5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

晶文社の本が好き

1 :吾輩は名無しである:2006/10/11(水) 22:37:20
作品のセレクトも装丁もサイのマークもグッドな晶文社。
そんな衒学的魅力に溢れる晶文社を語り応援するスレです。

晶文社
http://www.shobunsha.co.jp/

2 :吾輩は名無しである:2006/10/11(水) 22:53:52
>>1
社員乙

3 :吾輩は名無しである:2006/10/11(水) 22:55:14
晶文社は潰れないの?

4 :吾輩は名無しである:2006/10/11(水) 23:02:21
晶文社なんかいいよね。
1でも社員でもないよ。

5 :吾輩は名無しである:2006/10/11(水) 23:12:13
特に海外文学。アントニイ・バークリー、ジェラルド・カーシュとか。
他ではあまり味わえない趣を持った小説を紹介してくれている。

あ、私は1ですが社員じゃないですよ〜。

中小出版社でも晶文社、みすず書房、青土社あたりはニッチでも根強い。

6 :吾輩は名無しである:2006/10/11(水) 23:32:04
エイモス・チュツオーラの『やし酒飲み』を出版した功績は大きい。

7 :吾輩は名無しである:2006/10/11(水) 23:39:45
>>6
最近、重版が出たね


8 :吾輩は名無しである:2006/10/15(日) 01:40:05
みすぼらしい社屋

9 :吾輩は名無しである:2006/10/15(日) 01:53:41
>>8
晶文社の編集室ってどんな雰囲気なのです?ちょっと想像がつかない。
今日買った本がちょうどどちらも晶文社だった。
・「人間喜劇」
・「考える練習をしよう」


10 :弧高の鬼才 ◆W7.CkkM01U :2006/10/15(日) 01:54:08
ようやくチュツオーラの良さが知れ渡ってきたんですかね
まあ乙って感じですね。
『やし酒のみ』こんなに愉快な小説も珍しい

11 :吾輩は名無しである:2006/10/16(月) 00:52:53
http://media.excite.co.jp/book/news/topics/060/p06.html
>憧れがイッパツで吹き飛ぶ恐怖の建物

12 :吾輩は名無しである:2006/10/16(月) 01:09:33
復刊してほしい本がたくさんあるのになかなか復刊してくれないね

13 :吾輩は名無しである:2006/10/16(月) 01:18:18
>>11

ワロス
かえって応援したくなる

14 :吾輩は名無しである:2006/10/16(月) 01:25:17
>>11
まるで・・つげ義春じゃないか!w 出版という業界の体質は不思議だねぇ。
バタイユの「青空」を古本で買ったよ。



15 :吾輩は名無しである:2006/10/16(月) 01:31:17
>>11
えぇ〜

16 :吾輩は名無しである:2006/10/16(月) 03:01:54
>>11
なんとなくだが、バルザックの小説を連想した。

17 :吾輩は名無しである:2006/10/16(月) 05:31:09
しょうぶんしゃってそんな小さいってなぜ?

京都のナカニシヤ出版のほうがずっとでかくてかっこいいとは

18 :吾輩は名無しである:2006/10/16(月) 07:10:38
前社長がなくなったあと文芸関係からは撤退するとかいう話だけど結局どうなったんだろ

19 :吾輩は名無しである:2006/10/16(月) 11:20:01
おまえら、見かけに騙されてる。あの建物はエレベーターの
入り口で、晶文社本社は地下300mに広大な秘密基地があるのだ。



20 :吾輩は名無しである:2006/10/16(月) 12:59:29
きっと火星にも秘密の訓練センターがあってエージェントを
どんどん送り込んでいるに違いない。
そいつらは地球人と全く見分けのつかない容姿をしているんだろう。

21 :吾輩は名無しである:2006/11/18(土) 13:07:54
マリファナ・ナウ

22 :吾輩は名無しである:2006/11/24(金) 19:44:48
名前

23 :吾輩は名無しである:2006/11/24(金) 20:26:28
>>11
すごい!
がんばれ晶文社と応援したいな。
ブローティガン絶版ばっかりでどういうことだと思ってたけど、
晶文社は晶文社なりにがんばってたんだな。しらんかった。


24 :吾輩は名無しである:2006/11/25(土) 00:17:53

アーサー・ラブジョイ「存在の大いなる連鎖」
都筑道夫「目と耳と舌の冒険」

この二冊が好きだなあ

25 :吾輩は名無しである:2006/11/26(日) 12:23:40
盗作エセ作家の田口ランディで収益を上げた出版社ですね。ここって。
編集者の慧眼には恐れ入った。
ブローティガンもびっくりだ。

26 :吾輩は名無しである:2006/11/28(火) 22:20:32
>>25
クソ本でも売れる本を出さないと、いい本は出版できんのだ。
いい本が読めるのはクソ本のおかげだ!


27 :吾輩は名無しである:2007/01/27(土) 01:05:19
>>11
(n‘∀‘)η

5 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)