5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【小野不由美 6】

1 :無名草子さん:04/06/19 21:31
十二国記中心のライトノベル板であまりに話題にならない
その他作品の話で盛り上がりましょう

2 :無名草子さん:04/06/19 22:23


3 :無名草子さん:04/06/20 09:59
また落ちちゃったんだね。1さん乙。

4 :無名草子さん:04/06/20 19:04
あっという間に終わった前スレも数に入ってるのね。

1オツカレー。

5 :無名草子さん:04/06/22 11:42
黒嗣の島いまから読むんだけど、買った人いる?

6 :無名草子さん:04/06/23 22:18
>5
新書版の時に買ったわ。
文庫になったんだな。ミス板の小野スレが少し賑わってる。

7 :無名草子さん:04/06/24 20:56
>>6
レスサンクス。

結構えぐいですな。
十二国記の風の万里と延王の話が好きだったから買ったんだけど。
一応最後まで読むけど、もう小野氏のミステリはかわないかもしれん。

8 :無名草子さん:04/06/25 02:00
>7
まだ途中なのね。

ミステリとして読むとどうも、って感想はよく見たような気がする。
犯人の探しまではよいがオチが( ゚д゚)ポカーンだ、とかいろいろ。

十二国のその辺から入った人だと確かにえぐいかも。
悪霊や屍鬼からだとそうでもなさそうなんだけどね。

まあ、合わなかったものは仕方がないやね。

9 :無名草子さん:04/06/27 10:52
おちすぎだよオイ

10 :無名草子さん:04/06/27 11:48
黒嗣が後味悪いのはレーベルのせいかなーと思う。

なんとなく小野さんはレーベルに合わせて書き分けてる気がする。
ホワイトハートの十二国記はやや青クサイところがあったりするし。

黒嗣も他のレーベルで書いてたらなあ。

11 :無名草子さん:04/06/28 18:54
>>10
俺、青臭い話大好きだからそっちの系譜のが好きかも。
「黒嗣の島」途中で挫折…。第一の殺人の後の展開が停滞しすぎてて。

12 :無名草子さん:04/06/28 19:15
神話とか好きなら中盤は結構読めるかも。
なぜ今黒嗣の島?とおもったら文庫化されてるんだね。


こんな話を聞いた。

>巫女が神降ろしをした時に、邪悪な者に取り付かれて村人殺して逃げ、
>隣村で子を産んだっていう言い伝えのある町を考えたなぁ。
>主人公の家はその巫女の血を引いているので、
>部外者以外との婚姻は認められていなかったんだけど、
>好きだった従姉妹と駆け落ちして狂気の子供を産み落としたってな内容だったはず。



13 :無名草子さん:04/07/02 18:53
ミステリー板
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1085872358/

14 :無名草子さん:04/07/08 09:14
いわゆる少女もののノベル書く人ってイメージが
あるもんだから損してる・・・とか

15 :無名草子さん:04/07/08 09:59
黒嗣の島は新書で読んだけど、そこそこ面白かったよ。
島の雰囲気とウンチクとで、夏の今頃、
とろとろ読むのにちょうどいい。

とくに後味悪いってこともなかったけど。


16 :無名草子さん:04/07/10 19:24
確かに
普通にハッピーエンドだったと思ったが

つか今なんか書いてんの?>小野不由美

17 :無名草子さん:04/07/11 21:58
くらのかみ

18 :無名草子さん:04/07/13 23:49
工エエェ(;´Д`)ェェエエ工

19 :無名草子さん:04/07/20 20:11
重複っぽいスレがたったので上げとこう

20 :無名草子さん:04/07/25 15:02
酷使の縞いま読んでんだけど夏にピッタリですね。
グロ描写好きだよね小野不由美って。

21 :無名草子さん:04/07/26 19:26
読み返してみたらあんまハッピーエンドじゃなかった
まあ読後感わるぅってことはなかったけど

つか講談社十二国紀にアニメとかの帯つけんな
買い難いだろ・・・

22 :無名草子さん:04/07/26 19:37
>21
最初は講談社文庫で買ってたけど
挿絵がないのが損してる気になって
白心臓文庫に乗り換えた。
一回買ったら恥ずかしくなくなったし
店員も気にしてないよ。

23 :無名草子さん:04/07/26 21:29
店員は気にしないとおもうよ。
今だに平積みで売れてるってしってるし。


24 :無名草子さん:04/07/26 23:42
いちいち客の買った本なんてチェックしているわけがない
恥ずかしがって、もじもじしていると返って変に思われる
男が少女漫画を買っても店員は後で「あれ?」って思う程度だよ

25 :無名草子さん:04/07/27 00:51
「アレ?」とも思わないよ

26 :無名草子さん:04/07/27 09:29
本屋による。
・・・当たり前だと思うんだが。

27 :無名草子さん:04/07/29 20:45
屍鬼より東亰異聞の方が面白かった。

28 :無名草子さん:04/08/02 00:48
>>27
雰囲気がいいですよね
個人的にはオチが気に食わなかったですけど

29 :無名草子さん:04/08/02 15:06
X文庫の悪霊シリーズは、リメイクしないのかな。

最終巻の上下巻セットなんて、
オクで1万近くまであがることもあるし

30 :無名草子さん:04/08/04 20:53
漫画のほうは終わっても無いのに文庫化するらしいよ。

31 :無名草子さん:04/08/15 23:59
オクで京都私設情報局買ってしまった・・・(ホントは売っちゃダメなんだよね)。


32 :無名草子さん:04/08/16 20:48
うおいいな。
コピーOKで売っちゃ駄目だっけ。

33 :無名草子さん:04/09/10 23:00:37
東の海神、風の万里、図南の翼、魔性の子を繰り返し読んでるけど、
小野氏ファンは他にどんな本がオススメ?
小野不由美の本は大概読んでしまった。

34 :無名草子さん:04/09/11 02:36:53
どんな本とは?小野氏の著書でってこと?
そうなら東亰異聞をお勧めする。
小野女史の文字の綺麗さが味わえる本だと思う。
一応ミステリ。多少ファンタジー入ってるけど。

そうじゃないなら北方謙三の三国志あたりを・・・
と十二国記ファンの友達に勧めたら合わないといわれたので微妙なんだけど。
更に中国関連で西遊記なんかもおもしろいよ。

35 :無名草子さん:04/09/12 01:30:16
酒見賢一は?「後宮小説」ね。
下ネタ入ってるけどけっこうおもしろいよ。
小野氏本人も、
あれは中華風テイストを先にやられたと言ってたらしいし。

あとは一般書籍板で名前あげるのもどうかと思ったが
十二国記は銀英伝に影響うけているのでよんでみるのも一興…

36 :無名草子さん:04/09/12 07:40:37
(・∀・)カエレ!!

37 :無名草子さん:04/09/12 10:49:09
酒見賢一はおもしろいね。
十二国記がおもしろかったって人に
おすすめできるかはわからないけど。

小野不由美のどんなところが好きっていうかによって
おすすめできる本も変わってくるんじゃないか?

38 :無名草子さん:04/09/12 16:56:08
中国風味ならバリー・ヒューガート。

あとは塩見七生とかあうかも。なんとなく。

39 :無名草子さん:04/09/12 20:44:47
ある種ストイックな風味が好きなら
ディック・フランシスはいかが

40 :無名草子さん:04/09/14 16:14:29
銀河英雄伝説。

41 :無名草子さん:04/09/15 01:48:58
半村良の伝奇小説なんかいかがでしょう。
「飛雲城伝説」とか面白いと思う。

42 :無名草子さん:04/09/15 12:54:52
自分は>33ではないけど
けっこう参考になってうれしい。
ぐぐってみたけどどれもおもしろそうですね。

まずは酒見賢一とバリー・ヒューガートと半村良あたりから
読んでいこうと思います。


43 :無名草子さん:04/09/16 17:37:00
ゴメン、スレ違いだけど
酒見賢一って「陋巷に在り」いいかげん書き終わったの?
待たされすぎてもう読むのやめちゃったよ。

44 :無名草子さん:04/09/17 16:45:27
スレ違いとわかってるなら素直にこっちで聞いてみたら?
【佐藤】二人のケンイチ【酒見】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1025274303/l50
自分は初めの一巻でとまってるので答えられませんが。



45 :無名草子さん:04/09/17 20:12:38
親切な人だね。
わざわざリンク貼ってくれて。

46 :無名草子さん:04/09/20 22:17:35
話題がないな・・・・。

47 :無名草子さん:04/09/22 11:55:02
そりゃ新刊が(ry

屍鬼も十二国記も語り尽くされてしまっているなぁ。



48 :無名草子さん:04/09/22 13:25:38
旦那が稼いでいるから、無理に働かなくて(執筆しなくて)
いい身分だし。


49 :無名草子さん:04/09/22 15:51:44
旦那に頼らなくても、
アニメや印税などで十分稼いでるだろうしね・・・

50 :無名草子さん:04/09/22 16:55:23
旦那以上に稼ぐとまずいかな?

51 :無名草子さん:04/09/22 18:55:32
おっと共々遅筆やね・・・

52 :無名草子さん:04/09/23 02:27:58
旦那かせいでるのか…?

53 :無名草子さん:04/09/23 12:44:19
稼いでるでしょー旦那。
新刊でたばっかじゃなかったっけか?
ミステリーランドも旦那の名前でてるから
そのうちだすだろうし。
そうじゃなくても印税でくらせるんじゃない?


54 :無名草子さん:04/09/26 23:42:02
そういや旦那って最近新刊出さなかったか?

55 :無名草子さん:04/09/27 01:00:55
出しましたとも。分厚いのを。「暗黒館の殺人」だったか

56 :無名草子さん:04/09/27 01:29:03
今は小野タンのほうがかせいでる気がするが…
統計はともかく

57 :無名草子さん:04/09/27 09:49:02
アニメ化したからね。十二国記

58 :無名草子さん:04/09/27 12:34:32
東京異聞って文庫で出てる?

59 :無名草子さん:04/09/27 19:24:23
大分前にでてる。

60 :無名草子さん:04/09/27 23:13:50
さんきゅー。じゃあ探してみよ。

61 :無名草子さん:04/09/29 21:51:21
いま、黒嗣の島を読み終わった。

島というかその雰囲気が読み覚えのある感じ。
悪くはなかったけど、オチが弱かったような・・・


62 :無名草子さん:04/10/08 21:05:34
綾辻・・・だっけ?
旦那のも一回読んでみようかなぁ。

63 :無名草子さん:04/10/09 11:14:38
アーヤを読むなら十角館の殺人から

小野不由美が好きだからって綾辻が好きになるとは限らんよ

64 :無名草子さん:04/10/09 11:31:32
アドバイスありがとう。
それ、読んでみます。
最後一行、ごもっともですな。
心しておきますわ。

65 :無名草子さん:04/10/09 23:53:13
たしか、十角館は小野さんと合作のようなものだったとか

66 :無名草子さん:04/10/11 11:54:39
小野不由美があの館の見取り図を書いた
とはきいたことある。


67 :無名草子さん:04/10/11 18:38:48
図面はしょっちゅう書いてるね。

68 :無名草子さん:04/10/12 14:14:36
図面を図南と見間違えますた・・・


69 :無名草子さん:04/10/12 21:47:02
小野って、還暦過ぎたら、文学書いてくれんのかな

70 :無名草子さん:04/10/12 23:04:11
>69
なんでいきなり還暦?
先過ぎるだろ〜

71 :無名草子さん:04/10/15 08:32:02
例の続きは還暦を過ぎてから執筆とか…orz

72 :無名草子さん:04/10/16 02:19:56
待てないよ。
今までの王様出すと話の構築が難しいだろうから
新しいキャラ、話なら何かできそうなものだけどナー

ダークな話の方が書くの楽なんじゃないか?ハア


73 :無名草子さん:04/10/17 11:54:57
悪霊の方もよかったら書いてくださいね・・・。
最新刊はいまだくらのかみか。

74 :無名草子さん:04/10/20 23:10:21
この人の作品徹底してセックス描写や性的部分がないね

ワザと?だよね、多分

75 :無名草子さん:04/10/22 04:41:04
>>74
最初がホワイトハートで長かったから
そういうの書ける環境になっても書きづらくなってしまったのでは。


76 :無名草子さん:04/10/24 10:24:54
屍鬼でも黒嗣の島でも書こうと思えば書けたが
書かないのはわざとだろう。

77 :無名草子さん:04/10/25 10:41:26
そういった場面を小説化するのにさして興味を持っていないってこともあるね。

78 :無名草子さん:04/10/27 12:38:45
経験ないんじゃないの?
なんて既婚者にたいしてアフォな事を言ってみる。

79 :無名草子さん:04/10/28 20:54:46
世に出てる小説の大半はセックス描写ないしね。

80 :無名草子さん:04/10/30 02:03:37
実は別名でエロエロノベルを書いているから
小野不由美名義でエロエロを書く気にはならないのです、なんてな。

ま、それは冗談だけど、
エロエロがないのは「そーいうのが嫌い」とか
「恥ずかしくて書けない」とかじゃないのか。
ふつーに「必要と感じないから書かない」のかも知れんが。

しかし、エロ以前にこの人の恋愛描写は
読んでてむず痒くなるのでイロモノ話は書かなくて良いと思う。


81 :無名草子さん:04/10/30 21:42:40
そのむず痒い恋愛描写が好きだ・・・


82 :無名草子さん:04/11/02 09:36:16
そのむずむず以上が一皮むけて書けるようになればいいな。

83 :無名草子さん:04/11/09 23:55:33
保守

84 :無名草子さん:04/11/15 21:02:53
ageますよ。

85 :無名草子さん:04/11/17 04:42:23
もう十二国記は終りなの?
終りなら終りではっきりしてほしい〜
焦れて苦しい。

86 :無名草子さん:04/11/18 03:20:00
ジャンプだったらあれで終わりでも違和感なし。
まあ、それだと読者の大半が不満らしいし、
シリーズのバランスも悪いから
いつか続きは出るんじゃないだろうか。いつか。
小野さんの気が向いたら。

tu-ka個人的に、十二国記にはそんなにハマってもいない。
どっちかっつーとゴーストハント出してほしいくらい。
だがこちらは絶望的だと覚悟している。
ホント言うと、闘鶏異聞みたいな雰囲気の話を
ごろごろ書いてもらいたいと思っているのだが。

87 :無名草子さん:04/11/18 20:58:51
東亰異聞良いね。(文字化けしてないだろうか)
評価は分かれるみたいだけど私は結構好き。
良くも悪くも小野氏らしいはなしだなと思う。

十二国記でも悪霊シリーズでもなんでもいいから出してほしいなあ。


88 :無名草子さん:04/11/27 22:59:53
怪談専門誌『幽』で怪談小説「鬼談草紙」を連載中。
Vol.2は12月10日発売予定。


89 :無名草子さん:04/11/30 11:06:21
小野不由美ってどんな女性なんだろう。
普通の作家だと写真が必ず載るし、写真と作風で何となくこういう人なのか
と想像つくけれど、ダンナが綾辻で、大学時代に結婚したという事は
書かれているけれど、どんな容貌なのか想像がつかない。
インタビューとかエッセイみたなものも書かない人?
「屍鬼」と「黒嗣の島」しか読んでないんですが、「屍鬼」は面白かった。

90 :無名草子さん:04/11/30 20:11:30
昔大学の公演会に呼ばれた事があるらしくてそこの大学の人のレポートを
読むには結構かわいいひとだったらしいですよ。
ちなみに着物来てたらしい。


91 :無名草子さん:04/12/01 00:25:13
>>90
あ、それよんだことあるわ。今はもう公開されてないみたいだが。
そこの印象だと顔の造作がいいというよりは小柄でおとなしい雰囲気というイメージが。

>会場に入って、しばらく雑談していると、>扉から着物を着たとても小柄な女性がこっそり入って来ました。
>……小野主上? (笑)
>主上のお席は用意されていなかったので、一般参加者の隣にちょこんと腰掛けておられる。
>……隣の女の子羨ましすぎ〜と周囲の羨望の的になっていました。
>主上のお召し物は、グレーの着物に黒帯、桃色の帯締め。
>髪はシニヨンにまとめてあり、とてもシックな装いでした。

92 :無名草子さん:04/12/01 02:01:28
病気だから露出しないって話を聞いてた。
何か見てすぐわかる障害でもあるのかと思ったら普通の人なのか。
ガセだったのねorz


93 :無名草子さん:04/12/01 11:39:46
へぇ、小柄な人なんだ。高村薫みたいな感じ?
京極夏彦の「どすこい」に出てくるO先生というのは、小野不由美の事
だと思うんだけど(ついでにA先生(綾辻だと思う)にO先生の事で
お伺い立てるというシーンも出てきて)、「O先生はいつものように穏やか
に〜」とか書かれていたのを覚えてる。「O先生は完全な覆面作家であり」
という文章で、「へぇ小野女史って顔出ししないんだ」と始めて知った私。
京極はそのO先生と仕事で一緒になったこともあるらしく、「屍鬼」を
大絶賛してるんだよね。
ギャグというか、何ともいえない「どすこい(仮)」で「脂鬼」のパロディを
書いてるのでその中での文章でのことです。

94 :無名草子さん:04/12/01 16:00:26
ちなみに『十角館の殺人』に出てくるオルツィは、小野先生がモデル……らしい

95 :無名草子さん:04/12/01 18:30:03
あれだけ有名でも作家って顔出ししないと決めてあれば
隠し撮りとか全盛の昨今でも全然出てこないよね。
サリンジャーとかこのまま亡くなるまで出てこなさそうだし。

96 :無名草子さん:04/12/04 00:36:02
サイレンてゲームがあるよね。
屍鬼そっくりの。

BR2ってあるよね。
十二国記そっくりの。

小野先生シリーズって至るところに影響与えてるよね。

97 :宣伝です:04/12/08 12:02:18
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1092997977/

ミステリ板の、各作家のナンバー1を決めよう!スレにて、小野不由美作品投票中。
締め切りは、平成16年12月10日(金)〜12:00まで。
興味の有る方は、スレの1にある注意書きを確認して、投票してみては。

98 :無名草子さん:04/12/16 02:51:20
エッセイかどうかちょっと微妙ですが、
昔「ゲームマシンはデイジーデイジーの歌を歌うか」
と言う、ゲームソフトについて書いた本を出してましたね。
ファミ通に連載していた物をまとめた本でした。
小説と違ってかなりハイテンションで書かれていて
私は結構面白かったです。

99 :無名草子さん:04/12/16 17:21:43
それ読みたかったんだけどもう売ってないよね?

100 :無名草子さん:04/12/16 22:12:26
売ってないみたいだね。
元祖悪霊もよみたいんだけどシリーズになったのしか見つからなかったし・・・

101 :無名草子さん:04/12/17 19:21:50
十二国記って小野女史のオリジナル小説なの?
それとも、原作というか、そういったものがあってそれに基づいて
小野女史が書いているの?例えば神話とか題材になる大元があるのだろうか?


102 :無名草子さん:04/12/17 21:22:18
官僚体制は周時代のものってどっかで聞いたな。
玉京、天帝、西王母はたしか道教かな。
西遊記で人参果っていう人間の赤ちゃんに似た実がなる樹って言うのがあるんだけど
これは民話でも似たようなのがあるからこの辺が胎果じゃないかとおもってる。
主が悪いと国が荒れるというのも実際に言われてたみたいだし。
妖魔の名前も原典がある。

十二国記自体はオリジナルだと思うよ。資料を積み上げるのは大変だったろうなー。


103 :無名草子さん:04/12/18 01:39:48
実際大変だったらしいけどな。
WHのあとがきでなんか言ってた。

104 :無名草子さん:04/12/18 01:49:45
妖魔とか全部、山海経だろ

105 :無名草子さん:04/12/18 10:08:41
>>102>>104

おーー、ありがとう。
そっか史実や神話、伝承などの資料にインスパイアされて、創造したわけ
だね。
実は・・・、こんな事を聞きながら十二国記読んでないんですが・・。

「屍鬼」「黒嗣の島」と大変面白くて、「屍鬼」なんかはハードカバーが
けっこうボロくなるまで読んだけれど、本屋に行くたびに「十二国記」で
悩む。若い女性ファンが多いというので、しり込みしてしまうんだよね。
三十路をはるかに回った既婚者・・。

新作出ないのかなぁ。

106 :無名草子さん:04/12/18 14:16:23
十二国記に抵抗があるなら、とりあえず新潮から出てる
「魔性の子」と「東亰異聞」あたりならあまり抵抗がないのでは。

まあ、別に無理して読まなくてもいいような気もするが。
逆に>>105には悪霊シリーズを電車の中でカバー丸見えで読む羞恥プレイを勧めたい。

107 :無名草子さん:04/12/18 19:30:08
>>105
青臭いのが嫌いなら読まないほうが良いかも。
「月の影 影の海」は女子高生が主人公の成長物だから。
でも読むのならぜひ上巻でやめずに下巻まで読んで欲しい。

108 :無名草子さん:04/12/18 23:39:14
>>106
羞恥プレイワロタw

109 :無名草子さん:04/12/20 08:41:39
ホワイトハートだと羞恥プレイになるって人の要望で
イラスト無しの講談社文庫版が出たんではないの?
>>105さんはそっちから読んではどうかと。
それでもタイトルばーんと出てて恥ずかしいのならカバーかけてもらって。

自分は山田さんの絵が好きなんで恥ずかしいけどホワイトハート揃えますた。

110 :無名草子さん:04/12/20 17:18:06
単なる想像だが。
105さんは「女子供の読む物」を自分が読むのが気が引けるのではないかと。
硬派な方なのでしょうね。

なので逆に羞恥プレイを勧めてみた106の私。

111 :105:04/12/20 23:48:55
羞恥プレイですか・・・。www

>>110
そう、仰るとおり、気が引けるんですよ。
だいたいホワイトハートだとか講談社X文庫っていうネーミングから
して、こうキラキラ輝く女の子のオーラみたいのが出てません?
しかもカバーが少女漫画だし。新潮文庫のカバーはまぁ普通のようだけど。

でも小野不由美の筆力は大したもの。あ、「東京異聞」は読みました。
好きですよ、そのテの世界も。
洋の東西を問わず古典も現代も色々読みますが、小野女史は凄いと素直に思
っているので余計にカリスマ的人気がある「十二国紀」が気になるんですね。

少女ノベルを書いているから変に軽く見られているのかもしれないが、
「十二国紀」にしても、あんだけの世界を構築するのは文句なしで
凄いでしょう。(まぁ、読んでないで言うのも何だけどさ)
また御用達の高島屋二子玉川店紀ノ国屋書店の文庫売り場で
考えてきす。

112 :無名草子さん:04/12/21 01:07:54
>>111
ですからホワイトハートじゃない、表紙もタイトルの題字だけの
講談社文庫版をお勧めしたのですが、見た事ないですか?
あと山田さんは元々SF畑、森博嗣さんとかと同人やってらした方で
少女漫画は描いてないですよ。まあ可愛い系の絵ですけど。

113 :無名草子さん:04/12/21 01:42:39
>森博嗣さんとかと同人
え、そうなの?
探偵伯爵とかはなじみだったってことか!
まだよんでないんだよなこれ。ちょうど注文中。

114 :無名草子さん:04/12/21 12:54:16
名古屋のSF同人の先駆者の人脈だよね。
「孔雀王」を描いた漫画家の荻野真とかもメンバーだった。

悪霊シリーズとかはさすがに自分も買うのが恥ずかしかったけど
十二国記は平気だったのはそういう知識があったからかも。

115 :無名草子さん:04/12/22 02:00:33
山田さんはちょっと硬派なオタイラストレーターって感じ。
はっきり言ってあの人じゃなく他の少女漫画な挿し絵だったら
十二国記そのもののグレードが2ランクくらい下がった気がする。

116 :無名草子さん:04/12/23 00:19:18
皇なつきでもグレードは下がらなさそうだけど
今より好き嫌いがわかれそう。
やっぱ山田さんかな。

117 :無名草子さん:04/12/23 09:16:14
屍鬼を読んで驚いたこと。
あれだけの長さで、一度も濡れ場が無い!

118 :無名草子さん:04/12/23 10:23:03
追いつめられると本能でそっち方面に逃げる人間とか絶対いるから
そういうシーンがあってもおかしくないよね。
しかし小野さんはそういうのが苦手だからホワイトハート系に書いてたのか
長年そういうの避けてたんで癖になったのか。

119 :無名草子さん:04/12/25 04:17:38
両方じゃなかろか。
ただでさえラブい描写が苦手やぁ言うてた人だもんなあ。
書かんでいいなら書かんだろうし、それが癖になって書かんでいるのではなかろか。

120 :無名草子さん:04/12/27 16:29:54
黒嗣の島、イマイチだったな。
登場人物に魅力がなかった。

121 :無名草子さん:04/12/30 01:09:50
濡れ場が苦手なうえに恥ずかしいんだろう。
吸血鬼のハナシだからそういうのがあってもおかしくはないんだけど。
俺は小説で濡れ場は特にイラナイ派だったけどここまで徹底してると
逆に違和感があるな。

122 :無名草子さん:05/01/01 07:46:02
恋愛描写で言うとGHでギリギリだろうな。
デビュー作は少女小説レーベルだから
無理矢理恋愛してたけど、それでいっぱいいっぱい。
恋愛がないから濡れ場が出ない。
別に恋愛しなくても無理矢理濡れ場をこさえる事はできるが、
小野女史はしないだろうね。
そうするくらいなら拷問描写に奔るタイプだ。

・・・実際、拷問つうか残酷?描写は中々出てくるが。

123 :無名草子さん:05/01/01 09:48:29
またさきとか、おつむに針金突っこんでぐりぐりとか。

124 :無名草子さん:05/01/04 22:15:35
(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル

125 :無名草子さん:05/01/08 23:03:07
保守?

126 :無名草子さん:05/01/14 20:03:21
ネタがないねぇ

127 :無名草子さん:05/01/15 01:30:45
主上、元気なの?

128 :無名草子さん:05/01/15 10:59:24
保守age

129 :無名草子さん:05/01/18 03:52:52
恋愛描写セックス描写苦手なのは「本人が縁がないから」っていうことはないんだよね
大学時代に早々と結婚してるんだから。

屍鬼は濡れ場がない代わり?に登場人物それぞれ相手役みたいな異性キャラがいたね

静信×砂子
尾崎×恭子
桐敷×千鶴
夏野×かおり
恵×夏野をひがんでるガキ

脇役もそれぞれなんか男×女でペアにしてあった気がする

しかし、この中で相思相愛は主人公×ヒロインカポーだけで
後は一方は好きでも片方は好きじゃなかったり、微妙

桐敷×千鶴
尾崎×恭子
この組み合わせが一番好きだったな。
尾崎と恭子は「医者なら誰でもよかった」と言っちゃう妻と、その妻で人体実験する夫
なかなかよい夫婦ぶり


130 :無名草子さん:05/01/18 23:02:06
尾崎と千鶴の話がよかったなあ。
引きずりだされるところ。

131 :無名草子さん:05/01/20 00:58:02
千鶴が吊るしにあったところは
強姦に近しい雰囲気があったな。

個人的には狼野郎(名前忘れた)が結構
上手いポジションで好きだったんだが。
静信はどーーーーーーにも好きになれん。なんか。

132 :無名草子さん:05/01/20 01:29:29
人狼といいつつ狼男のようなものでは無いんだよね。
名前は辰巳だったか。
コイツはもう少し情報が欲しかった。

133 :無名草子さん:05/01/20 12:45:01
死にたがってる沙子を無理矢理連れていった感があるので、
どうも納得いかなかった>静信

静信は無意識下で屍鬼になりたい気持ちがあって人狼になったようなものなんだし。
沙子は死なせてやって一人で逃げればいいではないか、と思ったよ。
一人きりで永劫の時を孤独に生きたくはなかったのかもしれんが。

まあ、あのラストシーンに繋げるためには連れて行く必要があるとは思うんだけどね。

134 :無名草子さん:05/01/21 20:05:58
結局屍鬼に性欲はあったんだろうか。千鶴が尾崎の命を奪わなかった
のは尾崎に男として曳かれていたことも一因なのかも。

135 :無名草子さん:05/01/22 22:56:13
千鶴は自分の力を過信していたんだろう。
桐敷みたいに全ての男は自分のいいなりになると思っていたんだろうけど、
尾崎の方が数段上。レベルが違いすぎでした。


136 :無名草子さん:05/01/24 20:50:56
屍鬼、ようやく読みました。
小野さんファンタジーよりもホラーのほうが生き生きしてるな、などと思った。
もちろん十二国記もすごいし、大好きだけれど。

屍鬼を読んで、萩尾望都の「ポーの一族」を思い出した。
パクリとかそういう次元じゃないんだけど、リンクするところが多い。


137 :無名草子さん:05/01/24 23:54:04
やはり吸血鬼と言えばポーの一族連想しますよねw
まさか日本の田舎舞台の作品に吸血鬼ネタもってくるとは思わなかったので
斬新な発想だなーと思ったよ。

ラストに関しては、静信は村と一緒に死んだ方が印象が良かった。

138 :無名草子さん:05/01/25 13:57:47
「ポーの一族」は連想しなかったなあ。
キングの「呪われた町」へのオマージュだから、吸血鬼が出てくるのが
当然と思っていたからかもしれないケド
舞台が日本の田舎だったのが斬新というかのには賛成。

別に「ポーの一族」を連想するのが悪いという意味じゃありません。

139 :無名草子さん:05/01/25 14:47:07
屍鬼の内容全く知らないで読んだので吸血鬼話が出てきた時は驚いたよ。
少しガクッとしたかもしれない。
もっと恐ろしい原因を想像していたので、それ以降は怖くなくなってしまった。


140 :無名草子さん:05/01/25 14:48:59
吸血鬼と聞いて連想する色んな事柄の中にポーの一族はある。

141 :無名草子さん:05/01/26 22:06:47
>139
そのもっと恐ろしい原因をネタに小説を書いてくれたら読むな。
文章がうまければの話だけど。



142 :無名草子さん:05/02/02 14:36:20
なんだかエラそう

143 :無名草子さん:05/02/03 10:12:57
話を読む限り、屍鬼に性欲は無いと考えざるを得んな。
妊娠はしないだろうし、射精どころか勃起するのかも怪しいところだ。
睡眠欲も無いし(自動的に眠るから)、その分、食欲が強くなるってことかな。

144 :無名草子さん:05/02/05 21:04:26
私も
「えー?吸血鬼かよ!」って椅子からずっこけたクチだから
4巻で頓挫してたんだけど、このスレ見てまた読む気になった。
人間関係とかもう少し整理して、読み直してみよう。
なにしろ登場人物多くてさ・・・。村人の区別がつかない。


145 :無名草子さん:05/02/06 00:32:45
登場人物、あんなにいなくていいと思うけどな。
長すぎて再度読み返す気にはならん。

146 :無名草子さん:05/02/07 11:00:30
本当はもっと長くしたかったんじゃなかろうか。
静信の父ちゃんを始め、他にも掘り下げられそうな人間が結構いたし。

147 :無名草子さん:05/02/08 16:20:52
静信の父ちゃんは、もっと何かすごい秘密を握っているのかと
思って期待して読み進んでいたのに……いつの間にやらあんな姿に。

屍鬼を倒せるような隠し技か何かを持っていて、
屍鬼と戦う決死の覚悟で自分のところに招待したのかとオモタ、ラ、

148 :無名草子さん:05/02/08 17:37:23
親父はdでもないヘタレでガッカリした

149 :無名草子さん:05/02/08 21:09:58
タイトルが「屍鬼」なのにゾンビとか吸血鬼とかを想像できないやつは
おかしい。
なにを期待して読んでんでしょうか?

150 :無名草子さん:05/02/08 21:51:58
ゾンビと吸血鬼は全然違うだろう。

151 :無名草子さん:05/02/09 01:35:20
>>149
観念的な叙情詩集

152 :無名草子さん:05/02/09 05:43:49
耽美的な抒情詩集ならアン・ライスの吸血鬼モノで正解なのだが。

153 :無名草子さん:05/02/10 04:41:49
小野不由美さんの本は何からが一番入りやすいでしょう?

154 :無名草子さん:05/02/10 08:44:44
>>153
ファンタジーやライトノベルに馴染みがあるなら十二国記シリーズ。
ホラーなら新潮文庫の「魔性の子」。
ホラーの長編に耐えられるなら「屍鬼」。

155 :無名草子さん:05/02/10 23:59:12
「黒司島」「図南の翼」「東亰異聞」
このあたりかな。十二国記シリーズを読んでみたいなら「図南の翼」で。
「魔性の子」もいいとおもうけど・・・

ライトノベルが好きなら「過ぎる十七の春」がお勧め。

156 :無名草子さん:05/02/11 00:53:54
明治末期の雰囲気が好きで
ミステリチックなホラーを好むなら
「東亰異聞」がいいと思うよ。

157 :無名草子さん:05/02/11 10:42:14
>>153
もし少しでも十二国記に興味があるのならば、刊行順に読むのがおすすめです。
刊行順に読んだ方がより面白い箇所がいくつかあるので、、、。
全部読まないのならば関係ないかもしれないけれど、
面白い上にするすると読みやすいので、一冊読んだら
どうせきっと一気に全部読んでしまうと思うから。


158 :無名草子さん:05/02/11 23:30:37
>>157
なんかワロタ。
いや、悪気はないんだ。

小野さんいわく、「東亰異聞」が試金石にいいということでしたね。
確かに、良くも悪くも一読者としても同意です。
ちなみに前半のゆっくり展開やラストのオチ、説教的な内容が不評のこともあります。

159 :無名草子さん:05/02/11 23:59:17
>>158
ワロタ?
自分の場合がそうだったんですよw 十二国記。
ほんの試しに一冊読もうとしただけだったのに、
あまりに面白くて止まらなくなり即全巻読破。

「東亰異聞」はボリューム的にも読み始めやすいですよね。
明治末期の雰囲気や歌舞伎の会話などが苦手な方には向かないかもしれませんが…。
読みやすさでいえば「黒祠の島」もいいかも。「屍鬼」ほど長くも怖くもない。

160 :無名草子さん:05/02/12 00:21:11
確かに、統計異聞は前半の濃密さに比べて後半あっという間にカタが着く。
小野さんの良い癖・悪い癖が顕著に出る話だと思う。
が、個人的には一番好きだ。
ああいう作風の話をたんたん書いてくれないだろうか。

161 :無名草子さん:05/02/12 00:29:08
>>159
なんかね、信者というか、レスから若いなぁというオーラがひしひしと伝わってきたので…。

ところで、一番怖いと思える作品はどれよ?
自分は「魔性の子」だった

162 :無名草子さん:05/02/12 01:36:27
>161
悪霊シリーズ入れていいなら「悪霊になりたくない!」(浦戸の話)がダントツ。
少女小説で一人称のくせに怖い。

163 :無名草子さん:05/02/12 01:40:14
>>161
あー、そういう意味でのワロタなのね。
同じパターンで読んだ人なのかなと思ったよ。
若くはないですがw、なるほど、ああいう書き方するとそう思わしめるのね。

「魔性の子」は、他の十二国記全部読んだ後に読んだから全然怖くなかったな。
一番最初に読んだら怖かったと思う。それがちょっと残念。

164 :無名草子さん:05/02/12 08:35:18
十二国記は「月の影 影の海(上)」を一番最初に読んで、続き読むのやめようかと
思ったから初見者にはキツイ登竜門だと思う。個人的に。

>>161
「緑の我が家」
ありきたりな階段話が怖い。
他の本は読み返しているうちにだんだん怖く無くなってくるんだ。

165 :無名草子さん:05/02/12 12:42:19
「月の影 影の海」上巻にめげてしまいそうな人は、
「風の海 迷宮の岸」を最初にしても良いかも。
月影より読みやすいし十二国の世界観や雰囲気が味わえる。

初読が一番怖かったのは、「屍鬼」の上巻。


166 :無名草子さん:05/02/12 19:39:17
そか?
順序変えると景麒の正体をはじめとする諸々が丸分かりで
月影をミステリ風にしたことの意味がなくならんか。
魔性の子は十二国知識ゼロの人間が読むとホラーとしての側面を
楽しめると思うが、十二国に関連があるとわかた人間が読むと
奇怪な物語に過ぎなくなるような。

167 :無名草子さん:05/02/12 19:42:27
でもアニメから十二国入った人間には関係ないか。

168 :無名草子さん:05/02/12 21:05:51
>166
164が月影を「途中で読むのやめようかと思った」と書いてあったから、
そういう可能性がある他の人に向けて165を書いたんだよ。
そこでやめてしまうのはもったいないと思ったからね
貴方や私のように何の苦もなく月影から順に読んだ人は
展開が全部楽しめたわけだから、それはそれで一番いいと思ってますよ。

169 :無名草子さん:05/02/12 23:47:27
おー。なんだ、結構このスレに住人いたのね。
十二国記の既刊分を読んだ後に「魔性の子」をよんだけど、これが一番だったな。
高里が無事なのはわかってたけど、周りが被る被害はどんどんエスカレートしていくもんだから
いったいどこまで発展するのかと思ってゾクゾクしたよ。あの騎馬戦は最高だった。
十二国記の蓬山とかでの平和な話をしってるだけに余計にそう感じた部分もあると思ってる。

次点は「屍鬼」かな。
中盤あたりゾクゾクしたけど、ある意味ホラーということは知っていて覚悟ができていたのと
じわじわと展開するので怖さとしては浅く長くという感じで。

170 :無名草子さん:05/02/13 12:42:09
汕子の白い手が哀れだった>魔性の子

このスレ見て「緑の我が家」読んでみた。
予想出来る展開にも関わらず面白かった。なんでだろう。
小野さんの小説はどれも読み始めたら止まらなくなる。
寝る前に、今日は少しだけ読もう、、とか思っていても
結局やめられなくて最後まで読んでしまうから寝不足になる。

171 :無名草子さん:05/02/14 12:43:51
哀れといえば母親だなぁ。泣きそうになっちゃったよ。

172 :無名草子さん:05/02/16 14:56:19
十二国は魔性〜から読んでなんかよくわからんな〜と思ったけど他の全部読んだら全部つながっててカンドーした。雁の話が好きだったから帰山はすごい好き。でも何より好きなのは屍鬼。


173 :無名草子さん:05/02/16 17:59:04
王としては好きじゃないんだけど図南の翼をなぜか何度も読み返してしまう。
話としては一番好きかも。

十二国記の続きはまだかと思いつつ今の王達が国を滅ぼしていくところは見たくない微妙な心境。
そろそろそういうの書きそうだから小野さん。
短編集でもちょっと心配な描写あったよね(尚隆と利広の話)
最後は一応安心させるオチがついてたけど。

174 :無名草子さん:05/02/16 21:17:18
帰山いいよね。

175 :無名草子さん:05/02/16 21:32:24
同感…やっぱり国の沈む所はみたくない…謀反ならまだしも失道は痛い。
図南は一番共感できる話だな…

176 :無名草子さん:05/02/17 00:13:37
更夜が出てきた時じんわり涙が出ちゃったよ。
まだ読んでない人も見るからくわしい事書かないけど。

177 :無名草子さん:05/02/17 01:09:17
>176
あの時は感動したねー。
「ええーっ!」と数ページ戻って読み直した。

178 :無名草子さん:05/02/17 11:48:31
もう随分長いこと十二国の新刊でてないよな〜

179 :無名草子さん:05/02/17 22:04:22
男が十二国記買うのは、おかしいですか?
読みたいけど海図ライ

180 :無名草子さん:05/02/17 22:09:02
別に。
外装が気になるなら講談社文庫買えば?
いまなら古本屋にでも出てるし。
尤も店員は客が何買うかなんて気にしないけど。
それでも嫌ならAmazonとかセブンアンドワイとか
店頭に行かなくても買う方法は幾らでも有るデショ。

181 :無名草子さん:05/02/17 23:52:28
179はきっと十二国記に出会ったばかりだろうから知らないのだろうけれど、
ユニセックスな作品ですよ。少年から老紳士まで大勢が読んでいる。
なんせ650万部突破するくらいですから。気にせず読むのがよろしかろう。
買い方については、180が全て。

182 :無名草子さん:05/02/18 00:55:06
イラストも実は見たいけど恥ずかしいっていうなら
通販だよね。
でもアニメにもなってるし恥ずかしいとか気にする事ない気がする。
思春期の自意識過剰かな。かわいいな。

183 :無名草子さん:05/02/18 00:58:31
おっさんの恥じらいだったらどうよ?

184 :無名草子さん:05/02/18 08:32:18
年をとっても恥じらいをなくさなければなおかわいい。

185 :無名草子さん:05/02/18 11:40:04
○○萌え〜とかいうおっさんじゃなきゃかわいい。
ファンタジー好きだけど周りに言えずこっそり買ってるとかさ。

でも十二国記は世界観がしっかりしてて
素敵な夢物語〜どころかかなりシビアで人の心の描き方も丁寧。。
内容を知れば恥ずかしいなんて思わないよね。
だからこそ講談社文庫で誰でも手に取りやすい版を出したんでしょうし。
ホワイトハートとあのイラストの表紙だけで読まないなんてもったいない。

186 :無名草子さん:05/02/18 21:09:32
ふと思ったんだけど別に第1刷版と最新刷版で微妙に文章違ったりしませんよね?ホワイトと講談社で違うとかも。


187 :無名草子さん:05/02/18 22:54:05
そんな話は聞いた事ないなあ。
講談社版はフォントに違和感があって買うのやめた。
ホワイトハート版に慣れてるからだろうと思うけど
妙に読みづらかった。

188 :無名草子さん:05/02/18 22:55:01
講談社文庫版、でした

189 :無名草子さん:05/02/18 23:11:19
>>186
文章というより、漢字に直されている部分はあるみたい。
ttp://12ch.w-site.net/faq/juuni.html#ju1_1

190 :無名草子さん:05/02/19 11:38:55
なるほど〜。
山田さんの挿絵もあるみたいですしこれからもホワイト版買っていこうと思います。ありがとうございました〜。
新刊がでればですけどね・・・orz


191 :無名草子さん:05/02/20 12:26:18
私は、講談社の方を買ってますね。(やすいんだもの・・・)
早く次の話を読みたいんですけど・・なかなかでませんねぇ・・・。

「屍鬼」「十二国記」「魔性・・」「過ぎる・・」etc・・・と、小野さんの作品は
ほとんど読んだんですけど、私的にはやはり十二国記が一番ですね!

192 :無名草子さん:05/02/21 00:32:10
同じく十二国記支持かなぁ、十二国読んでからは魔性もお気に入り!
魔性単品でも一応成立してると思うけど、最後ついて行けなくなったのを思い出す(笑)

私はホワイト版の方読んでますね、挿絵ないとちょっと寂しいし・・・
外編でも長編でもいいので早く出して欲しいですね(出ると信じてますyo小野主上)



193 :無名草子さん:05/02/21 16:31:46
このスレ雰囲気変わったね

194 :無名草子さん:05/02/21 17:34:32
ただでさえ本棚が狭いので、薄くてすむ講談社文庫の方を買ってしまうなあ。
漢字も意図したものが開かれていない方が良いと思うもんで。

>193
昔は屍鬼叩きスレっぽい雰囲気だったっけか。


195 :無名草子さん:05/03/05 00:02:40
拾弐克己はアンチジェンダーな政治小説なので、挿絵はイラネ。

堂々と文庫を買ってください。

196 :無名草子さん:05/03/05 01:15:30
どちらも文庫ですが

197 :無名草子さん:05/03/10 15:44:08
初めて小野不由美を読んだのは小学校低学年だったのに、
今はもう25歳…。
十二国記が未完のまま終っちゃったら成仏できないよ…。
でもなんか最近そんな予感がしてきた…。

198 :無名草子さん:05/03/11 01:56:47
>197
お。同年代ハケーン。
新刊が出るまえに三十路行くよ。多分。

199 :無名草子さん:05/03/12 04:22:00
三十路…
三十路突入時すでに小野歴二十年か…
人間ひとり成人しちゃうんですねー

その頃まだキャバ嬢やってたらどーしよ
新刊待ち遠しいなー

200 :無名草子さん:05/03/14 22:07:35
この人の大谷大学在学中に京都大学推理小説研究会に在籍というプロフィールを見て
いろんな意味でスゴイとおもた。

201 :無名草子さん:05/03/15 06:46:36
大谷大学在学中に、京都大学推理小説研究会に在籍ってすごいの?
いや、確かに自分も初めて知ったときは(へーなんかすごい)って思った
けど今になってみると、単なる大学生のサークルみたいなものなんじゃ・・・?という気がして
別にすごいともおもわなくなった。

小野さんって今いくつぐらいなんだ・・・?
上のほうのレス読むと20年ぐらいやってるらしいから、20の時デビューしたとして40か

202 :無名草子さん:05/03/15 14:21:54
>>201
旦那さんとか我孫子武丸、法月綸太郎とか今活躍してる作家が
出てるところだからじゃないの?

203 :無名草子さん:05/03/15 16:38:37
ま、別に京大生じゃないんだし、京大生だからっていい作品書くとも限らないし。
主上は主上ってだけ。こんな面白い物語を紡いでくれて有り難う、と感謝するだけだ。

204 :無名草子さん:2005/03/22(火) 20:07:11
黒嗣やっと読み終わったよ。
最後の方は俺のクソミソな頭じゃ、どっちがどっちなのかよぉわからんくなった。
でも最後に黄色の合羽が現れたときはホッとしたね。

205 :無名草子さん:2005/03/23(水) 03:10:31
「SIREN」ゲームやった人いるか?
屍鬼っぽいという話を聞いて気になってる。

板違いだったらすまん

206 :無名草子さん:2005/03/23(水) 19:34:35
SIRENやったよ。
でも屍鬼読んだことないからわかんない。
ごめんよ(´・ω・`)

207 :無名草子さん:2005/03/23(水) 22:43:42
もともと、SIRENが屍鬼をリスペクトしているということだったので
雰囲気は通じるものがあると思うよ。
SIRENはプレイしてないけど、発売当時の雑誌にこんなコメントがあった。

208 :無名草子さん:2005/03/23(水) 23:32:57
黒嗣の島、
最後に黄色が見えたシーン、爽やかでよかった。

209 :無名草子さん:2005/03/29(火) 12:58:38
SIREN俺は好き。確かに雰囲気似てるよ。
自分の操作してるキャラが容赦なく「あっち側」に捕われていく
救いのない展開は屍鬼の影響だろね。精神的にはかなり来るものがある。
難易度が高く、とにかく死にまくるゲームなんで、
万人にお薦め出来るものじゃない。下調べしてからの購入が吉。

210 :無名草子さん:2005/03/30(水) 23:09:33
小野さんのスレでサイレンが出てくるとは。。。
サイレン買ったんだけど、難しすぎ怖すぎでやってない。
屍鬼は初めて怖くてページをめくれない体験が出来た本。
サイレンが似てるなんて知らなかった・・・。
でもあの難易度はありえない・・
屍鬼似てるならもっかいチャレンジしてみようかな

211 :無名草子さん:2005/03/31(木) 00:50:12
SIRENが屍鬼をリスペクトしている

ってことは、屍鬼って例の30人殺しの話なんですか?まだ読んだことないもんで。

212 :無名草子さん:2005/04/05(火) 19:16:07
屍鬼は村人が不自然にどんどん死んでいくので云々な話です。
30人殺しとはちょっと違う。

読んでみるのが一番だけど、分厚いよなアレ。

213 :無名草子さん:2005/04/09(土) 23:07:20
SIRENを中古屋で見たらジャケットに沙子がいた

214 :無名草子さん:2005/04/17(日) 22:16:50
保守

215 :無名草子さん:2005/05/01(日) 14:42:55
十二国記しか読んだことなかったけど「東亰異聞」読んだ。
こういう独特の世界とか作らせたらやっぱりすごいなぁと思った。面白かったよ。
でも登場人物全員怪しすぎてオチに驚けなかったのが残念。
まぁ何度もこのスレでもいわれているけど良くも悪くも小野さんらしい話だな、と。
(十二国記シリーズしか読んでない身でこんな事いうのもおかしいけど。)

216 :無名草子さん:2005/05/02(月) 10:33:08
くらのかみ読んだんだけど
結局誰が家を継ぐのか示さないまま?
すっきりしないもやもやした終わり方だなあ…
出だしは面白くなりそうだったのに、なんだか期待はずれだった。

217 :無名草子さん:2005/05/04(水) 18:06:51
ゴーストハントでないかなあ。
後十年くらいなら待てるよ。

218 :無名草子さん:2005/05/17(火) 09:10:48
東亰異聞はちょっと駄目だった。
あの時代や設定自体は、凄い好みだったんだけど
何か妙に読みにくさを感じて、読みきるのに時間が掛かってしまった。
そのせいか、疲れた印象しか残らなかった。
素材自体が好みだっただけに、ちょっと合わなかったのが残念だ。

219 :無名草子さん:2005/05/17(火) 20:32:39
個人的に屍鬼が読みづらかった。
ぼーさんの小説部分とかいちいち読むと辛い・・・

220 :無名草子さん:2005/05/18(水) 00:34:57
当家言い分は時代設定や雰囲気は好きだったが
ラストで急にゴタゴタ崩れた感じがして唯一そこが残念。
ミステリと不思議系の融合に失敗したような感じと言うか。

指揮は沙子と静信が好きになれんくて。
作中話もなんか回りくどかったし。
ダラダラ長くて崩壊があっという間。
序盤から中盤をもうちょっと短くしてまとめてほしかったかなぁ。

221 :無名草子さん:2005/05/24(火) 13:39:53
小野作品は割りと読んでる方だと思うんだけど、なんだか『母親』が
あんまりいい役割振られてない気がする…

今、屍鬼読んでるんだけど、2日も3日も怒りを持続させるかおりの母、とか
強迫的に子供を亡くすのを恐れてる元子とか。
いい母親であるはずの清信母も、清信自身に「本当の母自身というものを理解してるとはいえない」
みたいなこと考えさせてるし。
魔性の子は言わずもがな。
陽子の母親は結局父親の言いなりで、陽子の味方にはならないし。
悪霊シリーズのあの人の親は、いい親だけど実の親じゃないし、あの人の親は既に他界してるし。
(悪霊に関してはネタバレなので伏せ)

「子を抑圧し呑み込む母親像」が多いような気がする。
小野作品てエロが皆無ってよく言われるけど、もしかすると「キャラが母親になる」ってことが
イヤで、その前段階のエロもないんじゃないかなー。

既出っぽいこと長々すまそ。

222 :無名草子さん:2005/05/24(火) 22:24:10
>>221
過ぎる十七の春の母親達も考察してみて

223 :無名草子さん:2005/05/25(水) 10:53:22
母より父親像が最悪な気がするけど

224 :無名草子さん:2005/05/26(木) 00:33:50
つか、血縁なら変な親が多い・・・?
親である前に人間である人物を書こうとするからか?

唯一マトモだと思った血縁の親は『悪夢の棲む家』の緑の母さんだな。

225 :無名草子さん:2005/05/26(木) 09:20:46
すっかり忘れてた…母親といえばそれがあった。>>222
美紀子には泣いたよ。でも自分の母親になるなら由岐絵の方がいいな…
美紀子はなんか「こわい」から。
「美紀子は班女だ…」のくだりが、この本の母親像みたいのを
よく言い表してるなーと思ったんだけど、調べても班女ってのが
漢の皇帝の愛妃としかなってなくて…他にも意味があるのかな?
過ぎる〜の母親(美紀子とあの人)があんまりひどく感じないのは、
子供がそれを受け止めてるからかな、とは思う。
客観的に見たら、母性の暴走が結構こわい。

屍鬼・黄昏の〜あたりを読むと特に思うけど、「所有する」ってことに
結構こだわってる?自分が守ってやれること=所有する、ならば
美紀子の行動もそれに関係あるかも…と思ったけど
わりと初期の本なので、美紀子・由岐絵についてはそうでもないかな?
あの人とあの人(ネタバレ伏せ)は、意味合いは違えど「所有」にこだわってた
気もするけど。

自分が自分であること・守ること、を自己の所有とするなら
子供たちは自分を「所有したい」
母親は子供を守りたい=「所有したい」
この齟齬の表し方、話の内容で母親像は移ろっちゃうかも。

うは…また長くてすまぬ

226 :無名草子さん:2005/05/26(木) 12:35:07
つまり、母親たちは自分の子供を自分のものだと
勘違いしてる香具師が多いってことだな。

227 :無名草子さん:2005/05/27(金) 10:11:33
>>225
過ぎる〜はよんでないのだけど「班女」は謡曲のほうかも
恋人を慕って狂乱する遊女の話。原義のほうの班女は皇帝の寵が他の妃に
移ったとき「秋がくれば捨てられる扇のような身だ」と嘆いたそうな。

→捨てられて悲しむ女?    横槍でスマソ


228 :無名草子さん:2005/05/27(金) 12:56:33
http://www.kamejiro.net/kai/2003/screenplay.html
http://www003.upp.so-net.ne.jp/sei0720/kabuki/sumida.html

子供を失って悲しむ班女の前のほうじゃないかな。

229 :無名草子さん:2005/05/30(月) 20:00:05
主上のペーパーで「もう悪霊シリーズ(ゴーストハントも)は書かない」って宣言してなかったっけ?
いなださんの方への描きおろしがあったから、みんな希望を持ってるってコト?

230 :無名草子さん:2005/05/31(火) 10:19:42
もう書かないって話は聞いたことある。
理由が挿絵だった気がするんだけど…書かない原因が挿絵なら、
ちょっと希望あるかなーっとは思ってる。

231 :無名草子さん:2005/05/31(火) 19:33:25
・・・書かないって。。。。
・・・悪霊シリーズって、ちょっと中途半端な感じなんだが・・・
しかも、最期の上下巻で、半ば強制的に伏線回収してるあたり、
非常に、、「苦笑い」を誘うってか。
加えて、話が唐突に終わってるんで、ビックリして心の臓が痛くなったしw

どのみち、アレで終わりってのは、
作家として、チトばかし無責任なんじゃないのかえ?

挿絵が嫌って、両方共が嫌なのかな。元祖とホワイト文庫の両方。
・・・描き手さんには悪いが、ちょっと分かる気もする。

232 :無名草子さん:2005/05/31(火) 19:50:59
強制的に伏線回収って、元祖の方?
元祖の方はかなり前の巻から、あとがきで終了予告してたから
そう唐突には感じなかったな。いっきにまとめないとダラダラしすぎに
なりそうだし。
元祖悪霊に関しては謎の解明のタイミングはうまいと思うよ。

ホワイトハートがなければ、次を次を、とは思わなかっただろうから
期待させたって意味ではホワイトハートの方は罪深いかもw

233 :無名草子さん:2005/05/31(火) 22:56:10
だねえ。それに例の彼が出てこなかったら、
WHがでてもそんなに気にならなかっただろうに。

それにしても最後の謎解きの巻はよかった。
子供ながらにあれがここの伏線だったんだ!とか。
まあその頃はジュニア小説しか読んでなかったっからてのもあるんだけどね。

ジュニア小説家の看板はやっぱり重荷になるのかな。
自分はGH好きだからあんまり嫌って欲しくないけど。
ラノベの地位が向上する事はなさそうだし、無理か。

234 :無名草子さん:2005/06/01(水) 00:27:43
白ハートの方の挿絵はわりとイメージどおりだったかなー?
特にぼーさんと安原少年。
リンさんのロンゲは笑ったけど。

235 :無名草子さん:2005/06/01(水) 01:17:30
白い方は麻衣がショートパンツのムチムチぷりんだったのがウケタ。
ピンクの方はナルのパーマが笑えたのとたまに出てくる中の人の呟きが寒かった。

236 :無名草子さん:2005/06/01(水) 19:48:58
>>233
「レイ」の彼か。
彼、ホワイト文庫終了時のままでは不憫なんだが。
むしろ、作者の言い訳臭い台詞
「すべての謎が明らかにされるわけではない」
つう言葉のベールに包んで、安らかに眠らせてあげたかった。
なんで、・・・どこぞやのアニメの回想のように
何度も何度も表舞台に引っ張り出すんだよ。
しかも、ほっぽり出しっぱなし。

237 :無名草子さん:2005/06/02(木) 13:48:58
233
私も最後の謎解きの巻はほんとにびっくりしたよー
なんか目から鱗が落ちっぱなしって感じで。
夢中で読んでたわりには何にも考えてなかったんだよなー。
あとがきで、読者の誰かがほぼ正しく推理してたとかゆってたよね、それがなんか悔しくてさー
だから十二国器ではかなり深読みしてるよ。
てか子供って、ほんと目の前にあるものを単純に信じがちだよね。
そりゃあ泰麒もほーざんに順応しちゃいますよね。

238 :無名草子さん:2005/06/04(土) 14:07:32
自分は、ところどころ引っかかりを覚えてたね<あとで伏線と分かったところ
あまりに不自然だから、
「これは、伏線なのか、・・・あるいは文章力が不足しているのか・・・・」
なんて、考え込んだりした。

思うんだが、この人、最期のまとめ、結構苦手でないかい?
最期の上下巻、「は? これで、この文章で終わり???」って思ったもん。

239 :無名草子さん:2005/06/04(土) 14:12:08
たしかにまとめうまくないな。
東ケイにしろ屍鬼にしろ、ラストはバタバタバタって終わるし。
十二国記も盛り上げて盛り上げてストーーーンって終わるから
なんか消化不良っぽくなることはある。

240 :無名草子さん:2005/06/04(土) 18:02:41
消化不良はおいておいて、
盛り上げて一気に終わるところがいい。
んー、ん?、まだ?、そろそろ?、キ、キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!という
このキターがたまんない。

241 :無名草子さん:2005/06/05(日) 09:54:21
個人的にはゴーストハントと屍鬼はラストは
特に問題なさげに感じた。屍鬼は最後より最初のが問題だ。
あれか、不自然な所は自分の妄想力で補っているんだろうか。

黒司の島はこれで終わりか?と思ったけど。
なんとなく宮部みゆきを感じた・・・。

242 :無名草子さん:2005/06/05(日) 22:37:10
話題断ち切って悪いんだが質問がある。
黄昏の岸 暁の天(講談社文庫)161頁14行目
「〜乱を鎮圧するのに役不足ということはない。」
とあるが、役不足の使い方が間違ってないか?
読んでてちょっと気になったので。既出だったらスマソ。

243 :無名草子さん:2005/06/06(月) 00:13:18
該当部分の文章が将軍の誰を出しても大袈裟じゃないくらい重要な乱の鎮圧、
という意味なら正しい。
将軍の誰をその任務に当たらせても十分こなせる、という意味なら「役者不足」を使う
べきだったかな。
前後の文脈からすると、役者不足を使うべきじゃないかなーと思うけど微妙だね。


244 :無名草子さん:2005/06/06(月) 00:27:25
役者不足または力不足が正しいんじゃなかろうか?

245 :無名草子さん:2005/06/06(月) 05:09:15
>>240はげどー。
小野さんの文章は最後の引きが鮮やかなとこがすごく好き。
潔いというかその後を妄想させるというか。

246 :無名草子さん:2005/06/06(月) 21:19:58
>>245
引き際が鮮やかとは、「よくも言い切った」って感じなんだが。

鮮やかってより、「尻切れトンボ」なんじゃないの?

247 :無名草子さん:2005/06/06(月) 22:21:57
ヒント:価値観

そんな事言ったらおしまいだけど。
悪霊シリーズの結末は私も好き。


248 :242:2005/06/06(月) 22:40:41
サンクス

249 :無名草子さん:2005/06/12(日) 06:40:21
悪霊シリーズはベタにナルと麻衣が二人でイギリスに行くとかいう所まで
やってほしかった。
それじゃあまりにもお約束なのはわかるが、しかし、まあ本自体ピンクの本だったし...。

WHとピンクの本では、同じ内容でも文章の書き方が違うよね。
白のほうがピンクより大人向けになってるような。
挿絵は白のほうが好きだな。


250 :無名草子さん:2005/06/12(日) 14:15:56
ピンクのゴーストに関しては、
恋愛熱はラストあたりで急激に冷めたからな。
冷めたどころか、無くなってしまったw

あまりに唐突で、
コレをどう受け取っていいものやら、と思ったが・・・
同人ネタでは勝手に脳内補完してるみたいだな。
完全に終わらせなかったから、どうとでもなるんだろうが。

251 :無名草子さん:2005/06/23(木) 20:35:09
屍鬼って全5巻なんだな。
知らんかった・・・
よっぽど暇がないと読みきれんな。

252 :無名草子さん:2005/06/24(金) 16:52:35
もうすでに5回くらい読み返してる私は暇人。
それでも1巻をよむのはかなりたるいけど。

253 :無名草子さん:2005/06/29(水) 09:02:32
初読みは5日かかった。
文庫で一日一冊。

254 :無名草子さん:2005/06/29(水) 13:55:05
十二国記も悪霊シリーズ中途ハンパなまま


255 :無名草子さん:2005/07/03(日) 02:55:34
屍鬼の最後の方で、辰巳か狼人の誰かに血を吸われて
「敏夫を殺せ」と命じられた人(名前覚えて無い)って、結局どうなったの?
敏夫を殺しに来たのって正志郎だけだよね?

256 :無名草子さん:2005/07/03(日) 02:57:59
あ、人狼か。スマソ。

257 :無名草子さん:2005/07/03(日) 09:20:14
きたじゃん。銃持ったおっさんが。
大川酒店の従業員がきたでしょ。

258 :無名草子さん:2005/07/03(日) 09:51:22
十二国記は、引越ししたり捨てたりしたのを、何度も買いなおして、のべ30冊は買ってるな。

259 :無名草子さん:2005/07/03(日) 23:18:41
>>257
銃を持って遅いかかって来たのって正志郎だけじゃなかったっけ?
できれば大体どの辺にその場面が書かれてるか教えてくれない?
(上下巻の文庫本で言ってもらえると助かる)

260 :無名草子さん:2005/07/03(日) 23:47:28
「サイレン」ってゲームは「屍鬼」にインスパイアーされているの?

261 :無名草子さん:2005/07/05(火) 02:54:38
SIRENマニアクスの中に、参考資料として屍鬼が入ってる。

262 :無名草子さん:2005/07/06(水) 18:44:45
自分としてはSIRENは屍鬼好きに是非オススメしたい。
主人公は夏野っぽい高校生だし、ヒロインの外見はまんま沙子だし、敏夫っぽい医者は出てくるし。
自分の操作してたキャラがどんどん人でないものに変わっていくのも絶望的でいい感じ。
ただ本当に難易度がかなり高いので注意です。

263 :無名草子さん:2005/07/07(木) 02:14:30
オクで「中庭同盟」発見。
だがしかし。
お値段\150,000也・・・手が出ねぇorz

264 :無名草子さん:2005/07/07(木) 05:27:07
・・・高いとは聞いていたが、
そこまでとは・・・

265 :無名草子さん:2005/07/07(木) 08:00:59
ゼロ二つ間違ってますよ!

・・・・すごいな。

266 :無名草子さん:2005/07/13(水) 01:24:15
「中庭同盟」に入ってる「書簡」と
「華しょの幽夢」の「書簡」って同じ話なのかな?
「函丈」読んでみたいな

267 :無名草子さん:2005/07/14(木) 06:31:41
>>259
今さっき屍鬼読み終わったよ。
辰巳に噛まれた松村って男が撃ってきて、返り討ちに…
杭で打たれて死んだ様です。
(下巻647〜648。)

268 :無名草子さん:2005/07/14(木) 22:18:14
>>267
まじかー、全然覚えて無いorz
見てくるよ。d

269 :無名草子さん:2005/07/24(日) 17:51:32
屍鬼は小野作品の中ではただ長いだけであまり評判はかんばしくないようだけど、
この夏思い切って読んでみようかな(´・ω・`)



270 :無名草子さん:2005/07/25(月) 10:51:30
いや、面白いと思うよ。暇なら読んどけ。

271 :無名草子さん:2005/07/30(土) 22:59:20
>>262
違う。沙子は能力ヒサメ

>>96
サイレンやバトロワ2の他に
ファイアーエムブレム蒼炎の軌跡なんてのもある。

272 :無名草子さん:2005/08/05(金) 07:00:54
「黒祠の島」読み終えました。
長文の上、既出だったら申し訳ないのですが、
疑問に思ったことがあるので教えてください。
便宜上、東京で作家として生活している方を麻理(真)、
福岡で弁護士として生活している方を麻理(偽)と呼ぶとします。
夜叉島の宿屋に「麻理」を呼び出す電話がかかってきた時、
それに応じて出て行ったのが麻理(偽)の
方だったというのが納得いかないです。
二度目に電話がかかってきた時、電話の向こうで強い風の音がしており、
尚且つ島内のどこかへ呼び出す電話だったことから、
電話は島内からかけられており、
相手は島民であると普通は考えるのではないか。
となると、相手の言う「麻理」とは、麻理(真)の方であると考えるはずで、
麻理(偽)が出て行くのはおかしいと思うのですが。
何か勘違いしてたら教えてください。


273 :無名草子さん:2005/08/12(金) 12:37:46
犯人は以前から、福岡の麻理(偽)の所在をつかんでおり
尚且つ、麻理(偽)を本物だと思っていた。(まぁ、入れ替わってると思わないよな^^;)
だから呼び出す時に福岡の仕事関係の事をしゃべって呼び出した。

麻理(真)は、その仕事関係の事を聞いて「それは自分じゃない」と判断。
麻理(偽)に電話を改めて取らせた。

ちなみに犯人は、二人に会ってない。二人が会ったのはジンリョウさんの頭領である。
作品中でも、二人は親戚一同とは会ってないハズ。だから顔を知らなかった。

違うかな?

274 :無名草子さん:2005/08/13(土) 03:24:11
追記

電話の相手が、福岡の仕事の話を出して呼び出すのなら
島民でも外の人間でも関係ないような・・・。
小説の中ではむしろ「島の中から電話をかけてきた」事が問題視されてる。

275 :無名草子さん:2005/08/18(木) 22:15:15
夏休みにて、「屍鬼」読んだ

呪われた町だけじゃなくてさー、ポーと夜明けのヴァンパイアには献辞はないのか
皮膚呼吸ってのが再三出てきてワロス
田舎の開業医だからか?

276 :無名草子さん:2005/08/19(金) 11:28:52
屍鬼はカエルの仲間だから皮膚呼吸できるんです!

277 :無名草子さん:2005/08/25(木) 17:48:55
皮膚呼吸をバカにするな!
リオのカーニバルでコールタールを全身に塗った人が、数時間後に
皮膚呼吸が出来なくて死んだんだぞ!!

278 :無名草子さん:2005/08/26(金) 01:45:21
謝れ!蛙に謝れ!!

279 :無名草子さん:2005/08/27(土) 20:16:12
あげますよ

280 :無名草子さん:2005/08/30(火) 00:12:14
『屍鬼』を初めて読んだんだが

医者のキャラは尚隆と激しくかぶるな。登場した瞬間、尚隆の風貌
以外を思い浮かべることは不可能だった。冗談好きで「人々思い」
の豪胆なリ―ダーで、しかも「若」だろう。そして坊主は麒麟だな。
キャラ的には六太の気安さと供麒の人の良さと景麒の役立たずさの
ミックス、みたいな。

これ偶然じゃないだろう。尚隆が「何万人の犠牲を避けるためな
ら何百の犠牲を出すのは躊躇しない」という割りきったスタンス
と、医者の「人間を守るためなら、元妻だろうが屍鬼を殺すのは
躊躇しない」という割りきったスタンスは通じるものがあるし、
「それは理屈ではわかるがどうしても(血が流れるのは)嫌だ」
というのは坊主と麒麟に共通しているような気がする。

こういう読み方も、どうせ既出なんだろうけどな。古いログが
読めないもんだから、飽き飽きする話だったらすまん。

ついでに言うと沙子が出てきたときも珠晶そっくりだと思った。
だんだん違ってくるけど。



281 :無名草子さん:2005/08/30(火) 02:44:20
工エエェ(;´Д`)ェェエエ工

282 :無名草子さん:2005/08/30(火) 03:46:13
俺も 工エエェ(;´Д`)ェェエエ工

>こういう読み方も、どうせ既出なんだろうけどな。
少なくとも俺は初めて見た。
敏夫が延王臭いってのは少しなるほどと思ったけど他はどうだろうな…

283 :280:2005/08/30(火) 05:34:47
そうか、よっぽど妙な読み方だったようだな

敏夫=尚隆 と見た人は古いスレ(1と2だけ読めた)にもいた
あと「利発な少女」てことで似てると見ている人もいたわ

坊主=麒麟 説については、

まぁ小野さんに限らず、作品が安っぽい感じになるのを避け
ようと思ったら、「いろんな見方」を提示しておいて結論を示さ
ない」みたいな書き方するのは普通のことだから、要するに
「意見の違う二人(または数人)を出しておく」ということから
来た類似にすぎんのかもな

ま、あんま気にしないでくれ。


284 :無名草子さん:2005/08/30(火) 17:55:12
自分も延王ぽいなーと思ったけど、後々の敏夫の無情さは延王以上に
思えて、ああやっぱり一応別のパーソナリティ与えられてるのね…と思った。
ただこれは時代というか背景設定が、十二国という異世界ではなく、外場という
現実世界に則してる所為で、延王より無情に見えるのかも。
あの世界で俊夫と同じことをやったら、延王ご英断、と思う気もするしな。

>>280ほど十二国に当てはめて読んだことなかったけど、かなりはまってて面白い。
辰巳なんかはさしずめ利広?

285 :280:2005/08/30(火) 19:42:07
なるほど〜 辰巳=利広かぁ
人当たりのいい青年で実はぢぢぃという・・・

人物を創造するって大変なんだろうな。作者が鮮明に思い描ける
キャラ、イメージてのは限られてくるもんなんだろうなぁ


あと今ここがすごい静かだから言うんだが、

話の筋はだいたいそのままに、そこに何か別の個性的内容を
盛り込んで別の作品にする・・・というのは、日本には伝統が
あると思う。蘇我物語とか忠臣蔵とか 基本的ストーリーも登場
人物も同じのままで、無数のバリエーションが書かれた
芥川龍之介なんかも古典に取材して小説を書いた例が多い

そういう文学的伝統てのは無意識に受け継がれてるものだから
俺なんかは話の基本的な筋が同じでも問題にする気になれん

ただまぁアメリカ人に理解してもらえることかどうかはわからん
けどなw


286 :280:2005/08/30(火) 19:43:10
しまった、上げちまった

287 :無名草子さん:2005/08/31(水) 17:22:35
十二国の世界に屍鬼がいたら、結局、王はみんな屍鬼を狩るだろうな。
んで、麒麟はみんな失道。国はぜんぶ滅ぶ。
結構、他の作品と比較してしまう。
過去ログで言われるかもしれないが。


288 :無名草子さん:2005/08/31(水) 22:22:56
ずいぶんと短絡的だな。
屍鬼を狩ったところで失道するとは限らんじゃないか。

289 :無名草子さん:2005/08/31(水) 22:56:31
たしかに狩ったから即失道てことはないかもだが

しかしそういや更夜のろくたは人以外を食ってるわけなんだ
ろうかな・・・読み方浅いのか、俺はわかってない


屍鬼は捕食相手を殺さないと増えないみたいだから、
生存可能なだけの食物を少しずつ出し合って与えてやりゃ
いいわけよな。そうすりゃ人との共存は不可能ではない気もする

要は献血車が回ればおk


ハッ・・・もしかしたら今も献血車って・・・(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

290 :無名草子さん:2005/09/01(木) 16:09:24
妖魔も騎獣扱いできる国を作ればいいんだよ、とかって考え方する王が
いる世界だからなー。
>>289のいうように屍鬼は増殖不可・人を操るの不可、とかにすれば
あの世界でなら共存できそう。
むしろこっちだからあそこまで執拗に狩られたのかもよ。

献血車か…夜見たこともあるけど、それが血を配給してたらこわいなw

291 :無名草子さん:2005/09/01(木) 20:03:15
そうかな…。
こっちでなら変な宗教団体や保護団体が出てきて匿うとか(その後屍鬼みたいに体制崩壊するとしても)
想像しやすいけど、向こうの世界は無理なんじゃないかな。

292 :無名草子さん:2005/09/02(金) 08:58:20
変な宗教団体や匿う…ってとこ見て、徳弘(漫画家)のバンパイア思い出した。
正志郎にもーちょい力があったら組織ぐるみで匿う、はやれてたかもね。

293 :無名草子さん:2005/09/03(土) 16:33:13
屍鬼は「神さまに見放されたもの」ですよ?
かくまったりなんかしたら、天帝がお許しになるでしょーか。
コレは別問題だけど。

こっちの世界の方が共存できると思う。
変な宗教団体。。ナルホド。



294 :無名草子さん:2005/09/04(日) 10:49:31
そーいや十二国って通常だと死体は土葬なのかね。
イメージ的には火葬なんだけど…
そもそも墓や墓地があるのかも謎。

295 :無名草子さん:2005/09/05(月) 08:11:01
基本的に土葬で、仏教浸透地域では火葬にする習慣もあるって書いてあるな。
珠晶が「図南」の冒頭近くで冢堂で野宿していた。
時間が経って掘り出されると骨を砕いて散骨するという解説もあったぞ。
「風の万里」の下巻では土葬する棺が甕に似ていて、卵果を模した物と描写もある。

これだけ描写があって火葬イメージか。

296 :無名草子さん:2005/09/05(月) 16:50:40
中国っぽいイメージがあるからかな。

297 :無名草子さん:2005/09/06(火) 11:15:57
たとえ死体を燃やしたとしても、その後で骨を土に埋めたら火葬ではなく土葬。
寺の坊さんがそう言ってた。

日本は土葬の国なんだよ。

298 :無名草子さん:2005/09/06(火) 12:46:46
日本の話はしてなくね?

299 :無名草子さん:2005/09/06(火) 16:38:41
>>297
おお、そうなんだ。

あんまり関係ない話だが、昔フィールドワークで、集落で火葬にしてたところの
話を聞いたんだけど
人一人、ちゃんと燃やすのに3日くらいかかるんだってさ…
組みたいので交代交代で火の番して燃やしつづけて3日。
竹やりみたいのでつついて、まだ生焼けだーとか焼け具合見てたらしい。

てのを考えると焼いても土葬ってのは頷ける。

300 :無名草子さん:2005/09/07(水) 21:06:58
ttp://www.manganomori.net/list.asp?listid=30

↑幻冬舎のとこ
黒祠の島漫画化するみたい
板違いだったらごめん

301 :無名草子さん:2005/09/09(金) 22:01:35
漫画といえば、
「ゴーストハント」の9巻は結局まだ出ないんじゃろか。
先月の新刊案内に載ってたから喜んでたんだけど。

302 :無名草子さん:2005/09/13(火) 17:36:56
「5人ぐらいいたら1人の屍鬼が養える」って、辰巳が
言ってるんだよな。コップで飲むって話も山入での
話として出てくるわけだし、直接(?)吸血されて死なな
い限りは屍鬼の人口も増えないわけだし、養ってやって
もいいような気がするがな〜

「屍鬼ペアレンツ募集」なんつってな(笑

でも実際には5人てちょっとシンドイような気もするな。
献血は2か月おきしかできないんじゃなかったか

なんて、つまらん話ですまん


303 :無名草子さん:2005/09/13(火) 22:51:07
まぁ、自分の血を糧にする奴らを養う気になるわけないが


304 :無名草子さん:2005/09/13(火) 22:54:47
家族だったら何とかしてあげたいかもねえ。
6人家族だったら何とかなるぞ。

305 :無名草子さん:2005/09/13(火) 22:55:03
ただのボランティアだからねぇ
見返りが何もないじゃん

306 :無名草子さん:2005/09/14(水) 00:12:15
ドライブインの母子なんかは、村にとじこもってなんか
いないで、とっとと夜にタクシー呼んで縁者なんかを
集めやすいとこに行けばよかったかもな。少々の血さ
えあれば肉親が生き続けられるんなら必死になれば
何とかなるかも知れんとか思うんだが

まぁ間もなく狩り出しが始まるとは予想外だったんだ
ろうけど



307 :無名草子さん:2005/09/14(水) 00:17:09
>>305

金払うってのはどうだろう。夜に働いてもらって
実際、屍鬼は食費ぶんを献血者に払うことが
可能な理屈だ。運動能力高いからけっこういろ
いろ仕事できるかもだぞw

・・・そうか、体温維持しなくていいから、エネルギー
を全部運動エネルギーに使えるのか奴らは・・・
爬虫類みたいなもんだな

308 :無名草子さん:2005/09/14(水) 00:22:30
疾患の一種と考えるなら治療として血の供給は受けられそうだな
全額といかなくても医療費も屍鬼に負担してもらって

働いて税金を収め、犯罪を犯さなければ市民として認められるだろうか?

309 :無名草子さん:2005/09/24(土) 10:00:21
東京異聞を読んでます
なんつうか、すごい読みにくいんだけど
他の作品もこんな感じに読みにくいの?
作者の扱う世界には興味があるから
他に読めるレベルの作品があるなら
そっちにしたいんだけど、どうなんでしょうか

310 :無名草子さん:2005/09/24(土) 11:08:33
読みにくいのって地の文?それとも台詞?
こんな感じってのはどんな感じだろう。明治、大正な雰囲気の事か。
当たり前だけど台詞は、時代背景を表すようにしてると思うんで、他の作品とは大分違うよ。
地の文はちょっと他の作品とニュアンスが違うだけで、根本は小野不由美だなあって感じ。

屍鬼は個人的には一番読みやすいけど、前半はなにも起きなさ過ぎて途中で飽きるかも。

311 :無名草子さん:2005/09/24(土) 14:38:06
東亰異聞は慣れちゃえば結構読めるとおもった。
前半くじけそうになったけど後半は面白く読めた。

312 :無名草子さん:2005/09/24(土) 15:48:31
雰囲気は好きなんです
明治の華やかさ、ほこりっぽさの中で
あやしい人物が跳梁するっていうのは
ただ表現がだめなんですよ
例えば130ページなんですが
万造と新太郎の会話でセリフを話すたびに
苦笑する、苦笑した、苦笑しながら
という文が入るように、全体にもってまわった、というかもったいぶった表現が目について、
そのたびに気が削がれてしまうんですよ
こういう表現を東京異聞に限って、作者が意図してやっているのか
それともこれが作者の作風なのか、というのが上出の質問なんです

313 :無名草子さん:2005/09/24(土) 20:50:28
>>312
ああそれは確かに気になるかもね。
自分は適当な所を読み飛ばす人間なんで、あんまり気に成らなかったんだけど。
東京異聞に限って、意識してやったかというと、多分そうじゃないと思う。
でも東京異聞は比較的初期に出たもんなので、
もう1冊くらい様子見て欲しいかな。

個人的にはそんな進歩してるようには感じないけど。

314 :無名草子さん:2005/09/24(土) 21:33:20
自分は初期作品以外全部読んでるけど、
東亰異聞だけは読みづらかった覚えがある。
しかし、>>312のような理由かと言うと違う気がする。
自分が気にならないだけで、そういう作風なのかも。

315 :無名草子さん:2005/09/25(日) 00:39:07
黒祠の島か、くらのかみをおすすめしたい。

316 :無名草子さん:2005/09/29(木) 16:01:15
細かいことで、&がいしゅつだったらすまんが

黒祀で、文庫版422ページの式部の思考に納得がいかないんだが

「死体には傷があった。怪我をしたのは志保だ。たまたま似たような
場所に似たような傷がある、などという偶然が、本当に起こり得る
ものだろうか?」

というのは、

「(志保が犯人ではないかという)恐ろしい疑惑を補強する」ことだと
は言えまい。むしろ逆だ。

これが何度読んでもわからない。


317 :無名草子さん:2005/09/29(木) 16:10:33
あと東亰異聞では、最初のほうで人形使いと人形がマンゾー
のことを他人事として噂しているのがあとで違和感。

好きな小説なんだけど、なんか細かいとこが気になる私は
いやな性格?

318 :無名草子さん:2005/09/29(木) 16:20:47
そだね、嫌な性格か尋ねるようなとこはかなりヤかも。

319 :無名草子さん:2005/09/29(木) 16:22:45
シク

320 :無名草子さん:2005/09/29(木) 23:20:29
他人事として噂しているのは全然気にならなかった。
人形遣いの前半は物語の語り部的な存在だとおもってた。

321 :無名草子さん:2005/10/02(日) 17:31:06
文体は気にならなかったけどパラレルなエンディングはイマイチだった。>東亰

>309はそもそも小野さんの作品の世界の興味になんで、どの辺りに興味を持ったのか
興味を持ってなんで東亰を手に取ったのか、普段はどんな作品なら好きなのか、とかが分かれば、
他の小野作品をおすすめすることも出来るかもしれないね。

322 :無名草子さん:2005/10/03(月) 12:22:57
つーか、今、斧は何を書いているの?
早く書けと。銃に国旗の続き。

323 :無名草子さん:2005/10/03(月) 23:48:25
怪談書いてる

324 :無名草子さん:2005/10/05(水) 18:13:18
階段あんまり燃えない。。

325 :無名草子さん:2005/10/05(水) 21:11:00
この夫婦、お互いに尻を叩き合わないと本当に新刊でないよ…

326 :無名草子さん:2005/10/07(金) 08:21:07
「小野主上」とか言う熱烈なファンまで抱えておいて、
遅いんだよ。新刊。
フユミ!
書け!小説家は読者のためだけに存在する。

327 :無名草子さん:2005/10/08(土) 19:06:03
下がりすぎだー age

328 :無名草子さん:2005/10/11(火) 02:11:33
>>321
アレは確かに。
何か最終的にぽっと出の陰陽師の坊ちゃんが全部持ってたみたいな。
人の仕業だったのだから最後まで人の範疇で抑えてほしかった気がする。

雰囲気は少女小説省いた小野作品の中では一番好きだが。

329 :無名草子さん:2005/10/11(火) 02:16:32
>328
同意。まあ、あとからファンタジー大賞の応募作品だかなんかだったと知って、納得したけどさ。
スリーピーホロウという映画を見たときも同じように思ったっけ。

330 :無名草子さん:2005/10/13(木) 08:39:55
>>328
十二国記って少女小説なのか?orz

331 :無名草子さん:2005/10/13(木) 12:43:02
>>330
その通り。ライトノベルの一種ですな。
ホワイトハート文庫だし。

332 :無名草子さん:2005/10/13(木) 13:57:53
悪霊も十二国記も、こっから更に話がでかくなりますよー
と読めるような種をばら撒いた状態で止まっちゃってるから辛い。

悪霊はまず視点の拡大。
これまでに無かったファクター・法的機関の導入。
例のあの人の生死、遺体の是非、位置付けの変更。
十二国記は天、条理への疑問。
天の神ともコンタクトが取れるという事実。

妄想だけが暴走して苦しい。
小野さんの心にはこれらへの答えがあったんだろうと思うとなお苦しい。

333 :無名草子さん:2005/10/15(土) 03:37:36
まぁ、そこで放置されるのを見てりゃ諸所の理由があろうと
風呂敷畳めなくなって放棄かな、とも。

この人の話で恋愛の描写がなんともこそばゆいので
それが無い部分はサクサク読めて楽しい。

334 :無名草子さん:2005/10/16(日) 17:16:58
屍鬼を全巻まとめ買いしてきました。
これから読みます。
さて、何ヶ月かかることやら。

335 :無名草子さん:2005/10/20(木) 08:09:11
屍鬼は宮部みゆきの解説にむかついたので買うのやめますた

336 :無名草子さん:2005/10/20(木) 13:44:51
正解
金だしてまで読む本じゃない

337 :無名草子さん:2005/10/20(木) 15:23:46
>>355
なんて言ってたの?

338 :無名草子さん:2005/10/20(木) 16:51:08
>>337
「ハードカヴァーで買えよ馬鹿どもw」

339 :無名草子さん:2005/10/20(木) 19:49:56
>>338
まじで?


340 :無名草子さん:2005/10/20(木) 19:51:02
↑下げ忘れた。本当にゴメン

341 :無名草子さん:2005/10/20(木) 20:07:48
『十二国記』『魔性の子』『東京異聞』『くらのかみ』『屍鬼』(一巻だけ)
をこれまでに読んだ。
『くらのかみ』は夏休みに読んだんだけど、
話で出てくる子供らの推理力にはびっくりした。
この本、最低でも小学校5年生以上じゃないと理解するのは難しいと思った。

あと、今『屍鬼』の二巻を読み始めたんだけど、
これを全巻読んだことある人に聞きます。
登場する人たちの名前は全部頭に入れておいたほうが
いいと思いますか?
話は長いし、登場人物…ていうか死んでいく人はどんどん増えるし、
読んでて少し疲れるんです。

誰かアドバイス下さい。


342 :無名草子さん:2005/10/20(木) 23:59:14
わたしは4巻くらいまではざーっと流した
でも全然へいきだったよ

343 :無名草子さん:2005/10/21(金) 00:25:12
なんかこの人の小説、男子高校生の台詞が「〜のな。」で終わるのが多い

344 :無名草子さん:2005/10/21(金) 00:52:26
それがどうしたのな。

345 :無名草子さん:2005/10/21(金) 00:57:05
いやなんか腐女子臭がする

346 :無名草子さん:2005/10/21(金) 07:21:34
腐女子だし

347 :無名草子さん:2005/10/21(金) 15:12:03
>>341
自分はハードカバーの上を読んだ時点で登場人物と死んだ人が覚えきれなかったから
相関図をつくってみたが、下で馬鹿みたいにバッタバタ人が死ぬので
馬鹿らしくなって止めた。
特に覚えなくてもどうせ死ぬ。

348 :無名草子さん:2005/10/21(金) 17:20:01
静信と敏夫だけ覚えてればいいよ

349 :無名草子さん:2005/10/21(金) 20:36:45
2回読んだら覚えられる。
1回読んで間だ読める気力が残ってたらもう一回読んでみてもいいんじゃない?

350 :無名草子さん:2005/10/21(金) 22:57:49
別に、普通に読んでたら大体は覚えられたけど?

351 :無名草子さん:2005/10/21(金) 23:04:46
恵と正雄のラブコメとして読みました

352 :無名草子さん:2005/10/22(土) 00:49:07
だいたい読んでるうちに覚えるよ
村人とか多すぎて覚える必要ないと思うけど。

353 :無名草子さん:2005/10/22(土) 01:45:02
小野不由美関連まとめサイト
ttp://12ch.w-site.net/

ここにある『「屍鬼」 外場地図及び家系図のPDF』というのを見ながら読めば
地理や人間関係については整理できると思う。

354 :無名草子さん:2005/10/22(土) 03:52:12
まぁ覚える必要はないな。
静信と敏夫と沙子だけでいんじゃね?
最終的に。

つうか相関図っていやぁ知人が図書館で借りた本に
登場人物一覧表がはさんであって、
名前の横に死亡判定されてたらしく、
読む前から激しくネタバレという目にあったらしい。
借り物には注意汁

355 :無名草子さん:2005/10/24(月) 00:56:07
屍鬼長すぎw

356 :無名草子さん:2005/10/26(水) 20:04:33
屍鬼やばいよ。
やっと2巻読み終わったところだけど、
こんなに読書欲をかきたてられた作品は初めてだよ。
先が気になりすぎて今日はほとんど仕事にならなかった。
まだ3巻も残ってるのか。


357 :無名草子さん:2005/10/26(水) 20:06:51
早く十二国の続き書いて

358 :無名草子さん:2005/10/26(水) 23:56:05
>>356
2巻までに挫折する奴が多数


359 :356:2005/10/27(木) 08:13:23
3巻読み終わった。


360 :無名草子さん:2005/10/27(木) 09:58:17
>>356
私は一日一冊と心に決めて読んだ。
そうでないと、日常生活に支障をきたすから。

361 :無名草子さん:2005/10/27(木) 23:02:52
高校生の頃授業中に隠れて読んだ覚えがある。
気になるもんな

362 :無名草子さん:2005/10/28(金) 00:06:36
>>358
一巻はきつかったな。二巻からは先が気になったけど。

363 :356:2005/10/28(金) 00:38:09
4巻・・・読み終わった・・・よ・・・
でも・・・酷く体がだるくて眠いんだ・・・喉も渇いてるし・・・
あれ?この症状、なんかに似てるな・・・

364 :無名草子さん:2005/10/28(金) 00:39:15
事件が起こってからと敵の正体が分かるまでの間が一番面白かったな

365 :無名草子さん:2005/10/28(金) 00:55:01
>>356
チラシの裏に書けよ

366 :無名草子さん:2005/10/28(金) 21:14:54
一番面白かったのは、
敏夫が千鶴を騙す場面だな。

367 :無名草子さん:2005/11/02(水) 22:49:23
古典と生物犠牲にしている現役がきましたよ(・∀・)最初は敏夫サイドだけど、だんだん屍鬼に同情

368 :無名草子さん:2005/11/04(金) 22:01:15
あげ

369 :無名草子さん:2005/11/04(金) 22:15:45
静信て童貞?

370 :無名草子さん:2005/11/05(土) 14:03:26
じゃないの

371 :無名草子さん:2005/11/07(月) 04:39:23
どっかの解説で「小野不由美の作品には“物陰から伸びた白い女の腕”の描写がたびたび描かれ、
作者にとっては非日常やホラーの入り口としての意味があるらしい」みたいな
話があって、そうなのかーと思った。

黒祠の島 かんざしを投げた浅緋の腕
十二国記 風の海〜冒頭、裏庭の物陰から出た汕子の腕
魔性の子 高里のまわりの汕子の腕
悪霊   3巻当たりに窓を叩く女の腕の話があった
十七歳  隆の腕をつかむ母親霊の腕

今思いつくの書いてみたが他あるかな?
屍鬼とか何かあった気がするんだけど


372 :無名草子さん:2005/11/07(月) 13:54:43
小野さんて腐女子?

373 :無名草子さん:2005/11/08(火) 00:11:52
プロと腐女子は違うんじゃね?

374 :無名草子さん:2005/11/08(火) 01:05:01
親が「屍鬼」のハードカバー持ってて助かった
途中だれるけど読んで損は無いな

375 :無名草子さん:2005/11/08(火) 01:06:03
ハードカバーって宮部が言ってるだけだろ

376 :無名草子さん:2005/11/08(火) 16:06:05
>>371昭が襲われる場面
背後から急に腕が出て来る。
女の腕じゃないけど、屍鬼の生気の無い腕の描写がそれっぽかった。
探せば他にもありどうだな。

377 :無名草子さん:2005/11/08(火) 18:30:13
>>371
それ何の解説?

378 :無名草子さん:2005/11/08(火) 23:20:11
「くらのかみ」「黒祠の島」を読む限り、
推理モノはきついな。
なんか肩がこる

379 :無名草子さん:2005/11/17(木) 01:00:26
そこで悪霊シリーズですよ

380 :無名草子さん:2005/11/19(土) 13:28:08
ここのネタバレで読む気がなくなった>黒祠の島
小野氏作品の順位的に何位?

381 :無名草子さん:2005/11/20(日) 10:55:43
「黒祠の島」といえば、コミック化した山本小鉄子(何だよ、このペンネーム)って
ボーイズラブ系の人なんだね。
ピッタシかな?

382 :無名草子さん:2005/11/21(月) 18:47:54
コミック化なんてしてたのか
雑誌どこ?
ざっとぐぐったんだが分からなかった

383 :無名草子さん:2005/11/22(火) 01:05:52
>382
24日に幻冬社バーズコミックススペシャルで第一巻が発売されるよ。
連載誌は知らん。コミックBIRZあたりかな。

384 :無名草子さん:2005/11/22(火) 11:56:29
>>382
http://shop.gentosha.co.jp/ComBook.asp?sku=600967

385 :無名草子さん:2005/11/23(水) 02:46:20
d。
表紙だけじゃ絵がさっぱりわからんなw
探してみるよ。

386 :無名草子さん:2005/11/25(金) 23:21:38
黒祠のコミックス買ってきた。
まだ読んでないけど、中をパラっと見てみた印象では
特別BLっぽい絵でもなくて、ほっとした。
でも好みの絵でもないな。あくまで個人的にだが。

ちなみに「初出・・・書き下ろし」になっていたので
連載してるわけじゃないようです。

387 :無名草子さん:2005/11/27(日) 09:54:05
>>386
あ、もう売っているんだ?
小説では主人公の感情の起伏が乏しくて、無個性で物足りなかったんだけど、
そのあたり、マンガ版はどうなのかな?
絵がつくだけでも印象が相当変わるよね。

388 :無名草子さん:2005/12/03(土) 01:10:18
昨日で出ている十二国記を読み終わったよー。
なんつーか、10代の頃に一度読みたかった気もしました。

100%…というか散々既出話題だろうと思うんですが
陽子の読み方、延王延麒楽俊以外の人の場合は(風の万里〜で仲間になる人達など)
「ようこ」ではなく「ようし」と読んでいたんですが、どっちが正しいんでしょう?
本当は「ようこ」と読むと教えてはいたものの
最初は「ようし」で通していたんだろうと思ったので
そのまま「ようし」が自然な感じがしたんですが…。
特に小野先生からの注釈みたいな物は出てないんでしょうか。
気にし始めたら、名前が出てくる度に気になってしまってしょうがなかったですw

389 :無名草子さん:2005/12/03(土) 23:05:31
自分はずっと「ようこ」なんだけど

390 :無名草子さん:2005/12/03(土) 23:15:30
>>389
あんたの意見は求められてないよ

391 :無名草子さん:2005/12/05(月) 23:40:49
慶王でーす、って明かしたときに、しょうけいが「ヨウシっていうの?」っていってた
気がするので(今手元にナイ)、殊恩党の人らとかはヨウシって呼んでたんだろうなーとは
思う。ヨウコって呼んでたら、鈴が「海客かも…」って気付くだろうし。

まあ自分はヨウコって読んじゃってたんだけどね…

392 :無名草子さん:2005/12/07(水) 21:34:58
好きな方でいいんじゃないか、と
元も子もないレスをしてみる

393 :無名草子さん:2005/12/08(木) 23:26:33
アニメ版だとどう読んでたんだろう

394 :無名草子さん:2005/12/09(金) 10:56:09
>393

たしか、
 バレる前 → ヨウシ
 バレた後 → ヨウコ

鈴はそう呼んでたと思う。
ショーケーはヨウコと呼んだかな?不明。

395 :無名草子さん:2005/12/11(日) 01:53:38
アニメきっかけで十二国記読みました。特に好きな話はかしょの夢の
「乗月」です。大人っぽい雰囲気がよい。レスを見てると東京異聞と
いうのが面白そうなので読んでみよう。

396 :395:2005/12/18(日) 00:08:27
「東京異聞」読みました。途中ちょっとややこしかったですが、
面白かったです。最後のどんでんがえしには吃驚!w

397 :作者の都合により名無しです:2005/12/19(月) 05:19:57
最後のどんでん返しって言葉、
軽いネタバレだよね。
これだからガキは……。

398 :無名草子さん:2005/12/19(月) 12:05:33
別にネタバレでは無いと思う。

399 :無名草子さん:2005/12/19(月) 12:11:42
397の方がよっぽどガキな件。

とっくのとうに発売されている書籍でネタバレって……。
もっと内容に踏みこんだ話も、このスレの前の方で出てるし。

400 :無名草子さん:2005/12/19(月) 15:12:23
ガキ向け作家だし

401 :無名草子さん:2005/12/19(月) 18:59:41
ガキ向けの作家がお子様向けに出した本は
なぜ復刊されないのでしょうか?

とても手が出ないような金額でオクなどにでているのですが…

402 :無名草子さん:2005/12/21(水) 23:17:57
もう12国出ても、細かいところを忘れちゃったんで、
読む気しないな。月の影 影の海以外は読み返す気にならんし

403 :無名草子さん:2005/12/21(水) 23:28:32
屍鬼を読んで人生観が変わった

404 :無名草子さん:2005/12/26(月) 01:54:54
さて、今年の仕事もほぼ終わったし、年末は
ブクオフで買っておいた屍鬼を読むとするか。

405 :無名草子さん:2005/12/26(月) 22:32:17
感想書かなくていいから

406 :無名草子さん:2005/12/27(火) 00:09:55
静信ってどーてー?

407 :無名草子さん:2005/12/27(火) 07:30:11
ぽいが、学生時代とかに女泣かせてる可能性も感じる
「あなたが何を考えているか分からない」
とか何とか言われてそう

408 :無名草子さん:2006/01/04(水) 00:29:16
一週間で屍鬼を全巻読んだ。
しばらくうつ状態にならないか?これ。

409 :無名草子さん:2006/01/04(水) 02:03:18
いやまったく

410 :無名草子さん:2006/01/04(水) 13:25:03
むしろ屍鬼と言う生物が本当に出てきて萎えた。
ハードカバー版上巻あたりまでは読書欲もすごくかきたてられたのに。
宮部もそうだが、超常系出しゃいいってもんじゃねぇよ。

411 :無名草子さん:2006/01/04(水) 14:07:31
はげどー
しかも途中で屍鬼同士が仲良く雑談しているシーンで更に萎えまくり

412 :無名草子さん:2006/01/05(木) 12:40:12
ドリームキャッチャーを見たときのような感覚になたあるよ

413 :無名草子さん:2006/01/07(土) 04:04:37
屍鬼は2度読み返さないな。
矢鱈長いし。

414 :無名草子さん:2006/01/08(日) 01:26:26
小野さんの資産はどのくらいあるんだろう?

415 :無名草子さん:2006/01/26(木) 23:15:55
ゴーストハンターのコミック9巻、やっと来月出るみたいですね。

416 :無名草子さん:2006/01/26(木) 23:32:07
ゴーストハントです。

417 :無名草子さん:2006/01/27(金) 00:02:12
おお、そうだ。
ゴーストハントだ。スマソ。

418 :無名草子さん:2006/01/29(日) 15:44:55
>401
何でなんでしょうか。
復刊ドットコムで交渉失敗してるから無理っぽいですよね。
1冊ほしいのがあるんですが今のうちに買ってたほうが安いのかもと考え中です。
中庭同盟も気になるんですがヤフーで10万で取引されてるの見たし
こちらは全く手が出ません…。

「principia 自然哲学の数学的諸原理」は読んだことあるんですがほんとに
ご本人のような文章だったのでこれだけでも復刊してほしいです。

419 :無名草子さん:2006/01/29(日) 15:59:51
>418
これは推測なんだけど…

朝日ソノラマのパンプキン文庫で出版されていたのをWHで出し直したとき、
かなり手直ししていたんだよね<作者。
だから、GHもそのまま出版するのに抵抗があるんだと思う。

420 :sage:2006/01/30(月) 00:38:43
そうなんですか、ありがとうございます。
それでしたら時間があれば復刊の可能性もあるかなと
思いますので待ってみようかなと思います。

421 :無名草子さん:2006/02/05(日) 16:07:17
GHの一人称少女小説文を三人称に書き直すと
全く別の話になりそうだもんな。
あの人、加筆修正改題好きだし。
三人称でパワーアップしたGHは読みたいけど
出る前にコッチがゴーストになっちゃうよ。

422 :無名草子さん:2006/02/08(水) 07:25:29
東京異聞と屍鬼どっちがオススメですか?



423 :無名草子さん:2006/02/08(水) 22:03:49
自分は東亰異聞の方が好き。

でも好みだね。人によって全然違う。

424 :無名草子さん:2006/02/09(木) 09:30:51
>>423
ありがとうございます。この際両方買ってみます

425 :無名草子さん:2006/02/15(水) 02:18:07
>>421
GHの絶版分は出ても三人称は多分無理。
一人称だからこそできる構成にしらいので。
漫画オリジナル話の原作で「一人称だとできなかった話」を書いてて
ちょっと面白かった

426 :無名草子:2006/02/19(日) 13:41:21
GH以前の作品って、どんな話なんですか?
…もしかして、話題にすることすら許されないものですか。
(小野先生にとって)

427 :無名草子さん:2006/02/19(日) 23:59:51
読んだことないけど全部謎ときもので1作目2作目は恋愛風味らしいです。

メフィストとワルツ!
バースデイ・イブは眠れない
悪霊なんかこわくない

で検索したら感想書いたサイトも出てくると思うので宜しかったらどぞ。

話題にしちゃ駄目というのは聞いたことないですけど、
詳しく知ってるわけじゃないのでそこはわからないです。

428 :無名草子さん:2006/02/20(月) 01:40:18
読んでる人口が圧倒的に他作品と比べて少ないので話題に参加する人が
さらに少なくなっていることと、読みたいのに読めない状況にある人が
ネタバレをしりたくなくて避けてたりとかいう事情じゃないか?

429 :無名草子さん:2006/02/22(水) 07:11:16
黒嗣の島だって、映像化したら途中でトリックがわかっちゃうもんね。
完成度が高い作品とは言いがたい。

430 :無名草子さん:2006/02/24(金) 20:35:23
>>429映像化したら途中でトリックがわかっちゃうもんね

それは小説としての完成度とは関係ないかと…。

431 :無名草子さん:2006/02/26(日) 06:34:33
そんなことないお

432 :無名草子さん:2006/02/27(月) 23:29:37
十二国紀は、なぜ新しいの出ないんだろう?
すごく泰の国とか気になる〜

433 :無名草子さん:2006/02/27(月) 23:47:56
もう完結してるからじゃない?

434 :無名草子さん:2006/02/28(火) 00:03:13
完結なのかっ!?
でも、泰の国王みつからないまま?
なんかベルトだけみつかった・・・みたいな話で終わってて

スッキリしない!!!


435 :無名草子:2006/02/28(火) 01:20:55
確かに、泰はすっきりしない〜。
いつか続きが出ると信じています。
タイキとリサイが慶国を旅立ってから、
アセンとかの事が一段落するまでの話が絶対出る(と思いたい)

でも、期待に反してずっと後の慶国とかの話だったりして…
…で、本文の途中、物知りな民が「昔、泰国は〜だった」とかだけで
終わっていたり…


436 :無名草子さん:2006/02/28(火) 01:46:51
今更だけど屍鬼にハマり中。

437 :無名草子さん:2006/02/28(火) 11:02:30
屍鬼が出てくるまでは面白かった

438 :無名草子さん:2006/03/01(水) 00:11:11
あたしたち家族は、死なない限りもう一緒にはなれない。


夏休みに入って、昼間から家族連れの姿が目につく。
母親と子供、父親と子供。
その組み合わせはそれぞれだけれど、
あたしにとってはどれもこれも痛い情景。

思えば、父親は昔から、心身共に弱かった。
働いてはいたけれど、
入院したり、寝込んだり、
収入の安定しない時期もあった。

だからといってあたしは、ちゃんと学校にも通えていたし、
三食きちんと食べさせてもらえていたから、
それについて深く考えたこともない。
父親が家で寝込んでいても、
ああ、また寝てるんだな、くらいにしか思わなかった。


439 :無名草子さん:2006/03/01(水) 00:11:55
でも母親は、きっと違う。
あたしの記憶にある限り、
あたしは母親が自分のものを買うのを見たことがない。
洋服はいつでも同じものだったし、
靴も踵の磨り減ったものばかり。
コンパクトの隅に残ったファンデーションは、細かく砕いて集めて使い、
口紅の芯のほうに少しだけ残ったものも、ブラシで抉って最後まで使っていた。

うちにはお金がなかったんだ。

ずっとあたしはそれに気がつかなくて、
あれが欲しい、これが欲しい、
みんな持ってる、どうして買ってくれないの、
といろんな言葉で母親を苦しめた。
お金がなかったはずなのに、
しばらくすると母親は、あたしが欲しがっていたものを買ってくれた。 


440 :無名草子さん:2006/03/01(水) 00:13:03
よおく思い出してみると、
食事も決してお金のかかったものではなかったけれど、
お米には玄米を混ぜて、おかずも素材を活かした美味しいものばかりだった。
それなのにあたしは、
お弁当の時間に玄米の入ったお米を友達に見られるのが恥ずかしくて、
真っ白なご飯にして、おかずももっと豪華にして、
それが出来ないならパンを買うからお金をちょうだい、
と言って母親に悲しそうな顔を何度もさせた。

その上あたしは、高校は私立に行きたい。
大学にも行きたい。
どうせ行くなら理系。
そのためには予備校に通わせて。
英語も習いたい。
・・・・・・。

悪魔のようにあたしは、母親に要求ばかりしていた。


441 :無名草子さん:2006/03/01(水) 00:13:46
母親がそんな生活の中で、
もっと幸せになりたい、と願ったのも無理ないのかもしれない。
そして、何かにすがって幸せになりたい、
と思わせてしまった原因には、
あたしの存在も大きく影響していたのかもしれない。

あたし、自分の親は自分より強いものだと思い込んでいたけれど、
そんなことないんだと、今になって思う。
血は繋がっていても、親は親、子供は子供。
心のもろさまで同じではない。

ただ、宗教にのめり込むのは仕方ないにしても、
家まで捨ててほしくはなかった。
家にいても信仰は出来たはず。
それとも、あたしがいたら邪魔だった?

あなたが家を出て行ってしまって、
もう家は滅茶苦茶になってしまった。
あなたの存在が、家族を結び付けていた蜘蛛の糸だということに、
いなくなられて初めてわかった。


442 :無名草子さん:2006/03/01(水) 00:14:29
あなたは知らないだろうけれど、
父親は鬱病になってしまって。
もちろん、あなたのせいだとは言いきれない。
もともとあの人にはその素質はあったし、
一緒に住んでいても発病したかもしれない。

でも、あたし、あなたが消えて、父親が病気になって、
もうどうしていいのかわからなかった。
人に相談するよりも、誰にも知られてはいけないと思った。
どうしよう、どうしよう、と動揺しているうちに、
どんどんお金はなくなって行って。
食べるものさえ買えなくなって。

それまで生きて来て、何かが欲しい、と思ったことはあるけれど、
お金が欲しい、と思ったことは一度もなかった。
でも、その時のあたしは、誰かに心配してもらうよりも、
1円でも多くのお金が欲しかった。


443 :無名草子さん:2006/03/01(水) 00:15:11
あれから1年ちょっと。

あたしは何人の男にお金をもらった?
何人の男に体を預けた?
あたしを殴った男はどれくらい?
罵倒した男はどれだけ?

もうあたし、胸を張ってあなたの娘です、とは言えない。

今のあたしの生活を、あなたが想像出来ないように、
今のあなたの生活を、あたしも想像出来ない。
でも、今、ちょっとだけ思うのは、
一緒に暮らしていた頃に、
あたしが少しでもあなたの心の何かに気づいていたなら、
こんなことにはならなかったのかもしれない、ということ。

求めるばかりのあたしと、
求める相手をどこにも持たなかったあなた。
許すことは出来ないけれど、
前より少しだけ、理解することは出来る。
もうすぐあたしはあの人に会いに行く。
だからあなたも、この世の最後の瞬間に、
あの人とあたしに会いたいと思ってほしい。

そしてもう一度、家族になりたい。

今度は崩れることのない、
貧しくても幸せな家族になりたい。


444 :無名草子さん:2006/03/01(水) 01:10:57
下らないコピペすんな

445 :無名草子さん:2006/03/01(水) 22:34:40
ウザス

446 :無名草子さん:2006/03/02(木) 02:38:55
>ドラえもんが自爆
まで読んだ

447 :無名草子さん:2006/03/10(金) 10:26:22
「屍鬼」のカバーとゲーム「SIREN」のパッケージのイラスト
同じ人ですよね。藤田新策・・・だったかな?
あの人のイラスト大好きです。

448 :無名草子さん:2006/03/11(土) 13:14:56
最近、小野真弓みかけないね。

449 :無名草子さん:2006/03/14(火) 10:27:20
447、私も藤田新策さん好きです。


450 :447:2006/03/17(金) 00:49:22
>>449
同じ感性の人がいてうれしいです。
宮部みゆき作品のカバーも描いてますね。
画集なんか出してるのかな?

451 :無名草子さん:2006/03/18(土) 04:16:09
十二国記は完結してないでしょ!?あとがきかなんかに「一応おちも考えてますが…」ってあった気が…

452 :無名草子さん:2006/03/18(土) 16:31:03
ゴーストハントの上下買いたいんだけど、お店には売ってないし、
ネットでも売り切れになっている…orz
もしかしてもう売られていなかったりする??誰か教えて下さい

453 :無名草子さん:2006/03/19(日) 01:16:02
お尋ねしたいのですが、今までメフィストとワルツ・バースデーイブは眠らない(?・ティーンズハートの悪霊シリーズ・ホワイトハートの12国記・シキ・黒祠の島・東亰異聞を読みました。くらのかみ以外出てますか?あちこちの出版社から出てるのでわからなくて(>_<)

454 :無名草子さん:2006/03/19(日) 03:04:18
>>453
「魔性の子」新潮文庫
「ゲームマシンはデイジーデイジーの歌をうたうか」ソフトバンク

455 :453:2006/03/19(日) 15:00:31
ありがとうございました☆後はグリーンホーム思いだしました

456 :無名草子さん:2006/03/20(月) 17:13:52
十二国記新刊まだー…放置プレイいつまで続くの…

457 :無名草子さん:2006/03/21(火) 10:15:38
永久に…

458 :無名草子さん:2006/03/21(火) 13:13:14
450>
火車ですよね(^-^)宮部みゆきさんも大好きです☆
藤田新策さんの絵は色づかいが印象的ですね(*^_^*)


459 :無名草子さん:2006/03/21(火) 14:20:21
火車以外にも新潮のものにいっぱいあるよ

460 :無名草子さん:2006/03/21(火) 19:13:35
なんだかんだで漱石

461 :無名草子さん:2006/03/21(火) 19:14:17
↑すまん誤爆

462 :無名草子さん:2006/03/22(水) 02:56:35
タイキが漣に行く話しはほのぼのしてていい。何度読み返してもあきない。
影では粛清が行われてたんだが…

463 :無名草子さん:2006/03/24(金) 23:36:13
饕餮みたいなのは麒麟を食った妖魔なの?

464 :無名草子さん:2006/03/26(日) 01:01:27
屍鬼読んだけど静信は本当に好きになれん
死んでほしかった

465 :無名草子さん:2006/03/26(日) 01:15:05
小野不由美はかなり面白いよ〜
12国記とかもそーだけど、ラストをパパって処理しちゃうのが
なんか逆に余韻が残っていいんだよな。

ま、ハッピーな話を書くのが苦手なのかなw

466 :無名草子さん:2006/03/26(日) 02:19:23
小野リサってどうしたのかな?

467 :無名草子さん:2006/03/27(月) 09:11:36
ワールドビジネスサテライトのエンディングを歌っております

468 :無名草子さん:2006/04/02(日) 11:30:10
過ぎる十七の春をスペシャルドラマ化とかしてくれないかなー
映像的にも映えるし、ミステリ要素もあるし家族愛もあるし
いい題材だと思う。

映画だと内容大幅にいじられそうだからやってほしくないけど。
(映画リングなんか、スペシャル枠でドラマ化したリングより
駄作だと思う)

469 :無名草子さん:2006/04/02(日) 17:42:30
http://pc7.2ch.net/test/read.cgi/yahoo/1125793966/l50
ゴーストハントその他の同人誌を吊り上げ転売している人のスレです。
数百円で仕入れた本を過去1万円以上まで自作自演で吊り上げ年間数百万の利益を
5年以上に渡ってあげていました。
ここ数カ月ヤフーよりIDが削除といたちごっこをしておりますが
現在ゴーストハント大量出品中、スレ違いですが、御注意ください。

470 :無名草子さん:2006/04/02(日) 18:22:51
【フィーリング】心理テストでメアド交換3【ヽ(`Д´)ノウワァァン】
http://love3.2ch.net/test/read.cgi/pure/1142790780/

471 :無名草子さん:2006/04/03(月) 23:35:19
十二国記、出す気ないならそういってくれないかな。

472 :無名草子さん:2006/04/08(土) 18:23:31
俺の中では、アニメ化で12国は終わったね

473 :無名草子さん:2006/04/17(月) 22:03:05
十二国記出して欲しいな
まあどうせ無理だろうけど

474 :無名草子さん:2006/04/18(火) 01:23:25
12国記、魔性の子、過ぎる十七の春、緑の我が家、東亰異聞、屍鬼、黒祠の島を繰り返し読みました
すべて、大好きです
ただ、犯人を探すのではなく、ただ怖いだけでなく
人の心情(醜い部分が多い)の書き方も独特だし、そんな小野さんの小説が好きな私が 満足できるような作家さんは 他には誰がいるでしょうか?

475 :無名草子さん:2006/04/18(火) 14:31:16
小野さんの作品には他に『ゴーストハント』シリーズがあります。
現在手に入りやすいのは『悪夢の棲む家』でしょうか(意地が悪いかなぁ)。

476 :無名草子さん:2006/04/18(火) 15:40:05
レス、ありがとう
悪霊シリーズですね
全て 手に入るなら 順番に読んでみたいですけど
近所にはゴーストハントしかありませんでした
他に小野さんの新刊が出るまで私を満足させてくれそうな作家さんいませんか?

477 :無名草子さん:2006/04/19(水) 11:02:33
あ! そうだ。「悪霊」シリーズだった。
うわ、ネタのつもりで素でシリーズ名間違ってた。頭悪。激鬱。

お詫びに、藤桂子さんを薦めておこう。
「絶対悪」とか「二重螺旋の惨劇」は一読の価値があると思う。

478 :無名草子さん:2006/04/19(水) 12:05:23
コミックスではゴーストハントですし、落ち込まないで下さいね
その2作品読んでみます
ありがとうございます!

479 :無名草子さん:2006/04/22(土) 03:56:26
文庫で屍鬼を読みました
延々繰り返しで話が進まない3巻以降かなりキツかった
行動の動機もわからなかったなー
序盤は本当にのめりこんだけど

480 :無名草子さん:2006/04/27(木) 03:29:26
そういえば、漫画のゴーストハントは かなり売れてるみたいだけど 悪霊シリーズは復刊とかないのかな〜
緑の我が家や過ぎる十七の春とかホワイトハートだし悪霊シリーズもホワイトハートで復刊しても いいような気がするけど

481 :無名草子さん:2006/04/27(木) 10:05:25
>>480
5年位前に講談社が新装版発売を告知したことはあった。
どうして今も出ていないのかは知りません。

482 :無名草子さん:2006/04/27(木) 10:54:43
そうなんだ
加筆訂正&改題かな?

483 :無名草子さん:2006/04/27(木) 18:54:55
旧シリーズの熱烈なファンだった電波ちゃんがファンレターで
三人称の悪霊なんて悪霊シリーズじゃない!
これはファンに対する裏切りよ! 絶対許さない!!
ってやったせいで、小野さんが新作を書くのをやめた。←ここまでは真実らしい
一方、一人称の旧シリーズは本人的にきつかったらしく、
出来ればなかったことにしたいようだ。
で、十二国を出す代わりに悪霊はやらないというバーター取引が成立した。
という噂が真実である可能性が五割。

新しく怪奇物を書き始めたので、悪霊はもういいやとばかりに投げちゃった
という噂が真実である可能性が四割。

あとは…うわなんだよ

484 :無名草子さん:2006/04/28(金) 12:43:05
古本屋でも入手不可能な状態だから講談社には 要望とか多いだろうに
復刊ドットコムだかも
交渉失敗みたいだしね
なんにしても 小野さんの 作品が読みたいね〜

485 :無名草子さん:2006/04/28(金) 16:34:14
ミザリーかよ

486 :無名草子さん:2006/05/01(月) 12:19:03
悪霊シリーズ 少々 遠方の古本屋まで行ったけど全滅、私立図書館、県立図書館もおいてませんでした
もう 可能性の限りなく低い新装刊を気長に待ちます

487 :無名草子さん:2006/05/01(月) 13:45:00
本や雑誌なら他の地域の図書館から取り寄せてくれるサービスがある場合もある。
国会図書館には蔵書されているから、取り寄せ可能か問い合わせてみれば?
あと、図書館の棚だけ見て置いてないと早合点せず、ちゃんと蔵書検索をかけた方がいい。
ラ板で一人、問い合わせたら普通に保管されてたって人がいたからな。


488 :無名草子さん:2006/05/01(月) 19:27:37
蔵書検索はしましたよ
私立図書館は10前後ある分館から取り寄せれるのでオンライン検索したけどありませんでした
国会図書館は東京に住んでた時 行ってましたけど 紛失防止の為だったか 他の図書館を通して貸したりしてなかったと思いますが 違いました?
仮に出来たとしても、国会図書館からティーンズハートを取り寄せてもらうのは 少し 恥ずかしいです
アドバイスはありがとうございます

489 :無名草子さん:2006/05/02(火) 11:27:20
そういわれれば、確かに国会図書館は無理かも知れんね。余計なことを言った。
では、次のアイデア。
最近では広域連携というスタイルをとっている図書館が結構ある。
これは都道府県や市区町村の枠を超えて、近接地域の住民(通勤・通学者含む)に利用資格を認める制度だ。
>>488の居住地が都道府県境付近なら、他の都道府県に属する公立図書館を利用できる可能性もある。
近接の都道府県、市区町村の図書館で利用可能なものがないか調べてみてはどうかな。


490 :無名草子さん:2006/05/02(火) 16:12:27
アイデアありがとうございます
県境に住んでるわけではありませんけど 隣の県の図書館にはあるかもしれませんもんね
調べるなり、隣の県に行った時なり、方法は まだ ありますね
では 諦めず がんばりますありがとうございました

491 :無名草子さん:2006/05/03(水) 04:53:30
暇だからウィキペディアを読んでたんだが、
小野不由美って本名も「不由美」なのか??

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E9%87%8E%E4%B8%8D%E7%94%B1%E7%BE%8E

わが子の名前に「不」なんて字を入れるとは大胆な親だな。


492 :無名草子さん:2006/05/03(水) 09:05:26
「不由美」はわからんけど
「ふたつとない価値のある子・かけがえのない子」って意味をこめて「不二子」と名づけられた人を知っています

493 :無名草子さん:2006/05/03(水) 20:00:54
名字は峰なんだろうなぁ。

494 :無名草子さん:2006/05/03(水) 21:38:10
読みはフユミだけど漢字が違ったと思う

495 :無名草子さん:2006/05/04(木) 00:46:32
宇野冬実

496 :無名草子さん:2006/05/04(木) 01:31:14
意味的にはネガティブだけど、万葉仮名では「ふ」として使用されてたから、
必ずしも名前として不吉ってわけでもないのでは? 
まあ現代人には違和感バリバリだけど。

ちなみに女の名前には、万葉仮名の名残がけっこう多くて、
「亜」とか「麻」とか音だけのために意味も考えずに使ったりする。
そもそも○○子の「子」も子供の子である意味がないというか、
昔だと「古」だったりするしな。男子でも、比呂、○比古、とかいるけど、
別に親も、比べるとか古いって意味を込めたかったわけじゃないだろうし。


497 :無名草子さん:2006/05/04(木) 01:51:51
だから本名は冬美だって言ってるだろ。旦那の本のあとがきであった。

498 :無名草子さん:2006/05/04(木) 22:18:47
不比等 なんて名前もあるぞ。別にネガティブというわけでもないだろう。

499 :無名草子さん:2006/05/05(金) 02:52:51
小野さんの旦那はどなたですか?

500 :無名草子さん:2006/05/05(金) 03:01:38
島田荘司

501 :無名草子さん:2006/05/05(金) 03:25:11
( ´д)ヒソ(´д`)ヒソ(д` )

502 :499:2006/05/05(金) 11:37:38
500さんありがとうございます。前カイテたような?やっぱり作家さんですか?よかったら作品教えて下さい

503 :無名草子さん:2006/05/05(金) 23:11:10
>>502
>>491のリンク先をよ〜く読むといいよ

504 :無名草子さん:2006/05/07(日) 07:07:48
私は屍鬼にはまった!!はじめて本で泣いたよ…


505 :無名草子さん:2006/05/10(水) 16:44:59
今、古本屋で悪霊シリーズ買ってきた
やっぱり高かった
見に来たり、問い合わせあったみたいやけど、一万円こえてると買っていかなかったみたい
オークションだと もっと高いから買ってしまった
今から 一気に読みます

506 :無名草子さん:2006/05/11(木) 16:54:02
>>505は1マン出したのか!偉いな。
関西人?感想きぼん

507 :無名草子さん:2006/05/12(金) 00:24:27
九州人だよ
でるか分からん新装刊待つのもなんだし、八刊で八千円で買い取りしてるとこあるから、値下がりも期待できんし、オークションはもっと高いしな
悪夢の棲む家に比べると
少女小説だなと思うけど さすが小野さん
満足のいくもんですよ

508 :無名草子さん:2006/05/16(火) 16:49:37
屍鬼ツマンネ
ブックオフで揃えりゃよかった

509 :無名草子さん:2006/05/18(木) 17:43:01
>>497
「宇野冬美」はミス研時代のペンネームだよ。
別の旦那の本の解説(?)に
「この変わった名前は本名である」って書いてたから不由美で正解なんじゃない?
冬美だとあまり変わってないし。
旦那の本名の内田直行は普通すぎ…。

510 :無名草子さん:2006/05/22(月) 11:14:17


511 :無名草子さん:2006/05/23(火) 11:40:50
「東ケイ異聞」がすごく好みで、「魔性の子」と「図南の翼」を読んだ後
十二国記シリーズの「風の万里黎明の空」の上巻まで読んだなぁ。


512 :無名草子さん:2006/06/02(金) 00:26:29
ここ見てたら悪霊シリーズが読みたくなったよ。実家においてきちゃったけど、友達によく「売って!」って言われたっけ。

513 :無名草子さん:2006/06/03(土) 19:57:38
あげ

514 :無名草子さん:2006/06/10(土) 12:21:46
この人の小説前半は面白いんだが、ネタ明かしされたら急激に劣化するんだよな。
きっちり仕上げてはいるんだけどねぇ。

515 :無名草子さん:2006/06/11(日) 02:24:53
設定萌えの人だから、前半で設定ねちねち書き尽くしたら飽きちゃうんだろうね。

516 :無名草子さん:2006/06/20(火) 22:57:29
猫の怪談みたいな雑誌かなんかは読んだ?

517 :無名草子さん:2006/06/29(木) 20:37:27
>>505
505読んで絶句。悪霊シリーズがそんなに高く売買されてたの知らなかった。
最初冗談かと思ってたよ。
家に初版で全巻揃ってるはず。
悪霊なんかこわくないも持ってたのに捨てた気がする。
10年前位のお盆に一冊100円でブッコフで売られてたんで、手に入れたんだけど
すごいね。
後輩に今この話したら、是非読ませて欲しいって頼まれたんで貸してくる。
周りに貸しまくってたんで、痛んでるけどこれからも大切にしていくお
チラ裏スマソ


518 :無名草子さん:2006/06/29(木) 22:25:27
そんなに高いんだ、悪霊上下巻百円でオク出てたから入札したけど、無事落札できるだろうか・・

519 :無名草子さん:2006/06/30(金) 16:18:42
押入れから出てきたから今ちょうど読んでた>悪霊シリーズ。
挿絵と一人称の語り口は痛いけど、内容は面白いよね。
十二国記とか途中でどうでもよくなってきて(説教くさいし)
処分しちゃったけどこのシリーズ(と東ケイ異聞)は取っておいたよ。
続編出ないのかな。

520 :無名草子さん:2006/07/04(火) 00:11:09
続編ではないが秋からアニメ化だってよ>ゴーストハント

521 :無名草子さん:2006/07/25(火) 21:03:11
マジでか

522 :無名草子さん:2006/07/27(木) 13:50:07
十二国以外の作品も、Xから普通の文庫にならへんかな

523 :無名草子さん:2006/07/28(金) 10:49:34
悪霊シリーズを十二国記のイメージで読み始めたら、何か意外だった。
てかあの挿絵はないと思う。

524 :無名草子さん:2006/07/29(土) 12:30:40
「屍鬼」は、前半の静信の書いてる小説とか、尾崎の独白の
異質というものに対する描写がめちゃ好きなんだけど、
ここでも、ラノベ板の方でも、そこらへん叩かれてるのな。
ストーリーの起伏より、
その周辺の思考展開やなんかがおもしろい作家だとおもっているんだが、
みなは違うのか?

525 :無名草子さん:2006/07/31(月) 16:26:43
後半の静信のDQNっぷりにムカムカした。
大川が容赦なく屍鬼狩ってゆく描写に爽快感を覚えた。

526 :無名草子さん:2006/08/02(水) 12:16:56
東亰異聞面白かったよ

527 :無名草子さん:2006/08/05(土) 17:10:48
東亰のオチにはびっくりした。

528 :無名草子さん:2006/08/05(土) 18:29:21
亰の字が表示できることにびっくりした

529 :無名草子さん:2006/08/06(日) 03:26:32
東亰は漫画版も好きだ

530 :無名草子さん:2006/08/20(日) 01:39:13
漫画あるんですか?
よかったら読みたいので詳しく教えて下さい(>人<)

531 :無名草子さん:2006/08/20(日) 03:07:47
ぐぐって下さい(>人<)

532 :無名草子さん:2006/08/20(日) 18:26:16

【盗作3バカ】のスレに

田口ランディ本人後輪中?! 盗作犯人同士がバトル?!



533 :無名草子さん:2006/08/22(火) 16:44:59
今三年(?)ぶりくらいに屍鬼読んでるんだけど
前はつまんなかった前半面白い…。
なんなんだろう、もうタネを知ってるから「これはこういう事ね」と納得しながら読めるからかな
それとも前読んだ時がリア厨だったからかな

534 :無名草子さん:2006/08/24(木) 17:15:02
佐々木倫子の「月館の殺人」のおまけ漫画に
小野先生を書いたイラストを発見。
小さかったけど、なんか貴重な気がした。


535 :無名草子さん:2006/08/25(金) 23:28:04
ゴーストハントのWHでわからないとこがあるので勇気を出して聞いてみます。

怪電話の発信元を調査した時、電話の向こうのベルとナルが家の中で録音したベルがほぼ同時刻に録音されてることから
お隣さんが犯人ではないかと断定しましたけど、電話というものは電話線と基地局を経由するので必ずタイムラグが出ますよね。
つまりなるが実際録音したベルより遅れて電話からベルが録音されるということです。
時間の差を測るには、向こうから時報のようなものも聞こえたとか共通の基準となる絶対値が必要なわけです。
その基準が小説に書かれていないような気がしたので、やはり女性はメカに弱いのか、編集者とか誰も気がつかなかったのか、
とも思うんですが、一番可能性が高いのはおれが読みとばしたか知識が足りないせいだと思うんですよね。
誰か教えてください。



536 :無名草子さん:2006/08/25(金) 23:39:07
>>535
そう言われてみればそんな気も……自分も機械には弱いのでぼんやりとですが。

537 :無名草子さん:2006/08/26(土) 03:30:39
>>535
読み返してから考察しようと思ったら何故か上巻だけ行方不明_| ̄|○
と言うわけでカンで仮説を考えてみる。

・中継局が非常に近いところにあるためほとんどタイムラグが発生しない
・単に目星をつけてたところで自白させる材料としてカマをかけた

これでダメなようなら
見つかったら読み直しても一度考えてきます。

538 :無名草子さん:2006/08/26(土) 05:51:21
電気さっぱりさっぱりなので超適当な推論

→阿川家と電話かけたとこは近いっぽい
→ところで阿川家およびその周辺の家はほぼ同じ電話線と基地局経由じゃね?
→その辺の家で電話かけさせてもらってその家と阿川家両方で録音する
→タイムラグ測定、これを参考値に距離算出

自分で書いててよくわかんなくなってきた

539 :無名草子さん:2006/08/26(土) 11:33:48
>>535
怪電話が何の話だったかをそもそも忘れている俺ガイル…orz。

>>537
同感。隣同士で通話するのにタイムラグが生じるほど迂遠な中継がなされるとはちと思えない。誤差の範囲だと思う。

>>538
まず、隣家が発信源なのではないかという仮説を立てる。
次に、収容局までの電話線の延長や交換機の概ねの性能などを下調べし、中継に必要なタイムラグを試算する。
近所で電話を掛けさせてもらって実地に測定した参考値を用いても良い。
実際に実験し、録音された二つのベル音のズレが試算されたタイムラグの範囲内であれば、仮説は実証されたとみなす。
「同時」ではなく「ほぼ同時」という表現からしても、タイムラグは考慮されていると思われる。

勝手にまとめ直してみたが、こういうことで良いかな?

540 :無名草子さん:2006/08/26(土) 13:40:21
>>539 ありがとそんな感じです

541 :無名草子さん:2006/08/26(土) 18:48:34
作者がメカに弱かったとしかいえない。おまえら優しすぎwww
お隣さんを追い込む時も、お隣さんが法律に詳しくてもっと冷静な人ならなるの電話のほかの推理は穴だらけなのに。
でも、告訴というキーワードは必要だからあのシーンは必要だったしな。
しかし推理ミスは刑事コロンボよりはるかに許容範囲だし、たとえ推理ミスであったとしてもこの作品の素晴らしさが
微塵もかけるわけではない。

542 :無名草子さん:2006/08/26(土) 21:25:21
悪霊話に便乗

たしかシリーズ中盤あたりかどこかで「オリヴァー・デイヴィスはPKは使えるがESPは持っていない」って出てこなかった?
で、その後別の話では「両方使える」って言われてたような。今、漫画も原作も手元にないので曖昧なんだけど自分の勘違い?

543 :無名草子さん:2006/08/26(土) 21:53:48
>>542
「オリヴァー・デイヴィスはPKは使えるがESPは持っていない」
これはタカの学校での事件でぼーさんが言ってたな。

「両方使える」というのはどこかにあったかな・・・・・・
浦戸屋敷で「オリヴァー・デイヴィスはサイコメトリが使える」
と信じている人はいたけど、これはESPなのかどうか。
(定義がよく分かってないです、私)
彼のESP的能力(?)は兄貴とのホットラインとサイコメトリで
両親がそっち系の研究は嫌がってたらしいので
そう公にはされなかったろう。

544 :無名草子さん:2006/08/26(土) 22:27:33
本を引っ張り出して確認してみた。
「悪霊がいっぱいで眠れない」P104
「前略)反対に偉大なPKでも……ニーナ・クラギーナとか、オリヴァー・デイビスなんかは
かなりのESPをやってのけるが、あとはESPの能力を持ってるなんて聞かないよな。
クラギーナもデイビスも能力は限定されるみたいだし」

「悪霊はひとりぼっち」P115
「前略)優秀なサイコメトリストで、かなりPKも使うゆう話です。
PKとESP両方できる少数派の超能力者なんです。(後略」

矛盾はないみたいだよっと。
んで、悪霊の私的に疑問。噂のビデオには兄貴は一緒に写ってないの?
PKを表に現すのが、彼にしか出来なかったにしろ、兄貴も霊媒としてそっちの世界で有名人なんだから、
2人そろってはじめてすごいPKを使えるって、噂にもなんなかったのかなぁ?


545 :543:2006/08/26(土) 22:56:11
あ、そうだったか。
オリヴァー・デイヴィスはPK-LTができないんだったな。
勘違いして覚えてた。
いいかげんなこと書き込んですまなかった。

546 :無名草子さん:2006/08/26(土) 22:58:13
除霊ができて、昔は霊が見えてたぼーさんは
PKとESPの両方の素質を持ってたわけじゃないのかな?

547 :無名草子さん:2006/08/26(土) 23:21:13
サイコメトリはESPだと思ってた

548 :無名草子さん:2006/08/26(土) 23:26:37
ごめん、読み間違えてた。>>547はスルーでお願いします

549 :無名草子さん:2006/08/27(日) 00:11:46
>>544
2人揃ってすごいPKが使えるってことをぼーさんやジョンは知らなかったのか ってこと?

550 :544:2006/08/27(日) 00:14:49
ごめん訂正

2人が揃ってはじめてすごいPKを使うことができる、ということを、ぼーさんやジョンは聞いたことがなかったのか ってこと?

551 :550:2006/08/27(日) 00:16:26
ごめん名前欄間違えた
正しくは549です

重ね重ねすいません

552 :無名草子さん:2006/08/27(日) 01:42:29
とりあえず落ち着けwww

553 :無名草子さん:2006/08/27(日) 02:09:18
>>549
たしか兄貴は霊媒として名を知られていて、ナルのプラグとしての
能力はあまり知られてなかったんじゃなかったっけ。
ナルのPKの実験自体、母親の反対もあってあまりやらなかったみたいだし、
兄弟が二人の間で色々不思議な繋がりがあるみたいだったけど、
そういうことはあまり表に出そうとしなかったんで自分もあまり知らない、
と悪夢でリンさんが麻衣に説明してなかったか。

554 :無名草子さん:2006/08/27(日) 02:15:44
つまり傍にいるリンさんでさえ把握しきってないんだから、
兄弟が二人揃って起こす類の能力は殆ど一般には知られてない状態かと。

555 :無名草子さん:2006/08/27(日) 02:31:21
>>553-554
そういえばそんなくだりがあったかも。何かの表彰式にも代理の人が出席したりで謎が多いんだっけ。

周りに悪霊で語れる人がいないから楽しいな。久々に原作も漫画も読み直したい。

質問
ジョンが日本に来てる理由って何だっけ?修行?布教?留学?

556 :無名草子さん:2006/08/27(日) 03:49:12
留学じゃない?二十歳チョイすぎで日本語ぺらぺら(w)なのは、大学生の頃に留学してきたんじゃないかと思う。
日本が気に入ってそのまま住んでる。とか?

マンガで読むと、ナル、麻衣、真砂子、綾子は霊が見えてるよね。ぼーさんとリンさんとジョンは、見えはしないけど
気配とか霊がいる位置くらいはわかるのかと。

こっちでは悪霊シリーズの話題が出ないからずっと少女漫画板にいたんだけど、小説の話ができるっていいね。
ド下手な挿絵も慣れれば味わいがあるよね。

557 :無名草子さん:2006/08/27(日) 03:53:22
>>556
一巻の時点ではまだ19だから、大学生の頃っていうかまだ学生?

558 :無名草子さん:2006/08/27(日) 11:22:22
ジョンが学生って話しは出て無かったと思うけど?
裏設定で何所かの修道院に突っ込まれたと言う話は聞いた事がある。
留学が可能な程、あまり裕福な家庭じゃなかったようだよ。

559 :無名草子さん:2006/08/27(日) 11:25:48
>>558
つっこまれたってすごいなw

なんつーか、ジョンが一番謎だ

560 :無名草子さん:2006/08/27(日) 14:55:57
>>556
綾子は見えてるってほど見えてる感じはしないなあ。

1.一般人にも見えるレベルの霊(緑陵で出た犬とか旅館での攻撃レベル
2.霊感があったら見えるレベルの霊(←ここが大多数。このレベルにも強弱あり
3.すごく強い霊感が無いと見えない霊(←呪詛の時に使われた奴のような特殊例

みたいに強さか活性化状態に段階があって、
3が見えるのがジーン
2までが見えるのが真砂子>(サイコメトリ発動中のみ?)ナル>麻衣
残りは1までなら見える、程度だと思って読んでいた。
「人形の家」での浄化シーンなんか読むと、綾子には見えてないくさいんだよね。坂内君が食われた時もだし。

>>558
ソースキボンヌ

561 :sage:2006/08/27(日) 14:56:25
悪霊懐かしいなぁ。
上下巻、裏戸、吉見家、WHのがうちにあった。
友達と協力して全巻買ったから手元にあるのが少ない…。
上下巻の謎解き前の学校に閉じこめられるやつ、あの部分が一番好き。
ジョンって京都弁が正しい日本語だと思って関西で日本語勉強したんだよねw

562 :無名草子さん:2006/08/27(日) 15:00:55
補足しておくと、坂内くんが食われた場面は
漫画版では綾子とジョンの姿はその場には描かれてないけど
小説版だと全員揃った状態で、真砂子と麻衣だけがその状況を幻視してる。
(ナルも見てない)

563 :無名草子さん:2006/08/27(日) 15:22:16
>560
真砂子>(霊がに害意があるかないかで変動)麻衣>ナル だと思う
ナルに霊が見えてる描写はあまりない

あと558ではないが
ジョンのソースは中庭同盟。

564 :無名草子さん:2006/08/27(日) 17:01:16
ちょっとググってみたらあった。
ブラウン家は敬虔なイエズス会教徒、家には長男長女が協会に捧げられてきた伝統があって、修道院のエリートらしい。
あと鮭に強いとか。

565 :無名草子さん:2006/08/27(日) 17:02:29
>>564訂正

× 鮭
○ 酒


恥ずかしい……orz

566 :無名草子さん:2006/08/27(日) 17:51:37
北海道の川べりでのぼってくる鮭を手づかみしているジョンが浮かんだ件。

567 :無名草子さん:2006/08/27(日) 18:34:45
なるほどなー、裏設定が色々あるんだね。

568 :無名草子さん:2006/08/27(日) 18:41:20
>>566
野生的www

569 :無名草子さん:2006/08/27(日) 18:46:37
零班の存在を本気で信じたあの頃が懐かしい。

570 :無名草子さん:2006/08/27(日) 21:21:10
>>532
見たけど盗作で賞金500万円盗んだって佐藤って奴が
     盗作本「バルタザールの遍歴]
  ↓

【盗作3バカ】のスレに

田口ランディ本人後輪中?! 盗作犯人同士がバトル?!



571 :無名草子さん:2006/08/27(日) 21:23:50
>>569
小学生の時、漫画から入って原作揃えて……気づけばジョンと同い年な自分

572 :無名草子さん:2006/08/28(月) 05:40:26
>>564
ヴェネディクト派じゃなかったか?


573 :無名草子さん:2006/08/29(火) 00:26:18
薔薇の名前を演じているジョンが目に浮かびました。

574 :無名草子さん:2006/08/29(火) 01:13:55
>>573
カッパ禿げで熱烈なラブシーンを演じてるジョンはイヤンです。

575 :無名草子さん:2006/08/29(火) 01:27:31
カッパでキリスト教徒だと、もろザビエルしか浮かばない無知な私をお許しください。

576 :無名草子さん:2006/08/29(火) 04:46:39
トンスラを馬鹿にしちゃ駄目!なるしま漫画では主役を張ってたぞ!

577 :無名草子さん:2006/08/29(火) 19:03:56
ナルとジーンはいつフュージョンするの?

578 :無名草子さん:2006/08/29(火) 19:25:26
語られていない過去にもうやってそうだよ

579 :無名草子さん:2006/08/30(水) 09:58:40
>>575
無知は言い訳にならなry

580 :無名草子さん:2006/08/30(水) 13:09:47
>>579
ナルktkr

581 :無名草子さん:2006/09/08(金) 22:38:08
ほしゅ

582 :無名草子さん:2006/09/11(月) 12:30:21
ほしゅあげ

583 :無名草子さん:2006/09/11(月) 15:56:58
>>570
そのスレ面白い。盗作で500万円詐欺した佐藤亜紀てのが
 「赤裸々告白」してる。 盗作本「バルタザールの遍歴

   ↓
【盗作3バカ】田口ランディ/ 佐藤亜紀 /篠原

本人後輪中。盗作犯人同士がバトル?!


584 :無名草子さん:2006/09/11(月) 23:34:44
今屍鬼の第一巻読んでるわけだが
発行日が俺の誕生日だ・・・

どうでもいいねorz

585 :無名草子さん:2006/09/12(火) 00:57:24
文庫?

586 :無名草子さん:2006/09/12(火) 17:18:17
本当にどうでもいいな

587 :無名草子さん:2006/09/13(水) 16:12:26
ゴーストハントアニメ化なんだってね。
悪霊シリーズの絵でアニメ化されてたらどうなってたんだろう。

588 :無名草子さん:2006/09/13(水) 16:15:46
エースをねらえ!みたいなかんじで

589 :無名草子さん:2006/09/15(金) 12:45:28
水・・・水を・・・・

590 :無名草子さん:2006/09/17(日) 20:46:31
>>585
文庫です。携帯に便利ですし。
やっと半分まで読み終わったところです。
>>586
至極もっともですw

591 :無名草子さん:2006/09/18(月) 03:58:52
小野真弓はハワイで怪我したね。

592 :無名草子さん:2006/09/19(火) 08:19:38
一応こっちで、
ジーンとナルの誕生日って今日?
おめでとうございます

593 :無名草子さん:2006/09/20(水) 08:02:32
ジーンって誰?

594 :無名草子さん:2006/09/20(水) 12:28:00
ネタバレになるからここでも駄目だったか orz
ネタバレおkなのはどこのスレなんだ…

595 :無名草子さん:2006/09/20(水) 20:41:17
>>593
小説の方の、お前さんが読んでない部分に出てくるキャラだよ。
それ以上を知りたかったら続きを読むべし。
>>594
ミステリ板のスレテンプレ見たら、ここならネタバレ可になってるらしいけど。
未読の人に気を使うなら小説版ファンサイトとか行った方が安全なんじゃ?

596 :無名草子さん:2006/09/20(水) 23:58:22
数字板がネタバレ桶みたいだけど、あそこは特殊な会話用だしな。
でもここでも上で結構ネタバレしてると思うんであまり気にしなくて
いいんじゃないか。
気になるなら名前欄にネタバレ入れて数行空けるとか。

597 :無名草子さん:2006/09/23(土) 01:13:32
ホラーが好きなだけだからネタばれでもなんでもしてくれていいよ
小野フユミのキャラ弄りには辟易

598 :35歳までなら:2006/09/24(日) 22:37:06
しかし、小野主上の十二国記新刊出ませんね。
ちらとも噂も聞きませんね・・・・orz
しがない人の身としては、いっそ仙にでもならなきゃ
ダメでしょうか?35歳までならぎりぎり待ちます。
それ以上は記憶力がもたず、登場人物の名前をきれい
さっぱり忘れていそうで怖い・・・。
最新刊の「くらのかみ」はちょっと・・・いえ、かな
り予想がついて読み応えがなかった。(石を投げないで。
素直な感想なので)
児童書(だったような)だからしょうがないんでしょうか。
挿絵が児童書の王様のような方が書いていらしたのでそう
思い込んでいるだけかもしれません(^^;)
拍子抜けしたけれども、宮部みゆきの「ブレイブストーリー」
を読んだときほどのがっかり感ではなかったのでよしとします。

599 :無名草子さん:2006/09/28(木) 04:57:14
↑何この人?

600 :無名草子さん:2006/09/28(木) 07:40:20

ちら

601 :無名草子さん:2006/09/29(金) 03:14:20
あっ
遠出しててナルハピバって言うの忘れてた

つうわけで10日遅れではっぴーばーすでーナル。

602 :無名草子さん:2006/09/29(金) 07:48:13
ティーンズハートは一般書籍なのかという話。

>601
板違い
少女マンガ板でやれ

603 :592:2006/09/29(金) 08:02:53
ごめんなさい(´・ω・`)

604 :無名草子さん:2006/09/29(金) 11:49:48
一般書籍でもう書かないんだろうか

605 :無名草子さん:2006/09/29(金) 19:11:44
>>602
少女マンガ板ね…
思いつきもし無かったわ。どうりでこっち過疎ってるわけだ。
そういうノリを持ち込んでスマンかった。今は反省してる。



606 :無名草子さん:2006/09/29(金) 22:55:58
やぱ少女漫画板にもバレスレほしいなぁ

607 :無名草子さん:2006/09/30(土) 16:03:34
漫画になってもいないのに?

608 :無名草子さん:2006/09/30(土) 23:21:18
>607

( ゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ 

(;゚д゚) 

(つд⊂)ゴシゴシ
  _, ._ 
(;゚ Д゚)



609 :無名草子さん:2006/10/01(日) 01:43:05
>>607
( ゚д゚) ・・・

( ゚д゚ ) え?

610 :無名草子さん:2006/10/01(日) 10:24:12
バレの部分が漫画になってないって意味じゃないの?
漫画は読んでないからどこまで終わってるのか知らないけどw

611 :無名草子さん:2006/10/01(日) 13:29:08
旅館まで

612 :無名草子さん:2006/10/03(火) 22:05:38
>>541
ナルの推理が穴だらけなのは
そもそもあそこでネタばらしするつもりなかったからじゃないか?
広田が勝手に先走ったせいだし
まぁ隣家がアホで良かったな

613 :無名草子さん:2006/10/04(水) 10:09:33
アニメサロン板のバレスレが居心地よくて居ついてしまった。
アニメ化で、悪霊シリーズ復刊の動きにならんかなあ。
アニメから入る新規さんも増えることだし。

614 :無名草子さん:2006/10/04(水) 17:27:02
ここ数年ではじめてのバレスレかな?

615 :無名草子さん:2006/10/10(火) 09:54:31


616 :無名草子さん:2006/10/13(金) 23:58:33
しゅ



617 :無名草子さん:2006/10/19(木) 01:45:57
十二国記の続きをかいてほしいな

618 :無名草子さん:2006/10/19(木) 01:54:11
今仕事してんの?

619 :無名草子さん:2006/10/19(木) 11:48:20
254 :無名草子さん :2006/10/14(土) 13:54:48
>時間にゆとりある方は、夫婦で盗作して逃げている盗作詐欺犯のことを
>どの板にでも貼ってください。
    ↓

>盗作犯佐藤亜紀盗作内容の全てを涙ながらに「告白」?!?
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/sf/1160022536/3-21



620 :無名草子さん:2006/10/26(木) 22:04:19
たぶん主婦してる。

621 :無名草子さん:2006/10/27(金) 10:13:41
合間に書いてる?

622 :無名草子さん:2006/10/27(金) 20:53:02
怪談だがな

623 :無名草子さん:2006/10/29(日) 09:56:49
悪霊シリーズ新刊でないかなぁ。

624 :無名草子さん:2006/11/09(木) 01:25:35
「過ぎる十七の春」についてお聞きしたいのです。

P176で宗和伯父は昭和30年7月28日生まれで昭和48年8月1日没になってますけど
P178では昭和27年7月28日生まれの昭和47年8月1日没になっています。

宗和は17歳で死んでその13回忌が昭和47年と記述があるのでP176の昭和30年生まれが正しいと思われます。
けれどP172にて宗和の妹の美紀子が昭和30年10月5日生まれと書いてあるのです。
二人が義理の兄妹ということは物語の展開上ありえません。

この作品は朝日ソノラマから出た「呪われた一七歳」を大幅に加筆・訂正を加えたものと書かれています。
加筆・訂正していた時に作者がうっかり間違えて訂正したのかなと思ってるのですが
「呪われた一七歳」の時からすでに生まれ年の矛盾はあったのか
私が持ってるのはWHの「過ぎる十七の春」第6版なのですがそれ以降の版で訂正はあったのか教えてください。

625 :無名草子さん:2006/11/09(木) 02:54:34
>>598
えー?「くらのかみ」ダメー?
普通に好きなんだけど。
著者の「神さま」のとらえかたが如実に出てた気がす。
まあ子供向けっぽいけどね。
12国記の並ぶくらい好きだな。うん。


626 :624:2006/11/09(木) 06:20:25
すみません、数字のミスがひどいので訂正したものを再投稿します。
624は忘れてください…orz

────────────────────────────────────

「過ぎる十七の春」についてお聞きしたいのです。

P176で宗和伯父は昭和30年7月28日生まれで昭和47年8月1日没になってますけど
P178では昭和27年7月28日生まれの昭和47年8月1日没になっています。

宗和は17歳で死んでその13回忌が昭和59年と記述があるのでP176の昭和30年生まれが正しいと思われます。
けれどP172にて宗和の妹の美紀子が昭和30年10月5日生まれと書いてあるのです。
二人が義理の兄妹ということは物語の展開上ありえません。

この作品は朝日ソノラマから出た「呪われた一七歳」を大幅に加筆・訂正を加えたものと書かれています。
加筆・訂正していた時に作者がうっかり間違えて訂正したのかなと思ってるのですが
「呪われた一七歳」の時からすでに生まれ年の矛盾はあったのか
私が持ってるのはWHの「過ぎる十七の春」第6版なのですがそれ以降の版で訂正はあったのか教えてください。

627 :無名草子さん:2006/11/09(木) 08:38:47
>>624

「呪われた一七歳」も第6版以降の「過ぎる十七の春」も持ってませんが、
当方の手元にある「過ぎる十七の春」第1刷(1995/4/5発行)では、
P176、P178のどちらも、
宗和伯父は昭和27年7月28日生。昭和44年8月1日没です。

宗和の13回忌が昭和59年かそこらという記述もありますが、
昭和44年没なら、本当は13回忌は12年後の昭和56年のはずなので、
この矛盾を修正しようとして失敗しているんじゃないでしょうか。
昭和56年にすると、直樹が3歳なので覚えていないという判断
なのかな(このあたりは推測)

ちなみにP172では、
美紀子は昭和28年10月5日生。
由岐絵が昭和31年6月3日生。
になっとります。

628 :624:2006/11/10(金) 02:48:19
第6版では美紀子昭和30年生まれで由岐絵昭和34年生まれになってますけど
P169にて由岐絵が13歳なら美紀子は16歳と書いてあるし初版で28年31年なら二人が3歳違いで間違いはないでしょう。
ということは美紀子は昭和31年生まれの間違いだったんしょうね。で1歳上の宗和が昭和30年生まれ。

13回忌は小学校に入る前、と2度書いてあるので、3歳なので覚えていないかも、という理由で変えたというより
もともと6歳くらいの時に13回忌、が正しかったのでは。
直樹が1978年生まれの17歳ということは舞台は1995年なのですよね。
で、「過ぎる十七の春」の初版が1995年ということは1990年初版の「呪われた一七歳」の時は舞台は1990年だったのかも。
それで数字をいろいろ修正してるときに作者も混乱してミスしまくって
第何版かでおかしいことに気付いて修正するもいくつか直すのを忘れた…みたいな。
これも結局推測でしかないのですが。

「呪われた一七歳」をお持ちの方がいらっしゃいましたら直樹、美紀子、由岐絵の誕生年と宗和の生没年、13回忌の年を教えてください。

629 :627:2006/11/10(金) 07:42:51
>>624
書いた意味が伝わってないなあと思うけどw
まあ、お役に立てずにすみません

630 :無名草子さん:2006/11/21(火) 20:18:09
敏夫と辰巳のからみがもっとあったら良かったな・・・
沙子と静信がちょくちょく会って会話をしていたように、
鬼畜同士の駆け引き的な会話が欲しかった

631 :無名草子さん:2006/11/21(火) 22:31:05
腹の探りあいみたいな・・・ね

632 :[sage]:2006/11/28(火) 23:23:37
>>626->>627さん。

【呪われた十七歳:90'7'30 初版発行】→持っております。

菅田 美紀子=昭和23年10月5日

菅田由紀絵=昭和26年6月3日

長男 直樹=昭和48年3月26日

宗和=昭和22年7月28日生

昭和39年8月1日没
全256P

--------------------【過ぎる十七の春:99'4'5 1刷 全336P】

菅田美紀子=昭和28年10月5日

菅田由紀絵=昭和31年6月3日

長男 直樹=昭和53年3月26日

宗和=昭和27年7月28生
昭和44年8月1日没


参考になれば幸いです(*^-^*)

633 :無名草子さん:2006/12/20(水) 03:45:41


634 :無名草子さん:2007/01/06(土) 02:38:47
しゅ

635 :無名草子さん:2007/01/22(月) 14:08:51



636 :無名草子さん:2007/01/26(金) 01:42:18
ほしゅしゅ

637 :無名草子さん:2007/02/01(木) 01:31:44
今、邦画ブームだから屍鬼も映画したら面白そう。
千鶴役には松嶋菜々子、恵役には沢尻エリカでw

638 :無名草子さん:2007/02/04(日) 11:38:21
千鶴はもっと気が強いイメージ

639 :無名草子さん:2007/02/10(土) 08:00:59
千鶴一家はアダムスファミリーの配役そのまんまでいいよ

640 :無名草子さん:2007/02/16(金) 17:00:21
黒祠の島、よく分からなかった。最初の殺人の動機が不明、真犯人は別にいるのでは?
教えて、ミステリーなひと


641 :無名草子さん:2007/02/18(日) 04:58:18
だが断る

642 :無名草子さん:2007/03/01(木) 16:29:54
>>640
なんで?普通に杜栄でしょ。
弘子は神領家に仕えている時に妊娠したけど、その時明寛は留学してたんだから、
弘子を孕ませたのは杜栄でしょ。
そのあと、信夫と弘子ができたんで怒って殺したんでしょ。

643 :名無しのオブ:2007/03/20(火) 21:47:07
マンガで読んだら?ちょっとは理解できるんじゃない?

644 :無名草子さん:2007/03/21(水) 00:50:36
静信:ミスドのCMに出ている端正な顔した俳優、(名前ワカンネ)
敏夫:窪塚洋介(敏夫チックな俳優を探したらこうなった…)
辰巳:椎名キッペイ、もしくは少年隊のヒガシ
沙子:クサナギのドラマでりんちゃん?だったっけ?やってた子(見た目怖い子よりも
 こういう普通におとなしそうな子が合うかもと思って)
千鶴:高岡早紀
光男:木久蔵さん

645 :無名草子さん:2007/03/22(木) 23:12:05
律子:牧瀬里穂
夏野:山下智久
田中佐知子:賀来千香子
大川の親父:大地康夫

646 :無名草子さん:2007/03/23(金) 19:51:56
ラノベ板から転載

918 イラストに騙された名無しさん sage 2007/03/22(木) 14:44:31 ID:W8xVfFnp
十二国記(原作)が北米で発売される記念のインタビューを翻訳してみた。
間違いだらけだと思うが、まあ参考程度に。


あなたがプロの物書きになりたいと自覚したのは何時のことですか?

小野不由美(以下小野):はっきり言うと私は小説家になりたいと思ったことは一度もありません。作家になってから小説を書きたいのだと分かりました。

あなたは仏教学における学位をお持ちです。どうして小説家になったのでしょうか?

小野:私が大学院の真ん中に達したとき、いきなり指導講座が中断されてしまい退学せざるを得なくなってしまったのです。目的も失い、完全に途方にくれてしまいました。そんな時、在学時に書いた小説を読んだ編集者が提案したので、生活のために書き出したのです。

 あなたは現在の自分を想像できましたか?可能ならばやり直したいことはありますか?あなたが最も誇りに思うことは何でしょうか?

小野:自分が作家になるとは全く想像できませんでした。全ては本当に予想外に起きたことでしたから。今の自分は幸せですし、やり直したいと思うことはありません。
 一番誇りに思うことは、初めて若い女の子たちに向けた小説を書いたときの反響です。小さな読者がはじめて最初から最後まで小説を読み通したと言ってくれたときは嬉しかったです。


647 :つづき2:2007/03/23(金) 19:52:29
あなたが影響を受けたファンタジー作家は誰ですか?またその理由は?他のジャンルや作家で好きなのはありますか?

小野:これを言うのは恥ずかしいのですが、ファンタジー小説を読んだことはほとんどありません。
出版社にファンタジー小説は書けるかと尋ねられたのがこのジャンルを書き始めた最大の理由です。
書き始めてすぐに、C.S.ルイスの「ナルニア国物語」やロジャー・ゼラズニイの「アンバーの9王子」と出会い、ファンタジーの真髄とは何なのか知ろうと努力しました。
ともかく、はっきり言ってファンタジーのジャンルに無知だったからこそ十二国の世界はおとぎ話以上のものと成り得たのだと思います。
もっと正確にいうと架空の世界における歴史ドラマの背景というべきでしょうか。
また日本の歴史小説から多大な影響を受けています。でも私が一番好きなジャンルはミステリーですけど。

あなたの意見によると小説を書くというのはとても大変なことのようですね。どうしてでしょう?

小野:一番大変なのは自分で自分の作品を評価することです。
例えば自分の作品が本当に面白いものか否か、あるいは読者に本当に作者の真意を伝えているかどうか、何回も自分で読み返し分析しない限り、正しく自己評価することは絶対に出来ません。
自分の創作物を評価するにあたって「完全な客観性」を持つことは絶対に不可能ですから。それが不可能だと理解はしていますが、私は自己評価を信じることが出来ません。
信じることができない限りは、シンプルに言うのはとても難しいのですが「それはそれで良し」ということです。


648 :つづき3:2007/03/23(金) 19:55:08
あなたは今はなんの仕事をしていますか?

小野:かなり前に書いた少女ホラーの書き直しをしています。

 どうやって十二国記のような複雑な世界を考えたのでしょうか?あの作品世界の歴史と人物の全てを生み出すのにどれくらい時間がかかりましたか?

小野:本来、十二国記の世界は私の前作「魔性の子」のために考えたものです。
出版社はファンタジーを依頼するにあたって、全く別物のシリーズを希望していたのですが、
恐怖小説とは少なからずファンタジーの要素もあるものです(私もそういうのが好みです)し、
完全にホラーとファンタジーを区別するべきだとは今でも思っていません。そのとき、十二国の概略が出来上がりました。
私は子供の頃から、様々な物語を関連づけて考え推理を広げるということが好きでした(例えば、ここに川が流れているのでその国は侵略されたとか、
歴史上の事件が後の伝説の原型となったなどです)。地図を描き年表を作る作業はとても楽しいものでしたが、正確にどれくらい時間がかかったかは分かりかねます。
重要な部分を書き終えた直後ですら、さらに書き足したり新たなアイディアが浮かんだりしますから。
そういうわけで、私が書く全ての物語はこのようにして細部を何度も何度も書き足すということをしてシリーズ化されているのです。

長期シリーズを書くにあたっておよそのあらすじは決めていますか?

小野:時系列を決めながら物語を書いています。作中の用語などは辞書を引いています。



649 :無名草子さん:2007/03/23(金) 19:56:47
↓注目!!!

>あなたは今はなんの仕事をしていますか?

>小野:かなり前に書いた少女ホラーの書き直しをしています。

ゴーストハント再販?

650 :無名草子さん:2007/03/25(日) 00:53:57
>ゴーストハント再販?
ぜひぜひぜひぜひぜひぜひぜひぜひに!!!!!!!


651 :無名草子さん:2007/04/06(金) 00:39:51
http://book4.2ch.net/test/read.cgi/bun/1151232481/l50



141 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)