5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

文学を買うとお金がかかって困る

1 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/10(火) 22:17:57
だから僕は読みたい本は自分で書くんだ

2 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/10(火) 22:26:17
>>1
ゲリクソの音


ぶぶぶぶぶぶびーーーーーイイイイィィッィイ!!ブリッ!!ブバブビビイビビ!!!ビ!!
ビビイイビ!!ブ!!ビ!!!!プス〜〜〜。ブブ!!ブビビビイビイイイイ!!ブババババ!!ポチャン・・・・
ビビビ!!ブブブビビ!!

3 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/10(火) 23:07:04
買わずに盗めばいい

4 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/10(火) 23:26:19
書くためにはパソコンを買い、エディタも買わなくてはならないから金がかかるぞ。
チラシの裏にでも書けばタダだが。

5 :鈴木大介 ◆m0yPyqc5MQ :2006/01/10(火) 23:30:44
今晩は。
>>1
僕もわりかしそうですねw

面白い本も昨今、あまり無いですし。
少なくとも僕にとってはね。
特に最近の出版はどうでもいいことが書いてある、内容の薄い本が殆どですね。

6 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/10(火) 23:38:12
図書館で借りろ

7 :◆XywcDiO5sg :2006/01/10(火) 23:40:47
青空文庫からDLという手もある。

8 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/10(火) 23:45:07
本気で言ってのか?
どう考えたって、お姐ちゃんと遊んだり、特定の趣味にのめりこんだり、
ギャンブルするよりは安上がりだろーよ。

9 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/10(火) 23:45:25
延滞が過ぎて図書館からは出禁をくらいそうなんだ

10 :鈴木大介 ◆m0yPyqc5MQ :2006/01/10(火) 23:45:39
>>7
 目が疲れますよね、あれ。わりと面倒だし。
旧字体への対応も悪いです。

 やはり「本」の意義というものは消え去らないと思いますね。
勿論他のメディアの意義というものも出てくる筈ですが。

何しろ「本(もと)」とも言いますから。本当に根本なんじゃないですか。

11 :鈴木大介 ◆m0yPyqc5MQ :2006/01/10(火) 23:46:27
>>8
そんなのは最下層の屑がやることじゃねーかww

 そういう次元の話なんですか?これって。

12 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/10(火) 23:47:50
>>11
そんなことはない。
ワーカホリックな上流でもつまんねー趣味しか持ってないやつだっている。

13 :鈴木大介 ◆m0yPyqc5MQ :2006/01/10(火) 23:48:53
 僕はいわゆる純文学以外の本は
書き込まないと読みたくない体質になってきてるんですよ。
そうしないと次に読んだときに、下らないところまで読まないとならないから。
省略するには線を引くことですね。

というわけで
>>1さん
自分の趣味を呪うしかないっすよwww

14 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/10(火) 23:49:19
ワーカホリック=金持ち=上流?

15 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/10(火) 23:49:34
ライトノベルを買え

16 :鈴木大介 ◆m0yPyqc5MQ :2006/01/10(火) 23:50:39
>>12
 仕事中毒の上層なんて、99%文学的に見れば屑でしょ。
どうせ風流や人間性の襞になんて興味ないのが殆どです。

ていうか言っちゃ悪いけどさ
所得格差で層分けする魂胆もなかなか上品なご趣味でらっしゃいますなwww
まるで亜米利加人ですね。

17 :鈴木大介 ◆m0yPyqc5MQ :2006/01/10(火) 23:53:25
 最近商業主義を憂う声があちこちで聞こえますよね。綿金ブーム以降。
「売れりゃ良いんなら、芸術的質の低下は必須だ…」
とか何とか各地でうめき声がするw

 けど良い面もあるんですよね。
大衆消費社会への適応によって、誰でもどこでも『こころ』を書店で買えます。
素晴らしいことです。

18 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/10(火) 23:58:22
文学的に見れば、な
君が文学的に見て屑と見下す人々はやはり君を見下すだろう

19 :鈴木大介 ◆m0yPyqc5MQ :2006/01/10(火) 23:59:59
 要するに、今日の情報革命というのは文学的に観察すれば
『売れれば出回る、売れなければ希少になる』
ということで言わば、読者一人一人にほんとうの「読書眼」が要求されている
と考えていいんじゃないですかね。

 もしかして「一部の」反日中国人・朝鮮人みたいなバカじゃあるまいし、
自分の目と心で何が真に価値ある文学か、見分けられないはずがない。
アメリカより高等な人間たちの集合である日本人がそんなことをミスるはずないw
 というわけで大学生のこれから読みたい本no.1が
『セカチュー』→『アフターダーク』
になることをテキトーに願っていますwww

20 :鈴木大介 ◆m0yPyqc5MQ :2006/01/11(水) 00:03:04
>>18
 見下してなんかいませんよ!
文学的屑に文学的屑と言うことが文学的屑なら話は別ですがw

 まぁいいんじゃないですか。
『走れメロス』すら読んだことない身で友情のひとつでも語れば素敵でwww

21 :◆XywcDiO5sg :2006/01/11(水) 00:05:04
>>10そうですね。あれで長編小説を読むのはたしかに疲れる。
ただ調べ物とか、軽い短篇を夜中に突然読みたくなったときとかには便利。
だからふつうの読書は従来の「本」で、それを補うために青空文庫を使うってのがいいんでしょうね。

22 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/11(水) 00:06:13
その皮肉と悪意に満ちた文で
見下してない
と言われてもな

23 :◆XywcDiO5sg :2006/01/11(水) 00:09:20
いや、オレもレスが遅いな。とっくに話題は先に行ってるじゃん。

鈴木くん、>>21は飛ばしてくれていいよ。(たいした意見でもないし)

24 :鈴木大介 ◆m0yPyqc5MQ :2006/01/11(水) 00:10:44
>>23
いいんですよ。

文学とは時間を超えます。
『源氏物語』を現在進行形で読んでいる僕には、それがよく分かります。

25 :鈴木大介 ◆m0yPyqc5MQ :2006/01/11(水) 00:16:07
 図書館の本は気を使うから
ふつうでは手に入らない希少なものでない限り、僕はイヤなんですよね。

そういう意味でも「売れる文学」というのは価値あることですよ。
面白いから売れる。
けど、ただ面白ければいいというわけでもありません。
たんなる風俗小説は時代の川が
まるで一粒の砂のようにドコかヘと流し去ってしまう。>>15

 よってあれですよね。
>>1さんの考えは素晴らしいですよw
流行のblogもそんな感じの流れに忠実なんじゃないですか?
みんなが文豪、バンザイでしょww
 まぁ現実はこういう感じですが。
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1136808589/l50

26 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/11(水) 01:10:29
>>25
さあ、そろそろ旅立ちの時間だよ。
遠い海の向こう、はるかなるニライカナイの国へ...

-−_─ - ─_−_─ -  ─− ̄─ - ─_−_─ - _−-
-  ̄─_─ ̄─ -- = ─ -- = ─− ̄-
─ ̄ -−-- ─− ̄─−--− ̄−-
-  ̄─_─ ̄─ -- = ─ ─− ̄-
─ ̄ -−-- ─−--− ̄−-
∧∧
/⌒ヽ)  ザブザブ
三三三
三三

27 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/31(火) 18:05:40
古本ならかなり安く買える。
オレは新潮文庫版の『ジャン・クリストフ』を500円で購入した。

28 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 21:56:09
ふかさわ

29 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 22:06:51
「文学を買うと」という表現が訳わからないのに
バカが気付かずに議論を進めている件について。

30 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 22:13:13
商品化された抽象的な概念

31 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 22:17:02
文学板にはバカが多いけど、その中に在って俺は結構いいセンいってんな。
自信が出てきたよ。

32 :吾輩は名無しである:2006/02/28(火) 01:15:25
本の中では普通の文芸書は安いほう。
文学買うのにいくらかかるかは知らないが。

33 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 17:52:19
どんどん新刊買って出版業界潤して下さい。

34 :吾輩は名無しである:2006/03/21(火) 15:22:21
殿堂入りするような作品は大抵新潮や岩波、集英社、中公あたりから文庫で出てるよ。
今や『戦争と平和』『ジャン・クリストフ』なんて古本なら千円以下で全巻買えるし。

35 :吾輩は名無しである:2006/04/26(水) 16:40:47
つうか欲しい小説探して、車で街の本屋(古本屋含めて)一見づつ回ってらどこにもなくて
すげえガソリンの無駄遣いしてきた。 なんか本屋がムカつく

36 :吾輩は名無しである:2006/04/27(木) 03:45:24
ほしい本ほど見つからないもんだねえ

そんな中いつからおっ始まってたのでしょう岩波文庫の復刻版企画


これが出るわ出るわで金かかるのなんの


うれしいのはうれしいのだけれど

37 :吾輩は名無しである:2006/04/27(木) 05:39:52
ブクオフで万引きでもすりゃいいじゃん
勧めてるわけではないよ

38 :吾輩は名無しである:2006/04/27(木) 09:01:21
↑通報しました。共謀罪です。

39 :吾輩は名無しである:2006/04/28(金) 21:45:27
犯罪教唆罪

40 :だって欲しいんだもん:2006/05/02(火) 03:41:34
セリーヌの作品 国書刊行会刊
全15巻 平均五千円
これは全巻買うしかない。金がなくても買うしかない。
後で困ったとしても、セリーヌのためなら仕方ないよね。


41 :吾輩は名無しである:2006/05/16(火) 21:10:38
鏡花全集(春陽堂復刻版ほぼ新品)\53,000
定本HPラブクラフト全集     \20,000
澁澤龍彦全集 \40,000
トルストイ全集(河出書房新社) \21,000
金がかかってしょうがない(ニヤリ)   

42 :だって欲しいんだもん:2006/05/16(火) 22:27:47
やりますなあ(ニヤリ)

43 :吾輩は名無しである:2006/05/16(火) 22:49:47
意味の変容
赤目四十八瀧心中未遂
二百回忌
大洪水
百年の孤独
 全て帯付\100
金がかかってしょうがない(ニヤリ)

44 :だって欲しいんだもん:2006/05/16(火) 23:40:47
岩波文庫でシラーの「美と藝術の理論(カリアス書簡)」が重版になり
¥460で買った
しばらくして古本屋で旧版の同書籍を発見
¥100だった
くやしかったのでそちらも買った(にやり)

百年の孤独¥100は羨ましいですな

45 :瀕死文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/05/17(水) 08:31:25
 古本だと不潔な気がして嫌だな。

どんな環境にあったかも分からない本をよく枕元に草子できるよww

46 :吾輩は名無しである:2006/05/17(水) 22:34:58
手に取る前、どんな状況にあったかわからないのは新本も同様です

47 :吾輩は名無しである:2006/05/19(金) 00:27:40
>>45
えーい止めだ(全て本日、職場近くの交通費すら0の古書店)
 魅惑者 帯有 使用感無(いくらなんでも200均コーナーに置くなよな)
 賜物福武上下 600 (さすがに帯無)
 ニコライゴーゴリ 平凡社 500(これも使用感無)
金がかかってしょうがない(ニヤリ)

48 :だって欲しいんだもん:2006/05/19(金) 23:49:21
岩波 プラトン全集別巻《総索引》 ¥6,600 新品
なんでこんなもん買っちまったんだと思いながらも
全集揃い。ほくそ笑みつつも使用頻度低し。苦笑。

49 :吾輩は名無しである:2006/05/20(土) 00:32:11
>>48
そうこなくちゃいけねーヨ。

50 :AmiLaLa ◆V0C09R5Pg. :2006/05/20(土) 00:58:56
田中=藤澤ラインの電波訳だろう?
どうして日本の糞爺たちは、
LCL やベル・レットルみたいに対訳にしないんだい?
岩波のキケローもセネカも京大の西洋古典叢書も、
みんな対訳でもないのに決定版面してさ。
おまけに気違いじみた値段じゃないか。

51 :吾輩は名無しである:2006/05/21(日) 06:29:14
そう言えば文学の最新作ってブクオフじゃ取り扱ってないの?

52 :吾輩は名無しである:2006/05/21(日) 08:51:15
>>51
新古なのか買入れかはわからんが、3Fレジ横のほぼ新刊コーナー
にある場合もある。でも純文系種類はすくないな。(町田の場合)
例えば月一巡回で最近(今年)買ったのはこんな感じ
  絲山秋子、丸山健二、伊坂幸太郎、
ベストセラー系、売れ筋系(江国、石田、奥田、恩田、東野等?)
はもちろんもっといっぱい出てるよ。
高田馬場、荻窪あたりはどんな感じなのかな? 

53 :吾輩は名無しである:2006/05/21(日) 11:08:14
映画とかアニメのDVD集めるよりは遥かにやすあがりだと
思う。明治時代の初版本なんかは別として

54 :吾輩は名無しである:2006/05/21(日) 13:31:12
>1
文学が、金で買えるか。
買えるのは「本」だ。本は、商品として流通する。
文学を商品化する出版社には、それだけ重い社会的歴史的人類的責任がある。

読者もまた、ミソと糞が混じった「本」市場から
くだらん糞をつかまされて時間と金を無駄にしないように
自分の眼を養うことがなによりも肝心。
その為には… 本を読め。
なに?それじゅ永劫回帰だ? …それこそが文学である。

55 :吾輩は名無しである:2006/05/21(日) 13:33:27
それじゅ? それじゃ  校正も重要。 それじゃ。

56 :――思ひ出ぽろぽろ:2006/05/29(月) 09:16:24

「ほんとにブンガク買ってくれるの!?」
「今日はお前の誕生日だろ」
「・・・カーチャンお金あるの?お金大丈夫?」
「カーチャン今月残業いっぱいしたからね。
 3万あるから余ったお金で回転寿司行こうねえ」

       J( 'ー`)し
        (  )\('∀`)
        ||  (_ _)ヾ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

57 :吾輩は名無しである:2006/07/31(月) 12:15:34
本気で言ってんのか?

58 :吾輩は名無しである:2006/07/31(月) 14:09:20
何か問題でも?

59 :吾輩は名無しである:2006/08/12(土) 16:44:43
無償にムージルの特性なし男が読みたいが、全部揃えたら2万超える・・・
古本嫌いなんだよなー。
文学やりだしたら、ゲームやCD買うのの3倍は余裕で掛かる・・・

60 :吾輩は名無しである:2006/08/12(土) 16:50:51
いやCDの方が単価たけぇし。俺は優に200万以上は使ってるわw
だいたい古本嫌いなんて読書人失格でつよwww

61 :吾輩は名無しである:2006/08/12(土) 16:55:48
まあ確かに。 でも古本は汚いよ。 サラがいいよサラが。
CDは中古でもいいけど。

62 :吾輩は名無しである:2006/08/13(日) 01:58:39
図書館を使おう

63 :吾輩は名無しである:2006/08/13(日) 17:38:22
(´-ω-)yー~~フゥー図書館が家の隣にあればなぁ…

64 :吾輩は名無しである:2006/10/10(火) 20:23:16
古本しか買わないよ。一冊50円か100円。新品同様の本も多いんだこれが。

15 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)