5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

Good Luck どうよ?

1 :無名草子さん:04/06/22 20:04
ttp://www.dai3hensyu.com/

大型書店覗くと必ずでかでかとPRしてて気になっているんだが読んだ人いる?

2 :無名草子さん:04/06/22 22:48
2


3 :無名草子さん:04/06/23 03:48
読みますた。
割と珍しいタイプの本だという印象を受けました。
おとぎ話なのだけど自己啓発本だけど普通の読み物としても面白いです。
シンプルで読みやすいので言葉が響きます。
あと造本が豪華ですね。

4 :無名草子さん:04/06/24 08:56
語りたいテーマが非常にわかりやすく語られてて、読みやすさはあるね。
だけどそのテーマが嫌味にも思えるのは、著者のプロフィールとあとがきをみたからだろうか。


5 :無名草子さん:04/06/24 08:58
どんなプロフィールなの?

6 :無名草子さん:04/06/24 20:10
アレックス・ロビラ Alex Rovira
ヨーロッパが誇るビジネススクールESADEで学んだ、経済学者および
MBAホルダー。心 理学にも詳しく、戦略的療法、システマティック療法、
サイコドラマ、形態心理学な どに通じている。
卒業後は複数の企業でマーケティングに携わり、キャリアを積む。
1996年、コンサルティング会社を起業。スペインの大手企業や世界で活
躍するNPO団 体(国境なき医師団、赤十字など)の仕事を請ける。
1999年、Salvetti & Llombart 社と組み、民族学的調査と戦略的な
マーケティングプランに重点を置いた新しい境地 を開拓。2年後には
著しく成長を遂げ、ヒューレット・パッカード社やマイクロソフト、
ソニー、モルガンスタンレー、メルセデスベンツといった世界企業を
クライアン トとするまでになる。著書に、スペインや南米で消費研究
をする学生の教科書になっ ている "Understanding Consumer,by Prentice
Hall" や、2003年9月に出版され、スペインと南米でベストセラーとなった
"La Br jula Interior(The Inner Compass)"がある。


7 :無名草子さん:04/06/24 20:11
フェルナンド・トリアス・デ・べス Fernando Trias de Bes
ESADEで学んだ経済学者およびMBAホルダー。
インターナショナルマネジメントプログ ラムのメンバーでもあり、
マーケティングの世界で幅広く活躍している。これまでに 関わった企業は、
ニナ・リッチなど有名香水ブランドを保有するAntonio Puig社や、
ギネスグループのひとつであるUnited Distillers社など。
それぞれの企業で精力的 にプロモーション、企画、広告活動を行い、
大幅な売上増へと導いた。1996年に はSalvetti & Llombart社を設立し、
40平方メートルのオフィスを構える。わず か3000ドルの資本金でスタート
したが、7年後には40人の従業員を抱える企業に成長。
毎年100以上のマーケティングリサーチを実施するまでになる。
担当企業には大手通 信会社Vodafoneの他、ネッスル、ダノン、
メルセデスベンツ、ソニーなど世界的な有 名企業も多い。
2003年秋には"Lateral Marketing …NewTechniques for Finding
Breakthrough Ideas"(共著者はフィリップ・コトラー)を出版。
本書は12言語以上 に翻訳され、新しいマーケティング手法を教える
最後のバイブルとして世界中で君臨している。
日本でも『コトラーのマーケティング思考法』(東洋経済新報社刊)として出版された。
ふたりが経営する会社は、ヨーロッパでもっとも信頼されるマーケティング戦略会社 のひとつであ

8 :無名草子さん:04/06/26 16:46
読んだけど、いい本ってだけでそんなに心には響かなかったかな。
途中から急にヒロイックファンタジーになっちゃうのが意外でした。
どうしてもロード・オブ・ザ・リングあたりを思い出しちゃうしね。

でもまあ、言いたいことはわかる。自分も幸運をつかむための下ごしらえを
しようと思った。

で、この作品って、>>6-7の二人の共著なんだよね?どういう風に書かれた
んかなあ。パートは完全に分かれてるんだろうか。

9 :無名草子さん:04/06/26 21:20
目が覚めた。

本を読んで、分かっていることばかりだったが、できていないことばかりだった。
すごく説得力があったし、なによりもすごく温かい本だった。

ラストは鳥肌だったよ。お勧め。

10 :無名草子さん:04/06/26 22:42
俺、他社の編集者なのだが、
内容、装丁、文章、パブ、すべて見事。
これは社会現象になるよ。悔しいが、面白いし、役立つ。
時代にぴったりの本。ただし、読書ファンからは叩かれることもありそうだけど、
そんなこと考えて作っちゃいないだろうなw

「えーっ! こんなんでよかったのか!」みたいな部分もある。
悪い意味じゃなくてさ。
「俺だって気づいてたよ、こんなこと!」と言った感じかな。
それを一冊の本に出来るかどうかが分かれ道なんだな。やっぱ。
もう一度、自分の過去を洗ってみよう・・・。

11 :無名草子さん:04/06/29 19:29
あげてみる。

12 :無名草子さん:04/06/29 19:30
しっぱい・・・ バッドラック・・・

今度こそ・・・

13 :無名草子さん:04/06/29 22:52
>>1のサイトによると
>週間ベストセラー(6月29日 トーハン調べ)
>単行本・ノンフィクション他部門
>ついに、1位! 総合で5位!!
紀伊國屋書店 和書全店週間ベスト3位!(6月21日〜6月27日)

だそう。
ほんとに売れてるみたい。今日の朝日にもでかでかと広告出してたね。
ちょいと明日にでも買ってみるとします。

14 :無名草子さん:04/06/30 11:21
こんだけ話題になってる(ことになってる)ものを扱うスレが
全然盛り上がってって無いってことは、
実際盛り上がってるかどうかが疑わしくなるな。
大体級数がデカ過ぎんだよ!大活字かっつーの。

15 :無名草子さん:04/06/30 15:25
これだけ基本的なことを真正面から書いた本て、そうないと思ったよ。
ポプラで出たメリットって、やっぱり宣伝力、営業力だろうな。
文章のクオリティは、高いと思う。正直ずんずん売れると思うよ。

16 :無名草子さん:04/06/30 20:35
普通に考えて、良書だと思った。
手に取った感じも良いし。


17 :無名草子さん:04/07/02 07:56
級数大きいし薄っぺらいけど造本も文章もかなりレベル高いよ。
ポプラ社見直した。
よく、これだけ手の込んだ物をこんな価格で出したよ。

18 :無名草子さん:04/07/02 13:28
>>17
漏れもそれ思った。
逆に言えば他の本が高いってことにならない?
まあグッドラックは薄利多売目指してるのかもしれないけど。

つーか文字ページが2色って贅沢だよな。
気合い入ってるわ。

19 :無名草子さん:04/07/03 01:10
しかし、本当に伸びないスレだな。
本当に売れてるのか?

誰か読んだ香具師いないの?

20 :無名草子さん:04/07/04 17:28
注文しても全然入ってこねー。
地方の弱小書店に回す分はないというのか・・・。

21 :無名草子さん:04/07/05 16:40
一週間で15万部ってことだけど、このスレ見てると信じられないな。
もしかしてていぞう(←なぜか変換できない)か??

22 :無名草子さん:04/07/05 17:57
やべ、釣られそう・・・
捏造? ネタだと判りつつ、ついついね。

23 :無名草子さん:04/07/08 00:28
ダ・ヴィンチに特集組まれてるね。すんごい派手。
気合い入ってるし売れてそうな割に、このスレはほんと伸びないなあ。

24 :無名草子さん:04/07/09 04:31
読みました。
なるほどね〜って感じかなぁ。

25 :無名草子さん:04/07/09 14:24
読書に慣れていない人でも読めるようにとても工夫されて作ってある感じがする。
単純にストーリーだけ読んでもおもしろかった。
久々に、家族全員で話題にできるような本だった。
それにしても15万部も売れてるの?

26 :無名草子さん:04/07/10 04:23
最初にこの本を見たとき、「チーズはどこへ消えた」を思い出したよ。読んでないけどさ
書店の店頭でパラパラとページめくってみたけど、特にどうということはないかなぁ、と。
いわゆる「本読み」が読む本じゃない、ってことなのかも<ここで盛り上がらない

27 :無名草子さん:04/07/11 02:08
確かに家族で読める本って感じだね

28 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:04/07/11 18:57
逆に疑問ばかりが募った

29 :無名草子さん:04/07/11 21:52
どんな疑問だよw
ひねくれすぎでないの?

30 :無名草子さん:04/07/11 21:56
>>29
自分でもそんな気がして鬱になった。
黒い方よりはじめからあきらめてた奴らの方が
まだましな人生送ってるような気がする。
変な野心抱くくらいなら何もしないほうがいいのか?

31 :無名草子さん:04/07/11 22:05
俺は、
A、なにもしなかった騎士たち(野心あるがめんどくさがり)
B、黒い騎士(野心あるが他人任せ)
C、白い騎士(野心があり自分で動ける)
っていう順番で、人の成長過程を表しているのだと思った。
あの本の内容をどう受け止めるかはその人次第だけど、
ちょっとナイショであの本のことを受け入れて気持ちを改めてみるのもいいのでは?
少なくとも、マイナスのことは書かれていないと感じたなあ、俺は。

32 :29:04/07/11 23:02
頑張っても報われない、とか
頑張らなくてもそれなりにうまくいく、とかの理不尽なことに
対しての疑問は消えない。
この本は極論だと思う。
そもそもクローバーを手に入れたら絶対に幸せになれるって言う
その設定こそがこの本の一番納得いかないところかもしれない。



33 :無名草子さん:04/07/11 23:20
まあ、極論だよ。寓話だもの。

俺は、実は魔法のクローバーには何の効力もないのではないかと読んだ。
それを手に入れるまでの過程で得るものこそがあの本のテーマなんじゃないかな。
実際、クローバーの実際の効能については、まったく触れられていないわけだし。

頑張っても報われないこととか確かにあるけど、
自分でも最善を尽くしたと分かってればそれなりに諦めつくもんだよ。

34 :無名草子さん:04/07/11 23:27
そうか。こんなふうに思慮が浅いのに文句ばっかり言ってるところからして
幸運をつかむことは出来なさそうだなとしょんぼり。
下準備をする準備から始めなければ。

35 :無名草子さん:04/07/11 23:32
読みやすい文体でしたね。2時間弱で読破しました。

36 :無名草子さん:04/07/12 00:04
当たらないくじを引くくらいなら
はじめから宝くじなど買うなという教訓ですか?

37 :無名草子さん:04/07/12 20:53
寂れてるねこのスレ。

38 :無名草子さん:04/07/12 21:57
この手の本って定期的にでてくるな。

39 :無名草子さん:04/07/12 22:49
うん。そしてどの本も
大差はない

40 :無名草子さん:04/07/12 23:16
定期的っていうほど出てるか?
チーズとバターしか思い浮かばないが。

41 :無名草子さん:04/07/13 00:22
なんかさ、根本的なところで
差別しまくってる本だな。

42 :無名草子さん:04/07/13 03:33
>>41は被害妄想アリ?

43 :無名草子さん:04/07/13 10:46
そんなことはない。

44 :無名草子さん:04/07/13 14:56
こういう本を叩くやつって結局自分たちもブームに巻き込まれてることに気づいてないんだろうか。

45 :無名草子さん:04/07/13 20:40
>>44
そんなことはどうでもいいんだよ。
誰もブームに巻き込まれたくないとかいってない。
むしろ少しは前向きな気持ちになれたらいいなと思って読んだよ。

46 :無名草子さん:04/07/13 20:53
内容が薄い…。気になるなら立ち読みで十分!1時間は絶対にかからないよ。


47 :無名草子さん:04/07/14 16:45
当たり前のことを分かりやすく書いた本だよね。
内容が薄いか厚いかで言えば、お世辞にも厚いとは言えないけど
運という素材そのものは奥深いものだと思うし、それを
真正面から書いてみたというのは、ある意味すごいと思ったよ。

48 :無名草子さん:04/07/14 20:33
こういう本てコロンブスの卵だと思うよ。
確かに当たり前だし、読んでみれば叩きたくのも分かるけど、
「じゃあおまいにはこれができたんか?」
と聞かれて「できた」と答えられる人は少ないと思われ。

49 :無名草子さん:04/07/14 20:38
ああいう健全な人間だけに語りかけてるような本はすかん。

50 :無名草子さん:04/07/15 07:15
>>49
それはおまいの勝手。

51 :無名草子さん:04/07/15 14:35
>>49
そんなおまえには、これがお薦めヨ。
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4562031158/250-6525534-3426650

>>48
うん、そう思う。直球だけで甲子園優勝投手みたいなね。

52 :無名草子さん:04/07/17 00:20
>>48
どこらへんがそうなのかぜひ教えて欲しい。

53 :無名草子さん:04/07/17 01:06
>>52
この本に書いてあるようなこと、誰だって自分で考えりゃわかるだろ?
だけど、それをこんな形の本にした人はいなかった。
いわばこの著者は、それを巧く物語りにすることで成功を収めたわけだ。

そのくらい、文脈というか状況から汲んでくれよ、まったくもう。

54 :無名草子さん:04/07/17 01:50
>>52
そんなおまえには、これがお薦めヨ。
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4591081451/250-2245906-1425835

55 :無名草子さん:04/07/17 10:37
>>53
そんなことくらい分かるわ
あんなものを評価できるような単細胞で羨ましい。
俺が教えて欲しいのは、どうしたらそのように、
あんなこと誰も出来なかった、
と差別的な本を評価できるのか、だ。
ぬくぬくと育ってきたんだろうな

56 :53:04/07/17 14:28
別にぬくぬく育ってきたわけじゃないよ。
つか、あれが差別的? 物は読みようだね、ほんと。
お前、被害妄・被害者意識想強すぎだって。
チョソか部落民か?
マジで育ち悪そう。

57 :無名草子さん:04/07/17 16:52
>>56
やっぱりそうなのか。俺みたいなのは少数なのか。
このスレのどっかにも書いてたけど、
黒い騎士がかわいそうじゃないか。
あいつは頑張ったんだよ、他の奴よりも。
なのに結果的に町から姿を消した。
それならおとなしくはじめから何もしなかったほうが良かったのか?
それに、クローバーの種は何時もまいているといった奴がいたよな。
そのことを知ったところで、
例えば体が悪く外に出ることが出来ない人は
自分自身でそのクローバーが育つ条件を整えることは不可能。
そう考えた時、その人は、誰かのおこぼれでしかクローバーを手にすることは出来ない。
そうなると、今度は育つ環境を一生懸命整えた奴は馬鹿みたいじゃないか。
おこぼれだって同じように効力を発するなら。
というふうに、俺の中では疑問が生じるわけ。
よければそれに対する藻前の答えを教えてくれ。

58 :53:04/07/17 20:47
>>57
部屋から出られない人は出られない人で、自分なりのものがあるだろう。
それを「おこぼれでしか」と書いてしまうお前のほうが差別意識強いよ。
外に出られない人は勝負もできないっていうのは一体どういう理屈だ。
あの物語で森に行ってるのは、便宜上での話だろう?
別に部屋の中でできることだってあるはずだ。

それに誰もが最初から白い騎士みたいに聖人君子になれるわけではない。
黒い騎士も森での失敗を自ら認めて姿を消したのだから、
それからどこかで心を改めてやり直してる可能性だってあるわけじゃない?
マーリンはセカンドチャンスをちゃんとくれてるわけだからさ。
物語を読んでそれで終わりではなく想像力を働かせてみたらどうだろうか。

59 :無名草子さん:04/07/17 20:50
>>58
どうやら俺はそこに書かれている形にこだわりすぎていた様だな。
もう一度読み返してみる。


60 :53:04/07/17 20:54
意外といいやつだった。
>>56で煽ってごめんね。

61 :無名草子さん:04/07/17 20:55
むしろ俺こそいやみないい方してすまん。

62 :無名草子さん:04/07/17 22:27
本屋で立ち読みしましたが、買ってもいいなぁ〜っておもた

63 :無名草子さん:04/07/17 23:19
30分くらいで読めるね。売れてる割りにこのレスの少なさにびっくり!しました。
当たり前の事しか書かれてないけどその当たり前の事をしてないわけか。俺は。
簡単にしか読んでないからしばらくしたらもう一回読んでみるか。
表紙のカバーが両面あるんだよ!気付いたかぃ!?

64 :無名草子さん:04/07/18 22:57
どうせなら文庫本で出して欲しかった。

65 :無名草子さん:04/07/20 15:10
文庫だったらグリーンマイル一冊分の厚さもなさそうだな。

66 :無名草子さん:04/07/25 15:00
誰かあらすじ教えて
3行くらいで

67 :無名草子さん:04/07/25 19:29
>>66




68 :無名草子さん:04/07/25 20:37
>>67




69 :無名草子さん:04/07/25 21:32
>>66
朝おきて
昼寝して
夜寝た
…………Bad Luck!!!!

70 :無名草子さん:04/07/28 22:33
やっぱり
よみは
エロいな

71 :無名草子さん:04/07/29 04:56
こういう本を叩きたくなる気持ちは分からないでもないが、
本当にどうでもいいのならばスルーできてしまうものだ。
スルーできないのであればなぜ自分が叩きたくなってしまったのか考えてみてもいいのではないか?
プラスもマイナスも感情には必ず何かの意味があるものだよ。
少なくともヲレには「この本に書かれているのは当たり前のことばかり」と批判するような人が、
この本に書かれているようなことを身に付けている人だとは思えない。

72 :ノット:04/07/29 16:44
おれは読書家なので、大いに叩きたいです。
おれは、もっと難しい本も平気で読むほどの人間なので、
こんなのが売れていると我慢がなりません。


73 :無名草子さん:04/07/29 21:54
当たり前だからたたきたいとかじゃなくて
選民主義が基本だから納得いかない

74 :無名草子さん:04/08/02 14:51
>>73
純粋に好奇心から・・・
どの辺を、どのように読むと
選民主義という発想が芽生えてくるのでしょうか

75 :無名草子さん:04/08/04 20:07
当たり前のことを書いてるし、読んでて先が簡単に読めちゃうような内容
なんだけど、文章のひとつひとつがすごい重いというか、意味があるというか。
これ読んでから自分変わった気がする。
あとこれ絵本にしたら面白そうな気がする。

76 :無名草子さん:04/08/04 20:56
選民主義が云々とか言ってる人は往々にしてコンプレックスがあるだけ。
批判している対象物の問題ではなく自分の問題。

77 :無名草子さん:04/08/05 17:28
日本語版読みました。
この本の英語版って本屋で売ってますかね?

78 :無名草子さん:04/08/06 01:36
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0787976075/qid=1091723695/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/250-9275056-1885012

amazonでも買えるみたい>英語版
ずいぶん野暮ったい表紙だな。

79 :無名草子さん:04/08/09 07:50
英語版注文してみた。今から届くのが楽しみ。
でもちょっと高いなあ。洋書はしょうがないか。

80 :無名草子さん:04/08/11 00:07
>>79
読んだら感想ヨロ。
自分も買おうか迷ってます。日本語版読んでる最中に
『このフレーズ英語でどう表現するのだろう?』
ってのがけっこうあった。

でも2千円高け〜〜〜〜

81 :無名草子さん:04/08/11 20:44
チーズ思い出したよ。
下ごしらえしないとだめだなぁ、自分。

82 :無名草子さん:04/08/14 15:31
広告などに大量に資金投入して、利益は出るのですか?

83 :無名草子さん:04/08/15 03:56
まあ普通、利益出ないほどには投資しない。

84 :無名草子さん:04/08/17 14:22
それにしても広告がすごい。
仕掛けようによっては、それなりの実績を見込める、
という新しい一例になるんじゃないの?
なにもしないで出版だけしてる出版社って、少なくないと思う。
勝負本に勝負をかける。この姿勢は、なんだかすさまじい。

85 :無名草子さん:04/08/17 17:35
ベストセラーage

86 :無名草子さん:04/08/18 04:08
>>84
帳尻合わせの無駄弾ばっかり撃つ出版じゃなくって
たしかに一発入魂の出版物が増えてくれたほうが
いろんな意味で出版が良くなるような気がするよ。
そういう意味でグッドラックはなかなか興味深い出版実験だと思う。

87 :無名草子さん:04/08/18 21:18
>>83
普通はね。しかし、この業界は結局損する羽目になるのに・・・ということをよくやっているのだよ。

88 :無名草子さん:04/08/19 23:10
立ち読みだけで全部読み終えた本なんて初めてだ。
三十分で読み終えちゃったよ。
こんなすぐ終わるのに千円出して買うやつの気がしれない。

89 :無名草子さん:04/08/20 00:08
>>88
まともなこと言うのってかっこいいね。

90 :無名草子さん:04/08/20 05:02
この本で読書感想文書けますか?
友達が「集中すれば1日で読めるよ」って言ってたので読もうと思うんだけど。

91 :無名草子さん:04/08/20 05:34
感想文書くにはもってこいだと思う。
一日つーか一時間で読めるよ。

92 :無名草子さん:04/08/20 15:09
しかも感想文サンプルが、アマゾンなどのレビューにたくさんあるから、
コピペするといいよ。さっさとやっつけて、夏休みを満喫してね★

93 :無名草子さん:04/08/20 20:34
89は意味不明

94 :無名草子さん:04/08/21 07:21
ていうか、この本って「自分に幸福を贈る本」なんだから幸運をエサにして売ってるんじゃないのか?
そんな本を信じるのはこの本の内容と反することなんじゃないのか?

95 :無名草子さん:04/08/21 10:10
内容よりも、宣伝をうまくやればある程度は売れるんだろうな。
世界の中心〜も然り。

96 :無名草子さん:04/08/21 10:11
チーズはどこへ消えたと、言ってることは同じようなもんだしな。

97 :無名草子さん:04/08/21 15:14
>>94
そういう批判を見るたびに思うのだけど、日本は資本主義社会なんだから物を売るのは当たり前じゃない?
「Good Luck」という名前の本を売る事自体は、まったくそんな風に言われることじゃないよ。
それを叩くならただの水を「アクア」とか言い換えて売ってる化粧品も叩け。
出版社だって会社である以上ビジネスしてるんだから、多少あざといくらい良いじゃないか。
喜んで買う人だっているわけだから文句言うだけ無粋ってものだよ。

98 :無名草子さん:04/08/22 02:15
まあ間違いなく「エスキモーに氷を売る」類の商売だよねえ<グッドラック

99 :無名草子さん:04/08/22 18:49
ぶっちゃけ、キムタクの演技には萎えた
なんだあの変な告白のシチュエーションは。

100 :無名草子さん:04/08/22 19:16
>>99
もう飽きたよそのボケ。
元々、まったく面白くもないし。

そんなベタベタなことをよく口にできるな。神経疑うよ、まったく。

101 :無名草子さん:04/08/22 19:46
天性のものは幸運でも手に入らないような気がするけど・・・
下ごしらえのやり様がない。
最終的にはそこでぶち当たると思う。

102 :無名草子さん:04/08/22 23:51
>>100
釣られるなよw

103 :無名草子さん:04/08/23 01:27
仕事に失敗した友人も、黒い騎士も努力しなかった訳じゃないのに
なんか引きたて役みたいになってて複雑な気持ちになった。
やり方が違っただけで、黒い騎士は白い騎士ほど頭が回らなかっただけでしょ?
仕事に失敗した友人も、成功した友人とは考え方が違っただけでしょ?質か流行か。っていう。
言いたいことはわかるんだけど、なんだかな…と思ってしまった。

104 :無名草子さん:04/08/23 07:19
>>103は、失敗しても「考え方が合わないから」と諦められるのかな。だとしたら羨ましい。
皮肉じゃなくてね。

105 :無名草子さん:04/08/23 14:21
何もしなかった兵士がいるのに黒い騎士が一番不幸になったのはどういうことだ?
おかしいだろ

106 :無名草子さん:04/08/23 14:33
そうだねー

おかしいねー

107 :無名草子さん:04/08/23 15:51
不幸になってるの?
自分の過ちを悔いることが出来るのは幸せなことだと思ってたが。

108 :103:04/08/23 19:35
>>104
いや、諦めるとかそういうことじゃなくて、何て言えばいいのかなー
成功した方は質はどうこうよりも流行している商品を売って成功して、
失敗した方は、流行よりも質にこだわって商売しようとしてた。それは彼なりの下ごしらえでしょ。


109 :無名草子さん:04/08/23 20:00
「下ごしらえ」というか、他にやり方知ろうとしてなかったせいで、
仕事の幅が小さかっただけのように俺には読めたのだけど。
質に拘ってたというのは彼の負け惜しみというか心の拠り所となる言い訳なのでは?

110 :無名草子さん:04/08/24 01:18
黒い奴は確かに不躾な態度が往往にして見られて、
あくまでも白い奴を引き立てるために仕立てられた、嫌われる系の性格だったが
もし、性格は白い奴みたいなかんじで発想が黒い奴だったらどうなったんだ。
人徳により道は開けたんだろうか。
対極の二人を出してどっちが良くて、どっちが悪いと決めてしまえば話は簡単なんだよ。
明らかに白は善で、黒は悪の役割だったじゃない。
そういう極論で幸せについて語りかけられても納得はいかない。

111 :無名草子さん:04/08/24 02:08
>>110
黒は確かに悪役として描かれてたけど、
最後には悔いたんじゃなかった?
それは結局、黒も白と同じスタートラインにたったということだと思うぞ。

112 :無名草子さん:04/08/24 02:21
>>111
そもそも黒のような生き方は悔い改めるべきものなのか?
白のように生きていかなければならないのか?
あの白ような精神を持ってしか幸せを手に入れる権利はない、
とでもいってるような、偽善っぷりに苛苛するんだよなー。
だめかな?

113 :無名草子さん:04/08/24 02:33
>>112
まあ、読み方は決まってないんだし、それはあなたの自由だけど、
そこまで神経質に斜めに読むことないと思うけどなあ。

いやならいやでイライラもせず放置しときゃいいんじゃないの?
どうしても言いたいのならそれは、あなたにとってもなにか引っかかるものがあるってことだよ。

114 :無名草子さん:04/08/24 17:33
>>112
同意。





115 :無名草子さん:04/08/25 00:49
英語版、ちょっと高かったけど入手。
読み比べるのを楽しみにしていたのだけど全然別物だった。
粗筋とかは同じだけど文章は全く違う。
手が入っているというレベルではなく新たに書き直したと言っていいくらい。


116 :無名草子さん:04/08/25 11:11
この本、もともとスペイン語だろ?

117 :無名草子さん:04/08/25 12:55
で、幸運を得たのは著者ということでFA

118 :無名草子さん:04/08/25 17:03
おいおい70万部かよ。

119 :無名草子さん:04/08/28 03:42
銅メダリストも感銘をうけたようで・・・・

ttp://www.sankei.co.jp/news/040821/morning/21gor002.htm

120 :無名草子さん:04/08/28 12:44
>>119
なんかちゃんと目的を持ってやろうとしている人には、それはそれで
読むべきところのある本だと思うわ

121 :無名草子さん:04/08/31 10:26
作者は、黒い騎士のように書いて待ってるだけで、幸運を手に入れたわけだが。

122 :無名草子さん:04/08/31 14:50
>>121
お前バカじゃないの?

123 :無名草子さん:04/08/31 19:00
>>122
こんな釣りにひっかかるお前の方がバカ

124 :無名草子さん:04/08/31 20:09

必死な後釣り宣言乙 ( ´,_ゝ`)プッ

125 :無名草子さん:04/08/31 21:10
典型的な2ちゃねらだな ( ´,_ゝ`)プッ

126 :無名草子さん:04/08/31 21:34
>>125
それはそれですごいことだよ!!!!!!!!!

127 :無名草子さん:04/08/31 21:38
↓典型的な2ちゃねらだな ( ´,_ゝ`)プッ


123 名前: 無名草子さん [sage ] 投稿日: 04/08/31 19:00
>>122
こんな釣りにひっかかるお前の方がバカ

128 :123:04/08/31 21:55
                 ┌─┐
                 |も.|
                 |う |
                 │来│
                 │ね│
                 │え .|
                 │よ .|
      バカ    ゴルァ  │ !!.│
                 └─┤    プンプン
    ヽ(`Д´)ノ ヽ(`Д´)ノ  (`Д´)ノ    ( `Д)
    | ̄ ̄ ̄|─| ̄ ̄ ̄|─| ̄ ̄ ̄|─□( ヽ┐U
〜 〜  ̄◎ ̄  . ̄◎ ̄   ̄◎ ̄   ◎−>┘◎


129 :無名草子さん:04/08/31 22:01
今度はたくさんの人が釣れましたなw
さて、次はどのくらい釣れるだろうか。

130 :無名草子さん:04/09/01 21:08
124〜128は全部かはわからんが同じやつ(122)が何回も書いてるな
ほんとむなしいやつだw

131 :無名草子さん:04/09/01 21:35
いい内容だと思うけど・・・。

いかにも、「どうです?感銘を受けるでしょ?すごいでしょ?」みたいな感じで
書いてあるのが何か嫌だ。

132 :無名草子さん:04/09/01 22:43
正直、本編を読んでいる時はふんふんとうなずく程度だったけど、
あとがきにどきっとさせられた。

133 :無名草子さん:04/09/01 23:30
>>131
そんな書き方されてる?
そう読むほ方がいやらしくないか?

134 :無名草子さん:04/09/05 20:14
カバーも両面使えて気分転換に良いんだけど、
販売時の面を向けて付けてると、本体とカバーの質が噛み合わなくて
するするっとすべるのがやだ。

135 :無名草子さん:04/09/06 17:19
それにしても盛り上がらないスレだな。
やっぱ翻訳だから?

136 :無名草子さん:04/09/06 23:31
内容がないから

137 :無名草子さん:04/09/07 04:15
俺本屋で働いてるけどこの本はかなり売れてるよ。社会人の女の人がよく買っていく。

138 :無名草子さん:04/09/09 03:00
    |┃三             _________
    |┃              /
    |┃ ≡    _、_   < 話は全部聞かせて貰ったぞ!
____.|ミ\___( <_,` ) _ \
    |┃=___    \    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |┃ ≡   )   人 \ ガラッ

139 :無名草子さん:04/09/10 16:38:32
オチが酷い。
黒騎士のどこが悪い?

140 :無名草子さん:04/09/11 11:15:04
要領が悪いやつなら、無謀な挑戦をするよりも
最初から何にもやらない方がマシってことだろ

141 :無名草子さん:04/09/11 12:05:23
タイトルは「幸運の法」でいいじゃん。

魔術師=大川
白騎士=信者

142 :無名草子さん:04/09/11 15:43:06
黒騎士は不運なだけだ
思い込みが重なっただけだ

143 :無名草子さん:04/09/16 12:19:22
>>116
亀レスだが訳者はどうも英日翻訳家みたいだから英語版を元に翻訳したんじゃないかな??
スペイン語版はどんななんだろう。読んだ香具師おらんか?

144 :無名草子さん:04/09/26 04:40:56
今日ザ・ワイドでめちゃめちゃ特集されてたぞ。
俺もちょっと今度見てみよ。

145 :無名草子さん:04/09/28 00:51:37
俺もザ・ワイド見て買ってきた。すぐ読めた。
隅々までものすごく丁寧に作られているのに安価で好感が持てた。
内容もよかった。当たり前のことをすごくお洒落に書いてある。
こんだけ売れてるのも分かる。

146 :無名草子さん:04/09/28 00:54:57
こんなの褒めてる奴は普段本読まないんだろなw

147 :145:04/09/28 01:22:51
月10冊弱くらい。まあ多くはないな。

一口に本と言ってもそれぞれだし価値に一定の基準なんてないよ。
こんなのと言い切ってしまうのは浅はかというものだぞ。

148 :無名草子さん:04/09/29 01:15:20
漏れなんて約二年ぶりに本買ったぞw
漏れ落ち着きがないから小説とか読めないんだけど、
この本は一ページの文字数が少な目でアホな漏れでも読みやすかった
なんつーか自分の悪いとこを誰かに注意してほしい人が読むといいと思う
自覚してるけど認めたくない人にもいいんじゃないかな
漏れは結構面白く読めた
明日からグッドラックの中にあった広告みたいな名言集を持ち歩こうと思う

149 :無名草子さん:04/09/29 01:29:02
>>148
内容のレベルがよく分かった

150 :無名草子さん:04/09/29 01:35:50
>149
いいから早く寝ろ無職

151 :無名草子さん:04/09/29 01:38:44
>>146みたいなこと言うやつって本は読んでても知性が低そう。
普通、そんなにガツガツと人のこと悪く言わないものだぞ。

152 :無名草子さん:04/09/29 02:06:37
その通り、人はむやみに呪うものじゃないぞ

153 :146:04/09/29 20:19:16
>>151
別に普段は中谷彰宏とか読んでるような奴にも
いちいち文句つけねーけど2chでこんな本を絶賛してる奴を見ると
そりゃ悪口の一つぐらい言うよ。

154 :無名草子さん:04/09/29 23:34:19
>>153
じゃあこのスレくんなよ
わざわざ悪口いいにくんのもどうかと思うぞ
人がどんな本読もうが勝手じゃん
2chに多いけど、不満を自分の中にとどめておけない奴大杉
愚痴る友達もいないんだろうな

155 :無名草子さん:04/09/29 23:41:09
146じゃないけどおまえこそファンサイトにでもいけば?
2chでそんなこと言ってる人間久々に見たよw 

156 :無名草子さん:04/09/29 23:54:26
2chに多いけど「〜じゃないけど」ってフレーズ使う奴は大抵本人(´,_ゝ`)プッ




って>>3がいってました

157 :無名草子さん:04/09/29 23:56:58
荒らすなクソ共

158 :無名草子さん:04/09/30 00:02:19
Good Luck読んでる人って
幸運のブレスレットとか好きそうだよね〜

159 :無名草子さん:04/09/30 00:05:55
まあ俺はこの本のおかげで人生変わったけどね。
何か筋肉もついてきて女の子たちの見る目が変わってきた。
そのおかげか童貞卒業できたし仕事も上向いてきたよ。
おまえも文句つけてる暇があったらコレ読んで冴えない人生にピリオドを打てよ。

160 :無名草子さん:04/09/30 00:29:16
>>148-149 ワロタw

161 :無名草子さん:04/09/30 10:26:12
価値観は人それぞれな訳で。

162 :無名草子さん:04/10/01 06:42:39
読んだけどあまり感銘は受けなかった。
もちろん良い本だとは思ったけどね。

でもやっぱり黒騎士が可愛そうに思えた。
同じ質問をしてるのに、白騎士の方だけ余分に事を聞いて
違う答えを教える自然達に何か贔屓っぽいの感じた。

それならば黒騎士にも
「クローバーは環境さえ整えば芽を出す」
みたいな事をもっとはっきり教えてやれば良いのにと思った。
黒騎士の質問にNOでしか答えない自然にはどうも納得いかなかった。

もし黒騎士もクローバーを自分で作ると言う事がわかれば
それなりの努力をしたんじゃないだろうか。
そう思うと白騎士の方が狡猾でずる賢く見える。

ひねくれた意見だけど
要は、「そこに気付くかどうか」って
言うのだけで幸運を決めてるのは納得がいかなかった。
おおまかに目に見えてるものだけでは幸運を
掴めないみたいな言い方をされてる様でさ。

そんな事を俺は思った。

163 :無名草子さん:04/10/01 13:19:02
つか現実に置き換えると
電波野郎の戯れ言をまともに信じた白が
ハッピーエンドを迎えることなんてまずありえない。
幸福の科学の信者=白騎士。

164 :無名草子さん:04/10/01 17:53:18
>>162
与えられることに慣れきった典型的現代っ子の意見だ。

165 :無名草子さん:04/10/01 18:41:34
>>159
俺も。
努力して競馬必勝法を編み出して家を建てたよ。
騙されたと思ってみんなこの本を買おうぜ。

166 :無名草子さん:04/10/01 18:52:09
俺はこの本を読んで、にきびが治ったよ!

167 :無名草子さん:04/10/02 00:25:00
>>162
禿同。

>>164
なんかちょっと違う気がする。

168 :無名草子さん:04/10/03 04:17:05
書いてあることを素直にそのまま読めない人がこんなに居るとはね。
>「クローバーは環境さえ整えば芽を出す」
>みたいな事をもっとはっきり教えてやれば良いのにと思った。
これじゃあ試練でもなんでもないじゃん。
実社会でいちいち人はこういうことを教えてくれるのか?

169 :無名草子さん:04/10/03 06:18:05
書いてあることを素直にそのまま受けとめて実社会に持ち出されても困るがな

170 :無名草子さん:04/10/03 06:25:13
あーあ。本物の馬鹿が出て来ちゃったよ。

171 :無名草子さん:04/10/03 10:14:16
本の程度が知れるスレだな。

172 :無名草子さん:04/10/03 13:09:14
実社会を例に持ち出すと
この本は突っ込みどころ満載だからな。

173 :無名草子さん:04/10/03 14:51:28
すごいな。97万部だってよ。
うちの会社では社員に配られたよ。

174 :無名草子さん:04/10/03 15:06:00
買わずに済んだじゃん、ええこっちゃ

175 :無名草子さん:04/10/03 15:12:13
チーズはどこに消えた?みたいなもんか。
どうしてこういう本買う人って懲りないんだろ・・・。

176 :無名草子さん:04/10/03 16:36:05
売れる本を買いたくない人の心理ってなんなのかな

177 :無名草子さん:04/10/03 21:31:37
>>168
あっそ、何様ですか?

178 :無名草子さん:04/10/03 21:55:57
売れる本を叩きたくなる人の心理ってなんなのかな

179 :無名草子さん:04/10/03 22:05:22
>>178
ひねくれもんだろ。
書いてあることを素直にそのまま読めない人がこんなに居るとはね。


180 :無名草子さん:04/10/03 23:31:55
売りたい本を買わないと敵視しはじめるポプラ社乙。

181 :無名草子さん:04/10/04 00:39:02
180 :無名草子さん :04/10/03 23:31:55
売りたい本を買わないと敵視しはじめるポプラ社乙。


182 :無名草子さん:04/10/04 00:44:48
>>180
そういう発想が出来るって事はおまいがそういうヤツだって事よ。

183 :無名草子さん:04/10/04 05:30:32
通り魔に遭った友人や、
事故で家族を亡くした友人や、
震災で家族を亡くした友人達には
絶対に読ませたくない、と思う本だった。

単なる経済の自己啓発本なのに騒ぎ過ぎ。
帯のコメントが大袈裟。


184 :無名草子さん:04/10/04 08:53:15
>>183
歪んで受け止めすぎだろw
俺は事故で家族なくしてるけど無問題よ。

まあ文句言わないと気が済まないやつっているからな。

185 :無名草子さん:04/10/04 13:31:01
努力すりゃ報われるって感じだけど
そもそも幸福のクローバーじゃ説得力皆無だよ・・・。

186 :無名草子さん:04/10/04 15:21:09
騒ぎすぎな感は否めないな。そんなにたいした本じゃない。

187 :無名草子さん:04/10/04 15:34:38
はいはい。君たちが上等なのはよ〜〜〜〜〜〜く分かったよ。
何でこんなスレにかかずらわってるの?

188 :無名草子さん:04/10/04 15:58:29
大なる物を否定することで小なる自分を自分の中で肯定しようとする輩は常に居るものだよ。無視無視。

189 :無名草子さん:04/10/04 15:59:28
社員かとおもうような擁護レスが散見されるな。

190 :無名草子さん:04/10/04 16:16:24
こんなつまんない本を援護して何の意味があるんだろ
この本よりも素晴らしい本なんて腐るほどあるのに変なの


191 :無名草子さん:04/10/04 16:51:46
子供向けの本だな。
大人は、世の中がこんなに単純じゃないことを知ってるから。

192 :無名草子さん:04/10/04 17:38:57
あたり前田のクラッカーって感じ

193 :無名草子さん:04/10/04 19:58:42
内容自体はわかりやすくて納得もできるけど、
そんなにベストセラーになって騒がれまくるような本でもないような気がした。

PRにも力入れてたらしいし、カバーが可愛いっていうのもあんのかな。

194 :無名草子さん:04/10/04 20:01:34
> 流行嫌いの人達も、やはり流行に敏感である。
>あるいは世間一般の人よりもはるかに敏感かもしれない。

> 実はここがポイントだ。流行嫌いの人達は、世間一般その他大勢よりも
>自分のほうが流行に敏感だと密かに自負しているのでである。
>世間の先をいっている、ないしは自分の感性のほうが鋭い―このことは彼ら彼女らの自慢なのだ。

> だから、自分が流行を先取りするのは問題ない。でも、すでに「今の流行」として喧伝されている
>ものを後から追いかけるのは、世間の先をいっていなかったことの証明になってしまうため、
>これに反発を覚える。いや反発を覚えるどころか、流行を批判することで、また世間に同調して
>流行を追っている人達を批判することで、自らの個性をアピールしようとする。

> もうおわかりだと思うが、流行嫌いの人達は、世間一般に対する帰属意識よりは、自己の存在を
>周りにアピールしたいという欲求(自己顕示欲)の方が強いわけだ。そのためこのタイプのうち、
>世間の先を行く能力や、より鋭い感性を実際に持ち合わせていない人は、最終的には流行に
>片っ端からケチをつけてばかりいるだけの偏屈な理屈屋とと化すことが多い。


195 :無名草子さん:04/10/04 20:43:46
>>194
自分ってものがないんだね。可哀相に・・・。

196 :無名草子さん:04/10/04 22:44:44
流行嫌いじゃないよ。
稚拙な内容の本をアホが必死で宣伝してるから
社員じゃないのか、と。

197 :無名草子さん:04/10/04 22:50:56
グッドラック叩いてる奴は読んでない奴だな。
読んだ奴はみんな何かしら感じて幸福に結びついてるし。
俺もこの本のおかげで結婚しましたよ。

198 :無名草子さん:04/10/04 22:55:33
ワタシもグッドラックで背が3cm伸びました

199 :無名草子さん:04/10/05 00:10:53
わたくしめもグッドラックを読んで、来年がいい年になりそうです。

200 :無名草子さん:04/10/05 01:48:03
アリとキリギリスのパクリだな

201 :無名草子さん:04/10/05 01:48:54
はぁ?

202 :無名草子さん:04/10/05 03:51:45
パクりだと言うことで自分が立派な人だと思われたいのだろうか。

203 :無名草子さん:04/10/05 05:50:56
毛がふっさふさ!!!!

204 :無名草子さん:04/10/05 10:25:26
>>202
こんな珍本読んで「目からウロコ!」とか言ってる人間の方が余程(ry

205 :無名草子さん:04/10/05 17:42:27
ほんとにどうでも良い物ならば素通りできるはず。
いちいち文句言ってるのには何か理由がある。
自分でそんな事にも気づかないバカが沢山いるな。
もっと自信付けて強く生きろよ。

206 :無名草子さん:04/10/05 23:49:03







207 :無名草子さん:04/10/06 16:03:55
110万部だって。売れてるね〜

208 :無名草子さん:04/10/06 20:17:02
ttp://www.dai3hensyu.com/news.html

大盤振る舞いだな。
年内いっぱいはまだ売れるという判断か。

209 :無名草子さん:04/10/10 20:38:38
森の連中、見たこともないクローバーについて随分詳しいな

210 :無名草子さん:04/10/10 21:08:30
伝説のクローバーだからでしょ。

211 :無名草子さん:04/10/15 14:09:05
なんやかや言われつつも、110万部はすごいな。
本好きがあれこれ言うのは理解できるがさておき、
それだけ時代のニーズに合ったってことだ。

212 :無名草子さん:04/10/16 18:24:00
グッドラック倒産

213 :無名草子さん:04/10/20 02:45:09
正直1000円出して損した

214 :無名草子さん:04/10/20 16:17:09
213は貧乏人。

本なんて事前に立ち読みしたって買えるんだから「損した」とか言って人のせいにすんな。
自分で決めたんだろうが痴呆。

215 :無名草子さん:04/10/20 16:41:20
こんな駄本買うぐらいだから
他にも糞みたいなベストセラー買ってそうだな

216 :無名草子さん:04/10/23 17:23:15
今朝テレビでやってたけど赤い装丁が出るらしい。

217 :無名草子さん:04/10/27 16:05:42
>>216

よくわからんが、クリスマス仕様だそうだ。

218 :無名草子さん:04/10/27 21:51:33
いるよね。
売れてるの本や流行の映画を他人から薦められたら頑なに拒む人。
一番流行にとらわれてることに気付いてない寂しい人間。

219 :無名草子さん:04/10/27 21:56:39
>>218
そういう人って肛門性格なんだってさ

220 :無名草子さん:04/11/05 10:45:22
もう赤い装丁って出てる?見かけないんだけど。

221 :無名草子さん:04/11/05 10:48:11
掲示板の管理人は住所と電話番号と本名を公表すべき
http://ex5.2ch.net/test/read.cgi/accuse/1083211119/l50

222 :無名草子さん:04/11/08 13:14:54
図書館で予約したら、来るの半年後だって★

223 :無名草子さん:04/11/08 16:02:23
半年待つくらいなら、1000円払うなあ。

224 :無名草子さん:04/11/08 22:34:39
半年待つくらいなら、立ち読みするなあ。

225 :無名草子さん:04/11/11 16:43:20
今、読み終わった。つまらんと思った俺はダメ人間かな。どうせ、最初の段階であきらめる人間だし。てか、はなから力試ししたいとも思わんし。これで感銘受けた人は、良かったんじゃないか。イヤミじゃなくて。

226 :無名草子さん:04/11/14 13:27:50
読んだ。
いい本だ。よくできてる。
ただ、宣伝文句がセンセーショナルすぎたから、期待が大きすぎて、肩透かしくらった感はある。
マーケティング過剰。
まぁ、マーケティングのプロが書いた本だから仕方ないかもしれないが。
でも、素晴らしい本だから、一人でも多くの人に読んでもらいたい。
過剰なマーケティングはそのための手段と思って、先入観なく素直に読んだらいいと思う。

227 :無名草子さん:04/11/26 16:47:18
さっき立ち読みしてきたんだけどすごくいい本だと思った。買おうかな・・
↑で誰かも言ってたけど、絵本にしてみるのもいいと思う。綺麗な絵で。
深読みというか、考えすぎな人もいるみたいだね。私は素直に受け止められたよ


228 :無名草子さん:04/11/26 17:44:19
>>218
読んでから文句いえと言われても、世界中読んで、その上文句言う程
暇な事したくないわけで….

流行り物はとりあえず無視しておいて、ブックオフの100均に並んでから
読んでも、100円勿体無いと思わせるんだから、避けておいて吉。

本当に良いものなら、5年経っても重版してるし。

229 :無名草子さん:04/11/26 18:50:19
まぁ、ここで文句言う暇くらいはあります。

230 :無名草子さん:04/11/28 13:47:04
はい、みなさん。
この辺でもう一度、「Good Luck」を読み返してみましょ。

231 :無名草子さん:04/11/28 13:49:00
もうもってない

232 :無名草子さん:04/11/28 13:53:24
大丈夫。
Good Luck は、いつもあなたの心の中にあります。

233 :無名草子さん:04/12/02 12:29:08
赤い装丁の「Good Luck」が書店の店頭に並んでますね。

234 :無名草子さん:04/12/02 14:51:12
下ごしらえっていう言葉を使ったセンスはすごいと思う。
原書では何てなってるんだろう??

235 :無名草子さん:04/12/02 14:52:43
下ごしらえっていう言葉を使ったセンスはすごいと思う。
原書では何てなってるんだろう??

236 :無名草子さん:04/12/11 19:28:00
図書館で借りてきた
一ヶ月半待って
一時間で読み終わった
白の騎士の服がぼろぼろになってたのは
君達もなりふり構わず、目的に向かって邁進しなさいってことだよね
こういう成功哲学ってニューソートっていうんだよね

237 :無名草子さん:04/12/18 07:53:08
この本って最後黒い騎士は不幸になるんだっけ?

238 :無名草子さん:04/12/18 08:27:03
>>237
そう。不幸の極み。
んなことなら、四葉のクローバーなんて探しにいかなかった方が良かった、
ってぐらい不幸になった。
それも、どうかと思う。

239 :眠いな:04/12/27 16:27:02
眠いな

240 :無名草子さん:05/01/01 23:20:54
黒い騎士は不幸になったみたいだけど、
今まで黒い騎士みたいな考えで振舞っていた人は
これからの振る舞い次第で白い騎士になれるから
貴方もよく考えなさいってことだよね。

寓話の結論が、そもそも探しに行かなきゃよかった的なのに対して、
マックスとジムの部分は、これからも挑戦して頑張りなさい的だから
ちょっと不一致な感じがする。

知り合いに熱烈に薦められて年末に読んだけど、
今までの自分の振る舞いを黒い騎士と言われたようで、
途中まで読んでて辛い本だった。

241 :無名草子さん:05/01/16 13:26:54
黒い騎士か・・・。

関係ないけど昨日黒霧島飲んだ。

242 :無名草子さん:05/01/21 22:36:22
まだ読んでないけど、あの表紙はインパクトあるね。



243 :無名草子さん:05/02/01 13:38:21
なんだかな。BOOKOFFだなこりゃ。

244 :無名草子さん:05/02/15 05:46:05
売れてる割に静かなスレだな。

245 :無名草子さん:05/02/18 10:58:58
昨日、電車の中で18くらいのかわいい女の子がGoodLuck読んでた。

246 :無名草子さん:05/02/20 04:32:54
手厳しいツッコミを入れられる理由は分からないでもないけど悪い本ではないと思う。
黒い騎士は魔法使いに諭されて自分の過ちに気づいたのだから幸せなのではないかな。
不幸なのは探しにも行かずに諦めた(つまり自分の過ちに気づく機会を放棄した)、他の騎士たちだろう。
何事もやってみなければノウハウや知識や方法論は身に付かない。
白い騎士も、きっと過去に失敗したことがあるからその経験から正しい方法を知っていたのだろう。
白と黒の二人の騎士は同じ時系列に存在しているけど一人の人間の過去と未来だと思える。

アマゾンのレビューとか読んでると「結局は運に左右される」という批判がよく目につくけど、
しょせんファンタジーにそこまでの現実性を求めちゃイカンと思う。
きっと昔話や寓話を読み慣れていない人たちがそういう事を書いているのだろう。
スラムの人達が読んだら怒るなんて書いてる人もいたけど、それこそスラムの人達を馬鹿にした意見だ。

247 :無名草子さん:05/02/24 10:40:45
素直に読んだらええと思う。
いい話だよ。

248 :無名草子さん:2005/03/24(木) 10:03:01
保守

249 :無名草子さん:2005/03/29(火) 19:40:24 ID:
バットラックってーのも面白かったよ

250 :無名草子さん:2005/03/29(火) 21:47:54
そんな本あるの?>249

251 :無名草子さん:2005/03/30(水) 00:40:13
1億円のヤツが書いてる。

252 :無名草子さん:2005/04/04(月) 09:10:32
おとぎ話のように白黒はっきりしていた。
読んでいる時はそれなりにおもしろいけど、
読み返すことはない。

カバーの裏の、空と木々の写真は好き。
自分はこっちを表にしてる。

253 :無名草子さん:2005/05/05(木) 20:06:18
黒い奴がかわいそ過ぎる話だった

254 :無名草子さん:2005/05/06(金) 02:50:21
黒いやつは自分の間違いを知った上に許されたのだから幸運だったのでは?

255 :無名草子さん:2005/05/07(土) 19:34:21
あそこまで醜く書かれたうえに没落していったんだから
少なくとも幸せではないな。

256 :無名草子さん:2005/05/09(月) 19:16:29
没落したとは書いてなくない?
それに醜いと言うより人間らしく書かれていると思うが。
むしろ白い騎士の方は完璧に書かれすぎていて入り込めない。狙いだと思うけど。
このスレのどこかに書いてあったけど主人公は黒い騎士だと思うよ。

257 :無名草子さん:2005/05/12(木) 01:56:17
俺はこれ読んでも黒い騎士が主人公だなんて、肯定的には受け取れなかったけどね

258 :無名草子さん:2005/06/03(金) 02:25:03
なんか著者の第二弾が出てるようだが。

259 :無名草子さん:2005/06/06(月) 23:37:23
>>258
書店でグッドラックと並べて売ってるね。今度も装丁が綺麗。
読んでないけどw

260 :無名草子さん:2005/06/16(木) 16:13:41
読んでみた。
goodluckとは毛色がかなり違うが俺的にはオモシロス。

261 :無名草子さん:2005/06/18(土) 16:36:38
どうも買う勇気が湧かない。なんか恥ずかしい。漏れだけか?

262 :無名草子さん:2005/08/04(木) 01:58:01
↑全然恥ずかしくないよ。
ところでこのレヴュー↓アマゾンからのコピペなんだけど〜

率直な感想としては、「黒いマントの騎士、サー・ノットが可哀想」です。本当にいたたまれない。あまりにも哀れです。酷すぎます。彼は何も悪くないと思います。
ノットとシドにさほど違いはありません。すこし発想が違っただけです。シドがしっかり努力したというなら、ノットもしっかり努力していたと思いますし、
ノットが他力本願だたったというなら、シドも十分他力本願だったと思います。そう考えると、二人の顛末を分けたのは、運でしかないです。

この本を読んで、霧消に哀しくなりました。私が感じたのは、希望ではなく絶望です。


やっぱノットとシドの違いは態度と優しさかな。
頼みごとと言うか相手に教えてもらったりするからにはそれなりの態度を示さないのは
失礼なことなわけだし、水の女王が眠れないと言う話を言った時かわいそうと思わなかった
という冷たさ。
あとは行動力に多少差があったところかな。探すのではなく造るという、発送の違いと言うヤツかもしれない。
それはそうと読書感想文のために読んだんだけどもっと早くから読めばよかった!
あともうひとつのGooD Luckとか言うのでてるね・・・

263 :無名草子さん:2005/08/05(金) 16:27:50
あげあげ〜↑

264 :無名草子さん:2005/08/06(土) 18:32:41
>>262
そのコピペはいい事いってるな。
でもまあ確かに奴は優しさがたらんかったね。

265 :無名草子さん:2005/09/06(火) 08:17:47
ようやく読んだけどいい本だったよ。
たたいてる人の気持ちも分かるけど友達にはなれないな。

266 :無名草子さん:2005/09/08(木) 12:27:22
>>265
はげ同ーこの本たたいてるやつは真実から目をそむけようとする根暗野郎
ともだちになりたくないー

267 :無名草子さん:2005/09/26(月) 20:18:29
昨日TVで放映してたプロジェリアの少女にこのすばらしい本を読ませたい。

268 :無名草子さん:2005/09/30(金) 16:55:23
Good Luckの著者とおまいに、プロジェリアの少女の言葉と生き様を見せてやりたい。

269 :無名草子さん:2005/10/17(月) 02:13:20
〉268
著者が見たかどうかはしらないけど私はもう見たよ。
この本によるとあの少女にも平等にチャンスが与えられてるってことだよね。
だから病気に悩むことなくがんばって生きてほしいな。


270 :無名草子さん:2005/10/17(月) 06:01:44
>>269
平等「な」チャンスではなく平等「に」チャンス、という部分が大事だと思う。
人それぞれチャンスなんて別の物なのだろうし誰にでもチャンスがあるのは本当だと思うよ。
逆にチャンスが無いと言う方が失礼なんじゃないかなと。

GoodLuckでは四つ葉のクローバーという共通の物を多数の人間の幸運のキーとしているから、
amazonのレビューみたいに「スラムの人たちはどうなる」とか意見する人が出てくるのだろう。
スラムに住んでいようが生まれつき大富豪の家柄だろうが何かのチャンスはあるはず。
それが何のチャンスなのかという事とチャンスに気づけるかという事はまったく別の話。
○○の人がこれを読んだらどう思う?
みたいな一見尤もな意見を言いたがる人は多いみたいだけど、裏返せばそれは発言した本人が、
「○○の人には何のチャンスも無いはず」と思っているという事で、その方がむしろひどい話だよな。

271 :無名草子さん:2005/10/23(日) 17:09:37
翻訳本は読むとなんだこの日本語っていうのが多いけど
この本はまずまずよみやす

272 :269:2005/10/23(日) 22:08:55
>>270
>逆にチャンスが無いと言う方が失礼なんじゃないかなと。
え何これ私にいってるの?べつにそんなこと思ってないのだけど

>「○○の人には何のチャンスも無いはず」と思っているという事で、その方がむしろひどい話だよな。
まったく同意見だよ。なぜこの本きらいな人はみんな平等だってことに
きづきたくないのかねえ。ばっかみたい。

273 :無名草子さん:2005/12/11(日) 04:37:35
(・о・)ヒトイネ

274 :無名草子さん:2006/01/21(土) 16:08:24
   , -'"´  ̄`丶、_
           ,.∩         `ヽ
         〃∪'´ ̄`二二人\  ヽ
         | ツ´ ̄ ̄ ̄ ̄´ ヾ ヽ. ',
         |ハ ,ニ、   ,. - 、 | | | l |
         | ハ ィハ     ,二ヽ. | | | | | 同じ板にコピペするとそのままだけど、
         | | | じ'   |トJ〉  /)} l | 違う板にコピペすると鬼のような怖い顔
         | ハ  、'_,   ̄,, 厶イ川| に変わる摩訶不思議な佳子様コピペ。
         l l /\    .. イV\川 |
         ,' l l ,イ `l ̄´ /   /ヽl l
         l | l ハ  `メ、    〃  ヽヽ、__ノ
         l  ∨ └‐イ「ト--ァ'´     ハヽ__ノ
         ヽ/  }  l」」 /     / }`ー
          〈_n| 八   / /     /ノ
          〈二二人 c /\/ / , イ
           /  /厂 /\__>< {_



275 :無名草子さん:2006/03/10(金) 02:00:33
なー。「暗闇」の章だけどさ。

モルガナ曰く、
・クローバーを摘み取ったものは、三日以内に死んでしまう
・クローバーが摘み取られなければ、マーリンが死んでしまう

そこでシドは、マーリンが摘み取ったらどうなる? という。
マーリンは「クローバーを摘み取ったもの」になるので、三日以内に死んでしまう。
そいつはできないってことでマーリンが摘み取るのを拒否したとしても、
摘み取られなければマーリンは死ぬわけで、

えーと。結局摘んでも摘まなくても死ぬんじゃない? マーリン。
シドが指摘してる矛盾て何??

俺頭悪すぎ?

276 :無名草子さん:2006/05/05(金) 11:21:45
それにしても、無名草子さんたちとは、さぞやすごい作家先生の匿名書き込みなんでしょうね。
作家なんて才能が全てだから、津井ついみたいに、いくら努力したって駄目なものは駄目ですよ。
私なんか、早々に見切りをつけて趣味の世界で細々ですから。
          小説現代ショートショート・コンテスト優秀賞受賞 阿部敦良

277 :無名草子さん :2006/05/07(日) 15:53:01
マーリンに呼ばれても、広場に行く気もないし、運をつかむために奔走する気もないし、
幸運をつかむために下ごしらえもする気はない。

俺は第3の赤いマントの騎士として、宅配便で、魔法のクローバーが届けられるのを、
コーヒーでも飲みながら、待ってるさ。

278 :無名草子さん :2006/05/07(日) 15:57:06
>>276
>作家なんて才能が全てだから、津井ついみたいに、いくら努力したって駄目なものは駄目ですよ。

白い騎士のようにガンバっても、幸運を作り出せない人っていうのはいるわけですが、
それについては、この本は答えてくれない。
作家だのスポーツだのの才能の世界ではなく、ビジネス書って事なんでしょ。

279 :無名草子さん :2006/05/07(日) 16:08:13
>>275

俺もそこ、ひっかかった。

・クローバーが摘み取られなければ、マーリンが死んでしまう
って事は、
・クローバーを摘み取れば、マーリンは生きている
って事で、すると

・クローバーを摘み取ったものは、三日以内に死んでしまう
・クローバーを摘み取れば、マーリンは生きている

となり、矛盾するって事なのかな。
頭のいい人、教えてください。

280 :無名草子さん:2006/06/22(木) 03:03:34
おもろかったから、あげとくか

281 :無名草子さん:2006/07/15(土) 03:58:57
>>279
対偶の真偽は常に一致するけど、逆や裏の真偽は一致するとは限らないよ。
・クローバーが摘み取られなければ、マーリンが死んでしまう
の対偶は
・マーリンが死なないのならば、クローバーは摘み取られている
であって、
・クローバーを摘み取れば、マーリンは死なない
は裏。だから最初の命題と真偽が一致するとは限らない。
マーリンがクローバーを摘み取って死んだとしても、
最初の命題が真であることとは矛盾しないぽ。

…やっぱりおかしいよね?

282 :無名草子さん:2006/11/07(火) 00:18:53
落ちそうなので上げておきます。

283 :無名草子さん:2006/11/09(木) 13:01:17
続きが出たのか?

284 :無名草子さん:2006/11/21(火) 04:22:43
くだらんよ

自己啓発好きの馬鹿を釣るにはもってこいだがな

小説としては3文

285 :無名草子さん:2006/11/21(火) 07:26:29
と、2ちゃんで吠えてるバカがよくいるが惨めなもんだなw

286 :無名草子さん:2006/11/21(火) 16:52:06
今回のはさすがに陳腐すぎて売れないでしょ

287 :無名草子さん:2006/11/21(火) 20:53:23
毛利元就の三本の矢の逸話もぱくってるし

その他もろもろ

58 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)