5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

普通に面白い文学作品

1 :吾輩は名無しである:2007/02/04(日) 12:01:03
面白いからこそ名作なんだと思うんだぜ?

2 :金原文則 ◆GoodbyeDBE :2007/02/04(日) 12:03:42
ふうん。

3 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/02/04(日) 12:57:20
豚の真珠はただの飼料w

4 :吾輩は名無しである:2007/02/04(日) 14:03:51
カミュの異邦人はハリポタよりいける

5 :吾輩は名無しである:2007/02/04(日) 14:19:39
スタンダール

6 :吾輩は名無しである:2007/02/04(日) 14:21:32
フローベール

7 :吾輩は名無しである:2007/02/04(日) 14:26:16
カンガルーノート

8 :吾輩は名無しである:2007/02/04(日) 16:40:25
蹴りたい背中

9 :吾輩は名無しである:2007/02/04(日) 17:05:20
「普通に」の使い方間違ってるよね。よく言われてる事だけど。

10 :吾輩は名無しである:2007/02/04(日) 17:14:49
>>>9
1じゃないけど。
「面白い」などの評価がジャンル内での内輪なものである場合が多い
現状を考えると、この手の「普通に」を簡単に間違ってるとは言えないというか、
「一見さんでもおもしろい、普遍的な面白さがある」を指す簡潔な言い方って
ほかに思いつかないなあ。

11 :吾輩は名無しである :2007/02/04(日) 17:51:13
>>10
新しい言葉が必要だな。読み解き方に左右されない普遍的な面白さの
面黒い(おもぐろい)はどうだろう。純粋な面白さをあらわすに相応しい
迫力のある語感ではある。これがあることで、「面白い」を使った場合に
普遍的でない主観的な評価だと伝えられる
もっと派生させて、理由が解からないが惹かれる面白さ、面赤い(おもあかい)
なんかも役に立つはず。100%実現しない案だが。面白さをもっと
細分化して青や緑と色をはめてけば便利だとおもうけどなぁ〜

12 :吾輩は名無しである:2007/02/04(日) 17:56:24
普通にって言い方が気に入らない

13 :吾輩は名無しである:2007/02/04(日) 19:08:29
>>9だけど、この場合の「普通」は恐らく「とても面白い」「つまらない」の間っていう意味だろうけど、評価に対する基準というか対象物が見当たらない場合に仕方なく使ってる言葉のような気がするので、物事を曖昧にしてしまう事にならないだろうか。

14 :吾輩は名無しである:2007/02/04(日) 19:12:03
普遍に

15 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/02/04(日) 19:19:28
>>11
100%実現しない案なのに堂々と言ってるところがわろたw


ぼくふつうにおもあかいとかつかうよ。
うそだけどw

はやらせれば使えるようになるよ。

ようするに言いまくればいいだけだよ。

16 :吾輩は名無しである:2007/02/04(日) 19:29:25
>>15
ライト兄弟を笑ったのはおまえだろ
可能性の芽をつみ取る皮肉屋の人間はいつの時代でもいるんだな
おまえのような優しさのない人間に、文学を愛する資格は、ない
以上

17 :吾輩は名無しである:2007/02/04(日) 20:11:43
普く通ずるおもしろさ。
別に辞儀通りでしょ?

「普通にだめー」とかになると少々テクニカルだけど。

18 :吾輩は名無しである:2007/02/05(月) 09:34:38
つかどうでもいいことで議論すんなよ

バルザック

19 :吾輩は名無しである:2007/02/05(月) 21:18:57
死者の書

20 :究極生物フジツボ@休肝日は破綻 ◆WhyGoXdEhI :2007/02/05(月) 21:24:09
>>11
いいね。私は面黒いより面黄色いの方が合うと思うよ。

21 :吾輩は名無しである:2007/02/06(火) 12:53:46
おもぴんく、とか。おもべにー! とか。

22 :吾輩は名無しである:2007/02/07(水) 21:06:52
つかどうでもいいことで議論すんなよ

トルストイ全部

23 :吾輩は名無しである:2007/02/07(水) 21:47:31
同じくトルストイ「復活」

24 :吾輩は名無しである:2007/02/08(木) 11:34:01
谷崎の春琴抄!何回読んでも面白いYO

25 :吾輩は名無しである:2007/02/08(木) 20:53:22
志賀直哉のエッセイは面白いと聞く

26 :吾輩は名無しである:2007/02/08(木) 21:38:03
>>11
「おもしろい」=「尾も白い」だったという新事実。(出典:林家一門)

27 :吾輩は名無しである:2007/02/09(金) 03:09:45
>>11
面黒いは初めて聞いていい印象を与える言葉じゃないな

28 :吾輩は名無しである:2007/02/09(金) 12:00:27
太宰の短編全部と、谷崎の長編全部

29 :吾輩は名無しである:2007/02/09(金) 21:47:29
age

30 :吾輩は名無しである:2007/02/09(金) 23:35:00
銀河英雄伝説!

31 :吾輩は名無しである:2007/02/10(土) 03:29:13
燃え尽きた地図

32 :吾輩は名無しである:2007/02/10(土) 14:36:26
純文学の中で言えばスレイヤーズだな

33 :瀬戸内”ランペイジ”ジャクソン:2007/02/10(土) 22:59:50
普通に面白い文学作品ですって?

・魁!クロマティ高校
・外套 ゴーゴリ
・櫻の園 チェーホフ
・ジャッカルの日 フォーサイス

これくらいかしら。ウフフ。

34 :吾輩は名無しである:2007/02/11(日) 00:15:08
盲人の国 ウェルズ

35 :吾輩は名無しである:2007/02/11(日) 00:17:55
妹「お兄ちゃんって落ち込んだ時どうする?」
俺「んー、別に何も。寝るかな」
妹「ふーん・・」
俺「どうした?何かあったか?」
俺「ううん、ちょっとね」
俺「何だよ水くさいな、言ってみろよ」
俺「う、うんとさ・・・」
俺「おう」
俺「お兄ちゃん、この間一緒に歩いてた人、彼女?」
俺「・・・は?」
俺「前学校の近くで話してたじゃん」
俺「ああ・・・あいつか。なわけないだろ、ただのクラスメートだよ」
俺「ほんと?」
俺「嘘言ってどうすんだよ」
俺「そっか」
俺「てかそんな話はいいんだよ。落ち込んでたんじゃなかったのか?」
俺「ううん、それならいいんだ!えへへ」
俺「おかしな奴だな」
俺「ふふ♪お兄ちゃんに彼女なんてできるわけないよね、よく考えたら」
俺「こらこら、失礼だぞ」

36 :吾輩は名無しである:2007/02/11(日) 00:22:09
どー読んだって
ふつうの作品じゃないね
盲人の国
こういう想像力の持ち主は日本人にはいないのさ

37 :吾輩は名無しである:2007/02/11(日) 00:24:10
っで、俺の独り言?

38 :吾輩は名無しである:2007/02/11(日) 00:24:24
>>35
クソバロスwwwwwwwww

39 :吾輩は名無しである:2007/02/11(日) 00:26:53
>>35
「落ち込んでたんじゃなかったのか」までよんでどこが面白いのか考えてたらバロスwwwwwwwww

40 :吾輩は名無しである:2007/02/11(日) 01:26:35
でんでんワカラン

ただの独り言か?

41 :吾輩は名無しである:2007/02/11(日) 09:32:57
ジョジョの奇妙な冒険

42 :吾輩は名無しである:2007/02/12(月) 08:02:04
>>35
泣けるぜwwww

43 :吾輩は名無しである:2007/02/17(土) 17:48:08
落日

44 :吾輩は名無しである:2007/02/18(日) 00:03:32
中勘輔の「銀の匙」
文章が非常に美しい。

45 :吾輩は名無しである:2007/02/18(日) 14:22:51
中勘助の『ゆめ』はすごい!

46 :吾輩は名無しである:2007/02/18(日) 15:07:12
石川淳
金井美恵子
大岡昇平
森茉莉

ラディケ
フローベル
マンディアルグ
カフカ

どこの馬の骨ともわからない新人作家の作品など読むだけ時間の無駄だと思ってます。

47 :吾輩は名無しである:2007/02/18(日) 17:36:12
>>35
これはうまい

48 :吾輩は名無しである:2007/02/18(日) 19:17:30
『黒い雨』井伏鱒二
名作です。読んだことない方は是非一読を。

49 :吾輩は名無しである:2007/02/18(日) 22:38:23
>>48
『黒い雨』って盗作なんだろ。
読んだことないけど、井伏の作品として評価はできない。
てか、井伏から『黒い雨』とったら何もないね(笑)

50 :吾輩は名無しである:2007/02/19(月) 04:21:12
>>9
http://d.hatena.ne.jp/keiichirohirano/20061130

51 :吾輩は名無しである:2007/02/19(月) 21:09:17
>>48
手で拳銃作って撃つ真似するところがよかったなあ

52 :吾輩は名無しである :2007/02/19(月) 21:47:07
『パルムの僧院』スタンダール


53 :吾輩は名無しである:2007/02/19(月) 21:59:50
細雪 谷崎

54 :吾輩は名無しである:2007/02/19(月) 22:06:00
今、『黒い雨』を読んでいるところなのに〜〜〜!!!

55 :吾輩は名無しである:2007/02/19(月) 23:26:01
「カルメン」
「マノン・レスコー」
どっちもよかった〜


56 :吾輩は名無しである:2007/02/20(火) 00:56:38
エビフライ

57 :吾輩は名無しである:2007/02/20(火) 07:31:03
>>54
『黒い雨』は盗作じゃないから安心せよ。元の日記作者から許可を得ている。

58 :吾輩は名無しである:2007/02/20(火) 12:39:03
夢十夜 何度読んでも飽きない。

59 :吾輩は名無しである:2007/02/20(火) 12:53:51
『ユメ十夜』として映画化されたようだ。
近日中に渋谷で公開される。

60 :吾輩は名無しである:2007/02/20(火) 21:44:27
月姫

61 :吾輩は名無しである:2007/02/20(火) 23:26:01
>>35
ふふ♪
で抜いた

62 :吾輩は名無しである:2007/02/21(水) 02:56:52
>>57
盗作だ、っていうのは俺も違うと思う。
でも最近関係書籍読みあさってたら日記の文をほぼそのまま使って書いているようなところもあって、作品が素晴らしいのは変わらないけれども日記の作者も広く知られるようになればいいのになぁと思ったよ。

勝手なひとりごとごめんなさい。

63 :吾輩は名無しである:2007/02/21(水) 19:34:07
『黒い雨』を読んでいるところなんだけど、
原爆というと普通はあのきのこ雲の光景しか知らないが、
あの雲の下では一体人々に何が起こっていたのかを井伏は克明に書いている。
こういう視点で書かれた小説はあまりないのではないか。
戦場ということでは、大岡昇平の小説があるけれど。

64 :吾輩は名無しである:2007/02/22(木) 20:59:30
黒い雨といえば、指詰めるところかな。

65 :吾輩は名無しである:2007/02/22(木) 21:27:13
細雪。
なんであれがあの長さなのに退屈しないで読めるんだろう。

66 :吾輩は名無しである:2007/02/23(金) 01:24:32
四姉妹もいいんだけど、それを支えるおっちゃんが
かっこいいからじゃあるまいか。

67 :吾輩は名無しである:2007/02/23(金) 12:09:04
http://ameblo.jp/yoshizen4123/theme-10003147246.html
これはいい。

68 :吾輩は名無しである:2007/02/23(金) 12:26:02
>>67
一時的にアクセスが増えても、下手すると炎上するよ。

69 :吾輩は名無しである:2007/02/25(日) 23:38:24
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/03/96/982fb0d9b986e6c6b0a6a6599d15ad3a.jpg
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/7e/f1/79fa668745aef2f55a3436e51b530568.jpg
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/74/bd/c9f290ae29f8929d42c70ca0f39799fb.jpg
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/76/0c/59449138ecda6522d90885df5d535de2.jpg
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/4e/fe/412968f57b076d829b1513aaa3b6456d.jpg
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/2c/3f/35622106e70d7a88b8ff2231728f5335.jpg
懐かしいなおいw
過去ログ漁ったら丁度2年前くらい、今じゃ知らない人も結構いるんだなぁ。
ってか、まだブログ続けているみたいで、あの年で「継続は力なり」を実践している所に関心しつつも
vipに晒され叩かれても、己の生き様を変えない神経の図太さには呆れたりして微妙な気分。
2年前から比べて多少良い方向に進化しつつあるのかと思ったんだが
ttp://blogimg.goo.ne.jp/user_image/6d/26/bc657a587243d553f0e18802c8fe1ddf.jpg
なおちゃんは相変わらずなおちゃんだよ。期待した俺が馬鹿だったw

気道が圧迫されているみたいなんで、健康状態がちょっと心配だ。

>>837
そのとおり。当時晒されたブログは今でも健在。
そっとしといた方が良いと思うからURLは貼らないでおく。

70 :吾輩は名無しである:2007/02/26(月) 01:23:31
★王子

71 :吾輩は名無しである:2007/03/04(日) 02:46:27
異邦人

72 :吾輩は名無しである:2007/03/04(日) 03:16:32
木更津キャッツアイのシナリオ

73 :吾輩は名無しである:2007/03/04(日) 11:57:55
黒い雨が作者の許可をとってるといっても、やはり
井伏の作品として評価できないんでないかい?
結局コピペなわけだし

74 :吾輩は名無しである:2007/03/06(火) 08:09:07
コレット『シェリ』。
工藤庸子の翻訳も一級品だが、原文は、なんというか全く隙が無い。
こんな凄い文章が書ける作家を「通俗大衆作家」扱いにしてきた
連中は無神経なのだろうかと思わされる。

75 :吾輩は名無しである:2007/03/06(火) 23:22:22
銀河英雄伝説かな

76 :吾輩は名無しである:2007/03/07(水) 12:52:06
ツァトゥストラ

77 :吾輩は名無しである:2007/03/13(火) 07:26:09
谷崎

78 :すめら:2007/03/13(火) 12:40:57
石原慎太郎

79 :吾輩は名無しである:2007/03/13(火) 23:01:21
アルスラーン戦記

80 :吾輩は名無しである:2007/03/21(水) 21:59:35
月姫

81 :吾輩は名無しである:2007/03/22(木) 07:58:01
なんだ「フツー」って?
どんなのが「フツー」なんだよ。
分らない奴だ。

82 :吾輩は名無しである:2007/03/22(木) 10:57:03
>>76
読んだことないのに無理するな

83 :吾輩は名無しである:2007/03/22(木) 11:45:13
異邦人

84 :吾輩は名無しである:2007/03/22(木) 23:20:14
爆発した切符と猪木詩集両方読んでたら面白い

85 :吾輩は名無しである:2007/03/23(金) 12:12:41
したい気分

86 :吾輩は名無しである:2007/03/23(金) 23:34:19
fate stay night

87 :吾輩は名無しである:2007/04/05(木) 21:25:31
ゴリラーマン

88 :吾輩は名無しである:2007/04/05(木) 21:27:56
銀河英雄伝説

89 :吾輩は名無しである:2007/04/06(金) 21:26:30
マジレスだが、文学だけでなく評論やエッセイ、ノンフィクションも含めて

『アンナ・カレーニナ』『戦争と平和』(トルストイ)
『シッダールタ』『デミアン』(ヘッセ)
『天平の甍』『あすなろ物語』(井上靖)
『沈黙』『キリストの誕生』『悲しみの歌』『深い河(ディープ・リバー)』(遠藤周作)
『塩狩峠』『茨の陰に』(三浦綾子)
『されどわれらが日々―』(柴田翔)
『夏の砦』『西行花伝』(辻邦生)
『地獄変』『藪の中』『侏儒の言葉』『トロッコ』『袈裟と盛遠』(芥川龍之介)
『終りし道の標べに』『第四間氷期』『人間そっくり』(安部公房)
『万延元年のフットボール』(大江健三郎)
『楢山節考』(深沢七郎)
『青春の蹉跌』(石川達三)
『道頓堀川』(宮本輝)
『若き詩人への手紙』(リルケ)
『長距離走者の孤独』(シリトー)
『夜と霧』(フランクル)
『生きがいについて』(神谷美恵子)
『悩む力』(斉藤道雄)
『将棋の子』(大崎善生)
『三流』(長島一茂)
『若き数学者のアメリカ』『遥かなるケンブリッジ』(藤原正彦)

90 :吾輩は名無しである:2007/04/06(金) 21:51:08
読書量の足りない俺にとっては正直助かるよ

91 :吾輩は名無しである:2007/04/07(土) 22:51:47
長島一茂はノーベル賞取るべき

15 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)