5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

自費出版の作家について考えるスレ

1 :我輩は名無しである:2006/06/15(木) 16:58:13
実際にどの程度、文学界で通用するレベルの作家がいるのか?
自費出版の偏見とかそーゆーの抜きで語りましょう。

2 :我輩は名無しである:2006/06/15(木) 17:00:05
たしかに自費出版の偏見で叩かれてる作家多いけど、意外と文才ある人いるよね。

3 :吾輩は名無しである:2006/06/15(木) 17:01:45
有名な人いるの?

4 :我輩は名無しである:2006/06/15(木) 17:03:37
有名つーか、文芸社とかでも作品が映画化した作家いるよね?
あと、新興作家を叩いてる人って自分が作家になれなかったから怨んでるような人じゃん?

5 :吾輩は名無しである:2006/06/15(木) 17:04:09
どーせ自費出版者の宣伝スレ。アホらし。

6 :我輩は名無しである:2006/06/15(木) 17:04:34
出版される位だから下手に作品を乱発してる小説家よりは新鮮かもね

7 :我輩は名無しである:2006/06/15(木) 17:05:37
てか自費出版ってそんな悪いか?


8 :我輩は名無しである:2006/06/15(木) 17:06:37
金で作家の肩書きを買ってるっていうのはやだな。
でもその偏見をなくせば良い作品も(大衆的にはわからんけど)あると思う。

9 :吾輩は名無しである:2006/06/15(木) 17:08:51
有名な小説家も、出版社に頼らず
音楽のインディズみたいに自費で出版、営業なんてことをどんどんやっていったら
面白いとおもうけどな。

10 :吾輩は名無しである:2006/06/15(木) 17:12:23
>>9
絶版になっている自分の小説を、自費出版の形で復刊することって出来ないのかね?

11 :我輩は名無しである:2006/06/15(木) 17:16:32
自費出版のオススメ作家っている?



12 :我輩は名無しである:2006/06/15(木) 17:21:26
文芸社だけで言うと、

いまいまさこ
神永学
八神かおり
山田悠介
井出章彦
竹内ケンタ
中丸薫(?)

でも純文学は自費出版の作家では少ないね。そういう意味では純文学書くのがプロかも。
電撃文庫系統の人や卑近な恋愛小説、ありきたりな社会論=自費出版系作家(二流)といえるかも。


13 :我輩は名無しである:2006/06/15(木) 17:22:03
あ、うまいな

14 :我輩は名無しである:2006/06/15(木) 17:23:45
山田悠介ってデビュー当時、相当叩かれてたよな?
才能が無いだの、自作自演スレ立ててるだの、売れないだの、あれは何だったんだ?

15 :我輩は名無しである:2006/06/15(木) 17:26:05
4 :我輩は名無しである :2006/06/15(木) 17:03:37
  有名つーか、文芸社とかでも作品が映画化した作家いるよね?
  あと、新興作家を叩いてる人って自分が作家になれなかったから怨んでるような人じゃん

16 :我輩は名無しである:2006/06/15(木) 17:38:30
色眼鏡とか無しで作品を見れる香具師はいないのか?

17 :我輩は名無しである:2006/06/15(木) 18:02:17
よさそうな自費出版作家っている?

18 :吾輩は名無しである:2006/06/15(木) 18:08:59
詩とか短歌とか俳句とかは、自費出版が当たり前。

19 :我輩は名無しである:2006/06/15(木) 18:12:13
そうなんだ。

20 :吾輩は名無しである:2006/06/15(木) 20:46:39
天才と言われる人達の作品には、自費出版が幾つかある。
有名なところでは、たとえば、宮沢賢治の『春と修羅』は、まさに自費出版。
そして、ランボーの『地獄の季節』も、自費出版(ただし出版費用が払えず未刊)。
それから、ニーチェの『ツァラトゥストラかく語りき』の第四部は、私家版でしかない。

21 :我輩は名無しである:2006/06/15(木) 21:42:56
うん偏見はいくない

22 :我輩は名無しである:2006/06/15(木) 21:44:42
確かにね、自費出版の作家のほうが「良いのを書くんだ!!!」って気概はある。
なんせ自分の懐を裂いてるんだからね。
中丸薫みたいな金満家の作品はその気概がないから普通の低レベル作家と同等に成るww

23 :吾輩は名無しである:2006/06/15(木) 22:03:33
>>20
そんな昔の話いわれてもなあ。

>確かにね、自費出版の作家のほうが「良いのを書くんだ!!!」って気概はある。
なんせ自分の懐を裂いてるんだからね。

あほか。「人様にお金を出していただくんだから良いものを書こう」って
いうのがまっとうだろう? 

自分で金を出すから、なんていう下種な志しなんか、犬の糞だよ。糞。

24 :吾輩は名無しである:2006/06/15(木) 22:38:35
ここは・・・・・・・・・・・・・

文 芸 社 の 詐 欺 ま が い 商 法 

に注意!ってスレです。


25 :我輩は名無しである:2006/06/15(木) 22:58:53
>>23 それは精神論。
じゃあ聞くが、
「俺、溜め込んだ貯金はたいて本出そう!」って自費出版の作家。
「あ〜今週は講演依頼が5件もあるよ…雑誌も書かなきゃいけないし、執筆もやんなきゃ」って売れっ子作家。

はたして『がんばろう』って真心はどちらが多いですか?

26 :我輩は名無しである:2006/06/15(木) 23:03:30
>>25
確かにそうかも。はっきり言っちゃえば所詮は結果だね。
買ってリスクが高いのは商業出版と自費出版のどちらか…ってね。


27 :我輩は名無しである:2006/06/15(木) 23:04:01
商業出版のタレントだの政治家だのかつての売れっ子作家だのの乱発本は多い

28 :吾輩は名無しである:2006/06/15(木) 23:26:58
>はたして『がんばろう』って真心はどちらが多いですか?
は、なんだ?「真心」って。
がんばる、がんばらないって、何?(笑) 
「真心」やら「がんばり」やらの量と、作品のよしあしってどう関係するんだ?
お前の行っているほうがよっぽど「精神論」じゃねえか。頭悪いんじゃないの?

出版社から相手にされないから、自分の金で本出すんだろ?
違うのか????

で、そういうやつらのなけなしの貯金を、

「あなたの真心を応援しましょう!」とかってだましてふんだくるのが

文芸社ってことね。

29 :吾輩は名無しである:2006/06/15(木) 23:34:11
優秀な作品に関しては
弊社が費用負担する
形態のご案内も
させていただいております

優秀じゃない作品はお前ら自分の金で出せってさ。

30 :吾輩は名無しである:2006/06/16(金) 05:03:16
どうでもいいがお前らの言ってるのは「共同」出版だろ

31 :我輩は名無しである:2006/06/16(金) 08:35:24
『文芸社・新風舎を悪く言う香具師』→金が無くて出版できない人 『自費出版の作家を叩く香具師』→才能が無いのを妬む人

32 :吾輩は名無しである:2006/06/16(金) 12:33:01
こと小説に於いては自費出版と言う手段を取る時点で価値の無い物に思えてしまう。
出版社の新人賞で相手にしてもらえないのは、殆どの場合に於いて扱う主題や時事性に拠る物では無く、
底上げを図った所で形にして出版するには甚だ稚拙であるからだと言わざる得ない。


作家とは名乗った時点で作家である、とされてはいるが、
>『自費出版の作家を叩く香具師』→才能が無いのを妬む人
と書くような者は自身のズボンからトイレットペーパーが垂れている事に気づいていない輩である。

33 :我輩は名無しである:2006/06/16(金) 17:11:36
いや、違うと思うww

34 :我輩は名無しである:2006/06/16(金) 17:12:41
てか自費出版の作家についてのスレだから、感想とかそーゆーの上げようよ

35 :吾輩は名無しである:2006/06/16(金) 17:56:36
「自費出版の作家」という時点で激しくキモ。

出版社に認められずにうだうだやっているやつのほうがマシ。

もしくは「あえて出版社から出さない」っていうなら別。ただし、
その理由も必要。

>>31
>『自費出版の作家を叩く香具師』→才能が無いのを妬む人
文芸社やら新風社やらから出した作家に才能があるとは思えない。
それに、「自費で出したかどうか」と「才能」は無関係。
頭悪いねえ。


36 :我輩は名無しである:2006/06/16(金) 18:09:19
いや、ほぼ全員悪いだろ……?ww

37 :我輩は名無しである:2006/06/16(金) 18:10:08
いまいまさこ氏は才能あると思いますよ。私、好きですよ。

38 :吾輩は名無しである:2006/06/16(金) 18:49:09
>>37 文芸社社員、お疲れ。


39 :我輩は名無しである:2006/06/16(金) 19:05:31
山田悠介も良かった。
普通にコンテストに応募いいのに…

昔、気が短い奴は自費出版。気長の奴は文芸賞って新聞記事あったよね?

40 :我輩は名無しである:2006/06/16(金) 19:07:23
>>38
どんな馬鹿な社員だよww
違うだろww

41 :我輩は名無しである:2006/06/16(金) 19:10:37
自費の作家は叩かれる宿命にあるんだよ。

ネットで叩かれても世間で活躍してる人なんて沢山いるじゃん?

色んなスレで大切なのは自分が良いと思ったもの、思わないものを真摯に発言する事。

良いと思う人がいれば二面性で悪く思う人もいるんだから、丁寧に語ろう。

42 :我輩は名無しである:2006/06/16(金) 19:12:02
自分が良いと思ったらそれで良いんだよな
そういう人が集まって発売人気とか第三十刷云々とかへ繋がるんだから


43 :吾輩は名無しである:2006/06/16(金) 19:14:58
社員ども乙。

残業つくのか?

44 :吾輩は名無しである:2006/06/16(金) 19:16:54
ここは・・・・・・・・・・・・・

文 芸 社 の 詐 欺 ま が い 商 法 

に注意!ってスレです。

優秀な作品に関しては
弊社が費用負担する
形態のご案内も
させていただいております

優秀じゃない作品はお前ら自分の金で出せってさ。


45 :我輩は名無しである:2006/06/16(金) 19:18:13
ぜってー社員じゃねえよ!!
だって俺、学校から書込んでるだぜ?

46 :我輩は名無しである:2006/06/16(金) 19:22:54
それはいいとして、


山田悠介は面白いのかい??

47 :吾輩は名無しである:2006/06/16(金) 19:32:44
ここは・・・・・・・・・・・・・

文 芸 社 の 詐 欺 ま が い 商 法 

に注意!ってスレです。

優秀な作品に関しては
弊社が費用負担する
形態のご案内も
させていただいております

優秀じゃない作品はお前ら自分の金で出せってさ。


48 :我輩は名無しである:2006/06/16(金) 21:21:33
だから、作品がどうか話してるんですけど?

49 :吾輩は名無しである:2006/06/16(金) 21:52:07
自費出版…というより、文芸社や新風社の
本を何冊か手に取ったことがあるが、どれも読めたものじゃな
かった。
どこかで読んだことのあるような作品ばかりで、文章もひどい。
本人たちは嬉々として書いてるのだろう。

50 :吾輩は名無しである:2006/06/16(金) 21:55:37
自費出版でも、まずは世に出すことが大事だと思います。

ハードカバーで、1冊出してもらって、いくらくらい会社に払えばいいの?
一般的に・・・。

100万? 200万?

51 :吾輩は名無しである:2006/06/16(金) 22:37:13
>>50 まさか。最低300万円から。一回編集者?に見せるたびに
金を取られるし。
タチの悪い整体師みたいなもの。
「もう少し通うとよくなります」などといいながら金をどんどん
ふんだくる。


52 :我輩は名無しである:2006/06/16(金) 22:57:25
>そうか? 読めるものは読めたと思う。ヒドイのもあったけどね。
      第二刷とかになってるのは普通に読めるよ?
      少し誇張しすぎだと思う…だって「こぎつねヘレン」とかあるし… 

53 :我輩は名無しである:2006/06/16(金) 22:59:09
>>51 いや、それおかしいよ?
   とある高校生のブログで見たけど、日本文学館は50万。同じ条件で文芸社は140万だってさ。

54 :吾輩は名無しである:2006/06/16(金) 23:00:17
>>52 「例外があって、一般論は成り立つ」

>>53 90万円の差はなに?

55 :我輩は名無しである:2006/06/16(金) 23:02:48
さあ?その人の才能によるんじゃないの?

56 :吾輩は名無しである:2006/06/16(金) 23:10:49
才能がないほど、金をとられるの?

57 :我輩は名無しである:2006/06/16(金) 23:11:55
【文芸社で一般的に読める作家/書評欄より/売れている】

岡田典子
神永学
いまいまさこ
山田悠介
栗田智美
青木泰司
岩原祐希
井出章彦(読めるけどおかしい)
竹内ケンタ(読めるがヘン)
中丸薫(読めるけど気持ち悪い)

【新風舎で一般的に読める作家/書評欄より/売れている】

ひらたまどか
森田昭子
ハリエット・ジーファート
橋一起
佐々木志穂美

58 :吾輩は名無しである:2006/06/16(金) 23:14:55
ここは・・・・・・・・・・・・・

文 芸 社 の 詐 欺 ま が い 商 法 

に注意!ってスレです。

優秀な作品に関しては
弊社が費用負担する
形態のご案内も
させていただいております

優秀じゃない作品はお前ら自分の金で出せってさ。


59 :我輩は名無しである:2006/06/16(金) 23:15:59
読める読めないで言ったら商業出版でも多いよ?
自費出版って言うと「才能ない」の一言で終わりそうだけど、売れているのも事実。
映画化しているのも事実。ドラマ化しているのも事実。有名な作家が書評欄で誉めてるのも事実。
読めない本も確かにある。でも、それは商業出版も同じ。自費だと尾びれが付いて余計に酷く感じる。
だいたい才能がある人はその高校生の人(誰かしんないけど)みたいに安くなるし。
才能の無い人は高くなってゆく→これは本当の自費で流通もしないけどね。

ちなみに俺は近代文芸社でアルバイトしてました(2005〜2006)www



60 :我輩は名無しである:2006/06/16(金) 23:19:14

実際は35万くらいで出版って出来るらしいよね?

でも口絵とか表紙とかハードカバーとかオプション付くから高い

あと新聞の単身広告と連合広告がすッごく高い
だから共同出版は金かかるんじゃん?広告の面だけでも買ったら100万かかるっしょ?


61 :我輩は名無しである:2006/06/16(金) 23:20:24
優秀じゃない作品はお前ら自分の金で出せってさ。→あたりまえじゃんww

62 :我輩は名無しである:2006/06/16(金) 23:21:17
詐欺詐欺言ってるけど、創価学会みたいに内情を知らないからおかしくなる。
お前らみんな新潮社かww

63 :吾輩は名無しである:2006/06/16(金) 23:25:13
>才能の無い人は高くなってゆく
のはなぜ?

64 :吾輩は名無しである:2006/06/16(金) 23:26:45
文芸者でも新風車でもなんでもいいが、そもそも板違いじゃないか?

一般書籍でやれや。

65 :吾輩は名無しである:2006/06/16(金) 23:44:38
同意。完全な板違い。テーマが「文学」じゃなくて、「自費出版」
だろ?

文学板に喧嘩売ってるのか?>>文芸社 >>新風社

66 :我輩は名無しである:2006/06/17(土) 01:44:53
学習院の講義でも共同出版の作家の話してるぜ

67 :吾輩は名無しである:2006/06/17(土) 03:19:52
詐欺云々の水掛け論は自費でも出版したいと言う人の耳には多分届きません。
風俗店の前でテンパって普段の無口が何処へやらと言った風に
中指と人差し指迄を駆使し店のルールを饒舌体で語る高校生のようなものですから。

そして彼等は事後に揃って、こう言うのです「なんだセクスってこんなもんかよ」と。
無芸社と珍風社の本からは注意書きの無いコレジャナイロボと同じ匂いがしています。
創作文芸板が彼方方の欲求を満たせないと言うなら世界遺産板へでも立ててください。

68 :吾輩は名無しである:2006/06/17(土) 07:45:16
>>67
つまり、文芸社・新風社=ぼったくり風俗店ってことですか?

ぜんぜんフォローになってないのですが…w

それに「セクス」とかいうな、百姓。

69 :我輩は名無しである:2006/06/17(土) 17:32:10
けっこう高い文学性を兼ね備えている作品も少なくない。

共同出版(書店で出ているのはコレ/自費ぢゃないよ)が低レベルというのは偏見。

書店で日本文学館でも文芸社でも売れ筋を本を立ち読みすればわかる。

70 :我輩は名無しである:2006/06/17(土) 17:38:52
共同出版になるのも審査必要らしいぞ
「ブログ 文芸社」とかで検索すると「文芸社の審査に落ちた」とかが出る

71 :吾輩は名無しである:2006/06/18(日) 11:45:37
「献金」が足りなかったんだな。ただそれだけ。

72 :吾輩は名無しである:2006/06/18(日) 16:00:56


             板 違 い

73 :我輩は名無しである:2006/06/18(日) 17:09:53
文学性を無視かよww
超偏見じゃんww

74 :吾輩は名無しである:2006/06/18(日) 18:10:20
随筆や詩なら仕方が無いとしても自費出版小説に文学性はほぼ無い。

新人賞も取れないような作品が文学板だなんて、
小学生に笑われないウンコ/ウンコとして恥かしいウンコ
「文学性」の三文字以上は出て来ないあたりも良いね。

文学板に立てたのは人一倍の僻み根性がさせたのか知らないが。

75 :我輩は名無しである:2006/06/18(日) 21:03:33
あのなあ…自費と共同は違うぞ?

76 :我輩は名無しである:2006/06/21(水) 19:42:14
じゃあ何で文芸社の小説は売れてるんだ?

77 :吾輩は名無しである:2006/06/21(水) 19:52:11
じゃあなんで文学性以上の言葉が出て来ないんだ、このスレ?

78 :吾輩は名無しである:2006/06/21(水) 20:13:23
言海書房の「アングラ文学」ってどう?
あれ、賞に選ばれると、掲載料執筆者負担、実質自費出版みたいな
もんだが。この賞って信用できるんかいな。

79 :我輩は名無しである:2006/06/21(水) 20:27:14
文芸社は自費じゃないよ共同だって、高いけどね。
日本文学館は優秀作品はタダだってさ

80 :吾輩は名無しである:2006/06/21(水) 20:45:00
宣伝したいんなら人力なんて下らない事せずに
2chに広告出向しなよ共同で

81 :我輩は名無しである:2006/06/21(水) 21:04:29
あのさ、俺、ただ共同の作家の話したいだけなんだけど?
べつに宣伝したいわけじゃない

献金がたりない?は?
文学性ほぼ無い?は?



文学性が皆無とか言ってんなら文学館でも新風舎でも売れ筋ランキング見れば?
自費とかいって文学性無視する馬鹿な連中に文学語る資格なし

82 :我輩は名無しである:2006/06/21(水) 21:05:30
いいんだよ。どーせこんな場所で語っても聞くほど頭の良い香具師いないから

83 :吾輩は名無しである:2006/06/21(水) 21:07:19
81⇒82速っ

84 :吾輩は名無しである:2006/06/29(木) 18:21:46
さっそく私も文芸社のいい鴨にさせてるのかな?
「原稿のままにとどめてしまうのは惜しい、充分な刊行意義が
感じられる作品である・・・省略・・・そのレベルに到達していないと
判断された場合には誠に残念ではありますがお断りさせていただくケース
もございます。そのような中にあって今回全国規模での出版をお勧めできる
運びとなりました。」
みんなに同じこと言ってるんですかね?

85 :吾輩は名無しである:2006/06/29(木) 18:40:09
自費出版を出した時点で負けなんだろう。

86 :吾輩は名無しである:2006/06/30(金) 22:57:37
ここは・・・・・・・・・・・・・

文 芸 社 の 詐 欺 ま が い 商 法 

に注意!ってスレです。

優秀な作品に関しては
弊社が費用負担する
形態のご案内も
させていただいております

優秀じゃない作品はお前ら自分の金で出せってさ。


87 :吾輩は名無しである:2006/07/02(日) 20:00:14
さあ、おもしろけりゃ良いww

88 :吾輩は名無しである:2006/07/02(日) 20:06:54
誰もが覗いた瞬間に思考を放棄してしまうスレ

89 :吾輩は名無しである:2006/07/03(月) 16:15:08
>52

こぎつねヘレンブックは脚本の今井雅子が前に文芸社で自費出版した 経過からでしょ。
ブレーンストーミングなんとかとかいう本、文芸社提供でテレビドラマ化されてる。

90 :吾輩は名無しである:2006/07/11(火) 22:11:26
自費は店頭にならばないよ?
共同なら普通の大衆的な作家と同レベル(朝日新聞記事より)

91 :吾輩は名無しである:2006/07/11(火) 22:29:52
>>90
そうとも限らない。地方だと本屋が平積みしてくれる例もあるそうだぞ。
しっかし、自費出版の作家・・・・・・掃いて捨てるほどいるし・・・

隣のジイサンは還暦祝いに句集を出版、
山登りが趣味で若い時から山の随筆を書いてた人は八十歳すぎて立派な本を三冊も出した。
田舎の親戚の娘は10代だが小遣い溜めて絵本を出した。
高校時代の教師は教師仲間で同人誌出してるしその内作品集つくりそうだ。
おかんの友達は短歌集を出して出版記念会とやらをやって花束に囲まれたという。
バーサンは趣味の押し花の会の有志で本を作りたいと言ってる。

「あなたの本作ります」が印刷屋の決り文句になっている時代だし
しこしこ小説書いて自分で本作ってる奴は無数にいそうで…キモいわな

92 :無名草子さん:2006/07/21(金) 13:26:01
自費と共同ちがうし


93 :吾輩は名無しである:2006/07/21(金) 20:41:31
定期的に上がるなこの糞宣伝スレ

94 :いしかわう:2006/07/21(金) 23:13:54
芥川賞受賞作、「八月の路上に捨てる」(伊藤たかみ著)を読む。
うーん。
何の感想も沸かない
http://ameblo.jp/ishikawawoo/archive-200607.html


95 :渚 水帆(元阪大のアイドル):2006/10/27(金) 13:11:03
こんにちは!
かつて「森の妖精」、阪大のアイドルとも呼ばれた
作家の卵の渚 水帆です★
岩井志麻子さんの小説のモデルになったり
中村うさぎさんと角川本社で対談したり
河村隆一さんの歌詞に影響を与えたことが自慢です★

先日、デビュー作「ガラスの鼓動」(彩図社ぶんりき文庫)を
小学館「世界の中心で愛を叫ぶ」の名編集者に読んでもらい
「こんな作品が芥川賞をとってもいい」と褒められ、自信がつきました!
さっそく1つケータイ小説に応募しました。
予選通過を確信しています!
「DeepLove」「恋空」なんか目じゃありません!
応援してくださいね♪

渚のHP
http://www5.ocn.ne.jp/~nagisa-m/
渚のファンサイト 小説「限られた才能でチューリップ」好評連載中!
http://www.geocities.jp/umibenokai/
渚のファンが集う掲示板 渚の写メも続々UP!(斉藤由貴似♪)
http://hp.jpdo.com/cgi36/170/joyful.cgi?

PROFILE
大阪生まれ
高石市立東羽衣小学校卒業
四天王寺中学校卒業時「立学の精神」の賞を授与
大阪大学工学部卒業 在学時「阪大のアイドル」と呼ばれる
一時期劇団に所属し、芸能活動を行う
製薬会社研究職、化粧品アドバイザー、自動車会社、クレジット会社、生命保険営業
などで勤務の後執筆活動に入る

96 :菅野ひろし:2006/10/28(土) 00:50:12
「秒奪」内容(「BOOK」データベースより)
交通管制システムが操られ、大渋滞が引き起こされた。都市交通がパニックに陥ったとき、同時多発現金強奪事件が発生した。
襲撃された現金輸送車は17台。強奪された現金は4億3800万円。最初の犯行は都庁通りで勃発した。これによって都庁通りが渋滞すると、新宿地区全体、および渋谷区北部にまで渋滞は引き起こされた。渋滞の最中、次々と現金輸送車が襲われた。
しかし、犯人の真の狙いは現金強奪ではなかった…。
内容(「MARC」データベースより)
交通管制システムが操られ、大渋滞が引き起こされた。
都市交通がパニックに陥ったとき、同時多発現金強奪事件が発生した。しかし、犯人の真の狙いは現金強奪ではなかった…。
商品の説明をすべて表示する 商品の詳単行本: 253ページ 出版社: システムは年輪の会 (2004/12)
作家の管野ひろしと申します。 処女作「秒奪」は、交通管制システムと言う交通インフラを題材としていますが、 2作目に考えています「車が空を飛ぶ日(仮題)」は、近未来小説で、「秒奪」の延長線上のお話です。
本当に車が空を飛ぶ?と思われるでしょうが、50年後には間違いなく空中を車が飛び交っていると思います。 (30年前に誰もが携帯電話を持っているなんて想像疎しなかたように・・・
名 前 管野 ひろし (男性)現住所 神奈川県横浜市 年 齢 41歳 誕生日 05月21日 血液型 B型 出身地 神奈川県横浜市
趣 味 映画鑑賞, スポーツ, スポーツ観戦, 音楽鑑賞, お酒, ショッピング, ドライブ, 旅行, 読書 職 業 営業・企画系
所 属 松下電器産業株式会社
自己紹介 管野ひろし(ペンネーム)
扶桑社より「秒奪」と言う本で、作家デビューしました。(本業は、一応一流企業のサラリーマンです)
友達の輪を広げたいと思ってミクシィに登録しました。
よろしくお願い致します。
好きな休日の過ごし方 ゴルフ、フィットネス、読書
好きな観光地 上高地(紅葉の時期は最高)
好きな言葉 システムは年輪なり!(僕の言葉
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=6123403

97 :吾輩は名無しである:2006/10/28(土) 01:26:55
とりあえず「頭痛が痛い」とか平気で書いちゃう人が世に問おうってんだから…
買うほうにしてみりゃ、毎日新刊が出てる中で、自費の怪しい作家なんぞチェックしてらんねー

98 :吾輩は名無しである:2006/11/28(火) 00:22:16
そういえば同人誌の「白樺」も自費出版だったな。

99 :ここが一番安い。:2006/12/16(土) 17:53:24
いろいろ調べたが、
大手の↓ここが良い。俺も使おうと思うので利用者多ければサービス持続するので告知。

まぐまぐ「自費出版」10冊で3,500円。100冊で30500円。激安。
http://jihishuppan.mag2.com/pocket/ryokin.html


他のぼったくり自費出版はつぶれるか、
まぐまぐが流行り、死滅するか、価格改定しろw


100 :吾輩は名無しである:2006/12/16(土) 18:00:45
>>99
うーむ、安い。

白石昇のインチキ出版ごっこ本が、いかにぼったくりだかよくわかる

101 :吾輩は名無しである:2006/12/17(日) 14:50:36
http://infoseek.somee.com/headline.html



http://infoseek.somee.com/headline.html



http://infoseek.somee.com/headline.html


,

102 :吾輩は名無しである:2006/12/17(日) 15:17:14
>>99
そこでは80頁以上の本は出せないのは致命的。
80頁以下って、本というより、
パンフか小冊子みたいなものだろ。

103 :吾輩は名無しである:2006/12/19(火) 10:17:51
これからの自費出版は電子出版に移るだろ。値段が違いすぎる。

104 :吾輩は名無しである:2006/12/19(火) 22:33:02
>>103
>これからの自費出版は電子出版に移るだろ。値段が違いすぎる。

問題はいかに「流通」させるかってことでしょ?
ますますネット時代だ。

105 :吾輩は名無しである:2006/12/19(火) 22:35:30
50年後に車が空を飛ぶわけねーじゃん!

106 :吾輩は名無しである:2006/12/19(火) 23:53:57
>>105
>50年後に車が空を飛ぶわけねーじゃん!

その前に、文学出版社がその使命を終えるかもな。
クソ編集者のアンタ、そんなこと考えたことがあるかい。
もはやアンタ等はナニも提供出来ないんだ。
マーケットの要望に応えてるだけだろう。


107 :吾輩は名無しである:2006/12/20(水) 00:15:48
糞編集者のアンタっていきなり編集者にされちゃったけど何なんだろう?

108 :吾輩は名無しである:2006/12/20(水) 00:24:27
本はなくならないだろ

109 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 12:45:34
文芸社は才能より個人資金で賞を決める。
出版意欲を聞かれ、賞に左右するそうだ。

文芸社は本を売る会社ではなく、本を刷らせる会社

26 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)