5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

■永江朗が嫌い■永江朗が鬱陶しい■

1 :無名草子さん:04/10/01 20:29:08
本や出版業界の話題になると、どこにでも顔を出してくる
気味の悪い三流ライターはさっさと消えなさい。



2 :無名草子さん:04/10/01 20:31:28
首突っ込むな 汚い顔のサルめがね

3 :無名草子さん:04/10/01 20:32:02
良スレ!

4 :無名草子さん:04/10/01 20:35:56
援護うれしや、うれしや援護。

5 :無名草子さん:04/10/01 20:38:38
永江もそうだけど、雑誌とかで本の特集になるとナンダロウアヤシゲとか北尾トロみたいな
2流以下の雑文書きが常連になってしまうのはいかがなものか。他にも物書きはいるのに
おかしいよね。

6 :無名草子さん:04/10/02 02:26:16
やっとこういうスレが立ったか……待ちかねたぞ、マジで。

7 :無名草子さん:04/10/02 10:26:09
古典的なサヨクの人か。

8 :無名草子さん:04/10/02 12:36:32
最近ちくま文庫で出たやつで、この人の本初めて読んだけど、何じゃこりゃ??
頭の悪さとどうでもいいトリビア的なことしか書いてない本でした。

9 :無名草子さん:04/10/02 13:26:44
>>8
『批評の事情』のことかな?もえるゴミの日って何曜日だっけw。

10 :無名草子さん:04/10/02 13:46:44
この人の本どのくらい売れてる?

11 :8:04/10/02 13:53:48
>>9
そのとおり。壁に投げ付けそうになりましたが、ブックオフに売るため思いとどまりました。

12 :無名草子さん:04/10/02 15:02:56
わーい。このスレできてうれしー。
永江えらそう。大嫌い。

13 :無名草子さん:04/10/02 15:15:40
>■来賓のご挨拶
>フリーライターの永江朗さんよりお言葉をいただきました。

http://www.hontai.jp/jyusho0415.html


金儲けで顔が歪んじゃってるよ。すごい顔〜。



14 :無名草子さん:04/10/02 17:05:59
>13

いとうせいこうかと思った。

15 :無名草子さん:04/10/02 23:31:42
てか『批評の事情』なんて買うなよ

16 :無名草子さん:04/10/02 23:53:34
は? 買って読んでから文句いえよ

17 :無名草子さん:04/10/03 11:21:13
誰この人?

18 :無名草子さん:04/10/03 16:38:10
生ゴミに固有名詞を与えないでください。

19 :無名草子さん:04/10/03 17:07:14
売れないライターの妬みとしか思えないレスが多いんだけど・・・
キモイ

20 :無名草子さん:04/10/03 17:42:09
本好きの一般読者だからこそ永江がウザイという心理がわからないんだろうか。

21 :無名草子さん:04/10/03 18:27:28
>20
わからんの
どんなところ?
>19
別にキモくはないけど
内容がないのでつまらん

22 :無名草子さん:04/10/04 00:15:58
19じゃないけど、キモイといわれているのは君の方かと・・・。

読解力ないのかな?

23 :無名草子さん:04/10/04 15:46:05
>>22
どっちがキモクてもいいけど理由を書かないとつまらん
つうことじゃないの

24 :無名草子さん:04/10/07 06:47:51
http://www.tbs.co.jp/radio/tea/
氏はここ二年は茶道に没頭しているらしい。


25 :無名草子さん:04/10/07 23:46:19
長柄さんは、どっちかというと業界にむけて書いている印象があるな。
「バカのための読書術」あたりの路線が、あまり売れなかったんじゃないのかな?
実際、「バカ……」は、面白くなかったし。

それと比べて、いまの業界向けの方が、オレ的には面白いけどな。

26 :無名草子さん:04/10/08 10:24:06
バカのための読書術は小谷野だべ

27 :無名草子さん:04/10/08 19:49:21
不良のための文章術では?

28 :25:04/10/08 22:01:01
ごめん、他の方のいう通り、不良の間違い。
ただ、文章術の方じゃなくて、「不良のための読書術」の頃のことを書いていたつもり。

29 :無名草子さん:04/10/08 23:59:46
「不良のための」シリーズはどれもスベってる。
文章術でGINZA向けの文章、てのを書いてるのを見て
鼻から牛乳ふきだすほどの悪文にワロタ

30 :無名草子:04/10/09 00:40:45
ものすごいチビってホント?

31 :無名草子さん:04/10/09 09:31:47
そんな有名でもない人なのに、書き込みがほぼネガティブなのにワラタ
ライター何人いるのかな?

32 :無名草子さん:04/10/09 09:54:26
トロさんは、まだしも本やサブカルチャーというところから
出ない潔さがあるけど、永江は、ライターから「評論家」に
なろうとして滑ったという感じがする。
思想的にも一昔のファッション左翼から一歩も出ていない薄
っぺらさ加減だし。
『本とコンピュータ』も、永江の露出が大きくなってきて
面白くなくなった。
津野氏あたりは、昔の自分を重ね合わせてるのかもしれない
けど......。

33 :無名草子さん:04/10/09 10:38:41
まあ、人間ふだんの行いが大事ということで(w

商売とは言いながらあまり卑劣なことしているとみんな見てるってことですな。

34 :無名草子さん:04/10/09 12:27:39
でも使われてるよね、この人

35 :無名草子さん:04/10/09 12:35:54
まあライター業界の出川哲郎みたいな香具師だから、
そういう感じでお気楽に使われてるだけだな。w

36 :無名草子さん:04/10/09 13:08:20
都内に一軒家が建つほど収入があるから。
ライターで年収2000万超えなんてそうそういないんじゃない?

37 :無名草子さん:04/10/09 13:20:45
じゃあ永江よりマシなライターって誰よ

38 :無名草子さん:04/10/09 13:27:38
儲かってるよな。
服はシーズン毎にコム・デ・ギャルソンを馬鹿買いだ。
いつ見ても全身ギャルソンなのは蓮池透とこいつくらいで滑稽だが。

39 :無名草子さん:04/10/09 13:58:33
80年代的価値観を体現してるのか

40 :無名草子さん:04/10/09 14:01:50
不良=鶴見俊輔を想定したって本当ですか?

41 :無名草子さん:04/10/09 21:28:27
本当に大物や才能の違いがある人は、最初から嫉妬の対象にならないんでしょ。
このライターに嫉妬を感じて、2ちゃんで悪口書いている奴なんて惨めなんだろうよ、
きっと。
2ちゃんから実社会に引っ張りだされると、太陽が当たったモグラみたいに、きゅう、
と死んじゃうんじゃないかな?

42 :無名草子さん:04/10/09 22:03:32
嫉妬してるとすれば同じライターだろうけど、みんな読者としてこいつの文章が
セットになってる雑誌を読みたくないだけなのでは?

43 :無名草子さん:04/10/09 22:23:53
きゅう

44 :無名草子さん:04/10/09 23:37:00
そもそもスレ立てなきゃよかったのに

45 :無名草子さん:04/11/02 21:40:16
本専業のお店で、幅広いお客様のニーズに応えようと思ったら、今のご時世では
200坪から250坪くらいの面積がないと中途半端な品揃えになってしまう、とはある
書店店長から聞いた言葉。たしかに、最近オープンしたお店では、全国的に200坪
前後というのが非常に多いと思う。

それを受けて、永江朗氏などは「中小書店は個性化を」と言っていることなのだろう。
しかし、個性化するゆとりはあるのか。

例えば私が住んでいる近くの私鉄の駅では、駅前の書店がつぶれ、駅徒歩1分の
ところと10分くらいのそれぞれ商店街の中に10坪くらいの書店がある。この2つが
「個性化」したとして、果たして近隣の人たちはうまくこの書店を使い分けてくれるで
あろうか。この書店たちの商圏は広がるのだろうか。

46 :無名草子さん:04/11/03 06:29:41
神保町だったら本屋も個性をバンバン出さなきゃ駄目。
田舎の本屋は漫画と雑誌だけ売ってコンビニと競ってればいい。

47 :無名草子さん:04/11/03 06:46:33
きゅう

48 :無名草子さん:04/11/03 08:29:40
純粋に、こいつの文章ツマンネ

49 :無名草子さん:04/11/03 08:35:22
つーか、このスレって何でレスがつくの?
文句言ってる人を含め、どういう人が読んでるんだろ。

50 :無名草子さん:04/11/03 08:51:07
>つーか、このスレって何でレスがつくの?
>文句言ってる人を含め、どういう人が読んでるんだろ。

まずは自ら答えてみたらどうよ?

51 :無名草子さん:04/11/03 08:57:51
あたりさわりないってイメージYO

52 :無名草子さん:04/11/03 10:05:40
自らと言われましても、図書館でナンシー関の本のソバにあったので
パラパラめくってみました。本屋で新刊をチェックしてたらあったので
手に取ってみました。

53 :無名草子さん:04/11/03 10:10:38
>>49=>>52なら、自分で書き込んだ質問の意味がわかってないな。
>>52は「どういう経緯で永江の本を読んだのか?」という質問の答えでしかない。

54 :49で52ですが:04/11/03 10:23:53
とくに意味はありません。
本屋と図書館で何も考えずただ手にとって「どういう奴が読むんだろ?」
と思ったまでです。
新刊書をチェックするのは癖みたいなものです。

55 :無名草子さん:04/11/16 23:38:29
あちきもこいつ嫌い。
昔、別冊宝島でこいつが愛車BMWに乗って、道路沿いのマクドナルドなどの客を
観察して回るって記事があったが、もろ見下しててすごくいや〜な感じだった。

56 :無名草子さん:04/11/16 23:41:43
THE80年代の人なんでしょうね

57 :無名草子さん:04/11/18 00:54:46
http://book.asahi.com/review/index.php?info=d&no=6909
お気楽な自由業だから言える意見だろ。

58 :無名草子さん:04/11/18 15:59:06
ちょうど「不良のための読書術」読んでたところだw
つまんない親父ギャグとかをとっぱらうとそこそこ面白いよ。

59 :無名草子さん:04/11/19 21:45:04
出版社にとってこういうライターは便利だろうが、読者は望んでいない。

60 :無名草子さん:04/11/19 23:41:26
>>57
あんた、ただの「社畜」(w

61 :無名草子さん:04/11/20 00:09:02
年収2000万ってマジ?
そんなに金ありそうに見えないけど、ライターってそんなに稼げるの?

62 :無名草子さん:04/11/20 00:21:02
>>60 言ってることが左翼崩れみたい

63 :無名草子さん:04/11/20 00:40:36
既得権益を貪ってるのかちら?

64 :無名草子さん:04/11/20 00:48:04
>>62
アホか。ここは、おこちゃまの来るとことじゃないよ。

65 :無名草子さん:04/11/20 20:02:09
4 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。

軽すぎるノリ, 2004/10/26
レビュアー: 評論バカ   愛媛県 Japan
評論家、思想家を評論する本は、「バカ」など、の刺激的なことばをいれて、
かなりの数(たいてい新書本)でみかけるようになった。なかには真剣な良書も
みかける。しかし、この永江氏の本はいただけない。

なんのために書いたかよくわからぬうえ、主観的感想がまったく非常識である
部分が多すぎる。ほんの一例だが、麻薬の「売り」の量刑が初犯でも3年という
部分に(いちおう母による子殺しとの比較で書いてあるが)「麻薬の売買は誰に
迷惑をかけるわけでもない」と二度も繰り返して書いてある。非常識も
きわまっている。日本のきびしい麻薬取締りのおかげで、一時期のアメリカの
惨状をまぬかれているという事実をまったく知らないらしい。

おもしろければいいというのではすまされない。

いちおうどんなジャンルもこなせますよ、という自分の頭のよさを
さりげなく示したいのか、なんだか、わからないが、ちくま文庫も
落ちたものである。

まったく著者のことばを信じることなく、どんな輩が「評論家」と
いわれているのか、どんな系列になっているのか、知りたい人には
よいかもしれないが。


このレビューは参考になりましたか?

66 :無名草子さん:04/11/20 21:10:10
>>65
「参考になりませんでした」

順法精神旺盛なヤツは他の本を読んでいればいいってこった。

67 :無名草子さん:04/11/21 00:09:39
必死な擁護だな

68 :無名草子さん:04/11/21 00:51:43
お前みたいのをかまってあげてるだけ。

69 :無名草子さん:04/11/29 06:16:28
参考になりました

70 :無名草子さん:04/12/11 16:45:07
『恥ずかしい読書』は買ったら恥ずかしい代物

71 :無名草子さん:04/12/17 17:07:33
>>66
>順法精神旺盛なヤツは

そんな問題じゃねえだろ低脳!今時薬物での精神開放信じてる時代遅れの糞親父が。
コカイン鼻から吸引してるアメリカのビジネスエリートが反順法かい?
>>60の「社蓄」なんて恥ずかしい言葉使ってる馬鹿といい、永江本読者なんて
こんなもん。


72 :無名草子さん:04/12/17 17:28:42
「批評の事情」しか読んだ事ない。
読後の印象は希薄。つか覚えてない。
批評家や評論家は全員「批評の事情」を書けばいいのに、
と思ったのは覚えてる。

73 :無名草子さん:04/12/18 09:20:58
この人、元リブロ池袋の店員だっけ?

74 :無名草子さん:04/12/18 11:40:54
元アールヴィヴァンだろ。

75 :無名草子さん:04/12/18 20:51:42
>>74
マジ?

76 :無名草子さん:04/12/18 20:57:31
本人が言ってるんし、当時店に行ったことがある人なら知ってるだろう。

77 :無名草子さん:04/12/18 21:09:52
激萎えっす

78 :無名草子さん:04/12/18 21:16:16
>>77
え、なんで?好きだったアールヴィヴァンの店員だったのかよ!ってかんじか?

79 :無名草子さん:04/12/30 17:11:31
何となしにage

80 :無名草子さん:05/01/05 15:48:22
誰にも必要とされないゴミ

81 :無名草子さん:05/01/06 00:17:59
粘着アンチがキモイキモイw

82 :無名草子さん:05/01/06 00:25:14
この人のファンて存在するの?

83 :無名草子さん:05/01/06 00:36:01
>>82
>>81=馬鹿江の脳内には存在するよ。

84 :無名草子さん:05/01/06 00:48:56
永江の読者を想像するのは難しい
誰だ

85 :無名草子さん:05/01/06 01:46:29
献本されても即ブックオフ

86 :無名草子さん:05/01/06 05:13:27
永江最高

87 :無名草子さん:05/01/10 11:10:40
いわゆる「フリーライター」の中じゃもっとも稼いでるし、知名度もある人だと思ってたけど、こんなにもスレが伸びないとはね。
やっぱり業界周辺に便利に使われているだけのライターで、読者なんてほとんどいないと言う事か。

88 :無名草子さん:05/01/11 18:42:04
文章術の本は面白かったが、例文はことごとく駄文だったが(w

89 :無名草子さん:05/01/31 06:26:38
●●●ユダヤホロコーストに関する歴史修正主義者・反ユダヤ主義のまとめ●●●

1972年:日本赤軍の岡本公三、奥平剛士、安田安之らがイスラエルの
    テルアビブ空港で銃を乱射。24人を射殺、80人以上に重軽傷を負わせる。

1993年:本多勝一、『貧困なる精神』で木村愛二の著作を湾岸利権研究の書として引用。

1994年:木村愛二、『噂の真相』の九月号に『映画「シンドラーのリスト」 が訴えた
    “ホロコースト神話”への大疑惑』を発表=日本における公共雑誌でのガス室否定記事の初出。

1994年:『週刊金曜日』編集長の本多勝一と木村愛二意気投合。本多が中心になり同誌に木村の論文連載を企画。
    折衝の末、雑誌発表用の論文も完成し本多も了承。
  
1994年:本多勝一、マルコポーロ発表前に西岡昌紀の論文を「うち(週刊金曜日)で発表させて欲しい」と打診するも実現せず。

1995年: マルコポーロ2月号、西岡昌紀『ナチ「ガス室」はなかった』を掲載。国際的に紛糾し、ユダヤ人団体の圧力で廃刊

1995年:本多勝一ら『週刊金曜日』、廃刊事件を受けて連載計画を急遽全面中止。
    アリバイ作りに文春批判と木村愛二批判キャンペーンを開始。木村とは以後数年に渡って中傷合戦に発展し、
    木村側が名誉毀損で訴訟を起こす。

1999年:二月十六日、東京地裁において木村愛二側の敗訴で結審。日本の裁判所が史上初めてガス室を認定。

2002年:辻本清美創設の「ピースボート」関係者18名、危険人物としてイスラエルで拘束。入国を拒否される。

90 :無名草子さん:05/02/03 12:47:36
交通整理やインタビュアーとしてはなかなかではないかと。

91 :無名草子さん:05/02/05 22:50:03
田口ランディの提灯書評書いてたしね。

92 :無名草子さん:05/02/06 02:06:01
記念カキコw

93 :無名草子さん:05/03/02 19:22:24
噂真の連載「メディア列伝」(晶文社)をまとめたね。

94 :無名草子さん:05/03/02 23:42:05
こいつの『いまどきの新書』という本は最悪だった。
新書案内にかこつけて、小泉批判を繰り返す(数えてないが数十箇所はあった)という
政治的小児サヨク丸出しの愚書。読んでいて吐き気がした。
おまけに書評している新書もクズばかり。同じ新書評でも宮崎哲弥の足元にも及ばない
無知蒙昧ぶりとバランス感覚の無さ。身のほどをわきまえろと言いたい。

95 :無名草子さん:2005/04/05(火) 15:47:53
単なる「福田和也のサヨク版」でしょ。

96 :無名草子さん:2005/04/05(火) 21:21:34
だったらなおのことイラネ

97 :無名草子さん:2005/04/05(火) 22:30:00
>>95
ヽ(`Д´)/それだ!

98 :無名草子さん:2005/04/06(水) 01:39:37
福田がかわいそう

99 :無名草子さん:2005/04/06(水) 15:09:39
洋泉社ムックの「この新書がすごい!」つう本で、永江は「日本の公安警察」という新書の書評を
してるんだけど、この中で警察が作った「サクラ」なる工作部隊の盗聴を「オマワリが職務として
盗聴をやるのでる。」と非難する一方、革マル派の盗聴行為に大はしゃぎ。
こいつは単なる左翼小児病患者だな。

100 :無名草子さん:2005/04/08(金) 01:43:27
あげ

101 :無名草子さん:2005/04/09(土) 01:53:37
永江の正体は山本一郎だよ

102 :無名草子さん:2005/05/24(火) 13:18:21
週間朝日の書評欄でもずっと書いてるけどサヨクのチラシの裏レベルだね。 
こんな駄文散らすだけで飯が食えるとは日本は平和だ。

103 :無名草子さん:2005/05/24(火) 14:04:32
平和がいいじゃないか。
やっぱり「ウヨ」は戦争がしたいのか。阿呆らし。

104 :無名草子さん:2005/05/25(水) 08:05:25
尼崎脱線事故の全貌が明らかになるにしたがい、原因は運転士や線路にではなく、
JR西日本という会社そのものにあることがはっきりしてきた。安全より利益を
優先してきたのだから、今回の惨事は起こるべくして起きたといっていい。
これは国労つぶしのために行われた分割民営化の結果でもある。教育の荒廃が
日教組の弱体化と同時進行しているのと同じだ。たぶん十年後は郵便も安心して
出せなくなるに違いない。(永江朗の書評より抜粋)
http://book.asahi.com/topics/TKY200505230138.html?to

面白い意見だ。

105 :無名草子さん:2005/05/25(水) 14:40:32
サヨの人のお家芸である自己批判はしないのね

106 :無名草子さん:2005/05/25(水) 16:20:19
まっとうな書評だな。

国鉄「改革」三人衆は中曽根チルドレン。
ヤツらの自己批判を聞きたいもんだ。

107 :無名草子さん:2005/05/25(水) 22:14:10
また2ちゃん常駐ウヨの立てたスレか。
見え透いた馬鹿どもだな。
馬鹿と関係ないとこで世間は動いてるんだからさあ。

永江はライターとしては評価されてるほう。
文章力やまとめ方、世間的に大きな仕事はないが、そつがない。

2ちゃんを好き勝手にゴミ箱にするしか能がないやつらはさ。
誰に何を言ったところで、2ちゃんって時点で、負け惜しみ。

108 :無名草子さん:2005/05/25(水) 22:16:12
>107
永江さん巡回乙

109 :無名草子さん:2005/05/25(水) 22:42:47
>>107
そういう自分も2chに書き込んでいるという大失態について。

110 :無名草子さん:2005/05/30(月) 01:21:31
>>108
自意識過剰の妄想乙。
>>109
馬鹿とは違うことを言明してる文章なんで、その思考停止パターンはアホクサ。

111 :無名草子さん:2005/05/30(月) 20:34:07
↑晒しあげます

112 :無名草子さん:2005/05/30(月) 21:42:30


113 :無名草子さん:2005/05/30(月) 22:09:05
永江も2ちゃん見てるだろうね。

114 :無名草子さん:2005/06/01(水) 12:57:30
[掲載]週刊朝日2005年6月03日号
[評者]永江朗

中国の反日デモに関する報道を見ていて、9・11テロのことを連想した。
テロが起きたとき、アメリカ人は自分たちが世界で嫌われていることを理解できなかった。
アメリカ人以外から見れば、彼らは嫌われて当然なのに。
無論、ビルごと吹き飛ばされて当然だとは言わないけれども。
それと同じように、日本人は中国人や韓国人から嫌われているんだろう。
もっとも、反日デモは日本の右派の人々を活気づけたようで、
どこやらの知事なんか「北京オリンピックをボイコットせよ」とかなんとか、
無教養丸出しのはしゃぎぶりだ。ああ、恥ずかしい。
莫邦富(モー・バンフ)の『日中はなぜわかり合えないのか』を読むと、
反日デモは中国政府による官製デモでもなければ、反日教育の結果でもなく、
もっと深刻な問題だとわかる。
残念ながら、本当の原因は嫌日感情だという私の直感は当たっているらしい。
著者は上海生まれの知日派ジャーナリストで、日本に活動の拠点を置いている。
なぜ日本と日本人は中国で嫌われるのか。
小泉純一郎や石原慎太郎らの軽率な言動のためだけではない。
もっと中国人の日常生活レベルで嫌われている。
象徴的な事例が二つ出てくる。一つは三菱自工がリコールをしなかった件。
消費者団体やマスコミが騒ぎ、中国政府が禁輸措置を取るまで、
三菱自工はなんの対応もしなかった。
もう一つはトヨタの場合。クルマの名前に「横暴」を意味する「覇道」とつけ、
なおかつ中国のシンボルである獅子に敬礼させるというCMを流して反発を食らった。
少なくとも商品を買ってくれる客に対する態度ではない。嫌われて当たり前だ。
日本人は欧米人に対しては卑屈になるくせに、中国人をはじめアジア人の前では尊大だ。反日デモの矛先は、小泉や石原や日本製品だけでなく、こうした卑しい日本人の品性に向けられている。
これから20年、日中関係はよくならないだろう、と著者は予言する。
中国とインドが栄え、日本はさらに没落する。



115 :無名草子さん:2005/06/07(火) 03:12:04
>中国とインドが栄え、日本はさらに没落する。

唐突だなw

116 :無名草子さん:2005/06/07(火) 04:55:28
>>104>>106
国鉄も問題は極左組合が強すぎたことだろ。
永江の大好きな革マルの革命ごっこのせいで乗客の安全が蔑ろにされたんだろがよ。
>>114
これまた頭悪い文だな。
三菱って一企業の問題で何で日本人へのリンチが正当化できるんだ?
だったら農薬過剰の野菜ばかり輸出した中国人はリンチされて当然かい。
覇道やら獅子やらにいたっては因縁レベル。
そんな無理矢理な日本叩きしてないで、現在進行形で行なわれてる中国のチベット同化政策を
批判したら。
まあ永江に限らずこの手のスカッピーサヨは掃いて捨てるほどいるけど。
この手のカスが言う人権や平和や自由はいっさい普遍性がないからねえ。
「敵」と認識した人を叩くときの便利な道具でしかない。
だからこいつらの思想は後には何にも残らない、消えるだけ。


117 :無名草子さん:2005/06/07(火) 05:30:55
>>116
スカッピーウヨさん、おはようございます。

118 :無名草子さん:2005/06/07(火) 06:02:29
こいつ10人くらいのペンネームで仕事してんだぜ。そのなりすましぶりは見事なもの。右にも左にもあさっての方にもなりすますからな。一人だけ教えちゃる。オバタカズユキ

119 :無名草子さん:2005/06/07(火) 06:16:48
オバタカズユキと永江は別人だろ。
写真もプロフィ−ルも違う。それともどっちかが
嘘ついてるのか?

120 :無名草子さん:2005/06/07(火) 06:50:53
写真やプロフィールなんてどうにでもなるんだよ。業界の嘘を知ったら驚くよマジで

121 :無名草子さん:2005/06/07(火) 08:21:31
>>116
ナックルズの一知半解記事でも読んだのかw
別を持ち出す例で、必ず中国のチベット同化政策を言ってみたり、
典型的な2ちゃんウヨ坊のハンパなシッタカ。

あ、まあ俺は永江でいいや(苦笑
このスレあほ過ぎ。別人思い込み厨房ばっか。
雑誌板逝けや、板違いの2ちゃん中毒。

122 :無名草子さん:2005/06/07(火) 11:33:19
>>117>>121
>ナックルズの一知半解記事でも読んだのかw
はあ?ナックルズ?あんたのトラウマだか何だか知らないがいきなりそんな単語持ち出されてもなあ。
「思い込み厨房」に言ってもしょうがないが。
>別を持ち出す例で「必ず中国のチベット同化政策
これもあんたのトラウマ?何が「必ず」なんだか知らないけどさ。
だったら愚痴ってないで正面から反論してみたら。
それに中国の非道はチベット問題だけじゃないだろ、頭の悪い永江は知らないだろうが。
雑誌板?へー雑誌板は見たことないからよく知らないけど永江関連スレがあるんだ。
えらいね〜各板よく見てるんだ「2ちゃん中毒」さ〜ん。
馬鹿って書き込むほど自らを解説するからおもしろいね。


123 :無名草子さん:2005/06/07(火) 15:11:19
>>122
スカッピーウヨさん、こんにちは。

124 :無名草子さん:2005/06/07(火) 15:11:43
「婦人画報」の「表紙を飾った女性たち」とかいう、女優にインタビューしていく連載は、
昨年は永江が書いてたのに、なんで途中から編集部作にかわっちゃったんだろう。

125 :無名草子さん:2005/06/07(火) 19:23:57
>>122
ボケウヨよ、なに別人にアンカーつけてんだよ。

>いきなりそんな単語
世間的にはマイナーなライターでもある永江知ってて、雑誌のナックルズ知らないそうだ。
「ナックルズの記事を読んだか」の文章に「単語」と答える白々しさが笑えるぜ。
それとも類推も出来ない白痴か。

>えらいね〜各板よく見てるんだ「2ちゃん中毒」さ〜ん
ああ、見てるさ。どういう意味でかな。他人に想像力働かせろ。2ちゃん「中毒」のウヨ坊。

永江はライターだから雑誌板がふさわしい。
でなければ永江の書籍について語れや。
スレの意図がいやらしいボケどもだわな。

126 :無名草子さん:2005/06/08(水) 02:09:01
>>114

その書評アサヒ・コムで見かけたが
怒りを通り越して呆れるという言葉があるが
さらにその呆れるを越えてもう一度怒りが湧き上がった感じだな

なーにが「中国とインドが栄え、日本はさらに没落する 」だ
てめえは預言者かよ。例えそれが正しくても、自分が育った国に愛着があるなら
何とかそれを盛り立てようとするのが人間ってもんだろ。
左翼でも本当に自国のためを思ってやっている人もいるが、こいつは単にニヒルぶってる
似非ライターだ。

127 :無名草子さん:2005/06/09(木) 22:09:37
>>123>>125
>なに別人にアンカーつけてんだよ
あんたらに個別なんて観念は不要だろ、単細胞なんだから。

>世間的にはマイナーなライターでもある永江知ってて、雑誌のナックルズ知らないそうだ。
>「ナックルズの記事を読んだか」の文章に「単語」と答える白々しさが笑えるぜ。
>それとも類推も出来ない白痴か。
また自分語りかよ、あんたの頭の中を占めてる関心事を書かれても意味不明だってーの。
新書売り場で永江の駄本読んで知ったんだよ、わかった?
「ぼくちんの関心事はみんなの感心事」てか?餓鬼かい。
永江みたいな化石サヨの支持者だからオッサンってとしだろうに情けない。
しっかし、そのナックルズってのがよほどトラウマなんだねえ。
まあ永江本なんて読んでると知性が退化するって証明だね。

>ああ、見てるさ。どういう意味でかな。他人に想像力働かせろ。2ちゃん「中毒」のウヨ坊。
顔真っ赤にして悔しがらないように、相手を2ちゃん中毒と罵倒する前にはよく考えて書けよ
他板にも詳しく毎日来てる2ちゃん中毒のおっさんよ。

>永江はライターだから雑誌板がふさわしい。 でなければ永江の書籍について語れや
ほんと駄々っ子だな何しきってるんだ、永江のアホ文に対する批判に「必ず中国のチベット
同化政策を言ってみたり」なんて逃げてる馬鹿が。
初めから討論なんてする気がないんだろ、いやする能力がないか。

>>126
永江とかその支持者はもはや左翼ですらないんだよ。
こいつらの価値観は日本=悪、反日=正義。ほんとこれだけ。
共産主義者であれ社会主義者であれ資本主義者であれ、反日なら正義。


128 :無名草子さん:2005/06/09(木) 22:16:06
>>127
自分語りのスカッピーウヨさん、こんばんは。

129 :無名草子さん:2005/06/09(木) 22:51:22
>>114はさすがにひどいね。
この人の本は『批評の事情』しか読んだことないけど、
その辺の電波サヨと変わらない文章書いてるとは思わなかったな。

130 :無名草子さん:2005/06/09(木) 23:20:42
>>127
いかにも必死な厨房っぽいよ、君。

131 :無名草子さん:2005/06/09(木) 23:36:04
中国とインドが栄えたら、中国とインド同士で争うだけだろうに
永江先生はどっちにつく気かな

132 :無名草子さん:2005/06/09(木) 23:51:16
小田実と辺見庸の後継者はこいつだな。
名前も三文字だし。

133 :無名草子さん:2005/06/10(金) 00:25:59
>>114のアホ文にちょっと驚いたので、
改めて『批評の事情』引っ張り出して読んでみた。
最初読んだ時は左翼であることはわかったが、
当時はそんなにトンデモな人とは感じなかった。
小林よしのりをいきなり「生理的に嫌い」と
論理も何もなしに罵倒してたのに引っかかったぐらいで。
しかし小林に対してそう感じる人が多いのも確かなので、
さほど問題にするには当たらないかもしれない。
そこでもう一人の右翼・福田和也に対する評価を改めて読むと、
当時は気づかなかった永江の卑劣さのようなものを感じてしまった。
すなわち、福田の政治的姿勢を単なるポーズでありファッションだと
決め付け、右翼的側面をスッパリ切り捨てた上で、
文芸評論家として比較的好意的に評価しているのだ。
確かに福田の右翼的ポーズはファッションだというのは当たってないでもないのだが。。

134 :133:2005/06/10(金) 00:41:32
↑これじゃ、どこを卑劣と感じたかわかんないよねw
要するに、福田はほめたいけど右翼をほめるわけにはいかないから、
「福田の右翼は本気ではない」と強引に決め付けた上で、つじつまを合わせているのが、
いかにも自分の党派性にはとことん甘いサヨクの卑劣さであることだなぁ、、
と言う事。

135 :無名草子さん:2005/06/10(金) 08:24:51
まー要するに論壇内政治に勤しむ商売サヨクって所か。
坪内祐三のサヨクバージョン。

136 :無名草子さん:2005/06/10(金) 22:00:48
>要するに、福田はほめたいけど右翼をほめるわけにはいかないから

そのとおりだと思います。
まあ確かに今の論壇政治的にいえば、永江さんは福田和也の批判はできない
だろうね、怖くて。
永江さんの悲しいところでもあるかな。

137 :無名草子さん:2005/06/11(土) 00:23:07
「右翼は貶したいけど福田を貶すわけにはいかないので」
と書いたほうが正確だったかなぁw

138 :無名草子さん:2005/06/15(水) 02:10:00
>>135
坪内祐三に失礼

139 :無名草子さん:2005/06/15(水) 02:28:37
一人で何やってるんだ。友達いないのか。

140 :無名草子さん:2005/06/15(水) 12:12:49
永江って売国で食っていくことに腹を決めたのかな。
ここまで左巻き全開にしたら、
もう福田とか宮崎のようなネオ保守系は相手にしてくれないだろ。

141 :無名草子さん:2005/06/16(木) 11:39:39
典型的な左巻きはある意味注目されるよね

142 :無名草子さん:2005/06/16(木) 22:42:59
一人で何やってるんだ。友達いないのか。

143 :無名草子さん:2005/06/17(金) 06:07:59
http://book.asahi.com/topics/index.html
こいつの書評って個人的な主張ばっかじゃん
読み手をイライラさせる文章が多い。
ふつーに本の紹介して欲しい

144 :無名草子さん:2005/06/18(土) 02:01:29
>>114の中国書評を題材にしたスレが東亜板で立って一瞬で1000にいってしまったw
でも書き込んでる人のほとんどが「永江朗」を知らず、「こんな書評をのせている
朝日新聞」を叩いてるのがおかしかった。

145 :無名草子さん:2005/06/18(土) 02:18:21
というか朝日のコラムニストくらいの認識しかされてなかったといった方が正確かな…
まあよくわからん。

146 :無名草子さん:2005/06/18(土) 13:26:36
もともと昔あった『宝島30』とかいう、
宮崎哲弥なんかがデビューしたネオ保守の雑誌で仕事もらってた人でしょ?
だから、福田とか宮崎には、ちょっと遠慮してた。
最近、小金も貯まり朝日とのコネもできたんで左巻き全開モードにしたのかな。

147 :無名草子さん:2005/06/18(土) 13:43:05
確か永江は浅羽や大月の周辺にもいたね。
「批評の事情」では二人を揶揄してたけど、用済みって事か?

148 :無名草子さん:2005/06/19(日) 00:17:11
宮崎哲弥も今の永江みたいに、論客の番付みたいな本出してたこともある。
共著だけど、6年も前にね(「日本の知識人」)

永江も本当は、今の宮崎や福田みたいに、そろそろ論壇で自分の名で活躍する
評論家(思想家?)になりたいのかもね。政治や社会情勢を正面から語るみたいな。
司会とか風俗ライターの仕事はおさえてさ。「論座」とかでいくつか書いてるしね、最近。

しかし宮崎や福田より年上なんだよね。

149 :無名草子さん:2005/06/19(日) 00:25:36
一人で何やってるんだ。友達いないのか。

業界コンプレックスの自分語りもいい加減にしたら?

150 :無名草子さん:2005/06/19(日) 00:34:14
>>148
>宮崎や福田より年上

マジで?福田の方が10歳ぐらい上のような気がしてたよ。
福田がオッサン臭すぎるのもあるんだろうけど。

>>149
あ、君、結構日本語うまいじゃん。


151 :無名草子さん:2005/06/19(日) 00:38:13
永江 1958年5月9日生まれ 47歳
福田 1960年10月9日生まれ 44歳
宮崎 1962年10月10日生まれ 42歳

俺はなんとなく永江がまだ40歳くらいかと思ってた。
もう50近いんだね。

152 :無名草子さん:2005/06/19(日) 00:43:42
>>149

>>148の何に腹を立ててるのかわからんw

153 :無名草子さん:2005/06/19(日) 02:14:07
ほんとに一人で何やってんだか(くす

154 :無名草子さん:2005/06/19(日) 08:03:54
永江さんの評論って今の時代には即さないけど
数十年単位で見てはじめて評価されるものじゃないかな。
まあわかる人にはわかる。読み手を選ぶ文章。
2ちゃんねらーみたいな低学歴低教養のお恥ずかしい右翼には
わからないだろうね。

155 :無名草子さん:2005/06/19(日) 08:21:14
>>154
もし真面目に言ってるなら、なぜ十年単位で評価されるか、
頼むから具体的に論じてくれw
上の週刊朝日の書評の例でもいいからさ…
「わからないだろうね」なんていわないでさw…

156 :無名草子さん:2005/06/19(日) 10:45:51
釣りに反応すんな

157 :無名草子さん:2005/06/19(日) 13:57:58
歴史観の問題だからね。ウヨは反省がない。

158 :無名草子さん:2005/06/19(日) 16:12:04
クマー

159 :無名草子さん:2005/06/19(日) 16:15:56
>>157
>ウヨは反省がない
http://www.tamanegiya.com/odamakoto.html

サヨワロスw

160 :無名草子さん:2005/06/19(日) 16:47:43
ウヨのひとつ覚え。

161 :無名草子さん:2005/06/19(日) 19:01:45
このような状態を見て、わたしは共和国は「後進国」じゃなく、本当は世界の最先進国じゃないかと感じたんですよ。よく 見ると、日本や先進国にない物があるんですね。
 教育は11年制義務教育で無料、医療設備は完備され、これ も無料でしょう。おどろくことにいっさいの税金がないですからね。
 そして、経済やその他のことは自国ですべてまかなっている んですね。
 そういう意味で、共和国は未来に挑戦している国だと思いま したよ。
 わたしは、共和国は現実に未来という物を具現している国だ という気がしたんですよ。わたしたちに、こういう未来があるのだということをつきつけてくる国だと強く感じました。

小田実 『訪朝記 未来に挑戦する国』朝鮮画報 p.47 19772月号


テラワロス

162 :無名草子さん:2005/06/19(日) 20:43:27
左翼出版社(笑)たる亜紀書房の「凍土の共和国」でも読んで出直してきなよ。

163 :無名草子さん:2005/06/19(日) 23:40:17
馬鹿ウヨ一人で何やってるんだ。友達いないのか。

今頃亜紀出してる時点で、2ちゃんのレスで知ったのが明らかだが。
ニワカくん(爆

あのー、まだバレバレなことわからないんですか?
ずっと上の方のレス、親切にも忠告したんだけど、まだ「分かってない」ようですが。
永遠におやすみなさい。

164 :162:2005/06/19(日) 23:57:44
>>163
ウヨ規定されちゃった(笑

馬鹿のひとつ覚えのように小田実を持ち出すから、
ウヨ君に「凍土の共和国」ぐらい読めと忠告したんだが。
左翼も朝鮮民主主義人民共和国のあり方に疑問を呈していた
ということを知らせようとしたんだけどね。

「凍土の共和国」が出たのは80年代だと思うけど、
そのときに私は読んでいるよ。
永江だってたぶん読んでいるじゃないかな。

朝鮮民主主義人民共和国を礼賛していた教条左翼はごく一部。
ウヨが小田の文章を持ってきたところで、揚げ足とりにもならん。

165 :無名草子さん:2005/06/20(月) 00:29:36
サヨクの内ゲバ北ーーー

166 :無名草子さん:2005/06/20(月) 00:33:24
サヨ同士討ちゲバワロスwwwwwwwwwww
誤爆怖ーーーww

167 :無名草子さん:2005/06/20(月) 00:45:14
ああ。誤読だったな。凍土は年代前半だろう。
拉致以前から、北批判は亜紀含め、朝日や講談社の独壇場だからな。
永江は読んでるかどうか難しい。微妙だ。ジャーナルまでか。

とりあえず馬鹿ウヨは一人ですので。はい。な〜ぜわかるかなっと。

168 :無名草子さん:2005/06/20(月) 01:06:30
>167
どれが同一人物なんだ?

169 :無名草子さん:2005/06/20(月) 01:17:18
スレ違い
永江さんの話しようぜ

170 :無名草子さん:2005/06/20(月) 13:25:11
頭のトンガリは電波受信機?

171 :無名草子さん:2005/06/20(月) 18:53:57
今でも頭の天辺とがらせてるの?48才トンガリキッズかよ!
それとも生まれつき頭蓋骨がとがってんのか?
削れよ!

172 :無名草子さん:2005/06/21(火) 00:02:24
トンガリキッズなつかしいな。48才新人類だな。

173 :無名草子さん:2005/06/21(火) 00:26:14
ビリケンってやつだろ>トンガリ頭

174 :無名草子さん:2005/06/21(火) 08:00:35
ポスト団塊の評論家では一番優秀かもしれない
インタビューとかから感じさせるキレは凄い
加藤周一とかのリベラルの評論家の流れだよね
書評とか以外にも新聞論説みたいなのやってほしいんだが

175 :無名草子さん:2005/06/21(火) 12:37:05
確かにめちゃくちゃキレてる

176 :無名草子さん:2005/06/21(火) 13:26:43
鋭さがあるよね。頭のテッペンが。

177 :無名草子さん:2005/06/21(火) 21:58:33
自分で言ってりゃ世話ねーな

178 :無名草子さん:2005/06/21(火) 22:38:07
髪型変えた?

179 :無名草子さん:2005/06/22(水) 15:07:11
>>95
さすがに福田和也と比べるのはまずいだろ。
教養の幅がケタ違いだよ。しょせん永江はライター。

180 :無名草子さん:2005/06/22(水) 21:24:26
トンガリキッズでいいよ

181 :無名草子さん:2005/06/23(木) 11:18:46
政治的発言のレベルが松尾貴史とかぶる

182 :無名草子さん:2005/06/23(木) 21:59:58
ケンカは確かに強そう。
頭の棘で刺されたら毒が回って死にそう。

183 :無名草子さん:2005/06/25(土) 10:22:19
釣りにしても加藤周一とならべるのはあんまりだなw

184 :無名草子さん:2005/06/30(木) 22:00:47
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4043738013/249-5570962-4208307

185 :無名草子さん:2005/07/01(金) 03:53:53
確かに政治関係に首突っ込むと読むに堪えないけど、出版関係なんかは
流石によく知ってるよ。講演の記録を読んだけど、結構参考になった。

186 :無名草子さん:2005/07/12(火) 06:24:23
あげ

187 :無名草子さん:2005/07/15(金) 21:01:18
>>185
けなしたいのか擁護したいのかわからんな

188 :162:2005/07/16(土) 00:03:37
>>187
?????????????????????????????????

189 :無名草子さん:2005/07/16(土) 00:35:37
永江朗なんて2ちゃんで書いたら、突っ込まれて終わりなレベルなんだけどな

190 :無名草子さん:2005/07/17(日) 00:46:44
>>188
何w?

191 :無名草子さん :2005/07/17(日) 10:30:33
「批評の事情」のような本って、ちゃんとしたものを書こうっと
思うと、やはり、相当な知識が必要なんだろうと思った。
批評家を評価するには、その人の扱っている分野について
ある程度基本的な事を知っておかないといけないと思うけど
この人には、それがあまり無く、中には、論者の意見を
そのまま受け売りしているような感じのも見受けられたし。

192 :無名草子さん:2005/07/17(日) 13:32:18
>191
「批評の事情」は要するに永江の論壇内政治の為の本。
それだけ。

193 :無名草子さん:2005/07/18(月) 01:50:27
>>185
出版関係の話って、小田光雄の受け売りでないの? 『ベストセラーだけが本である』の主要な部分は小田・永江・安藤哲也の鼎談『出版クラッシュ!』から一歩も出ていないように思えるが?

194 :無名草子さん:2005/07/20(水) 16:01:38
永江ってなんで仕事いっぱいもってるの?コネでしょ

195 :無名草子さん:2005/07/27(水) 02:39:02
>>194

出す本がおおむねそこそこ売れているからだろ

196 :無名草子さん:2005/07/27(水) 20:48:39
売れてないよ

197 :無名草子さん:2005/07/27(水) 23:12:31
業界の使いっぱ

198 :無名草子さん:2005/07/29(金) 13:22:48
ガンガン活躍してサヨクの質を下げてください。

199 :無名草子さん:2005/08/12(金) 17:28:43
思想を持ち出す場でないのに、突然右翼批判を始めたりするとこは
好きじゃないが、「メディア異人列伝」や「不良のための読書術」は面白かったよ。
内容の薄い本ももちろんあるが、あれだけ著作出してれば、それもやむなしでしょう。
あと、ライターだってだけでバカにしてるやついるけど、永江本人はライターを
自ら名乗るくらいで、肩書きに批評家とか書かれるのは嫌みたいに書いてたぞ。
擁護文のようになっちゃったけど、そこまで言うほど酷い仕事はしてないと思うよ。

200 :無名草子さん:2005/08/13(土) 15:42:41
だからといってよい仕事もそれほどしてないし…

201 :無名草子さん:2005/08/14(日) 00:50:19
「批評の事情」なんかはどうしようもないね。
批評家を紹介するというスタンスで本を書くのはありだけど、変に批評家を批評
しちゃってるから底の浅さがモロ見え。

202 :無名草子さん:2005/08/19(金) 22:21:33
>>201
批評の事情に関しては永江の思想がモロに出てるから、自分の考えと相容れない人には
腹立つのかもしれんね。俺個人としては(小林叩きとか)それほど気にならないけど、
思想が出てない本の方がこの人の場合面白いと思う。
インタビューに関しちゃ良い仕事してると思うんだけどな。インタビュー術もなかなか参考になった。
出版業界や書店の裏話、読書関連の本は出来不出来あるけど、そこそこ娯楽になってると思う。

203 :無名草子さん:2005/08/20(土) 02:48:31
思想が左とか言う以前に人格低劣でしょこのトンガリキッズは。
右翼が嫌いなら福田和也を徹底的に叩いてみろ。
宮崎哲也を真正面から批判してみせろ。
食えない時代はいざ知らず、今なら可能だろ。

204 :無名草子さん:2005/08/20(土) 11:36:47
「思想」と呼べるようなものがこいつにあるのか。

205 :無名草子さん:2005/08/20(土) 11:39:09
>>202
思想っていうか、批評家を評価するならその分野の知識について
知った上じゃないと偉そうな事は言えないと思う。
正直言ってこの人に夏目房ノ介や柳下毅一郎や近田春夫あたりを
評価する知識も能力も無いと思うな。




206 :無名草子さん:2005/08/20(土) 11:43:56
「批評の事情」紹介というスタンスが徹底していればよかったのに、
205さんがいわれるように知識も能力もない分野まで批評家査定するから
何様のつもりよ、って本になる。


207 :無名草子さん:2005/08/20(土) 12:05:25
>>205
>夏目房ノ介や柳下毅一郎や近田春夫

これも結構、微妙な人選だね。サブカル系の才人達といったところ?
永江ってサブカル方面は意外に苦手なのかね。トンガリキッズ(40代)なのにw
むしろ正統的な文学には詳しいみたい。

208 :無名草子さん:2005/09/03(土) 02:49:46
もう10歳くらいわかい印象だった。

209 :無名草子さん:2005/09/03(土) 02:57:43
はなわ

210 :ニコル:2005/09/17(土) 04:37:44
へー。永江さんがこんなに有名だったとは知らなかった。私は彼とは同郷で
西武時代も少々ご一緒したけど、当時留年中の彼は左翼運動してっるって感じはなかったな。
ブランド物に詳しいってこともなかった。たしか法政の卒論は「ヴィトゲンシュタイン」だった。
特に頭脳明晰というわけでもないが、まあ、アイデンティティは持ってたね。
ただ、物事を多面的に見る能力は凡人並だったと思う。ルックスは確かに近田春夫だった。
このスレ斜め読みしたけど、彼が文筆活動で生計を立てられるのなら、君らも十分可能性があるよ。
当時の彼を知っている私としては、あるいは、ここに引用された彼の言動から鑑みれば、永江さんは
サブカルチャーの評論に専念すべきだと思う。少なくとも、私の専門の経済学や政治学から鑑みれば
永江さんはあまりにナイーブ過ぎる。残念ながら、絶対的知識が足りない。よって、軽薄だ。
ちなみに、「ニコル」とは当時西武百貨店にいたエレベータ・ガールのコの本名。
あのコも今は40代半ばだな。

211 :無名草子さん:2005/09/17(土) 14:08:45
>>210
留年中に西武にいたっていうのは変じゃない?
あなたは永江氏と法政の同窓で、西武でも一緒に働いたことがあるって意味?

212 :ニコル:2005/09/17(土) 16:42:44
いや、バイトだったからね。私は早稲田の政経。たまたまバイト先が一緒で
数ヶ月同じ空気を吸っていただけ。飲みに行ったこともない。
彼は当時付き合ってた女性と結婚したと思う。学生結婚かな。
そういや、あの頃から会社や、上司の批判をしてたな。基本は反体制。
実は彼は背が低い。160cmないと思う。そういうのって結構大きいんだ。
サルトルのカミュ嫌いは、先にノーベル賞をとられたことと、自分より
背が高く、ハンサムだったことへの反発だ、ってなことふたりで話したよ。
永江さんの身長があと10cm高ければ、違った道に進んでいただろう。

213 :無名草子さん:2005/09/17(土) 18:01:58
あのトンガリ頭は身長を水増しするためか。

214 :無名草子さん:2005/09/17(土) 18:46:01
ニコリ

なんや
うさんくさい香具師いるな
さすが2chww


215 :無名草子さん:2005/11/01(火) 01:04:04
今は左翼ぶってるが、卒論は西哲ライター真っ青だったていう奴って
永江のこと?

216 :無名草子さん:2005/11/22(火) 18:47:50
http://d.hatena.ne.jp/jun-jun1965/20051120
http://www.shobunsha.co.jp/html/tyosya/tyosya-2k1-3.html

217 :無名草子さん:2005/11/22(火) 19:46:54
小谷野と永江の全面戦争になったら面白ス

218 :無名草子さん:2005/11/22(火) 20:19:41
正面からやったら小谷野には勝てんべ

219 :無名草子さん:2005/11/22(火) 20:39:01
いや小谷野は誰にでも前後の見境なくかみつく狂犬だが、
永江は勝てないケンカは勝てる時期が来るまで避ける小ズルい蛇。
計算高さで永江の勝ちと見た。
ダテにサヨクの魂を隠してネオ保守の尻をなめ続けていたわけではないw

220 :無名草子さん:2005/11/22(火) 22:59:27
>いや小谷野は誰にでも前後の見境なくかみつく狂犬だが、
>永江は勝てないケンカは勝てる時期が来るまで避ける小ズルい蛇。

まさにそうだな

221 :無名草子さん:2005/11/23(水) 00:29:43
>>219
>ダテにサヨクの魂を隠してネオ保守の尻をなめ続けていたわけではないw

臥薪嘗胆だな

222 :無名草子さん:2005/11/23(水) 08:30:06
双方の作家生命があるうちに決着がつくとも思えないけどね。
小谷野の不戦勝状態は終わるのか。

223 :無名草子さん:2005/11/23(水) 18:46:37
>左翼ぶっているくせに福田和也の悪口は言えない姑息なやつである。

このスレでも言われたことキチンと指摘してるね
まああれ読めば誰でも思うだろうが。


224 :ニコル:2005/11/25(金) 03:10:53
>永江は勝てないケンカは勝てる時期が来るまで避ける小ズルい蛇。
言いえて妙だが、これはケンカの常套手段かつ正攻法だと、シュミットが
どこかで書いてなかったか?
>左翼ぶっているくせに福田和也の悪口は言えない姑息なやつである。
福田和也が誰なのか寡聞にして存じ上げないが、確かに永江さんは「ぶってる」な。
以前も書いたが、彼は単なる自身の身体の小ささに劣等感を持っているだけだ。
君たちも何かに劣等感を持ってるオタクなんじゃないの?
抽象的なことではなく、具体的な事柄についての議論が聞きたい。
例えば、いままで抱いた女で最もいい女を言語化し、そのシニフェを記述してくれ。

225 :無名草子さん:2005/11/25(金) 16:49:40
>福田和也が誰なのか寡聞にして存じ上げない

論外だよ。こんなこといってる時点で何言っても説得力ゼロ。
なんにも勉強してないだろ、あんた。
シュミットなんてそれこそ学生時代授業でかじっただけだろ(嘲笑)
批判するにしろ肯定するにしろ、福田を知らないなんてのは「ありえない」。
日本の保守派が台頭する一つの切っ掛けを作った人なんだから。文壇、論壇で
確固とした地位があり、慶応の教授であり、おびただしい数の著作、連載が
ある。保田與重郎や石原莞爾についての著作など、決定的に重要な仕事も
している。それを知らない、なんてどれだけ恥ずかしいことを言ってるのか
自覚があるのか? 自分でバカですと告白しているようなものだ。まあ、バカ
だからこそこのような場で永江のプライベートな情報をされして嬉々としている
のだろうが。ぐだぐだこんなところで永江に対する嫉妬を披瀝しないで、それこそ
もっと「勉強」しろよ。「シニフェ」なんて言葉を使っているのも、
なんというか痛々しいよ。

226 :無名草子さん:2005/11/25(金) 16:52:18
>情報をされして
>情報をさらして

227 :無名草子さん:2005/11/25(金) 18:50:24
>>225
言いすぎw
たとえば長期海外在住だったりしたら福田なんて知らなくてもおかしくない。
もしかして二コルって外人じゃないの?

228 :無名草子さん:2005/11/25(金) 19:38:51
普通は「シニフィエ」て表記するもんだ

229 :ニコル:2005/11/26(土) 04:24:58
>225
まあ落着け。私は一方的に意思表示してるだけで、「説得」する気などない。

>シュミットなんてそれこそ学生時代授業でかじっただけだろ
そうだな。君はどうかな?私はシュミットの著作・論文を全て読んだわけではないが、
私の知る限り彼はそんなことは言ってない。

>福田を知らないなんてのは「ありえない」。
十分ありえるぞ。私はこれまで同僚・学生等々といろいろ議論してきたが、
彼の名前がでたことはないな。225は相当福田氏に陶酔しているようだが、我々の間では
マイナーだ。だから君のような人はいい女に相手にされないんだ。アキバ系オタクと同類か?
まさか童貞ではないだろうな?これは結構重要だぜ。日々どんなセックスしてるのかって。
まあ、そこそこ、いや、底々の女しか知らないだろう。
将来そのレベルの女とうまくやってくれ。誰も嫉妬も、羨みもしない。
私はそれを「恋愛におけるパレート最適」と命名している。
そういう奴らが多いと推察するから、224に書いたわけだ。


230 :ニコル:2005/11/26(土) 04:27:08
>たとえば長期海外在住だったりしたら福田なんて知らなくてもおかしくない。
当然だよな。私は過去15年間で6年海外にいたが知らないな。日本人だが。
(「ニコル」の由来はレスで以前書いたので参照されたい。)
いま、ネットで調べたら永江さんより若いんだ。
私はここで彼のプライベートな情報を「されして」いるのではない。
人間の人格形成、そしてそれに伴う思想は他者の視線によって外部から規定され、
そしてそれがいつの間にかテーゼとなり、それに対するアンチテーゼとして
個人の内部から醸成されていくのではないかと考えてのことだ。
私は永江さんに嫉妬なんかしてないよ。彼の著書は読んだことがないが、
このスレで彼の言論を斜め読みすると、結構背伸びしてるなと思う。キツイんじゃないかなと思う。
サブカルチャーの論評専門でいいんじゃないかと思う。

>普通は「シニフィエ」て表記するもんだ
そうだったけ。「signifier」の名詞形だよな。「スィニフィエ」か?
ワードでアクサン打つのはどうすればいいんだ?

>慶応の教授であり、
ここで大笑いしてしまった。私は早稲田の教授職にあるが、当学部は肩書きに関わらず
年齢序列賃金であり(年功ではない)週4コマの講義(ゼミを含む)でフルの賃金が入り込む。
恐らく慶應より優遇されているのではないか。なにより、慶應義塾より規模が大きいから
学部内行政等雑務に煩わさせられることもない。
まあ、君からすれば「慶応の教授」は憧れのポストなのだろうが、同業者として(専門は違うようだが)
私は福田氏を何ら羨むこともない。無論永江さんに対してもだ。

231 :ニコル:2005/11/26(土) 04:30:46
>慶応の教授であり、
ここで大笑いしてしまった。私は早稲田の教授職にあるが、当学部は肩書きに関わらず
年齢序列賃金であり(年功ではない)週4コマの講義(ゼミを含む)でフルの賃金が入り込む。
恐らく慶應より優遇されているのではないか。なにより、慶應義塾より規模が大きいから
学部内行政等雑務に煩わさせられることもない。
まあ、君からすれば「慶応の教授」は憧れのポストなのだろうが、同業者として(専門は違うようだが)
私は福田氏を何ら羨むこともない。無論永江さんに対してもだ。


232 ::2005/11/26(土) 05:11:12
脳内早稲田大学教授w

233 :225:2005/11/26(土) 08:09:17
>ニコル
突っ込んで欲しいんですかw
ボロがでまくってますよ。武士の情けであまり深くは
突っ込みませんが……
ただ繰り返しになりますが福田を知らない「知識人」なんていませんよw
本気で「政治」を勉強した人間なら考えられない。なんの
ためにシュミットとか読んだんですか?(w
諸君とか正論とか文藝春秋とか週刊新潮とか一度も読んだことないんですか?
福田は朝日関係の媒体にも書いたことありますけど。
本屋にいったこととかあるんですか?最近は極右の中川八洋が福田批判の
いろんな意味でおもしろい本をだしたけど、ま、福田さえ知らないあなた
は当然中川先生もしらないでしょうなw


234 :無名草子さん:2005/11/26(土) 09:49:24
>>229
> そうだな。君はどうかな?私はシュミットの著作・論文を全て読んだわけではないが、
> 私の知る限り彼はそんなことは言ってない。

この「彼」ってシュミットのこと?
「そんなこと」ってなに?
脈絡が理解できないので説明お願い。


>シニフィエ
シニフィエ・シニフィアンのシニフィエの話だと理解して言うと、
原語表記するならともかくカタカナで表記する場合は、シニフィエとするのが一般的だ。
シニフェとしてるのはあまり見かけない。スィニフィエはなおさら見かけない。


>福田和也
自分は福田をそんなに評価しないけど、それでも評論業界では有名人だぞ。
まあ知らないこともあるのかなと考えてみるわ。

235 :ニコル:2005/11/27(日) 10:48:02
>福田を知らない「知識人」なんていませんよw
「知識人」なんて「ナウなヤング」同様死語だと思ってた。
我々の学生時代はSartreあたり、日本人では大江健三郎や西部邁なんかを
「知識人」と呼んでいた。勿論私は「ナウなヤング」でないのと同様「知識人」ではない。

>本気で「政治」を勉強した人間なら考えられない
君はどうも興奮しすぎだ。私の専門は「経済学」だ。

>なんのためにシュミットとか読んだんですか?(w
229に書いたが、学部時代に政治学の古典として読んだ。


236 :ニコル:2005/11/27(日) 10:50:21
>諸君とか正論とか文藝春秋とか週刊新潮とか一度も読んだことないんですか?

読むわけないだろ?文面から判断するに、君はMARCHレベルの学部生だろう
と考えていたが、もう少し若い可能性もありそうなので真摯に書くが、
我々学者は週刊誌レベルのモノは精読しない。学会にでる研究論文の精査で人生の半分は取られる。
また、週刊誌レベルへの投・寄稿もどうせペラ1万円前後で後々文章が残るわけだから、
大雑把に言えば売名したい輩以外は関わらない。なにより、そんなところに掲載されたところで
学会での評価には影響しない。君たち素人には理解できない世界だ。
私が「政治」に関わる雑誌で読むのはForeign Affairsくらいだ。もっとも、私には
政治学者の「論文」はエッセイに思える。以前同誌にKrugmanが寄稿していたが、
政治関係者が理解できるレベルのものであった。彼の本来の経済学での論文は
遥かに高度なものだ。


237 :ニコル:2005/11/27(日) 10:53:02
>当然中川先生もしらないでしょうなw

誰だそれ?一昨年の夏、有馬龍夫氏(元駐独大使・早大特任教授)の招きで軽井沢の
別荘で緒方貞子氏と御一緒したが、そこで私が「福田和也」について尋ねたら
どうだったろう?有馬先生の御好意で、同年Armitage、Nyeとのレセプションで
末席に連ねさせていただいたが、彼らに「Fukuda」について尋ねたらどうだったろう?
答えは私と同様であったであろう。229で指摘したように君は日本の狭い世界しか知らない。
そこが君の行動範囲の全てであるオタクである。自慰行為で女を知った気になっている。
福田氏を知ってるって、面識はないんだろ?
私は福田氏には無関心だ。224を読めばわかるが。
以前も書いたが、永江さんとは20年ほど前同じバイト先にいて、しかも同郷だから
いずれ再会することもあろう。彼に対する思いは230で書いた通りだ。
福田氏は学者らしいが、永江さんは学者ではない。
学部卒で修士号すら持っていないはずだ。
もう「誰それを知ってる」といった類のくだらない話は終わりだ。


238 :ニコル:2005/11/27(日) 10:55:02
>この「彼」ってシュミットのこと? 「そんなこと」ってなに?
脈絡が理解できないので説明お願い。

私の知る限り「シュミットは勝てないケンカは勝てる時期が来るまで避けるのが
常套手段かつ正攻法だとどこかで書いていた」とは思われない。もし言ってたのなら
出典を教えてくれ。
>原語表記するならともかくカタカナで表記する場合は、シニフィエとするのが一般的だ。
どうもそのようだ。大貫妙子のアルバムも「シニフィエ」になってるな。
だが、原語表記では「シ」は/si/、「フィエ」は/fje/だから。
私がBarthesの読者だったのは四半世紀も前のことなのだから。


239 :無名草子さん:2005/11/27(日) 12:30:08
スレ違いだよ。
だいたい、>>235-238のようなことを書く人がなぜ2ちゃんねる、しかも一般書籍板にいるのか?

240 :無名草子さん:2005/11/27(日) 22:00:53
こんな板のこんなスレで大笑いさせてもらえるとは。

241 :225:2005/11/27(日) 22:39:48
あのなあ。福田は西部と因縁浅からぬ関係にあるんだよ(爆笑)。
西部の雑誌に書いてたし、対談もしてる。共著もある(それからなあ、福田は外国の日本研究者もチェックしてますよ。ま、
当然のことですが)。
しかし童貞だろ、お前マーチだろ(俺は早稲田卒だよ。院がどのようなとこかもよく知ってるよw)、とか、本当に「厨房レベル」の脳みそしか
ないんだなあ。(永江は背が小さいをコンプレックスにしているだけだ、とか)
あなたのゼミはさぞ学生に大人気でしょうね。
みたところ「文脈」を読み取る力も相当弱いようだが、よく大学に
入れましたね。「皮肉」とか全く理解できないんですね。
サルトル、大江健三郎、西部……このラインナップもめちゃくちゃ
だ。この三人が「同時に」当時の学生に読まれていたはずが無いのにw
我々の学生時代は〜っていつの話だよ? それから、福田はともかく
ソシュールの名前くらいは知っておいたほうがいいぞ。あと、学会誌
しか読まない、ってのも信じられない話だが、もし本当にそうなら
やはり「俺はバカです」と告白しているようなものだから黙っていた
ほうがいいですよ。それから「雑誌」は読まなくても、毎朝きちんと
「新聞」を読むくらいの習慣は身につけておいたほうがいいと思うよ。

242 :無名草子さん:2005/11/28(月) 20:17:01
>>238
> >この「彼」ってシュミットのこと? 「そんなこと」ってなに?
> 脈絡が理解できないので説明お願い。
> 私の知る限り「シュミットは勝てないケンカは勝てる時期が来るまで避けるのが
> 常套手段かつ正攻法だとどこかで書いていた」とは思われない。もし言ってたのなら
> 出典を教えてくれ。

224 名前:ニコル[] 投稿日:2005/11/25(金) 03:10:53
>永江は勝てないケンカは勝てる時期が来るまで避ける小ズルい蛇。
言いえて妙だが、これはケンカの常套手段かつ正攻法だと、シュミットが
どこかで書いてなかったか?

>これはケンカの常套手段かつ正攻法だと、シュミットがどこかで書いてなかったか?
>シュミットがどこかで書いてなかったか?
>シュミットがどこかで書いてなかったか?
>シュミットがどこかで書いてなかったか?


これはいったいどういうことでしょうか?

243 :無名草子さん:2005/11/28(月) 21:31:02
ニコル氏って象牙の塔の中の人だったのか。。
それじゃ浮世離れしたレスでもしょうがないよw
あんまりいじめるのはイクナイ。

244 :無名草子さん:2006/01/13(金) 20:32:35
きもちわるいスレだ

245 :無名草子さん:2006/03/13(月) 15:48:02
気持ち悪いです

246 :無名草子さん:2006/03/13(月) 21:38:03
>ニコル氏って象牙の塔の中の人だったのか
そしてそのことを誇りに思っているらしい。
典型的な権威主義者。

247 :無名草子さん:2006/03/17(金) 15:57:31
福田和也氏の名宰相の条件(祥伝社、1600円+税)は、必読だ。
サッチャーは労働党だし、浜口雄幸は、日銀出身だそうだ。
さらに、イギリスでは、第1次世界大戦までは、
貴族院出身者しか首相になれなかったらしい。
ウォルポールも大ピットも草葉の陰で泣いているだろう。
福田がこんないい加減なやつだとは知らなかった。
校正者も校正者だ。

『日本人であるということ』ハルキ文庫、もすごいよ。
オスマントルコはモロッコを占領したし、
スペインにも攻め込んだんだそうだw
レコンキスタでイベリア半島から追い払われたムスリムは
たった200年、この半島を占領していただけなんだそうだw
アルハンブラ宮殿はマドリッドにあって、モスクなんだそうだw
その他いろいろ。
世界史の教科書すら読んでないらしい。
こんな奴が大学教師だなんて信じられん。



こいつはフランス語もしゃべれません


248 :無名草子さん:2006/04/28(金) 01:14:25
保守

249 :無名草子さん:2006/07/13(木) 19:10:13
『ブックショップはワンダーランド』
誰か読んだ?

250 :無名草子さん:2006/07/18(火) 13:40:37
世田谷一家殺人事件 侵入者たちの告白 [著]齊藤寅
[掲載]週刊朝日2006年7月21日号  [評者]永江朗

 渋谷で起きたカリスマ美容外科医令嬢誘拐事件。周到さとずさんさが混在したヘンテコな事件で
ある。だが、背景に外国人を含んだ犯罪組織が浮かび上がってきて、なにやら不気味な感じも
する。
 そこで連想したのは齊藤寅の『世田谷一家殺人事件』。「ついに犯人を突きとめた!」と帯の
惹句は言う。
 世田谷一家殺人事件は、清瀬市警察官殺害事件や八王子スーパー強盗殺人事件とともに、
警視庁が絶対に解決しなければならない最重要事件だ、と警視庁関係者から聞いたことがある。
その犯人をフリーの週刊誌記者が突きとめたとなると、これはすごい! 勢い込んで読んだの
だが、なんだか肩透かしをくらった気分だ。
 現場に残された指紋などを追ううちに、ある外国人のグループが浮かび上がってくる。構成
メンバーは東アジアからの元留学生や元研修生。彼らは英語でコミュニケーションし、インター
ネットで連絡を取り合い、ときには凶悪な犯罪に手を染めているという。
 しつこく丹念に調べ、関係者を訪ね歩いた著者の取材には敬意を表する。だが、どうもうさん
くさい。冒頭で「捜査関係者のなかには、私が導きだした結論を一笑に付す者がいるかもしれない」と
逃げを打ち、全体にレトリックに寄りかかりすぎているのが気に入らない。特ダネならもっと
シンプルに伝えてほしい。なぜ一ジャーナリストに可能なことが警察には不可能なのかも納得
いかない。縦割り組織の壁といっても……。
 著者が前提としている外国人による凶悪犯罪の激増も、事実はどうなのか疑ってみる必要が
ある。たとえば法社会学者・河合幹雄の研究によると、それほどは増えていないというのだから。
 著者は、犯人グループは日本と日本人に恨みを抱いているという。ならば、そこをもっと掘り
下げてほしかった。留学や研修で来日したアジア人が、なぜ日本と日本人を嫌うようになるのか。
欧米人からはあまり聞かない話だけに、重要な問題である。

ttp://book.asahi.com/topics/TKY200607180176.html

251 :無名草子さん:2006/07/22(土) 22:48:24
意外にこの人って売れない頃からリリー・フランキーの友人なんだよね

252 :無名草子さん:2006/07/24(月) 05:15:57
えっそうなの?

253 :ニコル:2006/07/27(木) 03:51:13
>意外にこの人って売れない頃からリリー・フランキーの友人なんだよね
「売れない頃」がどちらにかかるのかは知らないが、可能性はある。
以前も書いたが、彼は西武美術館のバイト後、隣にあるニューアート西武の「アール・ヴィヴァン」に就職した。
そこは、二流文化人や、文化人希望の一般人をターゲットにしていたから、
リリー・フランキーなる人物も顧客だったのだろう。

ところで、夏休みだ。今年は理工学部のバカのせいで、COE絡みの予算に弊害がでて大迷惑だ。

254 :永江聡:2006/09/13(水) 07:03:21
永江聡は農業為ています

255 :ハリウッド:2006/09/29(金) 13:04:24
講演を聞いたことがあるけど、確かに小柄だったな。『本の雑誌』の連載
コラムなんか、面白いけどね。

256 :永江明:2006/10/08(日) 21:50:05
チビで悪かったな。

257 :永江明:2006/10/14(土) 09:13:28
あげとこう。

258 :無名草子さん:2006/10/14(土) 09:53:24
フリーとしては仕事が出来るんだろうけど、新風と組むのはやめれ。
ttp://www.pub.co.jp/school/coza/pub.html

読書系のブログなどを眺めていると、人文系の本が好きで新書・評論・ノンフィクション
などをよく読んでいるような層に永江さんのファンをたまに見掛ける。
微々たるものだが少しは影響力もあるわけで自重して欲しい。あるいはこういう
仕事も請けることで、所詮は出版界などいかがわしい業界だろ、夢を見るなよ
と体を張って教えてくれているのか。
そのうちどこかの大学の非常勤講師や任期制教授にでもなるかもしれない。松岡正剛あたり
も今はどこかの大学の教授ということになっていたなあ。

259 :無名草子さん:2006/10/14(土) 12:59:45

>時間にゆとりある方は、夫婦で盗作して逃げている盗作詐欺犯のことを
>どの板にでも貼ってください。
    ↓

>盗作犯佐藤亜紀盗作内容の全てを涙ながらに「告白」?!?
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/sf/1160022536/3-21




260 :神保町のすずらん通り:2006/10/31(火) 18:30:39
チビだけど、それがなにか。

64 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)