5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

渡辺淳一は異常性欲者か

1 :吾輩は名無しである:2005/11/29(火) 07:13:36
ポルノ作家・渡辺淳一の精神、頭脳、知性、肉体、性、性格、品性、人格、趣味、嗜好、女性遍歴、金銭感覚、醜聞、善行、社会貢献、経歴、作風、思想などを語ろう。

2 :吾輩は名無しである:2005/11/29(火) 08:59:22
づんゐ痴スレ、もうイラン。

3 :吾輩は名無しである:2005/11/29(火) 13:15:06
渡辺淳一は老人性変態者である。

4 :吾輩は名無しである:2005/11/30(水) 23:01:13
先日、北九州市に講演に行った帰り。
一旦、小倉から福岡に戻り、そこから飛行機で東京に帰るつもりで新幹線に乗ったのだけど。

自由席の切符で乗っていたら、たまたま車掌さんが来て、
「ここは指定席だから、自由席に移ってください」とのこと。
「でも、わずか十数分のあいだだから、 それくらい見逃してくれてもいいじゃないか」といったけど、「駄目だ」とのこと。

「それじゃあ」と立上ったら、隣りはグリーン席。
そちらのほうがはるかに楽、と思って乗っていたら、先程の車掌がまた来て、「ここはグリーン車」ですと。
そんなことはわかっているけど、 いまさら自由席に行くのは面倒くさい。
それに広い車輌に乗っているのは二人だけで、あとはガラ空き。

「もう直ぐ着くから、ここにいても、いいじゃないか」といっても、 「駄目だ」の一点張り。
そこで、「君きみ、これくらいは大目に見るものだよ、本当に融通がきかないね」と説教して立上り、
デッキに出たら、途端に福岡に到着。

この車掌さん、職務に忠実といったらそのとおりだが、 過ぎたるはおよばざるがごとし。
もう少し時と場所を考えて、自在にやって欲しいものですね。 JR西日本さん。

ソース:http://watanabe-junichi.net/


5 :吾輩は名無しである:2005/11/30(水) 23:22:25
【小説】渡辺淳一先生、ブログでボロを出す
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1133354922/
祭りですか?

6 :吾輩は名無しである:2005/12/01(木) 01:24:34
渡辺淳一みたいな破廉恥な恥ずかしい人間になるのは簡単だが、
それをblogで公開できるようになるのは普通ではない。さすが医学博士。

どうも、露出狂みたいだ。
渡辺淳一、何も、あんたのずうずうしい行動なんて、そんな事分かってますから。
いまさらあんたを批判するのも面倒臭い。

7 :吾輩は名無しである:2005/12/01(木) 02:10:17
異常性欲者っていうより
単に自己顕示欲と選良意識の強い露出狂的性格ってだけじゃね?
小説の中の性描写や性の在り方自体はむしろ紋切り型で
特殊なものではない。

8 :吾輩は名無しである:2005/12/01(木) 02:12:14
ただの俗人と思う。

9 :吾輩は名無しである:2005/12/01(木) 09:19:53
渡辺淳一の「愛の流刑地」は、異常性欲作家による異常性欲者などを対象にした、
異常性欲を起こさせるための、異常性欲小説であり、自分の異常性欲を正当化
しょうとする試みである。

10 :吾輩は名無しである:2005/12/01(木) 22:34:22
愛ルケはますます妄想めらめら。
ったく、世界は自分だけで成り立ってるつもりのじいさんだ。
自分のエゴと性欲の正当化しか出来ない、能ない。
最初の愛人、こいつのために自殺してんだろ。
実生活でも人格破綻者だよ。

11 :吾輩は名無しである:2005/12/02(金) 00:01:26
こんなDQNジジイには早く隠居してもらいうたいね。

12 :吾輩は名無しである:2005/12/02(金) 13:29:21
女性関係でトラブルが続出し、札幌に居られなくなって東京に出てきた。
若い頃から女性関係は可成り派手で、その経験が悲しくも「愛の流刑地」に生かされている。


13 :吾輩は名無しである:2005/12/02(金) 14:17:52
異常性欲ヒキ豚乙

14 :吾輩は名無しである:2005/12/02(金) 15:17:03
まあどう語ろうと最近の作品はつまらなくて下らないものばかりだ。
とりあえず賞の選考をする人間ではないと思うよ、ホント。

15 :吾輩は名無しである:2005/12/02(金) 16:18:11
>>12
経験が生きているのなら、あんなリアリティーの無い駄文になるわけが内のですが・・・

16 :吾輩は名無しである:2005/12/02(金) 17:00:18
あちこちでスレたってるけど、ついに異常性欲者かw口は災いの元ってホンとだなww

17 :吾輩は名無しである:2005/12/02(金) 18:20:29
異常性欲をもちながら、
セックス不能の
便所豚哀れw

18 :吾輩は名無しである:2005/12/03(土) 02:25:05
ほんとに異常性欲なら、芸術的価値も見いだされるだろうけど
ヤツのエロ話は所詮、ニッポンのオヤジのチンケな夢でしかないね。
今からでも宇野鴻一郎に弟子入りしてみろってんだ。
ちなみに宇野先生は芥川賞作家でもある。

19 :吾輩は名無しである:2005/12/03(土) 22:34:34
異常性欲&不正乗車とは。
変なヤツ。

20 :吾輩は名無しである:2005/12/04(日) 00:26:14
ていうか顔見りゃ下衆な人間ってのが分かる・・・。

21 :吾輩は名無しである:2005/12/04(日) 02:51:16
すげえ品のないツラだよな

22 :吾輩は名無しである:2005/12/04(日) 13:01:15
★中高年 キレ方ズルい?

・「キレる」といえば、子どもの代名詞と思っていませんか−。感情を抑えきれなくなった状態を
 「キレる」というなら、年齢に関係はないはず。ほかの年代のキレ方も、もっと注目されていいの
 では。茨城県坂東市の国勢調査員の男性(66)が、担当した調査票をすべて回収できないのに
 キレて、せっかく集めた調査票まで燃やした騒動も記憶に新しい。夜の東京・新橋で、中高年の
 男性に「大人がキレる事情」を聞いて回った。

 酔いをさましていた会社役員の男性(57)は「仕事中はキレることがしょっちゅう」という。怒りの
 対象は若い部下らしい。「二十代はなってない。言葉遣いが悪いし、あいさつができないし、
 自分の都合で休む」。相当不満がたまっているようだ。「本人のためにも最低限のことはきつく
 教えなくちゃ」。話すうちにますます熱くなり、キレそうになってきた。

 スナックでは、今回の国勢調査で調査員を務めた元会社役員の男性(64)に会った。男性は
 「調査票を燃やした人の気持ちは分かるよ」とぽつり。アパートを担当したが「呼び鈴を押しても
 出ない。郵便受けに調査票を入れると、少したってからガサッと引き抜く音が聞こえた」。

 JR東日本東京支社によると、一昨年度まで、駅員に暴力を振るう年代は五十代がほぼ毎年
 トップを占めた。かなりの割合が酔客とみられるが、この年代はキレやすい傾向があるのだろうか。

 聖路加国際病院精神科部長大平健さんは「大人(中高年)は、相手が弱い立場で反撃
 できないとみると、徹底的に攻撃する。ずるいんですよ。乗客に反論しにくい立場の駅員に
 “キレる”のはその典型ですね」と分析する。
 それでも、夜の新橋では「キレるのは個人の資質の問題」など、自分は無関係と断言する
 中高年も多かったですが…。
 質問を重ねると、大平さんは「“義憤”から正当な行為をしたつもりなので、キレた自覚が
 ないのでしょう」と、ばっさり。
 大平さんによると、大人のキレ方は「会社のため」「部下のため」などと勝手な理由をつける
 ところが少年のそれと違うところだという。(一部略)
 http://www.tokyo-np.co.jp/00/thatu/20051107/mng_____thatu___000.shtml

23 :吾輩は名無しである:2005/12/05(月) 12:26:06
化身は面白かったけどね。
一部、連載の引き伸ばしのために無理にダラダラ続けてると思われる所もあったけど、
男の優柔不断さ、身勝手さが良く描けていた、と思う。




24 :吾輩は名無しである:2005/12/06(火) 23:48:20
>>24
ああ、化身は面白かったかな。少なくとも他の作品と比べてだが。

渡辺の何がイヤかって、異常性癖じゃないところだよ。
むしろ性的にはまったくノーマルで型通りの人間なのに異常性癖を書こうとするからああ言う
どうしようもない駄文になる。
小細工使ってるだけで結局はどの作品も同じ事やってるだけだろ。
たしかに男の勝手な願望や女に対する夢はよく分かるが、んなもん一作あれば十分だ。

昔はどうだったか知らんが、今は世間の嗜好が年々コアになってきてるし、
文章を書く奴も増えてる。
渡辺は昔にしちゃ上手かったかも知れないが(数々の文豪たちは特殊な例として)、
今はちょっと文章上手いオタ男でも同じくらいのもの書けるだろ。
…と言うかホント、愛ルケはどうよ。失楽園連載してた頃も言ったけど、日経終わったな。

25 :sage:2005/12/07(水) 08:16:41
ああいうの読みたければ川端とか谷崎でもう完結してる。
よって渡辺は終わりでおk

26 :吾輩は名無しである:2005/12/07(水) 14:34:40
渡辺淳一の何が駄目って、どの話も登場人物の名前以外みんな同じ話‥本人は黄金のパターンとでも思っているかも知れないが。また伝記でも書いてみればいいのに…。


27 :吾輩は名無しである:2005/12/07(水) 22:09:20
ってかぶっちゃけ、
作 家 っ て こ ん な 程 度 で も な れ ん の か
って思った

うち日経とってるけど、
11月は普通に愛ルケより仲代達矢の「私の履歴書」の方がドラマ性に富んでて面白かった。

28 :吾輩は名無しである:2005/12/07(水) 23:14:54
堅すぎる車掌さん  文:渡辺淳一

 先日、北九州市に講演に行った帰り。一旦、小倉から福岡に戻り、そこから飛行機で東京に帰るつもりで新幹線に乗ったのだけど。
 自由席の切符で乗っていたら、たまたま車掌さんが来て、「ここは指定席だから、自由席に移ってください」とのこと。
 「でも、わずか十数分のあいだだから、 それくらい見逃してくれてもいいじゃないか」といったけど、「駄目だ」とのこと。
 「それじゃあ」と立上ったら、隣りはグリーン席。
そちらのほうがはるかに楽、と思って乗っていたら、先程の車掌がまた来て、「ここはグリーン車」ですと。
 そんなことはわかっているけど、 いまさら自由席に行くのは面倒くさい。
それに広い車輌に乗っているのは二人だけで、あとはガラ空き。
 「もう直ぐ着くから、ここにいても、いいじゃないか」といっても、 「駄目だ」の一点張り。
 そこで、「君きみ、これくらいは大目に見るものだよ、本当に融通がきかないね」と説教して立上り、 デッキに出たら、途端に福岡に到着。
 この車掌さん、職務に忠実といったらそのとおりだが、 過ぎたるはおよばざるがごとし。
もう少し時と場所を考えて、自在にやって欲しいものですね。 JR西日本さん。
ttp://watanabe-junichi.net/
トラックバック:http://watanabe-junichi.net/mt/mt-tb.cgi/18

異常性欲かどうかは知らぬが、講演元からセシメた「車代」を使わず
 セコく自由席にのる爺さん、自分に100%非があるのに、
 弱っているJR西日本を悪者に仕立てる非常識な糞ジジーである
 ことだけは明瞭です。



29 :吾輩は名無しである:2005/12/08(木) 22:03:09
・・・そうすると「着物を着る会」も「川奈のギルフ」
も全て出版社持ち? マスコミって本当に儲かってるんだなあ。

30 :吾輩は名無しである:2005/12/09(金) 09:14:00
それにしても「隠すほど現るるは無し」とはよく逝ったものだw
ブログ記事削除、トラバ外し、
つまりはヴァカなことをほざいた、と認めたということだ( ´,_ゝ`)プッ
だいたい「著名人(p」がその名をカサに着て、名も無い仕事に忠実な善良な市民をクサすとは、とんでもないエロ親父だ。
とっとと氏ね。

31 :吾輩は名無しである:2005/12/09(金) 10:20:18
「白き手の報復」に入っている「少女の死ぬ時」という短編は、むかし「きりぎりす」
というタイトルでドラマにもなったと記憶しているが、いまの渡辺淳一からは想像で
きないような、短編小説の佳品である。通俗小説作家の片鱗は既に垣間見えるが、今
のような幼稚でお馬鹿な小説とは比べるべくもないもので、余計にいまのお馬鹿さが
際立つ。

32 :吾輩は名無しである:2005/12/09(金) 19:10:58
原稿料などで、しこたま儲けているのに、自由席の切符で指定席に乗るしみったれた根性は、守銭奴作家の面目躍如たるものがある。


33 :吾輩は名無しである:2005/12/10(土) 02:22:21
↑のようなお金の使い方って、ナベジュンが頻繁に行っているであろう銀座のクラブで
一番軽蔑されると思うのだが。

銀座で見栄を張るためにそれ以外の所で節約してるんだろうか。

34 :吾輩は名無しである:2005/12/10(土) 11:58:48
着物の会(文:渡辺淳一)

 昨日、編集者の有志の人と、着物を着る会を、向島の「大漁」という、
 ふぐ店でする。そのあと、向島の料亭で芸者さんを呼んで楽しむ。
 じつは、「銀座に行こう」という声もあったのだが、これでは目立ちすぎるので、
 ほどほどのところでお開きとする
 ttp://watanabe-junichi.net/
トラックバック:http://watanabe-junichi.net/mt/mt-tb.cgi/18

 
 ⇒着物の会も銀座も大出版社の接待じゃね〜の!?






35 :吾輩は名無しである:2005/12/10(土) 17:43:40
ドレサージュ覚えたてで、初めてグリセリンをM嬢に
流そうとしたとき、適量がわからず原液で
流してしまった・・・
その後、店員がイリゲーターみたいなものでM嬢のお腹
からグリセリンを取り除いていたが、
「おまえわざとか?」とかイヤミを言われた。
オレはぜんぜん悪くないのに、イヤミを言われてアタッマきた

36 :吾輩は名無しである:2005/12/10(土) 21:11:34
浅学非才 因循姑息 無知蒙昧
十年一日 自己中心 男尊女卑
傲岸不遜 電脳音痴 頻尿夜尿
餓鬼作文 不能中折 無芸大食
説教強盗 地方差別 無銭乗車

37 :吾輩は名無しである:2005/12/10(土) 21:26:19
医者は変態が多い。いまさら。

38 :吾輩は名無しである:2005/12/10(土) 21:39:07
>>37
変態てほど個性的な世界じゃなくね?
この爺さんの小説。
オッサンの紋切り型の性願望だから需要があるんだろ。

39 :吾輩は名無しである:2005/12/11(日) 00:50:44
一般的にいう「変態」は個性とかの問題であるよりは
量の問題だからなあ。

40 :吾輩は名無しである:2005/12/11(日) 00:58:44
粘着糞コテ厨共の


あこがれ==異常性欲=ワタジュン

41 :吾輩は名無しである:2005/12/11(日) 11:48:38
上に出てるJRの件、
確かに車掌のやり方もナンだけど、億単位の年収ある大作家?が
書くようなことじゃない。
この人、案外私生活では疎外感を味わってるのかな?

42 :吾輩は名無しである:2005/12/11(日) 16:35:09
ttp://watanabe-junichi.net/archives/2005/11/post_8.html

(↑ JRグリーン車タダ乗り自慢&車掌説教自慢 オリジナル文章
   読めます。・・・ただし、ズンが消さない限り)

43 :吾輩は名無しである:2005/12/11(日) 18:14:56
五木寛之も同類

44 :吾輩は名無しである:2005/12/11(日) 20:59:09
論理破綻 支離滅裂 低級趣味
独善極致 選民意識 人格最低
権威主義 排外主義 着物河豚
田夫野人 老惨老害 縁故入社
講演成金 回春願望 猥褻妄想
性器偏執 若者嫌悪 無賃乗車

45 :渡辺淳一:2005/12/12(月) 09:45:13
  村尾菊治=役所広司=渡辺淳一
    「ワシの勝ち!」

46 :吾輩は名無しである:2005/12/12(月) 12:11:41
別に異常性欲者じゃないですよ、先生は。
ただ単に女好きで金儲けの上手い売文業者ってだけですね。

47 :吾輩は名無しである:2005/12/12(月) 12:28:58
>ただ単に女好きで金儲けの上手い売文業者ってだけですね
金儲けが上手いのは例の編集者あがりの愛人だろ。
そういえば、そいつが現れてから映画化作品が増えてナベの収入は上がったろうが、
文章の質は格段に低下したと思う。(注:元々低いがさらに底辺になったということ

48 :吾輩は名無しである:2005/12/12(月) 16:45:26
ひとつだけましなのは、週刊新潮に連載持っている、ということはあのカルト集団信者でない、ということかな( ´,_ゝ`)プッ

49 :吾輩は名無しである:2005/12/12(月) 23:16:49
例の「JRグリーン車タダ乗り事件」を
姑息にもブログから削除してやがる。
最低のジジーだな。

50 :吾輩は名無しである:2005/12/13(火) 15:09:23
>>49
誰かがここに書き込んだ。たぶんそのうち削除されると思うけど。

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%CF%CA%D5%BD%DF%B0%EC

51 :村尾氏:2005/12/14(水) 22:41:25
もうこんな死に損ないの糞爺、放っておこうぜ。
これだけ非難の嵐が起こってるのに、大マスコミには
「賛否両論」になっちまうんだから。
どいつもこいつもこの糞老人でカネ儲け企む奴ばっか。
(しかも、そいつらが人も羨む超高給ときてやがる。)

52 :吾輩は名無しである:2005/12/15(木) 09:42:24
渡辺的には、自分が書き込めば 
JR西日本に抗議電話が殺到する 
⇒ザマァみろ、大作家のワシに横柄な口を聞く
 からだっ  と考えたんだろう。

こう言うのを「何様」と言う。 

53 :吾輩は名無しである:2005/12/15(木) 17:09:13
ビートきよしは借金で首が回らなくなり、マルクス主義者に転向してもグリーン車に乗ってたのに・・・


54 :吾輩は名無しである:2005/12/15(木) 21:21:54
>自由席の切符で乗っていたら、たまたま車掌さんが来て、
「たまたま」から確信犯であるとも読み取れる、もしくは常習?

>「でも、わずか十数分のあいだだから、 それくらい見逃してくれてもいいじゃないか」
駄目なのは知ってるけどすぐだからいいだろうと自分勝手に線引きする身勝手さ。

>隣りはグリーン席。 そちらのほうがはるかに楽、と思って乗っていたら
指定でさえ駄目なのにこの開き直り、あきらかに挑発。

>そんなことはわかっているけど、 いまさら自由席に行くのは面倒くさい。
やっぱりわかっててやってるご様子。

>それに広い車輌に乗っているのは二人だけで、あとはガラ空き。
どうやらこれで正当化出来ると思ってるおつもりらしい。

>「君きみ、これくらいは大目に見るものだよ、本当に融通がきかないね」と説教して立上り、
正当な料金も払わずにお説教、盗人猛々しいとはこの事か?

>JR西日本さん。
ここに底意地の悪い物が凝縮されてる感じがする。

驚くべき事はこの自分のDQNぶりを公開できちゃうことと、JRに非難が行くだろうと思ってる節のあるとこだね。
しかし実際は非難が来たのは自分の方で非難を誹謗中傷とした上でトラバ削除、
また該当ページへのリンクは削除の逃げの一手。
しかし日経の連載のアンケートの「読みたくありません」が90に迫ろうとしているなどまだ火は消えそうにない。

55 :吾輩は名無しである:2005/12/16(金) 10:16:38
こんどのν雁の話もまた突っ込まれるぞ〜
「やたら発見、やたら手術」って近藤誠にでも毒されたか( ´,_ゝ`)プッ
エロ愚作で女性の反感を買ってるから、挽回しようとして必死なのはわかるがね。
まだ万藻なんてそう普及していないのに、早期発見の方法が普及しただって( ´,_ゝ`)プッ
普及率がぐんと上がればそういう議論も成り立つんだろうけど、完全に思索なくして思いついた
ことの羅列しただけだね。ブログの怖さというものをわかってないね。
ったくこいつほんとに医師免許もってんのか?

56 :吾輩は名無しである:2005/12/17(土) 01:13:25
酷すぎる作家さん  文:車掌

 先日、小倉〜博多間での勤務中。
 指定席の検札に行ったら、大勢の取り巻きを従えた老人が指定券を持たずにフン反り返っていたので
 「ここは指定席だから、自由席に移って頂けませんか」と伝えた。
 ところが、この老人「でも、わずか十数分のあいだだから、 それくらい見逃してくれてもいいじゃないか」と怒鳴ってきた。
 それを認めたら無銭乗車が横行するのは明白なので「規則は規則です」と値う限り丁寧に説明した。
 その甲斐あって、散々悪態をついた末に漸く自由席に戻ったと思ったのも束の間。
 続いて入ったグリーン車の座席に、さっきの老人が「こちらの方が遥かにラク」と
 わめきながら私を睨みつけフン反り返っている。
 これは相当悪質な男だと思い、「ここはグリーン車」ですと毅然と指摘したら、
 「いまさらワシに自由席に行け! と言うのか」と再び怒り狂い、とりつくシマもない。
 「こんな広い車輌に乗っているのは二人だけで、あとはガラ空き。
 もう直ぐ着くから、ここにいても、いいじゃないか!」とも言い出しそこを動こうとしない。
 しかし、規則は規則。お年寄りには悪いがここは「駄目です」とハッキリ言うしかない。
 結局、お爺さんは「君きみ、これくらいは大目に見るものだよ、本当に融通がきかないね」と
 博多に着く迄ズッと私を大声で説教して、
 列車が博多についた途端、肩で風を切って出て行った。
 この老人、周りの乗客によると日経新聞に連載を持ち、直木賞の
 選考委員まで務める高名な作家とのこと。世間的見栄を張りたかったのか
 威張りたかったのかは今もって不明だが、衣食足りて礼節を知る、とも言う。
 もう少し時と場所を考えて、年長者らしい常識的振る舞いをして欲しいものですね。大作家さん。

 ttp://watanabe-junichi.net/
 トラックバック:http://watanabe-junichi.net/mt/mt-tb.cgi/18



57 :吾輩は名無しである:2005/12/17(土) 20:41:21
>>56
奴の文のほうが素人文に見える!
ていうかこっちのほうが状況が目に浮かぶし自然だな。
実際はこっちのほうが真実に近いのかもw

58 :吾輩は名無しである:2005/12/17(土) 23:01:51
>そちらの方がはるかに楽

 当たり前だろう、何のためのグリーン車だよ。
 


所得番付にまで出る72歳の大人のやることじゃない。
仮に車掌の言い方がムカツイた、としても 一方的に
高みから斬って捨てるような言い方はヒドいんじゃないかな。



59 :吾輩は名無しである:2005/12/18(日) 02:10:19
>>58
同意。
せめて「自分も悪かったとは思うが」とか
「今度からは切符を買ってグリーン車に乗ることにしたが」みたいな一文があれば
まだ許せるのにそれもなくて
あたかも車掌さんに全面的な非があるかのような書き方だから不快になる。

60 :吾輩は名無しである:2005/12/18(日) 07:19:14
渡辺淳一は札幌医科大学において、和田心臓外科チームに所属していた。
和田教授は日本初の心臓移植の件で世間から強い批判を浴び、
それに関する新聞記者との会見で上司の和田教授を批判したと誤解され、
居づらくなって大学を辞め東京に出てきた。
生活費を稼ぐために、ポルノ作家となった。
医者の利益団体であり政治圧力団体でもある日本医師会は医者崩れのポルノ作家をどう見ているのであろうか。
医者の品位を下げたことだけは間違いない。

61 :吾輩は名無しである:2005/12/18(日) 11:13:44
>>60
整形外科医がなんで和田チームに所属するんだよ、ばーーか、捏造キャリアを鵜呑みにするな。
ただ単に女問題を起こして医大に居られなくなっただけだよ( ´,_ゝ`)プッ

62 :吾輩は名無しである:2005/12/18(日) 18:42:57
>>60
だいたいもうづんは医者をやめてんだし、会員でもないこのエロ爺なんて、医師会は無視にきまってんじゃんw
それに医師会が「政治圧力団体」って何十年前の話をしてんだ藻枚は ( ´,_ゝ`)プッ

63 :吾輩は名無しである:2005/12/18(日) 21:35:04
>>28
品性が卑しさが行間からにじみ出てる。
けちで嫌味で夜郎自大で恥を恥じと思わない人間であることがよくわかる。

64 :吾輩は名無しである:2005/12/19(月) 00:24:51
「失楽園」ヒットの栄光に甘え、何ら努力もせず読者を舐めきった
駄文を垂れ流しているよ、この作家。
愛の流刑地、なんてヒデーもんだ。
言葉の間違い、当て字の間違い、言うまでもなく
紋切り型の男性論・女性論、、、

65 :吾輩は名無しである:2005/12/19(月) 09:49:58
イチローや松井クラスの選手でさえ 素振りをさぼれば
やっぱり打てない。
まして、渡辺さんの場合、72歳(?)。
普通にやってりゃ衰えてゆくに決まってるのに・・・。

66 :吾輩は名無しである:2005/12/19(月) 10:04:32
>>65
ティムポの素振りすらやって無いんじゃねえか?あのリアリティの無さは( ´,_ゝ`)プッ

67 :吾輩は名無しである:2005/12/19(月) 11:59:18
渡辺淳一は札幌医科大学時代に研修医であった。

68 :吾輩は名無しである:2005/12/19(月) 12:11:36
医者としての経験も実績もない。

69 :吾輩は名無しである:2005/12/19(月) 14:57:54
まだマスゴミだか出版社だか本人だかしらんけど、づんゐ痴の出鱈目経歴を信じてるヴァカがいるからもう一度書くと、

づんは確かに和田移植の時に札幌医大にいた。
ただし、づんは整形外科医(のようなもの)だった。
だから和田移植チームの一員のわけがないのだ!

70 :吾輩は名無しである:2005/12/19(月) 16:18:18
この爺さんそんなに偉大なの?
「愛の流刑地」少し読んだけどこれこそ性犯罪が増える元凶に
なりうるんじゃないかな?
元作家の中年男と子持ちの人妻との不倫。この作品を読んで感化される
人が増えるんじゃないかな?
「愛の流刑地」読んでた人が作品と同じようなことをして事件を起こして
世間から騒がれる、見たいな事が実際おきそうな気がする。
もし、自分の母親がこんなことしていたら子供はトラウマになるかも。
そういった子供たちが凶悪な事件を引き起こすって図式になりそうで怖い。
さすがに飛躍しすぎか・・・・

71 :吾輩は名無しである:2005/12/19(月) 16:22:55
>>70
大丈夫。
感化されるほど読者を惹きつける完成度の高い作品じゃないから。
感化されるような奇特な香具師はもともとオカシイから
こんな駄文読まなくても犯罪を犯すだろう。

72 :吾輩は名無しである:2005/12/19(月) 16:26:32
「バトロワ」みたいな元から影響されやすい低年齢層が対象で
設定はメチャクチャでもそれなりに面白く読ませる作品なら
触発される香具師は出てくるだろうが
この作品は既に判断力十分なオッサンが対象で
肝心の読者層をむしろ白けさせる退屈さだから。

73 :吾輩は名無しである:2005/12/19(月) 20:48:42
渡辺淳一がスケベっていうか、女にだらしがないのは
小説の師、有馬頼義(伊藤整だったか)が無茶苦茶
やってんの見て、
「先生があんだけやってんだから、俺だってチョットくらい
いいだろう」
なんて書いてんの見たことあるな。

74 :吾輩は名無しである:2005/12/19(月) 23:33:44
>渡辺淳一がスケベっていうか、女にだらしがないのは

 ・・・ただ、本人が「女たらし」「色男」であることに
 酔ってるだけだろう。
 エッセーなどでやたらと自分は「女好きだ」と書いてるけど、
 小説なんか読んでても、どうしても「嘘」に思えてしかたない。
 自分のチンポコを愛してることだけは伝わってくるんだけど・・・。
 


75 :吾輩は名無しである:2005/12/21(水) 01:45:24
>自分のチンポコを愛してることだけは伝わってくるんだけど・・・。

確かにww

76 :吾輩は名無しである:2005/12/22(木) 03:02:23
>それも、いまや「かつての栄光」にすがる
 だけの用済みのチンポな。

77 :吾輩は名無しである:2005/12/22(木) 07:53:40
東宝ポルノ映画

78 :吾輩は名無しである:2005/12/23(金) 11:12:21
ズンの小説なんて、犯罪のフックにさえなりゃしない。
読み手の、エロを含めた「想像」を刺激するところ皆無。
いっつも、頭のユルい女をスカしまくった嫌味な中年がハメ
まくって、最後は「男とは・・・」と、
これまたスカしまくったナルシシズムてんこ盛りの感想。

79 :吾輩は名無しである:2005/12/25(日) 23:49:51
日経の一番目立つところにあんなもん書かないでくれ。。

80 :吾輩は名無しである:2005/12/27(火) 13:05:35
「愛の流刑地」は自分(渡辺淳一)の異常性欲を、小説の中において屁理屈を並べては正当化しようとした作品である。

81 :吾輩は名無しである:2005/12/28(水) 00:21:31
潜在的なホモだという説に一票。

82 :吾輩は名無しである:2005/12/28(水) 22:59:18
団塊のオッサン、オバさんにはスジの通ったところが何もない。
言う事がころころ変わるのが特徴だ。
あるときは正義を振りかざしたり、追いつめられてそれが通用しなくなると、
お互い様じゃないか。と急に人情を要求し出す。
そのころころさ加減は人間としてのプライドというものが何もないように見えるほどだ。

なぜこんなに団塊のオッサン、オバさんは自分の倫理、道徳というものが無いのだろうか。
きっと若いころから適当なへ理屈をこねながら自分に都合のいい事ばかりして来たからだろう。




83 :吾輩は名無しである:2005/12/28(水) 23:00:31
あそこまで「ゲオ」の正当化を図るのって変
やっぱヒト殺しの経験あると思う。
自分で診断書書いてモウマンタイ

84 :吾輩は名無しである:2005/12/28(水) 23:11:48
★中高年 キレ方ズルい?

・「キレる」といえば、子どもの代名詞と思っていませんか−。感情を抑えきれなくなった状態を
 「キレる」というなら、年齢に関係はないはず。ほかの年代のキレ方も、もっと注目されていいの
 では。茨城県坂東市の国勢調査員の男性(66)が、担当した調査票をすべて回収できないのに
 キレて、せっかく集めた調査票まで燃やした騒動も記憶に新しい。夜の東京・新橋で、中高年の
 男性に「大人がキレる事情」を聞いて回った。

 酔いをさましていた会社役員の男性(57)は「仕事中はキレることがしょっちゅう」という。怒りの
 対象は若い部下らしい。「二十代はなってない。言葉遣いが悪いし、あいさつができないし、
 自分の都合で休む」。相当不満がたまっているようだ。「本人のためにも最低限のことはきつく
 教えなくちゃ」。話すうちにますます熱くなり、キレそうになってきた。

 スナックでは、今回の国勢調査で調査員を務めた元会社役員の男性(64)に会った。男性は
 「調査票を燃やした人の気持ちは分かるよ」とぽつり。アパートを担当したが「呼び鈴を押しても
 出ない。郵便受けに調査票を入れると、少したってからガサッと引き抜く音が聞こえた」。

 JR東日本東京支社によると、一昨年度まで、駅員に暴力を振るう年代は五十代がほぼ毎年
 トップを占めた。かなりの割合が酔客とみられるが、この年代はキレやすい傾向があるのだろうか。

 聖路加国際病院精神科部長大平健さんは「大人(中高年)は、相手が弱い立場で反撃
 できないとみると、徹底的に攻撃する。ずるいんですよ。乗客に反論しにくい立場の駅員に
 “キレる”のはその典型ですね」と分析する。
 それでも、夜の新橋では「キレるのは個人の資質の問題」など、自分は無関係と断言する
 中高年も多かったですが…。
 質問を重ねると、大平さんは「“義憤”から正当な行為をしたつもりなので、キレた自覚が
 ないのでしょう」と、ばっさり。
 大平さんによると、大人のキレ方は「会社のため」「部下のため」などと勝手な理由をつける
 ところが少年のそれと違うところだという。(一部略)
 http://www.tokyo-np.co.jp/00/thatu/20051107/mng_____thatu___000.shtml

85 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2005/12/29(木) 00:38:51
ttp://watanabe-junichi.net/book.html

老けたなぁー。淳一。またつまんなそうな本ばっか。
やっぱりピークは「北都物語」あたりだったのかな。
あのころ発表の作品に、はずれはなかったもんな。
「冬の花火」「「阿寒に果つ」なんて今、読んでも
古くないもんな。この時期、銀座で渡辺淳一の悪口でも
言おうもんなら、ホステスに総スカンされる、とばかりに
野坂昭如、筒井康隆両氏ともに文章に書き残してたもんな。

86 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2005/12/29(木) 15:52:06
でもズン一の本質は今になってはっきりしたね。
判っていた人はだいぶ前から指摘していたよ。

ホステスの総すかんはお世辞だろ。
性病移し捲っていたのはホステス同士知っていただろうから。


87 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2005/12/29(木) 20:31:47
そういやづんの書き散らかしに、梅毒を移された女が、その後男に移しまくるってやつがあったな( ´,_ゝ`)プッ

88 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2005/12/31(土) 10:43:51
>>82
だからズンは団塊ではないって何回言えばw
1933年生まれの団塊よりずっと年上だよ

89 :吾輩は名無しである:2005/12/31(土) 21:00:16
異常性欲とは「性欲が強すぎるか減退または消失すること。また、性対象の倒錯、性行為の倒錯などをいう。」(広辞苑)
はたしてポルノ作家・渡辺淳一はどうなのか。

90 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/01(日) 16:08:18
60くらいまではズン脳の異常欲望にチン棒が何とか付いていけてた。
今はポテンツが言うことを聴かん。

それで頭が暴走してる。

91 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/02(月) 01:10:08
まあ「文壇」なんて既得権益に胡座をかいた糞老人のクラブ
であることを分かった上で言っても、
これだけ「文壇」とか「文芸批評」で相手にされない
文豪(?)ってのも珍しいんじゃない?

この人の今連載中の作品をちょっと読んでも
「人間は努力しないとこうなりますよ」ってな
悪いお手本そのものだしな。

92 :吾輩は名無しである :2006/01/03(火) 07:21:17
渡辺淳一はただの異常性欲でなく、超病的異常性欲者である。そしてその妄想と経験に基づくのがエログロポルノ小説「愛の流刑地」である。

93 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/03(火) 10:28:11
異常性欲だろうが構わない。
問題は、その「異常さ」を、文学に昇華できずに
欲望の書き散らしに終わっていること。
だれか一人位ヤツにご注意申し上げられる関係者は
いないのだろうか。

94 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/03(火) 19:37:38
TBSの番組での檀ふみ&阿川佐和子の
「いま、恋してらっしゃいますか?」の質問に対し
ズン、怒ったように 「当たり前じゃないですか!!」だと。
”オマエら、老人だと思ってワシを馬鹿にしとるかっ!!」的
怒りが出てて面白かったな。

95 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/04(水) 00:00:51
ブログで田舎の高校生が作ったような阿呆みたいな
俳句自慢してるぞ、コイツ。

96 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/04(水) 21:13:10
ご挨拶代わりに
http://www.agui.net/met/metsta-age-6h.jpg

97 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/04(水) 21:14:14
               ‖
           ___  ‖
       /    `ヽ‖
      ,:'      、ゑ 
     ,'    ;  i  八、
     |,! 、 ,! |  ,' ,〃ヽ!;、
      |!| l川 l リへ'==二二ト、
     リ川 !| i′  ゙、    ', ',
     lルl ||,レ′   ヽ   ,ノ ,〉
       |川'、  ,,.,.r'"    ,,ン゙
        `T"  ! ,/ '.ノ,/|
         /   ,!´ !゙ヾ{ |
          /   ,'   i ゙ ! ,l゙
      ,r‐'ヽ-、!   ',  l|
      {    `ヽ   !  「゙フ
      ,>┬―/   ;  i,`{
     / /リ川'        ', ゙、
    / ,/            ゙、 ゙、
   ノ  /           ', `、
   \_/   ;          ゙、ヽ、
    l__   !        ___〕 ,、l
       ̄`‐┬―r┬‐r'´ `'‐'′
           |  .! |  |
           |  | .|  |
          | j |  !




98 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/04(水) 21:46:38
>>96 http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1136214909/13-

99 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/05(木) 00:12:37
そういえば「マンセー板」消えたのかな?
時々ズン関連スレに、スタッフM君 or 新潮社のズン担当と思しき馬鹿が
シャシャリ出てチャチャ入れてるようだが・・・。

100 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/05(木) 00:37:52
付き合う vs 際きあう
出る vs 卒る
良くする vs 快くする
淳一 vs ズンゐ痴

101 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/05(木) 10:36:26
なんでここまで「射精」に拘るのか、
やっぱりポテントを失ったことからくる狂気なのかなあ。

102 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/05(木) 22:21:26
もう一滴も出ないんだ。
先走りチンポ汁さえ出ない、下手したら小便さえ出ないのかもw

103 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/07(土) 10:54:53
56歳のオナニーシーンなんて何回出てもワンパターン。
勃起⇒都合よく冬馬鹿の幻影ご登場⇒シコシコ⇒夢と果てる・・・
本当「ベタ」の一言。
56歳のオナニーと言うある種の「異形」の凄み・狂気が
これっぽちも書かれていない。
これじゃ単なる「異常性欲老人」の「排泄」じゃん。

104 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/07(土) 11:27:37
見ればまいね、見せればまいね(見たらいけません、見せたらいけません)―。男女混浴の
 「ヒバ千人風呂」で知られる青森市の「酸ケ湯(すかゆ)温泉」で、一部男性客の遠慮のない
 視線に女性客から苦情が続出したため、地元の湯治客らが「混浴を守る会」を発足し
 “エロオヤジ撲滅作戦”に乗り出した。

 年間約15万人が訪れる酸ケ湯温泉はこの数年、湯治客や観光客が増える一方で、女性客
 から「男性客にじろじろ見られた」との苦情も多く寄せられるようになった。
 実際、観光客の中には、女性の裸が目当ての男性も少なくないという。「たまに5、6時間も
 浴場に入ったままの男性がいる」と従業員男性は語る。「ずっと温泉につかっているとのぼせる
 のか、ちょくちょく脱衣所に戻り、女性が現れると同時に温泉に入りにくる。あきれちゃいますよ」

 混浴時の男女比は「8対2ぐらいで男性が多い」(同従業員)。若い女性が現れると、「裸目的」の
 男性陣のぎらついた視線が、一斉に女性の一挙手一投足を追いかけて右へ左へ。番台が、
 行き過ぎた行為を注意しても「金を払ってるからいいだろ」と逆ギレする男性もいるという。

 温泉側も、対応に乗り出した。まずは、女性専用時間の設定。現在は、午前8時〜9時、午後
 8時〜9時を女性専用としている。ただ、日帰り客のほとんどは混浴の時間帯に入浴する
 しかないのが現状だ。昨年6月には、浴槽の真ん中に仕切りを設置した。ところが、今度は
 「窮屈だ」「風情がない」などの不満が男女双方から殺到し、4か月後には仕切りを撤去する
 こととなった。

 そこで立ち上がったのが、地元の湯治客たち。「混浴を守る会」を発足。同温泉をこよなく
 愛する101歳の現役スキーヤー・三浦敬三さんが男性代表を快諾した。「守る会」は、
 浴場の入り口に「心得三ケ条」の看板を設置。署名簿を置いたところ、会員数も2000人に
 上った。その効果もあり、最近は女性客からの苦情がゼロの日も出てきたという。(一部略)
 http://www.yomiuri.co.jp/hochi/news/jan/o20060103_20.htm


105 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/07(土) 17:39:30
>>104
101歳の現役スキーヤー・三浦敬三さん
亡くなられたのですが・・・

106 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/10(火) 21:16:37
関係ないこと書き込んで、話題そらすなよ、
ズンゐ痴担当編集者ども。

107 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/11(水) 15:04:34
>>92さんの言葉を借ります

>そしてその妄想と経験に基づくのがエログロポルノ小説「愛の流刑地」である。
仮にそうだとすれば、どれだけ空虚で貧しい妄想と経験しかお持ちでないのかと
作者様に対して同情を禁じ得ません…なので私は高名とされてしまった人間の
可哀そうな文章がたまたま新聞に連載されているだけだと思っています。

108 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/11(水) 15:54:45
先週の週刊新潮を読んだ人はいませんか?
宇治の小学生が殺された件について、被害者を叩いているそうなんですが。

109 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/11(水) 17:19:51
>>108
既出

110 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/11(水) 19:12:41
>>109
出てないようですが。

111 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/11(水) 19:33:39
>>110
スマン
他スレで出てたんだ

112 :吾輩は名無しである:2006/01/11(水) 21:29:37
読んだよ〜
犯人を許せないとわざわざ断罪し、この女児の、潔癖症が無邪気にこの犯人を傷つけて、殺人に走らせたとか抜かしていた。
男は性欲が限りなくあるから仕方ない。だからスポーツなどで発散させねばならないとはなんとか。

わざわざ犯人が捕まって、世間が騒いでいるときに自分も便乗しましょうという魂胆かな?


113 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/11(水) 23:25:01
文豪 渡辺淳一原作・脚本・監督・主演
 「愛の流刑地」

114 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/11(水) 23:35:06
>>112
ありがとうございます。

なんて人なんでしょう。


115 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/12(木) 00:13:16
菊自慰:渡辺淳一
冬馬鹿:川島なお美
馬鹿瀬:徳光和夫
高士 :えなりかずき
徹  :東野圭吾
織部 :佐藤ゆかり
王子 :益岡徹
脇田 :石原良純
ママ :細木和子
冬馬鹿の尻を触る老人:森繁(生きていれば)

*監督:渡辺淳一
*音楽:小室哲哉
*撮影協力:JR西日本


116 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/12(木) 17:16:16
>>115
川島なお美すら可哀想になってくるw

117 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/12(木) 20:21:25
冬馬鹿の尻を触る老人は徹の父親ですから、年齢的には森繁はいきすぎでしょう。
山崎拓あたりでどうでしょうか。

118 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/13(金) 20:25:14
渡辺淳一の過去を連想させる事件が起きた。
15歳の女子高生を買春したとして警視庁は1月13日までに、児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで石巻市立病院循環器科部長の桜井克彦(46)を逮捕した。
4−5年前から、学会で東京都内などに出張した際に中高生の少女を買春していた。桜井容疑者は昨年5月ごろ、出会い系サイトで知り合った女子高生が18歳未満であると知りながら、4万円を渡して東京都豊島区のホテルでわいせつな行為をした疑い。




119 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/14(土) 01:27:45
映画「愛の流刑地」
同時上映「痴漢特急・硬すぎる車掌さん」

120 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/15(日) 11:00:36
女優が誰でもいいんだけど、また糞マスコミが「話題作」とか
持ち上げて 作者の73歳の糞ジジーがほくそえむのが
ムカツくんだよなあ。

121 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/17(火) 22:07:07
ズンが怒って選考委員降りたらたのしいな

122 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/18(水) 07:40:16
>>121
期待します。

123 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/18(水) 10:13:04
今回の東野の件で、ケツを触る、いやマクるとみた。
それとも、ヤツは田舎者の権威主義者だから、そんな
勇気はないか?

124 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/19(木) 04:40:36

今日の飲み会で、なんでジュンちゃんがこれまでケーゴくんを嫌ったのか、
大手出版社の関係者に教えてもらったんですけど、それはわたしの想像と同じでしたの。
結局、ジュンちゃんは銀座の文壇バーで気に入ったお姉さんをケーゴくんに取られた。
ただそれだけの理由で、ケーゴくんを嫌ってたらしいですよ。そんなことだろうとは思ってましたが。


http://nikkeibp.jp/style/life/topic/literaryawards/060118_6th/index1.html

というわけで、カルピス春代が1年後はGET

125 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/19(木) 08:50:04
以前「噂の真相」という雑誌で、東野圭吾が直木賞を受賞できない理由は
東野が川島なお美に手を出したので、それに怒って受賞を認めない
という記事を見たことがあったぞ!

126 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/19(木) 09:28:44
大張り切りで発表した連載小説は、あからさまな手抜きで糞以下の酷評
その映画化は、主演女優未だ決まらず&主演:役所には逃げられる
慌てて立ち上げたブログでは、例の「新幹線事件」で炎上
恋敵・東野の受賞に猛反対するも孤立

・・・73歳。いい”引き時”だと思います。

127 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/19(木) 09:30:56
あああああああああああああああああああああああああああ

128 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/19(木) 12:12:37
氏にとっては、ケーゴ君は天敵なんだあ。

129 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/21(土) 23:08:31
そんな私怨で直木賞授賞に反対されてもなあ…
今回ばかりは他が頑張って押し切ったんだろうか
だとしたらGJ>選考委員s

130 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/22(日) 15:29:14
>>1
キチガイでいいんじゃね?

131 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/24(火) 10:25:27
22日の連載小説、ヒドすぎ。
主人公が妄想とはいえ、レイプ。しかも挿絵もその場面の描写。
連載小説の、しかも新聞の最終面という読む気がない人の目にも呼び込む場所。

他の作家のものならとっくに打ち切りになっているものです。
ま、これを垂れ流している新聞社にも問題大だけど。

132 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/25(水) 18:46:45
女検事をレイープしてカイくしてやる、なんて映画が現代日本では問題にならんのか?

133 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/25(水) 22:37:08
あの高級紙に、文学という名のもと中年男の妄想ポルノ作文が掲載されるなんて・・・。
ありえんよ。。

134 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/27(金) 12:37:44
渡辺淳一にとっての「愛」とは、異常変態性欲の捌け口のことであり、その犠牲者は女性である。
その構図は性犯罪と同じである。

135 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/01(水) 12:57:42
てか、よくこんなことまでに性欲をもとめるな〜と思う
オレなんんか、出来るだけ若くて可愛い子とセックスするだけで、セックスに関する
ことは自己完結している。

136 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/01(水) 16:33:36
高樹のぶ子にまで手を出そうとしたってことは、女なら誰でもいいんじゃないだろうか

137 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/01(水) 23:43:59
※作者の言葉(日経NETより)

 今度の小説は、その純愛のきわみのエクスタシーがテーマである。
 その頂点に昇りつめて感じた人と、いまだ知らぬ人との戦いである。
 最高の愉悦を感じるか否かは、知性や論理の問題ではなく、感性の問題である。
 はたして、この戦いはいずれが勝つのか、そして読者はいずれに軍配をあげるのか、
 ともに考えていただければ幸いである。




138 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/02(木) 22:39:02
しかし臆面もなく、よくこんなバカなテーマを掲げたもんだ。
のっけからポルノ宣言しているが、この時点ですでに破綻していたわけだ。

139 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/02(木) 23:14:55
このカキコを見たあなたは4日後不幸が訪れ44日後死にます。
それがいやならこれをコピペして5ヶ所にカキコしてください。
私の友達はこれを信じず、4日後に親が死にました。44日後友達は行方不明に・・・・
いまだてががりもな
く私はこのコピペを5ヶ所にはりつけました。すると7日後にかれしができ
10日後大嫌いな人が事故で入院しました。
しんじるしんじないは勝ってです

140 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/03(金) 13:52:38
>>139
冬香か?冬香なのかっ‥

141 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/03(金) 18:10:29
優香たん・・・

142 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/03(金) 21:53:49
ふかあいに手を出してはいかん

日テレナウシカより

143 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/05(日) 10:18:09
去勢されたオカマまるだしのオマエらよか、マシ。

144 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/05(日) 10:51:09
異常性欲なんだけど、多分に回顧的な性欲だね。
(セックス描写と言うより)「射精」描写
ばっかだしな。

145 :まともじゃないレスメヤニージェーン:2006/02/05(日) 11:12:55
エロ作家って本人エロじゃないから書けるのよ。

文学ぶった作家さんのほうがいっちゃってうわよ。

大気圏外まで。。。

146 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/08(水) 21:38:08
>>145
大気圏まで逝く〜??? 大気圏には地獄はないんじゃないの?
それに、地獄だったら逝くじゃなくて"落ちる"、"堕ちる"、墜ちる""ざんす。

147 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/08(水) 21:40:03
「影絵」知ってる?


148 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/08(水) 22:18:14
>>147
ふか〜い意味があるんでしょうか?

149 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/08(水) 22:47:22
>>142
ワロタwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

150 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/08(水) 23:19:07
それにしても70過ぎた緊張感ゼロの爺さんに
この期に及んで頼ろうとするマスコミってのも相当情けない。
「愛ルケ」の映画化なんて、いかに日本映画界が腐敗迷走してるかの
象徴だな。

151 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/09(木) 22:10:16
>>150
関係者は皆、"恥"、"良心の呵責"などという感覚はとっくの昔に喪失してるんです。
金になりさえすれば・・・姉歯、ヒューザーやホリエモンに通じるとこありますわね。


152 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/10(金) 20:47:21
>>147影絵って作者の子供時代から筆おろしまでの自伝(自虐?)小説か
自分の顔写真を晒せるその神経が「すごおい」ような


153 :吾輩は名無しである:2006/03/06(月) 23:05:45
日経小説・渡辺淳一氏の「愛の流刑地」読んでますか?

欠かさず読んでます 7.83% (119)
週末まとめ読み 0.46% (7)
時々読んでます 1.91% (29)
読んでません 8.76% (133)
知らなかった・・・ 11.13% (169)
読みたくありません 69.91% (1062)


総投票数: 1519


154 :吾輩は名無しである:2006/03/12(日) 14:14:31
日経新聞社長と渡辺淳一をわいせつ物頒布罪(刑法第175条)で逮捕しないのは当局の怠慢である。
刑法第175条「わいせつな文書、図画その他の物を頒布し、又は公然と陳列した者は、2年以下の懲役又は250万円以下の罰金若しくは科料に処する。販売の目的でこれらの物を所持した者も同様とする。」


155 :吾輩は名無しである:2006/03/12(日) 16:19:24
それより、「グリーン車事件」は明らかに犯罪なんだから
JR西日本は訴えるべきだったね。

156 :吾輩は名無しである:2006/04/17(月) 09:55:06
( ´,_ゝ`)プッ

157 :渡辺淳一(73):2006/04/18(火) 09:42:40
要するに、美味しいものは逃げ足が早いのである。
 さらに、オスもメスも大変で、どんなオスも強くなければメスと関係することができない。
 このようにみんな大変だから、特定の動物だけ数が増えず、バランスが保たれているのである。
 それに比べて人間は、と振り返ると、いろいろ考えさせられ、反省させられることが多い。 
 とにかく、動物もわれわれも、生きとし生けるもの、みな大変なのである。

 でもみんな、元気で生きている。


158 :吾輩は名無しである:2006/04/18(火) 12:48:20
私は寝たきりですが、最近の介護士の方は大変サービス精神旺盛で助かっています。
女性の介護士だったのであれが元気になってしまいましてね(笑)
すると彼女は察した。残業大変だね、と言ってあげましたが
今考えると我ながら寒い・・・www。

159 :吾輩は名無しである:2006/04/21(金) 01:04:06
>ここにでてくる母は「みどり」といって、明治40年の生まれだが、86才で亡くなり、今年7回忌をおこなう予定である。
>若いときから明るく活発で、札幌の女学生時代に、大正時代のモガ(モダンガールの略)のような帽子をかぶって、
>ラケットを持っている写真にあきれた記憶がある。
>この母に一度、「おまえは女難の相がある≠ゥら気をつけなさい」といわれたことがある。
>そのときは、「まさか」と半信半疑であったが、たしかに女性にはいろいろ悩まされ、
>困惑したこともある。
>しかしそれは所詮、自分がしでかしたことだから、「女難の相がある」といった占い師が当ったわけではなく、
>わたしが占い師に合わせた、ととったほうが正しいかもしれない。

 …73歳にもなって、母親自慢・モテ自慢 ですか。
 バッカじゃね〜の。

160 :吾輩は名無しである:2006/04/21(金) 01:32:25
ズン壱が「あきれた」を使うと、淫靡な女性をほめていることになるんだね。
この糞いやらしい言葉遣い何とかならんもんかね。
この母親もズン壱がプレイガールといっているくらいだから相当淫乱だったんだろう。
この親にしてこの子あり。女難の相ではなくて、性格遺伝だろ?
物事の本質を突いてないズレまくりな発言もそっくり。

161 :吾輩は名無しである:2006/04/21(金) 10:04:30
>たしかに女性にはいろいろ悩まされ、
>困惑したこともある。
>しかしそれは所詮、自分がしでかしたことだから、
>「女難の相がある」といった占い師が当ったわけではなく、
>わたしが占い師に合わせた、ととったほうが正しいかもしれない。
→カネ目当ての銀ホスや役目当ての三流女優との恋愛を威張られてもなあ…。
 例の「新幹線事件」と言い、ズンの感覚ってヤッパおかしい。

 

162 :吾輩は名無しである:2006/04/21(金) 10:21:09
昨年「北海道新聞」の夕刊に連載していたのと同じ内容じゃん
本当に使いまわしばかり

163 :吾輩は名無しである:2006/04/21(金) 23:18:27
愛ルケと一緒で、
「昔の自慢話」。天国に持ってってください。

164 :吾輩は名無しである:2006/04/22(土) 13:03:26
石原慎太郎も著書で、若かりし頃高峰ミエコに誘惑された自慢話を
してたな。
ジジイのモテ自慢ほど白けるものはない。

165 :吾輩は名無しである:2006/04/22(土) 23:45:00
       ならば殺してやる
       ならば殺してやる
       ならば殺してやる


166 :吾輩は名無しである:2006/04/23(日) 10:51:30
異常性欲者ではあるけど、この老人の場合、オンナと深く繋がりたい…
と言う志向は(書いてる割に)無いと思う。
「オンナをヒィヒィ言わせている格好イイ俺様」にうっとりしてる
だけでしょう。
「愛ルケ」の無惨さは、最早それすら出来なくなった作者が余りに
昔を懐かしむあまり、客観性を欠いた…コレにつきる。

167 :吾輩は名無しである:2006/04/23(日) 18:05:05
手遅れかもしれないが、こんなスレは使わないほうがいいと思う。

168 :吾輩は名無しである:2006/04/24(月) 09:17:46
age

169 :吾輩は名無しである:2006/04/24(月) 23:59:13
テレ朝「グレートマザー物語」でズンが
”自分は女好き”みたいなことを言ってたけど、何と言うか嘘臭かった。
いっつも感じるんだけど、彼の場合「女狂いのオレ」「女にウツツを抜かす色男のオレ」
にうっとりと酔ってるだけじゃないのかな。
「火宅の人」の作者が、作中で 自分は女が面倒くさい、と語ってたけど
なんかそっちの方が「素直」に感じられるんだよね。

170 :吾輩は名無しである:2006/04/25(火) 00:04:42
キモイおっさんは、ささ、お逝きなされ。といいたい。
この人はもういいよ。フランスかぶれのふりしてさ。


171 :吾輩は名無しである:2006/04/25(火) 00:14:40
あのまま外科医でいたのなら、何百人の命を救えたものを…
まあ、殺したのも半端じゃないのかも知れないが…

172 :吾輩は名無しである:2006/04/25(火) 23:18:58
週刊朝日の最新号に愛ルケ映画主演/松田聖子か
といった記事が載ってるみたいw

173 :吾輩は名無しである:2006/04/26(水) 00:24:52
まだ悪あがきしてるんだね。
随分落ちたもんだねwいい調子。
そもそも主人公(主演)はあの菊痔とか言うオッサンじゃないの?役所はどうしたんだろうね。
まぁ、駄文垂れ流しで印税うはうは、女優お手つき、乳だしボロ儲けは2回はないよ、とな。


174 :吾輩は名無しである:2006/04/26(水) 01:36:18
>週刊朝日の最新号に愛ルケ映画主演/松田聖子か
>といった記事が載ってるみたいw

 あり得ない。
 「貞淑で淫乱」がズンの絶対条件。
 まあ、一原作者に過ぎない爺さんがアレコレ言ってるから、いつまでたっても
 キャストが決まらん訳だが。



175 :吾輩は名無しである:2006/04/28(金) 09:51:19
なお美でいいよ、もう。
で、冬香夫は 宿敵・東野。
主役はズンしかいね〜だろ。

176 :吾輩は名無しである:2006/05/02(火) 09:42:59
もう放っておこうよ。
死ぬんだし。

177 :吾輩は名無しである:2006/05/03(水) 11:07:35
映画スレ(愛ルケ)の盛り上がり、気に入らねえな。


178 :吾輩は名無しである:2006/05/03(水) 13:47:37
俺はこのスレをageてる奴が気に入らない

179 :吾輩は名無しである:2006/05/04(木) 10:55:23
age

180 :渡辺淳一(73):2006/05/04(木) 21:27:26
      

      ならば殺してやる

181 :吾輩は名無しである:2006/05/07(日) 11:40:04
渡辺淳一「堅すぎる車掌さん」を糾弾する @鉄道総合板
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/train/1133233046/
渡辺淳一「堅すぎる車掌さん」を糾弾する @一般書籍板
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1146404782/
渡辺淳一「堅すぎる車掌さん」を糾弾する @創作文芸板
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/bun/1146404903/
渡辺淳一「堅すぎる車掌さん」を糾弾する @ニュース議論板
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news2/1142189458/

渡辺淳一@Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%A1%E8%BE%BA%E6%B7%B3%E4%B8%80
渡辺淳一@Wikipedia-ノート
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88:%E6%B8%A1%E8%BE%BA%E6%B7%B3%E4%B8%80


不正乗車を公然と正当化するオヤジは逝ってよし!

182 :吾輩は名無しである:2006/05/08(月) 01:34:32
【社会】中国人好みは村上春樹と渡辺淳一[06/05/07]
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1146989712/


183 :吾輩は名無しである:2006/05/08(月) 02:27:46
サイン会で卵投げつける人とかいないのかな?

184 :吾輩は名無しである:2006/05/08(月) 21:54:11
みんなでサイン会でオフ会をしないか。もちろん、卵ぶつけるなんて、主催者につまみ出されるようなことはせず、一人一人ちゃんと本を差し
出してにっこり微笑み「菊治なんか男のカスです。家庭的で仕事も出来
る冬香の夫は理想の男性です」と。
次々に言われたら、何人目でズンがブチ切れて席を立つか賭けてさ。モレ
はズンの一応プロの物書きなら30人位なら耐える思うんだが。

185 :吾輩は名無しである:2006/05/08(月) 21:55:30
それ登場人物?むしろ喜ぶんじゃないの?

186 :吾輩は名無しである:2006/05/08(月) 22:06:26
むしろ握手を求めて手のひらにザーメンとかのがダメージでかいと思われ

187 :吾輩は名無しである:2006/05/08(月) 23:16:43
当然みんなで東野の本を持っていくんだろ?


188 :吾輩は名無しである:2006/05/09(火) 00:26:26
JR西日本の車掌の制服着ていけばおk

189 :クロード:2006/05/09(火) 10:37:30
ブラギの塔で神託を聞きました。
私の場合、ティルテュやブリギッド、アイラと相性が
いいようですが、「神族」って何でしょう。
どうみても、面白がりな人は、武器レベルが「☆」
になってしまうようです。
でも、「アレク×シルヴィア」のような場合、☆は付きませんね。
二人ともいいキャラだけど。(アレクは結構強いし、☆が付いてる人
と違って、狙われにくい。シルヴィアは周りの人を
二回行動させられるし)

ゴールドが枯渇しました。
攻撃魔法がないと闘技場には行けないし・・・
古い医術では儲からないし。でもブラギの神族っていうことは、
本当に古い医術が、向いているような気もする。

例えば、鼻の骨を曲げてしまったなら、
長時間、ガーゼ(?)で浸透性の麻酔をかけ、痛くないように切って、
やはり痛くないように骨の形を直し、傷口を閉じて、恐らく
アクリノールを含ませたガーゼをのせ、そのままにしておけば、
(長時間放っておいて、自然治癒するのを待つ)良くなるでしょう。

190 :189:2006/05/09(火) 10:39:01
そういえば、渡辺先生も、安部公房先生も、「医師で作家」ですよね。

191 ::2006/05/09(火) 11:07:28
渋沢龍彦先生の本に書いてあった、ぺトラ、ファウナ、フローラとは
何だろうか、と考えたら、多分、
石、動物、植物のことだと思いました。
(鉱物界、動物界〔ヒトを含む〕、植物界〕
好みによるのでしょうけど、「薬」の性質が、
これらの三つに分けられるのではないでしょうか。
これを大きく分けると、二つの違った治し方になるような気がします。
一つは、人工的に作った物質。オランザピン(ジプレキサ)や、
ドグマチール(スルピリド)のような、ホルモン系物質。
こういう物質は、気持ちが悪い人には、とても気持ちが悪いのです。
さらに、注射針を刺したり、睡眠薬を多用したり、痛み(苦痛)を与える
医療は、人によっては受け付けない(痛い)ことが
あるのではないでしょうか。
ブドウ糖は、多分昔(70−80年代)なら、内服で済んでいたと
思うのです。内科医院や、かかりつけの医院で、よく、
苦い「熱さまし」を飲ませたり、甘くて薬くさい「かぜ薬」を頂ました。
のどが痛いときに、こげ茶色の液体を染み込ませた綿を、塗ったり
していました。
(続く)

192 ::2006/05/09(火) 11:10:04
安部公房先生の小説「カンガルー・ノート」は、とても変わった
小説だと思います。
泌尿器科へ行ったら、診察台の上の証明が「父の顔に見えた」。
とは、何でしょう。(・・・)
「春。コーチゾンの季節。」とは何でしょう。
春といえば、猫がニャーニャー鳴く季節です。
どうみても、コーチゾン(副腎皮質ホルモン)は、
媚薬ではないでしょうか。
実体験を言えば、テグレトール、セパゾン(静かな気分になる薬)に
限っては、とてもよく効いた気がします。
結局のところ、怖いお医者さんは、患者が望んでいる医療を
行わないのではないでしょうか。
だって、精神科や心療内科に行くようになってから、30キロくらい太って、
性別が変わってしまったような気がするんです。
先生って、男を女に変えたり、女を媚薬でもてあそんだりしたい
だけなんじゃないですか?

193 :吾輩は名無しである:2006/05/09(火) 19:47:28
>>187
それいいな。『容疑者Xの献身』や冬ソナ関係書籍を持っていって「この本に
これこそ圧倒的な純愛!って書いて下さい!」ってね。
他にも『半落ち』持って行って「この法廷シーンこそ迫真のリアリティーって
書いて下さい」とかさ。


194 :吾輩は名無しである:2006/05/10(水) 20:39:25
しかしあんなエロ駄本のサイン会をやろうとする書店はどこかいな?

195 :吾輩は名無しである:2006/05/10(水) 21:43:04
心狸ガクは女性専用車両みたいなものです。マトモな♂は専攻しません。
オバサンがいっぱい入ってくる女風呂なんです。




生ぬるいんですが、入りたいですか?

http://academy4.2ch.net/psycho/subback.html


196 :吾輩は名無しである:2006/05/12(金) 08:44:49
映画板のスレにサイン会情報があって、ネタかと思ったらマジだった・・・

とりあえず表紙はエロじゃないな。
でも血みどろ殺人じゃないのにあの絵柄はなんなんだ。
上巻のは生理セックル時に飛び散った血の表現?
下巻のは菊爺がマスかきで散った時の目の裏の星?

197 :吾輩は名無しである:2006/05/13(土) 12:01:06
なんで春画表紙じゃねえんだよw

198 :吾輩は名無しである:2006/05/13(土) 15:52:34
ズンの本ていつもあんな表紙だよね

199 :吾輩は名無しである:2006/05/14(日) 23:50:10
中身の薄さを見かけでカバーしてるんです。
出版社も心得ているんですわ。

200 :吾輩は名無しである:2006/05/16(火) 01:46:45
200げっと?
シャトウルージュはどうよ

201 :吾輩は名無しである:2006/05/17(水) 23:30:06
映画、冬馬鹿=寺島しのぶ だって。
石田ゆり子や鈴木強化に固執したズン、失意のどん底?
大体、いまやオメーのエロ映画に出たい女優なんて一流どころでは
いない。だから、寺島に感謝せよ。

202 :吾輩は名無しである:2006/05/18(木) 09:51:31
ズン的には 寺島しかヒロインにOKしてくれなくて悔しいだろうが、
「作品」的にはマトモになるだろう。
…それにしても、制作発表記者会見でまた着物姿でニヤニヤ現われる
んだろうな、この爺さん。
で、「豊川君と寺島君に期待する」とかエラソーな
コメント吐くんだろう。

203 :吾輩は名無しである:2006/05/18(木) 22:21:33
こんな糞作品の映画化で騒ぐ日本マスコミの民度の低さを嘲う。

204 :吾輩は名無しである:2006/05/18(木) 23:57:14
2チャンの良識派を上回る論評を掲げられる新聞、雑誌、TVはどこなんだろう。
まったく無視して取り上げないのがベストチョイスなんだろうな。騒ぐのはゴミだけか。

205 :吾輩は名無しである:2006/05/19(金) 09:55:27
…ところで、単行本では 連載中の奇妙な誤りの数々は
訂正されたのか?
(休日の法廷・菊治の出身地・馬鹿のガキの年齢、、、)

206 :吾輩は名無しである:2006/05/19(金) 10:43:23
最大に奇妙なところは
菊自慰が未決のうちに菊自慰原作不愉蚊モデル春画表紙猥本が遺族の了承も得ずに大々的な広告をうって出版され、
それを法廷で振りかざして弁護人が被告の上々証拠だ、とやっちゃうとこだけど、ここは修正が利かんだろ( ´,_ゝ`)プッ

207 :吾輩は名無しである:2006/05/19(金) 10:55:23
上下巻とも、特に下巻は、10年ぐらい古本屋に平積みされている本をイメージしたような
薄汚れた装丁だよね>愛ルケ単行本


208 :吾輩は名無しである:2006/05/19(金) 16:32:45
>>207
あれ香月泰男を使ってるはずだけど…
名画家の作品もズンに使われると薄汚れにしか見えなくなるとは流石ズンマジック。

209 :吾輩は名無しである:2006/05/19(金) 23:57:21
>あれ香月泰男を使ってるはずだけど
 
 …勿体無い。
 ノンベンダラリと緊張感のかけらもなく、脳内妄想を垂れ流して
 きた糞老人の本に香月さん、、、。

210 :吾輩は名無しである:2006/05/20(土) 01:45:18
ttp://tbs954.cocolog-nifty.com/954/files/st20060119.mp3


15分22秒からズンネタ。
直木賞の選考にここまでアカラサマな私情をもちこんでいいものなんだろうか。
東野はズンなんて眼中にもないだろうけどねwww

211 :吾輩は名無しである:2006/05/20(土) 09:31:28
渡辺淳一はヘテロだから
文句無く「異常性欲者」だ!!!



212 :AmiLaLa ◆V0C09R5Pg. :2006/05/20(土) 09:43:30
理性を備えた道楽者にとって、異常性欲なんてものは存在しないよ。
珍味佳肴だって、赤ん坊の舌を悦ばせやしないだろう?
いかに風変わりに見える行為とても、
あんたの未熟な食指を動かさないだけなのさ。

213 :吾輩は名無しである:2006/05/20(土) 11:29:03
「なんでも他人と違うことをするように」と自身のHPで
高らかにご託宣。で、やってるのが
クリスマスに蕎麦屋に入ることと、商売女相手の女道楽。
そんなものに大衆が憧れる、と考える時点で 頭がオカシイ。
一体いまが何時代だと思ってるんだ?

214 :吾輩は名無しである:2006/05/20(土) 23:25:58
小池真理子に草刈民代、失望した。
あんなウンコ駄文をよくあそこまで誉めちぎれるな。
お里が知れる、とはこのことだ。
(コウダクミ推薦文は、どうせ幻冬社社員が書いたんだろうから
 言っても仕方ない。)

215 :吾輩は名無しである:2006/05/21(日) 11:31:22
草刈民代はがっかりだが、小池真理子は・・・もはや同類じゃね?
前日の小池真理子の本の宣伝は推薦文すら付かなかったんだから、ずんがエロエロ褒めてやれば良かったのに。



216 :吾輩は名無しである:2006/05/21(日) 16:09:24
>>214>>215
草刈氏と佐治氏も名義貸しではないだろうか?
堀田氏と小池氏はそのつもりで読めば皮肉にとれなくもない。

217 :吾輩は名無しである:2006/05/21(日) 16:20:32
堀田氏は皮肉っぽいが、真理ちゃんは毎日の連載がすさまじかったので本気で言ってるかもw

218 :吾輩は名無しである:2006/05/21(日) 17:35:37
小池は「失楽園」の解説も書いているしねw
父君の藤田も他のズン本の解説を書いていて
何かのパーティの後で、ズンの運転する車で送ってもらったと
あったから、断れない立場なんだと思うよ。

219 :吾輩は名無しである:2006/05/21(日) 17:41:45
>218
直木賞の際にお世話になった・・

220 :吾輩は名無しである:2006/05/21(日) 19:58:01
異常性欲者?!
怖いお!ボクのりさちゃんに絶対近付いちゃダメだお!!

221 :吾輩は名無しである:2006/05/21(日) 21:47:32
サントリー不買(藁)。

222 :吾輩は名無しである:2006/05/22(月) 00:32:20
作家の「民度」の低さ。
小池、バカじゃね〜の。

223 :吾輩は名無しである:2006/05/22(月) 06:49:14
>219
中島らもの直木賞ブロックしたのもじじぃだっけ。マジ氏ね。

224 :吾輩は名無しである:2006/05/22(月) 09:42:05
こんな時代離れした妄想が、現代に通用すると思ってる時点でジジイの負け。
だが「ダ・ヴィンチ」最新号のインタビューで、まだ性懲りもなく
「冬馬鹿のような女は地方にいる」とか
負け惜しみを言ってる。
ここまで読者をナめてるヤツも珍しい…。

225 :吾輩は名無しである:2006/05/22(月) 09:56:45
>>224
まだそんな馬鹿の一つ覚えみたいなこと言ってるの?
それが本当なら、正月に外泊もできないし
冬夫親が上京してきたときに、一人で帰宅したりできるわけないじゃんw


226 :吾輩は名無しである:2006/05/23(火) 09:42:10
(小池真理子)
 こうしているとなんだか、菊治さんとお会いしてる気がします。(藁)
(ズン)
ちょっと今日だけ、流刑地から出てきたの(藁)。

 ____婦人公論最新号より

227 :吾輩は名無しである:2006/05/23(火) 11:09:59
小池真理子は小梨だよね
ズンの提唱する「本当にエクスタシーは産後から」について
対談すりゃいいのに

228 :吾輩は名無しである:2006/05/23(火) 15:57:34
スレタイを見て
おお!まさに立派な日本の文学者じゃないか!
と興味を持ったのですが何か酷いいわれようですな。

229 :吾輩は名無しである:2006/05/23(火) 21:55:50
>>226
キーボードぶん殴りそうになった。

230 :吾輩は名無しである:2006/05/24(水) 02:34:34
腐人公論、立ち読みした。
「男は」相手がいなきゃ70になっても自慰をする、
「男は」精神的な愛情では満足しない、
…なんで死に損ないのオメーが「男」を代表すんだよっ!

231 :吾輩は名無しである:2006/05/25(木) 00:18:29
愛ルケの映画化も、無惨なほど話題にならないね。
当たり前だけど・・・。

232 :吾輩は名無しである:2006/05/25(木) 09:49:51
演技派?の寺島では「佳作」にはなっても糞マスコミが騒ぐ意味での
「話題作」にはならんだろう。
ズンの負け!

233 :吾輩は名無しである:2006/05/26(金) 21:15:59
マスゴミも世論の動きには敏感。歯牙にもかけられていない駄作エロ映画
を称える愚かさに気がついたな。

234 :吾輩は名無しである:2006/05/26(金) 22:06:06
アマゾンの書評が早く読みたい

235 :吾輩は名無しである:2006/05/26(金) 23:24:12
いまだに誰も書いてないのね、書評・・・
アマゾンを活用する層は買っていないということか、やはり。
ユーズドで出してるのは古本屋ばかりだし。
ユーズド、けっこう数出てますね。
買って即売られる単行本て p

236 :吾輩は名無しである:2006/05/26(金) 23:33:49
幻冬社の宣伝作戦も今度ばかりはミスった模様。
ゴミはいくら飾ったってゴミ。

237 :吾輩は名無しである:2006/05/27(土) 09:57:43
<主な読者層>
もう何年もセックスしてない主婦
あとは定年を待つだけの人生に飽き足らず、しかし、行動を起こす気はない
サラリーマン
「昔はエラくモテた」が口癖の、いまや勃たなくなった老人

238 :吾輩は名無しである:2006/05/27(土) 10:09:29
紀伊国屋ウェbのデイリーベスト10で下巻が6位、上巻が9位に入ってる・・・
アマゾンじゃ161位なのに。
週間ベストセラーでは上巻28位なのだが、はて。
週間のほうは店舗売り上げだろうから信憑性あるとして、デイリーベスト10入り
の秘密はなんなのか。

239 :吾輩は名無しである:2006/05/27(土) 16:00:33
>>238
サイン会やったとか。

240 :吾輩は名無しである:2006/05/28(日) 10:12:47
確かズンは愛ルケのテーマを
「真のエクスタシーを知った者」と「未だそれを知らぬ者の戦い」と
語っていた。
それに倣えば、 この本が売れるか否かは
「日本社会真に豊かになり成熟してきたのか」、それとも
「依然として日本人はマズシイのか」 のリトマス紙だな。


241 :吾輩は名無しである:2006/05/28(日) 21:00:55
今日の日経朝刊書評コーナーにて『愛ルケ』登場。
なんだかやけっぱちなにおいがしつつも、自画自賛的。
さすが提灯記事がお得意な日経だ。

242 :吾輩は名無しである:2006/05/29(月) 14:16:26
>>237
>「昔はエラくモテた」が口癖の、いまや勃たなくなった老人

そういえば、ホームヘルパーになって、
寝たきりのおじいさんの昔の武勇伝を
毎回聞かされてるような小説だったな。
「アンタのやってる事はセクハラやっちゅーねん!」と
心の中でつぶやきながら
「はいはいおじーちゃん、すごかったのね〜
じゃ、オムツも換えときますね〜」
「そんなにオレのモノがほしいのか」

テーマは「老いのあはれ」にしとけば良かったのに。

243 :吾輩は名無しである:2006/05/29(月) 23:06:58
この爺さん、認知症になっても臨終の時も脳内マムコ一色なんだろうか。

244 :吾輩は名無しである:2006/05/30(火) 00:48:02
基本的に全てが貧しいんだよな、ズンの小説って。

245 :吾輩は名無しである:2006/05/30(火) 14:18:30
>>243
マムコ一色というより、まずそそり立つオノレのイチモツ崇拝があって、マムコはその奴隷
としての存在のみ許す、て感じだな。

もちろん、お爺ちゃんのイチモツは、もうそそり立ちゃしないわけですが www

246 :吾輩は名無しである:2006/05/31(水) 20:38:32
ttp://ana.vis.ne.jp/ali/antho.cgi?action=article&key=20060530000199
ズンイチ先生に影響受けて小説書いてみました!

247 :吾輩は名無しである:2006/06/01(木) 13:38:32
僕は医者の子だから医者にしかなれないんだ!!将来は渡辺淳一のような作家になるんだ!!

248 :吾輩は名無しである:2006/06/01(木) 14:26:00
>>245
加えてチンコメーターだね
女が果てしなく逝けばすごおいボクチン

249 :吾輩は名無しである:2006/06/02(金) 01:03:33
>>248
で、当然相手の女は演技なわけですな。

250 :吾輩は名無しである:2006/06/02(金) 11:15:35
>>241
日経の書評読んだ。
よくここまで、あの作文に書くよなあとしか言いようがない。

書評読んで勘違いして買って読んで怒る人99%だよ。
でも、日経にのっていて日経が書いている書評だから、ほとんどが
リアルタイムで読んでいるわけで、作者向けの媚としかとらないだろうけどね。
書評を書いた社員の名前が載っていないんだよ。他の外部から書評を書いた
人の名前は載っているのに。
これって無責任だよね。日経。

251 :吾輩は名無しである:2006/06/02(金) 20:35:04
>>250
しかし、日経書評を読む人は、当然日経の連載小説も、読みこまない
までもちろっと目を走らせるぐらいはしているわけで・・・
あの書評だけを見てあの本買うやつはおらんやろ〜・・・
何のための、誰がターゲットの書評なのか全く不明だったな。

本の売れ行きがいまいちで焦った幻冬舎が日経にねじ込んで入れさせた
書評なのか?と思った。
内容ぺらいし大嘘つきだし、書いてる人絶対やっつけ仕事だし・・・

252 :吾輩は名無しである:2006/06/04(日) 21:19:42
>>250 >>251
とある友人とリアルでも愛ルケヲチを楽しんでいたんだが、
そいつはサントリー社員で、このところひどく落ち込んでいる。

253 :吾輩は名無しである:2006/06/23(金) 12:08:09
わいせつ文書頒布罪で渡辺淳一を流刑地へ送れ。

254 :吾輩は名無しである:2006/06/23(金) 14:39:43
渡辺淳一がエロエロに走り始めたのは‘85の「愛のごとく」から
と言ってもよろしいでしょうか?

255 :吾輩は名無しである:2006/06/23(金) 16:51:27
何でこんな駄文かが作家として通ってるんだ?

256 :吾輩は名無しである:2006/06/27(火) 13:13:49
このスレがあって良かった。
「オール読み物」の7月号で
渡辺淳一がコメントしているんだけど
精神だけのプラトニックは本当の純愛ではない。
本能がある性愛こそが純愛だ!!と書いてあったけど
う〜〜男性陣はやはりそう思う?
自分は♀だから渡辺淳一の言う事に疑問あるけど・・・
この人の人生のテーマは性愛なんでしょ?


257 :吾輩は名無しである:2006/06/27(火) 14:05:34
だから渡辺は異常性欲者だって。

258 :吾輩は名無しである:2006/06/27(火) 15:04:28
ポルノ作家の渡辺濁一に妻子はいたのか、今いるのか、それとも生涯独身者なのか、そのあたりの情報がない。

259 :吾輩は名無しである:2006/06/27(火) 16:18:54
なんでもいいからミステリコンプレックスをなおせ

260 :吾輩は名無しである:2006/06/27(火) 22:38:22
>>256
本能だけで生きていたら動物ってことだ。並の人間だったら本能と理性・自制心が
働くものだが脳内エロ一色のこの爺さんが男の標準だと思ったら大きな間違い。
本能のおもむくままの異常性欲の持ち主で極度なマムコ中毒症--唾棄すべきジジーだな


261 :吾輩は名無しである:2006/06/27(火) 23:29:11
精神愛と性愛、どっちか100%の二択しかない時点で論害でそ

262 :吾輩は名無しである:2006/06/28(水) 07:30:28
そして本能の赴くまま料金払わずグリーン車に乗り、車掌に説教。

263 :吾輩は名無しである:2006/06/28(水) 15:11:02
いや、この人のテーマは孤独だ

264 :吾輩は名無しである:2006/06/28(水) 22:02:28
なんでこんなエロ偏執狂の老害をマスゴミがもてはやすんだろう。
大衆に迎合しているつもりかわからんが民度低すぎ!

265 :吾輩は名無しである:2006/06/28(水) 22:47:14
エロカッコイイが流行ってるから

266 :吾輩は名無しである:2006/06/29(木) 19:51:35
でも「麻酔」は泣ける作品だ

267 :吾輩は名無しである:2006/07/01(土) 21:10:49
「花埋み」がめちゃめちゃ面白かったからそのあとも読んでみたけど・・・
面白くない。恋愛もの多いけど向いてないんじゃないの?
花埋みや白き旅立ちみたいな歴史や人の人生を描く方が向いてそう。
恋愛ものは男視点すぎて読んでていらつく。
男の本音を描くのはいいけどそれを通り越して男の勘違いが、
会話文のみならず地の文まで滲み出てる。
男女を知り尽くしたつもりの知ったかナルシストジジイ。

268 :吾輩は名無しである:2006/07/02(日) 13:09:35
>>267
残念ながら歳とともにメッキが剥がれ落ち、本能だけが残されていくのが
人間というもの。
今の爺に残されたのは、エロへの妄執のみ。
歴史だの他人の人生だの医療モノだのはもう書けないのさ。
別に小説家としてかくありたい、とかそういう理想を持って文を書いて
るわけじゃないしね、このお爺ちゃんは。
エロ書いて金がもらえればそれでいい。
三流エロ雑誌のエロ文書きと何も変わらないし、周囲もそう見てるわけだし、
何でも好きに書けばいいさー。どうせ読まないから。
自分が取ってる新聞の連載小説だけは勘弁してかったけどな。

269 :吾輩は名無しである:2006/07/02(日) 15:50:04
年には勝てないというか金が人を変えたというか。
この人の書く歴史もの、人生もの、医療ものが面白いと思ってたんだけど、
ジャンルの問題じゃなくズンは傍観者に徹してあくまで淡々と客観的に書いてれば、結構いい小説家だったんじゃないかと。
恋愛ものは主観バリバリだから不愉快なんだな。
まだ文才のあった若い頃でも恋愛を客観的に描くことは無理だったようですが。
そして現在、金とティンコに文才を奪われたエロジジイ。残念だ。

270 :吾輩は名無しである:2006/07/03(月) 22:17:29
今度の週間S潮のエッセイでぶっ飛び。
「肢が長くなりたいと願うと、それをコントロールする遺伝子のところに
明かりが点き、そこだけ活発に動き出す」とのこと。
遺伝子って、理科の電気の実験でみたいについたり消えたりパカパカいうんだ。
「生理中のは妊娠しない」とか、このG、ほんとに医者だったの?

271 :吾輩は名無しである:2006/07/04(火) 00:49:04
医者としての才能、適性は皆無だったんだろうな。


272 :吾輩は名無しである:2006/07/04(火) 18:17:23
流刑地が売れてるて、買う奴いるのか? だれよ

273 :吾輩は名無しである:2006/07/05(水) 00:11:15
>>270
「テストの問題にまともに答えられない学生が苦し紛れにでっちあげた出来の悪い珍回答」を見せられた気分

274 :273:2006/07/05(水) 01:08:05
願いで遺伝子が動くかどうかはさておき、
ある遺伝子が働いているか働いていないかを調べたい時、
その遺伝子が働いている時にホタルの発光関係の遺伝子も働くようにして(詳細略)、
遺伝子が働いているかいないか=光っているかいないかで判るようにする方法がある
実験台にされたマウスの体が光ったりするんだな
これが元だとしたら、「理科の電気の実験みたいについたり消えたりパカパカいう」ように
人間の都合で細工しただけの話

275 :吾輩は名無しである:2006/07/18(火) 22:27:41
今週の収監身長、

めんちょうになったが、歯の治療の残りの抗生物質を飲み、医者に行かず治した自分。
母親たちは、子供の化膿傷や風邪程度で医者に行き過ぎ。癌は仕方ないが。
ライオンやヒョウなどの野生動物が怪我をしてもたくましく生きていけるのは、自然治癒力があるから。
薬に頼らず、自然治癒力で治したい。ですと。

先週がぶっ飛びなら今週はぶっ壊れ。
自分が抗生物質を飲んだのは薬に頼ったことにならないらしい。
薬がなければ死んだかもしれない子供たち、命拾いするのがそんなに口惜しいのか?

276 :吾輩は名無しである:2006/07/19(水) 11:48:56
>>275
すごいねw
自分で何を書いているのかわからないんだろう。

277 :吾輩は名無しである:2006/07/21(金) 20:04:04
>>275
いくらウケ狙いでも言っていいことと悪いことがあるよな。

278 :我が輩は名無しである:2006/07/22(土) 11:56:06
今週のS潮報告
「熟年夫婦は女の方が元気」それだけ。
でも「男が強いのは、瞬間」って笑った。
「愛ルケ」でもしょっちゅう(例:「瞬間、裁判官が入廷し」)「瞬間」って
使う。
で、じじいは「女を求める時だけ」「たけだけしく、狂おしく(だったと思う)」
終わると「しょぼーん」だってさ。
そんな目血走らせた、発情エロじじい、いやだ、いやだよう。
「彼女にはカネ使うが、妻だと誕生日でもファミレスくらい」。
ファミレスかよ。
〆は、「老後のために貯金なぞせず、夫婦で旅行を」。
あれえ、「夫婦は打算で、不倫は純愛」だろ。
あんな駄文垂れ流してカネになって、いいなー。



279 :吾輩は名無しである:2006/08/03(木) 00:09:20
老いぼれて、よたよた「歩く生殖器」。マムコへの執念捨て去りがたくも勃起せず。
切ない想いをしたためて、出版すればこの嵐。あ〜哀れなるかなサル山の妄想ボスズン。

280 :吾輩は名無しである:2006/08/03(木) 17:31:54
第二の川上宗薫
ただ日本経済新聞社を利用したイメージ戦略が巧みで
ギリギリのところでポルノ作家と呼ばれなかった

281 :吾輩は名無しである:2006/08/03(木) 18:05:45
宇能 鴻一郎>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>川上宗薫>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>花村萬月>>>>>>>>渡辺淳一

282 :吾輩は名無しである:2006/08/03(木) 21:26:35
>>280
真剣に性の道を追求しておられたという川上宗薫と比較するのは
あまりに失礼であろう。

283 :吾輩は名無しである:2006/08/04(金) 13:27:08
ポルノ惑星に連れていってあげたい
泣いて喜ぶだろうなー

284 :吾輩は名無しである:2006/08/05(土) 01:36:44
やめろ。ポルノ惑星が汚れる。

285 :吾輩は名無しである:2006/08/05(土) 02:10:25
最近セクハラに関する本を読んだのだが、そこに何例も出てくる加害者側の男性の言い分が全てそこはかとなく渡辺淳一風味。
こういう人たちが読者層なら、需要はまだ充分あるのだなあと思った。

286 :吾輩は名無しである:2006/08/06(日) 12:10:13
エッセイ発売記念age

287 :吾輩は名無しである:2006/08/08(火) 10:15:58
産経新聞 新連載小説「あじさい日記」 8月15日開始 age

288 :吾輩は名無しである:2006/08/10(木) 01:02:52
筒井康隆の小説のポルノ惑星だったらいいんじゃない?
あそこのジャングルの中だったら、
ズンを捨てるには絶好の場所だ。

289 :吾輩は名無しである:2006/08/10(木) 01:55:06
ttp://www.ytv.co.jp/geikoi/ranking/ranking0731.html
↑芸故意リアル 


290 :吾輩は名無しである:2006/08/15(火) 13:55:36
ttp://tbs954.cocolog-nifty.com/st/2006/06/623_6ea6.html
2006年6月23日 (金)

6/23(金)ストリーム・コラムの花道は、ブックレビューでお馴染みのトヨザキ社長ことライターの豊崎由美さんです。
今日は渡辺淳一センセイの新作『愛の流刑地』祭!

ttp://tbs954.cocolog-nifty.com/st/files/st20060623.mp3



291 :吾輩は名無しである:2006/08/18(金) 13:11:52
この人の書くものは、リズムとか流れとかはそれほど悪くないと思うけど、
表現がアレだからな...

292 :吾輩は名無しである:2006/08/31(木) 15:34:25
今日の週刊慎重。。。。

293 :吾輩は名無しである:2006/09/01(金) 01:05:45
>>292
kwsk

294 :吾輩は名無しである:2006/09/01(金) 13:26:04
>>293
ナニの呼び方にこだわってて「陰茎」ってのはどうにもよろしくないし
ダラリとした感じがするから上を向いているときはもっと他の呼び方がないものか云々。

あと「Pくん」という呼び方が良かったとか英語の「Pennis」の語源がどうだとか。
愚にもつかないとは、まさにこのこと。


295 :吾輩は名無しである:2006/09/01(金) 18:46:33
あげ

296 :吾輩は名無しである:2006/09/01(金) 18:50:41
>>294
わろた

297 :吾輩は名無しである:2006/09/07(木) 18:35:47
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060907-00000008-oric-ent

寺島しのぶ、製作発表で涙・・・〜映画『愛の流刑地』製作発表

・・まったく話題になってないな。。


298 :吾輩は名無しである:2006/09/08(金) 11:21:03
今週の新潮コラムもすごかったぞ
北方領土をロシアに譲ってはどうか、などと
某紙の論説主幹の、かの名作「友情島」に肉薄するほどの電波でした

というかこの人、もう発言しない方が良いのでは・・・?
どんどん晩節を汚すだけです

299 :吾輩は名無しである:2006/09/08(金) 13:48:56
淳一

300 :吾輩は名無しである:2006/09/08(金) 21:53:45
失楽園、愛ルケ共に新聞の連載で読んだけど、両方とも一般紙の朝刊にのせないで欲しい。性愛文学が偉いと思ってるようだが、文章も特に巧くないし、登場人物の造形もただのエロオヤジ的発想だろ。

301 :吾輩は名無しである:2006/09/09(土) 08:30:33
>>300
本当にちゃんと愛ルケを読んでたのかどうか疑わしいな。

>文章も特に巧くないし
失楽園はともかく、愛ルケはとてもそういうレベルではないだろw

302 :吾輩は名無しである:2006/09/09(土) 13:45:38
すごおい

303 :吾輩は名無しである:2006/09/14(木) 17:09:57
植草教授は経済関係の教授であるから、日経を読んでいたことは間違いない。恐らく「愛の流刑地」も読んでいた。

「名古屋商科大教授の植草一秀容疑者(45)が、電車の中で女子高校生に痴漢行為をしたとして、現行犯逮捕されていたことが分かった。
植草容疑者は13日午後10時10分ごろ、下り快速電車内で、女子高生(17)の後ろに立ち、スカートの上から尻を触った疑い。
女子高生が「やめてください」と声を上げて発覚。乗客の男性2人が植草容疑者を取り押さえ、京急蒲田駅で同署員に引き渡した。
 植草容疑者は、早稲田大学教授を務めていた04年4月、女子高生のスカートの中を手鏡でのぞこうとしたとして逮捕、起訴され、罰金50万円の有罪判決を受けた。
04年5月、早大に解任され、判決後の今年4月から名古屋商科大で教壇に復帰していた。」(毎日新聞)

304 :吾輩は名無しである:2006/09/18(月) 00:03:01
ブログで、人妻の意見を聞きたいですと
あさいじ日記、今まで人妻の意見を聞いてなかったのかw

305 :吾輩は名無しである:2006/09/19(火) 14:50:53
本日のテレビ番組を見ると、NHKの「クイズ日本の顔」でポルノ作家の渡辺淳一を
取り上げている。公共放送でポルノ作家を取り上げてよいものか。
NHKも地に落ちたと言うべきなのか。

306 :吾輩は名無しである:2006/09/19(火) 23:22:03
>>280
>>282さんに同意。
川上宗薫氏を、ポルノ小説作家と呼んで欲しくない。
なんだか、そんじょそこらの三文作家と一緒にされてるみたいで。
押しも押されぬ「風俗小説家」だったと思ってる。
川上氏は、男女の性愛に対する執着が「凄絶」の域に達してたと思うし、
かなり繊細な感性の持ち主だったとも感じる。
文章の旨さに到っては、現在の爺とは比べ物にならないし。
おいらは彼のことを、立派な一文学者として尊敬しているよ。

金の亡者になりさがった駄文妄想エロ爺と一緒にされるなんてあんまりだ・・・(´Д`;) 。

307 :吾輩は名無しである:2006/09/24(日) 13:30:10
「ベッドに隠せる大きさの日記のくせに本文はやたらと長い。
一体何ページある日記なのよ?
たかが日記のくせに事細かに描写されているし、
一介の主婦なのにかなりの文才の持ち主なのが変。」
というのが母の感想。
ズンが書いているんだから当たり前だって…。

308 :吾輩は名無しである:2006/09/27(水) 03:16:41
まともに組み上げられないパクリプラモなんだよね
今回のマンションもそれとなく四次元風味だし

309 :吾輩は名無しである:2006/09/29(金) 10:11:05
爺自体の問題もあるけど、ここまで読者をナメた爺さんを
ノサバラせた大出版社の責任も問われるべきだろうな。

310 :吾輩は名無しである:2006/09/30(土) 19:35:47
川島なお美、濱田のり子・・・付き合う女も
みなショボい。

311 :吾輩は名無しである:2006/10/01(日) 22:08:04
北海道が生んだ文豪
さすが北海道
やることがでっかいぜ!

312 :吾輩は名無しである:2006/10/13(金) 23:15:00
そもそも売れていないでしょ、もはや。
こんな紋切り型の男女観・文章の老人を何故大マスコミ
は持ち上げるのだろう????

313 :吾輩は名無しである:2006/10/14(土) 00:59:33
室楽園(の映画)の功績かな

314 :吾輩は名無しである:2006/10/15(日) 10:25:32
というよりやっぱ「みんな寂しい」んだよ。
工夫も研鑚もなく、脳内の妄想を垂れ流すズンが売れてるってのは、社会が結局
進歩してるようで進歩していないし、民度も低いことの証左。

315 :吾輩は名無しである:2006/10/15(日) 20:20:02
ズンもまぁましな方でしょ。供給あってこその需要でしょうがwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

316 :吾輩は名無しである:2006/10/18(水) 08:36:52
まあ、世の中ヨンとかパクとかに需要があるんだから、ズンに需要があっても
おかしくはないわな w
自分には理解不能なものに熱狂する人たちもいる、それが世の中ってもんだ。

317 :吾輩は名無しである:2006/10/18(水) 09:42:46
四ドラを幼稚愛呼ばわりしたあげく、これこそ純愛!と正面から勝負を挑んだつもりでボロ負けでしたね

318 :堅過ぎる車掌さん:2006/10/20(金) 00:16:52

http://watanabe-junichi.net/archives/2005/11/22/index.html

 先日、北九州市に講演に行った帰り。一旦、小倉から福岡に戻り、そこから飛行機で東京に帰るつもりで新幹線に乗ったのだけど。
 自由席の切符で乗っていたら、たまたま車掌さんが来て、「ここは指定席だから、自由席に移ってください」とのこと。
 「でも、わずか十数分のあいだだから、 それくらい見逃してくれてもいいじゃないか」といったけど、「駄目だ」とのこと。
 「それじゃあ」と立上ったら、隣りはグリーン席。
そちらのほうがはるかに楽、と思って乗っていたら、先程の車掌がまた来て、「ここはグリーン車」ですと。
 そんなことはわかっているけど、 いまさら自由席に行くのは面倒くさい。
それに広い車輌に乗っているのは二人だけで、あとはガラ空き。
 「もう直ぐ着くから、ここにいても、いいじゃないか」といっても、 「駄目だ」の一点張り。
 そこで、「君きみ、これくらいは大目に見るものだよ、本当に融通がきかないね」と説教して立上り、 デッキに出たら、途端に福岡に到着。
 この車掌さん、職務に忠実といったらそのとおりだが、 過ぎたるはおよばざるがごとし。
もう少し時と場所を考えて、自在にやって欲しいものですね。 JR西日本さん。


319 :吾輩は名無しである:2006/10/20(金) 23:17:46
・・・セコい作家だな。
長者番付にのるほどの金持ちほど意地汚いと言うが、本当だね。

320 :吾輩は名無しである:2006/10/21(土) 23:10:27
>>307
9月6日の日記、書きも書いたり29字×216行w
400字詰め原稿用紙16枚弱ですよ
それも手書きですらすらと
23:10から何時まで書いていたんだろうね

321 :吾輩は名無しである:2006/10/22(日) 23:33:35
今週の習慣S帳エッ?say!は魚の皮について。
切り身魚の料理で、皮が表では食べにくいからひっくり返して食べるとか。
背景として素材偽装の歴史を妄想。
食べて呑んで寝てばかりの文のわりに、この人「食」について詳しくないね。

322 :吾輩は名無しである:2006/10/23(月) 01:12:57
異常性欲かどうか知らぬが、
自分を国賓かなんかと勘違いしてることは、このグリーン車
事件でハッキリしたな。

323 :吾輩は名無しである:2006/10/23(月) 15:54:08
ただのイタイやつ
笑い物

324 :吾輩は名無しである:2006/10/23(月) 15:56:19
読めば読むほどはずかしい。こいつは馬鹿か??????????????

325 :吾輩は名無しである:2006/10/23(月) 22:02:21
仮に、JR車掌の物言いが悪かったから
そして、その腹いせで「タダ乗り」をした・・・確かに
まああり得る話だし、実際に自分がそんな当事者になるんじゃないか
と、思わないでもない。

ただ、それを 大作家の看板を掲げて公然と自慢気に語る
としたら、それは単なる思い上がった馬鹿としか言いようがない。

326 :吾輩は名無しである:2006/10/25(水) 22:34:37
>君きみ、これくらいは大目に見るものだよ、
>本当に融通がきかないねと説教

 JR車掌も、客じゃなかったらこんな糞ジジィ
 殴ってただろう。
 本当に何様のつもりかね。

327 :吾輩は名無しである:2006/10/26(木) 08:13:05
渡辺淳一に妻子がいたなら、あれほど性的欲求不満にならず、ポルノ作家になっていなかったかも。

328 :吾輩は名無しである:2006/10/26(木) 10:17:59
祭祀いるどころか、娘はコネで
「20代で年収1000万!」の大出版社に押し込んでるよ。

それにしても、一応ベストセラー作家だぜ。
一駅分の特急料金なんて1000円くらいだろ!?
そんなにカネばっかガツガツ溜めてどうすんのかな、
意地汚いジイサン!

329 :吾輩は名無しである:2006/10/30(月) 01:33:45
>一駅分の特急料金なんて1000円くらいだろ!?
>そんなにカネばっかガツガツ溜めてどうすんのかな、
>意地汚いジイサン!

 ゴルフも銀座も旅行もみ〜んな出版社払い。
 究極のクズ野郎だな。


330 :吾輩は名無しである:2006/10/30(月) 19:15:15
>>328
ガツガツ貯め込んだ分は、全部銀座のお姐さんやママさん連中の指輪や
帯に換わるから、どれだけあっても足りないんだよ。
100万単位でつぎ込んでるんじゃね?
金でしか言うこと聞いてくれない女しか知らないから、全然金のかからない
冬香みたいなのが理想の女に思えちゃうんだろ w

331 :吾輩は名無しである:2006/10/30(月) 20:25:03
所得の申告のとき、女に貢ぐ金は執筆のための必要経費として認めろなんて言ってたw

332 :吾輩は名無しである:2006/10/31(火) 20:48:42
>女に貢ぐ金は執筆のための必要経費として認めろ

 大人の恋愛を描く(全然描けていないが・・・)とか言いながら、
 やってることはセコいねえ。
 JRの車掌につくづく同情するよ。
 ホント、薄汚い吝嗇ジジーだ、氏ね。

333 :吾輩は名無しである:2006/10/31(火) 20:56:09
まぁこいつ貶してる生理が三ヶ月に一回とか言う噂の婆の駄文よりはましでしょwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

334 :吾輩は名無しである:2006/10/31(火) 23:19:11
↑何のことだかサッパリわからんが、駄文よりマシだったら踏み倒しを黙認してもらえるとでもいうのかw

335 :吾輩は名無しである:2006/11/01(水) 23:34:03
>>334
胴衣。どっちがレベルが低いか?という競争をしてる感じだな。

別に「高尚」であればいいというわけでもないけれど、
こいつは、単に金に卑しいのを、堂々と公表してるのがな。

336 :石原慎太郎:2006/11/02(木) 01:12:29
>「それじゃあ」と立上ったら、隣りはグリーン席。
>そちらのほうがはるかに楽、と思って乗っていたら、先程の車掌がまた来て、
>「ここはグリーン車」ですと。
>そんなことはわかっているけど、 いまさら自由席に行くのは面倒くさい。

 「そちらの方がはるかに楽」、、、って そりゃあ「楽」でしょうよ。
 でも、キチンとお金払わなきゃイケナイってのも「ルール」だよね!?
 さらに「いまさら自由席に行くのは面倒くさい」。
 だから「面倒臭い」なら 指定券買やあイイじゃね〜か、長者番付の
 常連なのに ホント、しみったれたジジィだね。


337 :吾輩は名無しである:2006/11/02(木) 01:22:18
ワロタ

338 :吾輩は名無しである:2006/11/02(木) 10:07:46
講演で訪れた場合 この長老クラスなら
ギャラに加え十分な「足代」 + お付の連中の足代まで
出ている筈だが。
因みに、主催が自治体なら 当然 市民の税金である。

339 :吾輩は名無しである:2006/11/03(金) 01:07:00
主人公・菊治って野郎が究極のスカシッペ、
これほど魅力のない主人公を設定した訳がわからぬ。

確か、テメーが盗録したエロテープが、裁判で公開される場面だったか、
当然「菊治と冬香」の戯言が聞かされると思っていたら、
何故か そこで流されるのは冬馬鹿のヨガリ声だけ。
菊治は常に冷静、てか全く盛り上がっていない。
こういうのを「嘘つきスカシッペ」という。

340 :吾輩は名無しである:2006/11/03(金) 21:19:06
>主人公・菊治って野郎が究極のスカシッペ

 男の顔は出ないAVってシラケルよな。アレみたいなもんだね。
 人殺しでも、それが自分となると (新聞報道にもかかわらず)
 「村尾氏」になるんだよな。
 新聞が 殺人の被告を「○○氏」と呼称することなどない。

341 :吾輩は名無しである:2006/11/05(日) 23:31:43
確かに、あのエロテープ公開場面、
菊自慰のエロ丸出しの猥語・卑語が遂に晒されるとか思いきや
出てくるのは 馬鹿の「殺してぇ」だもんなあ。
最低の気取り屋め。

342 :吾輩は名無しである:2006/11/06(月) 20:17:28
     ズンイチ作品に出てくる男:イヤミで気取り屋、独善的吝嗇
     同 女:ロボット

343 :吾輩は名無しである:2006/11/08(水) 09:45:37
一般庶民がこんな悪質なタダ乗りやったら、下手したら通報される。
こんなところでも「作家の特権」を悪用している。
JRもJRだよ。相手が”名のある”老人なら許すのか?
この老人とのやりとりを明らかにするべきだ!!!!

344 :吾輩は名無しである:2006/11/08(水) 19:38:46
菊治の名前すらも盗作

345 :吾輩は名無しである:2006/11/08(水) 19:44:28
ららら

346 :吾輩は名無しである:2006/11/08(水) 20:26:19
渡辺は低俗な、悪しき意味の流行作家。時がたてば忘れられる。異常でもなんでもない、ただただ低俗、平々凡々。

347 :吾輩は名無しである:2006/11/08(水) 23:12:28
そろそろ肩の力を抜いて
老人同士の慈しみ会うような性愛を書いたら?
いつまで20年前の思い出(それもカネで買った)に
しがみ付くのか。

348 :吾輩は名無しである:2006/11/09(木) 13:57:57
新潮で「セックスレスなのは女性が強くなったから。
男は強い女性はダメなのだ」との持論を展開しておりました。

349 :吾輩は名無しである:2006/11/10(金) 00:54:42
>>348
衰えて弱くなった事も自覚出来ない耄碌爺か・・・・

350 :吾輩は名無しである:2006/11/11(土) 09:58:26
>男は強い女性はダメなのだ

 …確かにそう言う男もいるけど、寧ろ若い男なんかは
 逆のパターンも増えてるみたいだぞ。
 何でも 戦前生まれの自分を基準に「男とは〜」と
 一般化するのは、もう止めろ。

 そもそも、ズン作品が年を経るごとにやせ細って
 遂に腐っちゃった理由として、作者の こんな
 「思い込みの強さ」もあるような気が・・・。

351 :吾輩は名無しである:2006/11/11(土) 10:33:23
今、フジテレビの「ハッケン!!」にズンが出てたが、
野球にハマる奴はバカとか
ゲームがあるからイジメが増えるとか
電波全開だな…。
出演者も扱いに困ってる感じ

352 :吾輩は名無しである:2006/11/11(土) 18:33:45
>>350
ズンは自分より物知りな女とか絶対に嫌いだよねw
だからズン世界のヒロインはみな主人公の話に
「ま〜すごいわ。あなたって何でも知っているのね」と持ち上げる。
今は女の薀蓄に男がうんうんと聞いて
「変わり者のお前が愛しい!」
「物知りのお前が可愛い!」となるんだよw

353 :吾輩は名無しである:2006/11/14(火) 15:40:23
>野球にハマる奴はバカとか
>ゲームがあるからイジメが増えるとか

 …他人をあげつらう前に
 新幹線のグリーン車・指定席に 金も払わず居座り
 それを「俺様の当然の権利」と主張する根拠を 述べてくれ。
 

354 :吾輩は名無しである:2006/11/16(木) 23:52:35
       


       この爺さんがモテはやされてるうちは
       日本は「後進国」です。

355 :吾輩は名無しである:2006/11/19(日) 23:36:59
勃たなくなった自分、を何時書くのか?
その点、マッチョ慎太郎の方が素直だよ。

356 :東野圭吾:2006/11/23(木) 01:02:52
結局、カネ目当てで群がる女を、「女」として論じ
そんな馬鹿女に毟り取られる男を「男」として一般化して
論じるから 結局空疎な駄文にしかならない。

カネ抜きで 同年輩の女(つまり婆さん)と死ぬ気で
付き合ってみろ。
いかに自分で自分に嘘ついてたか分かるぞ。


357 :吾輩は名無しである:2006/11/23(木) 06:11:58
>>356
お前も嘘をつくのはやめろ

358 :吾輩は名無しである:2006/11/24(金) 21:35:10
有名人であるからモテてるってことを分かってない
哀れなオジイチャン>ズン

359 :吾輩は名無しである:2006/11/28(火) 23:36:24
東宝から正月映画化・・・
日本ってまだまだ「後進国」だね。

360 :吾輩は名無しである:2006/11/28(火) 23:51:54
一昨日の夕方、たまたま車中に流れたNHK生ラジオで渡辺が喋っていた。

なんか50代の頃新聞に連載小説を書いていてかなり自信があったのに、
ごく普通の素人の読者から「つまらない」と言われて愕然としたそうだ。
素人の評が一番重要だそうな。それでその時から
心構えとしては「常に反抗期であること」だそうな。
失楽園にしろ愛ルケにしろ、素人の読者を目途に書いたという。

笑ったのは、
愛ルケを書いている時、主人公が刑務所に居るのに
自分がゴルフなんかやるわけにいかないからゴルフを止めた、と
得々として語ったこと。
鍋爺のもーろく度は、並大抵じゃないゼ。ほとんど恍惚の人だわ


361 :東野圭吾:2006/11/29(水) 10:06:15
>笑ったのは、
>愛ルケを書いている時、主人公が刑務所に居るのに
>自分がゴルフなんかやるわけにいかないからゴルフを止めた、と
>得々として語ったこと。

 糞新潮エッセイで読んだけど、「ネタ」じゃないの? 
 歩く欲望=ズンが「我慢」とか「忍耐」なんかする訳ないよ。

 愛ルケも、つまらない上に、明らかに”手抜き”してるし
 それが素人にも分かる。そこに腹が立つ。

362 :吾輩は名無しである:2006/11/29(水) 11:55:08
素人の評なんて気にしてるようには全然思えないけどね。
で、「反抗期」が牢屋の中でのおなぬーなのね。

363 :吾輩は名無しである:2006/11/30(木) 01:01:06
異常性欲者って何?

364 :吾輩は名無しである:2006/11/30(木) 01:38:05
>>361
いや、全然ネタではない。マジで語り、
アナウンサーが「ええ?お止めになったんですか?ゴルフを?!」と
呆れ声で言うと、
「おかげでゴルフの腕がすっかり落ちてしまった」とまで言った。
…主人公が刑務所へ入ってる時に
筆者がゴルフなどしてはおれん…という発想が、まるで凄いことででもあるかのように
自慢気な口ぶりで。

だから、鍋爺的にはこまで入れ込んで書いた結果が、あれなわけだ。
恍惚の人〜〜♪




365 :吾輩は名無しである:2006/11/30(木) 01:40:17
>>364 訂正: そこまで入れ込んで 

366 :吾輩は名無しである:2006/12/01(金) 22:13:49
菊自慰=25年前の自分
…おお、イヤだイヤだ!

367 :吾輩は名無しである:2006/12/03(日) 10:34:59
堅過ぎる車掌さん (文)渡辺淳一(73)
   
  http://watanabe-junichi.net/archives/2005/11/22/index.html

 先日、北九州市に講演に行った帰り。一旦、小倉から福岡に戻り、そこから飛行機で東京に帰るつもりで新幹線に乗ったのだけど。
 自由席の切符で乗っていたら、たまたま車掌さんが来て、「ここは指定席だから、自由席に移ってください」とのこと。
 「でも、わずか十数分のあいだだから、 それくらい見逃してくれてもいいじゃないか」といったけど、「駄目だ」とのこと。
 「それじゃあ」と立上ったら、隣りはグリーン席。
そちらのほうがはるかに楽、と思って乗っていたら、先程の車掌がまた来て、「ここはグリーン車」ですと。
 そんなことはわかっているけど、 いまさら自由席に行くのは面倒くさい。
それに広い車輌に乗っているのは二人だけで、あとはガラ空き。
 「もう直ぐ着くから、ここにいても、いいじゃないか」といっても、 「駄目だ」の一点張り。
 そこで、「君きみ、これくらいは大目に見るものだよ、本当に融通がきかないね」と説教して立上り、 デッキに出たら、途端に福岡に到着。
 この車掌さん、職務に忠実といったらそのとおりだが、 過ぎたるはおよばざるがごとし。
もう少し時と場所を考えて、自在にやって欲しいものですね。 JR西日本さん。

368 :吾輩は名無しである:2006/12/05(火) 10:15:53
自分を国賓かなんかと勘違いしてるんじゃないか。
緊張感のないダラダラと性欲を垂れ流すだけの駄文しか
書けない理由は、こんなトコにもあると見た。

369 :吾輩は名無しである:2006/12/06(水) 18:31:00
痴漢で裁判になっている植草は、治療が必要などという報道もでている。
もしそうなら、渡辺淳一も治療が必要ではないか。

370 :吾輩は名無しである:2006/12/06(水) 21:14:09
作家なんだからエロ妄想で固まったってイイよ。
一般人並みの「常識」を求める必用ももしかしたらないかも
しれない。

でも、作家の特権?でグリーン車にただ乗り、しかもそれを非難
する(当ったり前だ!!!)車掌を指弾する権利など
どんな「大家」にもないよ。

しかも更に薄汚いことに、自分のブログからこの箇所を
削除していやがる、とことんクズ爺だな。

371 :吾輩は名無しである:2006/12/07(木) 21:53:23
いまの連載も悲惨の一言。
大・谷崎のマネなんて100年早い!

372 :吾輩は名無しである:2006/12/07(木) 22:13:10
 女なら誰でもこいつ大嫌いだが男にも嫌われてて嬉しいよ。
まあ、人間のクズだから分かって当たり前だけどね。

373 :吾輩は名無しである:2006/12/08(金) 00:09:06
若い頃はスンゲーイケ面

374 :吾輩は名無しである:2006/12/08(金) 10:05:58
渡辺自体には何の関心もないけど、
前作、そして愛ルケと単なる ”エロガキの作文”みたいなのが
映画化されるという現象はツラいよなあ。
例えば作家志望の若い連中は、このテの現象をどう見てるんだろう?

新幹線の出来事、マスコミで取り上げられた記憶がないんだけど・・・。

375 :吾輩は名無しである:2006/12/08(金) 22:42:01
>新幹線の出来事


 日本のマスコミがいかに腐敗してるかの証左じゃないの?
 弱小プロダクションのタレントや官僚公務員など
 ”反論がありえない”連中には 襲い掛かるくせに、
 大手所属タレント・文学賞選考委員・同業マスコミには
 綿菓子のように甘い。
 ズンみたいなクズが大手を振って歩けるのも マスコミの
 責任だよ。

376 :吾輩は名無しである:2006/12/09(土) 02:01:05
B○○KOF○にてアイルケ大売出し中
105円コーナーに逝くのも時間の問題

377 :吾輩は名無しである:2006/12/09(土) 10:10:32
渡辺淳一って身長いくつあるの?


378 :吾輩は名無しである:2006/12/09(土) 13:35:57
172〜3ってとこ?
73歳にしては長身だね。
娘は大手出版社勤務 独身。

膣楽園の「役」で釣った大女優・川島なお美とは
一時 北海道の別荘旅行する仲なるも、
ドラマ終了に伴い、なお美はイケ面独身作家・
東野圭吾にナビき ズン、フラれる。
以降は、一時濱田のり子なるマイナー女優を
セックスフレンドにするもまたしてもフラれる。

379 :吾輩は名無しである:2006/12/09(土) 14:19:12
孫に自分を「おうさま」と呼ばせているそうだが

380 :吾輩は名無しである:2006/12/09(土) 21:10:03
愛ルケの口上で「真のエクスタシーを知る者と未だそれを知らぬ者の戦い。
読者はどちらに軍配を上げるのか?」ってのがあったのを思い出した。
それで言うなら、
映画がヒットするかどうかは 「日本人の民度が真に上がったのか
未だ高度成長期のままなのか?」だな。

381 :吾輩は名無しである:2006/12/10(日) 04:39:07
セックスは普通以下でした。
身長はデカイよ!175はあるかも。
がタイだけはでかいんだよね。
ズラだしぃ。


382 :吾輩は名無しである:2006/12/10(日) 04:54:20
>>378
でも、公称の173の小倉より、座高は高そうだったよ。

公称の171の長井秀和よりも大きい感じだった。

178ぐらいあるんかな。

首周りも太かったし。

石原慎太郎タイプ?石原慎太郎はどのくらいあるんだろ?

そのせいもあって、大江健三郎や左翼のおばさんたちから
かみつかれてるのだろうか。

あっちこっちに、渡辺淳一は異常者っていうスレみたいのが立ってるでしょ。
俺は一冊しか読んだことないんだけど。

383 :吾輩は名無しである:2006/12/10(日) 05:46:57
猪首きもっ

384 :吾輩は名無しである:2006/12/10(日) 11:53:16
別に異常者じゃねえよ、金儲けの上手い売文業者ってだけ。
しかも文章は死ぬほど下手。同じ売文業者でも宇能鴻一郎は
上手いと思うがね、エロを書かせても。

385 :吾輩は名無しである:2006/12/10(日) 13:37:45
晒す糞爺上げwwwww

386 :吾輩は名無しである:2006/12/10(日) 16:25:22
元小説書きでしょ。愛ルケは小説になってないのは読んだ人全員が言ってるし、
読んでない人は読むに耐えないから読んでない。そーゆーしろもの。
これを書いたこと、発表しちゃったことは大失敗だよ。
でも、本人は「いい小説」だと思ってるんだろう。
ほんとに、本人は自分の小説を読んでるか?
他人の前で朗読できるのか?


387 :吾輩は名無しである:2006/12/10(日) 17:25:42
http://pink.gazo-ch.net/bbs/27/img/200512/550933.jpg

388 :吾輩は名無しである:2006/12/11(月) 20:55:35
>1
謝れ!ポルノ作家に謝れ!

異常性欲者たちも、このお爺さんと一緒にされたくはないでしょね。


389 :吾輩は名無しである:2006/12/11(月) 23:51:55
愛ルケもいっそ最後まで「男目線」で貫徹してハードボイルド路線で
行けばそれなりに読めたのかも。
イチイチ気取った引用や、「男とは〜」「女とは〜」の
陳腐な講釈が入るからウザい。
ズン文学では、「女」は最初から”ハキダメ”なんだから
格好つけないでそこに徹すりゃあいいんだよ。

390 :吾輩は名無しである:2006/12/12(火) 09:30:00
> イチイチ気取った引用や、「男とは〜」「女とは〜」の
> 陳腐な講釈が入るからウザい。

ズンが書きたいのはそこだし

391 :吾輩は名無しである:2006/12/12(火) 09:59:20
晩年を汚すくらいなら
静かに消えてゆきたい… いわゆる流行作家の多くが
今こう思ってるんじゃない?>愛ルケ

392 :吾輩は名無しである:2006/12/12(火) 22:35:09
愛ルケ映画化については馬鹿騒ぎするくせに、
ネットで話題になった 「新幹線事件」は全くスルー。
マスコミもズンと同等の糞だね。

393 :吾輩は名無しである:2006/12/13(水) 11:12:51
このジジイのケチ話は出版界ではチョー有名。
仕事とった女編集者は全員ヤッタと思われてるし。
ま、全員はないと思うけど。過激なのは小説の中だけ。
本人のエッチはいたってノーマルって聞きますよ。
ズラもね・・・・ヤバイかな、この話。

394 :吾輩は名無しである:2006/12/13(水) 11:46:40
エロ

395 :吾輩は名無しである:2006/12/13(水) 21:57:27
深く美しい作品 :渡辺淳一
 
 昨日、「愛の流刑地」の完成披露試写会が六本木ヒルズでおこなわれた。
 その前、記者発表や数回のインタビュー、対談などに追われた。
 肝心の映画はその2日前に東宝本社で見せてもらったが、よくできている。
 これまで、映画化、テレビ化された、わたしの原作は30本をこすが、
 そのなかでもっとも優れている。
 冒頭から激しいセックスシーンが続くが、これが美しく、ときに幻想的である。


396 :吾輩は名無しである:2006/12/14(木) 23:53:00
よく出来ている、とかエラソーに言うなよ。
原作通りだったら 目も当てられないだろうが。
何書いても、「ワシのチンポコ・マンセー!」にしかならない爺さん
哀れ。

397 :吾輩は名無しである:2006/12/15(金) 09:55:06
映画が仮にヒットすりゃあ、消えかけていた渡辺淳一神話復活
→ズン、大威張りか。
全く喰えない爺さんだな。

398 :吾輩は名無しである:2006/12/17(日) 00:19:57
   十年一日 因循姑息 努力放棄


   才能枯渇 自己中心 男尊女卑

   若者嫌悪 無芸大食 電波乞食

   射精偏執 性器信仰 老衰不能

   支離滅裂 構成破綻 夜郎自大

   老害無惨 商業主義 無賃乗車 

399 :吾輩は名無しである:2006/12/22(金) 04:09:05
このジジイきもい
テレビ出るな

400 :吾輩は名無しである:2006/12/22(金) 22:22:30
東宝も東宝だよ。
今さらズンの映画でもね〜だろっ!
そもそもズンが多少とも先を行ってたのはバブル迄で、今や
性体験ならそこらの女子高生のほうがズンを陵駕。でもって
そもそも書いてるのが、所詮上っ面の風俗だから
「現実」に負けてオシマイ。

401 :吾輩は名無しである:2006/12/23(土) 00:17:57
戦わなきゃ! 「現実」と!!

…あ、役所広司には断られたんだったね。

402 :吾輩は名無しである:2006/12/23(土) 12:25:38
日経マネーの先月号 東宝株に関する記事で
「1月には 渡辺淳一のベストセラー”愛の流刑地”映画化」
とあったけど、

   愛ルケ=ベストセラー なんですか??????

403 :吾輩は名無しである:2006/12/23(土) 19:58:35
失楽園は売れたけど、今回のは売れてないじゃないか。
ネットで 荒唐無稽なストーリーと、主人公の男の
糞ぶりが嘲笑されてたくらいだろ。
あとは連載中に渡辺がブログ始めて、「新幹線不正乗車」を
吐露して祭りになったとか 要するにゲスですよ。

404 :吾輩は名無しである:2006/12/24(日) 00:01:07
中身が北海道人だからな。
ふてぶてしくて大雑把で利己的で他人に疎くてへっぺが大好き。
同じ人種として極楽とんぼの加藤や大泉洋がいる。

405 :吾輩は名無しである:2006/12/24(日) 21:53:03
北海道気質云々は知らないけど、
これだけ自分のポコチンにしか関心のないー73にもなってー
ってある種の奇形ですよ。
愛ルケなんて、どこが恋愛小説なの?
ただ菊自慰=ズン の性欲掃き溜めでしかないじゃん。

406 :吾輩は名無しである:2006/12/25(月) 14:43:38
ロムってる創作サイトの管理人がトヨエツファンらしく、
「彼が出てるなら愛ルケ見に行きたい」と日記に書いていて orz

いや止めたりはしないけどファンなら尚更行かない方が…

407 :吾輩は名無しである:2006/12/25(月) 22:14:34
まあズンみたいなヤツがいつまでもチヤホヤされてる
日本の文壇ってのも 「糞」だね。

408 :吾輩は名無しである:2006/12/26(火) 01:02:46
文壇はある意味北朝鮮だからな
変なのが支配してるあたり

409 :吾輩は名無しである:2006/12/26(火) 01:43:37
映画板(愛ルケ)は 東宝・幻冬社社員に乗っ取られた模様。
馬鹿だねえ… こんな時代錯誤の三流作品がウケる訳ないじゃないか。
マーケティングの敗北だろうよ。

410 :吾輩は名無しである:2006/12/26(火) 09:42:37
大丈夫、映画はコケる。
この映画がヒットするか否かは
「日本人がバブルを経て 真に成熟したのか 結局”寂しい日本人”の
ままなのか」 のリトマス紙。

411 :吾輩は名無しである:2006/12/26(火) 21:52:48
★深く美しい作品 文:渡辺淳一
 
 昨日、「愛の流刑地」の完成披露試写会が六本木ヒルズでおこなわれた。
 その前、記者発表や数回のインタビュー、対談などに追われた。

 肝心の映画はその2日前に東宝本社で見せてもらったが、よくできている。
 これまで、映画化、テレビ化された、わたしの原作は30本をこすが、そのなかでもっとも優れている。
 冒頭から激しいセックスシーンが続くが、これが美しく、ときに幻想的である。


412 :吾輩は名無しである:2006/12/27(水) 01:12:28
1まあ普通の感性してりゃ、テメーの原作映画をここまで
自画自賛しないわな。
そう言えば「愛ルケ」でも、殺人者・菊自慰=ズン のことを
馬鹿息子が”父さんは悪くない”とか根拠も無く決め付けたのに
対し「抱きしめてやりたくなる」と 馬鹿レスポンスしてたね。
要は 誉められればイイんだ、73にもなって単純だなあ。

413 :吾輩は名無しである:2006/12/27(水) 03:36:07
先生のズラが心配です。

414 :吾輩は名無しである:2006/12/27(水) 04:21:52
WJだけは勘弁してください

415 :天ノ川 創:2006/12/27(水) 04:26:39


416 :吾輩は名無しである:2006/12/27(水) 09:50:00
もう73なんだから「大人(たいじん)」然としてりゃあイイのに
若さばっか追っかけてるから、奇形人間になる。
同年の青島は死んだ。
渡辺も、「死ぬ為の生き方」をしなさい。


417 :吾輩は名無しである:2006/12/27(水) 13:01:30
取り巻きが悪い。渡辺をカネヅルとしか思ってない。
それに甘える老人も同罪だが。

418 :吾輩は名無しである:2006/12/27(水) 22:04:45
コイツと林マリコ が人気ある理由だけはどうしても分からぬ。

419 :吾輩は名無しである:2006/12/28(木) 05:02:21
河童みたいなので、以前から「かつら」疑惑を持ってました。
やっぱり・・・

420 :吾輩は名無しである:2006/12/28(木) 09:56:46
ズラでバイアグラのロボット老人のくせに
「最近の女優は脱がない」と、(強化へのアテツケ?)
文句垂れてる73歳。

421 :吾輩は名無しである:2006/12/28(木) 17:28:05
トンデモ本の映画化に脱ぐ女優なんて昭和の時代にもいないよw

422 :吾輩は名無しである:2006/12/29(金) 00:20:41
■師走も迫って:渡辺淳一

 しばらくブログの変更を怠けていて、申し訳ありません。
 その間に師走もおし迫って間もなく新年。なのに年賀ハガキもできていないありさま。

 ⇒何か、この文章オカシクないか???


423 :吾輩は名無しである:2006/12/29(金) 00:35:06
全くおかしくありません。
正しい日本語の文章です。

424 :吾輩は名無しである:2006/12/29(金) 08:36:05
本文はそうかもしれんがタイトルはおかしくないか?

425 :吾輩は名無しである:2006/12/29(金) 10:39:06
師走も「迫って」 はオカシイだろう。本文のように「おし迫る」
なら分かるが。
”全くおかしくない”なんて 言い切る阿呆な取り巻き連中、
チョットはズンに教えてやれよ。

426 :吾輩は名無しである:2006/12/29(金) 22:05:19
師走も残すところあと僅か・・・ とかこんな感じかな
普通は!?

このジジィの場合、日本語メチャクチャだからなあ。


427 :吾輩は名無しである:2006/12/29(金) 22:26:38
そういう時は辞書を引くのだよ

×師走も迫って
×師走もおし迫って
○暮れもおし迫って
○師走もおしつまって

×年賀ハガキもできていない
○年賀状もできていない


428 :吾輩は名無しである:2006/12/30(土) 00:53:28
あんな小説書いてるくせにセックスはチョー普通でした!

429 :吾輩は名無しである:2006/12/31(日) 13:05:13
糞爺

430 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 05:44:33
身長178cmってマジ?
マジならモテても不思議じゃねーな…

431 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 12:23:34
ポルノ社長率いる幻冬舎はポルノ本を50万部出荷したらしい。
これだけの異常性欲者がいるということなのかどうか。

432 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 14:40:53
「お(押)し迫る」は、(事実上用途は限定されていますが)「迫る」の強調表現です。
「迫る」の「せ」は「狭」に由来するので、語源的には
<空間・距離・事物が狭くなる・減少する>が本来の意味に近いのです。
従って「師走も迫って」は全くおかしくありません。正しい日本語です。

433 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 16:02:25
>>432
11月なら、な

434 :吾輩は名無しである:2007/01/04(木) 14:00:00
ポルノ作家の渡辺淳一は小説界の暗部であり恥部である。

435 :吾輩は名無しである:2007/01/04(木) 20:21:08
>>434
まだ生きてたのか池沼。
まあ後半は同意だが、本物のポルノ作家に失礼だから馬鹿の一つ覚えでポルノポルノ言うのやめれ。

436 :吾輩は名無しである:2007/01/04(木) 21:28:56
クドいようだけど、ズンの場合「ポルノ」と言うある種の「芸」
にすらなっていないとこが問題なんだよ。
そもそも、人間に全く興味がない人だから ポルノなんか
書けっこない。(関心あるのは ”色男で絶倫のワシ”
だけだろう。)

437 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 21:24:56
ズンの退廃ぶりは、そのまま 日本の「文壇」と称されるところの
インチキの証明だよ。
何ら努力せず過去の名声だけで大威張り・・・

438 :吾輩は名無しである:2007/01/06(土) 00:37:10



  な  ら  ば  殺  し  て  や  る

439 :吾輩は名無しである:2007/01/10(水) 10:13:13
菊治。なんてダサい名前なんだ。
主人公なんだから、もう少しマシな名前つけてやってくれ。

440 :吾輩は名無しである :2007/01/10(水) 15:51:16
渡辺淳一が異常性欲者なら、綿矢りさは好きものレベルか?
綿矢りさも、「読者サービス」と言わんばかりの性描写が多いよね

441 :吾輩は名無しである:2007/01/14(日) 06:30:21
普通の顔した女の子がちょっとばかしエロいものを書くというシチュエーションが
重要なのであって、その文章にも内容にも意味はない。
いつまで続くんだか。
女版ズンになるんですかね。

442 :吾輩は名無しである:2007/01/15(月) 18:44:50
こいつフェミなの?

443 :吾輩は名無しである:2007/01/15(月) 19:07:37
昭和30年代の女が好みです

444 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 08:32:06
>>442
フェミと言うより究極の男尊女卑って気がする。


445 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 01:02:36


映画と歌  文:渡辺淳一

 この13日(土)から、「愛の流刑地」の映画が、全国東宝系劇場で一般公開されているが、
幸い、 お客さんの入りは上々とのこと。
 多くの方々に、是非この映画を見て欲しいものである。
 また、この映画の主題歌、平井堅さんが歌う「哀歌」も発表される。
 この歌は彼が「愛の流刑地」を読んで、自ら作詞作曲したもので、なかなかいい。
 私は音痴で、こんな高音の難しい歌は唱えそうもないが、
 編集者の中には早くも、この歌を練習している人もいるらしい。





446 :川島なお美:2007/01/17(水) 09:56:52
・・・編集者が「仕事」でやってるに決まってるだろうが。
もう少し”空気”読め。
自作の映画を見て「感動のあまり泣いた」とか平気で言う神経が分からん。
「含羞」と言う言葉をアンタは知らないのか?

447 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 18:04:41
なんか「プレステ3はただの黒い箱」、「デジモンが」どうのこうのって批判してるが
年寄りが若者の興じるやつにいちいち口出すなよw

448 :吾輩は名無しである:2007/01/18(木) 00:35:52
>私は音痴で、こんな高音の難しい歌は唱えそうもないが、
>編集者の中には早くも、この歌を練習している人もいるらしい。

 編集者も、こんな腰巾着やってね〜で ズンの仕事をキチンと
 監督しろよ。大家を甘やかせて堕落させてる責任の一端は
 超高給取りの新潮・文春・講談社など 30歳で年収1000万とか言う
 連中にもあるんじゃないか。

449 :東野:2007/01/19(金) 22:31:19
何書いても 

 色男で絶倫のワシのチンポ に、 幸薄い貞淑な美人が
 ヒイヒイ言う話。

もうイイよ。そんな高度成長期のサラリーマン御伽噺より
74歳に相応しい

    老 人 の 性 の 妄 執 と 哀 し み

 を書きなさい。

450 :吾輩は名無しである:2007/01/19(金) 22:37:52
映画みてーなすんごく


451 :吾輩はつまらん:2007/01/20(土) 00:41:34
74歳に相応しい「 老人の性の妄執と哀しみ」漏れも読みたい
現在の年齢での男、オスというものを真剣に書いて欲しい
きっといいものが書けるはずなんだが



452 :吾輩は名無しである:2007/01/21(日) 00:25:48
谷崎みたいな諧謔精神と言うか ユーモアがないから
「老いて勃たない滑稽なワシ」はゼッタイ書かない&書けないだろう、
それは慎太郎も同じ。

453 :吾輩は名無しである:2007/01/22(月) 16:43:52
川島なお美も本当に物好きだよな
こんな爺さんいまだに庇護者にしてよ。

立原正秋のうわべだけパクリじゃねえかよ。
パクリだから、表現が陳腐過ぎていけねえ。

結果、パクリきれずにエロに走ったんだろうな。



454 :吾輩は名無しである:2007/01/24(水) 22:36:54

「小説は人間の本質を追い詰め、問いかけていくものだから、そこに
 リアリティーがないと。読んでくれる人に絵空事と思われてはいけない。」

「まだ花開いていない冬香みたいな女性はいっぱいいるはず・・・
 でも菊治みたいな男に当たるかが問題だな。
 まだまだ冬香の夫のように男性中心の性だけを振り回して、
 女は黙ってついて来るべきと思い込んでる男は多いからね。」
  (1月24日 日経夕刊 渡辺淳一氏特別インタビューより)



455 :吾輩は名無しである:2007/01/25(木) 09:52:27
日経記事(広告ページか?)読んだ。
カッパみたいなペシャンコの頭髪で ニヤニヤしてる
糞老人をノサばらせてる日本マスコミって何なんだ?

456 :吾輩は名無しである:2007/01/25(木) 20:17:07
要するに 菊治=ワシ=絶倫 って自慢だろ。
ホントにガキっぽいジジィだ。74歳と思えぬ。 

457 :吾輩は名無しである:2007/01/26(金) 01:10:02
読んでくれる人に絵空事と思われてはいけない、と言うのは
勝手だけど、「愛ルケ」なんて 絵空事=おじいちゃんの妄想にしか
読めませんけど。



458 :吾輩は名無しである:2007/01/26(金) 21:37:28

十年一日
才能枯渇
酒池肉林
贅沢三昧

権威主義
自己肥大
文壇支配
痴呆老人

薬物勃起
偽装頭髪
不正乗車
自己欺瞞

銀座豪遊
幻冬社払
懐古趣味
保守反動

役所嫌悪
強化失恋
寺島無視
豊川投影





459 :吾輩は名無しである:2007/01/28(日) 12:03:49
ズン付の編集者って 殆ど「罰ゲーム」だよな。
*着物着用
*「向島で河豚を食う会」強制参加
*カラオケで平井堅の歌合唱
*王様ゲーム
*73歳のお誕生会で飲めや歌えや
*ネット掲示板工作
*新幹線事件もみ消し


460 :吾輩は名無しである:2007/01/28(日) 12:06:04
>>459
いいじゃないか、それで年収1000万なんだから。
勝ち組でいられるならプライドも売ることができるんだよ。

461 :吾輩は名無しである:2007/01/28(日) 15:43:53
話は変わって、コイズミが代議士になってから、10年近くも通いつめてた
六本木のSMクラブは、今はなくなっちゃったけど、当時は東京のSMクラ
ブの老舗で、コイズミ以外にも、何人もの政治家や財界人たちがメンバーに
なってた。でも、ほとんどの政治家がマゾだったのに対して、生粋のサディ
スト、コイズミは、SMクラブのコースメニューにある通常のプレイでは満
足できずに、毎回、特別料金を払って、相手の女性が失神するまで、何時間
でも責め続けたそうだ。

当時、何度もコイズミの相手をしたことがあると言う女性は、「小泉先生の
お相手をすると、(激しく痛めつけられるため)2〜3日はクラブに出勤で
きなくなるので、そのぶんのお手当てもいただいていました」と語っている。
また、この女性によると、コイズミは、さんざん痛めつけた最後に、女性を
大の字に寝かせ、両方の二の腕を両足で踏みつけ、仁王立ちして、笑いなが
ら女性の顔面に放尿したそうだ。この女性は、その時の高笑いをするコイズ
ミの顔は、今でも決して忘れることはできないと言っている。

http://www3.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=338790&start=71&log=200501&maxcount=131


462 :吾輩は名無しである:2007/01/28(日) 22:52:12
>いいじゃないか、それで年収1000万なんだから。
>勝ち組でいられるならプライドも売ることができる

 ・・・確かに。
 講談社、小学館に知り合いいるけど 30前半で1000万だもんね。
 しかもメシ・酒・映画はぜ〜んぶ領収書だって。
 ウラヤマシイというか、こういう連中があの糞74歳の
 王様ゲームに付き合わされてると思うと快哉!!

463 :吾輩は名無しである:2007/01/28(日) 23:10:59
でもその結果垂れ流される糞小説が
嫌でも目に入ってくる一般人はどうすりゃ良いのかと



464 :吾輩は名無しである:2007/01/30(火) 01:05:26

「SAYURI」を見るが、ひどすぎる。
 日本の伝統文化も、なにもわかっていない。
ただ芸者をオモチャとしてしか見ていないアメリカの独善と優越感だけが
露骨にでている駄作。
 まさに国辱的映画だが、これに喜んでいる役者たちも、国辱もの。

→これに喜んでいる役者、国辱者の役者って
  菊自慰役を断った勇気あるYさんですか?



465 :吾輩は名無しである:2007/02/01(木) 10:04:18

役所の馬鹿、せっかくワシが推薦してやったのに 菊自慰役断りやがって・・・
映画はこれだけの「ロングラン」だし、 そもそもこれだけ文学の薫り高い
名作に出れること自体凄い。しかも、役はワシがモデルだ。 俳優なら誰もが憧れる
シチュエーションじゃないか。
まあ、このまま落ちぶれてゆけばイイんだ。
その点、豊川君は若いけど分別があるし、頭の良い男だ。ワシの知性が
少し感じられないところが不満だけどな。
・・・それと、最近の女優は本当に脱ぎたがらない。
ワシは強化君か百合子君に 出て欲しかったんだ。もっと言うと
その上で主演はワシ自らやるつもりだった。ところが投法の阿呆が
つれてきた女優と言うのが、、、 ワシは寝るぞっ!




466 :吾輩は名無しである:2007/02/01(木) 22:40:27
なんで売れっ子の京香がこんなエロ駄作に出るんだよ?
ジジィの中では 京香を喰うつもりだったんだろうけど。

467 :吾輩は名無しである:2007/02/02(金) 23:01:49

神田正輝と濱田のり子あたりが適役だろ>愛ルケ
強化だの役所だの、あり得ない配役、
役者だって「プライド」があるさ。

468 :吾輩は名無しである:2007/02/03(土) 11:20:54

ズンが菊爺を演ればイイんだよ。
そもそも、爺は自分がモデルらしいし、ヤツ自身も実は
演じたくてウズウズしてるんじゃないか。

相手は寺島、他のキャストも一切変えず、爺役のみズン。
その糞ぶりを際立たせるのが狙い。


469 :吾輩は名無しである:2007/02/03(土) 19:59:45
テメーの作品が映画化されてここまで舞い上がる73歳
相当壊れてます。

470 :吾輩は名無しである :2007/02/04(日) 00:11:27
フジの土曜朝10時からの番組見てると渡辺の馬鹿さ加減がわかる。
こいつ喋るときに目ぱちぱちさせてマジきもい上におまけに
喋る内容が自己中丸出し。

471 :吾輩は名無しである:2007/02/04(日) 10:58:16
銀座だ祇園だ向島で河豚だ、、、と
粋人を気取ってるけど、如何せんもとは二流大卒の田舎者。
ブランドに弱く、己を大きく見せようと必死で「大人の余裕・ユーモア」
がない。
「新幹線事件」なんか、その典型だろ。

472 :吾輩は名無しである:2007/02/04(日) 15:26:41
直木賞取るまでは短編に佳作も多いよ。
医療モノを突き詰めればよかったものを性愛を描けると
錯覚したのが運の尽き。
愛ルケ?知らん。神崎京介読んだほうがまし。
完全にボケてるのは、はっきりしてるのだからあんまり
イジメたるな。


473 :吾輩は名無しである:2007/02/04(日) 19:26:22
ここまで嫌われるのは、筆力の衰えより(・・・他にもいるしな)
直木賞選考委員での勘違い発言や、週刊誌での
いかにもワシは女を知ってます発言、
ブログでの例の新幹線事件なんかが原因だろうね。

474 :吾輩は名無しである:2007/02/05(月) 01:43:05

いい加減腰巾着の取り巻きドモ、「タオル」投入しろ。
いつまで ボケ老人で「商売」するつもりだよ。


475 :吾輩は名無しである:2007/02/05(月) 10:02:40
・・・例の新幹線の時、
コイツは終わったとオモタ。

476 :吾輩は名無しである:2007/02/06(火) 10:14:16
編集者も悪い。
愛ルケも 単行本化の際にチャックしてね〜しな。

477 :吾輩は名無しである:2007/02/06(火) 10:31:25
それに尽きるね
475
こいつのは天然だから困る

478 :吾輩は名無しである:2007/02/06(火) 22:26:16


     鈍感力       (文)WJ

 この2月7日「鈍感力」(集英社1100円)を刊行しました。
 これはもちろん、小説ではなくエッセイです。
 いきなり、鈍感力など、奇妙なタイトルだと思われる方も多いかと思います。
 しかしこれはかねがね思っていたことで、鈍感なのは生きていくうえで、
 強い力になる、ということです。



479 :吾輩は名無しである:2007/02/07(水) 01:12:42
鈍感力
性のエリート
みんな大変
堅過ぎる車掌さん


480 :吾輩は名無しである:2007/02/07(水) 20:17:26
肝心の場面で勃たなくても気にする必用なし
ズラがズレていても気にする必用なし


481 :吾輩は名無しである:2007/02/08(木) 10:09:10
これはもちろん、小説ではなくエッセイです。
・・・大真面目に書くから恐いよ、爺さん。

482 :吾輩は名無しである:2007/02/08(木) 10:20:55
なんだかんだ読ませてるよなあ

483 :吾輩は名無しである:2007/02/08(木) 12:00:11
理系の人間て、いとも簡単に文系の世界に入れるが、文系の人間て、
いきなり量子力学だの重積分だのいった本を読んでもさっぱり理解できない。
その時点で、文系、能力的に負けているが。 世の中支配しているのは文系・・・ウン!?

484 :吾輩は名無しである:2007/02/08(木) 19:28:58
農耕民族はA型のこと。

A型は横並びの群れ社会を作るため、むりやり敵を作り差別して集団イジメをする。

横並びの群れ社会は、横並び結婚につながる。

A型社会(農耕社会)は、女が横並び結婚しないと生きていけない社会になり、
互いに足をひっぱりあう社会になる。

先祖から横並び結婚してきたA男は、性欲としてむりやり敵を作り差別する。

だからA男女は、横並び結婚してきたので、ブサイクで性格も悪い。

普通(九九%)のA型男女の、むかつくことは、性欲・・・・農耕社会を作ってるだけ。

農耕社会を作ってもしょうがない。

農耕民族は狩猟民族を大量に殺してきたし。

485 :吾輩は名無しである:2007/02/09(金) 02:29:39
鈍感力・・・
この爺さんにはありまくりだな。

486 :吾輩は名無しである:2007/02/09(金) 09:56:49

何でも「一般論」にするのは
年寄りの悪い癖



487 :吾輩は名無しである:2007/02/11(日) 00:47:24

「本当に本当に心底、愛し合ったら死ぬしかないのです。その最高の
 幸せを冬香さんは現実に手に入れ、あなたはそれを立派に成し遂げて
 あげたのです」

 そういう見方もあるのかと、菊治は息を呑む。

                  (「雪女」より 定期コピペ)



488 :吾輩は名無しである:2007/02/11(日) 10:22:21
>菊治は息を呑む。

 ・・・「息を呑む」、何かオカシイ。
 


489 :吾輩は名無しである:2007/02/11(日) 10:28:45
こいつの作品見たいこと無いけど(見たくも無いけど)
テレビで、やりまくることを純愛だと主張してたのを見るだけで
かなりの色ボケ爺だってことはわかる
それは個人の趣味だからいいんだけど
だったら正々堂々と「スケベだからそういうもの書いてるんです」といえばいい
性欲=本当の純愛、肉欲を伴わないものは幼稚なだけなどと、自己正当化するなよな
見てて見苦しい事この上ない

490 :吾輩は名無しである:2007/02/11(日) 21:48:55



これはあまり知られていない事だが、男のオナニーの絶頂は0.5秒で終わるが、女は30分以上続く。

491 :吾輩は名無しである:2007/02/12(月) 00:30:02
>>489
まったく同意。

「おいら性欲魔人なんですーエロがないと死ぬんですー」
って正直にそれだけ言ってれば良いものを
「本当のエクスタシーを知らない女は性の落ちこぼれ」とか
馬鹿ぬかすから嫌われる。


セックスのない韓流ドラマをエセドラマと決め付けた話を
聞いた時はさすがに嫌韓派の自分でも気の毒に思った。
どんな作品でもエロまみれにしないと気がすまない
老害作家に言われたくはないだろう。
 

492 :東野圭吾:2007/02/12(月) 01:45:13
エロ描くの下手だよな〜。
谷崎みたいな匂いたつようなエロも、スポーツ新聞にあるような
職人的なエロも どっちも描けない。
そのくせ「男とは…」「女とは…」の講釈だけは一人前。

493 :吾輩は名無しである:2007/02/12(月) 10:50:41
講釈だけは一人前。

→で、またその講釈が嫌味なんだ。
 

494 :吾輩は名無しである:2007/02/13(火) 00:09:37
偉そうにコメントする割には肝心の知識は浅いんだよなあ。
冬バカの浴衣姿はスレでもおかしいおかしいの大合唱だった。

495 :吾輩は名無しである:2007/02/13(火) 00:14:25
 明らかに間違ってる記述に 何の手も施さ(せ)ない
腰巾着編集者も そろそろ批判されてもイイんじゃないの?


496 :吾輩は名無しである:2007/02/13(火) 00:25:46
終了

497 :吾輩は名無しである:2007/02/13(火) 09:55:48
ただ浴衣でヤリたいだけなのに、そこにイチイチ
夭折した女流歌人に関するミエミエの講釈が入ってきた場面なんかも、
ジジィの勘違いでしかない。

498 :吾輩は名無しである:2007/02/13(火) 15:15:49
終了

499 :吾輩は名無しである:2007/02/13(火) 21:50:40
★ワシの仲間(イイやつ)

 豊川君 鶴橋君 平井犬君
 津川君 石原君(幻冬社)
 林君  小池君 藤堂君
 冬香  菊治  高士
 菊地麻子

★ワシの敵(悪いヤツ)

 役所(国辱) 東野(恋敵)
 川島(ワシを利用)
 徹  車掌  フェミニスト(性のおちこぼれ)
 

500 :吾輩は名無しである:2007/02/14(水) 13:18:50
a

501 :吾輩は名無しである:2007/02/14(水) 14:56:57
そもそもヘテロであるということ自体が変態なのだ!

502 :吾輩は名無しである:2007/02/14(水) 16:54:47
★ワシの仲間(イイやつ)
★ワシの敵(悪いヤツ)

この分け方に不覚にも噴いた
お前は小学生かと(ry
  

503 :吾輩は名無しである:2007/02/14(水) 20:53:22
ソレルス読ませてその影響がみたい。

504 :吾輩は名無しである:2007/02/14(水) 22:52:17
>お前は小学生かと(ry


まあ何でも敵味方に分けて考えるのは、阿呆の証拠だろうよ。
愛ルケえでも、「性のエリート vs 未だエクスタシーを知らぬ者
の戦い」とかバカなことほざいてたしな。
要するに、「ワシは女を知っている!」ってな老人の自慢なんだろうけど。

  


505 :吾輩は名無しである:2007/02/16(金) 01:47:29

商業文学 文壇政治 売文奴隷

情緒皆無 罵詈雑言 支離滅裂

酒色惑溺 精進放棄 精液垂流

痴呆進行 長寿祈願 牽強付会

東宝万歳 日経万歳 豊悦万歳


506 :川島なお美:2007/02/16(金) 01:56:07
きょうは、バレンタインデー♡みなさんは、ステキな1日をお過ごしでしょうか?
甘いモノがお好きな渡辺先生のもとにも、
たくさんのチョコレートが届けられたそうです。
チョコレートに限らず、先生の事務所には色んなものが贈られてきます。
先日、事務所に伺ったときには、「冬あじさい」を発見!

507 :吾輩は名無しである:2007/02/16(金) 10:03:14
写真も出てましたね。
ズン、いい加減”利用”されてることに気づけよ。可哀想で
見てられない。

508 :吾輩は名無しである:2007/02/16(金) 21:46:04
生涯を「射精」に賭けた男
渡辺淳一・・・今、ツライだろうねぇ。

509 :吾輩は名無しである:2007/02/16(金) 21:58:24
今週の慎重 自己陶酔は才能

510 :吾輩は名無しである:2007/02/16(金) 22:40:20
>>1
普通のひとだよ。小説の中身で決めるなよ

てか、別に大してグロイ中身じゃないぞ


511 :吾輩は名無しである:2007/02/17(土) 01:52:47
エッセーも馬鹿の一つ覚え・ネタの使いまわし
いわく
鈍感力・薬を飲むな(…そう言う本人がバイアグラ常習なんだから
笑うしかない)・医者を信じるな・JR西日本は生意気・役所は国辱、、、



512 :吾輩は名無しである:2007/02/17(土) 23:23:15
test

513 :吾輩は名無しである:2007/02/18(日) 03:32:53
どうどうと読めるおっさんのためのエロ小説

514 :吾輩は名無しである:2007/02/18(日) 03:50:56
渡辺淳一の初期作品である医療文学の「白夜」は傑作です。昔は先生も純粋だったんだなぁ。

515 :吾輩は名無しである:2007/02/18(日) 11:26:14


「本当に本当に心底、愛し合ったら死ぬしかないのです。その最高の
 幸せを冬香さんは現実に手に入れ、あなたはそれを立派に成し遂げて
 あげたのです」

 そういう見方もあるのかと、菊治は息を呑む。

                  (「雪女」より)


516 :吾輩は名無しである:2007/02/20(火) 00:52:41
そもそも端役でしかなかった 呑み屋のババー発言で
エンディングにする、って構成はアリかい?

517 :吾輩は名無しである:2007/02/20(火) 09:59:33
大反響のつもりで書き始めたものの、あまりの
悪評・日経の撤収勧告にキレた74歳が
ヤケになって 突然エンディングにした、と言うのが真相?

518 :吾輩は名無しである:2007/02/20(火) 13:18:05


519 :吾輩は名無しである:2007/02/21(水) 09:49:17
今度の連載でも、やたらと光源氏の鬱陶しい
講釈が満載…

520 :吾輩は名無しである:2007/02/22(木) 01:50:14
どうせどこぞの阿呆会社が「あじさい」映画化に向けて
動いてるんだろう。
…ホント、日本って「美しい国」なのかねぇ。

521 :吾輩は名無しである:2007/02/22(木) 09:19:27
あんな矛盾だらけで動きのない作品
いったいどうやって映像化するのかと



522 :吾輩は名無しである:2007/02/22(木) 10:04:33
仮に映画化されても、
ズン・ブランドも翳ってることを考えれば、
神田正輝、青田典子あたりのキャスティングがせいぜいじゃないの。
それともズン自身が演るか・・・

523 :吾輩は名無しである:2007/02/22(木) 18:44:34
ズンが「原作通りに」とごてなければ、プロット使って別物仕上げれば良いんだから、ドラマぐらいなら可能だろう。
(亭主が嫁さんの日記を見て云々は、谷崎の元ネタもあるし)

ま、「愛ルケ」の当て外れで、どのぐらい引きがあるのか、が問題になるけど。
……編集ブログで「ネットでも大評判!!」を狙っているから(悪評突っ込みだらけでも、「評判」と装うことは可能)、
フジサンケイグループはやる気ありありだと思う。

524 :吾輩は名無しである:2007/02/22(木) 23:44:59
>ズン・ブランドも翳ってることを考えれば

 …これって日本社会が 少しは「ニセモノ」を
 見分けられるようになってきたってこと?
 そうであればイイんだけど。

525 :吾輩は名無しである:2007/02/23(金) 21:33:24
最近テレビに出まくってるね。
死期が近いことを悟ったな。

526 :スーパー老人ズン:2007/02/24(土) 00:37:24
他の作家も、みな晩年はこんなに汚く
恥知らずになっていったんですか?

ズンのことだから、あと5〜6年は 「射精」モノ
書くんじゃないか???? 

527 :吾輩は名無しである:2007/02/24(土) 18:32:46
a

528 :吾輩は名無しである:2007/02/24(土) 21:17:38
欲情

愛撫

講釈

”ください・・・”

射精

男とは…女とは…(講釈)

529 :吾輩は名無しである:2007/02/24(土) 22:25:52
もういらねっつうのこのスレ
ボケ老人もとっとと死ねよ

530 :吾輩は名無しである:2007/02/25(日) 19:56:38
もういらねっつうのこのスレ
ボケ老人もとっとと死ねよ

531 :吾輩は名無しである:2007/02/28(水) 01:49:16
テレビづいているズン先生、今日は
同い年の「徹子」の部屋出演みたい。

徹子相手に 「女を快くするのが男しての・・・」みたいな
エラソーな講釈を垂れたら尊敬するね。

532 :吾輩は名無しである:2007/03/01(木) 13:57:19
落ち着きがなく、相手の顔もろくに見ず
ボソボソしゃべる爺さんでした。

533 :吾輩は名無しである:2007/03/01(木) 21:31:35
>落ち着きがなく、相手の顔もろくに見ず

 やっぱ「わ〜、センセって凄いですね!」って
 言ってくれる営業女&金目当ての腰巾着編集者としか
 付き合ってないから、
 黒柳みたいな 正攻法で来る女には腰が引けるんだろう。
 要するに、「菊治」みたいな 内弁慶で情けないヤツなんだよ。

534 :吾輩は名無しである:2007/03/02(金) 09:04:38
菊痔と違うのは金を持っているという点だけだ

535 :吾輩は名無しである:2007/03/02(金) 23:48:16
徹子の完勝、ズン惨敗。
ズンに質問しておきながら、あまりのリアクションの遅さに
答えを待たずに次に行く徹子ペース ズン、ついて行くのが
やっと。

しまいには、「黒柳さんの”チョッちゃん” あれは素晴らしい」とか
何とか徹子相手に心にもない提灯トークをするボケっぷり。
ズンって、意外にイイ奴だね。



536 :吾輩は名無しである:2007/03/03(土) 14:31:28
黒柳さんの”チョッちゃん” あれは素晴らしい
→たまたまそこだけ見た。
 確か、「母親は愛情を持って子育てしなけりゃ駄目だ」みたいな
 ご高説の後で出た発言だったんじゃないかな。
 文壇の大御所・恋愛の毛沢東も、所詮テツコの敵ではなかったね。

537 :吾輩は名無しである:2007/03/03(土) 21:21:51
…ってか、いつもご高説を感心して(したフリをして)
聞いてくれる連中としか付き合ってないんだろ。


538 :吾輩は名無しである:2007/03/04(日) 02:02:47
テッペンのカツラが取れなくて、良かったです。

539 :吾輩は名無しである:2007/03/04(日) 11:38:58
ここでは 究極のスカシッペ爺みたいに罵倒されてるズンだが
番組を見る限りでは 弱々しい老人でちょっと可哀想になった。
恐らくバイアグラ飲んだって、勃たない位の年齢でしょう?

540 :吾輩は名無しである:2007/03/04(日) 12:29:40
渡辺より団鬼六の方がずっと上手いよ

541 :吾輩は名無しである:2007/03/05(月) 23:38:45
異常だとは思わないが、ワイドショーでヨン様ブームについて
中高年の女性の性生活の不満が云々と語っていたのにドン引きした

542 :吾輩は名無しである:2007/03/06(火) 21:47:12
まあ、性的ポテンシャルがなくなれば、
余計それに執着するってことじゃないの?
あの「射精」への拘泥は異常だよ。

543 :吾輩は名無しである:2007/03/07(水) 09:54:38
勝目梓=74歳 が、実生活での若い女との情事を描くときの哀しみ
(自らの醜い肉体・老い、、、)を語ってたな。
どこぞの74歳にも読んで欲しい。

544 :吾輩は名無しである:2007/03/10(土) 02:42:23
テツコの部屋を見た限りでは
とうてい「現役」とは思えん。
バイアグラ飲んでも勃たないんじゃない???

545 :吾輩は名無しである:2007/03/11(日) 10:34:31
枯れてたね、確かに。

546 :吾輩は名無しである:2007/03/12(月) 09:43:17
昔の、サスペンスもの、かいてる時は読んでました。
今は、全くよまないけど。

547 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 23:18:48
愛ルケ、超駄作。
こんなもん、貴様の脳内で処理しやがれ。
見ていて不快、不愉快、気持ち悪い。
早く死ねジジイ。

548 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 23:59:47
今テレビでドラマ版見たよ。ヒロインが白痴みたいじゃん。
渡辺淳一のドラマだと、この人が脱ぐのかくらいの興味でしか
見ないなあ。

549 :吾輩は名無しである:2007/03/21(水) 00:12:34
すでに不能なんだろうな
妄想性欲 しかも時代遅れ 中学生の童貞以下の 女性認識


550 :吾輩は名無しである:2007/03/21(水) 00:15:53
東野圭吾氏と何があったのか どなたか教えてください

551 :吾輩は名無しである:2007/03/21(水) 10:38:09
なお美を奪りあったんだろ、確か。


552 :吾輩は名無しである:2007/03/21(水) 11:29:50
愛の流刑地ってこれかよ。くっだらねえストーリーw
こんなの売れてんだね。
この国のメタボおっさんらの脳内レベルがわかる。

553 :吾輩は名無しである:2007/03/21(水) 11:36:49
ビジネスマンがこういう妄想に耽ってられる
日本は平和ってことなんだよ。

554 :吾輩は名無しである:2007/03/21(水) 11:54:46
別に女の役割を強制する気はないけど、
「愛の流刑地」昨日のドラマを見た限りでは
あの女は母親としてはクズのクズ、ゴミ、だと思った。
見ていてむかついた。
ああいう女に愛の尊さとか無限とか壮絶さを感じるようじゃ
男はまだガキだ。
もっとも壮絶な愛情持つのは母親だ。

555 :吾輩は名無しである:2007/03/21(水) 12:02:42
愛るけって単なるエロい現実逃避じゃん。それをなんか愛とかなんとか正当化するのも痛い。

556 :吾輩は名無しである:2007/03/21(水) 12:41:56
朝日新聞のテレビ欄
「恋愛経験の乏しい美幸(瀬戸朝香)は菊治(岸谷五朗)の言葉が
全く理解できない」だってさ!w
あたかも検事より被告が優位に立つんだね、ドラマチック!w
なんか松本人志作のコントぽくて笑えそうだ。
くだらね〜ww見ようかなw

557 :吾輩は名無しである:2007/03/21(水) 12:45:19
てかエロジジイ作家や小説買う妄想おっさんら、早くしねよ。
勃たねえ役立たずの下半身のくせしやがってw

558 :吾輩は名無しである:2007/03/21(水) 14:19:16
ズラ
バイアグラ

559 :吾輩は名無しである:2007/03/21(水) 14:22:45
顔がきもい

560 :吾輩は名無しである:2007/03/22(木) 23:52:52
そのくせ、JR車掌のように 自分より立場が弱い若者へは
ブログ使って猛攻撃。
しかし、あまりの傲慢ぶりに 非難は自分に。
あわてて、こっそり該当箇所をブログから削除。
クズのクズだな、渡辺。

561 :吾輩は名無しである:2007/03/23(金) 00:41:50
>>560そのへんのおばさんも真っ青だね。
野村のサッチーだってズンイチにはかなわないだろうね。

562 :吾輩は名無しである:2007/03/23(金) 03:38:09
三文ポルノで大騒ぎかよ…

563 :吾輩は名無しである:2007/03/23(金) 12:53:20
素直に枯れようとしないで、自分が自分が、って
エゴを貫き通すギトギトの老人像って気持ち悪い。
渡辺淳一にはほとんど殺意を覚えるわ。

564 :吾輩は名無しである:2007/03/23(金) 23:29:19
究極の愛が死・・なんて古臭い
そう言っている奴に限って長生きして
醜態を世間にさらす

565 :吾輩は名無しである:2007/03/24(土) 00:36:00
ブログでTV版・愛ルケが全くスルーされてるね。
よほど、主役=岸谷 が気に入らないんだろうな。
「ワシはもっと格好イイ!」って 怒り心頭なのかな。
いずれにせよ、ズンなんて終わった作家。
死に損ないの74歳を持ち上げて、
やれ強化がどうの ゆり子がどうの とマッチポンプで
馬鹿騒ぎする屑マスコミこの責任を問うべきだよ。

566 :吾輩は名無しである:2007/03/24(土) 00:53:02
ぬるぽ

567 :吾輩は名無しである:2007/03/24(土) 02:32:08
村上龍の昔のエッセイを読んでいたら、渡辺先生のことがちょっと出てきた。
一緒に旅行をしたらしい。
大昔の話だが。

568 :吾輩は名無しである:2007/03/24(土) 10:53:55
ヒロインが紋切り型
現実の女はもっとしたたかで、たくましい

569 :吾輩は名無しである:2007/03/24(土) 12:07:40
今週の新潮
また「健康法」おじいちゃん、それは何度も聞きましたよ。
なんだけど、笑ったのが「臓器にも感情がある」「目に今日もよく見えてくれて
ありがとう」「(しっこが出ると)気持ちよく出てくれてありがとう」
うんこなら「お臀や腸にありがとう」
臀(しり)はズン語だからまあいいけど、「しり」って「内臓」なのか?
じゃあ、ち○○こには「おかげでエロ小説で儲けさせてくれてありがとう」か?
あ、もうダメか。トシだもんね。


570 :吾輩は名無しである:2007/03/24(土) 12:19:28
>スレタイ

というよりもぉ、「失楽園」のヒットで味しめた拝金主義者だろ。
あれベストセラーになって
TVしか見ないおばはん等まで買うて読んだらしい。
その上映画化で儲けて、今後はとにかくこのエロ路線だと、
大衆を釣るにはこれしかないんやと、鍋爺はほくそえんだじゃねえのか。
愛ルケはその戦略下に生まれたどーしよーもねーエロぼけ作。

日経が何故連載させたかと言えば、新聞低迷時代にさらに不祥事で沈下、
これではならじとエロ小説で読者を獲得しようとしたかと…。
日経読むおっさん等はエロ好みじゃけんの。

571 :吾輩は名無しである:2007/03/25(日) 01:29:28


 「読者がナメられている」 この一語に尽きる

572 :通りすがり:2007/03/25(日) 20:18:38
  ∧_∧
  (  ・∀・)   | | ガッ
 と    )    | |
   Y /ノ    人
    / )    <  >__Λ∩
  _/し' //. V`Д´)/
 (_フ彡        /  ←>>566

573 :吾輩は名無しである:2007/03/25(日) 22:57:59
ズンが売れてるうちは「後進国」ってことだよ、
情けないけどな。

574 :吾輩は名無しである:2007/03/26(月) 14:07:50
文学としておけば
堂々とエロが読めるっていう 俗物根性

日本の品格も落ちたなー

575 :吾輩は名無しである:2007/03/26(月) 20:10:38
ワンパターンで厭きた

以上

576 :吾輩は名無しである:2007/03/28(水) 09:39:42
ブログが更新されてない。
いまだ2月の「坊ちゃん先生」の宣伝文のママ。

徹子に完敗、ズン凋落を印象付けた「徹子の部屋」、
岸谷ゴローが菊爺を演った「愛ルケ」、
この辺りを74歳自身がどう見てるのか知りたいんだが。

577 :吾輩は名無しである:2007/04/02(月) 12:07:12
埴谷雄高を読みながら、疲れた時に渡辺淳一を読むと妙な感覚に襲われるよ。


143 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)