5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【すてきな】高橋源一郎 part8【おじさま】

1 :吾輩は名無しである:2007/02/05(月) 23:36:23
このままだと競馬2板にしかスレがなくなるじゃねーかw
やっぱりマイナーなのか?
色々>>2あたりに

2 :吾輩は名無しである:2007/02/05(月) 23:40:57
wiki
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E6%A9%8B%E6%BA%90%E4%B8%80%E9%83%8E
公式サイト
ttp://www.funk.ne.jp/~gen1rou/index.html/
過去ログ
過去スレ
1 http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1001562108/
2 http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1035861204/
3 http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1062592168/
4 http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1075464222/
5 http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1106834140/
6 http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1132148635/l50
7 http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1146996650/

3 :吾輩は名無しである:2007/02/05(月) 23:42:42
若干ミスッたが気にせず語ってね。

4 :高橋源一郎誅伐評議会局長・悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/02/06(火) 00:01:35
全軍、所定位置につけ!

5 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/02/06(火) 00:02:17
なんではるきちはそこまでw

6 :高橋源一郎誅伐評議会一番隊隊士・人斬り似蔵:2007/02/06(火) 00:04:14
さぁ、こい!
有象無象!
Q10! そっちの様子はどうだ?

※Q10とは、人斬り似蔵が専用で操る血も涙もない殺人ロボットなのであった。

7 :高橋源一郎誅伐評議会思考型殺戮ロボ・コエンザイムQ10:2007/02/06(火) 00:06:09
ガリガリガリ……
 ジジジジィ……
イマノ所、イツモノ婆ァ、一人ダケデ ヤンス
   ジジジジィ……
  ガリガリガリ……


8 :吾輩は名無しである:2007/02/06(火) 04:08:57
>>1
ずっと待ってました!!!!

9 :吾輩は名無しである:2007/02/06(火) 06:20:59
ニッポンの小説 百年の孤独読んだよ

10 :高橋源一郎誅伐評議会思考型殺戮ロボ・コエンザイムQ10:2007/02/06(火) 07:54:57
ガリガリガリ……
 ジジジジィ……
イマノ所、イツモノ婆ァノ自演ダケデ ヤンス
   ジジジジィ……
  ガリガリガリ……

11 :吾輩は名無しである:2007/02/06(火) 12:36:53
タカハシさんは天才かもしれないなあ

12 :吾輩は名無しである:2007/02/06(火) 19:11:38
『優雅で感傷的な日本野球』ニヤニヤしながら読んでたら最後の方でなんか
泣きそうになった。

13 :吾輩は名無しである:2007/02/07(水) 00:46:09
天才ではない

14 :吾輩は名無しである:2007/02/07(水) 01:21:09
「官能小説家」読んだら漱石の新作が読みたくなった。誰か連れてきて。

15 :吾輩は名無しである:2007/02/07(水) 01:32:46
スレタイ無理すんな

16 :吾輩は名無しである:2007/02/07(水) 11:40:53
ニッポンの小説はなかなかすごいと思います

17 :高橋源一郎誅伐評議会思考型殺戮ロボ・コエンザイムQ10:2007/02/07(水) 14:25:32
ガリガリガリ……
 ジジジジィ……
高橋ガ踏ミ躙ッテキタ女ノ名ヲ全テ言エル奴イル?
   ジジジジィ……
  ガリガリガリ……

18 :高橋源一郎誅伐評議会一番隊隊士・人斬り似蔵:2007/02/07(水) 14:26:20
よし、いいぞQ10!
その調子だ!

19 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/02/07(水) 14:54:12
りさぶがたてた援交すれw


地位肩書き投げ遣りの援交
キタナシ(-_-#)

20 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/02/07(水) 15:06:49
 特攻隊長のぼくとはるきち首長のふたりでげんちゃん伐ちとったるわいよww

ぜったいやっかんね
むかつくもん

わかい女のコたぶらかして日本文壇だらくさせてる最悪玉やからに
下劣。下等ぶんし
たたかうたたかう!純文はおとなの読み物だもん。
 しょーじょ趣味はラノベいけ!おかど違い、はためいわく。


ぜったいげんちゃんのはげエロくさいあの
ハナノシタのばした鼻めがね、めあほりかるにぶち破るかんねっ
覚悟しいやっ

首長(ぼす)をなめんなっはるきちなんかずっとよーこたんらぶらぶだぞっ純情模範だぞ

りさぶをたぶらかすな!くそえろ肩書き悪用援交じじっ
ゆめをあたえるなんかただの猥褻小説やないかっはげっ

21 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/02/07(水) 15:15:48
げんちゃんは若い女のコが書いたぶんならなんでもべた褒めw
あきらかにはなのした伸びとる
(-_-メ)いやらし


討つぞうつぞ
日本文士の威信に懸けてひきずりおろすぞっ

文藝の悪大官ぜったいラノベがわに叩き出す
未来の日本文学のための、忠義たる大義なりしや

22 :吾輩は名無しである:2007/02/07(水) 16:53:27
>>11
本当のことは、大江やガルシア・マルケスやカルヴィーノに憧れてるだけのオジサン。

23 :高橋源一郎誅伐評議会一番隊隊士・人斬り似蔵:2007/02/07(水) 18:18:10
高橋源一郎。
コノ野郎、江頭とおなじ死に方をしなけりゃウソだろう。

24 :高橋源一郎誅伐評議会思考型殺戮ロボ・コエンザイムQ10:2007/02/07(水) 18:20:12
ガリガリガリ……
 ジジジジィ……
江藤ノ間違イデハ?
   ジジジジィ……
  ガリガリガリ……

25 :高橋源一郎誅伐評議会一番隊隊士・人斬り似蔵:2007/02/07(水) 18:42:07
なんだオマエ、俺様に盾突く気か?
前頭葉装置の調整が必要だ。

26 :吾輩は名無しである:2007/02/07(水) 18:57:44
ポーズだけで終わりかけたタカハシさんがついにニッポンの小説で勝負に出た!

27 :高橋源一郎誅伐評議会思考型殺戮ロボ・コエンザイムQ10:2007/02/07(水) 19:06:15
ガリガリガリ……
 ジジジジィ……
女ガ子供ヲ産ム機械ナラ、男ハ孕マセル機械ト云エヨウ。
   ジジジジィ……
  ガリガリガリ……
                       φ
                    ┗[`ε´]┛
                      ノ▽ノ
                     <<

28 :高橋源一郎誅伐評議会一番隊隊士・人斬り似蔵:2007/02/07(水) 19:07:54
おっ、いかんいかん。
ネジを回し過ぎた。
キレすぎる。
ロボットと女は少しぐらい馬鹿な方が可愛い。

29 :ピンクヘルメット少女団・ヨウコ:2007/02/07(水) 19:14:12
>>28
ちょっとぉ、アンタ、また始まったかい?
アタイらの性を侮辱するとタダじゃおなかいよ!
アタイはね、なますしか食べないんだ。
それもとびきり酸っぱいヤツだ。
酢をたくさん摂取してるから、アンタなんかより体が柔らかいんだ。
わかったら、さあ、そのガラクタ担いで消えちまいな!

30 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/02/07(水) 19:27:40
このどうしようもないせんすw

まさにはるむーーの逃げたいせんす

すめるじゃこふくさ

31 :高橋源一郎誅伐評議会一番隊隊士見習い・ヽ(゜Q。)ノ:2007/02/07(水) 19:37:29
く、く、く、クイタン後付けなし、く、く、悔しいなぁ。

32 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/02/07(水) 19:43:29
たおせたおせ!
りさぶをまもれえ

33 :カモノハシ源一郎 ◆4/2Q774846 :2007/02/07(水) 20:53:05
勉強になります。

34 :高橋源一郎誅伐評議会一番隊隊長・銀壱 ◆cqhsAMLQIg :2007/02/08(木) 23:09:39
我が国に於いてプロ審査員第一号といえば高橋源一郎だが、
彼が太鼓判を押してデビューさせた男性作家のうち、
出世頭といえば、誰だろう?


35 :吾輩は名無しである:2007/02/08(木) 23:34:43
美奈子なんかと口きいている時点で×

36 :吾輩は名無しである:2007/02/09(金) 00:19:53
>>34
いねぇーよ。
オヤジは慰謝料払うのに大変なんだ。
業界ぐるみでバックアップしてんだろう。
姑息で矮小な業界だ。
新人に罪は無い。

37 :吾輩は名無しである:2007/02/09(金) 00:37:42
まるで日記を更新していないのはなぜですか?
鎌倉では幸せな生活を送っているのでしょうか?
なんか気になります。

38 :吾輩は名無しである:2007/02/09(金) 00:53:52
4 名前: 帰ってきた魔法少女ダダ Mail: 投稿日: 2006/09/22(金) 19:43:43

              。・*.'        ・*.・。..・'゜〜☆
            。'゜  oノハヽo  ★' ゜だだ〜〜んっ!
            .*'   从*・ 。.・)/  <スレ主が豚人間となりますように・
            ・。  ( つ  つ   ゚  '*
                 (  ヽノ 。    ..・
                  し'(,_)  '・ * ' ゜


ハイソサエティのテメェの餓鬼がどうなろうが知ったことか、バカ野郎。
下を見てみろ。
オマエはもう30年前のオマエじゃねぇーゾ。
青春文学を審査するオマエに青春の何がわかるんだ?
答えろ、コノ野郎。
これだから「後追い全共闘」は嫌いなんだ。
高橋源一郎。
フザケルナって、ッバカ野郎!
オマエなんかもうイラねぇって。
消えろ。

【そろそろ新車の】高橋源一郎・怒濤の第9集【季節です】

39 :吾輩は名無しである:2007/02/09(金) 07:15:00
>>37
>鎌倉では幸せな生活を送っているのでしょうか?

今年の夏、巨大地震で鎌倉は日本地図から消滅するだろうね。

40 :吾輩は名無しである:2007/02/15(木) 17:39:55
今から三年前に『ギャング』を読んで俺様なりに感銘を受けた。
半年位は『ギャング』のことが頭にあり、この作品との出会いを契機に詩や小説への興味は加速度的に増加してゆき、読みあさった。
三年間で部屋に千冊以上の本がたまった。
今日、一年振りに読み返した。
そしてなんだこんなものという感想しか持てなかった。
最近小説を読むのも疲れてきた。もっぱら哲学書ばかり眺めている。
自分の中で詩が死んだのだろうか。それとも“成長”という単語でくくられる何かが起こったのだろうか。
誰か私に意見を頂けないだろうか。
23の男で四月から企業に勤める予定の大学4年生である。


41 :吾輩は名無しである:2007/02/15(木) 22:27:53
>>40
暇だから釣られてやる。

まず、文章が自意識過剰で気持ち悪い。
多分お前も自意識過剰で気持ち悪いんだろう。
三年で千冊読んだならもっとマシな文章書け。

気持ち悪いから
二 度 と く る な

42 :吾輩は名無しである:2007/02/15(木) 22:36:35
はじめて読んだときは感銘をうけるけど、千冊の本を読んだあとには、
なんだぁーこれ?、という感想しか持てなくなるという
なかなか淡白な「さよならギャングたち」について、
ハァ〜、とかタメ息をついて語ろうぜい。

43 :吾輩は名無しである:2007/02/16(金) 01:19:37
>>41
よし釣られてやる

なんだその(ryは

44 :40:2007/02/16(金) 03:04:00
ははっ!
感想ありがとう!
つまりあれさ!
『ギャング』を初めて読んだとき、こいつには一杯文学が詰まってて、なんてベリナイスなんだと思ったんだよ!
それがだよ、昨日読んだらただのひねくれた衒学大会じゃねえか百済ねえ!

で、聞きたいのは『ギャング』は君たちから見て文学が詰まってるのかい?ってこと。
ただ俺様の中の感性が鈍っただけなのか、元々糞みたいなもんなのかってそこのところさ!


45 :吾輩は名無しである:2007/02/16(金) 05:09:43
>百済ねえ

↑すっげえチャーミングだぜ、おまえ……

46 :吾輩は名無しである:2007/02/16(金) 08:08:09
test

47 :吾輩は名無しである:2007/02/16(金) 12:21:29
っていうか。一ぺんの小説を読んだあとの感動を「文学が詰まっている!」と表現する人も珍しい気がします。
そうした感想が可能なのは、「文学」とは何かということを正確に知っておられるからでしょう。
ゆえに小説に含まれる「文学」度を測ることも40さまには出来るのでしょう、と愚考いたしました。
ええ、つねづね私もね。一度でいいから、言ってみたかったのですよ。
100パーセント「文学」じゃなきゃ、「文学」とは認めぬ。
100パーセント果汁じゃなきゃ「ジュース」とは呼べないのと同じことだ、とね。

「さよならギャングたち」についていえば、ページをくるのが楽しい本でございました。
ひょうい、ひょい、読み進んで、あっと、いう間に一冊の本を読み終わる壮快感を、
教えてくれた本であったような記憶があります。
「文学」濃度のことに思い至らなかったのは、こっちがまだ1000冊、読んでないからかもしれませぬ。ははは。

48 :40:2007/02/17(土) 14:25:44
文学が何かって、俺様なりに答えは出ている!

ただーし!文学が詰まってるという表現は源一郎自身がギャングを評した言葉を使ったぜ!

ギャングに流れるリリシズムはハルキ全集を凌駕するだろう?
ったくなめやがって!
なんでアリストテレスなんだよクズが!

49 :吾輩は名無しである:2007/02/17(土) 14:29:33
>>48
こいつリーヴィスじゃね?

50 :吾輩は名無しである:2007/02/17(土) 14:43:57
「ねぇS・B、リーバイスはもはやアメリカじゃないんだ」

51 :吾輩は名無しである:2007/02/17(土) 14:58:50
>>50
これボケてんのかな?
それともアホ

52 :吾輩は名無しである:2007/02/17(土) 16:40:15
三田誠広が源一郎について語ってる。


しかし村上春樹の出現によって、日本文学のムードが大きく変わったことは事実です。
簡単に言うと、生真面目で深刻なポーズを装ってないと「文学」とは認められないという、日本的伝統が払拭されました。
人間を描くとか、いかに生きるべきかを模索する、という近代小説発生以来の錦の御旗が、急に色褪せたものに感じられるようになったのも、この頃からです。
(略)
まず高橋源一郎が現れました。
『さようなら、ギャングたち』という、アヴァンポップです。
この作品も、リアリズム小説のようなストーリーは、まったくありません。
つまらないホラ話が延々と続くというようなスタイルです。
でも細部に、ところどころ、面白いところがある、らしい。
正直に言って、私には、高橋源一郎のどこが面白いのか、まったくわかりませんが。
しかし、村上春樹がふつうの小説を書くようになったのに対し、高橋源一郎は、アヴァンポップふうの作品を、何作か続けて書きました。
しかしこんなもの、長続きするはずもありません。
やがて高橋源一郎は、まったく作品が書けなくなって、競馬評論家に転じました(というのは仮の姿で、テレビ出演でお金を稼いで、そのうちすごい作品を出すのではないかと私は期待しています)。

結局、初期は越えられそうにないけど。

53 :吾輩は名無しである:2007/02/17(土) 20:20:34
三田誠広ごときに言われたくない


54 :吾輩は名無しである:2007/02/17(土) 21:20:14
著作権に無知だから著作権ゴロの犬やってる無恥な三田誠広さんですね

55 :40:2007/02/17(土) 23:53:28
三田くそうぜーなw

でも言ってることはあってるんじゃん!?

56 :40:2007/02/18(日) 03:48:21
結局源一郎なんてのは
『ギャング』と『火星人』だけだぜ〜?
(それもナンボのもんじゃいというのはある)
才能が枯渇してるのもマルワカリで、本人が誰よりわかってるだろ?
痛々しいんだよ!
でも先生ズラする《日本一やさしい評論》は俺様の好みに合うけどな!

室井ウヅキの方がキャラ濃いぜ〜?

つうか教授になれたからもーどうでもいいんだろうな。
文学なんて

57 :吾輩は名無しである:2007/02/18(日) 04:51:56
40さんの語る「文学」とは何なんでしょう?

58 :吾輩は名無しである:2007/02/18(日) 04:57:09
ギャングをはじめて読んだときに、どういうところに文学が詰まっていると感じたのでしょう?

59 :吾輩は名無しである:2007/02/18(日) 07:48:49




朝鮮人だから




死ねばいい

60 :40:2007/02/18(日) 11:17:34
>>57
まっ、俺様なりだけど文学とはあらがい難い大きな力(社会、死、他者)と人間が対峙した時におこる感情(主に怒りや悲しみ)や行動を文字化することだと考えている。

>>58
今ちょっと答えられない


61 :吾輩は名無しである:2007/02/18(日) 11:49:26
「文学とは」を語るのに「俺様」を使えるその美意識に脱帽。

62 :40:2007/02/18(日) 12:02:26
でも、本音は

文学=紙面上にエゴによるテロ
であるべきだと思う。

ギャングはその変奏型さ。
社会に対するおぞましい憎悪が詰まってやがる!
それにポップな服をきせて……


63 :吾輩は名無しである:2007/02/18(日) 13:15:55
ただ、源ちゃんに勝るとも劣らない、文学とやらに対するペダンチックな態度に辟易させらているのは私だけでないでしょうね。

64 :吾輩は名無しである:2007/02/19(月) 03:13:45
ニッポンの小説は文学史に残りますか?

65 :吾輩は名無しである:2007/02/19(月) 07:32:37
残るのはギャングと野球くらいか。

66 :吾輩は名無しである:2007/02/19(月) 10:48:25
ペンギン村も入る
要は初期だけ、、、虹はマニアにしかウケない。

67 :高橋源一郎誅伐評議会局長・悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/02/19(月) 10:58:29
俺様がいないと本当に駄目なオマエらだな。

>>62の「文学=エゴによる紙面上のテロテロであるべきだと思う。」が唯一イイ線いってるね。
今日において文学とは「自意識の切り売り」のことだ。だからこそパーソナリティが
重要となることを繰り返し主張してきた。
そんな「女流」が一人としていたか? 俺がやっていたことは「性差別」ではない。
それをベースに、せめてソコから、歓談を続けてくれ。
当分引き籠もる。

68 :吾輩は名無しである:2007/02/19(月) 11:08:07
誰だあんた?
しらね。

69 :吾輩は名無しである:2007/02/19(月) 11:48:21
火星人もそこそこ良かったけどな

70 :40:2007/02/19(月) 11:56:46
俺はぶっちゃけ火星人が一番ヨシと思うがね
惑星P13?なんだありゃ

日本文学にポップな足跡を残しただけでひとまず《合格》としようか
それと繰り返すが『ニッポンの小説』みたいな先生口調は嫌いじゃない
実に薄汚い文体だが、自省せずに中出しできる奴ってのはこんなもんだろうな。
けっ!
源一郎さんよ〜!
吉本爺さんにイイコイイコして貰ったポップ文学でもう一度勝負してみる気はないのかよ
題名に《ギャング》の文字を入れるのもありだ!
文学が大好きで文学的な才能が無い、その意味で誰よりもあまりに文学的な高橋源一郎よ、
まだお前に期待してる俺様がここにいるぜ!

71 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/02/19(月) 12:33:39
ぼく好きじゃない

すぐえっちなこと書くから国賊だよ
討てうて征伐だよ

ぜんぜんすてきじゃない
りさくま贔屓して気味わるい
離婚歴あるし

72 :吾輩は名無しである:2007/02/19(月) 13:08:00
40さん。結局、何が言いたいの?

73 :40:2007/02/19(月) 13:51:43
私がここに結論めいたものを配置することがが貴方がたにとっての解答としての解答になるとは思えない
それは私が以前に記した言葉の束が一定の範囲内で揺れ動く軌跡を辿ることがそのまま個人的な考えを示すことにならないのと同じ理由でだ。
これらの事柄は説得力という言葉を使うに耐えうる質量をもってある判断を留保することを私に承認させるが、
それ百済ないという付言によって無効化し、ある喫茶店の廃棄吼から抜け出て行ってしまうようなものでもない。


74 :高橋源一郎誅伐評議会局長・悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/02/19(月) 14:35:08
言うことが垢抜けてきたじゃねぇーか。
だがまだまだだ。
「明日」という未知なる日を恐れる未開なオマエらに知恵を授けてやろうか。

75 :吾輩は名無しである:2007/02/19(月) 15:25:35
籠もるんじゃねーのかw
消えろカス

76 :吾輩は名無しである:2007/02/19(月) 15:34:48
群像で古井由吉がネットの言葉について語ってるのを読んで、古井の方が歳上なのに、ずっとポストモダン文学やってきたTGより的確なことを言ってると思った。

77 :吾輩は名無しである:2007/02/19(月) 16:15:04
源一郎は小説論ではなくてヤリチン論を書け
俺は買うよ

78 :高橋源一郎誅伐評議会局長・悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/02/19(月) 17:32:32
いいから高橋は、俺様に特別新人賞を出して引退して左団扇の放蕩生活に明け暮れろって。
アンタの志しは俺が受け継いでやるから安心しろ。
アンタよりも洗練された形式で。
冗談として、珠に古井を絡めながら。














79 :吾輩は名無しである:2007/02/19(月) 17:55:48
>>78
こんなとこ来るより
とっとと小説書いてろ

80 :吾輩は名無しである:2007/02/19(月) 18:25:46
>>78
妄想乙

81 :吾輩は名無しである:2007/02/19(月) 18:45:19
>>74
はやく40さんに知恵見せてやれよ


82 :吾輩は名無しである:2007/02/19(月) 20:32:53
40と74は同一人物でしょ?

83 :吾輩は名無しである:2007/02/19(月) 22:29:53
『高橋源一郎の愛読者ってどんな感じだろう』

『・・・電車オタクっぽいんじゃない?』

84 :40:2007/02/19(月) 22:32:31
ここでの私の名前は一つだ。
My name is 40

85 :高橋源一郎誅伐評議会局長・悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/02/20(火) 01:41:28
>>76
>群像で古井由吉がネットの言葉について語ってるのを読んで、
古井の方が歳上なのに、ずっとポストモダン文学やってきた
TGより的確なことを言ってると思った。

ジーさん、なんていってんだよ。
金を出して読ませるほどのことか。
ないと思うなら、要約しろよ。

86 :高橋源一郎誅伐評議会局長・悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/02/20(火) 01:51:54
>>44
>『ギャング』を初めて読んだとき、こいつには一杯文学が詰まってて、
なんてベリナイスなんだと思ったんだよ!
それがだよ、昨日読んだらただのひねくれた衒学大会じゃねえか百済ねえ!

時代的な空気感にヤラれていたわけだ。今に綿矢と金原もそうなるから、みているがいい。
オモチャの「たまごっち」が大旋風を巻き起こしたとき、あんた、タダのゴミクズに見えただろ?
それと同じことだ。
しかし、ゴミクズだから価値がないわけではない。
近ごろでは、ゴミと知りつつ手を出すムーブメントもあるようだからな。

87 :高橋源一郎誅伐評議会局長・悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/02/20(火) 03:26:41
>>70
>源一郎さんよ〜!
吉本爺さんにイイコイイコして貰ったポップ文学でもう一度勝負してみる気はないのかよ

いつまでも「高橋」じゃねぇーだろ。
若いヤツは常に新しいよ。
問題は、ベテランの誰がその後継者として引き上げるかだ。
だが、誰もそれをしない。
なぜか?
書き手にはエゴがあるからだ。
「ない私」の高橋にしてからがそうだ。
だから俺は信用しないって言ってんだ、こんなもん。
愛ルケの渡辺なんかその塊みたいなもんだろう。
作家は、業界に愛されたって仕方がネンダヨ。
バカ野郎!


88 :吾輩は名無しである:2007/02/20(火) 03:33:35
まあまあ穏便に。
今日も寒くて静かな夜だなァ。

89 :吾輩は名無しである:2007/02/20(火) 03:43:49
そうそう。ほら、なんかのエッセイで
20代の時、
書いたり、人に会ったり出来なくなって、
10年くらい肉体労働して、
途中から、書くことのリハビリをしてた、云々って
あったじゃない?

アレはほんとうなんですか?
でまかせ?

でまかせだったら、ショックだなァー

90 :吾輩は名無しである:2007/02/20(火) 05:23:46
「キリスト教は消えて無くなるよ。そんなことを議論する必要はない。僕は正しいし、
その正しさは証明される。僕らは今やキリストよりも人気がある。
ロックン・ロールとキリスト。そのどちらが先に無くなるかは分からない。
キリストは正しかったさ。だけど弟子達がバカな凡人だった。僕に言わせれば、
奴らがキリスト教を捻じ曲げて滅ぼしたんだよ」

           本物のロッカー ジョン・レノン

Mother (by John Lennon)

Mother , you had me but I never had you
I wanted you but you didn't want me
So I got to tell you
Goodbye goodbye

Father, you left me but I never left you
I needed you but you didn't need me
So I just got to tell you
Goodbye goodbye

Children, don't do what I have done
I couldn't walk but I tried to run
So I got to tell you
Goodbye goodbye

Moma, don't go
Daddy, come home

91 :吾輩は名無しである:2007/02/20(火) 22:45:07
『高橋源一郎の愛読者ってどんな感じだろう』

『・・・電車オタクっぽいんじゃない?』

92 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/02/20(火) 23:10:14
隊長はまじですごいww

核心突きまくりの槍使いだな
とりゃーっ
(>.<)y――<”ぶんぶん


ぼくなんかあれ、あれだもん
(≧▽≦)/カタナカタナ
(o^-’)bしんせんぐみ一番隊特攻っ

ちゃんちゃんばらばら
o(≧∇≦o)(o≧∇≦)o(≧▽≦)/わたや姫をうばい返せっ
はなのした伸ばしやがってっえろじじっ

ぜんぜんすてきじゃないよっ
ただのえろはげひいきじじじゃん
下らね(#+_+)
相手にしない
やだもん、こんな若い女ひいきじじ

93 :吾輩は名無しである:2007/02/22(木) 19:07:56
朝日新聞読んだぞ。
「SIGHT」の原稿使いまわしやがって、なんてモノカキだ。けしからん。

94 :吾輩は名無しである:2007/02/25(日) 20:52:50
23 :吾輩は名無しである :2007/02/25(日) 04:28:29
高橋源一郎がことあるごとに天才と激賞している新見彰の「制服奴隷レイプ」
「制服レイプ学園・凌辱クラブ」を読んだが、いまいちだった。
まあ、佳作程度の出来。官能小説初心者向けに比較的バランスの取れた作品という印象。
描写の粘っこさがすごい!なんて誉めてたが、何をおっしゃる、フランス書院だけでも
もっと素晴らしいものがたくさんある。
結論として源ちゃんは少なくとも官能小説は読めていないし、それほど読んでもいない。
たぶん大文字の「文学」みたいなものへのシニックだか戦略だかで
官能小説、官能小説と言ってるだけってのがバレバレだw
こういう一面を見せられると、種々の言説も真に受けていいのか心配になってくるよ。

95 :弧高の鬼才 ◆W7.CkkM01U :2007/02/25(日) 21:08:29
そうだねローションティッシュだね

96 :女郎文学にまみれて ◆O.PAY.tpOo :2007/02/25(日) 23:58:29
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20070225it16.htm?from=top

97 :女郎文学にまみれて ◆O.PAY.tpOo :2007/02/26(月) 00:01:49
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BE%BB%E6%94%BF%E4%BF%A1

98 :吾輩は名無しである:2007/03/03(土) 10:31:24
TGの薦める漫画は大友克洋だとか、しりあがり寿だとか、少女漫画でいう昭和24年組だとか前衛っぽいのばっか。

99 :吾輩は名無しである:2007/03/03(土) 10:50:12
作家リンク集/BUNGAKU ONLINE http://www.comcarry.net/~yuima/

100 :吾輩は名無しである:2007/03/03(土) 10:59:17
>>98
>TGの薦める漫画は大友克洋だとか、

作品集『ショート・ピース』辺りの世界観を意識して書いてた時期があったが、
そのことに高橋ほど無理解な男はいないと思うよ。
そればかりでなく、この男が精力的にプッシュするシバザキだかナンだかの
コーマン小説群とどこで折り合いがついてるのか、俺にはよく解らんのだな。
ひとつハッキリしているのは、大友さんに失礼だから、その名を口にするなということだ。

101 :吾輩は名無しである:2007/03/03(土) 12:01:48
でも、ガルシア=マルケス、古井由吉や高橋源一郎と並んで大友克洋を称えてたからね。

102 :吾輩は名無しである:2007/03/03(土) 22:25:36
シバサキだこの糞ヤロウ
>>100

103 :吾輩は名無しである:2007/03/04(日) 01:13:14
>シバサキだこの糞ヤロウ

だったら今後一切、仮名を振っとけ。バカ野郎。

「続きは次回」とかいって、飛ばしてんじゃネーか。
書けなくなったか。
ヤクザな男だよ、まったく。
餓鬼は幾つになった?

このオヤジはどうも面白くねぇ。
もう一度、暴れるか?

104 :山本リンダ:2007/03/04(日) 21:52:08
「ふつうの人たちのふつうの生活」

そんなもん、何が面白んだ?
五十代半ばにして三人分の人生を生きたような男には新鮮に思えるのかも知れんがな。

105 :山本リンダ:2007/03/06(火) 16:54:03

『面白いのは、橋本さんの本は、タイトルに、「言いたいこと」がはっきり現れているものが多い、ということだろう。』
屋根裏部屋に身を潜めたユダヤ人みたいなモンしか書けないオマエがナニ言ってんだ、っバカ。
『いったい、橋本さんの頭の中は、どうなっているだろう。』
テメェの頭の中身の方が気になるゼ。どうなってんだ一体?
『さらに驚くべきことは、橋本さんは、小説の中に出てくる風景が、細部まで詳しく「見えている」そうなのだ。』
橋本治。
少し前の「NHKアーカイブス」でやってたな。猿みたいに拗ねてたよ。
次に生まれ変わったらイタコにでもなりゃいいんだ。


106 :吾輩は名無しである:2007/03/06(火) 17:11:57
もういい加減「どうなっているんだろう」とかやめたほうがいい。


107 :吾輩は名無しである:2007/03/06(火) 19:37:14
それでも俺は源一郎さんが大好きだ。

108 :吾輩は名無しである:2007/03/06(火) 21:07:40
感覚の鋭さ、頭の良さみたいなものと筆力(作家的体力みたいなもの)との
ギャップが大きすぎるねこの人は。
意図的に「軽い」ものを書いているのだろうけど、実は「軽い」ものしか書けないというのも事実。
要するに、書けるけどあえて書かないんだよ、みたいな凄みがこの人にはない。

109 :山本リンダ:2007/03/06(火) 21:11:12
どうしてだか解るか。
人間の作りが軽薄だからだ。

アンタの言ってることはよーく解るよ。
一言でいえば下手くそなんだ。
実作向きじゃないんだよ、コノ男は。

110 :吾輩は名無しである:2007/03/06(火) 21:12:17
なるほどなあ

文学って奥深いっすね

111 :吾輩は名無しである:2007/03/06(火) 21:20:40
大江健三郎と筒井康隆が既にいるから別に良いんじゃない?

112 :山本リンダ:2007/03/06(火) 21:32:52
>>111
>筒井康隆

高橋より筒井康隆のほうが巧いじゃん。

113 :吾輩は名無しである:2007/03/06(火) 21:57:04
>>108
いや、軽く書いていて筆力はないが感覚は鋭い、ということになっているが、
実際は異常なほどに感覚が鈍いんだよ。本人はそう分かっていると思う。

114 :山本リンダ:2007/03/06(火) 22:07:06
>>113
>本人はそう分かっていると思う。

そんな高橋が、自分はナゼ嫌われるのかが分らない。
面白いね。

115 :吾輩は名無しである:2007/03/06(火) 22:10:15
え? 分かってるんじゃないのかなあ。

116 :吾輩は名無しである:2007/03/06(火) 22:26:52
前衛的スタイルを全面に出すのが良くないと思うよ。
例えば、日本画の横山大観なんかは超越的なものを描くために自然を描いていたらしい。
三田誠広も言ってるが、前衛ばっかやると、前衛バカになる恐れがある。

117 :山本リンダ:2007/03/06(火) 22:31:43
離婚と結婚を五回繰り返せるのも「前衛バカ」の成せる技かい。
大したもんだ。

118 :吾輩は名無しである:2007/03/06(火) 22:37:20
そーゆー意味じゃソレルスなんか凄いよな。
前衛のための前衛みたいな形式の小説ばっかり書いてるけど、ときには
普通の書き方でめちゃ面白い伝記や評論をものしたりもする。
あういう前衛こそ真の前衛だろう。

119 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/03/06(火) 22:38:34
はるきち源ちゃんめのかたきにしすぎwww


ただのゲイシャずきダメオッサンなんやからほっとけ
鼻のした伸ばしてりさくま他ゲイシャ連中すぽいるするのがらいふわーく

灘高そつだけが自信w
かこの栄光にひたる男よりみじめなものはない
そりゃリサクマからの同情もかうわwゲイシャあそびしかやることないもん

120 :山本リンダ:2007/03/06(火) 22:39:07
>>118
>そーゆー意味じゃソレルスなんか凄いよな。
>前衛のための前衛みたいな形式の小説ばっかり書いてるけど、ときには
>普通の書き方でめちゃ面白い伝記や評論をものしたりもする。
>あういう前衛こそ真の前衛だろう。

アンタの書き込み読んでると、煖エ本人を思い浮かべちまって、
ナンか痛々しいものを感じるよ。

121 :高橋源一郎誅伐評議会局長・悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/03/06(火) 22:58:32
>>117
>離婚と結婚を五回繰り返せる

それに「妊娠、出産」を加えると「ロイヤル・ストレート・フラッシュ」って感じだな。
男の高橋は中途半端だねぇ。
コイツはどうして「男」の応援団にならないんだろう?
取り敢えず、死ぬまで喰ってはいけるだろうが、
テメェの保身ばかり考えてたってダメなんだよ。
その意味では腐れダヌキの村上龍も同じだ。

122 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/03/06(火) 23:05:20
源ちゃんはなんでそんなに浮気すんのかね

確実にアタマ逝かれたんじゃない。失語で
あわれ
常識じゃかんがえられない

123 :高橋源一郎誅伐評議会局長・悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/03/06(火) 23:11:08
高橋は東京拘置所で頭がおかしくなったんだよ。
失語症? はぁ? 出てきた後はコーマン小説マンセーオヤジに。
死ぬまで閉じ込められてりゃヨカッたんだ、こんな奴。
それにひきかえ宗男をいいね。
「絶対に負けるか、この野郎!」
腹筋運動と腕立てで体力を養い、次の機会を虎視眈々と窺うあのバイタリティ。
彼が問われた罪はともかく、彼こそが男だ。

124 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/03/06(火) 23:17:53
あたまへんなひとなのになんでリサクマとか平気で言う事きいて
すてきなおじさま
とかいうすれ立ててんの

ゲイシャ、またひとり騙されんじゃない
あたまイカレてうまく抑圧できないだけなのに

125 :吾輩は名無しである:2007/03/07(水) 17:52:01
もしかして、
最近息子を生んだっていう、
鎌倉での結婚も破綻?

126 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/03/07(水) 17:54:35
二流遺伝子が氾濫するなあ

127 :吾輩は名無しである:2007/03/07(水) 18:59:07
先生の息子はいつまでもお元気でテラウラヤマシス

128 :高橋源一郎誅伐評議会局長・悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/03/07(水) 22:34:58
高橋源一郎の最初の長男はどこでナニやってんだよ。

129 :吾輩は名無しである:2007/03/07(水) 22:38:40
>高橋は東京拘置所で頭がおかしくなったんだよ。
ひき逃げか

130 :高橋源一郎誅伐評議会局長・悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/03/07(水) 23:00:40
親に反抗もできない甘ったれたクソ餓鬼共による内ゲバだろう。
それはいい。
いまの煖エを見ろ。
いや、高橋に限らず、あの醜いオヤジ共、活動家の骸を。
だったら最初からナニもやるなというのだ。
あの、変節が醜いのだ。

131 :吾輩は名無しである:2007/03/07(水) 23:15:19
源一郎が拘置所でしたためたノートとか残ってないの?
獄中手記ってカッコいい!
マルクス読んでいたんでしょ。当時の手記、出版してください。
佐藤優なんかにでかい顔させていちゃダメよ。

132 :高橋源一郎誅伐評議会局長・悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/03/07(水) 23:20:10
獄中手記は発表するわ、離婚と結婚を5度も繰り返すわ、
こんな悪い奴はみたことないね。
極道。
フツーな小説に憧れる極道だ。

133 :吾輩は名無しである:2007/03/07(水) 23:28:44
極道かあ…
恰好いい!

134 :アゴ助ファミリー ◆CcURj2zToM :2007/03/07(水) 23:52:46
いや、それほどでもないな。

135 :アゴ助ファミリー ◆CcURj2zToM :2007/03/10(土) 23:12:51
『スラッシュ禅問答』
歌:筋肉少女帯 作詞:大槻ケンヂ 作曲:橘高文彦

二日酔いの 無念極まる僕のため
もっと電車よ まじめに走れ!

「ならば問う 人生とは何ぞや?」
「イデオロギー無き我が屍を 血祭りにあげるが如し!」

人生つらけりゃ 俳句を読めよ
言葉が足りなきゃ短歌があるぜ

それでも駄目なら詩でもよいし
いかんともしがたきゃ奥の手あるぜ

あれだ 何だろ
禅問答 それが定番(おきまり)

「ならば問う 人生とは何ぞや?」
「演歌歌手の喉笛を
ボンテ-ジ女が 血のにじむほど 絞めるが如し!」

僕等は迷い子
ワラをも掴め スラッシュ禅問答

136 :アゴ助ファミリー ◆CcURj2zToM :2007/03/10(土) 23:13:27
人生つらけりゃ ジルバを踊れ
ステップ踏めなきゃ スラッシュあるぜ

あれだ 何だろ
禅問答 それで解決

「ならば問う 人生とは何ぞや?」
「サハラ砂漠で狂ったネコの 反復横飛びを見るが如し!」

僕等は迷い子
ワラをも掴め スラッシュ禅問答

幾時代かがありまして
茶色い戦争ありました
幾時代かがありまして
冬は疾風吹きました
さらに十年、そして十年
ゆあ-ん ゆよ-ん ゆやゆよん

僕等は迷い子
ワラをも掴め スラッシュ禅問答

どうすればいいのだ
小首をかしげて スラッシュ禅問答

「ならば問う 人生とは何ぞや?」
「ならば問う 人生とは何ぞや?」

137 :アゴ助ファミリー ◆CcURj2zToM :2007/03/10(土) 23:51:12
『詩人オウムの世界』
歌:筋肉少女帯 作詞:大槻ケンヂ 作曲:橘高文彦

むかしむかしのお話です

詩人の男は世界を憎んで森の奥に住む
若くして死んだ娘のために詩を綴った
その言葉は風にのって森を抜けて街にふって蝶の群れとなり
蝶々の群れは紫の色に空を覆った
紫の色に触れた者は皆気が触れてしまった
おびえる者達は詩人を追った
森を抜けて詩人は海へボートに乗って

オウム オウム 私は眉を剃って
オウム オウム 新月の夜も休まずに
オウム オウム 詩を綴ろう
オウム オウム 世界を憎む詩を

138 :アゴ助ファミリー ◆CcURj2zToM :2007/03/10(土) 23:51:56
詩人はとある小島に流れついた
犬と猫とこうもりとピエロが彼を迎えた
「私はこの世の全てを憎む!
憎んでも憎んでもまだ余るこの世の全てを
言葉で燃やし尽くしてみせよう!力をかしてくれ!」
だがおびえたピエロの密告で詩人は警官隊の銃弾に倒れた
その夜犬はワンワンと吠え猫はニャーニャーと鳴き
そしてこうもりは黙して語ることはなかったのであった

でも言葉だけは風にのって
幾つもの街を越えて街にふって蝶の群れとなり

オウム オウム 詩人の屍は
オウム オウム 海をこえ北の国へ
オウム オウム その国の漁師によって
オウム オウム 手厚く葬られたという

139 :アゴ助ファミリー ◆CcURj2zToM :2007/03/16(金) 23:48:53

『ぼくたちの国の首都の知事は、国旗に向かって敬礼したり、国歌を歌わない教員は、ど
んどん辞めさせようとしているらしい。なのに、大きな反対の声が上がったということを
聞かない。ぼくたちの国に自由はなく、また自由がなくても痛みを感じる神経の持ち主も
少なくなったしまったのだ。』

アホかオマエは?
ナニ云ってんだ、このバカ。
だったら公務員なんかなるんじゃねぇって。

140 :吾輩は名無しである:2007/03/17(土) 00:32:15
本質的に、公務員は国民なり地方の住人なり全体への奉仕者であって
国体や政府への奉仕者ではないのだよ

でも、そういう感覚を持つ人間自体がいなくなりつつあるのは事実だな
だから139みたいな発言ができてしまう
タカハシさんの引用はそういうことを指しているとまあそんなわけ

141 :高橋源一郎誅伐評議会局長・悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/03/17(土) 00:59:53
>>140
>国体や政府への奉仕者

フザケルナバカ野郎。
変身するぞ、コラ。
教師の給料は国民の血税からでてんだ。
だったらテメェの生涯を懸けて「日本人」を育ててミロってんだ。
国旗と国家を否定した後、民族のシンボルとなるものはなんだ。
田中角栄ではないが、オマエが代案を出してみろ。
ちなみに、「君が代のメロディは美しいが、歌詞がいただけない」
石原慎太郎はそうコメントしている。

生活の安定が欲しいから教師になりました。
学校が荒れるわけだ。


142 :高橋源一郎誅伐評議会局長・悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/03/17(土) 01:11:02
もう寝る時間だから、文句があるなら早くしろ、
この団塊バカが。
オマエらの時代はもう終ってんだよ。

高橋源一郎はすべての文学賞から手を引け。
オマエはカミさんの乳でも揉んでりゃいいんだ。

143 :高橋源一郎誅伐評議会局長・悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/03/17(土) 01:17:07
高橋源一郎みたいな奴は、
自分より下の世代の男とまともに対峙できないよな。

コイツらはナニから逃げてるんだろう?

144 :吾輩は名無しである:2007/03/17(土) 01:24:18
阿呆らしい、それじゃ、自分の生活なんか投げ打つ覚悟の
超純血日本人の再生産だけに奉仕するような教員だけを集めればいいだろう。
それはたとえば高橋源一郎誅伐評議会局長・悪い太郎 ◆LziSwFxVAUのような
瞬間湯沸かし器的熱血くんみたいな人のことなのか。
そんなことしたら、この国は滅ぶよ、今おいらがやってるシムシティより先に、
ゴジラが現れる前に、蒸発だぁ。
ぼくたちの国の首都の現知事は、首長絶対専制主義的に首都独立させたいんだろう。
やらせてやれよ。東京、きらいだし、おれは気にしない。

145 :吾輩は名無しである:2007/03/17(土) 01:32:15
馬鹿のツー・ベア orz

146 :吾輩は名無しである:2007/03/17(土) 01:41:39
教育者は日本人を作るのではない、人間を育てるんだな

147 :高橋源一郎誅伐評議会局長・悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/03/17(土) 01:44:05
>>144

アンタは「現知事」と言うが、その前はどうだったんだ。
更にその前はどうだったんだ。
更にその前はどうだったんだ。
日本の首都に「ロクな知事」が居た例があったのか?

>超純血日本人

クダラネェ。そんな挑発には乗らない。
俺は国粋主義者でも選民主義者でもない。
在日であるが故に「純血」な日本人に憧れる、そんなヤツがいたとして、
俺は彼らのメンタリティが分るような気がするよ。
ひとりの人間はそれほど強いものじゃない。
人間とは、なにかにすがらなければ生きていけないんだ。
俺はそれを「幻想」と呼ぶけど、そんな小説、
間違っても河出の文藝ショーには送れんだろ?

148 :高橋源一郎誅伐評議会局長・悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/03/17(土) 01:44:38
>>146
>教育者は日本人を作るのではない、人間を育てるんだな

オマエのはツマラナイ詭弁だからスルー

149 :高橋源一郎誅伐評議会局長・悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/03/17(土) 01:49:47
ワセダを卒業して身に付けたのは詭弁だけ。
ディベート博士のジョウユウみたいだ。

150 :吾輩は名無しである:2007/03/17(土) 02:05:02
> オマエのはツマラナイ詭弁だからスルー
敗北宣言乙

151 :高橋源一郎誅伐評議会局長・悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/03/17(土) 02:06:21
さぁ高橋。
土曜だぞ。
オマエの後、俺が攻撃する。

152 :吾輩は名無しである:2007/03/17(土) 02:15:02
なんで高橋さんがにくいんですか?


153 :高橋源一郎誅伐評議会局長・悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/03/17(土) 02:16:42
これまで、そのことについて散々書いてきた。
一冊にまとまったら、アンタに謹呈するよ。

154 :吾輩は名無しである:2007/03/17(土) 03:11:47
血縁者が某公立高校の校長やってるんだが、
「じゃあ××さん、生徒に日の丸・君が代を強制する立場なんですね」
っつってやったっけ、すんげー嫌そうな顔して睨まれたことがあるwww

まぁあれだ、教師以前に、人間としてマトモな奴ならば、辞めはせずとも、
狂うか、もしくは胃潰瘍なんぞで死ぬかの二択しかないな。

155 :吾輩は名無しである:2007/03/17(土) 04:51:44
ほんの少しでも教育者としての良心があるなら
自分の信じるところと矛盾することを生徒に教えるのはキツいだろうな。
教育者としての本分は公務員としての義務よりも先に来るだろうから。

もちろん日の丸君が代バンザイと信じている教育者には問題は生じないし
教育者らしいところをそもそも持ち合わせていない教師にも問題は生じないけど。

156 :高橋源一郎誅伐評議会局長・悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/03/17(土) 08:30:57
>>155
>教育者としての良心

小学六年生の時だったよ。
確か、社会科の時間だったが、担任が教壇の上からこんな話をしていた。
「日本は朝鮮半島や中国を侵略したのだから、いまさら『北方領土を返せ』
などと言えた義理ではないのだ」
俺はまだチンポの毛も生え揃ってない餓鬼だった。だから、
世の中とはそういうものかと、つい思い込みそうになったもんだ。
だが、いまは違う。
「この詭弁野郎、売国奴! 国賊は去れ!」
もしあのときの餓鬼がいまの俺だったら、席を蹴り立てて教師に挑みかかり、
掴んだその胸元を激しく揺さぶりながら、思いつく限りの罵りの言葉を
唾とともに相手の顔面に浴びせることだろう。
あの頃、教職員組合の連中は、なにかと云えば直ぐにストライキを断行したものだ。
もちろん生徒なんかほっぽらかしだ。あいつらはナンのために教師になったのだろう。
これからの時代、理想に燃え過ぎちゃう危ない奴は教師なんかならず、私設塾でも
開けばいいんじゃないか。

アンタ、教育関係者かい。
学校は生徒、教師とそれぞれの立場でイジメの温床らしいね。


157 :吾輩は名無しである:2007/03/17(土) 09:08:34
時代背景まで考えればどうよ。
日教組活動や労働運動が盛んだった時代じゃねぇの?

世の中には時代の流れがあるんだよ。
たとえば大正デモクラシーで世に自由な雰囲気が溢れたときとか、
戦後どさどさっと女性代議士が多数誕生し社会主義政権ができたときとか、
婦人参政権が認められ男尊女卑の日本的風土が変化し始めたときとか、
経済活動優先で突っ走りはじめるときとか…、


158 :吾輩は名無しである:2007/03/17(土) 13:02:52
どんな時代や状況の中にあっても自分の目で見て考えて、
自分も周りも含めてより良く生きて行ける人間を育てることが重要。

ある時代特定の状況にだけ合った考え方、イデオロギーを吹き込んだ
人形のようなものを作ろうとするのは教育でも何でもない。
これは右も左も関係のない、今も昔も変わらない話だ。

159 :吾輩は名無しである:2007/03/17(土) 15:22:50
つーか、学校で習った歴史とか忘れるのが普通。
そういうので熱くなって決定的に人生変えさせられるような生徒は
どっちにしろ根がもうまともじゃない。

160 :吾輩は名無しである:2007/03/17(土) 18:22:52
どうせ2ちゃんねらなんてのも、将来もっと激しい抱腹を食らうことは目に見えている。

161 :高橋源一郎誅伐評議会局長・悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/03/17(土) 19:35:47
これより状況を開始する。

高橋は知らないようだが、いま、キレキャラがキテるんだ。例えばカンニング竹山がそうだ。
彼はあの芸風でお茶の間に受け容れられている。そのことは、ヘヴィメタルでありながら
オリコンにチャートインして歌番組にまで進出した聖飢魔II、あるいはX-JAPAN以来の衝撃だ。
ポツドールを観たことはないが、早い話がアングラ劇団だろう。昔からあったじゃないか。
笑いと暴力が隣り合わせる北野映画のシュールレアリスムだって、主に欧州で高く評価されている。
高橋の云い方だと、アングラ劇団が三千人も集めちゃイケないみたいだな。

『こんな狂ったものが、受け入れられる世の中になったのだ。
というか、狂っているのは、世の中の方なのかもしれないが。』

なんだ、その〆方は。なんでお利口さんになって終ってんだよ。
いちばん狂ってんのはオマエの女遍歴じゃねぇか。
内容より客筋を知りたいところだが、ちっともリポートされてないな。

それにしても「方言」の好きなオヤジだ。
だったらアンタはナゼ広島弁で書評を書かないんだ?
テレビに出るときも東京の言葉を使いやがるくせに、創作になると突然「方言」かいな。
女を口説くときだって標準語に違いないが、これは蛇足か。
関西の芸人は当たり前のように御国言葉を使っているというのに、まるで、都合のいいときだけの「大和魂」みたいだ。
俺が方言を使うなら、地元の人間にしか分らない言葉で徹底的にやりたいね。だが、そんな作品で新人賞が取れると思うか? 
結局、程度の問題なんだ。関西弁で作品を書くヤツだって、日本全国に意味が通じることを確信してやってるわけだから、
テレビ文化に感謝するべきだな。俺にとって文芸と方言の問題は、そんな程度のもんだ。

「ちょっと待たんかいワレ! いま変身するサカイ、
 なにさらしとんねん! それ以上暴れよると、うちかてしんどいワ!」

こんなウルトラマン、観たくないね。
標準語であるからには標準語であることの理由があったのだ。高校生諸君!

162 :吾輩は名無しである:2007/03/17(土) 19:59:58
木村敏みたいな人も、精神病は相対的なものみたいな話をしてた気がする。

163 :吾輩は名無しである:2007/03/17(土) 20:19:47
> 精神病は相対的なもの
いやそれ常識
フーコーを持ち出すまでもなく

164 :吾輩は名無しである:2007/03/17(土) 20:26:57
たいていの人間はそれが足らないか、もしくはあっても、顔がない。

165 :吾輩は名無しである:2007/03/17(土) 20:42:42
800字だから原稿用紙2枚、単行本1頁程度の短文に過ぎんのだが
掲示板になるとどうして大概は読む気も起きない駄長文になってしまうんだろう。
場の空気かな、改行の悪さのせいかな、それとも単に文章の品質が低いからかな?

166 :吾輩は名無しである:2007/03/17(土) 20:58:43
がゲンノジの場合はそれが過剰で、
しかもあまりに本人とそっくりな容貌をしてるんだろう、

167 :吾輩は名無しである:2007/03/17(土) 21:56:20
他者性というもの。

168 :高橋源一郎誅伐評議会局長・悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/03/17(土) 22:02:53
俺が盛り上げてアンタが盛り下げる。
このスレの一つのパターンだが、
そうしてこんなスレにもきちんと山と谷ができるんだな。

169 :吾輩は名無しである:2007/03/17(土) 22:28:28
おまいにツンデレされる覚えはない

170 :吾輩は名無しである:2007/03/19(月) 10:38:57
>俺が盛り上げて  orz

171 :ウルトラマンナニワ ◆3ATk8MMjNY :2007/03/20(火) 09:32:50
(怖くて変身でけへん)

172 :(o|o)ウルトラマンナニワ ◆3ATk8MMjNY :2007/03/20(火) 09:34:13
(どないせぇーちゅーんじゃ!)

173 :(o|o)ウルトラマンナニワ ◆3ATk8MMjNY :2007/03/20(火) 09:35:52
(あ、アカン! 変身スティックどっかいってもーた!!)

174 :(o|o)ウルトラマンナニワ ◆3ATk8MMjNY :2007/03/20(火) 18:16:28
さぁ怪獣はん、どっからでもかかってきぃ! しばいたるでぇ!
スペルマ光線! ソレ!
ププ プスプス プププ プスス
(ハンシャ〜〜ン)
ほんまかいな! なんでやねん!
ワテの必殺技が跳ね返されとるやんけ!
……ネームがわるかったんや!

175 :(o|o)ウルトラマンナニワ ◆3ATk8MMjNY :2007/03/20(火) 18:17:00
あかんわ! 胸の電球がチカチカ始めよった!

176 :(o|o)ウルトラマンナニワ ◆3ATk8MMjNY :2007/03/20(火) 18:20:56
なんでワシだけ毎週こないな目に逢うんや!



177 :(o|o)ウルトラマンナニワ ◆3ATk8MMjNY :2007/03/20(火) 18:23:08
ホンマ、アカン。
目の前、真っ白や。
ウルトラマン兄さんがゼットンに殺られたときも、こないやったろうか?
ホンマ、……アカン、、、

178 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 18:28:22
アカンで ほんま

179 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 18:47:50
勢いが足りんのや 昔と違って

180 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 21:01:26
高橋源一郎。
こんな奴、金払って読むヤツはいないよ。
クダらねぇージャン。
異論のあるクソ野郎は出てこい。
すべて薙ぎ払ってやる。
ブタ! コノ野郎!
テメェへの殺意は本物だ。
サァ、こい!!!

181 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 21:20:17
別に高橋がこの世からいなくなっちまったって、
ナンの問題もないけどね。
てか、死ねって。

182 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 21:40:56
>>181
>別に高橋がこの世からいなくなっちまったって、
>ナンの問題もないけどね。

違うよ、バカ、
いてもいなくいてもどうでもイイ審査員。
高橋源一郎。
オマエはいつまで審査員でやっていくんだい?

183 :老闘士源一郎:2007/03/21(水) 06:59:50
http://www.asahi.com/national/update/0321/TKY200703200510.html?ref=rss


184 :老闘士源一郎:2007/03/21(水) 07:10:08
高橋源一郎誅伐評議会思考型殺戮ロボ・コエンザイムQ10

ジジジ、、
日本 ニハ コーマン小説 ト モヤシ小説 ガ アルカラ
  大丈夫 マイフレンド
                       φ
                    ┗[`ε´]┛
                      ノ▽ノ
                     <<

185 :老闘士源一郎:2007/03/21(水) 07:57:39
もちろん、いろんなタイプの小説があって良いわけだが、
つくづく、活力のねぇ国だよ。
高橋源一郎。
コイツらの世代に掻き回されてんな。
駄目な日本。

186 :吾輩は名無しである:2007/03/21(水) 08:07:04
黙れジャップ

187 :吾輩は名無しである:2007/03/21(水) 08:21:32
これからの日本人は、朝鮮半島の蛮族を見習うべき。

http://www.worldguys.jp/cgi-bin/bbs/mychan/mychan.cgi?mode=view&no=917&p=new

188 :吾輩は名無しである:2007/03/21(水) 08:31:59
↑日本人の鑑

189 :吾輩は名無しである:2007/03/21(水) 08:32:41
もとい、鏡だった。

190 :添削くん:2007/03/21(水) 08:38:03
>>188
「鑑」でも間違いではない。

191 :186、188および189:2007/03/21(水) 08:42:49
ジョークの説明なんかさせんなタコw
ちなみに自分は何度かあるよ、ジャップ呼ばわりされた経験。

192 :高橋源一郎誅伐評議会一番隊隊士・人斬り似蔵:2007/03/21(水) 08:50:53
俺は「土人」と呼ばれたことがあるな。
つい振り返ってしまったよ。

193 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/03/21(水) 13:04:13
こんな愚衆だらけの遊女文芸バンザイ土人なぞジャップで充分。

人道の風上にも置かれず。
日本愚衆これ世界最低級の土人なり。

衒坊にしても同然。
綿矢らキタナラシキ堕落文芸を批判する脳力もなき猿は大人しく動物園に引きこもれ。
それが最大の福祉なり。

194 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/03/21(水) 13:08:45
こやつ、検閲奴石原と同級のたんなるゲイシャ狂いに違いなし。

こんな土人はさっさと文壇から引退させるが吉なり。
日本文芸を堕落させて恥じない賊。
なーにが鼻の下のばして次は千枚だね、じゃこのイヤらしき下心じじっ

こやつのせいで綿矢も堕落しきったのじゃっ
こやつがボバリー夫人なぞの反面教科書たる害書を薦めたからにっ低脳土人は排除必定なり

195 :高橋源一郎誅伐評議会一番隊隊長・銀壱 ◆cqhsAMLQIg :2007/03/21(水) 22:43:27
これで六度目の死刑判決だな。
コノ男の悪業は万死に値する。
次に生まれ変わるときはイカのゴロに違いない。


196 :高橋源一郎誅伐評議会一番隊隊長・銀壱 ◆cqhsAMLQIg :2007/03/21(水) 23:48:39
問題。
日本でプロ審査員第一号といえば高橋源一郎ですが、
では、職業作家第一号といえば誰?

197 :高橋源一郎誅伐評議会局長・悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/03/21(水) 23:51:19
プロ審査員ってのは、立喰師みたいなモンだな。
ヤクザな家業だよ。
面白いね。

198 :高橋源一郎誅伐評議会局長・悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/03/22(木) 01:05:09
で、コイツの餓鬼は全部でナン人だ?

199 :吾輩は名無しである:2007/03/22(木) 07:56:09
人前に出せるのと出せないのがいるからな。

200 :吾輩は名無しである:2007/03/22(木) 13:57:25
家族をネタにすんな。

201 :高橋源一郎誅伐評議会局長・悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/03/22(木) 22:39:26
作家にプライバシーなんかあるか、バカ。
書けなけりゃ、自分でヒネッた糞だってネタにするんだ。
その意味で、自分こそが作品なんだ。
それともポストモダンのセンセーは特別か?
テメェだってバカばかりやってるくせに、
餓鬼の前でエラソーなこと言ってんじゃネーって、コノ野郎。

「最近の新人は粒が小さい」ってのは、つまりソーユーことだ。
高橋源一郎(の世代)は戦争を体験してないんだよ。
つまり、平成生まれの君達とドコが違うのか。同じじゃないのか?
考えたことがあるかい、高校生諸君。

202 :吾輩は名無しである:2007/03/22(木) 23:01:04
高橋はこのサイトを見るか?
http://www.geocities.jp/turimatome/

203 :吾輩は吾輩である:2007/03/22(木) 23:01:23
ハイ!先生! 考えた結果
高源がやってるのはタネ蒔き爺イなんだと思い升だ。
爺がタネ撒きゃカラスがほじくる…
永遠に花咲じじいにはなれないところが可哀相だと思い松た。

伯楽が剥落している空だそうでつ。



204 :吾輩は吾輩である:2007/03/22(木) 23:20:57
空=カラ と読んでほすいす。阿呆たちの為に蛇の足

205 :吾輩は名無しである:2007/03/22(木) 23:39:06
>203
カラスは当然♀で?

206 :高橋源一郎誅伐評議会局長・悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/03/24(土) 12:43:30
http://www.mammo.tv/column/genichiro_takahashi/

高校生諸君、コレを読んでどう思った。
ネット上に数あるブログ日記との違いが分るか。
え? 乳児の放尿に於ける解放感が巧みな描写でよく書けている?
そうではない。もちろん読後の残尿感でもない。
違い。
実は、そんなモノはないんだ。
これは高橋源一郎が書いた身辺雑記だ。殆どやっつけ仕事だが、価値があるとするなら、その一点に尽きる。
すなわち高橋源一郎の「パーソナリティ」で読ませているわけだ。

何を書くか、ではない。
誰が書いたかが問題なのだ。
「書き手」で読ませろ。
俺は高橋源一郎とは別の文学観を持っている。


207 :吾輩は名無しである:2007/03/24(土) 12:57:29
なぁにを言ってるんだか、子育てドシロートが。
児童心理の片鱗も知らんでパパになっちまったタカハシ。哀れよのぉ

幼児は世界に出てきて日が短い。
狎れ汚れた大人とは全くちがう感受性で世界をうけとめる。
膝に抱いて絵本を開き読み聞かせてみればいい。
子供が興味を示すのは、ストーリーでもなければ凄い絵でもない。
ページの片隅にチラと描かれたスコップだったり
物語とは何の関係もない小さなものだったりする。
それを彼らは「自分の感性で」発見し、そのことに喜び、愛着する。

子供らは、新しい人々であり、大人を超えて遥かに往くべき存在だ。





208 :吾輩は名無しである:2007/03/24(土) 12:59:51
源一郎に、発達心理学&児童心理学くらいは学べ、と言うとけ。


209 :吾輩は名無しである:2007/03/24(土) 13:09:04
うんちもシッコも、全てが彼らには「自分が発見する新世界」。
その水先案内人になるのは、大人の言葉や大人の呼びかけではなく
個々の子供の感性が自分で発見した何か、である。
子供は、一人一人、違っていて、
その個性を潰さないようにすることを
親はまず第一に心得るべきだ。

親にできるのは、すべきことは、
彼らが自分で育つ環境を、つくり守ることのみ。

210 :高橋源一郎誅伐評議会局長・悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/03/24(土) 13:19:53
>>207
>狎れ汚れた大人とは全くちがう感受性で世界をうけとめる。

だから、クダラナイことを云うなって、バカ野郎。
乳児がオマエの書いた本を消費してくれるのかって。
ったく。

211 :アフォリズムの旗手 ◆7La6XRg/VQ :2007/03/24(土) 13:21:43
私はその左右に幼児の感性と大人の腕力を持っている。

212 :吾輩は名無しである:2007/03/24(土) 13:27:43
じき釣られるような阿呆リズムはイラネーよ。 逝け沼

213 :吾輩は名無しである:2007/03/24(土) 13:48:19
>>209より続いて。
>210
>乳児がオマエの書いた本を消費してくれるのかって

その傲慢さが、新しい人間たちを旧弊な価値観で縛る元凶である。
つまり、大人が(親が)ゼニを出して本を買い与える、よって
幼児向けに出された多種多様な本の中でも、知識絵本や英語絵本などの
「教育したがる親好みの本」が最もよく売れる。
従って版元も、親に媚びる傾向になりがちだ。

ところがどっこい、親が金出して買い与えた本の中からも、
彼ら幼児たち(新しい人々)は
「自分の世界」を発見してしまう。それだけの能力があるんだ、どの子にも。
そんな潜在能力を、成長させうるか否かは
優れて環境にかかっている。
大人がどれだけ「子供が自分で育つ力」を邪魔せずに
すっこんでるか、が最も重要である。

214 :吾輩は名無しである:2007/03/24(土) 13:55:08
ゼニもまた、狎れ汚れた大人たち(先に死んでいく人々)の価値に過ぎない。

もしかしたら彼ら乳幼児たち(新しい人々)は、
ゼニなど必要としない世界の構築を、志すかもしれない。
全く新しい実験都市を、月面に建設するかもしれない。

215 :ピンクヘルメット少女隊・麝香猫 アリサ:2007/03/24(土) 14:30:26
どうでもいいけどアンタ、そろそろアタイの額から手を放しちゃくれないか。
夕べも駅前で同じことをされたんだ。

216 :吾輩は名無しである:2007/03/24(土) 14:32:16
阿呆リズム変身止めれ

217 :よど号漂流団:2007/03/24(土) 14:35:28
我々は明日の尿である。

218 :吾輩は名無しである:2007/03/24(土) 14:36:13
オマエら、帰ってコンでええ。

219 :吾輩は名無しである:2007/03/24(土) 14:48:58
勘当した

220 :吾輩は名無しである:2007/03/24(土) 15:07:51
うん。

221 :ピンクヘルメット少女隊・麝香猫 アリサ:2007/03/24(土) 17:04:49
>>214
>ゼニもまた、狎れ汚れた大人たち(先に死んでいく人々)の価値に過ぎない。

いちばん汚れてんのは(o^v^o)じゃないか。
ああいう歳の取り方はしたくないもんだ。
バーサン、アンタは霞を食べて生きるつもりかい?
まあいい。勝手にするがいいさ。
アタイは別の道を行く。

222 :吾輩は名無しである:2007/03/25(日) 19:29:41
おまいの眼は節穴かい。
よーもそんな眼低で…(後略)。審査員職ぜーんぶ首っ!
(o^v^o)やおまいみたく、匿名板ですらシッコ・マーキングせずにはおられん
稚い阿呆リズムばかりだと思うなよ。

とまれ、吾輩は
初めて「うんちに会った」2歳児の鮮やかな感動に、いたく共感した。
で、その親の馬カ面に一言言いたくなった、彼を、潰すなよ、と。

親は子を「授かりもの」と言い、あたかも我が物のごとく
己れの器量で懸命に愛そうとする。それがそもそも間違いの因じゃわ。
子供はな「預かりもの」よ、神サマからの。決して親にも、何人にも属しない。

旧い人間達の精華の先へ、さらに超えて往くべき新しい生命、
それが子供。親のエゴを捨てて、だいじにせぇや。  草々

223 :ピンクヘルメット少女隊・麝香猫 アリサ:2007/03/26(月) 09:27:31
平行線だね。
とにかく、これからの超少子化時代、
ひとりの餓鬼にはタップリと金をかけられるだろう。


224 :吾輩は名無しである:2007/03/26(月) 20:29:11
よいよい。
フンドシ締め直して
しっかり稼ぎなはれや。頼むぜ オトッツァン!

225 :(o|o)ウルトラマンナニワ ◆otqoU4YVPg :2007/03/28(水) 08:55:39
ゾフィー「これナニワ。オマエはまだ死ぬときではない。己の若いころ、
     どのような生き方をしてきたか内省することもないまま闇雲に
     齢(ヨワイ)を重ねた揚げ句、青年達を前に年寄臭い説教を浴びせて
     なんら恥じるところのないフザけた団塊の世代を憎悪する蒼い
     気概、その永遠(トワ)の青春性に私は打たれた。
     ナニワ。私は命を二つ持っている。そのうちのひとつをお前に
     授けよう」

ナニワ「おお、ゾフィー兄さん! それはつまり、様々な女を渡り歩いた
    太宰のそれを人は“苦悩”と呼んだが、ゴキブリ星人が“歩く生殖器”
    として後進に蔑まされるのはナゼか、その答えでもあるのですね!」

ゾフィー「だからお前が好きさ。フフッ。さぁナニワ。このブレスレットを与えよう。
     お前が念じた武器に変形する魔法のアイテムだ。決して《武器屋》で換金するなよ」

226 :吾輩は名無しである:2007/03/28(水) 19:09:23
中原中也賞の選評を読みました。
高橋先生は真面目に講評をなさっていました。
でも… ハッタリの効いていない高橋先生なんて、つまんないっすよ!

227 :高橋源一郎誅伐評議会局長・悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/03/29(木) 22:41:12
執筆時、俺のBGM。
ちょっといなたい、イースト・コーストなブルース・ロック。
高橋源一郎のBGM。
かぐや姫の『神田川』
……薬やるから、今すぐ死ね!!

228 :吾輩は名無しである :2007/03/31(土) 12:22:19
失礼します
村上春樹→高橋源一郎と移行してきたものです
次は誰にはまることが出来ると思いますか?

229 :高橋源一郎誅伐評議会局長・悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/03/31(土) 13:16:30
上田馬之助。
ロジックではなく竹刀で直截に破壊するんだ。
文学なんか飛び越えちまえよ、クダラネェ。
もちろん牛耳ってるヤツラが下らないのだが。

230 :たんぽぽ ◆THRyctWZnY :2007/03/31(土) 13:18:25
>>228
>村上春樹→高橋源一郎と移行してきた

それじゃ退行だょ。

231 :吾輩は名無しである:2007/03/31(土) 15:04:49
TGは大江健三郎をポップにした感じ。
児童文学の人だが、ミヒャエル・エンデは普通に文学的にも深くてイケる。

232 :吾輩は名無しである:2007/03/31(土) 15:16:50
高橋源一郎本人の書き込みがいちばんツマラナイという不思議なスレ。

233 :吾輩は名無しである:2007/03/31(土) 15:28:20
TJ

234 :コーマン小説評論家:2007/03/31(土) 16:30:35
>>213
>大人がどれだけ「子供が自分で育つ力」を邪魔せずに
>すっこんでるか、が最も重要である。

そんなことより審査員・源一郎にすっこんでいてもらいたいもんです。
この男が潰した未完の大器たちの溜息が聞えます。

235 :吾輩は名無しである:2007/03/31(土) 17:16:15
中島みゆきSB(ソングブック)は文学。

236 :吾輩は名無しである:2007/03/31(土) 21:44:09
>>234
潰されようが叩かれようが、んなもな屁でもなく
自力で芽を出し花を咲かせる…のが真の才能であり大器。

タカハシごときに潰されるようじゃ
初めからどうでもいいよなちんけな才だ。自滅する大器なぞおらん罠。


237 :高橋源一郎誅伐評議会一番隊隊士・人斬り似蔵:2007/03/31(土) 22:04:48
>>236
>自力で芽を出し花を咲かせる…のが真の才能であり大器。
>
>タカハシごときに潰されるようじゃ

俺のセリフを取るんじゃネーよ。


238 :吾輩は名無しである:2007/03/31(土) 22:39:58
>>237
悪かったな。返すよ

  ほれ つ「タカハシごと」 記 

239 :高橋源一郎誅伐評議会一番隊隊士・人斬り似蔵:2007/03/31(土) 22:42:15
>>238
>ほれ つ「タカハシごと」 記

?なんだそれは?
ナニ云ってんだかワカらんからバス。

240 :吾輩は名無しである :2007/04/01(日) 07:23:00
>>230
あ?そうなんですか?正確には村上春樹→高橋源一郎、筒井康隆、中島らも
と移行したんで、ちょっと今、村上春樹を読むと幼稚園に戻ったような感覚になるんですが・・・

241 :吾輩は名無しである :2007/04/01(日) 07:37:16
続き
何しろムラカミは「死んで恋して、恋して死んで」ばっかり それしかないのか?
(実際それしかないんだから仕方ないのかもしれませんが)
そういうのじゃなくて面白い小説が見つからなくて困ってます

242 :吾輩は名無しである:2007/04/01(日) 07:45:43
若さってスゴイねw

243 :吾輩は名無しである:2007/04/01(日) 12:17:07
幼さだろ。

244 :吾輩は名無しである:2007/04/01(日) 19:27:54
源一郎がかけている、かけていたメガネってどこのだか知らない?

245 :吾輩は名無しである:2007/04/02(月) 04:21:57
>>230
村上春樹は80年代90年代の微妙な空気感とマッチする作家なので、ネットが発達したポストモダン社会ではかつての半分くらいしか楽しめないはず。
かつての永井荷風がそうだったように。
村上春樹や筒井を読むなら、安部公房、日野啓三辺りがお勧め。

246 :吾輩は名無しである:2007/04/02(月) 04:43:08
町田康もTGが誉めてたはず。
あとはTGが勧めるのが、大友克洋、大島弓子辺りの漫画。
個人的には諸星大二郎の漫画がイイ。
で、諸星の『孔子暗黒伝』が面白かったら、三田誠広の『鹿の王』辺りも読んでみたり。
あとは、スティーヴ・エリクスンなんかはアメリカでの春樹的なポジション。
ホラー作家だが、スティーブン・キングなんかもただのホラーより夢想的なトコが面白い。

247 :吾輩は名無しである:2007/04/02(月) 04:57:52
>>230
あと、手塚治虫の漫画は筒井がハマってたそうなので、『火の鳥』と『ブラックジャック』は是非読んでおきたいトコロ。
村上春樹と双壁扱いされてた村上龍も読むべし。
あとは辻仁成の『カイのおもちゃ箱』や『太陽待ち』なんかがイケる。

248 :吾輩は名無しである:2007/04/02(月) 05:00:51
>>230>>240

249 :吾輩は名無しである:2007/04/02(月) 05:16:36
そして、TGが分かるってことは、現代アートも分かるってコトだから、TGが誉めてた赤瀬川源平の作品を見たり。
あとは、岡本太郎、草間弥生、横尾忠則、森村泰昌、小谷元彦なんかにも啓蒙されるべし。

250 :吾輩は名無しである:2007/04/02(月) 05:47:57
あと、映画ではジャン・リュック・ゴダールの映画、リドリー・スコット『ブレード・ランナー』、タルコフスキー『ノスタルジア』辺りは文学的でもあり、現代アート的でもある。
そこまで見たりしたら、今度はミヒャエル・エンデの児童文学で小休止。
しかし、このエンデは親がシュールレアリスムの画家だったというだけあって、『ハリーポッター』や『ゲド戦記』みたいに、ただの児童文学を描くのではない。
現代社会を児童文学という形をとりながら、シュールなイメージで描いている。

251 :高橋源一郎誅伐評議会一番隊隊士・人斬り似蔵:2007/04/02(月) 09:18:09
つまり、高橋源一郎なんかいなくていいワケだろう。


252 :高橋源一郎誅伐評議会一番隊隊士・人斬り似蔵:2007/04/02(月) 09:28:17
>>244
>源一郎がかけている、かけていたメガネってどこのだか知らない?

あれは公園のゴミ箱に括りつけらた「犬の糞お断り」の看板の針金を盗んで作ったそうだ。

253 :吾輩は名無しである:2007/04/02(月) 09:33:37
高橋の本てどこで売ってんの?

254 :吾輩は名無しである:2007/04/02(月) 09:34:08
通販。
書店でストックするとコストがかかるから。

255 :吾輩は名無しである:2007/04/02(月) 09:35:53
爪切りしながら自演するのヤメレ。

256 :吾輩は名無しである:2007/04/02(月) 10:39:55
>>250
>現代社会を児童文学という形をとりながら、シュールなイメージで描いている。

オマエがそんな新人を一度として引き上げた事があったのか、このコーマン野郎!
高橋、テメェ!

257 :吾輩は名無しである:2007/04/03(火) 08:30:11
避妊 なんて 気にしないわ
生理中だって だって だって お気に入り
縦ハメ 横ハメ 大好き
前ハメ 後ハメ 大好き
わたしは わたしは 私はアゴスケ!

独りぼっちでいると ちょっぴり寂しい
そんなと〜き こうするの 股間に手を入れ(コーラス:そればっかりやんけ!)
こすってぇ〜 さすってぇ〜 伸ばしてアゴスケぇ
掻き過ぎだってへっちゃらっよ、 アゴスケ=アゴスケ!
♪チャララン


258 :吾輩は名無しである:2007/04/03(火) 09:03:58
『人間は考えるティンポである』は、高橋?

259 :高橋源一郎誅伐評議会一番隊隊長・銀壱 ◆cqhsAMLQIg :2007/04/03(火) 12:27:35
うんにゃ。
『人間は考えるティンポ!』なら高橋。
さぁ源一郎。
オマエの古臭い文学観に俺がトドメを刺してやる。

260 :思考型生殖器 ◆kDLJwgAeJc :2007/04/03(火) 13:41:50

  ──今日の戦火は金メダル3つだった。
     ____     _____
    /〇|〇|〇|     /〇|〇|〇|
   /ヽ/二/二/    /ヽ/二/二/
  /ヽ/二/二/__,,/ヽ/二/ニ∧∧  /
 /ヽ/二/二/二二l/ヽ/二/二(,,゚Д゚)<行くぞゴルァ
/ヽ/二/二/ ̄ ̄./ヽ/二/二/| つ \
/ヽ/二/二/___,./ヽ/二/二/ |  |
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:|゙i,__|_百_百_ し`J
|      我    :|電電黒///////【○】
|______:|二二二二二二二二(三(○)
((◎)~~~O~~~O~~~(◎ノ三ノ-ゝゝノ三ノ
 ゝ(◎)(◎)(◎)(◎)ノ三ノ----ノ三ノ     
                

261 :思考型生殖器07式 ◆A/rARKazvk :2007/04/03(火) 13:47:06
>>260
以外とせこい外観の五一式。
その金メダルは私のものだ。


                           ━━==]司〓ヨ             |
                        ___   ~|□  ┌┐          |
                     ..,,-|][ ][|」――┘└―┘└┸---┸―――| ┐
                 _ ,,,-'''__,,,,,__    ,,-ー''''~ ̄ ̄ ^ヽ^ヽ^ヽ^ヽ ̄皇├┐
 (○) ̄) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄))  )  ̄ ̄))| ̄ ̄|          ̄ ̄ ̄田田田田┤
   ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ | ̄| ̄。ノ |__|____________./ ̄
          __,,,,,,-─''''~~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,,-'''~__,,,,,,-─''''~~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
        /ニニ/ ニニニニニニ/ニニ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
        〈_______〈.О__ゝ__ゝ_О〈 ________/.\  |  |  |  |  |   /|

262 :吾輩は名無しである:2007/04/04(水) 15:13:04
TGより、戦後派の花田清輝の方がよっぽどポストモダンしてるかもしれない。

263 :吾輩は名無しである:2007/04/04(水) 15:37:01
10代の俺がジョンレノンやギャングたちを読んでも何の感慨も起こらない訳だが。

団塊世代の人はあれ読んで何を感じてるんだろーね。全く想像がつかん

264 :吾輩は名無しである:2007/04/04(水) 17:20:23
それは、ポップカルチャーが珍しいものではなくなり、むしろ今の日本でポップでないものを探す方が難しいから。

265 :【無料】日本文化チャンネル桜スカパー241ch見ようぜ:2007/04/05(木) 00:51:42

日本文化チャンネル桜は、平成十九年三月三十一日をもってスカイパーフェクTV!Ch.767における
24時間放送を休止し、同Ch.241「ハッピー241」の夜の時間帯で放送を続けることになりました。

※「ハッピー241」での放送時間(4月1日?)は、以下のとおりです。スカイパーフェクTV!
の受信環境があれば、どなたでも無料でご覧になれます。
       【月?金】18:30?21:30/23:00?24:00
       【土・日】21:00?24:00

http://www.ch-sakura.jp/index.html



266 :思考型生殖器07式 ◆A/rARKazvk :2007/04/05(木) 10:20:04
>>263
>10代の俺がジョンレノンやギャングたちを読んでも何の感慨も起こらない訳だが。

あそこまで壊しておきながら「未だ文学」ってところが解らない。
文学でなけりゃいけないのか?
他に魅力的なメディアがたくさんあるジャナイか。

267 :思考型生殖器07式 ◆A/rARKazvk :2007/04/05(木) 10:20:48

つまり、高橋源一郎は終っちまったってことだ。

268 :吾輩は名無しである:2007/04/05(木) 12:03:55
>>264
それは高橋がポップだったって意味?
灘出た東大行かなかったのは入試が中止の年だったからだと年譜に書く人間が
ポップだとはとても思えない。ポップなふりが痛い。

269 :思考型生殖器07式 ◆A/rARKazvk :2007/04/05(木) 13:39:37
そうだ。
高橋はPOPじゃねぇーよ。
これをミロ。

http://bookweb.kinokuniya.co.jp/imgdata/large/4797671149.jpg

POPな奴はこんな表紙の本を出さないからな。
それにしても、なんだコノ顔は?
百姓一揆に破れ、縋る慈悲もないまま風に嬲られる土民顔じゃねぇーか。
シミュレーションでは買っていた馬に逃げられ、疾駆するその雄姿を
虚ろに見送るだけの気力を保つのが精一杯といった、そんな土民じゃねぇーか。
つくづくこーゆーのが似合わん男だよ。
好きな割りにね。

「ああ、またやってもうた。帰ったらカミさんにヤキ入れられんなぁ」
 ──死ぬかと思った。

 迷 わ ず 死 ね !

270 :吾輩は名無しである:2007/04/05(木) 13:54:34
このオッサンだけはダメ
どうしたって生理的に受け付けない。

271 :吾輩は名無しである:2007/04/05(木) 16:18:19
前に、読売だか朝日の夕刊に連載してた漫画のパソコン犬にそっくりなんだよなこいつ。

272 :吾輩は名無しである:2007/04/05(木) 16:57:14
上のほうの詩人オウムの世界の歌詞が微妙に間違ってるのが気になった。

273 :吾輩は名無しである:2007/04/05(木) 17:16:16
>>271
>漫画のパソコン犬にそっくりなんだよなこいつ。

基本的に畜生顔だよね。

274 :吾輩は名無しである:2007/04/05(木) 17:16:51
>>272
>微妙に間違ってる

黙ってりゃわからないよね。

275 :吾輩は名無しである:2007/04/05(木) 17:39:54
まともに論じるほどの作家じゃないね。

276 :吾輩は名無しである:2007/04/05(木) 18:33:45
輝いた時期の短かった作家だったね。
その意味では蝉みたいなもんだ。

277 :吾輩は名無しである:2007/04/05(木) 18:43:21
暢気なこと言ってるんじゃねえ。
業界の中枢に居座り、若手作家の生殺与奪権を握るまでになった作家だぞ。
高橋は今後も書きつづけ、シンパを増やしつづける…
21世紀型丸谷才一の誕生である。

278 :吾輩は名無しである:2007/04/05(木) 18:57:34
高橋シンパって、コイツのどこに共鳴してるの?


279 :吾輩は名無しである:2007/04/05(木) 19:08:03
このひと、新しいものをやろうとしたのにあくまでも「文学」に固執し続けたからね。
もし、文章を書く以外にも絵を書いたり、パフォーマンスをしたりとシームレスな表現活動を展開してれば今の評価はかなり違ってきたんじゃないかなぁ。
それが彼の限界な気がする。

280 :吾輩は名無しである:2007/04/05(木) 20:46:46
>>277
>業界の中枢に居座り、

更なる上部構造に操られる人形のひとりってところだ。
人より抜きんでたナニがあるワケでもねぇこの汚いオヤジが、
「業界の中枢」に居座る事が許される理由を考えろよ、高校生諸君。

281 :吾輩は名無しである:2007/04/06(金) 00:23:01
ゲソイチロウ=丸谷才一
ヤマダエーミ=井上ひさし

282 :吾輩は名無しである:2007/04/06(金) 07:02:18
だいたい高橋源一郎なんか若い人の支持を得てないでしょ。
そんな奴がどうして新人賞の審査員をやってんの?
オマエの独断と偏見に満ちた選評は押し付けがましいんだ。
高橋文学賞を造って、そこでやってろって。
バカ野郎。

283 :吾輩は名無しである:2007/04/06(金) 11:38:58
なぜそうやって憤っているのか理解に苦しむ。
皆、新人賞に落選でもしているのか?

284 :吾輩は名無しである:2007/04/06(金) 14:36:21
ああ、その人なら文学賞を獲るためにはまず小説を書かねばならないということを
知らない人だからそっとしておいてあげなさい

285 :吾輩は名無しである:2007/04/06(金) 21:45:37
高橋が抹殺した若手作家っているのか?
基本的に誉めまくる書評しか書かない人だろ。
誉め殺しになってるときは確かにあるけど。

286 :吾輩は名無しである:2007/04/07(土) 02:40:43
誉め殺しよりも
おだて上げと無視放置の罪の方が大きいのではないか?

抹殺せずに生け簀に飼って生殺しの方が、読者にも魚にも迷惑千万では?

287 :吾輩は名無しである:2007/04/07(土) 02:42:54
>>285
誉め殺しを、ちゃんとそれと理解する本人も読者も
なかなか居なくなっている。それほど馬鹿が台頭していると思われ。

288 :吾輩は名無しである:2007/04/07(土) 09:11:53
>>287
>誉め殺し

オマエらはそれを「高等芸」であるかの如くのたまうが、
このアゴ野郎が褒め殺しているのはテメェより部数の出てる作家ばかりだからな。
その陳腐な構図に僕なんかすっかりアルカイックスマイル。
それがまだ分らないアゴ本人とその取り巻きってところ。

289 :吾輩は名無しである:2007/04/07(土) 09:23:38
アルコホリックスマイルの間違いだろw

290 :吾輩は名無しである:2007/04/07(土) 09:26:22
オマエのジョークのセンスを源一郎に仕込んでやれって。
ケラケラ.

291 :吾輩は名無しである:2007/04/07(土) 09:35:59
表現力と文芸的センスでそれほど高度とも思われない作品ばかりがチヤホヤされる現状に
穏やかならぬ心中を直情に吐露する島田雅彦のほうがまだいいね。

292 :吾輩は名無しである:2007/04/07(土) 09:38:19
「石田衣良は四十過ぎてまだ青春やってますから」
アゴよりシマダンの方が読みやすくて面白いよ。
俺には劣るけど。

293 :吾輩は名無しである:2007/04/07(土) 11:33:43
初期3部作だけなんであんなにつおいの?

294 :吾輩は名無しである:2007/04/07(土) 11:38:23
>281
島駄は彼岸先生一本で駄目と決まった。

写真映りだけ気にしやがって、五木寛之まんまじゃねーの。

295 :吾輩は名無しである:2007/04/07(土) 12:02:31
>>293
>初期3部作だけなんであんなにつおいの?

あれは当時のカミさんが書いてたんだ。
取り替えるたびに落ち目になっていく様子がよく分かるだろ。
サゲマンに当たった男とは、こんなもんだ。

296 :吾輩は名無しである:2007/04/07(土) 12:04:38
横レス。誰の初期3部作の話ですか? タカハシですか?

297 :吾輩は名無しである:2007/04/07(土) 12:13:03
>>296
>誰の初期3部作の話ですか?

高橋ので評論に値するのは一本しかないから、もちろん島田でしょう。
高橋源一郎憎しのあまり、295は指が滑ったものと思われる。

298 :吾輩は名無しである:2007/04/07(土) 12:20:21
おまいさんも氏ぬまでに一本くらいは評論に値するものを書きなよ
まあ向上心の欠片も窺えないからどう見ても無理だが

299 :吾輩は名無しである:2007/04/07(土) 12:28:15
>297
島駄に3部作が? へぇーー、どこに。

300 :吾輩は名無しである:2007/04/07(土) 12:30:32
>>295
ほう、女房が。
それはまた、串田孫一と北畠八穂じゃあるまいし…。
仕掛けが下手だな。

301 :吾輩は名無しである:2007/04/07(土) 22:05:56
現代詩フォーラムその5
http://book4.2ch.net/test/read.cgi/poem/1170004830/1

1 名前:!omikuji[] 投稿日:2007/01/29(月) 02:20:30 ID:PxVdLIf+
前スレ
現代詩フォーラム
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/poem/1118072793/
現代詩フォーラム その2
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/poem/1133487687/
現代詩フォーラム その3
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/poem/1137635938/
{烏賊}現代詩フォーラムその4{腹愚痴}
http://book4.2ch.net/test/read.cgi/poem/1153445959/

URL
http://www.po-m.com/forum/
現代詩フォーラム避難所
http://jbbs.livedoor.jp/music/15091/

302 :吾輩は名無しである:2007/04/07(土) 22:54:24
>>298
>おまいさんも氏ぬまでに一本くらいは評論に値するものを書きなよ
>まあ向上心の欠片も窺えないからどう見ても無理だが

高橋、マジレスすんな。

303 :高橋源一郎誅伐評議会一番隊隊長・銀壱 ◆cqhsAMLQIg :2007/04/07(土) 23:56:46
>現代詩フォーラム

さあ、巣に帰った帰った!
ここはオマエらの来るところじゃねぇ!

304 :高橋源一郎誅伐評議会一番隊隊長・銀壱 ◆cqhsAMLQIg :2007/04/08(日) 00:33:21
だいたい「三部作」ってのがバカだよな。
四部作ってのはないのか?
なんだ、3は。なんの3だ?

305 :吾輩は名無しである:2007/04/08(日) 06:10:22
四は二と二に分割できるから形式として認知しにくい。

306 :だいたいは高橋源一郎への若い人の支持がある:2007/04/08(日) 16:05:21
沖縄における日本皇軍の横暴は末端の兵隊だけのものではなかった。
http://esashib.hp.infoseek.co.jp/nankin01.htm
大東亜戦争の中期以後における軍隊の暴状は、あたかも外地に似たものがあった。
暴行もあった。収賄もあった。掠奪もあった。
拳銃をもって威嚇し、人民の家屋を強奪したものもあった。
海軍もまた、概ねこれと同工異曲であった。
否、陸軍よりもさらに腐敗していた。
呉の工廠では数年にわたって工廠長以下が出入り商人と結托し、多額の収賄を行った事件があった。
ある地方では、海軍の兵が婦女子を強姦した。
父兄が抗議すると、隊長は昂然として言った。
「戦に負けて青目玉の子供を産むよりよいだろう」と。
さらに奇怪千万なるは食糧である。
国民が一日二合三勺の主食の配給に、日に日に痩せ衰えつつあるとき、軍隊は戦時給養と称して一日六合の米麦を貪り食った。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik2/2003-10-31/03_01.html
http://homepage3.nifty.com/m_and_y/genron/data/nangjin/yousukou.htm

307 :吾輩は名無しである:2007/04/08(日) 17:03:46
最近どうぶつさんの話が多いのは、どうぶつの森が好きだからかな。。

308 :高橋源一郎誅伐評議会局長・悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/04/08(日) 17:04:53
『おじさんの雑誌も、ついに、女性誌と肩を並べたのである。そんなおじさんが、おとうさんだとしたら、ぼく
は、やっぱり、イヤだぞ。』

「ぼくは、やっぱり、イヤだぞ。」
おっ、源ちゃん、いいね。ちょっとフカワ入ってるけど。

『このありさまでは、青年向けの雑誌に頑張ってもらうしかないのだが、なにしろ、青年たちは貧しいからね。
広告主が喜ぶような雑誌を作るのはきわめて難しいのである。

いったい、どうすればいいのだ……。』

何を言ってるんだ、《読物》で頑張るんじゃないか。広告読みたくて雑誌買う奴がどこの世界にいる。本分を履
き違えるな。部数が伸びれば自ずとクライアントも増える。そのためには、青年向けの雑誌にコーマン記事はイ
ラネンダヨ。いや、コーマン記事はいるんだ。コーマンが書いたコーマン記事がイラネンダ。
とにかく、日本快男児はもっと元気を出さんとダメだ。そのために源一郎、アンタはナンカの役に立っているか?

ちなみに、俺が毎月欠かさず読んでる雑誌は「MAC POWER」だ。文芸誌? 誰が読むかいそんなもん。
「MAC POWER」はいいぞ。専門誌でありながらハードウェア情報に乏しいところが面白い。PC情報誌という
より、身近にMacintosh(優美なデザイン)のある暮らし=ライフ・スタイルのカタログのような内容で、あり
がちなロードテストなんか一切載ってない。確かに高級品の広告も載ってはいるが、決してハイソ志向の雑誌で
はない。その広告だってMacでデザインされたものだし、そもそもMacintoshそのものが¥74,800から手に入る
のだから。「インテル−マック」となってからはあまり意味のない言葉だが「Think Different」って感じかね。
例えば、高級腕時計と聞いて、いくつかのブランドとその形状を思い浮かべるだろう。だが果たして“そいつ”
を装着したからもう安心か? それとは別にもうひとつ、まだ誰も気付いてない、あるいは過去に否定されてし
まった別の価値観、もう一つの選択だってあるんじゃないか?
さぁ、どーですか、高校生諸君。

http://122.200.201.84/column/genichiro_takahashi/
http://www.ascii.co.jp/pb/macpower/
http://www.youtube.com/watch?v=YHineBZTpNw&mode=related&search=

309 :高橋源一郎誅伐評議会一番隊隊長・銀壱 ◆cqhsAMLQIg :2007/04/08(日) 17:09:42
>>306
>沖縄における日本皇軍の横暴は末端の兵隊だけのものではなかった。

オマエの気持ちもわからんでもないが、戦場に送られて明日なき日々を
生きる兵隊の緊張感。なかには気が触れた人だっているだろう。
暖かい部屋でコーラに煎餅喰いながらそそんなこと書いたってダメだよ、オマエ。
田島陽子じゃないんだから。

310 :高橋源一郎誅伐評議会一番隊隊士・出歯亀三太郎:2007/04/08(日) 17:43:02
やあ、みんな、源機会!
先日、腕時計をかったんだ! 
自分へのご褒美にさ。なにもしてないけど。
日本のSEIKOだけど、世界で通用するビッグブランドだよ。
映画『私を愛したスパイ』でジェームズ・ボンドも使用してたのもSEIKO。
冒険映画のすべてが凝縮されたあのオープニング、何度観ても美しいね! 

311 ::2007/04/08(日) 22:17:01
高橋さんが担当している授業をうけてみたいなぁ
(文壇にまつわること(殊に小説家)への興味が根底にあるのですが)


312 :高橋源一郎誅伐評議会一番隊隊士・人斬り似蔵:2007/04/08(日) 22:26:51
文壇政治家・高橋の授業だぁ?
コーマン小説養成所にでも通うんだな。

313 :吾輩は名無しである:2007/04/08(日) 22:29:03
>>310
おじさん、あのね
新しく時計を買うのは初老の証だって田島陽子が言ってたよ。
残り時間が少ないからだってさ。

314 :高橋源一郎誅伐評議会一番隊隊士・人斬り似蔵:2007/04/08(日) 22:32:35
>>313
>おじさん、あのね
>新しく時計を買うのは初老の証だって田島陽子が言ってたよ。
>残り時間が少ないからだってさ。

レスに苦慮する微妙なカキコだな。
と思ったら、田島陽子かい。
笑っちゃうよ。
どこから冗談なのかが判らない。

315 :吾輩は名無しである:2007/04/08(日) 22:36:24
タカゲンは残り時間にやれること
やれないことの区別がついているだろうか…という不安。

その前に、自文の立ち位置をもっぺん眺め渡した方がよさそうなふいんき。
都庁じゃ石藁が居て悔しいだろうから
東京タワーのてっぺんにでも登って・

316 ::2007/04/08(日) 22:48:49
>>312

いや、私は小説家になりたいわけではないのですが、
文壇の人間(殊に小説家)を瞥見(なぞと言わずに、拝顔と言っておこうかな?)
したい、という希望を有していまして。


317 :吾輩は名無しである:2007/04/08(日) 22:52:41
>316
自分の〇んこ噛切って氏んでいいから。臭い鼬飼い

318 ::2007/04/08(日) 23:02:33
>>317

こちらから許しを乞うたわけではないのに、
唐突に「―していいから」と言われてもなぁ...


319 :高橋源一郎誅伐評議会局長・悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/04/08(日) 23:10:19
>>315
>都庁じゃ石藁が居て悔しいだろうから
>東京タワーのてっぺんにでも登って・

高橋源一郎に相応しいのは地上高147mの霞が関ビルだ。
1968年、日本で最初の超高層ビルの登場が「怪獣・ヒーロー映画」の制作現場に与えた影響は決して小さくない。
実際ゴジラは、新宿副都心に進撃するに際してその身長が、設定上で30mも伸びている。
俺がゴジラの脚本を書くなら、朝鮮総連の本部を尾っぽの一振りで薙ぎ倒させるね。

320 :吾輩は名無しである:2007/04/09(月) 00:30:49
>>319
単純思考でけっこうだなあ…
朝鮮総連本部はわかりやす杉だが、全国津々浦々のパチンコ店はどうするよ。
ほとんど韓国or北朝鮮系。
いまや巨大集金産業だが、それだけに止まらず
パチンコ狂いで自己破産する人間の数を知っとるか。

一見少額賭博のようでいながら、パチンコが発端で消費者金融にハマり
家族に隠す内に多重債務となって家庭破綻→自己破産の道をたどる。
格差拡大の陰にあるのは、
薬物以上に中毒性のある日常ギャンブルと闇金融の蔓延横行。
ゴジラに一掃できるかいな?

321 :高橋源一郎誅伐評議会局長・悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/04/09(月) 00:32:31
>>320
>単純思考でけっこうだなあ…
>朝鮮総連本部はわかりやす杉だが、全国津々浦々のパチンコ店はどうするよ。
>ほとんど韓国or北朝鮮系。
>いまや巨大集金産業だが、それだけに止まらず
>パチンコ狂いで自己破産する人間の数を知っとるか。
>
>一見少額賭博のようでいながら、パチンコが発端で消費者金融にハマり
>家族に隠す内に多重債務となって家庭破綻→自己破産の道をたどる。
>格差拡大の陰にあるのは、
>薬物以上に中毒性のある日常ギャンブルと闇金融の蔓延横行。
>ゴジラに一掃できるかいな?

アンタ、エンターテインメントを解ってないよ。
ヘタに「文学部」出ちゃったから?

322 : ◆k2XT3HjFWw :2007/04/09(月) 00:33:28
>>319
いいかげんにしろ屑が。
口を開けばひたすらに、高橋粘着、民族差別、性差別の繰り返し。
…誰かひとりでもこの板で、お前に対してマトモなレスを返してくれる奴がいるのか?
テメエの糞撒き散らす以外のことは何ひとつ出来ないお前が人様と交わろうだなんて、
おこがましいにも程があるわ。
馬鹿なのは仕方がないとしても屑は駄目だ、人間の屑は。

出て行けカス。
お前にはここは向いてない。

323 :吾輩は名無しである:2007/04/09(月) 00:40:03
そんなに自己ゼツボウするこたぁないわな。

どうせエンターテインメント。
あれ、タカゲンは文学部出たのか?


324 :吾輩は名無しである:2007/04/09(月) 00:43:42
>>321
石藁の名が出るからには
基本的なとこは押さえなきゃならんめ。たとえエンタメでも
さもなくば堂々巡りの自己ゼツボウに陥ってしまう…拘置所内のように。

325 :吾輩は名無しである:2007/04/09(月) 00:45:29
外山恒一は果たして文学か

326 :吾輩は名無しである:2007/04/09(月) 00:48:52
MORE / EARTHSHAKER
作詞:西田昌史 / 作曲:石原慎一郎

人を憎む弱さをみた
おどけ笑いのうしろに
忘れていた ひとりのGameに
孤独の血が かよいだす

Knifeを にぎりしめた
18の日々が甦える

爪を染める マニキュアのように
オマエの笑顔も かわってゆき
たったひとつの喜びさえも
時のすきまが 消してゆく

Knifeを にぎりしめた 18の日々が甦える

もっと! もっと! 孤独よ踊れ
もっと 鮮やかに
もっと! もっと! 孤独よ踊れ
もっと 鮮やかに

Knifeを にぎりしめた 18の日々が甦える
Knifeを にぎりしめた 18の炎が甦える

もっと! もっと! 孤独よ踊れ
もっと 鮮やかに
もっと! もっと! 孤独よ踊れ
もっと 鮮やかに


327 :吾輩は名無しである:2007/04/09(月) 00:52:25
尾崎豊のひねたバージョン

328 :吾輩は名無しである:2007/04/09(月) 00:53:27
438 名前: 吾輩は名無しである Mail: 投稿日: 2007/04/08(日) 22:45:00
神様仏様、どうか高橋チックでクソな下読みに当たりませんように。。。

329 : ◆k2XT3HjFWw :2007/04/09(月) 00:56:19
よくもまぁそんな、さもしい想像力の持ち合わせしかねぇくせに、
オイラ作家志望でござーいなんつってられるよな(苦笑 あわれ。

…繰り返すが、馬鹿なのは仕方がないとして、てか、仮にお前が
俺の半分でもw賢かろうと、故なく他人を貶めることに楽しみを
感じるような屑にはそもそも、生きる資格なんてないんだよ。


だから死ね。

330 :高橋源一郎誅伐評議会局長・悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/04/09(月) 00:56:25
http://www.biwa.ne.jp/~kebuta/MIDI/MIDI-htm/RokyokuKomoriUta.htm

懐かしいな。
俺の、高橋叩きの「デビュー」がコレだったよな。

331 :高橋源一郎誅伐評議会局長・悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/04/09(月) 00:58:02
>>325
>他人

いい加減な事を言うな、バカ野郎。

俺は「他人」を貶しているのではない。
作家・高橋源一郎に物申している。

332 :吾輩は名無しである:2007/04/09(月) 00:58:44
438 名前: 吾輩は名無しである Mail: 投稿日: 2007/04/08(日) 22:45:00
神様仏様、どうか高橋チックでクソな下読みに当たりませんように。。。

333 :高橋源一郎誅伐評議会局長・悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/04/09(月) 01:03:13
>>325
>◆k2XT3HjFWw

全世界の皆様!!
コイツはスズキダイスケと申しまして、
「日本文学が衰退したのは衆愚に媚びたから、あわれ」が口癖の、大バカ選民野郎ですよ!

334 : ◆k2XT3HjFWw :2007/04/09(月) 01:11:09
そうやってキャンキャン鳴き喚くことしか出来ないんだよなw 馬鹿だから。
…っつーかさー、俺自身こんな風に、アタマの悪い奴を小馬鹿にする自分て
大っ嫌いなんでw いいかげんにカンベンしてくれよ、カス。


頼むからさ。いいかげんに、死んで。

335 :吾輩は名無しである:2007/04/09(月) 01:12:46
>>333
うあ、ほんとけ?

336 :高橋源一郎誅伐評議会局長・悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/04/09(月) 01:13:53
>>330
>いいかげんにカンベンしてくれよ、カス。

天体望遠鏡を逆さに覘いて
「安物は小さく見えるんだな」と言ってるみたいな人、乙。

337 :高橋源一郎誅伐評議会局長・悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/04/09(月) 01:15:12
高橋はテメェの精子をペトリ皿の寒天で培養してるらしい。

338 :吾輩は名無しである:2007/04/09(月) 01:25:14
            (⌒)
     r=====ュ (_ __)
     {!    l}  |/
     ヾ__o__〃 __
     /~~~~~ヽ //
     ,'.:.:(;゚Д゚).:.:/  >良スレのやかん
    {.:.:ひ.:.:.:U:ノ
     ヽ、__ノ
      U U

339 :高橋源一郎誅伐評議会一番隊隊長・銀壱 ◆cqhsAMLQIg :2007/04/09(月) 01:30:27
すべては我ら棟梁のパーソナリティに負う。

340 :吾輩は名無しである:2007/04/09(月) 01:53:07
棟梁にしては…統率力がいまいち。

太っ腹に欠ける。肝と腹がデカくないとな。ろくな精子も出来んぞなもし




341 :高橋源一郎誅伐評議会一番隊隊長・銀壱 ◆cqhsAMLQIg :2007/04/09(月) 06:53:22
>>327
>尾崎豊のひねたバージョン

精神が疲弊し感性が鈍磨した初老の女にはみな同じに思えるらしい。

342 :吾輩は名無しである:2007/04/09(月) 12:19:53
むしろほめ過ぎだと思ったけど。

92 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)