5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

池澤編世界文学全集を予想するスレ

1 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 03:08:28
池澤夏樹の個人編集で河出書房から刊行が始まる世界文学全集の
ラインナップを好き勝手に予想してみるスレ。

第一弾はケルアック『オン・ザ・ロード』で、二十世紀後半の作品中心に
行くそうなのでその線で。

2 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 03:11:45
じゃ、ケルアックに続き北米から。
フィリップ・ロス、カート・ヴォネガットは堅いはず。

3 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 04:59:47
ピンチョンも來そうだな

4 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 10:59:17
埼玉大学理工学部物理学科中退って経歴がマニアックだな。w

5 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 12:03:27
ロブ=グリエ
シモン
あたりもかな


6 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 12:28:44
キャベルとかはどう?

7 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 17:04:33
>>5
それは出して欲しい。でも期待しないけど。

8 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 17:06:05
一発目が路上ってのはなかなか良いじゃん
新聞広告見たときちょっと興奮したよ

9 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 19:26:40
路上は単に河出が翻訳権を持ってるだけだと思うんだが

10 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 19:46:20
ソースは?

11 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 20:14:38
河出文庫に入ってる
もしくは
文庫になってるのは要らないわな
セリーヌとかやめてよね

12 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 20:29:11
百年の孤独とか入れんなよ?
な?

13 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 20:33:22
スティル・ライフ

14 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 20:46:42
本人のじゃねーかよ!
オンザロードってまあまあいい題名だな。

15 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 21:17:51
>>11
ブコウスキー、デュラス、カルヴィーノ確定では?

16 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 21:34:04
あとバロウズか

17 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 21:45:00
結局、河出文庫中心になるんじゃない?
他社が翻訳権を独占してる作品はなかなか難しそうだし。
20世紀後半の作品だと著作権も継続してるし、新訳すると金かかるし

18 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 21:50:18
じゃああんまり意味ないな。よほど既存の訳がひどいなら別だが。

19 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 22:10:41
ル・クレジオ大洪水とか

20 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 22:23:47
ファウルズ魔術師とか
カルビーノとか
ダンセイニ…

は、ないか。

21 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 22:32:46
あ、カルビーノ出てたか
じゃあ、アンジェラカーター?

つか殆ど嫌がらせに近いね、このスレ。

22 :吾輩は名無しである:2007/01/06(土) 00:59:00
ラテンアメリカは新潮社と集英社がかなり翻訳権独占しちゃってるから、
それこそボルヘスくらいしか出せそうにない。
未訳作品が発掘されるなら、逆に歓迎できるが。

23 :吾輩は名無しである:2007/01/06(土) 02:29:20
まあ、新潮も集英社も殆ど絶版の状態だから
意外と了承してくれるかもしれんね。
ガルシア=マルケスは全小説を刊行の途中だから、無理だろうけど
別に、全集じゃなくても国書の「文学の冒険」みたいのでも良かったんだが

24 :吾輩は名無しである:2007/01/06(土) 13:19:20
昔の作家だとしても未訳であるなら出して欲しいもんだが。
二十世紀後半と言う目途に縛られてつまらない作品は止めてほしいな。

25 :吾輩は名無しである:2007/01/08(月) 12:33:38
タブッキはどう?

26 :吾輩は名無しである:2007/01/08(月) 13:09:55
版権の関係から、第二回配本からは全部ギリシャ現代文学です。
すべて池澤訳という話。

27 :吾輩は名無しである:2007/01/08(月) 13:59:48
なんか途中で打ち切りになりそうな悪寒

28 :吾輩は名無しである:2007/01/08(月) 14:16:08
春奈

29 :吾輩は名無しである:2007/01/08(月) 16:46:53
>>26
まじすか
だったら池澤翻訳全集として欲しいよ

30 :26:2007/01/08(月) 17:22:49
うそです。すみません

31 :吾輩は名無しである:2007/01/08(月) 22:21:36
池澤編世界文学全集そのものがウソだろw
つーか池澤夏樹ほんにんがウソっぽい作家だろ

32 :吾輩は名無しである:2007/01/08(月) 22:54:13
それは違う

33 :吾輩は名無しである:2007/01/10(水) 01:02:02
イギリスはどうなるか。もうゴールディングやマードックでもあるまい。
かといって後目立った人いないし...石黒?
今ならバラードも純文学で通るか。

34 :吾輩は名無しである:2007/01/10(水) 17:17:07
というか、河出HPで告知はされないのか。

35 :吾輩は名無しである:2007/01/11(木) 12:44:52
21世紀最初の「世界文学全集」って、狙いは悪くないと思うな。
でも、何となく、かつて集英社が出してた「世界の文学」ぽいセレクションになりそうな・・・
案外、このスレもリサーチしてたりしてw

当然、ナボコフは確定でしょ? 

36 :吾輩は名無しである:2007/01/11(木) 12:57:07
一冊いくらくらいかな

37 :吾輩は名無しである:2007/01/11(木) 13:11:29
ベルンハルトは入れてほしい。

38 :吾輩は名無しである:2007/01/11(木) 14:01:45
ネタスレ?

39 :吾輩は名無しである:2007/01/11(木) 18:48:22
oui

40 :吾輩は名無しである:2007/01/12(金) 00:21:42
ネタじゃねーよ


41 :吾輩は名無しである:2007/01/12(金) 10:03:13
>>35
ロリータが入らないナボコフ買う気にならんだろう?
結局河出でやるのは無理なのよ

42 :吾輩は名無しである:2007/01/12(金) 10:28:37
ナボコフはロリータのみにあらず
ロシア語で書いたものとか、短編とか、まだまだ“お宝”はあると思うよ
そういったところをイケザワ氏が趣味よくセレクションしてくれたら、俺は定期購読確定

43 :吾輩は名無しである:2007/01/12(金) 10:29:59
でもそれじゃあ「文学全集」にならんのよ
作家の代表作が入ってなきゃ企画物として糞タイトルだ

44 :吾輩は名無しである:2007/01/12(金) 10:37:58
まあアーダとか賜物を新訳で出してくれるならうれしいな。
ナボコフ短編は短編全集がすでに出てるからいまさらないだろ。

45 :吾輩は名無しである:2007/01/12(金) 11:45:50
集英社の「世界の文学」のころはまだラテンアメリカとか
アンチロマンとかの代表作が収録できたけど、いまはどうなんだろうね?

46 :吾輩は名無しである:2007/01/13(土) 00:24:09
今回はその辺は当然の基本として、その先どのくらい行っちゃうかじゃね?

47 :吾輩は名無しである:2007/01/13(土) 05:13:07
1巻で終わりに100ペソ

48 :吾輩は名無しである:2007/01/13(土) 06:50:46
途中で頓挫しそうだよな、いまどき「全集」なんて売れんよ

49 :吾輩は名無しである:2007/01/13(土) 08:57:33
図書館も財政難でなかなか買ってくれそうにないしな。

50 :吾輩は名無しである:2007/01/14(日) 00:38:00
まあ10年ほど前の松田哲男の糞仕掛け「ちくま文学の森」よりは、志としては100倍マシ

51 :吾輩は名無しである:2007/01/15(月) 20:27:11
@@


52 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 20:09:32
ロレンス・ダレルの『アレクサンドリア四重奏』は結局ここかな

53 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 02:03:03
>>52
正月の新聞読んでねぇーだろ


54 :吾輩は名無しである:2007/01/24(水) 22:47:24
ロレンス・ダレル読んでみた。ジュスティーヌ、
街の描写は好きだけど、愛についての考え方がよくワカリマセン
どうしたらいい?

55 :吾輩は名無しである:2007/01/28(日) 02:35:11
華麗にスルー

56 :吾輩は名無しである:2007/02/01(木) 10:55:46
澁澤龍彦がひっそり入っていたりしてw

57 :吾輩は名無しである:2007/02/01(木) 20:23:06
シブタツが入っていたら、ひっそりでなく目立つよ

58 :吾輩は名無しである:2007/02/03(土) 03:32:36
世界文学全集って、「日本以外の世界」が対象と決まってたが、
池澤ならそんな常識もぶち壊してかかるかも知れん。

59 :吾輩は名無しである:2007/02/13(火) 17:17:19
世界文学全集 宣言
 人が一人では生きていけないように、文学は一冊では成立しない。
 一冊の本の背後にはたくさんの本がある。本を読むというのは、実はそれまで
に読んだ本を思い出す行為だ。新鮮でいて懐かしい。
 そのために、「文学全集」と呼ばれる教養のシステムがかつてあった。それを
もう一度作ろうとぼくは考えた。
 三か月で消えるベストセラーではなく、心の中に十年二十年残る読書体験。
 その一方で、それは明日につながる世界文学の見本市、作家を目指す若い人々
のための支援キットでなければならない。敢えて古典を外し、もっぱら二十世紀
後半から名作を選んだのはそのためだ。
 世界はこんなに広いし、人間の思いはこんなに遠くまで飛翔する。
 それを体験して欲しい。             池澤夏樹

60 :吾輩は名無しである:2007/02/15(木) 17:46:47
てことは、ブルース・チャトウィンは確実に入るなぁ。
楽しみ楽しみ〜♪

61 :吾輩は名無しである:2007/04/01(日) 09:13:10
ガルシアマルケスキタコレ

62 :吾輩は名無しである:2007/04/01(日) 13:00:08
もうちょっとありそうな嘘をついてくれ

63 :吾輩は名無しである:2007/04/01(日) 13:30:33
もし人文書院から再刊行するめどがつかないなら、
恋する虜をここで拾ってほしい。

SFはどうだい。どんな作品を入れられるだろうか。
また入れたいか。

64 :吾輩は名無しである:2007/04/01(日) 13:37:08
宣言にはマニフェストとルビをふるんだろう。
世界文学マニフェスト全集。すばらしい。

65 :吾輩は名無しである:2007/04/03(火) 23:11:49
ファウルズの魔術師を入れたら、神。
つーかマジで頼む。

66 :吾輩は名無しである:2007/04/03(火) 23:15:12
いらね

バロウズとか法の書で

67 :吾輩は名無しである:2007/04/04(水) 02:33:29
いらねえよ

っていうセレクトするよ。
だって池澤だもの。

10 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)