5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

魯迅

1 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/02(木) 11:16:43
「狂人日記」とかいいよね

2 :増健:2006/02/02(木) 11:57:26
る・しゅん

3 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/02(木) 12:20:52
20世紀の小説家で、アジアから選ばれるとすれば、魯迅。
なんつーことを大江は言ってたな。

4 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/02(木) 12:23:04
「阿Q正伝」って面白いの?

5 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/02(木) 12:44:51
つまらない。

6 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/02(木) 16:27:36
評論のほうがおもしろいかった

7 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/02(木) 16:44:49
藤野先生

8 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/03(金) 00:30:12
>>4
「阿Q正伝」はよかったです。
一見すると魯迅の物語は重苦しい雰囲気を感じるのですが、
案外、アッケラカンとしていて読みやすいです。
たぶん。

9 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/03(金) 00:31:18
評論も、当時の中国言論界のコンテクストがわからないと、面白くない。

10 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/03(金) 00:43:43
>>8
「阿Q正伝」は一種の歴史的資料として読むには興味深いけれど
読み物としては面白くないと思いますね。
劇中の他の登場人物のみならず
作者からも明らかに否定されている主人公の話を読まされても
読者としては共感も持てないし
読んでいる間も読後も不愉快な感触が続くだけ。

「孔乙己」や祥林嫂が出てくる「祝福」の方が
分量は短いけれどその分内容が凝縮されているし
作者の人物に対する同情の目が感じられる分
読者としても嫌な気持ちが残りません。

11 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/05(日) 18:31:25
あきゅー

12 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/06(月) 20:27:23
軽く探したけど鯨出てきません。文庫本嫌いです(最近老眼も…)

安部も褒めてたね。(中国は)魯迅を生んだだけでも大したものだ、
なんて風に。無茶苦茶言うよなw

13 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/07(火) 01:02:33
>>10
なるほど。
でも、そうかなー。
個人的な読後感想ですが、
たぶん魯迅は阿Qに同情しているんでしょう。
しかし、執筆の時は阿Qに変な情をかけずに
淡々と書いてるところが格好いいんです。
情をかけたらウソっぽいというか迫力なしの小説になると思うんですが。


14 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/07(火) 06:12:23
>>13
魯迅が実際には阿Qというか、
阿Q的な境遇に置かれた人々に深い同情と危機感を持っていて
それ故に無知蒙昧さが徹底して強調された造型になったのでしょうが
自分としてはその描写に迫力よりも嘘っぽさの方を強く感じたのです。

当時ああした人々が多かったのは事実でしょうが
それを戯画化、強調して描く作者に傲慢さを感じました。

15 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/07(火) 20:45:54
ネタ無いけど上げ。即死防止です。

手持ちの阿Qは、角川文庫版で昭和52年4月20日 45版
無論俺が新刊で買ったものじゃないw


16 :瀬戸内”ランペイジ”ジャクソン:2006/02/07(火) 23:10:32
以外にも岩波の訳が一番良かったのでゲットしましたのよ。
講談社文芸文庫の訳は高価な割りにはイマイチでしたわ。
角川はわるくないけど岩波が個人的にはベストでしたわ。ウフフ。

17 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/08(水) 02:42:15
良スレ支援。

18 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/08(水) 03:26:57
ロシアの盲詩人エロシェンコ君があのギタアを持って北京へきてから
しばらくしてのことであるが、私に不平を訴えていった、
「寂しいよ、寂しいよ、砂漠にいるように寂しいよ!」 
                          増田 渉訳 家鴨の喜劇

19 :五木元太郎:2006/02/08(水) 07:20:03
羽澄不一の「詩人と麺麭」に野口米次郎が魯迅と会って、
「中国は日本の植民地になったらどうだ?」と聞いて、
魯迅の不興を買った逸話が載ってるよ。

20 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/08(水) 07:28:19
>>19
魯迅じゃなくても不興を買うと思うが…。
なぜわざわざそんな挑発するような発言をしたのだろう。

21 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/08(水) 07:34:24
同意なれどそこからそっち行くのはスレ的に無し。

22 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/08(水) 09:15:10
1950年代に描かれた中国作家協会の漫画には
実在の作家たちに混ざって
魯迅が造型した中国人の典型である
阿Q、孔乙己、祥林嫂の三人の姿も描かれている。

「旧社会での犠牲者も共産党政府下では救われる」という暗喩であろうか。

23 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/08(水) 09:26:37
祥林嫂のモデルには朱安夫人も入っているのかな。

24 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/08(水) 20:01:40
日本で言えば漱石あたりになるの?
短編でキュッと締めるやり方は好き。
だらだら長編書いてる時間も無かった人だけど。

25 :吾輩は名無しである:2006/02/14(火) 05:05:31
age

26 :吾輩は名無しである:2006/02/14(火) 05:12:12
「故郷」っていうの、中学で習ったYO!!


27 :吾輩は名無しである:2006/02/15(水) 19:55:58
>>26
俺も習った

28 :吾輩は名無しである:2006/02/15(水) 21:24:00
おらも「故郷」習った!!
そこで気になったんだけど、
『チャー』の正体って一体何なんですか?

29 :吾輩は名無しである:2006/02/15(水) 21:29:08
ギター少年の憧れ的存在

30 :吾輩は名無しである:2006/02/15(水) 22:48:05
>>28
穴熊に似た動物(?)らしい。
田畑を荒らす害獣、小動物と解釈すればいいんでは?

31 :吾輩は名無しである:2006/02/17(金) 00:33:08
「野草」購入記念age

32 :吾輩は名無しである:2006/02/18(土) 07:14:05
眉間尺はいまし方、彼の母親とともに寝たところだが、
鼠が出てきて鍋の蓋を齧り、その音がうるさくてたまらない。
彼は低い声で何度もシーッシーッと叱った。
                          増田 渉訳 眉間尺

33 :カフカース ◆RhyhO8SlPs :2006/02/18(土) 07:30:30
「阿Q正伝」読んでいると中国にもこんな西洋風の作風を持った作家がいたと
あらためて痛感した。

34 :吾輩は名無しである:2006/02/18(土) 13:42:01
今年大学卒業ですがルントウになりそうです

35 :吾輩は名無しである:2006/03/01(水) 23:08:15
age

36 :吾輩は名無しである:2006/03/02(木) 01:12:35
国策文学ってことで評判悪いけど、太宰の『惜別』って俺好きなんだよなー。
魯迅の人柄ってたぶんあんなのじゃないだろうけどさ。
単純に小説として見て、傑作じゃね?

37 :吾輩は名無しである:2006/03/02(木) 10:31:16
『惜別』が傑作かどうか知らんが(太宰なら他にもっと面白い小説あると思うし)
『藤野先生』の方が好き。

38 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 17:29:09
age

39 :横浜村のヘボン先生:2006/03/27(月) 06:13:04
『シャンハイ・ムーン』

40 :吾輩は名無しである:2006/04/14(金) 23:11:20
>>33
というか、それまでの中国文学をぶち壊すために
文学始めたのが魯迅だから・・・。

41 :吾輩は名無しである:2006/04/15(土) 01:01:05
今読んでも全く古くない。
むしろ外国人が読むと本質を読めるような気がする。
中国人が読むとディティールがわかるだけに
こまかいところに(時代の雰囲気とか言葉づかいとか)
引っかかってしまうかもしれん。

自分は村上春樹の文体についていけないんだけど
外国では大人気、とかね。そういうのに似ているかも。

42 :神速:2006/04/15(土) 02:34:21
漁夫の利

43 :吾輩は名無しである:2006/04/29(土) 00:57:15
あげ(゚д゚)

44 :吾輩は名無しである:2006/05/09(火) 00:34:45
魯迅といえば、東北大学
http://search.yahoo.co.jp/search?p=%CF%A5%BF%D7%20%20%C5%EC%CB%CC%C2%E7&fr=top&tid=top&search.x=44&search.y=18

45 :吾輩は名無しである:2006/05/09(火) 01:19:55
『祝福』すばらしい。

46 :吾輩は名無しである:2006/05/09(火) 19:04:31
ハンサムよねえ

47 :吾輩は名無しである:2006/05/18(木) 11:50:32
魯迅は身長があまり高くなかったのかな?
167cmくらい?

48 :AmiLaLa ◆V0C09R5Pg. :2006/05/18(木) 12:48:39
退屈な作品ばかりだねぇ。『狂人日記』以外は。

49 :吾輩は名無しである:2006/05/20(土) 19:19:16
【台中】魯迅の曾孫に当たる美人、中国ネット界で話題に[05/20]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1148118672/

50 :吾輩は名無しである:2006/05/20(土) 19:26:40
http://www.douga-ch.net/files.php?no=20960&junle=shirouto&filename=20960.wmv

51 :吾輩は名無しである:2006/05/25(木) 23:43:25
竹内好訳の魯迅文集1を手に入れた
吶喊の自序に啓蒙するなら文学で、それで医者を止めたとあるが
明治維新の何割かは西洋医学の功績だとの記述、それに
漢方医学は騙りだとの記述、面白い。

52 :吾輩は名無しである:2006/05/26(金) 23:27:21
孔乙巳、いざりになって消えて行くのだが
長衣が働かない者の着る物だとは、成る程、長い着物で肉体労働は無理だ
つまり、知性、やさしさの敗北なのか? つらい国だなぁ…

53 :吾輩は名無しである:2006/05/29(月) 03:00:34
>>51
魯迅の漢方医学への不信は、竹内訳文集なら2に収める
『朝花夕拾』の「父の病気」を読んでもよくわかるね。

54 :吾輩は名無しである:2006/05/29(月) 19:43:35
祝福だが、人に魂はあるのか、訊かれてしどろもどろになる主人公
魯迅に宗教はないようだ、けれども稼ぎの全てを弔いにつかうのを
非難する筆致でもないようだ、同時に、のたれ死にも非難してない。
こんな女を誰も救えないぞ、神様でも無理だろう。

55 :吾輩は名無しである:2006/05/29(月) 23:24:32
さて阿Qだが、このローマ字はどうだ、しかもQだ、そして正伝ときた。
尼さんの頬っぺたを触り性に目覚め女を襲い腹を空かせて上半身裸で過し
やってもいない窃盗で銃殺だ。これが正伝だ。
日本に留学中に観たニュース映画で処刑される中国人なんだろう、これは。
辮髪を掴み合っての喧嘩だ。

56 :吾輩は名無しである:2006/06/02(金) 23:00:13
孤独者、強烈だ。
葬式にはじまって葬式に終る。
切手を買う金もないほどに貧乏しても生きたい時と
湯水の如く金を浪費しても満たされない生活
孤独とは死んでも泣いてくれる者がいないことではない

57 :吾輩は名無しである:2006/06/11(日) 07:43:37
片平キャンパス近くにある、魯迅の下宿跡を見てきました。

58 :吾輩は名無しである:2006/06/13(火) 00:41:27
「地上にはもともと道はない」という魯迅の言葉が好きだ。
「僕の前に道はない 僕のあとに道はできる」(高村光太郎)よりも。

59 :吾輩は名無しである:2006/06/14(水) 21:19:59
読んだ感想を言えば、あの厳しい環境のなかで志も潰えて
挫けて厭世的になるのが普通だとおもうが、違うようだ
だから「地上にはもともと道はない」つう言葉も
光太郎の意味とは真逆の意味じゃないの?

60 :吾輩は名無しである:2006/07/16(日) 16:29:48
age

61 :吾輩は名無しである:2006/07/16(日) 16:37:44
>>59
そうでつな。魯迅のが哲学的文学的言辞なら
光太郎のは詩的言語、とも言える

62 :吾輩は名無しである:2006/08/17(木) 08:11:29


63 :吾輩は名無しである:2006/08/18(金) 03:05:27
>>30
ありがとうございます!
教科書に「正体は明らかになっていない」的な事が書かれていたので気になってました。

64 :吾輩は名無しである:2006/09/07(木) 00:21:41
age

65 :吾輩は名無しである:2006/10/09(月) 16:15:11
age

66 :吾輩は名無しである:2006/10/09(月) 16:23:50
66ゲットだぜ!

67 :吾輩は名無しである:2006/10/10(火) 19:58:43
中国文学総合スレもほしいぽこ

68 :吾輩は名無しである:2006/10/16(月) 15:02:06
仙台にいたころの魯人は、笹かまぼこ、カキやホヤが好きだったのかな?

69 :吾輩は名無しである:2006/10/19(木) 06:51:32
魯迅

70 :るんとぅ:2006/10/29(日) 20:26:12
ルントウたん萌え萌えだお(^ω^)


71 :吾輩は名無しである:2006/10/29(日) 20:36:47
『歴史とはなにか』岡田英弘

日本留学帰りの魯迅が『狂人日記』という、中国文明の古い伝統である人肉食を
テーマにした小説を書いた。この小説が、中国現代文学の第一作で、その文体が
「白話文」(口語文)と呼ばれた。この文体を開発する際、魯迅は、日本語で考えた
原案を、一語一語、漢字に置きかえる、という作業をした。こうして魯迅は、現代中
国文の開祖になった。
現代中国文は、このようにして開発されたものなので、日本語にそのまま直訳が
できる。もともと、日本語の文体をそのままなぞったものだからだ。

72 :吾輩は名無しである:2006/11/07(火) 23:58:14
朝花夕拾←これ何て読むの?

73 :吾輩は名無しである:2006/11/12(日) 16:50:28
ちょうかせきしゅう

74 :吾輩は名無しである:2006/11/18(土) 23:08:19
なんで魯迅なのにシュンちゃんって呼ばれてたの??

75 :吾輩は名無しである:2006/11/18(土) 23:49:13
>>74
魯迅は中国語読みだと「ルー・シュン」だから。

もっとも魯迅はペンネームで
本名は周樹人(チョウ・シューレン)なんだけどね。

ちなみに弟も作家だが
周作人(チョウ・ツォーレン)という。

76 :吾輩は名無しである:2006/11/18(土) 23:52:43
与作みたいだなぁ…

77 :吾輩は名無しである:2006/11/19(日) 00:08:58
知ってる人も多いかもしれないが
周作人の妻は日本人。
作家ではない魯迅の末弟(名前失念)の妻も日本人。
妻同士も姉妹だったりする。

78 :吾輩は名無しである:2006/12/04(月) 21:16:08
http://ex17.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1165232238/
かわいそうだからたすけてあげて

79 :ルントウ閏土:2006/12/09(土) 17:04:18
歩く人が多くなれば それが道になるのだ

80 :吾輩は名無しである:2006/12/30(土) 02:08:03
『東北大学藤野先生記念奨励賞授与式』が開催されました
http://www.tohoku.ac.jp/japanese/topics/newtopics.html#20061220n2

81 :吾輩は名無しである:2006/12/30(土) 05:58:51
ろじんはいいよなぁ

82 :吾輩は名無しである:2007/01/21(日) 00:53:41
魯迅の階段教室
http://www.bureau.tohoku.ac.jp/manabi/manabi19/mm19-8.html

83 :吾輩は名無しである:2007/01/21(日) 01:39:07
江沢民国家主席と魯迅
http://www.bureau.tohoku.ac.jp/manabi/manabi6/mm6-m.htm

84 :ゆみ:2007/02/02(金) 14:41:53
魯迅はなぜ儒教を非難したのですか?
また、閏土や、楊おばさんの生活は
どういったものだったのですか?

85 :吾輩は名無しである:2007/02/06(火) 19:24:05
>>48
なにをどう読んだらそういう意見が出てくるのか

86 :吾輩は名無しである:2007/02/23(金) 00:59:25
魯迅、ドストエフスキー、ゲーテ、夏目漱石が四聖。

87 :吾輩は名無しである:2007/02/23(金) 15:34:19
魯迅の本は全て泣ける
物凄く不幸な現実の延長線上にそれでも理想が存在している
永遠に輝く、時代と共に

88 :吾輩は名無しである:2007/02/24(土) 01:28:53
魯迅
ドストエフスキー
ゲーテ
夏目漱石
シェイクスピア
チェーホフが六聖。

15 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)