5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

<編集> 松岡正剛のスレッド <遊学>

1 :無名草子さん:03/12/15 17:33
知の巨人、生きてる百科事典、超編集者、松岡正剛。
オリジナリティは編集力であるという編集工学は、
あまたの思考を相対化してやまない。
プロの読み手をフィルターに哲学、思想を逆照射しよう。
松岡さん周辺なんでもオーケーで。
ネタには事欠かない。千夜千冊↓
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya.html
知の雑談所としてもどうぞ。
ちょっと無理あるでしょうか・・・・・・。w

2 :無名草子さん:03/12/15 17:43
23

3 :無名草子さん:03/12/15 20:59
遊ち組・・ってホモだっけ

4 :無名草子さん:03/12/16 22:11
浅田彰とどっちがすごいの?

5 :無名草子さん:03/12/16 22:14
浅田

6 :無名草子さん:03/12/17 20:22
対象範囲の広さでは松岡

7 :無名草子さん:03/12/18 15:37
セイゴーたん、変な薄い本出してなかったか?

8 :無名草子さん:03/12/19 11:37
『遊』のデザイン感覚なんかは今どういう形で生きているのかね?
あと、今の若い人は『遊』の代わりに何よむのかね? そういう若者は絶滅したのか?

9 :無名草子さん:03/12/21 22:52
日本文化絡み、特に俳句関係あたりの分析は素晴らしいな。

…ただ、科学関係や精神系が絡んでくると、明らかにおかしいだろ、この人。
わかりやすい例では、少し前に千夜千冊で竹内久美子をベタ褒めするという暴挙をしてた。

一言でいえば、立花隆の二の舞になる瀬戸際だよな。
何の専門家でもないジェネラリストが権威として祭り上げられると、
あっという間にダメになる。
明らかなトンデモ学説にあっさり傾倒したり、
何にでも自分の得意分野の話を持ち出して大家ヅラするようになったり…。

…分野は違うが、塩野七生も明らかにここ数年くらいでダメにされかけてたが、
(『ローマ人の物語』のカエサルの巻以降の数巻、アレはヤヴァイ)
最新刊で昔の姿勢を取り戻してたな。松岡正剛はどうなるだろう?

10 :無名草子さん:03/12/21 23:26
いやオレも最初はこの人ちょっと怪しいなとおもった
でもよく読んでみるとすごく慎重に論をすすめているし
科学的な見地から断言することはないしそこから洩れるものを安易に切り捨てない
逆に日本的なものは無条件に信じすぎるように感じた

立花隆よりははるかに奥深く考えているし竹内久美子みたいに一本槍なひとを非難するのは簡単だけれどもあえてそれをしないのは見識だとおもう

だからこそ松岡正剛がいつも気になるしありきたりとは違う視点を与えてくれるのでいまの独特なポジションを得ているのではないでしょうか

著作も断定しない書き方をしているのでさらっと読むとつまらなく感じるのではないかな

11 :Qualia:03/12/24 16:20
10数年ぶりに 松岡正剛 的文章よんだよ。

「生きて死ぬ私」茂木健一郎著 (徳間書店) 1998年6月
http://www.qualia-manifesto.com/ikiteshinu.html
ここに全文ある。感想なんでも聞かせてください。

とくに松岡正剛してるなって感じたのは、
「一つの素粒子には、歴史がない。一つの電子、陽子、中性子には歴史がない。たとえば、ローマの遺跡を考えてみよう。」
のあたり。

松岡のキャッチフレーズは「21世紀的郷愁」だったっけ?


12 :無名草子さん:03/12/24 23:22
いや「編集、編集また編集」
あるいは「日本数寄(好き)」

13 : :03/12/25 03:10
松岡正剛 のキャッチフレーズ(のひとつ)は「遊星的郷愁」でした。
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0482.html
(上の文みて再確認)
本物の松岡正剛 は(ややまともな茂木健さんとは)比べ物にならない知的バケモノだ。


14 : :03/12/25 03:13
名前でてこないが、松岡正剛 がかわいがってた大学1年生がいたでしょ。
天才少年。彼は20過ぎて、ただの人になったの?

15 : :03/12/26 04:18
市川染五郎みたいな名前で、かっぱ刷りとかいう版画みたいなことやってた。
衛藤駿も天才少年のこと誉めてたよ。
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0607.html
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0116.html


16 :無名草子さん:03/12/26 16:08
誰だろう。「遊」で合羽摺といえばこの人(西岡文彦)だけど
http://www.jbook.co.jp/product.asp?PRODUCT=428081


17 : :03/12/26 16:21
どうも。やはり、「団十郎」みたいな名前でしたね。最後の方の「遊」の巻末に毎号、顔写真が出てました。
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0482.html
などのページみて思ったけど、松岡正剛は、やはり貴重な人材だ。大学教授にして正解。
死ぬまで好きなこと書きまくってほしい。



18 : :03/12/26 16:27
そういえば、松岡正剛さんから何回か年賀状いただきました。
1、2回しか会ってない私のこと覚えているとは思えませんが。
一度もお返事しなくてすみません。こうしてお礼にかえさせていただきます。


19 :無名草子さん:03/12/27 03:37
>>18
お前誰だよ。きもちわりーよ。

20 :無名草子さん:03/12/27 11:21
>>14
北村孝四郎でしょ。
彼、今は岡山で精神科医になってるよ。


21 :無名草子さん:03/12/28 10:58
北村孝四郎は松岡のペンネームと本人が言っている。

ttp://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0517.html




22 :無名草子さん:03/12/31 11:59
北村孝四郎は実在しなかったのか。
岸田秀の「博士論文」が嘘だったと知った時の様なインパクトはないな。

23 :無名草子さん:04/01/01 20:36
岡山で精神科医やってるのは誰よ?

24 :無名草子さん:04/01/02 05:10
岸田秀の「博士論文」本にはいってるYO。

25 :無名草子さん:04/01/02 17:58
松岡正剛か、懐かしいような…
むかし稲垣足穂の腰ぎんちゃくやってたな

26 :無名草子さん:04/01/04 10:20
>>24
岸田秀(和光大学教授)はフランスに3年弱いただけで、「卒業」は嘘。
本に収録して23年間宣伝してきた論文が「博士論文」というのは嘘で、単なる下書き。
35年間くらいでしょうか、よくこの嘘がばれなかったものです。
ふらんす は いまだに遠し、ですかな。

http://www.nikkansports.com/ns/general/f-so-tp0-030903-0020.html
上の記事によると、岸田秀そっくりの学歴詐称がばれて大学に給料から50万円かえした教授がおるが、この比率でいくと岸田は 1500万円大学にかえすことになる。
35年間、大学に対して学歴詐欺やってきたが、あと一月で実質的に定年・時効・完全犯罪になる。
新聞などにメール・電話してくれ。

25年間、何十万人の読者だまして本を売ってきた岸田秀、この学歴詐欺は死ぬまでやるだろう。
ベンダサン、ポールボネと同じで、こちらの方は「だまされる方が馬鹿だ」ということで、法的には止めさせる方法がない。


27 :無名草子さん:04/01/04 12:21
衒学者。トップレベルだけど。

28 :無名草子さん:04/01/06 18:15
現代日本最強の俗物

29 :無名草子さん:04/01/06 18:56
在野の知識人って理解でよろしいのでしょうか

30 :よろしくない。:04/01/10 12:26
松岡正剛は10年くらい前から大学教師やってるのか?

在野って変な言葉だな。大学教師は公職か?
(1)公職に就かず、民間にいること。⇔在朝「―の研究者」


31 :無名草子さん:04/01/18 20:10
学者じゃないから、理論が多少変でもいいんじゃない?
学者は影響を及ぼすから、変なこといったら大変だけど。
大学で教えているのは世界史みたいな感じだし。

この人の名前知ってる人って、少数派でしょ。「遊」自体
過去のものだし。大体、「遊学」読んでる人って、浅田の
「構造と力」を買った動機とほとんど同じな感じがする。
俺はこんな訳分からないものを読んでいるんだぞ、という
自尊心だけで読んでいる。

大体「遊学」に登場している人物を全てさらえるだけの
知識をもった読者なんてそうそういるもんじゃない。

文句つけるのは簡単だもんな。


32 :無名草子さん:04/01/18 22:09
松岡正剛
http://academy.2ch.net/philo/kako/1020/10208/1020858632.html

33 :無名草子さん:04/01/19 01:09
>32
この板よりいっそうつまらん。ちゃんと哲学やってる奴って
一人ぐらいいるのかw


34 :無名草子さん:04/01/19 02:14
>>33
ソフィーの世界に返ってろ!

35 :無名草子さん:04/01/19 03:59
で、松岡のおっさんは一体何がやりたいの?

36 :無名草子さん:04/01/23 18:43
というか、編集工学研究所のページみろよ!
そこに研究成果がのってるだろーが!


37 :無名草子さん:04/01/24 00:07
衒学は衒学なんだよなぁ。。。どこまでも。。。

なんかひとつのことを突き詰めるほうが美しいと思います。。。

38 :無名草子さん:04/01/25 11:01
あるテーマの行政コン猿会議で、みんなで謀ってすこし深く突っ込んでみたら
ボロだしまくって目が泳いでた。可哀相だからそれ以上止めたけど。
浅い人。

自分の本性が見抜かれても大物なら堂々と誤魔化すものだがそれすら出来ない
小物の腰巾着ですな。まあ本を1000冊も読んであれだけ無意味な長文
を書ける根気と徹底した腰巾着振りだけは尊敬したい。


39 :無名草子さん:04/01/25 11:20
>38
 プッ・・・。


40 :無名草子さん:04/01/25 11:29
本気で何でも知ってる人間がいると思ってて、本気でそれに
反抗している人間ほど滑稽なものはない・・・。

41 :無名草子さん:04/01/25 11:45
僕は読書量も知識も無いから偉そうなことは言えんなぁ。
38みたいに偉くないしなぁ。
千夜千冊は、いろいろと知らない分野や人の本が紹介されるので楽しんでる。


42 :無名草子さん:04/01/25 11:51
コン猿っぽいことは、やんないほうがいいと思うな。
編集者としては、最高だったと今でも思う。
壮大かつ空疎なキャッチフレーズの数々は素晴らしかったよな?

43 :無名草子さん:04/01/25 11:57
ここは松岡の本以上に空疎だな。

44 :無名草子さん:04/01/27 13:10
寺山修司が松岡みたいな本かいてるの知ってる?
文庫本2冊で「奇人 変人 天才 列伝」みたいな本。
寺山修司と松岡は共通点あるね。どちらも胡散臭くて。

45 :無名草子さん:04/01/27 14:07
還暦アゲ

46 :無名草子さん:04/01/27 14:33
10年くらい前に夢中になって読んだ。凄い人だと思った。
信者になりかけたけどコンタクトの方法がわからなくてそのまま諦めた。

ほんの少し冷静になった今思い返しても凄い人だは思うけど、
まあ今は>>9に禿堂。

47 :無名草子さん:04/01/28 19:00
ああいうのジェネラリストっていうのかい。
たんに「言葉の順列組み合わせが得意な奴」だろ
実物はほも臭くて困ったよ。
46はコンタクトしなくて良かったな

48 :無名草子さん:04/01/30 11:37
>>実物はほも臭くて困ったよ。
既婚?

49 :無名草子さん:04/02/06 13:31
このあいだ古雑誌屋に「遊」が積んであった。
なんかNHK教育の司会者やってたんだっけ? 
見覚えあるような・・。
コラムニストだったよなぁ。

50 :無名草子さん:04/02/11 08:24
>>48 既婚だよ。子供はいないけどね。
それから、初体験は男からケツほられたって、自分で
書いてたけどね。つまり、ホモでもなんでも、いいんじゃないって
自分でいってるような人ですから。w
昔、イベント企画やって全部若い美少年のコンパニオンにしようと
提案したら即断られたらしい。。。

>>49日曜美術館などには出演してたなあ。
あと、昔インターネットルネッサンスという特番をやってた。
あまり面白くなかったような。対話の相手が伊藤穣一だったしなあ。


51 :無名草子さん:04/02/11 17:19
この前訴えられかけてうまくごまかしたよな。まあ、らしいけど。

52 :無名草子さん:04/02/13 23:50
おもいこみの激しい基地外につけねらわれている人のスレはここでつか?

53 :無名草子さん:04/02/16 10:22
>>51
何の件のトラブルですか?

54 :無名草子さん:04/02/20 20:33
いわゆるジェネラリストには熱烈なアンチがうなるほど付くよね。

55 :無名草子さん:04/02/26 02:14
フラジャイル読んだよ。つまらなかった。
最後の方でようやく本音が出た感じ。
「弱くてもいい、弱いものは実は強いのだ。強者を打ち倒せ。」
結局共産主義と同じじゃん。
帝国主義、企業批判、男女性差反対もモロにそうだし。
弱者を強者に仕立てるのは「障害者に生まれてきてよかった」
なんていってるのと同じ。

自分に都合の良い話を集めて妄想してる。
傷を舐め合うような内容の方がまだ良かった。残念。

56 :無名草子さん:04/02/27 00:37
ほそぼそとがんばってるなあ。このスレ。

57 :そう:04/02/28 01:25
55>そう。共産主義。
実は、松岡正剛って、マルクスやフェミニズムが大好きだからね。
彼の思想は危険な面がある。実は。
千夜千冊で探せばあるけど、マルクスを賛美しているしね。
ま、彼はアナーキズムが好きだと言うだろうけどね。
彼は、その危険な面を自分で隠しているけどね。
松岡よりも、茂木健一郎の方がはるかにまともだよ。

58 :無名草子さん:04/02/28 01:37
この人、民青だ(った)よね。

59 :無名草子さん:04/02/28 04:05
>>57
マルクスやフェミがなんで危険思想なの?

60 :55:04/02/28 10:48
>>57
この人、他でも同じようなこと言ってんだなぁ。

>>59
2つはそれ自体は危険じゃないけど、
マルクス主義はキチガイに利用されて人を殺しまくった上破綻した。
マルクス主義をいまだに支持してる連中は同じことをまた繰り返したいと思ってる。
平等を目指すということでマルクス主義とフェミは同じだから
キチガイマルクス主義者とバカなフェミニストはつながりやすい。

キチガイとバカに利用されると危険ってことだろう。

61 :無名草子さん:04/02/28 15:46
マルクス主義で何人死んだのか知らないけど、それなら現代の方がもっと…

62 :そう:04/02/28 17:30
59、60>マルクス主義とフェミニズムそのものが危険なんだよ。
両方共に、労働者、女性、といった弱者を絶対正義として、
それ以外を加害者、絶対悪として排除、排斥しようという思想だからな。
日本語に直せば、労働者主義と女性主義だろ。

61>
そのマルクス主義で、北朝鮮の人が殺されまくっているのだが。。。
まさか、それすらも分からないんじゃないだろうな?


63 :無名草子さん:04/02/28 17:48
北チョンがマルクス主義だって???

ハゲ白痴はどこでそんなデマ吹き込まれたんだ?
キム父子の独裁制は儒教の見苦しい変形版だってのに。

あと「平等」が良くないって言うのなら「2ちゃん」なんてもってのほかだな。
宗教社会学とか社会体制論の専門教育を受けてないハゲオヤジが
デマ振りまくんじゃねえよ。おまえなんぞ発言の資格なし……と
応分の区別を行なう礼儀正しい社会ならそうなるだろうね。

64 :無名草子さん:04/02/28 17:53
マルクス読めよ

65 :そう:04/02/28 19:10
無名草子よ。
共産主義とマルクス主義とは同じ内容なんだよ。
いいかな? これ常識。北は共産主義だろ。
マルクスを擁護したいのかもしれんが、ちと無理があったようだな。
まさか、マルクスの銅像が立ってないから違う、とか言うなよ。

マルクス→レーニン→スターリン→毛沢東
               →金日成
               →ポルポト

これでも分からんなら、君は幸せ者だよ。
まだこういう奴が居るんだよな。日本にはさ。

儒教ねえ。すごいや。


66 :無名草子さん:04/02/28 19:13
資本論読んでない奴がマルクス語っちゃうんだもんなあw

67 :無名草子さん:04/02/28 19:17
>>65
そういうオマイの発想自体が、マルクス主義とレーニン主義さえ
分別できないDQNの白痴ステレオタイプだっていってんだよ。w

高校レベルの図式を振り回して喜んでるんじゃねえよ。
オマイのような単純な発想は、明治大帝とドイツ皇帝を同一視
するDQNと同じじゃねえかよ。

そういうステレオタイプが東京裁判をデッチ上げたってことも
きっちり自覚しておけ、この売国奴。

68 :無名草子さん:04/02/28 19:22
>>67
その喩えはやっぱりおかしいんじゃないか?

69 :無名草子さん:04/02/28 22:49
どちらにしても、
松岡正剛氏が○○主義者というのは、
あまりに皮相な見方ではないかな。
彼に「趣向」や「傾向」はあっても、
「思想」や「主義」は、
あんまりなさそうだけど。

70 :55:04/02/29 00:32
>>67
じゃあ共産主義とマルクス主義とレーニン主義の違いを
分かりやすく説明してくれ。

71 :55:04/02/29 00:35
もしかして厳密にマルクス主義が当てはまる国はないと言いたいのかな?
モデルにしたイギリス自体当てはまってないし、それは確かにそうだな。
だが一般的にマルクス主義=共産主義って使われてるよ。

72 :55:04/02/29 00:43
>>66
資本論読んで分かる奴いるのか?
一巻だけ家に有るけど、質問していい?

73 :無名草子さん:04/02/29 00:46
松岡をみならって少しは勉強しろよ。

74 :無名草子さん:04/02/29 00:56
じゃ、マルクスの思想がなぜ破綻するのかも解らないのにマルクス主義は破綻したとか言ってたのか。
やれやれ。

75 :55:04/02/29 00:59
>>74
ソ連が崩壊したから破綻とした。破綻のプロセスは良く知らんな。
俺が無知だったことは分かった。謝る。だから教えてくれるか?

76 :55:04/02/29 01:03
俺が知ってるのは国家による無限の搾取が生じるからとか
人間のエゴに合わなかったとか、そんなところだな・・・。
あと豊かな西側がうらやましかったとかw

77 :無名草子さん:04/02/29 12:18
アクロイドのネタばらすな
ボケ氏ね

78 :無名草子さん:04/03/03 00:18
多分パトロンのパトロネージュにあこがれてる

79 :無名草子さん:04/03/03 20:41
最近、このヒトを知って、
「編集工学」とか「日本数寄」の本を読んでみたけど、意味がワカランかった・・・。 
日本語の語源から文化人類学的な分析をしてるのは、オモロいけど、
引用とか取り扱う幅が広杉で、読者に自分の読書量を自慢してるのか?というか、書いてる内容を理解できるヒトっているのだろうか・・・、とオモタ。

80 :無名草子さん:04/03/15 05:56
>>79
それ(幻惑)がこの人の芸。 外国人でこういう芸の人は誰?

81 :無名草子さん:04/03/15 09:22
ウディ・アレソ

82 :無名草子さん:04/03/15 11:10
なる

83 :そう:04/03/15 20:39
マルキストはもう消えたかな?
>>80
たしかに、幻惑の技術はすごいね。
浅田彰の幻惑術の先輩格に当たる。
けどね、あえて言わせて頂くならば、日本数寄と日本流はとても好きな本。
編集工学は幻惑の例だな。日本数寄は人に勧めたい。
しかし何だな。2chでもやはりマイナーなのかなこの人。
松岡が使っているワープロ専用機って、あれ何の機種だろう。

84 :無名草子さん:04/03/15 20:53
浅田彰って、
自分は本をいっぱい読んでるんだよ、って事だけ
言いたいがために本を書いたと思う。

85 :無名草子さん:04/03/24 23:26
出されてる本を全部読む必要は無いと割り切れば彼の言いたい事が「ワカラン」ってこともないと思うが。
「遊学」はちょっと例外かもしれないけど。

86 :無名草子さん:04/03/25 16:53
「イノセンス」の引用を全部理解しながら面白がれた唯一の人かもしれない。

87 :無名草子さん:04/03/28 02:39
知の編集驚愕

88 :無名草子さん:04/03/28 03:18
松岡との対談で、ぜんぜん松岡のペースに巻き込まれないスマリヤンすてきでしたw

89 :無名草子さん:04/03/30 02:07
まっちゃんて英語で対談すんの?

90 :無名草子さん:04/03/30 03:59
まさか、英語話せるワケないから、通訳を通して英語で国際電話したんだろ。

松岡正剛と中沢新一は両方とも幻惑芸だけど、微妙に違うな。
中沢新一の方は無知なのが5分で判る。

91 :無名草子さん:04/03/30 11:59
澁澤も幻惑ゲイ?

92 :無名草子さん:04/03/31 01:25
遊の常連って誰がいたかな
白川静

93 :無名草子さん:04/03/31 11:13
遊の常連ね。十川澄子さん(字?)は元気?

「遊」出身で 出世した人いえば誰かな?

94 :無名草子さん:04/03/31 15:14
>93
戸田ツトムも「遊」出身だね。

95 :無名草子さん:04/04/01 03:09
中野美代子

96 :無名草子さん:04/04/01 04:46
ああ、あの辺の連中かw

97 :無名草子さん:04/04/05 22:20
このひとの一番の仕事は本人も言っている通り「情報の歴史」だろうね。

98 :無名草子さん:04/04/05 22:42
建築のコンペに、招待作品のワクで有名建築家が出品していた。
その作品の依頼人が松岡正剛だったんだけど、要求が本当に意味不明だった。
なので作品(ドローイング)も意味不明になっていた。

99 :無名草子さん:04/04/06 05:56
「セイゴオ」って表記がイヤだよね。

100 :無名草子さん:04/04/07 13:50
松岡正剛とSFの相関関係を述べよ。

101 :無名草子さん:04/04/08 10:48
荒俣宏も「遊」出身だね。

ところで松岡は学生運動でリンチした側? された側?

102 :無名草子さん:04/04/08 11:33
なんか、やってることが中途半端というか、
プロの仕事じゃないものな
だいたい、このヒトの知識って当てにならない
以前雑誌で、書斎だか、仕事場だかの写真を見たことがあるけど、
アマチュアが読むような本がほとんどだった。
しかも、外国のものは翻訳本ばかり



103 :無名草子さん:04/04/08 13:17
よく分らんがバブルの上澄みを食ってきた人?

104 :無名草子さん:04/04/08 15:35
この人の仕事がおもしろかったのはバブル以前のこと。
若い頃はなんか迫力あったけど、最近はもう面構えからしてダメ。
普通、逆なんだけどね。

105 :無名草子さん:04/04/12 15:09
>>102
編集者としては非常に優秀だと思うけどね。
そこまで否定するのは、同意できない。
編集者として始まり、編集者で終わればよかったんだけど、
いろんな人と付き合ってるうちに、自分の名前で語りたい
欲が出たのかなあ?

もちろん編集者といってるけど、
表現のスタイルはそれをはるかに逸脱してる。
だから、思想家としては?という感じになってしまうのではないのか。

106 :無名草子さん:04/04/12 16:10
>>102
そうだね
「編集者」としてならね
でも、彼は自分でもそうは思ってないだろ

107 :106:04/04/12 16:11
ごめんまちがえた
>>105
でした

108 :無名草子さん:04/04/20 01:09

正直に言ってしまうと
1970年代「遊」は希望であった

しかし松岡さん
なんで意味もない自慢話めいたものを
文章の中に埋め込もうとするの?
ものすごく損していると思うし
そこが広がりを持てないところだと思うのだけど


109 :無名草子さん:04/04/21 13:59
松岡正剛と「少林サッカー」の悪役のボスは
よく似ている

110 :無名草子さん:04/04/26 21:33
「松岡正剛の千夜千冊」の残り30冊をあてっこする。
http://d.hatena.ne.jp/Ririka/20000425#p1

111 :無名草子さん:04/05/01 03:25
スマリヤン「決定不能の論理パズル」入ってる?

112 :無名草子さん:04/05/03 00:34
雑誌連載見てる人いる?↓
http://www.eel.co.jp/03_near/01_seigowchannel/now_events/0626daisan.html

113 :無名草子さん:04/05/16 14:28
大文字の松岡正剛を相手にしても仕方ないよ。
みなさん。フラジャイルな反撃を。

114 :無名草子さん:04/05/18 13:04
22:50 視点・論点「IT時代の読書」[出]松岡正剛 


115 :無名草子さん:04/05/29 17:41
>>32のリンク切れてた。

松岡正剛
http://mimizun.com:81/2chlog/philo/academy.2ch.net/philo/kako/1020/10208/1020858632.html

116 :無名草子さん:04/06/05 20:11
>>112
松本健一×松岡正剛
って取り合わせは、そりゃあ面白そうだね


117 :無名草子さん:04/06/07 18:02
保守

118 :無名草子さん:04/06/11 09:17

こんなのが出てたのか。 内容はあの懐かしいそのままみたい。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4122042607/250-5488161-3241812
遊学〈1〉 中公文庫
松岡 正剛 (著)
価格: ¥1,050 (税込)


119 :無名草子さん:04/06/11 23:42
今度花鳥風月も文庫で出る

120 :無名草子さん:04/06/30 17:24
松岡さんが大学3年まで童貞だった、というのを知り、かなり評価上がりましたねw
わしと同じや…。

121 :無名草子さん:04/07/08 12:40
千夜千冊完結記念あげ

122 :無名草子さん:04/07/08 14:35
祇園精舎の鐘の音
諸行無常の響きあり
っていいなぁ。

123 :無名草子さん:04/07/15 20:46
1000冊は、『良寛全集』(上下)でしたか。

124 :無名草子さん:04/07/24 07:28
松岡正剛の「千夜千冊」先週満願。
  第677夜  レイモンド「伽藍とバザール」 山形訳
  第719夜  レッシグ「コモンズ」 山形訳
  第822夜  バロウズ「裸のランチ」鮎川訳 山形補遺完訳
              「たかがバロウズ本。」山形著
  第936夜  T・リアリー「神経政治学」 山形訳
               「クラッシュバックス リアリー自伝」 同
  最後のT・リアリーにいたっては、山形24歳 院生当時の仕事なんだ。
  松岡正剛もすごいよ。 よく目をつけてたなあ。

http://cruel.org/candybox/e0716moore.htm 山形浩生の稚拙で下品な英語が楽しめる。
>> マサチューセッツ工科大学不動産センター修士課程修了
一瞬、学歴詐称かと思って興奮しちゃったよ!
http://web.mit.edu/cre/ MIT Center for Real Estate 不動産屋を育てる学部ですか?

> 山形浩生の稚拙で下品な英語が楽しめる。
くだんの英訳を見てると確かにそんな感じ。
英語での作文の基本ができてないのに、「らしい」言い回しを精一杯使っていて、
見ていて非常に痛々しい。

174  痛々しい英語ですね。
まあ、「ベテラン 日本語⇒英語 翻訳者」以外では、英語をこれだけ書ける人は少ないと思うが。

Transator's Comment: A note about the "author" of this article, TANAKA Sakai. He's sort of a pseudo-crank journalist.
But unlike a real crank, he can't come up with any interesting conspiracy theory of his own.
His strength (or weakness) comes from the fact that he doesn't have the ability to think for himself, and his total disregard for consistency.
He simply cannot judge and dismiss quack conspiracy theories, even when it sneaks up his asshole in the form of a snake (not that it does so very often, but even when it did).

(日本人以外の人が5人くらいはこれを読んだのかな?)

基本がなってない人が下品なユーモア使おうとすると悲惨ですね。
英語の基本がなってない人が、アメリカ人でも知ってる人が少ないような スラングを一生懸命に使おうとしてるのに似てますね。

125 :無名草子さん:04/07/26 01:01
私松岡教授の授業受けてます。バカ女子大。
先生やる気あるのかな。授業も意味不明でみんな食いつき悪いよ。必須だから仕方なく出てる。
あまりに授業態度酷いと追い出すらしいから本人は真剣かもしれないけど
とにかく人脈自慢多いね…あまりに幅広しで面白い人なんだろうなって感じはするけど、食傷気味。
うちの大学は心理学とメディア関係がメインで香山リカや小田晋もいます(胡散臭い?)
同教授の椿昇氏は、松岡先生いわく弟子のようなものらしいけどこの人はよく知らない。
椿先生の授業は松岡先生より人気あるみたいです。

126 :無名草子さん:04/07/27 02:56
125さん、マジ興味あります。
どんな授業なのか、どんな人なのか、やっぱ胡散臭いのか、詳細を希望します。


127 :無名草子さん:04/07/27 09:08
>>126
不思議先生です。出席とるのにひとコマ使ったり、少年時代の思い出語って講義終わったり。
机に足かけてお茶飲みながら軽く喋ってるだけみたいなスタイル。人脈自慢?は芸能界中心ですが、特に美輪明宏が好きみたい。
私は遊のことはよく知りませんが、人脈なら芸能界よりも荒俣宏とか山崎晴美の話をしてほしいんだけどなぁ…。
下ネタや日本文化の話も多いですね。うちの大学の批判も…学長にしつこくスカウトされて来たみたいだけどこの仕事やめたそう。
まぁそれにしてもこの先生は歳を感じさせない、話題にしろ見た目にしろ。
あと蛇足ですが。左翼あがりっぽいですね。社会党委員長か誰か刺殺された事件、山口二矢のかな…
あれがきっかけでノンポリから政治に目覚めたようなことをやや熱く語ってましたよー。

128 :無名草子さん:04/07/27 12:23
へーおもしろい。うちの大学(2流国立)にはメディアに露出多い先生が皆無なので、
ちょっとそういうルーズな雰囲気には憧れが…。

女子大だと松岡さんのやってるコトに興味ある人ってあんまりいなそう…とか思ったり。
>>125さん、たまにこういうこぼれ話書いてくれるとスレが活性化するので
これからもよろしこ

129 :無名草子さん:04/07/27 12:23
聞きにいきてぇ〜w
学校馬鹿にしてるのかーそういう態度はよくないなー

130 :無名草子さん:04/07/28 02:23
松岡教授は、どうやって生徒を評価しているの?
出欠だけ? テストがあるの?
あと、怒ったりする?


131 :無名草子さん:04/07/28 04:20
>>130
テストではなくレポートがあります。怒ることはありますよ、受講態度の悪い生徒。
今日欠席している人は単位落とす、と突然言い出すこともありました。
一般の人が受講しているのも見たことがあるし、うちの大学は今共学なんで
興味があれば講義や研究室に行ってみるのもいいんじゃないですかねー。
責任は持てませんが。あの先生ならまず追い返すことはないでしょう。

132 :無名草子さん:04/07/28 07:53
131> ありがとう。


133 :無名草子さん:04/07/29 18:17
松岡正剛の本を思想書だと思っているとは驚きだ。
あれってブックリストだろ。

134 :無名草子さん:04/07/29 19:37
帝塚山って売れない文化人の墓場とかって言われてるよ。
松岡タンも象の墓場逝きか・・・合掌

135 :無名草子さん:04/07/30 02:37
このスレじゃ誰も思想書なんて言ってませんがw

夏だねー

136 :無名草子さん:04/07/30 19:02
帝塚山は博報堂のコピーライターさんも講師で来られてますが
全体的に文化人の墓場というか、どことなく遅れてきた80年代というか…
確か学長も有名な人らしいですが、うーんしかし何だかなーあの路線。

137 :無名草子さん:04/07/31 11:20
他人が書いた本をいっぱい読んだ人。ただ、それだけの人。

138 :無名草子さん:04/07/31 21:52
浅田彰と一緒だなw

139 :無名草子さん:04/08/01 01:25
>>138

松岡正剛の講義は知らないが…。

浅田彰のちゃんとした講義を一度でも聴いてみ?
マジ感動するぞ。

浅田彰から発せられる圧倒的な情報の奔流が
あたかも物理的圧力とまで感じられるような体験は
なかなかできないと思うよ。あれは、本当にすごい。

140 :無名草子さん:04/08/01 04:50
139>浅田も松岡も両方ともに衒学者だろ。
可能ならば、どんな授業でどういう情報の奔流なのか言ってみ。
すごいすごい言われても、証拠がなければ意味ないじゃん。
すくなくとも浅田の著作からしか一般人は判断できない。
そしてそれは衒学。

141 :無名草子さん:04/08/01 06:32
むかし日経の「私の履歴書」で帝塚山の学長の連載読んだけど、
内容忘れちゃいました。

142 :無名草子さん:04/08/01 07:03
>>140

この場で詳細に説明する力量など、自分にはないな。

受けてみたらわかる、としかいえない。一般人可でしょ。
自分も一般人だし、たまたま近所でやってた講義を
ネットで見つけて、もぐりこんでみただけだよ。

シンポジウムの司会などやってるのは見たことあったけど、
達者だな・・・くらいにしか思わなかったから、予想外だった。

別の機会に、〜そのときは、自分はあまりぴんと来なかったのだが〜
ほかの参加者が友人らしき人と、自分がカンドーしたときの印象と、
似たような感想を語っていたから、周囲のひとたちを強く触発する
才能というものが、浅田彰には間違いなくあると思う。

すれ違いなのでsageます。


143 :無名草子さん:04/08/01 12:44
>>127
何歳なの?何で山崎晴美のことを知ってるの?

144 :無名草子さん:04/08/01 12:45
>>142
伊集院光でも感動するタイプ?

145 :無名草子さん:04/08/01 13:24
浅田の講義なら放送大学でも見れるぞw

146 :無名草子さん:04/08/01 13:52
>>144
たぶん感動しない。興味ないし。

>>145
いや、生は違うんだってばさ。
言葉の連鎖だけで場をコントロールする力は並じゃない。
古い魔術師のようだ、とオモータよ。

147 :無名草子さん:04/08/01 14:48
芸能人と会って舞い上がってる人に似た心理なのかな。
莫迦にしてた川島なおみに実際会ってみたら大ファンに
なってしまった人のような。

148 :無名草子さん:04/08/01 17:49
>>147

うーん? 話が退屈な方向にいってるなぁ。

おそらく、浅田彰は他人が作った概念の輪郭を、
かなり正確に掴んでんだよ。それも異常な量の。
掴み方のあいまいさやブレが常人よりもはるかに少ないと思う。

149 :無名草子さん:04/08/01 23:28
>>143
普通に大学生です、リアルじゃなくても知ってる人は知ってるんじゃないですかね。
知ってる人に会ったことはないですけど。町田康が今有名だしその辺からリンクするとか。
私は結構昔の本、それこそ浅田彰とかも読んでる(フィーリングで)んでニューアカだかサブカルだか言ってた時期の雰囲気や文化人はだいたい分かります。
それでも私みたいなのは特殊な例で、学内で松岡先生の正体?知ってる人ってほとんど存在しないと思う。
というのも先生があんまり工作舎の話しないし(編集工学は別)帝塚山の生徒は見たまんま読書や勉強に関しては消極的なわけで(例にもれず私もですが)
まぁとにかく先生が博識で顔が広いのはわかったけど講義自体は何しゃべってるやらさっぱり…、なのが(私を含め)大半の生徒の思うとこじゃないでしょうか。
あーなんかいいのかなこんな事こんなとこで勝手に書いて。えーと正直講義は眠いです。松岡ファンの方はどうぞ。

150 :無名草子さん:04/08/02 07:24
149>編集工学そのものの講義ではないわけ?
149自身は松岡さんの本は読むの?
日本文化の授業っぽいけど違うのかな。


151 :無名草子さん:04/08/02 07:29
そんな質問しなくてもだいたい分かるだろうに。

152 :無名草子さん:04/08/02 09:24
>>150
編集工学そのものって意味よくわかんないですけど。事務所の名前ですよ。
私自身は松岡先生の本読んだことはあります、教科書でもあるし。ただあんまり興味ないかな。
遊時代の本は面白かったから全盛期の遊一冊でも読めば見方が変わるかもしれない。
ここにいる人は何で松岡先生が気になるのかな、かつて工作舎にかぶれたような人?でもなさそうだし…。
まぁ先生は仕事が幅広そうだから色んなきっかけがあるんでしょうね。私は他の講師の普通な講義のが好きです。
何喋っても松岡ワールド!編集編集!って感じなのがどうも…。あの講義についていける人がいたら尊敬します。私は無理。

153 :無名草子さん:04/08/02 10:20
「遊」時代の前半は、なんだか空恐ろしいような天才かと思ったけど、
結局、本の紹介者で終わってしまうのか。
創造するにはやはり馬鹿の要素が必要なんだな。

154 :無名草子さん:04/08/02 10:29
シラバスともいえぬ講義題目見たけど
・・・わけわかんね('A`;)

155 :無名草子さん:04/08/03 00:19
154さん、URL教えて。見たい。

156 :無名草子さん:04/08/10 01:36
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&ie=UTF-8&q=%E8%AC%9B%E7%BE%A9++%E6%9D%BE%E5%B2%A1%E6%AD%A3%E5%89%9B++site%3A.ac.jp&lr=

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&ie=UTF-8&q=%E8%AC%9B%E7%BE%A9++%E6%9D%BE%E5%B2%A1%E6%AD%A3%E5%89%9B++site%3A.ac.jp+inurl%3Atezuka&lr=

http://www.hcs.tezuka-gu.ac.jp/wits/001/no1/q7.html
科目名 : 情報と社会(含情報倫理)
担当教員 :松岡 正剛
授業の目標:  この講義では、人間が歴史の中でかかわってきたコミュニケーションのしくみと情報化社会の成立を、古代・中世・近代の流れを通して把握し、そのうえで現代におけるメディアコミュニケーションの意味と技術と問題点と可能性を探る。
授業の概要


157 :無名草子さん:04/08/10 01:44
10年も目にしなかったレコードプレーヤーを偶然見て、その動作に見とれることしばし。
CDとは違い、針がチリチリと表面を削る様に思いを馳せる。
奏でられるレトロ音楽(Rolling Stones)には、無制限には繰り返せない一期一会、「はかなさ」の哀愁があり、それは遊星的郷愁にも通ずる。
「渋柿たわわ スイッチひとつで楽 湧くよ」(中村草田男)

(松岡正剛ふうに書いたつもり)
「stzz BBS: 翻訳 英語 書籍 文化 その他」http://jbbs.shitaraba.com/study/4383/stzz.html


158 :無名草子さん:04/08/10 18:14
156>thanks

159 :無名草子さん:04/08/11 21:13

でも、今、内村鑑三に金子光晴って気分は
すごくよくわかります


160 :無名草子さん:04/08/28 11:53
松岡は足穂と岩井寛を病院に見舞った。松岡を見舞うのは誰?
http://d.hatena.ne.jp/finalvent/20040828

161 :無名草子さん:04/09/07 18:46

松岡の本は昔の編集とか著作のほうがドキドキする。
最近のは、簡単に説明しようとしすぎて、平凡になってるから面白くない。
わけわからんままが一番。

162 :無名草子さん:04/09/18 05:04:15
身近に編集学校関連の人がいて入校をしつこく勧められ、断るのに苦労した。


163 :無名草子さん:04/09/21 01:14:02
編集学校は勧誘をノルマ制にしているから。
ノルマを達成できたものが、師範代というのになれる。

まあ、会社の営業をやらされているわけです。


164 :無名草子さん:04/09/22 06:30:03
163> マジ???
それってマルチじゃ。。


165 :無名草子さん:04/09/22 11:59:04
>164
ちかいものは感じられます。
よって編集学校の生徒はネズミ算式にふえるわけです。

編集学校は何か宗教のようなものさえ感じますね。松岡の編集を
学ぶことによって、何か自分に特別な力がついたかのような錯覚を
覚えるわけですが。

それに松岡に会えるという特典つきだから、よけい生徒はがんばる
んだろうと思います。

そこらへんは、宗教めいてますね。


166 :無名草子さん:04/09/22 21:36:59
うへぇ。千夜千冊だけで満足しといてよかった。

167 :無名草子さん:04/09/22 23:42:37
こういう会議にも参加してるんですねえ。

ttp://www5.cao.go.jp/2000/e/0414e-chiteki.html

でも、C委員が松岡だってことは、発言からバレバレじゃないのさ。w


168 :無名草子さん:04/09/23 22:57:11
165さん、編集学校の体験があるの?
できればどういう感じだったか教えて欲しいな。
面白かった? 役に立つ? 松岡氏に会えた?

169 :無名草子さん:04/09/24 00:23:33
>167
編集学校、入ってましたよ。興味本位で。

思考訓練みたいな感じですね。詳しい内容はいえないけど、言葉の操作の
しかたとか、分類、階層化とかをやります。あくまで方法を学ぶって感じで、
それを何に適応するかは、自分のセンスにより変わってくるみたい。

同じ教室の人は、難しいってやたらいってたけど、それほど難しくはないと思う。
どちらかというと、発想系。参考図書とかにサイモンの「システムの科学」が
あったけど、そんな難解な本をテキストにせずとも、取り組める。「編集工学」
自体ってことではないけれども、面白いと思いますよ。ただ信者が多いからなあ。
変な雰囲気が漂っていることもたしか。

授業は専用の掲示板で行います。たしか編集工学研究所が開発した専用のシステム
ですよ。webからアクセスします。あと、松岡氏には師範代試験というのがあって、
そのときに話ができます。自分は松岡氏の隣にすわりましたよ。なんか、年齢を
感じさせないこぎれいな人だなあと思いました。声も意外とよかった。みんな、
これでだまされるのかなあ。まあ、試験というのはなくて、生徒獲得のお願いを
事務所スタッフがやりつつ松岡氏が生徒から出された質問に答えていくという方向
ですね。ファンサービスみたいな感じですよ。

自分が入学したときは、授業料も安くて今の半額ぐらいだったけど、今は高いから
なあ・・・。好きならやってみれば?


170 :無名草子さん:04/09/24 00:39:51
>169

167じゃなくて168

171 :無名草子さん:04/09/24 02:23:24
編集学校の資料を取り寄せたら、入学申込書と一緒に分割の場合の
ローン会社の申込書が同送されて、それで引きました。

172 :無名草子さん:04/09/24 07:01:23
169> なるほどわかりました。なんとなく。
度肝を抜くような驚きがあるのかなあと思っていました。
でもわりかし普通っぽいですね。

173 :無名草子さん:04/09/26 15:33:44
>172
魔法のような効用をうたってない分、良心的なのかもしれない。
速読や速聴のように。

174 :無名草子さん:04/09/29 21:26:04
>何か自分に特別な力がついたかのような錯覚

「錯覚」でつか…


175 :無名草子さん:04/09/29 23:23:32
「錯覚」だと思うよ。べつに「錯覚」でもいいんだけど。w


176 :無名草子さん:04/09/30 10:21:18
松岡氏の著書にはコンピュータ関連のこともかかれているけど、
実際どの程度の知識を持っているのか興味がある。

たしか千夜千冊の原稿などはワープロで書いているといってたから
パソコンは使ってないはずなんだよね。

マイクロソフトが嫌いっていうポリシーがあるのか、それとも単に
パソコン覚える気がないのか・・・。

編集工学研究所は、OSを作る準備してるとかいってるけど・・・。
謎。


177 :無名草子さん:04/09/30 18:38:08
OS(Operating system)じゃないよ、ES(Editing system)だよ。。

178 :無名草子さん:04/09/30 22:31:32
あー、ESっていう言葉を使って通じる人がいたんだね。w
で、そのESって実際のところ、実現可能なのかな。。。

OSはパソコンの基本ソフトだけど、ESの構造ってどうなってるんだろ。


179 :無名草子さん:04/10/01 02:04:37
そんじゃま失礼して、松ちゃんのIT語録のせるね。

7.OS(オペレーションシステム)からES(エディティングシステム)へ
こういうことをやるために、いろいろ考えて絞っていくと、
どうも大事な問題は、やはりOSではないかなと思います。
今のOSはマイクロソフト型のものになっていますけれども、そうではなくて、
OSそのもののが編集OSであるようなものを日本から発信してはどうか。
それをES、エディティング・システムと呼んでいます。
要するにオペレーティングシステムからエディティング・システムへというようなことが、
うちの研究所のコンセプトになっています。
どういうふうにESを作っていくかと言うと、
編集構造を内包した知のアーキテクチャーというものを、
どういうふうにOS上、すなわち編集OS上、すなわちES上で常に動かせるかというという、
まずそういう設計思想が必要です。

180 :無名草子さん:04/10/01 02:06:34
そこで、Zenetic Computing へと向かうわけか。


181 :無名草子さん:04/10/01 02:18:30
>松岡氏の著書にはコンピュータ関連のこともかかれているけど、
>実際どの程度の知識を持っているのか興味がある。

別に専門的な技術者じゃないから深い知識は無くても驚かないけど、
確かに、どれくらい使えるのかは興味ある。


>たしか千夜千冊の原稿などはワープロで書いているといってたから
>パソコンは使ってないはずなんだよね。

確か、愛用のワープロはシャープのものだったような。
でもあの年代の人はパソコンよりもワープロが好きだという人が多い。

>マイクロソフトが嫌いっていうポリシーがあるのか、それとも単に
>パソコン覚える気がないのか・・・。

マイクロソフトが嫌いってほどの器量の狭さは無いと思う。
むしろ、マイクロを誉めるんじゃないかな。
パソコン覚える気がないってのは可能性あるね。


182 :無名草子さん:04/10/01 02:26:02
何年か前に配布された、編集工学研究所が作ったOSらしいソフト持っている人いるかな。
なんていうんだっけな。思い出した。ミームとかを情報の通貨にしようとかいうやつ。
思い出した。ISISだ。
あれかっこよかったよな。
でもWin98までにしか対応していないという罠。

183 :無名草子さん:04/10/01 07:47:17
isisってリラダンの未完の小説の題名だけど、松岡氏はやっぱり
完成させる気はなかったのだろうか・・・。

184 :無名草子さん:04/10/01 09:17:05
Zenetic Computerって何かのOS上で動いているの?

ESにしても、今までアプリでやってたことをOSレベルにまで落とそうと
いうことなんですかね。

昔、ナントカpadという自分でマウスで機能を組み合わせてプログラミング
するソフトがあったけど、そういうイメージなのか?


185 :無名草子さん:04/10/02 18:42:11
退院おめでとうございます。
毛も剃られたんですね。

186 :無名草子さん:04/10/08 20:20:05
松岡正剛の歴史ビデオは彼の低い声のせいか、必ず途中でねむくなる。
もともと歴史が好きじゃないからかもしれないが・・・。

最近「遊」の「方程式・国家論」を買った。
意味がわからんかった。。。


187 :無名草子さん:04/10/10 18:12:31
学者以上に頭いいね。頭使いすぎでがんになったのか?

188 :無名草子さん:04/10/10 18:14:27
リラダンのイシス、めちゃくちゃ読みたくなった。この人の文読んでると
いろんなマニアックな本、読みたくなる。

189 :無名草子さん:04/10/10 18:31:41
書評化だよね

190 :無名草子さん:04/10/10 23:14:49
残念ながらヤスケンのほうが圧倒的だな。

191 :無名草子さん:04/10/11 00:41:44
世の中には物語性がないと小説だと思ってないばかがいるみたいですね。高卒の俺でも
認識していることをわかつてないなんて、春樹の読者って、どんだけ阿呆なんでしょう。
物語が読みたいなら一定の型にはまったラノベでも読んできなさい。
そして、もっとアホになれ。


192 :無名草子さん:04/10/11 02:06:50
テケテケテッ ヤスケンサ〜〜ン〜バァ〜〜♪

193 :無名草子さん:04/10/16 12:43:53
本当に全快したのかな?

194 :無名草子さん:04/10/26 21:08:35
浅田彰は、結局は「編集者」でしかない自分に居心地の悪さを感じている。
松岡正剛は「編集者」でいいと思ってる。

195 :無名草子さん:04/10/26 21:37:05
この人の書評のページ
自分は科学を勉強したみたいに匂わしてるけど
ほんとうは高校レベルもあやしいだろ。と思うけどどうよ

196 :無名草子さん:04/10/26 21:42:45
今頃知の欺瞞ごっこですか

197 :無名草子さん:04/10/26 22:07:54
知の欺瞞は文系が知ったかぶるかぎり永遠のテーマだろ


198 :無名草子さん:04/10/26 23:42:09
>>195
「遊学」(中公文庫)を読めば中沢や宮台なんかよりは理数に強いのはわかる。


あと知の欺瞞って騙されるほうが馬鹿なんだってことに気づかない人はダメね。

199 :無名草子さん:04/10/27 00:13:35
彼の著作の中で、
仮に「松岡正剛的名著」と呼ぶべきものを選ぶならば、
きっと「花鳥風月の科学」だと思うんだけど、わりと同意得られる?

200 :無名草子さん:04/10/27 01:02:25
松岡さんって、
けっこうニューサイエンスなんかも匂ってるけど、
どれも即物的にしか語りませんよねぇ。
ディレッタントなんでしょうかねぇ。
松岡さんの本心が見えてこない。

201 :無名草子さん:04/10/27 09:56:05
松岡のサイエンスは雰囲気だけだよ。

202 :無名草子さん:04/10/31 22:38:59
いつもはシオランシオラン言ってるのに千夜のシオランについての文はさっぱりだ。
なんか残念だった。

203 :無名草子さん:04/11/01 16:58:47
松岡って、きざで、詐欺師的、ヒモ的、いかがわしくて、ほら吹きで、小心翼翼で、偏執、乞鰐??・・・
「知」のかけらがありませんね
ホーセーの優子・タナカとできてたって、ほんとかしらん

204 :無名草子さん:04/11/01 18:19:46
編集者としてはやはり、日本でトップクラスなんだよ。
というか、ある種の表現では間違いなくトップでしょ。

編集者として終わる、という腹を決めてくれれば支持できるのに。
ポーズじゃなくてさ。

205 :無名草子さん:04/11/02 03:49:10
ある種ってどの種?

206 :無名草子さん:04/11/02 13:06:54
「遊」の頃が華々しすぎたね。
その後、本なんてもう飽きました、と
禅僧にでもなればかっこよかったけど、
いまだに他人の書いた本についてあれ
これ書いたりしゃべったりしているのが
悲しい。

207 :無名草子さん:04/11/02 21:50:07
松岡ホモクラブの同窓会をこのスレッドを立ててやっている見たいだな。
薄気味悪い連中だな。
松岡と浅田を比べること自体、ナンセンスだね。
浅田のほうが何百倍も上なんですよ。松岡ホモクラブの諸君達。

208 :無名草子さん:04/11/02 22:07:50
なんでクソマミレの浅田なんかと比較されなきゃならないわけ?
浅田を引っ張り出してくるやつって惨めねw

209 :無名草子さん:04/11/02 23:25:34
なんでぶりっ子のさとう玉緒なんかと比較されなきゃならないわけ?
玉緒といったら中村玉緒にきまってるでしょ!


210 :無名草子さん:04/11/02 23:31:32
さとう珠緒

211 :無名草子さん:04/11/05 21:13:17
松岡ホモクラブ

ヽ(・∀・)ノ


212 :無名草子さん:04/11/06 16:26:00
古本屋で「遊」を見つけたのでパラパラ見た。

浅田彰さんが若い頃に言ってたことは凄いと思ったけど、今は何かパッとしないし。
若いときは恐いほど才気があふれてた感じ。

213 :無名草子さん:04/11/06 18:10:34
おそらく、若いときには得た知識を素のまま出すから凄さが伝わりやすい
のだと思う。

年をとって色々なものを身に付けると、自然に見せるための加工の技術が
うまくなるから、素人とかには分かりにくい。

今の浅田、松岡が衰えたかというと、やっぱり若い奴なんか相手にならない
と思う。カタギには優しくしとこうという、余計な気持ちがあるんじゃないの?


214 :無名草子さん:04/11/06 19:39:20
なるほど。
北村孝四郎って人すげーなー今何やってるんだろうと思ってたんです
が、実は松岡さんだったんですかね。

215 :無名草子さん:04/11/06 20:05:34
千夜千冊ってなんか気合入ってる文と手抜きしてるっぽい文の落差がひどいよね?
稲垣足穂とか荒俣宏とか中沢新一とかの文は力入ってるっぽいけど、
シオランとか、ディケンズとか、書くの面倒くさくなったからすんげー適当に終わらせた、
みたいなムードでてない?

216 :無名草子さん:04/11/07 08:07:04
松岡正剛ホモクラブ?

ヽ(・∀・)ノ





217 :無名草子さん:04/11/07 10:22:51
千夜千冊もだけど、凄く即物的にかかれているものと、抽象的な概念で
かかれているものがある。抽象的な方は、想像力の大きさに魅了されたり
するんだけど、手術の経過報告みたいなものに即物的な記述しか出て
こないのも意外だったりする。

でも、結局松岡氏って即物的に物を見る人で、哲学的発言とかはあくまで
仕事でやってますよ、みたいなところもある。

最終的には即物的でないと商売はむずかしい。大学教授だけならそれで
いいけど。



218 :無名草子さん:04/11/09 13:52:02
>>214
データハウスに北村孝三郎って名前の編集者いたよ。

219 :無名草子さん:04/11/10 08:13:56
203くん。
セイゴウ・センセーができているっていう、ホーセーの優子・タナカとは、法政大学タナカ・優子教授のこと?
二号?

220 :無名草子さん:04/11/10 08:38:01
分析だけして終わるってむなしい。
本人は知る喜びとか思ってんだろうけど

221 :無名草子さん:04/11/10 14:20:56
ただのインチキ商人でしょ

222 :無名草子さん:04/11/10 19:26:13
編集者とかそういう人のふんどしで
飯食ってる人にはそれなりに魅力的でしょう


223 :無名草子さん:04/11/10 22:37:11
人の話で楽しんでるあんたも同類だね。w


224 :無名草子さん:04/11/11 01:51:01
>>223
あんたよりまし

225 :無名草子さん:04/11/11 09:46:31
>>224
どこかでお会いしました?
僕あなたみたいな知り合いはいないけど。


226 :無名草子さん:04/11/13 01:59:33
ところで、松岡さん。あいかわらず法螺はふいているようですが、最近、ずいぶん人相がわるくなりましたね。

227 :無名草子さん:04/11/13 02:41:42
はてな、どこかでお会いしました?
僕、あなたみたいな知り合いはいないんだけど。


228 :無名草子さん:04/11/13 03:54:56
オウムみたいな教祖になれなかったのだろうか

229 :無名草子さん:04/11/13 08:46:38
誰か、「日本の美と文化」を読んだことある人いますか?
http://www.fukkan.com/vote.php3?no=9828

CD-ROMでもいいから復刊してくれー!!!


230 :無名草子さん:04/11/13 09:01:36
こちらも、結局松岡を語れないバカばかりらしい・・・・。

http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1094014061/l50



231 :無名草子さん:04/11/13 15:26:07
>>230
松岡正剛を読んでこなかっただけでバカ呼ばわりするでない
















と沢口靖子が言ってました。

232 :無名草子さん:04/11/13 16:29:34
ま雑学ネタのインデックスとしては使える人でしょう。
立花といっしょ。

233 :無名草子さん:04/11/13 18:18:16
ほどよくないと評価もされない。
最近なんでもそうだな。難しい漢字は使うなとか、外来語は日本語に直せとか
頭使わない方向へ進んでいく。
松岡にしたって理解できないと分かった読者は単なる雑学の人という評価で
とりあえず安心する。みんな安心したいだけ。


234 :無名草子さん:04/11/14 15:40:14
私、松岡についてスレッドが立っているのは、ウザッタイな。
私は、たしかに思想のパッチワーク屋であり、キーワード主義であり、思いつき屋でふあり、理論家としても編集者としても、よくいえばいい加減な面がたしかにあるし、法螺も吹きまくって人を楽しませてきた。
しかし、人からうらまれるようなことはしていない。
むしろ、ずいぶん人助けもした。二流の連中を、私の雑誌「遊」に登用してやっている。
でも、読者も取り巻きも、知的ミーハーが多かったね。
「遊」はクロスオーバーな内容と、ビジュアル、デザインアンサンブルのおかげで受けて、過剰に評価されたりもした。
現在でも、私,松岡個人を崇拝するような人がいるが、買いかぶってもらっては困る。
エピゴーネンも大政翼賛会的連中も、私は、きらいだね。
どうも、2ちゃんねるに書き込んでいる連中を、私は敬遠したいな。

235 :無名草子さん:04/11/14 21:08:38
ツマンネ

236 :無名草子さん:04/11/14 23:04:41
>>234
筆力なし


237 :無名草子さん:04/11/18 21:25:26
松岡正剛の文章にはいいようのない違和感を覚えるのだが、・・・・・・俺だけ?
「ここがおかしい!」って指摘はできない、そんな頭よくないから。
でもなんか違和感があるんだ。
「違和感」としか表現するすべのない「違和感」。・・・・・・・こういうの俺だけ?

238 :無名草子さん:04/11/18 21:38:54
>>238
自分も最初読んだとき何か違和感あったような覚えがある。
なんというか、言葉の組み合わせ方というか、使いまわしというか
それが普通と微妙に違うような感じ。
今はなれたので何とも思わないんだけど。まあ自分の場合は、他の
小説家の文章でも変だと思ったりするんで、あまり参考にならんが。

239 :無名草子さん:04/11/18 21:39:53
>>238

237の間違いだな。


240 :無名草子さん:04/11/19 07:00:25
「アートジャパネスク」の第三巻を手に入れた!
作りとしては「遊」と似ている。専門家と松岡の対談ものっているけど、
相変わらず対等にわたりあってるのが凄い。今でも専門用語ばりばりで
やってくれたらいいのにと思うんだが。

あと、写真もこってるな。
他の巻もってる人いたら、ゆずってくれ!!


241 :無名草子さん:04/11/21 16:56:35
最近ホームページの更新もなくて寂しい。。。


242 :無名草子さん:04/11/22 19:31:03
半可通には関係あるように見えるが、詳しい人から見るとまったく関係ないタームを
思いつくまま、ずらずらと並べて
スノッブを気取るのが、この人の特徴だな。
本人は、科学論にはしょっちゅう言及して
理系にも詳しいように見せかけているが、竹内久美子にだまされている時点で
常識以前の知性しかないことが良くわかる。

竹内久美子を好意的に語るか否定的に語るかは、絶好のバカ判定機だから


243 :無名草子さん:04/11/22 22:21:08
松岡さんは近代史がなってないと思うな。

いわゆる東京裁判史観のままじゃない?

244 :無名草子さん:04/11/22 22:50:04
定期的に出てくるよね、猛烈なアンチ松岡。

245 :無名草子さん:04/11/23 00:21:15
まあ、知性のテーブルマジックとしては、おもしろかったな。
ただ、観客はそのタネや仕掛に飽きてくる。
それで芸に行き詰まったらピン大の教員だろ。
ねちっこい小狡さを感じる。
口先のダンディズムはいらない。

246 :病弱名無しさん:04/11/23 00:39:07
>245
きみって文章へたくそだね

247 :無名草子さん:04/11/23 00:43:41
>246
きみって煽りへたくそだね

248 :病弱名無しさん:04/11/23 00:45:15
竹内久美子さんにマジギレしてる人ってバカみたい。
竹内さんの与太話はつまらないけど、与太話をマジで読んで
キレてるのもアホ。

249 :病弱名無しさん:04/11/23 00:49:30
知性のテーブルマジック

そのタネや仕掛

ねちっこい小狡さ

プ

250 :無名草子さん:04/11/23 01:47:42
ライアル・ワトソンにもだまされてなかったっけ?

251 :屈強名無しさん:04/11/23 12:54:51
松岡を語ろうとすればするほど、ドツボにはまって行くだけ。
そして自分の知識のなさを露呈するだけ。
周囲にいてつかずはなれずの付き合いをしている一部の人間が
一番かしこい。

252 :無名草子さん:04/11/23 14:28:24
つまんなくて、科学的にも正しくないとわかってるなら
なんて好意的に語れるんだろうか。

竹内のヨタは、Aで科学論を引用、Bで牽強付会の自分の理論を引用
んで、なによりもとんでもないのは、AとBが論理的にまったくつながらないこと
が素人目にも明らかであること。
つまり、生物学は門外だからとか、遺伝学は門外だからとか言う言い訳は通用しない。
竹内がバカであると見抜けないのは、アリストテレスやプラトンレベルでの
基礎論理学が身についていないということ。
よって、竹内をほめた松岡は、基礎的な部分で頭が良くないと判定できる。

この事実を否定したい松岡信者は、ヨタだとわかっていてあえてほめたとか
いいたいらしいが、そうすると、ヨタであるとわかっていながら
きちんとそう書かないのは、松岡の書評家としての、
文章能力欠如の問題になるということに気がつかない。

253 :無名草子さん:04/11/23 18:32:13
松岡は論文を書いたことないんじゃないの。
だからヨタかどうかなんて判断できないのだろ。

254 :無名草子さん:04/11/23 21:22:47
松岡さんは、何やら「事情通」というのが率直な印象。

しかし道元や王陽明が好きなら、知識を増やすことがさほど重要では
ないことに思い至らなかったのだろうか。

255 :無名草子さん:04/11/23 22:48:01
>>252
あんたの文章のほうがよっぽど論理的におかしいよ。
「つまり」とか「よって」とかいう言葉の使い方から
勉強しなおしなさい。

256 :無名草子さん:04/11/23 23:00:16
セイゴーは「すべからく」を「すべて」の意味に誤用しているってのはガイシュツ?

257 :無名草子さん:04/11/23 23:05:03
>>255
俺は、252じゃないけどな、
2chで「つづり方教室」すんなヴォケ。
つまらん香具師w。

258 :無名草子さん:04/11/24 00:39:41
>>256は呉智英信者かな

259 :無名草子さん:04/11/24 04:16:58
「定期的に出てくる」の証拠を示してください


260 :無名草子さん:04/11/24 07:00:56
>>257
そう劣等感あらわにすんなって。w
誰もおめーを責めちゃいねーよ。

261 :無名草子さん:04/11/25 11:41:05
アクチュアルエンティティとして現出させることなのである。

262 :無名草子さん:04/11/25 19:42:23
>255は、思考停止のキモイ松岡信者で、松岡を批判されたことが気に食わないので
わけのわからないことをいって、このスレの住人を煙に巻こうとしてるのです。

対象を客観視できる知能が無いからこと松岡に嵌るわけで、松岡スレッドに
こういう偏執狂が現れるのはある意味必然といえましょう。


263 :無名草子さん:04/11/25 22:50:54
>>262
まぁまぁ、言ってるあなたもかなり主観的なんですけど・・・。

というか、あなたは住人なんですか?

264 :無名草子さん:04/11/26 00:33:17
意味ありげで無内容なことを書く愛すべきほら吹きというふうに思ってます

265 :無名草子さん:04/11/26 01:35:57
セイゴーは知識のあるアホだけど天才バカボンみたいなもんで許せる。
遊学ってぐらいだから、そもそも学問を何かの役に立てようとは
ハナから思ってないわけだし。
とりまきが本物のバカなんだろうなぁ。

266 :無名草子さん:04/11/26 03:19:04
松岡正剛は「麻原彰晃」になり損ねたんだろうな。
取巻きを見てると、ほんとあの集団の「陰気バージョン」を想像させる。

267 :無名草子さん:04/11/26 08:37:14
執念深いやつが一人ぐらいいるな。
がんがれ!アンチ松岡教!


268 :無名草子さん:04/11/26 09:45:50
「潮」に寄稿してるけど、学会員なの??

269 :無名草子さん:04/11/26 10:35:19
たしか情報処理学会の会員だよ。
ま、専門はどちらかというとシステムとかだから。

270 :無名草子さん:04/11/26 11:50:30
>>267
え、結構このスレ信者もいるの?
小馬鹿にしてる奴の方が多くね?

271 :無名草子さん:04/11/26 14:00:36
本人には知識の量で幻惑したり恫喝したりするつもりはないようだが。
衒学のいやらしさは不思議に感じない。
でも取り巻きは確実に馬鹿。

272 :無名草子さん:04/11/26 14:22:13
システムエンジニアは文系でもできるからなw

273 :無名草子さん:04/11/26 14:41:40
268-269のやりとりが好きだ。
こころがなごんだyo

274 :無名草子さん:04/11/26 14:47:24
システムって言葉流行ったもんな

275 :無名草子さん:04/11/26 17:28:37
>>240 :無名草子さん :04/11/19 07:00:25
>>「アートジャパネスク」の第三巻を手に入れた!

衛藤駿さんのなら持ってる。手元にないので同じ巻か判らん。

276 :無名草子さん:04/11/26 17:46:32
このスレって二人ぐらいでグルグルまわってるんじゃないの?

ていうか、年齢層高そう。。。

277 :無名草子さん:04/11/26 18:09:24
>>275
第三巻は奈良時代で杉山二郎氏の監修。
衛藤氏のは第9巻


278 :無名草子さん:04/11/26 21:14:11
>271

確かにそれはいえる。問題は信者だな。

279 :無名草子さん:04/11/26 21:24:41
松岡を批判する連中は実害があったのか?
実害があったとしたら、だまされるほうがバカだと思うのだが。

浅田スレにも共通の空気があるよな。浅田だけは許さんみたいな。
ここは松岡だけは許さん!って空気がある。

280 :無名草子さん:04/11/26 23:58:24
>>279
そんな空気ないよ。
松岡にそれほどの影響力ないし。

281 :無名草子さん:04/11/27 00:54:41
システムシステム

282 :無名草子さん:04/11/27 08:05:34
>>280
自分に関係ない人間を徹底して攻撃する
その気持ちがよく分からん。ほっとけばいいのに。

と考えていくと、やっぱり被害者か?

283 :無名草子さん:04/11/27 13:51:43
松岡を徹底的に攻撃している奴なんてどこにもいませんが?
キモイ信者にはそう見えるだけだろ(プ


284 :無名草子さん:04/11/27 17:44:31
>>283
だからさ、ここには信者なんていないんだって。w
オマエだけだろ、架空の信者と戦ってんのは。ばーか。w

285 :無名草子さん:04/11/27 19:38:25
本などいくら読んでも
低脳は低脳な煽りしかできないという例がこれこのとおり

286 :無名草子さん:04/11/27 22:33:26


287 :無名草子さん:04/11/27 22:49:26
>284

自覚のない信者発見

288 :無名草子さん:04/11/28 09:08:32
松岡って
"車ってようするに歩くより速いんだよね"みたいなことは言えても
車がどうやって動くのかは実はさっぱりわからんというタイプだろ。



289 :無名草子さん:04/11/28 09:33:16
文系ですから。


290 :無名草子さん:04/11/28 09:53:24
知識の大伽藍!

291 :無名草子さん:04/11/28 12:33:17
松岡正剛って衒学的だから理系の人(IT系の人とか)がだまされて崇拝してしまう。

292 :無名草子さん:04/11/28 13:18:49
松岡正剛は「麻原彰晃」になり損ねたんだろうな。
取巻き連中 を見てると、ほんと、あの集団の「陰気バージョン」を想像させる。
でも、松岡正剛は「池田大作」になり損ねたのかもしれない。

293 :無名草子さん:04/11/28 13:53:24
>>288

くるまってどうやってうごくの?

294 :無名草子さん:04/11/28 14:35:57
崇拝とかいっても、松岡の知識は全部他人からの借物
ばっかりだからねえ。若者が一時騙されてもすぐに気づいちゃうよ。

295 :無名草子さん:04/11/28 14:36:31
>>293
車は鉱物的郷愁によって動くに決まってるだろうがぁ!

296 :無名草子さん:04/11/28 14:38:07
荒俣宏には適わない

297 :無名草子さん:04/11/28 14:39:49
実害はないからいいじゃん
編集工学とか(w

298 :無名草子さん:04/11/28 14:47:16
中沢新一とどっちが詐欺師の才能ある?

299 :無名草子さん:04/11/28 16:33:52
ジサクジエン

300 :無名草子さん:04/11/28 16:57:23
日曜だってのに昼間からヒマなやつらばっかり。w



301 :無名草子さん:04/11/28 17:32:19
>>299-300
無駄レスでageる意味は?

302 :無名草子さん:04/11/28 17:50:57
松岡の自家用車は向学エネルギーを不完全燃焼させて
周囲に撒き散らす反作用で前進しているのです。

303 :無名草子さん:04/11/28 18:57:52
ははは、、、。

本当はみんな車がどうやって動くか知らないんでしょ。

304 :無名草子さん:04/11/28 18:59:14
棍棒でぶったたいて進むんだよ

305 :無名草子さん:04/11/28 19:29:51
牛が牽く

306 :無名草子さん:04/11/28 20:29:07
ジサクエンジン

307 :無名草子さん:04/11/28 22:03:12
松岡の才気ガスを規制しろ


308 :無名草子さん:04/11/28 22:46:53
ようがす

309 :無名草子さん:04/11/29 01:25:13
バルガス

310 :無名草子さん:04/11/29 01:33:19
レモンガス

311 :無名草子さん:04/11/29 10:03:03
ジサクジエン

312 :無名草子さん:04/11/29 22:28:31
ジサクジテン

313 :無名草子さん:04/11/29 22:36:18
オノマトペンシル

314 :無名草子さん:04/11/29 22:43:03
年取って自分の名前音読みにするのって自意識過剰っぽくて
ダサイ


315 :無名草子さん:04/11/30 17:43:57
ムイシキカジョウ

316 :無名草子さん:04/12/01 11:25:14
結論。

ここは誰一人として車がどう動くか知らないのに、
他人は車の動き方を知らないだろうとけなすスレ。

317 :無名草子さん:04/12/01 12:48:27
>>316

わかってないことを自己演出的に語りたいのでしょうか?

もしさ、教える立場(価値や意味を与える立場)に
自らの意思で立とうとするなら、
わかってないことをイメージのみで
断定的に語ってはいけないのではないのかな。

それは学術屋であっても技術屋であっても、同じだと思う。

318 :無名草子さん:04/12/01 13:18:36
ご本人は知的詐欺をするつもりはなく
ただ遊んでるだけなのに、
勝手に騙される奴が悪い。

319 :無名草子さん:04/12/01 13:23:11
>>318
>ご本人は知的詐欺をするつもりはなく
それがポーズなんだよな www。
318のボクは育ちがいいから気づかないのかな?


320 :無名草子さん:04/12/01 13:56:00
>>318
そういう言い方はないと思うけどなぁ。。。

いや、悪い悪くない以前に、なぜそれが
いままで価値や意味を持ち続けたのか。誰か分析してよ。

>>319
wwwって・・・特異な「ご趣味」を持っている北米院さん?

でもさー。氏が作った本にはインスパイアされるのも
また事実なんだよね。プランナーとしての才能はすごい。

321 :無名草子さん:04/12/01 17:45:24
前付き合ってた彼女がこの人に惚れてて軽く嫉妬した

322 :無名草子さん:04/12/01 17:49:20
バカな女だな

323 :無名草子さん:04/12/01 18:23:11
浅田彰がこの人を認めて澁澤龍彦をバカにしてるのはなんで?

324 :無名草子さん:04/12/01 18:30:11
中沢新一のヨタにも、騙される方が悪い的な言い方をする奴いるよな。

325 :無名草子さん:04/12/01 18:42:07
悪いんじゃなくてバカ

326 :無名草子さん:04/12/01 19:37:25
コンバンワ、知性の上げ底、松岡正剛です。


327 :無名草子さん:04/12/01 22:36:38
>>325

いや、それは変だよ。

まぁ、松岡氏は、プランナーとしての編集者だとしても、
中沢は専門家でしょ? それで発言に責任をもてないようでは。

328 :無名草子さん:04/12/01 22:45:57
上げ底って言葉がぴったしだね。

329 :無名草子さん:04/12/02 09:31:54
中沢氏は「オウムは安全!」って言ってた人だっけ?

330 :無名草子さん:04/12/02 20:05:04
コンドームだって100l安全ではないからなあ。

331 :無名草子さん:04/12/02 20:26:41
中沢が言っても説得力ないだろ。
中沢は「コレは安全」ではなく
「コレがおもしろい」ぐらいのことしか言ってはいけない。

332 :無名草子さん:04/12/02 20:40:18

いまどき、発言に責任を持つ言論人などそもそもほとんどいないという事実。

333 :無名草子さん:04/12/02 20:48:42
>>323
なんで澁澤貶したら松岡褒めたらいかんと思うの?

334 :無名草子さん:04/12/02 21:37:53
浅田は粋具合において
澁澤にかなわないとおもってんだろ
ルサンチメンてやつよ


335 :無名草子さん:04/12/03 00:18:15
ルサンチマンだろ

336 :無名草子さん:04/12/03 00:43:33
オナラシオン

337 :無名草子さん:04/12/03 00:56:11
恵比寿テーメー

338 :無名草子さん:04/12/03 15:42:54
吉本隆明は「ル・サンチマン」と書いて笑われた。

339 :無名草子さん:04/12/04 12:19:41
コ・イサンマン

340 :無名草子さん:04/12/04 20:13:48
松岡の話題になると、必ず
>323のように、浅田がどう評価したか気になる人がでてくるんだよね。
結局は、松岡も松岡信者も80年代ニューアカの
ヒエラルキーの下部にいた人ってことかねえ。



341 :無名草子さん:04/12/04 20:44:58
要はトリビアのちょっと高級っぽいやつでしょ?

342 :無名草子さん:04/12/04 21:34:38
浅田に認められるってことは
’思わせぶりでつまんない’ってことか

343 :無名草子さん:04/12/09 19:43:35
オマエラミンナバカ?

344 :無名草子さん:04/12/09 19:45:38
うn

345 :無名草子さん:04/12/09 21:19:27
ミンナかどうか知らんが、オレはバカ!

346 :無名草子さん:04/12/09 21:22:47
>>345
松岡先生こんばんわ

347 :無名草子さん:04/12/09 21:34:40
戦時宰相論

348 :無名草子さん:04/12/11 13:28:18
ツマンネ

349 :無名草子さん:04/12/25 19:17:49
この人は世の事象を幅広く網羅してるのかもしらんが、
それだけ理解があやふやなところがある。
マルセル・デュシャンをポップアートの泰斗とかいってたし、
『知の編集工学』で披瀝しているオブジェクト指向の解釈も
はっきりいって誤り。

それなりの頭でしかないくせにひけらかしをやるから笑える。

プッ

350 :無名草子さん:04/12/30 15:50:39
ただの雑学屋の編集者が書いたナンチャッテ思想書ごとき、
まあ寛大にかまえて許してやれよ。
ちょっとカッコつけて見たかっただけなんだよ。

351 :無名草子さん:04/12/30 16:13:50
ソンタグが死んだんだから何か書くんじゃない?

352 :無名草子さん:04/12/30 19:22:32
本人はともかく取り巻きウザい

353 :無名草子さん:04/12/30 19:35:36
と、取り巻きが申しておりますw

354 :無名草子さん:04/12/30 19:50:09
鳥なき島の蝙蝠と、それを仰ぎ見る地虫の世界。

355 :無名草子さん:04/12/30 21:21:26
>>349
オブジェクト指向の解説キボーン

356 :無名草子さん:04/12/30 22:23:26
>>104
同感です。普通、歳をとると迫力が増すのに、
逆。何故なんでしょうか?
そういえば、昔、スーザン・ソンダクにセックスの申し込み
をして断られていたのは、なんだか痛かった・・・。


357 :無名草子さん:04/12/30 22:25:40
色んなものに手を出しながら結局何ひとつ自分のものにできないままここまで来ちゃったんでしょ。

358 :無名草子さん:04/12/30 22:27:36
松岡正剛のオヤジ臭い文章は本人はそれを自覚しながら愛嬌のつもりでやっているんだと思っていたんだけれど、
ソンタグにセックスの申し込みだなんて、もしかしてマジでそういうのがウケると思ってる人なの?

359 :無名草子さん:04/12/30 23:16:25
>>358
そうだと思います。要は、エロスと知性を兼ね備えた
ソンタグ=いい女=一度お相手願いたい、というノリ。
普通、仮にそう思ったとしても、口に出さないと思うのですが、
それを公表するところに、「美学」を感じている
のだと思います。




360 :無名草子さん:04/12/30 23:21:37
うわあ、そうなんだ。
そうなんだと思うと少し失望する。
なんのためにあんなたくさん本読んでるのか、と。

361 :無名草子さん:04/12/30 23:33:29
千夜千冊の「リア王」評より。

「人間にとって、錯乱ほど恐ろしいものはない。こいつは何を言っているのか、
 何を血迷ったのかと思われたら最後、どんな権威にも功績にも信頼にも電撃のような亀裂が走る。
 日常会話の場面ですら、その精神の僅かな異常が疑われ、そこに立ち会った者たちを震撼させる
 ことになる」

362 :無名草子さん:04/12/31 08:34:35
松岡正剛って本人が全然フラジャイルじゃないよね

363 :無名草子さん:04/12/31 09:01:32
弱者の気持ちが分からない人

364 :無名草子さん:04/12/31 09:08:35
「強者を打ち倒せ」だもんね。
打ち倒すのはフラジャイルな反撃なのか?

365 :無名草子さん:05/01/07 17:48:19
松岡先生って頭いいよね。ほんと驚愕。
僕、松岡先生ダイスキ。

ここの人たち、バカっぽくてキラーイ。
お願いだから死んでチョ。

366 :無名草子さん:05/01/15 21:40:24
あわせ かさね つまらね

367 :無名草子さん:05/02/03 04:22:39
ある本の書評をネットで検索したらこの方のサイトがヒットしたんですけど、
プロフィールに出身大学が記載されてないんですね。
どちらなんでしょうか?

368 :無名草子さん:05/02/03 07:56:28
早稲田だろ

369 :無名草子さん:05/02/03 10:25:06
まだ、こいつらやっているのか。
松岡オウム真理教、松岡ホモクラブ…。
松岡教信者、親衛隊、松岡教翼賛会…。
薄気味悪いやつらだ。

370 :無名草子さん:05/02/13 02:38:19
いつみても松岡スレは頭がフラジャイルな人達の溜まり場だな。

371 :無名草子さん:05/02/15 17:12:43
えらい叩かれてるね。欠点があるから悪いっていう判断の仕方は子供っぽいよ。

372 :無名草子さん:05/02/17 09:31:24
中公文庫から「ルナティックス」出るって本当?

373 :無名草子さん:05/02/17 22:17:45
叩いてる方はものすごく博学なんでしょう
うらやましい

374 :無名草子さん:05/02/21 03:15:04
一癖も二癖もある人間たちと仕事してきて、ストレス溜まらないのかな。

375 :無名草子さん:2005/03/26(土) 01:18:47
>163
ノルマを達成して師範代になると、
その教室の生徒分、ご褒美がもらえます。
これでペイできて、さらにちょっとした収入にもなるので、
なかなか良いシステムだと思いますよ。

376 :無名草子さん:皇紀2665/04/01(金) 04:48:30
松岡んとこにいた紅子さん元気?

377 :無名草子さん:2005/04/13(水) 13:21:21
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&ie=Shift_JIS&q=%94%8B%94%F6%8Dg%8Eq&lr=

378 :無名草子さん:2005/04/18(月) 22:08:40
>>375
ねずみ講か

379 :無名草子さん:2005/04/26(火) 02:13:40
http://www.city.joetsu.niigata.jp/nakago/fun/paint/hagio/koten/koten.html
萩尾紅子パステル画個展 2001/07/20(Fri)-07/31(Tue) gallery遊

380 :無名草子さん:2005/05/03(火) 02:12:23
>>375
人格改造セミナーやカルト宗教と同じシステムかYO。。

381 ::2005/05/15(日) 13:42:17
「遊」の頃は誰もほめてくれないので,仲間内でほめあってたのが,ダメダメすぎましたな.

カイヨワやマンディアルグなんかとの対談なんか噴飯ものだ.
「セイゴオは20世紀後半を代表する知の巨人だ(カイヨワ)」みたいな自画他賛が
気恥ずかしげもなく,キャッチコピー然として本の裏表紙にでかでかと書かれてゐたり.
(どうせ対談なんてフランス語を勝手にホンヤクしてヘンシウしたのだから,どんな内容でも
書けるわな.確かめやうがないんだから)

382 :無名草子さん:2005/05/15(日) 17:32:39
>>375はひょっとして師範代?


383 :無名草子さん:2005/05/23(月) 22:23:10
千夜なんたらをいくつか読んでみた

権威に擦り寄って自分を博学に見せようとする姿勢と、
苦手なものは「興味がない」だの「いいとは思えない」だの言って
食わず嫌いする人なんだってのはよくわかった

「イッパイ本読んでますよ、頭いいんですよ」
ってのが言いたいだけじゃないか
知識人ぶりたいってのがひしひしと伝わってくる

384 :無名草子さん:2005/05/28(土) 15:58:48
松岡圭祐と間違えてクリックしてしまったヨ

385 :無名草子さん:2005/06/03(金) 09:47:47
http://ja.impressholdings.com/release/2005/007/

インプレスホールディングスが「株式会社編集工学研究所」を子会社化
教育学習事業と編集工学の研究開発に本格進出
〜インターネット上で編集力を指南する「ISIS編集学校」を展開〜


-------------------------------------------------------------
インプレスホールディングス(東京都千代田区、代表取締役社長:
塚本慶一郎)はこの度、松岡正剛が創設した「株式会社編集工学
研究所」(以下、編集工学研究所)の第三者割当増資を引き受けて
同社を子会社化し、新しい時代環境に適合した教育学習事業に本格
的に進出いたします。

---------------------------------------------------------

で、何がどう変わったの?


386 :無名草子さん:2005/06/16(木) 23:13:57
君たちは付き合いが深いから騙されるんだよ。
Amazonや新聞の書評よりはましだよ。
難しい単語を調べながら暇つぶしに読めばそれなりにたのしめる。
宇宙ものはもう理解できない。
>>169 高すぎて入る気しない。
>>199 あれは専門的すぎて嫌い、学者より。
むしろ昔本人が勤めていた工作社のほんの方が楽しめる。

387 :無名草子さん:2005/06/25(土) 22:06:07
>ユング派のジューン・シンガーが書いた『男女両性具有』(人文書院)という本がある。
>性意識というものはそもそもアニマとアニムスが交じっていて、容易には分断できないものだというものである。そういうことを書いている。
>ぼくにあてはまるのはこれなのだ。あてはまるのはぼくだけではなく、
>多くの人士にもあてはまるだろうが、ぼくはこれをかなり明確に意識してきた。
>ただし、ぼくの身体の特徴のどこかに両性具有の兆候があるわけではない
(まったくないかどうかも、わからない。たとえばぼくは短小仮性包茎だが、
>いったいこれは何かと言われると、よくわからない)。
>それよりも意識がそもそも両性具有であろうとおもう。

>ようするにぼくにあるのは超越男女感覚なのである。

正剛君、気持ち悪いですよ…。

http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0905.html

388 :無名草子さん:2005/06/25(土) 22:52:24
>短小仮性包茎

ここ注目。

389 :無名草子さん:2005/08/02(火) 02:55:04
age

390 :無名草子さん:2005/08/03(水) 01:10:53
お会いしたら声の素敵な魅力的な人。なんというかスター的な要素のある人だった。

391 :無名草子さん:2005/08/03(水) 23:15:53
オーラでも出てましたか

392 :無名草子さん:2005/08/06(土) 12:04:30
女子大生には厳しくても同業者には甘々なセイゴオたんw

393 :無名草子さん:2005/08/07(日) 10:10:04
当然でしょうな

394 :無名草子さん:2005/08/10(水) 08:11:19
松岡に文句つけてる椰子は松岡以上のブックガイド編集してみれよ。良かったらまじで買うよ

395 :無名草子さん:2005/08/17(水) 22:28:27
つ「ブックマップ」(工作舎)

396 :無名草子さん:2005/08/22(月) 03:44:22
>>395
おまい、そのレスはエグいよ、ほんとに。

397 :無名草子さん:2005/08/31(水) 00:21:07
批判してるネガティブな人たち、散ってくださぁーい!
ま、マトモな結局こんな所でマトモな話できそうにありませんけど、松岡の千夜千冊で
書籍に出会えたのは確か。ま、確かに文が読みにくい意味不明もありますが、意味不明だからってわめくのは
言葉を知らないってのを暴露してるようなも・の

398 :無名草子さん:2005/09/02(金) 22:10:53
>397
同意。
松岡はやっぱ紹介者(あるいは扇動者)としては一流だよ。
そういう奴も必要。
東大駒場系の器用な連中もそうなんだけど、
独創的な書き手と同じぐらい、整理して紹介する人も必要なんだよ
(たまに整理になってないときもあるが、それはご愛嬌で)。


399 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/10(土) 21:37:35
駒場系はやってるな駒場系

400 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 00:20:44
駒場かわいいよ駒場

401 :名無しさん@そうだ自衛隊に入ろう:2005/09/13(火) 19:04:41
セイゴオかわいいよセイゴオ

402 :無名草子さん:2005/10/09(日) 22:51:21
http://tanshin.cocolog-nifty.com/tanshin/2004/07/index.html

403 :無名草子さん:2005/10/10(月) 10:03:50
二十一世紀的精神でしたっけ。
あれは僕がメルクマールにしている本です。

404 :無名草子さん:2005/10/11(火) 15:02:04
>>403
トンデモ科学者との対談本だっけ?
歌舞伎町の深夜喫茶で静かに興奮しつつ読みふけったな。
エンタテインメントとしては面白い、とか言いつつ、内容は
すっかり忘れた。

405 :無名草子さん:2005/10/11(火) 22:52:24
あは、
僕は403ですけど、イメージあってますね。

406 :無名草子さん:2005/11/06(日) 05:24:59
403は夢枕漠さん?w

407 :無名草子さん:2005/11/06(日) 16:57:00
松岡、自分のスレを見てガックリ。日本はどうなっているんだ?の図。

408 :無名草子さん:2005/11/11(金) 13:38:52
前衛的扇動家の時代は終わりましたから。

409 :無名草子さん:2005/12/09(金) 00:39:58
「松岡はあの程度の男ですよ」
            
              ―生田耕作

410 :無名草子さん:2005/12/30(金) 18:58:06
age

411 :無名草子さん:2006/01/02(月) 18:21:47
千夜千冊で文章内で他の本にリンクできるけど、そりゃあんまりなリンクもなくはない。

412 :無名草子さん :2006/01/05(木) 11:43:58
http://es.isis.ne.jp/shu_ha_ri/riport/riport03_tenri.html

413 :無名草子さん:2006/01/05(木) 15:20:54
「松岡はあの程度の男ですよ」
            
              ―生田耕作


414 :無名草子さん:2006/01/09(月) 09:00:38
松岡はあの程度の男だが
生田も言えたほどの男じゃないよな

415 :無名草子さん:2006/01/22(日) 18:13:38
まあな。翻訳の腕前はいいが決して理知的な人間じゃないし。
教授だけど学者ですらないし。
二人とも風流人、読書家の延長だね。生田のほうが好きだけど。


416 :無名草子さん:2006/01/29(日) 22:03:45
age

417 :無名草子さん:2006/03/13(月) 05:43:49
http://www.kousakusha.co.jp/KEC/mp071.html ご多用中のところ、恐縮ですが、書面ないしはEメールにて、今後のご対応についてご一報くださいますよう、お願い申しあげます。2006年1月26日 (十川治江)。

ブルーバックス2冊回収
講談社は9日までに、同社のブルーバックスから刊行された「科学史から消された女性たち」(大江秀房著)と 「早すぎた発見、忘られし論文」(同)の2冊を、著作権上の問題から回収、絶版にすると決めた。
同社広報部によると、問題の2冊は、米国で刊行された本から無断で引用した部分があり 国内の出版物からも不適切な引用があったという。
約1カ月前に外部から指摘を受け、同社では内容の調査を進めていた。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060309-00000106-kyodo-ent

418 :名無しさん@6周年:2006/03/26(日) 17:46:11
スティーヴン・キング「幸運の25セント金貨」の暗号は映画化されない。
http:///weblogconcent3/entry-10010586482.html
ameblo.jpを二つ目と三つ目のスラッシュの間にペーストしてください。
あ、松岡さんについては追ってカキコ。
なんか自分のIPじゃなく、ameblo.jpがアク禁規制かかってるみたいなんで。
すみません。テストでつ。


419 :難度もすみません。:2006/03/26(日) 17:54:58
スティーヴン・キング「幸運の25セント金貨」の暗号は映画化されない。
http:///weblogconcent3/entry-10010586482.html
ameblo.jpを二つ目と三つ目のスラッシュの間にペーストしてください。
あ、↑ここ、編集工学云々云ってるので貼ろうとしたんですが、やっぱameblo.jpがあるとアク禁、ではなくて、カキコ禁ですね。
仕様でつか?
はてなとか鳥込むとかでやってみようかな。こういうの突き止めないと眠れないたちなんで。運営板には一般からカキコできないしね。

420 :これで最後さん:2006/03/26(日) 19:39:45
weblogconcentの日記−酔生夢死の彼方へ
http://d.hatena.ne.jp/weblogconcent/

421 :はてなは大丈夫なのにさん:2006/03/26(日) 19:42:13
はてなは問題ない。
どういうこと? やっぱ仕様?
アメブロとひろゆき仲悪いん?


422 :無名草子さん:2006/04/26(水) 22:50:14
あげまんこ

423 :無名草子さん:2006/05/02(火) 16:29:57
さげまんこ

424 :無名草子さん:2006/05/04(木) 01:31:48
千夜千冊を超豪華本で出そうという根性が信じられん。詐欺に近い。
インチキ宗教の壺レベル。
確かに良い本も取り上げられてるけど、それだけじゃん。
amazonあたりの素人書評の方が、
よほど簡潔にツボを押さえて気のきいたことが書いてある。
出たがり編集者ってのは変なのが多いのかねぇ?(ヤスケンとかw)

425 :無名草子さん:2006/05/06(土) 13:12:06
みんなセイゴオの魅力に嫉妬してるよ〜

426 :無名草子さん:2006/05/06(土) 13:55:34
千夜千冊豪華本が数年後にブクオフで105円で売ってたら笑うな

427 :無名草子さん:2006/05/06(土) 19:19:02
『世界の名作全集』とか自費出版の詩集や句集と並べられてなw

428 :無名草子さん:2006/05/09(火) 01:30:45
いくらかと思って調べてみたら・・・約8万ってw
8万あったら普通に本買うわww

429 :無名草子さん:2006/05/17(水) 20:05:04
まさしく虚無への供物。。

430 :無名草子さん:2006/05/20(土) 00:37:49
ネットで気軽に読んでキーワードとか人名踏めるのがいいのになぁ

431 :無名草子さん:2006/05/22(月) 13:16:03
サイトごとCDROMに詰めて500円ぐらいで売れや。

432 :無名草子さん:2006/05/25(木) 05:14:37
ハイパーリンクで関連事項に飛べるのが売り物なんじゃなかったのか?
本にしてどうする。

433 :無名草子さん:2006/07/09(日) 04:44:58
いつのまにか千夜千冊再開してたのね

434 :無名草子さん:2006/10/08(日) 04:07:01
アゲ

435 :無名草子さん:2006/10/08(日) 10:21:12
本屋に豪華本の宣伝ポスターがまだ貼ってあるね。

436 :無名草子さん:2006/10/09(月) 16:49:05
製造業の社長にはどう説明しても理解してもらえんですばい

437 :無名草子さん:2006/12/20(水) 20:36:38
昔、遊で出ていたタモリとの対談が面白かったなあ…

438 :無名草子さん:2007/02/17(土) 21:04:09
>424
同意。
千夜千冊はどれをとっても
別に大したこと書いてないんだから、
保管性の良い造本である必要はまったくない。
電話帳みたいな体裁で定価500円だったらいいな。

439 :無名草子さん:2007/03/13(火) 22:28:06
次に読む本をどうしようかと思ったときに
千夜千冊をぶらぶらして決めたりする。

編集者としてはいいと思うけどどうでしょ

440 :無名草子さん:2007/03/24(土) 21:22:32
千夜千冊の中で自分でも言及してる通りに、本人も自覚してんでしょ。
セイゴオフィルター通ってるが、業界内の話は、ネタとして普通に面白く読める。
海難記の人みたいに食って掛かってるの見ると、内情はいろいろあんのかねえ
揚げ足取りの様な非難の仕方しか出来てないのが気になるが

441 :無名草子さん:2007/03/31(土) 02:12:52
「知の編集術」という新書を読んだんですが、何言ってるのか理解できませんでした。

結局「編集」ってこの人の中ではどういう意味の概念なんですか?
最初は「雑多な情報を整理・統合して、意味ある『知識』へと変換すること」なのかな、
と、文面から自分なりに推測してみたんですけど、読み進めていくと、
その解釈じゃ意味が通らないところがあったりして、どうにもよく分かりませんでした。
そのせいかもしれないけど、結局「編集工学」というのが何をする物なのかも
分からずじまいでした。

誰か理解できた方がいらっしゃいましたら解説お願いします。

442 :無名草子さん:2007/04/08(日) 01:42:26
要はハイパーリンクのことだと思うが

84 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)