5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

浅田彰と星野智幸にラヴコールを!Part3

1 :バッチェラー:04/05/17 20:09
良スレにつき勝手に Part3
続きをどうぞ


前スレ:
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1082549600/l50

前々スレ:
http://makimo.to/cgi-bin/dat2html/dat2html.cgi?http://book2.2ch.net/test/read.cgi/book/1081584176/l20


2 :吾輩は名無しである:04/05/17 20:21
天才作家の二階堂黎人が>>2ゲットだ!

>>3はどうしてそんなことお申しになりますの?
>>4は、何と凄まじい告発であっただろう!
我々に与えたその衝撃は、まさに>>5が鳴動し、>>6がひっくり返る
ほどの大変動であった。白日の下にさらけ出された>>7は、実に凄惨、
酸鼻を極めた事柄であったことか! これは、>>8の言うとおり、
二重にも三重にも考え抜かれた、まさに地獄さながらの大犯罪だったのだ!
>>9 ゲドババァ!!

3 :吾輩は名無しである:04/05/17 20:37
>>2
氏ね

4 :吾輩は名無しである:04/05/17 21:46
1おつかれさま。
まってました!
よくやったぞ!

前すれ1もな、おつかれさま。
こうした論争をかさねてきたことが
情勢に対しアクチュアルなのは明白。
いろいろ差っぴくにせよ、いい仕事したと思うよ。

5 :吾輩は名無しである:04/05/17 22:44
とりあえずリンク貼っておくね。


浅田彰
イラク人質問題をめぐる緊急発言
ttp://dw.diamond.ne.jp/yukoku_hodan/20040410/index.html

星野智幸
イラク人質問題をめぐる発言
ttp://www.hoshinot.jp/diary.html


6 :吾輩は名無しである:04/05/17 22:52
荒らしは去った?

7 :吾輩は名無しである:04/05/17 23:17
安田・渡辺両氏に政府が救出費用500ドルを請求。渡辺さんは「同意した
覚えない」と抗議。
かたや、3人への請求額は237万円。
この差って・・・

渡辺さん頑張れ。

8 :吾輩は名無しである:04/05/18 00:28
新スレ>>1さんに感謝。
煽り合いでなく議論できるといいね。

あと前スレ991さん親切にありがとう!
がっくりしてて過去ログとかググるとか基本的なことまで忘れていてすみません。
これから読んでみます。(できれば関係者の方?荒らさないで…)

>>7
検索して分からなかったけど本当?
請求額の詳しい内容って出すのかな?建前もクソもない。

9 :吾輩は名無しである:04/05/18 00:47
>>8
本当だよ。今日ニュースで見た。一人500ドルか二人で500ドルかは分からない。

10 :吾輩は名無しである:04/05/18 01:01
前すれ 確実に読めるはず
http://makimo.to/cgi-bin/dat2html/dat2html.cgi?http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1082549600/


11 :吾輩は名無しである:04/05/18 01:07
>>10
サンキュ!

12 :吾輩は名無しである:04/05/18 01:15
バッチェラーさん新スレありがとう。
今、こういう場所が必要だと思う。
それが文学スレにあるということが、
文学も捨てたもんじゃないな。


13 :吾輩は名無しである:04/05/18 02:13
ここは独特の香ばしさだね

14 :吾輩は名無しである:04/05/18 03:00
>>13
もうそういうの詰まんないんだよね・・

15 :吾輩は名無しである:04/05/18 03:43
星野はきらいじゃないがファンがきらい

16 :吾輩は名無しである:04/05/18 07:30
>>15
そういうスレじゃないから。

17 :吾輩は名無しである:04/05/18 08:31
>>4>>12
同感。前スレ1は危なっかしかったがなかなか奮闘したと思う。
倫理をとことん追求するスレが文学板に一つぐらいあってもいいと思う。

18 :吾輩は名無しである:04/05/18 09:59
>>17
そういうスレじゃないから。

19 :吾輩は名無しである:04/05/18 19:21
>>8

■航空運賃など500ドル請求 イラクで拘束の2人に

 イラクで武装勢力に拘束され、解放後帰国したNGO活動家渡辺修孝さん(36)とフリージャーナリスト安田純平さん(30)に対し、外務省がイラクからヨルダンまでの航空運賃など計約500ドル(約5万5000円)を請求したことが16日、分かった。
 内訳は、バグダッド―アンマンの定期便の航空券が1人165ドルのほか、アンマンから成田までの帰国便の日程変更手数料など。
 渡辺さんは「帰国の交通手段や費用負担について事前に説明はなく、同意もしていない。外務省に根拠をただした上で、対応を考えたい」と話している。
 安田さんは「航空運賃の立て替えには同意していた。請求内容を確認し、払うべきものは払いたい」と話している。
 邦人保護の費用をめぐっては、一部外国メディアなどから国が負担すべきだとの批判もある。
 外務省は、先に拘束されたフォトジャーナリスト郡山総一郎さん(32)ら3人にも、バグダッドからのチャーター便費用の一部負担を求め、3人は計12万円余りを支払ったという
ttp://flash24.kyodo.co.jp/?MID=KHP&PG=STORY&NGID=soci&NWID=2004051601003706


20 :吾輩は名無しである:04/05/18 19:31
■<サドル師派>内閣法制局が「国に準じる者」と解釈

 内閣法制局が先月、イスラム教シーア派のサドル師派を「国に準じる者」と解釈し、当時の福田官房長官に報告していたことが分かった。しかし、福田氏はこの解釈を政府見解とすることを留保していた。
イラク南部サマワではサドル師派とオランダ軍の銃撃戦が起きており、法制局解釈が政府見解になれば、野党の追及は必至だ。(毎日新聞)
[5月16日20時57分更新]
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040517-00002062-mai-pol


21 :吾輩は名無しである:04/05/18 19:58
星野単独スレたってるんだし、削除依頼した方が良いんじゃね。
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1084739433/l50


22 :吾輩は名無しである:04/05/18 20:02
>>21
男の嫉妬は女のものより醜いぞ。
往復して出没すんな!

23 :吾輩は名無しである:04/05/18 20:30
http://dw.diamond.ne.jp/yukoku_hodan/
憂国呆談が更新されている。
オノ・ヨーコのような反戦運動はバカにされることが多いけど
やっぱり誇りに思うね。浅田が分析するような力がある。
浅田の反戦Tシャツ姿も中々かっこいいよ。

24 :吾輩は名無しである:04/05/18 21:31
彰が源一郎を褒めてました

25 :吾輩は名無しである:04/05/18 21:40
>>24
もっと詳しく教えて!

26 :吾輩は名無しである:04/05/18 22:07
浅田 「朝日」は「讀賣」や「産経」に対してどういうスタンスを取るべきだか考えればいい。
理念の問題以前に商品差別化の問題だよ。なのに妙に自社の記事内で左右のバランス
をとろうとしている。ムダだよ、いまさらどんなに頑張ったってすでに「非国民」と思われて
るんだから(笑)。 
田中 そう、あえて非国民新聞でいい、というかそれでいくべきでしょ。反政府的であるこ
とが非国民だというならね。真の民主主義国というのは、そういう部分が多いほど誇りう
るわけだから。
浅田 そんななかでは高橋源一郎が四月一九日の朝日夕刊に書いた「どこかの国の人
質問題」という文章はよかった。「バカな政府の犯した過ちを、人質の人たちが償ってくれ
た」んだから「政府や一部マスコミは、まず彼らに感謝状を送るべき」なのに、それが非
難の嵐とは「こんな恩知らずの国のことなんかもうほうっておきなさい」と(笑)。正しいよ。
社説や論説でそれを言えないのが悲惨だけど。
田中 確かに、久かたぶりに源一郎で感動を覚えた(笑)。コピーして部長会議の際に読
ませたよ。結局、阪神大震災や地下鉄サリン事件同様に、国家なんてものは信じられな
い、イザってときには自分や家族や友人しかいない、ってことだね。

27 :26:04/05/18 22:08
週刊ダイヤモンド5月22日号
田中康夫と浅田彰の続憂国呆談(23)より

28 :吾輩は名無しである:04/05/18 22:51
>>26-27
乙!サンクス。

29 :吾輩は名無しである:04/05/19 00:48
米中枢同時テロなどでのブッシュ米政権の対応を批判したマイケル・ムーア
監督(50)の新作映画「華氏911」に、4月のイラク日本人人質事件の映像が
使われていることが、分かった。第57回カンヌ国際映画祭で初上映されたが、
今井紀明さん(18)郡山総一郎さん(32)高遠菜穂子さん(34)が犯行
グループにナイフを突きつけられ脅されているビデオテープの映像や新聞が
使用されていた。編集の最終段階で組み込まれたとみられる。
コンペ部門に出品された同作品はイラク戦争を含む同時テロ発生前後の
ブッシュ大統領の動向を検証、ブッシュ家とサウジアラビアの有力者一族
との緊密な関係を指摘したドキュメンタリー。カンヌでも注目度NO・1で、
プレス試写の会場は1時間以上前から各国報道陣の行列ができた。ムーア
監督は会見で「米国にとってはブッシュが最大の敵だ。うその情報で戦争を
始め、兵士たちを犠牲にした」などと痛烈に批判していた。日本でも今年
公開予定。

引用
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040518-00000035-nks-ent


30 :吾輩は名無しである:04/05/19 00:58
★日本軍と米軍の「虐待写真」 米紙が並べて掲載 「比較は誤った解釈」

・米紙ニューヨーク・タイムズが「百年前の日本軍による虐待」写真を
 「米軍のイラク人虐待」の写真と上下に並べて掲載した。同紙の編集担当者は
 写真の持つ「軍の虐待」のイメージで選択したと説明。日本と比較したというの
 なら、それは誤った解釈だと話している。

 写真は九日付のニューヨーク・タイムズ紙日曜版の分冊「ウイーク・イン・
 レビュー」の「ザ・ワールド」のページに掲載された。このページは全体で、
 アブグレイブ刑務所での虐待事件を取り上げている。
 メーンの記事は「拷問は誘惑。しかし、ほとんど機能しない」という見出しで、
 情報機関出身の心理学者や、人権団体代表らの話をもとに、拷問の定義や
 尋問への影響などを探り、なぜイラク人虐待事件が起きたかに迫ろうとしている。

 パレスチナやチリのピノチェト軍政当時への言及はあるが、日本は記事には
 一切出てこない。
 ところが、メーンの写真は「日本軍の虐待」と「米軍の虐待」であり、後者は
 「ワシントン・ポスト紙提供」。「日本軍」の方は「ハルトン・アーカイブ/
 ゲッティ・イメージズ」の配信となっている。
 ハルトン・アーカイブはニュース写真を配信するゲッティ・イメージズ社が、
 複数の写真保管会社を買収して設立したもので、世界最大の四千万枚の
 写真を保有するという。

 同分冊の担当編集者、カティ・ロバーツさんは、「日本軍」の写真は
 「(アブグレイブ刑務所の虐待と)同じイメージを想起させる写真だから
 選んだ」とした。(一部略)
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040518-00000009-san-int


これどう思う?結構考えさせられたんだけど。

31 :吾輩は名無しである:04/05/19 01:12
直接関係はありませんが、政府の情報操作はひどいことになってますよ。


<首相官邸>小泉訪朝の同行記者団から日テレ排除
 小泉純一郎首相の22日の北朝鮮訪問にあたり、首相官邸が日本テレビを
同行記者団から排除していることが18日、わかった。日本テレビ側は北朝
鮮への人道支援の内容として「25万トンのコメ支援で最終調整」と16日
に放送したことが直接の原因と主張している。大手メディアが報道内容を理
由に首脳外交での同行取材を拒否されるのは異例だ。(毎日新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040519-00000155-mai-pol



32 :31:04/05/19 01:14
イラク人質事件でも情報操作をしたと言われる飯島(秘書官)が今回も
関わっているようです。

この飯島って馬鹿、かなり悪質ですね。

33 :吾輩は名無しである:04/05/19 01:34
>>31-32
うん、一言で言えば、馬鹿だね。ものすごく下手というか。
一般の企業だったら、小泉のような人間は絶対使えない。
交渉力もなさすぎ。いまだに金を出せば済むと思ってる節がある。
一説によると、オランダ軍のサマワ借地料が約70万なのに対し、日本は
約3000万支払ったとかなんとか。
3000万という利益を出すのがどれだけ大変か分かってないから、ほいほい
出すんだろうけど。
北朝鮮の件も、今回と同じような交渉をしてれば(実際、どんな交渉をした
かは知らないけど)、拉致被害者や家族をこれほど待たせずに済んだんじゃ
ないのかな。何を基準に彼らが政治を行ってるのか分からない。というか、
政治行ってないよね。

34 :吾輩は名無しである:04/05/19 02:51
>>31
ただ平然と「そんな事実はありませんよ」とか報道を否定しておけばいいものを、
こんなことしたら認めてるようなものだと思う。
図星だったので単純に切れたのだろうが、馬鹿だな。

35 :吾輩は名無しである:04/05/19 03:16
小泉いいよ、中身がなくて軽くて。

36 :吾輩は名無しである:04/05/19 04:19
>>30
その写真の警官が何人かよく調べたほうがいいよ。

37 :吾輩は名無しである :04/05/19 20:48
星野日記更新! 山形についてふれてるよ。
うん、うん、とことん追求して欲しい。

38 :吾輩は名無しである:04/05/19 21:00
雑誌のほうの呆談読んだけど、彰は一貫してるねー。ほれぼれ。

・人質事件に見る政府の無責任
・メディアの弱体化
・イラクにおける「ソドムの市」
・宗教戦争という泥沼

見出しはこんなところ。買って読む価値大有りだよ。

39 :吾輩は名無しである:04/05/19 22:09
大月の悪行を告発しよう

ネットを主たる活動の場として捏造や差別的言動を用いて嫌がらせを
繰り返している大月隆寛 (元民俗学者、暴力でぶ)。特に今回のイラ
ク人質事件での「自作自演」の捏造と中傷は許せないものがあります。
大月の悪事を告発するためにまず大月が出演しているNHKに抗議メール
を送りましょう。過去のサイバッチを添えると、より効果的です。

https://www.nhk.or.jp/manga/form/form.html
(BSマンガ夜話メッセージフォーム)

40 :吾輩は名無しである:04/05/19 22:20
>>39
間違ってるよ。
https://www.nhk.or.jp/manga/form/form.html
       ↓
http://www.nhk.or.jp/manga/form/form.html
(BSマンガ夜話メッセージフォーム)

41 :吾輩は名無しである:04/05/19 23:00
このスレ元気なくなっちゃったね

42 :吾輩は名無しである:04/05/19 23:08
>>42
まあ、元気出しなって

43 :吾輩は名無しである:04/05/20 00:24
>アメリカ人によるイラク人虐待やアルカイダ系テロリストによるアメリカ人斬首の映像が
>マス・メディアやインターネットに氾濫しちゃったことが
>アメリカやその他の国の青少年にも深い傷を与えることは想像に難くない
こういうこともちゃんと考えて発言してくれる人がいてくれてよかった。

ダイヤモンドも買ったよ。(ページ数もっとあればいいのに、少ないね。)
既出の源一郎の発言を褒めていたの、少し驚いた。
これからずっと源一郎はああいうスタンスで行くのかな。はまりたくない、ということか。

ふと思ったけど2chで感情的に反発されていたのは
あの語りのスタイルのせいもあるのかもしれないね。
言葉のせいか時々上滑りしていると感じることもある。鬱なせいかな。

>>41
批判側の人もいたからね。(ただの荒らしもいた)
もっともこの状況で元気なほうがむずかしいけど、元気だそう。

44 :吾輩は名無しである :04/05/20 00:55
>>43
浅田さんの言うことはやっぱり筋が通ってるよね。さすがだと思う。
呆談、毎週やってくれるといいのにね。
普通に病気で死んでいく人を看取ったってどこかしら心に傷が残るのに、
虐待や斬首のリアルな映像を見た特に若い人達の心に刻み込まれる傷は
深いところで彼らのトラウマになっていくかもしれない。
個人的には犠牲になった人達の尊厳のために映像を見ていないし、これ
からも見るつもりはないんだけど、ニュースで流れる映像だけでもの
すごく鬱になった。
浅田さんはたぶん仕事上もあって映像を見たみたいだね。

45 :吾輩は名無しである:04/05/20 01:41
http://www.miyadai.com/  「被差別民族とアジア主義(仮題)」
宮台と宮崎が対談してるようだけど、共同体的な思考だと必ずこうなるな。
アジア主義っていってもアジアの内に対してはいいだろうけど、外に対しては
帝国主義的になる訳だから(EUのように)。共同体的な思考でいくと宮台だろうが
宮崎だろうが小林よしのりだろうが皆こうなってしまう。

それに対して共同体的な思考を揚棄するのが「コミュニズム」なのだろう。
「コミュニズム」というと、いわゆる共産主義と誤解されることが多いが、
いわゆる共産主義は国家主義だからまったく別物だと考えた方がいい。
人質事件の時にも感じたが、NGOやボランティアの人達の方がトランスナショナルな
「コミュニズム」を肌身で感じている気がする。

対談の最後に「『我らは同じ弱き者なり』というときの『我ら』とは、
いったい誰でありうるのかという問題。」というのが出て来る。
「我ら」にアジア人とか日本人とかを入れるんじゃなく、「人類」と入れる
べきなんじゃないか。

46 :吾輩は名無しである:04/05/20 03:07
星野も頓珍漢な「自己責任」解釈か。あーあ

47 :吾輩は名無しである:04/05/20 08:38
乗っちゃだめだって自分で言ってたのに…

48 :吾輩は名無しである :04/05/20 21:48

◆何度も死を覚悟 高遠さん、初めて語る
ttp://flash24.kyodo.co.jp/?MID=MRO&PG=STORY&NGID=soci&NWID=2004052001004355

取材陣の前で床に手をついて謝ったらしい。かわいそうに。


49 :吾輩は名無しである:04/05/20 23:52
こういう人を土下座に追い込んで
勝ったとか常識を教えたに過ぎないとか
いってるんじゃないかと冷や汗。
不当に土下座させた責任をとれよな
http://kodansha.cplaza.ne.jp/hot/iraq/iraq/iraq040412-1.html

50 :吾輩は名無しである:04/05/21 00:46
>>45
なるほど。ご指摘の通り、まさにコミュニズム=共産主義だと思ってました!
現実(経済活動)と理念の間で引き裂かれて右往左往していた部分があった
のですが、コミュニズムはなにか第三の方向みたいなものを与えてくれるの
かな。。。 もっと政治のことも勉強しないとだめですね。

>NGOやボランティアの人達の方がトランスナショナルな 「コミュニズム」を
肌身で感じている気がする。

コミュニズムが今一つ理解できてないんですが、国家という枠組みを離れた
相互扶助といった感じであれば、今日の高遠さんのインタビューを聞く限り
まさにそうだろうな、と思います。

>>48>>49
高遠さんのインタビューは立派でしたね。 
インタビュアーの音声をカットしていたのは不満だった。どんな「訊問」の
仕方をしたんだろう、などと思わず勘繰ってしまいました。


51 :吾輩は名無しである:04/05/21 00:47
このスレ自作自演のクソスレだな。


52 :吾輩は名無しである:04/05/21 00:48
このスレって、星野ナニガシの




















自作自演のクソスレだよな。


53 :50:04/05/21 00:52
>>45
それから、「被差別民族とアジア主義(仮題)」 については、残念ながら
文字化けして読めませんでした。なにか主要ソフトを削除してしまったみた
いです・・
読めたらまたレスします。

54 :吾輩は名無しである :04/05/21 00:54
>>51-52
一生そう思ってなさい、馬鹿。

55 :吾輩は名無しである:04/05/21 01:03
このスレを星野の自作自演と妄想するとは
メディアリテラシーの無い輩だな。
一読すれば分かることなのに。

56 :吾輩は名無しである:04/05/21 01:09
ほんと。というか、ほとんど読んでないよ、多分。

57 :吾輩は名無しである:04/05/21 05:02
>ビデオで撮影されながら殺されたアメリカ人を始め、
>いまだに人質になる在イラク外国人は多く、
>釈放されていない人もまだいる。
>人質だった日本人が「自己責任」をとっていないとして
>断罪されているのなら、かれらも同罪だろうな。

これに反論できる人はいないと思う

58 :吾輩は名無しである:04/05/21 06:51
浅田はちゃねらーが2ちゃんで言論活動でもしていると思ってるんだろうか・・・
2ちゃんの適当な(自分の都合のいい)レスを抽出して2ちゃんねらーの
メディアリテラシーを語るなんてアホとしかいいようがない。

2ちゃんみたいなメディアがあってもいいとか言いつつ全然2ちゃんというもの
が判ってないから頓珍漢な批判をする。

      ./       ;ヽ 
      l  _,,,,,,,,_,;;;;i  <いいぞ ベイビー!
      l l''|~___;;、_y__ lミ;l  クソレスする奴は 皆厨房だ!
      ゙l;| | `'",;_,i`'"|;i |  クソレスしない奴は よく訓練された厨房だ!
     ,r''i ヽ, '~rーj`c=/ 
   ,/  ヽ  ヽ`ー"/:: `ヽ
  /     ゙ヽ   ̄、:::::  ゙l, ホント 2ちゃんねるは地獄だぜ! フゥハハハーハァー
 |;/"⌒ヽ,  \  ヽ:   _l_        ri                   ri
 l l    ヽr‐─ヽ_|_⊂////;`ゞ--―─-r| |                   / |
 ゙l゙l,     l,|`゙゙゙''―ll___l,,l,|,iノ二二二二│`""""""""""""|二;;二二;;二二二i≡二三三l
 | ヽ     ヽ   _|_  _       "l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |二;;二二;;二=''''''''''' ̄ノ
 /"ヽ     'j_/ヽヽ, ̄ ,,,/"''''''''''''⊃r‐l'二二二T ̄ ̄ ̄  [i゙''''''''''''''''"゙゙゙ ̄`"
/  ヽ    ー──''''''""(;;)   `゙,j"  |  | |

59 :吾輩は名無しである:04/05/21 09:40
> ちゃねらーが2ちゃんで
この手の批判が出ると、一方で「2chは場に過ぎない。ちゃねらーを一括りにするな」という反論
が出るのは間抜けですね。
> 適当な(自分の都合のいい)レスを抽出して
浅田は馬鹿な2chねらーとそうでない2chねらーを区別して、
馬鹿な2chねらーを批判しているんだから当然でしょう。
>2ちゃんみたいなメディアがあってもいい
これは、場であることをちゃんと理解した発言。

60 :吾輩は名無しである:04/05/21 09:45
この手の反発が間抜けなのは、存在するはずもない
「2chねらーとしてのアイデンティティ」を傷つけられたと
思うがゆえの反発に過ぎないから、というのもある。
北田の2ch論が2chで叩かれたときに、鈴木謙介が
「このことこそが北田の正しさを証明している」
みたいなことをblogに書いていたが

61 :吾輩は名無しである:04/05/21 10:42
>>58
厨房のクソレス

>>59-60
よく訓練された厨房のレス

62 :吾輩は名無しである:04/05/21 11:09
マイケル・ムーアの「華氏911」、カンヌ史上最長の25分間のスタンディングオベーションだって
マジでパルムドール取るかも知れないらしい

63 :吾輩は名無しである:04/05/21 12:08
ヲタ映画の「イノセンス」が取っちゃって、悔しがる彰もちょっと見てみたい。

64 :吾輩は名無しである:04/05/21 12:15
そうなると大荒れだろうな
でも、それはない

65 :58:04/05/21 20:25
>>59-60
あのー自分2ちゃんねらは厨房しかいないって一括りにしてるんだけど。AA見てくれた?
君だって「間抜け」とか言って煽ってる厨房でしょ?自覚が無いならかなり間抜けだね。
厨房だらけの場所でメディアリテラシーを語るのがアホだっつってんのよ。
2ちゃんが栄えたのはリテラシーだの見識だの良識だのが求められない場所
だからじゃないの?

若い女が死ぬと「貴重なマソコが(略」とかDQNが事件起こすと「死刑でいいよ」
とか女子児童のニュースがあると「ハァハァ」とか言ってる奴らに何か期待してるの?


66 :吾輩は名無しである:04/05/21 20:58
>>65
> 2ちゃんねらは厨房しかいない
んなこたー言い切れない。
誰が書き込むか分からない、誰の書き込みも止めることが
出来ない以上。かつて経済板には浅田本人が書き込んだことも
あったみたいだしね。

67 :吾輩は名無しである:04/05/21 22:44
厨房の自覚のない奴も困ったもんだが厨房と自覚して故意犯的に暴れる
>>58のようなクソ厨房は始末に負えない







と煽っちゃったりする厨な漏れ。
ホント 2ちゃんねるは地g(略

68 :吾輩は名無しである :04/05/21 23:03
というか、一度書きこむと癖になるよね。

69 :吾輩は名無しである:04/05/21 23:27
誰でもやってるよ。2chなんて。
2chを特別な媒体、アクセスする人達を特別(下等)な人達とみなす人達って
なにもの!!?

こんなの見つけたよ:

亀井秀雄(国文学者)、2ちゃんねるを発見
ttp://homepage2.nifty.com/k-sekirei/dojidai/iraq_2_02.html


70 :吾輩は名無しである:04/05/21 23:48
イラク
ユートピアへの葬送

スラヴォイ・ジジェク著 
松本潤一郎(まつもと・じゅんいちろう)訳 
白井聡(しらい・さとし)訳 
比嘉徹徳/訳 

河出書房新社

本体2000円  20cm 254p
4-309-24313-4 / 2004.05 

イラク情勢の深刻化とともに何が終わり、何がはじまろうとしているのか。崩壊する民主制とテロルのはざまで底知れぬ深みにはまっていくアメリカ、ヨーロッパ、そして全世界の危機を問う。


71 :吾輩は名無しである:04/05/22 00:34

ゴダール「ムーアが考えているほどブッシュはバカではない」
ttp://www.kahoku.co.jp/cinema/cannes/20040521.htm


72 :吾輩は名無しである:04/05/22 01:09
>>69
裏返した評価。恥知らずの強弁。
2chにあふれてるバッシングがバッシングでない、ただの自然な疑問だ

といいつのればいいわけ。
逆に、2ちゃんねるの諸君は、ボランティアの結果が迷惑だ、
迷惑となった信念にしたがった行動は疑問だ、というけど、
今回のボランティアの行動はそもそも、なぜ迷惑なのだ?
どこが迷惑なのだ?とこのHPの作者は
いってもいいわけで、それをいわないところに、戦術というか、
偏りが見受けられる。

73 :吾輩は名無しである:04/05/22 01:15
変な人だね >亀井秀雄(国文学者)

74 :吾輩は名無しである:04/05/22 01:20
>西洋思想からの博引傍証と、高飛車な決めつけ姿勢に辟易した。
こういう事を書くのは、大抵「自前の思想」とか言い出すバカでしょう。

75 :吾輩は名無しである:04/05/22 01:27

ttp://www.janjan.jp/government/0405/0405184427/2.php?PHPSESSID=5c7669687bf1a70867a20627cffd4678
郡山さん、やる気まんまん


76 :吾輩は名無しである:04/05/22 01:32
こうしてみると、やっぱり高遠さんが一番悪い意味でナイーブだな。
ジャーナリスト(と志望者)と、人道ボランティアの違いか。

77 :吾輩は名無しである:04/05/22 01:35

ttp://www.diary.ne.jp/user/31174/

勝谷は相変わらず可哀想なほどDQNだけど、5月17日の日記に注目!
北朝鮮へ600億円相応の米の支援って本当?
横田さんたちの不安も納得。
一度にこんなに支援したらそれこそ幕引きにならない?


78 :吾輩は名無しである:04/05/22 01:45
>>76
でもね、高遠さんにはもう一つ人間的な深さがあるような気がする。

79 :吾輩は名無しである:04/05/22 01:52
素直にまともだよ>たかとー
テロリストに別の抵抗手段があるじゃない?っていいはったし
失業者に対し支援しつつその傍らで仕事をねだるだけじゃ駄目だといいはったし

80 :吾輩は名無しである:04/05/22 01:56
宗教系というか瞑想系の人たち独特の弱さがあると思うな。
性善説を行き過ぎて、他人からぶつけられる悪意に慣れていないというか。
もっともこれは、自分を拘束するイラク人に対して、「Fuck you!!」って
罵倒を交えて議論できる強さにも通じるのかもしれないけど。

81 :吾輩は名無しである:04/05/22 02:05
今日、CBSドキュメントで、米軍の捕虜虐待についてやるよ。

82 :吾輩は名無しである:04/05/22 20:38
ここは一体何について話すスレなの?

83 :吾輩は名無しである:04/05/22 20:44
>>82
みんなで浅田君の興味を惹きそうな話をして
ご本人が降臨したらいいな、という♪



84 :吾輩は名無しである:04/05/22 20:50
そ、楽しんでるの。

85 :吾輩は名無しである:04/05/22 22:01
>>77
そしてまた貝は口を閉じる。
子供のお使い以下の小泉。

86 :吾輩は名無しである:04/05/22 22:30
北朝鮮は情報を小出しにし、ときどきすねてみせ、その度に日本政府は貢物
をしていくというわけか。なるほど。
なんでもっと根回ししないわけ?
最近思うに、小泉は単に頭が悪いだけなのかな。

87 :吾輩は名無しである:04/05/22 22:58
浅田さんがオヤジ狩りにあったらどう対応するのか誰か教えれ。

88 :吾輩は名無しである:04/05/22 23:04
>>80
>宗教系というか瞑想系の人たち独特の弱さ

ってなにw。むしろ彼女は平均以上に強いんじゃないの?


89 :吾輩は名無しである:04/05/23 03:02
手記「人質」となって
今井紀明
http://www.tokyo-np.co.jp/hitojichi/


90 :吾輩は名無しである:04/05/23 03:55
>>69
まるで吉本みたいだと思ったら、
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/sociology/1047993997/971n
同様のツッコミがあった。

91 :吾輩は名無しである :04/05/23 08:30
『華氏911度』、パルムドール賞受賞!
ゴダールの評価は今一つみたいだけど、授賞式は感動的だったよ。


92 :吾輩は名無しである:04/05/23 08:32
>>89
高遠や郡山って結構感情的に誘拐犯とやりあってるんだね。今井はどうだったんだろう?

しかしあれが人質じゃないならなんなんだ?拘束?言葉遊びとしか思えない。
仮に自分がイラクのテロリストに拉致監禁されて今井がコメント求められた時に
「これは誘拐ではなく拘束です」なんて言われたら絶句するね。

イラク人に同情的な今井の気持ちは判るが「拘束」された当事者なんだから
テロリストに関してはもっと批判的な気持ちがあってもいい(今井の手記によれば
高遠郡山の二人は批判的だよね)と思うんだが。
そのことをもって今井が転向したとか狭量だとか反イラク的と批判する人はいないだろうに。

それかもし彼等の行いを正しいと思ってるなら彼等に積極的に協力すればよいと思う。

93 :吾輩は名無しである :04/05/23 09:09
人質は人質だと思う。対日本政府の。
そのあたりのナイーヴさは、18歳という年齢によるのかもしれない(もちろん、
並外れてしっかりした18歳だけど)。
特に目くじらを立てることではなないと思うよ。
日本の異常な反応を受けて、彼らも必要以上に人質を擁護しなければならないのか
もしれない。
個人的にはイラク人の怒り=自衛隊派遣というのもやや短絡的かなと思うけど
(大本はアメリカなんで)、しっかりした内容だと思うし、言いたいことは分かる。

94 :吾輩は名無しである:04/05/23 09:29
組織的なものじゃなくて、普通の人だということでしょう。
他の場所でいっていたが(高遠さんも)、まず普通の人が
武器を取らなければなならない現実がある。
デーヴスペクターがいうような、テロリストと一般人の考えは
かけ離れているみたいなことでは片づけられない。

95 :吾輩は名無しである:04/05/23 09:33
もう一つは、丁重にもてなされたという扱いね。
一度拘束して、敵だったら殺すか、そうでなければ解放する
という二者択一だったんだと思う。
脅迫CDRは、駄目元で、ついでみたいな感じで取られたものだと思う。

96 :吾輩は名無しである:04/05/23 10:10
>>94-95
うん、うん、納得。

97 :吾輩は名無しである:04/05/23 14:06
>>91
ムーア、いいですか?
反戦で億の儲け、彼自身だってアメリカ人。
まあキムタコみたいな映画が受賞じゃなくてよかったけど


98 :吾輩は名無しである:04/05/23 14:13
ttp://seijotcp.hp.infoseek.co.jp/text/kitada.htm
稲葉によると、ああいう馬鹿なやり方はそれなりに有効だそう。

99 :吾輩は名無しである:04/05/23 15:52
>>97
ムーア、映画は見てないよ。授賞式はみたけど。映画はまずいの?

100 :吾輩は名無しである:04/05/24 16:49
拉致事件については語らないの?

101 :吾輩は名無しである:04/05/24 22:28
浪花節のオンパレードだね>小泉

102 :吾輩は名無しである:04/05/24 23:09
■イラク人虐待:刑務所内でいじめ競うコンテスト 米紙報道

 米ロサンゼルス・タイムズ紙は23日、イラクのアブグレイブ刑務所内で、憲兵が何人のイラク人収容者を泣かすことができるかや、恐怖のあまり失禁させることができるかを競う「コンテスト」に興じていた、と報じた。
 同紙は刑務所に勤める米兵や収容者へのインタビューを基に陸軍が作成した100ページの報告書を入手。それによれば、ある収容者は「歯ブラシで攻撃しようとした」と難癖をつけられて小部屋に連れ込まれ、
他の収容者の尿が残る床に顔を押し付けられ、頭の上から足で踏まれたと証言した。
 虐待に関与したとして軍法会議にかけられることが決まっているジャバル・デービス3等軍曹は、同僚のチャールズ・グレイナー技術兵が収容者を頭から壁にぶつけ、死亡させたと証言した。
またリンディー・イングランド上等兵も、グレイナー技術兵の発案で収容者を裸にしてピラミッドを作ったと証言した。
 陸軍は今年1月、虐待写真入りの告発の手紙を受け取った後で、25人の米兵にアンケートを行った。7人が何らかの虐待を目撃したことを認め、1人が虐待写真を見たと答え、15人が虐待の話を聞いたことがあると回答していたという
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20040524k0000e030013000c.html


103 :吾輩は名無しである:04/05/25 00:43
人間の本質ってこんなもんなのかもね

104 :吾輩は名無しである :04/05/25 01:44
>>103
与えられていない権限を与えられたような錯覚を起こして暴走してしまう部分もある
のかな。イラクにおけるアメリカ軍の行為全般にそういったものを感じます。
フランス人の記者を監禁した事件なんかもありましたよね。
どうしても思い浮かぶのが、学生を囚人と看守に分けて行った、あの悪名高い心理学
の実験のこと。

105 :吾輩は名無しである:04/05/25 11:57
星野さんはいまだに人質がひっかかってるそうだが、
なんで拉致問題には鈍い反応しか示さないのだろう?

106 :吾輩は名無しである:04/05/25 13:08
そりゃ、日本の善良なる一般大衆の醜さを露呈させるような事態に
なっていないからでしょう。
匿名掲示板では多少叩きはあるが、家族が脅迫されたり、
政府筋が家族の態度を非難したり、みたいなことはない。

107 :吾輩は名無しである:04/05/25 16:02
>>106
当たり前じゃん。叩く理由がない。

108 :吾輩は名無しである:04/05/26 06:02
>>105-106
他スレの拾い物。マルチポストみたいなんで貼るのは気が引けるが一応。

毎日:「救う会」に批判の声 会見での発言受け
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20040525k0000m040108000c.html
>メールは、家族会が22日夜、
>小泉純一郎首相と面会した模様がテレビで放送されてから届き始めた。
>「5人が帰国したことへの祝福の発言がない」
>「自分のことしか考えていない」などの内容で、
>4分の3以上が家族会への批判だった。
>抗議の電話もひっきりなしにかかり、1日で100本を超えたという。

>>107
>叩く理由がない。

それはつまりね、

>政府筋が家族の態度を非難したり、みたいなことはない。

とあるように「テロリストと交渉はしない、屈してはいけない」と派遣の維持を強弁した
イラクのケースと違って、今回はまんまとテロリストとの取引に応じたからだろうね。
見え透いたダブスタなんだよ。

109 :吾輩は名無しである:04/05/26 08:46
「死ね」みたいな脅迫電話がかかったり、北朝鮮への支援を家族会も
負担するべきという話になったり、大月隆寛みたいな人が実家に怒鳴り込んだり
したら、さすがに何か書くでしょう。

110 :吾輩は名無しである:04/05/26 10:27
>>109
拉致被害者が北朝鮮を擁護したり、テロリストと同じ要求を政府に
したりしないのだから、そんな話にならないでしょう。

111 :吾輩は名無しである:04/05/26 16:26
北朝鮮は、アメリカに侵略に対抗するために日本人を拉致したわけではないので、
そんなことにはなりようがないでしょう。

112 :吾輩は名無しである:04/05/26 16:47
自ら北朝鮮に行ったのであればイラク人質と同じことになったとも
予想されます

113 :吾輩は名無しである:04/05/27 00:04
家族会の人達が怒らなければ拉致問題の進展はないよ。それにあの怒りは当然。
小泉の外交はあまりにもお粗末。
会議の席で不明者の再調査を依頼したり、その場でジェンキンスさんの意思を
確認し、帰国してからひとみさんと再会できる第三国の検討に入るなんてあり
えない。あれほど重要な会議が90分で終了なんてあり得ない。十分なアジェンダ
も資料も突っ込んだ話し合いもなかったと考えざるをえない。
つまり、自分たちの問題として考えていないんだと思う。上滑りなんでしょうね。
お役所的というか。

客なのに待たされたり、見送りをさせられたりしたのは、別に小泉首相の恥では
ないと思う。ああいう国なのだから。
彼の恥はもっと別のところにあると思う。

曽我ひとみさんは本当に強い人。励ましの言葉は彼女にとって心強いだろうと
思う。でも同情は、今の彼女にとっては余計なことだと思うな。


114 :吾輩は名無しである:04/05/27 00:16
>>113続き
もちろん、物事が動いた時点で、速やかに事を運ぶというのは大切だと思う。
でも、最初の動かし方が非常にまずかったように思う。
食料などの支援を切り札に使ってもいいと思うけど、なぜもっと戦略的に
もっていけないんだろう。
不明者のご家族の方はこれでまたなしのつぶてのまま何年も待たされる
ことになるかもしれないのです。
期限なしで待たされることがどれだけ辛いことか。
あと、家族会の方々とは多分意見が違うんだけど、小泉はもっと頻繁に訪朝
すればいいのに、と思うんだけど。どうなんだろう。

115 :吾輩は名無しである:04/05/27 00:21
しかし、日本の家族の人は「連れ戻したい」という気持ちなんだろうけど
素朴に考えて、北朝鮮の人と結婚して向こうで生活してる人にとって
家族と別れて日本に来る事を臨むだろうか、という疑問もある。

116 :吾輩は名無しである:04/05/27 00:26
だから、その選択をするのは本人であるべきだろ。
勝手に疑問だなんて言ってんじゃねえよ

117 :吾輩は名無しである:04/05/27 00:39
>>115
その疑問はありますね。蓮池さん、地村さん、曽我さんも、日本に帰ってくる
段階では、これほど長く家族と離れ離れになるなんて思ってもみなかったはず
ですし、それが分かっていたら、日本に来たかどうか分かりません。
曽我ひとみさんは、今でも、家族と一緒に生活できるなら、北朝鮮に戻りたい
と思っているかもしれないですね。でも、日本全体のことを考えた場合、それ
ができない。彼女が北朝鮮に帰れば、北朝鮮側に、他の拉致被害者達を日本に
返さない絶好の口実を与えてしまう可能性もあるでしょうし。
そのあたりのことは、もちろん本人ではないと分かりませんが、では自分だ
ったらどうか、と考えた場合、家族と住める場所へ戻りたいと思うでしょうね。
自分の夫が弱っているのであれば、一秒でも早くかけつけたいと願うはずです。

118 : ◆BAKAwxvfKA :04/05/27 00:55
世界史の稠密を知悉した黒糖飴をぽおんと一粒口に放り込み,身を投げてみたい今日この頃.

119 :吾輩は名無しである:04/05/27 00:59
>>117に付け足しておくと、やはり拉致された人達は一度日本に帰国させる
べきだと思いますよ。北朝鮮での意思なんて信用できないし。
問題は、このような離れ離れの状態が起きてしまったことと、今回の訪朝で
(あれだけ家族達を待たせた挙句)、またお粗末な交渉をしてしまったこと
だと思います。
この程度の交渉であれば、もっとずっと前に出来たでしょう。

120 :吾輩は名無しである:04/05/27 01:08
>>119
でも、おそらく、これは想像以上に難しい問題かと。
蓮池さん、地村さんの場合は日本人同士の結婚でしたが
北朝鮮人と結婚した人の場合はかなり事情が異なるかと。
一度帰国すれば再び戻る事はできないだろうし。

121 :吾輩は名無しである:04/05/27 01:12
一度全員を日本に連れ戻し、北朝鮮との間を自由に行き来できるようにする、という
のが理想なんでしょうけど、不可能でしょうね。
家族会の方々は反対されてるみたいですが、この際国交正常化にむけて動くというの
もありかな、という気がするんだけど、それはダメなのかな。

122 :吾輩は名無しである:04/05/27 01:15
>>121
とりあえず在朝の人と日本の家族とは
どこかで(たとえば中国ででも)
早くあわせてあげたいとは思いますね。

123 :吾輩は名無しである:04/05/27 01:16
>>120
それもそうですね。北朝鮮人と結婚した場合、全く事情が異なってくるでしょうね。
ますます、国交正常化に向けて一気に動く、っていうのはどうなんだろう、って
気がしたりしますが、それはいろんな意味で大甘なのかな。


124 :吾輩は名無しである:04/05/27 01:20
>>122
そうですね。アメリカはNoと言ったらNoでしょうし。
でも例えばジェンキンスさんを日本に来させて(ジェンキンスさんの意思は
ここでは抜きにして)ひとみさんと一緒に暮らさせて、アメリカ側からの
引渡し要求を日本側が拒否したとしたらどうなるんだろう。
条約違反にはなるだろうけど、どんな制裁が待ってるのかな?

125 :吾輩は名無しである:04/05/27 01:25
それもそうですね。

126 :吾輩は名無しである:04/05/27 02:01
>>98
途中で断念w。時間のあるときにまたじっくりと読んでみます。
ただ、それを読んでいて(全然理解できてないと思うけど)ちらっと思ったのは、
アメリカ人は概して理想主義的で、今の場合、戦争を悪と考え、ブッシュの
傲慢なやり方に批判的である一方で、取引のやり方は実にブッシュ的なんですよね。
たとえばフランスなんかだと、非常に論理的で、うるさいぐらいつついてきますが、
一度納得すると、誠実に応えてくる。
アメリカ人にはこちら側が考えているような誠実さは概して期待できない。
もっとも会社の形態にもよるし、個人差があるのは当然ですし、これは自分のもの
すごく狭い経験において感じたことなので、とても一般化することはできませんが、
そういった二面性にアメリカ的資本主義の限界を感じるな、とちらっと思いました。
残念なことに、自分にもそれを感じることがありますが。


127 :吾輩は名無しである:04/05/27 10:45
>>124
でもさあ、
国際的には犯罪者呼ばわりされてるフジモリ元大統領をかくまっているんだけどね、
この国は。

128 :吾輩は名無しである:04/05/28 17:26
ttp://www2.diary.ne.jp/user/61383/

129 :吾輩は名無しである:04/05/28 19:03
>>128
マジで橋田さん…?ついに起こっちゃったね。あー…コメントできない


130 :吾輩は名無しである:04/05/28 19:32
ttp://www2.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=61383&log=20040521
やっぱり、3人の人質は悪い意味で繊細だったんだな。

131 :吾輩は名無しである:04/05/30 09:09
イラクに入ったジャーナリスト気取りのテレビタレントって誰?

132 :吾輩は名無しである:04/05/30 10:42
浅田って17歳にして蓮見のフランス語に文句つけた
早熟の天才児でしょう?
おっさんになったらフツーにアホなことしか言えなくなるんだねw

133 : ◆BAKAwxvfKA :04/05/30 11:13
そりゃあ初めから負けてる戦いですから.

134 :吾輩は名無しである:04/05/30 15:44
あまりテレビを見ていないのでどういう報道がされているのかよく分からないけど、
橋田さん、小川さんに関しては、むしろ同情的な報道がされているのではないかと
いう気がする。一部、自民の中からまた自己責任論が持ちあがったり、とにかくイラク
には行くなと釘をさす発言があったりしたようだけど、そのような声は、今回は、
世論のみならず、ほとんどのメディアからも冷ややかに受け取られたのではないか。
腹立たしいのはまさにそこ。なぜこんなにも反応が違ってくるのか。
橋田さんの功績が称えられ、その行動が賞賛される一方で、ボランティアや駆け出し
のジャーナリストであった高遠さんや郡山さんはほとんど賤民扱い。メディアやジャ
ーナリストたちも政府と一緒になって正常なジャーナリズムや活動のじゃまをするな
扱い。そういう態度をとる業界人こそ、まさにメディアの屑。
政府や世論へのクリティシズムを失い、政府の命令に従って退避した安全な場所から
先輩には賞賛を送り、駆け出しの人間には誹謗中傷、蔑む態度。
当事者でない限り、本人達がどれほど周到に用心を重ねたかなんて絶対わからないし、
その判断が甘かったかどうかなんで絶対にわからない。自分の命が懸かっているのに
それほど軽率な行動をとる人間がいるだろうか?
様々な危険を犯しなからも、イラクの現状を伝えたり、イラクの人達に手を差し延べ
たりしようとしている人達にもっともっと感謝すべきだと思う。
橋田さん、小川さん、人質になった三人(五人)を含めて。
勝谷氏の今日の日記を読んで、彼の怒りはもっともだし、彼自身にも頑張ってもらい
たいと思うけど、一方で、橋田さん、小川さんの行動と対峙させ、人質になった三人
への不当な怒りを募らせるような態度は大間違いだと思うし、本当にやめてもらい
たいと思う。
それから、政府が今回、橋田さん、小川さんのご遺族に渡航費などの請求を行うか
どうか、注視したいと思う。


135 :吾輩は名無しである:04/05/30 15:49
そもそも実費。


136 :吾輩は名無しである:04/05/30 15:49
>>134
おまえまじでまだそんなこと言ってんの?

137 :吾輩は名無しである:04/05/30 16:01
>>136
「まだ」って、何を基準に「まだ」なんですか?
あなたの忘却が基準なんですかね?

138 :吾輩は名無しである:04/05/30 16:10
>>137
いいよそれでも

139 :吾輩は名無しである:04/05/30 16:13
10行の中に脳内前提や推測が3つ以上あったら
その文章を書いた人間は間違いなくDQN.

140 :吾輩は名無しである:04/05/30 16:15
>>134
あなたはなぜ「こんなにも反応が違って」いるとお思いですか?
あなたなりの考えを聞かせてください。

141 :吾輩は名無しである:04/05/30 16:39
誘拐か、そうでないかの違いが大きいんじゃないの。

142 :吾輩は名無しである:04/05/30 16:49
>>140
分かりません。自分の反応は始めから一貫してますから。

143 :吾輩は名無しである:04/05/30 17:45
あちこちで勝谷への反論カキコ見るようになったね…
イラク情勢板の「勝谷ハッタリ」スレもどうぞ。

こいつだけは許せないベクテル・ハリーバートン
http://sports2.2ch.net/test/read.cgi/iraq/1082072344/l50

経済学者が朝生とか出ればいいんだけど
金子勝とかキャラがあれだし田原と相性悪いし出なくなったね。
(木村剛出てたけどあんま興味ないみたいだし)
TVでももっとやってほしいけどな。
本音では増え続ける「誤爆」の犠牲者への想像力を持てと言いたいけど
(フセイン政権じゃまずいからってこんなことが通るわけない)
それが通じないならこういう目先のことの検証をしてほしい。
「国益」とかいってるんだしね。
自衛隊が心配。

144 :吾輩は名無しである:04/05/30 18:13
宮台出てたね。やっぱ変わってるわ。

145 :吾輩は名無しである:04/05/30 19:35
宮台は今回は駄目だったな。
いい加減な情報源を前提にして話をして、
かなりツッコミを受けてた。
ディベートの技術だけで勝ち続けた、ツケが出た感じ。
浅田彰なら、あんな醜態は曝さないと思う。

146 :吾輩は名無しである:04/05/30 19:53
パフォーマンスや世論操作って部分にやたらとこだわってたね。

147 :吾輩は名無しである:04/05/30 20:01
4月9日、イラクでの人質事件が発覚した直後から対策本部がおかれたアンマンの日本大使館
を取材した。一言で言えば連日、悶々としていた。対策本部長の逢坂副大臣の会見での文言
が判で押したように毎回同じ内容――要は政府側は全く情報収集できていないのだった。
そんな時に”人質の自作自演論”というものが日本で蔓延しているとメールで知人から知ら
された。驚いた。自作自演? バグダッドでもアンマンでも思いもよらぬ発想だ。なぜそんな
ものが。早速ウラを取った。
「日本人3人が拘束とのニュースが入った直後、僕の携帯が鳴り止まなくなったのです」と教え
てくれのは旧知の政治記者のA氏。かけてきたのは日ごろから可愛がっている自民党の1年生
議員3人だった。普段は横のつながりが何もない彼らが全く同じことを口にした。
「Aさん、あの人質事件は奴らの狂言らしいですよ!」
驚いたAがその情報の出所を質してしてみるととんでもないことが分かった。二人は外務省からで
一人は公安。お喋りな1年生議員に流して報道関係にリークさせ、それがネットの2ちゃんねる
などに瞬く間に流れた。このことを思い出すと今でも怒りで体が震えて止まらない。ことは国民
の人命に関わる一大事である。それを在外の日本人を守るべき当該役所が被害者を真っ先に狂言
者に仕立て上げて世論の攻撃の的にさせてしまう卑劣さ。某局の報道局長にあるAは言った。
「僕は元々保守派の人間ですよ。その僕にしても今回の自作自演の煽動はひどい、許せない」。
そして政府によって流布された官製デマにまんまと乗って煽動された情報通気取りのネット
おたくや物書きの危うさ。有事の際に情報の本質を検証できずにいいように利用されるのは
こういう訳知り顔の輩だ。

148 :吾輩は名無しである:04/05/30 20:04
外務省高官の「救出費用を本人負担にせよ」に至っては怒りを通り越えて呆れるばかりだ。
邦人保護は日本大使館の義務であり大きな存在理由であり、そのための税金であろう。火を
消さない消防署に税金を使われたくない。空き巣に入られて警察に届けたら捜査費用を請求
されたようなものだ。私は、東欧の某国で自分は中国人だと偽って女性を買いまくっている
日本大使館員を知っている。外務省には世論誘導の官製デマを流す通信費や職員が売春する
金はあっても同朋を救出する費用はないということか。一回実名出したろか?
メディアも酷かった。国家が煽動した被害者虐めに対し、「この国は個人を平気で見殺しに
する時代にきた」と警鐘を鳴らすのが本来の役目であろう。どころか、強いトコ付きしてバッシ
ングした連中のなんと醜悪なことか。たかが砂漠で追い剥ぎに遭ったことを武勇伝の如く自慢
しながら、人質事件発覚後は「自分は誘拐された時のために書置きを残してあった」と後出しで
3人を責めたコラムニスト。強盗に遭ったことを恥とも思わぬこのお坊ちゃんはあと10年この
ネタで食っていく気だろう。また、反自民を謳って当選するや、さっさと入党してしまった
かくも卑しい広島の国会議員は「反日分子と言ってやりましたよ」と一生上に媚びへつらい
風見鶏を決め込むのだろう。
批判の中には「国民に迷惑をかけた」というものがあるが、『週刊新潮』は3人をネット上の
ネタだけでバッシングした記事で74万部を完売したという。冗談ではない。迷惑どころか新潮社
にとって3人は大恩人ではないか。


149 :吾輩は名無しである:04/05/30 20:04
もう一度立ち返ってみよう。すでに米兵による虐殺の証拠写真も続々と出てきている。大量
破壊兵器がなかった段階でこの戦争は大義なき侵略である。自衛隊はイラクの人々に復興
支援に来て欲しいと言われて行ったのか? NOだ。ブッシュに行けといわれた小泉が尻尾
を振ったのだ。日本はすでに米国の占領統治政策への加担をする国とみられている。読売新聞
は人質バッシングのロジックとして危険地帯に行くなという社説を展開させた。それ故に
バグダッドから自社の記者を撤退させたこの新聞社は報道機関としての責務を放棄したに等
しい。現場にいる記者の中でこの馬鹿げた社命に背いてでもバグダッドに残ると言い出す記者
は読売には一人もいなかったのか。
(ミュージックマガジン6月号 木村元彦)


150 :吾輩は名無しである:04/05/30 20:08
>>139
じゃあ君はDQNだね

151 :吾輩は名無しである:04/05/30 21:26
アメリカのやってることは強盗殺人事件ですよ

152 :吾輩は名無しである:04/05/30 22:10
>>150
なにが「じゃあ」?

153 :吾輩は名無しである:04/05/30 22:48
>>147-149
三人は告訴すればいいのに。それにしても無能なのは日本のメディア。

154 :吾輩は名無しである:04/05/31 00:35
なんでミュージックマガジン?

155 :吾輩は名無しである:04/05/31 00:44
宮台真司「右翼思想からみた、自己責任バッシングの国辱ぶり」
http://www.miyadai.com/index.php?itemid=98


156 :吾輩は名無しである:04/05/31 00:46
浅井久仁臣「私の視点」
http://www.asaikuniomi.com/
官邸の心無い人たちへ(5月29日)
あなた達の心には、情というものがないのですか。「死者に鞭打つ」という言い方は当然ご存知のはず。
人間には絶対に犯してはならない行為、限度があるはずです。その一つが、「何も言い訳、説明ができなくなった」亡くなった方への誹謗中傷です。
先程、私の心配していた事が、官邸や外務省で声高らかに語られていると聞き、怒り心頭に発してこれを書いています。
確かにあなた達が下品な笑みを浮かべながら噂することは本当かもしれません。しかし、それがなんだというのですか。
あなた達は、信ずるところが、又は向かう道が違う人であれば、死んでも何も感じないどころか、その人たちに平気でつばをかけるのですか。
私は、あなた達が噂する橋田さんとは思想信条が違ったところにいる人間です。それどころか、場合によっては、対立する立場にいます。
しかし、それだからといって、彼が行なってきた取材活動を否定するものではありません。逆に、いい取材をした時には、やるねえ、と心の中で褒めてきました。
あなた達が言いふらす情報をマスコミの記者は伝えないでしょう。
でも、彼らお得意の「自粛」という視聴者や読者に分からない形での反映をさせるでしょう。
いずれあなた達は、週刊誌に情報リークして扇動記事を書かせようとしているでしょうから雑誌が書く前に先手を打ってこれを書いておきます。


157 :吾輩は名無しである:04/05/31 00:48
自民党「2ch対策班」
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1083400363/


158 :吾輩は名無しである:04/05/31 01:16
星野タンの日記更新も最近は一週間ペースだにゃー。ちと寂しい。

159 :吾輩は名無しである:04/05/31 01:20
>>155
いいこと言ってると思う。
朝生のヘタレぶりにはあきれたが

160 :吾輩は名無しである :04/05/31 01:35

『大マスコミ報道陣が消え、残るはフリー記者3人のみ
                誰が自衛隊を監視するのか?』
    橋田信介サマワ・リポート  日刊ゲンダイ4月28日号(27日発行)より

◎橋田信介、1942年生まれの還暦過ぎのジャーナリスト、最新著書「イラクの中心でバカと叫ぶ」

先週、今年4度めのサマワ入りをした。オランダ軍の宿営地に迫撃砲が打ち込まれ、
さすがに物騒なので今度ばかりは防弾チョッキ装着で向かう。バグダッドからはサマワ
は高速で2時間30分の距離だが、途中で米軍に走行妨害を受ける。
結局4時間もかかった。そのため町には寄らず、宿営地に直行。
すると、入り口にアラブ人と同じ赤と白のターバンを頭に巻きつけたヘンテコリンナ自衛官が
立っていて、「中に入るには東京の防衛庁の許可証が必要です」と告げられる。
もちろん、そんな物はない。「明日また来るから」と言い残して仕方なく町に戻る。
前回、訪問した4月上旬は、50人以上の日本人記者団がいた。なのに、自衛隊派遣を力説した
読売さんはもちろん、消極的だった朝日さんなど大新聞・TVは日本人誘拐事件を機に撤退して
しまった。監視の目を鋭くしないと、イラクの地で自衛隊に軍国主義的野心が芽生えるん
じゃないかと、還暦過ぎの戦場記者は危険を冒してはるばるやってきた。
なのに「許可証」を盾に自衛隊に近づけないのだ。
翌朝、再び宿営地入り口で取材交渉にあたる。すると中から一人の日本人記者が姿を現した。
ラッキー。友人のフリーカメラマン宮嶋茂樹だ。「許可証ないから、宿営地の中に入れないんだ。
中の様子はどうなってんの?」と聞く私に、宮嶋がこう言う。
「猛烈な砂嵐が吹き荒れる外と違い、宿営地は砂漠のオアシスです。病院、風呂、売店、
何でもあります。キャベツとか新鮮な野菜もあります。味噌汁の具のナメコはかなり大きいです。
隊員はムシャムシャと内地のコシヒカリをほおばっています」
サマワには私と宮嶋、フリーの記者の3人だけ。監視の目が少ないのをいいことに、
自衛隊はヌクヌクト引きこもる日々だ。


161 :吾輩は名無しである:04/05/31 01:36
本当に惜しい人を失ってしまったね

162 :吾輩は名無しである:04/05/31 21:19
http://sports2.2ch.net/test/read.cgi/iraq/1085979921/

↑ここの>1、なかなかいいよ。

163 :吾輩は名無しである:04/05/31 22:11
ふうん

164 :吾輩は名無しである:04/05/31 22:32
ていうか、今後ひとりもいないの、バクダッドに、日本人?
ていうかイラクに?
自衛隊なんでもし放題じゃん。誰が報道してくれるの?
大本営発表のみ?
イラクの国道に石油積みまくったハリバートンのトラックが走るわけ?
国道はアメリカのものだってこと、報道以外に何が伝えるの?


165 :吾輩は名無しである:04/05/31 22:34
あー、やっぱり日本のメディアはダメダメだ。

166 :吾輩は名無しである:04/05/31 22:44
政府は自衛隊の活動を記録して国民に報告する義務があるよね。
メディアを締め出した以上。
自衛隊員達をどうこういうつもりはないけど(ある意味彼らも犠牲者だから)、
撮影という形で毎日記録し、レポートを付けて、国民に公開してほしい。

167 :吾輩は名無しである:04/05/31 22:47
>>166
それ政府がやるんじゃ意味ない。第三者の視線じゃないと。

というかマジで、1億出してたった200万の水供給って・・・。

168 :吾輩は名無しである:04/05/31 22:51
ありえないよね。

169 :ガディワッツ ◆wCv9l5YJ26 :04/05/31 23:13
1億円かけて200万円の水を供給。
なんだかメディアはやっぱりおかしいわ。腹黒いっつーかなんつーか。
現地で売ってる水の単価が日本円で200万円分ということでしょ?
金額で考えるのはナンセンスだね。供給量でみなくちゃ。
安くだすのは当たり前なんだからさぁ。

170 :吾輩は名無しである:04/05/31 23:23
税金を使ってるんだから、金額と効率で考えるのは当たり前じゃん。
というか、事業をやるのに効率の計算って当然やるよね。
非効率じゃん。どう考えても。

171 :吾輩は名無しである:04/05/31 23:30
てか自衛隊の拠出費って1億じゃきかないしw

172 :ガディワッツ ◆wCv9l5YJ26 :04/05/31 23:34
一本40円だっけ? 1.5Lのペットボトルで。
戦場の砂漠地帯で水1.5L40円ってのはめちゃめちゃやすい。
二百万円分だから供給量は75000Lってところか。
人間一人あたり一日に必要とする水の量は4Lだから、
18750人に一日分の飲料水を供給できる。

一億高いかぁ? 

173 :吾輩は名無しである:04/05/31 23:39
計算をするんならもっと綿密な計算をしなきゃ。
それこそそんな数字に騙されちゃだめだよ。

174 :ガディワッツ ◆wCv9l5YJ26 :04/05/31 23:45
綿密な計算をしようにも、情報はない。
せいぜい「1億円かけてたった200万円分の水を供給!」
てなキャチーなフレーズばっかり放送されてる。
ほんとうに知りたいのは、現地の人間がどう思ってて
何人の人間に援助することができたかってことなんだけどなぁ。


175 :吾輩は名無しである:04/05/31 23:56
うん、だからちゃんとレポートして欲しいよね。

176 :ガディワッツ ◆wCv9l5YJ26 :04/05/31 23:58
うん。

177 :吾輩は名無しである:04/06/01 00:11
でもそれだけの情報があるだけでもいいほう。いかに橋田さんなんかの存在
が貴重かってことだよね。そしてそういう地道な取材をしようとしていたのが
郡山さんであり今井君であったわけ。
モハマド君の映像なんかを見ると、橋田さんや高遠さんたちのような人達こそ
が現地の人達に日本に対するいい印象を与えるのに貢献しているのだなと実感
できる。

178 : ◆BAKAwxvfKA :04/06/01 13:22
共通感覚としてのコモン・センスというのがよくわからない.

179 :吾輩は名無しである:04/06/01 14:05
>>178が何を言っているのかよくわからない

180 :吾輩は名無しである:04/06/01 16:11
>>164
いるだろ。

181 :吾輩は名無しである:04/06/01 16:29
橋田が死ぬ直前にも、サマワには3人しかいなかったみたいだが。

182 :吾輩は名無しである :04/06/02 21:05
War is over

そうかな?

183 :吾輩は名無しである:04/06/04 00:34
で?

184 :吾輩は名無しである:04/06/04 01:37
今回のは報酬目当ての殺人だったの?

185 :吾輩は名無しである:04/06/04 17:06
【社会】田中・長野県知事も年金未納発覚、5年9カ月間
http://news13.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1086324106/

憂国呆談でこれについて触れて欲しい。

186 :吾輩は名無しである:04/06/04 20:53
触れると思うよ

187 :吾輩は名無しである:04/06/05 00:13
今回のは報酬目当ての殺人だったの?

188 :吾輩は名無しである:04/06/05 00:14
今回のは報酬目当ての殺人だったの?

189 :吾輩は名無しである:04/06/05 00:14
今回のは報酬目当ての殺人だったの?

190 :吾輩は名無しである:04/06/05 20:21
浅田はオノヨーコを支持してる感じだけどどうなんだろうか。
ちょくちょく夫のイベントで金儲けして「願えば戦争も終わるよ」って
言ってるだけの人のように見えるんだが。現地に赴いたりしてるのか

191 :吾輩は名無しである:04/06/06 01:41
war is over っていうのはちょっと楽観的すぎると思う。

192 : ◆BAKAwxvfKA :04/06/06 07:00
ラッカン主義⇒「世界は終わるわよ」

193 :吾輩は名無しである:04/06/06 09:19
もう誰も戦争を欲していないかどうかは疑問。
当事者になりたくないっていうのはそうかもしれないけど。

194 :吾輩は名無しである:04/06/06 09:30
層化なんかも(団体として)心底平和を望んでいるかどうか。
世界中がいろんな宗教を抱えたまま本当に平和になってしまったら、主張する
ことがなくなってしまうでしょ。

195 :吾輩は名無しである:04/06/06 09:32
一方で、War is over という捕らえ方も確かにあると思う。
オノヨーコが言うと、実際力強い言葉だね。

196 :吾輩は名無しである:04/06/06 10:26
勝谷はやっぱだめだな

197 :吾輩は名無しである:04/06/08 01:20

 ■生ゴミ餃子は日本人向け■

納品を受けたA社は「今回摘発された不良具材は日本への輸出用として
製造されたため、国内には流通していない」と釈明した。

http://japan.donga.com/srv/service.php3?biid=2004060858588

【韓国】生ゴミが餃子・中華まんの具の材料に でも製造者は刑事責任なし?[06/06]
http://news17.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1086529413/l50

<丶`∀´>「ごみ餃子」波紋、関連業界に拡大
http://news12.2ch.net/test/read.cgi/news/1086622082/l50

198 :吾輩は名無しである:04/06/08 21:11
渡辺さんが国に対して訴訟を起こしたそうなのでここの皆さんも一緒に支援しましょう!!

199 :吾輩は名無しである:04/06/08 21:46
渡辺さん、ファイト!!!

200 :吾輩は名無しである:04/06/08 21:49
イラクで人質になった非政府組織(NGO)活動家、渡辺修孝さん
(36)が「日本が自衛隊を派遣したことを理由に拘束され、精神的、
肉体的苦痛を受けた」として、国に500万円の賠償などを求める訴
訟を8日、東京地裁に起こした。

http://www.sankei.co.jp/news/040608/sha070.htm



201 :吾輩は名無しである:04/06/08 21:56
こういう形で訴訟を起こすとは思わなかった。しかも一人で。
やるね。

202 :吾輩は名無しである:04/06/08 22:02
>>198-201
釣り?嫌味?マジレス?
このスレって真性の人が多いから判らん


203 :吾輩は名無しである:04/06/08 22:30
>>200
勝ったとしても、負けたとしても、意義ある行為だね。

204 :吾輩は名無しである:04/06/08 22:56
>>203
どんな意義があるのかお聞かせ願いたいのだが

205 :吾輩は名無しである:04/06/09 00:10
これで渡辺が勝てば
他の四人もみんな訴えれば勝てるってわけだ。

206 :吾輩は名無しである:04/06/09 00:19
うん。たとえ負けたとしても、それは新たなクリティシズムを生むと思う。
戦い続ければいい。
微力ながら、寄付ぐらいするよ。

207 :吾輩は名無しである:04/06/09 01:25
いくら何でも勝ち目低くない?
ttp://d.hatena.ne.jp/swan_slab/20040608#p2
ここは人質に対しては好意的だけど、疑問を呈してる。

208 :吾輩は名無しである:04/06/09 01:59
>>207
もっともな意見(見解)だと思う。実際、この訴訟の内容にはとても驚いた。
が、航空運賃など部分的に勝訴できる可能性もあるのでは?たかが航空運賃
と思ってはならない。これには様々な憲法上の論議なども絡んでくるはずだから。
それに、あえて自衛隊派遣との因果関係にからませるからこそ訴訟の意義
があるという考え方もできるような気がする。(曖昧でゴメン)
大胆だよね。
半日分子と呼ばれたりしたことなど、渡辺氏にしてみればみみちいことな
のかも。(それに彼自身、自分を反日だといってたよね)。
たとえ最初から敗訴覚悟でも(彼らには勝算もあると思うけど)、
この大胆でダイレクトな訴訟は、政府の政策や態度の是非をを根本から
問いただす重要な訴訟になるのではないだろうか、、、と期待している。

209 :吾輩は名無しである:04/06/09 07:49
この訴訟を支持てるなんて頭おかしいんじゃない?
奇妙奇天烈だよ、まったく

210 :吾輩は名無しである:04/06/09 11:06
>>208
> 航空運賃など部分的
勝てるのはここぐらいでしょう。

211 :吾輩は名無しである:04/06/09 13:03
宮崎哲弥が
こういうバカがバカ(自己責任論うんぬんを言う連中)をうむ
といってた

212 :吾輩は名無しである:04/06/09 13:19
渡辺は生粋のアホですか?

さすがに国もこんなやつ相手にしてる暇は、今はないだろ。

213 :吾輩は名無しである:04/06/09 17:19
>>210
そこに勝てたらすごいね

214 : ◆BAKAwxvfKA :04/06/10 08:19
あっは!

215 :吾輩は名無しである:04/06/10 09:17
>>211
確かにこの訴訟かなりぎもーん。
ただ、「こういうバカがバカをうむ」は半分同意だけど、
何ていうか、Aの頭が悪いのをBのせいにする、みたいなのは
特に、自己責任うんぬん関連の話題で言うのは、例えレトリックとしてでも
かなり無防備だと思うんだけどなー。

216 :吾輩は名無しである:04/06/10 10:51
浅田彰て頭悪いね

217 :吾輩は名無しである:04/06/10 16:29
で、日本はどうしたら良いわけ?

218 :吾輩は名無しである:04/06/10 16:38
あ、もう一つ。

ニュー速+にここのリンクが張ってあったんだけど、
その中に「民度」って言葉が出てくるんでつが・・・。

>2ちゃんのネット右翼はほんとどうしようもないね。
>渡辺さんのこの訴訟は日本の民度を量る試金石になると思う。
>良心的かつ理知的な人はこんなウヨスレじゃなくてこっちのスレに移った方がいい。
>人質事件に関しても安易な自己責任論に踊らされること無く冷静に議論されている。
>
>浅田彰と星野智幸にラヴコールを!Part3
>ttp://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1084792193/

民度っていうけど、民度って何?
どういう基準で計るの? 計る機械でもあるの?

人それぞれその基準が違うんじゃないの?
右の人も左の人も、自分の思うように世間が動かないと「民度が低い」とか
言って、自分を高いところにおいているような気がするんだけど・・・。
そういう意味では、「民度」って便利な言葉だなって感じるわけです、漏れとしては。

219 :吾輩は名無しである:04/06/10 16:53
SIGHTの夏号で人質問題の本質的な総括特集。
ミックジャガーが表紙のやつね。

宮台がいい事言ってる。お勧め。


220 :吾輩は名無しである:04/06/10 17:49
ニュー速+に貼っちゃったのね…
>>218
このスレに貼ってある宮台のを読んだ上でそう言ってるの?
(宮台を持ち上げるわけじゃないけど)
基準についてはそこにあるので特に問題ないと思いますが。

あと高いところにおくという意味がよくわからない。
右とか左とかなるべく使わないで
具体的におかしいと思ったところに反論してくれませんか?


221 : ◆BAKAwxvfKA :04/06/10 19:48
カモン・センス

222 :吾輩は名無しである:04/06/10 20:57
このスレの住人って本気で渡辺の訴訟支持派なの?

でも渡辺の日本政府の自衛隊派遣に責任があるという主張は一貫
してるから当時から渡辺の発言を支持してた人は当然一貫して支持するんだよね?

田中康夫や浅田や高橋源一郎なんかも当然この訴訟は支持するのかな?

223 :吾輩は名無しである:04/06/10 21:52
渡辺さんはドラマティックな人だなあ

224 :吾輩は名無しである:04/06/10 21:57
この訴訟はなかなか面白い。
司法がどのような判断を下すのか興味ある。
でも著名人がこれを正面から支持するのは難しいんじゃないか。
現状を考えれば貧乏くじを引くようなものだ。

225 :吾輩は名無しである:04/06/10 21:58
>>219
朝生出てたとき、政府のパフォーマンス性にばかり焦点を置いてて、なんかつまんない
こと言ってるなあと思ってたんだけど、日本のメディアの無能さに関しては、いいこと
言ってた。

226 :吾輩は名無しである:04/06/10 22:15
>>224
正しいと思えば支持すればいいだけの話では?
言論人が人の顔色伺って発言するなんておかしいでそ。

現状を考えればってどういうこと?
どんな現状があると考えてるのか知らないけど
貧乏くじなんて言葉を使うところをみるとまるでその現状が
間違ってるとでも言いたげだね。

人質事件の責任が日本政府にあると考えている人はこの訴訟を支持するべきだと思う。
支持できないと言うなら理由を教えて欲しい。

227 :吾輩は名無しである:04/06/10 22:28
>>224
うん、なかなかドラマティックな訴訟になりそう。
航空費請求に関しても、国は今回は「自己責任」で済ませられるはずもなく、
請求の根拠や権利を自ら証明する必要があるでしょ。
ただ、自衛隊派遣との因果関係は、あまりにも遠いな、というか、因果関係
はあるんだけど、その間のもろもろの要素(非難勧告など)によって、彼の
訴える方向での勝訴はかなり難しいだろうな、という気はする。
確かに著名人がこれを正面から支持するのは難しいかもしれませんね。
でも、それでも意義深い。
渡辺さんの主張がどれぐらい食いこめるか、まさに司法がどのような英断を
下すのか(?)、とても興味深い。

228 :吾輩は名無しである:04/06/10 22:31
大江健三郎氏ら9人「九条の会」結成 改憲に危機感表明

http://www.asahi.com/national/update/0610/042.html

229 :吾輩は名無しである:04/06/10 22:34
大江最高!

230 :吾輩は名無しである:04/06/10 22:53
>>211
「こういうバカがバカをうむ」っていうのは全く見当違いな発言だな。
ほんとにそんなこと言ったの?

231 :吾輩は名無しである:04/06/11 00:03
湾岸戦争の時にも思ったけど文学者ってのはなんでこんな政治の場にでしゃばりたがるんだろう。
他にやることないのか?なんか他のギョーカイの人種に比して出張りすぎ。

232 :吾輩は名無しである:04/06/11 00:35
大江いいね。普通だよこんなの。他の業界が言わなさ杉

233 :吾輩は名無しである :04/06/11 00:55
大江は戦ってるよね。

234 :吾輩は名無しである:04/06/11 01:04
>>231
文学は元々政治的な物であり、文学運動とは政治運動でもあるから、
というのは柄谷を読んでれば常識。

235 :吾輩は名無しである:04/06/11 01:33
>>232
何故他の業界の人が君の基準で「普通」レベルまでモノを言わないかちゃんと考えてる?

>>234
政治的でない文学が世の中にどれほどあるのか。
その程度のことは義務教育の教科書程度でも理解できると思うのだが。
スポーツでも芸能でも必ずしも政治的である必要は無い。
これは政治的な発言をするなって意味じゃないよ。
君は権威に頼らず物事を素直にみてみるといいと思うよ。
柄谷読んでれば常識とか言ってるけど柄谷の言ってること=常識なワケ?

九条に関して言えばどんな方向性であれ改憲した方がいいと思う。
君達が好きそうな方向性で言うなら完全に戦力を放棄し自衛の為の交戦権
も完全に拒否する、みたいに。軍隊、自衛隊の変わりに国境警備隊(実質軍隊)
みたいなのすら創設できないようにする。

236 :吾輩は名無しである :04/06/11 01:41
>九条に関して言えばどんな方向性であれ改憲した方がいいと思う。

なんとも無責任な....

237 :吾輩は名無しである:04/06/11 02:00
>>235
そりゃ、ここが浅田のスレである以上、そんな疑問が出てくる方がおかしいでしょう。

238 :吾輩は名無しである:04/06/11 07:07
>>228
加藤周一も入ってるんだ!ちょっと古い考え方と思われる
井上ひさしでさえ入ってるんだね。国のあり方について
本出してたような…?

239 : ◆BAKAwxvfKA :04/06/11 10:10
望む望まないに関わらず人は政治の渦中にいる!気付いてるか田舎なんだヨ.スポーツなんて典型.

240 :吾輩は名無しである:04/06/11 10:37
条文の解釈を巡って大きく意見が分かれるくらい曖昧なまま放置するほうが無責任と言えるのでは?
現行の憲法が現在や未来を見据えた上で完璧な理想形であり一切改める必要が無い
神聖不可侵なものであると考えているなら別だけど。

241 :吾輩は名無しである:04/06/11 12:22
>>235
なんか偉そうですね。

242 :吾輩は名無しである:04/06/11 14:13
>>240
浅田の呆談読んでる?1冊目のはじめから既出だけど。
もし読んでなかったらあとで適当にうpしますね

243 :吾輩は名無しである:04/06/11 19:51
このスレ気持ち悪い・・・
政治思想板でやれよ・・・

244 :吾輩は名無しである:04/06/11 20:26
>>243
言うなら堂々とageて言え

245 :吾輩は名無しである:04/06/11 20:27
というか、浅田と星野を同一に並べんなよな。
単純左翼のベタな星野に対し、80年代の「構造と力」を経由してる彰だぞ?




246 :吾輩は名無しである:04/06/11 20:29
あと90年代の「批評空間」。

247 :吾輩は名無しである:04/06/11 20:56
>>243
> 文学は元々政治的な物であり、文学運動とは政治運動でもある
だそうな。

248 :吾輩は名無しである:04/06/11 21:00
では、ポーやメルヴィルのやってたことも政治運動だったんですか?

249 :吾輩は名無しである:04/06/11 21:33
>>245
意外と浅田彰はベタなこといってるよ。
ttp://www.k-hosaka.com/kashimura/postm.html
もっとも、田中康夫に対しては社民を推しながら
柄谷に対してはそんなの対抗軸になり得ないって感じに
相手によって立場を変える人だから、なんともいえないけど。
その座談会では、マルクスは「逃走論」で提唱した「テクストとしてのマルクス」
には収まらないなんていってるし、この人は本音が見えない。

250 :吾輩は名無しである:04/06/11 21:33
なんでそんなに絡んでくるかなー。
絡むならこっちでしょ。
    ↓
http://book3.2ch.net/book/index.html#14



251 :吾輩は名無しである:04/06/11 21:39
>>249
あの日記を読む限りで判断するけど、
星野にアイロニーはない。彰は(もちろん柄谷も)
徹底的なアイロニストだから、一見すると両義的だし、
だからまあ刺激的で面白いわけじゃない?
星野は「そのまま」だからつまんないよ。

252 :吾輩は名無しである:04/06/11 21:49
あ、間違い。
絡むならこっち。
   ↓
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1068668521/

253 :吾輩は名無しである:04/06/11 21:56
>>251
作家らしくていいんじゃない?
二人が並んでるのは人質事件からのながれだからね。

254 :吾輩は名無しである:04/06/11 21:59
>>253
作家はもちろん率直であるべきかもしれないけど、
かといって開き直られても知的刺激がなくなっちまうしなぁ。

255 :吾輩は名無しである:04/06/11 22:01
>>254
知的だと思うけど。
小説も読んでみたらどうかな。

256 :吾輩は名無しである:04/06/11 22:02
>>249
それっていつの対談?

257 :吾輩は名無しである:04/06/11 22:03
読んでますよ。個人的にああいう作風を知的とは思わないんですよ。
じゃあ何が知的かと問われてもうまく言えないけど。

258 :吾輩は名無しである:04/06/11 23:17
>>256
多分バブル期。「GS」だと思う。

259 :吾輩は名無しである:04/06/11 23:36
>>240
個人的には九条はあのままでいいと思うんだけどな。
下手に改憲すると改悪になってしまうし。
それより判例をつくるほうがいいと思うのですが・・
例えば今回の自衛隊派遣や自衛隊の他国籍軍への参加は違憲だという。
今グループで訴訟起こしてるでしょ。たぶん渡辺さんも参加してると思うけど。
ああいうものを応援したい。

260 :吾輩は名無しである:04/06/11 23:47
憲法問題で喫緊の課題は一章でしょう。
あの皇太子会見は、宮内庁がどうのこうのというより、天皇制そのものの矛盾が現れている。

261 :吾輩は名無しである:04/06/12 00:02
うん。

262 :吾輩は名無しである:04/06/12 01:20
共産党なんかは改憲を進めて天皇制廃止(最近容認してるらしいけど)の方向に行く
のが筋だと思うんだけど如何?

>>260-261
天皇制そのものの矛盾ってどういうこと?
それだけだと判り辛いので解説して欲しいんだけど。

263 :吾輩は名無しである:04/06/12 01:50
ちょっとこんなの立っちゃってるよ
      ↓
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1086972204/

264 :  :04/06/12 01:51
>>263
君が立てたんだろうw

265 :吾輩は名無しである:04/06/12 14:47
>>262
純粋に疑問なんだけど、日本の共産党って具体的にどんな社会システムをつくろう
としてるの?まさか旧ソ連のような体制ではのないでしょう?
よく知らないんだけど、例えば、行きすぎた資本主義を抑制し、問題を修復し、
与党の暴挙に対して左翼であることがコアな目的なら、必ずしも天皇制廃止が筋
である必要はないと思うな。

266 :吾輩は名無しである:04/06/12 14:57
>>265続き
むしろ今は共産にとっても皇室外交は貴重なんじゃない?与党があんな具合
だから。個人的には雅子様にもっと活躍してほしい。
皇室がらみで改憲が必要なのは継承権に関してかな。


267 :吾輩は名無しである:04/06/12 19:57
>>266
気持ちは分かるけどさ…。以下コピペ

 156 :朝まで名無しさん :04/05/18 02:10 ID:730r9dnT
 皇太子夫妻もかわいそうにな。
 彼らも人間なのに、日本人であるための日本人でいたいなんて空虚な実存にすがる
 155みたいなクソのアイデンティティを支えるために生存権を一生蹂躙され続けるんだからな。
 プラグマティックな視点でのメリットの必要性を殊更に強調する奴もいるけど、
 そんなもんなくなって日本が今よりひどい環境になったとしても
 俺は彼らが天皇制の呪縛から解放されて欲しいよ。
 日常生活の中に自らのよすがを確立しててこれっぽっちでも想像力のある普通の日本人なら
 当たり前のように思うことだろうに。何よりも情報が足りない。

同感。
あの中で正気でいられる紀宮ってすごい。
芸術に触れる機会はあるからそれでまぎらわしてるのか?
日本一高い生活保護とか叩かれてるけどあんな生活考えられない。
愛子の将来だってあるしなんとかならないのかな。


268 :吾輩は名無しである:04/06/12 20:02
>>266
天皇制は明らかに皇族に対して出自に基づく差別を行なっている。
また、継承権の話は皇室典範。
世襲じゃなくするというなら、憲法をかえる必要があるけど。


269 :吾輩は名無しである:04/06/12 21:10
この人誰?本おもしろそうなんだけど、誰か読んだ?<天木直人

http://homepage3.nifty.com/amaki/

270 :吾輩は名無しである:04/06/12 21:38
郡山さん、再びイラクへ。
イラク入りに関し自己責任を問う批判に対しては
「現地で取材したことを伝えるのが私の自己責任だ」
と反論。再訪時期については明らかにしなかった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040612-00000119-kyodo-soci

271 :吾輩は名無しである:04/06/13 00:25
インパクション71 1991年 ゲイ・リベレーション
浅田彰「ゲイ・ムーブメントのために」より

4 あるエピキュリアンの思い出
以上、いくつかのポイントをヒントとして提示してきました。先に登壇されたア
カーの皆さんの大変真摯な話に比べると、われながらいかがわしい話だと思いま
すけれども、それは意図したことでもありますからね。
さっきいくつか、「それホント!?」といいたくなるくらい素朴な、しかしその
素朴さが抗いがたい力になっているアカーの皆さんの自分史が話されました。ぼ
くは自分の性的アイデンティティについて語る欲望も必要もかんじませんので、
とりあえず「彼」と呼んでおきたいある人物の性の歴史を語って締めくくりにし
たいと思います。「彼」の初恋は中学二年のときのことで、その相手は高校一年
の同性の「先輩」でした。「先輩」はテニスの選手で、背が高くて、しなやかで、
小麦色で、しかも優等生で、ちょっと単純だけれど、とても優しくて、本当に素
敵でした。二人は熱烈なプラトニック・ラヴに落ちた。プラトニックといっても、
その年頃の男の子のことですから、いろいろ性的なじゃれあいはあったみたいで
すけれど、それを含めてプラトニックといっておきます。
しかしその関係は、一種悲喜劇的な破局を迎える。

↑この続き知ってる人おしえて

272 :吾輩は名無しである:04/06/13 01:28

>>271のつづき)    というのは「彼」はホントに仕方のない奴で、「先
輩」とプラトニック・ラヴを演じながら、同時に何人かガール・フレンドがいて、
軽い遊びのつもりでガール・フレンドとも性的な関係があったんですね。あろう
ことかそれが「先輩」にばれちゃったんです。もちろん、「彼」は「先輩」だけ
を熱烈に愛してたんですよ。でも「先輩」は、おまえは汚い、といった。俺はお
まえのことだけを思ってこんなに純愛を貫いているのに、おまえは俺以外に女の
子とも付き合っている。おまえの顔なんか二度と見たくない。それが「彼」と
「先輩」の最後の別れだったわけです。ドラマチックでしょう?もちろん、「先
輩」はその後ちゃんと会社に入って、結婚して、子供も二人います。ホントに笑っ
ちゃいますよね。とにかく、ずいぶん楽天的なエピキュリアンだった「彼」も、
そのときばかりは泣き笑いを浮かべるほかなかった。女の子とのことを後悔する
以上に、「先輩」の単純さに腹が立ったけれど、実はそういう単純さこそが「彼」
を魅了してしていたわけだから。そういう何重にも悲喜劇的な状況の中で、「彼」
は、性的アイデンティティの神話がいかに人を呪縛するか、その驚くべき現実に
突き当たったわけです。ゲイ解放運動の文脈の中ではそんな「彼」のいささか軽
佻浮簿なエピソードなんかはどうでもいいことのような気もする。にもかかわら
ず、こういう話をするときに、僕はどこかで途方にくれて立ち尽くす「彼」の姿
のことも忘れないようにしたいと思っている。それが先ほどからの僕の話のひと
つの基調低音になっていると考えていただければいいのではないかと思います。
こんな話に熱心につき合っていただいて、どうもありがとうございました。
(5月26日、東大五月祭講演)
------------------------------------


273 :吾輩は名無しである:04/06/13 05:42
>>270
郡山さん自己責任の内容判ってるのかな。
意図的に曲解、というか論点をずらしてるのだろうか。
自己責任論に異議があるなら正面から論破すればいいのに。
まあ元々人質の家族連中が政府の責任なんて言い出さなかったら
こんなくだらない自己責任論なんて存在しなかったんだろけど。

274 :吾輩は名無しである:04/06/13 14:12
>>273
自己責任というより使命ってところだろうね。

275 :吾輩は名無しである:04/06/13 14:47
使命というより天命といったところだろうね。

276 :吾輩は名無しである:04/06/13 16:03
>>244
じゃあ、ageて堂々と言ってやろう。出て行け。

どんな文学にも政治的な面はあるが、政治を論じること=文学ではないぞ。
政治に熱狂することでしか、内面の空疎を埋められないような下種野郎は、
しかるべき板に行け!


277 :吾輩は名無しである:04/06/13 16:23
星野氏は人質事件などをどのように小説に取り入れていくんだろうね。
「エレファント」に感動したらしい彼が、今後どのような作品を仕上げるのか楽しみ。
浅田氏もアイクリで「エレファント」を取り上げてるけど、「それ(突発的な事件)
がどのような理由でどのようにして起きたのかという物語は、人々が自分を納得させる
ために後から作り出した虚構に過ぎない」って一文、その通りだと思う。

278 :吾輩は名無しである:04/06/13 16:39
宮台ブログからコピペ
日本だとNGOと自己政府が敵対関係になる。情報収集やサバイバルの技術を習得すべ
く自衛隊に体験入隊しようものなら、NGOグループ内での爪弾きは必定。他方、政府関
係者に言わせれば「NGOは左翼の巣窟」。
↑これって本当なの

279 :吾輩は名無しである:04/06/13 17:00
宮台ははっきりした情報源を出せないからなぁ。

280 :  :04/06/13 18:30
SIGHTの人質特集の記事だね。

281 :美香 ◇FE5qBZxQnw:04/06/13 18:32
>>278
本当。

282 :弧高の鬼才 ◆auSqARo302 :04/06/13 18:32
宮台が得意なのはテレクラ取材だけだったりして。。

283 :吾輩は名無しである:04/06/13 19:03
>政府関係者に言わせれば「NGOは左翼の巣窟」

こっちはホント。


284 :吾輩は名無しである:04/06/13 19:13
>>276
政治の話だけになったらたしかに板違いかもしれないけど、
Part1・2はそうでもなかったよ。
それに政治板はリアルポリティクスに流れる。
自閉した文学が多いことが問題なんじゃない?
(うわべだけの政治的な文学が良いという意味じゃないよ。)

高橋の日記に柄谷になんで文学が終わったと思うか訊いたら
自分がやってきたのが文学だと思うという答えが返ってきたそうだよ。
(曖昧なので正確なところは源一郎の公式サイトで見て)


285 :吾輩は名無しである:04/06/13 19:29
>>278
組織だからそんなことがあるのかもしれないけど、多面的にとらえないと
なにも見えないでしょ。

286 :吾輩は名無しである:04/06/13 20:14
SIGHTで自己責任論特集。
で山形の記事も載ってて、どんな言い訳か期待したら
それとは違うテーマ。逃げんな、山形

287 :吾輩は名無しである:04/06/13 20:46

何だこの暴論は?たいがいにしてほしいよ。


288 :吾輩は名無しである:04/06/13 20:55

山形

289 :吾輩は名無しである:04/06/14 09:58
iクリティークは月間新着情報にすべき

290 :吾輩は名無しである:04/06/14 16:13

在日・強制連行の神話
鄭 大均 
文春新書

■内容紹介■
在日は強制連行されてきた人々とその末裔だとする主張がある。が、一世の証言に丹念に
あたれば、それが虚構にすぎないことが分る

在日コリアンのほとんどは、戦前、日本が行なった強制連行の被害者及びその末裔だ、と
いう「神話」がある。拉致問題で北朝鮮を非難する声に対し北擁護派がしばしば持ち出す
のが、昔、日本はもっと大規模な拉致を行なったではないか、というこの「神話」だ。が、
著者は在日一世の証言を多数提示する。それらを読むと、大多数は金をもうけにあるいは
教育を受けに、自らの意志で海峡を越えたことがわかる。本書はこの「神話」が政治的プ
ロパガンダの産物であることを明らかにする。(SH)

http://202.32.189.64/book_db/html/6/60/38/4166603841.shtml


291 :吾輩は名無しである:04/06/14 19:19
また文春新書か…

292 :吾輩は名無しである:04/06/14 20:33
>>286
山形のほかに誰がコメント寄せてるの?

293 :  :04/06/14 22:04
第2特集は国際政治を追い続けます! 
一向に沈静化する気配のないイラク情勢、そして日本中が集団ヒステリーに陥った人質問題。
「自己責任」をめぐって紛糾した状況の中、本当に間違っていたのは誰だったのか? 
そして日本が犯してしまった決定的な過ちとは!? 

SIGHTはどのメディアよりも冷静な現状認識と大局的な視点から、
真の問題に鋭く斬り込みます! 
右往左往するメディアも政府も一刀両断する社会学者・宮台真司、
リアルな平和論でアメリカと日本の間違いを見抜く国際政治学者の藤原帰一・東大教授、
そして海外NGO活動歴約20年、アフガニスタンから日本の現在を見つめる中村哲・ペシャワール会代表へのインタヴュー! 
さらにイラク研究の第一人者・酒井啓子と大芝亮・一橋大教授による対談も!


http://www.rock-net.jp/sight/

294 :吾輩は名無しである:04/06/15 20:09
>>293
サンクス。買ってみようかな。

295 :吾輩は名無しである:04/06/15 21:10
もうね、SIGHTとかSTUDIO VOICEとかCUTとかRockin'onとかは勘弁して欲しいの

296 :吾輩は名無しである:04/06/15 22:21
>>295
読まなきゃいいじゃん。

297 :吾輩は名無しである:04/06/16 23:03
良い事いってると思う。
http://www.yomiuri.co.jp/features/gulf2/200404/gu20040409_06.htm

298 :吾輩は名無しである :04/06/17 00:58
自衛隊撤退を要求したのは副次的なことで、いちかばちか言ってみた、みたいな
ことを誰かがどこかで言ってたけど、そっちのほうが真実っぽい気がする。

299 :【矢部】 ◆pIzFRdQNI. :04/06/22 01:09
>>277
例えば『ロンリーハーツキラー』は、人質事件の前に書かれているのに、
今回の事件を題材にしたのかと思えるほど、内容的に通じるのものがあると思いました。
この作品では、メディアで四人が袋叩きにされますが、そこで使われる
レトリックはまさに、今回の事件で三人に浴びせられたものに酷似してます。
先に自分が作品に書いた状況を、実際に目の当たりにしたことが、
今回の積極的な発言に繋がったのかもしれない、その意味で今回の行動は、
星野氏にとり、文学者・表現者として、必然的なものだったのだなぁと感じました。

300 :吾輩は名無しである:04/06/23 05:39
韓国人が殺されたね。予想通り、ニュー速の反応はウンコだけど。

301 :吾輩は名無しである:04/06/23 05:47
韓国内の反応はどうなんだろ?

302 :吾輩は名無しである:04/06/23 06:02
政府へデモでおしかける韓国国民
被害者を自己責任と叩き被害者に卵を投げに行く日本国民

303 :吾輩は名無しである:04/06/23 06:08
被害者の母親が発狂してる画像が出たらしいが
韓国国民はまさか叩いたりしないだろうな
日本は家族の感情に冷たかったが

304 ::04/06/23 06:12
>>302
まず、日本国民としての分を守っている行動ならば褒め称えられるべきですが、もし
それを踏み越えたものだったらどんなに叩かれても不思議ではないし、見放されてもおかしくは無い。
少なくとも、イラクの民主化に寄与するのが目的だったのならば直接イラクへ行くのではなく、
自分が政府の役人になるとか、国際機関の構成員になるとか、NGOに参加するとか、自衛隊に入るとか、
他にもやれることはあったはずです。

だから、もし彼らがそ日本国民の自由を生かして行動を起こしたのならば、それを責められても彼ら自身の
『自分』の、自己責任ということになるのではないでしょうか。

 愛国意識が単なる狂信であってはならないと思います。
つまり、国民としての務め、一人類としての務めを果たす目的としての「愛国」ならば良いに違いない。
もし韓国国民が単に韓国人が殺されたから怒る、というだけならば、それは少し浅はかなことではないでしょうか。
私は一日本国民として、そう思います。

305 ::04/06/23 06:18
>>304 
× だから、もし彼らがそ日本国民・・・
◎ だから、もし彼らが日本国民――

306 :吾輩は名無しである:04/06/23 06:18
いくら愛国意識っても、こんな時間にデモやってるのか?
まずソース確認しろよ

307 :吾輩は名無しである:04/06/23 06:31
人質にとらえられた時点でデモは起きてますが?なにか

308 :吾輩は名無しである:04/06/23 06:49
日本もそうだが、韓国の方も政府の対応がお粗末すぎ。
撤退が事実上無理だとしても、最初にそれいっちゃ相手を
刺激するの明らかじゃん。もっとはぐらかした言い方をするべき。

309 :吾輩は名無しである:04/06/23 07:33
N速すごいことになってるな
http://www6.big.or.jp/~beyond/bbsnews/bbs-post-1h.html

310 :吾輩は名無しである:04/06/23 07:35
狼板を抜いてる

過去1時間の投稿数: 18,621

1.ニュース速報 (1852)
2.モ娘(狼) (1673)
3.海外サッカー (988)


311 :吾輩は名無しである:04/06/24 02:11
世論 イラク敵視
知識層 それを憂う(スタンス 反アメリカ帝国主義)
ってのが今後の展開かと。

ロス暴動が前例。

312 :吾輩は名無しである:04/06/24 13:57
「戦闘兵をメインに派兵して、ベトナムで韓国軍を見ただけで震え上がったように、
今回もはっきりと見せつけよう。韓国国民は温順だが、怒ると怖いということを思い知らせるべきだ」とした。

ttp://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2004/06/23/20040623000023.html

やっぱりテロリストには思い知らせた方がいいよね。

313 :◆m0yPyqc5MQ :04/06/24 14:43
>>312
武力戦闘行為はどのようなものでも誤りである。わたしはそう思っている。

だから、我々は、イスラム教と仏教そしてキリスト教と中国+ギリシャ思想の均衡を取るべきだと思う。
要するに『平和』を創造しなければならない。絶え間なく刷新し続けながらも。

314 :吾輩は名無しである:04/06/24 21:01
>>313
なんか空しい言葉だなあ。念仏平和主義と何が違うの?
均衡を望まない思想の持ち主に均衡を取らせるなんて押し付けはできないのでは?

315 :吾輩は名無しである:04/06/25 09:00
念仏強硬主義の(粉飾)決算

★米国務省が「テロ報告」訂正版発表、負傷者は激増

 【ワシントン=永田和男】米国務省は22日、4月末に発表した2003年版
「国際テロリズム報告」の訂正版を発表した。
 当初は2002年より減少したとされていたテロ発生件数や負傷者の数が、
実際には前年よりかなり増加していたことが明らかになった。国務省は
今月10日に報告書の誤りを認め、訂正版作成を急いでいた。
 訂正版報告書によると、昨年、全世界で発生したテロ事件は208件
(訂正前の版では190件)で、前年2002年の198件よりやや増加。
 テロによる死者数は625人(同307人)で、前年の725人より減ったものの、
負傷者は3646人(同1593人)で、前年の2013人から「急激な増加」
(訂正版報告書)を記録した。
 パウエル国務長官は、誤りの原因は新しいデータ処理システム導入などに
伴う技術的なものと説明。「報告書の目的は我々の仕事を良く見せることでも
悪く見せることでもない」と、政治的意図がないことを強調した。
 これに対し民主党の大統領候補となるケリー上院議員の選対スポークスマンは
「政権による対テロ戦争の成果水増しが発覚した」と政権の姿勢を批判した。

讀賣新聞 http://www.yomiuri.co.jp/main/news/20040623i103.htm

316 :吾輩は名無しである:04/06/25 09:16
>>315
念仏の意味が理解できてないような・・・

317 :吾輩は名無しである:04/06/25 20:51
>>313
つかこれって「みんな仲良くしなくちゃね。平和が一番」ってことじゃん。
そんなの当たり前でそれができないから戦争や紛争が起こるのに。

318 :吾輩は名無しである :04/06/29 14:10
またアイクリ更新してないなり!

319 :吾輩は名無しである:04/06/29 14:12
拘束事件が相次いで鬱になるね。あの五人を拘束したのがアルカイダ系で
なくてよかったよ。

320 :  :04/07/08 03:05
現在発売中の雑誌「創」や「放送レポート」で
去年の「ETV2001放送改編事件」の当事者、ドキュメンタリージャパン(当時)所属の
坂上香ディレクターの告発文が載ってます。


 ※天皇の戦争責任に関する集会を取り上げた番組、ETV2001の放送直前に
  右翼が大挙してNHKに乗り込み放送中止を訴えた。
  そして数日後の放送では、見事に集会部分がカットされていた。
  これが、右翼の圧力に屈した「TBSオウム事件」級の大事件ではないかとされている。
  
この告発文では、編集権を楯に右翼の指示通りに番組改編を
外部ディレクターに強要する、と読まれてもしょうがないような
吉岡民夫・教養番組部長の言動が紹介されています。

教養番組部員はもちろん、関係者、そして視聴者は是非
この文章を読んで頂きたいです。

放送の自由とは何かを今、もう一度考えるべきではないでしょうか。

こうした行動が事実とするならば、吉岡氏は放送に関わる人間として
最低の行為をしたわけで、その責任は極めて大きい。

彼の更迭をここに要求します。


321 :吾輩は名無しである:04/07/14 12:13
>>320
これネットで見て気になってた。
浅田も名前連ねてたやつだっけ?

322 :吾輩は名無しである:04/09/01 23:16
今度はネパール人か・・・
チェチェンも凄いことになっとるし

323 :吾輩は名無しである:04/09/22 20:54:23
知的なものは最初から社会的・政治的なものの中で営まれている!
ttp://www.coara.or.jp/~morimori/chitowa.htm

324 :吾輩は名無しである:04/10/24 10:50:56




325 :吾輩は名無しである:04/10/24 15:31:50
      ,一-、
     / ̄ l |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ■■-っ <  悪いのは医者と軍隊だよ
    ´∀`/    \___________
   __/|Y/\.
 Ё|__ | /  |
     | У..  |

326 :吾輩は名無しである:04/10/24 22:03:21
ここには書き込みしてないけど見にはきてるよ
星野さんの日記でもまだ触れていないね。

327 :吾輩は名無しである:04/10/31 11:34:05
          

328 :吾輩は名無しである:04/10/31 13:29:12
上田晋也って薀蓄やらせ
芸人板へ

329 :吾輩は名無しである:04/10/31 14:00:00
431 :吾輩は名無しである :04/10/30 15:24:14
香田が最後にアンマンで目撃されたホテルは、
高遠、今井、郡山が滞在していたのと同じクリフホテル。

3バカに、あのタクシー運転手を紹介したのは、重信メイの盟友・森沢典子。

一方、香田に泊まれるはずのないバグダッドのホテルのメモを渡したのは、
サヨク映画監督の四ノ宮浩。
四ノ宮は、思いとどまるよう諭したと話すが、
香田が、物言わぬ骸となった今は、真相は知る由もない。


330 :吾輩は名無しである:04/10/31 17:10:29
なんで今回は全然盛り上がらないの?
巧打を擁護し自衛隊の撤退を求める人たちはいないのかな?

331 :トリップ検査 ◆wG2QnDfsuI :04/10/31 17:18:17
a

332 :吾輩は名無しである:04/10/31 20:14:23
浅田さんが触れてくれるでしょう。

333 :吾輩は名無しである:04/10/31 21:36:08
やってるところではやってた
でも前回とは人質のタイプが違うし
議論の中身は出尽くしてる
結果がこれ

冥福を祈るしかないけど辛過ぎる

334 :吾輩は名無しである:04/10/31 22:45:28
人質のタイプは関係無い気もするが

335 :吾輩は名無しである:04/11/01 11:36:41
関係あっちゃいけないような気がするが

336 :333:04/11/01 19:58:51
>334 335
ごめん、
原則として邦人保護の義務はあると思ってるんだけど
前回より不用意に入国してる感じを受けたから
今回は自衛隊撤退を訴えにくいって思った

337 :吾輩は名無しである:04/11/05 12:56:15
被害者達の家族は最初の3人に学んだのか、
かなり感情抑えた発言するようになったね。

part1からずっとロムってたんだけど、
このシリーズの論点ってずっと
「奴らが軽率なのは分かりきってるけど、
それを陪審員気取りで殺せ助けろのふるいにしちゃっていいの?」
ってとこだと思ってたから、>>366みたいな
誤解(あくまで誤解だとは思う)招きやすい書き方すると
論点ずれる切っ掛けになっちゃうと思う。
まぁ>>366は「訴えにくい」って書いてるだけなんだけど、
不用意さを基準として持ち出しちゃうと、大概の人にとっては
最初の3人からして論外なわけだし。

こんなこと書いてる癖に、実は人質かばいたいなって思ったことは、
ごめん、1度も無いw
「このあほあほ野郎共が…なるようにしかならなねーだろ。
でも、ああいうヒステリックな感情を自己責任とか言って
あっさり正当化する奴等って凄い醜く感じるんだけど、
俺がずれてるのかな?浅田彰あたりが何か言わないかな?」
って思ったのがこのスレに行き着いたきっかけ。
付き合ってる子が当時、被害者家族の会見観たのをきっかけに
怒り狂って、「むかつくから助けるな」みたいなこと言ってて、
かなり引いたのを良く覚えてるw

長文すまそ。

338 :337:04/11/05 12:58:32
細かいけど訂正
>>337の1行目「最初の3人に学んだのか」→「最初の3人のケースに学んだのか」

339 :吾輩は名無しである:04/11/09 01:24:32
アイクリ正式に「休載」とのことです。
戦略的にはまんなくなったのかな?

340 :吾輩は名無しである:05/01/07 01:31:38
ho

341 :吾輩は名無しである:05/01/19 11:01:28
>>320

342 :吾輩は名無しである:05/01/19 12:39:14
からあげ厨うざい
sageかきこでも保守できることを
しらんのかバカ

343 :吾輩は名無しである:05/02/16 21:01:04
f

344 :吾輩は名無しである:05/03/08 22:58:29
このスレは一体なんだったんだ?

345 :靖っさん、北の次は中国で大儲け>鎌田哲哉:05/03/08 23:06:47
名前:ミサイル利権と靖国の神さんの財布>112 :05/03/06
http://esashib.hp.infoseek.co.jp/nankin01.htm
沖縄における日本皇軍の横暴は末端の兵隊だけのものではなかった。
 将校の中には「中国大陸や南方の占領地とでも錯覚したのか、軍政をしくなどと、とんでもない放言をする」者もいた。
(浦崎純『消えた沖縄県』四五頁)。
また皇軍将校たちが那覇の「辻遊郭で日夜飲み騒ぐのを見せつけられた住民は……この郷土沖縄がまるで外地同様植民地であって、
あたかも外国軍隊が駐留しているのではないかとの錯覚さえ感じ」た者もいた。
(『沖縄作戦における沖縄島民の行動に関する史実資料』24頁)。
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/gyakusatu.html
また日本軍の将校は、監督した沖縄地域の有力者に対して、女学生などの若い女性を自分の愛人にするために差し出すよう要求し、
実際に多くの女性が皇軍将校専属の慰安婦にされた(藤原編著前掲書、二二頁、川名紀美『女も戦争を担った』二一三頁)。


346 :吾輩は名無しである:05/03/12 23:34:50
web呆談のモノローグの時代って面白いね。
ブッシュや小泉のモノローグもそうだけど、ノ・ムヒョンの整形もどうかと思う。

347 :吾輩は名無しである:2005/04/17(日) 12:42:05
 

348 :吾輩は名無しである:2005/04/18(月) 03:46:57
こうやってみんな自分が赤の他人を誹謗中傷侮蔑罵倒してたことそれを善意でしてたこと
それを忘れてきれいサッパリした顔で今を生きていくんだね。あはは。日本人は愉快愉快。

349 :吾輩は名無しである:2005/04/23(土) 02:09:40
このスレまだあったの!

350 :吾輩は名無しである:2005/06/13(月) 22:18:41
ありました

351 :吾輩は名無しである:2005/06/19(日) 20:44:24
ttp://blog.livedoor.jp/deathtron/archives/21850565.html
ttp://kakka.cocolog-nifty.com/butsuyoku/2005/05/post_7518.html



352 :吾輩は名無しである:2005/08/08(月) 21:42:39
あげ

353 :吾輩は名無しである:2005/09/21(水) 14:24:22
ラヴコールってなに?

354 :吾輩は名無しである:2005/09/30(金) 04:38:51
 浅田さんて最近何なさっているの

355 :吾輩は名無しである:2005/10/23(日) 11:29:38
中川八洋教授に、福田批判本の中で、浅田もケチョンケチョンに
けなされていたね

356 :吾輩は名無しである:2005/12/24(土) 19:56:47
age

357 :吾輩は名無しである:2005/12/25(日) 13:00:50
>>355
どんな風に?具体的にお願いします

358 :吾輩は名無しである:2005/12/25(日) 14:37:36
>>354
マジレス
保坂和志と喧嘩してるよw
「保坂さんはきっととても有名な作家なのでしょうが、私は保坂さんの
 作品には全く興味がもてません」だってw
保坂スレってなくなっちゃたのかな

359 :吾輩は名無しである:2006/03/07(火) 16:02:22
 

360 :吾輩は名無しである:2006/06/21(水) 13:35:26
おうえん

361 :吾輩は名無しである:2006/07/23(日) 07:05:46
・ところで、浅田彰の『構造と力』も『逃走論』も、ドゥルーズについての「学術的な
説明」の箇所は、翻訳であり、その要約である。浅田には、学者の立場からの「ドゥ
ルーズに関する分析」というものは、何一つもない。つまり、「教祖ドゥルーズの忠実
な伝道師」という姿が、浅田の実体である。
浅田は、独自の思想を構築していくだけのIQをもちあわせていない。

・浅田には、ドゥルーズらのポスト・モダン思想の紹介者である以上の学問業績が何一つ
ない。その後の浅田は、同じ「ポスト・モダン教の宗教信者」磯崎新や福田和也らと酒を
くみかわしての雑談しかしていない。『批評空間』における柄谷行人との「交流」も、革命
煽動の効果をもつことは認められても、学問としてはいかほどのものもない。
この季刊誌は、汚泥の中で蠢く”赤い蛆虫”たちの雑談集にとどまっている。

そして何よりも、乾いた砂漠の砂のような浅田彰のニヒルな杜撰と無気力は、そのデビュー
作『構造と力』という著作が顕著に漂わせている。モダン(近代)が「クラインの壺」「積分」、
ポスト・モダンが「リゾーム」「微分」、などと浅田が画いたそのダイヤグラムほど、数学の
知識ゼロの浅田らしく、自分の精神の空洞と腐爛をハッタリで誤魔化す、人格的破綻を
示すものはない。

362 :吾輩は名無しである:2006/07/23(日) 07:09:30
・フーコーの1982年の論文「同性愛の問題化の歴史」も「ゲイ」を乱発する。
しかも内容は浅田のものと酷似している。浅田は、フーコーのこの論文から
アイデアを「盗用」したのだろう。

・『狂気の歴史』を日本では大変な学術書のように言うが、その内容は
「俺(フーコー)は狂人だから、正常人よ、俺(フーコー)にぬけづけ」と
いう、支配欲で汚れた雄叫びの扇動文書以上のものではない。狂人で
あるが故に新しい理想社会を作れる「聖なる予言者」だ、と自らを妄想
して、その延長上で、狂人に社会の支配をゆだねるべきだとの、フーコー
の訴えが、『狂気の歴史』の本旨である。また、「真実の人間」について
も「人間の真理」についても、俺(フーコー)のような狂人にしかわからな
い、正常人は狂人の助けなしに真理を手にすることはできないと言いた
くて、フーコーはこの『狂気の歴史』を書いた。

・浅田彰とフーコーは、ゲイ同士でポスト・モダン革命の同志である。
「浅田彰氏がエイズで死没した」という訃報を、いつまでも聞くことのないよう
皆で祈ってあげよう。

363 :吾輩は名無しである:2006/07/23(日) 23:51:26
保守

364 :吾輩は名無しである:2006/08/03(木) 19:48:33
ラヴ

365 :吾輩は名無しである:2006/08/06(日) 22:32:00
憂国呆談再開して!

366 :吾輩は名無しである:2006/08/06(日) 23:57:37
>>362
>浅田彰

例の、ガールフレンドを殺害してオッパイ食べた人がいれば
(いまの)アサダンはいなくていいような気がする。

367 :吾輩は名無しである:2006/08/08(火) 22:32:57
浅田が、二度もオヤジ狩りにあったというのは真実なのか?

368 :吾輩は名無しである:2006/08/09(水) 00:01:01
へらへらしているだけで強度がない。しょせん思想家じゃなくて評論家。

369 :吾輩は名無しである:2006/09/24(日) 00:15:20
保守

370 :吾輩は名無しである:2006/09/24(日) 00:23:08
強度がない?誰に比べて?死んだ奴を出すなよ。

371 :在日犯罪者一覧:2006/10/30(月) 01:21:30
●麻原彰晃 →オウム真理教教祖。サリンを撒き無差別殺人。坂本弁護士一家惨殺。海外新聞がkoreanと表記。
週刊現代がスクープ。事件前の対談で自ら語っている。
●宅間守 →大阪 池田小学校の児童殺傷。8人殺害 15人が重軽傷。朝鮮人部落出身
●東慎一郎 →酒鬼薔薇聖斗。神戸の首切り小僧。生首を校門に飾る。2人殺害。元在日朝鮮人
●林真須美 →和歌山 毒入りカレー事件。4人毒殺 63人が負傷。帰化人
●織原城二(金聖鐘) →神奈川 帰化人、英国人 豪州人女性を強姦、ビデオ撮影、バラバラ殺人
●関根元 →埼玉の愛犬家連続殺人犯。4人を殺害。肉片を削ぎとりドラム缶で焼却、川へ流す
●丘崎誠人 →奈良 岩を数回、少女の頭部に投げつけて絶命させた 在日朝鮮人
●キム・ミンス →韓国人留学生 強盗殺人犯。大分 日本人老夫婦を刃物で殺傷
●李東逸 →韓国人 檀国大学教授。芝居観覧のため来日中、東京で日本人女優Nを強姦
●金允植 →韓国人 強姦罪で指名手配中に逃亡目的で来日。大阪で主婦を100人以上連続強姦
●金大根 →韓国人の強姦魔 連続児童虐待暴行殺人。6名の女児死亡
●李昇一 →韓国人 東京 テレビ「ガキの使い」関係者を名乗り少女140人をレイプ
●沈週一 →韓国人 鳥取 大阪 和歌山 ベランダから女性の部屋へ侵入し9人を強姦
●張今朝 →韓国人 長野 「一緒に猫を探して」と小学校4年の女児をレイプ
●ぺ・ソンテ →韓国人 横浜 刃物で脅し、女子小学生14人をレイプ
●宋治悦 →韓国人 東京 ナイフで脅し手足を縛り下着で目隠しの上、主婦19人を強姦
●崔智栄 →北朝鮮籍の朝鮮大学校生 新潟 木刀で傷を負わせ、18歳少女2人を車の中で強姦
●金乗實 →北朝鮮籍の朝鮮大学校生 同上、共犯者。他にもう一人19歳の共犯者(朝鮮籍)あり
●鄭明析 →韓国人 カルト「摂理」教祖。日本人1000人、台湾人100人、米英仏人などを強姦
●徐裕行 →韓国籍 オウム真理教幹部・村井秀夫刺殺事件の刺殺犯。裏で北朝鮮が関与か
●国松孝次警察庁長官狙撃事件。現場近くから北朝鮮製のバッジ、韓国のウォン硬貨などを発見
●世田谷一家惨殺事件。採取された指紋が韓国人の男と一致。韓国警察からは協力を得られず
●東京資産家強盗殺人事件。奪われた腕時計が韓国で販売。韓国人グループの犯行とみて捜査中


372 :在日犯罪者一覧:2006/10/30(月) 01:22:08
朴珠那(31): 顔写真をすり替えたパスポートをパスポートセンターに申請し不正に取得する
金明徳(58): 同上
姜英児(56): 店舗型性風俗営業が禁止されている個室マッサージ店で、女性従業員に男性客への性的サービスをさせる
李承富(50): 795グラムの覚せい剤(約4770万円相当)を電気座布団の中に隠して密輸する
趙淑伊(43): 県公安委員会へ届出をせずに、営業禁止区域でファッションヘルスを営む
崔正成(52): 水戸署大工町交番の出入り口ドアの窓ガラス(時価1万円相当)を右手で割る
申孝男(45): 医師から自宅のリフォーム代として預かった5000万円のうち、1100万円を返金せず着服する
孫錫烈(30): 出会い系サイトで知り合った13歳と14歳だった女子中学生に計4万円を渡し、ホテルで猥褻な行為をする
李占友(29): 獣医師夫妻を縛り、現金4200万円や貴金属など56点(計567万円相当)を盗み、妻に約2カ月のけがを負わせる
李在峰(28): 同上
曽明常(42): 同上
劉洋(28): 同上
金百合子(45): 大量の覚せい剤の密売に関わる
金真彩(20): 同上
李秀男(51): 産廃の処分許可がないのに、昨年7〜8月の間家屋の解体ごみ約326立方メートルを処分する
林韓日(56): 神戸市の中小企業向け低利融資制度を悪用し、市内の信用組合から約600万円を融資させだまし取る
全成玉(58): 交通事故で保険金(搭乗者傷害保険金約300万円、後遺傷害保険金約2000万円)をだまし取る
李和明(44): ひき逃げ事故を起こした知り合いの住吉会系暴力団幹部の身代わりになろうとする
姜智凱(29): オークションサイトに中古のノートパソコンを出品したように装い、男子大学生から代金約10万円をだまし取る
韓長広(41): 経営している派遣型売春の女性従業員に売春させる
金圭植(58): レジャー施設の経営者を脅迫し、手足で頭などを殴り代表取締役辞任届などに署名させ、会社の実印などを脅し取る
朴仁哲(51): 同上
金斗龍(51): 同上
金興博(53): 私服警察官2人に売春の相手になるよう勧誘する

373 :在日犯罪者一覧:2006/10/30(月) 01:22:47
金周煥(31)→短期滞在ビザで入国後、在留期間を超えて不法に残留する。
金成容(39)→短期滞在ビザで入国後、在留期間を超えて不法に残留する。
金応萬(43)→旅券を持たずに船で入国して不法に在留する。
嚴英順(37)→出産した子供に日本国籍を取得させるため、うその胎児認知届と出生届を提出する。
高英樹(25)→偽造クレジットカードを使い商品をだまし取る。
文明淑(29)→マッサージ店で女性店員を使い男性客に性的サービスをさせる。
崔珍栄(35)→三月まで交際していた女性(29)に別れ話を持ち掛けられ立腹、殺害しようとする。
全光烈(54)[朝鮮学校教員]→酒気帯運転でトラックに追突、弾みでオートバイに衝突。オートバイの男性を死亡させる。
金玉鉉(39)→店舗型風俗特殊営業が禁止されている地区で風俗店を経営、女性従業員に性的なサービスをさせる。
徐賛述(48)→在留期限が切れた後も引き続き国内にとどまり、約9年10か月にわたって不法に残留する。
申孝男(45)[朝鮮籍]→住宅リフォームの仲介として男性医師(47)から預かった工事代金約5000万円のうち約1100万円を横領する。
全孝信(36)→多重債務者ら約2200人に対し不正な貸し付けを行い、2億円を超える違法収益を得る。
パク・ジンソン(45)→長崎県沖でのタチウオ漁で、操業日誌の漁獲量を過少記載する。
任榮Y(43)→韓国で製造された偽ブランド商品を日本に輸入し、元締めとして露天商などに卸す。
閔俊基(33)→33歳の韓国人男性に、以前交際していたこの男性の姉を呼び出させ、恐喝する。
禹時允(59)→覚せい剤を密輸入する。
李辰世(29)→1人暮らし女性のマンションに侵入し、現金やキャッシュカードを奪う。
朴奉秀(31)→港区六本木の雑居ビル内に違法なバカラ賭博場を開く。
黄勝雪(??)→条例で禁止された地域でファッションヘルスを営業する。
李丙教(36)→操業日誌の漁獲量を、実際より約7.7トン少なく記載する。


374 :吾輩は名無しである:2006/10/30(月) 01:23:25
強制連行されたという在日朝鮮人は以下の質問に答えなさい。

・ 誰によってどこへ強制連行されたのか詳細を述べなさい。
・ 戦後60年間,祖国から返還請求がない理由を述べなさい。
・ 戦後60年間,祖国に助けを求めなかった理由を述べなさい。
・ 戦後60年間,祖国が在日朝鮮人を問題視していない理由を述べなさい。
・ 戦後60年間,自分達で帰国事業を立ち上げなかった理由を述べなさい。
・ 戦後60年間,日本人に対して返還事業を提案しなかった理由を述べなさい。

質問に対する回答が無い場合,
在日朝鮮人は「違法入国者」の末裔,もしくは当人であるとみなします。
つまり「犯罪者」であるということです。


在日朝鮮人のすばらしい「愛国心」

・強制連行されてきた外国人のはずだが、祖国に帰らせろとは言わない。
・祖国は日本よりすばらしいと言うくせに、帰ろうとはしない。
・帰る祖国が存在するのに、帰る場所はないと言う。
・日の丸を見るのも嫌な外国人のくせに、日本から出て行こうとはしない。
・立派な朝鮮人名を名乗らず、屈辱なはずの日本人名を自らの意思で名乗る。
・大嫌いなはずの日本人に、リアルでもネット上でも成りすます。
・祖国の参政権もないのに、なぜか先に日本での参政権を要求する。
・祖国を良くするための諫言はしないが、日本には内政干渉をする。




375 :吾輩は名無しである:2006/10/30(月) 01:23:55
「田岡一雄自伝」より
通りすがりの通行人の目つきが気に食わないといっては難くせをつけ、
無銭飲食をし、白昼の路上で集団で婦女子にいたずらをする。
善良な市民は恐怖のどん底に叩き込まれた。
こういった不良分子は旧陸海軍の飛行服を好んで身につけていた。
袖に腕章をつけ、半長靴をはき、純白の絹のマフラーを首に巻きつけ、
肩で風を切って町をのし歩いた。
腰には拳銃をさげ、白い包帯を巻きつけた鉄パイプの凶器を引っさげた彼らの略奪、暴行には
目にあまるものがあった。
警官が駆けつけてきても手も足も出ない。
「俺たちは戦勝国民だ。敗戦国の日本人が何をいうか」
警官は小突き回され、サーベルはヘシ曲げられ、
街は暴漢の跳梁に無警察状態だ。
〜中略〜
一瞬、ぎくりと立ちどまり、悲鳴のあがる方角に走った。
途中で四、五歳の女の子が泣きながら夢中で駆け寄ってきた。
「どないしたんや」
「おかあちゃんが、おかあちゃんが」
少女は私に泣きじゃくりながらしがみつく。
この世のものとは思えぬ女の狂気じみた悲鳴がきこえつづけていた。
「ここにいるんやで。ええな」
私は少女をその場において一目散に走った。
少女の母親は木立の中で数人の男に犯されていた。飛行服の男たちだった。
------------------------------------------------------
創氏改名は屈辱だったと言うわりに通名を名乗る在日
実態は戦後に悪さをしすぎて日本人に嫌悪されたため
通名という都合のいい偽名を使うようになったのである


376 :吾輩は名無しである:2006/10/30(月) 01:25:59
★これが創氏改名の真実だ!併合直後から朝鮮人は改名を熱望していた!

@1910年、日韓併合。
A直後、総督府が朝鮮半島を把握する為に「民籍」(≒戸籍)の作成に取り掛かる。
Bなんと!大量の朝鮮人が「日本名」で民籍に登録する騒動が勃発!
Cケジメがつかなくなる事を恐れた総督府は「改名禁止」の法令を出す。
※1911年11月1日総督府令第124号「朝鮮人ノ姓名改称ニ関スル件」
※「内地人ニ紛ハシキ姓名」を禁止。
※既に改名していた朝鮮人には圧力をかけて「復姓」させた。
(  ´∀`)「併合直後なのに図々しい!さっさと元に戻せ!」
< *`Д´>「アイゴ!」
D1932年「満州国」が出来る。
E「満州国」に朝鮮人が入植するが…。
<丶`∀´>「ウリは日本人ニダ!」
(# `ハ´)「名前が朝鮮人アル!元々は我々の奴隷民族アル!偉そうにするな!」
< *`Д´>「アイゴ!もうウリは立派な皇国臣民ニダ!日本名が欲しいニダ!」
(  ´∀`)「…仕方がないか」
F1939年「創氏改名」が発令。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
朝鮮には「姓(氏族名)」はあっても「氏(苗字)」が無かった。
内鮮の融合が進み、戸籍管理を統一する為にも、「創氏」が強制された。
「創氏」の登録は日本名でも朝鮮名でも良かった。
しかし8割の朝鮮人が「日本名での創氏」を望んだ。
日本名で創氏した朝鮮人は名前(下の名前)も合わせて変えたがった。
それが「改名」であり、これには手数料が取られた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Gこの「創氏改名」に伴い、大量の朝鮮人が日本名を名乗る事になる。

…朝鮮人は併合直後から日本名を名乗りたかったのだが、総督府は許さなかった。
それが許されたのが「創氏改名」なのである。



377 :吾輩は名無しである:2006/10/30(月) 01:27:01
金素雲も嘆く在日朝鮮人の横暴

日本人はなぜ朝鮮人が嫌いか、差別されるには朝鮮人の方にもそれなりの原因
がある、という筆者の論は決して間違っていないと思ふ。例えばあの有名な朝鮮
人詩人の金素雲氏は、その自伝の中で次のように書いている。

日本人所有の家を借りたなら、家賃は一切払わなくてもよいというのが、その当時
(昭和の初期―筆者注)同胞の間では常識化していた風習だった。

「お前らは国まで盗んでいったじゃないか。家賃ぐらい何だ!」――こちらにはこ
んな腹があったが、引っかけられた日本人の側では恨み骨髄にならざるを得な
かった。家賃をもらうどころか5,6ヵ月分の家賃に当たる金を<立退料>という
名目で払わなければならなかった。こんなとき、その仲介の役割を果たすのが、
いうなれば叔父の職分だった。(同胞が集団居住する町には、こんなブローカー
が必ず何人かいた)

1,2年ただで住んでは<立退料>をせしめて家を空けてやることもあったが、時
には引っ越した次の日に大家から立退料を取ってまた引っ越していく、そんな場
合もあった。 その立退料の半分ぐらいにあたる金が叔父のようなブローカーの
懐に入ってくる。もちろんこれは4,50年前の昔話ではあるが、こんなやり口が
その後長い間い年月を通じて、大多数の日本人の生活感情の底に<チョーセン
ジン>を敬遠し蔑視する後遺症の種となったことも事実である。
                  
               中村 粲   文武新論 平成5年7月10日




378 :吾輩は名無しである:2006/10/30(月) 01:27:56
ここまで生活レベルを上げてもらいながら、
日本の敗戦が決まると豹変し、暴虐の限りを尽くしたチョン。
http://plaza.rakuten.co.jp/khiroba/diary/200501100000/
http://www12.tok2.com/home/doronpa/

ほぼ同様の経緯だが50年たっても恩を忘れていなかったパラオ。
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/4759/20010503.html
http://www.sarago.co.jp/nfhtm/pw.html
http://www.asahi-net.or.jp/~vb7y-td/kak2/1210091.htm

     ,,.---v―--、_       日本人はな、お互い様やねん。
   ,.イ" | / / / /~`'''ー-、  相手に譲ってもろたら今度は自分が譲るねん。
  //~`ヾ、;;;;ソ'''''''ヾ、   ,.ヽ ヽ そうやって上手い事回っとったがな・・・
 /:,:'       ...  ゞ 彡 彡、ノ)
 !/  ~`ー'",..- ...   〉     !( 『あの人ら』は違う。
i   ̄~`        !  彡  |ノ 一回譲ったらツケ込んで来て、
,i ,.- 、 ゝ " '" ~ ~`  ヾ ,,--、 |  こっちはずっと譲らなあかん羽目になる。
/         _    ヾ"r∂|;! それでも『あの人ら』は平気なんや。
ヾ` '⌒` ;::   "~ ~` 彡  r ノ/  カドたてんとことおもて譲り合うのは、
i    ノ           _,,.:'   日本人同士だけにしとき。
ヽ ノ"( 、_,..:ー'"ヽ、 : : :   ,i /    そうせんと『あの人ら』につけこまれて、
 ヽ、 ,. :: ::  ヽ      ノ:|ラ:)`ヽ、『ひさしを貸して母屋を盗られて』
   ヽ、`''''"""''''" '  ,,..-'" //   \日本がのうなってしまうからな



379 :吾輩は名無しである:2006/10/30(月) 01:28:28
戦前
<丶´Д`> <国として立ちゆかないウリの国の面倒を見て欲しいニダ…
戦後↓
<丶`Д´> <ウリの国は日本の植民地にされていたニダ!謝罪と賠償を(以下略)
----------------------------------------------------------------------------------
戦前
<丶´Д`> <本国じゃご飯食べられないニダ…  日本に密入国するニダ…
戦後↓
<丶`Д´> <ウリ達は日本に無理矢理強制連行されてきたニダ!謝罪と賠償を(以下略)
----------------------------------------------------------------------------------
戦前
<丶´Д`> <朝鮮人だとバレると欧米でバカにされるニダ… 日本風の名にしたいニダ…
戦後↓
<丶`Д´> <ウリ達は日本に無理矢理日本風の名前を押し付けられたニダ!謝罪と賠償を(以下略)
----------------------------------------------------------------------------------
戦中
<丶´▽`> <高給ニダ!是非ともついていって体を売るニダ 追軍娼婦するニダ …
戦後↓
<丶`Д´> <ウリは無理矢理連行され、従軍慰安婦にされたニダ!謝罪と賠償を(以下略)
--------------------------------------------------------------------------------

380 :吾輩は名無しである:2006/10/30(月) 01:29:00
■中国人、謝永光著「日本軍は香港で何をしたか」より抜粋。
最初の数日間は平穏無事で、「皇軍」の姿は全くみられなかった。
ところがある日、突然五、六人の‘獣兵‘が現れ、麻雀をしていた四人の女優を輪姦したという。
前述の女優は日本軍の馬丁に暴行されたが、この馬丁とは恐らく朝鮮人に違いなかった。
(中略)
香港占領期間中、多くの朝鮮人が日本の軍服を着ていたが、一般の日本人よりも背が高く、日本の正規軍よりももっと凶暴だった。
このとき民家に乱入して婦女暴行を働いたのは、ほとんど日本人の手先となって悪事を働いていた朝鮮人であった。
当時香港住民は日本軍に対するよりももっと激しい憎悪の念を彼らに抱いた。

■元パリ・マッチ特派員アルフレッド・スムラー著「日本は誤解されている」より抜粋。
「別に日本人戦犯の責任を軽減するつもりはないが、占領地域で最も嫌われたのは、このころ日本国籍を持っていた朝鮮人だったことに注意しておかなければならない」
※パリ・マッチ・・・フランスの歴史ある雑誌
http://bookwebpro.kinokuniya.co.jp/files/magazine/Paris%20Match.jpg [ソースチェック]

■とある内科医の述懐「キヤンガン、山下将軍降伏の地―フィリピンの心象風景」より抜粋。
山では仲間どうしの信頼関係が全てだ。
韓比日の3人で風雨の中、ピークを踏む寸前のこと、小休止のときアンがコリアンと知らないフィリピン人の彼が言った。
「日本の占領下で最も残虐だったのはコリアンだった。赤ん坊を投げて銃剣でうけたのも彼らだった。皆がそう信じている。」
一気に遭難しそうになったパーティを何とか支えつつ、私はキアンガンの将軍の亡霊を見たような心持だった。
その後も各地でこの噂のような言説をきくたびに、愛国者たるアンの胸中が想われてならない。
http://www.net-ric.com/advocacy/datums/95_10irohira.html

■中国人が描いた絵「旭日旗を持った朝鮮人が中国人を殺す」
http://japanese.joins.com/transboard/upfile/up28088.jpg



381 :吾輩は名無しである:2006/10/30(月) 01:31:22

     アメリカ人が見た戦後の在日朝鮮人

 戦後の日本においては、朝鮮人少数民族は、いつも刺戟的な勢力であった。
 数においては大いに減ったもの、朝鮮人は依然として口喧しい、感情的・徒労的
 集団である。彼らは絶対に敗戦者の日本人には加担しようとはせず、かえって戦勝
 国民の仲間入りをしようとした。朝鮮人は一般に日本の法律は彼らに適用され得な
 いものとしてアメリカ占領軍の指令も同じようにほとんど意に介しなかった。
 そのため国内に非常な混乱をおこした。占領当初の数ヶ月、在日朝鮮人炭鉱労働者の
 頑強な反抗のために日本の重要産業たる石炭産業の再建は損害をこうむった。
 経済的領域における朝鮮人のいろいろな活動は、日本経済再建への努力をたびたび阻害した。
 1948年の神戸における緊急事態宣言は、日本の教育改革を朝鮮人が妨害した結果、
 行われたものである。引き上げについては占領当局が決定した政策を日本政府の手で
 実地しようとするのを妨害した。/たとえこのような事件(朝鮮人の犯罪)で朝鮮人の
 犯罪性が拡大されることがなかったとしても、この犯罪性が日本人・朝鮮人の関係に
 与えた影響は依然として甚大なるものがある。朝鮮人の略奪行為が、大部分、下層民の
 日常生活にとってきわめて重要な地域において行われたということもあった。
 さらに朝鮮人は日本に不法に入国しようとしたが、ときには伝染病も持ち込んだと
 いう事情もあって、この不安を強める実例を提供した。朝鮮人は悪者だという心理が
 時の流れとともに日本人の心から薄れていくであろうと信ずべき理由はなにもないのである。

         ハーバード大学教授 エドワード・ワーグナー(朝鮮史)



382 :密入国ソース:2006/10/30(月) 01:32:31
俺のヘソクリは朝鮮系、女房のは韓国系の仮名口座へ。
http://web.archive.org/web/20040203224840/http://www.yuriko.or.jp/ronbun/sapio.htm
仮名口座だけじゃない!在日の脱税特権「五箇条のご誓文」
http://www.yuriko.or.jp/column/colum99/corum990819.htm
在日韓国・朝鮮人一世の9割9分は強制連行とは無関係。
http://mirror.jijisama.org/zainiti_raireki.htm
敗戦に苦しむ日本人に横暴の限りを尽くした在日。
http://mirror.jijisama.org/sangokuzin.htm
在日朝鮮人連盟(朝鮮総連の前身)による朝鮮人戦勝国民、日本人四等国民宣言
http://www.kcn.ne.jp/~ca001/D35.htm



383 :密入国ソース:2006/10/30(月) 01:33:08
●『在日・強制連行の神話』( 鄭大均著 文春新書)より
「在日の多くは海峡を自らの意志で越えたのだ。 在日は強制連行されてきた人々とその末裔だと
 する主張がある。 が、一世の証言に丹念にあたれば、それが虚構にすぎないことが分る」
●正論2003年6月号掲載  評論家 黄 文雄 
「誇り高き台湾少年工と「強制連行」どころか勝手に日本に殺到した朝鮮人の落差」
●朝鮮人によるマスコミへの卑劣な圧力が無かった頃は、朝日新聞も大量の密入国者がいる事実を報道してました。
『朝日新聞 1959年6月16日付』(「世界」 2000年10月号 戦後日本「在日外国人」の虚像と実像 原尻英樹)より
「密入出国をしたまま登録をしていない朝鮮人がかなりいると見られている」
●1974年の法務省編「在留外国人統計」によれば、在日韓国・朝鮮人の日本上陸は昭和16~19年の間は1万4514人。
「国民徴用令」による徴集は19年の9月以降の僅か4ヵ月間であるから、単純に計算しても、この期間に徴用された者は
16~19年間の1万4514人の12分の1、つまり1210人ほどにすぎない。昭和20年9月1日以前は679名であり、
それを加えた概算1889人ほどが、真に徴用の名に値する在日朝鮮人だという事になる。仮に「官あっせん」を
徴用の概念の中に入れ、官あっせんが行われていた昭和17年2月~19年8月の来日者の推計数を全部加えても
約1万1300人ほどである。従って、在日全体の僅か0.5%未満にすぎない事になる。


384 :密入国ソース:2006/10/30(月) 01:33:39
「これでは困る韓国」呉善花、崔吉城 1997 より

呉「在日の人たちにしても、植民地時代も自分の意志で積極的にきた人のほうが
 ずっと多いんじゃないですか。強制連行で連れてこられた人たちはほとんど帰っ
 てしまったわけですから。」
崔「そこはいいポイントです。事実はまさしくその通りなんです。ところが、
 そうであるにもかかわらず、意識としてはそうじゃなくなっているんです。
 自分も植民地のときに強制的につれてこられたのだと、これはアイデンティティ
 としてそうなってしまっているんです。」
呉「なるほど、意識と実際は違うということですね。」
崔「実際は強制されてきたのではなくても、我々は強制されてきたんだという、
 そういう物語をつくってそれを自分の意識としてもつんです。
 ここが在日韓国・朝鮮人を考える場合のかなり大きなポイントです。
 (中略)それで一世たちはそういう物語を二世、三世に懸命に教えるんです。」
呉「なんのために教えるんですか」
崔「民族意識を守り、それを子孫に伝えるためです。」


385 :密入国ソース:2006/10/30(月) 01:34:11
【在日】「私は徴兵で日本に来たんだよ」と嘘をつく母と、
「その時代に徴兵なんかないの」と嘘を暴く息子

「私は徴兵で日本に来たんだよ」と主張する母親と、「嘘を言うな」と
たしなめる息子。ずーっと探していた動画なんですが、YouTubeで
見つかったのでリンクを貼っておきます。
http://www.youtube.com/watch?v=lCbB1BAcN3w&search=korea

これはインターネットが普及する前に放送されたもので、確かフジ系列の
「NONFIX」という深夜番組だったと思います(違ったら訂正よろしく)。
最後に「うちの息子は思想がないの」といわゆる強制連行説が嘘であることを認めます。
強制連行なんか存在しない事がわかる貴重な資料です。

386 :密入国ソース:2006/10/30(月) 01:36:25
「戦前(昭和14年)に日本内地に住んでいた朝鮮人は約100万人で、終戦直前には約200
万人となった。増加した100万人のうち70万人は自分から進んで内地に職を求めてきた個
別渡航者と、その間の出生によるものである。
残りの30万人は大部分鉱工業、土木事業の募集に応じてきた者で、戦時中の国民徴用令に
よるものはごく少数である。(中略)
終戦後、昭和20年8月から翌年3月まで、希望者が政府の配給、個別引き上げで合計140万
人が帰還したほか、北朝鮮へは昭和21年3月、連合国の指令に基づく北朝鮮引き上げ計画
で350人が帰還するなど、終戦時までに在日していた者のうち75%が帰還している。
(中略)
現在、登録されている在日朝鮮人は総数61万人で、関係各省で来日の事情を調査した結果、
戦時中に徴用労働者としてきた者は245人に過ぎず、現在日本に居住している者は、犯罪者
を除き、自由意志によって残留した者である。」
1959年7月13日朝日新聞
http://img2.echoo.jp/photo/blog_b/b32f2c397cc34ee74db55b228aef5be0.jpeg
http://img2.echoo.jp/photo/blog_b/52019453ce69cd3536fa41c3fe15ee29.jpeg
1959年7月13日 朝日新聞

387 :密入国ソース:2006/10/30(月) 01:37:35
★在日の徴用者はたった245人!終戦後75%が帰国!(朝日新聞)

■1959年7月13日 朝日新聞
http://img2.echoo.jp/photo/blog_b/52019453ce69cd3536fa41c3fe15ee29.jpeg
http://img2.echoo.jp/photo/blog_b/b32f2c397cc34ee74db55b228aef5be0.jpeg

■記事内容と補足「在日朝鮮人の徴用者は245人」
・終戦直前、日本には200万人の朝鮮人がいた。
・その内、140万人は終戦直後に朝鮮に帰った。
・更に北朝鮮帰還事業などで10万人が朝鮮に帰った。
・つまり200万人のうち、150万人…つまり75%が帰国した。
・国民徴用令は1939年7月から施行された。(日本人と台湾人)
・しかし朝鮮人には1944年9月まで適用されなかった。(つまり優遇されていた)
・1945年3月には日韓フェリーが停止されたので、徴用が可能だった時期はたったの7ヶ月。
・1959年の調査では在日における「徴用者」の人数は…たった245人だった。
・現在、日本に残留している朝鮮人は「自由意志」による残留である。(犯罪者を除く)

■まとめ
「徴用」や「徴兵」で日本に来た人は元々、僅かです。
「徴用」や「徴兵」によって「朝鮮の家族や友人や恋人から引き離された人」が、どうして日本に残るのですか?
家族に会いたくないのでしょうか?
200万人の内、140万人が終戦直後に帰国しています。
僅かな徴用者、徴兵者は、その時、帰国していると考えるのが当然です。
つまり日本に残った人は「家族で日本に移住して来た人」です。
つまり「自由意志」で日本に来て、「自由意志」で日本に残ったのです。

それなのに「強制連行された!戦後は帰りたくても帰れなかった!嫌々ながら住んでやってるんだ!」と叫んでいるのです。


388 :密入国ソース:2006/10/30(月) 01:38:16
大半、自由意思で居住
────────────
外務省、在日朝鮮人で発表
────────────
戦時徴用は245人


在日朝鮮人の北朝鮮帰還をめぐって韓国側などで「在日朝鮮人の大半は戦時中に日本政府が強制労働をさせるためにつれてきたもので、
いまでは不要になったため送還するのだ」との趣旨の中傷を行っているのに対し、外務省はこのほど「在日朝鮮人の引揚に関するいきさつ」について発表した。
これによれば在日朝鮮人の総数は約61万人だが、このうち戦時中に徴用労務者として日本に来た者は245人にすぎないとされている。主な内容は次の通り。
一、戦前(昭和14年に日本内地に住んでいた朝鮮人は約100万人で、終戦直前(昭和20年)には約200万人となった。
増加した100万人のうち、70万人は自分から進んで内地に職を求めてきた個別渡航者と、その間の出生によるものである。
残りの30万人は大部分、工鉱業、土木事業の募集に応じてきたもので、戦時中の国民徴用令による徴用労務者はごく少数である。
また、国民徴用令は日本内地では昭和14年7月に実施されたが、朝鮮への適用はさしひかえ、昭和19年9月に実施されており、朝鮮人徴用労務者が導入されたのは、翌年3月の下関-釜山間の運航が止るまでのわずか7ヶ月間だった。
一、終戦後、昭和20年8月から翌年3月まで、希望者が政府の配給、個別引揚げで合計140万人が帰還したほか、
北朝鮮へは昭和21年3月、連合国の指令に基づく北朝鮮引揚計画で350人が帰還するなど、終戦時までに在日していたもののうち75%が帰還している。
戦時中に来日した労務者、復員軍人、軍属などは日本内地になじみが薄いため終戦後、残留した者はごく少数である。
現在、登録されている在日朝鮮人は総計約61万人で、関係各省で来日の事情を調査した結果、戦時中に徴用労務者としてきた者は245人にすぎず、
現在、日本に居住している物は犯罪者を除き、自由意思によって在留したものである。(1959年7月13日 朝日新聞)
http://img2.echoo.jp/photo/blog_b/52019453ce69cd3536fa41c3fe15ee29.jpeg
http://img2.echoo.jp/photo/blog_b/b32f2c397cc34ee74db55b228aef5be0.jpeg


389 :密入国ソース:2006/10/30(月) 01:38:51

在日一世の八割以上は、上陸年不詳。つまり密航者。

法務省編 在留外国人統計(1974年度版)
http://sapporo.cool.ne.jp/rati_yurusan/gazou/zairyu_gaikokujin.htm
ビラのHPより
http://sapporo.cool.ne.jp/rati_yurusan/



戦前は、一大畜産地・済州島で牛の疫病が発生して生活難に陥った島民が、
当時 存在した済阪航路に乗って大阪に大量流入し、その後全国に広がった。
大阪や東京では7割ぐらいを同島出身者が占めていた。戦後も在日ネットワー
クを 頼って1970年頃まで韓国人の日本への密入国が続いた。
在日における済州島出身者の比率の異常な大きさと、朝鮮半島の総人口に占
める 同島民の比率の小ささを考えると、朝鮮総督府の土地調査事業で土地を
奪われた農民が、仕事を求めてやむなく来日したというのも嘘だとわかる。

今日の在日韓国・朝鮮人には、戦後の密入国者とその子孫がかなりの比率
を占めている。日本政府は、在日の永住権を巡る韓国政府との外交交渉で
密入国者に関しても寛大に扱った。

米国公文書の秘密文書を調査したブルース・カミングス・シカゴ大学教授
http://web.archive.org/web/20041010011826/http://www2.odn.ne.jp/~ccq47810/gaikokujinnno.html

在日一世のほとんどは、不法入国の犯罪者


390 :密入国ソース:2006/10/30(月) 01:39:28
もう黙ってはいられない
http://f25.aaa.livedoor.jp/~zflag/mirrors/md/index.html
戦後、在日韓国・朝鮮人は何をし、何と言ったか
http://www.kcn.ne.jp/~ca001/D35.htm
三国人の不法行為
http://mirror.jijisama.org/sangokuzin.htm
強制連行のウソ
http://homepage3.nifty.com/yoshihito/hp-muen.htm
朝鮮兵について
http://nandakorea.sakura.ne.jp/html/tyousenhei.html
99年5月256号ハンギョレ21
http://www.altasia.org/hangyore/hangyore99256.htm
私の村は地獄になった
http://plaza.rakuten.co.jp/kawamurakent/diary/200507140000/
日韓併合前後 朝鮮半島写真館
http://photo.jijisama.org/
マスコミが言えない韓国の話:在日朝鮮人
http://brain.exblog.jp/i4


391 :密入国ソース:2006/10/30(月) 01:42:14
http://hisazin-up.dyndns.org/up/src/19862.wmv
朝鮮人労働者・戦時徴用は245人(朝日新聞報道)
http://hisazin-up.dyndns.org/up/src/19862.wmv
朝鮮人労働者・戦時徴用は245人(朝日新聞報道)
http://hisazin-up.dyndns.org/up/src/19862.wmv
朝鮮人労働者・戦時徴用は245人(朝日新聞報道)



392 :密入国ソース:2006/10/30(月) 01:43:34
http://www.youtube.com/watch?v=nphQDygKRtQ
在日?朝鮮人労働者・戦時徴用は245人!朝日新聞報道


393 :密入国ソース:2006/10/30(月) 01:44:13


第276回 [2006年7月14日]丸激トーク・オン・ディマンド
ゲスト:江川達也氏(漫画家)
http://tubech.com/test/read.cgi/soeHX9-Da9E/tag/1149244446/l50

宮台大先生「左翼はずっと嘘をついてきた」
http://www.youtube.com/watch?v=soeHX9-Da9E

宮台発言まとめ
・在日の多くが強制連行されたと言う主張は嘘
・実際は「日本で一旗あげよう」という目的で来たのが大半
・そういう事情のため、祖国では在日は差別される
・この在日強制連行説を吹聴したのは、サヨク連中
・在日も利権獲得のためにそれに乗った
・日教組がその強制連行説を広めるため、子供もそれを信じる
・でも、ある日「嘘じゃん」と気づく奴が出てきてバックラッシュが起きる


394 :吾輩は名無しである:2006/12/01(金) 13:44:27
■■■「911はアメリカの自作自演でした」■■■

これは事実なのか?
どこのマスコミも報道していないが、事実であれば大変な事態だ

■【GoogleVideo版】911テロ検証 Loose Change 2nd Edition
http://video.google.com/videoplay?docid=4377032998245988095&q=Loose+Change+2nd+Edition

■【YouTube版】9.11テロ検証 Loose Change 2nd Edition, 1〜9 (日本語版)
http://www.youtube.com/view_play_list?p=DFBE2D683184AD6E

長い動画だが、ぜひ見て欲しい。
YouTubeはプレイリストリンクなので、黙っていれば全て連続で再生される。

関連スレ
911はアメリカの自作自演でした
http://sports2.2ch.net/test/read.cgi/iraq/1164680780/
9.11はブッシュとユダヤの自作自演1
http://sports2.2ch.net/test/read.cgi/iraq/1094884239/
9.11はブッシュとユダヤの自作自演2
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news5/1161793671/

395 :吾輩は名無しである:2007/01/13(土) 13:51:36
http://hoshinot.exblog.jp/5243783

この傾向は何も日本だけの特徴ではなく、ネットが爛熟した情報化社会ではある程度共通して起こっていることだとは思う。けれど、悪意の質と、その悪意を発露させずにはいられない異常な執着に関しては、日本社会の問題であると思う。
オウム真理教教団は、日本社会のグロテスクな鬼子だったが、2チャンネラー的な集合も私には日本社会のデフォルメされたネガ像として映る。
日本社会と表裏一体であり、日本社会が現状のようである限り、切り捨てることはできずにつきまとう存在が、2チャンネラー的集合ということだ。


396 :吾輩は名無しである:2007/01/13(土) 16:40:21
彰かわいいよ彰(´Д`*)ハァハァ

397 :吾輩は名無しである:2007/01/13(土) 17:51:45
星野は知ってたけど、浅田まで帰化人なの?



398 :吾輩は名無しである:2007/01/13(土) 22:39:35
浅田が山田エイミをオナペットにして、毎日シコッていたことを疑う奴はいないだろうなwww

399 :ホモ江:2007/01/13(土) 23:48:28
浅田姐さんのこと、なにもわかっちゃいないわね。。。
美少年好きがドス黒マンコに欲情するとでもいうのかしら。。。

400 :吾輩は名無しである:2007/01/14(日) 22:41:36
つうか、浅田は文學界新人賞選考の寄り合いで、当時選考委員だったエイミに告白したらしいぞ。
みんながいる前でw

まあ、それはそれとして、浅田が京都で2回オヤジ狩りに遭っている、という話の方が真実味がある。

401 :吾輩は名無しである:2007/01/14(日) 23:35:07
オヤジ狩りワロスwwwww

402 :ホモ江:2007/01/15(月) 00:18:57
浅田姐さんはオヤジじゃないわ。。。
永遠のスキゾキッズですもの。。。

403 :吾輩は名無しである:2007/01/20(土) 14:39:43
彰12日サントリーに来てた?

大阪でもあるし他人の空似?と思ったけど気になってて、
大阪であった日は京大でシンポジウムだったみたいだからもしかしてと思って。

本スレ訊ける雰囲気じゃない…

404 :吾輩は名無しである:2007/04/07(土) 00:23:31
別スレが落ちたもんでこっちをのぞいてますが、
あのー、>>400ってマジな話っすか?
「エイミに」より「みんながいる前で」のほうに衝撃を受けた。
さ、さすがだ先生…



136 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)