5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ネットで読める日本文学作品の量の少なさ

1 :吾輩は名無しである:2007/03/13(火) 17:28:38
青空文庫。確かにあることにはある。
だがすべて手作業なので作家の主要大作品は抜けていることが多いし、著作権の切れていない作家の作品が転がっている事も希。
ところが海外になると、プロジェクトグーテンベルグは勿論として、作家の長篇小説(ディケンズ、サッカレー、ドストエフスキー、バルザック、プルーストなどの大河小説など)が殆ど読む事が可能である。
アガサ・クリスティ、グレアム・グリーンなどの著作権が存続している作家の作品さえ読む事ができる。これは確かに違法な事だが、殆ど読む事ができない日本と比べて、文芸に対する皆の関心が高いという事を示しているのではないか?
日本のamazonで自費出版系以外の小説を試し読みする事はほとんど不可能だが、英米のamazonなどでは殆どの作家を試し読みできる。JASRACもそうだが、潔癖なほどに著作権意識の高い日本の現状が文学の衰退に拍車をかけていはしないだろうか?

2 :金原文則 ◆jG/Re6aTC. :2007/03/13(火) 18:32:42
まあ例え著作権意識を甘くしても文学の衰退は止まらない。

3 :吾輩は名無しである:2007/03/13(火) 18:58:09
つYosi

4 :吾輩は名無しである:2007/03/15(木) 13:23:06
日本amazonって何であんなに使いにくい訳?

5 :吾輩は名無しである:2007/03/15(木) 13:28:32
図書館いけばなんぼでも読めるだろ。なんでもネットで済まそうとするバカが多い。

6 :吾輩は名無しである:2007/03/15(木) 13:51:38
しかもネットでは触れられもしない名作はたくさんあるからな。

2 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)