5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【マンセー】愛の流刑地【オンリー】

1 :吾輩は名無しである:2005/09/17(土) 10:32:27
稀少ながらもリクエストに応じて立てました。
渡辺淳一「愛の流刑地」の深い性愛について語りましょう。

オリジナルスレ
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1126243608/l50

2 :吾輩は名無しである:2005/09/17(土) 10:37:13
まずは鳥社長を誘導してくれ

3 :吾輩は名無しである:2005/09/17(土) 12:24:50
主人公である菊痔の精核、歯槽、歯垢、講堂などが良く分かるように
書いている。底が、鍋先生の文豪たる油煙・・

4 :吾輩は名無しである:2005/09/17(土) 13:33:29
渡辺淳一先生へ
先生は、あくまでもプロの作家です。
その自信だけは、いつも忘れないで下さい。
先生は今、半分切れかけたつり橋を
いっしょけんめいに、わたろうとしています。
思い切って、つり橋をわたってください。
千葉県 Sくん(10歳)

5 :吾輩は名無しである:2005/09/17(土) 14:21:37
拝啓

お恥ずかしながら貴殿の小説は同居している愚息(33歳独身)に
「こんなネットで反響を呼んでいる小説はいまだかつて無い」と
すすめられて読み始めたのであります。

日本を代表する新聞の朝刊にあのような絢爛とした
性愛の世界を掲載するとは小生眼から鱗が落ちる思いであります。

小生 70にして初めて女性の性の深さを
貴殿の小説にて知る事が出来ました。

童貞で妻と結婚し、性交とはただ子孫を得る為の行為と認識し
接吻すら行わずただ闇雲に腰を使うことに終始した
小生の性生活でありました。

菊治と冬香の愛の営みを知り今までの
小生の貧相な性生活は何だったのかと
後悔しきりであります。

小生もこのままでは死に切れません。
幸い愚息はインターネットコンピューターの
専門家であります。早速インターネットにて
小生の冬香を見つけ出す所存であります。


6 :吾輩は名無しである:2005/09/17(土) 15:26:03
あのーマンセーってどういういみですか〜?

7 :吾輩は名無しである:2005/09/17(土) 15:51:57
私は冬香の気持ちがわかります。
まるで自分が冬香になった気でいつも読んでいます。
死んでしまったけど。

8 :吾輩は名無しである:2005/09/17(土) 16:23:51
先生の愛人になりたかったです。
そして私に愛の性の深遠をのぞかせていただきたった。

9 :吾輩は名無しである:2005/09/17(土) 23:59:37
某ブログに「先生のファン」ってのがいるから
誘導汁。

10 :吾輩は名無しである:2005/09/18(日) 00:10:05
>>6

韓国語で『万歳』。
肯定派って意味が近いかと。
(って、もしかしてわかっててきいてる…?)

11 :吾輩は名無しである:2005/09/18(日) 00:44:33
あの…私も3児の母ですが、
毎日拝読しながら、冬香の性のエリートぶりにすごく感動しました…
私などは、一日家事に追われ、子供の笑顔だけが生きがいの日々…
ママとしての生活ばかりで、自分が子宮で考える「女」であることを
何年も忘れていました…。

冬可さんは、家事はてきぱきと済ませて菊治のもとに駆けつけたり、
周囲の人すべてに嘘をついてお泊り旅行をしたり、
熱を出した子を放置するほど菊字さんを愛していたり、
夫も子供も忘れて首を絞めてほしいと何度も頼んだり、
そして死んでなお菊治にほほえみかけたり…
冬可がどれだけ菊治を真剣に愛していたかが伝わってきて、
私のあそこもゆるゆるになりそうでした…
冬可さんが圧倒的な愛に溺れていく姿は、本当に裏山しかったです。
私も性のエリートになりたいとすごおく思いましたが、
まずは菊治さんのような魅力的な男性と出会わないといけないですね☆
「愛の流刑地」、一生かけて忘れない名作になりそうです。


12 :吾輩は名無しである:2005/09/18(日) 08:55:07
ネタスレ?

13 :吾輩は名無しである:2005/09/18(日) 09:27:53
賛否は分かれるかも知れませんが、私も愛読しています。
菊治のこれからの心の機微はもとより、元妻との関係、
元愛人や息子達がどのようにストーリーに絡んでくるのか
楽しみです。
私も菊治さんのような男性と出会いたいです。イメージと
しては鳥越社長さんみたいな方がぴったりです。

14 :吉越浩一郎:2005/09/18(日) 09:37:40
渡辺淳一さんも好きなんです
  さて、先日このブログに土光さんの本のことを書きましたが、ビジネス経済書
  はもちろん、僕はその他にもいろんなジャンルの本を読みます。
  日経新聞に連載されている渡辺淳一さんの「愛の流刑地」も欠かさず読んでいて
  実はけっこう楽しみにしていたりするんですよ。「愛ルケ」流行ってますね。

  ちょっと僕のイメージと違いますか?

  この前、私も世話人になっている経営者の朝食会に渡辺淳一さんをお呼びして
  お話をうかがったんですが、「何か質問は」と聞かれ、手を挙げて、
  「連載の続きはどうなるんですか」
  と質問をしたのは、何を隠そう、この僕です(笑)。

  お話の中で最近の下着はいやらしいのでよくない。
  だから“冬香は白いスリップ”というお話をお聞きしたので、弊社の可憐な感じ
  のする、しかもセクシーな商品をいくつかお送りしたところ、いろいろ参考に
  なりましたというお礼状と一緒に『風のように女がわからない』という著書を
  頂きました。

  今、その本を一生懸命読んでいるところです。

15 :吉越浩一郎:2005/09/18(日) 09:39:29
いろいろコメントを頂き有難うございました
  8月24日の私の書き込みが、一部の方々に不快な思いをさせたようです。
  それについては真摯に受け止め、深くお詫び申し上げます。

  「愛の流刑地」は女性の立場から見れば確かに許せないものなのかもしれません。
  最近は、その具体的な性描写には私自身、もう充分といった感じです。

  私が「愛の流刑地」で追っているのは、最終的に離婚した奥さんとの関係と
  その時々のやり取りとか、冬香のご主人に対する激しい反発がどうなるのかと
  いう点です。

  過激な性描写ばかりに目がいきがちですが、この小説が描こうとしているのは、
  男女の関係を通じた人生のありようであり、いまは、そこに至る階段の踏み場を
  あえて作っているのかもしれません。

  この小説が最終的にどんな評価で終わるかどうかは、もう少し時間をかけて
  見守ってみてはどうかな、という気がしています。

  はじめてチャレンジしたブログというメディアで、いろいろな方のご意見が聞けて、
  大変勉強になりました。今後に活かして参りたいと思います。


16 :吉越浩一郎:2005/09/18(日) 09:47:54
ttp://homepage1.nifty.com/SiteK4/tri/

これが私の会社の製品です

17 :吾輩は名無しである:2005/09/18(日) 10:19:01
いいですね!愛の流刑地!!
いちばんいい所はやはり冬香の描写かな
かんどうしちゃいます〜
げおっごわっなんて死んじゃったのは悲しいけど
ん〜でも、性のエリートとしては本望なのかも
やっぱり愛する人に殺されてこそ真の愛なのですね
めが覚める思いがします
れんさい、もうすぐ終わっちゃうのかしら、寂しい…

18 :吾輩は名無しである:2005/09/18(日) 12:23:04
たった二人の警官が雪崩れ込むように部屋に入ってくるなんて描写、
せんせい以外のどんな作家にも書けない表現でしょう。
本当に感動しました。

19 :吾輩は名無しである:2005/09/18(日) 13:08:47
この小説は、賛否両論だと思うけれど、私は好きです。
実生活において全ても捨てて愛に賭けることは難しいけれど、
愛の流刑地では見事にそれを表現しています。
ちょっと非日常的ですが・・こんな恋愛もいいのでは?と言う感じです。
渡辺淳一さんの表現自体はとてもきれいだと感じました。

20 :吾輩は名無しである:2005/09/18(日) 13:25:07
ずっと読み続けています。こ
んな素晴らしい小説は初めて。
詩的な表現にうっとりします。
ねこ大好き!

21 :吾輩は名無しである:2005/09/18(日) 14:56:18
じかんが許すかぎり、毎朝読んでいます。
じっくり読めば読むほど味わい深いですね。
いったん妻と別れてしまうと男はがっくりするものですが、
のんびりと構えていればきっと私の冬香が見つかると、
もやもやとした気分がふっきれる思いがします。
うっとおしい夏が過ぎ、過ごしやすい季節になりましたので、
そうそうにデパートに行って服を決めたいと思います。
うっかりしたものを着て「年寄り臭い」と言われないよう、慎重に(笑)。

22 :吾輩は名無しである:2005/09/18(日) 16:11:58
冬香と菊治の純愛は冬
香が死んでも決して終わること
はありません。
知的な読者なら既にお分かりのことと思いますが、至高の愛はどんな
障害があってもそれを乗り越えて永遠に続くのです。


23 :吾輩は名無しである:2005/09/18(日) 16:16:19

えろ小説




24 :吾輩は名無しである:2005/09/18(日) 16:17:07
なべじゅんもここまで堕ちたか・・・

25 :吾輩は名無しである:2005/09/18(日) 16:18:26
ていしゅ関白の夫との味気ない生活に比べたら
らくえんのような菊治との時間。
わたしもこんな性のエリートになりたい。
ろまんとエロス、
すべては純愛へと昇華するのですね。

26 :吾輩は名無しである:2005/09/18(日) 16:24:23
普段は貞淑、しかし、不倫相手には淫乱・・・
こんな便利な女が書ける淳一センセって最高!

27 :吾輩は名無しである:2005/09/18(日) 17:16:56
愛の流刑地、題字が大好きです。
とても達筆ですね。

28 :吾輩は名無しである:2005/09/18(日) 17:18:59
挿絵も判じ物みたいで面白いです。

29 :吾輩は名無しである:2005/09/18(日) 17:45:02
無為が虚無の荒野に立っている挿絵が印象的でした。

30 :吾輩は名無しである:2005/09/18(日) 17:54:07
36歳の人妻と際きあってる。先月京都の知人に紹介されたら見た瞬間に即決した。
カッコイイ、マジで。そして快い。秘所に触れると走り出す、マジで。ひひん。
ちょっと感動。しかも人妻なのに従順だから操作も簡単で良い。従順な人妻は感度
が悪いと言われてるけど個人的には快いと思う。OLと比べればそりゃちょっとは違
うかもしれないけど、そんなに大差はないってバーのママも言ってたし、それは間
違いないと思う。ただ子供が熱出してるとか言われるとちょっと鬱陶しいね。人妻
なのに帰りたがらないし。
感度に関しては多分独身も人妻も変わらないでしょ。独身抱いたことないから知ら
ないけど夫があるかないかでそんなに変わったらアホ臭くて誰も人妻なんて際きあ
わないでしょ。個人的には人妻でも十分にエロい。
嘘かと思われるかも知れないけど箱根で140分位でマジで抜いた。つまりは人妻
ですら俺の技巧には勝てないと言うわけで、それだけでも個人的には大満足です。


31 :吾輩は名無しである:2005/09/18(日) 19:36:06
タテ読みの練習スッドレはここですか?

32 :吾輩は名無しである:2005/09/18(日) 19:56:23
>>10
ありがとうございます!ほんとうにわかんなかったんです

33 :吾輩は名無しである:2005/09/18(日) 20:45:11
渡辺先生と小松先生のコンビ、夫唱婦随って感じでナイス
バッテリーですね。
独特の渡辺ワールドを上手く挿絵が表現していると思いま
す。個人的には、「男の夢、ワカメ酒」の描写で波にそよ
ぐワカメを描いてらっしゃったのが秀逸だと思いました。

34 :吾輩は名無しである:2005/09/18(日) 21:18:21
でも、エロは男のサガだから仕方がないよ
むしろここまで、あけっぴろげに描けるってすごいよね
パーソナリティーできすぎ

35 :吾輩は名無しである:2005/09/18(日) 22:26:34
手放しにマンセーするものではありませんが・・・
作者が本当に何も考えてないのなら主人公をハンサムでカッコイイ
職業についてて(それこそ一流の編集者とか)モテモテにする方が
簡単だと思います。キョムネツだって世間に受けないことは作者も
分かってるんですよね?菊治は故意に嫌われキャラに描いているよ
うに感じます。独り善がりでプライドだけが高いどこにでもいる
中年男が自信を持たせてくれる女性に出会ったらどうなるかという
視点で見ると結構読み応えはありますよ。設定や時間の辻褄があわ
ないのは困りものですが。


36 :吾輩は名無しである:2005/09/18(日) 22:47:25
あいの流刑地、
なんだかすごいタイトルですね。
たそがれの年代の菊治にはと
っても似合うタイトルですね。
て言うか、タイトルに人間のゴウの深さを感じます。
すべからく人と言うものはこうした
ゴウの深さを持っているのでしょうか?
ぉそらくそうなんでしょうね。
いつもそんな事を考えている私です。


37 :吾輩は名無しである:2005/09/18(日) 22:57:41
この小説をよむまで、セックスって男にだけ都合のいいもんでしょ、って思っていたけど、女の人の人生観を変えてしまうほどの威力があるのだという描写に驚いた。
深い。奥が深いね!

>>31
わたしも最初はわかんなかったよ。
いろんな板を見ていたら、おのずとわかってくるものなので、もしかして、お節介だったかなとかおもっちゃったけど。
役にたったならよかった(^^

>>27
あ!これはじゅんいち先生の直筆なの!?


38 :吾輩は名無しである:2005/09/18(日) 22:59:52
うえの>31は>>32のまちがい。
スマソ

39 :吾輩は名無しである:2005/09/18(日) 23:11:33
題字は書家だと思うよ

40 :吾輩は名無しである:2005/09/18(日) 23:42:13
>>35の読み方が分からない…のです

41 :吾輩は名無しである:2005/09/18(日) 23:50:22
無意と満子の物語はもう出てこないんですか?
責めて責めて責める無意にあえぐ満子の役を映画化のとき
任せていい女優さんってそうはいないと思うんですよ

42 :吾輩は名無しである:2005/09/19(月) 00:56:10
私は20代で子供もいないのに、冬香の気持ちがわかるんです。
きっと、菊治といるときは夢のような世界だったんだろうなーって。

菊治と会うために、家事も子育ても頑張れたんだと思う。

冬香が死んで、冬香自身はもしかしたら後悔しているかもしれない。
でも、クビを締められているときは本当にこのまま死にたいって
心から思ったんだろうな。
この上ない幸せの中で死にたいって。
だって
男から与えられる女の本当の幸せって一瞬のものって思うから。
激しく愛し合ってもいずれはその気持ちが少しずつ薄れていくでしょう。
だったらこの激しさの中で、終わらせたいって思ったんだよね。
冬香は最後に本当の女でありたかったんだね。
そして菊治はそれに答えてあげてた。

私もかつて、この二人までいかないけど、本気で愛し合ったことがあって、
でも、それが不倫なら、終わりは必ずやってくるもので・・・。
二人で死にたいとは思わなかったけど、ここで事故かなんかで死んでも
きっと後悔しないくらいの気持ちだった。

だから冬香の気持ちはなんとなくわかる。

だから、この小説読んじゃうんだ・・・・。




43 :吾輩は名無しである:2005/09/19(月) 00:57:52
だから
渡辺淳一は、日本最高の文学者だって

44 :吾輩は名無しである:2005/09/19(月) 01:04:58
冬香:石田ゆり子
菊治:市村正親
夫:椎名桔平
中瀬:根津甚八
バーのママ:樋口可南子
出版社役員:渡辺淳一


45 :吾輩は名無しである:2005/09/19(月) 01:13:41
冬香・・・濱田のり子
菊治・・・おりも政夫
夫・・・ 原辰徳
中瀬・・・石田純一
バーのママ・・貴乃花夫人恵子
出版社役員・・亀井静香
義父(お尻を触る痴漢老人)・・ズン

46 :吾輩は名無しである:2005/09/19(月) 01:14:29
つれづれおもうんですけど
れんあいのまんぞくどのもんだいじゃないですか?
またをすりあわせればじゅうぶんまんぞくできるって
すなおなせいのエリートといえませんかね?
たいていのひとは、それじゃあ100%のまんぞくはえられないから
?マークがとぶかもしれませんけど、よのなかいろいろですしね

47 :吾輩は名無しである:2005/09/19(月) 03:36:20
ごめんなさい、はじめはこの小説あまり好きではありませんでした。でも…
わたしやっとわかりました。真の純愛
ってどんなものかが、淳一センセイ、最高です。


48 :吾輩は名無しである:2005/09/19(月) 08:08:18
もう毎日、夢中になって読んでいます。
うっかり読み忘れるようなことはありません。
ろくでもない作品だと言う人もいますが、そういう人はふだん
くだらない小説ばかり読んでいるのでしょう。
じいんと胸に迫るような菊治と冬香の純愛を
じっくり読み味わってください。
いとあはれ、と思うことでしょう。


49 :吾輩は名無しである:2005/09/19(月) 08:13:53
おいおい、なんだよこの反応。マジムカツク。なんでスルーなのよオレ。なんだよ、
人妻と際き合って喜んでいたら人生そのものがネタなのかよ。ふざけんなよ。人妻と
際き合ってる人が居ないのかってあったから参考までに教えてやったのにぶざけんじゃねーよ。
それとも俺に焼いてんのか?なら許すけどさ。確かに目は澄んでるから焼く
気持ちも分からないでもないけどだからってネタ扱いは凄く失礼だぞ。

あと際き合ったばかりでまだ少ししか抱いてないから風俗嬢がどの程度凄いのか知ら
ないけどマジで冬香って人妻でも激速の。出だしは恐ろしいほど悪いけどあの快さは本当
に凄い。みんなは信じてないみたいだけど本当の本当に箱根で抜いたんだっ
て。これは神と仏と悪魔に誓ってネタじゃない。マジで抜いた。

50 :吾輩は名無しである:2005/09/19(月) 08:17:26
↑菊、菊なのか?

51 :吾輩は名無しである:2005/09/19(月) 08:31:48








                    
               ごわっ
















52 :吾輩は名無しである:2005/09/19(月) 09:52:39
げひんなところが少々鼻につくが
おとこでセレブでなければとりつくろう必要もないだろう
っつうと叱られるかもしれないがとことん考えたことだから仕方ない

53 :吾輩は名無しである:2005/09/19(月) 11:35:10
菊治が歯を食いしばって写生を我慢した場面に男の
美学を感じた。つかなんでそこまでしなきゃいけな
いのかと。

54 :吾輩は名無しである:2005/09/19(月) 17:32:10
歯を食いしばって、いくのを我慢している姿って興奮するのよ。

55 :吾輩は名無しである:2005/09/19(月) 20:55:58
72歳にもなって、こんなに色気のある人生って
羨ましいですね。

56 :吾輩は名無しである:2005/09/19(月) 21:22:29
首を長くして毎朝朝刊を待っています。毎朝の連載となると
〆切りがつらいのでは?と拝察いたします。
刷られた文字を追うごとに、元気が出てきます。エリートはさすがに違いますね。
人として生まれたなら、一度は燃え尽きるような恋をしてみたいものです。

57 :吾輩は名無しである:2005/09/19(月) 21:25:20
冬香の夫って、ひどい人ですね。睡眠薬を飲ませてひどいことをするなんて。
でも、菊治は殺してしまっているわけで、やはりこれは愛のためなら正当化
できるのでしょう。これが純愛だから。

流石渡辺先生といわなければなりません。

58 :吾輩は名無しである:2005/09/19(月) 21:45:57
渡辺先生は恋愛の毛沢東ではありません。
亡くなった人を引き合いに出すなんて失礼すぎます。
渡辺先生は恋愛の金正日です。

59 :吾輩は名無しである:2005/09/19(月) 22:09:01
美女軍団がいらっしゃるところも、将軍様にそっくりですね。


60 :吾輩は名無しである:2005/09/20(火) 00:01:23
明日はちょっとでも進展あるかな。
どうせちょっとだろうけど。

61 :吾輩は名無しである:2005/09/20(火) 01:12:33
きょうの朝刊掲載分から、二人の秘めた至上の恋が
よの中の人々に明らかになるのでしょうか。
むろん、冬香さんももそれを望んでいるはずです。
ねも葉もないうわさが立ったとしても、二人の肉体を
つらぬいた純愛の前に、人々はひれふすでしょう
プラトニックラブなど、所詮はお子様ランチです。
げおっ、ごわっといった魂の叫びはお子様
らんち的な小説では汲み取ることができません。

62 :吾輩は名無しである:2005/09/20(火) 13:15:27
警察の態度はひどいと思います。もっと菊治の気持ちを
察してあげて欲しいです。菊治は、警察のやつらに何を言われても
がまんしていますが、菊治の気持ちを聞いてあげることがコミュニケーショ
ンの基本じゃないですか。とにかく、菊治が警察に
ばかにされるのだけは、許せません。ボイス・
レコーダーを早く警察に聞かせてやりたいです。

63 :吾輩は名無しである:2005/09/20(火) 13:24:55
無意と満子の小説も、この後出版されて、大ヒットすると
期待しています。菊治の愛の行為は、けっして世間から
懲罰を受けるものではなく、むしろ、首の絞め方についての知識など
役に立ったといえるのではないでしょうか。

64 :吾輩は名無しである:2005/09/20(火) 13:51:11
あー、菊治はこれからどうなるんだろう。
のんびりしていた展開から、警察がやってきて
いきなりハラハラさせられるよ。
くだらないミステリーよりも、渡辺淳一の方が上手いかもしれない。
でも、これ、映画化されるんだよね?原作のイメージが崩されるのは
しょうがないとしても、首を絞めるシーンで、げおっとかごわっとか
よっぽど演技派じゃないとちゃんと言ってくれなさそうで心配だ。
うっ血した指の跡とか、死後硬直とか、リアルな描写でぜひ見たい。

65 :吾輩は名無しである:2005/09/20(火) 14:57:24
主演は絶対、川島なお美さんですね。

66 :吾輩は名無しである:2005/09/20(火) 15:04:40
たった1年足らずの関係なのになんとふかいこと
いまの人にはなかなか理解できないでしょう
ほんとうの恋をしらない人が多すぎますよ

67 :吾輩は名無しである:2005/09/20(火) 15:21:15
死をもって愛を語る、何と深い話なのでしょう
刑期を終えた菊治はその後、どういう行動にでるのか楽しみです。

68 :吾輩は名無しである:2005/09/20(火) 15:23:14
むかしは売れっ子作家だったのに
いまとなっては犯罪者扱い、という悲しい末路。
ところが二人の愛の結晶として書き上げた小説の存在が
マスコミで取り上げられるや、超ベストセラーに。こ
んなどんでん返しがあってもいいんじゃないでしょうか。
これからの展開がすごく楽しみです。

69 :吾輩は名無しである:2005/09/20(火) 20:05:10
緊急提案
肉桂新聞に、アイルケ掲載が終了したら、直ちに、渡辺淳一先生作の
「虚無と熱情」を連載するように、という運動を起こそう!
なに、連載しないなら、不買だ! と言えば、すぐ連載開始となる!
(高村先生の例もあるし・・)

70 :吾輩は名無しである:2005/09/20(火) 20:57:44
京都のホテル、箱根旅行、四谷のバー、フレンチレストランなどなど
菊治と冬香の愛の奇跡を「日経おとなのOFF」とかで特集して欲しいな。
結構実在の場所多いよね。

71 :吾輩は名無しである:2005/09/20(火) 20:58:36
奇跡→軌跡でした。スマソ

72 :吾輩は名無しである:2005/09/20(火) 21:19:58
おおかたみんな、嫌だ嫌だ言っていても、けっこう読んでるじゃないですか。
この前鳩森神社に行ってきたんですよ。ここでキスしたんだなーって感動しました。
茶店でお茶してても、横の席から愛の流刑地の噂がきこえてきたりして。
まさか、あのおばちゃんたち、こっちに丸聞こえとは思ってなかっただろうな。
親が「下品だから読むな」ってうるさいんですけど、
じっさい面白いんですから無理ですよね。

73 :吾輩は名無しである:2005/09/20(火) 21:46:32
ぬきさしならない展開になってきましたね。菊治はこれからどうな
るのでしょうか。
ぽっと冬香が生きかえる展開を期待していたのですが、警察来ちゃったから無理ですよね

74 :吾輩は名無しである:2005/09/20(火) 21:53:59
>>ぽっと冬香が生きかえる展開・・・

それじゃホラー小説だよ。

75 :吾輩は名無しである:2005/09/20(火) 21:59:55
>73

我の強い菊治でも罪を
つぐなって欲しいです。残された家族のために。

76 :吾輩は名無しである:2005/09/20(火) 23:23:32
>>73
ガンバッテ欲しいですね、先生には。ア
ッという結末を書いて欲しいものです。

77 :吾輩は名無しである:2005/09/20(火) 23:40:12
ナベズンマンセー!

78 :川島なお美:2005/09/20(火) 23:45:58
渡辺先生の悪口書いてる人たちって、結局
女にモテたことがないカワイソーな男たち
なんですよ。
愛する男に尽くして性の喜びを教えられる・・・
これ以上素敵なことがありますか?
先生、奇妙なモテない男どもの嫉妬なんか
気にせず、これからも素敵な物語を
描いてくださいね。

79 :濱田のり子:2005/09/21(水) 00:03:36
映画化の話が来てるそうです。
「失楽園」でも特別出演されていた渡辺淳一先生には
今回は、出版社の重役の役で特別出演して欲しいな。

80 :吾輩は名無しである:2005/09/21(水) 00:14:06
冬香:濱田のり子
菊治:渡辺淳一
冬香夫:五木寛之

・・・って、これじゃ老人ホームのセックスボランティアじゃん!!

81 :吾輩は名無しである:2005/09/21(水) 00:21:43
あくまでも純愛を求め、
ささやかな幸せを
祈って果てた冬香。
いたづらな批判や
とおりいっぺんのお説教
とかを超えた崇高な人生だ
なあ、と思わないか。清ら
かさだけがこの女性を
包んでいるようだ。

82 :吾輩は名無しである:2005/09/21(水) 00:22:09
「愛の流刑地」を推薦します!

元木大介・・・「読書ってイイな」
石田純一・・・「妬けました 元祖・性のエリートより」
徳光和夫・・・「ワタシも泣きました」
優香・・・・・「冬香、、、くやし〜」
加藤鷹・・・「オレこそ性のエリート」



83 :吾輩は名無しである:2005/09/21(水) 08:11:54
最近はじめて、二十歳の若者が書いた「リアル鬼ごっこ」なるベストセラーの存在を聞いたのですが、
へんてこな日本語、破綻した設定と、まるでこの作品ではないですか。
さすが渡辺先生、二十歳の感性を我が物としているのですね。
老いても熱心に研究し続ける、その熱意には頭が下がります。

84 :吾輩は名無しである:2005/09/21(水) 09:58:11
マンセー板、急に萎んじゃったけどどうした?
各社の担当者諸君、がんばれよ。
ナベ翁が怒るぞ!!!

85 :吾輩は名無しである:2005/09/21(水) 11:34:31
>>84
×板
○スレ

86 :吾輩は名無しである:2005/09/21(水) 12:13:40
私は担当者ではありません。単なる愛読者です。
今日掲載分では、警察官にどきどきしました。先生の筆力はさすがですね。
こんなに説得力のあるおまわりさんは初めてです。
思わず「警官ガンガレ、菊治をもっと締め上げろよゴルア」と声援を送ってました。

87 :吾輩は名無しである:2005/09/21(水) 13:27:05
どのようないきさつであれ、一度出会ってしまった男と女の
こんなにも一気に走らざるを得ない純愛、泣けてきます。
よんどころない事情は誰でも抱えていますが、
むりにでも会いたい気持ちはよくわかります。
のんびりした性格に見えて、愛を貫いた冬香に感動しました。

88 :吾輩は名無しである:2005/09/21(水) 14:36:13
わたしは、菊治は冬香の形見のネックレスとともにふらりと旅立ち、
かぜの盆で冬香の面影を追い求めるというラストシーンをか
んがえていたので、警察に捕まっちゃうとかこういう展開は切なくて
なけてきます。
いつまでも冬香は菊治の体の中に生き続けるんですよね。

89 :吾輩は名無しである:2005/09/21(水) 19:27:33
>>85
この場合、カタカナ「マンセー」プラス「スレ」だと書き言葉としては
Visualに解かり難いので、「板」で正解だと思う。
声に出して読むと古臭いけれどね。

90 :吾輩は名無しである:2005/09/21(水) 20:20:29
>>84
このスレ100まで伸びたらネ申認定

91 :吾輩は名無しである:2005/09/21(水) 20:44:22
村には冬香のような女性がまだいる
おとなしくてしとやかで貞淑で
容姿も探せばいいのがいる
疑うことはあまりなく従順である
しっとをすることもない
やはり地方は最高である


92 :吾輩は名無しである:2005/09/21(水) 20:54:07
今まで「俺様劇場」だった菊治が警官に羽交い締めにされて
はじめて思うとおりにいかず悔しさに唇を噛むところがよか
ったです。今まで我慢して読んでた甲斐がありました。
取り調べではもっと菊治に嫌がらせをして欲しいです。

93 :吾輩は名無しである:2005/09/21(水) 21:03:07
最近これだけ感動した小説ってないです。
文章の巧さ、セックス描写の美しさ、男女の
心のゆれ具合・・・ 最高です。
「日本の漱石」は、渡辺先生にこそ相応しいですね。

94 :吾輩は名無しである:2005/09/21(水) 21:12:35
理想の配役


冬香・・・夏川結衣
菊治・・・石田純一
中瀬・・・宅麻伸
警官・・・橋爪功
飲み屋のママ・・細木数子
高士・・・小泉孝太郎
義母・・・八千草薫
義父(冬香のお尻を触る老人)
  ・・・渡辺淳一

監督:山本晋哉


95 :1:2005/09/21(水) 21:31:10
愛の流刑地を貶めるホームページが多数あると聞きました。
知性の無い人間が自分の読解力の貧しさを棚に上げて
お門違いの意見を垂れ流しているのです。
こんな馬鹿なことが許されてもいいのでしょうか。

少しでも教養のある人ならばすぐにわかるでしょう。
「箸使いが美しい」という文章は「箸」が何かを知っているという
前提で使われるのです。

渡辺先生の愛の流刑地は「圧倒的な愛」が描けていないという
噴飯な意見をインターネットを使い匿名でしか発言できない輩どもは
「圧倒的な愛」を知らない哀れな人間であるという事を
わざわざ世界同時発信しているのです。

他の人間が眼を通さないで発表される文章に一体どれだけの
説得力があるのでしょう。自分だけが理解できる自分だけの偏った
思考でしかありません。

翻って、渡辺先生は長年厳しい編集者の意見と何万人もの
読者によって鍛え抜かれたプロフェッショナルの小説家なのです。
直木賞の選考委員を長い間つとめていらっしゃるのです。
銀座でも自腹を切るみじめな飲み方はなさいませんし
ありとあらゆる一流企業から講演依頼が来るのです。
北海道には記念文学館まで建っています。



96 :2:2005/09/21(水) 21:32:39
そんな日本を代表する大作家が日本経済新聞で
思想も志しも語彙もない女が、ひたすら卑しいだけの男と
経済観念・貞操観念・母性を無視し盛り合い番い合って
あげくのはてには首絞めプレイの力加減を間違って
男が女を殺してしまい、作者が字数稼ぎのためだけに
8月3日を延々2週間も描写するような小説を
発表するわけがないのです。この小説には
菊治と冬香の文字通り命を懸けた愛が描かれているのです。

どうしてそれが読み取れないのでしょうか。行間を読むという事が
今ではすっかり忘れはてられてしまったのでしょうか。

愛の流刑地が破綻した小説ではなく
先生の小説世界を理解できない人間が破綻しているのです。

97 :吾輩は名無しである:2005/09/21(水) 21:39:42
銀座の嫌われ者・渡辺淳一
ジイチャン、口が臭いんだよ、、
説教ばっかするなよ。そんなにゴチャゴチャ言うなら
夜中に銀座になんか来ずに、老人ホームでゆっくり
寝てなよ!!!

98 :吾輩は名無しである:2005/09/21(水) 21:55:57
>>93
おいおい「日本の漱石」ってなんだよwww

99 :吾輩は名無しである:2005/09/21(水) 22:28:43
>>95
>銀座でも自腹を切るみじめな飲み方はなさいませんし
そういうのをたかりと言うんじゃないの?

100 :吾輩は名無しである:2005/09/21(水) 22:38:32
ここは先生のファンが書き込むスレ。

批判要望つっこみは
【ナベジュン】愛の流刑地10【日経】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1127206536/
でどうぞ

101 :吾輩は名無しである:2005/09/21(水) 23:41:10
だーかーらー
るけいちスレのすみわけがわからないやつは
いってよし!

102 :吾輩は名無しである:2005/09/21(水) 23:49:21
たかがスレの使い分けのことで、ここまで盛り上が
ってしまうのも、この作品が多くの
人によまれていることの傍証でしょうね。もちろ
ん、すみわけは大事ですが、多少のことには目をつぶっても、いろいろ
な意見をきけたらいいなと思います。
何といっても先生の作品としては10年ぶりに日経新聞
に連載されているわけですから、反響も大きいのもうなずけます
し、多くの人がよんで意見を言うのも当然だと思います。

103 :吾輩は名無しである:2005/09/22(木) 00:01:14
わかってない人はスルーすればいいじゃないですか
ロコツな文しか書けないんだからしょうがないですよって
スルーできてないレスなのかなこれも・・・orz

104 :吾輩は名無しである:2005/09/22(木) 00:50:12
冬香…川島なお美
菊治…南佳也
冬夫…速水健二
中瀬…高橋がなり
警官1…加藤鷹
警官2…チョコボール向井
飲み屋のママ…樹まり子
祥子…小林ひとみ

36歳の平凡な主婦・冬香を待ち受ける
究極の、そして圧倒的な愛の世界。
あの「失楽園」から10年、川島なお美が
究極の体当たり演技に挑む!!

105 :104:2005/09/22(木) 00:52:47
注1: ストーリーは原作とは異なります。この作品は原作小説にインスパイヤされ
 独自に制作したもので、原作を忠実になぞったものではありません。

注2: なお、描かれているシーン等は原作よりはるかに過激ですのでご了承ください。

106 :吾輩は名無しである:2005/09/22(木) 09:47:29
究極の愛とか言ってるけど、結局はコソコソと会うしか出来ない不倫なだけで
結局は中途半端な愛だったんじゃないの。

107 :吾輩は名無しである:2005/09/22(木) 16:03:44
きくじは小泉潤一郎で決まりじゃないの?

108 :吾輩は名無しである:2005/09/22(木) 19:19:04
>106 
ここは渡辺先生を称えるスレッドです
批判要望はこちらでどうぞ
【ナベジュン】愛の流刑地10【日経】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1127206536/


109 :吾輩は名無しである:2005/09/22(木) 19:43:14
>>108
ちゃうちゃう。
批判はこっちこっち。
ttp://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1126936915/

110 :吾輩は名無しである:2005/09/22(木) 19:59:48
渡辺淳一先生は「現代小説のカリスマ」だと思っています。
「愛の流刑地」こそ文学!今後の展開が楽しみです。

なんて…
マンセースレだから書いてみた。

111 :吾輩は名無しである:2005/09/22(木) 20:04:52
このスレの住人ってみんな「冗談」わかる奴ばっか!
特に>>95なんて、ジョークの達人だよね〜。
ほんといいスレだね、ここ。
ずんゐち大先生、ばんざーゐですぅ!(マンセーしてますからね!批判じゃないっすよ。
言っておくけど…)

112 :吾輩は名無しである:2005/09/22(木) 23:23:17
しかしあれだ。
ずん先生は某基地外国の将軍様ぐらい偉大だな。

113 :吾輩は名無しである:2005/09/23(金) 01:01:47
紋切り型の描写がイヤダ! と渡辺先生を批判する人が
多いけど、私ら年寄り読者からすれば、「奥ゆかしい」表現
も多いですよ。
それに、72歳にもなってまだ若い女性との色事を
書けるなんて羨ましい限り。
もっとも、恋の相手があまりに都合の良い
ロボットのようで興ざめてしまうところは
ありますけど・・・。

114 :川島なお美:2005/09/24(土) 10:13:15
こう言うアホ文学(?)を書いてるジジーを
戸籍上「夫」にもつ妻の立場とは
いかばかりかと・・・。
集英社、主婦の何とか社にコネ入社した
娘さんたちは、こんな「父」のことを
どう思うか、と・・・。

115 :吾輩は名無しである:2005/09/24(土) 10:21:03
↑ここのスレではちゃんとマンセーしなきゃだめよ。

116 :吾輩は名無しである:2005/09/24(土) 11:05:54
あの美しい大女優川島なをみさんを愛人としていた
ズン先生ですから、奥様はもうーその超絶的テクのとりこだと思われます。
美しい夫婦愛をみて育ったお二人のお嬢様はお父様を
乳としてまた作家としても大尊敬しているであろうことは
想像に難くありません。

117 :吾輩は名無しである:2005/09/24(土) 22:27:59
もう、マンセーも限界なのです。

118 :吾輩は名無しである:2005/09/25(日) 00:48:00
娘はフツーに不細工でイヤなババーらしいぞ。

119 :吾輩は名無しである:2005/09/25(日) 00:57:24
仮に娘が、超美人でこのうえなく性格良すぎでも、父の評価は変わらん。
フツーの範囲内で重畳のかぎり。
万歳。

120 :吾輩は名無しである:2005/09/25(日) 19:39:37
これだけ話題作書いてるのに、銀座での接待がまだ
2回きり。
もう書いてやんねーぞ。

121 :吾輩は名無しである:2005/09/26(月) 13:31:52
最近この小説読んでると、
うちの近所のスーパーの休憩所のベンチで仲良くなったジーチャンバーチャンが
そのままこれまた近くのホテル街に消えていく風景と重なります。
ジーチャンにはヨメサンがいて、ゲートボール場ですごいシュラバになったとか、
後で噂になります。
純愛っていいもんすね‥

122 :吾輩は名無しである:2005/09/26(月) 15:31:19
快楽殺人犯菊治の心理描写には鬼気迫るものがありますね。
読んでいるこちらの方が菊治に殺意を抱くほどです。
とくに連行されてからの緊迫感は明日新聞を開くのが怖い位です。
第二、第三の被害者を出さない為にも、菊治を出所させないで!
と思っているファンも多いのではないでしょうか?

123 :吾輩は名無しである:2005/09/26(月) 22:17:48
菊痔:渡辺淳一
冬馬鹿:濱田のり子
中瀬:徳光和夫
冬夫:石田純一
冬馬鹿義父:小松方正
冬馬鹿義母:細木数子
取り調べ警官:堀江貴文

124 :吾輩は名無しである:2005/09/27(火) 01:16:16
<逮捕前の日常>
起きる
冬香来る〜セックスする(2発)
冬香帰る〜近所の中華屋でめし喰う
帰宅〜疲れたので昼寝
起きる〜キョムネツに手を入れる(30分)
ママの店でエロ話
帰る〜ボイレコで自慰
寝る

<現在の日々>
起きる
めし
取り調べ
めし
寝る

・・・どっちもクズの日常だな。

125 :吾輩は名無しである:2005/09/27(火) 06:21:13
皆さん、
ここはマンせー専用板です。発言には気をつけるように。

>>124
こういった日常の描写をマジで連載で毎日毎日綴った渡辺氏、70にも
なってすごい熱情ではないですか。
虚無と熱情はまさに裏表の関係。

126 :吾輩は名無しである:2005/09/27(火) 09:55:25
菊痔、そろそろ発狂する頃だな。


127 :吾輩は名無しである:2005/09/27(火) 19:26:20
「菊痔はどう答えていいかわからない。とにかく、一口でいえないことだけはたしかである。」

流石ですね。
言葉を安易に浪費しないという、プロの作家としての強いこだわりを感じさせます。

そして、その厳格な人物設定には、いつもながらに感激させられます。

128 :吾輩は名無しである:2005/09/28(水) 00:17:49
ストーリーが先に進まない。
ちゃんと全体像を考えてから、執筆しろ。


129 :五木:2005/09/28(水) 00:34:39
「ワープロ」はないでしょうよ、幾ら何でも。
マンセーするにも、ちょっとここまで「言葉」に対する
感覚が鈍いとねぇ。



130 :吾輩は名無しである:2005/09/28(水) 10:40:38
うちのじいちゃん(73歳)の部屋で昨日ワープロ発見しますた
現役ですぞ

131 :吾輩は名無しである:2005/09/28(水) 22:54:26
おいおい、いつのまにか殺人は冬馬鹿の
責任になってるよ。
ホント、あれだけハキダメとして利用しといて
つくづく屑野郎だ。
脇田君、激昂してぶん殴ってやれ。

132 :吾輩は名無しである:2005/09/28(水) 23:09:59
>>130
すげぇえ、立派なじいちゃんだ!パチパチパチ

133 :吾輩は名無しである:2005/09/28(水) 23:57:25
>>131
そんなキクジの最低ぶりを見事に描いているズンすばらしい。
いやぁ、こんな屑野郎、普通登場人物への愛情が邪魔して書きたくても
なかなかかけるモンじゃないよ。

ここまで書こうよ、ここマンセースレなんだから。

134 :吾輩は名無しである:2005/09/29(木) 00:58:09
噂の真相のバックナンバー貸してもらったら
ズンの愛人の告白、ってのがあった。性病うつされた
話と、フニャフニャで勃たない話がマンセー。

135 :吾輩は名無しである:2005/09/29(木) 02:00:28
性病移されたって、ズン様は痩せても枯れても医者であらせられるぞ。
自分の性病も分からない事など、「マトモ」な医者ならありえね〜。

136 :吾輩は名無しである:2005/09/29(木) 08:41:00
性病すら共有したくなるほどのズンの深い愛に500マンセー。

137 :吾輩は名無しである:2005/09/29(木) 11:54:12
整理中にすると病気が移りやすいんだが、それを奨励する医者とは
医師の風上にも置けぬ愚行

138 :吾輩は名無しである:2005/09/29(木) 13:00:51
と整理中にして映された体験者は語る

139 :吾輩は名無しである:2005/09/29(木) 13:02:53
渡辺先生ありがとうございます。
先生のお陰で、私もブログに日記ではなく「小説」というモノを書く勇気が出ました。今までは、そんな大胆なこと恥ずかしくて出来そうもな
かったけど。
ベテランで文壇の大家の先生の文章がアイルケなんだから、まして素人の文
章なんてもうめちゃくちゃの意味不明なモノで、それを堂々と公開してもちっとも恥ずかしくありませんよね。
 渡辺先生、私に勇気をありがとう。

140 :吾輩は名無しである:2005/09/29(木) 13:07:28
↑多少改行がおかしくっても、ベテランで文壇の大家の渡辺先生の文章
がアイルケなんだから、まして素人の(ry

141 :吾輩は名無しである:2005/09/29(木) 21:35:55
オヤジへ

頼むから獄中で首吊って死んでくれ。



高士より

142 :吾輩は名無しである:2005/09/29(木) 21:41:12
菊治のような人間は存在する価値が全くないということを、
圧倒的な説得力をもって教えてくれるすばらしい小説ですね。

143 :吾輩は名無しである:2005/09/29(木) 21:44:35
脇田刑事がんばって!

144 :東京 渋谷区(72)作家:2005/09/29(木) 21:47:44
さすが「2ちゃんねる」だなあ。
モテない童貞どもの集まりだね。性のエリートたる作者が
よっぽど羨ましいんだろう。
独り寂しくオナニーするか不細工なカミサン相手に
欲望を発散せざるを得ないキミたちには、
到底分からない世界だよ、「性のエリート」の
世界は。
この境地に達するには、少なくとも銀座の枕ホステスを
10人以上斬らねばなるまいな、
あ、そんなカネあるわけないか。

145 :東京 渋谷区(72)作家:2005/09/29(木) 22:32:27
さすが「2ちゃんねる」だなあ。
更年期障害のオバンが悶える場か、性のエリートたる作者が
よっぽど羨ましいんだろう。
独り寂しくオナニーするか若い童貞にいいよって
欲望を発散せざるを得ないオバンには
到底分からない世界だよ、「性のエリート」の
世界は。
この境地に達するには、少なくとも若くてピチピチした肉体の
銀座の枕ホステスを 50人以上斬らねばならん
あ、ババアには想像もできない世界かw

146 :吾輩は名無しである:2005/09/30(金) 00:45:47
知性と良識のあるみなさんは性のエリートに対する怒りも最高潮ですわ
ここまで人を本気にさせる小説がかつてあったでしょうか?
やはり先生は天才なのです

147 :吾輩は名無しである:2005/09/30(金) 01:02:48
大江も石原も、もちろん五木なんぞは到底到達できない
高みに、いまワシは屹立する。
川島君、気が変わったらいつでも戻って来なさい。
「冬香」の役を空けて待っておるよ。
マンセー。




148 :吾輩は名無しである:2005/09/30(金) 03:51:58
>>147
配役は>>104

149 :吾輩は名無しである:2005/09/30(金) 09:57:47
作者によるキャスティング

冬馬鹿:川島クン
菊治:渡辺淳一
中瀬:小泉純一郎
ママ:高樹のぶ子
義父(冬香の尻を触る老人):五木寛之


150 :吾輩は名無しである:2005/09/30(金) 15:37:13
小泉純一郎は菊痔では

151 :吾輩は名無しである:2005/09/30(金) 20:39:21
小泉、菊爺似合いそう。
不輸かの体に感激したとか言うと受ける。

152 :吾輩は名無しである:2005/09/30(金) 21:28:02
なんでブサヨ工作員が湧いてるんだ???

153 :吾輩は名無しである:2005/10/01(土) 01:17:10
ここはマンセースレです。ナベ先生を誉めちぎるスレです。
政治話したいヤツはとっとと出て行け。

で、この後の展開としては 舞い降りた冬渦の幻影に
発情した菊爺が、シコシコおっぱじめて、そこを
看守に見つかる⇒罰として、「ワタシは今後二度と自慰を
しません」と書かされた後、チ○ポ丸出しで廊下に一晩中
たたされるのが見たい!



154 :吾輩は名無しである:2005/10/01(土) 01:20:18
ワシ>>>>>>>神崎>>>五木
川島クン>>濱田クン>>>>>柳美里
ワシ>>>>>>>中瀬>>>>脇田の若造

155 :作家(東京 72歳):2005/10/01(土) 10:41:24
悔しかったら、銀座のマブいスケをよりどりみどりで
抱いてみやがれ。


156 :吾輩は名無しである:2005/10/01(土) 10:47:55
オヤジへ


涅槃で待ってる


高士

157 :吾輩は名無しである:2005/10/01(土) 15:03:41
愛ルケは、テーマである「性のエリート」とかいうものは菊治(=ズン)という
メチャしょうもない男のたわごとだということが、どんなお馬鹿な読者にもいや
というほどよくわかる、文学史上まれな小説なのであります。あらゆる企業リス
クを冒して掲載し続ける日経新聞にもマンセー!

158 :吾輩は名無しである:2005/10/01(土) 19:47:06
橋田スガコ先生脚本の感動の集大成

冬香:泉ピン子
冬太郎(長男):えなりかずき
菊治:藤岡琢磨
中瀬:石坂工事
祥子:水前寺清子
ママ:デヴィ婦人
義父(冬香の尻を触る老人):渡辺ズン一(友情出演)

159 :吾輩は名無しである:2005/10/01(土) 21:29:14
「性のエリート」選手権エントリー

渡辺淳一翁・阿部定・加藤鷹・チョコボール向井・
菊爺・冬禍・石田純一・ディック峯・川島クン・
濱田クン・番長清原・松田聖子


160 :吾輩は名無しである:2005/10/01(土) 21:49:48
冬馬鹿の家族がどうなろうと、高士がどうなろうと
知ったことか。オレが射精できればイイんだっ!
と言うスガスガしさ。

161 :吾輩は名無しである:2005/10/02(日) 01:50:32
ジジーのオナニー等と言うおぞましいモノを
「少年のように」描ける72歳、天晴れ!

162 :吾輩は名無しである:2005/10/02(日) 09:07:11
ここまで自分勝手な最低人間は
戸梶圭太も書けやしまい

163 :吾輩は名無しである:2005/10/02(日) 10:34:54
逆に言えば、ここまで「クズ」を描けるってのも
凄いよね。普通のアタマの持ち主なら「読者の反感を買う」ことを
恐れて、もう一寸”偽善的な”菊治にしますよ。
悔悟も謝罪も改悛の情も何一つ持たず、人ブッ殺しといて
頭の中は「男女のこと」だけと言う日本犯罪史上最悪の犯人
の心情に赤裸々に迫っている、とは(逆説的ですが)言えるでしょうね。

164 :吾輩は名無しである:2005/10/02(日) 10:41:21
>>163
> 逆に言えば、ここまで「クズ」を描けるってのも


まったく禿同。人間のクズを描かせたら世界一かもしれない、づんゐ痴は。

165 :吾輩は名無しである:2005/10/02(日) 16:59:08
キクジ役はぜひ人間の屑を演じさせたら日本一の北野武に!

166 :吾輩は名無しである:2005/10/02(日) 18:25:24
北野武なら、鍋文豪の意図を超えた菊痔を存在せしめる可能性がある。
さて・・

167 :吾輩は名無しである:2005/10/02(日) 20:21:34
菊自慰の心理が、リアル犯罪者と同様の身勝手な理屈と良く一致しているのは、づんが犯罪者を綿密に取材しているからでなく、
たまたま腐れたづんの信条がリアル犯罪者のそれとシンクロしてしまっただけなんだろうな 。
それはそれでまた、すごいことですねえ ( ´,_ゝ`)プッ

168 :吾輩は名無しである:2005/10/02(日) 21:22:44
今度の小説は、その純愛のきわみのエクスタシーがテーマである。
その頂点に昇りつめて感じた人と、いまだ知らぬ人との戦いである。
最高の愉悦を感じるか否かは、知性や論理の問題ではなく、感性の問題である。
果たして、この戦いはいずれが勝つのか、
そして読者はいずれに軍配をあげるのか、
ともに考えていただければ幸いである。
:渡辺淳ゐ痴




169 :吾輩は名無しである:2005/10/02(日) 23:06:48
>>167
ちがいます。すごいことじゃなくて、すごおいことと言わなければいけ
ません(だってここ、マンセースレだから)

170 :吾輩は名無しである:2005/10/03(月) 01:11:53
今度の小説は、その純愛のきわみのエクスタシーがテーマである。
その頂点に昇りつめて感じた人と、いまだ知らぬ人との戦いである。
最高の愉悦を感じるか否かは、知性や論理の問題ではなく、感性の問題である。
果たして、この戦いはいずれが勝つのか、
そして読者はいずれに軍配をあげるのか、
ともに考えていただければ幸いである。

>本来「勝ち負け」つけるべき必要ないことに
 あえて勝負の理論を持ち込んだところが
 凄え〜。


171 :吾輩は名無しである:2005/10/03(月) 08:57:29
今朝分もすごいね。
犯罪者の身勝手さをここまで書ききることができるのは
大先生だけ
馳星周も見習うべし

172 :吾輩は名無しである:2005/10/03(月) 09:49:36
常識で考えれば、まず自分がブッ殺した被害者家族の
ことを思うのが普通。でも菊痔はまず、自分の
貯金自分の家族、そして自分がどう見られてるか、なんだ。
性のエリート、っーよりもはや
「性のモンスター」「性の大魔神」「性の悪霊」だな

173 :吾輩は名無しである:2005/10/03(月) 09:54:54
これで菊自慰の心中が、「悪いのは俺じゃない、首を絞めたくらいでくたばった冬馬鹿が悪いのだ」というふうに
展開されれば、づんは完璧な腐れ外道犯罪者の表現者となれるぞ。期待しよう。

174 :吾輩は名無しである:2005/10/03(月) 10:02:00
え、もう既に発言しておられますが。
<殺してくれと頼んだのは冬香だ
さすが72年の月日を自己マンセーに費やしただけのことはあります。
並大抵の人間ではどうしても理性とか良識が筆力が馬鹿さ加減を鈍らせてしまうのです。


175 :吾輩は名無しである:2005/10/03(月) 10:48:10
首を締めろと言い張ったのは冬香だ
どこまで締めればいいのか冬香なら知っていたはずだ

と何から何まで冬香のせいでしたよ
でも、冬香の死が悪だと思う価値観は一般人と同じなので、
菊治は完璧な腐れ外道犯罪者にはなれませんね
超無責任で超自己中で超世間知らずでバカ爺なだけです


176 :吾輩は名無しである:2005/10/03(月) 16:08:52
普通の作家が、ここまでの悪を描くとどうしても悪の魅力・悪の美学な
んてモンがでてきて、ファンまで付いたりしてしまうモノですが、そう
いったモノを一切排除してここまで万人に憎まれる悪を描ききった小説
は初めてではないでしょうか?
漏れにとってキクジはキング・オブ・ノワールですね。
変なたとえですが、あの程度で「暗黒面に堕ちた」などとほざいている
アナキン・スカイウォーカーにキクジの爪の垢でも飲ませてやりたい。
ダースベイダー。キクジに比べりゃきみなんて、天使のような善人だ
よ。


177 :吾輩は名無しである:2005/10/03(月) 16:25:26
>>176
万人に憎まれるというよりも、万人に笑われる悪ですね。
ノワールなんてスカしている評論家たちにこそ
読んでもらいたい大傑作!

178 :吾輩は名無しである:2005/10/03(月) 17:44:57
かつてここまで描ききった小説があったでしょうか
壮大な実験小説です!
あまりの衝撃に身体も心も変調をきたして参りました‥
日経新聞すごおい‥本当にすごおい‥

179 :吾輩は名無しである:2005/10/03(月) 22:37:24
ことここに到っても、まだ「殺した家族」のことより
自分がどう報じられてるかを気にするとは
もう人間じゃないね。
しかも、作者が意図してそんな人物設計してるなら分かるけど、
どうも作者(72歳)は、主人公を「性のエリート」として
「若く」「格好よく」「阿呆なオマワリにもゼッタイ敬語を使わない
硬骨漢」として描きたがっているフシがある。
ってことは・・・!?


180 :吾輩は名無しである:2005/10/04(火) 01:18:51
マンセーを入れとくのが一応のお約束でつよ。>179


181 :吾輩は名無しである:2005/10/04(火) 01:20:21
菊爺とは?

人殺し(冬一家)
ひとでなし(高士)
ストーカー(中瀬)
キチガイ(脇田)
招かれざる客(ママ)
性のエリート(冬蚊)
17年前のオレ(ズンゐ痴)



182 :吾輩は名無しである:2005/10/04(火) 08:37:33
(・∀・)イイヨーイイヨー、ますます「とっとと死んだ腐喩蚊が悪い、いぢめられてる俺カワイソス」になってきたぞ〜

183 :吾輩は名無しである:2005/10/04(火) 10:44:12
オチを見なきゃ作者の意図は解らんから、ズン批判はまだしない。

菊の身勝手さにゃ、俺もウンザリしてるが、菊にとっては「俺は殺意は全く無いが彼女に殺してと言われたから、偶然の事故とは言え彼女の望みを叶えただけなのに何で俺が悪い訳?ん?」
ってな思考してんじゃないかな、今は。
或る意味純粋と言えば純粋だが、子供じゃあるまいし何だこいつ‥と菊にゃ呆れてまつ

184 :吾輩は名無しである:2005/10/04(火) 15:05:38
オチをみないとどこに転がるかわからない小説を連載する日経新聞
どこまでも太っ腹

185 :吾輩は名無しである:2005/10/04(火) 16:21:24
単行本の帯は絶対

「菊治・かって、これほどの嫌なヤツが描かれたことがあろうか」

が良いですね。「模倣犯」の帯のパクリでも作者が偉い人だからモーマ
ンタイ

186 :吾輩は名無しである:2005/10/04(火) 19:25:35
「だめだよお!ひどいよお!まま〜〜まま〜〜」
まるで5歳児のようなボケ爺ですね。こうした爺をリアルに書けるのは
同じ人格のなべせんせいだけだと思いまつ。
すばらしいよお!マンセーでつ。

187 :吾輩は名無しである:2005/10/05(水) 03:05:55
本当に本人が書いてるのかなあ?
ゴーストライターとかいないの?


188 :吾輩は名無しである:2005/10/05(水) 08:15:27
ゴーストライターだとしても、こんなすごおい文章を書ける人はそうは
いないと思う。「エロ傾向認知症入りの70過ぎのジーさん・・もと
い、性のエリートの70世以上の人生の先達者限定」って限定で募集でもかけたんだろうか?


189 :吾輩は名無しである:2005/10/05(水) 17:36:55
>>188
そのような素晴らしい男性は,
先生以外にはいないでしょうw

190 :吾輩は名無しである:2005/10/05(水) 19:54:45
寿命尽きかけてるのにいまだ「射精」とオマンコで
頭が一杯。若貴嫁の喪服や、ユカリタン (プッ
の不倫記事に妄想を膨らませるズンってやっぱ「常人」では
ありませぬぞ!

191 :吾輩は名無しである:2005/10/05(水) 20:41:38
いやあこれは不愉蚊を頃したことによって素晴らしい作文になったよ。
若い愛人を囲っておきながら、平凡な生活をしてた人妻に手を出し、変態プレイをしかけた上、〆頃して、
屍体の処理に困って警察に自首したものの、頃したことの反省は皆無で、「愛」の究極に行き着いたこの
エリートの俺を、警察や世間はいぢめまくるなんてひどいじゃないか、俺、キングカワイソス・・・

常識人には唯の一つも共感できない、徹底的に嫌な男を描く、こんな奴と一緒の空気を吸いたくないと
思わしめる男を描く・・・こんな男を描けるのはづんだけだ。
あっちこっちの女を喰い散らかしてダッチワイフ未満の扱いをする男はかくも嫌な男なのだ、ということを
世間に知らしむることができた、づんはノーベル蚊学賞者だな。

192 :吾輩は名無しである:2005/10/05(水) 20:48:48
一人の人を殺したというのに、太陽がぎらついていたから、
銃の引き金を引いた、なんていうのは通らない。しかし、人間の中には、
そういう非論理性の部分がたしかに潜んでいるのです。
 例えば、駅のホームに立っている時、ふっと電車に飛び込むかもしれない。
それは、生活が苦しかったからとか、失恋したからと、
後で理屈はつけられるけれど、全然理由もなく飛び込むことだって、あるかもしれません。
 このように、理屈では言いにくいが、実感があるものをすくい取って、
さらに良い作品を書いてほしいと思います。



193 :吾輩は名無しである:2005/10/05(水) 20:50:14
 「文学のカラオケ化」といわれる今、小説を書く人はそれこそごまんといるわけですが、
その多くはただ書くだけで、作品を発表する機会もないまま
終わってしまうのが現実ではないでしょうか。
渡辺先生という当代随一の小説の大家に作品を読んでいただき、
賞に選んでいただき、そのうえ一流ホテルでのフルコースランチに同席させていただく。
そんな、ごく普通の主婦でアマチュア投稿家である私にはあり得ない幸運に、
再び恵まれたのです

194 :吾輩は名無しである:2005/10/05(水) 20:51:13
ソース

ttp://www.urayasu-news.jp/bungaku/bungaku.htm

195 :吾輩は名無しである:2005/10/06(木) 08:55:12
>>192-193
ごわっ


196 :吾輩は名無しである:2005/10/06(木) 12:57:20
今までどの小説を読んでも感じたことのない感覚‥
例えるならば、身体中をウジ虫が這い回るかのような‥
連載を読むものだけに許された、この焦燥感は‥

いくわよう〜

197 :吾輩は名無しである:2005/10/06(木) 21:54:52
数秒で読める新聞連載は忙しい朝にイイ

198 :吾輩は名無しである:2005/10/06(木) 22:31:17
子宮で考え、モノを書く女性というのも少なくなった昨今、ましてやち
んちんで考え、モノを書く渡辺先生のような男性というのは絶滅危惧種
である。
みんなで保護しよう。

199 :吾輩は名無しである:2005/10/07(金) 02:39:29
チンポコで書く作家、ってことか?
でも大先生のは、全部「思い出話」だからなあ。

200 :吾輩は名無しである:2005/10/07(金) 09:59:04
素晴らしいよ、
「圧倒的な愛」というのは「変態プレイ」のことだ、なんて今まで、描き得た作家がいただろうか?
世間にわずかに存在するであろう、大久保清的な変態さんに勇気を与えた愛の流刑地に乾杯。

201 :吾輩は名無しである:2005/10/07(金) 23:15:02
渡辺クズ一は、中島らもの直木賞受賞を強硬に反対して潰した。
男のねたみっておっそろしいね。
最低男が審査委員だと、賞っていうものも、なんだかなあ。

202 :吾輩は名無しである:2005/10/08(土) 12:55:13
*村尾菊治(55)

作家・大学教員
ダンディー・巨根・絶倫

*入江冬香(37)

しとやか・おっとり
従順・細身・愛する男にのみ淫乱

*渡辺淳一(72)

ベストセラー作家
ダンディー・1000人斬り・巨根
川島なお美&濱田のり子と言う日本を代表する
女優を喰う


203 :吾輩は名無しである:2005/10/08(土) 13:03:12
なお美を食っても自慢にならんだろ。
京香を食ったら尊敬する。

204 :吾輩は名無しである:2005/10/08(土) 19:29:57
>>202
ノン、ノン、ノン。フユカの「夫は痛い、菊は快い」と言う表現から推察するに、

フユカ=穴小さい
夫=巨根
キクジ=短小

と言うのが大多数の女性の意見です。

男を巨根コンプレックスから解放する小説、それがアイルケ!


205 :吾輩は名無しである:2005/10/08(土) 22:11:46
素朴な疑問
渡辺先生と性交する銀座の超一流ホステスや
川島なお美さん、濱田のり子さんらトップ女優の皆さんは
「腹上死」は恐くないのだろうか?

206 :吾輩は名無しである:2005/10/08(土) 22:45:57
別に平気なんじゃないの?
そんなの怖がってるようじゃ
ずんヰ痴のチンコはしゃぶれないでしょ

207 :吾輩は名無しである:2005/10/09(日) 01:58:13
性のエリート

石田純一・加藤鷹・村尾菊治・チョコボール向井・松方弘樹
岡田真澄・押尾学・番長清原・長渕剛・力也・火野正平
布施明・田代まさし・大久保清・渡辺淳一






208 :吾輩は名無しである:2005/10/09(日) 11:17:41
恋愛の毛沢東 改め
性愛の金正日

209 :吾輩は名無しである:2005/10/09(日) 14:08:26
>>208
悪党度がキム>マオみたいな書き方だが、

実際の悪党度は
マオ>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>・・・∞・・・>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>キム
なんだけどな。

210 :吾輩は名無しである:2005/10/09(日) 14:17:05
悪党度じゃなく、小物度で菊はキムなんじゃない?

211 :吾輩は名無しである:2005/10/09(日) 16:27:32
>>210
なるほど

212 :吾輩は名無しである:2005/10/09(日) 21:49:33
1000人斬りの性豪・ナベ先生の
チンポコってやっぱ超性能なんだろうか?
普通72歳だと、バイアグラでも飲まない限りそう簡単には
出来ないと思うが(・・・72歳じゃないからわかりましぇん)。

213 :吾輩は名無しである:2005/10/09(日) 22:51:22
「殺してえ」や「死ね」は、単に「めちゃめちゃカイくして」、「めちゃめちゃカイくしてやる」の意なのか
試験に出るズン単なのか

214 :吾輩は名無しである:2005/10/09(日) 23:05:31
弁護士は菊痔が性のエリートだと理解したようなので
いつ刑事や裁判官などがそれを理解するかが
今後の読みどころですねw

215 :吾輩は名無しである:2005/10/10(月) 15:43:07
菊治:市村正親
冬香:石田ゆり子
高士:妻夫木聡
中瀬:柴田恭兵
冬夫:佐野史郎
冬義父:小松政夫
脇田刑事:少年隊・植草
国選弁護士:橋爪功
ママ:樋口可南子


菊痔:神田正輝
冬蚊:貴乃花夫人恵子
高士:えなりかずき
中瀬:にしきのあきら
冬夫:宅麻伸
冬義父:ズン
脇田:ホリエモン
弁護士:孫正義
ママ:細木数子
老管理人:ズン(二役)

216 :吾輩は名無しである:2005/10/10(月) 19:02:10
いやあ、今日も素晴らしいよ。
反省するでもなく、遺族のことを心配するでもなく、心配するのは自分が書き散らかした「小説」なるものだけ。
極悪人はかくあらねばならぬ、という姿を力いっぱい見せ付けてるね。
ここはヴォイレコ出してくるしかないだろ。
ヴォイレコは、現実的に考えれば減刑の材料にならない。むしろ、人妻を単にオナヌーの対象にしか見ていなかった
という、むしろ悪印象の証拠にしかならないし。
そしてそれを出して、刑が重くなって、なんでだよー!って自分勝手にも騒ぎ出せばなお良し。

とにかく、犯罪者とはかくのごとく自分勝手で腐れた存在である、ということを、無意識に自分の感情のままに
描ききるづんゐ痴はえらーーーーい!

217 :吾輩は名無しである:2005/10/10(月) 21:36:04
なんて緻密に計算されつくした小説なんでしょう!!

218 :吾輩は名無しである:2005/10/10(月) 21:41:09
>>216
> とにかく、犯罪者とはかくのごとく自分勝手で腐れた存在である、ということを、無意識に自分の感情のままに
> 描ききるづんゐ痴はえらーーーーい!

作家とは我々一般人とは違う自分勝手で腐れた存在だからこそ
このような登場人物を描けるんですよね。
昨今の文化人だと勘違いして、講演会などで稼ぐ作家とは
呼べないような輩が多いのをさぞや嘆いておられることでしょうw

219 :吾輩は名無しである:2005/10/10(月) 22:31:20
何か不自由はないか? と訊かれ、
自分がブッ殺した女の3人のおさな児に思いを馳せることも
なく、「メシはマズいが出前はとれる。それよりキョムネツを
・・・」。
凄い、凄過ぎる!!! 人非人の極みですね。
こんなキャラを「無意識に」描けるのは文壇広しと
言えど、我らが72歳翁しかおらんぜよ〜。

220 :吾輩は名無しである:2005/10/10(月) 22:58:50
>>201
自分よりできる人間を徹底的に潰しておくのは男として当然の戦術ですわ。
人間としてはゴミの掃き溜めでも、男のセクシーさを感じますわね。
でもアルデンテはいけませんわね、どう考えてもセクシーじゃないもの。

221 :吾輩は名無しである:2005/10/10(月) 23:33:02
>>219
マンセーしてないじゃんw

222 :吾輩は名無しである:2005/10/11(火) 00:05:41
貯金切り崩して、栄養偏った出前取り放題。
菊爺さんが痛風や糖尿にならないか心配です。

223 :吾輩は名無しである:2005/10/11(火) 00:38:00
禁欲生活になったら食欲が出たのかw
京都のホテルでも千駄ヶ谷の菊ルームでも食事せずに
ハメてたのにね。

224 :吾輩は名無しである:2005/10/11(火) 10:02:20
グチャグチャ脳内演説するくせに、
メシはペロリと平らげる。
そろそろ我慢できなくなっ「ふゆか・・・」とか
言いながら菊自慰が始まるぞ。
常に己の欲望に忠実な菊児くんです。

225 :吾輩は名無しである:2005/10/12(水) 01:38:14
預金通帳>>>キョムネツ>出前のメシ>>>>>>冬蚊
性のエリート>>>>>>>>>>>>>>脇田の小僧
ズンゐ痴>>>>>>>>>>>>>>>>五木

226 :吾輩は名無しである:2005/10/12(水) 16:58:38
>>201
らもさんがこいつのせいで死んだとは。カワイソウス

227 :吾輩は名無しである:2005/10/12(水) 17:00:36
>>224
> グチャグチャ脳内演説するくせに、
> メシはペロリと平らげる。
> そろそろ我慢できなくなっ「ふゆか・・・」とか
> 言いながら菊自慰が始まるぞ。
> 常に己の欲望に忠実な菊児くんです。

菊自慰は壊れた玩具にはもう興味は無いのです。
自慰には別のおかずを用いるでしょう。

228 :吾輩は名無しである:2005/10/13(木) 21:59:15
マンセーで言えば、55歳とは思えないこの性欲ですよ。
常にエロのことを考える17,8の小僧も真っ青だ。
朝起きて、無料デリバリーの冬馬鹿と二回ハメて
メシ&御昼寝の後は例のバーのママとエロ話。
帰宅したらボイレコでいつものエロテープで
オナニー。
頭かち割ったら精液が飛び出てきそうな男。

229 :吾輩は名無しである:2005/10/14(金) 00:38:58
高士役はえなりかずき
しかいねーな!!

230 :吾輩は名無しである:2005/10/14(金) 08:20:11
>>229
いや、石田づんゐ痴の息子とか・・・

231 :吾輩は名無しである:2005/10/14(金) 09:06:02
これから、裁判=無罪編や風盆=冬子遭遇編など
いろいろ期待できるので、肉桂新聞に掲載継続のお願いをしますた。

232 :吾輩は名無しである:2005/10/14(金) 09:26:12
>>231
あなたのような読者がいるから
「続・愛の‥」連載決定ですわ

233 :吾輩は名無しである:2005/10/14(金) 10:39:39
高士の言う事も弁護士の事も前妻に対する気持ち
(立ち直りが早いと勝手に断定)も同様に
「恨んでないようだ」的な「空耳」もしくは「思い込み」
または「妄想」だと思うと結構納得ですよ。
全部妄想チックなので、夢オチ(目が覚めるとふたりで風の盆)
もあるのかも‥‥とハラハラドキドキどんな結末が待っているのか
まったく予想できないすごおい小説だわ!

234 :吾輩は名無しである:2005/10/21(金) 08:51:59
だれか…マンセーしてあげてほしいのです……

235 :吾輩は名無しである:2005/10/21(金) 09:34:34
もう、ネタがないのです……

236 :吾輩は名無しである:2005/10/21(金) 10:24:12
マス板のスレにマンセーがあったのでコピペ。

135 名前:文責・名無しさん[sage] 投稿日:2005/10/21(金) 09:16:46 ID:z1bcMEQw
やっぱり渡辺淳一先生は文才あると思います。
今日なんか「担当検事が女性になった」ってことだけでまるまる1回、全部菊治の妄想で
埋めていらっしゃいます。普通の人間にできることではありません。
これが後への伏線だとすると期待感高まりますし、伏線でなかったとすると掟破りパターン
破りのアバンギャルドです。不条理文学に進化しつつある渡辺文学に乾杯。


237 :吾輩は名無しである:2005/10/25(火) 01:43:05
これだけの腐れ外道を、我が分身としてうっとりしながら
描ける72歳にマンセー!

238 :吾輩は名無しである:2005/10/28(金) 11:44:36
冬香を快死させてからの、菊治の行動や想いを丁寧に書き込んでいますね。
作者の意図を超えて、後世、21世紀初頭の人間研究に役立つでしょう。

239 :吾輩は名無しである:2005/10/30(日) 11:01:10
性犯罪者に甘い日本を代表する傑作として是非英訳されて海外出版へ!

240 :吾輩は名無しである:2005/11/01(火) 08:18:38
鍋文豪は、銀座でお誕生会を祝いつつ、本作品に打ち込んでいらっしゃる。
一見、展開が遅い、ループが過ぎる と見えるでしょうが、
それが、薫り高い文学というものです。
新たな「獄中文学」の誕生です。

241 :吾輩は名無しである:2005/11/01(火) 10:53:08
今日から上の方で、私の履歴書は仲代達矢。9年前に亡くした妻のことからとつとつと。そしてこれは亡き妻への恋文になる、などと偽善的なことを・・・3月の石坂公成氏も妻に捧ぐ、みたいな偽善的な書き出しであったのを思い出す。

オスの本能はいかに多くのメスと(ノ゚∀゚)ノはめはめ。することか、だ。死んだ妻をいつまでも想っているなんて本能に反する偽善だ。
それに比べて菊自慰=づんゐ痴の、なんと本能に正直なことか。「究極の愛」によってくびり殺した圧倒的に愛した女のことなど、
(ノ゚∀゚)ノはめはめ。できなくなれば、拘禁されても殺したことを反省するわけでも無い。遺族を思いやることも無い。
そしてちらとかいま見た露出度の高い服を着た若い女性に( ;´Д`)ハァハァする。
これですよ、世間体を気にして偽善に走ることなく、これこそ動物として人間のの正しいあり方を絶大なる筆力で書き上げるづんゐ痴は偉大だ!!!

242 :吾輩は名無しである:2005/11/01(火) 11:53:36
>>241
腐れ外道文学とその作者にマンセー


243 :吾輩は名無しである:2005/11/03(木) 08:54:01
二日にわたって爺の自慰の描写を掲載した経済紙なぞ空前絶後であろう!
斬新なアイディアを提供したづんゐ痴マンセー!!

244 :吾輩は名無しである:2005/11/03(木) 09:58:37
爺の自慰が国家権力への抵抗にもなることも教えてくれました。
性の新しい地平を切り開いたズン爺はすばらしい。
来年の文化勲章はズンで決まりですね。

245 :吾輩は名無しである:2005/11/03(木) 11:46:21
【文化の日 特別企画】


異色対談

渡辺淳一 × 石田純一


「不倫は文化」

246 :吾輩は名無しである:2005/11/03(木) 14:41:53
皆、何を勘違いをしているのか。「愛の流刑地」は小説などではない。
増して文学などと不敬も甚だしい。
「愛の流刑地」は日本経済復活を祈願する神話なのだ。
渡辺純一が日経新聞に文章を連載すると株価が上がるというジンクス
は、皆もご存じだろう。そして今回もそれは現実のモノとなった。
当然だ。セックスとはそもそも豊穣への祈りなのだ。
神話の主人公キクジが豊穣の女神フユカと、とことんセックスをしまく
るのも、これをぬっ殺したのも、全て豊穣を祈っているからだ。
日本神話でも豊穣の女神は殺され、そこから五穀が生え、人々は食物を授かり、栄えたとされる。
この小説、もといこの神話はそれをなぞっているのだ。神職でもない一
般人が、神話を小説として楽しもうなどと言うのがそもそもの間違いな
のだ。
日経新聞を買ったら、黙って最終面の一番下を切り取り、神棚に供えて
ひたすら今日の株価上昇を祈る。
それが「愛の流刑地」との正しいつき合い方なのだ。

247 :吾輩は名無しである:2005/11/03(木) 14:56:01
>>246
そうか、神であらせられたのか。
ならば、一日も早くヴァルハラへ旅立たれることを望むぞ。

248 :吾輩は名無しである:2005/11/03(木) 14:57:45
>>246
神がときどきお怒りになると、システム障害が発生するのですね。

249 :吾輩は名無しである:2005/11/03(木) 20:30:47
246はネ申認定

250 :吾輩は名無しである:2005/11/03(木) 22:15:01
>着物の会
>昨日、編集者の有志の人と、着物を着る会を、
>向島の「大漁」という、ふぐ店でする。
>そのあと、向島の料亭で芸者さんを呼んで楽しむ。
>じつは、「銀座に行こう」という声もあったのだが、
>これでは目立ちすぎるので、ほどほどのところでお開きとする。

 さすが「文豪」。素晴らしい文章ですね。



251 :吾輩は名無しである:2005/11/04(金) 02:12:20
この人があの時代作家になれたのは、医者からの転身という
売りがあったから。それだけだよね。
その医者としても平均いってなさそうなのは作品に散りばめた
チラ出しの医学知識からも推して知られる。
まあ、こういう運だけいい人って確かにいるけど釈然としないな。
あ、嫉妬はしてません。

252 :吾輩は名無しである:2005/11/04(金) 02:49:31
ど素人のおまいらが、あーだこーだと
くちを差しはさんだところで、これほ
ど素晴らしい渡辺先生の文章には、い
く同音で「マンセー」と叫ぶしかない。

253 :吾輩は名無しである:2005/11/04(金) 03:10:19
>252
訂正 「マンコセー」

254 :吾輩は名無しである:2005/11/04(金) 08:29:32
オリベッティは何の神様なんでしょうか?

255 :吾輩は名無しである:2005/11/05(土) 00:27:12
戦争と知識の神様ですね、多分。アルテミスとかマーズとかのお堅い処
女神系の神様でしょう。
豊穣の女神をくびり殺して株価のバブル以来最高値も更新したし、次は
神話の英雄キクジはビジネス(と言う戦争)と知識の女神をいてこまし
て日本の経済復活を祈りますよ!

256 :吾輩は名無しである:2005/11/05(土) 00:43:33
菊痔:神田正輝
冬蚊:濱田のり子
中瀬:立川志の輔
脇田刑事:少年隊ニッキ
高士:えなりかずき
織部:河野恵子
ママ:野村沙知代
看守:大地康雄

257 :吾輩は名無しである:2005/11/05(土) 13:16:50
菊治  渡辺淳一
冬香  柳美里
中瀬  宮本輝
脇田刑事 横山秀夫
織部 高村薫
ママ 内田春菊
看守 椎名誠 

258 :吾輩は名無しである:2005/11/05(土) 14:13:07
ttp://watanabe-junichi.net/


259 :吾輩は名無しである:2005/11/05(土) 18:11:35
>>257
ワッキーを東野圭吾に
看守を横山秀夫にしてもいいかも

260 :吾輩は名無しである:2005/11/05(土) 18:15:53
ズン先生は素晴らしいのです。
生理中セックスしても妊娠しないとわざわざ菊次に発言させたのは、
世の男性の避妊認識が薄いということを揶揄しているのです。
ズン先生は医者として、避妊認識の薄さを嘆いておられるのです。

261 :吾輩は名無しである:2005/11/05(土) 18:35:44
>>255
菊治はぬらりひょん

262 :吾輩は名無しである:2005/11/05(土) 23:07:42
ボイレコ、マンセー! マンセー!

263 :吾輩は名無しである:2005/11/05(土) 23:27:37
母親に毒を盛ってその様子をブログにつけてた□□舞が話題になってるけど、
菊自慰に通じるものがあるのではないか

舞「毒を盛ってみたらどうなるかに興味があった」
自慰「セクースで首絞めてみたらどうなるか興味があった」

ちなみに二人とも全く無反省。

実際に起こった事件を先取りして変態小説に昇華させたづんゐ痴はすんばらすい!!

264 :吾輩は名無しである:2005/11/06(日) 10:59:20
>着物の会
>昨日、編集者の有志の人と、着物を着る会を、
>向島の「大漁」という、ふぐ店でする。
>そのあと、向島の料亭で芸者さんを呼んで楽しむ。

素晴らしい文章ですね。

 

265 :吾輩は名無しである:2005/11/06(日) 23:22:02
ズンゐ痴先生は、舌技と指技が相当なもんだという話を聞いたことがあるずら

266 :吾輩は名無しである:2005/11/07(月) 01:06:30
謝礼目当ての 川島なお美か濱田のり子のコメントだろう。
渡辺にとっても「名誉」になるしな。

267 :吾輩は名無しである:2005/11/07(月) 14:38:05
>265
(死亡を疑って)ふゆか の 割れ目に、
舌を入れるところに描写は、
常人の能力を超越していました。

268 :吾輩は名無しである:2005/11/07(月) 20:19:58
マウスtoマンコ

下のお口に人工呼吸

269 :吾輩は名無しである:2005/11/07(月) 21:18:24
「昨日、編集者の有志の人と、着物を着る会を、
 向島の「大漁」という、ふぐ店でする。
 そのあと、向島の料亭で芸者さんを呼んで楽しむ。」

 何度読んでも素晴らしい、さすがは流行作家。
 緊張に溢れ、それでいてさりげない優しさを備え・・・
 

270 :吾輩は名無しである:2005/11/07(月) 22:07:48
愛する人を殺してしまうという陰惨なはずの話を、何の暗さも悩みもなくあくまでも自分の欲求に忠実にある意味前向きに生きようとする主人公を据えて、お涙頂戴にもすることなく描いているその筆力に脱帽

271 :吾輩は名無しである:2005/11/08(火) 09:29:18
「他人のものを掠め取るのが一番おいすい」の「信念」(プッ)の下、人妻とわかっていて籠絡し、ワカメ酒だの頸絞めだの
好き放題やって頃しておいて、「弄んだ挙句、殺した」と報道されたと知るや、遺族への謝罪も反省も全く無く、ふざけるな、
と怒り出すこの腐れ外道ぶり、普通の感覚の持ち主ではこんなリアル悪党を描写できません。
腐れ悪党というのはこうあるべき、という実にリアリティーに満ちた描写を苦も無くできるづんゐ痴は凄い、凄すぎる!!

272 :吾輩は名無しである:2005/11/08(火) 19:24:57
だから、映画化の際はマジでキクジは北野武に演じて貰いたい。めいっ
ぱいいやらしいど外道を。
それはもう、それで一つの芸術的な何かかも知れない。

273 :吾輩は名無しである:2005/11/08(火) 22:30:03
大人界を代表するようなマスコミ自らがこんなエロ駄文を載せておいて、
エロゲやエロ本を規制しろとは口が裂けても言えないと思う。
世間の常識などをまったく無視し、独自路線を行く日本経済新聞社様はさすがである。

274 :吾輩は名無しである:2005/11/09(水) 21:27:17
愛だよ愛!今、読者の日経への愛が試されているんだよ!

275 :吾輩は名無しである:2005/11/10(木) 00:25:22
しかし出てくるプレイは大して変わったことしていないね。

276 :吾輩は名無しである:2005/11/10(木) 11:02:36
今日の掲載分は、この小説のクライマックスですね。
冬香の健診、菊治の勘当、正しく圧倒的な哀情です。
現代の日本社会等が知られていない中国で翻訳されれば、
渡辺先生の、毛沢東文学賞受賞は間違いない!

277 :ルージュ:2005/11/10(木) 21:49:54
>>276
毛沢東文学賞なんてあるんですか?
それと渡辺淳一って、時代モノが書かないって言ってますが、
遠き落日とか長崎ロシア館とかは時代モノじゃないんですか?

278 :吾輩は名無しである:2005/11/18(金) 11:47:33
もうづんゐ痴、さすがとしか言い様が無いですね。
人ひとりヌッ頃しておいて、反省するでも無く、ただ「さらし者にした」と検察を恨む、
まさに刑務所につながれて「俺は悪くないのに、あいつが悪いからこうなったのに、なんで俺が
こんなところに閉じこめられなきゃならんのだ」とほざくリアル犯罪者の心理そのものに
見事に描ききっている。

279 :吾輩は名無しである:2005/11/18(金) 12:25:01
時代小説と歴史小説の差、かな? >>277

280 :吾輩は名無しである:2005/11/22(火) 18:41:09
新幹線に乗って、自由席券だけでグリーン席に座り、
それを咎めた車掌をけなすことの出来る文豪先生にマンセー!

一般人がやった日にゃ、祭りだな。

281 :吾輩は名無しである:2005/11/22(火) 18:48:10
非常識スレとかDQN老人スレに書かれるような言動だよね。
金持ちなんだからグリーンくらい乗れよ。

282 :吾輩は名無しである:2005/11/24(木) 22:23:07
 「もう直ぐ着くから、ここにいても、いいじゃないか」といっても、「駄目だ」の一点張り。
 そこで、「君きみ、これくらいは大目に見るものだよ、
本当に融通がきかないね」と説教して立上り、デッキに出たら、途端に福岡に到着。

⇒いやぁ、ここまでヤッてくれるといっそ清々しいな。
  億万長者がこれだけセコいマネして、それがまるで正当な行為で
  車掌が極悪人であるかのような決め付け方。
  しかも、アカの他人を「君きみ」呼ばわり・・・
  マトモな人間なら恥ずかしくてこんなこと
  嬉々として日記に晒せないやね。
 

283 :吾輩は名無しである:2005/11/25(金) 00:07:56
失楽園はどのくらい連載していたっけ?

284 :吾輩は名無しである:2005/11/25(金) 03:33:03
918 名前: 吾輩は名無しである [sage] 投稿日: 2005/10/29(土) 13:07:00
>>914

キャッシュしか残ってなかったけどこんなページ発見
ttp://66.102.7.104/search?q=cache:CXPXUZI4NPoJ:www6.ctktv.ne.jp/~a0009545/page008.html+%E6%B8%A1%E8%BE%BA%E6%B7%B3%E4%B8%80+%E5%A4%B1%E6%A5%BD%E5%9C%92+%E9%80%A3%E8%BC%89+1996%E5%B9%B4&hl=ja


1995年9月1日〜1996年10月9日だそうです。



285 :吾輩は名無しである:2005/11/25(金) 11:09:50
トラックバック:http://watanabe-junichi.net/mt/mt-tb.cgi/18


286 :吾輩は名無しである:2005/11/26(土) 08:30:09
今日も素晴らしすぎる!!
中瀬がそれとなく印税を遺族の賠償に、とほのめかしているにもかかわらず、自分が旨いものを食うことしか思いつかない菊自慰。
「嘱託殺人」を公判で主張している、つまりもう「殺人」であることを認めているにもかかわらず、殺人者の「汚名を着せられている」
と思っている菊自慰。
ここまで正確に性根の腐れきった犯罪者の心理を性格にリアリティをもって書ききった作家がいたであろうか!
づんゐ痴は、まさに犯罪者の腐敗した性格を世界一のリアリティを持ってして描ける作家だ!!マンセー!!!

287 :吾輩は名無しである:2005/11/26(土) 14:17:17
づんゐ痴先生は、菊痔の悪魔も顔負けの邪悪な実態を圧倒的な筆圧、
否、筆力で活写している。そのためであろうか、虚構の存在である菊痔の
邪悪さが、づんゐ痴先生に乗り移って来ている!!
素晴らしい毛沢東の文学論が実践されている世界だ!!

288 :吾輩は名無しである:2005/11/27(日) 11:49:51
セックス・射精=愛 という頑なな考えも
生殖能力を失った72歳なら 仕方ない面もあるのでは?
大先生を100%弁護する気はありませんが。

289 :吾輩は名無しである:2005/11/27(日) 16:59:12
>>288
何をおっしゃる。
渡辺先生は昔々からセックス・射精=愛でしたわよw
一貫して主張し続けるその姿勢が素晴らしいのです。

290 :吾輩は名無しである:2005/11/28(月) 10:37:18
なんてすんばらしい、斬新な発想なのだろうか!づん先生は。
女性はカイくしてもらえれば死んでもいい、
たとい三人の幼子が母無し子になっても、カイければ頃されても犯人は無罪、
こんなパラダイスはづんゐ痴センセーにしか生み出せないよ!

291 :吾輩は名無しである:2005/11/30(水) 18:48:12
これ以上の駄文はない、と何度も思ったがそれ以上の駄文が必ず出てくる。
恐るべき才能と呼ぶべきなのか。

292 :吾輩は名無しである:2005/12/03(土) 22:32:50
37歳の人妻を扼殺した。神宮の花火の日に抽送しながら首を絞めた瞬間に即死した。
ヤバイ、マジで。そして快い。秘所に触れても冷たい、マジで。
ちょっと深刻。しかも人妻なのに死んでるから操作も簡単で良い。死んだ人妻は感度
が悪いと言われてるけど個人的には快いと思う。風俗嬢と比べればそりゃちょっとは違
うかもしれないけど、そんなに大差はないって荒木町のバーのママも言ってたし、それは間
違いないと思う。ただ死斑が出てきたりするとちょっと怖いね。散歩して帰ってきても
そのまんまだし。
汚名に関しては多分殺人も過失致死も変わらないでしょ。有罪判決受けたことがないから知ら
ないけど殺意があるかないかでそんなに変わったらアホ臭くて誰も殺意なんて持た
ないでしょ。個人的には過失致死でも十分にヤバい。
嘘かと思われるかも知れないけど拘置所で午前1時40分位にマジで抜いた。つまりは人妻
ですら俺の右手には勝てないと言うわけで、それだけでも個人的には大満足です。


293 :吾輩は名無しである:2005/12/04(日) 00:33:06
ズン、なんて恐ろしい爺…(AAry

294 :吾輩は名無しである:2005/12/04(日) 16:56:08
>>292
うまいな。

295 :吾輩は名無しである:2005/12/05(月) 16:49:32
>292
ネ申のコピペ改変で久々に爆笑した

296 :吾輩は名無しである:2005/12/13(火) 15:09:51
いやあ、さすがだよ、づんセンセイは。
いまだかつて誰も考え付かなかった、というか夢想だにしなかった新たな刑事裁判、というものを作り上げた。
殺人事件被害者遺族が、公判中に証人尋問されて、検事にも弁護人にもよってたかって袋叩きにされる、
こんな刑事裁判を思いつくづん先生を天才として何といおうか!?
まさに空前絶後とはこのことですね!

297 :吾輩は名無しである:2005/12/15(木) 09:38:16

検察側と弁護側が入り乱れて立証合戦をやっている・・

文豪は、新しい刑事裁判の形を描いているのか?
参与員制度も実施間近だし。


298 :吾輩は名無しである:2005/12/20(火) 18:16:18
誠実で温厚な男:妻子ありながらあちらこちらの女をつまみ食いして別居。若い女を囲っておきながら、人妻を籠絡
控えめで躾けの良い女:夫も子供もありながら怪しげなオッサンの部屋に一人でついていって積極的に唇を奪われ、子供を
ほったらかしてセクース三昧の日々に浸ってついには縊り殺される

すごい!普通の人間の尺度では全く考えられない「誠実」とか「控えめ」の人物像を醸し出すづんはやはり天才だ!!

299 :吾輩は名無しである:2005/12/20(火) 23:19:19
そもそも「自由席」の切符しか買ってないくせに
有名人だから許されるだろう、と「グリーン車」にタダで
乗れる、と思い込んでる時点でマンセー!!!

300 :吾輩は名無しである:2005/12/20(火) 23:41:45
ポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノ
ポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノ
ポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノ
ポルノノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノ
ポルノポルノポルノポルノポルノポルノ

301 :吾輩は名無しである:2005/12/20(火) 23:43:11
ポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノ
ポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノ
ポルノノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノ


302 :吾輩は名無しである:2005/12/20(火) 23:44:19
ポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノ
ポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノ
ポルノノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノ


303 :吾輩は名無しである:2005/12/20(火) 23:45:28
ポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノ
ポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノ
ポルノノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノ

304 :吾輩は名無しである:2005/12/20(火) 23:50:45
ポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノ
ポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノ
ポルノノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノ


305 :吾輩は名無しである:2005/12/20(火) 23:53:32
ポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノ
ポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノ
ポルノノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノ


306 :吾輩は名無しである:2005/12/20(火) 23:54:49
ポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノ
ポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノ
ポルノノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノ


307 :吾輩は名無しである:2005/12/20(火) 23:56:44
ポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノ
ポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノ
ポルノノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノ


308 :吾輩は名無しである:2005/12/20(火) 23:58:08
ポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノ
ポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノ
ポルノノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノポルノ


309 :吾輩は名無しである:2005/12/21(水) 00:01:33
>>300-308
スタッフA乙

310 :吾輩は名無しである:2005/12/24(土) 08:37:37
          -=-::.
    /       \:\   ★(祝)渡辺淳一先生に新たな栄誉!!★
    .|  馬 鹿    ミ:::|
   ミ|_≡=、´ `, ≡=_、 |;     ■ バカデミ〜症受賞
  .  ||..(゚ )| ̄|. (。) |─/ヽ     日本初の新聞自慰小説の作者渡辺淳一氏
    |ヽ二/  \二/  ∂|
.   /.  ハ - −ハ   |_/
   |  ヽ/__\_ノ  /|
   \、 ヽ| .::::/.|/ヽ  /
.     \ilヽ::::ノ丿_ /
      /しw/ノ ( ,人)
      (  ∪゚  ゚|  |
      \ \__, |  ⊂llll  ちんちん シュッ!シュッ!シュッ!
        \_つ ⊂llll
        (  ノ  ノ
        | (__人_) \
        |   |   \ ヽ
        |  )    |   )
      ,−|  | ̄ ̄/ /‐、
     (  (__ヨ (_ヨ ..)
     |.`‐、______,‐"|
     | ::::::          :|
     | :::::: Bakademy   |
    (ヽ、    Award   .,‐)
     ヽ`ヽ、、____,,,‐",/
      `ヽ、、____,,,‐‘

311 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/05(木) 04:24:41
25 名前:ネ申の北岡弁護士 投稿日: 2006/01/02(月) 02:28:23 [ S2RF4BVI ]

55歳の作家の弁護やってる。先月東京地裁行って国選の案件調べたら見た瞬間に即決した。
メンドイ、マジで。そしてキモい。カマかけると喋り出す、マジで。ちょっと
苦笑。しかも殺人犯なのに犯行認めてるから弁護も簡単で良い。作家は頭が無いと言わ
れてるけど個人的には無いと思う。主婦と比べればそりゃちょっとは違うかもし
れないけど、そんなに大差はないって女検事も言ってたし、それは間違いないと思う。
ただ公判中に黙るとちょっち怖いね。被告人質問なのに何も喋らないし。
報酬に関しては多分私選も国選も変わらないでしょ。私選受けたことないから
知らないけど依頼があるかないかでそんなに変わったらアホ臭くて誰も国選な
んて受けないでしょ。個人的には国選でも十分に貰える。
嘘かと思われるかも知れないけど東京地方裁判所で14時ちょうど位でマジで閉廷
した。つまりは女検事ですら東京地裁の裁判長には勝てないと言うわけで、それだけでも個
人的には大満足です。

312 :吾輩は名無しである :2006/01/20(金) 16:35:53
今までの人生で最高の(反面教)師です。

313 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/20(金) 17:42:37
気違いポルノ男・菊治の精神と肉体の鑑定を行え。

314 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/22(日) 11:31:29
連載終了に向かって、圧倒的な性愛の世界が描かれています。
後世に残る小説です。
でも、幻冬舎版では、随分変わるのでしょうね・・

315 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/22(日) 15:25:16
づんセンセイ素晴らしい!
過去にこれだけの鬼畜野郎を主人公にした新聞小説があっただろうか!
空前絶後だ。
もうこうなったら徹底的に鬼畜に仕上げようぜ。
仮出所後菊自慰さんに、検事をレイープ殺人してもらって死刑になり、
死刑台に上がっても「不感症女にエクスタシーを教えてやったのに、それを一方的に裁く法律はおかしい!」
と叫んで欲しいね

316 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/22(日) 20:20:58
それなんてエロゲ?

317 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/22(日) 23:44:55
日経は18歳未満閲覧禁止にしてくれ、マジもうだめ
普通の日経取ってる家庭をどう思ってるんだ

318 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/23(月) 00:11:34
ズン先生、やりたい放題ですね。
こんなに書くことを憚られる事を堂々と書けるのは一つの才能です。
日経も世間や良識者に眉を顰められることを、臆せずに載せられる
度胸(というか蛮勇)溢れる新聞です。

319 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/24(火) 00:39:39
ほとんどここのみなさんの予想通りの展開ですね
さすが先生、ネットの何たるかをわかっていらっしゃる
日曜のはス晴らしすぎてめまいがしましたわ

320 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/31(火) 22:18:09
ところで

321 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/01(水) 09:16:31
最後まで自慰にこだわるこの姿勢
本当に素晴らしい
単行本化の際には、また立ち読みでもさせていただきとうございます

322 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/04(土) 01:37:16
懲役8年に控訴しなかっただけで立派じゃないか
・・・・・と言ってみる。

323 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/04(土) 10:50:23
 川川川 鍋 ┃ | 菊  (_                           _)
 川川川 先 ┃ | 痔  (_                           _) 冬   あ
 川川川 生 ┃ |  |  (_      r‐‐ 、  ハァハァ          /ヽ_) ヵ   ・
 川川川 の ┃ |  |  (_      |⊇_ノ                 /_|_) |  ・
 川川川 次 ┃ !!! .|  (_       |─|'  ̄ヽ       _, -‐'''ン_/ _) |  ・
 川川川 回 ┃      (_     / ̄ ̄  ┴=二二´ ̄__| _|_ ノ  _) |  ・
 川川川 作 ┃⌒Y⌒Y⌒____ /            ̄!ヽ:.:.:.:.:.`ヽ、   _)  !!!
 川川川 に ┃ ,.-‐‐-、/::::::::::::/              | ! |:.:.:.:.:.:.:.:.!丶、 _)
 川川川 ご ┃|    l::::::::::::::!              l | |:.:.:.:.:.:.:.:.:|   \⌒Y⌒Y⌒Y
 川川川 期 ┃ヽ `'  \:::::::.|              | | |:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト---、`- 、  __
 川川川 待 ┃ `ゝ    ,.二.|             /ノ/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|    `\ `´ \
 川川川 く ┃  /   /::::::/|              |/ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!       ̄'ー--'
 川川川 だ ┃  l  ,く`',-' !           __/l、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/       _ ,.-─、
 川川川 さ .┃ / / /´_ |          , -イ´   ̄ 丶、:.:.:.:.:.:/    __/    ノ
 川川川 い ┃ l   / ̄ | |     7┬ ´::::::::\      `丶、 ̄ ̄ _ ─  ̄ ´
 川川川 ! ! ┃  ヽ__/   ヽ     / `ヽ:::::::::::::::: ッt'"´`ー-、__ 厂 ̄ 'r‐‐-,
 川川川   .┃          \__/   `──'´  ヽ___, -'` ー--ー-‐'
 川川川.   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 川川川         愛の流刑地 外伝 - SAGA -    * お わ り *
 川川川_______________________________

324 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/06(月) 00:24:08
よし、ムショでもどんどんマスぶっこいてやろうと決意する、という完結、
いやー、今まで誰も思いもよらなかった!
クリスティーの大どんでん返し結末なんて全く足元にも及ばない読者口あんぐり、じゃなかった
読者の意表のつきかたですね!すんばらすい!!

325 :もえ:2006/02/06(月) 10:12:56
最後の最終回、見逃してしまいました。。
ぜひとも内容を教えて下さい。。。><

326 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/06(月) 15:59:11
>>325
>>324


327 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/08(水) 21:21:49
>>325
なげやりに終わらせざるを得なかったからとにかく締まりなし。
すなわち射精感のないダラダラ垂れ流し。ズンの墓穴的オワリ・・でした
ホントにこんな役、役所がやるの? 最近、音無しの構えだけど???


328 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/09(木) 21:08:04
>>327
その「音無しの構えだけど」という言葉の誤用に見えて実は筆者の倒錯した心情をリアルに表現する、
という手法は、もちろんズン先生の素晴らしい文章表現にインスパイアされてるんですよね?よね?

329 :吾輩は名無しである:2006/02/15(水) 11:18:43
最近毎朝子供の目に触れないように、とハラハラしなくても良い。
息子とダンナと一緒に読んで話題にできる。
すばらしい。この素晴らしさを際立たせる「愛の流刑地」だったのか。
なんと奥のふかあい作品だ。
先生がその身を社会的地位ごと投げ打って私達に教えて下さったのです‥

330 :吾輩は名無しである:2006/04/16(日) 16:57:38
せっかくだから使い切ろう。
池沼の立てた糞スレはスルーで。

331 :吾輩は名無しである:2006/04/16(日) 21:09:17
堅すぎる車掌さん  文:渡辺淳一

 先日、北九州市に講演に行った帰り。一旦、小倉から福岡に戻り、そこから飛行機で東京に帰るつもりで新幹線に乗ったのだけど。
 自由席の切符で乗っていたら、たまたま車掌さんが来て、「ここは指定席だから、自由席に移ってください」とのこと。
 「でも、わずか十数分のあいだだから、 それくらい見逃してくれてもいいじゃないか」といったけど、「駄目だ」とのこと。
 「それじゃあ」と立上ったら、隣りはグリーン席。
そちらのほうがはるかに楽、と思って乗っていたら、先程の車掌がまた来て、「ここはグリーン車」ですと。
 そんなことはわかっているけど、 いまさら自由席に行くのは面倒くさい。
それに広い車輌に乗っているのは二人だけで、あとはガラ空き。
 「もう直ぐ着くから、ここにいても、いいじゃないか」といっても、 「駄目だ」の一点張り。
 そこで、「君きみ、これくらいは大目に見るものだよ、本当に融通がきかないね」と説教して立上り、 デッキに出たら、途端に福岡に到着。
 この車掌さん、職務に忠実といったらそのとおりだが、 過ぎたるはおよばざるがごとし。
もう少し時と場所を考えて、自在にやって欲しいものですね。 JR西日本さん。

http://watanabe-junichi.net/archives/2005/11/post_8.html


332 :吾輩は名無しである:2006/04/16(日) 21:18:37
>>331
つまり、先生にとっては車掌に逆らうのもグリーン料金を払わないのも
「国家権力への反抗」なんですよ。
なんて素晴らしい。拘置所で自慰をぶっこく主人公と同じことを身をもって
示してくださる、まさに作家の鑑と呼ぶべき人物ですね。

333 :吾輩は名無しである:2006/04/16(日) 22:08:01
 

334 :吾輩は名無しである:2006/04/18(火) 00:20:13
>つまり、先生にとっては車掌に逆らうのもグリーン料金を払わないのも
>「国家権力への反抗」なんですよ。

 そんなに緊張感を持っての行動ではないよ。
 「オレ様を知らんのか、貴様は!」ってな単なる勘違いジーサンだ。


335 :吾輩は名無しである:2006/04/18(火) 20:00:27
>ライオンも、チーターもヒョウもハイエナも、ヌーも、ゾウも、キリンも、トムソンガゼルも……
>みんなみんな、生きていくのは大変なんだ。
>動物たちの本音を綴り、なぜか読了後にはグッと元気が湧いてくる。
>そう、いま人 間として「生きている」のって、素晴らしい。

たしかにこんなどうしようもない爺が脳天気に生きているのに
小さなことで悩んでいるのが馬鹿らしくはなってくるかもしれないな。

336 :吾輩は名無しである:2006/04/19(水) 00:07:58
ワタシみたいな どーぶつ だって、それなりに大変なんだよー
という主張ですねきっと。
まぁそうなのかもしれん。同じ大変なら今の方がいいや。


337 :吾輩は名無しである:2006/04/19(水) 00:10:59
>>335
何も書くことがない小学生が無理矢理書いた作文の宿題みたいです。

338 :吾輩は名無しである:2006/04/19(水) 01:34:21
さすが文学板、2ヶ月カキコ無しでも落ちないんだw
愛ルケ前スレ落ちたの?確認できない・・・


339 :吾輩は名無しである:2006/04/19(水) 01:41:00
>みんなみんな、生きていくのは大変なんだ。
>そう、いま人 間として「生きている」のって、素晴らしい。

 …オマエが言うな。
 ホントに大変なのは、JRの車掌の方だ。



340 :吾輩は名無しである:2006/04/19(水) 08:57:14
         ハ,,ハ  
        ('(゚∀゚∩_ おいらをどこかのスレに送って!
      /ヽ   〈/\ お別れの時にはお土産を持たせてね!
     /| ̄ ̄ ̄|.\/
       | .モツ煮..|/
        ̄ ̄ ̄
現在の所持品:たばこ・ライター・コーヒー・ブラックブラック・枕・ケータイ電話
睡眠薬・聖教新聞 ・ダッチワイフ・外付けSCSI340MHDD・ネットランナー4月号
TYG02・小嶋進社長・ゲルトモ・ディプスファンタジア・抵抗1kΩ(黄紫橙金)・媚薬
バーボン・メシマズ嫁のお手製弁当 ・使用済みオムツ・ケロロ軍曹のぬいぐるみ
読売大手小町

341 :吾輩は名無しである:2006/04/19(水) 19:32:56
>>338
落ちたというか1000いったよ。
ここが埋まったら、誰かリニューアルしてズンスレ立ててくれないかな。
漏れ規制でだめなのよ。
一応は文豪pgrなんだから板違いでもないだろうしw

342 :吾輩は名無しである:2006/04/19(水) 19:46:39
春出版予定じゃなかったのか?頓挫した?
映画化はどうなってんだ?

343 :吾輩は名無しである:2006/04/19(水) 20:39:33
>>342
一時3月説が有力だったけど、ズン本人が2月にブログで
5月発売予定と言っていた。映画化は新ネタないなあ・・・
本当に何かが起こっているのではとwktk

344 :吾輩は名無しである:2006/04/19(水) 23:07:04
>>343
ありがと。このまま予定だけで終わったらいいのに。

345 :渡辺淳一:2006/04/19(水) 23:46:40
グレートマザー物語

テレビ朝日で放映中の「グレートマザー物語」に渡辺淳一が登場いたします。
「グレートマザー物語」は、国内、国外の著名人の母に焦点をあてた人間ドキュメンタリーです。
(テレビ朝日番組説明より抜粋)


テレビ朝日系列全国ネット
4月23日 日曜日18:30〜放映予定

詳しくは、テレビ朝日グレートマザー物語へ


346 :吾輩は名無しである:2006/04/20(木) 02:14:37
何だネタか…と思ったらマジですか。
冬香の描写でどれだけ読者に母性を感じさせることが出来たか、テロ朝ももう少し考えれば…

347 :吾輩は名無しである:2006/04/20(木) 09:44:15
ズンは母親の元に妻子をおいて
愛人ホステスと上京したんだよね。


348 :吾輩は名無しである:2006/04/20(木) 23:03:48
またいつもの「母はプレイガールでした」話で自分を正当化して終わりだろうな・・・
ああ馬鹿馬鹿しい。

349 :吾輩は名無しである:2006/04/23(日) 18:06:08
で、あえてageてみる。
渡辺純一の話題はここで消費しませんか?

350 :吾輩は名無しである:2006/04/24(月) 09:49:04
燃料にならなかったね、グレートマザー物語。

351 :吾輩は名無しである:2006/04/24(月) 19:53:56
関連スレ
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1145439801/l50
「みんな大好き」法隆寺の東大門に落書き、文化財保護法違反容疑で捜査
1 :京屋φ ★ :2006/04/19(水) 18:43:21 0
 19日午前11時45分ごろ、奈良県斑鳩町の法隆寺で、東大門(国宝)のヒノキ製の柱に
「みんな大スき」と彫られた落書きがあるのを土塀を測量していた県教委文化財保存事務
所職員が見つけた。

 県警西和署は、悪質ないたずらとみて文化財保護法違反などの疑いで調べている。

 調べでは、落書きは縦約50センチ、幅約8センチ。高さ約1メートルの位置で、石のような
硬いもので刻まれたらしい。寺によると、午前7時の開門時には異常はなかったという。

 法隆寺では今年2月、西室(同)の木製格子が切り取られ、室内にあった文殊菩薩(ぼさつ)
像(同)の模像が盗まれる事件が起きている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060419-00000411-yom-soci

352 :吾輩は名無しである :2006/04/25(火) 08:41:17
週刊ダサヒの見出に「愛の流刑地TV版主役に松田聖子?」と出ていたが
子供をおいてセックルに走るDQNぶりは冬香にあっているかも…
ズン爺は嫌がるだろうけれどw

353 :吾輩は名無しである:2006/04/25(火) 11:51:52
グレートマザー

両親はまともそうだったのにどうしてあんな息子が
クラブのお姉さん?の胸にタッチしてた
ヅラが頭にへばりつき過ぎ
まだ講演会に呼んでる人がいるんだな
「しょうあくま」と言っていたのは小悪魔の事か

354 :吾輩は名無しである:2006/04/25(火) 20:00:14
>352
決して聖子を誉めているわけではないが、色々な意味でズンの小説じゃ聖子に
勝てないだろう。聖子が出ることになったら、それはズン小説原作ドラマではなく
松田聖子主演ドラマとなり、主語が逆転する。

355 :吾輩は名無しである:2006/04/27(木) 23:35:21
ホリエモンはかっこよく(前よりは)なったな。
これで小菅拘置所が一躍ブームになる?

わけねーかwww

356 :吾輩は名無しである:2006/04/27(木) 23:46:43
>グレートマザー

 正直、作品から想像するよりはズンって意外にイイヤツなのかも、とは思った。
 世田谷の書斎での執筆風景なんか、普通「大家」は絶対撮らせない(テレビ屋風情
 を小馬鹿にするだろう)だろうし。
 ただ、いつもの「女好き自慢」は食傷。
 もう死ぬんだから、そろそろもうちょっと深い「洞察」が欲しいのに
 この爺さんの場合、女は結局「穴」でしかないんだよなあ。



357 :吾輩は名無しである:2006/04/28(金) 00:25:18
普通「大家」は撮らせないが、ズンが普通じゃない「大家」だったら普通のことだし、「大家」じゃなかったら普通のことだということか

358 :吾輩は名無しである:2006/04/28(金) 09:49:12
ズンの姉、結構いい感じの人だったね。
ズンの女房が見たかった…。ズンって、絶対に女房と娘(といっても
中年ババァだが)は「外」に出さないからな。

359 :吾輩は名無しである:2006/04/29(土) 20:18:19
岐阜の中2の女の子が高1の男子に殺害された事件で
女子が「死にたい」と漏らしたから殺したと
男子が証言しているらしいが、愛ルケ状態で事が上手く運ぶか?
下流社会を体現する様なドロドロ模様をマスゴミもとても報道不可なのにw

360 :吾輩は名無しである:2006/04/29(土) 21:42:53
>>359
いや、あの犯人は「25秒で女をイカせられるw」早撃ち野郎よww。
キクジ様の様な神性技は持ち合わせていなかったと思われ。

361 :吾輩は名無しである:2006/04/30(日) 14:31:10
明日から5月なんだけど、愛ルケって発売されるの?

362 :吾輩は名無しである:2006/04/30(日) 20:03:58
>>360
あの犯人、15歳にして菊爺みたいなヤツだよな。
ズンもああいう子供だったのかも。

363 :吾輩は名無しである:2006/05/10(水) 16:08:39
テムジンスレってある?

364 :吾輩は名無しである:2006/05/10(水) 16:27:33
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/famicom/1139974895/l50

365 :吾輩は名無しである:2006/05/11(木) 22:39:20
ついに!
「愛ルケ」刊行&サイン会もあるってよ!

ttp://watanabe-junichi.net/

366 :吾輩は名無しである:2006/05/12(金) 19:29:34
ブログの小泉批判も「お前が言うな」そのものだな。

367 :吾輩は名無しである:2006/05/13(土) 20:40:16
>>366
厨国でズン作品が売れてたのに水を差されて逆上してるだけと思われ。

368 :吾輩は名無しである:2006/05/14(日) 04:30:14
>>365
素晴らしいですね。上下巻各1600円。
人にはさまざまな価値観があると思いますが、誰もが納得する「お金」という
同じ基準で考えてみましょう。1冊あたり1600円ですから、2冊あわせて3200円となります(当
然)。マクドナルドのハンバーガーに換算すればちょうど40個分。もっと日本的に吉野家の
豚丼で考えれば約10杯分です。言葉をかえれば、それらに匹敵する満足感を、この
作品はつくりだしてくれる、と言ってよいのではないでしょうか。ハンバーガー40個を抱えて
家に帰るときの満足感…想像するだけでもわくわくしますね。あるいは、豚丼10杯を食べ
終えたあとの満腹感。まさにスペクタクルです。わたしは今から、この作品を読
了したときのことを想像しながら、期待感でいっぱいです。

369 :吾輩は名無しである:2006/05/14(日) 05:40:15
3200円。たいした金額ではないが、時間をかけて読むことはむろん保存する価値もないエロ駄文
の価格にしては異常だな。読み捨てのガリ版刷りがふさわしい気がする。

370 :吾輩は名無しである:2006/05/14(日) 07:10:20
>読み捨てのガリ版刷りがふさわしい気がする。
ズンブログで無料配信でいいじゃん。

371 :吾輩は名無しである:2006/05/14(日) 13:04:03
>>368
すごく自然。上手。

372 :吾輩は名無しである:2006/05/14(日) 23:58:11
>>371
本気だとしたらかなりの天然ボケですわね。
368のやらせ仲間なのかしら。見え見えですわ。

373 :371:2006/05/15(月) 00:14:45
>>372
すいません、やらせ仲間ではないです。
>>368はオリジナルじゃないってことですか?
失礼しました。以後ROMになります。


374 :吾輩は名無しである:2006/05/15(月) 13:46:40
>>368は ネ申だろ。
退場するのは気づいてない>>372

375 :吾輩は名無しである:2006/05/15(月) 19:38:07
>>373
本気だとしたらかなりの天然ボケですわね。

376 :吾輩は名無しである:2006/05/15(月) 20:03:52
君きみ、これくらいは大目に見るものだよ、
本当に融通がきかないね

377 :吾輩は名無しである:2006/05/15(月) 22:14:28
>803 :名無シネマ@上映中 :2006/05/15(月) 15:57:45 ID:lYEHEAWX
>役所降板、真田広之へって本当かな?
>悪口しか能のない、程度の低いゲンダイの記事だからどうだか。

役所タン逃げられたかな?


378 :吾輩は名無しである:2006/05/15(月) 23:43:28
真田広之ですか!
それも嫌だ。

379 :吾輩は名無しである:2006/05/15(月) 23:55:06
なんだ豚美香か

380 :吾輩は名無しである:2006/05/16(火) 20:53:32
http://watanabe-junichi.net/
>会は、東京、中日新聞、北海道新聞、西日本新聞など、3社が共催するゴルフ会。
???どこが3社???

381 :吾輩は名無しである:2006/05/16(火) 21:26:15
「一国の総理である以上、まず国益を最優先に考えるべきで、
餓鬼(がき)っぽい我を通すだけの総理なぞいらない。」

中国の言いなりになって靖国参拝をやめるほうが、長い目で
みたら国益を損なうことになると思うが。

スレ違いすまん。


382 :吾輩は名無しである:2006/05/16(火) 21:44:46
>>381
>わたしの本が中国で売れなくなること自体、たいした問題ではないが、
ここ大事。ズンがこう言うときは「俺様の本が売れなくなるだろゴルァ!」の意。

383 :蛇足:2006/05/17(水) 03:42:34
中日新聞の東京ローカル版が東京新聞なので三社なのかも


384 :吾輩は名無しである:2006/05/17(水) 04:16:06
「ブロック紙3社連合」というものですな

385 :吾輩は名無しである:2006/05/17(水) 06:29:12
豊川悦司、寺島しのぶ!?
全裸撮影!?

386 :吾輩は名無しである:2006/05/17(水) 08:08:59

「最近朝立ちをしてないので、現場で勃起できるかどうか
心配です」
と、記者会見場を凍りつかせた。

387 :吾輩は名無しである:2006/05/17(水) 10:30:09
寺島しのぶ。ある意味最強!
絶対にずんが手を出せない&出さないぢょゆうwwwwwwwwwww

388 :吾輩は名無しである:2006/05/17(水) 20:19:24
寺島しのぶ? シモネタ役の女優にしては魅力に欠けると思うが。

389 :吾輩は名無しである:2006/05/17(水) 23:57:22
つか「OL達に大人気」とか…

390 :吾輩は名無しである:2006/05/18(木) 00:17:05
とりあえず寺島のヌードよりも役所だかトヨエツだか真田だかの全裸自慰が気になる

391 :吾輩は名無しである:2006/05/18(木) 09:00:24
全裸自慰シーンはなくて
自慰シーンは豊川がボックスティッシュのティッシュを
荒々しく取り出す画で終わる
そっちの方が笑いを誘って面白いと思うが


392 :吾輩は名無しである:2006/05/18(木) 23:15:10
ここまで嘲笑を浴び、蔑視され軽蔑の極みに達したエロ小説とポルノ映画って
かつて存在しただろうか。マスゴミも提灯記事を載せるのには疑問を感じる頃かな。

393 :吾輩は名無しである:2006/05/18(木) 23:44:08
17日のサンスポのズレまくった記事。書いてる記者は恥を失ったバカ記者なのか、
それともバカバカしく思いながらも片手間に書いているのか、いずれにしても
哀れだな〜

394 :吾輩は名無しである:2006/05/19(金) 01:08:05
>ポルノグラフィー【pornography】
>性行為の描写を売り物にした読み物・絵画・写真・映画など。ポルノ。

>エロチック【erotic】
>[形動]性的な欲望をそそるさま。また、色気があるさま。肉感的。「―な姿態」「―な描写」

とすれば、
>渡辺淳一原作、激しいセックスシーンで話題の映画「愛の流刑地」
=渡辺淳一原作、ポルノだがそそらない映画「愛の流刑地」
という解釈になったw
マスコミも苦労しているんだろう
同情はしないが

395 :吾輩は名無しである:2006/05/19(金) 08:19:22
もう単行本が書店に並んでいたよ。
早くも、冒頭から書き直しているようだ。

396 :吾輩は名無しである:2006/05/19(金) 08:50:24
>>395
ホント?
冒頭って京都のシーンだよね。
あのころは、まだマシだったような気がするけど

397 :吾輩は名無しである:2006/05/19(金) 19:14:06
事情に詳しい人、教えてほしいんですがこういう書き直しって本人がやってるんですよね?
まさか他の人が書き直したりしないよね?そこまで何でもありじゃないよね?

398 :吾輩は名無しである:2006/05/19(金) 20:17:17
タレントの自著が大概ゴーストライターの手になるものなんだから、
ボケ始めた小説家の手直しを編集その他がやってたって不思議ではない。


399 :吾輩は名無しである:2006/05/19(金) 21:22:06
編集者は2chのツッコミを参考にして、矛盾点がないように
必死につじつま合わせをしたのではないだろうか。

400 :吾輩は名無しである:2006/05/19(金) 21:33:42
今日本屋でレジに行ったらレジの後ろに愛の流刑地ハードカバーが
並んでいて腰を抜かしそうになったので飛んできました。
ホントに発売したのかよ。誰かざっと読んで訂正された部分を教えてくださる
勇者はいないかな。
そういや日直氏はお元気だろうか。
チラ裏スマソ

401 :吾輩は名無しである:2006/05/19(金) 21:38:15
改訂した部分を調べるとなると、またあの駄作文を一から見なくてはならないからな…

402 :吾輩は名無しである:2006/05/19(金) 21:58:22
>>400
ざっと見た感じでは、あまり変わっていなかったよ。


403 :吾輩は名無しである:2006/05/19(金) 23:54:32
読者を舐めきっている73歳のこと、書き直しなんざ
考えたこともないだろう。
それにしても「失楽園」の成功が、結果的にこの73歳の「作家としての寿命」を
縮めたね〜。

404 :吾輩は名無しである:2006/05/20(土) 05:43:12
>>403
ついでに実寿命も(ry

405 :吾輩は名無しである:2006/05/20(土) 06:27:48
映画化するならリアリティを持たせないと…

エロシーンで乳を揉まれる前に、まず寺島は菊痔マンソンに通うにも
小田急線の殺人的ラッシュに揉まれないとねw


406 :吾輩は名無しである:2006/05/20(土) 09:00:26
>>405
だなー。
9時に市ヶ谷だと、新百合8時前に出ないとだろ。
すでに満員のところへ一つのドアにつき20人程度が並んで
無理矢理電車に押し入るんだよ。
ぽやぽやした女がぼーっとしてて乗れるようなもんじゃない。
鬼の形相で体押し込まないと乗り損ねる。
初夏〜夏なんか汗だらだらのおじさんたちと体密着、左右の揺れに合わせて
足を踏ん張ってないと転けそうになる30分。
新宿に着いたときには爽やかさもへったくれもない、すでに疲れ切った
中年女の顔を映していただいてこそリアルというもの。

監督には是非、そのあたりも極めていただきたい。

けど、そんなシーン出てこなかったから無理だろな。

407 :吾輩は名無しである:2006/05/20(土) 13:58:05
で、売れ行きはどうなのよ?
なんか、あのブツが平積みされている間は本屋行きたくない…。

408 :吾輩は名無しである:2006/05/20(土) 16:07:43
>>407
某所で「書店に行ったけど、愛ルケがなかった。店員に「愛ルケは」と聞いたけど
「ハァ?なにそれ」状態。渡辺淳一で検索してもらったら翌日発売だった」
という書き込みを見た。
それくらいの扱いだし知名度なんだなと。

409 :吾輩は名無しである:2006/05/20(土) 17:08:35
>>407
amazonをいま見たら本の74位だそうだ。
72位が叶美香写真集だから
その程度には売れてるんだろう。

でも上下巻各20万部だっけ?
それだけ捌けるとはとても思えないけど。

410 :吾輩は名無しである:2006/05/20(土) 19:43:53
神保町の三省堂には大量のズン押し紙がうずたかく積んであります…

ポップで「日経新聞で好評の『愛ルケ』!」みたいなことが出てたので思わず失笑した。

さらにシャツをしどけなく着たズンが斜に構えて腕組みした写真つき広告もありだった。

411 :吾輩は名無しである:2006/05/20(土) 21:55:25
>>410
オエッ

412 :吾輩は名無しである:2006/05/21(日) 06:39:30
あの捏造広告はなんとかならんものかな?
白を黒と力でゴリ押しするやり口はまるで北朝鮮か中国共産党だ。
ある意味「恋愛の毛沢東」を自称するだけのことはある。


413 :吾輩は名無しである:2006/05/21(日) 08:56:12
好事家社長率いるポルノ書店である幻冬舎のポルノ小説「性欲の流刑地」は果たしてどれだけ売れるのか。

414 :吾輩は名無しである:2006/05/21(日) 10:23:36
今こそ、(大げさに言えば)「民度」が試されてるよ。
日本がホントの意味で「豊か」になったのか否か…。

415 :吾輩は名無しである:2006/05/21(日) 10:29:57
今日の日経に一面ぶちぬきで作者の写真入りの広告でてたお。
朝っぱらからびっくりさせんなyo

416 :吾輩は名無しである:2006/05/21(日) 11:27:11
日経、プ(AAry。

417 :吾輩は名無しである:2006/05/21(日) 12:09:27
近所の書店で立ち読みしてきた。

「ごわっ」の後、それまでひらがなで「ふゆか…」とか書いてて
やれひらがながいいとかなんとかカマしてた割にはいつの間にか
漢字の「冬香」になったな、と思ってたんだが、そこは全部ひらが
なに修正されてる。

でもって、冬香の携帯の待ち受け。3人の子供の写真で「小学生
らしい子供」云々は変わってないけど、一番下の子の年齢が
「五、六歳」になってた。原文保存してないんだけど「六、七歳」
じゃなかったか?
微妙に後出しジャンケン爆弾が作動したかな。

その割には「山手線の音が」聞こえる「代々木署」といったあたりは
修正されてない。千駄ヶ谷なら原宿署管内だし、代々木署は初台
にあるから山手線の音は聞こえるわけもないんだが…

あ、裁判シーンの阿呆な間違いのチェックするのを忘れた。
まあ、どうでもいいやw


418 :吾輩は名無しである:2006/05/21(日) 16:34:50
>その男と出会い、
>女はすべてを捨てた。

本当にそうならさっさと離婚して出てくるだろwwwww

419 :吾輩は名無しである:2006/05/21(日) 16:38:56
追加。

冬夫が「絶対に離婚はせんぞ、お前はワシのもんじゃグヘヘヘヘ」な鬼畜だったらともかく、
実際は親切にも「出て行け」と言ってくれていたよねえ?
それを聞いた菊痔は冬蚊に同情しているようで引き取る気はゼロだったようですが。

420 :吾輩は名無しである:2006/05/21(日) 16:42:09
>>413
自分で立てた糞スレに引っ込んでればいいだろ低脳。
「ポルノ」だとか「小説」だとか、
お前はズン爺をヨイショしたいのか?
あんなもん、そのどっちでもねえよ。せいぜいお前のレスと同レベルの糞だな。

421 :吾輩は名無しである:2006/05/22(月) 15:45:57
トヨエツと寺島って絲山秋子作品の映画化でも共演するのに…
キャストは二番煎じって事w

422 :吾輩は名無しである:2006/05/22(月) 17:03:45
日テレでドラマも予定らしい。それじゃまったく失楽園と同じ戦略。時間もやっぱり22時なんだろうか!
失楽園では映画は黒木瞳でテレビは川島なお美。オレとしては顔も体も川島なお美が好き。愛ルケもテレビに期待したい。
まだヒロインは誰だか分からないが・・・しかし寺島しのぶではたして客は入るのか・・

423 :吾輩は名無しである:2006/05/22(月) 20:42:43
しかし首絞め(ノ゚∀゚)ノ はめはめ。なんて、映画ならともかくTVで、やるかあ?
日テレもヤキがまわったな。

424 :吾輩は名無しである:2006/05/22(月) 20:46:35
スカートを盗撮してる局穴がいる局だからね>日テレ。
日テレが万引きを正当化していたことも忘れない。

425 :吾輩は名無しである:2006/05/22(月) 21:48:22
この際連載時の記述に沿って、不条理コメディにしてくれないもんだろうか。

・幼稚園バスに子供を乗せて、そのまま駅にダッシュする怪しい専業主婦。
・新百合ヶ丘から、ラッシュにもまれて新宿駅(代々木上原)で降りる専業主婦。
・怪しげなにおいを発散する汚れたシーツを持ったまま、幼稚園バスのお迎えに行く専業(ry
・そのシーツを干して、無邪気な息子に「おかーさん、これどーしたの」と聞かれてうろたえる専業(ry
・出てくる度に間取りが律儀に変わる菊マンション
・風が吹き抜ける演出付の新宿駅小田急ホーム
・6時20分ごろに小田原駅から出てきて、6時半過ぎに竜宮殿でくつろぐバカップル。
・箱から出すと火がついているバースデーケーキ
etcetc……
10分ごと(いや、それ以上の頻度で)にギャグ映像が入れられると思うんだが。


426 :吾輩は名無しである:2006/05/22(月) 22:17:48
>>425
>・幼稚園バスに子供を乗せて、そのまま駅にダッシュする怪しい専業主婦。
保育園ならともかく、朝の幼稚園の送りはどんなに早くても8:30以前はない
でしょう。故にママが9:00に市ヶ谷に着くためには幼稚園に送るのはどう考
えてもパパの仕事。しかも夜に弱いとのことで午後九時には家事も子供もほった
らかしでぐーぐーお休み。仕事から遅く帰宅後、一人茶碗を洗いつつ子供の幼稚
園行事のお便りに目を通すパパ。とまあ、原作を律儀に映像化すると、どう考えて
も徹の良き夫ぶり爆発になってしまうんだなこれが。

427 :吾輩は名無しである:2006/05/22(月) 22:19:28
>>426
んなこたーない。
早いところは8時前にバスに乗せるところもあるよ

428 :吾輩は名無しである:2006/05/22(月) 23:21:20
>>425
大学関係もなかなか捨てがたいものが

開講日 土曜四コマ(2月2週目)
学生たちはとっくに冬休みに入り、入学試験関連のスケジュールが進行している時期

科目 中世日本文学
自宅書斎にあった講義資料は「近代文学関係の本」

429 :吾輩は名無しである:2006/05/22(月) 23:23:46
>>426-427
うちの近所じゃ8時前から幼稚園バスが来ている。園が遠いのかもしれないが。
通勤途中でも見るから、あれは8時半前後かな。
426さんのシーンも笑えますよね。
亭主と娘が仲良く食器洗いをしている横(時計は9:30)で、熟睡する専業(ry
そのくせ、愛人には、亭主の愚痴を言いまくる専業(ry

で、専業(ry 嘱託殺人罪の菊の法廷でよってたかっての吊し上げを食らう、被害者の夫

やっぱり不条理コメディですな。

430 :428:2006/05/22(月) 23:26:59
訂正

開講日 土曜四コマ(2月2週目まで講義あり)
土曜日は休日
2月は学生たちはとっくに冬休みに入り、入学試験関連のスケジュールが進行している時期

431 :吾輩は名無しである:2006/05/23(火) 10:29:57
ディテールなんてどうでもいいのだよ。
みんな、硬過ぎるなあ。

                     by ずん



432 :吾輩は名無しである:2006/05/23(火) 18:25:01
どうでもいいことを、わざわざギャグだらけに書いたのか(w

433 :吾輩は名無しである:2006/05/23(火) 21:49:10
本が発売されたと聞いてすっ飛んできますた。

日直氏はお元気かなぁ

434 :吾輩は名無しである:2006/05/23(火) 21:54:03
地味な名台詞「冬蚊の気持ちを考えたことなど一度もなかった」
はぜひとも入れてほしい。

435 :吾輩は名無しである:2006/05/24(水) 07:27:28
白濁した液体が息子の中を逆流したとき
菊治は強烈な痛みに襲われた


436 :吾輩は名無しである:2006/05/24(水) 15:22:56
>>434
相手の気持ちを考えた事がないのが圧倒的愛という不思議世界だよな。不条理劇としか思えん。

437 :吾輩は名無しである:2006/05/26(金) 00:53:58
わけがわからず詐欺広告に踊らされる被害者、いるんだろうな!!!!

438 :吾輩は名無しである:2006/05/26(金) 08:17:03
詐欺広告に踊らされる被害者=馬鹿。
つまりこの本が売れた数=日本在住の馬鹿の数。

とでも思ってないとやってられん・・ orz

大手企業が何社も絡んでるから、大ヒット演出→騙されるバカがさらに
ブーム押し上げ、ブランチトップテンに何週間もランク入り、映画が公開
されれば当然のごとく3〜4位あたりにランキング、映画が当たれば
また本が売れ、爺の懐には億単位で金が転げ込む。

ほんと、こういうときネットは無力だな・・・

439 :吾輩は名無しである:2006/05/26(金) 12:34:20
>>483
映画のチケットをその大手企業がバラ撒くんだよね。
それで観客動員数を稼ぐ。
タダ券貰った暇なオッサンもお色気場面以外はどうせ寝てるさ。

440 :吾輩は名無しである:2006/05/26(金) 19:21:09
あの爺さんが紙にでもしない限りこの調子が続きそうでイヤ。

ところで、仕事でエリエールの高齢者用オムツを扱っています。
病気のお年寄りのご家族がわざわざ頼んで下さる代金が、
この様な変な小説家を支える為に使われてるこの現実。
自分の一存でエリエールを切れたらいいのにとさえ思う。

441 :吾輩は名無しである:2006/05/27(土) 07:49:23
>>440
映画が公開されたら、豊川にエリエールのCMに出てもらおう。
「菊痔は、やっぱりエリエール。」

442 :吾輩は名無しである:2006/05/27(土) 07:58:13
>>441
頻尿で夜が不安なあなたへ<エリエール高齢者オムツ

443 :吾輩は名無しである:2006/05/27(土) 08:10:46
>>442
その場合はズン出演で。

444 :吾輩は名無しである:2006/05/27(土) 22:59:16
ズンボロクソ。駄本出版されても讃える声なし、映画化クソミソ。
提灯かつぎのマスコミ沈黙----世の中チェック&バランスが機能してるな〜

445 :吾輩は名無しである:2006/05/27(土) 23:25:23
あと一ヶ月ぐらいの間の、新聞書評欄が注目ですな。

TVがらみでの読売、本家の日経には、ゴマすり書評が載るんだろうなぁ。

446 :吾輩は名無しである:2006/05/28(日) 00:09:17
>>445
そんなことするくらいなら、日経は単行本を自社から出しただろう。
とても自分とこでは出せない/出したくないと思ったから幻冬舎に
やったんだし、書評でも黙殺でしょう。


447 :吾輩は名無しである:2006/05/28(日) 00:40:08
>>446
しかしあの広告のでかさからすると、更なるゴマすり書評は当然出るだろう。
日経出版担当者に、恥の意識など欠片もないのだからね。
よしんば担当者にその意識があったとしても、上司にはないんだろう。
数字が全て、売れれば御大、実績出せば文学界の超大物扱いってわけだ。

でもま、確かに自分の所から単行本を出せなかったのは究極の謎だわなwww
アイルケのダビンチコードってか www

448 :吾輩は名無しである:2006/05/28(日) 09:18:56
今日の日経に書評が出てたよ。最後の1文に苦笑。
産経は「著者に聞く」みたいなコーナーで取り上げてた。
8月から新連載が始まるのでマンセーしとくのかな。

449 :吾輩は名無しである:2006/05/28(日) 10:08:36
大体これだけネットが発達した現代で、
大手マスコミだけで 糞駄作を「大作」にデッチ上げようとしても
上手く行くはずない。
日経・幻冬社・東宝・日刊ゲンダイ・講談社ほか 今ごろ焦ってるんじゃないの?

450 :吾輩は名無しである:2006/05/28(日) 11:13:44
>>448
署名のない書評、出てたね。
>言葉を超える感覚の世界を言葉で丁寧に掬っていく手腕が、前半の読ませどころである。
素人でも描けそうな世界を破綻した日本語で書きなぐってるだけのような。
>感性の入り込む余地のない知と論理の法廷世界に、
>孤立無援の戦いを挑む菊痔の姿は、こっけいでもあり、悲痛でもある。
超親切な王子が戦っていたかもしれないが、自慰本人は「言っても仕方がない」と
ほとんど裁判を放棄してたが。戦いらしい戦いは「違う!」の一言のみwww
まあ、ズンの崩壊ぶりはある種「こっけいで悲痛」だったがw

結論。 平 気 で ウ ソ を 載 せ る な 日 経

451 :吾輩は名無しである:2006/05/28(日) 12:05:33
>孤立無援の戦い

王子もそうだけど被告側の証人として人間性の素晴らしさと虚無熱をマンセーした中瀬や
恋人と裁判を毎回傍聴してた息子、無実を信じてるって応援してくれたママ達のこと
時々でいいので、思い出してください…

452 :吾輩は名無しである:2006/05/28(日) 13:42:11
>>451
「無実を信じてる」じゃなくて「無罪を信じてる」だったよね。
人を殺しても愛のため(?)なら無罪って理屈だったみたいだけど、
あれも単行本ではそのまま?

453 :D法院長:2006/05/28(日) 14:59:08
たとえ愛のためでなくとも無罪とされるべきだろうよ。

454 :吾輩は名無しである:2006/05/28(日) 15:27:16
性愛のエリートは
何をしでかしても許されるのです!
フランス料理のフルコースを短時間で食らい尽くしても、
子供をほったらかしてお泊りしても。

455 :吾輩は名無しである:2006/05/28(日) 15:28:35
アマゾン見たけどどうして誰もレビュー書かないの?
ボロカスにこき下ろされるの楽しみにしてるのに。

456 :吾輩は名無しである:2006/05/28(日) 16:45:46
つ アマゾンのレビューは没にされることも多い。
幻灯社かナベズンサイドが、都合の悪いレビューは
没にするように圧力を掛けてるんじゃないの?

457 :吾輩は名無しである:2006/05/28(日) 17:00:18
つか、Amazonのレビューって買ってなくても書けるの?
単純に誰も買ってないだけかと思ってた。

458 :吾輩は名無しである:2006/05/28(日) 17:06:21
買って無くても書ける>Amazonのレビュー。

459 :吾輩は名無しである:2006/05/28(日) 18:16:22
最近スレタイを読まない奴が多いな。
マンセーしろや。
でなきゃ鬼女いけ。

460 :吾輩は名無しである:2006/05/28(日) 18:39:25
日テレ・バンキシャにナベジュン生出演中

461 :吾輩は名無しである:2006/05/28(日) 18:43:36
>>459
うるさいよ猿。
本スレが終了したから食べ残しのスレを無駄なく消費してるだけだろが。

462 :吾輩は名無しである:2006/05/29(月) 00:16:26
もう、こんな時代遅れの爺さん放っておこうよ。
不倫万歳、自由に生きろ、、、 陳腐なメッセージだよな。
今は昭和じぇねーつうの。

463 :吾輩は名無しである:2006/05/29(月) 09:41:45
ズンがもてはやされるうちは、日本は後進国。

464 :吾輩は名無しである:2006/05/29(月) 13:58:02
もてはやされてないじゃん。

465 :吾輩は名無しである:2006/05/29(月) 22:49:30
圧倒的多数はからかっているだけ。

466 :吾輩は名無しである:2006/06/01(木) 23:20:57
>>463
よかった先進国だ。

467 :吾輩は名無しである:2006/06/02(金) 17:27:10
>>466
日本のマスゴミは世界でもかなり遅れてる、というか後進国以下。

468 :吾輩は名無しである:2006/06/02(金) 22:39:57
いや、ここは先生にならって枕詞をつけなければ。

性の先進国
愛の先進国


ここはやはり

圧倒的な愛の先進国

か?w

469 :吾輩は名無しである:2006/06/02(金) 23:55:39
ズン自身は 自分は新しいと思ってるんだけどねえ。
それにしても不倫なんてブンガクのネタとしては陳腐極まりないのに
それに気づいていない。
勿論、不倫の中の「普遍性」みたいなモンを描ければそれもアリだが
如何せん、爺さんのジコチューなエロ妄想しかねーからな。

470 :吾輩は名無しである:2006/06/05(月) 22:05:46
いや、爺さんのジコチューなエロ妄想でも「うんうん、わかるわかる」な表現が有れば
立派な文学だと思う。この作品の最大の問題はそれがないことなのであって。

471 :吾輩は名無しである:2006/06/06(火) 08:39:00
なのかなのか、じゃあねぇw

472 :吾輩は名無しである:2006/06/06(火) 23:16:10
近頃はモレに「マスコミの情報操作」というモノを如実に教えてくれる教科書になっていますよ。愛の流刑地関係。

473 :吾輩は名無しである:2006/06/07(水) 23:44:44
1年以上も前に出た本だけど、池内ひろ美の「妻の浮気」の中で
わずか2行で切り捨てられてるw


「妻の浮気」172ページ
 冷静に読めば「愛ルケ」は、菊治という五十五歳のオヤジが自慢話をしているだけの
ことだ。しかも金銭的にはケチなうえに口ほどにもないセックス・テクニック。


これが書かれたのは作中で新百合ヶ丘に引っ越したあたりだろうから
箱根に花火に「ごわっ」にどくどく…に至る前のことだけど、
この2行を全く変える必要がないまま連載終了したんだな。

474 :sage:2006/06/11(日) 11:18:46
賛否両論あるけれど、否定する方々は、女をあそこまで導いたことがない
ヘタクソ男と あそこまで愛され導かれたことのない魅力の無い女 
あんなに愛し合った経験なり 豊かな感性があれば 共感できると思う。
純愛=エロスにすんなり納得・共感した。

475 :吾輩は名無しである:2006/06/11(日) 11:27:54
6月だってのに寒いな。

476 :吾輩は名無しである:2006/06/11(日) 17:36:52
本当に寒いね。

477 :吾輩は名無しである:2006/06/11(日) 17:52:08
>>474
アマゾンで上巻に4つ星付けた人?

478 :吾輩は名無しである:2006/06/11(日) 19:23:48
>>474の立て読み箇所が分からん……

479 :吾輩は名無しである:2006/06/11(日) 20:16:46
>>474
歪んでるね。---というより変質狂か

480 :吾輩は名無しである:2006/06/11(日) 20:58:37
>>474の人気に嫉妬


世の中には「Deep Love」あたりでも感動しち
ゃう人がいるんだし、そういうレベルの人に向
けた小説があってもいいんじゃないの。それば
かりじゃ困るし、そんな作品なのに文学だとか
なんだとか、作者が偉そうに講釈垂れたりする
のには眉をひそめたくもなるけど。
私はこの作品のような、ささっと書き飛ばして
一丁あがりみたいな安易な本はいらない。出来
を度外視しても、これを小説とは呼びたくない。
いい大人が読むものではないよ。これは愛では
ないし、性も安直でお手軽。エロスは感じないね。

481 :吾輩は名無しである:2006/06/12(月) 07:59:39
>>473
彼女の「だからあなたは棄てられる」の中でも、30代後半の女との恋愛に
憧れる50代後半男が愛ルケファンと知って「バカジャネーノ?」と切り捨てて
ましたよ www
彼女絶対、某ブログも2チャンも覗いてたと思うよ。

なにせ要約が
「55歳の菊治が37歳の人妻冬香へ贈ったプレゼントは、片っぽハイヒール
 のネックレス1個だけだったし、人妻冬香を呼びつけるだけ呼びつけて、
 食事もさせず水も飲ませずひたすらセックスだけ、しかも、菊治がセックスの
 最中に冬香をうっかり絞め殺してしまうという悲惨なダブル不倫だった」

だもん。
2チャンのまとめかと思いましたよ www

482 :吾輩は名無しである:2006/06/12(月) 08:51:19
>>480
なるほどね〜
ジジイ版「DEEP LOVE」な訳ね「愛ルケ」ってw

483 :吾輩は名無しである:2006/06/12(月) 17:26:00
>>482

二番煎じもいいところだと思うけどね。それでやれ
文学だとかなんだとかごたくを並べた割には作品は
字数稼ぎの引き延ばしばかりで読むに耐えない。だ
めだね、ありゃ。「失楽園」が連載されたときのよう
に、ネットが普及してなければ多少はごまかしができ
たんだろうけど、今は無理だよね。本当、作家なん
て割にあわない商売だと思うよ。書くそばから厳しい
読者に突っ込まれ批評されて、すぐさまブログに載って
みんなに読まれちゃう。作家も「みんな大変」だw
ねこだいすき。


484 :吾輩は名無しである:2006/06/12(月) 18:25:30
>>483
ウマイ!

485 :吾輩は名無しである:2006/06/13(火) 01:28:59
でも、それで年収1億以上あるんだから、
羞恥心さえ無くせば良い商売だよ。

486 :吾輩は名無しである:2006/06/13(火) 01:37:14
新聞例剤のおかげで売れてるらしい


487 :吾輩は名無しである:2006/06/13(火) 01:45:56
──[ 手順 ]─────────────────────────
                      [2]     /i\
    [1]   ./\                  / ..i.  \
       ./7ヽ  \            ../,;-‐''⌒`‐→\
    / /       \           '───────゛
   <--- i --------->           さんかくにおる
    \ ヽ、    /
       .\. ヽ  /          [3]  l\、
       .\/               ,.:i-‐\゛)
    さんかくにおる             〆 | / \
                          └──‐゛
                          うちがわを ひろげて
                          つぶすようにおる
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 中略 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
        _,,:-ー''" ̄ ̄ ̄ `ヽ、
     ,r'"           `ヽ.
 __,,::r'7" ::.              ヽ_
 ゙l  |  ::              ゙) 7
  | ヽ`l ::              /ノ )
 .| ヾミ,l _;;-==ェ;、   ,,,,,,,,,,,,,,,_ ヒ-彡|
  〉"l,_l "-ー:ェェヮ;::)  f';;_-ェェ-ニ ゙レr-{
  | ヽ"::::''   ̄´.::;i,  i `'' ̄    r';' }    完成
 . ゙N l ::.  ....:;イ;:'  l 、     ,l,フ ノ
 . |_i"ヽ;:...:::/ ゙'''=-='''´`ヽ.  /i l"
   .| ::゙l  ::´~===' '===''` ,il" .|'".
    .{  ::| 、 :: `::=====::" , il   |
   /ト、 :|. ゙l;:        ,i' ,l' ノト、
 / .| \ゝ、゙l;:      ,,/;;,ノ;r'" :| \



488 :吾輩は名無しである:2006/06/14(水) 01:40:32
Amazonの順位で死なずに、何で死ぬの…

上 5916位
下 6496位

「順位を見てはいけないと言ったろう」
「お仕置きだ」

ブランディわかry

489 :吾輩は名無しである:2006/06/14(水) 13:16:05
うちの近所の本屋、上巻1冊捌けた以外全く減ってないな…

まあ百歩譲ってエロ目的に買うとしたって
下巻はほとんどエロ無し、あるのは不条理裁判と陰部摩擦だけだしな。

490 :吾輩は名無しである:2006/06/17(土) 00:20:40
商売優先の腐れきった”本屋”に平積みされている駄本が梅雨入りとともに腐臭を放っている
今日この頃。とっとと返品・廃棄処分宣言をする良心的な書店があってもよさそうなものだが。


491 :吾輩は名無しである:2006/06/19(月) 00:41:45
この期に及んで朝日の書評に提灯記事が載ってた
書評欄の隅っこ「売れている本」
アマゾンでも日販でもベストセラーに入ってないのに
記者が中身を読まずに伝聞だけで書いたことが丸分かり
なげやりなよいしょしなきゃならない
大人の事情でもあったのかな

492 :吾輩は名無しである:2006/06/19(月) 20:14:59
”おとなのせかい”には色々な事があるのが、アマゾンの書評のラインナップを
見ても分かります。関係各社は大変ですね。

493 :吾輩は名無しである:2006/06/21(水) 19:12:06
久々に新ネタ。にっけいに対して余裕ぶりつつもその実必死なのがバレバレで笑えるwww

http://watanabe-junichi.net/

2006年06月20日
「愛ルケ」の映画化について
私設ブログ「にっけいしんぶん新聞」に「愛の流刑地」について書き続け、
八重洲ブックセンターでのサイン会のレポートを記してくれた記者くん、長いあいだご苦労さま。
 サイン会のときには近くまでこられたのに、突然罪悪感にとらわれて帰られたとか、残念です。
 なにも、そんなに考えることはなかったのに。
 もし、アマゾンで購入済みでしたら、本を送ってくれたらサインして返送しますよ。

「愛の流刑地」の映画は俳優さんも決まり、7月からクランクインします。
 主演の菊治を演じる豊川悦史さんは、これまでの単なるいい男から演技の巾を広げていることは、
テレビの「くず」などを見てもわかる。さらに「愛ルケ」では思いきっていままでにない新生面を切り拓くといっているし、
なによりも、この役をやりたい、と熱望してくれたところが嬉しい。
 冬香を演じる寺島さんは演技的には定評のある人で、どんなシーンにも大胆に挑む女優さんなので、大いに期待している。
 監督の鶴橋氏は30年前、わたしの「野分」のテレビ化のときのディレクターで、
男女のもでは実績のある人だけに、どこまで深く描いてくれるか、楽しみである。

494 :吾輩は名無しである:2006/06/23(金) 01:38:31
今日のTBSラジオ・ストリーム「コラムの花道」(14:00〜)でトヨザキ社長が
愛の流刑地を取り上げるそうです。wktk


495 :吾輩は名無しである:2006/06/23(金) 13:31:49
新潮コラムによると
先生はサッカーがお嫌いらしいです
何故なら、あんまり点が入らないスポーツだからです
このW杯のように、ひとつの事にひたすら熱中?する国民性、
サッカーに興味がなければ人にあらず?、のような態度の国だから
日本は戦後60年経っても
未だにアジア諸国から信頼されない、らしいです

先生、本気でこんなこと思ってるのかなー
だとしたら、かなり頭がやばいんじゃないの・・・・

496 :吾輩は名無しである:2006/06/23(金) 15:39:35
新潮コラム⇒某巨大掲示板
先生⇒国民
サッカー、W杯⇒愛ルケ
スポーツ⇒文
国民、国⇒先生

と置換してみるw

497 :名無しさん:2006/06/23(金) 17:22:57
>>494
配信きました
ttp://tbs954.cocolog-nifty.com/st/files/st20060623.mp3

498 :494:2006/06/23(金) 21:31:14
>>497
フォローtnx

社長、外さないな。
ラジオとはいえ真昼間に「テレフォンセックス」「わかめ酒」と
堂々と口にしていいのか?w

豊崎より小西克哉に冷静に突っ込まれてたのが笑えた。
マッピーの朗読もおみごと。

しかし今日のこの話を聴くと、読みたくなってくるようなww

499 :吾輩は名無しである:2006/06/23(金) 23:19:23
社長のツッコミ最高!
マッピーもよくこんなの読んだなと逆に感心。
面白かった。もう一回聞いてもいい。

500 :吾輩は名無しである:2006/06/25(日) 12:00:24
北海道新聞の書評にナベズンのインタビューがあるんだけど、
それがヨイショの連発でキツイ。
本人もご機嫌で応えていた。
地元はしょうも無い駄作でも無視できないのが辛いね。
先週の朝日新聞のほうが多少マシだと思う。

501 :吾輩は名無しである:2006/06/25(日) 14:38:51
>>495
俺も新潮読んだけど腹抱えて嗤った。完璧にヴォケているというかひょっとしたら虫獄から洗脳デムパを受けてるんじゃないかとw

日本ではどこもかしこもサッカーばかりでけしからん、→そこまではいい。俺も半分くらいそう思ってるし。
でもづんゐ痴によれば、開催のドイツでは知人に聞くと熱狂的な騒ぎは一部だけで多くは覚めていると。→日本でもごく一部とマスゴミだけですが。
こんなにまとめて熱狂するような国だからアジア諸国から今も警戒されるんだと→警戒されてるなら内政干渉のごとき突っ込みはうけないのですが。
本当に警戒されてるのなら何も言われないはず、

人生を十分経験している年齢なんだけど、経験したのはホステスとのお遊びだけだったんだね。何ら社会的な経験はしていないことがよっくわかった( ^,_J^)プッ

502 :吾輩は名無しである:2006/06/25(日) 20:55:34
>開催のドイツでは知人に聞くと熱狂的な騒ぎは一部だけで多くは覚めていると。


そもそも「知人」の存在自体が胡散臭いな…そんな情報通のマトモな知人がズンにいるとは思えん。
確かバンコクで北朝鮮戦があったときも「知人に聞いた話」と称して
似たような感じのデタラメな記事書いてたし…


>こんなにまとめて熱狂するような国だからアジア諸国から

アジア諸国といっても歴史歪曲共産党国家と他国民拉致国家と他国領土乗っ取り国家の3つだけだし
領土乗っ取り国家のW杯熱狂度はそれはもうとんでもない事になってるし…

503 :吾輩は名無しである:2006/06/25(日) 22:26:31
つーことはづん的に言えば姦酷は世界で最も警戒されるべき国ということか( ^,_J^)プッ

504 :吾輩は名無しである:2006/06/26(月) 03:51:21
>>502
名前を出さない第三者の「知人」の見解であるように書いておきながら
実は自分の意見を書いてる、しかも、突っ込まれた
ときに、そこは自分の意見ではありません、と逃げ道(と、言い訳の材料
も)を作ってるわけだな。仲正昌樹がちくま新書かなにかで最近出た本
に書いてたと思ったけど、こういうのは虚言癖がある人のやり口だよね。

ぼくが思うに、これは日本のある程度年のいった作家とか知識人が陥りやすいパターンなんだ
けど、流行りもの(で、なおかつ自分が理解できないもの)を冷笑して水をぶっかけ
ろ、というのが知的でカッコいいと思い込む勘違いも、こうい
う人にはよくある。これはネタを探しに行く必要がないし、取材の必要もないし、
自分の思ってることだけで楽に原稿が書けるんでよく使われる
んだけど、私はエッセイのネタ拾いもできない三流以下の物書きですと告白するようなものなん
で、まともな人ならやらない。ズンの場合は、ブログと週刊誌と新聞のコラムで何度も使いまわ
す(エコのためにリユースしてるんだろうかw)くらいなんで、それが恥だとも思ってないんだろう
ね。



縦にする必要もなかったかw

505 :吾輩は名無しである:2006/06/26(月) 08:16:43
サッカー嫌いなのは別に構わんが
せんせいの思考回路は、もはや本気で意味不明
これ以上晩節を汚す前に、引退された方がよろしいのでは?
前に論争してた大橋巨泉と五十歩百歩になってるぞ

506 :吾輩は名無しである:2006/06/26(月) 11:51:48
結局悪いのは、センセーセンセーと持ち上げまくる出版界及びマスゴミのような気がするなぁ。
そいつらが金を儲けたいがために、老いぼれて痴呆症寸前の元流行作家(p
をせっせとおだてて気分良くさせて、老害垂れ流させてんじゃん。
連中がそっぽを向けば、爺はとっくの昔に引退してたと思うんだが。
連中が依頼をしなければ、自分から小説やら雑文を売り込むようなマネは
しないっしょ。

それとも、一時期売れ行きが落ちたときにキョムネツのごとく出版社に持ち込み
して断られて、ビルの壁を叩きながら「何様なのだっ・・・」って
やった経験がセンセイにもおありなのか? ww

507 :吾輩は名無しである:2006/06/26(月) 21:30:49
↑まさに堕落しきったマスゴミは共同正犯。
女穴粘着依存症ズンのエロ駄文の組織的な誇大広告と偽装書評---公正取引委員会
が切り込んでもよさそうなものだが。

508 :吾輩は名無しである:2006/06/29(木) 22:53:53
はきだめの腐ったゴミみたいな問題だ。良識人は歯牙にもかけないだろうね。

509 :吾輩は名無しである:2006/07/07(金) 15:54:26
今日の日経MJのベストセラー欄文芸部門に
愛ルケが今週の1位って出てるけど
もちろん関係者が大量に購入してるんだよね?

510 :吾輩は名無しである:2006/07/07(金) 16:50:42
本当に人気があったら、もっとマスコミも熱を入れて報道するだろうな。
今の愛ルケネタは、お付き合いとしての惰性しか感じない。
王様のブランチで愛ルケネタやったっけ?

511 :吾輩は名無しである:2006/07/08(土) 14:45:21
>>510
さすがにベスト10入りの偽造までは出来ないから、まだじゃない?

でも映画公開前には本人呼んでたっぷり理想を語らせて、ブランチ出演者
たちをげんなりさせる予感。
仕事とはいえ、リリコがこんな映画について好意的に語ったりしたら
すごい悲しいだろうな・・・

512 :吾輩は名無しである:2006/07/11(火) 19:04:25
ところで、1600円の本を40万部刷ったという事は6億以上の売り上げを見込んだはずだが、現状ではどう見ても失敗。
映画公開時に、巻き返しを狙うと思うが、このあとどのぐらい売れれば幻冬社としては、成功になるんだろう?

(皮算用では6月頭に増刷かけて、7月頭には60万部以上売ってる予定だったとは思うんだが)

513 :吾輩は名無しである:2006/07/11(火) 19:09:35
ベストセラー 一位だから。失楽園には及ばないにしろ

ボロでボロ儲け 

514 :吾輩は名無しである:2006/07/11(火) 19:44:36
>>513
いや、仮に1割(4万部)年末まで在庫抱えたら、文芸部門じゃ肩身が狭かろうと。
だいたい、出版権取るためのズンの接待や、全面広告等で、普段より余計に金掛かってるだろうし。

515 :吾輩は名無しである:2006/07/12(水) 08:36:53
>>512
今三省堂書店のランク見たら30位前後に入ってたけど、まだ増刷かかって
ないのかね?
年末までに100万部突破させて「ミリオンセラーの問題作、ついに映画化!」
と広告打って映画も大入り満員狙いだと思われるのだが。
あの幻冬舎のことだ、どんな汚い手を使ってでもやり遂げるような気がする・・・

516 :吾輩は名無しである:2006/07/12(水) 13:21:58
部数ってどの時点で数えてるのかな。
刷りの部数だったら、ばんばん増刷して取次に押し込んじゃえばok?
実際に売り上げた部数は書店から返本されてこないとわからないよね。

返本多そうだし…

517 :吾輩は名無しである:2006/07/12(水) 18:34:54
公称部数は印刷部数(水増しの場合も)だけど、実売部数は今ならコンピュータ管理で、毎日判るらしい。
昔は予想で増刷かけてたが、今は実際の売れ行きを見ながら、増刷をかける。

で、発売後2ヶ月弱たつが「早くも増刷!!」とか「×刷××万部!!」って広告は出てないし、そこらの本屋に積まれているのは未だに初版。
たくさん仕入れて売り損ねた本屋に「場所ふさぎ」と判断されれば、いつごっそり返品されてもおかしくない。

増刷かけた挙句に万単位で在庫抱えたら、業界内で笑いものになると思われ。



518 :吾輩は名無しである:2006/07/13(木) 00:03:58
TV版の冬香に石田ゆり子!と発表して相乗効果を狙う幻冬舎の思惑ミエミエ。

519 :吾輩は名無しである:2006/07/13(木) 18:26:42
ズン「TV版の冬香は石田ゆりk…おっと史上最大の失言ですねww」
ってな手口で強引に女優決定の予感

520 :吾輩は名無しである:2006/07/17(月) 00:16:39
駅前の本屋、気がついたら中央台から、文芸棚前に移動していた。しかも平積みは上のみ。
残りは返品されたと思われ。



521 :吾輩は名無しである:2006/07/17(月) 15:12:31
同時期に発売した「涼宮ハルヒ」の最新刊は5刷以上も刷ってるのに、
自称淳文学の真骨頂はまだ初版ですか。

522 :吾輩は名無しである:2006/07/17(月) 16:00:16
そおいや夕刊連載の『奸婦にあらず』も連載終了したけど、
こないだ連載を終えての作者のコラムが掲載されて棚。
なんでズンのはなかったんだろう。

523 :吾輩は名無しである:2006/07/17(月) 19:28:52
寺シマ”しのぶ”がこのポルノの冬馬鹿を演じると発表され、買ってまで読む気が失せたが
購買層のオバサンども、菊自慰にまけじと読みながら自慰に耽る姿を想像して吐き気がした。
このエロ小説のサイン会なんぞに行くオバサンて、かなり脳のタガが外れているんだろうな。


524 :吾輩は名無しである:2006/07/21(金) 11:10:05

昨日図書館行ったら上下巻とも予約コーナーに置いてあったので司書さんに
「予約結構入ってますか?」
と聞いたところ5〜6人順番待ちが出てるとのことでした
買うよりはまだマトモではありますがどんなヒトが借りるんだろ、と思っていたら40歳くらいの主婦っぽい方が取りに来ました
なんだってこんなにバサバサなんだろうと思うほど生活に追われた感じのヒトでどこから突っ込んでいいのかわかりませんでした

どんなヒトが借りに来ても驚いたとは思いますが、かなり衝撃的でした

525 :吾輩は名無しである:2006/07/21(金) 18:48:31
>>524
その人が介護している舅(70)に頼まれてむかつきながら取りに来たのだと
思いたい・・・

526 :吾輩は名無しである:2006/07/22(土) 01:03:11
>>524
あなたもそういう目で見られてるんじゃないの?

527 :吾輩は名無しである:2006/07/27(木) 23:36:31
本日所用で銀座界隈に行ったので、ついでに本屋の店頭をヲチしてきた。
未だにたくさん積んであった(但し取りやすい位置ではない)けど、全部初版でした。
場所柄、最も売れそうな地域なのに増刷分が出回っていないという事は、増刷はまだのようです。
2ヶ月たってもこれでは、映画公開時まで商品に動きはないでしょうな。

マジで、今年中に40万部売り切れるかどうか、が今年の幻冬舎の課題になりそうだ。
もし1割(4万部)余ったら、文芸書じゃ洒落にならない気がする。


528 :吾輩は名無しである:2006/07/28(金) 12:40:11
ミリオン達成失敗ついでに映画化もぽしゃればいいのに・・・
テレビドラマも企画倒れになればいいのに・・・
で爺さん怒りのあまり脳溢血で倒れてあb(ry

529 :吾輩は名無しである:2006/07/29(土) 15:08:56
このじいさんって本気で人を好きになったことなんかないんじゃないの‥?
いつもひとりよがりなことばっか言ってる気がする。ナルシストで変態の基地外の
渡辺じいさん


530 :吾輩は名無しである:2006/07/29(土) 16:16:42
>>527
上下各20万部くらい刷って店頭に並べないことには、あれだけ「どこの本屋に行っても
平台に積み上げてある」状態にはならないんだろうけど、その積みあがった状態が
減ってるように見えないんだよね。

5万部くらい売れたのかねぇ。どうなんだろう。そんなに出てなかったりして。

それとも、幻冬舎がこの本に限って買い取りにしてたりとかw

531 :吾輩は名無しである:2006/07/29(土) 19:31:17
一寸ぐぐったら、書店から取次への返品期限は4ヶ月だそうで。
9月20日が期限になるのかな。

9月に入ったら、怒涛の返品ラッシュになりそう。

532 :吾輩は名無しである:2006/07/30(日) 02:24:51
Amazonの順位いくわよう

上 7340位
下 4379位


深夜、菊治は秘そかに思う。
Amazonの順位は下がっているようである。これは売れていないという
ことなのか。
「だが…」と菊治は思う。「下巻は、>>488よりも、いい…」と、菊治は
ひとりうなずく。
「そうだろう、ふゆか…」そうつぶやきながら、ふと気づくと自分のものを
右手に(ry

533 :吾輩は名無しである:2006/07/30(日) 11:18:39
幻冬舎のサイトを見ると、すでにトップの広告からは消えている。
(「陰ひなたに咲く」はずっとあるのに)
単行本情報あたりにも影も形もない。
そしてずっとトップ広告の「陰〜」はようやく46万部突破だって。

ということは初版40万部で広告消えちゃった愛ルケの販売部数、
推して知るべし。
ケンジョさん、今回は完璧計算違い〜? w

534 :吾輩は名無しである:2006/07/30(日) 13:09:40
映画公開時に、初版の腰巻きだけ替えて再出荷するんだろうな。
主役二人の写真がついたら,少しは売れるんだろうか。

535 :吾輩は名無しである:2006/07/30(日) 17:05:03
強化ならともかく、寺島じゃあねぇ・・・

536 :吾輩は名無しである:2006/07/31(月) 21:24:46
40万部????。初版20万部じゃなかった?????
書店の文芸新刊コーナーで異臭を放っている分を含めて。

537 :吾輩は名無しである:2006/07/31(月) 22:18:32
上下巻各20万部==上下巻あわせて40万部 ということでは。
こういう場合ふつうどちらの数字を使うのかな?
教えて渡辺先生以外のエロイ人。

538 :吾輩は名無しである:2006/08/01(火) 04:59:29
ちょっとググったけど、上下合わせた部数で数えるみたいよ。

wiki「失楽園」から
>上下巻を合わせた年間発行部数は267万部。現在は300万部を突破している

つまり上巻は20万部も売れなかったということか。

しかし失楽園上下で300万部<<<<<セカチュ1冊で300万部、だよな。
完璧負けてんじゃん w

539 :吾輩は名無しである:2006/08/02(水) 04:25:24
「愛の流刑地」に関しては上下巻とも初版20万部刷った、という話は
発売当時、複数の新聞(スポーツ紙だけどね)に出てたし、書店の
積み上げ方からしてもまず間違いないと思う。

で、各20万部は売れてないんじゃないのかなぁ。書店に積んであるの
を見ても第一刷ばっかりだし、その積みあがってる山はそんなに減って
るか?よくて5万部、下手すると…ってとこじゃないのかなぁ。

トータルで10万部に届いてたら、「10万部突破!!」で宣伝してるんじゃ
ないかと思うけど。せいぜい8万部(初版第一刷の2割)か、下手するとそ
こまで行ってない、ってのは低く見すぎかね?

映画公開にあわせて帯をつけ直すのと、ドラマの放映開始にあわせて
(同)ってのが唯一のチャンスじゃないのかな。または、作者が身をもって
作中の作家のような行動にry

540 :吾輩は名無しである:2006/08/02(水) 18:58:11
一度40万部!!って宣伝した以上、増刷かけない限り、売り上げに言及した広告は打てないとおもうんだ。
「10万部突破!!」なんてやったら、「残りの30万はどうなった(pgr」と、笑いものになるし。

暇な時にどんぶり勘定で考えたみたんだが、本屋には売り上げの2割が歩合で行くとして、
印税1割(6400万)、宣伝費(推定1億)、印刷製本代(推定4000万<1冊100円じゃ安すぎるかな)
が発売前に掛かってるはず。

40万完売すれば3億ぐらいの利益が出そうだけど、20万だと5千万ぐらいしか利益が出ないはず。
(5千万だと大体、全国紙の全面広告一回分)15万以下なら赤字だろうとおもう。
さて、実際はどうなんでしょうな。


541 :吾輩は名無しである:2006/08/02(水) 19:07:27
鬼女板に痛い人登場。
>163 :可愛い奥様:2006/08/02(水) 09:15:04 ID:M226Z0rH
>何だかんだ言いながら皆読んでるんだw

>『愛ル』はセックス描写ばっかの割りにいやらしい感じはしなかった。
>2日も掛けずに読んじゃったってことは、面白かったってことかも。
>殺して欲しいと思う程のセックス経験はないけど、本当に『快』ければ
>そう感じるだろうな〜とは想像がつく。
>『愛ル』読んでますますこのままでは死ねない!とは思ったなw

>でもこれを映画化しちゃったら、文芸を装ったポルノになってしまいそ。

542 :吾輩は名無しである:2006/08/02(水) 20:30:08
あれ全部読むのに2日もかかるなんてすごい人だな。
2時間あれば十分だろ w
頭悪そう。「カイくなりたい」とか言ってるし。
リアルフユカorスズカ?

しかし釣りとしては面白いので、どちらかというとこっちのスレに来て欲しい人だな ww
>>541誘導ヨロ。

543 :吾輩は名無しである:2006/08/09(水) 16:47:18
いよいよ産経新聞で15日から始まる連載 あじさい日記
面白そうだぞー

544 :吾輩は名無しである:2006/08/10(木) 20:15:13
ここマンセー・スレだったはずがいつの間に・・

545 :吾輩は名無しである:2006/08/11(金) 04:19:19
>>544

本スレが1000まで行って落ちたからこのスレを再利用してる、と思ってたけど、住人
全員がそう思ってるのかどうかは俺も知らない。なんか、いつのまにか当たり前に自
然な感じでここを使ってたけど、まずかったのかな?用途が切り替わってからは、商
売の邪魔なんじゃないかと思うようなナマの怒りも書き込まれてて、元々のマンセース
レから見ると違和感もないわけじゃないんだよね。まあ、せっかくここまで生き
ていたスレがあったわけだから、話題が続く限りはこのまま使い続けてもいいんじゃ
ないのかな。ここまで続いてるわけだし、それが住人の少なくとも多数の意思だと思って
いいんじゃないかと考えてるんだけど、どうかな?まあ、これは俺の勝手な意見だからみ
んながそう思ってるとは限らないし、違う考え方を持ってる人も住人の中には当然いるん
じゃないかと思う。そこは、もっとたくさんの人の意見を聞いてみないことにははじまらないんじ
ゃ、と思うよ。
ねこ大好き。
?なにが「ねこ大好き」だよ。唐突なんだよおめーはよ。

546 :吾輩は名無しである:2006/08/11(金) 21:20:37

よくできてるんだけど縦読みにする意図がわからない。

547 :吾輩は名無しである:2006/08/13(日) 16:08:08
映画板からコピペ
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1148390471/219

219 名前: 名無シネマ@上映中 [age] 投稿日: 2006/08/12(土) 05:29:29 ID:otjZ+b5G
ハセキョー「愛の流刑地」で女検事に初挑戦…不倫キスにも挑戦!

女優の長谷川京子(28)が、濃厚ラブシーンで話題の映画「愛の流刑地」(鶴橋康夫監督、
来年1月13日公開)で検事役に初挑戦することが11日、分かった。映画のテーマである
“究極の愛”を裁く重要な役どころで、不倫した上司に後ろから抱擁され、接吻される
艶めかしいシーンも。「検事としての視点と1人の女性としての視点の中で起こる葛藤を、
伝えられるように演じたい」と気合を入れている。
http://www.sanspo.com/geino/top/gt200608/gt2006081203.html


だそうです。
ますます不条理に突き進む愛ルケにマンセー。


548 :吾輩は名無しである:2006/08/17(木) 18:52:58
言ったもの勝ち大爆発。

http://watanabe-junichi.net/
>久しぶりに大人の鑑賞にたえうる、大人の映画ができそうである。


549 :吾輩は名無しである:2006/08/17(木) 19:29:22
「あじさい日記」でも主人公は尿意で目を覚ましたようである。


550 :吾輩は名無しである:2006/08/17(木) 22:56:45
織部たんそんな役だっけ
オリジナル設定?

551 :吾輩は名無しである:2006/08/17(木) 23:17:44


552 :吾輩は名無しである:2006/08/18(金) 09:39:43
>>550
寺島ヌードの下馬評があまりにもひどいので、慌てて脚本改ざんしたんでそ。
いっそハセキョーの不倫話を軸に据えて、エロもハセキョーだけにしたら
どうよ。
で、裁くうちにトヨエツに惹かれて抱かれたいと思うようになり、飛んで
8年後、ずぶずぶとトヨエツとエロに溺れるシーンで完。
とりあえず客は殺到すると思う ww

553 :吾輩は名無しである:2006/08/21(月) 01:08:39
>>552に同意。
ついでに、菊視点じゃなくて「エロボケ」織部嬢の視点で描くと、それなりに見られるものになりそうな気がする。

自分が裁かれているのに、何も反論しない(実際はできないだけだが)菊。
拘置所内で時々「冬香……」と口走るのが目撃される菊(自家発電シーンは当然なし)。
冬幽霊は出てくるが、お手伝いをするわけではない。
……これで、原作とは段違いの、男らしい、冬一筋の純情菊治の一丁上がり。

また、菊の調書だけ見れば、
「やってきても水の一杯も飲ませずに帰す」
「生理中なら(ry」
「ブランデーで(ry」
等の、菊の馬鹿さ加減を表す記述も無し。

更にベッドシーンは織部妄想視点で「美しく」描く。
「エロボケ」織部嬢だから、当然菊の相手が織部嬢にすりかわるシーンあり。

で、予告編でハセキョーベッドシーンだけ流せば、錯覚した客が湧いて出ると思う。

554 :吾輩は名無しである:2006/08/22(火) 20:37:33
「原作のまま」というタガさえとっぱらえばなんとでもなるからね。
実はズンがうるさいというのは周りの思い込みで、実際は変えても気付かないのではw

555 :吾輩は名無しである:2006/08/22(火) 21:37:46
もう既にボケてるので愛ルケの内容も忘れてるかもだ。

556 :吾輩は名無しである:2006/08/31(木) 00:16:13
「あじさい日記」でループするから無問題とか
現実から逃げて逃げて逃げまくって脳内で吠えるだけの男がまた一人w

557 :吾輩は名無しである:2006/09/07(木) 13:37:03
ttp://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20060907AT1G0701Z07092006.html
「愛の流刑地」映画製作発表・豊川悦司、寺島しのぶ主演

映画「愛の流刑地」の製作発表が7日、東京都内であった。
原作は日本経済新聞朝刊に2004年11月から今年1月まで連載された渡辺淳一さんの同名の長編小説(幻冬舎刊)。

「愛の流刑地」は中年の作家と人妻が心と体を互いに深く求め合った結果、悲劇を迎えるという内容。
作家役を豊川悦司さん、人妻役を寺島しのぶさんが演じる。監督は「永遠の仔」「砦なき者」などのテレビドラマを演出した鶴橋康夫さん。

会見で渡辺さんは「本当の大人の純愛の強さ、深さ、怖さをとことん表現して欲しい」と映画への期待を話した。
映画第1作となる鶴橋監督は「原作の迫力が圧倒的。それを映像にすることで、渡辺先生に大人にしていただいた」と語った。

 映画は撮影中。18日に撮影を終え、来年1月13日公開の予定。 (12:25)


558 :吾輩は名無しである:2006/09/08(金) 03:21:19
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/entertainment/geinou/200609/graph/07/

> 富司純子さんが、実際と同じ寺島さんの母親役で出演している。
冬香の母なんて出てきたっけか?

> 原作の渡辺さんは「圧倒的な情熱を傾けた作品が映画化され、うれしい」と期待を語った。
あっとうてき…

こんなときでもズン語を忘れない渡辺先生マンセー(棒読み)。

559 :吾輩は名無しである:2006/09/08(金) 07:27:40
>>558
>冬香の母なんて出てきたっけか?

裁判の傍聴に、それらしき老婦人がいたという一文だけ。あとは冬香の箱根旅行中に
「東京見物させるから」という口実で呼びつけられ子守してたみたいね。

560 :吾輩は名無しである:2006/09/08(金) 20:08:55
こんな糞企画を正月大作として公開する東宝。哀れ。

561 :吾輩は名無しである:2006/09/08(金) 21:46:09
>>560
上意であるとはいえ、担当者が実に哀れだ。
煽り文句とか宣伝の絵とか考えるわけでしょ〜?
ネタとしては最高に面白いけど、まじめにやらなきゃならないとなったら
こんなに辛い仕事はないぞ。

ついでに興行収入低迷の責任もおっかぶせられるとなったら・・・
ナムナム・・・

562 :吾輩は名無しである:2006/09/09(土) 00:20:59
なあ、ナベジュンは作品コメントとかで色々と長々と語ってるが

ヤンデレ萌え

この6文字で片付けられないか?

563 :吾輩は名無しである:2006/09/09(土) 01:09:15
いっそ映画版は思いっきりゴスに徹した演出にしたらそういうファンがつくかもな。

564 :吾輩は名無しである:2006/09/09(土) 13:29:57
>>563
で、そういう椰子が原作本を買ってファビョる、と。

565 :558:2006/09/09(土) 14:51:18
>>559
ありがとう。思い出したよ。
姿を見せたのは裁判のときだけで、台詞もなにもないよね。

唐突に出てきて結婚宣言して去っていった元愛人とか、
「あの人、本気になったら大変よ」の名文句を残してその後は
ほとんど出てこない祥子とか、ラストになって突然最重要キャラ
に躍り出る麻子ママ(でも本人は出てこなくて手紙だけ)とか、
使い捨てられるキャラの多い小説だよね。

電話で登場するだけの菊治元妻もいたな。

ところで
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/entertainment/geinou/200609/graph/07/

この記事中で「計40万部を売り上げた」ってのは、計40万部を
書店に積んた、の間違いだよね?w


566 :吾輩は名無しである:2006/09/09(土) 19:00:57
実は「愛ルケ」買い取り制だったとかw

567 :吾輩は名無しである:2006/09/09(土) 22:38:36
>>566
某スレで、少なくとも先月末ぐらいまでは、店頭に並んでいたのが
初版のままだった、ということは検証されていた。
ということは、もし40万部完売と銘打ったのであれば、完全買取制
買い取った本屋大泣きの体制、であるのは間違いないな。

つうかさ、幻冬舎痛すぎでね?
いままでも、実版20万部を50万部と偽ってきた、のがバレたって
話でしょ。
陰ひなたも実売数、公称とは相当違うのかもねぇ〜。
43万部突破とか言ってたけどねぇ。
ほんとは20万部弱しか売れてないのかもねぇ。
ズンイチ先生の御本に対する対応を見ると、そうとしか思えないわねぇ www

568 :吾輩は名無しである:2006/09/09(土) 23:44:36
20万部としても、新聞掲載時の原稿料と合わせれば、
5000万は儲けてるな。

569 :吾輩は名無しである:2006/09/09(土) 23:47:04
今月に入ってから、横浜駅ビルの書店に初版が10冊ぐらい積んであるのを目撃しました。
買取じゃない場合は今月が返品期限のはずだから、映画の製作発表で実売部数を少しでも上げようと考えてるんじゃなかろうか。
そうでもなけりゃ、あの内容の映画の製作発表を全国的に慶祝ムードの週にぶち当てる意味がない。
(来週は週末が3連休だから、本屋に週末にわざわざ行く人は少なかろうし、連休明けに返品期限が来る)
実際、アマゾンのランキングがかなり上がってる。さっき見たら、305位と312位だった。

5月の発売直後には、どこの本屋にも普通の倍ぐらい積み上げてあったから、文芸w書としてはとんでもない分量刷ったのは確かだと思う。
このままなら、とんでもない返品数になりそうだけど。

570 :吾輩は名無しである:2006/09/10(日) 00:24:18
ほとんど撮り終わってから製作発表???ってそういうことだったのか。


571 :吾輩は名無しである:2006/09/12(火) 21:54:01
こんなクソポルノ、あからさまに撮影中からメデイア露出しようもんなら
どこまで叩かれるか危惧したんだろうよ。ほんの少し後ろめたさがあるから
性作発表のタイミングを計ったんだろうか。

572 :吾輩は名無しである:2006/09/12(火) 22:01:19
「ほんの少し後ろめたさ」イイ!


573 :吾輩は名無しである:2006/09/13(水) 10:53:33
現代日本文学の最高傑作と聞きました
そんなに凄い作品なんですか?

574 :吾輩は名無しである:2006/09/13(水) 12:46:27
>>573
そらぁもう、来年には小学校の国語の教科書に一部使用が決定してる
ぐらいですから。
使われる場所はもちろん「げおっ」「ごわっ」シーン。
是非一読をお勧め。
ただし自費で購入する場合は自己責任で。
今ならヤフオクで上下100円から出品されてます www

575 :吾輩は名無しである:2006/09/16(土) 23:19:24
今日本屋2軒まわったけど、どっちの店でもまだ初版1刷だったよ。高さも一番。2軒目は上巻しかなかったけど。
まわりを「○○万部」と入った帯の本ばかりに囲まれて一段高い山になっているというのは、たしかにさみしい光景かもしれない。

576 :ワタナベジョンイツ:2006/09/17(日) 20:13:53
すでに日本の古典となっていたとは……
ベストセラー作家ではあると思ったが……
いや、しかし……
そうなのか、ノーベル文学賞授賞も近いな

577 :吾輩は名無しである:2006/09/17(日) 22:46:43
と、一人うなずく。

578 :吾輩は名無しである:2006/09/19(火) 23:34:19
誰かNHKのクイズの奴見た?
俺は最初で見る気なくしたけど

579 :吾輩は名無しである:2006/09/19(火) 23:35:52
いま売ってるアサヒ芸能にもなにやら記事が出ているようだ。
コンビニで表紙を見ただけだけど、「絶叫 寺島しのぶ」とか
なんかそんな感じだったから映画のキャンペーンかな。

580 :吾輩は名無しである:2006/09/20(水) 00:17:52
>>578
顔チェックだけした
ふかあいシワがおでこに1本
写真では消せてもテレビでは消せないね

581 :吾輩は名無しである:2006/10/08(日) 05:32:39
保守ついでにAmazonの順位なのよう

上 46595位
下 46087位


先生の大嫌いな東野圭吾の作品
容疑者Xの献身 6236位 (発売後1年以上)
手紙 650位 (発売後3年)

もうひとり先生がクソミソにした横山秀夫
半落ち 45461位 (発売から4年たって、文庫化されても、
なおハードカバーの順位が愛ルケより上位)

さらにおまけ
シャトウ ルージュ(文庫) 70574位
全然売れてないのよう

それでも新作を書き続ける先生にマンセー(棒読み)。

582 :吾輩は名無しである:2006/11/04(土) 01:53:35
あの保守でしょう

583 :吾輩は名無しである:2006/11/04(土) 16:59:09
猫殺しオバハン擁護の東野圭吾もズン共々消えてほしい。

584 :吾輩は名無しである:2006/11/06(月) 15:21:56
>>583

禿同。直木賞受賞を妨害されたとか
被害者ヅラしてたけど、結局のところ、
東野もズンと同類。ほんと下品だよ。
あんな文章を臆面もなく晒しやがって。
二人揃って文壇から抹殺されてほしい。



585 :吾輩は名無しである:2006/11/15(水) 18:54:31
「あじさい日記」すでにグダグダw
ズンには、日記(過去)と現在を交互に書くなんて芸当は
無理なんだよ。

586 :吾輩は名無しである:2006/11/25(土) 03:17:21
♪その手で私を汚して…平井堅(34)、女性目線で「禁断の愛」を歌い上げる
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1164382777/

 歌手の平井堅(34)が来年1月13日公開の映画「愛の流刑地」(鶴橋康夫監督、東宝配給)の
主題歌を歌うことが23日、分かった。

 タイトルは「哀歌(エレジー)」。
♪その手で 私を汚して…などと、平井が初めて女性の目線から詞を書き、
男女の業の深さを感じさせる、これまでの平井作品にない仕上がりだ。

587 :吾輩は名無しである:2006/11/26(日) 00:30:44
確かに、コトに及ぶ前に手を洗ってる様子もなかったから
手は汚いだろうな。

♪その手で私を汚して
というのが比喩的な意味でなく読めてしまいそうだ。

電話しながら自分のものを右手にry
の場面もあったしなぁ…

588 :吾輩は名無しである:2006/12/09(土) 19:01:34
映画PR帯付の単行本、見た人居ますか?

589 :吾輩は名無しである:2006/12/16(土) 02:16:13
>>588

そんなものが出ていたのか…菊治は驚愕する。
「だが…」と菊治は思う。幻冬舎も少しは売る気になったのか。
それでいい。それを映画公開まで続けたら、売り上げも少しは
あがるかもしれない。

「冬香、俺はこの流刑地にいるよ、だってここは狂ったほど阿呆
な小説を書いて、死ぬほど笑い者にされた男だけに与えられる、
返本の流刑地だから」(了)



近所の書店にあったよ。帯が変わってたんでちょっとびっくり。
去年の5月に上下巻とも6冊平積みされたんだけど、上巻が1冊
減っただけで、全く動きがなかった。それが、帯が変わったせい
か上巻は2冊、下巻は3冊に減ってた。
「こんなに、売れているのか…」と、菊治はひとりうなずく。

590 :589:2006/12/16(土) 16:36:28
うわっ。去年じゃなくて今年だったw
訂正します。「去年の5月」→「今年の5月」




591 :吾輩は名無しである:2006/12/26(火) 19:08:02
どう思う?
ttp://event.sankei-digital.co.jp/nenmatsu-2006/give_second/giveaway_019.html


592 :吾輩は名無しである:2006/12/28(木) 13:24:00
>>591
まだやる気かw

593 :吾輩は名無しである:2006/12/29(金) 10:30:54
>>591
>過激な性描写に賛否両論が起こるなど「愛ルケ」現象を引き起こした問題作。
じゃなくて

「描写の支離滅裂さに賛否両論」だろ。

594 :吾輩は名無しである:2006/12/29(金) 10:55:05
>「愛ルケ」現象を引き起こした問題作。

 「現象」って何?
 確かにネットでは 作品のみならず作者の独善的なキャラクターが
 嘲笑・爆笑のネタにされたけど、 少なくとも大手マスコミは全く
 (AERA以外は)取り上げず、そのくせ 映画化が決まると
 「話題作」になっちまう。
 カネでも貰ってるのか??????


595 :吾輩は名無しである:2006/12/30(土) 00:13:14
AERAでも、遠慮気味に「何だありゃ」みたいな取り上げ方だったがな。

596 :吾輩は名無しである:2007/01/04(木) 21:32:46
>593
いや、両論って「否」しかなかったし。
少なくとも自分の周りでは。

597 :吾輩は名無しである:2007/01/11(木) 21:43:06
確かにまあ、ある種の人気は出たか。

いわゆるMUSASHISTみたいな層には。

598 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 11:43:28
この映画の内容をとやかく言うつもりはないがCMを昼夜問わず流すなよ 渡辺淳一は立場的に少しは意見してもいいんじゃなかろうか?

599 :吾輩は名無しである:2007/01/19(金) 22:50:46
そんな常識感覚があるなら、書きなぐりの三文ポルノも公開しないし。
壊れてる爺さんにとってみれば、俺は影響力もある実力者だし---
錯覚の幸福に酔いしれているんだろうな。だけど、このエロボケジジー、
おめでたくはあるが、視点を変えれば「幸せ」の一形体だな〜。


600 :600の貴公子:2007/01/20(土) 08:30:30
もらっていくぜ。バカども。
これでオレは幸せになれるぜ。

601 :吾輩は名無しである:2007/01/25(木) 10:40:02
>>600は愛の流刑地へと旅立って行ったんだろうか…

602 :吾輩は名無しである:2007/01/25(木) 16:27:55
爺晒し

603 :村尾菊治:2007/02/01(木) 22:38:04


それでも死なないことはわかっている。
かまわず「死ね」とばかりに圧しつけると、「いくう・・・」と
つぶやき、「殺してぇ」と叫ぶ。
ならば殺してやる。
それがいまの菊治にできる、冬香への唯一の愛の証しである。
                  (「花火」より)



604 :吾輩は名無しである:2007/02/02(金) 23:05:37


才能枯渇
昔話満載
十年一日
懐古趣味

努力放棄
工夫皆無
文体粗雑
傲岸不遜

酒池肉林
接待地獄
偽装頭髪
薬物勃起

態度劣悪
文章最低
電波芸者
不正乗車



605 :吾輩は名無しである:2007/02/03(土) 11:22:44

韓流を「お子様ランチ」と馬鹿にしながら、ファン層は同じ。
ならば、ズンとヨンで 新旧・性のエリート対決でもやってろ!





606 :吾輩は名無しである:2007/02/03(土) 19:52:30

ワシ>>>>>>>豊川君>>>>>>役所


川島君>>>>寺島君>>>>>>>強化

ワシ>>>>>>>>>>>東野>>五木

ワシ>>>>>>>>>>>>>>>車掌



607 :吾輩は名無しである:2007/02/14(水) 01:12:18
色んな意味で凄まじい小説だった・・・

608 :吾輩は名無しである:2007/02/16(金) 01:53:16
性のエリート=菊治=ワシ=豊川君
性の貧民=田嶋・東野=未だ真のスクスタシーを知らぬ者
    =おたく秀才=国辱俳優=役所

609 :吾輩は名無しである:2007/02/17(土) 10:14:44
役所が スンデのところで主役を降りた英断、
事務所の差配かな?
いずれにせよ、役所にしろ、強化、ゆり子にしろ
危なかった・・。

610 :吾輩は名無しである:2007/02/27(火) 05:11:50
大本営ブログによると
「今回に限らず、渡辺先生は、小説の舞台となる場所は、
ほとんど自分の目で確かめていらっしゃいます。」だそうだが、

小田急新宿駅では風が吹き
箱根の竜宮殿に行くのに小田原で電車を降りる謎の二人
箱をあけると蝋燭に火がついているケーキ
枕の下にはさんでもクリアに録音されるボイスレコーダー
千駄ヶ谷は原宿警察署管内なのに菊治は代々木署に連行され
代々木署は初台にあるのに山手線の音が聞こえてくる

「こうした細かな作業が、作品に臨場感を与えているのです。(U)」

まさしく(ズン語)、圧倒的(ズン語)な臨場感だな。すごおい。


611 :吾輩は名無しである:2007/03/11(日) 21:40:59

「横浜育ちで、暑さに強い」とか言う訳の分からない一文も
あったね。

612 :吾輩は名無しである:2007/03/15(木) 18:21:45
これテレビドラマにもなるの?まじかよ、もういいよ

613 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 22:50:59
まとめてみました
http://www.imgup.org/iup352350.jpg

614 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 23:12:43
まとめてみました
http://www.imgup.org/iup352365.jpg

615 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 23:36:53
ドラマ見たけどあまりおもしろくなかった ずっと見ていて何か凄く退屈だった

616 :吾輩は名無しである:2007/03/21(水) 20:28:54
      ∧_∧ ハァハァ
 シコ   ( ´Д`/"lヽ   
      /´   ( ,人)   とかいいつつ
 シコ  (  ) ゚  ゚|  |    下はこんなことになってまつ
      \ \__, |  ⊂llll
        \_つ ⊂llll
        (  ノ  ノ
        | (__人_)

617 :吾輩は名無しである:2007/03/31(土) 11:35:55
「満族」「族満族」とか名乗り、
ズン批判を必死で鎮火しようとするものの スルーされまくりで
焦りまくるズンの事務所のスタッフ こっちには現われないな。

618 :吾輩は名無しである:2007/03/31(土) 11:43:05
なべじゅんだの 華麗なる巨塔だの 村上龍だの 馬鹿専門でほほえましいね。語彙の補充ですか?

619 :吾輩は名無しである:2007/04/04(水) 13:23:27
なんだ、あの暗号w
ホント爺さんのやることは間が抜けている。
それとも志麻子ってこんなアホ女なんですよ、というアピール?

620 :吾輩は名無しである:2007/04/04(水) 15:53:35
wktkとかkwskに影響されたとか

621 :【無料】日本文化チャンネル桜スカパー241ch見ようぜ:2007/04/05(木) 00:32:29

日本文化チャンネル桜は、平成十九年三月三十一日をもってスカイパーフェクTV!Ch.767における
24時間放送を休止し、同Ch.241「ハッピー241」の夜の時間帯で放送を続けることになりました。

※「ハッピー241」での放送時間(4月1日?)は、以下のとおりです。スカイパーフェクTV!
の受信環境があれば、どなたでも無料でご覧になれます。
       【月?金】18:30?21:30/23:00?24:00
       【土・日】21:00?24:00

http://www.ch-sakura.jp/index.html



622 :吾輩は名無しである:2007/04/07(土) 00:34:12
「愛ルケ」主題歌コンクール
 
先週末の金曜日、6本木のバーで「愛の流刑地」の主題歌「哀歌(エレジー)」の歌唱コンクールをする。
 参加者はヤブの会(わたしを囲む編集者)の会員のみだが、
30名近い男女が熱唱。
 わたしは音痴なので、特別参加の中江元朝日新聞社長、
バイオリニストの坂本悦子さんなどと審査委員になる。
 結果は講談社の北村周君が、顔に似合わぬ透明な声で堂々の優勝。
二位は中央公論社の深田浩之君が曲への思い入れの深さが認められて準優勝。
 賞品授与のあと、チークタイムなどでさらに盛り上がり、
渋谷の事務所に戻ったのが、午前二時。翌朝はテレビの最終日。
これでは勤まるわけはない。

 ⇒30人近い腰巾着ども、ご苦労さん!



171 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)