5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

斉藤孝をどうにかしてくらはい

1 :DJ dabo & べりぃぐっど:2005/09/28(水) 21:50:51
実際のところ、この人は文学とは関係ないか。
しかし最近ちょっとどうなんですかね?
川端君。

2 :吾輩は名無しである:2005/09/28(水) 22:42:08
全く文学とは関係ない。

3 :DJ dabo & べりぃぐっど:2005/09/28(水) 22:46:23
>>2
でも教育テレビとかで中原中也を幼稚園児に読ませたりしとったバイ。
大体オハンはどう考えるんね。

4 :吾輩は名無しである:2005/09/28(水) 22:47:07
間もなく消えると思う。
うざいといえば、うざい存在だが。


5 :吾輩は名無しである:2005/09/28(水) 22:57:51
すおですね。

6 :紫苑 ◆asFxDSUhcg :2005/09/28(水) 23:01:50
>>2
そう。なのに『座右のゲーテ』とか出してしまうところが
とってもいけない。

7 :吾輩は名無しである:2005/09/28(水) 23:13:56
買うバカがいるのが情けない。

8 :吾輩は名無しである:2005/09/28(水) 23:21:27
特に、一部の教師が学生にすすめたりするのが
情けない。大学の教師にさえ、そういう阿呆がいる。

9 :吾輩は名無しである:2005/09/28(水) 23:26:57
商売敵の本をすすめるの?!

10 :吾輩は名無しである:2005/09/28(水) 23:28:53
>>9
信じがたいだろう。だが、いるんだよ、そういういかれた教師が。

11 :吾輩は名無しである:2005/09/28(水) 23:40:36
(?_?)
てか、信者なのかねーすごいや!
学費返せって感じ。

12 :吾輩は名無しである:2005/09/28(水) 23:42:47
どこのDQN大ですかそりゃ?
碌なモンじゃないねその教授は

13 :吾輩は名無しである:2005/09/28(水) 23:45:22
大学名ばらせ。受験やめるから。

14 :吾輩は名無しである:2005/09/28(水) 23:47:10
美しい日本語について本を出していた気がする割りに
ものすごい下品なしゃべり方をする。

15 :吾輩は名無しである:2005/09/28(水) 23:58:12
東大時代の同級生は、誉めていたりする。

16 :吾輩は名無しである:2005/09/28(水) 23:59:00
作家じゃないでしょ、このひと。

17 :吾輩は名無しである:2005/09/29(木) 00:01:37
女子高生をレイプしたいのですが、満員電車で女の尻を触るだけでも
緊張してガタガタ震えてしまうヘタレなので、なかなか実行に移せません。
どうしたもんでしょう。

18 :吾輩は名無しである:2005/09/29(木) 00:03:37
作家じゃないけど評論家といったところか。
それにしても東大出か。
しょうもないやつのわりに高学歴だな。
てっきり明治・立教ぐらいかと思ってた。

19 :吾輩は名無しである:2005/09/29(木) 00:14:01
>>12-13
すまん。言えない。なぜって・・・・・俺の同僚なんだよOTL
DQN大にそんな教師がいたって仕方がない。
悲惨なのは、そいつと俺の勤務先は
そんなに三流ではないとされている大学だってこと。

20 :19:2005/09/29(木) 00:16:23
しかも、齋藤本を勧めていたのは文学の教員。
うんざりだ。

21 :吾輩は名無しである:2005/09/29(木) 00:16:27
板違いでわ。

22 :吾輩は名無しである:2005/09/29(木) 00:16:50
明治大学だろ

23 :吾輩は名無しである:2005/09/29(木) 00:22:16
19の言っているのは明治ではないだろ。

24 :吾輩は名無しである:2005/09/29(木) 00:22:41
>>22
ちがう。関西の某大学。これ以上は本当にヤバい。

25 :吾輩は名無しである:2005/09/29(木) 00:27:47
板違いか?
こいつを甘やかすと、また勘違い文学者が増えるという弊害があるぞ。
文学好きとしては憂うべき事態ではないか。
こいつ声がデカいからか知らないが、あまり批判もないみたいだし。
しかし新興宗教の教祖みたいで気持ち悪い。


26 :ーーーおわりーーーー:2005/09/29(木) 00:32:57


板違いにつきあぼ〜〜ん。移転先→「教育板」

http://school5.2ch.net/edu/

ーーーーーーーーーーーーーーーキモイのでおわりーーーーーーーーーーーーー

27 :吾輩は名無しである:2005/09/29(木) 00:33:19
カンカンドウリツかキンサンリュウコウあたりなんだろうな

28 :吾輩は名無しである:2005/09/29(木) 00:33:37
>>26
斎藤信者、乙。

29 :吾輩は名無しである:2005/09/29(木) 00:35:42
>>26
文学のことを何も知らんくせに
文学をネタに本を書いている似非学者を叩こうというスレじゃねえか。
これは文学の擁護のためのスレだよ。

30 :吾輩は名無しである:2005/09/29(木) 00:36:38
>>24
なにがヤバいんだよ、なんもヤバくない。

31 :吾輩は名無しである:2005/09/29(木) 00:36:53
そのとお〜り!!

32 :19:2005/09/29(木) 00:37:49
>>27
ヤバい。その中の一つだ。
これ以上書くと、ほんとうにまずいかもしれんので消えるわ。


33 :19:2005/09/29(木) 00:39:04
>>30
冗談ぬきにヤバいんだよ。俺の保身のため。すまんね。

34 :吾輩は名無しである:2005/09/29(木) 00:39:40
>>24
大学名出しなよ

35 :吾輩は名無しである:2005/09/29(木) 00:46:37
やばいなら最初から書くなよ

36 :吾輩は名無しである:2005/09/29(木) 00:58:56
まあそうかもしれないが、
斉藤はうざいよ、本当に。日本語の代表者面。
お前は器械体操でもしてろという感じ。

37 :吾輩は名無しである:2005/09/29(木) 01:08:40
器械体操って感じだな。
髪型が。

38 :吾輩は名無しである:2005/09/29(木) 01:13:15
奇怪だもんな。

39 :吾輩は名無しである:2005/09/29(木) 01:18:46
せっかくスレ出来たんだから、
少しマジメに斎藤のおかしさを指摘してみないか?

40 :吾輩は名無しである:2005/09/29(木) 01:25:34
正直この人の本読んだことない

41 :吾輩は名無しである:2005/09/29(木) 01:26:23
読む必要ないからいいんじゃない?

42 :吾輩は名無しである:2005/09/29(木) 01:47:49
読んだことないので良いか悪いか知らないが、読む気はまるで起きんな。
批判してる連中は当然読んだ上でのことだろうけど、なぜ読もうと思ったのかね。

43 :吾輩は名無しである:2005/09/29(木) 01:57:34
そりゃあ周りが皆読んだ読んだというからだろうよ。
遅れてはいかんと、時流に。
そこが売る方の責め口だったりして。

44 :通りがかりなのでいぢめないでね:2005/09/29(木) 02:42:13
斉藤孝 評判悪いのね…
俺は「声に出して読む日本語」を手に取った時、これだよこういうのがほしかった、と思いました。
コロンブスの卵です。こういう本なら誰でも出せるという説もあるだろうが、
俺はこういう本は20年前、30年前からあってしかるべきだったと思うが、それが意外になかった
俺は今、「声に出して読む英語」を誰か出さないかなあ、と思ってるんだけどね
文法ガチガチの英文暗記するよりも、英語好きな高校生とか増えたりするかも、って思います
なんか集中攻撃されそうなのでレスがつく前にもう寝ますおやすみなさいっっ..

45 :吾輩は名無しである:2005/09/29(木) 10:14:20
最近の大学生にとっては斉藤の本なんかうってつけの文学入門書だろ??
学生のレベルに合わせて推薦してくれてんだろ。いい先生じゃん。

46 :吾輩は名無しである:2005/09/29(木) 11:03:12
10年前くらいにリアルで講義受けたけど、爽やかでいい人だったよ。

47 :吾輩は名無しである:2005/09/29(木) 13:27:52
>>44
本出しただけなら誰も文句はいわない。だからこれまで
スレがなかったんじゃないか。
「当然読んでいるのだろう」という人もそうだが、
おそらく、彼が反感を買っているのは、その著作内容ではないと
思われ。テレビに出まくって自説を講義している様が、
輪っかまわしてるハムスターのようで見苦しいのに、
「日本語の美しさ」を滔々と語る、その矛盾に
本人が気が付いていないという、その点が、文学的感性から見て
アウトなのだと。

48 :吾輩は名無しである:2005/09/29(木) 17:11:55
他でもない>>46がいい人だと言うんだから、いい人なんだろうな。

49 :吾輩は名無しである:2005/09/29(木) 17:47:53
>>47
つまり著作内容にはなんら問題ないと?

50 :吾輩は名無しである:2005/09/29(木) 18:15:53
人は悪くないよ。ただちょっとアツイ人だから…

51 :吾輩は名無しである:2005/09/29(木) 20:30:24
浅田彰のいう「田舎の中学教師」という評がズバリではないかと。

52 :吾輩は名無しである:2005/09/29(木) 21:24:19
三色ボールペンて面倒じゃない?

53 :吾輩は名無しである:2005/09/29(木) 21:39:12
この人の声は癇に障る

54 :吾輩は名無しである:2005/09/29(木) 22:00:07
スネ夫とかぶる

55 :吾輩は名無しである:2005/09/30(金) 00:38:34
>浅田彰のいう「田舎の中学教師」という評

そう評していたの??ほんとう?!wwwwww

56 :吾輩は名無しである:2005/09/30(金) 01:41:42
>>47
「文句はいわない」を「問題はない」と同じと思う感覚って

57 :吾輩は名無しである:2005/09/30(金) 14:11:42
なんだかんだでみんな読まずに批判してるということか。
芸能板でやれ。

58 :吾輩は名無しである:2005/09/30(金) 14:54:54
>>53
同意。いくら美しい日本語を声に出してもあの声じゃ無駄。


59 :吾輩は名無しである:2005/10/01(土) 22:58:30
声の問題、ということでいいかな?

60 :吾輩は名無しである:2005/10/05(水) 08:11:48
こいつウザイので誰か殺して下さい。

61 :吾輩は名無しである:2005/10/05(水) 13:53:00
肝とか胆とかを鍛えないで家でゲームばかりしていると
上のような短絡なことをいうようになるらしい。

62 :吾輩は名無しである:2005/10/05(水) 16:47:06
>>60
通報しますた。

63 :吾輩は名無しである:2005/10/05(水) 19:35:09
>>51
言い得て妙だ

64 :吾輩は名無しである:2005/10/06(木) 16:24:09
悪い人だってきいたけど。人間的にね。
奥さんをいいように使ってたとも。


65 :吾輩は名無しである:2005/10/06(木) 17:12:01
まぁ最低な人間でしょうね。

66 :吾輩は名無しである:2005/10/06(木) 17:23:22
>>64くあしく

67 :吾輩は名無しである:2005/10/06(木) 19:15:00
ためしにこのひとほめてみましょう。
ほめるほうがむつかしいあいてみたいだし。
うまくほめたひとにざぶとんいちまい。

68 :吾輩は名無しである:2005/10/06(木) 19:18:22
知恵のついたのび太くん

69 :吾輩は名無しである:2005/10/06(木) 19:54:47
才気溢れる田舎の中学教師

70 :吾輩は名無しである:2005/10/06(木) 21:49:38
まあ子供たちに
たとえその場限りであったとしても
漱石だの何だのを読ませているということで
いいんじゃないですか
放っておいても

71 :吾輩は名無しである:2005/10/07(金) 07:45:41
〜力

72 :吾輩は名無しである:2005/10/07(金) 10:06:14
パンチラ力

73 :吾輩は名無しである:2005/10/08(土) 04:47:03
カフ力

74 :吾輩は名無しである:2005/10/09(日) 00:21:01
こいつってなんでこんな権力志向なの?
仕事力とか言っちゃって、顔に似合ってねーんだよ、ノビタ!

75 :吾輩は名無しである:2005/10/09(日) 01:04:24
ずっと見てますけど、生理的な問題ということですね?声が悪いとか顔に合ってないとか。

76 :紫苑 ◆asFxDSUhcg :2005/10/09(日) 01:39:50
>>75
必ずしもそうではなくて、
言っていることがおかしいと思いますよ。
何でも「力」でとらえる発想とか、
何もかもシステマティックな方法にして
誰にでも共有できると考えている
(というか、実は自分も信じてないそういう甘い幻想を
振りまいている)ところとか。

77 :紫苑 ◆asFxDSUhcg :2005/10/09(日) 01:42:21
「声に出して読む」というのも駄目ですね。
日本の国語教育では、
大量の本を渉猟して勉強するということを
もともと軽視しているのに、
名文美文を逐語的に音読・精読するという方法ばかり
さらに強調するのはおかしいと思います。

78 : ◆2kJebVO31U :2005/10/09(日) 03:10:03
中谷彰宏 part 2

って感じ。
「田舎の中学教師」ってのもすごく当たってる漢字。

79 :吾輩は名無しである:2005/10/09(日) 09:09:00
のび太力

80 :吾輩は名無しである:2005/10/09(日) 16:29:54
「声に出して読む日本語」を読みました。
暗記しようと思ってます。
いま途中までだけど。

81 :吾輩は名無しである:2005/10/09(日) 16:51:10
自作自演乙。
もういいよ。ここまで一人でやって疲れたよね。

82 :吾輩は名無しである:2005/10/09(日) 17:59:44
僕はどうもわからない。生理的な嫌悪感があるということ以外に皆さん何が言いたいのだろう?
ほとんど唯一まともな意見と思われるのは>>76-77だけど、はっきり言ってピンとこない。
>大量の本を渉猟して勉強するということを
>もともと軽視しているのに、
という意見は、さてどうか…判断を保留するにしても、

>名文美文を逐語的に音読・精読するという方法ばかり
>さらに強調するのはおかしいと思います。
音読、精読は、「さらに」強調されているのだろうか?現状で、どんな形で「音読・精読は強調されていた」のでしょうか?
むしろおろそかにされていたからあんな一見なんてことない本がベストセラーになった、というのが僕が感じるところです。

議論を少しはましなレベルに持っていくために、こう聞こうか。
いい日本語を暗唱するのに、「声に出して読む日本語」よりいいテキストがあったら、教えて下さい。
それとも、音読、精読はこれ以上必要ないということ?
もし、「ああ、これは『声に出して読む…』よりたしかにこれはいいや!」と思うものがあれば、僕は素直にそれを認めたい。


83 :吾輩は名無しである:2005/10/10(月) 00:39:35
>82
76については、いかがですか。
斉藤氏は、余りに多くのことをメソッドで処理しようとする。
好きな作品に対して、そんな風にアプローチされたら、たまらない。
また、その合理性なりを一生懸命に話しているのを見れば、
どうにも息が詰まる。それが、生理的な嫌悪感になっているのでしょう。
彼自身に余裕が無さすぎる。
早くに東大教授にでもなっていれば、違ったのかな。

84 :吾輩は名無しである:2005/10/10(月) 01:26:17
>>82
東大卒で明治大学教授、
小林秀雄と同じ道を着々と・・じゃないですか(笑
著作を通じて人口に膾炙するというルート、講演や実地指導に
人気がある点も。
スタンスこそ好対照だが、時代の要請に合った個性だし。

誉めすぎ?じゃありませんよ。だから注意が肝要ということで。
マスコミ露出度が高いほど
下手に潰されないよう、神経も強靭にしていただきたいもの。
言葉に身体性を持ち込んだのは、きわめて時宜を得ているし、
音読の重要性はどれほど言っても言い過ぎではない。脳科学的にも意味がある。
それに、
古典&名作を小学生からどんどん読ませるべきだというのも
谷崎潤一郎などの実例を引くまでもなく、非常に価値ある主張。
一般には支持者が多いから、
毀誉褒貶に惑わされず、独自路線を貫いて頑張ってもらいたいと思います。

85 :吾輩は名無しである:2005/10/10(月) 06:25:59
なんか変な本の翻訳とかしてるよね。
できる人、勝ち組になるにわっ!みたいな。
俗情につけいるのが巧みということですかね

86 :吾輩は名無しである:2005/10/10(月) 08:50:34
>>77
意味がわからずに音読する素読は子どもの頃にやっておけばやらないより良い文章が書けるようになるらしいが
昔はそういう教育をしていたとか

87 :吾輩は名無しである:2005/10/10(月) 18:04:37
>>84
ある人間のメッセージが過剰に出回り過ぎだと感じて、
その人間への批判スレをたてたくなるっていうのは、正しい
バランス感覚だと思うけどな。それより、
そういうバランス感覚の発露がある時に、
「批判内容がはっきりしない」なんて、
もっともらしいことをいいだして、その実、
批判の場を作ったこと自体許せない!と思っていることが
ありありな君の内面が、結構ヤバいと感じる。
非民主主義的っていうか、非寛容っていうか、非文化的というか。

88 :紫苑 ◆asFxDSUhcg :2005/10/10(月) 19:16:20
>>82
>音読、精読は、「さらに」強調されているのだろうか?
>現状で、どんな形で「音読・精読は強調されていた」のでしょうか?
学校教育では小学校の国語から大学の文献講読の授業まで
ほとんど音読・精読ではないでしょうか。

本を、黙読で、必要な箇所をみつけて丹念に読み、そうでないところは
斜め読みするという方法で大量に渉猟するというトレーニングは
ほとんどなされていない気がするんです。
たとえば大学のレポートのレベルで調べごとをしようとしたら、
日本語の本なら1週間で20冊ぐらいこなせないと実用になりません。
なのに、その程度の読書能力もない学生が多い気がします。

>いい日本語を暗唱するのに、「声に出して読む日本語」より
>いいテキストがあったら、教えて下さい。
そういう意味では、あれは、今のところベストでしょう。
でも、そういう話ではなくて、
暗唱とか精読とは違うことが必要なのではないかという問題があるわけです。

>それとも、音読、精読はこれ以上必要ないということ?
そうです。今やっている程度で充分で、それ以上は必要ないと思います。

89 :吾輩は名無しである:2005/10/10(月) 19:32:36
そうかな、俺は音読はすればするほどいいと思うけど

90 :紫苑 ◆asFxDSUhcg :2005/10/10(月) 19:35:48
>>83
わたしが>>76に書いたことを、ずっと的確に言ってくださって
ありがとうございます。

>>84
>音読の重要性はどれほど言っても言い過ぎではない。脳科学的にも意味がある。
こういった主張がはやりなんですよね。
その流れで東北大の川島さんとかが出てきました。
どうみても彼の「頭がよくなる音読ドリル」を音読している
姿というのは「頭がよくない」。
頭のよさというものを実体的にとらえて、
それをシステマティックに手に入れることができるという考え方が
知性とは対極にある気がしてしまうのです。
そもそも、知性を脳の生理的な測定値に還元できるという発想
(哲学では還元主義とか自然主義と呼びますが)が
とても「頭がわるい」。
あれは児童向けの教材だと思っていたら、
大人も対象だというので驚きました。

>>85
ようするに、彼のやっているのは、
文学をダシにしてビジネス書を書くということでしょう。

91 :吾輩は名無しである:2005/10/11(火) 19:08:07
>>88僕は82ですが、ご丁寧にありがとうございます。おっしゃることは大体わかりました。
@「音読・精読」とA「斜め読みで量を読む」を比べているのですね。
僕も、たとえば米国の大学などで、日本とは比べ物にならないほどの量を読むことを要求されると、よく聞きます。
しかしその一方で、「声に出して読む日本語」の英語版みたいなものは、英語圏には何種類も出回っている。
今、僕の手元には「Oxford English」という書物があり、その中に「everyday quotations」という章があり、
聖書やシェイクスピアからの名句、チャーチルの名言など、暗唱にちょうどよさそうな分量の短文がたくさんある。
分量としては「声に出して読む日本語」の数十倍だと思います。有名な辞書を出す出版社は、だいたいこれと同じものを出版していると思います。
ポケットサイズのとか。英語圏にはAだけでなく、@も大量にある。日本語圏に「声に出して読む…」しかないのは、貧弱すぎてなさけないぐらい…
@とAはcrowding outの関係ではなく、相乗効果の関係があるのでは?

92 :吾輩は名無しである:2005/10/12(水) 00:46:42
たまたま座右の諭吉とか言うのを読んで来ました。
諭吉の功績や性格を自分と照らし合わせている自慢本でした。
ビジネス成功者が出した本よりも調子に乗っている感じがとんでもなく表れていました。


93 :紫苑 ◆asFxDSUhcg :2005/10/12(水) 02:16:21
>>91
こちらこそ、ご丁寧なレスに感謝しています。

>@とAはcrowding outの関係ではなく、相乗効果の関係があるのでは?
結局、そういうことだとおもいます。
暗唱・音読もどんどんやっていいと思います。
同時に、情報処理としての読書にも
なれてほしいということです。
考えてみれば、いわゆる国語教育的な精読というのは、
一応音読はするわけですが、
暗唱をするわけでもなく、大量の文献渉猟をするわけでもないんですよね。

まれにですが西欧の方とおめにかかって感心するのは、
口頭で引用するときも一字一句たがわずに引用すること。
内容がわかればいいというのではなく、正確に引用する。
術語(専門語)の定義みたいなことを言ってもらうと、
辞典の項目を読み上げるようにはっきりと定義する。
だから(米国人は知り合いにいないのでわかりませんが)
西欧人は非常に効率良く勉強する一方で、
暗唱もよくやっていることはわかります。
フランス人などもとても熱心にやっているようです。


94 :紫苑 ◆asFxDSUhcg :2005/10/12(水) 02:29:47
わたしも曖昧に使ってきましたが、

 暗唱(音読)
  ↑
 精読(音読/黙読)
  ↓
 斜め読み(黙読)

という感じで、精読を真ん中において三つにわけて
考えたらいいのかもしれません。

西欧人がやる暗唱というのは、例の「記憶術」の伝統
(F.イェイツ『記憶術』)とも関わるのでしょうね。
場所と詩句を対応させて覚えるという方法です。

日本の漢文素読というのは、実際にどんなものなのか、よくしりません。
意味はひとまず抜きにして音読・暗唱するといいますが…。
わたしは漢文を返り点がついたものなら読めますが
(わたしより若い世代だと、大学入試でも必要なかったとかで、
書き下し文でも意味がとれないという人が少なくない)、
それは文法・句形の知識で読んでいるのであって、
素読してからだで覚えたというわけではありません。

95 :吾輩は名無しである:2005/10/12(水) 02:34:55
>>92
どんな本でも人生論として読んでしまうのは
日本の読書界の伝統です。

福沢諭吉もゲーテも原典の文庫本は売れませんが、
人生論(さらに自己啓発本、ビジネス書)として
読めるように方向付けてレジュメすれば
ベストセラーになるようですね。



96 :吾輩は名無しである:2005/10/13(木) 01:10:39
金稼ぎしてる。
ビジネスだ。
需要があるからうまくいく。
こういうやつに反感持つものは、当然だ。
自作の小説でも出してみろ。

97 :吾輩は名無しである:2005/10/13(木) 01:48:09
でもその点は編集者やテレビの人が悪いような気もするよね。
頼まれればそれは仕事断らないでしょ。ようろう先生もそうだが。
金の成る木というか、こいつ出しときゃいいだろみたいな。

98 :吾輩は名無しである:2005/10/13(木) 02:15:15
俺様は、これまでに五作書いた。
推敲しているうちに駄作が明白になってくる。
一作も出版社に送れない。
才能の壁、グス。

99 :吾輩は名無しである:2005/10/13(木) 05:07:09
君は今いくつ?
年が若けりゃ、そんな挫折も明日の糧。

100 :吾輩は名無しである:2005/10/15(土) 03:10:52
100ゲット?
日本語は大事だ

101 :吾輩は名無しである:2005/10/16(日) 20:02:31
知識と感覚は対立しないって斉藤が言ったという事は
対立するって事だな

102 :吾輩は名無しである:2005/10/16(日) 20:20:31
ー音読の効用についてー

子供による音読や、子供たちへの読み聞かせは、知られていますが
「高齢者の方に本を読んでいただく」ことがまた
非常にすばらしいことだそうです。
 児童文学作家の正岡 慧子(まさおかけいこ)さんが、
先日NHKラジオで話しておられました。ボランティアを長年やっておられ
短く楽しいお話を、お年寄り自身に読んでいただく会をなさると
大変盛り上がり皆さんイキイキなさるそうです。
すでに書かれていたらすみません。

103 :ズン ◆7QiFPoq.LI :2005/10/16(日) 21:25:10
音読が楽しいと思ったら、自分の部屋で一人でやってればいいのに。


104 :吾輩は名無しである:2005/10/17(月) 00:37:19
がまぁガチャガチャポン!はおもしろいのだが。
元宮沢賢治研究家?

105 :吾輩は名無しである:2005/10/17(月) 06:59:00
TVで「日本語より英語の方がカッコイイんですね」とか言ってたが
日本語散々紹介しといた後でそれか

やっぱ金儲けのためにやっただけか
だったら英語を紹介しまくればいいだろ

106 :吾輩は名無しである:2005/10/17(月) 19:14:13
>>94
おいオバハン!
本に折り目をつけず、ポストイットのしおりもつけず、
なおかつメモを取れる方法を発見した
一回目は普通に読んで、二回目はメモを取るために読む
内容も2倍把握できて一石二鳥 (*^ー゚)b

107 :吾輩は名無しである:2005/10/18(火) 00:27:58
 身体論を教育に持ち込むのは問題なんじゃない?>>斉藤
たしかにからだでものを覚えさせるのは効果的だと思う。
でも、からだで覚えさせられると、教えられた内容に
対して批判的な態度をとりにくくなると思う。
というのも、からだに刷り込まれている知識は無意識化されている
わけだから。へんなイデオロギーを刷り込まれても、からだに
しみこんだものは切り捨てるのが大変でしょう。
そういって点については問題にされてもいいのでは。

108 :吾輩は名無しである:2005/10/18(火) 08:05:13
ロックは英語のほうがいいぜ
あえぎ声は日本語がいいぜ

109 :吾輩は名無しである:2005/10/18(火) 12:53:30
あえぎ声を出す女は大体シャウトできているが、
日本語でロックを歌う男は大体シャウトできてないからじゃないかな。

110 :吾輩は名無しである:2005/10/18(火) 22:05:46
自分でも小説書け!!!
と、2ちゃんみんなで彼に叫ぼう。

111 :吾輩は名無しである:2005/10/18(火) 22:24:03
ほんとに書きそうだからヤダ。

112 :吾輩は名無しである:2005/10/18(火) 23:55:51
>>110
をいをい、それで潰そうってか?w
齋藤が手出したら必ず自滅する…悪寒。

113 :吾輩は名無しである:2005/10/19(水) 00:03:11
●麻原彰晃 →オウム真理教教祖 父親が朝鮮籍。サリンを撒き無差別殺人。坂本弁護士一家惨殺
●宅間守 →大阪 池田小学校の児童殺傷。8人殺害 15人が重軽傷。朝鮮人部落出身
●東慎一郎 →酒鬼薔薇聖斗。神戸の首切り小僧。生首を校門に飾る。2人殺害。元在日朝鮮人
●林真須美 →和歌山 毒入りカレー事件。4人毒殺 63人が負傷。帰化人
●織原城二(金聖鐘) →神奈川 帰化人、英国人 豪州人女性を強姦、ビデオ撮影、バラバラ殺人
●関根元 →埼玉の愛犬家連続殺人犯。4人を殺害。肉片を削ぎとりドラム缶で焼却、川へ流す

●丘崎誠人 →奈良 岩を数回、少女の頭部に投げつけて絶命させた 在日朝鮮人
●キム・ミンス →韓国人留学生 強盗殺人犯。大分 日本人老夫婦を刃物で殺傷
●李東逸 →韓国人 檀国大学教授。芝居観覧のため来日中、東京で日本人女優Nを強姦
●金允植 →韓国人 強姦罪で指名手配中に逃亡目的で来日。大阪で主婦を100人以上連続強姦
●金大根 →韓国人の強姦魔 連続児童虐待暴行殺人。6名の女児死亡
●李昇一 →韓国人 東京 テレビ「ガキの使い」関係者を名乗り少女140人をレイプ
●沈週一 →韓国人 鳥取 大阪 和歌山 ベランダから女性の部屋へ侵入し9人を強姦
●張今朝 →韓国人 長野 「一緒に猫を探して」と小学校4年の女児をレイプ
●ぺ・ソンテ →韓国人 横浜 刃物で脅し、女子小学生14人をレイプ
●宋治悦 →韓国人 東京 ナイフで脅し手足を縛り下着で目隠しの上、主婦19人を強姦
●崔智栄 →北朝鮮籍の朝鮮大学校生 新潟 木刀で傷を負わせ、18歳少女2人を車の中で強姦
●金乗實 →北朝鮮籍の朝鮮大学校生 同上、共犯者。他にもう一人19歳の共犯者(朝鮮籍)あり
●鄭明析 →韓国人 カルト「摂理」教祖。日本人1000人、台湾人100人、米英仏人などを強姦
●徐裕行 →韓国籍 オウム真理教幹部・村井秀夫刺殺事件の刺殺犯。裏で北朝鮮が関与か
●国松孝次警察庁長官狙撃事件。現場近くから北朝鮮製のバッジ、韓国のウォン硬貨などを発見
●世田谷一家惨殺事件。採取された指紋が韓国人の男と一致。韓国警察からは協力を得られず
●東京資産家強盗殺人事件。奪われた腕時計が韓国で販売。韓国人グループの犯行とみて捜査中

114 :吾輩は名無しである:2005/11/08(火) 00:18:05
オタク力

115 :吾輩は名無しである:2005/11/08(火) 00:35:43
【田舎の】斉藤孝2【中学教師】

116 :吾輩は名無しである:2005/11/08(火) 01:08:50
新潮に西尾維新の書評

117 :吾輩は名無しである:2005/11/09(水) 00:28:16
>105
英語の本も出してるんだよ

118 :吾輩は名無しである:2005/11/09(水) 00:42:56
なんでも出せる内に出せば よきにはからえ
賞味期限というものがあるがな

119 :吾輩は名無しである:2005/11/19(土) 16:23:52
齋と斉

120 :吾輩は名無しである:2005/12/01(木) 13:59:06
まず斎藤孝自身があったまわるそーだし。
それとも最初はもっと悪くて、音読始めたらやっと今の知能に上昇したのだろうか。

121 :吾輩は名無しである:2005/12/01(木) 14:08:05
灯台法学部だよ

122 :吾輩は名無しである:2005/12/01(木) 14:11:45
この間、チャンネル変えの途中でチラッと齋藤氏を見た。
なんかお笑い番組だったような…
なによりその蒼白な顔と痩せ具合いが印象に残った。
あまりに引張りまわされて、疲れてんじゃないのか?
身体がちゃんとしてないと、音読もできないっしょ。
言語世界に身体論を持ち込んだ旗手なんだから、ガンガッテくらはい。

123 :吾輩は名無しである:2005/12/01(木) 20:20:34
>>121
音読したら、東大入れるのですか?

124 :吾輩は名無しである:2005/12/01(木) 20:23:11
入試問題を音読したらつまみだされます

125 :吾輩は名無しである:2005/12/01(木) 20:24:38
>>123
事実関係が逆だろ
東大入れたから音読するんだろ

126 :吾輩は名無しである:2005/12/01(木) 20:43:00
もともと頭がいい人が、音読するってことですか

127 :吾輩は名無しである:2005/12/01(木) 20:49:01
東大と音読、このふたつに因果関係はみとめられません。アホ。

128 :吾輩は名無しである:2005/12/01(木) 20:57:59
もともと斉藤孝をバカにしたら
東大だからとか言ってきたのはそっちなのに
因果関係はないと今度は言いますか

129 :吾輩は名無しである:2005/12/01(木) 21:05:31
自分のちんこに手を当てて、良く考えてみる事です。

130 :吾輩は名無しである:2005/12/01(木) 21:06:12
そもそも>>1自身自覚してるようだが、板違い。
もっとファンの多いところ行って、そこで叩け。
もっとどんどんとw

131 :吾輩は名無しである:2005/12/01(木) 21:06:26
ないのでね。

132 :吾輩は名無しである:2005/12/01(木) 23:02:37
◆◇齋藤孝「声に出して読みたい日本語」etc..
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1016376058/
斎藤孝氏の3色線引き読書法は複雑すぎでないか?
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1033038427/

133 :吾輩は名無しである:2005/12/23(金) 00:59:14
最近体調をくずしているって噂は本当なのかな・・・・

134 :吾輩は名無しである:2005/12/25(日) 00:20:01
でも子供達に中原中也を音読させるのは、教育上悪くないか?

135 :吾輩は名無しである:2005/12/25(日) 01:47:08
「教育上」とか言う以前に、刷り込みソフトとして
あえて選ぶ対象か、中原中也って、、、

136 :吾輩は名無しである:2005/12/26(月) 14:34:10
名文は子供にはまだ理解出来ない作品でも読ませるって
言ってたし、そういう事はあんまり考えてないんじゃないの。

137 :吾輩は名無しである:2005/12/28(水) 10:27:20
宮沢賢治だって銀河鉄道の夜あたりは小学生が読んでも理解できないからな。

138 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2005/12/31(土) 19:19:54
こんなの名文じゃないと、小学生が反発したらどうするんですか

139 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2005/12/31(土) 19:51:41
>>138
「おまえらに何が分かるんだ!糞ガキ!」と恫喝

140 :遣唐使:2006/01/07(土) 21:24:03
唐出張してま〜す

ジエンコテ犯教員=【苦悩するドナ ◆oyDevpsyVg =ロボ ◆SOOOOROBOM】

http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1046868314/458-464

http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1116159415/53-68

http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1011054931/607-610

141 :吾輩は名無しである:2006/02/28(火) 23:10:23
コイツか・・・・
テレビ局の楽屋で内●理名をいじめてたという糞教授は・・・・
大人ぶってもガキみたい!!!
氏ね斉藤!!!

142 :吾輩は名無しである:2006/03/02(木) 10:20:10
コピペで叩くのはやめようよ。

143 :吾輩は名無しである:2006/03/04(土) 01:36:17
>>141 斉藤先生は客観的意見として内山理名に芸能人に向いてないから引退して家庭に入るべきとおっしゃったのだよ
それを自分の主観だけで感情的に叩くのは感心しないね
普段から周りを良く見ないで自己中心的な考えや行動に出るだろあんた
もっと大人になったほうがいいよ

144 :吾輩は名無しである:2006/03/04(土) 02:16:38
斉藤先生だぁ?

145 :吾輩は名無しである:2006/03/04(土) 03:51:20
内山理名はマジ性格悪いよ
あの齋藤孝をキレさせたくらいだからな

146 :吾輩は名無しである:2006/03/04(土) 05:11:17
頭悪いし気が小さいから
アイドルくらいにしかキレられねーんだろw

147 :吾輩は名無しである:2006/03/04(土) 10:19:03
>>145
内山理名はむしろ性格がいいみたいだよ。現場受けもいいらしいし、見かけによらず(失礼!)考え方とかもしっかりしているし。
他の掲示板で見たが齋藤が内山に切れたのはどうやらガセのようだ。

>>146
気が小さいのは齋藤のいちいち強がる態度や言葉によくあらわれている。
自分の弱さやコンプレックスを受け入れられないのは齋藤のほう。
東大出たくらいだから頭悪くないんだろうけど、人間の器が小さい。
偏狭というか、日和見主義というか・・・・

148 :吾輩は名無しである:2006/03/04(土) 11:14:27
でもこいつ二浪して灯台だからなw

149 :吾輩は名無しである:2006/03/04(土) 13:03:23
出っ歯野郎を公共の電波に晒すな

150 :吾輩は名無しである:2006/03/04(土) 13:35:01
東大はビョーキが多いよ

151 :吾輩は名無しである:2006/03/04(土) 13:40:05
いま話題の永田の事か!

152 :吾輩は名無しである:2006/03/04(土) 14:15:16
あれはどう考えてもビョーキだねえ
それうまく利用したのは小泉だけど

153 :吾輩は名無しである:2006/03/11(土) 00:26:47
http://d.hatena.ne.jp/psychologist/20060204/p1
http://ttchopper.blog.ocn.ne.jp/leviathan/2006/02/post_ade9.html#more
http://psychodoc.eek.jp/diary/?date=20060202#p02

本当にこのバカ明治大教授は阿呆だわ。トンデモ本の執筆者と無批判に対談ですか
もっと勉強して出直して来い。

154 :吾輩は名無しである:2006/03/11(土) 04:04:53
読書力は本読み始める人にはいいんじゃないの?
知的生産の技術と知的生活の方法パクってるよな

155 :吾輩は名無しである:2006/03/11(土) 04:58:47
人物評がウザ

156 :吾輩は名無しである:2006/03/22(水) 02:40:31
明治のSと言えば気に入った女子学生を連れ込んで
押し倒してしまう為の便利な部屋が学内にあると聞きました。
次は誰を狙うのでしょうか。

157 :吾輩は名無しである:2006/03/22(水) 04:45:26
そんな部屋どこの大学にだってある。
俺の同僚だってうわ何をすrqwせdrftgyふじこlp;@

158 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 17:48:45
なんか、今買ってきて藤子不二雄の漫画に、コメントが載ってた。
質のよい漫画は文脈力を伸ばすとかなんとか。
この人、文学部の教授なんだ?

159 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 06:48:24
身体論は高岡英夫がおすすめ

160 :吾輩は名無しである:2006/03/25(土) 13:11:48
最近目につかなくなってきたので嬉しい。

161 :吾輩は名無しである:2006/03/26(日) 22:51:13
齋藤孝といい、三浦展といい、小林よしのりあたりに糾弾されるがよい。

162 :吾輩は名無しである:2006/03/26(日) 23:09:56
齋藤も三浦もゴミだが小林みたいな糞に糾弾されちゃかなわんだろうなw

163 :吾輩は名無しである:2006/03/27(月) 00:42:27
>>158
たしかスラムダンクについての本も出してたよね

164 :吾輩は名無しである:2006/03/27(月) 05:00:29
>>161-162
だったらある意味齋藤孝や三浦展の対極を行く鳥越俊太郎に糾弾されるってのはどう?
たしか齋藤と鳥越は犬猿の仲らしいが。

165 :吾輩は名無しである:2006/03/27(月) 06:13:23
中学校の国語教科書に載ってる文章を集めた本が売れているのに驚いた。
わざわざ本にしなくても誰でも覚えているような文章ばかりだったから。
著者も購入者も恥ずかしくないのかなあ。
あまり知られていない所からものすごい名文を引っ張ってくるのなら意味はあると
思うが。「田舎の中学教師」はいい得て妙。

166 :吾輩は名無しである:2006/03/27(月) 13:00:22
>>165
なんでそういう本が売れるかわかんないの?

167 :吾輩は名無しである:2006/03/27(月) 13:58:07
世の中にはバカが多いからでしょうね。
で、商売になるから糊と鋏で本を作る。

168 :吾輩は名無しである:2006/03/27(月) 14:37:33
>>167
それじゃ思考停止だね。

みんな懐かしいから買うんでしょ。誰でも覚えているような文章ばかりだから買う。
だから知られてない名文をまとめても意味はないの。

169 :吾輩は名無しである:2006/03/27(月) 19:05:00
ハイハイ

170 :吾輩は名無しである:2006/03/27(月) 20:42:31
覚えているから買わない。
原典持ってるから買わない。
うろ覚えだったり原典持ってないから買う。
要するに167で正解。

171 :吾輩は名無しである:2006/03/27(月) 21:33:53
覚えてるから買うんだって。覚えてないようなものをもう一度読みたいとは思わないっしょ。

172 :吾輩は名無しである:2006/03/27(月) 21:47:48
横レスだが
今の世間レベルでの「文学」への需要は「中学生の時習ったあのなつかしい文章をもう一度読みたいなー」そん程度の物だってこった。



だからこの人売れたんでしょ。

173 :吾輩は名無しである:2006/03/27(月) 22:01:32
目付きが卑しいんだよなこの人

174 :吾輩は名無しである:2006/03/27(月) 22:59:24
喋り方も下品だよな。

まあ本人は多分一度も自分が卑しくないとも上品だとも言ってないと思うけど。

175 :吾輩は名無しである:2006/03/28(火) 05:31:31
>>165
最近は名作のあらすじを紹介した本がたくさん出てて、結構売れてるらしい。
若い人向けに出してるみたいだけど、買ってる人は年配の人が多いとか。

176 :吾輩は名無しである:2006/03/28(火) 06:58:19
>>175
対象とする若い人へのアピール不足か?
若い人を対象にしたビジネス誌やファッション誌へのプレスリリースが必至だろ
斉藤お気に入りの?柴咲コウとか真鍋かをりとか木村カエラに読んでもらって一行感想を書いてもらうという手もある
それを雑誌に載せたり電車の広告に貼り出す
幸い柴咲も真鍋もカエラも今のところ若者の支持を集めているから効果は期待できる

177 :吾輩は名無しである:2006/03/28(火) 11:23:56
斉藤孝は声色がキンキンしてて、耳障り

178 :吾輩は名無しである:2006/03/28(火) 13:10:44
わかりやすい解説本みたいのばかりだよな
いつも知ったか教授のノリだし
ベストセラーにはなっても文化貢献にはならんと思うけど

179 :吾輩は名無しである:2006/03/28(火) 13:32:05
なんだろうなこういうレス。微妙に脱力を誘う。春だ。

180 :吾輩は名無しである:2006/03/28(火) 14:32:29
批判してる=引き篭もり=MMOの廃人
のあんたらには斉藤の本が理解できないだけじゃない?
本に関していえば、主に外で会話する(会議)人とか、文学に興味を持ち始めた人向けだもんな。
また、人柄についての批判だが、声が耳障りとか、下品とか、そんなこと誰にも言えるし
このスレで批判するとしても、言うことではないね。
>>77の批判は、個人的には賛同し兼ねるが、批判としては賛同する。
主観的で尚且つ低レベルな批判房は出てけと言いたいが・・・
兎に角、中高同級生の俺は斉藤擁護派。
イイヤツダッタケド?ケンボー






181 :吾輩は名無しである:2006/03/28(火) 14:59:58
>批判してる=引き篭もり=MMOの廃人
>のあんたらには斉藤の本が理解できないだけじゃない?

っていうのは、主観的で低レベルじゃないの?

182 :吾輩は名無しである:2006/03/28(火) 15:10:29
中高同級生のいい歳したオッサンが年度末の平日の
こんな時間にこんなスレに書き込むとは・・・


183 :吾輩は名無しである:2006/03/28(火) 22:31:45
まぁ2chで議論してること自体ばからしい。
批判するのが2chなんだから。

184 :吾輩は名無しである:2006/03/31(金) 02:03:33
どうでもいいけど齋藤は、あのキンキン声で内山理名をいじめたのか
カッコ悪ww

185 :吾輩は名無しである:2006/03/31(金) 02:08:12
こういう馬鹿の書いた本読んで影響受けるような人生って幸せだろうなー

186 :吾輩は名無しである:2006/03/31(金) 02:43:33
斉藤って馬鹿っぽいよなあ。騙される奴もどうしようもないね。

187 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 21:38:42
斉藤先生へ
ジョイスのフィネガンズ・ウェイクを理解するためには音読が一番いいんですか?

188 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 23:04:35
肉山を苛めたの?
どうやって?

189 :吾輩は名無しである:2006/04/02(日) 02:25:13
>>148
二浪してたのか
この人、新書時代は18から20くらいとかいってたけど、新書ばかり読んでたのか
それか言い訳か

190 :吾輩は名無しである:2006/04/02(日) 03:17:22
過去に斉藤がいったことで唯一まともだと思ったのは、
夜回り先生の特集のあとのコメント。
いわく「教師は授業をやれよ。話はそれからだ」
実際にはもう少しヤンワリした言い方だがな。

191 :吾輩は名無しである:2006/04/02(日) 05:27:37
>>188
齋藤が準レギュラーで出演した「世界一受けたい授業」で、自分のわがままのためにゲスト出演予定だった内山理名をゲストから外したらしいよ。
内山の遠まわしな物言いが斎藤は気に入らないようだ。リハーサルでさんざんいじめた挙句ゲストから外したから、内山にすればたまったものじゃないだろう。

>>189
「言い訳禁止塾」なんて本出した齋藤が言い訳でっか?

192 :吾輩は名無しである:2006/04/02(日) 06:54:04
この人、たいした論文書いてなさそうだな

193 :吾輩は名無しである:2006/04/02(日) 20:05:32
養老も医者としての腕は悪いらしいからな
インチキ本で荒稼ぎw

194 :吾輩は名無しである:2006/04/02(日) 20:22:07
特ダネのコメントで引いた。
猫を避けようとして誤って人を轢いてしまった人(静岡県人)を
斎藤は「静岡の人はまったりしてるから・・・へへへ」みたいなこと言ってた。


195 :吾輩は名無しである:2006/04/03(月) 06:18:12
明治大学ではどんな講座持ってるの?


196 :吾輩は名無しである:2006/04/03(月) 06:21:13
ヒント:「○○力」

197 :吾輩は名無しである:2006/04/03(月) 07:53:24
妄想力

198 :吾輩は名無しである:2006/04/03(月) 11:47:56
まさか…「人間力」ww

199 :吾輩は名無しである:2006/04/04(火) 02:59:16
無意識まで意識化して
この本は有害図書

買ってはいけない

200 :吾輩は名無しである:2006/04/05(水) 06:02:59
>>191
たちのわるいアイドル研究会会員みたいですな

201 :吾輩は名無しである:2006/04/07(金) 03:39:17
読書力読んだあとにヘッセの読書術読んだ
どっちも本を推薦してたけど、ヘッセと比べると斎藤はカスだった

202 :吾輩は名無しである:2006/04/07(金) 06:29:33
 斎藤さん余り人相が良くない。明晰な顔してない。

203 :吾輩は名無しである:2006/04/07(金) 06:42:51
君達と似たようなもんでしょ。

204 :吾輩は名無しである:2006/04/07(金) 06:50:04
>>203
AHO?


205 :吾輩は名無しである:2006/04/07(金) 06:56:40
通りすがりの美男ですよ。

206 :吾輩は名無しである:2006/04/07(金) 07:01:45
>>205
やっぱahoだね。お大事に。

207 :吾輩は名無しである:2006/04/07(金) 07:10:30
>>206
やっぱahoだね。お大事にw




208 :吾輩は名無しである:2006/04/07(金) 07:18:38
>>207
よっビナンシ!w
Ahoで美男子はもてる最高条件だよねw
画像UP希望!(^O^)


209 :吾輩は名無しである:2006/04/07(金) 07:22:08
はっ、乗り遅れたw

俺も通りがかりのry

210 :吾輩は名無しである:2006/04/07(金) 07:34:22
>208
やっぱahoだね。お大事に!(^O^)



211 :吾輩は名無しである:2006/04/08(土) 01:25:33
斉藤孝のファンって性格きつい人が多いよね。攻撃的というか・・・

212 :吾輩は名無しである:2006/04/08(土) 02:06:35
斉藤なんかのファンのくせに?
その時点で突っ込みどころ満載じゃん

213 :吾輩は名無しである:2006/04/13(木) 22:49:09
斉藤孝様の周りの人間は常にびくびくしてる
斉藤孝様は偉大なる将軍様だ


214 :吾輩は名無しである:2006/04/15(土) 17:52:03
質問力とか大きなお世話

215 :吾輩は名無しである:2006/04/16(日) 11:30:26
大学で今年この人の講義受けているんですが・・・
日本の名作文学みたいなのをほめながら
最近のベストセラー小説を批判してた。
「こんなので感動しているなんてねー」
オメ―の本がベストセラーになっているのだって(ry



216 :吾輩は名無しである:2006/04/16(日) 15:28:41
講座名はなんて言うの。


217 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/04/16(日) 16:05:09
『声に出して』で売り出した頃は、正直言って面白くなかったぞ。
戸坂の宣伝してやがるから、我慢してたんだが。

218 :吾輩は名無しである:2006/04/16(日) 18:42:11
今だって陳腐な戯言のオンパレードだよ

219 :吾輩は名無しである:2006/04/17(月) 00:26:34
>>216
授業デザイン論

220 :吾輩は名無しである:2006/04/17(月) 00:43:01
ハゲワラwwwww

221 :吾輩は名無しである:2006/04/17(月) 22:53:38
私も今年この人の授業受けてるんですが、
あの自信たっぷりで人を見下す態度が私には耐えられません。
「バカ」とかよく口にするし。
生徒のことじゃなくて、世の中のバカのことね。

この間、一瞬彼が天狗に見えました。
本当に鼻が伸びてるように見えました。

誰かボキッと折ってください。
もっと普通な授業がやりたいです。
日本人らしく。

222 :吾輩は名無しである:2006/04/17(月) 23:16:02
え、斉藤は自分が頭いいつもりなの?

223 :吾輩は名無しである:2006/04/17(月) 23:39:13
鼻が伸びてる奴より鼻の下が伸びている奴のほうが
まだ救いがあるね。
つまり
ミラーマン植草>>>>>>>斎藤

224 :吾輩は名無しである:2006/04/18(火) 04:03:32
コイツの身体論って体育館にガキあつめて遊ぶことでしょ?

225 :吾輩は名無しである:2006/04/19(水) 01:12:01
コイツ、腕力とか迫力が備わっていたら間違いなく893になってただろうね

226 :吾輩は名無しである:2006/04/19(水) 01:12:52
中上健二っぽくね。
肉体の言語とかいって

227 :吾輩は名無しである:2006/04/19(水) 13:49:29
一緒にすんな

228 :吾輩は名無しである:2006/04/19(水) 18:06:17
客観的に読むことの大切さを説きながら主観的な記述が多い著者

229 :吾輩は名無しである:2006/04/19(水) 18:41:29
論理的に解釈するのは無理だよ。
ませたガキがあることないこと言ってるのと変わらないレベルの文章じゃん。

230 :吾輩は名無しである:2006/04/19(水) 18:41:40
「身体論」者ですからwww

231 :吾輩は名無しである:2006/04/19(水) 21:20:16
基本的にこいつの文章は借り物

232 :吾輩は名無しである:2006/04/23(日) 13:32:36
身体感覚を取り戻そう

233 :吾輩は名無しである:2006/04/28(金) 21:04:42
谷沢永一『本はこうして選ぶ買う』でぼろくそに否定されてた

234 :吾輩は名無しである:2006/04/29(土) 12:34:27
>>233
でも、谷沢永一は、折り紙つきの馬鹿だよね。

235 :吾輩は名無しである:2006/04/29(土) 12:38:41
>>234
書誌学はまともじゃない?

236 :吾輩は名無しである:2006/04/29(土) 15:25:08
で、斉藤の話だが、
まともな身体性があったら、あんな
キンキン声にはならない気がするんだが。謎。

237 :吾輩は名無しである:2006/04/29(土) 17:36:34
斉藤さん、昨日「報道ステーション」に出演していたけれど、コメントなんかするようになったら、学者・研究者ではない。あのひと、馬鹿なんだな。

238 :吾輩は名無しである:2006/04/29(土) 18:42:22
自己顕示欲と功名心とエリート意識の滑稽な混合体だな。
羞恥心や廉恥心のない奴はツエーと云う見本。
齋藤のやってることって学問でも教育でも文学でもない。
でも、本人は自分を偉大な独創的教育者と信じてる。
天然系コメディアンだな。

239 :吾輩は名無しである:2006/04/30(日) 06:57:03
常に客観的に自分を見つめて身の程をわきまえた行動をとるべきとしながら、学者・教育者の本文よりもテレビ出演に精を出す出しゃばりバカ
自分は芸能人とでもカン違いしているんだろうね
共演NGタレントがいる学者って斉藤くらいじゃないの?
なにが「内山理名は芸能人の適性がない」だよ?

240 :吾輩は名無しである:2006/04/30(日) 06:59:34
君たち何様だよ

241 :吾輩は名無しである:2006/04/30(日) 18:05:23
>>238
本人は自分を偉大な独創的教育者と信じてる。

わろた。

242 :吾輩は名無しである:2006/04/30(日) 19:56:18
社会的身分としては大学教授だから。

明大だったかな
あの人大学確か東大?

243 :吾輩は名無しである:2006/04/30(日) 19:58:01
副収入やばそ

244 :吾輩は名無しである:2006/04/30(日) 20:26:58
>>240
東大出の大学教授が、
急に名声や実益や社会的評価までも得てしまったから
劣等感の塊の無名バカが嫉妬に狂って毒づいているだけだよw
身の程知らずのバカがねw

この手の既知害は相手にしないで完全に無視するのがいい

245 :吾輩は名無しである:2006/04/30(日) 21:35:37
斉藤孝って文学者じゃなくて「教育者」だよね。
教育者って真面目であればあるほど嫌。個人的意見だけど。
人を教育で導こうってどう考えてもおかしい。
伝記を読むと、何か大きなことをし遂げた人ってろくな人じゃない。
どこか飛び抜けている人は、どこか大きく欠けているんだな。
教育者がそういう奴の角を矯めるって犯罪だと思う。
たとえば、エジソンを徹底的に教育してまともな秀才にしたら、それって?
斉藤さんのやっている文学は本来歪んだもの。健康の手段じゃない。
本当の意味で最高の教師はイコール最低の人間かも。反面教師は人を自分で育てるよ。
大人はちゃんと自分を見せれば良いのでは。それよりほかに人をいじくるな!
何をどう学ぶかは学ぶ方が判断すべき。大学に教えることを教える教育学部なんてあるのはおかしい。
 ちょっと言い過ぎかな。長レスになりました。ごめんなさい。

246 :吾輩は名無しである:2006/04/30(日) 21:46:16
>>245
良い先生にも良い学校にも恵まれなかった可哀相な人…
素晴らしい環境と優秀な先輩や友人に恵まれ
尊敬に値する先生から実のある指導を受けると、
そんな歪んだ感覚は持とうにももてなくなる…
角を矯めるような教育者にしか出会わなかったのなら
かなりひどい環境で、
すごい学歴コンプレックスですかひょっとして?

247 :吾輩は名無しである:2006/04/30(日) 21:54:51
>>237
「報道ステーション」なんか見る方が馬… w

248 :吾輩は名無しである:2006/05/01(月) 03:51:56
社会的評価受けている


わらた

249 :吾輩は名無しである:2006/05/01(月) 03:58:40
おまいが「社会」外 なんじゃね?

250 :吾輩は名無しである:2006/05/01(月) 04:02:16
誰が?

251 :吾輩は名無しである:2006/05/01(月) 04:05:19
日本語でおK

252 :吾輩は名無しである:2006/05/01(月) 04:20:32
斉藤はそのうち戸塚宏と対談するだろ
それでまた洗脳本出すだろ

253 :吾輩は名無しである:2006/05/01(月) 04:24:38
何力?

今度は対談力かな

254 :吾輩は名無しである:2006/05/01(月) 04:33:27
対談力W

255 :吾輩は名無しである:2006/05/01(月) 05:00:25
>>245
同意だけども、飛びぬける奴って
どんな教育にも矯められないから飛びぬけるんだよ。
人をどうにかしようなんて大人の計算やテクなんかに
惑わされないもん。むしろそういう大人の嫌らしさを感じ取ってしまう。
俺は教育者だ、と思ってる奴が、じつは反面教師なんだよ。

具体的な教育現場では、人間としての自分をダメさも含めて見せちまうような教師が
じつは一番子供の心に浸透していって
言語ではない伝え方で、もっとも大事なものを伝える。ホントはそれが教育



256 :吾輩は名無しである:2006/05/01(月) 05:07:59
子供は大人より遥かにススんでいて
そういう大事なものをちゃんと受け取る能力がある。
ススんでいるのも当然で
子供は常に、大人達よりも新しい、ずっと先まで往く命だから

257 :吾輩は名無しである:2006/05/01(月) 12:34:34
細木?極論過ぎる

258 :吾輩は名無しである:2006/05/01(月) 14:43:49
>>256
気色悪いレスだな〜。

「大人」も言葉にならないものは受け取っているし
感じている。だから斉藤が嫌いなんだよ。
いちいち言わないだけ(で、こういうとこで
言ったりする)。


259 :吾輩は名無しである:2006/05/01(月) 14:53:37
>>256
何このゆとり教育直撃世代の妄想

260 :吾輩は名無しである:2006/05/01(月) 16:16:19
っていうよりは、戦後人道主義万歳教育
直撃世代(ゆとり教育をした側)の妄想という気がする。

261 :吾輩は名無しである:2006/05/01(月) 17:18:47
こいつはペテンだよ。
永年体内で醗酵させてきた陰湿な世界観が今の一見前向きで健全なキャラを生ん
だんだろうが、いかんせんその醗酵によって生じた胡散臭さが行動開始と同
時に全身から放たれるのを防ぐことができていない。しかし大衆はこの強烈な腐
臭すら感じられぬほど鼻がバカになってるらしいね。

262 :吾輩は名無しである:2006/05/01(月) 17:26:25
ヒトラーっぽいよね。

263 :吾輩は名無しである:2006/05/01(月) 18:31:49
実際の講義は他人を見下ろすんだなあ。偉いよな。斉藤君は。テレビ朝日はやはり他人を見下すかどうかで、出演させるかどうか決めるんだな。納得できる話である。

264 :吾輩は名無しである:2006/05/01(月) 19:26:31
意味わかりませんw

265 :吾輩は名無しである:2006/05/01(月) 23:54:32
>>261の話がよく理解できないオレはバカ?それとも
261がアフォ?

266 :吾輩は名無しである:2006/05/02(火) 01:03:28
261はともかく、265が斉藤孝のうさんくささの察知できない
人間なら、それは多分バカかと。

267 :吾輩は名無しである:2006/05/02(火) 12:41:34
266の意見に同意。

268 :吾輩は名無しである:2006/05/02(火) 22:47:55
二浪して東大なんだよな
プライド高いのはコンプレックスからか

269 :吾輩は名無しである:2006/05/02(火) 22:50:15
でも斎藤先生、いい先生だよね・・みたいな事を書いたら反論必至。
でも、いい先生だし。

270 :吾輩は名無しである:2006/05/02(火) 23:12:47
いい先生だよ、マジ。悪いヤシが多すぎる中では。

271 :吾輩は名無しである:2006/05/03(水) 04:03:09
斉藤は21世紀の阿部進。信者ども乙。

272 :吾輩は名無しである:2006/05/04(木) 20:18:43
あれじゃない?21世紀の戸塚ヨットスクール。

273 :吾輩は名無しである:2006/05/05(金) 03:14:13
ちと自慢話が多いな。

274 :吾輩は名無しである:2006/05/15(月) 16:49:23
脳内麻薬分泌性なのか?……

275 :吾輩は名無しである:2006/05/16(火) 18:19:31
この人の「友だちいないと不安だ症候群につける薬」という本を読んだけど、結構いい事書いてあったと思うけどなぁ・・。

276 :吾輩は名無しである:2006/05/19(金) 08:46:07
俺もこの教授は印象としては最悪。
テレビに積極的に露出した段階で、俺の中では終わってた。
ただ、実際には本を読まずにいたし、そういう状態で批判してもしゃあない
ということで、岩波から出てる新書でも買って読んでみようかと思う。
こういう胡散臭そうでいかにも偽者な大学教授が、何か大事なこと言ってるのかもしれないし。

277 :吾輩は名無しである:2006/05/19(金) 11:34:30
信じた結果裏切られてみるといいよ

278 :吾輩は名無しである:2006/05/19(金) 11:46:59
>>276
いかにも「何か大事なことを言っている」
=胡散臭くていかにも偽物。

279 :276:2006/05/19(金) 11:52:16
>>277-278
そうなのかい?まあ別にどっちでもいいよ。
とりあえず今度、「読書力」って本を読んでみる。
そんだけ。

280 :吾輩は名無しである:2006/06/04(日) 07:50:03
弱い相手には高飛車にズケズケ言い
強い相手にはペコペコとゴマをする
それが斉藤孝

281 :吾輩は名無しである:2006/06/08(木) 23:42:11
彼の言う「教育欲」とは「支配欲」を綺麗に言い換えたものではないのか

282 :吾輩は名無しである:2006/06/08(木) 23:45:25
教育するほどのアタマがない人間は教育しちゃだめでしょ。

283 :吾輩は名無しである:2006/06/08(木) 23:47:15
日本会議へのすり寄りが凄い。
多分「君が代」は脳に良い、とか、
毎朝の教育勅語で偏差値upとか言い出すぞ。

284 :吾輩は名無しである:2006/06/08(木) 23:49:34
>「君が代」は脳に良い

これ、ラジオで言ってたよ。

285 :吾輩は名無しである:2006/06/08(木) 23:56:10
>>283
この人、文部大臣狙ってますから。

286 :吾輩は名無しである:2006/06/09(金) 00:00:24
終わってる国日本が本当に終わってしまうw

287 :吾輩は名無しである:2006/06/12(月) 13:37:34
ガンダムの富野がこの人にかぶれてたな。
そして駄作しかつくらなくなった・・・

288 :吾輩は名無しである:2006/06/12(月) 19:28:04
まぁ、カリスマ性はある?よね????????????

289 :吾輩は名無しである:2006/06/12(月) 20:18:25
カリスマ性って、背が低くて声が高いってこと?

290 :吾輩は名無しである:2006/06/13(火) 00:07:34
「丸劇トークオンデマインド」からの出演オファーを断り続けてるのは何故?
宮台さんが怖いの?

291 :吾輩は名無しである:2006/06/13(火) 00:11:18
怖いだろうね。

292 :吾輩は名無しである:2006/06/13(火) 00:16:48
村上と同じにほひがする。

293 :吾輩は名無しである:2006/06/13(火) 00:19:57
どの村上? って文学板なので一応聞く(ファンドだよね)。

294 :吾輩は名無しである:2006/06/13(火) 00:51:01
齋藤は最近「嫌われ松子の一生」を賞賛しているらしいな
中谷美紀は心の強い大人だとか中島哲也監督は客観的でしっかりいてるだとか

295 :吾輩は名無しである:2006/06/13(火) 01:07:20
逮捕されたら村上批判始めるのねw

296 :吾輩は名無しである:2006/06/13(火) 01:10:58
こいつ事故かなんかで死ね

297 :吾輩は名無しである:2006/06/13(火) 01:22:20
齋藤孝について真剣に考えられる君たちの能天気さに祝杯。

298 :吾輩は名無しである:2006/06/13(火) 01:40:50
え、おまえ何言ってんの?w

299 :吾輩は名無しである:2006/06/13(火) 05:12:13
ていうか事故で死ね

300 :吾輩は名無しである:2006/06/24(土) 02:34:02
子供向けテレビ番組『ガチャガチャポン』監修者:齋藤孝
「ミスターチルドレンがこの番組のために書き下ろししてくれたんですよ。
 ありえないですよね。『ヨーイドン』は本当にいい曲だ。」

ヨーイドンの歌詞:
「偉い教授も専門かもわかってないような数字やデータで未来は作れない
 ポカリと開いた心の穴埋め問題は理屈では解けない ねえ一緒に解いてよ」

桜井さんワザと偉い教授=齋藤孝を隠喩してたとしたら、あなた大したものだ。

301 :吾輩は名無しである:2006/06/24(土) 02:36:57
↑専門か=専門家ね。

302 :吾輩は名無しである:2006/06/24(土) 02:37:49
あと、理屈では解けない→ 一人では解けない でした。

303 :吾輩は名無しである:2006/06/24(土) 03:34:33
桜井はそんくらいやるよ。

304 :吾輩は名無しである:2006/06/24(土) 03:49:18
斉藤先生の「アイロニー」を理解出来ない馬鹿ベジばっかか?
このスレはw

305 :吾輩は名無しである:2006/06/24(土) 04:28:43
ぜんぜん「アイロニー」になってませんw
そういう言葉はもうちょっとお勉強してから使いましょうね。

306 :吾輩は名無しである:2006/06/24(土) 17:24:48
>>305
ゲラゲラ お勉強するのはどっちだろうね 
>『ヨーイドン』は本当にいい曲だ。」

なんで斉藤先生がこうおっしゃってるのか、お馬鹿のサヨには理解できないか? ニヤリ

307 :吾輩は名無しである:2006/07/12(水) 00:31:16
漏れも齋藤の授業取ってるけど、高飛車な言い方は多いがやっぱ正論を言って
いるんだよ。二浪でも東大出てたら明治なんてチンカスみたいなもんだろ。なのに
サボりまくる学生の主張もしっかり聞いてやるんだぞ。漏れはみていていつも
ストレス死するんじゃねぇかと思ってる。

308 :吾輩は名無しである:2006/07/24(月) 20:42:24
こいつのわがままのせいで内山理名が「世界一受けたい授業」のゲストから外されたとTV制作関係の知人から聞いた。
おまけに「客観的に見て芸能界に適性がない」とは噴飯もの。おまえ芸能関係のエキスパートかよってね!
それ以来俺は斉藤孝を人間的に嫌いになった。
俺も知ってるけどさ、内山理名ちゃん、優しくていい子じゃないかよ。でもそれがカンに触るらしいね斉藤アフォは。
なにかトラウマでも抱えているんじゃないの?このセンセ。

309 :吾輩は名無しである:2006/07/24(月) 23:33:59
私も今年先生の授業を初めて受けました。
去年まで文学部に有名だけど変な教授がいるなあって思ってて
大方今までの書き込みの人と同意権だったんですが、授業受けてみて意識変わりました。
確かに斉藤先生はめっちゃプライド高いし、授業中はテレビの比じゃなくハイテンションなので多少言葉が過ぎることもありますが、
おっしゃっていることは社会の摂理とか知性の大切さとか普通の大人が見てみないふりをしているような大事なことだと思います。
確かにはたから見ると背低いし声高いしテンション高いし変な人ですが、純粋に先生の主張してらっしゃることを反芻してみると新たな発見があると思いますよ。
ちなみに私は信者ではありませんよ。信者はいくら友達でもついていけないくらい熱血なので
この板を見たら10くらい連続でびっちりコメントしてくるでしょう★


310 :吾輩は名無しである:2006/07/25(火) 00:28:52
なんだかんだいってやっぱ天下取ってる
つーか一回この人とじっくり話してみたい
どこまで底が深いのか否浅いのか確かめたい

311 :吾輩は名無しである:2006/07/25(火) 00:36:14

どっからどう見ても大半の住人よりは斉藤孝の方が文学の造詣が深いだろ

ナンナノよ……(??)

312 :吾輩は名無しである:2006/07/25(火) 00:46:47
なんなんだ、この自作自演糞ヴァカスレはwwwww

IPが同じじゃないかwwwwwww

313 :吾輩は名無しである:2006/07/25(火) 20:03:26
やつはジャガーに乗っている

314 :吾輩は名無しである:2006/07/25(火) 20:41:04
やつは整体師に心酔している

315 :吾輩は名無しである:2006/07/25(火) 20:43:15
詐欺師

316 :吾輩は名無しである:2006/07/25(火) 20:53:19
オーラの泉でスピリチュアルの人にセッ○ス苦手でしょと言われたことを根に持っている。
この前何かの打ち合わせかなんかで雑談してるのを聞いた。

317 :吾輩は名無しである:2006/07/25(火) 21:40:41
内山理名の前では超高飛車
そのくせ柴咲コウの前では借りてきた猫
その程度の奴だよ斉藤は

318 :吾輩は名無しである:2006/07/25(火) 21:53:28
おばさんには内山くんとズベコウさんの違いが分かりませんw

319 :吾輩は名無しである:2006/07/25(火) 21:57:46
東南アジア妻がごまんとあふれている埼玉の昨今
ズベさんの顔は貧乏長屋でよく見かけたものだ。

とても、綺麗だったw




320 :吾輩は名無しである:2006/07/25(火) 22:01:29
芸能タレントなんてみんなフィリピーノにしちゃえばいいのにw

321 :吾輩は名無しである:2006/07/26(水) 23:30:43
でも私斉藤孝先生が好きなんです。
愛人にしてほしいんです。
まったく相手にしてもらえてないけど・・。

322 :吾輩は名無しである:2006/07/29(土) 00:10:00
あほ


323 :吾輩は名無しである:2006/07/29(土) 03:21:29
斉藤孝と鳥越俊太郎は仲が悪いらしい
なぜだろう

324 :吾輩は名無しである:2006/07/29(土) 22:57:46
斉藤は自分が一番だと思ってるから優れた人間は嫌いなんだと思うよ

325 :吾輩は名無しである:2006/08/01(火) 05:14:25
あのねえ、俺はこの人の「小中学生のうちから本を読ませる」
という改革は正しいと思う。
俺は大学はいってから文学に目覚めたんだけど、
中高の時から文学を読み漁っていたという友達からすると、
その思春期のころの感受性で文学を読むことの感動は、
大学生になってから読む感動とは比較にならないほど素晴らしいんだって。
俺ももっと若いうちからよんどきゃよかったよ、そいつが羨ましいよって思ったもん。
だから齋藤孝のやり方はそういう意味では正しいと思う。


326 :吾輩は名無しである:2006/08/02(水) 19:33:07
声が嫌

327 :吾輩は名無しである:2006/08/07(月) 21:16:27
こいつに言わせれば亀田興毅を叩くやつは大人になりきれてないんだとさ

328 :吾輩は名無しである:2006/08/08(火) 07:45:16
>>327
ソースきぼん
新聞?雑誌?

329 :吾輩は名無しである:2006/08/08(火) 08:08:05
「大人」ねえ。
いかにも権威主義者が好みそうなものいい。

330 :吾輩は名無しである:2006/08/16(水) 01:01:40
さぞかし成熟しきった大人なんでしょうね、この先生は。
まあ、単に新人類ジュニア世代を擁護したいだけかもしれないが。

331 :吾輩は名無しである:2006/08/20(日) 15:17:20
斉藤先生が教育学者の立場から、上野樹里の親の顔が見たいと嘆いてまつ
↓の問題で
http://www.youtube.com/watch?v=8NN2Zoc_sp0&search=%E4%B8%8A%E9%87%8E%E6%A8%B9%E9%87%8C

332 :吾輩は名無しである:2006/08/20(日) 15:34:10
「小中学生のうちから本を読ませる」ことは素晴らしいが、日本語の美しさを音読で
味あわせるのに、「川嶋隆太教授の脳活性化「音読・単純計算」」とLinkしないところが、
胡散くさい。正直金のためにやってるとしか思えん。この人の提唱で「朝の10分間読書」率が
小中50%になったのではない。
音読で身体に染み込ませても、機能しない言語性(世界の1/65)では、悲劇しか起こらん。

333 :吾輩は名無しである:2006/08/21(月) 14:22:04
小中学生が本を読むことが誰か特定の人間の意見になる
ってのがおかしすぎる。

334 :吾輩は名無しである:2006/08/22(火) 01:32:57
ていうかこの人の本読んで思うのは、読書量が半端じゃないということ。

ていうかこんだけ文学作品読破しているなら、普通教育学なんかじゃなく
文学を専門にするはずだと思うけど。
どんな文学教授より読んでいるんじゃないの。

・・・本当に全部読んでいるならね・・・w


335 :吾輩は名無しである:2006/08/22(火) 01:44:03
「日本教育再生機構」のお手伝いをするそうですから、
安倍政権で美味しいポジション狙ってるんでしょうね。

336 :吾輩は名無しである:2006/08/22(火) 05:01:11
亀田興毅にはペコペコ
そのくせ上野樹里をぶっ叩く
人や社会とのかかわり方を知らない欠陥人格者という点ではどちらも同じなのに
喧嘩して負けそうな相手には弱腰なんだろ斉藤は
その程度のヘタレな香具師が「日本教育再生機構」に参加するのか
これじゃ日本の教育がよくなるわけがない

337 :吾輩は名無しである:2006/08/22(火) 09:08:45
だって会長が八木だろw
電波右翼の巣窟じゃんw

338 :吾輩は名無しである:2006/08/22(火) 11:19:29
この人の紹介する作品っていまいち。

339 :吾輩は名無しである:2006/08/24(木) 23:01:28
どこぞのインチキ宗教信者のようなのっぺり明るい面と自信に満ちた態度が嫌
お役所方面にやたら受けが良いんだろこいつ

340 :吾輩は名無しである:2006/08/26(土) 04:44:50
自分を客観的に見ろ、身の程を知れという割には芸能人気取りなのが解せない
内山理名、上野樹里、井川遥とはいっしょにテレビ出たくないって、あんた芸能界の大物か?
あんたはあくまで大学教授だろ?自分こそ身の程わきまえたらどうだ?

341 :吾輩は名無しである:2006/08/26(土) 04:49:15
JR福知山線事故のときコメンテータとしてテレビに呼ばれた鉄道評論家の川島令三と楽屋で一緒になった斉藤は、「おたく」「まるで子供」とさんざん川島を貶したらしい。

342 :吾輩は名無しである:2006/08/26(土) 10:59:42
私怨ども乙

343 :吾輩は名無しである:2006/08/26(土) 13:11:27
平野の否定される齋藤孝

344 :吾輩は名無しである:2006/08/26(土) 13:50:10
平野っていいよなぁ

345 :吾輩は名無しである:2006/08/26(土) 18:33:40
345

346 :吾輩は名無しである:2006/08/27(日) 02:38:42
TAKASHI SAITOU was denied by KEIICHIROU HIRANO, in whose book
titled SLOW READING.

HIRANO encourages not read aloud, but read silently.

T agree with HIRANO's idea because read silently is same as
spritual conversation with the book's authors.

Read aloud could “feel” about superficial beauty of a sentence,
but it couldn't “understand” about the truth of internal of a sentence.

T think his(HIRANO's) idea is right. We should read a book like his way.
If you have interest about it, please read the book(SLOW READING).

347 :吾輩は名無しである:2006/08/28(月) 22:30:27
>>346
何だ、このメチャメチャな英語は!?
俺が書き直してやるよ。

TAKASHI SAITOU was denied by KEIICHIROU HIRANO in his book
titled "SLOW READING".

HIRANO encourages not to read aloud, but to read silently.

T agree with HIRANO's idea because reading silently is the same as
haiving some spritual conversation with the book's author.

If you read aloud, you could "feel" the superficial beauty of the sentences,
but you couldn't "understand" the truth hidden within them.

T think HIRANO's idea is right. We should read a book in his way.
If you are interested in it, you should choose SLOW READING.


348 :吾輩は名無しである:2006/08/28(月) 23:38:22
斎藤が言う
小学生から本格文学をどんどん読ませるべきだという主張は
いまさらながらではあるが
長い受験戦争の中で誰もがなおざりにしてきた盲点でもあった。

映像時代に生れ落ちて、最初から映像を与えられて育つ子供たちに
言葉をてがかりに自分の脳裡にイキイキと世界を創出するという
想像力の世界を体験させるには
読書しかない。その意味では、時宜を得た主張であり
であるからこそあっという間に一種のブームを起こしたわけでもある。

マスコミに売れすぎて2chのような場所でまで醜い嫉妬にさらされるのは
これもまた有名税の内と思われるが… 
低俗なたたきだな


349 :吾輩は名無しである:2006/08/29(火) 00:17:23
英語の能力ってやらないとすぐ落ちるよね

350 :吾輩は名無しである:2006/08/29(火) 01:39:21
ごめん、>>347の最後の行、解釈を間違えてた。

Please read the book "SLOW READING", if you are interested in it.


351 :吾輩は名無しである:2006/08/29(火) 02:23:15
>>348 現代の日本人一人ひとりが真摯に受け止めるべき主張なのに、2ちゃんねるのやつらは茶化すばかり。
低俗な叩きになんか逃げないで、もっと大人になれよと言いたい。

352 :吾輩は名無しである:2006/08/29(火) 07:48:10
>>350
あなた英検何級?
ていうか何歳?
帰国子女?

353 :吾輩は名無しである:2006/08/29(火) 07:50:42
俺が思うにガキは外で遊んでりゃいいんじゃないのマジで茶かしとかじゃなくて

354 :公爵 ◆o3RrrPgn1I :2006/08/29(火) 20:16:16
読書力ってやつ呼んだけどなかなか良かったス

355 :吾輩は名無しである:2006/08/30(水) 22:47:07
>>352

>>347=>>350ですが、私は帰国子女でも何でもありません。
それどころか、日本から一度も足を踏み出したことがないのです。
今、大学3年で、英検は準1級です。

356 :吾輩は名無しである:2006/08/31(木) 00:15:06
346の恥英語を書いた俺ですが、大学4年っす 苦笑
添削ありがとう。
高2で英検二級取ったんだけど、
受験終わったら思想や哲学にはまってしまい、
語学まったく勉強しなくなって今ではこんな英語に落ち込んでしまったっす・・・。
自分も今から語学学びなおして準一級めざすっす。
現実に生きていくためには語学必須やね。

357 :吾輩は名無しである:2006/09/15(金) 23:23:44
子供が本格文学読んでも理解できないだろ
読書嫌いになるのが普通だと思う
あっ、天才にはわからないか
凡人の私と違いますもんね

358 :吾輩は名無しである:2006/09/30(土) 01:57:56
10月からはじまる「Dr.コトー診療所」は家族でみて話題にできるドラマだと齋藤先生も太鼓判を押してますね
その裏番組の某ドラマはボロクソに非難してるね ドラマそのものでなく主演女優のことをww

359 :吾輩は名無しである:2006/09/30(土) 03:19:01
>子供が本格文学読んでも理解できないだろ
そんなことないっしょ。

360 :吾輩は名無しである:2006/09/30(土) 10:41:38
この人の喋り方が汚らしくていや。日本語がどうのこうのいう前に
自分の喋り方を何とかしてください。

361 :吾輩は名無しである:2006/10/12(木) 19:57:37
>>1
札付き

362 :吾輩は名無しである:2006/10/25(水) 11:57:12
>>358齋藤が非難してるのはこいつか?
http://www.sanspo.com/geino/top/gt200610/gt2006102504.html

363 :吾輩は名無しである:2006/10/25(水) 12:53:52
生理的に受け付けないというのを正直に顔や態度に出す女が苦手なんだろうね。
にしても、「すぐ顔に出すなよ女優だろ」
という意味で嫌ってるならいいけど、顔に出さない子には嫌悪感を
抱かれていないと思っていそうでこわい。

364 :吾輩は名無しである:2006/10/26(木) 02:43:06
>>363
それが違うらしい。
内山のおとなしめの性格と、おっとりした話し方や態度がカンに障るらしい。
齋藤自身、意識的にテンションを上げてるところがあるからな。

365 :吾輩は名無しである:2006/10/29(日) 00:59:10
名文を音読すれば、美しい文章が書けるということを、きちんと実証して下さるまでは、先生の主張には賛同しかねます。
今のところ、先生の著作には名文の影響は見られませんが、本当は出来るのに、敢えて砕けた文体を使っていらっしゃるのですか?
或は、先生の門下生には既に作文に長じた文人が育っているのでしょうか?
先生の所謂「体に埋め込んだ宝石」は、一体何処へ行ったのでしょうか?
その「宝石」が、作文をする際に筆に上らないのであれば、結局無駄足なのではないでしょうか?
嗚呼、齋藤先生、古きよき明治の香り漂う自作の詩文を、我々にどうぞお示し下さい。
先生の理論を信じたいので、どうぞ一日も早く実験結果をご提示下さい。
そうすれば、我々は何の疑いも無く、先生に従うことが出来ます。

366 :吾輩は名無しである:2006/10/29(日) 19:39:46
名文の音読は、谷崎潤一郎も欠かさずにしてたけど。
文章読本に載ってることをそのまま本にしただけじゃないのか。

367 :吾輩は名無しである:2006/12/15(金) 22:16:15
齋藤先生が内山理名を非難したのもこれで納得
http://ex13.2ch.net/test/read.cgi/tvd/1160726590/717-721

368 :吾輩は名無しである:2006/12/16(土) 02:37:03
お前等読書力も読んでないでよく斎藤の批判ができるもんだな

369 :吾輩は名無しである:2007/01/01(月) 12:21:45
<元日付けの「スポーツニッポン」の超大スクープです>
「少年隊」の東山紀之(40)と女優の内山理名(25)が真剣交際していることが31日、明らかになった。
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2007/01/01/01.html

370 :吾輩は名無しである:2007/01/02(火) 16:15:30
>>359
子どもは子どもなりに、その年頃なりの理解の仕方があるはずだよ。

371 :吾輩は名無しである:2007/01/02(火) 16:17:09
前に、旧教育基本法改正反対の集会で、斉藤孝ってナンセンスな伝統主義・国主主義の
笑えるキャラとして、ネタ扱いされていましたよw。

372 :吾輩は名無しである:2007/01/02(火) 16:23:36
>>325
そんなことはないと思う。いやいや強制的に読まされて文学に生理的嫌悪感もってもよくない。
人によっても美意識や問題意識は異なるのに、あまりにもあわないもの読まされて、
文学への苦手意識や無能感増大してもよくない。

やはり読みたいか読む必要のあるものを、人それぞれの時期に自分で探して読むほうがいいと思う。
それに、15のときには15の、20歳には20歳の、30歳には30歳なりの
独特の理解の仕方がある。
なんでも小さいころまたは若いころからはじめなきゃというのは偏見。
大器晩成なんて言葉もあるよ。
むしろ、文学を通じて特定の世界観(帝国中心、男性中心、白人中心など)を小さなころから
植えつけられるほうがおそろしい。

どうせ、おおかたの授業ではインドネシアの文学やラテンアメリカ文学など読ませやしない。
フェミニストやレズビアンヤゲイの文学も読ませない。いわゆる文学と名のつかないサブカルチャーも読ませない。

そのことによる世界観の歪みのほうが恐ろしい。

それから、みながいっせいに読むようになれば、希少価値もなくなるんだがw。

373 :吾輩は名無しである:2007/01/02(火) 17:38:54
おまいらよく読め
齋藤の不祥事がこれからボロボロと出てくるぞww
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1167599508/812

374 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 00:35:58
どうかな、この人の主張・実践って。
ドリルにしては少しは高尚で味わいありげなのがウケているのかな?

三流私大の問題にもなっていない問題よりは、東大や京大の小論文とか国語・英語の読解問題を読むほうが
少しは面白い、みたいな。
たぶんその程度の微細な差異で得をしているんだと思う。

375 :吾輩は名無しである:2007/01/23(火) 12:45:02
創価学会の強大なバックボーンがある限り齋藤孝は不滅でつwww

376 :吾輩は名無しである:2007/01/23(火) 15:04:25
斉藤孝先生がTVドラマにゲスト出演するとの情報をゲット!!

377 :吾輩は名無しである:2007/02/22(木) 00:40:10
齋藤先生の天敵が一人消えるよ!
http://tv9.2ch.net/test/read.cgi/actress/1170161531/22-25

378 :吾輩は名無しである:2007/02/22(木) 01:35:26
やっぱ哲学よ。齊藤さん。

379 :吾輩は名無しである:2007/02/22(木) 04:12:14
>>370
子供なりに理解して、愛や生きる意味とかいいだしたらたまんねえなwww

380 :吾輩は名無しである:2007/02/23(金) 01:17:35
この人天才が好きだよね。
空海まで持ち出しちゃって。

381 :吾輩は名無しである:2007/02/23(金) 06:35:32
二浪もしてるし、天才小説家の文章でお手軽な本つくって飯くってるから

382 :吾輩は名無しである:2007/03/04(日) 19:17:21
私は大学2年生です。
恥ずかしながら、高校を卒業するまでほとんど本を読む習慣もありませんでした。
しかし、大学に入って、レポートを書く必要性から本を読み始め、
TVや友人だけの中の日常からだけでは見つけ出せない、
自分の意識や能力を今までよりも一歩先に踏み出せるように
この春はたくさん本を読みたいと考えています。

そんな中で斎藤先生の本もこの春数冊よむことになりました。
ただ、ある友人が、
「齋藤孝は大学教授の中での評判はそんなによくない。だから明治にいるのもそのせいだ。
そもそも本当に一流の教員なんていうのは、あんなにTVには露出しない。」
というのです。
僕はここで、学歴がどうだとかそういうことではなく、
実際に斎藤先生の主張や考え方というのがいわゆる知識人と言われるような大学の先生がたはどのようにとらえられているのか
というお話を伺ってみたいのです。

このスレを見る限り、随分昔ですが、大学の教員の方もいらっしゃるようなので是非ご意見を聞かせてください。

なんで僕がこんなことを聞くことになったかというのも、そもそも今までの読書量というか
知識が足りないために書かれている全てのことを鵜呑みにしてしまう傾向があるからだと思います。

学者の先生がたは斎藤先生の主張をどのようにとらえられているのでしょうか?

383 :吾輩は名無しである:2007/03/04(日) 19:24:25
もしお前が斉藤先生がイイ!と思うなら、飽きるまで読め。
斉藤先生の思考は俺の思考と思うまで全著作を読め。
周りが好きだからお前は斉藤先生のことを好きなのか?
お前が好きだからお前は斉藤先生のことが好きなんじゃないのか?
斉藤先生を超える思想は、斉藤先生の延長線上にしか無いんだよ。

384 :382:2007/03/04(日) 19:46:41
>>周りが好きだからお前は斉藤先生のことを好きなのか?
>>お前が好きだからお前は斉藤先生のことが好きなんじゃないのか?

実は>>383さんの指摘の中に僕の悩みがある気がします。

それは読書をする上で僕が手に取る作品の基準にあると思うのです。
というのも、僕が斎藤先生の本を手に取った理由は
やはり周り、世間で語られる評価があったからこそ、
読んでみようかなと思ったというのが正直なところです。

でもその評価している人が、所謂大衆というか、メディアによって過剰に演出されたもので、
実際にはそれほど、中身を伴っていないものであるとするならば、
それが自分の骨となり実となることが怖いのかもしれません。

中学、高校時代と読書をしていなかったことに理由があるのか、それともそれとは関係のないところに
原因があるのかは分からないのですが、自分の中に「確固たる芯」というべきものがないから、
この作家を読みたいとか、これがいいというのがまったく分からないのです。

だから人が良いという本や、例えば教養のためのブックガイド
ttp://www.amazon.co.jp/%E6%95%99%E9%A4%8A%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%89-%E5%B0%8F%E6%9E%97-%E5%BA%B7%E5%A4%AB/dp/4130033239/ref=sr_1_12/249-2270147-1165155?ie=UTF8&s=books&qid=1173005047&sr=8-12
を読んで次に読む本を探しています。

なんだか書いてて自分で訳が分からなくなってきました笑
人に薦められたものから読書をしようとしている自分の姿勢が果たしていいのかがきになっているのかな・・

385 :吾輩は名無しである:2007/03/04(日) 20:27:28
自分の感覚を信じるしか無いんじゃないかね。
そりゃあ、最初は「良書」と呼ばれている中から選ぶだろうさ。
でも、その中で382が良いと思った本とそうで無い本があるわけだろう?
その「自分が思った良い本」を追いかけることでしか382の問いを深めることはできないんじゃないだろうか?

386 :明大生:2007/03/04(日) 21:59:57
斉藤孝の授業の評価は半々。
信者はたいてい表面的な奴。アンチは結構深く物事考えてる奴。
授業中に「最近よくテレビ出てる何とか孝さんていますけど・・・」
と、斉藤を批判する先生多し。しかしその裏には、その先生たちの
俗物的な嫉妬が含まれているのは明らか。

387 :吾輩は名無しである:2007/03/04(日) 23:10:51
学者の嫉妬はいやらしいからね〜。
特に国語の分野で大衆にあれだけのインパクトを与えて支持もされるなんて
妬けて妬けて仕方ない野郎もさぞ多かろう。

388 :382:2007/03/04(日) 23:37:07
>>385
これからきっとどれが良い悪いという感性が身につくと信じて
多くの本を読んでみたいと思います。
ただ、もっと早くから本を読み始めなかったことが、
本当に悔やまれます。

>>386
>>387
斎藤先生が、2、3年前からの「脳トレ」をはじめとするブームの先駆者であるんじゃないかと勝手に
認識、記憶しています。
そういった意味で大衆に広く認知されている斎藤先生の力はすばらしいと思うのです。

確かに国語系の分野において革新的な発見とかそういうものってなさそうなイメージはあります。
だからこそ、学者の先生に注目されることも少なく嫉妬ということも多くあるというのも納得できます。

今ふと斎藤先生の専門的な分野がそもそも何だったかっていうことを改めて考えたときに、
教育学、身体論、コミュニケーション論ということになっていますが、
嫉妬を抜きにして、学者間での斎藤先生のやっていることの評価は、大きく分かれるところなのでしょうか?

389 :吾輩は名無しである:2007/03/04(日) 23:54:33
>388
ようするに、斉藤さんの本を読もうと思っているが、
斉藤さんの評判は、メディアの上だけの虚像で、
本自体は読む価値が無いんじゃないか?
という疑問ですか?
それは、やはり自分で決めたほうがいいのでは?
斉藤さんの本は、啓蒙書ばかりでサラサラと読めますから。
因みに、「声に出して・・」は、啓蒙書としては良書だと思いますよ。

でも、本当に良書を読もうと思ったら、歴史でふるいに掛けられた本を
読むのが確実だと思いますよ。

ただ、あなたのマニュアル志向と自主性の無さが、読書が足りない以前に、
おじさんはちょっと心配です(w

390 :382:2007/03/05(月) 00:15:14
>>389
>>ただ、あなたのマニュアル志向と自主性の無さが、読書が足りない以前に、
おじさんはちょっと心配です(w

自分でも>>388の文章を書き終えて、なんだか人任せで人の評価に振り回されている
自分に改めて気づきました。

今はとにかくいろんな人の文章に触れてみたいと思います。

スレ汚し失礼しました。

391 :吾輩は名無しである:2007/03/12(月) 07:45:19
世界一受けたい授業のリハーサルで齋藤孝先生はゲストの内山理名を降板させたらしいが、斉藤先生は内山の傲慢で非常識な性格を見抜いていたのですね

内山理名というと清純派のイメージばかり想像しがちだが、それとは裏腹に現場スタッフの評判は最悪。
「とにかくワガママ!僕はもう、仕事したくないです。大物先輩俳優たちがいるときはおとなしくしているんです。
それが、若い役者たちだけのシーンのときは、ホント、大女優きどり。自分の映り方から演出まで口を突っ込んでくる」
こんな"天狗"状態で周囲は大迷惑だとか。とあるシーンの撮影で内山は、「あのさ、これじゃ私がほとんど映らないじゃん。ってことは、ホントにこのシーンに私が必要なの?こっちから撮りなよ。そうじゃないなら、やめて」
そういうと、テレビで見るのとはまるで違う、鬼の形相でにらみつけたとか。
「大物プロデューサーやベテラン俳優にはきちんと"おはようございますっ!"と、得意の笑顔で挨拶もしますし、持参した手料理も振舞います。さりげないボディタッチも欠かしませんから、彼らからの評判はいいです。
でも内山本人は、裏では"あのオッサンが〜""和田アキ子むかつく""柴咲ありえな〜い""齋藤孝とかいうセンセ、きも〜"なんて、それまでとまるで別人で事務所のスタッフに彼らの文句を言っていたりするらしいですよ。
最近、批判的な声が多い低視聴率女優の内山。ジャニーズタレントとの付き合いが取り沙汰されて、"ジャニ食い女優"なんて言われてるし。


392 :吾輩は名無しである:2007/03/12(月) 13:55:50


393 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 18:41:09
斎藤孝の本で一番まとまってるのってなんですか?
この方の偏愛マップと段取り力を読んだのですが、
なんていうか文章がとっちらかってる印象があるっていうか・・・
あの人の喋り方がそのまま文章の勢いにのりうつってるかんじがしてちょっとまとまってないなって・・・・

394 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 22:42:58
読書量が足りないとか知識が足りないから鵜呑みにするじゃなくて、頭を使わずによく考えないからだろ
鵜呑みにしないときは知識が足りたとき
それはその大量の人から得た知識を鵜呑みにしたときに見える
現にこのスレの書き込みも鵜呑みにして受け入れてるような気がする
あなたは自主性がなく、暗記ばかりで思索をしたことがない人です。たぶん
でも、基礎的な知識は確かに大事だから、それすらないようなら読書の前に勉強でもしたほうがいいのではと
年下大学生は思いました
文系の学問は知らなくてもいいことばかりであほらしい、数学とか物理楽しいよ

395 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 23:13:40
物理と数学なんて技術者にでもならない限り社会で必要ないだろw

396 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 23:25:45
まあ、自己満足だよな
真理の探求とか美しさの追求のだけだから
ふっきれない文化論よりマシだけど

397 :吾輩は名無しである:2007/03/24(土) 15:44:56
>>391
実話か?内山理名に恨みでもあるのか?

>>394
文系だろうが理系だろうが、要は「技」として、使いこなせるか否かだと思う。
楽しいだけでは結局雑学レベルで終わる。
文系理系の是非をする人は、学校の先生レベルの知識人しか知らないんだと思う。

>>395
同感。その道理に気がつかない輩が意外と多いな。

斉藤先生も自分の専門以外で、空海からジュペリまで幅広いからな。
それに現在「名文=斉藤孝」は世論の定評だからな。同業者達の嫉妬の的なんだろうな。
文系の学者の仕事は本を読むことだから、その意味では日本でも有数の学者と言ってもいいのかな。

85 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)