5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

●●●芥川賞候補予想→受賞作予想23●●●

1 :吾輩は名無しである:2006/07/17(月) 00:02:27
 
ここは芥川龍之介賞 候補作 及び 受賞作 を予想するスレッドです。

  前スレッド→●●●芥川賞候補予想→受賞作予想22●●●
  http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1152204883/l50

  尚、前スレッドから下記のキャップの使用者が書き込み禁止
             並 び に
  スレッドの混乱を誘発する行為が禁止される事になりました

     「◆m0yPyqc5MQ 書き込みを禁止します」
     「スレ違いと思われる内容の 連投禁止」
     「◆m0yPyqc5MQ を助長する行為の禁止」

時節に応じた使用者各位の自浄作用と言う名の「良心」に期待します。
 

2 :選考委員:2006/07/17(月) 00:03:24
 
・河野多恵子  八十歳(第49回     蟹      1963年上半期)
・黒井千次  七十四歳(1969年    時 間    芸術選奨新人賞)
・石原慎太郎 七十三歳(第34回   太陽の季節    1955年下半期)
・高樹のぶ子  六十歳(第90回   光抱く友よ    1983年下半期)
・池澤夏樹   六十歳(第98回  スティル・ライフ  1987年下半期)
・宮本輝   五十九歳(第78回    螢 川     1977年下半期)
・村上龍   五十四歳(第75回 クリトリスにバターを 1976年上半期)
・山田詠美  四十七歳(1987年  S・M・L・O      直木賞)
 

3 :過去十回の受賞者:2006/07/17(月) 00:04:39
第125回(2001年上半期) - 玄侑宗久 『中陰の花』

第126回(2001年下半期) - 長嶋有 『猛スピードで母は』
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1062260177

第127回(2002年上半期) - 吉田修一 『パーク・ライフ』
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1134724178/

第128回(2002年下半期) - 大道珠貴 『しょっぱいドライブ』

第129回(2003年上半期) - 吉村萬壱 『ハリガネムシ』
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1058479515/

第130回(2003年下半期) - 金原ひとみ 『蛇にピアス』、綿矢りさ 『蹴りたい背中』
金原→http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1128933006
綿矢→http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1147310475

第131回(2004年上半期) - モブ・ノリオ『介護入門』

第132回(2004年下半期) - 阿部和重『グランド・フィナーレ』
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1139574226/

第133回(2005年上半期) - 中村文則『土の中の子供』
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1099661507/

第134回(2005年下半期) - 絲山秋子『沖で待つ』
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1151392123


4 :候補作(第135回 芥川賞 候補作):2006/07/17(月) 00:05:28
 
伊藤たかみ
(いとうたかみ) 「八月の路上に捨てる」(文學界六月号)
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1151333832/33
鹿島田真希
(かしまだまき) 「ナンバーワン・コンストラクション」(新潮一月号)
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1151333832/34
島本理生
(しまもとりお) 「大きな熊が来る前に、おやすみ。」(新潮一月号)
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1151333832/35
中原昌也
(なかはらまさや) 「点滅……」(新潮二月号)
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1151333832/36
本谷有希子
(もとやゆきこ) 「生きてるだけで、愛。」(新潮六月号)
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1151333832/37
 

5 :吾輩は名無しである:2006/07/17(月) 00:05:31
ウンコー

6 :吾輩は名無しである:2006/07/17(月) 00:05:58
あは
あはは
あははは
あはははは
あははははっは
あははははっははh
あはっはははははっはは
あははははっはははっははははh
ああっはははははっはははははっはは
あははっはははっはあっはははははっはははは
あははっははははっはははあはっはははっはははは
あはははっはははははっはははははっはははっはははは
あはっはははははっははははっははははっはははっはははh
あははっはははははっはははははっははははっははははっははh
あははっははっはははっははははっははははっははははっはははっはh
ァはっは母八は母はははははははっはぶあなあははっはうふああははっは
あはっははははいあひあああああ被ア日ああはうばうあうあはひははははあっはh

7 :候補作(第135回 芥川賞 候補作):2006/07/17(月) 00:06:08
 
7月13日(木)午後5時より開かれた
築地・新喜楽で選考委員会(村上龍氏は欠席)の結果

伊藤たかみ「八月の路上に捨てる」 に決定しました。

【祝・芥川賞】伊東たかみ、愛しているか
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1152792709/
 

8 :吾輩は名無しである:2006/07/17(月) 00:06:27
上村ちゃんのウンコ食うぜベイビー

9 :吾輩は名無しである:2006/07/17(月) 00:06:45
>>1
スレ立てありがとうございました。
前スレで1000取ったのですが、ホスト規制で立てられなかったので・・・

10 :吾輩は名無しである:2006/07/17(月) 00:08:38
犬の背後からソッとしのびより、犬のキンタマをペロペロなめる。
犬が気持ちよさそうにチンチンを勃起させたところで、すかさず
犬のチンチンとキンタマにガブッと食いついて、噛み切って、
食ってしまう。

11 :吾輩は名無しである:2006/07/17(月) 00:19:46
>>10は芥川賞受賞作のラストだよね

12 :吾輩は名無しである:2006/07/17(月) 00:31:12
>>11
平成四年度下半期 第108回 芥川賞受賞作 
多和田葉子 『犬婿入り』

13 :吾輩は名無しである:2006/07/17(月) 00:34:04
>>12
そうそうそれのこと。

14 :吾輩は名無しである:2006/07/17(月) 00:44:38
ラストというより、ラストまであと1ページ半くらいの部分の抜粋じゃな
いかな。まあ、ラストといっても間違いではないけど。

15 :吾輩は名無しである:2006/07/17(月) 00:59:44
衝撃的だったよねそれまでは普通の恋愛物だったのにさ。
おそらくあれがフェミニズム全盛の雰囲気なんだろうな。

16 :吾輩は名無しである:2006/07/17(月) 01:15:24
       /\___/ヽ
     /''''''   '''''':::::::\
    . |(●),   、(●)、.:| +
    |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
  .   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +
     \  `ニニ´  .:::::/     +
     /ヽ、ニ__ ーーノ゙\_
    .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.|  トン
   _(,,) 芥川賞なんか  |(,,)_
.. /. |.. 楽勝で獲れる  |  \
/   .|_________|   \


17 :吾輩は名無しである:2006/07/17(月) 01:17:44
>>16
こいつ大介にそっくりなんだけどw

18 :家出猫:2006/07/17(月) 01:49:50
イヌイってそんな感じだったっけ?
アパートで飼ってる猫がどんどん妊娠していくイメージがあるんだが

19 :吾輩は名無しである:2006/07/17(月) 02:18:57
マグロから電話がかかってくるというイメージもあるが・・・
他の芥川賞受賞作だったか。

20 :吾輩は名無しである:2006/07/17(月) 02:21:29
主人公が「やれやれ」とか言ってるイメージがある。芥川賞は取ってないと思うが。

21 :吾輩は名無しである:2006/07/17(月) 02:36:40
そういえば、「やれやれ」というコテハンは文学板から去ったのか??

22 :吾輩は名無しである:2006/07/17(月) 03:57:01
>>19
電話の相手は編集者かなんかで、マグロとはややこしい恋愛中、
という設定だったような希ガス。

23 :吾輩は名無しである:2006/07/18(火) 06:57:09
さっきしをんがめざましテレビに出てたぞ
女も29になるときついな
とりあえずオメ

24 :吾輩は名無しである:2006/07/18(火) 20:29:25
//////////|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
//////////|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
//////////|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
////////(´-ω-`)::::::::::::::::::::::::::::::::::|
////////(::∩∩::)─────--┴
////////::::::::::::::
////// ::::::::::::
////


25 :吾輩は名無しである:2006/07/18(火) 20:32:32
中原元気だせよ

26 :雅彦:2006/07/18(火) 20:34:32
//////////|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
//////////|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
//////////|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
////////(´-ω-`)::::::::::::::::::::::::::::::::::|
////////(::∩∩::)─────--┴
////////::::::::::::::
////// ::::::::::::
////


27 :吾輩は名無しである:2006/07/18(火) 20:46:17
窓際の課長

28 :エクリチュ〜ル未決囚 ◆swFNy5pmko :2006/07/18(火) 21:02:25

「おとな」になるためには、我々は、いったん、「外」へ出なければならないのだ。

はーらほろひれはれっぽ こーりゃまたがちょーん
ずーじゃだんも だんぱ なおん ちゃのもーやんけ
ビールをくださいって言ってるだろ
ひとが下手にでりゃつけあがりやがって
酔っぱらってなんかいないよーだ
えっ
ここ 酒場じゃないんですか

//////////|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
//////////|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
//////////|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
////////(´-ω-`)::::::::::::::::::::::::::::::::::|
////////(::∩∩::)─────--┴
////////::::::::::::::
////// ::::::::::::
////



29 :吾輩は名無しである:2006/07/20(木) 22:37:47
あれ? 阿部スレ消えてない?
まあいいいや。阿部、これ読んで吊ってこい。


NHKドラマ「純情きらり」に出演中の宮崎あおいさんが、
なんとイケメン俳優と今とっても仲良くしているとか。

宮崎さんも噂の男優も、最近の日本映画でよくみかけますが、
いろんな経験を芝居にいかしてほしいものですね。
でも帽子は深く被りすぎかも(笑)

ソース:http://www.zasshi.com/main.shtml


30 :いしかわう:2006/07/21(金) 23:15:17
芥川賞受賞作、「八月の路上に捨てる」(伊藤たかみ著)を読む。

 うーん。

 何の感想も沸かない。




http://ameblo.jp/ishikawawoo/archive-200607.html

31 :(o^v^o)だいすけ ◆m0yPyqc5MQ :2006/07/21(金) 23:17:20
>>30
大丈夫、

芥川賞って
作品実力賞じゃなくて
文壇商業政治賞だから

仕方ないよ
営利目的だもん

32 :吾輩は名無しである:2006/07/22(土) 01:16:00
>>30
作文板行けよ

33 :吾輩は名無しである:2006/07/22(土) 02:34:02
>>30
何の感想も湧かないってことは、やっぱんむいてないんじゃないの。
30過ぎニートになる前に、見切り付けた方がいいと思うぞ、悪い意味ではなくて。
そうじゃなかったら芥川なんて読まず、エンタメなりラノベなりいった方がいいのでは?

…うん。確かに32のいうとおり、創作板いった方がいいかもしれん。
まじで悪意なくてガンガレ。
30なりの小説を目指してくれなすもす。

34 :吾輩は名無しである:2006/07/22(土) 02:43:56
むかし金玉を蹴られた事がある、しかし痛くはなかった、うまくズラして他のところに当てたのだ。
そして股間を抑えて倒れてうずくまる演技をした、蹴ったやつは当たったものと信じ込んでいた。
それから数日間、股間が痛そうな演技を続けたがバレる事はなかった。


35 :吾輩は名無しである:2006/07/22(土) 03:08:01
30はニートなの?
働いたことがないと、伊藤たかみの受賞作はよく分からないだろうな。
小説書きたいのなら、いろんな経験しないとダメだゾ。

36 :吾輩は名無しである:2006/07/22(土) 03:53:49
>>30のブログ見たんだが、もう少し本を読むなりした方が良いのではと思った。
中学女子に書かせたような文章、そして何より想像力が欠如している。

>映画「ロッキー」みたいに、ストレートに楽しめる物語ですね。
>でも映画を観れば、それですんでしまう気もするけど、、。

おいおいって感じだな。

37 :吾輩は名無しである:2006/07/22(土) 04:48:51
30
泣くなよ?
でも、インストールは映画の方がヨカッタなんていうのは、ちょっと。
たくさん本読もうぜ。
そもそも映画と文学を同列で語るってのは、な。
そんで35、36、うんそうなんだ。
なんかここ、久し振りに文学板になってるなー。嬉しいよ。
30いじめるつもりないけど、ほんとまじで、小説ってそうもんなんだよな。

でも30、応援してるぞ!
きっと俺たちが悪いんだわ。

38 :吾輩は名無しである:2006/07/23(日) 01:00:13
つかなあ、ジェインエアとか怒りの葡萄とかそういうんじゃなくて、
インストールだろ? たかが。
あれなら映画の方が良かったという文学ヲタがいても
全然おかしくないよ。

39 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/07/23(日) 01:02:32
 読んでないinstallwww
きもちわるいんだもの、世界観が

なんだあれ
引きこもり女の独白?

40 :吾輩は名無しである:2006/07/23(日) 01:22:40
>金城 一紀 フライ、ダディ、フライ
>映画「ロッキー」みたいに、ストレートに楽しめる物語ですね。
>でも映画を観れば、それですんでしまう気もするけど、、。

>綿矢 りさ インストール
>上戸彩主演の映画を観て、まあまあだったのでとりあえず読んでみる。
>映画の方がおもしろかった、かな。


全編こんな中身の無いブログじゃ文学オタ以前の問題だと思うが、
そもそも>>30って本人なのか?

41 :吾輩は名無しである:2006/07/23(日) 04:35:34
>>40
>そもそも>>30って本人なのか?
そゆこと

>>35
2chに書きこむなら、いろんな経験しないとダメだゾw

42 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/07/25(火) 00:17:12
文壇商業政治賞


愚老の盆栽選別
証拠→綿矢りさ+金原ひとみ=キャバレー女史のおままごとのお庭
[事実。証拠→佐川光晴による史上の傑作『銀色の翼』の無視]
あわれ


イラネwwwださすぎ

43 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/07/25(火) 00:25:56
 ぼくなんか候補にあがった時点で、自分から捨てますよwwwこんなダサダサ愚老賞

ばかじゃないんですか?わたやとか。
こんな搾取のマスゴミ戦略に乗って、歯茎で踊ってさpppきもしきもし


 りゅーせんせいやいしはら文豪にほめられて舞い上がってりゃわけないよww
賞金寄付女イトヤンとですますの使い方知らずの似非文士タカミンみたいにね!

どうせニ流のへんてこ批評家しかいないし。
若造をかきあつめるくらいのカリスマ賞与やるんなら村春くらい連れてこいやwwwぷぷ

 もう誰ひとり騙されないよ。こんな芥川とキクカンに失礼なマスゴミ一貫教育pppppアワレアワレ
あれですか
「王様のブランチ」で新人アイドルのあほくそにやけ苦笑いキモうなずきされて
へ〜へ〜へ〜
の三屁で最高ですか

ダサし
男なら読者第一主義でしょう
いまさら脳あれば文壇愚民になんか誰も頼らんてw卑し

44 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/07/25(火) 00:51:20
 ここまで腐敗荒廃しきった「権力きちがい賞」にふたたび
なんらかの権威を還したい、と愚老が愚老なりの愚かなツルツル頭で考えるならば、

まあどうせ愚老のことだから、
春吉と柄谷
連れて来るくらいしか方便ないよなwwwいやらし


 いままであーんなに散々さんざん
さうざんと叩きに叩いてきた春吉と、偽物あつかいで無視等閑してきたこーじんを
いまさら自分らの私的きちがい権力維持のため利用???
卑し賤し嫌々いやし。
なんだろ、このアホくさ賞。



おい石原。
貴様、芥川に謝れ。
失礼だ。

佐川さんの至高の名品を無視できたような阿呆の凡俗が審査していいような賞の名前ではない。
天才を侮辱するな、権力きちがいが。

45 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/07/25(火) 00:56:05
石原慎太郎が太陽の季節を売り捌いて愚衆に踊ってもらえたから

それでどうして、天才芥川の名前を奴が汚せるんですか?
ぼくは分からない。分かりたくないね。


石原文豪は卑しい。
もし天下文豪なら、審査員たのまれたら
「いや、ぼくの実力ではとても」
と丁重にお断りさせて戴くのが義理人情の本当だろうが。

石原文豪はなに文壇のきれいな空気を右翼臭で汚せしてんです?まったく呆れた超一流文豪だww嫌らし
キモチワルシ


芥川に謝れ。
謝れよ。

46 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/07/25(火) 01:00:52
 ぼくは石原文豪が日本文壇の代表者みたいなうざい顔→( ̄^ ̄)y-~~で
この国の国語を汚している以上、絶対にこんな権力気違い賞、信頼しませんから。

愚衆と王様のブランチの新人アイドルのキモうなずきだけをほいほい踊らせてりゃいいんだ。
こんな権力腐敗賞。



佐川さんと芥川に対して、
全国民の前で、石原文豪が土下座して謝らない限り、ぼくは許さないよ。











と、
まさやんが言ってた
とおもう
たぶん

あのひと、都知事きらいなんだって
なんかに書いてあった
へんなの。いいのに

47 :吾輩は名無しである:2006/07/25(火) 01:07:44
私には、彼氏がいます。彼とわたしは、デートの時、どちらかの家に行き、だれもいないとき
、部屋で横になって裸でだきあいます。それがだんだんエスカレートしていって、学校の体育倉庫で
服をぬがされ、まだ3年生ですが学年で1番大きいおっぱいを、つかむように触られたり、しゃぶった
りされます。最初は、苦手だったんだけどだんだん気持ちよくなりサイコーです。しかも、わたしは
、学年1美人でもてます。彼も同じで、美男美女でよくみんなにうらやましく、思われます。
: : このカキコ見たあなたは4日後に不幸がおとづれ44日後に死にます。それがイヤならコレをコピ
ペして5ケ所にカキコして下さい。私の友達はこれを信じず4日後に親が死にました。44日後友達は
行方不明・・・・。いまだに手がかりもなく私はこのコピペを5ケ所に貼り付けました。すると7日後
に彼氏ができ10日後に大嫌いな人が事故で入院しました。
: :     信じる信じないは勝ってです

48 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/07/25(火) 01:10:38
というわけで

まさやんじゃなくて僕なら、
芥川賞あげます!っていわれたら、まあ素直に「うわあうれしい!!ありがと!(*^o^*)」っていって
まあはずかしいから顔ふせでコメントだけ発表しますけどね。

次のように

『前略

この度は、大変に権威ある素晴らしい賞を仰せ戴く次第にあがりまして、恐縮至極
小生、申し訳ない気分で一杯であります頓首。
 ところで梅雨入りの後からわたくしの家の――ええ、無論、小さな小さなボロ屋敷の
きたならしいうすよごれ散らかりほうだい一室ではありますが――
ベランダに、一羽のすずめが巣を作りました。わたくしはそれをなかば迷惑に思い、
また半分は暖かな親の気持ちにもなって、
毎朝チュンチュン鳴きますのをしずしず眺めておりました。

然らば、ある日声がしない、
なんの事かと申しますと、実は彼ら、早くも巣だって行ったのです。
或いは死亡したのかわたくしは怖くて巣を覗けないのでありますが(笑)
多分に彼らは巣立って行ったと信じて慰めにしておりました。

 わたくしは雀のような鈴木でございます。
では、おあとが宜しいようで。

敬具』

とでもしたためますけど。アワレ

49 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/07/25(火) 01:22:19
実際

Privateの範囲ですから名前は出しませんが、
少子高齢化で大変無念、今夜の食卓にも子だくさんのご家族みんな、
のりたまふりかけ一袋に白米だけで済ませた佐川さん(仮名)宅に比べて、

文春代にて高級料亭で堂々とキャビア寿司を残して平気の石原慎太郎都知事(仮名)とは

懸隔雲泥の差があります。
なぜなんでしょうね。高卒文士にゃわかんない。
だって二流大卒の地球文豪であられる大々都知事とは違うもんねwww仕方なし。

権力搾取もいい加減にして下さいよ。
江戸じゃないんだから。

50 :(o^v^o)鈴木大介 ◆m0yPyqc5MQ :2006/07/25(火) 01:29:02
というわけで、

匿名なんて卑怯なり〜
吾輩、怒っちゃうもんねえ
ぷりぷり


とかいう自称・素人童貞ぴらのみたいなあほがいないとも限りませんから

文句ある奴がいつでもかかって来て殺せるように、僕の文名を発表しておきますよ。
生涯これでいきますから。適当だし。

因みに本名は雄介です。文句あるやつはメールもどうぞ。[mail欄参照]
屑には返しませんけどね。時間の無駄だから。

日本文学を世界中で最高レベルに引き上げてアホの白人奴を全員凹ませる為には
時間は一秒もムダにはできないから。『時に及んでまさに勉励すべし』

51 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/07/25(火) 01:36:53
 そもそも必死を覚悟しなければ文学なぞ、触れてもいけない神聖なものです。

最近は腰抜け文士が多すぎる。昌也んとかw石原なんか雑魚文豪なんだからほうっときゃボケて死ぬのに。
 特に最近流行りの女史ぶりハゲどもはただのアホじゃないですか。
子どもでも産んでりゃいいんだよ、馬鹿は。僕はそう信じる。


 女の書く文章を贔屓してはなりません。
何故なら、真の男女平等とは、『文の実力』に全てを懸けて美術を判断する事だから。

綿矢や金原のような軽薄吹聴な「大衆文学」を認める芥川賞には、覇気が足らん。
外野の俺の喝で頭を冷やせ。お前らは愚衆を導けばよいのだから。

52 :いつまでも二十歳:2006/07/25(火) 01:40:24
大介くんは
「二十歳の原点」読みましたか?

53 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/07/25(火) 01:42:55
>>52
しらないよ

無知だもん




無知の知だもん

54 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/07/25(火) 01:48:38
アホの白人奴と言いましたが

それは事実だから良いとして、


僕がノーベル賞あげまくりたいのは、
黒人・アボリジニ・中華朝鮮アジアンなどの立派な民族たちですね。

彼らより偉大な人間たちはいないとすら思うよwだって凄いもん。
文学のレベル。


白人文学?
ぷぷーっ(お茶漬け吹き出す

あんなの、ジョイス奴みたいなあほあほアホマンガじゃないですかああああpppq ←やれやれ

実際、つまんないスけどね。欧米式literatures.
だってあわれじゃないし。

まだ佐川光晴さんの現代日本文学最高の名作『銀色の翼』のほうがマシでしょう。
少なくともあわれですもん。きっと春吉もそう信じてるって!(←やれやれby 草場の蔭の芥川

55 :いつまでも二十歳:2006/07/25(火) 01:50:20
>>53
馬鹿は死んでね。
大学行かなくてもいいから、

入試くらい受かってよ 低能

56 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/07/25(火) 01:51:45
 因みに、最近流行りはアラブ系ユダヤ人でしょう。

彼らにノーベル賞あげたら神様びっくりww
アマテラス天皇も腰抜かしますってw



ジダンも悩んだ
きっと



もういいよ
喧嘩は

下らん
生きよ

57 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/07/25(火) 01:53:43
55
いいよ


頼まれればやるよ
いままでやりたくなかったからやらなかったけどさ
だってさ
くだらんでしょ
入試ゲーム

MOTHER2やってたほうが楽しいし有益だしw

みてな

58 :吾輩は名無しである:2006/07/25(火) 01:57:45
大介の

東大合格宣言きますたwwwwwwwwwwwwwwww




59 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/07/25(火) 01:59:32
いちおうななしのりさぶうにいっとくけど


ぼくとか
有能だよ

みんながかわいそうになるほど
あわれw

本気出すと
畏れられるから
出さないんだよ
あまり

寝てる(-_-)zzz
いつも
眠いもん
らいふ




60 :いつまでも二十歳:2006/07/25(火) 02:01:43


実は三十路





61 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/07/25(火) 02:03:41



なんでかっていうと


ぼくと
同じくらいの
あたまいいひといないから
つまんないんだよ

ともだちいないと
さみしいでしょ
だれだって


たぶん
だびんちと
おなじときに
うまれればよかった

つまんない
(;_;)しにたい


でも
しぬと
日本じんが
白人にばかにされるから
しなない(/_;)

62 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/07/25(火) 02:07:50



だれも
きょうみないんだ

理由なんて


ぼくしか興味ないんだって

みんなは、せっくすしてわいわいさわげばたのしいんだって
さるみたい


やだ
もう
らいぶ

つまんない


かえる

63 :吾輩は名無しである:2006/07/25(火) 02:10:55
たしかに大介くらいの馬鹿
(5浪の末に大学進学をあきらめ専門)
はそうそういない。

同情するよ。

5浪もしてりゃ
年もはなれて専門でも浮きまくりだったろ?

64 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/07/25(火) 02:12:15
こんなせかい
つまんない


うちにかえる


やだもう

死に帰る



だって
さるの星[地球]なんか
やだもん

かぐや姫と
けっこん式して
帰る

65 :吾輩は名無しである:2006/07/25(火) 02:13:14
孤独オナニー猿の心の叫びに泣け!

66 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/07/25(火) 02:15:05
さるばっかり



ぼくのともだちは
じ・あーすにはいないんだ

やだもう地球
へんだもん、ここ
さるくさい

もう帰る



星に帰る
ぼくの故郷に帰る

神様の住む星に帰る

67 :吾輩は名無しである:2006/07/25(火) 02:17:02
2ちゃんで人生壊した人

「文学板編」

美香=デパス服用メンへラーに

大介=専門退学オナニート猿へ

論=無職中年右翼に転向


68 :吾輩は名無しである:2006/07/25(火) 02:20:04
2ちゃんで人生壊した人

「文学板編」

ペンギン=板違いラノベ佐藤亜紀=盗作とネット依存症が暴かれた44歳のみじめなオバサンw



69 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/07/25(火) 02:22:14
神様の住む星に帰りたい
毎日勉強してていいところに帰りたい
毎日いろんな天才と議論できるところに帰りたい


猿の惑星地球つまんない
みんな野蛮でばかなんだもん
つまんない


繁殖したいだけの猿が
なにを吠えても文学じゃないよ
くだんないもん


売れて自由な金持ちになって
名誉で自慢して
へんなの

そんなの、春の夜の夢なのに
きちがい

70 :吾輩は名無しである:2006/07/25(火) 02:23:07
>>67
美香の場合は、単にデパス服用メンへら
なだけじゃなく、著名人ストーカー常習の性癖つき。
三者とも駄目人間偏差値的に
MARCHくらいにいってんじゃない?
さすがに早慶レベルではないがw

71 :吾輩は名無しである:2006/07/25(火) 02:28:35
電波エリートになるには三者ともstep upが必要だね

美香は佐藤亜紀宅に放火

大介は綿矢りさストーカー逮捕

論先生は政治犯拘留


まずは前科持ちにならなきゃ電波としては半人前

素人レベル

72 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/07/25(火) 02:30:44
愚衆が何をほざいても

天才は天才だよ
幼少の家庭環境が違うから
どうあがいても生活の次元が違うんだ
血族の教育が違うから
先祖の功徳が違うから
運命の導きが違うから
努力の度合いが違って
生きる内容が違うんだ


あわれ
愚衆の醜いことよ
天才の美しさよ
人間のあわれよ

わたしは
あなたがたサルに
同情もしないけど
サルがたのしいからサルやってんだから
あんたらの自由だかんね

73 :吾輩は名無しである:2006/07/25(火) 02:31:51
電波エリートになるにはネット依存症のヒステリおばさんは無理だね

44歳佐藤亜紀は盗作で逮捕

大介は綿矢りさストーカー逮捕

論先生は政治犯拘留


まずは前科持ちにならなきゃ電波としては半人前

素人レベル


74 :吾輩は名無しである:2006/07/25(火) 02:37:52
電波は電波w ネット中毒で時間を浪費して死ぬ運命w 
しかも

確信犯盗作のペンギン=ラノベ佐藤亜紀は賞剥奪され刑務所逝き。
板アラシ犯のみぢめな素顔w






まずは前科持ちにならなきゃ電波としては半人前

素人レベル


75 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/07/25(火) 02:45:14
 さるの星のいちばんいやなところは
愚衆をいちいち啓蒙しないと
しあわせに暮らせないところです。

これを
でもくらしーとなづけた人たちがいました


ぼくはいやです
とてもめんどうだからです

愚衆はあんなにばかなのに
わざわざ感謝されるために先生をやるみたいなことは
気分がわるい
偽善だとおもいます


ぼくは
搾取して怨まれるのもいやですが
教育してひがまれるのもいやです
さるの星で生きるのは
ほんとうにいやなことばかりです

 さるはあまり、考えもしらないし
つまりません

ぼくはもっと
いい星に産まれればよかったなあとおもいました。
けど
お母さんがかわいそうだから、よけいいやです。
さるはいやです。

76 :吾輩は名無しである:2006/07/25(火) 02:51:59
なあ大介
この文学板を追放されて発狂クスリ漬けになってもなお
名無しでしがみついて作家ストーカーを続ける元コテハン婆をどう思う?

おまえが三十になったらこんなだぞ、たぶん。


77 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/07/25(火) 02:54:15
なつめそうせきが
作文で、
『人のつくった世が住みにくいとて、自分も人であるかぎりやはり、
俗世のほかに暮らす場所はなかろう。
この世の住みがたさを悟った者は絵を描き詩を詠う。
芸術はとかく住みづらい命を慰めるための遊びである』
みたいなかんじで書いてました

ぼくは
そうおもいました、昔。

けど、あんま真実ではありません。
芸術はいちいち売ってお金に替えないとごはんがないから暮らせないからです。
売り買いするにはさるに付き合わないとなりません。耐えがたい苦痛です。


芥川みたいに死ねば楽です。
なぜかというと、さるの星にオサラバできるからです。

けど、さるの星はちっともよくならないので、しなないほうがいいという良心の声がします。
ぼくはだから死なないでいままできたんですが、それでも、さるがいやです。

さるの星はきたないからいやです。

78 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/07/25(火) 03:02:54
 ぼくはからだにおちんちんがついて産まれてきたから男の子といわれています。
だからおんなの人がときどき、へんなふうにします。

けどぼくは、さるみたいなのはいやなので、おんなのひともいやです。

ぼくは、さるはきらいです。きたないからです。
いっつも繁殖活動ばかりしています。
たくさん勉強して機械をつくって、子どもを次々産んで、動植物を無理やり食べて、笑っています。
ぼくは、そういうさるがぜんぜん尊敬できないのでいつもいやです。

 ぼくもさるの一匹として産まされて、良心が死ぬなというので生きていますが、
さるの星が大嫌いです。
ぼくは、もし神様が暮らす星があったら、そこで理想の生活をしたいです。

喧嘩や性欲や競争や我儘も無くて、
みんな穏やかに読書したり難しくて面白い問題を一生懸命研究したりしています。
そして休みたくなったら、雲に乗っていろんな場所を旅してあそびます。
みんな仲がよくて、いつも機知に満ちた冗談を言ったりして、楽しいです。

さるの星では、規模こそあれ戦争ばかりで、異性をあらそって毎日が過ぎます。
もういやです。ぼくだけ、さるじゃないんだとおもいます。

79 :吾輩は名無しである:2006/07/25(火) 03:11:00
★今日の言葉★
「孤独は、重荷や辛いことではありません。それどころか豊かさなのです。
人は一人で生まれ、一人で生き、一人で死にます。孤独なときにこそ、最も偉大
な創造物が創られます。」ラエル


80 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/07/25(火) 03:17:22
 ぼくは、生き物がいるのは宇宙のせいだとおもいます。
最初のビッグバンのせいで宇宙が広がっている[と仮説できる]から、
そのなかでたまたま銀河――太陽――地球――生命が産まされました。

ぼくはさるがさばいばるするのは宇宙にやらされてるゲームだとみんな知ればいいとおもいます。
けど、学歴と権力がないと、あと儒教文化圏では老いぼれていないと、
意見は正しくないのだそうです。さるはばかなので、諦めるしかありません。

けんかばかりしてのさばるさるはほんとうのばかだと思います。
白いさるはほんとうのばかなので、ぼくはきいろいのですが、心の底から軽蔑しています。
すぐけんかばかりするのはばかだからです。
邪魔だから、山の中でやればいいのに、ばかだからさるの星ぜんぶを壊します。ほんとうにばかです。

 ゆだや人とあらぶ人もけんかばかりしています。
たとえば、ちょうせん人のなかにはたくさんばかがいますが、神さまもたまにいます。
だから仲良くするふりすればいいだけなのに、さる同士がかみつきあっているので、
ほんとうにみにくく、きたないです。そこに暴力サルがまざって、いろいろ口出しします。

いきのびることは宇宙のせいだから、べつにしんでもいいと思います。
宇宙が頭をつくったのだから、かんがえればわかると思います。
宇宙も頭でわかるくらいだから、宇宙は頭をよくわかっていると思います。
だから、べつに死んでも宇宙はかまわないと思います。

いま宇宙はさるとかを全体としていろいろ広げてあそんでるだけです。

81 :ラエルに会いにきて:2006/07/25(火) 03:21:17
幸福は私たちの通常の状態である
人間は常に幸福で、創造的で、宇宙と調和するように設計されました。
適切な環境を与えられた花が自然に成長し開花するように、人間の幸福と
意識もそうなるのです。状況が適切であれば、誰もが永遠に今を生き、
自然の恍惚状態にいられることでしょう


82 :ラエルに会いにきて:2006/07/25(火) 03:22:56
でも私たちはまだそのような楽園に住んでいるわけではありません。残念なことに、世界は数千年の
偏狭、残忍性、宗教的準軍事的非寛容、飢饉、病気、苦しみからようやく抜け出ようとし始めている
ところであり、か弱い私たちは侵略による被害、強欲な地主や下劣な独裁者、堕落した政府による
残忍な気まぐれによって、今にも壊れそうな状態にあります。これらの苦しみは全て、世代を追う
ごとに私たちの感覚を麻痺させ、私たちの心と身体を生き残るためだけのある種の生物学的緊急状態に
無理やりおこうとします。考えうる危険から逃れるために、脳は戦うか逃げるかしようとして全ての
力を動員させ、エネルギーを節約するために、より高度な意識の中枢のスイッチを切り、私たちを
不安な麻痺状態にしてしまいます。恐れの感情を持ち続けると、それは絶望感と欲求不満へと変わり、
攻撃性が強くなり、それが自分に向けられると自殺をし、他人に向けられると社会での暴力となります。
これはテロリズムを正当化するものではありません。そのような絶望的な暴力行動を解決する方法は、
条件反射的に宣戦布告をするのではなく、愛と希望を与えることで苦しみの根本原因を取り除くことだ
ということを説明しているのです。


83 :ラエルに会いにきて:2006/07/25(火) 03:25:38
目覚めよ!だまされてはいけません。政府と宗教組織はあなたのためを思ってはいません。
ただ金をもうけ、権力を保持することしか考えておらず、影で動いている経済大国の操り
人形に過ぎないのです。選挙前はうわべだけ笑顔と感謝を表しますが、影ではあなたのことを
笑いながら銀行へ足を運んでいます。彼らは従順なうそつきのマスコミを使って政治的に正しい
宣伝で世論を操作し、恐れの状況を慎重に作り上げながら合法性という幻想を維持しています。
私たちの注意がすべてこの危機感に向けられてしまうことで、人生の喜びを味わうことができなくなり、
エロヒムが設計してくれたように私たちがあるべき数多くのより高度な意識の状態を探検するエネルギーが
なくなります。

だから私たちは自分の潜在能力の数パーセントしか使うことができないのです。これにより私たちは哲学的に
思索し、愛し、笑い、共感し、創造し、存在するもの全ての繊細さを楽しむことができなくなります。最も重要な
ことは、この恐れと不安によって私たちの疑う能力とより広い視野で見る能力は麻痺させられ、私たちは盲目で
従順な羊となり、喜んで税金を払い、立派な態度と政治的公正さという衣をかぶりよだれをたらしている狼達を
太らせるのです。

84 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/07/25(火) 03:27:35
 宇宙がなんで広がっているかと考えるのはまちがいです。

宇宙は広がっているだけだからです。

理由ということばはさるの頭でつくらせました。
だから、宇宙はそのことばをつくらせただけです。
それも、「広がり」のひとつで、それだけです。

宇宙が広がっているのは、真空状態がきゅうに変わったから、
いろんな「対(つい)」のものが産まされて、うごきだしたからです。

真空状態がなんで急に変わったのか頭は考えられません。
真空状態がどんなふうに変わったのかしか考えられません。
ことばがそういう問題に答えられるかどうかは、宇宙がつくりました。
いろんな質問がないと、広がっていかないからです。

真空状態が急に変わったのは、宇宙が広がるためです。


これから宇宙が縮むかもしれません。そしたら、さるも絶滅するから、きもちいいと思います。
けど、ずっと広がりつづけると、さるもずっと生き残るかもしれないから、いやです。
さるはみにくくてきたないから死んで、神さまだけいればいいと思います。

85 :ラエルに会いにきて:2006/07/25(火) 03:27:53
現代の世界は火を使って遊ぶ赤ん坊のようなものです。私たちは人類を解放する科学技術を
持っていますが、それを賢明に使う方法をまだ理解していません。現代のような混乱した
時代には、人類がそのおもちゃを使って自らを破滅させないためにも、そのような明晰な
洞察力が必要です。そのために、私たちの愛に溢れた宇宙の親達エロヒムによって官能瞑想と
いう贈り物が与えられています。それは感覚の訓練で(meditare「瞑想する」はラテン語で
訓練するという意味)、サバイバル状態の深みから逃れ、脳のより高度な中枢を起動させる
ことができます。それによって、私たちの周囲や内面にあるものへの洞察力を発達させること
ができます。広い視野で物事を見ることができるようになり、現在大変多くの人々の目を曇ら
せている泥沼の混乱状態の中を人類という赤ん坊が前進していくためにはどのような行動方針
が最良なのかを決定することができるようになります。誰も生きるために奴隷になる必要が
なくなり、誰もが無料で食物、住居、衣服、教育、平和を享受でき、誰もが自分の能力を開発させ、
本当の自分を発見し、他人と心を通い合わせ、宇宙とつながっていると感じるために時間を使うこと
ができるようになります。

86 :吾輩は名無しである:2006/07/25(火) 03:30:06
大介の幼稚な思想より
ラエルの方が説得力があるな

87 :吾輩は名無しである:2006/07/25(火) 03:31:37
おいラエリアンと大介は↓にでも行け。
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1153113758/l50

88 :吾輩は名無しである:2006/07/25(火) 03:34:18
大介とラエルって似てるな
言ってることが

でもラエルの方が、言葉がうまいし、説得力がある。

知能の差かな

89 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/07/25(火) 03:42:43
 さるはばかなので、ぼくが「神さま」という意味があまり分からないと思います。

神さまというのは、ぼくは、エネルギーだと思います。
エネルギーはすべてであり、エネルギーではないものはありません。
だから、神さまがいちばん偉いとしたら、エネルギーです。

さるはエネルギー様という敬称はへんだと思うと思います。
けど、エネルギーは宇宙をつくって、生命をつくって、あたまをつくったから、
あたまはエネルギーのあつまりです。
だから、頭様というとき、ぼくは神さまと呼んでいます。


ぼくは、さるではなくて、ひとの頭は、いちばん偉いと思います。
なぜかというと、神さまみたく考えられるからです。
宇宙を創造したように考えられるからです。

ぼくは、ちゃんとあたまのいいひとは、神さまだと思います。
けど、ちゃんとあたまのいいひとは、さるの星に、ぼくしかいないのかもしれない。
なぜかというと、「考え好き」なひとは、さると違うからです。

90 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/07/25(火) 03:48:19
だから、『考え好きなひと』は、みんな、神さまです。

けど、さるは、考えるより、けんかが好きだから、だめです。
さるは考えるより、いろんな好きなことがあります。だからだめです。


考え好きだと、宇宙人みたくあたまが大きく進化します。
だから、そのうち、さるは少なくなって、ひとの神さまが、いい世界にすると思います。

神さまはあたまが、さるよりいいから、いまより楽しいと思います。

91 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/07/25(火) 03:56:50
 たとえば、ひがしあじあのなかでも、日本という島に住んでるさるは、
さるの星でいちばんあたまが大きいので、白いさるや黒いさるに比べても、赤ちゃんみたい。

だけど、いちばんひとに近いのは、ぼくは、そのあたまがおおきい黄いろいさるだと思います。


黄いろいさるはあたまが大きく、あたまがいいから、ひとに近いと思います。
白いさるや、黒いさるは、あたまが小さいから、
さると変わらないことのほうが、多いのかもしれません。

だから、さるの星でも淘汰が起きて、黄色いさるのほかは、ほろびるかもしれません。
けど、黄色いさるもだんだん、あたまのおおきなさるとそれ以外とがより分けられて
そのうち、あたまの大きくていいさるが、いっぱいになります。

そしたらあたまがいいから、平和だし、たのしいと思います。
さるの星は、ひとの星になると思います。

そして、そのうちひとも進化して、神さまの星になってほしいです。

92 :吾輩は名無しである:2006/07/25(火) 04:02:35
子供言葉で書くとなんか言ったような気になるやつって時々いるよな。

93 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/07/25(火) 04:05:23
芥川賞のすれに
まちがって
さるの星のものがたりを
書いたから
あやまります。
ごめん


けど、芥川賞は、さる芸だと思います。
なぜかというと、佐川さんの傑作『銀色の翼』をえらばずに、
イトヤマアキコの、あんまりよくないやつを選んだり、てきとうだからです。

老いたさるのあたまでは、それが限度なのかもしれません。
けど、老いたさるは、ばかになったとしたら、はやめに前線から身を退かなくては、
若いさるがきちんと才能を伸ばせないから、じゃまです。

植物を育てるとき、若芽が出たら古い葉が隠れちゃうから積んだりしたら、
植物は、しんでしまいます。

めたぼりずむは、ひつようだから、みんなが、もんくいわないとだめです。

94 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/07/25(火) 04:16:02
芥川賞の
systemが
おかしいから
綿矢りさと金原ひとみのくだらない作文は選べるけど
『銀色の翼』のような傑作は選べないと言うのは
言い訳としても
低劣だと思います
僕は
芥川賞を
怨んでいます
僕は
芥川賞が
若くて
本当に才能のある
村上春樹や佐川光晴のような
凄い新人を
苛めるのをみました
それは
さる山のお遊戯会ですさるは
それがたのしい
けど
神さまは
それを
きたないと思います
なぜかというと
芥川は
名前を
利用されているのを
許さないからです

95 :吾輩は名無しである:2006/07/25(火) 04:21:46
なんなのお前のその執着は。脳腫瘍経験者?
トンカツマニア? それとも年上女房介護経験者?

96 :吾輩は名無しである:2006/07/25(火) 04:23:55
     ∧_∧
    ( ´・ω・`)     ∧_∧
    /     \   (    )そうだったのか!
.__| |    .| |_ /      ヽ
||\  ̄ ̄ ̄ ̄   / .|   | |
||\..∧_∧    (⌒\|__./ ./
||.  (    )     ~\_____ノ|   ∧_∧
  /   ヽ 流石だな    \|   (    ) 
  |     ヽ           \/     ヽ.  
  |    |ヽ、二⌒)        / .|   | | お前は賢いな。 
  .|    ヽ \∧_∧    (⌒\|__./ /



97 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/07/25(火) 08:08:28
卑しくも平和の振りをする国民どもたらんと欲するなら
最も、在野文民を畏れよ


愚衆を騙して
権力を拡充するナチめ
罪恥を悟れ

我、明治の精神を忘れ得ずして
日本文明が為に、一命を捧ぐ

国際競争は近代の方便なり
その目的は、最上最後の大王手たる、普遍文明への志

98 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/07/25(火) 08:21:58
>>93
訂正

積む→摘む

99 :吾輩は名無しである:2006/07/25(火) 08:25:54
>>91

こいつ自分に自信がないんだろうな

だから自分の自信のなさをごまかすために
人種の優生とかの問題にすがろうとしてやんのwww

まあ、5浪もした末に専門いくような絶望的馬鹿は
そうするしかないと思うけど。

もののあはれ

100 :吾輩は名無しである:2006/07/25(火) 08:42:27
>だから、さるの星でも淘汰が起きて、黄色いさるのほかは、ほろびるかもしれません。
>けど、黄色いさるもだんだん、あたまのおおきなさるとそれ以外とがより分けられて
>そのうち、あたまの大きくていいさるが、いっぱいになります。

>そしたらあたまがいいから、平和だし、たのしいと思います。

淘汰は、キムジョンイルみたいな暴君が
自分の意に沿う人だけ生かすから起こるのではなく、

優秀なオスが優秀なメスを獲得して、優秀な子どもを生むから
性淘汰=格差が生まれるんだが。

5浪の末専門という絶望的人生を歩み
ブサキモメン童貞という時点で、こいつの淘汰劣勢ポジションをなにより示してるな。

そうするとこの馬鹿は、童貞や学校に行かなかった偉人の話を
持ちだそうとするんだろうが、(←低能特有の救出願望依存w)
実際は偉人や文豪は高学歴やもてまくりがほとんど。

まるであてにならん


101 :吾輩は名無しである:2006/07/25(火) 09:14:04
金正日ってどうしてあんなにキモブサなんだろう。
お腹もぽっこり出ていてまるで栄養失調症の子供みたいだし・・・。
優秀なオスが優秀なメスを獲得して優秀な子どもを生んだ結果の
最高位に君臨する者の姿があれなんだね。w

102 :吾輩は名無しである:2006/07/25(火) 09:53:35
そうかな?
あの不細工具合が
貧乏社会主義国家で美女をはべらす最高権力者にふさわしいんじゃないのかね。
ヨン様みたいなのがふさわしいとでも?

美や力が一元的な基準ではかれると信じてやまない
あんたファッションセンス悪そうだね。

ダーウィンも勉強したほうがいい。
ガラパゴスでT-REXのような無敵の狂獣がセックスの王者に君臨できたとでも?

103 :吾輩は名無しである:2006/07/25(火) 09:58:29
むなしいよね
馬鹿って。

きゃんきゃん見当違いに吠えるだけ。
うざい

104 :吾輩は名無しである:2006/07/25(火) 10:15:50
>あの不細工具合が
>最高権力者にふさわしい

初代とか創始者とかならそうかもしれんが。w


105 :吾輩は名無しである:2006/07/25(火) 11:35:44
身代は三代で傾く

106 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/07/25(火) 12:15:17
くくく……


愚民がぴーちくぱーちく(^◇^)すずめ野郎みたいに鳴いてる
あわれ

人は見た目じゃ分からない

くくく……

107 :吾輩は名無しである:2006/07/25(火) 12:20:24
大介は見た目が人となりを現していますね

108 :吾輩は名無しである:2006/07/25(火) 12:30:05
大介のいってることってほんと馬鹿だよな

「ひとは見た目でわからない」→キモオタが本当はもてる。

「ひとは学歴じゃない」→低学歴が天才。

なんだかなあ

109 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/07/25(火) 12:32:27
くくく……


愚衆がすずめちゃん(^◇^)みたいにぴーちくぱあちく
鳴いています。


  鳴けるかな すずめの音頭 花火みたい


くくく……
荒らしはやめれ

110 :幼女たんと森栖:2006/07/25(火) 12:34:00
頭の悪そうな文章ばかりだなwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

111 :吾輩は名無しである:2006/07/25(火) 12:39:34
2chって凄いよなー大介なんかに必要以上の発言機会を与えるもの。
実際どーなのかは知らんが一日の殆どを此処で過してるみたいだから本性って言っても、
差し支えないんじゃないだろうか、ぴーちくぱ−ちく相手をしてくれる親を待つ雀ちゃん憐れ。

自己憐憫はやめれ

112 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/07/25(火) 12:43:14
りさたんまだー


餌ー
まだー
ぱくぱく(^◇^)


荒らしはやめれ
芥川賞を語れ

113 :吾輩は名無しである:2006/07/25(火) 13:07:31
無職で孤独、絶望的な下流社会の闇だな。

2ちゃんでつくレスが他者との最後の絆。

そりゃ大介が蜘蛛の糸にすがりつくのもわかる。
ワタヤがレスしてると妄想するのもな。


みじめすぎる下流

114 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/07/25(火) 13:28:26
愚衆がほざいていますね。

下流の闇を体現している自身の醜さも知らずにwあわれ


 他者を貶めるのは卑怯者がやる事です。

115 :吾輩は名無しである:2006/07/25(火) 13:39:04
ほう
五浪で無職童貞、孤独の下流の闇を体現してるのが
大介のほかにもいるのか。

そこまで絶望的な下流はめったにいないぞ。
そいつを大切にしな。

116 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/07/25(火) 13:46:58
くくく……


ミブン ヲ アタカモ
ドクリツ ノ キソ ダ
ト カンガエル
ホウケンヒューダリズム ノ オチムシャガ イキノコッテ オルナw

アワレ アワレ
ゲンジツ セイカツ ヲ
セイシンテキ タイド ヲ
カンガミヨ

シュチニクリンノ
ハナヤギニ タワムレテ
コウロウノ チョウテンニ クンリンシナガ
ジゴクノオモムキ テイスルモノアリ

117 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/07/25(火) 13:49:41
115

ドレ ヒトツ モ アタッテ ナイシw

カロウジテ コドク ハ ミズカラ エラブモノ ナリ
ダビンチノタマワク 'コドクデアルコトハ スクワレルコト'

ワレニシテモ オナジ
リソウ ニ クラス トキ タマシイハ イヤサレル
カミ ノ セイカツ ヲ オモウ ベシ

118 :111:2006/07/25(火) 13:54:46
 
双方ともその辺りで止めておかれよ。
 

119 :吾輩は名無しである:2006/07/25(火) 13:56:58
大介の童貞卒業宣言きますた

120 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/07/25(火) 13:57:18
ソーダ ソーダ

スレチガイ ケンカ ヨクナイ
ボウリョグ ボウゲン コテハンタタキ ハンタイ

ミンナ キョウゾン
コレ カンダイ リベラル
キンダイシャカイノ ダイゲンソク ナリゾ


ソーダ ソーダ
ユビサキカラ ソーダ←ナオコーラ ノ エッセイ

121 :吾輩は名無しである:2006/07/25(火) 14:10:15
ショッピング-モール 6 [shopping mall]


遊歩道や歩行者専用の買い物広場などのある商店街。車両乗り入れが禁じられている。





122 :吾輩は名無しである:2006/07/25(火) 14:13:13
五浪無職、童貞孤独、みんな本当のことだろ。
本当のことを指摘してあげると
叩きになるのはなぜ?

123 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/07/25(火) 14:19:31
ホント ジャ ナイヨ
マジデ


コジン ジョウホウ ダカラ
ソレイジョウ ムダン ムキョカ デ ランヨウ スレバ
私は訴えますね。名誉毀損ですから。

殺すか殺されるか。
こちらは戦い抜きます。

ククク…
バイショウ キン アワレ

124 :吾輩は名無しである:2006/07/25(火) 14:22:55
なんだよ>>122はペンギンか?
大介もペンギンも他に書くべきとこ在るだろうが雑談かメッタギレ行けや

125 :吾輩は名無しである:2006/07/25(火) 14:25:28
みじめだね
自分自身にすら
素直になれないなんて

五浪童貞、無職孤独
あはれなり

126 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/07/25(火) 14:30:08
125
チガウモン
チガウモン

('_')


(;_;)


(;O;)エーン


ククク…

127 :吾輩は名無しである:2006/07/25(火) 15:27:06
>>125
大介は五浪童貞、無職孤独じゃない


四浪専門童貞、無職孤独だ。

間違えんな!

128 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/07/25(火) 15:37:39
ちがうよ


もっと偉いよ
独立自尊の自由人だもん

きっと

129 :吾輩は名無しである:2006/07/25(火) 15:51:56
いや大介は30すぎのおっさんだよ

130 :吾輩は名無しである:2006/07/25(火) 16:03:21
【不毛な】ぺんぎん 対 だいすけ【煽りあい】
\_____________________/
       ○
       。 0                  

   ( '∀`)                    
    |  ∞   ___              
    | ̄L`L  |  |             



131 :現代コスメ文学:2006/07/25(火) 16:06:10
静まれ世界文学 疑似文豪
気付かれ 付け焼き刃のロジック
毒にも薬にもなれないマジックレアリスム
拙さで 謎めいた文章も泳ぐ
誰が作ったか?悪しき風習で
いたいけな少女が終電をなくす
ごきげんかい?
早すぎる開拓終了 放り出された感覚代行
生き生きとたわけ ぬかしな「アラビアノ夜ノ種族ト」
大胆不敵な無意味さがステキ
静まれ世界文学 疑似文豪
気付かれ 付け焼き刃のロジック
覚えたての技法ではきちがえたヌーヴォーロマン
中2の単語でつまずいたならカットアップ
誰に学んだか隠せない展開に
いたいけな少女もさすがにさめてく
ごきげんかい?
早すぎる開拓終了 放り出された感覚代行
生き生きとたわけ ぬかしな「アラビアノ夜ノ種族ト」
「六〇〇〇度ノ愛、子猫ガ読ム乱暴日記」
少女は呆れて目をそらす
不条理の世界 判別不能
前衛の戯れ言でコーティング
大胆不敵な無意味さがステキ

132 :吾輩は名無しである:2006/07/25(火) 16:13:43
頭韻は一箇所か

かす

133 :吾輩は名無しである:2006/07/25(火) 16:27:27
働き盛りを前に
失職してプロウヨクにトラバーユした無職の論

引きこもりで婚期を逸した三十路になり発病した美香

低学歴以下の無学歴無職童貞の大介

文学板にたむろってたコテって、みんなツブシが効かないぶっちぎり下流人生だわな。

冗談ぬきで芥川賞クラスの大逆転しないと取り返せない
みじめなサラ金地獄人生。

日々日々ただただ負債が増す一方

134 :吾輩は名無しである:2006/07/25(火) 16:45:23
>>133
構ってる香具師も同レベルってか? 黙って自演スレにでも浸ってろよ。
厨は夏らしく鳥は鶏冠に串でも刺して、宙でも飛んで喜ばせてくれよ?
想像力に乏しいアク禁一歩手前、見下げ果てた低空飛行の煽り芸じゃ笑えん。

135 :吾輩は名無しである:2006/07/25(火) 17:38:00
しかし悲惨だな

ネットに現実逃避するのも同情するが
どうしょうもない。

すべて自己責任でせう

136 :吾輩は名無しである:2006/07/25(火) 18:34:18
酷いな此処・・・もう保守出来んくらい酷い・・・。
大介は何時もの事だが煽ってる奴も痛過ぎる。

137 :吾輩は名無しである:2006/07/25(火) 19:00:40
  (⌒ヽ ――  ─   ─ ────────   (*^ω^)  ─────     (⌒ヽ
  (    ,⌒)                 _,,..-―''        ゙―-..,,  (⌒ヽ    (
 (    ⌒ヽ         _,,...-‐‐''"" ̄     /  /  |  \    (   ⌒)   ゝ
  ゝ      ⌒ヽ,, __,,,....--―-..、        /   /   |    \  ,,.(     )、,,(
 (          /  ,,,,,,,,,;;》》》〉〉ゞ      /    /    |     (          ゝ
_,,...-‐‐--..,,,_   / ミ''           /     /          />  />
>〉〉》》》》>>,, `ヽ、,r'~ ̄ ̄`ヽ、 ̄+; ̄ ̄ __ ̄ ̄ /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,,_p/> ̄ ̄
    _____,,,...(,;;)/⌒ヽ、"",,, ヽ、 。..: _'. ! ..::::. / ...::::::.. ..::::::::........ 。゚。,,,_p/> .....:::::::::::::::::::::
,,r''~ ̄,,,,,,;;;;《《(,;;);;)彡 ヽ  彡,,ゝ /  | .::::: *....::::... ........+:::::_,,..,,,,_..::::::::. ......::::::.....:.:
《《《<""  ,r';i;i/ ..::.  彡 ) +:::  |  /...........::::::::..:::::.. 。...:::::::::.     ∧_∧   .::::::::........ ...::::::::::.. ::...
。.... ::::: ,r'ww/ :::::::::: 彡ノ::. / ̄ ̄|  。..::::...... 。...:: ......*.....:::     ( ・ω・)   :::::::::::::::... ...:::::::
〜;,,。,r';i;i;i;i;i/ :::::::... ::  /     | .........:::::::::::::::::.........::...:::::::...::::::::::::。::::::.........::::::::
    /www,'.。.... 。.... . . |     /。.....゚ .........。・...。.... 。 。。..::::...... 。...::::::::... ......::::::::::::::::..
  /;i;i;i;i;i;,'. ~^^゚〜〜~゚^ |__/〜〜・。,,,,:〜"~~。〜・" ゚''〜。,,, 。....゚....... 。.....:::::::::..........:::::
 /w;w;w,'       *                         ~^^゚〜・,,。,, 。....゚......。..。....


138 :吾輩は名無しである:2006/07/25(火) 22:14:11
>>133
>冗談ぬきで芥川賞クラスの大逆転しないと取り返せない

芥川賞なんて取ったって「大逆転」というほどの賞じゃないよ。

139 :吾輩は名無しである:2006/07/27(木) 11:37:22
  
  
           平 和 (・∀・) 平 和
  
  

140 :吾輩は名無しである:2006/07/28(金) 16:08:35

今日は過疎スレ上げ大会なのか・・・夏だけに祭りか・・・。

141 :吾輩は名無しである:2006/07/28(金) 16:10:43
今回は夏目漱石っていう新人の中編
「草枕」がとりそうだぜ

142 :吾輩は名無しである:2006/07/28(金) 16:11:22
佐藤亜紀粘着ストーカーが発狂してやってるだけだよ

143 :吾輩は名無しである:2006/07/28(金) 16:14:42
>>141
じゃあ直木は芥川から繰り上がった坂口安吾の「不連続殺人事件」だな。
安吾はガチ。

144 :吾輩は名無しである:2006/07/28(金) 16:15:49
佐藤亜紀に芥川賞エントリーさせてやったらどうだ?最後のチャンスじゃね?wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

145 :吾輩は名無しである:2006/07/28(金) 16:17:26
最後のチョンスwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

146 :吾輩は名無しである:2006/07/28(金) 16:17:42
佐藤はムリだろ。もう

147 :吾輩は名無しである:2006/07/28(金) 16:19:39
佐藤亜紀!芥川!佐藤亜紀!芥川!佐藤亜紀!芥川!佐藤亜紀!芥川!佐藤亜紀!芥川!

148 :吾輩は名無しである:2006/07/28(金) 16:20:06
佐藤って結局ナオミのことだったの??

149 :吾輩は名無しである:2006/07/28(金) 16:20:20
佐藤亜紀!芥川!佐藤亜紀!芥川!佐藤亜紀!芥川!佐藤亜紀!芥川!佐藤亜紀!芥川!

150 :吾輩は名無しである:2006/07/28(金) 16:22:42
  (⌒ヽ ――  ─   ─ ────────   (*^ω^)  ─────     (⌒ヽ
  (    ,⌒)                 _,,..-―''        ゙―-..,,  (⌒ヽ    (
 (    ⌒ヽ         _,,...-‐‐''"" ̄     /  /  |  \    (   ⌒)   ゝ
  ゝ      ⌒ヽ,, __,,,....--―-..、        /   /   |    \  ,,.(     )、,,(
 (          /  ,,,,,,,,,;;》》》〉〉ゞ      /    /    |     (          ゝ
_,,...-‐‐--..,,,_   / ミ''           /     /          />  />
>〉〉》》》》>>,, `ヽ、,r'~ ̄ ̄`ヽ、 ̄+; ̄ ̄ __ ̄ ̄ /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,,_p/> ̄ ̄
    _____,,,...(,;;)/⌒ヽ、"",,, ヽ、 。..: _'. ! ..::::. / ...::::::.. ..::::::::........ 。゚。,,,_p/> .....:::::::::::::::::::::
,,r''~ ̄,,,,,,;;;;《《(,;;);;)彡 ヽ  彡,,ゝ /  | .::::: *....::::... ........+:::::_,,..,,,,_..::::::::. ......::::::.....:.:
《《《<""  ,r';i;i/ ..::.  彡 ) +:::  |  /...........::::::::..:::::.. 。...:::::::::.     ∧_∧   .::::::::........ ...::::::::::.. ::...
。.... ::::: ,r'ww/ :::::::::: 彡ノ::. / ̄ ̄|  。..::::...... 。...:: ......*.....:::     ( ・ω・)   :::::::::::::::... ...:::::::
〜;,,。,r';i;i;i;i;i/ :::::::... ::  /     | .........:::::::::::::::::.........::...:::::::...::::::::::::。::::::.........::::::::
    /www,'.。.... 。.... . . |     /。.....゚ .........。・...。.... 。 。。..::::...... 。...::::::::... ......::::::::::::::::..
  /;i;i;i;i;i;,'. ~^^゚〜〜~゚^ |__/〜〜・。,,,,:〜"~~。〜・" ゚''〜。,,, 。....゚....... 。.....:::::::::..........:::::
 /w;w;w,'       *                         ~^^゚〜・,,。,, 。....゚......。..。....



151 :吾輩は名無しである:2006/07/28(金) 16:23:24
  
  
           平 和 (・∀・) 平 和
  


152 :吾輩は名無しである:2006/07/28(金) 16:23:30
もうマジ佐藤亜紀最高絶対芥川賞だよねwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

153 :吾輩は名無しである:2006/07/28(金) 16:30:55
 
炎上を繰返しながら伸びて行くsorega芥川賞sureクオリティ!!!!

154 :吾輩は名無しである:2006/07/28(金) 16:31:20
佐藤亜紀!芥川!佐藤亜紀!芥川!佐藤亜紀!芥川!佐藤亜紀!芥川!佐藤亜紀!芥川!

155 :吾輩は名無しである:2006/07/28(金) 16:37:50
伊藤たかみ『八月の路上に捨てる』は


8月1日売りの文藝春秋9月号にて


選評に私立大学の広告まで付いて


戦慄の特別定価770円!!!!

156 :吾輩は名無しである:2006/08/12(土) 03:58:15
なんだか落ちそうなので保守

157 :吾輩は名無しである:2006/08/12(土) 06:54:58

>今年の芥川賞受賞者 ネットで注目浴びず
>2ちゃんねるのスレッド「直木賞・芥川賞受賞作予想スレ」での大半は、
>絲山秋子氏の「沖で待つ」(文学界)を芥川賞受賞と予想。
>伊藤氏の受賞が決まると、「読んだことない」というカキコミ。
http://www.j-cast.com/2006/08/10002478.html

なにこれJ-CAST馬鹿すぎ。

158 :エクリチュ〜ル未決囚 ◆swFNy5pmko :2006/08/12(土) 07:45:35
そういうの
「キター!」ってやるんじゃないの?

159 :吾輩は名無しである:2006/08/12(土) 09:41:42
>>157
この記事、すぐに訂正されるだろうから記念に印刷しておかないとな。
わざわざ、沖で待つの単行本の表紙写真まで載せているな。
バカ記者め。

160 :吾輩は名無しである:2006/08/12(土) 10:12:20
伊藤たかみ『八月の路上に捨てる』は


8月1日売りの文藝春秋9月号にて


選評に私立大学の広告まで付いて


戦慄の特別定価770円!!!!

161 :吾輩は名無しである:2006/08/12(土) 10:32:27
伊藤たかみか
頑張ってほしいもんだ

162 :吾輩は名無しである:2006/08/12(土) 15:31:55
しかしまあ、文學界のインタビューやら、受賞のことば、これまでの作品を読むと
伊藤たかみって、作家としては実に「小物」という印象を否めない。
受賞作は悪い作品じゃないけど、この人は三田誠公や高橋三千綱のように
"芥川賞作家"という肩書きだけで食っていき、今後大した作品を残していく
作家ではない、と感じた。

163 :吾輩は名無しである:2006/08/12(土) 22:32:26
芥川賞まとめサイト
ttp://uraaozora.jpn.org/akutagawasho.html

164 :エクリチュ〜ル未決囚 ◆swFNy5pmko :2006/08/13(日) 10:20:29
>>162
>"芥川賞作家"という肩書き


最近の受賞者はみんなそうじゃないのか?
それにしてもこの記者さんの感覚は極めて市井に近いものがあると思うよ。
こーゆーうっかり記事にも謙虚に耳を傾けなければならんのだ。
早稲田学閥、面目丸潰れだな。

165 :吾輩は名無しである:2006/08/13(日) 10:33:24
村上龍  石原  宮本がそろってけなしてたな

「小さい小説」「小説らしきものをなぞっている」

166 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/08/13(日) 12:41:00
文春を読んできたわ。

本谷次点という話だったが、選評を読む限りぜんぜんそんなことはなかったなあ。

候補作は低評価で、○が二つ付いたのが最高で、八月の路上〜
これが結局、他の選考委員も了承する形で受賞にいたったわけだ。

山田詠美が八月の路上は狙いすぎだとイチャモンをつけたら、
狙って何が悪いんだと叱られたそうな。

○が一つ付いたのが、本谷。石原慎太郎が推した。
だからまあ、次点なのだな。
たった一人の選考委員が推しただけだが。

あとはもう、○がつけられる作品がなかったそうな。
中原がオール×だというので、選考会のときは話題になったが、実際他の作品もほとんど×ばかりだったみたいね。

こういうのを書けば芥川賞というスタンダードですわな。
新人作家はこういうのを書いていくのだろうし、文芸誌の新人賞もこういうのを募集しているのだろう。



167 :吾輩は名無しである:2006/08/13(日) 13:33:11
でも読者は読み飽きてんじゃないの? そういうの。

168 :ペンギン ◆od0qY8Ss/. :2006/08/13(日) 13:46:22
吉村萬壱とモブ・ノリオは審査員してるやつより才能ある。

169 :吾輩は名無しである:2006/08/13(日) 13:47:11
■[読書]
八月の路上に捨てる作者: 伊藤たかみ 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2006/08/26

文芸春秋の芥川賞選評さんざんでしたね

村上龍に「文学らしきものをなぞっている」といわれ

宮本輝に「小さい」といわれ、石原に「不毛」といわれる

もっともですがね

純文学の衰退なんて何十年言われてるかしらないけど

結局「文学らしきもの」の「イメージ」を共有するお座敷内部での

「洗練」をいくらやっても、その外部では全く通用しないんですが

この人はそういうものを目指した時点で終わりですね


小説の秘密をめぐる十二章作者: 河野多恵子 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2005/10/07
河野多恵子って選考委員
純文学のお座敷性を象徴していると思う



170 :吾輩は名無しである:2006/08/13(日) 13:53:53
なんか今回の選評はテキトーだな

171 :吾輩は名無しである:2006/08/13(日) 13:59:27
「何年にひとりの大型新人」ってのは意外な方向から出てくるはずなんだ。
文芸板みてるとイヤんなってくるよ。
「各新人賞の傾向と対策」みたいな話題でもちきりだからね。
かつて「共通一次世代」なんて言葉があったけど、
いまでは「センター試験世代」とでもいうのかな。
応募者の平均化。
それでもって異文化の、異星人みたいな書き手がでてこない。
小説界はそのかわりとして他ジャンルの表現者で埋め合わせをしているわけだ。
断言しよう、新人賞からはこれからもロクな書き手が出てこないよ。
技術的な問題ではなく、なんとかハードルをクリアしようとみんなカメみたいに
首をすくめて書いているじゃないか。


172 :吾輩は名無しである:2006/08/13(日) 14:47:39
>>163
6回落選って島田だけじゃなくて5人もいたんだな。(´・ω・) カワイソス

173 :吾輩は名無しである:2006/08/13(日) 15:18:45
ほんとにどうでもいい感じになってきたね。



174 :吾輩は名無しである:2006/08/13(日) 18:32:18
なんだ前スレ前々スレで吉村萬一を再評価したがってたのはペンギンだったのか、
モブはどうか知らんが吉村は目取と同じく消えた芥川賞作家の仲間入り決定だ。

しかし今の時代、不毛ではない「純文学」と言うのも考えられない気がする。
観念が細分化された現在には、スタンダートになりえる題材に乏しいから。
そうした中で伊藤は小振りながらも大時代的な物を書こうとした点は買える。

でもこの調子で行くと芥川賞はオールカマー賞になっちゃいそうな気もするが、
いまは丁度、芥川賞が芥川賞としての体面を保てるギリギリの所なのだろう。

175 :174:2006/08/13(日) 18:34:49
>いまは丁度、芥川賞が芥川賞としての体面を保てるギリギリの所なのだろう。

内向きにって意味で。

176 :吾輩は名無しである:2006/08/13(日) 19:10:48
りおおの熊がもっさり

177 :吾輩は名無しである:2006/08/13(日) 20:04:49
北大西洋で獲れたクロマグロの脂の乗った腹部を刺身にしたのが角田光代だとすると、
伊藤たかみは大根のつま、まで読んだ。

178 :吾輩は名無しである :2006/08/13(日) 20:44:39
山田詠美の選評によると最後は伊藤たかみと鹿島田の一騎打ちになったと言ってるな。
それって、やっぱり六星占術で占ったオレの予想通りだったな。
これで2連勝っす。

179 :吾輩は名無しである:2006/08/13(日) 20:49:42
下敷き削除しろよ98年9月以前から

180 :吾輩は名無しである:2006/08/13(日) 21:09:07
>>166
>こういうのを書けば芥川賞というスタンダードですわな。
>新人作家はこういうのを書いていくのだろうし、
>文芸誌の新人賞もこういうのを募集しているのだろう。
だからといってそういう作品ばかり文芸誌に載るようになったら、
日本の純文学は更に衰退してしまうだろうな。
で、ハニロウもそういう作品を書こう、と決意を新たにしたってことですか?

181 :吾輩は名無しである:2006/08/13(日) 21:09:58
>>178
>山田詠美の選評によると最後は伊藤たかみと鹿島田の一騎打ちになったと言ってるな。
日本語読めんの?

182 :吾輩は名無しである:2006/08/13(日) 21:21:02
>>177
大根のつまはそれでいいけど、メインのほうは
ホタルイカくらいでいいんじゃない?

183 :180:2006/08/13(日) 21:27:56
>>171
>「何年にひとりの大型新人」ってのは意外な方向から出てくるはずなんだ。
>文芸板みてるとイヤんなってくるよ。
>「各新人賞の傾向と対策」みたいな話題でもちきりだからね。

やっぱそうなのか・・・。恥ずかしい話だね。
俺、あの板は気持ち悪くて、未だに目を通す勇気がない。
そういう傾向と対策で書かれた作品なんか、まったく読む気がしない。
一般読者を見ずに、選考委員の顔色ばっかり伺って何が文学だ、と思う。

184 :吾輩は名無しである:2006/08/13(日) 21:50:10
創作文芸板がそうだからそうってのは
ないだろ。

185 :吾輩は名無しである:2006/08/13(日) 22:02:00
傾向と対策は必要だよ。
現に伊藤たかみは、芥川賞受賞作家。

選評を読んでいると選考委員の要求水準が高すぎるんだよ。
それはいいんだが、理想が高いのはね、
だが、選評だけ読んで不毛と言うのは間違いだよ。

186 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/08/13(日) 22:11:47
多数決で抜群の前衛は産まれないんですよ。

187 :吾輩は名無しである:2006/08/13(日) 22:19:15
>>186
>(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ

比較的統一感のある<議論>が交わされたあと、必ずアンタが「まとめ役」として出てくるよな。
なぜか?

188 :吾輩は名無しである:2006/08/13(日) 22:21:52
「爆笑小説」と謳われたの読んで爆笑できたためしがない。

189 :吾輩は名無しである:2006/08/13(日) 22:26:28
>>187
まとめも何も伸びてるスレを嗅ぎつけて寄って来てるだけだと思う。

190 :吾輩は名無しである:2006/08/13(日) 22:33:30
>>155
>戦慄の特別定価770円!!!!

いつもいくらだっけ?

191 :吾輩は名無しである:2006/08/13(日) 22:35:32
文藝春秋は無料配布にしろ!!!

192 :吾輩は名無しである:2006/08/13(日) 22:38:41
>>190
今見たら今年の4月号は定価710円だった。
3月号は芥川号で特別定価760円

193 :吾輩は名無しである:2006/08/13(日) 22:42:05
>>192
>3月号は芥川号で特別定価760円

なんだよオイ。
ヤラセ授賞のくせに10円高いじゃねーか。

194 :吾輩は名無しである:2006/08/13(日) 22:43:06
文藝春秋は、綿矢・金原のときは100万部超えだったんだろう。
あのとき、特別定価3000円にすればさぞかし文春は儲かったのに・・・

195 :吾輩は名無しである:2006/08/13(日) 22:45:35
せっかく芥川賞とったのにアンチスレしか立たない作家って、どうなんだ?

196 :吾輩は名無しである:2006/08/13(日) 22:50:21
>>195
バカ野郎、ということだろ。

197 :吾輩は名無しである:2006/08/13(日) 22:51:24
デフレ脱却、ガソリン煙草他、諸物価値上がりにつき
天下の文藝春秋社さまも10円上乗せなのかね。

それにしても毎度毎度、文春の最後の頁にある
社中日記を読むとイラッとくる。

198 :吾輩は名無しである:2006/08/13(日) 22:52:49
小松左京「SF魂」読んだら、あまりの天才振りと
巨大さに驚いた

199 :吾輩は名無しである:2006/08/13(日) 22:58:31
>>196
>バカ野郎

やっぱりそうか。
お利口さんの書く小説はクダラナイからな。

200 :吾輩は名無しである:2006/08/13(日) 23:15:30
>>199
お利口さんというと、芥川賞作家でいえば、松浦か、堀江か?

201 :吾輩は名無しである:2006/08/13(日) 23:24:07
カミさんの腹に放出したものを自分で舐めとる伊藤たかみ

202 :吾輩は名無しである:2006/08/14(月) 05:04:30
>>178
それは山田詠美個人の選考過程。
選考会の話ではない。

203 :178:2006/08/14(月) 11:50:18
あ、ほんとだ。

204 :吾輩は名無しである:2006/08/14(月) 14:49:45
糸山ってどれぐらい売れたの?

205 :甲斐みなと:2006/08/14(月) 23:32:59
ホシヅルの日・星新一オフ
(2ちゃんねる掲示板・星新一スレッド・住人親睦墓参会)

日 付:2006年9月3日(日)
時 間:12:00 〜
場 所:青山墓地
交 通:東京メトロ千代田線・乃木坂駅
備 考:

206 :吾輩は名無しである:2006/08/15(火) 15:06:22
中原のこけおどしに誰も引っかからなかったのはまあ安心した。
(山田あたりはおちょこちょいに食いつきそうな予感があったので)

しかし山田って「全候補作にコメントする。それがマナー」って語ってなかったっけ?


207 :吾輩は名無しである:2006/08/15(火) 16:03:44
>しかし山田って「全候補作にコメントする。それがマナー」って語ってなかったっけ?
字数制限が厳しいせいで、今回は全作品に触れなかったのかな。
ちょっと意外だったね。

208 :吾輩は名無しである:2006/08/15(火) 16:21:29
文学ミーハーだの河野ヨイショだの、余分なことばっかかいてるじゃん

209 :吾輩は名無しである:2006/08/15(火) 16:39:54
コメントする価値も無かったんじゃないの?wwwwww

210 :吾輩は名無しである:2006/08/15(火) 16:48:21
>>208
河野ヨイショって「相変わらず、いかすこと言う姐さんだなー」のこと?
俺は高樹のことかと思ってたんだが…。

河野だったら「姐さん」じゃなくて「婆さん」じゃないの?

211 :吾輩は名無しである:2006/08/16(水) 11:15:55
河野も山田も高樹も金井もみんなババァじゃねーか、バカ。
で、この“イベント”の主役は誰なんだ? バカバカ。


212 :吾輩は名無しである:2006/08/16(水) 11:21:28
昨日の朝出勤して夜勤明けで帰ってきて、これからまた出勤だ。
ピラミッドつくった人の気持ちがよくわかるゼ。

213 :吾輩は名無しである:2006/08/16(水) 12:13:44
>>212
乙! つか、ピラミッド建設は奴隷の苦役じゃなく
農閑期の農民救済の公益事業だったんだってなあ。給料もらってワインも飲んで
だから働けたんだろう。
おまいもぜひつべたいビールくらい飲んでガンガレ。

214 :吾輩は名無しである:2006/08/16(水) 19:24:41
それにしても、無名草子さんたちとは、さぞやすごい作家先生の匿名書き込みなんでしょうね。
作家なんて才能が全てだから、津井つい(吉田要・甲斐みなと)みたいに、いくら努力したって駄目なものは駄目ですよ。
私なんか、早々に見切りをつけて趣味の世界で細々ですから。
          小説現代ショートショート・コンテスト優秀賞受賞 阿部敦良

215 :吾輩は名無しである:2006/08/16(水) 23:39:30
213が正論を吐いたから、このスレ終了。

216 :吾輩は名無しである:2006/08/17(木) 01:56:49
村上龍はなんで欠席ばっかなの?
責任能力もないなら委員辞めろよ
70越えた爺さん婆さんどもは頑張って出席してるだろうが

217 :吾輩は名無しである:2006/08/17(木) 02:37:39
>>216
ワールドカップ行ってたんだろ。
村上龍の欠席が多いのはいかがなものかとは思わないでもないが、
独自の視点で評価してるところは好感を持ってる。
正直、ウキウキと選考会に出掛けるゴシップ好きの感覚派・山田詠美よりずっといい。
その意味で、しばらくは続けて欲しいね。

218 :吾輩は名無しである:2006/08/17(木) 07:01:07
選評を読めばだれが自己の文学観を持ってるかわかる

村上・宮本はしっかりしてる

山田・池澤駄目

219 :吾輩は名無しである:2006/08/17(木) 07:29:12
村上龍は就任してから半分は欠席してるな。

220 :吾輩は名無しである:2006/08/17(木) 07:37:11
出席しないことに意味を感じる、感じさせる
希な作家、村上龍だから。
   ,、,、
  (・e・)¥ヘ☆ 池澤いらん
   ゚しJ゚

221 :吾輩は名無しである:2006/08/17(木) 07:38:41
今後も高樹のぶ子や河野が「八月の路上」路線を死守していくことを宣言したそうだから
なんか
大人になっちゃいました風小説がもてはやされるのだろう。

222 :吾輩は名無しである:2006/08/17(木) 12:46:55
平野っていいよなぁ

223 :吾輩は名無しである:2006/08/17(木) 14:43:09
>>221

高木と河野にほめられる文学書きたいやついるのかな?

224 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/08/17(木) 16:23:15
がんばれがんばれ権威主義

愚衆を導け
わー

225 :吾輩は名無しである:2006/08/17(木) 16:26:10
417 :鈴木大介 ◆m0yPyqc5MQ :2006/01/11(水) 00:55:09
 村上春樹さんの名作『風の歌を聴け』を落とした芥川賞。
そんなものはただの戯れだ、と誰もが気づいているんです。
大江健三郎さんはほんとうは恐ろしかっただけなんだ。
「こんな俺の想像を超えたヘンな奴に、有名になってもらったら俺が困る」
それだけだ。下らない。

『風の歌を聴け』はまったく新しい手法で独特の世界観を創出した、
日本文学ならず世界文学史に残されるべき傑作ですよ。
それを「才能ナシ」と判断したバカ芥川賞面々の罪は深過ぎる。
いわば文化の抑圧者、国賊いや世界的犯罪者に他ならない。
自殺すべきだとすら思いますよ。本当に、心の底から。
それで償えるような罪ではないのです。
全世界の文学を愛する人民に土下座してもらわねばならぬ。

 誰もがわかる。
あんな賞はただの遊びです。死ねばいいんです。審査員の偉そうなバカどもは。

226 :吾輩は名無しである:2006/08/17(木) 16:28:15
 誰もがわかる。
あんな賞はただの遊びです。死ねばいいんです。審査員の偉そうなバカどもは。

418 :鈴木大介 ◆m0yPyqc5MQ :2006/01/11(水) 01:03:35
 どうせ誰もそんな流れを変えられないんです。
日本人というのはいつもそういうものです。
「お上」にヘイヘイ頭下げてぶん殴られて自らの分の米を取られる。
そうやっても暮らしていければいい、としか感じない先細りの雌の腐ったような奴だけだ。
それで小さな孤島で同じ血を継いだ半島の人民でも軽蔑して、死んでいけばよろし。

百余の神々よ、私の故郷を見守り賜え。

227 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/08/17(木) 16:29:37
戦争だあー

わーわー
きゃーーo(≧∇≦o)(o≧∇≦)o

ねーむばりゅー戦争だー
あくたがわの怨霊を担ええーわー
でやー

228 :吾輩は名無しである:2006/08/17(木) 16:29:42
大介 たまさか洩らすホンネ

229 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/08/17(木) 16:55:41
がんばれがんばれ

日本村の文の耕し
いいやつ誉めれ

 真剣に選ばないとだめだよ
じゃないといくら既得権益だろうとぼくがゆるさないよ(^^)v
民主社会の自由言論の力をなめちゃいけないよ

世論最強だもん(^O^)

230 :吾輩は名無しである:2006/08/17(木) 16:57:56
平野っていいよなぁ

231 :吾輩は名無しである:2006/08/17(木) 17:04:04
(乂∀・)┌┛)`д) ;∴ >236

232 :吾輩は名無しである:2006/08/17(木) 17:08:33
(:D)| ̄|_ =3 >230

233 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/08/17(木) 17:09:29
巨匠さがわさんの『銀色の翼』より

なんとかたかみの『八月の路上でケルアック』だったっけ



好きなダッサイjapan文壇barは今夜もゴキゲンだよ(^v^)


がんばれがんばれしんたろさん
都民を導けおじいちゃん(^○^)

政文癒着の後発国家国粋代表選手だよ(^◇^)

234 :吾輩は名無しである:2006/08/18(金) 00:48:25
>>218
まったく同感!!

235 :吾輩は名無しである:2006/08/18(金) 02:07:07
池澤は芥川賞の為にわざわざ欧州から帰国してんのか、
池澤が信頼を置く男はワールドカップ見に行ってんのに。

236 :吾輩は名無しである:2006/08/18(金) 02:42:14
中原中也が受賞しなくてよかった
石原の言うとおり該当者梨でもよかったわ

237 :吾輩は名無しである:2006/08/18(金) 07:10:10
純文学自体がやばい

238 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/08/18(金) 11:46:24
(゜_゜)くそ

綿矢だいすきあほあほ文壇

あわれ

239 :吾輩は名無しである:2006/08/18(金) 12:08:03
平野っていいよなぁ

240 :吾輩は名無しである:2006/08/18(金) 12:59:52
不毛、しかいわない石原よりは
なんとか新人を送り出そうとする高樹なんかの姿勢のほうが好き

241 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/08/18(金) 13:07:53
愚衆の指標

純文学の権威

伝統ある芥川賞の本スレ

村上はるきの才能への嫉妬のあまりおーえさんがあげなかった由来ある公正無私な判定機関

あげときます(^0^)

がんばれがんばれ愚老和気

国風導け社会体制

すすめすすめ文化兵隊

242 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/08/18(金) 13:12:45
しんたろさん
こないだなんか若者の語学力おちてるとか文句いってたけど


 国語のてすとで勝負したらバッサリ勝つ自信あるよ(^o^)

あわれ

自信過剰の身のほど知らず

243 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/08/18(金) 13:21:38
上限ばかりか平均値も確実に上がってるんだよ

大学全入時代の学生と、かつての「特権的学生」とを単純に比較してるんだね)^o^(

『統計の思想なき者は文明人にあらず』
ふくざわがいってた

truthだよ(^0^)

244 :愚助:2006/08/18(金) 13:22:17
\(^o^)人(^o^)/










245 :(个ー个)ノ:2006/08/18(金) 13:28:24
o(^-^o) (o^-^)o♪












246 :吾輩は名無しである:2006/08/18(金) 13:32:14
◆◇◆◇◆◇◆◇













247 :吾輩は名無しである:2006/08/18(金) 13:36:21
平野っていいよなぁ

248 :吾輩は名無しである:2006/08/18(金) 14:39:00
age

249 :吾輩は名無しである:2006/08/18(金) 21:57:33
ゲンユウ報捨てゲストキター

250 :吾輩は名無しである:2006/08/19(土) 05:38:41
げんゆう⇒クロウ=玄侑宋久?

251 :吾輩は名無しである:2006/08/19(土) 06:22:27
ブログでの某社長の感想

小松左京氏の小説「日本沈没」は、とんでもなく面白かった!
今から30年以上前に書かれ、400万部を記録したベストセラーとのこと。
良い意味で、期待を大きく裏切られました。
これは、大災害クライシス系のお話ではなくて、壮大な大脱出計画をベースにした
「日本再生」のお話だったのです。
極東の島国で、良くも悪くも孤立して安定した共同体を築いてきた日本民族が、そ
の国土を失うという未曾有の危機のなかで、どうやって生き延びるのか?
試されたのは、まさしくコミュニケーション(外交)の能力でした。
フェア・アンフェア、合法・非合法も含めた、周辺諸外国との交渉能力と実行力。
30年前にかかれたストーリーが、現代の日本において全く陳腐化していないの
は、逆にやばい。
ところでその30余年後、先日発表された「芥川賞」小説を読みました。
絶句。。。。。面白くない。。。。
というか、こんなつまらないものをクローズアップするくらいなら、芥川賞なんて
なくしちゃえ。

252 :吾輩は名無しである:2006/08/19(土) 06:22:57
>>218
輝はしっかり持っているが、それを新人に押し付けるのは如何かと。

253 :吾輩は名無しである:2006/08/19(土) 07:34:21 ?2BP(10)
>>251
行灯持ちってかもう賑やかし社長だな

254 :吾輩は名無しである:2006/08/19(土) 09:17:47
毎回3人受賞を原則にしろ。全て文學界掲載作品でもかまわんし。
昭和十年の発足時からずっと年2回だが、時代が変わっているのに
年2回は少ない。人口だって増えている。
四半期ごとの授賞にしろ。年4回×3=12人。
作家志望者は日本全国1万人いるというが、年に12人芥川賞受賞
者は少ないくらいだ。現在の年に2〜3人というのは少なすぎて異常。

255 :吾輩は名無しである:2006/08/19(土) 09:44:33
自分の意見は>>254とは真逆。

受賞作なしが10年くらいあったっていいよ。
阿部和重とか伊藤たかみとか、あの程度のゴ
ミ文が受賞するくらいなら
やめたほうがいい。
レベルが下がるいっぽう。
義理やお情けかw

256 :吾輩は名無しである:2006/08/19(土) 09:52:57
>>250
玄侑宋久 ゲンユウソウキュウ 作家・僧侶 1956. 小説。「中陰の花」で125回芥川賞受賞、他に「水の舳先」。臨済宗妙心寺派の福聚寺副住職。慶大卒

257 :吾輩は名無しである:2006/08/19(土) 10:13:29
>>254

一度に3人原則というなら、年3回にしてほしい。
原則より、3三回×最高2人。
そのほうが盛り上がれる。

>>249
ゲンユウ、紳士服屋のMAの話題で、紳士服持ってないっていってたな。ほんとかね。

258 :吾輩は名無しである:2006/08/19(土) 10:15:41
ゴミがいくら集まっても盛り上がらないって。

使い捨ての作家もどきが増えるだけだ。

259 :吾輩は名無しである:2006/08/19(土) 10:39:43
>>210
おれも高樹だと思ったんだが。
河野はいつも粗筋纏めてるだけだよ。

>>220
池澤いらないな。
あの人はできが悪いのを推薦して、予定通り落選して、マイノリティぶるのが目的なんだろう。

しかしこのスレも板も相当劣化したな。
ラーメン板レベルの知能でゴミとか何とか吠えてても、もう突っこむ気も起きねえ。

260 :吾輩は名無しである:2006/08/19(土) 10:45:27
いらないなんていったらほぼ全員要らないともいえる

261 :吾輩は名無しである:2006/08/19(土) 10:48:30
>しかしこのスレも板も相当劣化したな。
>ラーメン板レベルの知能でゴミとか何とか吠えてても、もう突っこむ気も起きねえ。
最近の芥川賞のレベル劣化とまっことにリンクしているのであります。

いったい何を期待しているの?w


262 :吾輩は名無しである:2006/08/19(土) 10:50:16
最近の芥川賞/日本文学=ラーメン

それだけのこと。

263 :吾輩は名無しである:2006/08/19(土) 11:05:53
>>260
審査員ね。高樹は案外鋭いよ。

>>261
おれの書き込みをお題にして、芥川賞を見下すにしても、最低限>>262くらい機転利かせてくれ。

>>262
納得した。

264 :吾輩は名無しである:2006/08/19(土) 11:12:04
日本文学=ラーメン

なにそれ?

265 :262:2006/08/19(土) 11:21:01
>>263
すまぬが漏れは>>261でもある。
では>>261の書き込みは忘れてくれw

>>264
>日本文学=ラーメン
なんだと思う?

266 :吾輩は名無しである:2006/08/19(土) 11:22:02
ほらね。
上5スレの読解もできないやつが、そもそも文学なんてわかるわけがないんだよ。

267 :吾輩は名無しである:2006/08/19(土) 11:24:21
たった2人の選考委員しか推してないのに受賞するとは、
いかに
あたりさわりのない作品だったかということがわかる。

本谷さんが次点です、と騒いだわりには、たった一人(石原)しか推していないのが泣ける。

ほかの候補者は推した選考委員がゼロ。

268 :吾輩は名無しである:2006/08/19(土) 11:24:22
>>265
1分半で成長したな。

269 :吾輩は名無しである:2006/08/19(土) 11:27:17
>>268
うむ。天啓があってな。

270 :吾輩は名無しである:2006/08/19(土) 11:34:52
>>267
宮本評しか読んでないだろ。

271 :吾輩は名無しである:2006/08/19(土) 11:38:30
問題は、「ラーメンであっていかんのか」、だ。

272 :吾輩は名無しである:2006/08/19(土) 11:41:05
訂正。

問題は、「ラーメンであっていかんのか」でも、ある。


273 :吾輩は名無しである:2006/08/19(土) 11:43:58
ラーメン板でラーメンを語るレベルの知能で語るな。ということ。



274 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/08/19(土) 11:44:50
大衆啓発

がんばれがんばれ

愚老の妄言
真剣真剣


説教しんしん
みんな納得
感心感心w

275 :吾輩は名無しである:2006/08/19(土) 11:46:24
>>273
「ラーメンを馬鹿にするやつはラーメンで泣く」


276 :吾輩は名無しである:2006/08/19(土) 11:50:26
>>275
国語できないだろ。
要点はラーメンじゃないよ。
おまえの家庭教師やってるみたいだな。

277 :吾輩は名無しである:2006/08/19(土) 11:54:07
>>276
ラーメン板でラーメンを語るレベルの知能で
文学板で文学を語ってはなぜいかんのか?


278 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/08/19(土) 11:54:52
がんばれがんばれらーめん賞

はやかろうまかろ芥川

どんどん食べての持ってって

商業主義ですがんばれがんばれ

つまらんぶんがく純文学

じいちゃんばあちゃん選考員

くだらん作品万歳三唱\(^O^)/

わたやかねはら話題賞

アワレあわれの芥川

279 :吾輩は名無しである:2006/08/19(土) 11:59:58
文学板で文学を語る程度の知能でラーメン板でラーメンを語ると
ラーメン板で馬鹿にされるかもしれないという危惧はないのか?


280 :吾輩は名無しである:2006/08/19(土) 12:06:16
その危惧はないね。なぜなら同程度の知能ということだから。論理的には同化する。


(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ

こいつはどこでもバカにされるだろうけど。

281 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/08/19(土) 12:13:18
 リベラルな大衆社会で特権を主張して搾取するが為の「純文学」のparadigmなんか潰せ。

大江が神話的構造を「近代文学」に挿入して以来、
日本文学史の中で純文学と大衆文学のborder lineは消滅したに等しい。

ならば、この議論は不毛不要。
事実目指すべきは「大衆の為の純文学」という新しい理念。

282 :吾輩は名無しである:2006/08/19(土) 12:16:16
フフフ、理屈っぽいやつだなあw
「知能」という言葉にイマイチ納得できないのだが、これから黒い
ハイソックスの似合う美尻女が部屋に来るのでこのへんにしておいて
やろう。
さて、ちんぽ洗うか。

>こいつはどこでもバカにされるだろうけど。
たまには面白いこと書いてると思うけどね。

283 :吾輩は名無しである:2006/08/19(土) 12:19:36
>大江が神話的構造を「近代文学」に挿入して以来、
>日本文学史の中で純文学と大衆文学のborder lineは消滅したに等しい。
なぜ、そういえるのか? 純文学と大衆文学との差異はそれぞれの
「神話的構造」の有無によるとでもいうのか?
もしくは、「神話=大衆」ということか? つまり、大江は実は
大衆文学家だったと?

そうかもしれないな。

さて、ちんぽちんぽ。

284 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/08/19(土) 12:27:27
ばか=はるきち=えろはげじじい

(゜_゜)あわれ

285 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/08/19(土) 12:33:18
近代日本文学史中級者用解説


「純文学」概念の成立時期→リアリズムの近代小説輸入期
 →日本古来の虚構的物語性=神話へのanti these→大江『万延』による再復活→「純文学」概念の脱構築
 →春樹による物語の復権→純文学の崩壊→綿矢・金原ら「大衆作家」の登場→今に至る


わかったらくだらん低級議論やめれ
見苦しい

286 :吾輩は名無しである:2006/08/19(土) 12:34:46
大介ってなに書いてる人なの

287 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/08/19(土) 12:50:01
文学そのものの位置がsiftしてきただけだよ

変化に敏感な若い世代が――後進女権とは別に――メディアとしての文学を見捨てた理由だよ。

 崩壊しないなら『新たな理念のもと』生き延びるしかない。

かつてのような特権主義ではもはや、文学に未来はないよ。
それは綿矢風の伝統芸能として自己完結するだろうよ。

288 :吾輩は名無しである:2006/08/19(土) 12:53:46
新たな理念てどんなの

289 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/08/19(土) 12:58:41
 芸術としての文学がcontemporaryにサバイブる道のひとつは、
音楽みたいに『市場最適』の合理化を作品に施すしかないよ。

たとえばpop musicはラジオで流され易い長さに自主的にカタチを合わせてきた。
CDとして売れ易いようにシングルとアルバムの組み合わせを自らの創作paceに課した。

文学でもおなじような「mediaの為の作品」を定型化すれば市場としての文学は自由競争の中に晒しうる。
最低そこに到達しなければ、ジジババ推薦芥川賞権威の延長での伝統芸能的衰退は否応なし。
 なぜなら封建官僚主義的腐敗は免れ得ないからだよ。

今ですら、石原君臨の限り、都を公に批判する作風は理由なく斬られちゃうんだからw
芥川幕府あわれ

290 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/08/19(土) 13:03:40
 八月の路上がなんちゃらとか沖縄で待っててやら
最近の芥川賞作品が糞なのはみんな分かりきってるよ。

要するに芥川幕府は機能停止してるんだよw
あわれ愚老ホームのなれあい談合


 前衛は芥川賞からは出ないよ。
従って、芥川幕府はたんなる「伝統芸能の城」として芸術大学的に君臨し続ける不毛の土地。

サザンもミスチルも芸大音大出てないよw推して知るべし


 若いtalentsは芥川賞にできるだけはやく見切りをつければ勝てるよ。
衰退市場だもんw

291 :吾輩は名無しである:2006/08/19(土) 13:04:03
今一番ポピュラーだと思うのはどんなの

292 :吾輩は名無しである:2006/08/19(土) 13:07:10
>>289
>石原君臨の限り、

「イシハラシンタロウ」としての商品価値があるんだ。
そこが分かってないから、アンタはいつも肝心な部分で読み誤るのだろう。

293 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/08/19(土) 13:14:13
>>292
 審査員としても二流だよ。
文学不向きの一発屋はさっさと足洗って愚衆煽動してろよって感じだよ。
芸術分野で実力は隠せない。


>>291
 世界の春樹だよw
やっぱり当時の保守派談合=芥川賞 はもらってないよ。

大江が蹴落としたんだよ。
権力争い
猿山

294 :吾輩は名無しである:2006/08/19(土) 13:18:02
>>293
>芸術分野

主観芸術を主観で語るバカ。
オマエはロシアが攻めてきたときのトーチカ建設の「人柱」がちょうどいい。

295 :吾輩は名無しである:2006/08/19(土) 13:19:39
まてまて芸術が何かで決まる

296 :吾輩は名無しである:2006/08/19(土) 13:24:02
春樹は3流ですよ

297 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/08/19(土) 13:24:49
>>294
 芸術における真の客観とは、数知れぬ人々の主観の積み重なりにゃる『歴史』だよ。

従って、文学史上に残り得ない作品はぜんぶ流行の浮き世話に過ぎない。
本物の文学は『歴史』にきっちり残らざるを得ないもの。

 ならば、
太陽の季節いっぱつで低俗な話題を提供するしかできなかった石原は
やはり二流writerとみなすほかない。
アワレ


 世界文学史に残る作品を書く春樹や、日本人としてノーベル賞を取れた大江とはレベル違うよ(^0^)

298 :吾輩は名無しである:2006/08/19(土) 13:30:50
本物のポピュラー文学を作っていこうお
というか石原は完全な文学者ではないお

299 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/08/19(土) 13:35:08
都庁から片足突っ込んで偉そうな無能ばかはさっさと右翼煽動に狂奔してればいいんだよ(^0^)

文学独尊の大任をなめるなよナチスめ(^-^)

300 :吾輩は名無しである:2006/08/19(土) 13:42:35
>前衛は芥川賞からは出ないよ。
むしろ最近ではいちいち喜んでいると「恥」ですらある。
辞退するくらいのやつ、出てくれば面白いが。
ここは中原に期待しよう。

阿部和重みたいな尻尾フリを若手が見習うようになったら困る。



301 :吾輩は名無しである:2006/08/19(土) 13:47:46
ガス欠の奴はほかっとけ

302 :吾輩は名無しである:2006/08/19(土) 13:53:42
>>297
>従って、文学史上に残り得ない作品はぜんぶ流行の浮き世話に過ぎない。

だから、さ。
俺が「ワタヤりさのドコがいいのか?」訊ねたとき、アンタは「可愛いから」と答えたんだ。
あのときアンタは「バカモノ」と断定されたんだ。

303 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/08/19(土) 13:56:14
今の芥川賞の実体は既得権益の拡大装置だよ(^o^)

アワレアワレの名誉盆栽

二流の愚老・いしはらしんちゃん大満足の素晴らしい賞与だよ(^0^)

ほしいなほしいな
愚衆の注目と支持ほしいな('_')


 賢衆からのバックアップで漱石みたく売れまくるより、
一発屋の登竜門・芥川賞のほうが欲しいな(☆o☆)

304 :吾輩は名無しである:2006/08/19(土) 13:56:58
前衛気取りが一番下らなくないか?

305 :吾輩は名無しである:2006/08/19(土) 13:58:14
フレームリレー【frame relay】


データ通信で,情報をフレームと呼ばれる可変単位にまとめ,伝送する方式。従来のパケット交換よりも,より高速で大容量の通信が可能。



306 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/08/19(土) 13:59:47
>>302
可愛い以外に理由なしw
あわれ

>>304
 がんばれがんばれ後衛ぴらの
裏技デビューで芥川賞に輝く史上最年少(当時)の天才三島まがいだよ(^0^)
やっぴー

307 :吾輩は名無しである:2006/08/19(土) 14:03:09
前衛って言うのはそもそも左翼思想からのものだろ?それと今の作家が気取って描いてる作文とは全然違う。

308 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/08/19(土) 14:15:29
ピカソ=左翼


↑へんなの(゜_゜)もそもそ

どこがもと
印象派展覧会で夕暮れの絵をモネが描いて以来はじまったのが
芸術におけるモダニズムだとおもうよ(^o^)

当時のリアルな風景画に見慣れたひとらには気違いっていわれたんだって(T.T)ひどい
けどそれが突破口になって、マネやゴッホやピカソやモンドリアンが出たよ(^0^)すごいすごい


 前衛は芸術を面白くするムーブメントだよ
『発展がなければ必ず衰退する』
ふくざわゆきちもそんなの言ってた

だってヒラノの作品じゃ若者はふるいたたないもんね(-_-)つまんね
漢字まにあ

309 :吾輩は名無しである:2006/08/19(土) 14:44:00
日本語で前衛は向かないんだよ。名前が残ってる作家って大体リアリズムの影響受けてるじゃん。

310 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/08/19(土) 15:01:36
>>309
ばかくさい(゜_゜)

なら一生胃の中で黙ってぴらの読んでれば
アワレ黄色猿の言い訳

311 :吾輩は名無しである:2006/08/19(土) 15:07:12
平野っていいよなぁ

312 :吾輩は名無しである:2006/08/19(土) 15:33:31
平野なんかどうでもいいよ?バルザックとかディケンズとか前衛じゃなくても面白いもんはあるだろうが。
今はそういう作家が居ないだろ。

313 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/08/19(土) 15:33:48
現代日本文学衰退因=害虫石原

追放追放!
ナチズム政治家は文壇から永久追放せよ!

314 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/08/19(土) 15:37:13
>>313
倭奴は本気でばかだねー( ̄― ̄)
アワレを通り越して気の毒ですらあるよ。


やつらは当時の西欧で最先端の前衛だったんだよ。
じゃなけりゃ歴史に名は刻まれないもの

 バルザックなんか作品間越境の先駆者だ。
それは誰もやらなかったことである以上、avant gardeだよ

あんた「時代」の概念知らない野蛮奴じゃないのwいやし

315 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/08/19(土) 15:40:59
人は誰もが無知だよ(^0^)

それを知れば、無能なのに、石原みたいな偉そうな顔( ̄^ ̄)y-~~して
権威にのさばることなんかできやしないよ


 石原慎太郎=無知

316 :吾輩は名無しである:2006/08/19(土) 15:49:44
何時も同じような事言って締めるよね>だいすけ
どうでもいいけどさ

317 :吾輩は名無しである:2006/08/19(土) 15:51:31
いや、そう言われればそうだな。俺の間違いだった。弟子にしてくれ!!!!!!!!!
ディケンズの小説もバルザックの人物再登場法も従来の小説には無かったことで前衛と言えば前衛だ。
とすればアバンギャルドとは何なのだ、と考えると分からなくなってくるぞ?新しい時代でありながら旧時代の前衛に縋り付いている奴のことを言うのか?
そう考えると、平野もそうだが旧時代のヌーヴォーロマンを真似ただけの中原昌也・鹿島田真希などが光栄に見えたりするが、彼らは後衛旧時代の遺物に縋り付いているだけに見えたりしないか?


318 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/08/19(土) 16:28:55
旧時代を抜け出して新時代を提案する者がforward=前衛だよ

どんどん世界に出ていってガンガン点とらなきゃ勝てないもんww


それの逆に


旧時代さながら昔ながらのやり方でぼちぼちやって、足元を固める役割がdefence=後衛だよ


いきなり先進文化に圧倒されてガクガクのあしもとでバシバシ点取られたら負けるもんww

319 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/08/19(土) 16:32:40
文化の総体は前衛と後衛の自由競争切磋琢磨で発展するんだよ(^0^)

偏ったらよくないよ(>д<)
だって守りも攻めも大事だもん


 前衛は勝つ為に、
後衛は負けない為に、戦っているんだよ。

異文化と



芥川賞=後衛賞

320 :吾輩は名無しである:2006/08/19(土) 16:33:48
だいすけ的には豊崎とかどうなんだ?良く分かりもせずに前衛と言う言葉を使ってるような気がするが。

321 :吾輩は名無しである:2006/08/19(土) 16:36:15
アバンギャルドではなく「アバンガルド」といったほうがかっこいいね。

322 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/08/19(土) 16:55:18
>>320
だれ(?_?)

323 :吾輩は名無しである:2006/08/19(土) 16:56:33
メッタ斬りの婆だwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

324 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/08/19(土) 16:59:59
(´・ω・`)


しんない

325 :吾輩は名無しである:2006/08/19(土) 17:00:38
平野っていいよなぁ

326 :吾輩は名無しである:2006/08/19(土) 17:07:11
平野っていいよなぁ

327 :吾輩は名無しである:2006/08/19(土) 17:17:05
なんだ、またババァ一人か、この板は。
おいバァーサン、他の人が絡みづらいってよ。切口を変えろ。
気付いたときアンタはいつも一人で踊っているが、
だから、「世界文学史に残る」必要を感じない人たちがウケてるわけでしょう、いま。
ったく、とんだアカスケがいたものだ。


328 :吾輩は名無しである:2006/08/19(土) 17:18:51
>>327
>踊っているが、

のあとは「省略」だ。


329 :吾輩は名無しである:2006/08/19(土) 17:47:54
「蔵信芳樹」、「m0yPyqc5MQ」に続いて
「平野っていいよな」をNGワード登録しました。

330 :吾輩は名無しである:2006/08/19(土) 18:03:38
平野っていいよなぁ

331 :吾輩は名無しである:2006/08/20(日) 20:05:30
>>327
いつも思うんだけど、この人日常でも「ババア」とかアカスケとか
アンタ、とか使ってるのかな。きもい。

332 :吾輩は名無しである:2006/08/20(日) 20:15:12
>>331
>きもい。

俺は「きもい」は使わんね。
俺の言語<美的>感覚が許さないから。
分かったかい、バーサン。

333 :吾輩は名無しである:2006/08/20(日) 20:29:55
「かい」ってのもきもいよな。

334 :吾輩は名無しである:2006/08/20(日) 21:34:23
>>333
>「かい」ってのもきもいよな。

なんだそりゃ?
そんな出がらしみたいなレスを付けてまで引っ張るスレかい。

335 :吾輩は名無しである:2006/08/20(日) 21:37:19
スレを引っ張っているわけではない。
この「ババア」を連発する人、
コテハンじゃないのが不思議なほどきもい、
と言っているだけ。

336 :吾輩は名無しである:2006/08/20(日) 21:56:29
まぁあれだ板自体が過疎ってるから
色々、変なのが気になるのもしゃぁねぇやな
埋もれるくらいレスが付きゃ良いんだが

337 :吾輩は名無しである:2006/08/20(日) 22:07:52
>>335
>コテハン

「ハンドル」を固定化する事に意味あんのかい?

338 :吾輩は名無しである:2006/08/20(日) 23:37:30
いや、君の場合はない。にじみ出るきもさが
あるので十分だ。

339 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/08/22(火) 09:28:11
ヒトラー石原、神聖なる日本文壇から出ていけ!

ヒトラー石原、神聖なる日本文壇から出ていけ!

ヒトラー石原、神聖なる日本文壇から出ていけ!

政文分離の文明原則を遵守せよ!

政文分離の文明原則を遵守せよ!

政文分離の文明原則を遵守せよ!

340 :吾輩は名無しである:2006/08/22(火) 14:52:24
歴史的に見て全然分離してないと思う。
単純に石原が文学者じゃないっていうだけ。


341 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/08/22(火) 22:03:28
>>340
封建崇拝奴


江戸っ子アワレw

342 :吾輩は名無しである:2006/08/22(火) 22:19:14
>>340
>文学者

いまどき「文学者」とか云われたとき、どんな顔すりゃいいんだよ。
石原慎太郎先生は江戸っ子ではなく小樽っ子だよ。
(o^v^o)は今晩もバカなんだなぁ。

343 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/08/22(火) 22:21:07
>>342
自己言及乙


飛んで火に入る夏虫アワレ

344 :吾輩は名無しである:2006/08/22(火) 22:26:58
>>343

「裕福な国のアカスケ」
アンタはそれだけで胡散臭いよ。
要件を十二分に満たしているんだ。
そして、「猫」かい。
「まずコミューンの子供から愛せ」と軽く往なされたくせに。
バカあわれ。

345 :吾輩は名無しである:2006/08/22(火) 22:39:29
ところで、
「ダイスケ」ってのは「荒木大介世代」なの、モロバレだな。
たまさか名付け親がルパンファミリーの次元大介フリークって
ワケではあるまい。

346 :吾輩は名無しである:2006/08/22(火) 22:56:04
>>344
>「裕福な国のアカスケ」

例えば島田雅彦がそうだ。
「若者よ、連帯せよ」なんてやってる。
もちろん計算してる事だから、島田センセイは「ユーモラスな人」なんだけど、
あれ、素でやってたらただのバカだからね。
連帯といえば、甲子園の決勝。いい試合だったなぁ。否が応でも「連帯」しなけりゃならんのだし、
動機としてはこちらの方が純粋だね。
結果は(俺にとって)残念だったけど、どうしても勝ちたい気持ちが早実の方が上だったんだろうなぁ。
それは二年前のコマトマの姿でもあるんだけど。
「野球は筋書きのないドラマ」なんて誰が云い出したんだか知らないけど、
もし、俺が脚本を捻り出したとしても、あのエンディングしかないな。
斎藤対田中(田中は打撃もいい)。
「星」を背負って生まれちゃう人間って、必然的に「舞台」に上がっちゃうんだよなぁ、不思議と。
プロの世界で云えば、新庄剛志がそういう人だ。

347 :吾輩は名無しである:2006/08/22(火) 23:30:04
>あれ、素でやってたらただのバカだからね。
なぜ?

348 :吾輩は名無しである:2006/08/22(火) 23:43:42
>>347
>なぜ?

メルクマール無き時代。
なにを目標としてひとつにまとまるの?
宇多田ヒカルは<(私の)ひとつの幸せは、どこかにいる誰かの不幸>と唄って
「同時代オーディエンス」の支持を得たけど、みんなが幸せになる事ができないのなら
せめて「作者」は幸・不幸を超越した地点で創作したいものだ、というのが俺の考え。
だから、俺は高橋源一郎がそれほど嫌いじゃないんだよね。ただ、「長男」の話をしてるときは
「なんか、逃げてんなぁ」って思うけど。

349 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/08/22(火) 23:55:30
こんやはあさださんがいらっしゃっている模様です(^-^)

(o・v・o)

おかし

350 :吾輩は名無しである:2006/08/23(水) 18:03:36
平野っていいよなぁ

351 :吾輩は名無しである:2006/08/23(水) 19:46:04
テレ朝“バカラ社員”依願退職
http://www.mainichi.co.jp/sponichi/geinou/art/040124X008gei0000000000.html
 昨年10月、都内でバカラ賭博に参加し、警視庁に現行犯逮捕されたテレビ朝日
営業局の男性社員Y氏(27)が、23日付で同社を依願退職した。20日にY氏本人
が退職願を提出、それをテレビ朝日側が受理したもの。Y氏は早大ラグビー部時
代にはレイプ疑惑が取りざたされたこともある。同社広報部では「特にコメント
することはございません」としている。
 Y氏は営業局スポット営業部所属で入社3年目。12月19日付で懲戒休職1カ月
の処分を受けていた。
 テレビ朝日では懲戒免職の次に重い処分だったが、局内外から「処分が軽すぎ
る」との批判の声が噴出。社会的な影響も考慮して依願退職の道を選んだとみら
れる。
 テレ朝関係者によると、事件前からY氏は社内でも評判が悪かった。新入社員
研修で30時間の徹夜業務を体験させられた際には、きつい仕事に耐えられずに逃
走し大騒ぎになった。スエットジャージーに短パンというラフな服装で出社する
こともたびたび。営業局配属後も髪を金色に染め、紫色のシャツを着るなど派手
な装いで目立っていたという。また、街頭で気に入った女性を見かけると、いき
なり社名の入った名刺を出して「食事をしよう」などと昼間から口説くなど、社
会人としての常識を逸脱した行為を繰り返し、社内でも問題視されていた。
 Y氏は昨年10月25日午後8時15分ごろ、東京都渋谷区内のカジノ店でバカラ台
を使った賭博をしていたとして、現行犯で逮捕された。保釈後に書類送検された
が、略式起訴され罰金30万円を支払った。
 Y氏は早大ラグビー部で主将まで務めた有名プレーヤー。しかし、レイプ疑惑
への関与が週刊誌で報道され、世間を騒がせたとして謹慎処分を受け、主将の座
も失った。テレ朝関係者によると、ラグビー部のOBらの推薦で同局に入社した
という。
(スポーツニッポン2004年1月24日から)



352 :吾輩は名無しである:2006/08/26(土) 17:16:58
あれ?この板に前、伊藤たかみのスレ無かったっけ?
なんで消えたの

353 :吾輩は名無しである:2006/08/27(日) 12:07:40
>>352
「伊東たかみ」で検索してごらん。

354 :吾輩は名無しである:2006/08/28(月) 19:26:11
>>353
ありました。どうも。

355 :そういうの:2006/09/09(土) 11:38:43
そういうの

356 :吾輩は名無しである:2006/09/09(土) 20:08:49
次回は、ウンコの臭いが「プ〜ン」と漂ってきそうな作品が受賞しそうだね。
初期の芥川賞受賞作で糞尿譚というのがあったが。

357 :吾輩は名無しである:2006/09/10(日) 17:17:40
次は、健康で働き者でポジティブな作品が候補に並びます。
そして、世の中を理解していない、思考力が低い、もっとよく考えろ
と批判されます。

358 :吾輩は名無しである:2006/09/17(日) 08:06:12
888 :阿部敦良 :03/02/25 11:37
それにしても、無名草子さんたちとは、さぞやすごい作家先生の匿名書き込みなんでしょうね。
作家なんて才能が全てだから、津井ついみたいに、いくら努力したって駄目なものは駄目ですよ。
私なんか、早々に見切りをつけて趣味の世界で細々ですから。
          小説現代ショートショート・コンテスト優秀賞受賞 阿部敦良

359 :吾輩は名無しである:2006/10/11(水) 17:00:18
現在までのところ、星野智幸は有望らしい。
文学界に書いてるしw
島本理生も今年進境著しく、前回のようなことはなさげ。
文芸誌新人賞の中には、候補っぽいもん、ないねえ。

360 :吾輩は名無しである:2006/10/28(土) 16:53:32
セカチュー編集者に芥川賞レベルと絶賛!
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/bun/1161984222/

361 :吾輩は名無しである:2006/11/21(火) 13:17:28
今年の芥川賞。。。。もいっかいりさたんにあげちゃう!ってのは?

362 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/11/21(火) 14:43:06
衆愚制

363 :吾輩は名無しである:2006/11/23(木) 12:04:14
寡頭制だろ

364 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/11/23(木) 13:31:11
醜猥低級大衆文化期永し


(-□-#)にるばーな

365 :吾輩は名無しである:2006/11/23(木) 13:56:55
>>364
ニルヴァーナ…で突然連想したが

寡作の宮内勝典がなんかの賞取ったんでねえか? あれは純文学路線やろ

366 :吾輩は名無しである:2006/11/23(木) 14:17:24
つ「焼身」が読売文学賞。

あとオウムの元信者との対話
「日本社会がオウムを生んだ」宮内勝典/高橋英利は一時話題になった。

367 :吾輩は名無しである:2006/12/07(木) 04:03:17
あげ

情熱大陸角田光代

368 :吾輩は名無しである:2006/12/07(木) 08:09:19


369 :吾輩は名無しである:2006/12/15(金) 11:30:19
さて、少しづつ芥川賞の季節が近づいてきたな。
俺の最終候補作予想↓

青木淳悟「ふるさと以外のことは知らない」(群像9月号)
朝比奈あすか「月曜日の朝へ」(群像12月号)
中島たい子「建てて、いい?」(群像12月号)
佐川光晴「家族の肖像」(文学界12月号)
西村賢太「暗渠の宿」(新潮8月号)

群像から三作、文学界と新潮からそれぞれ一作。俺の独断予想。
俺の希望としては、

朝倉祐弥「救済の彼岸」(すばる10月号)
星野智幸「植物診断室」(文学界9月号)
荻世いをら「公園」(文藝冬号)

あたりに候補作になってほしいかな。特に星野智幸。阿部にやれるん
だったら星野にもやってほしい。『アルカロイド・ラヴァーズ』で
やっとけば完璧だったのに候補にすらならなかった。







370 :吾輩は名無しである:2006/12/15(金) 11:37:18
文藝賞はおぎよより中山のほうが良かったと思うなあ。






371 :吾輩は名無しである:2006/12/15(金) 11:45:16
本谷鹿島田はなんか作品発表してなかったっけ。

372 :吾輩は名無しである:2006/12/15(金) 11:52:52
>>369のあげた中ならダントツで青木だな。
「ふるさと〜」はいいよ。
ほかにあがってるのはどれも週刊誌のノベライズ。

373 :吾輩は名無しである:2006/12/15(金) 17:55:34
京大在学中群像新人賞受賞後何一つ書いていなかった寺村朋輝が群像に書いてるんですが
いま何してるか知ってる人いる?



374 :吾輩は名無しである:2006/12/15(金) 18:38:36
あそこに書いてある内容どおりだったらある意味おもしろい。

375 :吾輩は名無しである:2006/12/15(金) 18:47:02
なんか候補者ずらっと帰化チョンくさい人間が並んでますね。。



オワタw 日本文学ww

376 :吾輩は名無しである:2006/12/15(金) 19:19:05
朝比奈と中島はカタイだろうな、候補作入りは。
あとは青木が問題だな。入れば面白くなる。ナオコーラはダメか。
文藝の片割れヘンリエッタは…、俺は合わなかったよ。

377 :吾輩は名無しである:2006/12/15(金) 22:45:01
>>369
柴崎友香は来るんじゃないか?

378 :吾輩は名無しである:2006/12/16(土) 00:36:10
今回も文春―早稲田が取るから星野に一票。

379 :吾輩は名無しである:2006/12/16(土) 12:22:29
>>377
同意。朝比奈、中島あたりだったらそれよりは断然、柴崎だな。



380 :吾輩は名無しである:2006/12/16(土) 14:00:56
ろくな作家がいないな。

381 :吾輩は名無しである:2006/12/16(土) 14:16:53
星野は難しいんじゃないか。
いい作家だとは思うが、三冠となるとやりすぎだろう。
そこまでじゃない。もう芥川枠からは外してあげればどうか。
本人も落ち着かないだろうし。

382 :吾輩は名無しである:2006/12/16(土) 14:22:42
星のってまた チョン かよ

383 :吾輩は名無しである:2006/12/16(土) 18:08:26
朝比奈はどうかな。中島・柴崎でいい。
あとは俺もやっぱり星野だな。三冠でもいいじゃないか。
地味にがんばってるし。いい作家だよ。

384 :吾輩は名無しである:2006/12/16(土) 18:29:22
地味にがんばってる、ってのとは微妙に違うような。
教職もあるんでしょ? そこまで奨励する必要あんの?
そもそもかがんばってるから、みたいな理由が
一番しっくりくるってどうなのよ。
まあ賞をとったら顔で売れるのかもしれないが。

385 :吾輩は名無しである:2006/12/16(土) 22:07:19
そうか、星野が取ると3冠になるのか。
今回の作品はそれほど素晴らしい作品だとは思わなかったから
取らなくてもいいが、それが理由で候補から外されるのはかわいそうだ。
阿部ちゃんも言ってたけど、中堅のいい作家には満遍なく行き渡る賞であってほしいな。

まあ、今期オレが読んだ中では柴崎が一番いいと思うが。
>>369に挙がってるので読んでないやつを読んでみるよ。

386 :吾輩は名無しである :2006/12/17(日) 21:51:02
候補作って、いつ発表なん?

387 :吾輩は名無しである:2006/12/17(日) 22:33:30
>>386
年明けすぐ、くらいかな?
もちろん候補者とか関係者には連絡がもう行っていると思うけど。

388 :吾輩は名無しである:2007/01/01(月) 17:42:45
> [7] 芥川賞・直木賞
>From: ゆゆ
>いくつか候補作がわかったけど
>どれもパッとしないなぁ。
>・佐藤多佳子『一瞬の風になれ』
>・三崎亜記『失われた町』
>・荻原浩『四度目の氷河期』
>あたりがイケてるかなぁ?
>芥川賞についてはホントにだめだわ、こりゃ。
>著者でいうと
>星野智幸、佐川光晴、柴崎友香、田中慎弥、青山七恵
>う〜ん、全く小粒なというか、興味のわかないラインナップですな(笑)

389 :吾輩は名無しである:2007/01/01(月) 18:09:31
青山か……

390 :吾輩は名無しである:2007/01/01(月) 18:26:46
この「ゆゆ」とか言う奴は何者?信用できる訳?

391 :吾輩は名無しである:2007/01/01(月) 19:20:37
柴崎でいいよ


392 :吾輩は名無しである:2007/01/01(月) 20:00:20
笙野以外の三冠って今まで居るの?

393 :吾輩は名無しである:2007/01/01(月) 20:01:01
田中は何故か新潮社から(今更)単行本が出るからほんとに候補かもね

394 :吾輩は名無しである:2007/01/02(火) 16:41:24
つか、芥川の方で残ってる大粒っているのかよ。
とくに三冠がかかった星野以上に大粒な奴なんていないだろ。

395 :吾輩は名無しである:2007/01/02(火) 16:52:46
点滅・・・の人

396 :吾輩は名無しである:2007/01/02(火) 16:53:57
おいおい。

397 :吾輩は名無しである:2007/01/02(火) 16:55:51
うぁ。そうか。点滅の人も、芥川で三冠なんだったか。
なんか安いなあ。

398 :吾輩は名無しである:2007/01/02(火) 17:15:00
漏れの芥川賞の夢では、漏れと島本理緒の同時受賞なんだが…         今回じゃないみたいや

399 :吾輩は名無しである:2007/01/02(火) 17:35:18
またアホザキ社長競馬で一儲けしようとするんだろうねwwwwwwwwwwwwww

400 :吾輩は名無しである:2007/01/02(火) 20:54:58




最近の芥川賞が人口比率の割りに異様に帰化チョンの受賞が多いよな。
どう思う?龍あたりからそういう傾向が強くなっている気がする。

401 :吾輩は名無しである:2007/01/02(火) 20:56:55
そんなんどうでもいい、というか、
おまえみたいな差別主義者がなんでこんなスレにいるの?
まったく意味がわからん。

402 :吾輩は名無しである:2007/01/02(火) 21:08:32
>>401
同感www

403 :吾輩は名無しである:2007/01/02(火) 21:35:59
差別主義者とあぐらをかいて日本は朝鮮に乗っ取られればいいとでも?
それとも読書家のくせに社会の動きにも疎いのか?
それとも。。。。。。?w

404 :吾輩は名無しである:2007/01/02(火) 22:09:47
作家の国籍がどこだろうと、日本語で書かれた小説作品が対象の賞なんだから
作品のレベルが高ければいくらでも授賞すればよい。
と、マジレスしてみる。

405 :吾輩は名無しである:2007/01/02(火) 22:20:53
>>404
人口比率的にみてどう考えても裏から手が廻っているという事実は?
過半数がそれだと日本人にとって不当としか言えなくね?
選考委員の顔ぶれ見てみろ、あれで公平な審査ができるとでも?

406 :吾輩は名無しである:2007/01/02(火) 22:34:40
>>405
うーん、俺はどの受賞者や銓衡委員が在日朝鮮人なのか知らないけどさ、
そもそも人口比率に準拠しなければならない理由もないのでは?
在日朝鮮人だからこそ、日本語という言語に日本人より強い緊張感を
覚えながら作品を書き、その結果優れた作品を残す率が日本人より
高いということだってあるかもしれないしさ。

「裏から手が廻っていない」ことを証明するのは“悪魔の証明”だから
俺にはできない。具体的に、第何回の候補作や受賞作に、手が加わっているのか
ぜひ指摘してもらいたい。

407 :吾輩は名無しである:2007/01/02(火) 22:35:04
日本文学ほどあいまいなものはないよ。酔ってレス。日本人という定義について誰かマジに考えたことある? スワロウテイルの白人は日本語を話し、上海人は英語を話す、まぁ昨晩の記憶

408 :吾輩は名無しである:2007/01/02(火) 22:36:52
カワバタの時代の美しい日本語は失われた、それでも僕らが日本人なら、文学はどう書かれるべきと考える?春樹の英語翻訳の日本語をバカにするだけじゃだめだよね、みんな知ってるとオモウケド

409 :吾輩は名無しである:2007/01/02(火) 22:43:23
>>408
>僕らが日本人なら、文学はどう書かれるべきと考える?
全体的によく分からんレスだが、この問いは特によく分からないな。
どう書かれなければいけない、という枠なんか文学にはあるべきじゃないと思う。

410 :あくきん:2007/01/02(火) 23:08:40
うん、でも僕もわからない。日本という国家のていぎほど難解なものはない。俺は日本人と言えることほどあいまいなものはない。平野さんはフランスではじめて日本人と感じたんじゃないの?

411 :吾輩は名無しである:2007/01/02(火) 23:12:58
平野啓一郎なんてあやしいもんだろ?新潮の対応も含めると個人的なコネではなく組織ぐるみっぽい。
我々もそろそろ文学賞の監視をしないといけないと思う。少なくとも個人的に今の賞は芥川含め、
腐りきっている。国籍はどうでもいいとか言うが、今はある国籍の人間しか受賞できないという
現実かもしれない。
理解しづらい人もいると思うけど、西のほうに住んでりゃいやでも敏感になる。
危機管理とでもいうのか。ボクシングの亀田みたいなもんだと思うよ、今の芥川賞はね。




412 :吾輩は名無しである:2007/01/02(火) 23:19:32
日本人は実力があっても受賞できない(または難しい)って現状が民族差別だろ。

413 :吾輩は名無しである:2007/01/02(火) 23:23:10
候補が388の通りなら、露骨な星野シフトだな。
佐川はまた当て馬か。
圧倒的な力をもちながら日本人に生まれたばかりに気の毒だ。。。。

414 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/02(火) 23:28:35
>>411
たしかに良いこと言いますね。

いわゆる煽動に利用されだしたら言論界はもちろん、国も一巻のおしまいですからね。
石原が文藝春秋を支配しだした時点で注意すべきだったんです。

はっきり言って患部はもう手のつけようが無いくらいのところに来てます。
編集部は事態を理解できていません。
 石原の文章が無批判に載る時点で文藝春秋という雑誌社の消息には要注意です。

ナチズムであれ共産化であれ、
ある癒着の患部を摘出しなければやがては界全体が菌に侵されます。


前々からぼくは
1.審査員の読者投票制
2.審査過程の透明化
3.石原など政治関係者の排除

を掲げて芥川賞の腐敗に立ち向かう覚悟です。
日本文学のためですから。
 だからぼくはもし今の状態でこの賞をもらっても進んで辞退するつもりです。

415 :吾輩は名無しである:2007/01/02(火) 23:36:09
芥川賞欲しいんで韓国籍取ろうかw

アメリカ+国際金融の支援を受けて、朝鮮系が支配してるのが日本の現実。

まあ劣勢だった民族を優遇するってのは、植民地統治の定石だけどね。
日本も昔マレーシアで、中国系を抑えるため、差別されてたマレー系を優遇した。
だからマハティールとか今も日本に感謝してるだろ。

416 :吾輩は名無しである:2007/01/02(火) 23:38:54
日本人は日本で被支配民族に転落してるって事実を認識しないと。
差別されてるのは日本人だってこと。

417 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/02(火) 23:39:23
 ぼくの言いぶりは平和ボケ日本人には大袈裟に聞こえるに違いない。

 だが連合国民にしてみれば、
ぼくのような者がひとりでも民族内に存在しうるという証拠は、命をつなぐ綱になる。

いまのところ、石原が文壇最悪の根です。
あれが文学界から足を洗えるように全国民総出で努力しなければなりませんよ。


いまはまだ大人しく、あたかも自分のしょぼい地位の人気とりに文芸を悪用しとるだけですが
そのうちどうなるかわかりませんからね。

いまの文藝春秋はいつでも「裏政府官報」と変わらぬ立場に置かれているんですよ。
芥川賞だって例外じゃありませんよ。


 政文癒着にどれだけ注意してもしすぎるということはないんですよ。
第二次世界大戦、枢軸側で戦ってきましたから!

418 :吾輩は名無しである:2007/01/02(火) 23:44:21
今の選考委員て誰だ?
確定でも石原、龍、輝、山田だけでもわんさかいるぜ?帰化系。。

でも差別主義とか未だにいうやつは本読むのに馬鹿なんだよ。。
現実が見えないというか、こういう奴が自民党をなんとなく支持して朝鮮の
属国になってるんだよ。星野が受賞したらぶちきれだぜ?

419 :吾輩は名無しである:2007/01/02(火) 23:47:27
小泉古い世代の帰化人って言ったら、笑う奴もいるだろう。。
だがな、アイツの第一秘書の 飯島勲 てやつだ。
わかるやつはぴんとくる。

420 :吾輩は名無しである:2007/01/02(火) 23:48:21
星野って昔、ロンリーハーツキラーとかって作品で
桜が散り、黄砂(韓国の象徴)が日本列島を多い尽くす
っていう露骨な表現をしてたな。全く問題にならなかったが。               407、410みたいないっけん開かれたスタンスってのは、
結局、星野みたいな凶悪な民族排他主義の隠れみのになるだけだよ。

421 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/02(火) 23:49:06
飽くまで噂ながら
平野-朝鮮系列の癒着は確かに危険分子です。

もし真実の情報なら、ですがね。

 平野君の異様な出世の「させかた」に
ある種の気味のわるさを感じるのはぼくだけじゃないでしょう。

文壇が裏で手をひいて、なにか表側では決して批判をしないように
皆が「教育」されてる雰囲気がみえかくれするわけですね。

たんなる新潮のいきのこり策ならかわいいもんですが。


彼は官使留学をしている。

が朝鮮と日本政府の関係に疑いを抱くのは国士として正当ではない。

 やはり平野君は新潮と文壇の『氷川きよし的期待』にもちあげられてると考えるのが自然でしょう。
但し、何らかの朝鮮系の作為があるとすれば大いに危険ですがね。

 平野君の名を語ったへんなコピペあったでしょう。
あんなキタナイ世界があるとすれば、日本文学の大敵になりうる危機を背負っていますがね。
 平野君には『作品で』物を言って欲しいですね!

賞や経歴や肩書きでは、賢衆の目は騙せませんよ。

422 :吾輩は名無しである:2007/01/02(火) 23:50:38
星野って昔、ロンリーハーツキラーとかって作品で
桜が散り、黄砂(韓国の象徴)が日本列島を多い尽くす
っていう露骨な表現をしてたな。全く問題にならなかったが。               
407、410みたいないっけん開かれたスタンスってのは、
結局、星野みたいな凶悪な民族排他主義の隠れみのになるだけだよ。

423 :吾輩は名無しである:2007/01/02(火) 23:52:12
その帰化人ぐみが優先的に大学教授とかやってんだぜ?

星野とか島田とかさ。。。。




芥川賞まじ駄目だろ???


朝鮮文学賞に改名すれば?


424 :金原文則:2007/01/02(火) 23:54:17
なんだか<文壇が……>とか仰られておりますが、その<文壇>というやつって何ですか?
新潮社が文壇をコントロールできるんですか?

425 :吾輩は名無しである:2007/01/02(火) 23:57:55
>>417
いや差別主義とは戦う必要があるだろう。
圧倒的な力をもった少数の支配民族=朝鮮系による、
日本人差別とね。

昔植民地時代は「朝鮮」っても中身は日本人だった。
今は「日本」の中の人が主要部分はみんな朝鮮になってる。
逆をやられてるわけだ。
だから植民地主義や差別主義を克服するには
この現状をなんとかしないと。
しかしこれは絶望的に不可能だが。
それこそ宇宙人でも来てアメリカ&朝鮮を潰してくれない限りはね。

426 :吾輩は名無しである:2007/01/02(火) 23:59:29
ノーム チョムスキー にでも頼むか。。。。

427 :吾輩は名無しである:2007/01/02(火) 23:59:33
>>418ね。

428 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/03(水) 00:03:34
 もし日本文壇が民族寛容の姿勢を帯びれば、文明社会の大成功ですよ。


批評における男女差別、民族差別、身分差別の撤廃を達成したら、
日本文壇史上の大きな功績です。


 いまはまだ石原的なばかがいるから朝鮮系の日本語作家が
たんに作品の質だけで受賞するということはないでしょう。

また、
ニートなど身分の低い人間が受賞できることも不可能に近いし、
女流が「話題」以外でまともな批評を与えられることもないでしょうね。

なんでかというとたくさんの検閲があって、新人賞の段階からすでに、最終候補には
純日本系
高学歴
高経歴
典型的近代小説
こういう枠にはまったものが優先して受賞するからですね。


 堅固な体制を破壊するには一点集中で突破口を開くしかない。

ぼくは石原を政文癒着を理由に徹底迎撃し、
かつ反民族主義・世界市民主義を掲げる理想主義的作風を文壇内に確立することで
日本文壇の風紀を革命するつもりですよ。

新人賞に何億回でも挑戦してねwww

429 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 00:13:25
>>428
うん。今は朝鮮系が質の低い作品で、優先的に受賞してるからね。
そういう日本系に対する狡猾、残虐な民族差別を打破しないといけない。
が無理だろう。

つうか、428でおまえの正体、バレバレだな。
日本人に対する凶悪な差別、国家簒奪を謝罪しろよ、人間のゴミが。

430 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 00:13:33
もうやめようよ、こういう流れ・・・

431 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 00:15:02
>>430
朝鮮帝国主義、朝鮮ファシスト乙。

432 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/03(水) 00:15:18
 朝鮮人が日本社会に暗躍しているという妄想はとるに足らないものですよ。

電通がなんたら創価がなんたらとか言うわけですよねw
くだらん話ですよ。

 朝鮮血族だろうとユダヤ血族だろうと、
日本人は『優秀な民族』の血とならどんどん進んで混血すべきです。

但し、あまり優れてもない民族との種付けを望むひとは多くないと思いますがw
自然淘汰の定めですよ


 朝鮮人が優れた民族なら、日本の中でもどんどん繁殖するはずです。
それが必然の文明史でしたし。

 ただ、現実には朝鮮文明は非常に遅れています。
地政史上、つねに周辺諸国からの被支配に甘んじ、独立国民をなかなか育めなかった。
 だからどんなにがんばっても、しょせんは日本支配なんかむりです。

 日本民族は周辺アジアにおいて傑出して強い。これは世界史が実証しました。
帝国主義的近代化に成功したのはアジアで唯一、日本だけです。
偶然が重なって運よく、我々は西洋文明をすばやく学び得たのです。


 世界中のひとびとが日露戦争の結果にびっくりしました。
まさか無名の小国が、ヨーロッパ界の一大国と戦って勝つなんて誰も思わない。
 いまだに世界中のひとは、日本民族はアジアの中で特別だと神聖視しとりますww
にとべの武士道読まれとる

433 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 00:16:11
日本人は誰もまだ支配されてることにすら気づいてない。
何も見えてないんだよ。

434 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 00:20:06
>>432
そういう狡猾なレトリックはもういいよ。
民族に優秀も糞もない。
リアルな力のせめぎないがあるだけだ。
アメリカの圧倒的な力に守られて朝鮮系が実質統治してるのが日本の現実。

混血や他民族支配がいいなら
日本も韓国に入り込んで支配するのがいいんだな?
昔やったことはよかったと?

435 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 00:23:30
>>432
つうかその石原は「日本の」民族主義者じゃないよ。
アメリカwithコリアのエイジェントにすぎん。

436 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 00:31:34
おまえらの好きな天皇だって中国だか朝鮮だか、
とにかく大陸系の、殺戮者・征服者の血が流れる者の
子孫じゃないか。どうだっていいよ。

437 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 00:31:43
>>423
それをいうなら大韓民国日本総督府文学賞だな。

supported by USAであるとこも、昔の日本と同じだ。
完全に逆をやられてる。

438 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/03(水) 00:32:22
 日本のアジア蔑視を正当化した論理はもとを正せば、
福沢諭吉が新聞に投稿したとされる『脱亜論』にさかのぼる。

これはアジアのいち弱小国にすぎなかった日本国民のnationalityを勃起するために、
とくに朝鮮と支那という途上国を「悪友」として縁を切れと諭したわけです。


 そして福沢の訓話は少なからず正しかった。
 日本はすぐさま独立国家の体裁をなし、
欧米帝国主義の植民支配から免れた唯一のアジアのnation stateに成長した。
 我々は第二次世界大戦に否応なく導かれた。
これはドイツ・イタリア・日本という「植民地を持てなかった国」が
世界史の役者として必ず辿らなくてはならなかった悲劇なんです。

 我々は悪意を持ったわけではない。
欧米帝国主義からの不当な支配に甘んじるのは自尊心のゆえ耐えられず、
世界恐慌による保護貿易の中で、どうしても膨張して成長しなくてはならなくなった。

たしかに軍部独裁体制ができたのは国法の欠陥でした。
我々は敗戦後、賠償を完了するなかで『文民統制の原則』を確立し、その欠陥を回復した。


 日本国民はnationalismを民族多元主義へと発展させる時代に来ています。
ふるい考えは時代遅れです。
それはかつてはおそらくは正しい筋道だったが、今では国際経済に支障があるばかりか、
前回のような日本の貿易上の孤立をなにがなくとも誘発する、間違った方向でしかない。


私は以上の論理で愚衆の妄念を一蹴します。
ばかめが。
朝鮮中華人ら途上国民をおのれがため搾取するには、まず彼らへ愛想よくして商売上でどんどん儲けるべし。
文化差別は正義にあらず!

439 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 00:35:23
>>436
そうやって過去を都合良くもちだして
現在の支配を正当化するのも
昔の日本帝国主義と同じ手口だな。

それから俺は反差別、反帝国主義の左翼的スタンスから、
アメリカ+朝鮮による日本の植民地支配に反対してるんであって、
天皇とかは知らん。

440 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 00:38:07
>>438
愛想良くしてもうける、って韓国人の対日本戦略そのままじゃん。
文化差別反対の見地から、朝鮮による日本差別と戦うべきなんだよ。

441 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 00:42:09
なんか頭の悪い話題で盛り上がってますね

442 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 00:43:35
まあ要するに、文学の問題としては、
星野のロンリーハーツキラーの冒頭部をよく読めってことだよ。
こういうどすぐろい民族浄化思想が、現代日本文学に堂々と表現されてる怖さ!
星野は左翼なんかじゃない、ナチスそのものの民族浄化主義者だよ。

443 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/03(水) 00:45:29
 文学は商売のたぐいではない。
たんなる文化である。民族趣味の摂生である。
 寛大な大海原のように豊かなきもちは確かに高尚である。
狭い井戸のカエルにはわかるまいw

 なぜに民族寛容を原則とする国際経済発展段階の世界情勢において、
先進国ちゅう日本だけはふるくさき自民族中心主義にこりかたまるか。
 朝鮮人に追い抜かれるぞ。


 私は言おう。
日本人はもっとなお一層、世界中でぼろ儲けすべし。
エコノミックアニマルの蔑称、なんら恐るるに足らず。
 むしろ国連主義の経済大国より尊きいかなる国家体制もなし!

軍縮と経済的地位を両立しうる希有の運命に我々はもっぱら感謝すべきである。
そして世界中ところ構わずぼろ儲けして、EU・アメリカを経済力において抜群すべし。

そうして大金持ちでどこまでも裕福に暮らしてはじめて、我々の日本国は
『平和主義』という考え方の正しさを全世界の全国民へ実証できるのである。

我々しかこの使命を果たす役者はいない。


 いやらしき民族主義をいまだに信奉するばかは途上中華人とみなす!
商売の足下もしらぬ大馬鹿ハゲなり!毛沢東的おおハゲめ!けえれけえれ!ハゲっ

444 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 00:47:52
星野の民族優生学的発想は、鈴木のレスにも通じるものがある。
それは戦前の帝国主義日本から、星野的な朝鮮帝国主義に継承され、
アメリカの庇護の元で増殖している思想だよ。
星野こそ戦前の日本ファシズムの正当な継承者なんだよ。

445 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 00:49:25
嫌韓な俺でも、最近の嫌韓厨のアホっぷりには頭痛がします
もうね、これじゃあいつらと同類だろうと

446 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 00:50:54
>>443
だから俺は、国際主義の観点から、朝鮮の自民族中心主義を打破すべきだと言ってるんだよ。
お前、真性のどす黒い悪意もったファシストだな。

447 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 00:52:05
:(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ には議論に参加して欲しくない。
ピントがぼける。


448 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 00:52:23
>>445
ちなみに俺は嫌韓じゃねえよ。
帝国主義とファシズムが嫌なだけだ。

449 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 00:57:20
どんなに正論を訴えても空気を読めなければ害でしかない

450 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/03(水) 00:57:41
 朝鮮・中華の自民族中心主義、なんら一蔑にも値せぬww
小心者、無学力、無大志の貧乏役者の叫び声なぞ世界中のだれが感涙するかねwww

だれも相手にせん。
日本国民の中の真正ビビりしかおしっこちびってないしww
平気も平気、大平気なり。

もし侵略してきたなら本土決戦以前に大空迎撃で一息に討ち返せばよろしい。
 専守防衛の絶えざる自衛鍛錬なめるべからず!


 ちょーせん?

ぷぷーっっwww
貧弱ヨン様のあほあほ国民やないですかwww
えーっ?wのーべる賞すらとれてないわけ?wwあかんあかん
まだまだや


 まず日本にサッカーで勝ってみせろ
そしたら認めてやる。
中田の腰が抜けた今がチャンスだぞ


 日本なんかアメリカの基地的いちづけですーいすい経済発展だい楽チンだもーんww
(^O^)vらっきー

451 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/03(水) 01:12:43
 朝鮮・中華、またアジア各国
これらは儒教盲信からの脱出法を知っている日本の「経済的な援助」のもとにのみ、

新たな先進国へと様変わりした立派な姿をあらわすことができるであろう。

 日本国民の黄色人種たる使命感をここに知るべし。
我々とても悪魔ではないなり。
 むしろ彼ら同じ色の肌をもつ人間を救いたいがため、
否応なく、独行的な近代化が必要だったに過ぎない。

我々の文化心理は欧米人種にけっきょく合わない。
季節風のなかで仲良くたのしく暮らしてきた伝統のあるゆえんなり。

奴らの戦争主義とはまるで気分がちがうなり。
我々アジア人種はどちらかといえば一致協力して大事をなす民族なり。

 ひとりのためよりみんなのための幸せをよろこぶ心やさしき国民なり。
アジアの豊かさをもたらすのは日本のひとたちの経済援助と知るべし。
日本のひとたちの謝罪と福祉によると知るべし。
商売繁盛による活発な文明化によると知るべし。文化的な影響による広く深く多様な世界観と知るべし。

黒人など誰にありても差別すべからず。
政治と文化をまちがえるべからずくっつけるべからず。

452 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 01:45:21
:(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ は 能天気なこといってるけどな、
小泉純一郎が帰化朝鮮人だったとしてもそんな悠長に構えてられるのか?
一刻を争う事態なんだよ。

453 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 01:51:42
俺が居ない間にクソ電波流すなww  それならますます政治的にならざる負えない芥川賞っと。

454 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 02:01:17
>>453
のうたりんのばかはすっこめ。
おまえこそ現実を把握できない、馬鹿だ。
あほは何読んでもあほなんだよ。
所詮小説しか読んでない腐れ馬鹿なんだよ。

455 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/03(水) 02:50:31
ばんざーい
へ(^-^)乂(^o^)ノ
わーわー

ぺるーの日系ふじもり大統領よりえらいよw

なんで皇室以外で血統重視すんねんな
 実威を求めるには移民ディズレーリであれかまわず採用すべし

 アメリカ合衆国の野蛮風習・民族主義的大統領選出にかまうべからず
近親腐敗で国力を弱める源因なり

 国政を先導するにはただ政治的な実行力に最も優秀なものを国情一致で当世国民より精選するのみ。
むしろヒトラーのごとき純粋な自民族中心主義者の独裁体制が危ない。
なぜなら排他思想に陥らざるを得ないから。

 万世一系皇統ならぬ、たんなる浮世の政権に関するかぎり、血よりも才なり。
ナショナリティより指導力なり。
 我々は秀吉の出身を見ずにその公徳を誉めて太閤と呼ぶなり。

ナショナリティの本体は民情にあり。
国政を執る首相の血統にあるものではない。
 そもそも現代民主首相とは世論の操り人形と言うも可なり。
ナショナリティの本体を民情の根本で失わなければ、移民の子に政権を持たせてもなんら心配なし。
皇室授与の形式があればこそ首相は反国民主義に絶対走り得ず。



以上の論理に誤りがあれば所方の学者ぜひこぞって反論すべし
この『政血別離』を唱えたのはおそらく拙者がはじめてではなかろうか。
いまだ聞いたこともない新説なり
而して慎重な批判検討を要するなり。未だ仮説の域を出ず

456 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/03(水) 03:09:48
この一段に至っては吾輩にても未だ確証を得ず

唯、事跡および文明学を途って推論した迄にある

 はっきり言って国体(nationality)と政権を分接して国家体制が維持しうるか
わが若輩知識にては不明瞭なり

国家体制の維持如何を捨ておき、
たんなる国家経営の一点に関しては既に実例ありて必ずや可能なり

 フジモリ大統領はもちろん、ディズレーリも移民なり
そもそもアメリカは移民の国なり。中国は多くの起源ある民族の寄せ集まりなり

 血統と国体と政権とが一致癒着するとき自国家中心主義起こりて侵略膨張の端緒を拓く
これわが文明学の仮説なり

一国政治体制の安定にはそれら三つのあすぺくとを混ぜずに維持することがどうやら大事なり
これ新規文明学説の一大解明点なり。まだ公式に発表せず。従って本邦部分的に初公開なり。


 以上を理解する脳力あるもの、
わが国の政権に民族主義を再び適用することの危険を多少あれ覚えておくべし。

日本史を知るもの、皇室の位置は常に時の政権のなすがままなことを悟る。
されば政権に民族主義を持たせることは文政三種の要のうち二者を通じて
けっきょく血統政治に陥る危険あり。これ決して民主主義にあらず。
たんなる封建体制の衆愚的再生ならんか。あべちゃん民族主義に注意すべし。
政治学者、社会論客を含めてよくおおやけに勉強すべき点なり。

457 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 03:16:33
:(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ はさ いるだけで議論できないから消えろ
真剣に朝鮮人について議論したいんだよ。

458 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 03:20:32
457 は日本という国の温室で育てられたから、外部的な視点がないんじゃないか? 俺みたいな異邦人は貴重だと思うよ。確かに7080年代は考えなきゃ

459 :てめーきらいなヒトラーの話しさ。:2007/01/03(水) 03:23:35
あなたは売られる。
しょうがないっしょ。バカは売られて仕方がない。
バカにバカと呼ばれて売られるんだよ。ユダヤ人差別だってそこからはじまってる。

460 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/03(水) 03:40:55
現状日本愚衆の最低程度の指導には「多民族主義」が理念としてちょうどよいものなり。

これ以上の概念をやつらが理解できると信じるなかれ。
また以下の拙論を説いて文明を退行させるべからず。

 イノシシに語りきかせるつもりでとくとくと話しかけることなり。
他人の民族にも同然の命あることを知らせるべし。

461 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 04:23:47
だいすけ さんせいっす 日本文学(者)としては、それをアナウンスしていかなければ。村上龍も似たようなこといってましたねひらのさんはもっと内面的に考えてるのかもしれないが

462 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 04:24:34
ぼくもぐたいてきにはこれからかんがえます ではおやすみなさい

463 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 05:37:17
チョンバスターで有名な弁護士もこう述べている。
ほんとに日本はやばいんだよ

総理安倍晋三様 これでは統一協会=統一教会擁護内閣ではないか!
http://kito.cocolog-nifty.com/topnews/2006/09/post_42a9.html

464 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 09:17:11
結論:誰か俺の童貞を奪ってくれ

465 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 10:01:55
要するに鈴木はファシストってことだ。

君の言ってることは全部正しい。
問題は朝鮮系が、「他民族にも同然の命あること」を無視して、
才能よりも血を優先する、自民族中心の行動を取ってることだ。

日本は多民族主義でいかなければならない。
日本人の側は朝鮮系を差別なく受け入れてるのに、
というか実力にかかわらず朝鮮系というだけで優遇してきたのに、
朝鮮系の方は権力に食い込んだら自民族だけで固めて他民族を排除している。
朝鮮人でなくても日本人であっても実力のみで評価されるようにしなければならない。

466 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 10:10:13
朝鮮系は金か権威のあるところに集結する。
そして集結した分野はどこも無惨に衰退している。
利権をあさりつくしたうえで衰退させる。紅白、マスコミ、文学。

だから今、まともに実力で評価されるとこっていえば
金も権威もあまり分野くらいだろう。

朝鮮系の武器はシンプルに、「実弾=金」って意味での「実力」だ。
彼らのやり口はひたすらこれしかない。
そしてバックにアメリカのどす黒い部分、ということ。

日本を支配する朝鮮系の偏狭な民族主義、国粋主義を打破して
血にかかわらず誰もが実力で評価される開かれた多民族社会にしなければならない。

467 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 10:11:29
金も権威もあまり分野くらいだろう。




468 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 10:12:45
金も権威もあまりない分野くらいだろう。

469 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 10:22:36
>朝鮮・中華の自民族中心主義、なんら一蔑にも値せぬww
>小心者、無学力、無大志の貧乏役者の叫び声なぞ世界中のだれが感涙するかねwww

叫びに感動するかどうかっていう問題じゃない。
日本の植民地支配だって、別に日本人が朝鮮で叫んで感涙させて成り立ったわけじゃない。
単純に権力の問題だ。

>もし侵略してきたなら本土決戦以前に大空迎撃で一息に討ち返せばよろしい。
>専守防衛の絶えざる自衛鍛錬なめるべからず!

狡猾にも武力侵略に話をすりかえてるな。
武力侵略ではなく、金をバックにした意識操作による侵略が問題で
それは既に完遂されてるんだよ。
アメリカに使われてるだけとはいえやったのは朝鮮系だ。

470 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/03(水) 10:31:37
あめりかも朝鮮も敵にしたがる考え方がわからんw


あんたはだれが味方だと信じとるのよ

貿易しなきゃ食事だってなりたたんくせにw
あんさんち国内牛だけで家計なりたつのw
┐(´〜`;)┌ぜーたく

471 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/03(水) 10:36:02
 韓国人は正当なかねもうけやっとるだけやろ。移民した国で。

まぁ大した話は聞かんよ。まじめに。
むかしからバカちょんゆうやん。
パチンコぎょーかいみたいな腐れfacterで吠える吠えるw
ま、そんだけ


 そもそもそんなの日本人だってやっとるわいw
アメリカなんてそんなんばっかやろ

 中枢にはユダヤ人しかおらんで

移民が働き者でなにがわるいんだか
( ̄〜 ̄)ξ

472 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 10:46:09
俺はダイスケの考え方が非常に面白いと思うんだがな・・・。
当然、良い意味でな。

473 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/03(水) 10:47:34
 あれでしょ

ヨン様とかBoAとかますごみ戦略で流行るのは
電通が朝鮮支配の一大患部だからなんでしょw

そんでマスゴミ界では誰も文句いえないんでしょw言ったらめであから排除だから


 そーかねーw
火のないところに煙はたたないともいうし
電通の幹部組織にはそれなりの朝鮮系移民が入り込んどるのかもしれんね。

けどいっぱん朝鮮人なんかそんなに考え深くないよ
 日本にかぎらず、侵略されることに対する潜在的な恐怖はあるんじゃん。
だっていっつも侵略されてたじゃん。

日本を沈没させてやろうなんて考えられるばかちょんいたら偉いじゃんw
わがはい褒めてつかわす。(^○^)がんばれがんばれ



日本をなめたらどこであれ、最終的に痛い目みるだけやけどな。歴史が実証しとる。
アメリカもたじたじの強壮国体だもん。噛みついてやったw

小心者のくせに歯向かおうとした度胸は認めてやる。
在日韓国人よ、貴様らに同情の眼差しを与えたもう。
がんばれがんばれ
(´・ω・`)なんとかきばって繁殖しろ

474 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 10:48:00
あ、そうそう、自演(ここではそう言うのかな)じゃないからね。

475 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 10:48:23
>>452
能天気じゃなく確信犯だろ。

>>450-451
日本の植民地支配は絶対に正当化できないし、
これから時間をかけてその遺産を克服していかなければならない。

特に問題なのはあなたの言う「経済援助」という名の経済侵略だ。


476 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 10:55:29
>>470-471
おまえあほか。
日本ほど貿易志向で、
国粋にこだわらない国はない。
韓国やアメリカはくらべものにならないくらい自国中心で保護主義的だよ。
そういう主張は韓国やアメリカでやれ。

能力のない怠け者が、不当な手段で金をあつめ、
その金を使って不当に、働き者たちを搾取、支配することが問題なんだよ。

477 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 10:58:31
多分言うことが、過激すぎるから、ダイスケは批判の的になるんだろうな。
余り気にするな。君のことだから気にしてないと思うけどね(笑)

478 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/03(水) 10:59:28
>>475
あほかいw


経済侵略なしに後進国土の繁栄なし

 そもそも日本の侵略正当化なんて戦時中に既にちゃんとやっとったよ。
「大東亜共栄圏」の構想ね。

EUみたいにアジア連邦つくりたかったんよ。ほんとは、まじめに。
 けどあの時点ではどこも工業化もされてなかったから
植民支配的に見えても仕方ないけどね、まじめにw
 実際やばいことにも手を染めたしwやばしやばし(-_-#)


 ま
今だって日本がASEANとかに入ったらみんなよろこぶよ。
アジア貿易やアジア展開で儲けてなにがわるいの。
 途上国はほっとけっていうわけw逆にうらまれるよ
だって技術水準ひくい上に内紛とかあるし

ほっとけっていうならほっとけば(゜_゜)

あめりかみたく軍事介入したらうらまれるよw
経済侵略だけならよろこばれるのにな。
だってマックやユニクロ世界中にあったら嬉しいじゃん。

479 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 10:59:40
要するに植民地主義とファシズム、
偏狭な民族主義を正当化するあなたの論理は認められない。

韓国と日本における韓国系が問題なのは、
戦前の日本の帝国主義的な本質を継承しているからだ。
植民地支配の過去を克服するためには、
その部分を打破しなければならない。

480 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 11:06:28
>>477
卑劣な印象操作だね。

彼はごく陳腐な権力の代弁者に過ぎない。

あと「的になる」ってなんだよw
的になってるのは俺のほうだろ。

481 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/03(水) 11:07:08
 植民地支配の過去を克服するために
なんで韓国系移民の日本国内での活躍を撃退したいわけw

それこそただのなしょなりずむじゃん

べつに日本で儲けた金ぜんぶ韓国へ送金するわけでもなし、
国内総生産底あげてしてくれるわけだしいーじゃん


なんで韓国系の血をそんな極度に蔑視するわけ
そもそもあんただって完新世以前の渡来人じゃんw

なしょなりずむなんか独立国家養成の煽動的方便だよ
実態ないもんw民族なんてほんとはウソだし。ただの雰囲気だしww

ばかじゃん(゜_゜)

482 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 11:13:08
>>473
は?
ヨン様やBOAについて俺は何も言ってないが。
関心ないし、別にいいんじゃないですか?
ヨン様やBOAがはやって何か問題があるの?
別にBOAが日本を支配してるわけじゃない。

そうやってどうでもいいところに話をすり替えるのが卑劣で狡猾なんだよ。

朝鮮人に対する民族差別的言辞も問題だ。
そういう差別や偏見のない社会にしなければならない。
誰に向かうものであろうと、そういう民族的発想が問題なんだよ。

483 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/03(水) 11:14:03
あんた王監督が日本民族の純血ひいてないからって、プロ野球界から排除すんのかね

あんた世の中なめとったらあかんよ、ほんまに

 実力あったら自在に活躍させたらなあかんよ

そもそもそんなに活躍できるくらい優秀な移民が繁殖・支配したら
むしろ劣等愚民のくされ国体よりずっと文明として優れとるしw


 西ゴート族が侵入したからってヨーロッパ半島の今日の繁栄だってあるしw
 なんでいんであんよりイギリスのプロテスタント移民が繁栄したらあかんの


あんさんあれやないの
自分のことしか考えてないんやない
 自分の一民族なんて世界史じょうでみたらなんちゅーこたない豆粒よ
世界文明の必然的発展に逆らったらあかんよ。逆らえないし

484 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/03(水) 11:22:48
朝鮮は後進国土や
仕方ないよ。だっていっつも南北東西から攻められてたもんw

落ち着くヒマもなし
ι(◎д◎)ノヾあわただし


 朝鮮人が南北に別れていまだに戦っとるのも外からみればあほくさいしな
東京人と大阪人が本気でケンカするくらいあほらしい
ばかじゃん(゜o゜)ぷp

 日本みたく挙国一致の近代化に進むことさえできなかったし
けっきょく、民族自決が弱いんじゃないの

へんな内乱とかいまだにありすぎだし
なんなんやろね、あのひとらは


ま、せいぜいがんばりんしゃい
日本はどっちかっていうと欧米諸国の仲間だからw

だってばかに付き合いたくないもん

485 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/03(水) 11:27:08
>>482は大BoAファンwww


やたらこだわっとる
はなのした延びとる
(-o-#)いやらし

しねばw
ちょんの電通戦略にはめられとるあほw


 ま
おもちゃやな、朝鮮系なんぞ

商品として差異化演出の道具に過ぎんわ

なにがぼあやwいみわからんし
なんで様づけやねんw学歴すらないハゲのくせに

486 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 11:28:03
まずは名前をさらせや。じゃなきゃ、議論にならんだろ。
俺は、中立の立場なのは文面見れば分かるだろ?
意味わかるかな?

487 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 11:28:53
>>481 >>483
韓国系の血を蔑視しているのはあなたですよ。
ナショナリズムや民族にこだわっているのもあなただ。
民族に優秀も劣等もない。
そんな「民族」なんて実体はないんだよ。

俺は韓国や韓国系が、血や民族、 ナショナリズムを実体化して、
固執しているのが問題だと言ってる。
それは戦前の日本から継承した帝国主義の異物だ。
それが「世界文明の必然的発展」の障害になってるんだよ。

あと王監督は別に民族ファシストじゃないだろ。
また関係ないとこに話をすりかえるなよ。

問題は実力のない人間が卑劣な手段で、 働き者を搾取し支配することだ。
そのために力ある人間が自在に活躍できないのが問題なんだよ。

488 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 11:37:02
>>486>>480に言ってるんだよ。
笑ってる暇じゃないだろw

489 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 11:40:09
頻繁な連投規制で書きにくいのでこれでやめる。

>>486
全く意味不明、支離滅裂ですね。

>>485
君もね。
実力ある人間が国籍にかかわらず自在に活躍するのはいいんじゃなかったんですか?
なぜBOAやヨン様は韓国人だからいけないんですか?
同様に日本人も韓国内で正当な扱いを受けて活躍できるようになればいいと思うよ。
こっちはまだまだだけどね。

490 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 11:43:50
>>486
君もすり替えてるよ。気付いてる?
君の負けだ。

491 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 11:45:36
>>489の誤り

492 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/03(水) 11:49:31
 なんで働き者やないばかちょんが日本で活躍できんのよw

きちがいみたく勉学しつつ働かな活躍できないよ。
だって絶えず差別うけとるもん。

たとえおーえじーちゃんみたいないいひとぶりっこが訳なく褒めたからって
柳美里のくされしょー説なんかみとめられないしww下らんもんは下らん


 後進ちょんがんばれがんばれ
日本を豊かにしろ

ま、あれやな
ちょんやばかちゅーか人はいま、やたら盛り上がりたい年頃なんよ。
しょせん工業化による高度成長期でしょ。
そんで民族主義の雰囲気おうかしたいんでしょ。むかしそーだったから気持ちはわかるよ。

そのうち冷めたらむなしいけどねwはるきち読めばわかるよ

 あのへん日本や欧米に百年くらい遅れとるね
べつにいいけど、かんけーないし( ̄ω ̄)

493 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 11:49:51
>>489
つまりね。名無しで君は逃げ道を作っとるわけだ。
それが、支離滅裂ですか?
頭を使いましょう。

494 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 11:59:58
>>493
あんたも名無しちゃうん?大介なん?
自分が名無しなのに名無しはあかん言うとったら支離滅裂やろ
自演やないとか自分で言い出してるとこもあやしいな

大介かてコテにすぎんし。
実名やゆう証明はできんし。

495 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 12:16:38
候補作発表いつ?

496 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 12:19:07
だから俺は普通に中立やろ。面白いと言ったのがそんなに気に触ったか?
俺は別にダイスケを支持してる訳ではないのは文面見ればわかるやろ?
自分が不利になるや、差し障りない方へ攻撃の刃を向けて雲隠れする可能性
が高いと思ったから言っただけよ。
前の文章読み返してみなさいよ。

497 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/03(水) 12:23:41
名無しかぶれが匿名あのにますでけんかしだしとるなーw



議論とけんかはちゃうよ

けんかはただの人格攻撃
議論は問題解決方法の討論だよ

がんばれがんばれ愚民
わー(o≧∇≦)o

498 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 12:25:13
もっと分かりやすく説明するとね。
コテでトリップつけてないと身のない議論に陥りやすいということよ。
実名云々は関係ないよ。
普通、ここまで言わなくても分かるやろ。

499 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 12:31:11
俺はいたって冷静なんだけどね。
普通に正論を言っただけよ。

500 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/03(水) 12:34:01
そーやそーや
そーにゃそーにゃらすこーりにこふ


というわけであれだな

名無しはしょせん卑怯ものw
姿現して堂々と議論せいや、臆病者めが

一騎討ちじゃー
(≧▽≦)/やー

あくたがわしょー幕府退治じゃー

501 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 12:37:38
俺もダイスケの言う通りだと思うよw
今回は参加しなかったけどな。

502 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/03(水) 13:28:28
愚衆はばかだな


無能無学歴無力無気力のぼくが言う事なんか何からなにまで大嘘なのにwww
騙されとるだまされてる(^○^)わーあわれ

批判力もなし

文民の恥

そもそもでずれーりが移民とかてきとーだしw記憶ちがいのpossibility濃厚だしw
なんでなんもかも信じんの
しょせんは人間に神様なんかおらんよ

神様は天上におられます

503 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 13:38:06
ダイスケさあ、君の為に言っとくけど、君も論理の飛躍やネジレが目立つぞ。
そこら辺、気を付けるように。
俺が今、コテの名前出してもいいんだけど分かるだろうからやめとくよ。
それに俺が名前出すと、皆さん必ず名無しでくる(笑)
マジで忠告しとくよ。

504 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/03(水) 13:56:20
飛躍ないよ

歩行人だもん

505 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 13:58:20
あと一点、自分に自信を持つことも大切だけど、謙虚さも忘れるなよ。
何様だと思わずに素直に聞いといた方が良いと思うぞ。
今回はどれだけ苦労したと思ってるんだ(笑)

506 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/03(水) 14:41:05
なーに言ってんだか

ぼくなんて人間の屑なのに
生きる価値もない愚民に吠えられてビビるばかがいるw

507 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 15:30:57
しょうもない話をやっとるなあ。
すべては>>400から始まっておるんだろう?
こんな差別的な表現を使うレスから。
このスレにふさわしいとは思えないがねえ。
本当に民族的文学論をやりたいのなら、
>>400が契機になるのはマズいと思うぞ。

508 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 15:48:10
>>507
のうたりんの馬鹿さんへ
小説以外の本も読みましょうね
馬鹿がなおりませんよ

509 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/03(水) 16:21:17
 典型的な寛容主義(りべらりずむ)の文化人がhave invitedちゅーですね

なんや
たぶんあれやろ
むーくさw
情けぶかくさ


やだやだw偽善
ちょーせん\(^O^)/万歳ばんざい
ちゅーか\(~o~)/万歳ばんざい


日本?
ぷぷーっくさ
三流属国くさ
 しょせんはまねっこぱち文化ちゃんちゃんw文字すら漢字改良にすぎないし

いいもん(`ε´)
がんばるもん
ヒトラー石原いちりつ独裁の芥川賞すれなんか古今一切いらんもん

たかみんで最期wwwあわれwww

510 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 16:32:27
>>509
>しょせんはまねっこぱち文化ちゃんちゃんw文字すら漢字改良にすぎないし

(o^-^o)は相変わらずバカだな。
韓国を見ろ。
国粋思想で漢字を締め出しハングル・オンリーしたがゆえに国語学者が嘆いているぞ。
ハングルってのは日本で言えば平仮名に当たるらしい。
つまり、今の韓国は平仮名でしか読み書き出来ないバカを量産してるってワケだ。

511 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 16:39:04
ヒトラー石原ってw
あれ帰化チョンだぞ
なんちゃって国粋主義に騙される馬鹿がいるからこの国は駄目になるんだよ

512 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 16:42:37
レコード大賞と芥川賞はもう終ったな。

513 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 16:42:52
日本は内なる満州として捉えるべき。亡国をワンクッションにして思考するべき。皮肉にもならないところが味だね ワラ

514 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 16:48:50
ハングルはかなとは違う。
いわば漢字を記号化したようなものだろ。
だからいくら漢字を排斥しても,漢字がなかったら成立しないし,
だから漢字の代用になるんだよ。

515 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 16:54:01
音読みと訓読みはあるのか?

516 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 16:55:02
ちゃんと名乗るって意味では、
在日や帰化系の人は韓国名を使ったほうがいいと思う。
俺の韓国人の知り合いにもそう考えてる人は多いよ。
日本名をやっていたら「創氏改名」を批判できない。

517 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 16:55:31
園児くせー

518 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 17:02:13
そもそもこのスレは民族問題のスレじゃなく、芥川賞のスレだから言うが、
賞の選考に政治的要素が入るのは、不可避でもやっぱりよくないことであって、
特定グループが仲間内でたらいまわしするために、実力ある人が排除されるのは問題だ、
っていう捉え方をするしかないだろう。
俺の場合、芥川賞は無視することにしているが、俺が無視しても何の影響もない。

519 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 17:02:14
一部の新聞では中国人の名を漢字でしか表してない。
なんて読んでいいのかわからない。
これからはすべてカタカナ表記にしてほしい。
カタカナ。
それは日本人が編み出したシンプル&リズミカルな最高の象形。

520 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 17:05:50
金原、綿谷のときは笑うしかなかった。
絶望で、、、、

521 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 17:09:27
そう、そのほかの多くの文芸賞が亀田戦に成り下がっているということ。
危機があるではなく、危機はとうの昔に顕在化している。

小川洋子なんて金光教を豪語して誰も文句は言えないし。
カルトが選考委員てありえない。けどそれが現実。


522 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 17:25:49
バカ? 文学者だからヒトラー化して当たり前っす。言葉に力のない者の言う詭弁だね、それは。あなたの文章からは差し迫る危機が感じられません。意思だけ。

523 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 18:46:51
>>522
意味が通じてません

>文学者だからヒトラー化して当たり前っす。
何にたいしてどういう意図があってのこと?
バカ?

524 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 18:57:49
科学者に関して、言葉の力を代用する文学者だから。だよ
 バカ呼ばわりありがとう。僕の発言にはいつもアセンプションがあるから。あいしてるよ、やらしてよ

525 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 18:59:53
>科学者に関して、言葉の力を代用する文学者だから。だよ

日本語でお願いします。日本語で無理目な人はチッチ


526 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 19:05:46
>>518
賞の問題も何も、芥川賞なんて文藝春秋による
文藝春秋のための賞じゃないか。いままでの顔ぶれ見てみろよ。
文学界に掲載された作品が圧倒的だし、じゃあ質が必ずしも
高かったのかと言うと、そうでもない。
少なくとも候補作に残った文学界率と、実際に受賞した作品の
文学界率を比べてみれば歴然ではあるが、あくまでこれは
文藝春秋のための賞。誰も文句は言えないが、持ち上げすぎる
のもどうかと思うぞ。

527 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 19:20:21
文藝春秋のための賞だから何が悪いのって気はするが。
いいじゃん別に。持ち上げるの何が悪いの?みんなで
持ち上げなきゃ盛り上がらないじゃん。
歴史が長いのは事実。歴史の長さが権威に繋がってる。三島賞とかも
これからなわけであって。

マジレスで言っておくが、別に俺は文藝春秋の回し者でもなければ
関係者でもない。正直な意見。

528 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 19:26:45
春秋社が乗っ取られてるんだよ、帰化人に。
そのほかの賞もだけど。

529 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 19:31:30
>>527
じゃなくて、民族的要素とか政治的要素とかへったくれもなくて、
たんに文藝春秋の思惑で決まる賞にたいして、勝手な理想を
持ちすぎだろ、ということ。きみが持ち上げようがどうしようが勝手だ。
好きにしたまえ。

530 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 19:54:29
>じゃなくて、民族的要素とか政治的要素とかへったくれもなくて

ソースは?社員さん?必死ね
そろそろつけはらうべきでない?

531 :524:2007/01/03(水) 20:00:49
525文学は究極的に科学化されていくだしょ? それは文学が喪失されたものを言葉で補っているからさ。科学は神の実証なんだから、現代科学の歩み行きにどこまでも寄り添う形でしか文学はなされんドウデモイイシ

532 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 20:01:50
てかマジで文壇にそんなにチョンがいるのか?ソースは?
石原やら輝やら龍やら山田やら金原やら平野が帰化チョンだって話は2ちゃんぐらいでしか聞いたことがないなあ。
全員糞作家だから別にいいけど。いや、糞作家だからマズいのか。
俺もチョンだけどその話が本当ならふざけてる、死ね糞豚キムチ共と思う。
あと文芸春秋と新潮は確か在日あんまりいないぜ、とマジレス。ソースは無いけど。
てか在日ってそんなに優秀じゃないぜwそこまで数も多くないし、頭も悪いし。俺の文章見りゃわかるだろw
まあ事実は正直よくわからん。ただ新人発掘の段階で腐ってるような状況はマズい。
落ち目と言えど芥川賞は日本の純文学の大事な新人賞だから、文芸春秋にはよく考えて貰いたい。
もちろん芥川賞だけじゃないけど。在日の豚がはびこってるなんて、事実ならとても気持ちが悪い。よろしくない。
いつもいつも我が糞キムチ共が迷惑かけてすみませんw俺もたまにはいいことするように心掛けます。

533 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 20:04:50
>>529
そこに禿げ同。
右左関係ないんだよね。

最近は商売だからと開き直ってるのも、嫌らしいけど。
まぁ、昔に比べたら健全化した。

534 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 20:39:59
その他に町田、松浦、モブも帰化チョンだろ?
有り得ない比率の高さ。。。。。。。
どう説明するんだ?春秋さんよ。
そのうち一気に批判の火達磨になるぜ。

韓国春秋社に変更でもしてさっぱりといけよ。
売国奴。

535 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 20:57:40
>>534
「ありえない比率の高さ」とか言ってもねえ…。正直事実かどうかなんてわかんねえだろ。
きちんとしたソースを提示してくれ。煽りとかじゃなくて本気で。
じゃなきゃなんとも言えないだろ。だろ?ムカつくけど根拠が無いんだからさ。
あと、帰化したら自分から公言しない限りただの「日本人」だし、
左寄りの奴らもいるんだから「批判の火だるま」ってのは現実的じゃないね。
文芸春秋もチョンもウザいけど根拠無しで批判したらただの馬鹿だろ。だからソースがあるなら教えてくれ。

536 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 21:05:11
>>535
歴史を知らない平和主義者は黙っとけ。
ソースなら勝手にここの人物に関することを追え。ただなタブーという言葉に隠れて
帰化人優遇が行われている可能性があるのは看過できない現実だろ。
政治でも犯罪でもやりたい放題だろ、連中は。
すこしでも米軍が居座ってどのような政策を取らせたか勉強してみろ。
帝国主義のあこぎさは今でもかわらない。イラクをみろ、多分おまえは馬鹿だから
何も知らなさそうだが。


537 :スレ伸びてるからなにかと思ったら:2007/01/03(水) 22:14:58
             /ヽ       /ヽ
            / ヽ      / ヽ
  ______ /U ヽ___/  ヽ
  | ____ /   U    :::::::::::U:ヽ
  | |       // ___   ヽ  ::::::::::::::|
  | |       |  |   |     U :::::::::::::| なにこのスレ……
  | |      .|U |   |      ::::::U::::|
  | |       | ├―-┤ U.....:::::::::::::::::::/
  | |____ ヽ     .....:::::::::::::::::::::::<
  └___/ ̄ ̄      :::::::::::::::::::::::::|
  |ヽ    |           :::::::::::::::::::::::|
  ヽ ヽ  ヽ___      ::::::

538 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/03(水) 22:43:25
かな文字を否定してないよw

さいこーじゃん
楽チンちんw(^ε^)漢字のくずしでいーじゃん

草くさw艸艸たのし


 はんぐるは不便だな
だって融通効かないもん。表音文字にしては書きづらいしね
続けて綴りしにくいよw

 そもそも漢字に混ぜたらへんだしw
漢字いーじゃん。訓よみさいこーだよwww
わくわくことばいっぱいたのしいわー(●^o^●)だし

ローマ字よみもできる日本語なんてさいこーじゃん?英字もぱくるよw
国際標準らくちんじゃんrakuchinchinw
Happy〜(^O^)vBabyいえー



やまと独自の純創造的な民族文字なんていらんかね

50音の表現にカナでいくのかな←洒落

539 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/03(水) 22:51:00
 かな文字はつめいした紫しきぶあたりの女流草子は偉いよね

あとの日本じんみんな敬礼(homage)にあたいするよw


まんよーがながあったから略して出来たんだけどね


 日本語はやたらとくべつやねーえw
( ̄▽ ̄)だって借り物の文字ずっとつかっとるもんw仮名だもんw

 ローマ字おぼえたらalphabetでもべつにやまとことば書けるけどね
けど読みづらいよね。慣れないし

ぼくカナもじわりと好きだよ
たのしいじゃん。やわこい(^○^)りさぶ的なやわこさやー
わー

ひらがなグッピーれべるになるとマジ読みづらくてむかつくけどなww
なに餓鬼レンジャーぶっとんのよ

540 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 22:56:06
ガキレンジャーw だいすけに言われるとは心外だ

541 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 22:56:52
この怒涛の攻めは、
チ○ンだの何だのって文春と選考委員煽って
「そんなに言うなら星野にしてやれ、ざまあ2ちゃんねる!」
ってなるのを狙った高等戦術か?

542 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 22:57:33
みんなワープロで打ってるだろうけど、ひらがなの特性を思えば、手書きの方がよさげ。それこそ すずりとふでで しゅるしゅると。

543 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 23:01:06
中国人は日本人は50年後には滅ぶって言ってるけど、おれもそう思う。

544 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 23:01:47
星野は天才。
選考委員の誰よりも5倍は上。
優れた作家を劣った作家が審査するなんておかしい。
星野の作品が理解できる奴はいないだろうな。

と俺も煽っとく。

545 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 23:02:48
>>536
まあ落ち着け。
言いたいことはわかるし同調しないでもないけど(認識の違いはあるだろうが)
ちょっと話題からずれてないか。まあ、俺の伝達能力の低さのせいだろうが。
俺はただ作家達が帰化人であるか否か、そんでその根拠について。それだけだ。
わからないじゃん、真偽はパソコンじゃ。本人、あるいは本人に近い奴等じゃなきゃさ。
真偽も曖昧なまま個人名を挙げてチョンだ、と仮定して論を開始するのはちょっと乱暴で不毛な気がする。
根拠が必ずしも必要な訳じゃないけど、この場合やっぱり少しナンセンスではないか、と。
あんたが言う「確実に存在するあこぎな奴等」について、苛ついてるのは俺も大して変わらない。
具体的な思想や意見は違うかもしれないけど。俺は大して教養も無いしね。
ただ現実の話をするのに、何故真偽の定かでないことから話すのか、正直よくわからなかった。
だからまあケチつけてみた。それだけ。気分を害してすまん。あと伝わりにくかったら更にすまん。

546 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 23:04:58
亡ぶも何もはじめからこの国はないよ 三島だって亡国のようなものと記していたはず この国はごみ箱

547 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/03(水) 23:09:34
あのさー

かな文字ってさー

にっぽん人のかるちゅらるな心ひろさを現しまくっとるよねw

だってなんでも来いじゃん

 ただダッサイ日本語はつおんになるだけでねww
うぃーむっしゅとかすまゝでキムタク言ってたww

なに語それwwあわれあわれ
┐(´〜`;)┌わけわからん
おりえんたるランドだな、ここw


べつにちょー鮮ごでも使いやすいけりゃいいよ
パクらせれwきむちきむちユッケびヾんば美味しいおいし(ToT)
なんでも食べちゃうw文化てき雑食獣だもん

いーじゃん、消化すりゃ
Metabolizeすりゃなんでもらっきーハッピーエンドの発表会じゃんwwたまに吐くけどw
だって栄養過剰だもんwおえおえ


うそ

ちゃんと選ぶよ
先進文明からしかまねばんよw
へんなのぱくったら逆に損じゃん。痛いしwはんぐるとか民族くさ田舎くさwさとびとる

548 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 23:16:45
うーん、俺は京都の奥の細道のような深さがひらがなに期待できるのかなと。たしかにオリエンタルw 僕の考えじゃ日本は京都にしかないし

549 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/03(水) 23:21:55
 ばかだなーw


文明ふるけりゃいいと信じとる古代しゅぎ蟲価じんはうようよきもいww事実誅歌うよくだしw


 あめりかがどんだけ新しいとおもっとんのいw
また、めそぽたみあのいらく人なんかまだまだまいにちケンカしとるどww
ちゅーかより倍以上ふるくさいのにww

中華人せけん知らずじゃにゃーの[=^ェ^=]miaow


ばかは日本に嫉妬しとる。むかしっからや
むかしっからアレ周りみんな見下して勉強おこたっとる。
 わの奴こくおうとか言ってなんもしとらんうちから奴隷視ww自己中いがいみんな奴隷視
 ばかとちゃうんかちゅーかw
あわれやから漢字で書かないよ、馬と鹿みたいなんて←あっ阿Qくさ


いいんじゃね( ̄ω ̄)←さめとるぼく

文明の真価は人民平均のかしこさにあるなり
時空によらず

550 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 23:33:34
そーすとか具体的なこととか言ってるやつがいるが、鈍感なのか、馬鹿なのか、平和ボケか?
文学賞以前に普通に考えて今の文壇異常だと思わないか?
若手が作品書くにもどうでもいい事を書きなぐるか、話題で勝負しるしかない。
政治的なことを書こうものなら、反日のばりばりの左翼ものでないと怖くて書けないだろ?
左翼がでかい顔をして、憂国が弾圧にあう。この逆転現象はおかしい。
モブの介護入門のゴマスリ加減には辟易した。

551 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/03(水) 23:38:28
 日本文明なんてさー
べつにそんなに偉くないよ
みんな知っとる

ただがんばったご先祖さまにわるいからみんないっしょう懸命に毎日がんばってるだけやどw
これからもそうやろ
 だって天皇様生きとるもん


そもそもあれやけどな
いまさら日本文明なんて西洋文明のいっしゅなんやけどな。
だってじぶんから近代化したもん
べつにええよ、それで

 地球みんなのさー文明でいーじゃん

ちゅーか式な民族しゅぎこだわらんし
( ̄― ̄)だって楽しいほーがいーじゃんw
 やだよwずっと島国で同じ顔した黄色い猿ばっかなんてw飽きるじゃん

石原は飽きないらしいけどw必竟、ばかだからかな
だって民族混成しなきゃ免疫りょく落ちるに決まっとるやん

だめだよ、選民てきな純血しゅぎにあんまり深くこだわってたら
 天皇だけでいいよ。日本犬の血統書つきはwあといちぶ文化人とか。ぼくとりさぶとかね。

だって雑種がいちばんつよいよ。自然の法則だもん。
大脳新皮質の薄〜い民族差別趣味者ヒトラー石原にはわからんだろうけどね。
いいよ仕方ないじゃん、生まれつきだし。

552 :金原文則:2007/01/03(水) 23:40:01
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E9%87%8E%E5%95%93%E4%B8%80%E9%83%8E
ウィキペディアの「平野啓一郎」を編集しときました。
プロフィール「著書」を編集、「メディアへの露出」も追加。

553 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/03(水) 23:46:44
 芥川賞はあれだよ

ただの宣伝賞でしたw

 高潔の極み、芥川文士に謝ればいいのにね
わるいじゃん。後世が悪用したらさ。

だから言ってんのよぼくは。
現役政治家なんてなんで審査員に入れてんのってばwやばすぎだろ


 まずねーw現役最強の春樹氏をいんばいとできない時点で負けなのよ
だってそれですごいのpick upできるはずないでしょw
 りゅー先生はまぁあれっす。もとがJounalisticな作風だから仕方ない。
みんなそんなに純文学てきなこと期待しない。

 春樹氏はねー新人しょーだけじゃなく、既成文壇に関わらんのでいとふぇいますやからね

ぼくとしてはねー
ま、折衷策として少なくとも、ヒトラーの代わり柄谷氏くらいは招くべきかとおもうよ。
そのくらいはやらなきゃ威信回復できんよ。
だってワタキン同時受賞させて以来、賢衆みんな呆れだしとるもん……雰囲気やばすぎる

554 :ぐっぴぃ:2007/01/03(水) 23:48:37
西洋文明の一種じゃなくて、近代化を終えた日本が近代文明そのものなんだよ。別にアメリカを偉いと思ってない ただアメリカ文化が世界を啓蒙していく流れは変わらず中国と結び付く

555 :吾輩は名無しである:2007/01/04(木) 00:00:53
:(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ   うせーな、おめえ!!
アホ丸出しの書き込みで水差しやがって、低脳を晒すなよ、失笑野郎



556 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/04(木) 00:05:04
 日本文明をそんなに高く見積もらないでいーよw
しょせん輸入魚だしwグッピーなんて
じぇらしぃ持たれたら大変じゃんwどっかの自由おしつけ国家みたいにw

ひそかに嫌われとる
┐(´〜`;)┌じゃいあんくさw歌へたやし
露骨w


いいよ、日本は小にっぽんで
ばかにされとるくらいがちょうどいいよ。バネになるし

どうせ一朝一夕じゃもう追いつけないよ、みんな
明らかに世界文明史の先導集団の後頭部とらえとる。箱根駅伝だい活躍だもんw

てゆーかばらばらEUのほかには最強はやいユダヤのいれずみしとるアメちゃんしか前におらんw
このまま心臓やぶりの坂まで辛抱すりゃ勝つ

 どれだけtrainingしてきたかわからんもんw武士道みんな悟っとる
いざというとき挙国一致で全力疾走だしw民族自決、古代ギリシアよりたけだけし
(`∀´)おのれには勝つ

 日本文明!にほんすごい〜東洋文明の一属国しゅーだんをぬけだしてーーあーー
西洋文明においついたーー?!奇跡です!あんびりーばぼる凄しすごし
なんだぁーチョンマゲ切り捨ててーあーっとアメリカのすぐ後をつけています!
恥も外聞もかなぐり捨てて全力疾走〜!あーっあ服も脱いだ〜っ
大志を抱いていますBoys be ambitious、ついに地球文明の先導するかーっ
平和主義です!平和主義です!ぱしひずむで国連改革おーっとpeaceサイン(^O^)v
余裕の表情だあーっふんどしいっちょうです!ダサい!ダサい!日本人はダサいーww
古代ギリシア人のように未だに劣等感抱いてますー

557 :ぐっぴぃ:2007/01/04(木) 00:10:10
嫌われてなんぼでしょ 近代日本文明を高く見積もらなくていいよ、というかそれが今の日本の論題(前提)なんです ウザイって思われてなんぼだよ 結局マフィアにしかなれないっす。サヨナラ

558 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/04(木) 00:19:35
えーw

嫌われ者のぐっぴー君はスイミー的にいっつもあわれだなあ
もっとあたまよければいいのに
 まぁ脳が豆みたいだから仕方ないけどね

 ぼくなんて人間だしやだしw
和たみだもん

いーじゃん、てきとーに仲良くしといたほうが
 わざわざ嫌われに行くなんて、アメリカじんの行動主義(pragmatism)哲学じゃあるまいし
いまどきまじ時代おくれでしょw

いーよ
暇つぶしで独り遊びしてりゃ向こうが勝手にまねすんよw
やまとかるちゃー豊かだもん。大食漢だし消化いいし。
胃袋最強っ(o^-’)bきゃべじんこーわ

こっちだって暇じゃないしw
頭いいユダヤ人から勉強おそわってノーベル受賞しき独占しなきゃぜんぜんすごくないしww
文士の一分じゃん。

できちゃったきむたくの新作映画じゃあるまいしよw
ぺっぺっ(゜3゜)=oなさけなし情けなし
 りさぶの風上にもおけぬ屁たれめ


男なら高潔守りぬけ、ハゲめ

559 :吾輩は名無しである:2007/01/04(木) 00:22:42
>>558
おめえ園児だろ?

560 :吾輩は名無しである:2007/01/04(木) 00:36:23
もぅ話したくないけど、武士道読んでよ。武士道は死んだんだよ。でもニトベだってあの頃からそんなことわかっててああ書いたの。で武士の徳目をどう残すかを考えようって現代日本に

561 :吾輩は名無しである:2007/01/04(木) 00:38:23
宛てた手紙なんだよ。確かに俺は武士の一分のキムタクみたいな感じかもね。落日の武田さ。切腹を奪われた武士が情けなくあわれに生きなきゃならない。それが現代の男性日本人なんだよ

562 :吾輩は名無しである:2007/01/04(木) 00:40:41
りさぶの風上にも置けないって、どうしてだいすけに言われなきゃならないの?僕らの関係の何があなたにわかるの?俺の喪失したものの何をきみが知っているの?平野さんには譲る。

563 :やっぱりすれ違ったのは違う人か?:2007/01/04(木) 00:42:21
眠たい…

わけわからん。
もしかしたら芥川賞とる前に平野啓一郎さんと会っていたかもね。

京大と縁深いんだよ私。

564 :吾輩は名無しである:2007/01/04(木) 00:42:49
人間じゃないみたいな言い方されて、これは僕の故人的な体験からの帰還の段階だから。いつかどこかで逢ったら仲良く握手しよう、だいすけ

565 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/04(木) 01:27:17
なんだなんだ?


おちうどが吠えとるな

潔くひきさがれい!
平家の名に値せぬ野郎めが

又八のばーか
ばーか
軽石投げたる(>д<)ノ==o←あたっても心しか痛くないぶき

566 :吾輩は名無しである:2007/01/04(木) 02:07:59
>>553
ダイスケは知的コンプレックスのカタマリなんだよ。文章もフラフラと中に浮いてる。自分の言葉になっていない。
すぐに、話しをすり替えるし、論理性もない。
プライドだけは人一倍あるな。
多分努力もしてるんだろうけど、今のままでは成長は見込めないぞ。
人の意見を尊重し、謙虚な気持ちを持つことだ。
けど、一人でも立ち向かう勇気は偉いと思う。
時に自演を使ってるけどな(笑)。そんなのは直ぐに見抜くことができるぞ(笑)。ま、悔しかったらもっと頑張れ!見栄もはるな!

567 :吾輩は名無しである:2007/01/04(木) 02:34:18
とく

568 :吾輩は名無しである:2007/01/04(木) 02:35:39
あげ

569 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/04(木) 02:42:41
知的こんぷれっくすなぞあまりあったらわざわざchildishなふりして愚衆諭さんわいw


ぼくあれだよ
知的ぷらいおりちぃはまぁまぁあるよ
だってわりと愚民観あるもんw

だってばかじゃん、大衆社会
文士の次元に比べればやっぱり低いよ、文化的に

570 :吾輩は名無しである:2007/01/04(木) 02:50:36
いや、俺には分かるんだよ。
色々見てきたから。
勿論コンプレックスを持つ必要もないけどな。
しかもダイスケは単純だから考えてることもすぐ分かる。
もっともっと恥をかくことだな。

571 :吾輩は名無しである:2007/01/04(木) 03:06:56
そんな俺を罵倒すれば良いさ。
けど頭の隅に入れといてもらいたいな。

572 :吾輩は名無しである:2007/01/04(木) 08:30:47
候補作、でたね。

【芥川賞】
青山七恵「ひとり日和」(文芸秋号)
佐川光晴「家族の肖像」(文学界12月号)
柴崎友香「その街の今は」(新潮7月号)
田中慎弥「図書準備室」(同)
星野智幸「植物診断室」(文学界9月号)


573 :吾輩は名無しである:2007/01/04(木) 08:46:37
よしよし。予想から3人あたった。
だからなんだって言われたらそれまでだけど。
俺の予想では
佐川光晴「家族の肖像」(文学界12月号)
柴崎友香「その街の今は」(新潮7月号)
星野智幸「植物診断室」(文学界9月号)
があたった。青山よ田中の新人賞受賞第一作組は意外だったなぁ。
特に青山。田中は今度単行本も出るし、その伏線か。

よし、候補も出揃ったし、今度は受賞予想。
でも、この感じだったら「該当作なし」もありうる。
あくまで受賞があるとして予想すると、
田中慎弥『図書準備室』の単独受賞

次点が
柴崎友香『その街の今は』の単独受賞

希望はもちろん、
星野智幸『植物診断室』

大穴は
青山七恵『ひとり日和』だな。

田中はいかにも芥川賞向きの「ジャンル純文学」。
次点の柴崎は文章がいいから、票が割れたときに浮上
してきそう。
星野はまったくの個人的希望。無理だろうけど。まぁ、
阿部の件もあるしな。
大穴の青山は文藝賞出身ということでw
佐川はあえて無印。

574 :吾輩は名無しである:2007/01/04(木) 09:28:39
柴崎友香でしょ


575 :吾輩は名無しである:2007/01/04(木) 12:49:56
佐川5回目ってすげえな。
純文界の東野圭吾だね。

576 :吾輩は名無しである:2007/01/04(木) 13:00:38
さっそく断言してすまんが、星野で決まってるから。

票が割れたらどうこうってw

あれは別のとこで決まってる結論ありきで、
誰がこれ推すとか適当に決めてるだけだから。

佐川さん、永遠の当て馬人生、乙です。
黙々といじめに耐えてる姿は美しい。

が今回は当て馬にもならんね。3番手が4番手。
柴崎をちょっとフレームアップしようってことになってる。

577 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/04(木) 13:20:13
天下の名士
佐川殿いがいがとったら都庁ぶっ潰したるよww

文学なめとんのか

578 :吾輩は名無しである:2007/01/04(木) 13:33:50
田中慎弥って、ひきこもりで
新潮新人賞の授賞式に来なかった人?

579 :吾輩は名無しである:2007/01/04(木) 13:56:19
予想・柴崎
次点・佐川
大穴・星野
問題外・田中、青山

にしても、今回は中村文則が受賞したときより小粒だなぁ。
いまいち盛り上がれない。星野が入っているのが唯一の救い。
もし星野が入ってなかったら、つまらなすぎ。

580 :吾輩は名無しである:2007/01/04(木) 13:56:53
佐川とか星野はもう芥川賞って感じがしないな

581 :吾輩は名無しである:2007/01/04(木) 14:09:14
もう芥川の季節か。はやいな。
こないだの中原騒動がつい最近のよう。
仲俣先生がまた「星野に文学の将来を期待」とか書いて楽しませてもらいたい

582 :吾輩は名無しである:2007/01/04(木) 14:17:02
>>579
中村自体がおっそろしく小粒だったじゃないかw

583 :吾輩は名無しである:2007/01/04(木) 14:19:54
前回で見切りをつけた評論家様たちは
今回芥川賞について触れないでくださいね。

584 :吾輩は名無しである:2007/01/04(木) 14:21:46
評論家様のご意見どおりなら、
文学界の
佐川と星野のW受賞だが…

585 :>>578:2007/01/04(木) 15:51:24
それは別の人だ。鈴木っていう人。

586 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/04(木) 15:59:16
それか道端あるいとるヒトラーにいきなりおもいっきりカンチョーしたるよw


銀色のつばさのうらみじゃー!
(≧▽≦)yやー
とか言ってw一撃必殺w

泣かせたるどw痔で
次回の選考かいに出られぬおからだにしたるでー
高級座敷のチャラ宴なんかによっぽど座れないもんwばかめw
 無名文士連から散々ばりばりバカ息子のために搾取しおってからに

佐川さんちのふりかけごはんにのりたま加えろ!はげ



そんでダッシュで
ε=┏(; ̄▽ ̄)┛逃げるもん
逮捕されるwこわし

587 :吾輩は名無しである:2007/01/04(木) 16:11:35
柴崎は「三年後に直木賞」でいいと思う。

588 :吾輩は名無しである:2007/01/04(木) 16:56:28
>>572
青山七恵「ひとり日和」(文芸秋号)
佐川光晴「家族の肖像」(文学界12月号)
柴崎友香「その街の今は」(新潮7月号)
田中慎弥「図書準備室」(同)
星野智幸「植物診断室」(文学界9月号)

誰が誰だか分からないな。生年と最終学歴をきぼん。

589 :受賞作予想、その1:2007/01/04(木) 18:04:04
また受賞作予想をします。◎=本命、○=対抗、▲=大穴。
今回は1作品を除きレベルが高いと思います。

●青山七恵「ひとり日和」(文藝秋号)/-/作品評価C-
もてない平凡な女性を描くというのはとても難しいことだと思うが、この
作者がどこまで小説の方法論を知り、小説の可能性に賭けたかとなると
とても心許ない。文章から思惟の跡がまったく垣間見られないのはどういう
ことだろうか。
全般的に取って付けたようなエピソードの積み重ねの小説であり、偶発的
な事象に反射的に感想を並べるのみで"あるべき姿"を思考することのない
主人公の姿は、どこか、この作者の創作姿勢に重なるように思われる。
つまり、この世のことはすべて為す術がなく、人は翻弄され、小説はそれ
を追認する器でしかない、とでもいうような。

●佐川光晴「家族の肖像」(文學界12月号)/▲/作品評価A-
相変わらずレベルの高い中篇。この作者の過去作品はどれもそうだけど、
家庭の不和や不幸、難病などの陳腐な素材を扱っていてもTVドラマ的な
予定調和に陥らず、その手腕は見事だと思う。
しかし、地味な作品だなぁ(けなしているのではない)。今回の候補作
の中では柴崎友香・星野智幸に比べるとやや決定力不足かもしれない。
それから、読後感が過去作と似通っているのも気になる。しかし、実力の
ある作家であり受賞してほしいと思う。

590 :受賞作予想、その2:2007/01/04(木) 18:05:00
●柴崎友香「その街の今は」(新潮7月号)/○/作品評価A+
作品の水準は、今回はこの作品がぶっちぎりだと思う。
何よりも、大阪の街のざわめきと夏の終わりの匂いをそのまま封じ込めた
ような文章に魅了された。古い大阪の街を映した映像や写真に対する作中
人物の憧憬は、文章に時間を保ち続けることが可能であるはずだ、と、
この作家が文章の、そして、小説の力を信じている姿勢を示しているように
感じられる。その意味で、この作品は作者の特質が非常に良く顕れている
作品であり、ゆえに分かりやすいが、同時にその、分かりやすさ、は、
ひょっとしたら、この作品の短所かもしれない。

●田中慎弥「図書準備室」(新潮7月号)/−/作品評価B+
この作家は、古典から現代文学まで、豊かな読書をしてきた人なんだろうな、
と感じた。不安なテンションを湛えた文章、語りは魅力的で、確かなものだ。
不気味なまでに端正に書かれた、現代文学として読める作品だった。
こういう面白い人もいるんだなあ。
ただし、作品評価とは関係ないものの、その読書体験と同じくらいの、
書かねばならない題材がこの作家にどれだけあるのだろうかという危惧も
同時に感じた。

591 :受賞作予想、その3:2007/01/04(木) 18:05:54
●星野智幸「植物診断室」(文學界9月号)/◎/作品評価B
候補作の中では、最も完成度が高く、最もストーリーが起伏に富み、最も
文章が美しい。しかし、テーマの切り取り方がジャーナリスティックであり、
(青山七恵を除く)他の3作品に比べて、衝迫力が欠けているように思えて
ならない。それが、私がこの作品の評価をやや落とした理由である。
この作品が芥川賞を受賞することについて文句はないけれど、児童虐待、
男女雇用機会均等、フリーターなど、「社会的なトピックを文学的に表現
した」と言えるような作品が続いているこの傾向は、正直面白いとは思えない。


前々回より、3回にわたって予想をしてきましたが、今回で終わりにします。
今まで、読んで意見を下さったみなさん、ありがとう。
ハニロウさん、粗筋をよろしくお願いします。

592 :吾輩は名無しである:2007/01/04(木) 18:11:08
もし柴崎のようなのが受賞したら
「気の抜けた退屈な文学」と言われ
もし星野のようなのが受賞したら
「気が病む面白くない文学」と言われ

大変だな、芥川賞も

593 :吾輩は名無しである:2007/01/04(木) 18:56:30
このスレのあらすじ楽しみなんだよな
本読むのめんどくせーし

594 :吾輩は名無しである:2007/01/04(木) 18:58:16






人口比率を考慮に入れ



芥川賞受賞者の帰化朝鮮人比率が6割程というのはどうみても




異常です  文芸春秋さん どういい訳するおつもりですか?








595 :吾輩は名無しである:2007/01/04(木) 19:00:03
文芸春秋サイド




「いまや 日本の六割は帰化朝鮮人です。

  
 よって正当な選考となっております。

  
 黙っとけ日本人ども」



596 :吾輩は名無しである:2007/01/04(木) 19:11:06
1500年前、2000年前に帰化した人の子孫を含めて6割

597 :吾輩は名無しである:2007/01/04(木) 19:28:58
タイトル一番いい、植物診断室。たぶん獲るでしょう

598 :ペンギン ◆od0qY8Ss/. :2007/01/04(木) 19:41:42
春秋って完全に機関紙だな
文芸誌というにはムリがある

599 :eng狩人:2007/01/04(木) 19:57:00
ペンギンよwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww久し振りだなwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
おめぇが書くとスレストになるから俺が活性化してやるぞwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

600 :金原文則:2007/01/04(木) 22:47:49
600get!

第136回芥川賞が決定したら、ニュース映像、うpしてください。
ようつべでも、他の画像投稿サイトでもどこでもいいから、うpしてくらはい。


601 :吾輩は名無しである:2007/01/04(木) 23:05:47
とりあえず下手な人間選んだら、ニュー速で実情教えて祭りにしてやる。
亀田張りの批判に晒されよ、チョンと春秋はよww

602 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2007/01/04(木) 23:45:05
出ましたか。
まあ、ラインナップの感想とかは、おいらのミクシィを見といてくださいや。

さすがになんかもう昔みたいな情熱がないやなあ。

もう誰が受賞してもええっすよ。ときめきがないや。

603 :吾輩は名無しである:2007/01/04(木) 23:50:01
バカのハニロウキタ――ヽ(・∀・)ノ――!!!!

604 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2007/01/05(金) 00:02:07
バカって言う人もバカだあよ。おいら達バカ兄弟。

605 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2007/01/05(金) 00:04:44
本屋に置いてあるのは文藝冬号であって、秋号じゃないし。
文藝置いてある図書館なんて近くにないし。
単行本化されてないし。

これはどうにもこうにも読めない気がしてきた青山さん。

606 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 00:34:16
最後が「室」の五文字のタイトルがカブっているな。
新潮7月号もカブっているし。
両方該当の植物診断室に決定か。

607 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 00:35:45
>>606
それなら図書準備室では・・・。

608 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 06:43:22
新潮7月号・・・図書準備室か。
ええい、まぎらわしい。

じゃあもう、植物診断室と図書準備室の二人が同時受賞でいいよ!!

609 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 10:06:58
チ○ンがどうのこうのっていう大量の書き込みって、
「チ○ン」方面の工作なんじゃね?

「某巨大掲示板である候補者と選考委員の実名をあげて
朝鮮人(しかも酷い差別用語で表現されている)と指摘する卑劣な書き込みが溢れていた」
みたいな方向にもっていきたいんじゃ?

そこで山田詠美みたいのが「日本人」として
「これは絶対に許せませんね。差別と対決する文壇の意思を示すためにも
星野さんか○○さんにしましょうよ!」
とか断固発言したりしてね。

そもそも星野って、いつも2ちゃんねるを日本の権力みたいに
誇大化して書いて批判してることが多くて、妙なんだけど。
便所にエ○死ねとか自分で書いて、糾弾して利権つくる某同盟を思い出す。
今回ももしかしたら自分で「星野=チ○ン」とか書いてんじゃねえか?

610 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 10:18:12
「チ○ン」がどうのこうのっていう書き込みを入れれば、
真っ当な批判まで「差別」ってことにできるからね。

上の方の書き込みにも、真摯な危機感の表明もあったのに、
「チ○ン」がどうのこうのって書き込みのせいで、加害と被害が逆にされてしまう。

重要なのは「特定民族集団が、金を大量に流し込んで、芥川賞を買っている」
「そのため6割(もっと?)が帰化系になった」
という内部告発(?)で、これは真剣に考えないといけない問題だろ。

「俺も君の側だがソースがないとだめだ」ってのは、これまで
2ちゃんのあちこちで見てきた詭弁論法だけど、
誰が帰化人かなんてソースがそうあるわけないんで、
これは(元)「同胞」じゃないとわからんだろ。

611 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 10:30:06
これが事実だとすれば、明確にしなければならないのは、
民族差別、他民族排除をしているのは、某民族集団のほうだ、ということ。

少数派=弱者ってことにはならないからね。
そういう図式に持っていきたいんだろうけど。

昔の朝鮮だって、「少数派」の日本人が、多数派の朝鮮人を支配していた。
今の日本は、少数派の帰化系が、多数派の日本人を支配してるってことだ。

「チ○ン死ね」なんて書き込みがあると、韓国系が弱者みたいに見えちゃう。
それが狙いなんだろうけど。

植民地時代に朝鮮人が日本人の支配に抵抗したら日本人「差別」か?
そんなことはない。それは民族解放闘争、独立運動ってことで評価されるだろ。

今の日本に必要なのも、そういう抵抗運動、独立闘争だ。
それは韓国系をここまで強大化させた、某進駐国から独立することでもある。

だいたい(事実なら)芥川賞の6割を買える集団が「弱者」なわけない。

612 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 10:33:07
変な奴等が増えてきたな。作品について語れよ。

613 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 10:54:32
>>612
卑劣、凶悪な民族ファシストは常時貼付いてるのか?

事実の証明に関しては、まず証明できるシステムにしないといけない。
それが無茶苦茶難しい。本気でやれば死人がでるだろう。

しかしそもそも、「大阪出身」「東京出身」と書けても
「韓国帰化系」って公に書けないのが、韓国系差別なわけで、
「通名」制を認めるなら、昔の「創氏改名」を認めることになる。

隠さないといけないことじゃないのに、隠さないといけないのが問題だ。
韓国系でも本名使ってる人いるが、別に差別されていない。
差別があるから通名にせざるをえない、ってのは明らかに欺瞞だ。

だからそういうのをオープンにできるような社会にして、
帰化系集団がどういう動きをしたか捜査しないといけない。

でも今はそれが絶対できないので、まず内部告発を真摯に受け止めるべきだ。

614 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 11:02:02
ちなみに韓国帰化系と、本国の韓国人は区別しないといけない。
本国の韓国人には、日本を支配する意思も力もない。
酷い部分は多いけれど、韓国に行かなければ何かされることはない。
普通の人は、公式的には「日本は悪」みたいに言うものの、本気の悪意は少ない。

韓国帰化系ってのは、歴然とした日本の上層、支配階級で、
日本を強権的に支配している集団だ。
悪意と権力意思をもって行動し、嫌韓を扇ってるのも彼らだ。
彼らの今の地位と権力は、進駐軍の政策と切り放せない。

615 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 11:11:56
>>610
>「俺も君の側だがソースがないとだめだ」ってのは、これまで
>2ちゃんのあちこちで見てきた詭弁論法だけど

こういうのを詭弁と片付けられてしまってはたまらない。
裏付けのないデマを事実と思い込んで、妄想が妄想を呼ぶような
事態になるかもしれない、という意味において、暴論だと思う。

「芥川賞受賞者の6割が云々」という問題についてだけでも、
事実かどうか確認したいね。

受賞者の内、誰がチ○ンで誰がチ○ンじゃないのか、
名前を挙げてはっきりさせてくれ。

616 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 11:50:35
ていうか、そんなのどうでもいいじゃん。
それがわかってどうするわけ?

誰が受賞しようが誰が候補にろうが、作品がよければそれで良し。
それだけ。
もし作品がよくなければ、その作品を批評すればいいだけ。

芥川賞は「作品に与えられる賞」なんだからさ。そういうのは
「作家に与えられる賞」で語ってくれよ。

と俺は思う。

617 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 11:56:56
>>615
名前が出たとしても、ソースは絶対無理だ。
今の日本、どこに誰かが帰化系だっていう「ソース」がある?
そういう「ソース」が普通に出る社会にまずしないと。

たとえば「静岡県出身」ってことなら今普通に公表されてるし、
もし「静岡県出身」が芥川の6割を占めたらそれははっきりわかるし、
普通に「静岡の奴で独占しておかしい」っていう声もあがるだろう。
それはぜんぜん静岡差別じゃない。

しかし韓国系の場合「韓国帰化系」とは出ないからわからない。
それが普通に出るようになって、もし6割を占めてたらそれがはっきりして、
静岡の場合と同じように、普通に「おかしい」って言える社会にならないといけない。

そうなってないのに「ソース出せ」は無理な話だ。
だから「帰化系6割」っていう告発がある以上、
それを明らかにできるようにしないといけない。

618 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 11:59:31
>>616
だから、賞が作品のよしあしのみを基準とすべきだからこそ、
「作品のよしあしと関係ない基準で、
特定集団の権力によって、賞が左右されている」
ってのは重大な問題になる

619 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 12:05:07
             /ヽ       /ヽ
            / ヽ      / ヽ
  ______ /U ヽ___/  ヽ
  | ____ /   U    :::::::::::U:ヽ
  | |       // ___   ヽ  ::::::::::::::|
  | |       |  |   |     U :::::::::::::| なにこのスレ……
  | |      .|U |   |      ::::::U::::|
  | |       | ├―-┤ U.....:::::::::::::::::::/
  | |____ ヽ     .....:::::::::::::::::::::::<
  └___/ ̄ ̄      :::::::::::::::::::::::::|
  |ヽ    |           :::::::::::::::::::::::|
  ヽ ヽ  ヽ___      ::::::

620 :615:2007/01/05(金) 12:40:13
>>616
>作品がよければそれで良し

悪いけど、最近の芥川賞受賞作で、まともと思われるものはひとつもない。
平野啓一郎のスノッブな作品も含めて、みんな屑。批評する価値もない。
そもそも、最終候補を決定するまでの過程が不透明なのが、非常に気に入らない。
朝倉『白の咆哮』と青木『クレーターのほとりで』が選考に漏れたあたりで
この賞駄目だなと思った。

文学を評価するシステムとして全く機能していないにもかかわらず
ある種の権威として毎年二回も騒がれている。全く不思議な現象だ。
そういう意味では、>>618のように

>作品のよしあしと関係ない基準で、
>特定集団の権力によって、賞が左右されている

という見方には興味がある。ま、現時点では単なるルサンチマン、被害妄想という気がするけどね。

>>617
ソースを出せなんて、僕は言ってない。
誰がチ○ンなのか、プロフィール付きで示してくれと言っているだけ。
客観的に判断できる材料がなければ、信じられるわけないじゃん。

621 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 14:23:16
だから違うって。芥川賞は作品に与えられるわけでも
作家に与えられるわけでもない。
たんに 文藝春秋が与える賞 にすぎないから。

622 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 14:39:04
昨日鷺沢めぐむのビューティフルネームを読んだばかり。
彼女は在日朝鮮人を公表してますね。
彼女の正直さは新鮮で興味深かったけど、
私は必ずしもそれを公表する必要はないと思う。

でもまぁ、審査の真相なんて勘ぐってもわからないし、不毛じゃない?
文句なしに飛び抜けた作品なんて、滅多にないし。


623 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 14:53:53
>だから違うって。芥川賞は作品に与えられるわけでも
>作家に与えられるわけでもない。
>たんに 文藝春秋が与える賞 にすぎないから。

なんの詭弁でしょうか?
少なくとも現実的に賞取ったら、ニュースで報道されて本が売られるわけです。
それが日本人の作家が差別されて帰化朝鮮人ばかりが受賞するのであれば
非難されてしかるべきなんですね。嘘はつかなくても、真実をださなければそれは
嘘ということなんですね。

624 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 15:13:48
誰は何人とかいってるほうのばかばかしい理屈にあわせるとしても
実際のマイノリティ、もしくは実際以上に被害者意識のある人間のほうが
文学に向く動機が強いのなんか当たり前なんだから、割合高くて何が
不思議なのかと。


625 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 15:14:59
>>623
選ばれた作品が個人的に気に食わないから、
証拠はないが帰化朝鮮人が優遇されてると思う、
と言いたいわけね。

ヒマだからマジレスすると、作品自体への批判をしろよ。
どの受賞作が具体的に文学的にどうだめなのか?
それ以外はスレ違いだから消えな。

626 :615:2007/01/05(金) 15:24:30
>>623
>日本人の作家が差別されて帰化朝鮮人ばかりが受賞するのであれば
>非難されてしかるべきなんですね

それが充分な根拠を以って、客観的に証明されればね。

でも、もういいよ。うっかりレスを付けてしまったが
結局何も証明できないんだろう?
だったら>>622が言うように審査のウラを勘ぐったって、無意味だし不毛だ。

いずれにせよ、最低限、過去10年くらいの受賞者の名前と
誰が帰化朝鮮人か明記したリストを示して欲しいね。
そうでなければ、この議論は堂堂めぐりでしょ。くだらない。

627 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 15:44:48
>実際のマイノリティ、もしくは実際以上に被害者意識のある人間のほうが
>文学に向く動機が強いのなんか当たり前なんだから

被害者意識が文学に結び付く必要条件とでも言いたいのか? 
そりゃ、アンタの個人的な理屈であって、一般論じゃない。
悪いけど、自分の偏狭な文学観を勝手に押し付けるのは止めてもらえない?

文学賞の審査に問題があると言っている人がいる、
しかも帰化朝鮮人のコミュニティが原因だという。
だったら、それについて根拠を示せといっているだけ。
客観的に信頼するに足るなら、議論はそこから始めれば良い。

文学賞自体、下らないといえば下らない。しかし、文学の価値を暫定的に定め、
それを公共のものとして共有されるプロセスとして、こうしたイベントを
全く無視することは不可能だし、また、無視したところで生産性はない。
そのプロセスがフェアじゃない、というなら、文学をめぐる問題の一端として
議論されなくてはならない。勿論それが事実ならば、という話だけど。

作品論作品論と、分かったような事を言っているが、
それなら、君自身が、最近の受賞作について何か作品論を展開して、
芥川賞の評価の妥当性を示せばいい。
自分の意見に自信があるなら、ちゃんと責任を果たせ。

628 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 15:59:48
>しかも帰化朝鮮人のコミュニティが原因だという。
>だったら、それについて根拠を示せといっているだけ。

確たる証拠をだせ   が最後の殺し文句になるとでも言いたいのかね。
だそうとすると差別だとのたまうのはもういい加減にして欲しいね。
受賞者のリストから帰化朝鮮人を出せというが自分でも調べろよ、厨。
苗字とかでもよ。

だいたい文壇自体がどうにかしてる。左翼ぶらないと作品だせないわけで
国家を非難するだけのポーズでチョンマンセー作品だろ?
違和感感じたことないか?春樹の捏造史観を信じる人?村上。。。
文壇が朝鮮人礼賛な以上新人賞もおかしなことになっとるわな。
議論というか問題提起だわな正確には。


629 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 16:11:33
>客観的に信頼するに足るなら、議論はそこから始めれば良い。

議論は客観的な事実からしか始めないといけないとでも?疑惑が濃厚と感じた人間が
何人かいたとすれば、そでだけで議論の余地ぐらいはあるだろう。数学なら話はべつだが、
社会的行為に関しては疑惑の時点で議論をはじめないと何にもできないね。
疑惑がでてきた時点でみんなで調べていけば良い。
星野だってそうだ、上記のレスで誰かが東アジアが日本を侮辱する的な記述があっと書いてあるし
またサッカー関連でまるで外国人チームに塩を送るような主張もあっただろう。
それらを批評していくのはけして無駄なことではない。

630 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 16:17:32
>>628
>確たる証拠をだせ、が最後の殺し文句になるとでも言いたいのかね

救いようのない暴論だな。最後の殺し文句ではなく、
建設的な議論の始まりの積もりでいたんだけどね。
自分で調べろ? 何馬鹿なこと言っているんだ。
君が言い始めたんだから、君こそが情報を提示すべきだろう。
>>624にも言ったことだが、発言に自信があるならきちんと責任を果たせ。
そうやって逃げを打っている限り、誰も信用しないよ。

というか、君の言っていることは結局デマなんでしょw
一応頭の片隅には置いておくし、機会があったら著者のプロフィールに
注意してみるけど、これ以上君の駄弁に付き合う積もりはないよ。

ヤレヤレ、年明け早々馬鹿馬鹿しい。

631 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 16:22:44
>>629

>議論は客観的な事実からしか始めないといけないとでも?

まさにその通り。誰でも共有できるような前提から始めなければ砂上の楼閣、全く無意味。
というより、君の言い分は蓋然性すら確保できていない。まさに、流言蜚語、デマの雛型だ。
僕には、君が自分の被害妄想と誇大妄想をネタに、必死に煽っているようにしか見えない。
全く乗れない話だね。

632 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 16:24:03
>建設的な議論の始まりの積もりでいたんだけどね。

建設的な議論は確たる証拠がないと始められないのか?そうだとしたらお前は議論に参加しなくてよろしい。
誰かが疑惑と感じた時点で議論は始められるべきだと思うし、疑惑という点では今の文学賞は胡散臭すぎる。
俺なんかはお前のこといぶかってしまうねww

633 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 16:30:21
疑惑が持ち上がった時点で調査なり議論の対象になることは当たり前なのにそれさえ否定する輩がいるとは
それすらおかしすぎるぞ?文芸賞サイドの人間が疑惑のもみ消しでもしてるのか?
疑惑を提示してなにがおかしい。文壇がそれほど健全か?
平野啓一郎の受賞も全く問題なしか?
それでも議論の必要ないと言い張る人間は根本的におかしい。

634 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 16:30:58
>>632
>建設的な議論は確たる証拠がないと始められないのか?

分かってるじゃん。まあ、確たる証拠とまで言わなくとも、ある程度の説得的な根拠は欲しいね。
だいたい6割って言い出したの、君でしょ。なんで6割って分かるの? 
その妙に具体的な数字は、君の直感的な疑惑から湧いてきたんですかw

まあ、いいや、僕のことを勝手に訝っていてください。
色々な意味で、おめでたいと言うか。
「明けましておめでとう」という迂遠なメッセージなのかな。

635 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 16:44:23
建設的な議論を放棄したとしよう。疑惑を押しつぶそうとする胡散臭い634はほうって置こう。
疑惑を論じあおう。



        疑惑を否定する輩は胡散臭い

疑惑ならそれを検証しようともせず全面的に議論する価値なしとはww
何か隠したいことでもあるのか?突っ込まれるとやばいのか?
お前のような書き込みをする輩自体が疑惑にもなるぜ?

636 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 17:00:30
>>635
その疑念がスレ違いなんだけど、そんなこと百も承知で荒らしてるわけだよね君は。



637 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 17:06:59
>その疑念がスレ違いなんだけど


何かをもみ消そうとするのか?
すれ違いてはひでえな。疑惑はあるだけでおかしいことなのか?
ここは疑惑を持った時点で荒らしになるのか?
そっちのほうがおかしいだろ?ヒトラーばりの全体主義だな。


638 :田中慎弥「図書準備室」120枚 ◆T61/rdmlFM :2007/01/05(金) 17:43:38
私は三十を過ぎても就業経験がまるでない男だ。
父を幼くして亡くし、母が働いてくれている。
祖父の法要で、親族からいい加減働けと言われた私は、なぜに私が高校を卒業して以来、一度も職に就かないのかを語った。
私が小学生の頃、初老の長身な男が近所に住んでいて、世捨て人だと呼ばれていたが、その男に私の無職の原因があるのだ。
その男は不気味な存在であったが、私が中学校に入学すると、男がその中学の国語教師で、吉岡という名前だとわかった。
吉岡には噂があり、それは戦争中、工場勤務に借り出されていた少年自体、体の弱い男をリンチしたというものだった。
マスコミに取り上げられそうにもなり、吉岡の職も危うくなったこともある。
中学の文化祭の後片付けで、私が書物を図書室へ運んでいくと、吉岡がいて、図書準備室へ書物を運ぶよう指示した。
各教科の準備室はその教科の最年長教師の個室のような意味が強く、普段は不気味な吉岡も少し打ち解けたかに見え、個室で二人きりになれたこともあり、私は例の噂を吉岡にぶつけてみた。
吉岡はその噂をはじめ否定したが、やがて実際に行ったことを告白した。相手の男の股間に鶏の餌をつけ、鶏を放して男の金玉やペニスを突かせ、血まみれにさせたそうだ。
その後、戦争も終わり、うやむやになったが、リンチを一緒に行ったものが、首謀者である吉岡をマスコミに売ったことで、またぶり返したそうだ。
それ以後、吉岡は通学路の階段で待っていて、私が登校すると必ず挨拶をするようになった。私はそれを毎朝無視していた。
そんなことがあって、私は高校を出てから無職を貫き通しているのだ。
私がそう説明し終わると、母はその話に半信半疑で、従兄弟の娘だけが、戦争に行かなければならなくなったら、どうするのかと尋ねてきて、私は逃げ続けるのだと答えた。(了)

639 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2007/01/05(金) 17:44:34
まずは一作読んで梗概アップしたよ。

文學界12月号と文藝の秋号が手に入らなかったから、佐川&青山は他の人頼んだっす。

640 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 17:52:02
田中慎弥と柴崎友香読んだ。
柴崎は長いと感じた。田中は面白かった。
どっちが芥川賞っぽいかといえば、柴崎だった。

途中で眠たくなったから。

641 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/05(金) 18:08:24
>>638
ほー

ちかごろめずらしきまじめな作品ですなー。
ただ話がこわいからヤだけどw

けどまじめだからいいんじゃないですか。知らんけどね、
ばかな芥川賞審査員連中がどんなばかばかしい講評おおやけにするかなんて。一切関係ないし。

特にヒトラーは戦争主義者だからこういう話が大好きなんじゃないのですか?
 むしろぼくは図書準備室でじゃなくて、
都知事室であのはげ頭をにわとりにでもつつかせたらいわゆる民族差別の頭わるいくせも
ちょったあマシになるんやないかと愚考いたしますがねwwwwwまどーでもいいけどwww

 平和な時代にあえて戦争の恐怖を語るのはなんなんですかね
そもそも逃げ続けても逃げらんないですしな。そのへんですな。
 だいたいあれですな。
資本主義戦争によるいじめ問題とか飽食の労働逃避問題とかそのへんとリンクさせてる時点で確信犯ですな。
ま、まじめだから仕方ない。もっとハジケなきゃあかんですな。若いし、ぼく。

けどなんで吉岡がわるいことしたら主人公が働かなくなるんですかね。不思議ですな。
言い訳かな。

642 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 18:18:05
ちなみに星野の候補作品は10日に発売です。

643 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/05(金) 18:38:33
>>642本人宣伝おつwww


ばれとるばれとる
( ̄― ̄)あかんね
審査公平しゅぎだもん

ふところ具合に釣られる芥川賞ばか審査員類とちがうしw無償の奉仕だもん

644 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 19:10:01
退屈なレス

645 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 21:40:03
文春だけは文藝春秋売り上げ気にして、単行本発売は見合わせるんだけどね。
今後は
文春も先に単行本出しちゃっていいやってことか。

646 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 22:24:27
>>641
>ばかな芥川賞審査員連中

芥川審査員は高橋源一郎より腐れてるのか?
おわってんな。

647 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 22:25:10
今さら星野が芥川賞。
おわってんな。

648 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 22:43:01
>>645
文藝春秋より後に単行本を出すと単行本の売れ行きが落ちるから、
単行本を先に出した方がいいんじゃないか。
文藝春秋は、黙っていても固定読者がいるからある程度は売れるんだし。

649 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 22:54:45
出来レースのくせに最終候補なんか発表すんなよ。
もう星野で内定済みなんだろ?
とんだ茶番だな。

650 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 23:00:47
田中慎弥はひきこもりらしいね。仮に受賞したとして、出る訳?テレビ。

651 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 23:07:37
朝鮮新人文学賞ww

だって審査員の大半が反日帰化人だもん、そうなるわな。


ニュー速で祭りにしたる。



652 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 23:34:53
作品より審査員にスポットが当たる辺り、
文藝賞と同じだな。

653 :吾輩は名無しである:2007/01/06(土) 03:33:24
ここで威勢のいいことを書いてる人のほとんどが
真摯に作品を読んでないことは確かだな。

国籍とかそういうことにばかり拘泥して。
腐したいだけなら他所でやればいいのに。
腐したり揶揄したり斜めに見たり分かったような
口で乱暴な結論を先読みしたりするのがなんか
「勝ってる」みたいで楽しいのかな。子供?


654 :星野智幸「植物診断室」150枚 ◆T61/rdmlFM :2007/01/06(土) 03:46:45
水鳥寛樹は四十過ぎで独身、商事会社に勤め、横浜の高層マンションで暮らし、ベランダでは植物を育てている。
会社の同僚女性から勧められ、植物診断なるものを受けてみた。
植物に囲まれ、光ファイバー等のデコレイションがなされた室内で、診断師の誘導に誘われて、まるで自分が太古へ行き、樹木になったかのような体験を味わう。
寛樹が実家を訪れると、いつも母から結婚の話を促される。
寛樹の妹はすでに結婚していて、娘をもうけているのだが、やたら寛樹になつく。寛樹は子供全般からとても好かれる体質だった。
学校教師をしている妹の夫から、会ってほしい女性がいるのだと寛樹に誘いがあった。
その女性は山葉幹子といい、同じく学校教師であり、最近離婚が成立したばかりで、幼い男の子と赤ちゃんの女の子を抱えて暮らしていた。
幹子は夫の暴力や恫喝に疲れ果て、それでも子供達には男の大人が接してやる必要があると感じていた。
幹子の息子はすぐに寛樹になつき、寛樹の趣味である当てのない散歩を楽しんだ。
しばらくその関係はうまくいった。
幹子の元夫は裁判により月に一度だけ子供達に会う権利が与えられていたが、それを超えて会えるように仕組み始め、機嫌の悪くなったピークの幹子と、寛樹がついに喧嘩してしまう。寛樹は去った。
もう幹子親子とも二度と会わないだろうと、植物診断になぞって落胆していた寛樹のもとに、幹子から電話があり、それはまた会いましょうという好意的なものだった。
明るく電話に答え、もう植物診断などやるまいと寛樹は誓った。(了)



655 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2007/01/06(土) 03:48:06
ジブリの「もののけ姫」の世界観がある作品でしたよ。
映像的に見えてくるのは
もののけ姫の雰囲気。

木々がむくむく生えてきて、妖精がころころたくさんいる感じ。

656 :吾輩は名無しである:2007/01/06(土) 04:47:45
三冠星野。野球選手っぽいな。
笙野以来、十数年ぶりの三冠だということは、普段芥川賞のニュース
なんぞ数秒で終わらせる民放のテレビでも言うだろうな。

657 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/06(土) 04:59:31
>>654

ふーん
(◎д◎)ふーん
(o`∀´o)ふーん
(>д<)ふーん
(゜O゜)ふーん
(^^)/ふーん
って感じっすなwwwwwwだって終わりかたが自然消滅的なんだもん

せめてあれですな
りさぶ『夢を与える』くらいにどらま剣の基本くらい独学して欲しいもんですなwww
はるきちminimalismのジブリ式ぱくりじゃないんだしwwかなしい
 ぼくは悲しいよ!

だってふーん♪
d(⌒〇⌒)bふーん
(´Д`)ふーん
\(~δ~)/
(-o-;ふーん、って感じしかしないですもんな

駄作かね
しらんけどwだってさーさーぷらいずも身体的移動もないしね
作者の日常平平ボンボンなんじゃん
あわれ(´・ω・`)きゅんきゅんですな
植物人間的

ε=┏(; ̄▽ ̄)┛もっとうごけーわー読んでもいみなしw

658 :吾輩は名無しである:2007/01/06(土) 05:14:16
所詮顔文字のくせに偉そうですね。

659 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/06(土) 05:20:48
えらくないよw

ヽ(´ー`)ノ盆栽批評


暇つぶし
<m(__)m>おそまつさま

660 :吾輩は名無しである:2007/01/06(土) 05:27:50
偉くないのは知ってるよw

661 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/06(土) 06:36:28
へーw


えらいね
(-o-)

逆説という初歩的レトリックの内容に逆説以外の手法で返す機知にすらあんま気づかないもんね
えらいえらい
大きく育てwわーw

662 :吾輩は名無しである:2007/01/06(土) 06:41:43
機知って言うかキチガイだろ。

663 :吾輩は名無しである:2007/01/06(土) 07:05:32
>>653
君が真摯に作品を読んでいないことだけはよくわかった。
真摯に作品を読めばおかしいと気づくはずだ。
あと国籍や民族にこだわっているのは、韓国帰化系の人びとであって、
それにこだわって自分の仲間だけを不当な手段で
ねじ込んでいるのが問題だと言っている。
国籍や民族にとらわれず公正に選考すべきだと言っているのだ。
君の論理は犯罪的な論理のすりかえであり、
そういうことを言ってる時点で君は人間としての資格がない。

664 :吾輩は名無しである:2007/01/06(土) 07:15:04
俺のレスに対して、
「どの民族でもいいじゃないか」
とか言う奴は、犯罪的に悪質な人間か、言語理解力がないかだ。
俺はまさにそれを主張しているんだよ。
どの民族でもいいはずなのに、韓国帰化系だけが6割はおかしいと言っている。
それは特定の民族にこだわった結果としか考えられないだろう。
マイノリティだから言語に鋭い意識持って、とか言う奴も恥を知れ。
ファシストの代弁をして楽しいか?それで君は生きてる意味があるのか?
不正による受賞作品に実際、言語に対する緊張感があるか、
それでいい作品になっているか?受賞作品の低レベル化は明らかであり、
それが不正の蔓延と軌を一にしているのだ。

665 :吾輩は名無しである:2007/01/06(土) 07:22:35
マイノリティ(少数派)=弱者ではない。
昔の朝鮮は、マイノリティ(少数派)の日本人が、多数派の朝鮮人を支配していた。
今の日本は、少数派の韓国系が、多数派の日本人を支配している。それだけだ。
「マイノリティ=弱者」を言うものは、それだけで知の犯罪者、ナチス協力者と同じだ。

666 :吾輩は名無しである:2007/01/06(土) 07:29:32
>>653
そういうお前こそ、腐したり揶揄したり斜めに見たり分かったような
口で乱暴な結論を先読みしたりしているようにしか見えないな。
「勝ってる」みたいで楽しいのかな。子供? 子供なんだよね?

667 :第三マスター ◆SPj8OryZTM :2007/01/06(土) 07:41:21
特別参加をしてやろう。>>653>>663も早く気付け。ここで話し合いをすること自体意味がないことに。
というより皆さんに言いたいね。
俺はすぐに気付いたぜ(笑)。
中には一度のレスで気付いた人もいるようだがな・・・。まず中身がないじゃない。スカスカ。
自分は真剣なつもりでも、たいていの場合自分の意見になってない・・・。ほとんど借り物。
目がないんだよ。だから直ぐに罵倒の言葉を浴びせたり、話しをすり替えたりする。
あ、ここに書き込みをしてストレス解消するって人にとっては多少は意味あるかな(笑)

668 :第三マスター ◆SPj8OryZTM :2007/01/06(土) 07:44:48
たまにマトモなやつがいたとしても、相手が相手だからなあ(笑)
以上。

669 :悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/01/06(土) 07:55:14
>>654
>水鳥寛樹は四十過ぎで独身、

こうやって粗筋で読むと、如何に他愛ないかが判るな。

>明るく電話に答え、もう植物診断などやるまいと寛樹は誓った。(了)

(了)ってアンタ、、チョwwwwww
それよりハニロウ! 俺のブログに「迷惑コメント」書くのヤメロ!
オマエしかいねぇんだ!

670 :吾輩は名無しである:2007/01/06(土) 08:02:00
また星野に被害者を装われても困るんで、もうやめよう。
星野は強者の論理の代弁者、民族ジェノサイド論者、
しかも弱者を装うねっから卑劣な殺人サイボーグだからね。

671 :吾輩は名無しである:2007/01/06(土) 08:14:49
星野、お前がやってることは、植民地朝鮮の日本人と同じなんだよ。
日本の支配に抵抗する朝鮮人を、日本の言論界は「怖い」存在として表象した。
星野、お前が今日本を支配している韓国系帰化人として、
日本人への「恐怖」を語ることは、これと全く同じだ。
お前は表現に関わるものとしての最小限の良心もなく、
民族浄化、ファシズムに安易に加担しているのだよ。
星野、桜が枯れて黄砂に覆われる日本、
すなわち韓国系が日本系を殲滅した状態がお前の理想郷なんですね。。
ナチス協力文学者さえやらなかった、残虐で卑劣な表象行為だ。

あと666は俺じゃない。

あと調べればわかると思うが、これは韓国からのアクセスだ。
俺は(帰化系でない)韓国人だ。お前の「日本人」被害妄想の材料にはならないよ。
祖国の名を汚しているお前ら帰化系の犯罪を、
日本人は見逃しても、神様は決して見逃さない。

672 :吾輩は名無しである:2007/01/06(土) 08:26:49
>>667
直ぐに罵倒(つうか嘲笑)の言葉を浴びせて
根拠のない優越感に浸ってる自分の姿を鏡に映して見てみろ。

673 :悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/01/06(土) 08:30:08
>>654
>水鳥寛樹は四十過ぎで独身、商事会社に勤め、横浜の高層マンションで暮らし、ベランダでは植物を育てている。
>会社の同僚女性から勧められ、植物診断なるものを受けてみた。

いい気なもんだよ。俺とは何の関係もない世界だ。
松浦ヒサッキーの『花腐し』とは比べ物にならない。
読むだけ時間の無駄っぽそう。
星野みたいなチャラ助けには何の期待もしてないけど。

674 :吾輩は名無しである:2007/01/06(土) 08:36:59
このタイミングで文春から単行本発売!
明らかに出来レースだな。

675 :第三マスター ◆SPj8OryZTM :2007/01/06(土) 08:43:34
>>672
顔を隠して、頭隠さずだな(笑)
では、楽しんでくれ!

676 :吾輩は名無しである:2007/01/06(土) 08:46:52
星野さんの芥川賞受賞は歓迎だな。

677 :吾輩は名無しである:2007/01/06(土) 09:16:34
誰だっていいんだよ芥川賞なんてやめちまえビチビチウンチ。

678 :吾輩は名無しである:2007/01/06(土) 09:50:21
ちなみに星野の候補作は10日に発売です。読んでね♪

679 :悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/01/06(土) 11:03:56
芥川賞、順当にいけば年間二名は受賞するんだ。
これは宝くじで一等を当てるよりも容易い確率だ。

680 :吾輩は名無しである:2007/01/06(土) 13:51:19
確率て。
そんなん言い出したら、受験者の三人に1人は東大生になるし、
二人に1人は弁護士になるんだぞ。

681 :吾輩は名無しである:2007/01/06(土) 13:53:04
君たちは意味がわからない

682 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2007/01/06(土) 14:33:50
>>669
迷惑コメントなんて書いてないよ。
ワルタロウのブログなんて知らないよ。

683 :吾輩は名無しである:2007/01/06(土) 14:55:45
【映画】作家の島田雅彦氏が映画初主演…「東京の嘘」で岩田さゆり演じる教え子と関係する大学教授
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1167860901/l50


684 :吾輩は名無しである:2007/01/06(土) 15:25:49
阿部は受賞したとき「芥川賞は紅白歌合戦だ」という、名言’風’の言葉
をのこした。
じっさいは、むしろレコ大だろう。内容はムチャクチャなのに権威だけは
かろうじてある。
音楽会社の幹部が集合して密談をしたという。「そろそろ氷川きよし君に
大賞を与えよう」と。その通りになった。

芥川賞の候補作も、「芥川賞金賞」という名称にしたらどうか。

685 :吾輩は名無しである:2007/01/06(土) 15:46:27
阿部のときもそうだったけど、こういう出来レースっぽいのは白けるな

686 :吾輩は名無しである:2007/01/06(土) 16:52:18
まあ、そういわずにつきあってあげようよ

687 :吾輩は名無しである:2007/01/06(土) 16:53:10
暴力団が背景にあるよりずっといいではないですか

688 :吾輩は名無しである:2007/01/06(土) 16:59:15
苗字だけでいえば



柴崎か星野だろう。
ファシストが少数民族の狼藉集団になっている現状。
ここでも民族なんてどうでもいいいう馬鹿か?平和ボケ?がなんかチョロイこといってるが
ファシストの如き発言だな。右翼が国に弾圧されて、左翼が国の保護におかれる、現実。
歴史や政治に関して知識のない


小説読み馬鹿なんだろうねw

689 :吾輩は名無しである:2007/01/06(土) 18:07:11
>>688
コピペ?
だとしたらきちんと貼って欲しい。

違うなら、頭の中を整理してから書いて欲しい。

できれば、もう消えて欲しい。


以上。

690 :吾輩は名無しである:2007/01/06(土) 18:11:37
できれば、もう消えて欲しい。





ファシスト 乙

691 :吾輩は名無しである:2007/01/06(土) 18:17:25
>>690
いや、スレ違いの書き込みが嫌なだけです。

692 :吾輩は名無しである:2007/01/06(土) 18:24:51
>いや、スレ違いの書き込みが嫌なだけです。

どこがすれ違いなんだい?きみのほうこそファシスト張りに都合の良いこと以外
認めようとしないね。何様?神様の検閲きどり?
自分の好ましくない書き込みはすべて


スレ違い???


693 :吾輩は名無しである:2007/01/06(土) 18:26:01
>>692
出版関係の人間だろスルーしとけ。
あせりはじめてるみたい。。。

694 :吾輩は名無しである:2007/01/06(土) 18:45:51
あげ

695 :吾輩は名無しである:2007/01/06(土) 19:01:22
精神病みが暴れてんな。
おもろい。もっとやれw

696 :吾輩は名無しである:2007/01/06(土) 19:07:44
このスレは雑誌に紹介された事もあるからな。気持ちはわかるよ。
「最初から星野に決まってる」って文春に勤めてる人に聞いたよ俺は。

697 :吾輩は名無しである:2007/01/06(土) 19:28:37
〜と、関係者から聞いた。


って書き込みが出てくると急に萎える。

698 :吾輩は名無しである:2007/01/06(土) 20:27:15
青木は文藝春秋に嫌われてるの? 筆歴からいって
一度も候補になったこと無いというのは、やりすぎだろう、文藝春秋。

699 :吾輩は名無しである:2007/01/06(土) 20:27:57
でも星野もかなり浮き足立ってて、今回は凄くノリノリだわな。

ブログのほうでも、2ちゃんねら〜に気を使ったり、
かなりわかりやすい小説を書いたと自画自賛したり、

裏の根回しがあるかもよ。

はっきり言えば、選考委員の一人でも強く推す奴がいれば、他の選考委員が×さえつけなきゃ、オール△を受賞になびかせられる。

700 :吾輩は名無しである:2007/01/06(土) 20:37:12
だから裏の根回しはいつもあるんだってば。

じゃなければ、候補作の文学界率と
受賞作の文学界率に圧倒的な差があることの説明がつかない。

701 :吾輩は名無しである:2007/01/06(土) 20:42:50
>ブログのほうでも、2ちゃんねら〜に気を使ったり


星野よ、すでにおまえは祭り要員だ
覚悟せよ、チョン先生

702 :悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/01/06(土) 20:45:47
星野って、佐藤正の『燃える!お兄さん』に似てるんだよ。

703 :吾輩は名無しである:2007/01/06(土) 20:55:45
>>697
関係者さんお疲れさまです!!

704 :吾輩は名無しである:2007/01/06(土) 21:06:53
ここはまともに小説を読んでる奴が少ないな。偽右翼が覆面をして威勢のいいこと書き込んでるしさ。
作品について語れよ。ちなみに星野の候補作は10日に発売するから、読めよ。

705 :吾輩は名無しである:2007/01/06(土) 21:21:29
わかった!!

706 :吾輩は名無しである:2007/01/06(土) 21:22:58
語るべきことがある作品には思えないけど、マリファナセラピーの話ですか?

707 :吾輩は名無しである:2007/01/06(土) 21:34:29
>>671
遅レスかつどうでもいいことなんだけどさ
あの黄砂に覆われた国土ってイメージは別に理想郷として
書かれてないよね。
優れた場面とも思わないからどうでもいいけど。

708 :悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/01/06(土) 21:35:24
>>704
>ちなみに星野の候補作は10日に発売するから、読めよ。

なんだオマエ? 買えって言ってんのか?
ハニロウの粗筋で充分だ。
島田雅彦か星野智幸。
こんなもん、ひとつありゃ充分なんだよ。
バカが。

709 :金原文則:2007/01/06(土) 21:40:45
>>708
悪いなぁ

710 :吾輩は名無しである:2007/01/06(土) 21:44:44
島田と星野は全然違うよ。どっちがいいって意味合い抜きに。

711 :悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/01/06(土) 21:47:51
居ても居なくてどうだっていい、日本文壇は痛くも痒くもないという意味に於いて等価なんだよ、コノ二匹は。
高橋豚一郎を加えると三匹になるな。

712 :金原文則:2007/01/06(土) 21:49:53
>>711
平野くんが消えたら、痒い?

713 :吾輩は名無しである:2007/01/06(土) 21:54:43

ルサンチマンの吹き溜まりですね。



こんな候補者よりも俺の方が・・・

とか真剣に考えてる奴が10人はいそう。哀れ。

714 :悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/01/06(土) 22:03:25
星野はWBCのときにイチローに難癖をつけてたな。
今度はオマエの番だ。

>こんな候補者よりも俺の方が・・・

オマエはそう思えないのか?
だったら小説なんかやめちまえ、大バカ野郎!

715 :吾輩は名無しである:2007/01/06(土) 22:08:55
>>701
ぶっちゃけ星野って苗字は大陸系だろ。

716 :吾輩は名無しである:2007/01/06(土) 22:11:36
青山って入学したときは図書館大学だったのに、卒業したときは筑波大学の図書館学部になっちまったか。

過渡期の生徒だな。

筑波の図書館学部でても、図書館の司書になれなかったなら、厳しい倍率やったんやろうなあ。

それとも、どうしても東京の旅行代理店に勤めたかったのか。

717 :吾輩は名無しである:2007/01/06(土) 22:13:17
>>714
独りよがりな意気込みだけじゃあ、ねぇ。。。

718 :吾輩は名無しである:2007/01/06(土) 22:20:56
星野って田口のペンネームだろ?

719 :悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/01/06(土) 23:43:12
>>717
>独りよがりな意気込み

では、星野を誰が評価してるんだ?
自分の書いた作品をいちばん面白く感慨を込めて読めるのは自分だろう。
バカかオマエは? 高橋豚一郎ばかり読んでるからアタマがイカれてくるんだ。
アイツはマジで死んだ方が世のためなんだったら。
文壇には石原慎太郎先生という良識があるからまだいいけど。
オマエ、あまりしつこくすると悪魔祓いするぞ、この野郎。
共産豚は死ね! 夢ばかり見やがって。

720 :吾輩は名無しである:2007/01/06(土) 23:51:25
星占いでは水瓶座の佐川光晴が受賞します。

721 :悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/01/07(日) 00:07:04
坊っちゃん文学賞。
俺が落ちたのは仕方がない。
だが、代わりに受賞したアの作品で俺の怒りは沸点に達したね。
審査員の高橋源一郎。
コイツだけはどうあっても生かしておけねぇ。
椎名と中沢は半分死んでるから勘弁してやる。
もうひとり爺さんがいたけど、誰だっけ?

722 :柴崎友香「その街の今は」190枚 ◆T61/rdmlFM :2007/01/07(日) 00:19:09
歌ちゃんは生まれて以来ずっと大阪で暮らしている、二十代後半の女性。
勤めている会社が倒産し、喫茶店でウェイトレスのバイトをしているが、今だに両親のマンションで一緒に暮らしているので、金銭的には困っていない。
趣味は大阪の昔の写真を集めること。今と昔の風景を見比べたり、当時の人たちの生活を思って楽しむ。
歌ちゃんは、他にも付き合っている女性がいる男性とばかり恋愛してきてしまい、三十を前にして独り身だ。
これではいかんと、最近は合コンに積極的に参加するようになった。
合コンがうまくいかなかった帰り道、ライブハウスに寄り、そこで三歳年下の良太郎と知り合う。
良太郎はフリーターで消費者金融の取立てをやっていた。歌ちゃんの趣味である昔の大阪の写真集めに共感し、良太郎も写真やフィルムを集めたりした。
二人は一緒にご飯を食べたりして親交を深めていく。
歌ちゃんのバイトする喫茶店に訪れる、大阪で生きる人々の息吹。
歌ちゃんは、すでに家族のいる昔付き合った男に声をかけられたり、女友達に彼氏ができたりと、大阪ライフを過ごしていく。
歌ちゃんはだんだん深い間になっていく良太郎や、声をかけられた昔の男のことを考えながら、今も昔も、大阪で暮らす人々を、この大阪の街を愛するのだった。(了)

723 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2007/01/07(日) 00:20:22
大阪のお話でした。
大阪大好きやね〜んっていう若い女性の話。

大阪!大阪!大阪!いや〜ん、うっふ〜ん。

おいらにとっての大阪は西成や新世界方面がメインなので、あんまり書かれているお洒落なエリアとは縁がないかも。

724 :悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/01/07(日) 00:28:55
>>722
>消費者金融の取立て

それでヒネッているつもりか。
オマエが高利を取り立てた老夫婦が線路に正座していたぞ。
コ・ノ・ヤ・ロ・ウ……、メラメラメラ〜
ウラミハラサデオクベキカ
俺の「正義」は歪んでいるかも知れない。
だが、全身の血が騒ぐぜ。
柴崎だぁ?
土曜コラムで取り上げられていた、あの豚女か?
徹底抗戦だ。
コイ!
豚一郎!

725 :悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/01/07(日) 00:34:59
>>723
>おいらにとっての大阪は西成や新世界方面がメイン

ハニロウ、ひょっとしてオマエ、イイ奴か?
リドリー・スコットの描く「大阪」をみたか。
松田優作の代わりはいない。
だが、高橋豚一郎の後釜は幾らでも居るんだよ。

726 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/07(日) 00:37:54
>>722

 ぼくはこれが受賞が良いと思いますね。
いちばん好きだもんwいーじゃん、明るくて。
 ふつうに読みたくなりますし。日本っぽいジメジメさがなくてサイコーじゃん。
単純明快一直線。感動しました!(^0^)

 近頃まれにみる大傑作ですね。
ぼくとしては佐川さんの浪花節史上の名曲『銀色の翼』以来のすまっしゅhitですな、
てゆーか場外ホームランだな。

大阪ってサイコーじゃん?石原ヒトラーの首都独裁にも関わらず?って感じでハッピーエンドですしね。
ぼく大好きですよ、この作品。楽しいじゃん。生きるってこんなにも楽しい。
文学の新境地を拓く日本文学史上の最前衛作品ですな。だってこんなに明るい話みたことないw
感動感動の大嵐、arashi〜arashi〜oh yesでしょう。
どれほど褒めても足りない。大好き大好きでサイコーべいびい(o^v^o)vいえいですなーーw


買うしw
ぜったい買う
おーさかだけに表紙がダサくなかったら本屋にある分ぜんぶ買い占めますからwまじめに
金ないけどwおーさか人じゃあるまいしw

てゆーかぼくともかちゃんとけっこんします!←えーっそんなんないわあbyりさぶ
ってゆーくらい大好きですね。素晴らしい。文句なし。

あほの大阪差別チャラ助いしだいら以外ひとりも文句なしのぶっちぎり大々優勝ですな。な。

727 :悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/01/07(日) 00:42:24
『日本三文オペラ』を凌駕しているのか?
ナニがそんなに楽しいんだ?
バカか、オマエ?
もちつかえてしね!
クソハニロウ。

728 :悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/01/07(日) 00:45:03
>>726
>ふつうに読みたくなりますし。日本っぽいジメジメさ

説明しろよ。
なんだ、ふつうって。

729 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/07(日) 00:45:50
柄わるそうなひとがいますねーーw


だから大阪はいやなんだ
↑あっ

730 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/07(日) 00:53:57
まーあれすな


ぼくはともかちゃん以外が受賞したら
あの佐川さん伝説以来の勢いでめちゃめちゃ審査員責めまくりますからねwww

ぜったいおかしい
ぜったいこれ以外に与えたら審美眼ひねくれてる

文明批評云々とかにかこつけて地方都市礼賛のサイコーな時代文学貶めたらゆるさないし。
文士として。
だって明らかに人倫に反するじゃん。

いいんですよ。
たかが女の子に漱石ばりの批評精神なんか期待するから
イトヤマみたいな腐ればばが出ちゃうんですよ?
なんだいあのばば。
女のくせチンコとか平気で禁句書いて恥じないやつは草子以前に人間としておかしい。
 そんなばか風紀醜導に応じてりさぶともあろう傑物まで夢を与えるみたいな下品が正しいと信じちまう。
間違ってる。

 それに比べてともかちゃんはどうか。
素晴らしく素直な志じゃないですか。ぼくは大いに愛でたい。
女性の文学者とは元来こういうものでなければなりませんよ。大体抽象思考に弱いんですから。
素直な心情をあはれにおかしく語らせてこそ大女史は次第に育つのでありますよ。

 えーみたんはこのへんよく考えて。どうせばか男子は粗野でわからんのだから。

731 :吾輩は名無しである:2007/01/07(日) 01:06:55
とりあえずコテハンにまともなヤツがいないってことはよくわかった

732 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/07(日) 01:11:16
ここに来て最大の対抗馬は佐川お父さんさんですな。

佐川お父さんもほんとに苦労しましたからね。
しかし飽くまで運が悪かった。受賞なんて運です。
運100%。実力0%です。

 しかし、ぼくは日本文学の将来の発展を期して
清く明るく楽しい文学に対しては最大限の賛美を惜しむわけにはいかない。


 ふりかけにのりたまが加わる日は必ず来ます。
なぜかっていうと、あのはるきち大先生ですら芥川賞もらえなかったもんw
そういう事もある。ともかちゃんをうらむなかれ。
 時勢のあわれに心頭滅却すべし。されば救わん。南無三。

733 :悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/01/07(日) 01:13:28
>>730
>イトヤマみたいな腐ればばが出ちゃうんですよ?
>なんだいあのばば。

ふむ。
俺はオマエを吐き気がするほど忌み嫌っているが、
俺自身が第三者に同じような嫌悪を与えているのだろうから
同類相哀れむではないが、勘弁してやる。
糸山。
なんだあれは?
男でもない、女でもない、作家としては既に手詰まりだ……。
文學界。
終ってんなぁ。

734 :悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/01/07(日) 01:15:33
>>732
>あのはるきち大先生ですら芥川賞もらえなかったもんw

あの村上春樹が獲れなかった賞をチンピラ共が争ってんだろ?
なんか、誰がノミネートされようと笑っちゃうよな。
変な因果がついちまったね、この賞。

735 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/07(日) 01:22:20
 イトヤンは佐川さんを打ち破って出てきたんですね。
そのときぼくがめっちゃかわいそうふざけんなとか文句いったから賞金寄付しちゃったw

ぼくはまー流行りもんだなあと思ったからわりと静観してたんですが、
こないだの群像かなんかに出てた短編でまじめにむかつきましたね。

なんか男はせくしゃるおーがんのオモチャだ、とか書いてるんですよ。
谷崎的な変態世界かなあと思ったらそうでもないんですね。
ただ下品な言葉を並べてるんですね。あれはよくない。
 あんなふうになるくらいなら芥川賞なんてあげなけりゃよかったですよ。堕落してますよ。


 受賞直後有頂天になったか、2ちゃんねるで福山雅春は私のものとか叫んでましたよw
なんだかな
┐(´〜`;)┌おばちゃんあわれ

736 :吾輩は名無しである:2007/01/07(日) 01:48:22
悪い太郎ってアホ

結局、ろくすっぽ本も読まずに自己満足で駄文書き垂れて、それが認められ
ない悔しさにあちこちへ当り散らしてるだけだよな


頭悪い太郎くんよ
ルサンチマンの吐露にも最低限の知能は必要だと思うぞ

737 :悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/01/07(日) 02:16:45
さぁ、どけ、ゴミ助ども。

『「お話を作る必要はない。小説らしいドラマを考える必要もない。自分を観察の対象にす
ればよろしい。この社会の中で、一人の人間がどうやって成長していくか、社会科学の論
文を書くつもりで向かい合えばいいのだ。きみたち以上に、その対象について詳しい人間
はいないのだから。つまり、きみたちは、『自分』に関する最高の専門家なのだから」
 そうやって、「卒業論文」としての「小説」がぼくの手元に集まってくる。
 実のところ、「小説」とは、まずは、ある時期の自分に対する「卒業論文」なのに違い
ないのだが。』

豚、コノ野郎!
オマエは、人はいつかロックから卒業しなければならないといっとるのか?
ならば、娘より若い女と結婚するオマエは、いつ女から卒業するのだ。
オマエはなんど同じ過ちを繰り返しているのだ?
キレイに枯れて見せろって、ゲンチャンよ。
キレイゴトで誤魔化すんじゃないって、バカ野郎!!!!!!!!!

オマエが死ぬか、俺が死ぬか、いずれにせよ最後まで祟ってやるゼ、こん畜生!
ったく、フザケタ野郎だ。

738 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/07(日) 02:18:40
改行の地点がへんだなあ


引用かな

なさけなし
ぷ(^ε^)

739 :悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/01/07(日) 02:33:06
『一人の人間がどうやって成長していくか、社会科学の論
文を書くつもりで向かい合えばいいのだ。』

なんど言ったら分るのだ。バカだな、オマエは。
よくそんなんで審査員なんかやっていられるもんだ。
これからの人間は、成長なんかねんだよ。
(o^-^o)をみろ!
無間地獄じゃないか!

740 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/07(日) 02:43:21
わるい君ははるきちくさいですな

げんちゃんやたら嫌っとるとことかな

ケンカしたるでw

文壇でたらお前さんの覇権たったの孤軍の騎馬戦で縦横無尽で崩したるよw
待っとけはげwげんちゃんいじめるなw

741 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/07(日) 02:57:57
 衒ちゃんはあれかね

社会科学論文かくのがどんだけ難しいかわかんないのかなw

なーにかるいきもちで言っとるんだか
(´・ω・`)へんな短文しか書かないのにね

742 :吾輩は名無しである:2007/01/07(日) 07:03:50
頭が悪すぎる…

743 :吾輩は名無しである:2007/01/07(日) 07:32:43
芥川賞は石原チョン太郎が受賞したときから腐り始め、村上(この苗字覚えとけw)龍の受賞で終わり
綿谷りさと金原のダブル受賞で日本人を嘲笑しはじめた。
石原がチョンだなんて信じられるかという無知な人もいるかと思いますが、
弟の裕次郎はチョン社会の芸能会で伝説にまでなった男。
電通や芸能プロがすべて朝鮮人の世界でなぜ裕次郎は伝説にまで持ち上げられたか。。。
それは帰化朝鮮人だから。。。その兄もまたしかり。右翼的な言動はここの阿呆を
釣るための目くらましです。石原を右翼だと勘違いする表面的にしか理解が及ばない低脳
君を騙すための。。。。

目をさませ、政治に興味を示せ、そうすればここの作品自体を読めという馬鹿発言の虚しさ
を理解するでしょう。

744 :吾輩は名無しである:2007/01/07(日) 07:36:02
小泉元首相の第一秘書の名前は




飯島勲  だと覚えて置いてください




解り易い苗字と名前ですね。
日本は朝鮮の乗っ取られているんですよ。
全ての文学賞も言わずもがなです。



745 :吾輩は名無しである:2007/01/07(日) 12:59:58
柴崎のは退屈だが最後まで読んだ。
なぜか読み進めてしまう不思議な文章だ。
田中のは12ページで投げた。
あほくさ。これを最後まで読む選考委員が何人いるだろう。
青山のは「春」の項だけ読んで投げた。
他にもっとマシな作品あっただろ。

746 :吾輩は名無しである :2007/01/07(日) 13:51:44
石原が右翼であることを必死で隠蔽しようとしてる低能がいるなw

747 :吾輩は名無しである:2007/01/07(日) 15:14:52
つーか、思想や民族の話は飽きた。
出版社や新人賞選考委員への八つ当たり書き込みにも辟易。
こういう書き込みを見つけ度に「関係者乙」とか書いて満足してる馬鹿には正直、呆れる。

限られた人間による重複書き込みなんだろうが、もうちょっと頭使って書けない
ものかと。

748 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/07(日) 15:21:12
さあばんばん行きましょうよ!

ばんばんばんばん

ぼくが風邪気味でねとるあいだがchanceですから!
ばんばんさまりー書いてばんばん批評空間しましょうよ!

ぐずぐず(+o+)←はなみずで


あしたから学校やだwねる

749 :吾輩は名無しである:2007/01/07(日) 15:24:43
>>748
バーチャル学校は明日もあるのか。
大変だな。

750 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/07(日) 15:27:55
ばかふつうにあるよw

やだやだ
風邪ひきさんなのに

老身に堪えるよw
ごふごふ……

751 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/07(日) 15:47:19
あーっ〜!!


かれんだーみたら明日やすみやん!っっ
(*^o^*)vうわーっ
ちょー嬉しいwwwwwwww天にものぼるきもちwwwwやったーっ

きらいなんだよ
あの月曜のくそじじいwしねばいいのにな
よくあれできょーし面できるよwただの下請けじじいやん

よかったぜえ(^O^)v
たすかったw危機いっぱつだよ

Coming of age dayとか書いてある

なんの日だこれ
えいごだからわからん

かみんぐおぶえいじでいかな(?_?)
年が来たよの日
なぞ
年男かね


ぼくとりさぶは遅生まれだからちゃうけどねwwwwwwねずみだもん

752 :吾輩は名無しである:2007/01/07(日) 17:16:49
ひきこもりニートw うざい

753 :吾輩は名無しである:2007/01/07(日) 17:38:29
早生まれだろう。

754 :吾輩は名無しである:2007/01/07(日) 18:23:58
個人的に言うと、星野さん受賞してほしいな。
10年目にして芥川ってずいぶん遅いけど。
もっと早く取るべき人だったのになぁって思う。
最近はジャーナリズム的発言が多くてちょっと・・って
思うきらいもあったけど、作品としては個人的に好感が最も持てる作家だから。

755 :吾輩は名無しである:2007/01/07(日) 19:24:40
>>754
出版社社員乙
工作は万全ですな

756 :吾輩は名無しである:2007/01/07(日) 19:35:04
>>755
なんでもかんでも社員かよ。
お前みたいなのがいると却って工作はしやすい罠。

757 :金原文則:2007/01/07(日) 21:13:47

第136回芥川龍之介賞候補作品決定!
(平成18年度下半期)
第136回芥川賞の候補作が決定いたしました。選考委員会は、きたる平成19年1月16日(火)午後5時より築地・新喜楽で開催致します。
財団法人 日本文学振興会

青山七恵
(あおやまななえ) 「ひとり日和(びより)」(文藝秋号)
佐川光晴
(さがわみつはる) 「家族の肖像」(文學界十二月号)
柴崎友香
(しばさきともか) 「その街の今は」(新潮七月号)
田中慎弥
(たなかしんや) 「図書準備室」(新潮七月号)
星野智幸
(ほしのともゆき) 「植物診断室」(文學界九月号)

http://www.bunshun.co.jp/award/akutagawa/index.htm

758 :吾輩は名無しである:2007/01/07(日) 21:15:11
メッタ斬りまだかなー

759 :吾輩は名無しである:2007/01/07(日) 21:24:15
いまだにノーリアクションってことは、もうやらないんじゃねえの。

760 :吾輩は名無しである:2007/01/07(日) 21:47:23
前回と比べてつまんないもんな。
ハッキリ言って興味が湧かない。
せめて候補に中原を入れろって。

761 :吾輩は名無しである:2007/01/07(日) 21:50:03
>>755
出版社とかに勤めてる身分ならよかったんだけどねw
それにしても受賞してほしいなぁ

762 :吾輩は名無しである:2007/01/07(日) 22:45:41
文学界新潮掲載の4作品の中では『図書準備室』かな。『植物診断室』はなんかこなれていない感じがした。
『その街の今は』は黒白写真の使い方が印象に残った。『家族の肖像』文章はうまいが、印象に残らない作品。

763 :吾輩は名無しである:2007/01/07(日) 23:31:19
苗字で判断するなら


星野 柴崎 佐川 だろうwwwww

764 :吾輩は名無しである:2007/01/07(日) 23:39:19
>>754
確かに獲って欲しいけど
処女作を凌ぐ作品がなかなか現れないのが
もどかしい。今回のは読みそびれたんだけど
どうなんだろうか。
中途半端な出来だったら獲らない方がいいとさえ思うが。
賞味期限とかなんか戦略的なことを考えてしまう
真面目すぎるところがアレなのかなあ。
初期作品集のとんでもないイマジネーションの世界が
また見たいんだがなあ。

765 :吾輩は名無しである:2007/01/08(月) 02:39:17
久々に該当なしで

766 :悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/01/08(月) 10:46:29
♪高橋もうじきオシマイだぁ〜
 あの本 この本 鐘がなるぅ〜
 新作だすたび絶版でぇ〜
 W村上 嫉ましいぃ〜

 ノ〜リタ〜ン ノ〜リタ〜ン♪

芥川賞候補。
星野智幸しかしらないな。
もう面倒臭せぇから星野ちゃんでイイじゃん。
知らない奴が獲るより、知ってる作家がとった方が俺的にはいい。

767 :不安な太郎 ◆x9W/T0wNXI :2007/01/08(月) 11:15:08
ねぇ、僕も逮捕されるの?

おいオマエら! 誰だ! 高橋大源一郎先生を悪く云う奴は!
だいたいオマエらはヱクリチュ〜ルをなんと心得る!
連載打ち切りが怖くて小説なんか書けるか!
若い女が大好きでナニがいけないのか!
僕の前で先生への狼藉は許さないぞ!

http://www.excite.co.jp/News/society/20070108011200/20070108M40.124.html

768 :吾輩は名無しである:2007/01/08(月) 11:54:06
>>763
佐川の本名は鈴木だよ。

食肉処理場を書いたデビュー作に合わせて、
佐川一政との「肉」つながりで「佐川」にしたんだろ?

769 :吾輩は名無しである:2007/01/08(月) 17:40:15
ここ数年そんなことなかったけど、
柴崎が取ったら素直におめでとうと言える。


770 :吾輩は名無しである:2007/01/08(月) 17:52:58
柴崎友香って文藝賞を獲ってデビューしたワケじゃないから
ずっと賞歴なしで初めての受賞が芥川賞って可能性もある。
ちょっと面白いかもね。

771 :吾輩は名無しである:2007/01/08(月) 20:38:19
いちおう六割説を検証しとこう。

まず最近5回。

131(2004E) モブ・ノリオ 介護入門 文學界      韓
132(2004L) 阿部和重 グランド・フィナーレ 群像   
133(2005E) 中村文則 土の中の子供 新潮
134(2005L) 絲山秋子 沖で待つ 文學界        韓
135(2006E) 伊藤たかみ 八月の路上に捨てる 文學界  韓

お、ちょうど六割だ。

772 :吾輩は名無しである:2007/01/08(月) 20:42:11
次に最近10回。

126(2001L) 長嶋有 猛スピードで母は 文學界
韓127(2002E) 吉田修一 パーク・ライフ 文學界
韓128(2002L) 大道珠貴 しょっぱいドライブ 文學界
韓129(2003E) 吉村萬壱 ハリガネムシ 文學界
韓130(2003L) 金原ひとみ 蛇にピアス すばる
130(2003L) 綿矢りさ 蹴りたい背中 文藝
韓131(2004E) モブ・ノリオ 介護入門 文學界
132(2004L) 阿部和重 グランド・フィナーレ 群像
133(2005E) 中村文則 土の中の子供 新潮
韓134(2005L) 絲山秋子 沖で待つ 文學界
韓135(2006E) 伊藤たかみ 八月の路上に捨てる 文學界

六割を維持してる。

773 :吾輩は名無しである:2007/01/08(月) 20:46:51
もっと遡るか。

韓120(1998L) 平野啓一郎 日蝕 新潮
韓122(1999L) 玄月 蔭の棲みか 文學界
122(1999L) 藤野千夜 夏の約束 群像
韓123(2000E) 町田康 きれぎれ 文學界
韓123(2000E) 松浦寿輝 花腐し 群像
124(2000L) 青来有一 聖水 文學界
124(2000L) 堀江敏幸 熊の敷石 群像
125(2001E) 玄侑宗久 中陰の花 文學界
126(2001L) 長嶋有 猛スピードで母は 文學界
韓127(2002E) 吉田修一 パーク・ライフ 文學界
韓128(2002L) 大道珠貴 しょっぱいドライブ 文學界
韓129(2003E) 吉村萬壱 ハリガネムシ 文學界
韓130(2003L) 金原ひとみ 蛇にピアス すばる
130(2003L) 綿矢りさ 蹴りたい背中 文藝
韓131(2004E) モブ・ノリオ 介護入門 文學界
132(2004L) 阿部和重 グランド・フィナーレ 群像
133(2005E) 中村文則 土の中の子供 新潮
韓134(2005L) 絲山秋子 沖で待つ 文學界
韓135(2006E) 伊藤たかみ 八月の路上に捨てる 文學界

六割ペースは崩れませんな。

結論

少なくとも最近に関しては確かに6割。
ただし事柄の性質上、完全にはわからない。
グレーゾーンは無印にしたので、実際にはもっと多い可能性あり。

774 :吾輩は名無しである:2007/01/08(月) 20:48:50
在日認定乙であります

775 :吾輩は名無しである:2007/01/08(月) 20:52:37
今回の候補

星野智幸 韓
佐川光晴
柴崎友香 韓
青山七恵 韓
田中慎弥

これも6割!




776 :吾輩は名無しである :2007/01/08(月) 21:27:49
在日かどうかなんて、どうやってわかるん?

777 :吾輩は名無しである:2007/01/08(月) 21:34:35
>>776
妄想に決まってんじゃんw

778 :吾輩は名無しである:2007/01/08(月) 21:44:37
鈴木えみが在日。。知ってからかなりショック。でもかわいい…

779 :吾輩は名無しである:2007/01/08(月) 21:46:14
エビちゃんはどうだ?

780 :吾輩は名無しである:2007/01/08(月) 21:57:22
在日ってことはないだろ。さすがに帰化してるだろ。

781 :吾輩は名無しである:2007/01/08(月) 21:59:41
星野ってぐらいだから、もし外国籍でも中国だぞ。韓国はありえない。

782 :在日なのかなぁ?:2007/01/08(月) 22:35:48
海老よりもえに萌。モエバーガー あの玉木宏とのCMのさー、美脚が良くて、腰も細くて、ぷりんぷりん

783 :吾輩は名無しである:2007/01/08(月) 22:55:34
綿矢りさの蹴りたい背中の’にな川’はモデルおたくだったが、
モデルのオリちゃんというのは、作者の綿矢は誰を想定した
んだろうな。
オリちゃんは歌手デビューもして、コンサート会場があの小説の
最後の場面だった。やっぱあの作品は芥川賞にふさわしい作品
だったと思うよ。いまだに叩かれ続けているけど。

784 :吾輩は名無しである:2007/01/08(月) 23:04:30
>>764
確かに初期の作品よかったですよね。
初期なのかどうなのかだけど、
目覚めよと人魚は〜は何回も読んでしまう。
あのときくらいに受賞してたらなぁ。

785 :桃福 ◆g3SWrW4opQ :2007/01/08(月) 23:28:24
なんだ、おい。
芥川賞は在日文学賞だったのか。

786 :吾輩は名無しである:2007/01/08(月) 23:29:52
誰かそろそろ本当のこと言っちゃえよ
『芥川賞の候補者を在日認定することで
在日及び韓国人朝鮮人は文学に精通した民族だと誇ろうとしてる』と

787 :吾輩は名無しである:2007/01/08(月) 23:35:40
>>786
芸能界とか文学とかスポーツとか普通の世界じゃ勝負できない人が
出来る世界だってことじゃない?
漫画の世界もそうだけど。
在日っていうのは文学に限ったことじゃないよ。

>在日及び韓国人朝鮮人は文学に精通した民族だと誇ろうとしてる

とてもそうは思えないけど。
知人の在日中国人の子って本当にバカだったよ。
頭いい在日もいるけど。
親の教育によるんじゃないかな?

788 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/08(月) 23:40:12
いいの!

かそう敵なの!w

あんまざいにちイジメルなよ
(`□´)ばかどもめ


文化多元主義にうたがいをもつなかれ

789 :桃福 ◆g3SWrW4opQ :2007/01/09(火) 00:12:42
 オマエら「文学、文学」って五月蝿いんだよ。
 俺は「作家」になんかなりたくねんだ。ただ、俺の書いた作品を読んで
「面白かった」と誰かが言ってくれるなら、それが俺にとっての幸いであり、
そのことで俺自身が救われるんだ。作家になりたくて小説を描いているわけではない。
 だから、チンピラ審査員の高橋は死んだ方がいいんだな。
 あれは、百害あって一利もねぇーよ。
 在日だってナンだっていいじゃねぇーかそんなこと、作品が良けりゃ。
 文藝賞をみていると、小説かけるなら犬が応募したってOKだ。あんなもの。


790 :吾輩は名無しである:2007/01/09(火) 00:17:31
>>789
ま、いいんじゃねーの。
何某が死ぬ云々は別として。

とりあえず書いた作品をネットで発表して、「面白かった」ってコメントを待てば?

791 :桃福 ◆g3SWrW4opQ :2007/01/09(火) 00:27:57
いやダメだ。
それで生活出来なければダメなんだ。

792 :吾輩は名無しである:2007/01/09(火) 00:29:48
>>791
>それで生活出来なければダメなんだ。

だれよりも作家生活を渇望する791。


793 :吾輩は名無しである:2007/01/09(火) 00:35:35
作家になりたくて小説を描いているわけではない。
しかし「作品」を書くことで生活出来なければダメ〜

結局、だれよりも生きる価値がなかった>>791

794 :吾輩は名無しである:2007/01/09(火) 10:39:35
韓国人だ朝鮮人だとあげつらうのは、ろくに本を読んでいない人じゃないのかな。
なんでそんなろくでもない人がこんなところにうろちょろしているのか。
確かに現在の日本文学業界は、「物語の世界」が終わってしまった状況そのもので力はないが、それを韓国人だ朝鮮人のせいにするのは、狭隘な民族主義だね。

小さいとき朝鮮人に頭突きをくらったことがあるけど、そんなことで民族差別なんて感情はまったく出てこない。

まあいろいろなことでルサンチマンを抱え込んでいるようだけど、こんなことをしても出口はみつからないよ。
世界がグローバル化しているのに情けない日本人だとしかいいようがない。
自分に自信がもてなくて劣等感のかたまりのような人が伝道師みたいにいきがっても誰も聞くことはないでしょう。

伝道師としての使命感を早く投げ捨てて文学に励んでください。

795 :吾輩は名無しである:2007/01/09(火) 11:02:47
もっと子供を馬鹿にしたような書き方が出来ないものか。

796 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/09(火) 15:29:29
ぷっ


頭突きされとるズッキーニあわれ

文学でもしてなぐさみにすれば(゜f_゜)はなほじほじ

797 :吾輩は名無しである:2007/01/09(火) 17:12:25
>>794
>「物語の世界」が終わってしまった

ところが「物語」は終っちゃいないんだよ。
アンタ、どうして「落語」がなくならないか考えたことあるかい?
あれはね、オチが判ってたって最後まで聴きたいんだ。
繰り返して聴きたいんだ。
だったら、繰り返して読みたい「小説」があるとは思わないか?
あるとすれば、それはどの様なものだろうな?
え? 恋愛もの?
そんなものは高橋源一郎一派にでもやらせておけ。
クダラネェ。

798 :吾輩は名無しである:2007/01/09(火) 18:49:57
>狭隘な民族主義だね。

それをやっているのが帰化朝鮮人だろ?
小泉元首相をはじめ
おまえまさか知らないのか?新聞と本嫁よ
文盲じゃなかったらww

799 :吾輩は名無しである:2007/01/09(火) 20:34:16
>>794
ν即か東亜+の住人が文学板に来ただけの話だって。
彼らは中国と朝鮮の罵倒で自己を保ってるんだから、
放っておこうよ。

あと、みんな>>1を読もうよ。

800 :吾輩は名無しである:2007/01/09(火) 22:11:59
やはり乗っ取られてたか。。。。うすうすは感じてはいたが。。。。


801 :悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/01/09(火) 22:12:13
>>797

高橋源一郎一派?
あの萎びたナスビを掴まえて一派はネェだろう、一派は。




802 :吾輩は名無しである:2007/01/09(火) 22:33:09
メッタ斬り、きましたね。

ttp://www.nikkeibp.co.jp/style/life/topic/literaryawards/070109_1st/

803 :悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/01/09(火) 22:38:25
豊崎は不細工なくせに肌がキレイで、トータルで気色悪いな。

804 :悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/01/09(火) 23:36:39
「実のところ、「小説」とは、まずは、ある時期の自分に対する「卒業論文」なのに違い
ないのだが。」

フザケルナ、っバカ野郎。

「つまり、きみたちは、『自分』に関する最高の専門家なのだから」

なんだ、そのトボケタ言い回しは?

805 :吾輩は名無しである:2007/01/10(水) 00:15:11
二人いて、しかも◎と〇と▲がつけられる。
そりゃ、なにかしら当たるだろうし、皮肉れるような外れ方もできるだろう。
競馬番組といっしょじゃん。どうなっても自分たちだけで盛り上れる。
こんなのにトリコになってる人いるの?いないでしょw

806 :吾輩は名無しである:2007/01/10(水) 02:15:44
そうそう。
候補者が大体6人前後だから、確立から言えば誰か当たる。
そしてトヨバアの顔が……悪のマリモみたいになっているな。

807 :3回目:2007/01/10(水) 03:33:39
メッタ切りは当たり外れ予測が見所では全くないのでどうでもよい。
作家や作品が業界的にどう見られているかの資料のひとつ。
このスレでも作品を論じてるレスは極めて少ないので、メッタ切りのようにいちおう読んでそれなりに作品を論じてるだけでも価値はある。

しかし大森も耐用年数過ぎたな。


808 :吾輩は名無しである:2007/01/10(水) 04:22:23
>>いちおう読んでそれなりに作品を論じてるだけでも価値はある。

低すぎで笑えるな。そのボーダー。
世間もこの板もバカ多すぎ。

809 :吾輩は名無しである:2007/01/10(水) 04:37:01
あくたがわしょうを獲った人間が本当のことを言うのと、そうでない人間が言うのじゃ、全然違う。ノーベル賞ならなおさら。ことばに価値がつくんだな。

810 :吾輩は名無しである:2007/01/10(水) 04:53:59
>世間もこの板もバカ多すぎ
いい加減に中二病から卒業しようぜ

811 :佐川光晴「家族の肖像」150枚 ◆T61/rdmlFM :2007/01/10(水) 06:34:22
陽子は小学生の一人娘と共に母子家庭を営んでいた。
そこへ愛人との生活をやめた夫が五年ぶりに居ついた。
一人娘は、父がほとんど家にいないのは、遠くで働いているためだと騙されていたため、夫が毎日家にいるのに大喜びで、陽子はハラワタ煮えくり返る。
陽子は親兄弟から早く離婚するように懇願されていたが、あっさりと夫の帰還を許す態度に、親兄弟からも呆れられ見放される。
家族三人の絆を取り戻そうと、スポーツクラブに入会するも、娘と夫ばかりが仲良く楽しみ、陽子は蚊帳の外へ弾かれてしまい、嫉妬に狂う。
だが陽子は夫を心底憎めなかった。それは夫も多大なる苦労を背負った人だったからだ。
夫は両親が共働きで家政婦に育てられ、父が異常なまでに厳格で、幼い頃よりしごかれてきた。
夫の父は一代で財をなした人で、自動車教習所やパチンコ店など、湘南近辺の名士となった。
だがワンマン経営だったため、経営はすべて傾いていて、夫の父の死後、銀行はすべての事業を売り払うことを命令した。
残された遺産を親戚一同で奪い合い、陽子の目の前で夫をリンチにかけた親戚もいた。
そのごたごたの後で、夫は陽子と娘を捨てて、遺産を使って愛人との暮らしを選んだ。
陽子は夫が帰ってきてからというもの、体調を崩すことが多くなり、それはストレスが原因だと医師からも言われていて、夫に夢中な一人娘のことで、悔しくてならなかった。
親戚一同が集合した写真を前にして、夫は誰一人として親戚の名前がわからなかった。夫は娘だけを見て楽しんでいて、その背後にあるだろう血縁関係などまるで意識したことがないのだと陽子は驚き怒る。
そしてある日、陽子は倒れ、聴力をすべて失ってしまった。
そのときになってようやく、陽子は夫に対する不満を、ホワイトボートに書き連ね、泣き喚き怒り続けた。
一人娘も親戚達に、父が不在だった真相を尋ね回り、夫は俺が悪かったと謝る一方で、陽子は取り乱して手話を習う気にもなれない。
これから家族三人にとって本当の戦いが始まる。(了)

812 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2007/01/10(水) 06:37:50
非常にお馬鹿な主婦の話だった。
自立できない中年主婦。
夫に依存するが、夫がその依存に答えられないため、怒る。
精神的自立ということを考えさせされるね。

この陽子のようなお馬鹿ぶりが、報われるが旧来の日本社会であったようにも思う。
ただ器用であれ、熱心であれ、努力家であれ、誠実であれ。

この馬鹿ぶりが切り捨てられ報われない、現在の家族とはいかなるものか。

というお馬鹿主婦の話として読むと結構面白いが、最後の難聴はやめておいて
別の手段でささやかにことを運んだ方が
コンペティションでは有利だったろう。

813 :吾輩は名無しである:2007/01/10(水) 06:46:53
ハニ乙

814 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2007/01/10(水) 06:49:26
メッタ斬り読んだ。
柴崎友香が物凄く高評価だなあ。
そんなに面白い作品だったのだろうか。

大阪をねちっこく書いた清水博子も報われないね。

あくまでエンタメとしての評価でしょう。

どうにも柴崎を評価するところが見当たらない。

おいらにゃわかんね。

815 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2007/01/10(水) 06:52:57
つうか柴崎どこがいいよ?

まだ大沢在昌の走らにゃあかん夜明けまで、の方が良くないか。
大阪話なら。

メッタ斬りコンビは芥川賞をエンタメの新人賞と同列に扱って
唯一エンタメな
柴崎を推しているだけでは。

マジわかんね、柴崎全然わかんね。

816 :吾輩は名無しである:2007/01/10(水) 07:17:45
このような帰化朝鮮人の跳梁跋扈には断固抵抗すべきだ!!!!
戦後GHQが日本をアメリカの支配化に置くために姿の似た薄汚れた朝鮮人を
使い、傀儡政権を自民党を通じて作り出した。
その腐敗が現在の日本である。
朝鮮人の天国を何時まで続ける気か??
お前らは脳みそが足りないのか?
それでも書物を読み、慧眼を養った人間か?
作品自体を評価しろなどと書き込む輩は馬鹿か、朝鮮人だろう?
文芸春秋社よ、お前らの売国奴ぶり吐き気がする。。

817 :吾輩は名無しである:2007/01/10(水) 07:21:47
今回の候補

星野智幸 韓
佐川光晴 韓
柴崎友香 韓
青山七恵 韓
田中慎弥


これでも正当な選考か?選考委員もおかしいしな
これでも作品を論じろだと?そんなレベルじゃねーだろうが!!!
朝鮮人大賞だろうが!!!とりあえず受賞作はなんにせよ買うなよ


818 :いわゆる世に出ない本物です:2007/01/10(水) 11:42:30
このヒトの文章の到達域はここにいる一般レベルと違う本物です

http://blog.livedoor.jp/vitekikuukan/



819 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/10(水) 12:02:18
>>811

 名士佐川殿さすがの一編ですな。
安定感のあるなかなかの作だと思いますね。テーマ文体ともに至極洗練されておる。

 けどあれですか。奥様はお耳のほうがむずかしいのですかね。
なんか銀色の翼でも同patternだった気がしますけどw
やっぱ奥様のほうがむずかしいのでしょうかな。いやはや。
世の中はいろいろありますな。

 ところであれですな。佐川さんはあれですか。
主人公にご自分をお重ねになっておられますのかな。そして父親のショボい実収入をね、
こうね、小説的に追求云々……うんぬん……。あれですな。
大変ですな。

 けどあれですな。佐川殿。
奥様のせいになさってはなりませんぞっ
 貴君のご収入がショボしょぼなのはまるきりご自分の運のせいなんですな。
決して奥様のせいでない。失礼かとは存じあげますが、この際あえて言えば
貴君の奥方は大変にこころやさしくすばらしい貴婦人であります。もちろん、
いちばんそのへんわかってられる佐川殿へだからこそ礼を失しても云うのであります。
 奥様を養生なさい。そしてあまりご自分の一身進退を気に病まぬことですな。
結局、文学なぞあそびであります。
あそびで多少の収入を得られることに感謝すべきなのであります。
決して運をうらんではなりませぬぞ。
 とても仲のよろしいご夫婦だけに、ぼくとしても心配であります。
芥川賞なぞという博打あそびにはあまりのめり込みなさらぬがよい。

 というわけでファンにはいざ知らず一般人にはふつうの作品でしたw
(>.<)あわれ

820 :吾輩は名無しである:2007/01/10(水) 18:52:45
柴崎が織田作之助賞を受賞。

ttp://www.tokyo-np.co.jp/flash/2007011001000030.html

韓だどーだと騒いでいる人が多いですが、どーやって認定しているんですかね。
大阪生まれは即認定?著者近影がツリ目なら韓?
そんなどーでもいい事はよそでやって欲しい

821 :吾輩は名無しである:2007/01/10(水) 19:39:03
青山氏以外の四作品を読んだ。
今回はどれも読みやすかった。
イコール面白かった、ではないけれど。

佐川氏は、いつもそうだけれど、病気の扱いかたが無邪気すぎる。悪意はない。デリカシーもない。
柴崎氏は、なんというか、作品がダメになりそうな落とし穴を避けて叙述を続けるセンスは抜群。面白くはない。

星野氏田中氏については、ふんふんいわゆる小説だね、以上の感想なし。
今回こそ受賞作なしでいいんじゃないかなあ。

822 :吾輩は名無しである:2007/01/10(水) 19:58:34
>>821
> 柴崎氏は、なんというか、作品がダメになりそうな落とし穴を避けて叙述を続けるセンスは抜群。面白くはない。

上手いこと言うな、と思った。

823 :吾輩は名無しである:2007/01/10(水) 20:00:16
織田作之助賞って公募の賞じゃなかったっけ?

824 :吾輩は名無しである:2007/01/10(水) 20:01:34
織田作之助賞は公募の地方文学賞

825 :吾輩は名無しである:2007/01/10(水) 20:02:17
候補作ってどこで読める?
一々バックナンバーを取り寄せにゃいかんのですか?

826 :吾輩は名無しである:2007/01/10(水) 20:02:33
http://www.mainichi.co.jp/event/culture/odasaku/23/
公募賞の方も発表されてますね。

827 :吾輩は名無しである:2007/01/10(水) 20:20:57
今回みたいな駄作ぞろいの時は、決まって文學界掲載の作品が受賞する

828 :吾輩は名無しである:2007/01/10(水) 21:11:37
審査員も腰抜けばっかりだしね。

829 :吾輩は名無しである:2007/01/10(水) 21:29:34
柴崎のよさが分からない奴は時代に取り残されている

830 :吾輩は名無しである:2007/01/10(水) 21:44:55
柴崎は時代って感じじゃないだろ。

芥川賞取るよりは何年か後に直木賞を取って「売れる作家」としての地位を
築く方があってそうな、典型的な女流作家。

831 :吾輩は名無しである:2007/01/11(木) 03:24:19
織田作之助賞は、「大学生や高校生が応募してくれや!」賞に変わったな。
大賞は、普通の人は受賞できないし。
これまでの旧・織田賞は、単なる劣化文學界新人賞みたいな存在だったからな。

832 :吾輩は名無しである:2007/01/11(木) 06:09:29
ここは一流の小説読みが集うインターネットですね

833 :吾輩は名無しである:2007/01/11(木) 11:29:15
候補者5人中2人しかこの板にスレがない。
前回受賞者のスレは全く伸びない。
選考5日前にして、このスレさえなかなか伸びない。

2chに(さえ?)相手にされなくなった芥川賞。
ほっとしたようながっかりしたような…


834 :吾輩は名無しである:2007/01/11(木) 11:40:04
予想

http://www.nikkeibp.co.jp/style/life/topic/literaryawards/070110_akutagawa1/

835 :吾輩は名無しである:2007/01/11(木) 12:03:36
半径五十メートルかぁ。とりあえず多摩・成績桜ケ丘らへんまで取材しようかしら。。笑

836 :吾輩は名無しである:2007/01/11(木) 12:05:49
>>822 
同意。821うますぎ。830が正しいと思う。

837 :吾輩は名無しである:2007/01/11(木) 16:36:32
今後二年ぐらいかけて芥川賞は2CHの祭り要因になるんだろうな。
ネットウヨの喜ぶ要素満載だもんな。


838 :青山七恵「ひとり日和」250枚 ◆T61/rdmlFM :2007/01/11(木) 19:56:48
知寿(ちさ)は二十一歳のフリーター。埼玉の母子家庭に育ったが、母が仕事で中国で暮らすことになり、知寿は上京することにした。
東京には親戚で、上京する娘の面倒をよく見ているおばあさんがいて、独身で一人暮らしの71歳、吟子さんというのだが、知寿は駅のプラットホームに面した吟子さんの一軒家に住み始めた。春だった。
知寿はコンパニオンのバイトをしていたが、バイト前に電車を乗り継いで、埼玉の彼氏の部屋に行くと、下着姿の女性がいて、失恋を味わう。
夏になり、知寿は笹塚駅のプラットホームにある売店でバイトを始めた。
駅員バイトの男の子と仲良くなり、下宿している吟子さん宅に彼を連れ込み、セックスするのも当たり前になった。
吟子さんは彼のご飯も作って世話してくれる。
また吟子さんにもダンス教室で知り合った彼氏のおじいさんができ、そのおじいさんはよく家に遊びに来て、知寿も交えて三人で過ごした。
秋になり、男ばかりの駅員バイトに女の子が入り、彼女と知寿と彼氏の三人でスケートに行ったりして遊ぶようになる。
しばらくして彼氏から別れを告げられ、知寿は失恋した。
冬になり、中国から一時的に帰国した母に知寿は会い、母が現地の男性と結婚するかもしれないと聞かされる。
知寿は浄水器販売会社の事務バイトをするようになったが、正社員にならないかと持ちかけられる。
春、知寿は会社の寮に入り、一年間に渡った吟子さん宅での下宿生活が終了した。
今度は会社で不倫を始めた知寿は、電車から吟子さん宅を眺め物思いにふけた。(了)

839 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2007/01/11(木) 19:59:04
候補作全部読み終わったで〜!

ひとり日和が一番面白かったよ。
文章が上手い。

まあ川上、江国がすでにやっているような文章であれ世界観であれ、なので
その点、評価は厳しくなってくるかも。

でもまあ、老婆と若い女性の同居というテーマは新しく思うし。

ハニロウ的にこの作品がナンバー1。
芥川賞はこの作品でしょう。ハニロウ予想の芥川賞は青山七恵「ひとり日和」です。

840 :吾輩は名無しである:2007/01/11(木) 20:10:52
250枚で候補になるのか。そうなのか。

841 :吾輩は名無しである:2007/01/11(木) 20:30:57
メッタ斬り読んで来た。

小説はストーリーだけじゃないとか、カメラアイとか、
10年以上前から言われているようなことを
いまだにうれしそうに評価の基準にするのは、
さすがに、そろそろ、ださいんじゃないかな。

佐川は天然、には笑った。

842 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2007/01/11(木) 21:20:39
メッタ斬り読みました。

大森さんの佐川・家族の肖像に対する感想が、おいらとぴったり一致していて嬉しかった。
とんでもない駄目な主婦なんだよね。
人間的に。自立しておらず。
自分で決定することができずに、なんでも人のせいにして。

大森どんもおいらと気が合うじゃあねえかって、それだけで楽しいわい。

だがしかし、青山のひとり日和が低評価なのが残念。
そりゃさあ、
現実味はないですよ。
老人なら、白内障だの糖尿だの必ず持病があって、あんな元気な老人がいないことぐらい知ってますよ。
でもね、
小説なんだから面白きゃどうでもいいじゃないよう。
メルヘンだと思って評価してくれてもいいし。

まあでも選考会でも同じ理由で即却下かもね。

それにしても柴崎はねえべよ。

843 :吾輩は名無しである:2007/01/11(木) 21:40:15
>>841

豊崎の恩田陸インタビューで、恩田が「小説はストーリーだけじゃないって
ようやく気付いたって」いってたから盗んだんだろう

844 :吾輩は名無しである:2007/01/11(木) 22:36:36
豊崎さんは全く阿呆だな。wwwwwwwwwwwwwwww
自分の言ってることも分かってないみたいだぞ。

845 :吾輩は名無しである:2007/01/11(木) 23:26:00
大森と豊崎の評価がまったく逆のやつがあるんですが。
これはどう見たらいいんですか?

芥川賞をとったやつがお二人の嫌いなものならば芥川賞やはり駄目になり
お二人の好きなものならば、あーあ退屈。とか言われ。

賞っていうのは合議です。何がとるかわからない。
たった二人でさえ評価がわかれる、それが作品。
なのに芥川賞は真っ当に予想したら駄目だとか、
その真っ当とはなんなのですか?
お二人が真っ当とは思えないのですが

846 :吾輩は名無しである:2007/01/11(木) 23:46:06
青山はないわ。
文章は決して上手くないし、話は退屈だし。
候補になったこと自体が不思議だ。

847 :悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/01/12(金) 00:07:29
>>830
>柴崎は時代って感じじゃないだろ。

なんかさ、最近の芥川賞って次代から逸れてるな。
若い世代への刺激(挑発)となってないよ。
文学って、本当に面白いのか?
少しは本を読まない層を取り込めよ。
どうして、何奴も此奴もマッタリしてるの?
隣国に於ては「二回目の核実験が!」なんて喧伝されているのに。
高橋源一郎。
やっぱりダメだよ、コイツら。

848 :吾輩は名無しである:2007/01/12(金) 00:15:31
時代だか次代だか知らんが、大江以外をまったく
愉しむことができなかった俺はどうすればいいですか?

849 :吾輩は名無しである:2007/01/12(金) 00:23:40
隣国に於ては「二回目の核実験が!」なんて喧伝されているのに
2chなんてやってんじゃねーよ

850 :悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/01/12(金) 00:26:41
食パンの耳をカジって書く、書く、書く、読む、読む、読む!
大江ね。
若い頃はみんな格好いいんだよ。
でも、答えを欲する年代になってから失速するんだ。
高橋源一郎がそうだ。
アレは無様なモデルケースだよ。


851 :ペンギン ◆od0qY8Ss/. :2007/01/12(金) 00:38:10
大江、若いときの写真がめっちゃカッコええわ
不敵で右翼の大物っぽい
『われらの時代』と『芽むしり仔撃ち』しか読んでないけど
どっちもつまらんかった

852 :悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/01/12(金) 00:43:29
>>850
>でも、答えを欲する年代になってから失速するんだ。

渡辺淳一の『愛の流刑地』なんて笑っちゃうよね。
でもそれは、いまの俺にはピンと来ないからだろうけど。
この人、老人の性を積極的に書いているけど、その意味でなら(作品に)意味があるのではないか?
いまの俺には興味ないけど。

853 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/12(金) 01:20:09
>>838
なんだこれw

ちょーつまんないですね。。。
今まで読んだ小説とさまりーの中でいちばんつまんなかった。
なんにもないし、しかも下流の生活。なんにもない。
なんの救いもなんの理想もなんの社会観もない。

いわばたんなる写生小説ですな。
それにしてもつまらん。こんなもん出版するばかはしねばいいとおもいますよ。
Blogのほうがなんぼかおもろいかわからん。くそですな。

これが芥川賞だったら日本文学は終焉ですな。
これかいたやつは才能ないからもうやめたほうがいいとおもいますけど。
話ぜんぜんおもしろくないし、しかも登場人物もすぐセックスばっかするし。
単純にきたない。
ばかじゃないかとおもいますね。おわり。感想かく手間も勿体無い。
 なにものなんですか、このひと。
よくこんな無内容なもの250枚もかいていきのびていますね。
ぼくにはまるきり不可思議としかいいようがない変人だ。
どうでもいいですが。他人だし。

854 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/12(金) 01:26:37
 ぼくは正直だからほめるときはほめるけど貶めるときは容赦ないですよ。
くだらんもんが我が物顔に成長したら社会のおわりですから。

 たんじゅんに下らんものが候補に上る時点で文壇は歪んでいますね。
なにがいいと信じてるんですか、その下流写生の文。
時間の無駄にまきこまれたくないよ、誰も。


まあいいですが。どうせ関係ないし。芥川賞ゲームなんて。くそだし。
下流青年諸君をハゲませばいいじゃないですか。禿げどもがよってたかってさ。
きもいきもい。絶滅させたいですね、調子にのっててきもちがわるいから。
 僕のような気持ちを持っている人物は少数派かもしれませんね。
大衆社会は愚衆もいますから。
けどきっといるとおもいますね。下らんものは下らん。下らんなりにがんばってるだけです。


 ではぼくがいつものように総括を発表します。
さいごがくそだったから気がぬけますね。
それに、なんか一人抜けてるような気がするがいいや。べつに商売じゃないし。

855 :吾輩は名無しである:2007/01/12(金) 01:36:03
>冬になり、中国から一時的に帰国した母に知寿は会い、母が現地の男性と結婚するかもしれないと聞かされる。


なんだこの取ってつけたような左翼ですよ的な展開はww
やっぱり帰化人に乗っ取られた文壇内で賞を貰おうとするならポーズも
必要ってことかよww


856 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/12(金) 01:40:50
ハニロウ的候補作       大ちゃん批評
>>638田中慎弥「図書準備室」 >>641
>>654星野智幸「植物診断室」 >>657
>>722柴崎友香「その街の今は」>>726
>>811佐川光晴「家族の肖像」 >>819
>>838青山七恵「ひとり日和」 >>853

総評

 今回は小粒ぞろいの中にひときわ輝く超新星(super nova)があらわれた、って感じすね。
すなわち、文壇のbrand new idleともかちゃんであります。これは間違いない。最強です。
もはや綿矢は過去の人。これからしばらく花火のようなともかふぃーばあがやってきます。
ぼく個人としては、ともかファンクラブが結成されて順調に彼女を育てていくことを期待します。

 ちなみにもはや文壇の大家、佐川先生の新作はちょっと奥さんのせいっぽいからぼくはヤw
けどさすがの実力派ですよね。圧倒的ですよ、安定感だけでいえば。
もう誰も夫婦もの書かせたら追いつけないでしょう。
同じthemeを繰り返し追求する執念は他の全文士の模範に値する素晴らしいものです。
佐川先生は文壇の誇りです。僕はそう信じて、若手idelともかちゃんへ上座を譲る伝説が見たいw
大丈夫です。ぼくがずっと宣伝してあげます。かならずあなたは大成します。保証してもいい。
芥川賞なぞくそです。ちんぽだいすき小説かいてるイトヤマすらとれる宝くじに過ぎません。

 あとはあまり印象がないですね。
けどマヨネーズのイジメのやつは室つながりで影がうすいけどまじめでした。そのくらいかな。

857 :悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/01/12(金) 01:43:32
>>853
>なんだこれw

文藝だろう。
マシンガンの雌餓鬼はどうした?
だがアンタ、青山を叩いても始まらないんだよ。
殺るなら高橋源一郎なんだ。
アレが悪の根源だ。
文学界のビンラディンなんだ。

858 :悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/01/12(金) 01:50:32
柴崎だぁ? 笑わせるな。
価値観の偏向したクダらないスレだ。
愛だぁ?
フザケルナ!
そんなものはドコにもねぇ!
男がヒザを抱え、脳内で「愛」を精製する時代、何が柴崎だ、フザけるなコノ野郎!
押井守監督の『機動警察パトレイバー the Movie』の横軸を確認してから出直して来やがれ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A9%9F%E5%8B%95%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E3%83%91%E3%83%88%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%90%E3%83%BC_the_Movie

859 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/12(金) 01:56:31
 2007年度前半期 芥川賞独自審査のまとめ および明日の文壇への抱負

 才能は突如として現れるものです。
育てたって望んだって出でくるものでない。逆に、放っておいてもポッとでるんです。
 
 20世紀後半の文壇をひっぱったのはW村上でした。
彼らは互いに呼応するようにひょいっと出て、我々の戦後文壇を颯爽と走っていきます。
大親分としての大江さんのあとには彼ら二人の築いた巨大な城がある。
ほかの小士らはそこへ使えてほそぼそと領地を営んでいたような状況でした。
 ところがこないだのワタキン騒動でそういう状況に終止符が打たれた。

 21世紀の文壇は綿矢・金原の両女史が時代の閉塞感へ風穴を開けるように始まりました。
その余波が収まらないうちにこのあたりの芥川賞審査は続いている感じです。
実際、在野独自審査の主任に当たっているこの独立文士・大ちゃんからしても展開は予測つかん。
けど総じていえば、最近の文芸作物において「二極化」が顕著だと思います。
 ひとつは「下流小説」です。
今回で言えばさいごのくそ小説、前で言えばタカミンの出来損ない立ちションがまさにそんなかんじ。
お話にならんはなしをくそみたいに書いて、それでも底辺の共鳴を勝ち取るためにがんばってます。
 もうひとつは「病理小説」です。
今回で言えばしんちゃんのはげたまきんつつかせるやつとか、あと前でいえばいとやんの沖縄民話ね。
こういうのは社会のなかのきちがいじみた現象をじぶんなりに分析、ぶちまけて自己満足なわけです。

 ま、どーでもいいですwあほくさ
 僕はどっちにも興味ないですね。ばかじゃないかとおもうよwww下らんでしょ。
もっと上流と社会の明るい面に目を向けてこそ「stand play」になるとおもうけどねえ。
げーじゅつなんて目立ってなんぼ。だからともかちゃんはサイコーにかっこよかったですねえ。
流行の傾向に埋没してたらたんなる美香的本の山に埋もれて一生を終えることでしょう。みじめ。
 ちなみに僕だって作家(blog読んでね!)の一類だから、こういう解析で先見先進
お前ら凡愚アリを踏み潰すつもりです。おたのしみにね!!!大ちゃん総括でした。

860 :ちつきつたろう ◆lOUcPpbYqY :2007/01/12(金) 02:10:23
>>859
> 21世紀の文壇は綿矢・金原の両女史が時代の閉塞感へ風穴を開けるように始まりました。

ちつきつ! ちつきつ!
そうかなぁ。。
時代の趣味性が深まっただけのような気がするが。
「私にはよく分るけど、あなたには理解できないでしょう」
それでいいんだ。
しょせん、万人のためのものではない。
「閉塞感へ風穴」
……そんな(笑)、あのションベン臭い小娘が。
ちつきつ! ちつきつ!


861 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/12(金) 02:29:14
kimoいはるきちきゃらがまたひとりw

862 :特攻帰り ◆9h/y7zEuDc :2007/01/12(金) 02:41:59
うるせぇ、バカ野郎!
チーズ臭いオマンコ文学に用はねぇ!

863 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/12(金) 02:49:53
ウタダにすら下品といわれたおとこw

864 :吾輩は名無しである:2007/01/12(金) 04:50:00
で今期の

朝鮮文学新人賞は誰なの?文芸春秋さん?

もう決まっているんでしょ?みんな知ってますよ、いつまで芥川の冠つけてるんですか?

日本人舐めてるんですか?圧力どっかから掛かってるんですかね?

865 :吾輩は名無しである:2007/01/12(金) 05:20:33
つまんないよー朝鮮だと何がそんな嫌なの?

866 :吾輩は名無しである:2007/01/12(金) 05:34:10
>>865
受賞者がはじめから絞り込まれててもいいと?
それと新聞とかニュースみようね

867 :吾輩は名無しである:2007/01/12(金) 10:27:28
星野だろ

868 :吾輩は名無しである:2007/01/12(金) 10:27:59
佐川だな

869 :吾輩は名無しである:2007/01/12(金) 10:28:34
柴崎に決定

870 :吾輩は名無しである:2007/01/12(金) 10:29:05
田中ちゃんで〜す

871 :吾輩は名無しである:2007/01/12(金) 10:29:36
青山の口おっきい

872 :特攻帰り ◆9h/y7zEuDc :2007/01/12(金) 12:20:31
小説界の連中が高橋源一郎らを道具に使って変な商売をするから
主に純文学のジャンルで男性読者がいなくなっちまった。


873 :吾輩は名無しである:2007/01/12(金) 13:41:38
  |        /\ |  /|/|/|  ドッドッドッドッドッド!!
  |      /  / |// / /|
  |   /  / |_|/|/|/|/|     (´⌒(´⌒`)⌒`)
  |  /  /  |文|/ // /  (´⌒(´祭だ!!祭だ!!`)⌒`)
  |/  /.  _.| ̄|/|/|/    (´⌒(´∧ ∧⌒`)`)`)⌒`)
/|\/  / /  |/ /     (´⌒(´(,゚Д゚ )つ `)`)
/|    / /  /ヽ  (´⌒(´⌒  (´⌒( つ |〕 /⌒`)⌒`)
  |   | ̄|  | |ヽ/|  遅れるな!!   ( |  (⌒)`)⌒`)
  |   |  |/| |__|/.   ∧_∧ ⌒`).ドし'⌒^ミ `)⌒`)
  |   |/|  |/  (´⌒(´( ´∀` )つ  ド   ∧_∧⌒`)
  |   |  |/    (´⌒(´( つ/] /    ォと( ・∀・ ) 突撃――!!
  |   |/        ( |  (⌒)`)  ォ ヽ[|⊂[] )`)
  |  /         (´ ´し'⌒^ミ `)`)ォ (⌒)  |
  |/                     .   ̄ (_)`)`)

874 :吾輩は名無しである:2007/01/12(金) 18:16:08
2ちゃんねる閉鎖といっても、ブックサーバーくらいなら、誰でも手軽に作れそうだ。

875 :吾輩は名無しである:2007/01/12(金) 18:25:37
>>874
おれはもういいや。
学ぶものが何もない。
美香がいた頃は、少なくとも作品を読んだ人間が書き込んでいた。
今は、バカが条件反射で駄レスつけているだけ。

876 :特攻帰り ◆9h/y7zEuDc :2007/01/12(金) 18:35:29
>>875
>今は、バカが条件反射で駄レスつけているだけ。

オマエのような奴か。

877 :悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/01/12(金) 18:41:39
>>875
>学ぶもの

一体オマエは何を学んでたんだよ。
こんなトコで。

878 :吾輩は名無しである:2007/01/12(金) 18:44:35
こんな板なくなってもいいが、レッズ本スレがなくなったら困るなあ。
俺にとってレッズ本スレは煙草みたいなもんだよ。
いつだって一服したいときがある。

879 :吾輩は名無しである:2007/01/12(金) 18:52:59
発表いつだっけか

880 :吾輩は名無しである:2007/01/12(金) 19:34:32
こんなスレでも、なくなるかも、と思うと寂しいよ。
芥川賞について語れる場なんて、リアルには存在しないから。
(文芸誌を読んでいる友達なんかいるもんか)
少ないけれど、読んで書き込んでいる人もいるしね。

2chが閉鎖されたとしても、どこかにこういう場が出来るといいね。

881 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/12(金) 19:51:38
さてと、2ちゃんがなくなるまえに、恒例の六星占術で予想いきますか。

まず星野と田中は大殺界なので消滅。可能性はほぼゼロでしょう。

残り三人のうち一番可能性があるのは柴崎友香。
一月は達成月だし、年運も悪くない。作品の評判もまあまあ。

佐川は運気じたいはしょぼいが文藝春秋が獲らせたいならそうなるかも。
身も蓋もない選考方法が今回も適応されるなら運気もくそもない。
余談だが、佐川は芥川賞の決定する7月は大殺界で、1月は中殺界にあたる。
だから何回も落ちてきたのかも。

最後の青山だけど、じつはぶっちぎりに運気最高なのが彼女。
しかし実力や作品の評価からいって厳しいでしょう。
運気のおかげでここまでこれたと考えるべきか。本当の意味での大穴的存在(一応文藝春秋だしね)。

以上まとめると、受賞は柴崎っぽい。佐川はあえてナシ。
しかし柴崎ひとり受賞というのも、我ながらなんとも地味すぎ予想だな。
ひょっとしたら受賞者なしの回になる可能性もあるかも。


882 :吾輩は名無しである:2007/01/12(金) 21:26:28
>>843
そんなの自明じゃないの?
馬鹿だろそいつ。

883 :吾輩は名無しである:2007/01/12(金) 21:47:27
エンタメは馬鹿

884 :悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/01/12(金) 21:51:47
>>881
>恒例の六星占術で予想

そんなものがアテになるのか?
だったら今年の俺は、宝石新人賞の勢いのまま芥川賞をゲットして
三百万部売り尽くして国内の紙価を高騰させて手に負えない連載以来を
高橋源一郎に下請けさせて「オマエはユーモアが古い」と怒鳴りつけて
豪邸を建てて温水プールも付けて山田詠美に飯を作らせて島田雅彦に
ワインのヴィンテージを運ばせたあと大江健三郎の顔を目掛けてパーティ・クラッカーをぶっ放すんだがナァ。
パァーン!

885 :吾輩は名無しである :2007/01/12(金) 22:02:22
↑おまえ知らんのか?
ココ最近の芥川賞受賞者ほぼ100%六星で当ててるの。
さてはこのスレ初心者だな。

886 :悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/01/12(金) 22:12:53
伊藤たかみはどうだったんだよ。
また、激しく不細工な絲山秋子は年がら年中「大殺界」じゃねぇーのか?

887 :吾輩は名無しである:2007/01/12(金) 22:13:19
>>881
柴崎単独受賞はじゅうぶんあり得る。
作品の出来を考えれば順当な結果だが。
青山は文藝春秋じゃなくて河出書房新社の文藝。
なぜこの作品が候補に、という感じの作品なので
おそらく好調な運気のせいで候補入りしたのでしょう。

888 :悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/01/12(金) 22:18:32
高橋源一郎の世代は簡単なんだ。
村上春樹への呪詛の言葉を吐いてりゃそれでよかった。
だが、俺の世代は違う。
「コイツ、(圧倒的に)スゲェ!」ってのがいないんだよね。

889 :悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/01/12(金) 22:22:31
>>887
>好調な運気のせいで

そうか?
作品のタマが少なかったからじゃナイのか?
文学。
いまが狙い目だぜ。
ロクなのいないじゃん。

890 :吾輩は名無しである:2007/01/12(金) 23:25:46
柴崎は一皮剥けた感があるが、
これは河出と新潮の編集者の差なのか?

891 :悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/01/13(土) 00:11:10
>>890
>これは河出と新潮の編集者の差なのか?

それはどういうことだ?

892 :吾輩は名無しである:2007/01/13(土) 00:41:27
村上春樹が図抜けてるのは売り上げだけだろ。

893 :吾輩は名無しである :2007/01/13(土) 00:42:31
>>886
過去スレ見て貰えば判ると思うが、伊藤たかみばっちり当てましたけど。
あの時は大穴で鹿島田と言ったのが唯一の誤算。ちょうど今回の青山みたいに運気だけは最高だった。

いとやんの時は対抗馬まで完璧な予想だった。

894 :吾輩は名無しである :2007/01/13(土) 00:46:00
>>893
少なくとも、メッタ斬りよりは的中率高いな。

895 :吾輩は名無しである:2007/01/13(土) 04:30:41
エンタメ書評家が純文学を批評するのは無理だというのがよくわかる。

896 :吾輩は名無しである:2007/01/13(土) 05:03:06
2ちゃんも終わってばいばいにゃん

897 :悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/01/13(土) 06:40:25
>>892
>村上春樹が図抜けてるのは売り上げだけだろ。

時代の空気とシンクロしたんだよ。
それはそれで素晴らしいことだ。
出てくる女流の新人も多くがそれだろう。


898 :セチガラ:2007/01/13(土) 07:18:12
悪い〜の好きな日本人作家五人教えてもらえる?本音で。

出来れば現役作家で。

899 :セチガラ:2007/01/13(土) 07:29:02
あー、俺、元第三〜ね。

900 :吾輩は名無しである:2007/01/13(土) 07:39:59


2CHの最後の花火だ!!!!おめーーら
帰化朝鮮人による帰化朝鮮人のための芥川賞を徹底的に追及して
最後の抵抗を見せよう、総結集して!!!!





と見せつつ俺は死ぬまで徹底追及するぜ?文芸春秋と自民党さんw

戦後政治とアメの日本支配構造を知らない?低脳の小説しかw読まない

諸君はスルーしてくれwwwww

作品自体を語れとのたまうあほうはスルーよろしく、売国奴

901 :吾輩は名無しである :2007/01/13(土) 09:25:45
>>896
ちなみに2ちゃんねるの管理人、西村博行氏を六星&四柱推命で調べてみた。
思った通り、今年は大殺界で、そのうえ12年に一度くる害年も重なっている。
さらに2003年からの10年間の運も悪い。

西村さん、悪いことは言わん、素直に賠償金払いな。
もがけばもがくほど事態は最悪の方に進むだけ。あんた広告収入で儲けてるんでしょ。
というわけで、この2ちゃんねるが消滅するのは確定だ。ばいばいにゃん。

902 :吾輩は名無しである:2007/01/13(土) 09:52:30
今回も伊藤たかみが受賞すると思うね。

903 :吾輩は名無しである:2007/01/13(土) 12:04:45
山田詠美をこらしめてやりたい

904 :吾輩は名無しである:2007/01/13(土) 12:50:19
●●●芥川賞候補予想→受賞作予想24●●●
http://book4.2ch.net/test/read.cgi/book/1168660042/l50


905 :吾輩は名無しである:2007/01/13(土) 14:37:15
どらいどらい理屈じゃない

906 :吾輩は名無しである:2007/01/13(土) 17:34:05
きりり辛口

907 :吾輩は名無しである:2007/01/13(土) 17:52:52
今回の新潮掲載組は誰?



908 :吾輩は名無しである:2007/01/13(土) 18:57:48
柴崎と田中

909 :吾輩は名無しである:2007/01/13(土) 20:15:04
やあ (´・ω・`)

本当にすまない こんな騒動になってしまって

でもね、ひとつだけ閉鎖をふせぐ方法があるんだ

http://ex13.2ch.net/test/read.cgi/base/1168612297/l50
↑のスレに

「的場さんは史上最高の選手」と10回書き込むんだ

では健闘を祈るよ

31 名前: 代打名無し@実況は実況板で [sage] 投稿日: 2007/01/13(土) 01:49:32 ID:Ls4U6m7N0

お前らVIPはホークスのファンに議論して負けたんだよ、完膚なきまでにな

AAやコピペの連投による荒らしに逃避したことで自分達の負けを認めているわけ、もう勝負はついたんだよ

これまでの卑劣なアラシ行為でホークスのファンに迷惑をかけたことについて潔く謝罪したらどうだ



そしてこのレスを5個のスレに貼り付けないとキミに不幸が訪れるだろう


910 :吾輩は名無しである:2007/01/13(土) 20:30:21
日本はバカが書いた本じゃないと売れないからなー。
まあどこでもそうなのかも知れないけど。

911 :吾輩は名無しである:2007/01/13(土) 20:56:53
大衆は愚かって思ってるやつほど救えない馬鹿

912 :吾輩は名無しである:2007/01/13(土) 21:14:03
人にバカにされた経験がある奴は人がバカだと考えようとするよな。
そういうダサすぎる思考は別にして、実際、大人ならとてもじゃないけど
読めない、勘弁して下さいって感じの本しか売れてないじゃないかよ。

913 :吾輩は名無しである:2007/01/13(土) 21:17:18
別にダサくないか。普通か。
でもなんか見てて可哀想だよねw

914 :吾輩は名無しである:2007/01/13(土) 21:31:54
それってだいたいが一発屋じゃん。
普通は無視するもんなんだけどw

915 :吾輩は名無しである:2007/01/14(日) 08:32:09
芥川賞は誰が取ってもいいと思うが、直木はぜひ三崎に取ってもらいたい。

916 :吾輩は名無しである:2007/01/14(日) 10:57:40
削除人管理人ばーかw
一生やってろこの女々しい男どもが!

917 :吾輩は名無しである:2007/01/14(日) 14:23:31
星野、佐川のW受賞

もしくは

柴崎の単独受賞

それ以外はない。

918 :吾輩は名無しである:2007/01/14(日) 14:30:31
それ以外がきても
罵詈雑言で
大変だな

919 :吾輩は名無しである:2007/01/14(日) 20:48:25
そろそろ該当なし

920 :悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/01/14(日) 22:50:07
【問】
『ニッポンの小説』で、ぼくは、「日本の小説」を「外国の小説」のように読んでみよう
と試みた。ただ読むのではなく、その奥まで入り込んで読もうと思った。そして、奥まで
入り込んだ時、何度も何十度も繰り返し読んだはずの「日本の小説」が、見知らぬ外国の
小説のように見えてきた。いや、日本語が、見知らぬ外国語のように思えてきたのである。
 小説だけではない。言葉だけでもない。対象はなんでもかまわないのである。(略)
 その時、世界が違って見えたとしたら、きみは、一歩、広い世界に歩み出したことにな
るのだ。

【解】
ビールをください
ビールをください
はーらほろひれはれっぽ こーりゃまたがちょーん
ずーじゃだんも だんぱ なおん ちゃのもーやんけ
ビールをくださいって言ってるだろ
ひとが下手にでりゃつけあがりやがって
酔っぱらってなんかいないよーだ
えっ
ここ 酒場じゃないんですか
そうですか
ヤマハのショールームだったんですか
こりゃまたしつれいいたしました
  ○  ○  ○       ○  ○  ○
まったく、大した教授だゼ。
>>898
>悪い〜の好きな日本人作家五人教えてもらえる?本音で。

現役作家ではいないね。
強いて言えば五木寛之、野坂昭如や開高健の若い頃がいいね。
俺は好き嫌いがないんだよ。その人の特徴がでていれば、好きも嫌いもない。
高橋源一郎は作品ではなく、人間性が嫌いなんだ。

921 :吾輩は名無しである:2007/01/15(月) 07:18:23
>>918
キモ

922 :吾輩は名無しである:2007/01/15(月) 10:39:38
いよいよ明日。

柴崎が受賞してもいいけど、そろそろ該当作なしがあっていいかもね。

923 :吾輩は名無しである:2007/01/15(月) 11:03:28
明日が選考会なので、今日ぐらいから慌てて読み始める選考委員達。
まずはあらすじを読み、
次に全編をざっとぱらぱら読み流し
気になった作品だけしっかり読む。

そしていざ、明日の選考会へ。老大家たちの真剣しゃべり場が17時より築地にて。

924 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/15(月) 11:41:31
だれもきょーみないよ

そんなくその役にもたたん国税のむだづかいなんて
(゜3゜)=oぺっ

きたなしきたなし


ばかむすこのために公金流出して蝶々するやつがえらぶ賞になんかだれが権威やるかよw
アホイあほい

そもそもぼくの批評の『政治的適切(ぽりちかるこれくと)』にかなう審美眼ある愚老いるはずないしwww
利害からんどるもん
あわれ

925 :吾輩は名無しである:2007/01/15(月) 12:05:47
と、政治的決着の所産たるワタヤリサを巡る利害を
直視できないドリンカーがキーを乱打しております。

926 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/15(月) 15:34:00
りさぶまだー(^0^)


りがいないよ

あいだもん(>_<)

無私だよwはしれめろん
ε=┏(; ̄▽ ̄)┛

927 :吾輩は名無しである:2007/01/15(月) 16:36:09
誰か詩を考えてくれ。 テーマは明るい詩で歌にできる。
よろしく。

928 :歌丸:2007/01/15(月) 16:47:16
満月のホットケーキ
満月のホットケーキ
満月のめだま焼き
ソースにする?
しょうゆにする?
とりあえずメープルシロップは用意したよ(サビ)
とりあえずメープルシロップは用意したよ(サビ)
満月のホットケーキ
満月のホットケーキ
三日月とうさぎさんたちとダンス
ダンスする?
ダンスしない?
誘ってるの?誘ってるんだよ踊ろう(サビ)
うさぎさんたちと踊ろう(サビ)
満月のホットケーキ
満月のめだま


929 :吾輩は名無しである:2007/01/15(月) 16:48:47
ひとつ積んでは母のため
ふたつ積んでは父のため……

以下略

930 :吾輩は名無しである:2007/01/15(月) 17:46:10
芥川賞まつりをはじめていいのか、明日だし

931 :吾輩は名無しである:2007/01/15(月) 17:46:40
文春の内輪の祭といえども
やはりやはり
お祭といえども

どんどこしょ

932 :吾輩は名無しである:2007/01/15(月) 17:47:01
とにかく、鹿島田が受賞しなくてよかったとは思うよ。
今やキリスト教なんか単なる幻想に過ぎないんだからね。
鹿島田は深入りし過ぎて、「信仰」を脳内の幻想と片付けられなかったんだろう。
だ・か・ら、クリスチャンはだめなんだ。
しょうの、あんた、インタヴューしただろ。

……どうでもいいや。
新しい人、どこにいます?  !!!

933 :吾輩は名無しである:2007/01/15(月) 18:24:06
だうん

934 :吾輩は名無しである:2007/01/15(月) 18:42:07





    朝鮮新人文学賞の祭り会場はここですか?



おれはニュー速で暴れて一般人にも真相を知らせる
こっちは頼む、同志!!!!!

935 :吾輩は名無しである:2007/01/15(月) 19:15:59
在日がまたなんか吠えてるな

936 :吾輩は名無しである:2007/01/15(月) 19:57:32
星野って苗字で朝鮮系がいるわけねえだろ。
中国だっつうの。

937 :吾輩は名無しである:2007/01/15(月) 20:05:03
あえ

938 :吾輩は名無しである:2007/01/15(月) 20:26:15
田中だってね受賞

939 :吾輩は名無しである:2007/01/15(月) 20:29:57
>>936
中国に朝鮮族がいるが?


940 :吾輩は名無しである:2007/01/15(月) 22:17:44
日本人といえば猪木

941 :吾輩は名無しである:2007/01/15(月) 22:20:20
しこしこしこ

942 :吾輩は名無しである:2007/01/15(月) 22:51:45
>>939
中国の朝鮮族は朝鮮系の名前なんだろ。きっと。

つーか、民族ねたはよそで。
http://book4.2ch.net/test/read.cgi/book/1166933252/l50

943 :吾輩は名無しである:2007/01/15(月) 23:17:26
ばこ

944 :吾輩は名無しである:2007/01/15(月) 23:39:49
>>942
なんで民族ネタはよそでやらなきゃいけないんだよ?ああコラ!!
重大な問題だろ
おっかしいこというやつだな
言論統制でもしたいのか?カス野郎

945 :吾輩は名無しである:2007/01/15(月) 23:40:16
ぼかーん

946 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 00:13:32
>>944
ウザイんだよ
あんまりファビョってんじゃねえよ在日野郎

947 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 02:32:45
>>946
在日君があせってるww
真相暴かれそうであせってるww


明日は荒れるぞwwwww

948 :セチガライ ◆SPj8OryZTM :2007/01/16(火) 04:52:23
中途半端な時間に眼が覚めてしまった。









>>920
あー、そうそう。レス、thanksな。
それでお前が信頼できると思ったんだ。

949 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 05:40:55
a

950 :920:2007/01/16(火) 07:04:43
>>948
>>>920
>あー、そうそう。レス、thanksな。
>それでお前が信頼できると思ったんだ。

もうひとり、田中小実昌を忘れていたよ。
あの人の存在そのものだ。

951 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 11:40:50
今日夕刻ってあるけど何時からなの?

952 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 11:53:43
十八時って昨日見たような。

953 :金原文則 ◆jG/Re6aTC. :2007/01/16(火) 12:02:12
17:00


954 :金原文則 ◆jG/Re6aTC. :2007/01/16(火) 14:21:14
芥川賞授賞式の映像誰でもいいから、録画して、うpしてくれ。
ようつべでもどこでもいいから!

955 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 14:49:04
↑今日授賞式があると思ってないか?


956 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 17:22:16
すこすこすこっ選考会スタート

957 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 17:25:01
すこすこすこしんきらく

958 :上野ゆーじwithセックスフレンズ2007:2007/01/16(火) 17:30:33
芥川スタンバイさせてもらうよ♪

959 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 17:36:14
nhkキタ━━━━━(((゚∀゚)))━━━━━!!!!

960 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 17:37:06
日本ひきこもり協会賞 田中

961 :上野ゆーじwithセックスフレンズ2007:2007/01/16(火) 17:38:12
なんといっても柄谷、蓮実の後は大森、豊崎と言われている
時代のリーディング評論家が見解を発表しているからね。
大森、豊崎に比べたら選考委員なんかパシリにもならないと
言われているからもうこれは決定だろうね。

というわけで受賞内定作品の柴崎友香って人の作品を読んで
みたよ。まあなんというか、あれだね、関西在住の人にはま
あそれなりにピンとくる小道具が満載だねwどこがどうピン
とくるかは賢明なる読者諸君におまかせするよ。

962 :eng狩人:2007/01/16(火) 17:39:15
くだらんなwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

963 :上野ゆーじwithセックスフレンズ2007:2007/01/16(火) 17:46:59
こうして2ちゃんねるで発表を待つのも今回が最後かと思うと
万感こみあげるものがあるね。しかし今の俺は正直なところ2
ちゃんがなくなってもたいして痛痒を感じない。多くのビジター
諸君に取ってもそんなもんじゃないかな?誰も暴動なんか起こ
さないよ、夕刊フジの諸君!

だいいち2ちゃんねると言ってもほとんどは普通の情報交換、
健全なオピニオン交換に使われていて、世間の言ういわゆる2
ちゃんねる的な活動をしてる奴は1パーセントくらいじゃない
のかな?普通の掲示板にたまたまブラックな奴が入ってくるって
のが実態だと思うんだがどうだろうね?

964 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 17:56:04
今回は待ってる人少ないな。
候補作が小粒だからか。

965 :金原文則 ◆jG/Re6aTC. :2007/01/16(火) 17:57:06
録画&うp
お願い!

966 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 17:58:07
どきゅ

967 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 18:07:59
今回は本当に小粒だよねえ。

968 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 18:16:47
直木賞が気になる

969 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 18:17:19
紛らわしいから発表される前にこっちのスレ埋めちゃおうよ

970 :金原文則 ◆jG/Re6aTC. :2007/01/16(火) 18:22:32
芥川賞に関係した報道映像を、
録画&うpたのむ!

971 :金原文則 ◆jG/Re6aTC. :2007/01/16(火) 18:23:34
芥川賞に関係した報道映像を、
録画&うpたのむ!

972 :金原文則 ◆jG/Re6aTC. :2007/01/16(火) 18:25:10
芥川賞に関係した報道映像を、
録画&うpたのむ!

973 :金原文則 ◆jG/Re6aTC. :2007/01/16(火) 18:28:53
umeta

974 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 18:29:27
埋まる前に結果出そうだな

975 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 18:29:48
そもそもこっちが終わってないのに、なぜに新スレにレスするよ。

976 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2007/01/16(火) 18:31:11
だあよだあよ

977 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 18:32:20
7時のニュースで速報するんじゃない?

978 :金原文則 ◆jG/Re6aTC. :2007/01/16(火) 18:33:33
ほんとに、良く聞いて!
芥川賞に関係した報道映像を、
録画&うpたのむ!

979 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 18:33:55
青山に決定!!

980 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 18:34:39
今回からメッタ斬りサイトにあらすじが出たのは
ハニロウ潰しだったのか?

981 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 18:35:09
↑ちょっとワラタ

982 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2007/01/16(火) 18:35:58
おいらも青山さんだと思いますわい。

983 :金原文則 ◆jG/Re6aTC. :2007/01/16(火) 18:36:50
tanomu!


984 :金原文則 ◆jG/Re6aTC. :2007/01/16(火) 18:37:55
芥川賞に関係した報道映像を、
録画&うpたのむ!

985 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 18:38:21
今ここに星野ヲタの女来てる?

986 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 18:38:36
>>982
青山のどこを評価しているのかい?

987 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2007/01/16(火) 18:39:17
映像っていってもなあ、NHKの7時ニュースと、9時前の民放ニュースぐらいじゃろう。

録画するのは簡単だが、アップとはいったいどういうことなのか。
なにをどうすればアップされるのか、テレビとパソコンを見比べているが、
さっぱり方法がわからんよ。

988 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2007/01/16(火) 18:40:06
青山さんの小説は単発ネタのオンパレードですわ。
ストーリー全体がどうのこうのでなく、短いネタをぽんぽんと延々だし続けているわけですわ。

989 :金原文則 ◆jG/Re6aTC. :2007/01/16(火) 18:40:51
>>987
ともかくも、録画はしないよりした方がいい!
アメーバTVなどは簡単にうpできるはずだから!
とにかく録画!

みんな聞いて!
芥川賞に関係した報道映像を、
録画&うpたのむ!

990 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 18:43:28
大穴、青山にケッテイ!!!!!

http://www.bunshun.co.jp/award/akutagawa/index.htm

991 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 18:45:01
>>989
うっせーよおめえ
日ごろは平野盗一郎の宣伝ばっかしやがってよ
だれがお前にやさしくするか

992 :金原文則 ◆jG/Re6aTC. :2007/01/16(火) 18:47:52
うーわ、最悪!!
田中くん応援してたのにぃ!

そうだ、ちょっと聞いて!
芥川賞に関係した報道映像を、
録画&うpたのむ!

993 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 18:49:23
青山に決定とは・・・・絶句。
佐川はこれで5回落選だっけ?
星野は清水博子同様の権威付けのための当て馬か?
柴崎は織田作賞受賞したからいいだろ。
田中は受賞しようがしまいが今後も同様の小説書いて記者会見にも出ないんだろうな。

994 :金原文則 ◆jG/Re6aTC. :2007/01/16(火) 18:50:45
みんなよく聞いて欲しい。
告白させていただく……。


芥川賞に関係した報道映像を、
録画&うpたのむ!

995 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 18:53:12
>>881 ネ申

996 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 18:55:15
>>995
作品読まずに六星占術のみで判断したら「青山」が正解だったわけだな・・・・・

997 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 18:56:25
六星占術すげw

998 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 18:56:44
●●●芥川賞候補予想→受賞作予想24●●●
http://book4.2ch.net/test/read.cgi/book/1168660042/

999 :金原文則 ◆jG/Re6aTC. :2007/01/16(火) 18:57:05
芥川賞に関係した報道映像を、
録画&うpたのむ!

1000 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 18:57:10
1000

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

307 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)