5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

☆.。.:*・゜★.。千夜一夜物語・゜★.。.:*・☆

1 :無名草子さん:03/08/30 22:56
子供の頃ワクワクしながら読んだアラビアンナイト。
名作『千夜一夜物語』ってイスラムのお話しだったんですね。
現代の醜い争い事は\(・_\)(/_・)/オイトイテ、
夢膨らむこの物語について語り合いましょう☆


2 :無名草子さん:03/08/30 22:59
710 名前:心得をよく読みましょう :03/08/30 22:48 ID:j9fjvk4x
もう一度、お願いします

【板名】一般書籍
【スレのURL】http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/997646319/l50
【名前】
【メール欄(省略可)】
【本文】
>>1がどのような意図でこのスレタイにしたかは分からないが、
一般書籍板において景山民夫が何故死んでしまったかを、その周辺や作品から
追求しようとしていたのじゃないのか?
自分が本について語りたいからといって、わざわざこのスレに来て、
板違いと騒ぐのは、あまりに自己中な意見だと思う。

3 :無名草子さん:03/09/01 02:02
誰も千夜一夜読まないの?



4 :無名草子さん:03/09/01 16:21
読んでみたいと思ってるけど、児童書くらいしかみつからない。
岩波のを読んでみたいけど、手にはいらんからねえ・・

5 :無名草子さん:03/09/01 16:32
東洋文庫

6 :1:03/09/02 01:03

ここにいろいろあるから参考にしてみて
http://www.syugo.com/germinal/lecture/1001nuits/bibliographie.html

7 :無名草子さん:03/09/02 04:47
持ってるよもちろんバートン版 えへへへ

8 :無名草子さん:03/09/02 09:18
暇だねぇ。 
千夜一夜は19世紀に西洋社会に紹介されセンセーションをおこした。(うろおぼえ)
フランス版と英国版がある。 バートンは英国版かな。 注釈が多くて、物語読んでるというより、アラブ社会理解の指南書みたいだった。
私にはその注釈がおもしろかったけど、目が疲れた。 大英帝国的テキストだなの感想。
フランス版は、なんていうか詩的だった。 万能神あっらーを称える言葉の豊富さとか。
現代的倫理観でみると とてもストレスな読み物です。 オチがない小話集大成と思えばよい。



9 :無名草子さん:03/09/03 00:04
ガラン版の完訳はないのかな?
ボルヘス編纂の「バベルの図書館」ではガラン版、バートン版それぞれ1冊づつ入っているけど。
ところでバートン版(大場訳)は10月からちくま文庫で出ますな。
古本屋では3、4000円で買える代物だけど文庫の方がいいから買おうかなぁ・・・

10 :無名草子さん:03/09/03 09:36
出たら読んでみます。ちくまのバートン版。
11巻までみたいですね。

11 :1:03/09/04 01:50
今日、原典から直訳の「アラビアンナイト1」を買いました。
実をいうと、本格的に読むのはこれが初めてです。
余計な脚色がなくあっさりした感じとか・・。
まずはこれを読んで、それから他の翻訳者がどんな風に
ファンタジックに仕上げているかを見るのがツウ。

12 :無名草子さん:03/09/06 19:11
本当はエロい千夜一夜物語

13 :無名草子さん:03/09/09 22:54
千一夜物語だと思っていた。

14 :無名草子さん:03/09/10 16:28
http://news3.2ch.net/test/read.cgi/news5/1062180491/

15 :無名草子さん:03/09/10 20:42
>>13
『千一夜』でもいいはず。

16 :無名草子さん:03/09/12 22:03
ディズニーのアニメを見て興味を持った親戚の子がいるのだが、
岩波の文庫を貸していいものかどうか。

悩みどころだ。

17 :無名草子さん:03/09/15 19:08
鞘って表現に萌えたな

18 :無名草子さん:03/09/15 21:16
碧ゆかこ☆【はるか遠き国の物語】
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1048740381/


この人も千夜一夜物語に影響されて
楽しい物語を描かれてますね

19 :無名草子さん:03/09/16 00:46
川端康成(レイン版)、獅子文六(バートン版)なんて人も訳しているのだな。

20 :無名草子さん:03/09/18 00:37
>>19
英訳者と和訳者の組み合わせが「らしい」な

21 :無名草子さん:03/09/18 18:05
ボルヘス『千夜一夜の翻訳者たち』によると、

ガラン版(仏)   パリのお上品なサロン向けに書きました
レイン版(英)   ひたすら原典に忠実、ただし下ネタのたぐい一切抹殺、
          その旨いちいち明記させていただきます
バートン版(英)  話を面白くするためだったら何でもやります
マルドリュス版(仏)話を面白くするためとはいえ、少しやりすぎました
ヴァイル版(独)  東洋趣味を頑張って入れた大衆向け判です
ヘニング版(独)  つまらん
グレーヴェ版(独) 内容への言及なし
リットマン版(独) ドイツ人には無理だね


22 :無名草子さん:03/10/12 19:35
家になぜか1巻だけあったので読みました。チョトエロかった。でもおもしろいです。

23 :無名草子さん:03/10/13 18:16
そういえば、もうちくまから出たんだっけ?バートン版とやら。

24 :無名草子さん:03/10/14 02:49
ちくまは前にも出してたよね?
マルドリュス版。
俺、集めてたのに絶版になって途中が抜けてる。
今度出てるバートン版は大分内容違うのかな?
原典訳は東洋文庫だけみたいだけど何しろ高すぎる。

25 :無名草子さん:03/10/14 17:36
9 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:03/09/04 02:35 ID:s18SqQre
イスラム文学と一口に言っても「千夜一夜物語」って、ペルシア人が作り上げた物なんですよ。
英語訳で「アラビアン・ナイト」って呼ばれてるけど、厳密に言えば「ペルシアン・ナイト」
なのです。アラビア人とペルシア人って民族も言葉も違うし、大昔は宗教だって違ったんですから。
(アラビア人はイスラム教、ペルシア人はゾロアスター教なのです。)

26 :JAZZY:03/10/19 23:30
始めまして
私、これからアラビアンナイトが流行ると思うんです
なぜなら・・・私がはまりだしたから(^−^)☆
私は芸術家(???)で、
こんれからアラビアンナイトを題材にした作品を作りたいと思っています。
今日図書館に行って、小説をたくさん借りてみました。
でも視覚的にもアラビアンナイトの世界を知りたいのですが
誰かいい資料知りませんか?


27 :無名草子さん:03/10/24 12:51
ちくまのバートン版買いました。
挿絵がエロい。
けっこうおもしろい。

28 :無名草子さん:03/11/04 19:25
ロック鳥あげ

29 :無名草子さん:03/11/04 19:29
中学3年の時、偶然バートン版を読み、性に目覚めますた。(女

30 :無名草子さん:03/11/05 18:07
ぼ○、とか、お○んことかいう単語があったのにビビったよ。

31 :無名草子さん:03/11/15 22:08
「博学のタワッドド」がいいねぇ。
奴隷とはいいながら、各分野の博士はだしの博学ぶり。
吉原の太夫が高い教養を身に付けてたってのと同じ感じかね。

32 :無名草子さん:03/11/15 22:46
>>145
http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g10235206
http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d10225222

はどうなのよ?

33 :無名草子さん:03/11/16 01:06
>>31
あの話は、当時のイスラーム社会における文化・学問を知る上での
貴重な資料ともなりますね

34 :無名草子さん:03/11/16 15:38
ウチにバートン版で古沢岩美さんの挿絵のが有りました。
ハアハアしながら読みました。
子供にとって乳首まできっちり描いているあの挿絵エロすぎでした。
「へのこ」「新鉢を割る」など意味がわからない言葉を母親に聞いたら
えらく怒られて、本を隠されました。

35 :無名草子さん:03/11/23 21:48
アラビアンナイトはエロいはず。そもそも退屈した王が后をおもしろくないと
すぐ殺すので、王を退屈させないために、送りこまれた姫が夜伽にした話しだ
から、命がけで王の興味を引くおもしろい話しをした。そして1001夜目に
王の子どもを身ごもって、姫は殺されずに后になったというわけです。

36 :無名草子さん:03/11/23 23:18
>>35
いろいろ間違ってるぞ

37 :無名草子さん:03/11/23 23:30
河出のバートン版が、7巻まであるんだよ。
8巻まで揃えてぇぇぇ!
神保町で8冊セットで売ってるのは見たんだけどな。
どっかにバラでなねーかな。

38 :無名草子さん:03/11/24 19:57
『千一夜物語』のお陰で、イスラム圏の印象は悪くない。
しかし、テロはイヤづら。

39 :35:03/11/25 21:01
>>36
だいたい合ってると思うが。

40 :無名草子さん:03/11/26 21:04
>退屈した王が后をおもしろくないとすぐ殺す
→妻の密通を知って女性不信になったから、国中から娘を差し出させて
処女奪ってすぐ殺す

>王を退屈させないために、送りこまれた姫
→王の女性不信治療のため、自ら嫁いだ姫

>1001夜目に王の子どもを身ごもって
→千一夜目までに、3人(本によって2人だったり)出産済み


揚げ足取りしてごめんな、>>35




41 :35:03/11/27 18:22
>>40
訂正有難う。ちょっと違ってたね。
でも大きくは外れてなかったね。
いずれにしても有難う。


42 :無名草子さん:03/11/29 11:02
そう、千一夜物語はオモシロイんだよ。
ぜひとも一遍通読してほしいもんだな。
エロも豊富でオモシロイんだよ。
あと、食い物が美味そう。

43 :無名草子さん:03/11/29 13:29
近くのブッコフに岩波版全巻揃ってる。
正直あまり興味ないけど、今の内に買っておこうかな

44 :無名草子さん:03/11/29 14:32
>>43
銭に余裕があんなら、無くならんうちに買っとけ。
次はいつ復刊するかワカランから。

45 :無名草子さん:03/11/29 15:06
無くなったら無くなったで、縁が無かったと諦める。
そうとでも考えないとキリの無い世界だから。

46 :無名草子さん:03/11/29 20:03
>>43
いくらなの?

47 :無名草子さん:03/11/30 01:42
>>46
半額。
金に余裕はないこともないが他に優先的に欲しいものがたくさんある
買っておいても後悔はしないと思うが買わなかったらいつか後悔しそう

48 :無名草子さん:03/12/15 23:13
ヒゲオヤジ拘束age

49 :無名草子さん:03/12/24 22:20
「玉門」という言葉はバートン版、大場訳で覚えた。

50 :無名草子さん:04/01/07 19:12
「へのこ」ってはじめて聞いた

51 :無名草子さん:04/01/19 22:35
夜がしらんできたのをしって、許された物語をやめたage

52 :無名草子さん:04/01/23 23:35
ちくま文庫版、売れてんのかね?

53 :無名草子さん:04/01/25 21:05
ちくま版は、あのエロい挿絵が全然少ないからだめだな。

54 :無名草子さん:04/01/29 23:50
えっ!あれで少ないのかよ!
ちくしょう!買い直しだ!

55 :無名草子さん:04/01/30 12:07
>>54
お前は気持ちのいいやつだなw

56 :無名草子さん:04/01/31 13:57
ぼぼって訳してるけど、訳者が九州出身なのだろうか?
関西人だと「おめこですねん!オサネやねん!」になってたかも。

57 :無名草子さん:04/02/01 19:40
ボボってセックルのことって聞いた
オメコは「ちんちん」というとも聞いたけど(昔ヤンタンでバンバンが言ってた)
教えて九州人

58 :無名草子さん:04/02/03 11:43
>>26
資料になるかどうか分かりませんが
イタリアの映画監督パゾリーニの「アラビアンナイト」などどうでしょう。
DVDが出ています。
好き嫌いがはっきり分かれる作風ですが。

59 :無名草子さん:04/02/05 19:51
>>57
オメコのことは関西人に聞くべき。

60 :無名草子さん:04/02/05 23:03
軽子と3人の乙女の物語で、美女三姉妹が「まらですわ。ちんぽこですわ」とか
言ってんのに爆笑した。

61 :無名草子さん:04/02/07 21:09
ちくまの、「ちんぼこ」になってたよ。
珍凹?

62 :無名草子さん:04/02/07 22:22
ちょんちょんっての聞いたことある。
しかし性別を忘れた・・・。

63 :無名草子さん:04/02/08 02:25
なんだか股間ネタでスレが急に加速したな

64 :無名草子さん:04/02/09 00:56
さね って具体的にどの部位のこと? クリ?

65 :無名草子さん:04/02/12 23:54
『今昔物語集』だったか『宇治拾遺物語』だったか忘れたけど、
大事な場面でおならして逃げ出す男の話があったと思う。
で、千一夜物語にも似たような話があった。
歴史的なおならとかって話。

66 : :04/02/13 05:25
てっきり稲垣足穂かと。

67 :無名草子さん:04/02/18 21:13
ちくまバートン版、もう5巻か。
売れてるのだろうか?

68 :無名草子さん:04/02/19 00:22
売れてないと思ふ…

69 :無名草子さん:04/02/20 13:22
エロ挿絵age

70 :無名草子さん:04/02/20 18:18
とにかく貴様ら、「アラビアンナイト」のヤバさをもっと知るべきだと思います。
そんなヤバイ「アラビアンナイト」を原典から訳した前嶋信次とか超偉い。
もっとがんばれ。超がんばれ。(もう死んでるか。しかも途中まで。(´・ω・`)ショボーン)

71 :無名草子さん:04/02/22 01:23
前嶋信次タンのはどこで読めますか?

72 :無名草子さん:04/02/22 14:01
>>71
東洋文庫。超高い。
「アラビアンナイト」全19巻のうち
12巻(シンドバッド、黄銅城等)まで訳して前嶋先生あぼーん。

73 :無名草子さん:04/02/23 21:51
うわぁ東洋文庫かぁ。買い揃えるのは無理だな。
図書館でチマチマ読むわ。

74 :無名草子さん:04/02/24 00:15
千夜一夜物語のような夜伽をしてみたいものです。

75 :無名草子さん:04/02/24 21:22
今、ちくまの1巻にある「バグダッドの軽子と…」読んでます。
 
2番目の托鉢僧の話で、結婚式の晩魔神に連れ去られて25年地下に
閉じ込められた美女ってのが出てくるんだけど、25年って。
ずいぶんトウが立ってそうなものだけどアラビアの人は女性の年齢は
キニシナイのだろうか。浮気にはめちゃ厳しいけど。

76 :無名草子さん:04/02/26 13:46
アラビア女性はね、若いうちは目ぇパッチリ、身体もメリハリのきいた
ナイスボディなんだが、加齢とともに急速に体型が崩れるのよ。
ババァなんて見向きもされんでしょ。

77 :無名草子さん:04/03/16 22:41
いいスレタイだ。

78 :無名草子さん:04/03/16 22:55
アラビアンナイトは、食事シーンがやたらといい!

79 :無名草子さん:04/03/24 03:42
大英博物館展で、ディナール金貨が見れて、感動した

80 :無名草子さん:04/03/24 23:21
食い物の描写がステキ、品数も多くてすごい美味そう。

81 :無名草子さん:04/03/31 13:37
古沢岩美タンって女性?あの挿絵がステキすぎる。
携帯の待ち受け画像にしちゃうぐらいお気に入り。

82 :無名草子さん:04/04/11 16:45
ちくま文庫版読み始めたのでage

子供のころ、図書館で講談社の青い鳥文庫のを読んで以来。
子供向けだから当然エロはなし。
でも挿絵が天野善孝で何となくエロスは感じていたかも(´∀`;)

>>80さんと同じく
何といっても一番食べ物に引かれた。
想像力バシバシかきたてられましたよ。 

83 :無名草子さん:04/04/18 08:54
人質になった人たち、気をそらすために
お話しなんかすればよかったのにね。


84 :無名草子さん:04/04/18 20:58
その話が面白すぎると、千一夜の間解放されません。

85 :無名草子さん:04/04/18 21:17
つまらない話でも即あぼーん。
難しいもんだなw


86 :無名草子さん:04/05/12 09:03
宝石もわんさか出てくるけど、どんな宝石かわかんなかった。

87 :無名草子さん:04/05/12 23:20
具体的な名前が出てるのも多いよ
ルビー、エメラルド、真珠、瑪瑙、紅玉髄、緑柱石、カンラン石…

棗の実ってやつを食ってみたくなった。


88 :無名草子さん:04/05/13 22:13
>>87
うん。それが、どんな色でどんなに綺麗かってことが、図鑑とか見ないと
わかんなかったんだ…。
お菓子類、おいしそうだよね〜。

竜涎香がほしいと思ったけど、今天然ものなんてないんだろうな…
あっても超高価だろうし。人工的に作った竜涎香の香りは知ってるけど
なかなかイイ。


89 :無名草子さん:04/05/16 22:15
ヴァン・ドンゲンのエロい表紙のものをどこかで見かけたけど、あれは何版なの?

90 :無名草子さん:04/05/17 08:11
>>89
岩波文庫のじゃないでしょうか。
マドリュス版の日本語完訳です。
物語として楽しむにはマドリュス版はいいと思います。
文章が綺麗です。

91 :89:04/05/17 23:29
90さん、さっそくありがとうございます。
古本屋で探してみます。

92 :無名草子さん:04/05/20 22:16
ヴァン・ドンゲン、岩波版千夜一夜のエロい表紙のイメージしかなかったから、
BUNKAMURAの展覧会でエロくない絵見たときビックリした。

93 :無名草子さん:04/05/22 09:45
シンドバットの冒険とか、アリババとか、
子ども向け絵本とかエロくないやつの方が多いような気がするけど…
そういうのじゃなくて?
ブンカムラのはどういう絵だったのかな、見たい〜。

94 :無名草子さん:04/07/03 06:59
千夜一夜物語読んでみたいけど、一体どれを買えばいいんだよ・・・。
バートン版とか○○版ってなんだよ・・・。


95 :無名草子さん:04/07/03 22:21
  ( ヽノ   ヽ/  )   age
  し(_)   (_)J

96 :無名草子さん:04/07/08 01:40
今日、芥川の「開化の良人」読んでたら、「ダリラ」って出てきた。
これって千一夜物語に登場する女ペテン師のダリラだよな?
一人でドキドキしちゃったよ。

97 :無名草子さん:04/07/10 04:28
>>96
おまいの感動はよくワカランが、いつの間にかちくま文庫の
バートン版が10巻まで出ていたのには感動した。

98 :無名草子さん:04/07/14 21:36
ナエマって千夜一夜の話?双子のお姫さまの話らしいけど?知ってます?

99 :無名草子さん:04/07/15 07:00
双子の対照的な性格の美しいお姫様の物語って何巻スか?ナエマでしたっけ?

100 :無名草子さん:04/07/15 16:20
双子の対照的な性格の美しいお姫様の物語を知りませんか?

101 :無名草子さん:04/07/17 01:38
マルドリュス版には入ってない

102 :無名草子さん:04/07/28 16:44
実はバートン版には「サプレメンタル・ナイツ(一千一夜物語拾遺)」
といって、アフリカの回教国から蒐集されたものもあり、大場正史
訳で全五巻の予定が、交通事故死であぼーん・゚・(ノД`)・゚・。

103 :無名草子さん:04/07/29 23:19
>>102
それメチャメチャ読みたい…
大場正史タンは事故死だったんですか。うぅむ。

104 :無名草子さん:04/08/03 08:44
芥川龍之介はバートン版を原書で読んでいて、
男装した王女さまが彼氏と再会し、いたずら心で同性愛を
迫るところ(彼氏は変装に気づかない)の詩をほめている。
 
THE PENIS SMOOTH AND ROUND WAS MADE WITH ANUS
BEST TO MATCH IT !
(ペニスは丸くスムーズで お尻の穴にぴったりだ!)
HAD IT BEEN MADE FOR CUNNUS' SAKE IT HAD BEEN FORMED
LIKE HATCHET !
(膣に合わせて造っていたら 剣のかたちになるでしょう!)
 
カッコ内は適当に訳しました。大場訳を出すのが面倒なので。
千夜一夜に出て来る女って、処女の頃からエッチだよね。


105 :無名草子さん:04/08/06 10:47
誰かと千夜一夜の話をしたいage

106 :無名草子さん:04/08/07 01:27
あなたと千一夜

107 :無名草子さん:04/08/07 08:27
シンドバッドがある国で結婚したら、その国は連れ合いが死ぬと
生きながら地下納骨堂みたいなところへ幽閉される風習があって、
「女房は若いから安心だろう」
と思っていたらあっさり死んでしまった。
幽閉されるときにわずかながら食糧は与えられる。それが尽きて
どうしようかと思っていると、また別な後追い夫婦が入って来た
ので、彼(または彼女)を殺して食糧を奪う。この繰り返し。
そうする内に抜け穴を発見して、命からがら母国へ帰る。
 
この話のどこに教訓を見いだせば良いのでしょう (?_?)

108 :無名草子さん:04/08/10 19:30
ポール・オースターが、「孤独の発明」で、
千一夜物語全般の教訓を
「語る声、語る女の声、生と死を物語る声は、生を生む力を持っているということだ」
と評してたよ。


109 :丸裸三郎:04/08/10 23:13
>>107
どんな絶望的状況でも諦めず活路を見出そうとする姿勢…とか。

教訓とか野暮なこと言わず、驚きの限り驚き、ひたすら楽しむのが千一夜物語。

110 :無名草子さん:04/08/11 06:36
どこかでシェヘラザードがピラミッドの由来を物語る。
千夜一夜が成立したのは10世紀ごろだっけ? この段階ですでに
ピラミッドは謎の建造物なんだね。
大きさをキュビッド(腕尺)で表していて、一辺の長さはギザの
グレートピラミッドとほぼ一致しているが、高さはずいぶん低く
見積もっている。
説話集なんだから、実物よりも大きく書いたって良いだろうに、
想像を超えてピラミッドが大きいと言うことなのか。

111 :無名草子さん:04/08/11 17:31
>>109
ま、平たくいえば「アラーにおもちゃにされる人々の物語」ですから。

112 :無名草子さん:04/08/11 23:06
なんか「天の書」って物に、人間の行動はおろか、枯葉が落ちる
軌跡に至るまで、あらかじめきっちりと書き込まれているらしい。
それがイスラムの運命観。つまり人間とはアドリブを許されない
役者であると。

113 :無名草子さん:04/08/20 00:26
ちくまのバートン版、完結しましたな。

114 :無名草子さん:04/08/20 00:51
おお!
最終巻に挿絵集は収録されてるかな?そしたら買う。

115 :無名草子さん:04/08/20 09:41
ちょい待ち!
バートンの名高いターミナル・エッセイは収録されていなかったの
ではないか?
ほら「男色帯」ってベルトを世界地図に描きくわえて、この地域に
生まれた者は男色に陥りやすい、ってアレ(日本も入っている)。
さらに大場正史は「アリババと40人の盗賊」や「アラジンと魔法の
ランプ」などを「千夜一夜物語補遺」として訳出している。
もう1巻でるんじゃないのか?

116 :無名草子さん:04/08/22 23:35
そうだな、日本で特にメジャーなそれらのエピソードを収録した
「補遺」を出さないわけないよな。

岩美タンの画集が欲しくなりました。

117 :無名草子さん:04/08/25 09:12
ランプの魔神はどんな命令でも従うのだが、アラジンが最後に
出した命令をきいて怒り出し、
「殺されないだけでも有り難いと思え!」
とか捨てぜりふを残して消えるんだよ。不思議な後味の話だな。

118 :無名草子さん:04/08/26 14:56
>>117
確かあれって、アラジンがアララト山に住むロクの卵を取ってきて、
という願いをジンが聞いてキレる経緯だったよね。

119 :無名草子さん:04/08/27 06:45
>>118
そうそう、何で怒り出すのか判らない。でも何らかのタブーに
触れたらしいのは判る。いかにも魔界の掟で動く奴って感じだ。

120 :丸裸三郎:04/09/07 21:35
モンキー・パンチの「千夜一夜物語」、買ってみようと思います

121 :無名草子さん:04/10/12 00:34:47
今民族博物館で千夜一夜物語展やってるのにもりあがらねーな・・・・
ウォルター・クレインのアリババ絵見てえ・・・・

122 :無名草子さん:04/10/12 21:52:41
あげ

123 :無名草子さん:04/10/12 23:04:43
このあいだパゾリーニ版の映画「アラビアン・ナイト」をDVDで観た。
色んな話を上手くまとめていたよ。

124 :無名草子さん:04/12/11 20:34:39
ヤッベ、3・4年前の大晦日にやってたなんか海外の
実写の「千夜一夜物語」、ビデオに録ってずっと見てないや。

125 :無名草子さん:04/12/15 10:10:31
>>124
それ、けっこうおもしろかったよ
見るよろし

126 :無名草子さん:04/12/19 14:22:29
>>120
あれって、どこまでやるつもりなんだろう。第1巻が終わってやっと
シェエラザードが輿入れするところまでたどりついたんだけど。

127 :無名草子さん:04/12/24 22:27:43
>>120 >>126
へー。よみたいなー。
第1巻でそこまでってことは…ライフワークで死ぬまでに
描けるとこまでとか…

128 :126:04/12/25 18:11:20
>>127
非常に丁寧な仕事っぷりですから、読んでみる価値はあると思います。
ちなみに出版社は嶋中書店です。

そう、モンキー・パンチ自身「ライフワーク」と言ってますね。もうずいぶん
前から「描く」とは言ってたんですが実物がぜんぜん出てこず、今年の夏に
やっと出ました。
続きも執筆中だそうですが、モンキー・パンチ氏ももう67歳、正直どこまで
描けるか…。

129 :無名草子さん:04/12/29 00:30:29
キリスト教的な価値観だと神によって決められた運命ってのは抗えないものだから悲劇的になるってことが多いけど
千夜一夜はどこかユーモラスさを持ってるきがする

130 :無名草子さん:05/01/03 22:56:49
それにしてもシェエラザードは千一夜の間、正月も何もなく、しかもその間
何度も出産までしながら1日も休まず語り続けたのか?
お話とはいえ、ちょっとツッコミいれたくなるなぁ。

131 :無名草子さん:05/01/08 01:07:10
王様ニブすぎ!

132 :無名草子さん:05/01/08 09:12:43
>>128
ネットで検索してみたら、所々に「全50巻の予定」と書いてあったけど…。
1巻でも多く完成してほしいですね。
間違いなく氏の代表作となるべき作品ですから。
(「ルパン三世」はもうモンキー・パンチの作品とは言えないだろうし)

133 :無名草子さん:05/01/08 22:55:23
>>132
60代後半で全50巻の仕事に取り掛かるなんて、それだけですごい意気込みを感じるな。

134 :無名草子さん:05/01/14 00:22:17
ほら、大川橋蔵って『銭形平次』を全888話で終えてすぐに死んだでしょう。
続けていたら、今でも生きてるんじゃないかなー?

135 :無名草子さん:05/01/18 00:28:23
>>128 >>132
そうか〜。そんなに力入れてるなら、是非読むよ。
年に4巻出れば、12年半。3巻なら17年弱…
頑張って完成させて欲しい!!

>>130
私の持ってる本では日にちは飛んでたから、休まず毎日じゃないっぽいケド。

このスレなくなりそうで、無くならないね。うれしい。

136 :無名草子さん:05/01/20 01:02:17
千夜一夜物語を読む時はBGMにリムスキー・コルサコフの交響組曲
「シェヘラザード」を聴け。

137 :無名草子さん:05/01/20 21:55:31
>>136
あの曲、どうも好きになれない…。

138 :無名草子さん:05/01/22 06:58:53
ラヴェルもしぇへらざーど書いてますね
序曲しか聴いたことないけど。
リムスキー・コルサコフのも大げさなんでBGMにはあわない気が^^;

139 :無名草子さん:05/01/22 16:29:03
>>138
歌曲集もあり、こちらのほうが有名だyo


140 :無名草子さん:05/01/23 16:09:41
>>115
すごい遅レスですまんけど、教えてほしい。
この大場訳「千夜一夜物語補遺」っていうのも、やはりバートンが訳したものを
大場正史が重訳したものなんですか?
とりあえずちくま文庫版は11巻で完結しちゃって今の所後は出てないみたいだけど、
以前別の出版社から出たことがあるのでしょうか?

141 :無名草子さん:05/01/26 12:27:03
>>140
お答えしましょう。角川文庫リバイバル・コレクション、
バートン 大場正史 訳
「バートン版アラビアンナイト物語 千夜一夜物語拾遺」
自分が持っているのは平成2年11月15日 第20版です。イラスト・
図版も豊富ですが、ちくま版の古沢岩美ではありません。
古本屋かオークションでお探し下さい。

142 :140:05/01/26 23:04:31
>>141
ありがとうございます。
角川文庫とはちょっと意外でした。それにしてももう15年以上前となると、探すのも
けっこう骨が折れそうですね。気長に探してみます。

143 :無名草子さん:05/01/28 20:44:06
>>141
ストーップストーップストーップ!
その角川文庫版は「アラジンと魔法のランプ」等々の、
有名な話を一括に纏めたもので、>>102のは、
「新・千夜一夜物語」と題されて桃源社から全5巻で
出る予定が訳者の急逝で2巻迄の刊行となり、別巻と
して「千夜一夜絵画集」が出ており、前者とは別物です。

144 :無名草子さん:05/02/20 09:24:29
やっぱりボインは柘榴のようでなくちゃね

145 :無名草子さん:05/02/20 13:08:20
柘榴には、エストロゲンと言う女性の胸を膨らませる成分が入っている、と
この前読んだ某ラーメンマンガに出てきたな。

146 :無名草子さん:05/02/27 02:12:32
ガリとデブとアングロサクソンとネグロイドとヒスパニックとモンゴロイドが
互いに罵倒し合うみたいな話あったよね。



おれはガリがいいなぁ。

147 :無名草子さん:05/03/06 02:41:07
>>146
あった、あった! 白い肌が良いのか、黒い肌が良いのかみたいな話。
白人奴隷が白の素晴らしさをえんえんと語ったのを承けて、黒人奴隷が
「そんなに白が良いなら、なぜ人はシラガを嫌うのでしょうか?」って
切り返す。

148 :無名草子さん:05/03/09 01:00:03
なんたら、デュラックてひと挿絵書いてなかった?


149 :無名草子さん:05/03/16 01:24:44
age

150 :無名草子さん:2005/04/11(月) 09:48:49
さげ

151 :無名草子さん:2005/05/01(日) 01:30:49
あげ

152 :無名草子さん:2005/05/01(日) 07:13:02
シンドバッドに子泣き爺みたいな変なのが出て来るね

153 :無名草子さん:2005/05/04(水) 23:35:49
ちょっと古くて悪いけど、ピンクレディーのうたで「渚のシンドバッド」て
あるじゃん? プレイボーイの代名詞みたいに使われてる。
でも千一夜のシンドバッドって、全然色気のない話だよね。

154 :無名草子さん:2005/05/05(木) 11:01:46
>>153
ないよねー。
結婚して女房に先立たれる話だって、むしろ怖い話だね。
子泣き爺みたいな老人の話も不気味だ。あれとか読むと、
あのころ特に酒を禁じていないのがわかる。
虫プロの「千夜一夜物語」は主人公が酒を呑むシーンが
引っ掛かって、アラブ圏にセールスできなかったそうだ。

155 :無名草子さん:2005/05/06(金) 23:45:02
でもって「これだけ苦労したから、今、豊かな老後を送れてるんですよ」って話ね。
はい〜。すみません、私ももっと頑張ります〜

156 :無名草子さん:2005/05/07(土) 00:19:50
あれ、成功したシンドバッドが、貧乏ガテン系のシンドバッドに
物語るって形式だろう。そんなにありふれた名前なのかなぁ?
 
イラクの外相がアジズで、ああ「アジズとアジザ」の、と思った。
名前の流行りが千年前から変わってないのな。


157 :無名草子さん:2005/05/09(月) 19:14:22
そ、それ何げにすごい。日本で千年前から同じ名前あるのかな?

158 :無名草子さん:2005/05/09(月) 21:46:55
北条政子なんてありそうだけどせいぜい800年前だね。

159 :無名草子さん:2005/05/12(木) 23:35:37
皆さん、登場人物の中で誰が好み?
私は「博学のタワッドド」カッコイイーって思った。

160 :無名草子さん:2005/05/14(土) 17:15:56
俺は「若者ヌールと勇ましいフランク王女」だな。
恋する女性は男をも超えるね。

161 :無名草子さん:2005/05/14(土) 23:41:56
どれかの話に出て来た「自分の髪の毛で縛られた王女」萌え〜

162 :無名草子さん:2005/05/29(日) 15:55:16
>>161 ん〜どんな話だっけ。気になる…

163 :1:2005/06/04(土) 20:37:03
どうも1です。東洋文庫の買って勇んで読みはじめたものの
数ページで挫折。以来このスレも覗くことはなかったのですが
最近また全巻制覇することを誓い再び読み始めました。
このスレもまだ健在で良かったです。

ときに、やっぱり東洋文庫は高価で誰も手出せないようですね。
確かに全巻そろえると5万円以上するもんね。
私も貧乏なのに経済観念の欠如からつい気にせず買ってしまって。
まあ、本棚の飾りとして見栄えもいいし(笑)一生手元に置いて
おきたい本だから奮発したわけで。
これからコツコツと買い揃えていきたいと思います。
全巻揃わないうちに廃盤になったら泣くよ。

164 :無名草子さん:2005/06/04(土) 23:06:51
わーい。1さんが来るなんてー♪

東洋文庫も要チェックかなー。
私は岩波文庫のやつを、通勤途中にちょびちょび読んで7ヶ月かかった。
岩波のは読みやすかったよ。

165 :1:2005/06/05(日) 16:26:39
>>164
どうもです。さきほど本屋へ行ってちくまのバートン版をペラペラと
捲ってみました(ちくま文庫しか無かった)。なるほど他の翻訳者の
ものも結構面白そうですね。バートンでこれならマルドリュスはもっと
フランス風味豊かな味わい深さがあることでしょう。
東洋文庫の原典直訳版を読み終えたら是非バートンとマルドリュスも
読みたいと思います。

ただ、逆のパターンはどうかな? 原典直訳版は何の脚色もないから、
まるで調理していない食材をそのまま食べているような気分です。
充分味付けされたマルドリュス版のあと、生の原典版を読んで面白いと
思えるか保障できませんです。

まあ、これはこれで独特の味わいがあり、好みは人それぞれなので
まずは図書館か古本か、もしくは立ち読みで原典版に目を通して
みてはいかがでしょうか。
東洋文庫は高価なので、普通に買うにはちょっと勇気が要りますよ(笑

166 :無名草子さん:2005/06/05(日) 21:52:54
いえ、誰もが言うことなんですがバートン版はその注釈が面白い。
それだけでも読んで損はありませんよ。
最初の方で、王妃が黒人と浮気している現場を目撃したことから、
王様は女性不信に陥るでしょう。
この辺りの注釈がムチャクチャで「女性が黒人を好むのは彼らの
陰茎が大きいからである」←何故そう決めつける?
「私(バートン)が試みに彼らの陰茎を測ってみたところ平常時
でも6インチあった」←測るんかい!

167 :無名草子さん:2005/06/06(月) 18:13:21
>>166
えー! そんなことまで書いてあるの? 笑える〜〜
トリビアネタ満載だね。

168 :1:2005/06/07(火) 21:07:34
>>166
なるほど面白そう。バートン版と並行して読もうかな?


169 :無名草子さん:2005/06/15(水) 23:13:29
>>167
めちゃくちゃおもろい
「せむし男の話」の前フリには「いまから面白い話があるよ」
女性が教養の良さを示すシーン(四夜分!)では「別に読まなくてもいいよ」
世界の体位分析から、外傷の無い死体の死因まで話それまくるのもしばしば
アクティブな人はこんな人多いよね。

170 :無名草子さん:2005/06/18(土) 13:40:19
>>169
なぬ? なんで女性の教養の良さを示すシーンに「別に読まなくてもいい」
なのだー! バートンのやろ〜 ぷんぷん。
でも千夜一夜物語読んで、イスラム文化って女性を尊敬してるよなーと思った。
それまでは逆に思ってましたけど。

171 :無名草子さん:2005/06/19(日) 20:28:00
バートンってものすごい自信家だと思います。
探検家としての体力に恵まれ、白人が入れば殺されかねない鎖国
地帯にも変装して潜入する大胆さも兼ね備え、その上この教養と
語学力。自信家になってもしょうがない。
しかし世界地図に「男色帯」なるゾーンを設定して、この国々に
生まれれば男色に染まりやすい、と言い切るのはどうかなぁ…?
ちなみに日本もしっかり「男色帯」に入っています。

172 :無名草子さん:2005/06/19(日) 22:53:16
>>170
>なぬ? なんで女性の教養の良さを示すシーンに「別に読まなくてもいい」
>なのだー!

あれを読んで理解できる日本人はほとんどいないのではないかと・・・

バートンが所謂オリエンタリズムを提唱したことは事実だけれども彼自身はオリエンタリズムでなかったと思うな。
解説なんかを読むとイスラムにも理解を示しているし


173 :無名草子さん:2005/07/10(日) 13:06:34
にしても東洋文庫高すぎ! 3巻まで買ったけど今さら他の本に
乗り換えるのってアリかな(^^;



174 :無名草子さん:2005/07/15(金) 08:04:38
>>173
アリアリ! とりあえず安いのでもいいから、全部読んでみて!
それでハマったら東洋文庫の続き買って読みくらべてみたらどうかな。


175 :無名草子さん:2005/07/15(金) 08:11:42
ハヤカワミステリーの「失われし書庫」読まれましたか?皆さん。

176 :無名草子さん:2005/07/15(金) 14:28:16
一つ一つのお話より基本ベースの
シャハラザードとシャハリヤール王のお話に興味のある漏れは変わり者?
二人の心理の推移が気になってしまう。
要は妾と王様でもあり
セラピストと患者でもあり
獲物と殺人者でもある関係だから。

177 :無名草子さん:2005/07/15(金) 21:18:21
やはり重点を置いているのは中身の物語であって、
シャハラザードとシャハリヤール王の関係は、枠組みを形成するために
便宜的に作られた措置にすぎないのではないかと思う。
その意味で>>176は変わり者

178 :無名草子さん:2005/07/16(土) 01:27:30
でも子どもは二人うまれているんだし

179 :無名草子さん:2005/07/16(土) 11:06:23
いや、俺はあの枠物語、すごい好きだよ。千夜一夜物語の原点でしょ、あれは。
あれすっ飛ばして他の話に偏る>>177こそ変わり者。

180 :無名草子さん:2005/07/17(日) 03:08:43
>>175
詳しく

181 :無名草子さん:2005/07/17(日) 14:03:40
シャハリヤール王の絶倫っぷりって凄いよなw
ヤッたあとに朝まで話きいて朝から職務って・・・

182 :無名草子さん:2005/07/17(日) 16:11:32
どうせ創作物だマジに考えるな

183 :無名草子さん:2005/07/17(日) 23:12:49
私も枠物語好きです。最後にはちゃんとメデタシメデタシになるし。
千一夜物語全部読んでる時点でもしかしたら私たち変わり者かも…

>>181
私もこのへん疑問なんですけど、暑い国だから昼寝するなじゃないかな〜
なんて。

184 :無名草子さん:2005/07/17(日) 23:13:54
>>183 間違えた。
○ 昼寝するんじゃないかな〜

185 :無名草子さん:2005/07/21(木) 20:30:13
>>176
イスラム式にちゃんと結婚してるから夫と妻だろ。

186 :無名草子さん:2005/07/23(土) 00:53:14
枠物語ってこれにとどまらないでしょう。
「デカメロン」「カンタベリー物語」「屍鬼二十五話」「鸚鵡七十話」。
中でも「屍鬼二十五話」の設定はこってますよー。
死体を背負った王様が、その死体(実はヴェーターラ←ゾンビみたいな
もの)から25の難問を出される。謎が解けなければ殺されてしまう。
 
二十五話のほとんどが面白く、最後までゾクゾクしながら読めました。

187 :無名草子さん:2005/07/24(日) 13:23:18
モンキーパンチ著「千夜一夜物語」の第2巻はいったいいつ出るのでしょう?

188 :無名草子さん:2005/08/29(月) 09:17:18
屍鬼二十五話おもしろそうだな。アラビアンナイトが終わったら
読んでみるか。何年先になるか分からんけど。

189 :無名草子さん:2005/08/29(月) 10:32:47
>>188
ホント、面白いですよ。
最後の25問目が解けない。そのとき王様はどうするのか? お楽しみに。

190 :無名草子さん:2005/08/31(水) 12:29:32
>>189
既に品切れ

191 :無名草子さん:2005/08/31(水) 23:54:11
>>190
東洋文庫って、古本屋で買うもんだろ

192 :無名草子さん:2005/09/02(金) 00:49:23
図書館で借りろ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

193 :無名草子さん:2005/09/06(火) 16:42:32

個々の物語はそんなに面白いものでないけど、なぜか毎日読まないで
いられないんですよね、アラビアンナイトって。

どこにそんな魅力があるのか大いに疑問です。


194 :無名草子さん:2005/09/29(木) 00:17:54
非日常的だからかな?
毎日読まないでいられないとしたら、お酒に近い酔わせかたを
してくれるからかな。

195 :193:2005/09/30(金) 20:01:28
>>194
そうまさに旨い酒を毎日ちびちびと飲んでいる思いです。
「個々の物語はそんなに面白いものでないけど」と書いたけど
これはまだ五十夜ほどしか読んでない時点での感想です。
もっと進めばどんどん面白くなるのかな?


196 :無名草子さん:2005/09/30(金) 23:22:52
>>195
いや! 登山で言う難所が何ヶ所か待っているよ。

197 :無名草子さん:2005/10/01(土) 19:36:37
>>196
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

198 :無名草子さん:2005/10/01(土) 20:42:54
バートン版だったかかなり前に出版されてた立派なハードカバーで、
カラーの挿絵ノエロさに参った。
内容もエロ満載でしかも面白い。

199 :無名草子さん:2005/10/02(日) 00:06:47
>>198
古沢岩美画伯のイラストでしょう。
 
遠方の友人が不倫関係の悩みから自殺未遂を繰り返し、何とか説得しようと
長距離電話で長電話していた頃、相手の女性の余りの乱倫ぶりを聞かされて、
「何だかアラビアンナイトを聞いてるようだ」思わずそういう感想が出たよ。

200 :無名草子さん:2005/10/07(金) 00:59:27
>>196
どこが難所だと思った?
私は動物の話がイマイチだったな。

201 :無名草子さん:2005/10/07(金) 10:41:04
何か戦争の話があったでしょう。あれが長い長い長い

202 :無名草子さん:2005/10/07(金) 21:20:46
>>192
図書館で書庫に入ってると、図書館員には頼みにくいのが難点。

203 :無名草子さん:2005/10/08(土) 18:13:48
>>202
頼むのは簡単だ。パラパラとめくって要らないと思っても
すぐには返し辛い。つい借りてしまう。

204 :無名草子さん:2005/10/08(土) 22:59:31
>>201
イスラム教徒とキリスト教徒の戦いのやつかな。
岩波文庫のやつでもそれだけで1冊はあったような。

205 :無名草子さん:2005/10/09(日) 00:54:01
>>204
1冊どころか1冊と1/3冊もある。
実に前半最大の難所だと思う。

206 :無名草子さん:2005/10/09(日) 11:22:54
シェヘラザードも話し上手だが、王様も聞き上手なんだろうな

207 :無名草子さん:2005/10/09(日) 21:02:19
>>205
でもまあ、話は退屈ではなかったよ。

208 :無名草子さん:2005/10/10(月) 05:27:07
>>205
あの中でも特に知識の深さを示すシーンはもはやお経レベル


209 :無名草子さん:2005/10/10(月) 11:20:11
お経レベル…ww

イスラム教徒からみれば、悪い敵をやっつける話は興奮することで
長くても退屈しないものなんだろうか。

210 :195:2005/10/10(月) 18:49:17
丁度そのお経のとこ読んでいます。つまらんから飛ばそうと思ったけど
やっぱり読むことにしました。これいつまで続くの?

211 :無名草子さん:2005/10/14(金) 21:18:39
この物語の時代背景をしっかり把握して読んだ人いる?



212 :無名草子さん:2005/10/14(金) 23:06:35
時代って、特定できてるの?

213 :無名草子さん:2005/10/14(金) 23:14:51
教主ハールーン・アッラシードとその宰相ジャファアルが良く出て来る。
そこから推して8世紀の終わりぐらいでしょう。

214 :無名草子さん:2005/10/15(土) 15:07:29
でもサラディンも出てきてるんだけど。

215 :無名草子さん:2005/10/16(日) 07:28:01
アブー・ヌワースって酒飲みの詩人も出てなかった?

216 :無名草子さん:2005/10/16(日) 09:39:42
サラディンが出るなら12世紀の話なのかなぁ?
ハールーン・アッラシードやアブー・ヌワースは昔の有名人という
扱いなんでしょう。確かアレキサンダー大王の話もあったような。

217 :無名草子さん:2005/10/16(日) 20:07:48
幅があって、順序はごちゃまぜってことね。

218 :無名草子さん:2005/10/16(日) 20:53:03
コーヒーが出てくる話がある。コロンブスが新大陸へ行って帰ってきた後だよ、
コーヒーが広まったのは。…すると16世紀の話になる。

219 :無名草子さん:2005/10/16(日) 21:09:34
あ、ゴメン! いま調べたらコーヒーはエチオピア原産で、アラブ世界に
広まったのは14世紀の末でした。

220 ::2005/10/27(木) 16:50:23

「必携アラビアンナイト」という解説本よさそうな気するけど
アラビアンナイト、全て読み終えてからとりかかった方がいいのかな
それとも並行して読んでも大丈夫?
下手に並行して読んで、話の結末を先に知ってしまったら馬鹿だから
これ読むの躊躇しております。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4582308031/qid%3D1130398767/250-2950213-5846602

221 :無名草子さん:2005/10/28(金) 17:38:48
>>220
わー面白そう! でもちょと高いな。。。
とりあえず物語は純粋に楽しんでから解説読んでもいいんじゃないかナ。

222 :無名草子さん:2005/11/18(金) 15:52:49
222夜保守

223 :無名草子さん:2005/12/08(木) 08:31:32
千夜一夜関係の絵本集めたいんですが、何かご存知のものがあれば
教えてください。
今持っているのはマーガレット・アーリー「アリババと40人の盗賊」だけ。。。
天野喜孝さんの「蒲萄姫」が欲しいのですがもう売ってないみたいで。

224 :223:2005/12/08(木) 08:37:10
絵本板じゃないのにすみません。保守兼ねて…

225 :無名草子さん:2005/12/12(月) 12:09:47
大学の図書館にアラビア語の千夜一夜があったので
とりあえず全部コピーして持ってるが
数年経った今もまだ読んでない。。。

226 :無名草子さん:2005/12/12(月) 21:22:55
藤野千夜スレかと思った

227 :無名草子さん:2005/12/18(日) 18:52:50
>>225
ぜ、全部っていったい何百枚…いや何千枚?!

228 ::2005/12/26(月) 19:29:03

やっとお経の部分を読み終えました。つまらんから読んだり読まなかったりで
遅々として進まなかったけど、やっと抜け出ることできて嬉しいです。
さあ、また以前のペースで毎夜チビチビと楽しみたいと思います。

>>221
いつもレスありがとうございます。貴殿のキャピキャピした性格が
文面によく表れていて一目瞭然ですw
貴殿も東洋文庫いかがですか? 値段高いのがたまに傷だけど。


229 :221:2005/12/27(火) 10:52:28
>>228
きゃー。ばれてたっ。もうキャピキャピの年齢ではまったく無いのだが。
東洋文庫…高いですよねえ。
最近本も読んでないから、年末年始に久しぶりに楽しもうかなあ〜。
もっとこのスレにたくさん人が来てくれないかな。おしゃべりしたいよ。

230 :無名草子さん:2005/12/28(水) 09:17:09
じゃあ、一つ書きましょうか。
バートン版には載っていないので、マルドリュス版で読んだのでしょう。
王子さまが訪れたお城の周りには男の首がまるで干し柿のようにグルリと
吊されていましてね、何かと思えば、お城のプリンセスにプロポーズして、
なぞなぞ対決に敗れ、首を斬られた求婚者たちの首なのです。
このプリンセスの出すなぞなぞが、日本人でも解けそうなので、いまだに
よく憶えています。
「神が創りたもうた土地の中で、これまでたった一度だけ日の光を浴びた
土地がある。それはどこか」
 
ヒント:旧約聖書

231 :無名草子さん:2005/12/29(木) 09:06:47
うわー覚えてない。でも本くって探すのもめんどい…
ヒント旧約聖書だから、海が2つに割れた土地のことかな?

232 :無名草子さん:2005/12/31(土) 14:34:40
>バートン版には載っていないので、マルドリュス版で読んだのでしょう。

もしかして二種類とも微妙に収録されてる話が違うの?
岩波のマルドリュス版もってるんだけど、
挿絵と詳細な註以外にもバートン版買うかいがあるかな?

233 :無名草子さん:2006/01/01(日) 01:41:21
>>231
> ヒント旧約聖書だから、海が2つに割れた土地のことかな?

正解です!

234 :無名草子さん:2006/01/01(日) 01:44:57
>>232
昔の本は手書きで増やしてゆきますから、写す者の好みによっていくつも
バージョンが出来ちゃうんですよ。
バートンとマルドリュスの入手したテキストが違うんでしょうね。

235 :231:2006/01/01(日) 17:28:35
あけましておめでとうございます。
今年はこのスレがもっと活発になりますように♪

>>233
やったー! 正解した!
お年玉もらった気分だ〜

>>234
いろいろ読み比べてみるのも面白いでしょうね。

今年は東洋文庫が買えるように頑張るぞ〜

236 :無名草子さん:2006/01/02(月) 13:01:12
>>234
なるほどどこの国でも古典文学はそういう感じなわけね。
お金に余裕ができたらなるべく早めにバートン版も買ってみるよ。

237 :無名草子さん:2006/01/03(火) 09:38:52
あと写字生って職業があり、華麗なアラブ書道で本を筆写して増やしてゆく、
そういう人間コピー機みたいな役目の人がいるんですが、彼らがいたずらで
内容をいじってしまうため、異同が増えてしまうそうです。
ところでNHK教育のアラビア語入門? の中で千夜一夜を朗読劇みたいな
形で紹介してますね。

238 :無名草子さん:2006/01/03(火) 16:51:51
アラビア語の書道って綺麗ですよね。うっとり。

239 :無名草子さん:2006/01/03(火) 23:51:31
古典というか伝承なんかはそうだよね。
源氏物語なんて第三部が本人によって書かれていない説もあるし、中国かよ
で、バートン版の注釈によると
「東洋人は引用を引かない」らしい。納得

240 ::2006/01/05(木) 08:58:31
「アラビアンナイト」という500円のDVDが売っていたので
買って観てみました。1940年代の作品ですが、内容は原作とは
程遠いしろものでした。単にアラビアンナイトという名を借りた
まがい品です。
同じシリーズに「アリババと40人の盗賊」もありましたが、これは
原作を元にしてストーリーを変えてはいるものの、まあまあ面白い
作品となっています。
他にもアラビアンナイトを臭わせるタイトルが何本かありましたが
買うだけ無駄のような気がします。

241 :無名草子さん:2006/01/05(木) 14:43:07
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0009OATNU/qid=1136439429/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/503-5207276-1986368
何年か前お正月にNHKでみたけど、このアラビアンナイトはおもしろかったよ。
シャハリヤール王やシャハラザードがアメリカンナイズされてるけど。

242 ::2006/01/06(金) 10:56:42
>>241
私も観ました。CGを使っていたし、原作にわりと忠実だったので
大変良かったです。レンタルにあったから借りてHDDに入れときました。


243 :無名草子さん:2006/01/07(土) 10:54:29
今バートン版3巻を読んでいるところなのですが、どうか教えてください!
「オマル王とふたりの息子の物語」に出てくるクジア・ファカンの本当の母親って誰でしたっけ。
父親はシャルルカンで母親はヌザート・アル・ザマン?
2巻を図書館に返してしまったので確認ができません、誰か教えて、お願い

244 :無名草子さん:2006/01/07(土) 23:47:14
バートン版もってないから、名前の読み方が違っててわからない〜@@@
岩波の人物関係図では、シャールカーンとノーズハトゥ(ザマーン)の子は、
運命の力、と書いてありまするよ。
シャールカーンの子は一人しか書いてないから、
運命の力=クジア・ファカンなのかなー。
関係図載ってないのかな?
こういうの比べるのも面白いねえ。

245 :無名草子さん:2006/01/17(火) 00:46:59
NHKアラビア語会話の朗読、さっきはじめて見た。
なかなかいい感じ。
全部朗読してCDとか発売してくれないかな。

246 :無名草子さん:2006/02/12(日) 21:36:44
こんなの見つけました。買おうかな
http://kuchuloo.cside.com/dubai.html

247 :無名草子さん:2006/02/13(月) 11:28:39
>>246
アラディンランプとかコーヒーポット、いい感じ。
でもコレだけあっても浮くな〜。
似合うような部屋だといいんだけど。

248 :無名草子さん:2006/03/17(金) 23:34:53
>>121
東方出版から『アラビアンナイト博物館』という本が出てます。
面白い!

249 :無名草子さん:2006/03/22(水) 08:57:13
さびしいのでこんな話題でも。
河出文庫から出た「血と薔薇コレクション1」に、大場正史の
「東洋のエロス」ってエッセイが収められているよ。書き出しは
 
わたしは長いあいだバートン版『千夜一夜物語』の翻訳や改訳に
たずさわってきたので、その舞台である東洋の、とりわけ中近東の
性風俗やアラブその他の民族の性生活について深い関心をいだく
ようになった。

250 :無名草子さん:2006/03/23(木) 07:46:18
その続き
 
 ユダヤの律法集『タルマッド』によると、全世界の色欲の90%は
アラブ人が占め、残りの10%をその他の人類が分かっているという。
 
ホントかね?

251 :無名草子さん:2006/03/29(水) 18:55:54
せきゆう(変換できないぞ)で儲かった金を風俗につぎ込んでいるわけだな。


252 :無名草子さん:2006/03/30(木) 11:31:59
せきゆ、だよ。

253 :1:2006/04/09(日) 08:48:59
またバクダートのテロで多くの人が死んだみたいですね。
我々にできるのは、ただアラビアンナイトを読むだけ・・・
何の解決にもなりゃしないな

254 :無名草子さん:2006/04/11(火) 00:55:50
http://event.entertainment.msn.co.jp/ArabianNights/index.htm
   ↑
  これ見てる?

255 :無名草子さん:2006/04/11(火) 21:34:02
古本屋でバートン版見つけたよ・・・
かなり年季の入ったもので一冊50円
しかも歯抜け(3.4.7.9.10)の5冊

これって一巻から続けて見ないとダメ?

256 :無名草子さん:2006/04/11(火) 23:51:56
親父の遺品の中に新書版の大宅壮一訳バートン版が一冊あった

257 :254:2006/04/12(水) 23:23:02
誰も見てないのか・・・
ここは書籍板だからアニメには興味無いのか

アドレス見たらわかると思うけど
MSNのホムペの一部だから
ウィルスとか詐欺のサイトじゃないよ

今「アラジンと魔法のランプ」が終わって(まだ見れるよ)
「天駆ける王子」やってる途中

258 :無名草子さん:2006/04/12(水) 23:24:36
訂正
「天駆ける王子」×
「天駆ける木馬」○

259 :無名草子さん:2006/04/13(木) 21:50:11
オークションで、バートン版「千夜一夜物語全8巻」原色秘蔵版アラビアンナイト
を、11,000で落としました。これって高かったんでしょうか?

260 :無名草子さん:2006/04/13(木) 23:54:18
妥当だと思いますよ

261 :sage:2006/04/15(土) 18:51:08
千夜一夜物語を、一日に一夜分ずつ読むとすると、二年と九ヶ月程かかる計算になりますが。
実際、そのような方法で読んだ方はいませんか?


262 :無名草子さん:2006/04/15(土) 23:18:33
家畜人ヤプーの作者だと言われている判事が、聖書をそういう方法で読破している

263 :<259:2006/04/17(月) 20:37:36
マルドリュス版の千一夜を、Amazon.co.jpで検索すると、

完訳 千一夜物語   岩波文庫  豊島 与志雄 (翻訳), 佐藤 正彰 (翻訳), 渡辺 一夫 (翻訳), 岡部 正孝 (翻訳)
千一夜物語      ちくま文庫 佐藤 正彰 (翻訳)
千一夜物語 マルドリュス版完訳  豊島 与志雄 (翻訳)

と、3種類出てくるんですが(後の2種は絶版)、どう違うのでしょうか?
教えていただけるエロいヒトはいませんか?

264 :無名草子さん:2006/04/18(火) 01:03:55
>250
千一夜物語の挿絵に出てくる女性ってスケスケルックなんだけど、今のイスラム原理主義の国の女性は顔まで隠して
けして肌を見せないよね。これはどゆうことなんでですか?誰か教えて!

265 :無名草子さん:2006/04/18(火) 08:57:12
透けるか透けないかで本の売上が変わるから

266 :無名草子さん:2006/04/26(水) 12:25:09
アラビアンナイトに男色描写があるって聞いたけど本当?

267 :無名草子さん:2006/04/26(水) 13:52:35
ザクザク出て来ます。
美少年と美女のどちらが良いか、って問答もある。

268 :無名草子さん:2006/04/29(土) 19:54:56
いまNHKでアラビアンナイトネタやってるよ。

269 :無名草子さん:2006/04/29(土) 19:57:23
アラジンは元々シナ人だってさ。知ってた?

270 :無名草子さん :2006/04/29(土) 23:00:31
岩波のコーランの訳者によるとアラビアンナイトは
じつはペルシャ・インド風らしい。
なのになぜ現在のイ●ンでは同性愛が死罪なのだろうか。

271 :無名草子さん:2006/05/02(火) 00:53:52
>>269
諸説あって、中国に住むアラビア人とも言われているよ。
現在の中国人で、姓が「馬(マー)」の者はイスラム教徒の子孫らしい。

272 :無名草子さん:2006/05/22(月) 23:11:07
パチンコのコマーシャルで千夜一夜物語をモチーフにしたのがあるね

273 :無名草子さん:2006/06/27(火) 23:49:31
>>269
諸説も何も、ガランの原作にそう書いてあるから仕方ない。


274 :無名草子さん:2006/06/28(水) 05:13:29
>>273
唐の長安は国際都市。色目人といって、アラビア人その他の外国人が大勢住んでいた。
イスラム教を回教と呼ぶのは、中国で回回(フイフイ)教と呼ばれていたから。
 
「むかし支那のある都に仕立屋を渡世とするひとりの男が住んでいました。この男は
それにまたひどい貧乏人で、アラジンと呼ぶ息子がひとりありました。」(大場正史訳)
 
この記述だけでは、アラジンが中国人とは言い切れない。
デーブ・スペクターが日本人と言えないように。


275 :無名草子さん:2006/08/02(水) 12:22:16
低調だなあ(ノ∀`)

276 :無名草子さん:2006/08/03(木) 14:44:09
書き込みをしない奴は翌朝首を刎ねることにしよう。

277 :無名草子さん:2006/08/13(日) 09:51:48
「シンドバッド8番目の航海」が映画化されることになってたが、
何らかの理由で廃案になっちゃったから残念だな。

278 :無名草子さん:2006/08/13(日) 10:01:22
>>246
ランプはアラビアンナイト展で買ってきて、部屋に飾っている。
俺のは両側面に宝石様の石(ガラスだろうがね?)がついていて、美麗だ。

279 :無名草子さん:2006/08/22(火) 19:08:07
双子のお姫さまのお話って知りません?

ナエマって香水の元ネタが千夜一夜らしいんですが…

280 :無名草子さん:2006/08/22(火) 19:17:19

【盗作3バカ】のスレに

田口ランディ本人後輪中?! 盗作犯人同士がバトル?!




281 :1:2006/08/30(水) 13:01:59
ここんとこ何ヶ月も読んでいません(;;)
何かの都合で読まなかったら、いっきに読むのがめんどくさくなるなあ。
以前は毎日読まないと気がすまなかったのに。


282 :無名草子さん:2006/08/30(水) 13:41:30
オレ、読まずに放置してある本と、終えてないRPGと、録画して見てない番組の
ビデオを抱えて、無人島で3年ぐらい過ごしたい。
それがダメなら、痛くもかゆくもない病気で半年ぐらい入院して未読本を読みたい。

283 :無名草子さん:2006/08/30(水) 18:59:31
>>280
そのスレ見た。盗作で賞金500万円盗んだんだと!佐藤亜紀って奴。詐欺犯。
盗作本が「バルタザールの遍歴」

284 :無名草子さん:2006/09/05(火) 11:59:27
バートン版の原色秘蔵版をセットで買ったのですが、
家に持ち帰って包装をはがして見ると一巻の箱の表紙の一部がはがれ茶色のネバネバした何かが
こびりついていました。店頭で状態をたしかめるために手に取ったときは
そんなことはなかったのに・・・レジの台に置いたときにこうなってしまったんでしょうか。
これから頑張って箱つきの一巻を探します・・・

285 :無名草子さん:2006/09/05(火) 14:19:35
それは最初の方に出てくる、本の頁に塗って、めくると毒が回って死ぬアレでしょう。

286 :無名草子さん:2006/09/05(火) 21:15:20
シャハラザード、そろそろ物語止めたら?

287 :1:2006/09/15(金) 10:45:54
最初のハードルの所(シャルカーンやオマル氏が出てくる話)で半年ほど
読むの中断していたが、やっと再開した。流れを忘れたため、30夜も
さかのぼって読むはめになったよ(;;)
毎日ちょっとずつでもいいから読まなくちゃならんね。


288 :1:2006/09/25(月) 11:03:44
ということで、やっと第百夜まで読んだー\(*^▽^*)/
ここまで読むのに一体何年掛かってんだー\(*^▽^*)/
あと10倍ある(T△T)

289 :無名草子さん:2006/09/25(月) 15:14:43
>>280
見た! 本人後輪中! 盗作同士が激バトル!?!   
 盗作で500万円詐欺犯佐藤亜紀が
  田口ランディに叩きつぶされ涙のAA荒らし…ORZ

,ここ
、  ↓
【盗作3バカ】田口ランディ/ 佐藤亜紀 /篠原



290 :無名草子さん:2006/10/14(土) 19:53:18
1さんガンバレ
峠は超えた!

291 :無名草子さん:2006/10/15(日) 00:02:19
1001まで頑張ろう

292 :1:2006/10/17(火) 17:12:54
どうもです。
このスレのレス数と競争だ!


レス伸びないからすぐ追いつきそうだけど・・・

293 :無名草子さん:2006/10/24(火) 21:14:24
よし、がんばってレス伸ばそう。

294 :無名草子さん:2006/11/30(木) 18:16:07

保守

295 :1:2006/12/01(金) 21:29:38
読むの停滞してます。と思ったらこのスレも停滞してた・・。


296 :無名草子さん:2006/12/18(月) 08:56:16
絵本「シンドバッドの冒険」(ルドミラ・ゼーマン 文・絵)を
音読してきました。
これを機に子供たちにも絵本からでいいから
読んでもらいたいなあ。


297 :無名草子さん:2006/12/30(土) 23:06:30
この本、エロイってほんと?

298 :無名草子さん:2006/12/31(日) 01:43:49
ほんと
それはもうグチャエロ

ただその境地に至る道のりが大変

299 :無名草子さん:2007/01/04(木) 19:59:30
どの話がいちばんエロいと思う?

300 :丸裸三郎:2007/01/05(金) 11:35:07
あぁ、このスレがまだ残っておったとは…
なんという驚き、わが魂の喜び。

301 :無名草子さん:2007/01/08(月) 17:48:47
王様と姉が色々取り込み中の間、ベッドの足元に座ってる妹という
シュチが一番エロイと思いました。

302 :無名草子さん:2007/01/08(月) 22:55:12
わりと最初の方の話で、お話の中の主人公がお金持ちの女&その侍女たちと
入浴する。一人ずつ、「ここは何と言うの?」と足を広げてたずねる場面が
エロい、と思った。どう答えても「違うわ」「違うわ」って殴られるんだよ。

303 :無名草子さん:2007/01/22(月) 11:37:49
>>254
教えてくれてありがとう。
動画がスムーズに見られるような環境になったから
楽しんできます♪

304 :無名草子さん:2007/01/27(土) 14:52:44
なんか姫だかおかみさんだかが、男の粗チンを直してデカチンにする話あったな

305 :無名草子さん:2007/01/29(月) 16:42:28
>>254
がーん。
全部見終わらないうちに
なくなってしまったみたいなんだけど??
見られる方法はあるんだろうか。


306 :305:2007/01/29(月) 16:56:53
あった〜
ありました。
お騒がせしました〜
よかったあ。

307 :無名草子さん:2007/02/10(土) 21:52:25
1さん、何夜まで読んだかなあ。

308 :無名草子さん:2007/03/13(火) 18:38:16
最近、岩波文庫を読み始めたが、
こんなにおもしろいものだとは知らなかったよ

殺されるのを免れるために
おもしろい話を語り続けるってところが最高

309 :無名草子さん:2007/03/15(木) 07:46:35
「オマル王とふたりの息子」まで読んだ。

やばい。イリアスより面白い。
ほどほどにしとくつもりだったが全巻読破モードに突入

310 :無名草子さん:2007/03/15(木) 08:57:59
>>308-309
ですよね〜
ぜひぜひ全巻読破してください。
「お経」部分を越えれば楽しく読破できます。

311 :無名草子さん:2007/03/15(木) 11:56:28
そう、途中に難所があるんだよ。
王様もあそこで寝たんだろうな。

312 :無名草子さん:2007/03/28(水) 11:44:24
>>308
シェヘラザードは、王様を変える自信があったんじゃ
ないかなあ。
だから、殺されるのをのがれるためって
感じでもないような?
他の女性たちが殺されないように、
とは思ってたと思うけど。

313 :無名草子さん:2007/04/04(水) 22:40:19
とりあえず千一夜まで読んだぁ ふへぇぇ 面白かったよ

河出の完訳バートン版でした。まだ7巻の巻末論文と8巻があるが、
また少し時間をおいてゆっくり楽しみます
蜂蜜をたらした米だの素麺だのを食ってみたくなっちまったよ

314 :無名草子さん:2007/04/06(金) 14:27:54
エロシチュとしては、どんなのがあるの?

315 :無名草子さん:2007/04/07(土) 01:42:37
なにかあれば新鉢を割りまくっていたな
それに、ありえねえだろそんな年増とわ! とか、
醜悪な大臣の横恋慕だの、じーさんのお稚児さんへの慕情だの、
いろいろとりそろえてはありました。

つーかシチュエーションの説明はあっても直接的な描写は決まり文句の羅列で
しまいにゃマヒしてくる……ときどき大仰でトボけた笑える描写もあるが
しかし古沢画伯の絵のほうがよほどエロい。
(乳房は描かれてなくても、ときどきはっとするほど良い口絵や挿絵があるので、
これから入手される方は、古い単行本全集の購入をお薦めします)

63 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)