5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【完全な】スタニスワフ・レム【真空】

1 :吾輩は名無しである:2007/01/28(日) 08:24:09
ないみたい。立てちゃった。語ってください。

2 :吾輩は名無しである:2007/01/28(日) 08:49:37
いや、奴はとんでもないものを盗んでいきました。

3 :吾輩は名無しである:2007/01/28(日) 10:56:16
板違いだよ。SFおたくってきもいよね。

4 :吾輩は名無しである:2007/01/28(日) 11:22:43
レムが板違いなら、ボルヘスもヴォネガットも
板違いってことになっちゃうな。

>>乙
今年はレムコレ出るといいな。

5 :吾輩は名無しである:2007/01/28(日) 11:27:25
ミスった。
>>1


6 :吾輩は名無しである:2007/01/28(日) 11:54:36
>>5
自演乙。

7 :1:2007/01/28(日) 12:36:51
なんなんだろうな。この厨は。うざいな。


8 :吾輩は名無しである:2007/01/28(日) 12:54:32
『大失敗』
たれかよんだか?

9 :吾輩は名無しである:2007/01/28(日) 13:06:48
このスレが『大失敗』

10 :吾輩は名無しである:2007/01/28(日) 13:12:54
最中。
きっと、歯がたたないだろうことを予感しつつ。

11 :1:2007/01/28(日) 13:13:59
なんなんだよこの馬鹿。
レムってこういう厨ばっかりになるのか?


12 :1:2007/01/28(日) 13:15:46
>>9のことな。いちおう。

13 :吾輩は名無しである:2007/01/28(日) 15:43:43
レムはこの板でもOKだと思うけどな。

14 :吾輩は名無しである:2007/01/28(日) 15:52:43
ノーベル文学賞候補にあがってたらしいね。

15 :吾輩は名無しである:2007/01/28(日) 15:56:55
あがってません。

16 :吾輩は名無しである:2007/01/28(日) 17:10:29
>>1
糞禿、市ね

17 :吾輩は名無しである:2007/01/28(日) 23:41:34
『親衛隊少将ルイ十六世』が「昴」に工藤幸雄氏で
訳載された時に読んででしびれたもんだ。

18 :吾輩は名無しである:2007/01/29(月) 00:51:05
>>17 いつの話?

19 :吾輩は名無しである:2007/01/29(月) 00:59:48
うおーソラリスしか読んでねー
完全な真空と虚数が積み上げた本の山の最下層に!?

レムはココでもアリだろ。

20 :吾輩は名無しである:2007/01/29(月) 01:17:36
完全な真空が一番好き。


21 :吾輩は名無しである:2007/01/29(月) 10:16:41
>>18 『偽りの王国』のタイトルで20年位前の、もう今は昔。

22 :吾輩は名無しである:2007/01/29(月) 23:22:18
ただでさえスレ乱立気味のこの板にスレ違いのもの立てるな。
SF板に行けよ。

23 :吾輩は名無しである:2007/01/29(月) 23:23:18
sage

24 :吾輩は名無しである:2007/01/29(月) 23:39:28
皮肉にもこれで即落ちは無くなったわけか

25 :吾輩は名無しである:2007/01/29(月) 23:44:51
やはりSF作家としてのネームヴァリューが強すぎか?


26 :吾輩は名無しである:2007/01/29(月) 23:55:04
SF板で十分語れるだろうに。SFおたくきもすぎる。

27 :吾輩は名無しである:2007/01/29(月) 23:59:15
>>26
はいはい、あんたらは綿矢りさの文学作品でも読んでてください

28 :吾輩は名無しである:2007/01/30(火) 00:03:44
単純に板違いですので。

29 :吾輩は名無しである:2007/01/30(火) 01:13:25
グラス、ベロー、マルケス、クンデラ、大江らと並んで、国際ブッカー賞にもノミネートされたのだが。

30 :吾輩は名無しである:2007/01/30(火) 01:31:04
板違いって言ってるやつは読んだこともないんだろ。
おれもソラリスしか読んでないけど。

31 :吾輩は名無しである:2007/01/30(火) 01:34:18
板違いって言ってるやつはとりあえず完全な真空読め


32 :吾輩は名無しである:2007/01/30(火) 01:43:43
>>29
受賞してないので却下

33 :吾輩は名無しである:2007/01/30(火) 01:44:32
スタニスワフ・レム=SFオタク ではない。
分別を持て。

34 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2007/01/30(火) 02:26:31
『ソラリスの陽の元に』の羊水の中で浮き沈みする
巨大な赤ん坊、怖いよな。

35 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2007/01/30(火) 02:38:47
息を止めて板の回転を止めてみるテrスツ・

36 :吾輩は名無しである:2007/01/30(火) 02:51:09
GOLEMと新しい宇宙創造説を読んでから語れ。
これはただの言葉遊びじゃない。
レムは世界について凄く色々考えた人だってわかるんだぜ?

あとおすすめは詩人白楽電の絶唱。痺れる。

37 :吾輩は名無しである:2007/01/30(火) 10:13:51
SFのほうが文学に擦り寄ってるみたいになるから、やめたほうがいいよ。
バラードのスレが立ったときも荒れてたな。
SFはSFでいいじゃないか。

38 :吾輩は名無しである:2007/01/30(火) 12:42:56
「捜査」はカフカを例に出されるくらいだから文学で語ってもいいんじゃないか?

39 :吾輩は名無しである:2007/01/30(火) 12:48:25
私はこんな所関係ありませんて顔して、
SFと呼ばれる物を冷たく分析するもんだから
一方の側からは疎まれ、
もう一方からは科学と関係あるらしいからと避けられ、
読めば中には難しそうな哲学やら思想があるけど
でも具体的に小説を書いているわけで
「文学」位しか入れられる所ないんじゃないかなあ。

40 :吾輩は名無しである:2007/01/30(火) 15:18:25
ブンガクがSFに擦り寄ったの間違いだろ?
ピンチョンの電波小説がフォークナー賞取ったあたりで
日本では安部公房がSFマガジン創刊号に祝辞を書いた時点で

41 :吾輩は名無しである:2007/01/30(火) 15:19:53
そもそもSFとかジャンルなんてどうでもいい。
いいやつはいいし、だめなやつはだめ。


42 :吾輩は名無しである:2007/01/30(火) 15:21:59
「境界線上の作家板」みたいなのを作ってもらって、そこにスレが立ったらいいなって
思う作家ではあるんだけどね。

レムをよく知らない人に文学だよって言って普通に認められるのは「高い城」だけだろうし。

43 :吾輩は名無しである:2007/01/30(火) 15:23:00
>>31
それってボルヘスの二番煎じのやつだっけ?
ボルヘスぱくっても所詮はSFだからなあ

44 :吾輩は名無しである:2007/01/30(火) 15:30:57
おれはSFをほとんど読んでないし興味もないけど、レムは面白かったね。
SFだから読まないってのはもったいないと思う。

45 :吾輩は名無しである:2007/01/30(火) 15:59:07
レムはわりと読んでるが、理屈っぽいSF作家という印象。

46 :吾輩は名無しである:2007/01/30(火) 22:29:17
「SF文学」って呼べばいい
「ファンタジー文学」ってあるだろ

47 :吾輩は名無しである:2007/01/30(火) 22:39:56
SFでいいじゃん。

48 :吾輩は名無しである:2007/01/30(火) 22:58:07
レムはSF作品以外あまり読まれてないのかな?
ボルヘス、カルヴィーノらに並ぶ作家だと思うけどね。
『すばらしきレムの世界』の文庫を持ってる人いないかい?

49 :吾輩は名無しである:2007/01/30(火) 23:10:19
代表作が惑星ソラリスでしょ。読んだことあるけど、どう読んでもSFにしか
読めない。他のも似たような感じ。
別にSFが悪いと言ってるんではなくて、他にちゃんとした板があるんだから
そこで論じれば良い。SF板でもスレがつかないのかい?
文学板で出したい作家はたくさんいて、あまり手を広げられるとスレが立たなくなってしまう。

50 :吾輩は名無しである:2007/01/30(火) 23:11:15
並んでないよ。レムなんかと一緒にされると迷惑。

51 :吾輩は名無しである:2007/01/30(火) 23:19:23
いいから真空読めよ、読んでないだろお前。

52 :吾輩は名無しである:2007/01/30(火) 23:21:34
『惑星ソラリス』なんて呼んでる奴はどうせ読んだことないんだろ。

53 :吾輩は名無しである:2007/01/30(火) 23:28:19
真空読んでるよ。虚数とか捜査とか浴槽とかもいろいろ。ただのSF作家だよ。

54 :吾輩は名無しである:2007/01/31(水) 00:00:55
聞き分けの悪い子だな。
べつに俺はボルヘスとレムを一緒にしようって言ってるわけじゃないんだ。
そこは分かってくれ。しかも、俺は十分にその乖離性を理解しているつもり
でもいる。だからこそ、この板で語られるべきだと思うし、文学板でボルヘスを
参照した作家の本が語られないのはどう考えてもおかしいと思う。多くの人がそう考えるはずだ。
文学作品を読むってのは、思考の可能性を追及することでもあるはずだ。
既存の形態をぶち破ろうする試みに、それがたとえ結果として「ただのSF」
とお前に見えようが、そこに「ボルヘス」が引っかかっているかぎりは、
そこに呼び寄せられた文学的要素を無視するわけにはいかないんだよ。

55 :吾輩は名無しである:2007/01/31(水) 00:09:23
そんなくだらん理由で立てるな。ボケ。

56 :吾輩は名無しである:2007/01/31(水) 00:15:27
ハア?なにがくだらないんだよ。狂ってるなこいつは。

57 :吾輩は名無しである:2007/01/31(水) 00:22:45
ここはスウィフトやグリム兄弟についても語ってはいけない板かね?

58 :吾輩は名無しである:2007/01/31(水) 00:25:13
ボルヘススレで事足りるだろうに…。

59 :吾輩は名無しである:2007/01/31(水) 00:30:26
当分はこのアンチSF君とのやっかみが続きそうだが、それもスレ栄えの一環として
甘受したい所存。

60 :49:2007/01/31(水) 00:31:11
良くも悪くも『ソラリス』が有名すぎるのかな。
まあ『真空』や『虚数』もSFと括ることは可能だけど
メタフィクションという括りで見るほうが面白いよ。

61 :吾輩は名無しである:2007/01/31(水) 00:39:42
つづきはSF板で存分に語ってね。

62 :吾輩は名無しである:2007/01/31(水) 01:18:50
完全な真空か、久しく忘れてたな。
そういや沼野先生訳で出るって云ってたレムコレってどうなったの?

63 :吾輩は名無しである:2007/01/31(水) 01:24:18
>>62
毎年一冊のペースで順調に出てますよ

64 :49:2007/01/31(水) 01:24:50
『変身病棟・挑発』
関口時正・長谷見一雄訳
『短篇ベスト10』
関口時正・沼野充義・芝田文乃ほか訳

レムコレは↑の2冊が未刊やね。

65 :吾輩は名無しである:2007/01/31(水) 01:31:31
『変身病棟・挑発』
ナチス占領下の精神病院を舞台に、患者を守る
無謀な試みに命を賭す青年医師の姿を描いた処女長篇のほか、
ナチスによるユダヤ人大虐殺を扱った架空の歴史書の書評『挑発』や
『一分間』などメタフィクショナルな中短篇五篇を収録。4-336-04504-6

これ面白そうだね
完全な真空が好きなので楽しみだな

66 :62:2007/01/31(水) 02:06:51
ほんとだ、出てたのか〜。
最近はリアル書店に行かなくなってたからな。
今度物色してきます。
ありがとうございました。

67 :吾輩は名無しである:2007/01/31(水) 02:42:16
>>48
持ってる

68 :吾輩は名無しである:2007/01/31(水) 02:42:38
自演乙。

69 :吾輩は名無しである:2007/01/31(水) 12:21:31
まだトリッキーな見掛けにのみ目を奪われている人がいるんだ、古臭い。
それはそれで楽しめばいいんだけど、架空の書物という仕掛けが
機械的労力を減らすため、若しくは内容の為には有効な形式だと言うことはレムも言っている通り。
確か菅野昭正氏だったと思うけど、「ビット文学の歴史」について
“遥か高みから文学を見下ろす様は痛快だ”と評していた。
内容なんだよ。
レムの高度な遊戯を面白がれるかどうか、読者を選ぶタイプの作家だと思う。
そういうタイプの作家は勿論レムに限ったわけじゃないよね。

70 :吾輩は名無しである:2007/01/31(水) 12:46:11
ただの屁理屈の作家ですな。SF厨はレムとペリーローダンでも読んでなさいって。

71 :吾輩は名無しである:2007/01/31(水) 14:01:44
俺のSF観こそ正しくて普遍のものだからレムはやっぱり文学作家じゃなくSF作家だし、
もし宇宙人がいたとしたら、俺が地球の価値を高く見積もってるのと同じように、
宇宙人は地球の価値に目をつけて地球だけを侵略しにくるわけだ。
「お前らそんなに進歩したテクノロジーがあるなら、火星を自分たちの住み易い環境に
変えてそこに住めよ! 地球人でさえ移住計画がどうの言ってる段階にまで来てるんだから
お前らなら楽勝だろうが! なんで地球なんだ! なんも特別なもんなんかないぞ!」
っていうレムみたいなアホな意見もあるだろうが、俺ほどの男が地球の価値を高く
見積もってるんだから、絶対に宇宙人も火星ではなく地球にこだわるはずなんだよ、
それが文学的思索ってもんだろ。

ということが言いたいんですよね>>70さん?
みんな、>>70さんは絶対的な価値観を持ってるから、>>70さんの意見を聞いてれば
どんなことがあっても大丈夫だぞ!
決して>>70さんは背伸びして文学を読んでるだけの頭でっかちなんかではないんだ!w

72 :吾輩は名無しである:2007/01/31(水) 16:04:14
SF読むのはみんな厨なのか
厨じゃ読めない作家の文学的試みを評価するのは
ズレてないだろ

73 :吾輩は名無しである:2007/01/31(水) 16:15:57
なあ、SFを厨のひとくくりにしてるけど、国語の教科書にも載っている星新一も駄目なのかい?w

74 :吾輩は名無しである:2007/01/31(水) 16:41:36
星新一は普通にダメだろ。

75 :吾輩は名無しである:2007/01/31(水) 16:46:33
国語の教科書にも載っているから、これならママも安心さ!

76 :吾輩は名無しである:2007/01/31(水) 19:23:51
荒らしは放置で

77 :吾輩は名無しである:2007/01/31(水) 19:40:16
板違いです。

78 :吾輩は名無しである:2007/01/31(水) 20:44:12
文学板にレムのスレがあったのか。
そういや3年前に買った『浴槽で発見された手記』を積読したままだった・・・

79 :49じゃなくて48だったスマソ:2007/01/31(水) 23:14:21
>>67
すげぇ! 2巻とも?

80 :吾輩は名無しである:2007/02/01(木) 00:33:56
>>79
とうぜん2巻とも持ってるよ
アルデバランもリンファーテルも手記も闇と黴もみーんな読んだ

81 :吾輩は名無しである:2007/02/01(木) 01:14:37
『すばらしきレムの世界』所収の短篇の中で
レムコレの『短篇ベスト10』に入るやつってあるのかな?

82 :吾輩は名無しである:2007/02/01(木) 10:47:26
SFを文学扱いしたがる厨が未だにいるとは
ホント分別ってものを知らないんだな

83 :吾輩は名無しである:2007/02/01(木) 11:58:44
「分別」って単語覚えられてよかったな。

84 :吾輩は名無しである:2007/02/01(木) 12:32:26
逆に、未だにSFと純文の区別にこだわってる奴がいることに驚いたよ。

85 :吾輩は名無しである:2007/02/01(木) 14:27:43
逆に、未だにSFと文学の見分けがつかない奴がいることに驚いたよ。

86 :吾輩は名無しである:2007/02/01(木) 15:28:02
小松左京は果てしなき流れの果てにで芥川賞と直木賞をダブル受賞するべきだったな
レムとヴォネガットがノーベル文学賞とってクラークが平和賞とってれば世界が平和になったのに

87 :吾輩は名無しである:2007/02/01(木) 19:35:35
良き文学には生々しさがある。もしくは簡潔で無駄のない美しさがある。
当方も一時期はSFなども読んだが、しかしレムの試みはそのテーマに対して必然性があるのか?
また、おのおのの書かれている事柄について、痛切に胸に迫る、というような生々しさ(リアリズム
とも言う)があるのか?
また、異星やら地球外生命体などという存在を作品に絡ませる必然性があるのか?
SF者にはそこのところを再考して欲しい。無駄な冗長性は文学にはいらない。

88 :吾輩は名無しである:2007/02/01(木) 19:59:12
SFって何?

89 :吾輩は名無しである:2007/02/01(木) 20:19:32
>当方も一時期はSFなども読んだが、
見事な矜持です。

>SFって何?
「しらんぷり・ふんべつくさいやつ」の略だ

90 :吾輩は名無しである:2007/02/01(木) 20:59:00
>>87 代わりに簡潔に書いてあげるよ。
「彼は私の趣味に合わない」だよ。

人類の入り込む余地のないソラリスの海を前にして
無限世界を感じる主人公こそまさに“人間”なんだ。
そこがたまらなく好きなんだなあ。

91 :吾輩は名無しである:2007/02/01(木) 21:27:51
盛り上がってるやん

92 :吾輩は名無しである:2007/02/01(木) 22:13:25
つづきはSF板でね。

93 :吾輩は名無しである:2007/02/01(木) 22:21:51
いってらっしゃい

94 :吾輩は名無しである:2007/02/02(金) 00:45:46
>>87
21世紀の自然主義者わろすw

>異星やら地球外生命体などという存在を作品に絡ませる必然性〜

おまえは>>87でこう言ってるんだよ、SFであるか否かは、
作品における文学性の有無より上位の判断基準だとな。

出直せ。話にならない。

95 :吾輩は名無しである:2007/02/02(金) 12:48:05
とりあえず、三島の「美しい星」や安部の「第四間氷期」、大江の「ピンチランナー調書」
でも読んで文学の勉強をさせていただきます

96 :吾輩は名無しである:2007/02/02(金) 14:34:23
そんな駄作じゃ勉強にならないよ・・・。

97 :吾輩は名無しである:2007/02/02(金) 14:37:19
SFおたくってガンダムから人生を学ぶらしいね・・・。まあ自由だけどね・・・。

98 :吾輩は名無しである:2007/02/02(金) 14:39:41
>>96
駄作よばわりw

99 :吾輩は名無しである:2007/02/02(金) 16:13:44
>>95
ボルヘス「伝奇集」
カルヴィーノ「不在の騎士」
ピンチョン「重力の虹」
バース「キマイラ」

ここらへんから行っとこう
レム読みだったら大江や三島ごときじゃ満足できないはず

100 :吾輩は名無しである:2007/02/02(金) 16:48:09
レム読みだけど大江はかなり好きだよ

101 :吾輩は名無しである:2007/02/02(金) 17:57:44
>>99
マルケスも入れとけ

102 :吾輩は名無しである:2007/02/02(金) 18:11:42
>>87
またさういう調子の長文書き込みでよろしくたのむ。
このスレで釣られたい気分だ。

103 :吾輩は名無しである:2007/02/02(金) 18:53:39
>>99
それって早く言えば文学の冒険シリーズとボルヘスは読んどけってことじゃないのかw

104 :吾輩は名無しである:2007/02/02(金) 19:30:37
レムって真空や虚数なら文学板にも相応しいと思うけど、
一番有名なソラリスとかはSF板の方が相応しい。
結構悩ましい作家だ。まあ、希有な両刀使いというところか。


後、「金星応答なし」をこの板で取り上げる猛者はさすがにいないだろうな。

105 :吾輩は名無しである:2007/02/02(金) 20:25:03
ゴーレム]Wを文学に入れる度量はあっても
ソラリスは入らない!?
私にはさ〜っぱり分かりません。
メタフィクションてひょっとしてエライ?


106 :吾輩は名無しである:2007/02/02(金) 22:50:15
レムが文学だったら北斗の拳も文学に入れろ。
北斗の拳はカラマーゾフの兄弟の第二部だ。

107 :吾輩は名無しである:2007/02/02(金) 23:04:06
読んでから家と。


「眺めた」ナシな。

108 :吾輩は名無しである:2007/02/02(金) 23:17:34
YOUはSHOCK!!愛で空が落ちてくる!!

109 :吾輩は名無しである:2007/02/02(金) 23:23:37
>>106
北斗の拳スレ立てればいいじゃんw

110 :吾輩は名無しである:2007/02/02(金) 23:25:27
ケーーーーーーーーン!! 立てちゃだめーーーーーーーー!!

111 :吾輩は名無しである:2007/02/03(土) 10:47:04
レム好きなら世界文学にもスっと入ってけるだろうね


112 :吾輩は名無しである:2007/02/03(土) 12:35:37
なんだか盛り上がっているな、このスレは。
あの世で、レム爺もきっと喜んでいるよ。

113 :吾輩は名無しである:2007/02/03(土) 12:42:17
ありがたいお言葉を貼っとくか

http://www.kokusho.co.jp/lemmessage.htm

114 :吾輩は名無しである:2007/02/03(土) 13:01:17
国書工作員乙。

115 :吾輩は名無しである:2007/02/03(土) 13:45:46
日本の読者へ

 幸いなことに、私の本は日本でも歓迎され、かなり好意的に受けとめられてきました。
しかも、これまで日本で出版されてきた著作、そして今回コレクションに新たに収められる著作の
タイトルをつくづく眺めその少なからぬ部数を考えあわせると、日本の読者は世界でも最も成熟した、
意識の高い読者ではないかという印象を受けます。どうやら、文学の場合、超えがたい言語や文化の
壁というものはないのでしょう。これは私自身にとっても思いがけない贈物です。

2003年3月 クラクフにて

スタニスワフ・レム



でもあんたの本絶版で手がだせねーんだよ!
古書でもかなりの高値で売れるから業者が買い漁って品薄状態だし
オークションでいきなり13000円スタートだとか、正直ムカつくんだけど。
レムさん、あんたこのことどう思うよ?

116 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2007/02/03(土) 13:47:14
八重洲BCナツカシス

117 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2007/02/03(土) 13:52:36
日本短歌出版社スレに切り替えます。

118 :吾輩は名無しである:2007/02/03(土) 14:09:15
レムに愛国戦隊大日本見せたかったなあ
それだけが心残りだ

119 :吾輩は名無しである:2007/02/03(土) 15:25:05
レムに機動戦士ガンダム見せたかったなあ
それだけが心残りだ

120 :吾輩は名無しである:2007/02/03(土) 15:43:21
レムにクレヨンしんちゃん見せたかったなあ
それだけが心残りだ

121 :吾輩は名無しである:2007/02/03(土) 16:01:33
文学板を日本文学と海外文学に分けるべきだな

122 :吾輩は名無しである:2007/02/03(土) 16:11:07
レムにセーラームーン見せたかったなあ
それだけが心残りだ

123 :吾輩は名無しである:2007/02/03(土) 16:44:05
なんだこの伸びは?
ええと、書いてるのは3人くらいかな?wwww

124 :吾輩は名無しである:2007/02/03(土) 21:38:01
日本でレム的な作家っていうと三浦俊彦とかになるのかな。
けっこう好きだけど。

125 :吾輩は名無しである:2007/02/04(日) 08:39:10
純文みたいな女の腐ったような(ry

126 :吾輩は名無しである:2007/02/04(日) 09:23:48
「女の腐ったような」って言葉久しぶりに聞いた。

127 :吾輩は名無しである:2007/02/04(日) 12:07:41
>>124
論理学入門 の人? 作家なのか。どっかの教授かと思ってたw
まあ作家より学者の臭いがすると言われるような作家は、そういうものかも知れない。

128 :吾輩は名無しである:2007/02/04(日) 13:28:31
FIASKO、積読では
もったいないので、わかるひとに
買ってもらいたいのですが・・・
ここに書いてもだめかな?

129 :吾輩は名無しである:2007/02/04(日) 13:42:21
>>128
あまり売れていないんだから、国書に入る金を減らさないであげてください><

130 :吾輩は名無しである:2007/02/04(日) 13:58:58
ほ〜
その三浦氏の「ラッセルのなんたらかんたら」?積読だ。

131 :吾輩は名無しである:2007/02/04(日) 14:24:27
「サプリメント戦争」とかはレムにも拮抗できそうな気がする。

132 :吾輩は名無しである:2007/02/04(日) 15:47:43
「ローゼンメイデン」とかもレムにも拮抗できそうな気がする。

133 :吾輩は名無しである:2007/02/04(日) 16:02:38
どうもSF=アニオタ=レムという、端的に純分=SFの対立軸だけ
では足りない要素が媒介となっている気がしている。

134 :吾輩は名無しである:2007/02/04(日) 16:15:04
何か変なふうに盛り上がってるな〜このスレ。

135 :吾輩は名無しである:2007/02/04(日) 20:43:45
とりあえずみんなで復刊ドットコムに投票しに行かないか。

136 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2007/02/05(月) 07:10:56
国書刊行会だっけ?

137 :吾輩は名無しである:2007/02/05(月) 17:15:54
文学野郎どもよく聞け!
「大失敗」を読んでみろ!
ひれ伏した後、座りしょんべんですよ。
どうでしゅか?

138 :吾輩は名無しである:2007/02/05(月) 17:56:18
とりあえず今は、長門さんがレムを読んでいたという記述されあればバカ売れ間違いなし。

139 :吾輩は名無しである:2007/02/05(月) 18:39:44
あ、ビーイングね。
長門って誰?って一瞬思ったけど。

140 :吾輩は名無しである:2007/02/05(月) 21:06:41
>>137
国書社員乙。

141 :吾輩は名無しである:2007/02/06(火) 02:48:50
「すばらしきレムの世界」を講談社学芸文庫に

142 :吾輩は名無しである:2007/02/06(火) 12:37:35
>>137
すご〜い!!
ぱらぱら見ましたが何もわかりましぇ〜ん(^_^;)
わたしのFIASKOだれか買ってください!

143 :吾輩は名無しである:2007/02/06(火) 12:41:09
オレが買う。いくら?

144 :142:2007/02/06(火) 14:54:46
>>143
2500円でどう?

145 :吾輩は名無しである:2007/02/06(火) 18:51:49
高いかなー。アマゾンで2980円だったよ。だったらアマゾンで買うかなー。


146 :吾輩は名無しである:2007/02/06(火) 20:08:58
カルヴィーノスレでレムの話題を出せばよかったと思う節もないではない。
しかし、このスレの>>1にはレムの名前は出てこない。
よって、レムは単独スレが立てられるべきであると思う。
ボルヘススレで語ればいい?そんなものは言語同断だよ、君。

147 :KEMANAI:2007/02/06(火) 22:54:01
ボルヘスより碩学的ではなく、
カルヴィーノほど柔軟ではなく、
ストルガツキー兄弟より哲学的で、
安部公房よりユニークな作家、
それがレム、と書いてみる。

148 :吾輩は名無しである:2007/02/06(火) 23:42:55
つまり屁理屈の多いSF作家ですな。

149 :吾輩は名無しである:2007/02/07(水) 01:01:54
え?!
何でそうなるんだ?
フワァ―

そこを楽しめる人とそうでない人に別れるかも。
ツィベリャーダもそうだよね。

150 :吾輩は名無しである:2007/02/09(金) 06:20:21
昨日大失敗読み終わったけど
図書館で借りればよかったな
ホントに大失敗

151 :吾輩は名無しである:2007/02/12(月) 12:47:03
これぐらいがちょうどいいな。
まだ読みきれない…

152 :吾輩は名無しである:2007/02/12(月) 15:02:30
なんだたいして面白くなかったということか!?

153 :吾輩は名無しである:2007/02/12(月) 15:59:39
面白かったらずっと前にハヤカワから出てるだろうに・・・。
レムコレなんて全部クソだよ・・・。

154 :吾輩は名無しである:2007/02/12(月) 16:49:25
大失敗は、ただのSFってこと?

155 :吾輩は名無しである:2007/02/14(水) 01:01:44
浴槽で発見された手記は復刊すべき

156 :吾輩は名無しである:2007/02/14(水) 18:28:57
「城」よりも素晴らしいらしいじゃないですか。
復刊しましょう!

157 :吾輩は名無しである:2007/02/14(水) 19:28:51
いらね。

158 :吾輩は名無しである:2007/02/14(水) 20:04:01
お前がいらねえよ!

159 :吾輩は名無しである:2007/02/14(水) 23:18:40
投稿欄や掲示板(註:たとえば2ちゃんねる)などにおいて
我々は時折変な生物の生態を観察することができる。
自分に興味のないもの、あるいはむしろ、評価しないものに対し、
四六時中首をつっこみ、何か言わずにはいられないという種がいるのだ。
そうした生物の想定どおりの反復行動を眺めていると
口元がゆるみ、思わず喉から「ふふ」という音をもらしてしまうのは
おそらく私だけではないであろう。
(レム「完全なる真空U」より ※註は除く)

160 :吾輩は名無しである:2007/02/15(木) 00:48:12
コピペ厨いらね

161 ::「KEMANAI」@タコシェ:2007/02/15(木) 23:22:58
おそらくコピペじゃないんじゃないかな(笑

162 :吾輩は名無しである:2007/02/16(金) 20:40:43
シュノーちゃんがほめている
「大失敗」かおおかな……

163 :吾輩は名無しである:2007/02/17(土) 11:04:42
しゅのーちゃんは新作書け

164 :吾輩は名無しである:2007/03/29(木) 23:18:41
ヴォネガットも後期のエッセイの文章は読み取り難いが
「大失敗」となると更に輪をかけて難しいや。
辞典と首っぴき位じゃないとだめみたい。
フー

27 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)