5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

厨房の宿題を手伝ってやるスレ in 文学板

1 :吾輩は名無しである:2005/08/07(日) 18:47:37
文学板というわけで人権作文、読書感想部などの作文とかを手伝ってやろうぜ

2 :吾輩は名無しである:2005/08/07(日) 18:49:26
i can't speak fucking japanese

3 :吾輩は名無しである:2005/08/07(日) 18:53:02
人権作文だったらやっぱあれだろ、あれ。障害者について。これ書けばもう大HITだな。あれ書けよ、あれ、バリアフリー。
乙丈のネタを書けよ。

4 :吾輩は名無しである:2005/08/07(日) 18:53:49
>>2
自分を表す I は大文字じゃないと駄目だぞ

5 :吾輩は名無しである:2005/08/07(日) 18:57:40
i can't spark

6 :吾輩は名無しである:2005/08/07(日) 18:59:12
人権作文だったら「自分は今まで障害者には○○という考えを持っていたんですが、今では○○という考えを持っています。」
とかは?

7 :吾輩は名無しである:2005/08/07(日) 18:59:24
i can't sex
help me

8 :ロンボ・ニガーク ◆bgns.BtfYs :2005/08/07(日) 19:57:01
わざと厨を誘うような糞スレたてんなチンポ野郎

9 :吾輩は名無しである:2005/08/07(日) 20:30:17
でも厨がいちいち単発で○○についての作文手伝って、とか
スレたてるのを防ぐにはいいかも。宿題統一スレということで。

10 :吾輩は名無しである:2005/08/07(日) 21:08:44
>>1=厨房

11 :吾輩は名無しである:2005/08/08(月) 00:26:12
自殺についての読書感想文書きたいのですが、お勧めの本はありますか?またどんな書き方をすればいいですか?

12 :吾輩は名無しである:2005/08/08(月) 00:49:45
完全自殺マニュアル読んで、納得しつつも違和感を持ちましたとか
書いて、やっぱり死ぬのは良くないですと書いて締めれば無難なのができる。

13 :ロンボ・ニガーク ◆bgns.BtfYs :2005/08/08(月) 01:41:43
>>11
実際に氏んでみればいい
つーか氏ね

14 :吾輩は名無しである:2005/08/08(月) 01:55:29
>>13
死んだら感想文書けませんよ?

15 :ロンボ・ニガーク ◆bgns.BtfYs :2005/08/08(月) 02:24:33
>>14
あの世で好きなだけ書けるよ
世界一リアルな感想をね

16 :吾輩は名無しである:2005/08/08(月) 04:43:07
自殺についてって、そんなの普通に「こころ」とかで書けば?
あるいはその後の作者の自殺とからめて、芥川の「歯車」、
太宰なら「桜桃」、「グッドバイ」あたりか。
川端は老衰、三島は狂気って感じで自殺のニュアンス薄い。
受け狙いで村上春樹。若年女性の自殺をライトモチーフとする作家。
西洋はキリスト教の関係上自殺ものは少ないような。
ジッドの「田園交響楽」とかそうだっけ? 思い付かない。



17 :吾輩は名無しである:2005/08/08(月) 07:41:19
>>13 >>15
オマエガ氏ね

18 :吾輩は名無しである:2005/08/08(月) 07:44:17
まあ餅つけって

19 :吾輩は名無しである:2005/08/08(月) 11:04:21
>>18
おまえも序でに氏ね。

20 :ロンボ・ニガーク ◆bgns.BtfYs :2005/08/08(月) 11:11:15
>>17
>>19
氏ね

21 :吾輩は名無しである:2005/08/08(月) 11:15:06
>>17-20
うっせーお前が氏ね

22 :吾輩は名無しである:2005/08/08(月) 12:43:37
この流れいつまで続くんだ?

23 :吾輩は名無しである:2005/08/08(月) 12:52:27
もう終わりだろ

24 :吾輩は名無しである:2005/08/08(月) 13:01:43
>>1-23
おまえら全員氏ね。

25 :吾輩は名無しである:2005/08/08(月) 13:03:38
まさに厨房スレの面目躍如たるやりとりですな

26 :吾輩は名無しである:2005/08/08(月) 14:00:12
>>25
お前はリアルで死ね。

27 :ロンボ・ニガーク ◆bgns.BtfYs :2005/08/08(月) 14:03:06
あんま氏ね氏ねいうな
文学板なんだからもうちっと言葉に気を使え

28 :吾輩は名無しである:2005/08/08(月) 14:04:24
>>27
お前も言ってるじゃないかwww

29 :吾輩は名無しである:2005/08/08(月) 14:26:31
もまいら、敢えて生きろ。

30 :吾輩は名無しである:2005/08/08(月) 15:25:54
氏ねはいいけど死ねはいかんよ。

31 :吾輩は名無しである:2005/08/08(月) 16:12:14
>>27がいいこと言った。

32 :吾輩は名無しである:2005/08/09(火) 00:45:54
全員、お氏にください。

33 :吾輩は名無しである:2005/08/09(火) 08:28:24
>>27
解った。ちゃんとした言葉を使おう。
>>1->>32
お前ら全員死にさらせや!ヴォケが!
このくたばりぞこないども 早よ逝け!

34 :吾輩は名無しである:2005/08/09(火) 09:28:34
くたばれ!フリーザァアァァァァァ!

35 :吾輩は名無しである:2005/08/09(火) 16:54:40
>>33
おどれも死にさらせ。ヴォケ。

36 :吾輩は名無しである:2005/08/10(水) 05:02:20
もうみんな死んじゃいましたかね。
>>37
死ねや

37 :吾輩は名無しである:2005/08/12(金) 16:30:30
人権と自分     八木中学校一年  山口 真沙美
 人権という時間を何度かやってきて、人権は、人にとって、なくてはならない物だと思う。口では、人権人権と言ってるけど、行動に移さないと意味がない物だと思った。人権は守っていけば、自分のためにも仲間のためにもなるんだと感じた。
 でも、いざとなると、注意する「やめよう」の一言が出てこない事がしょっちゅうで、友達にきらわれるとか、いやな事言われないかとかで、一歩引いてしまうことばかりだ。
 でも、その友達の事を思うならこそ、注意する一言を止めてはいけないと思う。きれい事をならべて、意見を合わせる友達関係じゃなく、悪いことは注意し合え、言いたいことを言い合えるのが本当の友達だ。
 さいきん、よく
「なんかキモイ。」
 とかいう言葉が、教室を飛ぶ時がある。そんな時こそ、注意しなきゃならないのに、やっぱり一言が出ない。私もその中の一人だ。聞こえてても、知らないふりしてしまうのがよくある。
 あんまり、人権人権と言ってふと思い出すんじゃなくて、自然と行動できるように身に付けたい。
 人権とは、人間というものになくてはならないものだと、私は思う。


38 :吾輩は名無しである:2005/08/12(金) 17:45:11
厨房のパスティーシュか。なかなかうまいじゃん。
「事」とか「物」といったあたりの漢字使いがリアルだ。

39 :吾輩は名無しである:2005/08/12(金) 19:26:31
一段落目と二段落目が切れ目の部分がなんだかすっきりしない

40 :吾輩は名無しである:2005/08/13(土) 11:20:40
誰か青春の門の感想文を書いてください

41 :吾輩は名無しである:2005/08/14(日) 13:57:25
>>1-40
お前ら氏ね。

42 :吾輩は名無しである:2005/08/14(日) 14:10:49
まさに厨房スレの面目躍如たるやりとりですな

43 :吾輩は名無しである:2005/08/14(日) 14:21:19
>>42
お前もリアルで死んじゃいなよ。

44 :吾輩は名無しである:2005/08/14(日) 14:29:55
なんでも自分と関連付けて書くって凄いよな
「私ならこうしません」とか
「私もこれからはこうこうしようと思いました」とか
そんなの大量に読まされる教師尊敬

45 :吾輩は名無しである:2005/08/14(日) 14:31:47
そんな物を書かせているのが教師な訳だが。

46 :吾輩は名無しである:2005/08/14(日) 14:35:48
金井美恵子が「小学生のとき私は既に『つまらなかった、作者が下手だから』と
感想文に書いていたの!」みたいなこと書いてたが
あまりにも金井が惨めでちょっと泣けた

47 :お願いします!:2005/08/14(日) 19:54:44
「アフガニスタンに住む彼女からあなたへ」で締めの300〜400字考えて下さい。採用者には住所と郵便番号記載してくれれば1000円あげます。

48 :吾輩は名無しである:2005/08/14(日) 20:08:17
>>47は厨房なのか?そうでないならここには来るな。
厨房だったら、人様を1000円で雇おうなんて世間を甘く見すぎだ。
…ま、俺は時給750円で働いてるがな…。

49 :吾輩は名無しである:2005/08/14(日) 20:22:46
いえ、僕は工房です。

50 :吾輩は名無しである:2005/08/14(日) 20:28:53
男じゃヤダヤダヤダ

51 :吾輩は名無しである:2005/08/14(日) 20:58:21
てか山月記の椰子が先鞭つけたようだが
金出すからってのやめろよ。下品だぜ。

52 :吾輩は名無しである:2005/08/14(日) 21:15:57
では、考えてくれた人はこれ以上ない感謝をして、時々思い出します。

53 :吾輩は名無しである:2005/08/14(日) 21:42:58
採用しなかった
と言われて金を払われないことは目にみえている

54 :吾輩は名無しである:2005/08/14(日) 21:43:47
ちなみに私の国籍はアフガニスタンなんだが…

55 :吾輩は名無しである:2005/08/14(日) 21:44:40
じゃあ良いです

56 :吾輩は名無しである:2005/08/14(日) 21:52:46
エロ小説風にしなよ。貴方のことを想って毎晩オナニーしています
みたいな

57 :吾輩は名無しである:2005/08/14(日) 22:10:40
ネタスレage

58 :吾輩は名無しである:2005/08/14(日) 22:16:02
あなたが去年私を買ってからずっと、あなたのペニスが忘れられません…

59 :吾輩は名無しである:2005/08/14(日) 22:27:28
で、教師が怒るようなら、こう言ってやりなさい。

この文章は逆説的に 、平和な現代日本で生きる若者の想像力を批判している。
あなたも現代文の教師ならば、少しは文学というものについて考えるべきだ。

60 :吾輩は名無しである:2005/08/14(日) 22:38:22
先生は文学に必要なものが「リアルな描写」と考えているようだが、
それは誤解として深く反省すべきだ。
「読み手にどんな感情を喚起させるか」
それが文学の価値に関わる課題だ。
もし貴方がこれを読んで不快な感情を抱いたのならば、
それは僕の意図するところであるし、さらにそこから先を
考えないような者に、真の文学を読む資格はないのだ。
表層にとらわれないで本質を見て欲しい。

61 :ズン ◆ieCndECQ1E :2005/08/14(日) 22:41:50
「リアルな描写」は作文に要求される技術であって、
文学では必ずしもそうではありませんよね。

62 :吾輩は名無しである:2005/08/14(日) 23:49:54
>>55ですが、自己解決しました。ご声援有難うございました。

63 :吾輩は名無しである:2005/08/21(日) 17:57:32
へおうわhんf;おれあ

64 :ヤバ子:2005/08/21(日) 19:29:20
誰かお願いです><水に関するエッセイを書いてくれませんか??高校生向けのエッセイのコンテスト用なんですケド。。。作文用紙5枚分どうかお願いしますm((
_ _m

65 :吾輩は名無しである:2005/08/21(日) 19:34:03
ほらよ
http://pic.to/upload.fam.cx/cgi-bin/img-box/wif50821152942.jpg

66 :ヤバ子:2005/08/21(日) 20:28:55
おぉー!!素晴らしい!ありがとうございます!

67 :吾輩は名無しである:2005/08/21(日) 21:00:55
>>64-66
このやりとり藁田。

まあ、64=66ではないんだろうけど

68 :私は紺野です:2005/08/21(日) 21:30:33
川o・ー・)<ここで手伝ってあげても、将来的にその子のためにはならないと思います。
      私の主張は完璧です。

69 :吾輩は名無しである:2005/08/21(日) 21:39:02
で、誰も頼んで来ない訳だが

70 :吾輩は名無しである:2005/08/21(日) 23:57:00
つーか、宿題くらい平気でやらない、という気概を持ってほしい。

71 :________________________________________/:2005/08/22(月) 20:24:45
        |/
         ,,-―--、
        |:::::::::::::;;;ノ
        |::::::::::( 」
        ノノノ ヽ_l  
       ,,-┴―┴- 、    ∩_
     /,|┌-[]─┐| \  (  ノ
      / ヽ| | NE  | '、/\ / /
     / `./| |  ET |  |\   /
     \ ヽ| lゝ    |  |  \__/
     \ |  ̄ ̄ ̄   |
      ⊂|______|
       |l_l i l_l |
       |   ┬    |

72 :吾輩は名無しである:2005/08/22(月) 21:14:27
400字ぐらいで坊ちゃんの小論文どうやって書けばいいでしょうか。教えてください
あと2日で提出しなければならないんです。

73 :吾輩は名無しである:2005/08/22(月) 21:19:33
こんな物を書く必要性が無いと書け。

74 :吾輩は名無しである:2005/08/22(月) 21:26:51
携帯から見れるよ
http://pic.to/violet.homeip.net/upload/img-box/img20050713002813.jpg

75 :吾輩は名無しである:2005/08/22(月) 21:31:13
>>73
えらく必死に見えるけど、どーしたの?

76 :吾輩は名無しである:2005/08/22(月) 21:38:18
感想文じゃなくて小論文を提出って推薦かなんか?

77 :吾輩は名無しである:2005/08/22(月) 21:51:43
>>75
別に必死じゃありませんけど?目くらですか?

78 :吾輩は名無しである:2005/08/22(月) 22:36:01
>>76
違います
高校1年の宿題です
夏休み8/19で終わって本当は今日ださないとだめだったのですが2日延長してもらいました
せめて書き方だけでも教えてくださいお願いします

79 :吾輩は名無しである:2005/08/22(月) 23:07:10
こんな物を書く必要性が無いと書け。

80 :吾輩は名無しである:2005/08/22(月) 23:26:11
>>28
えんぴつ の もちかた を おぼえよう!

81 :吾輩は名無しである:2005/08/22(月) 23:29:57
>>80

 → ころしてでも うばいとる

82 :吾輩は名無しである:2005/08/22(月) 23:56:39
読書感想文の書き出しが分からない(;´Д`)/タスケテ

83 :完璧な文章なんて存在しない:2005/08/23(火) 00:19:05
書きなれてないのに、はじめからぜんぶ書こうとしてもうまくいかない。

なんでもいいから、思いついたこと、感じたこと、ひっかかったこと、
おもしろかったり、ちょっと違うんじゃないかと思ったことなんかを
自分の頭でしぼりだせるだけ、みじかい文でぜんぶ書き出してみること。

小論文は、ここからスタート。

もちろん、ひととおり読んでるのが前提だけど。つづきほすぃ?

84 :吾輩は名無しである:2005/08/23(火) 02:13:31
読んだもの、出題されたテーマの要約、分析からはじめる。
そもそも要約自体中立ではありえないわけで、
いわゆるところの自分の意見なんてものは
優れた要約(=解釈)さえあればつけたし程度で十分。

85 :吾輩は名無しである:2005/08/23(火) 02:27:00
>>83
>>84
文学板とは思えないネ申のレスだな。
>厨房ども、感謝しろ。

86 :吾輩は名無しである:2005/08/23(火) 02:38:15
生活文で、自然災害を書いてるけど、
先生が「クラスで発表会しまーす」だってOTL 氏ねよ・・
クソ真面目に書きたかったのに
でもいまでも真面目に書いてるけど。
あと1枚だ・・

87 :吾輩は名無しである:2005/08/23(火) 02:43:32
まあ、がんがれや

88 :吾輩は名無しである:2005/08/23(火) 03:30:04
つか、「生活文」ってなに?w
学校用語って、本人は気が付かないけど
年代とか地域が違うとかなりな専門用語である場合も。
こういう単語が小説に出てくると、リアリティがあっていいよね。

89 :吾輩は名無しである:2005/08/23(火) 03:39:26
生活文って、ちょっとしたエッセイみたいなもんじゃないのか?

部活の合宿での出来事を書いたり、
印象に残った出来事を書いたりとか……。

90 :吾輩は名無しである:2005/08/24(水) 12:24:16
助けてください
本当に助けてくださいorz

夏休み中のニュースを小論文にして思った事をまとめよ。
200文字原稿用紙2枚にまとめる事。

何か夏休み中の事件を小論文にまとめるんだそうで…
小論文の書き方なんて知りませんorz
小論文って高校でやるんじゃないの?(;´Д`)

本当に困ってるので誰か助けて下さい_| ̄|○

91 :屑コテ・ロンボ ◆bgns.BtfYs :2005/08/24(水) 12:28:43
小論文程度予備知識で書けない奴は一生まともな文章は書けない

92 :吾輩は名無しである:2005/08/24(水) 12:57:57
おまいら申し訳ないんだがこれに答えてもらえませんか?
終わらないんです。。。お願いします。

http://n.pic.to/18pkq

93 :吾輩は名無しである:2005/08/24(水) 13:02:49
>>90
小論文の書き方か〜
小論文っていうと難しく聞こえるけど、短い論文のことでしょ

何を書きたいのか(自分がどう思ったのか)
ポイントがしっかり伝わればOKなんじゃないの?

>>92
クリックするのヤダ

94 :吾輩は名無しである:2005/08/24(水) 13:12:08
ウィルスじゃありませんから

95 :吾輩は名無しである:2005/08/24(水) 15:00:33
今高校生だけど、小論文なんて出てきた事ないな・・・原稿用紙2枚程度なら
あったことと感想でちゃっちゃと終わると思うよ。

96 :吾輩は名無しである:2005/08/24(水) 15:12:15
>>90
「小論文」って言葉のみにてパニくるやつ。
こういうのがいるから
「生活文」などといった別の言葉を使うのだろうか。全部「作文」
でいいと思うんだが。

とりあえず君は、自分の印象に残った「ニュース」を
列挙してみなさい。老婆心ながらいうと、同じニュースでも
犯罪ものは、小説的になりやすいから避けた方がよい。
(特に少年犯罪ものは避けたほうが良いだろう)
政治、世界情勢、自然現象(地震とかね)から選んだ方がいいよ。


97 :吾輩は名無しである:2005/08/24(水) 16:33:44
事件って言っても身近なことでいいんじゃないかな。普段新聞とか読んでないと全然分からない。

98 :ぁゃ:2005/08/24(水) 16:46:20
手伝ってぇぇ下さぃぃぃぃぃぃぃ゚ (/ε\*) ゚))))゚・。......

99 :吾輩は名無しである:2005/08/24(水) 17:04:09
ワスも手伝ってください。
5作品読んで1つ1つの作品のあらすじ書いて50文字くらい感想書くみたいな感じです。
別に短編小説みたいに5ページくらいの話でもいいです。

100 :吾輩は名無しである:2005/08/24(水) 17:11:01
ヒント:google

101 :吾輩は名無しである:2005/08/24(水) 17:15:39
>>99
つか、そんなの一日もかからんだろ。
まだ夏休み残ってるんだろうから自分でやれ。

102 :吾輩は名無しである:2005/08/24(水) 17:51:56
自分でできない奴は社会に出てもなにもできないから氏んでいいよ

103 :吾輩は名無しである:2005/08/24(水) 18:41:14
論理哲学論考に対する批判文を書け。
はて、どうしたものか(´・ω・`)

104 :吾輩は名無しである:2005/08/24(水) 18:43:14
>>103
102がいいこと書いてるよ

105 :吾輩は名無しである:2005/08/24(水) 19:44:21
小論文って書き方にルールっていうか決まり無い?

106 :吾輩は名無しである:2005/08/24(水) 19:51:03
>>105
パラグラフの最初は1字さげるとか、一応、文末は「だ・である」にするとか、
引用はちゃんと出典を示すとか、そういうレベルの話か?

107 :吾輩は名無しである:2005/08/24(水) 20:14:53
>106
パラグラフなんて言葉、厨房ちゃんには意味わかんない!
のレベルでは?

108 :吾輩は名無しである:2005/08/24(水) 20:22:14
>>107
そうか。すまんかった。剽窃と引用、参考にすることと引き写すことの
区別ができるレベルかどうかも不安になってきた。

109 :吾輩は名無しである:2005/08/24(水) 20:43:33
>>103
ヴィトゲンシュタイン?つっこみどころ多いよね。大変そうだ(藁

110 :吾輩は名無しである:2005/08/24(水) 20:48:33
誰か夏の俳句考えてくださいプー。。。お願い!

111 :吾輩は名無しである:2005/08/24(水) 20:59:27
>>110
たしかちょっと前に夏の俳句スレがあっただろ。
あそこからコピして使え。

112 :吾輩は名無しである:2005/08/25(木) 08:43:55
誰か少年犯罪と年金についての作文を書いて下さい!!!!今日提出なんだヶド書けないんデス_│ ̄│○400字原稿用紙のB枚分くらぃで…ぉ礼ゎなにかします!!!!お願いします!!!!!携帯でも見れるょぅに長文レスお願いしますm(_ _)m

113 :吾輩は名無しである:2005/08/25(木) 10:43:11
まず、正しい日本語の書き方を勉強してこい。話はそれからだ。

114 :吾輩は名無しである:2005/08/25(木) 19:33:05
おまえらが唯一社会貢献できるスレ

115 :吾輩は名無しである:2005/08/25(木) 20:26:04
少年犯罪と年金・・・少年犯罪が増えるとブタ箱行きが増えて、年金払う奴が減るので困るとか書け。

116 :吾輩は名無しである:2005/08/25(木) 23:27:43
税の作文が、明日までなのにまったく書けません!!
400字原稿用紙3枚分なんですが、全て書いてもらうわけにはいかないと思うので、
ヒントだけでもいいので教えてください!!

117 :吾輩は名無しである:2005/08/26(金) 03:34:41
誰か助けて
こころの読書感想文が全然出来ない。読む気にもなれない。でも現国の先生が恐くてやらないとしばかれそうorz
こころの感想はどう書けばいいの?

118 :吾輩は名無しである:2005/08/26(金) 03:59:32
>177
先生が死んだあと先生の奥さんに手を出すのはイクナイ!ですとか書きなさい。

119 :吾輩は名無しである:2005/08/31(水) 03:32:50
厨房なんだが鬼ノ仁の不純異性交遊の感想文書こうかと思う。

去年Deep Loveについて書いたやついたし大丈夫だろう。

120 :吾輩は名無しである:2005/08/31(水) 15:52:35
皆さん全然困っていないんですね・・・
私は中3なんですが、税の作文書くのに
「税と考えると、消費税程度しか思いつかなかったが
よくよく考えてみると図書館や学校や駅だって税、
でも値上げするのはおかしい」みたいな感じで
文を膨らましていってもおかしくならないでしょうか?

121 :吾輩は名無しである:2005/08/31(水) 18:39:35
産業教育について原稿用紙6枚…無理('A`)

122 :吾輩は名無しである:2005/09/01(木) 23:00:42
『夏休みの宿題』提出延期のご連絡とお詫び


日頃より、私めをご指導賜り誠にありがとうございます。

さて、『夏休みの宿題』につきまして、提出日を2005年9月1日と発表しておりましたが、現状を確認し検討をいたしました結果、告知しておりました提出日では評価基準に満たないと判断するに至りました。
大変申し訳ございませんが、今しばらく完成に向けて時間が必要な状況となってしまいましたことをお知らせするとともに深くお詫び申し上げます。

レポート及び問題集の提出は現在調整中となっております。決定し次第お知らせいたしますので、お待ちくださいますようお願いいたします。

私は先生により良い宿題をご提供できるよう、より一層の努力をしてまいりますので、何卒ご理解を賜るとともに、今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

2005年 9月 1日

123 :吾輩は名無しである:2005/09/18(日) 11:27:07
なんかこのスレ文学板住民が
厨房を叩くスレになってるな。

124 :吾輩は名無しである:2005/09/29(木) 10:47:19
読書感想文
指定図書「電車男」を読んで、顔文字・AAを除き三文字以内で感想を書け。

125 :吾輩は名無しである:2005/09/29(木) 18:18:16
「キター」でいいんじゃない?

126 :吾輩は名無しである:2005/10/11(火) 11:33:07
大学生なんですが今日の2時くらいまでに伊豆の踊り子を読んで感想を原稿用紙1枚程度書かなくてはいけないんですが、
何年か前に読んだ記憶しかなく今、手元に本もないんです…。
しかも携帯だからネットで調べることもできなくて…。
助けて下さいー

127 :吾輩は名無しである:2005/10/11(火) 12:03:30
伊豆の踊り子で印象的なのは、主人公の孤独感である。
旅に出て、多くの人びとと出会いながらも、主人公は自分のことだけを見つめている。
主人公は自分のことを、「生まれながらの孤児根性で、性格が歪んでいる」と思っている。
そして踊り子に、「いいひと」と言われて、救われた気分になっている。
この部分は、難解なようにも見えるが、微妙な詩情が感じられて私は好きだ。
難解なのは、この主人公の感覚は、私達の日常感覚と違っているからだ。
私たちは「いいひと」と言われても嬉しくない。「つまらない人」といわれた気がするからだ。
「いい」ことが、「つまらない」ことであるのは、
それだけ「いい」ことがありふれている、平和で豊かな社会だからだ。
しかし「伊豆の踊り子」の主人公は、「いいひと」と言われて心から嬉しかった。
それだけ彼の孤独が深く、「いい」ことと縁のない暗い場所を生きていたということだと思う。
そんな不思議な孤独の冷たさと、ささやかなぬくもりとが交錯するところに、
私はしみじみとした情緒を感じ、人生の美しさを信じたい気持ちになるのだ。
これだけ深く人生の光りと影を切り取った、川端康成の人間性にも興味をひかれる。

128 :127:2005/10/11(火) 12:07:01
速攻で適当に書いたけど、なんかいい感想文になってるな。
金を取りたいくらいだw

129 :126:2005/10/11(火) 12:17:32
>>127
ありがとう。
助かったー(ノД<;)
お金はあげられないけど・・・


つ旦

130 :傍観者:2005/10/11(火) 20:31:07
>>127たんがいい仕事してるのをみて感動した。
( ・∀・)つ▽ おつかれ〜、カンパイ!

131 :吾輩は名無しである:2005/11/12(土) 23:24:36
立原道造の「のちのおもひに」の題名の意味と
効果について誰か教えてください。

夢はいつもかへつて行つた 山の麓のさびしい村に
水引草に風が立ち
草ほばりのうたひやまない
 しづまりかへつた午さがりの林道を

うららかに青い空には陽がてり 火山は眠つてゐた
――そして私は
見て來たものを 島々を 波を 岬を 日光月光を
だれもきいてゐないと知りながら 語りつづけた……

夢は そのさきには もうゆかない
なにもかも 忘れ果てようとおもひ
忘れつくしたことさへ 忘れてしまつたときには

夢は 真冬の追憶のうちに凍るであらう
そして それは戸をあけて 寂寥のなかに
星くづにてらされた道を過ぎ去るであらう

百人一首の「あひみての のちのおもひに くらぶれば むかしはものを おもはざりけり」に影響を受けてるらしいんです。
その百人一首の意味はあなたと出会う前の気持ちなど、出会ってからの
気持ちに比べれば、何も思わなかったのと同じである。ということらしいです。
誰かお願いします!
効果がよくわからないです。




132 :吾輩は名無しである:2005/11/14(月) 04:03:59
百人一首の「のちの思ひ」が、詩の中では何に当たるか良く考えなさい。

133 :吾輩は名無しである:2005/11/14(月) 19:24:42
関係無いんじゃないかと思うってのも答えとしてあると思うけどな。

134 :吾輩は名無しである:2005/11/15(火) 02:36:22
宿題なのに?

135 :吾輩は名無しである:2005/11/15(火) 15:45:52
ヘミングウェイ著の「白い象のような山なみ」のついて小論文を書かなきゃ
ならないんですけど、何回読んでも理解できません。
内容をよく知ってる方、教えていただけませんか?
作中に書かれてある「自由」についても書かなきゃならんのです。

あと、最後なんで女性は「いい気分よ」っていったんでしょうか?

ほんとに困ってるのでたすけてください。

136 :131:2005/11/15(火) 22:45:36
>>132
「あなたと出会ってからの気持ち」ってことですかねえ・・・?
これが詩にどんな効果を与えているのかがよくわからないです

137 ::2005/11/15(火) 22:59:17
僕は基本的には詩のことはわからないけれど。百人一首は恋の歌ですね。でも立原の詩は恋の歌ではない。ある男が自分の人生を振り返って何もないことに気づく歌です。風景しかない。人は出てこない。続く

138 ::2005/11/15(火) 23:06:33
なぜ、彼の回想に人が出てこないんだろう?僕は立原のことをほとんど何も知らないけれど、詩の第三連で忘れようとした〜という一節がありますね。これは女性を指すと思う。若い頃恋して、結局かなわなかった女性じゃないでしょうか。

139 ::2005/11/15(火) 23:12:32
百人一首は恋している最中の、いろいろ悩みこそすれ、まあその悩みは人生に彩りを与えるもので、いわば作者は幸福だと言える。だけど立原の詩はそういう状態を過ぎ、全て忘れようとし、そのあとの心境です。(続く

140 ::2005/11/15(火) 23:20:21
そういうタイトルをつけることで、詩に語られていること(夢はその先に行かない等)だけではなく、語られていないこと(作者にも恋の時代があり、結局叶わなかったこと等)を読者に示唆し、詩の寂しさを増加する効果があると思います。

141 :132:2005/11/16(水) 03:07:10
↑残念、全く見当違い。>>136
そうだな。後の思ひにあたるのは「あなたに出会ったこと」なんだが、あなたとは何だろうか。これは女性ではなく、この一節を指す。
「そして私は見て來たものを 島々を 波を 岬を 日光月光を
だれもきいてゐないと知りながら 語りつづけた……」
作者は村の人間と同じ風景を見ながら、まったく違った視点に変化した。これが「後の思ひ」なんだな。

142 :吾輩は名無しである:2005/11/16(水) 13:01:20
>>131
、〇=草ひばり 
夭逝した立原の精髄と言える詩。

百人一首は、恋が成就し契りをむすんだ「のちのおもひ」を詠んた恋情の歌。
つまり、初セクースの後では恋心も超複雑化するんだよー、という意味。

立原の詩は、 
単に恋情にとどまらず命が内包する原初の孤独を、象徴的に表現している。
題名を付けたことで、
この世(=万象&他者)と触れ得た、あるいは触れ得たと感じた後では
いっそう極まる自己という孤絶した世界とその寂寥が、鮮明化した。

どちらも「のち」ゆえのおもひであり、その体験(=実感)が無ければ
立ち現れることはなかったはずの、心の現象。もしそれが
言葉で掬い取られなければ、雲散霧消したはずの、作者の命の断片。

タイトル「のちのおもひ」の効果、というなら、一縷の
希望の光が射すべきピンホールを、穿ったこと。
命は完全に孤立した各自の夢の中で生きて死ぬのではなく、
たとえ微かでも外界に在る「はず」の他の命との接近遭遇の可能性があり、
それが、生きたこと、生きること、言葉をつぶやくことに、
ささやかな意味を付与するのかもしれない、と。立原の絶唱。

143 :吾輩は名無しである:2005/11/16(水) 13:04:57
>>135
作品固有の意味は文脈に沿って読みとるべきでしょうから
再読してみないと??ですが、
一般的には、
自由とは、いかなる場合にも、自らに由ること。


144 :131:2005/11/16(水) 22:30:27
皆さんありがとうございます!
親切に答えていただき、本当に助かりました。

145 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 06:44:31
釣れた釣れたw

146 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 19:22:09
「ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん」の修辞技法ってなんですか?

147 :家出猫:2005/12/14(水) 19:33:02
宿題ってかショートショート書かないといけない
テーマは[こんな夢を見た]

さあどうぞ!

148 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 21:09:14
大変だね、そんな宿題。

149 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/09(月) 11:28:48
>>147がお送りするショートコント
「こんな夢を見た」


147「先生!元旦に夢を見たんです」
先生「どんな?」
147「私が宿題を忘れる夢です」
先生「現に忘れたから呼び出したんですよ。正夢ですね」
147「でも、夢の中で先生はこう言いました」
先生「なんて?」
147「『冬休みを楽しく過すのが、あなたの宿題ですよ』」
先生「(゜д゜)」
147「先生、冬休み楽しかったです」


多分ユリQ並にすべるぜ

150 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/12(木) 20:56:33
どなたか「こころ」のレポート手伝って下さい…工房ですが

151 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/12(木) 20:59:16
( ゜д ゜)

152 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/12(木) 21:22:54
>>150
あらすじ
ttp://literature.dot.thebbs.jp/r.exe/1027521168.31-33
感想(?)
ttp://www.hide-column.com/co63.html#312
印象に残ったところ(?)
ttp://www.endo-kazuyoshi.com/kokoro/all2.htm

?の所はあってるかどうか分からない。
とりあえず「あらすじ」のURLのスレをじっくり見れば全部分かるかもと言ってみる


これから俺の宿題を終わらせにいくかwwwwww

153 :雷電:2006/01/14(土) 08:54:57
厨房です。中学校の課題図書なんですけど、3冊中なぜか1冊しか回ってこずに、
しかも忙しくて読んでないまま返した冬休みの宿題が課題図書の感想文でして。
しかも担任は「読んでなかったら反省文書いてこい」とか・・・・。現に数人が反省文かいたそうです

154 :雷電:2006/01/14(土) 08:56:29
忘れてました。タイトルは「よみがえれブッポウソウ」」です。なんとか文章を考えてくれますか?
本の設定だけでも知ってたら教えてください。お願いします

155 :雷電:2006/01/14(土) 08:59:14
なんども失礼します。[秘密の道を抜けて] [魔の海に炎たつ] でもおkです
借りてないからバレたらやばいですけど。。。

156 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/14(土) 09:14:08
>>155
君はまずこのスレ

誰か「よみがえれブッポウソウ」の感想文考えてー
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1137168610/

の削除依頼を出して来てくれ。

削除依頼は

book:文学[スレッド削除]
http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/saku/1136275668/


157 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/14(土) 12:31:47
なんで反省文を書くのがそんなにいやなのか?
それくらい書け、恥ずかしいやつだ。
親も友達もお前が「恥ずかしいやつだ」ということを
指摘しないかもしれない。そのかわりに言ってやる。

158 :吾輩は名無しである :2006/01/14(土) 12:51:43
反省文書けよ。
これで解決さ。

159 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/14(土) 13:38:56
暇疵って何ですか?

160 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/14(土) 13:41:52
辞書引け

ていうかこんな厨スレ作るから板が荒れるんじゃね?

161 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/14(土) 13:50:32
>>153-155
『甦れ、ブッポウソウ』中村浩志著
『秘密の道を抜けて』ロニー・ショッター著
『魔の海に炎たつ]』岡崎ひでたか著

全部ネットで検索できる。解説とか梗概とか感想文とか、色々出ているから
参考にして自分で書け。
もっとも、本当に読んで書いたか否かは感想文読めばすぐわかる。覚悟しとくこった


162 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/14(土) 14:02:54
暇疵って私の辞典に載ってない

163 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/14(土) 14:04:03
買い替えろ。
法律用語なのかな?キズみたいな意味

164 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/14(土) 14:09:54
>>159
「かし」と読む。欠点のことだよ。


165 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/14(土) 14:30:03
ありがとう。
私の辞書乗ってないことばが多くて。ついでに傀儡(かいらい?)って何?

166 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/14(土) 14:33:42
辞書ひけ、馬鹿。

167 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/14(土) 14:34:27
>>165
ネットで検索もできない? 小学生か?

168 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/15(日) 23:10:19
「何でも質問箱(軽い質問はこちらまで)其十二」から誘導されてここへ来ました。
今も試行錯誤してますのでどうかよろしくお願いします。

さっきからネットフル活用で文学系の宿題をやってます。
何問か解けたんですがどうしても下記の3問が解けません。
各問題(1,2,3)にはテーマがあってそのテーマを選択肢から選ぶのですが、
すべて同じテーマなら調べればなんとなくながら共通が見付かりますが、
一つ違う物が混じっているのです。
そのテーマと、仲間はずれを教えていただけないでしょうか?
どうかよろしくお願いします。

1. [志賀直哉 -- 暗夜行路][夏目漱石 -- 明暗][芥川龍之介 -- 藪の中][高見順 -- 生命の樹]
2. [武者小路実篤 -- 真理先生][獅子文六 -- 父の乳][川端康成 -- 眠れぬ美女][谷崎潤一郎 -- 細雪]
3. [森鴎外 -- 舞姫][横光利一 -- 機械][谷崎潤一郎 -- 卍][梶井基次郎 -- 檸檬 ]

恋愛 社会 感覚 西洋 滑稽 心理 老年


169 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/15(日) 23:19:34
>>165

× 辞書に乗ってない
○ 調べる気がない

瑕疵も傀儡も載ってない辞書なんてありえない
大辞典や専門の辞書を引くまでもなく中辞典レヴェルで載ってる
とりあえず何でも人に訊く癖から改めろ

170 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/15(日) 23:23:08
>168
こっちに移動したかw
大体それはどこの宿題なんだ?
高校にしてはレベルが高いし大学にしてはレベルが低すぎる
よってFランク大学の一般教養文学の課題と予想

171 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/15(日) 23:24:38
宿題というか質問に近いんですけど
文学では  「コード」→文章の主軸となる部分 ですよね?
あと 「コンテクスト」 とはどういうものなのでしょうか?



172 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/15(日) 23:28:52
>>171
それに答えるにはテクスト論について知る必要があるな
テクスト論って知ってる?
作品論との違いって分かる?
テクストと作品の違いが分かればコンテクストが何か分かるよ

173 :168:2006/01/15(日) 23:42:23
>>170
するどい。えーとですね、これは会社の一般教養試験です。
機械技術系の会社なんで文系の問題はさっぱりなんです。
もちろん今まで本を読んだことのない自分が悪いのですが...。
一応7問あって、4問はネットで調べて解きました。
あってるかどうかは怪しいですけど。

174 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/16(月) 01:12:14
江戸川乱歩の

175 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/16(月) 01:15:01
文脈

176 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/16(月) 05:13:48
における

177 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/16(月) 15:36:11
>>168
ネタかなと思ったんだけどさ、
川端の作品名が違うよ。こんなへんてこ問題とくより
そっちのほうが一般教養的に問題だと。

178 :168:2006/01/16(月) 22:25:28
>>177
ネタじゃないですよ〜。本気で書きました。
今までがむしゃらに物理や化学、力学系の本を読んできましたが、
こういうとこで一般教養が足りないんですよね。
勉強し直してきます...。ありがとう。

179 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/16(月) 23:18:52
>>177 よめ

180 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/17(火) 05:56:26
【夢十夜】の質問お願いします。
600字程度でまとめよ。。。なのですが、うまくテーマが絞れません。
いろんな解説書を読んでみても、それぞれの視点過ぎて余計迷ってしまいました。
何かお薦めの参考文献はありますか?
あと、個人的な興味ですが、
他の板で夢十夜はエロいと書かれてましたが、どこがエロいんでしょうか?




181 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/17(火) 06:12:09
テーマっていわれてもなw
600字じゃそれぞれの内容を2〜3行でまとめるだけで終わっちゃうよなw
どこででた宿題だよ、それ

182 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/17(火) 08:08:41
このスレはどこで出た宿題か教えないとダメなん?

183 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/17(火) 12:49:51
相手がどういう解答を期待してるのか知りたい
ってことじゃないかな。例えばそれが
中学の宿題だったら(あくまでも「例えば」だが)
「百合の花は蜜が垂れる女性器の隠喩、と書け」とアドバイスはしない。

184 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/17(火) 18:05:53
>>180っす、Fランク大でお願いします。



185 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/17(火) 23:14:22
Fランク大だというならば、感想文を六百かけばいいということ。
レス見た限り読んだことは読んだようだし、感想書いて
自分でまとめりゃいいだけじゃん。「いろんな解説書読んでも
それぞれの視点すぎて」ってのは、感想かきゃなんでも
視点、それでオッケーってことなんだよ。構え過ぎ。

186 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/17(火) 23:51:50
>>185
そっかです、あーーっす!!(^田^)

187 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/17(火) 23:55:37
文学板らしからぬ爽やかさw

188 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/18(水) 04:12:05
しかし、教官も何を考えてそんな宿題をだしたのやら…
600字ってなぁ。そりゃ困るわw

189 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/18(水) 10:52:56
別に困らないと。

190 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/18(水) 20:05:15
Fランク大学=名前を書ければ合格
よって困らない

191 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/19(木) 00:26:21
そういう意味かw

だって普通「夢十夜」なんて600字じゃレポートなんて書けれないじゃんよw

192 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/19(木) 05:04:27
「サガンがプルーストから学んだと思われること」
ネタに困ったので誰か教えてエロイ人。

193 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/19(木) 10:05:24
189だが、190の意味で言ったんじゃないよ。まあいいけど。

194 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/19(木) 13:53:02
>>192
サガンオールスターズ
ジューダス・プルースト
この二つを書き殴って提出してやれ
うまくいけば優貰える

195 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/19(木) 14:48:08
>>192
フランス語。

196 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/19(木) 20:46:50
>>192
四十八手

197 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/21(土) 15:52:57
谷崎作品の中で最も評価の高いものは、何ですか?


198 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/21(土) 15:54:07
蓼食う虫も好き好き

199 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/22(日) 01:49:48
暇だから>>168を真面目に解こうとしたが、微妙すぎる問題だな。
自分も読んでない作品多いし。

3は舞姫が仲間はずれ?



200 :197:2006/01/22(日) 15:30:11
お願いします、レポートです。
谷崎の初期作品群で検索していた時は新現実主義理知派に入っていましたが、
「蓼食う虫」は伝統文学の分類ですか?

201 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/23(月) 00:46:55
村上春樹のニューヨーク炭鉱の悲劇についてのレポートを書くのに、至急何かヒント下さい!!!!!

202 :◆XywcDiO5sg :2006/01/23(月) 01:50:15
「ニューヨーク炭鉱の悲劇」ってどんなストーリーでしたっけ?
パーティーで知り合った女性に、昔あなたに似た人を殺したの、とか言われる奴でしたっけ?
まあ、この作品には都会に住む人間の、(続)


203 :◆XywcDiO5sg :2006/01/23(月) 01:51:07
現実が非現実的だという不安や、こうでしかないという閉塞感が
基調になっているが、村上はそれを明示せずラストの炭鉱のなかで救出を待つ人として
形象している。その点が特徴的とか、僕だったらそんな風に攻めてみますけど。

204 :◆XywcDiO5sg :2006/01/23(月) 01:57:10
今、思い出したけど主人公と友人がテレビを付けたり消したりして「存在」についてやりとりする場面があったような。
だとしたら自分という(自分にとっては)かけがえのないものが、
他人から見ればほぼ無価値というギヤップがテーマなのかも。

205 :◆XywcDiO5sg :2006/01/23(月) 02:00:51
だとしたらラストの解釈も変わってくるか。「そんなこと当然」とその不安を抑圧してクールに振る舞う「僕」に、ラストのイメージとしてその不安は回帰してくるとかさ。(フロイト?)
連投失礼。

206 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/23(月) 02:58:44
うおー!!嬉しい限りです!!自分とは違う視点からの意見を頂く事ができました!!今日徹夜で頑張ります!ありがとうございました!!!

207 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/24(火) 09:40:36
鼎がいい仕事をしたな

208 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/24(火) 21:16:36
ミヒャエル・エンデの「モモ」でレポートを書いています。
時間を欲しがるあまりになくしたものについて論じたのですが、
まだ字数が足りず、他にも論じやすい箇所や上記のテーマのと
さらに展開させるヒントを教えて下さい。            

209 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/24(火) 21:50:28
>>208
フェラーリの不調で全くいいとこ無しだった2005年シーズンについて書け
後釜がロッシに確定してることも交えながら

210 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/25(水) 08:31:57
急いでるんでageた。夏目漱石の前期、後期三部作教えてください。

211 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/25(水) 08:38:37
三部作って? 

212 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/25(水) 08:40:28
代表作を教えればいいの?

213 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/25(水) 09:28:29
プリントには代表作と前期三部作と後期三部作、晩年の作を答えよとあるのですが…。

214 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/25(水) 09:37:09
前期:三四郎 それから、門
後期:彼岸過迄 行人 こころ

215 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/25(水) 09:45:24
しかし、最近はこのスレよく使われてるな。

216 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/25(水) 10:29:40
<<214 助かった。ありがと!

217 :197:2006/01/25(水) 16:38:42
志賀直哉のおすすめを教えて下さい!


218 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/25(水) 21:38:50
氾の犯罪
正義派

219 :197:2006/01/26(木) 00:10:49
>>218
ありがとうございました。

220 : :2006/01/27(金) 04:22:23
レポートです。
作者について、…とその家族の系図を示すこと…、
とあるのですが、系図はどう書けばよいでしょうか?

221 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/27(金) 12:33:24
歴史の教科書みたいにすりゃええやん

222 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/27(金) 13:36:51
変なレポートだな。

223 : :2006/01/27(金) 22:20:41
>>221 ありがとうございます。
でも、一体何親等まで書いたらいいんでしょうか?
升目も気になってしまって全然進みません。
アドバイスお願いします。


224 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/28(土) 02:06:17
そのくらい自分で判断しろ

225 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/28(土) 02:45:22
>>208
モモ独特の友人関係
時間の概念


226 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/29(日) 01:52:00
>>208
ネバーエンディングストーリーは良く観たなぁ。


227 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/29(日) 23:20:44
…樋口一葉の作品の中で、当時の女性の苦労が書かれてる作品。
誰かヘルプです。。。

228 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/30(月) 00:33:26
↑質問の体をなしていない

229 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/01(水) 00:57:34
age

230 :『高瀬舟』について教えてください!:2006/02/01(水) 01:03:34
3 名前:名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中 :2006/02/01(水) 00:54:14
明日テストなんだけど【高瀬舟】って文章長すぎて
何処が一番テストに出やすいのかわからない((⊇д;)

どうか教えてください。おながいします!


231 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/01(水) 01:06:21
>>230 回答転載

5 名前:名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中 :2006/02/01(水) 00:58:15
弟殺しのところが出るよ。

8 名前:鈴木大介 ◆m0yPyqc5MQ :2006/02/01(水) 01:01:53
 なんで喜び助くんは楽しそうだったんですかね。
それがこれだけじゃよく分かりませんね。

弟が亡くなって嬉しかったんでしょうか?



232 :鈴木大介 ◆m0yPyqc5MQ :2006/02/01(水) 01:10:55
『罪と悪の違いをこの小説から分析せよ』、
という点が出ると思いますよ。
出せるとこ、そこしか無いじゃんw

233 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/01(水) 01:53:27
>232
『親の顔が見たい』だと思いますよw

234 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/01(水) 02:30:15
age

235 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/01(水) 03:38:13
横光利一の『機械』のあらすじを100字でまとめてほしいです…

236 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/07(火) 20:23:06
高校の卒業式の送辞を考えて下さい…
原稿用紙三枚くらいらしいです

どうかお願いします

237 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/07(火) 20:42:42
>>236
君、在校生を代表してやるんでしょ?
もっとしっかり真剣にやりなよ。
それとも内申のためだけに生徒会とかやってる馬鹿学生ですか?

238 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/07(火) 21:14:33
>>237
内申のためだけではないですが…
時間がないんです…

239 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/07(火) 21:21:29
>>238
ググレば結構出てきそうじゃない?

240 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/07(火) 21:37:06
>>239
調べてみます…

書いていただける人いらっしゃったらお願いします。

241 :◆XywcDiO5sg :2006/02/07(火) 21:43:06
まあ「卒業おめでとうございます」あたりからはじめて、
その学年のなしとげた業績を讃え(〜部は全国に行ったとか、学祭は三年生の頑張りで盛り上がったとか)、
「僕達もあなた方の後輩として恥ずかしくないようしっかり頑張ります」とか結べば?

242 :◆XywcDiO5sg :2006/02/07(火) 21:50:06
でもこれじゃ原稿用紙三枚には足りないな。
あとは適当にふかしでも入れますか。
一番恐い先生の名を出して「あなた方が卒業するのは寂しいです。実は〜先生もさっきトイレで泣いていました」とかさ。
一番可愛い三年の女子の名を挙げて「〜先輩!この場を借りて言います!ずっと前から好きでした!」とか。

243 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/07(火) 22:07:10
>>242
そうゆうのアリなんでしょうか?

卒業式は固いのかな…

244 :◆XywcDiO5sg :2006/02/07(火) 22:16:14
ま、普通に考えれば卒業式は固いでしょうね。
でもそこで笑いを取ってこそ男ですよ!冒険野郎マクガイバーだ!(←古い)

つーか、その原稿用紙を教師に提出するんですよね?
ふざけた送辞なら、その時点ではねられるでしょうね。残念ながら。

245 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/07(火) 22:30:54
>>244
なるほど…
考えつかないけど…

246 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/07(火) 22:42:42
いや、送辞はありきたり、ワンパターンのもので十分だよ。
卒業生は卒業の日それ自体に感傷的になってるから
お決まりの言葉言って涙の後押しするだけでいい。

247 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/07(火) 22:55:15
>>246
ありきたりな文すら書けないです…
苦手だ…

248 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/07(火) 22:57:03
>>247
本屋にそういう本売ってるから丸々パクッて問題なしw
図書館にもあるんじゃないかな。

249 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/07(火) 23:15:02
>>248
わかりましたww


皆さんありがとうございます

250 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/08(水) 10:39:56
>>236
もう解決した?
普通は学校に毎年の送辞や答辞が保存されていて
「これを参考にして書いて」と先生が渡してくれるもんだけどね。
その学校独特の伝統?や書き方もあるし。
参考はあくまで参考なので、あまりしゃっちょこばらずに自分の独自色を素直にだしていいよ
その方がウケた


251 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/08(水) 13:45:05
>>250
まだ書けてません

アドバイスありがとうございます

252 :masami:2006/02/19(日) 09:47:30
できれば早くお願いします!
今度テストで夏目漱石の『こころ』が出るんです!お願いします
1.「私は思い切って奥さんにお嬢さんを貰い受ける話しをしてみようかという決心をしたことがなんどとなくありました。けれどもそのたびに私は躊躇して、口へはとうとう出さずにしまったのです」のところで、このときの心理的背景、理由はなぜですか?
2.「私は手もなく魔の通る前に立ってその瞬間の影に一生を薄暗くされて気がつかずにいたのと同じことです」のところで、このときの魔は、どういう事態を表現しているんですか?

253 :吾輩は名無しである:2006/02/19(日) 14:35:20
>>252
1. これは簡単だろう。先生は強い人間不信に陥っているから。
自分が持っている金目当てで優しくしているんじゃないかと
何度も疑っている。

2. この「魔」は 1. とも関連がある、先生自身の、まぁ言ってみれば
ダークサイドだwww
人は「それ」を知らずに生きていければ幸せなんだが、
先生は気づいてしまった。
こころ、の悲劇はそこにある。

254 :吾輩は名無しである:2006/02/19(日) 16:57:32
何がダークサイドだ恥ずかしい。
まあ試験的にはそれで正解なのかもね。



255 :吾輩は名無しである:2006/02/19(日) 17:49:17
>>252
1、下巻-十五参照

心理的背景は、「私」は叔父に騙され人を信用できなくなっていた。

理由は、

奥さんが、叔父と同じような意味で、お嬢さんを私に接近させようと力めるのではないかと考え、
奥さんに騙される事を恐れたから。

256 :吾輩は名無しである:2006/02/20(月) 15:30:00
>>252
1.もし「私」がここで結婚を申し込んでいれば、
このあとKに対する裏切りというドラマが成立しなくなってしまい困るから。
2.作品を面白く盛り上げたいという作者の下心に迎合して、
ついドラマチックな展開を演じてしまう事態。

これでAAは鉄板だろ。

257 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 01:44:08
そういうのちょっと古いというか、もう陳腐だと思う。

258 :吾輩は名無しである:2006/02/25(土) 22:49:37
ごめんなさい。
生まれてきたのが間違いでした。

259 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 00:13:07
それよく聞くが、厭味ならいい。
本当に「ごめんなさい」のつもりなら、
責任転嫁で意味がない。

260 :吾輩は名無しである:2006/02/28(火) 00:10:13
すみません。
ほんとにごめんなさい。

261 :吾輩は名無しである:2006/02/28(火) 13:53:06
漱石のこころについて質問なんですが、
1、何故Kは襖を開け私を見ていたんですか?
2、一番最初は私の名前を呼んで、
自殺の夜は何故呼ばなかったんですか?
その違いは何ですか?

お願いします。

262 :吾輩は名無しである:2006/03/02(木) 12:18:33
age

263 :吾輩は名無しである:2006/03/10(金) 01:41:35


264 :吾輩は名無しである:2006/03/10(金) 02:25:21
>>261
1 Kは出っ歯の亀だったから。あるいは鶴だったから。
2 死んだら呼ぶことはできないから。

はい、次の患者さんどうぞ。

265 :吾輩は名無しである:2006/03/14(火) 18:55:20
倫敦塔の問題点を教えてください。
私には普通の旅日記にしか思えませんでした…

266 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 15:57:44
「わたしの先生」という本の読書感想文を課題として出されました。
どなたかアドバイスを下さると嬉しいです。

267 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 16:22:12
>>266
先生、先生、それは先生♪

268 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 16:35:23
>>265
だったら
普通の旅日記にしか見えない」のが問題点と思うか、
「問題ないな」で終わり、でいいじゃん。
見つけられないなら問題なんかないよ。

269 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 19:18:25
森鴎外の「舞姫」について、プリントの穴埋め(あらすじについて)の宿題が出ました。
何方か手伝ってくれる方がいらっしゃったらそのプリントの文章を打ちますが…
お願いできますか??

270 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 19:20:07
いいですよー、どうぞ。

271 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 19:23:26
>>270
ありがとうございます。少々お待ち下さい。。。

272 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 19:34:28
『舞姫』全文 ↓  自分でやれ

http://www.aozora.gr.jp/cards/000129/files/2078_15963.html

273 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 19:39:23
 帰国途上の(1.   )港に停泊する船の中、1人鬱屈して苦悩する「余」は、
その原因となる洋行体験にまつわる「恨み」の感情を晴らそうと「文」を綴り始める。
 幼少期よりエリートとして励み続けた「余(太田豊太郎)」は、
(2.   )年前に洋行の望みがかない、官命を帯びて(3.   )へと渡った。
家の再興と(4.   )を願う思いは強く、
初めて触れるベルリンの美観にも決して圧倒されることなく、(5.   )な月日を送る。
 渡米後(6.   )年を経て、大学の自由に触れるうち、豊太郎の内心に変化が起こる。
本来の好尚が発現し、まことの我に目覚めたことで官長の命に背き、
(7.   )・(8.   )に心を寄せ始める。
一方、(9.   )にも気付くが、それを隠すために装ったかたくなさが周囲に嫉まれ、
(10.   )の原因となる。
 ある夕暮れ、下宿への帰路に迷い込んだ(11.   )の古い寺院の前に恍惚とたたずんでいた折、
すすり泣く美しい少女と遭遇する。
豊太郎は同情心から大胆にも少女に声をかけ、思いがけず少女の窮状を救うこととなる。
 (12.   )をしているエリスとの師弟のような清らかな交際は、
悪意を持つ同郷人の中傷・密告にあって、豊太郎は(13.   )の憂き目にあう。
さらに(14.   )が重なり、悲観に暮れる中、
ともに悲しむエリスとの関係は深いものとなる。

-----------------------------------------------------------------------------------------

前半部はこんな感じです。
一応自分で考えた答えは、

1:サイゴン   2:5     3:伯林  4:出世  5:夢のような
6:3      7:歴史文学  8:?   9:?   10:?
11:クロステル  12:踊り子(?)  13:免官  14:?

です。添削等お願いします。

274 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 19:39:30
遠藤周作の「沈黙」についての読書感想文が宿題で出ました。
本は一応読んだのですが、そんなに書くことが思い浮かびません。
宿題は作文用紙一枚分なのですが、どなたかよろしければアドバイスを下さい。
物語のキーワードがどこなのかとか全く分かりませんorz
最後、神が黙ってるけどそれがなにを意味してるのかもわかりませんorz
横柄ですみませんが、よろしくお願いいたします。



275 :269:2006/03/32(土) 19:51:11
後半部分です。


 ドイツ滞留を決めた豊太郎は、東京にいる親友相沢の援助で(15.   )の職を得、
エリスの働きとも合わせ、エリス親子と「憂きが中にも楽しき月日」を送る。
生活に追われ、頼みとした学問は次第に荒廃していくが、一方で豊太郎は(16.   )も手に入れていった。
 行く末を案ずる中、エリス(17.   )の兆候に不安は募る。
折しもベルリンに到来した相沢が示す、名誉回復のため(18.   )伯の信用を得よとの方針に、
豊太郎は否と言えず、エリスとの(19.   )を約束し、心に一種の寒さを覚える。
 豊太郎への天方伯の信用は、相沢の計画通りに着実に見深まるが、
随行した(20.   )での活躍によってそれはさらに厚いものとなる。
別離を予感したエリスの手紙に、豊太郎は抜き差しならぬ自らの立場に気付く。
 結局、故郷を思い栄達を願う心から、豊太郎は天方伯からの帰国の誘いに応じてしまう。
自らの特操なき心に錯乱し、高熱に意識を失う。
 意識を回復した豊太郎は、エリスの(21.   )を知る。
(22.   )がエリスに、豊太郎の帰国する意志を伝えたのだった。
エリスとその身に宿された我が子を残し、帰国の途につく豊太郎の心には、(23.   )が残った。


自分の答え↓

15:通信員  16:一種の見識  17:妊娠  18:天方  19:?
20:ロシア  21:発狂     22:相沢  23:憎しみ(恨み?)


以上です、よろしくお願いします。

276 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 19:52:17
あまぞんレビューでも読め

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101123152/qid=1143888606/sr=1-5/ref=sr_1_10_5/249-5714793-2789139

277 : :2006/03/32(土) 19:55:11
  >>276  → >>274

278 :   >269:2006/03/32(土) 19:56:07
>>272を見ろ

279 :269:2006/03/32(土) 20:52:15
すいません、やはり8,9,10,14,19が分かりません。何方かお願いします。

280 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 21:38:21
100回読め。

必ずわかる。
ネットで安易に他者に依頼するほど下司なことはない。
「下司」の意味は辞書をひけ。

281 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 21:48:41
>>274
昔読んだけど、昔の拷問てこうだったんだなぁという印象があるな。
神が黙ってるてのはキリスト教の三位一体、父と子と聖霊→精神、肉体、魂の話になると思う。
現世御利益で神に祈るではなく自分がいかにその時をいかに生きたか?(魂の話)になると思う。
酔いながらのレスだから通じなかったらごめんね。

282 :269:2006/04/02(日) 00:15:27
どなたか>>273>>275の8・9・19をお願いします…どういう言葉を入れたら良いかよく分かりません…

283 :吾輩は名無しである:2006/04/02(日) 00:31:09
>>282
舞姫くらい読めよ('A`)y-~~
しかし、
>エリスとその身に宿された我が子を残し、帰国の途につく豊太郎の心には、(23.   )が残った
>23:憎しみ(恨み?)
ってのはワロタww

284 :吾輩は名無しである:2006/04/03(月) 12:23:25
19(別離)
23(後悔・敗北感・自己嫌悪)のどれか
本文読まなくたってそんな感じじゃない?


285 :269:2006/04/03(月) 15:14:44
>>284
本文読みましたが、19と23は確かにそうだと思います。ありがとうございます。
あの、8だけどうしても分からないのですが…何方か分かりますか?

286 :吾輩は名無しである:2006/04/03(月) 15:22:31
(そんな問題を解いたからナンだってんだろう?
 あえて不正解なワードを当てはめて、もう一つ
 の話をこさえるのもまた、文学の妙味だ)

287 :吾輩は名無しである:2006/04/03(月) 17:26:20
高校の宿題で小中学校でどのように文法を学んだか作文しろ(600字以上)という
宿題が出たのですが、どんなことを書けば良いかアドバイスをください

288 :吾輩は名無しである:2006/04/03(月) 21:19:36
「教科として習った記憶はあまりない」「だが」
「日常の中でこれこれこうこう」「言葉遣いを直された」
「その時はむっとしたが」「後から自分でわかってみると」
みたいな、「学校生活と教師との接触を通して」、
「母国語の文法が子供の日常でどう意識化されていくか物語」
にするといいんじゃない? 授業でならった、よりも話として。

289 :284:2006/04/04(火) 15:23:04
相変らず本文は読んでいないけど
推し量るになにか、趣味的なことじゃないか?
ちなみに7は何と書いた?

290 :269:2006/04/05(水) 13:30:20
7は歴史文学と書きました。

291 :吾輩は名無しである:2006/04/05(水) 22:15:31
今年の春から高校生になる者です。
早速高校から作文の宿題が出まして、課題は「何故XX高校に入学したか」についてです。
入学の動機はもちろん、自己紹介や将来の目標、
目標達成のための高校生活の送り方などを原稿用紙(20x20)二枚に明確に書かなければなりません。
もちろん上記の条件は必須事項ではないのでしょうが、
丸々書いていただくわけにもいきませんので、どのような方針で筆を執ればよいのか御指南下さい。

まず一つ目の段落として、「入学した理由として高校の現状を挙げ、『気風が自分の性格にあっているから』というように自己紹介を導く」
肉付けは後に行うとしてこのような方針を考えました。
目標云々はそのまま書けば苦にはならないでしょうが、単調な、型に填ったような文を書きたいとも思えません。
そこでこちらで相談させていただくべく書き込んだ次第です。

高校側としては、この作文から生徒の人物像をとらえるのだと推測しております。
ですので、中学時代のことも盛り込めば評価が高くなるのでは、
と思いましたが、作文とは本来そういうものでもありませんよね。
ただ、人並みよりは少し達者に強かに書きたいと思いまして。

長文失礼いたしました。どうぞ御指南の程、宜しくお願いいたします。

292 :吾輩は名無しである:2006/04/05(水) 22:23:02
何それ?w
高校生なんだから自分で考えろよ
人に教えてもらったくらいで「単調な、型に填ったような文」から抜け出せると思うのが間違いだろ
そういうのは書きながら自分で作り上げていくしかないだろ
基本をバカにしちゃいかんよ
一度自分で書いてみなさいよ
もしかしたらアンタがバカにしてるようなレベルにも達してない文章かもしれないよ
そういうことって往々にしてあるからさ


293 :吾輩は名無しである:2006/04/05(水) 22:44:54
この際、評価など気にせずに素直な気持ちを書いてはいかがか

294 :291:2006/04/05(水) 22:50:48
貴重なご意見ありがとうございます。
確かにそうかもしれません。
「文を書く」ということは、人に教わって分かるような代物ではなく、
下らない文章でもそこから進歩していくこと、
自分の思った通りに書くことが大切ですね。

一度自分の力で書き上げてみます。

295 :吾輩は名無しである:2006/04/05(水) 23:01:39
>>294
がんばれ
評価なんてあんまり気にするなよ

296 :291:2006/04/07(金) 00:13:17
ようやく書き終わりました・・・
5行程空いてしまいましたが、評価など気にせず
自分が思ったことをざっくばらんに書くことができました。
これも皆様に感化していただいたおかげです。ありがとうございました。

297 :吾輩は名無しである:2006/04/08(土) 13:18:32
春休みの宿題で、人権作文を書けって言われました。
…どんなことを、どんな風に書けばいいんですか?

298 :吾輩は名無しである:2006/04/08(土) 13:19:28
しかもあさって提出!!!

299 :吾輩は名無しである:2006/04/08(土) 13:22:59
>>297
胎児にも人権はあるんだから中絶はいけません。
中絶しないですむように、中で生だしは避けなくてはいけません。
ピルやゴムに使うお金はケチらないようにしたいとおもいます。

って書けばいい。

300 :吾輩は名無しである:2006/04/08(土) 13:33:45
自分がされたくない事をされている者がいて、自分が今ここにいて。
その差異についてあなたが感じた事を、そのまま言葉にすれば良い。
人権感覚なんてもの、どうやったって人から借りてくる訳にはいかないよ。

301 :284:2006/04/10(月) 15:54:46
>>290
カメレスごめん。
それもしかして7(歴史)と8(文学)に分けたた方が良いのでは?

大人の小ざかしい解答で申し訳ないと反省しつつ・・・

302 :269:2006/04/10(月) 16:32:15
>>301
いえ、レスして下さって嬉しいです。提出まだなんで。
なるほど…そのテがありましたか…
それでいってみます!!
ありがとうございました!!

303 :吾輩は名無しである:2006/05/02(火) 19:49:01
明治初期の書物の特徴って何でしょう。
自分でも調べてみたのですがあまりに漠然としているもので…

304 :吾輩は名無しである:2006/05/02(火) 19:55:00
質問の主旨ってなんでしょう。
調べてみたいのですがあまりに漠然としているもので…


305 :吾輩は名無しである:2006/05/02(火) 20:01:45
>>303
東京古書組合の中に「明治古典会」というのがあるそうだから
明治の書物全般ならそこに問い合わせれば…



306 :吾輩は名無しである:2006/05/02(火) 21:42:55
飯島文学を夏の宿題にしようかと思っている今年十三歳の豊川と申します。
プラトニックセックスを題材にイデオロギーを混成させた感想文に仕上げた
いのですが、その際に必要な参考文献を教えてください。

307 :吾輩は名無しである:2006/05/02(火) 22:02:46
>>306
鴎外は読んだことある?ヰタセクスアリスは必読書

308 :吾輩は名無しである:2006/05/05(金) 22:02:59
『食料』1.食料生産や食品加工に関する意見2.食料や食品の経営・流通に関する意見
『環境』1.環境の保全・創造に関する意見2.環境を創造する素材に生産に関する意見
『文化生活』1.文化や交流、福祉に関する意見2.学校生活や家庭生活に関する意見
の中から選んで意見文を書かなきゃいけないんですが何を書けばいいのかわかりません。助けてください…。

309 :吾輩は名無しである:2006/05/05(金) 22:31:54
age

310 :吾輩は名無しである:2006/05/05(金) 23:21:15
>>308
『食料』=一番好きな食い物は何だ?それについて、どう生産されどう流通し
どんな問題や危険があるか価格はどうか生産地は?…等々、ネットや本を駆使して
事実を調べる。その上で自分としては好きな食い物を今後も確保するために
どうすればいいかを考えてまとめる。
『環境』=自分の住む地域で一番好きな場所はどこか?その場所を好きなのは
何故か?その場所をいつまでも保持していくにはどうすればいいか?具体的な
場所について考え、必要なら市町村や地域社会の大人達にも取材して、
その上で自分の意見をまとめる。
『文化生活』=自分が好きなファッションは?好きな音楽は?好きなイベントは?
家族や友達との関係で気になることは?周囲の老人や病人などの現実の暮らしは
どうか?…一番関心のあることに絞って、具体例をあげながら観察し、
問題点を考えて自分はどうしたいと思うか意見をまとめる。   以上

311 :吾輩は名無しである:2006/05/06(土) 00:45:05
>>310
ありがとうございます!!助かりました。

意見文の書き方がよくわからないんですが、どうやって書けばいいのでしょうか?すいません…。

312 :吾輩は名無しである:2006/05/06(土) 00:47:47
    _, ,_  パーン  
 ( ‘д‘)    甘えてんじゃねーよ、ボケ! 検索しろ!
  ⊂彡☆))Д´) >>311


313 :吾輩は名無しである:2006/05/06(土) 00:49:09
>>311
小論文 感想文 文章を書く 論文の書き方 などなどWebで探せ

314 :吾輩は名無しである:2006/05/06(土) 00:50:17
>>311
この板には嘘(フィクション)書く人間しかおらんから参考にはならんよ。

315 :吾輩は名無しである:2006/05/06(土) 19:13:31
以前先生の授業で習ったことを無視し、プラトーン真似て
対話型の小論文書いたら、放課後呼ばれてふざけるなと殴られた。

316 :吾輩は名無しである:2006/05/06(土) 22:04:32
>>315
体罰あるいは暴力行為で訴えろ

317 :吾輩は名無しである:2006/05/07(日) 22:41:21
>>312
あっはっはっは、殴られてやーんのww

318 :吾輩は名無しである:2006/05/09(火) 16:19:56
>>311
意見文の書き方
http://www.infosakyu.ne.jp/~nishi/fukui/SHOIN116.HTM

319 :吾輩は名無しである:2006/05/10(水) 21:02:31
あの今日学校でこんな課題でました。

羅生門(原作)と芥川の羅生門はどこが違うか。
また、芥川はどのような意図で原作をいじくったのか?

助けて下さい。

320 :ググればいろいろ出てくるぞ:2006/05/10(水) 21:07:41
『羅生門』のベースになっている今昔物語では、「盗人」が主人公になっている。
芥川はそれを「盗人になる決意をする下人」に置き換え、
平凡な人間が盗人になる決意を固めるまでの心理の揺れを描いている。
ところでこの下人が平安時代の、本来ならこのような災害を何度も経験しているはずの
人間として描かれていないという印象を、この小説を読んだときにまず受ける。

当時の状況をふまえたリアリティという点からみれば、この小説にはそのようなリアリティは欠けている。
ただ、芥川自身も下人を平安時代の人間らしい人物として描くつもりはなかったのかもしれない。

舞台は平安時代であるが、描かれているのは芥川の時代の人間の感情であり、
芥川は同時代的な身近な感情を書き込める形に今昔を少しずつ書きかえていったのだろう。

では、同時代的な感情を描いた作品としてこの小説にリアリティがあるかといえば、
やはり『羅生門』に描かれる世界はどこか不自然であり納得できない場面が多い。



321 :吾輩は名無しである:2006/05/10(水) 21:28:22
>>320
助かりました!

@ぐぐってみます。

322 :吾輩は名無しである:2006/05/10(水) 21:30:13
どこが違うってあんま変わらんよ。
原作の方では盗賊が羅城門の上に上がり、そこで怪奇的な老女を見るけれど、
実は同じただの人と一安心、老女のものを奪って去っていく。これは羅城門に
ついての過去の逸話、今でいうところの学校の怪談(昔お墓だった)みたいなもので、
おそらく当代の歴史的考証はないと考えられる。都市伝説が昔からあった典型。

芥川の方については青空文庫で見るよろし。
ttp://www.aozora.gr.jp/cards/000879/files/128_15261.html
重要なのは盗人がいまだ盗人ではない下男に変わっていること。
老女が自らの主であった女の髪ではなく、他人の女の髪を抜いていること。
(そのさいにあれこれ並べ立てている言葉とその意味合い)

どのような意図で原作を弄ったかと言えば、悪人というものは、善人のところも
少なからず所有していて、その境目は非常に薄いということ。さらにまた、本人の資質が
どうあれ、結論はいずれかを選ばなければならないということ。その結論によって、
社会的に彼が善人か悪人か決定されるということ。
大体こういったことを表現しようという意図で原作を弄くった。以上。

323 :吾輩は名無しである:2006/05/10(水) 21:44:02
心狸ガクは女性専用車両みたいなものです。マトモな♂は専攻しません。
オバサンがいっぱい入ってくる女風呂なんです。




生ぬるいんですが、入りたいですか?

http://academy4.2ch.net/psycho/subback.html


324 :吾輩は名無しである:2006/05/25(木) 00:36:01
山月記の、エンサンが李徴の作品に欠けていると感じた、非常に「微妙な点」とは、いったいどのような事なのでしょうか、お願いいたします。

325 :吾輩は名無しである:2006/05/25(木) 01:42:16
b

326 :吾輩は名無しである:2006/05/25(木) 19:37:36
>>324
つまりだなぁ
アレだよアレ
メガヒッツを飛ばすにはスケールがチャイチーだったんだよ
ジャズってないっつーか
ミルキーな感じが出てなかったんだな

327 :吾輩は名無しである:2006/05/27(土) 00:14:01
山田さんどうもm(__)m

328 :吾輩は名無しである:2006/06/02(金) 22:45:13
スピーチの原稿を書くというもの。
*題材はなんでもかまわない
*その題材についてを150字程度で、もっとも言いたいことをはっきりさせておく
*聞き手が興味を持つような流れ
題材はそちらにまかせます。


329 :吾輩は名無しである:2006/06/02(金) 22:49:53
・・・(゚Д゚)
あきれてものが言えん

330 :吾輩は名無しである:2006/06/03(土) 01:07:55
その題材についてを150字程度で、もっとも言いたいことをはっきりさせておく

>>失われた短編の技法が無いと無理

331 :吾輩は名無しである:2006/06/11(日) 00:42:43
次の題目で文章を書くとして
主題文を200時以内で書け
「あいさつの意味」

よろしくお願いします

332 :吾輩は名無しである:2006/06/11(日) 19:28:13
( ^ω^)

333 :吾輩は名無しである:2006/06/12(月) 00:29:14
  _, ,_  パーン   
( ‘д‘)    甘えてんじゃねーよ、ボケ! 自分で書け! 
 ⊂彡☆))Д´)

334 :吾輩は名無しである:2006/06/12(月) 07:23:34
失われた短編の技法が無いと無理

と言いたいが書いてやるよw200字以内ってあたり厨房か?
そのくらいの椰子に分かるように書いてやるよ

335 :吾輩は名無しである:2006/06/12(月) 10:11:25
>>334
よろしくお願いします

336 :吾輩は名無しである:2006/06/12(月) 10:36:28
あいさつのいみ

当時はまだ森が生い茂り、自然と人とが密接な関係を持っていた。


私は毎朝散歩を兼ねて、新鮮な果実を摘みに行くのが日課だった。

軽い朝食を終えると小川へ釣に出かける。

太陽が真上を通り過ぎた頃には籠には河鱒が5匹は入っているのが常だった。

小屋に戻ると、愛犬チャールと午後を楽しみ、

陽が沈むと共に床に着く。これの繰り返しが私の人生だ

337 :吾輩は名無しである:2006/06/12(月) 11:41:32
[挨拶]


もう閉店時間も間近という時間に一人の男が勢いよくドアを開け入ってきた。
茶色いレッドウィングが印象的なその男は辺りを見渡し
アルコールの棚に向かった。すぐにREDLABELの大瓶を二本持って
私のところに戻ってきた。この時になって始めて男の発する
ウイスキー独特の臭いが鼻を突き思わず私は顔を顰めた。既にそうとう飲んでるようだった。
そして勘定が済み男は出口に向かう途中に急に立ち止まった。
そして振り返り私を見ながら床に唾を吐いた。そして何事もなかったかのように出て行った。

338 :吾輩は名無しである:2006/06/12(月) 11:49:28
>>135
ヘミングウェイ『白象に似た山々』は、男と女の
恋愛心理の機微を活写したショートストーリー。
女は腹に男の子供を宿していて、それが目下の二人の懸案事項。
男は堕胎することをすすめ、女は嫌がっている。

場面は、楽しかった旅の途上女が妊娠を告げたその直後で
男は神経を苛立たせており
山の連なりを眺めた女が「白い象みたい」と喩えて言うのにも
ただ皮肉っぽい反応をみせた挙句、ふと
「君が言ったところで何の証拠にもなりゃしない」と本音を洩らす。

女は男の愛情を疑いつつ確かめようとするが、うわべは愛を語りつつも
執拗に堕胎を口にする男に、次第に失望していく。
二人の短い言葉には複雑な心理が篭められており、最後は
男を見限ることに意を決した女の、自立した前向きの心情を映している。

339 :吾輩は名無しである:2006/06/12(月) 21:03:33
>>336
Oヘンリ賞

340 :吾輩は名無しである:2006/06/12(月) 21:11:56
死ね

341 :吾輩は名無しである:2006/06/12(月) 22:53:35
いいね、なかなかいいね

342 :吾輩は名無しである:2006/06/14(水) 21:52:01
舞姫の豊太郎の恨みは誰に対するどういう気持ちか分かりますか???

343 :吾輩は名無しである:2006/06/14(水) 22:02:01
芥川の羅生門で、
下人の「今までけわしく燃えていた憎悪の心を、いつの間にか冷やしてしまった」のは
何がきっかけでしょうか。

下人の、正義感⇒自分の悪を正当化する この間の心情が読解できずに悩んでいます。


344 :吾輩は名無しである:2006/06/14(水) 22:16:01
>>342
鴎外に小説のネタにされた恨み

345 : :2006/06/25(日) 19:50:11
中島敦の名人伝と山月記の比較をしてくれませんか?

346 :吾輩は名無しである:2006/06/25(日) 21:23:54
みなさん、お時間があるなら
生きるということ
のテーマついて感想といいますか
原稿用紙一枚分20×20
くらい書いていただけませんか

347 :吾輩は名無しである:2006/06/26(月) 07:22:38
その枚数で生きるをかたれたら神だろうねw

348 :吾輩は名無しである:2006/06/26(月) 17:44:06
グローバル自由市場の中心にある
規制撤廃が習俗や中間的組織を破壊するということの意味合いについて論ぜよ

おねがいします

349 :吾輩は名無しである:2006/06/26(月) 18:19:32
>>348 地域社会が壊れるってこと。以上。

350 :吾輩は名無しである:2006/06/27(火) 08:55:26
ありがとうございます
自分アホなのでもうちょっと詳しく説明おねがいします

351 :吾輩は名無しである:2006/06/27(火) 10:08:58
これでいいか?


グローバル自由市場の中心にある
規制撤廃が習俗や中間的組織を破壊するということは
地域社会が壊れるということを意味する

352 :吾輩は名無しである:2006/06/27(火) 10:20:23
でもテストで地域社会が壊れるだけかいて単位とれるのかが心配

353 :吾輩は名無しである:2006/06/27(火) 12:22:10
中学生じゃねーの?単位って‥‥‥まさかw

354 :吾輩は名無しである:2006/06/27(火) 12:26:00
ワードで小論文作ってるいんですが引用の仕方(ルール?)がいまいちよく分かりません。
たとえばこういう文を引用するとき


「こいつ、命知らずな野郎だな!」ラズミーヒンがこううわめいて、椅子からとびあがり、いまにも殴り倒そうと身がまえた。
「あなたは下劣な、心のねじけた人です!」ドゥーニャが言った。
「何も言うな!動くな」ラスコーリニコフが、ラズミーヒンを押さえつけて叫んだ。
それから、ルージンに突っかからんばかりに近寄った。「とっとと出て行ってください!」彼は小声で、一語一語はっきりと言った。


会話文から始まる文で、会話文だけを引用して考察する場合は

「こいつ、命知らずな野郎だな!」と怒りをあらわにする。   で、会話の後に続く文章も引用する場合は
「『こいつ、命知らずな野郎だな!』ラズミーヒンがこううわめいて、椅子からとびあがり、いまにも殴り倒そうと身がまえた。」  で正しいんでしょうか?


参考になるHPも教えてもらえたらありがたいです。

355 :吾輩は名無しである:2006/06/27(火) 12:39:39
>>353大学生です
質問該当スレがなかったものでここで質問してみましたかしこそうな方ばかりだったので

356 :吾輩は名無しである:2006/06/27(火) 16:42:44
ワードで小論文てwww
引用の仕方にツールは関係無いだろwww

357 :吾輩は名無しである:2006/06/27(火) 21:42:21
「「こいつ・・・」」で全然構わんよ

というか本文を勝手に変えてはいかん
もしなんだったら引用部だけ改行すればいい
つまり引用だってことが読んでる奴に伝わればいいってこと

358 :吾輩は名無しである:2006/06/27(火) 22:59:19
追加
引用後に(□ページ○行目)ってテキストの引用部を示すこと
当然、注記でテキストの奥付は書かなきゃいけないよ

359 :吾輩は名無しである:2006/06/28(水) 18:36:54
http://ex11.2ch.net/test/read.cgi/campus/1151326537/l50

360 :吾輩は名無しである:2006/07/08(土) 09:18:42
「我輩は猫である、名前はまだない 」というはじまりかたですが、

なぜ、「名前はまだない」のか。 考えるようにと宿題が出ました。

考えた人いませんか? 自分で考えられない可哀相な僕にどうか教えてください。


361 :吾輩は名無しである:2006/07/08(土) 11:05:18
その文章だけで先入観なく考えると
「生まれた時から人に飼われた事がない」
ってのが普通の発想だろうと思う

362 :吾輩は名無しである:2006/07/08(土) 11:51:11
>>360
マルチ氏ね

363 :吾輩は名無しである:2006/07/08(土) 17:49:44
初めてこちらに伺ったのですが、漱石の「こころ」についての研究発表をしないと
いけないので研究テーマを考えているのですがなかなか決まりません。
自殺や明治の精神、私から見た先生像など考えてみたのですがイマイチ進みません。
なにか良いテーマがありましたら教えて下さい。お願いします;

364 :吾輩は名無しである:2006/07/09(日) 19:32:48
与謝野晶子の短歌の解釈についての宿題なのですが、

海恋し潮の遠鳴り数へては少女となりし父母の家

の意味を教えてください


365 :吾輩は名無しである:2006/07/09(日) 20:37:10
郷愁

366 :吾輩は名無しである:2006/07/10(月) 18:08:20
>>364
実家は海の近くだった
潮が寄せては返す浜辺の町だった
潮風に吹きさらされて
ボロボロに朽ち果てたあばら家で
私は恋をして性交をした
障子一枚隔てて父母が寝息を立てるその部屋で
今は遠く離れた都(=東京)にいるが
ふいに波の音を聞いた気がして
何もかもが懐かしく思い出された

367 :吾輩は名無しである:2006/07/10(月) 21:11:39
志賀直哉の「范の犯罪」についてのレポートで困ってます。。 なぜ無罪になった
のか、根拠を示せという課題です。お願いします!

368 :吾輩は名無しである:2006/07/10(月) 21:23:01
太宰の「晩年」の「葉」って
「は」って読むんですか?
それとも「よう」って読むんですか?
大好きな作品だけに読み方わからなくて悔しいです。お願いします。

369 :だいすけ ◆m0yPyqc5MQ :2006/07/10(月) 21:31:14
>>363
心=明治の精神

と言っても過言ではない、とぼくは思うよ。

よく考えてみな
なんで先生は自殺しなきゃならなかった?
べつにKだって、ほとんど求道に対する挫折のせいで自殺したんであって、
合理化(いいわけ)すれば、若かりし先生はお嬢さんを奪って当然だったんだよ。
だって先に好きになってたし、ほとんど両想いだったんだもん。

なんでかっていうと
先生は

明治の精神=罪悪感への生真面目な償いとしての殉死

を敢えて選んだ。つまり『心』ね。
 それはそーせきにとってすれば、自然恋愛にたいする「道義心」の優先
つまり、武士道的な求道を意味したんだよ。

そーせきは日本人の道義心を外面を気にした恥に対する
内面てきな『罪』の意識にまで遡って啓蒙批判したんだよ。
それが明治の美意識だったのだ、と漱石は後世に伝えなければならないと思ったはずだよ。

乃木大将というひとがマジで切腹したから、それに感動して書いた作品だと思うよ

370 :吾輩は名無しである:2006/07/10(月) 22:57:14
>>367
殺意の立証が不可能だったから

371 :363:2006/07/11(火) 20:23:46
>>369
お答えありがとうございます。
そのことを念頭に置きながら頑張ってみます。
現代の私たちから考えると、そのくらいで自殺…?とか思ってしまいますが、
明治という時代はすごいですね。

372 :吾輩は名無しである:2006/07/13(木) 11:34:54
坪内逍遥の小説神髄が当時の社会や日本近代文学にもたらした影響について記せ、という課題が・・・

1200字も埋まらなくて困ってます
どなたか知識をお貸ししてください

373 :373:2006/07/14(金) 09:01:53
400字ずめ原稿用紙3まいでししょ。
1枚目で、まず、坪内逍遥以前の「勧善懲悪」について書く。
2枚目で、「悪人が悪をするにではなく普通の善人が悪をする。」という現実を書く。
3枚目で、坪内の理論を実践しようとした二葉四迷「浮雲」に言及する。
そして、島崎藤村「破壊」で結実しする。
以後、社会派写実主義は衰退して私小説化する。
こんな感じでどうでしょう。

374 :吾輩は名無しである:2006/07/14(金) 13:58:09
>>373
ありがとうございます!!
早速書いてみます。

375 :吾輩は名無しである:2006/07/14(金) 16:28:15
夏休みに性交実技の実力をアップさせたいのですが、役に立つ作品を
教えて下さい、お金持ちの素敵なオジサマとお知り合いになれる方法
も知りたいな

376 :吾輩は名無しである:2006/07/14(金) 20:06:40
>>375
漏れに連絡を

377 :吾輩は名無しである:2006/07/15(土) 10:30:57
なんで大介は自演すんのかなあ  ワカラン

378 :吾輩は名無しである:2006/07/15(土) 12:49:44
>>366
違う、晶子の実家は堺市の裕福な商家。

379 :吾輩は名無しである:2006/07/16(日) 22:50:07
>>378
ご参考
与謝野馨公式HP
与謝野家の人々
http://www.yosano.gr.jp/yosanoke/index.html

380 :吾輩は名無しである:2006/07/18(火) 22:26:59
≪お役立ち情報≫

【教育】夏期休暇用学習教材237冊の解答例を無料公表しているサイトにPTAより圧力が!
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/river/1153153468/l50

381 :吾輩は名無しである:2006/07/19(水) 13:33:28
ドストエフスキーの罪と罰の感想文2000字以内
どこをどういう風に書けばいいのか分かりません

382 :吾輩は名無しである:2006/07/19(水) 13:36:43
『罪と罰』の感想文書かせるなんて、ロクな教師じゃねえよ。
ほっとけ。


383 :381:2006/07/19(水) 15:48:23
>>382
ありがとうございました

384 :吾輩は名無しである:2006/07/19(水) 15:49:11
とういたしまして。

385 :吾輩は名無しである:2006/07/19(水) 17:05:57
>>381
読んでから疑問点を書き込め

386 :吾輩は名無しである:2006/07/29(土) 00:25:45
村上春樹「風の歌を聴け」の感想文が書けません
話の内容が読み終わってもよく掴めませんでした。助けて下さい。

387 :吾輩は名無しである:2006/07/29(土) 02:21:32
>>386
んな課題出るわけないだろ。バカか?

388 :吾輩は名無しである:2006/07/29(土) 12:57:02
あげ

389 :吾輩は名無しである:2006/07/30(日) 16:23:56
秘密の道を抜けて(ロニ-・ショッター)
の感想文を書こうと思っています。
手伝ってください。

390 :吾輩は名無しである:2006/07/30(日) 17:40:46
なんで?

391 :吾輩は名無しである:2006/07/31(月) 18:06:12
税について の作文手伝って欲しい

392 :吾輩は名無しである:2006/07/31(月) 18:42:47
高@の夏期休暇の課題で、鑑賞文つーのが出たんですけど、
「鑑賞文」=「感想文」って解釈でいいんですか?
具体的には、詩(歌詞可)、映画を鑑賞せよとのこと。
なにか良いネタがあったらお願いします。

393 :吾輩は名無しである:2006/07/31(月) 19:37:12
ハチクロ

394 :吾輩は名無しである:2006/07/31(月) 23:29:20
>>387
出たんだよ!!

395 :吾輩は名無しである:2006/08/01(火) 00:10:54
>>392
>「鑑賞文」=「感想文」って解釈でいいんですか?
微妙に違う。「感想文」は「私はその作品をどう感じたか」をメインに
書くこと。つまり、主役は「私」。
「鑑賞文」は「その作品は私以外でもこう感じると思う」って書くこと。つまり、
主役は「私たち」。
大雑把にいうとそういうこと。

もっと具体的にいうと、鑑賞文の場合はなるべく客観的に書く必要があります。
そのためには「その作品を他の作品と比較してみる」ことがポイントです。

しかし、これくらいの質問にも答えられないとはなあ、文学板って馬鹿ばっかだね、
ほんと。
お前らほんとに頭使って本読んでるのか?
好き嫌いだけで読んでるやつらばっかじゃねえのか?

ばあか。

396 :吾輩は名無しである:2006/08/01(火) 00:13:26
ひとにばかというひとのほうがばかだってせんせえがいってたにょ

397 :吾輩は名無しである:2006/08/01(火) 00:32:58
>>395
ありがとうございました、
と、いうことは「自分の経験」との比較はしないということですか?

>>396
同感です

398 :吾輩は名無しである:2006/08/01(火) 02:39:06
>>392
-かんしょう [鑑賞]
〈スル〉 芸術作品を味わい理解すること.
            ──三省堂 デイリーコンサイス国語辞典

-かん‐しょう〔‐シヤウ〕【鑑賞】
[名](スル)芸術作品などを見たり聞いたり読んだりして、
それが表現しようとするところをつかみとり、そのよさを味わうこと。
            ──小学館 大辞泉

>それが表現しようとするところをつかみとり
>味わう

この辺りがポイントだ。
君の感想は重要だが、この件で求められているのは、
作品の成り立ちのようだ。 映画を例にとれば、

筋の大まかな説明、役者たちのこと、技術上の特色
(こんなアングルに特徴がある、こういう物の撮り方が上手、サラウンドシ
ステムを効果的に用いている、ビデオで見るべきだイヤ映画館で、etc.)、
世情に照らしたこの作品の意義、予想される観衆の反応、等に軽く触れ、
君の興味を惹いた細部について(〜革命について、主人公のパイプにつ
いて、犬の血統について、etc.)の調査報告を披露し、作者の製作意図を
汲み取り、最後に君の受けた感銘を記して終了。 というところでどうだろう。

熱意を持って望むなら映画史全体に渡る研究を投入することもできるし、
実際には作品未見のまま、口先の思い付きで仕上げることも可能だ。
君次第だ。 さっさと片付けて夏を楽しむのも良い。

>>395 ああ、遅くなって悪いね。

399 :吾輩は名無しである:2006/08/01(火) 09:18:05
む…むずかしそうですね…
ありがとうございました_(._.)_


400 :吾輩は名無しである:2006/08/01(火) 09:43:48
私は男子高に勤めています。今、学校は夏休みなので視聴覚室で生徒から没収したエッチなDVDを見ています。
今日も朝から見ていたんだけど、途中で寝ちゃったり、
なかなか集中力が続きませんでした。お茶を飲みすぎたのか、
トイレに行きたくなり、静かに席を立ちました。
トイレは誰もいなくて、私は個室に入り、チロチロおしっこ…。
し終わって、トイレットペーパーで拭いていたとき、
なんだかその拭いている感触がすごく気持ち良くて、
いつもより強く拭いてみたり、クリちゃんも刺激しちゃったり…。
だんだん我慢できなくなって、次は指でおま○こを優しく撫でまわし始めちゃった。
拭いて乾いていたあそこがどんどん濡れてきて、クチュクチュ
長くなりそうなんで続きはこっちで↓
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/point/1146442166/

401 :吾輩は名無しである:2006/08/01(火) 16:05:31
国語の宿題で、弁論です
1600字以上で、テーマは自由です
全く何書けばいいかわかりません
助けてください

402 :吾輩は名無しである:2006/08/01(火) 16:29:25
「弁論」について書くの?
それとも何かを書いて、弁論するということ?

403 :吾輩は名無しである:2006/08/02(水) 01:10:09
>>401
こんなようなこと弁論すれば誉められるらしい。参考に。

文部科学大臣杯全国青年弁論大会>歴代大会
ttp://www001.upp.so-net.ne.jp/nanjo/study/daijinhai/award.htm

404 :吾輩は名無しである:2006/08/02(水) 02:14:12
>>398s
歌詞の場合はどのような構成にすればよろしいですか?

405 :吾輩は名無しである:2006/08/02(水) 19:32:16
↑そんなお粗末な質問しなきゃいけないくらいのバカなら書かないほうが君のため

406 :吾輩は名無しである:2006/08/02(水) 21:44:04
お願いします。


407 : :2006/08/03(木) 13:12:13
>>404
これは「歌詞」の「鑑賞文」を書くという課題だということ?
それとも「歌詞をつくれ」という課題だということ?

歌詞を作るならそのへんにある歌詞の形式を参考にすれば
いいだけの話。本当のばかなのか?

408 :吾輩は名無しである:2006/08/04(金) 00:32:25
>>404
ちゃんとレスを読んで欲しいですね^^
そっちが馬鹿です。

409 :吾輩は名無しである:2006/08/04(金) 00:33:26
>>407
ちゃんとレスを読んで欲しいですね^^
そっちが馬鹿です。

410 : :2006/08/04(金) 01:12:02
「僕のレスをちゃんと読んでくれない」と
おこるバカ。

411 :吾輩は名無しである:2006/08/04(金) 01:26:05
前レス読まないでいい気になってレスするバカ

412 :七氏:2006/08/17(木) 16:11:22
お前ら病んでるよ

413 :吾輩は名無しである:2006/08/17(木) 16:59:41
平野っていいよなぁ

414 :吾輩は名無しである:2006/08/17(木) 17:05:20
(:D)| ̄|_ =3 >413

415 :吾輩は名無しである:2006/08/18(金) 23:52:31
人権作文の宿題が出ました
誰か助けてください


416 :吾輩は名無しである:2006/08/19(土) 01:15:17
>415
つ 人権問題板 http://tmp6.2ch.net/rights/

417 :吾輩は名無しである:2006/08/19(土) 17:35:15
何の本でもいいので 400字詰め原稿用紙5枚書いてくださる方いませんか?

418 :吾輩は名無しである:2006/08/19(土) 17:52:39
>415
原稿用紙5枚分の本か。ずいぶん薄い本だね。


419 :418:2006/08/19(土) 17:55:47
↑まちがった
>417 だった


420 :吾輩は名無しである:2006/08/20(日) 17:12:52
誰か「バッテリー」の読書感想文書いてください><
1600文字以上でお願いします。

421 :吾輩は名無しである:2006/08/20(日) 20:12:08
>>420
そういうのはふつう手伝うとは言わない。


422 :吾輩は名無しである:2006/08/21(月) 11:45:33
これだけ情報が色々と入手できるようになったのだから、本を読んでなくても読書感想文など
簡単にでっち上げられるのに。そうするだけの頭もないというのは情けない。
「我輩は猫である」に迷亭が読んでない本の批評をする話が出てくるね。


423 :1:2006/08/24(木) 01:12:29
俺が建てたスレの中で初めて一年以上続いてわけだが
正直こんなにのこのスレが長生きするとは思わなかったw

424 :吾輩は名無しである:2006/08/24(木) 14:30:50
くだらんスレ立てするから厨が増えるんだ。

425 :吾輩は名無しである:2006/08/26(土) 18:24:53
小論文のテーマが『ものづくり』なんだかどうゆう趣旨で書けばいいんだ?

426 :吾輩は名無しである:2006/08/28(月) 15:38:20
>>425
日本の伝統工業の未来について
工場で働く機械職人の技について

ググれば色々あると思うよ

427 :吾輩は名無しである:2006/08/29(火) 18:50:34
>>425
iPodの裏面の金属を磨いた、日本の職人集団調べてみるといい
みがきや?だったかな?

428 :吾輩は名無しである:2006/08/29(火) 19:11:05
自分の考えを交えつつ論じよって…
自分の考えは文章の途中、途中で入れて文章載せてみたくレポート作ればいいんですか?
伝記的事実や作品名を並べるのは駄目らしい

429 :吾輩は名無しである:2006/08/29(火) 19:46:42
「論じよ」という奇妙奇天烈な言葉遣いについて延々と論じてやれ

430 :吾輩は名無しである:2006/08/29(火) 20:05:28
2000字以上で森鴎外の雁について論じよです
この本、ちょっと難しい
まず本を全部読まなきゃどうしようもないですか?
どこかに雁について優しくまとめてあるサイトないですか?

431 :吾輩は名無しである:2006/08/29(火) 20:42:22
>>430
この機会だからぜんぶ読んだら?面白いよ。
難しい言葉は飛ばして読めばいい。でもページを飛ばしてはだめ。


432 :吾輩は名無しである:2006/08/29(火) 20:54:52
>>430
「お前はサ変動詞も分からないのか」と一言だけ書き殴ってやれ

433 :吾輩は名無しである:2006/08/30(水) 06:07:24
工房。
読書感想文を書くために星の王子さま読んだんだけどぱっとした感想が浮かばない‥

こういうはっきりした感想が無いことを書いてもいいんだろうか

これで5枚も埋めるとかムリス

434 :吾輩は名無しである:2006/08/30(水) 07:17:03
大分前に読んだきりだから覚えてないが
砂漠で王子が出会ったパイロットとの序盤の会話と交流

王子と薔薇の関係(愛とかそう言うの)

王子の思考とか哲学とかそう言うの

最後蛇にかまれた王子が薔薇の元に行ったのか
見たいな流れでいいんじゃね

435 :吾輩は名無しである:2006/08/30(水) 09:12:03
age

436 :吾輩は名無しである:2006/08/30(水) 10:19:56
手伝え

437 :吾輩は名無しである:2006/08/30(水) 10:36:09
>>433
星の王子さまか。好きなやつにはいいんだろうけど、俺も受け付けない。
大人の世界への不信感を中心に書いた話だね。

仕方ないから精一杯好きになろうと努力しましたというところを書いたら?
あるいは自分が砂漠に不時着したとしたら、どんな話が作れるかとか。


438 :吾輩は名無しである:2006/08/30(水) 10:37:09
「走れワロス」にしとけって。


439 :吾輩は名無しである:2006/08/30(水) 10:52:45
わろすわろす にした

440 :吾輩は名無しである:2006/08/30(水) 11:00:07
俺の頭が堅いのか、想像力が乏しいのか、王子の言ってることが理解不能だ…
やっぱ薔薇への愛情が書きやすいよね。薔薇はサンテグジュペリの恋人に喩えられてるらしいし
最後のまとめに大人への不信感…でひっぱるか
>>434>>437
アドバイスどうもありがとう


441 :吾輩は名無しである:2006/08/30(水) 11:04:38
どういたしまして。おやすいごようだ

442 :吾輩は名無しである:2006/08/30(水) 12:04:07
手伝う

443 :吾輩は名無しである:2006/08/30(水) 12:15:50
おれも

444 :430:2006/08/30(水) 12:26:49
誰か手伝って

445 :吾輩は名無しである:2006/08/30(水) 16:42:36
>>440
大切なものは見えないんだと
どこかの小説に書いてあったけど〜♪

446 :吾輩は名無しである:2006/08/30(水) 16:52:19
推薦の自己PRが書けん…部活やってないし書くことない(´・ω・`)
感想文じゃないけどどんな感じで書けばいいですか?
板違いならできればどこで相談すればいいか教えてください

447 :吾輩は名無しである:2006/08/30(水) 16:58:07
>>446
実家は京都で土建屋。
池袋で若い奴ら集めてチーマーを成敗している。
チーマーじゃないっすよ。
ホントそれだけは勘弁してくださいよ。
貴社(貴校)とはいい感じでジャズってる。
今度一緒にバーグ食いに行きましょうよ。

これで完璧合格間違いなっしんぐ

448 :吾輩は名無しである:2006/08/30(水) 16:59:59
ちょwトリビアじゃないすかw
マジで焦ってます

449 :吾輩は名無しである:2006/08/30(水) 18:01:42
すごく初歩的な質問で申し訳ない。
0.6と記入したい場合、どう書けばよろしいのでしょうか。

450 :吾輩は名無しである:2006/08/30(水) 19:50:48
読書感想文なんて
無理に感想を見出ださせて子供を読書嫌いにさせるものだ

451 :吾輩は名無しである:2006/08/30(水) 19:55:03
読書感想文?なにそれおいしいの?

452 :吾輩は名無しである:2006/08/31(木) 00:36:10
>>449
零点六

453 :吾輩は名無しである:2006/08/31(木) 01:02:13
>>450
読書感想文で読書嫌いになるような子供は
読書感想文がなくても読書嫌い

454 :吾輩は名無しである:2006/08/31(木) 08:05:54
舞姫の鑑賞文を書けという宿題が出ました・・・
感想文じゃなくて鑑賞文なのでどうしていいものか;
助けて下さい。

455 :吾輩は名無しである:2006/08/31(木) 10:48:29
鑑賞文てなんだろうね。はじめて聞いた。
宿題が出たときに、それ何ですか?て聞いてみればよかったのに。
バカ、鑑賞文といったら鑑賞文に決まってるだろうと怒られるだけ
だったかもしれないけど。


456 :吾輩は名無しである:2006/08/31(木) 12:59:33
〜について述べよとしか書いてない場合はどうすりゃいいすか?


457 :吾輩は名無しである:2006/08/31(木) 13:27:41
>>456
〜について述べればいい

458 :吾輩は名無しである:2006/08/31(木) 14:03:50
ちょwww
税についての作文まじわけわかんねぇwww


(´・ω・`)

459 :吾輩は名無しである:2006/08/31(木) 14:07:03
>>458
例文

税はウゼー
税を払うぜい
税は増えるぜいつまでも
8時だ税

460 :吾輩は名無しである:2006/08/31(木) 14:20:13
ttp://syobon.com/upload/src/syobon46638.zip.html
DL:重松清

直木賞作家であり、かつては角川のプロの編集者だった重松清が
今日ラジオで語った「今からでも間に合う?読書感想文対策」

重松氏いわく「読書感想文で一番難しいのは小説」 「今からやるならいわゆるノンフィクション」等々・・・


461 :吾輩は名無しである:2006/08/31(木) 14:44:41
吾輩は猫であるの作文・・・どうやって書けばいいのorz

462 :吾輩は名無しである:2006/08/31(木) 14:51:39
俳句10こ考えてください。お願いします。

463 :吾輩は名無しである:2006/08/31(木) 15:10:53
>>462
100個くらい俳句を集めてそれを紙に書く。一句ずつ切り離しさらに五、七、五も切り離す。
それらを3グループにわけて、よくまぜる。そしてそれらから一枚ずつ取り出して組み合わせて
いけば中には傑作があるだろう。この作業を半自動でやらせるプログラムを書いてもいい。
しかし自分で俳句を作ってしまうのがいちばんはやい。一句3分なら30分。


464 :吾輩は名無しである:2006/08/31(木) 15:32:24
「あとわずか 句作にふける 夏休み」

465 :吾輩は名無しである:2006/08/31(木) 16:30:59
>>459
だれが小粋なギャグいえt

466 :吾輩は名無しである:2006/08/31(木) 17:32:41
>>452
参考までにありがとう

467 :吾輩は名無しである:2006/08/31(木) 19:36:52
夏休みが…夏休みが 終わってまう〜〜〜〜 ヽ(`Д´)ノウワァァン!!

468 :吾輩は名無しである:2006/09/01(金) 00:49:54
夏休みオワタ

469 :吾輩は名無しである:2006/09/01(金) 06:13:59
よっしゃ宿題終わったあああああああああ

470 :吾輩は名無しである:2006/09/01(金) 06:17:15
気合入ってんなあ。よく頑張りました、おめでとう。

471 :吾輩は名無しである:2006/09/01(金) 13:20:16
お前らが教えてくれなかったが宿題終わったぞ

472 :吾輩は名無しである:2006/09/01(金) 15:11:41
ここは手伝ってやるスレで、代わりにやってやるスレではないからな。
過剰な期待をするほうがどうかしてる。


473 :吾輩は名無しである:2006/09/01(金) 15:15:12
読書感想文の段落構成はどんな感じが良いの?

474 :吾輩は名無しである:2006/09/01(金) 15:32:21
>>473
何かの施設の見学をしたときのレポートみたいな構成にしたらどうだい?


475 :吾輩は名無しである:2006/09/01(金) 17:29:08
文学で箇条書きのレポートはタブーだろ?

476 :吾輩は名無しである:2006/09/02(土) 23:21:57
「カモメのジョナサン」を読書感想文で書きます…。月曜までに。
全く書けません。おねがいします。


477 :吾輩は名無しである:2006/09/02(土) 23:29:04
・自分がかもめになった積りで何か短い話を作ってみる
・ジョナサンを別の動物に置き換えたらどんな話になるか考えてみる
こんなことをやってみると何かアイデアが浮かぶかもしれない。

俺はその本読んだこと無いけど


478 :吾輩は名無しである:2006/09/03(日) 02:46:40
はっぱのフレディー目線で書くといいかも

479 :吾輩は名無しである:2006/09/03(日) 14:39:23
何の本でもいいんでどなたか400字原稿用紙4〜5枚の感想文提供して下さる方いませんか…

明日提出なのにどう頑張っても5枚分も書けないorz

去年出した感想文でもなんでもいいんでレスなりメールなりで提供して頂けませんか…?

480 :吾輩は名無しである:2006/09/03(日) 15:42:28
ことばは文法的に正しくして難しくなるよりもいい加減でもいいから通じやすい方が良い
これに理由をつけたいのですがどうしても思いつきません
教えてください

481 :吾輩は名無しである:2006/09/03(日) 16:05:30
>>480
その主張は間違いだから理由をでっち上げるのは困難
ことばを発する側と受け取る側がおなじ文法に従っていないと意思疎通はできない
その文法が教科書どおりのものである必要はないが


482 :吾輩は名無しである:2006/09/03(日) 17:11:13
>>477>>478
参考にします。助かりました…ありがとうございました。

483 :吾輩は名無しである:2006/09/03(日) 18:55:19
>>481
レスd

484 :吾輩は名無しである:2006/09/04(月) 00:55:17
>>480
それは外国語を学ぶ場合に限定される話。
とくに、ネイティブと話す場合には、臆せずに文法に縛られてオタオタせずに
とにかく「自分のいいたいこと」を相手になんとしてもわからせようとする情熱が
最もだいじである、という意味。
真実である。たいてい通じる。ネイティブが想像力を働かせて受け止めてくれるからだ。

485 :吾輩は名無しである:2006/09/04(月) 08:35:56
>>484
ありがとう

486 :吾輩は名無しである:2006/09/04(月) 20:58:21
http://love3.2ch.net/test/read.cgi/pure/1146495412/l50
携帯厨のせいで荒れて祭りです。

487 :吾輩は名無しである:2006/09/04(月) 22:00:26
【なんで?】デスノートの小説の感想文出したら先生に親呼び出された……【助けて】
http://etc4.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1094822653/l50

488 :吾輩は名無しである:2006/09/04(月) 22:07:29
>>487
IE厨か?
専ブラ入れろやw
ついでにマジレスすると
デスノートで感想文書いても怒られない
そもそも小説でなければならないなんて規定はどこにもないからな
絵本で感想文書く奴なんて毎年いるし

489 :吾輩は名無しである:2006/09/05(火) 02:31:38
ウケルww

490 :アフォ1:2006/10/22(日) 01:13:57
>>487
「デスノート」の概略を差し障り無い程度で教えて下さい。

491 :デスノート:2006/10/22(日) 05:11:42
おっかない名前ですね。

492 :デスノート:2006/10/22(日) 05:14:56
>>490及び>>491はアフォ1です。
あしからず。

493 :吾輩は名無しである:2006/10/22(日) 17:03:20
「素晴らしい自分」って作文のテーマなんだけど、何を書けばいいか全く分かんない…orz

494 :吾輩は名無しである:2006/10/22(日) 18:48:33
保守

495 :吾輩は名無しである:2006/10/23(月) 12:47:52
>>493
素晴らしいこと前提ってきついなw

496 :373:2006/10/25(水) 05:23:48
>>495
そうかな〜。

497 :吾輩は名無しである:2006/10/25(水) 08:25:17
そんなことで自尊心が育つとでも思ってるんですかね

498 :吾輩は名無しである:2006/10/25(水) 14:03:59
>>495
別にそのお題から「すばらしい自分前提」と結論する必要はないと思うが。
「すばらしい自分、ってどういうことだろうか、と考えてみたが分からん」
みたいなことを書けばいいんでね。
つーか、その題に対してはそういう方向性で書くのが
論理的な思考って観点からは正解だと思うけどね。
その教師の「つもり」は分かりませんが。

499 :吾輩は名無しである:2006/10/25(水) 16:01:54
>>495
将来を見据えて、いかに「素晴らしい自分」を実現するか
って感じで書いてもいいんじゃね?
現状で「素晴らしい自分」は難しいかもしれんけど、「理想の自分」なら比較的簡単だろう。

500 :吾輩は名無しである:2006/10/25(水) 16:54:11
>>497
臆病な自尊心が育つよ

501 :吾輩は名無しである:2006/10/26(木) 05:47:43
>>495->>499

おまえら文学さっぱりわからないだろ。
世間的には素晴らしくないが自分にだけは素晴らしいことを素晴らしいと認識して書けよ。

502 :吾輩は名無しである:2006/10/26(木) 09:43:11
>>501
宿題は文学じゃないw

503 :373:2006/10/30(月) 07:13:46
文学は宿題じゃない。

504 :497:2006/10/30(月) 07:29:51
そういう自己欺瞞の脱却から日本の近代文学は始まったのじゃなかったかしらん。

505 :373:2006/10/31(火) 21:28:18
>>504
「自己欺瞞」を「勧善懲悪」に置き換えても宜しいかしらん。

506 :497:2006/10/31(火) 21:53:06
>505
ぜったいイヤ!

507 :吾輩は名無しである:2006/11/01(水) 14:14:15
おい、誰かお☆んこAA貼ってくれ

508 :吾輩は名無しである:2006/11/18(土) 03:48:08
志賀さんの赤西蠣太なんですが、背景が伊達騒動って考えると2人は伊達安芸派からのスパイなんですかね?幕府からですか?
なにを調べてたのかもよくわかりません。
名前に魚介類の方々は実在の人物じゃない(モデルになった人物もない、志賀のフィクションですよね?)ので、伊達騒動について調べてもよくわからんのです。。

509 :吾輩は名無しである:2006/11/18(土) 09:19:20
>>508
厨房君、質問スレでした方がいいかも。
転記してやったから
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1163419540/19

510 :吾輩は名無しである:2006/11/18(土) 11:48:36
>>509
2ちゃんにもいい人いるんですね。ありがとう。

511 :373:2006/11/20(月) 10:00:40
いるわけないじゃん。

512 :吾輩は名無しである:2006/12/14(木) 22:20:13
題:仕事について考える

問:「仕事とは何か」「職業に就くとはどういうことか」を含め、
あなたの仕事に対するイメージをできるだけ具体的に記述してください。
※10行以上記述してください (一行20文字。つまり200文字以上)

200文字も書けねよ・・・w
誰か暇な人宜しくお願いします。m(_ _)m

513 :吾輩は名無しである:2006/12/15(金) 00:07:18
自分の親がどういう仕事をしていて、暮らし向きや
表情がどうこうで、
それを見て自分はどう思った。今どう思っている。
とか書けばすぐ二百ぐらいいくでしょう。


514 :吾輩は名無しである:2006/12/15(金) 00:34:11
万葉集、三三四番歌「忘れ草 我が紐につく〜」と、
その前後についての発表があるんですが、どういった部分を
ピックアップしたら先生喜びますかねぇ…?お願いします。

515 :吾輩は名無しである:2006/12/15(金) 11:44:50
お前の先生の好みなんか知るか。

516 :吾輩は名無しである:2006/12/15(金) 20:13:33
>>

517 :我輩は名無しである:2006/12/16(土) 13:09:39
高校2年生です。
伊豆の踊り子の作品論を書かなくてはいけないのですが
本読んでいません。
伊豆の踊り子の作品論がのっているサイト教えてください
よろしくおねがいします

518 :吾輩は名無しである:2006/12/16(土) 13:17:21
>>517
1回読んでみろよ。
それからよく分からなかったところを調べろ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E8%B1%86%E3%81%AE%E8%B8%8A%E5%AD%90


519 :我輩は名無しである:2006/12/16(土) 13:18:57
ありがとうございます。
感想文は書きました。
やはりのってるサイトはないですよね。
作品論


520 :吾輩は名無しである:2006/12/16(土) 14:18:11
あるわけない。評価できないだろ、今批評家居ないし。つーか読んでいない本の感想文って(笑)かわいい女の子のものでなければ読みたくない(主観的発言)

521 :吾輩は名無しである:2006/12/16(土) 14:20:23
婆さんと絡むところが、「犠牲と受難」を担っていると個人的には思った。わけわからんよな、あれ。犠牲と受難のどちらかをつかっていれば、なんかいい感じ。はぁ川端かなC

522 :吾輩は名無しである:2006/12/16(土) 20:13:06
作品論っていうか、今の人が読んでスルーしがちと言えば、
やっぱ身分とかの部分じゃないのかな。
浅草の踊り子ものと絡めてもおもしろいかも。って、読んでるわけないな。


523 :吾輩は名無しである:2007/01/25(木) 13:50:12
隔離スレ

524 :吾輩は名無しである:2007/01/31(水) 07:15:58
情けない話だが、今朝提出のレポートやってない…。徹夜でやるから参考資料がほしい。Yahoo!やGoogleじゃ無理だった…
『我が母よ死にたまひゆく我が母よ我を生まし乳足らひし母よ』と『怺えたるをさな子の顔ひきしまり叱る母をば喰ひ入るごと見入る』の【歌の意味】【作者の想い】【これらの歌の良いところ】
頼む! どうか助けてくれ!

525 :524:2007/01/31(水) 07:19:14
もう朝だった。というか期限のばせて午後あたりまでかも…、です。

526 :吾輩は名無しである:2007/01/31(水) 11:59:47
お前な〜。
リリーフランキーの「東京タワー」についてでも書いとけ。
多分正解だから。

527 :吾輩は名無しである:2007/02/03(土) 20:18:51
質問です
小説とか物語ではなく、政治やら宗教に触れた著書を題材にした読書感想文なんですが
本を何度読んでも全体を上手くまとめられません
こういった場合は理解できた部分を要点にし感想を述べれば良いのでしょうか?
今までにないタイプの感想文で悩んでます

528 :527:2007/02/03(土) 22:26:41
誰か手を差し伸べてください

529 :吾輩は名無しである:2007/02/05(月) 14:39:22
政治やら宗教やらの話になると全く理解できないし
何かいていいか分からない自分に気がついた。日本ではこのような
問題について理性的に語ったり考えたりする教育は全くされない。
それって今後どうなのだろうか、と考えた。など、「全然分からない」
ということを素直に率直に述べてはいかがでしょうか。

530 :吾輩は名無しである:2007/02/16(金) 23:22:24
夏目漱石の「それから」を映画で見たんですけど、そこには「漱石文学に対する開き直り」がある
らしいです。一体何のことか良くわかりません。誰かご存知ないでしょうか?

531 :吾輩は名無しである:2007/02/16(金) 23:51:51
よくわかんないけど
映画化しちゃったことじゃね?

532 :吾輩は名無しである:2007/02/17(土) 22:34:24
日本文学に関するコラムを読んで2000字程度の感想を書かないといけない
本は読み終えたけど時間が無いから作文は1日2日のやっつけ仕事になりそうです
コラムに使われてるどの本も読んだ事がない物ばかりだし、何を書いていいか分かりません
段落の分け方だけでもいいので教えて下さい、お願いします

533 :吾輩は名無しである:2007/02/18(日) 17:09:24
よくわかんないけど
がんばれ☆

534 :吾輩は名無しである:2007/02/18(日) 17:19:56
wikiの日本文学のとこみたいな段落分けでよくね?

535 :吾輩は名無しである:2007/02/27(火) 02:44:21
糞スレ立てて、誘導されてやってきますた
雨を題材にした作品いくつかを呼んでそれぞれ雨の効果などを
説明するというレポートがあるんです。

力を貸してくれさい。


536 :吾輩は名無しである:2007/02/27(火) 02:50:10
一応age

537 :吾輩は名無しである:2007/02/27(火) 03:11:25
モーム「雨」
幸田露伴「観画談」

538 :吾輩は名無しである:2007/02/27(火) 03:36:02
井伏鱒二「黒い雨」

539 :吾輩は名無しである:2007/03/07(水) 16:39:02
フリオ・リャマサーレス「黄色い雨」

540 :吾輩は名無しである:2007/04/08(日) 01:34:32
【問】次のうち、敬語の使い方が正しいものを選びなさい
1本日の昼食は何を(いただかれ・召し上がり・食べ)ましたか。
2先生が(おいでになられる・おいでになる・来る)とは存じませんでした。
3あとで父がこちらに(いらっしゃる・来る・うかがう)と申しておりました。
4すぐ店長が(いらっしゃいます・来ます・参ります)ので、少々お待ちください。
5私の手紙を(お読みになって・読んで・拝読されて)ご返事をお願いします。

541 :吾輩は名無しである:2007/04/08(日) 03:28:09
1本日の昼食は何を食いましたか。
2先生が出しゃばってくるとは知りませんでした。
3あとで父がこちらに行幸するとおっしゃっておられました。
4そのうちに店長が行啓されますから、じっと待っていなさい。
5私の手紙を拝読して返事しなさい。

542 :吾輩は名無しである:2007/04/08(日) 11:20:40
このスレおもしろいわw
笑える。

543 :吾輩は名無しである:2007/04/08(日) 18:31:28
みなさんは芸術とはなんだと思いますか?

544 :吾輩は名無しである:2007/04/09(月) 00:39:54
あなたはどう思っているの?
まず、それを聞かせてよ。

545 :吾輩は名無しである:2007/04/09(月) 00:50:10
>>541
1本日の昼食は何をかっぱらいましたか。
2先生が出所されたとは存じませんでした。
3あとで父がこちらにお礼参りにくると申しておりました。
4すぐ店長がお出ましになりますので、少々お待ちください。
5私の手紙を解読して返事を書けるもんなら書いてみろい。


546 :吾輩は名無しである:2007/04/09(月) 01:03:19
>>541
1本日の昼食は何を恵んでもらいましたか。
2先生が来やがったとは存じませんでした。
3あとで父がこちらに来てやろうと申しておりました。
4すぐ店長が謁見するので、少々待ちなさい。
5私の手紙を拝読して返事を書け。

547 :吾輩は名無しである:2007/04/09(月) 01:08:30
>>541
1本日の昼食は何を嚥下しましたか。
2先生がまかりこすとは存じませんでした。
3あとで父がこちらに降臨すると申しておりました。
4すぐ店長が尻を拭うので、少々お待ちください。
5私の手紙を拝見して返事を書きなさい。

548 :吾輩は名無しである:2007/04/09(月) 01:10:01
>>540 だったorz

549 :吾輩は名無しである:2007/04/09(月) 01:26:45
良スレ 

550 :吾輩は名無しである:2007/04/09(月) 12:02:43
文学史的な分類で
田山花袋は自然主義に入ってますが
私小説作家ではないのですね?

551 :吾輩は名無しである:2007/04/09(月) 12:17:13
そうでありますん

119 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)