5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【古典・漢文】文学を学ぶ【二松学舎大学】とは

1 :吾輩は名無しである:2006/10/30(月) 15:40:58
この御時世に似つかわしくないくらい
頭に「馬鹿」が付くほど真面目な大学。
文学するなら、二松学舎大学という噂。

2 :吾輩は名無しである:2006/10/30(月) 15:55:19
ていうか、褒めて頂くことがホント照れくさいくらい
賞賛に似つかわしくない二松学舎大学なんですが・・・。
いいんですか? こんなスレ、シコシコと御丁寧に勃ててくれて。

3 :吾輩は名無しである:2006/10/30(月) 16:06:21
授業受けるくらいなら、読書でしょ、っていうくらい硬派な堅物バンカラ女子学生が多いですょ♪

4 :吾輩は名無しである:2006/10/30(月) 16:15:11
>>2なぜかワラタ

5 :吾輩は名無しである:2006/10/30(月) 16:47:43
大学で一番金掛かってそうなのが、(教授陣スタッフの¥よりも)図書館施設だもん。

6 :吾輩は名無しである:2006/10/30(月) 16:53:28
お〜ぃ、ヤマダくん。雑巾1枚、フタマツさんにやってあげてぇ。

7 :吾輩は名無しである:2006/10/30(月) 18:30:38
文学微少女が多い大学って、東京では案外知る人ぞ知る微妙な存在。

8 :吾輩は名無しである:2006/10/30(月) 18:56:39
>>1
夏目漱石が漢文の基礎教養を身につけたのは
漢学塾二松学舎で学んだおかげだよな。

後年漢詩も書き、正岡子規と知り合ったのもたしか漢詩を通じてだったろ?
神経衰弱に悩む漱石になにか書けとすすめて
「吾輩は猫である」を主宰する短歌誌「ホトトギス」に載せたのが子規。
・…それが大評判になって漱石は次々に小説を書き・…

ということは、漱石が東大英文学教授の職を捨てて文学に命を賭ける
最初の契機を作ったのが正岡子規で、
子規との交友のきっかけが漢詩で、
その漢詩を作る学力を漱石に授けたのが二松学舎だから・・・・
二松学舎はものすご〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜くエロい!!
我々が「吾輩は名無しである」を使えるのも元はといえば二松学舎のおかげだ!

9 ::2006/10/30(月) 19:00:13
おいらは>>8を書きながら、
何故このスレが立てられたのかにハッと気付いた…ハァハァ

つまり……おれら二松学舎に足を向けて寝られんぞ!ということだな。

10 :吾輩は名無しである:2006/10/30(月) 19:02:11
アタシは、授業中、足をつけて、突っ伏して寝てますが・・・。それが?

11 :吾輩は名無しである:2006/10/30(月) 19:23:46
股開いて・…    エロい… ハァハァ〜

12 :吾輩は名無しである:2006/10/30(月) 22:48:58
ここまで全部>>1の自演

13 :吾輩は名無しである:2006/10/31(火) 12:24:33
古文・漢文板でやったらどうですか?

14 :吾輩は名無しである:2006/11/01(水) 18:05:39
カマボコの板を表札にするくらい違いますか?

15 :吾輩は名無しである:2006/11/02(木) 22:50:43
にまつがくしゃ大学って読むんですか。どこにあるんですか。

16 :吾輩は名無しである:2006/11/03(金) 20:57:49
>>8を読むと明治時代にあった私塾のようだ。今は跡かなにかがあるのだろう。

17 :家出猫:2006/11/03(金) 20:58:46


18 :吾輩は名無しである:2006/11/03(金) 21:45:52
>>16
足利学校みたいに見学できるのん?

19 :吾輩は名無しである:2006/11/04(土) 05:11:30
面白くないんですけど。

20 :吾輩は名無しである:2006/11/04(土) 15:45:43
二松学舎じゃ面白くなりようがないな

21 :吾輩は名無しである:2006/11/08(水) 11:40:21
>>20

お前の人生は灰色。

22 :吾輩は名無しである:2006/11/08(水) 18:07:15
にまつ出身の有名人や作家は?

23 :吾輩は名無しである:2006/11/10(金) 04:45:45
石田ひかりが修士出てるね。
修論のタイトルは、
「平安のキムタク光源氏 末摘花に学ぶ恋愛の作法」
だよ(マジ)。

24 :吾輩は名無しである:2006/11/10(金) 11:10:35
見た、見た!! 図書館にあるよなwww。

25 :吾輩は名無しである:2006/11/10(金) 17:15:05
一般のファンも見れますか?

26 :吾輩は名無しである:2006/11/10(金) 23:06:21
二松の院のレベルがそんなものなの?

27 :吾輩は名無しである:2006/11/20(月) 17:19:19
ほとんど通学せずに、取ったらしい。すごい。

28 :吾輩は名無しである:2006/11/20(月) 18:06:33
大人の事情

29 :吾輩は名無しである:2006/11/20(月) 18:08:41
お互いの売名行為。暗黙の了解で、交換条件は形成された訳。

30 :吾輩は名無しである:2006/11/20(月) 18:43:40
キャンパスを九段下に統一して欲しい。柏は遠すぎ。

31 :吾輩は名無しである:2006/11/21(火) 06:46:11
>>30
同意。電車+バスだと時間もかかるし、バスは座れないときついし、ね。

32 :吾輩は名無しである:2006/11/23(木) 22:42:50
石田ひかりは結構来てたろ。存の講義で文章読まされたり、図書館でよく
会ったぞ。

33 :はるか高み:2006/12/06(水) 17:54:56
君たちの大学名は自慢してもいいぞ。
命名者は偉いなぁ。
夏目と正岡も同格。文学を知る者。他の師弟はボンクラ。

せめて二松の「二」ぐらいは読めるようになれよな。
読めないだろう?
今の日本で「に」を知るのは、あいつとあいつとあいつの三人。
間違っても日本語は明かさないし明かせないw。

僕が教壇に立てば、「二」を知るには儒を学べと教える。
三島が『儒教』で答えを半分教えてしまっているけどなw。

        「に叡、に香」、と。









34 :吾輩は名無しである:2006/12/08(金) 19:13:44
そう言って戴けると、ニマツ生は、マンモス嬉ピー!! と喜んでおるけど・・・。

35 :吾輩は名無しである:2006/12/08(金) 20:21:13
学長を「しゃちょう」と呼ぶのはこの大学だけ

36 :吾輩は名無しである:2006/12/08(金) 20:35:29
>33
無知は逝っていいからw

37 :はるか高み:2006/12/09(土) 10:55:31
漱石が学んだ第三種第一課と第二種第三課、今もあるの?
君達に教えよう。
その何種何課と教科書の題のみを読め。それで免許皆伝だ。
ここに気付いた漱石は偉い。それに漱石は一年も掛かったけどw、
読めて文学のなんたるかを悟ったようだね。

でも君達には読めないんだよね。
どうしてかって?
>>33という日本語の糸口にも気付かんボンクラだからに違いない。

「二」の次は「松」だよ。次は判るよね?





38 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/12/09(土) 11:08:02
たかみんはよびこー講師くさいw


かんたんに免許かいでんとかってあほがくせい騙してる商売w
さすが芥川しょうさっか┐(´〜`;)┌

新作の表紙はいいね。透き通っとる。

39 :吾輩は名無しである:2006/12/09(土) 11:24:09
m0yPyqc5MQはだいがく落ちたくさいw


自分のぶろぐでいっしょーけんめー背伸びしてるつもりみたい
だけど、あまりにあほすぎる┐(´〜`;)┌

まじめにべんきょーしてだいがく生き直しなよ。

40 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/12/09(土) 12:49:51
どーすっかなー(^○^)


かねないw

41 :はるか高み:2006/12/09(土) 13:08:52
創設者の勉学の道をざっと読むとw、この人は備中松山藩の名で悟っている。
松の「ま」と山の「ま」の違いを、良く読んだと思うよ。
この人が刑事訴訟法を読むのは必然だ。






42 :はるか高み:2006/12/09(土) 13:16:57
悟ったと言っても、ちょうど釈迦と同じ高みだけどねw

43 :はるか高み:2006/12/09(土) 17:36:35
仏教なんてそんなもんなんだ。糞の役にもたたん。創設者のも同じ。
でも一休のは凄い。特別だ。信じたいなぁ。

ここまで書くのも大変だ。もうかなり酔っ払っている。サントリーの五百円十
五円ワイン一本で、幸恵の銀の滴降る降る読んで・・・今宵はバタン、キュウ。

夢うつつに思うのだが、李白の「登金陵鳳凰台」、読めたつもりが読めていな
かったんだなぁ。やっぱりこいつ僕より・・・・・。0

44 :はるか高み:2006/12/09(土) 17:55:42
君達、転生って知ってるかい?
未来にジャンプと思っているだろう。
ところが違うんだよ。
一旦、過去に戻るんだよ。
何年戻ると思う。
それが何年かは今は教えないが、それが「う」なんだよ。
でもね、「う」には二義あるんだ。「よう」などと同じようにねw

酔っ払っているな、ずいぶん僕は。でもね、「う」が解かると誰が誰に
転生したか明白に解かるんだよ。なぜなら日にち単位で特定できるから
ね、精度はかなり高い。これは僕にとってはとても重要なんだよ。

45 :はるか高み:2006/12/09(土) 18:02:22
時間は一旦、僅か十数年だけど戻せるんだよ。
なんでもできるよなw。勿論僕もその方法は知っているさ。
そればかりか・・・w。

46 :はるか高み:2006/12/09(土) 18:11:15
この世で真実をあからさまに語る、いや、語れる奴なんて僕しかいない
んだ。でも君らに話ても糠に釘なんだよなぁw


47 :はるか高み:2006/12/09(土) 18:13:41
暇つぶしにもならんなぁ、このスレは。終了。

48 :吾輩は名無しである:2006/12/09(土) 22:36:41
今国語が140点英語が110点くらい。もうちょっと上をねらえるだろうか?

49 :名無し募集中。。。:2006/12/10(日) 08:24:26
>>43
役には立たないかも知れないけど坊さんってインタレスティングな人多いですよ
古くは道元禅師
新しくは今東光

50 :吾輩は名無しである:2006/12/10(日) 14:15:34
日文、中文を大事にしているという点では國學院と並んで珍しい大学だよね。厳密には根本の思想が違うけど。
時代錯誤な感じはあるかも。

51 :吾輩は名無しである:2006/12/10(日) 18:35:46
>>50
たしかに根本は違うよね。二松学舎は儒教、國學院は国学だからね。
でもこれからの時代、東洋精神が必要になっているようにも思うから、
案外に時代錯誤ではないかもよ。

52 :吾輩は名無しである:2006/12/11(月) 00:22:19
>>51
でも若い世代の価値観からしたらこんなダサい大学ないんだろうね。知名度も低いし。
もしここが人気大学になるような時代が来てくれると、個人的に嬉しいんだけど。

53 :吾輩は名無しである:2006/12/11(月) 11:19:08
>>51
確かにダサいと感じるだろうね。悲しいけど。
伝統に頼らず、新しい仕組みをどんどん取り入れてくれれば
学生も増えると思うんだけど、二松学舎は保守的だからなあ。
國學院はそうでもなさそうだけど。

54 :はるか高み:2006/12/11(月) 15:18:24
「良く国学を学び」もそうだろうがね、
君達の先生は漢詩というものを全くご存知ない。
それなのに一体、何を講義しているんだろうねw

ここ千年、漢詩のなんたるかも知られていないんだから、
しょうがないかw。

君達、先生に漢詩って何ですか?と聞くなよ。学校辞めたくなるからw












55 :吾輩は名無しである:2006/12/11(月) 15:28:52
創立者三島中洲。現在の岡山県倉敷市出身。


56 :吾輩は名無しである:2006/12/11(月) 15:29:34
三島中州は11歳で学に志し14歳で陽明学を学ぶ。
著名な学者の教えを受けたのち、昌平黌(後の東京帝国大学へ。
30歳、備中松山藩で藩主板倉勝靜(幕府老中)と共に幕末から維新を乗り切る

57 :吾輩は名無しである:2006/12/11(月) 15:30:09
明治維新後、
新政府の命により上京、新治裁判所長、大審院判事(現在の最高裁判所判事)を務め
明治10年、官を辞し「漢学塾二松学舎」を創設した。

58 :吾輩は名無しである:2006/12/11(月) 15:30:44
その後も
東京帝国大学文科教授、東宮御用掛、宮中顧問官を歴任。


59 :吾輩は名無しである:2006/12/11(月) 15:31:29
3代目舎長はかの経済界の重鎮、第一国立銀行頭取渋沢栄一。
日本の企業育成に尽力した人物。基礎に論語教育があった。
「道徳経済合一説」は有名。

60 :吾輩は名無しである:2006/12/11(月) 15:34:01
5代目舎長が吉田茂。
元総理が学長を勤めたのも珍しい。

吉田茂も、その基礎教育に英語と漢学が重要な位置を占めていた。


61 :吾輩は名無しである:2006/12/11(月) 15:34:41
夏目漱石

62 :吾輩は名無しである:2006/12/11(月) 15:35:24
嘉納治五郎

63 :吾輩は名無しである:2006/12/11(月) 15:36:01
英語と漢学を学ぶことは明治初期の立志の基礎。

64 :吾輩は名無しである:2006/12/11(月) 15:37:34
漱石は知られすぎているが
嘉納治五郎も
東大と二松学舎に学び、
卒業後は学習院で教えたり英語学校弘文館を創立した。
むろん講道館の始祖で日本柔道の父。


65 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/12/11(月) 15:45:13
漢学無用w

ただの諺集だもん
 なんら科学じゃないしw
論理体系一切なし
学問ぶったあほの趣味ww



男ならscienceだろ
世界市民だもんv(^-^)v
じょーしきww学問のすすめよめw

66 :吾輩は名無しである:2006/12/11(月) 17:46:33

なんかこのスレには変な人がいるなあ。

67 :はるか高み:2006/12/11(月) 17:53:40
>>65
>>55以降、全部君のレスだよね。
君は始めて(ここまで打つのに10分w、298円のワイン一本半、今日も酔っ
たような気がするけど)、良いことを言ったと思う、科学と。

でもね、科学ではなく化学なんだよ。しかし馬鹿にしては上出来だねw。



68 :はるか高み:2006/12/11(月) 18:11:16
学問のすすめも僕が言ったことだよねw

無限地獄行きだよ、君はw。


69 :はるか高み:2006/12/11(月) 18:22:41
サントリーの「Mon Frere」で過分だな、僕には。

もっと安くて美味いのがあれば教えてくれ。僕は人にものを教えてもら
ったことはないが、なんでもいい、教えてもらいたいという気持ちも少
しはある。それはたいしたことでもあると思うぞ。



70 :はるか高み:2006/12/11(月) 19:06:28
目が回る。おやすみ。

71 :吾輩は名無しである:2006/12/11(月) 22:57:49
そのまま死ね。

72 :吾輩は名無しである:2006/12/13(水) 01:06:08
>>65
マジレスすると、漢学ほど実社会で役立つものはないね。
実際の戦場はないにしろ、権力の中でどう振舞えば生き残れるか、
具体的に語ってるものが他にあるか。
でも学校では教えないんだよね。

73 :吾輩は名無しである:2006/12/14(木) 17:31:03
二松学舎大に行けば、古文・漢文でフツーに しゃべれるようになりますか?

74 :はるか高み:2006/12/26(火) 22:41:17
>>72
それはねえ、矛盾するからだと思うよ。さすが二松なんだけど、
ことここに来て戦場はどうなるだろうね。

75 :はるか高み:2006/12/26(火) 22:44:17
>>73
そうなったら事だよw

76 :吾輩は名無しである:2007/01/08(月) 21:24:38
中国学科教員 問題言動集

N.S教授・・・・・授業中に、
          「人間は働かなくても生きていける」
          「(自分のことを棚に上げて)中国語学科の学生は常識が無さ過ぎる」
          「(上に同じく)教育学科の学生はロリコンだらけ」
          「一般教養など必要ない」
          「セクハラというものはその行為を行う本人に悪気が無ければセクハラには当たらない」
          「大学教授は世間を知らなくて当たり前だ」
          etc迷言・珍言多数
W.Y教授・・・・同じく授業中に、
          「第123代天皇は精神異常者」
          「N.K(D大名誉教授)、F.N(T大教授)、S.T(元G大教授・故人)、H.I(元N大教授)、
           I.S(芥川賞作家・都知事)、K.Y(妄想漫画家)は人間のクズ」
          「金持ちへの税制優遇をやめて税金をできるだけ多く搾り取るべきだ」
Y.Y助教授・・・・退学願を提出した学生に対して、
          「私の言う通りに行動すれば、君の要求が通るように私が裏で話をつけておいてあげよう」
          という内容の取引を持ち掛けた。

以上のように、中国学科はキ○ガイ教員の巣窟です。
これから大○文化への入学をお考えの皆さんは、
中国学科にだけは絶対に出願をしないようにして下さい。

77 :名無し募集中。。。 ◆sLWj8/CsMg :2007/01/09(火) 19:53:46
>>65
いままでで屈指の痛い発言だな


78 :吾輩は名無しである:2007/01/10(水) 11:43:19
>>76は、大東文化の話でした。

79 :吾輩は名無しである:2007/01/20(土) 21:50:09
まあ何だな。文学部は内容すごいんだが、12年の内は千葉ってのがやだわなあ。
裏理事長の俺様がよいアイディアを提案してやるから耳の穴をかっぽじってよく
聴いとけ。

@国際なんとかってのを九段から追い遣って千葉のキャンパスに封じ込める。
 どうせ人気ないんだろ。イメージダウンの元だかんな。文学部は1年次から
 院まで九段にする。あのかっこいい校舎と都内随一の好立地だからな。
A千葉に一旦封じ込めた国際なんとかを突然千葉県内に本拠を持つ大学に譲り渡す。
 どこでもいいわな、売っちゃえ売っちゃえ。
B国際何とかの中で超優秀な教授は文学部に転部させて、今の中国文学科を
 改組。中国のあらゆる言語、文学、哲学、歴史、音楽、書道、美術、政治
 経済・・・・・・ と、ありとあらゆる分野が学べる新学科に改組する。
 科名は、そうだな・・・・・・中国総合文化学科!
 よし!これで行こう!国文学科と中国総合文化学科の2科で、二松学舎は
 すっきり。いささかモダンに進化して元の姿に戻せる。イメージアップ確実。

よし、今月の文学部の教授会に早速提案することにしよう。
い○に○君、準備を頼むよ。だが、くれぐれも、国際なんとかの連中に気づかれない
ようにな・・・・・・。とにかく、隠密裏にいきなりやるんだ。いきなりな。
と指示しながら、裏理事長は、ブラインドを指先でちょっと下げ、その隙間からビル
の谷間を覗き見た。曇り空の下、日本武道館が遥か下方にうずくまっている。

                               つづく


80 :吾輩は名無しである:2007/02/04(日) 17:37:34
保守的という割には九段の校舎モダンじゃん?

81 :吾輩は名無しである:2007/02/06(火) 06:24:57
大学のイメージはまじめな感じだけど、
肝心の学生さんはきちんと勉強してるの?



82 :吾輩は名無しである:2007/02/10(土) 15:54:08
日本で一番規模の大きい国文科と中文科だよ

83 :はるか高み:2007/02/10(土) 16:43:21
国文学w?中国文学w?
笑わせちゃあいけないよ。

一行、一句たりともそれを読める大学は、
失礼かもしれんが世界のどこにも存在しないんだよw。

信じられないだろうが、本当なんだよ。
それはね、法というものを誰も知らないからなんだよ。
法を知らねば、一字一句たりとも読めないんだよ。

この僕ならば、国文と漢詩の両方の法を、
たったひとつの作品でいっぺんに教えてあげれる。

これにて初めて国文と中文を読めるようになるのだ。
それ以外に、それらを読むことは不可能なんだよ。




84 :はるか高み:2007/02/10(土) 16:50:20
古今東西、文学は諸君に何を教えてくれた?
何も教えてくれまい。君達の無知が、それを証明している。
教えようにも怖くて教えれないのだよw。
この僕だけなんだよ、ズバリ語れるのは。

85 :はるか高み:2007/02/10(土) 21:00:11
中国の人は、日本人より漢字が得意のはずだよな。
その中国にして、例えば白楽天の詩についても、
唐の時代以降、一句たりとも読まれていないのだよ。
この千年、二千年の未知も、僕が明かさないことには
永久に闇の中だろう。

中国にも人はいる。
しかし、見られないよう読まれないように鍵が掛かっている。
その鍵は日本人にしか開けられのだ。

昔々、その鍵を開けた偉い一人の日本人がいた。しかし、それを
自分の国文学に、国文学の鍵と共に取り入れてしまった。
誰にでもわかるように書かれていないので、
それも又、永い永い闇の中に埋もれている。

それを僕は全て解いた。
国文学や中国文学が読めるのである。
そこには素晴らしい世界が開けていた。





86 :はるか高み:2007/02/10(土) 21:23:14
君達に少しでも考える力があるとすれば、
解るように書かれてはいないはずのその国文学者の作品を、
何故にこの僕が見、そして読めたのか、そこに疑問を持つへきなんだが、
君達は自分が想像できないことには、目をそらすんだよなぁw。


87 :はるか高み:2007/02/10(土) 21:41:00
その国文学者の作品は凄いんだぜ。
そればかりか、その作品にはいくつもの凄い物語が書かれていてね、
この昭和、平成の時代の重大事の真相がきっちりと述べられている。
何と、冒頭の頭の一文字でそれが解り、もうビックリの連続なんだよ。

もっとも、全ての古典文学は今の時代、即ち未来が見て来たように
書かれているんだけどもね。


88 :吾輩は名無しである:2007/02/10(土) 21:44:32
>>85
>中国の人は、日本人より漢字が得意のはずだよな。

冒頭からまちがいw

89 :はるか高み:2007/02/10(土) 22:06:25
「あわれあわれ」で泣いてる奴の、ご高説でも聞こうか。
どーぞ。

90 :はるか高み:2007/02/10(土) 22:09:47
{学}の別名でも自注したほうがええんでないのw?

91 :はるか高み:2007/02/10(土) 23:00:57
「あわれ あわれ」スレ。

798 名前:はるか高み :2007/02/10(土) 22:53:58
>>791以降の僕のレスとその時間、その頃の大介のレスと
その時間とを較べて見てくれ給え。
大介の正体が見えるだろうw。

こいつの正体は面白いんだぜw。



92 :吾輩は名無しである:2007/02/11(日) 01:42:13
>>86
何故?

93 :はるか高み:2007/02/11(日) 10:07:58
>>92
大介やwww、ひらがなで書けやw

94 :吾輩は名無しである:2007/02/11(日) 17:12:45
>>93
いや、すまん、大介では無いんだ。

95 :吾輩は名無しである:2007/02/12(月) 16:09:34
ちょwwwwもう笑うしかないなww
まぁ別に良いんだけれどw

96 :吾輩は名無しである:2007/02/19(月) 13:34:16
新入生です。ここで頑張ると古語で話せるくらいに上達しますか? 
古典好きなアタシに、ガッコーの先生が薦めてくれましたが・・・。

97 :吾輩は名無しである:2007/02/19(月) 23:51:38
>>96
勿論大丈夫。
4年間、学問の贅沢が出来る大学です。
頑張って下さい。

98 :吾輩は名無しである:2007/02/20(火) 07:44:20
古文は國學院、漢文は二松学舎、近世以降は早稲田というイメージだなあ。


99 :はるか高み:2007/02/20(火) 14:56:05
708 名前:はるか高み :2007/02/20(火) 14:19:08
>>702
約束通り、日本語を本邦初公開する。
日本語の一文字、解き難き「む」を教えよう。
「む」とは、「けいいちろう」なんだよ。


100 :吾輩は名無しである:2007/02/20(火) 15:16:23
低能大学のスレッドがココにもあったよwww

101 :吾輩は名無しである:2007/02/22(木) 10:27:23
古典購読=漢文ですか?誰か教えて下さい。

102 :吾輩は名無しである:2007/02/22(木) 10:28:52
×購読→○講読でした。

103 :吾輩は名無しである:2007/02/23(金) 02:40:53
>>98
20年前はそうだったけど…

104 :吾輩は名無しである:2007/02/23(金) 21:43:14
我、知の無きを知る。

これを白文にするとどうなるか。

105 :吾輩は名無しである:2007/02/24(土) 03:52:12
貧乳

106 :吾輩は名無しである:2007/02/25(日) 09:28:20
>>64
嘉納治五郎は本当に在学していたの?
明治何年から何年に在学していたのか、いくら調べても出てこない。

107 :はるか高み:2007/02/25(日) 15:42:58
:はるか高み :2007/02/25(日) 12:37:21
転生、つまり変態の法によって変態しているのは、
李白や与謝野晶子の三島だけだろうか?

違うのである。
あのノーベル賞作家の川端康成も変態しているのである。
さすがに文学者なのである。
法を知ったからには家を定めて世界中の誰にでも変態できるだが、
果たして川端康成は誰に変態したのだろうか?
僕も驚いたのだが、現内閣総理大臣の安部さんに変態しているのである。

勿論、川端康成にはその理由があって転生しているのである。
李白や三島の目的に外れてはいないはずであるw。
川端文学とはそういうものなのであるw

108 :吾輩は名無しである:2007/02/25(日) 15:49:34
二松age馬鹿用餌




つ「煩悩」




109 :105 :2007/02/25(日) 19:00:00
自分で振って自分で思いついたっつーか思い出したw
人食い人種に捕らわれ煮られて、ムネの詰め物が溶け出した?おねーちゃんが
とたんに利巧になる話がたしか星 新一にあったな、そういや。

110 :はるか高み:2007/02/26(月) 13:00:42
62 名前:はるか高み :2007/02/26(月) 12:43:50
と、騙されるところであったw。


63 名前:はるか高み :2007/02/26(月) 12:54:46
川端は自殺ではない。
そうすると変態はできない。

「美しい国の私」に「美しい国」をそえて
昔と今の李白『登金陵鳳凰台』の再現だったw。
こういう日本語の四通りは確かにあるなぁw
アリバイに過ぎないとは思うけどw。

あえて背景には触れないどくよ、平野君w

111 :吾輩は名無しである:2007/02/26(月) 20:12:15
この春からこの大学に通います。

112 :吾輩は名無しである:2007/03/02(金) 00:14:25
石川忠久先生萌え〜

113 :吾輩は名無しである:2007/03/02(金) 00:19:10
石川忠久先生萌え〜

114 :吾輩は名無しである:2007/03/02(金) 07:06:57
111さんはどうしてこんな地味〜ぃな校風の大学選んだの?
私は地味でマッタリしてるのが好みだけど、
今時、少数派だろうなぁって思う。
私は在学生じゃないです。

115 :吾輩は名無しである:2007/03/05(月) 22:04:27
ここは落ち着く場所。魂のふるさとみたいなとこ。あっ…九段校舎のことね。
考えてみれば漱石だって母の亡くなって悲しみを癒すようにして、ここで漢学の世界にどっぷり漬っていたんだ。
日本で最も皇居に近いこの国漢の園には、疲れた心に安らぎを与えてくれる、なにかがある。

116 :吾輩は名無しである:2007/03/14(水) 18:01:30
こんな馬鹿が学内で騒ぎまくっているから・・・
落ち着いた環境ではないのでは?

http://ex21.2ch.net/test/read.cgi/kouri/1162370381/

二松皇帝 ◆.juxptrBSI

117 :吾輩は名無しである:2007/03/19(月) 10:44:52
>>116
食堂の窓ガラス割ったような人に言われたくないなあw 
自分を見ろ自分を。

118 :吾輩は名無しである:2007/03/24(土) 04:09:00
自分で立てた糞スレを処分できない馬鹿に(ry

119 :吾輩は名無しである:2007/03/24(土) 18:49:16
>>104
「我知無知」これでどうだ?
最初「知」が二つあるから、あれっと思った・・・。危ない危ない。
どんな文章でも白文にしてやる。かかってこい!

120 :吾輩は名無しである:2007/03/25(日) 11:01:22
>>118
はやくお前が立てた糞スレを削除してこいよw

121 :吾輩は名無しである:2007/03/25(日) 11:15:44
sage馬鹿は 窓ガラス割り 糞スレを 立てては逃げる 馬鹿の如くに

122 :吾輩は名無しである:2007/03/25(日) 22:20:42
二松学舎とか國學院の国文出身の友達が欲しかった。
理系大学出身だから回りに文学好きな奴なんて皆無だよ。
唯一知り合いの80代のお婆さんだけが趣味の友。

123 :吾輩は名無しである:2007/03/26(月) 00:43:04
>>121
気持ち悪いage馬鹿ですねw

124 :吾輩は名無しである:2007/03/26(月) 01:13:29
>>123さっさと削除してこいよノロマw 

125 :吾輩は名無しである:2007/03/26(月) 01:41:44
http://ex22.2ch.net/test/read.cgi/kouri/1173968520/1

あれ?

http://ex22.2ch.net/test/read.cgi/kouri/1173968520/37

あれ?

27 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)