5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

クラフト・エヴィング商會

1 :無名草子さん:03/04/15 21:36
ないものありますか?

2 :無名草子さん:03/04/15 21:43
じつは、わたくし
こういうものです

3 :無名草子さん:03/04/15 21:44
2?

4 :無名草子さん:03/04/15 21:54
チョッキ食堂

5 :無名草子さん:03/04/15 21:55
月光密売人

6 :無名草子さん:03/04/16 13:55
あまり知られてないのか?

7 :山崎渉:03/04/17 11:32
(^^)

8 :トリ ◆AqSQUBSJwA :03/04/18 20:27
おおっ!
こんなスレが立ったのか。素晴らしい。

彼らの世界、好きだわぁ。


9 :無名草子さん:03/04/18 21:12
あまり中身がないのがたまにキズ。
雰囲気はスキだが

10 :無名草子さん:03/04/18 21:25
『じつは、わたくしこういうものです』で知りました。『クラウドコレクター』が一番好きです。


11 :山崎渉:03/04/20 05:48
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

12 :無名草子さん:03/04/21 02:04
でもこれって内容求める本じゃないような・・・。
装丁とかデザインとかも含めての本ですね。

13 :無名草子さん:03/04/21 08:57
昔、2年くらい前に立ってたな。彼らのスレ。
伸びずにしばらくして落ちちゃったけど。

14 :無名草子さん:03/04/21 11:38
クラフト・エヴィング商會
http://natto.2ch.net/books/kako/979/979272268.html

15 :無名草子さん:03/04/21 21:12
『じつは、〜』って、構成次第では途中まで読者を騙せるよね。
「チョッキ食堂」や「2代目アイロンマスター」辺りは実在してもよさげだし。

16 :無名草子さん:03/04/23 15:52
かなり好きだ。
まあ、偽書の類に入りそうだけど、ちょっと独特だね。
言葉の迷宮ってほど幻惑的ではないし。

うちの本棚には「鼻行類」や「スプートニク」の隣に並んでいます。

17 :トリ ◆AqSQUBSJwA :03/04/23 21:42
『フィンガーボールの話の続き』はクラフト・エヴィング商會じゃなくて、
吉田氏個人名義の本なんだが、なかなか良かったー。

18 :無名草子さん:03/04/23 22:25
稲垣足る穂のパクリじゃね?

19 :>>18:03/04/23 23:09
>>14を参照しる。


20 :無名草子さん:03/04/23 23:55
http://media.excite.co.jp/book/interview/200303/
クラフト・エヴィング商會インタビュー(エキサイトbooks)

ユニット名は稲垣足穂の本に出てきた「クラフト・エビング的な」という言葉から。
「なんとなく、いい感じ、くらいのニュアンスかと思ってつけたんですけど」(浩美さん)、
後になって変態研究の第一人者であった医学者クラフト=エビング博士の名前だと知る。
なのでクラフト=エビング博士から影響を受けている部分はないらしい。

21 :無名草子さん:03/04/25 21:22
>20
THX
そうか音ちゃんは存在しないのか

22 :無名草子さん:03/04/28 12:35
公式ページ、ホントにできたら楽しみなんだが・・・。
やっぱりこの人たちは本というかたちが好きなんだろうね。

23 :トリ ◆AqSQUBSJwA :03/05/05 22:30
公式ホームページ!
良いねぇ。


24 :無名草子さん:03/05/05 22:44
クラウドコレクターの文庫版
いつ出るんだろう

25 :トリ ◆AqSQUBSJwA :03/05/05 22:46
クラフトエヴィングので、文庫版のって何かありましたっけ?

26 :無名草子さん:03/05/06 11:40
ないよ。
造本も含めてオリジナルを楽しもうよ。

27 :無名草子さん:03/05/06 21:06
>>25
「クラウドコレクター」と「すぐそこの遠い場所」が
新しいバージョンで文庫になるらしい。
「つむじ風食堂」に入ってたムーンシャイナーに
書いてありました。

ところで、「ないものあります」には
ムーンシャイナー入って無かったですよね?
もしかして僕のだけ…?

28 :トリ ◆AqSQUBSJwA :03/05/06 21:36
>>26
それもそうですね。
でも、文庫版になったらどんな本になるのかとか興味があったり。

>>27
へー。そうなんですかー。
楽しみです。
ありがとうございました。

29 :無名草子さん:03/05/14 21:07
>>27
遅レススマソ

俺が持ってるムーンシャイナーは
『らくだこぶ』、『じつは、』、『つむじ風』&『ケーキ』、『ボレロ』の四種。

他のにも入ってたって人いる?

30 :山崎渉:03/05/22 02:10
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

31 :無名草子さん:03/05/26 02:48
クラフトエヴィングのスレがっ(´∀`) なんか醸し出す空気が好きニダ。

32 :山崎渉:03/05/28 16:53
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

33 :無名草子さん:03/06/07 17:46
最近気になる作家(?)さんです

34 :無名草子さん:03/06/17 18:51
えーっと、文庫はまだかな?
やっぱ筑摩から?

35 :トリ ◆AqSQUBSJwA :03/06/17 22:28
個人的には新潮社から出てくれると嬉しいなぁ。
河出書房とかから出そうなイメージがありますが。

36 :無名草子さん:03/06/18 04:15
サンリオあたりでしょ。

37 :トリ ◆AqSQUBSJwA :03/06/19 01:00
>>36そんなばかな!

38 :無名草子さん:03/06/19 12:21
ttp://www.sanrio.co.jp/welcome.html
…チェッ…伝説のサンリオSF文庫は闇の中か。

39 :トリ ◆AqSQUBSJwA :03/06/21 21:19
サンリオ文庫?そんなものがあったのか!

40 :無名草子さん:03/06/22 02:45
おや。サンリオ文庫を知らぬとは随分とお若いお方のようで。
SF等の佳品を提供する貴重なレーベルだったのですがね。

てか、このままではココはサンリオ文庫を語るスレに・・・(w

文庫になるなら…どこかなあ。
個人的にはカバーがPP加工してあるとこがいいんだけど。
ハードカバーだからこそ生きた装訂等に見られるあの遊び心を
文庫ではどう表現するのか、とかも見てみたい。

41 :無名草子さん:03/06/26 02:26
工作舎文庫があればなぁ…

42 :無名草子さん:03/07/09 16:49
激しく同意。
っていうか、いいスレですね、ココ。

43 :無名草子さん:03/07/10 15:27
クラフトエヴィング商曾が本の中で使っている絵、
フランス大百科事典(百科全書派著)の絵からとっているみたいですね。
父が百科事典の図版だけ載っている本をもらってきて、見てちょっと驚きました。

44 :無名草子さん:03/07/11 15:36
>43
うらやますい!!
あのクラシカルな、銅版画っぽい絵、大好き。
某新聞である作家さんが書評コーナーに連載持ってた時、
カット担当してらしたけど、その時の絵、全部切り抜いて
取ってあるwくらい好きです。

45 :無名草子さん:03/07/12 16:19
あれは、そういうのをまとめた著作権フリーの素材集みたいなのから取ってると聞きました。
もちろん昔の雑誌の広告などからも持ってきてる。
いいものがないとあれこれ調べて、当然それっぽく新しく描くこともあるそうです。

46 :無名草子さん:03/07/14 22:00
>>45
そうだったんですか。どこからあんな味のある絵を、と知りたかったんですよ。
私はピングとポングの絵が好きです。

47 :山崎 渉:03/07/15 11:44

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

48 :トリ ◆AqSQUBSJwA :03/07/26 00:58
>>40
まだまだ若輩者で、物を知らずに生きております。
そういえば、しばらく前にサンリオ文庫を語るスレがあったような・・。

と、一ヶ月ほどの亀レスをしてみましたが、
もう見られてないでしょうねぇー。

それはさておき。
>>27の言ってる文庫化の話はどうなったのでしょうか。

49 :無名草子さん:03/07/27 03:29
もともと女性二人組だったのに片方がやめちゃったのはどうしてなの?

50 :>>49:03/07/28 13:54
>>14を参照しる。

51 :無名草子さん:03/08/07 22:24
亀レスですみませんが。
文庫でハードカバーなら、講談社+α文庫という手もあります。
ただ私は、井上直久「迷路の街で聞いた話」しか知りませんが。

文庫化するのであれば、本文のデザインからやり直さなければ厳しいでしょうね。
あと、写真や絵が小さくなって見づらくなる点をどうするかですね。

私はクラウドと古書目録が特に好きです。物語性があって。
「こういうものです」もいいなぁ。

52 :無名草子さん:03/08/08 13:59
そろそろ音ちゃんの次作が読みたいです。

53 :無名草子さん:03/08/08 18:13
>>52
ホルン奏者の話が読みたいなぁ。

54 :無名草子さん:03/08/08 19:33
あの夫婦には本当の子供はいないのだろうか。

55 :無名草子さん:03/08/09 19:56
平凡社「太陽レクチャー・ブック001 グラフィック・デザイナーの仕事」
にて、色々問答していますね。
初期の頃には女性二人だったのが、夫婦でやるようになった理由とか。
内容晒すのもなんだから、興味ある人は立ち読みでもして下さい。

56 :無名草子さん:03/08/26 16:40
あげてみる

57 :無名草子さん:03/08/26 22:15
頭悪いから嫌い

58 :無名草子さん:03/08/27 16:54
>>57
自己批判はいいことです。

59 :無名草子さん:03/10/07 17:25
えらく下がっていたので上げてみる。
それにしても、次作まだかな〜。
想像力全開で楽しみたいなぁ。

60 :無名草子さん:03/10/08 20:11
文庫本まだぁ〜?

61 :無名草子さん:03/11/05 19:43
年末に新刊出るッスか?

62 :トリ ◆AqSQUBSJwA :03/11/08 21:05
マジっすか?!

63 :保守:03/12/02 07:44
 

64 :無名草子さん:03/12/02 13:09
>>61
吉田篤弘氏の新刊が、新潮社から出るらしいよ。
ttp://www.shinchosha.co.jp/shinkan/200312.html#4

65 :無名草子さん:03/12/05 22:25
お、待ってました。楽しみだ。
ムーンシャイナーあるといいなぁ。

しかし、文庫版お話はどうなったのだろうか?

66 :無名草子さん:03/12/24 19:57
「グッバイ・ポークパイ・ハット」出てたんで買ったよ! まだ読んでないけど。
挟みこんであるのはムーンシャイナーではありませんでした。
ところで筑摩から出るはずの「ムーンシャイナー」の単行本のほうはどうなったの?

67 :無名草子さん:04/01/10 20:08
age

68 :無名草子さん:04/01/22 17:33
文庫本まだぁ〜?

69 :無名草子さん:04/01/26 23:09
針がとぶ 読了〜
関連性があっておもしろかった。


70 :無名草子さん:04/01/30 21:47
パスパルトゥと本屋のおじさんがよかった。

読むべし。マストビー

71 :無名草子さん:04/02/04 05:36
クラフトが装丁だけ担当した本を教えれ。

ちなみに
「大人になったら失われてしまうもの」(青山出版社)

72 :無名草子さん:04/02/05 16:24
「スコットくん」(角川書店)フジモトマサル
もそうだったはず。
ちくま文庫の「ちくま日本文学全集」はどうだっけ?

あと、最近店頭でよく見かけるんだけど、
小沢征爾の娘のエッセイもやってたはずだ。
(名前が出てこない…)



73 :無名草子さん:04/02/05 19:43
「稲垣足穂全集」(筑摩書房)
高い本(5,000円平均で全13巻)だし、買ってもおそらく読まないだろう
(個人的には好きな話と全然理解できない話の差が大きい)が、
装丁を見てるだけで、つい、ふらふらと買ってしまいたくなる。

74 :無名草子さん:04/02/10 18:01
最相葉月「絶対音感」もそうだった。


75 :無名草子さん:04/02/10 21:03
林望氏のエッセイ(文庫)でも見かけたな・・・
もうカバー見ただけで誰の装訂かわかる。

76 :無名草子さん:04/02/15 21:37
チト質問させてください。

「針がとぶ」ので裏路地の猿の話が書きたかった男が
クロークルームに触発されて書いた(と思うんですが)作品って
マストビーホテルマンが読んでた女賭博士の話ですかね?

猿の男は日本人だから、もしホテルマンが読んでた本がそうなら
翻訳されたのかな・・・
ユイの話から汲み取ると、ホテルマンって外人ですよね?

いや、無粋なのは解ってるんですけど、読むたびに発見があって・・・


77 :76:04/02/15 21:39
×「針がとぶ」ので

○「針がとぶ」で

78 :76:04/02/15 21:42
×女賭博士

○女賭博師

ああ・・・あああ・・・



79 :無名草子さん:04/02/18 03:00
激しく今更ですが、Doverですかね?

80 :79:04/02/18 03:01
>>45さんへのレスでした。


81 :無名草子さん:04/02/22 18:01
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480039279/qid=1077439480/sr=1-8/ref=sr_1_10_8/249-0857226-0349922
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480039287/qid=1077440209/sr=1-7/ref=sr_1_10_7/249-0857226-0349922
文庫版、4月8日発売予定。


でもやっぱ文庫になっても結構高いのね。

82 :無名草子さん:04/02/22 20:45
>>81
上質な紙じゃないとあのヴィジュアルを再現できんのでは。
ハードカバー持ってるけど飼ってしまいそうな悪寒(つД`)

83 :無名草子さん:04/02/23 01:41
>49
仲間割れして訴訟になってるとか

どこもダークサイドってのはあるもんだ

84 :45:04/02/24 19:33
>>79
わあびっくりした。今頃レスが・・・(w
Doverのやつもそのひとつだろうし、他にもあると思いますよ。
彼らは組み合わせのセンスがいいのでしょうね。

文庫はやっぱり筑摩からでしたね。
この2冊、どうせなら装丁を合わせてくれたらいいのに。

85 :無名草子さん:04/02/24 20:09
今さらながらフィンガーボウル〜買いました。
針がとぶ、の方が自分は好みかな・・・。

Thinkは買いですか?

86 :無名草子さん:04/02/28 22:54
ちくまはなんで何でもかんでもすぐ文庫にしちゃうんだよ!マジMK5ですわ!

87 :トリ ◆AqSQUBSJwA :04/03/04 22:54
文庫化嬉しいんだが。

88 :無名草子さん:04/03/05 22:48
>>87
漏れも嬉しいんだが。

89 :無名草子さん:04/03/07 01:08
>85
シンクおもろいよ

90 :無名草子さん:04/03/15 22:00
Think、Boleroの続編はないのかなぁ。
音ちゃんシリーズ三部作、みたいな感じであるといいな。

91 :無名草子さん:04/03/16 21:24
構想はあるらしいですけどね・・・

92 :無名草子さん:04/03/20 11:06
ちくまは何でも高い

93 :無名草子さん:04/04/06 02:50
05/下 クラフト・エヴィング商會「テーブルの上のファーブル」筑摩書房

94 :無名草子さん:04/04/08 01:33
05/下 クラフト・エヴィング商會「テーブルの上のファーブル」筑摩書房

文庫はもうでたのかな?

95 :無名草子さん:04/04/14 20:43
今日本屋行ったら文庫売ってたよ。
アゾット辞典の方だけ買ったんだけど、やっぱ900円は高いよなぁ・・・

そして新刊?が出るみたいですな。楽しみ。

96 :無名草子さん:04/04/16 17:08
「クラウドコレクター」「すぐそこの遠い場所」ともに買ったよ!
「クラウドコレクター」は「手帖版」というネーミングで加筆&修正がされてるけど写真がほとんど省かれてる。
「すぐそこの遠い場所」はオールカラー化だそうです。
残念ながらムーンシャイナーは入ってなかった。

97 :無名草子さん:04/04/16 21:27
私も両方買ったよ。写真無かったね。
文庫だと持ち運べてイイ!

友人に「針がとぶ」を貸したらえらく気に入ってくれた。
だけど実はあまりひろまって欲しくないw<クラフト
売れて欲しくないって訳じゃないんだけど、
知ってる人だけのお楽しみって感じというか、何というか。



98 :無名草子さん:04/04/16 22:44
クラウドコレクターという本の存在をふと知って、
文庫で出るという事でそれを買おうかと思ってたんだけど、
文庫化にあたってずいぶん変わってしまってるみたいですね。
単行本のほうだといちいち注文しないと買えないし、
高いわけだけど、文庫版で十分に楽しめるのかなぁ?

99 :無名草子さん:04/04/17 14:41
>98

文庫版でも充分楽しめると思いますよ。
文庫化にあたってもの凄く変わってしまった訳でも無いですし。
写真たっぷりで楽しみたいのなら単行本がいいと思うけど
文庫でもおkではないかと。

クラウドコレクターを読んだ後に、すぐそこの遠い場所も読むとよろしいかと。

100 :無名草子さん:04/04/19 00:19
私には単行本の方が断然いい。
文庫は、あくまでちくま文庫の型にはまってしまって、
クラフト・エヴィング商會を楽しむには物足りない。

101 :無名草子さん:04/04/26 14:49
文庫、買いました。これはこれで・・・
他の本もいつか文庫になるのだろうか。
ちくまのものはちくま、新潮の本は新潮文庫に入るんでしょうね。

102 :無名草子さん:04/05/08 09:23
http://product.esbooks.co.jp/product/product/detail/author?accd=R0029820

『テーブルの上のファーブル』予約受け付けてるよ。

103 :無名草子さん:04/05/09 14:35
新潮文庫から出た松田哲夫氏の本にクラフトエヴィング商會とのなれそめが
少しだけ書いてありました。

104 :無名草子さん:04/05/09 14:35
新潮文庫から出た松田哲夫氏の本にクラフトエヴィング商會とのなれそめが
少しだけ書いてありました。

105 :無名草子さん:04/05/26 19:46
最近興味を持ち始めたんですが、最初に買うならどの本がいいですか?
「クラウドコレクター」ってのが良さそうですけど。

106 :無名草子さん:04/05/26 21:47
>>105
ベタだけど最初のつーことで
「どこかにいってしまったものたち」
でどーでしょ?

塚、とりあえず良さそう、と思った作品からで十分かとw

107 :無名草子さん:04/05/28 10:16
「クラウドコレクター」 いいですね。
文庫版を買いまして、前書きの、海で肩車されてっていう
エピソードのところでなぜか感極まってしまいました。

108 :無名草子さん:04/05/29 21:55
107=105さん? それとも98さんかな?
私はまだクラウドコレクター読んでませんが、読んだ中では「ないもの、あります」が
一番お気に入りかなー。
「らくだこぶ〜」も大好きなんだけど。
もちろん音ちゃん名義のも…ってキリがないな。

109 :無名草子さん:04/05/30 01:14
>>108
そういう時は照れずに
「全部好き」とひとことw ←それは漏れ

110 :無名草子さん:04/05/30 01:16
>>108
そういう時は照れずに
「全部好き」とひとことw ←それは漏れ

111 :無名草子さん:04/05/30 08:51
新刊出てた。

112 :105:04/05/30 09:41
高校生にハードカバーは値が張るもんですからw
ふむ、それじゃあ
・どこかにいってしまったものたち
・クラウドコレクター
・ないもの、あります
の三つあたりから選んでみます。ありがとうございました。

113 :無名草子さん:04/05/31 00:48
>111
入手。
これが前に話の出てたムーンシャイナー書籍版なのね。

114 :105:04/06/02 02:05
クラウド・コレクター買いました。まだ読んでないけど。
レジに入って初めて2500円という値段に気付く_| ̄|○

115 :107:04/06/02 16:35
>>104
いやいや、本を買う=自分に投資ですよ。


116 :無名草子さん:04/06/13 16:33
数年前「どこかにいってしまったものたち」を
ジャケ買いして以来、気になる存在でした
久々に「クラウド・コレクター手帖版」を読んで内容は満足したものの
著者が前と違ってて??? ここの過去ログを読んでみた

…あんまり内実は知るもんじゃないすね…

117 :無名草子さん:04/06/14 20:27
ファーブル買いました。良かった。

118 :無名草子さん:04/06/19 22:42
>>116
彼等のこだわる「実体のないもの」と併せて考えると興味深いですな。

119 :吾輩は名無しである:04/06/23 11:24
http://f22.aaacafe.ne.jp/~wang/become/dog.htm


120 :吾輩は名無しである:04/06/23 11:24
http://idol-ch.net/ka/img/1087898935004.jpg


121 :無名草子さん:04/06/24 00:15
来月、新刊がでるらしい。
ソースは書店の知り合い。

122 :無名草子さん:04/07/02 01:34
7月11日のNHK-BS週刊ブックレビューに出演予定らしいです。楽しみ〜
一体どんな方たちなんだろう…お写真でしか拝見したことないですし
気になりますね。動く姿を見るのも初めてです。(サイン会とかなさらないし)
それから、今度出る新刊のこと、bk1のサイトで見れました。今回は編著という
形になるみたいですね。「犬」と「猫」の2冊出るみたいです。

123 :無名草子さん:04/07/12 00:53
>>122
見ました。
なんかいい人そうなコンビでした
最近気になってた人だったので、偶然テレビ見れて良かったです

124 :無名草子さん:04/07/30 20:00
新刊買ったよ! 猫と犬。
そうか、こういう手があったか…なんか反則だ(w
中身はゆっくり読みます。

125 :無名草子さん:04/07/30 20:42
>124
いいなぁ。どんな感じでした?
本屋で見かけない・・・

126 :無名草子さん:04/08/01 02:33
124ではないですが、犬と猫、どちらも既刊の本をクラフトエヴィング調に監修しなおしたもの、って書いてあったと思う。
中身はまだ読んでないけど。

127 :無名草子さん:04/08/09 12:14
書店で見かけるとつい手にとってしまうんだけど
買うとなると躊躇してしまう…だって内容薄そうなんだもん。その割に高いし
「クラウド・コレクター」は面白かったけど

128 :無名草子さん:04/08/09 13:32
今月の「ちくま」の話、好きだな〜。
表紙の絵もかわいかった。

129 :無名草子さん:04/08/10 18:27
>>127
文学というより「雑貨」的に捉えてるファンが多いのでは。
このスレ見ててもそう思う

130 :無名草子さん:04/08/10 22:25
>>127
図書館で済ませればよいではないの。
読めればいいわけでしょ?
内容薄いか濃いか、それも読めば自分好みかわかるわけだし。
何を基準にどういう意味で「内容薄そう」なのか、という
まっとうな批評をいつか聞かせてほしい。

131 :無名草子さん:04/08/11 07:02
傍観者でつがそんなにかみつく程のことかなぁ?ちょっとこわいよ(^_^;)

>122
やっとビデオ見れました〜なかなかユニークそうなおふたりでしたne!

132 :無名草子さん:04/08/11 17:11
>>131
傍観者なら黙ってれば?

133 :無名草子さん:04/08/11 23:08
図書館にこんなの置いてるか?近くの図書館じゃなかった。そこ狭いから当たり前だろうけど。
あ、でも別に書店でも立ち読みは出来るよな。ハードカバーだし。

ちなみに俺も薄いと思った。クラウドコレクターとか写真ばっかだし(文庫本を基準にすれば)。
大抵は文庫本で済ましてた漏れには結構抵抗があった。字数少ないし写真ばっかでしかも値段は文庫本の3〜5倍( ゚д゚)
まぁそれがハードカバーなんだし、って最終的に納得させて買った。

134 :無名草子さん:04/08/12 01:10
装丁とか写真とか、雰囲気を楽しむ本だと自分では思っているが。
>>129と同じかな。
内容をしっかり読み込みたい、なら求めてる物が最初から違うと思う。


135 :無名草子さん:04/08/12 01:10
うーん、私は個人的にはあのヴィジュアルの多さにも意味がある、と
思って買ってるから、今のところはまだそんなに抵抗ないかなー。
それこそ、待ってたら文庫化されるかもしれない率は「クラウド・・・」とかで
立証?されたわけだし、マターリ待つのもいいんでない?
毎回装丁も楽しみ。高いけどつい買っちゃう・・・orz

136 :無名草子さん:04/08/12 19:53
うん、高いけど買っちゃうんだよね。
内容も結構ノスタルジーというか、不思議な雰囲気あって好き。
別に内容の深さを求めて読んでるわけではなくて、
何だか自分が好きな空気を出してくれてるから買っちゃうんだよなー。

137 :無名草子さん:04/08/13 16:21
塵芥商舗てのが、ほんの少し同じにおい

138 :無名草子さん:04/08/18 14:00
「らくだこぶ書房」のトリッキーな本達、
「どこかにいってしまったものたち」の説明書、
「クラウドコレクター」の酒瓶や小道具達、
それぞれがその時代に存在し、時を越えてきた様な、
汚れ、色あせ、当時の書体や文体を再現していて、
写真やカットの一つ一つが味わい深いわ。
こういう小道具を作る手間を考えると、値段相応だと思うけどな。

雲母印本がホスィ……

139 :無名草子さん:04/09/03 22:36
最近の著作を読んでいて思うのは
「初めての読者に優しくない本」だと思う。
独特の雰囲気が作られていて、
「私たちの本を読む人は分かってくれている」
という表現が多い。内輪受けというか。

文章も、あくまで小道具たちの説明(クラウドコレクターみたいなの)
という形ならあれでいいと思うけど、文章のみで勝負する小説となると、
ちょっと飾りすぎ。

彼らがどこへ行くのか見ものですね。

140 :無名草子さん:04/09/05 01:39
>>139
読み慣れちゃっててそういう意見が何だか新鮮。
どういうとこがどう内輪受けっぽかったですか?
(でも、独特の雰囲気てのはどの作家さんにも
個性ってものがあれば誰でもあるような気が・・・)

141 :139:04/09/05 11:17
>>140
テーブルの上の〜なんかは特に思ったのですが、
ところどころに他の本との関連性や宣伝がありますよね?
(そういう趣旨の本だったからかもしれませんが)

過去の本を読んでいる人なら分かることも、
新しい読者にとっては「?」では。
そういう部分が増えているような気がします。

そこから興味を持って他の本を読んでいく人と、
「訳わからん」と投げ出してしまう人と分かれる、
癖のある作家だと思います。

私が思うに、「らくだこぶ〜」位までは門戸の広い
内容だったと思うのですが。
昔から好きな人はどう思われますか?

142 :無名草子さん:04/09/05 16:33
>>141
「テーブルの上の〜」の場合、本人たちとしては
新たなステージ、とか思ってるみたいだから、
それまでの総決算てのもあって従来の著作についても
触れてんのかなーと思ってた。
知ってるひとはちょっとニヤリ、知らないひとでもそれなりに、くらいの
お遊びかな、とか。

143 :無名草子さん:04/10/04 19:49:18
ttp://pi.jugem.jp/tana/tana.php?ac=craft_ebbing
こんなん発見。
「このページはクラフト・エヴィング商會(吉田篤弘・吉田浩美)の装幀した
本のリストのコンプリートを目的につくられています。」
だと。一気に見ると食傷気味・・・。

144 :143:04/10/04 19:52:09
ごめん・・・あげちゃった・・・。

145 :無名草子さん:04/10/18 20:04:50
>>143
すげー、結構出てますね。
これのブクログってブログも楽しそうだな。

146 :無名草子さん:04/12/15 00:56:57
吉田篤弘のソロ活動が来年草々にでるらしい
タイトルは『百鼠』だそう…。

147 :無名草子さん:05/01/08 02:19:05
タイトルが何だかおどろおどろしいw
自分的に「ちくま」で連載やってる「と、いう話」(ウロ覚え)が早く本になって欲しい。
絵と話が合っててヨロシ

148 :無名草子さん:05/01/12 12:30:26
おお、立ってる。

しかし、クラウドコレクターがどこかに行ってしまいました。
置き忘れたのか、消えたのか・・・。
誰か、拾ってファンになった人居たらカキコ頼むよ。

149 :無名草子さん:05/02/02 17:32:13
>>143
感激した。でも、稲垣足穂コレクションがまだない。
クラフト・エヴィング商會の手がけた表紙では、あの表紙が1番好き。
夕方から夜になるときの空みたいで。2巻以降もタノシミ。
でも、クレジットが「装丁 吉田篤弘 吉田浩美」ってなってるのは何で?「クラフト・エヴィング商會」でイイヂャン。 

150 :無名草子さん:05/02/11 18:12:40
吉田篤弘さんの著作はここで語っちゃだめですか?
吉田さんからクラフト・エヴィング商會を知ったので。

151 :無名草子さん:05/02/11 18:57:11
OK!!!

152 :無名草子さん:05/02/11 19:02:50
>>151
ありがとうございます

クラフト・エヴィング商會名義では「らくだこぶ〜」を読みました
本の紹介だけで1冊書いてあり、斬新で驚きました

文庫落ちしているようなので購入を考えています
図書館でパラ読みしたらいい感じだったので

153 :無名草子さん:05/02/20 20:30:16
「すぐそこの遠い場所」購入

フシギなかんじで、魅了wされますた。
「睡魔」とか・・・この人たちの目の付け所は独特ですね。

154 :無名草子さん:05/02/23 19:48:13
>>153
「クラウドコレクター」とあわせて読むと最高。円田さん切ない。

ところで、アゾット関連の二冊はどちらも文庫でしか持ってなくて、ハードカバー版も買おうか迷ってるんだけど、どこの店にもない。
なので、文庫を持っていても買う価値があるか教えてください。

155 :無名草子さん:05/02/25 23:07:11
>>154
ハードカバー版持ってます。なんと行っても装丁が素晴らしく美しく
本そのものが好きという私は文庫よりもこちらの方が好きです。
特に「クラウドコレクター」はハードカバーの方がいいですね。
中身的にも作中に登場するムーンシャイナーが写真で見られるのが
文庫にはないお楽しみだと思います。とても美しい壜が沢山見れますよ

156 :154:05/02/28 16:38:07
>>155
「クラウドコレクター」のハードカバー、書店で見つけました。壜がとても綺麗で装丁も好きだけど、値段が貧乏学生には辛い…。
購入するか、ちょっと考えてます。たぶん買うんだろうけど。


157 :無名草子さん:05/03/15 21:41:15
ミルリトンって2巻で終わり?

ところで、みなさんはクラフト・エヴィング商會の世界に出てくる人たちで誰が好きですか。私は円田さん。

158 :無名草子さん:05/03/18 22:06:41
>>157
今後も出す考えがある、という意のことをどこかで言っていたような希ガス

159 :無名草子さん:2005/04/05(火) 22:10:15
すごく下がっていたので、保守あげ

音ちゃんの本2冊借りてきた。
読むの楽しみポワ〜ン(*´∀`*)

160 :無名草子さん:2005/04/23(土) 15:50:59
クラウドコレクター読みました

「えんだ」だと思ってたら「つぶらだ」だった
ツブラディ・ツブラダと、何か関係があるのか?w

161 :無名草子さん:2005/05/10(火) 14:20:36
うちの大学の図書館にて
クラウドコレクターとどこかにいってしまったものを
発見し、はまってしまいました。
前から好きだった小林健二さん、びん博士、赤瀬川原平さんとも
つながりがあるようですね。
レトロワールドがひろがるなあ〜
長野まゆみさんとかもコラボしてくれないかしら

162 :無名草子さん:2005/05/11(水) 02:17:32
文庫版のクラウドコレクターの方が好きだな。

163 :無名草子さん:2005/05/11(水) 21:59:07
この人たちの本って、書店によって置き場所が違いませんか?
普通の小説コーナーだったり、装丁関係のコーナーだったり・・・

164 :無名草子さん:2005/05/12(木) 19:00:04
>>160 私は円田さんがツブラディ・ツブラダになったのだとばかり思ってるけど
なんなんだろう。謎が多いところがまた良し。
>>161 でも今の長野さんは作風が違うから…。WEBサイトには、商會の世界と通じる物もあるけど。
>>163 同感。旦那さんの方がソロで書いてる小説も美術の棚にあったりしてる。別にいいけどね…。

165 :無名草子さん:2005/05/13(金) 00:57:51
>>164
>円田さんがツブラディ・ツブラダになった
(・∀・)ソレダッ!!

166 :無名草子さん:2005/05/14(土) 22:23:35
某・遊べる本屋さんに著作が勢揃いしてて大興奮した。
「じつは、わたくしこういうものです」買ったけど、
去年の時点で4刷になってる、売れてるのかな?
チラシ裏なので下げ

167 :無名草子さん:2005/05/22(日) 11:26:23
>>166
近所の某・遊べる本屋さんには文庫のやつしかない。
結構売れてるかんじだけど、読者どころか周りに知ってる人すらいないのが不思議。
どういう人(年齢・職業)に人気なの?私みたいな高坊には知名度低そうorz

168 :無名草子さん:2005/05/22(日) 17:20:40
あたしも工房ノシ

169 :無名草子さん:2005/05/22(日) 19:17:06
その良い意味でのマイナー加減がいいんじゃないかー
ちなみに学生です

170 :無名草子さん:2005/05/23(月) 22:30:05
私は20代の社会人です。
ベストセラーなんかになったら嫌だし、
今くらいの知名度がよろしいかも。

171 :無名草子さん:2005/05/25(水) 13:08:22
>>168 工房発見☆嬉しいなぁ。周りに読者はいますか?
>>169-170 書店の片隅に、ひっそりと平積んであるくらいが丁度いいよね。

172 :無名草子さん:2005/05/31(火) 20:05:35
びん博士と商會って、なんか合う気がするから今後もコラボなどしてほしい。

173 :無名草子さん:2005/06/06(月) 20:30:08
「ミルリトン探偵局」ではフィクションとノンフィクションが混ざって、しかもsideAとsideBが少しずつ絡んでいく構成で、
「テーブルの〜」では前半の会話が後半とリンクしていて…
って感じに、面白いつながり方の本が多いけど、こういう構成で書いてる作家ってほかにいる?
事実と嘘が混じって、小説のようにもエッセイのようにも感じられるのは足穂を彷彿とさせるが。


174 :無名草子さん:2005/06/22(水) 21:16:08
吉田篤弘氏のソロだとどの本が1番好きですか?

175 :無名草子さん:2005/06/26(日) 00:11:56
一番初めに読んで思い入れがある「つむじ風」は別格として
>>174
話がリンクしていって面白かった「針がとぶ」

176 :無名草子さん:2005/06/28(火) 02:29:23
今のところ一番好きなのは私も「つむじ風」かな。優しい雰囲気がなんとも言えず好き。

それと、まだ連載中で本になってないけど「暮しの手帖」に連載している
「それからはスープのことばかり考えて暮らした」もかなり好き。パン食べたくなるけどw
隔月刊誌に連載なので本になるのはいつのことやらだけど、いつか本になるのが楽しみ。
暮しの手帖社から出る(と思うんだけどね…この雑誌に連載してるんだし)っていう
だけでもなんか嬉しいし、いつも以上に装丁に凝ってくれそうな予感がする。
彼の小説を読んでいると何処か知らない街を旅しているような気持ちになれるので、
どの作品も好き。でも実はそれぞれの小説に出てくる街は同じ街、或いはその近所の街
みたいだよね。なんか懐かしい感じのする、どこにもない街…
とりあえず今は「トロワ」のサンドイッチが食べたい!で、月舟シネマにも行きたいなぁ


177 :無名草子さん:2005/06/30(木) 17:03:33
>>176
非常に期待できそう。あと何か絵本系雑誌(「みづゑ」だったかも)に連載してる新しい職業のやつも単行本化が楽しみ。

ところで、「piece of cake」に載ってるような商會の豆本って活版印刷なのかな?
活版印刷で豆本作りって憧れ…。でも個人でやるにはお金がかかるかしら。

178 :176:2005/07/01(金) 21:34:07
>>177
絵本系雑誌のは「Pooka(プーカ)」の連載ですね。
でもたしかもう終わってしまったような…(残念)

今出てる「雑貨カタログ」で活版印刷の体験レポみたいなのが載ってますよ。
木下綾乃さんが活版印刷で名刺や便箋などを作ってました。
(木下さんの作った手紙本も可愛いですよ)この記事には希望すれば個人でも
作れるみたいなことが書いてありましたが(活版印刷を体験してみよう!的な)
豆本まで作れるかどうかは不明です…でも問い合わせ等してみる価値はあるかも

豆本っていいですよね。私も好きです。
この豆本作りの本も素敵ですよ↓私は眺めるだけでうっとりしてますが…
「自分で作る小さな本」
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4579208080/qid=1120221031/sr=8-11/ref=sr_8_xs_ap_i11_xgl14/249-9525226-5845906


179 :無名草子さん:2005/07/02(土) 01:13:49
連載かどうか分からないけど、
隔月間で幻冬舎papyrusで吉田篤弘の作品6ページ
http://www.gentosha.co.jp/news_topics_f.php?topic=papyrus

180 :無名草子さん:2005/07/03(日) 14:41:57
クラフト・エヴィング商會としての久々の新刊が出るね。楽しみだなぁ
紹介文を見てると傳次郎さんを思い出すね…

「アナ・トレントの鞄」
あの「鞄」に再会した。遠くから見つめていたものが、いまなら手に入るかもしれない。
かくして仕入れの旅へ――目と心を奪われた不思議な品の数々。
本書は旅の報告と当商會の最新カタログです。
46判変型/ハードカバー/128頁
■4-10-477001-9
ttp://www.shinchosha.co.jp/shinkan/index.html



181 :無名草子さん:2005/07/04(月) 21:54:42
>>180
おお、楽しみ。
と言うかミツバチのささやきと何の関係があるのかと思ってしまう。
エリセ映画好きなんだよな。

182 :かぶり:2005/07/11(月) 16:36:40
まだ「アナ・トレントの鞄」は出てなかったのか・・・とりあえず冬の図書館があったら行くなあ(『じつは私はこういうものです』)http://www.geocities.jp/kaburi107378/

183 :無名草子さん:2005/07/12(火) 20:19:05
シチューと読書、うまいところ突くなあって
感心した覚えがある>冬の図書館

184 :無名草子さん:2005/07/17(日) 22:06:39
>>183 実在してほしい


185 :無名草子さん:2005/07/29(金) 01:13:09
アナ・トレント期待age

186 :無名草子さん:2005/08/06(土) 20:11:53
「アナ・トレントの鞄」ゲット。

187 :無名草子さん:2005/08/06(土) 22:07:10
アナ・トレントどんな感じですか?
いままでとは違う感じ?とくに変わらない感じ?

188 :無名草子さん:2005/08/09(火) 20:44:21
私も『アナ・トレントの鞄』ゲトー
表紙の装丁が、ちょっと彼ららしくないかなあとか思ってしまったが
それ以外は全くそのままだと思うお

189 :無名草子さん:2005/09/24(土) 11:19:29
過疎気味なんであげてみる。
ところでここにいらっしゃる皆さんがクラフト・エヴィング商會のことを
知ったきっかけって何ですか?ちょっと気になります。
ちなみに私は「mini book Hana」というミニコミでのインタビュー記事が
きっかけです。それまで全然知らなかったけどその記事でとても惹きつけられて
図書館で「クラウドコレクター」を借りて読んだらハマりました。これは手元に
是非おいておきたい!と思い、その後すぐに既刊の本を揃えました。
(「らくだこぶ書房〜」が当時の最新刊だったかと記憶)

190 :無名草子さん:2005/09/24(土) 11:59:55
>189
ポストカードブックの中の一葉「月光光線銃」。

191 :無名草子さん:2005/09/24(土) 12:35:27
>>189
「つむじ風食堂の夜」という題名に引かれて買ったのが最初
そのなかに入っていたムーンシャイナーでクラフト・エヴィングの存在を知り
一気にファンになった

192 :無名草子さん:2005/09/25(日) 21:54:46
>>189
私も「つむじ風」
装丁の美麗さに惹かれて図書館で借り、
吉田篤弘氏の作風にはまってそのまま商會へ

193 :無名草子さん:2005/09/30(金) 21:12:32
>>189
多分パズル雑誌「ニコリ」の読書紹介ページに出ていた
「どこかにいったものたち」が最初。
展覧会見に行って買った本は、最初のお二人のサイン入り本だった。
この頃は展覧会やってないよね、現物見るのも結構好きなんだが。

194 :無名草子さん:2005/10/31(月) 13:57:19
来月、吉田篤弘さんの新刊が出るみたいですね。楽しみです。
ちくま文庫で「つむじ風食堂の夜」が11/11
ttp://www.chikumashobo.co.jp/kinkan.html
小学館からは単行本「ナナハチ」が11/26に
ttp://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refBook=4093861552&Sza_id=MM
それぞれ刊行予定とのこと。
まぁでも発売日が遅れたりするのはいつものことだから気長に待ちますかね。

つむじ風〜は好きだけどそれより前に刊行されたフィンガーボウルの方を
先に文庫化して欲しかったかも。



195 :無名草子さん:2005/11/13(日) 00:01:37
>>194
つむじの文庫版売ってました。
単行本を見ていないんですが、すぐそことかクラウドとか文庫版はどの変が違うんですか?

196 :無名草子さん:2005/11/13(日) 00:45:19
つむじ風購入記念ぱぴこ。本屋さんに平積みされてました。
本屋バイトの友人に聞いたら、この方々の本は
地味にじわじわと、確実に売れていくそうです。

197 :194:2005/11/17(木) 10:15:33
>195
クラウドコレクターは単行本の方が好きです。(…ってこんな話前にもしたような)
文庫だと写真がなかったりするんですけど、単行本だと綺麗な壜の写真が沢山
見られますのでお勧めですよ。装丁も断然、単行本の方が素晴らしいです。
お値段高いですけど、これは持っていたくなる一冊だと思います。
まずは図書館で借りるなどでもいいので、是非一度は単行本をお手に取ってみては

すぐそこの遠い場所は特に文庫と変わりはないみたいです。
つむじ風は文庫と単行本とで後書きを変えていますね。



198 :無名草子さん:2005/11/17(木) 10:17:48
来月、朝日新聞社から「十字路のあるところ」も単行本化されるそうな。
もう予約受付中みたいです。最近続々と新刊ラッシュですね。
ttp://www.7andy.jp/books/detail?accd=R0162955

先日、つむじ風文庫化記念(一人で勝手に記念)で、この本の朗読をいたしました。
(某書店で日替わりで朗読会を行なっているので参加してきました)
「星と唐辛子」を読みました。ちゃんと笑いどころではウケてましたよw
面白かったと言ってもらえて、他ならぬ、会場となった書店の店員さんが
文庫を買っていってくれましたw吉田さんの本、プッシュしてくれるといいなぁ


199 :無名草子さん:2005/12/01(木) 14:44:36
「ナナハチ」発売記念あげ
今回はまた随分とシンプルな表紙ですねぇ

200 :無名草子さん:2005/12/03(土) 19:21:29
ナナハチ購入記念age
これから読むぞー!

201 :無名草子さん:2005/12/04(日) 21:29:30
ナナハチ平積み記念あげ

202 :無名草子さん:2005/12/07(水) 02:33:57
もうすぐ「十字路のあるところ」も発売になりますね。
新刊ラッシュです。しかも来年1月にまた新刊が出るみたいですよ。
「空ばかり見ていた」が刊行予定です。早くも予約可能だそうな。
ttp://www.7andy.jp/books/detail?accd=R0166688

203 :無名草子さん:2005/12/10(土) 21:02:28
十字路のあるところ購入記念age
表紙の手触りがナイスだ

204 :無名草子さん:2005/12/29(木) 10:42:58
今出てる号の「一個人」にクラフト・エヴィング商會特製の
便箋と封筒が付いてくるそうですよ〜
ttp://www.kk-bestsellers.com/magazine/ikkojin/

205 : 【1485円】 :2006/01/01(日) 23:22:38
一個人買ってきました。もったいなくて使わないままになりそう。

206 :無名草子さん:2006/01/20(金) 11:02:25
「十字路のあるところ」刊行記念でイベントだって〜
トーク&サイン会ですって。サイン会なんて珍しいですよね。
いいなぁ…地方在住なので行けないorz
行った人誰かレポートしてくれると有り難いです…
ttp://www.aoyamabc.co.jp/events.html#ao20060127_2

207 :無名草子さん:2006/01/21(土) 20:33:24
うわぁ、行きたいな。
でも大学のテスト真っ只中…どうしよう。

208 :無名草子さん:2006/01/21(土) 20:53:27
というかもう受付終わってましたね。テストに打ち込むことにしよう。
文庫版のクラウドコレクターのほうが好きな人いないですかね。

209 :無名草子さん:2006/01/25(水) 23:24:02
>>208
私は手帳版クラウドコレクターから入ったせいか手帳版のほうが好き。
読み返したくなったとき手軽に手に取れるのもいい。

210 :無名草子さん:2006/01/25(水) 23:57:30
「空ばかり見ていた」e-honやbk1では在庫ありになってますね。
表紙の画像も見れました。今回も綺麗な表紙ですね。早く手に取りたいです。
私はbk1に予約してたんで到着が楽しみです。(もう出荷されたみたいなんで)

211 :無名草子さん:2006/01/26(木) 21:35:59
空ばかり見ていた購入記念あげ

212 :無名草子さん:2006/01/28(土) 13:51:14
210です。
「空ばかり見ていた」届きました〜。今回もすごく素敵な装丁ですよ。
表紙の美しさにもうっとりですが、カバーを捲ってみて驚きです!
間違えてさかさまに入れた?とか思っちゃいましたよ…
いやはや毎回面白いことをしてくれますねー。ますますファンになりそうです。
これからじっくり読みます。楽しみ。

213 :無名草子さん:2006/01/30(月) 20:26:16
気が早いけど、2月下旬に「ちくま」の連載が書籍化されるらしいです
http://www.chikumashobo.co.jp/kinkan.html

214 :無名草子さん:2006/01/30(月) 20:44:47
ペース早いな・・・。

215 :無名草子さん:2006/02/03(金) 21:34:06
ああー積読になってしまう

216 :無名草子さん:2006/02/04(土) 22:15:12
一気読みしたら何気に飽きると思う
すこし食傷気味だ

217 :無名草子さん:2006/02/04(土) 22:53:32
「なんかさっき読んだような?」みたいな気分になるね。
キーワードがかなり被ってるし。

218 :無名草子さん:2006/02/20(月) 13:45:12
新刊「という、はなし」3月下旬に延期?
ttp://www.chikumashobo.co.jp/kinkan.html
セブンアンドワイではもう予約可になってたけど(こっちは2月って書いてある)
ttp://www.7andy.jp/books/detail?accd=R0175941

219 :無名草子さん:2006/03/05(日) 22:30:56
吉田音の「ボレロ」を読んで、一気に引き込まれ、とりあえず出てる本全部(13冊ぐらい)買いました。
シンクは現在読書中、あとなにを最初に読んだらいいですか?雲?

220 :無名草子さん:2006/03/05(日) 23:10:09
>218
3/8に発売延期になったと「ちくま」にお詫びのってました

221 :無名草子さん:2006/03/09(木) 16:18:53
「という、はなし」発売記念あげ。
ネットで予約したのはいいものの、店頭に並ぶよりも数日遅い入荷がもどかしい。
明日、セブンに取りに行く予定ですわ。早く読みたい…


222 :無名草子さん:2006/03/21(火) 22:39:06
スレあったんだw

昔、「どこかに○いってしまった○ものたち」の展覧会を観た時からずっと好きだな。
展覧会で登録したのでムーンシャイナーがずっと家に届いていたのに、最近来なくなってしまったが寂しい…。

223 :無名草子さん:2006/03/28(火) 00:31:28
「暮しの手帖」での連載終わっちゃったね。でもなんだか尻切れトンボな
最終回でイマイチ…。まさか打ち切り?ていうようなムリヤリな終わり方。
今までの伏線が全然収束しきれていなくてすっきりしない。
単行本化されるとのことなので、もっともっと加筆修正しまくって欲しい…
暮しの手帖社から出ると思うんで、装丁には今から期待大。

224 :無名草子さん:2006/03/30(木) 00:39:21
223
私も同じく納得いかん。

225 :無名草子さん:2006/04/25(火) 14:37:57
文春のサイト内の”自著を語る”
「空ばかり見ていた」についてのインタビューが読めるそうな
ttp://www.bunshun.co.jp/jicho/sorabakari/sorabakari01.htm

あと、NHK-BS2「週刊ブックレビュー」でもイラストを手掛けているらしい


226 :無名草子さん:2006/05/09(火) 15:24:51
パピルスの連載読んでる人居ませんか?
今月のを読んでおっと思ったんでバックナンバー取り寄せようかと思ってるんですが。

227 :無名草子さん:2006/05/25(木) 21:52:28
暮しの手帖に「それからはスープのことばかり考えて暮らした」番外編が
載ってました。連載をまとめた単行本が6月に出るとのこと。
今回の記事には作中に出てくるお店の絵や地図が載ってて嬉しい!
普段はこの雑誌買わないのにこの記事のためだけに買っちゃったよ。
つむじ風に出てくる月舟町も登場してて嬉しい。

228 :無名草子さん:2006/07/16(日) 23:32:55
単行本「それからはスープのことばかり考えて暮らした」
延期につぐ延期でどうやら8月発売らしいですね。待ち遠しいなぁ
連載をまとめただけじゃなくて加筆修正があるといいんだけど

229 :無名草子さん:2006/07/27(木) 13:22:24
今月の手帖に、お知らせ(?)載ってましたよ。
結構地味な表紙。
でも楽しみ。
加筆等については、触れられていなかった

230 :無名草子さん:2006/08/06(日) 23:05:21
「それからはスープのことばかり考えて暮らした」
8日発売らしいですよ。Amazonやbk1などでも検索できました。楽しみ
ttp://www.amazon.co.jp/gp/product/4766001303/249-1450997-1181968?v=glance&n=465392&m=AN1VRQENFRJN5
ttp://www.bk1.co.jp/product/2701932

231 :無名草子さん:2006/08/10(木) 22:58:23
スープ発売記念上げ。
無性にサンドイッチが食べたくなった。

232 :無名草子さん:2006/08/18(金) 14:33:47
スープ装丁がフツーでちょい寂しかった。
ぬるぽ。

233 :無名草子さん:2006/08/18(金) 23:12:16
いやいやいや、逆にあのシンプルさがいいと思うんだがなぁ。 ガッ!

234 :無名草子さん:2006/09/02(土) 14:55:33
全体的には、いかにも「暮らしの手帖」っぽくていい味だと思うけど、
裏表紙にあるような挿し絵はない方がうれしかったな
読みながら自分で想像したいのに
あまり具体的な絵があるとイメージが限定されてしまう‥‥

235 :無名草子さん:2006/09/02(土) 15:59:45
今日の「王様のブランチ」哲ちゃんのBOOKナビで紹介されてたね

236 :無名草子さん:2006/09/21(木) 01:25:15
サンドイッチとスープ食べながら完読した。

237 :無名草子さん:2006/09/21(木) 15:44:48
下がり過ぎてるからあげ

238 :無名草子さん:2006/09/23(土) 00:08:08

【盗作3バカ】田口ランディ/ 佐藤亜紀 /篠原   スレに

本人後輪中!! 盗作同士が激バトル?!

239 :無名草子さん:2006/11/01(水) 02:14:17
ミルリトン探偵局シリーズのThinkとBoleroが
来月ちくま文庫から出るらしいですよ。てなわけで久々にage
ttp://www.chikumashobo.co.jp/kinkan.html

240 :無名草子さん:2006/11/11(土) 13:31:14
ミルリトンシリーズが文庫化かぁ・・・ウレシス。


241 :sage:2006/11/15(水) 20:16:02
おおお、楽しみ。
学校の図書室で一気に読んだんだっけなあ。

242 :無名草子さん:2006/12/09(土) 08:09:42
文庫版リルミトン、昨日買って来た。

243 :無名草子さん:2006/12/09(土) 20:30:45
ミルリトン(文庫)今日購入。
「Bolero」の著者紹介の頁・・・ちょっと間違ってないか・・?

244 :無名草子さん:2006/12/29(金) 15:01:57
204にも書いた「一個人」付録の“時間差郵便”届きましたよ。
ttp://www.kk-bestsellers.com/magazine/ikkojin/index2006_02.htm
応募してからまだ1年経ってないのに〜
せめて年が明けてからにして欲しかったなぁ…
手紙の最後に律義に日付書いてあったよ(今年の1/22て書いてある)


245 :無名草子さん:2006/12/29(金) 22:36:44
>>244
ウチも届いた。年明けに届くとばかり思ってたのに。
つーかそれをこそ期待してたんだが。
とりあえず元旦まで開封しないでおくわ(´・ω・`)

246 :無名草子さん:2007/01/21(日) 23:47:33
あまりにも話題が乏しいですが久々にあげ。

こんなん見つけました。吉田篤弘さんが寄稿してます。
古本好きには興味深い一冊ではないかと。
「神田神保町古書街ガイド -吟遊書人-」
http://www.mainichi.co.jp/syuppan/mook/news/20061130-190104.html

247 :無名草子さん:2007/02/26(月) 18:01:01
みんなに読んでもらいたい本を旅に出しませんか?
世界中の人と本を共有することができます。

1.公式サイトで取得したIDを本に貼る
2.公共の場に置く
3.本を置いた場所を登録
4.誰かが拾って読む →そしてまた2へ。

ブッククロッシング BookCrossing
http://book4.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1171336706/

248 :無名草子さん:2007/03/01(木) 20:24:30
成美堂出版の「DESIGNWORKS」という本に
詳しく取り上げられています。
らくだこぶ書房やa piece of cakeにでてきた架空本の写真や、
今までに作った本の創作過程などが載っています。

249 :無名草子さん:2007/03/01(木) 23:24:26
もうちょっと詳しくおながい
出版社のサイト検索しても出て来ない
尼損も

250 :無名草子さん:2007/03/02(金) 10:10:39
>>249
248さんじゃないけど、たぶんこれ
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4415103669/

251 :無名草子さん:2007/03/02(金) 15:28:52
bk1だと書影が見れますね。画像小さいけど
ttp://www.bk1.co.jp/product/2760953

252 :無名草子さん:2007/03/03(土) 00:30:15
ありがとー!

253 :無名草子さん:2007/03/15(木) 23:23:17
「パンに恋する」(毎日ムック)という本になぜだか「東京トースト日記」
というのが載ってました。前にも「毎日ムック」に寄稿してましたねー
というわけで詳しくはこちらを(amazonにもありましたが)
ttp://www.mainichi.co.jp/syuppan/mook/news/20070308-202243.html
ttp://allabout.co.jp/gourmet/cafegohan/closeup/CU20070314A/index.htm

50 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)