやめるようにお願いします。

そのような主張は是非とも朝日新聞か毎日新聞か地方紙上でしてください。

168 :吾輩は名無しである:05/01/05 18:17:05
うるせえカス、糞カキコでageんな死ね

169 :吾輩は名無しである:05/01/05 22:09:40
て言うか、なんでそんなこと2ちゃんねるに書き込むんだよ>167プゲラ
て言うか、読売新聞社に投書しろよアホ>167プゲラ

170 :吾輩は名無しである:05/01/08 02:03:41
まだ途中だけど、新作長編なかなかいいんでないかい?
こっちが慣れてきたのかもしれないけど。
「的」の芯に近づいてきている感じ。

171 :吾輩は名無しである:05/01/16 22:30:53
今日から在日ヲロシア読み始めたが、
確かに今までよりは良いと思う。
ロンリーハーツキラーは愚作極まりなかったが、
一年経って成長したな。

172 :吾輩は名無しである:05/01/17 09:04:35
次の芥川賞は星野で決まりだな。

173 :吾輩は名無しである:05/01/17 12:06:43
佐藤くんもいるし、島本もくるだろうし、
次は若い人に取らせたいだろうし…

174 :吾輩は名無しである:05/01/17 13:51:59
「ロンリー…」はどのへんが愚作だったんですか?

175 :吾輩は名無しである:05/01/17 18:47:34
島田雅彦のできそこない

176 :吾輩は名無しである:05/01/17 18:59:56
ありえねー。
島田雅彦www

177 :吾輩は名無しである:05/01/17 19:11:02
島田雅彦のできそこないw
島田はもともとできそこなってるんだけどなww

178 :吾輩は名無しである:05/01/17 19:29:35
島田雅彦 2-ое
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1103852200/

続きはこちらでどうぞ

179 :吾輩は名無しである:05/01/17 22:16:21
頭で書いた、って感じ。

180 :吾輩は名無しである:05/01/17 23:14:04
小説にする意味が分からない。
自説を高らかに述べたいならもっと別の表現手段があるはず。

181 :吾輩は名無しである:05/01/18 00:53:47
別の手段が無いから小説らしいよ。

182 :吾輩は名無しである:05/01/18 08:29:12
無理のある思想

183 :吾輩は名無しである:05/01/18 12:15:58
芸術家だからね。

184 :吾輩は名無しである:05/01/18 21:35:36
本日放送のニュースから
  NHK 「 朝日の記事は、 事実とは ま逆 」
  NHK 「 朝日の記事は、 事実とは ま逆 」

   星野の政治思想からして、まだ朝日を鵜呑みにしてるのかな

185 :吾輩は名無しである:05/01/18 21:36:45
思想?


何処に思想があるの?

186 :吾輩は名無しである:05/01/18 21:52:29
朝日の捏造記事が描く放物線は廃刊への架け橋だ!!

朝日の捏造記事が描く放物線は廃刊への架け橋だ!!



安倍ちゃん 10点 10点 10点 10点 10点


187 :吾輩は名無しである:05/01/20 11:29:22
星野智幸先生公式HPより

私は常々、石原慎太郎都知事よりも安倍晋三議員のほうにより危険を感じてきた


あなたのほうが危険だよ。民主主義わかってないだろ。


188 :吾輩は名無しである:05/01/20 11:45:32
ヲロシヤの登場人物って全く共感できないなぁ
星野の主張と被るからかもなぁ

189 :吾輩は名無しである:05/01/20 13:51:28
安倍みたいなポピュリストは危険だな。
頭も悪いし。

190 :吾輩は名無しである:05/01/20 17:24:03
だったら星野さんも安倍程度のポピュリズムを身に付けないとねえ。
つまり、もう少し売れる作品を書いてくれないと困るというこった。

191 :吾輩は名無しである:05/01/20 17:32:40
ヲロシヤで一区切りつけるんじゃないの?

192 :吾輩は名無しである:05/01/20 19:14:43
540 名前:名無し物書き@推敲中? :05/01/20 18:19:41
星野って、島田のコネかよ。


だめだな。

193 :吾輩は名無しである:05/01/20 19:55:23
島田よりかはよっぽどマシな作品書いてる

194 :ハニロウたん ◆T61/rdmlFM :05/01/23 22:51:13
マジョルカの試合はWOWOWでしかやらないんだね。がっかり。
星野さんはWOWOWを観れるのかなあ。
楽しみにしてたのに残念だあよ。

195 :吾輩は名無しである:05/01/25 15:27:40
永久初版作家だとちょっと勿体無い気がする。
「ロンリーハーツキラー」は面白く読んだ。
行き付けの古本屋に「人魚」単行本があってびびった。
やっと古本市場に流れてきたのかって感じだ。

196 :吾輩は名無しである:05/01/26 00:26:49
>人魚
古本屋で幾度も見たよ。
刊行直後から……

「ヲロシア」は最初だけ良かった。
でも、究極的にこの人何が言いたいんだろうかね。
左がかってるのはよく分かったけど、
南米の政治的な作品の模倣に過ぎない感じもする。
(模倣だけ=政治的中身が空虚、とも言える)

197 :吾輩は名無しである:05/01/26 01:01:57
ある程度政治的な要素はあると思うけど政治的なメッセージを
作品の中に込めようとはしてないんじゃないの?

198 :吾輩は名無しである:05/01/26 12:12:22
そういう革命みたいのに憧れてるんじゃないの?
すすんで迫害されたがってるみたいに見えるし。


199 :吾輩は名無しである:05/01/26 13:01:08
革命に憧れてたら「在日ヲロシヤ…」は書かないだろう。

200 :吾輩は名無しである:05/01/26 13:25:17
ヲロシヤってなあに?

201 :吾輩は名無しである:05/01/26 13:59:42
今の時代くだらん政治思想身につけてるのってどうかな_?

202 :吾輩は名無しである:05/01/26 15:56:06
今だから必要なんじゃ?

203 :吾輩は名無しである:05/01/26 19:37:59
星野をまったく知らんかった当時、『〜人魚〜』はジャケ&題名買いしたなー
なんか雰囲気がカッコイくて。
であれ、結局何を言いたいのかよくわからんかった。

204 :吾輩は名無しである:05/01/26 19:38:20
今敢えて政治的な作品を書こうという意欲は
好ましいのだけれど、それが装いになっちゃってるだけだから、
よくわかんねーんだよな。

205 :吾輩は名無しである:05/01/27 04:10:40
>>203 あれ初めて読んだとき震えたよ。泣いた。
でも文庫で改めて読んだらまた違った。

最近よく思うけどなんか星野氏の作品は非常に舞台的な気がする。
世界が書割で、というよく出てくる描写のせいじゃなくて
登場人物がすべての感情を全部言葉にして叩きつけてる
感じとか、展開の仕方とか。情緒で何かを言おうとは全く考えてなくて
全て登場人物の言葉(会話)で、あるいはビジュアルで言い切ってしまおう
としてるところとか。

ほとんどの小説を読んでて舞台化可能なんじゃないのか、と思う。
「目覚めよと〜」なんて本当に舞台に向いている。実現したら、と
思うと非常にワクワクするのだが。
「アルカロイド〜」のガラスのランプの草原の場面なんてクラクラする。

案外チェーホフなんか手がけるような正統派の劇団がいい舞台にして
くれそうな妄想を抱いてしまう。この間来日したチェーホフ劇団が
ふと浮かんだのだけども。


206 :吾輩は名無しである:05/01/27 04:18:01
tonw

207 :吾輩は名無しである:05/01/27 06:30:55
こいつまたやっちゃってたな、日記w
まず「リベラル」の存在を前提としてる所からして錯誤があるわけでね。
単なる「反保守派」に過ぎないからね。
それから、このところ「従軍慰安婦」について口をつぐんできたのは反保守派の連中
だという事実も知らないようだな。
「従軍慰安婦」がただの売春婦だったというケースが次々に明らかになったり、ありもしない
「性奴隷制」をあったかのように語ってきたことを罵倒嘲笑されて、勝手にしおらしくなっ
ちゃったのはあいつらなのにね。
致命的なのは、ブッシュ政権や北朝鮮政府は引き合いに出すくせに中国政府は出さない政治的
センス。もの凄く危ないと思う。鈍感に過ぎる。

208 :吾輩は名無しである:05/01/27 07:38:19
韓国政府もだろ

209 :吾輩は名無しである:05/01/27 08:38:49
>「従軍慰安婦」がただの売春婦だったというケースが次々に明らかになったり、ありもしない
>「性奴隷制」をあったかのように語ってきたことを罵倒嘲笑されて、勝手にしおらしくなっ

そーかあ? 明らかになり、とか言うのは表現としてはおかしいだろ。
事実がどうなのかは別にしてね。

星野がイタイのは、文学好きは大江で慣れてるから別に良いと思うけど。

210 :吾輩は名無しである:05/01/27 12:24:55
>>209
???
意味が分からない。当時乗っかったメディアでも大分反省がなされてるよ。
http://www.mainichi-msn.co.jp/column/hassinbako/news/20050124k0000m070110000c.html

211 :吾輩は名無しである:05/01/27 16:44:23
大江は当時の時流に乗って、ああいう発言をしてた。
それが今見ると、信じ難いほどイタい。
星野の場合は、現段階で時流から懸け離れてるから
むしろ将来評価される可能性があると思う。


212 :吾輩は名無しである:05/01/27 17:08:17
文学者の政治思想なんて時期がくれば(こなくても)
ゴミ同然だ罠

213 :吾輩は名無しである:05/01/27 17:12:55
星野氏の小説、何作か読んでおり、べつに嫌いというわけではないのだけど、
あのマジックリアリズムというのかSFなのかよくわからない変な文体・語り口は
どうにかならないんでしょうかね。
最初のうちは面白いと思えるんだけどすぐに読むのがしんどくなるのですが。
ああいったやり方で異化作用をもたらすのが小説なのだ、と言われればそれまでですがね。

214 :吾輩は名無しである:05/01/27 17:50:09
>>205
自分は映画化ができないかと想像してしまいます。
映像化に挑戦してくれる人がでてくると面白いんですが。
まあ無理でしょうけどね。

215 :吾輩は名無しである:05/01/28 01:23:00
>>205
「登場人物がすべての感情を全部言葉にして叩きつけてる」
現代演劇でこんなことやったら嘲笑されるだけですよ

216 :吾輩は名無しである:05/01/28 01:37:28
>>207
コノ作家は馬鹿なの?

217 :吾輩は名無しである:05/01/28 18:39:13
>>207
今日もお勤めご苦労様です

218 :吾輩は名無しである:05/01/28 20:01:54
たしかに100年後ぐらいに評価されるかも。
とんちんかんぶりがわからなくなる頃

219 :吾輩は名無しである:05/01/28 21:16:10
ヒステリーはみっともないよ。

220 :吾輩は名無しである:05/01/28 22:15:33
全然自分の価値観を相対化できてないもん。ダメだよ、この人。
政治の話は。

221 :吾輩は名無しである:05/01/28 23:37:46
価値観を相対化?…というと?

その場合相対化する対象はなに?

222 :吾輩は名無しである:05/01/29 00:34:19
>>221
あほうなの?

223 :吾輩は名無しである:05/01/29 01:11:09
まあまあ

224 :吾輩は名無しである:05/01/29 04:28:41
価値観だろw

225 :吾輩は名無しである:05/02/07 12:43:09
ttp://finalvent.cocolog-nifty.com/fareastblog/2005/01/nhk_1.html

切り込み隊長も支持する極左ブログがこう言ってるが、星ちゃんどうするの?

226 :吾輩は名無しである:05/02/07 17:22:14
日曜日の読売新聞の朝刊に、星野さんのインタビューが
載っていました

顔写真もでていましたよ
相変わらずの美男子ぶりです

現役の早稲田の創作科の学生たちがうらやましいなあ・・・
星野さんは、客員教授なのですよね
いいなあ、わたしもあんなひとに創作の手ほどき受けたいな。。。

227 :吾輩は名無しである:05/02/08 00:57:35
おまんこー

228 :吾輩は名無しである:05/02/08 12:30:44
もし朝日が負けたら、星野さんは作家をおやめになるのだろうか?

229 :吾輩は名無しである:05/02/08 13:36:50
>>225
ああ、いよいよ本格的にこの国は右傾化してきた、と嘆く

230 :吾輩は名無しである:05/02/08 13:39:10
独身で金を稼ぎ捲くっていったい何に使っているのだろう。

231 :吾輩は名無しである:05/02/08 13:45:22
>>230
アンチエイジング。
SK−2は高価だからな。

232 :吾輩は名無しである:05/02/08 13:54:25
>>229
朝日並のおつむだなw

233 :吾輩は名無しである:05/02/09 01:39:55
1月26日の日記で週刊新潮の記事を批判してるけど
それを「某週刊誌」って実名を挙げないのは何故?
その上の1月28日の日記で新潮社から出る新刊の宣伝をしてるし。
完全に矛盾してない?
新潮社に言いたいことがあればわざわざ「某週刊誌」なんてぼかさず
堂々と批判すればいいのに。
こうゆう天邪鬼な姿勢がこの作家の本質なのかな。

234 :吾輩は名無しである:05/02/09 09:13:25
実名を出すなって圧力があったんじゃないの?
いや、あったに違いない。つうか、あった。


235 :吾輩は名無しである:05/02/09 11:30:19
矛盾もなにも、得意先出版社を実名で批判できなかっただけだろ
圧力なんて、べつにないだろうし。気を遣っただけ

236 :吾輩は名無しである:05/02/09 12:41:04
でも気を遣ったということは圧力を感じたと言うことですよね?

237 :吾輩は名無しである:05/02/09 13:09:20
外圧じゃなくて、内圧ね。星野の問題

238 :吾輩は名無しである:05/02/09 13:22:47
じゃあ出版社が作家の言論を封じたって事になりますよね?
問題じゃないですか?

239 :吾輩は名無しである:05/02/09 13:26:42
釣られんな

240 :吾輩は名無しである:05/02/09 13:30:04
おや?認めましたね

241 :吾輩は名無しである:05/02/09 15:36:31
糞作家に群がるウジムシどもw

242 :吾輩は名無しである:05/02/09 16:39:13
糞コテ協にとっては、最良の釣り堀のひとつという認識なんだろうが
想定してるよりは、楽しめてないようだな。糞虫コテども

243 :吾輩は名無しである:05/02/09 21:46:46
糞コテ協って?

244 :吾輩は名無しである:05/02/10 09:18:45
糞コテ協って?

245 :吾輩は名無しである:05/02/10 18:40:09
極左とかブログ時評とか今生き残ってるジャーナリズムブログって
朝日を叩いてるところだけだよ。星野さんはこれについてどう思う?

246 :吾輩は名無しである:05/02/10 19:04:47
この国の愚民が右傾化しているあらわれだと思う。



247 :吾輩は名無しである:05/02/10 19:15:05
世間に縋りついて生き残りを図る以外の価値観もあるんじゃないの。

248 :吾輩は名無しである:05/02/11 11:05:49
的外れなことを言って孤高を気取るとか?
得体の知れない悪意だと世間を切り捨ててみせるとか?

249 :吾輩は名無しである:05/02/13 08:46:11
二年前に大学の講義でゲストとして来てくれた。
作家にしては爽やかな顔立ちだったなぁ。
そんときレアルのファンだったけどベッカムが入ったから
ファンやめるって言ってたっけ。


250 :吾輩は名無しである:05/02/25 13:34:29
ライブドアに言及

251 :吾輩は名無しである:05/02/25 16:11:50
ライブドアの件に関しては、星野智幸に同意だな

252 :吾輩は名無しである:05/02/26 00:14:53
おれも

253 :吾輩は名無しである:05/02/26 10:32:51
漏れも共感

254 :吾輩は名無しである:05/03/10 21:17:31
星野さんは、勇気があるなら、
良識ブログを、理不尽な理屈で組織をつくり集団となって堂々とつぶして得々としている
ゴミダメブログをどうにかしてください。××とか。あと××とか。

255 :吾輩は名無しである:05/03/10 23:43:26
そういうブログがあるんですか?

256 :吾輩は名無しである:05/03/11 01:42:09
ネットウヨブログがいま隆盛をほこってます。

257 :吾輩は名無しである:2005/03/31(木) 16:15:30
サッカー三昧。

258 :吾輩は名無しである:2005/04/07(木) 14:25:19
顰蹙文学批判。まっとうな批判といえば言えるのだが、
星野自身は、無視されるマイノリティ側に身を置いている
ということだろうか?

259 :吾輩は名無しである:2005/04/07(木) 15:40:31
そうともいえないんじゃない?
ただ、あの批判にはとても共感できるな。

260 :吾輩は名無しである:2005/04/23(土) 23:55:15
読んでみたいんですが、このスレ見てると難解そうなので
一番とっつきやすい作品を教えてください。

261 :吾輩は名無しである:2005/04/24(日) 23:01:18
「砂の惑星」「われら猫の子」はいかがですか?

262 :吾輩は名無しである:2005/04/25(月) 01:50:11
どれもとっつきやすいよ
あるいみどれもとっつきにくい

263 :吾輩は名無しである:2005/06/04(土) 01:04:15
人魚の文庫が平積みされてたあげ

264 :吾輩は名無しである:2005/06/05(日) 13:21:28
それはめでたい。おめでたい作家

265 :吾輩は名無しである:2005/06/07(火) 21:07:48
文庫も初版どまり

266 :吾輩は名無しである:2005/06/07(火) 22:59:43
それでも残る作家だよ。
売れてないから大塚からしたら駄目文学のひとつなわけだ。
星野は大塚をどう見てるの?政治発言もできて好評価?

267 :吾輩は名無しである:2005/06/08(水) 12:08:52
売れてないから駄目だとは言わないが
売れてなくて一部の支持だけで繋いでいるから良い作品だとも思わない。
こいつが残る作家だとは全く思わない。

268 :吾輩は名無しである:2005/06/08(水) 13:04:38
一部の支持って、どこのこと?また一部の支持じゃない作家ってだれ?

269 :吾輩は名無しである:2005/06/12(日) 23:48:21
アルカロイド、読んだけど悪くはないな。確かに、戯曲みたいな感じがする。
星野の場合、言いたい事ややりたい指向性はよくわかるけど、それが文体や隠喩や修辞などの未熟、欠陥として具体的に出でしまうから、やはり作家としては二流だよ。

270 :吾輩は名無しである:2005/06/13(月) 04:43:51
戯曲としては失格だがね

271 :  :2005/06/22(水) 03:31:27
大塚は「文学の既得権益」に、ただ乗りする者をこそ批判しているのであって、

文学の可能性に挑んでジタバタしている者にたいしては、セールス云々での批判はしない。

272 :吾輩は名無しである:2005/06/22(水) 06:24:29
同じ事じゃん

273 :吾輩は名無しである:2005/06/22(水) 21:35:07
>>271
そうやって、立場を変えて、平気顔。

274 :吾輩は名無しである:2005/07/21(木) 19:38:30
>>271 大塚某こそが、文学の既得権益のただ乗り者なんじゃ?

それはそうと、「文藝」の新刊に掲載の新作読んだよ。
みんな読んだかい?

275 :吾輩は名無しである:2005/07/21(木) 20:35:26
早稲田の助教授やってて、給料はたんまりあると思うんだけど
それにプラスしてお小遣いみたいな原稿料や印税が入り
独身でいったい何に金を使っているのだろうか。

276 :571:2005/07/21(木) 21:14:19
>>275
夕張メロンとかフリスクの大人買いとか?
なことはどーでもいいので、新作について語ろうよ
「虹とクロエの物語」!

277 :吾輩は名無しである:2005/07/21(木) 22:13:27
>>275
独身だからなんとかという邪推とは無縁の世界ですよ、すでに

278 :吾輩は名無しである:2005/07/21(木) 22:14:37
ということはアマンを数人かこっているというわけか。

279 :ファロスマソ ◆FTa/HQEoL2 :2005/07/21(木) 22:15:19
ただの文壇利権屋。

280 :吾輩は名無しである:2005/07/21(木) 22:16:35
だからそれは大塚だって

281 :吾輩は名無しである:2005/07/21(木) 22:18:54
文藝賞受賞したときも、一緒に仕事をしてインタビュー本を共作で出したりしてる
島田雅彦だもんね、選考委員が。
三島賞のときも島田が選考委員。


282 :吾輩は名無しである:2005/07/22(金) 03:11:47
>>281
でも「最後の吐息」はすごくいいし好きだけどな。
受賞は当然のように思うけど?

早稲田で松浦理英子と桐野夏生と対談したんですね。
新潮9月号の掲載が楽しみだ。
「虹とクロエの物語」は一気読みしてしまった。
感想はまたのちほど。

283 : :2005/07/22(金) 12:58:01
異様に中田信者だよな、こいつ
糞プレーしても褒め称えてるし

284 :吾輩は名無しである:2005/07/22(金) 15:15:17
どうでもいいけど、おまえら作品についてはなんか言えんのか?

285 :吾輩は名無しである:2005/07/22(金) 15:28:33
最後の吐息が一番いい。
妙に学生臭い作品だけど
それも含めていい。なんか自分が好きなものを全部詰め込んだ感があって。

286 :吾輩は名無しである:2005/07/23(土) 12:36:38
いつもいつも、新作が出ると「今度こそは芥川賞級か」と
期待するんだけど…。
今回(文芸掲載「虹とクロエの物語」)長篇だったし、長篇にこそ
この作家の良さが出ると思ってるので期待したんだけど…。
胎児とユウジの部分は幻想譚の雰囲気があるし、グロテスクな中に
ユーモアもあって好きなんだけど、肝心の虹子とクロエの関係の
描かれ方が、今までの著作の中のいろんなフレーズを組み換えて
いるだけに見えるのと、40代の設定の割にいろんなところが
チグハグな感じがしてしまった。独身対既婚者という図式の部分も。
最近の作品は特に著者の世の中に対して感じている「苦々しさ」
が生な形で「皮肉」として表出していて、それにちょっと飽きて
しまってる自分がいる。いつも誰かを皮肉り糾弾している主人公
たちにどうも共感を持てない。
「アルカロイド・ラvaーズ」で神話を描きかけたのに、神話の
タペストリーはすごくいいところまで織りあがったのに、いつもの
癖なのかな…破滅を織り込んでしまうんですね…その辺りに
ちょっと堪え性が足りないような軽さと性急さを感じてしまう。
今回の小説も主人公たちがサッカーを始めるまで良かったんじゃ
ないかと…。胎児は何かの比喩なんだろうけど、もうひとつよく
わからない…あと多分教養があるといろんな「文章の遊び」が面白い
んだろうな、と思うけど気づけず。
でも飽きずに読めました。


287 :吾輩は名無しである:2005/07/23(土) 15:33:49
>最近の作品は特に著者の世の中に対して感じている「苦々しさ」
>が生な形で「皮肉」として表出していて、それにちょっと飽きて
>しまってる自分がいる。

たしかにそれはあるね。「在日…」でお腹いっぱいになった感があるな。

288 :吾輩は名無しである:2005/07/23(土) 19:02:17
ちかごろの濫作は、次なるステップへの
準備段階という位置づけなのだな…

289 :吾輩は名無しである:2005/07/24(日) 17:18:28
そう期待してるんだけど。
「虹と…」が新たなステップの始まりだと期待していただけに...

290 :吾輩は名無しである:2005/07/24(日) 18:56:09
おもしろくて読ませるところもあるのに
なんだか全体の印象が散漫なのだよねえ

トッピングしすぎたサンデエってかんじ

291 :吾輩は名無しである:2005/07/31(日) 18:05:57
星野智幸は渡辺いっけいに似ている。前髪の薄くなり様が特に。

292 :吾輩は名無しである:2005/08/01(月) 17:55:56
似てないよ。
それから、薄くなるとか言うなよ。

293 :吾輩は名無しである:2005/08/17(水) 14:57:38
夏休み

294 :吾輩は名無しである:2005/09/08(木) 14:28:05
>いつでも仮想敵を求め、その敵への非難攻撃によって自分のテンションを高め、
>バリバリ仕事をこなす、という人が、作家でも何人かいる。

有名な批評家はほぼみんなそうだな、吉本以降、柄谷もハスミもスガ渡部福田鎌田も東も

作家だと中上健次とか、最近だと中原昌也とかかな
島田はそうしたいけどストレートに出すと恥ずかしいので
でもそうしないと書けないので中途半端になってしまうみたいな

295 :吾輩は名無しである:2005/09/15(木) 17:18:12
まだ夏休みあげ

296 :吾輩は名無しである:2005/09/17(土) 00:58:22
今回の選挙への失望と空虚さに、ホントに日本を脱してしまうかも
しれないなあ・・・どう心の均衡を保っているのだろう
こんなに真面目だと相当生きにくいはず・・・


297 :吾輩は名無しである:2005/09/17(土) 01:07:51
真面目なのかなあ
自己愛的なだけでは

298 :吾輩は名無しである:2005/09/17(土) 01:18:13
このままスルーしたら嫌いになっちゃうよ
はやく夏休み切り上げて

299 :吾輩は名無しである:2005/09/18(日) 03:32:13
>>298
なんだソレ。お子様ですか?

>>298
真面目すぎると思うくらいだけどね。
小説やweb見ている限りの話だけど。

300 :吾輩は名無しである:2005/09/24(土) 05:25:00
夏休み終了

301 :吾輩は名無しである:2005/09/24(土) 06:53:41
ま、ハマコーじゃないけど
そこまで日本が嫌ならどっか行けよって思う

302 :吾輩は名無しである:2005/09/24(土) 11:22:46
>>301
こういうこと言うやつ多いよね
意味がわからん。
「日本」の定義も曖昧だし。

303 :吾輩は名無しである:2005/09/26(月) 00:58:17
嫌中国と言っておきながら安物を欲しうれしがる人と同じですね

304 :吾輩は名無しである:2005/09/26(月) 08:17:14
「日本」の定義?あほか

305 :吾輩は名無しである:2005/09/26(月) 09:12:45
>>302
法学をちょっとでも学んだ人の前でそんなこと言ったら蔑まれるぞ

306 :吾輩は名無しである:2005/09/26(月) 20:00:23
>>305
そういうのはサムイ

307 :吾輩は名無しである:2005/10/01(土) 03:40:22
「チノ」英訳されたんですね。日本人以外の人が読んだらまた
全然違う風景が見えてくるんだろうな。
読み手がアジア圏人だとまた変わってくるだろうし。

日記が再び読めて嬉しい。
しかし、こういう状況下いつ読めなくなってもおかしくない。
いつまでもあると思っていたら失うものの大きさにも気づかずに
流されてしまうかもしれない・・・
最近「普通の人々の無邪気さ」が怖い。
「自分は正常だと疑わない無邪気さに裏打ちされた奇妙な強気」が。
マジ怖いよ。「お国のためにいいんじゃないでしょうか」とか
いう街角インタビューをテレビがピックアップし始めたし
多分それに違和感覚えない人増えてるし。

小泉さん、今恐ろしいくらい人気あるよ。万歳三唱が市民の間から
自然発生しそうなほどの熱狂みたいな雰囲気が。なんだ、あれ。

308 :吾輩は名無しである:2005/10/01(土) 13:53:43
最近ファシズム厨大杉
あと小泉とヒトラーをダブらせる馬鹿も大杉
もちっと勉強してから出直せ

309 :吾輩は名無しである:2005/10/05(水) 14:13:10
恐い恐い言うの楽だしね

310 :吾輩は名無しである:2005/10/10(月) 00:30:34

「プライドがなく、暇で、自分が何をしたいのかを持ち合わせていない
そのような人間たちほど、惨めな存在はない」

おおきなお・せ・わでしょ?
そういう人間すべてが中傷メールを送ると思ってる星野の思考回路が惨めだよ。

「自分の腹いせをネット上に書きつける行為ほど、悲しいふるまいはない」
自分の独りよがりの意見を書く行為は高貴なものとおもってる星野の落ちた感性に乾杯!!

311 :吾輩は名無しである:2005/10/10(月) 01:02:27
>>310
お・ま・え・のことだよ・お・ま・え

312 :吾輩は名無しである:2005/10/25(火) 19:39:10
正しい僕ちゃん

313 :吾輩は名無しである:2005/10/26(水) 11:04:25
この人、結婚してるの?独身?

314 :吾輩は名無しである:2005/11/19(土) 00:09:25
age

315 :吾輩は名無しである:2005/11/26(土) 23:48:55
まともなファンはここには来なくなりました

316 :吾輩は名無しである:2005/11/27(日) 01:23:14
そしてファンなどいないと突っ込むのが2ちゃんねら

317 :吾輩は名無しである:2005/12/08(木) 05:25:54
日記はけっこう面白い。
ときどき昔の記述とか読み返したくなる。


318 :吾輩は名無しである:2005/12/08(木) 10:54:23
サッカーに関してはゴミだよ、重症の中田信者。

319 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/03(火) 22:58:55
この人の日記は結構高飛車というか、
勝ち組意識なんだなーと

320 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/04(水) 17:13:05
だからいつも上からものを言う2ちゃんねらには言われたくない

321 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/10(火) 17:07:53
この人よくいる左翼の典型。
日記では正義の味方気取り。
けど職場の問題では保身をはかる。


322 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/10(火) 17:08:53
age

323 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/11(水) 00:04:41
星野ってチョンの苗字よ
結婚できないんだろう

324 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/12(木) 23:24:34
誰か文藝の特集読んで感想とかないの?

325 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/13(金) 01:22:59
クソだし

326 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/13(金) 19:59:26
ネット上でも情報少ないよな。

327 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/13(金) 21:47:06
さっき、ててなし子クラブよんだ。

最初のサッカーボールのないサッカーと
作中の「ててなし子クラブ」がつい対?照応関係?になっていて
うまくかけている短編みたいな感じだったよ

デヴュー作は何が言いたいのか判りづらくて
なかなか読みづらかったけど、ててなし子は 
あたりだと思います。 短編好きな人 呼んでみて!

328 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/14(土) 18:30:33
あの…デビュー作こそが未だ最高峰だと自分は思っている。
あれを超えるノーベル文学賞レベルの作品を(それは
多分超長編になるだろう)この人は書くだろう、と思っている。

329 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/14(土) 19:10:25
そうリキむなよ。

330 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/18(水) 13:30:32
星野も阿部和重みたく、ある日突然芥川賞候補になるかもしれんな。
作品が不作な期に。
しかし清水博子のように、忘れた頃に芥川賞候補となって勝手に選考会でグダグダ言われるのもいかがなものかと。

331 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/18(水) 16:12:47
「砂の惑星」 がもう候補になってる

332 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/20(金) 00:37:53
「砂の惑星」は受賞しなくてよかった。
だってこんなもんじゃないはずだし。
もっと輝かしい「これだ!」って作品で賞を獲ってもらいたい。

333 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/20(金) 01:30:27
こんな奴まで取ったら文学の死だな

334 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/20(金) 07:18:41
まともに本も読めないオマエに関係ない

335 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/20(金) 14:06:46
このスレでこういったやりとりって珍しいね。

336 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/20(金) 18:42:31
チョン

337 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/21(土) 12:22:51
氏ね

338 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/21(土) 13:52:45
これってブンゲイ効果?

339 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/21(土) 16:41:27
星野特集というから文藝買ったら、古川日出男の中篇が掲載されてて、そっちに
目がいった。なんか得した気分。そのあと星野の短篇読んだ。

340 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/21(土) 17:40:11
古川はどうだった?

341 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/21(土) 22:19:11
>>340
冒頭に引っ張られて、どんどん読まされた。古川は常に新しいものを読ませてくれる
からいい。俺には古川はツボ。
あと、最後のプロフィールのところの一言コメントで2008年に発表するために巨編
に取り掛かってると言っていた。めちゃくちゃ楽しみ。

星野スレなのに古川の話してスマソ

342 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/21(土) 23:57:23
冒頭ってまたハッタリかましたりしてるんじゃないの?

343 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/25(水) 20:26:23
「毒身温泉」読んだが、なんかわかりにくい文章だった。
男だと思ってた登場人物が女だったり、延々とある映画のストーリーが出てきたり。
こんなわかりにくい文章は、中原昌也の「あらゆる場所に花束が」以来だ。
ところでこの本読んだきっかけは「文学賞メッタ切り」でフリーター文学として
岡崎祥久「秒速10センチの越冬」角田光代「エコノミカルパレス」とともに書かれてて
興味を持ったからなんだけど、三者三様でまぁよかった。

344 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/28(土) 01:35:27
松浦理英子との対談は嬉しかった。編集者分かってるな。
もっと欲を言えば松浦氏による「星野解析」を読みたかった。
対談というよりは松浦氏が聞き手になって、星野氏を読み
解いていく様をロングインタビューで見てみたかった。

でも今回の対談でも、「われら猫の子」に嫉妬した、という
件を読んで彼我の差を感じた。やっぱ、違うわ…。
自分は「われら猫の子」に何も感じることができなかった。
でも松浦氏は絶賛。文芸誌の講評でも随分評価が低かったと
記憶している。改めて松浦さんの凄さを知る。

345 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/29(日) 20:39:06
自分がわからない作品を松浦がわかったからって、
松浦がすごいことにはならないだろ。

ちなみに俺も「われら猫の子」はよく分からなかったけど、
何かを感じ取れている松浦がすごいとは思わない。

能力云々とは関係ない。
その作品を面白がるレセプターがあるかないかの違いだろう。

346 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/29(日) 22:23:56
名無しさんをやめて猫になりたかった

347 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/01(水) 01:51:31
チェチェン情勢は熱く語るが早稲田の不当逮捕は冷笑かい
はいはい
こゆのが文学者のわけないんよ

348 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/01(水) 09:44:04
「不当逮捕を冷笑」って何処でしてたの?

349 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/01(水) 13:03:19
見殺しにしただけかと。
学生の評判はがた落ちだけどね。

350 :吾輩は名無しである:2006/03/01(水) 03:13:39
見てないので状況がわからないのだが、保身てことじゃない理由もあんでないの?

351 :吾輩は名無しである:2006/03/01(水) 17:58:37
例えば?

352 :吾輩は名無しである:2006/03/01(水) 18:08:58
>>347
こういうのが文学者なのです。

353 :吾輩は名無しである:2006/03/01(水) 21:58:48
>>351
不当逮捕だとは思ってない、とか

354 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 00:35:00
イチローが嫌いみたいね
スポーツの真剣勝負の場で
いかに精神力が大事かっていうのが
わかんないんだろうな

小説も机上の空論って感じだし。

355 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 01:37:23
偉そうだから嫌いって……
イチローのもともとの発言は韓国を煽ったわけじゃなかったんだがな。
一流スポーツ選手が自負を示したり、
自分にプレッシャーかけて結果残したりすることの
意義がわからんのだろうな、この三流作家には。

356 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 01:46:42
こういう本業でろくろく結果出せない奴に限って
一流の言葉尻つかまえてきいたふうなことを言う。
小説一本で生活してみろや。
早稲田問題で保身かました事実は追究し続けてやらんとな。

357 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 02:07:31
チョンだから反応したんじゃ

358 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 02:46:39
貴乃花の尊大さはマンセーしてたのに、
イチローは駄目なんだ。
つくづく無茶苦茶だな、こいつは。

359 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 08:03:49
イチローが嫌いだというのはまぁ解らなくもないが、
延長で日本が負けろというのは酷い。

360 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 16:50:54
>小説も机上の空論って感じだし。


361 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 19:17:14
マウンドに国旗たてるような行為の方が
アレな気がするけどな〜

362 :吾輩は名無しである:2006/03/22(水) 01:13:32
イチロー活躍、日本優勝記念age

363 :吾輩は名無しである:2006/03/22(水) 12:12:12
本性が出ちまったよな…
「日本的」なものをことごとく憎むな、こいつは。

364 :吾輩は名無しである:2006/03/22(水) 12:54:26
朝鮮人だからかな?

365 :吾輩は名無しである:2006/03/22(水) 14:04:02
星がつく苗字の早稲田のやろうだろ
終わってる

366 :吾輩は名無しである:2006/03/22(水) 21:27:30
イチローに対してぼろくそ言ってるのは、
星野という苗字は100パーセントちょんだから。
このバカちょんが!

367 :吾輩は名無しである:2006/03/22(水) 21:50:07
星野はどうしてイチローが嫌いなの?
そんなのは、まともな小説が書けるようになってからにしろよ。
女子供を騙してるだけじゃ駄目なんだよ、高橋源一郎と星野。
いい加減にわかんないかなぁ。。

368 :吾輩は名無しである:2006/03/22(水) 23:40:09
星野の小説読んだことあるのか?

369 :吾輩は名無しである:2006/03/22(水) 23:47:28
ヽ(^^)ノ

370 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 00:54:39
源一郎と並べるのはかわいそうだな。

371 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 10:44:05
ニュー速にでも貼り付けやろうかな?
って、でも宣伝になったらやだしなあw

372 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 13:22:34
イチロー嫌いなのは勝手として、試合見てないのに「延長で韓国の勝利が妥当」
と言える神経は作家失格。

373 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 14:39:16
やや妄想的なのは作家向き。

374 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 15:10:41
WBCが気持ち悪いのは十分解る
でもイチローはいろんな意味でヤバかったよ

375 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 15:14:14
イチローは今後のことを考えていろいろとキャラづくりをしてるんだろ。
アドバイスしてくる怪しい人間も沢山いるんじゃないか。

376 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 15:45:02
なぜイチローが嫌いなことに問題があるの?
別にいいと思うけど。

377 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 15:47:52
イチロー嫌い=サヨ
っていう風潮があるんじゃないの?
だから、「ほら、星野はサヨだ!」って言いたいんだよ。
しょんべん臭いけど、そんな世の中。

378 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 15:51:12
別に問題ないけど、あの権威的って表現は
やっぱり韓国に対してのものを指してるのかな?

379 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 16:22:00
国民のへんなナショナリズム的感情を煽るような態度が癇に障るんじゃないか。

380 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 16:36:39
日の丸日の丸って連発するのは頭よくないな
でも勝つために意識的に日の丸って言葉を使ったのかも
じっさい勝ち残ったのは、レベルの高い選手の寄せ集めじゃなく
国際経験の量とか、兵役免除だとかチームとして結束してたところが勝った
でもモチベーションのために日の丸を持ち出すのは
戦争そのものみたいでヤバい。でもプロとして勝負にどうしても勝ちたいから
日の丸を連発したのか?それともホントにイチローがバカなだけだったのかな
ただ、星野が言うほど権威的とは感じなかった
なんかイチローの言動ってすべてが作り物くさくてよく解らん
外野で守備してるときですら観客・カメラを意識してる

381 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 16:49:19
>なんかイチローの言動ってすべてが作り物くさくてよく解らん
>外野で守備してるときですら観客・カメラを意識してる
たしかにそっちの方が癇に障るなw
でも彼はプロ(=商売)としてそれをやってるからな。
彼は日の丸を利用して私益を追求している。
それが一部の人に不快感を与えている。

382 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 17:31:29
イチローがしゃべってるときとか、人間が話してるようにみえない
ドラマの登場人物とか、機械がしゃべってるみたい。上原とはしゃいでるときすら
大体プレースタイルが機械そのものだし
日の丸の重さとか、チームの結束とか、韓国への不快感とか
イチロー機械はそういう神経症とは無縁だとおもってたから、
権威的だとか以前にびっくりした
(ただ唯一、優勝決まった直後のインタビューの十秒くらいだけ人間になってた)
今シーズンはイチローに人間が導入された年だから成績がどうなるのか気になる

383 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 17:31:48
なんだか論の方向性がクダらねぇスレだな。

俺の周辺では、イチロー嫌いの多くが中田ヒデも嫌いらしい。


384 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 17:36:25
ふたりともメディアを利用して私腹を肥やしてるからじゃないか。
中田は嫌韓でもないし、通じてる点はそのくらいだと思うよ。

385 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 17:36:31
でも中田は絶対日の丸を口にはしないよね
やっぱりアスリートとしては
イチローが中田より凄いと思う…たぶん

386 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 18:54:38
でも星野は中田や貴乃花の尊大さはオッケなんだよな。
イチローがナルで尊大だから嫌いだってのは
一貫してないんでないかい。
ナショナリスト的発言が気にいらねえって書くんなら
まあわからんでもないが。

387 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 18:57:47
>>382
ナカタやタカノハナの現役の頃の方が
よっぽど機会っぽく感じるけどなあ、わたしは。

388 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 19:05:52
こんな小説もエッセイも教授wも三流
なにやらしても半端モンに天才イチローをくさす資格なんかあるか。
理由は尊大でナルシストだからあ?
なんじゃそりゃ。

389 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 19:08:50
ナルシストで尊大といやあ、
てめえこそ鏡見ながら俺って若いよなぁ、ヘラヘラとか
日記に書きくさる馬鹿だぜ、こいつ。

390 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 20:11:40
星野がイチロー嫌いなのは
野球に対する嫌悪感からはじまってるんじゃない?
一応応援はしてるとか、建前で書いてるけど

391 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 20:30:02
「イチローのナショナリスト的発言が気にいらない」ってのもあるだろうけど、
それに反応する韓国人のナショナリズムはどうなんだってコトにもなるわけで、
だから、そんな堂々巡りな話は面白くないのだ。
>>355にもあるけど、イチローの発言は特定の国を名指したものではなかったはずで、
アメリカ暮らしが長いから、つい表現が劇的(オーバー)になってしまうのだろう。
敢えて言えばイチロー発言より朝鮮日報の記事のバランス感覚こそオカシイ。
日本でいえば「東スポ」のセンスに似ているが、こんなタブロイドが本当に韓国のトップ紙なのか?
それに、韓国にはワールドワイドな視座を持つスポーツジャーナリストがいないのかな? 
いちばんいいのは、日本のプロ野球が韓国を併合してしまうことだ。
韓国には現在8つのプロ球団があるが、日本のリーグで通用するレベルに戦力を整えると
2球団ぐらいにはなるだろう。それをセ・パ両リーグに編入してしまおうというわけだ。
パシフィック・リーグでは札幌から福岡まで離れているわけで、その間に京城や釜山を
フランチャイズにする球団があっても移動にともなう選手の肉体的疲労はそれほどでも
ないだろう。ちょうどMLBのエクスポズとブルージェイズみたいな感じになり、これで
両国の野球交流が深まれば実に意義深いものとなるだろう、ってか。
ところで、韓国が野球のリベンジマッチを要求してきそうだ。
日本に負けて悔しいのは解るけど、野球に関しては基礎的なものがまるで違うのだから
仕方がないだろうにな。
キューバの投手陣が一列に並びタオルを握ってシャドーピッチングをしていたけど、なんか、
あれは変な感じだったね。話によるとキューバ野球の関係者は度々日本へ視察に訪れるのだそうで、
日本で眼にしたものをさっそく自国で採り入れたのだろう。タオルを振ってフォームチェックをするのは
世界広しと言えども「ヤキュウ」ぐらいだろうからね。

まぁしかし、つい最近まで過疎スレだったくせに、ここもWBCの恩恵に浴してんだな。
世界チャンピオン日本ばんざい! 野球ばんざい!

392 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 20:33:55
いや、イチローの韓国に対する発言は
アメリカでもちょっと問題になってるよ
韓国の日本に対する敵対心とか、
なぜ日本と韓国の関係が悪いのかとか、
向こうのフォーラムやらでも話題になってる

393 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 20:48:39
>>392
>なぜ日本と韓国の関係が悪いのかとか、

欧米人は極東のことなど関心が無いからね。
サッカーW杯の共同開催にしたって、日本と韓国が
どこにあるのか知らない人もいたよ。

394 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 20:49:29
だからもともとは韓国だけに対する発言じゃなかったのよ。
気合入れて実力みせてやるぜ!くらいの意図。
世界一の実績持つバッターがそれくらい言うのがそんな尊大か?
それを韓国がウリの国が馬鹿にされたニダって過剰反応して
騒ぎが大きくなった。
つか、この糞作家がイチロー嫌いなのは
ナショナリストだからじゃないんだろ?
ナルシストで尊大だからってんだろ?
馬鹿にもほどがあるよ。
野球に興味なく知りもしないのに
延長で負けるのが当然とかなんの根拠あって言ってたんだ?このタコは。

395 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 20:57:46
ウンコ日記更新してるよ。
イチローが権威的で癪にさわるんだってさw

396 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 21:02:31
もし一流のサッカー選手がプレーでなく
言動だけで底意地悪く批判されてたら星野だって嫌だろう。
野球嫌いで全然見てないなら、黙ってろよ、
そんぐらいの感性もないのか。

397 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 21:03:57
だから、この人は野球が嫌いで嫌いで仕方ないの
でも野球が嫌いっていうのは大人気ない
ほかのスポーツにたいする理解を示したい
だから野球に対する敵意がイチローにむかって横滑りしてるんだって

398 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 21:05:43
コネでとった賞の権威だけで
作家と教授wやってるヘタレがよー言うわ
一度実力で本売ってみろよ。

399 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 21:08:42
サッカー知らん香具師が中田は生意気だから
嫌いとか言ってるのとなんも変わらんぞw

400 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 21:09:42
たしかに今回のイチローは変なクスリやってんじゃねえかってくらい
オカしなテンションだったよ。だから嫌悪感抱いても仕方ない
でもトップクラスのアスリートって、ときどき精神崩壊するよ
ガリガリになった貴乃花だってそうだし、
中田も日記読んでると最近精神が不安定でしょ
高橋尚子とかもなんか変な宗教っぽくなっちゃったし、
イチローもその類じゃないか?
それにいちいちむかつくとか日記に書くのが大人気ない

401 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 21:10:26
この馬鹿は「権威的」っていう言葉の意味わかってんの?

402 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 21:10:38
イチローはナショナリストっぽい発言をすればウケるっていうのをわかっててやらかしてるからな。

403 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 21:13:09
イチロー効果でこのスレもずいぶんと盛り上がってるな。

404 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 21:14:32
ナショナリストは気にいらねえ、
って最初から書いてりゃある種の左翼新派の作家として筋は通ってると思うけど
そうじゃないからね。

405 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 21:50:05
サッカーは良くても野球は駄目なんだよね。

406 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 21:58:21
金もあるし美人で聡明な奥さんもいる。スポーツカーや大豪邸も当り前。
世界的名声を得たイチロー。
俺にないものを全部持っているのだから、もういいじゃないかと思いがち。
でも天才肌の人間はココからが違うのだ。
優勝したい気持が有るのか無いのか分らない弛緩したチーム
(ハッキリ言ってマリナーズ)で燻る彼は、「ジャパン」の一人として
メンバー全員が明確な目標で野球に打ち込む環境が本当に嬉しかったのだと思うね。
彼はそこで(おそらく生まれて初めて)「日の丸」の意味を見出したのだろう。
燃焼できたんだ。充実したんだ。その意味でうらやましい。
イチローがアメリカへ渡ったとき、日本の野球界(のシステム)を軽蔑していたはずだ。
本場はアメリカだから、そこに行けば「本物の希望」が掴めると思ったはずだ。
だが実際は、アメリカの野球人の誰もが「王貞治」の名を知っていて、彼の功績を讚えていた。
そのときにイチローのなかで変化があったはずなんだ。
本当は、「祖国を愛している」「誇りに思う」と言うことにナンの不思議も無いはずだけど、
最初から素直にそう思える人間を創れないところに歪みがあるんだろうなぁ。
また、そうした思想が「進歩人の証」だと錯覚を起こして文学賞の審査員のイスに
しがみついてるような輩を断固として軽蔑するね、俺は。
今の俺に必要なのは、正しく導いてくれる文学の師匠だ!

407 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 21:59:01
>>406
>今の俺に必要なのは、

なんだ、自分の話だったのか。

408 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 22:16:01
そういう自分勝手な物語を作るのは良くない
イチローは純粋にプレイヤーとしてすごい
それだけ

409 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 22:25:07
で、なんでこの人は野球嫌いなの?

星野が好きな(はずの)キューバでは野球は国技でしょうに。

410 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 22:37:06
やっぱつまんないからじゃないの?
キューバで国技とか関係ないだろう

411 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 22:43:23
ココまでを総括するとつまり、
星野ちゃんの頭はヘッディングのしすぎってことだな?

412 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 22:54:48
いや、野球は退屈でつまらんということだ。

413 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 23:38:57
サカオタってなんで野球にちょっかいだしてくんの?
誰もおまいにみろなんていうてへんがな。

414 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 23:40:22
イチローに嫉妬してんだよ

星野さんは、実生活の方では結構一人ぼっちなんじゃないかな

415 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 23:41:52
>>412
>いや、野球は退屈でつまらんということだ。

そういうこと云うから髪が逃げていくのだ。

416 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 23:48:30
イチローより星野智幸の発言のほうが面白いな

417 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 00:03:14
ヒント チョn

418 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 00:07:30
みんな、ナニを見てカキコしてんの?
……、ああこれか!
「言ってしまえばよかったのに日記」
製本されたのを見ると“作家の先生”だけど、
こうして読めばフツーの兄ちゃんだな(星野ちゃんに限らず)。
でもなんだなぁ。この手のはそのほとんどがシマダンのコピーに見えなくもない。
大学のセンセーになる小説家ってのは、現役を終えて「解説者」になる野球選手に似ている。
もっとも「審査員」になって蒙昧にフカしてんのよりはイイけどサ。

419 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 01:55:20
イチローより、延長で日本が負けるのが妥当だと言っているのが病気だな

420 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 02:16:10
>延長で日本が負けるのが妥当だと言っているのが病気だな
それどこで いってたの?明らかにチョン発言としかおもえんジャン

421 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 13:33:08
いや、野球は退屈でつまらんということだ。


422 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 15:57:30
消される前に保存しときましょうか。

http://www.hoshinot.jp/diary.html
>ほとんど関心はないから見てもいないのだが、
野球のワールドカップで、日本は幸運にも準決勝へ進めた。
大会そのものがアメリカの思惑に基づきおよそいびつで
(なぜ同じチームとばかり当たるのか?)、
そのいびつさの一つが審判問題なのだろうし、
こんな形で先へ進んでもあまり意義はないと思うけれど、
韓国と三度対戦するのは悪くないだろう。
私としては、延長で日本が負けるのが妥当だと思っている。


423 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 19:18:58
>>408
>そういう自分勝手な物語を作るのは良くない

バッキャロー!
事実はあれで間違いない。
テレビの特番でやってたんだから。
ヽ(^^)ノ

424 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 19:20:42
>>347
>チェチェン情勢は熱く語るが早稲田の不当逮捕は冷笑かい

なにそれ?

425 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 20:23:38
>422
完全にチョンな文章ジャンw

426 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 20:28:30
早稲田の人間はこんな奴の研究室の配属断れよ
日本人だと何されるかわからん

427 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 23:29:51
>>424
>なにそれ?

昨今、車ひっくりかえして火ぐらいつけないと
関心も薄いからね。
星野にとって大切なのは自分の髪形なんだろう。


428 :吾輩は名無しである:2006/03/25(土) 00:06:35
つられまくってるね
バカが沸いてきたよ。

429 :吾輩は名無しである:2006/03/25(土) 01:57:56
ナカタのことも君が代斉唱しないから好きだったんだろう

430 :吾輩は名無しである:2006/03/25(土) 14:47:31
最近、相撲ネタ書かないね、見てないのか?
白鵬の相撲は全盛期の貴乃花を彷彿とさせる凄さだぞ

431 :吾輩は名無しである:2006/03/28(火) 13:08:48
浦和の場当たり的で個人頼みなサッカーを「連携が美しい」とか書いているこの人とは
スポーツ観はもちろんサッカー観すら合わんな。

第一、サポの行儀が悪く資金源も怪しいレッズのファンかよw

432 :吾輩は名無しである:2006/03/28(火) 13:15:50
>>431
>第一、サポの行儀が悪く資金源も怪しいレッズのファンかよw

そこに「連帯感」を感じるそうです。

433 :吾輩は名無しである:2006/03/29(水) 03:28:45
実力一本でいままでの地位を築いてきたイチローと
コネで得た文学賞と教授職で世渡りしてきた星野と
はたしてどっちが権威にすがった生き様か。

434 :吾輩は名無しである:2006/03/29(水) 08:24:33
>>433
>コネで得た文学賞
>世渡り

いくらカッコいいざれ言をほざいてみても、己の保身を第一義に置かない
コミュニストをこれまで見たことがない。


435 :吾輩は名無しである:2006/03/29(水) 08:36:31
>>433
そんな比較に何の意味があることやら

436 :吾輩は名無しである:2006/03/29(水) 13:53:01
コミュニストだっけか?

437 :吾輩は名無しである:2006/03/29(水) 16:20:27
星野が出てきてすぐマジレスするからつまらなくなる。

438 :吾輩は名無しである:2006/03/29(水) 17:31:07
チョン

439 :吾輩は名無しである:2006/03/30(木) 11:30:21
赤が好きだからレッズファン

440 :吾輩は名無しである:2006/03/30(木) 12:14:09
星野仙一?

441 :吾輩は名無しである:2006/03/31(金) 19:31:22
星野の日記って餓鬼の作文みてぇだな。
それに、そんなに云うならオマエが出ろって。

442 :吾輩は名無しである:2006/03/31(金) 19:42:06
プレイヤーの大口は許せなくて視聴者の立場ならOKなんだな。
嫌な消費者だ。自分の本はちっとも売れないくせに。

443 :吾輩は名無しである:2006/03/31(金) 20:07:02
自分の日記なのに「私は〜」だって。
当り前じゃん。
オマエの日記、俺が書いてどうすんだよ。

444 :吾輩は名無しである:2006/03/31(金) 20:36:03
星野の小説読んだことあるの?ないやつは、批判する資格がない。

445 :吾輩は名無しである:2006/03/31(金) 20:40:31
>>444
このすれでそれは禁句です。

446 :吾輩は名無しである:2006/03/31(金) 20:56:18
>>445
俺は『目覚めよと人魚は歌う』を読んだぞw

447 :吾輩は名無しである:2006/03/31(金) 21:02:34
鳩の糞被害がある横浜なんてやめてさ、
さいたまに引越しちゃいなよ。
今の家賃で倍の広さの部屋が借りられるよ。さいたまなら。

448 :吾輩は名無しである:2006/03/31(金) 22:49:34
おいらは、全部よんだよ。

449 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 03:57:28
たしかに、埼玉に引っ越してレッズだけ応援してくれっていう気持ちもある。
もういいから代表には触れないでくれ。

450 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 13:02:42
読んだけどつまらん

451 :吾輩は名無しである:2006/04/03(月) 18:40:57
夕刊一ページ近く使って電波垂れ流すのはやめてほしい

452 :吾輩は名無しである:2006/04/03(月) 23:10:45

kwsk

453 :吾輩は名無しである:2006/04/04(火) 04:47:38
例のWBCとイチロー関連だよ
無理やり小泉純イチロー(原文ママ)批判にまで繋げてた

454 :吾輩は名無しである:2006/04/04(火) 07:33:47
赤旗?

455 :吾輩は名無しである:2006/04/04(火) 17:45:13
http://blog.livedoor.jp/mumur/archives/50443491.html

政治思想と小説のデキは関係ないとは思うが、
これはさすがに程度が低すぎるだろ……

456 :吾輩は名無しである:2006/04/04(火) 19:55:13
>>455
スポーツと政治を結びつけて考えるのは、そうした方が星野にとって都合がいいからだ。
まず結論ありきで、そこから逆算して材料を集めるものだから、小手先の編集で捏ねくり
回したようなものになる。まるで朝鮮日報と同じやり口なんだな。でも彼は取材記者では
なく作家なのだから、それでいいのだろうけど。怒りを込めた創作なんだな、これは。
ただ彼みたいなタイプは、日本人の右傾化には敏感なくせに中国人のそれにはとんと無頓
着なものだから、まるで説得力がないのだな。
ところで>>347の件はどうなったの? 言論弾圧の前に確固たる態度を表明しないことには
「イチローは生意気です」もヘチマもねぇだろう。
こういうのが、そのうち髭を生やすようになるのだ。

457 :吾輩は名無しである:2006/04/04(火) 21:55:19
星野智幸のような不逞の輩、力道山のころいなくて良かった。
(´・ω・`)

458 :吾輩は名無しである:2006/04/05(水) 09:06:25
『2002年のワールドカップで、〜ものすごく多くの日本人たちがこっそりと韓国を侮蔑するような言葉を
次々吐きつけるのを聞いて、激しい嫌悪感に駆られた。そのころからすでにWBCでのあの状況は用意され
ていたと言ってもいい。』

星野は、こうした予断を絡めたアバウトなことを書くから誤解されるんじゃないのか。日本周辺諸国が「反
日」を唱えるとき、戦争を体験したことのない特に若年層においては、どうして自分たちだけ“自分が産ま
れた最初から”ボロクソに言われなければならないのかワケが分らず、朝鮮や中国に愛国があるなら、そりゃ
あるだろうが、日本人としてのそれを手っ取り早く確認できたのがスポーツだった、ってことじゃないのか? 
それはイケナイことだろうか?
星野は日本が嫌いなんだかナショナリズムそのものに嫌悪しているのか、よくわからん。

『サッカーのアジア選手権で中国の人たちから激しい罵声と暴力に近い行為を受けながら、あのときの日本
代表は、中国チームを差別するような発言はしなかった。』

日本人は過去の悪行で何を言われてもやられても仕方がないのだから、日本人だけいつまでも我慢すればす
べて丸く収まるんだって云っているみたいだ。だが、それじゃ誰も納得できないってところまできているの
でしょう。それまでためらっていた人たちが、日の丸を大っぴらに振りかざしてもいいんだってことに気付
いたなら、それでいいはずだ。
なんにしても、誰が先に挑発したのナンだのって話は矮小だ。
カシアス・クレイ=モハメド・アリは、インパクトのある言動で自分を追い込み己に暗示をかけることで
一時代を築いた真のスーパー・チャンピオンだったが、ボクシングの世界じゃよくある話なんだけどな。
多分、星野は作家として、ある“大きなテーマ”に挑んでいると思うんだけど、まったく筆が追いついてな
いって感じだ。そのことではあまり偉そうなこと言えないけど。
まぁとにかく、アゴはアゴでも高橋“遅鈍”源一郎がウンコをもらして叱られるチワワなら、アントニオ
“燃える闘魂”猪木は蝶のように舞い、蜂のように刺す華麗なチーターってワケだな。

459 :吾輩は名無しである:2006/04/05(水) 14:39:39
>星野は日本が嫌いなんだかナショナリズムそのものに嫌悪しているのか、よくわからん。
まああの文章を読むとそんな印象もうけるな。
本人にメールしたらどう?
あ、あと最後の猪木がようわからん。

460 :吾輩は名無しである:2006/04/05(水) 16:35:05
>>459
>本人にメールしたらどう?

分ってて云うなよ。

461 :吾輩は名無しである:2006/04/05(水) 20:44:59
サッカーだけぢゃなくて野球にも進出か。もしかしてオリンピックも好きなんかな?スポーツで書けば食えるっつうことかいな。

462 :吾輩は名無しである:2006/04/05(水) 20:51:34
女子供にババァと赤、そんなものをたぶらかして糊口を凌ぐ真似はもうやめだ。
いま俺は「怒れる作家・星野智幸」が誕生する現場を確と目撃した!
だが、星野はまるで風車に向かって体当りを目論んだ人のようでもある。彼は「国家」と
いう大きな枠で括りがちだが、日本だ韓国だとやってみたところで、それはいろいろな人
間で構成された複合体のことでもある。ネーションの壁を越えた向こうに何が見えるのか
俺には解らないが、その根底にくすぶる怒りをいま自身に還元させることで俺達は、
既得権益蔓延るこの複雑怪奇な現代社会において左右に別れた奇妙なる共同戦線を張るこ
とが出来るはずだ。
既に彼はペンを握ったひとりのソルジャーだ。
この場合、戦闘の根拠は己の血となるが、その全身で紅に滾る血だけが星野にとっての正義であり、
俺の正義だ!
星野よ。
ただひとこと聞かせてくれ。
「高橋“痴愚”源一郎より俺の作品こそ数段格上なのだ」と!

463 :吾輩は名無しである:2006/04/05(水) 21:47:34
すばる文学賞の選考委員になったそうだね。
出世魚。

464 :吾輩は名無しである:2006/04/05(水) 22:30:54
「なに? それは本当か! じゃあ共闘は取りやめだ!
 まったくどいつもこいつも、代表作を残す前に審査員になりゃがる。
『監督が社長ならコーチは重役、選手は平社員だ』、かつてバファローズの
 あるコーチにそう言われた野茂英雄は、『こんな連中と一緒にやっていられるか』
 と、日本球界と決別してメジャーへ移籍したのだったが…… 星野よ、お前もか!」

465 :吾輩は名無しである:2006/04/05(水) 22:48:04
WBCでは確かに日本が優勝したけど、「巨大な米帝を日本が倒した!」なんて
喜び方している人、俺の周りではいないな。野球好きならなおさらでしょ?
自分の国を代表したチームが勝って嬉しいけどね、やっぱりメジャーは肩が強
いし、パワーがあるし、球も速いし、テンポがあるし、やっぱり世界で一番な
んだ。まぁ選りすぐりの多国籍人リーグだから当り前だけどね。世界の頂点に
あるリーグを制覇した球団が「ワールドチャンピオン」を名乗っても、俺は違和感ないね。

466 :吾輩は名無しである:2006/04/05(水) 23:49:18
すばるも審査員はチョン2人まずることになる
人口比率でいけばおかしくないか?
逆差別というか

467 :吾輩は名無しである:2006/04/05(水) 23:53:51
この人は単にサッカー好きの野球嫌いというだけじゃないのか?
すべての発想がそこから生まれているような気が…。

468 :吾輩は名無しである:2006/04/05(水) 23:58:58
チョンだから・・・・・・

469 :吾輩は名無しである:2006/04/05(水) 23:59:22
日記よむかぎり野球はあんま見てないね。
ルール位知ってんだろうか?
日韓戦ちゃんと見てりゃイチローの屈辱的っつう発言の理由くらいはわかるだろうに
イチローの態度や発言にはイタイとこもあったけどね。
これからは試合を見てから書いてくださいな。

470 :462:2006/04/06(木) 01:02:22
>>462
>この場合、戦闘の根拠は己の血となるが、その全身で紅に滾る血だけが星野にとっての正義であり、
>俺の正義だ!

最後の二行が気に入らないので、書き直す。
「この場合、戦闘の根拠は己の血となるが、その全身で滾る紅の脈動だけが星野にとっての真実であり、俺の正義だ!」

まぁ、審査員と堕したヤツにはカンケーないけどね。



471 :吾輩は名無しである:2006/04/06(木) 13:03:27
エッセイで、トリノ五輪での日本勢の不振に抗議殺到したことについて
「こんなことはかつてあっただろうか?」なんて言ってるけど、
かつて東京オリンピックで、立派に銅メダル取ったものの、金メダルでなくて
すみませんと書き置きして自殺したマラソン選手いたことぐらい知らないのだろうか?
昔の五輪選手のほうがはるかに日の丸意識を背負っていた。

知らないというのは、すでに日本人じゃないだろ。



472 :吾輩は名無しである:2006/04/06(木) 13:11:58
とりあえず、現役引退後の猪木はただの大馬鹿芸人に堕ちたと。

473 :吾輩は名無しである:2006/04/06(木) 13:17:39
イチローの「ぼくの野球人生の中で最も屈辱的な日です」という発言は
観客席韓国人のヤジに負けて取れるファールフライを取れなかった
(その直後失点)ことを半分指しているのだから
星野センセの論点は最初から間違ってます。

474 :吾輩は名無しである:2006/04/06(木) 13:33:36
この話題ばかりしつこいな

475 :吾輩は名無しである:2006/04/06(木) 13:38:42
久々に、大江健三郎なみのバカ作家が登場した気がする。

476 :吾輩は名無しである:2006/04/06(木) 15:02:28
WBC以来、このスレが賑わいだしたね。

477 :吾輩は名無しである:2006/04/06(木) 15:24:19
本人がしつこく取り上げてるからな

478 :吾輩は名無しである:2006/04/06(木) 15:33:53
やっぱり世間じゃ野球>サッカーなんだね。

479 :吾輩は名無しである:2006/04/06(木) 15:41:15
>>472
>とりあえず、現役引退後の猪木はただの大馬鹿芸人

甘いなぁ。猪木は最初から滅茶苦茶なんだよ。そこがいいんじゃないか。
今だってそうだ。「お元気ですかぁ〜!」「元気があればホームレスだってできる」ってさ、
普通じゃないんだよ、もう。(試合後)リングを降りたあとも丸ごと含めての「アントニオ猪木」なんじゃないか。
いつしか観衆はプロレスを純然たるスポーツとして見るようになってしまって、
そこから業界の凋落が始まったんだ。(ひいきのレスラーが)負けても面白いって不思議な美学があるんだけど、
まぁ、何事も表面的な星野スレでこんな話をしても仕方ないけどね。

480 :吾輩は名無しである:2006/04/06(木) 15:44:42
>>473
>観客席韓国人のヤジに負けて取れるファールフライを取れなかった

あの場面、観客にユニフォームの袖を引っ張られていたように見えたけど、、?
客席の「ヤジ」にいちいち腹を立てていたらプロではやっていけないよ。
実際、上原などは「甲子園のほうがもっとキツイ」っていってるし。

481 :吾輩は名無しである:2006/04/06(木) 16:19:34
イチローは普段ちやほやされてるだろうからな。
かなりショックだったんじゃないか。

482 :吾輩は名無しである:2006/04/06(木) 16:29:57
星野はこれからもWBCに関して際どい発言を続けるべきだよ。
ナンか小説書いてるようだけど、それはちっとも話題にならない代わりに
WBCネタでこんなにレスが伸びてるし。

483 :吾輩は名無しである:2006/04/06(木) 16:46:13
久々に、大江健三郎なみのバカ作家が登場した気がする。


484 :吾輩は名無しである:2006/04/06(木) 16:54:45
年寄りにはまだまだ野球人気が根強いんだろうなあ。

485 :吾輩は名無しである:2006/04/06(木) 18:37:43
こいつって在日?

486 :吾輩は名無しである:2006/04/06(木) 19:06:13
>>480
>客席の「ヤジ」にいちいち腹を立てていたらプロではやっていけないよ。

イチローのあの怒り方はただ事でなかったからなぁ。
試合後の記者会見で「あのボールは捕れました」ときっぱりコメントしてたけど、
魅せることに徹した美意識の高い選手だから、客席のヤジにではなくファインプレイ
をひとつ邪魔されたことへの怒りだと思うな。


487 :吾輩は名無しである:2006/04/06(木) 19:55:55
あの場面、確かにヤジだけでなくユニを引っ張られて守備妨害されてたね、イチロー。

488 :吾輩は名無しである:2006/04/06(木) 20:46:13
島田雅彦といい星野といい、ホントに似非サヨクだな。

489 :吾輩は名無しである:2006/04/06(木) 21:02:15
チョン

490 :吾輩は名無しである:2006/04/06(木) 21:20:19
4月4日の日記って「きっこの日記」みたい。
メールアイコンのリンクが切られていたけど、
ついに反論無用となってしまったようだ。
世の名も無きプロガーたちはメールもコメントも受け付けているのに、、、
星野智幸の「言ってしまえばよかったのに日記」、
こういうのを電波っていうの?



491 :吾輩は名無しである:2006/04/06(木) 21:22:50
>>490
>メールアイコンのリンク

Englishモードからは?

492 :吾輩は名無しである:2006/04/06(木) 21:23:32
メールできなくなったんだ。
だったら、それをサイト上に明記してほしいな。
XXXだからメールアドレスを非公開にした、みたいな。
それにしてもこのスレ異様に盛り上がってるな。
みんな野球ファンなの?

493 :吾輩は名無しである:2006/04/06(木) 21:27:56
野球ファン・・・・35%
ただ星野が嫌い・・55%
プロレスファン・・ 3%
その他・・・・・・ 7%


494 :吾輩は名無しである:2006/04/07(金) 00:23:14
普通に考えたら、デザイン直したときに
メールのリンク張り忘れたんだと思うが

495 :吾輩は名無しである:2006/04/07(金) 04:49:30
おバカなメールにいちいち目を通したくないんだろ

496 :吾輩は名無しである:2006/04/07(金) 04:52:26
本人がバカだから類は友を読んでるだけだし…

497 :吾輩は名無しである:2006/04/07(金) 04:53:48
>>495-496
なるほどそういう事か。
よくわかる話だ。

498 :吾輩は名無しである:2006/04/07(金) 07:32:47
ただ星野が嫌い・・55%
野球ファン・・・・35%
プロレスファン・・ 3%
熱狂的星野ファン・ 2%
その他・・・・・・ 5%

499 :吾輩は名無しである:2006/04/07(金) 12:29:30
>>496
ということは星野に反発してメールするの連中はバカ?


500 :吾輩は名無しである:2006/04/07(金) 12:30:49
>>483
おまえよりはバカじゃない気がする。

501 :吾輩は名無しである:2006/04/07(金) 14:05:26
星野ページの写真は狡いぞ。
アレは禿げる前じゃないか。
星野は吉田の潔さを見習え。

502 :吾輩は名無しである:2006/04/07(金) 14:17:11
とりあえず「きっこの日記」よりはるかにレベル低いぞ
在日ネタ以外つまらんし

503 :吾輩は名無しである:2006/04/08(土) 05:07:13
まあ よくある手だが 韓国系を中国系といつわるのはソフトバンクの孫そうだしな
おまえらも今日本でどんなこと起きてるか政治板たまには覗けよ

504 :吾輩は名無しである:2006/04/08(土) 15:17:44
どのスレ?

505 :吾輩は名無しである:2006/04/08(土) 21:12:17
肝心の小説がなー、おもしろくないんだよね。

506 :吾輩は名無しである:2006/04/09(日) 18:54:21
焼豚は、うざい。文学版にもくるかよ。いかれてるな。双六でも見てろよ!!

507 :吾輩は名無しである:2006/04/15(土) 05:27:16
よかったね星野クソ!!
これでウヨのみんなにも知名度うpだお
http://www.policejapan.com/contents/syakai/20060414/index.html


508 :吾輩は名無しである:2006/04/15(土) 06:47:12
そろそろ日も出てきたし寝るわ。
みんなちゃんと本読めよ〜!

509 :吾輩は名無しである:2006/04/16(日) 01:48:00
こいつにシンパシー感じてるサカ豚がいるのか

510 :吾輩は名無しである:2006/04/16(日) 03:38:46
>>507
GJ!
星野も有名になったなw

511 :吾輩は名無しである:2006/04/16(日) 16:31:08
星野智幸は馬鹿だお>M<

512 :吾輩は名無しである:2006/04/17(月) 04:00:54
>>511
禿同

513 :吾輩は名無しである:2006/04/17(月) 16:40:51
こいつあれだね スポーツで新しく仕事みつけようとしたら、
あっちなのがばれて窮地に追い込まれたね。
しかしな、早稲田がこんな馬鹿雇ってるのはほんとに日本やばいな。
研究室志望とかも減っていくかもね。

514 :吾輩は名無しである:2006/04/17(月) 18:17:34
いろんな、文芸賞取ってる作家さんに対して、よく言えるな、おまえら。
ネット右翼のおまえらは、星野より、いい小説書いてみろよ。

515 :吾輩は名無しである:2006/04/17(月) 22:01:58
ファンタジスタ文庫版の装丁がやばすぎる。

陸スタじゃねえかよ!!!

サッカー専用スタジアムでなく、糞陸上へっぽこスタジアムを装丁にするとは。
マリノスサポやFCサポがどれだけへっぽこ陸スタを嘆いていることか。

糞陸スタ並の小説ってことですかね?

516 :吾輩は名無しである:2006/04/18(火) 00:43:37
そうだな、これからもいい朝鮮文学書いてくれ。
応援してる。

517 :吾輩は名無しである:2006/04/18(火) 03:15:20
>>514
小説なんか興味ねーよ、バーーーーーーーーーーーーーーーーカ!!!1


518 :吾輩は名無しである:2006/04/18(火) 03:54:11
日本語が変>>514

519 :吾輩は名無しである:2006/04/18(火) 06:29:50
こんな舐めたこというやつがなんで日本で堂々と飯食ってんだ?
しかも早稲だの教授っておかしくないか?
腹たってしょうがない。

520 :吾輩は名無しである:2006/04/18(火) 13:29:01
星野さん、すっかり人気者ですね。
いつになくこのスレが盛り上がってるw

521 :吾輩は名無しである:2006/04/18(火) 20:26:19
>>517
だったら、文学板に来るなよ。

522 :吾輩は名無しである:2006/04/18(火) 23:05:16
WBCが終わったから、また定位置に戻る予定。

523 :吾輩は名無しである:2006/04/19(水) 20:09:19
そうでもないみたい

524 :吾輩は名無しである:2006/04/19(水) 22:21:24
>>517
お前の頭じゃ興味持ちようもないわなwww

525 :吾輩は名無しである:2006/04/20(木) 00:55:04
アンチ星野は必読
http://www.policejapan.com/contents/syakai/20060419/index.html

526 :吾輩は名無しである:2006/04/20(木) 01:53:01
この星野って人よく知らんのだが、俺がそのアンチだな。
未読の同時代作家に対してはアンチでいることをモットーとしてるんだ、俺。
早速そのページにいって、クソミソに貶すためのツボだけは押さえておくことにすっか。

527 :吾輩は名無しである:2006/04/20(木) 03:49:08
>>526
525の記事は星野のインチキ心理学(ただのインテリかぶれ)がプロに反撃されてて痛快
星野って前にもどっかの心理学者のこと叩いてたよな
でも叩く理由は一つも書いてなかったw

528 :吾輩は名無しである:2006/04/20(木) 17:45:36
「だが、私は韓国のナショナリズムに責任を負う立場にはない。韓国のナショナリズムを
批判する立場にはない。韓国のナショナリズムは、韓国に責任を負っている人が行うべき
責務である」
06年4月4日の日記で彼は書いているが、東京新聞に掲載された例の記事に対する批判を
かわすための、ちょっと言い訳めいたものが見え隠れする。
資本主義下における消費者の抗議活動としては不買運動などがあるが、自著を趣味で出版
しているわけではないであろう彼とはおそらく、ちょっとした騒動となっている今回の海
保の海洋調査にプロテストしてみせることなどないのに違いない。

529 :吾輩は名無しである:2006/04/20(木) 20:31:11
竹島はしっかりガードすべきだろう、星野先生。
それはナショナリズムとかそういうことじゃないはずだ。
猟師さんたちの日常。
それだけじゃないか。

530 :吾輩は名無しである:2006/04/20(木) 20:40:44
今の韓国を支持しているなんて基地街以外の何者でもない

531 :吾輩は名無しである:2006/04/20(木) 20:45:50
>>514
批評というものを全否定するアホ論理丸出しだな。
星野がどういう思想を持って何を書こうが勝手だが、
その表現に対する批評は当然甘んじて受けるべき。

532 :吾輩は名無しである:2006/04/20(木) 20:50:40
ナショナリストが住み着いてるな。

533 :吾輩は名無しである:2006/04/20(木) 21:34:51
星野は大陸系だから、別に韓国、北朝鮮に対してうんぬんはなかろう。
日本国籍であるしね。
ただ台湾問題等にはうるさいかも。

俺のしってる限り、朝鮮系はきつくて嫌だけど、大陸系の星野苗字や王苗字は
本当に良い人ばっかよ。

534 :吾輩は名無しである:2006/04/20(木) 21:47:31
こういう会話が出来るイチローは、星野なんかより人間の器が何倍もデカイなw
いろんな意味で大物だよ、彼はw

大阪・よみうりテレビ「ICHIRO-MONDOW」より

真「今度、始球式をやるんですけど、遠く投げるコツを教えて下さい」
イ「ハァ(深いため息)・・・・・・ちょっと今、『今度』の後、デートしませんかって
  感じに来て欲しかったんですけどね。
  ちょっとドキドキ勝手にしてしまいました。
  遠くに投げるコツか〜・・・遠くに投げて欲しくないな僕は、真央ちゃんに。
  とどかないでいて欲しい。イヤだよねwブワーッって投げたらw
  ・・・ところで真央ちゃんから見て、僕おっさん?」
真「w」(首を横に振る)
イ「これはあの正直に言って」
真「お兄さんです」
イ「恋愛対象になる?」
真「うん」(かわいくうなづく)
イ「真央ちゃんがかっこいいっていう男の人の・・・何だろ、こういう人がかっこいいっていう・・・」
真「イチローさんです」 (きっぱりと)
イ「俺みたいな人・・・タジタジになってしまいました僕はw」

<収録後>
――イチローの印象は?
真「はい、また会って、おはなししたいです」

――と、真央ちゃんが言っていましたが?
イ「マジですか?(にやける)
  そんな、な、何をおいても来ますよ僕は。
  WBCもキャンセルして来ようかな、それならw」 (※収録はWBC開催前)

ttp://uploader.fam.cx/data/u4566.jpg
ttp://blog.naver.com/iloveokinawa/30003470031

535 :吾輩は名無しである:2006/04/20(木) 21:49:26
ナショナリストでなにかいけないことがあるのか?
アンタは「地球市民」ってやつか?
それと533だが、それは一体なんのフォローになってるんだ?

536 :吾輩は名無しである:2006/04/20(木) 22:07:09
>>535
別にナショナリストでも焼豚でもいいが、よそでやってくれ。
ここは、文学板だ。小説について語るところだ。うざいから
出て行け。


537 :吾輩は名無しである:2006/04/20(木) 23:11:48
ナショナリズムは文学のテーマ足り得ないのか?
オマエは星野みたいなマンガ文学ばかり読んでるから莫迦なんだ。

538 :吾輩は名無しである:2006/04/20(木) 23:26:46
名前も知らね 興味も無し

539 :吾輩は名無しである:2006/04/21(金) 00:46:54
>>537
じゃ星野先生のどの作品を読んで漫画文学
ということなの?当然よんでるよね。読まずに
言ってるてことは、ないよね。あんたの言ってる
ことは、野間文芸新人賞とか三島賞を否定することになるよ。

540 :吾輩は名無しである:2006/04/21(金) 01:31:04
>野間文芸新人賞とか三島賞を否定することになるよ。

しりませんなぁ、そんなもの。
出版社の都合じゃないの?
それは「金の星野賞」よりスゴイの?

(  ̄ー ̄)y-~~~~~~ フ〜



541 :吾輩は名無しである:2006/04/21(金) 01:48:26
とりあえず、星野への三島賞授与は大きな間違いだったといわざるを得ない。
島田雅彦、高樹のぶ子、筒井康隆、福田和也、宮本輝の責任でもあるな。

542 :吾輩は名無しである:2006/04/21(金) 02:36:24
日本では、とりあえず韓国や中国の奴隷をやってりゃ賞なんて幾らでも貰えるから。
映画監督の井筒なんてのも同類だな。

543 :吾輩は名無しである:2006/04/21(金) 02:45:13
>>528
ttp://www.policejapan.com/contents/syakai/20060324/index.html
こんなこと書いてるところに叩かれても痛くも痒くもないだろ

ネットウヨは本当に何も考えず反日でくくって叩くアホばっかりだな

544 ::2006/04/21(金) 02:45:50
>>525だった

545 :吾輩は名無しである:2006/04/21(金) 03:48:01
なんか必死になって大陸系アピールして、チョンじゃないかのごとく
誘導してるばかがいるね








あのね もう遅いからw

546 :吾輩は名無しである:2006/04/21(金) 05:26:41
>>>541
何が間違いなの?目覚めよと人魚は歌うを読んだことあるの?
この作品の何が駄目なのか?具体的に言ってみろよ。

547 :吾輩は名無しである:2006/04/21(金) 05:51:51
大江がボケてても奴の文学が好きって奴もいるし
若い頃は大江は凄かった。

星野もそれと一緒だ。思想と文学は切り離すべき
当然のことだがね。

文学はともかく、思想は嫌い。
韓国って言うかアジアを弱者に置いて強者(日本)を批判して悦に浸ってそう。
韓国人も人間ですよ?純粋無垢な連中じゃな。

保守も革新もオヤジってどうしてこう、優しさが無いのかね。
オヤジ連中は保守も革新も自己満ばっかり。


548 :吾輩は名無しである:2006/04/21(金) 06:26:11
横国のキシャブース特等席でご観戦する星野先生にとっては
巨大な陸スタで
客の八割以上が非常に見づらい視界しか与えられず苦しんでいることなど、論外。
陸スタも結構いいじゃん、
という施設;席はごくわずか。のこりの8割以上は本当に見づらい。

こんな陸上スタばかり増やすべきではない。
サッカー専用にすれば、ユアテックでも福田電子でも、日本平、ヤマハ、鳥栖、どこでも試合観戦の楽しみが味わえます。

埼玉2000と豊田スタだけではない、サッカー専用巨大スタ。

サッカー専用スタジアムを味わってほしい。

549 :吾輩は名無しである:2006/04/21(金) 08:32:38
>>547
>韓国って言うかアジアを弱者に置いて強者(日本)を〜

何を言ってるのかさっぱりわからんワイ。
「強者」は日本ではなく中国でしょう。
日本は戦略核を保有しているの?
大陸間弾道ミサイルの発射実験やってるの?
日本と日本人に対してなにか偏見があるんだろうな。
「思想」の無い人に文学なんかできるのかね。
もっとも“マンガ文学”は知らなんだが。

(  ̄ー ̄)y-~~~~~~ フ〜

550 :吾輩は名無しである:2006/04/21(金) 08:59:02
en-taXiでシマダンが「辻仁成や石田衣良は40になってもまだ青春をやってますから」
と久しぶりにイイこと言ったけど、65年生まれの星野だって「オヤジ」じゃないの?
>>547みたいなのが書けば書くほど星野が胡散臭く思えてくる。

551 :吾輩は名無しである:2006/04/21(金) 11:23:56
>>549
星野のどこが漫画文学か具体的に言えよ。まともに小説も読めない
おまえに文学語る資格は、ない。小説を読めない、あほは、ここから
出て行け。

552 :吾輩は名無しである:2006/04/21(金) 17:06:36
>>551
ではオマエに聞くが、何番の書き込みのヤツが読めてるヤツなんだ?
このウスラバカが。

553 :吾輩は名無しである:2006/04/21(金) 17:12:08
2006年4月19日(金曜)  晴れ
2006年4月19日(水曜)  晴れ

コイツの1ヶ月は19日が何回あるんだ、
バカ野郎! コラッ!
出てこい、コノ野郎!

554 :吾輩は名無しである:2006/04/21(金) 17:13:53
>思想と文学は切り離すべき

バカじゃねぇーのか、コイツは?

555 :吾輩は名無しである:2006/04/21(金) 17:14:34
>文学はともかく、思想は嫌い。

バカじゃねぇーのか、コイツは?

556 :吾輩は名無しである:2006/04/21(金) 17:15:41
具体的に言ってみろ、この

557 :吾輩は名無しである:2006/04/21(金) 17:20:04
その先が気になります。

558 :吾輩は名無しである:2006/04/21(金) 17:27:48
こいつは大江と違って小説もつまらんだろ

559 :吾輩は名無しである:2006/04/21(金) 17:35:41
またオマエの腹話術だ。
俺が労働から帰って2ちゃんにつなぐと、いつもオマエだ!

560 :吾輩は名無しである:2006/04/21(金) 17:47:34
<<541 <<542 <<549 <<552 <<558 <<559
月、どれだけ、小説読んでるんだよ?おまえらこそ漫画とスポーツ新聞
しか読んでないんだろ?

561 :吾輩は名無しである:2006/04/21(金) 17:57:04
ここは文学板。
小説の話しない人はお引取りください。

562 :吾輩は名無しである:2006/04/21(金) 18:18:04
>>560
三島賞とか、月に何冊小説読んでるとかどうでもいいから
具体的にこいつの小説の良さを語ってくれよ

563 :吾輩は名無しである:2006/04/21(金) 18:36:32
>>562
在日ヲロシア人の悲劇は、自分の信じていた娘や息子たちが
自分の存在を還付なく否定されてしまう様を巧みに描いている。
親父は、単なるコピー人間に過ぎないと。
まあ、小説読まない奴には、わからないだろう。


564 :吾輩は名無しである:2006/04/21(金) 19:10:51
このスレには星野智幸の生徒さんがいるみたいだけど、
ここの頭悪いレスにいちいち反応しない方がいいよ。
WBC以降、変な書き込みしてんのはアレだから。

565 :吾輩は名無しである:2006/04/21(金) 19:17:58
仕事からヘロヘロになって帰ってきてよ、それでも本を読むんだ。
本棚にはそれなりに積ん読書があって、取り敢えず埃だけは払っておくわけだが、
それなのに星野まで手が回るかってんだ、バカ野郎。ただでさえ日記でバカばかり
書いてるヤツだぞ。星野なんか読んでる時間あるかってんだ、コラ。
よし。563、アンタ粗筋かけよ。それを基に俺が批評してやる。

>在日ヲロシア人の悲劇は、自分の信じていた娘や息子たちが
 自分の存在を還付なく否定されてしまう様を巧みに描いている。
 親父は、単なるコピー人間に過ぎないと。
 まあ、小説読まない奴には、わからないだろう。
 
ほら。?なんだそりゃ? (・ω・)
お父さんはクローン人間だったのか?
まったく販促要員のくせして真心のないマンガババァだ。
ところでアンタ、作者と作品は別物だなんて思ってる?

566 :吾輩は名無しである:2006/04/21(金) 19:35:49
2ちゃんに書き込まれた粗筋読んで、「批評」とやらができんのか?
おまいスゲーなwww

だからこそ早稲田の学生さんはここの書き込みに対してスルーの方向で対応すべきなんだよw

567 :吾輩は名無しである:2006/04/21(金) 19:40:31
>>560
アンカーもまともにつけられん奴が何を言っても説得力なし

568 :吾輩は名無しであある:2006/04/21(金) 19:43:11
おーい、メシ喰いに行くぞぉ!

来る奴おごる。はよせい。

569 :吾輩は名無しであある:2006/04/21(金) 19:44:08
誤爆? …なんの?

570 :吾輩は名無しである:2006/04/21(金) 20:02:05
560

芸風がどことなくズン臭いな。

571 :吾輩は名無しである:2006/04/21(金) 20:07:42
「好きな作家5人で性格分析」と並ぶ文学板名物にしようってんじゃないか。「粗筋批評」

572 :吾輩は名無しである:2006/04/21(金) 20:10:39
<<564
わかった。あほは、相手にしない。人の揚げ足取るしか出来ない奴
は、相手にしない。まともに小説も読めない奴に反応してしまった。
世も末だな。

573 :吾輩は名無しである:2006/04/21(金) 20:14:45
>>572
読点過多のアホ丸出しの文体だから、いくら名無しでもお前の発言はすぐわかる。
星野の授業取ってるんなら、まず句読点の使い方から教えてもらったらどうだ?
あとアンカーのつけ方もなw

574 :吾輩は名無しである:2006/04/21(金) 20:37:40
>>572
気にすんな。

575 :吾輩は名無しである:2006/04/21(金) 21:11:21
>>572

こいつなに?爆笑ww
人のこと言う前にまずは我が身を振り返れよ、ぼっちゃん

576 :吾輩は名無しである:2006/04/21(金) 22:56:18
東京新聞4/3付夕刊への例の掲載記事の件について、その担当記者(三品 信)の意見が4/19付夕刊に載ってたので一部掲載。

(略)
 反対の理由として寄せられたのは、まず「イチロー選手は差別主義者ではない」「発言はスポーツの世界のことだ」という意見。
この点については、星野さんの寄稿をもう一度読んでいただければと思います。その主眼はイチロー選手個人への非難ではなく、
スポーツの世界の問題を通じて今の日本社会のあり方を問う点にあると思うからです。
 「ナショナリズムなら韓国のほうがひどい」「韓国が好きなら韓国へ行け」という趣旨の発言もありました。これについて、
星野さんは「私は韓国のナショナリズムに責任を負う立場にはない」「私が責任を負っているのは、日本という国家に対してである。
だから、日本のナショナリズムを批判する」(自身のブログより)との立場です。
 記者も同感です。日本という国の責任ある一員であろうと思うからこそ、現状に意見を持ち、時に批判する。
それが排除されてしまっては、自由で民主的な社会は成り立ちません。
(以下は改めて記載)

…この記者も星野と同様、イチロー選手の発言の真意と背景についてあまりにも無知だな。
それこそ、日本国の責任ある一員としての批判とはとても言えないお粗末な代物。東京新聞読者の俺としてはマジで残念。

577 :吾輩は名無しである:2006/04/21(金) 23:01:56
>>576
東京新聞の記者に良識を求めるのが無理な話。


578 :吾輩は名無しである:2006/04/21(金) 23:13:23
>>576の続き。

 「売国奴」などといった言葉、あるいは差別的な言葉を用いた投書もあったのは残念です。
自分と意見や立場の違う人たちを差別的に排除する傾向は近年、強まっています。
星野さんが書いた「他人を貶めることで自我を強固にしたいという、攻撃欲が含まれてはいないか」
という指摘を読み返したいものです。
 さて、星野さんに賛成の意見を寄せた一人は「最近は知人などの間でも、
私のような考えをうっかり口にすると総攻撃を受ける」と書いていました。
 折しも教育基本法に「愛国心」を盛り込もうとするなど、権力を持つ人たちの側から、
国民すべてを同じ方向に向かせようとする動きも感じます。日本が異論を封じ込める
圧制の国にならないためにも、新聞を通じて読者の皆さんに多様な意見を届けられるよう努めたい。
多くのご意見を拝見しながら、あらためてその思いを強くしました。(終)

…ていうか、イチロー発言に端を発する一連の話題を「愛国心」問題と短絡的に結びつけて書いた星野とこの記者が
問題有り過ぎだよな。まあ色々な「DQNな意見」をも届け得たという意味では意義が有ったのかも知れないがw

579 :吾輩は名無しである:2006/04/21(金) 23:58:49
「愛国心」の押し売りも確かに鬱陶しいけどね、でも自分たちが暮らしている国の近海で、
いま何が行われているか関心をもつことさえ出来ない戦後の国民気質ってのは明らかに異常だ。
昨年11月、中国の原潜が日本の領海内に潜航したまま侵犯する事件があったけど、この事件の
大きさは今回の海洋調査の比じゃないよ。おまけに、最初に原潜を発見したのが米軍の偵察衛星
だというから参っちゃう。
日本では抗議デモが起こるでもなく、結局は中国政府の「いや、わりぃわりぃ」で終わっちゃったんだ。
こんなことだから周辺国に舐められるんだ、我が日本は。
これは屈辱的な大事件だぞ。もしキミが新婚さんなら、一日の仕事を片づけて愛妻の元に駆けつけたはいいけど、
見知らぬ若い男がズボンのベルトを締めながら玄関から出てくるのに出会したようなもんだ。また、キミがちびっ子の場合なら、
学校が終わって家に戻ったら見知らぬ子がテレビを見ながら一足先におやつを食べていたのと同じじゃねぇーか!
こんな国民を相手にしてんだ、そっち系の人でなくてもつい大きな声がでちゃうというものだ。

580 :吾輩は名無しである:2006/04/22(土) 00:02:13
愛国乙。

581 :吾輩は名無しである:2006/04/22(土) 00:12:59
>>579
東京新聞だから冗談ですんだのかも?
「B級作家の星野智幸、日本国民に宣戦布告










                   か!?」

582 :吾輩は名無しである:2006/04/22(土) 00:15:03
それは東京スポーツ

583 :吾輩は名無しである:2006/04/22(土) 00:30:16
このばか一気に評判落としたなww

584 :吾輩は名無しである:2006/04/22(土) 00:33:09
まあ世間的な知名度で言ったら、B級どころかC級くらいだろ。
今度の騒ぎでちょっとは有名になったかもしれんから、本人は喜んでるに違いないw

585 :吾輩は名無しである:2006/04/22(土) 03:40:49
ここで星野がボロクソにたたかれてるw
http://blog.livedoor.jp/mumur/archives/50460109.html
http://blog.livedoor.jp/mumur/archives/50464015.htm

586 :吾輩は名無しである:2006/04/22(土) 11:42:17
>>584
>本人は喜んでるに違いないw

公式サイトのメールリンクを失ったのに?

587 :吾輩は名無しである:2006/04/22(土) 12:12:20
チョンは捏造宣伝が得意なんだよ。

このネット上での騒動で、ひとりでも多くの読者を得られれば
星野タンの勝ちなんだ!

588 :吾輩は名無しである:2006/04/22(土) 13:07:14
だが、この件で星野の名を知ったものが彼の読者となるわけではないぞ。
「妄言の星野」として認知されたらどうするんだ?

589 :吾輩は名無しである:2006/04/22(土) 13:45:11
この手の人間は、サラ金の取立て屋みたいなもんで、
攻撃する側だと強いが、守りに立つと弱いんだよ。
「弱者」の側だと強いが、「強者」の側に立たされると弱い。
星野の文学や思想から、「優生思想」とか「ジェノサイドの美学」とか取り出して
(実は星野はやばいところがいっぱいあるから、そういうやばいとこは腐るほどある)
「ファシスト」とレッテル貼って攻撃してやったらいいんだよ。
日本に責任があるから日本を批判する、と詭弁を弄しているようだから、
そのまま受け取って、「ネオコンのイデオローグ」とか「小泉改革の御用文学者」
とか、今の日本の問題の「責任者」になってもらおう。
実際、星野は、ナショナリズムは批判しても、所得格差とかは本気では批判してないだろ?
星野の言う「弱者」とは在日のことで、日本人の低所得者や地方とかは「死ね」と思ってるだろうし。
そういう部分は、作品や評論にも滲み出てるから、批判してやったらいいんだよ。
星野が自分で作ろうとしてる図式を逆転させて、
「星野=実は体制の奉仕者」を「真の左翼」の立場から、徹底的に批判すればいい。

590 :吾輩は名無しである:2006/04/22(土) 13:54:33
というわけで「日本のネオコン文学−星野智幸の思想−」
という批評を誰か書いてくれ。
差別主義者、弱者抹殺主義者、優生思想の持ち主で、
小泉改革=ネオコン=新自由主義の代弁者ってことにしよう。
実際、星野の根幹はそういう思想だよ。

星野が批判する差別とは、「弱者が集団で強者を差別すること」に過ぎない。
そういう差別される強者を「弱者」と言ってるだけで、
リストラされたりする本物の弱者に対する同情は全くないよ。
地方切り捨てとか老人切捨てとかは、当然だと思ってるはずだし。
根本的にニーチェ主義者なんだから。

591 :吾輩は名無しである:2006/04/22(土) 13:58:24
「〈強者〉の美学−星野智幸と日本の文学的保守主義−」
これでもいい。

日本に対して責任を持つんだったら。
「実は日本の保守思想の代表者」ってことにしてあげよう。

実際、星野の本質は、石原慎太郎とかと全く変わらない
「強者の美学」だからね。

「日本」を攻撃するから、左に見えるだけ。

592 :吾輩は名無しである:2006/04/22(土) 14:06:12
★在日朝鮮人の特権

[清 掃]  ごみ容器の無料貸与
         廃棄物処理手数料の免除
[衛 生]  保健所使用料・手数料の滅免
[教 育]  都立高等学校・高等専門学校の授業料の免除
         国公立大学に「帰国子女」の枠で入学できる
         国公立大学の大学院に「留学生」の枠でも入学できる

[通名]   なんと、公式書類にまで使える。( 会社登記、免許証、健康保険証など )
         民族系の金融機関に偽名で口座設立 → 犯罪、脱税し放題。
         職業不定の在日タレントも無敵。
         犯罪を起こしてもほとんどの場合、実名では報道されない。

[生活保護] 家族の人数 × 4万円 + 家賃5万円

在日コリアンは、ほぼ無条件で貰えます。日本人は孤児だろうと病気だろうと、絶対に貰えません。
予算枠の大半を、人口比率1%未満に過ぎない在日朝鮮人が独占しています


593 :吾輩は名無しである:2006/04/22(土) 14:08:50
要するに585みたく、星野を「反日」とか「左翼」とか言って
批判しても星野にとっちゃ痛くも痒くもないんだよ。
叩かれれば叩かれるほど、ますますかっこよく見えるだけ。
だからむしろ左の視点から、「実は右翼」「差別主義者」「保守」と言って
批判したほうがいいんだよ。
「反日」じゃなく、「日本の戦前の軍国主義美学の継承者」にしてやったらいい。

だいたい「俺は左だ」と言ってる奴を、「お前は左だ」と批判しても意味がない。
「左で何が悪い」と逆ギレするか、「俺は左だから排斥されてる」と弱者を装うかだろ。
だから「そう言ってるが、お前は右だ!」って言ってやればいいんだよ。
お前は弱者じゃない、強者にこび、弱者をいじめる御用文学者だ、って言えばいい。

実際、本気で星野を読めば、そういう部分は腐るほど見つかるはずだ。

594 :吾輩は名無しである:2006/04/22(土) 14:10:16
だんだん内ゲバみたいになってきた。
星野の作品など皆そっちのけ。

595 :吾輩は名無しである:2006/04/22(土) 14:16:30
>>593
>「左で何が悪い」と逆ギレするか、「俺は左だから排斥されてる」と弱者を装うかだろ。
そうか。
審査員に転身して以降の高橋源一郎がいつまでもクタバらないのはそれがためだったか。

596 :吾輩は名無しである:2006/04/22(土) 14:18:09
>>592
というか、そういうのだけじゃなく、
長者番付の上のほうは、ほとんどそっち系でしょ?
どこが「弱者」なんだ?
小泉改革やネオリベの恩恵を受けてるのもこの人たちだ。

星野は日本人弱者のナショナリズムを批判して
所得格差を批判しないのも、要するにそういうこと。

今の日本の左翼じたい、ナショナリズムばかり批判して、資本主義は批判しない。
それも「左翼」がそっち系にのっとられてるから。

597 :吾輩は名無しである:2006/04/22(土) 14:23:16
韓国のナショナリズム批判は韓国人がやるべきって星野は言うけど
韓国の左翼はナショナリズムなんか批判しないよ。
むしろ右翼よりもナショナリスティックだ。
ナショナリズム批判してれば左翼でいられるのは日本の特殊事情。
ナショナリズム問題以外で左翼性を判断すれば、星野は左翼でも何でもない。

598 :吾輩は名無しである:2006/04/22(土) 14:26:27
>>594

>内ゲバ

左翼陣営にとって星野は「内」じゃなく「外」だよ。
星野は明らかに「右」であり「保守」。
座標軸をナショナリズム以外に取れば、それははっきりする。

>作品そっちのけ

で、そういう星野の保守性、右翼性ってのは、
表層的な社会発言にまどわされず、作品をきちんと読めばすぐわかること。

599 :吾輩は名無しである:2006/04/22(土) 14:38:26
>>592
その「通名」ってのは禁止すべきだよ。
だってそれは「創氏改名」と同じじゃん。
ちゃんと民族の名前を名乗れるようにすべき。

ってこれも「左翼」の論理を貫けばそうなる。

600 :吾輩は名無しである:2006/04/22(土) 14:41:08
日本人のフリして朝鮮民族の思いを主張しないで欲しい。

601 :吾輩は名無しである:2006/04/22(土) 14:47:15
>>598
アンタ、秋葉原駅前で野菜スライス器を売ってた人じゃないのか?
話のタネに一冊読んでみるけど、星野節が炸裂する代表作はなに?

602 :吾輩は名無しである:2006/04/22(土) 16:56:37
>自民党の次期総裁候補有力者に、格差拡大に対してどのような施策をとるか、
>との質問がなされた時、例えば、安倍晋三・官房長官は「失敗した人にも
>もう一度チャンスを与える仕組みを」と答えている。
>しかし、これは今の「縦並び社会」の実情をきちんと認識した答えとは言えない。
>なぜなら、もう一度チャンスをもらおうが、二度目も失敗した者は、
>人間として最低限の生活さえ送れないことに変わりはないのだから。
>しかも、現状では奴隷は奴隷のまま、という社会である。
>もう一度チャンスを、という幻想だけ与えられ、二度目も失敗する可能性は高い。
>成功するためには、最初から下駄を履かせてもらう必要があるのだ。

珍しく格差問題に言及し、まともなことを言ってるようだが、最後に本音が出てる。

   最 初 か ら 下 駄 を 履 か せ て も ら う 必 要 が あ る の だ

要するに在日だけ「下駄」をはかせてもらって「成功」できれば、
日本人の敗者がどうなろうと知ったこっちゃないってことね。

こんとこの人には人間の血が流れているのか?
日本人対在日っていう民族の枠でしか考えてない。
日本人は氏ねっていう情念だけ。

603 :吾輩は名無しである:2006/04/22(土) 16:59:27
ったく、下駄をはかせてもらえない普通の日本人のことなんて
考えてすらいないんだよ。

604 :吾輩は名無しである:2006/04/22(土) 18:25:32
読書も出来ないサルの集まりだな。星野もサルを相手にしてないが。

605 :吾輩は名無しである:2006/04/22(土) 19:26:26
高橋“恥垢”源一郎と違って、コレでも俺は星野ちゃんを好意的に
解釈しようとしてるんだ。でも「最初から下駄を履かせてもらう必要があるのだ」
だけ、確かに浮いて見えるのが気になっていた。本心は知らんけど、その部分だけ
別のバイアスがかかっているようなさ。

606 :吾輩は名無しである:2006/04/22(土) 19:36:51
星野君も最初から下駄を履かせてもらったから、頑張れたってことでいいの?

607 :吾輩は名無しである:2006/04/22(土) 21:07:44
いいよ。

608 :吾輩は名無しである:2006/04/22(土) 22:26:50
514 名前:吾輩は名無しである 投稿日:2006/04/17(月) 18:17:34
いろんな、文芸賞取ってる作家さんに対して、よく言えるな、おまえら。
ネット右翼のおまえらは、星野より、いい小説書いてみろよ。

560 名前:吾輩は名無しである 投稿日:2006/04/21(金) 17:47:34
<<541 <<542 <<549 <<552 <<558 <<559
月、どれだけ、小説読んでるんだよ?おまえらこそ漫画とスポーツ新聞
しか読んでないんだろ?

572 名前:吾輩は名無しである 投稿日:2006/04/21(金) 20:10:39
<<564
わかった。あほは、相手にしない。人の揚げ足取るしか出来ない奴
は、相手にしない。まともに小説も読めない奴に反応してしまった。
世も末だな。



↑こんな白痴に支持されてる星野が真剣にかわいそう。西村京太郎なみの読点の多さw

609 :吾輩は名無しである:2006/04/22(土) 22:40:18
はい、はい、人の粗さがししか能がない人。星野は、おまえみたいなの
を相手にしない。行動力のない偽右翼が。

610 :吾輩は名無しである:2006/04/22(土) 22:42:32
精々このスレで左翼批判でもしてろ。

611 :吾輩は名無しである:2006/04/22(土) 22:49:27
そんなに星野が嫌いだったら、早稲田に行って、デモでもやれば?
そのぐらいの勇気もないだろ?行動力もない偽者の右翼さんよ。
星野の言うコピー人間は、あんたたちだよ。偽者が。

612 :吾輩は名無しである:2006/04/22(土) 23:53:26
なんかレス抽出された奴が必死になって反論しようとあせってる姿が
目に浮かぶ

613 :吾輩は名無しである:2006/04/23(日) 00:55:53
>>612
だね。
詭弁の論法ばっかだし。

614 :吾輩は名無しである:2006/04/23(日) 10:12:39
>>612
あせってないよ。ネット右翼をからかうのが面白いよ。こいつらの言う
事は、誰かの言ってたことのまねごとにしか過ぎない。人のまねをする
サルだから。

615 :吾輩は名無しである:2006/04/23(日) 12:13:34
星野くん、無理しないでいいんだよ。

616 :吾輩は名無しである:2006/04/23(日) 13:00:51
星野⇒戦後民主主義教育=日教組に洗脳された可哀想な人

617 :吾輩は名無しである:2006/04/23(日) 13:11:11
おまえら単純でいいな。うらやましいw
ところで、ここは文学板だ。
続きはしかるべきところに星野スレを立てて、そこで思う存分やってくれ。

618 :吾輩は名無しである:2006/04/23(日) 16:11:19
これを読んでいる人たちにとって617は、右左にわかれて自分で落ちまでつけ
て独りで何を騒いでいるのだろうと思っていることだろう。だが本人の脳内で
は30人ぐらいが一堂に会し、侃々諤々の大論争を展開したことになっているの
だ。結局、彼の本音に近いのは616辺りだと思って間違いないが、ただその書
き込みの中で「星野」だけが余計だ。彼は星野が「戦後民主主義教育=日教組に
洗脳された可哀想な人」だと思っているわけでなく、彼の抱く憎悪の対象が戦後
民主教育に毒された腑抜け共として解釈した方が通りがいい。

619 :吾輩は名無しである:2006/04/23(日) 19:23:16
しかし時代は変わりつつあるな。。。ネットで。。
昔だったらこのあほ発言問題にならなかったろ。
かく言う俺も強制連行とか信じてたし、というかそう教えられた。
ややこしいのがわんさか居る学区だったから。

620 :めるすDX ◆pLEpdPcHGY :2006/04/23(日) 19:27:35
人類の全歴史と政治は、実は権力闘争である。これが、マルクス主義政治学の最大の成果である。
 権力闘争を中心に世界を理解するという優れた考え以上のものは、まだ発見されていない。

621 :吾輩は名無しである:2006/04/23(日) 19:37:52
星野という苗字からわかるとおり、大陸系の中国出身者であって
朝鮮系ではないので勘違いしないように。

622 :吾輩は名無しである:2006/04/23(日) 19:39:28
>>620
>権力闘争を中心に世界を理解する

またバカが始まった。
文学板で権力を持ったヤツなどいるのか?
俺は敢えて「リタイアの快楽」をカウンター的に対置する。
ここに集まってる連中はニートやホームレスみたいなヤツばかりじゃないか。
高橋源一郎や島田雅彦のガラクタ文学は賞味期限が切れてんだよ。
それはそうと、この区域はただいまから俺様が統治することに決めた。
この線から北側に侵入したら撃つぞ!


          □-□ ::∂
           フェーヘッヘッヘッ

623 :吾輩は名無しである:2006/04/23(日) 19:42:46
おとー! 大変だよぉ!
星野スレが南北に分断しただぁよぅ!!
           
           ヽ(°Q。)ノ

624 :めるすDX ◆pLEpdPcHGY :2006/04/23(日) 19:47:41
>>621
てか顔みたら一発でわかること。中国系はもてるからな。
俺も実は在日中国人2世だ。女に困ったことは未だかつて一度もない。
>>622
>また馬鹿が始まった。
意味不明。
>文学板で権力を持ったヤツなどいるのか?
同意。
>俺は敢えて「リタイアの快楽」をカウンター的に対置する。
尊王攘夷を骨抜きにした維新の元勲とも対比できるね。
>ここに集まってる連中はニートやホームレスみたいなヤツばかりじゃないか。
ニート・ホームレスになれるものならなってみたい。これよりマシな地位はない。
これ以上落ちることはないからね。
>高橋源一郎や島田雅彦のガラクタ文学は賞味期限が切れてんだよ。
>それはそうと、この区域はただいまから俺様が統治することに決めた。
>この線から北側に侵入したら撃つぞ!
理工系実学系産学系の天下無敵世界一はスタンフォード大学だから、パロアルトの


625 :吾輩は名無しである:2006/04/23(日) 19:52:07
今の中国は半日教育がひどくて、中国の若者はやばいけど
在日や帰化した中国出身の人らは
みんな良い人たちばっかだよ。
星野っていう苗字の人で悪い人にあったことないよ。

それにくらべて朝鮮出身の奴らときたら、なんでああも腐ってるのかね。

626 :めるすDX ◆pLEpdPcHGY :2006/04/23(日) 20:01:58
星野仙一って挑戦って聞いたけどな。
かつて朝鮮半島に出張にいったことがあるが、
乱暴な連中だよまったく。すぐに手が出る気性の荒い漁師と釣りにいったよ。
海に投げ込まれ危うく溺死しかけた。インテリ層は大人しいんだがね。
たぶん、過酷な競争社会で、負け組みは必要以上に卑下してる。


627 :吾輩は名無しである:2006/04/23(日) 20:05:05
星野みたいに格好いい奴が40歳にもなって独身なんだから、よっぽど変わってるんだろうな。
高橋源一郎の最初の娘が34歳なのも笑えるが。

628 :めるすDX ◆pLEpdPcHGY :2006/04/23(日) 20:06:49
在日朝鮮系が腐ってるのは、やはり急激に成り上がったからだろうね。
人間、過酷な競争社会で負け組に入るなどの徹底的の絶望的状況におちいるか、
成金だね、この二つの場合にのみ精神が堕落するのだろうね。

629 :吾輩は名無しである:2006/04/23(日) 20:52:41
はいはい、朝鮮批判ですか?芸がなさすぎ。ネットうよって
芸も文才も何もない。TVでワイドショーでもみてたら?
どうせ、読書も出来ないサルだからさ。

630 :吾輩は名無しである:2006/04/23(日) 21:06:33
レス抽出されたくだんの奴は、「サル」と「右翼」が口癖と・・・
しかしここまで文章でアイデンティファイできる単純な奴も珍しいな。
名無しでもコテハンつけてるのと同じようなもんだ。
もしこいつが星野の学生だとしたら、知能レベルが非常に心配だ。
こんなアホが大学生だなんてw

631 :吾輩は名無しである:2006/04/23(日) 21:10:26
>>630
おまえよりましだよ。

632 :吾輩は名無しである:2006/04/23(日) 21:15:18
>>624
>尊王攘夷を骨抜きにした維新の元勲とも対比できるね。
近い将来、日本初のコスプレ文化が世界を席巻するだろう。
文学板では「勝ち組・負け組」などと迷妄のたまう者が在るようだが、
オマエ達は文学を選択したその瞬間から負け犬となったことを思い知るべきだ。

                  □-□ ::∂
                  フェーヘッヘッヘッ

633 :吾輩は名無しである:2006/04/23(日) 22:33:15
632のオマケだが、「日本発のコスプレ文化が世界を席巻」について、その萌芽は当の日本
で兆していた。三年前に発生した有栖川宮の末裔を自称する男女の詐欺事件だ。人は“コス
チューム”を取り替えることで皇族に“変身”することさえ可能となったが、まさかにして
華族に成り済ます者が現れたという二重の意味でエポックな出来事だった。
最近「【明智】江戸川乱歩【怪人二十一面相】」というスレが登場したが、乱歩文学とはメ
タモルフォーゼの迷宮のことでもある。ある意味において現在最もホットな作家が乱歩と言
えるが、人間の本質を衝いたその切り口は「エンタメ」の一語で切り捨てられるものではな
く、乱歩がエログロだとすれば、それは人間の存在そのものがエログロだからであろう。ち
なみに「怪人二十一面相」とは「グリコ・森永事件」に於ける犯行グループ(!)が自分た
ちをそう呼んでいたのであり、乱歩が誕生させた不朽の大キャラクターは「怪人二十面相」
である。しかしてその正体は、遠藤平吉という世の中に恨みを持った元サーカス団員の軽業師
なのであった。
余談ながら上記事件をモチーフにした高村薫渾身のサスペンス『レディ・ジョーカー』を前
にして、おもちゃの文字で原稿を埋めては審査員の分際でポストモダンの重鎮を気取る、
チンピラアゴ助で猥雑なる連中は己を恥じてみせねば嘘だろう。

♪あれは三年前、とめる、あなた、駅に残しぃ〜
 動き始めた汽車にぃ〜 ひとり飛び乗ったぁ〜


                  □-□ ::∂
                  フェーヘッヘッヘッ

634 :吾輩は名無しである:2006/04/24(月) 01:24:34
>>585

http://blog.livedoor.jp/mumur/archives/50460109.html
に載っている藤島さんのコラムはどこぞの先生様と違っていいね。
この人は以前からラグビー絡みでいい文章載せてるけど、さすがは餅は餅屋。
専門外物書きが足を突っ込んで自説を振り回した挙句赤っ恥掻いてるのは見てるこちらも恥ずかしいね。

635 :吾輩は名無しである:2006/04/24(月) 07:59:05
>>634

「スポーツ選手が強い言葉を発すれば、ただちに結果で判断される。『偉そうに』
と笑われかねない。そんなリスクもスポーツの一部なのである」藤島大氏が書いた
そうだけど、思い当たる節がある。
先日引退を表明したファイターズの新庄剛志は、ユニークな覆面や“金のバット”
を使ったパフォーマンスは自分を追い込むためで、派手に登場して凡打で終わった
らカッコわるいからね、とコメントしている。新庄はその“手法”で結果を残して
ファンを楽しませてきたのだから、彼のような「劇場型」タイプがあってもいいの
だ。実際に往年の名プレイヤー長嶋茂雄ら「天才肌」と呼ばれる選手には
「プレッシャーが楽しい」と語る人が少なくない。
それにしても相変わらずサプライズな新庄だが、ペナントは先月開幕したばかりで
残り100試合以上が「引退試合」となってしまう。ちょっと心配だけど、チケット
代やグッズ売り上げが選手年俸の主な財源となるのだから、プロの世界では観客を
呼べる要素も大切だ。タイガース時代の例があるから単なる気まぐれであることを
願うけど、一応新庄は今年一杯で見納めだ。

636 :吾輩は名無しである:2006/04/25(火) 22:10:05
4月24日の日記で星野ちゃんが怒ってみせるが、気持ちは分る。
米が自国で賄えない規模の軍隊を保有してまで極東で展開するのは、日本が米の実質的植
民地であることと、その周辺に危ない国がふんぞり返っているからだ。朝鮮半島では、38
度線を境に南北両軍が銃を構えて睨み合っているから図式として分かり易いが、日本だって
進駐軍の呼び名を「占領軍」と元に戻せば意味が通じる。

衆院千葉7区補選の結果をうけて安倍晋三は「『格差』は民主党の捏造」などと言ってい
たが、民主党の「由美かおる」がハーバードのスーパーエリートを抑えて逃げ切った背景
は考察に値する。「キャバクラ勤めが恥ずかしいことだとは思わない」ときっぱりさっぱ
り言い切ったのを見て爽やかな感じを覚えたね。それにくらべてサイトウ陣営では武部が
出てきて「さいしょはグー」なんてやってたけど、そこに有権者はいつもの愚民政治の匂
いを嗅いだに違いない。東大で同期だとかいう小泉チルドレンにして自民の湯婆婆こと片
山さつきが「斎藤は本当にいい“ヤツ”です!」なんてやってたのも俺にはネガティブで、
ハイソさん達で勝手に言ってろって感じだね。
政治の世界では有権者(国民)に対して「どうせあたな方には解らないだろうけど」って
言い草はあり得ないのだから、今回の選挙戦はとても分かり易い構図だった。そのことで、
文学もまるで無関係だとは思わない。もちろん当選して終わり、ではないけれど。
確たる希望を見出せないままシラけた若者増殖中。
国家にビジョンがないのに若い者にだけそれを求めても駄目なのだ。
まぁ俺の中ではめがねっ子趣味が発動して徳増きよ子に一票って感じだけど、県民じゃな
いからね。関係ないけど。

637 :吾輩は名無しである:2006/04/26(水) 00:20:43
>>636
星野ちゃん はやめろよ

638 :sage:2006/04/26(水) 01:05:52
トモくん。はあと。

639 :吾輩は名無しである:2006/04/26(水) 07:57:06
早稲田のエロ助教授

640 :吾輩は名無しである:2006/04/26(水) 13:57:04
産廃業者の元ヤン馬鹿娘(しかもオッサンのような酒焼け声に肥えた体)を
「爽やか」と思う感性がわからない。
エリートに対するつまらない反発心からそんなことを言ってるんだとしたら、さらに軽蔑する。

641 :吾輩は名無しである:2006/04/26(水) 14:17:17
つまらない反発心ではなくて、エリートに対して過大なコンプレックスもってるよねこのひと
それに対して自分もなにかしらの地位を獲得しようとしていることで、
おそらくなにかを解決しようとしてるんだけど
地位とか名誉欲を欲しすること自体が他者から見られたときに
非常につまらないことだということを自分で気が付いていない。
サヨとか韓とかマイノリティーとか小説ってのはこのひとにとっては単に
自分の地位を確保するための道具でしかない。
小説でも言説でも基本的にこのひとが言ったり行動することは
非常につまらなくて、なんの魅力もないのは、そういったことから自分で抜け出そうとしないし、
抜け出した途端にそれらの意義を無くしてしまうとわかっているから。
つまり星野に文学は書けないということなんだけどね。

642 :吾輩は名無しである:2006/04/26(水) 16:37:11
<<641
おまえは、文学書けるのかよ。表に出てるだけ、星野の方が上。
何もしないで、ここで、ネガる事しか出来ないくせに。情けない奴だ。

643 :吾輩は名無しである:2006/04/26(水) 16:41:13
なんで表に出てるだけで、上になるのか。
その辺をまず疑ってから、なにかを書くべきだろうな。
実際出る、出ないの優位は勿論あるが、安易というか、
星野ってなにかの批判を書いたり、なにかを言ったりしている自分が
もう好きで好きでしょうがないんだろうな。


644 :吾輩は名無しである:2006/04/26(水) 16:54:24
>>643
表に出れない作家さんの僻みにしか見えないよ。

645 :吾輩は名無しである:2006/04/26(水) 17:35:20
また表に出るとかでないと言ってるし。
なにかの地位が無い限り星野の書く物にはなんの価値もないということなんだろうな。
ちなみに俺は作家でも作家志望でもないけど?

646 :吾輩は名無しである:2006/04/26(水) 17:51:01
おまえなんかに文学語る資格なし。せいぜい漫画でも読んでろよ。
漫画板で書き込んでろ。文学板に来るなよ。星野もこんなレベルの
低い奴に文句言われて、気の毒だな。

647 :吾輩は名無しである:2006/04/26(水) 20:49:07
この人の本は難解すぎるよ。日東駒法以上じゃないと無理だな。

648 :吾輩は名無しである:2006/04/26(水) 22:05:17
難解なのは表現力が足りないからですよ。

649 :吾輩は名無しである:2006/04/27(木) 16:22:57
前から批判叩きに必死な星野信者は、
いつになったらアンカーのつけ方を学ぶのか。
いつになったら読点の適切なつけ方を学ぶのか。

650 :吾輩は名無しである:2006/04/27(木) 20:14:56
>>649
だからどうだっつぅーの?

651 :吾輩は名無しである:2006/04/27(木) 21:57:25
あのルックスで未だに独身というのがどうにもなあ。

652 :吾輩は名無しである:2006/04/28(金) 07:51:05
>>651
それは、

653 :吾輩は名無しである:2006/04/28(金) 07:58:31
しかしここまで信者のレベルが低いのも考え物だな。
>>641-646
なんの因果もなく、闇雲にキレテルだけじゃんw

654 :吾輩は名無しである:2006/04/28(金) 10:37:09
批判に対して「じゃあお前も文学書いてみろよ」などと言って返すってのは
小学生レベルの煽りだな。
「お前も100メートル10秒で走れよ」「お前も4回転飛んでみろよ」
なんて小学生が言うのと同レベル。

655 :吾輩は名無しである:2006/04/28(金) 19:44:35
小説もまともに読まない、書かない、それで作家の批評をする奴は、
ルール違反もいいとこだろ。人間のくずだろ!

656 :吾輩は名無しである:2006/04/29(土) 19:52:59
>>654
後半の例え話はいらないだろ。
そういう無駄なものを加えちゃうから馬鹿って言われるんだよ。

657 :吾輩は名無しである:2006/05/05(金) 18:00:48
>>655
こういう発言はもういいかげんにしてくれ。
書くことと批評は別の才能だ。

作家じゃないと批評しちゃだめって風潮が
まともな批評を衰退させ、作品評価を恣意的にし、
文壇利権政治を助長し、まともな新人を潰してきたんだろ。

まともな批評するには、相応の知識と能力がいるんだよ。
作家が批評に口出しするなぞ、ルール違反もいいろこだし、
そんなこという作家がいたら、作家の屑だし、そのうち絶対に消えるね。

658 :吾輩は名無しである:2006/05/06(土) 17:00:30
星野と大宮アルディージャの三浦監督ってそっくりだな。

659 :吾輩は名無しである:2006/05/14(日) 01:26:31
>われわれの期待に違わず、中盤の多彩な展開で相手を翻弄するという、
>おなじみの日本サッカーを存分に堪能させてくれた。小野のゴール前での
>目の覚めるようなフェイントとか。玉田も、エクアドル戦から3戦連続で、
>ドリブルを織り交ぜて攻撃を組み立てられるミッドフィルダーとしての
>才能を、満腹になるほど見せつけてくれた。惜しいかな、せっかく玉田を
>始めとする中盤が相手を翻弄しても、フォワードが決めてくれないと、
>玉田たちも浮かばれない。たまに自分でシュートに行ってみたりするけれど、
>やっぱり本職のフォワードが決めてくれないとね。久保は明らかに本調子の
>半分以下だったし、途中から入った巻も佐藤も今日はスコットランドの堅い
>ディフェンスの前で苦しんだ。まあ、日本のサッカーは相手を翻弄することに
>意義があるので、得点はオマケ。日本サッカー協会としては、フィギュア・
>スケートやジャンプのように、アーティスティック・ポイントすなわち
>芸術点も導入することを提唱してはどうか。さもないと、日本の努力が
>無駄になる。なんて言ったって、日本サッカーは必ずしも得点を目指して
>いるわけじゃないんだから。それ以外の部分も評価してもらわないと。
>ジーコの頭の中ではすでに決まっているという23人の団員、本番の競技会では
>どんな技を見せてくれるのか楽しみだ。




660 :吾輩は名無しである:2006/05/14(日) 07:35:29
こいつと同様
朝鮮人初の捏造ノーベル賞受賞計画進行中の





平野啓一郎を糾弾せよ

661 :吾輩は名無しである:2006/05/14(日) 17:15:33
ネタ作家だろ、平野なんて スルー汁

662 :吾輩は名無しである:2006/05/23(火) 23:21:58
なんでここに変なのが湧くんだろう?
まともに作品読んでる人と思えないような
書き込みが多すぎる。嫉妬?

663 :吾輩は名無しである:2006/05/24(水) 00:45:44
もう湧いてないぞ。
煽りか?

664 :吾輩は名無しである:2006/05/24(水) 00:48:36
政治的発言をするとそうなるだろ普通。
政治と文学は別だと言いつつ、それは荒らされたくない言い訳であって
やっぱ政治性をストレートに出すにしろ間接的な要素に留めとくにしろは政治的な要素があっての作品だし。
荒らしは論外だけど。

ただし都知事の評価がボロクソなのは文学板だけだが…

665 :吾輩は名無しである:2006/06/10(土) 15:15:02
今日は上映会か。

666 :吾輩は名無しである:2006/06/17(土) 00:47:43
>>662
嫉妬なわけないだろ。
そんなんだから星野のファンは馬鹿にされるんだよ。

667 :吾輩は名無しである :2006/06/20(火) 19:28:48
産経の記者やってたのは、朝日とか毎日に落ちたからかな。
記者辞めた後留学したらしいけど、作家として売れるまでどうやって食っていたのか。

668 :吾輩は名無しである:2006/06/20(火) 19:40:14
翻訳の仕事

669 :吾輩は名無しである:2006/06/20(火) 22:53:56
塾の講師もやったよ。

670 :吾輩は名無しである:2006/06/21(水) 01:01:51
>>666
>>589〜のレスは
大して読んでるわけじゃない自分から見ても変な感じ。

618が書いてるのに蒸し返して悪いけど、
ニーチェを出してるのに
強者と弱者の定義がおかしくなってる気がするけど
ほんとにニーチェの言う強者の作品を書いてるなら
よく聞く後味の悪さなんて感じないんじゃない。
強者が好きというのはわかるし、そうなれと煽ってる時もあるけど
十分すぎるくらいそうなれない人を抱え込んでると思うよ。
小説に出てくるのもそうだし。

上のようなところが自分の感覚とは違って(好きでもあるけど)、
読んでるのは『人魚〜』と『最後の吐息』とweb上のだけだから
本当はあまり偉そうに言えないけど。

671 :吾輩は名無しである:2006/06/21(水) 21:11:37
>>670
虹とクロエの物語を読んだら、だいたい星野の言いたいことがわかるよ。

672 :吾輩は名無しである :2006/06/26(月) 13:21:37
この人、彼女いるの?
結婚してるの?


673 :吾輩は名無しである:2006/06/27(火) 00:55:17
そんなキモイこと知ってどうするんだ?
腐女子か?

674 :吾輩は名無しである:2006/07/02(日) 13:16:00
ホモらしい・・・

675 :吾輩は名無しである:2006/07/25(火) 14:37:34
内藤千珠子っていう人と入籍したよ


676 :吾輩は名無しである:2006/07/25(火) 14:39:14
彼女が定職(大学教員)に就いてよかったね、星野さん。

677 :吾輩は名無しである:2006/07/25(火) 14:49:41
星野の日記に出てくる、

・2006年1月4日→就職が決まって健康診断を2万円で受けた知人

・2006年1月28日→インフルエンザをうつされた身近な人
・2006年2月28日→アイオワ大学に一緒に言った人物

全部内藤。

日記が証拠隠滅される前に確認してみよう

678 :吾輩は名無しである:2006/07/25(火) 15:06:58
なぜ奥泉光が内藤の著作を朝日新聞の書評で
取り上げたのか?

なぜ松浦理恵子の「親指P」の文庫の解説を内藤が
書いているのか?

なぜ星野は「文芸」の自身の特集で、特に「群像」に掲載された
小平麻衣子の批評に言及して褒めているのか?







679 :吾輩は名無しである:2006/07/25(火) 15:12:34
カップルであることを隠して、
仲良く早稲田の文芸専修で非常勤ですか。

680 :吾輩は名無しである:2006/07/25(火) 15:42:52
日記に書いてある、2004年7月の北京行きの件
たたけばほこりが出るような金の使い方を
星野と内藤にしてるね
早稲田の文芸教員と日大教員。

681 :吾輩は名無しである:2006/07/25(火) 22:17:32
>>675
まじでー!?

682 :吾輩は名無しである:2006/07/26(水) 17:31:31
内藤千珠子なんて知らん

683 :吾輩は名無しである:2006/08/14(月) 12:54:54
物書きむきのタイプじゃないね。
ツアーガイドでもしてればってかんの人間。
本もつまんねーw

684 :吾輩は名無しである:2006/08/17(木) 11:31:24
また多量の燃料投下してくれたなあ!
靖国問題がなぜ日本人の被害者意識と結びつくのかわけわからね。

サッカーも中田が国歌嫌ってたから日本代表支持できたんだろうな。
中田引退してオシムになったら感想もなしですか。

685 :吾輩は名無しである:2006/08/17(木) 18:16:05
6月24日の日記を読めば。読んでなくても単に日本代表より靖国の方が書きたいこと
だったんだろうと思えばいいんじゃなかろうか。

686 :吾輩は名無しである:2006/08/19(土) 06:54:37
こいつの、"自分を相対化で来てない様"ってあまりにも酷すぎないか
自らの党派性(本質的に偏向的であるところのもの)に基づいて他者を攻撃し抑圧し排除しようとしていることをまったく自覚できていない
自身のどうしようもない偏狭さやあられもない極度の排他性を自覚した上で、ベタな守旧的バカサヨクを演じるしかないっていうシニシズムなら救いがあるんだけど
どう考えてもこのバカはマジでしょ

687 :吾輩は名無しである:2006/08/19(土) 19:00:57
>>686
お前らのこと完全否定されて焦ってるのかw

688 :吾輩は名無しである:2006/08/20(日) 05:33:57
星野智幸 で検索して発見したんだが、例えばこの評論をどう読む?
俺が目にした星野の立場に近い論のなかでは、最もしっかりしている。
というか、「星野に時間・スペース・能力があったらこう書きそう」という直観で引いた。
読みづらいが。
http://www1.odn.ne.jp/~cex38710/jikosekinin.htm

スレ初頭の流れに遡るわけだけど。二年ほど。

689 :吾輩は名無しである:2006/08/20(日) 06:28:44
>>688
読んできた。ちょっと長いw

…想像力が足らないんでしょう、要は。
線路に落ちる己は想像できても、戦禍に苦しむ自分や、自分に近しい
人間の姿は「彼ら」にはイメージ出来無いんだな、ひとごと、ひとのこと、
ひとというものを今この瞬間にも苦しめている現実の厄災。
それと例によって例の如くで12歳って奴、60年以上経った今もね、格別
この国には、何処に行っても「わたくし」がいない。
痛み無しで威勢の良いことを口にし、それによって一己の人間としてでは
無く、あくまで全体の一部として振るう暴力に酔いしれる「彼ら」。
醜いなあ。

…ちなみに星野って面白いの? 俺まだ読んだこと無いんだけどさww

690 :吾輩は名無しである:2006/08/20(日) 07:51:12
>>688
特にこれといった感想はないな
ステレオタイプとしか言いようがない
受け売りであると断って受け売りをやることの意味がわからない
>>689
彼らってそれ星野のことだろ
そのまんまだw

691 :吾輩は名無しである:2006/08/20(日) 08:01:11
そうか(笑 痛いから喚くんだねw 可哀想に。

692 :吾輩は名無しである:2006/08/20(日) 08:08:10
>>691

よくわからない

693 :吾輩は名無しである :2006/08/28(月) 01:00:25
内藤千珠子って人フェミナチというか男嫌いっぽい。
星野も日記にゲイパレードに行った時の事を書いてあった時があったから、
ゲイとレズでくっついてるのかも。

694 :吾輩は名無しである:2006/09/01(金) 10:59:02
ついに親殺しと社会の右翼化を同列に語り始めたな
こいつの頭も坂東眞砂子レベルだべ?
とりあえずコピペ。

親殺しが増えていることと、「国を守る」「国を愛する」といった言い方が声高に
叫ばれ、若い世代がその言葉にシンクロしていくこととは、同根だと思っている。
親を尊敬も信頼もしておらず、身近に深く信頼する友人もいない者たちが、率先し
て「国を愛する」という言説に惹かれていくように私には思える。具体的に信用で
きる者が身近にいないからこそ、抽象的な「国」を愛したり守ったりするという
考えに取り憑かれることで、ようやく自分の居場所を見出すことができるのでは
ないか。そこには、「国」よりもまず自分の友だちや家族や恋人のほうが大切だ
と思う人々への、憎悪も含まれていよう。そんな連中はエゴイストの個人主義者
で非国民だ、と断罪することで、国を愛している自分を正当化したいという、
非常に攻撃的で排他的な欲望を、現在の「愛国者」には感じる。つまり、何者をも
愛することができない人間こそが、ファナティックに「愛国」を唱えるように
思えるのである。


695 :吾輩は名無しである:2006/09/01(金) 14:50:16
…俺がファナティックに、「人権意識」をふりかざす様なもんかw
がその選択には、決定的な違いがあると自分では思ってるけどね、
ひとりの苦しみと、そんなひとりひとりの苦しみが集まった、
多くの、より大きな苦しみと。――読んでみようかな、星野ww

696 :吾輩は名無しである:2006/09/01(金) 17:05:17
いつものように、星野自身の、自分とは異なる価値観を持つ者へのいい知れぬ憎悪、排他的な攻撃性を自覚できていない。
ファナティックに「憎国」を唱える自分自身が見えていない。

697 :吾輩は名無しである:2006/09/01(金) 18:15:35
お前達のこと否定されて焦ってるのか?

698 :吾輩は名無しである:2006/09/01(金) 19:19:03
ひとりよりもふたり、一国民よりも人類全体。
本当に自尊心の高い人間なら、そんな風に考える方が自然かと。

憎国w

699 :吾輩は名無しである:2006/09/01(金) 19:52:36
文学賞受賞作家ってロクなのいないねwww

700 :吾輩は名無しである:2006/09/01(金) 19:54:52
突然の書き込みすみません。>< 集計とってます。
ベストなバストはなにサイズ? 協力してちょ
http://live23.2ch.net/test/read.cgi/livecx/1157100518/


701 :吾輩は名無しである:2006/09/01(金) 20:07:26
小説家の小説以外の文章にそんなに熱くなってもしょうがない、
というのは確定事項だと思うのだが
サッカー選手が政治を語ってるのとあんま変わらんと思うよ

702 :吾輩は名無しである:2006/09/01(金) 20:24:11
挑戦人だから仕方ないよ
そのうち学生の女の子レイプしてやってないって言い張るもアボンだよ。
島田のほうはかなり気をつけてるらしいが、こいつは血でやるだよ

703 :吾輩は名無しである:2006/09/01(金) 20:55:54
>>697
そうじゃなくてこいつの言ってることは根本的に矛盾しているだろ?
例えば中国人韓国人を蔑視することと"愛国者"を蔑視することは鏡写しの関係にあるのであって、
本質的には何も変わらない。そこにまったく思い至っていないんだよ。
真にフェアでバランスの取れた人間なら蔑視自体を否定するはず。
これは想像力の欠如だと思う。きっと自分が権力者になったり、
あるいは自分がこの社会における主流派に属するようになった場合、
平気で少数派を弾圧し排除するタイプだろう。"他者"が見えていないんだから。
多数派になった場合の自分をまったくイメージできていない。
あるいは、多数派を腐していれば一端の反骨派が気取れると思っているのかも知れない。
もしそうなら、あまりに非主体的で安易な自己確認の仕方であって幼稚と言わざるを得ない。
"少数派"としての利権を卑しく貪っているだけ。
多数派に属するよりも少数派に属した方が万倍もイージーだからね、自己確認は。

704 :吾輩は名無しである :2006/09/01(金) 21:26:11
小説は結構好きだったんだけどなあ。
注目を集めたいからわざと痛い発言してるんだと思いたい。天然だったら嫌だ・・・。


705 :吾輩は名無しである:2006/09/01(金) 22:11:28
作品が安っぽい作家は話題作りも安っぽいよね。
島田雅彦そっくりだ。


706 :吾輩は名無しである:2006/09/01(金) 22:16:46
なぜファナティックという単語が好きなのか?

707 :吾輩は名無しである:2006/09/01(金) 23:10:21
自分自身が何かに囚われまいとする強迫観念の裏返しだから。

708 :吾輩は名無しである:2006/09/01(金) 23:29:02
人間は何かに囚われないと生きて行けない。
ジャンルは違うが、映画『血と骨』(原作 梁石日)の崔洋一監督の方が表現者として数段上。

709 :吾輩は名無しである:2006/09/01(金) 23:39:04
>>707
>自分自身が何かに囚われまいとする強迫観念

一言でいえば「左翼病」のことだ。
あなたの周りで「地球市民」という言葉を使う奴をみつけたら、石をぶつけてやりましょう。
同情する必要はありません。そんな奴に限って財テク上手だったりするものです。

710 :吾輩は名無しである:2006/09/01(金) 23:55:37
>人間は何かに囚われないと生きて行けない

だから、そのためになら他者を食い物にしてもいいって?w
古今東西、いずれにせよ大衆なんて馬鹿なもんだが、少なくとも日本に
住み暮らす者にとっては、この国のナショナリストの同調圧力ってのは
堪らずウザいからなあ。
まさにその意味で>>703みたいなの、ホントもうわずらわしい(苦笑
自らが属し、また依存している「全体」への批判者は絶対に許さないって奴w
判んない? 馬鹿だから馬鹿にされてるだけだろ、お前等は。

711 :吾輩は名無しである:2006/09/01(金) 23:59:37
>>710
星野は異論を許そうとしていない、封じ込めようとする人間だといってるんだが
もちろんおまえも同じ穴の狢だろう

712 :吾輩は名無しである:2006/09/02(土) 00:03:18
読んだこと無いんだけどw、そうかもね、
馬鹿はもうひたすらにウザいんだわ。相手したくない。

ひとりよりふたり、一国民よりも常に人類全体の方が大事。

713 :吾輩は名無しである:2006/09/02(土) 00:04:31
確かにこれはもっと単純な問題かも知れない
即ち星野や>>710みたいなのは総じて偏差値が低い
これ当たってるんじゃね?

714 :吾輩は名無しである:2006/09/02(土) 00:08:57
ヽ(゜Q。)ノ#うみねこ

ね、ね、寝る時間になって面倒臭い(o^v^o)が出てきたんだなぁ。
僕は、生活者としてのき、き、君のシュチュエーションが分からないから、
反論はよすよ。それに君は、自分で自分に反論できるからな。
いつものようにネタを振って、だ、誰か引っ掛かるのを待ち構えていたんだろ?
君の書き込みは、ク、ク、クモの巣のようだね。


715 :吾輩は名無しである:2006/09/02(土) 10:50:48
いずれにせよ親殺しと愛国心結びつけて論ずる奴は気違いってことで。

716 :吾輩は名無しである:2006/09/02(土) 14:46:41
そんなに国がお大事なら、こんなところでとろいレスつけてないで、
自衛隊か警察にでも入りなよw>>715

717 :吾輩は名無しである:2006/09/02(土) 15:19:22
>>716
幼稚な発想だなあ

718 :吾輩は名無しである:2006/09/02(土) 16:26:12
>>717
ここで言論の自由を満喫してないで、働けってこと。働け

719 :吾輩は名無しである:2006/09/03(日) 00:04:17
親や恋人や友達や家族を大事にしない奴らに愛国心なんか語る資格
なんかないだろ。もしそういう奴等がいるとしたら単なる馬鹿だろ。

720 :吾輩は名無しである:2006/09/03(日) 02:50:37
こいつ読むやつってちょっと頭弱いのかな

721 :吾輩は名無しである:2006/09/03(日) 05:58:14
>>720
少なくともおまえよりは弱くないよ

722 :吾輩は名無しである:2006/09/03(日) 13:02:41
>>720は、自分で労働するなり、いろいろやってみればいいんだよw
きみがどれくらい「頭が弱い」のか、みんなが教えてくれると思うよ

723 :吾輩は名無しである:2006/09/03(日) 22:55:41
星野の新作読んだ人いる?

724 :吾輩は名無しである:2006/09/03(日) 23:37:27
まだ

725 :吾輩は名無しである:2006/09/04(月) 13:34:17
全部駄作だった

726 :吾輩は名無しである:2006/09/04(月) 13:36:28
そもそも親殺しの犯人で愛国心ある奴少ないんじゃねーの?
ホント気違いライター

727 :吾輩は名無しである:2006/09/04(月) 14:09:03
オウム真理教のファナティックな幹部に始まり、池田小学校事件を起こして
死刑に処された宅間守、奈良の幼女殺しの小林薫など、反省を拒む者たちに
窺えるのは、この世もろとも自滅すればいいという欲望である。かれらが20歳
若かったら、ネットで極端なナショナリストぶりを発揮したのではないか。
この憎悪が、軍隊という形式の中で集団として束ねられ、どこか一方向に
向けられたとき、制御できない破壊力を発揮するだろう。ひょっとしたら
それを利用しようとした為政者にもコントロールはできず、為政者自身を
も破壊してしまうかもしれない。文民政治の終焉である。

こういう「ファナティック」な極論も決して許してはいけないと思う

728 :吾輩は名無しである:2006/09/04(月) 15:13:10
その辺りの、もうはっきりとした異常者は、たとえ軍隊という歪んだ
(日々大勢の人間を殺すがためのトレーニングを怠らない集団が軍隊
だもの。個人的な怨恨一切無しで他人を殺すという行為が人として
自然なことであるのなら、あんなものでも真っ当な集団だと云える
のかもしれないが)組織の中ではあれ、なかなか上の方にはいけない
と思うけどね。ましてや一つに「束ねられる」なんてなかなか。
彼等にはせいぜい、お約束の新兵イビリや、捕虜虐待が関の山な
気がする。

むしろ本当に怖いのは、そういった異常な集団、異常な環境の中で、
いわゆる「普通の人々」の獣性が剥き出しとなることではないか。
…社会的な制約を外れてもなお人たらんとする者の、その絶望的な
少なさは、なによりここ2ちゃんねるにおける、愚か者達の浅ましい
振る舞いを見れば明らかだと思うが。

729 :吾輩は名無しである:2006/09/04(月) 16:30:57
コンプレックスの幼稚な裏返し。
オウムは北朝鮮とも密接な親交があった在日集団。
宅間だが知らんが異常犯罪者で夜間大学通いのがいたし。
在日+夜間大学非常勤=星野智幸www

730 :吾輩は名無しである:2006/09/04(月) 16:40:05
無惨だな。

731 :吾輩は名無しである:2006/09/04(月) 16:45:45
>そもそも親殺しの犯人で愛国心ある奴少ないんじゃねーの?
わざと誤読してるのか、それとも読めない人なのか
両者は同じ根をもつちがう花だといってるだけで、
親殺し犯は愛国者だ!なんて星野はいってない。

両者に共通してるのは、
身近な人に尊敬も愛情もかんじないことではないか?
との分析は、的をいているよ。

ともかく基地外には認めがたい事実が含まれているらしいね

732 :吾輩は名無しである :2006/09/04(月) 16:53:39
元々政治が専門じゃなかった人が、急に目覚めると狂信的になりがちだなあ。
私小説家の星野氏とか、仏文学者の高橋哲哉とか。。あと、大田光とかも。
コンプレックスの裏返しなのか、妙に皆「熱い」。

733 :吾輩は名無しである:2006/09/04(月) 19:13:08
徴兵制あるいは国民皆平制に対する恐怖をリアルに感じることと、
中国の日本侵略に対する恐怖をリアルに感じることとどう違うんだろう・・・
どっちもどっちのような・・・まあそれはいいか。

しかし相変わらず幼稚な矛盾と言うか自己撞着が甚だしいよな。
天皇制に圧倒的な支持を与え、自衛隊の存在を許容し感謝し、
小泉を喝采し自民党を圧勝させ首都の知事を極右にするのが平均的、一般的な日本人であるわけだが、
つまりそういう人々が星野のいう"愛国者"なんだろう。
そういうどこにでもいる相対的にノーマルである人々を被害妄想に駆られて異常だと言い募るのってそれこそ異常だよw
こんなわかりやすい矛盾にすら気付かないなんてもうほとんど病気だろ。
ノーマルな人々を異端視し、異常視し、"正常"である自分がそれらの人々を打倒し排除しあるいは改心させるんだと考えているようだが、
独りよがりというか、病的なナルシシズムというか、精神疾患の徴候以外の何ものでもない。

そもそも星野やこのスレにおける星野の擁護者、シンパサイザーの持っている、相対的にノーマルであるところの人々、
"常識"的な人々やそれらの人々が構成する社会に対する憎悪こそが、
例えば宅間守が抱えていたであろう憎悪とぴったり重なるものだろw

734 :吾輩は名無しである:2006/09/04(月) 20:35:21
人の歴史に>>733の云う様な"常識"的な人間しかいなければ、現実はどうあれ、
世には民主主義や三権分立、思想信仰の自由といった、人権というもののごく
基本的な概念すら誕生していない筈。結果今でも大多数の人間は、ごく一部の、
暴力装置を手にした者達の奴隷としてその日々を過ごしていることだろうよ。
――より良く、より「人間的」であろうとする意志無くして、今に至り、また
これからも続く人類の歴史などあり得ない。
…だいたい、世界にはまだいくらでも、そういったものの恩恵に与ることの
出来ぬ地域や人々がいるというのに。貧困や戦争は、今もって「過去の歴史」など
では無いんだ。

何なんだろうな、こういった"常識"的な者達の、想像力や共感力に欠けたこの
残酷さは。どうしても俺にはその寒々しい心象風景が理解出来無いんだが。

735 :吾輩は名無しである:2006/09/04(月) 20:56:30
>>734
なぜそんなに"普通の人々"を憎悪するんだ?
日々マジメに一生懸命暮らしている姿勢の人々を浅はかな思い上がりで"偏狭なナショナリスト"と呼び、宅間みたいに殺すのか?
想像力に乏しくコモンセンスが未発達だからそんな風に短絡してしまうんだよ。
粘り強くイメージしろ。イメージし続けろ。
おまえが人殺しになる前に。

736 :吾輩は名無しである:2006/09/04(月) 20:58:20
>>727のような文章書ける文学賞作家が存在するってことは認めがたいな
基地害だな星野は

737 :吾輩は名無しである:2006/09/04(月) 21:04:19
なんでそうやってすぐ個人攻撃になるのかねw
俺はただ、世の一切の殺し合いにウンザリしているだけだよ。
マジョリティが常に正しいのなら、とうに戦争も貧困も無くなっている
だろうにと云っているだけ。

738 :吾輩は名無しである:2006/09/04(月) 21:05:22
>>734
こんな考え方のほうが村上龍や「罪と罰」みたく、『社会を形づくっていく
のは一握りのヴィジョンある天才だ』という危険思想につながるだろ

739 :吾輩は名無しである:2006/09/04(月) 21:08:06
天才なくして人類の進歩なんてものは無かった、それが歴史だ。

740 :吾輩は名無しである:2006/09/04(月) 21:11:51
>>737
民主主義は無謬性を担保する制度ではないよ。
むしろ可謬的な制度。ただ民主主義的決定、判断は絶対的に正統的。

そもそも"正しさ"の存在を安易に前提してしまっているのが問題。
絶対的に正しい価値観が本当にあるのかどうなのか、そこから考え直すべきだな。
まあそんなものがあれば民主主義などいらないのだが。

741 :吾輩は名無しである:2006/09/04(月) 21:12:09
だいたい>>734>>728なワケで、俺が一貫して指摘しているのは、
こころざし無き者の、その自覚無き残酷さや醜悪さ。
どうしたって「普通」は醜いよ。

742 :吾輩は名無しである:2006/09/04(月) 21:16:00
>>740
だから俺はただ殺し合い(戦争)が嫌いだと、そしてそれを人の世から
無くすが為に、日々意識して考え続けることをしない者は愚かだと、そう
云っているだけだ。

743 :吾輩は名無しである:2006/09/04(月) 21:20:44
>>741
しかし卑屈な選民思想だなw
っていうか要するにうだつのあがらない、凡庸すぎる自分に苛立ってるんだろ?
自衛隊員に人殺しと罵声を浴びせてこいよ。
あるいは自衛隊員の家族に、おまえの親、子、兄弟、姉妹は人殺しだと。
憂さ晴らしになるぞ。
人権なんてどうでもいいよなw

744 :吾輩は名無しである:2006/09/04(月) 21:23:56
だーかーらー、なんですぐにそうやって個人攻撃になる訳?w

話にならない。

745 :吾輩は名無しである:2006/09/04(月) 21:27:11
>>744
常識的な人間は愚民なんだろ?
民主主義は愚民主主義で、そんなものは信用ならないと。
多数派はアホでバカ。
自分のような少数派こそが正しいとw

746 :吾輩は名無しである:2006/09/04(月) 21:29:16
自分達のこと全否定されて焦ってるんだよ。

747 :吾輩は名無しである:2006/09/04(月) 21:30:40
だろうな。
卑屈な選民思想。まさにこれだよw

748 :吾輩は名無しである:2006/09/04(月) 21:36:12
俺は戦争反対派だから徴兵制なんかくそだと思うよ。知らない人間
のために命なんか捧げるつもりなんかない。

749 :吾輩は名無しである:2006/09/04(月) 21:43:12
徴兵制復活ねえ
"意識が高い"のかそれとも強迫神経症なのかw

750 :吾輩は名無しである:2006/09/04(月) 21:47:06
ぶっちゃけ徴兵制を公約にする政治家が出てきたらお前らは支持するの?

751 :吾輩は名無しである:2006/09/04(月) 21:59:26
おれが支持しても当選しないだろうなあw

752 :吾輩は名無しである:2006/09/04(月) 22:03:56
>>743
卑屈な選民思想ねえw ――それがつまりは「ナショナリズム」の本性では?
…俺はただ、自らのひととしての誇りや責任を他に委ねるなと云っているだけ。
やれ国家だ民族だ、宗教だなんて、己の外部に自らの正当性を求める者達を
小馬鹿wにしているだけだ。

とにかくアレだ、以前にも書いたが、自らが属し、また依存する「国家」とやら
を無化しようとする者への憎悪でいっぱいの君とは話すだけ無駄だわ、もとより
一切の聴く耳を持たないんだから。

さようなら。

753 :吾輩は名無しである:2006/09/04(月) 22:13:35
>>752
…俺はただ、自らのひととしての誇りや責任を他に委ねるなと云っているだけ。
やれ反国家だ反民族だ、反宗教だなんて、己の外部に自らの正当性を求める者達を
小馬鹿wにしているだけだ。
なんでわかってもらえないんだろう?w

754 :吾輩は名無しである:2006/09/04(月) 22:34:57
自分の周りにいる人達を大切にしろ。まずはそこからだよ。

755 :吾輩は名無しである:2006/09/04(月) 22:46:28
その通り。コモンセンスは身近な人々との関係の中で形作られる。
これが不十分だったりすると、いきなり短絡して、自分以外はバカ、偏狭なナショナリスト、
独立した個人(もちろん幻想)のおれって超かっこいい!
みたいなおバカになってしまう。

756 :吾輩は名無しである:2006/09/04(月) 22:52:16
独立した個人(もちろん幻想)のおれって超かっこいい!
は極論好き星野だろ?

757 :吾輩は名無しである:2006/09/04(月) 22:56:16
反日中田が引退して「日本らしさ」を標榜するオシムになったとたん
代表について書かなくなったなww

758 :吾輩は名無しである:2006/09/04(月) 23:29:23
>>756
そうだよ

759 :吾輩は名無しである:2006/09/05(火) 20:12:41
あげ

760 :吾輩は名無しである:2006/09/05(火) 21:31:48
愛国バカには、愛国者徴兵制度を強制適用。
米の次の戦争には、最危険地域へ派兵してやれば
いまよりはずっと国家の役に立つんじゃね?w

761 :吾輩は名無しである:2006/09/06(水) 01:43:05
>天皇制に圧倒的な支持を与え、自衛隊の存在を許容し感謝し、
>小泉を喝采し自民党を圧勝させ首都の知事を極右にするのが平均的、一般的な日本人であるわけだが、
>つまりそういう人々が星野のいう"愛国者"なんだろう。

アンチ星野代表のその後の書き込みは、
この意図的な読み替えのもとにロジックをたててるようなんで。

ここ数日の日記で、星野がファナティックな愛国者として論難してるのは、
「ネットで極端なナショナリストぶりを発揮」している若者たちであって、
うえの>引用でひきあいにだされてるような圧倒的多数の普通の人々とは
等号で結べないだろ、どう考えても。圧倒的多数なんかじゃないって

ネット右翼が、都民300万票を代表するんか?
ついでに天皇制支持と小泉支持までも代表しちゃう?
ネット右翼が、僭越ながら勝手に圧倒的多数の日本の保守層、普通の人々を代表?w
ほんと、なんでも一緒くたになっちゃうんだねえ。

こうまで星野の主張をどんどん読み替えてずらしてくってのは
頭が弱い証拠なのか?それとも意識的な攪乱か?
ここの議論を読むくらいなら、星野のサイトを見ろってことだろうな。

762 :吾輩は名無しである:2006/09/06(水) 10:17:07
さらしage

763 :吾輩は名無しである:2006/09/13(水) 13:26:25
朝鮮人犯罪者リスト
●麻原彰晃 →オウム真理教教祖。サリンを撒き無差別殺人。坂本弁護士一家惨殺。海外新聞がkoreanと表記。週刊現代がスクープ。事件前の対談で自ら語っている。

●宅間守 →大阪 池田小学校の児童殺傷。8人殺害 15人が重軽傷。朝鮮人部落出身

●東慎一郎 →酒鬼薔薇聖斗。神戸の首切り小僧。生首を校門に飾る。2人殺害。
元在日朝鮮人

●林真須美 →和歌山 毒入りカレー事件。4人毒殺 63人が負傷。帰化人

764 :吾輩は名無しである:2006/10/05(木) 04:17:34
age

765 :吾輩は名無しである:2006/10/12(木) 10:32:14
北朝鮮核実験よりロシアジャーナリストの死のほうが重大だそうです

安部が総理になっただけであれだけ書きたてたのに、北朝鮮にはノーコメントですか

766 :吾輩は名無しである:2006/11/04(土) 04:41:41
在日が帰国・帰化しない理由 「在日特権」
[地方税] 固定資産税の減免
[特別区] 民税・都民税の非課税
[特別区] 軽自動車税の減免
[年 金] 国民年金保険料の免除
        心身障害者扶養年金掛金の減免
[都営住宅] 共益費の免除住宅
         入居保証金の減免または徴収猶予
[水 道] 基本料金の免除
[下水道] 基本料金の免除
        水洗便所設備助成金の交付
[放 送] 放送受信料の免除
[交 通] 都営交通無料乗車券の交付 JR通勤定期券の割引
[清 掃] ごみ容器の無料貸与
        廃棄物処理手数料の免除
[衛 生] 保健所使用料・手数料の滅免
[教 育] 都立高等学校
        高等専門学校の授業料の免除
[通名]   なんと、公式書類にまで使える。( 会社登記、免許証、健康保険証など )
        民族系の金融機関に偽名で口座設立→犯罪、脱税し放題。
        職業不定の在日タレントも無敵。
        凶悪犯罪者の1/3は在日なのに実名では報道されない。
[生活保護] 家族の人数 × 4万円 + 家賃5万円 在日コリアンは、ほぼ無条件で貰えます。
         日本人は孤児だろうと病気だろうと、絶対に貰えない。
         予算枠の大半を、人口比率1%未満に過ぎない在日が独占。
         ニートは問題になっても、この特例は問題視されない。
[住民票]  「外国人登録原票」は通常、一般人では閲覧できない。
         ( 日本人の場合、債権関係の係争で住民票を閲覧される )
「生活保護予算の大半は在日だけの特権保護費」


767 :吾輩は名無しである:2006/11/24(金) 21:34:15
反日なんですね

768 :吾輩は名無しである:2006/11/27(月) 05:31:50

http://blog.livedoor.jp/mumur/archives/50689611.html

人気者だな、星野w

769 :吾輩は名無しである:2006/11/27(月) 14:51:51
>>768
こういうサイトって、なんで日本語へたなの?
日本人じゃないのが書いてるのかね

770 :吾輩は名無しである:2006/11/27(月) 15:35:37
コメント欄
うん、どちらがより論理的か、一読で解る。
mumurさんの様な論客がマスゴミで暴れ回れたら、どんなに世論が変わる事か。

こういう思考停止の方があぶねーのに


771 :吾輩は名無しである:2006/11/27(月) 17:11:13
コメント欄みたが、これだけ盛り上れる人たちが多くて
びっくり。暇人が多いな

772 :吾輩は名無しである:2006/11/28(火) 17:45:23
>>771 こんな過疎スレに書き込んでいるあんたや俺のほうがずっと暇人さ

773 :吾輩は名無しである:2006/12/14(木) 11:45:02
早稲田でトークやったのに、人気ないね

774 :吾輩は名無しである:2006/12/14(木) 14:46:52
平野啓一郎に影響されてブログはじめたな

775 :吾輩は名無しである:2006/12/20(水) 18:30:44
この人の小説・・・ラテンアメリカ文学を持ち込んだってだけだな
と思って、経歴調べたら留学してたんだな・・・露骨すぎ('A`)
センスは悪くないんだが、今もこれから先も、別にどうでもいい存在のままだろうな。
中途半端なサッカー作家として食いつないでいくだけのこと。



要するに、ブックオフ100円コーナーで十分な作品群

776 :吾輩は名無しである:2006/12/22(金) 01:05:10
最近はラテンアメリカ文学ですらないけどね。

777 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 15:05:11
芥川賞のメドがついたの?
大学やめちゃうんだよね。

778 :吾輩は名無しである:2007/01/04(木) 03:40:21
文学部が縮小

779 :吾輩は名無しである:2007/01/04(木) 18:22:39
芥川賞候補、おめでとう!!

780 :吾輩は名無しである:2007/01/04(木) 18:54:04
このチョン作家の受賞の出来レースだわな







芥川は そうだろ?春秋さん

781 :吾輩は名無しである:2007/01/06(土) 20:59:01
>ブログのほうでも、2ちゃんねら〜に気を使ったり


星野よ、すでにおまえは祭り要員だ
覚悟せよ、
今までとこれからの売国発言のつけを払え
嫌ならお好きな祖国に帰れ、密入国の子孫、いつまででかい顔して差別だと
言い張る気だ?帰化人が裏でつるんでやりたい放題でそれで都合の悪いときは
差別ってか?ww
こんな奴の研究室によく人が来るな、学校の良識を疑うね。
女の子は気をつけろよ、民族病だ。

782 :吾輩は名無しである:2007/01/07(日) 03:55:52
祭りになればいいほうだよ
退屈とかいって盛り上らないほうがやばい

783 :吾輩は名無しである:2007/01/07(日) 17:09:38
イチローに

 なんか

    いう暇があってウダウダ文句

つけならよ、星野よ!!!!



「とっとと国に帰れよ、誰も居てくれなんて思ってないから?ああぁ?
 
    何時までチョン気取りだ?」

784 :吾輩は名無しである:2007/01/07(日) 18:31:15
えー叩かれてるんだー
でも星野さんって実際会うとすごいいい人だよ。
ここで叩いてる人も多分好きになると思うくらいに。
うーん残念。出会いは平等じゃなくて。

785 :吾輩は名無しである:2007/01/07(日) 20:42:25
なーにがすごいいい人だよだwあほかw
会って好きになる作家なんて碌なもんじゃねえw

786 :吾輩は名無しである:2007/01/07(日) 21:48:25
まあもともとスキだから会ったんだけどw

787 :吾輩は名無しである:2007/01/07(日) 23:42:35
>>783
どうしたのさ?なんで荒れてるの?
なにが気に入らないの?

788 :吾輩は名無しである:2007/01/08(月) 04:25:34
発言内容がキチガイ作家

この過疎りようだと、人気はないみたいだね

789 :吾輩は名無しである:2007/01/08(月) 20:00:23
会ってセックスしたのか?

そりゃいい人だろ、そういうときは。

790 :吾輩は名無しである:2007/01/08(月) 23:05:52
>>789
硬派だから誘ってもムダだったよ。
そういう人じゃないし。

791 :吾輩は名無しである:2007/01/08(月) 23:12:56
>>788
確かに作品のファンだけど、日記は読む気がしないかな。
ああいう発言って他の人に任せておけばいいのに。
正義感強いからいってしまうんだろうね。
ちなみに星野さんのファンだけど、自分は2ちゃんねらーだし
2ちゃんでいろんな悩みを解決してもらってきたし、
感謝してるし大切なところだね、2ちゃんは。
それに、近所のよくわからん中国や韓国の人には
正直文化の違いもあってとても迷惑してる(ゴミ出しやらマナーなどで)
から、あんまり擁護するきにもならないかな。
日記を読むと反論したくなるw

でも不思議と小説は違うんだよね。
だから叩いてる人も機会があったら小説を読んでほしいなって。
エッセーだと日記に近い感じになっちゃうだろうけど。
芥川獲ったらそんな人たちにも読んでもらえるチャンスが今より
あるから獲ってほしいなって。
それで(小説で)判断してほしいから。
小説が嫌いならそれはそれで仕方ないけど。

792 :吾輩は名無しである:2007/01/09(火) 21:20:05
受賞できなかったら、「ニダー差別ニダ、愛国心の取り違えだ、学生はかわいい女に限るにだ」
危ないですから気をつけてね

793 :吾輩は名無しである:2007/01/10(水) 00:09:06
今日の日記、納豆の話でやめときゃ面白かったのに。

794 :吾輩は名無しである:2007/01/13(土) 13:50:40
http://hoshinot.exblog.jp/5243783

この傾向は何も日本だけの特徴ではなく、ネットが爛熟した情報化社会ではある程度共通して起こっていることだとは思う。けれど、悪意の質と、その悪意を発露させずにはいられない異常な執着に関しては、日本社会の問題であると思う。
オウム真理教教団は、日本社会のグロテスクな鬼子だったが、2チャンネラー的な集合も私には日本社会のデフォルメされたネガ像として映る。
日本社会と表裏一体であり、日本社会が現状のようである限り、切り捨てることはできずにつきまとう存在が、2チャンネラー的集合ということだ。

795 :吾輩は名無しである:2007/01/15(月) 20:33:23
ネラーをオウムと重ね合わせて批判する気か?この馬鹿さっかは?
こいつに真実の言葉はない。捏造の嵐。
そこまでいうなら麻原や幹部が帰化朝鮮人だって言えよ!!
ああ?そうだろうが!
それ言わないで同胞までも利用してネラー批判するのか?
最悪だな。

796 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 19:33:30
反日馬鹿無残wwwwwwwwwww



797 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 20:32:44
この人ホモ?

798 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 20:39:02
選考委員に石原と宮本がいるから難しいだろうね

799 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 21:28:34
>>798
黒井さんもじゃない?

800 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 22:35:12
青山に負けてるとは到底思えないが…
よく分からんな


801 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 22:52:38
>>799
なぜ?
理由おしえてちょ

802 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 00:38:43
星野よ、ミジメだな。
下らん納豆日記書いて芥川賞もらえるほど文学も世の中も甘くない。
エラソーにしないで読める小説書けや恥さらし。


803 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 04:06:38
反日文学で賞貰えよw
もっと露骨な奴でwそれで芥川賞の実態を広めてくれ、頼むw
いやだったら祖国に帰ってもらってもいいよ

804 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 06:25:45
平野>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>青山>>>>>>>>星野

805 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 10:15:25
>>802
お前みたいな奴が読める小説なんてないよ。絵本でも眺めてろw

806 :生捨:2007/01/17(水) 12:18:59
そうですか
星野さん教え子と同じ程度の年齢の
23歳の女子に負けましたか
(゚Д゚)
そうですか

807 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 13:43:04
あーあ
これから自分の小説の下手さ加減は棚に上げて
反石原のヒステリー日記を読まされるんだろうな
負け犬って最低

808 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 16:01:42
>>802
日記がノミネートされたわけじゃないじゃん。


809 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 18:23:20
星野先生、新人作家引退宣言!! もう新人じゃないだろな。

810 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 18:25:14
いくら石原批判しても星野の小説は石原に遠く及ばない。
小説に力がない。
だから何を言ってもむなしい。

811 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 18:31:36
石原のこと批判してないだろ。ネット右翼のヤッカミだなw石原とは時代が違うしさ。

812 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 18:47:50
b

813 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 18:48:41
なんで学校辞めたの?

814 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 18:57:01
確かに芥川賞のことがあるから石原は批判してない。
母校で不当逮捕があった時も身を守るために署名しなかった。
そのへんは計算高いコズルイ奴だよ。

815 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 19:11:00
このばか学校の先生してるのか?

816 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 19:55:40
このスレを読むと、要するに芥川賞取っても取らなくても、それをネタに叩きたい奴がいることだけはわかったw

817 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 23:47:55
才能がないってのはミジメね。
青山読んでこれは星野とモノが違うとおもったな。

818 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 23:59:45
朝日新聞夕刊によると、星野を強く押す委員がいたが、2人受賞には至らなかったとのこと。
星野の作風を気が利いていると見るか小賢しいと見るかってことかもなあ。
推したのは誰だろw
池澤夏樹あたりかな。

819 :吾輩は名無しである:2007/01/18(木) 00:03:12
詠美と池澤かな?

820 :吾輩は名無しである:2007/01/18(木) 00:33:00
パッションがないからダメ

821 :吾輩は名無しである:2007/01/18(木) 01:14:19
星野さんの小説好きです。
これからもっと時間をかけていい作品をたくさん作ってほしいです。

822 :吾輩は名無しである:2007/01/18(木) 11:33:11
星野さん下手な文章でよくわからない物語でごまかさないで
ちゃんとしたもの書いてください


823 :吾輩は名無しである:2007/01/19(金) 07:56:15
賞には選考委員とのいかんともしがたい相性というものもありますし。

824 :吾輩は名無しである:2007/01/19(金) 07:57:30
いかんともしがたい

825 :吾輩は名無しである:2007/01/19(金) 17:23:05
こんな馬鹿はさっさと死ねばいい

826 :吾輩は名無しである:2007/01/19(金) 17:26:59
作家にはバカが多いけどな。

827 :吾輩は名無しである:2007/01/19(金) 17:29:06
馬鹿は馬鹿でも反日腹黒馬鹿
密入国者の末裔の卑しい人間

828 :吾輩は名無しである:2007/01/20(土) 06:52:59
◆在日朝鮮人の生活保護の実態
生活保護費は30代の母親と小学生の子供二人で月に生活費15万円、
母子家庭なら母子加算2万3千円 、教育費として給食費・教材費などが7千円前後。
住宅費は5万円くらいなら全額支給。全部で、ひと月に23万円くらい支給される。

在日朝鮮人の5人に1人は無職で贅沢な暮らしをしています
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/2487/

------------------在日特権 ------------------
   【在日が帰国しない・帰化しない理由】
 地方税→ 固定資産税の減免
 特別区→ 民税・都民税の非課税
 特別区→ 軽自動車税の減免
 年  金→ 国民年金保険料の免除
         心身障害者扶養年金掛金の減免
 都営住宅→ 共益費の免除住宅
          入居保証金の減免または徴収猶予
 水  道→ 基本料金の免除
 下水道→ 基本料金の免除
         水洗便所設備助成金の交付
 放  送→ 放送受信料の免除
 交  通→ 都営交通無料乗車券の交付
         JR通勤定期券の割引
 清  掃→ ごみ容器の無料貸与
         廃棄物処理手数料の免除
 衛  生→ 保健所使用料・手数料の滅免
 教  育→ 都立高等学校
         高等専門学校の授業料の免除


829 :吾輩は名無しである:2007/01/20(土) 20:37:07
星野の作品の「われら猫の子」と「植物診断室」を買ったぞ。「海辺のカフカ」
の次に読むぞ。文句を言う奴等は読んでから、文句を言えよ。

830 :吾輩は名無しである:2007/01/20(土) 21:25:53
へ?

831 :吾輩は名無しである:2007/01/20(土) 22:20:56
芥川賞をめぐる報道って何?

832 :吾輩は名無しである:2007/01/20(土) 23:39:44
ちょうど同じことが気になってた。何だろう

833 :吾輩は名無しである:2007/01/21(日) 01:00:06
納豆事件といい、目利きはさすがですね。
新聞記者やってただけはあるなって関心。

>>829
実は受賞したらイベントやるかと思ってわざと買ってなかった口。
明日にでも買いに走ります。

834 :吾輩は名無しである:2007/01/21(日) 01:00:56
ワタヤのお祭り騒ぎのことかな?芥川のことって。

835 :吾輩は名無しである:2007/01/21(日) 01:45:46
新人賞決別宣言がたいへん清々しい

836 :吾輩は名無しである:2007/01/21(日) 01:46:26
綿矢文学は捏造? うーむ、たしかに持ち上げすぎかな

837 :吾輩は名無しである:2007/01/21(日) 02:31:37
決別宣言、結果が出る前に表明すべきだと思う。
どのような結果であれ意思が変わらないのであれば。
あれではあと出しじゃんけんだろう。

星野さん、今回のような行為を、自らの既得権益を守る
見苦しい振る舞いというのではないですか?

潔くない。

838 :吾輩は名無しである:2007/01/21(日) 05:34:20
害酷人がよ、イチローとかの愛国心に文句たれる時点でおかしいだろうがよボケ!!!
何様のつもりだクソが!!
お前に来て欲しいなんて誰も言わなかったよ
それを居座って愛国心に関することぬかすなよ ああ?
だったらどういうスタンスで発言しているのか隠さずに言えよ

島田平野金原の連合に加わってお仕事もらうつもりか?
ww笑わせるなよクズ 生物としてクズ野郎

839 :吾輩は名無しである:2007/01/21(日) 18:27:54
>>838
なんでここにいるの?嫌韓活動楽しいかね?
腐せるなら誰でもいいんでしょ?ていうか病的だよ?
自分の好きな作家のところに行って楽しくしてたら
どうなの?好きな作家、いないの?

>>835
新人決別宣言…うーん、する必要あるのだろうか。
次回獲る可能性だってあるのにさ。
とにかく真面目な人であるなあ。

三島賞を受賞した時も「新人作家の賞味期限」という
エッセイを書いてたけど、「賞味期限」としてしまう
ところになんというか、サラリーマン的戦略みたいなモノ
を感じて「今どきの働く大卒男性なんだなあ」と、ちょっと
違和感を覚えたことを思い出した。

「植物診断室」読んだけど、最近の作品と比べてとても
抑制して書いてるのがわかって、また、それが効を奏して
いたと思う。これは確かに芥川賞の候補に残ってしかるべき
作品だと思うし、選ばれてもいいと思った。
でも全く関心を持たない人をも引きこむ魅力があるか、と
いうと難しいところかもしれない。
今回の作品は多分相当芥川賞を意識して書いたのだろうし
終結部の雰囲気にそのような匂いが立ち込めている気がする。
芥川賞、獲って欲しいね。でも確かに現在の審査員との
相性からいくと困難かもしれん。
本当は戦略とか意識とかをすっ飛ばして書いたら、物凄い
ものが出来てくる予感がある。それは多分芥川賞という
枠をも破るような代物だと思うんだけど。ただの期待だけど。

840 :吾輩は名無しである:2007/01/21(日) 18:55:51
>>839
うっせなファシスト 都合の悪い発言は葬り去る気か?
言論統制なんてナチス張りだなw
最も星野はそういうの一番利用して批判するタイプだがww
本人が一番ナチなのにねw

841 :吾輩は名無しである:2007/01/21(日) 18:59:55
作家には向いてないよこの人

842 :吾輩は名無しである:2007/01/21(日) 19:13:38
ここでアンチしてる人って
小説の内容については一切語らないことに注目しようね

843 :吾輩は名無しである:2007/01/21(日) 19:31:59
>>840
いや、何がしたいんだか全くわからないな…。
何がしたいの??
作品の批評とかじゃなくて、日記批判だけ??
変な人だな。

844 :吾輩は名無しである:2007/01/21(日) 19:34:11
星野信者は本人と同じく単純で頭悪いね

845 :吾輩は名無しである:2007/01/21(日) 19:42:27
>>841
いや、そうは思わんけどね。今までものした作品を
読めば、そうは思わない。
ただ一般人としての常識的な感覚や、常識的であろうと
していることが、逆に「突破」を妨げてるんじゃないかな…
アンモラルなことをせよというのではなくて…

元記者としての目線が、星野さんの中でアンビバレンツな
作用を引き起こしてないかな…まだ「途上」なのかも。

846 :吾輩は名無しである:2007/01/21(日) 19:47:41
ここで叩けば叩くほど、作家として成長するだろうね


847 :吾輩は名無しである:2007/01/21(日) 20:43:21
もうこいつは駄目だろ
ランディ 平野 星野は2CHの敵だから

848 :吾輩は名無しである:2007/01/21(日) 20:55:09
星野は納豆食えなかったり、納豆値上がりしたり、納豆のことで相当怒ってるな。

849 :吾輩は名無しである:2007/01/21(日) 22:15:16
イチローを批判したのを今だに根に持ってるキチガイの焼豚がいるだけ。
普段、小説も読まないで自分の頭を使って物事を考えない馬鹿だよ。
星野を語るには、最低限「目覚めよと人魚は歌う」や「最後の吐息」
ぐらいは読んでから文句を言えよ。焼豚には難しくて読めないだろうがなw

850 :吾輩は名無しである:2007/01/21(日) 22:16:24
俺は「ロンリーハーツキラー」が好きだな

851 :吾輩は名無しである:2007/01/21(日) 23:02:01
まっ野球とかイチローで切れてるんじゃないけどね




苗字で切れたwwwwwwwwwwwww

852 :吾輩は名無しである:2007/01/22(月) 01:30:19
皆、こいつの小説について言いたいことは
いろいろある。
奴自身が作品以外のことを書きまくっているから
反応しているだけ。
自業自得でしょ。


853 :吾輩は名無しである:2007/01/22(月) 07:30:21
北京五輪でこのドアホなんて言うかな?



こんなくそチョンの本買う奴なんてチョン以外にないなwww




平野啓一郎かよwww盗作してないだけで顔はひどいエラが張ってるな




密航者の先祖の祟りか?星野よww




ネラーを朝鮮人が教祖のオウムと同列に比して批判するとはどういうことだ?




われええ加減にせいよ?ww 日本人なめんなよ!!!クソちょんが





854 :吾輩は名無しである:2007/01/22(月) 13:00:51
こいつの社会批評ってレベル低すぎだと思うけど
まさに2ちゃんねるレベル

855 :吾輩は名無しである:2007/01/23(火) 13:39:46
http://hoshinot.exblog.jp/
>◎「『ニヒリズムに裏打ちされた都会の孤独』とか言って、自分は知事として弱い立場の住民をどんどん切り捨てておいて、
>孤独が何だかわかっているのか? だいたいあれは、下落する人気を文壇の石原軍団と一緒に回復しようとする選挙活動じゃないのか?」。
>芥川賞会見に臨んだ石原慎太郎のコメントを見ての、私の知人の感想。


私の知人の感想
私の知人の感想
私の知人の感想
私の知人の感想
私の知人の感想

856 :吾輩は名無しである:2007/01/23(火) 15:32:24
まあウダウダ日記書くなら祖国に帰れと言いたい

857 :吾輩は名無しである:2007/01/23(火) 22:32:59
納豆騒動の原因を「みのもんたか?」なんて勝手に決めつけたんだから


    
           謝 罪 く ら い し ろ や
                                   
                                     
                                    
                                    

858 :吾輩は名無しである:2007/01/24(水) 10:43:52
>>857
○○か?

か?
は週刊誌やスポーツ新聞がよくやる常套手段だからセーフ

859 :吾輩は名無しである:2007/01/24(水) 12:03:34
つーかあの文脈を「決めつけた」と読むのは
日本語能力が低すぎる。

860 :吾輩は名無しである:2007/01/24(水) 14:57:26
>>858
つまり星野の文章はスポーツ紙レベルということでFA?

861 :吾輩は名無しである:2007/01/24(水) 16:40:15
実際のところ顔がハングルしすぎてるのが最大の不幸だよな
それに気づかなくても、愚ログ読んで気づかれるわなw


862 :吾輩は名無しである:2007/01/24(水) 19:21:22
日記見たら、性格悪いという事はわかった。

863 :吾輩は名無しである:2007/01/24(水) 23:48:37
>>860
>つまり星野の文章はスポーツ紙レベルということでFA?

FA(ファイナルあんさー)?

>>860はみのもんたか?



864 :吾輩は名無しである:2007/01/25(木) 00:54:47
(´・ω・`)<嫌いなら日記とか読まなきゃいいのに、かまってちゃんだなあ

865 :吾輩は名無しである:2007/01/25(木) 21:39:05
結局さ、ここにいるアンチ星野はさ、星野のことがすごく気になる存在でさ、
星野のことが好きなんだよ。かわいいい奴等だよ。

866 :吾輩は名無しである:2007/01/25(木) 23:29:44
>>865
奴等というより一人の気がする

867 :吾輩は名無しである:2007/01/26(金) 01:21:26
芥川賞会見に臨んだ石原慎太郎のコメントを見ての、私の知人の感想。

868 :吾輩は名無しである:2007/01/26(金) 23:29:59
「植物診断室」は石原みたいなマッチョな人には到底理解できない作品だろうな。

869 :吾輩は名無しである:2007/02/01(木) 19:07:20
星野のテーマは反マッチョなのだから。

870 :吾輩は名無しである:2007/02/04(日) 20:17:42
「植物診断室」を読破した。今までの星野作品に比べて読みやすかったし
言いたいこともシンプルだった。ただし、後半の首相の靖国参拝の部分
はいらなかったと思う。「家族」に的を絞っていれば、もっと作品のクオリティー
が上がったのではないのかなと思った。すごく残念な気がした。

871 :吾輩は名無しである:2007/02/05(月) 07:43:55
懸賞に応募するんだなw

872 :吾輩は名無しである:2007/03/19(月) 11:27:54
「ドリブルも、まともに出来ないような作家が、えらそうに 
サッカーを語るな」と元サッカー選手が言ってましたよ。センセイ!

873 :吾輩は名無しである:2007/03/19(月) 11:36:40
別に星野好きじゃないけど、日本のサッカー文化は星野みたいな層に支えられてるという
認識がないその元選手もちょっとあれだね。


874 :吾輩は名無しである:2007/03/19(月) 19:58:00
星野のサッカー論めちゃくちゃじゃん。
中田だけ称えているあたり。(チョン臭する)
むしろ中田に壊されたチームがドイツの日本代表なのに。

875 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 13:25:17
めちゃくちゃかめちゃくちゃじゃないかはどっちでもよくて、
テキトーに文化に絡めて語るやつがいると、まわりはなんかサッカーに
厚みがある気がしてくるじゃん(歴史がない分の付け焼きな厚み)。
ああ、ほかのスポーツとは違うんだ、みたいな。

876 :吾輩は名無しである:2007/03/22(木) 13:04:07
星野智幸センセイのサッカー論は金子達仁のパクリですから

877 :吾輩は名無しである:2007/03/24(土) 15:06:48
日付見たらずっと過疎ってたんじゃねえかwww
作品以外の事でしか反応もらえない作家ってのも、惨めなもんだねぇ

878 :吾輩は名無しである:2007/03/27(火) 22:04:36
消え行く作家なんて、そんなものでしょ。
時々、反政府活動で名前を思い出したりするかもしれないけどw

196 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)