5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

片岡義男・その2

1 :無名草子さん:04/11/12 00:28:02
前スレ
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1024232914/

2 :無名草子さん:04/11/12 00:35:36
>1


3 :無名草子さん:04/11/12 00:38:08
先見日記
http://diary.nttdata.co.jp/diary2004/11/20041109.html

4 :無名草子さん:04/11/12 00:39:53
1940年東京生まれ。早稲田大学法学部卒業。
『スローなブギにしてくれ』『彼のオートバイ、彼女の島』
『小説作法』『七月の水玉』など著書多数。
97年に発表した『日本語の外へ』では、
湾岸戦争の進み行きを米国のテレビニュースだけで追ってみることを試み、
米国と米国人の行動原理が「ウエイ・オヴ・ライフを守る」ことにあることを喝破して話題を呼んだ。
作家活動のかたわら、写真家としても活躍し
『キャンディーを撮った日』『東京を記憶する』などの写真集を刊行。
またNHK 第1放送・NHK FMで、自ら選曲を行うラジオ番組『片岡義男のアメリカン・ポピュラー・ミュージック』を担当。
『朝日新聞』『Free & Easy』『文学メルマ!』など新聞、雑誌等に多数連載を持つ。

5 :無名草子さん:04/11/12 15:06:55
>>1さん、乙です。
アラファトさんについて語って欲しいですよね、先見日記で。

6 :無名草子さん:04/11/12 23:54:41
片岡さんのお嬢さんと同級生でした。
お父んによく似ています。

7 :無名草子さん:04/11/13 01:30:07
>>6 続けて下さい。

8 :無名草子さん:04/11/13 03:19:43
>>6
作品と個人とは別です。続けなくていいです。
あなたが実名を明かして書くならまだ許せますが。

9 :無名草子さん:04/11/13 12:23:46
>>8
関係者?

10 :無名草子さん:04/11/13 23:38:56
へぇ〜文学板に前スレあったんだ
これから読んでみますね

11 :無名草子さん:04/11/14 16:36:45
「文房具」 中身薄っ

12 :吾輩は名無しである:04/11/15 18:42:00
>>11

だからなに??


13 :無名草子さん:04/11/15 18:54:21
ブログで公開中の詩はギャグですか?

14 :吾輩は名無しである:04/11/15 22:11:13
だから?????

15 :無名草子さん:04/11/15 23:28:38
とんぼ返りなのだ

16 :吾輩は名無しである:04/11/16 19:25:13
つまらね

17 :無名草子さん:04/11/16 21:08:35
どこの板に立てても2ちゃんである以上
バカはよってくるねw

18 :杉本健介:04/11/16 21:39:26
元気でいろよ

19 :無名草子さん:04/11/20 23:21:46
元気でいます

20 :芙美子:04/11/21 03:50:08
納豆定食ください♪

21 :無名草子さん:04/11/21 21:47:29
おお、懐かしいなあ。
彼ももう今ではおじいちゃんだろうなあ。
今、いくつ?

22 :無名草子さん:04/11/22 06:58:14
64歳

23 :無名草子さん:04/11/22 20:11:50
岸惠子に似てる

24 :無名草子さん:04/11/22 20:51:45
「おまえはいい女だ」
「ありがとう」
「気だてもいいし、気持ちもしっかりとしている」
「だから、今言っても大丈夫だと思う」
「なにかしら」
「別れよう」
「離婚?」
「そう、離婚」


「だからもう、何度も言ったろう  ひとりでさまようんだ」
「どこを?」
「日本中、あっちこっち オートバイで」
「さまよって、なにをするの?」
「なにもしない さまようだけだ」


「健介さん、どっちへいくの」
「むこう」
「高速道路?」
「湾岸道路」
「今日はどこまで?」
「わからない」
「気をつけて」



25 :無名草子さん:04/11/23 02:18:58
この人に関して質問があったんで聞いときます。
日本人なんですか、日系人なんですか?
大学は日本で出てるみたいですが、大人になる前に長期アメリカに住んでいたんですか?
自分はおじいさんあたりがアメリカに移民しにいって、金を作ってお父さんの代で
日本に帰ってこれた人の子供、本人は日本生まれの日本人かなって思ってたんですが。


26 :無名草子さん:04/11/23 08:55:39
だいたいそんな感じ。でもアメリカ在住の経歴は無いとおもう。

27 :無名草子さん:04/11/23 14:14:00
サンクス。
たいていの移民は金つくって日本に帰るつもりだったみたいね。
ほとんど、帰る旅費もできなかったわけで。
成功した人の孫ということですね。

28 :無名草子さん:04/11/24 11:48:07
出来ればホークスとやりたい
自宅にて


なんかいまさらな話だったなぁ

29 :無名草子さん:04/12/01 11:30:04
東京のハードな日々
自宅にて

こういうサラリーマンは信用できない。
大切な書類を平気でなくして取引先に多大な迷惑をかけるだろうな。

30 :無名草子さん:04/12/01 12:35:23
http://item.furima.rakuten.co.jp/item/32549795/

出品の翌日の29日に見たんだけど売り切れてた。
「極美」って・・・状態の良いぼくは〜文庫初版帯付は長い間欲しかったものだけに死ぬほど悔しいです。

31 :無名草子さん:04/12/01 15:34:46
この人は好きな作家の一人だった。
でも文体が難しい。日系人の日本語の文章とでも言おうか?
あのもったいぶった変な文体が彼の持ち味だったでもあるけどね。
なんか擬人法が多用されてた気がする。
アメリカ満せーの70年代、80年代初頭の作家だね。


32 :無名草子さん:04/12/01 17:13:10
角川はなぜ絶版にしてるのかわけわからん。


33 :無名草子さん:04/12/01 17:24:02
この人はまだ本書いてるのか
昔良く読んだなぁ

34 :無名草子さん:04/12/02 17:48:23
>>32
そりゃ売れないからに決まってるじゃないか


35 :無名草子さん:04/12/02 22:54:50
トラウマの人たちのドラマ
自宅にて

36 :無名草子さん:04/12/02 22:55:38
>>34

あんた本読まない人だろ。
何でこの板にいるの?

37 :無名草子さん:04/12/03 15:45:31
>>36
>>34はべつにおかしなこと言ってないだろ。
あんたの決めつけ、おかしいよ。

38 :無名草子さん:04/12/03 17:54:13
片岡義男の本、大好きでした。
中・高校生のころ、>>24のような男女の会話を憧れを持って読んでいたのが
なつかしい…。
今は評論やエッセイなどが多いみたいですが、
もうああいった小説は書かないのかな?残念です。

39 :無名草子さん:04/12/05 13:44:33
http://www.east-r.co.jp/

Free & Easy の(誘惑)についてのコラム、なかなか良かった

40 :無名草子さん:04/12/05 23:41:25
F&Eのあのコラムは秀逸だね。切れ味あるなと思った。

41 :無名草子さん:04/12/06 01:15:23
>>40
切れ味、ありますね 

こんな内容のことを、いつか誰かに言ってもらいたかった・・ような
無自覚であったこと、自覚していても自覚している自分を認めれないでいたこと
それらをはっきりと自覚させてくれました


42 :無名草子さん:04/12/06 13:21:46
ほんじゃ立ち読みしてくるか。

43 :無名草子さん:04/12/08 00:44:13
片岡ってコンビニのおにぎりを知らないのかな

44 :無名草子さん:04/12/10 22:12:07
フリーアンドイージー立ち読みしました。
よかったです。

なんというか、あの翻訳調の文章が好きです。
他の作家さんにも結構見受けられますけど、
彼がハシリだったのではないかなと思います。


45 :無名草子さん:04/12/10 22:42:22
やっぱり翻訳調ですよね。
アレが良かったり悪かったりで。
読みづらかったです。

46 :無名草子さん:04/12/11 04:25:07
>>43
『パリーッ』ってヤツね。

47 :無名草子さん:04/12/11 14:19:37
このひとの翻訳ってこなれてない。日本語としておかしい。

48 :無名草子さん:04/12/11 22:12:21
>>43 >>46
コンビニのオニギリは、直に海苔が巻いてあるのに
ぱりっとしてると思ってるみたいだね

『海苔を巻いたおにぎりの謎』のなかで
「ちょっとやそっとでは湿気を吸うことのない、
 完璧に乾いて枯れきったような状態へと加工した海苔」
「きわめて非日常的な海苔」

と書いていることからも分かる

49 :無名草子さん:04/12/11 22:15:01
海苔の利

50 :無名草子さん:04/12/11 23:25:24
しまった…まだ立ち読みしていなかった。

51 :無名草子さん:04/12/14 03:12:17
片岡義男ほど誤解されている人も他にいない


52 :無名草子さん:04/12/14 11:29:57
>>48
数年前までパリッとした海苔が主流だったんだよ。

53 :無名草子さん:04/12/14 22:14:05
フリーアンドイージー
やっと立ち読みしました。
ほんのちょっとでしたね。

オニギリの話はどこにかいてあるんですか?

54 :48:04/12/14 23:49:56
>>52
片岡はおにぎりに“直接”海苔を巻いてるのに
ぱりっとしてると思ってるみたいだよ

コンビニなんかで売られてる海苔がぱりっとしたタイプの
おにぎりは、おにぎりとご飯のあいだにフィルムが挟んであって、
食べるときに海苔を巻くよね?

片岡はそのフィルムの存在を知らないんじゃないかな

55 :48:04/12/14 23:51:40
>>53
NHKブックス『自分と自分以外』のなかの
『海苔を巻いたおにぎりの謎』に書いてあるよ

56 :無名草子さん:04/12/15 03:01:50
ありがとう。探してみます>『自分と自分以外』

しかし皆さんの仮説が正しいとなると…
片岡さんはコンビニのオニギリを誰かに剥いて貰ってから
目の前に出してもらうということになりますね。
それも凄くイタイような気がするんですが。
そんなことされてて、そのオニギリについて語るのかなぁ。

コンビニのオニギリは通常の海苔よりも確かに、薄く、でもかなり硬く、
不自然にパリパリであるような気はしますよね。
巻くときにピシッと割れてしまうこともある。
普通はあそこまで乾燥していないような気もします。


57 :無名草子さん:04/12/15 14:52:42
若いころ、よく読んだ。
今になって思うと、会話が多いため、自分は到底体験できないような世界を
仮想体験していたんだと思う。

大人になった今、思うことは、
「シンプルに飾ったところで本当の感情は隠せないと思いませんか?片岡さん。」
ということ。


58 :無名草子さん:04/12/15 18:17:24
俺が15,6の時小説を読もうと思った時にぶつかったのがこの人。
好きだったけど、なんか例の翻訳調の文体が読みづらかった。
当時、自分には文を読む能力がないのかと悩んだくらい。
でも他の人の本を読んでみるともっとすらすら読めたので、こいつに原因があると
わかってほっとしますた。

59 :無名草子さん:04/12/16 19:03:38
たぶんコンビにのオニギリなんて食べないんじゃないか?

60 :無名草子さん:04/12/16 22:33:46
>>59

スレちゃんと読んでますか?

61 :無名草子さん:04/12/17 03:49:41
>>60
えーと、、、自分で実際に食べたことはないんじゃないか?
ひとが食べてるのを見て、直巻きオニギリでも
パリッとした海苔のオニギリがあると思ったのでは?

62 :無名草子さん:04/12/17 10:10:19
>>17

同感

63 :無名草子さん:04/12/17 23:06:54
>>61

それだともっと酷いなw
謎だ。早く本見つけてその話を読まなくては。
なんか酒屋かなんかのオマケ本に書かれたエッセイが初出みたいね。

64 :無名草子さん:04/12/22 20:52:50
「海苔を巻いたおにぎりの謎」を読んでみた。
コンビニのおにぎりを食べてたのは、
電車で片岡さんの向いに座っていた男性で、
片岡さんはその様子をみてエッセイを書いてました。
おにぎりを取り出したとき、すでに海苔を巻いてるように見えたのに、
海苔がぱりっとしてるのが「謎」だったみたい。
片岡さんは、コンビニのおにぎりは食べたことがないのかもしれないですね。

65 :無名草子さん:04/12/22 21:20:36
義男、(ノ∀`)アチャー

買ってから書かなきゃ…

66 :無名草子さん:04/12/28 04:29:26
片岡義男の小説も短編もエッセイも評論も、これまで長いこと興味をもって数多く読んでいるが、
最近に知った「先見日記」のwebページを覗き、一通り読み通してみて、
なんだか洗脳されているような妙な気分になった。

なんでだろ?

67 :無名草子さん:04/12/29 01:58:31
>>66
最近の氏はけっこう偏屈になってる感じがあるね。

68 :無名草子さん:05/01/02 00:24:26
それが歳を取るということだろうね。
それに負けずに客観的であり続けて欲しい。

69 :無名草子さん:05/01/02 00:38:14
ボビーに首ったけ

70 :無名草子さん:05/01/02 20:40:41
>>69

アニメ映画では野村宏伸がボビー役だったね
主題歌も歌ってた その名も・・

ボビーにRock`n Roll (詩/松本隆 曲/南佳孝)

バイクは原作のRD250じゃなくてVT250Fに
さらにキャッチコピーは

「今、もっともナウい映画」(W)

71 :無名草子さん:05/01/06 02:23:40
>>68

いや、昔から客観的ではなかったと思うよ


72 :無名草子さん:05/01/06 06:38:27
んー、客観的からは程遠いだろね。
とびっきりのロマンチスト&ナルシシストだよね。
それでファンを作ったわけで。

73 :無名草子さん:05/01/06 09:52:43
自分が好きなものについてはレトリックの限りを尽くして
褒め上げるもんな。ここまで言うか、と思うほど。
で、彼の悪い癖は、それがさも客観的な評価であるかのように
装うこと。

74 :無名草子さん:05/01/07 03:59:12
それって君の主観的な評価ではw

75 :無名草子さん:05/01/08 00:45:05
まあまあ、いろいろ言ってもみんなファンなんだから。

あそこまで写実に徹した文章、小説って、でもすごいと思う。
折れの人生の師。良くも悪くも、高校生の頃から影響受けてきた。
今38だけどな…。

76 :無名草子さん:05/01/09 00:04:03
小説や短編での、あの独特の表現手法は秀逸だと思うし、
自分もだから長いこと片岡義男を読んでいる。
しかし、同じ手法で書かれたエッセイや評論を読むとき、
読者側で相当こころして、論の立て方の検証を行うとともに、
一般的事実の写実と片岡義男の主観・主張を切り分けて読まないと、
体よく片岡義男の思想の世界に身を任せることになってしまうだろう。
写実を基にしたエッセイや評論は、強力な説得力を持つ一方で、それ以外のものの見方に
読者を向かわせる意欲を喪失させる効果もある。
(もっとも、説得力を持つ表現手法自体は、ビジネスで役に立つので、
 参考にする価値はあると思うし、したいとも思う。)

先見日記を一通り読んで、以上のようなことを考えた。

77 :無名草子さん:05/01/09 01:14:18
かれこれ23年くらい「片岡義男の思想の世界」にどっぷりと身を任せているけど
キャバ通いが大好きでアルカホリックな俺の「それ以外」のものに向かう意欲は
あまり喪失されてない気がする。むしろパラレルwwwwwwwww

15年くらい前から「ペシミスト」、さいきんは「隠者 」とみずから語っている
片岡義男は、終焉しちゃった日本のカウンターカルチャーを自分のベースとして
ずっと維持して文章の根底に織り込んでいて、その巧みさと同時にデビュー当初
から読みとれる、ある種の諦観が俺好みです。

俺の場合、氏の「説得力を持つ表現手法」は長年読んでいるにも関わらずまったく
ビジネスの役に立ちませんでした。

38才会社員(仮面ニートうはっwwwwwおkwwwwwwwwwww)


78 :無名草子さん:05/01/09 03:43:48
>>76

「独特の表現手法」は意図的なものではなくて、むしろ自然体なのだとおもう
説得力があるかわからないけど「説得」するつもりもないのでは?

79 :無名草子さん:05/01/09 03:51:45

◆※スマトラ沖地震と新潟中越地震に,一日1クリック募金しよう
http://bokinpark.com/
http://www.dff.jp/index.php


80 :無名草子さん:05/01/10 02:30:04
75だけど…
そうか、皆さん色々と見解がありますね。

折れの場合、このある意味つまらない世の中におけるファンタジーだと
思っています。彼の小説に出てくるような男女はいそうで、いない。
言葉遣いなんかも、あまり本当ぽいよりも、読んでいて一定の品を
損なわないものだ、と思っています。

76よ、「先見日記」は読んでいるが、あれはあれで正論じゃないかな。
ちょっと政治に突っ込み過ぎな気もするが…。特に憲法改正論に触れた
くだりは、目の覚める思いだったヨ。

81 :無名草子さん:05/01/10 02:39:50
え!憲法改正論に!?片岡さんも年とったってことかな。透明感があって不思議系の人だったのに。
今のわかい人にはもう普通のおじさんにしか見えないかも。その前に知らないかな

82 :無名草子さん:05/01/10 09:19:01
赤い背表紙のイメージが強いと思うけど、あれ自体は言わば商品としての
「パッケージ」で本人が、どんな人なのかって誰にもわからないと思うよ
昔の著書、たとえば雑誌ポパイのアメリカノロジーや、それ以前の「宝島」
など読んでみると本質的なところでは何も変わっていない気がする

子どものころ、よく野原で遊んで空や海を飽きずに眺めていたらしいけど、
何事についてもそうした視点なんだと思う 「空」が「憲法」になって年齢相応に
表現の仕方に円熟味がでたんじゃないかと

83 :無名草子さん:05/01/10 11:23:37
初めてこのスレ見つけました。
高校生の時初めて読んだのが「B面の最初の曲」。
それからはまって青春時代、読みふけりました。
片岡氏の描くヒロインにあこがれました。
一番好きな本は1人の女性の何気ない時間を
1年間描写したもの。(タイトル失念)
同じ様な感じでもう一冊ありましたが
(「彼女が風に吹かれた場合」?)
私は古い方がすきです。

84 :75:05/01/10 20:53:33
ちなみに憲法改正論といっても、片岡氏は反対の意見でしたよ⇒当時の
アメリカ自国でも実現は難しい、完全な平和憲法・理想を実現させたもので、
これを今の時流に合わないといって、何でも変えていたら日本は全てを
現実に引きずられながら進んでいく国になる、と。こんな主旨。

片岡氏は80年代後半、一般に売れ始めてからバブルの雰囲気ともマッチして
都会的で洒落たイメージで作品も捉えられるけど、本質はすごく演歌調だと
感じます。原点かなという感じの「スローな…」「さしむかいラブソング」
「ハートブレイクなんて、へっちゃら 」辺りを読むに。「給料日」なんて
すごい傑作ですね…。あの小説は面白い。
あと素顔の彼は、本当に丁寧で、偉そうな所が全くなく、お茶目な感じの
方です。言葉そのままの通り、自分と他者が上でもなく下でもなく、という
感じの。三好礼子(現山村レイコ)さんが著作の中で語っていた通り、本当に
茶目っ気たっぷりな方です。

85 :無名草子さん:05/01/10 20:56:20
そう言えば今は亡き奇想天外にも書いていたね。
「象が死んだ日」だっけ。
タイトルうろ覚えだけど。

86 :無名草子さん:05/01/10 22:41:09
エッセイやコラムを読むとき、どこか植草甚一の雰囲気も感じるときもある
テディ片岡と赤い背表紙の間の短い期間だけど、「宝島」に参加したりして
かなりの影響を受けたのでは?

「君を愛するトースト」(渋谷の横町を植草さんのとおりに歩く)や「先見日記」
(04/10/19)でも植草甚一との古書店めぐりについて書いているけど、なんだか
書いているのが楽しそうに感じる


87 :無名草子さん:05/01/11 19:13:18
コンビニのおにぎりの海苔の話だけどさ
昔から結構、そういうミスはあったよ
外したはずの腕時計を見たりとか
マグカップとシェラカップを混同したりとか
でもそんな片岡義男が好きだな
心理学者のユングは失敗する人の心には「トリック・スター」
が棲んでいるといった 心にガス抜きや癒しが必要なとき、
トリック・スターが悪さして、ついつい無意識のうちにミスしちゃうんだって
サザエさん一家なんて、あの平和と明るさはいつも誰かの失敗でもっている
磯野家はトリックスターの集団というわけ 

というわけで、個人的にはパリッとした海苔の話に、磯野家のほのぼのを感じてしまったよ


88 :無名草子さん:05/01/18 14:54:05
おにぎりの話と>>87があげる話はかなり違うような気がするよ。

なにより、真相を書いてくれた>>64ありがとう。

89 :無名草子さん:05/01/19 01:35:05
64が真相だという証拠がない


90 :無名草子さん:05/01/19 03:25:49
>>89
君は痛いね。

91 :無名草子さん:05/01/21 02:46:57
amazon.jpのジョンレノンの本を片岡さんが翻訳したものの
カスタマーズレヴューだったと思うけど
ジョンレノンは不良だったのだから、不良言葉で翻訳しろってのがあって、
吹き出して笑ってしまいましたよ、その時。
ここにも似たような方がいて笑えます。


92 :無名草子さん:05/01/22 19:23:10
そんなことをわざわざ書いてしまう人を見ると俺も失笑してしまうのですが…
どうにか上に立ちたいという欲望は哀しいですね。


93 :無名草子さん:05/01/22 20:15:07
不良言葉に訳したとしても、下手だよね。彼の翻訳。

94 :無名草子さん:05/01/30 20:02:06
片岡読みの片岡しらず
っていうか、まともに読んだ事ないのか
lost in translation
lost in kataoka's world


95 :無名草子さん:05/02/03 23:32:41
先見日記は賛同できる、できないにかかわらず読み応えがあるが、
ブログの「詩」の方は… ねぇ。

96 :無名草子さん:05/02/04 08:16:31
先見日記はすごい
ただで、片岡さんの作品がよめるんだから
Grateful Deadはすごい
ただで、ほぼ2400回全部のLIve音源をnet上に公開していて
誰でもDLして楽しめる
金もうけが目的でない人達がいることは、たいへん好い事だ。

97 :無名草子さん:05/02/20 17:19:05
>>91
何をどういう風におかしいと思ったんだい?

レノンが不良だったかどうかはさておき、もし不良が不良っぽく書いたものを
「ですます」口調に翻訳したら確かに奇妙なものになるな。
ま翻訳というものは原文を100%伝えることは所詮無理ではあるが。
(それでも、より良いものにすることは出来る)

98 :無名草子さん:05/02/26 00:02:40
グランド・テートンの南の確かジャクソンという町に
有名なカウボーイがいるとか書いてあったので、
ロスからバイクで行った事がある。
町の人に訊いて回ったが、
「あんた何言ってるの?」と言われ続け帰ってきた。
行く時はサクッと行ったが、帰ってくるのに半年掛かった。。。

99 :無名草子さん:05/03/04 13:27:15
>>98
小説なんだからフィクシヨンにきまっているでしょう、って思うんだけど
当時は情報少なかったからねえ
ロンサムカウボーイをそのまんま体験しようとした人がたくさんいるみたいです


100 :無名草子さん:05/03/04 16:11:19
ロンサムカーボーイってマンダムの人のことかと思ってた

101 :無名草子さん:05/03/04 17:40:17
小説とエッセイとごちゃまぜの魅力があったからね…
無理もないかもw

102 :無名草子さん:05/03/05 11:22:49
ロンサムカーボーイのCMおぼえてる?
カッコよかったなァ〜
確かパイオニアのラジカセだったな、片岡さんのナレーション渋かった。
あとはRy Cooderがボトルネックギターで決めたお酒のCMもえがった
最近はCMで何度もみたいもんないもんな、最悪ばっか

103 :無名草子さん:05/03/08 01:48:20
>>102
俺、あのCMが好きで、片岡義男を読むようになったよ。声も映像も音楽もカッコよかったな。
で、ライ・クーダーとウォーレン・オーツも好きになった。

104 :ital:05/03/08 23:11:06
ライ・クーダーといえば、
「アイランド・スタイル」という短編の登場人物が、
ライとギャビー・パヒヌイだと気がついたときは、
僕はなんだかうれしかったなあ。

105 :無名草子さん:05/03/09 01:43:05
ラジカセじゃなくて、カーステレオでしょ?
片岡氏には関係ないけどプライベートというコンポ欲しかった。
CMは氏のラジオでも流れていたような気がする。

106 :無名草子さん:05/03/09 01:50:06
ギャビー・パヒヌイのLPレコード"GABBY"の見開きじゃケットに
ギャビィ家の中庭でジャムっている写真がつかわれているんですが
これがあの「アイランド・スタイル」の雰囲気なんです。
「アイランド・スタイル」にはパイナップルシュガーハワイアンバンドの山内さんが
FM『きまぐれ飛行船』で話された事もちらほら参考になったきがします。
ぼくがパイナップルシュガーをはじめて聞いたのは、片岡さんのFM『きまぐれ飛行船』に
番組にいきなり1本のカセットと自己紹介の手紙が送られてきて、片岡さんが曲がかかっている時に
確認したら放送可能だったので、たしかスラッキーメドレーとモーニングデューをかけたんですね
その1年後にはパイナップルシュガーのメンバーがFMに出演され、ハワイのラジオ局出演の
話しなど興味深い話しをたくさんしてました。
例えば、ぼくらがライクーダーからギャビーを知ったのに対し山内さんらはギャビーから
ライクーダーを知って、たいへん好いているという話しだったり

もうちょっと気温があがり暖かくなると無性に
"Blue Hawaiian Moon Light"や"Yellow Roses"が聞きたくなるんですよね

107 :無名草子さん:05/03/09 01:55:50
>>102
そうそう、だからロンサムカウボーイじゃなくて
ロンサムカーボーイなのでした。


108 :無名草子さん:05/03/09 02:08:41
>>102
ウォーレン・オーツといえば"Two-Lane Black Top"じゃない
『10セントの意識革命』に紹介されてて、別冊宝島にものってたかな
12chの深夜映画劇場のテレビ欄を毎日かならずチェックして2年後くらいに
やった時は嬉しかった。いまでもビデオでとってあるはず。
残念なのは90分のものが65分くらいにカットされてたことだけど。
今じゃアメリカの走り屋のバイブルになったみたいけど。

109 :ital:05/03/09 04:20:19
>>108
"Two-Lane Black Top"(邦題は『断絶』ですね)を、
僕は10年くらい前に、六本木にあった映画館で観ました。
とにかくクールな、とてつもなくかっこいい映画で、
それ以来、僕の最も好きな映画のひとつになっています。

その映画が『10セントの意識革命』で紹介されていたことなんて、
すっかり忘れてしまっていて、まったく記憶になかったのですが、
片岡さんにお会いするときに、その映画のTシャツを着ていったら、
ニヤリとされたのは、いま思うとそのせいだったのかもしれないですね。

好きなものというのは、不思議とどこかでつながったりするんですね。
ライ・クーダーも、ギャビー・パヒヌイも、『断絶』も、
実は全然異なるルートから僕は知って、大好きになったのだけれど、
あとから片岡義男というキーワードで全部つながってしまったのは、
かなり不思議で、なおかつ楽しい体験でした。

110 :無名草子さん:05/03/15 18:00:31
ロンサムカーボーイを発売していたパイオニアが
短編小説を募集していたので応募したら、
参加賞で鈴木英人のカレンダーを送ってきた。
大賞の作品は「ヤング・ジャンプ」で漫画になった筈。


111 :無名草子さん:05/03/16 02:33:45
ロンサムカーボーイのポスターを
何処かのwebsiteで見た事あるんですけど(3年くらい前)
誰か御存知ないですか?


112 :無名草子さん:05/03/16 20:52:05
ttp://auction.woman.excite.co.jp/item/45088851

愛車のリヤガラスに貼ろう!

113 :無名草子さん:05/03/16 23:01:37
いっいらねーぇw

114 :無名草子さん:05/03/18 20:40:49
題名が思い出せない。
車で移動中,大雨に巻き込まれる話。
麦刈り?でおしりをやけどする話。

記憶違い・・・?そんな話無かったか・・・。
誰か教えてくらはい。

115 :無名草子さん:2005/03/24(木) 00:45:26
片岡義男が、「べき」という言葉の使い方について語った文章がどこかになかっただろうか・・・

今日、最新の先見日記を読んで、書かれている文章のかなりの部分に共感しつつ、
「整えてしかるべき」、「志のいきわたったものであるべき」という表現に少し引っかかったので。
自分は、「べき」という言葉には、主観と客観的真理の境界を曖昧にする要素があるような気がする。
自分は、その「べき」について語った片岡義男の文章を読んだような記憶があり、
それにかなり共感を覚えたので、以後、自分が語ろうとする内容が普遍的に通用すると信じる場合には、
「・・・でなければならない」とか「・・・である必要がある」と、また、語ろうとする内容が
多分に主観を伴っていると自覚する場合には、「・・・であると考える」とか「・・・と自分は思う」と
意識して言葉を用いるように努めてきた。反対に、「べき」を使わないようにも意識するようになった。
片岡義男は、どのような主張を表現するために「べき」を使ったのだろうか?
そうであってほしいという強い願望を表現するためなのかな、と、自分は想像している。

116 :無名草子さん:2005/03/28(月) 13:00:13
>>114
麦刈り?でおしりをやけどする話。

は『麦畑に放りだされて』(角川文庫「スターダストハイウェイ」収録)でしょう
久々に読んだけど、おかげで楽しめたよ、懐かしいっていうより旅にでたくなった。

車で移動中,大雨に巻き込まれる話。 ってのは確定するのむずかしいかも?
片岡さんの作品で雨が効果的に使われているのって多いんだよね
でも、「いい旅を、と誰もが言った」を久々に読み始めたんだけど
いまはまだ『ロードライダー』を読んでるんだけど
もしかしたら次の『アリゾナハイウェイ』かもよ
114さんも読み返してみたら?


117 :無名草子さん:2005/03/28(月) 13:42:29
>>116
感謝。
読み返したいが,本が実家にあるので,買おうかと・・・。

大雨に巻き込まれる話は,もしかして「車」での移動でなかったかも。いずれにしても,記憶があいまい。申し訳ない。

118 :無名草子さん:2005/04/04(月) 00:51:18
片岡義男もう一度読んでみたいです。
携帯で読める電子BOOKは無いのでしょうか
御存知の方宜しく御願い致します。

119 :無名草子さん:2005/04/04(月) 11:15:13
>118
ブックオフいったほうが早いよ

それはそうと、映画「スローなブギにしてくれ」を見た。映画とは相当テイストが違って
敏八映画になってたけど、これはこれでよし。おもしろかった。

一番片岡とは違う!と感じたのが、ラスト付近、店にスローなブギが流れ出すと岸辺
一徳らが体をゆすって聞きほれるところ。ここだけは苦笑した

120 :無名草子さん:2005/04/05(火) 02:11:47
119
あの映画は、原作が3つ位ミックスされているんだよね。
まったくとんでもない事をするものです。
ただある意味、本来の片岡色がすごく出ていたかも。80年代後半の洒落たカラーで
隠れてしまったが、本来の氏の持ち味はもう一つ、演歌調で泥臭い日本ぽさにも
あると、個人的には思っているので。
それにしても、あの映画での古尾谷雅人は本当にいいムード出してる。


121 :無名草子さん:2005/04/05(火) 23:49:43
春樹もいい味出してる

122 :無名草子さん:2005/04/06(水) 20:30:17
映画「汚れた英雄」のパンフレットで、角川春樹と片岡義男が対談している
内容はつまらないけどね・・
あと、伊武雅刀の役名がテディ片岡だった

123 :119:2005/04/07(木) 10:39:22
>120
あー、そう言われれば、何だっけ「ひどい雨が降ってきた」だっけ?あれの設定が混ざってた
ね。「演歌調で泥臭い」とは「味噌汁は朝のブルース」とか「バカが濡れちゃう」(だっけ?)あた
りのこと?なるほど、そうかも。

124 :120:2005/04/07(木) 22:54:40
そうですね。「ひどい雨が降ってきた」それと「俺を起こして、さよならと言った」
がタイトル以外からの引用のようです。

あと自分の言った「演歌調、泥臭い、日本的」というのは、初期の作品には沢山。
「貸し傘あります」「さしむかいラブソング」「ハートブレイクなんて、へっちゃら」等々。
「味噌汁は朝のブルース」とかもそうですね。「給料日」なんて傑作かな…。

125 :無名草子さん:2005/04/08(金) 16:21:33
うーん、「さしむかいラブソング」と「ハートブレイクなんて、へっちゃら」は泥臭いが、演歌調かな?
むしろ、「泥臭い」「日本的演歌調」「観念のみ」の3ジャンルの小説があるんじゃないだろか?

おれが好きなのは70年代的青春を描いた「泥臭い」系。当時、あまりかっこいい・美しいとは思われ
ていなかったものに注目する手法が好きだったな。

126 :125:2005/04/08(金) 16:49:15
ま、参考までに…

 敏男の手の甲に、あたたかい涙が落ち、流れた。
 唇を押し当てたまま、恵美は子供のようにこう言った。
 「いやになったら・・・捨てても・・・いいのよ」
 部屋のなかのみんなが聞いていた。
 恵美は、言葉にいっそう力をこめた。
 「ハートブレイクなんか・・・へっちゃらなんだから」


127 :125:2005/04/08(金) 16:51:46
 「サチオ」
やっと聞きとれる小さな声で、美紀が言った。
 「どうしちゃったの?」
唇の端で、ほんの小さく、幸雄は笑った。
 立って歩けるようにはなるだろうけど、体がどの程度までもとのようになるか、いまのところ
なんの保証もできないと、医師から言われている。根気でいこう。医師はそう言っていた。
 ベッドのわきの、折りたたみの椅子に、美紀はすわった。そして、
 「あたし、看病する」
と小さい声で言った。
 「俺は、病気じゃねえよ」
いつもの口調で、幸雄が言った。
 「ずっと、そばにいる」
美紀は幸雄の目をじっと見た。
 薬品のにおいに満ちた部屋に、外の自動車の音が、地鳴りのように聞こえた。
 しばらく、ふたりは、無言だった。
 「おい、ミキ」
と、幸雄が言った。
 「はい」
 「こういうのを、さしむかいと言うんだ」
 食い入るように幸雄を見ていた美紀の、血の気がひいてよけいに美しい顔が、まっ赤な唇から
頬そして目と、くしゃくしゃになった。
 唇が両端からひっぱられて「へ」の字にさがり、ぶるぶるとふるえた。頬が急激にべそをかき、
両目の下まぶたに涙が盛りあがった。
 涙は頬にあふれ、いっせいに流れ落ち、頬の途中から、そして唇や顎のさきから、つづけざま
に落ちた。いくつもの涙の滴が、美紀のひざに置いたエナメルのバッグに当たり、ぼたぼたと音
をたてた。


128 :無名草子さん:2005/04/08(金) 18:15:41
それって前スレでもやったけど。。。

129 :128:2005/04/08(金) 18:17:56
って、言っちゃったけど何度読んでもオイシイ所だね

130 :125:2005/04/08(金) 19:14:30
>128
…ごめん。これ、以前、おれが写した文なの。もったいないからもう一度使おうと思って…

131 :128:2005/04/08(金) 20:45:53
>125
いや、実はおれも好きなところだからちょっと嬉しかったりする 。。



132 :無名草子さん:2005/04/09(土) 23:05:24
おー、こんなスレあったんだ
かなり遅レスだが>83さんの書いてたタイトルは
「and I Love Her」ですね。
いまだに手元にありますよ。

133 :無名草子さん:2005/04/09(土) 23:06:34
おー、こんなスレあったんだ
かなり遅レスだが>83さんの書いてたタイトルは
「and I Love Her」ですね。
いまだに手元にありますよ。

134 :無名草子さん:2005/04/09(土) 23:09:05
…ダブってしまった。逝ってきます

135 :98:2005/04/10(日) 00:04:15
女性ライダーが北海道を東へ東へと走り、
最後に知床半島の先でバイクごと崖からダイブする、という短編があったと思う。
僕もバイクで羅臼の先の相泊まで行ってみたが、
道はそこで行き止まりになり、
熊の肉を出すラーメン屋がぽつんとある港だった。
ああ違う、”つくねんとたたづんでいた”だ。
やれやれと思い赤灯台の下で釣りをしたら、いっぱい釣れました。。。

136 :無名草子さん:2005/04/11(月) 01:13:29
「朝になったらタッチ・ミー」だね

137 :無名草子さん:2005/04/17(日) 18:06:22
age

138 :無名草子さん:2005/04/27(水) 15:32:03
いまの片岡義男は「おばさんのカリスマ」なんだよな。
それが良いのか、悪いのか、俺はわからんが。

139 :無名草子さん:2005/04/27(水) 17:16:09
おばさんのカリスマ?
どういうこと?

140 :無名草子さん:2005/05/02(月) 17:04:42
>>138

はげど。
それは言える。

141 :無名草子さん:2005/05/05(木) 14:27:00
むしろオジサンのカリスマじゃないの

142 :無名草子さん:2005/05/07(土) 21:40:39
>>141
君はまったく本屋に行かない人だね。
それか時間が20年ぐらい止まってしまっている人だ。

143 :無名草子さん:2005/05/08(日) 05:39:26
もうすこしやさしい言い方してやれよ

最近の本屋さん行ってみてください。実情わかると思います。

144 :無名草子さん:2005/05/11(水) 16:06:24
>>143
お前の書き方も随分と偉そうだと思うがw

145 :無名草子さん:2005/05/12(木) 10:32:10
まあまあ、このオレ様に免じて喧嘩はやめろや

146 :無名草子さん:2005/05/25(水) 00:04:14
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4344990099/tsunagari0622/250-8276555-1509863?dev-t=D3A0EVSPCPV0FK%26camp=2025%26link_code=sp1

147 :無名草子さん:2005/05/31(火) 21:56:39
>>146
なんかレビューがすごく少ないみたいだけど。
やっぱ売れてないのかな。

148 :無名草子さん:2005/05/31(火) 22:33:08
おばさんのカリスマって何で?
気になる
早く教えて

149 :無名草子さん:2005/06/04(土) 10:24:15
カリスマに思われても、片岡義男さん自身は、そんなつもりは毛頭ないだろう。。


150 :無名草子さん:2005/06/04(土) 11:00:30
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
http://web.hpt.jp/saitama/
ニュース速報板
名スレッド1000 過去ログ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

151 :148:2005/06/07(火) 23:21:47
結局誰も教えてくれないのか・・・・

152 :無名草子さん:2005/06/08(水) 19:11:30
>>151
大した意味などなく、なんとなく言ってみただけじゃないの

153 :無名草子さん:2005/06/12(日) 20:02:45
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4872575660/qid=1118573755/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/250-7414440-8813053

角川春樹が自叙伝「わが闘争」の中で、片岡義男は自分が作家にしてやったとか
言ってた。訳書「エルビス」のあとがきでのセンスのよい軽い文体に惹かれたの
だとか。。
この人が言うとなんか納得してしまうくらい狂人的なオーラがあるな。



154 :無名草子さん:2005/06/12(日) 20:09:24
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434000322/httpwwwgecco-8-22/ref%3Dnosim/250-7414440-8813053

片岡さん、本人はこう申しております

155 :無名草子さん:2005/06/14(火) 10:23:21
>>153
片岡さんのFM『気まぐれ飛行船』にゲストで角川春樹と誰だったかが来た時に
片岡さんはいつも通りクールに対応してたけどね、全く対等に。
いわゆる我々でいうところの「お世話になってます」の関係ではないのは間違い無い。
角川春樹が強力にすすめて、『白い波の荒野に』を野性時代の創刊号にのせその後
成功したんだから、その文脈でなら「自分が作家にしてやった」というのはかまわない。
でも片岡さんは角川春樹にそそのかされなくても、絶対作家になっていたね、周りが放っとかないよ
宝島の編集長を続けていたらどうなっていたんだろう、そっちのほうがおもしろかったかもよ


156 :153:2005/06/15(水) 00:52:30
>宝島の編集長を続けていたらどうなっていたんだろう、
>そっちのほうがおもしろかったかもよ

うん、うん、雑誌の編集をしていたら面白かったと思うよ!
「ポパイの時代」という本の中にも片岡さんが雑誌の編集者としていかに
秀でていたか、ちょっとだけだけど書かれていて面白かった
実は「宝島」も「ワンダーランド」も読んだことがないので古本で探してみようかな
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4872336933/250-7414440-8813053

157 :153:2005/06/25(土) 08:56:12
http://www.coyoteclub.net/catalog/006/index.html#
COYOTE に掲載された「彼女と別れて銭湯のあと餃子」、なかなか面白かった 

http://webfreestyle.com/
あと、こないだ創刊された「フリースタイル」での音楽対談は、無邪気な感じでいいね



158 :無名草子さん:2005/06/30(木) 10:24:58

深夜家に帰り、寝ついだ家族を起こさない様に
台所のテーブルにすわって醒めたみそ汁を飲む。
それがナスとミョウガの冷え汁だと最高に旨い、

みたいなこといってた片岡さんって、
わしはひそかに好きなんだな。
出典は忘れたけど、エッセイかFMだったけか

159 :無名草子さん:2005/07/08(金) 00:57:59
江戸時代の頃は、垣根があって、木に実がなると
内側は家の人が食べて、外側の道路側はそのままにして
旅人がもいで食べるようにしてたんだって。そんで
家の人の手が届かない高い所も取らないで、鳥に食べてもらう為に
そのままにするんだって。

30年くらい前に片岡さんがFMでいってた。今の俺より遥かに若い筈なのに
いろんな事しってたなあ。

160 :無名草子さん:2005/07/09(土) 00:10:44
>159

いろんな事を知っていたのは、雑学好きな植草甚一さんの影響もあるのかな

161 :無名草子さん:2005/07/13(水) 22:58:52
ひとりでありたい、とまず思う。独身ですか、と人は言うだろう。
結婚しないとかじつは別れたとか、そういったことではなく、かと
いって天涯孤独のようなことでもなく、なんの意味づけもなしに、
どこの誰ともつながることのない、純粋なひとりだ。毎日がひとり。
それがまず第一の基準だ。ひとりである以外にどんなありかたがあ
るのか、というような意味におけるひとりだ。



と、いうような事を以前に「先見日記」で語っていたのだけれど
読者のなかには、群れを成したがる輩もいたりする
自分達に都合のよい「片岡」を幻想のように創造して崇拝するのは、
違和感を感じる

162 :無名草子さん:2005/07/14(木) 10:34:48
それを片岡スレまで来てわざわざ言いたいわけだ、あなたは

163 :ital:2005/07/14(木) 17:23:51
>>161
“自分達に都合のよい「片岡」を幻想のように創造して崇拝する群れ”

が、どこかに存在するわけですね。
それは、ぜひ会ってみたいなあ。

164 :無名草子さん:2005/07/14(木) 20:06:50
>>161 のは
先見日誌の『理想的なありかた』の第2パラグラフからの引用だね
『理想的なありかた』の全文を読む限り、『理想的なありかた』での"ひとり"と
現実の"ひとり"とは明らかにちがいますよね、それに対する群れも違う事になります。
自分に都合のよい「片岡」を創造しているのは、161さんになります。

片岡さんと読者の関係をいうなら、『エンドマークから始まる』『私の風がそこに吹く』
(角川文庫)の”あとがき”を何度も読んでください。
そして、片岡さんの短編を楽しんでください。結局これだけどね。

165 :無名草子さん:2005/07/15(金) 00:40:19
“自分達に都合のよい「片岡」を幻想のように創造して崇拝する群れ”

ブログのコメントやトラックバックを見て連絡すればいくらでも逢えるだろう。
もしくは鏡をみればいい。

166 :ital:2005/07/15(金) 04:11:25
>>165
なるほど・・・と言いたいのですが、
残念ながら僕には、幻想のように創造して崇拝する力も、
群れるために必要な協調性もないようです。

>>161
僕は、161さんに反対しているわけではなくて、
僕個人も「群れたい」と思ったことはないし、
たとえ「片岡義男」ではなくとも、
誰かを幻想のように創造して崇拝するなんてまっぴらです。

僕が引っかかったのは、
ここの掲示板における匿名の投稿も、
「群れ」と言えば「群れ」と見なされる訳なので、
そのようなことを、なぜに匿名で書くのだろう?
それこそ「群れ」のなかに埋没してしまうんじゃないのかなあ、
などと思ったりするわけです。

あと、“自分に都合のよい「片岡」を幻想のように創造して崇拝”
していないのなら、いったいどうしているのか、も気になるわけです。
気になると言うよりも、それはぜひとも伺ってみたい。
なぜなら、幻想のように創造して崇拝する人たちの意見より、
そちらのほうが、はるかに重要だと思うからです。

167 :無名草子さん:2005/07/15(金) 22:24:15
青臭い議論はここまで

168 :ital:2005/07/16(土) 13:28:02
>>167
なぜ?

169 :無名草子さん:2005/07/16(土) 20:58:49
どうせ過疎スレだから書きたければ書けば良いとも思うが
コテハンの勘違いレスも勘弁して欲しいよね。
新しい展開かと思って覗いてこのコテの書き込みだったときのショックは大きい。

170 :無名草子さん:2005/07/16(土) 23:47:03
青臭いときましたか・・・・

片岡義男の文章は、小説や短編であれば、
登場人物のそれぞれの輪郭をかっちりと定め、
それぞれが設定された状況の中で自らの責任をしっかりと負う形で
互いに関わり、その結果としてどのような進展・発展につながっていくかという
設定と、その具体的な小説手法の洗練のされ方が醍醐味であるし、
エッセイや論説であれば、片岡義男がこれまでに収集した事実を基に、
それらを組み合わせ、忠実に写実した後にその奥で語られる考察の鋭さが醍醐味である、
と自分は思っている。

そのような文章を読むときには、読み手の側にもそれなりの主体性・自立性の確保が要求されるし、
それがなければ、読み手は片岡義男の世界に「自分自身」というフィルターを何も介することなく、
盲目に受け入れ、体よく片岡義男の世界に絡め取られてしまうだろう。
多分、自分が思うには、片岡義男を都合よく「幻想」し、「崇拝」して、「群れを成す」のは、
片岡義男の描き出す世界を盲目的に受け入れて絡め取られた人たちのことかと思う。
片岡義男の書く文章は、それを読んでどのような所感を持つかによって、
片岡義男を主体的に「読んで」いるのか、あるいは、片岡義男を盲目的に「読まされて」いるのか、
はっきりとわかってしまう怖さがあると思う。

自分の想像だけど、コテハン氏は、そのあたりを議論にしたかったのではないだろうか。

171 :ital:2005/07/17(日) 04:18:39
>>170
片岡義男氏の文章の分析には、たいへん感銘を受けました。
僕も、だいたいそんな感じで読んでいますが、
それにもう少し、僕が面白いなあ、と思っていることを付け加えると、
それは、「物語の純粋さと自由さ」になるでしょうか。

一般的な小説には、登場人物や背景の設定が、
大きく物語の推進力となるものが多いように見受けられるのですが、
片岡氏のそれは、推進力であるのはもちろんのこととして、
それが物語のために、どれだけ制約を取り除けるか、
ということのほうに大きく作用している、と思うのです。
そうしたのちに、彼(女)たちは、あらゆる制約から開放され、
自由を獲得し、行動を開始する。
そして、そこに、物語が生まれていく。
このあたりが、170さんが言うところの、
「洗練された小説手法」であるとも思うのですが、
アイディアと想像力の産物としての物語が、
どれだけ純粋に、あるいは、どれだけ自由に作られるのか。
僕が読んでいて気持がいいところは、そういうところにもあります。

「都合よく幻想し、崇拝して、群れを成す」って、
要するに、誰かをアイドル化しちゃうってことなんでしょうね。
そういうふうにして考えてみると、
かたちは違えど、ちゃんと「自分自身」というフィルターはあって、
「盲目的に受け入れて絡め取られた」と言うよりは、
「意識的に自ら盲目になった」としたほうが正確かな、と思ったりします。

172 :無名草子さん:2005/07/17(日) 04:48:24
こんなスレがあるのをはじめて知ってへーと思ったが
今更そんなことを語っていることにもっとびっくりした。まるで80年代だ。

173 :無名草子さん:2005/07/17(日) 08:10:01

>ital さん
>そうしたのちに、彼(女)たちは、あらゆる制約から開放され、
>自由を獲得し、行動を開始する。

自分も含めてそこに作品の魅力を感じる人は多いみたいですね

>172
>まるで80年代

素敵じゃありませんか!楽しみましょう 

174 :無名草子さん:2005/07/23(土) 13:50:40
皆さんって片岡作品読む時そんな事考えてんのかなあ?
オレは読んで楽しいか、楽しく無いかだけ、つまらなければそれっきり。
でも『ぼくはプレスリー...』から『物のかたち...』までつまらなかった事は一度もない。
読んで楽しいだけでなく、共感、共鳴したり、
それに必ず何かにひっかかんだよね、会話の一言だったり、あとがきだったり、
何となく謎めいていたり、次作を期待させられたり、などなど
だから次も買って、読んじゃう。ハッハッハッ。

ところで朝日新聞の7/17亀和田武さんはマガジンウオッチで片岡さんの文章を
「感傷を排したクールなタッチで自分の過去を語る」とあるが
これだよこれ、
「感傷を排したクールなタッチ」で書かれたものって2ちゃんとかにあります?
無いよね。



175 :無名草子さん:2005/07/23(土) 21:29:07
あんたは2ちゃん全板の全スレッド、全レスを読んだうえで
そんなこと書いてるのか?
愚か過ぎる。

2ちゃんはその人間のレベルにあったものしか見つからないようにできている。
2ちゃんがつまらないならあんたがつまらない人間ということだ>>174

176 :無名草子さん:2005/07/24(日) 01:40:29
174が何を言いたいのか、イマイチよくわからんけど、
朝日新聞の記事はこれでしょ
ttp://book.asahi.com/watch/TKY200507210148.html

>片岡義男のクールさに改めておどろく。

で締めくくっているけど、”改めて”に妙に感動してしまった
「感傷を排したクールなタッチ」については1981年4月15日発行の
BRUTUS(片岡義男と一緒に作ったブルータス)でも
「片岡義男のテクノロジカル・ランドスケイプ」
というタイトルで懇切丁寧に語っているから、これを起点にすると約四半世紀ぶりに
”改めて”おどろくことが出来るのは、亀和田氏にとっても片岡氏にとっても
幸せなことなんじゃないかな



177 :ital:2005/07/24(日) 04:19:47
ただの言葉の定義の問題と言えばそれまでなんですが、
亀和田氏の言う「クールさ」が、「冷静な洞察と分析」のことではなく、
「喜怒哀楽の感情を表に出さない」という意味で使われているのに、
僕は、改めて驚きました。
いや、それとも「懐かしい評し方」と言うべきでしょうか。
そうなると、必然的に「ホットさ」は、
「自分の意見や考えを主張する」ことではなくて、
「感情的に、あるいは感傷的に話す」ことになるのかな。

「乾いた文体」や「感傷を排したクールなタッチ」は、
たしかに、あまり他に例を見ない片岡義男の文章の特徴のひとつなのですが、
件の、雑誌『フリースタイル』掲載のエッセイ「LPの山脈、CDの平野」でも、
同誌に掲載されている小西康陽氏との対談と同様に、
僕には、音楽に対するホットな思いが伝わってくるものだったので、
「これを読んで「クール」だけかい!」
などと、思わず突っ込みを入れたくなったのでした。

178 :無名草子さん:2005/07/24(日) 08:02:30
>italさん
>「これを読んで「クール」だけかい!」
>などと、思わず突っ込みを入れたくなったのでした。

フリースタイルの対談とエッセイでは、たしかにホットな思いが感じられました
なので「クール」だけ、と言うより「クール」だと感じる人がいること自体が
とても新鮮でした 

どうして「乾いた文体」や「感傷を排したクールなタッチ」が生まれたのか
知っている人がいたら教えて欲しいです 個人的に興味あります 



179 :無名草子さん:2005/07/26(火) 11:51:21
>178
どうして「乾いた文体」や「感傷を排したクールなタッチ」が生まれたのか

当然あくまで推測だが
1.アメリカ語で思考している
2.『悲観』のなかで考える
3.最終的には片岡義男自身がかかえている個人的な気質に起因する

詳しく書こうと思ったがまた今度にしよう
何故そう思ったかの参考文献は
「ロンサムカウボーイ」(晶文社)の付録のブックレット
「独特對談」
「脱出経路としてのデビュー作」
「先見日誌」など

180 :178:2005/07/26(火) 19:53:42
>179
ありがとう!
個人的にこうなんじゃないかなっていう憶測はあるのだけれど
狭い視野で独りよがりになりたくないので、いろんな人の意見が
訊きたかったんです

気が向いたら、もっと詳しく書いてください
他の意見もあったらゼヒ教えてください


181 :無名草子さん:2005/08/03(水) 15:53:44
「おまえはいい女だ」
「ありがとう」
「気だてもいいし、気持ちもしっかりとしている」
「だから、今言っても大丈夫だと思う」
「なにかしら」
「別れよう」
「離婚?」
「そう、離婚」


「だからもう、何度も言ったろう  ひとりでさまようんだ」
「どこを?」
「日本中、あっちこっち オートバイで」
「さまよって、なにをするの?」
「なにもしない さまようだけだ」


「健介さん、どっちへいくの」
「むこう」
「高速道路?」
「湾岸道路」
「今日はどこまで?」
「わからない」
「気をつけて」

小学生の時に観た「湾岸道路」のセリフをおっさんになった今、自分が言うことになるとは(まんまじゃないけど)
俺は単純に嫉妬に耐えられなかっただけなんだけどね・・・orz

182 :無名草子さん:2005/08/03(水) 16:30:58
want you〜 おまえ〜が好きさ〜♪

183 :無名草子さん:2005/08/05(金) 20:31:20
 テディ片岡時代の文章はまったく残っていないの?

184 :無名草子さん:2005/08/06(土) 01:03:27
古本屋か、図書館などで探してみてね

185 :無名草子さん:2005/08/08(月) 20:12:11
ビールをくれ

186 :無名草子さん:2005/08/08(月) 22:04:24
いらっしゃい

ビールの銘柄はなんにしますか

187 :無名草子さん:2005/08/09(火) 09:57:44
シュリッツァ。冷えすぎないように

188 :無名草子さん:2005/08/09(火) 15:25:56
ハートカクテル

189 :無名草子さん:2005/08/09(火) 20:10:12
わたせせいぞうのイラストが表紙の赤い背表紙もあるらしいね
欲しいなあ。。。さがそ!

190 :無名草子さん:2005/08/10(水) 13:15:11
ドライな表現が多いけど実は嫉妬深い男の話ばかりな希ガス

191 :無名草子さん:2005/08/11(木) 19:34:32
情緒一掃! そこがいいんだよ。。

192 :無名草子さん:2005/08/11(木) 21:20:16
コーヒーもう一杯

193 :無名草子さん:2005/08/12(金) 22:01:07
アイスクリームをナメてはいけない

194 :無名草子さん:2005/08/14(日) 01:14:44
チョッパー乗りの彼は、どこであのアイスクリームを買ったのだろう?

195 :無名草子さん:2005/08/15(月) 22:45:57
工房で「生き方を楽しむ」を読み
数年後「ターザンが教えてくれた」を読んだ

心地よい本でした

196 :無名草子さん:2005/08/16(火) 19:58:18
ごはんちょうだい

197 :無名草子さん:2005/08/17(水) 08:00:07
いっしょにスパムはどうだい?

198 :無名草子さん:2005/08/17(水) 12:35:59
>>178
> どうして「乾いた文体」や「感傷を排したクールなタッチ」が生まれたのか

というより、どうして片岡義男の文章をそういう風に感じる人がいるのか、
また、どうして片岡義男は「乾いた文体」や「感傷を排したクールなタッチ」を
目指そうとしたのか(明らかにそういうものを目指しているように見受けられる)
を考える方が創造的だし真実に近づけると思うよ。
片岡義男の文章や考え方を、非常にナルシスト的で、非常のロマンチストで
独りよがりで、非常にベタベタしてると感じる人も多いだろう。
(だから80年代以降まったく売れなくなったとも言えるだろう)


199 :無名草子さん:2005/08/18(木) 00:24:24
僕のジーンズはいつも、517だから。でも今はフィリピン製なんだよな(*_*)

200 :無名草子さん:2005/08/18(木) 00:50:15
>>196

ご飯と一緒にスパムもどうだい?

201 :無名草子さん:2005/08/18(木) 06:27:54
200さん 指輪のおまけなら良いですよ ごはんには、レトルトカレーかな

202 :200:2005/08/18(木) 10:21:37
カレーはオートバイで温めますか?

203 :178:2005/08/18(木) 10:23:37
>>198

参考になりました  ありがとう

204 :無名草子さん:2005/08/18(木) 10:28:18
>>201
「心をこめてカボチャ畑にすわる」だね♪

たしか、今発売されているFree&Easyでもサンドイッチのことを書いていたね

食べ物ネタは好きだなあ

205 :無名草子さん:2005/08/18(木) 15:42:58
ドクター・ペパー探してよく飲んだな。名古屋だとほとんど買えなかった。今はドンキとかあるから助かるけど。

206 :無名草子さん:2005/08/19(金) 00:38:35
俺のハートがNOと言う

207 :無名草子さん:2005/08/20(土) 01:18:22
ぼくならケチャップはハインツ

208 :無名草子さん:2005/08/20(土) 21:44:35
デルモンテでは?いろいろ影響受けて真似したな。でも最近読み直してるけど、面白いよ。バイクにまたがりたくなる初期の作品が好きだ。

209 :無名草子さん:2005/08/20(土) 23:23:06
>>208
いや、ハインツが正解。しかも瓶詰めのやつ。アメリカ人の多くはこの瓶詰めの
ケチャップを味わうために、ホットドックを喰うというはなしだ。

210 :無名草子さん:2005/08/21(日) 15:07:36
>>209
>アメリカ人の多くはこの瓶詰めの
>ケチャップを味わうために、ホットドックを喰うというはなしだ。

こういうこと鵜呑みにしちゃう人って、ときどきいるのかねぇ・・・

211 :無名草子さん:2005/08/21(日) 19:18:23
↑当時はそう思うよね 自分も「ロンサム・カウボーイ」を実話だと思ってました。

212 :無名草子さん:2005/08/21(日) 19:38:26
>>206
懐かしい!!初版本がウチにあります。
昭和56年8月20日だって〜!
定価380円、帯まで付いてるよ。
帯の裏は、「最後の横溝映画『悪霊島』10月上旬より全国一斉ロードショー公開!」だって。

213 :無名草子さん:2005/08/21(日) 21:26:48
↑探してるけど、ブックオフにもないんだよね

214 :無名草子さん:2005/08/21(日) 21:30:20
>>210
本読んでからにしてくれない?反応が浅いです。

215 :無名草子さん:2005/08/23(火) 01:06:39
今パスタをオリーブオイルとタバスコで食べてみた

216 :無名草子さん:2005/08/23(火) 01:49:03
皆さん、体壊す前に、ジャンクフードの常食はやめとこうね。

>>215
ペペロンチーニに粉チーズをまんべんなくかけ、
さらにタバスコを、その粉チーズの覆いの上に1/2瓶ほどかけ、
軽く混ぜ合わせてフォークに絡め、パクッと一口いってから
ビールをグッと流し込む。
あとはペペをパクッ、ビールをグッの繰り返し。
旨いから一度お試しあれ。常食と多食は控えたほうが吉。

>>210-211
ホットドックは試したことがないですが、
自分は、フライドポテトをハインツのケチャップでベッシャベシャにして
モシャモシャ食うのがたまらなく好きだったときがあります。
これも、常食と多食は控えたほうが吉ですな。

217 :無名草子さん:2005/08/23(火) 12:55:15
↑ありがとう(^-^)

218 :無名草子さん:2005/08/23(火) 13:02:20
飛びなさい、と星が言う だっけか・・こんな風なタイトルの
短編小説が少女向月刊誌に載っててすごい好きだったんですけど
この話、文庫に入ってますか?10年くらい前に探したけど
見つからなかった。確か雑誌掲載は1979年前後。

219 :無名草子さん:2005/08/23(火) 15:34:52
タイトルは聞いた事あるよ。話かわるけどコバルト文庫の作品また読みたいな。ブックオフにはまったくないしね

220 :無名草子さん:2005/08/23(火) 20:42:36
スローなブギにしてくれ
ハードカバーで帯付きを100円でゲット(すごく嬉しい)

221 :無名草子さん:2005/08/23(火) 21:45:48
↑羨ましいな(^-^)

222 :無名草子さん:2005/08/24(水) 12:41:28
『テディ片岡ゴールデン・デラックス』という本もってるよ。
カッパブックスのサイズのギャグ本。内容は今じゃとても通用しないけど。

223 :無名草子さん:2005/08/24(水) 20:47:04
↑え〜、もっているんですか!!!うらやましい! なかなかないんだよなあ。。

224 :無名草子さん:2005/08/26(金) 15:39:04
探してもなかった あるのは角川文庫だけ

225 :無名草子さん:2005/08/28(日) 02:02:05
人魚はクールにグッバイ

226 :無名草子さん:2005/08/29(月) 16:00:05
↑トライアンフのTR7出てたよね

227 :無名草子さん:2005/09/01(木) 03:12:39
白いカゥボーイブーツ格好いいよね。買おうかな(^-^)

228 :無名草子さん:2005/09/01(木) 22:11:56
>>218
飛びなさい、と星が言う だっけか・・こんな風なタイトルの
は『トウキョウベイブルース』(集英社のコバルトシリーズ)に収録されてます
正確には「翔びなさい、と星が言う」だけどね
探す時の目印は角川文庫で赤表紙じゃなくて
少女向けのところで茶色の背表紙かな。ときどきみかけますよ
がんばって探して下さい

229 :無名草子さん:2005/09/06(火) 01:22:18
218
「翔びなさい、と星が言う」渋いのご存知ですね、私も持っています。
今となっては昔の作品ですが、読んだのはかなり後でした。
にもかかわらず、あまりの展開に慄然でした。
あの時代に、あの作風・展開。やはり突き抜けた感性です。

230 :無名草子さん:2005/09/13(火) 20:43:14
教えて下さい。短篇で、熟した柿の色のタンクのオートバイが出てきてラストに海で彼女に貰ったコーヒー豆でコーヒーを煎れるって言う作品があったと思うのですが、ご存じの方いらっしゃいますか?

231 :無名草子さん:2005/09/13(火) 20:44:49
タイーホ祭り!記念にカキコしよう!

http://sports9.2ch.net/test/read.cgi/wres/1126003899/82


232 :218:2005/09/14(水) 11:40:07
>228
どうもありがとうございます。文庫化してたなんて嬉しい・・
当時も一生懸命探したんですけど、
個人経営の書店しかないような町だったので、置いていなかったのでしょうね
コバルト文庫ですね
がんばって探します!絶対にもう一度読みたいから・・・

>229
>あの時代に、あの作風・展開。やはり突き抜けた感性です。
本当、そう思います。



233 :無名草子さん:2005/09/14(水) 19:42:21
みんな、COYOTE 読んだかい♪

234 :無名草子さん:2005/09/19(月) 22:42:47
『テディ片岡ゴールデンデラックス』の著者紹介には
「アメリカ・インディアン、シャイアン族の1/8混血」と書いてあった。


235 :229:2005/09/23(金) 03:26:07
218さん、

氏の作品には、時々あ然とするほどの鮮やかな急展開や、人の死を描くものが
ありますよね...。好きではなくとも、やはり印象深い部分もあります。
私は(個人的にベスト1でもあるんですが)『どしゃ降りのラストシーン』(ボビーに
首ったけ に収録)が、これほどスリリングで鮮やかで、哀しいストーリーは他にないと
感じている作品です。ティーンエイジャーを主人公にした本当に素晴らしい作品です。
ご存知でしょうか。

236 :無名草子さん:2005/09/26(月) 20:10:14

退屈じゃないのは、オートバイだけなんだ!

237 :無名草子さん:2005/09/27(火) 03:34:00
400+400

238 :マックイーン:2005/09/30(金) 02:15:15
私は結局、片岡さんのエッセイ集がいいなあ。かっこいい。楽しい。読みやすい。気持ちいい。おいしい。すてき。です。簡単にいうと。
 ちょっと例えを書きます。わたしは村上春樹が好きですが、どこがよいか?片岡さんの著作と全く同じ理由からです。
村上春樹も、楽しい、読みやすい、気持ちいい、すてき、です。非常にシンプルです。
 両者の描く主人公のキーワードは、インターナショナル。頭がよい。かっこいい。センスいい。おいしい。異性から勝手に近づいてくる。金が勝手にやってくる。自由人。隠居生活。
もちろん、知性にあふれていますが、中心となるものは、インテリア、ビジュアル、デザインです。もちろん、政治、人生、家族、死を描きはしますが、
これはあくまでも飾りです。だから良いのです。気持ちいいのです。

239 :無名草子さん:2005/10/01(土) 14:05:38
ブックオフの100円の文庫コーナーの、「か」の棚にずらっと並んだ赤い背表紙の中から
適当に一冊抜き出し手に取ってみるが、この短編集は以前にも読んだ気がする。
止めようかなぁとも思いつつ目次に目を通すと、そこに収録されている短編を読んだ記憶がない。
もしかして忘れてるだけかも、という不安を、100円だからいいじゃないか、と打ち消しレジへ。

帰宅後、帰り道のスーパーで買った菓子を食いながらさっそく読み始める。
最初の一編を読了。これは読んだ記憶がない、やっぱり読んだことないな、と思いつつ二編目へ。
ところが、途中まで読んで、以前読んだことがあるシュチュエーションに出くわす。
以後、読んだんじゃないだろうか、読むのやめようかなぁ、などと疑心暗鬼になりながらも、
読んだというはっきりとした記憶もなく、もう少し読んでみることにする。
なんだかんだで最後まで読んでしまい、文庫本の棚に入れる時になって
今日買った短編集と同じものがすでに棚に納まってることに気づく。
なんだ、やっぱり読んでたのかよ・・・・orz

こんなことってない?

240 :マックイーン:2005/10/02(日) 00:11:44
あります。もちろん。3回から4回。

241 :無名草子さん:2005/10/02(日) 08:52:32
自分の場合は、違う作品に同じようなシチュエーションがあって、
以前に読んだような・・と、感じるときがありました

それはそれで楽しめますけどね。。

242 :無名草子さん:2005/10/05(水) 18:23:30
(波乗りの島)がうちの近所のブックオフに在りません。

243 :無名草子さん:2005/10/05(水) 22:38:44
>>234
片岡名義になってからは日系三世と称していたよね。

244 :ひ○しです:2005/10/06(木) 02:53:56
>>242
・・・うちの近所にはブクオフすらないとです

245 :無名草子さん:2005/10/06(木) 10:09:43
アメリカ・インディアン、シャイアン族の1/8混血で、
日系三世ってわけか

246 :246:2005/10/06(木) 11:17:30
もしも、片岡義男のストリーにわたせせいぞうの挿絵が入ったら、、
ベタになっちゃいますか、と書いてみるテスト。。

247 :無名草子さん:2005/10/06(木) 17:17:25
>>246
そんなこと書いてなんかうれしいわけ?

248 :無名草子さん:2005/10/06(木) 19:04:35
鈴木英人氏とのコラボがあった気がするが,題名が思い出せない。

249 :無名草子さん:2005/10/06(木) 19:57:36
「一日中空を見ていた」大人になったらこんな事があるの〜?って夢見てました。
 夢でしたね・・・

250 :無名草子さん:2005/10/06(木) 23:15:53
「片岡義男風に書き込むスレ」があれば、
楽しめるかな?

251 :無名草子さん:2005/10/07(金) 11:46:25
わたせせいぞうが片岡義男の劣化エピゴーネンだということが分からんのか

252 :246:2005/10/07(金) 14:19:59
>>253
いや、オレもそれを指摘したかっただけ。他に他意なし。
ところで他にも劣化エピゴーネンはいるかい?


253 :無名草子さん:2005/10/07(金) 14:29:14
『アメリカ・インディアン、シャイアン族の1/8混血』なんてわけないでしょ
テディ本は全部冗談なんだから
いまだに30年前の本にひっかかっているひとがいる事に驚きます。


254 :無名草子さん:2005/10/07(金) 16:28:23
親か祖父母が日系移民だったというだけ?
それも嘘?

255 :無名草子さん:2005/10/07(金) 19:32:10
>>252

片岡義男の劣化エビゴーネン?
斉藤純や山田深夜、素樹文生など
山川健一や村上春樹も言えなくもないけど。。

香咲弥須子たんは好きだから、入れないでおくw



256 :無名草子さん:2005/10/07(金) 20:46:16
>>256
むかし片岡さんに興味がある時に調べたことがあるけど、
子ども時代は府中か国立にすんでいたらしい。
甲州街道/20号を自転車に乗って新宿まで出てくるのが
冒険だった、というエッセイを読んだことがある。
そのあとは父親の転勤で岩国か米子のほうにいったとか。
お父さんは防衛庁かなんかの関係者だという話も、、

『坊やはこうして作家になる』はまだ読んでいないけど、
あの本にはもっといろいろ書いてあるのかな、、


257 :無名草子さん:2005/10/07(金) 23:15:42
ブローティガンのことだって
『一冊ずつしか買わないことに決めてる』って書いてたり、
『ブックストアにあるだけ全部買ってきた』って書いたりしてるよね

258 :無名草子さん:2005/10/07(金) 23:58:37
こんなスレがあったのか

この人の作品は・・・
小説は「所詮は人事」
エッセイは「冗長なわりに主張がスカ」
まあ
「交差点をぐるりと回ったら結局元の位置に戻った」
とも言うべき内容か
典型的な虚飾ですな

259 :無名草子さん:2005/10/08(土) 02:17:13
>>258

言ってることが浅いなあ・・

260 :無名草子さん:2005/10/08(土) 02:28:54
片岡の書く内容は
もっと浅いわけだが

261 :無名草子さん:2005/10/08(土) 02:47:19
>>260

そこがいい味なんだって

262 :無名草子さん:2005/10/08(土) 03:42:44
>>261 とびきり深い話してくれや、できるよな?



263 :無名草子さん:2005/10/08(土) 06:31:23
>>255
海老五年てなぁに(・∀・)?

264 :無名草子さん:2005/10/08(土) 08:53:10
>>262

http://www4.plala.or.jp/k-k/komoku043.html

265 :無名草子さん:2005/10/09(日) 02:32:02
片岡さんの言うことって、けっこうWASP入ってるけどな。
アメリカインディアンの血が1/8混じっているというのは、
一か八かの時ぐらいしかウソつかない、という冗句じゃない?

みなさんは三条美穂っていう女性、知ってるよね?

266 :無名草子さん:2005/10/09(日) 18:08:11
>>265
随分いかつい女だな(W

267 :無名草子さん:2005/10/10(月) 21:47:15
学生時代のペンネームだろ。
テディにしろ正体を隠す傾向があるよな。
写真にもめったに顔出さないし、、なぜ?

268 :無名草子さん:2005/10/11(火) 13:50:43
数年前、本人を見かけたことあるが、漠然と抱いていた「大柄な人」
というイメージに反してチビだったのに驚いた。あれじゃあアメリカ
では暮らしにくいだろうな。それゆえの脳内アメリカ幻想か、と……。
村上春樹とちがって顔はいいんだけどね。

269 :無名草子さん:2005/10/12(水) 00:04:33
片岡さんのどこが浅いんだろう?
確かに文章は分かりやすい言葉で書かれているけど
それと内容が浅い、深いとは違う。

わかんない人には、わからないんだよな
という言葉を捧げる

270 :無名草子さん:2005/10/12(水) 00:35:07
『日本語の外へ』を嫁
…と勧めてみる

読後の虚しさよ

271 :無名草子さん:2005/10/12(水) 05:22:07
http://www.coyoteclub.net/

272 :無名草子さん:2005/10/12(水) 10:46:22
>>270 
背の低さは知っているヒトの間では有名な話らしいね。
知り合いの女編集も同じことを言っていたが、そのために
ワークブーツがやけに大きく見えた、と言っていた。


273 :無名草子さん:2005/10/12(水) 11:38:48
オティンティンは大きいらしい。
昔、田中小実昌がどこかで書いていた。

274 :無名草子さん:2005/10/12(水) 13:57:20
>>270
『日本語の外へ』
一見正論風で純粋君はこれに洗脳されるだろうな、と思った。

片岡氏にとってアメリカ&英語は自分を守ってくれる「幻想の父親」
だったんだろうね。

275 :無名草子さん:2005/10/12(水) 19:50:08
必死な人がいるねえ

276 :無名草子さん:2005/10/12(水) 21:35:38
イタい人が多いねえ。。。


277 :マックイーン:2005/10/12(水) 21:46:52
わたしも本人を見かけたことがあります。ちいさいひとですね。
それはそうと、彼のエッセイで好きな話。白眉。
1、 ほんの短い夜間飛行を終えて、実際にさっきまで飛行機から観た下界の光のなかに
自分が溶け込んだ時に思い返す、機中の人であった自分のせつなさ、心の襞。
2、 日本からはるかかなた、南の絶海の孤島におりたったのち、島の近代的な
空調のきいたホテルの一室でグラスウオーターを飲みながら、現代の科学技術の粋を集めた
航空機という輸送機関やそれを含めた近代的なシステムがなければ、
とてもではないが自分の能力だけでは、再び日本に戻ることができないなあと、感慨にふける。
3、 また、南の絶海の孤島でサーフボードにまたがり海に出ている時に想像する、今自分がいる場所
が圧倒的に深い海底から聳え立つ海底山脈の頂点にへばり付いているという、巨大で圧倒的な海を含
めた立体的な島の存在と自分の存在の描写。
 うーんとうなってしまう。というか、その描写を読み、快感にひたる。
ひとつのちいさな、切り取られた、音楽のよう。
 

278 :無名草子さん:2005/10/12(水) 23:55:04
>>273
ホントに田中小実昌が片岡のチンポがでかいって書いてたのかよw
うそ臭いぞww

279 :無名草子さん:2005/10/13(木) 00:11:59
>>270
『日本語の外へ』
読後の虚しさよ
>>274
一見正論風で純粋君はこれに洗脳されるだろうな、と思った。

君たちちゃんと全部読んだのかよ、『日本語の外へ』 を。ほんとかよ?
最近、読み直したけどこんなに面白い本なかなかないね
夢中で読んだよ。

日本語で生きてきて、こんなに偏ってしました、見本ですかな

280 :無名草子さん:2005/10/13(木) 00:56:41
>>278
なんでウソ臭い?
雑文の中で冗談めかして書いていたよ。何十年も前の話。
彼が実際に片岡氏のモノを見たかどうかは知らないけど。

281 :無名草子さん:2005/10/13(木) 03:19:18
やっぱ小男の出嘉間良かな

282 :無名草子さん:2005/10/13(木) 03:33:10
片岡さん、チビ助だったのかあ。わたしもずっと大きな人だと思ってた。
特に声から受ける印象で。

283 :282:2005/10/13(木) 03:37:54
片岡さん、もう65歳なんだよね。おじいちゃん、って言ってもいいお歳。
私の中では40前後のイメージのままだっただけに、そのこともちょっとショック。


284 :無名草子さん:2005/10/13(木) 09:31:00
>>287
片岡義男巨根伝説ってなんかいいね。
身長は日本サイズ、チンポはアメリカサイズ。
まさに日米に切り裂かれた二重性だね。

285 :無名草子さん:2005/10/13(木) 11:39:19
>>283
昔は角川や早川の文庫などでは著者近影を載せていたけど、
いつの頃からか載せなくなったね。「老い」を知らせたくないんだろう。

286 :無名草子さん:2005/10/13(木) 12:10:54
>>285
> 著者近影

彼はいつもおんなじ写真しか載せていないよな。
ひなたで目をまぶしそうにして白い歯で笑ってるヤツ
照れ屋なんだと思うが、他の写真もみたいな。
許婚のは辞退するが、、


287 :無名草子さん:2005/10/13(木) 22:43:35
巨根カタオカは結婚してるの?

288 :無名草子さん:2005/10/13(木) 23:10:27
>>289 お嬢さんいるんじゃなかったっけ?


289 :無名草子さん:2005/10/14(金) 03:58:16
公式ブログ♪
ttp://ameblo.jp/kataoka/

290 :無名草子さん:2005/10/14(金) 12:44:58
片岡義男よんで20年位になるが、カタオカのちんぽこのことは想像したことすらなかった。
そうか、巨根か・・・・。

291 :無名草子さん:2005/10/14(金) 13:16:16
いや、田中小実昌流のジョークで、実は正反対かもしれないよ。


292 :無名草子さん:2005/10/15(土) 00:33:16
片岡義男は小チンか巨根かいったいどっちなんだよ!
誰か答えよ!!

293 :無名草子さん:2005/10/15(土) 12:04:13
>>291 殿山泰司ならいいそうなネタだ、、、
コミショーは人に迷惑をかける下ネタ使わないが。

294 :無名草子さん:2005/10/15(土) 13:12:59
>>293 はそう思ってるだけでしょ。
オレは実際読んだんだから仕方ない。
それに、「迷惑をかける」ような文章ではなかった。
読んで「あはは、馬鹿言ってらあ」と思うようなたぐいの
雑文だよ。ゴールデン街の噂話的な。
それに、当時(1970年代)は人権やらセクハラやらウルサイ今とは
感覚が違うしね。

295 :無名草子さん:2005/10/15(土) 13:24:44
>>296 乙! 
さて馬並が証明されたわけだが294もそれでいいのか?

296 :無名草子さん:2005/10/15(土) 13:32:45
>>295
??

297 :無名草子さん:2005/10/15(土) 14:08:19
カタオカ馬並み伝説の始まりだ!
身長より朕長のがでかかったりして。


298 :無名草子さん:2005/10/15(土) 14:30:07
もう立たないって。

299 :無名草子さん:2005/10/15(土) 15:49:14
>>300 そこまではまだ訊いていないのだが、、oriz



300 :無名草子さん:2005/10/15(土) 17:27:36
>>298
立たないが、だら〜んと馬並みだ!
ヨシオ万歳!!

301 :無名草子さん:2005/10/15(土) 18:16:22
見栄っ張りな片岡さんのことだから
シークレットブーツのチンコ・バージョンを装着してる
と思われる

302 :無名草子さん:2005/10/15(土) 19:26:18
それにしても気まぐれ飛行船のホストはハマリだった。
アシスタントの女性は温水ゆかりと安田みなみだっけ?

303 :無名草子さん:2005/10/15(土) 23:22:28
oriz ワロタ



304 :無名草子さん:2005/10/15(土) 23:43:47
>>302
最初が安田南、次に温水ゆかり。
安田南はクスリで駄目になったらしいね。

305 :無名草子さん:2005/10/16(日) 00:15:05
>>306
スレ違いだが、温水をぬくみずって読める人、少ないね。
そういえば安田南はよくキャーキャー騒ぎっ放しだったのを聞いた。
片岡さん、音を上げずけっこうしっかりフォローしていたっけ。
彼って、けっこうこてこてのフェミニストなんジャマイカ?


306 :無名草子さん:2005/10/16(日) 01:13:17
「ぬくみ」さんじゃなかったっけ?

307 :無名草子さん:2005/10/16(日) 02:02:56
>>308
温井 松代  ぬくい まつよ 歌人
温水 ゆかり ぬくみず ゆかり フリーライター
温水 洋一 ぬくみず よういち 俳優


308 :無名草子さん:2005/10/16(日) 21:41:33
デカチンは朝のブルース

309 :無名草子さん:2005/10/16(日) 22:59:04
文章が春樹以上に受け付けなくすぐ返却した。

310 :306:2005/10/16(日) 23:23:53
>>307
ぬくみずさんだったのか
ぬくみさんとばかり思ってた
失礼

311 :無名草子さん:2005/10/16(日) 23:50:23
片岡氏は、よく「キライだ」とか、「女性や青少年向き」(自主規制して意訳)
とかいわれるけど、そういう作家って、村上春樹と赤川サンくらいしか聞いた
ことがないような気もする。
パッケージされた小説として、十分商品足りうるものだったと思うし、個人的には
読むこと自体が快感であり目的となるような、あの文体でなかったら、こうまで
ドップリとはいかなかったと思う。

312 :無名草子さん:2005/10/17(月) 00:05:25
キライとまでは言わんが、
よくもまー昔の若者には評価されたものかと不思議ですな。

風景描写→写真の説明だしー。行った人でないとイメージが湧きにくい。
心理描写→薄過ぎる。感情移入しようにも・・・
主義主張→極力抑えているね。思想が死んだ世代の若者(当時)には受けたのかもしれないが。

313 :無名草子さん:2005/10/17(月) 01:17:46
>>311
片岡義男と村上春樹と赤川次郎を並べるのは
いくらなんでも村上氏を過小評価しすぎ。

>>312
60年代の熱が冷めてシラケムードだった70年代前半、アメリカ西海岸経由の
サブカルチャーが新鮮な風を吹き込んできた。その風にうまく乗ったんでしょう。
というか、仕掛け人でもあったわけか。


314 :無名草子さん:2005/10/17(月) 01:25:12
>>313
ウソー?w
片岡義男の作品の一部は娯楽小説として、まだ読める余地があるけど
(すぐ飽きちゃうけどね)
村上春樹は自分を高い所に置いちゃって、気取りすぎで、
あまりにナルシー君で、とても読めたもんじゃない。
自分にはね。
超短編の恋愛物とかなら、まだ軽い雰囲気があって読めるんだが、
長いのは箸にも棒にもかならないほど、つまらない。

315 :無名草子さん:2005/10/17(月) 01:37:18
小説は村上春樹のが遥かにうまいと思うね。
比べるのも馬鹿らしいほど差がある。
評論は圧倒的に片岡義男だね。
エッセイは村上も器用だけど、他にはない視点の面白さでやはり片岡かな?

316 :無名草子さん:2005/10/17(月) 01:38:07
ちんぽこはどうやら片岡の圧勝でよろしいか?

317 :無名草子さん:2005/10/17(月) 01:47:38
>>315
俺は逆の感想だわ。
小説についてはは村上春樹のが技術的には上手いかどうか知らんけど、
(そんなこと大した問題じゃないし)、とにかくつまらない。
娯楽小説じゃないし、かといって人間を深く掘り下げているわけでもないし。
ただ田舎くさいナルシシズム垂れ流しで、何にも成っていない妙チクリンな読み物という感じ。

片岡義男の小説は一応、娯楽小説に成ってる。
一方、片岡のエッセイはナルシシズムが全開で、もはや意味不明なぐらいで
とても読めたもんじゃない。
もう笑うしかないような代物。


318 :無名草子さん:2005/10/17(月) 03:27:49
>>317 の言うこともわからないわけではないけど、主観的評価はさておき、
村上は世界各国に翻訳されて読まれているが、片岡の場合、どう転んでも
そんなことにはならないでしょう。片岡の小説は極東の特定の世代向けの
マイナー文学。
好き嫌いは別にして文学的観点(なんて言うと揶揄されそうだけど)から
評価すると村上の圧勝。まあ、オレも村上の小説は自閉症っぽくて辟易するが。

片岡のエッセイについての感想は同意。自分の感性を正当化するためのレトリックが
強引すぎて、ほんと笑ってしまう。





319 :無名草子さん:2005/10/17(月) 07:38:32
他の作家と比べる必要はないだろう
片岡は片岡
面白くないなら二度と読まなきゃいい
わかる人にはわかる  わからない人にはわからない




320 :無名草子さん:2005/10/17(月) 09:39:28
>>312

なにかアツいものでも求めているのかなあ、団塊の世代でつか?

321 :無名草子さん:2005/10/17(月) 09:57:06
>>319
そういう議論を断ち切るような物言いはどうかと思うね。
そもそも批判している人だって、片岡にまるで関心がなければ
このスレなど覗かないわけだし。
それとも、わずかな批判も許されないご本尊として祭り上げておきたいの?

322 :マックイーン:2005/10/17(月) 19:44:40
村上と片岡を同じ場所で語るとき、両者の作品のことでなく、本人たち自身や生活、嗜好など
をおもいうかべたほうが面白い。作品のことを論じるのは全く不毛です。
まず、二人とも大成功者であること。うらやましいということ。時間と金が湯水のようにあること
まあ、だからひとりで、(パートナーにも、ことかかないだろう)欲望のおもむくまま変わったことを、
たくさん、いろいろと
いつでも好きな時に、できるということですよ。そして、彼らの嗜好があらゆる、芸術、旅であること。

323 :無名草子さん:2005/10/17(月) 21:08:21
>>322
おいおい・・
そこまで主観的かつ不毛な書き込みも珍しいぞ・・

324 :無名草子さん:2005/10/18(火) 00:03:57
>>322
なんかお下劣。

325 :無名草子さん:2005/10/18(火) 00:22:44
もっと不毛にしてやろう

片岡も村上も
顔は非常に悪い

326 :無名草子さん:2005/10/18(火) 00:27:00
しかし二人ともチンポは・・・・。

327 :無名草子さん:2005/10/18(火) 02:12:56
>>326
毛が無いのかい?

328 :無名草子さん:2005/10/18(火) 02:14:03
彼らの時代の文学言語は、思想や歴史の記述に隷属していたわけな。
言葉は結局のところ、思想や論理、プロパガンダを媒介するための
影のような存在であったため、言葉の力を急速に喪失しつつあった。

言葉が代理物だった時代は、作品や読者にとっても不毛この上なく、
小説を書く行為は、畢竟、不在の口実やアリバイにすぎなかった。
片岡義男や村上春樹の作品は、衰弱しつつある小説言葉を思想から、
あっさり切りはなしてみせた。そして言葉固有のリズムを復活させ
それ自身の内部に光源を持つ自己完結した物語の世界を描き出した。
片岡が全学連、村上春樹が全共闘世代だったことは、偶然じゃない。

村上春樹を村上龍と対比させるように、片岡義男を同い年生まれの
立花隆などと比較してみると、片岡が彼の世代に背を向け選択した
孤高なくわだての全貌が、くっきりと浮かび上がってくるだろうよ。

当節のように、蛸壺のような趣味のなかに各自引きこもりつつも、
まったり馴れ合いに興じている世代には、想像もつかんだろうて。



329 :無名草子さん:2005/10/18(火) 03:33:45
>>321
>それとも、わずかな批判も許されないご本尊として祭り上げておきたいの

あなた自身がわずかな批判も許せないご本尊的な人格ではないのかしら

330 :無名草子さん:2005/10/18(火) 09:13:24
>>329
なぜ?
というか、オレのことはどうでもいいから片岡について語れよ。

331 :無名草子さん:2005/10/18(火) 21:03:37
329は悔しがってる319

332 :無名草子さん:2005/10/18(火) 23:30:20
なるほど。不慣れな女言葉使って自作自演か w

333 :無名草子さん:2005/10/19(水) 00:20:21
女言葉ってどこ?

334 :無名草子さん:2005/10/19(水) 03:07:22
>>330 >>331 >>332 >>333

なにを甘えてんだw

335 :無名草子さん:2005/10/19(水) 09:24:43
322 で、マックウィーンさんの言っている

>本人たち自身や生活、嗜好など
>をおもいうかべたほうが面白い。作品のことを論じるのは全く不毛です。

は、まったくその通りだと思う
そうすることによって328の言う

>自己完結した物語の世界

も、理解できてくると思う。



336 :無名草子さん:2005/10/21(金) 18:18:32
328の面白いところは、
自らが、そのなんたらに隷属している言語を使っているところかな。
それは即ち「言葉の力を喪失」を意味するわけだから、
可哀想に、言葉の力を必死に取り戻そうとするあまり、
暴力的な表現に至ってしまうのだろうね。
たくさん勉強し過ぎると、正確に伝えるということよりも、
知識を自慢することに酔っていくのかな?

さらに言うと、こういう小難しい文章を書くほうが偉いとか、
格上だとか思っているフシもあるよね。
そういう文章って、中身をぼかしたり、
誤摩化している場合が多いから、気をつけないとね。
「文学言語」ってそういうものなのかな?
もし、そういうのが「文学言語」なのだとしたら、
「文学言語」なんてどうでもいいな。

議論によって本質に迫ろうとする気配も感じられないし、
結局なにを言いたいんだかさっぱり伝わってこないから、
議論するつもりは毛頭ないけれども、こういう文章を心底嫌う人が、
片岡義男氏の文章に感銘を受けるのだよ、とだけは言っておこうかな。

だいたい「世代」とか「時代」とか言う文章にロクなのないんだって。

337 :無名草子さん:2005/10/21(金) 18:46:25
>>322
面白いと思うのは自由だけれど、
作品のことを論じるのが不毛というのは乱暴だなあ。
いいじゃん論じたって。

それにしても・・・なんという激しい妄想!
「〜ということですよ」と言われても困るよねえ。
なんだか、いま流行りのセレブ好きのお方みたいですが、
面白いのは、その妄想に本人の願望が正直に表れているところかな。
ということで、解釈してみると、

 金銭的に大成功して、かつての自分と同類の人々から羨ましがられ、
 時間と金を湯水のように使って常に異性をゲット&ストックし、
 いつでも欲望のおもむくままに、
 ありとあらゆる変態的なプレイをしたい!
 それが、私の芸術であり旅なのですよ。

となりますが、
この超俗物的童貞中学生男子の妄想みたいなのが、
片岡義男&村上春樹的世界なの???

338 :無名草子さん:2005/10/21(金) 19:28:41
>>336 >>337

あはははははは。。。

青臭いなあ


339 :無名草子さん:2005/10/21(金) 22:52:30
片岡のチンポコはでかくて青臭いのさ・・・。

340 :マックイーン:2005/10/21(金) 23:14:44
そうでした!不毛といいきるのは乱暴です。失礼しました。
 しかし、自分の書いた文章をよく見たら、書きたかったことと、全くちがう意味に
とられるようなことを書いてしまった。
 欲望のおもむくままに好きなことをと言うのは、セックスや変態のことを
言っているのではないんです。
(もちろん、欲望のなかにセックスも当然含まれるでしょうが)
  私が片岡、村上(田中康夫も好きだぜ!)の本が好きなのは単純に
リッチ気分にひたれるからなんです。
 ああ、いいなあ!と。それは337さんが書いているとうりです。
 みなさん、衣食住のすべてに満ちたりていることでしょう。そういうところが、
作品にも、エッセイにも満ち満ちています。
 村上の風の歌、ピンボール、ダンス、国境の南、みんな金持ちで自由きままです。
本人はのんびり外国生活したり、旅行したり、冒険したり、ふらふらしたり。
 片岡は一日中空を見ていたり、新幹線で昼寝しにいったり、やっぱり旅行したり。
田中はなんといっても、クリスタルがいいですし、ペログリしたり、航空業界に詳しかったり、
ボランティアしたり(これはさすが)。
いまは偉い人になってますね。
 ま、ひつこいですがようするに彼らの書物は読んでて簡単で、気持ちイイということです。
(しかし、この点こそ大量の読者を惹きつけている、強い要因であろう。)
俺もリッチになるぜ!(ああ、攻撃されるようなこと言ってんなあ!)
  
 作家の文学作品比較論はまた別の作業になるであろう。(なんつって!なんつって!)

341 :無名草子さん:2005/10/21(金) 23:20:27
>>340
なんか、怖いものなし、って感じだなあ。

342 :マックイーン:2005/10/21(金) 23:36:00
というか、単にシンプルでわかり易くありません?

343 :無名草子さん:2005/10/21(金) 23:39:46
片岡義男の良さは本人に生活臭がしないとこだね。
村上春樹は生活臭あるな〜。

344 :無名草子さん:2005/10/22(土) 19:11:23
青臭い

345 :無名草子さん:2005/10/23(日) 01:02:15
イタル氏はまだここチェックしてるのかな?
話題の中心が「カタオカのちんぽこ」だと知ったら哀しいだろなw

346 :無名草子さん:2005/10/23(日) 02:19:39
思想を放擲してチンポコに走らざるを得なかった時代の人々に哀悼を

347 :731:2005/10/23(日) 02:21:24
電車男!

http://www.bt-woo.com/discuz/get.php?id=40475

348 :無名草子さん:2005/10/23(日) 10:48:26
マーマレードの〜」の紺野美沙子って

349 :無名草子さん:2005/10/23(日) 22:43:04
日本語の外へ]読みたい

350 :無名草子さん:2005/10/24(月) 22:00:42
僕は巨大なペッカーを誇りに思うヨシ・カタオカです。
日本の四季と、季節の変化にともなう僕のペッカーのボリュームの増減、
その複雑な結びつきは確実に一つのファンタジーだ。


351 :無名草子さん:2005/10/24(月) 23:21:56
書いてることの意味はワカランがペッカー=peckerとは懐かしいスラング

352 :マックイーン:2005/10/25(火) 00:13:12
Mr片岡のエッセーで、アメリカのどこにでもある風景を撮ったステファンショーの
写真集nukommon placeを紹介しているが、題材のいわゆる普通の風景、アメリカンモーテル、ダイナー、
荒野のガスステーション、巨大マーケットモール、トラフィックライトなどの写真は日本人から見ると
いかにも絵になり、カッコヨイ、キレイと感じられるのだが、本国アメリカ人はその手の
写真をどういう目で見るのだろうか?やはりかっこよく映るのか。

353 :無名草子さん:2005/10/25(火) 02:30:23
>>351
映画であったよな。ジョン・ウォーターズ監督

354 :無名草子さん:2005/10/25(火) 03:11:47
>>353
あったなw

義男は最近のしょーもない小説や写真はやめて、評論とアメリカンエッセイのみ
にして欲しいな。60年代の女との話なんてどーでもいいんだよな俺としては・・・。

355 :無名草子さん:2005/10/25(火) 19:55:02
「日本語の外へ」

明日から読みます。

356 :無名草子さん:2005/10/26(水) 10:18:06
それにしても、別に今大人気であるわけでもない片岡義男を語るスレに
わざわざ来てまで、あしざまに言うやつの気持ちが分からん

357 :無名草子さん:2005/10/26(水) 10:29:49
つっこまれやすいキャラだからだよ。

358 :無名草子さん:2005/10/26(水) 13:50:41
>>352
まぁ当たり前の話だが、カッコいいだとか綺麗だとか思うわけない(笑)
ごく日常の風景なんだから。
ま風景に限らずアメリカでは、ごく普通のものや、むしろカッコよくないものが
日本ではカッコいいと思われているケースが結構あるね。

359 :無名草子さん:2005/10/26(水) 21:02:57
>>356
大嫌いだからだろ。
解かりやすいけど。

360 :無名草子さん:2005/10/26(水) 23:32:42
昔は好きだったんだけどね。
自分が中年になっていろいろ見えてくると
カタオカってけっこうイタい奴だな、とわかってきて
なんか言いたくなるのよ。

361 :無名草子さん:2005/10/27(木) 00:06:07
>>360
そうだね。若い頃は作家ってエッセイなどでは「本当のことを書いてる」
ってつい思っちゃうからね。

362 :無名草子さん:2005/10/27(木) 19:35:05
今も昔もあなたの読み方は皮相的です

363 :無名草子さん:2005/10/27(木) 22:58:26
お、超能力者現る?

364 :無名草子さん:2005/10/28(金) 04:40:13
「マーマレードの朝」所収の短編群のうち、
一番優れている(とYOUが思う)のはどれですか?どなたか教えてください。

”一作ごとに寸評つける”ゴッコしようよ。

365 :書き直し:2005/10/28(金) 04:41:54
短編集「マーマレードの朝」所収の短編群のうち、
一番優れている(とYOUが思う)のはどれですか?どなたか教えてください。

というか、”一作ごとに寸評つける”ゴッコしようよ。

366 :無名草子さん:2005/10/28(金) 05:28:16
>>362
「皮相的」ってなんだ??

367 :無名草子さん:2005/10/28(金) 05:40:31
スーパーフィシャル

368 :無名草子さん:2005/10/28(金) 05:52:25
前スレ、そろそろ埋まるぞ。読みたいヤツ、保存したいヤツは今のうち

369 :無名草子さん:2005/10/28(金) 23:11:44
片岡義男の身長は162cmと推定される。

370 :無名草子さん:2005/10/28(金) 23:17:10
うんうん、作家はやっぱ背が高くなきゃね☆2mくらいあるといいね☆

371 :無名草子さん:2005/10/28(金) 23:18:24
顔は平家ガニ


372 :無名草子さん:2005/10/28(金) 23:58:14
講演でみたけど150cmくらいだったよ。

373 :無名草子さん:2005/10/29(土) 00:17:47
うそつけ、155cmはあるぞ!

374 :マックイーン:2005/10/29(土) 20:54:49
片岡とノッポさんは同一人物です。

375 :無名草子さん:2005/10/29(土) 21:24:41
じゃ、ノッポさんは155cmなのですか?

376 :マックイーン:2005/10/30(日) 00:53:51
いいえ!片岡は顔がノッポさんしている。

377 :無名草子さん:2005/10/30(日) 01:13:52
深いね。

378 :マックイーン:2005/10/30(日) 21:55:58
非常に、浅いよ。
 ちなみに今日また”ターザンが教え”を買ってしまった。
¥100なり。男40独身。職業、ピアノ調律師。
また、旅に出るか。


379 :無名草子さん:2005/10/30(日) 22:52:10
Book offだね、やはり深い・・・。

380 :マックイーン:2005/10/31(月) 00:32:16
いや、浅いよ。
だって、そこしか売ってないもん!
(¥100コーナー命)
また、旅に出るか。


381 :無名草子さん:2005/10/31(月) 01:24:57
晴れた日に一日中雲を見てると日射病で死にます。
雲りの日でももの凄く体力を消耗します。
翌日、風邪みたいな症状になります。やってごらん。

382 :無名草子さん:2005/10/31(月) 13:26:00
道という道ぜんぶだよ、オートバイに乗って。
やりてーなーおれも、オッサン子持ち犬持ちカミサン持ちババア持ち
じゃなけりゃーなー、旅にでたーい。
それにターザンみたいにジャングルに住みたい
ジョニーワイズミラーの顔出しクロール、カッコ良すぎ、あこがれたよ。

383 :無名草子さん:2005/10/31(月) 14:23:52
そしてレトルトカレーをバイクに

384 :無名草子さん:2005/11/03(木) 07:43:55
あんまし温まらなかったよ。。


385 :無名草子さん:2005/11/03(木) 17:59:54
中途半端に温かい、ぬるいレトルトって最悪だよな

386 :無名草子さん:2005/11/03(木) 19:51:10
漁船なんかで、マフラーにイカを張って焼く
「ポンポン焼き」という漁師料理があるけど
これをバイクで試してみようかと。。

387 :無名草子さん:2005/11/04(金) 13:37:21
片岡とあんま関係ないけど、バイクつながりで面白いギャグ思いついたから
聞いてくれ

仮眠ライダー

どう?

388 :無名草子さん:2005/11/04(金) 14:36:15
バイクでレトルトを温めるアイデア好きだねぇ〜
最新刊の『白いプラスティックのスプーン〜食は自分を作ったか』を読むと
このアイデアは戦時中にキャンベルの缶詰スープをジープのエンジンルームの
熱い所に固定しておいて、戦地でも栄養満点のスープを飲めたってこと
これをオートバイでやってみたらおもしろそうだというのはわかるね

いまでもキャンベルのスープが飲まれていることから
結びの『いまも誰もがその戦中にあるのではないか』というあたりが
片岡氏らしくて良い。詳しくは自分で買ってよんでくれ。

389 :無名草子さん:2005/11/04(金) 15:04:24
しかし実際に出来ないんだったら、ちとガッカリやね>レトルト

390 :無名草子さん:2005/11/05(土) 20:30:56
赤い背表紙のオートバイの話や、出てくる女性像などは
ありえないような幻想チックなお話ばかりなんだから。。

真に受けないでオトギバナシとして楽しむべし

391 :無名草子さん:2005/11/05(土) 23:54:44
片岡義男。本名:小山義雄は元気かな。

392 :マックイーン:2005/11/06(日) 00:37:32
思いがけず、5日程度の休みがとれた。朝5時ごろ飛び起き、成田空港A滑走路を見渡すログハウスの自宅から、クルマにて羽田空港へ
まずは、日航にて三沢空港へ。レンタカーで市内、三沢基地、寺山修二記念館。すぐに新幹線にて仙台へ。繁華街を散策、
牛タンを食す。夕刻、タクシーで仙台空港へ。長崎行きの最終便。21時には市内高台のホテルにて100万ドルの夜景。
2日目、6時起き、レンタカーで福岡へ。ジェットホイールで一路、釜山へ。昼過ぎ着。街を散策するもすぐあきて、
レンタカーで高速道、ソウル目指し、いけるところまで。ソウル手前、100マイルのビジネスホテル泊。
3日目、6時起き。ふたたび、レンタカー。ソウル着。市内散策。午後2時発グアム行き。同夜、グアム日航ホテルにて、ブランデー、コールガール。
4日目、5時起き。レンタカーにて島内散策。射撃、巨大なスーパーマーケット、古着屋。昼前より、空港にてセスナで2時間ほど、操縦訓練。夕刻、大阪へ。
深夜11時には神戸の定宿へ。5日目。6時起き。新幹線にて、京都、名古屋、と途中下車市内散策、喫茶店めぐり。夕刻、名古屋発、成田空港行き。
休日終わり。翌日より、恵比寿ウエスティンホテルで3日間カンズメ。原稿。
とまあ、わたくしの、ある秋の数日でした。

393 :マックイーン:2005/11/06(日) 00:55:36
こののりで、この忙しさで、世界編も予定中。

394 :マックイーン:2005/11/06(日) 01:01:14
私のクルマは羽田空港におきっぱなし。

395 :無名草子さん:2005/11/06(日) 15:58:17
>>391
それが本名なの?

396 :無名草子さん:2005/11/07(月) 10:46:57
それが本名だとしたら「片岡義男と一緒に作ったブルータス」の中の
「カタオカさんのナンバーワン・ボウイかね」も嘘だってことかい!?

397 :無名草子さん:2005/11/07(月) 11:58:26
ここは2ちゃんですぜ
ガサネタに御注意を!
ヨッシュはヨッシュです

398 :無名草子さん:2005/11/07(月) 15:03:39
ホッシュ

399 :無名草子さん:2005/11/07(月) 21:18:14
「コヤマさんとこのナンバー1ボーイだね」ってことだ

400 :無名草子さん:2005/11/07(月) 22:12:33
400ゲット?
鶴太郎とは親類?

401 :無名草子さん:2005/11/10(木) 23:51:59
片岡作品、昔読んでました
断片的なエピソードは何となく覚えてるんですがタイトルが思い出せません
どなたか教えていただけますか?

1,田舎のオートバイレースで優勝。優勝カップを死んだ友人の墓前に持ってって優勝報告。   (なんかここで涙した)
2,白バイを盗んで乗り回し、乗り捨て。
3,アメリカン・クラブハウス・サンドイッチだっけか(かなりボリュームあるサンド)
  女性に作ってもらって食べるシーン。餃子の食べ方の蘊蓄もあったかな

こんな感じなんですが、既出だったらごめんなさい


402 :無名草子さん:2005/11/12(土) 01:11:57
コヤマヨッシュだね。

403 :無名草子さん:2005/11/12(土) 21:03:40
「時には星の下で眠る」では?

404 :無名草子さん:2005/11/13(日) 16:00:40
だな。文庫版に載ってた写真もよかった

405 :無名草子さん:2005/11/16(水) 21:53:08
>403
赤い背表紙のは
「ときには星の下で眠る」
(とき が平仮名)

「時には星の下で眠る」
は、ハヤカワ・ミステリー文庫の「ムーヴィン・オン」に収録されている短編
私立探偵が主人公のハード・ボイルド

406 :無名草子さん:2005/11/20(日) 01:58:21
若い頃に読んで、その後イタいって気づいただの薄いだの言ってる奴に聞きたいんだけど。
そう書かないでイタいとこ華麗に突っ込む知性はないの?

レス読む限り、文盲向きを装って出した本が多いんだろうな。
それで今も昔も自分が文盲だとは思ってないアフォが、ただの装いを内容だと勘違いして
中身がないと吠えてみたと。

鶴見俊輔なんかと対談してるけど、この話題出ないよねえ。
絵本やら写真の話も、どう突っ込んでいいか本当は解らないんだろ。

評価してる奴がつけったっぽい、前のスレタイ「実は大した作家だよね」って方が含みもあるし
気が利いてるよな。


407 :406:2005/11/20(日) 02:09:36
×→つけったっぽい
○→つけたっぽい

408 :無名草子さん:2005/11/20(日) 16:16:29
Qちゃん、がんばったねえ〜

409 :無名草子さん:2005/11/20(日) 17:15:51
>>406
そーいや鶴見と対談してたね。
最近の本だっけ?それとも古い対談を最近読んだのか、忘れた・・。
アメリカに深く影響を受けた二人だけに期待して読んだらなんかあまり大したこと無い対談だったような
印象があったな。

410 :無名草子さん:2005/11/20(日) 17:37:24
>>406
空気嫁 
つか出てけヽ( ・∀・)ノ┌┛Σ(ノ `Д´)ノ

ルサンチマンもろわかりのレス見たら想像つくだろ。
ぶっちゃけネタは片岡じゃなくたっていい。

肛門期のガキレベルで、ウンコーウンコ発見!って言い合って遊んでんの。
年とると、俺にもウンコだと思えるものが欲しくなるんだよ。
まぁ、もっとも、思える気がするだけだがなorz

411 :無名草子さん:2005/11/20(日) 18:19:23
Qちゃん、よくやったよ!

412 :無名草子さん:2005/11/21(月) 10:51:42
時間みつけてじっくり読み返したいんだけどねえ…
フェアレディーZを届けるために東名を走るって話があったよね。あれはなんて
短編だっけか

413 :無名草子さん:2005/11/21(月) 14:05:30
鶴見俊輔、いいねえ
二人の共通点はアメリカ語で思考しているってこと
鶴見の岩波新書で出たやつを始めて読んだときのことをおもいだしたよ
ゲーリー・スナイダーやカルロス・カスタネーダについて書かれていたやつ
あとプラグマティズムの本。みんな何度も読んだ。

あの対談では片岡氏の若い頃のちょっと生意気だけど憎めないキャラはあまりなかったな
どちらかというと話をあわせた感じ、もうちょっと長く、2回3回とやって欲しいよ
鶴見さん元気な内に。
俺にとって100%信じられる日本人って、生きている方はこの二人しかいないから。


414 :無名草子さん:2005/11/21(月) 18:09:09
日本語の外へ」
ウェイオブライフについての定義が気に入った

415 :無名草子さん:2005/11/21(月) 20:47:01
>>413
最近だと小熊英二が鶴見をしきりとプッシュしてるね。極端に走らないバランス感覚と基本的に出ずっぱりの印象がある人だから
逆に少し損してるような気がする。
しかし、豊かだった黄金期の北米にどっぷり浸されて生活し、その後日本軍人として第二次大戦、戦後を経験する
という稀有の体験をもつ知識人。凄い人なんだよなやはり。

416 :無名草子さん:2005/11/23(水) 23:18:17
世界の12月号の片岡氏が受けたインタヴュー、けっこうまとまっていて
良かった。まだの方はお早めに

417 :無名草子さん:2005/12/01(木) 16:40:44
ミルキーウェイが食べたい。お供はブラックコーヒーで

418 :無名草子さん:2005/12/01(木) 23:52:31
>>417
そう思ったのは何がきっかけなの?

419 :無名草子さん:2005/12/02(金) 19:30:17
>>417
ミルキーウェイがでてくるのなかったっけ?なんか頭の片隅に引っかかっている。

420 :無名草子さん:2005/12/04(日) 01:54:16
「5Bの鉛筆で書いた」の
「アメリカには、キャンディ・バー風景というものが、たしかにあるようだ。」
でしょ。。

421 :無名草子さん:2005/12/07(水) 00:00:22
>>412

人魚はクールにグッド・バイ  かな?間違ってたらゴメン

422 :無名草子さん:2005/12/07(水) 10:10:49
>421
産休。今度引っ張り出して読んでみる。しかし、小説の話があんまり出ないのが意外。

423 :無名草子さん:2005/12/07(水) 14:01:29
冬の間は徹底的にオートバイをサボる

424 :北国の無名草子さん:2005/12/12(月) 09:04:52
雪が積もったからバイクは乗れなくなった
だが、スキー場でスノー・モービルで遊ぶのだ

425 :無名草子さん:2005/12/16(金) 09:51:45
スターダスト・ハイウェイ

426 :無名草子さん:2005/12/18(日) 10:44:58
スターダスト・ハイウェイ のさあ、『レッドウッドの森から』って
made in U.S.A.カタログvol.2の建国200年なんて知らないよみたいなタイトルの
雑誌に掲載されてなかった?覚えてるか持っている方いませんか?
ある喫茶店というか昼は喫茶店夜はカントリ−バーみたいなとこに行く度に
大好きで読んだ記憶があるんだけど。

427 :無名草子さん:2005/12/18(日) 22:16:11
ワンダーランドって古本でいい値段(5000円以上)するけど、買う価値ありますか?
買おうかどうか、迷っています・・


428 :無名草子さん:2005/12/19(月) 08:53:12
ラジオ聴いた?
声が少し変わったような・・・

429 :無名草子さん:2005/12/19(月) 12:17:15
片岡さんラジオ出演してたんですか?

430 :無名草子さん:2005/12/19(月) 17:43:54
今朝1時から出てたよ

431 :無名草子さん:2005/12/31(土) 20:56:00
謹賀新年♪

432 :無名草子さん:2006/01/09(月) 20:08:32
Free & Easy 見た??

なんか今さらPOPEYEって感じだけど。。。

433 :無名草子さん:2006/01/09(月) 22:40:49
Free &Easy
創刊号から欠かさず買って
全て保存している

時流に漏れずタイアップ記事が増えているけど
ときどき今月号のようなPOPEYE的な特集を組める
雑誌だからこそヨッチー片岡が連載を続けているんだと思う


434 :無名草子さん:2006/01/10(火) 13:13:40
Free&Easyって編集長が完全に片岡さんをリスペクトでしょう
だから片岡さんが好きなように毎号書かせてもらっている感じだね
写真は写真で好きなんだけど、できたら個人的には読ませる文章も載せてほしいなぁ

>>427
ワンダーランドってそんなにするんだ
でも5000円出さなきゃ絶対読めないし、こりゃ困ったなぁ
スロットでも競馬でも何か当てて買うっきゃないよ

ぼくは宝島を晶文社が出版してた頃のをほとんど持っているんだけど
紙質が良くて表紙がツルツルで、片岡さんが編集長をしてた時のものだけど
これっていくらかなぁ、売りにだしてみようかな?

435 :無名草子さん:2006/01/11(水) 20:50:59
>433 >434
赤田祐一さんの「ポパイの時代」は読みましたか?
>434
読ませる文章・・Coyoteの連載は読んでますか?

あとだれか知っていたら教えてください
堀内貴和さんって、片岡さんの「弟子」なんですか?
弟子と言う言い方は適切ではないかもしれないけど・・


436 :無名草子さん:2006/01/12(木) 02:37:22
>>434
晶文社が出してたっけ? 何年ごろ?

437 :434:2006/01/13(金) 00:37:22
ごめん、まちがってた
私の持っているのは7号からでJICCだった
その前の6号(74年2月号)までは晶文社でした

せっかくひっぱりだしてきたので、無記名だけどたぶん片岡さんが書いたであろう
ブックレヴューを紹介します(74年12月号)
リチャードユネキス「追跡」(すばる書房)はこんな出だし
『ツイン・カービュレイターをつけた61年型シヴォレーが、シカゴの南に広がるトウモロコシ
畑の間に縦横に交差して並び正確に東西南北へ伸びているオフ・ハイウェイの砂利道のうえを、
ただひたすらに走り続けるだけの話なのだ。・・・・』
自分でこれ読んでて無性に読みたくなったけど入手は難しいかも


438 :434:2006/01/13(金) 01:01:16
>>433
ポパイは創刊2号か3号から毎号かってたけど、今は数号しか残ってない
片岡さんがpop eyeをサーフィンとハワイねたでまとめたやつとか
(波乗りの島の元ねたがいっぱい)

現役で読んでいたので懐かしさで、赤田祐一さんの「ポパイの時代」は
立ち読みしました。

片岡'Sチルドレンといえば駒沢敏器さんを忘れてはいけません
coyoteの新井さんが片岡さんに雑誌Rolling Stoneを大量に貰ってswitchの
方向性を決めたように
駒沢さんは片岡さんから雑誌"Outside"を大量に貰って『彼女のアラスカ』
(東京書籍)を編集しました。そのごギターを中心に音楽の度をされたり
地味だけど良い仕事をしています。探して読んで下さい。


439 :434:2006/01/13(金) 01:12:14
>>433
堀内貴和さんはポパイ繋がりだったと思います
ポパイの編集部にいたはずです
オートバイ、車それにフライフィッシング好きで
音楽にも詳しい。

しつこく書いてごめん、またいつか

440 :無名草子さん:2006/01/13(金) 01:32:05
>>434
JICC出版の宝島ならオレも創刊号から持ってる。3年目ぐらいでネタ切れで飽きちゃったな。
古本屋では、1冊700〜1000円ぐらいで売ってる。それほどの希少価値はないみたい。

441 :無名草子さん:2006/01/13(金) 21:12:49
RIDERS CLUB の編集長になった 高橋サトシ も忘れちゃいけない
2006/1号では石川次郎さんなんかを取材してるよ BMWのバイクで。。

POPEYEや片岡義男で育った世代が雑誌で活躍するのは嬉しい
そんなオレは40代・・・

442 :無名草子さん:2006/01/20(金) 00:21:19
すでにはるかかなた

443 :無名草子さん:2006/01/20(金) 12:34:41
読み返すと古いところもあるけれど、おっさんにとっての童話だよね。

444 :無名草子さん:2006/01/20(金) 23:22:32
age

445 :無名草子さん:2006/01/23(月) 18:11:29
おばさんにとっても童話だね

446 :無名草子さん:2006/01/28(土) 00:09:32
キープ

447 :無名草子さん:2006/01/28(土) 17:32:22
海、オートバイ、ジーパンにTシャツ、コーヒーもう一杯、
年上女と年下男、プレスリー、フリーランスの仕事・・・・

448 :無名草子さん:2006/01/28(土) 20:16:25
いいね♪

449 :無名草子さん:2006/02/10(金) 21:56:24
山、人力車、ジャージにチャンチャンコ、コーヒー牛乳もう一本、
DQN女とDQN男、横浜銀蝿、職安・・・

450 :無名草子さん:2006/02/11(土) 21:14:04
銀座 メルセデス シルクのオーダースーツ ドンペリもう一本
年下女と年上男  モダンジャズ  職業は誰も知らない。。  

451 :無名草子さん:2006/02/12(日) 04:45:02
以前オートバイスレにも片岡義男があったけど、単車に乗る人と
乗らない人では随分とレスが違うんだね。片岡初期に限ってだけど。

初期の片岡はオートバイがキーワードになってくるよね。
それも基本的に古典に属する性格の単車が多く登場してくる。
彼のオートバイで出てくる赤信号でカワサキに落涙するシーンや、
カワサキのエンジンラインをオイルが血液のようにめぐっていくように
書かれているシーン、排気音の律動がライダーを虜にするといったところ。

単車に乗ってると共感する部分がとても多いのも事実。だから片岡を読むと
その背景が手に取るように分かったりもする。
単車に乗る奴は悪いのも結構多いね、そんなのも片岡に出てくる。
そういえば片岡はカワサキにぞっこんで単車ジャーナリストと排気音のLPを
出したこともあった。(彼は小説に写真で出てるね)
片岡もたしか同じ650ccを所有していた。愛していたんだね。
今はカメラか。

452 :無名草子さん:2006/02/12(日) 23:23:45
カメラ、文房具、英語と日本語、食べ物、美人、アメリカン・マッスル、廃墟のあくる日

453 :キララ:2006/02/14(火) 19:15:16
「これはまさにアメリカだ。これはアメリカの夢だ。」みたいな事よく言ってたね。コーラより7UP、エルビスよりバディーホリー、ハンバーガーよりキャンディーバー

454 :キララ:2006/02/14(火) 19:19:30
片岡義男にとってのアメリカは水木しげるさんにとっての妖怪みたいなものなんだろう。死んでもアメリカ〜って言ってそうだもんな。

455 :無名草子さん:2006/02/14(火) 20:09:56
この後、青年やオーバイに代わって音楽も含め得意分野でもあるアメリカが
多くなっていき難解でつまらないもの(!)になった、との評があったようだ。

片岡は後に、あれは出版社から細かい要望があったと述懐していたのを聞いた。
当然といえば当然なんだけどね。それだけに初期の片岡は新鮮だった。

もしそうでなければ、片岡はどんな続きをみせてくれただろうか。
あの、スローなブギにしてくれなどの続編が見たかった。


456 :無名草子さん:2006/02/15(水) 00:54:29
82年頃からリアルタイムで読み続けていて
「!!!」と思ったのは「緑の瞳とズームレンズ」
確か89年か90年の出版だったと思う
新鮮で何度も何度も読み返した憶えがある

次の「!!!」は97年の「日本語の外へ」
転換期なのかなと思った
これも徹夜で読んだ記憶がある

60代も半ばを過ぎて文面に頑固さが見えかくれ
するようにもなったけどもっともっと書きなぐってほしい

この先あまり書くことは無いんだろうけど
希望としてはバイク、サーフィンなんかのサブカルネタを
今の視点でも懐古ネタでもいいからまた読みたい、
てかF&Eはヨッチー片岡の小特集を組んでください

457 :無名草子さん:2006/02/15(水) 04:48:36
>456
「緑の瞳とズームレンズ」
あれは、いいよ!いい意味で転換を図れたと思う。

コヨーテ、モトナビ、フリー&イージー、ライダースクラブetc
どれも編集長が片岡をリスペクトしているね。。

「片岡義男と一緒につくったブルータス」みたいな一冊がでないかなあ


458 :456:2006/02/16(木) 00:50:42
その雑誌、全部読んでます

「片岡義男と一緒につくったブルータス」
三年くらい前にオークションで手にいれた
もうずっとずっと古書店を探し続けていたので
うれしかった

「フリースタイル」でも特集組めそうだよね

片岡さんと「雑誌」は切り離し様のない関係ですね

459 :無名草子さん:2006/02/16(木) 23:21:43
鶴見俊輔の「読んだ本はどこへいったか」(潮出版社)を読んでいたら
片岡さんの名がでてきた、P67
よろしくお願いしますが英語に出来ないっていう「日本語の外へ」のあの話し
この意見は卓見だと書いている。

雑誌全部片岡義男、どこが出すか競争だね
良いアイデアもっていけば乗ってくれるって、頑張れ編集者

つくづく思うんだけど
片岡さんの写真ってオリジナルだねえ
ひと目でわかるよ、地味だけど、見る度に好きになる


460 :無名草子さん:2006/02/17(金) 04:13:29
片岡さんと雑誌のかかわりは深いよねえ。。

フリーランスのライターの端くれ時代には「平凡パンチ」のアンカー、
んで、パンチでニューヨークの新聞「ヴィレッジ・ヴォイス」を取り上げたときに
コメンターターを頼んだ植草甚一さんと交流が生まれているし・・
その後、高平哲郎さんらと「ローリング・ストーン」日本版を作る予定が版権の
関係で無くなってしまって、今度は「ワンダーランド」を創刊、それが」「宝島」
になって、その後はPOPEYEの「アメリカノロジー」なんかね。

「片岡義男といっしょにつくったフリー&イージー」出ないかな(笑)
「片岡義男といっしょにつくったコヨーテ」とか。。



461 :無名草子さん:2006/02/17(金) 10:22:34
おれの人生で一番の選択の失敗は高校生の時、吉祥寺の改札出たとこの本屋で
高く積まれている「ワンダーランド」と「ローリング・ストーン」日本版があって
「ローリング・ストーン」日本版を買ってしまったこと
それからずーとハズレ人生まっしぐら

あのころって隅からすみまで雑誌をよんだよ
いまじゃひとつかふたつ記事読んであとはパラパラ見て終わり
片岡義男さんといっしょに作ってくれたら全部読む
けっこういろんなとこに隠し味があるから

462 :無名草子さん:2006/02/18(土) 02:31:14
>>461
いろんなとこに隠し味

って、具体的にどんな事ですか
向学のために教えてください



463 :無名草子さん:2006/02/18(土) 18:22:20
むかし、自分が無名なPR誌の編集をしていたとき、
一回だけ片岡さんに原稿を依頼した事があった。
片岡さんの知人に教えてもらった番号に電話しても、
いつも不通か、でなければFAXへの切り替え。
依頼するタイミングがだんだんタイムリミットに、、

しかたがないので掲載見本誌とコラムの文字数、
コンセプト、これまで執筆してくれた方の名前や
テーマのリスト。こちらが予想したテーマを数本、
そしてこれまで自分が読んだ片岡さんのコラムで、
どのコラムが一番印象に残っているか、理由を
書いて投函した。片岡さんに伝えた締め切り日は、
ギリギリまで伸ばして、初校戻しの当日にした。

片岡さんの原稿を掲載したいといってきたのは、
そのPR誌のスポンサー会社の若手担当者の一方的な
意向だった。もしも原稿がもらえなかったら??
とりあえず大日本印刷には埋め草を入稿しておき、
その編集部をやめる覚悟をしていた。


464 :無名草子さん:2006/02/18(土) 18:23:31
当日は初校校正の作業をいつもよりもゆっくり
進めた。作業の終わった他ページの編集仲間達は、
怪訝な顔をして帰って行っていった。編集部には
痩せたデザイナーの女の子と自分だけが取り残さ
れた。もうすぐ彼女が最後のデザイン修正を片付
けそうなのは、尋ねなくてもわかっていた。

さあて、今回だけはほんとうに困ったな。

溜め息をつきながら、背伸びをしようとしたら、
とつぜん旧式のファックスが、戦車のキヤタピラの
ように震えながら、感熱紙を吐き出し始めた。
原稿升目の中に、フェルトペンで丁寧に書かれた
片岡さんの文字が、淡々と並んでいた。

準備していたレイアウト指定紙にFAXのコピーを
ホッチキスでとめ、印刷所行きの大きな紙封筒に
いれセロテープでしっかりとめた。仕事場のある
マンションの地下駐車場までいくと、ちょうど
印刷所の担当営業が到着するところだった。
僕は頭をかきながら、黙って封筒を彼に渡した。

KAWASAKIのイグニッションキーをひねると、
いつもより大きな排気音が地下駐車場に響いた。
その日は外苑西通りをいつもの所では曲がらず、
大回りして白金トンネルをぬけて中目黒のアパー
トに帰宅し、バーボンを一口飲んでから寝た。

465 :無名草子さん:2006/02/18(土) 18:46:40
なぜそんなに昔の思い出話をここに書いたのかというと、
数日前、僕は田舎町の雪に埋もれた遊歩道を歩きながら、
とつぜん「そのこと」に気がついた。

片岡義男の小説は、郊外の風景や都市のライトな風俗を
描いたもの、という見解が読書人達にとってお約束だが、
ほんとはちょっと違うんじゃないのかな、と。

あの時代に片岡さんが描いていたのは、当時の風景や
風俗とか、そういうことではなく、ちょっと先の時代の
範列(パラダイム)とか、パーソナリティのタイプとか
そういうフォルマリックな様式の空間だったのでは、、
そう考えるとかつて読んだ彼の作品の細部まで、色彩を
伴って克明に思い出せるような気がしてならない──。


同じ時代を生きてきた片岡さんの一方的な知合いたちに
そのことをどう思うか、確認したくなったわけです。


466 :無名草子さん:2006/02/19(日) 15:29:39
こーゆー臭い文章の後にどんなレスをつけろと・・・
switchで新井某が書きまくってる駄文よりはましかもしれぬが

467 :無名草子さん:2006/02/19(日) 18:16:38
なに臭いんだか

468 :無名草子さん:2006/02/19(日) 21:23:12
栗の花

469 :無名草子さん:2006/02/19(日) 21:49:49
うほっ、いまちょうどヌいていたんだわ。

470 :無名草子さん:2006/02/19(日) 22:54:32
クサさ加減が斉藤純みたいだなあ。。

471 :無名草子さん:2006/02/19(日) 23:06:04
いつもより大きな排気音のKAWASAKIって、
マフラーに錆び穴あいてませんでしたか?

472 :無名草子さん:2006/02/20(月) 02:06:26
いつもより大きな排気音のKAWASAKIってのは、直管タイプのマフラーの、
彼の小説によく登場する旧車と思われ。

>>KAWASAKIのイグニッションキーをひねると・・・・
オートバイは、キーをひねってもエンジンかからない。。。

473 :無名草子さん:2006/02/20(月) 18:58:43
さて、今年も魚座の最後の日が近いね
なにかお祝いしよう

474 :無名草子さん:2006/02/25(土) 11:19:06
「魚座の最後の日」までには、まだ1ヵ月くらいありますよ

475 :無名草子さん:2006/02/25(土) 15:31:56
もう一ヶ月しかないよ

476 :無名草子さん:2006/02/25(土) 20:26:56
ここもご多分に漏れず、話題の作り出せない香具師が多いな。
せっかく美味しい話題を振ったのがいるのに、。

477 :無名草子さん:2006/02/25(土) 22:01:13
美味しい話題って

「いつもより大きな排気音のKAWASAKI」

ですか?

478 :無名草子さん:2006/02/26(日) 09:08:50
476 名前:無名草子さん 投稿日:2006/02/25(土) 20:26:56
ここもご多分に漏れず、話題の作り出せない香具師が多いな。
せっかく美味しい話題を振ったのがいるのに、。

476 名前:無名草子さん 投稿日:2006/02/25(土) 20:26:56
ここもご多分に漏れず、話題の作り出せない香具師が多いな。
せっかく美味しい話題を振ったのがいるのに、。



479 :無名草子さん:2006/02/26(日) 10:47:08
美味しい話題って

「いろんとこに隠し味」

ですか?

480 :無名草子さん:2006/02/26(日) 12:14:12
てか、人になんかいわれないと
アクションできないやつ、大杉。

片岡のファンも、質が落ちたな。


481 :無名草子さん:2006/02/26(日) 23:57:56
ふ〜〜〜〜ん

482 :無名草子さん:2006/02/27(月) 03:39:17

>463=>476
せっかく美味しい話題の力作だったのにね。
本人乙!


483 :無名草子さん:2006/03/01(水) 19:56:27
F&E新連載「本を読め」
初回はなぜか写真集
読めるか!?(笑)

484 :無名草子さん:2006/03/03(金) 16:55:53
カウボーイ・スタイルのコーヒー

485 :無名草子さん:2006/03/04(土) 09:31:50
ロードサイド・ダイナー

486 :無名草子さん:2006/03/04(土) 13:49:51
黄色のローレル

487 :無名草子さん:2006/03/05(日) 20:34:04
>>465

「ラジオが泣いた夜」のあとがきを読んでみてよ
都筑道夫との対談のなかでこう言っている

自分の感覚や肉体をフルに総動員して感じとれるものというと、
現在という時間しかないのです。

過去でも未来でもなく、描いてきたのは「現在」だと思うよ。

488 :無名草子さん:2006/03/05(日) 21:23:19
きみは、何なの?

489 :無名草子さん:2006/03/06(月) 19:55:44
きみはほんとに、きみなんだねえ

490 :無名草子さん:2006/03/07(火) 13:42:47
今日このスレを見つけたので
ものすごい亀レスなのだが。
このスレの最初の方で
「大雨に巻き込まれる車で移動中の話」って
「最大瞬間風速」のことじゃあるまいか……
と今更つぶやいてみる。


491 :無名草子さん:2006/03/08(水) 09:39:20
ツマンネ煽りを入れてる連中が何故ここにいるのか?
不思議だ・・・・・

492 :無名草子さん:2006/03/08(水) 20:32:08
誰のこと?

493 :無名草子さん:2006/03/08(水) 21:33:01
ヒント:片岡ファンである以前に2チャンネラー


494 :無名草子さん:2006/03/09(木) 22:34:46
俺のことではなさそうだな

495 :無名草子さん:2006/03/09(木) 22:52:01
テディ片岡は煽りの元祖

496 :無名草子さん:2006/03/10(金) 01:20:25
衣食は足りているか?

497 :無名草子さん:2006/03/10(金) 20:12:22
なんとかね

498 :無名草子さん:2006/03/11(土) 19:38:35
白すぎる

499 :無名草子さん:2006/03/11(土) 19:41:47
幸せの白い・・・・ほんまかいな

500 :無名草子さん:2006/03/11(土) 20:21:11
500記念sage

そろそろドスの効いたエッセイが読みたい

501 :無名草子さん:2006/03/12(日) 09:03:45
そろそろ片岡のオートバイ小説からは卒業したい

502 :無名草子さん:2006/03/16(木) 15:38:59
そろそろ2ちゃんから卒業したい

503 :無名草子さん:2006/03/16(木) 15:39:50
今すぐやめろや

504 :無名草子さん:2006/03/16(木) 16:02:17
2ちゃんのビジネスモデルは何なの?

505 :無名草子さん:2006/03/16(木) 22:56:55
そんなの片岡義男とは関係ない


506 :無名草子さん:2006/03/16(木) 23:03:30
脱線を許さない狭量な指向はある意味片岡と重なるものがある。

507 :無名草子さん:2006/03/16(木) 23:05:01
ほめてくれてありがとう

508 :無名草子さん:2006/03/17(金) 14:17:53
関係ない事、書くな!

509 :無名草子さん:2006/03/17(金) 15:55:06
♪あいうぉ〜んちゅ〜

510 :無名草子さん:2006/03/18(土) 00:16:43
お〜れのっ肩を〜抱き締め〜てくれ〜

511 :無名草子さん:2006/03/18(土) 00:22:07
おまえんがあ〜ん欲しい〜

512 :無名草子さん:2006/03/18(土) 00:28:47
おちんこ〜こぉすぅるぅ〜

513 :無名草子さん:2006/03/18(土) 00:30:47
あっは〜んヨシオ〜ん

514 :無名草子さん:2006/03/18(土) 00:35:37
理由う〜っなんてえ〜ないさあ〜

515 :無名草子さん:2006/03/18(土) 01:00:59
おまんこ〜ほしぃ〜

516 :無名草子さん:2006/03/18(土) 01:39:53
よしおに老いは似合わないけど、老いたね

517 :無名草子さん:2006/03/19(日) 02:54:07
大分ね

518 :無名草子さん:2006/03/19(日) 11:38:19
おお痛

519 :無名草子さん:2006/03/19(日) 12:50:07
この流れ糞ワロタ

520 :無名草子さん:2006/03/19(日) 19:15:14
>463がせっかく切ない青春エッセイをカキコしてるのに何だ!この流れは!!
あは〜〜ん

521 :無名草子さん:2006/03/19(日) 23:38:52
いや〜〜ん

522 :無名草子さん:2006/03/19(日) 23:49:07
すっごく良いスレになってきたね。

523 :無名草子さん:2006/03/20(月) 14:09:33
おめでとう

524 :無名草子さん:2006/03/20(月) 14:30:04
悪貨は良貨を駆逐するって誰だっけ?

525 :無名草子さん:2006/03/20(月) 21:31:28
ハッピー バースデイ !!!

526 :無名草子さん:2006/03/20(月) 21:58:24
(´・ェ・`)んー

527 :無名草子さん:2006/03/20(月) 22:03:35
HAPPY BIRTHDAY YOSHIO

528 :無名草子さん:2006/03/20(月) 22:25:32
もう70歳ですね。

529 :無名草子さん:2006/03/21(火) 12:12:22
よしおが70歳!!
信じられん
そろそろ老人小説を書くべきだ
変な日本語で抽象的な会話ばかりしてる男女の小説はもういいよ

530 :無名草子さん:2006/03/21(火) 16:45:15
66歳だよ

531 :無名草子さん:2006/03/21(火) 17:07:01
よしおは66歳か・・。それにしてもトシだよね。
角川文庫の主人公たちも50歳〜60歳になって
腹は出っ張り、老眼ばっちり。更年期障害、成人病。人によっては若年性アルツハイマー
でボケまくり
それでもクールな会話をしてるんだろうね

532 :無名草子さん:2006/03/21(火) 17:11:18
70で釣れました。

533 :無名草子さん:2006/03/21(火) 17:12:21
>529
>変な日本語で抽象的・・・
本質をついてます。

534 :無名草子さん:2006/03/21(火) 23:07:39
>変な日本語で抽象的

そこが好き

535 :無名草子さん:2006/03/21(火) 23:10:15
>534
不思議ちゃんなのですね。

536 :無名草子さん:2006/03/22(水) 05:56:22
「ワシらも、もう年か」
爺さんは言うともなく言った。

537 :無名草子さん:2006/03/22(水) 15:36:28
彼はどこに住んでるの?
鎌倉? 葉山? 実は埼玉だったりして。

538 :無名草子さん:2006/03/22(水) 19:32:20
>537

みんなの心の中に住んでいるのだ

539 :無名草子さん:2006/03/22(水) 21:15:30
>539
ウケケケケッ!
町田だよな、確か

540 :無名草子さん:2006/03/24(金) 20:43:08
片岡さん、カルピス好きなのかなあ

541 :無名草子さん:2006/03/24(金) 20:45:52
町田なのかっ、超絶的にオサレだ。

542 :無名草子さん:2006/03/24(金) 21:09:38
カレーパンとヨーグルト

543 :無名草子さん:2006/03/25(土) 04:33:04
玉川学園前のスーパーで厚揚げを買うんだよね
エッセイや短編の描写で町田駅周辺はよく出てたね

544 :無名草子さん:2006/03/25(土) 06:37:08
カタカナだけの昼食

545 :無名草子さん:2006/03/26(日) 07:20:21
写真集が出るらしいね

546 :無名草子さん:2006/03/26(日) 21:34:21
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4255000700/249-3677312-2220328

ちょっと高いな

547 :無名草子さん:2006/03/26(日) 23:47:58

サーフィンできるようになったのかな?
バイク乗れるようになったのかな?
車運転できるようになったのかな?

548 :無名草子さん:2006/03/27(月) 00:18:48
すべて指くわえて妄想だけに終わったと思われ。

549 :無名草子さん:2006/03/27(月) 00:25:49
それが片岡クオリティ

550 :無名草子さん:2006/03/27(月) 05:26:38
韓国映画に出てませんでしたか?
部屋にずっと閉じ込められてた人のやつ。

551 :無名草子さん:2006/03/29(水) 08:30:08
妄想の天才

552 :無名草子さん:2006/03/31(金) 05:06:42
アメリカで買った、バイクに関する短編を集めたペーパーバックに、
片岡義男が盗作した元が入ってた、有名じゃない作家だから、日本語に翻訳されることも無いだろうからバレないと思ったんだろうな。
よそ者っぽいライダーのあとをつけて行ってみたら崖から落ちて自殺したって話。

553 :無名草子さん:2006/03/31(金) 10:45:59
パクりが多いのはみんな知っているよ・・
片岡は夢も現実も盗作も自作も過去も現在も区別つかない人なのかも

554 :無名草子さん:2006/03/31(金) 10:52:59
>552
いや〜、俺はパクリとはつゆ知らなんだ。
>553 他にどんなパクリがあるの?
是非教えて。

555 :無名草子さん:2006/03/32(土) 21:23:09
パクリのオリジナル読んでみたい。作家名か題名教えてちょ。

556 :553:2006/03/32(土) 23:54:40
パクリと言うか、このネタはあの作品だろうな。。と感じるところがあって、
でもカタオカ流にアレンジされているから、一概に”盗作”とは言えないな

オマージュだね。。

557 :無名草子さん:2006/04/02(日) 13:45:55
なんだかどんどんトーンが弱くなるな
永田メール的ガセか?

558 :無名草子さん:2006/04/02(日) 16:25:14

換骨奪胎はこの国のお家芸

559 :無名草子さん:2006/04/07(金) 05:57:06
ステーションワゴン水没

560 :無名草子さん:2006/04/07(金) 20:06:10
5Bの鉛筆はすぐ減るよ

561 :無名草子さん:2006/04/07(金) 20:35:58
ラジオは泣かない

562 :無名草子さん:2006/04/07(金) 20:37:12
ドライ・マティーニは口きかない

563 :無名草子さん:2006/04/07(金) 20:38:43
一日じゅう空を見ていられるかよ

564 :無名草子さん:2006/04/09(日) 05:41:27
きみを愛するトーストなんか焼けない

565 :無名草子さん:2006/04/09(日) 07:18:37
>564
それ読みたいのですが・・・

566 :無名草子さん:2006/04/11(火) 11:23:36
ブルースを聴きながら「たまごっち」で遊ぼう

567 :無名草子さん:2006/04/16(日) 11:49:19
馬鹿が惚れちゃう

568 :無名草子さん:2006/04/16(日) 16:45:54
アホが惚れてまう

569 :無名草子さん:2006/04/16(日) 18:58:27
朝は味噌汁納豆なんだよ、マーマレードみたいに
甘いもん食ってられるかっ

570 :無名草子さん:2006/04/16(日) 21:19:17
生き方を楽しめません

571 :無名草子さん:2006/04/18(火) 15:11:03
今日は良い日だ、暖かいし。

実は某古本屋でテディ片岡の『だじゃれ笑学校』を手にいれた
105円だった、けっこうきれい
ちょっと読んだら、めちゃくちゃおもしろい


572 :無名草子さん:2006/04/18(火) 19:18:02
耳の裏を洗えといった先生は実在したのだろうか。

573 :無名草子さん:2006/04/18(火) 22:05:57
「だじゃれ笑学校」
うらやましい。。。

574 :無名草子さん:2006/04/21(金) 19:19:33
>>524
『グレシャムの法則』
16世紀のイギリス国王財政顧問トーマス・グレシャム
つか、ぐぐれ

「ロンサム・カウボーイ」「10セントの意識革命」

575 :無名草子さん:2006/04/21(金) 20:09:58
ああパイオニア、ああパイオニア

576 :無名草子さん:2006/04/22(土) 11:47:50
ついついまた「ロンサム・カウボーイ」の単行本買っちゃった
おれのより綺麗だったし、105円で売っているのがいやなきした
これで文庫3冊、単行本2册になってしまった
まだ持ってないひとごめんなさい

久々に何編か読んだけど面白かった

577 :無名草子さん:2006/04/22(土) 11:50:09
『ぼくのホームページ』は改装中ですか?
昨日今日と Not Found でした
楽しみに待ちます

578 :無名草子さん:2006/04/26(水) 22:15:26
狙撃者がいる

579 :無名草子さん:2006/04/29(土) 01:01:43
ハードゲイなんてへっちゃら

580 :無名草子さん:2006/04/29(土) 18:22:32
心のママに

581 :無名草子さん:2006/04/30(日) 12:18:09
ヒマだったので高橋源一郎の「人に言えない習慣、罪深い愉しみ」をかってみた
あったあった
『音楽を聴く』についての「批評家としての片岡義男」を読んでみた
冒頭から
「日本語の外へ」がなんで評論家のデビューなんだい?
「ぼくはプレスリ−が大好き」「10セントの意識革命」なんて読んだ事ないんかい
それでよく文筆業やってるよ、事実を書きなさい
だいたいタイトルがD.バーテルムのサンリオ文庫のパクりじゃなよか
ちゃんと俺もってるから、直ぐわかった
でも同じ本の「七月の水玉」についての文章はなかなかよい。

582 :無名草子さん:2006/05/07(日) 01:06:57
夕日のシャンプーライダー

583 :無名草子さん:2006/05/07(日) 02:18:51
いまどき、放浪のライダーが小学校の校庭とかに入り込んで
頭なんざ洗ってたら・・・

584 :無名草子さん:2006/05/07(日) 02:20:33
http://blog.excite.co.jp/switch-kataoka/

585 :無名草子さん:2006/05/08(月) 00:16:08
>>552
> アメリカで買った、バイクに関する短編を集めたペーパーバックに、
> 片岡義男が盗作した元が入ってた、有名じゃない作家だから、日本語に翻訳されることも無いだろうからバレないと思ったんだろうな。
こういうのってタイトルだせば簡単に検証できるんだから、思わせぶりに明かさないんじゃ
なくて、ちゃんと書いてくれりゃいいのに。
〜という短編がそっくりなんだけど、どう思うと書いたほうがいいと思う。
元を出さずに盗作だ、と決め付けるのって単なる中傷というか、一歩間違えれば犯罪じゃない?

586 :無名草子さん:2006/05/08(月) 21:30:01
>>586
552はこのスレの永田メールと言われてるんだよ
結局とんずら

587 :無名草子さん:2006/05/09(火) 22:28:14
今でてるコヨーテで荷風をやってるね、
あの雨ん中で傘に入れてあげるやつ。

588 :無名草子さん:2006/05/22(月) 21:18:08
日本語で生きてます

589 :無名草子さん:2006/05/23(火) 21:29:28
ぼくはプレスリーよりもビートルズが大好き

590 :無名草子さん:2006/05/23(火) 21:40:58
さっきから、俺の家に電話している。誰も居ない。

591 :無名草子さん:2006/05/25(木) 06:13:43
今日は古本屋にいったら、片岡氏がF&Eの『本を読め』で紹介していた
"Nickel and Dimed"があったので買った。
あとJamesFrey "A Million Little Pieces"、
Rebbecca Wells"Divine Secrets of the Ya-Ya Sisterhood"も
各105円なり


592 :無名草子さん:2006/05/25(木) 20:41:31
105円の意識革命

593 :無名草子さん:2006/05/25(木) 21:56:04
幸せは105円

594 :無名草子さん:2006/05/25(木) 21:57:38
and I love \105

595 :無名草子さん:2006/05/25(木) 21:58:46
いい105円を、と誰もが言った

596 :無名草子さん:2006/05/25(木) 22:39:53
105円の島、105円のオートバイ

597 :無名草子さん:2006/05/25(木) 22:40:37
スローな105円にしてくれ

598 :無名草子さん:2006/05/26(金) 05:30:41
スターダスト・105円

599 :無名草子さん:2006/05/26(金) 09:51:24
ぼくは105円が大好き

600 :無名草子さん:2006/05/26(金) 19:25:48
人生は105円

601 :無名草子さん:2006/05/26(金) 19:26:53
いつもより大きな排気音のKAWASAKI

602 :無名草子さん:2006/05/26(金) 19:40:40
本人このスレ読んで感無量だろうなw

603 :無名草子さん:2006/05/26(金) 19:54:56
ワンダー・片岡・義男・ランド

604 :無名草子さん:2006/05/26(金) 21:32:23
友よ、また105円

605 :無名草子さん:2006/05/26(金) 21:41:19
片岡105円義男

606 :無名草子さん:2006/05/27(土) 10:26:24
105円のロマンス

607 :無名草子さん:2006/05/27(土) 10:31:05
昔やってたラジオ番組(気まぐれ飛行船、だったか?)って聞いた子とある奴いる?

608 :無名草子さん:2006/05/27(土) 17:04:24
いるよー でも子供だったからあの放送時間はツラかった

609 :無名草子さん:2006/05/27(土) 17:06:09
コカ中毒の人と俳句ひねってたやつですね。

たしかCMは105円の小説から・・・・だったような

610 :無名草子さん:2006/05/28(日) 03:24:31
とにかく疑問なのは、KAWASAKIの排気音が、
なぜ、いつもより大きかったかだ

611 :無名草子さん:2006/05/28(日) 16:28:55
それはボンカレーを貼り付けすぎて共振したからだと思ふ。

612 :無名草子さん:2006/05/28(日) 21:56:49
>>607
聞いてたよ。高校生だった。創刊したばかりの月刊宝島を愛読するサブカル少年だった。
当時、片岡氏は35歳ぐらいだったんだなー。しみじみ。


613 :無名草子さん:2006/05/28(日) 23:21:12
安田南さんというジャズシンガーがお相手だつたような。

614 :無名草子さん:2006/05/28(日) 23:50:25
安田南はその頃、晶文社から『南の30歳宣言』という本を出した。
30のオバハンかー、と思ったよ。その後、クスリ関係で消えたらしい。


615 :無名草子さん:2006/05/29(月) 00:52:06
ヤク・クスリまみれなのねw

616 :無名草子さん:2006/05/29(月) 19:20:25
温水ゆかり も出ていたよ

617 :無名草子さん:2006/05/30(火) 19:58:42
アメリカの銃はリアリズムだ、と多くの人に思われているが、
リアリズムという面は確かに持ちつつも、基本的にはファン
タジーなのだ。ファンタジーとしての銃。アメリカの理念を
押し立て前進させていくのが銃であるとして、その銃がじつ
はファンタジーなのだとすると、理念もまたファンタジーで
はないのか。銃で渡り合う敵はファンタジーを成立させる敵
役だ。そして戦場は、ファンタジーを限りなく現実へと接近
させる、悲しい試みの場だ。

http://blog.excite.co.jp/switch-kataoka/


・・・ここまで言うのかい??
なんか、悲しくなってきた

618 :617:2006/05/30(火) 20:09:22
ファンタジーとしての万年筆。片岡義男の空想を 、押し立て
前進させていくのが万年筆であるとして、その万年筆が実は
ファンタジーなのだとすると、空想は無論、ファンタジーで
ある。万年筆を滑らせる原稿はファンタジーを成立させる敵
役だ。そして出版社は、ファンタジーを限りなく現実へと接
近させる、悲しい試みの場だ。





619 :617:2006/05/30(火) 20:10:34
そしてすべては105円

620 :無名草子さん:2006/05/30(火) 21:46:55

ロンサム105円

621 :無名草子さん:2006/05/30(火) 23:17:21
105円の朝

622 :無名草子さん:2006/05/31(水) 00:01:25
気まぐれ飛行船って何年ごろの放送だったっけ?
オーディオテクニカが提供だったという記憶があるけど、違うかな?

623 :無名草子さん:2006/05/31(水) 00:06:24
>>622
メインスポンサーは角川書店じゃね?
春樹社長の全盛期で、
『野性時代』に片岡さんがバリバリ書いていたころだし。
79年〜82年頃か。

624 :無名草子さん:2006/05/31(水) 00:16:48
>>623
1975年〜88年までやってたよ。

625 :無名草子さん:2006/05/31(水) 21:21:35
もう一度   時には星の下で眠る  と   ボビーに首ったけ  が読みたいです

626 :無名草子さん:2006/05/31(水) 22:52:46
>>625
読めない幸せをかみしめるべきですよ。
それくらい薄っぺらな世界だったのです、片岡も俺たちも時代も・・・

627 :無名草子さん:2006/06/01(木) 00:57:12
一日じゅう105円を見ていた

628 :無名草子さん:2006/06/01(木) 21:34:02
読書するなら”赤い”背表紙
ジャズを聴くなら”ブルー”レーベル
昼飯は”オレンジ”の看板の吉野家

こんな日常でつ



629 :無名草子さん:2006/06/01(木) 23:34:09
帰宅時、キオスクでオレンジ色の憎い奴。

630 :無名草子さん:2006/06/02(金) 09:11:18
>>629
古いなー。オレも知ってるけど。

631 :無名草子さん:2006/06/03(土) 21:03:43
オレ知らない。。教えてくれ〜〜

632 :無名草子さん:2006/06/03(土) 23:16:09
>>631
夕刊フジ、創刊時のキャッチコピー。

633 :631:2006/06/04(日) 05:03:45
>>632

ありがと 

634 :無名草子さん:2006/06/04(日) 20:44:36
ペーパーバックなんか紹介されても英語わかんないから読めない


635 :無名草子さん:2006/06/04(日) 21:28:30
>>614
> 安田南はその頃、晶文社から『南の30歳宣言』という本を出した。
> 30のオバハンかー、と思ったよ。その後、クスリ関係で消えたらしい。
この人って今何やっているの?
ぐぐっても良くわからん。

636 :無名草子さん:2006/06/05(月) 09:28:04
>>635
もう還暦過ぎてるよねー。
すでに鬼籍に入ったか、あるいは、どこか喫茶店かバーのママにでも
なってるか……

637 :無名草子さん:2006/06/06(火) 22:39:24
昔の作品、ストリップ嬢とかポルノ女優がよくでてくるね

638 :無名草子さん:2006/06/08(木) 21:37:36
ストリップ嬢と童貞 くま焼酎

639 :無名草子さん:2006/06/08(木) 21:47:01
女がなにもできなくなる一週間

640 :無名草子さん:2006/06/10(土) 12:08:04
>>632
Read the book
「本を読め」だ、日本語本でもかまわない
でも日本語では読めない本ばかりだ。読みたいじゃないか
読もうよ英語で。2〜3年頑張ればなんとかなるよ
音声はVOAとかでなんとかなる。
オレなんか今45だけど、42から適当にやってきてもう何十冊も読んでる。

昨日も帰りの電車の隣に受験生らしき青年が単語帳をめくってた
book=本じゃないって、何年もいわれ続けているのに変わらないんだよね
かわいそう


641 :無名草子さん:2006/06/11(日) 01:40:02
book=本で理解する事が必要な時期があるんだよ
特に名刺はその理解の方がずっと早い

642 :無名草子さん:2006/06/11(日) 02:30:43
book=本  ではないの???

643 :無名草子さん:2006/06/12(月) 21:03:09
ものっそい遅レスだけど

>>83
女性のなんでもない日常の1年間をつづった小説って
・深緑色の車に桜の花びらが散っていて、そのまま街を走る
・深夜の帰宅後にシャワーを浴びて、バニラアイスにラム酒をかけて食べる
・ぐっすり眠っていて、目覚める時に足の親指をまず動かす
とか
そういうステキなやつですよね?
私も読みたくてたまりません。が、タイトル失念。
どなたか教えてください。
中学生のときに憧れて、バニラアイスにラム酒を真似して、おえおえしたよ。


644 :無名草子さん:2006/06/14(水) 20:22:54
>>642
Look it up in your dictionary.

645 :無名草子さん:2006/06/14(水) 21:51:52
某三○堂の和英&英和辞典をひいてみたけど

book
本; 聖書; 巻, 編; 台本; ノート; 通帳; 帳簿; (pl.) 会計簿; (pl.)
名簿; (the 〜) 電話帳; 【競馬】かけ帳; (切手・小切手・マッチなどの)
とじ込み帳.

ほん 本
a book; a volume;

??????

646 :無名草子さん:2006/06/15(木) 08:32:14
>>643

日本語でも辞書引いて下さい


647 :無名草子さん:2006/06/16(金) 22:20:52
>>636
数年前までなら、JAZZ関係には消息がつかめていたようだ。

お気に入りジャズボーカリスト
http://www2.cc22.ne.jp/~k_e.leya/sub2.htm

648 :無名草子さん:2006/06/20(火) 23:54:21
海を呼びもどす

649 :無名草子さん:2006/06/22(木) 01:38:03
ほほよせてホノルル

650 :無名草子さん:2006/06/28(水) 20:52:04
俺のハートがNoという

651 :無名草子さん:2006/06/29(木) 11:06:22
彼はいま羊飼い

652 :無名草子さん:2006/07/01(土) 16:27:52
「バラッド30曲で一冊」を読んで
まねしてケチャップのビンを床に落としてみたが、
・・・割れなかったよ

653 :無名草子さん:2006/07/01(土) 16:31:20
そりゃ先生に耳の後ろ洗えって言われた人だもの。

654 :無名草子さん:2006/07/01(土) 21:28:07
小説のような恋愛を求めて生きてきたのだけど、
なにかのエッセイで、
「自分の書く恋愛小説は、男女がまったく対等な関係であって、
現実にはあり得ない」
とか言っててさ・・・・

ちぇッ

655 :無名草子さん:2006/07/01(土) 22:26:39
片岡は不思議ちゃんの演出が旨かっただけなんだよ。
しかし時代は変わり、今じゃただの馬鹿としか思えないけどね。

656 :無名草子さん:2006/07/01(土) 23:38:24
30代前半の女性2人と話してて、なにかのはずみで片岡義雄の名前が出たんだけど
2人とも見事に知らなかった。

657 :無名草子さん:2006/07/02(日) 01:03:31
僕のジーンズはいつもリーバイス517だから

658 :無名草子さん:2006/07/02(日) 21:44:50
最近、20代前半くらいの女性に静かなブームがおきているよ
きっかけは、
「お父さんの本棚に赤いのがたくさんあったので読んでみたら面白かった」
だとか

659 :無名草子さん:2006/07/02(日) 23:55:09
チョー嘘クセー。

660 :無名草子さん:2006/07/03(月) 04:15:11
>>658-659
ワロスwww
素朴だが、掛け合いが面白い

661 :無名草子さん:2006/07/03(月) 04:18:31
このブログ知ってる?
http://ameblo.jp/kataoka/

662 :無名草子さん:2006/07/06(木) 23:20:37
「先見日記」がもし今も続いていたなら、
”ミサイル”ネタを書いたかなあ

663 :無名草子さん:2006/07/07(金) 00:12:09
>>657
517って最近またキテるんだよなあ・・・・・時代は回る

664 :無名草子さん:2006/07/08(土) 15:46:45
確かに517完全復活ですね。現在は日本製かアジア生産品だけで、憧れたUSA製はなくなりました。しかもローライズになり往年の面影がないのが残念ですが。

665 :無名草子さん:2006/07/11(火) 20:15:20
「湾岸道路」の芙美子さん
「あの胸にもう一度」のレベッカ
「ルパン三世」の峰不二子
国井律子


いちばん晴ーれーの似合う女は?

666 :無名草子さん:2006/07/11(火) 23:42:27
俺、ハワイの日系2世の孫なんで
この人のエッセイなんかはすごく親近感を感じるよ

667 :無名草子さん:2006/07/12(水) 08:37:01
名前はダミアン?>>666

668 :無名草子さん:2006/07/16(日) 10:54:28
何処か、バイクで涼しい所へ行って
おにぎりをほおばりつつ、ほうじ茶をすすりたいなぁ

669 :無名草子さん:2006/07/16(日) 12:35:04
それいいね。
おにぎりすすりつつ、ほうじ茶ほおばることはよくやるけど。

670 :無名草子さん:2006/07/16(日) 17:11:52
バイクは2気筒、シートにはサドルバッグ
雨の中、高原を目指す。。

671 :無名草子さん:2006/07/16(日) 18:18:26
たしかにBookOFFは105円は多いね



672 :無名草子さん:2006/07/17(月) 21:28:42
なじみの居酒屋でおにぎりを作ってもらい、
バイクで遠出して、お月見しながら食べる

・・って話があったような。。

673 :無名草子さん:2006/07/20(木) 22:04:54
誰もが今105円



674 :無名草子さん:2006/07/20(木) 22:49:22
彼女の島105円の僕

675 :無名草子さん:2006/07/21(金) 10:16:50
105円の意識革命


676 :無名草子さん:2006/07/22(土) 00:00:22
ポケットのコインを数えてからダイアルをまわした。
7回呼び出し音が聞こえてから、ようやくワイフが出た。

677 :無名草子さん:2006/07/29(土) 01:44:19
>83
>643
遅レスにさらに遅レスで申し訳ないが
タイトルは
「And I Love Her」
だ、ビートルズの曲目と同じだが、文庫版の後書きには
義男の女友達に宛てたラブレターの代わりと書いて有る。

678 :無名草子さん:2006/07/30(日) 18:36:46
105円の本を読め


679 :無名草子さん:2006/08/01(火) 18:59:43
F&E+片岡 企画のCDが出るらしいね

680 :無名草子さん:2006/08/02(水) 01:11:45
もうすぐボビーの命日だね。

681 :無名草子さん:2006/08/02(水) 01:42:12
こないだK1出てたぞ

682 :無名草子さん:2006/08/02(水) 09:30:46
千葉ろっての監督もしてるよ

683 :無名草子さん:2006/08/03(木) 22:31:00
坦々とストーリーが進行していって、
最後にバイクの事故とかで死んじゃうのって、
だれが最初に考えたんだろう

義男ではないはず




684 :無名草子さん:2006/08/03(木) 23:50:41
アメ物のパクリ多いらしいよ。

685 :無名草子さん:2006/08/04(金) 14:25:15
「さすらいのライダー」の影響受けてるな。

686 :無名草子さん:2006/08/04(金) 15:43:29
Two Lane Blacktop

687 :無名草子さん:2006/08/05(土) 04:34:53
La motocyclette
(Andre Piyeyre de Mandiargues)

688 :無名草子さん:2006/08/05(土) 04:38:20
Zen and the art of motorcycle maintenance
(Robert M.Pirsig)

689 :無名草子さん:2006/08/05(土) 04:39:12
Free & Easy

690 :無名草子さん:2006/08/05(土) 10:28:44
THE WILD ONE

691 :無名草子さん:2006/08/05(土) 10:38:34
昨日田舎のブックオフにいったら
角川文庫の初期作品あったのでゲットしてきた
4册目の文庫『ロンサムカウボーイ』の白背表紙(この為だけのために)、
2册目の文庫『友よ、また逢おう』のオビつき(この為だけのために)
保存状態悪いけどかってきた、かく105円。

ついでに書いておくと、5册目のマーマレードまでは初版本は
赤背表紙ではありません、白背表紙です。写真は同じ。

おまけ
『湾岸道路』は表は全て一緒ですが
初版には裏表紙に写真があります、それ以外は真っ白。

「さすらいのライダー」ってマイケルパークスだったっけ?
たしかLPレコードが何処かにあるはず、テーマ曲がすきだった


692 :無名草子さん:2006/08/05(土) 12:53:45
友よ、また105円

693 :無名草子さん:2006/08/05(土) 15:26:00
いい味噌汁を、と誰もが言った

694 :無名草子さん:2006/08/05(土) 15:27:39
味噌汁に首ったけ

695 :無名草子さん:2006/08/05(土) 15:32:22
おい美治、踏み込め

696 :無名草子さん:2006/08/05(土) 16:45:44
どタヌキってかいてあるほうがうまいぞ

697 :無名草子さん:2006/08/05(土) 16:47:35
あのね、アルミフォイルにごはんをちょーだい

698 :無名草子さん:2006/08/05(土) 16:52:53
ギャロビッチに缶ビールちょーだい

699 :無名草子さん:2006/08/05(土) 16:54:32
もし君らが「美代子」って女性と付き合ってると仮定して、
「ミーヨ」って呼べるかい?
それだけで片岡さんは偉大だと思う。

700 :無名草子さん:2006/08/05(土) 22:44:41
「ミーヨ」

701 :無名草子さん:2006/08/05(土) 23:33:23
だれからオートバイのことを教わったの?柏秀樹さん?
だれからサーフィンのことを教わったの?ジェリー・ロペス?

702 :無名草子さん:2006/08/07(月) 09:47:46
105円の意識革命

703 :無名草子さん:2006/08/09(水) 05:57:09
「みーよ」

704 :無名草子さん:2006/08/09(水) 06:04:49
「美〜代」

705 :無名草子さん:2006/08/12(土) 14:51:22
もう角川文庫は絶版になってるからブックオフに行かないとみれないんだよね


706 :無名草子さん:2006/08/12(土) 19:54:07
ミーヨ105円だよ

707 :無名草子さん:2006/08/14(月) 19:24:35
みんなお盆は何をしてるの?
ぼくは「日本語の外へ」を読み直したよ

708 :無名草子さん:2006/08/15(火) 22:15:35
http://www.universalmusicworld.jp/f-and-e/uicy4273/index.html


709 :無名草子さん:2006/08/15(火) 22:20:26
>>707
¥105握りしめて旅に出ました。

710 :無名草子さん:2006/08/15(火) 23:02:22
友よ、また105円

711 :無名草子さん:2006/08/16(水) 23:20:02
俺のハートが105円と言う

712 :無名草子さん:2006/08/16(水) 23:37:21
105円の育てかた

713 :無名草子さん:2006/08/17(木) 00:00:26
105円の荒野へ

714 :無名草子さん:2006/08/17(木) 00:17:11
片岡105円男

715 :無名草子さん:2006/08/17(木) 03:28:30
F&EのコラボCD買ってあげようよ・・105円じゃないけど

716 :無名草子さん:2006/08/24(木) 22:05:17
スローな105円にしてくれ

717 :無名草子さん:2006/08/26(土) 13:43:17
朝になったら105円

718 :無名草子さん:2006/08/31(木) 23:11:01
片岡さんの書いたあとがきを集めてんだけど
河野典生著『熱狂のデユエット』だけ見つからない

持っている方いらしたらどんな内容か教えてください

719 :無名草子さん:2006/09/01(金) 14:23:24
、            
【盗作3バカ】スレに

本人後輪中?! 盗作犯人同士が激しいバトル中?!



720 :無名草子さん:2006/09/08(金) 19:32:41
だれかCD買ったかな??

721 :無名草子さん:2006/09/08(金) 21:27:39
ロンサム105円

722 :無名草子さん:2006/09/09(土) 07:20:18
野菜スープの人生なんていやだ


723 :無名草子さん:2006/09/09(土) 09:20:35
ご飯ちょうだい

724 :無名草子さん:2006/09/11(月) 14:53:24
>>691初耳

725 :たっくん:2006/09/11(月) 15:29:10
Webサイトを立ち上げました。

無料の小説投稿サイトです。
小説を書きたい方、小説を読みたい方、投稿から感想まで
なんでもOK!!

是非ご覧下さい。

http://www.e-novels.jp



726 :無名草子さん:2006/09/14(木) 14:12:12
カヌーで来た男

727 :無名草子さん:2006/09/14(木) 20:51:15
カヌーできた105円

728 :無名草子さん:2006/09/15(金) 01:09:45
馬鹿が惚れちゃう

729 :無名草子さん:2006/09/17(日) 23:27:06

             / ) / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            ./ / | もう来ねぇよ!
           / /  \          / ̄ ̄ ̄
           / /     ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄|  ウワアアン!
         ./ /       , -つ     \       
         / / `Д´)  ./__ノ        ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄
        /    \ / /   ⊂_ヽ、
        .|    へ/ /      .\\ 
        |    レ'  /、二つ       \ ( `Д´)
        |     /.          . >  ⌒ヽ
       /   /             /    へ \
       /  /               /    /   \\
      /  /               レ  ノ     ヽ_つ
     / ノ               /  /
   _/ /                /  /|
  ノ /                 ( ( 、
⊂ -'                    |  |、 \
                     .  | / \ ⌒l
                       | |   ) /
                      ノ  )   し'
                     (_/


730 :無名草子さん:2006/09/18(月) 21:01:11
カヌーで来てね
あるいは
いつもより音の大きなカワサキで

731 :無名草子さん:2006/09/19(火) 02:13:36
私は京都で育った。
京都の秋もいいです。
彼は本当に好きな所をぐっと我慢してか書かず、
ちらっと書いて、
「コーヒーを飲みに行く」などと誤魔化してる。

というのがバレてる。

732 :無名草子さん:2006/09/19(火) 19:05:13
だって、お坊ちゃん育ちだから
本音はなかなか言えないのです
よい子よい子

733 :無名草子さん:2006/09/27(水) 20:55:10
誰か知ってたらタイトル教えて

4駆に乗ってるっていったら
レンジローバーかってきかれて
プレッシャーかけないでください

みたいな会話がでてくるやつ

734 :無名草子さん:2006/10/03(火) 02:39:52
ターザンに聞けば教えてくれるよ

735 :無名草子さん:2006/10/08(日) 15:46:24
片岡義男の『ロンサムカウボーイ ミッドナイトクルージング』てあったよね?

736 :無名草子さん:2006/10/09(月) 08:08:18
>>735

オールナイト・ニッポンの特番のことかな
パイオニア提供で、放送されたのは83or84年ころだと思う

737 :無名草子さん:2006/10/12(木) 19:14:06
懐かしい〜
あれはオールナイトニッポンだったのか?

738 :無名草子さん:2006/10/15(日) 21:19:20
私立探偵マッケルウェイの続編を書いて欲しい

739 :無名草子さん:2006/10/18(水) 19:45:30
宝島の年間定期購読料金は5760円でした
ちなみに昭和49年当時

740 :無名草子さん:2006/10/19(木) 21:18:45
続編といえば、限りなき夏の続きを頼む
1はイントロダクションだよ、導入部。
あれで終わりはないよ、あれじゃ終わりなき夏だよ

741 :無名草子さん:2006/10/20(金) 19:04:14
丘の上の愚か者は頭の中の目で何を見たのだったか


742 :無名草子さん:2006/10/21(土) 19:48:59
だれかホーボーの話をしていなかった??
これのことかな↓

宝島73年11月号
対談「ホーボーだって本を読むのです」
長谷川四郎&片岡義男

743 :無名草子さん:2006/10/23(月) 14:36:00
ボビーに首ったけのOVAが良すぎでした
私の青春が重なっていたんです


744 :無名草子さん:2006/10/30(月) 02:02:33
どういうふうに?

745 :無名草子さん:2006/10/31(火) 19:29:01
「ミーヨ、重なろう」

746 :無名草子さん:2006/11/01(水) 20:03:06
「105円くれるならいいよ」

747 :無名草子さん:2006/11/01(水) 20:19:23
「その105円をブクオフで遣うのかい」

748 :無名草子さん:2006/11/03(金) 09:12:06
今日車に乗ってたら、前に旧いスカGが走ってて
そのリアウインドーにあのLONESOME CAR BOY
のステッカーが貼ってあった


749 :無名草子さん:2006/11/03(金) 18:28:25
きっと助手席のダッシュボードに
妻の若いころの写真とか貼ってたりして。。

750 :無名草子さん:2006/11/03(金) 19:57:50
>748
いいね

751 :無名草子さん:2006/11/04(土) 02:41:33
>>748なつかし

752 :無名草子さん:2006/11/04(土) 23:34:53
でもカーステはBOSEだったりする。

753 :無名草子さん:2006/11/11(土) 19:46:01
大人の音楽談義 

754 :無名草子さん:2006/11/16(木) 20:52:34
夏から秋にかけての短編。を読もうとおもう。

755 :無名草子さん:2006/11/18(土) 18:05:44
「追い風はホワイト・ブルース、向かい風がアメリカン・ソウル。
紫の平原が、二車線のハイウェイが、幻の蒼空に逆さうつし。
アメリカの西部の主人公カウボーイが、どこまでも持ち歩くロンサムとはなにか。
硬すぎる叙情ゆたかに描ききる男の詩」


・・ワンダーランド創刊前の「ロンサム・カウボーイ」の宣伝文句
カッコいいなあ。。

756 :無名草子さん:2006/11/22(水) 07:19:42
かっこいい。

757 :無名草子さん:2006/11/23(木) 12:06:58
これは幻だ 
自分たちは幻を形にしてしまった
あとはこの幻をつくり続けるしかない


・・ワンダーランドが創刊されてまもなく
片岡義男がこう言ったとか

758 :無名草子さん:2006/12/16(土) 09:34:45
中学2年の時から読んでて、今も時々読む。

759 :757:2006/12/17(日) 01:13:52
>>758

自分も中学のときに初めて。。
四半世紀も読み続けてまつ

760 :無名草子さん:2006/12/17(日) 17:09:59
>>758
おれも。

コーヒーもう一杯が最初だった  と思う。

761 :無名草子さん:2007/01/21(日) 01:53:44
小林信彦は未だに日系アメリカ三世というプロフィールを信じているのだろうか。

762 :無名草子さん:2007/01/30(火) 21:25:02
「日本語の外へ」読んだけどアメリカの建国の理念を日本人が一生懸命説明してる姿がなんか悲しい..嗚呼、やっぱ俺らは奴隷なんだなぁ

763 :無名草子さん:2007/01/30(火) 21:30:16
それとアメリカはまだまだ戦いを辞める事は無いと思う。中国っていううってつけの敵がいるじゃないか。あの広大な土地に日米の共同国家建設しようよ。フリーダムとは強くて頭のいい者のみが持つ特権だ

764 :無名草子さん:2007/02/01(木) 22:43:23

「おもいッきりテレビ」にも、ウソ・改変疑惑…あるある糾弾した「みのもんた」、どう答える?★3【ニュース速報+】
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1170306663/l50

765 :無名草子さん:2007/03/15(木) 22:18:57
バイクに乗った青年が自動車のフェンダーミラーをハンマーで壊すのは「真っ赤に燃えるゴリラ」だっけ?

766 :無名草子さん:2007/03/15(木) 22:31:45
>>218
「トウキョウ・ベイ・ブルース」(コバルトシリーズ)に入ってる。
初出は小説ジュニアの1979年の10月号か、秋の増刊号かどちらかだったと思う。

767 :無名草子さん:2007/03/15(木) 22:33:44
>>765
モンキーレンチJamaica?

768 :無名草子さん:2007/03/15(木) 22:42:44
>>767
とりあえずトンクス。マジ?漏れの記憶ではコバルトシリーズの「愛してるなんてとても言えない」の中に入っていたような気がしてるんだが。今、手元にない唯一のコバルトシリーズなので確認したかった。

769 :無名草子さん:2007/03/17(土) 22:51:50
>>768
「彼のオートバイ、彼女の島」にそんなシーンがなかったかい。映像でも見たような気がする。
不正確な記憶で申し訳ないが...


770 :無名草子さん:2007/03/20(火) 22:58:37
>>769
映画にこのシーンはあったかな?

原作ではブーツに忍ばせたモンキーレンチでやるんだよね。
2台追走するのは実行犯のナンバーを見られないよう盾になる。
彼女も後ろから追いかけていって「気持ちよかった」とか言ってた。

771 :無名草子さん:2007/04/01(日) 04:21:55
すみません教えてください
投稿エロ写真の雑誌の女性編集者が主人公の短編があったと思うのですが
どれに収められているのでしょう、題名も思い出せません
中年男性たちが手紙つきで写真を投稿してくる雑誌の編集後記か何かを書いているところで終わる小説なんですが



772 :無名草子さん:2007/04/03(火) 10:46:40

                     /⌒彡:::
                   /冫、 )::: モウ…夏カ…
                  __| `  /::: 軽にあやいかな
                 / 丶'  ヽ:::
                / ヽ    / /:::
               / /へ ヘ/ /:::
               / \ ヾミ  /|:::
              (__/| \___ノ/:::
                 /    /:::
                 / y   ):::
                / /  /:::
               /  /::::
              /  /:::::
             (  く::::::::
              |\  ヽ:::::
                |  .|\ \ :::::
          \    .|  .i::: \ ⌒i::
          \   | /::::   ヽ 〈::
              \ | i::::::   (__ノ:
              __ノ  ):::::
            (_,,/\




773 :無名草子さん:2007/04/03(火) 10:47:40

                     /⌒彡:::
                   /冫、 )::: モウ…夏カ…
                  __| `  /::: 軽にあやいかな
                 / 丶'  ヽ:::
                / ヽ    / /:::
               / /へ ヘ/ /:::
               / \ ヾミ  /|:::
              (__/| \___ノ/:::
                 /    /:::
                 / y   ):::
                / /  /:::
               /  /::::
              /  /:::::
             (  く::::::::
              |\  ヽ:::::
                |  .|\ \ :::::
          \    .|  .i::: \ ⌒i::
          \   | /::::   ヽ 〈::
              \ | i::::::   (__ノ:
              __ノ  ):::::
            (_,,/\




774 :無名草子さん:2007/04/05(木) 13:58:10
>>771
「夢の終わるべきかたち」かな
祥伝社の「なにもないから愛にしましょう」に入ってる

157 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)