5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【早く昔に】久世光彦【なればいい】

1 :吾輩は名無しである:03/08/08 10:27
「早く昔になればいい」「聖なる春」を読んで
中学の頃に初めて太宰とリルケを読んで以来の衝撃を受けました。
久世さんについて語りませんか?

2 :はあ:03/08/08 12:14
久世光彦って、「卑弥呼」っていうのを読んだけどつまんなかった。
>>1の挙げた2冊は読んでないから、今度読んでみるわ。サンクス。

3 :吾輩は名無しである:03/08/08 14:00
厨質ですまんが、久世光彦ってあのテレビプロデューサーの人のことですか?

4 :無名草子さん:03/08/08 22:59
>>3
そうだよ。

自分の好きなのは「蕭々館日録」。
主人公の少女にはモデルがいたのか?どんな人だったのだろう。

5 :名無草子さん:03/08/09 06:06
>>3
僕はエッセイ集だけど「薔薇に溺れて」を読んで、とても良く、
かなり記憶に残ってる。
週刊新潮に載ってたエッセイらしいんだけど。

「蕭々館日録」というのは、初めて聞いた。単行本だよね?

「聖なる春」は読んだ? これは新潮文庫から出てるけど、今恋愛小説を書く人で
これほどの人がいるなんて思いもよらず、>1と同じく、良い意味で読後に
呆然とした。今まで自分が読んできた、流行ってる人が書いてる恋愛小説が
全て霞んで見えた。

一生の一冊に出会った気持ちです。 

6 :名無草子さん:03/08/09 06:23
>>4
>5です。すみませんが彼の作品で広義の恋愛小説、男女、もしくは男女それぞれ
を描いたものでオススメはありますか?

検索して色々調べてみたのですが、あらすじ等は分かっても、これは読みたい!
というものは見つかりません。
「聖なる春」や「薔薇に溺れて」を読んだ際の感動を、また味わいたいです。
>>4さんの独断と偏見(?)でいいので、教えてくれませんか?
>4さんは、久世氏に詳しそうなので。

7 :無名草子さん:03/08/09 17:01
4だが、ついこの前まで本を手に取るまで名前も知らなかったので、
詳しいということもない。
「聖なる春」は一度図書館で借りたが時間切れで返却したきり。
また借りないといけないな。

おすすめは上に挙げた「蕭々館日録」と「謎の母」、「1934年冬―乱歩」
それぞれ芥川、太宰、乱歩への思い入れがたっぷりと詰まっている。
どの話も女性が絡んでくるが、はっきりと絡んでくる話が読みたいなら
この前出た「飲食男女」か。
しかしやはり近場の書店や図書館へ行って片端から読むのをおすすめする。
どれもいいから。

8 :無名草子さん:03/08/09 17:33
こんなスレを待ってたわ。
>>1さんきゅ!
と言いつつも「早く昔になればいい」しか読んでないけど。
ここまで美しく狂える小説家(最近のね)は知りうる限り久世だけだ。

9 :5:03/08/09 20:42
>4
丁寧なレス、サンクスです! ぼくは本は自分で買って読まないと気が済まない
困った君なので、「薔薇に溺れて」以外は、文庫本でしか読んだことがないんで
す・・・。「蕭々館日録」と「謎の母」が、それぞれ芥川、太宰関連(?)だと
いうのは、マジで嬉しい情報です。それと「飲食男女」。この3冊は、題名だけで
なーんにも知りませんでした。
「乱歩」は、そもそも乱歩自体に思い入れがないので、ピンときませんでしたが。
とにかく、読んでみまっす! 人生の楽しみが増えました〜!!
>8
今まで、どうして久世さんのスレがなかったんでしょうね〜。世界の七不思議・・。
おっしゃる通りです。ぼくが一番初めに読んだのが「聖なる春」。
大ショック・・。こんな文豪(ですよね)が現代にいるなんて、呆然としました。

10 :無名草子さん:03/08/09 21:17
>8

>ここまで美しく狂える小説家(最近のね)は知りうる限り久世だけだ。

禿同×100! 今流行ってる、比較的若い作家がみんな同じに見えてきた。
久世さんを読んでから。
どっちかと言うと「早く〜」より「聖なる春」の方が、読み易いだろうね。
でも比べられるものじゃないなぁ。

「聖なる春」に登場する、不思議な女のキキ。
こんな女性は漏れのどこをどうひねっても、書けない。創造できない。

11 :無名草子さん:03/08/10 23:31
「飲食男女」。このスレで読んで、今日本屋を何軒かまわったけど
ナカッタ・・・。疲れたけど、お陰で今日は眠れそう。

これから読める楽しみは、なくならないしね。

12 :無名草子さん:03/08/11 16:26
>11
規模の大きな書店に行くと結構揃っていることがあるけれどね。
地道に探すか、思い切って注文して入手するといい。無事の入手を祈る。

他に恋愛ものというと、「燃える頬」かな。戦時中の少年の話。

13 :無名草子さん:03/08/11 17:17
アクの強いところが苦手だけど、同じような内容の話を書いてるのに
それぞれ違った印象を持たせられるのがすごいと思う。
特に謎の母と蕭々館日録、筋はほとんど同じなのに読後感がまったく違うのに驚愕…。

>>2
「卑弥呼」は久世さんの中でも異色作だから、他の本を読んだらだいぶ印象が違うと思う
表紙とか挿絵がきれいな本が多いから、それだけでも見る価値はあるよ〜。
自分は最初表紙で久世さんの本を選んだし。

14 :無名草子さん:03/08/11 18:51
今まで本屋で文庫本を手に取って、気になってた。
立ち読みで少し読んだだけだった。

スレタイの「早く昔になればいい」。今日買ってきて読み始めました。
どんどん引き込まれて、上手く表現できない。
新潮文庫だけど、>>13の言うように表紙にも惹かれた。
この首を傾げた少女。すごく狂おしい感情に襲われる。良い意味で。

>>1に感謝。

15 :無名草子さん:03/08/11 22:59
>>1
遅くなったけど、スレ立て乙です。
私も久世さんの大ファンです。皆さんのご意見を聞きたいです。

16 :無名草子さん:03/08/12 14:43
意外に逃げ水半次が好き、最初に読んだからかもしれないけど。
ちょっとホラーっぽいのがいい。

17 :無名草子さん:03/08/13 21:33
どの話もホラーが入っているようなところがあるね。

18 :山崎 渉:03/08/15 22:09
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

19 :山崎 渉:03/08/15 22:43
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

20 :無名草子さん:03/08/17 18:59
女神読了
内容には関係ないけど、にょしんって読むんだね。

21 :名無草子さん:03/08/19 17:11
>>17
それが何とも言えない味を出してる。

特にスレタイの「早く昔になればいい」。それに加えて描写の細密さもいい。

22 :無名草子さん:03/08/19 23:56
向田邦子LOVEなんだよね

23 :無名草子さん:03/08/20 10:08
陛下!

24 :無名草子さん:03/08/20 20:42
「謎の母」の感想きぼんぬ

25 :無名草子さん:03/08/20 20:44
かなりの美少女が登場します。丸顔で笑顔が非常にそそります。
制服からしても現役女子高生なのでしょう.。
ペニスのしゃぶり方も非常にいやらしく、慣れています。
ビラビラは大きめでクリトリスは綺麗に剥けており丸見え。
出し惜しみのない本当に良い作品です。
フィニッシュは口内発射でまったく羨ましい限り。
無料画像を観てちょ。
http://members.j-girlmovie.com/main.html


26 :無名草子さん:03/08/21 22:29
>>22
本二冊も出してるしね…年上で才能ある向田さんをだいぶ尊敬してたみたいだよ。

>>23
歴代ヒロインの中では弓が二番目に好き、一番はお小夜w

>>24
「蕭々館日録」の九鬼と麗子のように男の作家と女の子の関係を書いた作品。
太宰作品をふんで、主人公のさくらの一人称形式で書かれていく。
個人的に最初は少し太宰を意識しすぎてちょっと入り難った、けど中盤〜終盤にかけては筆が乗ってきてる気がする
ちなみに太宰嫌いな友達は「そうそう!太宰そういうところがやらしいから嫌なんだよ!」とツボを押されてたけれど
太宰好きな友達からは「微妙」といわれてしまった…。

自分は結構好き、さくらも最後まで気持ちは清純だし。
多分久世作品の中では一、二を争う明るいエンディングだから初めて久世作品を読む人向けかな…
長々と書いてるけど、ぜんぜんまとまってなくてスマソ。

話とは関係ないんだけど、最初に友達にすすめるにはなにがいいかな
「あべこべ」、「聖なる春」とかがやっぱりいいかな?

27 :無名草子さん:03/08/26 10:40
いっそ、マイラストソングシリーズをどんと渡すとかも手か。
>太宰好きな友達からは「微妙」といわれてしまった…。
太宰が情けないからね。自分は情けない中での格好良さが出ていると思う。

28 :無名草子さん:03/08/26 10:49
くぜっち喧嘩めちゃ強いらしい

29 :無名草子さん:03/08/26 18:05
マイラストソングシリーズをどんと(w渡すのイイ!それにするよ〜ありがとう。
それで徐々に回り道ではめていこうと
マイラスト→謎の母→卑弥呼→聖なる春→薔薇→陛下
陛下が分岐点かな…駄目な人は駄目みたいだから、終わり方とか。

どこかのエッセイで不良に喧嘩の仕方を教わったっていうのあったね
そこでは確か自分では使わなかったとかいってたけど。

30 :無名草子さん:03/08/27 00:19
芸能界の実力者?

31 :無名草子さん:03/08/27 01:51
最高傑作は何?

32 :無名草子さん:03/08/27 22:44
不倫してテレビ局を追い出されたって聞いたことあるから違うと思う(w

最高傑作…やっぱり聖なる春かな、短編集の怖い絵に前作らしき話があった(豹かなんかの絵の話)
久世さんの粘着っぽいところが良い方向に働いてる作品だと思う、スカトロネタもおげふぃんネタもないしとっつきやすい
短編では「桃」の同行二人をいちおしてみる、お約束ですが。

…ここってやっぱり人少ないのかな?ほかの人の話も聞いてみたいんだけど。

33 :無名草子さん:03/08/27 23:28
乱歩読んでみた。
いまひとつ。
梔子姫の物語がきもい。悪趣味としかいいようがない。


34 :吾輩は名無しである:03/08/28 01:47
>>32
漏れも、このスレにはたくさん書き込みを期待してたんですが。
もしかしたら一般書籍板ではなくて、文学板の方が合ってるんですかね?

35 :ひとし:03/08/28 07:45
私は久世氏のクチナシの花という本を読んだことがある。
とても隠微であり、はかなく美しげな世界をこの本は見せてくれた。
親近感が沸き久世氏に何度もいたずら電話をした。「らーめんとチャーハン
おねがいします、麺硬めで」という電話をしたり、友達にも出前を頼ませたら
しまいにはマジキレされた。悪いことをしたと思った。
さようなら、久世さん・・・

36 :無名草子さん:03/08/28 19:30
>>33
なら卑弥呼とか逃げ水半次がいいかも、乱歩ほどキモくなくて万人向けだと思う。

>>34
いや!この退廃的な空気が久世作(ry
それでなくてもいろいろ本出してる人だから、ここでいいんじゃないかな。

37 :36:03/08/28 19:40
あがっ、間違ってしまった…スマソ。

ちなみにこのスレではマンセー意見が多いけど、地雷も確かにあるよね。
特に向田邦子さんについて書かれたエッセイは…。
久世さん好きでもちょっと引いてしまったよ…。
でも好きだ…。

38 :無名草子さん:03/09/02 20:59
通販生活の宣伝に出ていらっしゃる。愛読者らしいね。
いやここでは関係ないか。

飲食男女読んでいたらメロンパン食べたくなった。

39 :吾輩は名無しである:03/09/05 01:13
>>33>>36
いや、多分「聖なる春」だったら、万人受けしそうな傾向があると思われ。
もちろん退廃的で、ホラーっぽくて、少しグロい感じがあの人の持ち味であり、
いいとこだと思うけど。

そか。多才な人だから、この板で扱うのがいいね。
・・・それにしても、意外とレスが少ないね。みんな読まないのかなぁ?

40 :無名草子さん:03/09/05 14:43
和気藹々と語り合うより静かに深く語り合う方が合っていると思われる

41 :無名草子さん:03/09/06 21:51
漏れのオアシスハケーン。
久世さんは高校のころに「陛下」を読んで以来あの妖しい世界から抜けられません。
今「卑弥呼」読んでます。
向田邦子さんへのエッセイ「触れもせで」は私大好きです。
思いの深さが伝わってきて切なくてもう。
あと、久世さんの作品で、美しい文体のほかに好きなのが端々に出てくる雑学で、
彼のおかげでかなり読書範囲が広がりました。感謝。
「蕭々館日録」読まなかったら「眼中の人」とか絶対手にとらなかったと思う。
あと「白骨のお文」とか「天章院の〜」とか諳んじられなかったと思う。

でも、久世さん大好きな自分でも「早く昔になればいい」はちょっと…ウーンでした。
やっぱり私が女性だからだろうか。

42 :無名草子さん:03/09/07 07:04
>>41
それはわかるかも、私も純文とかちょっと手を出しにくいところがあったけど、久世さんのを読んで読むようになった。
卑弥呼といえば卑弥呼に出てくる漫画がわかんないんだよね(w セラ・カオルだっけ?

陛下いいよね、盛り上がるところがすごく絵みたいっていうか、絶対映像媒体でやったら引くんだけど、それでも映像的っていうか
文章変でごめん。

たしかに、早く昔になればいいって男性向けかもね、いい意味でも悪い意味でも
なんだか男の怨念みたいなものを一番引きずってる作品みたいに感じる、初恋だからかな。

>>38
飲食男女注文しようかな、近場においてないんだよね、面白そうだし…
通販生活って…本当?(w

43 :無名草子さん:03/09/07 23:07
早く昔になればいい、置いてきぼりにされたような気持ちになった
ラストも含めて好き。しーちゃんと、表紙の絵のおかげかもしれない。

>>42
本当。どこかの部屋の中で椅子に座っていて、インタビューに答える
ようにして通販生活について語るという形式のCMだった。

44 :無名草子さん:03/09/24 17:00
あげ

45 :無名草子さん:03/09/26 16:50
>>42
遅レススマソ
そういえば早く昔になればいいだけちょっと表紙の雰囲気が違うように思えてきた…。

ほんとうなんだ、ちょっと驚いてしまった、疑るような発言でごめん。

私は11じゃないけど燃える頬やっと手に入ったから読んでみた。
あと読後の感想なんだけど、やっぱりあの人は(メール欄1)のかな?なんとなくそんな感じがしたよ
そしてラスト近くの父とあの人のシーンで、やっぱりなんとなくだけど(メール欄2)と思った
なんにしても、あの後夏夫を思うと、やっぱり母にひきとられちゃうのかな…。

46 :無名草子さん:03/09/27 15:37
「渚にて」読んだ人いますかー?
感想希望。

47 :無名草子さん:03/10/02 21:57
最近ペース速いね…。

48 :ヘリオトロープ:03/10/03 16:59
漏れは「乱歩」が好き。
冒頭、ホテルの浴槽に漬かってる乱歩が“自分自身に関する発見”をする場面から
引きずり込まれた。

久世が映像化しないかなあ(読んでいる時は、乱歩=岸辺一徳のイメージだったw)。
あ、「梔子姫」は無理か。




49 :無名草子さん:03/10/03 19:47
乱歩は人妻の「肉色のストッキング」なる表現に引きずり込まれてしまったw
というのは嘘で風呂の”回帰願望”がいいw

映像化したのは卑弥呼だけだよね(愛の言葉?だがそんな名前)

物理的にできそうなのは
燃える頬
飲食男女
謎の母
あべこべ
聖なる春

蕭々館日録は子供が難しいし、乱歩は梔子姫と私との逢瀬が無理、早く昔に〜と陛下は論外w
正直聖なる春も無理そうだ…。
連載ドラマとかよりも映画がいいな。

50 :無名草子さん:03/10/12 01:10
なんと、久世スレ発見!
「蝶とヒットラー」を読んではまった。
この人の話、モチーフは毎回同じだよなあ。
それが分かっていながら、ついつい読んでしまう。
あのねっとりとした雰囲気がよいんだよね。

このスレの前のほうで友達に初めに勧めるなら、という話題があったけど
「卑弥呼」あたりが妥当では?
軽くてからっと明るく、とっつきやすいと思う。

51 :無名草子さん:03/10/17 17:29
「怖い絵」というビジュアル文庫読んだことある方いますか?
あのビアズリーの章がたまらなく好きです。

52 :無名草子さん:03/10/18 12:19
映像化しないかな・・・>早く昔になればいい
でもキャスティングに困るだろうな。

53 :無名草子さん:03/10/18 21:18
そうそう、思いつくだけでも蝶、花、陛下…

もし彼女の手がなくなっていたら、私は彼女にやさしくできたかもしれない。
友達に貸したら返ってこないので詳しくはわかんないんだけど、不思議に忘れがたい話だよね。


54 :無名草子さん:03/10/18 23:48
蕭々館日録はラジオドラマや朗読CDがいいかも。
あの掛け合いを耳に聞きたい。
これがきっかけで吾輩は猫であるを今読んでいる。

55 :無名草子さん:03/10/19 08:34
ラジオドラマいいね(・∀・)青春アドベンチャーとかでながれたら若い人も原作に興味持ってくれるだろうし

56 :無名草子さん:03/10/23 14:13
逆にラジオドラマになったら恥ずかしくて聞けそうにないのはあべこべ。
映像化されたら普通に見られるだろうに、どうしてだ。
乱歩は通常は実写で、乱歩が回想する作品や梔子姫は
まんが日本昔ばなしで怖い話をする時のような絵柄でアニメにする
というのはどうだろう。白黒の映像に乱歩のナレーションが
ぽつぽつと被さるというのでもいいな。

57 :無名草子さん:03/11/19 23:54
ブクオフで文庫3冊age

58 :無名草子さん:03/11/21 16:58
57さんは何買った?

59 :無名草子さん:03/11/21 17:01
49>卑弥呼って誰?

60 :無名草子さん:03/11/22 02:01
久世さん、向田邦子がカメラマンと不倫してなかったら、
向田邦子と付き合いたかったんだろうな

61 :無名草子さん:03/11/23 00:18
↑そりゃないだろう。
ムー一族に出演していたのぐちともこを孕ませた趣味を考えると、
ちょっと路線が違うんじゃないか?


62 :無名草子さん:03/11/23 14:19
そういう話題イラネ

63 :無名草子さん:03/12/11 20:24
>59
本の題名

64 :無名草子さん:03/12/16 18:33
新刊出たのにあんまり盛り上がらないね…大好きなんだけど。

65 :無名草子:03/12/16 20:46
「怖い絵」は元々ビジュアル文庫じゃありません。
よかったんですけどねえ、デカダンス。
「花迷宮」とかねえ。
太宰の話は気持ち悪いし、
「ちくま」だか「波」だか忘れたが、「へのへの夢二」という
お葉ものを連載していて、もうこうなると勘弁してほしい。

最高傑作は「悪魔のようなあいつ」じゃないのか。
本じゃねえよ。

66 :無名草子さん:03/12/28 06:03
一番初めに読んだ「乱歩」は面白かった。久世光彦って多才だな〜と思った。
次に読んだ「聖なる春」は冒頭だけで放置。何となく受けつけない。
でももう少し読んでみようかな?
高校生ぐらいの時に読んでたら確実に衝撃受けてファンになってたと思う。

>>65
確かに!
あれは最高傑作の名にふさわしいかも。



67 :無名草子さん:04/01/14 22:33
>66
聖なる春は、自分も最初、何だこのいじけた主人公は、と受けつけずに
放り出していたが、ここを見て再読したらとても良かった。
忘れた頃にもう一度挑戦してみるといいかもしれない。

68 :無名草子さん:04/01/16 06:23
>>67
ありがと。また最初から読んでみるよ。

69 :無名草子さん:04/02/02 18:09
ttp://news.www.infoseek.co.jp/entertainment/story.html?q=02gendainet0715916&cat=30

70 :無名草子さん:04/02/03 03:43
蕭々館日録、早く文庫にならないかな。
漏れは『文庫』というサイズが愛しくて仕方ないよ。
鞄に文庫が入ってる、最高!

スレ違いスマソ。

71 :無名草子さん:04/02/13 16:48
>>70
同感!

72 :無名草子さん:04/02/13 16:51
   

73 :無名草子さん:04/02/13 16:55
  

74 :無名草子さん:04/02/13 16:57
  

75 :無名草子さん:04/02/13 17:00
  

76 :無名草子さん:04/02/21 07:08
少し前に久世さんが亡くなられた夢を見て、
起きた時自分も泣いてた。

悲しかった。

77 :無名草子さん:04/02/29 02:33
「怖い絵」でファンになったけど「卑弥呼」は途中まで読んで捨てた。
なんか主人公の女が嫌なタイプだったから。

文体は好きだけど膣内の事を「春の海」とかいうのはなんとかならないか。











78 :無名草子さん:04/02/29 11:41
「早く昔になればいい」

題名が問題だな。

今より戦前や戦中のほうがイイと思ってるのか?久世は?
平和のありがたみを理解しない久世は逝ってよし。

79 :無名草子さん:04/02/29 22:00
結局、男尊女卑、懐古趣味、権威主義の糞爺でしょ?
作家じゃないよ。

80 :無名草子さん:04/03/02 13:30
からage

81 :無名草子さん:04/03/02 13:47
題名忘れたけど、袋綴じになってる文庫本があったでしょ。
気まぐれで買ってよんだけど酷いもんだった。2度楽しめる
とかいうヤシ。あんな色物で作家の判断はできないと思うけど
2度とこいつの本は読む気がしないわ。

82 :無名草子さん:04/03/02 17:51
>81
読まなくていいよ。

83 :無名草子さん:04/03/02 18:10
「陛下」で遊女のマソコに拳を突っ込んだのって太宰治だっけ?



「omankoni kobushiwo ireta」


84 :無名草子さん:04/03/03 12:11
蕭々館日録と聖なる春を読みました。
蕭々館日録はとても好みでした、古き良き日本の香りがします。
聖なる春はダメでした・・・。漂っている何とも言えない怠惰感が許せなかった。
・・・私の精神年齢が幼稚だったからでしょうか?

85 :無名草子さん:04/03/03 22:58
>84

そうです もう少し大人になってから読みましょう。

86 :無名草子さん:04/03/26 05:00
久世さんの著作の中でドラマ化できそうな本はないのかな。

演出家でもあるんだから、自分の原作でドラマにすればいいのに・・・

87 :無名草子さん:04/03/31 16:30
>86
>49辺りでその事が触れられている。
演出の仕事と作家の仕事を分ける事でバランスを取っているのか、
自分の原作よりも演出したい話がまだまだあるのか。
どこからも声がかけられないだけだったら寂しい

88 :無名草子さん:04/04/22 22:24
陛下読んだ。
福田和也が、明らかに主人公=三島だと本に書いていたが、
自分にはどこから推理出来たのか分からなかった…
三島の生涯知らなさすぎるだけか。

89 :無名草子さん:04/06/27 00:05
蕭々館日録文庫化age。
>70氏はまだここをみているのかな

90 :無名草子さん:04/07/18 17:09
雛の家読みました。
面白かったが、あの後の姉妹がどうなるのか気になる。

久世さんの本を読むときは、時間が余ってる時だけじゃ駄目なんだよなー。
こころに何か無いと駄目なんだよ。

久世さんの作品に石川のことがチラホラでるのが、石川県民には嬉しかったりします。

91 :無名草子さん:04/07/21 23:03
雛の家、わりといろんな所で評判いいみたいで楽しみ
田舎な私の近所の書店にはおいてなかったから、明日はちょっと遠くまで探すつもりです。

時間だけじゃだめっていうの、なんとなくわかるようなわからないような…
でも気持ちに余裕がないと物語から出て行けない気がします。

石川県って、いいところですよね
私は石川県民ではないですが。

92 :無名草子さん:04/08/17 14:21
「聖なる春」で頭をガーンと叩かれたような衝撃を受けたのを
今でも覚えていますよ……。
 あの作品をきっかけにクリムト、ウィーン分離派、世紀末芸術、
カヴァーニにディートリッヒとずるずる芋づる式に全部ハマりました。

 単に小説としてだけでなく、今度はどんな本や映画や絵画を紹介してくれるのかなあ
と期待して本を開ける作家だと思います。

93 :無名草子さん:04/08/18 02:04
ageとくよ。

僕はブルータス誌に80年代末だか連載された、「君よ知るや南の国」
(中公文庫「昭和幻灯館」収録)いう連載エッセイが好きだなあ。
脚本家・久世光彦が文筆家として読書家に知られ始めたきっかけだけど、
のちのエッセイや小説の原型が全部(いうと大げさだが)詰まった出世作だけど・・・。
(景山民夫もこのマガジンハウスの連載をこなすうちに作家として一本立ちした)

このスレ、初めて見たけど、久世ファンが結構いてほっとしました。

94 :無名草子さん:04/08/18 10:04
「卑弥呼」の主人公のモデルは、小泉今日子だね。
小泉本人というより、久世がキョン2を配役したドラマの小説

95 :無名草子さん:04/08/22 00:03
ダヴィンチ今月号の対談読んだ方います?

96 :無名草子さん:04/08/25 15:38
読んだよ。江戸川乱歩特集に合わせて、乱歩についての対談だった。
読書経験や思い入れなど、色々と語っている。

97 :無名草子さん:04/08/31 23:07
久世の本は小説より耽美小説みたいなエッセイ?
の方が好き。 今花迷宮を読み直してます。
小説は謎の母と卑弥呼はどうしても受け付けない。
早く昔になればいいと乱歩はわりと好き。

今頃の季節になると久世の本がふいに読みたくなる。
秋の日の病院の森とか金木犀の木とか書かれてるせいかな、、、。




98 :無名草子さん:04/09/05 22:20
今日の新聞に久世さんが出ていて、驚いた。
小泉首相について語っていました。
久世さんってもう69歳なんですか・・・
そういや、そうですね。

日曜美術館でギュスターブ・モローの絵を見てたら
聖なる春が読みたくなってきた。

99 :無名草子さん:04/09/08 22:59
>>98 日曜美術館のモローの「オルフェウスの首を
抱くトラキアの娘」の詳細が知りたくて検索したら
なんだか悲劇的な話でいかにも久世が好きそうな話
だった。 ビアズリーも好きみたいですね。



100 :無名草子さん:04/09/23 12:53:21
>>99 快楽追求のディオニソス信仰の地トラキアで、禁欲主義のオルフェウスが対立し
狂乱状態のトラキアの女に殺される・・・ってやつですか。
悲劇的なのに、エロティックな感じがしますね。

久々に、ビアズリーの絵を見たら。
サロメの顔が記憶よりも、淫らで醜い表情なのに驚いた・・・。


101 :無名草子さん:04/11/17 05:29:21
乱歩だけ読んだことがある。
最初は凄いと思ったが読み進めていくうちに
これはただの同人誌なんじゃねーかと思った。
この人の本はポジションで行けば同人誌だよ。

102 :無名草子さん:04/11/19 14:15:37
>101
あなたにとっての同人誌の定義が説明されていないので
意味不明の感想だが

103 :無名草子さん:04/11/21 18:17:41
101さんじゃないけど、個人的な定義としては
「同人誌」は、良い意味でも悪い意味でも「本業にはならない余技」だと思う。

今年の正月の歌会で、久世さんが4作短歌を披露していた。

天井に魔群の奔る冬の夜は和泉式部の草叢に伏す
炎乱々櫓お七の袖を掠め吉という名の猿駆け抜ける
草色の中也の帽子水に浮かべ 花の童貞 花の生涯
頬染めし若き源氏の袖の蔭に携帯電話の紅き紐見ゆ(久世光彦)

正直あまりうまくない。(個人的には携帯電話の歌は色気があって秀逸だと思う)
だけど、そもそも久世さんには短歌を詠む趣味なんかなかったと聞いて、
多才な人なんだなあと思った。
やってみたいと思ったことをやって、そこそこのレベルに達して楽しめる人は素敵だ。

104 :無名草子さん:04/12/17 03:37:52
「陛下」、お終いの一行で 冷めてしまった。

105 :無名草子さん:04/12/18 15:01:16
『蝶とヒットラー』ィろいロな店が出てきてオモロイ。

106 :無名草子さん:04/12/19 12:58:17
「悪魔のようなあいつ」の企画書が良かったよ

107 :無名草子さん:05/01/14 23:13:39
どうも、久世です。
まさか僕のスレッドがあるとは思いませんでした。

108 :無名草子さん:05/01/14 23:26:40
久世さん
もう先が短いんだからテレビなんぞにかまけてないで
小説を書いてください「聖なる春」みたくなのを…
おながいしまつ

109 :無名草子さん:05/01/14 23:40:19
すんません、本業がテレビなもんで。

110 :無名草子さん:05/01/15 00:04:59
じゃあいっそのこと死ぬ前に映画を一本
金沢が空襲で燃えるやつをおながいしまつ

111 :無名草子さん:05/01/15 00:20:32
お前、こんな板にまで来て。あきれたな。


112 :無名草子さん:05/01/19 20:13:36
久世さん、小説の中で出てくる「春の海」って何ですか?

113 :無名草子さん:05/01/23 11:15:02
膣。

114 :無名草子さん:05/02/05 07:53:54
この人、自分の好きな小説や歌をポンポン作中に出すよね。
たくさん読んでると「またかよ…」って思っちゃうことがある。
エッセイのネタとかぶってたり。金木犀の匂いについてはもう結構なので書かないでくれ!


115 :無名草子さん:05/02/05 10:38:29
歳だから…ナ! 我慢汁!

116 :無名草子さん:05/02/06 12:25:23
でも読みやすい名文てなかなかかけそで書けないから久世はスゲーな。

117 :無名草子さん:05/02/06 13:12:17
久世さんってずーっとテレビ業界の人だったんだよね?

書いてる小説とのギャップがすごいな〜。
ほんとに書きたいものしか書いてない、って感じがする。

118 :無名草子さん:05/02/06 20:51:37
もっといろんな賞あげて、書ける環境を作ってやるべき。絶対残る作品だから。

119 :無名草子さん:05/02/07 02:39:57
この人のエッセイ大好きだけど、テレビ時代の話ってあんまり書いてないよね?
昔の話ばかりだよな。面白いけど、テレビの仕事してた頃の話も知りたい。

120 :無名草子さん:05/02/07 03:23:01
若い人が多いんだね。業界的に見れば、今でも久世さんといえばテレビの人だよ。向田邦子などと組んで、たくさんの名作ドラマを世に送り出した。

121 :無名草子さん:05/02/07 03:40:58
正直久世さん関連の番組、ひとつも見たことないっす…。
最近でもたまに2時間ドラマとか撮ってたけど、あんまり面白く無さそうだった。


122 :無名草子さん:05/02/07 13:19:31
文学界に新しい連載始まるね。

123 :無名草子さん:05/02/07 14:52:01
↑題とかは?

124 :無名草子さん:05/02/08 05:13:51
「有栖川の朝」だって。
新聞の広告で見ただけなので内容はわからない。
有栖川家の没落を描いたものだったら嬉しいなw 久世さんそういうの書くのめちゃくちゃ得意そう。

125 :無名草子さん:05/02/08 11:15:47
例えニセ有栖川を書いても文学にしてしまうのが久世だよ。

126 :無名草子さん:05/02/08 15:03:59
題名みただけでピンときた。最高傑作であり代表作になるでしょう。大長篇なら更にいい。

127 :無名草子さん:05/02/08 15:09:10
集中連載とか書いてた気がする。それだったら大長編ではないと思われる。

久世さんってあんまり有名じゃないけど、いい作家だよね。


128 :無名草子さん:05/02/08 20:37:37
さっき見てきたよ。確かに短期集中だったね。ま、読めるだけありがたいです。

129 :無名草子さん:05/02/10 02:18:33
>>120
それは 「一般書籍」のここで得意げに言うことではないと思われます。

130 :無名草子さん:05/02/11 15:48:00
今NHKに久世さんがドラマのこと語ってたよ。浅岡ルリ子の話で。

131 :無名草子さん:05/02/11 15:52:07
久世さんはテレビで世に出て、それが本業の遍歴の人として見ないと、
作家としての全体像を捉えるのは難しいだろうね

132 :無名草子さん:05/02/11 20:35:38
死ぬ時に新聞の死亡欄にテレビのことしか書かれないことが悔しいからいろいろ書き始めたって聞いた。てことは名だたる賞を取る自信があったってことだから改めてスゲー思た。

133 :無名草子さん:05/02/12 17:53:56
久世さんを理解する大きなポイントだろう

その宿命を含めて、作品を読むべし
名作が輩出される所以である、その背景を

134 :無名草子さん:05/02/12 20:33:06
向田の向こうをはって書きだしたんじゃないの?
そんなエッセイを読んだ記憶が…

135 :無名草子さん:05/02/13 12:52:02
とにかく書く運命だったんだね。子供の頃の読書量が半端ねえ…

136 :無名草子さん:05/02/14 11:06:26
みなさんエッセイ集ではどれが好きですか?
アマゾンで調べたらかなりたくさん書いてるね、この人。
私が何度も読んだのは「怖い絵」「悪い夢」「花迷宮」。

数年前、朝日新聞で書評やってたけど、あれは何かに収録されたのかな?
切り抜きしてた。

久世さんの本は装丁がどれも凝っててハードカバーで集めたくなります。

137 :無名草子さん:05/02/14 17:10:39
『泰西からの手紙』が好き。全部好きだけど。
確かに装丁はいいですね。内容と合ってるし。
この人はいずれ全集を出すんだろうか?

138 :無名草子さん:05/02/14 17:12:49
いずれはね

139 :無名草子さん:05/02/14 21:21:29
上の方でも書かれてたけど、この人意外と引き出し少ないというか、
エッセイ・小説に限らず同じ話題に言及することが多いよね。
狂った女性とか金木犀とか向田さんとか「我輩は猫であるとか」…

140 :無名草子さん:05/02/14 22:55:38
それでいいと思うよ。「いい意味でディレッタント」なんだし。

141 :無名草子さん:05/02/14 23:37:13
>いい意味でディレッタント

これは福田和也かな?
「甘美な人生」の解説を久世さんが書いてたよね。そのせいか「作家の値打ち」での久世さんの点が甘かった気がする。

142 :無名草子さん:05/02/15 10:55:41
でも『桃』とか『卑弥呼』はたいして高くなかったんじゃない?『早く〜』も『陛下』も妥当だと思う。

143 :無名草子さん:05/02/17 00:58:57
80年代半ばの「昭和幻燈館」でだいたいのネタが出るね。これには金木犀は出ていないが。
赤線は新宿のみ見かけたのみ みたいなことを書いていたと記憶するが (赤線廃止時23才)
赤線に通っていたら また違ったんだろうか。


144 :無名草子さん:05/02/17 11:31:35
大差ないと思う。


145 :無名草子さん:05/02/18 15:27:06
名前がかっこいいことに気付いた。
久世光彦(クゼテルヒコ)

146 :無名草子さん:05/02/20 02:07:23
新刊は出ないんかな

147 :無名草子さん:05/02/21 15:54:20
歌謡曲についてはやめてほしい

148 :無名草子さん:05/02/23 15:18:15
沢田研二についての話が読みたいな

149 :無名草子さん:05/02/25 11:29:31
優作の話が聞きたい

150 :無名草子さん:05/02/26 18:01:58
 

151 :無名草子さん:05/02/27 00:49:45
新刊まちどおしいよ〜

152 :無名草子さん:05/03/09 04:09:58
 

153 :どぇこ。:05/03/14 15:38:54
愚問なんですが久世さんは岩井志麻子さんの父親なんですか??岩井さんの作品の中にそのような内容の久世さんの文章があったもので(^_^;スレ違いスマソι

154 :無名草子さん:2005/03/24(木) 17:18:10
ぜってー違うと思うわ。ちなみに何の本?読んでみたい。

155 :どぇこ。:2005/03/25(金) 01:55:48
岩井志麻子さんの新潮社の魔羅節(まらぶし)という書籍の末章です(^_^;
私の文章読解力が足りないのかもしれませんorz

156 :無名草子さん:2005/03/25(金) 13:12:25
よし 読んでみよ

157 :無名草子さん:2005/03/25(金) 19:36:00
>153
まさか、本気にしてねえよな?

まじで聞いてるんだったら、もう活字読むのあきらめた
方がいいよ。

158 :無名草子さん:2005/03/28(月) 16:34:37
まあまあ、そーゆーこともあるさ

159 :無名草子さん:2005/03/28(月) 20:45:50
元女優でブサイク不思議ちゃんキャラの野口ともこは、結局いまでも
久世の奥さんなのかなぁ?
これは1970年代後半(26〜27年前)のことだけれど、
久世のドラマに出演していた新人女優の野口ともこという
人がいた。
久世は早速プロデューサー特権として野口ともこを愛人に
したのだが避妊しなかったので彼女を妊娠させた。
しかし当時の久世には妻子がいたので、ドラマ番組が終われば
そのまま堕胎させて捨てるつもりだった。
それに当時の久世は売れっ子プロデューサーで、すぐ愛人になって
くれる若くて美しい愛人候補の女優志望の女は、彼の回りにはゴ
マンといたのだ。野口ともこだけが特別な存在ではなかった。
しかし久世は思わぬ事態に追い込まれた。
それはムー一族の打ち上げパーティでのこと。
久世が立場の弱い野口ともこに取った冷たい仕打ちを知り、激しい
義憤にかられた樹木希林が「野口さんは妊娠してます。父親は久世
さんです。」と暴露。
そして妊娠の事実を樹木希林にバラされ、思わず泣き崩れる野口
ともこ。その後打ち上げパーティどころでなくなり大騒動に。
そんな思わぬ展開になり、マスコミに叩かれまくった久世は世間
から抹殺されることを恐れ、泣く泣く妻子と別れ単なる火遊び相手
だった野口ともこと結婚する羽目になった。
これは当時2ちゃんねるがあったら、ドラマ板や芸能速報+板で
大規模な祭りが繰り広げらるような大スキャンダルだった。

160 :無名草子さん:2005/03/28(月) 21:04:08
樹木希林は漢だな!
だてにユーヤと結婚してたわけじゃないね!

161 :無名草子さん:2005/03/29(火) 17:11:33
あべこべあべこべあべこべあべこべあべこべ

162 :159:2005/03/29(火) 17:15:46
野口ともこじゃなくて、のぐちともこだった。
>>160
それでいて樹木希林は、未だに久世光彦と親しいもんね。



163 :無名草子さん:2005/03/30(水) 12:41:49
>それに当時の久世は売れっ子プロデューサーで、すぐ愛人になって
>くれる若くて美しい愛人候補の女優志望の女は、彼の回りにはゴ
>マンといたのだ。

うらやますぃ…。

こういうモテモテだった経験が、小説にも生きてるのかな

164 :無名草子さん:2005/03/30(水) 14:37:08
>>159
当時2ちゃんねるがあれば、こんなかんじのスレになるかな?
【愛人妊娠】ムー一族プロデューサー・久世光彦【中出し】
>>163
当時15才の岸本加代子(今では考えられないが美少女だった)
も手を出していたモヨン。


165 :無名草子さん:2005/03/30(水) 23:48:40
久世光彦と米倉斎加年って似てると思う

166 :無名草子さん:2005/03/31(木) 00:09:49
テレビ業界時代の話しもエッセイで書いて欲しいな。
あんまり書いてないよね。

167 :無名草子さん:2005/03/31(木) 00:32:17
最高傑作は、早く昔になればいい、でいいかな?

168 :無名草子さん:皇紀2665/04/01(金) 13:20:52
「早く昔になればいい」は、タイトルが好評だけど、このタイトルは、
フィリップKディックの「去年を待ちながら」と、アイデアは同じだし、ディックが先だね。

169 :無名草子さん:2005/04/03(日) 13:48:43
夢二のが先だろ

170 :無名草子さん:2005/04/03(日) 13:50:33
>>169
詳しく

171 :無名草子さん:2005/04/05(火) 16:46:54
あゝ、早く「昔」になれば好いと思った。

「夢二画集・夏の巻」

172 :無名草子さん:2005/04/12(火) 00:40:57
>>167
あれはオチが個人的にだめだった・・・
たしかに町にひとりはあんな女の人がいたらいいな〜とは(ry
ということで「聖なる春」一票

173 :無名草子さん:2005/04/13(水) 21:31:06
聖なる春に一票

174 :無名草子さん:2005/04/23(土) 07:01:38
「オール読物」で博打の話、カードゲームで警察の世話になったこととか
書いてて、面白かった。
よくエッセーで、「二度ほど新聞沙汰をおこしてる」って書いてるけど、もう一回は
なんだっけ?
二回とも謹慎がとけると向田さんが脚本を書いてくれたとか。

175 :無名草子さん:2005/05/06(金) 03:15:42
age

176 :無名草子さん:2005/05/16(月) 21:34:51
age

177 :無名草子さん:2005/05/26(木) 12:51:34
age

178 :無名草子さん:2005/06/05(日) 20:42:28
age

179 :無名草子さん:2005/06/06(月) 21:34:28
age

180 :無名草子さん:2005/06/12(日) 18:01:42
age

181 :無名草子さん:2005/06/13(月) 03:46:55
age

182 :無名草子さん:2005/06/13(月) 03:55:43
最近すっかり実力者賞となりつつある(もともと新人賞ってわけでもないのか)
直木賞の最高齢記録を狙ってほしい。話題つくりにもいい。
といってももうすっかり作家として認知されたし、いまさらという感じか…
「乱歩」や「逃げ水半次」で受賞できてればねえ。

183 :無名草子さん:2005/06/19(日) 04:59:34
面白さの割りにあんまりスレ伸びないね。

184 :無名草子さん:2005/06/19(日) 12:48:43
アリスガワ

185 :無名草子さん:2005/06/20(月) 09:09:12
age

186 :無名草子さん:2005/06/20(月) 18:39:23
じゃんじゃん文庫にすりゃいいのに。エッセイとか

187 :無名草子さん:2005/06/20(月) 23:19:17
有栖川の朝、って読んだ人いる?
どんな話なんだべ。あの有栖川家の話かね?三島の春の雪みたいな作品だったら読みたい。

188 :無名草子さん:2005/06/25(土) 02:06:27
違うんでない?てかもう読んでるか?

189 :無名草子さん:2005/06/25(土) 15:52:28
http://www.bunshun.co.jp/book_db/html/3/24/19/4163241906.shtml
人生は<配役>の問題だ。殿様面の大部屋俳優と美貌の30女に王朝の衣装を着せ、
<お月さん>が見た夢は……。快心のコンゲーム小説 。人生は〈配役〉の問題だ。
殿様面の大部屋俳優・安間安間に、馬鹿で酒乱で美貌の華ちゃん。
うってつけの2人を拾ってきた〈川獺のお月さん〉のたくらみは、偽華族の結婚披露宴を挙行すること。準備をしつつ露地の家で一緒に暮らすうちに、いろんな騒動が持ち上がる。
果たして3人は大金をせしめることができるのか?世間の注目を集めた事件をヒントに、絢爛豪華な筆で描出される人間の可笑しさ、哀しさをご味読ください。(TM)

有栖川は有栖川でも、例のニセモノのほうの話みたいですよw
私も187と同じくタイトルから「春の雪」みたいな話を想像してしまった。

190 :無名草子さん:2005/07/01(金) 09:51:12
久世さん、リリー・フランキー好きなのか

191 :無名草子さん:2005/07/05(火) 12:26:00
このユニットが久世さんの作品のパクリソング作っているんですが・・・・・
歌詞に言葉を勝手に引用するとか・・・・
このまま見逃しといていいんでしょうか?

Salon d'ALI PROJECT
http://www5b.biglobe.ne.jp/~alipro/
宝野アリカ - 蜜薔薇翠星館
http://www5a.biglobe.ne.jp/~alikaism/

192 :無名草子さん:2005/07/05(火) 23:12:29
他人の言葉を使うなんざ、激しくつまんねーバンドだなぁ…

193 :無名草子さん:2005/07/19(火) 22:59:23
また純文っぽいのかいてほしいage

194 :無名草子さん:2005/07/30(土) 00:49:53
久世に伝えよ

195 :無名草子さん:2005/08/18(木) 22:55:40
文庫

196 :無名草子さん:2005/08/19(金) 16:23:55
小股

197 :無名草子さん:2005/08/24(水) 16:53:16
太夫

198 :無名草子さん:2005/09/04(日) 19:04:27
裏地

199 :無名草子さん:2005/09/25(日) 11:21:42
自死

200 :無名草子さん:2005/09/25(日) 13:55:12
真夜中のヒーロー」の演出家だね。
日本語キトクとかいう本も書いてる?
200ゲット?

201 :無名草子さん:2005/09/26(月) 22:10:37
「雛の家」読了。
三姉妹の中で、自分はゆり子派だな。本当はお吟さま派と言いたいが。

202 :無名草子さん:2005/11/25(金) 22:33:18
曠吉の恋、読み始めた。
…いつも放尿ネタがあるのはどうにかなりませんか、久世先生。

203 :無名草子さん:2005/12/10(土) 01:53:12
爆笑問題のススメに出てたね。見た?



204 :無名草子さん:2005/12/13(火) 14:35:54
知らなかった。どんなのだった?

205 :無名草子さん:2005/12/13(火) 16:23:04
・「女性」という言葉は嫌い。「女」という言葉が好きで、そこにはこだわりがある。
・「偏見」のすすめ。どこか偏ったところがないと面白ものは作れない
・向田ファンの太田が、「向田さんに対して恋愛感情はなかったのか?」と
しつこくせまってたけど、「無かった」と。太田は「僕としてはあってほしかったんですけど」と言ってたw 

・太田は「1934年冬 乱歩」を読んでいるらしく、作中作の「梔子姫」について「よくあんな大胆なことやりますね」と。

テレビでクゼさんを見るのは初めてだったけど、想像してたよりヤクザっぽいというか、
バンカラっぽいというか、遊び人っぽいというか…。もっとしおれた感じの老人だと思ってた。

ずっと煙草吸ってたね。



206 :無名草子さん:2005/12/13(火) 19:01:22
>>205
>想像してたよりヤクザっぽい

太田の番組ではそんなに喋ってた? 前、NHKで見たときは割と黙ってたけどね。

「ヤクザっぽい」のは、そりゃ、本業は24時間働く体育会系のTV屋さんだもんね〜。久世にせよ鴨
下にせよ、文学好き芝居好きな人(しかも高学歴)がたまたま初期のTV界に入り、まだ比較的に何も固まっていない時期
だったから割合に好き勝手なことが出来、今もその余禄でやっている、というに過ぎないし。

当時からキー局は高倍率だったので、コネだったのか、それとも余程優秀だったのかは
不明だが、今だったらこういう人は入れないのかもしれないね。
才能や努力もあるんだろうけど、運が良かったというか、いい時代を生きた人だよ。

207 :無名草子さん:2005/12/14(水) 22:21:39
>>205
ありがとう。太田のそれは見てみたかったな。

208 :無名草子さん:2005/12/17(土) 22:05:12
運がいいと良い文章、小説が書けるのかい?
それに良い時代って、漏れは戦争中なんかに生きたくないな…

209 :無名草子さん:2005/12/31(土) 02:59:43
インタビューで「感動したドラマ」に
自分の作品をあげる久世さんw
すげーな、さすが梔子姫を書いた人だ

210 :無名草子さん:2006/01/28(土) 19:54:24
調子込んでるよな。

211 :無名草子さん:2006/01/28(土) 20:11:16
↑ワケワカラン

212 :無名草子さん:2006/01/30(月) 09:07:09
久世光彦の発言を
ここに書き込んでくれ↓

ライブドア事件@一般書籍板
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1138277671/

213 :無名草子さん :2006/03/02(木) 16:44:17
お悔やみ申し上げます。

214 :無名草子さん:2006/03/02(木) 16:50:19
ttp://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20060302i511.htm?from=main5
「時間ですよ」演出家・作家の久世光彦さんが死去

テレビドラマ「時間ですよ」をはじめユニークな人気ドラマを手がけた演出家で作家の久世光彦(くぜ・てるひこ)さんが、
2日朝、東京都世田谷区の自宅で亡くなっているのが見つかった。70歳だった。

告別式の日取りと喪主は未定。親しい編集者によると、久世さんは1日も、普段と変わらない様子で仕事の打ち合わせをしていたという。

東京都出身。東大卒業後の1960年にKRテレビ(現TBS)に入社。62年のドラマ「パパだまってて」で演出家デビューした。
70年代に入って、「時間ですよ」「寺内貫太郎一家」「ムー」などホームドラマを次々と演出し、時代を代表するヒットメーカーに。
コント的な要素を導入したり、食事の献立を字幕で紹介したり、従来のドラマ作りの常識を覆す演出で異才の名をほしいままにした。
79年にTBSを退社し、製作会社「カノックス」を設立。軽快な作品の一方で「向田邦子シリーズ」のような繊細でしみじみとした人間ドラマも数多く送り出し、
92年にはドラマ「女正月」で芸術選奨文部大臣賞を受けた。
映画監督、作詞、舞台演出にも乗り出すとともに、作家としても活躍。94年に「一九三四年冬―乱歩」で山本周五郎賞、
97年に「聖なる春」で2度目の芸術選奨文部大臣賞を受賞した。95〜97年には本紙に小説「卑弥呼」を連載した。98年に紫綬褒章。

2006年3月2日16時1分

215 :無名草子さん:2006/03/02(木) 16:53:27
「時間ですよ」演出家・作家の久世光彦さんが死去
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060302-00000511-yom-ent

カノックスが潰れてもあんなに元気だったのに(内情は知らんけど)、
逝く時はあっけないもんだの〜・・・。あれだけ多方面に仕事をしていたの
だから、過労死みたいなものかな? 
若い頃からほとんど休まない、寝ない生活だったことは想像に難くない。

合掌。

216 :無名草子さん:2006/03/02(木) 17:56:07
すげーショック。
もう新作が読めないのか……。

演出家としての久世も好きだったけど、作家としての彼は
もっと好きだった。合掌。

217 :無名草子さん:2006/03/02(木) 18:55:30
残念だね。俺は久世さんのテレビ作品はまったく知らない世代だけど、小説は大好きだった。


218 :無名草子さん:2006/03/02(木) 18:57:38
まず知らない人が死に、次に知っている人が死に、気付くと周りの人が死に、最後に自分が死ぬ。
そんな言葉が書いてあったのは蕭々館日録でしたか。
数々の作品で描いてあったような静かな最期であった事を祈りつつ、
お悔やみ申し上げます。

219 :無名草子さん:2006/03/02(木) 19:58:16
私もショックだ…

久世さん飼ってた犬がすごい可愛かった。ポメラニアンを柴犬みたいにカットしてあって、いかにも「わんこ」って感じで。

220 :無名草子さん:2006/03/02(木) 21:32:43
うそだろ…orz ショック

221 :無名草子さん:2006/03/02(木) 22:16:24
昨日、急に久世光彦が読みたくなって「薔薇に溺れて」を読んでいたところなので凄く驚いた。
虫の知らせというやつだろうか… 合掌。

222 :無名草子さん:2006/03/02(木) 22:39:48
先日、廣吉の恋をかりてきて、今日から読もうと思っていたら・・・。

あたらしい作品を目にすることができないのかぁ
ショックですよ・・・嗚呼。
自分もTV時代を知らない世代ですが、小説はとてもすきでした。

ご冥福を心よりお祈りいたします。

223 :無名草子さん:2006/03/02(木) 22:45:44
ショックで動揺しています。ご冥福お祈りします。

224 :無名草子さん:2006/03/02(木) 22:48:38
たくさんの感動をありがとう。
久世さん本人は笑い飛ばすかもしれませんが
ご冥福をお祈りいたします。

225 :無名草子さん:2006/03/02(木) 22:51:31

【訃報】演出家で作家の久世光彦さん死去・「時間ですよ」「寺内貫太郎一家」などを演出
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1141283411/

226 :無名草子さん:2006/03/02(木) 23:00:09
俺が駒場にいた頃に大学裏の喫茶店で新潮読みながら飯食ってたら
久世さんのエッセイにその店の話が載っててびっくりしたことがあった。
昔はマスター貫禄あったように見えたのに最近行ってみたら老け込んでた、
とか書いてあったような。

その話、薔薇に溺れて、死のある風景どっちにも収録されてないんだよなぁ…

227 :無名草子さん:2006/03/02(木) 23:01:27
ショックだね。ヤスケンを通じて作家としての著者を知って、作品を全部読んだ

228 :無名草子さん:2006/03/02(木) 23:14:38
書籍版で関係ないかもしれないけど、
俺は20年前にやってた小泉今日子、田中裕子出演の
『花嫁人形は眠らない』が大好きだった。

久世演出の真骨頂。もう一度見たいなぁ…。

229 :無名草子さん:2006/03/02(木) 23:15:55
ここにあったのか久世スレ……ニュース板にも書いたが、ここにも一言書かせて下さい。
つい一週間前に「ニホンゴキトク」と「マイ・ラスト・ソング」を読んだ。後者を読み終わった時、自分の人生の終わりには何を聴こうか、と考えてみた。
久世さんは何を聴いたのだろう。
今頃あちら側で向田さんやお母さんと会われているのだろうか。
「あら、早かったのね」
「お前もせっかちだねぇ。もう少しゆっくりしてればよかったのに」
「いやあね、ちょっと淋しくなったもんだからさ」

そして3人で空の上から、森繁久弥が泣くのを眺めるんだろうな。

合掌。

230 :無名草子さん:2006/03/02(木) 23:33:46
自室で倒れて独り静かに急死って
『聖なる春』の終わり方を彷彿とさせるかもしれん。
「待てども来ぬ春」の足音は最後に聞こえたんだろうか?・゚・(つД`)・゚・

231 :無名草子さん:2006/03/03(金) 00:39:18
私も『聖なる春』のラストを思い出しました。ついさっきニュースを見てびっくりして…。高校生の時から本当に大好きな作家です。泉鏡花賞を受賞された時お会いできて、うれしかった。

ファンや交遊のある人との告別式とかあるんでしょうか? こんなに好きになった作家は他にいなかったので、お別れしに行きたいです。

232 :無名草子さん:2006/03/03(金) 03:17:23
演出家としても作家としても好きだった。
残念です。

233 :無名草子さん:2006/03/03(金) 07:31:58
朝刊で知った。
日本語の優れた紡ぎ手がまた鬼籍に……

234 :無名草子さん:2006/03/03(金) 08:06:46
「怖い絵」は何回も何回も読み直したな...
もう久世さんの作品が読めないなんて淋しいよ
久世さんてずっと独り者だったんだっけ?
もっと長生きしてもらってもっといろんな作品が読みたかったよ....どうぞ安らかに。

235 :無名草子さん:2006/03/03(金) 08:33:32
とーきーのーすぎゆくままにー
久世演出のジュリーは本当にかっこよかった

236 :無名草子さん:2006/03/03(金) 09:53:50
読売の人生相談で久世さんに回ってくるのは抽象的な悩みが多かった。
ある日、自分がいつか死んでしまうのがとても怖い、という悩みがあった。
回答は、怖さがなくなることなんて無い、もう諦めて受け入れるしかない、
そうするとその先に見えてくるものがある、不思議ですね、というものだった。
自分が久世さんが回答者である相談を見たのはそれが最後になってしまった。

237 :無名草子さん:2006/03/03(金) 10:41:27
「怖い」ことを語るのが好きな人だったね
といっても安っぽいホラーではなく

238 :無名草子さん:2006/03/03(金) 11:29:10
死について語ることも多かった気がする。

この人も多作だけど、みなさんどれが好きですか?


239 :無名草子さん:2006/03/03(金) 12:02:31
「蕭々館日録」が一番好きだ。
「陛下」も好きだな〜。

240 :無名草子さん:2006/03/03(金) 12:09:06
>>238
「蕭々館日録」と「蝶とヒットラー」。
「蝶とヒットラー」は題名と文章に酔ったなあ。

241 :無名草子さん:2006/03/03(金) 12:17:53
作詞家「小谷夏」でもある罠

242 :無名草子さん:2006/03/03(金) 12:47:18
朝ニュース見てからショックで何も手につかない…
新潮の「大遺言書」こんなカタチで終るとは……

ご冥福を、お祈り申し上げます。

243 :無名草子さん:2006/03/03(金) 13:04:42
「蝶とヒットラー」は最初違う題名だったんだよね、たしか。
編集者に言われて変えたらしい。



244 :無名草子さん:2006/03/03(金) 19:27:23
久世さんの本けっこう絶版になってるからこの機会(といっては不謹慎だが)に
復刊してくれないかな
あれだけの名作群を埋もれさせてはいかん

245 :無名草子さん:2006/03/03(金) 21:34:06
群像3月号に載ってた「正座」、今読むと怖いよ・・・
やっぱり予感があったのかな・・・

246 :無名草子さん:2006/03/03(金) 22:59:55
そういえば、久世さんのエッセイに、向田邦子と「死」で終わる単語を
列挙していたら、「これ、いいわね」と彼女が挙げたのは「爆死」って
いうのがありましたね。

247 :無名草子さん:2006/03/03(金) 23:24:10
その時久世さん「頓死」をあげてませんでしたっけ? 久世さんの文章にある匂いや文化が大好きでした。これからは、久世さんが紹介してくれた本や映画を少しずつ探して行こうと思います。

248 :無名草子さん:2006/03/03(金) 23:27:23
突然亡くなられたのはショックでした。
山根美奈という向田さんの弟子でシナリオライターの人の本を
読んでたら、Kという人と不倫していた話が出ていた
間違いなく久世さんなんだけど(話の内容からして)、あまり知られてないんですかね..

249 :無名草子さん:2006/03/04(土) 00:15:41
>>247
「頓死」、それは忘れていました。久世さんも何か予感があったのでしょうか。
 
『死都ブリュージュ』とか、僕も読んでみようと思います。

250 :無名草子さん:2006/03/04(土) 00:57:09
久世さんの不倫を樹木季林が暴露・・・ってそんなスキャンダルがあったんですか?

251 :無名草子さん:2006/03/04(土) 01:03:35
>>250
ありましたよ

252 :無名草子さん:2006/03/04(土) 01:05:24
>>248
ああ、やっぱりね・・・そりゃ久世さんが最後まで「向田さんとはそういう
関係ではない」と言い張るのも当然でしょ。公然と言えるわけない。
死後もドラマ化で延々と引っ張るなんて普通はしませんよ。TBSに企画をよく
通し続けたもんだと思うんだけど、視聴率や業界筋の評判で許されたのかな?

>>250
まだ女優さんだった頃の今の奥さんと付き合って妊娠させちゃった件を希林さ
んが「責任を取りなさいよ」とバラしちゃった話でしょ? 
結局は久世さんは責任を取って結婚した。前の奥さんはどうなったのだろう? 子供さんはいたのか? 

253 :無名草子さん:2006/03/04(土) 01:11:47
>>252
ん?いや、その山根という人(ムー一族でシナリオを書いたらしい=森薫)が
愛人だったってことですが
でもすごい昔の話ですけどね

254 :252:2006/03/04(土) 01:16:21
>>253
すまん、誤読した。


255 :無名草子さん:2006/03/04(土) 01:31:29
>>245
そもそもこの人は死んだときの為に本を書いていた、ということを言っていたからなあ
書き始めもかなり年を召してからだし、しかし結構裏で苦労してたんだな。民事再生とか

256 :無名草子さん:2006/03/04(土) 01:34:15
>>246 「昭和幻燈館」(中公文庫)の「朧絵師の死」に出てきますね、その話。
この本、先週読んだばっかりなのに。久世さんの死を知り、愕然としました。
なぜか今読まなきゃって思いに駆られて、買ったんですよね。
何か虫でも知らせたのでしょうか。


257 :無名草子さん:2006/03/04(土) 01:41:17
さっき知った。吃驚。
ジュリー主役の「悪魔のようなあいつ」大好きでDVD何度も観たよ。
小説も好きだったのにな。

258 :無名草子さん:2006/03/04(土) 02:41:50
阿刀田高は向田さんと同じマンションに住んでいたらしい。
その阿刀田さんのエッセイに「東大演劇部の公演で『サロメ』を観た。
半裸の兵士の役が寒そうで気の毒だった」ってのがある。
時期とか、色々考え合わせると、この半裸の兵士は久世さんなんだよ。

259 :無名草子さん:2006/03/04(土) 04:14:49
どの本かで久世さんも書いてましたね。変なところを見ている人もいるものである、とか。本を読み返そうと思ったけど、まだ気持ちが落ち着かなくて読めないです…。


260 :無名草子さん:2006/03/04(土) 04:46:03
>夜になって自宅を弔問した俳優、左とん平(68)は「最近ろれつが回らなくなり、
>医者から入院を勧められていた、と夫人から聞いた。昔から仕事、仕事の人だったから、
>無理がたたったのでは」と突然の死を惜しんだ。

サンスポ
兆候あったんやろか

261 :無名草子さん:2006/03/04(土) 05:01:24
正直な感想。
森繁より先に逝くとは……。

262 :無名草子さん:2006/03/04(土) 08:04:16
森繁は永久に氏なないような気がする

263 :無名草子さん:2006/03/04(土) 08:26:40
>>258
それ松山巌を同じ話を書いてたよ>半裸の兵士

264 :無名草子さん:2006/03/04(土) 10:02:36
>>244 だよね。だいたいこのスレタイトルの「早く昔になればいい」
からして、絶版だし。「聖なる春」もそう。
新潮文庫、絶版にしすぎ。くだらない本ばっかり文庫にするくせに。

265 :無名草子さん:2006/03/04(土) 11:21:09
>>264
売れない本が絶版になる。つまり読者が悪い。出版社を責めるのは筋違い。

266 :無名草子さん:2006/03/04(土) 11:48:45
「聖なる春」も「早く昔になればいい」も絶版なの???
ひで〜。

267 :無名草子さん:2006/03/04(土) 14:45:23
ブクオフで久世作品収集したら、けっこう集まった。

268 :無名草子さん:2006/03/04(土) 14:48:09
>>265
でも文庫で、しかも賞をとっているような作品を絶版にするのは問題があると思うよ


269 :無名草子さん:2006/03/04(土) 15:09:24
>>268
> でも文庫で、しかも賞をとっているような作品を絶版にするのは問題があると思うよ

販売部数が少ない本は、単価を上げないと採算ベースに乗らない。

270 :無名草子さん:2006/03/04(土) 21:45:44
講談社文芸文庫ならやってくれると信じている。
高いけど。

271 :無名草子さん:2006/03/04(土) 22:42:53
ドラマ再放送してくれんかね。深夜でもいいから。


272 :無名草子さん:2006/03/04(土) 22:49:00
『花嫁人形は眠らない』やってくれ〜w

273 :無名草子さん:2006/03/04(土) 22:55:50
しらねーよこんな雑魚

274 :弧高の鬼才:2006/03/05(日) 00:03:42
ドラマの中で毎回主題歌を唄う主人公、みたいな「あそび」が斬新だった気はします。

275 :無名草子さん:2006/03/05(日) 00:04:57
>>273
久世を雑魚と言ってるのか?
ひどい教養レベルだなw

276 :無名草子さん:2006/03/05(日) 00:08:33
この人は小説書き始めたのが遅いせいか、「自分の好きなことしか書かない」って感じがしてたな。


277 :無名草子さん:2006/03/05(日) 11:03:28
>>276
そこが実に良かった

278 :無名草子さん:2006/03/05(日) 16:35:54
「一九三四年冬−乱歩」って、続編は無いんですよね。
「梔子姫」、乱歩があれだけの傑作を書き上げて何故発表しなかったのか、
そこのところが説明されてないのが気になって、気になって。

279 :無名草子さん:2006/03/05(日) 18:45:05
そこは乱歩の経歴と照らし合わせつつ想像するしかないと思う。
「梔子姫」を書けた事が、逆に「梔子姫」のような作品を書かないきっかけになって、だから
それまでの作品への個人的な墓標のようになった「梔子姫」はあえて人に見せたくなかった。とか?

280 :無名草子さん:2006/03/06(月) 00:21:35
物語のラストとしてはあれでよかったとおもいますが…。「梔子姫」の中にさみしい詩と歌がのってましたね。うろ覚えですが、印象に残ってました。

やがて地獄へ下る時
そこにいる父母や友人に
私は何を持っていこう
私はそっと
てのひらの蝶を差し出し言うだろう
一生を子供のようにさみしく
これを追っていましたと


281 :無名草子さん:2006/03/06(月) 00:44:37
久世さんが好きだった西条八十の詩「トミノの地獄」、
寺山修司のアンソロジーで先に知っていて、僕も大好きな詩です。
記憶のままに冒頭を記すなら、
 
姉は血を吐く 妹は火を吐く 可愛いトミノは玉を吐く
ひとり地獄に堕ちゆくトミノ 地獄くらやみ 道も無き

282 :無名草子さん:2006/03/06(月) 10:30:17

【芸能】森繁久彌、演出家・久世光彦さんの訃報を知り絶句[03/06]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1141598646/

283 :無名草子さん:2006/03/07(火) 07:52:30
脳梗塞やってたそうだ

284 :無名草子さん:2006/03/07(火) 09:36:03
白痴を輪姦するのが好きなんですか?

285 :無名草子さん:2006/03/07(火) 10:46:11
まさか森繁より先に逝ってしまわれるとは・・・
週刊新潮のはどうなる?

286 :無名草子さん:2006/03/07(火) 12:36:33
訃報が入るたび、森繁の近況が聞ける。

287 :無名草子さん:2006/03/07(火) 15:08:14
通夜の映像を、ザ・ワイドで観た。
悲しい……本当にいなくなってしまったのだなぁ…………。
ついでだから日テレ実況も覗いた。
悲しい……誰だよこいつとか書くクソバカが多くて…………。

288 :無名草子さん:2006/03/07(火) 18:41:37
>>282のリンク先もひどいね。

大遺言書、今度発売のが最後(絶筆)になるそうだけど、
誰かに続きを書いてほしい。

289 :無名草子さん:2006/03/08(水) 10:48:38
バブル景気の時代に大学生だったわたくしは東京論・レトロブームのほうに引き寄せられていた
後ろ向きの人間だったので昭和幻燈館との出会いは心に染みました。
耽美的でありながら絶対に「俗」のほうに立脚点を置いていた。そこが好きです。



290 :無名草子さん:2006/03/08(水) 20:21:24
香西かおりの「無言坂」「花挽歌」久世さんの作詞です。期せず2曲とも最近のNHKの日本の歌で歌われてました…

291 :無名草子さん:2006/03/08(水) 22:51:11
どっかの書店(都内)で久世さんの追悼コーナー設けてないかなあ?
皆さんご存知ないですか?

292 :無名草子さん:2006/03/08(水) 23:02:01
>>291
ジュンク堂新宿店にいったけど特設コーナーは無かったよ。増刷しないと無理ぽ

293 :291:2006/03/08(水) 23:11:41
>>292
そうですか‥‥。がっかり。ありがとうございます。

294 :無名草子さん:2006/03/09(木) 11:52:40
朝日新聞で書評やってたけど、あれは「美の死」で読めるのかな?
切り抜きして集めてたんだけどw

295 :無名草子さん:2006/03/09(木) 23:40:23
自分書店員なんでひっそり追悼コーナーつくりました。地方だけど。

296 :無名草子さん:2006/03/09(木) 23:55:49
GJ!
近所だったら即行くのに…

297 :無名草子さん:2006/03/11(土) 01:46:06
昔トーハンでバイトしていたからその辺のことはわかります。

不謹慎な話ですが、「三浦綾子重体」のニュースが流れた時、
トーハンの社員はすでに在庫確保に走ってました。
各版元も、もしかしたらXデーに備えて密かに増刷していたかもしれません。

久世光彦の場合は突然死だったから…。
ましてベストセラー型じゃない作家だから増刷の数が読めないし
追悼コーナーを作れるほど在庫が用意出来ないわけですね。


298 :無名草子さん:2006/03/11(土) 03:56:55
読んで欲しいって思っても、今は品切の本が多いですね…残念です。今日、週刊新潮買ってきました。最後の文、せつないです。

299 :無名草子さん:2006/03/11(土) 06:32:46
地上波における演出家としての久世さんの追悼はこれだけかな? CS(CATV)ではやるかもしれない、
というか既に久世ドラマは日常的にへビィローテーション状態のようだ。作品数が多いからね。

久世光彦さん追悼…「寺内貫太郎一家」も2話放送
ttp://www.zakzak.co.jp/gei/2006_03/g2006031005.html

300 :無名草子さん:2006/03/11(土) 23:19:27
age

301 :無名草子さん:2006/03/13(月) 13:16:04
小林薫・田中裕子の夫婦善哉をいまやってる。
岸部一徳・藤山直美でまたやってくれないかなあ

302 :無名草子さん:2006/03/14(火) 01:22:29
山本夏彦さんに呼ばれたんだよ、きっと。

303 :無名草子さん:2006/03/14(火) 11:41:46
昨日みました。「女中」って言葉をそのまま流すか否か、もめた気がする。

304 :無名草子さん:2006/03/15(水) 23:38:13
「ベースアップ」略して「ベア」って発想がすごいよな
「週刊ベースボール」略して「週ベ」並みにすごい

305 :無名草子さん:2006/03/16(木) 00:16:25
誤爆ですか?

306 :無名草子さん:2006/03/16(木) 00:55:33
ごめんなさい、誤爆です

307 :無名草子さん:2006/03/20(月) 16:04:57
うわやべ、新潮買おうと思ってたのに忘れてた

なにか載ってましたか?

308 :無名草子さん:2006/03/20(月) 20:53:03
>>307
今週のも先週のも特にナシ。「大遺言書」のページの隅っこに連載終了を告げる事務的なコメントがあっただけ。だと思う。先週分は立ち読みしただけなので曖昧だが、今週のにはまったく記事なし。
追悼特集くらい組んでもいいのに…と思った。

309 :無名草子さん:2006/03/20(月) 22:15:22
>>308
あれ? 先週号に追悼記事がなかったっけ?
2−3ページで結構大きい記事だった記憶があるな。
それとも文春の方だったか?

310 :無名草子さん:2006/03/21(火) 13:42:32
あったよ、大遺言書の最終回のときに追悼記事が数ページ。

311 :連合艦隊:2006/03/21(火) 14:15:47
久世さんの描く昭和は必ずしも本当の昭和ではない。いただきますって
合掌する習慣など戦前の昭和人は坊主以外はやっていない。言葉使い一つ
とっても久世さんと向田邦子の思い込み、もしくは勘違いなどがいろいろ
あるね。時代考証ってむずかしいのよ。それでも「あぐり」よりはマシ
だけどね。

312 :無名草子さん:2006/03/21(火) 19:55:33
>>311
>思い込み、もしくは勘違い

これは本人たちもある程度自覚してやってたんじゃない?
特に久世さんは大正・昭和初期に多大な幻想を抱いていたように思う。


313 :無名草子さん:2006/03/21(火) 21:29:51
かえって微妙な時代考証って難しいだろうね。存命している人間が多いだけに。

314 :無名草子さん:2006/03/21(火) 21:30:28
> 特に久世さんは大正・昭和初期に多大な幻想を抱いていたように思う。

福田和也もね。

315 :無名草子さん:2006/03/23(木) 03:22:17
「悪魔のようなあいつ」 何話目くらいから面白くなりますか?

316 :無名草子さん:2006/03/23(木) 18:24:45
最初からずーっと笑いっぱなしだったけど。<悪魔のような〜

317 :無名草子さん:2006/03/28(火) 17:48:27
>>315
野々村さんや八さんとつるんでる前半が好き。
DVDはそろそろ品切れになってきてるね。

318 :無名草子さん:2006/04/05(水) 21:14:32
なかにし礼の「黄昏に歌え」でマイラストソングでも出てきた「さくらの唄」
のエピソードに久世さんが出ているね。もう少し詳しい事が分かってお得感が。
その場面の前に本の内容が凄い事になっていてそっちにも驚くのだが

319 :無名草子さん:2006/04/17(月) 22:03:16
爆笑問題が芸術選奨をもらったのは、
選考委員だった久世さんが強く推薦したかららしい。

320 :無名草子さん:2006/04/20(木) 19:07:48
有栖川の朝ってどうですか?
読んでみたいんですけど

321 :無名草子さん:2006/04/25(火) 03:01:49
>>319
マジデ?

322 :無名草子さん:2006/04/27(木) 00:15:58
美の死っておもしろい?

323 :無名草子さん:2006/04/27(木) 22:49:25
色々な本について語っているのだけれど、
書評ではなくてそれぞれの作品への思いをふんだんに語っている感じ。
久世作品が好きなら読んで損はないと思う
>美の死

324 :無名草子さん:2006/05/18(木) 20:43:43
蕭々館日録読んでるところ。
芥川龍之介がものすごく美化されてる気が....
この人の小説読むとなぜか胸が痛くなる
久世さんが最後に書いた作品はなんだろう

325 :無名草子さん:2006/05/18(木) 21:20:08
「有栖川の朝」と「大遺言書」になるのかな>最後に書いた作品
著作一覧があるといいのだが

326 :無名草子さん:2006/05/19(金) 05:29:41
一応、概出かも知れないけど書き込み。
久世光彦、昨年映画公開された竹中直人監督「さよならCOLOR」でヒロイン原田知世が中学時代に恋していた担任役でゲスト出演。
これが格好良いんだよ。
声も最高。
今春、発売されたセルビデオ(3800円)には映像特典で未公開フィルムが入っているんですが、久世と知世との戯れや竹中との絡み場面が絶品でした。
映画では本当に健康そうだったのに残念です。

合掌。

327 :無名草子さん:2006/05/19(金) 06:46:54
小説を読んでると繊細な部分が前面に押し出してるけど、
実際はかなり骨っぽい人だったらしいね。

328 :無名草子さん:2006/06/08(木) 01:44:27
「サイゾー」で数年前にも大学生と不倫して子供まで出来ちゃったとか
ちょっと金銭感覚がおかしかったとかいうエピソードが出てる

329 :無名草子さん:2006/07/03(月) 18:48:27
.

330 :無名草子さん:2006/09/06(水) 00:59:12
ひさびさ

331 :無名草子さん:2006/09/07(木) 00:18:47
もうすぐ金木犀の季節ですね。

332 :無名草子さん:2006/12/02(土) 03:08:04
過疎すぎage

333 :無名草子さん:2007/01/05(金) 14:41:49
陛下を読んだ

鼻の奥がツーンとする


334 :無名草子さん:2007/01/14(日) 11:21:51
age

335 :無名草子さん:2007/01/16(火) 20:55:55
久世さん特集のフリースタイルは買いましたか? 結構前ですけど。特集で手がけたドラマ一覧があって、本でも作って欲しかった。

336 :無名草子さん:2007/01/16(火) 21:53:01
もと奥さんて加賀まり子さんなんでしょ?

337 :無名草子さん:2007/02/01(木) 01:37:20
保守

338 :無名草子さん:2007/02/10(土) 23:38:55
.

67 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)