5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

もう文学は社会的役割を終えた

1 :吾輩は名無しである:2007/03/08(木) 03:31:45
後は極一部の文学オタクの趣味になるだろう。
安らかに眠れ。

2 :吾輩は名無しである:2007/03/08(木) 03:33:34
人間が文字や言語を放棄しない限りそうはならないんじゃない?

3 :吾輩は名無しである:2007/03/08(木) 04:41:26
いや、社会的役割で文学が終わろうが、生活基盤つまり職業(カネのため)として、文学は永遠に不滅だと思うよ。
文学はカネのため。


4 :吾輩は名無しである:2007/03/08(木) 05:25:34
村上春樹にとって、アカデミズムははじめから皆無
大衆命

5 :吾輩は名無しである:2007/03/08(木) 06:04:21
そのうち単純に小説など読まれなくなるんだろうな

6 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/03/08(木) 11:00:01
愚衆ってやはりばかだなw


仮に文学の社会的役割を終えるとする。
しからば、未来の国語教科書にはドラえもんやらのだめカンタービレやらが並ぶと申すかww
はなはだしき低脳、世論の盲愚この下なし。必竟、一般教育程度の低さが原因なりしや。

>>1は学校いきなおせ。市民として恥ずかしき愚劣な意見を口にしたおのれを残悔すべきなり。

文学とは時代に対してつねづね転換する批判機構なり。
人知の初め、開闢のつまびらき、文語の発生から文学これあまねく不変のかるちゅらる営為ならん。
メディアの興隆氾濫、ただ一時の流行にすぎず。

7 :吾輩は名無しである:2007/03/08(木) 11:45:40
だからカミュにとって社会は神聖だった
文学はなくならない

8 :吾輩は名無しである:2007/03/08(木) 12:15:26
もうだめだよ

9 :吾輩は名無しである:2007/03/08(木) 12:21:18
>>1
文学の社会的役割ってなんだ?
明治の啓蒙のことか?
もしそのことなら、
啓蒙思想が薄らいだため、それで文学が失われるということはない。
そんな意識は万葉集の昔は無かったが、
詠まずに居られん人がいたぞ。
そもそも、君のいう「文学の社会的役割」とはなにかを、先ず聴かせてくれたまえ。

10 :吾輩は名無しである:2007/03/08(木) 12:26:32
おしマイケル

11 :吾輩は名無しである:2007/03/08(木) 12:48:30
じゃあダメでいいよ
ただ飯だけは食わせてくれこれが本音だしょ?

12 :吾輩は名無しである:2007/03/08(木) 12:52:30
飯食うために、作家間の交換としてまず文学は残るし、次に拡大を狙っていく りかいうんぬんじゃない 「売ること」それが現代文学

13 :吾輩は名無しである:2007/03/08(木) 13:15:23
おまえらは売れっ子だから、空腹などないのかもしれないが、俺の文学はいつも空腹とともにある
ハルキの料理描写にはいつもよだれを垂らしてしまう

14 :吾輩は名無しである:2007/03/08(木) 13:18:21
新聞に一言

「昨日文学は死んだ。もしかするときのうかもしれないし…」はじめから文学など死んでいる
四畳半生活の貧しさ


15 :吾輩は名無しである:2007/03/08(木) 14:36:22
旧来の日本文学は死んだ。
あまりにも幼稚すぎるのだ。

これから新たな日本文学が台頭してくるだろう。
なぜか?

私がやって来た。

16 :吾輩は名無しである:2007/03/08(木) 16:53:59
爆笑

17 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/03/08(木) 17:10:48
人知ある限り啓蒙主義に終わりなし

その文表面の趣に変遷あるのみ
これただ読者層の変化のみ

文学は啓蒙である

18 :吾輩は名無しである:2007/03/08(木) 17:33:25
お前は啓蒙なんて出来ないでしょ。一般人よりも馬鹿なんだから。

19 :吾輩は名無しである:2007/03/08(木) 17:34:44
親が高学歴だと、子供も高学歴になるけど、
m0yPyqc5MQは、親も低学歴なんだろうね。

親が東大卒だったら
4浪で専門学校は許されない。

親が低学歴だと教育機会にも恵まれないが・・・

20 :吾輩は名無しである:2007/03/08(木) 17:39:06
親は慶應だって言ってたよ。
その影響で福澤諭吉を読んだらしいよ。恰好悪いね。
何の否定もせずにそのまま受け入れて絶賛してやがる。

21 :吾輩は名無しである:2007/03/08(木) 18:03:42
4浪で専門学校許す
慶應の親か。

m0yPyqc5MQは長男じゃないってことか。

出来のいい長男が順調に育ったんで、
放置されてた次男ってとこだろうね。m0yPyqc5MQは


22 :吾輩は名無しである:2007/03/08(木) 18:48:35
なあに
学歴を通して世の中を見ているうちが一番幸せなんだろね
そのことにいつ気づくかだね

23 :吾輩は名無しである:2007/03/08(木) 18:51:44
大介はいつか急に夢から醒めたようになって
なにもない自分に悲観しそう。

恐竜の痛覚みたいに。

24 :吾輩は名無しである:2007/03/08(木) 18:57:50
なあに
同時に失うものもすべてなくなるわけだ
自由になれるよ

25 :吾輩は名無しである:2007/03/08(木) 19:00:32
醒めない夢はない〜♪

大介ももう23〜

26 :吾輩は名無しである:2007/03/08(木) 19:15:00
実は24〜♪いろんなものに対して見ないふりをする〜♪

27 :上野和雄:2007/03/08(木) 20:49:08
>文学とは時代に対してつねづね転換する批判機構なり。

ここで言う「文学」って何?
小説の事だったら笑うべき謬見だ。

28 :吾輩は名無しである:2007/03/09(金) 01:29:05
大介〜
明星読んだぞ。いいんじゃね、お前はあれで。
もう完成されとる。二度と読まない。

がんばれよ。
あれに金払って読む奴はいないから、
これからもアリの穴作家としてがんばれよ。
食い扶持は自分でなんとかしな。

以上。

29 :吾輩は名無しである:2007/03/09(金) 01:39:31
ワンコイン

30 :吾輩は名無しである:2007/03/09(金) 02:43:07
27                                    人文学 臨床医学だと思う

31 :吾輩は名無しである:2007/03/09(金) 05:23:51
でもこれからはラノベやギャルゲーが文学の役割を果たすようになるだろうね

32 :吾輩は名無しである:2007/03/09(金) 05:26:44
いや、それは無理だと思うよ。
まともなセンスがあったら耐えられないだろああいうものは。

33 :吾輩は名無しである:2007/03/09(金) 05:47:09
文学は二次構物に成り下がった
俺は楽しんでいるが…? ゲーム世代やし
ロマンシングサガくらい書いて死ぬわ ケラケラ

34 :吾輩は名無しである:2007/03/09(金) 05:48:25
巨人の里行くためにジュエル集める
シフにはジルコンの斧を買ってやろうと思う

35 :吾輩は名無しである:2007/03/09(金) 05:50:18
コマンド たたかう        ぼうぎょ        まほう        >アイテム                   >エリクサー                   復活!

36 :吾輩は名無しである:2007/03/09(金) 09:56:31
人間がいる限り、文学は消えない。

37 :吾輩は名無しである:2007/03/09(金) 13:45:34
文学を知らない者が多すぎる。
マンガ、ラノベ、ゲームしか知らない者が、
知ったかぶりで文学を口にしても無知を露呈するだけだ。

7 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)