5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

渡部昇一の文章は文学者より文学的だ

1 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/06(金) 01:32:23
どっしりした歴史観と読ませる文章、下手に小説を勧めるより
渡部昇一先生の本を読んだ方が、小説を読む気になる。

2 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/06(金) 01:38:31
バカ。まともな歴史認識あったら渡辺なんてよめない。
どこが文学?なんだろ

3 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/06(金) 01:45:44
>>2
禿同

4 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/06(金) 01:50:44
ネタにマジレス、カッコ悪い。

5 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/06(金) 01:52:03
電波系勝共カルト文化人の重鎮
それだけ。
一昔、テレ東で時事放談もどきをやってたよなー
あれは痛かった。

6 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/06(金) 02:22:08
マジレスするが、
ねたにマジレス〜と斜に構える奴って、マジカッコ悪い。
そこにはただ悪意しかない。

7 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/06(金) 02:39:35
どっちかと言ったら、善意で何とかなるって甘えの方がカッコ悪い。

8 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/06(金) 05:12:44





















               で?









  

9 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/01/06(金) 05:27:53
 『まさしく歴史は繰り返す〜ホリ衛門の予言〜』とか面白かったですよ。
鋭い社会批評家なんじゃないですか?

まあ文体は>>1さんが仰られる程
そこまで流麗じゃないような気は幾分、しますが。
 だってall口語風味論文体じゃないですか。工夫が無いですよ。

10 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/06(金) 06:18:59
(゚听)イラネ

11 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/06(金) 08:46:33
この人は素晴らしいね

12 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/06(金) 10:02:33
ま、中学生あたりが読む本だな。大人が読むには底が浅いw

13 :鈴木大介 ◆m0yPyqc5MQ :2006/01/06(金) 10:09:29
>>12
 そういうの、国会演説で言ったほうが効果的なんじゃないですか?

 国会議員なんて99%そんな彼の本すら「右翼だ」とかほざいて読まないんですよw
学歴しか無いから教養足りてないンじゃ無いですか?彼ら。
まあどうでもいいけど。だってバカの集会に誰が興味を持つ?

というのは嘘で、僕は政治に興味を持たない若者は亜米利加人だと思います。
バカじゃないんですか?若者って。知らないけど。ぼく仙人だし。

14 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/06(金) 20:26:10
アメリカ批判と若者批判が本当に好きだな、鈴木は。
その傾向はしゃべり場の中学生のようでw

15 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/07(土) 10:45:01
和歌の話は勉強になった

16 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/07(土) 11:15:10
渡部昇一の文章は渡辺淳一よりは文学的だ?

17 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/08(日) 22:49:10
渡部昇一読んでるリーマンなんて軽蔑の対象だろ?
中学で卒業しておくレベル。
ま、どーてもいいけどな、こんな奴。

18 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/08(日) 22:56:26
フツーに考えれば嘲笑の対象でしかないよなあ

唯一評価できる仕事はフクヤマの「歴史の終わり」の翻訳か

19 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/09(月) 00:57:36
いや、国家の貴重な血税が、よりによって兄弟揃って血友病の患者に
使われることに堂々と異議を唱えたのは、高く評価されるべきである。



20 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/09(月) 03:27:36
なんつーかね。
ウヨの語り口って、一様に肩に力はいってて、でも空疎なの。
とっても涼しい。

21 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/10(火) 15:22:30
>>18 は? 唯一評価できるとしたら『英語学史』だけに決まってるよ。

22 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/17(火) 02:56:56
副島隆彦氏は最近、日本は戦争の泥濘に向かって再び進んでいると慨嘆している。
演出は明確に世界支配層の手によるものであり、日本での走狗は小泉である、という。
彼は、世界支配層の思想的中核としてやっとイルミナティーにフォーカスを当て、
さらにジョン・ロックの人権説とユダヤ商人の関連に言及している。
そういえば、長谷川三千子氏も、養老孟司氏も、最近のベストセラー「国家の品格」を著した数学者の藤原正彦氏も、
ジョン・ロックがここ数百年世界を征圧した西洋近代の思想、行動の源泉であると言及しており、
敵のかたちが日本の有識者にもかなり見えてきたようだ。
コイズミがリードした、郵政民営化法案成立、人権擁護法案決議仕掛中(鳥取県のみ既に陥落)、拉致被害者完全見殺し、
皇室典範改正仕掛中などは、いずれもイルミナティーが仕掛けそうな、悪魔に国と民を売るような悪業である。
靖国も、歴史認識は村山以上の誤てる謝罪姿勢をとりながら、中国を意図的に挑発している。
戦争ともなれば日本は米国の代理として戦わざるをえなくなるだろう。
バカな話である。
副島氏は当初小泉改革、田中真紀子支持であったが、いまは森田実氏にエールを送るほどに変容(転向)している。
このような日本の有識者の目覚めと、マスコミへの大規模な浸透化を待望したい。


23 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/17(火) 03:06:49
ケケケ

24 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/17(火) 03:12:08
知的生活の方法しか読んだことないけど、これはどう?

25 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/17(火) 04:30:26
そういや、『紫禁城の黄昏』の監訳がこの人だった様な気が
あれ読みたいけど高いんだよなあ

26 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/17(火) 05:15:42
良書「日本語のこころ」

27 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/31(火) 15:49:47
この人の場合、社会的発言なんてしないで学者に専念していればあんなに悪評を受けることも
無かったのでは?と思う。谷沢永一と同じ。

28 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/31(火) 23:14:21
>>27
専門の人間があまりにもだらしないから、しょうがない。

29 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/01(水) 09:46:10
なるほど。

30 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/05(日) 23:54:50
私が心霊研究を始める前から興味を持っていたのは、誰が世界を動かしているのかということだった。
世界はこの世だけだと思っていたからね。私の狭い部屋の壁にあたる部分はほとんど本箱で占められているが、

そのなかに一冊の印象深い本がある。ゲーリー・アレン著「ロックフェラー帝国の陰謀」1,2,原題は(Rockefeller file)である。
当のアメリカでは発禁になったそうで、1984年、自由国民社発行であるから20年前読んだ本であるが、
これでそれまでの政治、経済の疑問の多くが理解出来るようになった。私は会う人ごとに驚きを話すのだが、
当時は誰も本気にしてはくれず、陰謀じゃないの?という顔をされたものだった。

その後ロスチャイルドやらロックフェラーについてはぼつぼつと書かれるようになった。
広瀬 隆氏は「赤い楯」以降、ロスチャイルド他ユダヤ資本に詳しいし、
副島隆彦氏、中丸薫氏の著書も次々と刊行されていて参考になった。
インターネットの時代到来でネットでは大田 竜氏を始めとして詳しく取り上げている
サイトも現れているが、依然としてメジャーでは陰謀扱いにされている。

イラクでの戦争も表の政府の意向の裏にこれら見えざる政府の意志が
働いていることを読まないと理解できないだろう。

ライブドアのニッポン放送株の買占め騒ぎも、
このような巨大資本が日本のサラリーマン経営者を狙ってうごめいていることを、
あらかじめ知っていれば起きなかっただろう。
資本主義と分かっていながら日本の経営者は根っからの資本家ではないから、
資本の本当の恐さと力を知らないのではないのか。陰謀じゃないよ。

シオンの議定書を今のうちに読んでおいたほうがいいのでは。

書かれていることが一つ、また一つと現実化している。





31 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/11(土) 13:02:44
少なくとも、認知言語学の理論書(レイコフね)を翻訳できる人間が
世間ではあんな馬鹿発言をしてるのを見ると脱力する。
いくら『知的生活の方法』みたいな名著を書いていても。

32 :吾輩は名無しである:2006/03/05(日) 03:45:46
何やら日本の行く末を暗示する様な情報が掲載されていました。
(転載始め)

■“街角見守りロボット”で子どもの安全を見守ります
http://www.pref.osaka.jp/fumin/html/09005.html
 2月20日から1か月間、“街角見守りロボット”(防犯機能付き自動販売機)を
活用した社会実証実験を大阪市立中央小学校で実施しています。自販機の前を、
ICタグを持った学童が通ると、保護者に通過情報をメール送信するほか、防犯カ
メラや緊急通報装置などの機能で通学路の学童の安全を見守ります。

 問合せ:企画室(内線4423)

(転載終わり)

滋賀県大津市で起きた事件を考えても、この手の政策が推進されるのは避けられそうにありません。
それにしても児童にバーコードを付けるとは遣り過ぎではないでしょうか?


ユダヤフリーメーソン・イルミナティサタニストが1ドル札の裏で、フランスメーソンからアメリカへ送られた自由の女神が、
喜んでいることでしょう。



33 :吾輩は名無しである:2006/04/05(水) 13:54:44
>>19
そう、この人こいういう事があったから胡散臭いんだよ。劣悪な遺伝子云々というなら
大正天皇の曾孫は子供を作るなとでも言うのかい?

34 :吾輩は名無しである:2006/04/05(水) 14:07:34
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/d/h001003.htm
身障者や血友病患者のくだりも読む限りではナチス時代の人間と同じ文章だよ。
劣等遺伝子論だのを持ち出すとは信じられないアホだw

35 :吾輩は名無しである:2006/04/05(水) 14:31:23
>24

チ的生活か。イタイ本だったな。朝・一杯のコーヒーにタバコは健康にいいだとか
ワインを飲む頭がよくなるとか、あの大発見はドクター中松も顔負けだよな。
本の置き方まで詳細に書かれていたけど集合住宅住まいの私としてはスペースがまるで
取れませんでした。ということです。

36 :吾輩は名無しである:2006/04/05(水) 22:13:30
福田恒存「売文業者をたしなめる」(「問ひ質したき事ども」1981年 新潮社刊)
p.184〜185 原文は漢字が正字


最近の渡部氏のやっつけ仕事は目に余るものがあり、刀汚しと承知の上で、
いづれその公害除去に乗出す積もりだが、ここではただ一言、渡部氏に言っておく、

なぜあなたは保守と革新といふ出来合ひの観念でしか物を考へられないのか、
右なら身方、左なら敵といふ考え方しか出来ないのか、その点、吾々を

保守反動と見なす左翼と何処も違ひはしない。少なくとも私にとって、
そういふ左翼と、左翼とあれば頭から敵視するあなたとは、所詮は一つ
穴の狢であり  (中略)

あなたは、カトリックを自称しながら、左右の空間を越え、過去と未来の
時間を超え、その横軸に交る縦軸が全く見えないらしい。

あなたには生と死が向き合ひ、心と物とが出会ふ一人の人間の生き方が全く
解つてゐない。さういふ人間が、国家や国防を論じ、歴史や知的生活の方法

を語り、ジャパン・アズ・ナンバー・ワンなどといふ夢で国粋主義者の頤を
くすぐる。あなたの正体は共産主義者と同じで、人間の不幸はすべて金で

解決出来ると一途に思詰めてゐる野郎自大の成り上がり者にすぎぬではないか。


37 :吾輩は名無しである:2006/04/06(木) 19:32:46
>>36
保守の論客といえば福田恒存が出ないと駄目だなw
鍋ショーや漫画家の小林よしのりなど読んでるようではでは茶番だ。

38 :吾輩は名無しである:2006/04/17(月) 12:34:52
age

39 :吾輩は名無しである:2006/04/23(日) 13:09:27
鍋ショーは生粋の新自由主義者だよ。 若い頃の英米留学で徹底的に叩き込まれてるし。
こいつと小泉どっちがひどいだろうか。

40 :吾輩は名無しである:2006/06/12(月) 14:28:04
http://ime.st/www.youtube.com/watch?v=bokPIArcFFA

41 :吾輩は名無しである:2006/06/18(日) 18:51:24
――運動会で男女一緒に徒競走をやっている学校もあるが。
 
渡部 
あれは絶対によくない。生物学的な原則を無視しています。
大体、十四、五歳までは、知能も体も女の子の方が成長が早く、その後は男の子がガーッと伸びるんです。
そのことを視野に入れないでそんなことをさせると、男の子の方に刷り込みができてしまいます。
女は強いとか、頭がいいとかいう刷り込みです。これが怖い。

八木 
今の若い人たちのセックスレスもそれと関係がありますか。

渡部 
大いにあります。

http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2002/01254/contents/795.htm

運動会で男女一緒に徒競走

女は強いとか、頭がいいとかいう刷り込み

セックスレス

42 :吾輩は名無しである:2006/06/18(日) 18:52:54
カワイイ人だよねw

43 :吾輩は名無しである:2006/06/18(日) 19:25:45
ここまでよんで

>>42に禿堂

44 :吾輩は名無しである:2006/06/29(木) 18:21:51
運動会以外で運動したことないみたいだな

45 :吾輩は名無しである:2006/08/04(金) 15:07:41
だなw

46 :吾輩は名無しである:2006/08/23(水) 00:09:03
小学生にころ、女の子と相撲とってるうちに興奮してやっちゃったことあるよ。

47 :吾輩は名無しである:2006/08/23(水) 00:56:57
>>1
いつの時代の人ですか?

48 :吾輩は名無しである:2006/08/23(水) 01:12:28
日本語のこころだけは読んどけ

49 :吾輩は名無しである:2006/08/23(水) 03:32:56
>>1 の意図は分からないけど、
現代の作家より文学的(ひと昔前の文豪みたいな文章を書く人)は
アマチュアにもいるよね。

この間哲学板で明治人みたいな文章を書く人がいたので、それを指摘したら
「一体君は何が云いたいんだい」みたいなレスがあって面白かった。
冗談が全然通じないあたりも好感度アップだ。

50 :吾輩は名無しである:2007/01/11(木) 04:07:23
 ここで批判している人に共通していえるのは「断定」調だということでしょう。
 建設は十年かかっても壊すのは十秒でできます。
 断定の批判ほど無責任な姿勢はないと思います。
 批判するからには全ての著作を読み、(政治経済分野の場合は特に)その当時の背景も踏まえた上で主張すべきではないでしょうか。
 少なくともつい数年前まではどのマスコミも「北朝鮮、朝鮮民主主義人民共和国は−」と言ってから報道していたんですから。
 その一事でも当時の言論する者の苦労が窺える気がします。


51 :吾輩は名無しである:2007/01/11(木) 05:08:35
何を以てしても>>34の罪を「無かった事」になど出来はしない。

52 :吾輩は名無しである:2007/01/11(木) 19:58:33
だから、なんでそんな風に断定して物事を狭く決めてかかろうとするのでしょう。
 その姿勢の方こそ危険だと思うのですが。
 批判なり批評なりをするのなら、きちんとした傍証と論理展開をした「文章」が必要になると思います。
 そうした上での意見でないといけません。
 そして、そういうものであってこそ、初めて「そういう見方もあるのだな」と考えるに値する材料になり得ます。
 批評するためには、批評をする対象者よりももっと広く深い視野でもって臨むべきではないでしょうか。
 そのことを言いたいと思っただけです。
 決して口を噤めと言っているわけではありませんが。


53 :吾輩は名無しである:2007/01/11(木) 20:06:51
 追加

 つい気になって送ってしまいました。
 これによって嫌な思いをしてしまったら申し訳ありません。
 もう書くことはありませんので。
 半年前に途切れたものでも、書いた一時間後には反応があるのですね。
 油断してました。 


54 :吾輩は名無しである:2007/02/22(木) 15:19:24
皇室も劣性遺伝子持ってる

55 :吾輩は名無しである:2007/02/22(木) 15:21:35
ネット右翼の元祖

56 :吾輩は名無しである:2007/02/22(木) 19:50:46
「支那人や朝鮮人に伝えたい近現代史」はなんか可愛い文体だよね。


57 :吾輩は名無しである:2007/02/22(木) 21:30:00
このスレ冗談だよね

58 :吾輩は名無しである:2007/02/22(木) 21:47:39
彼に学んだことって結構あるよ。
例えば、コミンテルンの陰謀とか。

昔は、進歩的文化人はこぞってロシア万歳だったからね。


59 :吾輩は名無しである:2007/02/22(木) 22:06:33
チーム施工の書き込みみたいな本ばかり書いてる

60 :吾輩は名無しである:2007/02/22(木) 22:28:40
チーム施工って?

61 :吾輩は名無しである:2007/02/22(木) 22:37:57
自民党の世論工作部隊

62 :吾輩は名無しである:2007/02/22(木) 22:46:15
そのうち犯罪者予備軍の若年貧困層は抹殺せよ!とか本気で言い出しそうだな。

63 :吾輩は名無しである:2007/02/26(月) 08:38:03
この頃のことと思はれる抱腹絶倒の逸話を以下に記します。原文は、渡部昇一氏の輕薄な燥ぎ振りに苦言を呈された
「和語、必ずしも尊からず」です。(なほ、福田さんは他の箇所でも渡部氏を窘めて、
「あなたの正體は共産主義者と同じで、人間の不幸はすべて金で解決出來ると一途に思詰めてゐる夜郎自大の成上り者にすぎぬではないか」
と最大級の不信を投付けてゐます。『問ひ質したき事ども』所收、日刊福井に「賣文業者をたしなめる」と題して掲載。)

<戰時中、私が試みた一の實驗を渡部氏に紹介し、反省を促しておく。といふのは、
氏よりもう一周り神がかつた右翼の「思想家」が「萬葉集」には言靈が宿つてをり、
これを朗々と讀んで聽かせれば、日本語の解らぬ外國人にもその心は自づと傳る、
或る講演會でさう説いた、私の教へ子の一人がそれを聽き、數日後、
教場で「それは本當だらうか、先生はどう考へるか」と質問された事がある、
私は「待つてくれ」と暫し沈思默考、やをら黒板にかう大書した
――しろたいる/かなたはろかに/そこふかみ/ふとしくふむの/たむろせるかも。
私はこれを朗々と詠み上げ、「下手だが、大體萬葉調だ、
意味は解らなくとも、調の快さが心を打つだらう」と、稍押し附けがましく言ひ、
大方の贊同を得てから、次の如く漢字假名交り文に直した、
――白タイル彼方遥かに底深み太しく糞の屯ろせるかも。教場は爆笑の渦に卷き込まれた。

64 :吾輩は名無しである:2007/03/03(土) 02:17:39
>自民党の世論工作部隊

世論をセロンと読む場合の話ね。
俺なんかどうも引っかかる。
世論は輿論の当て字から来てる。
漢字制限の悪弊。

65 :吾輩は名無しである:2007/03/05(月) 18:43:43
近所のブックオフにこの人の著作がどかっと並んでいた。
放出した人に何があったのかしら

66 :吾輩は名無しである:2007/03/23(金) 20:58:35
ナベショーは間違いなくマルクスを読まずにマルクスを批判している。

67 :吾輩は名無しである:2007/03/23(金) 21:09:34
>>1
だれでつか?
ぱっと見、渡辺淳一かと…

68 :吾輩は名無しである:2007/03/23(金) 21:45:46
血友病患者は子づくりするな、国の負担が増えるんじゃい!って暴言吐いて喧嘩になった人。

69 :吾輩は名無しである:2007/03/23(金) 21:53:58
>67
渡辺淳一の双子の弟。

70 :吾輩は名無しである:2007/03/25(日) 02:19:40
私が大西巨人先生に私淑するきっかけを与えてくれた人です。

71 :吾輩は名無しである:2007/03/25(日) 09:29:32
渡部先生の本を読む事で霊感を得ている。気持ちが奮い起つ。

但し 真紀子待望論のような失敗もあるので、そこは差し引く。

72 :吾輩は名無しである:2007/03/25(日) 13:34:06
弱い犬ほどよく吠える。
魚は雑魚ほど群れたがる。

73 :吾輩は名無しである:2007/03/25(日) 18:33:33
なべずん と なべしょー ねぇ・・・
まぁ、どちらがより晩節を汚す度合いが低いか、という比較になれば
鼻差でなべしょーがまだしもまし、ってことになるでしょう。

20 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)