5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

今手元にある本の74ページ9行目を書き写すスレ

1 :吾輩は名無しである:04/09/16 10:42:43
なり、沙漠の船々が灯につどい寄る羽虫のように集まることは、これも記して待つべ

2 :吾輩は名無しである:04/09/16 10:54:59
失宗也。是は大事なり。先序分に、禅宗と念佛宗の僻見を責て見んと思ふ。其

3 :吾輩は名無しである:04/09/16 11:42:02
ですよ」

4 :吾輩は名無しである:04/09/16 13:56:16
であろう。しかしこの彼こそがまさにビジネスの神様として人々に記憶され

5 :sage:04/09/16 14:59:06
でも、あの娘について詩をいくつも書いて、それがまたたいへんうつくし


6 :吾輩は名無しである:04/09/16 15:47:10
んなとこ、、、じらさないで、、、んっ、、、

7 :吾輩は名無しである:04/09/16 16:21:39
技術を説明し、製品公開を行った。ソニーとしては、この規格以上のものが開発できるはずがないと

8 :吾輩は名無しである:04/09/16 17:25:58
ですよ」

9 :8:04/09/16 17:29:01
うえみたら>>3と同じだ。同じ本だったらすごいな。
自分が書いたのは、講談社文芸文庫『抱擁家族』ですが


10 :吾輩は名無しである:04/09/16 17:31:29
ですた。」

11 :吾輩は名無しである:04/09/16 17:38:29
フォスターの奴、相変わらずだ

12 :吾輩は名無しである:04/09/16 18:01:29
岩波ブックレット「冬のソナタから考える」を読んでるけど……
69ページまでしかねえじゃねえか!

13 :吾輩は名無しである:04/09/16 18:45:57
氷河を全員が渡り終えたころには、すでに暗くなりかかっていた。しかし私は野営地の岩の

14 :吾輩は名無しである:04/09/16 19:00:56
七月九日 日曜日。いよいよ暑し。夜オペラ館の踊子と共に森永にハンして四万六千日の

15 :吾輩は名無しである:04/09/16 19:36:24
そのつどその生徒は針金で引っ張られてでもいるように、デミアンの要求した身ぶりをした。

16 :吾輩は名無しである:04/09/16 20:54:01
えられず、スキあらばムシのいいこと考えちゃう


17 :吾輩は名無しである:04/09/16 22:06:50
>>16
あなたですか? なんか勘違いだったら馬鹿みたいだけれど。


18 :吾輩は名無しである:04/09/16 23:13:24
ロジーに根差したエレクトロニックな性質のものであっ

19 :吾輩は名無しである :04/09/17 00:34:18
で、気になっていることもずっとそのままなんです。

20 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/09/17 00:36:50
って詞があるには違いないが、詞は求めて得るもの、情は求めずとも自然にあるもの、と考えた

21 :吾輩は名無しである:04/09/17 00:38:03
があらわれ、不安な徴候を示しだした。彼らは王党派でありながら、その言い訳

22 :吾輩は名無しである:04/09/17 03:34:05
窓に風が吹いてゐる。樹木がしづかな葉を持つてゐる。けれど地の裏側へ行つてしまつた人

23 :吾輩は名無しである:04/09/17 03:37:41
に捨て、蛇口を勢いよく捻って手を洗った。様子をうかがっている私に気づき、うふふと鼻に

24 :吾輩は名無しである:04/09/17 04:01:28
...北海道の家は必ず二重扉になってる、玄関が。手前の扉を開けて出て行くわけです。扉

25 :吾輩は名無しである:04/09/17 04:16:41
「誰か手を貸してくれ!」

26 :吾輩は名無しである:04/09/17 07:34:57
CU編曲(すること),脚色;C編曲(した曲)

27 :吾輩は名無しである:04/09/17 09:10:07
かに凝り出し、方角があわない、いついつまでに処分しなければならない、と言ってきか

28 :吾輩は名無しである:04/09/17 09:44:26
をくっつけてやらないと、もう二度と元には戻らないぞ!」

29 :吾輩は名無しである:04/09/17 10:48:48
メロスは、再び激怒した。

30 :吾輩は名無しである:04/09/17 11:38:07
29くらいしかタイトルが分からん。

31 :吾輩は名無しである:04/09/17 11:42:49
「川が?」

32 :吾輩は名無しである:04/09/17 11:47:19
「それに金の受け渡し、どんだけ時間かかるか判ねーだろ。足の指あとからくっつけ

33 :吾輩は名無しである:04/09/17 12:26:13
だが、オレステスにとって父の復讐という大儀に則って生きる以外に
自己の生を意味づけることは不可能である。

34 :吾輩は名無しである:04/09/17 18:23:37
>>15はヘッセだろ。


35 :吾輩は名無しである:04/09/17 18:24:46
ビール!!

36 :吾輩は名無しである:04/09/17 23:10:54
いきたければ、しまいにはお前たち二人が、ともに消え去ることが
できるよう――だが、どこから来るので

37 :吾輩は名無しである:04/09/17 23:16:29
発布勅諭であると見立てて差し支へないならば、その告文や勅諭が
荘厳にしてチンプン

38 :吾輩は名無しである:04/09/17 23:36:04
解答レスもどんどん欲しいですね。
難易度高すぎ?






ンをはき直して下りるのが面倒だったらしい。

39 :吾輩は名無しである:04/09/17 23:38:23
はがらんとして、死んだように静まりかえる。やがて、すこしひらいた私の部屋のドアの隙間か

40 :吾輩は名無しである:04/09/17 23:39:53
ミヤは俺の髭にキスをした。「俺たちずっと仲間だよな。」といつも

41 :吾輩は名無しである:04/09/17 23:43:24
「人に惑わされないように気をつけなさい。

42 :吾輩は名無しである:04/09/18 02:22:06
いにちがっていたのだ。もちろん二三の熱狂的集団や狂信的宗教派を別として、
紀元前最後の数世

※答えはメアド欄

43 :吾輩は名無しである:04/09/18 02:30:02
常の場に、濡れて立っている和泉さんは、いかにも背景にそぐわず、
また、哀れなほど無防備に


※答えはメアド欄

44 :吾輩は名無しである:04/09/18 02:30:23
「遠そうだね」

45 :吾輩は名無しである:04/09/18 04:13:47
「坐れよ、まあ」

46 :吾輩は名無しである:04/09/18 04:40:05
man in the room. he sat with his back to them in a



47 :吾輩は名無しである:04/09/18 04:53:48
なにぶん家が遠すぎて」

48 :吾輩は名無しである:04/09/18 04:58:35
観性は、連帯と協同−責任による統一性を持っているだけではないのだから。
各々の科学者は単に、その

49 :吾輩は名無しである:04/09/18 11:21:24
なんですよ。吉岡美穂が朝鮮総連に啖呵きるとは、思わなかった(笑。で、その事件の顛末なんで

50 :吾輩は名無しである :04/09/18 20:34:08
>>49
無性にワロタ

51 :吾輩は名無しである:04/09/19 00:42:59
手の内とか

52 :吾輩は名無しである:04/09/19 10:32:00
いう要請を船団指令艦に対して陳情し、兄三角定規にとっては幸いなことにこれが聞き届け

53 :SASAKI,Hiroshi:04/09/19 10:43:33
「かけて、満州への漢人移住が解禁されると、年間一〇〇万人以上が
満洲の大地に流れ込んだ。」

『ありのままの中国』黄文雄=著、日本文芸社、平成8年(1200円)の、
74頁9行目から(…良書だ)。ISBN4-537-02531-X

54 :吾輩は名無しである:04/09/20 06:58:58
に八文字屋本に傾倒して浮世草子に近い作風を採ったことは、彼をある点で紅葉露伴等の元禄

55 :吾輩は名無しである:04/09/20 13:46:25
ハリーはまた目を閉じた。止まってくれるといいのに――やおら、ハリーは前のめりに倒れ

56 :吾輩は名無しである:04/09/21 00:53:32
masutsuyosi

57 :吾輩は名無しである:04/09/21 01:18:39
いた。乾酪の中で、いくら虫が動いても、乾酪が元の位置にある間は、気がつかないと同じ

58 :吾輩は名無しである:04/09/21 15:32:40
>>55
ハリーポッターかな?

59 :吾輩は名無しである:04/09/21 17:23:56
するのである。西部がはじまるのは、年間平均雨量が二〇インチ以下になる場所からである。水

60 :吾輩は名無しである:04/09/21 17:39:49
アムロは、かがむようにして左上を見た。数条のレーザー・ビームが、右下の地球の稜線

61 :吾輩は名無しである:04/09/21 20:35:35
よくねえこんだらちふことは、ちやんと心得てまさあね。ただ、友達とちよつとべえ世間話をした

62 :吾輩は名無しである:04/09/21 20:43:01
取り直して、彼が持っていた絵に話題を変えてみた。

63 :吾輩は名無しである:04/09/21 22:27:27
だな?」

64 :吾輩は名無しである:04/09/22 01:41:38
ひとつやねのしたにすめないからといって

65 :吾輩は名無しである:04/09/22 02:29:24
>>38
はじめてのおいしゃさん
>>39
ロリータ(新潮文庫)
>>41
新約聖書(日本国際ギデオン協会)

66 :吾輩は名無しである:04/09/22 02:36:54
支給されていて、セシャーミンなどの舌の肥えた者は不平を言ったが、銀河は満足していた。都

67 :吾輩は名無しである:04/09/22 02:40:01
――どうするって……どういう意味です?

68 :吾輩は名無しである:04/09/22 02:41:58
(あめずじゅとてちてけんじゃ)

69 :吾輩は名無しである:04/09/22 08:19:08
一気に音をたてるように数条のビームが走り、ニ機の近くのコロニーの外壁を撃破した。

70 :吾輩は名無しである:04/09/22 08:20:16
「そうだ。また、戦うかもしれないぞ」

71 :吾輩は名無しである:04/09/22 08:21:40
「少佐、そのことも後ほど、私からご報告を…」

72 :吾輩は名無しである:04/09/22 09:43:46
「日仏協力筑波国際シンポジウム 科学・技術と精神世界」

73 :吾輩は名無しである:04/09/22 18:54:08
したりウロウロキョロキョロ大体は立ってるわけだから、終った時にはクタクタだ。そして帰り

74 :吾輩は名無しである :04/09/22 23:23:42
も、オウム真理教の潰滅ということと関係がありました。富士山麓のサティアンが警察に包

75 :吾輩は名無しである:04/09/23 00:12:33
ホッとした。

76 :吾輩は名無しである:04/09/23 18:37:59
はよせと怒鳴つてやらうかと思つたけれど、出かける前にネコラツ先生から、何も云つてはならぬ

77 :吾輩は名無しである:04/09/24 18:34:32
(i tell you) i stopped that machine

78 :吾輩は名無しである:04/09/24 21:21:18
関係のカテゴリー〔実体のカテゴリー〕から始め、カテゴリーの序列を逆に一巡し〔関係―性質

79 :吾輩は名無しである:04/09/24 23:03:56
との仲になり」と歌いかえてから、沢村さんと顔を見合せ、ゲラゲラ笑いだしました。ぼくは、不

80 :吾輩は名無しである:04/09/25 00:41:05
「修一の女が踊り場に来ているのか。」

81 :吾輩は名無しである:04/09/27 11:15:45
するため、ここに上書を起草しておいた」


82 :吾輩は名無しである:04/09/29 16:37:56
だけど、なんとなくそれはずるいことのような気がした。

83 :吾輩は名無しである:04/09/29 18:29:29
例にならい、NO24の回答をso,suchを用いて言い換えなさい。

84 :吾輩は名無しである:04/09/29 19:30:48
(真真真真)(p,q)

85 :吾輩は名無しである:04/09/29 20:41:52




(万延元年のフットボール  講談社文芸文庫)


86 :吾輩は名無しである:04/09/29 22:00:39
まっすぐあの女のいるホールへはいっていった。と、あの女も俺たちのほうへ出てき

87 :吾輩は名無しである:04/09/30 03:31:13
に目を着け、営利にのみ汲々としているところは先相場師と興行師とを兼業したとでも言った

88 :吾輩は名無しである:04/09/30 03:49:47
間もなく自殺同様な死方をした。一度生血の味をしめた虎の子のような渇欲が葉子の心を打




89 :吾輩は名無しである:04/09/30 07:20:22
当に火事が出る、とも思う。若し火事が出たら、真先きに犬どもを鎖から放してやらなけれ

90 :吾輩は名無しである:04/09/30 09:13:40
代物だった。「かにっ子鍋」と名付けられ、一品が二人前だったが、彼は、それを一人で、

91 :吾輩は名無しである:04/09/30 09:30:42
「九十万じゃないですか?」


92 :吾輩は名無しである:04/09/30 10:58:16
「ごあんしんください。かならずおとどけいたします」

93 :吾輩は名無しである:04/09/30 11:48:15
性的な夢想の終末、その最高潮の状態を示しており、怖いという感じはありません。はじめ

94 :吾輩は名無しである:04/10/01 08:47:36
『サア何でも御馳走しますとも、坊様は何が可う御座いますか』と女は優しく言つて莞爾笑つた。

95 :吾輩は名無しである:04/10/01 08:50:50
人間は各自好きずきな人生観を持ち、道楽を持つ、まるで道楽のない奴もいる。しかし

96 :吾輩は名無しである:04/10/01 09:16:23

つがいをつくるわれわれの種類においては、状況がまったく異なっている。まず第一に、オスが一匹し

97 :吾輩は名無しである:04/10/01 09:38:19
してここにそれを偽造する。どこに?そこに。J.D.」)〔本書五二頁〕のなかで、その署名を偽造したの

98 :吾輩は名無しである:04/10/01 11:00:57
女は近所の店に走って行き、天麩羅うどんの出前を頼んでくれた。女と長兄と三人の奇

99 :吾輩は名無しである:04/10/01 12:36:36
という一行を思いだした。明晰で強いことばである。流される泪に、せめて果実がもっている

100 :吾輩は名無しである:04/10/01 14:24:05
ることができる。

101 :吾輩は名無しである:04/10/01 16:48:15
歯ぎしりの音さえもらしていたのである。

102 :吾輩は名無しである:04/10/01 16:52:26
>>52
虚構船団 懐かしいな。

103 :吾輩は名無しである:04/10/02 00:51:18
74ページがちょうど章の変わり目で白紙だった……orz

104 :吾輩は名無しである:04/10/02 00:53:30
「何もかも司令官のせいだ。豚小屋みたいに汚れちまった」

105 :吾輩は名無しである:04/10/02 17:45:58
要を通訳が弁護士に伝える間、夫人は幼子の様に啜り泣き……」

106 :1b™ ◆1bBtQE5sBo :04/10/02 19:06:22
この原理は多様なものそのものの再生産の原理、差異の反復の原理であって、「無差別」とは正反対のものである。


74ページ九行目というのがいいな。

107 :吾輩は名無しである:04/10/03 00:39:36
関連 色彩・色相・色調・色合い・色目・彩り・彩色・色つや・

108 :吾輩は名無しである:04/10/03 02:08:17
>>93
フロイト?

109 :吾輩は名無しである:04/10/03 02:27:13
僕は隣の部屋に戻り、栗原由里佳さんの遺体も持ち上げ、背中の下から文庫版小林信彦

110 :吾輩は名無しである:04/10/03 02:47:48
二段組の場合はどーしたらいいんですか?

111 :吾輩は名無しである:04/10/03 08:05:36
>>108
ブー

112 :工藤伸一 ◆H/j1HkWi6c :04/10/04 04:07:41
と艶があって直接見るより綺麗だなと――と、私は思

113 :吾輩は名無しである:04/10/04 05:16:53
自己放棄の状態にあっても、こうしたマゾヒストは自分に満足できるわけではないのだ。快

114 :吾輩は名無しである:04/10/04 05:45:27
もいやらしい言葉なんだろう?」

115 :吾輩は名無しである:04/10/04 15:01:49
田中角栄がロッキードから五億円受け取ったといっても、それはロッキードという

116 :吾輩は名無しである:04/10/04 18:21:04
何某が(もし件の者の存在せぬならば向後その者を捏造する必要あらん)
ほぼその頃、

117 :吾輩は名無しである:04/10/04 20:17:41
と、官兵衛はひそかに思った。理屈では秀吉の構想はいいかもしれないが、
水の相当量は

118 :吾輩は名無しである:04/10/04 20:19:34
実に八十万人が虐殺されたことになる。

119 :吾輩は名無しである:04/10/04 20:19:49
手玉をして遊んでいた。

120 :吾輩は名無しである:04/10/05 19:33:19
おこったかをまったく思い出せないのですから、
すくなくとも「エピソード記憶」に重度の障害が

121 :吾輩は名無しである:04/10/05 21:24:08
こうくれば、話は鶏鍋の方向へ向かわざるを得ない。

122 :吾輩は名無しである :04/10/05 22:27:46
夜の切りつめた睦みにある、と。あそこでは、観音のお告げどころかただやみくもに手を引いていく

123 :吾輩は名無しである:04/10/05 23:03:17
5. Have you used any of the substances mentioned in the table?

124 :吾輩は名無しである:04/10/05 23:09:40
た生理ナプキンをたくさんのトイレットペーパーで包んで、それから新聞で包めって、そしたら……

125 :吾輩は名無しである:04/10/05 23:26:21
まけたくもないのだが、ハルヒが何か言い出すたびに意味もなくアチラコチラをうろちょろし

126 :吾輩は名無しである:04/10/05 23:28:22
わしくないかもしれない(それともふさわしいかもしれない?)この私に信頼をよせ

127 :吾輩は名無しである:04/10/05 23:36:03
ttp://v.isp.2ch.net/up/180b30b1bcee.txt
勝手にまとめちゃいました。
これを無理矢理読むのが個人的に好きです。

128 :吾輩は名無しである:04/10/06 03:00:15
人は笞打ち刑を受けた。彼はまた宿の亭主から二十五グルデン盗み、ほかにも三人の女から五グル

129 :吾輩は名無しである:04/10/06 03:05:59
「お前の弁護士が来てる。タバコを消せ――床で消すんじゃないぞ」

130 :吾輩は名無しである:04/10/06 03:23:23
れは、婦人の室の扉を開いたザロフの姿が暫く見えなかった程に、猛烈を極めてい

131 :吾輩は名無しである:04/10/06 07:37:52
菩提樹の周りは、もう人ごみで

132 :吾輩は名無しである:04/10/06 15:28:26
は次第に薄らぎ、新名の誘導が漸次現れてまいります。この点を世間の人は迷信視して

133 :吾輩は名無しである:04/10/06 16:58:13
といってスタンガンを購入する

134 :吾輩は名無しである:04/10/06 17:07:27
勾留期間中にメアリーが病院で過ごせるよう取りはからおうとしたことはなかったという(メアリー

135 :吾輩は名無しである:04/10/07 02:29:00
分たちの地位を脅かす可能性のあるものはすべて排除し、自信をなくさせて、追い回し、追い詰める・・・・・・これは

136 :吾輩は名無しである:04/10/09 00:30:28
るすべての義務を進んで果たすことである。けれども、この

137 :吾輩は名無しである:04/10/09 18:48:44
ジェシーはやっと気がついた。

138 :吾輩は名無しである:04/10/12 20:28:10
北斎はあわて、しばらく考えていたが、ふところから紙づつみを出して、

139 :吾輩は名無しである:04/10/12 20:43:47
熟酔して来て、三島めがこの通りの乱暴をしたのは、
察するにその席上において乃公の身の上

140 :吾輩は名無しである:04/10/13 20:37:26
ったんでしょうね。でも、あの娘について詩をいくつも書いて、
それがまたたいへんうつくし

141 :吾輩は名無しである:04/10/14 00:11:25
れてしまった。
つまり、タイでは明らかに最も強い実力を持ちながら、ナショナルチーム

142 :吾輩は名無しである:04/10/14 00:19:25
テスとロドス人との間のものです。このときには、自由市民を、
一人当り、一〇〇〇ドラグマ、

143 :吾輩は名無しである:04/10/14 00:28:51
武田 あまり行きません。講演旅行くらいのものですから。

144 :吾輩は名無しである:04/10/14 01:00:34
んな魅力が三溪園にはあります。

145 :吾輩は名無しである:04/10/14 01:03:59
そこで次に「手を洗うときの動作」を見てみる。

146 :吾輩は名無しである:04/10/14 01:04:14
「……」

147 :吾輩は名無しである:04/10/14 01:08:36
アンラ・マンユが、具象世界の正しき庶類を殺戮せんがために、創り出せ

148 :吾輩は名無しである:04/10/14 01:17:15
れいになるんだから。うん、おれはユダヤ系の女とはずいぶんたくさん付き合ったね。ロスで

149 :吾輩は名無しである:04/10/14 01:22:02
は言った。

150 :吾輩は名無しである:04/10/14 01:34:18
海道の西の起点として、また高瀬川や

151 :吾輩は名無しである:04/10/14 03:51:14
この批判は「構造主義者」ラカンに、次のようなことを好んで強調したラカンによく当てはまる。

152 :吾輩は名無しである:04/10/14 19:30:49
に許されていた。浦島は、乙姫のお部屋にも、入った。乙姫は何の嫌悪も
示さなかっ

153 :吾輩は名無しである:04/10/14 19:48:35
すでに挨拶を受けていたその女が背中を向けたので、中佐は話を続けて、「どうでしょ

154 :吾輩は名無しである:04/10/14 20:14:33
サタン的反感からリュシフェール的反感に変わることが必要なのである【★4】。

155 :吾輩は名無しである:04/10/14 20:39:47
ないのである^3.

156 :吾輩は名無しである:04/10/14 20:41:14
量子のコンプトン波長に等しいと思ってよい。な

157 :吾輩は名無しである:04/10/14 22:07:01
つめることができるのです。

158 :吾輩は名無しである:04/10/14 22:08:17
例えば、現在付き合っている彼は、申し分ないのだけれど、セックスが下手だとする。

159 :吾輩は名無しである:04/10/14 22:33:06
とんど論じるにあたいしない文章ではある。しかし、その最後に「あまり露骨を振り廻すと、ま

160 :吾輩は名無しである:04/10/14 22:46:35
と翼は疑問の顔を浮かべ独り言を言った。何が何だかと混乱している翼はとっさに袖をめくって、腕


161 :◆7sqafLs07s :04/10/15 01:20:18
白井くんが挑戦者ペレス(アルゼンチン)

162 :吾輩は名無しである:04/10/15 01:33:39
447C 13447 Maxたにがわ447 1444 1500 1505 1506 1526 1541 1558 1559 1616 1630

163 :吾輩は名無しである:04/10/15 02:14:06
田村は帰りながら笑った。はは……何が離人症だ。こっちは、

164 :吾輩は名無しである:04/10/15 14:23:20
>98
あ、猪瀬直樹『マガジン青春譜(川端康成と大宅壮一)』だ。

165 :吾輩は名無しである:04/10/15 15:11:32
「あなたったら信じられないわ。ナイジェル・ハクサタブルよ、指揮者の。奥さんはノラ・カ

166 :吾輩は名無しである:04/10/15 17:01:46
ないのだ……」

167 :吾輩は名無しである:04/10/15 18:35:27
ひまでぶらぶらしているさま。

168 :吾輩は名無しである:04/10/15 19:10:35
>>66
後宮小説

>>68
吉里吉里人

169 :吾輩は名無しである:04/10/15 20:51:32
>14
内容的には『断腸亭日乗』だろうけど・・・。

170 :吾輩は名無しである:04/10/16 00:14:59
いった。

171 :吾輩は名無しである:04/10/16 03:43:04
「プロフィールを見ていて、ワクワクしました。私などは見沢さんに比べたら全然温室育ちの人間です。

172 :吾輩は名無しである:04/10/16 12:07:07
いてのないしはまた(否定的にいえば)精神の欠如すなわち無精神性についての倫理的=宗教的

173 :吾輩は名無しである:04/10/16 14:00:31
圧力は一定とみなすことができる。したがって環境体によって物体になされた

174 :吾輩は名無しである:04/10/16 14:01:10
ら転写的なエクリチュールではなく、語に先立ってあるリトグラフィとでもいうか、メタ音声的で、非言

175 :吾輩は名無しである:04/10/16 14:09:50
これに対する正確な解答を得るためには、チーターとモウコガゼルを同じ条件下で

176 :吾輩は名無しである:04/10/16 14:19:03
って、それは古いミラノ人が誇りにしていた都心をぐるりとかこむナヴィオリ運河を埋め

177 :吾輩は名無しである:04/10/16 16:24:44
「まだ、です」

178 :吾輩は名無しである:04/10/16 22:13:29
えきり[疫痢](名)〔医〕夏、子供に多い、はげしい急性

179 :つじんせい:04/10/17 16:30:03
り、話したことはなかった。授業参観の時の花井の母親は他のどの生徒の母親よ

180 :吾輩は名無しである:04/10/18 16:51:17
 今年の六月、たくさんの死傷者を出したあの大噴

181 :吾輩は名無しである:04/10/18 18:09:12
>>102
これは俺にもすぐわかった。良問だ。

182 :吾輩は名無しである:04/10/18 18:10:01
substantielle, bavarde et parfumee jusqu'a l'evanouisse-

183 :吾輩は名無しである:04/10/18 19:04:16
によるところが大きいバッジョのプレースタイルは

184 :フクスケ:04/10/18 22:00:58
「・・・・・・ええ?」

185 :吾輩は名無しである:04/10/18 22:15:13
discussion of the decorum or internal proprity of each

186 :◆uEM2Q1QJPQ :04/10/18 22:18:40
(この教師も、やはり島の人間で、この島のタブーの中で生きているのだろうか?)

187 :吾輩は名無しである:04/10/18 22:28:16
ぎまぎした。へんなことになった。笠井さんは、自惚れたわけではない。いや、自惚れるだけの

188 :吾輩は名無しである:04/10/18 23:14:09
経質なセックスと、へこんで、泥まみれの車とがたくましい交差点を作っている。

189 :吾輩は名無しである:04/10/18 23:25:25
(λ(X)λ', δ(X)δ') = (λ,δ)・(λ',δ')

190 :吾輩は名無しである:04/10/19 00:31:26
>>184
まさか「日本三文オペラ」?

191 :吾輩は名無しである:04/10/19 19:44:41
をしていたから、押し出しは立派だった。
眼は暗色を帯びて生き生きとし、
歯がきれいで、全体と

192 :吾輩は名無しである:04/10/20 00:21:54
>187
太宰、彼は昔の彼ならず?

193 :吾輩は名無しである:04/10/20 07:19:49
十七世紀頃になると、西洋の食べ物が、長崎地方の上流社会や豪商の間に、かなり普及しはじめ

194 :吾輩は名無しである:04/10/20 10:17:10
地層の下に、何があるのか発見するのが大好きだった。

195 :吾輩は名無しである:04/10/20 12:07:05
「そう」とすみれは言った。「わたしが激しく恋に落ちたことについて」

196 :吾輩は名無しである:04/10/20 13:57:08
>>195
「スプートニクの恋人」

197 :吾輩は名無しである:04/10/20 18:27:12
――下賎な獣、お前を道具に――一人の天才をでっち上げる時も時、

198 :吾輩は名無しである:04/10/20 18:53:09
であり、この歴史的自己意識はこうしたテクストがそれらの背景やわれわれ
英語圏の背景との関連

199 :吾輩は名無しである:04/10/20 20:36:23
とき、(1)式を満たす確率変数ZがXの関数(正確には、可測関数)であるな

200 :吾輩は名無しである:04/10/20 21:59:36
劉表は初平元年(一九〇)、中

201 :吾輩は名無しである:04/10/20 23:39:51
「八ヶ月になります、マダム……奥さま!」と彼は少しもあわてずに言葉を言い直した。

202 :吾輩は名無しである:04/10/21 00:36:07
 この注目すべき吉本隆明の考えにしたがえば、歌の発生、あるいは韻律化はそもそも漢

203 :吾輩は名無しである:04/10/21 09:32:50
>>192
太宰はあってるけど、ちがうよ

204 :吾輩は名無しである:04/10/22 06:37:39
6 各部員の任期は1年とする。ただ

205 :吾輩は名無しである:04/10/23 18:54:21
(かどうかは知らないが)二人は引き離されるだろう。第一、ランコが子供を産むとは思えない

206 :吾輩は名無しである:04/10/24 19:59:10
ことを悪く言う人間は一人もいない。

207 :吾輩は名無しである:04/10/24 20:06:07
不意に章の脳裡に、いま朝鮮人の穴をのぞいたら彼等はあの縁台の上で性交しているだ

208 :吾輩は名無しである:04/10/25 02:53:03
>>207
藤枝静男の「欣求浄土」のなかの「沼と洞窟」だね。

209 :吾輩は名無しである:04/10/25 16:59:01
一度お得意になると、絶対に出入りをかえぬものである。ところが戦後の紊れた秩序はこ

210 :吾輩は名無しである:04/10/27 21:59:03
なにかしなければならぬ。しかもいますぐ、一刻も早く。是が非でも決行しなければならぬ、で

211 :吾輩は名無しである:04/10/28 00:05:00
大記録を樹立してきた。生涯ホーム

212 :吾輩は名無しである:04/10/28 00:08:19
電話でも鳴っていたらいけないからだ。

213 :吾輩は名無しである:04/10/28 00:27:32
前に言ってくれる女友達もいて、「やだあ、お礼なんて何もでないわよ」なんて言い返せ

214 :吾輩は名無しである:04/10/28 00:50:43
机の上に伏せていた本を見ると、ちょうど74,5ページを開いていた。
シンクロニシティ!

215 :吾輩は名無しである:04/10/28 21:46:05
 フォスターの奴、相変らずだ! わたしは図書館に戻った。わたしと入れちがいに、だれかが

216 :吾輩は名無しである:04/10/29 06:43:16
っぱいがそんなに好きかね?若いのう」

217 :吾輩は名無しである:04/10/29 18:07:28
「八つよ」と少女のほうで答えた。

218 :吾輩は名無しである:04/10/29 18:32:43
「別に特別に持って行ったことはない。」

219 :吾輩は名無しである:04/10/29 19:31:41
た、まるで、とほうもなくでっかい犬を従えてでもいるみたいに。ところが橋のそばまで

220 :吾輩は名無しである:04/10/29 19:47:51
 ユキが言うことには一理あると、サトミも認めざるを得なかった。

221 :吾輩は名無しである:04/10/30 13:32:28
民衆こそが未来の担い手である。私は、この大陸が産み落とした子供である。私は、この大

222 :吾輩は名無しである:04/10/30 14:20:35
あるばかりか、認められることもない異常なまでの人的損害を蒙ったのはパレスチナ人なのだった。従って、私た

223 :吾輩は名無しである :04/10/30 23:47:32
第におかしくなってきて、「やっぱりあれよね、クヌちゃん。あの写真家は馬鹿よ。上

224 :吾輩は名無しである:04/11/08 18:24:34
なる知識を先取りし、又、何でも物事の淵源に興味を寄せがちな性向を充たすために、

225 :吾輩は名無しである:04/11/26 21:37:37
いない、みんなそのための報酬を要求する、と言っていたのだよ。ほかでもない、自分の技術

226 :吾輩は名無しである:04/11/27 14:26:12
>>221
魯迅?

227 :吾輩は名無しである:04/11/27 14:45:23
従来の認識論が主客対立の考から出立し、知るとは形式によって質料を構成することである

228 :吾輩は名無しである:04/11/27 14:49:52
あ善良でないとはいえまい。ところが花嫁と母親の二人は、百姓をやとって、むしろをかけ

229 :吾輩は名無しである:04/11/27 16:35:01
最初の女の子は高校のクラス・メートだったが、僕たちは17歳で、
お互いに相手を愛し、

・・これ、9行目と数えていいのかなあ・・

230 :吾輩は名無しである:04/11/27 17:42:38
とあらゆる辛いことを切りぬけてきたらしいこの後家婆さんは、グレーゴルの部屋のドアあけたことがあ


何の本だか分かるかも。


231 :吾輩は名無しである:04/11/27 18:32:43
>>230
グレーゴルといえば、メル欄しか思い浮かばないけど。

232 :◆7sqafLs07s :04/11/27 18:38:14
しのぶより

233 :吾輩は名無しである:04/11/27 19:00:12
>>230
馬鹿にすんな!わかるにきまっとる

234 :吾輩は名無しである:04/11/28 22:40:44
二人で笑って読みましょう。

235 :吾輩は名無しである:04/11/28 22:47:50
フロント・ガラス越しに、カミーユがムッとした表情を見せていた。

236 :吾輩は名無しである:04/11/28 23:28:43
すぐにわかった。もしこんな表情ができるなら、飽くことを知らぬ同情とでもいうものが、

237 :吾輩は名無しである:04/12/10 18:25:02
 私たちは靴を脱いで、柏田宅に侵入した。台所は一目見ただけで、誰かが年末からずっと使いつづ

238 :吾輩は名無しである:04/12/14 19:14:54
(空白ページだった)

239 :吾輩は名無しである:04/12/17 11:21:42
とお源の答えに、ええ、旦那の、と湯上りの颯と上気した顔の色を変えたが、否、河野

240 :吾輩は名無しである:04/12/17 13:17:23
い者のことである。自分は王だと思い込み、自分が王であることを自分本来の特性であると考え、自分

241 :吾輩は名無しである:04/12/17 13:41:14
1級の見せダマにこだわることが、大きなピンチを招きかねないのである。

242 : .W.ii.pppd ◆bqqq.ii.W. :04/12/17 15:03:28
サンボーンのプレイだけで無くアルバム全体が艶っぽく輝いている。大

243 :吾輩は名無しである:04/12/17 16:13:15
「こうするより仕方ないんだ」と彼は弟に言った。「おれたちはもうしでかしたも同然な

244 :吾輩は名無しである :04/12/17 16:18:19
その後でシルビアは部屋に入ると、口の中の酸っぱい感じを取り除くために

245 :吾輩は名無しである:04/12/17 16:33:42
ら無制約者を見出さんがために)少なくとも可能としてこれを想定しなければならなかったもの

246 :吾輩は名無しである:04/12/17 19:38:02
は、まさにそのことに関係しています。

247 :吾輩は名無しである:04/12/17 19:59:13
「文章をじっくりと読まないと本を読んだような気がしない」と言う人は、左脳で本

248 :吾輩は名無しである:04/12/17 21:51:33
右脳で読むと
自分のイメージ、妄想が強すぎて
作者の正確なメッセージを誤解しがちだよ

右脳、左脳バランスよく読むのが正解

249 :吾輩は名無しである:04/12/17 23:47:22
線が引かれてて二つあった。


西方から多数移り住んできた時のイスラーム





帝の信頼を獲得し「南海遠征」の指揮官に抜

250 :吾輩は名無しである :04/12/23 23:31:42
せん」

251 :吾輩は名無しである:04/12/27 21:02:57
ーチェにとっては、歴史を征服するため自然は従うべきも

252 :吾輩は名無しである:04/12/27 21:04:04
ないか」

253 :吾輩は名無しである:04/12/29 17:59:43
本にも、選考会にも勝たなければならないことになった。そして、彼にとってそれらは大きな

254 :吾輩は名無しである:05/01/23 23:32:57
るのだろうか?そうかもしれない。僕はこのような音の洪水に完全にマヒしてしまっている。そ

255 :吾輩は名無しである:05/01/24 14:15:12
シヴァ神は多様な姿で現れるが、人間の形をとった時は牝鹿を従え、四本の腕で長太鼓を持

256 :吾輩は名無しである:05/01/28 03:24:51
「いっとくけど、おれの取り分は半分だけだからな。残りはフォン・ブラシュリッツにいく。

257 :吾輩は名無しである:05/01/31 21:38:37
homme, en blouse de travaail, assis, les epaules voutees et la tete penchee,

258 :吾輩は名無しである:05/02/02 04:00:20
にとられて部屋の奥にうずくまっていたりしなくても、やはり相変わらず存在しているのかも

259 :吾輩は名無しである:05/02/02 11:55:54
不安を感じた。やはり今日はどこかがなんとなくへんなのだ。会社の寮から、ここまで来る

260 :吾輩は名無しである:05/02/14 18:47:58
リバモアは再びどん底に落ちた。まばたきする間に全資産を失った。滅入る気分、やり切れな

261 :吾輩は名無しである :05/02/14 22:14:16
「だったら、今ホモになればいいじゃない。」

262 :吾輩は名無しである:05/02/16 22:11:00
街からは一面に広がる海が見えた。そこだけ切り取った絵のように

263 :吾輩は名無しである:05/02/16 22:18:09
ニックは寝棚に横になった。目下の自分の頭の状態にはひどく失望していたが、それをバ

264 :吾輩は名無しである :05/02/16 22:58:10
いな怒り方をするなぁと思ったので、よく覚えています」(同級生)

265 :吾輩は名無しである:05/02/17 02:42:27
 と、いまここで自問しておいても早くはない。じつはケ氏が断行するであろうことは、本

266 :吾輩は名無しである:05/02/17 14:29:07
うなズボンの裾は折りかえして、そこに赤の格子があざやかだった。この短めのズボンとズ

267 :吾輩は名無しである:05/02/17 23:51:23
クールはいつもそういうのだった。「たったいまじぶんがなにをしたか、どこから来たか、わからな

268 :吾輩は名無しである:05/02/18 00:15:01
先端芸術表現 75% B 452 /600 * 60:-

269 :吾輩は名無しである:05/02/18 01:52:44
 権六たちがみやげにもってきたのは、たかが野菜であるにしろ、おっかあが、あせ水たらしてつ

270 :サラブレッドは空も飛ぶ:05/02/18 05:22:32
手前肢の交替は手前変換と呼ばれる。競走中の骨折などの事故は手前変換のときに起こ

271 :吾輩は名無しである:05/02/18 11:13:52
った)異常な人間の救済のことだ−−(正気は合意というトリックにすぎない)−−

272 :吾輩は名無しである:05/02/19 01:02:23
ろじゃなかった。わきにめくらめっぽうの勉強をしている図書館がよいの連中をそっとうかがっ

273 :吾輩は名無しである:05/02/20 00:42:36
このGを変身論理式と呼ぶのは、その審判機械が変身機械と同じ機能を持つからであ

274 :吾輩は名無しである:2005/03/30(水) 22:16:36
明らかに天綱に対する解釈を述べ、前例を加味して答えを与えようとしている。まるで全

275 :吾輩は名無しである:2005/04/02(土) 21:37:01
エロスは万人向きのもので、これを適用するに当っては慎重に適用しなければならぬ。快楽は

276 :吾輩は名無しである:2005/04/02(土) 22:53:50
「示度は?」アボットがうながす。

277 :究極生物フジツボ ◆1.B9AyV3Ss :2005/04/04(月) 10:59:46
奥のボツクスに陣取って、給仕女を手招きした。

278 :吾輩は名無しである:2005/04/05(火) 17:46:12
顔の男だった。二人とも大きな皮の肘掛椅子にすわって、足を火にあぶり、新聞を読みながら

279 :吾輩は名無しである:2005/05/05(木) 19:46:32
(だからヤツとはなんでもないって言ってるだろう。変だぞ、ダダは。
せっかく来たのにひとりで先に寝ちまうし)

280 :吾輩は名無しである:2005/05/06(金) 00:02:43
ン・ナイトは本当にトリニティ・カレッジ出身なのかどうか、そんなことを学寮長に問い

281 :吾輩は名無しである:2005/05/06(金) 00:21:59
(図2)、相手に好きなところで、ストップをか

282 :吾輩は名無しである:2005/05/06(金) 01:11:51
身の鼻が共通しているとはいえ、二十年代の流行だった落ち着いた真ん中分けの髪が、年代の

283 :吾輩は名無しである:2005/05/06(金) 03:16:39
郷を思い出し、互いに寄りかかり、腕で抱きささえ合った。彼らはまっすぐな道を、厚い葉でお

284 :吾輩は名無しである:2005/05/07(土) 00:01:17
 ふつう、ぼくたちは「文学」は永遠のもので、遥か人類の誕生と共に生まれ、また人

285 :吾輩は名無しである:2005/05/07(土) 07:06:23
その肌に思いっきり突っ込んだ。その時なんと彼女のち

286 :吾輩は名無しである:2005/05/07(土) 09:11:29
あ善良とはいえまい。ところが花嫁と母親の二人は、百姓をやとって、むしろをかけ

287 :吾輩は名無しである:2005/05/07(土) 18:56:30
るのである。

288 :吾輩は名無しである:2005/05/09(月) 16:48:37
ものだった。

289 :吾輩は名無しである:2005/05/13(金) 15:24:30
 わたしはハンカチで首をふくだけだった。こんどは汗が髪から首筋へしたたり落ちるのを感じ

290 :吾輩は名無しである:2005/05/13(金) 17:57:39
ちょうど実験室の下になるでしょう?」

291 :吾輩は名無しである:2005/05/14(土) 17:37:30
幸な記憶をもちつづけているからですけれども、ほとんど職業らしい職業についていない。

292 :吾輩は名無しである:2005/05/28(土) 00:45:39
たしの友人」というわけだ。ネイウ゛ィッドソンもカレンも二人とは
何年も前からのつきあいだったので、その夜の雰囲気は


293 :吾輩は名無しである:2005/05/28(土) 01:29:00
代金はどうなっていて?」

294 :吾輩は名無しである:2005/05/28(土) 01:32:48
きる。ただそれほどに活力がないばかりだ。しかしそこにかえって幸福がある。偉大なる活力の

295 :究極生物フジツボ ◆1.B9AyV3Ss :2005/05/28(土) 01:37:44
で、これらの論文はけっして統一あるものとなることができなかった。年号を付け加えることができないの

296 :吾輩は名無しである:2005/05/28(土) 01:40:33
庭には、果樹の盆栽が非のうちどころのないほど整然とならんでいた。やがてローエ先生が

297 :吾輩は名無しである:2005/05/28(土) 03:50:40
not sure if it will be put down to expenses,

298 :吾輩は名無しである:2005/05/28(土) 14:08:50
わたしの愛情は、特別な誰かに与えられるものではない。わたしは体に突き刺さった想いや孤独

299 :吾輩は名無しである:2005/05/28(土) 14:57:06
も其まゝになりたるなり。

300 :人力飛行機:2005/05/28(土) 18:28:03
この奨学金を受けるためにハイデガーは1913年8月2日、フライブルクの司教座教会参事会に次の

301 :吾輩は名無しである:2005/05/29(日) 00:03:35
た原四天王寺の金堂・塔・中門・南門が、飛鳥時代に完成しているにもかかわらず、講堂と回廊の完

302 :吾輩は名無しである:2005/05/29(日) 16:24:40
繁くなり、それらの雨滴の一滴一滴が、魁太の体を敲くように落ちた。

303 :吾輩は名無しである:2005/05/29(日) 21:56:49
「ちょっと行って、のぞいてみるかな」

304 :吾輩は名無しである:2005/05/30(月) 13:49:56
74ページがなかった。絵本だ。
14ページならあったが、9行目がなかった。

305 :吾輩は名無しである:2005/05/30(月) 18:37:28
『もちろんあたし、そんなにあっさり、いいとは言えないわ』とジェルヴェーズは答えた。
『あ

306 :吾輩は名無しである:2005/05/30(月) 20:29:21
ほどだった。もっとも最新型の自動調整式の合成女にはそのような穴はないともいわれて

307 :究極生物フジツボ ◆1.B9AyV3Ss :2005/05/30(月) 23:53:10
>>305
あっ「居酒屋」だ♪

308 :吾輩は名無しである:2005/05/31(火) 01:09:12
ホントだ♪

309 :吾輩は名無しである:2005/05/31(火) 01:39:03
判とかは、思想を表現するための方法にすぎないものだったのに反し、彼女は、それらを用

310 :吾輩は名無しである:2005/05/31(火) 17:27:05
背景にあるのではないかと思うんで

311 :吾輩は名無しである:2005/06/01(水) 00:29:20
彼はアメリカの十七歳の高校生だが、実験後、とく

312 :吾輩は名無しである:2005/06/01(水) 01:28:47
「よかった、ダーリン、迷子にならなかったのね」とヴァイダはいった。「あの角からの帰り道

313 :吾輩は名無しである:2005/06/01(水) 02:30:08
「知力に欠けていても記憶力と想像力を豊に合わせ持った説教者なら……すべての聴衆をかっさ

314 :吾輩は名無しである:2005/06/01(水) 03:18:49
時、世界は滅んだのだ。

315 :吾輩は名無しである:2005/06/01(水) 03:23:33
 氷は、真っ白だった。ちょうど、フリーザーで作ったような感じ。こんなばかげた

316 :吾輩は名無しである:2005/06/01(水) 08:09:48
心持ちがした。

317 :ゆずぽん:2005/06/01(水) 14:13:14
 Q7 茉莉について一言。

 伊藤千佳 「かわいい妹みたいなかんじかな」
 伊藤伸恵 「天使。」
 アナ・コッポラ 「茉莉さん無しでは学校で生きていけませんわー。」
 桜木茉莉 「う うん…英語の勉強もっとがんばろうね。」
 松岡美羽 「へたれ。」

318 :吾輩は名無しである:2005/06/01(水) 16:30:07
うである。たとえば、「自尊心というものは、世間の最もずるい人よりも、もっとずるい」という格言について

319 :吾輩は名無しである:2005/06/01(水) 16:34:08
た調子で、ロンバルディアの年若い君主にあたえる忠告という皮肉な形式で、経験をもつ家庭教師は、一七八九

320 :吾輩は名無しである:2005/06/01(水) 16:35:25
残酷な愛神よ! 獣よりもはるかに

321 :答は欄:2005/06/01(水) 20:06:18
ヒナゲシに愛のことばをささやいている」。

322 :吾輩は名無しである:2005/06/01(水) 21:09:38
オスカー  BOO!

323 :吾輩は名無しである:2005/06/12(日) 19:40:41
「キミは、おまんこに執着する嫌いがあるゾ!」

324 :文学王:2005/06/13(月) 09:49:07
赤い花柄のワンピースを着たルース・アラーマランテは、マイクを握り、大きなため息を

325 :吾輩は名無しである:2005/06/13(月) 15:54:08
ら学び、彼女に助言を与え、彼女から助言を受けた。かつてゴーヴィンダが彼を理解した以上

326 :吾輩は名無しである:2005/06/13(月) 15:58:37
のか? その結果どうなるのか? 僕は何をすればいいのか? ぜんぶです」

327 :吾輩は名無しである:2005/06/16(木) 20:28:41
そんな楢雄を父親の圭介はいじらしいと思う前に、苦々しい感じがイライラと奥歯に

328 :吾輩は名無しである:2005/06/17(金) 08:59:42
そのもの、「生活」自体である。いわゆる「経済」なるものも、
基礎的場面では、イデオロギーと一体で

329 :吾輩は名無しである:2005/06/18(土) 03:57:27
『ベッカー、何ごとがおきたのだい?この人たちは何をしようというのだい?そして君は、

330 :吾輩は名無しである:2005/06/18(土) 19:01:19
ポーが戸口をでていくと、ひまし油はいそいそと寝室へとってかえした。パイプ椅子をひきずり

331 :吾輩は名無しである:2005/06/19(日) 07:15:44
が、価値の実体をなす労働は、等一の人間労働である、同一人間労働力の支出である。商品世界

332 :吾輩は名無しである:2005/06/19(日) 11:28:10
----Por las ordenasque recibi----dijo el cura----, que desde

333 :吾輩は名無しである:2005/06/20(月) 02:05:41
avoid wake turbulence by staying

334 :吾輩は名無しである:2005/06/24(金) 10:55:10
一ツ小袖に黒七子の羽織、帯も何歟乙なもので、相變らず立とした服飾。梯子段を踏轟かして上

335 :吾輩は名無しである:2005/06/28(火) 21:22:41
これだけいひたいばかり、ああ十兵衛その大きな眼を温ませて聴てくれたか嬉しいやい、

336 :吾輩は名無しである:2005/06/29(水) 01:36:02
お兄さん、家の前のさくら公園が大変なの。公園

337 :吾輩は名無しである:2005/06/29(水) 02:04:16
きわめて微弱な政治基盤の上に立っていたのである。

338 :吾輩は名無しである:2005/06/30(木) 22:54:19
力な換気装置をどうして備えつけることができたのか? 夏の最も暑い時のことを考慮したのだ、と彼らは

339 :吾輩は名無しである:2005/06/30(木) 23:18:01
のなのだ。

340 :吾輩は名無しである:2005/07/01(金) 01:36:03
じ、スウプを小さなお唇のあいだに滑り込ませた。ヒラリ、という形容は、お母様の場合、決して誇張

341 :吾輩は名無しである:2005/07/01(金) 17:02:33
飛行場には雲雀が沢山いる。朗らかな鳴き声の裏に、捕えどころのない哀愁をふく

342 :吾輩は名無しである:2005/07/01(金) 17:09:24
魂を征服していることを思うと、私は非常に勿体ない心地がしました。

343 :吾輩は名無しである:2005/07/01(金) 21:23:36
念される問題もまた出てき


344 :文学王:2005/07/02(土) 18:07:15
信じられないんですもの。一週間前には、胴元を破産させることはできないとおっしゃったじゃありませんか。

345 :吾輩は名無しである:2005/07/03(日) 00:07:28
直ちゃんの新恋人は、とにかく何もかもが下品なくらいに派手だった。まず化粧が濃い。目

346 :吾輩は名無しである:2005/07/03(日) 00:11:49
「うちにはオートミールはないんだ。ぼくは少ししか食べないし」

347 :吾輩は名無しである:2005/07/03(日) 00:18:10
な荒唐無稽な話に誰が乗るか反るか、てめえの優柔不断にゃ愛想尽きた。しかしてめえのかみさん糸屋の女にしっぺ

348 :吾輩は名無しである:2005/07/03(日) 05:39:36
揶うのもいい加減にして欲しい。

349 :吾輩は名無しである:2005/07/04(月) 00:25:19
「彼女」との関係はおそらく「不倫の関係」にあった、と判明することになります。

350 :吾輩は名無しである:2005/07/04(月) 19:58:47
りや。また此間に到ませる由は奈何に。」といひき。ここにその大神に、

351 :吾輩は名無しである:2005/07/06(水) 04:45:52
つまり人間の維持の手段として、力の意志として正当化されねばならない」(『力への意志』

352 :吾輩は名無しである:2005/07/07(木) 20:11:46
騎兵を見つめた。

353 :空白だった。:2005/07/07(木) 23:59:19


354 :吾輩は名無しである:2005/07/08(金) 00:00:21
 実はホンモノの女子高生ですと名乗りたくなるようなチャットの会話は、幾度とな

355 :sage スペイン・ポルトガル史:2005/07/09(土) 04:15:28
るレコンキスタ理念に基づいて『アルフォンソ三世年代記』を編纂し、アストゥリアス王国のドゥエロ川

356 :吾輩は名無しである:2005/07/09(土) 16:35:48
子規を顧みて何だと聞くと妓楼だと答へた。余は夏蜜柑を食ひながら、目分量で一間幅の道路を

357 :吾輩は名無しである:2005/07/09(土) 16:40:40
規則は確かに社会的である。しかし、それは、社会的規則、あるいは社会(共同体)が

358 :明日泣く:2005/07/10(日) 00:17:42
「これは牛の試験台の男でございます。なにとぞ、牛の効力と思し召して、お許しのほどを

359 :吾輩は名無しである:2005/07/10(日) 19:16:44
We soon left Phelps and Joseph Harrison far behind.

360 :吾輩は名無しである:2005/07/10(日) 21:00:20
 前に止められた4WDからは登山服姿のケイバーたちが車から降りて準備をしている。弥生も

361 :吾輩は名無しである:2005/07/10(日) 22:49:59
釈者が使用するよう意図している理論だからである。この一致がある場合にのみ、理解が成

362 :吾輩は名無しである:2005/07/11(月) 04:24:49
 十四日パリではLC、AJS、R、AMRの主唱によってCCLDの「全国調整」機関が生

363 :吾輩は名無しである:2005/07/11(月) 04:38:18
んで下さったのに、私は馬鹿でいやがって、けれども、それを子供の

364 :吾輩は名無しである:2005/07/11(月) 04:39:07
「お顔の色がひどく悪いようです。わるいものでもお食べになったのではありませんか」

365 :吾輩は名無しである:2005/07/11(月) 04:43:46
地球の上はみんな鮪なのだ

366 :吾輩は名無しである:2005/07/11(月) 12:19:02
第3に、町村の長である戸長は、町村会で選任するなど町村の定める任意の方法によって「なるべく公選」させ、

367 :吾輩は名無しである:2005/07/11(月) 12:26:37
南方の、しかも赤道のさきの方へいくというので、親はたいへんごちそうしてくれた。ぜんぶ

368 :吾輩は名無しである:2005/07/11(月) 15:02:39
ら朝でなければならぬ。われらはひたすらに晩年を待つ

369 :吾輩は名無しである:2005/07/11(月) 18:10:24
「じゃ、今晩はちゃんと寝なくちゃ」

370 :吾輩は名無しである:2005/07/11(月) 19:53:02
 その瞬間、胸がプルルンと揺れ火照った。

371 :吾輩は名無しである:2005/07/11(月) 22:28:47
普遍性と進歩の主体――それこそは、十九世紀のブルジョワ階級がみずからの属性だと主張したも

372 :吾輩は名無しである:2005/07/13(水) 04:31:44
落へ来た時に、私が尋ねた。

373 :吾輩は名無しである:2005/07/13(水) 05:03:32
な講義だので、例の女の影も一向頭の中へ出て来なかった。三四郎はそれで満足である。母

374 :吾輩は名無しである:2005/07/13(水) 09:04:02
く者として自分からそれを引きうける意識があったというのではないが、ともかくも子供の

375 :吾輩は名無しである:2005/07/13(水) 23:45:48
>>373 ←これはまぁ三四郎って分かるけど、他の奴! タイトルを書けよ。自分の名前と他の人の名前に違いがあるだろ?
そこをクリックしてみな。

376 :吾輩は名無しである:2005/07/14(木) 22:11:42
図2−3


377 :吾輩は名無しである:2005/07/15(金) 16:40:36
設問1(難易度1)
が負になれば24hを加え、24hを越えれば24hを引く.年表に記載されているα、δは


378 :吾輩は名無しである:2005/07/16(土) 00:37:08
に見える曲がりくねった道路。

379 :吾輩は名無しである:2005/07/18(月) 23:23:36
のだそうだ。

380 :吾輩は名無しである:2005/07/19(火) 10:29:02
ル行きは、嵐が一夜のうちに山に大きな亀裂をつくるように、彼女の生活に穴をあけてしま

381 :吾輩は名無しである:2005/07/19(火) 10:40:35
この注目すべき吉本隆明の考えに従えば、歌の発生、あるいは韻律化はそもそも漢

382 :吾輩は名無しである:2005/07/19(火) 11:04:38
しも眠ってはいなかったのだが、二人はさわやかな朝の空気によって、いつもとかわりなく元

383 :吾輩は名無しである:2005/07/20(水) 00:22:21
全員の予想を超えてしまった。そうです! そうなんです! ふじこ

384 :吾輩は名無しである:2005/07/20(水) 03:22:28
しく評価する; Hand an jn.〜 或人を手に掛ける;〔ト

385 :吾輩は名無しである:2005/07/20(水) 21:24:50
最後の廃墟となる最後の火の玉

386 :吾輩は名無しである:2005/07/21(木) 17:29:25
「川が?」

387 :吾輩は名無しである:2005/07/21(木) 17:31:12
シモクは計算にとりかかる。あらかじめヨシモクが計算して

388 :我輩は名無しである:2005/07/21(木) 19:25:42
っぺたも、僕と兄ちゃんのもので、でも誰のものでもない。その頃から兄ちゃんはじいっとう

389 :吾輩は名無しである:2005/07/21(木) 19:37:51
>>387
ぐるぐる回るすべり台だろ?

390 :吾輩は名無しである:2005/07/22(金) 02:37:43
ついに私がこれを発明したのです。おお、あなたがたのお国の学者たちは何とぼんくら

391 :吾輩は名無しである:2005/07/22(金) 02:53:07
「桜井さん、本当にそんなことしてるの?」

392 :吾輩は名無しである:2005/07/22(金) 04:27:54
相手は音をたてて電話を切った。やつは来るにきまっている。あとは待つばかりだ。私は

393 :吾輩は名無しである:2005/07/22(金) 04:52:31
初体験フィストファックで失神

394 :吾輩は名無しである:2005/07/22(金) 08:25:53
らではないだろうか。意味はわからない。山の考えようことは、はかりしらん。
「逃亡くそたわけ」 糸山秋子

395 :吾輩は名無しである:2005/07/23(土) 00:21:49
た。だから、刑は求刑の半分ぐらいではないか、とたかをくくっていた。しかし、予期に反し、


396 :吾輩は名無しである:2005/07/23(土) 00:24:59
魂をつかまえようと努めはじめた。

397 :吾輩は名無しである:2005/07/23(土) 00:49:06
取り上げてみせますから!」

398 :吾輩は名無しである:2005/07/23(土) 01:06:47
俺の尻の穴に貴方の野太いちんぽぶち込んでくれませんでしょうか?


399 :吾輩は名無しである:2005/07/23(土) 20:07:16
「意味あんのかよ、こんな世界!」と叫んだ。

400 :吾輩は名無しである:2005/07/24(日) 04:11:57
町の愚鈍な鳩たちが糞を撒き散らしながら重たげに飛ぶ姿が見える。

401 :吾輩は名無しである:2005/07/24(日) 05:47:44
この現象は、一見単なる空想あるいは錯覚として理解できるようにも思われる。
私も当初はそ


402 :吾輩は名無しである:2005/07/24(日) 11:08:35
のわくに入り、社会主義革命に反抗し、
社会主義建設を敵視・破壊するすべての社会勢力と社会

403 :吾輩は名無しである:2005/07/25(月) 18:05:51
「お前の写真ネットで出回ってるよ」

404 :吾輩は名無しである:2005/07/28(木) 23:30:03
 私はその日三回目の駅前の交差点でブレーキをかけ、右足を地面に、左足をペダルに

405 :吾輩は名無しである:2005/07/28(木) 23:40:43
C≠0だから、ka≠1に注意しておく。上式をb+1/c=kに代入すること

406 :吾輩は名無しである:2005/07/29(金) 01:53:06
貴族 ダンカン王の御長男は、暴君に王位を奪われ、イングランド王室に
助けをお求めにな

407 :吾輩は名無しである:2005/07/29(金) 03:19:07
に会ってなかったらどうなってたかわかんない。多分、自殺してた。彼女がソープに行っ

408 :吾輩は名無しである:2005/07/29(金) 03:20:53
うに降り落ちとる。しゃもは首を上にあげると、今度はものすごい早さで夜空にびゅうっと舞い

409 :吾輩は名無しである:2005/07/29(金) 03:22:42
によれば、私の告白には曖昧な点は一つしかない、ピストルの第二発目を撃つのに、少し間をお

410 :吾輩は名無しである:2005/07/29(金) 03:24:54
「なあ、北岡、俺、こんな仕事やってるけどな、ガキの頃から、ずっといい続け

411 :吾輩は名無しである:2005/07/29(金) 13:56:34
果実酒を運んでそれに青い火をともさなければなりませんでした。

412 :吾輩は名無しである:2005/07/29(金) 14:54:09
を覚ましたように馬券に熱中しはじめる人も

413 :吾輩は名無しである:2005/07/29(金) 15:38:21
ソン、そろそろティータイムだ。」そういって、死体をいすに座ら

414 :吾輩は名無しである:2005/07/30(土) 16:01:38
 林田はデスクに広げたスケジュール表を二つに折り畳んだ。

415 :吾輩は名無しである:2005/08/05(金) 14:11:30
しだ。ここではこだまも、濃い霧と湿度の高い空気に吸収されてしまう。自分の声も伝わらないのだ

416 :吾輩は名無しである:2005/08/05(金) 15:51:44
いないぞ


417 :吾輩は名無しである:2005/08/05(金) 20:17:23
私なら、にっこり笑った傷口でありたい。

418 :吾輩は名無しである:2005/08/07(日) 14:48:08
側を……砂利の上を!……

419 :吾輩は名無しである:2005/08/09(火) 00:40:18
echo $$var[1]."¥n"; ←アクセスーーE_NOTICEエラーが発生

420 :吾輩は名無しである:2005/08/09(火) 13:51:34
生前は、細面の、線の細い、果敢なげな面影の娘だった。

421 :吾輩は名無しである:2005/08/09(火) 16:19:17
Darzac. Il lui parlai. Moi, je me trouvais a la droite de M.

422 :吾輩は名無しである:2005/08/09(火) 18:25:38
る。

423 :吾輩は名無しである:2005/08/09(火) 18:28:37
ップを。

424 :吾輩は名無しである:2005/08/09(火) 22:03:24
湯をさげてきて、足を洗わせ、大旦那は奥へもどって行きました。

425 :吾輩は名無しである:2005/08/10(水) 03:10:31
た。「次にあいつが走る時は、百ドル賭けろ。赤ん坊から飴玉を取るみたいなもんだ」

426 :吾輩は名無しである:2005/08/10(水) 06:58:32
は私が想像できない時間だ。他人の人生のそうした時間を人はいつも見ないようにす

427 :吾輩は名無しである:2005/08/10(水) 12:06:13
* これもカウツキー版では「諸資本家」となっている――訳者。

428 :吾輩は名無しである:2005/08/10(水) 12:07:30
sage

429 :吾輩は名無しである:2005/08/10(水) 19:04:27
それから毎日、私のお弁当は組の誰かが食べることになった。私は近くの中華料理屋でラーメンを

430 :吾輩は名無しである:2005/08/10(水) 19:28:12
意」のそれぞれについて、仮定法によって問題点が指摘

431 :吾輩は名無しである :2005/08/10(水) 19:34:08
近くにすわっていた一人の豊満な金髪の女を椅子から立ちあがらせたのである。金髪女は下男に

432 :吾輩は名無しである:2005/08/10(水) 19:57:17
軍神の為に不死身の鎧を鍛えんと、古いたる鉄槌とても、かくまでに無情、冷酷には落ち

433 :吾輩は名無しである:2005/08/10(水) 23:18:24
うにして話しかけた。「そろそろ11時よ」。アウレリャノが振り返る、耳に造花をはさんだゆ

434 :吾輩は名無しである:2005/08/11(木) 14:18:32
ほんと・・・本当に来てくれてありがとう!!

435 :吾輩は名無しである:2005/08/12(金) 23:30:46
ンズがやり、ティム・グレイは後ろの座席に納まり、ベーブは前の席に乗った。ぼくがロッキー

436 :吾輩は名無しである:2005/08/13(土) 00:05:31
(追記)

437 :吾輩は名無しである:2005/08/13(土) 00:58:40
俺は札を顔になすりつけ、そして自分に思い出させたいのだ。自分がなぜやつを撃ったかを。

438 :吾輩は名無しである:2005/08/13(土) 01:00:37
原語で書き写す香具師は74ページ9行目じゃなくて、その本の有名な場面に汁!

439 :吾輩は名無しである:2005/08/13(土) 01:18:32
「しようあるもんか、糞嘘つき康二!」

440 :吾輩は名無しである:2005/08/13(土) 01:36:39
「おれの建築のねうちは今はわからない」と云つて居たさうであるが、成る程もうわかつた。日本の鯰と

441 :吾輩は名無しである:2005/08/13(土) 02:41:10
初代と言えば?」

442 :吾輩は名無しである:2005/08/13(土) 07:39:18
側から見れば、巫女教に伴う自然の形で、巫女を孕ました神並びに、巫女に神性を考えるところ

443 :吾輩は名無しである:2005/08/19(金) 23:23:36
「しかし、その話の肝心なところは」と大きな鼈甲縁の単眼鏡を
片目に押しこみながらノ

444 :吾輩は名無しである:2005/08/19(金) 23:47:55
交代に彼がタバコをくわえ、火をつけて、そうしている間にも、ずり落ちてくる眼鏡

445 :吾輩は名無しである:2005/08/20(土) 01:18:15
老婆は、血の交じった唾を、口の中にためながら、囁くようにこう云うと、それなり恍惚と

446 :吾輩は名無しである:2005/08/20(土) 16:08:14
もする。脱場所画定[脱臼]はまた線化の緑を接しての鬩ぎ合い

447 :吾輩は名無しである:2005/08/23(火) 23:47:49
自身もそんな不愉快な目に幾度か遭ってきた。

448 :吾輩は名無しである:2005/08/24(水) 00:00:44
る。§2-9で3次元の仕事を導入したときの議論を思い

449 :吾輩は名無しである:2005/08/24(水) 00:08:59
「土曜日は来週もあるわ」

450 :吾輩は名無しである:2005/08/24(水) 00:18:40
あ糸の屑ですネ。アハヽヽヽ、わたしなんぞも学は無し、時世おくれ、人間の屑にあ違無いが、せ

451 :吾輩は名無しである:2005/08/24(水) 22:16:06
景福祟元歴 昭宗

452 :吾輩は名無しである:2005/08/24(水) 23:02:38
が気になって、遥子は岸田に真贋鑑定をもちかけた。上司の許可は得られそうになかったので、

453 :吾輩は名無しである:2005/08/30(火) 09:41:11
 いっぽう京都で苔むしていたわたくしに大学の教授から見合い話があった。それまでは

454 :吾輩は名無しである:2005/08/30(火) 10:07:37
 言い合いながら廊下を進んだ。

455 :吾輩は名無しである:2005/08/30(火) 10:23:14
げよう。」

456 :1b™ ◆1bBtQE5sBo :2005/08/30(火) 10:29:39
忘れないでしょ、ニコーレニカ

457 :吾輩は名無しである:2005/08/30(火) 10:50:54
身体の中で眠っているんじゃないの、自分自身の子供になりきって。」

458 :吾輩は名無しである:2005/08/30(火) 11:01:06
あがった大きな足指。だれも見たことがないくらいクソ大きい足指。

459 :吾輩は名無しである:2005/08/30(火) 21:04:18
関連スレ
今手元にある本の1ページ1行目を書き写すスレ
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1125392625/l50

460 :吾輩は名無しである:2005/08/31(水) 09:11:02
 次男夫婦は、子供の七五三のお祝いについては一切自分たちで用意をして、こちらに世話をか

461 :吾輩は名無しである:2005/08/31(水) 16:44:53
らなかったんだ」彼は言った。「ストーリーを理解しようとがんばったんだけどね。静止したまま

462 :吾輩は名無しである:2005/08/31(水) 19:39:01
「数人に一人、というところじゃないかな」

463 :吾輩は名無しである:2005/09/01(木) 04:40:16
「こうするより仕方がないんだ」と彼は弟に言った。「おれたちはもうしでかしたも同然な

464 :吾輩は名無しである:2005/09/01(木) 20:01:44
のを食べたりすることがでいない人間であった。急に人間が妖怪じみてみえることがあ

465 :吾輩は名無しである:2005/09/01(木) 20:09:55
小川洋子[寡黙な死骸 みだらな弔い]
どうしてそんなに霊安室を恐れるのか、私にはよく分からない。秘書室っ論文をタイプして

466 :吾輩は名無しである:2005/09/01(木) 21:52:53
きたな・・・また一歩近づいてきたな」と憂い、冬休みになればなったで「ああ、

467 :吾輩は名無しである:2005/09/03(土) 16:53:14
作者とタイトル分かったらレス!というのはどう?

468 :吾輩は名無しである:2005/09/09(金) 10:45:16
スの兄弟姉妹で、同腹だったり異腹だったりする)を買ったが、全員がふところ豊かだったわ

469 :吾輩は名無しである:2005/09/09(金) 10:54:28
かなバストをまさぐられている。

470 :吾輩は名無しである:2005/09/09(金) 11:10:48
「いつ?もうそんなはやく・・・・・・、そんな」

471 :吾輩は名無しである:2005/09/09(金) 13:05:06
れている。表示件数は、5件、20件、50件、100件、500件と切り替えられる。

472 :吾輩は名無しである:2005/09/09(金) 14:55:57
 ある日の昼休み、私たちは男子社員の通勤車を借りて会社から少し離れたドライヴ・

473 :吾輩は名無しである:2005/09/10(土) 00:23:52
鮮にある。金正日はその白頭山の密営で誕生したとの宣伝が強化されている。これらも、

474 :吾輩は名無しである:2005/09/10(土) 00:42:19
らゆるものが澄みわたっていて透明である。ロマン的精神がはればれと自分自身について空想を

475 :吾輩は名無しである:2005/09/10(土) 01:27:12
ある日パパと二人でかたりあったさ。この世に生き

476 :吾輩は名無しである:2005/09/12(月) 02:08:47
宮城県
榴岡983-0852 燕沢983-0823 燕沢東983-0822 鶴ヶ谷983-0824 鶴ヶ谷東983-0826
 

477 :吾輩は名無しである:2005/09/12(月) 21:13:11
あなたの心掛け一つで、更生が出来るわけです。あなたが、もし、改心して、あなたのほう

478 :吾輩は名無しである:2005/09/12(月) 21:25:27
307. A man of common sense would realize how wrong it is.

479 :吾輩は名無しである:2005/09/12(月) 21:39:22
栴檀林 栴檀林 

480 :吾輩は名無しである:2005/09/12(月) 23:36:10
た言葉と全く一緒で、あのときはホント、自分と秀美くんが完全に重なった瞬間だった。

481 :吾輩は名無しである:2005/09/16(金) 16:33:20
力だな!まったく誰の頭にも自分自身の思想というものがなんにも残らなくなったときは、い

482 :吾輩は名無しである:2005/09/18(日) 03:08:27
”2典”は多数の2ちゃんねらーによる共同執筆

483 :吾輩は名無しである:2005/09/18(日) 16:57:25
 マクロはコマンドボタン以外の様々なコントロールに割り当てできます。テキストボック

484 :吾輩は名無しである:2005/09/18(日) 17:09:28
この世の生命は宇宙の大生命の一つのあらわれ、循環にすぎないのであります。

485 :吾輩は名無しである:2005/09/18(日) 18:09:53
>>484
キモッ!!!!!!!

486 :吾輩は名無しである:2005/09/18(日) 19:26:02
くれ。又三郎は聞こえないように野次を飛ばす。

487 :吾輩は名無しである:2005/09/18(日) 23:58:15
わば「保守的進歩主義」陣営に所属していたことでは一貫している。
恩師の紹介ということもあ

488 :吾輩は名無しである:2005/09/19(月) 00:01:13
earth.Once the Greek army,or at least its generals,found out that the

489 :吾輩は名無しである:2005/09/19(月) 00:17:30
>>484
きんもーっ☆

490 :吾輩は名無しである:2005/09/19(月) 00:18:16
以上のように、統語論・意味論・音韻論を言語の三要素として考えることにしよう。独立

491 :吾輩は名無しである:2005/09/19(月) 00:29:19
違っているから・・・

492 :吾輩は名無しである:2005/09/19(月) 04:02:54
ないのだ。なにしろ今までほぼそこから自由だった。「人間」の生活と向き合ってしまったのだ。

493 :吾輩は名無しである:2005/09/19(月) 08:44:18
と因数分解できる、あとは2次式であるから

494 :吾輩は名無しである:2005/09/19(月) 15:30:30
うんだけど。」

495 :吾輩は名無しである:2005/09/20(火) 11:38:25
わたしは自分が混沌への侵入者のような気がした。戸外では、雨はすでにやんでいた。

496 :吾輩は名無しである:2005/09/23(金) 02:33:03
まともに向き合えるものである。海・山・川空等の天然・自然は、唯一神又吉イエ

497 :吾輩は名無しである:2005/09/23(金) 12:48:27
>>496
何よんでんだw

498 :吾輩は名無しである:2005/09/24(土) 15:36:41
「モヒ患や」と誰かが準次へやさしそうな声をかけた。

499 :吾輩は名無しである:2005/09/27(火) 21:06:47 0
「私はコルセットはつけておりません」

500 :吾輩は名無しである:2005/09/30(金) 12:26:37
「はい、あります。被告ジャンヌの異形に覚える嫌悪感は、いくら努力しても克服することができ

501 :吾輩は名無しである:2005/09/30(金) 20:57:12
をつけてもらいましょう。保護者同士も、

502 :吾輩は名無しである:2005/09/30(金) 21:53:10
クラーレとは「鳥殺し」の意味で、南アメリカのインディオが狩猟の時に
矢毒として用いた。クラーレは、もっとも残酷な矢毒といわれている。

503 :吾輩は名無しである:2005/09/30(金) 22:27:02
ていない。全く落ち着いたままだ。肌理の細かい頬も白いままだ。

504 :吾輩は名無しである:2005/09/30(金) 23:09:02
 犬王の濁った童らしくない声が、途中から入ってきた。軍勢もしんとして、具足の触れ

505 :吾輩は名無しである:2005/09/30(金) 23:20:56
consciousness : consciousness comes to us in a unifield form.I


506 :吾輩は名無しである:2005/09/30(金) 23:37:59
−−−−ブウウ−−−−−−ンンン−−−−−−ンンンン・・・・・・・・・・

507 :吾輩は名無しである:2005/09/30(金) 23:39:34
誤爆だorz
・・・・・逝てきまーす ドン

508 :吾輩は名無しである:2005/09/30(金) 23:51:06
夫人は手綱を受け取ってこう言った。令嬢は笑いながら溜息をついて、両手をあげて髪を

509 :吾輩は名無しである:2005/10/01(土) 03:18:57
的音楽、至他們誕下了娃娃、其子女又一様受父母感染而聞我們

510 :吾輩は名無しである:2005/10/02(日) 14:17:46
>>506-507
1ページ1行目スレに書こうとしたと見た

511 :吾輩は名無しである:2005/10/02(日) 23:36:15
さて次は何と言ったものか、考えてみた。だが今度は、彼のほうから口を切った。

512 :吾輩は名無しである:2005/10/05(水) 03:12:21
多くの者がわたしの名を名のって現れ,自分が

513 :吾輩は名無しである:2005/10/07(金) 05:13:45
ヴラジミール この人は考えるんですか? 

514 :吾輩は名無しである:2005/10/07(金) 22:55:08
やがて彼の顔はふたたび現われ、この上なく鮮明な輪郭を示して浮かび上がった―無数の悲鳴を

515 :吾輩は名無しである:2005/10/08(土) 02:47:15
>>513
ヴラジーミルね

516 :吾輩は名無しである:2005/10/12(水) 07:05:16
散ったのだ。感じられないくらいの圧力があったかもしれない。だがもっと正確に言えば、

517 :吾輩は名無しである:2005/10/12(水) 07:30:46
た。守は出版されたばかりの中国の抗戦文学を、めんどう臭げにひろげては、別の一冊を

518 :吾輩は名無しである:2005/10/12(水) 11:20:53
のうちにいるころですけど、ママもパパに言ったことがあります。電話のそばに蓄音器を置い

519 :吾輩は名無しである:2005/10/12(水) 22:42:04
ことがあるでしょうけれど、しばしば何に使うのかわからないものですね。「すりこぎ」

520 :吾輩は名無しである:2005/10/13(木) 06:44:55
「ああ」

521 :吾輩は名無しである:2005/10/15(土) 06:23:38
喜ばなくちゃいけないわ。どうして肉体的なことを

522 :極東セレナーデ 新潮文庫:2005/10/15(土) 23:23:23
と声をかけた。

523 :吾輩は名無しである:2005/10/17(月) 14:44:45
を、口腔に包み込んだ。裏筋にそって舌を這わせ、唇でしごき

524 :吾輩は名無しである:2005/10/17(月) 17:51:04
>>496
ワロタw

525 :吾輩は名無しである:2005/10/19(水) 01:31:47
―――でも、ちがうと思うよ。わたし、先生を破門したものの、もー生きてらんないとこま

526 :吾輩は名無しである:2005/10/19(水) 03:04:53
サブディスプレイに「着信あり」が表示されているとき、◎(背面中央ボタン)を押すと最

527 :吾輩は名無しである:2005/10/19(水) 20:19:19
なっても、べつに寒さはなかった。腕時計を外してロッカーの棚に置き、そして、ふと思っ

528 :吾輩は名無しである:2005/10/19(水) 20:24:40
「あっ」

529 :吾輩は名無しである:2005/10/19(水) 23:58:51
世界のなかの一対象として、他者と同じように、射影をとおしてしか認識できない不透明さをもつ

530 :吾輩は名無しである:2005/10/20(木) 04:32:19
ぼくはこびとの表情、その眼差しから、その新しいたくらみ、今度はもう陳君では

531 :吾輩は名無しである:2005/10/20(木) 15:17:29
駅には時間通りに着いた。

……何処にでもありそうな文だなw

532 :吾輩は名無しである:2005/10/20(木) 17:39:45
「わっしょい、わっしょい!!お祭りだ〜!!!」

533 :sage:2005/10/20(木) 23:48:03
イロハはぜひとも高校生のうちにマスターしてきてもらわないと困るの

534 :吾輩は名無しである:2005/10/21(金) 00:31:50
その考えが、彼女のなかから、慎ましさや、自分の奇妙な酩酊感について思いをめぐらすだけの

535 :吾輩は名無しである:2005/10/21(金) 00:39:27
五百両の銀を、身体にくくりつけて飛鳥の如く走り去る。この芸当は、やはり専門家で

536 :吾輩は名無しである:2005/10/22(土) 06:13:31
よくある話 起こりける......」

537 :吾輩は名無しである:2005/10/22(土) 08:35:50
ター低を引きはらって、別の事務所に移ったのだった。

538 :吾輩は名無しである:2005/10/23(日) 19:58:45
ってわけじゃない……」

539 :吾輩は名無しである:2005/10/23(日) 20:06:21
オルデンドルフ少将 第七艦隊戦艦部隊指揮官。

540 :吾輩は名無しである:2005/10/23(日) 23:29:37
辿りやすい精神世界を瞥見して、それを羨んだ。

541 :吾輩は名無しである:2005/10/27(木) 06:14:33
た。やられたなと目を剥いていたよ」

542 :吾輩は名無しである:2005/10/27(木) 10:12:49
スコトゥスといった人たちも、この病気には悩まされたのだからね。

543 :吾輩は名無しである:2005/10/27(木) 22:19:38
ポリ公に呼ばれたら、八丁堀にもいづらくなるでしょう。

544 :吾輩は名無しである:2005/10/28(金) 09:19:36
そして、行動もうまれません。

545 :吾輩は名無しである:2005/10/29(土) 00:02:23
情極まって殺害したのに違いない。殺した後に思い

546 :吾輩は名無しである:2005/10/29(土) 00:06:26
フォニーのどこの部分を何秒、それからショパンのバラードのどこを何秒、といったふ

547 :吾輩は名無しである:2005/10/29(土) 00:07:59
子「また、単語を覚えるのは嫌いじゃないんだけど、文法とか、すごく面倒くさいし」

548 :吾輩は名無しである:2005/10/29(土) 00:17:22
夜だった。夜半はとっくに回っていた。声が聞こえる。

549 :吾輩は名無しである:2005/10/29(土) 09:16:58
ん。でも家が薬局をやっているものだから」

550 :吾輩は名無しである:2005/10/29(土) 11:15:17
若き日の恋人で、のちに有名な実業家になった福沢桃介の庇護もあったといわれる。

551 :吾輩は名無しである:2005/10/29(土) 11:27:39
ーシュは彼女の出かけるのを望まなかった。そこで小さな町の病院に電話した。癌の治療に

552 :平下流:2005/10/29(土) 16:12:50
 さう考えれば、浅野家が赤穂に移封される前は常盤笠間の領主であったこともかなりの

553 :吾輩は名無しである:2005/10/29(土) 17:52:59
「仔牛の胃袋の煮込よ」

554 :平下流:2005/10/29(土) 20:22:58
>>550
本の題名を教えて。
貞奴の前の女のことを言ってるのかな。

555 :吾輩は名無しである:2005/10/29(土) 20:28:34
斎藤の晴雨についての、彼は「責め」の蒐集家ではなく「縛られた女」の蒐集、つまり、緊縛の

556 :吾輩は名無しである:2005/10/29(土) 20:44:23
>>554  
山田風太郎「人間臨終図鑑3」 貞奴の項です。

557 :吾輩は名無しである:2005/10/29(土) 22:45:19
プランデルブの料理は、フランス料理の王道を行くような、スタンダードなコースだった。

558 :平下流:2005/10/29(土) 23:05:09
>>556
早速、ありがとう。
風太郎というと忍法とかくノ一が連想されるけど、ノンフィクションがいいね。


559 :吾輩は名無しである:2005/10/29(土) 23:59:39
モール」が上だが、「ゴードン」のホステスは水商売のプロ、さらにいえば色っぽいというよ

560 :吾輩は名無しである:2005/10/30(日) 03:01:54
>>554>>556>>558
おお、このスレにはついぞ見かけぬながれ。
うるわしいですぞ。

561 :吾輩は名無しである:2005/10/30(日) 21:41:50
とであった。看護婦には、伯父の低声の早口が聞きとれないのである。それを伯父は、少し

562 :吾輩は名無しである:2005/10/30(日) 21:50:56
雑談にふけっている。今日の午後、騒ぎがあったのだ。クーデターまでいかない。ここの記者

563 :吾輩は名無しである:2005/10/30(日) 22:46:12
 ところで、パンツの“窓”であるが、日本は縦開きで、西洋は横開きである。これはつ

564 :吾輩は名無しである:2005/11/03(木) 09:53:14
政策のあり方は正しかったのだろうかという疑問が残る。当時の実

565 :吾輩は名無しである:2005/11/03(木) 13:22:55
たちを惑わして楽しんでいた。ところがある日、百万円が本当に落ちていた。子

566 :吾輩は名無しである:2005/11/03(木) 22:22:15
 白紙のページだった.

 Peater.H.Salus『UNIXの1/4世紀』アスキー

567 :吾輩は名無しである:2005/11/03(木) 23:00:21
実際、それは長い仕事になりました。二人はひざのそばにそれぞれのランタンを置いて、

568 :吾輩は名無しである:2005/11/03(木) 23:28:34
そうだとすれば、仮に、「まずい」という体験があったときになんらかの防止策を打つことが

〔畑村 洋太郎『失敗学のすすめ』(講談社)〕

569 :吾輩は名無しである:2005/11/04(金) 01:14:55
れると、下で待つ私はスカートの中を気にして物欲しげにのぞきこむのだが、ほのかな甘味をふくんだ果汁

570 :吾輩は名無しである:2005/11/04(金) 17:24:00
 ふいと、書きつづけていたツァンが、鉛筆を止めた。ぎょっとしたような顔をあげて、怯えた

ラヴクラフト全集2 「エーリッヒ・ツァンの音楽」

571 :吾輩は名無しである:2005/11/04(金) 18:24:46
屋の片隅に望むままの人間や物や風景を呼び覚ますことさえ出来たのだ。

安部公房短編集『夢の逃亡』所収 「名もなき夜のために」

572 :吾輩は名無しである:2005/11/04(金) 18:31:49
3 結局、「文」がよく分からなかった

573 :吾輩は名無しである:2005/11/05(土) 03:26:04
まう・・・。この現象を単純接触の原理と

574 :吾輩は名無しである:2005/11/05(土) 04:03:16
しかしその対象は、印欧語族に限られていた。その後、印欧語以外の言語について行われる

575 :吾輩は名無しである:2005/11/05(土) 16:36:07
池谷 そうでもないです。人間の男性の脳は一四〇〇グラム。女性は一二〇〇グラム

576 :吾輩は名無しである:2005/11/05(土) 16:42:35
て、年をとるという過程そのものに、殆ど自動的と言ってよい成熟の過程が必ず随伴しているの

「賢者の石」コリン・ウィルソン 創元推理文庫 第5版

577 :吾輩は名無しである:2005/11/05(土) 16:45:35
妻たるものは永く夫の愛を保たんと欲せば、必ず嫉妬すべからず。

                     『女大学宝箱』享保元年刊行

578 :吾輩は名無しである:2005/11/05(土) 17:19:31
自分の領有する多くの地の中から一部を魯元公主に湯沐の邑(沐浴に必要な費を提供する地)として

〔竹内 康浩『「正史」はいかに書かれてきたか』(大修館書店)〕

579 :吾輩は名無しである:2005/11/06(日) 05:26:14
たは白蟻の城についての長編小説を書いたとしよう。そうすればカフカは、(彼の同国人であり同時

580 :吾輩は名無しである:2005/11/07(月) 23:56:38
私は父の病気について正月以後なにも知らなかった。月々国から送ってくれる為替とともに

581 :吾輩は名無しである:2005/11/08(火) 02:24:27
>>580
俺の持っている版だと73ページ2行目だ……

582 :吾輩は名無しである:2005/11/11(金) 23:07:16
>>581
僕のは岩波1980年4月10日第66刷
古いな…

583 :吾輩は名無しである:2005/11/12(土) 18:09:46
するりと薄い下着を膝まで引き下ろされた。

584 :,:2005/11/12(土) 19:46:22
教科書は学生っぽく見えるために、少なくとも永吉自

CHEAP TRIBE 戸梶圭太

585 :吾輩は名無しである:2005/11/12(土) 22:45:45
漢の侵入路を切断したことにほかならず、そのため

〔金 哲(訳:武田 幸男・浜田 耕策)『韓国古代国家発達史』、学生社。〕

586 :吾輩は名無しである:2005/11/12(土) 22:56:15
仏説摩訶般若波羅蜜多心経観自在菩薩行深般若波羅蜜多時照見五蘊皆空度一
切苦厄舎利子色不異空空不異色色即是空空即是色受想行識亦復如是舎利子是
諸法空相不生不滅不垢不浄不増不減是故空中無色無受想行識無眼耳鼻舌身意
無色声香味触法無眼界乃至無意識界無無明亦無無明尽乃至無老死亦無老死尽
無苦集滅道無智亦無得以無所得故菩提薩捶依般若波羅蜜多故心無罫礙無罫礙
故無有恐怖遠離一切顛倒夢想究竟涅槃三世諸仏依般若波羅蜜多故得阿耨多羅
三貌三菩提故知般若波羅蜜多是大神呪是大明呪是無上呪是無等等呪能除一切
苦真実不虚故説般若波羅蜜多呪即説呪曰羯諦羯諦波羅羯諦波羅僧羯諦菩提薩
婆訶般若心経


587 :吾輩は名無しである:2005/11/12(土) 23:53:24
Reader: What? No cast. I thought you said that you broke

588 :吾輩は名無しである:2005/11/13(日) 00:00:26
「それじゃ、ヤリまくりましょう。一日に、何人の美女とヤリたい?」

非常識な成功法則 by 神田昌典

589 :吾輩は名無しである:2005/11/13(日) 00:01:27
ような審理経過をたどった本件においては、
これ以上実体審理を進めるこ

590 :吾輩は名無しである:2005/11/13(日) 02:35:09
そしておそらく、さらに重要な原因として、包括的戦略というものが成立しえなくなっているとい

591 :吾輩は名無しである:2005/11/13(日) 02:36:24
奴隷の繁殖はアメリカでもっとも収益性の高い産業になった。

592 :吾輩は名無しである:2005/11/13(日) 02:37:17
に、より安く仕入れるというビジネスシステムをつくっている。

593 :吾輩は名無しである:2005/11/13(日) 02:38:37
【余命四ヶ月】ひとつの命を救わないか?
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1131798281/l50

心臓病で余命四ヶ月の少年を救うには6000万円の手術を受けるしかない…。

594 :吾輩は名無しである:2005/11/13(日) 04:37:50
に変えようとするだろう。「経験」と「表現」との間に、危険な開口

595 :吾輩は名無しである:2005/11/13(日) 09:56:06
ものからは、本当のシグマは分らないが、黒大豆の本当の割合を調べた上、理論的に出した値

〔増山 元三郎『デタラメの世界』(岩波新書)〕

596 :吾輩は名無しである:2005/11/13(日) 10:22:55
の相互の理解を渇望しているところがあると思うのです。

597 :吾輩は名無しである:2005/11/13(日) 13:52:31
見届け、自分を恥じたくなるくらいよろこんだのだった。

598 :吾輩は名無しである:2005/11/13(日) 14:14:59
争いはいままでよりずっと危険なものとなってきた。これも一匹のオスが一匹のメスで満足せざ

デズモンド・モリス
裸の猿

599 :吾輩は名無しである:2005/11/13(日) 14:17:29
した伯母は老眼鏡を渇望していた。バイトの金で贈ると、伯父の方が喜んで

600 :吾輩は名無しである:2005/11/13(日) 14:21:26
坂動物園では、飼育係のユニークな調教で裸の猿が大股開きでオナヌする姿が見られた。

601 :吾輩は名無しである:2005/11/13(日) 14:32:18
パローレパローレパローレ〜♪ 舟歌はすぐに遠ざかった。そんなものだ。

602 :吾輩は名無しである:2005/11/13(日) 14:42:00
かといって事件は始まったばかりだった。ポワロの灰色の脳細胞が活発に動いて

603 :吾輩は名無しである:2005/11/13(日) 14:49:24
「ここは一行リレー小説でつか?」と声がしたが、警備係は振り向かない。

604 :吾輩は名無しである:2005/11/13(日) 16:12:48
ともあれ天主教布教の公然たる活動のなかで、その教勢は全国各地に伸びていったが、一九〇一年に

〔姜 在彦『朝鮮の攘夷と開化』(平凡社)〕

605 :吾輩は名無しである:2005/11/13(日) 16:36:56
すよ。僕も一杯飲みに行くかな」リョーヴィンはヴェロフスキーがウォッカに誘惑され

606 :吾輩は名無しである:2005/11/13(日) 18:56:17
だが、途中どんどん悪夢のような世界に足を踏み入れてゆく。イサオが見ていた

607 :吾輩は名無しである:2005/11/13(日) 19:02:53
風説有之由に候得共、必ず心得違有之間敷事。

608 :吾輩は名無しである:2005/11/13(日) 22:23:46
またそうするであろう。われわれの同意なしに、日本がその行動に出る場合、日本は

〔細谷 千博『シベリア出兵の史的研究』(岩波現代文庫)〕

609 :吾輩は名無しである:2005/11/13(日) 23:23:04
鬱病の特色は積極面が見えないこと。面白いところ、美しいところが見えてこないんです。仕事

〔内田 義彦『読書と社会科学』(岩波新書)〕

610 :吾輩は名無しである:2005/11/14(月) 01:44:05


611 :吾輩は名無しである:2005/11/14(月) 01:46:37
う男であった。もしこういう男が司令長官であれば、日本艦隊もぶじにはすまなかった

612 :吾輩は名無しである:2005/11/14(月) 02:10:38
「やらないか?」

613 :吾輩は名無しである:2005/11/14(月) 05:43:24
嘆きあった。私は女たちの絶えまない上体の動きの中に、

614 :吾輩は名無しである:2005/11/14(月) 06:16:29
るふしぎな才能をもつてゐるかと思はれた。しじゆう泣いてゐるやうな眉と妃殿下のそれのやう

615 :吾輩は名無しである:2005/11/14(月) 14:18:01
ジャンノフラノワは、ジョーンズ夫人を前にして論告をつづける父親
とロオヴローを

616 :吾輩は名無しである:2005/11/14(月) 23:16:37
の結果、沈黙を保った多数派の考えが反映されないことになる。

617 :吾輩は名無しである:2005/11/15(火) 01:29:40
して夢中になつてやり出して、とうゝ妾をすつかり有頂天にさして仕舞つたの

618 :吾輩は名無しである:2005/11/15(火) 02:00:43
の側面には、夜の暗さが少し残っている。前とほんの少しばかり形のちがった列を作って人々は

619 :吾輩は名無しである:2005/11/15(火) 05:50:21
どという煩わしく、野暮な行為に走ったと汚名を着せることは厳に慎まなくてはならないのだ。そんなことをす

620 :吾輩は名無しである:2005/11/15(火) 18:57:48
題になる。

621 :吾輩は名無しである:2005/11/15(火) 18:58:20
はるかに大きな打撃を与えることがある。

622 :吾輩は名無しである:2005/11/15(火) 19:04:02
ても大きな計画に聖也は慄いた。美奈子の母は神経質なので、大鑑のさ

623 :吾輩は名無しである:2005/11/15(火) 20:52:42
さまざまなレベルで姿を現わしてまいります。たとえば、こうした点は皆さんの興味をひくの

〔大塚 久雄『社会科学の方法』(岩波新書)〕

624 :吾輩は名無しである:2005/11/16(水) 04:29:15
は、コンピューターの捜査プログラム作成班のリーダーだった。そこでは、捜査上重要な事実の

625 :吾輩は名無しである:2005/11/16(水) 06:30:37
なわち職能身分的に編成せられた選挙人群から発生しなければならぬ限りは、かかる要求におい

〔ハンス=ケルゼン(訳:西島 芳二)『デモクラシーの本質と価値』、岩波文庫。〕

626 :吾輩は名無しである:2005/11/16(水) 18:11:31
>>39
ロリータだな!

627 :吾輩は名無しである:2005/11/17(木) 00:31:09
るということである。そして、これは判断のような高度な認知活動ではより顕著である。

628 :吾輩は名無しである:2005/11/17(木) 00:47:51
をうろうろと歩きながら、

629 :吾輩は名無しである:2005/11/17(木) 01:34:16



630 :吾輩は名無しである:2005/11/17(木) 01:46:24
が、汚らわしい万物の霊長は時を選ばずで、快感さえ得られりゃいいって始末ですよ。

631 :吾輩は名無しである:2005/11/17(木) 20:52:42
「嫌だ、離せっ!…いっ…うああ…っ!あっ、あんっ!」


632 :吾輩は名無しである:2005/11/17(木) 22:40:43
ばせで、かれはぼくを、かれ自身のしごとに加わらせることを、心えていた。そのしごとという

633 :吾輩は名無しである:2005/11/17(木) 22:50:19
>>629
何も書いてなかったんだな

634 :吾輩は名無しである:2005/11/18(金) 00:38:13
>>633
空白行は行なんだろかと思ふ

635 :吾輩は名無しである:2005/11/19(土) 01:16:22
一応、行なのだ。

636 :吾輩は名無しである:2005/11/19(土) 01:52:19
のである。

637 :吾輩は名無しである:2005/11/19(土) 04:03:38
して静的安全をとるか、それとも登記の公示機能を重視して登記

638 :吾輩は名無しである:2005/11/19(土) 04:43:49
言いもするだろう。それもよい、しかしその場合には彼を至上の演出家と解さなければ

639 :吾輩は名無しである:2005/11/20(日) 18:30:50
かめたかったのである。この正確を期することと正確への入念な態度は、東郷がもって

640 :吾輩は名無しである:2005/11/20(日) 23:35:47
と言うことあれどこれはこれで相手の事を思ったんだろう

641 :吾輩は名無しである:2005/11/21(月) 00:35:43
つかなかった。彼にはほとんど、いつになっても、この闇の中から、逃れることはできそう

642 :吾輩は名無しである:2005/11/21(月) 00:50:39
汚れた服を着替えて、何か食べて、少しやすみなさい。まるで浮浪人みたいよ」

643 :吾輩は名無しである:2005/11/21(月) 08:03:30
あっていなければならないのだ。

644 :吾輩は名無しである:2005/11/23(水) 01:50:41
「え?」僕は驚いてしまった。何って、君の好きな「風に吹かれて」に決まっているじゃないか。

645 :吾輩は名無しである :2005/11/23(水) 01:53:05
....笑った。
      .....笑った。

646 :吾輩は名無しである:2005/11/23(水) 01:59:31
去んぬるところ、日本長崎の「さんた・るちあ」と

647 :吾輩は名無しである:2005/11/23(水) 02:07:34
近くにすわっていた金髪の豊満な女を椅子から立ちあがらせたのである。金髪の女は下男に

648 :吾輩は名無しである:2005/11/24(木) 01:51:36
エネルギーや風力エネルギーの利用のいずれも、膨大な規模の投資を必要とする(しかし、過程にお

649 :吾輩は名無しである:2005/11/24(木) 02:10:36
げ搾りとった対象は、アメリカでありアフリカ

650 :吾輩は名無しである:2005/11/24(木) 02:27:39
中間距離でしゃがみ中キック

651 :吾輩は名無しである:2005/11/24(木) 02:30:06
となるが、大きすぎる乳に悩む元OLにとっては、やはり手術は避けら

652 :吾輩は名無しである:2005/11/24(木) 08:24:16
ポアロはそっと鍋に指を入れて、慎重にその液体の味見をした。彼の顔がゆがんだ。

653 :吾輩は名無しである:2005/11/24(木) 13:15:59
電話で何でも聞いてネ。松戸店同時募集!

654 :吾輩は名無しである:2005/11/24(木) 21:32:10
「糞喰えーーーーだ」

蟹工船、読み途中なのですが、この本マジヤバイwwwwww

655 :吾輩は名無しである:2005/11/30(水) 00:15:01
な常態になる、しかも、これは、あらゆる市場においてもそうなるとい

656 :吾輩は名無しである:2005/11/30(水) 00:28:01
土の重量ΔxΔyΔzγtの力が下向きに働くから、これらのベクトル図を描くと図

657 :吾輩は名無しである:2005/11/30(水) 00:33:31
あ、コケた。

658 :吾輩は名無しである:2005/11/30(水) 10:00:39
いって言ってましたわ」

659 :吾輩は名無しである:2005/11/30(水) 14:49:21
の途なきに至りました。

660 :吾輩は名無しである:2005/12/01(木) 01:00:21
** ベートーヴェンの家は、ナポレオンがヴィーン市占領の後に爆破させた市砦の付近にあった。「何と

661 :吾輩は名無しである:2005/12/01(木) 19:33:45
以上のような形に還元されない命題の最もわかりやすい実例は、数学的な観念を借用し

662 :吾輩は名無しである:2005/12/04(日) 01:08:48
かにその原因を求めてしまいがちです。原因がわかると気持ちが落ち着くし、対処法もわ

663 :吾輩は名無しである:2005/12/04(日) 05:15:50
 だが彼女はしまいまで言わなかった。はじめすこし顔をそむけて、ばらのように顔を染めた

664 :吾輩は名無しである:2005/12/05(月) 05:48:33
る。そして先の突起がマウスの役目をするコードレスのペンで、主に「ペインター」というソフトの

665 :吾輩は名無しである:2005/12/05(月) 06:55:14
味をもつ言葉がけっこうある。これも辞書をていねい

〔高橋 昭男『仕事文の書き方』(岩波新書)〕

666 :長いお別れ:2005/12/12(月) 12:13:26
「お前の弁護士が来てる。タバコを消せー床で消すんじゃないぞ」

667 :吾輩は名無しである:2005/12/12(月) 12:24:04
「おしばいはもうたくさんです。さあ、いっしょに行きましょう。きみにはまだいろいろ聞きた

668 :吾輩は名無しである:2005/12/12(月) 13:36:06
注意して現代文に訳してみよう。

669 :sage:2005/12/12(月) 16:04:21
disant ce qu'il fallait faire, ou` il fallait le faire, comment le faire. Autre-

670 :吾輩は名無しである:2005/12/13(火) 01:58:27
顔と名前だけで人は殺せない

671 :吾輩は名無しである:2005/12/13(火) 02:09:40
もし「虚無感」という概念が分かりにくければ、次のように考えてみてはどうでしょうか。 (『禁煙セラピー』)

672 :吾輩は名無しである:2005/12/13(火) 02:40:09
か、というふうに思うんです。例えば、小林秀雄が『様々なる意匠』のなかで、こういうこと

673 :吾輩は名無しである:2005/12/13(火) 05:44:07
という半ぱな時刻だった。戸外には物音一つ聞こえない。ヴァンサンは、長椅子に腰をおろして

674 :吾輩は名無しである:2005/12/13(火) 06:05:17
文章を構成するときのひとつの典型的パターンとして

〔高橋 昭男『仕事文をみがく』(岩波新書)〕

675 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 05:25:07
はありますまい?もっとも、あなた方のことは、万事共同の商業関係で、持ち株が一っしょで利益が

676 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 06:56:57
の革命をはじめ、この革命のために五ヶ月間の攻囲とその飢餓の恐怖に耐え、トローシュ案にも

〔カール=マルクス(訳:木下 半治)『フランスの内乱』、岩波文庫〕

677 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 20:01:08
「すみません、勉強不足で」

678 :吾輩は名無しである:2005/12/15(木) 04:09:48
ールであるから、最後まで生きていなければならぬ。このためテゼ王の讒言の信じ方は、ひどく

679 :吾輩は名無しである:2005/12/20(火) 02:33:39
失望したはずだがと思う。しかし、よほど卑俗な魂の持ち主でもなければ、モリニエに

680 :吾輩は名無しである:2005/12/24(土) 01:59:36
「おまえの写真ネットで出回ってるよ」

681 :吾輩は名無しである:2005/12/24(土) 17:57:06
しても、その部位ばかりが強調されてしまう染子はたまらずそのウブなこ

682 :吾輩は名無しである:2005/12/25(日) 00:10:17
(ブランク)

683 :吾輩は名無しである:2005/12/25(日) 15:02:16
求するようになる。その要求は細かく、一分前からスイッチを入れ、必ず生テープを

中西茂『闇に向かった家族』教育資料出版会,1998年.


684 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/03(火) 04:11:04
性とその結婚生活における役割について、人が信じていると口にすることと、実際に

685 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/15(日) 18:18:13
には行かない。息子も介護力はないが、さすがに心配らしく、出てきて様子を話してくれた。

686 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/08(水) 23:47:23
間宮兄弟は、

687 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/09(木) 16:19:47
故とも知らず、馬鹿くさく果無く思われ、『やがて死ぬるいのち。』という言葉だけが

688 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/09(木) 16:37:09
白い肢体はぐったりとなっている。

689 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/09(木) 18:04:12
問題との相性がよいとよい点を取り、そうでないと失敗するということも、
模試を受けると

690 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/09(木) 19:09:40
の声を上げた。私はそんな彼の様子をほほえましけ思った。そして、たった十日足らずで

691 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/09(木) 19:10:44
どうしたいんだ−今の僕は。

692 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/10(金) 00:22:50
も、意識的に困難な情況に自らを置くべく努力しました。しかしどうしても死ぬことはでき

693 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/10(金) 02:57:35
い。今日も山脈隊長の手の油を塗って、午後から日向テリぼっこだ。

694 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/10(金) 05:02:13
歳のとき、博物館内で白人を殴って入館呈しとなった。日本人をあからさまに馬鹿にし、

695 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/10(金) 13:41:59
緒方は厚い鞣革のような感じのする、濃いオリーブ色の中折れ帽子をその儘、窓硝子につ

696 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/10(金) 13:56:35
「待ちたまえ、彼は飲んどらん。びんをくれ」と言うと、アナトーリはテーブルの上か

697 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/10(金) 13:58:49
>>670
デスノートみたいな文章ですな

698 :吾輩は名無しである:2006/02/15(水) 14:34:44
貧乏でチビで、女みたいな顔をした呂方はコンプレックスに凝り固まったクソ野郎だっ

699 :吾輩は名無しである:2006/02/15(水) 16:53:51
くなり、嘔吐をもよおすので医者に受診したところ、それは胃が悪いのではなく神経

700 :犬逃人:2006/02/15(水) 20:09:25
言もものを言わなかったので、そう言って、ちょっと私の気持ちを打診して見たのでしょうか。

701 :吾輩は名無しである:2006/02/15(水) 20:18:35
そうか。唇の隙間から煙がゆらりと溢れた。

702 :吾輩は名無しである:2006/02/16(木) 01:03:52
どうして出典を記さないの?
さもないと単なるオナニースレで終わってしまうじゃないか。
他人がどんな本を読んでいるか?
そこから新たな出会いへと発展するかもしれない、
そのような可能性に面白さを見出せるが故に本スレの意義があるのではないのか?
漏れは書くぞ。

としいれられ、かれらをのみこもうと大きな口を開けて待つ火と硫黄との池を、
かれらを身の毛もよだつ深き淵に

「群集と権力(上)」エリアス・カネッティ 岩田行一訳

703 :吾輩は名無しである:2006/02/16(木) 01:06:29
の数多くの実験から証明されないと同様に今申した実験からも証明されません。ところでボイル

スピノザ往復書簡集 岩波文庫より

704 :吾輩は名無しである:2006/02/16(木) 01:09:41
愛をもとめる肩によりそひながら

萩原朔太郎詩集 河上徹太郎編 新潮文庫

705 :吾輩は名無しである:2006/02/16(木) 01:12:33
迷いこませるのですが、その網の目を織ったり、ほどいたり、また織り直したりするす

ムッシュー・テスト ポール・ヴァレリー 岩波文庫

立花隆が激賞してたので読んでみたが。。。

706 :吾輩は名無しである:2006/02/16(木) 01:14:49
犬も人間なみに、それをぐずぐず言うのか。

ファウスト ゲーテ 高橋健二訳 角川文庫より

つーか、どうして74ページの9行目なの?
77ページの4行目の方がいいじゃない、2ちゃんねる的に。

707 :吾輩は名無しである:2006/02/16(木) 01:17:04
という半ぱな時刻だった。戸外には物音一つ聞こえない。
ヴァンサンは、長椅子に腰をおろしてい

「贋金つくり(上)」アンドレ・ジッド 岩波文庫

708 :吾輩は名無しである:2006/02/16(木) 01:23:12
>>707
やっぱりこの方が建設的だよね、サンクス。
偶然、贋金つくりを筑摩の大系で読んでいましたw

けれど、其中にも心はどん底まで滅入り込んでしまひます。かてゝ加えて道はひどい事にな

猟人日記 ツルゲエネフ 生田長江訳 戦前の全集・新潮社版

709 :吾輩は名無しである:2006/02/16(木) 12:59:49
つらさ、なんて

710 :吾輩は名無しである:2006/02/16(木) 18:50:16
ある日の暮れ方のことである。一人の下人が

711 :吾輩は名無しである:2006/02/16(木) 18:59:21

羅生門と書いてくれ

712 :吾輩は名無しである:2006/02/16(木) 19:36:40
無粋な事させるなよ。

713 :吾輩は名無しである:2006/02/16(木) 21:10:09
押し出す勢ひの語です。「うむ。おれの見るところ十四五本はある。たしかに十四五本はあ

714 :吾輩は名無しである:2006/02/16(木) 22:02:21
道徳感は、自然と人間を相手とする職業から生じたも

バルガス・リョサ『世界終末大戦争』より

五年程前に入手した分厚い本を押し入れで発見し読み始めたら、なかなか好いもので。

715 :吾輩は名無しである:2006/02/16(木) 22:13:50
いう犬は一切、ブリーチカというブリーチカ、シャルマン

ゴーゴリ『死せる魂』集英社版世界文学全集より
>>714
『世界終末戦争』だった‥「大」はいらなかったw

716 :吾輩は名無しである:2006/02/16(木) 22:32:53
た。

「女ごころ」 モーム 龍口直太郎訳 新潮文庫

たまにはこういうこともあるよねw

717 :吾輩は名無しである:2006/02/16(木) 22:35:30
’’So deshita ne!’’

「ローマ字日記」 石川啄木 桑原武夫編訳 岩波文庫


718 :吾輩は名無しである:2006/02/16(木) 22:37:24
表しているものはないよ。

「彼方」 J-K・ユイスマンス 田辺貞之助訳 創元推理文庫

719 :吾輩は名無しである:2006/02/16(木) 22:39:01
終わったことを感じた。

「バイロン伝」 アンドレ・モロア 大野俊一訳 角川文庫

720 :吾輩は名無しである:2006/02/16(木) 22:43:47
の所有だった。たえまなく都市へながれこむ逃散農奴たちの競争、都市にたいする農村のたえま

「ドイツ・イデオロギー」マルクス エンゲルス著 古在由重訳 岩波文庫

721 :吾輩は名無しである:2006/02/16(木) 22:58:09
「考える蘆」となり、微かな反抗の聲を揚げつつ結局大自然に呑まれて了ふ。而も自然は飽くまで無感動にして「牧

「佛蘭西文學 下巻」 辰野 隆 白水社(1948年版) 

722 :吾輩は名無しである:2006/02/16(木) 23:00:49
「僕はぱっと目がさめた時に、もう町枝さんに会いたいと思うんだ。」

「みずうみ」 川端康成 新潮文庫

723 :吾輩は名無しである:2006/02/16(木) 23:03:02
平静にさせる)いつだったか、ご自分のこと話してく

「カンディダ 〜バーナード・ショー名作集」 鳴海四郎訳 白水社

724 :吾輩は名無しである:2006/02/16(木) 23:06:35
これらの特性は一言にして言えば実際的・意志的である。それは「観照的・感情的」の対蹠を

「風土」 和辻哲郎 岩波文庫

725 :吾輩は名無しである:2006/02/16(木) 23:08:28
るから義務がある。

「対談・人間と文学」 中村光夫/三島由紀夫 講談社文芸文庫

726 :吾輩は名無しである:2006/02/16(木) 23:10:11
泥はらひ釘うたん

「日本のアウトサイダー」 河上徹太郎 中公文庫

727 :吾輩は名無しである:2006/02/16(木) 23:12:37
かのあした君がおん手に

「三好達治詩集」 河盛好蔵編 新潮文庫

728 :吾輩は名無しである:2006/02/16(木) 23:15:03
題名を書くなんて、野暮なことしなくていいよ。

729 :吾輩は名無しである:2006/02/16(木) 23:52:39
F                 Am7
ガラスのジェ ネレ ーションー   さよならレ ヴ ォリュ ーションー  き

730 :吾輩は名無しである:2006/02/17(金) 08:30:21

クソワロス

731 :吾輩は名無しである:2006/02/17(金) 12:37:43
き着いた時に、樹の枝に懸って、すんでのことに死のうとした。それ

732 :吾輩は名無しである:2006/02/17(金) 12:50:12
よって説く。とくに有名なのは譬喩品に説く火宅の譬、あるいは三車の譬と

733 :吾輩は名無しである:2006/02/17(金) 12:55:04
「ではなぜぼくは気が狂ってるんです?」         ←74頁9行目『乳房になった男』集英社文庫

734 :吾輩は名無しである:2006/02/17(金) 12:57:12
に避けた結果だとも言えるが、爆撃や砲撃の多さにくらべると、戦場はどこにもなかったと言

735 :吾輩は名無しである:2006/02/17(金) 13:00:25
に論争的であったのは、著作家は「書くこと」によって社会や歴史に巻き込まれている(拘束され

736 :吾輩は名無しである:2006/02/17(金) 13:03:49
うになったので、こちらで手を振ると、ニコッと笑った。私がいつも持っている日本紹介の写真集

737 :吾輩は名無しである:2006/02/17(金) 13:24:28
するわ。

738 :吾輩は名無しである:2006/02/17(金) 14:46:10
もかけず、ただその見事な縞瑪瑙の目を見せるだけにしておくこともある。そんなときの客は

739 :我輩は名無しである:2006/02/17(金) 16:04:33
が流れていき、闇に吸い込まれる。なぜこの人は外したんだろう。という
問いを倒されることを希

740 :吾輩は名無しである:2006/02/18(土) 13:50:29
74ページは挿絵でした・・・・ onz

741 :吾輩は名無しである:2006/02/18(土) 19:16:14
をするとあの島々は日本の国土ではなくなるかもしれない。相手の言い分はダライ・ラ

742 :吾輩は名無しである:2006/02/18(土) 19:21:57
た。悲しいことにダライ・ラマに対する儀礼はことのほか厳しく、ふたたび梟のように
               ー文春文庫『ダライ・ラマ自伝』74p9L

743 :吾輩は名無しである:2006/02/18(土) 20:11:48
「どこだい、きみのうちは。」

744 :吾輩は名無しである:2006/02/18(土) 21:57:32
「知らないオジサンには教えません。」

745 :吾輩は名無しである:2006/02/18(土) 23:52:55
檎の落ちたのを見て、引力の法則という大

746 :吾輩は名無しである:2006/02/19(日) 00:03:57
らしい住居を訪ねたり、薄暗い貧民窟や怪しげな路地裏を日夜
うろついたりして、自分

747 :名無し募集中。。。:2006/02/19(日) 06:41:19
the mother of my churren. She plain broke our

748 :吾輩は名無しである:2006/02/19(日) 11:35:22
と云う諦めも手伝って、末造に決心させたのである。

新潮日本文学 1 森鴎外集

749 :吾輩は名無しである:2006/02/20(月) 18:52:06
して、宇宙法力を体内の念心に巡らせながら、森羅万

750 :吾輩は名無しである:2006/02/20(月) 19:07:21
ズは得意そうに話し続けた。

751 :吾輩は名無しである:2006/02/20(月) 20:00:28
「所が、あれが僕の現在なんですよ。」

752 :吾輩は名無しである:2006/02/20(月) 20:10:05
「所が、あれが僕の現在なんですよ。」

753 :吾輩は名無しである:2006/02/20(月) 21:28:22
あ。村上春樹なら「モノには入り口があって出口がある」って言うぜ?

754 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/26(日) 12:01:24
>>747
あんたどこにでもいるねw

 君に口づける君に友なる

755 :吾輩は名無しである:2006/03/05(日) 18:17:53
る。横臥したまま夜具と一緒に横にすべりだす。娘たちが小走りについてくる。やがて扉

756 :吾輩は名無しである:2006/03/08(水) 10:17:03
(あたしはあの人を好きになったのであろうか)

757 :吾輩は名無しである:2006/03/09(木) 12:07:21
ていた。その他の点については、近親者に衛生上の警戒を守るよう勧告するにとどめ

758 ::2006/03/09(木) 12:47:16
活力もてこれを充たす

759 :石村舞波の旦那 ◆MAIHa02y9E :2006/03/09(木) 13:13:41
て闇に立ち尽くす傍らを、たまたま誰かが通りすがることがあったとしても(ここは室内なの

760 :新渡戸稲造《武士道》:2006/03/09(木) 14:52:32

我が国民の評判について
いい加減な商業道徳という悪名は最大の汚点である。

761 :長野まゆみ 新世界2nd:2006/03/09(木) 14:57:31
……Hahn' ……Burg' ……Ukert' ……Lexell' ……Pictet'

762 :吾輩は名無しである:2006/03/09(木) 15:06:40
房景が笑った。

763 :吾輩は名無しである:2006/03/09(木) 15:10:57
旧式なオロラがバラの指を拡げる

764 :ちょこみるく ◆COO./GBPR. :2006/03/09(木) 17:33:39
フッサールの最初の著書『算術の哲学』(一八九一年)にも、その一部に心理主義的傾向が見られる。

765 :吾輩は名無しである:2006/03/10(金) 18:35:13
>>762
『天と地と』か?


も吸い込む田に注いだ。そのためにかろうじて実ったのだ。この年は、王龍も初めて収穫した米

766 :吾輩は名無しである:2006/03/15(水) 01:44:31
と、古びたアルバムが出てきた。

767 :吾輩は名無しである:2006/03/16(木) 22:32:08
>>765
『上杉謙信』(松永義弘)。

した味わいが身上だけど、猫の場合は微妙な「なまぬるさ」がポイ

768 :吾輩は名無しである:2006/03/16(木) 22:33:35
ちなみに天と地とは>>756

769 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 00:36:44
言う人だとは決して申し上げておりません。ただこの際に、九月二八日に飯

770 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 23:34:06
局で聞いてください」

771 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 23:28:45
に職を得た。才能に恵まれていた彼は、すぐに親方の地位にのぼり、しかも金属加工に関する発明で

772 :大沼ユミ ◆cj4.95aVS6 :2006/03/26(日) 22:54:34
[そこの人たちみんながそういう哲学なの?]

773 :吾輩は名無しである:2006/03/26(日) 23:13:43
感覚論が隆盛を極めた。「欲動」「情念」「官能」などの語彙は、ドイツではなくウイーンにおいて、ヘッケル、フロイトから

774 :吾輩は名無しである:2006/03/27(月) 08:30:47
おもむろにエネマグラを取りだし、彼の肛門にうめこんだ。

775 :吾輩は名無しである:2006/03/27(月) 08:40:03
桜がほころび始める頃になると、彼の狂気はますます昂じた。日々ネット上をうろつき

776 :吾輩は名無しである:2006/03/29(水) 22:13:44
rooted for it to be forgotten, no matter how much

777 :吾輩は名無しである:2006/03/29(水) 22:35:21
「わかった、わかった。赤たん赤たん」

778 :吾輩は名無しである:2006/03/30(木) 00:06:45
た臼淵大尉は「敗れてのち目覚める。それ以外にどうして日本が救われるのか、俺た

779 :吾輩は名無しである:2006/03/30(木) 17:49:36
や、財産や、名誉や、その他いっさいの物質的欲望、世俗的欲望を捨てなければなりま

780 :吾輩は名無しである:2006/03/30(木) 18:04:43
おいて行われる普遍的な記述がまず開かれてくる。それゆえ、一方では、志向的な対象

781 :吾輩は名無しである:2006/04/04(火) 00:56:44
ィクションとしか私には思えません。「人間の尊厳」とか「ヒューマニズム」とか「人

782 :吾輩は名無しである:2006/04/08(土) 20:04:55
になっている。洗礼の記録しか残っていないので、彼の誕生日を4月

783 :吾輩は名無しである:2006/04/09(日) 01:14:14
いた。

784 :吾輩は名無しである:2006/04/09(日) 13:59:56
「ぴったりだ」

785 :吾輩は名無しである:2006/04/09(日) 20:15:10
詩的精神の現れを見出す。第3巻「ケンブリッジでの生活」では,1787年

786 :吾輩は名無しである:2006/04/09(日) 20:20:10
べからず。久しく花のなからんは、いずれの風体をも知らぬに同じかるべ

787 :いつか:2006/04/09(日) 20:36:41
 己主義よりは、この上なく卑しい奴隷状態を好むのである。

788 :吾輩は名無しである:2006/04/09(日) 20:39:22
写真版がこの喚起に役立って、むかし何気なしに見すごしていたものが今はえもいわ

789 :吾輩は名無しである:2006/04/09(日) 22:20:37
ええ。原一男は文学です。だけど、でも、だから、どうして、とわたしは首を傾げ

790 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/04/09(日) 22:33:39
値のデータ(設定後) プログラムのフルパス Excelの場合は
C:\ProgramFiles\MicrosoftOffice\OFFICE11\EXCEL.EXE

791 :吾輩は名無しである:2006/04/10(月) 19:16:47
それを、どうして遣ることも出来ない。

792 :吾輩は名無しである:2006/04/12(水) 12:52:31
略の最前線の要塞守備に任じた。

793 :吾輩は名無しである:2006/04/12(水) 17:34:39
というべきであろう。ご陵は、桜を見おろす裏山の中にあって、「松伯塚上に生じ」、春

794 :吾輩は名無しである:2006/04/16(日) 02:58:00
われわれはよく事実、事実っていいますけど、こういった例からも明らかなように、

795 :吾輩は名無しである:2006/04/26(水) 01:45:32
も悪くもマッチョな国ですから、“男らしくない”ことだと男性側も思っているし、そん

796 :吾輩は名無しである:2006/04/26(水) 23:13:01
が人間のままの段階では戦争する本能からは逃れられないということだ。

797 :吾輩は名無しである:2006/04/27(木) 16:24:54
くの子を生み、ますますふえ、はなはだ強くなって、国

798 :吾輩は名無しである:2006/04/29(土) 00:29:05
『常山紀談』には「長高く容儀骨がらの双びなく、弁舌明らかに、殊更大胆なる人なり」と記されて

799 :吾輩は名無しである:2006/04/29(土) 14:32:05
頭から無視するにかぎるのである。無口なひさも、このほうは龍子のように意識的ではない

800 :吾輩は名無しである:2006/05/14(日) 20:32:16
「昆虫?」

801 :吾輩は名無しである:2006/05/14(日) 22:20:35
互いに心を全く許していないかに見える三姉弟だが、

802 :吾輩は名無しである:2006/05/14(日) 22:25:01
精神病の第一の徴候のひとつは、自分が精神病になっているかもしれないと思う

803 :吾輩は名無しである:2006/05/15(月) 00:40:17
「分からぬか。さきにおまえは狐の子を産んだ。これはひとにもいえぬ
一家の恥じゃ。

804 :吾輩は名無しである:2006/05/15(月) 08:54:01
この節の日本は農業がどんどん片すみに追いやられ、農業にかかわる人の数が年々減

805 :吾輩は名無しである:2006/05/18(木) 15:05:06
「誤解のないように言っておくが」

806 :吾輩は名無しである:2006/05/21(日) 02:28:59
私の袖は涙で乾くまもなく、朽ちてしまうで

807 :吾輩は名無しである:2006/05/25(木) 20:09:17
病院の皆も、別れた妻や子供も信用しないだろう。信じてくれるのは、本当の私を理解し

808 :吾輩は名無しである:2006/05/30(火) 13:00:01
「だーるーまーさーんーがーこーろーんーだー」

809 :AmiLaLa :) ◆V0C09R5Pg. :2006/06/16(金) 06:02:33
るように、教父たちが世俗の書物を学ぶのは、それ自体では聖徒の霊的な戦いには役に立

810 :吾輩は名無しである:2006/07/01(土) 21:27:07
人物たちである。

811 :吾輩は名無しである:2006/07/09(日) 02:13:53
4月に入り、WHOの研究者らは病原

812 :吾輩は名無しである:2006/07/23(日) 22:44:25
のせいか、とにかくわかってはいたのだった。お富は眉も動かさずに、じっと新公の顔を眺

813 :吾輩は名無しである:2006/07/24(月) 00:53:19
「夕方咲く夕顔とか、月夜に咲くゲッか美人とかはあるけど、香りが時間を知っているなん

814 :吾輩は名無しである:2006/07/28(金) 00:11:42
 急攻めに失敗した信長は、ようやく兵糧攻めの意志を固めた。九月九日、滝川に命じて国司

815 :吾輩は名無しである:2006/07/28(金) 20:58:22
晋州城を囲んで陣を張った。それに対する朝鮮側の兵力は、わずかに三八〇〇で、指揮官の晋州牧使金

816 :吾輩は名無しである:2006/08/03(木) 18:41:50
ご仏前におたむけいただきたく存じます。

817 :吾輩は名無しである:2006/08/03(木) 19:23:15
2ちゃんねるで会話するな阿呆

818 :吾輩は名無しである:2006/08/04(金) 02:23:44
れてきたのぉ」

直木賞受賞作なんだが…

819 :吾輩は名無しである:2006/08/04(金) 05:02:55
を始めている。

(ト書きである)

820 :吾輩は名無しである:2006/08/04(金) 16:38:48
「心を強く持っておられれば」

821 :吾輩は名無しである:2006/08/04(金) 16:43:35
ワッペンと名札を胸に装着し、銀色の鉢巻をして、ハチ公前にお集まりください。

822 :吾輩は名無しである:2006/08/04(金) 16:45:10
僕がそう言うと、C・Cはきれいな色の歯茎を見せて声高く笑った。

823 :吾輩は名無しである:2006/08/04(金) 16:50:11
金色の鉢巻をお持ちの方は、それを腰に巻き、右手に一握の砂、左手には青酸

824 :吾輩は名無しである:2006/08/04(金) 17:15:05
「どひゃあー!」

825 :吾輩は名無しである:2006/08/06(日) 04:01:59
「ちょ、ちょっとやめてよ!」

826 :吾輩は名無しである:2006/08/10(木) 16:47:49
る。ブスは三日で慣れる。馬鹿は三日で殺す。

827 :吾輩は名無しである:2006/08/11(金) 14:48:33
ユダヤ人の垂れ流しに近いザーメンの香りがアレンジされているような気がする。

828 :吾輩は名無しである:2006/08/11(金) 14:53:34
わざわざ見ようとするまでもなく、少女に男の姿が見える。

829 :吾輩は名無しである:2006/08/11(金) 22:30:56
南北に縦断して大津城へ着いたのは翌九月三日の早

830 :吾輩は名無しである:2006/08/11(金) 22:47:07
ろくろの中心に土をおく、両手でたたきながらろくろに固定する。

831 :吾輩は名無しである:2006/08/12(土) 19:59:27
が男の欲望であった。この清らかな花が引き裂かれて

832 :吾輩は名無しである:2006/08/12(土) 20:14:47
た、まるで、とほうもなくでっかい犬を従えてでもいるみたいに。ところが橋のそばまで

833 :吾輩は名無しである:2006/08/17(木) 00:31:36
えるわ)

834 :吾輩は名無しである:2006/08/20(日) 14:22:32
っじゃわかんないよ。その中で特にオスス

835 :吾輩は名無しである:2006/08/23(水) 13:40:35
 大山崎の北、淀川に合流する円明寺川の北岸に康

836 :吾輩は名無しである:2006/08/23(水) 17:10:50
なり、沙漠の船々が灯につどい寄る羽虫のように集まることは、これも期して待つべ

837 :吾輩は名無しである:2006/08/23(水) 17:16:21
その朝、へんに咳が出て、自分は咳の出るたびに、ハンケチで口を覆っていたので

838 :吾輩は名無しである:2006/08/23(水) 17:35:29
 「ええ、そのためにお金が要るんです!」             (ホントに9行目だ

839 :吾輩は名無しである:2006/08/24(木) 02:55:13
イオリンの音色が流れていたのか、今となっては判らないが、掃除をする私たちよりも、もっと

840 :吾輩は名無しである:2006/08/24(木) 18:57:47


  両目の瞼を切り取られて砂漠に放り出された。

841 :吾輩は名無しである:2006/08/25(金) 02:54:13
と城山は思い、息子が海で溺れたときもそうだったが、

842 :吾輩は名無しである:2006/08/25(金) 20:32:59
「出なくていいっ。どうせ、卑しいハイエナだ」

843 :吾輩は名無しである:2006/08/26(土) 03:04:56
「べつに、身元を確かめただけでね。しっかりした厳しそうな声のお父さんだったがね」

844 :吾輩は名無しである:2006/08/26(土) 03:24:56
人間の家に同じく 天の歓喜の御堂が輝く。

845 :吾輩は名無しである:2006/08/26(土) 03:36:52
やりながら、早速御姫様の偽手紙を拵へて、折からの藤の

846 :吾輩は名無しである:2006/08/26(土) 10:32:01
 目を合わせ     ←カシュウダカラコレダケ

847 :吾輩は名無しである:2006/08/26(土) 16:02:24
ふーん

848 :吾輩は名無しである:2006/08/26(土) 19:18:20
 マク・アヌは美しかった。ヴェネチアを思わせるその街並みは夕日を受け

849 :吾輩は名無しである:2006/08/27(日) 00:47:03
を引用して聴かせた。たとえば「月はあの憂愁の古い秘密をふりまいていた」とか、

850 :吾輩は名無しである:2006/09/24(日) 19:03:10
スクリーンの上でも、やはり肉の沸騰が演じられていたのである。

851 :吾輩は名無しである:2006/10/16(月) 21:11:07
 そこへ、

852 :sage:2006/10/26(木) 13:48:15
ぐれ。」

853 :吾輩は名無しである:2006/10/26(木) 14:31:46
ない。切って落とすは、この拙者」

854 :吾輩は名無しである:2006/10/26(木) 14:55:06
と吉兵衛はいった。

855 :吾輩は名無しである:2006/10/27(金) 12:42:20
して)政治を担当したとき、役人に非行があった場合でもなおそれを容赦したという。まし

856 :吾輩は名無しである:2006/10/27(金) 16:24:13
てしまうらしい。

857 :吾輩は名無しである:2006/10/27(金) 17:46:14
ム・ハーゲンか母に話すのが最善だということを心得ていた。

858 :吾輩は名無しである:2006/10/31(火) 10:58:14
アルカージナ: 仕方のないことよ!

859 :吾輩は名無しである:2006/10/31(火) 11:07:16
体重による肋骨骨折や筋肉の痙攣や血行障害は地球の恋人たちが
直面する危険のごく一部にすぎない。

860 :名無し募集中。。。:2006/10/31(火) 11:12:13
(伊藤と陸奥)はよく馬があったという。西園寺が陸奥と知り合ったのは、オーストリア公氏時代だった。

861 :吾輩は名無しである:2006/10/31(火) 22:54:23
汚れた服を着替えて、何か食べて、少し休みなさい。まるで浮浪人みたいよ」

862 :吾輩は名無しである:2006/11/01(水) 00:52:06
静かに教えるという形で活躍し、祭

863 :吾輩は名無しである:2006/11/01(水) 00:55:30
Oath  鹿毛  成長 普通 底力 B  安定 B

864 :吾輩は名無しである:2006/11/01(水) 05:30:33
ないとなって忍び込み、とうとう例の二拍子の痙攣を思い出させてしまった。しかし、ステッキ

865 :吾輩は名無しである:2006/11/01(水) 07:49:36
つたが、そのやうな笑みは、ついぞ見られなかつた。かるがゆゑに、母の

866 :吾輩は名無しである:2006/11/01(水) 12:06:13
私はお茶を持って行った時にそう話しかけた。

867 :吾輩は名無しである:2006/11/01(水) 15:36:25
7行しかなかった・・・・

868 :吾輩は名無しである:2006/11/01(水) 17:36:06
「なんて、いやらしい連中だろう!」と、彼はつぶやいた。

869 :吾輩は名無しである:2006/11/02(木) 01:35:34
「やはり北大に行かせたのが失敗だったのでしょうか」

870 :吾輩は名無しである:2006/11/03(金) 00:49:29
「これ、逮捕されるまえに地検に何度も取調べで出頭してるでしょう。それで、地検のこと、

871 :870:2006/11/03(金) 00:52:02
このスレをちょっと眺めてみたけど、わかる本が一つも無い。

870は開高健「片隅の迷路」

872 :吾輩は名無しである:2006/11/03(金) 18:02:27
そのために、南は我が隊。そして北は馬場信春どの

873 :吾輩は名無しである:2006/11/04(土) 23:39:30
武器なのである。

874 :吾輩は名無しである:2006/11/10(金) 19:48:06
いさんです。それに、わたしは酔っています。しかしわたしがいま、とつぜん立ち止まって

875 :吾輩は名無しである:2006/11/10(金) 21:43:21
たのでした。

876 :吾輩は名無しである:2006/11/11(土) 19:32:52
「そりゃ考え過ぎだよ」

877 :吾輩は名無しである:2006/11/11(土) 22:19:04
妻、自分の子らの母、自分と双幅の絵となるにふさわしい。たしかにこの二人がならんで立つと

878 :吾輩は名無しである:2006/11/11(土) 22:25:08
158 名前: 名無し物書き@推敲中? Mail: 投稿日: 2006/11/11(土) 22:21:38
>>157
>芥川賞受賞作品です。

しらねぇーよ、バカ。
独りでやってろ。

879 :吾輩は名無しである:2006/11/12(日) 00:12:28
が、一九一四年七月三十一日に、次のような注目すべき言葉を書かせるのである。「僕には時間がない。総動員だ。

880 :吾輩は名無しである:2006/11/12(日) 00:15:09
かれば、思わず道路にひざまずく古い家系の最後の生き残りといってもいいタイプの人間だった。

881 :金原啓一郎:2006/12/23(土) 09:06:12
「誰だ、ギョオムって?」

882 :はるな:2006/12/23(土) 09:13:37
「本当か?」「ああ」「ここはどこなんだ?」「キューバさ」「インチキ野郎」彼は言って船べりをまたぎ、そこにぶらさがってから手を放した。頭が水の下に隠れたが、すぐ浮かびあがった。顎が水の上に出ていた。「インチキ野郎」彼は言った。「インチキ野郎」

883 :吾輩は名無しである:2006/12/24(日) 00:56:35
めて貰い度い。実は政治家そのものを止めてもらい度い。我々国民がそんなことのと

884 :吾輩は名無しである:2006/12/24(日) 20:20:52
オ 大 原 浜  986-2412

885 :吾輩は名無しである:2006/12/28(木) 19:16:20
りたかった。それで、引き算に切り替えることにした。これでもっと様子がわかるだろう。「三から

886 :吾輩は名無しである:2006/12/30(土) 16:42:00
部屋にはウェストミンスタアの煙が充満している。入って右側の、裏の通りに面した窓は

887 :吾輩は名無しである:2006/12/30(土) 16:52:03
我われが探らなくてはならないのはこの点、この現実です。いわばこの現実の現前こそが、たとえばメラニー・ク

888 :ヘミングウェイ「海流の中の島々」:2006/12/31(日) 13:01:19
てるんだ、坊や?」

889 :吾輩は名無しである:2007/01/01(月) 00:42:09
「言うわけないじゃん。んなこと言ったら殺される」

890 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 09:49:33
(しばらく沈黙していたのちに)たのむ、わしをひとりにしてくれ!

891 :『肉体の門・肉体の悪魔』:2007/01/05(金) 13:12:48
 あたしはそんなひとたちを、決して愛してはいなかったのよ。どうして愛してもいないひとた

892 :吾輩は名無しである:2007/01/07(日) 02:37:31
しは独りごちました、「最初のあたしの盗みを、神さまがこんなにうまく援助してくださるとは

893 :吾輩は名無しである:2007/01/12(金) 16:24:53
ら来る也と、時人称して自来也と言う。

894 :吾輩は名無しである:2007/01/13(土) 06:03:24
この知性ある家畜の生物的将来は洋々たるものなのだ。

895 :筒井康隆 - 夢の木坂分岐点:2007/01/14(日) 22:58:25
「あのサイコドラマについての解説の部分は章立てを別にしていましたね。論文調だった。

896 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 20:04:14
mL によくすりつぶした(NH4)2[OsCl6] 10 g (0.023 mol)を激しく撹拌しながらゆっ



897 :吾輩は名無しである:2007/01/19(金) 16:55:46
お前も止まるまい」

898 :『ベ:2007/01/19(金) 17:00:46
いの観光客は、ここでは自動小銃を撃つ。東側の制式銃のAKカラシニコフと西側で使われるM

899 :吾輩は名無しである:2007/01/20(土) 10:20:21
すと、日明連合軍の後衛である寧波、紹興の徴募兵

900 :吾輩は名無しである:2007/01/23(火) 21:37:12
なのである.これは確かに一理ある.しかし我らMS-DOSユーザーにとっ

901 :吾輩は名無しである:2007/03/03(土) 15:46:29
「ティーザー?」

902 :吾輩は名無しである:2007/03/11(日) 17:14:56
ゆっくりと下におりる。記憶が従僕のように、白い木綿の手袋をはめた手で、それを丸いテーブルの

903 :吾輩は名無しである:2007/03/11(日) 21:15:11
るであろう快感とすることの空想上の成就にまで、私は到達する筈だった。

904 :吾輩は名無しである:2007/03/11(日) 21:46:06
オメガマンの

905 :吾輩は名無しである:2007/03/12(月) 10:15:16
>886
森茉莉「甘い蜜の部屋」

906 :吾輩は名無しである:2007/03/13(火) 17:14:46
おれはもう、いつものように就職のことを考えようとはしなかった。おれの頭の中

907 :吾輩は名無しである:2007/03/14(水) 14:32:25
シアの首都ジャカルタは巨大な都市。だから

908 :吾輩は名無しである:2007/03/18(日) 18:26:57
念を私のうちに有するものであるからして、どのやうな原因が結局私に振り當てられるにしても、

909 :吾輩は名無しである:2007/03/18(日) 19:20:46
http://puka-world.com/php/upload/ren/img-box/1173888778485.jpg
http://puka-world.com/php/upload/ren/img-box/1173888896106.jpg
http://puka-world.com/php/upload/ren/img-box/1173888958501.jpg
http://puka-world.com/php/upload/ren/img-box/1173888998439.jpg
http://puka-world.com/php/upload/ren/img-box/1173889076970.jpg
http://puka-world.com/php/upload/ren/img-box/1173889114390.jpg
http://puka-world.com/php/upload/ren/img-box/1173889150101.jpg
http://puka-world.com/php/upload/ren/img-box/1173889183735.jpg
http://puka-world.com/php/upload/ren/img-box/1173889226930.jpg
http://puka-world.com/php/upload/ren/img-box/1173889263964.jpg

910 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 13:20:31
おいおいすごい9行目だなww

911 :名無し募集中。。。:2007/03/20(火) 17:35:50
三都とは三家の邑なり。敬王の二十二年、叔孫氏こうを堕つ、季氏将に費を堕たんとす、費人魯を襲ふ。定公季氏の宮に入る。

912 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 20:01:41
「いかがです。おいしいでしょう?」

913 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 20:21:49
とてーもマズイです

914 :吾輩は名無しである:2007/03/21(水) 00:12:02
「首筋って、彼女の敏感な部分なのよ。昔は、彼に、キスされるだけで、彼女、体じゅうの

915 :吾輩は名無しである:2007/03/21(水) 00:59:17
チャップリンが言ってます。カメラを人の股ぐらの下からのぞいて撮ったり、やたらに

916 :吾輩は名無しである:2007/03/21(水) 03:53:26
「またぞろなにかやらかしたかな」と、しばらく間をおいて父がいう。明らかにドアのほうを向

917 :吾輩は名無しである:2007/03/23(金) 04:44:53
る。

918 :吾輩は名無しである:2007/04/04(水) 21:24:20
みよってそれに手をかけた。私は言う。

114 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)