5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

小説を読んでなんか役にたつのか???

1 :  :04/04/29 14:15
いや、本当に疑問なのだが。


何の役に立つの?情緒が豊かになる?(なにそれ?)、いろんな見方ができる?(ほんとか?)純粋なエンターテイメントだったら、他にいろいろあるでしょ。

息子への30通の手紙のなかで、「他人の白昼夢のような「小説」は読むな」という言葉が
あるが、まったくその通りだと思う。
『本を読みましょう』とキャンペーンをはる出版社の売り上げに貢献してるだけじゃないの?


2 :無名草子さん:04/04/29 14:21
初2

3 :無名草子さん:04/04/29 15:34
暇つぶし
稀に価値観を変えるような本に出会うこともある
>>1は電車を使わないか?
電車内で暇つぶしするには、小説にどうしても頼らないといけない
音楽・ゲームだけでは、耐えられない
勿論小説のみでも絶えられない
とにかく、電車通勤時間は耐えられない、
小説読むくらいしか無いだろ

4 :無名草子さん:04/04/30 01:59
マジレスすると何かの役に立つから読むというわけではない
ただの趣味。面白いから。そんなに金が掛からない。
ゲームやアニメと一緒。絵が無いだけ。
そんな感じ


5 :無名草子さん:04/04/30 03:46
少なからず情緒が豊かになったり、いろんな見方ができた人が居たと思うけど。
でも私はためになるって実感だって特に無いよ。
だけど読む。楽しいといえば楽しいけど。まぁ趣味だよ。
義務みたいな感じ。読みたいんだから読むだけ。


6 :無名草子さん:04/04/30 03:48
まあ「人生は暇潰し」って言葉もあるし、
どうせ暇を潰すなら、素敵に潰したいよね、ってことで。

もちろん、「素敵」の基準は人それぞれだけどね。

7 :無名草子さん:04/04/30 03:56
>>1どうゆう事が焼くにたつことなの?


8 :無名草子さん:04/04/30 05:21
寝る前に読むと面白い夢をよく見る。役に立っているちゃあ立っている。

9 :無名草子さん:04/04/30 08:22
映画やマンガ、ゲームなどと比較しても普通に面白いけどなぁ>小説

10 :無名草子さん:04/04/30 10:35
つか、他の趣味より金がかからないのはでかい。
映画やゲームだと一本で数千円とんじゃうし。

11 :無名草子さん:04/04/30 11:32
俺は小説を読んで役に立つと信じている人間だが、
今ひとつ読む気がしない。
主に教養本を読む。(バカの壁とか武士道とか…)

教養本だと、筆者と一対一で対話でき、物事を一つに集中できるからいいのかもしれないが、
それでも小説を読むと自分の世界が広がるだろう、いやぜひ広げたいと信じて止まないのだ。

こんな私はどんな小説を読んだらいいのでしょうか?
書店で店員さんに尋ねたくなりました。「死の壁」を買った後で。






詩もいいかもしれない。言葉のリズムが綺麗っていうイメージがある。
ただし、日本のものに限る。

12 :無名草子さん:04/04/30 11:45
>純粋なエンターテイメントだったら、他にいろいろあるでしょ。
ギャグでは小説に勝る娯楽はない
ことギャグに関して言えば
小説>漫画>芝居>演芸>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>TVのお笑いタレントたち


13 :無名草子さん:04/04/30 12:02
小説を読む行為を楽しみを得る手段として考えた場合と漫画を読む行為
を楽しみを得る手段として考えた場合では、後者の方が得なことが多い
と思う。
なぜなら、世の中の大半は小説を読まない人間だから。
漫画の方がはるかに読む人間が多いので、話題が一致する友人が得られ
やすい。

>>11
あなたには「華氏451度」を推奨します。

14 :無名草子さん:04/04/30 12:31
>息子への30通の手紙のなかで、「他人の白昼夢のような「小説」は読むな」という言葉が
>あるが、まったくその通りだと思う。
それ、小説は全部「他人の白昼夢のような」ものだから読むなってこと?
「他人の白昼夢のような小説」があるからそれは読むなってこと?
解釈は二通りあるけど。

読むのが好きだから読む。役に立つこともある。
受け入れたものを役立てるかどうかは、本人次第。
クズでも役立てる人はいるし、いいものでも役立てない人もいる。


15 :無名草子さん:04/04/30 18:26
害の方が多いよ。
文学少女ってもてないし。
特に「本を読んでる」ってことをプライドの糧にしちゃうとだめ。


16 :無名草子さん:04/04/30 18:59
小説は「エンターテイメント」の一種である。
エンターテイメントの効能は「快を得る」ことである。
したがって小説もこれに準じる。

>純粋なエンターテイメントだったら、他にいろいろあるでしょ。
という言い方は、何の理屈にもなっていない。
「野球よりサッカーやバスケの方が面白いでしょ?」と言うのと同じ。
1はまず
「純粋なエンターテイメントとは何か」
「小説にはなぜ純粋なエンターテイメントではないのか」
を証明しなければならない。
それが出来なければ、ただの嗜好の問題。

>>13
学問関係の書物を読むより、小説を読んでいた方がいい。
小説の方が売れているので話題づくりが出来る。

17 :無名草子さん:04/04/30 20:49
語彙が増えたことは個人的によかったと思うけど。
小説家は良くも悪くも変だったり真っ当だったりするから、
彼らの小説を読んで「本当にこんなこと考えているのか」
などとツッコミを入れるのも楽しいし。


18 :無名草子さん:04/04/30 21:01
>主に教養本を読む。(バカの壁とか武士道とか…)

これって、どうよ……?

19 :無名草子さん:04/04/30 21:38
>1
すいません
友達いないんです
2ちゃんもずっとやってると飽きるんです
自然と小説に行き着くのです

20 :無名草子さん:04/04/30 23:56
何の役にもたちゃしない。
逆に聞きたいのは、
質問の意図。どうして小説を読む事が
役に立つなんて思ったんだ?

21 :無名草子さん:04/05/01 00:08
読むな読むな。読書するってのはバーベルあげることなんだよ。ジムにいるだろ。
筋肉むきむきで、それでも鍛えている輩が。やくなんだよ、読書は。やめられないとまらない
河童と同じなんだぞ。それでもやるのかよ。ヤク中みたいになっちまうぞ!

22 :無名草子さん:04/05/01 00:44
>>11
安部公房「壁」がマジオススメ


23 :無名草子さん:04/05/01 00:52
壁はやべえよ。石川淳はそれにきずいちまったからな。結構危険だな、11が読むには。
11は詩が読みてえのか。詩だったら萩原朔太郎しかねよ!・・・・でもおめえ若そうだから
ちょっと古臭ぇのはイやっていうなら谷川俊太郎がいいぜええええええ。明日早起きして図書館
でめくってみろよ。じゃな。

24 :無名草子さん:04/05/01 02:29
これは、まじな話で小説を読むだけで読解力がつく
読解力があると人生において役に立つよ
さらに小説に書いてあることを吟味し
思考するための材料にもできる
つまり、いろいろな見方ができるようになる

まぁ、これは全て俺の推論だからあてにはできんが
>>1はごちゃごちゃ言う前に何冊か読んでみれば
そうすりゃ自分に合うか合わないかがわかるし
結局、読書なんて他人に強要されてやるもんでもないし

25 :無名草子さん:04/05/01 07:00
人生のうち小説に夢中になる時期は3年で十分。

26 :無名草子さん:04/05/01 07:52
>>25
だよなー。
社会に出たら、小説なんかアホくさくって読んでられんわ。
あっ、2チャンやってるよりは
少しマシなんかな・・・。

27 :無名草子さん:04/05/01 14:48
「大地が、万巻の書より多くを教える。」
「書を捨てよ、町を出よう。」
「無知ほど幸せな者はない。」
本にはすばらしい言葉たくさん詰まっているぞ!

28 :無名草子さん:04/05/01 15:02
小説は二人称の話法の学習になるよ。
知的な小説なら、論の組み方や、実際に会話を通して相手を論破したり説得したりってのを
披露してくれるて結構勉強になっちゃったりする。
これは、映画やドラマでは冗長になったりするからあんまりない。
あっても音で聞くから全然頭の中に残らない。
小説の内容うんぬんより、こういう対話形式や一人称の思考を通して、物事についての
考え方や発露の方法とか、あんまり内容覚えてなくても大事な部分は身についていく
もんだと思うよ。
専門書なんか読むのは当たり前だとしても、実際の場で披露する方法・感覚を身に付けるには
登場人物が体現してくれる小説はうってつけだと思うよ。
それにエンタメ本なら楽しみながら習得できるんだから一石二鳥でしょう。
小説なんて意味ないっていう人は、映画以下のつまらない小説にたまたま当たっている
だけじゃないかな?



29 :無名草子さん:04/05/01 15:06
役には立たないだろ。

歴史小説などはともかく、10冊読んでも新書1冊程度の
教養も身につかないだろうし。

思弁に役立てるなら、哲学・思想・評論などの概説書を読
んだ方がずっと良いだろうしね。

書籍は300冊ほど購入するけど、小説は年に3冊くらい。
随筆なら小説家の書いたものも読むけれど、小説は随筆一本
くらいのネタで長編にされちゃうからなあ。

娯楽だから、役立たなくても良いのでは。
漫画や映画と同じでしょう。

30 :無名草子さん:04/05/01 15:08
大抵小説読んでたら、ある登場人物の会話や論に対して、それは違うだろとか
そうだよなっていう対論や思考を絡ませたりするだろ?
あれやるだけで、何も読まない奴より思考力や視野なんかは付くと思うよ。
映画やドラマだと、流れていくから立ち止まる余裕がないし、上でも書いたけど
音と絵で聞きとる分、想像・言語の変換がないから、記憶術として機能しないんだよね。
な?小説は意味あるだろ。


31 :無名草子さん:04/05/01 15:44
流れる景色をかならず毎晩みているぅ〜

32 :無名草子さん:04/05/02 00:37
どうしてここでウォーウォートゥナイト?

33 :名無草子さん:04/05/05 09:59
>>30
そう意味はかなり深いよ。あなたの指摘したことも勿論だけども、
他にも色々な意味があるからバカにはできない。
以前どこかの会社組織で実験したらしいけども、どうしても気が
荒くなって仕方のないところがあって、読書を導入したらそうし
たものが少なくなったとか事例が有る。
他にも読書を取り入れた企業では、接待や対外交渉でも語彙が増え
て相手にも内容の濃い説明ができるようになった、とか決して
バカにはできない。

34 :無名草子さん:04/05/05 10:18
役に立たないという理由で読書をしなくても生きていけるひとは
そもそも本を読む必要はないと思う。

35 :無名草子さん:04/05/05 10:32
他人の白昼夢か。いいこと言うね。
覗けるものなら覗いてみたいよ。

36 :コリン・タッジ:04/05/05 11:33
>>34
おっしゃるとおりだと思います。
小説は実用書ではないのですから。



37 :無名草子さん:04/05/05 16:42
役に立つとすれば、100回黙読しさらに100回精読し、
暗唱できるまでになればもしかすると役立つかもしれない。

1回読んだだけでは暇つぶしでしょう。けれど、所詮小説は暇つぶし
だと思います。上の精読は古典や実用書だけで十分。
けれど、小説を読んでなにか行動する気になったとか気分が落ち着くとか
2次的な効果はあるような気がします。

結論:小説は面白いw

38 :無名草子さん:04/05/05 19:56
書を捨てよ、町に出よう!って言っても何も起こせんしなー
世間という書物を読む  ・・・のたれ死にする覚悟なんてないしな

20歳越えると「小説」じたいは読む数減った
ある意味小説家は、社会人失格のひとも多いって気づいたし

読み書きに慣れてただけでも良かったのか!?
全然普通の、おもしろみのない人間生活送ってるってのが実感です。


39 :無名草子さん:04/05/05 20:34
>>1
何かの役に立つ生き方ってなんの役に立つんだ?



イマドキ珍しいね、君みたいな人って、企業戦士(死語)か?

40 :無名草子さん:04/05/05 20:38
小説読み始めたのが「暇潰し」のため
人生死ぬまでけっこう暇だから読む
それだけ

41 :無名草子さん:04/05/05 20:59
全てを何かの役に立たせなければ気が済まない>>1
なんとあさましいんだ

42 :無名草子さん:04/05/06 11:46
私の脳みそは、ストーリーや人物像を消費していかないと生きて
いけないんですよ。ある意味食事。

43 :無名草子さん:04/05/07 21:04
思想書のような小説は読考えるために読む。
人生観が変わるかも。

44 :無名草子さん:04/05/08 06:17
小説のない人生に意味なんかあるの?

45 :無名草子さん:04/05/08 08:50
こういう焚書坑儒を叫ぶ人間が栄えたためしは歴史にはない

46 :無名草子さん:04/05/08 09:40
焚書坑儒を叫ぶやつは没落の一途をたどる

47 :無名草子さん:04/05/08 11:06
書物を蔑むやつは一人として碌なやつはいない。
そのとおりになっている。
知っているやつだが、家族4人で年収が200万を割る。
家庭崩壊してしまい、子供達は人間のカスのような生活
を送っている。

48 :無名草子さん:04/05/08 13:13
書物を尊ぶからといって年収が上がる訳でもないのだがな'`,、('∀`) '`,、 ・゚・(つД`)・゚・

49 :無名草子さん:04/05/08 18:03
確かに比例する要素はないが、読んで損はしない

50 :無名草子さん:04/05/09 20:04
>>1は本を読んで金を得たいと思っているようなので
一生懸命働くことをオススメします。

51 :VON・トーマス・マン:04/05/22 19:05
読書はかなりの他人の人生経験の借用・応用だから、それをどう生かすか
が焦点になってくる。また思考能力に厚みを与えるという効果もかなり
高い。そして倫理観の向上を目指すという大きな成果が得られる。


52 :無名草子さん:04/05/22 20:28
>>51
勿論読み手の能力も大事でしょうが、レス内容は読む本によって凄く左右される内容ですね。

53 :VON・トーマス・マン:04/05/22 20:28
最近の企業や官庁にはかなりの失態が見られた。
そこでうちの企業でもそうしたことの予防として提案された
のが読書。これを励行したところ、今流行りの「切れる〇〇歳」
などというバカが多いに減った。
これはモラルの向上にも貢献したばかりでなく、読書の持つ
効果としては行動の選択肢の幅広い増加が精神への抑制効果を
発揮したことからだと思う。だから短絡的な衝動に駆られた
稚拙な行動をとるようなことも激減したといえる。

54 :無名草子さん:04/05/22 20:54
人間のできる体験には限りがある。読書する事により疑似体験等をたくさんできる。ま、単純に読書が楽しいってのが1番だがね。

55 :無名草子さん:04/05/22 21:21
>>1
読書しないと成功しない

56 :無名草子さん:04/05/22 21:33
本好きの女の子との話がはずむ。

57 :VON・トーマス・マン:04/05/23 11:53
刑務所の受刑者に矯正のために読書を励行しているそうだ。

58 :無名草子さん:04/05/23 12:49
>>39がひそかにいいこといった。

59 :無名草子さん:04/05/23 13:23
好きにさして

60 :無名草子さん:04/05/23 13:34
>>1は絵を鑑賞するときも役に立てようとして見るのかな
ただ見るんだよ

61 :無名草子さん:04/05/23 13:36
あと、数をこなさないと分からないこともあるからね

62 :無名草子さん:04/05/23 16:05
精神を安定させるために必要なのです。

63 :無名草子さん:04/05/31 22:51
意味づけする楽しみを覚える。
楽しいですよ。カポーティーとかお勧め。

64 :無名草子さん :04/06/06 13:47
>>1
「他人の白昼夢のような「小説」は読むな」という言葉が

私も余命50年くらいしかないから、もう小説と2ちゃんねるは
程々に、、通勤時間中に限ろうと決意した名言。

あ、私もカポーティ好き。10年以上前に彼の著書読みましたが
未だに色あせず読んでいて楽しい。美しい臨場感がたまらん。
アービングも良いですよ。原書で読むと涙、笑いと振り回されっぱなしで
とても楽しい。谷崎潤一郎も好き。



65 :無名草子さん:04/06/15 17:27
>>1
お前が生きていて何かの役に立つのか?

まあお前さんに限った事じゃないけどな・・・

66 :無名草子さん:04/10/20 22:59:14



67 :無名草子さん:04/10/21 00:30:07
ナイフだって、原子力だって使い方の問題でしょ!
本だって役に立つかどうかは読者側の問題だよ。
もっとも俺の場合は本が役に立つから読んでいるわけではないけどね。

人によっては本読んで(どんな種類の本であれ)ものの考え方が変わって
その人にとってよい方向にむかったとか、そんなこともあるんじゃない?



68 :無名草子さん:04/10/21 06:59:57
役に立つかどうか知らんが楽しければいいよ


69 :無名草子さん:04/10/21 09:16:22
面白いから。好きだから。
役に立つことだけやっていられるほど
人間は効率的にできていません。

70 :無名草子さん:04/10/21 19:48:39
小説を読んだら想像力が豊かになって、結果的に賢くなる。
なぜなら頭の中に鮮明な図を描けるようになるから。

71 :無名草子さん:04/10/21 22:31:57
実際問題に役に立たないから、役に立つとおもう。
つまり、世の中の利害やしがらみが関係しない状態になるので
精神がゆったりする。

72 :無名草子さん:04/10/21 22:42:06
小説って確かに時間の無駄だよな。
情緒は、経験によって豊かになるものだと最近思い始めた。
比喩表現って、頭で作られた物にはリアリティが無いし。

エンターティメントの質でいうなら、最低レベルだとは思う。
でも、一番手軽で行う人を選ばないって意味ではかなり高いエンターティメントだと思う。

手軽さMAXって感じ。
漫画の方が手軽って思うかもしれないけど、漫画の絵には好き嫌いがあるし。

73 :無名草子さん:04/10/21 22:47:44
漫画や映画とはちょっと質の違うエンターテイメント性はあるね。
漫画はわかりやすいけど対象年齢の制限があるのか、ディープな
知識を描写するのには向かない。学習漫画になっちゃう。

どうでもいいけどこのスレはパート15くらいか?

74 :無名草子さん:04/10/21 23:06:12
小説を読むことにメリットを感じる人もいるだろうけど
基本はやっぱり読んでて面白いから、楽しいから、だと思う。
自分からすればプロ野球のどこが面白いの?だし
こればっかりは個人の趣向だからどうしようもない。

75 :無名草子さん:04/10/21 23:35:25
小説を選ぶ時は、ハリウッド的なエンターテイメント性は望んでいない。
確かにそういう小説は面白いし、どんどん読み進めたくなるけど、心にずっと残るような内容でないことが多い。

小品でも、読んで心があったかくなるような、世の中もまんざらじゃないなと思えるような小説を求めている。
小説を読むことで何かの役に立てようなんて考えたこともないけど、いい小説に出会えれば、生きていく上でプラスになることは絶対あると思う。

76 :無名草子さん:04/10/21 23:50:49
>>72
小説って所詮つくり話だけど、すぐにつくり話って見透かされちゃうような小説はろくな小説じゃないと思うな。
だからこそ小説にはまず、リアリティが大事だと思う。

77 :無名草子さん:04/10/22 09:44:38
マンガや映画だと、視覚的な想像力を働かす力はつかない。
文面から相手の気持や話の主旨を察する力も養えない。
テレビ電話やら携帯やら、コミュニケーション手段は確実に増えてるけど
書類やメールなどではやっぱりある程度の文章力・理解力が必要。
そういう点で読書が推奨されるんだと思う。

本当にそういう面で役に立つのかは知らないけどね。
自分は皆さん同様、好きだから読んでるだけだし。

78 :無名草子さん:04/10/22 14:24:28
>>76
いや、小説自体の意味じゃなくて受け手の話。
小説の内容を比喩表現に使う事はほとんどできないでしょ。
たとえば、ダイビングの風景を体験から情緒豊かに話す事はできるだろうけど、
ダイビング小説(あるかどうか分からないけど)から比喩するのは難しいでしょう。

だから、情緒が小説では豊かになり辛いと思う。

79 :無名草子さん:04/10/24 20:35:05
良い点、語彙が増える。新しい考え方が出来るようになる。
悪い点、口語が不自然になる。いろいろな考え方が出来ることを悟り、自分の
意見が定まらない。

80 :無名草子さん:04/10/30 01:39:21
娯楽だから役に立つとか関係無い

81 :無名草子さん:04/10/30 01:54:17
>>80
禿同。
強いていうなら楽しむのに役に立つ。

82 :無名草子さん:04/10/30 19:45:26
まぁ、同じ作家好きな人とかとなら話のネタになるとかくらい

83 :無名草子さん:04/10/30 19:54:33
映画になるのって一部ジャン。それに
コレクションという所蔵欲もある。
それに映画では細かい表現描写は難しいと思う。
なんで本を読むのか?と聞かれたら楽しむためとしか言いようがない。

84 :無名草子さん:04/10/30 20:15:10
1は小説と書いているが、ノンフィクションのついてはどうか?
ノンフィクションを否定すると新聞を否定するような
ものじゃないか?現実にあったことを知ろうとすることは
別に普通のことだと思う。

85 :無名草子さん:04/10/30 21:10:27
厨房御用達のスレだな

86 :無名草子さん:04/10/30 22:21:27
>>85
だな。あげる価値はないな

87 :無名草子さん:04/10/30 22:25:12
落としとけ…

88 :無名草子さん:04/10/31 00:31:36
突き詰めてくと 生きてて意味あるのか?どうせ死ぬのに になるわな

89 :無名草子さん:04/11/03 16:17:54
小説のおもしろさを知ってしまったらやめられない。
覚せい剤とかと同じ。

90 :吾輩は名無しである:04/11/03 18:27:29
小説は面白いと言いたくても、つまらない物も多い。
それが本嫌いを増やしてないか。ちょっと心配である。

91 :無名草子さん:04/11/03 19:50:40
>>90
それは小説に限ったこっちゃないわな。
あるクラシック音楽が性に合わなかったからクラシック嫌いとか、
評価の高い絵画に感動しなかったから美術は分からないとか。
一作で「○○嫌い」と言ってしまうのなら、最初から腰が引けてるってことだ。

92 :無名草子さん:04/11/03 20:38:34
>>1
役にたつわけなかろう

小説は漫画と同類

93 :無名草子さん:04/11/17 19:47:40
>>1
人それぞれだ

94 :無名草子さん:04/11/25 01:48:07
1つだけいえる。
エンタテインメント小説を沢山読破した後、
昔読むのを挫折した固い本を読んだら読破で
きた。
活字を読むのは結構面倒臭いし読解力も要る。
その意味でどんな低俗な小説も活字への耐性
をつけるという効果はある。

……まぁ、一生本なんか読まなくても生きてい
くのに支障が無い人はゴマンといるので万人に
活字への耐性が必要というわけではないのだ
が……。

95 :無名草子さん:04/11/25 10:53:32
11
おまいは私に似ている
三日前までは私も教養本しか読まなかった。しかし一昨日村上春樹のノルウェーの森を手に取った。その日のうちに全部読んでしまった。昨日はスプートニクの恋人読んだ。今日はまた一冊買って帰る。
ノルウェーの森マジオススメ。古典的小説と違ってテンポよく読める。

96 :無名草子さん:04/11/26 00:01:21
>>95
世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド読みな。

97 :無名草子さん:04/11/26 00:03:34
小説好きな女の子と話するときに役に立つ

98 :無名草子さん:04/11/26 02:01:10
96
ありがとう 今日はもう羊買っちゃったから次回それを二冊続けて読もうと思う

99 :無名草子さん:04/12/31 00:37:14
有益・無益のものさしは、もはや、産業革命以前かと。

100 :無名草子さん:04/12/31 01:20:44
100get

101 :無名草子さん:04/12/31 01:28:11
http://news.joins.com/component/htmlphoto_mmdata/200412/htm_2004122918492140004010-001.JPG

これは、白昼夢

102 :無名草子さん:05/01/01 14:02:46
小説はしょせんは映画と同じで、面白いと感じるかどうかだろ

ただ、自分もこれまで実用書(経済.金融.マーケ...)とかばかり読んで
小説なんかは時間の無駄と思ってたけど、「竜馬が行く」をよんで、
小説からでもそういった実用的なヒントを十分に得られると感じた
もっともこれは、著者の意図するところであったかもしれないし、
私自身が「歴史」というテーマの中に自分の興味の対象を求めた結果
であって、要は読み手の姿勢しだいで得られるものはかわるのではないか

そういう意味では冒頭の映画も同じではあるのだが...

103 :無名草子さん:05/01/01 16:52:28
つーか、昔、学校にいただろ。
教科書を朗読させると、つっかえつっかえ間違えながら読むやつ。
クラスに結構いたと思う。
そういうやつは全然読めてないんであって、小説なんか読んで楽しいわけないだろ。
中学高校でそれなら、もう手遅れ。
一生涯、小説なんかまともに読めるようにならない。また、読んでも楽しくない。
むしろ読まないことをお勧めするよ。苦痛だろ。
読解力とかいうより、根本的に脳の構造が違ってると思う。

104 :無名草子さん:05/01/02 23:51:55
>純粋なエンターテイメントだったら、他にいろいろあるでしょ。
それは他のどんな趣味にも言えると思われ。

>他にいろいろ
なんだから。
俺はその中で読書にはまった。そんだけ。ただの趣味であって楽しんでるだけです。

役に立つか立たないかって言ったら多少は役に立ってる、かな。
仕事とかで長々しい要項とかにしっかり目を通しとけ、って言われてもさらっと読めるし

105 :無名草子さん:05/01/03 00:53:16
2chやんのも小説読むのも似たような感じ
意味もなければ得るものもないただの暇つぶし

106 :無名草子さん:05/02/04 03:04:45
映画見て楽しむのと同じ。べつに役立たせようとして読むもんじゃなかんべ。

107 :無名草子さん:05/02/15 23:06:38
じゃあ、なぜ学校で小説を学ぶのか?


108 :無名草子さん:05/02/15 23:11:51
映画も学校で見るよ。
漫画も日本の歴史とかなら読ませるし。

109 :無名草子さん:05/02/15 23:15:29
人生は死ぬまでの暇つぶしである

110 :無名草子さん:05/02/15 23:18:24
そう。暇つぶしに役立つ。

111 ::05/02/16 00:23:38
趣味と実用性を一緒に考えちゃいけないと思う。趣味は自分がやりたいからやるのであって、それを役に立たせるかどうかなんて二の次。

本が苦手な奴って思考が単純な気がする。すぐにキレたり手が出たりするやつの文章見てると首をかしげたくなるんだが。

本読まない奴は、薄くて興味のある本から読み始めれば本嫌いも多少は良くなるだろうに。
まぁ本読むぐらいなら漫画読みそうな感じがするけど。

112 :無名草子さん:05/02/16 00:29:06
しかし、読書は趣味なのか?
読書って趣味に入らないって評判だけど。

俺も実際読書は趣味に入らないんじゃないかと感じる。
趣味ってのは、何かに拘るってことだよな。
読書で拘ってる奴って一般的にあんまいないような。

まぁ、萌えヲタとかミスヲタとかSFヲタとか文学ヲタとかならアリだと思うけど。
一般書籍にいるような連中は趣味にすらならんかと。
ほんと、暇つぶし。

113 ::05/02/16 00:39:50
趣味は、その事に興味があるか。ぐらいじゃないの?拘り云々については趣味より範囲が狭まった、より専門的な感じがする。
本読んでますよって意味で、趣味の欄に読書と書いても間違えじゃないとは思う。
俺は趣味少ないから、少しでも増やしたい訳よ(笑

114 :無名草子さん:05/02/16 00:43:02
映画、音楽鑑賞が趣味に入るなら読書も趣味と言えると思うけどなあ。
暇つぶしに読書を選ぶならそれこそ趣味という気もするのだが。

115 :無名草子さん:05/02/16 00:43:41
そうかもなぁ。
まぁ、興味は確かにあるわな。

116 :無名草子さん:05/02/16 00:47:22
読書ってのは、正直ジャンルが広すぎるんだろうな。

映画、音楽鑑賞が趣味ってのは、どっちかっていうとAV機器趣味な感じがする。
こう音楽の聞こえ方だとか、映像の見え方がうんたらかんたら。
イメージね、イメージ。
こういうのが好きだって奴は、ロックが好きだのハリウッド映画が好きだの言う感じしない?

読書だと、そういう通すものもないわ、ジャンルは広いわ。
読書趣味ってのと話してもまず噛み合わないわと趣味といいづらい点がないかな?

117 :無名草子さん:05/02/16 00:56:34
116
すまんもうちょっとわかりやすく書いてくれ。
意味がようわからん。

118 :無名草子さん:05/02/16 01:20:31
ああ、すまん。
確かに分かりづらい。
趣味の割りに語りづらいって意味。
読書好きが集まってもあんま発展なくない?
他の趣味ってのは、趣味話で盛り上がるじゃない。
板を見れば分かる通り。

119 :無名草子さん:05/02/16 01:44:01
うーん、趣味欄には「読書」ではなく「ミステリーを読む」とか
具体的に書いとけばOKということか?

120 :無名草子さん:05/02/16 02:08:10
>>118
リアルだと普通に会話として盛り上るがな。
小説っていうものを盛り上るように語るのは正直掲示板はやりづらい。
文章だけじゃ相手の意向がうまく汲み取れなさすぎ。それほど語る気にはなれない。

取り合えず役にたつだろうという事を挙げてみると、
まずミステリ小説を読んでいたお陰か分からんが不在証明のでっち上げが上手く出来るようになった。
書店で原作を立読みしておくだけで、観ていない映画にもついていける。
一度読んだ本の筋書きを思い出そうとするだけで夜眠りに入るまでの時間が容易に潰せる。
雑学が増える。
同じ本を仲間内で読んで、皆が皆気に入るととことん盛り上る。ただこれはどんな趣味でも同じ。
世間的な評判ではなく自主的に本を読める奴はどこか落ち着いて見える。
世界の中心で、蹴りたい背中などのように他を圧倒して会話に役立つ小説が幾冊が出るため、それらを読んで役にたたないということはまずない。
1のような人物に対して、結局お前は本が読むだけの忍耐とユトリがないだけだろうと内心でバカに出来る。

121 :無名草子さん:05/02/16 04:26:40
このスレを読んでいると、小説が役に立つかどうかはわからないが、
少なくともあまり役立てている人はいないようだなと思いました。

122 :無名草子さん:05/02/16 07:28:54
読書好き同士でも読んでるジャンルがかぶらないと全く話が盛り上がらんよ。
会話を盛り上げるために興味も無い本を読むのもあほらしいしな。

まあ、映画でも音楽でも似たようなものだとは思うが。

123 ::05/02/16 11:43:16
趣味と実用性(実益や損得勘定)を兼ねちゃいけないんだって。別にわざわざ人と合わせるために本読むんじゃなくて、第一は自分のためになる本を読むだけじゃないの?(暇つぶし含む

124 :某一般人:05/02/16 11:59:50
OKわかった。俺が答えよう。小説含む様々な本を読むと

国語の成績が上がる。

マジで。無勉強で今年のセンターの国語180取ったぞ?

125 :某一般人:05/02/16 12:01:09
まぁこれもネタとか言われて華麗にスルーされるんだろうな・・・・・hhhhh

126 :無名草子さん:05/02/16 12:53:47
おい

127 :無名草子さん:05/02/16 12:56:23
>>124
いやそれはその通り。
国語バカと揶揄されたりもするが。

128 :無名草子さん:05/02/16 12:59:40
まあ、漢字には強くなるよね。書けなくても、読めるようにはなる。へえ、こんな日本語あるのか、と思うことも度々あるし。
ただ、日常会話では使わないよな。相手に伝わらないか。
あいつ、おまえに秋波おくってるぜ、なんて言っても、普通は分からないわけです。

129 :無名草子さん:05/02/16 23:25:39
↑ワロタ
秋波はいわれてもわかんないだろうな
確かに語彙は増える。

130 :無名草子さん:05/02/17 00:13:52
確かに役に立つか、と言われれば「?」だな。
ほぼ人生半分過ぎた俺もそう思う(W

しかし俺、人生変えられちまった小説に出会ってる。
その小説を読んだせいで、今の職業、生き方を選んだ。
それで大苦労してるわけだ。
これで良かったのかどうか、おそらく葬式出すまでわからないだろう。
小説は役には立たないかもしれないが、人生においてその生き方に、
ある影響を与えることはある。
苦労してる俺がその証明(W

131 :無名草子さん:05/02/17 00:19:25
小説がどうこうより、そもそもお前が何の役に立ってるんだとおききしたい。

132 :無名草子さん:05/02/17 10:57:11
>>1
> 純粋なエンターテイメントだったら、他にいろいろあるでしょ
どうして映画なんか見るの?純粋なエンターテイメントだったら、他にいろいろあるでしょ
どうしてゲームなんかやるの?純粋なエンターテイメントだったら、他にいろいろあるでしょ
どうして音楽なんか(以下略)

133 :無名草子さん:05/02/18 23:51:57
役立てようと思って読んでも、そう役立つもんではないと思う。
でも結果的に国語や漢字に強くなったり、どこかで
身になってるものはあるという感じじゃないかね。

134 :無名草子さん:05/02/18 23:52:40
>しかし俺、人生変えられちまった小説に出会ってる。

訊いてみたい。

135 :Mr,bin:05/02/20 12:54:47
第一話
「Mr,ジョリー・ブラウン」
彼は、人知れず活動していた。
何を隠そう、彼は「地球外生命体」なのである。
今日はスーツケースに忍ばせた器具「カタクナール」の使用の試みで、知人宅に訪れていた。
ブラウン「さて・・・。 おおかたの話はついていると思うが、実は初試みなのだよ。 試して見るかね? ジョニー佐藤よ。」
ジョニー「俺は使わなくても平気さ。 使う理由も見つからないしな・・・。 俺もある男から頼まれてお前のその器具を探していたんだよ。」
ブラウン「そうか・・・。 ならば、この「カタクナール」を誰が使うのか会って実際に見てみたいのだが、よろしいかな? ジョニー君。」
ジョニー「あぁ、いいとも。 その代わりと言っちゃ何だが、器具の支払いはするが、そいつに会わせる紹介料をいただこうか・・・。」
ブラウン「いつにもましてガメツイ男だな・・・。」
紹介料はいくらだったのか?
そして「カタクナール」とはどんな器具なのであろうか?
ジョニーは誰に頼まれたのか?
謎は深まるばかりだ・・・。
次週
「使うのは誰だ!?」
ご期待下さい。


136 :無名草子さん:05/02/20 13:07:23
全ての経験がなんらかの役に立つ
当たり前のことだろ

137 :無名草子さん:05/02/20 14:02:24
小説を読むことにより活字から描写する、つまり想像する力を養える。
それはさまざまなところで役に立っている。
例えば日常生活において、休日の予定を組む際に、一日の大まかな流れを想像でき有意義に過ごせることや
人生設計においては、自分の将来を想像し、
その実現にむけた論理的な方法を組み立てられる。
つまり本を読むことにより、より効率的に生を全うできるのではないか?

138 :無名草子さん:05/02/20 14:28:58
いや役に立つかどうかといわれれば、はっきり役に立たないだろ。
大体小説は神聖化されすぎなんだよ。
漫画や雑誌と同じ、ただの娯楽でしょ。
しょって読ませようとするからどんどん本が読み辛くなんだよ。

139 :無名草子さん:05/02/20 18:56:39
>>138
それはないな。
漫画や雑誌は馬鹿でも読めるが、馬鹿は小説を読めない。

140 :無名草子さん:05/02/20 21:39:43
>>139
山田悠介の読者も馬鹿ではないと言い切れるのか?

141 :無名草子さん:05/02/20 21:49:04
読書を生かすも殺すも自分次第じゃないのかな。
消化の仕方は人それぞれだし。
役に立つとかたたないとか考えながら生活してると
毎日ほとんど役にたたない事の繰り返しじゃない。
「役に立つ」と思ってやった事のほうが
役立たない事だってあるし。
例えば仕事の後に楽しみなことがあれば
良い気分で仕事もはかどったりするでしょう。
役に立たない楽しみが
そのひとの人生を引き立たせてくれるのであれば
もう十分に役にたってる。
何にしても、エンジョイするって素敵な事。

そういうのとは別にしても
私個人的には、学歴のわりには語彙が豊かだ、
そんな言葉を活用できるなんて意外、と言われたり(馬鹿にされたり?w)するので
幼い頃からの読書のおかげかと思う事にしていますw





142 :無名草子さん:05/02/20 22:15:51
いわゆる娯楽小説と、その他の小説の違いってなんだろう?

143 :無名草子さん:05/02/20 22:51:16
141のいうとおり、生かすも殺すも、結局は自分次第。プロを目指している人なら、大抵の小説は役に立つ。
小説が神聖化されてるのかどうかは知らないけれども、貶せばいいってもんじゃないでしょ。


144 :無名草子さん:05/02/21 08:37:39
>>140
俺の中では山田本は小説ですらないんだがどうか。小説っつぅよりはアレだ、小学生の妄想作文?

145 :無名草子さん:05/02/21 23:28:49
>>144
それもそうだな!

146 :無名草子さん:2005/03/26(土) 16:49:56
よく言われることだけど、文字情報を頭の中で立体的な映像に
変換する力を養成できることかな。

実際の生活の中では、文字から情報を得る機会が多いから、こ
の能力が高い方が、より正確に情報を理解することができるよ
になる。

これは小説を読む目的ではないかも知れないけど、副次的な効果
として、そういうものがあると思う。

147 :無名草子さん:2005/03/26(土) 16:54:41
>>141
>私個人的には、学歴のわりには語彙が豊かだ
そう言われて嬉しいのなら、「w」なんて使うのはやめろ。
程度が知れてしまうだけだ。

148 :無名草子さん:2005/03/26(土) 21:36:47
・現実逃避
・疑似体験
・娯楽
・暇つぶし
・教養
いっぱいあるじゃん

149 :無名草子さん:2005/03/28(月) 20:36:12
>>148
現実逃避ってあるけど、それだけは理解できないな。
本当に逃避したい現実に直面しているのなら、小説
なんかで忘れることは不可能じゃないのか?

150 :無名草子さん:2005/03/28(月) 22:43:36
読書は趣味なんだし、読書が好きなんだから別にそれだけでいい。役に立たなくてもいい。単に読書好きなだけです

151 :ショウ:2005/03/29(火) 15:31:29
自分なんか結構本が好きだけど、国語の成績なんかあんまりよくならないよ。けど、面白いし、暇つぶしにもなるからよんでる。
ところで、山田悠介の本って、そんなに悪い本なのか?

152 :無名草子さん:2005/03/29(火) 15:48:06
小学生から二十代前半まで小説をかなり読んだけど、若かったからためになった
ような気がするわ。最近はもう、小説はぜんぜん読みませんね。
ストーリーものは漫画くらい。本は専門書とかドキュメンタリーばかり。

あ、でもホラーものはわりと楽しめてるなぁ。刺激の問題なんだろうか。

153 :無名草子さん:2005/03/29(火) 15:49:51
>>151
人にはそれぞれキャパがあるからね。自分は一切勉強しなかった時点で
国語の偏差値は60だった。古文やったらすぐ70になったよ。
小説だけじゃなく、その小説の研究家の本まで読んでたからそのまんま
問題に出たりしてたな。

154 :無名草子さん:2005/03/29(火) 15:55:28
>>1はあほなんですね^^

155 :無名草子さん:2005/03/29(火) 16:03:12
というか、1はマーフィーとかカーネギーとか生き方系の本好きそうだね。一番糧にならないジャンル。
それこそ時間の無駄。

156 :無名草子さん:2005/03/29(火) 16:31:30
何かを得るために(学ぶために)しか本を読まない香具師は十中八九低学歴。
高学歴は想像力が豊かで「娯楽」として本を読む。

157 :無名草子さん:2005/03/29(火) 16:38:59
また学歴か。なにかコンプレックスでもあるのかな

158 :無名草子さん:2005/03/29(火) 16:42:04
小説をどういう風に読もうが人の勝手。
娯楽として読む人もいれば、そこから何かの
教訓を得ようと読む人もいる。役に立つ
立たないは、ともかく読んでみないことには
わからない。読みたくなければ読まなければ
いいし、読みたくなれば気楽に読めばいいと思うよ。

159 :無名草子さん:2005/03/29(火) 23:21:54
自分にとって本=現実逃避
夜寝る前とか必要なんだよなぁ。漫画とかゲームでもいいけど。心のサプリメントか。


160 :無名草子さん:2005/03/30(水) 00:52:54
っつーか趣味として本を読むって俺は嫌だなあ。
趣味ってもともと老人大国の英国で発展したものだし、若いうちから趣味ってw
趣味として小説読むぐらいならもっと他のこと見つけた方が良いと思う。
小説であー面白かったって充実感を味わえるものってあんまり無いと思うからなあ。
今の若い人って世界・日本文学の名著をあまり読まない人が多いけど、
かといってかつて小説以外の娯楽がなかった人々が文学に親しいんでいたから、
教養があって素晴らしいとはたいして思えない。
かつて文学青年だった今の大人をみても羨ましいとこないし、
小説を読むとこんな素晴らしい人物になるんだなって思えるような人はほとんどいない。
タモリも文学なんて読むと頭可笑しくなるよって言っていたけど、一理あるよね。
俺はどうせ本を読むなら趣味としてでなく自分の人生に活かしたいという要求が強いから
どうしても実用書や新書や学術書が多くなる。
まあ、好きな作家の小説だけは読むね。それに派生して他の読むこともあるけど。
趣味が小説を読むことって趣味がゲームですって言ってるの変わらないのに、
一般の大人が小説を読むこと>>>>ゲームって思っている風潮が気にくわない。
きっと文学は偉いって思っているんだろうなあ。。。。。


161 :無名草子さん:2005/03/30(水) 00:53:28
まあ、ただ教養としてというか、ある人の本を読むときにやたらと名画、名作の名前がでてくるから、
やべー知らないことばっかり言ってるなって思い始めて、読もうとおもったけど、
かったるいから世界の名著、日本の名著のあらすじだけ書かれてある本を購入予定。
俺にとって小説はほとんどそんなもんかなあ。
学校の先生が〜の小説を読めって言っても読む気しないしなw
魅力ない人が読む本なんか読む気しないでしょう。
あと、想像力が増幅するって言われてるけど、本当に想像力膨らむかな?
戦国時代の小説を読んだとして、
鎧自体を映像でみたりまたはリアルで見た人以外はどうやって鎧そのものを想像するのか?
小説読んでいても想像できないものって意外に多いと思う。
つまり、小説の読み手のキャパシティで想像力は限界があるからね。
よっぽど信長の野望やったほうが戦国時代に関しては想像力が豊かになると思うな w
言っておくけどゲームヲタじゃないよ。

162 :無名草子さん:2005/03/30(水) 01:02:59
いろんな話が頭に入って楽しくないか?というか役に立たなくても読むね、気分転換にもなるし

163 :無名草子さん:2005/03/30(水) 10:39:03
毎日飯を食って役に立つか否かは、
その人が読書をしているかどうかにかかっている。

164 :無名草子さん:2005/03/30(水) 20:36:12
研究職に就いている知人は読書量も多いが、小説は読まない。小説という形態が嫌いらしい。
酒見賢一が後書きで「一時期小説というものが嫌いになった」と言っていたが、それが持続
している感じだろうか。

165 :無名草子さん:2005/03/30(水) 21:47:00
研究職の人は、日本全国的に見れば本を読む人の割合は多い方だよ。
小説読む人って元々少ないし。
大学生を除いて。

166 :無名草子さん:2005/03/30(水) 23:03:26
>>164
どうとでも解釈できる部分があって、厳密性に欠ける
からだろうか?

167 :無名草子さん:2005/03/30(水) 23:23:56
厳密性という言葉があるということを初めて
知りました。

168 :無名草子さん:2005/03/30(水) 23:41:58
ゲームと並列に考えてる時点で>>160のオツムの弱さが覗える罠

169 :無名草子さん:2005/03/30(水) 23:44:59
>>168
なんでおつむが弱いか説明してください。

170 :無名草子さん:2005/03/31(木) 00:18:52
本のすばらしさを知らない人はかわいそう

171 :無名草子さん:2005/03/31(木) 01:07:11
楽しいから読むのさ。楽しくなかったら
誰が本など読むものか。


172 :無名草子さん:2005/03/31(木) 12:21:13
>>161
>よっぽど信長の野望やったほうが戦国時代に関しては想像力が豊かになると思うな w

イメージをうえつけられることと、想像力が豊かになることは違う
と思うが。


>想像力が増幅するって言われてるけど、本当に想像力膨らむかな?

想像力が膨らむかどうか以前に、想像力がなければ小説は読めないだ
ろう。

173 :無名草子さん:2005/03/31(木) 15:08:35
小説が役に立つかどうかなんて、議論すること自体が最も役に立たない。
好きなやつは読めばいいし、嫌いなやつは読まなければいい。
他人に自分の価値観を押し付ける必要はない。
このスレで時間を潰すのは、小説読むよりよっぽど役に立たないし、
俺がこんなレスをつけるのも役に立たない。orz

174 :無名草子さん:2005/03/31(木) 15:37:22
本当に下らんスレだな。
ガキの釣堀か?
何が面白いんだかね。

175 :無名草子さん:2005/03/31(木) 16:06:24
イメージを植え付けているってどこにも書いていないしwww
意味がわからん w
仮に、鎧を見たことが無く、歴史小説を読んでも鎧というものが何も分からない人が
信長の野望で鎧をみたとき、鎧のイメージを植え付けたってことになるのか?
鎧を映像で何も見たことが無い人が活字だけで鎧の想像力を膨らます方が有効とでもいいたのか?
そこまでして小説の地位を保ちたい理由はなんなの?
自分が小説ばっかり読んでるから?
俺は小説をあまり読まないからわからないが、
小説をよく読む人は、厳密に想像しながら読み進めるの?


176 :無名草子さん:2005/03/31(木) 16:09:44
>想像力が膨らむかどうか以前に、想像力がなければ小説は読めないだ
ろう。

答えになってない。
俺は想像力があるか否かではなく、膨らむのかと聞いているんだ。


177 :無名草子さん:2005/03/31(木) 16:32:26
やれやれ

178 :無名草子さん:2005/03/31(木) 19:18:07
科学的根拠はないけど、たばこをよく吸う人ほど
ボケにならない、っていうデータがあるらしい 
でもたばこ吸ってる理由に、ぼけたくないからって言う人は
ほとんどいないと思うんだよね
読書もそんなもんではないのかなぁ

179 :無名草子さん:2005/03/31(木) 21:57:19
やれやれ

180 :無名草子さん:2005/03/31(木) 22:13:04
ほとんどが趣味で読んでるんだろう。
趣味がプラモデルの人と同じで、プラモデル自体が役に立つもんじゃない。だけど、作ったり完成品を見るのが楽しいわけで、本も読むのが楽しいとか感想をいいたいってことだよ。

181 :無名草子さん:2005/03/31(木) 22:13:52
やれやれ

182 :無名草子さん:2005/03/31(木) 22:16:40
>>176
説明したところで、お前みたいな奴が理解できるのか。
どうしても知りたいなら、自分で試してみろよ。

183 :無名草子さん:2005/03/31(木) 23:30:57
やれやれ

184 :無名草子さん:皇紀2665/04/01(金) 14:33:40
おまえがレスしといてあとは自分で試せってwww

>>180
読むことが楽しいのか。
プラモつくるのもゲームをクリアするのも映画観るのも楽しいからってことで同じってことだね。

185 :無名草子さん:皇紀2665/04/01(金) 14:35:07
やれやれ


186 :無名草子さん:皇紀2665/04/02(土) 01:02:09
184
そうそう。だって太宰治読んだって、言い回しが古くって現代じゃ使えないじゃん。でも、文芸はいいってヤシいっぱいいるからな。

187 :無名草子さん:皇紀2665/04/02(土) 01:04:33
皇紀ってなんだよー

188 :無名草子さん:2005/04/02(土) 03:07:03
将来の仕事を円滑に進めるためによんでる。


189 :無名草子さん:2005/04/02(土) 04:28:37
やれやれ

190 :無名草子さん:2005/04/02(土) 19:53:27
>>189
司馬スレにおった粘着うんこ君?

191 :無名草子さん:2005/04/02(土) 22:57:39
今や色んなスレにおる

192 :無名草子さん:2005/04/02(土) 23:15:54
やれやれ

193 :無名草子さん:2005/04/03(日) 02:52:00
でもやっぱりドラマより本のが新撰組、かっこいいんだよなー
なんでかなー

194 :無名草子さん:2005/04/03(日) 03:02:00
今、急に思ったんだけど、新撰組って何で普通に大河ドラマとかで
放映されているのかな?英雄視されたりして。
新撰組みたいな感じにヒトラーのドラマなんて製作したら、すごく反感が
きそうじゃない?
両方とも負けちゃった分けだし、人殺しという点では変わらないと思うんだけど、
なんでだろ?

195 :無名草子さん:2005/04/03(日) 06:57:26
やれやれ

196 :無名草子さん:2005/04/03(日) 08:49:04
>>194
新撰組に限らず歴史上の英雄の大半は人殺しです

197 :無名草子さん:2005/04/03(日) 12:29:25
>>194
確かに人殺しではあるけど、
ヒトラーみたくホロコーストはしてないからじゃない?

198 :無名草子さん:2005/04/03(日) 14:05:18
「息子への30通の手紙」なんぞを採りあげる必要があるかね(笑)
あんなもの、文字の読み書きすら満足に出来ない知恵足らずの
息子溺愛母が、書いた文章垂れ流しにしただけ。
他人の白日夢だなんて、読解力のない哀れな大衆の言い分でしょ(笑)
あの母親って、昔、小説家を目指していて、実現できなかったから、
ことさら小説を目の敵にしてるだけ。
息子を溺愛するような、豆腐脳みそでは
小説家なんぞ、つとまる訳がないんだし(笑)
そんな奴に小説批評できるのかってんだ。

199 :無名草子さん:2005/04/03(日) 15:56:17
やれやれ

200 :無名草子さん:2005/04/03(日) 18:50:51
小説が役に立たないっていうんなら作家はマジで糞役立たずだろうな。いやエンターテイナー全て。
彼らが何の為に書いてるのか考えてみて。まあ中には貧乏苦で仕方なく書いたりしてる人も居るようだけど

201 :無名草子さん:2005/04/03(日) 23:41:25
>>196 193で新撰組がかっこいいって書いてたから、ただ新撰組を挙げただけ。
>>197 人殺しは1人殺そうが、何百万人殺そうが、人殺しには変わりないっしょ。


202 :無名草子さん:2005/04/04(月) 00:13:10
>>201
ちったあ頭使えよ。
ナチの虐殺と新撰組の行った殺しを同列に並べるのが
おかしいことぐらい分かるだろ。

203 :無名草子さん:2005/04/04(月) 01:49:05
赤穂浪士について

204 :無名草子さん:2005/04/04(月) 13:29:44
>>202 確かにそうだよ。だけど、倒幕されたことにより、今の世の中は成り立っているわけだから、
   新撰組は賊軍なわけじゃん。それなのに、何で普通にテレビ放送しているの?って話なの。
   だったら、戦争に負けたヒトラーもOKじゃんて。
   同列には並べられないけど、ホロコーストと一人ひとり剣で切っていくのは何が違うの?どっちも人殺しじゃん。
   ホロコーストすることによってスケープゴートの役割になったんだから無駄には殺してないだろ。   

205 :無名草子さん:2005/04/04(月) 13:50:58
>>204
戦って殺しあうのと、一方的な虐殺は違う。
この違いがわからなくなったのは、
戦後の絶対生命尊重主義と絶対平和主義の弊害だな。
「なぜ人を殺してはいけないの?」とか問う奴がこの手の輩。
ちゃんとした大人はすべての殺人を禁じてなんかいないんだけどね。

206 :無名草子さん:2005/04/04(月) 14:08:50
>>204
本を読んでいる人の意見とは思えない稚拙な意見だな。

新撰組は、幕府VS反幕府の戦いをしているんだから
敵を殺すのは正当な行為。
ホロコーストは、ユダヤ人と戦争しているわけじゃないのに
国家戦略として計画的絶滅作戦を行った許されない虐殺行為。

207 :無名草子さん:2005/04/04(月) 16:33:59
>>1
金稼いでなんか役にたつのか?
生きていてなんか役にたつのか?
ということだよ

208 :無名草子さん:2005/04/05(火) 01:03:56
ヒトラー←民衆を煽動して人殺しをさせた指導者
新撰組←指導者に煽動されて人殺しをした民衆

ヘータイの殺人は「戦犯」にはならない。
自身が直接ヒト殺さなくても戦犯ってコトはあるでしょ。

ボスキャラと戦闘員の区別つかんか?

209 :無名草子さん:2005/04/05(火) 01:07:33
>>208
東京裁判では兵隊も「戦犯」になったよ

210 :208:2005/04/05(火) 01:28:04
だからさ、そういうBC級とヒトラーって同一視できん
でしょ。新撰組でいえば、近藤勇は戦犯だから「斬首」
ではあるけど。

211 :無名草子さん:2005/04/05(火) 06:16:41
やれやれ

212 :無名草子さん:2005/04/05(火) 17:37:41
東京裁判は戦勝国のインチキじゃないのか?

213 :日本の将来が危ぶまれる…:2005/04/05(火) 20:05:48
12 名前: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 投稿日: 2005/04/05(火) 16:33:27 ID:0AEn5J/l
【社会】「英霊に敬意を」 台湾の独立派政党、靖国神社を参拝
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1112610816/

高校の教科書らしい…
安重根>>>伊藤博文って……

http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1112610816/443/
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1112610816/474/

より転載
ttp://upld2.x0.com/data/upld1176.jpg
ttp://upld2.x0.com/data/upld1177.jpg

ttp://upld2.x0.com/data/upld1178.jpg
ttp://upld2.x0.com/data/upld1179.jpg
ttp://upld2.x0.com/data/upld1180.jpg
ttp://upld2.x0.com/data/upld1181.jpg
ttp://upld2.x0.com/data/upld1182.jpg

214 :無名草子さん:2005/04/05(火) 22:08:03
>>212
戦争裁判なんてものは戦勝国の都合に左右されてアタリマエ
なんでね、あらためてインチキだなんていったって「そうい
うもんでしょ」ってだけじゃないか。

215 :無名草子さん:2005/04/08(金) 08:17:43
>>212
勝てば官軍 負ければ賊軍

216 :無名草子さん:2005/04/18(月) 04:53:29
やぶからこうじの ぶらこうじ

217 :無名草子さん:2005/04/26(火) 03:36:42
本を読むといつの間にか変な漢字が読めるようになってる。
これだけでもいいじゃねーか。

ぱいぽ ぱいぽ

218 :無名草子さん:2005/05/27(金) 14:56:36
不思議だけど、本を読んでいると作文が書けるようになる。
夏休みの読書感想文が(上手くないにしても)苦痛でなく書けるなんて、
いい事じゃないですか?苦労が一個減るじゃん。

219 :無名草子さん:2005/07/01(金) 06:17:36
そう

220 :無名草子さん:2005/07/24(日) 19:05:35
test

http://utsubotatsu.blog17.fc2.com/blog-category-1.html

221 :無名草子さん:2005/08/24(水) 12:25:18
ま、2chやってるよりは体に良いだろ

222 :無名草子さん:2005/08/30(火) 22:43:39
最近の物は読むに値はしないな。

223 :無名草子さん:2005/08/30(火) 22:59:49
本を読まないとこういう文章になる。

224 :無名草子さん:2005/08/31(水) 00:02:47
222>同意
  もろいと言うか、軽いと言うか、実に時代を感じる
  「小説を読んでなんか役に立つのか?」
  ・・・人それぞれだ。
  小説を読むと言っても、くだらない小説を読んでも意味は無いだろう・・
  それなりに知名人の作品には何らかの魅力がある
  読むと言う事は先ず読解力が無ければならない、ただ読むだけではその
  想像力も作り出せない。単語の意味を考えて読む事は、只たんに映画を
  見ているだけとはかなり違う。
  言葉=文章とは人間が作り出した人間しか出来ない事
  それを巧みに使いこなせるのは決して容易な事ではない

225 :無名草子さん:2005/08/31(水) 00:32:00
おれはいつも履歴書に趣味は読書と書いてある。
まあ、フリーターだがね。
ほとんどの面接官は悪い印象は受けていないと思う。
というか、若い人にはめずらしく良い趣味だと言われている。
学生のとき世間知らずとか、世の中は甘くないなどといわれてきたが
小説を読んでいたおかげで「大字」とか「ソルベンシーマージン比率」とかいう
言葉を知っていたので、リーマンしてたときは役に立ったよ。
また新聞にはうまく隠されて見えない事象などが、小説では克明に事実を知ることが
できたりするので面白いと思うが・・・。

226 :無名草子さん:2005/08/31(水) 01:34:05
>>225
うむ。
小説のおかげで人生を思う存分
味わっているようだな。
いいことだ

227 :無名草子さん:2005/08/31(水) 04:08:50
俺、年間500冊は本買うけど、小説なんて13年前に
読んで以来まったく読んでないや。つまんないんだもん

228 :無名草子さん:2005/08/31(水) 06:37:01
>>227
本の置き場所とかどうしてるん?
やっぱ要らなくなったやつは売ってる?

229 :無名草子さん:2005/09/25(日) 09:36:42
ノンフィクションの面白さにはまったら、所詮はフィクションなんだと小説を白けて
受け止める時期も一時期あった。でも今はどちらにも素晴らしい内容のものもあれば
クソの様なものもあるんだから自分のものさしを大切に良い本と巡り会いたいと思っている。

1のおかげで、息子への30の手紙ってのがクソな本だとよく判ったよ。


230 :無名草子さん:2005/09/25(日) 10:22:54
>>1
は、『 バカの壁 』 を教養本として挙げている時点で、教養の無さが計り知れる・・・・

小説は、役に立つためによむんじゃなくて、面白いから読む。
しかし、小説しか読まない人は、会話をしていてもあまり知性を感じさせないのは確か。
ビジネス、経済、サイエンス、歴史、政治、哲学、小説と幅広く読んでこそ真の読書家。

231 :無名草子さん:2005/09/25(日) 13:41:48
非生産的な事をするのは人間だけ。
それが生の高尚さというものです。

232 :無名草子さん:2005/09/25(日) 14:30:06
すげぇ名言
誰の言葉?

233 :無名草子さん:2005/09/25(日) 14:48:22
>>230
バカの壁なんてバカしか読まないもんな

234 :無名草子さん:2005/09/25(日) 16:54:28
>>231
随分知った気になってレスしてるつもりだろうけど、もっと自然科学の本を読みましょうねw

235 :無名草子さん:2005/09/25(日) 16:55:46
非生産的かどうかなんて、そんなの主観にすぎないwww

236 :無名草子さん:2005/09/25(日) 17:43:10
何かに役立てようと思って小説を読んでる訳じゃないが、
いつの間にか自分の血となり肉となってる。
それが面白い。

237 :無名草子さん:2005/09/26(月) 13:35:54
>>231
まさに

>>234
ポカーン

>>235
だから?

>>236
そうなのだ

238 :無名草子さん:2005/09/28(水) 00:20:50
全然違うよおまいら。
小説を楽しく読むために人生を真剣に生きるんだよ。

239 :無名草紙さん:2005/10/01(土) 09:38:55
役にはたたんが、最良の暇つぶし&一番金のかからん娯楽ではある。

240 :無名草子さん:2005/10/01(土) 10:54:22
>>235
その通り。>>231は西の果ての方に居る某wに触発された(ry

241 :無名草子さん:2005/10/01(土) 12:47:26
数学できない文系ですが、プラっと買った天文学の本にハマってしまいました。
もうちょい詳しく宇宙などについて知りたいのですが、アホでもわかる物理の本てないですか??

242 :無名草子さん:2005/10/01(土) 19:03:50
>>241
ブルーバックスでも漁れ。

243 :無名草子さん:2005/10/20(木) 13:31:18
因数分解が何の役に立つ

244 :無名草子さん:2005/10/20(木) 23:34:19
受験の役に立つ

245 :ZII ◆RPvijAGt7k :2005/11/16(水) 18:59:43
芥川龍之介とか吉川英治など、古典的な小説には若いうちに接しておく
べきですね。とりあえず国語力は増大します。
成人してからも小説「しか」読まないというのは偏っています。
所詮作り話なのですから、いい年した大人はそんなものに夢中になるのは
みっともないです。
秦郁彦、保阪正康、森史朗などのノンフィクションを勧めます。
小説はもう卒業して、せめて新書にしましょう。

246 :無名草子さん:2005/11/16(水) 19:24:51
何読もうが各自の勝手だと思うね。
専門書なんて知識を身に付ける必要がある場合しか読まないでしょ。
読む本人が知識を欲してなきゃ読む必要なんてないと思うんだけどね。

個人的には、ヨボヨボの爺さんが『海辺のカフカ』とか『好き好き大好き超愛してる。』
みたいな本を読んでくれちゃってても、全然構わない。

あと、小説を「作り話」で一括りにしちゃうのはちょっと短絡的だと思うな。



247 :ZII ◆RPvijAGt7k :2005/11/16(水) 19:53:38
秦氏なんか全然専門書じゃありませんよ?
ノンフィクションやルポルタージュは「本当に起きたこと」だから価値があるのです。
小説は所詮は作り話。赤川次郎や林真理子を1000冊読んでも無価値。

248 :無名草子さん:2005/11/16(水) 20:12:37
秦氏が専門書だなんて言ってないですよ。
というか、その人の本を読んだことがないのでなんとも言えないね。

赤川次郎や林真理子はともかく、ゲーテやドストエフスキーも一応「小説」だよ。
彼らのような文豪の「小説」が無価値だとは到底思えないんだけどね。


249 :無名草子さん:2005/11/16(水) 20:12:59
>>247
ボクもノンフィクションやルポルタージュ大好きです
最近は紀行にも嵌ってますね

小説より断然面白いですよね!

250 :無名草子さん:2005/11/16(水) 20:15:38
野球中継なんか見てなんか役にたつのか???
パチンコなんかやってなんか役にたつのか???
ドライブと称して用もないのに車を乗り回してなんか役にたつのか???

251 :無名草子さん:2005/11/16(水) 20:19:11
っていうか、この現実も誰かが書いた小説の内部なんだお

252 :無名草子さん:2005/11/16(水) 20:19:16
ノンフィクションもそうだけど、
本(文章)は想像力でしょう。ただ文字
眺めるのはおもしろくないけど、想像しながら
読んだら小説っておもしろいよ!!

253 :ZII ◆RPvijAGt7k :2005/11/16(水) 20:33:57
もちろん、小説の中には優劣があり、面白いものもありました。
しかし所詮は作り話。事実や歴史のほうが断然面白いです。
小説では満たされない、ってことですな。

254 :無名草子さん:2005/11/16(水) 20:39:29
小説は役に立たん。暇つぶしになるだけ。小説を書きたいやつだけが小説を読んだらええ。
小説書かれへんくせに、ひとの小説に嫉妬しているバカがいる。

255 :無名草子さん:2005/11/16(水) 20:47:03
そんなこと言い出したら、どんな趣味も役にはたたんだろう。

事実だろうが、歴史だろうが、小説読む以上に役に立つとは思えんが。


256 :無名草子さん:2005/11/16(水) 20:47:29
>>254
それは、エンジニアが理工書読むような感覚じゃね?
エンジニアが役に立つから理工書・専門書読んで、趣味に小説を読む。
という構図と
小説家志望が勉強のために小説を読んで、趣味に理工書読む(役に立つかもしれないけど)
という構図はほぼ一緒だと思う。

要するに、本業とか稼ぎに直結する情報が含まれてるもの → 役立つもの
としても、小説を読みたいときってのはある。
現実逃避なのかもしれんが、役立つ情報を頭に入れることよりも、夢想の世界へ意識を飛ばしたいということもある。
その引き金が小説じゃなくても別にいいんだが、小説は供給が多いからね。

257 :無名草子さん:2005/11/16(水) 20:56:43
読むんなら、古典を読め。百年千年の試練に生き残ってきたものだから。個人的には司馬遷の「史記」を挙げる。朝日選書のがお勧め。

258 :無名草子さん:2005/11/16(水) 21:19:10
「正法眼蔵」もむずかしいけれど、いい。春秋社から出ている「道元全集」の「現代語訳正法眼蔵」がお勧め。

259 :無名草子さん:2005/11/16(水) 23:37:06
小説は高校で卒業だな
そんな暇じゃねえし

260 :無名草子さん:2005/11/17(木) 12:04:33
役に立つといえば国語の試験の成績=読解力は上がるよ。
これは間違いない。個人指導の講師やってるけど、本を読まない奴は根本的に“読めない”し
読んでる奴は“読める”。でも実利としてはそれぐらいかな。

実用書は知識的に役立つことはあると思うけどね。

261 :無名草子さん:2005/11/17(木) 12:17:31
>>259
腰を落ち着けてゆっくり読むようなことはなくなったけど。
通勤途中は小説読むなぁ。

まあ、ビジネス書とかの割合も増えたので相対的に量は減ったけど。

262 :無名草子さん:2005/11/17(木) 12:23:46
好みの小説読むと 頭の中の日常生活では動かないトコが動く感じがする

263 :無名草子さん:2005/11/17(木) 12:58:14
俺なんか、むしろ歴史関係の書籍は疑いが先に立ってしまうんだ。
歴史って、その時代の権力者が自分にとって都合のいいように
書かせてるって側面があるでしょ?
そういう点を考えると「これ本当かよ? あまりに話ができすぎてないか?」
とかって感じることもある。
それに歴史って、ある程度その背景やら近辺やらを知ってないと
全然理解できなかったりして退屈することが多い。
私小説が俺には一番おもしろいかな。


264 :無名草子さん:2005/11/17(木) 13:05:24
ビデオゲームと漫画じゃつまんないから
本を読んで映画を観るんだと思う


265 :無名草子さん:2005/11/17(木) 13:42:12
暇つぶしだな

266 :無名草子さん:2005/11/17(木) 13:52:06
>>263
そういう歴史書籍の読み方もアリなんじゃない?

まあ、小説は虚構だし、前提条件は絶対だし、疑いようが無いから
それがいいってのもあるかもね。

267 :無名草子さん:2005/11/17(木) 16:25:52
>>266
だから論点がズレテルw
このゲームがどういう仕組みなのか最後までやってから言ってくれ
ずっとレベル1ならまだ白蛇のほうがいい


268 :無名草子さん:2005/11/17(木) 16:33:21
↑マルチコピペすんなバカ。

269 :無名草子さん:2005/11/17(木) 21:32:14
たちますよ。一番いい点は人間に対する洞察力がつく点ですよ。

情とか心理だとか、感情だとか、小説読んでる人は洞察の富んでるんで社会生活上
上手く立ち回れますよ。 例えばこの批判は小説読んでも賢くなんないだろ?
という指摘も含まれてると思いますが、 物語というのは一種の構築ですから
論理性も身に付きますしいいことだらけです。 まああくまで小説だからそんなに
論理能力なんか見につかね−よと言われる方達こそ小説を読まれたほうがいいと思
いますね。人間が理解できないで、力を発揮できない人間ってのはいくらでもいますから。


270 :無名草子さん:2005/11/17(木) 21:39:08
人生は死ぬまでの暇つぶしにすぎないのだよ

271 :無名草子さん:2005/11/17(木) 21:56:44
>>270
その台詞頂きました

272 :無名草子さん:2005/12/24(土) 09:43:26
_|!ィ1L| |-、l !|  , i    ヽ
       |!  j1 !i●    ●| |)リ |. !   ',!
      !  ,│|ト、 ー‐┐ ! !イ| 〉ト.ヘ.   !
       ,〃! || iヽゝノ, '| |ト !

273 :無名草子さん:2005/12/25(日) 20:58:39
ひつまぶし。

・・・って、東海道新幹線(名古屋)ローカルか。すまそ。

274 :無名草子さん:2005/12/25(日) 22:29:25
今や「ひつまぶし」はどこでも食えるよ。

275 :無名草子さん:2005/12/25(日) 22:30:41
やっぱ暇な奴って多いんだな

276 :無名草子さん:2005/12/25(日) 22:50:42
どうせ皆死ぬんだから、自分が好きな本を読めばいいんじゃないの?


277 :無名草子さん:2005/12/25(日) 23:03:24
本嫌いなら読まなきゃいい
「感想文めんどくさいからあとがきだけ読んでまとめました」が
今はネットから色々集めることができる
好きなの選んで、楽しく生きるほうがいい。

278 :無名草子さん:2005/12/26(月) 00:24:52
運が悪いのは生まれつき。だから本なんか読んでいるんだ。
好きな作品からの引用です。

279 :無名草子さん:2005/12/26(月) 07:07:30
気分転換になる
勉強や仕事ばかりじゃ息が詰まるからな

280 :無名草子さん:2005/12/26(月) 08:18:32
日本人は基本的に遊びや娯楽を悪とみなす風潮があるからな
ただ、遊びがメインになるとオタクみたくなるが

281 :無名草子さん:2005/12/26(月) 11:54:39
想像力が養われるよ。
漫画と違って、文字だけでどんな場面かを考えなくちゃいけないじゃない。
ちなみに私は想像力が乏しいから本読むの遅い・・・。

282 :無名草子さん:2005/12/26(月) 13:41:29
>>1
おまえは娯楽のすべてを否定しているのか?

283 :無名草子さん:2005/12/26(月) 17:03:04
まあ電車の中で出来るのって本読むぐらいしかないからね
そんな感じ

284 :無名草子さん:2005/12/26(月) 17:08:21
楽しいから読んでる
ただそれだけだな
楽しくてやってることがもし何か少しでも役にたてばそれこそ一石二鳥

285 :無名草子さん:2005/12/26(月) 20:34:41
うん。本を読むのは楽しいね。
読み終わった後の余韻とか好き。

286 :無名草子さん:2005/12/26(月) 21:43:26
オレは読み終わったらなんか悲しくなるよ。
でも、物語に不思議とひかれていく感覚がすき。

287 :無名草子さん:2005/12/26(月) 23:33:54
でもさ、>>1の提起って、有る意味良い指摘だと思う。
ところで自分が興味を持たない事に対して、

「○○ってなんか役に立つの???」

と素のままで言える個性をもつのも、必要かもしれない。
特にリーマンには良くも悪くも必須の才能であるし。

288 :無名草子さん:2005/12/26(月) 23:39:38
確かに役にはたたんな。
金も時間も結構かかるし、馬鹿みたいと思う人は読まんがよろし。

自分は暇も金もないのに読んでる。本を読むから暇がなくなる。
TVもニュースもろくに見ないし、本読んでるから勉強する時間もない、
部屋の床は本の重みで抜けそうだし、視力は悪くなる。
だからといって頭がよくなったとは全然思えない。
もはや娯楽とかじゃなくて、生き様なのでどうしょうもない。駄目人間になった。

ああ楽しい。

289 :無名草子さん:2005/12/26(月) 23:42:26
俺の場合、まず前提として本を読む自分が好きってのがあるな。
表現力を広げたいし。本読むのが好きというよりは、
本読んで一種トランス状態に陥るのが好きというべきか。
だから別に本じゃなくて、インターネットでも
何でも好奇心が湧き上がってくるような事なら何でも良い。

290 :無名草子さん:2005/12/27(火) 00:18:30
>>1
何かの役に立たないと読めないのか…本の無い下級階層は哀れだな

291 :無名草子さん:2005/12/27(火) 04:39:54
小説を読むと何かの役にたつと思って読んでたら、読書に幻滅しそう
小説を読めば、小説を書けるようになり、金持ちになれる。役に立つ。


292 :無名草子さん:2005/12/27(火) 05:26:50
人間観察の練習、かな。
心理学よりゃ実用性高いよ。

でも、俺の場合は単に好きで読んでるだけだが。

293 :無名草子さん:2005/12/27(火) 06:20:16
小説読んでる奴は、格好いいこと言おうとするからキモイんだよ

294 :無名草子さん:2005/12/27(火) 07:51:30
>>293
禿げ上がるほど同意

中途半端に知識があるからそういうこといいたがる。
ただ実際たいしたこといえてないっていう。

哲学かぶれもまた然り。

295 :無名草子さん:2005/12/27(火) 08:03:25
>>294
あなたは圧倒的な知識のある方、ですか?
それとも圧倒的に知識の無い方、ですか?

296 :無名草子さん:2005/12/27(火) 08:30:02
ないほうです

297 :無名草子さん:2005/12/27(火) 08:31:39
役に立たないことほど時間をかける。
誰もが馬鹿馬鹿しいと笑うことを繰り返し続ける。
俺が読書から学んだ物事の成功例だ。

298 :294:2005/12/27(火) 08:31:52
知識って抽象的なんでなんとも。文面から察知してくれ。

299 :無名草子さん:2005/12/27(火) 08:43:24
察知できん。本でも読んで勉強しろ。

300 :無名草子さん:2005/12/27(火) 09:40:59
>>298
なんか劣等感の強い子ですね

301 :無名草子さん:2005/12/27(火) 12:48:57
>>293
>格好いいこと言

単に語彙が多いだけ。
ただし日常的な言い回ししか使わない人には、
キザにみえる模様。

302 :無名草子さん:2005/12/28(水) 06:52:26
>>301みたいな虚栄心つえー奴はウゼーなw

303 :無名草子さん:2005/12/28(水) 11:28:25
べつに小説を読まなくてもいいけど
長い文書を読めない人は頭悪そう
イメージやフィーリングだけじゃね
いまどきの若者に多いタイプで
深く物事を考えず、自分の考えもなく
短絡思考で一緒にいてすぐ飽きる

304 :無名草子さん:2005/12/28(水) 12:49:34
スレの流れを見てないが、、、、、

こんな殺伐とした世の中では人にモラルを教えられるのは
小説とかフィクションの世界でしかありえないような
気がする。

305 :無名草子さん:2005/12/28(水) 20:44:45
モラル学ぶつもりで村上龍選んだり。

306 :無名草子さん:2005/12/29(木) 02:58:33
そう、日常会話で
>>302
みたいな反応されて、凹んだり腹立てたり言い訳したり。
結構辛いもんだよ。
見聞きした(=読書を含む)言葉を使わないってのも難しいし。

307 :無名草子さん:2005/12/29(木) 03:07:28
>>304
あー、304の気持ちわかる。

あと、理不尽な現実を「少しだけ」一時離れて
感動を得たいって時は小説が良い。

また、テレビドラマとかも良いけど、演技がわざとらしいとか、
原作と違うジャンとかとか"どうでもいい枝葉部分"が気になって、
楽しめない気分のときも本が良い。

308 :無名草子さん:2005/12/29(木) 10:22:45
>>306
日常会話でか・・・
それはお前の性格に問題があるんであって、読書とは関係ないような気が。
いや、他人の反応をどう解釈するかはお前の勝手だが。

309 :無名草子さん:2005/12/29(木) 10:29:16
本の影響がまったくない日常会話には
べつのなにかが影響してきませんか?
たとえばそれがテレビの言葉遣いだったら、許せるのか

310 :無名草子さん:2005/12/29(木) 10:39:36
2chならまだしも、日常会話で>>302みたいなこと言われるのか?
本の影響云々よりも、まずは性格を直した方がよさそうだな

311 :無名草子さん:2005/12/29(木) 10:52:09
いや302さんの言う事も分かる。自分は厨房の時周囲に
全然諺が通じなくて参った。
そんな難しいのじゃなくて「習うより慣れろ」とかその程度。
その程度で「頭いいのひけらかして」と嫌み言われる。
中学くらいまでは付き合う人間選べないし
トラウマになってしばらく読書するのやめてた。

312 :無名草子さん:2005/12/29(木) 11:16:00
>>311
いい友達に恵まれなかったんだな
本読んだりしてると頭いいキャラになっていろいろ聞かれるもんだろ
わけわからん事も聞かれたりして、ウザい時もあるけどさ
たまに冗談半分にからかわれる事もあるけど、
凹んだり腹立てたり言い訳したりはしねーな
まあ、環境も大事ってことだな

あと、煽ってる立場の>>302の気持ちが分かるってのが、
文章の流れからいまいち理解できないんだが

313 :無名草子さん:2005/12/29(木) 11:18:05
>>302>>301へのレスで、それを日常いわれるなんて書いてないでしょ
人の性格に親切にアドバイスしてる場合?

314 :無名草子さん:2005/12/29(木) 11:25:52
小説読むと、IDがないこの板の読解力がつくか?
誰が誰だかわけワカメ

315 :無名草子さん:2005/12/29(木) 11:34:16
ゆがんだ性格が直ったw

316 :無名草子さん:2005/12/29(木) 11:45:05
さんざん既出だが娯楽以上のものでも、娯楽以下のものでもないな。

ただし、結果的に、
・(適切な使いどころも含めた)語彙を増やすこと
・物事を簡潔に的確に表現するスキルの上昇
・「正しく表現するには、まず正しく知ることが重要だ」という理解
等々、大いに得るところはあった。

317 :無名草子さん:2005/12/29(木) 12:01:30
この質問って、「人間なんていづれ死ぬのに、
生きるのに意味あるのか?」って質問と同じぐらい意味ないな
利益がないと何も意味ないのか?そんなことないだろ
というか、そんなに意味って必要かね

318 :無名草子さん:2005/12/29(木) 12:04:53
根本的な無意味さを踏まえた上で、少し考えてみてもいいかなと思わせる程度の意味はある。

319 :無名草子さん:2005/12/29(木) 12:17:19
「星の王子様」とか「よだかの星」とか「幸福の王子」とか、
人間にとって大切だけど普段の生活でなかなか気づかないものを
気づかせてくれるっていうのはあるんじゃない。

320 :無名草子さん:2006/01/02(月) 04:32:52
>>1にとって「意味がある」というのが何なのかによるし
そんなことは人によって違うのだから他人に押し付けるものじゃない。

よって好意的に見て>>1は本が読みたいけれど意味が見出せない
と解釈する。

      読みたいなら読めばいいじゃない

321 :無名草子さん:2006/01/02(月) 04:33:54
>>319が「夜鷹の星」に見えた・・・

322 :無名草子さん:2006/01/03(火) 12:07:17
何もしないよりかいいんじゃない?
中には、何もしない方がいい人もいるだろうが。

323 :無名草子さん:2006/01/03(火) 23:42:08
役に立たないことはしない。

本読まない。

ドラマ見ない。

映画見ない。

無駄なメール、電話しない。

……続く。排除していくと「寝る」「食う」「仕事」「勉強」
これしか残りません。

324 :無名草子さん:2006/01/03(火) 23:53:54
>>323
本を読まない人は、仕事も勉強もアウトかと思いますが、いかがか?

325 :無名草子さん:2006/01/04(水) 20:51:49
本をゆっくり読んだ後は、
旦那に優しくなれます。

326 :無名草子さん:2006/01/05(木) 01:32:01
役に立つ、とかいう愚劣な感覚とは最も遠いところに
小説の存在意義はあるんだよ。

とか言っていいものか。

327 :無名草子さん:2006/01/05(木) 01:49:46
人間そのものが地球や宇宙にとって
何の役にも立っていないから、
小説が役に立つとか立たないとか
ほんのちっぽけな問題なんじゃないのかな?

と言ってみる。


328 :無名草子さん:2006/01/05(木) 01:56:22
まぁ一番価値のあるものってそれ自体は役に立たないものだと思うよ。
たとえば「愛」とか「命」とかって、
何かの役に立たせるためのものでしょうか?なんつって。

329 :無名草子さん:2006/01/05(木) 02:01:35
愛は愛のために役に立つ。命は命のために役に立つ。
だったら小説は小説のために役に立つ。なんてな。

330 :無名草子さん:2006/01/05(木) 04:15:12
>>1
趣味ってゆう言葉知らない?

331 :無名草子さん:2006/01/05(木) 12:02:00
恋愛感情を本で消化できる。
すげー安上がりじゃん。結婚する必要すらなくなるw

332 :無名草子さん:2006/01/05(木) 18:59:10
来年に高校受験控えてんだけどさ、小説を何百冊か読んだら推薦してもらえるやつがあるんだけど、どう思う?
なんか推薦目当てで物語を味あわずにまるで消化するのごとく読んでるんだと思うが・・・

333 :無名草子さん:2006/01/05(木) 19:10:34
>>332
ちゃんと読んだかどうかはどうやって判定するん?

334 :無名草子さん:2006/01/05(木) 21:18:36
感想文書かせたりすんのかな。

小説って上の人も書いてる通り、低いコストで時間が潰せるって
いうメリットもあるし、楽しみながら文章を読む訓練にもなるし
他の娯楽に比べてお手軽で、良い点がたくさんあると思うよ。
漫画も読むけど、漫画より小説読む方がマシだとも思う。
漫画が小説に勝るメリットってあるのかな?



335 :無名草子さん:2006/01/06(金) 02:22:45
とりあえず、「漫画やアニメでは想像力が養われない」とか言う奴は
想像力が貧弱な人間に決定。

336 :無名草子さん:2006/01/06(金) 22:43:14
と、アニオタが必死になっておりますw

337 :無名草子さん:2006/01/08(日) 18:24:49
冬厨全盛期

338 :無名草子さん:2006/01/08(日) 18:31:34
おいおい、残りページ少ねーぞ!まだ終わるなよオイ!って小説に出会えたときはやはり幸せ。
小説は娯楽であって、作者の説教じみたことに価値を見いだすこともあるが、やはり娯楽。

339 :無名草子さん:2006/01/08(日) 18:35:04
>>335
二次創作しやすい。
同人とかあるし。


340 :339:2006/01/08(日) 18:36:58
>>334だった

341 :無名草子さん:2006/01/08(日) 21:02:58
小説を読むと客観的能力をつけることが出来る。
ただし、サスペンス系の暴力小説は無意味だと思う。
ちなみに自分は、宗田理のぼくらシリーズで客観的能力を身につけました




342 :無名草子さん:2006/01/09(月) 13:20:58
>>341
釣り・・・ですよね?

343 :無名草子さん:2006/01/09(月) 13:57:51
小説を読むとたまに気持ちよくなることがある。
わくわくしたり


でも、めったにない・・・

344 :無名草子さん:2006/01/09(月) 14:04:21
寧ろわくわくできない小説なんて読む気がしないんだけど

345 :無名草子さん:2006/01/09(月) 15:03:08
世の中に「俺が」わくわくするような小説が沢山あったらそればっか読んでるよ。

ないからなかなか巡り合えなくて困ってるんだよ

346 :無名草子さん:2006/01/12(木) 20:27:44
>○○なんか役に立つのか???

>いや、本当に疑問なのだが。
>何の役に立つの?△△が豊かになる?(なにそれ?)、
>いろんな見方ができる?(ほんとか?)
>純粋な××だったら、他にいろいろあるでしょ。


○○に嫌いなものを入れ、××と△△にてきとーな単語を
いれると、大抵のモノゴトは(ry

347 :無名草子さん:2006/01/13(金) 22:41:44
今更だがこりゃ愚問も良いところだな

348 :無名草子さん:2006/01/18(水) 10:58:11
誰かが言ってたなー
人は大人になると何か得るものを求めて本を読むって。
小説はそういう意味じゃ読んで賢くなるというよりも娯楽だよ。
純粋に楽しむものとして役立つ。

だから俺なんかは説明的な小説に出会うとその本放り投げたくなる。
最近知人に言われて読んだ和久俊三最悪。警察とか検察の
しくみをセリフにのせて言わせる言わせる。やっぱ推理小説
はあまり好きじゃない。

349 :無名草子さん:2006/02/01(水) 22:21:31
346 名前: 無名草子さん [sage] 投稿日: 2006/01/12(木) 20:27:44
>○○なんか役に立つのか???

>いや、本当に疑問なのだが。
>何の役に立つの?△△が豊かになる?(なにそれ?)、
>いろんな見方ができる?(ほんとか?)
>純粋な××だったら、他にいろいろあるでしょ。


○○に嫌いなものを入れ、××と△△にてきとーな単語を
いれると、大抵のモノゴトは(ry
347 名前: 無名草子さん [sage] 投稿日: 2006/01/13(金) 22:41:44
今更だがこりゃ愚問も良いところだな
348 名前: 無名草子さん [sage] 投稿日: 2006/01/18(水) 10:58:11
誰かが言ってたなー
人は大人になると何か得るものを求めて本を読むって。
小説はそういう意味じゃ読んで賢くなるというよりも娯楽だよ。
純粋に楽しむものとして役立つ。

だから俺なんかは説明的な小説に出会うとその本放り投げたくなる。
最近知人に言われて読んだ和久俊三最悪。警察とか検察の
しくみをセリフにのせて言わせる言わせる。やっぱ推理小説
はあまり好きじゃない。

350 :無名草子さん:2006/02/01(水) 23:10:26
漫画と小説で比べる。
通常、本屋で売っている漫画の大半はビニールで包装されている。
それに比べ、小説は包装されていない場合が多い。
結果・小説の方が立ち読みできる場合が多い。
これが俺の小説を読む理由。
さすがに半日も居ると何か言われるが。

351 :無名草子さん:2006/02/01(水) 23:28:45
半日はやりすぎだけどその気持ちはワカル。
おれにとって小説は読んでいる間だけ夢の世界を体験できるものかなw
マンガとはまた違った読むというより感じるって感じたよ。

長レスになってしまい失礼しました。

352 :無名草子さん:2006/02/02(木) 02:21:09
要は暇潰しだな
ただ立ち読みは邪魔だから止めろ
邪魔臭くて端から蹴り入れたくなる

353 :無名草子さん:2006/02/06(月) 09:50:49
>>323
そして人はナマケモノになる…

354 :無名草子さん:2006/02/06(月) 17:24:53
誰も>>348のおかしさを指摘しないのか。
この人間違いなく小説読めてないぞ。

355 :無名草子さん:2006/02/06(月) 20:16:36
>>354
別におかしくないだろ


356 :無名草子さん:2006/02/07(火) 09:55:22
おかしいと思うなら自分が指摘すればいいのに。

357 :無名草子さん:2006/02/09(木) 00:07:23
しろしろ

358 :無名草子さん:2006/02/09(木) 16:40:49
小説を読んだ経験を生かしてどうこうって話なんだから
読んでるだけじゃ何の意味もないよね


359 :無名草子さん:2006/02/12(日) 22:16:01
俺は、最近時代小説を読み始めて何冊か読んだが、最近、時代小説を読む
メリットを強く感じるようになった。
新史太閤記では、乞食同然の豊臣秀吉が、どのようにして織田信長に気に入られ、その間、古株の長老
たちの嫉妬やねたみ、さらには足を引っ張られたりしながらも、自分の見方をつけて
最後は天下をとり、その間、自分の地位をうばいとりそうな仕事できる部下を
上生かさず殺さずに使いこなす技術や、大きな仕事をして成功するのは、一生に
一度は悪い事をしなければならない。しかし、悪いことも華やかに明るくすれば、
悪いことも良いことに感じる、など、学べること多いよ。
他には、なぜ、登場人物は殺されたのか、何がきっかけで突然成功への道が開けた
のか、とかね。
一般的な自己啓発書は、即効性で結果がでる内容が多いが、小説みたいに感情移入
して、いつまでも記憶に残らないからね。マーケティングでたとえるならば、
戦略の部分は小説、戦術は、自己啓発書という感じかな。

360 :無名草子さん:2006/02/12(日) 22:24:50
あほくさ。小説に自己啓発されないと生きていけないのか。
他力というか馬鹿というか。
要は内観ですかw
自己啓発なんてお気楽商売のサラリーマンにしか通用しないよ。


361 :俺は読む:2006/02/12(日) 22:39:59
小説が嫌いな奴や小説に関係ないことを書いてる奴はとっととうせろ。真面目に小説のこと語ろうとしてる奴だっているんだからな

362 :俺は読む:2006/02/12(日) 22:42:26
しょせんけもののたわれごと俺のこころにはひびかない

363 :無名草子さん:2006/02/12(日) 22:51:53
虚勢はっているが、実は内心こころに響いているから、返答しただけさ。
しょせん、弱い犬がほえているだけさ。
正直に、こころに響いたら相手にしなにのに、響いて気になったから返答して
しなったのさ。

364 :無名草子さん:2006/02/12(日) 22:55:01
人生に役立てようと思って読んだ本なんて一冊もないな。

教科書と参考書とスコアは例外だけど。

365 :無名草子さん:2006/02/12(日) 22:57:03
小説が嫌いな奴や小説に関係ないことを書いてる奴はとっととうせろ。真面目に小説のこと語ろうとしてる奴だっているんだからな

366 :無名草子さん:2006/02/12(日) 22:57:10
あくまで二次的なことだけど、ボキャブラリーは豊かになると思う。
それによって達意の文章が身につけば、役に立つと言えるのではないだろうか。
あと、皮肉を言うのも、うまくなると思うよ。

367 :無名草子さん:2006/02/12(日) 23:16:32
「人は、その才質や技能というほんのわずかな突起物にひきずられて、思わぬ
世間歩きをさせられてしまう」(”ある運命について”/司馬遼太郎)

「人間は立場で生きている」(峠/司馬遼太郎)


「人の一生は短いものだ。おのれの好まざることをがまんして下手に地を這いずり
まわるよりも、おのれの好むところを磨き、のばす。その事のほうがはるかに大事
じゃ」(峠/司馬遼太郎)

「男「生活に退屈しはじめると、こまごまと他人の意の内のうごきに興がおこるものだ」
 (風の武士/司馬遼太郎)

司馬の小説は、人生で役にたつことが多いよ。


368 :無名草子さん:2006/02/13(月) 23:12:24
小説よまないやつは、人間がうすっぺれな。
読むやつと読まないやつとは、人間の厚味が違う。

369 :無名草子さん:2006/02/14(火) 00:41:29
とってもジューシーてことですか

370 :無名草子さん:2006/02/14(火) 20:19:50


371 :無名草子さん:2006/02/15(水) 08:11:53
あほなスレだな
一流の人間はみんな小説を読んでるんだよw

372 :無名草子さん:2006/02/15(水) 11:19:40
「一流」「みんな」

知性が知れる

373 :無名草子さん:2006/02/15(水) 16:58:39
>>372
で?

374 :無名草子さん:2006/02/15(水) 23:31:57
>>373
お前ってうざいな。

375 :無名草子さん:2006/02/15(水) 23:34:10
晒しておこう

>>373
>>373
>>373

376 :無名草子さん:2006/02/16(木) 11:19:24
最初から「役に立たせよう」と思って読んでません。

昔は、私が「本を読む」って言ったらそれは小説のことだったんだけど、
今はノンフィクションの方が多くなりましたよ。
人間の想像を越える現実が平気で展開したりするから面白い。

それでも「役に立つ」から読むとは思ってないんだな。
映画だってそう。

大体、「これ面白かったから読んで(観て)み〜」と人に薦めることはあっても
「役に立つから読んでみ〜」って薦めることはまずないでしょ?


377 :無名草子さん:2006/02/16(木) 11:43:05
少なくとも読まない奴より語彙は増える。
幼少期に本を読んだ奴とそうでない奴では言葉の使い方、文章構成能力にかなり差が出る。

378 :無名草子さん:2006/02/16(木) 12:42:08
自分は知的だと勘違いしている優越感に浸れる。

379 :無名草子さん:2006/02/16(木) 14:08:12
見た目が読書なんて全くしない様に見えるらしく、意外性で賢く思われたりする。
本を読みたいが為に、外で遊ばなくなった。
ヒキコモリの様な生活をしている自分が怖い

380 :無名草子さん:2006/02/16(木) 17:18:23
よし、このぼくがスレタイとガチで勝負してやるぜ! 刺し違えても構いはしねえ。挑んでみるぜ。
まず一撃目をかましてやるぜ。小説を読んでいる多くの人は、クエスチョンマークを三連続では使用しないだろうな。一つで十分に意味が伝わるし、もしくは無くても十分に意味が汲み取れるだろうが。三つもあるとアホが露呈してしまうぞ。まあ使うのは自由だけどな。
おいおい、ネタスレだから勘弁してくれだって、いいや勘弁ならねえ。覚悟しやがれ。
だいたいな、小説を読んでなんか役にたつのか??? なんていう愚問には愚答しか返ってこないものなのだ。しかし見てみろ、誠意をもって返答しているレスもあるだろう。泣けてくるねえ。まだまだ世の中捨てたもんじゃねえって思わないか。
けどなスレタイよ、おまえの邪悪な愚問でその親切が汚されちまっているんだよ。もう許せねえ。詫びたって遅いぜ。叩き斬ってやる。
でもなスレタイよ、冥土の土産にぼくがその愚問に答えてあげるよ。
おっと、もうこんな時間だ! 大事な用事を思い出した。命拾いしたな。一つだけ言っておくよ。ダットの海に沈んでもおまえに安住の地はないよ。心しておくこった。

381 :悔しかったんだねw:2006/02/16(木) 17:29:02
374 名前: 無名草子さん 投稿日: 2006/02/15(水) 23:31:57
>>373
お前ってうざいな。
375 名前: 無名草子さん 投稿日: 2006/02/15(水) 23:34:10
晒しておこう

>>373
>>373
>>373

382 :無名草子さん:2006/02/16(木) 17:29:42
>>378
それお前だけじゃないの?

383 :無名草子さん:2006/02/16(木) 17:30:14
>>377
とでも思わなければやってられませんね(笑)

384 :無名草子さん:2006/02/16(木) 20:35:11
>>1

「音楽聴いてなんか役に立つのか?」
「プラモデル作ってなんか役に立つのか?」
って訊くかな?
たぶん訊かないと思うな。

じゃあどうして
「小説読んでなんか役に立つのか?」と訊ねるのか
むしろそれが知りたいな。


385 :無名草子さん:2006/02/16(木) 21:25:50
小説に過剰な期待をしているんだろう

386 :確かに:2006/02/16(木) 21:34:42
過剰な期待してます。
映画にも劇にも過剰な期待してます。
でも過剰な期待ってなんか悪いんですか。
自分のちっぽけな価値観だけで満足してる人より全然良いと思う。
後、僕が小説を読むのはただ活字をおいたいだけってのもあるけどね。

387 :無名草子さん:2006/02/16(木) 22:39:59
>>381
374は俺で、ただの通りすがりだったわけだが。

388 :無名草子さん:2006/02/16(木) 23:52:46
>>381
おかえり

389 :無名草子さん:2006/02/17(金) 13:05:58
まずこんな糞スレを建てた1の気持ちが知りたい
と思ったけど1って結構好みだからやめとく

390 :無名草子さん:2006/02/17(金) 16:03:39
>>387
で?
それがどうしたの?

391 :無名草子さん:2006/02/21(火) 10:21:35
俺は半年前まで全く本を読まないで1と全く同じ事言ってたわぁ。
でもふとした切っ掛けで読んだ著書から色々学ぶ事はあったぞ。
悟りというのはおこがましいかも知れないけれど、1の言うものの見方や捉え方は随分と変わったと思う。
三浦綾子の著書を読んでみては? たまに偏屈的な観点もあるけど俺はこれで読書って良いかも! って思った。
塩狩峠、氷点、羊が丘 辺りはお勧め。俺の恋愛観も変えたからなぁ。
エンタメは純粋に楽しめば良いし、自己の向上に役立つ本を見つけられたならそれもまた良し。

392 :無名草子さん:2006/02/24(金) 10:08:20
もっともな疑問ではある。しかし「役に立つ」の意味が曖昧だから
答えようがない。

暇つぶしになるという役に立ち方もあるし、歴代の戦争の名人は共
通して文学好きだったという例を挙げればいいのだろうか。


393 :無名草子さん:2006/02/24(金) 22:07:43
小説はもうとっくに終わってる。
いい書き手になる可能性のあるやつは他のジャンルに行くし、
いい読み手になる可能性のあるやつも他のジャンルに行く。

394 : ◆SZlV.W77zI :2006/02/24(金) 23:04:17
現実逃避に走るため

395 :無名草子さん:2006/02/25(土) 08:13:44
>>394
俺俺も

396 :無名草子さん:2006/02/25(土) 14:02:23
>>1
フィクションならいっそその醍醐味を追求するのも面白いぜ。
筒井のファンタジー?とか、小林恭二とか、SFとか。

397 :無名草子さん:2006/02/25(土) 23:15:09
偶然あるマイナーな作家の共通のファンであったことで話が盛り上がって
皆の憧れのあの娘をいただいちゃいました。

とか、そんな話が聞きたいんじゃないの?>>1

398 :無名草子さん:2006/02/28(火) 22:41:23
>>393
とりあえず釣られてレスするけど、貴方は
>他のジャンル
とは何を示すのですか?。具体的に教えてくれぃ。


399 :無名草子さん:2006/02/28(火) 23:14:55
嫌いなら読まなきゃいいでしょ。本は読まなくても生きていけるし、
必要としてないならどうでもよく見えるし。
読んだら、人生の後の方で幸福に出会える確率が増える。と思う。

400 :無名草子さん:2006/03/01(水) 18:09:55
400!

401 :無名草子さん:2006/03/01(水) 18:58:47
>>393
君は何ならよいと思ってるの?
批判するなら自分は何が良いと思っているのかくらい書こうね

批判するだけの厨房は、社会に出てから通用しないよ

402 :無名草子さん:2006/03/01(水) 19:02:02
このスレがここまで伸びるとはな。
別に何かの役に立つと思って小説を読んでいるわけではないと言う建前ではあっても、
それでも何か役立つんじゃないか、という期待を隠し持っている人は多いと見た。

403 :無名草子さん:2006/03/01(水) 19:18:07
>1は趣味として小説を読むという感覚がわからないんだな。
きっと「小説はいいけど漫画はダメ」って感じで育てられたんだろう。

404 :無名草子さん:2006/03/01(水) 19:34:25
普通に楽しむ為じゃないのか
純文学みたいな自分の思想垂れ流しのエゴ作品はクソだが

405 :無名草子さん:2006/03/01(水) 20:47:14
>>367
司馬ってやっぱ小説なのか?
忍者ものや短編はともかく、戦国〜明治もの代表作は
限りなく小説に近いノンフィクションと思ってたよ。

伝記文学とか歴史小説というからには小説なのか。

406 :無名草子さん:2006/03/01(水) 21:18:08
>1
その通り。小説なんか読んでも全然役に立たないよ。





と言っても満足しなさそうな >1 に萌え

407 :無名草子さん:2006/03/03(金) 00:33:57
>>367
無知であるがためにエネルギーが沸騰している集団にあっては、物事が
分かっている人間は殺されるか、疎外されざるをえない。 −花神

408 :無名草子さん:2006/03/03(金) 01:57:21
役に立つわけない
文学部いった奴の卒業後の進路を見れば一目瞭然だろ


409 :無名草子さん:2006/03/03(金) 02:08:00
で、どうやって>>408は全国の文学部卒業後の人の進路を見たんだ?
そこんとこ詳しく。

410 :無名草子さん:2006/03/03(金) 04:11:29
なんだって活用しようと思えば役に立つ
逆に言えば、なんだって活用しようとしなければ何の役にも立たない

411 :ai:2006/03/05(日) 17:12:10
語彙は増えるんじゃないかな。
でも、楽しいから読んでるんであって
それをどう活用するかはその人しだいだと思う。

412 :無名草子さん:2006/03/05(日) 18:53:50
自分は読書しまくりの大学1年ですが入学してすぐに読書好きの可愛い女の子と意気投合して付き合っています

413 :無名草子さん:2006/03/06(月) 11:48:20
十分役に立つと思うけど。
小説って、要するに圧倒的な人間への肯定というか、
出てくるのは全部人だから。
それってものすげえポジティブな行為だと思う。
それに、単純に楽しい。楽しい時間を過ごせるなんて、驚異的事だって。
それから単純に文字を読むことの効果もあるし、
一つ小説読むと、一つある体験を疑似体験するわけで、
実体験にはほど遠いがそれも一つの経験値ではあるし。
従って自分の場合はリアリティの薄い小説は嫌い。
設定とかじゃなくて、心理面での。だから恋愛小説は読まないけど。

414 :無名草子さん:2006/03/06(月) 20:30:40
>>402
>このスレがここまで伸びるとはな。

・・・・て、スレ立てて2年近いのに、まだ半分もいって無いジャン。
伸びてるって言うのか?。

415 :無名草子さん:2006/03/12(日) 23:17:48
材料物性あたりから来たんじゃねーの?

416 :無名草子さん:2006/03/12(日) 23:55:45
高校時代はヒマで毎日1冊以上読んでた
大学入って忙しくて月1冊以下に激減
結果、文章力・語彙・漢字がカンペキにダメになった
考え方も単純になってきた気がするな、老化かもしれんが・・・

小説じゃ理論的な文章を構成する力は付きにくいだろうが
なんであれ「活字」を読むことはイイコトだったんだなと今は思う

417 :無名草子さん:2006/03/16(木) 15:30:46
大学入って忙しくて、本を読めないって。

大学で何やってんだ?w


418 :無名草子さん:2006/03/16(木) 19:31:45
もっと忙しいやつでも、1日1冊以上読んでるやついるんだけどな。

419 :無名草子さん:2006/03/16(木) 20:24:05
だいたい1ページ1分かからない内に読めるから、
通勤のときと仕事の休憩時間に読めば少なくとも一冊は読める
まあ家帰っても読むがな

420 :無名草子さん:2006/03/16(木) 22:51:32
早く読めるやつが羨ましいよ

421 :無名草子さん:2006/03/16(木) 23:57:07
ある会社の社長、当然2chにいるやつより忙しいが、それでも1日2,3冊読んでたなぁ。
ま、こんな人いくらでもいるだろうけど。

422 :416:2006/03/17(金) 02:09:50
>>417-421の流れが悔しいから…レス。
大学で落ちコボレて予習に何時間も掛かったんだよ
むしろ終わらないから通学中も勉強
大学で読む本ほとんど外国語なんで「月一冊以下」に含まず
今は就活からの現実逃避で2にいるんです、と以上が言い訳w

てゆか「一日一冊以上」にそんなこだわんなよww
速読自慢じゃないよ、ただ授業中とかでもずっと読んでただけだからw
チラシ裏な感じなんで逝って来るわ

423 :無名草子さん:2006/03/17(金) 05:30:56
悔しがるなよw

424 :無名草子さん:2006/03/17(金) 21:59:14
>>422
そのうちゆっくり読む暇もあるだろうし、そのうち1冊でもなんかの役に立てば十分だ。
読書は楽しければ良し、無理すんなヴォケ。

425 :無名草子さん:2006/03/20(月) 12:29:37
>>424
と自分を慰める。w

426 :無名草子さん:2006/03/26(日) 22:34:53
べつに読書を役に立たせようとしなくてもいいと思う。
時間が無けりゃ読まなくていいし。
ちょっと時間が空いたときの暇つぶしになる。
とことん暇なときでも読めるし。嫌いなひとは
別に無理して読む必要ないし。人それぞれだと思うよ。
だから自分の意見を他人に押し付けようとするのはどうかと思う。

427 :無名草子さん:2006/03/26(日) 22:43:23
教養だよ

428 :無名草子さん:2006/03/26(日) 22:43:40
名作と言われるものは読んでおけ
それ以外は読むだけ無駄だ

429 :無名草子さん:2006/03/26(日) 23:04:55
すいません
娯楽しか読んでません

430 :無名草子さん:2006/03/29(水) 14:30:28
名作といわれる物でも大作物、シリーズ物になるとかなり及び腰に
なってしまう高卒無職の漏れ・・・・・orz

こんな香具師でも読めるものってありますか?

431 :無名草子さん:2006/03/29(水) 21:52:32
>>430

つ『セカチュウ』 『DEEP LOVE』

432 :無名草子さん:2006/03/30(木) 11:00:59
>>430
夏目漱石の『坊ちゃん』と『三四郎』から始めると良いでしょう。
100年前の作品だけど十分楽しめますよ。

433 :無名草子さん:2006/03/30(木) 17:59:23
>>432

ありがとうございます。dクス

434 :無名草子さん:2006/06/19(月) 17:15:51
830 名前:無名草子さん[] 投稿日:2006/06/19(月) 13:09:12
 >>829
 「料簡」ってどういう意味?
 俺は相当な読書家のつもりだったが、初めて見る単語だ。
 是非、教えてほしい。
 


435 :無名草子さん:2006/06/19(月) 23:00:56
知ってるか知らないかなんてたいした差じゃないんだよな。
ただ自分で読書家と言ってしまうのは恥ずかしい。
せめて「本が好き」ぐらいに。

ちなみに料簡という単語は俺は知らなかった。
今PCの再変換使って覚えた。

436 :無名草子さん:2006/06/19(月) 23:17:07
小説を読んでる人の大半は、別に『役に立つ』物を求めて小説を読むわけじゃ無いよね、きっと。
だから『役に立つか否か』って点で考える人は、進んで読む必要も無いんだろうな。

437 :無名草子さん:2006/06/20(火) 01:34:08
読書家なら「料簡」くらい見たことがあるはずだし、当然意味も知ってるだろwww

438 :無名草子さん:2006/07/30(日) 18:38:22
小説を読むことに意味はあると思う。
直接的なスキルに結びつくなんてことはもちろんないが、
ここでもいろいろな人が指摘してくれているように、
人間の内面を考える材料を提供してくれているんだと思う。

ただ、最近、多読乱読には無駄が多いんじゃないかと思い始めた。
小説を読むにしても、専門書を読むにしても、
ある程度系統だてて、狙いを持って読まないと、
中途半端で未消化な経験の集積にしかならないという気がしてきた。
読書家の中には、多読を尊ぶ人が多いけど、
今考えると、だいぶ胡散臭い意見が多い。
マニア・おたく的なアプローチというのが読書そのものにもあって、
そういう人は読書を自分の糧にしているというよりは、
読書に飲まれ、現実社会から隔絶してしまっているような気がする。
ほかならぬ私がそうだった。

人間である以上、眼前の現実社会を認識し、
それに対して時に渡り合い、時に折り合いをつけながら、
生きていかなけりゃならない。良き読書経験はそれに力をくれるのだと思う。
しかし私の場合は、多読で得たさまざまな材料で夢想的世界を作り上げ、
その中に逃避している様なタイプだ。これは良くない。
くれぐれも皆様こうはならぬよう。




439 :無名草子さん:2006/07/30(日) 18:55:49
つづき

つまり、読書作法ってのがきっとあるんだろう。
もちろん、唯一絶対のものなんていうんじゃなくて、
その人その人にあった作法が。
批評眼や自分の意見もなければ駄目だろう。
暇つぶしに読み流して、面白い面白くないで終わりってのは、
テレビを漫然と見ているのと大差がない気がする。
お気に入りの作家の書くことなら、
何でも受け入れてしまうっていうのも、もちろん悪だ。

いずれにしても、自分で考えながら、
ベストの読書道を見つけていくしかないのだろう。
最後に、ショーペンハウアー曰く「多読をするものは、考える力を失う。」




440 :無名草子さん:2006/08/16(水) 17:19:41
>>1
役に立たないよ

441 :無名草子さん:2006/08/21(月) 19:45:08
そもそも役に立たせたいからなんて理由で、無理に読めもしない小説を読む必要はないよ。
活字を娯楽で楽しめる奴だけが読めばいい。

442 :無名草子さん:2006/08/29(火) 10:46:24
三浦綾子のとある小説を読んで、
近所の教会に顔を出し、洗礼を受けた俺がここにいる。
酒とタバコと女に溺れていた俺が、毎週教会に通っている。

一つの小説が人の人生を変えることもあるんだなぁ。


443 :無名草子さん:2006/08/29(火) 12:24:39
小説は娯楽。ただそれだけ。

444 :無名草子さん:2006/08/29(火) 14:34:12
小説は文学。

ただ、そうじゃない紙くず同然があるのも事実。


445 :無名草子さん:2006/09/08(金) 15:12:43
読書とは他人の考え方や気持ちを考えるトレーニング、
頭の体操とも言えます。
体を鍛えるのがスポーツなら
頭や心を鍛えるのが読書です。

446 :無名草子さん:2006/09/22(金) 22:59:25
紙屑の束にもなれば人生を変える聖典にもなる。
これだから小説を読むのは止められない

447 :無名草子さん:2006/09/24(日) 19:05:22
小説ごときで何言ってんだか

448 :無名草子さん:2006/09/29(金) 01:15:33
>>442
あ〜あんとか峠って本か

449 :無名草子さん:2006/09/29(金) 14:58:10
暇つぶしだよ、読書なんて

450 :無名草子さん:2006/09/29(金) 17:20:20
ゲームを楽しむために人生を充実させたいなぁ
小説も同じだね

451 :無名草子さん :2006/09/30(土) 15:47:15
このスレ凄い。盗作で賞金500万円泥棒だと!佐藤亜紀って奴
    盗作本「バルタザールの遍歴」

ここ
 ↓        
【盗作3バカ】田口ランディ/ 佐藤亜紀 /篠原

本人後輪中! 盗作同士が激バトル?!




452 :無名草子さん:2006/12/30(土) 18:01:36
斉藤一人。神田昌典は、小説を読むことは大切だと言っている。
俺は今まで、すぐに役にたつよな実用書(経営・マーケティング・成功法則・心理学・
人生哲学など)ばかり読んできた。
正直、小説を読む効果って何?
俺は、自己啓発関係の本を読みはじめて15年はたつ。そのため仕事(営業)では常に
トップクラスの成績。知識も同僚より多い。そのためか、心でつい他人を見下して
しまう。つまりIQばかり高くなってEQが少なくなってきているのは実感している。
それでもつい、人を傷つけてしまい後悔してしまうことがある。
小説でも読めば、人の心とかが分かる人間になれるというか、もっと人間的に奥が深く魅力的に
なれるかな?


453 :無名草子さん:2006/12/30(土) 19:59:19
>>452
貧弱な読書歴だな

454 :無名草子さん:2006/12/30(土) 20:10:59
マジで本を読むだけで長文とか楽に書けるようになる。
これには驚いた。 それもありきたりな事じゃなく自分の世界観をうまく表現できたりして。


455 :無名草子さん:2006/12/30(土) 21:27:47
漫画みたい物だろ、ただ面白いか面白くないかだけだ。

456 :無名草子さん:2006/12/31(日) 00:29:56
>>454
454は、長文とか楽に書けるようになったというが、小説や物語の本を読んで?
それとも、自己啓発(人を動かす、心理学、営業テクニックなど)
や新書(下流社会、国家の品格、武士道など)?

457 :無名草子さん:2006/12/31(日) 02:02:14
>>452
 知らない方が幸せ。どうぞ、成功者の途を歩み
続けてください
>>454
 折角だから、もっと長い行使って書いてもイイと思われ

458 :無名草子さん:2006/12/31(日) 03:12:00
どうせ読むなら長い間人々に読まれてきた名作を読むべきだ。
マスゴミが視聴率目当てに取り上げるような物は漫画と同レベル

459 :無名草子さん:2006/12/31(日) 03:48:03
小説>漫画 なのか?

460 :無名草子さん:2006/12/31(日) 05:31:43
俺の場合人生オワテルから色んな小説の中に逃げ回ってる感じ

461 :無名草子さん:2007/02/20(火) 12:43:21
暇潰し&自己満足

462 :無名草子さん:2007/02/20(火) 12:57:01
特に役には立たなくても、役に立たないことを沢山知ってる方が人生は楽しい

463 :無名草子さん:2007/02/20(火) 13:53:40
>>459
 というか>>458の言う
>長い間人々に読まれてきた名作
が得てして、下手な漫画以上にトンでもだと
気付くだけでも収穫があるだろ

464 :満族:2007/02/20(火) 22:29:15
他人の白日夢が覗ければ想像力の広がりは巨大

他の小説否定の反論でも語ったが

SF小説に未来予想って機能がある

小松左京が評論的短編で
アポロが月面に着陸する様をSF作家がこたつで麻雀しながらTV中継で見る
これは思いつかなかったと

携帯電話の使い道や使い方でまだ汎用的になっていない(便利さが評価されていない)方法とかが
潜在していると思う
(そういった方法は評価されるフィクションに紹介されれば爆発しえる)

465 :満族:2007/02/21(水) 18:49:05
物語に長けた者が
世界を制する

アメリカインディアンホピ族の格言だそうだ

466 :無名草子さん:2007/02/21(水) 18:55:23
読書は自分にとっては暇つぶし、或いは現実逃避

467 :無名草子さん:2007/02/21(水) 19:24:53
所詮、人間の明日の生き方なんて白昼夢さ。


468 :満族:2007/02/21(水) 22:05:55
今日ひとつ携帯の技を教わったのだが
変換履歴から携帯使用者のメールの内容を推測する


469 :無名草子さん:2007/02/21(水) 22:48:06
役に立つから読むとか、役に立たないから読まないとか淋しすぎる考え。

470 :満族:2007/02/22(木) 17:49:20
世界を制したい者がここで遊んでるとは思えないが
携帯の変換履歴候補からメールを推理するのはそれ自体ひとつ物語りで
想像が創造になる

471 :無名草子さん:2007/02/22(木) 17:59:39
財界のトップの愛読書で、ドストエフスキーとかトルストイとかよく出てくる
し、普通に司馬遼太郎とかいうやつも5マンといるけど?

むしろ小説読まないほうが、ものの役に立たないのと違うの。

472 :無名草子さん:2007/02/22(木) 18:32:08
そんなのトップの人間だけだろ。一般人凡人はむしろ
文学読まずに社畜や奴隷になって世の中に疑問を
持たないほうが幸せな生き方と言えるのでは?
トルストイなんて読んだら世の中の仕組みや人間の
欺瞞に気づいて精神的に生き辛くなると思うよー
馬鹿で社長の太鼓持ちやった方が幸せだって。

473 :無名草子さん:2007/02/22(木) 18:36:52
>>472
おまえ、どうせ死ぬんだから生きていても無駄。さっさと死ね
ってのと同じ意見だね(笑



474 :無名草子さん:2007/02/22(木) 19:36:58
小説の有効性を語っている人が、現実的に何かの成功者ならいいけど、
ただのプロレタリアにすぎない小市民が小説の有効性を語っている姿には苦笑するしかない。

結局!何かを成さない限り小説の有効性なんてない!!

475 :満族:2007/02/22(木) 20:30:18
直接的効果を求めてしまうのも拙速で味わいの薄い人生でないか?

476 :無名草子さん:2007/02/22(木) 21:00:57
何か得るものを求めるなら小説は読まないだろ
参考書とか学術書とか
小説は所詮娯楽。しかし娯楽を馬鹿にするなら生きてる意味がないような気がするんだよな

477 :無名草子さん:2007/02/22(木) 21:04:00
役に立たないことをしてはいけないの?

478 :無名草子さん:2007/02/22(木) 22:03:23
面白いから読むんだよ、馬鹿だなぁww
本質わすれてんじゃねーの?(ゲラゲラ

479 :無名草子さん:2007/02/23(金) 01:27:15
田中康夫流にいえば「精神的ブランド」に依存しているタイプか。
「精神的ブランド」に依存している人が物質的なブランドに依存している人を笑えない、
どっちも似たようなもんだよ、ってことだろう。

480 :無名草子さん:2007/02/23(金) 03:01:14
>>478は真理だな。
本を読むのが面白いから、人は本を読むんだ。

481 :無名草子さん:2007/02/23(金) 03:07:22
物質的恩恵って言ったらほとんど無いわな、確かに。でも小説それ自体は古代から文化的に存在していて、認められて来た物なわけで無価値では無いんじゃないか?
価値があるとすれば、それを読む事に意義は生じる気がするが。

482 :無名草子さん:2007/02/23(金) 09:14:34
役に立つとか立たないとか、何を目的にするかによって違う。
人それぞれでいいんじゃないの。
小説なんて役に立たないって言う奴も一意見だし、
小説は役に立つって言うやつも一意見だろう。
ただしどちらかがどちらかに価値観を押し付けるのは感心しない。

それと小説を読む人間の方が優れてるような言い回しはやめて欲しい。
世の中本読むだけが豊かな生活じゃないのよん。
そういう奴は一体何を本から学んだのか分からんよ。

483 :無名草子さん:2007/02/23(金) 14:54:07
>>482
まとめんなよ
つまんねーヤシ(笑

484 :無名草子さん:2007/02/23(金) 18:40:40
そうだね。学生の頃は漫画読んでたけど、何時の間にか小説が漫画の代用になってるわ。
娯楽じゃ駄目なのか1は。 

485 :無名草子さん:2007/02/23(金) 18:47:08
自分を成長させるために本とか読み始めました
って言う奴はアホだ

486 :無名草子さん:2007/02/23(金) 22:36:15
お前ら馬鹿だろwww
ここでこういう議題で話し合うために読むんだろ

487 :無名草子さん:2007/02/23(金) 22:38:05
役に龍どころか頭がよくなる。

488 :無名草子さん:2007/02/24(土) 05:18:33
>>485
そのとおりだな。
漫画もテレビも映画も本も面白いから見たり読んだりする。
結果何かが得られるなら儲けもんってだけだ

489 :無名草子さん:2007/02/24(土) 18:30:16
学問専門でやる人は、面白いからなんて理由ではやらんけどな。
まあおまえらは娯楽どまりだろなw

490 :無名草子さん:2007/02/24(土) 18:37:07
小説を読むのも2ちゃんをするのも同じだよ。

491 :満族:2007/02/24(土) 23:27:52
小説は基本的に受身だけどね

492 :満族:2007/02/25(日) 10:03:40
流行の本を読んでおくとキャバ嬢と盛り上がれることがある

493 :無名草子さん:2007/02/25(日) 10:32:26
待ち合わせ時間の調整や電車に乗る時、それから半身浴する時の暇つぶしは
読書がいちばん適してる気がする。
本に限らないけど多方面に知識や教養を身につけてるほうが
レベルの高い男と会話が弾みやすい。


494 :無名草子さん:2007/02/25(日) 11:19:58
暇つぶしに最適だろ


495 :無名草子さん:2007/02/26(月) 03:54:28
うん、確実に頭が良くなると思う。
ってか思考能力が上がるね。視野・視点も増えるし知識も増える。
悪いことがないね。 

496 :無名草子さん:2007/02/26(月) 13:53:04
何の役にも立たない所がいい

497 :無名草子さん:2007/02/26(月) 13:58:13
役にはたたないな

498 :無名草子さん:2007/02/26(月) 16:19:18
読むスピードが上がる
これくらいだろ

499 :無名草子さん:2007/02/28(水) 03:09:23
疑似体験…って言うか本を通じて色々な体験が出来るから止められない。。
本を通じて恋愛を覗けたり、殺人事件に遭遇したり、はたまた、一緒に泣いたり。。

それだけで幸せだな〜俺は。

500 :無名草子さん:2007/02/28(水) 04:00:55
語彙が増える。読まないやつは一生小学生レベルの語彙力。
えーーと、なんか、を繰り返す。

501 :無名草子さん:2007/02/28(水) 04:34:35
>>500
本好きなのにうーん、えーーと、なんかを連発するやつも居る。





俺の彼女なんだが…orz

502 :無名草子さん:2007/02/28(水) 05:43:19
小説も、映画も、マンガも好きだが、意識を遠くに飛ばすのがいいよ。
終わったら何の役にも立たないけどね。
そもそも古代人とかも語り部の話を聞くのが好きだったはず。

503 :無名草子さん:2007/02/28(水) 12:30:27
それは本を読みおわってから自分で決めろ

504 :無名草子さん:2007/02/28(水) 13:42:53
>>501
 参考までにどんな本? ハレ食い程度なら当然だが

505 :無名草子さん:2007/02/28(水) 13:43:15
純粋なエンターテイメントとして小説を読んでいる。
役に立つから読め、などというのは古くさい文学観だよ。

506 :無名草子さん:2007/03/01(木) 06:38:33
役に立たないからこその娯楽だろう

507 :満族:2007/03/01(木) 19:02:28
役にたつと不純な娯楽

508 :無名草子さん:2007/03/01(木) 21:14:46
トリビア

509 :無名草子さん:2007/03/02(金) 09:59:08
ほんとに必要なことだけに絞ったら、
そもそも人間やめなきゃいけなくなるね

510 :無名草子さん:2007/03/02(金) 14:22:24
人間のエネルギーの効率って12%なんだって。

511 :無名草子さん:2007/03/03(土) 15:29:37
やっぱこういうスレあると思ったw

小説とかまじで無意味w

マジでw

2ちゃんの方がましw

マジで

動考えても無駄w

512 :無名草子さん:2007/03/03(土) 16:09:54
だよなーw

513 :無名草子さん:2007/03/03(土) 16:29:34
我が輩はただ脳髄の空腹を満たしたいだけ

514 :満族:2007/03/03(土) 23:14:13
空想に空虚しか見出せない発想は想像力を下げていると思う

515 :満族:2007/03/03(土) 23:16:04
自らの想像力に期待しないのだろうか?

516 :無名草子さん:2007/03/04(日) 15:15:34
しません

517 :無名草子さん:2007/03/04(日) 20:38:23
なんだこのスレ
  。 。
 / /
( Д )

518 :無名草子さん:2007/03/06(火) 23:20:05
>>1
別に何にも。おもすろいから読んでる。ただそれだけ

519 :満族:2007/03/12(月) 02:09:47
役立てる方法がみつからないから役に立たないは早計だ

520 :無名草子さん:2007/03/14(水) 08:26:21
物語って自分で妄想したり勝手に自己補完できるからこそ面白いと思うんだけどな。
だからノンフィクションのものは何が面白いかのかわからん。

521 :帰ってきた満族:2007/03/14(水) 20:02:22
ノンフィクションファンはあまり面白みに興味がないのでは?

522 :無名草子さん:2007/03/14(水) 22:02:00
>>1
立たない。起つ。実用的。

523 :帰ってきた満族:2007/03/15(木) 18:43:52
ここでフィクションファンに挑戦的なノンフィクションファンは
ボクチンの知的なお勉強と同じ振りで娯楽的行為に及ぶ不届きな奴等を許せんといった
感覚の持主かな?と

524 :無名草子さん:2007/03/16(金) 19:22:24
読書は消費だろ

525 :無名草子さん:2007/03/16(金) 19:44:14
小説読まない人って読まず嫌いが多いんじゃないかな。長編を2、3冊読んでみたら?
脳内で自分の好きな画を作ったほうがおもろい。


526 :無名草子さん:2007/03/16(金) 21:18:19
小説読んでるうちに漢字を覚えていたらしく、漢字検定に合格できたくらい。

527 :無名草子さん:2007/03/17(土) 01:25:09
役になんか立つわけないじゃん。
国語の試験対策くらいにはなるだろうけどね。教養を身につけたりとか。
でも、娯楽だから、自分に合わない本は無理に読まなくていいし
(いくら世間が「名作」と言っていようがね)
気楽に楽しめるよ。漫画と似たようなものね。生活の友さー。

528 :無名草子さん:2007/03/17(土) 18:20:20
他人の考えてることを推し量るための勉強と思えば、
効果は分かりにくいかもしれないけど、
社会生活の上で実はものすごく役に立ってるのかも。
例えば読書をしてる人の方がいろいろ知識があって、
他人の悪意に騙されにくいとか、
交友関係が良好になりやすく、それに伴い仕事も業績が上がるとか。
読書をする人としない人でいろいろ調査してみるのも面白いかもね。
年収の差とか交友関係の違いとか。

529 :無名草子さん:2007/03/17(土) 19:18:17
何をやろうが読もうが、それを活かせる人間と、活かせない人間が居る
ただそれだけの事

530 :無名草子さん:2007/03/18(日) 14:25:57
やべぇw


わらえるw



まじ無意味w


小説w

小学生かw




531 :無名草子さん:2007/03/18(日) 18:31:42
読書ぐらいしなさいよ、ボウヤ

532 :無名草子さん:2007/03/18(日) 19:18:48
ww>>531


悔しかったんだw


大好きな小説馬鹿にしてw


ごめんねw


まじ笑えるw


533 :無名草子さん:2007/03/18(日) 20:08:27
                               _, ._
                             (・ω・ )
             。・・゚・。。・゚・・゚・。=――q~)、 /   .i ) ̄ヽ
          。・゚・・゚・;・゚・・゚・。         \ ` |_/ /|.除|
       。・゚・・゚・゚・。・゚・・゚.・。           `ー_( __ノ |草|
     。・゚・・゚・。゚・゚・・゚・。               (  `(  、ノ剤|
"..;.;"..;.;".   ;.;"..;wwwwwwwwwwww_ノ`i__ノ 

534 :無名草子さん:2007/03/18(日) 20:21:44
>>533
やべぇw

AA


完全勝利w

弱すぎwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

535 :無名草子さん:2007/03/30(金) 04:05:28
東大に入るような子は小説なんて読まないらしいね。
それから仕事しても忙しそうだし為になることしかしないんじゃない?

自分の周りの読書家って成績が中〜下の人が多いね(自分もそうだけど)
自営業の社長さんとかね(中卒高卒の)
聞いていて不快になるところは小説の知識だけで全てを分かったようなことを言うところ。
黙って聞いているけど恥ずかしくないのかね?
聞いていて何の本か分かっちゃうのに如何にもみたいなのが…
それで上から見下ろしたような態度されちゃうと・・・もう何だかね・・・
歴史小説読む人にありがちだけど痛いよね。
だから小説読まなくても他に満たされていれば良いと思う。

536 :無名草子さん:2007/03/30(金) 23:24:18
>>535
正直、あきれてモノも言えない
何か嫌な事でもあったのか?
具体的な事例を挙げているのか、総括的な評価を下しているのかわからないし
全く論理的でない

537 :無名草子さん:2007/04/01(日) 07:16:33
>>535
あんたバカだね
あんたの周りもバカそう
社長はあんたがバカに見えるから知識自慢してストレス発散してるんだよ、きっと
男は見栄でストレス発散する生き物だから(女は愚痴)

538 :無名草子さん:2007/04/01(日) 07:18:19
>>1
国語の成績がよくなりました。

539 :無名草子さん:2007/04/01(日) 07:26:27
活字慣れは重要です

540 :無名草子さん:2007/04/01(日) 07:43:01
人にバカというような人間は自分もバカなんだろ

541 :無名草子さん:2007/04/01(日) 07:43:53
>>538
 小説を読むより、問題数をこなすことの方が重要だろ。
問題文だけでも読み漁るなら成績は良く成るさ

542 :無名草子さん:2007/04/01(日) 07:47:47
そこでこれですよ

つ【国語入試問題必勝法】

543 :無名草子さん:2007/04/01(日) 07:53:11
>>542
 作者自身とて出題を正答できるわけではないから、この世界、奥が深い

544 :無名草子さん:2007/04/01(日) 07:57:06
どの世界?

545 :無名草子さん:2007/04/01(日) 08:02:48
>>544
 受験界。小説の世界とは結構、違う

546 :無名草子さん:2007/04/01(日) 08:08:13
>>545
あれは既に、問題作成者の二次創作ではないかと思います。


547 :無名草子さん:2007/04/01(日) 08:38:34
問題の作品をなまじ知っていたりすると間違えたりするよね…部分的だから。

548 :無名草子さん:2007/04/01(日) 08:49:43
役に立つとか立たないとかで物事を考える人間はどうしようもないな。
マッドサイエンティストにメカ手術してもらえばいいのに。

>>547
感情移入したり感想考えたりせず、
その文のみから分かる情報だけ答えるという
非人間的な行為を行うんだよ。
高校3年のときそれに気づいてからは
現代文は点数取れるようになったな。

549 :無名草子さん:2007/04/01(日) 09:11:09
昔、太宰の一部がテストに出て、
「この主人公はその先どうしたか」という問題があった。
「心中しますた」と書いて×喰らったw
これは私が悪いww

550 :無名草子さん:2007/04/01(日) 10:53:58
>>1感性や感受性が豊かになる。

551 :無名草子さん:2007/04/01(日) 15:41:11
役に立つなんて錯覚だ。臆病な人間は、その錯覚を行動基準にしたがる。
多かれ少なかれ誰にもあるが>>1は重症。

552 :無名草子さん:2007/04/01(日) 20:25:35
どうなんですかね
実際

今の子はもう読まなくて良いんじゃないですかね
わかんないけど
僕は読んだほうがいいと思うけど

もう21世紀だし
今の小中学生に本読めってのもなんか妙な話ですよね

まあいろいろあると思います

553 :続満族:2007/04/01(日) 21:14:35
物語からアンビバレンツを問いかけられたりする中
善悪の価値観、社会性、幸福観、美意識などを形成する助けになりえる
とおれは思う

554 :無名草子さん:2007/04/01(日) 21:38:30
>>552
田舎で自然を読んで暮らすんであれば本なんか読まなくていいけど、
都会だったら本くらいは読まないと薄っぺらになっちゃうよ。
21世紀になろうが人間は20世紀と一緒。

555 :続満族:2007/04/01(日) 21:47:42
>>554
スレで問われているのは小説です

556 :無名草子さん:2007/04/01(日) 22:37:51
たった100円の投資で人生観変わる体験が出来る

557 :無名草子さん:2007/04/01(日) 23:43:14
人生観変わったと思っても、実際実質変わってないのが小説の落とし穴

558 :無名草子さん:2007/04/01(日) 23:48:34
金ウハウハ持っていても本読まない興味ない人いるよ。
日本の歴史の流れくらいは過去に勉強したけど忘れてたりしてる。
あんまり金稼ぐのには意味ないかもよ。
本を読む人は本当に好きで読む人と自己満足の人に分かれるよね。

559 :続満族:2007/04/01(日) 23:51:02
>>557
黒澤映画の生きるのオチみたいなことが言いたいのかな?

560 :無名草子さん:2007/04/02(月) 02:04:57
これだけは言える!読まなくても死なない!

561 :無名草子さん:2007/04/02(月) 02:52:58
文盲だから読解できないか、右脳が衰えていてイメージをつかみきれずいるか、だろ






馬鹿。ロートレアモンに土下座しろ、暇人。

562 :無名草子さん:2007/04/02(月) 03:47:37
イメージを掴むかむ掴めない云々ではない。
これだから読書家は偉そうと言われる。

563 :無名草子さん:2007/04/02(月) 06:21:12
役に立つかどうかといえば、
読むより書く方が役に立つ

564 :無名草子さん:2007/04/02(月) 06:26:24
小説は役に立つの?→暇つぶし程度には
他にも暇のつぶし方あるよね→当たり前。その時の状況・気分次第でやることはかわる
どんな小説読むの?→流行りもの・仕事の取引相手の好きなもの・歴史もの
何か得た?→小説を読む人との共通の話題・おもしろかったときの感動
共通の話題が役に立った?→嫁さんと付き合うきっかけ程度には
俺にとって小説とは?→自慰稀に性交

565 :無名草子さん:2007/04/08(日) 09:27:24
むしろ役に立たないからこそ純粋に楽しい

123 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)