5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【矢作島田】三島由紀夫賞【筒井福田】

1 :吾輩は名無しである:2005/04/16(土) 21:50:31
 一昨年の舞城王太郎に続き去年は矢作俊彦。
 審査員の選評もけっこう楽しい。
 多様な才人に賞を贈り続ける、三島由紀夫賞について語りましょう。

 公式・新潮社 三島由紀夫賞
 ttp://www.shinchosha.co.jp/mishimasho/

 三島由紀夫賞規定(第十七回(昨年度))
[記念品及び副賞百万円]
本賞は下記の規定により、文学の前途を拓く新鋭の作品一篇に授賞する。
一、選考の対象は、小説、評論、詩歌、戯曲とする。
一、第十七回は、平成十五年四月一日より平成十六年三月三十一日までに発表された作品を選考の対象とする。
一、選考委員 筒井康隆 宮本輝 高樹のぶ子 福田和也 島田雅彦
一、選考委員の任期は四年とする。


2 :1:2005/04/16(土) 21:51:05
過去の受賞作品
第16回 「阿修羅ガール」 舞城王太郎
第15回 「にぎやかな湾に背負われた船」 小野正嗣
第14回 「ユリイカ EUREKA」
「あらゆる場所に花束が……」 青山真治
中原昌也
第13回 「目覚めよと人魚は歌う」 星野智幸
第12回 「ロックンロールミシン」
「おぱらばん」 鈴木清剛
堀江敏幸
第11回 「カブキの日」 小林恭二
第10回 「三絃の誘惑 近代日本精神史覚え書」 樋口 覚
第9回 「折口信夫論」 松浦寿輝
第8回 「緑色の濁ったお茶あるいは幸福の散歩道」 山本昌代
第7回 「二百回忌」 笙野頼子
第6回 「鹽壺の匙」
「日本の家郷」 車谷長吉
福田和也
第5回 受賞作なし ――
第4回 「ア・ルース・ボーイ」 佐伯一麦
第3回 「世紀末鯨鯢記」 久間十義
第2回 「黄昏のストーム・シーディング」 大岡 玲
第1回 「優雅で感傷的な日本野球」 高橋源一郎

3 :1:2005/04/16(土) 21:53:37
追加:
第17回「ららら科學の子」矢作俊彦

4 :ピーコ:2005/04/16(土) 22:31:27
何でやはぎのことばっか言うのよ!!

5 :吾輩は名無しである:2005/04/16(土) 22:40:29
>>2
ずれてる。

過去の受賞作品

第17回 「ららら科學の子」 矢作俊彦
第16回 「阿修羅ガール」 舞城王太郎
第15回 「にぎやかな湾に背負われた船」 小野正嗣
第14回 「ユリイカ EUREKA」 青山真治
    「あらゆる場所に花束が……」 中原昌也
第13回 「目覚めよと人魚は歌う」 星野智幸
第12回 「ロックンロールミシン」 鈴木清剛
    「おぱらばん」 堀江敏幸
第11回 「カブキの日」 小林恭二
第10回 「三絃の誘惑 近代日本精神史覚え書」 樋口 覚
第9回 「折口信夫論」 松浦寿輝
第8回 「緑色の濁ったお茶あるいは幸福の散歩道」 山本昌代
第7回 「二百回忌」 笙野頼子
第6回 「鹽壺の匙」 車谷長吉
    「日本の家郷」 福田和也
第5回 受賞作なし ――
第4回 「ア・ルース・ボーイ」 佐伯一麦
第3回 「世紀末鯨鯢記」 久間十義
第2回 「黄昏のストーム・シーディング」 大岡 玲
第1回 「優雅で感傷的な日本野球」 高橋源一郎

6 :吾輩は名無しである:2005/04/17(日) 01:27:16
>>1
おお、やっと三島賞のスレが立ったか。
乙!

7 :国を愛するようなチンケな犯罪者に堕してはならない。:2005/04/17(日) 03:20:55
国を愛するなどという愚かな犯罪者が北京で上海で、ソウルで平壌で、煽られて惨めな醜態を晒している。
靖国の英霊という侵略強盗殺人の犯罪者もまた煽られて愛国に洗脳されて愚かな末路を辿った。
アジアの総ての若者は国を愛するような哀れな犯罪者に堕してはならない。
>http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/gyakusatu.html
>http://yeoseong.korea-htr.com/jyoseihoutei/nisino.htm
>靖国の英霊たちがアジア侵略強盗殺人の犯罪者若しくは犯罪の共犯者であるという事実から目を逸らしてはならない。
>英霊という犯罪者を野放しにして、時代に責任を霧散させて来たモラルが、戦後の無責任を拡大し「平成」の今に至った。
>靖国の英霊たちがアジア侵略強盗殺人の犯罪者であり共犯者であるという事実は紛れもないことである。
>太平洋戦争は日米という卑しいアジア侵略強盗同士が奴隷自国民を駆り立てた殺戮戦であった。
>麻原「天皇陛下」のもと、世界滅亡(ハルマドゲン)阻止のためと称して
>市民を殺し廻ったオウム帝国の兵士たちもいま個別に裁かれている。
>上一色村に建国したオウム帝国の国体を護持するために市民社会を侵略し強盗殺人を繰り広げたサリン特攻隊の若者たちもその共犯者たちもいま長い裁きの法廷に引き出されている。
>当前のことだ。
>靖国の英霊たちもアジアの無辜の民を殺した犯罪者であり共犯者である事実から逃れる事は出来ない。
>数人の戦争指導者を連合国に裁いて貰うという怠惰に胡坐をかいて、英霊という個々の犯罪者を見逃してきた。
>オウム裁判のように厄介で気の重いことだが、英霊という犯罪者たちを裁くのは我々日本国民の義務である。
>オウム帝国と日本帝国の兵士たちに家族を惨殺された者の慟哭と悲しみの深さは同じものだ。
>アジア侵略の挙句、かけがえの無い家族を殺しておいて、たかが数十年で許されるはずがなかろう。
>靖国の英霊たちに家族を虐殺された被害者の怒りがもう消えたとでも思ってるのか。
>http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-03-17/2005-03-17faq.html
>日本人1697人を虐殺亡霊復活!特高官僚町村金五(田中内閣自治相、信孝現外相の父)たちの平成2005。


8 :吾輩は名無しである:2005/04/17(日) 03:46:12
海外では芥川賞よりミシマ賞のほうがインパクト強いかもしれない??
アクタガワ? だけど、ミシマ賞、おおっハラキリ、で通じるよ、たぶん?
一度思い切って海外の新人にミシマ賞を与えたらどうだろう。

9 :吾輩は名無しである:2005/04/17(日) 03:52:06
a

10 :吾輩は名無しである:2005/04/17(日) 05:15:52
>>8
なんか、福田和也も言ってたな。
福田がフランス人に三島賞を取った話をしたら、
「福田さんは、ハラキリされるんですか?」って言われたとか。

スレタイに輝と高樹がないのは、嫌がらせか?

11 :1:2005/04/17(日) 09:29:40
>>10

愉快な(いい意味で面白い)と思った人を順番に挙げました。
その他の意味はないです、たぶん。

12 :吾輩は名無しである:2005/04/24(日) 00:01:28
選考委員の任期4年なわけだが
次は誰ですか

13 :吾輩は名無しである:2005/04/24(日) 00:40:08
次の選考委員は加藤さんと西村さん

14 :吾輩は名無しである:2005/04/24(日) 01:54:04
つうか4年以上やってないか
何なの、これ

15 :吾輩は名無しである:2005/04/24(日) 02:36:46
腑抜けども、悲しみの愛を見せろ

16 :吾輩は名無しである:2005/04/24(日) 04:16:52
筒井と宮本は第1回から、ずっとしてるよ。
受賞作が小説ばかりっていうのも、どうかな?
一応、評論は入ってるけど。詩歌と戯曲は皆無な気がする。
小説だけに限定してもいいような。

>>15
本谷はないでしょ。

17 :吾輩は名無しである:2005/04/25(月) 09:03:27
>あ、あとこのたび私の小説(『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』)が
>三島由紀夫賞の候補に選ばれたらしいです。結果発表は五月十七日。部
>屋の隅っこで体育座りして待ってようと思います。

今月の「新潮」にも載ってたし、矢野が推してるのかな。
うーん、この分だと、佐藤も候補になるのか〜

18 :吾輩は名無しである:2005/04/25(月) 22:08:41
三島賞突っ走ってるよね。

ちなみに矢作が取れたのは、福田と矢作が友達だからだって島田
まちゃひこが怒ってた。

19 :吾輩は名無しである:2005/04/26(火) 06:23:51
>>18
矢作のときは、島田だけ授賞に反対してたはずだけど。
その福田が三島賞取ったのも、江藤淳が推したからなんだよね。
高橋源一郎は最後まで、福田の授賞に反対したらしいけど。
まあ、そんなもんでしょ。文学賞なんて。

20 :吾輩は名無しである:2005/04/26(火) 23:44:22
「矢作俊彦って作家今回初めて知りました」と言ってた選考委員がいたな。

21 :吾輩は名無しである:2005/04/29(金) 01:15:45
長吉は三島賞始まって以来初めての満場一致での受賞

22 :吾輩は名無しである:2005/05/02(月) 00:01:30
   第十八回三島由紀夫賞候補作品

「悪意の手記」 中村文則 「新潮」平成十六年五月号
「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」 本谷有希子 「群像」平成十六年十二月号
「クレーターのほとりで」 青木淳悟 「新潮」平成十六年十月号
「六○○○度の愛」 鹿島田真希 「新潮」平成十七年二月号
『となり町戦争』 三崎亜記 平成十七年一月集英社刊
「明るい夜」 黒川創 「文學界」平成十七年四月号

23 :吾輩は名無しである:2005/05/07(土) 02:52:29
もっと盛り上がっても良さそうな下馬表だよな。

24 :吾輩は名無しである:2005/05/07(土) 03:32:02
青木で確定ってのが見え透いてるからでしょ。

25 :吾輩は名無しである:2005/05/07(土) 10:21:15
スレタイ糞

26 :吾輩は名無しである:2005/05/09(月) 13:22:08
筒井・福田が強力に青木押すだろうなあ。

27 :吾輩は名無しである:2005/05/09(月) 21:08:10
青木淳悟で決まり

他の読んでないけどw

28 :吾輩は名無しである:2005/05/11(水) 16:11:37
青木は筒井・福田・島田にとっては良い作家であり、決まりだろう。
中原昌也や舞城王太郎よりは、宮本輝・高樹のぶ子のアレルギーも少ないかも。

29 :吾輩は名無しである:2005/05/11(水) 23:40:08
>>28

いや、その方がコメントが面白いのですが。

島田雅彦「一昨年中原昌也に受賞させたと思ったら今度は阿修羅かいな。
輝さんはマジで怒っており、最初に○を付けた筒井委員を締めそうだった。
しかし民主主義は残酷だ。私も福田和也も○を付けてしまった」

こんなコメントが聞けて。

30 :吾輩は名無しである:2005/05/12(木) 01:07:24
受賞作無しのときには、筒井が「新潮社の根回しがあった」と書いてたな。
石原と江藤で意図的に受賞作なしにしようという雰囲気を作り出していた、と。
石原から「筒井さんはどちらにお住まいですか?」とかこんな風に話しかけ
られて、とかもうめちゃくちゃおもしろい、ここの選評。

31 :吾輩は名無しである:2005/05/12(木) 06:50:36
たしかに選評の面白さは芥川より上。

32 :吾輩は名無しである:2005/05/12(木) 07:26:03
中村はまずない。今回のは失敗作。
失敗作だからこそ誉める人もいるかもしれないが。まあないと思う。
三崎は多くの作家書評家が誉めてる売れ線のため、嫌気がさしてる人もいることと思う。
なのでこれもだめ。筒井、島田が果たして誉めるかどうか。
青木は福田は大誉めするでしょうね。島田はヒネリながら一票入れるでしょう。
輝はやはり批判することでしょう。「私は認めないゾ」。
あとはしりません。鹿島田はここのところずっと2番手ですね。


33 :吾輩は名無しである:2005/05/12(木) 12:16:26
青木は三島賞タイプ、鹿島田はいずれ芥川賞とると思うけどな。

34 :吾輩は名無しである:2005/05/12(木) 23:20:10
三島賞って、芥川賞に対するカウンターみたいになっているんだな。
世間的な受け方から見ると本当は受賞作を交換してほしいところだけど
本当に入れ替わっちゃったらなんとなく困るなあという印象だ。

35 :吾輩は名無しである:2005/05/16(月) 11:13:20
芥川賞スレで三島賞予想が出てるが、こっちが本スレw
このスレの扱い自体が三島賞を象徴しているような・・・・・

36 :吾輩は名無しである:2005/05/16(月) 12:57:28
三島賞候補でありながら全く期待されていないのが黒川創だな・・・・

37 :吾輩は名無しである:2005/05/17(火) 01:32:07
当日あげ

38 :吾輩は名無しである:2005/05/18(水) 00:31:40
 第十八回三島由紀夫賞

「六○○○度の愛」 鹿島田真希 「新潮」平成十七年二月号

 に決定しました。授賞式は六月二十四日とのこと。
 おめでとうございます。

39 :吾輩は名無しである:2005/05/18(水) 02:50:47
とりあえず、選考過程を早く知りたいもんだ。
鹿島田の文体と描く世界と前衛的な部分のミックス具合が選考委員誰もが納得する結果を生み出したのかもしれん。

40 :吾輩は名無しである:2005/05/20(金) 22:32:26
>>39

毎日の記事。選評とインタビューがほんの少しだけ。
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20050519k0000m070148000c.html

おまけ↓ 去年の選評が載ってなかったんで、載ってたとこを代わりに。
http://rokugomarunisai.ameblo.jp/entry-9439cf3d77df8e549233d884851d1a04.html

41 :757:2005/05/24(火) 15:53:02
関係者の話によると本谷だって

42 :吾輩は名無しである:2005/06/16(木) 11:31:10
9

43 :吾輩は名無しである:2005/07/06(水) 13:15:14
どうも今回の6000度は、島田雅彦ファンのへたれ女が
ロシアと長崎に掛けて書いてきたように思う


44 :吾輩は名無しである:2005/07/07(木) 09:18:33
島田雅彦ファンなあ。初耳。

45 :吾輩は名無しである:2005/09/01(木) 12:04:21
-0

46 :吾輩は名無しである:2005/09/04(日) 21:17:53
9

47 :吾輩は名無しである:2005/09/06(火) 06:32:37
「新潮」は好きだけどあまり買わないんだよなあ。
どうしても「文学界」とかが本屋では目に付く。
みんなはどお?


48 :吾輩は名無しである:2005/09/21(水) 13:54:40
28歳で最年少受賞なんだね。

49 :吾輩は名無しである:2005/09/21(水) 15:04:53
着実に”文壇のモーニング娘”化が進んでるよ筒井爺!!

50 :吾輩は名無しである:2005/09/21(水) 19:15:10
【模倣?】鹿島田真希スレ【デュラス?】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1127039651/l50
これ見たら鹿島田泣いちゃうよ。

51 :吾輩は名無しである:2005/10/04(火) 09:22:33
おいおい、福田和也のスレがねーじゃんw

52 :吾輩は名無しである:2005/10/04(火) 09:50:56
>>50
糞スレ。てかこんなマイナー作家のアンチスレたてて
何の意味があるんだろ?私怨か?(コワー

53 :イラストに騙された名無しさん:2005/10/24(月) 11:55:52
海に投げ込まれるようなものだ

54 :ホッシュジエンの国内ニュース解説:2005/11/03(木) 19:11:16
衝撃的な三島由紀夫の自決事件から今月で35年となりますが、三島由紀夫が、生前、
「楯の会」に指示し、とりまとめを進めていた憲法改正案の全文を、このほどJNN
が初めて入手しました。
草案は、討議の議事録の形をとり、その中に条文化したものが記されています。草案
では、まず三島がこだわった日本の歴史、文化、伝統の総体としての国柄を、
「第一条、天皇は国体である」と表現し、第二条で「天皇は神聖である」とするなど、
復古的色彩が強く感じられます。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 彡ミ    ___  __    * 三島は大蔵省出身の作家。官僚機構とのつながりは
  |ヽ  /|  ,,,,,,,,l /  / 当然あると見ていい。国策協力者なら自殺はないな。
  |ヽ   | | ミ ・д・ミ/_/旦~~ 
  ⊥   |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 70年といえば中曽根内閣の時代。この頃から
  凵    `TT | ̄l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l この人は日本再軍備のチャンスを仕掛けてたんですね。(・∀・ )

05.11.3 TBS 「三島由紀夫の憲法私案、初めて公開」
http://news.tbs.co.jp/headline/tbs_headline3152145.html

* こんな工作員まがいの事をして糊口を凌いでいたのなら、大した作家ではありません。

55 :吾輩は名無しである:2005/11/24(木) 14:04:28
>>54
藻前、引きこもりの世間知らずが、斜め上も程々に汁。
嘘は書いちゃいかん。

 × 70年代といえば中曽根内閣の時代
 ○ 70年代といえば中曽根防衛庁長官の時代


三島は新卒でたった数ヶ月の公務員生活を経た程度だ。
これで官僚機構と呼ばれるものと繋がりが生じるほどキャリアの世界はぬるぽくない。
盾の会と、霞ヶ関及び永田町に存在する東大学閥との繋がりは、あったかもしれないが。

一方、日本海軍の士官出身である大勲位が、日本再軍備のチャンスを伺ったところで、
何も不思議はないだろう。
但し、功を焦ってあからさまな再軍備をしなかったところが大勲位のエロいところだ。
結局三島の流した血のりも、大勲位によって日米安保の基礎を固める漆喰にされちゃった
みたいだな。

35年を経た今、大勲位の手で憲法改正の草案が書かれたと言うことは、時代の皮肉か。

それから三島の生活が>>54が「糊口を凌ぐ」ほどと書くほど、貧しいものだったのかどうかは
検証の余地がある。おそらくこれも適当に書いているんだろうがな。

てゆうか、>>54もう少し日本語を勉強してから書き込め。バカっぽいぞ。

56 :吾輩は名無しである:2005/11/27(日) 15:00:49
とりあえず福田をいなくしてくさい

57 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/15(日) 21:43:06
保守しとくか

58 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/27(金) 15:51:26
福田が新潮で絶賛したが落ちた音楽評論のやつ
福田ゼミの学生だってよ。ウゲー

59 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/28(土) 00:09:17
ageてみます。
そろそろ候補作予想でもしてみませんか?

>>58
そんなことで公平な評価ができるのでしょうか。
まあ、良くあることではあるけどね・・・。

60 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/30(月) 10:02:03
今の5人の選考委員はそれなりにいいバランスだが、そろそろ変化欲しい罠。
文学観の違う委員が集まり選考するのがよいが、今の5人だとパターンがわかりすぎ。

61 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/30(月) 10:07:20
>>60
同感。
4年に一度改選だから、あと2回はこのメンツだが、第21回以降は変わるね。
おそらく第1回からの選考委員である筒井康隆と宮本輝は、
勇退という流れではないだろうか。
笙野頼子あたりは新選考委員になりそうだね。

62 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/30(月) 15:22:28
いまいちメジャーになりきれないのはなんでだろう。
芥川より打率高いかもしんないのに。

63 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/30(月) 15:28:55
>>62
なんとなく「小難しそう」な作品が受賞するから、文学好きはともかく、
一般にはちょっと敷居が高そうな感じがするのだろう。
年に2〜3冊くらいしか本を読まない人が読んでも面白そうな本が受賞しないよね。
いい意味でも悪い意味でも。

64 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/30(月) 20:59:41
福田がいるかぎり、笙野は入らないんじゃね?

65 :481:2006/03/01(水) 21:46:05
三島由紀夫は以下の問題に関連して自決したと考えています。

社会版:
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1139132859/
の投稿5と222を読んでいただけないでしょうか? 明治維新時に孝明天皇父子の虐殺
及び長州藩の部落住民による『乗っ取り』があったため血統に正当性がない可能性が
高く、その歪が日本を亡国状況にしている可能性が否定できません。

また社会生態学的に分析した場合、
オーム真理教を「皇室犯罪」と仮定した時には
有機リン剤の専門研究室がある東京大学農学部にて、サリンが製造され、
地下鉄で多数の命を奪っていた可能性も考えねばなりませんが、
万一その場合、毒物製造を担当した東京大学農学部の教員陣は
殺人罪で検挙されるべきかと思うのですが、 この点の検証は行われつつあるのでしょうか?

オーム真理教が「皇室犯罪」か否かで 地下鉄毒物殺人事件の当事者が違ってきます。
東京大学農学部がサリン製造を担当していたかどうか慎重な検証が必要と考えます。
なお、この行政テロの被疑において、英米の関与があったのかもしれませんが、統治行為論により
他国の責任は不問にしてでも、この点の検証は求められると思います。何故ならば
米国の9・11で見られた行政サタニズムミーム(すなわち田中宇氏が主張しているように
米国当局自体がビンラディンである可能性が否定できない)が形を変えて何度も未だに繰り返されている
からです。これは日本国民にとっても米国国民にとっても大変なマイナスです。日米英とも今一度
国民主権に戻りサタンではなくイエス(仏)のミームによる国家再構築が求められるように思えてなりません。
社会生態学という学問の一環として上のスレッドをダウンロードして冷静かつ慎重に読んでいただけるよう
重ねてお願いします。今のまでは日米英ともサタン・ミームに支配されかねません。米国は基本的には
キリスト教国家ですが、これではキリスト教も何もあったものではありません。サタン教は撤廃すべきです。
社会生態学を今後あらゆる分野で育てていく必要があるよう思えてなりません。


66 :吾輩は名無しである:2006/04/22(土) 23:38:51
あげ

67 :吾輩は名無しである:2006/04/23(日) 15:38:44
まだあったのか

68 :吾輩は名無しである:2006/04/26(水) 21:01:28
いしいしんじ『ポーの話』(新潮社)、古川日出男『LOVE』(祥伝社)、
西村賢太『どうで死ぬ身の一踊り』(講談社)、宮崎誉子『少女@ロボット』(新潮社)、
前田司郎「恋愛の解体と北区の滅亡」(群像3月号)


なんか今回ひどくない?
全員がなんか一部で濃い人気のある、つまり評論家が一推ししてたりするのだね。
福田と島田が宮崎推すかな。
古川はどうかなー。今人気者だし。わざわざあげるかって話になるような。

69 :吾輩は名無しである:2006/04/26(水) 23:07:43
>>68
不思議なセレクトだよね。
宮崎って読んだことないけど、そんなにいいのかな?

70 :吾輩は名無しである:2006/04/27(木) 14:38:46
なんで古川は「LOVE」なんだろ。「ロックンロール七部作」の方が面白かったのに

71 :吾輩は名無しである:2006/04/27(木) 16:52:08
あれは良かった>「ロックンロール七部作」

72 :吾輩は名無しである:2006/05/11(木) 23:03:29
>>69
俺も小説は読んだことないけど、今月の新潮に載ってる長島有の本についての
宮崎の書評はやばい。

73 :吾輩は名無しである:2006/05/13(土) 19:38:29
あれが、佐々木敦などには、傑作に思えるんだよ。

74 :吾輩は名無しである:2006/05/13(土) 22:00:39
そろそろ発表だね。
今回の福田の「最も評価の低い作品」は前田司郎だと思う。
古川と西村と前田しか読んだことないから受賞予想はできないけれど、
かなりひどい作品だと思ったぞ?

75 :吾輩は名無しである:2006/05/13(土) 23:14:27
>>1
三島が居たら絶対に許すばずのない審査員の顔ぶれ…w

76 :吾輩は名無しである:2006/05/14(日) 00:01:05
山本賞の候補は何?

77 :吾輩は名無しである:2006/05/14(日) 02:38:25
>>75
下手したら選考委員全員が関の孫六で斬殺されてまうがなw

78 :吾輩は名無しである:2006/05/14(日) 19:05:18
マジレス(?)すると三島はそんなことで怒るほど
ケツの穴が小さい人物ではないと思うのでw選考委員がダメでも許すだろう。

>>68
島田も福田も本谷有希子に対してと同様宮崎はスルーまたは最悪評価
下すんじゃないかな。でなければ斬殺ものかとw

79 :吾輩は名無しである:2006/05/14(日) 22:12:17
>>78
宮崎ってそんなにひどいのか。
と思って今月号の新潮に載っているという長嶋有の本の批評を読んでみました。
どれどれ・・

・・・・・・・
なかなか個性的な文体をお持ちの方のようですね。

80 :吾輩は名無しである:2006/05/14(日) 23:36:24
佐々木敦は、中原昌也と宮崎だけを認めるってよ

81 :吾輩は名無しである:2006/05/15(月) 09:18:25
佐々木って本谷も褒めてなかったっけ?

82 :吾輩は名無しである:2006/05/15(月) 13:31:01
賞のカラーでいうと西村か古川でしょうね。
でも古川のはこれにあげるの?っていう作品だし、西村でいいんじゃない。

83 :吾輩は名無しである:2006/05/15(月) 16:17:53
個人的には古川日出男にとってほしいけど、「LOVE]
にって考えるとなぁ……。いや「LOVE]好きだし、
正真正銘傑作だと思うけど、やっぱ「ベルカ」とか「サウンド
トラック」「ロックンロール七部作」に比べると落ちると
思うし。「アラビア」は神。

で、消去法で考えたらいしいしんじ「ポーの話」かな。過去に
も候補(プラレタリウムのふたご)なったことあるし、「前作より
成長した」とかなんとかいう理由で受賞しそう。

84 :吾輩は名無しである:2006/05/15(月) 23:31:38
>>82
西村はやだなぁ。
面白いけど、文学ぶりっこで文学ではない、というのが俺の感想。

85 :吾輩は名無しである:2006/05/16(火) 00:02:25
筒井が誰を推すかだな。
島田は古川で、福田は古川・宮崎
宮本と木はいしい

86 :吾輩は名無しである:2006/05/16(火) 05:53:36
>>76
橘玲『永遠の旅行者』(幻冬舎)
阿川佐和子『スープ・オペラ』(新潮社)
宇月原晴明『安徳天皇漂海記』(中央公論新社)
福井晴敏『Op.ローズダスト』(文芸春秋)
伊坂幸太郎『終末のフール』(集英社)

87 :吾輩は名無しである:2006/05/17(水) 07:58:02
山本賞の選評はどこで読めるんだろう
トリッパー?

88 :吾輩は名無しである:2006/05/17(水) 23:02:37
>>87
小説新潮でしょ。
トリッパーは朝日新聞社の雑誌。

89 :本日決定:2006/05/18(木) 10:12:26
いよいよ本日決まります。ということで最終予想。

いしいしんじ『ポーの話』◎
古川日出男『LOVE』○
西村賢太『どうで死ぬ身の一踊り』△
宮崎誉子『少女@ロボット』
前田四郎『恋愛の解体と北区の滅亡』

◎→本命 ○→対抗 △→大穴

90 :吾輩は名無しである:2006/05/18(木) 13:11:57
一番早く情報でるのはどこ?
何時くらいかな?

91 :吾輩は名無しである:2006/05/18(木) 16:47:07
いしいはないでしょ!
89は身内?

92 :吾輩は名無しである:2006/05/18(木) 19:30:43
 第19回三島由紀夫賞、山本周五郎賞(新潮文芸振興会主催)の選考会が18日、東京都港区のホテルオークラで開かれ、三島賞に古川日出男さん(39)の「LOVE」(祥伝社)、山本賞は宇月原晴明さん(42)の「安徳天皇漂海記」(中央公論新社)に決まった。

93 :吾輩は名無しである:2006/05/18(木) 19:36:48
古川日出男なんて知らん
祥伝社っていうのもまた微妙だな

94 :吾輩は名無しである:2006/05/18(木) 21:06:28
順当ですね。めでたしめでたし。

95 :吾輩は名無しである:2006/05/18(木) 21:21:57
>>93
古川はノミネートされた作家の中では一番有名なんだがな〜

96 :吾輩は名無しである:2006/05/18(木) 22:16:18
審査員のコメントは?

97 :吾輩は名無しである:2006/05/18(木) 23:40:39
これでまた古川日出男に栄冠が。これからまだまだ受賞ラッシュ
は続くだろうね。

古川日出男『LOVE』祝!三島由紀夫賞受賞!

98 :吾輩は名無しである:2006/05/18(木) 23:59:45
豊崎がどうクサすのか期待w

99 :吾輩は名無しである:2006/05/19(金) 00:29:52
でも、豊崎は古川(の作品)好きだろ

100 :吾輩は名無しである:2006/05/19(金) 04:20:26
「安徳天皇漂海記」が山本賞を取れたのは嬉しい。今回は順当だ

101 :吾輩は名無しである:2006/05/19(金) 22:18:31
テルちゃんもホメたらしいね、「LOVE」。
筒井さんは誰を推したのかなぁ?やっぱ「LOVE」なのかな?

102 :吾輩は名無しである:2006/05/20(土) 16:03:34
鹿島田やら古川やら受賞しちゃって、ほんとにもうダメダメ賞。

103 :吾輩は名無しである:2006/05/20(土) 18:32:28
昨年のノミネートは、なんかゴージャスだったのに
今年はなんとも地味な感じなのね。

しっかし、王道な雰囲気が無くて飛び道具みたいな作品に
ばかり与えられているような気が。

104 :吾輩は名無しである:2006/05/20(土) 21:53:12
>>102
どのへんがダメダメなので?

105 :吾輩は名無しである:2006/05/20(土) 22:19:01
まあ選評読んでからにしようよ

106 :吾輩は名無しである:2006/05/21(日) 07:25:25
古川さん会見で一発ぶちかましたらしいね。
島田はどう感じたんだろうか?舞城が受賞した時、覆面魂をつらぬいて
受賞パーティーに来なかったから島田怒ったんだよね、「失礼だ」って。

107 :吾輩は名無しである:2006/05/21(日) 09:14:49
102はいしいさん?

108 :吾輩は名無しである:2006/05/21(日) 09:40:01
作家なんてすべからく覆面であるべきで
表舞台に引きずり出そうとする島田の魂胆は
腐っているとしか言えないなあ。いくら自分が
CMで飯くってたとは言え、それを他人に押しつけちゃならん

109 :吾輩は名無しである:2006/05/21(日) 10:01:16
古川は会見でどうしたの?オサレなことでも言った?

110 :吾輩は名無しである:2006/05/21(日) 10:17:06
古川はいいんだけど、俺様的発言が多いのがいやだ。

111 :吾輩は名無しである:2006/05/21(日) 11:08:10
ヒデブーはイケメン?

112 :吾輩は名無しである:2006/05/21(日) 22:01:08
>>111
個性的なファッションセンスだなぁ。特に眼鏡のあたりはw
アパレル業界とかにいそうだ
http://www.webdokusho.com/rensai/sakka/michi46.html

113 :吾輩は名無しである:2006/05/21(日) 22:17:22
谷崎賞と泉鏡花賞が最高とダカーポ誌の豊崎の記事で読んだが本当?

114 :吾輩は名無しである:2006/05/21(日) 22:33:54
>>113
客観的に見ると、もっともレベルが高い作品が受賞するいい賞だと思う。
豊崎も同じことを言っていたような。

115 :吾輩は名無しである:2006/05/21(日) 23:32:35
>>113
サンクス
小説偏重でもなくて戯曲もけっこう受賞してるらしいね

116 :吾輩は名無しである:2006/05/21(日) 23:33:16
↑訂正
>>115>>114さんへ

117 :吾輩は名無しである:2006/05/22(月) 08:32:45
谷崎賞と鏡花賞のスレないのか?
無かったら誰か立てて〜
谷崎賞は、それを読んでいけば、戦後日本文学の重要どころはだいたい分かる
って凄い賞らしいぞ

118 :吾輩は名無しである:2006/05/22(月) 09:48:48
>>117
>谷崎賞は、それを読んでいけば、戦後日本文学の重要どころはだいたい分かる
>って凄い賞らしいぞ
それはちょっとばかし言い過ぎな感じもするけど、まあ、いいものは多いとは思う

119 :吾輩は名無しである:2006/05/22(月) 10:01:07
>>117
>谷崎賞と鏡花賞のスレ
じゃあ自分でたててみればいいのに。

120 :吾輩は名無しである:2006/05/22(月) 10:24:11
>>119
ここからは、立てられないっす。
ネットカフェに行こうか

121 :吾輩は名無しである:2006/05/22(月) 12:50:29
>>109
「文章は常にラブソングだ」
「周りの世界が僕をつぶそうとしたら殴り返す」
「でも、本当は、何も上に付かないただの『文学』だけがあると思う。
そこに最も近いにおいのするこの賞が欲しかった。字面も格好いいし、
三島さん、ありがとう!」

と、言ったらしい。よみうり情報

122 :吾輩は名無しである:2006/05/22(月) 18:47:22
>>121
深読みすれば「純文学系の文壇」を恥垢程度にしか思ってなさそうw
まあ、俺なんかもそう思うからいい作家なんだろうな〜と思うけど
非常に頼もしいな。今度、この人の作品でも読もうかなぁ

123 :吾輩は名無しである:2006/05/22(月) 19:11:42
>>121
>「文章は常にラブソングだ」
 「周りの世界が僕をつぶそうとしたら殴り返す」
 「でも、本当は、何も上に付かないただの『文学』だけがあると思う。
 そこに最も近いにおいのするこの賞が欲しかった。字面も格好いいし、
 三島さん、ありがとう!」

このあいだ、創作文芸で同じこといってるヤツが袋叩きに遭ってたゼ。

124 :吾輩は名無しである:2006/05/22(月) 19:51:37
>>121
あー、とうしようもない馬鹿がまた一匹市場に出るのかw
なんなんだいったいw

125 :吾輩は名無しである:2006/05/22(月) 19:53:04
>>123
発言内容は実績のあるなしで変わる
例えば長嶋茂雄がバッティングについて変なこといっても「天才だから表現が個性的だよねぇ」となるが、
息子の一茂がそんなこと言ったら「お前が言うな!」と全員に突っ込まれるw
世の中そんなもの。実績のある奴が強い。相撲の番付ほどじゃないけど、こんなもの。

126 :吾輩は名無しである:2006/05/22(月) 21:17:30
世の中は別として、文学を好んでるものが「実績」云々でものごとを判断してたら、どうしようもないね。
この辺が世の中とのずれなんだよなぁ。

127 :吾輩は名無しである:2006/05/22(月) 22:15:49
誰か古川の発言叩いてくれないかなー
筒井とかが

128 :吾輩は名無しである:2006/05/24(水) 17:37:42
叩かれるほどのコメントじゃないだろ
ジンセイ君の「文学は俺が守る」よりはw

129 :吾輩は名無しである:2006/05/28(日) 12:49:06
古川!

130 :吾輩は名無しである:2006/05/31(水) 15:19:30
古川のようなノリにのってる作家が言う分には問題ないよな
リアル鬼ごっこ作者がこんな発言したら凄くむかつくけどw

131 :吾輩は名無しである:2006/06/02(金) 12:51:31
>>113-120
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1149158192/l50

132 :吾輩は名無しである:2006/06/07(水) 22:47:28
福田が前田司郎を絶賛してたね・・・

133 :吾輩は名無しである:2006/06/07(水) 23:05:22
いま、ららら科学の子を読み終えたんだけど、ぜんぜんおもしろくない。
なんだかなあ

134 :吾輩は名無しである:2006/06/07(水) 23:11:03
選考会冒頭では。。。。
福田→前田司郎
島田→宮崎誉子
宮本→古川日出男
高樹→いしいしんじ
筒井→いしいしんじ

その後、福田と島田が断念し、両者ともに古川を推し、結局古川の受賞に至ったと。。。。

135 :吾輩は名無しである:2006/06/07(水) 23:29:18
前田司郎について筒井がSFの使い方が初心者とか言ってたが、まあ初心者だもんな、前田は。
というか、あえて宇宙人を情けなく日常的存在に描き、しかも北区を滅亡させるくらい強さも描いてるわけだが、それは福田以外は評価しなかったわけですな。
宮本輝に至っては「前時代的なSF仕立て」「風俗店でのSMごっこ」で読むのを放棄したくなったというし。
高樹のぶ子も「後半SM風俗の話になってつまらくなった」「宇宙人が恐くないのも残念」と言ってるが、その批評は的外れではあるが、最終的に評価しないという姿勢はまあ妥当かも。
島田雅彦は前田司郎については、「積極的に評価できなかった」としか書いてないが、若手を具体的に否定する言辞を慎んでいるのだろうか・・・・・・

136 :吾輩は名無しである:2006/06/07(水) 23:50:45
それにしても、無名草子さんたちとは、さぞやすごい作家先生の匿名書き込みなんでしょうね。
作家なんて才能が全てだから、津井ついみたいに、いくら努力したって駄目なものは駄目ですよ。
私なんか、早々に見切りをつけて趣味の世界で細々ですから。
          小説現代ショートショート・コンテスト優秀賞受賞 阿部敦良

137 :吾輩は名無しである:2006/06/07(水) 23:57:33
選考委員のコメントに無名草氏でもないんだが。
って、その個性なきコピペ貼りまくってる時点で、終わってるけどな、おまえ(嘲笑

138 :吾輩は名無しである:2006/06/08(木) 00:13:32
島田→宮崎誉子



139 :吾輩は名無しである:2006/06/08(木) 00:14:37


140 :74:2006/06/08(木) 05:14:36
前田は福田の最低評価どころか、最高評価でした。大外れでした。

西村の低評価にはホッとしましたが。(豊崎はじめ、何故あれをみんな褒めるんだ?)

141 :吾輩は名無しである:2006/06/08(木) 15:53:15
やはり最初はいしいしんじ優勢だったか。しかし島田の宮崎を推す
ってのはよくわからないな。筒井が古川日出男を推さなかったってのも
意外だし、テルちゃんが古川日出男を絶賛したのも意外。

142 :吾輩は名無しである:2006/06/08(木) 19:36:36
誰にも推してもらえなかった西村哀れw

143 :吾輩は名無しである:2006/06/08(木) 20:14:54
今回メッタ切りやってないんだな。さぞ面白いことになったのに。
尻尾とられるのを避けたか

144 :吾輩は名無しである:2006/06/10(土) 19:12:56
筒井によると、古川の新しさは見せかけだけだと。
本当の新しさはいしいである。
だからこそ宮本に古川が読めた。

145 :吾輩は名無しである:2006/06/10(土) 22:27:59
古川の新しさが見せかけだけだというのにはまったく同意だな。
恐らく筒井の事だから奴の他の作品を読んだ上で言っているのだろう。
世界文学意識しすぎているというか、自意識過剰の文学だわさ。

146 :吾輩は名無しである:2006/06/11(日) 13:52:51
つうか『LOVE』読み切れなかった。
『サウンドトラック』(だったっけ?)も挫折したし。
文章の表面を遊んでるだけって感じがする。

147 :吾輩は名無しである:2006/06/11(日) 20:51:05
そのわりにはよく褒められるよな。古川。

148 :吾輩は名無しである:2006/06/15(木) 01:01:53
古川の受賞コメント、イタイを通り過ぎてサムイ…。
といっていたよ、古川が。

149 :吾輩は名無しである:2006/07/27(木) 17:59:59
hosyu

150 :吾輩は名無しである:2006/08/17(木) 19:19:02
平野っていいよなぁ

151 :吾輩は名無しである:2006/09/18(月) 22:18:49
保守。古川が獲ったというのに、この盛り下がり。
評論家たちは、いつものように「純文学はだめだ」って言えよな

152 :吾輩は名無しである:2006/09/19(火) 00:03:22
古川が(皆が言うように)「文学を壊す」って言ってたけど、
今壊されるほどの「文学」ってあるの?
辻も「文学を守る」って言うけど、同じく守るほどの文学ってあるの?

153 :吾輩は名無しである:2006/09/19(火) 00:25:18
さあ。それは、古川を誉めてる評論家に聞いてくださいな

154 :吾輩は名無しである:2006/09/20(水) 23:22:43
ほしゅ

155 :吾輩は名無しである:2006/11/14(火) 21:22:05
hosyu

156 :吾輩は名無しである:2006/11/14(火) 21:24:39
福田の独裁反対!!!!!!!!!!

157 :吾輩は名無しである:2006/11/15(水) 13:19:46
福田と筒井って仲いいの?
選考会どんな雰囲気なんだか

158 :吾輩は名無しである:2006/11/18(土) 14:29:14
突然すみません。只今楯の会の制服を探しております。
もし何か情報があったら書き込みしていただけませんか?

159 :吾輩は名無しである:2006/11/19(日) 10:35:37
なぜ、それを三島由紀夫「賞」スレで聞く?

160 :吾輩は名無しである:2006/11/19(日) 11:35:44
選考委員の顔ぶれみれば・・・この賞とっても何の意味もないw くだらん

161 :吾輩は名無しである:2006/11/19(日) 14:52:04
そうだね。福田と島田が癌のもとだね

162 :吾輩は名無しである:2007/01/10(水) 16:18:24
来年も飛び道具で平山夢明が受賞すると予想

163 :吾輩は名無しである:2007/01/11(木) 13:35:23
大森と豊崎に代われば?
メッタぎりコンビと福田と島田と渡部とスガで。
すばらしいメンバーだw

164 :吾輩は名無しである:2007/03/26(月) 06:19:47
平山夢明がとったらすげーな

165 :吾輩は名無しである:2007/04/09(月) 15:39:01
候補になりそうなところを見ていくと・・・・・
岡田利規ら演劇枠から一人。
蜂飼耳ら詩人枠から一人。
宮崎誉子ら新文体から一人。
佐藤友哉らライトノベル出身から一人。
あと、サプライズがあるかもね。
森見登美彦とかw


38 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)