5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

『クーツェ』いしいしんじ  いち『ポー』

1 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/13(金) 21:23:47
http://www.mao55.net/gohan/main51.html

ごはん日記



2 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/13(金) 21:25:06
1000

3 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/13(金) 21:25:30
1966年大阪生まれ。

■著作物
『シーラカンス』

『プラネタリムのふたご』

『アムステルダムの犬』

『なきむしヒロコちゃんはかもしれない病かもしれない』

『麦ふみクーツェ 』

『トリツカレ男』

『ぶらんこ乗り』

『絵描きの植田さん』(絵:植田真

『ポーの話』


4 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/13(金) 21:26:10
まんまんみてちんちんおっきおっき

5 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/13(金) 21:26:56
まんまんみてちんちんおっきおっき

6 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/13(金) 21:27:36
まんまんみてちんちんおっきおっき

7 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/13(金) 21:28:09
まんまんみてちんちんおっきおっき

8 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/13(金) 21:48:37
元芸大志望で受験失敗して京大へいったんだよね

9 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/13(金) 22:04:05
絵もかけるし
英語ぺらぺらです

10 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/13(金) 23:37:22
亜美飛んじゃう

11 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/14(土) 07:18:13
本当のげいじゅつかだと思うね

12 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/14(土) 08:22:58
[イベント] いしいしんじ×荒井良二新春対談
お友達と別れた後は、恋人と2人でちひろ美術館へ。

いしいしんじ氏×荒井良二氏の新春対談があるのです。

いしいさんと荒井さん、お揃いみたいな恰好で登場。

寝不足でぼんやりとしていたのですが、いやもうお話面白かった…!!話が始ま
ったとたんに目が覚めた。

創る側のひとの、創作とはどうゆうものか、みたいな話もあったのですが、こう、
うわーっとなんってぐおーんってなって、とかニュアンスでしか伝えられないこ
とをわざわざ口に出すお二人が可愛かったです。

創りたいから創るのではなく、創らずにはいられないし、その先にある何かを探
求せずにはいられないというのが才能なのだろうかと。

しかし荒井さんの原画も見たのですが、その自由な色と画風に震えがきたよ。
なんだってアリをやれるひとが一番すごい。ルフランルフランを読んだときに
「すごいなぁこの色すごいなぁ」と思っていたけど、原画はもう、絵からすご
かった。どこをまじまじと見てもちっとも飽きない。恋人が、印刷とは劣化の
ことなのかと言っていたけれど、まさにその通りだ。

「ぶらんこ乗り」にお2人にサインしてもらう。



13 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/14(土) 10:32:45
いしい しんじ / 麦ふみクーツェ


とん、たたん、とん

いつからか少年"ねこ"の頭に響くようになった"クーツェ"の麦ふみの音。


とてもやさしい話だと思った。
良質の児童文学は大人にも心地良い。いや、ほんとうは大人向け文学なのかもし
れない。
本の分厚さに感謝しながら読み進める。

寓話のような暖かな空間。
けれどぬくぬくしているだけではない。正しい児童文学のように、たっぷり
の優しさと微かな痛みを含んだ、主人公の少年の成長譚でもある。




14 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/14(土) 14:06:00
麦ふみクーツェ
弟にお風呂とられたので暇つぶしに爪のラメ塗りなおしてみたり。うーん、やっぱり
発色綺麗。ささくれとかペンだことか汚いので見せられませんが…。

「麦ふみクーツェ/いしいしんじ」読み途中どすえ。いしいしんじの本は「
ぶらんこのり」と「プラネタリウムのふたご」以来の3冊目ですが、ほのぼ
のと見せかけて割と平穏しあわせな部分が短くて、すぐにいたたまれないと
いうか不幸な状況に突入するということに気がつきました。というか、そん
な気がしました。
「吹奏楽は風の音楽」という表現には涙が出そうになるくらい同意です。吹
奏楽をやったことあるひとは絶対わかると思うの!(言いすぎ?笑)
あーこれから更に地味に過酷な状況に突入していくのかな…まだ全然導入
部分なのに!

15 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/14(土) 16:06:50
「麦ふみクーツェ」 いしいしんじ著
年末に猛スピードで読んでいた読書が、この本を境に急激にペースダウンした。
途中、浮気をして雑誌に走ったりもして、ようやく読み終わった。童話っぽいし
、ストーリーも複雑ではないし、文体も至って簡単な、軽い読み物なのに、ペー
ジをめくってもめくっても進まない。
猫の鳴き声のマネが本物の猫以上であることから「ねこ」と呼ばれる、異常に
背の高い少年が、素数に取り付かれた数学者の父親と、打楽器に取り付かれた
音楽家の祖父と一緒に、ある港町で暮らしている。ある日、彼の耳に不思議な
、とん、たたん、とん、という一定のリズムが繰り返しのように聞こえる。窓
の外は夜の港町のはずなのに、夏の黄色い大地が広がり、そこでねこは「麦ふ
みクーツェ」という、変わった人間に出会う。それ以来、彼の耳には、その音
がことあるごとに鳴り響き続ける。
この物語には、いろいろな「変な人」が出てくる。そして変な人たちには
変な出来事が起こる。変な人たちは社会で苦しむけれど、変ななりに生きて
いく。ねこもその一人で、物語はねこの成長を主軸に、社会から飛び出てい
る「変な人」たちの生き様を描いている。そんなところ。



16 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/14(土) 16:08:07
正直、本の最初の半分はつまらないという印象が強かった。いろいろな出来事を、
少しの関連性を持たせつつ、読みきり型にしている。でもそれぞれの物語がその
後何につながっていくのかわからない。でも途中くらいから、突然ストーリーが
急ピッチで展開し、それまでの数々の短い物語が(あたりまえだけど)複線であ
ったことがわかる。そして、いろいろな寄り道をした物語は、最後の最後で、最
初の最初に帰着する。
この本は2003年に坪田譲治文学賞を受賞。いろいろなレビューで絶賛されて
いるけれど、前半がおもしろくないと感じたのは、私だけだろうか。後半を読み
進むにつれ、その前半が無駄なものではないことはわかったのだけれど、前半が
もっと食いつかせてくれるような文体だったら、これほどの時間がかからなかっ
たのに。私の読書に対するコンディションのせいもあっただろうけれど。
読み終わったあとにスッキリするから、読み終わってよかった。読後感は悪く
ない。おもしろかったという印象だってあるし、よくできた物語だなとも思う
けれど、手放しで絶賛できないのが惜しい。
些細なことだけれど、登場人物に特定の固有名詞がなかったことがちょっとよか
った。まあそれはよくある手法だけれど、登場人物はその職業や演奏する楽器や
体の特徴や色の名前で呼ばれる。ねこ、お父さん(ねずみ男)、おじいちゃん、
郵便局長、用務員さん、ちょうちょおじさん、セールスマン、先生、みどり色。
そういえば私も子供のころ、町のおじさんやおばさんを「やおやさん」とか「さ
かやさん」とか呼んでいたよなぁ。固有名詞を遣わない世界は、すこしファンタ
ジー要素が足されるのかもしれない。だから子供のころの思い出はキラキラして
いるのかもしれない。



17 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/14(土) 21:36:23



雪屋のロッスさん 本当のしごと(仮) いしいしんじ/著
驚き、笑い、涙―セカイのカケラが詰まった、宝箱のような短編集。ときに幻想的で、ときに生々しい、いしいしんじの物語世界。お風呂屋の島田夫妻、大泥棒の前田さん、棺桶セールスマンのス...



18 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/15(日) 07:38:19
いつ発売ですか?

19 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/15(日) 15:23:15
原田郁子×いしいしんじ クラムボンのVo.原田郁子ソロアルバム「ピアノ」は
私の数少ないヘビロテアイテムですが、その中に愛する いしいしんじ が詞を提
供している曲があったことを今さっき知りました。
それがアタシの好きな曲だったから尚 嬉しい。
うー。素敵さ200パーセントですなっ。
「かじき釣り」と「海からの風」。
あーよく聞くとちゃんと いしいワールドだよ。
明日はこの二曲をひたすらリピートしていることでしょう・・・ほら、アタシ、
好きなものにはしつこいからさ。うん。



20 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/16(月) 08:15:35
いしいしんじ『ポーの話』

  (「BooK」データベースより)
  あまたの橋が架かる町。
  眠るように流れる泥の川。
  太古から岸辺に住みつく「うなぎ女」たちを母として、ポーは生まれた。
  やがて、稀代の盗人「メリーゴーランド」と知りあい、
  夜な夜な悪事を働くようになる。
  だがある夏、500年ぶりの土砂降りが町を襲い?。
  いしいしんじが到達した、深くはるかな物語世界。
  2年ぶり、待望の書下ろし長篇。
  善と悪、知と痴、清と濁のあわいを描く、最高傑作。

うなぎ女。メリーゴーランド。ひまし油と支配人。
3匹の象。犬じじと猟犬と少年と女ぬすっと。
天気売りの、ポーの、たいせつなもの。
女房と亭主。
帰ってきたレース鳩。
いしいしんじ氏は長編作家というイメージが強いけど
その壮大な物語の中に、短編として成り立つほど
印象深いエピソードがいくつもある。
どこまでもおとぎ話のようで、どこまでも力強く人間くさい。
大切なものはなんでしょう。
切り取って短編にできるような悲喜こもごもは、たぶん実際の人生にいくつもある。
苦しいことは忘れてしまいたいけど、
幸せなことにしがみついてしまうのも恐いけど、
それでも愛おしい。甘えずに愛せたらいい。



21 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/16(月) 12:56:14
雪屋のロッスさん2月発売かよ

22 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/16(月) 22:16:57
『Love Letter』石田衣良ほか著 「今日どんな本をよみましたか?(55414)」 [ 読書日記 ]
お正月に買い込んだうちの1冊です。
かわいい装丁に惹かれて読んでみました。

タイトルどおりいろいろなシチュエーションでの「Love Letter」にまつわるお話です。

話としておもしろかったのは、いしいしんじさんの「きまじめユストフ」
キュンとせつなくなったのは、石田衣良さんの「ありがとう」と、桐生典子さんの「竜が舞うとき」



23 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/17(火) 18:55:21
そんな短編も書いてるのか

24 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/18(水) 12:21:57
石田いらと一緒ってのがいやだな

25 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/18(水) 16:37:37
楽天ポイントで買うつもり

26 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/19(木) 11:43:09
きまじめななんとかってタイトルだった
もう少しリアリズムの作品を書いてほしい

27 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/20(金) 14:38:10
いずれ短編集におさめられるよ

28 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/20(金) 15:41:52
レポートに乗じて、いしいしんじ について語ってみた。
雑誌や新聞のインタビューや特集記事、彼の書いた書評など、資料集めをして、斜め読みでだけど、彼の著作を改めて読み返す。
かなり楽しい作業だった。
付箋貼って蛍光ペンで線引いて、いつだかに寺山修司の劇場都市についてレジュメ作った時ばりに楽しかった。
いしい作品の何に自分が惹かれてるのか、整頓して考えるいい機会にもなった。
そうやって作業を進めて、実際にレポートを書いて、そういうことしてるうちに卒論は いしいしんじ でやろうか、と思えてきた。
今まで卒論のことなんか大して考えてもこなかったけども。
多分 論文より小説の方が楽だからそっちに流れるんだろうな、とすると創作指導を取らんといかんな、という程度で。
でも、折角 現代作家で卒論書ける所にいるんだし。
論文があふれ返ってる作家で書くよりは、よっぽど楽しいんじゃなかろうかと。
思ったんですが。
取り敢えず、そういう方向で引き続き資料集めなり読み砕きなりをしていこうかと思った、テスト最終日。


29 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/21(土) 08:45:12

『トリツカレ男』

次はこれが文庫だろう

30 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/21(土) 16:53:03
『アムステルダムの犬』 はどんなのだろうか

31 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/22(日) 08:30:51
いっぱい書いてるんだよね

32 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/22(日) 18:23:18
新潮GJ

33 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/23(月) 08:03:40
http://www.mao55.net/gohan/main51.html

ごはん日記


34 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/23(月) 16:45:01
なぜ日記がずれてるの?

35 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/24(火) 19:01:25
知らないよ

36 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/24(火) 23:26:21
ニオュ、ホコヌソキケケソキネヌ、マ、ウ、

http://www.mao55.net/gohan/

37 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/25(水) 09:08:56
なに?

38 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/25(水) 16:23:15
ゴメン、最新のページはここで見れる。

http://www.mao55.net/gohan/

39 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/26(木) 14:38:20
ありがとう

40 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/27(金) 23:06:17
有難う

41 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/28(土) 07:34:25
次に出るのは?_

42 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/29(日) 12:40:57
文庫化希望する「トリツカレ男」

43 :softbank219019135178.bbtec.netrlo :2006/01/29(日) 14:22:07
ヴぉw

44 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/30(月) 07:26:07
何だよ

45 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/31(火) 18:44:47
出たか?

46 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/01(水) 13:02:36
もうすぐだよ

47 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/01(水) 15:13:18
雪屋って?

48 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/02(木) 13:19:13
そうだよ

49 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/03(金) 17:57:20
まだじゃん

50 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/04(土) 11:19:48
そうだね

51 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/04(土) 16:41:43
雪屋のロッスさん2月発売かよ


52 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/04(土) 16:43:39
買ったよ

53 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/05(日) 18:06:05
もう出てるんだ?

54 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/06(月) 10:02:37
そうみたいだね

55 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/07(火) 18:48:26
やったね

56 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/08(水) 20:36:13
よっしゃこい

57 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/08(水) 23:59:37
今読んでるのがいしいさんの最新作。

超短編。超短い物語集。

いろんな職業にまつわる寓話がたくさんつまっている。

表題『雪屋のロッスさん』は雪製造を仕事にしているロッスさんの物語。

他にも、棺桶セールスマンのスミッツ氏、風呂屋の島田夫妻、コックの宮川さん
、果物屋のたつ子さん…。

どれも、どこか悲しくてあたたかい物語ばかりです。

こんなに少ない文字数でよくこんなに上手に書けるものだなあ、と感心。



雪の日の夜、しんしんと降る雪を感じながら、まどろみながら布団の中で読むのに
よい本です。

まだ途中までしか読んでないから、たけのこが作ってくれたすきやきを食べて、
あたたかくしてこれを読みながら眠ります。




58 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/09(木) 04:50:21
、作者だけで無条件に
買ってしまうのは
「江國香織」さんと「いしいしんじ」さん。
財布の中身も確かめず、レジに突進します。
(もはや病気)

今回の『雪屋のロッスさん』は、短編集。
(雑誌『ダ・ヴィンチ』に掲載されていたものですね)
2ページに満たないものから、5ページくらいの
ものまで長さはいろいろ。

そして、出でくる人もいろいろ。

いろんな職業の人が、それぞれの営みの中で出会う
小さな、そして大きな出来事たち。

私の職業である《図書館司書》も出てきましたよ☆


相変わらず、爽やかさと毒の間で身もだえする感じが好きです。
ハッピーエンドのお話もあれば、沈んでしまいたくなる終わり方の
お話もあって。


59 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/09(木) 14:51:33
ひさしぶりに本を買ったよ。いしいしんじの「雪屋のロッスさん」。あとアイ
ザック・ディネーセンの「アフリカの日々」。いしいしんじは、1ページ毎に
ぼろぼろ泣いてしまいます。本を読むのはすてきだなあ、と純粋に思える本で
す。おすすめ

60 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/10(金) 12:06:05
『雪屋のロッスさん』でてるね
ぱらぱらみてるといい感じだった

61 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/10(金) 12:24:25
●そもそも、いしいさんて、何者なんでしょう?

  一応、作家なんですけど、文章も書くし、絵も描くし、料理もするし。
でも、基本的には、よっぱらいで、阪神ファンで。。。本当は、優等生なんです。


62 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/10(金) 19:47:16
いしい しんじ
雪屋のロッスさん
今読んでるのがいしいさんの最新作。超短編。超短い物語集。
いろんな職業にまつわる寓話がたくさんつまっている。
表題『雪屋のロッスさん』は雪製造を仕事にしているロッスさんの物語。
他にも、棺桶セールスマンのスミッツ氏、風呂屋の島田夫妻、コックの宮川
さん、果物屋のたつ子さん…。
どれも、どこか悲しくてあたたかい物語ばかりです。
こんなに少ない文字数でよくこんなに上手に書けるものだなあ、と感心。
雪の日の夜、しんしんと降る雪を感じながら、まどろみながら布団の中で読むの
によい本です。
まだ途中までしか読んでないから、たけのこが作ってくれたすきやきを食べて
、あたたかくしてこれを読みながら眠ります。




63 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/11(土) 01:13:23
「人生を救え!」が角川で、「トリツカレ男」が新潮で三月に文庫化


64 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/11(土) 13:37:27
やっぱり「トリツカレ男」きたか

65 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/12(日) 10:25:21
雪屋のロッスさん いしいしんじ メディアファクトリー
この本、装丁がなんとも可愛らしくて、おもわず
見た瞬間、レジへ。お買い上げ、でございます。
このタイトルの文字の雰囲気、微妙な色遣いの表紙、
シンプルなのに、思いがこもってます。
読むのがもったいなくて寝かせておいたんですが、(爆)
短編の一つを読みはじめたら、とまらなかった!
ミステリーじゃないのにノンストップです。
本当はじっくりゆっくり、毎日一つずつ読むのが一番いい感じなんですが・・。
イラチやからなあ・・。



66 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/12(日) 10:26:33
部で30の掌編が収録されています。
「なぞタクシーのヤリ・ヘンムレン」
「調律師のるみ子さん」
「大泥棒の前田さん」
「棺桶セールスマンのスミッツ氏」・・・もうえんえんタイトルを書き写したくなります。
すべていしいしんじワールドで、なんらかの職業を持って生活している
人たち。その人たちに、ぽっとライトをあてたような掌編が、なんともしゃれていて、
小技がきいてます。小技、っていうのがまたいいんですね。
この現実とは違う、いしいしんじさんの頭の中の小さな世界に、
やはり無限の人々が住んでいて、それぞれの人生を生きている。
掌編なのに、こうやって集まることで、無限の広がりをかんじさせます。
ユーモアに、ペーソスに、ちょこっと皮肉がきいている文体。
「棟梁の久保田源衛氏」などは、見開きで二ページの文章なのに、
「う〜ん」とうならされます。いしいさんは、幼いころ、大工さんの仕事を
ぽかんと口をあけていつまでも眺めていたようなお子さんだったのかな、と
想像してしまう・・。

こういうものを読むと、世界にあるさまざまな「仕事」が、とても大切な
唯一のものであると思えてしまう。慣れ親しんだ、手油のしみこんだような
それぞれの「仕事」。その仕事が形作る人の姿。
一つ一つの寓意に満ちたこの物語は、「仕事」をして生きている人たちへの
オマージュなのかも。いいもの読ませてもらっちゃったなあ・・。



67 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/12(日) 19:24:32
表紙がすごくいい

「トリツカレ」楽しみだ

68 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/12(日) 23:28:28
>>63
やった!!
今プラネタリウムのふたご読んでるーまだ半分も行ってないけど
タットルの解説なんか温かそう

69 :吾輩は名無しである:2006/02/13(月) 10:24:30
◎いしいしんじ「雪屋のロッスさん」
生粋のファンタジスタであるいしいさんの最新連作短編集。ダ・ウ゛ィンチ
で連載してるのを何話か読んだが、やっぱりまとめられると衝動買いですよ
。30の職業人について描かれたこの連作短編、相変わらず愛しいです。出て
くる職種は現実にあるものから空想のものまで。それに就いているのも「田
中さん」からポリバケツまで。起承転結はどこにでもあるようなものばかり
だけど、なぜか強く感に訴える力があります。僕が好きなのは、絵かきのお
ばあさんの話と警察官の飛田さんの話。というかどの作品もかなり温かで印
象的です。なぜだか分からないけど。次はまた長編読みたいなぁ。90点。テ
スト中息抜きに一話ずつ読んでたんですが、息どころか魂抜かれる感じの本
です。嫌々お勉強してる身体では、魂様は居心地悪いのでしょぅ

70 :吾輩は名無しである:2006/02/13(月) 11:31:23
3/28 いしいしんじ『トリツカレ男』新潮文庫


71 :吾輩は名無しである:2006/02/14(火) 01:29:33
やっぱり「トリツカレ男」きたか


72 :吾輩は名無しである:2006/02/14(火) 11:15:50
いしいしんじという作家を知ったのは、
中島らもとの対談集「その辺の問題」だった。 性や薬物などの辺りについて対談しているのだが、
驚いたのは、中島らもといしいしんじがアムステルダムを訪れ、二人してラリっていたこと。
あへあへ顔が写真で大々的に掲載されていた。
オランダがいくら合法の国とはいえ、ここまでオープンに本で紹介していいのかと心配してしまうほどの内容だった。
そこでいしいしんじの存在を認識し、その後、
「ぶらんこ乗り」でその世界の深さにはまった。

最新作の「雪屋のロッスさん」は、
ダ・ヴィンチで連載されていた短編集。
いしいしんじらしい、かわいくて、ときにいじわるで、
そして夢のある30のおとぎ話。 タイトルを列記すると、
「なぞタクシーのヤリ・ヘンムレン」 「風呂屋の島田夫妻」
「ポリバケツの青木青兵」「マッサージが上手な栗」などなど。
30の職業について独創的な物語をつむいでいる。 たとえばボクが気に入ったのは「コックの宮川さん」。
コックの本当の仕事は、料理をすることではなく、 実は冷蔵庫で食材と語りあうこと。
翌日には切り刻まれてしまう野菜たちを、 いかにうまく説得するかがコックの腕の分かれ目で、
説得に失敗すると、料理が水っぽくなったり、 あたってしまうのだという。
そして、コックの宮川さんが出会い、 印象深く残っているじゃがいもとの思い出話をつづる。
そんな不可思議な物語がつまっていた。 2〜4ページほどとショートショートな短編だが、
その奥には語りつくせないほどの世界が広がっている。 心がやわらかくなり、同時に考えさせられもする。
ボクは心が滅入っているときにこの本を読んだのだが、 心がくつろいでいくのを実感した。
いしいしんじの最高傑作ではないだろうか。 だまされたと思って読んでほしい。
読後に優しい気分になるはず。 何度読んでも読み飽きることのない名作だと思う。




73 :吾輩は名無しである:2006/02/15(水) 00:17:01
3/28 いしいしんじ『トリツカレ男』新潮文庫


74 :吾輩は名無しである:2006/02/15(水) 16:24:02
いしいしんじさんのトリツカレ男は、かみさんが、面白い。これはかっこいい!と絶賛。



かみさんは辛口だからあんまり誉めないんだじぇ。



たしかにペチカに恋した後のジョゼッペはかっこいいんだ。



俺が俺が・・・ってところがなくて。相手のためだけで。



なにかに取り憑かれてるってひょっとしたらかっこいいのかもしれんが、今のおいらは、苦しいだけ。

75 :吾輩は名無しである:2006/02/16(木) 14:45:37
『雪屋のロッスさん』
(メディアファクトリー)刊行記念
「本屋のいしいさん」
いしいしんじトークショウ 
■2006年2月18日(土)14:00〜(13:30開場)
■会場:青山ブックセンター本店内・カルチャーサロン青山
■定員:100名様
■入場料:500円・学生250円
 (税込/受付時に学生証をご提示ください。)
 電話予約の上、当日精算
■電話予約&お問い合わせ電話:03−5485−5511
■受付開始:2006年2月3日(金)10:00〜
予約満杯のため、受付終了しました。

もし、いしいしんじさんが本屋になっていたらという仮定のもと、「仕事」「はたらく人」をテーマにどんなトークが繰り広げられるか、ご期待ください。



76 :吾輩は名無しである:2006/02/17(金) 14:57:19
レポートあるかな?
待ってるよ

77 :吾輩は名無しである:2006/02/17(金) 19:13:53
大泥棒の前田さん
今日は会社の帰りに紀伊国屋で本を買ってきました。「雪屋のロッスさん/い
しいしんじ」。今読んでる本を一旦止めて、いしいしんじを先に読んでしまい
ます。すぐ読み終わりそう、2日くらいで。30の話のうち会社帰りの電車の中で5つ読み終わり
ました


78 :吾輩は名無しである:2006/02/18(土) 10:27:08
今日だね

79 :吾輩は名無しである:2006/02/18(土) 18:34:50
レポートあるかな?
待ってるよ


80 :吾輩は名無しである:2006/02/18(土) 18:44:58
漫画家?

81 :吾輩は名無しである:2006/02/19(日) 08:19:16
あほか

82 :吾輩は名無しである:2006/02/19(日) 14:42:11
人気あるね
もっともっとメジャーになるよね

83 :吾輩は名無しである:2006/02/20(月) 07:44:26
なってほしいね
なれると思うよ

84 :吾輩は名無しである:2006/02/20(月) 13:35:37
評判言いね

85 :吾輩は名無しである:2006/02/20(月) 20:22:17
本屋のいしいさん/うたた寝
ごぼう天うどん
青山ブックセンター
いしいしんじさんトークショウ
本屋のいしいさん
スライドショー
ボブディラン
仕事
ジェリー
猫村さん

クアアイナ
ローストビーフサンド
エビフライ
コーラ

鳥肉、にんじん、トマト煮失敗、トマトカレー。





86 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 17:26:02
「トリツカレ男」楽しみだね

87 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 12:07:21
かなり評判いいよ
表紙もいいね

88 :吾輩は名無しである:2006/02/23(木) 06:54:36
レポートは?

89 :吾輩は名無しである:2006/02/23(木) 16:37:11
雪屋のロッスさん/いしいしんじ
いろいろな職業につく人やモノが主人公の短編が…いくつあるんだ?ええと3
0篇。「調律師のるみ子さん」だとか「床屋の国吉さん」だとかの、ある程度
想像つく職から、表題作「雪屋のロッスさん」だったり「犬散歩のドギーさん
」だったり謎めいたものまで、もしくは「旧街道のトマー」(道)、「ポリバケ
ツの青木青兵」(バケツ)なんつーモノなども主役に。「コックの宮川さん」が
食材達に優しく語りかける描写がちょっとスキだ。



90 :吾輩は名無しである:2006/02/24(金) 16:19:26
僕もだよ

91 :吾輩は名無しである:2006/02/24(金) 22:07:31
「トリツカレ男」楽しみだね

92 :吾輩は名無しである:2006/02/24(金) 23:03:53
●それがどうして大企業のサラリーマンの道へ進んだのでしょう?

経理とか営業とか、そんな仕事が一回してみたかったんです。でも、結局、そうい
うところには配属されず、新規事業開発的な、なにをやっていてもいいようなとこ
ろで、ブラブラ社員してました。
 そういえば、入社式では、チェッカーズ「涙のリクエスト」の替え歌「涙のリク
ルート」を唄いました。「涙のリクルート 最後のリクルート(コーラス) 最後
の札束 祈りをこめてmidnight官庁 ダイヤルまわす僕に教えて まだ不起訴よと
 トランジスタのボリュームあげてはじめて知った かもめの大将 江副の逮捕 
きびしすぎるね ひどい仕打ちさ」と唄ったら、なぜかそれが朝日新聞にも「なん
と、ふとどき新入社員」とスクープされて、有名な新入社員になってしまいました
。僕は、リクルート事件まっただ中にリクルートに入社したんです。さすがに、そ
んな奴が営業や経理では、ヤバイかなぁ。。。と思ったんですかねえ。



93 :吾輩は名無しである:2006/02/25(土) 12:25:45
元芸大志望

94 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 07:53:52
リクルートね

95 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 20:24:23
落ち着いたね

96 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 07:36:56
「トリツカレ男」もうすぐだ

97 :吾輩は名無しである:2006/02/28(火) 13:04:13
今月じゃなかったのか

98 :吾輩は名無しである:2006/03/01(水) 07:10:17
25日ぐらいかな

99 :吾輩は名無しである:2006/03/01(水) 14:29:57
これで文庫3冊目になるね

100 :吾輩は名無しである:2006/03/01(水) 14:50:51
45万部のベストセラー『嫌韓流』の第2弾

『嫌韓流2』発売中

駄作か傑作かは、買って自分で確かめよう

101 :吾輩は名無しである:2006/03/02(木) 13:51:56
宣伝止めろ

102 :吾輩は名無しである:2006/03/03(金) 14:12:22
エリートなんだな

103 :吾輩は名無しである:2006/03/04(土) 07:15:16
「トリツカレ男」こりゃいいや

104 :吾輩は名無しである:2006/03/05(日) 06:25:56
こりゃいい

105 :吾輩は名無しである:2006/03/06(月) 06:12:45
もうすぐだね

106 :吾輩は名無しである:2006/03/07(火) 06:45:29
雪屋のロッスさん/いしいしんじ
いろいろな職業につく人やモノが主人公の短編が…いくつあるんだ?ええと3
0篇。「調律師のるみ子さん」だとか「床屋の国吉さん」だとかの、ある程度
想像つく職から、表題作「雪屋のロッスさん」だったり「犬散歩のドギーさん
」だったり謎めいたものまで、もしくは「旧街道のトマー」(道)、「ポリバケ
ツの青木青兵」(バケツ)なんつーモノなども主役に。「コックの宮川さん」が
食材達に優しく語りかける描写がちょっとスキだ。


107 :吾輩は名無しである:2006/03/08(水) 04:40:33
大泥棒の前田さん
今日は会社の帰りに紀伊国屋で本を買ってきました。「雪屋のロッスさん/い
しいしんじ」。今読んでる本を一旦止めて、いしいしんじを先に読んでしまい
ます。すぐ読み終わりそう、2日くらいで。30の話のうち会社帰りの電車の中で5つ読み終わり
ました



108 :吾輩は名無しである:2006/03/08(水) 20:28:55
インタビューあげ

109 :吾輩は名無しである:2006/03/09(木) 17:02:57
文春上げ

110 :吾輩は名無しである:2006/03/10(金) 10:41:25
インタビューいっぱいあげ

111 :吾輩は名無しである:2006/03/11(土) 06:29:01
インタビュー

112 :吾輩は名無しである:2006/03/12(日) 07:46:26
文庫もうすぐだ

113 :吾輩は名無しである:2006/03/12(日) 19:04:08
半月ほど実家に帰るが、近くの図書館にいしいしんじ本が無いかと検索をかけたら
一杯でた(*゚∀゚)=3 
雪屋のロッスさんが読めるぞー
どうにも今現在住んでるとこの図書館は小さいもんで・・・
目についたハードカバーぽんぽん無料で借りられる図書館の魅力に最近気がついたorz

114 :吾輩は名無しである:2006/03/13(月) 06:08:39
そりゃいい

115 :吾輩は名無しである:2006/03/14(火) 13:41:09
もうすぐ文庫だね

116 :吾輩は名無しである:2006/03/15(水) 13:59:57
やったぜ

117 :吾輩は名無しである:2006/03/16(木) 11:07:16
わくわく

118 :吾輩は名無しである:2006/03/17(金) 10:49:37
もうすぐだ

119 :吾輩は名無しである:2006/03/18(土) 06:44:58
確かに根

120 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 08:44:25
人生を歩け!
町田 康/いしいしんじ著
四六判 288頁 1400円

121 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 11:08:50
どんどんでるな

122 :吾輩は名無しである:2006/03/22(水) 06:52:28
文庫もうすぐだ


123 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 10:48:56
明日か?

124 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 06:52:25
強化?

125 :吾輩は名無しである:2006/03/25(土) 20:21:30
人生を救え

126 :吾輩は名無しである:2006/03/25(土) 20:31:32
    _, ,_  パーン  
 ( ‘д‘)    宣伝しに来てんじゃねーよ、ボケ!
  ⊂彡☆))Д´) >>1

,


127 :吾輩は名無しである:2006/03/25(土) 20:32:54
>>1


( ゚ Д゚)つ 漫画板 http://comic6.2ch.net/csaloon/


128 :吾輩は名無しである:2006/03/26(日) 18:01:15
>>127

なに?

129 :吾輩は名無しである:2006/03/26(日) 21:15:07
>127
いしいひさいち じゃないよ?
まさかね…

130 :吾輩は名無しである:2006/03/27(月) 14:31:59
確かになにいってるかわからん

131 :吾輩は名無しである:2006/03/28(火) 14:38:05
「トリツカレ男」最高だが表紙だけ問題

132 :吾輩は名無しである:2006/03/28(火) 17:55:38

ジュゼッペのあだ名は「トリツカレ男」。何かに夢中になると、寝ても覚めてもそ
ればかり。オペラ、三段跳び、サングラス集め、潮干狩り、刺繍、ハツカネズミe
tc. そんな彼が、寒い国からやってきた風船売りに恋をした。無口な少女の名は
「ペチカ」。悲しみに凍りついた彼女の心を、ジュゼッペは、もてる技のすべて
を使ってあたためようとするのだが……。まぶしくピュアなラブストーリー。


参った。完璧やないか!「いしいしんじ」の評判はもちろん知っていたが・・・
。参った。これは絶対読んだ方が良い。完璧や。すべてが。読了後この上なく心
が暖まる。そして誰かに勧めたくなる。完璧や。今月の新潮文庫新刊。税別362
円でこれだけ気持ちが優しくなれるなんて。やっぱり本は素晴らしい。物語は素
晴らしい。


133 :吾輩は名無しである:2006/03/29(水) 14:05:11
「トリツカレ男」はあの短さですごい感動だね

134 :吾輩は名無しである:2006/03/29(水) 20:50:42

>132
ジエンマンセー くっさーw                 文学板では逆効果wナメンナヨw



( ゚ Д゚)つ 児童書板http://book3.2ch.net/juvenile/

135 :吾輩は名無しである:2006/03/30(木) 12:44:38
児童書じゃないよね
どう見ても

136 :吾輩は名無しである:2006/03/30(木) 23:16:04
うん

137 :   1:2006/03/30(木) 23:39:12
スレ立てた1ですが、すんません、宣伝目的のスレです。m(__)m

本は
『人生を救え!』毎日新聞社刊
町田 康 (著), いしい しんじ (著)

人生…なんて銘うってますが、町田さんと街や路地をぶらつきながら
くっだらねーしゃべりをだらだらやってる本です。
そのせいか6年前に出たのに在庫が山積みで、面目なくて…w
すんません、買ってほしいんですよ。よろしく!

一応アマゾンのレビューを次に引用しときますんで。







138 :   1:2006/03/30(木) 23:44:15
作家の町田康が毎日新聞日曜版に1年間連載した人生相談と、いしいしんじとの
路上対談を収録した『人生を救え!』。町田初の人生相談、対談集だが、
小説やエッセイで見せる独特の音楽的なリズムと言い回しが本書でもさえる。リラックスした
雰囲気のなかで行われた対談では著者の素の部分が少し見えるのもファンだけにはうれしい。
前半の人生相談「どうにかなる人生」では、彼氏ができないという人に「心を開いて夜な夜な
ワイルドサイドを歩き回ろう!」とアドバイスし、明るい性格になりたいという人には落語を聞いて
「キュートな失敗」をたくさん勉強することをすすめる。後半の録音も自分たちで行った20時間の対談
「苦悩の珍道中」は関西弁による掛け合いが絶妙。丸の内、お台場、浅草と対談場所を移し、
そこにある人生を前にした2人からはおかしくて鋭い発言が次々と飛び出す。仕事の悩みは丸の内で、
恋愛についてはお台場で語り、浅草では悩みも「ブチ飛ぶ」強烈な行灯に出会う。現地で撮影されたおかしいような
悲しいような写真も多数収録されている。
 「溺れてる人と一緒に溺れ」ながら導き出した人生相談の答えや対談で語られる内容は、おかしみと愛情、
ときに怒りにあふれてはいるが、どこか冷静な部分を残している。町田は人生の明確な答えを与えてくれるわけではない。
ひょい、と新しい視点を提示するだけだ。だが本書を読み終わったとき、その視点が、悩みでパンパンにふくれた心に小さな穴をあけ、
風通しを良くしてくれたことに気づくだろう。(門倉紫麻)

139 :   1:2006/03/30(木) 23:45:09
内容(「BOOK」データベースより)

要注目作家・いしいしんじと共に東京の街を歩きながら、
人生について語り尽くす20時間。―路上の大河対談「苦悩の珍道中」に加え、
人生相談「町田康のどうにかなる人生」を収録。町田康、初の相談+対談集。


140 :   1:2006/03/30(木) 23:47:46
・・・「人生」とかたいそうなタイトルがついてるが
読んだ人は
「なにが人生相談なんだか、ゲラゲラ」「ばかじゃないの? カルすぎ」とか
勝手なこと言ってるようです。
で、定価は1500円以上だけど、古本屋では400円くらい、
ブクオフ探すと100円本コーナーにもあるんで、
気長に探して読んでください。

141 :   1:2006/03/30(木) 23:50:16
いくら共著者や出版元に面目がたたないからといって
こんなへんなスレ立てて文学板の皆さんを騙そうとしたことをお詫びします。

ただただ、宣伝したかっただけなので、
どうか許してください。m(__)m

142 :吾輩は名無しである:2006/03/31(金) 00:26:42
>>141
殊勝に謝ったって本音は宣伝w

「人生を歩け!」の宣伝w ミエミエw 初版だけでも売りたいってかw



143 :吾輩は名無しである:2006/03/31(金) 12:57:24
自演はやめろ

144 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 05:07:31
>>1
自演はやめろ 臭い

145 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 05:10:57

誘導あぼ〜ん  一般書籍板http://book3.2ch.net/books/


※板違いスレは削除。粘着自演はアクセス禁止対象・削除要請


ーーーーーーーーーーー板違いスレ誘導済・終了ーーーーーーーーーーーーーーーー

146 :吾輩は名無しである:2006/04/02(日) 06:31:46
かってなことしないでいいんじゃない?

147 :吾輩は名無しである:2006/04/02(日) 06:57:50
老眼鏡かけた方がいいんじゃない?

板トップ
「ここは文学についての話題を扱う、学問カテゴリーの掲示板です。
学問系でない作家や小説については【一般書籍】、自作の小説等については【創作文芸】でお願いします。
また専用の板がある場合、スレ立てはそちらで行ってください。以下関連板。」


148 :吾輩は名無しである:2006/04/02(日) 23:27:22
学問の対象だよ

149 :吾輩は名無しである:2006/04/03(月) 20:34:29
現代新書であったね

150 :吾輩は名無しである:2006/04/04(火) 16:08:53
いしいしんじ の、”トリツカレ男”を読みました。
ワンコイン(380円!)で買える、雪の結晶のようなラブストーリ。

他のことがまったく手につかなくなるくらい、
暮らしや仕事とのバランスがとれなくなるくらい
とりつかれて=夢中になって 得たものたちで

あのこを笑わせることができるのだったら
どんなにか すばらしいことだとおもわないかい?

笑っててくれるんだったら、誰の前でもかまわないし、
どんなかなしいことも無くしてあげる。


ジュゼッペのまっすぐさ具合はもちろんですが、
どんなにおかしな方向に突き進もうと
指さすことなく受けいれてしまう街のひとたちも
すてきだなあと、おもいました。

いしいしんじ、ただの変態じゃあないのですね。
この、ニヒルな語り口調もいい味。
ラストは にやりとさせられますよー
やさしい気もちになったあと。



151 :吾輩は名無しである:2006/04/05(水) 10:43:01
トリツカレ男最高だね

152 :吾輩は名無しである:2006/04/05(水) 12:16:22
誘導あぼ〜ん  一般書籍板http://book3.2ch.net/books/


※板違いスレは削除。粘着自演はアクセス禁止対象・削除要請


ーーーーーーーーーーー板違いスレ誘導済・終了ーーーーーーーーーーーーーーーー

153 :吾輩は名無しである:2006/04/06(木) 08:44:28
いしいしんじは文学だと思うぞ
新潮文庫で3冊でてるし
語るに値すると思う

154 :吾輩は名無しである:2006/04/07(金) 06:44:47
どう見ても文学だろ

155 :吾輩は名無しである:2006/04/07(金) 06:53:53

152 名前:吾輩は名無しである :2006/04/05(水) 12:16:22
誘導あぼ〜ん  一般書籍板http://book3.2ch.net/books/


※板違いスレは削除。粘着自演はアクセス禁止対象・削除要請


ーーーーーーーーーーー板違いスレ誘導済・終了ーーーーーーーーーーーーーーーー


156 :吾輩は名無しである:2006/04/07(金) 23:17:22
なぜいしいしんじが駄目なの?
ひどいよ

157 :吾輩は名無しである:2006/04/08(土) 19:01:58
僕もいいと思うがな〜

158 :吾輩は名無しである:2006/04/09(日) 13:13:46
妬みじゃない?

159 :吾輩は名無しである:2006/04/09(日) 19:02:13
ジエンが・・・

他と違って、皆すぐ見抜いてしまうから
文学板じゃ逆効果なんだよ。
チラと見ただけで失笑して、本屋で見かけても手を出さなくなる。
逆宣伝になってる…と思うよ。よけいな世話だけど

160 :吾輩は名無しである:2006/04/10(月) 06:45:14
<出演・催し物など>

●週刊ブックレビュー NHK衛星第二
・4月23日(日) 午前8時から (午前0時から再放送)
●『雪屋のロッスさん』(メディアファクトリー)刊行記念  ミニトーク+サイン


161 :吾輩は名無しである:2006/04/10(月) 07:00:59
●童話『雪屋のロッスさん』大人も読める。

※いしいしんじは児童書作家だけどこれは大人向きの童話。

162 :吾輩は名無しである:2006/04/10(月) 07:02:34
まとめて宣伝スレ@

163 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/04/11(火) 00:39:47
おまいら、良い壊れ方しとるのぅ・・・。

164 :吾輩は名無しである:2006/04/11(火) 07:49:34
>>161

「トリツカレ男」も大人が読めるよ

165 :吾輩は名無しである:2006/04/11(火) 08:01:49
まとめて宣伝スレ@

166 :吾輩は名無しである:2006/04/12(水) 07:46:32
「トリツカレ男」は後に抜粋してあった本文を読んで買おうと思いました。ピュア
なラブストーリーです。では、私が読んで惹かれたところをのせ「きみは、最初か
ら知ってたんだね。あのこが内心、どうしてふさいでいるのか。笑顔にくすみをつ
くる、こころのひっかかりがなんのせいだか。毎日ペチカがひとり、夜にむかって
何をつぶやいているのかを」
 「でもねジュゼッペ、夜のペチカより、お日さまの下の、公園でのきみと一緒の
ペチカのほうが、何倍もきれいだ、僕はそう思う。」
 主人公はトリツカレ男のジュゼッペ。童話のようにやさしい語りで、物語がす
すみます。一つのことに夢中になって、他のことは考えられなくなるジュゼッペ
は、オペラやら三段跳びやらいろんなことにトリツカレます。けれど彼がトリツ
カレたのはペチカ。その日から彼はペチカに夢中。
 ペチカのように、こんなに人に愛されたら幸せだろうと思います。でもなぜか
、こんなに人を愛し、損な役をし(辛い思いをするという意味で)頑張り続けた
ジュゼッペの方が幸せに思えました。人はみんな、思いっきり愛されたいと願う
はず…。少なくともポイズンはそうです。でも、この本を読むと人生をかけて、
精一杯人を愛するというのもいいかな、と思ってしまいます。











167 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/04/12(水) 17:44:53
スレタイで「クーツェ」って作家のスレだと思ってた俺の勘違いだったんだよな。

168 :吾輩は名無しである:2006/04/13(木) 08:31:04
当たり前だ

169 :吾輩は名無しである:2006/04/13(木) 13:16:29
まとめて宣伝自演スレ その@

170 :吾輩は名無しである:2006/04/14(金) 03:56:51
恋に落ちてしまった人に、もしくは恋に破れて
しまった人に、はたまた愛することに疲れて
しまった人に・・。

愛ってなに?
と聞かれたら。私はふっとこの本を差し出してしまうかも
しれないなあ。人を恋する、ということはその人に、そして
恋してしまった自分の気持ちにトリツカレてしまうことだから。
とことん愛にトリツカレてしまった男の、滑稽で幸せな、お話。
たとえはたからどんな目でみられようとも、こんなに人を愛せる
のは、やはり幸せなことだよなあ・・。



171 :吾輩は名無しである:2006/04/14(金) 14:34:36


まとめて宣伝自演スレ その@

,


172 :吾輩は名無しである:2006/04/16(日) 00:41:51
中島らもに町田康が友達ってすごいね

173 :吾輩は名無しである:2006/04/16(日) 06:22:26
. | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 | 無料で2CHを利用 |
, | 汚い宣伝工作員が |
, |  独り自演中です | 
 |________|    注意:まとめて4スレ宣伝自演 その @
    ∧∧ ||          、騙されないように!
    ( ゚д゚)||
    / づΦ

174 :吾輩は名無しである:2006/04/17(月) 08:29:21
グレート・ピープル・ストレンジの文庫を期待する

175 :吾輩は名無しである:2006/04/17(月) 12:12:57


. | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 | 無料で2CHを利用 |
, | 汚い宣伝工作員が |
, |  独り自演中です | 
 |________|    注意:まとめて4スレ宣伝自演 その @
    ∧∧ ||          、騙されないように!
    ( ゚д゚)||
    / づΦ




176 :吾輩は名無しである:2006/04/18(火) 12:35:42
トリツカレ男
いしいしんじ著「トリツカレ男」。
おどろおどろしい表紙からして、ちょっとエグい、いわゆる「大人のための童話」
のような本かと思いましたが、なかなかどうして、久しぶりにぼくのツボにはまっ
た本でした

177 :吾輩は名無しである:2006/04/19(水) 13:46:32
人生を救え!

町田康, いしいしんじ


前半は町田さんによる人生相談。後半は、町田さんといしいさんが町をだらだら
歩きながら対談する形式。

人生相談が深い。あの特徴ある文体はここでも健在で、一見ふざけているような回
答の仕方なのだけれど、その実相談者の心理にきちんと触れている。

町田さんはやさしい人なのだなと思った。

例えば、「○○という俳優に会いたいのですが、舞台の日程などを教えて下さい
」という相談(?)。そんなのネット上の掲示板では「ぐぐれ」とか一言で回答
が終わるような類のものだ。でも町田さんはそんな相談に対しても、例の果てし
なく続くような饒舌な文章で語りかけながら、ちゃんと答えを出してみせるのだ。



178 :吾輩は名無しである:2006/04/19(水) 17:20:40

. | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 | 無料で2CHを利用 |
, | 汚い宣伝工作員が |
, |  独り自演中です | 
 |________|    注意:まとめて4スレ宣伝自演 その @
    ∧∧ ||          、騙されないように!
    ( ゚д゚)||
    / づΦ



179 :吾輩は名無しである:2006/04/20(木) 14:44:53
評判いいみたいだね

180 :吾輩は名無しである:2006/04/20(木) 14:59:13

. | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 | 無料で2CHを利用 |
, | 汚い宣伝工作員が |
, |  独り自演中です | 
 |________|    注意:まとめて4スレ宣伝自演 その @
    ∧∧ ||          、騙されないように!
    ( ゚д゚)||
    / づΦ



181 :吾輩は名無しである:2006/04/21(金) 08:42:49
トリツカレ男
いしい しんじ

語り口調で勝負あり。シナリオは至ってシンプルなラブストーリーで、安心して
読み進められる定番モノだけど、豊富なサイドストーリーと独特の語り口調で楽
しんで読めた。

 ジュゼッペのこの一言、

 「やるべきことがわかってるうちは、手を抜かずに、そいつをやりとおさなく
ちゃ」

・・・


 この一言に勇気づけられた。ジュゼッペがこの一言を言ったのは、大好きなペチ
カが他に思う男がいると気づいた悲しいシチュエーションだけれど、この一言はど
んなシチュエーションに置かれてても強く響くことと思う。ジュゼッペはあんな悲
しいシチュエーションでも自分がやるべきと思ったことをやりとおしてペチカへの
愛を成就した。僕たちはやるべきと思ったことをやりとおして何かを成し遂げられ
るかどうかはわからないけれど、手を抜かずにやりとおすことが素晴らしいことだ
と信じられる。



182 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/04/21(金) 22:17:00
・・・つい、開いてしまう良スレ(笑

183 : ◆TGMIIIIIII :2006/04/22(土) 06:48:46
【このスレは板違いです】

--ここは文学についての話題を扱う、学問カテゴリーの掲示板です。
学問系でない作家や小説については【一般書籍】、
自作の小説等については【創作文芸】でお願いします。
また専用の板がある場合、スレ立てはそちらで行ってください。ーーーー

・一般書籍板      http://book3.2ch.net/books/

184 :吾輩は名無しである:2006/04/22(土) 10:04:35
麦ふみクーツェ
いしい しんじ

読みました。
これね、面白い。

あー適切には言えないんだけど、こう、どんどん読み進めちゃうのよ。

さすがですね。いしいしんじさん。

半分までくると、読みたくなくなっちゃうんだよね。
飽きたとか、疲れたとかじゃなくて、終わらせたくなくなるの。

まだ、この世界に浸っていたい感がね、強くなるんですよ。


185 :吾輩は名無しである:2006/04/23(日) 09:05:53
週刊ブックレビューではじめて見たよ、いしいしんじ。
紹介した3冊は、どれも自分のつぼにはまる小説だったので、興味を
持ち待ちました。海外文学もいっぱい読んでいそうですね。

186 :吾輩は名無しである:2006/04/23(日) 12:30:58
英語フランス語ができるみたい
何を紹介してました?

187 :吾輩は名無しである:2006/04/23(日) 13:57:21
>>185

「目昧まし」とかだね
どんなこと言ってたか教えてください

188 :吾輩は名無しである:2006/04/23(日) 16:33:43
>>186 紹介していたのは「オデッサ物語」「ブダペスト」「目眩まし」
  の3冊で、合評コーナーは「目眩まし」でした。「ブダペスト」もぜひ
  合評コーナーで紹介してほしいと思いました。

189 :吾輩は名無しである:2006/04/23(日) 17:10:17
いしいしんじって「人生を救え!」とか「人生を歩け!」とか
読んでると なんかハチャメチャで奇想天外なことばっかり
考えてる人みたいに思えたけど 今日のブックレビュー見たら
ごく普通の人懐こい感じのおにいさんって気がした だから
外国に行ってもすぐ現地に溶け込んで 犬やゲイにも
好かれるんだなって思った

190 :吾輩は名無しである:2006/04/23(日) 17:10:20
どんなこといってました?


191 :吾輩は名無しである:2006/04/24(月) 09:46:24
>>189

もともと画家志望
アーティスト志向の変わり者だったようだね

192 :吾輩は名無しである:2006/04/24(月) 12:40:20
あと 大酒飲みだったみたいだね
今はそれほどでもないみたいだけど・・・

193 :吾輩は名無しである:2006/04/25(火) 09:15:28
変人にあこがれてたんだろうね

194 :吾輩は名無しである:2006/04/25(火) 17:38:24

. | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 | 無料で2CHを利用 |
, | 汚い宣伝工作員が |
, |  独り自演中です | 
 |________|    注意:まとめて4スレ宣伝自演 その@
    ∧∧ ||          超バカ工作員が超わかりやすい自作自演中。
    ( ゚д゚)||       、 見た人は嘲笑ってやれw
    / づΦ


195 :吾輩は名無しである:2006/04/26(水) 08:40:07
自演じゃないじゃん
お前が邪魔だよ

196 :吾輩は名無しである:2006/04/27(木) 11:01:14
次の文庫はいつかわかる?

197 :吾輩は名無しである:2006/04/27(木) 15:29:35
三島賞また候補になってるね

198 :吾輩は名無しである:2006/04/29(土) 11:56:19
新潮えらいね


199 :吾輩は名無しである:2006/04/30(日) 13:19:19
新潮はどんどん文庫化してほしい

200 :吾輩は名無しである:2006/05/02(火) 15:05:10
トリツカレ男

イイ

201 :吾輩は名無しである:2006/05/02(火) 18:27:39
>>194
同意W その自演犯の名は

http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1102831507/510-519,526




202 :吾輩は名無しである:2006/05/03(水) 13:35:08
お前なにやってるの?

203 :吾輩は名無しである:2006/05/05(金) 07:42:01
基地外荒しは消えてください

204 :吾輩は名無しである:2006/05/05(金) 09:39:20
>>204
スゴッ!

205 :吾輩は名無しである:2006/05/05(金) 09:43:05

. | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 | 無料で2CHを利用 |
, | 汚い宣伝工作員が |
, |  独り自演中です | 
 |________|    注意:まとめて4スレ宣伝自演 その@
    ∧∧ ||          超バカ工作員が超わかりやすい自作自演中。
    ( ゚д゚)||       、 見た人は嘲笑ってやれw
    / づΦ

工作員情報 http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1102831507/512-519
   〃  http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1102831507/526-535


206 :吾輩は名無しである:2006/05/05(金) 10:19:25
>>204>>201さんへm(__)m)

207 :吾輩は名無しである:2006/05/05(金) 23:26:07
いしいしんじ
2chで宣伝されるもまるで読まれず。
注目されることなしに、
宣伝馬鹿とともにひっそりと消え去る。



208 :吾輩は名無しである:2006/05/07(日) 07:13:47
よく売れてるけどね

209 :吾輩は名無しである:2006/05/07(日) 23:17:57
トリツカレ男いいね。
酔って読むには最高!
好きなだけ泣ける。
ただし家族に見つかるちょっと恥ずかしいw。

210 :吾輩は名無しである:2006/05/08(月) 10:47:37
そんなことないだろう
表紙はもう少し考えてほしかったが

211 :吾輩は名無しである:2006/05/10(水) 17:04:58
あの薄さで内容は濃い

212 :吾輩は名無しである:2006/05/10(水) 17:08:34
コレ貼ればいいか?

. | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 | 無料で2CHを利用 |
, | 汚い宣伝工作員が |
, |  独り自演中です | 
 |________|    注意:まとめて4スレ宣伝自演 その@
    ∧∧ ||          超バカ工作員が超わかりやすい自作自演中。
    ( ゚д゚)||       、 見た人は嘲笑ってやれw
    / づΦ

工作員情報 http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1102831507/512-519
   〃  http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1102831507/526-535


213 :吾輩は名無しである:2006/05/10(水) 17:17:13
130 :吾輩は名無しである :2006/05/03(水) 17:57:15
>>212
ふーんw ここは

【ものすごい劣等感かかえたラノベ婆佐藤亜紀】が必死で建てて自演ageしてるスレ、


なのかw



214 :吾輩は名無しである:2006/05/12(金) 20:00:30
汚いものを貼るな

215 :吾輩は名無しである:2006/05/15(月) 06:21:45
『トリツカレ男』いしいしんじ/新潮文庫いしい しんじ
トリツカレ男 読み終えたら、三段跳びがしたくなるという前代未聞の本。
ジュゼッペのあだ名は「トリツカレ男」。何かに夢中になると、寝ても覚めても
そればかり。オペラ、三段跳び、サングラス集め、潮干狩り、刺繍、ハツカネズミ
etc.そんな彼が、寒い国からやってきた風船売りに恋をした。無口な少女の名は
「ペチカ」。悲しみに凍りついた彼女の心を、ジュゼッペは、もてる技のすべてを
使ってあたためようとするのだが…。まぶしくピュアなラブストーリー
ホップ!
その寓話的な世界と、助手の役割をする喋れるハツカネズミのキャラクターをみる
と、どうも僕の大好きな童話「幸福の王子」が入っているに違いないと独自に解釈。
ステップ!
「幸福の王子」といっても、この場合、幸せにするのは不幸な町の人たちではな
く、悩みをかかえたペチカただひとり。トリツカレ男はネズミに頼んでペチカの
悩みをさぐってもらう。もちろん、トリツカレ男は金箔の衣装もサファイアの目も
持っていない。その代わりに活躍するのは、今までトリツカレ男がトリツカレタ様
々なものたち。馬鹿なことばかりしていたけど、まさか、そんな事に役立つなんて。
ジャンプ!
そして、普通の人ならとうてい無理なことでも、トリツカレ男は突き進んでいく。
ネズミくんが止めたって、走り出したらとまらない。どうしてそこまでするのか
というと、それは彼がトリツカレ男だから。なにより、ペチカにトリツカレ、ペ
チカのために幸福を運んできた「幸福の王子」だから。

もちろん、着地も完璧。



216 :吾輩は名無しである:2006/05/15(月) 10:19:47
. | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 | 無料で2CHを利用 |
, | 汚い宣伝工作員が |
, |  独り自演中です | 
 |________|    注意:まとめて4スレ宣伝自演 その@
    ∧∧ ||          超バカ工作員が超わかりやすい自作自演中。
    ( ゚д゚)||       、 見た人は嘲笑ってやれw
    / づΦ

工作員情報 http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1102831507/512-519
   〃  http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1102831507/526-535



217 :吾輩は名無しである:2006/05/17(水) 19:32:13
三島賞とってほしいね

218 :吾輩は名無しである:2006/05/19(金) 13:04:33
腐女子向け作家。クウネル族にピッタリ。

219 :吾輩は名無しである:2006/05/19(金) 13:06:52
売れてるね

220 :吾輩は名無しである:2006/05/20(土) 16:44:25
次の文庫なに?

221 :吾輩は名無しである:2006/05/20(土) 23:28:02
三島賞は残念でした。

222 :吾輩は名無しである:2006/05/21(日) 12:37:21
落ちたの?
関係ないか

223 :吾輩は名無しである:2006/05/23(火) 07:35:44
関係ないね

224 :吾輩は名無しである:2006/05/24(水) 16:51:15
文庫まちだな

225 :吾輩は名無しである:2006/05/24(水) 17:01:22
>>216

>130 :吾輩は名無しである :2006/05/03(水) 17:57:15
>ふーんw ここは

>【ものすごい劣等感かかえたラノベ婆佐藤亜紀】が必死で建てて自演ageしてるスレ、

>なのかw

226 :吾輩は名無しである:2006/05/24(水) 19:01:32
選評を待ちましょう。

227 :吾輩は名無しである:2006/05/25(木) 12:31:05
話題にならなかったね
ポー

228 :吾輩は名無しである:2006/05/26(金) 20:08:03
文庫はまだか

229 :吾輩は名無しである:2006/05/28(日) 17:00:44
買ったよ

230 :吾輩は名無しである:2006/05/29(月) 10:49:21
こいつは偽物だよ。雰囲気本。底の浅いのが透けて見える。
でも児童文学好きのいたい年増が好きそう。

231 :吾輩は名無しである:2006/05/29(月) 21:40:09
>>230
ま、確かにその通りだな。読んでてしらけるようなところがあるというか。
幼女とかがでるだけでも点あげたいところではあるが。
イノセンス気取ってるんだよね。そんな人間じゃないのに。

232 :吾輩は名無しである:2006/06/01(木) 12:29:25
それは浅すぎる見方だな
妬む人間の最初の反応
頭悪いんだろうね

233 :吾輩は名無しである:2006/06/01(木) 13:07:18
コレ貼ればいいか?

. | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 | 無料で2CHを利用 |
, | 汚い宣伝工作員が |
, |  独り自演中です | 
 |________|    注意:まとめて4スレ宣伝自演 その@
    ∧∧ ||          超バカ工作員が超わかりやすい自作自演中。
    ( ゚д゚)||       、 見た人は嘲笑ってやれw
    / づΦ

工作員情報 http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1102831507/512-519
   〃  http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1102831507/526-535


234 :吾輩は名無しである:2006/06/03(土) 11:45:12
いいかげんにしろ

235 :吾輩は名無しである:2006/06/05(月) 14:29:51
荒らしがひどいな

236 :吾輩は名無しである:2006/06/05(月) 15:33:36
あらしあかん!

237 :吾輩は名無しである:2006/06/07(水) 12:26:10
そのとおり

238 :吾輩は名無しである:2006/06/07(水) 12:29:51

. | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 | 無料で2CHを利用 |
, | 汚い宣伝工作員が |
, |  独り自演中です | 
 |________|    注意:まとめて4スレ宣伝自演 その@
    ∧∧ ||          超バカ工作員が超わかりやすい自作自演中。
    ( ゚д゚)||       、 見た人は嘲笑ってやれw
    / づΦ

工作員情報 http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1102831507/512-519
   〃  http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1102831507/526-535

学歴コンプとルサンチマンにまみれた盗作ラノベ婆佐藤亜紀の自演スレか・・
みじめったらしい婆あだなあw

239 :吾輩は名無しである:2006/06/07(水) 17:17:45
>>231
その通りだと思う。
本人もなんでイノセンスを気取るのかわからない。
書いているものに関しては、もちろん表面だけのものではないのだが、登場人物の奥にあるものを、
どっかから引っ張ってきて書いている。だから実感がない。
わざわざ寓話的な世界観を作っていて、あんな相田みつをみたいなテーマを
いう必要がどこにあるの?

240 :吾輩は名無しである:2006/06/07(水) 18:06:33
この人、ゲイですよね。

241 :吾輩は名無しである:2006/06/08(木) 15:42:42
仲俣大先生が一冊しか読んでないのに全否定してますよ。

>>評を読んでなにより嬉しかったのは、福田和也が明瞭にいしいしんじを切り捨て、
>>古川を支持したことだ。いしいしんじの作品は一冊しか読んだことがないが、
>>以後、この人の小説は読む必要なしと判断した。

242 :吾輩は名無しである:2006/06/08(木) 19:00:34
いしいみたいな作家は一度罵詈雑言を浴びたほうがいいんだよな。
どうも作家を中心にファンがぐるりと囲むというような、村上春樹的な自閉の
傾向があって気持ち悪い。
福田和也はやっぱり自分の職務をよく心得てるよ。
批評は二流だけど、文壇内の舵取り屋としては一流。

243 :吾輩は名無しである:2006/06/08(木) 22:09:50
生理的に気持ち悪いんだよな。こいつの作品。

244 :吾輩は名無しである:2006/06/08(木) 23:24:26
福田が一番気持ちわるいけどね
いしいは賞のためには書かないでしょう

245 :吾輩は名無しである:2006/06/09(金) 01:44:48
>賞のためには書かないでしょう

たまにこういうことを言う人がいるけど、まったく意味がわからない。
「賞のために書」いている作家って例えば誰のことだよ。
受賞歴の多い作家は別に「賞のために書」いている訳ではない。

246 :吾輩は名無しである:2006/06/09(金) 07:25:57
受賞できそうなものを計算して書いている人は多いよ

247 :吾輩は名無しである:2006/06/09(金) 11:13:45
賞のために書いていますよ。
それは彼も、内輪の人にははっきり口にしている。
僕も聞いたことがあります。
でも、そのやり方があざといからイヤ。
計算しているのに無垢な人ぶって気色悪い。

248 :吾輩は名無しである:2006/06/09(金) 11:34:49
福田がほめるのは「危険」なものなわけだ
だから中原が無頼を「演じ」るわけだ
「俺、無頼派」「危険だぜ」という「通俗的」イメージがお好みなのね
福田とその信者は
頭ヨワ

249 :吾輩は名無しである:2006/06/09(金) 15:02:55
ノミネートされた時点で辞退の意を表明していないんだから、決まれば貰うつもりだったんでしょ
作家のステータスは売上げと諸々の文学賞なんだから、狙うのは悪いことではない。
ただ、いしいが本当に無垢を装っているかどうかはともかく、
選評でここまで辛辣に書かれるとは思っていなかったでしょうね。
今までまったく関与してこなかった作家や批評家の評が出るという意味で、
文学賞にノミネートされることは面白いし、怖くもあるね。

250 :吾輩は名無しである:2006/06/09(金) 15:30:58
名前が全部ひらがなのところもイノセンス気取ってるな!

251 :吾輩は名無しである:2006/06/09(金) 17:01:53
>>249

そんなの誰が決めたの?
賞とは無縁あるいは恵まれなくても優れた作家はいくらでもいますよ

252 :↑イノセンス。:2006/06/09(金) 17:15:31
無垢色片思い。

253 :吾輩は名無しである:2006/06/09(金) 17:16:18
梨木香歩なんかも某直木賞作家なんぞよりはるかに上だけど
持ち上げられないね
鬼才殊能将之もなにももらわないしね

254 :吾輩は名無しである:2006/06/09(金) 19:40:24
>248
福田擁護をするわけじゃないけど、
そういう意味で危険という言葉を使ったのではないのでは。
通俗的とかそういうことでもなく、もちろん無頼でもなく、
いしい作品の嘘の中に予定調和の嘘しかないことを
嘆いたものだと思いますよ。
というか、本人っぽいんだよね、この「頭ヨワ」を連発する人。


255 :吾輩は名無しである:2006/06/09(金) 21:01:13
予定調和の嘘なんて言葉は君が願望で付け加えただけですよ
福田には小説は読めないと思います
読んだこともないのかもしれない

256 :吾輩は名無しである:2006/06/09(金) 21:48:04
三島賞なんて誰も注目していない賞だと思っていたけど、
こんなふうに外の視線に晒されるのならそれなりに有意義なのかもね
福田の言ってることって典型的な物語批判なんでしょ
いしいしんじの場合、作家のキャラと作品内容とファン層が妙にしっくりと
合っていてそこがなんか嫌な感じだな
厳しい批評によってそのへんのバランスが少し崩れるといいと思う

257 :吾輩は名無しである:2006/06/09(金) 21:48:19
落ち着いて。しょうがないじゃない穫れなかったんだから。

258 :吾輩は名無しである:2006/06/09(金) 21:55:19
いしいは何にも思ってないでしょう
新潮社がこれからのドル箱いしいに
勲章を与えようとしたのはうれしいかもしれないが
ただいしいは現代文学もたくさん読んでいて、英語、フランス語にも堪能で
幅のあるもの書けるんだから、誤解を受けないように、いろんなものを
書いておいたほうがいいだろう

259 :吾輩は名無しである:2006/06/09(金) 21:57:44
そう、ドル箱。
女子供がこぞって読みそう。
小説好きには堪えられなくてもね。

260 :吾輩は名無しである:2006/06/09(金) 22:26:19
小泉義之(哲学者)が「トリツカレ男」を90年代以降で
最も美しい物語だとほめてたよ

261 :吾輩は名無しである:2006/06/09(金) 22:28:29
この人メンヘル?

262 :吾輩は名無しである:2006/06/09(金) 22:55:01
>>260
嘘だろ?あんなの俺でも書けるぞ?

263 :吾輩は名無しである:2006/06/09(金) 23:00:52
>>262

本当「文藝」の連載批評でね
福田の批評にくらべて精密で深遠だったな

264 :吾輩は名無しである:2006/06/09(金) 23:36:27
おい、いしい。
福田に言い返せよ。
何のためのウェブ日記だ。

265 :吾輩は名無しである:2006/06/10(土) 00:29:56
福田は主観的な感想言ってるだけだから
学問的研究以外相手にしません

266 :吾輩は名無しである:2006/06/10(土) 21:44:23
キモいホモ作家。

267 :吾輩は名無しである:2006/06/11(日) 00:02:30
でも結婚してるよね?

268 :吾輩は名無しである:2006/06/11(日) 00:48:05
筒井から称賛うけ、福田から全否定。
こんな名誉は他にない!

269 :吾輩は名無しである:2006/06/11(日) 00:49:55
そうだね
もう、福田と島田は氏ね!てことにしておこう

270 :吾輩は名無しである:2006/06/11(日) 00:59:19
もう死んでる

271 :吾輩は名無しである:2006/06/11(日) 10:47:13
老人にはわかるが、現役バリバリの感性の若い人間には
嘘っぽくうつる。
いしいしんじのそんなほっこりした安心感が好き!

272 :吾輩は名無しである:2006/06/11(日) 11:40:13
僕も好き

273 :吾輩は名無しである:2006/06/11(日) 14:00:09
. | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 | 無料で2CHを利用 |
, | 汚い宣伝工作員が |
, |  独り自演中です | 
 |________|    注意:まとめて4スレ宣伝自演 その@
    ∧∧ ||          超バカ工作員が超わかりやすい自作自演中。
    ( ゚д゚)||       、 見た人は嘲笑ってやれw
    / づΦ

工作員情報 http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1102831507/512-519
   〃  http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1102831507/526-535

学歴コンプとルサンチマンにまみれた盗作ラノベ婆佐藤亜紀の自演スレか・・
みじめったらしい婆あだなあw


274 :吾輩は名無しである:2006/06/11(日) 14:26:18
ほっこりした安心感

275 :吾輩は名無しである:2006/06/11(日) 14:35:47
現役バリバリの感性の若い人間

つまり外見に騙されやすい。

276 :吾輩は名無しである:2006/06/11(日) 15:04:14
いしいさん、あきらめなよ。仕方ないよ。

277 :吾輩は名無しである:2006/06/12(月) 14:59:50
僕も好きですね

278 :吾輩は名無しである:2006/06/12(月) 18:18:23
今んとこいしいの最高傑作は「ポーの話」だよね?

279 :吾輩は名無しである:2006/06/14(水) 17:26:37
いやバラエティにとんでるから順位は無意味

280 :吾輩は名無しである:2006/06/14(水) 17:52:27
ほい

281 :吾輩は名無しである:2006/06/14(水) 17:53:05
ババあよ

282 :吾輩は名無しである:2006/06/14(水) 17:54:23
がんがってageれw

283 :吾輩は名無しである:2006/06/14(水) 17:55:02
. | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 | 無料で2CHを利用 |
, | 汚い宣伝工作員が |
, |  独り自演中です | 
 |________|    注意:まとめて4スレ宣伝自演 その@
    ∧∧ ||          超バカ工作員が超わかりやすい自作自演中。
    ( ゚д゚)||       、 見た人は嘲笑ってやれw
    / づΦ

工作員情報 http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1102831507/512-519
   〃  http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1102831507/526-535

学歴コンプとルサンチマンにまみれた盗作ラノベ婆佐藤亜紀の自演スレか・・
みじめったらしい婆あだなあw

284 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/14(水) 21:22:22
似てる・・・。
http://www.tbs.co.jp/ainogekijyo/syufudearu/

285 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/14(水) 21:28:22
方向が逆だな・・・。

286 :吾輩は名無しである:2006/06/15(木) 10:16:51
この作家のなにがいいかさっぱりわからない。

287 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/15(木) 12:20:20
いしいひさいちは漫画家だろう。


288 :吾輩は名無しである:2006/06/16(金) 11:12:31
ごはん日記、ひたすら寒いんだけどみんなはどう?

289 :吾輩は名無しである:2006/06/16(金) 11:15:12
好き

290 :吾輩は名無しである:2006/06/16(金) 18:10:22
仲俣に全否定されちゃったね。。。。。。。

291 :吾輩は名無しである:2006/06/16(金) 19:09:22
上等なメンヘル系ブログと見れば寒くなんかない、かなり読ませるよ>ごはん日記

292 :吾輩は名無しである:2006/06/17(土) 17:57:02
島田はともかく、福田はそんなに貶してたかいな?
確かに評価が一番低いものとして挙げられてたけど、
三島賞の性格からすると、合わないと評価されただけで

293 :吾輩は名無しである:2006/06/18(日) 16:22:35
貶していたでしょう。
ぜんぜんだめって感じだったけど。

294 :吾輩は名無しである:2006/06/18(日) 16:41:54
. | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 | 無料で2CHを利用 |
, | 汚い宣伝工作員が |
, |  独り自演中です | 
 |________|    注意:まとめて4スレ宣伝自演 その@
    ∧∧ ||          超バカ工作員が超わかりやすい自作自演中。
    ( ゚д゚)||       、 見た人は嘲笑ってやれw
    / づΦ

工作員情報 http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1102831507/512-519
   〃  http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1102831507/526-535

学歴コンプとルサンチマンにまみれた盗作ラノベ婆佐藤亜紀の自演スレか・・
みじめったらしい婆あだなあw
「処刑ライダー」=盗作婆佐藤亜紀だから、騙されるなw


295 :吾輩は名無しである:2006/06/18(日) 17:02:44
お前うざい 板から消えろ

296 :吾輩は名無しである:2006/06/19(月) 21:14:34
福田に好かれなくてよかったよ
もう読まなくていいぞ


297 :吾輩は名無しである:2006/06/20(火) 07:32:39
プラネタリウムのふたごの時にはどうだったんだ?
当時と同じ選考員だったはずだが

298 :盗作婆の盗作元確定!見た者は広報しろ!:2006/06/21(水) 14:34:20
>684 :604:2006/06/20(火) 22:15:17
>>671
>Joseph Roth は散文の名手。フローベールにも喩えられるほどで
>原作は、佐藤亜紀の悪文*とは似ても似つかない。<*『バルタザールの遍歴』

>佐藤亜紀がヨーゼフ・ロートから盗んだのは、文体ではなく、>>634の言う通り
>物語を支える時代背景と雰囲気、ナチス台頭前後のウィーンの光景等々…だ。
>自らその中を生き延び国境を越えて放浪したヨーゼフ・ロート自身が書いたものの
>パクリ…なるほど、道理で歴史的跡づけと時代相だけは巧みに描かれていた。<*

>一肉体の双子という設定は、萩尾望都の漫画からか。
>貴族の家門にまつわる諸々と遍歴の細部、そして章立ての手法は、
>イーヴリン・ウォー『ブライヅヘッドふたたび』から仕入れて盗んだ知識か。

>ならば、佐藤自身の手になるのはただ、女性下着のフリルやレースめいたチマチマ飾りと
>下手なユーモアもどきのみ。…得体の知れなさの正体は「盗作」だったか…呆れたね。
(盗作追及スレ= http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1145418866/l50

299 :吾輩は名無しである:2006/06/21(水) 21:27:05
福田から全否定とは、なにか嫌われることしたのかなあ

300 :吾輩は名無しである:2006/06/22(木) 16:26:57
僕がほめてます

301 :吾輩は名無しである:2006/06/22(木) 17:06:39
三島賞だったから、評価が低いものとされてしまったんじゃね?
むしろ技術力の高さとかは認めてたし、別の賞の選考だったら違った結果になったと思う。

302 :吾輩は名無しである:2006/06/22(木) 17:09:57
物語の毒って言うか、そういうものを知っていながらあえて書かないで済ませているような気がする。
こいつ実は炉だろ作品からそういう匂いが立ち上ってくるぜwwwww

303 :吾輩は名無しである:2006/06/25(日) 22:32:28
福田や文壇が絶賛の町田康を
大森望は手の内が見え見えで退屈だっていってたね

304 :吾輩は名無しである:2006/06/29(木) 02:43:59
大森するどい

305 :吾輩は名無しである:2006/07/02(日) 22:56:49
さすが

306 :森栖流鐘α:2006/07/03(月) 19:49:48
グフフフフ。石井など足元にも及ばん天才の童話作家の俺様の作品を読むのだ!
目が飛び出るぜ!
ttp://ana.vis.ne.jp/ali/antho.cgi?action=search&keyword=%8F%AD%8F%97%8F%AC%90%E0

307 :吾輩は名無しである:2006/07/03(月) 20:27:55
>>304
大森は元新潮社だけど、SF・ファンタジー・ミステリ方面はともかく、
今はその他の文壇方面には何の義理もないからなあ。

308 :盗作元確定!ラノベ婆佐藤亜紀が盗んだ賞を剥奪しよう!:2006/07/04(火) 13:24:59
>684 :604:2006/06/20(火) 22:15:17
>>671
>Joseph Roth は散文の名手。フローベールにも喩えられるほどで
>原作は、佐藤亜紀の悪文*とは似ても似つかない。<*『バルタザールの遍歴』

>佐藤亜紀がヨーゼフ・ロートから盗んだのは、文体ではなく、>>634の言う通り
>物語を支える時代背景と雰囲気、ナチス台頭前後のウィーンの光景等々…だ。
>自らその中を生き延び国境を越えて放浪したヨーゼフ・ロート自身が書いたものの
>パクリ…なるほど、道理で歴史的跡づけと時代相だけは巧みに描かれていた。<*

>一肉体の双子という設定は、萩尾望都の漫画からか。
>貴族の家門にまつわる諸々と遍歴の細部、そして章立ての手法は、
>イーヴリン・ウォー『ブライヅヘッドふたたび』から仕入れて盗んだ知識か。

>ならば、佐藤自身の手になるのはただ、女性下着のフリルやレースめいたチマチマ飾りと
>下手なユーモアもどきのみ。…得体の知れなさの正体は「盗作」だったか…呆れたね

309 :吾輩は名無しである:2006/07/04(火) 13:29:39
. | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 | 無料で2CHを利用 |
, | 汚い宣伝工作員が |
, |  独り自演中です | 
 |________|    注意:まとめて4スレ宣伝自演 その@
    ∧∧ ||          超バカ工作員が超わかりやすい自作自演中。
    ( ゚д゚)||       、 見た人は嘲笑ってやれw
    / づΦ

工作員情報 http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1102831507/512-519
   〃  http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1102831507/526-535

学歴コンプとルサンチマンにまみれた盗作ラノベ婆佐藤亜紀の自演スレか・・
みじめったらしい婆あだなあw
「処刑ライダー」=盗作婆佐藤亜紀だから、騙されるなw



310 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/07/04(火) 20:44:59
証拠を見せろ、証拠を。

311 :吾輩は名無しである:2006/07/05(水) 21:25:37
そもそもなんで文学賞にノミネートされてるんだ

312 :吾輩は名無しである:2006/07/05(水) 21:38:35
こいつと古川どっちがいいかと聞かれたら?

313 :吾輩は名無しである:2006/07/08(土) 09:57:04
いしい

314 :吾輩は名無しである:2006/07/10(月) 18:11:10
特集組まれてるな

315 :吾輩は名無しである:2006/07/10(月) 18:13:22
. | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 | 無料で2CHを利用 |
, | 汚い宣伝工作員が |
, |  独り自演中です | 
 |________|    注意:まとめて4スレ宣伝自演 その@
    ∧∧ ||          超バカ工作員が超わかりやすい自作自演中。
    ( ゚д゚)||       、 見た人は嘲笑ってやれw
    / づΦ

工作員情報 http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1102831507/512-519
   〃  http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1102831507/526-535

学歴コンプとルサンチマンにまみれた盗作ラノベ婆佐藤亜紀の自演スレか・・
みじめったらしい婆あだなあw
「処刑ライダー」=盗作婆佐藤亜紀だから、騙されるなw


316 :吾輩は名無しである:2006/07/10(月) 18:55:42
>>314
結局いしい信者の語らいみたいになってたね。相変わらずの人脈披露とか三島賞の福田の選評に反論してた奴もいたけど、抽象的なことばっかり書いてダメッぽかったし。

317 :吾輩は名無しである:2006/07/11(火) 23:28:48
いしいは勝つよ


318 :吾輩は名無しである:2006/07/12(水) 21:11:18
頼むから、いい人攻撃でキャラ売るのはやめてくれ。
作家なら作品で勝負しろよ。
いしい信者はみんなへぼい。ランディ信者と同じ。

319 :吾輩は名無しである:2006/07/12(水) 21:26:17
そう思ってるのは君だけ

320 :吾輩は名無しである:2006/07/12(水) 21:26:20
>>318
糞みたいな信者が集まると、その人も劣化するね。
ランディはまぁ元からクズだったのがもっと腐った訳だけど。
福田の選評批評してた奴がいたけど、じゃあその「得体の知れないもの」とか言うのを感じ取たからといって、読者の価値観を吹き飛ばすことは出来ますか?
いしいの作品を読んで読者がぶっ壊れたとかいう話は聞かない。生田うんちゃらが書いてたように、見るべき所は多少あるとは言え結局今のいしいじゃ「泣かせ」小説家程度なんじゃないの?

321 :吾輩は名無しである:2006/07/13(木) 15:41:31
文藝見たけど、信者ってほどののめり込んでる人はいかなったぞ。
いつもより内容がしょぼかった。あ、ようしらん本屋の女は唯一信者か。
他の作家からのアンケートもないし、対談相手も
川内倫子とかもう終わってるじゃん。あとひとりは知らないやつだし。
唯一まともなのは堀江敏幸で、たぶんいしいのリクエストだろうけど、
会話がさ、先生と生徒なんだよね。先生が生徒の作文読んで、
必死にいいところ見つけて励ましているの。
自分より何千倍も優れている作家を、しかも同世代で選んでしまった
いしいの選択ミスだね。
堀江敏幸はあんなに低いところに降りてやって、なんていい人だろう。
あと福田の選考結果にケチつけてた陣野とかいうヤツ、
言葉の使い方が間違いだらけ。「水掛け論」の使い方とかさ。
まあ、この程度の人が「文学」と思えるのが、いしいの作品だよね。

322 :吾輩は名無しである:2006/07/13(木) 16:29:20
所謂国民の読書力の低下ってこういう作家が売れるってことと関係してると思う。文学作品は全部メルヘンだ。と断言した安吾が読んだりしたら唾棄すると思うね。フランス文学出身者として。

323 :吾輩は名無しである:2006/07/13(木) 16:42:23
ゴミ。

324 :吾輩は名無しである:2006/07/13(木) 16:52:08
こいつ所謂ペドフィリアじゃね?

325 :吾輩は名無しである:2006/07/13(木) 16:53:50

. | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 | 無料で2CHを利用 |
, | 汚い宣伝工作員が |
, |  独り自演中です | 
 |________|    注意:まとめて4スレ宣伝自演 その@
    ∧∧ ||          超バカ工作員が超わかりやすい自作自演中。
    ( ゚д゚)||       、 見た人は嘲笑ってやれw
    / づΦ

工作員情報 http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1102831507/512-519
   〃  http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1102831507/526-535

学歴コンプとルサンチマンにまみれた盗作ラノベ婆佐藤亜紀の自演スレか・・
みじめったらしい婆あだなあw
「処刑ライダー」=盗作婆佐藤亜紀だから、騙されるなw



326 :吾輩は名無しである:2006/07/18(火) 12:31:42
誰だよ

327 :吾輩は名無しである:2006/07/18(火) 16:09:47
こんな作家がもてはやされるとは、世も末だな。

328 :吾輩は名無しである:2006/07/18(火) 16:20:57
>>325
「ペンギン」も盗作婆だから騙されるなw

329 :吾輩は名無しである:2006/07/18(火) 17:38:03
「文芸」の表紙見て、
意外と胡散臭い顔してるんだなあ、と思った
造作の問題じゃなく、あんまイイ顔ではない気がした

330 :吾輩は名無しである:2006/07/24(月) 16:34:56
そうか?

331 :吾輩は名無しである:2006/07/24(月) 16:45:41
こいつって童話作家?あざとくて読む気しないんだが・・・・・・・・・・・・・・・・・。

332 :吾輩は名無しである:2006/07/24(月) 21:09:59
仲俣先生から、読まずに大否定

333 :吾輩は名無しである:2006/07/24(月) 21:18:00
いしいの日記っていしいが管理してるんじゃないっぽいね。

334 :吾輩は名無しである:2006/07/24(月) 21:18:36
>>161
>大人向きの童話。

どんなんだよ、それ?

335 :吾輩は名無しである:2006/07/24(月) 21:19:40
癒されたいとか思ってる馬鹿が読む童話って事じゃない?

336 :吾輩は名無しである:2006/07/24(月) 21:28:23
なんだ、コーマン小説のことか。

337 :吾輩は名無しである:2006/07/24(月) 21:47:13
ブログでいしい持ち上げてる奴見れば分かるよ。
ttp://blog.zare.boo.jp/?eid=502324
因みにコメントがまた笑える。

338 :吾輩は名無しである:2006/07/24(月) 22:03:17
ブログ?
……なんだよ、おい。。
ナンカ薄気味悪いぞ。
「新興宗教」を与えるとのめり込みそうなタイプで、
こういう奴の息子が金属バットを振り回すようになるのだ。
「変な漫画」って、、、
男児とは、親の知らないところで大人になるんじゃないのか?

最近、女子供をだまくらかすようなものばかりだね。

339 :吾輩は名無しである:2006/07/24(月) 22:11:44
残念ながら今の日本にはこんな読者が多いんですよ。
しかもこういう奴に限って豊崎の名前を挙げる。もうホントに気持ち悪い。

340 :吾輩は名無しである:2006/07/24(月) 22:26:45
豊崎って、生理は三年に一度というあの豊崎?


              。・*.'        ・*.・。..・'゜〜☆
            。'゜  oノハヽo  ★' ゜だだ〜〜んっ!
            .*'   从*・ 。.・)/  <月にいっぺん来ぉ〜い・
            ・。  ( つ  つ   ゚  '*
                 (  ヽノ 。    ..・
                  し'(,_)  '・ * ' ゜

341 :吾輩は名無しである:2006/07/24(月) 22:30:58
子供騙しのメルヘン綴って
少しは人気のあるいしいだけど

342 :幼女たんと森栖:2006/07/26(水) 13:42:06
ババアばっかだなこいつのファン

343 :吾輩は名無しである:2006/07/26(水) 19:04:40
新潮社の担当も、地味なばばあだよ。


344 :吾輩は名無しである:2006/07/26(水) 19:19:18
豊崎もババアだな。

345 :吾輩は名無しである:2006/07/30(日) 15:42:56
福田読む能力ないね

346 :吾輩は名無しである:2006/07/30(日) 15:43:45
結局豊婆はいしいを捨てて古川に乗り換えたっぽいねw。

347 :吾輩は名無しである:2006/07/31(月) 10:42:41

. | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 | 無料で2CHを利用 |
, | 汚い宣伝工作員が |
, |  独り自演中です | 
 |________|    注意:まとめて4スレ宣伝自演 その@
    ∧∧ ||          超バカ工作員が超わかりやすい自作自演中。
    ( ゚д゚)||       、 見た人は嘲笑ってやれw
    / づΦ

工作員情報 http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1102831507/512-519
   〃  http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1102831507/526-535

学歴コンプとルサンチマンにまみれた盗作ラノベ婆佐藤亜紀の自演スレか・・
みじめったらしい婆あだなあw
「処刑ライダー」=盗作婆佐藤亜紀だから、騙されるなw


348 :吾輩は名無しである:2006/07/31(月) 10:48:36

★★ニュース!! 盗作ラノベ婆佐藤亜紀44歳が
      複数盗作で賞を盗んだ経緯を赤裸々に告白! ★★

http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1153944375/58-76



349 :吾輩は名無しである:2006/08/01(火) 18:00:09
キモ作家

350 :吾輩は名無しである:2006/08/01(火) 23:30:02
新ジャンル。
いしいの「摂理小説」

ドドドン ドドンド ドダダダ ダダダン〜

351 :吾輩は名無しである:2006/08/02(水) 20:28:44
まあ、豊崎や福田が帯書くよりも、
筒井の名の方が売れるよ

352 :吾輩は名無しである:2006/08/04(金) 20:02:28
そうか?

353 :吾輩は名無しである:2006/08/04(金) 20:12:31
古川ずきの奴は大体いしいの評価低いね。どっちもどっちだと思うが。。。

354 :吾輩は名無しである:2006/08/06(日) 14:03:15
いしい読者は腐女子だからね。古川読者とはかぶらないでしょ。


355 :吾輩は名無しである:2006/08/06(日) 20:03:49
いしいは普遍的

356 :吾輩は名無しである:2006/08/06(日) 20:04:59
らもに取り入ってたみたいだけど、実際のところどう?wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

357 :吾輩は名無しである:2006/08/09(水) 16:57:05
日記がでてるね

358 :吾輩は名無しである:2006/08/14(月) 14:55:33
新潮社いいな

359 :吾輩は名無しである:2006/08/14(月) 15:17:41
話題ないね。この作家。

360 :吾輩は名無しである:2006/08/20(日) 12:00:32
特集でてるじゃん

361 :吾輩は名無しである:2006/08/25(金) 13:14:15
次はいつ?

362 :吾輩は名無しである:2006/08/28(月) 10:10:09
偽物が好きになる作家だよね。
高山なおみとか。マジ、うさんくさいでしょ、あの人。

363 :吾輩は名無しである:2006/09/02(土) 12:52:24
偽者が嫉妬する作家ですね

364 :吾輩は名無しである:2006/09/02(土) 18:15:17
>363
藁える。いしいも362も偽物同士ってことでしょ。
同じ偽物だと売り込み上手が勝つみたい。

365 :吾輩は名無しである:2006/09/03(日) 14:41:44
362が326に見えた
326っていまもイラスト描いてるのかな?

366 :吾輩は名無しである:2006/09/06(水) 18:02:38
>>364

いしいがわからない人間は
落ちこぼれです

367 :吾輩は名無しである:2006/09/13(水) 13:52:05
面白いよね

368 :吾輩は名無しである:2006/09/13(水) 15:00:54
いまいち作家と言う気も。

369 :吾輩は名無しである:2006/09/13(水) 20:34:09
雰囲気作家でもある

370 :吾輩は名無しである:2006/09/17(日) 16:05:08
真の理解はこれからだ

371 :吾輩は名無しである:2006/09/23(土) 14:02:50
そりゃそうだ

372 :吾輩は名無しである:2006/10/03(火) 20:02:48
夕刊に書いてるね

373 :吾輩は名無しである:2006/10/15(日) 18:26:58
プラネタリウムのふたごで種

374 :吾輩は名無しである:2006/10/26(木) 12:58:47
売れてる?

375 :吾輩は名無しである:2006/11/08(水) 22:50:52
ageてみる
結構売れてる方では?

376 :吾輩は名無しである:2006/11/09(木) 06:52:04
売れてるよ

377 :吾輩は名無しである:2006/11/22(水) 10:18:00
若い女子に人気。
男は読まないね。

378 :吾輩は名無しである:2006/12/01(金) 16:41:11
新刊文庫で出てるよ

379 :吾輩は名無しである:2006/12/01(金) 17:37:50
バーでさぁ
好きな女を口説くとき本の話題になったとしよう。
「いしいしんじがいいね」
……、それと対局にある作家の名をセットで出さないと、危険な作家だよね、イシイって。
ハッキリ言って、イシイを読んでますっての、恥ずかしいんだよね。


380 :吾輩は名無しである:2006/12/01(金) 19:14:28
イシイと殴り合いになったら、右のストレートで秒殺する自信がある。

381 :吾輩は名無しである:2006/12/01(金) 21:57:22
そして後日背後からコンクリで後頭部殴られて復讐されるのな

382 :吾輩は名無しである:2006/12/05(火) 21:25:19
いしい読んでるって堂々と言ってもはずかしくないのは、
オリーブスだけだろうね。

383 :吾輩は名無しである:2006/12/17(日) 21:10:27
古川に対抗して、文体を変えている最近のいしいをどう思いますか?

384 :吾輩は名無しである:2006/12/17(日) 21:30:02
いしいは実はもっとも破天荒な人間だよね
なにせりクルートの入社式で江副逮捕の替え歌うたって
新聞で問題にされたほど
芸術家ってかんじ

385 :吾輩は名無しである:2006/12/30(土) 11:21:54
破天荒な人間=芸術家っていうのも浅くないか?

386 :吾輩は名無しである:2006/12/30(土) 11:41:02
いや古川って「ロックはグローバルだ」とかほえてる人でしょ
よんだらアホかと思った
何にも考えてないんだなこの人はって

387 :吾輩は名無しである:2006/12/31(日) 11:19:58
「ロックはグローバルだ」という発言には意味があると思う。
実際そうだし、そうでなければならない。でもそういう認知はまだされていない。
いしいの替え歌事件は知らないけど、今、キャラ作りに必死なのを見ると、
なるほどその頃からそういうやり方で目立っていこうと思っていたんだなと。
簡単だけどね、わかりやすいし。しかし古川は少なくともそんな見窄らしいことはしない。
彼はあくまでも作品で勝負している。

388 :吾輩は名無しである:2006/12/31(日) 11:50:27
いやロックこそグローバルではなくてローカルな変容をしている音楽もないけどね

389 :吾輩は名無しである:2006/12/31(日) 11:55:09
今月号の群像に古川の書いてる中身のお間抜けさが指摘されてるよ
平野啓一郎の真似をして「アラビアの夜の種族」を古い言葉で書いたはいいが
結局ファンタジー作家ですね
春樹から出発した時点であやしいとおもっていたが
雰囲気でしか読まない人間はだませるだろうが

390 :吾輩は名無しである:2006/12/31(日) 12:59:45
古川はどう見てもゴミだろ。
頭の悪そうな古川信者の発言をピックアップ。


659 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2006/12/16(土) 18:19:22
古川文学にハマると他の現代日本作家の作品の密度が薄く感じてしまって
買って損しちゃった気分になってしまうな




660 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2006/12/18(月) 09:19:27
俺も俺も
基本的に海外作家で育ってきたから、
日本人の書いた小説のジットリ感やヘナヘナ感に耐えられない。
その理屈で行くと村上春樹は読めるはずだが、かっこつけすぎで「バカジャネーノ?」となって萎える。

古川日出男は読める。つーか大好き。


http://book3.2ch.net/test/read.cgi/sf/1039597050/

391 :吾輩は名無しである:2006/12/31(日) 13:14:45
話が逸脱しているが、どのような読者がついていようと、
どのような評価があろうと(評価というのはたいてい賛否両論あるものだ)、
作品に向かっている姿勢に大きな差があるのは明らかなんだよね。
少なくとも「僕っていい人」戦略や「自然大好き」「4歳の頃の僕」っていう
鳥肌ものの純粋ぶりっこで売らないでしょ、古川は。
いしいの戦略に興味を抱くのは、ファンシーおばはんか、
そういう風潮を狙って売り上げ向上を目指すビジネス編集者しかいない。
だが、そういういしいのいけすかない部分に目をつぶるとしても
古川のほうがいろんな意味で文学的な存在価値がある。
いしいはよほど、負けたのが悔しかったんだろうね、コピペまでして。
でも一部の選考委員が彼の受賞に絶対反対を通したことは、
文学の質を維持するために正しい行いだったのでは。
ちなみにローカルな変容をしようが、最終的にグローバルになっていかなければ
ロックとはいえないと思うのだけど。
古川は文学できっとそういうことをやりたいんじゃないかな。
いしいは村社会だけれども。

392 :吾輩は名無しである:2006/12/31(日) 13:16:27
いしいも古川も同類でしょうが。内容空疎なだけで。

393 :吾輩は名無しである:2006/12/31(日) 17:05:20
いしいみたいな人間は作家になっちゃダメ!
もっとこの悪知恵の生かし方があるはず

394 :吾輩は名無しである:2006/12/31(日) 23:00:18
明らかな自演スレだな
一方的に言いたいことだけ言って終わり

395 :吾輩は名無しである:2007/03/04(日) 14:05:00
いしいこい

396 :吾輩は名無しである:2007/03/04(日) 14:14:27
ごはん日記つまらんとか言われてるね。

397 :吾輩は名無しである:2007/03/26(月) 21:51:29
トリツカレ男読んだ。素敵だ。感動した。



398 :吾輩は名無しである:2007/03/26(月) 21:57:29
町田康といつも対談してる人、という認識のこの人の文庫を
初めて本屋で手にとったのがトリツカレ男。素敵な物語だ。
久々にいい本にめぐり合った。

399 :吾輩は名無しである:2007/03/27(火) 15:13:51
そう思う

88 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)