5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

###ミシェル・ウェルベック###

1 :吾輩は名無しである:2006/11/13(月) 19:44:53
素粒子読んだ。
これから人恋しくなる季節にぴったり。
(つД‘)

2 :吾輩は名無しである:2006/11/13(月) 19:51:06
なんでこう思いつきで糞スレたてる人いるのかな?wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

3 :吾輩は名無しである:2006/11/13(月) 20:20:54
いや、いいよ、最高だ。
『素粒子』の中年オナニー男の気持ちよくわかる、俺もそうだから。

4 :吾輩は名無しである:2006/11/13(月) 20:30:24
俺も「素粒子」読みました。性的コンプレックスに振り回される兄が切な過ぎる…。
読み終えた後、暫く厭世的な気分に取り憑かれてました。

5 :吾輩は名無しである:2006/11/13(月) 21:08:54
「素粒子」いいよねー。このひとの「闘争領域の拡大」はおもしろいの?

6 :吾輩は名無しである:2006/11/13(月) 22:02:06
法解釈は文学と何が違うのか
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1153428108/

7 :吾輩は名無しである:2006/11/13(月) 22:27:04
>>5
俺も未読です。
「素粒子」が素晴らし過ぎたから、期待外れを恐れて手が出せない(苦笑。

8 :吾輩は名無しである:2006/11/13(月) 22:48:24
>>5
>「闘争領域の拡大」

ププッ

9 :吾輩は名無しである:2006/11/13(月) 22:49:36
まぁなんだな。
オマエらも、くわえタバコで爆竹の火薬ほぐして
指にケガするブタ一郎を見習わなくては。

10 :吾輩は名無しである:2006/11/14(火) 12:22:11
ある意味小谷野敦に通じるモノがあるな…

11 :吾輩は名無しである:2006/11/15(水) 22:54:51
もっと語り合おう


12 :吾輩は名無しである:2006/11/15(水) 23:06:22
素粒子映画化されたとか。エロ描写生々しそう。観たいような観たくないような。
>>1はもう消えたのかな……。

13 :吾輩は名無しである:2006/11/16(木) 11:48:50
プラットホームも良かったな(・Д・)
先進国の人間の孤独を描いてて


14 :吾輩は名無しである:2006/11/16(木) 12:53:33
「プラットフォーム」に至ると、「素粒子」とか
過去の作品の焼き増しみたいでつまらなかったな。

15 :吾輩は名無しである:2006/11/16(木) 21:24:13
では、素粒子以外は読まないでもいいってこと?

16 :吾輩は名無しである:2006/11/17(金) 12:57:39
著者近影みると結構イケメン
女にもてないタイプには見えないんだけど…

17 :吾輩は名無しである:2006/11/18(土) 03:03:06
イケメンなの? わーい読み返そう

18 :吾輩は名無しである:2006/11/18(土) 09:14:00
素粒子っていう小説が、希望のない話にもかかわらず、
ひんやりした美しさを放っているのは、
訳者の野崎歓の功績もあると思う。

19 :吾輩は名無しである:2006/11/18(土) 10:45:52
白人負け犬を描いて成功しましたね。
負け犬を題材にして作者は勝ち馬になるという典型的な例ですね。

20 :吾輩は名無しである:2006/11/18(土) 11:03:43
この人は本のグローバル市場を意識してると思う。
特に非白人国の市場。
それで、白人男性をあえて貶めて、非白人の共感を求める。
「闘争領域の拡大」はその典型。

21 :吾輩は名無しである:2006/11/18(土) 12:28:46
そーか?
素粒子の中でもブラジルなんてくだらない国、みたいな箇所があったし、
第三次形而上革命(だったっけ?)もたしかアフリカはおいてきぼり。
"第三次"自体がキリスト教を第一次とした言葉のはずだし。
それとも西洋中心主義を誇張して描いてるのか?

22 :吾輩は名無しである:2006/12/07(木) 23:41:01
いまこそ読もう
ウェル・ベック
筑摩書房

23 :吾輩は名無しである:2006/12/11(月) 12:31:38
プラットフォームはリアルで似たような事件が起きたんでしょ?

24 :吾輩は名無しである:2006/12/23(土) 07:08:04
ヒルベルト空間だの量子学だのなんだの、
物理を無視してきた俺にはさっぱりの語句が
『素粒子』にはちりばめられていて、
これらの語が出てくるたび我が過去の怠惰に
悔恨の念を抱かずにはいられなくなる。
それがこの小説の登場人物に対して共感を覚えさせ
(みんなそれぞれ消したい過去を背負ってるから)、
小説内で揶揄されてる「感情移入した読み方」無しには
この小説を読み進められなくなっちまう。辛いところだ。


ところで理系の人がこの小説を読んだら
おそらく面白さの度合いが20%増しになる
と思われるのだが(先に挙げた科学的タームの頻発による)、
どうだろう?そんなことないのかな?

25 :吾輩は名無しである:2007/02/02(金) 20:18:42
古本屋で300円で手に入れた。あとプラットフォームも。

26 :吾輩は名無しである:2007/03/04(日) 12:41:30
新刊出たのに、閑散としたスレですね。

27 :マロ:2007/03/04(日) 13:18:09
ウェルベックじゃなくてウエルベックなんだけど。

28 :マロ:2007/03/04(日) 13:32:03
http://www.kadokawa.co.jp/book/bk_detail.php?pcd=200507000122
「これは僕の最高傑作」って信用していいのだろうか。

29 :吾輩は名無しである:2007/03/04(日) 13:34:35
童話「どんぐりと山猫」「猫の事務所」など、数多くの宮沢賢治作品の舞台とされる大迫町で
「早池峰賢治の会」が発足した。
地域の恵まれた“素材”を紹介し、賢治精神に触れる場にしよう−と願いを込めている。
講演会開催や、ゆかりの場所と作品を紹介する「大迫賢治マップ」作製、会誌発行(年2回)など本年度事業を決めた。
http://www.iwate-np.co.jp/kenji/tk2005.html#2005.0627


30 :吾輩は名無しである:2007/03/08(木) 22:43:01
新刊買ったぜ
サラッと最初の方読んだけど「素粒子」の続編みたいな感じだな
しかししょっぱなからマンコ連呼ワロタ
まぁこの作家らしいけどね…

31 :初心者 ◆choco.get. :2007/03/08(木) 22:59:12
マンコいいな。

32 :吾輩は名無しである:2007/03/09(金) 22:50:50
新刊の「僕」ってのはオカマなの?

33 :吾輩は名無しである:2007/03/18(日) 17:18:40
台詞はオカマっぽいね

34 :吾輩は名無しである:2007/03/18(日) 17:43:11
どこがですか? 出典を明示してくれれば神!

35 :吾輩は名無しである:2007/03/19(月) 09:19:48
「そういうのは全然?」とかかな

おばちゃんが訳すと、語尾が古い洋画の字幕っぽくなって気持ち悪い。

36 :吾輩は名無しである:2007/03/19(月) 15:57:03
アゲアゲ♂エブリナイト☆

37 :吾輩は名無しである:2007/03/24(土) 18:44:49
今日は映画『素粒子』の公開日。
熱心なファンの俺はさっそく観にいってきた。
読みかけの『ある島の可能性』を持って(割引になるから…)
客席は半分くらい埋まってた 年寄りが多かった

映画はというと…



38 :吾輩は名無しである:2007/03/26(月) 09:03:54
だめなのか・・・・。

39 :吾輩は名無しである:2007/04/03(火) 04:11:00
ある島の可能性、ウェルベック作品の人生観が良くも悪くも先鋭化した感じ。
厭世的人生観が歴史認識とよく言えば統合、悪く言えば混同してるんだよねこの人の作品。
だから凄いと思うけど押し付けがましさも感じるんだよなー、語り手がいかにも自明なことのように人間とは、近代とはって具合に断言してるし。
でも人類がネクストレベルに、なんてのはアーサー・C・クラークの時代に終わったと思ってたから、素粒子と今作でそのアイデアがこんな鮮やかに蘇るとは意外で見事だった。
ただ、これを読んでマジで人類の未来を予言してるとか言いだすやつがやつが出てきたらやだな。
あきらかにウェルベックの視野狭窄的な、白人男性の老いから来る抑うつ的人生観から生みだされてる未来像だからね。
訳者の解説でも警告してたけど。


40 :吾輩は名無しである:2007/04/03(火) 04:14:02
あと気になったのは
作中のラガーフェルドだのビョークだのは十年後二十年後の読者も読んで笑えるんだろうか。
あそこ昔の風私小説読んでるみたいで面白かったんだけど。

41 :吾輩は名無しである:2007/04/03(火) 07:05:01
だからウェルベックじゃなくてウエルベックだってば。

42 :吾輩は名無しである:2007/04/03(火) 22:43:52
飢えるベックだろ。「素粒子」野崎歓・訳がすべてだ。

43 :吾輩は名無しである:2007/04/07(土) 21:41:15
自分の体にどうしようもなく老いを見てしまった、「近代社会」に生きる私としては、「ある島の可能性(まだ読んでる途中だけど)」は頷けるところが多くて引き込まれますが。むしろ日本人やアメリカ人の方が読んでいて身につまされるのではないかと(高度消費社会だし)。

44 :39:2007/04/07(土) 22:58:05
たしかに白人男性ってのは誤解を呼ぶ表現だった。
中東やアフリカと比べて言ったんだけど。
先進国のマジョリティ、と言うべきだった。

45 :39:2007/04/07(土) 23:02:09
マジョリティかつインテリ。その意味では日本の大卒者もそうなのかも。
ただウェルベック(の作品の語り手)は日本は欧米を追従している国だとしてしか認識してなさそう。
実際個人主義という面では遅れているのだろうし。

46 :吾輩は名無しである:2007/04/07(土) 23:11:09
映画はよかったと思うが、
やはりラストの悪意がないとあるでは、大違いだな、と

47 :吾輩は名無しである:2007/04/08(日) 00:18:33
>>45
そう? あの語り手はどちらかというと日本に共感しているような気がしていた。
アメリカ大衆文化の周辺にある文化国家という意味で。
むしろ「欧米」という観念は薄いのでは。

48 :39:2007/04/08(日) 00:33:58
>>47
私が言いたかったのは現状の日本では性の自由化(と疎外)や
家族モデルの崩壊が欧米に比べて進んでいないから
「素粒子」や「ある島〜」の世界では「遅れている」ことになるんじゃないかということです。

49 :吾輩は名無しである:2007/04/08(日) 02:03:34
別に反論じゃないので流して欲しいのだけれども、
別にそれを「進んだ=良いこと」とはしていないよね。
ウエルベック自身、レユニオン出なわけだし。

50 :39:2007/04/08(日) 02:09:55
うん。良いことだとはしてないよね。
悲観的なオブセッションに取り付かれてる、ってかんじで。

51 :吾輩は名無しである:2007/04/08(日) 02:21:38
作中でナボコフのことをボロクソに言う箇所があったけど、
案外ウエルベック自身もそう思ってたりしそうじゃない?

10 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)