5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【トンズラ】柄谷行人【ヤリティーク2】

1 :吾輩は名無しである:2006/08/24(木) 11:27:22
次スレ

2 :吾輩は名無しである:2006/08/24(木) 13:37:10
飄々と次スレが立つのが
この人らしいよな。

3 :吾輩は名無しである:2006/08/25(金) 00:50:42
南無教団も批評空間も近畿大学もことごとく失敗したやん。
次は世界共和国樹立の野望でつか??

4 :吾輩は名無しである:2006/08/25(金) 03:40:24
文芸評論に戻って来い!

5 :吾輩は名無しである:2006/08/25(金) 06:30:00
ネット文芸には興味ないの?

6 :吾輩は名無しである:2006/08/25(金) 06:31:59
近大辞めて、今何やってるの?

7 :吾輩は名無しである:2006/08/25(金) 08:48:28
kjの墓参り。

8 :吾輩は名無しである:2006/08/25(金) 08:49:36
健二のこと?↑

9 :吾輩は名無しである:2006/08/25(金) 09:03:29
健次ね。被差別部落の。

10 :吾輩は名無しである:2006/08/25(金) 10:00:20
偏差値たいしたことなくてもなんか雑草精神というか本人がそう感じる大学が好きみたい。
法政とか近畿とか。つぎは早稲田かな。

11 :吾輩は名無しである:2006/08/25(金) 10:29:23
南無教団ってなあに?

12 :吾輩は名無しである:2006/08/26(土) 08:02:49
やっぱ文学を放棄しちゃったのがマズイ

13 :家出猫:2006/08/26(土) 08:45:50
近大創作評論だが柄谷なんてゴミ扱いだよ

小森健太郎とか奥泉さんとか作家先生のほうがまし

14 :吾輩は名無しである:2006/08/26(土) 08:47:41
お前が教授連中に陰でどう言われてるか想像がつく気がする

15 :吾輩は名無しである:2006/08/26(土) 09:58:18
>>13
おまえの素晴らしいゴミっぷりにあきれたw

16 :吾輩は名無しである:2006/08/26(土) 10:08:31
>>13
>小森健太郎とか奥泉さんとか作家先生のほうがまし
ふむふむ。もう少し具体的に教えてください。

>>14 >>15
うるさい。

17 :吾輩は名無しである:2006/08/26(土) 10:21:32
>>16
他池

18 :吾輩は名無しである:2006/08/26(土) 11:25:37
ココは文学板だからいんじゃね?

19 :吾輩は名無しである:2006/08/26(土) 12:28:48
>>17 信者うるさいって。

20 :吾輩は名無しである:2006/08/26(土) 13:27:04
ってか家出猫という馬鹿コテ近大生のDQNぶりをオマエラ知らないのか?

21 :吾輩は名無しである:2006/08/26(土) 13:35:41
知らないね。そんなやつどーでもいー。

22 :吾輩は名無しである:2006/08/26(土) 22:26:16
ここは文学板なんだから、奥泉光のほうがエライんだよ

奥泉スレと柄谷スレのレスのレベルを比べてみやがれ

23 :吾輩は名無しである:2006/08/27(日) 21:23:15
2ちゃん自体が糞だからな

24 :吾輩は名無しである:2006/08/28(月) 22:54:08
>>22
NAMなんてやるのが悪い。
柄谷スレを荒らしているのはその残党達だから。

25 :吾輩は名無しである:2006/08/30(水) 00:03:59
長年、ピエさん一人で粘着に粘着を重ねてきたフマが少しだけ普通の
人達の目に触れて大はしゃぎしているだけなんだ。
他にやることとが何もない40無職だ。
大目に見てやれ。

26 :吾輩は名無しである:2006/08/30(水) 00:15:21
>柄谷スレを荒らしているのはその残党達だから。
で、NAMの総括はどこでどうやったの?

27 :吾輩は名無しである:2006/08/30(水) 08:54:28
運動の総括すらできないやつなんてゴミ。超ゴミ。

28 :吾輩は名無しである:2006/08/30(水) 08:55:27
頭わるそうなレスばっかだな・・・

29 :吾輩は名無しである:2006/08/30(水) 09:19:13
>>28
では君がNAMの活動を簡単に総括してみくれ。


30 :吾輩は名無しである:2006/08/30(水) 09:27:08
みくらん!

31 :吾輩は名無しである:2006/08/30(水) 12:43:22
西部邁と西部忠の違いもわからん奴は帰れ!

32 :吾輩は名無しである:2006/08/30(水) 13:46:01
こんにちは。
近大落されたものです。

33 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/08/30(水) 13:50:01
さいきんガラヤ読んでるよ。


けっこうおもろい(^o^)
ぱくりばっかだけど

「自分の考え」ないんだよね
このかた

34 :吾輩は名無しである:2006/08/30(水) 16:45:28
うるさいよ

35 :吾輩は名無しである:2006/08/30(水) 17:20:29
>>32
渡部スレに帰りたまえ。

36 :吾輩は名無しである:2006/08/30(水) 20:29:17
話題性の乏しいスレで暇人が呼び込み作戦を展開中

37 :吾輩は名無しである:2006/08/30(水) 22:59:06
渡部スレ過疎りまくりアワレwww

38 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/09/02(土) 00:36:50
きょう倫理21よみ終わったよ!!!!(^O^)v


いいよ
まぁまぁ


 なんか、主題(theme)がばらばらな気はしたけどね

けっきょくなにがいいたいの

 1.日本の戦争責任は国際法の「勝てば官軍」的性質を自虐しつつ追及することであがなえる

 2.近い未来、日本はnationalな戦争の悲劇によって「平和憲法の超自我」を自ら取り返すとともに、
  アメリカはいよいよ原爆や覇権主義的単独行動の責任を取らなければならなくなる。

この二点が主眼なのかね。
他にも
日本人が自由を貫くにはは国家や世間からの無意識的抑圧に抵抗しなければならないこと、
カント的自律命法がutilitalianismやヘーゲル的村社会倫理とは違うこと、
芸術は鑑識者が属する時代の共通感覚に依存して趣味判断されること、
死の衝動が外側に向かうと攻撃性になりそれは人間に本来であり自然の狡智を導くこと、
そして資本制自体が孕むアソシエーションの当為たる可能性、

などが散りばめられてるね。
へんなほんだな(゜_゜)

39 :吾輩は名無しである:2006/09/02(土) 00:55:37
あれ講演を集めた本だからじゃないの。

40 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/09/02(土) 00:57:28
 柄谷さんは倫理学者として、これではいけないと思うところがある。
それは日本の近未来に予想される戦争可能性へなんの抵抗策も試みようとしないことだよ。

 他の場所では、「外来憲法攘夷論」が
ドイツのワイマール→ナチスような悲惨によって国情に後悔されない限り、
恐らくは日本のnationalism煽動がもたらす戦争を止められないだろう、と云う。

これは知識人の怠慢だと思いますね。
しかもヘーゲル風に批判すれば倫理的ですらありません。


 あべちゃんなちずむに最大限に抵抗しない言論の『自由』なんかありえません。
カントにぶん殴られると思いますよ、ほんまにwww


 外来文化大好きな日本人です。
外来憲法でもよいものはよい。
ぜったいこのままで大丈夫でしょw

黄色いおサルも馬鹿じゃない。アメリカの手のひら返しにゃ乗りませんからww

41 :吾輩は名無しである:2006/09/02(土) 01:29:52
何にも知らないんだね、おまえさんは。

42 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/09/02(土) 08:24:24
他人にお前は何も知らないと言えば自分は何もかも知った気になる無知に無知なひとがいますね。
あわれだ。

43 :吾輩は名無しである:2006/09/02(土) 10:54:28
↑どうせネットで検索して見つけたサイトの
まる写しだろWWWWWWWWW

44 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/09/02(土) 12:21:19
 あべちゃんなちすのなしょなりずむ煽動におどって、アジア愚衆は紛争に導かれてる

というのが、からたにさんの予想をげんじつに照らしたときの情況だとおもうよ。

死人がでるよ!!
\(ΘoΘ)ノひえー

45 :吾輩は名無しである:2006/09/02(土) 15:30:17
バカは柄谷とか読むなよ。もっとバカになるから。

46 :吾輩は名無しである:2006/09/02(土) 15:31:52
ちゃんとディープラブとか読んでろよ。

47 :柄谷スレ向上委員会:2006/09/02(土) 21:13:41
(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQさんって綿矢スレにも出没してるけど

綿矢と柄谷どっちが好き?

48 :吾輩は名無しである:2006/09/03(日) 09:22:07
お前が嫌い

49 :吾輩は名無しである:2006/09/03(日) 09:39:01
綿矢行人&柄谷りさ

50 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/09/03(日) 13:44:22
>>47
しつもんのいみがわからないよ


おかし(o^O^o)

51 :吾輩は名無しである:2006/09/03(日) 21:58:15
あんたがオナニーしても良いスレじゃないんですよ。
いい加減臭いから死なないかな。

52 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/09/04(月) 13:24:39
有益な議論

assosiationismの実践としての政策提案

期待あげ



くじ引きw

53 :吾輩は名無しである:2006/09/04(月) 23:43:01
死ねばw

54 :(o^o^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/09/05(火) 01:33:59
assow

s→c

55 :吾輩は名無しである:2006/09/05(火) 02:26:45
>>42
その通りだ。
行動を否定するのは楽だが、行動しないと何も生まれない。
一瞬その顔文字は腹立たしいが、今がそういう時代なんだろう。

56 :吾輩は名無しである:2006/09/05(火) 02:36:35
>>33
「自分の考え」なんて容易なもんじゃないぞ。

57 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/09/05(火) 02:59:38
確かに。

混ぜ合わせのおりじん。

58 :吾輩は名無しである:2006/09/05(火) 22:47:00
>>57
オタクはオタク板にいけ。目障りだ。

59 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/09/05(火) 22:50:31
教養おたく

からたにこじんw
あれれ

60 :吾輩は名無しである:2006/09/06(水) 22:10:28
「トランスクリティーク」読んだ。面白かったよ。はったりでも
あれだけ書ければ立派じゃない。柄谷の現状分析、概ねあたって
いるんじゃないの。

61 :吾輩は名無しである:2006/09/09(土) 20:07:23
寅栗買うと高いからな〜
「世界共和国へ」は良くまとまってて安いよ

62 :吾輩は名無しである:2006/09/11(月) 21:43:28
>>59
何があれれだ馬鹿。

オタクっていうのは専門馬鹿の事だ。

お前見たいに専門知識(かたより過ぎてるけど)
ばっかりで一般常識がわかって無い奴の事だ。

要するに空気が読めて無いって事。

どあほ!

63 :吾輩は名無しである:2006/09/11(月) 23:15:24
 今気がついたんだけど、顔文字さんてこのスレの1ではわりと真面目に柄谷擁護して、俺と論争とかしてたのに、いつのまにか柄谷からかいキャラに変貌してるんだね苦笑面白いね。力抜いて楽しんでやることにしたのかな?今の方が芸風面白いけどね笑

64 :吾輩は名無しである:2006/09/11(月) 23:19:03
褒めんなよ、クズ

65 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/09/12(火) 00:08:31
当時も今もからかい尊重のすたんすだよ。

批評家とは相互批判の関係だもんw

66 :吾輩は名無しである:2006/09/12(火) 00:30:44
 そうか。柄谷への評価が変わったわけでない?つまり、『トランスクリティーク』への評価は1のときと変わっていない、ということでいいのかな。そこを知りたいね。急にアレを話題にしなくなった気がするので。

67 :吾輩は名無しである:2006/09/12(火) 00:48:35
 俺の浅読みだな。よく読むとこのスレでもそれなり評価はしているね笑。単に率直な人なんだな、顔文字氏はね。早合点失礼した。一礼

68 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/09/12(火) 01:40:54
 増補漱石論集成を繰り返し読み返してますが、
たぶん、からたにさんは今迄でいちばん漱石文学を理解した人ではないかと思いますね。


 漱石固有の二重拘束の性質を虚構の中で検証する経過が彼の作風であり、
それは直線的な進歩というよりは寧ろ、
「文」の可能をgenre多様性において確保しようとした過程であった。

漱石の職業表現における成熟は、
自然にも規範にもない生活者たちの世界=大衆社会 を捉えるところへ向かって行った。

こういう論考はかなり緻密だと思われます。

69 :吾輩は名無しである:2006/09/12(火) 01:45:47
何をいまさら・・・

70 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/09/12(火) 02:04:08
 ぼくがからたにさんとどうも思想がズレてる一点は、
associationを理想と思うのは一緒ですけど、
それを実現する為には福祉主義(utilitalianism)がやはり基調だろうというところです。


 功利の究極は『慈善(charity)』なんですよ。

浅田さんとかとの対談で グローバリズムvs宗教原理主義 が現代社会の構図だみたいに言ってますよね。
で、そこに 倫理的協合=nam によるassociationismが新しい救世主思想になる、と。
具体的にはくじ引き民主選挙と生協と不買だ、とw


 なんかちがうと思うんです。そんなんで世界が変わるなんて、ありえないですw
やはり、自由主義の追求は段階的過途として未だに必然であると思います。

資本制揚棄は寧ろ拝金賊の麦踏みなんじゃないか。
ぼくは『福祉』の可能性からして、環境問題や戦争・飢餓に対してすら
自由主義は最良の社会体制だと思う。

71 :吾輩は名無しである:2006/09/12(火) 02:13:55
NAM
柄谷行人が中心(または客寄せパンダ)で始めた社会改良を目指すコミューン
まがいのサヨク宗教団体の一種。革命めざして地域通貨 Q を導入してみたけれど、
利用者がぜんぜんいなくて買えるものもないという悪循環の結果、柄谷が「これはシ
ステムを考えた経済学者の西部忠が無能だからだ」とちゃぶだい返し。
そしてこんどは、市民通貨 L がえらいのだと言いだして(大差ないのにねえ)
失笑を買ったその舌の根も乾かぬうちに、どうも柄谷行人はやめちゃったらしい。
(やめると言ったけれどでもやめる手続きはとってないそうな)
また、内部の ML の投稿が2ちゃんねるなどに流出すると「流すヤツは個人
情報を晒す」というとんでもない恫喝を、本体ウェブページのトップでやった
のもお笑い。そして2002年12月には、機構の解消をどうのこうのという相談を
しているようだが、結局どうなったのか不明。
見るべきポイント:
1. ポモのえらい文芸評論家で貨幣論なんかを書いていても、実はお金のイ
ロハもわかっていない人がいるという点。
2. サヨク系コミューンのセクト化と内ゲバ体質のよい見本である点
3. 地域通貨システムの失敗事例として。
4. さらにその失敗を挽回しようとするときに、本来の地域通貨の目的を忘れ
て自己目的化し、さらにまわりが見えなくなるという泥沼のおもしろい事例として。
もって他山の石とすべし。
追記。
その後、発展的なんとかだの、解散できることこそが自由なNAMの本領だの、
かっこつけようとして失敗している失笑もののいいわけをたくさんしつつ、
解散。柄谷の家族が、ここの地域通貨がらみの特許を取っていたり、
柄谷がNAM原理を勝手に自分のものにしたりと、利権あさりはちゃんとやっ
ていたようで。いまや下のURLは、アダルトサイトとなってしまっております。哀れ。
http://www.nam21.org/


72 :吾輩は名無しである:2006/09/12(火) 02:17:13
脇毛ぼうぼう

73 :吾輩は名無しである:2006/09/12(火) 02:22:40
【ニュース】2006年3月、近畿大学を辞職しました。


74 :ホメオ ◆N8n1ZThgrI :2006/09/13(水) 21:14:59
>>71
それ山形浩生が書いた文章だね。お見事。

75 :吾輩は名無しである:2006/09/21(木) 01:09:41
糸圭も1968年はいい加減どっかにうっちゃってNAMの総括でもしてくんないかな。


76 :吾輩は名無しである:2006/09/22(金) 17:31:06
『倫理21』と『探求T』買った。いま『意味という病』を借りて読んでる。

77 :吾輩は名無しである:2006/09/26(火) 19:55:00
マルクスを保守の視点から読むのが
青木の「コミュニタリアニズムへ」だよ〜ん。

78 :柄谷スレ向上委員会:2006/09/27(水) 21:47:20
>>76
トラクリ読んでみたら良いと思うよ?

79 :吾輩は名無しである:2006/09/29(金) 21:41:39
トラクリ、十回読めば、悟れる。

80 :吾輩は名無しである:2006/09/29(金) 23:30:50
>>79
われ南無の境地に至れり、って感じなんだろうな

81 :吾輩は名無しである:2006/09/29(金) 23:50:12
トラクリとか約してるヤツは頭悪そうに見えるな

82 :吾輩は名無しである:2006/09/30(土) 00:53:57
スタシステム

83 :吾輩は名無しである:2006/09/30(土) 01:36:47
>>81
約してる?略してるじゃね?
頭いい人の言語感覚にはついていけませ〜ん

84 :吾輩は名無しである:2006/09/30(土) 01:39:32
>>83
ま、おまえみたいなバカに言ってるんだからいいよ、それでw

85 :吾輩は名無しである:2006/09/30(土) 01:43:54
「アメリカの息子のノート」のノート、すごく良かった。

86 :吾輩は名無しである:2006/09/30(土) 03:05:55
NAM
柄谷行人が中心(または客寄せパンダ)で始めた社会改良を目指すコミューン
まがいのサヨク宗教団体の一種。革命めざして地域通貨 Q を導入してみたけれど、
利用者がぜんぜんいなくて買えるものもないという悪循環の結果、柄谷が「これはシ
ステムを考えた経済学者の西部忠が無能だからだ」とちゃぶだい返し。
そしてこんどは、市民通貨 L がえらいのだと言いだして(大差ないのにねえ)
失笑を買ったその舌の根も乾かぬうちに、どうも柄谷行人はやめちゃったらしい。
(やめると言ったけれどでもやめる手続きはとってないそうな)
また、内部の ML の投稿が2ちゃんねるなどに流出すると「流すヤツは個人
情報を晒す」というとんでもない恫喝を、本体ウェブページのトップでやった
のもお笑い。そして2002年12月には、機構の解消をどうのこうのという相談を
しているようだが、結局どうなったのか不明。
見るべきポイント:
1. ポモのえらい文芸評論家で貨幣論なんかを書いていても、実はお金のイ
ロハもわかっていない人がいるという点。
2. サヨク系コミューンのセクト化と内ゲバ体質のよい見本である点
3. 地域通貨システムの失敗事例として。
4. さらにその失敗を挽回しようとするときに、本来の地域通貨の目的を忘れ
て自己目的化し、さらにまわりが見えなくなるという泥沼のおもしろい事例として。
もって他山の石とすべし。
追記。
その後、発展的なんとかだの、解散できることこそが自由なNAMの本領だの、
かっこつけようとして失敗している失笑もののいいわけをたくさんしつつ、
解散。柄谷の家族が、ここの地域通貨がらみの特許を取っていたり、
柄谷がNAM原理を勝手に自分のものにしたりと、利権あさりはちゃんとやっ
ていたようで。いまや下のURLは、アダルトサイトとなってしまっております。哀れ。
http://www.nam21.org/


87 :吾輩は名無しである:2006/09/30(土) 03:38:18
ところで話変わるけどこの前松屋じゃないけど、某牛丼屋で1000円渡したの。
店員がレジに打ち込んでで580円ですって言ってまた俺のところに来てお金を催促。
ん?俺いま1000円渡したじゃん、店員は気づかずに卵だけ食って帰ったw

いや、俺が店に入ったとき店員はいなかったんだけど、牛丼おいしいって言ってたw
それでお金払うときに1000円って分かってるから渡した。
店員まだレジ売ってないから卵だけですねって580円って気づいてレジ売って580円って。
おれ1000円渡したじゃんっていったのに580円ですって。店員卵おいしいのはわかったって言ってたw

88 :唯一ネ申:2006/10/02(月) 11:03:20
柄谷行人氏の言う「世界共和国」と又吉イエスの世界経済共同体は
どう違うのか説明したまえ

89 :吾輩は名無しである:2006/10/02(月) 11:44:46
言ってる人が違うんじゃない

90 :吾輩は名無しである:2006/10/02(月) 11:55:52
じゃ内容は五十歩百歩ってこと??

91 :吾輩は名無しである:2006/10/02(月) 12:16:51
悪いけど、比較するのが間違ってると思うよw
一番違うのは、
多分、柄谷のは理念で、又吉のは現状批判のカウンターに留まってるくらい?

どっちも興味ないけど。

92 :吾輩は名無しである:2006/10/02(月) 15:31:24
>>91
よーするに、同じようなもの、ってことだな

93 :吾輩は名無しである:2006/10/02(月) 15:54:59
どっちもカルトじみてるよね。
柄谷も南無教の教祖やってたわけだからw

94 :吾輩は名無しである:2006/10/02(月) 15:56:03
>>92
全然違うよw
おバカさんなの?

95 :吾輩は名無しである:2006/10/02(月) 15:58:02
又吉と柄谷って、似てるよねw

96 :吾輩は名無しである:2006/10/02(月) 16:06:09
そうだねそうだねちんぽだね
おしろいね
金正日と柄谷も似てるね

97 :吾輩は名無しである:2006/10/02(月) 16:13:31
>>96
全然違うよw
おバカさんなの?

98 :吾輩は名無しである:2006/10/03(火) 20:53:51
摂理の教祖と原理の柄谷も似てるね

99 :吾輩は名無しである:2006/10/03(火) 23:16:28
全然違うよw
おバカさんなの?

100 :100get:2006/10/04(水) 00:03:52
やっぱ柄谷っておバカさんだよね。

101 :吾輩は名無しである:2006/10/04(水) 00:07:12
いや99はそれを超えてますよ

102 :吾輩は名無しである:2006/10/04(水) 02:13:46
全然違うよw
おバカさんなの?

103 :(o^-’)b ◆m0yPyqc5MQ :2006/10/04(水) 13:34:06
Associationismって


よーするにあれでしょ

生協

だいがく生協わりと安いよ

104 :吾輩は名無しである:2006/10/04(水) 13:53:30
全然違うよw
おおバカさんなの?

105 :吾輩は名無しである:2006/10/04(水) 17:38:45
床屋って誰?

106 :吾輩は名無しである:2006/11/10(金) 23:10:56
保守

107 :吾輩は名無しである:2006/12/09(土) 10:20:12
NAM阿弥陀仏NAM阿弥陀仏NAM阿弥陀仏
NAM阿弥陀仏NAM阿弥陀仏NAM阿弥陀仏
NAM阿弥陀仏NAM阿弥陀仏NAM阿弥陀仏
NAM阿弥陀仏NAM阿弥陀仏NAM阿弥陀仏
NAM阿弥陀仏NAM阿弥陀仏NAM阿弥陀仏
NAM阿弥陀仏NAM阿弥陀仏NAM阿弥陀仏
NAM阿弥陀仏NAM阿弥陀仏NAM阿弥陀仏
NAM阿弥陀仏NAM阿弥陀仏NAM阿弥陀仏























108 :吾輩は名無しである:2006/12/09(土) 23:34:28
よく落ちないね、このスレ。

109 :吾輩は名無しである:2006/12/27(水) 08:08:48
[Q-NAM]過去ログを読み返す。
もう何度目になるか分からないが、Q-NAMの過去ログを再読している。
現代思想かぶれの、他者とコミュニケーションをまともに取ることの
できない京都の美容師の意味不明なメールには、本当に頭にきた。ぼく
はこんなヤツを擁護していたのか、こいつが不正高額取引などをやると
分かっていたら、最初から擁護などしなかったのに……。歴史に「もし」
はない、というのは、世界史のみならず、個人史においてもそうだろう。
けれどぼくは、「もしあの時……」と繰り返し自問せざるをえない。モル
モット発言どころか、それ以前の可能なるQ引っ越し問題の段階でこの人は
ダメな人だと直感しなければならなかったのだ。何故、それができな
かったか。人間、非情になるべき時もあるということだろう。

110 :吾輩は名無しである:2006/12/27(水) 10:27:47
自分に酔ってるね。
NAMだのQだの参加した時点で阿呆だよ、同じ穴の貉。

111 :吾輩は名無しである:2006/12/27(水) 11:37:30
京都の美容師ってどこよ?


112 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/12/27(水) 11:43:18
>>104
どこがwww


ようは生協主義やんw

みんなで仲良く利益共有しようってわけでしょ
消費者側が

113 :吾輩は名無しである:2006/12/27(水) 14:03:11
フランスでは、協同組合運動はシャルル・ジイドが提唱したね。
ちなみにアンドレ・ジイドの叔父さん。
ロザリンド・ウィリアムズ『夢の消費革命 パリ万博と大衆消費の興隆』(工作舎1996)
は面白かった。

114 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/12/28(木) 12:41:43
おい、がらや君ww


どないすんねん
労働条件の堕落があそしえーしょん=生協かいなww
やめたまえやめたまえ!下らん夢想趣味なんて
サンシモンじゃあるまいしwwロバートオーエンじゃあるまじきwwあるまじろ
(o・v・o)あさだあめ



あれやな

漸進的改良資本主義しか現実むりwww
だってまだみんな必死で働いとるもん
がらや世間知らなすぎwww

本ばっかよんどる

115 :英霊という侵略強盗殺人犯と柄谷行人の最終論理:2006/12/29(金) 00:40:43
糸山英太郎元自民党衆院議員の元秘書が家族ともども“行方不明状態”2006/12/25 夕刊フジ
http://www4.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=429793&log=20061213
糸山・石原連合に手も足も出ない地検特捜部
http://members.at.infoseek.co.jp/YaYa/isihara.htm
■石原都知事がもらった2000万円(佐藤立志のマスコミ日記)
(前略)日時は今年の9月14日、場所は高級料亭の吉兆。
金は糸山が1500万円を出している。
石原は糸山になんでそんな高額な金をもらう下賤な奴になりさがったのかと思いきや、
もともと金にはきたなかったようだ。
この記事で指摘しているのは三男は2000万円のうち500万円をもらってるのに
政治資金収支に記載がない。当然、本人はもらったなんていわないわな。    
公費使ってヨットだの、馬鹿息子に迂回の公費だの、石原は都民の血税を何と思っているのか。
東京オリンピックでごまかすなよ。
石原のでたらめぶりは、このサイトがまとめている。
http://esashib.hp.infoseek.co.jp/chintaro05.htm
えらそーに天下国家を論じながら、糸山ごとき怪しげな人物から金を押し戴く、
品性のいやしさ。海外に妻を公費でファーストクラスで連れて行く傲慢さ。
小泉改革と同じだ。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik2/2003-10-31/03_01.html
石原宏高衆院議員(自民党)が昨年九月、水谷建設元会長と料亭で500万円。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-12-10/2006121015_02_0.html


116 :在日犯罪者一覧:2007/01/07(日) 18:19:33
●麻原彰晃 →オウム真理教教祖。サリンを撒き無差別殺人。坂本弁護士一家惨殺。海外新聞がkoreanと表記。
週刊現代がスクープ。事件前の対談で自ら語っている。
●宅間守 →大阪 池田小学校の児童殺傷。8人殺害 15人が重軽傷。朝鮮人部落出身
●東慎一郎 →酒鬼薔薇聖斗。神戸の首切り小僧。生首を校門に飾る。2人殺害。元在日朝鮮人
●林真須美 →和歌山 毒入りカレー事件。4人毒殺 63人が負傷。帰化人
●織原城二(金聖鐘) →神奈川 帰化人、英国人 豪州人女性を強姦、ビデオ撮影、バラバラ殺人
●関根元 →埼玉の愛犬家連続殺人犯。4人を殺害。肉片を削ぎとりドラム缶で焼却、川へ流す
●丘崎誠人 →奈良 岩を数回、少女の頭部に投げつけて絶命させた 在日朝鮮人
●キム・ミンス →韓国人留学生 強盗殺人犯。大分 日本人老夫婦を刃物で殺傷
●李東逸 →韓国人 檀国大学教授。芝居観覧のため来日中、東京で日本人女優Nを強姦
●金允植 →韓国人 強姦罪で指名手配中に逃亡目的で来日。大阪で主婦を100人以上連続強姦
●金大根 →韓国人の強姦魔 連続児童虐待暴行殺人。6名の女児死亡
●李昇一 →韓国人 東京 テレビ「ガキの使い」関係者を名乗り少女140人をレイプ
●沈週一 →韓国人 鳥取 大阪 和歌山 ベランダから女性の部屋へ侵入し9人を強姦
●張今朝 →韓国人 長野 「一緒に猫を探して」と小学校4年の女児をレイプ
●ぺ・ソンテ →韓国人 横浜 刃物で脅し、女子小学生14人をレイプ
●宋治悦 →韓国人 東京 ナイフで脅し手足を縛り下着で目隠しの上、主婦19人を強姦
●崔智栄 →北朝鮮籍の朝鮮大学校生 新潟 木刀で傷を負わせ、18歳少女2人を車の中で強姦
●金乗實 →北朝鮮籍の朝鮮大学校生 同上、共犯者。他にもう一人19歳の共犯者(朝鮮籍)あり
●鄭明析 →韓国人 カルト「摂理」教祖。日本人1000人、台湾人100人、米英仏人などを強姦
●徐裕行 →韓国籍 オウム真理教幹部・村井秀夫刺殺事件の刺殺犯。裏で北朝鮮が関与か
●国松孝次警察庁長官狙撃事件。現場近くから北朝鮮製のバッジ、韓国のウォン硬貨などを発見
●世田谷一家惨殺事件。採取された指紋が韓国人の男と一致。韓国警察からは協力を得られず
●東京資産家強盗殺人事件。奪われた腕時計が韓国で販売。韓国人グループの犯行とみて捜査中

117 :在日犯罪者一覧:2007/01/07(日) 18:23:54
朴珠那(31): 顔写真をすり替えたパスポートをパスポートセンターに申請し不正に取得する
金明徳(58): 同上
姜英児(56): 店舗型性風俗営業が禁止されている個室マッサージ店で、女性従業員に男性客への性的サービスをさせる
李承富(50): 795グラムの覚せい剤(約4770万円相当)を電気座布団の中に隠して密輸する
趙淑伊(43): 県公安委員会へ届出をせずに、営業禁止区域でファッションヘルスを営む
崔正成(52): 水戸署大工町交番の出入り口ドアの窓ガラス(時価1万円相当)を右手で割る
申孝男(45): 医師から自宅のリフォーム代として預かった5000万円のうち、1100万円を返金せず着服する
孫錫烈(30): 出会い系サイトで知り合った13歳と14歳だった女子中学生に計4万円を渡し、ホテルで猥褻な行為をする
李占友(29): 獣医師夫妻を縛り、現金4200万円や貴金属など56点(計567万円相当)を盗み、妻に約2カ月のけがを負わせる
李在峰(28): 同上
曽明常(42): 同上
劉洋(28): 同上
金百合子(45): 大量の覚せい剤の密売に関わる
金真彩(20): 同上
李秀男(51): 産廃の処分許可がないのに、昨年7〜8月の間家屋の解体ごみ約326立方メートルを処分する
林韓日(56): 神戸市の中小企業向け低利融資制度を悪用し、市内の信用組合から約600万円を融資させだまし取る
全成玉(58): 交通事故で保険金(搭乗者傷害保険金約300万円、後遺傷害保険金約2000万円)をだまし取る
李和明(44): ひき逃げ事故を起こした知り合いの住吉会系暴力団幹部の身代わりになろうとする
姜智凱(29): オークションサイトに中古のノートパソコンを出品したように装い、男子大学生から代金約10万円をだまし取る
韓長広(41): 経営している派遣型売春の女性従業員に売春させる
金圭植(58): レジャー施設の経営者を脅迫し、手足で頭などを殴り代表取締役辞任届などに署名させ、会社の実印などを脅し取る
朴仁哲(51): 同上
金斗龍(51): 同上
金興博(53): 私服警察官2人に売春の相手になるよう勧誘する


118 :在日犯罪者一覧:2007/01/07(日) 18:27:11
金周煥(31)→短期滞在ビザで入国後、在留期間を超えて不法に残留する。
金成容(39)→短期滞在ビザで入国後、在留期間を超えて不法に残留する。
金応萬(43)→旅券を持たずに船で入国して不法に在留する。
嚴英順(37)→出産した子供に日本国籍を取得させるため、うその胎児認知届と出生届を提出する。
高英樹(25)→偽造クレジットカードを使い商品をだまし取る。
文明淑(29)→マッサージ店で女性店員を使い男性客に性的サービスをさせる。
崔珍栄(35)→三月まで交際していた女性(29)に別れ話を持ち掛けられ立腹、殺害しようとする。
全光烈(54)[朝鮮学校教員]→酒気帯運転でトラックに追突、弾みでオートバイに衝突。オートバイの男性を死亡させる。
金玉鉉(39)→店舗型風俗特殊営業が禁止されている地区で風俗店を経営、女性従業員に性的なサービスをさせる。
徐賛述(48)→在留期限が切れた後も引き続き国内にとどまり、約9年10か月にわたって不法に残留する。
申孝男(45)[朝鮮籍]→住宅リフォームの仲介として男性医師(47)から預かった工事代金約5000万円のうち約1100万円を横領する。
全孝信(36)→多重債務者ら約2200人に対し不正な貸し付けを行い、2億円を超える違法収益を得る。
パク・ジンソン(45)→長崎県沖でのタチウオ漁で、操業日誌の漁獲量を過少記載する。
任榮Y(43)→韓国で製造された偽ブランド商品を日本に輸入し、元締めとして露天商などに卸す。
閔俊基(33)→33歳の韓国人男性に、以前交際していたこの男性の姉を呼び出させ、恐喝する。
禹時允(59)→覚せい剤を密輸入する。
李辰世(29)→1人暮らし女性のマンションに侵入し、現金やキャッシュカードを奪う。
朴奉秀(31)→港区六本木の雑居ビル内に違法なバカラ賭博場を開く。
黄勝雪(??)→条例で禁止された地域でファッションヘルスを営業する。
李丙教(36)→操業日誌の漁獲量を、実際より約7.7トン少なく記載する。



119 :吾輩は名無しである:2007/01/07(日) 18:27:47
強制連行されたという在日朝鮮人は以下の質問に答えなさい。

・ 誰によってどこへ強制連行されたのか詳細を述べなさい。
・ 戦後60年間,祖国から返還請求がない理由を述べなさい。
・ 戦後60年間,祖国に助けを求めなかった理由を述べなさい。
・ 戦後60年間,祖国が在日朝鮮人を問題視していない理由を述べなさい。
・ 戦後60年間,自分達で帰国事業を立ち上げなかった理由を述べなさい。
・ 戦後60年間,日本人に対して返還事業を提案しなかった理由を述べなさい。

質問に対する回答が無い場合,
在日朝鮮人は「違法入国者」の末裔,もしくは当人であるとみなします。
つまり「犯罪者」であるということです。


在日朝鮮人のすばらしい「愛国心」

・強制連行されてきた外国人のはずだが、祖国に帰らせろとは言わない。
・祖国は日本よりすばらしいと言うくせに、帰ろうとはしない。
・帰る祖国が存在するのに、帰る場所はないと言う。
・日の丸を見るのも嫌な外国人のくせに、日本から出て行こうとはしない。
・立派な朝鮮人名を名乗らず、屈辱なはずの日本人名を自らの意思で名乗る。
・大嫌いなはずの日本人に、リアルでもネット上でも成りすます。
・祖国の参政権もないのに、なぜか先に日本での参政権を要求する。
・祖国を良くするための諫言はしないが、日本には内政干渉をする。

120 :吾輩は名無しである:2007/01/07(日) 18:28:48
「田岡一雄自伝」より
通りすがりの通行人の目つきが気に食わないといっては難くせをつけ、
無銭飲食をし、白昼の路上で集団で婦女子にいたずらをする。
善良な市民は恐怖のどん底に叩き込まれた。
こういった不良分子は旧陸海軍の飛行服を好んで身につけていた。
袖に腕章をつけ、半長靴をはき、純白の絹のマフラーを首に巻きつけ、
肩で風を切って町をのし歩いた。
腰には拳銃をさげ、白い包帯を巻きつけた鉄パイプの凶器を引っさげた彼らの略奪、暴行には
目にあまるものがあった。
警官が駆けつけてきても手も足も出ない。
「俺たちは戦勝国民だ。敗戦国の日本人が何をいうか」
警官は小突き回され、サーベルはヘシ曲げられ、
街は暴漢の跳梁に無警察状態だ。
〜中略〜
一瞬、ぎくりと立ちどまり、悲鳴のあがる方角に走った。
途中で四、五歳の女の子が泣きながら夢中で駆け寄ってきた。
「どないしたんや」
「おかあちゃんが、おかあちゃんが」
少女は私に泣きじゃくりながらしがみつく。
この世のものとは思えぬ女の狂気じみた悲鳴がきこえつづけていた。
「ここにいるんやで。ええな」
私は少女をその場において一目散に走った。
少女の母親は木立の中で数人の男に犯されていた。飛行服の男たちだった。
------------------------------------------------------
創氏改名は屈辱だったと言うわりに通名を名乗る在日
実態は戦後に悪さをしすぎて日本人に嫌悪されたため
通名という都合のいい偽名を使うようになったのである



121 :吾輩は名無しである:2007/01/07(日) 18:30:02
★これが創氏改名の真実だ!併合直後から朝鮮人は改名を熱望していた!

@1910年、日韓併合。
A直後、総督府が朝鮮半島を把握する為に「民籍」(≒戸籍)の作成に取り掛かる。
Bなんと!大量の朝鮮人が「日本名」で民籍に登録する騒動が勃発!
Cケジメがつかなくなる事を恐れた総督府は「改名禁止」の法令を出す。
※1911年11月1日総督府令第124号「朝鮮人ノ姓名改称ニ関スル件」
※「内地人ニ紛ハシキ姓名」を禁止。
※既に改名していた朝鮮人には圧力をかけて「復姓」させた。
(  ´∀`)「併合直後なのに図々しい!さっさと元に戻せ!」
< *`Д´>「アイゴ!」
D1932年「満州国」が出来る。
E「満州国」に朝鮮人が入植するが…。
<丶`∀´>「ウリは日本人ニダ!」
(# `ハ´)「名前が朝鮮人アル!元々は我々の奴隷民族アル!偉そうにするな!」
< *`Д´>「アイゴ!もうウリは立派な皇国臣民ニダ!日本名が欲しいニダ!」
(  ´∀`)「…仕方がないか」
F1939年「創氏改名」が発令。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
朝鮮には「姓(氏族名)」はあっても「氏(苗字)」が無かった。
内鮮の融合が進み、戸籍管理を統一する為にも、「創氏」が強制された。
「創氏」の登録は日本名でも朝鮮名でも良かった。
しかし8割の朝鮮人が「日本名での創氏」を望んだ。
日本名で創氏した朝鮮人は名前(下の名前)も合わせて変えたがった。
それが「改名」であり、これには手数料が取られた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Gこの「創氏改名」に伴い、大量の朝鮮人が日本名を名乗る事になる。

…朝鮮人は併合直後から日本名を名乗りたかったのだが、総督府は許さなかった。
それが許されたのが「創氏改名」なのである。

122 :吾輩は名無しである:2007/01/07(日) 18:31:14
金素雲も嘆く在日朝鮮人の横暴

日本人はなぜ朝鮮人が嫌いか、差別されるには朝鮮人の方にもそれなりの原因
がある、という筆者の論は決して間違っていないと思ふ。例えばあの有名な朝鮮
人詩人の金素雲氏は、その自伝の中で次のように書いている。

日本人所有の家を借りたなら、家賃は一切払わなくてもよいというのが、その当時
(昭和の初期―筆者注)同胞の間では常識化していた風習だった。

「お前らは国まで盗んでいったじゃないか。家賃ぐらい何だ!」――こちらにはこ
んな腹があったが、引っかけられた日本人の側では恨み骨髄にならざるを得な
かった。家賃をもらうどころか5,6ヵ月分の家賃に当たる金を<立退料>という
名目で払わなければならなかった。こんなとき、その仲介の役割を果たすのが、
いうなれば叔父の職分だった。(同胞が集団居住する町には、こんなブローカー
が必ず何人かいた)

1,2年ただで住んでは<立退料>をせしめて家を空けてやることもあったが、時
には引っ越した次の日に大家から立退料を取ってまた引っ越していく、そんな場
合もあった。 その立退料の半分ぐらいにあたる金が叔父のようなブローカーの
懐に入ってくる。もちろんこれは4,50年前の昔話ではあるが、こんなやり口が
その後長い間い年月を通じて、大多数の日本人の生活感情の底に<チョーセン
ジン>を敬遠し蔑視する後遺症の種となったことも事実である。
                  
               中村 粲   文武新論 平成5年7月10日


123 :吾輩は名無しである:2007/01/07(日) 18:32:22
ここまで生活レベルを上げてもらいながら、
日本の敗戦が決まると豹変し、暴虐の限りを尽くしたチョン。
http://plaza.rakuten.co.jp/khiroba/diary/200501100000/
http://www12.tok2.com/home/doronpa/

ほぼ同様の経緯だが50年たっても恩を忘れていなかったパラオ。
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/4759/20010503.html
http://www.sarago.co.jp/nfhtm/pw.html
http://www.asahi-net.or.jp/~vb7y-td/kak2/1210091.htm

     ,,.---v―--、_       日本人はな、お互い様やねん。
   ,.イ" | / / / /~`'''ー-、  相手に譲ってもろたら今度は自分が譲るねん。
  //~`ヾ、;;;;ソ'''''''ヾ、   ,.ヽ ヽ そうやって上手い事回っとったがな・・・
 /:,:'       ...  ゞ 彡 彡、ノ)
 !/  ~`ー'",..- ...   〉     !( 『あの人ら』は違う。
i   ̄~`        !  彡  |ノ 一回譲ったらツケ込んで来て、
,i ,.- 、 ゝ " '" ~ ~`  ヾ ,,--、 |  こっちはずっと譲らなあかん羽目になる。
/         _    ヾ"r∂|;! それでも『あの人ら』は平気なんや。
ヾ` '⌒` ;::   "~ ~` 彡  r ノ/  カドたてんとことおもて譲り合うのは、
i    ノ           _,,.:'   日本人同士だけにしとき。
ヽ ノ"( 、_,..:ー'"ヽ、 : : :   ,i /    そうせんと『あの人ら』につけこまれて、
 ヽ、 ,. :: ::  ヽ      ノ:|ラ:)`ヽ、『ひさしを貸して母屋を盗られて』
   ヽ、`''''"""''''" '  ,,..-'" //   \日本がのうなってしまうからな



124 :吾輩は名無しである:2007/01/07(日) 18:33:09
戦前
<丶´Д`> <国として立ちゆかないウリの国の面倒を見て欲しいニダ…
戦後↓
<丶`Д´> <ウリの国は日本の植民地にされていたニダ!謝罪と賠償を(以下略)
----------------------------------------------------------------------------------
戦前
<丶´Д`> <本国じゃご飯食べられないニダ…  日本に密入国するニダ…
戦後↓
<丶`Д´> <ウリ達は日本に無理矢理強制連行されてきたニダ!謝罪と賠償を(以下略)
----------------------------------------------------------------------------------
戦前
<丶´Д`> <朝鮮人だとバレると欧米でバカにされるニダ… 日本風の名にしたいニダ…
戦後↓
<丶`Д´> <ウリ達は日本に無理矢理日本風の名前を押し付けられたニダ!謝罪と賠償を(以下略)
----------------------------------------------------------------------------------
戦中
<丶´▽`> <高給ニダ!是非ともついていって体を売るニダ 追軍娼婦するニダ …
戦後↓
<丶`Д´> <ウリは無理矢理連行され、従軍慰安婦にされたニダ!謝罪と賠償を(以下略)
--------------------------------------------------------------------------------


125 :荒らすなよ    高峯駆(藁:2007/01/07(日) 18:33:32
      ______
     /       \
    │-=・=-∴-=・=-│ 
    │  "ー=〓=-'` │/⌒l   まだじゃらんよ?
     \       / |`'''/   
    / ⌒ヽ     }  |  |         __________
   /  へ  \   }__/ /             | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | |(「最終学歴 東大
 / / |      ノ   ノ           | | \      / | | |’, ・ 法学部卒」・・・・・
( _ ノ    |      \´       _    | |   \ ノ(  /   | | | ,  ’
       |       \_,, -‐ ''"   ̄ ゙̄''―---└'´ ̄`ヽ   | | | て
       .|                        __ ノ _| | | (
       ヽ           _,, -‐ ''" ̄|_ ̄_o o o___|_|r'"


126 :吾輩は名無しである:2007/01/07(日) 18:33:51
■中国人、謝永光著「日本軍は香港で何をしたか」より抜粋。
最初の数日間は平穏無事で、「皇軍」の姿は全くみられなかった。
ところがある日、突然五、六人の‘獣兵‘が現れ、麻雀をしていた四人の女優を輪姦したという。
前述の女優は日本軍の馬丁に暴行されたが、この馬丁とは恐らく朝鮮人に違いなかった。
(中略)
香港占領期間中、多くの朝鮮人が日本の軍服を着ていたが、一般の日本人よりも背が高く、日本の正規軍よりももっと凶暴だった。
このとき民家に乱入して婦女暴行を働いたのは、ほとんど日本人の手先となって悪事を働いていた朝鮮人であった。
当時香港住民は日本軍に対するよりももっと激しい憎悪の念を彼らに抱いた。

■元パリ・マッチ特派員アルフレッド・スムラー著「日本は誤解されている」より抜粋。
「別に日本人戦犯の責任を軽減するつもりはないが、占領地域で最も嫌われたのは、このころ日本国籍を持っていた朝鮮人だったことに注意しておかなければならない」
※パリ・マッチ・・・フランスの歴史ある雑誌
http://bookwebpro.kinokuniya.co.jp/files/magazine/Paris%20Match.jpg [ソースチェック]

■とある内科医の述懐「キヤンガン、山下将軍降伏の地―フィリピンの心象風景」より抜粋。
山では仲間どうしの信頼関係が全てだ。
韓比日の3人で風雨の中、ピークを踏む寸前のこと、小休止のときアンがコリアンと知らないフィリピン人の彼が言った。
「日本の占領下で最も残虐だったのはコリアンだった。赤ん坊を投げて銃剣でうけたのも彼らだった。皆がそう信じている。」
一気に遭難しそうになったパーティを何とか支えつつ、私はキアンガンの将軍の亡霊を見たような心持だった。
その後も各地でこの噂のような言説をきくたびに、愛国者たるアンの胸中が想われてならない。
http://www.net-ric.com/advocacy/datums/95_10irohira.html

■中国人が描いた絵「旭日旗を持った朝鮮人が中国人を殺す」
http://japanese.joins.com/transboard/upfile/up28088.jpg




127 :吾輩は名無しである:2007/01/07(日) 18:35:47

     アメリカ人が見た戦後の在日朝鮮人

 戦後の日本においては、朝鮮人少数民族は、いつも刺戟的な勢力であった。
 数においては大いに減ったもの、朝鮮人は依然として口喧しい、感情的・徒労的
 集団である。彼らは絶対に敗戦者の日本人には加担しようとはせず、かえって戦勝
 国民の仲間入りをしようとした。朝鮮人は一般に日本の法律は彼らに適用され得な
 いものとしてアメリカ占領軍の指令も同じようにほとんど意に介しなかった。
 そのため国内に非常な混乱をおこした。占領当初の数ヶ月、在日朝鮮人炭鉱労働者の
 頑強な反抗のために日本の重要産業たる石炭産業の再建は損害をこうむった。
 経済的領域における朝鮮人のいろいろな活動は、日本経済再建への努力をたびたび阻害した。
 1948年の神戸における緊急事態宣言は、日本の教育改革を朝鮮人が妨害した結果、
 行われたものである。引き上げについては占領当局が決定した政策を日本政府の手で
 実地しようとするのを妨害した。/たとえこのような事件(朝鮮人の犯罪)で朝鮮人の
 犯罪性が拡大されることがなかったとしても、この犯罪性が日本人・朝鮮人の関係に
 与えた影響は依然として甚大なるものがある。朝鮮人の略奪行為が、大部分、下層民の
 日常生活にとってきわめて重要な地域において行われたということもあった。
 さらに朝鮮人は日本に不法に入国しようとしたが、ときには伝染病も持ち込んだと
 いう事情もあって、この不安を強める実例を提供した。朝鮮人は悪者だという心理が
 時の流れとともに日本人の心から薄れていくであろうと信ずべき理由はなにもないのである。

         ハーバード大学教授 エドワード・ワーグナー(朝鮮史)



128 :密入国ソース:2007/01/07(日) 18:36:40
俺のヘソクリは朝鮮系、女房のは韓国系の仮名口座へ。
http://web.archive.org/web/20040203224840/http://www.yuriko.or.jp/ronbun/sapio.htm
仮名口座だけじゃない!在日の脱税特権「五箇条のご誓文」
http://www.yuriko.or.jp/column/colum99/corum990819.htm
在日韓国・朝鮮人一世の9割9分は強制連行とは無関係。
http://mirror.jijisama.org/zainiti_raireki.htm
敗戦に苦しむ日本人に横暴の限りを尽くした在日。
http://mirror.jijisama.org/sangokuzin.htm
在日朝鮮人連盟(朝鮮総連の前身)による朝鮮人戦勝国民、日本人四等国民宣言
http://www.kcn.ne.jp/~ca001/D35.htm



129 :密入国ソース:2007/01/07(日) 18:37:27
●『在日・強制連行の神話』( 鄭大均著 文春新書)より
「在日の多くは海峡を自らの意志で越えたのだ。 在日は強制連行されてきた人々とその末裔だと
 する主張がある。 が、一世の証言に丹念にあたれば、それが虚構にすぎないことが分る」
●正論2003年6月号掲載  評論家 黄 文雄 
「誇り高き台湾少年工と「強制連行」どころか勝手に日本に殺到した朝鮮人の落差」
●朝鮮人によるマスコミへの卑劣な圧力が無かった頃は、朝日新聞も大量の密入国者がいる事実を報道してました。
『朝日新聞 1959年6月16日付』(「世界」 2000年10月号 戦後日本「在日外国人」の虚像と実像 原尻英樹)より
「密入出国をしたまま登録をしていない朝鮮人がかなりいると見られている」
●1974年の法務省編「在留外国人統計」によれば、在日韓国・朝鮮人の日本上陸は昭和16~19年の間は1万4514人。
「国民徴用令」による徴集は19年の9月以降の僅か4ヵ月間であるから、単純に計算しても、この期間に徴用された者は
16~19年間の1万4514人の12分の1、つまり1210人ほどにすぎない。昭和20年9月1日以前は679名であり、
それを加えた概算1889人ほどが、真に徴用の名に値する在日朝鮮人だという事になる。仮に「官あっせん」を
徴用の概念の中に入れ、官あっせんが行われていた昭和17年2月~19年8月の来日者の推計数を全部加えても
約1万1300人ほどである。従って、在日全体の僅か0.5%未満にすぎない事になる。




130 :密入国ソース:2007/01/07(日) 18:38:03
「これでは困る韓国」呉善花、崔吉城 1997 より

呉「在日の人たちにしても、植民地時代も自分の意志で積極的にきた人のほうが
 ずっと多いんじゃないですか。強制連行で連れてこられた人たちはほとんど帰っ
 てしまったわけですから。」
崔「そこはいいポイントです。事実はまさしくその通りなんです。ところが、
 そうであるにもかかわらず、意識としてはそうじゃなくなっているんです。
 自分も植民地のときに強制的につれてこられたのだと、これはアイデンティティ
 としてそうなってしまっているんです。」
呉「なるほど、意識と実際は違うということですね。」
崔「実際は強制されてきたのではなくても、我々は強制されてきたんだという、
 そういう物語をつくってそれを自分の意識としてもつんです。
 ここが在日韓国・朝鮮人を考える場合のかなり大きなポイントです。
 (中略)それで一世たちはそういう物語を二世、三世に懸命に教えるんです。」
呉「なんのために教えるんですか」
崔「民族意識を守り、それを子孫に伝えるためです。」



131 :密入国ソース:2007/01/07(日) 18:39:08
【在日】「私は徴兵で日本に来たんだよ」と嘘をつく母と、
「その時代に徴兵なんかないの」と嘘を暴く息子

「私は徴兵で日本に来たんだよ」と主張する母親と、「嘘を言うな」と
たしなめる息子。ずーっと探していた動画なんですが、YouTubeで
見つかったのでリンクを貼っておきます。
http://www.youtube.com/watch?v=lCbB1BAcN3w&search=korea

これはインターネットが普及する前に放送されたもので、確かフジ系列の
「NONFIX」という深夜番組だったと思います(違ったら訂正よろしく)。
最後に「うちの息子は思想がないの」といわゆる強制連行説が嘘であることを認めます。
強制連行なんか存在しない事がわかる貴重な資料です。


132 :密入国ソース:2007/01/07(日) 18:41:08
「戦前(昭和14年)に日本内地に住んでいた朝鮮人は約100万人で、終戦直前には約200
万人となった。増加した100万人のうち70万人は自分から進んで内地に職を求めてきた個
別渡航者と、その間の出生によるものである。
残りの30万人は大部分鉱工業、土木事業の募集に応じてきた者で、戦時中の国民徴用令に
よるものはごく少数である。(中略)
終戦後、昭和20年8月から翌年3月まで、希望者が政府の配給、個別引き上げで合計140万
人が帰還したほか、北朝鮮へは昭和21年3月、連合国の指令に基づく北朝鮮引き上げ計画
で350人が帰還するなど、終戦時までに在日していた者のうち75%が帰還している。
(中略)
現在、登録されている在日朝鮮人は総数61万人で、関係各省で来日の事情を調査した結果、
戦時中に徴用労働者としてきた者は245人に過ぎず、現在日本に居住している者は、犯罪者
を除き、自由意志によって残留した者である。」
1959年7月13日朝日新聞
http://img2.echoo.jp/photo/blog_b/b32f2c397cc34ee74db55b228aef5be0.jpeg
http://img2.echoo.jp/photo/blog_b/52019453ce69cd3536fa41c3fe15ee29.jpeg
1959年7月13日 朝日新聞


133 :密入国ソース:2007/01/07(日) 18:41:37
★在日の徴用者はたった245人!終戦後75%が帰国!(朝日新聞)

■1959年7月13日 朝日新聞
http://img2.echoo.jp/photo/blog_b/52019453ce69cd3536fa41c3fe15ee29.jpeg
http://img2.echoo.jp/photo/blog_b/b32f2c397cc34ee74db55b228aef5be0.jpeg

■記事内容と補足「在日朝鮮人の徴用者は245人」
・終戦直前、日本には200万人の朝鮮人がいた。
・その内、140万人は終戦直後に朝鮮に帰った。
・更に北朝鮮帰還事業などで10万人が朝鮮に帰った。
・つまり200万人のうち、150万人…つまり75%が帰国した。
・国民徴用令は1939年7月から施行された。(日本人と台湾人)
・しかし朝鮮人には1944年9月まで適用されなかった。(つまり優遇されていた)
・1945年3月には日韓フェリーが停止されたので、徴用が可能だった時期はたったの7ヶ月。
・1959年の調査では在日における「徴用者」の人数は…たった245人だった。
・現在、日本に残留している朝鮮人は「自由意志」による残留である。(犯罪者を除く)

■まとめ
「徴用」や「徴兵」で日本に来た人は元々、僅かです。
「徴用」や「徴兵」によって「朝鮮の家族や友人や恋人から引き離された人」が、どうして日本に残るのですか?
家族に会いたくないのでしょうか?
200万人の内、140万人が終戦直後に帰国しています。
僅かな徴用者、徴兵者は、その時、帰国していると考えるのが当然です。
つまり日本に残った人は「家族で日本に移住して来た人」です。
つまり「自由意志」で日本に来て、「自由意志」で日本に残ったのです。

それなのに「強制連行された!戦後は帰りたくても帰れなかった!嫌々ながら住んでやってるんだ!」と叫んでいるのです。



134 :密入国ソース:2007/01/07(日) 18:42:25
大半、自由意思で居住
────────────
外務省、在日朝鮮人で発表
────────────
戦時徴用は245人


在日朝鮮人の北朝鮮帰還をめぐって韓国側などで「在日朝鮮人の大半は戦時中に日本政府が強制労働をさせるためにつれてきたもので、
いまでは不要になったため送還するのだ」との趣旨の中傷を行っているのに対し、外務省はこのほど「在日朝鮮人の引揚に関するいきさつ」について発表した。
これによれば在日朝鮮人の総数は約61万人だが、このうち戦時中に徴用労務者として日本に来た者は245人にすぎないとされている。主な内容は次の通り。
一、戦前(昭和14年に日本内地に住んでいた朝鮮人は約100万人で、終戦直前(昭和20年)には約200万人となった。
増加した100万人のうち、70万人は自分から進んで内地に職を求めてきた個別渡航者と、その間の出生によるものである。
残りの30万人は大部分、工鉱業、土木事業の募集に応じてきたもので、戦時中の国民徴用令による徴用労務者はごく少数である。
また、国民徴用令は日本内地では昭和14年7月に実施されたが、朝鮮への適用はさしひかえ、昭和19年9月に実施されており、朝鮮人徴用労務者が導入されたのは、翌年3月の下関-釜山間の運航が止るまでのわずか7ヶ月間だった。
一、終戦後、昭和20年8月から翌年3月まで、希望者が政府の配給、個別引揚げで合計140万人が帰還したほか、
北朝鮮へは昭和21年3月、連合国の指令に基づく北朝鮮引揚計画で350人が帰還するなど、終戦時までに在日していたもののうち75%が帰還している。
戦時中に来日した労務者、復員軍人、軍属などは日本内地になじみが薄いため終戦後、残留した者はごく少数である。
現在、登録されている在日朝鮮人は総計約61万人で、関係各省で来日の事情を調査した結果、戦時中に徴用労務者としてきた者は245人にすぎず、
現在、日本に居住している物は犯罪者を除き、自由意思によって在留したものである。(1959年7月13日 朝日新聞)
http://img2.echoo.jp/photo/blog_b/52019453ce69cd3536fa41c3fe15ee29.jpeg
http://img2.echoo.jp/photo/blog_b/b32f2c397cc34ee74db55b228aef5be0.jpeg



135 :密入国ソース:2007/01/07(日) 18:43:15

在日一世の八割以上は、上陸年不詳。つまり密航者。

法務省編 在留外国人統計(1974年度版)
http://sapporo.cool.ne.jp/rati_yurusan/gazou/zairyu_gaikokujin.htm
ビラのHPより
http://sapporo.cool.ne.jp/rati_yurusan/



戦前は、一大畜産地・済州島で牛の疫病が発生して生活難に陥った島民が、
当時 存在した済阪航路に乗って大阪に大量流入し、その後全国に広がった。
大阪や東京では7割ぐらいを同島出身者が占めていた。戦後も在日ネットワー
クを 頼って1970年頃まで韓国人の日本への密入国が続いた。
在日における済州島出身者の比率の異常な大きさと、朝鮮半島の総人口に占
める 同島民の比率の小ささを考えると、朝鮮総督府の土地調査事業で土地を
奪われた農民が、仕事を求めてやむなく来日したというのも嘘だとわかる。

今日の在日韓国・朝鮮人には、戦後の密入国者とその子孫がかなりの比率
を占めている。日本政府は、在日の永住権を巡る韓国政府との外交交渉で
密入国者に関しても寛大に扱った。

米国公文書の秘密文書を調査したブルース・カミングス・シカゴ大学教授
http://web.archive.org/web/20041010011826/http://www2.odn.ne.jp/~ccq47810/gaikokujinnno.html

在日一世のほとんどは、不法入国の犯罪者




136 :密入国ソース:2007/01/07(日) 18:43:47
http://hisazin-up.dyndns.org/up/src/19862.wmv
朝鮮人労働者・戦時徴用は245人(朝日新聞報道)
http://hisazin-up.dyndns.org/up/src/19862.wmv
朝鮮人労働者・戦時徴用は245人(朝日新聞報道)
http://hisazin-up.dyndns.org/up/src/19862.wmv
朝鮮人労働者・戦時徴用は245人(朝日新聞報道)





137 :密入国ソース:2007/01/07(日) 18:44:49
もう黙ってはいられない
http://f25.aaa.livedoor.jp/~zflag/mirrors/md/index.html
戦後、在日韓国・朝鮮人は何をし、何と言ったか
http://www.kcn.ne.jp/~ca001/D35.htm
三国人の不法行為
http://mirror.jijisama.org/sangokuzin.htm
強制連行のウソ
http://homepage3.nifty.com/yoshihito/hp-muen.htm
朝鮮兵について
http://nandakorea.sakura.ne.jp/html/tyousenhei.html
99年5月256号ハンギョレ21
http://www.altasia.org/hangyore/hangyore99256.htm
私の村は地獄になった
http://plaza.rakuten.co.jp/kawamurakent/diary/200507140000/
日韓併合前後 朝鮮半島写真館
http://photo.jijisama.org/
マスコミが言えない韓国の話:在日朝鮮人
http://brain.exblog.jp/i4


138 :密入国ソース:2007/01/07(日) 18:45:38
http://www.youtube.com/watch?v=nphQDygKRtQ
在日?朝鮮人労働者・戦時徴用は245人!朝日新聞報道




139 :密入国ソース:2007/01/07(日) 18:46:17
日本軍に、強制連行されて来たと言ってる 朝鮮人の 99.999 % は嘘つきであった ! 

 http://vision.ameba.jp/watch.do?movie=58332 




140 :密入国ソース:2007/01/07(日) 18:47:08


第276回 [2006年7月14日]丸激トーク・オン・ディマンド
ゲスト:江川達也氏(漫画家)
http://tubech.com/test/read.cgi/soeHX9-Da9E/tag/1149244446/l50

宮台大先生「左翼はずっと嘘をついてきた」
http://www.youtube.com/watch?v=soeHX9-Da9E

宮台発言まとめ
・在日の多くが強制連行されたと言う主張は嘘
・実際は「日本で一旗あげよう」という目的で来たのが大半
・そういう事情のため、祖国では在日は差別される
・この在日強制連行説を吹聴したのは、サヨク連中
・在日も利権獲得のためにそれに乗った
・日教組がその強制連行説を広めるため、子供もそれを信じる
・でも、ある日「嘘じゃん」と気づく奴が出てきてバックラッシュが起きる




141 :吾輩は名無しである:2007/01/07(日) 20:41:12
(  ゚,_ゝ゚)バカジャネーノ

142 :吾輩は名無しである:2007/01/08(月) 18:27:01
>>141
おまい結構正義感と責任感がありそうな奴だな。
シール五枚。

143 :吾輩は名無しである:2007/01/14(日) 02:55:35
文学といえばやっぱり柄谷行人だよね

144 :吾輩は名無しである:2007/01/14(日) 02:56:31
異議がある人は?

145 :吾輩は名無しである:2007/01/14(日) 02:57:35
異議なし!

146 :吾輩は名無しである:2007/01/14(日) 02:58:43
自作自演でした。

147 :吾輩は名無しである:2007/01/14(日) 03:12:37
俺は文学最強といえば柄谷行人だと思ってますよ。
中野考次事件以降、柄谷と喧嘩する度胸がある人はほとんどいなかった。
福田和也に絡まれて嬉しそうだったもん。やっとキターみたいな。
NAM議事録もやっぱりえげつなくてよかったなあ。

148 :吾輩は名無しである:2007/01/14(日) 03:20:58
口喧嘩日本一決定戦あったら無差別級王者だと思う。
「子犬たちへの応答」はわろた。超格好いいっす。

149 :吾輩は名無しである:2007/01/14(日) 03:26:49
荒神。…

150 :吾輩は名無しである:2007/01/14(日) 07:34:55
日本人って最強とか好きだよなー

151 :吾輩は名無しである:2007/01/14(日) 15:00:02
柄谷もついに自演か。
寂しい。

152 :吾輩は名無しである:2007/01/14(日) 16:42:31
でもそれってプロレスの才能だよね。

153 :吾輩は名無しである:2007/01/15(月) 18:53:10
2ちゃんねるの書き込みなど読むに値しない。よくてだめ連レベルです。
だから、以前僕は座談会の中で、2ちゃんねるは日本の村社会の最悪の部分が表れている、
という意味のことを言った。
しかしこのような連中が、義務教育をはじめとする日本の教育システムの弊害がもたらした
結果としてある、という事実を忘れるべきではない。
僕は日本のことなど知った事か、とも思いますが、教育問題が資本=ネーション=ステイト
の桎梏の中で様々な事柄を孕んだ問題系であることは言うまでもありません。
それを解決するのは容易ではない。僕は現在そのことを考えています。

154 :吾輩は名無しである:2007/01/15(月) 19:34:29
2ch.が全て読むに値しないとは言えない。柄谷行人の著作にも同様にある早合点や斜め読みによる誤読も2ch.には無数にあるが、2ch.書き手は柄谷と違ってそれで原稿料などとらない分柄谷よりマシだと言える。また、柄谷への批判の中には核心を突いているものもままある。

155 :吾輩は名無しである:2007/01/15(月) 20:01:18
age

156 :吾輩は名無しである:2007/01/15(月) 20:13:13
 柄谷行人の本領は撹乱者としてある。面白いといえば面白い。しかし意義はそこまでで、それが人間存在のリアリティまでたえず到達しているかといえば、そうではない。広松渉などと同じ限界をそれは抱えており、関係性に重きを置き過ぎる。

157 :吾輩は名無しである:2007/01/15(月) 20:28:34
 また、撹乱者であることと関連するが、柄谷行人における思考は、有限にたいする無限をたえず導出しようとする。柄谷の思考の方向はたえずそこへ向う。しかし、これは空想の中でしか通用しない。単独性についての議論も有限性を捨象される分深さを喪う。

158 :吾輩は名無しである:2007/01/15(月) 20:59:56
もちろん批判は甘んじて受けます。むしろどんどん批判すべきだ(笑)。
しかし、2ちゃんねるにおいて、それはシニシズムに帰結する他無い。
自分は別のものでありうるはずなのに、固定された関係の中にとどまるしかない、
そのような状況の中では人はシニシズムに陥ります。村社会とはそうゆうものです。

159 :吾輩は名無しである:2007/01/15(月) 23:17:22
要するに批評家は格好良いが、批評家を批評する奴は格好悪いと言う事だな。

160 :吾輩は名無しである:2007/01/15(月) 23:19:03
『探究U』初版56-57頁にこう書いてあります。
《私の考えでは、現実性とは、諸可能性の一つの「選別と排除である」。何かが現実的なのは、ああであったかもしれないのにこうであるということである。》《たとえば、ある発語がなされるとき、それは→

161 :吾輩は名無しである:2007/01/15(月) 23:28:38
→それ以外の表現の可能性のなかでなされる。》
 しかし、現実性とは様々な必然の折り重なり、とみることが出来、とりわけ「表現」という場所ではそうだと思われる。そこで何が問題になるかといえば、歴史性だと僕には思える。
 制度の歴史性であり、→

162 :吾輩は名無しである:2007/01/15(月) 23:34:46
→はたまた個体の孕む歴史性だと。柄谷行人が左翼に目覚めた?のも詰まるところ、制度の歴史性というものがあり、それに対抗しなければならぬと考えたからでしょう。歴史に人間は拘束される。嫌でもそうである。それは個体性それ自体が孕む壁でもある。→

163 :吾輩は名無しである:2007/01/15(月) 23:45:24
→個体であることは、何がしかを生まれながらに背負わされることを意味する。制度を抜きにしてでもね。そこに偶然性は、少なくとも生誕以降の個体を考える場合、考えにくい。仮に関係を考えるとしても、そこに個体性の問題はやはり介在する。→

164 :吾輩は名無しである:2007/01/15(月) 23:50:29
→個体が生まれもったものは介在する。現実性とは、そういうものではないですか。自意識というものがありますね。或いは原イメージというものがある。それらにたいして関係で変わるとは僕にはどうしても思えない。そこに歴史性が、その拘束が介在する。

165 :吾輩は名無しである:2007/01/15(月) 23:58:27
+付言すると、《自分は別のものでありうるのに、固定された関係にとどまるしかない》というのは、偶然性の問題でなく、必然の問題であり、偶然性に折り畳むことによる本当の解決はない。それがシニシズムを生むとしても。そう考えますね。

166 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 00:15:41
だから何だよって話ばっかだ

167 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 00:19:56
柄谷は我思う、ゆえに我ありを、わかってかつ、こう言ってるんだよね? シニシズムになるに決まってんじゃん。文字眺めてんだから。ばかじゃねーの
文字に時間はないんだから

168 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 00:21:33
現実性についても同じ。選択と排除とか難しく言ってるけど、それが言葉で記されるなら、状態に過ぎない

169 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 00:22:14
携帯から書き込む人は
mixiに切り替えてください

170 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 00:24:02
自分は別のものでありうるのに、こていされたまま…というのは、、、はぁ?という感じ

171 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 00:28:03
まぁ、書かれた時代が時代ですものね。わかりました。

172 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 00:29:08
理解できないバカはホント黙ってればいい

173 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 03:36:57
私は釣れたことに、軽い驚きを禁じえません。
一生やっていろアホども、と言いたい。

174 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 03:55:08
そりゃよかったな、白痴

175 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 05:09:41
さわやかさん。

176 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 05:14:25
ハーイ!

177 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 10:28:19
>>154
>2ch.書き手は柄谷と違ってそれで原稿料などとらない分
柄谷よりマシだと言える。

原稿料くれるっていうなら貰うのもやぶさかではないぞ。

178 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 10:38:05
はいはいW

179 :日本植民地主義の起源:2007/02/12(月) 19:33:39
日本と並行して帝国主義に転じたアメリカの植民地政策である。これ
は、いわば被統治者を「潜在的なアメリカ人」とみなすもので、英仏
のような植民地政策とは異質である。前者においては、それが帝国主
義的支配であることが意識されない。彼らは現に支配しながら、「自
由」を教えているかのよう思っている。それは今日にいたるまで同じ
である。そして、その起源は、インディアンの抹殺と同化を「愛」と
見なしたピューリタニズムにあるといってよい。その意味で、日本の
植民地統治に見られる「愛」の思想は、国学的なナショナリズムとは
別のものであり、実はアメリカからきていると、私は思う。

180 :佐藤優『獄中記』(岩波書店):2007/02/12(月) 19:39:37
 それから、哲学的観点からは「ライプニッツ症候群――吉本隆明と
西田幾多郎」(148―187頁)がいちばん面白いが、柄谷が独自
の超越論から西田哲学を理解し、その源泉をライプニッツのモナド論
に求めるという二重のネジレがあるのでわかりにくい。
 柄谷行人のように、他者の哲学、思想を素直に理解することを試み
た上で、自分の頭で再構成していくという知識人が少なくなっている
ことが、何となく日本が知的にも元気でなくなっている原因だと思う。

181 :吾輩は名無しである:2007/02/12(月) 23:04:04
だからなんだといいたい

182 :性教育特集や宮崎哲哉を読むと、人文学の復興は遠い:2007/02/14(水) 11:05:28
http://d.hatena.ne.jp/sasaki_makoto/

183 :吾輩は名無しである:2007/02/16(金) 01:27:24
トラクリ、分からん
超越論的主観って
他者を契機にエポケーする意志みたいなもんか

184 :吾輩は名無しである:2007/02/16(金) 15:02:18
「禁煙しました」
「どのくらい経ったの」
「二ヶ月くらい」
「その二ヶ月間、キミは小説を書いたか?」(「仕事をするためには煙草が要るんだ」)
「書いてます」
「それはよい小説なのか!!」
「半年経ったけど依然として吸いたいんですよね」
「きみは一生その苦しみから逃れられないのだ」
「この苦しみが一生続くなら禁煙は不可能ですね」
「そう、禁煙は不可能なんだ。その不可能性を自覚すること自体が禁煙である」



185 :攝津正 Tadashi SETTSU a.k.a. "Linda":2007/02/16(金) 15:30:36
掲示板への投稿、お願いいたします。
http://jbbs.livedoor.jp/business/5417/

186 :吾輩は名無しである:2007/02/17(土) 13:06:33
共時的な価値体系をささえるのがインフラであり
その時代の信用の象徴である。
資本=理性が自らの限界を超えてまで拡張としようとするとき
恐慌がそれを解決する、とトラクリにあったが
土建屋体制が「自らの限界を超えてまで拡張しようとした」から
バブルはじけて空白の90年代がやってきた?
ここでイノベーションが起こる?

187 :吾輩は名無しである:2007/02/17(土) 13:09:08
しかし、カントの三批判も、文芸批評から始まったなんていってる割には
政治経済的なことに語るときと、
語るときをキッチリ分けちゃってるように思われる

188 :吾輩は名無しである:2007/02/17(土) 13:09:45
しかし、カントの三批判も、文芸批評から始まったなんていってる割には
政治経済的なことに語るときと、
文学語るときをキッチリ分けちゃってるように思われる

189 :吾輩は名無しである:2007/02/18(日) 04:04:54
かねのむだ

190 :吾輩は名無しである:2007/02/18(日) 04:52:06
LETSに売りに出すサービスは、
ボランティアで無料でやってもいい、というほど自発的な契機でもなく
普通のお金もらうほど「労働」って感じでもないような
まさに「間」のことだな。

NAM原理の西部忠の出した「芝刈り」とか「ビール」みたいな例示は
あまり適切じゃないな。
柄谷だったら、自分の思想を
初歩だけでも中学生にも分かるように講演とかさwwwwwwwwwwwww

191 :児玉清:2007/02/22(木) 07:20:11
ここで赤が一気に消える!

192 :吾輩は名無しである:2007/02/25(日) 19:33:20
児玉清も読書家でインテリらしいな
あの世代のインテリはみんな左翼だろう
赤が消えるとは言わないんじゃないんか?

193 :吾輩は名無しである:2007/02/25(日) 19:47:15
柄谷が西部忠を査問したって、
志布志の県警が冤罪で逮捕した感じ?
踏み絵とか

194 :吾輩は名無しである:2007/03/07(水) 15:21:24
柄谷の口から創価の悪口が聞いてみたい。
政教一致の現実に対するコメントを聞いてみたい。
小声でも良いからさ、言ってみてちょ(笑)。

195 :吾輩は名無しである:2007/03/08(木) 00:20:34
>>194
無理に決まってんじゃん。根深いつながりがあるんでしょw
第三の文明でございますw

196 :吾輩は名無しである:2007/03/08(木) 20:27:15
角川春樹はチンギスハーンの生まれ変わり
http://event.movies.yahoo.co.jp/theater/aoki-ookami/


197 :吾輩は名無しである:2007/03/09(金) 16:36:13
柄谷教祖は健在です↓
http://www.youtube.com/watch?v=jq0j91t_gVE

198 :吾輩は名無しである:2007/03/09(金) 17:16:03
南無(妙法蓮華)教の教祖サマでつね!
やはり日蓮聖人と名誉会長を崇め奉っているのでしょうか??

199 :吾輩は名無しである:2007/03/11(日) 03:43:52
http://sagaseru.jp/

200 :吾輩は名無しである:2007/04/08(日) 10:28:27
柄谷行人は創価学会御用文化人です。

柄谷自身は学会員ではないが、
彼が池田大作の走狗であることは
紛れもない事実。

なにがマルクスだトラクリだ、恥を知れ!!!!

創価学会御用文化人・池田大作の走狗=柄谷行人を徹底糾弾しよう!!!!!

201 :吾輩は名無しである:2007/04/08(日) 11:37:12
このレスを見たあなたは確実に交通事故に会います



逃れる方法はただ一つ
↓このスレに行き
http://game12.2ch.net/test/read.cgi/gamerpg/1175503263/



デア・リヒター最強



と書き込んでください。書き込まなければ確実に明日交通事故にあいますよ

202 :吾輩は名無しである:2007/04/08(日) 14:10:21
池田大作の走狗である柄谷の『漱石論集成』は
創価学会のプロパガンダ工作機関=第三文明社から刊行されましたw

203 :吾輩は名無しである:2007/04/08(日) 20:07:50
>>202
太田龍がカラヤンを
極悪売国奴左翼サタニスト知識人とか
最近ブログで激しく批判していたよ。
やっぱ層化の犬なのかな?

204 :吾輩は名無しである:2007/04/09(月) 10:34:03
カント、マルクス、といった西欧文明のメイン思想に
いまだに囚われている(その輸入者に成り果てている)柄谷は
太田から見ればどうしようもなく映るわけでしょう

67 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)