5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

吉行淳之介ってどう?

1 :無名草子さん:05/02/14 20:21:53
エッセイや対談の名手と言われているけど、どう?

2 :無名草子さん:05/02/14 21:07:40
>1
大好き。すごく、センスがある作家だと思う。

3 :無名草子さん:05/02/14 21:16:43
やややの話が面白そうだが・・無い。

4 :無名草子さん:05/02/14 22:17:33
age

5 :1:05/02/15 00:30:06
ちくま文庫のエッセイコレクションが欲しい・・

6 :無名草子さん:05/02/15 12:22:37
講談社文庫「鞄の中身」がすごい好きだ。ってか今までスレなかったのかよ

7 :無名草子さん:05/02/15 14:50:51
>1
嫌い。すごく、センスがない作家だと思う。

8 :無名草子さん:05/02/15 15:10:51
>>7
その程度のレス?(プッ

9 :無名草子さん:05/02/15 15:21:44
 ∧∧
(,,゚д゚)ハァ?


10 :無名草子さん:05/02/15 15:23:07
あぐりの息子で和子の兄貴ってだけしかイメージない

11 :無名草子さん:05/02/15 15:33:45
>>7

12 :無名草子さん:05/02/15 16:59:55
イメージ薄いのかぁ・・

じゃあ簡単な略歴。
1924年岡山生まれ。
東京大学英文学科中退。
54年「驟雨」で芥川賞を受賞。
人間性の深淵にせまる作品がある。
94年肝臓がんで死去。70歳

主な作品。
「暗室」(谷崎潤一郎賞)
「夕暮まで」(野間文芸賞)
「星と月は点の穴」(芸術選奨文部大臣賞)
「原色の街」「砂の上の植物群」
その他、小説・エッセイ・対談など作品多数

参考・・新潮文庫など

13 :無名草子さん:05/02/15 17:26:47
「原色の街」ってどう?

14 :無名草子さん:05/02/15 18:44:57
>>13
どの作品も秀逸だと思う。

15 :無名草子さん:05/02/15 23:20:14
阿佐田哲也との関連で知ってる。

16 :無名草子さん:05/02/16 02:51:11
下ネタが多くていいね

17 :無名草子さん:05/02/16 03:32:43
下ネタが多くていいとか言うバカがいますね。

18 :無名草子さん:05/02/16 22:39:35
開高健と共著の「対談 美酒について」ってどう?

19 :無名草子さん:05/02/18 01:21:07
age

20 :無名草子さん:05/02/18 02:19:58
恐怖対談が好き。

21 :無名草子さん:05/02/18 10:16:20
オチが無いのに(ないから?)感動する話が多い。そういう技術はものすごいと思う

22 :無名草子さん:05/02/19 15:22:58
age

23 :無名草子さん:05/02/20 04:59:33
波瀾万丈な人。妹猫好きだし。

24 :無名草子さん:05/02/20 21:04:17
絶版や品切れがヤケに多い・・。

25 :無名草子さん:05/02/21 18:17:06
軽妙なエッセイが面白い

26 :無名草子さん:05/02/23 00:42:17
 

27 :無名草子さん:05/02/23 22:26:26
砂の上の植物群ってどうよ?

28 :無名草子さん:05/02/23 22:54:00
「湿った空乾いた空」が好き
海外旅行記なのだが、身辺のこまごまとした出来事だけを
書いている。単行本では同行の宮城まり子を実名で書いてあったが
文庫本ではMMとなっていたか、実名は伏せてある。
これも今は品切れかなあ・・・

29 :無名草子さん:05/02/24 12:54:19
高校の教科書で、『童謡』を読んではまった。
終始平坦な作風が好きだ。

30 :無名草子さん:05/02/25 19:45:38
子供の領分面白かった。

31 :無名草子さん:05/02/26 20:57:03
吉行ファンって少ないんだね

32 :無名草子さん:05/02/27 01:11:17
>>31
吉行ファンでネットやっているのが少ないんだろう。

33 :無名草子さん:05/02/27 02:02:40
ねたが無いし

34 :無名草子さん:05/02/27 02:06:49
ネタがないんじゃなくてネタふりに反応してないだけだろ

35 :無名草子さん:05/02/27 04:50:08
文学板での悪行がたたって、
みんなに警戒されているという理由もあるのでしょうね♪

36 :無名草子さん:05/03/02 23:31:25
age

37 :無名草子さん:05/03/06 18:25:49
夕暮まであれいいね。

38 :無名草子さん:05/03/10 18:05:18
妹・和子とはあまり仲いいわけでもなかったみたいだね?
つかず離れずというか。

39 :無名草子さん:05/03/10 18:23:13
そのクエスチョンマークは何なんだ?
その断定でもない仮定でもない書き方は!!
不愉快だ。

40 :無名草子さん:05/03/10 22:33:21
Hな話が得意というイメージしかない

41 :無名草子さん:05/03/13 20:20:17
小説はエロいのが多いw

42 :無名草子さん:05/03/14 22:59:24
漏れも国語便覧かなんかで童謡を読んで、震えたね、実際。
希望と絶望とが中途半端で響くね。

43 :無名草子さん:05/03/16 23:24:20
>18 開高健と共著の「対談 美酒について」は必読の名著だぞ。絶対おすすめ。

44 :無名草子さん:05/03/17 13:01:40
「対談 美酒について」は新潮文庫にあるね。

45 :無名草子さん:05/03/17 13:22:29
代表作のひとつなんだろうけど「暗室」ってよんだひといる?あれは調教のはなし?

46 :高野聖:05/03/17 18:32:24
吉行淳之介と伊集院静のエッセイを旅の友にしています。

47 :無名草子さん:05/03/17 21:00:54
気障ったらしいなぁ…酢昆布じゃいけないのか? 旅の友 w

48 :無名草子さん:05/03/21 00:44:53
吉行作品、あんまり読んだことないんだけど
『「暗室」のなかで 吉行淳之介と私が隠れた深い穴』は、読んだ。
あれを書いた大塚英子さんって、今、どうされてるんですか?
って、ここまで書いてぐぐってみたら、続編?らしきものが出てるんですね。
読んでみたい。ちょっと怖いけど。

49 :無名草子さん:2005/03/27(日) 20:28:18
品切れだらけ・・

50 :無名草子さん:2005/03/27(日) 23:28:30
興味はあるんだけど、文庫化してるのとかは少ないですよね。
古本屋にも詰まれるほどは出回ってないし。

51 :無名草子さん:2005/03/28(月) 00:53:34
吉行淳之介氏著作文庫化状況。
◆新潮文庫
原色の街・驟雨
娼婦の部屋・不意の出来事
砂の上の植物群
夕暮まで
対談 美酒について(開高健氏と共著)

◆講談社文芸文庫
暗室
星と月は天の穴
やわらかい話(丸谷才一編)
悪い夏・花束
私の文学放浪

◆集英社文庫
子どもの領分

◆中公文庫
淳之介養生訓

◆角川文庫
恋愛論

◆ちくま文庫
吉行淳之介エッセイ・コレクション1〜4

52 :50:2005/03/28(月) 17:48:10
…俺の探し方が悪いだけかorz

53 :無名草子さん:2005/03/29(火) 00:56:42
新潮文庫とかなら手に入りやすそうだ。

54 :無名草子さん:2005/03/29(火) 09:02:40
驟雨のラストで蟹を食べていて、杉?箸が折れちゃうシーン見事と言うほかないですね。

55 :無名草子さん:2005/03/31(木) 19:40:42
表現が巧みで、情景が目に浮かぶ。

56 :無名草子さん:皇紀2665/04/01(金) 14:23:58
子供の領分はよかった。

57 :無名草子さん:皇紀2665/04/01(金) 22:57:16
宮城まり子の「淳之介さんのこと」を読むと、
すごく愛し合ってた夫婦なんだなあと思った。
ずっと恋人みたいだった。
で、その淳之介さんの小説はまだ読んでないのだが。

58 :無名草子さん:皇紀2665/04/01(金) 22:59:13
親が持ってて、なんかラブホでミンチになる話を憶えてるなあ。
あと菓子祭とか。なんかこう美しい感じの話だった。

59 :無名草子さん:皇紀2665/04/01(金) 23:00:52
58つづき
子供のときは男女のそういう機微のような話を好んでいたけど
大人になって実際に経験するようになってきたら逆に読みたくなくなってきたな

60 :無名草子さん:皇紀2665/04/01(金) 23:04:17
>>57
淳之介はずーっと愛人囲ってて彼女に宮城の悪口言いまくっていた。

61 :無名草子さん:皇紀2665/04/01(金) 23:11:20
宮城まり子って淳之介の妻?
吉行文枝が正妻じゃなかったけ?

62 :無名草子さん:2005/04/04(月) 19:03:45
吉行さんの文はいい。

63 :無名草子さん:2005/04/04(月) 23:10:45
>>60

大塚子氏のことですね。


64 :無名草子さん:2005/04/04(月) 23:23:47
Wikipediaより

没後、愛人・大塚英子が『「暗室」のなかで 吉行淳之介と私が隠れた深い穴』(河出書房新社、1995年)、
同居人・宮城まり子が『淳之介さんのこと』(文芸春秋、2001年)、
本妻が『淳之介の背中』(新宿書房、2004年)をそれぞれ発表している。



65 :無名草子さん:2005/04/05(火) 00:19:35
恐怖対談シリーズはお気に入りです。
昭和六十二年時点では15冊も新潮文庫に入ってたのにねぇ。

66 :無名草子さん:2005/04/05(火) 00:34:11
今やたった5冊。

67 :無名草子さん:2005/04/06(水) 22:38:28
横浜の古本市で珍獣戯話ゲッツ。

68 :無名草子さん:2005/04/08(金) 23:00:14
「夕暮まで」を購入age
夕暮までしか無かった・・

69 :無名草子さん:2005/04/12(火) 00:23:42
さっぱり見かけないね

70 :無名草子さん:2005/04/12(火) 00:47:31
吉行ファンてほかにどんな作家がすきなの?

71 :無名草子さん:2005/04/12(火) 09:25:18
作品とは離れるけど
吉行は本妻への仕送り、娘の学費(中学から慶応なので大卒まである程度かかったはず)
愛人大塚さんの生活費、普段の生活は宮城に頼ったとしても、酒場へ飲みに行ったりの
交際費、遺産というか多少まとまったものはあったのかな?
それと著作権等は本妻さんに行ったんでしょうかね?

72 :無名草子さん:2005/04/16(土) 18:09:14
「あぐり」のヒットを生むためだけに生まれた男。
そのほかには何の価値もない。

73 :無名草子さん:2005/04/16(土) 18:59:41
>>72
>>72
>>72

74 :無名草子さん:2005/04/22(金) 19:36:30
あげ

75 :無名草子さん:2005/04/26(火) 21:34:33
>72
くち、あんぐり…

76 :無名草子さん:2005/04/27(水) 15:25:41
>>72って馬鹿?

77 :無名草子さん:2005/04/30(土) 14:52:52
氏の作品を新潮オンデマンドブックスで読んだ人居る?

78 :無名草子さん:2005/05/02(月) 02:41:07
もみの木学園に経済援助

79 :無名草子さん:2005/05/07(土) 20:34:51
あげ

80 :無名草子さん:2005/05/17(火) 20:11:53
age

81 :無名草子さん :2005/05/20(金) 10:54:18
「ねむの木学園」

82 :無名草子さん:2005/05/20(金) 11:28:00
>>71
遺産の細かい額は忘れたが一億程度はあったと記憶している

83 :無名草子さん:2005/05/25(水) 02:14:26
文学作品として価値があるのは、初期の短編だけだな。

84 :無名草子さん:2005/05/27(金) 02:51:42
獏金儲けはよくないぞ。読者を大切にしろ。
交番前で土下座した頃に戻りたいのか。

85 :無名草子さん:2005/05/27(金) 21:22:03
『吉行淳之介による吉行淳之介』というエッセイ集を持ってます。
今から10年ぐらい前に古書店で購入しました。
内容は忘れた。

開高健との対談集『街に顔があった頃』は昭和を代表する名著なのに絶版ですか・・・

吉行淳之介が死んでからは日本文学に興味なくなったなぁ。

86 :無名草子さん:2005/05/28(土) 11:32:21
酒中日記ってどうよ?

87 :無名草子さん:2005/05/28(土) 12:37:24
つまらん作家だよなあ。
お情けで文学賞取っただけあるな。

88 :無名草子さん:2005/05/28(土) 13:07:28
>>87
氏ね

89 :無名草子さん:2005/05/28(土) 19:35:40
>88
猿を相手にしても不毛

90 :無名草子さん:2005/05/30(月) 00:10:46
三島由紀夫はパーティの席で、森茉莉に向かって「吉行淳之介って世間でやたら
いい男と呼ばれているが、そんなにいいかねぇ。女性から見て、どうなんだ」と
問いただしたことがあるらしい

91 :無名草子さん:2005/05/30(月) 01:34:56
>>90
で、美少年厨の森はなんと?

92 :無名草子さん:2005/06/09(木) 12:15:04
文学板の吉行スレは荒れ放題。
ここは落ち着いてるね

93 :無名草子さん:2005/06/22(水) 13:13:21
age

94 :無名草子さん:2005/06/26(日) 22:00:05
>>90

以前の銀座のバーでホステスにモテる作家ベスト3というと、
吉行淳之介、渡辺淳一、伊集院静だったとか。

95 :無名草子さん:2005/07/07(木) 13:46:19
ああいう男は滅多にででこんな
本当にあかぬけとるわ

96 :無名草子さん:2005/07/12(火) 21:29:02
吉行理恵さんはどう?

97 :無名草子さん:2005/07/20(水) 00:45:26
理恵はわからん
しかし、淳之介ならすこしはわかる

まずは東京物語を読もう 
そして、驟雨などの初期作品をよむ 
それから、エッセイをよむ
そんで、暗室と夕暮れまで をよむ ここはムズイ
最後に 無作法紳士で極める。これはバイブルだ

無作法紳士はまさに珠玉の名作だろう。俺は吉行文学
の本質は 暗室や夕暮れまで よりもむしろこの作品
にあるとおもっとる


98 :無名草子さん:2005/07/21(木) 20:40:39
つまらん作家に同意。ほんとくだらんし痛い

99 :無名草子さん:2005/07/21(木) 20:46:57
>>98
君の方がいたいよ。

100 :無名草子さん:2005/07/21(木) 21:53:17
>98
お前は誰が好きなの?

101 :無名草子さん:2005/08/09(火) 00:31:37
新潮文庫の氏の作品をさっぱり見ない。

102 :無名草子さん:2005/08/11(木) 22:20:21
新潮はある程度売れないとすぐ絶版にしちゃうからねぇ

103 :無名草子さん:2005/08/11(木) 22:35:46
これだから矢来町は困る。

104 :無名草子さん:2005/09/13(火) 01:19:11
捕手

105 :無名草子さん:2005/09/13(火) 09:31:57
保守するならageろ。

106 :無名草子さん:2005/09/15(木) 16:37:12
さすがにネタ振ってくれないと話題がないな。

吉行さんがゲストだった対談って有るの?
で、阿川佐和子だけ思いついた。

107 :無名草子さん:2005/09/20(火) 17:29:51
© Mariko Honme 1978 Printed in Japan
これが遺産の代わりか。

108 :無名草子さん:2005/09/29(木) 22:04:42
さっぱり吉行さんの文庫見ないな。

109 :megu:2005/09/30(金) 23:24:07
あの人の代表作は好色物が多い。

110 :無名草子さん:2005/10/03(月) 15:40:54
女性の体を触らせたら淳之介に敵うやつはいないと
銀座では言われていた。

111 :無名草子さん:2005/10/03(月) 17:51:39
>>110
IFにいたホステスさんのお尻をさっと触って2Fへ行ったら,触られた女性が
追いかけてきて「今私のお尻を触ったのどなた?」「俺だ,文句あるか?」
「いいえ、あんまり見事な触り方だったのでどんな方か知りたくて来たのよ」
実話らしいね。

112 :無名草子さん:2005/10/03(月) 22:28:06
ももひざ三年尻八年

113 :無名草子さん:2005/10/15(土) 03:44:21
ハドウケン3週間ショウリュウケン8週間


114 :無名草子さん:2005/10/15(土) 04:38:48
浪人3年卒業8年 3流私立大学卒 現在29歳童貞!
職業 マクドナルドバイト 趣味 アニメ鑑賞
ちなみにペニスの大きさには自身あり のタカシです 

115 :無名草子さん:2005/10/15(土) 08:17:39
「娼婦の部屋」は、「屋根の上のサワン」と並ぶ叙情短編小説の
傑作だと思う。


116 :無名草子さん:2005/10/27(木) 21:46:13
当方、女性の所為か「娼婦モノ」だとあまりシンクロしない。
それ以外の作品(少年もの・掌握のたぐい・エッセイ等)は、超はまった

117 :無名草子さん:2005/11/01(火) 01:33:45
全集を揃えるなら、どこのがいい?
講談社(全8巻)、新潮社(全15巻)、潮出版(全12巻)、
潮出版の自選作品集(全5巻)などいろいろあるのだが。


118 :無名草子さん:2005/12/06(火) 21:24:36
手堅く新潮。

119 :無名草子さん:2005/12/11(日) 00:43:12
>118
新潮高いんだけど、やっぱりそうすることにするよ。


120 :無名草子さん:2005/12/20(火) 21:39:31
中公文庫の「また酒中日記」「酒中日記」ってどうですか?

121 :無名草子さん:2006/01/11(水) 20:46:47
何年か前、吉行の人柄や男としての魅力を
有名人が書いたのを集めた本があったが
こぞって誉めまくり、まるで書いたやつが
カブが上がるような印象しか持てなかった

122 :無名草子さん:2006/01/12(木) 05:53:51
吉行を嫌っていた作家っているか? 

敵はいない人だったような気がする。

123 :無名草子さん:2006/01/14(土) 21:43:21
でも彼の血液型を知ったら
人を見る目が怪しくなる
分からないものだよ

124 :無名草子さん:2006/01/15(日) 16:34:22
>>122
作家じゃないけど大山倍達は嫌っていた。
吉行さんもかなり危険な目にあったらしい。

125 :無名草子さん:2006/01/15(日) 18:14:48
吉行さんの血液型は?

126 :無名草子さん:2006/01/16(月) 01:59:09
文壇No.1の美男

127 :無名草子さん:2006/01/16(月) 04:38:03
吉行はB型

128 :無名草子さん:2006/01/31(火) 23:56:56
大山氏のエピソード、詳しく聞きたいです。
たとえば、何に載ってたのかな?

どうして、大山は吉行を嫌った??

129 :無名草子さん:2006/02/01(水) 04:01:20
大山が崇拝している宮本武蔵を「ホモだそうですね」と言ったから

「恐怖対談」シリーズの最終回に出ている

130 :無名草子さん:2006/02/01(水) 11:15:12
やっぱり吉行最高!

そーゆーところ笑って済ませない男は、だめ子ちゃん。
三島も「何でもかんでも性的なことに絡ませる」と
吉行を怒っていたね

131 :無名草子さん:2006/02/01(水) 18:49:22
三島の場合はフロイト理論よりもアードラー理論で説明したほうがうまくいきそうだな

132 :無名草子さん:2006/02/01(水) 18:58:34
>>130
スケベな話ばかり書くから、そのせいで妹達(和子と詩人に
なった人)は、「あなたのお兄さまは、いやらしい小説を書
くから嫌だわ」などと、回りの人達やクラスメイトにいじめ
られたって。

133 :無名草子さん:2006/02/03(金) 23:43:04
それが、勲章。

134 :無名草子さん:2006/02/04(土) 00:37:30
「夜の文壇博物誌」よみますた。

135 :無名草子さん:2006/02/05(日) 21:40:18
大塚、なんだって〜??

どんな事書いてあった??

136 :134:2006/02/05(日) 22:20:44
>>135
「姫」の山口洋子ママの悪口(紹介で面接したけど・・・・)
中村真一郎の悪口(吉行と宮城の話をした)。
自分がいかに美しくてもてたか。
吉行が最も愛したのは自分だけであると。
大塚さんは自分の容姿だけを誇りに生きてきた人なんだなと。
多少筆は押さえてあったけどそういった感性はデヴィ夫人といい勝負。
明日図書館行って返してこよう。


137 :無名草子さん:2006/02/05(日) 22:31:14
どうしてそんな女に、ほれたんだろう、吉行。
あの繊細な感性の持ち主が、ねえ・・・
厚顔な女だ。

大塚の取り柄と言ったら、
「セックスが好き」
「しつこく追いかけない」

そのくらいだと思うんだがね。

138 :無名草子さん:2006/02/07(火) 22:42:22
大塚嬢の作品、図書館にあるんだ??

139 :無名草子さん:2006/02/14(火) 02:38:37
あるわけないじゃん。

買っちゃったけど、買ったって書くのがはずいから
かりたと。

140 :無名草子さん:2006/02/14(火) 04:10:37
>>139
中野図書館で借りました。

141 :無名草子さん:2006/02/16(木) 07:26:10
>>139
検索して見たかね?

142 :無名草子:2006/03/31(金) 22:18:46
あの見事な文章。日本語の誇りなのに。
誰も分からなくなってるんだねえ。

143 :無名草子さん:2006/04/17(月) 13:54:17
age


144 :無名草子さん:2006/05/08(月) 19:01:27
妹さんの理恵さんが亡くなってしまいましたね。

145 :無名草子さん:2006/05/08(月) 19:29:53
さっき知った
理恵さんの小説好きだった
個人スレないのかな・・・

146 :無名草子さん:2006/05/25(木) 20:14:58
俺は卒論のテーマ吉行。20年以上前だがね。
まあミーハーファンだ。上野毛の家も見に行った。
見ただけど。
真似して悪所通いもしました。
淋病もらった時は一人前になった気がしたもんだ。センセも何回かもらってる。
でもやっぱり痛かった。注射15本うってやっと治った。

147 :無名草子さん:2006/05/30(火) 17:11:16
谷崎や荷風のようにいくら遊んでも淋菌を貰わないのが達人

148 :無名草子さん:2006/06/30(金) 10:54:05
>>147
なるほど

149 :無名草子さん:2006/09/04(月) 19:33:36
このおさんエロそうだな

150 :無名草子さん:2006/09/04(月) 20:33:16
              
【盗作3バカ】田口ランディ/ 佐藤亜紀 /篠原    スレに

本人後輪中! 盗作犯人同士が激しいバトル?!




151 :無名草子さん:2006/09/29(金) 21:28:08
>>12
学校で病弱とお聞きしていたので、94年まで生きておらっしゃたとは。科学の進歩か?

152 :無名草子さん:2006/10/05(木) 19:28:21
無礼だ。

153 :無名草子さん:2006/11/14(火) 16:36:04
吉行淳之介はネ申だよ。
学生の頃からずっと愛読してる・・・

好色な人柄とかで知られてるけど、俺はむしろ作品として凄く好き
『風景の中の関係』が一押しかな。

その他掌編小説多数。新潮、集英社、講談社から出ている短編集を片っ端から買って読んでみろ。
心情描写だけでなく、風景の「空気」を表現するのが誰よりも上手いと思っている。

154 :ナイロンブリーフ:2006/12/11(月) 00:00:14
吉行淳之介の書いた性って、とどのつまり「男女関係」でしょ。男の側から
の女性関係のハナシ。で肉の行為へと、発展するだけの内容。だから、ちっとも
も「性」を感じないんだ。寧ろ、安部公房という「女」や「性」とは無縁の
ように見える作家の書いた『他人の顔』に出てくる「性」の方に、余程「性」
の深淵を感ずるんだな。それに比べりゃ吉行の性なんて表層の部分でしかなく
誰もが持っている好色的興味でしかないと思う。だから「性」を書いてるの
ではなくて、ただ単に「オンナ」を書いただけだよ。


155 :無名草子さん:2006/12/11(月) 06:51:09
何を偉そうに

156 :無名草子さん:2007/02/18(日) 08:06:09
たかが選手が

157 :無名草子さん:2007/03/01(木) 20:58:18
「贋食物誌」復刻しないかなあ。

158 :無名草子さん:2007/03/02(金) 23:42:50
サライで特集

21 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)