5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

思わず情景が浮かんでしまうような一文

1 :吾輩は名無しである:2005/08/28(日) 00:16:16
『燦々と照りつける太陽』とかそんなスレタイ通りの
一文を羅列してくれ

2 :吾輩は名無しである:2005/08/28(日) 00:25:42
文章忘れたけど「さぶ」の最初の文章

3 :吾輩は名無しである:2005/08/28(日) 00:50:58
小雨が靄のようにけぶる夕方、両国橋を西から東へ、さぶが泣きながら渡っていた。

これか! なかなかいいな

4 :吾輩は名無しである:2005/08/28(日) 00:54:31
「伊豆の踊子」の書き出し。

道がつづら折になって、いよいよ…(以下省略。手元に本がないもんでスマソ)


5 :吾輩は名無しである:2005/08/28(日) 01:06:53
>>4
続き気になんだろうが

6 :吾輩は名無しである:2005/08/28(日) 03:03:19
ふむ、きっとこれあるね

道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思うころ、雨足が杉の
密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。

さぁ、綺麗な情景が頭に浮かんできたよっ

7 :吾輩は名無しである:2005/08/28(日) 09:50:39
雪国の冒頭

8 :吾輩は名無しである:2005/08/28(日) 11:04:19
このスレ良いね。もっと続けて。

9 :吾輩は名無しである:2005/08/28(日) 11:07:07
スプーンは私を愛するのがとてもうまい。しかしそれは心ではなくて体のほうである。

10 :吾輩は名無しである:2005/08/28(日) 12:35:27
誰の本?

11 :吾輩は名無しである:2005/08/28(日) 13:21:49
山田詠美。

12 :吾輩は名無しである:2005/08/29(月) 07:14:22
>>7
一応書いておくぞ

国境の長いトンネルを抜けると、雪国であった。

13 :吾輩は名無しである:2005/08/29(月) 08:02:02
ナプキンのついたパンティーを脱がすと、あそこは血まみれであった。

14 :吾輩は名無しである:2005/08/29(月) 08:54:18
誰の本?センスね

15 :吾輩は名無しである:2005/08/29(月) 11:40:20
川端☆康成の『天国』です。

16 :吾輩は名無しである:2005/08/30(火) 14:31:37
バナナは私を愛するのがとてもうまい。しかし私はバナナではなくてペ○スのほうがもっと良かった。

17 :一ちゃ:2005/08/30(火) 16:39:30
マムコの毛
そこのけ(毛) そこのけ(毛)
一茶が挿れる(´∀`)
鑑賞:換骨奪胎の秀作。掛け言葉も使われており非常に素晴らしい。
点数:98/100

18 :吾輩は名無しである:2005/08/30(火) 18:58:03
情景がありありと浮かぶわww







面白うて やがて悲しき 下ネタかな……
。。。(〃_ _)

19 :吾輩は名無しである:2005/08/31(水) 10:32:18
中上健次の重力の都がよかった

20 :吾輩は名無しである:2005/08/31(水) 18:10:29
バナナは私を愛するのがとてもうまい。しかし私はバナナではなくてもっと硬いペ○スのほうがずっと良かった。

21 :ルージュ:2005/08/31(水) 20:23:48
良スレだと思ったのに…

22 :吾輩は名無しである:2005/08/31(水) 20:26:33
ではお前様が良スレにしてたもれ。

23 :吾輩は名無しである:2005/08/31(水) 20:44:32
(鶉衣)
ひさごが本の夕すずみ、昼寝の枕に宿直して、人の心に秋風たてば、
また来る夏を頼むとも見えず。…

24 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/12(月) 13:58:09
どういたしまして

25 :吾輩は名無しである:2005/09/12(月) 15:15:24
次には、その中間の鼻梁を、奥の方の粘膜が見えるところまでガリガリと截ち割りました。
それから唇の両端を耳の近くまで切り裂いて、咽喉が露われるまでガックリと下顎を引卸しました。

26 :無名草子さん:2005/10/04(火) 13:14:52
原作に忠実

27 :吾輩は名無しである:2005/10/04(火) 14:34:58
犬が暑がって散歩に行こうとしない

28 :吾輩は名無しである:2005/10/04(火) 16:34:13
鳥がぴよぴよ鳴いている

29 :吾輩は名無しである:2005/10/04(火) 20:23:44
古いけども 有島武郎『或る女』嵐の海の描写がリアル。



30 :吾輩は名無しである:2005/10/21(金) 09:31:00
>>27
ラウンジのパクリ

31 :吾輩は名無しである:2005/10/21(金) 09:57:50
灼熱の太陽

32 :吾輩は名無しである:2005/10/21(金) 14:12:55
主を首で引っ張る犬

33 :吾輩は名無しである:2005/10/21(金) 15:47:44
かの敗戦ボクサーは、ボコボコの顔のまま独り、控え室の奥でさめざめと泣いている

34 :吾輩は名無しである:2005/10/21(金) 16:27:52
『蝉しぐれ』で
父の遺体を載せた荷車を引く文四郎に、太陽と蝉しぐれの音が降り注ぐ情景描写。

35 :吾輩は名無しである:2005/10/21(金) 16:53:38
んっ…

36 :吾輩は名無しである:2005/10/21(金) 17:23:56
>>35
無法しり取りで「ん」が来て困っている、無知な小間使いのつぶやきですね

37 :吾輩は名無しである:2005/10/21(金) 21:19:48
蟻が蝶の羽根を引いて行く
ああヨットのようだ

38 :吾輩は名無しである:2005/11/17(木) 19:30:01
       /"lヽ
      ( ,人)
       (・д・) チンコー
     \ノ  ノ/
    〜(__人_) 〜
     ノ  (

39 :吾輩は名無しである:2005/11/17(木) 19:44:59
「あの人なんで来てんの?」

40 :遣唐使:2006/01/07(土) 21:15:24
唐出張してま〜す

ジエンコテ犯教員=【苦悩するドナ ◆oyDevpsyVg =ロボ ◆SOOOOROBOM】

http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1046868314/458-464

http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1116159415/53-68

http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1011054931/607-610

41 :吾輩は名無しである:2006/03/15(水) 03:43:23
村上龍の、悲しき熱帯の熱帯の島々の描写

俺読書量が少ないので
文学板の人たち、描写のきれいな小説があったら教えてください!

42 :吾輩は名無しである:2006/03/17(金) 05:12:57
牧村寮:濡母日記 お勧めです。

43 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 14:06:16
age

44 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 23:00:55
ところもしらぬやまざとに
ひまもなくさくらのはなのちりいそぐを
いろあはきさくらのはなのひまもなくななめにちるを
あさはゆめむ
さくらのはなのただはらはらとちりいそぐを
はらはらとはなはひそかにいきづきてかぜにみだれてながるるを
やみてまたそのはなのはつかにちるを
さくらのはなのかくもあはれにちるをゆめみしあさのゆめ
めにさやか――
またみづよりもしめやかにこころにしみてわすれがたかり
わきてこはかやのすそはやひややかにほにふるる
うらぶれしあきのあさなれば
ゆめさめてわれはかなしむ
ゆゑしらぬとほきひのなげかひのいやとほきはてのなごりを

45 :吾輩は名無しである:2006/03/21(火) 01:45:57
「 雲が重苦しく空に低くかかった、
もの憂い、暗い、寂寞とした秋の日を一日じゅう、
私はただ一人馬にまたがって、
妙にもの淋しい地方を通り過ぎていった。
そして黄昏の影があたりに迫ってくるころ、
ようやく憂鬱なアッシャー家の見えるところまで
来たのであった。」 

と、冒頭からディープブルー、憂鬱、不吉。
                   

46 :吾輩は名無しである:2006/03/21(火) 18:23:18
遠くで点滅する高層ビルのライトを見ていると、
夜という暗くて大きな生きものがゆっくりと呼吸しているようだった。

47 :吾輩は名無しである:2006/03/21(火) 20:07:21
>>37
それ読んでみたい。誰のなんて作品?
このスレみたら教えて!

48 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 15:24:11
「鮪のオンパレードやぁー」

49 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 18:21:40
「スープのIT革命やぁー」

50 :吾輩は名無しである:2006/06/08(木) 10:38:50
彼の中指が畝をなぞったとき

51 :吾輩は名無しである:2006/06/08(木) 12:08:11
>>47
三好達治の有名な詩だよ。

52 :吾輩は名無しである:2006/06/08(木) 12:09:39
蟻が蝶の羽根を引いて行く
ああヨットのようだ

53 :吾輩は名無しである:2006/07/07(金) 21:47:35

大男が宝物の蓋を開けると、ぞくっとするするほど冷たい風が吹きあげた。その中には、夕暮れの光線がとりどりぼ色の星となって砕ける無数の針をふくんだ、透きとおった大きな塊しか見られなかった。
うろたえながら、子供たちがその場で説明を待っていることを考えて、ホセ・アルカディオ・ブエンディーアは言ってのけた。
「こいつは、世界最大のダイアモンドだ」
「冗談じゃない」と大男はその誤りを指摘した。「氷ってもんだ、これは!」


54 :吾輩は名無しである:2006/08/03(木) 16:50:08
空白の時間を超えて
いくつもの瞳
すぎてゆく


55 :吾輩は名無しである:2006/08/04(金) 22:17:21
(;´Д`)ハァハァ/lァ/lァ/ヽァ/ヽァ ノ \ア ノ\ア / \ ア / \ ア

56 :吾輩は名無しである:2006/10/16(月) 15:58:18
           *'``・* 。
           |     `*。
          ,。∩∧ ∧  *
         + √VдV*。+゚ <定期(2900円相当) 無くした☆
         `*。 ヽ、  つ *゚*  
          `・+。*・' ゚⊃ +゚
          ☆   ∪~ 。*゚
           `・+。*・ ゚

57 :吾輩は名無しである:2006/11/11(土) 14:54:49
999 名前: 吾輩は教師である Mail: 投稿日: 2006/10/26(木) 22:37:54
「僕の小説を読んでる人って馬鹿が多いんですよ。もう少し分かりやすくいうと本を読んでない人。
そういう人のために世間の仕組みを教えてあげるのが僕の小説。読者はみんな僕の生徒なんだよね。
だから、先生という呼び名には、作家の他に教師という意味合いがある」
                   別冊宝島『石田衣良Style』インタビューより

こんなバカ初めてみた。

58 :吾輩は名無しである:2006/11/11(土) 15:11:36
男のチンコは臭かった。マリ子はそうおもったのだった。

59 :吾輩は名無しである:2006/11/21(火) 21:49:51
「地獄さ行くんだで」(小林多喜二の蟹工船の冒頭)



60 :吾輩は名無しである:2006/11/22(水) 08:20:11
木曽路はすべて山の中である。(島崎藤村 夜明け前)


61 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 19:22:57
>55
いけぶくろなんとかとか娼年とか書いたやつやっぱりバカだったんだ!

62 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 19:23:56
>61
とりミスた
>57

63 :吾輩は名無しである:2007/01/06(土) 00:13:32
国境の長いトンネルを抜けると、こぉなぁ〜ゆきぃ〜

64 :吾輩は名無しである:2007/01/06(土) 07:12:19
>>63 久し振りに超ワラタw

65 :吾輩は名無しである:2007/01/06(土) 08:09:45
>>64
ひどい自演

66 :吾輩は名無しである:2007/01/06(土) 13:30:59
土曜日の昼間はコテハンの書き込みが増える。
彼らは平日の昼間に書き込んでニート呼ばわりされる事が耐えられないのだ。

67 :吾輩は名無しである:2007/01/06(土) 20:46:57
クララが立った!

68 :吾輩は名無しである:2007/01/27(土) 10:53:04
クチュクチュ・・・
『デープラボ』らしい

69 :吾輩は名無しである:2007/01/28(日) 00:44:21
俺とアジアタッグを組んだ奴もピン公でな、弱い奴だったよ、
試合前にオーデコロンを金玉にシュッシュッと吹きかけるような奴だった、弱い男だった、金玉も臭かった     (村上ドラゴン)

11 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)