5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【全小説】ガルシア・マルケス【刊行】

1 :吾輩は名無しである:2006/12/05(火) 20:32:43
落ちていたので即席で立てます。

前スレ
【百年の】ガルシア・マルケス【孤独】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1062084875/

関連スレ
ラテンアメリカ文学総合スレッド 2
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1146981894/l50
■■海外現代文学総合スレッド3■■
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1151746524/l50

2 :吾輩は名無しである:2006/12/05(火) 20:34:17
追加
新潮社のマルケス関連コンテンツページ
ttp://www.shinchosha.co.jp/topics/marquez/

3 :吾輩は名無しである:2006/12/05(火) 21:00:16
前々スレ
ガルシア マルケス「百年の孤独」
http://book.2ch.net/book/kako/1002/10024/1002468708.html

4 :吾輩は名無しである:2006/12/05(火) 22:16:03
>>1
乙!いつの間にか落ちてたんだ…
新装丁なんか特典つくのかな?

5 :吾輩は名無しである:2006/12/07(木) 09:11:11
保守age

6 :吾輩は名無しである:2006/12/07(木) 14:06:50
またすぐ落ちそうだな

7 :吾輩は名無しである:2006/12/07(木) 15:38:57
前スレは980越えて24時間書き込みがなかったので落ちたんだけどね。

8 :吾輩は名無しである:2006/12/07(木) 17:06:25
最初も落ちやすいんだろ?

9 :吾輩は名無しである:2006/12/07(木) 17:33:11
東京の公園で殺人 大使の息子のくせに! 南米人は不良外人ばっか

 人格劣等、六流国民、犯罪体質、殺人平気、遊興怠惰、
 
 日本食物、日常盗癖

日本人はナメられている!

名手配の リカルド・アンドレス・グティエレス・ロマノ (31歳)
彼はコロンビアのグティエレス前大使の息子。 現在アメリカ国籍
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/jiken/jikenbo/yoyogi/yoyogi.htm


10 :吾輩は名無しである:2006/12/07(木) 23:10:16
「コレラ時代」・・・古本屋で買ってしまった・・・

安かったんだよおおおお

11 :吾輩は名無しである:2006/12/09(土) 09:43:27
マルケスにはあと長編を3本は書いてほしいな

…無理?

12 :吾輩は名無しである:2006/12/10(日) 16:41:42
今月は『百年の孤独』だね。
新装新訳版は迷ったけど買っていないから、今回の機に買おうかな。

13 :吾輩は名無しである:2006/12/11(月) 04:55:37
鼓直氏はなぜ改訳したんだろ?
前の訳は十分素晴らしかったが。

14 :吾輩は名無しである:2006/12/11(月) 20:24:48
さらに改訳するのか

15 :吾輩は名無しである:2006/12/11(月) 20:29:59
日々是改訳

16 :吾輩は名無しである :2006/12/11(月) 23:48:48
「コレラの時代の愛」ってカミュの「ペスト」みたいな小説か?と思ったが
「疫病のように猖獗した内戦の時代」という意味だったのか?

17 :吾輩は名無しである:2006/12/12(火) 22:30:08
木村さん、「娼婦」の解説で「コレラ」のストーリー紹介するのは避けて欲しかった……
○○が死んで、そのとき△△はこうして、それに対して■■はこんな行動をとって。
ばらしすぎ。

18 :吾輩は名無しである:2006/12/16(土) 07:57:48
誤訳多い人?

19 :吾輩は名無しである:2006/12/19(火) 08:16:49
この板即死判定なんてないよね。
でも保守age

20 :吾輩は名無しである:2006/12/20(水) 16:13:39
百年の孤独売ってた

21 :吾輩は名無しである:2006/12/20(水) 16:23:00
売ってたよね
抜き打ちでおどろいた

解説が梨木香歩だっけか

22 :吾輩は名無しである:2006/12/20(水) 21:11:40
前の持ってるけど多分買ってしまうな…

23 :吾輩は名無しである:2006/12/20(水) 21:34:53
そこが悩みどころ
この先ももってるもんはどうするのか

24 :吾輩は名無しである:2006/12/21(木) 05:11:24
三千あったら他の本買いたいよ
もしくはcd
古本でまあまあいいモノ帰るしさ
百年の孤独読んだし!
ていうか持ってるし!
やっぱりかーわない。
でも欲しいよなあ
コレラと娼婦買ったし揃えたくなるよ既に二冊あるし。
コレクターとしてレジに行くんだなー
何かズルイよなあ新潮さん
というか巧いよなあ
でも、おれ族長の秋文庫で持ってるぜー
へえん

だから族長出た時も悩むんだよなあ


25 :吾輩は名無しである:2006/12/21(木) 12:27:37
マルシア・ガルケス

26 :吾輩は名無しである:2006/12/21(木) 13:26:43
>>24
前ヴァージョンの『百年の孤独』が3年以上積ん読になってる俺は、どうすればいいんだ?!
これは売って新版を買うか。
でも、あの表紙、好きなんだよな。
でも、金もないし、本棚のスペースもないし……orz

27 :吾輩は名無しである:2006/12/21(木) 17:02:21
日本で殺人、コロンビア人(前大使の息子)
指名手配の グティエレス・ロマノ・リカルド・アンドレス (31歳)

 コロンビアのグティエレス前大使の長男。
 日本にいた次男も麻薬所持で逮捕された
 大使の家族が犯罪者だったことで、コロンビアでも衝撃ニュースに。

 ttp://www.keishicho.metro.tokyo.jp/jiken/jikenbo/yoyogi/yoyogi.htm




28 :吾輩は名無しである:2006/12/24(日) 02:20:23
「娼婦」やら「コレラ」はもう初版は見なくなったな。
やはり、結構売れてるのかね。

29 :吾輩は名無しである:2006/12/24(日) 11:17:57
ヒント:返本→やすりがけ中

30 :吾輩は名無しである:2006/12/24(日) 19:47:10
コレラ誰か中古で売ってくんないかな?


31 :吾輩は名無しである:2006/12/24(日) 22:47:48
コレラ菌なら上げてもいいが、「コレラの時代の愛」なら断わる

32 :吾輩は名無しである:2006/12/24(日) 23:26:57
コレラ菌所有してるのかおまえは

33 :吾輩は名無しである:2006/12/25(月) 00:27:43
じゃ買うかな
来年

34 :吾輩は名無しである:2006/12/25(月) 18:08:10
アマゾンで中古出品されてるぞ。
5千幾らだがw

35 :吾輩は名無しである:2006/12/25(月) 18:27:43
早くもプレミアーノ?

36 :吾輩は名無しである:2006/12/28(木) 16:32:58
マルケスが死んだら……なんて考えたくないな

37 :吾輩は名無しである:2006/12/28(木) 17:04:04
もういい年だからそろそろ逝っちゃうよ。

38 :吾輩は名無しである:2006/12/28(木) 17:16:18
まあ全巻そろえて20年後に売れ
それなりの価値がついておるやも・・・

39 :吾輩は名無しである:2006/12/28(木) 22:02:15
コレラ2冊持ってる

40 :吾輩は名無しである:2006/12/29(金) 19:30:17
百年の孤独・・・手を出しかねる自分がいる・・・
ってかこれから先も持っている作品については悩むのだろうな

41 :吾輩は名無しである:2006/12/30(土) 22:24:15
すまん新旧三冊もってる

42 :吾輩は名無しである:2006/12/31(日) 10:09:41
今までのうち、今度のが一番表紙が悪いな。
旧版は世界の文学の一つとして青さがすがすがしい。
新版(もうちがうけど…)は混沌たる村の雰囲気にぴったりだ。
しかし、今回のは水墨画のように地味で、全然マコンドらしさが感じられない。
この一点だけで買う気をなくした。

が、梨木香歩のあとがきはいい。ここだけ立ち読め。

43 :吾輩は名無しである:2007/01/01(月) 23:14:15
そうか?俺は断トツで一番好きだがな。

44 :吾輩は名無しである:2007/01/02(火) 17:03:11
センスねえw

45 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 02:28:51
孤独は、訳とか何も変わってないの?


46 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 02:51:38
>>44
単に好みの違いだと思われる。
旧版、ヤフオクにでも出品してるのか?w

47 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 03:10:08
今回のシリーズ
装丁だけは認めるよ

48 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 09:17:51
http://ec2.images-amazon.com/images/P/4105090119.01._SS500_SCLZZZZZZZ_V50265601_.jpg
だっせ

49 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 10:14:09
馬鹿じゃん
カバーをとると更にカッケーんだよ
前のカバーはもっとダサい

50 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 10:16:31
まあ、どうでもいいじゃん、そこら辺は。俺は新版美しいと思うけど・・・
例えば、岩波文庫のシンプルさが好きな人と嫌いな人がいるようにさ。
俺も十代の頃だったら、二番目に出てたやつの方が好きだったろうな。
ムキになることもないんじゃない?

51 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 10:26:51
百年の孤独って再読したくなるよね、といってもボクは二回しか読んで無いけど。

52 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 10:42:23
俺はマルケスのそれほど良い読者ではないのだが、何というか読み手を引き付ける力強さがあるよね。
再読したくなる気持ちも分かるな。

53 :吾輩は名無しである:2007/01/08(月) 14:10:26
鼓訳が読みづらい。英語版で読んだ。

54 :吾輩は名無しである :2007/01/08(月) 20:24:55
「予告された殺人の記録」の
「十五の少年を泣かせる女教師」っていう表現ワロタw
悩ましい年増女のイメージって
万国共通なんだなw

55 :吾輩は名無しである:2007/01/14(日) 21:00:18
百年の孤独を文庫で読みたいんですが

56 :吾輩は名無しである:2007/01/15(月) 19:36:41
それはあと百年は無理だね

57 :自由党、万歳、こんちくしょう:2007/01/16(火) 00:04:43
フロレンティーノ・アリーサ→ネ申レベルの粘着

ロレンソ・ダーサ→馬鹿オヤジ

フベナル・ウルビーノ博士→郷土を伝染病から守った英雄が、オウムを捕まえようとして・・・(´・ω・)カワイソス

58 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 14:00:01
age

59 :吾輩は名無しである:2007/01/18(木) 14:00:02
百年の庫読
ってこと?

60 :吾輩は名無しである:2007/01/22(月) 22:25:36
>>57
ウルビーノはもっと引っ張ってほしかった。
でも最期はオウムが原因であるべきだと思うw

61 :吾輩は名無しである:2007/01/26(金) 17:27:06
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=R0236555
誰かこれ買った?
本屋に一冊だけつんであったんでパラ見したら
予告された殺人の記録関連のドキュメンタリーみたいだが。
今、金欠なんだよなあ…。

62 :吾輩は名無しである:2007/01/31(水) 00:58:15
>>61
立ち読みしたけどつまらなそうだった
あの筆者もともと好きじゃないし・・・

63 :吾輩は名無しである:2007/02/01(木) 04:55:27
落葉 他12篇
G・ガルシア=マルケス/著 高見英一/訳

束の間の繁栄に引き寄せられた、落葉のような男や女の喧騒が吹き荒れた後、
この町には「死」がひとつ、重く虚しく残された……。一篇また一篇と、物語の
可能性を手探りで確かめながら、生の明滅を凝視して、かの蜃気楼の町マコンド
創造に至る、若き日の作品群。

発売日 2007/02/27  2,520円

64 :吾輩は名無しである:2007/02/05(月) 21:11:56
落葉か・・・
巻末にマルケスのインタビューとか載っていれば買うんだけどな

65 :吾輩は名無しである:2007/02/06(火) 03:49:57
落ち葉の舞い散る停車場は

か、、、

66 :吾輩は名無しである:2007/02/06(火) 19:15:00
過去から逃げてきました

67 :吾輩は名無しである:2007/02/10(土) 06:38:43
「拷問のように自分を責めさいなんでいた痛切な記憶の手の届かない所へ行ってしまったのだ」
(コレラp13)

これ悪文(悪訳)だと思うけど。原文どうなってるかわかる人いたら教えてください。

68 :吾輩は名無しである:2007/02/10(土) 14:33:22
コレラは息もつかずに一気に読んだし、面白いとも思ったけれど、
やっぱり失敗作だと思うなあ。シャマラン監督作を観たときの
誤魔化された後味の悪さを感じるわ。描きにくい部分を迂回するんじゃなく
正攻法でやってほしかった。ま、この人はめちゃくちゃ手練れだから
迂回する方法も巧みなわけだけれど。

69 :吾輩は名無しである:2007/02/10(土) 21:09:37
>>67
ていうかどこが悪いの?
意味は通じてる

70 :吾輩は名無しである:2007/02/11(日) 16:25:48
>>69
原文教えてくれたら俺が改訳してあげる

現状俺が思うに、「自分をさいなんでいた」というところと、
「痛切な」という表現が特にどうもよくない

71 :吾輩は名無しである:2007/02/11(日) 18:05:45
既出かもしれないけど、
「百年の孤独」の既刊の単行本と、全小説は一字一句一緒? 改訂はなし?

72 :吾輩は名無しである:2007/02/11(日) 19:19:32
一応新装版とはっきり書いてあるからなあ

73 :吾輩は名無しである:2007/02/12(月) 01:13:48
全小説にも書いてあるの?
でもそれは装い(外観)を改めた、というだけかな?

74 :吾輩は名無しである:2007/02/12(月) 02:38:12
巻末に、前出てたやつの新装版だと書いてあった。
なんで買うのやめたおれ。
ほかの巻は新装も何もいまのとこお初訳の本のはず

次巻も単なる新装版かな・・・

75 :吾輩は名無しである:2007/02/14(水) 06:14:23
>>72>>73>>74
ありがとう。
でもかっちゃうかもな(^∀^)

76 :吾輩は名無しである:2007/02/16(金) 14:47:04
クーリエジャポンっていう雑誌にマルケスの故郷のルポ載ってる
あとハバナ映画学校のこととかも

77 :吾輩は名無しである:2007/02/18(日) 03:30:36
「わが悲しき娼婦たちの思い出」を
訳・解説の木村はマルケス流の老人賛歌としているけど、そんな馬鹿な

78 :吾輩は名無しである:2007/02/19(月) 08:32:50
「族長の秋」復刊しないかな?
amazonみたらあざとくプレミアついてて買う気
なくした。

79 :吾輩は名無しである:2007/02/19(月) 15:31:52
何言ってるんだ?

80 :吾輩は名無しである:2007/02/21(水) 00:11:47
今月は何が出るんだっけ?

81 :本人:2007/02/21(水) 20:29:18
>>80
>>63

コレラの映画化ってちゃんと進んでるのかな?

82 :吾輩は名無しである:2007/02/26(月) 17:34:07
落葉は買いかな?金がない

83 :吾輩は名無しである:2007/02/27(火) 21:59:26
「落葉」買ってしまった・・・このシリーズすべて買うことになるだろう

前の「落葉」とは収録されているもの違う。福武から出てた「青い犬の目」とか
初期の短編を読んでいない人は買ってもいいんじゃね

84 :(o^v^o) ◆kQBuZp0h86 :2007/02/28(水) 00:17:40
映画化なんかする必要ないだろ。



85 :(o^v^o) ◆kQBuZp0h86 :2007/02/28(水) 00:18:42
俺も全部買おう。

最近知ったんですが。
すぐ読めてしまうよ。この作家のは。
全然だれないし。


86 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/02/28(水) 00:20:20
にせものやめれー
いやがらせあかん

もっとちがうかおにすれ
まぎらわし

87 :(o^v^o) ◆kQBuZp0h86 :2007/02/28(水) 00:25:09
おまえ死ねよw

88 :(o^-^o) ◆kQBuZp0h86 :2007/02/28(水) 00:26:34
じゃああんたのために顔文字考えてやったよ

これ使うといいよ→(^3^)

どうぞ

89 :(o^-^o) ◆kQBuZp0h86 :2007/02/28(水) 00:28:22
多分。君の事なんか誰も見てないよ。

どうしてそんなに気になるの?

強迫観念かい?

僕が君が気になるのは恋だよ。

君の絵文字やしゃべり方。。。その少しなよなよしたしゃべりかた。
知的さ。羞恥心。じいしきか上 自己憐憫

大好きだよ!



90 :吾輩は名無しである:2007/02/28(水) 00:28:32
>>84
マルケス自身が結局認めたらしいから

91 :(o^-^o) ◆kQBuZp0h86 :2007/02/28(水) 00:34:46
でもね。百年の孤独の映画化は許してないよね。

何でも登場人物の顔を想像する楽しみや自由を読者から奪いたくないからだってね。

俺もそれに同意するよ。映画化はいらないよ。
本それじたいのためには絶対しないほうがいい。

川端康成の雪国や太宰の人間失格だって
絶対に映像化なんかできないもの。

雪国を下敷きにした別の作品なら出来るだろうけどね。

92 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/02/28(水) 00:41:13
ぴらにあか!

やめれやめれー

正々堂々と議論すれ
ひきょうな手であらそいたくない

ぼくしらいしさんともかんちがいでケンカしたくないからだまったもん

93 :(o^-^o) ◆kQBuZp0h86 :2007/02/28(水) 00:44:58
誰だい?ぴらにあって?ピアニカの親戚かい?
平野啓一郎はぴらにあに似てると思う。けど僕は平野さんじゃないよ。

議論なんか僕は分からないよ。ついていけない。君達のその活字中どくっプリには
こっちまで頭がおかしくなるからね。騙されないぞ。

僕は君のインキンタムシと淋病を治療しに来ただけだよ。

早く直さないとておくれになるよ
本当に。
僕は君が夜も寝られないと聞いたんだがね。。。

94 :(o^-^o) ◆kQBuZp0h86 :2007/02/28(水) 00:48:42
おまえは今まで十分卑怯な事をして僕らを苦しめてきた。

怖い男だ。おまえは

僕はお前と話がしたいだけなんだよ。

なあ。もう特に書くこともないんだが。何をそんなに恐れているんだ?



95 :吾輩は名無しである:2007/02/28(水) 00:58:37
ぴらにあいるの?
ぴらにあはぐっぴみたことある?

ぴらにあぴらにあはんざいしゃになってはいやよ
ぴらにあおはなししてね

96 :吾輩は名無しである:2007/02/28(水) 02:01:27
>何をそんなに恐れているんだ?

つみほろぼしさ

97 :吾輩は名無しである:2007/02/28(水) 02:06:34
なにそれ?
何か罪を犯したの?

犯罪者にはなっていないでしょう?

98 :吾輩は名無しである:2007/02/28(水) 04:11:40
>>91
川端の『雪国』は映像化されてる。

99 :吾輩は名無しである:2007/02/28(水) 10:31:09
>>91
マルケスの作品で映画化されたのはいくらでもある
エレンディラとか大きな翼をもった老人とか
予告された殺人の記録もそうだ
彼自身、映画の専門家でもあるし
もっと広く物事を考えていると思うよ
たとえば黒澤明にはマルケス自ら「族長の秋」の映画化を依頼している
そのときのマルケスのコメント、
「おそらく族長の秋のような作品を映画化できるのは先生しかいない。
そして自由自在に料理していただいたときに初めてそれが可能になる。
文学作品をそのまま脚色して映画化することは難しいけれど
その作品をもとにしながら別個のものを作り上げることは可能だ
別個といっても底辺にあるものは同じだから」

100 :(^^) ◆kQBuZp0h86 :2007/02/28(水) 19:18:39
それで映像化出来ていると思えないけどね

映像化すればいいってもんかい?

日本人の好きな文体も映像化しやすい文体だが。

黒澤明なら人間観察力が在ったから出来たかもしれないね。(かもしれない)
映像化すればいいってものじゃない。

お金にはなる。というメリット以外はないと思えてならない。

多くの文学を映像化した作品で小説中では生きている人物が
まるで人形みたいになっている。

兎に角俺は
ガルシアマルケスの作品を別に映画で見たいとは思わないな

101 :(^^) ◆kQBuZp0h86 :2007/02/28(水) 19:19:46
底辺にあるものは同じかもしれないが。

監督がその底辺にあるものを必ずしも持っているとは限らないんだよ。

102 :(^^) ◆kQBuZp0h86 :2007/02/28(水) 19:20:49
「おそらく族長の秋のような作品を映画化できるのは先生しかいない。
そして自由自在に料理していただいたときに初めてそれが可能になる。
文学作品をそのまま脚色して映画化することは難しいけれど
その作品をもとにしながら別個のものを作り上げることは可能だ
別個といっても底辺にあるものは同じだから」

なるほどね

103 :吾輩は名無しである:2007/02/28(水) 20:31:13
息子に撮らせてみたらどんなかな。

104 :吾輩は名無しである:2007/02/28(水) 20:59:32
高橋尚子が好きらしいね

105 :吾輩は名無しである:2007/03/01(木) 03:08:30
>>100
誰が「映像すればいいってものだ」と言ったのボクちゃん。
己の妄想に対してシャドーボクシングか。おめでたいでちゅね。

>>101
無意味なレスやめれ

>>102
なにがなるほどねだアホ。

106 :吾輩は名無しである:2007/03/01(木) 15:08:19
人気あんだな 売れ行きも好調らしい

107 :吾輩は名無しである:2007/03/01(木) 15:39:09
どれどれ買い込んでみっか

108 :吾輩は名無しである:2007/03/02(金) 13:50:52
ごめんなさい、今までボルヘスとマルケスの二人が居るって知らなくててて
バベルの図書館と百年の孤独は同じ作者かと思ってました;;

109 :吾輩は名無しである:2007/03/04(日) 01:56:46
どういたしまして

110 :吾輩は名無しである:2007/03/05(月) 10:55:35
さらば箱舟

111 :(^^) ◆kQBuZp0h86 :2007/03/08(木) 19:07:32
>>105
はい。すみませんね。

あんまり自己没入的になってたものでね。


しかし、何が「でちゅね」だ。
普通にしゃべれ。馬鹿。

112 :(^^) ◆kQBuZp0h86 :2007/03/08(木) 19:12:57
「雪国は映像化されてる」とか言った人に対して
言ったつもりだったんだよ。映像化すればいいもんじゃないってのは。

もっともこんなのにレスせずにおれない時点で自意識過剰なんだがね。。。



113 :吾輩は名無しである:2007/03/11(日) 01:28:48
糞馬鹿コテ連投するな、うせろボケ。

114 :吾輩は名無しである:2007/03/12(月) 03:00:21
>>111 お子チャマにはそうやって話すものではないでちゅかね?

115 :(^^) ◆kQBuZp0h86 :2007/03/13(火) 16:32:05
誰も書き込まないんだからいいじゃねえーか

>>114
そうでちゅかね?

キモ

おまえが、そんなに大人か?

そうは見えないけどねw

116 :(^^) ◆kQBuZp0h86 :2007/03/13(火) 16:40:08
>>113
あんたネットでしかそんな口人に対して聞けないでしょ?

恥ずかしくないのですか?

まあ、恥ずかしくないんなら良いとおもいますけどね。。。

どうしてネットだとみんな攻撃的になるのかなあ?
自分で気づいてる?

考えてみたら
恥ずかしい事だと思うよ。

117 :(^^) ◆kQBuZp0h86 :2007/03/13(火) 16:47:39
で、まあ、やや、むきになった、嘲笑的な薄ら笑いをうかべながら
「遊びでやってるだけ」
「からかってるだけ」
とか言って自尊心をたもとうとするんだろうね。
不細工なオタクども。
あんたたちに知性なんかないですよ。。。

小学校の頃から語彙や思考のツールが増えただけだよ。
違うのか?

なんのかのとお得意の国語作文で理由を正当化するんなら勝手にすればいいんだよ。w

118 :(^^) ◆kQBuZp0h86 :2007/03/13(火) 16:52:31
で、それのどこが子供じみてないんだろうかね?

>>114よ。

あんたらがどんな人間かは知らないがね。。。
そう。しかも、そこが、あんたらの強みなんだろう。

良かったじゃないか。
ああ。このインターネットという言い放題書き放題の
場所はあんたらの幼稚な感情の格好の生息場所なんだよ。。。

ネット万歳!

というわけでバイトにでも行って来るよ。

119 :吾輩は名無しである:2007/03/13(火) 23:52:35
>>115
相当くやしそうでちゅね 頭も悪そうでちゅけど

120 :(^^) ◆kQBuZp0h86 :2007/03/14(水) 00:43:05
はい。はい。おまえは頭いいっでちゅねー




121 :(^^) ◆kQBuZp0h86 :2007/03/14(水) 00:46:17
でちゅでちゅってマザコンか。おまえは。

ああ。場違いなのは分かっていながらやめられない。

泥沼w

122 :(^^) ◆kQBuZp0h86 :2007/03/14(水) 00:57:19
頭悪いのはおまえもだろ。

自分で誰かより頭いいとか思ってるのか?

なんでそう思いたがるの?

なんでかなあ?何でだと思うかね?

123 :(^^) ◆kQBuZp0h86 :2007/03/14(水) 01:15:41
おれがくやしいからどうしたっていうんだ。

頃すぞ!糞野郎!

おまえだってくやしいはずだ!


ただそれを認めたくないだけだ。


124 :吾輩は名無しである:2007/03/14(水) 01:19:54
>おれがくやしいからどうしたっていうんだ。

認めたwww


125 :(^^) ◆kQBuZp0h86 :2007/03/14(水) 01:25:33
認めるも何もこんなに連投してるからね。。。。
知ってるよ。
そんなもん。



126 :吾輩は名無しである:2007/03/14(水) 15:05:35
>知ってるよ

意味わかんねwww

127 :吾輩は名無しである:2007/03/14(水) 20:57:13
今月は何かでる?

128 :吾輩は名無しである:2007/03/22(木) 21:44:56
おまいら読売の記事は読んだか?
マルケスまだまだ長生きできそうだ

129 :吾輩は名無しである:2007/03/22(木) 21:46:43
阪神ファンの俺が読売を読むことはないっ!

130 :吾輩は名無しである:2007/03/24(土) 15:36:03
そう言っても公房ちゃんみたいにポックリと……

131 :吾輩は名無しである:2007/03/25(日) 20:55:10
>>128 なんて書いてあったの?

132 :吾輩は名無しである:2007/03/25(日) 21:16:37
>>130
べつに公房に限らずとも
人の命は明日をも知れぬのが本質なり。おまいも明日ポックリと…

133 :吾輩は名無しである:2007/03/26(月) 11:21:00
ガルシアマルケスに葬られた女 藤原章生
ってどうなん?
つまらんって意見が一つ出てるけど、他に読んだ人いません?


134 :吾輩は名無しである:2007/03/27(火) 16:43:57
族長の秋 他6篇 ガブリエル・ガルシア=マルケス著/鼓 直ほか訳
新潮社4月27日税込価格:2,940円ISBN:9784105090128

独裁者の意志は遂行された。独裁者だけを置き去りにして。純真無垢な娼婦、
正直者のぺてん師、人間と運命のあや紋様。

135 :吾輩は名無しである:2007/04/03(火) 05:05:48
何このスレ。
掲示板なんかで幼稚なタタキ合いしてるのって自己愛と相場が決まってるんだけどな。
こんな人達がマルケスの読者だと思うとやだな…
でも「百年の孤独」の登場人物がほぼこんな人達だからしょうがないのか…



136 :吾輩は名無しである:2007/04/03(火) 13:46:04
そもそもお前がそうじゃないか いまさら、、

137 :吾輩は名無しである:2007/04/03(火) 15:02:41
うん、てへっ('∀`)

138 :吾輩は名無しである:2007/04/03(火) 15:09:18
いやいやいや・・・w

139 :吾輩は名無しである:2007/04/03(火) 15:48:13
じゃひとつお題を

日本のマルケスといえば誰?

140 :吾輩は名無しである:2007/04/03(火) 18:24:16
古川日出男 とかどうかな?


141 :吾輩は名無しである:2007/04/07(土) 23:54:55
いないんじゃないか・・・

142 :吾輩は名無しである:2007/04/08(日) 00:09:52
思い切って
ある意味の過剰さでいうと
大西巨人とか

143 :吾輩は名無しである:2007/04/08(日) 00:42:34
老人ネタも共通してるし

144 :吾輩は名無しである:2007/04/09(月) 00:49:44
百年の孤独を旧訳で読んでるけどこんな面白いとは思ってなかった。
鼓直の訳も、ボルヘスの伝奇集は読みづらくて死ぬかと思ったけどこっちではスラスラ読めて爽快だ

26 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)