5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

自費系【共同出版・協力出版】を考える 4

1 :無名草子さん:05/02/24 00:41:27
このスレでは、憶測や罵倒は避けて、事実を基礎にした冷静な議論
・やりとりを心がけましょう。著者や出版を考えている人、共同出
版や協力出版に疑問を感じている人、共同出版・協力出版の関係者
(社員)、出版社・書店の人などの書き込みを歓迎します。好意的
評価も排除しません。

ただし、書き込んだ本人が所属を名乗らない限り、「お前は社員だ」
「工作員だ」といった罵倒、レッテル張りは控え、書かれた内容の
みに集中して議論し、疑問点があれば糺し、問題点を明らかにして
いきましょう。

では、活発な情報提供や意見交換をお願いします。

前スレ
【文芸社】書店売り自費出版を語る 3【新風舎】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1100879168/

それ以前のスレ
【文芸社】自費出版について語る【新風社】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/bun/1073740508/
【文芸社】書店売り自費出版を語る【新風舎】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1084790017/
【文芸社】書店売り自費出版を語る 2【新風舎】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1097511071/

2 :無名草子さん:05/02/24 00:48:40
前スレの最後を見ていましたが
正直あまり感心しないですね

とりあえずは乙と言っておきます

3 :無名草子さん:05/02/24 01:01:22
>>2
スレが流れてしまうよりは、誰かが立てたほう
がいいと思ったんですが。

4 :無名草子さん:05/02/24 01:21:31
これだけ頻繁にこの板に通ってるなら
ひと月放置してもスレが流れないのはご存知でしょう
前スレの1にも「誰もスレを立てなかったので」と書いてあるところを見ると
1000を超えてから立てられたものじゃないですか
しかも「前スレの1を参考にする」と言ったのはあなたなのに

ちょうど議論を進めていたところだったのに
まるで焦って立てたみたい
どうしたって勘ぐりたくもなりますよ

5 :無名草子さん:05/02/24 01:39:03
自費出版の利点って何?
「自己満足を手っ取り早く得られる」ということ以外に何かある?

6 :無名草子さん:05/02/24 01:45:18
>>5
それで十分じゃないのか?

7 :無名草子さん:05/02/24 01:58:12
スレ立て強引すぎ

8 :無名草子さん:05/02/24 04:28:35
新風社スレを独立で立てるのをよろしく

9 :無名草子さん:05/02/24 08:11:43
状況は把握できた。
スレ立て人をねぎらう気になれない継承スレも珍しいね。

10 :無名草子さん:05/02/24 09:58:57
前スレ埋まったね。でも
なにこのスレタイふざけてるの?前スレ>>3のテンプラの話は?
>>1に書かれたせっかくのド正論が台無しだな。

>>1=3
歴代3スレ3000レスの発言者たち。
身元バレの危険を省みず真摯に情報を届けてくれたN氏。
際限なく繰り返される荒らしと闘ってきた住人たち。
彼らに「誰かが立てたほうがいいと思いました」と説明するのか。

過去スレを埋め尽くしてきた話題を振り返る中で
終わりにちょっろっと出てきた自分主導の「議論」が
「そういう流れだったから」などというのではあるまいな。

すでに指摘されているようだが、ご都合による乗っ取りにしか見えない。
ねぎらう気になるほうがどうかしてる。

11 :無名草子さん:05/02/24 10:01:53
目指す方向が違うスレと感じましたので、新スレ立てに挑戦してみます

12 :みんな仲良く:05/02/24 10:26:25
初めてスレ立ててみました^^;

【文芸社】書店売り自費出版を語る 4【新風舎】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1109207356/

スレ立てにご不満の方もいらっしゃると思いますが
何卒ご容赦ください。(_ _

こちらのスレはこちらで進行していただけたらと思います

13 :無名草子さん:05/02/24 10:42:22
>>10です。コーラ拭くのに手間取りました。w
あっちにも書きましたが乙でした。

ここの>>1のテンプラそのものには文句はない。昨夜の発言を読んで
自分の都合でスレを植民地化した>>1には憤りを感じざるを得ない。
正論を吐いているんだからなおさらだ。

ただの初心者なのか。それなりの理由があるのか。後者と考えるのが自然だな。
経緯は残したので暇ができたら遡って調べてみる。

くれぐれも俺の発言は「書かれた内容のみに集中」してもらうよ。

14 :無名草子さん:05/02/24 12:11:47
なるほどね。
確かにこれはどうかと。

15 :無名草子さん:05/02/24 22:32:03
>> 好意的評価も排除しません。

継続するスレッドを立てる時、多数意見さえも排除して
勝手きわまりない形で押し切った方が、まともな議論なんてできるのかどうか。
不用意に意見を書いたら、自分の考えを押し付けられるのでしょうね。
信用できるはずがありません。

16 :無名草子さん:05/02/24 22:44:30
二つスレが立ったけど、どっちもいまいちと思うひとが、
おいら以外にもいるのを期待しつつ、ひとこと。

まずこっちの問題ですが、出版社の固有名詞を外した理由は
いったいなんですか、ってこと。おいらは一般論をしようとは
思わないよ。あくまでも、新風・文芸両自費出版社に固有の
「共同出版」「協力出版」という出版の美名に隠れた
独善的な営利活動の詐称にフォーカスをあてて欲しいよ。

で、あっちのスレタイトルは以前とそのまま同じですが、
懸案の企業名をちゃんとうたっていることは評価できます。
ただ、書店売りの規模を、どっちがどうだとか目くそ鼻くそで
比較しててもしょうがない。いっぱい売ってくれたから
あっちはアウトでこっちはセーフというわけでもないんよ。

両方足して、掛け合わせた下記の様なスレタイが相応では?
【文芸社】共同出版・協力出版の罠を暴く【新風舎】



17 :無名草子さん:05/02/24 23:02:09
15をカキコした者です。
16がなぜかものすごく既視感にあふれたカキコだったので、探してみました。
手元に残っているスレを2つほど検索かけたら、即座に見つかりました。
既視感の理由も理解できました。改行がないカキコでしたね。つけておきますよ。

>確認しておくが、このスレの本来の話題は、新PはアウトだがB芸はセーフ、
>という目くそ鼻くそを笑うようなアフォなことではなくて、
>            (長いので中略)
>共同&協力出版社の悪党どもには、とても不都合なことなんだろうな☆嘲笑

激しくよくわかりました。最後の3文字で。「3」スレッドの謎も解けました。
本来の話題ですか。あなたも、スレのあり方についてこだわりをお持ちのようですね。

文芸社を一緒に叩くのは構いませんが、こんな人ばかりなんですかね。

18 :無名草子さん:05/02/25 12:49:27
それはともかく、
社名抜きのスレにしたがる香具師が多いのはなぜだ?

19 :無名草子さん:05/02/25 16:22:26
本スレの前スレ落ちちゃった?
無理矢理スレたての件、テンプレ議論シカトの件、スレタイ無断変更の件、
本スレ騙りの件などなど質問内容を忘れちゃうと困るだろう。
オレも残したから一応はっておくよ。(略)部分は元を読んでね。

>>995
(略)
> 納得いく説明と、新スレの>>1の改編、及びテンプレ貼りを求めます

>>998
> 俺も説明を求めたいね。
(略)

本スレを汚さなくて済むから便利。
わざわざ自爆しにいく香具師もいるみたいだけど。
みつけにくいのが難かな。

20 :無名草子さん:05/02/25 18:26:26
そういえば、新pと契約したとかブログに書いてた
慶應の塾長のせがれ?はその後どうなったんだっけ?
大日本なんとかっていうブログだったかな。

21 :無名草子さん:05/02/25 19:40:59
>>15
前から前スレみてましたが、あの時は多数意見じゃなくて自分以外の全意見だったよ。
前からテンプレ付けようという人ばっかりだったし。
全員踏みにじってまで、今更、何を啓蒙したいんだろうと。
みんなわかってるから、いろいろ確実な具体材料を探してたのに、邪魔ばっかり、、、、

22 :無名草子さん:05/02/25 21:20:14
トピ主へ ちょっと自己紹介みてくれや

23 :無名草子さん:05/02/26 00:35:16
>>18
逆じゃねーの。
みんな社名入りスレを支持してるからスレタイ変えたのに文句言ってたわけで。
社名抜きにしたかったのはここの1。

24 :無名草子さん:05/02/27 02:42:39
自費出版業界全体がボりすぎでしょ。
早く価格字破壊を望む。

25 :無名草子さん:05/02/27 11:12:42
>>24
その通りなんだが過剰反応されるよ。その話はやめとくのが吉・・・

26 :無名草子さん:05/03/01 16:12:56
>24

妥当な金額は60〜80万ってとこか。
それでも利益30%は出せるだろう。

っていうか、あいつらって
それくらいの精度の仕事しかしない。

27 :無名草子さん:05/03/01 17:44:28
自費出版や共同以外の一般の単行本の制作費(印刷費、編集費、人件費等々本の
制作にかかる諸々の経費)は定価の3分の1ぐらい。
残り3分の1が流通経費、その残り3分の1が粗利(ここから人件費や印税を支払う)かな。
たとえば、1500円の本を3000部出したとしたら、定価の総額が450万円。
この場合、制作費は150万円。このうち純粋な印刷費は100万円以下のはず。
どのぐらい造り込むかによって、手のかかり具合が変わるし、印刷部数によっても
原価が変わるので一概にはいえないけど、150万円以上の見積もりが出てきたときは、
要警戒。印刷所程度のことしかしていないなら、100万円以下が妥当かな。
(直接印刷所に持ち込めばもっと安くなるかもしれないが)

28 :無名草子さん:05/03/01 21:26:05
もうどうでもよくなってきたが、結局>>1は立て逃げか。

29 :無名草子さん:05/03/03 11:59:05
カンバク済みと思われ

30 :無名草子さん:05/03/03 17:17:49
で、結局1はどっちの工作員なのか?
Bっぽいにおいがするけどな、

31 :無名草子さん:05/03/04 17:32:03
Bならいいんじゃない。
1は前スレ最後のほうで次スレを立てると断ってるし、単独スレが立てたい人は
別スレをどうぞと書いている.しつこく責める理由がわからない。
ここは冷静な議論専用スレとして立てたのだとおもうのですが。
スレ立て人に不満があれば自分で納得のいくスレを立てたら良いのに.

32 :無名草子さん:05/03/04 19:00:05
工作員厨に続いて晒し上げで煽りか。アホラシイ。

33 :無名草子さん:05/03/04 22:51:49
蒸し返したいのか真性なのか

34 :無名草子さん:05/03/05 01:36:53
チンコ勃てたら最後までやれや

35 :無名草子さん:05/03/15 11:15:18
晒し

36 :無名草子さん:2005/03/24(木) 09:10:31
>>31

Bの工作員だから自社の名前を外して
P舎だけの単独スレすべく執拗に工作。

だが反論が多く手が出せなかったため
この毒にも薬にもならん糞スレが発足

予想外の批判に、火粉が降り掛るのを
恐れたB幹部が社内に箝口令しいた感





37 :無名草子さん:2005/04/16(土) 18:06:17
みなさん、ライブドアパブリッシング、新規参入は想定内でしたか?




38 :無名草子さん:2005/05/02(月) 11:57:21
更科

39 :無名草子さん:2005/05/12(木) 21:01:52
社員厨もまったく根性ないなぁ。


40 :無名草子さん:2005/06/02(木) 00:03:42
ほれっ! 社員厨晒しあげっ〜!

41 :無名草子さん:2005/06/07(火) 00:51:02
話題提供

●関係出版社の年間新刊点数ランキング

順位 社名 2004年(前年比)
  2 新風舎  1858(+527) 
 20 碧天舎   401(+136)
 35 文芸社   294(-710)

(参考)
 1 講談社   1973(-93)
 3 角川書店  972(+22)
 4 学習研究社 852(-61)
 - 中央公論事業出版 20
 - 講談社出版サービス 19

42 :41:2005/06/09(木) 22:39:03
>>41の「●関係出版社の年間新刊点数ランキング」について
説明しておきます。データの出所は出版科学研究所です。
取次を経由して販売しているタイトル数と考えてください。
取次非流通のタイトルはカウントされていません。


43 :無名草子さん:2005/06/15(水) 18:25:24
くさいな。それよりこっちのほうが参考になる

三栄町路地裏だより41
http://www.shinjuku-shobo.co.jp/new5-15/koramu/rojiura_murayama/koramuvol42.html

44 :無名草子さん:2005/06/15(水) 18:36:44
「日本の出版統計」(2001年)

第1位の講談社(2052点)
第2位自費出版のB社(1756点)
::::::::::::::
S社(301点)
K社(163点)

参考:B社は2000年度の年商は42億円


一位の講談社の点数が微増しているがほぼ横ばい
なのに2004になると文芸社と新風舎逆転って?

両社の数字を取り違えてるんじゃなかったら、

Bが自主流通&直販ルート開拓して数字隠しか、
Bの高成績のスタッフが集団でSにとらばーゆ?





45 :無名草子さん:2005/06/15(水) 22:00:51
>>44
なんでそんなに興味があるの?
そんなもん調べてどこが面白いの?

46 :無名草子さん:2005/06/15(水) 23:06:16
ほんとだ。へんなのが湧いてるスレだな。

47 :無名草子さん:2005/06/15(水) 23:35:12
>>45 困る?

48 :無名草子さん:2005/06/15(水) 23:37:20
>>43-44
興味深い情報ありがとう。

49 :無名草子さん:2005/06/15(水) 23:44:12
>>47
なんで困るんよ?
たぶん理解を超えた妄想が渦巻いてんだろうな。
>>45みたいな素朴な疑問に答えてみろよ。


50 :無名草子さん:2005/06/15(水) 23:46:30
>>48
興味深い自演ありがとう。

51 :無名草子さん:2005/06/15(水) 23:49:20
>>49-50
ホントだ。湧いてきた湧いてきた。

52 :無名草子さん:2005/06/16(木) 00:07:41
あほらしい

53 :無名草子さん:2005/06/16(木) 01:23:58
なるほどね。
>>16のヤツがずっと頑張ってたわけか。
ほんとにアホらしい。

54 :無名草子さん:2005/06/16(木) 01:44:51
たぶん理解を超えた妄想が渦巻いてんだろうな。

55 :無名草子さん:2005/06/16(木) 02:26:36
文芸社ってどうしてそんなに極端に
出版点数減ってるの?

56 :無名草子さん:2005/06/16(木) 08:45:29
問題はそこだな

57 :無名草子さん:2005/06/16(木) 15:02:17
藁のところで以前、企画で出版した著者が
先日、T出版で出したけど企画なのかなぁ・・・
藁のところでは70万くらい印税を払ったけど
採算面で厳しいので次回作は時間を置いてと、と言ったけど
T出版は芸者やぷー舎の次くらいに原稿募集しているところだけど
著者がT出版に「私のは重版が出るくらい売れている」とかいって
T出版をだましたか、T出版が最初は上手いことを言って著者を騙し
200万とか300万とったのかなぁ・・・
多分、採算割れだと思うし、T出版じゃぁ自費出版(共同)と
思われるから・・・・でも、一般のひとはわからないか?
確かに、一般のひとは芸者もぷー舎も碧舎もT出版も普通の出版社と
思っているひとが多いし・・・
芸者は自費系からの脱皮を謀っていると思われ・・・

58 :無名草子さん:2005/06/16(木) 16:33:36
>>57
他人が読んでも意味がわかる文を書けよ

59 :無名草子さん:2005/06/16(木) 20:32:51
>58
>芸者は自費系からの脱皮を謀っている

B芸者の社員じゃないと云えないセリフだよ

60 :無名草子さん:2005/06/16(木) 23:03:04
「T出版」ってどこだろ?

61 :無名草子さん:2005/06/17(金) 01:06:31
ありゃあ、向こうに書き込もうとしたら、1000になっちゃった……。

62 :無名草子さん:2005/06/17(金) 01:25:27
> 932 名前: 無名草子さん Mail: 投稿日: 05/06/15(水) 18:49:14
>
> 931ってB社の社員厨くせ〜
> net対策のお仕事ですかい
> ppp!

16=30〜40の大半=本スレ↑か。誰でも彼でもB社員。
そうとう前からいるよな。まあたいした執念だ。
このスレの1といい。なんでそんなに必死なのか。別にどうでもいいけど。

63 :無名草子さん:2005/06/17(金) 01:44:07
>>62
さっきのやつは、新顔だったんだろうか?
「具体例」「具体例」を連発するばかりで、
なんだかよくわからない登場の仕方だったなあ。

64 :無名草子さん:2005/06/17(金) 02:10:19
>>63
荒れたきっかけはこのレスかな。

>926 名前: 無名草子さん Mail: 投稿日: 05/06/15(水) 15:34:04
>
>初めて書き込みます…。参考になりました…。
>私も最近B社で出しかけて、2ちゃんを見たおかげでやめたんですが、
>もうすぐ1000を超えますよね?
>次のスレでは『電車男』みたいに展開出来ませんかね? 『協力男』とか。

読み返して、敢えて妄想するなら。
これを繰り返し提案して「つまらん」と言われ、>>62のマジ切れ。
初心者という割には詳しそうで、直後のマジ切れがなぜか「文芸社員だろ」。
2ちゃん語の誤解で自演を指摘された途端に、煽りくさいレスが増殖。
その後は、お説の通り。過去ログ読むのを拒否して「具体例を書け」の連呼。

このスレみてもわかるけど、普通に考えれば文芸攻撃の自演くさいね。
ここで暴れてる輩がマジ切れしてたのは確かかな。荒らしの前科もあるらしいし。
結局は妄想に過ぎないから、この後はスルーでいいんじゃないか。

65 :無名草子さん:2005/06/17(金) 02:19:08
おっと。本スレの続き、どうすっかね?
ここでいいのかな。社名がないけどね。

66 :無名草子さん:2005/06/17(金) 02:59:58
>>65
立ててきました。

新スレ
【文芸社】書店売り自費出版を語る 5【新風舎】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1118944392/l50

マターリいきましょう。

67 :62=64=65:2005/06/17(金) 03:06:05
>>66
ちょうど寝るとこでした。乙です。
次からはあっちだね。

68 :無名草子さん:2005/06/17(金) 13:16:16
>>67
お前妄想酷すぎ。
病院のベッドでご就寝ですかあ?

69 :無名草子さん:2005/06/17(金) 13:28:00
>>67
心底気持ち悪い奴

70 :無名草子さん:2005/06/17(金) 16:07:41
たった1人で延々と公開オナニーしてるほうが気持ち悪いと思うけど


71 :無名草子さん:2005/06/17(金) 16:45:50
確かに>>64に出ている奴もキモイが、
別人と混同して妄想する>>67も同じようにキモイ。

72 :無名草子さん:2005/06/23(木) 15:27:36
>60
「T出版」  多分、東洋出版?



73 :無名草子さん:2005/06/23(木) 19:58:13
企画出版して貰える著者の作品と共同出版に蹴られる
著者の作品の差や違いとは何なんでしょうか。
明らかに絵が下手で、かつ大したアイデアも個性もない
一般受け、平均的な事だけが取り柄の様な素人レベルのガキの作品が
プロの先生方に素晴らしく絶賛されていて入選・企出されていたりすると
担がれてる気がしてならないので。
やっぱり一般受けするか?コネか?売れるか?そこらへんなんでしょうか。
世間知らずなのでイマイチそこらへん分かりませんので
誰か詳しい方がいたら教えて下さい。

共同出版なんてペテンまがいのクソ詐欺療法話に乗る気は一ミクロンもねぇんだよ

74 :無名草子さん:2005/06/24(金) 08:38:00
>>73
共同出版は「夢を買う」ものです。そして夢を買っただけで
ジ・エンドという事になります。

75 :無名草子さん:2005/06/24(金) 10:36:52
Bのサジュエとか赤い隻眼とか、企画で売れてるのかね?

76 :無名草子さん:2005/06/24(金) 12:57:19
例え企画でもそれから売れてるのなんてごく一部。
プロの編集者つったってただの大学上がりだろ?
フロムAから入った奴もいる。出版の知識が人より少しあるだけで
基本は一般人社会人と一緒。つまり受けるには一般受けが重要。

77 :無名草子さん:2005/06/30(木) 15:38:23
>76
禿げしく賛同!
馬鹿な編集気取りが企画すると
会社がやばくなる。
大手でも時々?ある。
初版3000部、実売500以下
仮に製作費は出ても編集者の給料はでない。
それで会社の経営はますます苦しくなる。
確かに一般受けは重要。
それに、著者関係の販路がないと企画しにくいのが実情だろう。
だから大手でも初版3000部のうち1000部著者買上条件なんて
時々耳にします。

78 :無名草子さん:2005/07/06(水) 18:10:39
77は高卒の出版プロデューサー。

79 :無名草子さん:2005/07/11(月) 14:02:33
( ´,_ゝ`)プッ

80 :無名草子さん:2005/07/16(土) 17:43:20
本スレが荒れたから、こちらに場所を移したよ。

BとPの合同スレは、もう限界じゃないのかな?
Pに関った人と、似非自費系全体を叩く人では、
意見の食い違いがあるようだ。
そこにつけ入り、スレが荒らされるパターンが定着したように思う。
そろそろ、分裂してもよくないかな。



81 :無名草子さん:2005/07/16(土) 22:21:56
いろいろ話したいけど、なんか疲れたからテレビみる
あせらずに、ゆっくりやろう

82 :無名草子さん:2005/07/16(土) 22:46:00
向こうで一所懸命書いている人、何が言いたいんだろ?
誰か解説してくれないかな。

83 :無名草子さん:2005/07/16(土) 23:32:00
定期的にある嵐だからほっとこう。

84 :無名草子さん:2005/07/17(日) 22:11:22
ここは避暑地のような静けさだ。
落ちつくなあ!

85 :無名草子さん:2005/07/17(日) 22:50:54
age

86 :無名草子さん:2005/07/17(日) 22:58:18
>>82
奴の脳内でしかわらんことだから相手にすんな



87 :無名草子さん:2005/07/17(日) 23:11:25
一人で何やってんの?

88 :無名草子さん:2005/07/17(日) 23:28:01
>>87

89 :無名草子さん:2005/07/18(月) 16:52:23
ココア鉄洲 アリガトネ

90 :無名草子さん:2005/07/18(月) 21:23:31
コーヒー男爵 こんばんわ

91 :無名草子さん:2005/07/18(月) 23:09:57



92 ::2005/07/24(日) 17:00:18
自費出版で絵本出したいのですが、良い印刷屋紹介してください!

93 :無名草子さん:2005/08/14(日) 21:36:01
こっちも活用しようよ。

94 :無名草子さん:2005/08/31(水) 08:11:56
>>77
初版3000で著者買い上げ1000でもマシな方では?

95 :無名草子さん:2005/08/31(水) 09:57:20
age

96 :無名草子さん:2005/09/15(木) 23:48:08
平和だな。

97 :無名草子さん:2005/09/16(金) 01:04:15
協同出版という会社があるね。
受験もの専業の出版社だけど。

そこも自費出版やっているけど、
あそこのは真面目に安いな。
と、言ってみるテスト。



98 :無名草子さん:2005/09/30(金) 00:25:59
5万で本作ってコミケで売ろう!

99 :無名草子さん:2005/10/09(日) 10:04:10

兎に角いんちきなんだから金出させ出版は相手にしないように。

確実に200万円を騙し取られるだけ。


兎に角いんちきなんだから金出させ出版は相手にしないように。

確実に200万円を騙し取られるだけ。


確実に200万円を騙し取られるだけ。

確実に200万円を騙し取られるだけ。


確実に200万円を騙し取られるだけ。

100 :無名草子さん:2005/10/10(月) 00:12:49

兎に角いんちきなんだから金出させ出版は相手にしないように。

確実に200万円を騙し取られるだけ。


兎に角いんちきなんだから金出させ出版は相手にしないように。

確実に200万円を騙し取られるだけ。

確実に200万円を騙し取られるだけ。

確実に200万円を騙し取られるだけ。

確実に200万円を騙し取られるだけ。

101 :無名草子さん:2005/10/21(金) 00:22:11
碧天舎はどうでしょうか…?

102 :無名草子さん:2005/10/21(金) 10:43:17
>>101
同じ穴のムジナと考えればよい。

103 :無名草子さん:2005/11/05(土) 05:27:22
7が1001になったから続きはここで。

104 :無名草子さん:2005/11/05(土) 05:29:54
この人↓の動きに注目していきたい。

ttp://mukamuka.dokyun.jp/archive/l-56966.html

105 :無名草子さん:2005/11/05(土) 05:38:13
共同出版・協力出版スレ、埋まったので、
次スレ立て どなたかお願いします。

俺はダメだった。

106 :無名草子さん:2005/11/05(土) 06:50:38
誰か詳しい人、スレ立てお願いします。

107 :無名草子さん:2005/11/05(土) 06:56:07
>>104 のブログが、共同出版の会社のでっち上げだという人
いるけど、それはないと思う。でっち上げなら共同出版の
本の著者としてもう少し賢い人を想定するでしょ。
このブログが今後も続けば共同出版の実態を知るための
資料になると思う。結末は、印税は2万円だったけど、
いろいろな経験ができたし、50冊本を貰ったし、
本の内容についての感想もたくさん聞けたし、
よかった、よかった、というものになると予想する。


108 :無名草子さん:2005/11/05(土) 07:23:01
1000は「資」さんだったのかよ。
次スレ立ててくれればよかったのに。

109 :無名草子さん:2005/11/05(土) 07:30:38
>>107 共同出版で幼稚園を建設しよう、という話は
共同出版の会社の中では、大笑いしながら語られているんだろうな。

110 :無名草子さん:2005/11/05(土) 13:36:54
やっぱりね。。。
http://sakka.org/opinion/thread/index.cgi?mode=view&no=46

111 :無名草子さん:2005/11/05(土) 13:44:22
新スレ立ててみる。タイトル等は前回を踏襲。

112 :無名草子さん:2005/11/05(土) 13:59:16
新スレ立てましたので、よろしく。
【文芸社】協力出版・共同出版を語る 8【新風舎】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1131166235/l50

113 :無名草子さん:2005/11/05(土) 16:18:42
>>112 乙!
まえのは自分が立てたんだけど、なんか埋まるスピードが速いね〜。


114 :無名草子さん:2005/11/06(日) 18:02:20
それは反対側の椰子連中の思惑で
書き込みが続くので埋まる早さも早い。

まーここ見て1人獲物が逃げれば
実利 100万〜150万くらいが逃げていくから
10人逃げれば1000万以上違ってくるからね。

こういう商売は人の欲求を利用して騙してくるから。
でも ちょっとしたことで目が覚めるからw

115 :無名草子さん:2005/11/06(日) 18:11:50
>>114
>それは反対側の椰子連中の思惑で
>書き込みが続くので埋まる早さも早い。

アホだ・・

116 :無名草子さん:2005/11/07(月) 10:16:44
>>115
前スレは社員っぽいレスはなかったが、
どうやらこいつは(ry

32 :無名草子さん :2005/11/07(月) 00:40:53
自費系出版社が儲けて何が悪いんだ?


117 :無名草子さん:2005/11/07(月) 11:04:15
鴨が逃げそうな書き込みがあると
意味の無い書き込みや理論討論的書き込みが増える。

でも普通に出版してる人から見れば
常識はずれな書き込みである場合が多い。

118 :無名草子さん:2005/11/07(月) 11:33:29
>>116
社員だけどどうかした?
証拠は見せないけどなw

119 :無名草子さん:2005/11/07(月) 11:37:45
ついに社員がキタコレ

120 :無名草子さん:2005/11/07(月) 11:39:58
>>118
仕事さぼってんじゃねえよ
さっさとカモに営業かけな

121 ::2005/11/11(金) 18:51:38
>>108すみませんでした。

122 :無名草子さん:2005/11/16(水) 03:40:52
公募ガイドの募集はインチキ大賞の募集ばかり目立って
うざいったら無いね。


123 :書店員:2005/11/20(日) 06:45:35
ホケンガイコウモドキデブババアウゼェヨクルナ

124 :無名草子さん:2005/12/01(木) 06:11:27
文書番号:ナ5301-2202  発信年月日:平成拾五年九月拾五日

掲示板発言者に対する訴訟手続きについて

謹啓

あなた方は当社の営業を著しく妨害しています。
当社はこのような妨害行為に対し、速やかに個人の特定
並びに悪質な発言者に対する損害賠償の請求を執行すべ
く只今、当社役員及び担当弁護士と検討中です。
今後、当社に関する悪質な発言を為された発言者に対し
ても同等の法的措置が行われることとなります。

                   敬具


125 :無名草子さん:2005/12/19(月) 16:38:54

日本文学館てどうですか?
知り合いがローン組んで本出したいっつって、かなり頭に血が昇ってます。
止めたほうがいいのか背中押したほうがいいのか…

126 :無名草子さん:2005/12/22(木) 00:11:24
しずかだね・・・・

127 :無名草子さん:2005/12/22(木) 12:05:47
>>104多くの人がコメントで助言して目を覚ましたのかな?
出版取りやめだって。200万以上の被害を食い止めた諸君GJ


12/22
親愛なる読者の皆様へ
都合により当ブログを放置いたします

半年間に渡り お付き合い ありがとうございました

とても楽しい経験でした

 

『Dear優等生主婦』の出版も

残念ながら 取りやめることとなりました

ご迷惑をかけてしまう出版社の皆様には

深くお詫びを申し上げます


128 :無名草子さん:2005/12/22(木) 20:43:21
誰にも迷惑かけないで自費出版する分にはかまわんよ


129 :無名草子さん:2005/12/29(木) 13:47:26
日本文学館、俺も頭に血が昇ってます……ペン策する人間のレベル低いよ。誤字脱字とか気付かないし。

130 :無名草子さん:2005/12/29(木) 13:50:36
↑頭に血が……って俺の場合、ムカついてって意味ね

131 :無名草子さん:2005/12/29(木) 22:20:17
>>130
やっぱり止めたほうがいいですかねぇ‥‥‥
文才はあるヤツなんですが、お人好しとゆーか世間知らずとゆーか‥‥‥

「飴あげるから、おじちゃんに付いておいで!」
って言われたら付いてっちゃうよーなヤツなんだよなぁ‥‥‥
大人なのに‥‥‥‥‥

132 :無名草子さん:2005/12/29(木) 22:52:33
笑。ちゃんと出版はしてくれるから大丈夫だけど、自費出版を考える前に新人賞とかに公募することを勧めてみたらどうかな?

133 :無名草子さん:2005/12/30(金) 07:44:30
>>132 そうですね。まずはいろんな公募に作品出させて、賞とか取れるようになれ!と、言っときます。
ありがとうございました。

134 :無名草子さん:2006/01/02(月) 11:30:31
>>124
> 文書番号:ナ5301-2202  発信年月日:平成拾五年九月拾五日
>
> 掲示板発言者に対する訴訟手続きについて
>
> 謹啓
>
> あなた方は当社の営業を著しく妨害しています。
> 当社はこのような妨害行為に対し、速やかに個人の特定
> 並びに悪質な発言者に対する損害賠償の請求を執行すべ
> く只今、当社役員及び担当弁護士と検討中です。
> 今後、当社に関する悪質な発言を為された発言者に対し
> ても同等の法的措置が行われることとなります。
>
>                    敬具
>

なんだこれ。


135 :無名草子さん:2006/01/05(木) 07:31:11
社員も必死なのねw



136 :無名草子さん:2006/01/18(水) 18:33:44
>>124
の動きがとっても楽しみです。だって、こちらには、銀行から三分割で
振り込んだ受領書から契約書から全部あるんだもの。最初に280万円
以上もの値段を提示してきた見積もり。プロデューサーや担当編集者
とのメールのやり取り。全部提出できるのだから。これほど楽しみな
事はない。あとは「世間様のご判断」することだから。
 で、124は、いつ訴えをおこすのだろう?

137 :無名草子さん:2006/01/20(金) 11:11:03
コピペにマジレスって・・・


138 :無名草子さん:2006/01/21(土) 23:32:20
>>137
ネタの振りして脅しをかけたり悪徳業者の社員さんも大変ですねぇw

139 :無名草子さん:2006/01/22(日) 19:17:18
高額自費出版って情報弱者を狙ったしくみだから、
こんなネットの片隅に書かれても痛くも痒くもない、
というのが彼らの本音としてあるんだろうな。

ほんとうに牽制するつもりがあるのかどうかは謎。


140 :無名草子さん:2006/01/22(日) 20:41:37
痛くも痒くもないはずなのに、
時たま社員らしき人がちょっかいをかけてくるのは、
わずかに残った良心にチクチク痛みを感じるからだろうな。
批判はつらい。自分も見たくないし、他の社員にも見せたくない。
不愉快だろうけど、今みたいな商売の仕方はやっぱりフェアじゃないよ。
悪口言われても自信をもってきちんと反論できないし、
いつまでたっても仕事に誇りは持てないだろう。

141 :無名草子さん:2006/01/23(月) 12:00:53
高々二、三百万程度に何を剥きになってんだ?
漏れの追証額の十分の一じゃねぇかヨ。

142 :無名草子さん:2006/01/23(月) 12:50:22
バカ野郎、百万単位といえば大金だろうが。
自分のしでかし自慢してるんじゃねえぞこの野郎。

143 :無名草子さん:2006/01/23(月) 16:06:21
確かに、自慢にはならんな……。

まぁ百万単位なら十分返せる額だが、一桁上となるとな……。

141の命は、あとどれくらい(ry

144 :無名草子さん:2006/01/26(木) 12:14:41
売れないから自費出版なんじゃなく?自費はやらないって
結局は自分の作品が売れる自信がないんだよな。
でもさ、百単位は高いよな。なんかなぁ。

145 :無名草子さん:2006/01/26(木) 12:33:40
この板はじめて来たんだけど、
結局最低幾らで本は作れるの?
販売ルートは別にして。

146 :無名草子さん:2006/01/26(木) 16:23:18
>>138
アホか。
誰が他のスレでもバカにされてるわw


147 :無名草子さん:2006/01/27(金) 10:04:13
でもさ、確かにさ。賞も採ったことがない、やれ、なんか、名前があるわけでも
ない人間に、いきなり出版社がかねだしてくれるんかね。そりゃいっくらなんでも
甘えすぎなんじゃねぇの?
 

148 :無名草子さん:2006/01/29(日) 09:17:57
正論だよね
だから自費出版は、賞も取った事無い、名前も売れてない、でも実力はあると思い込んでる自己顕示欲の強い人にはうってつけだよね
それが嫌なら何か賞の一つでも取れっつーハナシだw

149 :無名草子さん:2006/01/30(月) 11:38:57
文藝賞そして芥川賞の、はっきりとした最近の傾向
「若年者の素の文章」これは出版業界の「経済的」繁栄を
求める意思であり、文学自体とはまったく関係が、無い。

150 :無名草子さん:2006/01/30(月) 11:42:29
読者はあらかじめ「ターゲット」化されている。
「あまり難しい言葉や、文章をよみたがらない大衆」
として。

151 :無名草子さん:2006/01/30(月) 14:00:31
要するに、
「ふだん本に興味のない世代を対象、書き手もアイドルっぽさや
話題性のある人であることが前提」ってことでしょ。

152 :無名草子さん:2006/01/30(月) 14:39:26
そうだね。ところが
英米でも本離れは進んでるけど、英米の大衆小説作家の
文章・語彙は傾向として「残った読書家層」に向けて、
難しく、語彙も多くなってきているように感じる。
むかし原文で読めたはずの作家の文章が
難しくて読みにくくなってきたりね。
まあそれが良い悪いじゃないけどね。

153 :無名草子さん:2006/01/30(月) 14:52:06
僕自身は最近国内新刊の棚も見ないw
つまらなそうだからね。
まとめると、最近の国内の出版傾向は
偏り杉で文学賞もそれに自覚的に荷担している。

だから自費出版とかマイナーな形の出版・流通は
これから重要だね。出版社が金をだすとか、
賞がとれるとかは昔とは違う基準に移行してしまっている。

154 :無名草子さん:2006/01/31(火) 10:09:30
とりあえず出版社が金をダスまで出版はやらないって気持ちは大切だよ。
でも、面白いか面白くないか、自分の作品で自覚持ってる人って
どれくらいいるんだろな?
ていうかさ、自費出版て純粋にたっかいよね。もっとさがんないの。

155 :無名草子さん:2006/01/31(火) 10:30:42
高いから商売になるんだろ

156 :無名草子さん:2006/01/31(火) 11:11:45
ありがと 参考にならなかったよ

157 :無名草子さん:2006/01/31(火) 11:51:17
自分で印刷会社に発注すればだいぶ安くあがるだろ?
流通はマイナーな本屋に自分で頼む。
それじゃだめなのかな。

158 :無名草子さん:2006/01/31(火) 12:50:36
そんなもんが売れるかよw
売れないもんはどうあがいても売れねえんだよ
いい加減諦めな


159 :無名草子さん:2006/02/01(水) 11:20:16
あたしのともだちで、自費みたいな感じでだした人がいるんですよ
そのひとは男のひとですけど、初版武が三百で完売しましたよ。
そのひとは、印税が結構高くて、結構はいってました。本人から聞きました
参考になりますかね

160 :無名草子さん:2006/02/01(水) 11:58:09
「みたいな感じ」←ここがよくわかんないw
あと初版300でいくらかかったのかなあ。
出版社は書かなくても、流通をどういう風にしたかも
知りたいです。

161 :無名草子さん:2006/02/01(水) 19:39:02
>>159
それはコミケとかで同人誌を販売したんじゃないかな?

162 :無名草子さん:2006/02/03(金) 09:52:17
出版社は分かりません。忘れました。多分東京だったと思う。
流通は、そこが付き合いがある本也さんに置いてくれるってことだったらしく
後は、宣伝とかは、結構アドバイスみたいのもらったらしい。聴いた範囲だと販売には
結構本気な場所だったって。取材も受けたって言ってましたよ。
印税は売った分の半分戻ったとかいってました。それは怪しい、本当かなって……


163 :無名草子さん:2006/02/03(金) 11:35:23
新聞の地方欄だったら、たとえ自費出版でも「作家デビュー」
みたいな感じで記事載せるしなあ。

164 :無名草子さん:2006/02/03(金) 11:51:54
恥ずかし杉w

165 :無名草子さん:2006/02/03(金) 14:25:14
自費出版の隆盛が、発行書籍の数を増やし、書店の返品点数を増やすことで、
出版界の赤字が増えていく。
返品率40パーセントになったら元が取れないと聞いたが、
自費出版は明らかに、出版業界に打撃を与えている。

166 :無名草子さん:2006/02/05(日) 03:30:42
素人のエッセイがいちばん売れないケースです。
小説より売れません。
やっぱこればかりは有名人じゃないと。

167 :無名草子さん :2006/02/05(日) 06:46:56
素人エッセイでも闘病記とか、海外冒険記とか、貧乏人が金持ちになった体験談とかは売れないことない。
むしろ素人だから真実味があるし。要するに小説、文芸物は売れない。

168 :無名草子さん :2006/02/05(日) 09:54:20
イラクで人質になった女性のエッセイは売れた。文芸社刊。
人質になる前は売れなかったが。
火葬場でアルバイトした女子大生の本は増刷中?

169 :無名草子さん:2006/02/08(水) 07:55:22
ttp://www.revook.com/
ここはどうよ。安いことは安い。編集者にごちゃごちゃ
言ってもらわんでいいって人には向いてそうに思うが。

170 :無名草子さん:2006/02/19(日) 13:07:11

晒し

171 :やまチャン:2006/03/13(月) 00:53:48
どうしても感情的になります。
文芸社、新風舎は詐欺集団です。

172 :無名草子さん:2006/03/13(月) 02:03:36
新風舎の出版費ありえなくない?
聞いた話と額が違うし
詐欺って本当?

173 :無名草子さん :2006/03/13(月) 15:00:30
安くても本としての体裁がおそまつなのは嫌だ。校正も自分でしたくない。
書店に配本もしてほしい。予算50万で500冊くらいで。

174 :無名草子さん:2006/03/13(月) 15:27:59
自己満足本を市場に垂れ流すんじゃねえよ


175 :無名草子さん:2006/03/16(木) 04:56:59
俺二日前に新風者に原稿持っていったんだが
ちと褒められた後に出版には148万必要って言われたのですが
そんなもんですか?
一応初版600部らしいんですが。宣伝は読み売りと駄ビンチに掲載するって言われました。
才能ないならこんな話は持ちかけません的な事言われたのですがどうでしょう?

176 :無名草子さん :2006/03/16(木) 07:00:19
いろいろなとこに送って比較検討してみたほうがよい。自費共同出版社は
山ほどある。おすすめは自費の看板あげてない、一般書と同様に流通するとこ。

177 :無名草子さん :2006/03/16(木) 09:16:32
http://www.kobeport.net/rental/nakano/1.html

178 :無名草子さん:2006/03/16(木) 19:05:36
私も新風舎に原稿送りましたが同じ様な額で言われましたよ…

179 :無名草子さん:2006/03/18(土) 21:15:42
117万でした。でも出します。
この世に自分が生きた証を残したいから。
でも出した事は公言しないようにしようw

180 :179:2006/03/18(土) 21:16:30
ちなみに新風舎です。

181 :無名草子さん:2006/03/18(土) 22:54:48
178です。
179さんの気持ち、痛いほど解ります!
私も150万でも払います。生きた証、皆に読んでもらいたいですもんね。誰かの力になれたらそれ以上ないですよね。
私はまだ17歳で、ローンも組めなくて…早く出版したいです。
180さん出版した際には教えてもらいたいのですが…‥(買いたいです)

182 :無名草子さん:2006/03/18(土) 23:33:03
どうしてそれを他の出版社にもちこんでみようと思わないんだ
本当にいい作品、可能性のある作品なら編集者が目をつけてくれるじゃん

183 :無名草子さん:2006/03/18(土) 23:55:56
表現することが「書籍を発行する」ことに、
夢を実現するための努力や情熱といったものが、
「大金を支払う」ことに
置き換えられてしまってる希ガス……。


184 :無名草子さん:2006/03/19(日) 00:08:33
よ〜く考えよ〜♪
お金は大事だよ〜♪

185 :無名草子さん:2006/03/19(日) 02:29:09
>>182>>183>>184
情けない話ですがね、自分が生きている間に、自分の本が形になっているのを見たいのです。
持ち込んでいたら、いつ本になるか分からない。それより「この時に本になる」っていうのが
分かっているほうが、自分としても安心するのですよ。

考え方の違いなので、ま、深くつっこまないで下さい。
あなたがたにとってはお金が大事、僕にとってはこの世に生きた証を残すほうが大事、
それでいいじゃないですか。

186 :無名草子さん:2006/03/19(日) 04:04:24
自分で既に自分は「どうせ他に持ち込んでも出版なんてされない」と思っているから気が急くんだろ
誰かの受け売りだが、才能があると信じられるのも才能の内なんだけどな

187 :無名草子さん :2006/03/19(日) 10:14:41
いろいろ送ったけど、新風舎は割高で素人相手という印象。
郁朋、鳥影、春風、清流、作品、杉並けやき、リトル ガリヴァ、、あたりに送って
見積もりだしてもらったら? 審査はあると思うけど
値段安くて編集の丁寧なとこが良いよ。

188 :無名草子さん:2006/03/19(日) 10:36:17
>>185
>僕にとってはこの世に生きた証を残すほうが

横レスですまんが、傍で見てても痛い。
「生きた証を残す」ことが金を出して本を出すことなんて、
ほんとに情けない話だと思うよ。
「生きた証」ってのは、そんな自己満足じゃなくて、
他人に評価されてこそでしょうが。
金を出せば誰でもできることなんて何の価値もない。

189 :無名草子さん:2006/03/19(日) 10:36:32
>>186
まさにその通り・・・「才能がある」から出して世にとうてみたいと思っているのではなく、
自分には「才能がない」からこそ、今100万出してでも出版したいと思ってます・・・
でもそれ、いい言葉ですね。覚えておきます。

>>187
もう契約しちゃった・・・お金も三分割の一回目払っちゃった・・・こればかりは急ぎすぎたかも。

190 :無名草子さん:2006/03/19(日) 10:49:12
>>188
僕は、自分の書いたものがまとまって本になるだけで「生きた証」になると思ってました。
でも>>188さんの言う事は分かります。
これからは少しでも他人から評価されるような、よりレベルの高い「生きた証」、
のこしていきたいです。

191 :無名草子さん:2006/03/19(日) 12:08:36
>>190
金だしてれべるのたかいおなにぃ

192 :無名草子さん:2006/03/19(日) 12:54:51
>181
「生きた証」ねえ・・・
他人の評価受けたきゃ何度もここで書かれているように自サイトでいいじゃない、
書籍化するほうが余計に皆に読んでもらえないと思うんだがね?
ネットでものすごい反響があれば自ずと書籍化の話舞い込むよ
反響が全く無いのもまた評価。







193 :無名草子さん:2006/03/19(日) 12:59:07
つうか17歳の奴が100万も払えるもの?
親の金使ってだったら痛さ通り越してヤバイ

194 :無名草子さん:2006/03/19(日) 13:35:09
「生きた証」なんて言っている弱い人間を食い物にしてるんだから、
罪な商売をしているよねぇ。。
美容整形の医者の方がよほど社会に貢献しているな。

195 :無名草子さん:2006/03/19(日) 15:59:08
私も、去年の12月から11本の小説を書いてあちこち送りましたが、
共同出版しか、持ちかけられませんでした。
だけど、初刷600部で全国の本屋に流通させてあげると言われても、全国47都道府県
にばら撒いた場合、一県5,6冊? そんな程度では、うちの田舎の本屋に
並ぶことはないでしょう。
それで今は、大手のコンテストに応募することに全力投球することにしました。
芽が出るか分からないけど、先ほど言われた方の様に、自分の才能を信じるのも才能のうち、
と言う言葉に、元気付けられました。ありがとう。


196 :無名草子さん :2006/03/19(日) 16:12:19
近所の本屋は地元出身の作家の本は置いてくれる。ただし親戚友人が買うくらい
協力的でないと駄目。本屋も商売だから売れるものでないと置けない。
600部でも、見知らぬ人に買ってもらうのは大変だよ。

197 :無名草子さん:2006/03/19(日) 18:49:38
195です、レス有難うございます。確かに本を売るって大変なんですよね。
今売れてるのって、有名作家以外では、ファンタジー、ホラーかプチ恋愛ものの
いわゆる、ライトノベルズしかないんですよね、だから出版社もその路線に
走ってるような気がするんです。

198 :無名草子さん:2006/03/19(日) 21:28:27
"17歳で〜"と書き込みした者です。
親のお金は借りません。駄目元で仮ににでも、借りたいとも思っていません。自分で決めた事ですし、キレイ事でもなんでもなくて、自分の力?で出版したいと思っているからです。
「コンテストいい賞をとったからと言って売れるわけではない」担当の人にはこう言われましたが、とりあえず今の私に出版を形にするために出来る事はコンテストに投稿するくらいなので
また新しい作品を描いています
決して自己満足で出版を目指しているとは思って欲しくないです。。

199 :無名草子さん:2006/03/19(日) 21:45:34
>決して自己満足で出版を目指しているとは思って欲しくないです。。

まさに根拠のない自己満足そのものだろうがw
「自己満足じゃない」と宣言しているのはお前だけ。
他の誰が「そうだよ、自己満足じゃないよね」って言ってくれるの?

>自分の力?で出版したいと思っているからです。

ここが大きな勘違い。偉そうに「自分の力」とか言える立場じゃないだろ。
「自分の力」とは自分の作品自体が評価されて言えることだぞ。
他の全く関係ないバイトで稼いだ金で、無理矢理本を出すことなんて
「自分の力」として誇れることでも何でもない。
要は目的と手段を甚だしく勘違いしてるんだよ。




200 :無名草子さん:2006/03/19(日) 21:52:56
こっちにも「w」が現れているな。

201 :無名草子さん:2006/03/19(日) 22:09:26
バカな勘違いがいる限り悪徳業者は栄えるからな
ありがたいカモそのもの

202 :無名草子さん:2006/03/19(日) 22:10:02
まあ、自費でも出版できる人はそれも、実力のうちじゃないでしょうか。
もう社会人になってしまえば、自分の趣味の本に二百万も出せません。
それこそ、「宝くじ一万枚買う」ことと同じ様に見られるからです。
あたれば、威張っていられますが、外れれば馬鹿呼ばわりされるだけですからね。
でも、ニーチェやヒトラーの著作が売れたのは時代性があったんでしょうね、
いまどき、あんな難しいこと書いても誰も見向きもしませんから。


203 :無名草子さん:2006/03/19(日) 22:10:47
いい大人なんですが、このスレをみて夢見がちだった僕も、さすがに目が覚めました

とりあえず書けるだけ書いて持ち込み、投稿してみます

ココ見に来てよかった‥‥‥‥

204 :無名草子さん:2006/03/19(日) 22:11:20
偉そうな事なんて言っていないでしょう。
"自分の力で出版したいから、今はコンテストに投稿しようと思っている"
同じ事を2度も言わせないでくださいね
実力がどうかは解りませんが、評価してもらうのにはそれは必要だと思います
少なくとも私が出版したい理由を知りもしないのに自己満足とは言われたくないです。
言いもしてないので、認めて欲しいとも言えませんが
私だけではなく、
本気で本を出したい、形に残したいと思っている人たちの気持ちを侮辱するような事は言わないでください。

205 :無名草子さん:2006/03/19(日) 22:13:41
>>204
じゃあなぜ共同出版・協力出版批判スレなんかに来るんだ?

206 :無名草子さん:2006/03/19(日) 22:21:55
>>204
お前は救いようのないアホだな。
「自分の力」=「作品を生み出す自分の文章力・思考力」ならば認められて当然だが、
「自分の力」=「評価されない作品を無理矢理市場に載せるために金を稼ぐ労働力」
なんか誰も感心しないっての。
いい加減気付け恥さらしが。


207 :無名草子さん:2006/03/19(日) 22:34:17
>>205
教えて貰って初めて2チャンネルに来ましたが偶然にも自分が知っている出版社の名前を見て、そこでこういった書き込みを見たので書き込みしました。

>>206
だからこそ、投稿するんだと何度も言っているでしょう…;;
出版社側と読者側の評価には違いがあるので、賞=共感できる作品
かどうかは解らないようですが
それでも出版社側の評価は正しい。

ただ、読者の評価は一か八かで本に残さないと解らず、そのためにはまず上記で述べたような評価を受けなければいけないのですが
まず売れなかったとしても後悔など何処にもないと思います。読者のために書く本ですから。それが、本を出版する人の本当の目的です。この気持ちは本を描いている方にしかわからないと思います。

何か勘違いしているようですが、「お金⇒出版」とは考えていないと自分は何度も言ってます。



208 :無名草子さん:2006/03/19(日) 22:36:42
>本を描いている方

あなたは面白い素人の方ですね


209 :無名草子さん:2006/03/19(日) 22:38:36
>>207
>ただ、読者の評価は一か八かで本に残さないと解らず、

>>192が見えませんか?

210 :無名草子さん:2006/03/19(日) 22:38:41
>>207
もう書き込みはやめておいたほうがいいと思う・・・
世の中には絶対分かり合えない人同士がいるもんですよ。

211 :無名草子さん:2006/03/19(日) 22:39:36
>>210
>>207がバカなだけでしょう

212 :無名草子さん:2006/03/19(日) 22:53:21
実績のない人間の小説が商品として市場に流通できるのは、ごくごく一部の例外を除き、
何らかの賞をとったものだけ。堀田あけみとか、綿矢りさとか、10代でデビューしているが、
文藝賞とか芥川賞をとったからこそ。小学館のなんとか賞で16歳の子が受賞したけど、
文学賞としての実績がないから、その後、鳴かず飛ばず。ましてや、共同・協力出版の
似非文学賞に期待するなんて愚の骨頂。自己満足で市場に流したところで、
売れるはずがないってこと。

売れることになんの期待もなのなら、共同・協力系はやめて、街の印刷屋で刷って、
自己満足するのが一番だよ。印刷代も安くすむ。

213 :無名草子さん:2006/03/19(日) 23:00:08
>>207
「著作者になりたい」という夢があるなら、どうぞ頑張ってください。
コンテストにもどんどん挑戦したらいいと思います。
でも、身近に若いうちから大金を積んで本を出そうとする人がいたら、
むしろ注意してあげてほしい。「それは姑息な手段なのだ」と。
お金を作るエネルギーは、原稿を良くすることに費やすべきものだから。

214 :無名草子さん:2006/03/20(月) 07:55:46
>>207
てっとりばやく金で魂を売るような真似じゃなくて
その情熱のベクトルを作品にぶつけてほすぃ・・・

215 :無名草子さん:2006/03/20(月) 08:57:46
214
だからコンテストなど投稿して
いい賞をとれるくらいになって出版したいと何度も言っているじゃないですか…;

216 :無名草子さん:2006/03/20(月) 11:36:47
>>214
良い賞を取れるくらいなら、このスレに来る必要はないかと思うのだが?

217 :無名草子さん:2006/03/20(月) 22:33:14
http://sheendigital.com/alba/

参考にしてください。

218 :無名草子さん:2006/03/20(月) 22:35:19
>>217
バカ者。

219 :無名草子さん:2006/03/20(月) 22:38:55
>>217
参考になりまhした。


220 :無名草子さん :2006/03/21(火) 00:03:31
同業他社はいっぱいあるんで、いいところを探すんだな。
下記は、BだのPより安くてマシかも。
実際にどうかは分からないんで、自己責任で。

レーヴック
http://www.revook.com/
遊タイム出版
http://www.u-time.ne.jp/index.htm



221 :無名草子さん:2006/03/21(火) 06:20:58
編集者です。
私は、ここで語られているような「共同出版」という形は好きになれません。
そういう出版社のあり方も認めたくありません。
「商売」なんだからしかたないとはいえ、作家志望者もしくは出版を希望する人を
騙すような部分が消し去れないからです。
話はそれますが、そうした出版社の編集者は定着せず、すぐ辞めるといいます。
S風舎など、社歴3年で「長いね」といわれるそうです。
いい会社なら、社員は定着するでしょう。ああいう会社からの出版を考える人は
こんな点も考えてみたらどうでしょう。
自作の企画スタート時と刊行時点で担当者が変わってるとしたら……?

それから、「売れる」という言葉が飛び交ってますが、それと「本という形にする」のは
まったく別次元のものです。単に自費出版したいだけなら150万もかからずに
「本」をつくることはできます(部数によりますが)。

書きたいことがあるなら、まずそれを形にするのが先。
「売れる」かどうかなんて考える(どう書いたら売れるかもわからないのに)から、
原稿がまとまらないのです。
こんなとこに書き込みするヒマがあったら、作品を書きましょう。

それと、ひとつ疑問があります。
よく書き込みしている人の「17歳」が本当だとしたら、未成年ですよね。
ああいう出版社って、未成年と100万単位の金銭契約をするのでしょうか?
最低でも、親を保証人につけることになるはずですよね?

222 :無名草子さん:2006/03/21(火) 15:54:53
民法4条の未成年条項により、なしたる契約は「無効」となります。
親権者の同意が必要で、これなしに締結した契約は後で、取り消し得るものに
なります。因みに、未成年者の出来る契約は日常品の買い物くらいのモノです。
あと、バスや電車の切符を買う=旅客運送契約、もそうですね。
by 法律家の卵

223 :無名草子さん:2006/03/21(火) 16:47:17
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?I=love_spider

この人も共同出版でデビューするらしいです

224 :無名草子さん:2006/03/21(火) 22:37:05
応募してきた奴が未成年者の場合は、親をその気にさせて、金を出させる
マニュアルの出番となる。その点、抜け目のない会社。

225 :無名草子さん:2006/03/22(水) 21:08:14
>>221
編集者なんだったら「好きになれません」「認めたくありません」なんて
言う前に、自分たちがそういう商売の片棒を担いでいることも認識したら?
BやSに持ち込みした人は、その前に企画出版をしている出版社に持ち込んで
けんもほろろに追い返された人も多いんじゃないのかな。

226 :無名草子さん:2006/03/22(水) 22:40:04
企画出版なんて珍妙な用語は世間一般に通用しませんよ

227 :221:2006/03/23(木) 00:55:31
>222&224
レスありがとうございます。
そうですよね、やはり未成年は契約できませんよね。
そして、それに対してのマニュアルもあると……。
なんだかマルチ商法みたいな話ですが、本当なんでしょうか?

>225
なぜ編集者が「片棒を担ぐ」ことになるのか理解に苦しみます。
私たちは、本を作っています。
その点では、多少なりとも「本を出したい人」の力にはなっているわけで、
「けんもほろろに追い返す」のが仕事のすべてではないのです。

どんな出版社のどんな編集部にも、売り込み原稿は大量に届きます。
公募の大賞などでも、数千作の応募があります。

でも残念ですが、その大半は箸にも棒にもかからないレベルのものであるのが
事実なんです。
簡単にいえば物語や設定以前の問題で、「日本語になっていない」のです。

編集者は、そんな作品にも「講評」を求められる場合があります。
これは、直接・間接・遠まわし……もろもろ含めてどんないい方をしても
いわれたほう(作者)は気分がいいわけありません。
だから、「けんもほろろ」に扱われたと感じるのではないでしょうか。

もし225さんに、そうした経験があるのなら
同じ作品を複数の編集者に読ませてみればいいと思います。
一人ではなく三人ぐらいに似たようなことをいわれれば
それは間違った意見ではないと感じられるはずです。


228 :無名草子さん:2006/03/23(木) 07:02:52
編集者に読ませて、ってどこの出版社も持ち込みを受け付けてないじゃん。
どうやって読んでもらうの?

229 :無名草子さん:2006/03/23(木) 09:18:57
               __ __
          ,,.-‐'''"´ ´    `、丶、
        ,-'´,  ィ ,i  i .i ヽ ヾ、丶、ヽ、    金の無駄だな・・・
        ./ / ,イ  i! ||i ll ヽ ヽ丶.ヽ 丶
       / ノ ,/ /!  ‖ |.l lヽ li. li  ,i.  l
     / ,イ! l l .l ,ハ.  lヽヽヽ li li   l i  l
      | .l .i ll i. l l_ l、 l ゝヾヽ」‐、l!  ! .!  li
     ‐' l .l! l'´!_'  ´`  `ェ_  l  l! l.  l.l
        l .K´,-ァテナ   '"ヤ'ニソヽl .l l ヽ .i l.l
        l  l、!` `'''´           l  lノ.i l l.l l
       l l.lヾ、    _        丿 ハ l. l .l.l.ト、   ⌒)
       l l l l丶、  !、`丶 , イ!/ /l l. l l l.l.l 丶、  )
         il! .l l l l ll丶--´ '´ .」フ' /l.l .l. 丶 l l.l.l 、_ノ
        i|.l! l. l l,l ll ,iゝ、,-''"´ ./ / l.l .l 丶 l. l.l.l
       ,i.l.l! l l .l! .l lノ!,r'´\  ./ / \、. ヽ、 丶l. l.l.l
       i.l l! l l .l /ィ´//l、ヽ〉ソ  /  / ヽ、丶  ヽ、.l.l
      i.l l! l lィ、 くィ´/l ll、ヽ/  / ./     ヽ,  ヽ、l.l


230 :無名草子さん:2006/03/23(木) 15:55:13
>228
版元が持ち込みを受け付けてない?
いえ、「弊社は持ち込み原稿を一切受け付けません」なんて
掲げてる版元はないはずですよ。
原稿を読ませる方法は、いくらでもあります。
10社当たってダメなら、11社当たればいいだけのことだし。
誰でも、どんな分野でも、そういう努力はするものでしょ?


231 :無名草子さん:2006/03/23(木) 20:01:22
>>230
たとえばこれを読んでみ?

http://book3.2ch.net/test/read.cgi/bun/1083692360/

持ち込みで編集者に原稿を見てもらって、あわよくば
アドバイスをもらおう、なんて不可能だってわかるから。
持ち込み大歓迎なんて出版社はBやSのようなところしかないよ。

232 :無名草子さん:2006/03/23(木) 23:06:48
皆さんわかってないんで書いておきますね。
編集者といってもジャンルがあるので全体にはいえませんが
たいていの人は「未知なる大作家」を潜在的に探してるものです。

持ち込みで編集者に読んでもらえる確率は、たしかに低いです。
(だから文学賞を設けてあるわけですが……)
でも、「持ち込みしたい」と思う作家志望の人が
いくつの版元を知っているか。数えてみてください。
講談社、小学館、角川、文春……せいぜい10社とかのはずです。

私は、持ち込みで来た筆者の原稿を本にしたことがあります。
残念ながら売れませんでしたが、内容は良かったと今でも思ってます。

フィクション、ノンフィクションを問わず現在活躍している筆者だって
最初は本にならなくて苦労した人がほとんどなんですよ。

>231
というわけで、アナタの言う「不可能」は、行動する前から
勝手に決めつけてる負け犬根性としか思えません。
(もしアナタが作家志望だとしたら、ですが)




233 :無名草子さん:2006/03/23(木) 23:11:08
脳内編集者ですか?
突っ込み入るかもよw

234 :無名草子さん:2006/03/23(木) 23:17:13
持ち込み、売り込みの際に基本的なことを外す人が多いのは困りものです。

例をあげれば、絵本を出したい人が原稿を見てもらいたいとします。
電話してから送るか、いきなり送るか。
そのへんのこともありますがここでは置いておくとして、
それをどこの版元に見てもらうのか、ということです。

こんなとき、1冊も絵本を刊行していない版元に
平気で送りつけるような人が実に多いわけです。
いくらそれがいい作品でも、その版元では本にできないんですよ。

だから編集者は、持ち込みに対してなかなか積極的になれない
……という本音もありますね。

235 :無名草子さん:2006/03/23(木) 23:33:58
>>234
>1冊も絵本を刊行していない版元に 平気で送りつけるような人

そんなことは余程のバカじゃない限りわかると思うが。
ほんとうに実体験?
あんたほんとに編集者?

236 :無名草子さん:2006/03/24(金) 00:15:27
>>233
こっちに「w」が来てたのか。

237 :無名草子さん:2006/03/24(金) 00:27:56
はい。私は編集者だし絵本の話も実話です。
絵本に限らず、こういう人がすっごーーーく多いのは本当です。

このスレッドは2ちゃんぽくなく真面目に進んでると
思って書き込みしましたが、やっぱりヘンな人はいるんですね。

私は新風舎タイプの商売は嫌いです。
だから、一人でも“被害者”が減ればいいなと思います。

だけど途中で何人もの人が


238 :無名草子さん:2006/03/24(金) 00:34:37
>>236
「w」を全板でチェックしたら?
変質者?


239 :無名草子さん:2006/03/24(金) 00:42:48
>>237
このスレにもあっちのスレにも、ときどき変な「脳内業界通」が現れるんだよ。
そういう連中だから、「普通の出版社」に持ち込んだところで、尊大さが仇になり、
無視されて終わりってのも当然。
結局、下手な原稿でも持ち上げてくれ、気持ちよくなれるBとかPで出すしかない。
だから、ホントのことを書かれると茶々を入れたくなるのかもね。

240 :無名草子さん:2006/03/24(金) 00:47:18
>>239
>いくつの版元を知っているか。数えてみてください。
>講談社、小学館、角川、文春……せいぜい10社とかのはずです。

低学歴の人ばかりにお説教してるのですか?


241 :無名草子さん:2006/03/24(金) 00:52:38
だけど途中で何人もの人が……で切れた続きです。

「思いとどまれ」とか「ヤメなさい」とか書いてくれているように
マトモというか真面目な人が多いのでちょっと安心です。

>239
なるほど、よくわかりました。さんきゅ!

242 :無名草子さん:2006/03/24(金) 01:03:18
>>228
メフィスト賞みたいに「持ち込み」をそのまま制度化したような賞もあるよ。
受け付けていないといったところで商売なんだからいい作品なら出版されるでしょ。

243 :無名草子さん:2006/03/24(金) 01:13:00
>>241
妙にケンカふっかけてくる奴がいるんだよ、前から。
姉妹スレ↓にも出没する。
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1141823318/l50

244 :無名草子さん:2006/03/24(金) 12:43:28
碧天って連絡つかないらしいけど、誰か詳しいことしらないですか?

245 :無名草子さん:2006/03/24(金) 15:40:26
質問です
一度新風舎に見せた作品って、他のコンテストやらには投稿しちゃいけないんですよね?
新風舎に送ったのも、ただコンテスト関係なく送ったようなものなんですがそれでもダメ…ですよね?

…送らなきゃよかったと後悔

246 :書店員:2006/03/24(金) 16:30:34
自費出版野郎、マジ迷惑!仕事の邪魔!来るなウザイ!
ところで碧天社ってつぶれたの?

247 :無名草子さん:2006/03/24(金) 16:32:25
>>244
他の掲示板でも話題になってるね
倒産だったら大変なことになるよ…

248 :無名草子さん:2006/03/24(金) 16:41:46
倒産だとしても原因は何?
あれだけボってりゃ儲かってたと思うが。

249 :無名草子さん:2006/03/24(金) 19:10:54
いやあ、新風舎って面白いな。
本を出したくても出せない人のために、だって。
女にモテたくてもモテない人のために整形を、包茎手術を。
 まあ、そんなことしてもムダだが、もしかしたらモテるかもしれない。
大学に入りたくても入れない人のために、ニセ学士号を。
 そんなの認められないが、早大の某教授も博士号を買ったんだっけなー。

少なくとも出版や本に対する愛情などみじんもない。
コンプレックスをついた上手い商法だな。
だって詐欺として訴えられないだろう?


250 :無名草子さん:2006/03/24(金) 19:54:03
どうせなら、ちゃんと原稿を読み込んでくれて、きちんとした所見を
くれてその対価として1〜2万円とかやってくれる出版社ないかな。。。

251 :無名草子さん:2006/03/24(金) 20:44:44
>>250
「ちゃんと原稿を読み込んで」
「きちんとした所見を くれて」
1〜2万じゃあ安すぎ。手間を考えたら、少なくともそれより一桁多く
もらわなけりゃやってられんと思うぞ。

252 :無名草子さん:2006/03/24(金) 23:54:53
横レスしよう。
アップルシードエージェンシーという会社がそんなことを謳ってるが
(原稿読んで評価します、みたいな)
あそこはまったくの素人だからヤメとけ、と言っとこう。
http://www.appleseed.co.jp/

253 :無名草子さん :2006/03/25(土) 09:52:33
鈴木剛介は「ジ・アンサーズ」を新風からだしてからアップルシードエージェンシーが着いて
角川からデビューしたけどね。特例?

254 :無名草子さん:2006/03/25(土) 11:51:25
鈴木剛介は新風舎で作った内容を全面的に書き直して、
あらためて角川から出した、という形だね。
アップルシードに頼るなら
自分から原稿と企画書を送れば十分なので、
共同出版する必要はなくなる。

255 :無名草子さん:2006/03/26(日) 00:12:36
アップルシードはダメ、というのはもう出版界の常識。
この業界、広いようでいて狭いから噂はすぐ回る。
あそこには編集できる人間なんかいないし、いたとしてもそれは
前に出ていた言葉を借りれば脳内編集者に過ぎない。
新風舎みたいなのとタイプは違うが、ダメだという点ではまったく同レベル。


256 :無名草子さん:2006/03/26(日) 04:47:38
私家版で絵本を500部作りました
とりあえず中野の〇〇シェに置いてもらってますが
他に置いてもらえそうなところを探してます。
どなたか、大人向け(残酷物)の絵本を取り扱ってくれそうな
所は知りませんでしょうか?
是非紹介お願い致します


257 :無名草子さん:2006/03/26(日) 08:34:45
>>256
どこかの幼稚園にでも話を付けてみたら?
知り合いの保母さんにでも頼んでみるとか。

258 :無名草子さん:2006/03/26(日) 08:56:14
>>257
「大人向け(残酷物)」って書いてんだろ。よく読め

259 :無名草子さん:2006/03/26(日) 21:40:17
>>252
>年間60冊ほどの書籍をプロデュースしております。
>この三年あまりで5万部を超えるベストセラーを12冊出しました。
>そのうち、10万部を超える作品は7作出ました。

試みとしては面白そうだが実績としてはイマイチかな・・・。
同一の作者のものがいくつも混じってるしハウトゥー本ばかり。

260 :無名草子さん:2006/03/28(火) 11:09:40
あげ

261 :無名草子さん:2006/03/32(土) 07:26:14
アップル高い。実績のわりに。

262 :無名草子さん:2006/04/04(火) 12:03:43
聞いてみたいんだど。ここで書き込んでいる人は、出版したいのしたくないの
出版に興味あるの、ないの?

263 :無名しさん@:2006/04/04(火) 12:53:30
私も、新聞の原稿募集の広告を読み、新風舎に原稿送って、共同出版を勧められましたよ。
五百部で、百三十万の費用を負担って言われて、断りましたが…。
正直、新風舎からお電話をいただき、「将来、作家になりたいの?」とか、
あれこれ訊かれた時には、「自分に作家の才能あるの!?」って、舞い上がっちゃいましたが(苦)
今、この掲示板を読んで、目がさめました(笑)いや、あの時、断ってよかったと思いました(笑)
舞い上がった時──あの時、君はバカだった(笑)
けして、悪い会社じゃないですけどね(NHKでドラマ化された、ちゅらさんの本を出版された会社なので)
一歩、間違えると、「身のほど知らずのバカ」になっちゃいますね(苦笑)



264 :ちなみに:2006/04/04(火) 18:14:12
(株)壁天舎は、平成18年3月31日付けで破産手続きを開始致しました。
事件番号:平成18年(フ)第6000号
破産者:(株)壁天舎


265 :無名草子さん:2006/04/04(火) 18:19:17
>>263
(苦)(笑)(苦笑)が心底キモイ

266 :無名草子さん:2006/04/04(火) 18:21:52
>>262
ただの本好き。書籍板の住人。自分で出版する気はない。

267 :無名草子さん:2006/04/04(火) 19:05:23
500部で130万ですか……
実際の制作経費(製版・印刷・製本・用紙)はせいぜい35万とか40ぐらいの
はずだから(ページ数や用紙の種類にもよるが)
100万近くもボッてるってこと???
まるでマルチ商法そのものだねー。くわばらくわばら!

268 :無名草子さん:2006/04/05(水) 01:28:12
>>263
>NHKでドラマ化された、ちゅらさんの本を出版された会社なので
なんか誤解を招く言い方だね。新風の人がそう言ったのかな?
「ちゅらさん」は最初からNHKのドラマ用に書かれた脚本で、原作はない。
第1作が放映され人気番組になったのは2001年。
新風舎から文庫として発行されたのは2004年。
つまり、既に認知度の高い作品を引っ張ってきた形。
これも有力出版社イメージづくりの一環なんだよ……。

269 :無名草子さん:2006/04/05(水) 12:37:10
いたたたた…あいたぁ

270 :無名草子さん:2006/04/05(水) 17:29:16
有名作家の版権移行の本も多いよな。
「塀の中の懲りない面々」にしたって、確か他社で最初は
出版された本だからな。

271 :無名しさん@:2006/04/05(水) 17:53:25
>>268
そうだったんですか? 新風舎からもらった、図書総目録に、書いてあったので、
てっきり、新風舎で本を出して、ドラマ化されたのかと思ってました。
勝手に、勘違いしてて、すみません。そういえば、北川って脚本家のドラマ「ロングバケーション」も
図書目録に書いてありましたよ。これも、認知度の高い作品を引張ってきたんでしょうか? 

272 :無名草子さん:2006/04/05(水) 19:54:35
しらじらしいな〜

273 :無名草子さん:2006/04/06(木) 12:01:12
なんかな。

274 :無名草子さん:2006/04/06(木) 22:28:24
http://www.shinbunka.co.jp/news/2006/06-04-06-02-news.htm
自己破産の碧天舎、債権者説明会
更新日:2006年4月6日


275 :無名草子さん:2006/04/08(土) 09:53:29
次に倒産するのはどこだろう?

276 :無名草子さん:2006/04/09(日) 01:26:01

って出版業界の大ピンチ
過渡期だよな

277 :無名草子さん:2006/04/09(日) 08:49:10
供給過剰と言うことか。

278 :無名草子さん:2006/04/12(水) 15:52:57
自費出版「碧天舎」が倒産、250人「お金返して」
http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20060412i506.htm?from=main5

279 :無名草子さん:2006/04/12(水) 18:12:31
碧天舎に頼んだ奴は、一番の貧乏くじを引いたようなものだな。

280 :無名草子さん:2006/04/12(水) 18:24:15
「出版プロデューサーという肩書のすごい美人が、目のやり場に困る服を着て説得してきた。
私は七十四歳でもう何とも思わないが、若い男性には効果があったのでは」(関東地方の男性)
という声もある。
http://www.tokyo-np.co.jp/00/tokuho/20060409/mng_____tokuho__000.shtml

なんだこりゃw

281 :無名草子さん:2006/04/12(水) 19:58:47
「もう貯金もないが、足りなければ退職金もつぎ込むし、
どうしても困ったら自殺して保険金で出版費用を出す。
とにかく、今ここで本を出さなければ自分の生きてきた意味がない」
関東地方の公務員(58)はこう熱弁を振るう。

激しく勢いづいてますな。



282 :無名草子さん:2006/04/13(木) 09:13:20
人の人生を狂わせる会社の存在は罪だな。

283 :無名草子さん:2006/04/13(木) 10:02:41
>281
一番読みたくないなw

284 :無名草子さん:2006/04/13(木) 16:54:46
私も編集者です。編集者さんのご意見、どれももっともです。
きちんと本を作っている出版社の編集者なら、みな同様に感じると思いますよ。
17歳の方が、コンテストを受ける、と何度も言っているように、本気で売れる本を出したい人は、
まずコンテストを受けてください。小説であれば、そこからスタートです。
サブカル系や、エッセイなど、おもしろいものを持っている人は、ブログかホームページを立ち上げてください。
編集者は、こまめにチェックしていますし、私自身そこから依頼して本を何冊か作っています。(この場合、当然自費出版などではありません)

それ以外で自費出版される方は、(表現は自由)売れれることは、あまり期待しないでください。
通常150万くらいでは、ほとんど儲けが出ません。通常は経費以上に売れると見込みのある本だからこそ、
(そこまで見込んでから作り始めるからこそ)編集・デザイン・DTP・印刷・製本などに力を入れ、経費をかけられるわけです。
自費出版系の売れる見込みのない本は、デザインも手抜きでしょうし、編集作業もほとんどしないでしょうね。その分、経費もおさえられますから、
150万程度もらってなんとか儲けが出るんでしょう。それに500部って……。
親身になってくれる印刷所で自主制作して、すべて買い取り、友達などに配ってはどうでしょうか。
また、自分の足で本屋を周り、委託販売してもらうとか。自分のサイトで売るとか。
500部くらいだと、その程度の活動とあまり変わらない気がします。




285 :無名草子さん:2006/04/13(木) 17:54:55
ある出版社で聞いたら、「うちは初版でも必ず5000部。500部で
出すような真似はしない」との事でした。でないと、採算上の問題が
あるらしい。

286 :無名草子さん:2006/04/13(木) 18:21:56
284です。285さんのおっしゃる通りです。
世の中に流通させて、採算が合うようにするには、最低でも3000部です。
もちろんすべて売れた上で、制作費としての売り上げが上がるギリギリラインの計算です。
ただ刷っただけではなく売れてくれないと、ホントに困るんです…。
というわけで、本来はある程度売れる(と思われる)企画しか、書籍化できないのです。
先に挙げていた方が、30〜45万程度で、すべてできると言っていましたが、編集費が入っていませんでした。
その金額は、編集者の人件費(編集費)程度です。(最低ライン)。
500部しか刷らずに作者からお金を取ると言うことは、その本はまず売れないと思われ、
最初から手をかけること、流通させて売ることはほとんど考えてないと思います。
その上で、130〜150万内でやりくりできるように、トコトン適当に作るんでしょう。
(まれにヒット作品もあるかもしれませんが、ホントにまれ)
編集者が本当に売れる! これは面白い!と思った作品の作者からは、
お金をとったりしません。むしろ、お支払いいたします。
それをお支払いしても、売り上げが上がる(増刷も出来そう)と
見込んだ作品であれば、です。そんな作者に出会いたい…と思い、
日々、おもしろいサイトなどをチェックしておりますよ。


287 :無名草子さん:2006/04/13(木) 22:20:27
>>286
どこの会社?

288 :無名草子さん:2006/04/14(金) 04:29:59
>>287
そういう無粋な真似するなよ。

289 :無名草子さん:2006/04/14(金) 07:01:04
284さま
その通りです。あなたにも「ごもっとも」をお返しします。
ただ間接減価の点で、編集一人が月8点を担当しているというから、
(というのはほぼ制作不可能な数字なんだけど本当らしい……)

仮に給料が破格の80万だとしても@10万ですよね。40万なら@5万。
たいていは社員じゃないと聞きますから
その他の福利厚生・人件関連は少ないだろうし。

まあ、この計算も超超ザックリですけれど
いくら考えても間接経費が高すぎる。
だからボッタクリ、詐欺、ウソつきと呼ばれるんです。

290 :無名草子さん:2006/04/14(金) 12:57:07
出版社によっては、内容が面白くて「これは売れる」と踏んでも、自社の
出版方針に合わずに出せないことも多々ある。以前、それで
断られますた。やむなく自費で出すことに。

291 :無名草子さん:2006/04/14(金) 13:00:36
じひーーーっ!

292 :無名草子さん:2006/04/14(金) 13:04:22
うちも弱小版元だけど、名もない作家が待っていて世に出れるわけがない。
オリコン1位になったミュージシャンものでも、コストがかかりすぎるなら
だせない。有名人コンテンツでも今は5000部も売れない。
それでも毎日新刊書籍は250点いじょうでてくる。
国内に版元は4000社あり、めるまがは2万種類、ブログが300万程度ある。
すさまじいロングテール現象の時代に突入だ。
有料メルマガで延べ5万部うったことがあるが、すでに1万人読者がいたから
そのときは可能だった。今は状況が異なりできない。
売り込みするなら作家側がノーアイディアではやる気がしない。
レベルがしれている。テレビで視聴率10%稼ぐ企画でも本にできるかというと
また違うのが現実。ようは面白いかどうかだろう、誰にでもチャンスだけはある。

293 :無名草子さん:2006/04/14(金) 13:09:01
>>290
てかさ、それも自費出版勧めるやり方なんじゃないの・・・
内容が面白くてこれは売れると踏める作品なら
他の出版方針合うシュパン社に持ち込んでみたらいいじゃないの。

294 :無名草子さん :2006/04/14(金) 13:42:52
友人が地方出版社から50万で1200部だした。2年たっても全国の
大手書店にまだある。部門別に売り上げ一位にもなってた。増刷はしなかったようだが。
これからは地方の小出版社の時代かも。

295 :無名草子さん:2006/04/14(金) 16:45:14
>>293
290です。実際に原稿を持ち込んだら、「良く出来ているが、うちの方針では
合わないので、ダイヤモンド社の**氏を紹介したい」と言われました。
で、そのダイヤモンド社に原稿送ったら、「この作品を、うちで出すことも
考えても良いが、内容から考慮すると、角川あたりに応募すると良いの
では?」と、延々たらいまわしとなりますた。待ちきれなかったため、
結局は自費で出した。アマゾンで少しずつ売れているようです。事実です。

296 :無名草子さん:2006/04/14(金) 19:40:24
>>295
書名とISBNコード。
D社の対応窓口のイニシャルと部署、角川のどの部署で担当者のイニシャルをよろ。
295の内容じゃ、西沢孝提供のホリエモンの偽メール以下の信頼性しかない。
事実ですって、確認できないのは事実じゃないんだよ。

297 :無名草子さん:2006/04/14(金) 20:06:15
部署名・編集者名で真偽が判断できるのかキミは。すげえな。
そんなにDと角川に詳しいのに出版社の実状にうといのはなぜだい?

290のような経緯は実際にあるもんだよ。しかもそれほど珍しいことじゃない。
「アマゾンで少しずつ売れてるようです」に関してだって有り得ることだ。
「バカ売れしてます」だったら滅多にないパターンだろうけどね。

298 :無名草子さん:2006/04/14(金) 20:11:18
ごたくはいいから、要求された情報だせよ。
証拠は出せないが真実ですって、マジで民主党の永田(恥です辞職です)議員以下。

299 :無名草子さん:2006/04/14(金) 20:16:49
他社の利益になるような事をする基本的になってない奴が
ダイヤモンド社や角川書店にいるという主張してる時点で
大嘘。
見るべきところはあるがウチでは出せないと思ったら出せ
ないとだけ伝える。他社に紹介なんてあるわけがない。
そんな事してるの上司にバレたらクビ。

目だってないけど売れてます。=確認しにくいけどそう
いう事もあるのかな? と誤解を誘導するシナリオを
提供するのも詐欺師毎度の手口。

300 :無名草子さん:2006/04/14(金) 20:24:08
>>299
だな。
悪徳はどこまでも悪徳。
嘘つきはどこまでも嘘つき。
295、297、人間そこまで落ちたら地獄の餓鬼、亡者と変わらないよ。
人間に戻れ。こういう連中にいい本は作れない。

301 :無名草子さん:2006/04/14(金) 20:33:35
>>300
うそでない証拠に、本を紹介する。個別にメールくれれば、
ISBN出す。アマゾン最高で3000位。現在は12万位まで落ちている。
文句を言うなら、本を熟読してから言え。

302 :無名草子さん:2006/04/14(金) 20:44:36
ここで書名出したら少しは売り上げに貢献するかもよ。

303 :無名草子さん:2006/04/14(金) 20:53:36
>>301
なぜここで出せない。w

つうかな、話の内容から嘘バレバレだからからかいかてら追い込まれてるんだよ。
西沢と同類の業界ゴロツキ、詐欺野郎がまたほざいてら〜ってな。w

304 :無名草子さん:2006/04/14(金) 20:58:04
イタタな人がいるな・・・

305 :無名草子さん:2006/04/14(金) 21:02:05
実態暴露されたんで必死なんだよ詐欺企業関係者も。w

306 :無名草子さん:2006/04/14(金) 21:03:09
証拠は出せません!
でも真実です。
信じてください!

これで騙される奴はカモの素質あり。

307 :無名草子さん:2006/04/14(金) 21:05:48
>>306
民主党の前原執行部と元N議員に素質が確認されますた。

308 :無名草子さん:2006/04/14(金) 21:28:46
>>301
書名とISBNを紹介するのになんで個別のメール連絡を要求すんの?
大勢に客観的に事実確認してもらえるし宣伝になるかもしれないしここで書けばいいじゃん。
書名は公開されている情報で個人情報のような秘匿もしくは保護すべき情報じゃないっしょ。
つうか積極的に公知したがる種類のものなのになんで隠したがるの?

309 :無名草子さん:2006/04/14(金) 21:53:51
永田「うそでない証拠に、本を紹介する」
武部「・・・」
永田「文句を言うなら、本を熟読してから言え」
小泉「いや、先に本を紹介しろよ」
永田「この本は、最大限守ってあげたい。個別にメールくれれば、 ISBN出す」
小泉「そんな本出てねえんじゃねえの」
永田「どのようにして、その先入観を打ち破る事が出来るのか。本当に悩ましい」
安部「個別に知らせても、そいつが2ちゃんに晒せば同じことだぞ」
永田「この一方的な攻撃。この風景。こんなところに個別メールしたらかなわないと感じるのは当然」
小泉「だったら本を紹介するなんて言うなよ」
永田「一言聞いただけでガセだと決め付ける、言論封殺、もっとも恥ずべき行為」
安部「メアドも晒してないのにどうやってお前と連絡取れるんだよ」
永田「どのような条件をクリアすれば、真性なモノと認める事ができるのか、知恵を貸してください」
小泉「おまえが本を紹介するって言ってるんだろうが」

310 :無名草子さん:2006/04/14(金) 21:59:24
ワロタ
流れまんまじゃねぇかよ。バロス

311 :無名草子さん:2006/04/14(金) 22:01:23
メガワロスwwwwwwwww


312 :無名草子さん:2006/04/14(金) 22:03:31
たいそうなバカばっかりだな、ここ。

390さん、悪いこと言わないから相手にしないほうがいいよ。

313 :無名草子さん:2006/04/14(金) 22:05:54
>>312
いや、お前は相手してるしwwwwwバレバレwwww

>>390さんは何を言うのか非常に悩ましいw




314 :309:2006/04/14(金) 22:11:31
ちょっと改変。
ガイドライン史上最高の絶好球が来たんで、つい打ち急いでしまったw

永田「うそでない証拠に、本を紹介する」
武部「・・・」
永田「文句を言うなら、本を熟読してから言ったらどうなんですか!」
小泉「いや、先に本を紹介しろよ」
永田「この本は、最大限守ってあげたい。個別にメールくれれば、 ISBN出す」
小泉「そんな本出てねえんじゃねえの」
永田「どのようにして、その先入観を打ち破る事が出来るのか。本当に悩ましい」
安部「個別に知らせても、そいつが2ちゃんに晒せば同じことだぞ」
永田「この一方的な攻撃。この風景。こんなところに個別メールしたらかなわないと感じるのは当然」
小泉「だったら本を紹介するなんて言うなよ」
永田「一言聞いただけでガセだと決め付ける、言論封殺、もっとも恥ずべき行為」
安部「メアドも晒してないのにどうやってお前と連絡取れるんだよ」
永田「どのような条件をクリアすれば、真性なモノと認める事ができるのか、知恵を貸してください」
小泉「おまえが本を紹介するって言ってるんだろうが」


315 :無名草子さん:2006/04/14(金) 22:21:55
腹痛えw

316 :無名草子さん:2006/04/14(金) 23:22:53
>>312の顔真っ赤っぷりがまた笑いを加速させる。
390に超ロングパスww

317 :無名草子さん:2006/04/14(金) 23:41:32
笑いすぎて涙が出た

318 :無名草子さん:2006/04/15(土) 01:48:12
>>294
共同出版だの協力出版だのといった胡散臭いところで500部で200万以上とか払うのに比べれば
素直に自費出版で50万で1200部なら比較的良心的なのでは。

>>295
アマゾンで公開されてるならそのURLでも教えてくれ。

319 :無名草子さん:2006/04/15(土) 08:54:24
また腐れ企業の手先が出てたのか。w
嘘を言っては証拠出せと当たり前の追求受けると尻尾巻いて逃げる。
まったくどこまでもアレな連中。

320 :無名草子さん:2006/04/15(土) 20:55:09
290=295の本みてみたいなぁ。
近くの書店においてあるのかなぁ?
書名、出版社やISBNが分からないと探しようがないよ。

321 :無名草子さん:2006/04/15(土) 23:09:08
碧天舎倒産
ttp://book3.2ch.net/test/read.cgi/zassi/1144073916/
社員ウジャウジャで気持ち悪かった。('A`)

322 :無名草子さん:2006/04/16(日) 00:04:04
あんなウソつきの擬似出版社に150万からの大金つぎこんで
たった500部印刷して、「アマゾンでそこそこ売れてる」って
その「そこそこ」って、いったい何部なんだ?

こんなカキコした人は、それで満足なんかね?
んなはずないよね〜?
しかし新風舎って販売印税なの製造印税なの?
わかんねーよなー。

とか考えたてたら、やっぱインチキ会社の関係者による
ウソカキコとしか思えねえや……。

323 :無名草子さん:2006/04/16(日) 01:44:29
こういうのは出せ出せ出版詐欺?

324 :無名草子さん:2006/04/16(日) 20:43:42
まだダイヤモンド社の編集者、角川書店の編集者が推薦して本にしたら売れたよ
という幻の本の書名、ISBN、著書名わからないの?
290=295、自分の書いた本ぐらいすぐに情報出せないで作家もどきのつもり?
笑わせてくれちゃうよね。wwwww

325 :無名草子さん:2006/04/16(日) 21:59:24
>>322
本というものは出した部数に対して印税が発生する。

それから販売印税とか製造印税なんて用語はありません。


326 :無名草子さん:2006/04/16(日) 22:39:17
>>325
君、ホントに出版業界の人?

327 :無名草子さん:2006/04/16(日) 23:03:45
>>326
あなたはどこの国の出版業界の人ですか?

328 :無名草子さん:2006/04/16(日) 23:21:09
>>325
爆笑。
出版社の財務・業績報告などにも記載される普通に使われる用語。
詐欺出版は出版業のカタチすら整ってないのか。

大爆笑

329 :無名草子さん:2006/04/16(日) 23:32:06
マジレスだが詐欺出版の関係者がこんなとこに書き込みなんかするか?
(元社員とかはいるみたいだが)
ぶっちゃけメリットないのでは?


330 :無名草子さん:2006/04/17(月) 00:25:04
>>329
外道の考える事だからなぁ。
あるかもしれない、ないかもしれない。
ただ290=295のような糞な嘘つき。
325,327のような出版業界人を装った基本的事項も知らないアホは実際出現している。
事実確認でみるとそういう現状。

331 :無名草子さん:2006/04/17(月) 00:57:01
出版業界の人とやらが書き込むのも考えられんが

332 :無名草子さん:2006/04/17(月) 00:59:29
>>329
連中じゃないとメリットの有無わからん

333 :無名草子さん:2006/04/17(月) 01:06:48
>>331
どうしてそう思った?

334 :無名草子さん:2006/04/17(月) 01:24:30
>>333
だってふつうの出版社は関係ないし、興味もないだろ


335 :無名草子さん:2006/04/17(月) 01:42:03
>>334
そんなことはない。

君は、「被害者」なの?
出版業界関係者がみるわけがないというのが自分勝手な思いこみでしかないように、
こういう一般人に親切な出版社はすばらしいと思いこんで、
共同出版・協力出版に入れ込んでしまったのではないのかな?

336 :無名草子さん:2006/04/17(月) 02:50:35
そうです、一般の大手出版社だって見てますよ。同じ業界ですし、興味ありますからね。
しかし、こういう事件を見ていると、活字媒体もまだまだ捨てた物じゃないんだな、
と少し救われた気持ちになります。ネットがこれだけ普及しても、やっぱり本を出したい人はいるんだ…と、
仕事の励みになります。
ほとんど売れてないにしても、自費出版系で出版業界が盛り上がるのは、よかったんですけどね…。
マスコミ関係者は、上からものを見るような感じになる人も多いのですが、
この業界は、読者はもちろん、そういった一般の投稿者、取材協力者に支えられて成り立ってることを
忘れちゃいけないですね。
自費出版はつい、素人、と思いがちですが、ある意味業界を支えてくれる人に感謝しなくては…とも思うわけです。


337 :無名草子さん:2006/04/17(月) 03:11:54
そういう人たちをカモにする詐欺出版を野放しにし、批判もしなかった同業者
とやらがよくいうよ。

東京新聞や各種マスコミがようやく重い腰あげたが、いまだに出版業界から
こういう相手に知識がない事につけこんだ詐欺紛い商法についての注意喚起
も業界としての処分もでてない。

それが出版という世界の倫理観のレベルなんだよ。

338 :無名草子さん:2006/04/17(月) 03:19:58
>>337
君が知らないだけだよ。

339 :無名草子さん:2006/04/17(月) 04:00:04
ここは一般の、というか共同出版でない普通の、
という意味の版元の編集者も見てるよ。私がそうだし。
他にも何人か、明らかにそれらしい人もいます。
325みたいなのは素人がウソついてるか新米編集者かですが、
こんなのはプロが見たら一瞬でバレます。
ともかく、文芸社や新風舎はなんとかしないと……と思う
「普通の出版社」の編集者は少なくないはず。

340 :無名草子さん:2006/04/17(月) 09:45:09
>>335
お前、頭大丈夫か?
単に客観的な感想を述べただけなのに、なんで唐突に被害者に認定されるんだよ?
レスの内容も「そんなことはない」の一言で何の説明もなし。馬鹿かお前は。
不快な邪推をするならお前こそどういう立場なのか名乗れっての。



341 :無名草子さん:2006/04/17(月) 10:31:05
>>336
どこの大手にご所属ですか? 変わった人だね。
「素人から金を出させてもうける会社」
「本を売ってもうける会社」
「同じ業界」なんかじゃありませんが?



342 :無名草子さん:2006/04/17(月) 11:28:48
確かにね、仕事の仕方、会社としての質は全然違います。

もし別業界だとしたら、自費出版の本は「普通」に本を売って儲ける会社の本と
仮に本屋で一緒に並んだとしても、業界も違う、別物ってことですか?
まぁ、確かにそうかもしれません。
もし、自費出版系の会社を普通の出版社と別物だと、最初から区別できたら、
一般人が「売れるかも…」なんていう幻想は抱かずにいたかもしれませんよね。




343 :無名草子さん:2006/04/17(月) 16:33:33
>>341
版元サイドからすると、自費出版であれ、Webであれチェックはするさ。
使える著者をいつも探しているからね。
336氏は、そうした立場からの発言だろう。

重箱の隅突っつくより、どうすれば普通の版元の編集者を振り向かせる
ことができるのか、ご意見を伺ったほうがこのスレの読者のためになると思うよ。


344 :無名草子さん:2006/04/17(月) 17:48:40
江戸川乱歩賞をとる。

345 :無名草子さん:2006/04/17(月) 22:37:58
>>341
なるほど、自費出版、共同出版の会社だけが腐れ外道じゃないんだ。

出版業界というのがヤクザ紛いのいかがわしい業界なわけだ。
アイフルの社員の「借金取りは一部だろうが三部だろうが借金取りなんだよ!」
をかりれば
「出版社は大手だろうが、零細だろうがヤクザ紛いの出版社に変わりはねえんだよ!」

というところだろうか!?
以上が341の言動、その姿勢から見えてくる。

こういうヤクザな業界と一般の善良な市民が関わるのはお勧めできない。
正直、人間性に問題ある人が大手から零細までどこにでもいる。
会社員の肩書きをつけた○○というか・・・。

346 :無名草子さん:2006/04/17(月) 23:03:05
>>345
レスアンカーぐらい見直せ

347 :無名草子さん:2006/04/18(火) 01:21:30
>>340
お前、頭大丈夫か?
不快な邪推をするならお前こそどういう立場なのか名乗れっての。

348 :無名草子さん:2006/04/18(火) 01:24:07
>>345
お前のせりふとほとんど同じ内容をどこかで読んだ気がするな。

349 :無名草子さん:2006/04/18(火) 12:02:29
>>347
見苦しい逆ギレ

350 :無名草子さん:2006/04/18(火) 12:15:52
>>349
見苦しい逆ギレ


351 :無名草子さん:2006/04/18(火) 12:37:18
池沼がいるな

352 :無名草子さん:2006/04/18(火) 12:50:29
池沼がいるな


353 :無名草子さん:2006/04/18(火) 20:25:32

荒らしはいい加減にしろ


354 :無名草子さん:2006/04/18(火) 21:54:42
共同って売れない事と自己満足なことを共同で共有しているだけなのかな。。。

355 :無名草子さん:2006/04/18(火) 23:42:34
昔、共同出版なぞも致しましたが、本を出すのが当たり前になった今となっては別に何も感じませんな。
いち失敗例というだけですなぁ。

356 :無名草子さん:2006/04/19(水) 01:04:19
また「書名は?」と訊かれて逃走しそうな人が登場。
同一人物か?

357 :無名草子さん:2006/04/19(水) 03:36:38
>356
まあまあ。先日の人は本当に「逃走」した模様だから、あれはウソか釣りで
某社の工作員だったとしか思えませんよね?
(憶測などは避ける…という>1のスレ理念とはズレる。スマン)

アマゾンで「新風舎」と検索すると、登録された出版点数は1000点を超える。
中には「共同」でない本もあるわけだから、「共同」が何点なのかは不明。
しかし、文芸社その他を含めたら相当な数になるだろう。
それだけ多数の本が出ているのに、このスレにただ一人として
「私は200万円払って●●社から本を出した。最高の経験だった」
みたいな人が来ないという事実。
この点には、ちゃんと気づいておくべきだよね。

358 :無名草子さん:2006/04/19(水) 09:42:36
>>357
別に具体的書名は出さなくても、
「本を出すのが当たり前になった」までの経緯を語ることぐらいできるだろうに。


359 :無名草子さん:2006/04/19(水) 11:33:10
本を出すってそんなに特別な事?????

360 :無名草子さん:2006/04/19(水) 13:25:43
>>358
すんませんなぁ。こんな板でメンが割れると恥ずかしいんで、コメントは控えさせ
てもらいます。まぁ、本なんてモンは印税で喰っていけて初めて語るものと思いま
すな。売れない企画も共同も自費も、目くそ鼻くそ。でもって、逃げますわ。

361 :無名草子さん:2006/04/19(水) 14:06:22
>>359
アンタは、さぞかし特別な人間なんでしょうね。年収300万円の事務とかのね。

362 :無名草子さん:2006/04/19(水) 21:18:48
>>360
思わせぶりな虚言癖のある西澤さんとかいう人ですか?

363 :無名草子さん:2006/04/19(水) 21:43:57
>売れない企画も共同も自費も、目くそ鼻くそ。

>>360は間違いなく流行作家。(注:脳内で)

364 :無名草子さん:2006/04/19(水) 23:35:53
>売れない企画も共同も自費も、目くそ鼻くそ。

まず本当に何冊も本を出して活躍しているライターなら、
「企画」=「企画出版」とかいう自費系の造語 は使いません。

バレバレ


365 :無名草子さん:2006/04/19(水) 23:51:09
>こんな板でメンが割れると恥ずかしいんで

絶対にアンタが誰か分からないから大丈夫。どうせ無名人でしょ。

>>364
本を何冊か出している・・くらいで「活躍しているライター」ですか。
アンタ、素人だね



366 :無名草子さん:2006/04/19(水) 23:56:48
>>365

あなたみたいな人が、真っ先に共同出版の毒牙にかかりそう。

367 :無名草子さん:2006/04/20(木) 00:08:02
企画出版なんて用語を使ってる奴こそ素人

368 :無名草子さん:2006/04/20(木) 00:15:23
自作自演にもウンザリだね

369 :無名草子さん:2006/04/21(金) 14:44:38
新風舎に就職しようと思い、検索したらここを見つけました。
ショックをうけました。
悪徳。。なのでしょうか。。

なにをもって悪徳というのかという意見がでそうですが
出版業界では、軽蔑 されている会社 というのが
業界での常識なんでしょうか。

無知ですいません。
就職先がなくて困っていたのですが
よくない会社なのですか?

370 :無名草子さん:2006/04/21(金) 15:04:58
>369
はい。よくありません。
理由は、このスレと姉妹スレを見れば明快でしょ?

371 :369:2006/04/21(金) 15:14:52
>370さん
ありがとうございます。

そうですね…。

今はただただショックです。


372 :無名草子さん:2006/04/21(金) 18:00:33
他にも色々仕事はある。ガッカリするな。

373 :無名草子さん:2006/04/22(土) 02:21:34
>>369さん

あなたの
>なにをもって悪徳というのかという意見がでそうですが
>出版業界では、軽蔑 されている会社 というのが
>業界での常識なんでしょうか。

という文章が、Pの全てを如実に表しています。ネタかも
しれないけれど素晴らしい。ありがとう。すっきりした。

374 :無名草子さん:2006/04/22(土) 09:17:12

出版不況のなか、青山のコギレイな社屋を見せつけられたらねえ。
ほかの出版社のやつに、妬みがまったくないとは思えない。
もちろん、まっとうな出版社じゃないのはまちがいないがね。

それと、職種はなにを希望してるのか知らないけど
あそこには「編集」はないよ。編集=営業って思ったほうがいい。
あそこで編集やってもそれはスキルにはならない。
だから他社編集に転職も難しい。
もちろん「難しい」理由に、ばんばん利益をあげてる会社への
「妬み」が少なからずあるのも否めないがね。


375 :無名草子さん:2006/04/22(土) 09:28:51
そんなことより・・・

同じ板にある

【文芸社】協力出版・共同出版を語る 10【新風舎】

と、このスレの分裂のいきさつ知ってる人いませんか?

上記スレのテンプレに

 ※姉妹スレでは、共同出版・協力出版の関係者(社員)、
 出版社・書店の人などの書き込みを歓迎していますので
 該当者はそちらでどうぞ。

とあるけど、スレをふたつにする理由としてはぱっとしない。
一般書籍板の初心者なのでいきさつがさっぱりわかりません。
現行スレのログだけは読みましたが差があるとは思えません。
ふたつのスレのちがいと、分裂のきっかけをどなたか教えてくれませんか。

知ったところでどうってこともないのですが
毎晩気になって眠れません・・・眠らせてください。


376 :無名草子さん:2006/04/22(土) 18:41:39
>>375
よくあるパターンで、荒らし来襲の際の避難用じゃないの?
最初のスレを立てた>1に何か特別な意図があったとしても、
周囲の都合に合わなければすぐ意味がなくなってしまうわけで。
細かいことは自分で過去ログ見てもらうほかないよ。


377 :無名草子さん:2006/04/24(月) 11:55:25
おいら、一応、編集者。
一時期そのうちのひとつに関わってたことがあるよ。
バカらしくてすぐ手を引いたけど。

その手の共同出版系のはみんな詐欺みたいなもん。
だいたい、プロの本だって200万も制作予算かけられるのごく一部だよ。
1000円の本を1万部、フルに売れたって版元には600〜650万しか入らない。
そのなかで印税、印刷費、広告費、人件費etc...出してるわけよ…。
どう考えたって計算が合わないさ。
それに、一応「半分ずつ負担」ってことになってるわけで…。

ある会社のエライ人は、
「我々は出版社というより、出版したい人を喜ばせるサービス業」
って、堂々とのたまってたもんな。

ま、ぶっちゃけ、その手のところだと、
装丁&組版に5万円、校正を外注にしても数千円…。
印刷なんて25〜30万くらいよ(ものによる)。
製版代10万から取ってても、どうせ増刷しないからって
CTPはおろか一番安上がりな紙版下(再利用ほぼ無理)使ってたりで、
さあ、いくらだって感じだわね。
金かかるのは本屋の棚キープと広告と倉庫、人件費だけど、
それにしても某社の8億赤字って…まあ、そこは想像におまかせかしらね。


378 :377:2006/04/24(月) 12:08:05
あっ、そうそう、ちなみに上の印刷代ってのには、
製本も製版も納入もPPも紙代も込みで
500部くらいの並製本価格ね。
実は1000部でも大して変わらない。
ついでに言うとオビもサービスみたいなもんで…。
マットPPとか、上製(ハードカバー)とか、
厚みの薄い紙とか、絵本仕様にすると跳ね上がるけど、
それにしても大した金額ではないよ。
印刷所って儲からないなあと思う今日この頃ですな…。


379 :無名草子さん:2006/04/25(火) 08:21:37
新風舎の本の質自体は悪くないが、大量に本を出しているのだから、
当然買い叩いているものと思われる。単価はかなり安いと思われる。

380 :無名草子さん:2006/04/25(火) 23:12:22
素人本をほめたたえて金を吐き出させる商売だからな。

381 :無名草子さん:2006/04/25(火) 23:37:30
ふつう、才能の無い人は本なんて出せないわけだから、悪ではない。

382 :無名草子さん:2006/04/26(水) 04:36:16
>>381
それなら褒める必要はないだろ
共同出版というサービスを勧めるだけでいい

383 :無名草子さん:2006/04/27(木) 09:54:38
才能がなくても本が出せるのがそれなのではなく?違うの?

384 :無名草子さん:2006/04/27(木) 12:14:37
才能があったら自分で金出して本出す必要ないわw
あ、自分の実力省みずおだてにのって金をだす才能があるのか・・・

385 :無名草子さん:2006/04/27(木) 15:30:34
>>374
おれは妬んでなんかいない!
あんなクソ悪徳会社は消えてしまえと思ってんだ。
本社がきれいだろうが、儲けていようが
そんなことに嫉妬はしない。
許せねえのはやつらの悪事だ!

           というのはウソ

あそこで働きたいとは思わないけど
儲けてるのはうらやましいねえ。
だって、おれは安い給料の編プロ編集者・・・

386 :無名草子さん:2006/04/27(木) 23:34:32
会社がいくら儲かっても社員にまわってこなきゃしょうがない。
人件費抑えてるから儲かってるということもあるし。
そこらへん、働いたことある人間ならわかるだろ?

商売の仕方からして、能力評価はおそらくセールス中心。
契約書に判押させりゃ、後は義務を果たすだけだからな。
編集実務はコストダウン以外収益に貢献できないから、
どうしても安く使われることになる。

387 :無名草子さん:2006/04/28(金) 08:43:31
碧天舎で出版契約を結ばれた著者の皆様へ
碧天舎の破綻に伴う著者の救済について
 新風舎は1980年に現社長の私、松崎義行が自分の詩集を発行するために立ち上げた出版社です。表現者の立場に立った出版活動を会社の理念としていままでやってまいりました。
「表現する人の出版社」として、著者が創りたいものを創りたいように創り、本を長く流通し続けることを高度にサポートしたいと、いつも挑戦する姿勢で臨んでいます。
  このたび碧天舎が倒産したことにより、出版が不可能になってしまった著者のかたがたが数多く出ました。せっかく世の中に送り出そうとした本が出版されないことは、
大変悲しいことであり、新風舎としての支援策をまとめました。
2006年4月21日
株式会社 新風舎

何と言う商売の旨さ・・。資金の援助は一言も言わないところがミソか。

388 :無名草子さん:2006/05/06(土) 09:40:30
453 名前: 匿名希望さん 投稿日: 2006/05/05(金) 22:52:25
元編集部のカン●キが顧客データを持ち込んで、
幻●舎ルネサ●スに脱出。

こいつは元文芸社。
トラブルを起こしていられなくなり、
碧天舎に潜り込んだいわくつきの人物。
すでに碧天舎の見込み客などに営業をかけているとか。

幾多の顧客、業者に多大な損害を与えながら、
のうのうと自己保身をはかっている。
人間のクズだな、カ●ザキ。

5月1日から元気に出社しているらしい。

389 :無名草子さん:2006/05/06(土) 17:27:31
>>387 支援という名の顧客獲得。

390 :無名草子さん:2006/05/06(土) 19:12:44
>共同出版の著者の多くは、自分が客だとは思っていないのでは。
>そのへんがブティックで服を買うのとは違いがあるような。

 そういうことだと思う。共同出版の会社がブティックで
服を売るような気持ちでいることをこのスレで多くの
潜在的な共同出版顧客に知って欲しいと思う。

391 :無名草子さん:2006/05/06(土) 23:19:02
共同出版著書(書き手)=顧客
出版・編集者=営業マン
売上・利益=顧客からの共同出版負担費用(本の売上ではない)

↑こんなカンジでOK?



392 :無名草子さん:2006/05/06(土) 23:35:58
>>391
それが実態。
だからコンテストで何次予選通過したとか、意味ないんだよ。
要はセールスのための顧客名簿づくりだから。


393 :無名草子さん:2006/05/07(日) 00:17:05
(自費・共同出版系)
例えば1年間に2000点出版してる出版社があるとして、
いったい企画出版は、何%くらいなのかな???

予想だけど10%未満かな。。
↑版権を買い取って文庫版で出したプロのも、もちろん含んでだけどね^^;

アマ作家に絞れば多分1〜3%くらいしかないんだろうねm企画出版

394 :無名草子さん:2006/05/07(日) 01:26:11
「美庵」とかいう美術誌を人形特集目当てに以前買ったんだが
人形記事(分野はバラバラだけど有名な作家をちゃんとあつかっていた)しか読んでなくて
その後何気なく最後まで読んだら紹介されている絵の作家などが非常に微妙(;・∀・)
何処かの美術団体に所属してるけどズブの素人でも会員になれるので当てにならんし
個展を開くとかいうモノクロイラストにいたっては漫画「無○の住人」の劣化パクリにしか見えん
これ買ったのキノクニヤだったことを思い出し不安とともに発売元みたら
「星 雲 社」・・・・・・・。゚(゚´Д`゚)゚。  キノクニヤ油断ならねえ!!

395 :394:2006/05/07(日) 01:29:36
スマン 
×絵の作家
○作家の絵   

396 :無名草子さん:2006/05/07(日) 01:31:38
企画出版とかいう用語を平気で使う奴って・・・

あっちの世界に染まってると思われても仕方ないぞ。

397 :無名草子さん:2006/05/07(日) 01:54:33
星雲社つうとこは、自分とこの取次口座を他の出版社に利用させて儲けてるんだよね。
昔から自費本を書店に流通させる場合の定番ルートだったような。

398 :無名草子さん:2006/05/07(日) 07:49:32
>>396 その件はずいぶん話題になっているけど「企画出版」
という言い方しかないんだから仕方ないでしょ。

399 :無名草子さん:2006/05/07(日) 10:07:25
長くなるけど「金を出費しないで出す(普通の)出版」とでも表現すべき


400 :無名草子さん:2006/05/07(日) 11:18:06
「金を出費しないで出す(普通の)出版」を「企画出版」と
言い換えたら拙いの?

401 :無名草子さん:2006/05/07(日) 11:28:16
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1146968379/l50
新スレ立てた。
こっちはこっちでゆっくり行けばいいかと。

402 :無名草子さん:2006/05/07(日) 12:01:54
>>400
それは「奴らの世界の造語」なんだぞ?
お仲間と思われたら恥ずかしいだろうが。
抵抗ない奴ってどうかしてるわ。

403 :無名草子さん:2006/05/15(月) 19:46:25
>400
通常は出版委託契約となる。費用負担をどちらがするかによって普通の出版と、自費出版とに分かれる。ここで話がおかしくなっているのは、元々、自費出版が特殊な形態であること。
自伝や会社の歴史などに限定されていたのが、こうした出版社の出現で、普通の出版との境界線をまたいできた。
だから、自費出版に対する言葉としてはただの「出版」という方が正確だと思うよ。

404 :無名草子さん:2006/05/28(日) 12:51:59
見つけてしまったwwwwwテラわろすwwwwwwwwhttp://12.xmbs.jp/7ohimesama/

405 :無名草子さん:2006/06/26(月) 16:27:49
AGE

406 :無名草子さん:2006/06/27(火) 01:18:57
返答、よろしくお願いします。
エッセイを出版したいのですが、どういった方法があるのでしょうか?

407 :無名草子さん:2006/06/27(火) 01:31:54
>>406
まずはテレビに出て有名になる。

408 :無名草子さん:2006/07/01(土) 10:32:26
友人が日本文学館から60万円の出版(初版・300部/配本80部)を勧められたんだが…
これは安心できるのか? 

409 :無名草子さん:2006/07/01(土) 11:55:09
>>408
友人のとこにも来たらしい。
金額は777000円だって言ってたけど。
初版300とかは同じだ。

410 :無名草子さん:2006/07/05(水) 17:36:20
75 名前: 投稿日: 02/03/13 08:04 ID:q2GHXKSG

「帝京大生お断り」っていうアパートがかなりあるらしいよ(実話)
マナーがヤンキー高校の生徒よりも悪いんだってさ。
帝京ってオウム並みに差別されてるね。
憂さ晴らしに教員を二人がかりでリンチしたアホや警備員の顔に
スパイクを履いたまま跳び蹴りを食らわせたキチガイもいたってさ。
ものすごいイジメにあって校舎から飛び降りた学生もいたらしい。
学生食堂は暴走族のたまり場みたいになっていて勝手に席に座るとイジメられるとかもね。
このドキュソ以下の大学は他にも麻薬とか放火とか臭い話は挙げればキリがないよ。


帝京大学過去の犯罪特集
http://choco.2ch.net/news/kako/1015/10154/1015445145.html


411 :吾輩は名無しである:2006/07/06(木) 18:53:49
共同出版で本を出したんですけど、どうすれば著書が有名になれますか??


412 :無名草子さん:2006/07/06(木) 19:00:52
>>411
2chで晒しまくれば?

413 :無名草子さん:2006/07/06(木) 20:00:02
>>411
何部で契約しましたか?

414 :無名草子さん:2006/07/07(金) 17:06:16
>>411
宣伝費用を数千万円出すだけ。簡単だろ?

415 :無名草子さん :2006/07/07(金) 18:10:50
友人が80万で千部だした。海外滞在記でそこそこ売れてる。宣伝もほとんどしてないのに。
装丁が良いせいかも。写真もたくさんあってきれいだし。紀伊国屋とジュンクの旅本コーナー
に1年たってもまだ入ってる。無名作家でも購買層に需要があれば売れるんだろうね。


416 :無名草子さん:2006/07/14(金) 17:32:26
http://www.raitonoveru.jp/howto/K.html#04
作家デビューの方法

417 :無名草子さん:2006/07/14(金) 20:48:25
>>415
千部でも実売はもっと下だろ。
普通の出版はそんな数で「売れた」って言わないよ。
単なる物好きの道楽じゃん。
千部じゃ到底80万回収できませんて。



418 :無名草子さん:2006/07/14(金) 22:18:50
1000部出しても、極端に言えば、200から300部売れれば上等だろ?
本を売るのは非常に厳しい時代になってきているぞ。もちろん増刷なんて
夢のまた夢。年間8万点も本が出ているからな。

419 :無名草子さん:2006/07/14(金) 22:30:39
>200から300部売れれば上等

下等です。
200から300部で「そこそこ売れた」などとほざくのはキチガイ。
版元さん採算とれませんよ?


420 :無名草子さん:2006/07/14(金) 22:59:26
300部くらいしか売れないんなら同人で十分じゃん

421 :無名草子さん:2006/07/15(土) 08:18:44
自費でしか扱われないなら、売り切るほうが珍しい。
新風舎の増刷率が5%程度なのがそれを証明している。
刊行後、一年で500部売れない本など要らない。

422 :無名草子さん:2006/07/17(月) 17:04:25
なんでこのスレでホンニナル出版の話題がないのだ?
不思議だ。おれは1冊本だしたぞ、2冊しか売れてないけど。

423 :無名草子さん:2006/07/17(月) 17:46:37
>>422
2冊しか売れていないというのがなぜわかる?

424 :無名草子さん:2006/07/17(月) 18:15:40
自分用の販売確認ページがあるんだわ。
自分用には200冊買ったけどね。

425 :無名草子さん:2006/07/19(水) 07:51:02
>>424
それって出した側も空しくならないか?

426 :無名草子さん:2006/07/22(土) 20:50:08
うん、日ごとのむなしが募ってきた。
自分の慢心をいさめるにはいい機会だよ。ホンニナル出版。
出すのは無料だから、皆さん試してみるといいよ。

自分用に200冊というのは、言葉足らずだったけど、
自分の営業用に200冊と言うこと。
宣伝本みたいなもんだから。
一人2冊づつあげて、1冊は職場に置いてもらうんだ。

427 :無名草子さん:2006/07/22(土) 22:27:44
自著はサイト作って宣伝しないと絶対に売れない。
有名作家でさえ、不動産とか株とか「兼業」になってきている。

428 :無名草子さん:2006/07/23(日) 03:48:15
本が売れるってすごい事なんだって痛感する。
本屋で本が売れることがすごいてことも。
いろいろ考えることが多くて、それはそれで楽しい。
100万以上かけて自費出版する人は鬱になるだろうなあ。
無名の人の本はどんな本なら売れるかを知りたいものだ。

429 :無名草子さん:2006/07/23(日) 13:21:14
>428
普通の本でも1店舗で年に1冊売れるかどうかだからねえ・・
全国1万7千店書店があると言われてるけどエロとか児童書専門なんてのもあるから
かなりおおざっぱに1万店としても100万部売れた本なんて平均一店舗で100冊
でてるわけだからすごいよ。「指輪物語」は映画公開前後一年で
出版社が20年細々と売ってきた数を追い越したというしね
何かのきかっけがない限り其の程度しか本て売れないもんだよね(´・ω・`)

430 :無名草子さん:2006/07/23(日) 18:07:34
たしかにね。
大手出版社から出版されている本が全て本屋に並んでいるわけではないのを
最近知ったけど、それこそ弱小出版社や共同出版の本なんかは、並んでも
恐ろしく短期間なのかもしれないねえ。肩書きももたず、賞もとらず、
無名から出版の世界で芽を出し、生き続けている人っているとすれば
すごい人なんだろうなあ。いるとすればだけど。

431 :無名草子さん:2006/07/23(日) 23:38:45
>430
肩書きなし。賞なし、無名で芽を出し、生きつづけている人は多いよ。
フリーライターなんかみんなそうじゃん。
編プロ入社、くだらんかも知れないがたいして品質を問われない店紹介とか
ムチャクチャ大量にこなす下積みから精進していくのが一番簡単で速い。

>428
>無名の人の本はどんな本なら売れるかを知りたいものだ。

無名で初版5000〜10000、(もちろん共同じゃなく出資なし、印税8〜10)
のライターだけど、企画力と文章力に尽きるね。

ほかの人は知らないけど、私の場合は入門書を書くのにアドバンテージがあるみたい。
とりあえず自分が首つっこんだことがある分野の入門書なら、ちょっと変ったわかりや
すいものを書けるという評価がされているんだろうと思う。年一冊程度仕事がくるし
書くのもそれくらいかかるから、丁度いいバランスで仕事できているかな。

ただ、勉強は欠かせないね。私が何書いているのか知っている人は、私の本棚を見たら
驚くはず。本棚十本満載だけど、書いている分野の本なんて二割もない。のこり八割の
肥やしがあるから独特のポジションが保てるんだけどね。

今読んでいるのは佐藤優からはじまってマルクス・レーニンにきて、これから日本共産党
関連を読みはじめる。こういうのがいずれ何か別の書くのに役立つかもしれない。役立た
ないかも知れない。でも読む。理系の本に、昔学んだ経営学が役立ったくらいだからね。

432 :無名草子さん:2006/07/24(月) 09:54:55
すばらしい!立派な中堅(?)ですな。
どのあたりが中堅かわからんですが。
やっぱ下積みからがんばったのですか?

433 :無名草子さん:2006/07/24(月) 21:41:50
>>432
申し訳ない。下積みはしなかったよ。売り込んだ企画がアウト。でもこんな企画が
あるから書かないかと依頼がきた。それがデビュー作じゃなくてアウトの企画を別
の会社が出してくれたので、そっちから先にデビューという普通なら信じられない
幸運なパターンをたどった。

たまたま企画が出版社が求めるタイミングにうまくはまったんだね。三作目は
はまらなくなって出すのに苦労したが(苦笑)

無名が書いても売れる本だけど、まずこの発想が間違っていると思う。
乙武500万部だって、売れて有名になる前は無名でしょ?
みなさん自分か知らない人の本だって平気で読むし、買うでしょ?

わたしが心がけているのは、自分が書きたいものより、人が読みたいもの
は何かと言うこと。

無名でも、人が読みたい本を書いたら売れますよ。といいつつ、十万部も
売れる本はまだ書いたことないんだけどねorz





434 :無名草子さん:2006/07/24(月) 23:08:02
ふ〜む。なるほど、参考になります。十万部売れる本が
まだないというところろが、かっこいいですな。近いところに行ったと
みます。う〜ん、すごそうな印税。
でも、このスレのテーマに戻ると、さすがに自費出版だけでいきなり
有名はないですよねえ。売れそうだったら企画にスイッチすることに
なるのかやっぱ。
「さおだけやは」をみならいましょう。

435 :無名草子さん:2006/07/25(火) 22:56:21
本当の売れっ子作家はこんなところにカキコする暇はないだろう。
締め切りに追われて忙しいはずだ。

436 :無名草子さん:2006/07/25(火) 23:12:03
でも、印税で生活すること自体たいしたものだ。

437 :無名草子さん:2006/07/26(水) 02:59:42
433ですが、
>>435
年に一冊程度の注文で売れっ子とは言わないよ(笑)

>>436
印税で生活はしていないよ。不安定ながら毎年七ケタの印税収入はあるが、七ケタ
というだけで生活できるほどじゃない。本業は別にあります。

438 :無名草子さん:2006/07/26(水) 07:46:48
↓こんなのを持ち込まれた出版社の人は気の毒だと思う…自費でも難しいだろこんなの…


「男性差別をなくせ」批評のお願い

わたしは差別が嫌いです。性差別も黒人差別も、すべて嫌いです。
わたしは立場上、男性差別に触れることがありました。そのため、わたしは男性差別の廃止を呼びかけようと考えました。
そして、資料をまとめて、出版社に持ち込みました。しかし、出版社からは、こう いわれました。
「内容が攻撃的過ぎる。特に冒頭部分。これでは読者は読みたがらない。」
「相手の気持ちを理解する「譲歩の姿勢」がない。これでは出版できない。」
しかし、わたしはテレビの報道特集などと同じ作り方をした つもりでした。そのため、どこをどう直せばいいのか、理解できません。
皆さんにお願いしたいのは、どこに問題があり、どのように修正したほうがいいと思うか、教えていただきたい ということです。
暇なときに、10分程度読んでいただければ幸いです。
よろしくお願い致します。

http://www.geocities.jp/z4545454545454545/

439 :無名草子さん:2006/07/26(水) 17:25:02
う〜ん、、出版社ってのは大変な仕事なんだなあ。
全部読むことできませんでした。まさに「特に冒頭部分」ですな

440 :無名草子さん:2006/07/26(水) 23:15:16
>>437
失礼いたしました。
でも、印税でも生活してるんだから、やっぱりすごいことです。
でもできれば印税だけで生活するのは夢ですか?やっぱり?

441 :無名草子さん:2006/07/27(木) 01:47:51
>440
印税だけで食えるとしても、たぶん専業ライターにはなりませんというか、なりたくないですね。
言っちゃ悪いけど、傲慢になる人が多いし、自分もそうなったら終わりだと思うから、カタギの仕事をやめちゃいけないと思っています。

全ての分野がそうだとは思いませんが、少なくとも私が書いている分野では、専業ライターは
一人を除いてカスしかいませんね。その一人と、私と二人いる兼業ライターがレベル的にも
セールスの面でもトップクラスです。あとはレベルも低ければ、セールスもw

書くのはしんどいですし、苦労の割にカネにならないなと思いつつも続けているのは
そんな実情から、読者はバカじゃない。正当な評価をしてくれると思うからなのかも知れません。

442 :無名草子さん:2006/07/27(木) 09:52:11
何で入門書の著者がこんなスレに出入りするのか全く意味不明
何を主張したいのだろ?


443 :無名草子さん:2006/07/27(木) 10:12:40
tgksfd8uhjhgをしゅちょうしたい。

444 :無名草子さん:2006/07/27(木) 10:27:22
なるほどそうだったのか、それなら納得。

445 :無名草子さん:2006/07/27(木) 12:56:49
おいおい

446 :また帝京:2006/07/27(木) 16:20:17
ttp://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060727i204.htm
DVDなど万引き→中古店に売却…大学生ら5人逮捕

東京都内の家電量販店でDVDやCDのソフトを万引きし、売りさばいたとして、警視庁少年事件課は27日、
駒沢大学生(20)(犯行当時19歳)と帝京大学生(19)など少年4人の計5人を窃盗の疑いで逮捕したと発表した。
少年グループは昨年10月〜今年4月、世田谷区や三鷹市など計7店舗で、40回以上の万引きを繰り返し、
DVDなどを売って計約120万円を得たと供述しており、同課で余罪を調べている。
調べによると、少年グループは今年2月5日午前10時ごろ、立川市曙町の「ビックカメラ立川店」で、
DVDとCD計10枚(3万8656円相当)を盗むなどした疑い。盗んだDVDなどはそのまま近くの中古品販売店などで売りさばいた。
少年たちは調布市内の中学校の同級生仲間などだった。


低狂を廃校にすれば日本の犯罪発生率は今の半分以下になるでしょうw

低狂の犯罪行為一覧(抜粋)
○薬学部の学生が女性に後から抱きつき胸を揉む
○単位を取れなかった腹いせに理工学部の学生が教員をリンチ
○陰惨なイジメで校舎から飛び降り自殺
○暴走族、麻薬、食堂放火、万引き
○盗聴
○集団レイプ
○薬害エイズ
○守衛にスパイクシューズのまま跳び蹴り
○暴力団を雇って組合員を銃撃
○入学詐欺
○運動部の監督が部費を横領
○トイレで中学生にわいせつ行為
その他多数
帝京大学過去の犯罪特集
http://choco.2ch.net/news/kako/1015/10154/1015445145.html

447 :無名草子さん:2006/07/27(木) 22:39:34
コピペうざい。

448 :無名草子さん:2006/07/28(金) 16:41:43
実際に新風とか文芸から著名になった人ってどのくらいいるのかな?

449 :無名草子さん:2006/07/28(金) 16:43:13
うしろにいるのの絵本の作者位?

450 :無名草子さん:2006/07/28(金) 23:31:28
山田悠介

451 :無名草子さん:2006/07/30(日) 02:23:05
おとといの新潟日報の読者欄に、「本を出しませんか?」の雑誌広告に
引かれ、出版する事になった60台の女性の投稿が載っていました。
「出版社の方々はいろいろ教えてくれる」ような事が書いてあしました。
これって、共同出版でしょうねえ。いいように食べられちゃっているんだろうか。
新聞の投稿欄に、「共同出版に御注意を」という投稿を入れようかどうか
迷っています。身近な人たちがだまされるのは気の毒なような気が
するから。

452 :無名草子さん:2006/07/30(日) 08:06:47
>>451
新聞社に多額の宣伝費を投じているし、投書しても採用はされない。
また、団塊の世代には何を言っても無理。何しろ、自分史の出版に
異常に興味をそそられる年代だからね。金持っている人は良いんじゃない
の?長期でクレジット組んでまで出版しようという金なしの若者の方が
気の毒だから。

453 :無名草子さん:2006/07/30(日) 12:35:19
>451
そういうの結構な割合で新聞雑誌で紹介されてたりする・・
一見美談に見えるぶん性質が悪い
私が以前みたのは90過ぎのおばあさんが出版賞におくって賞からもれたけど
この作品を埋もれさすにはおしい(以下いつもの手口)で本を出した。
おばあさんは年齢からいって真実をしらずに死んでいけるでしょうが 
老い先短いばあさんの夢に金をだしたであろう家族のことをおもうと切ない

454 :無名草子さん:2006/07/30(日) 13:26:20
日館の新聞記事に「平成初の16歳の純文学作品」って出てたけど
これは商業?
他とは扱いが違うから

455 :無名草子さん:2006/07/30(日) 20:21:39
日館?日刊のことか?
日本文学館のこと?

456 :無名草子さん:2006/07/30(日) 20:41:07
“日刊”と言えば一般的には『日刊スポーツ』を指しますが。

ex.「今日の日刊の一面、読んだ?」

457 :無名草子さん:2006/07/31(月) 14:33:48
日本文学館のことです。

458 :無名草子さん:2006/07/31(月) 23:35:57
んなの誰も知りません


459 :無名草子さん:2006/08/05(土) 08:11:32
とりあえず共同うんたらってのが、素人から金巻き上げる商売だってのは、わかったけど
ここで門外漢からのすんげえ素朴な質問

そういうウン十万とかウン百万で出した共同モノとかって、どれくらい売れてればOKなんだ?
スレ見てる限り、とりあえず重刷? されれば、まあまあなのかね
金銭的に元はとれなくても、読者を開拓するという意味でも、そこら辺どうなんだろ。
その辺の基準がよくわからん


460 :無名草子さん:2006/08/05(土) 09:23:36
>>459
聞いて驚くなよw

2万部だってさwwwwww

1000部程度の「とりあえず重刷」じゃ焼け石に水。
まともな計算ができないドリーマーしか手を出さないってわかるだろ

461 :無名草子さん:2006/08/05(土) 10:23:37
>>459
新風舎の共同出版の場合、増刷率は5%程度。しかも、増刷といっても、
500部初版で増刷も500部単位だからたかがしれているだろ。
こちらも参考にするように。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E9%A2%A8%E8%88%8E

462 :459:2006/08/05(土) 18:35:22
こういうのって新聞とかでも広告出たりするんだなw
けど普通に考えても、んな広告を見ても知らない作家の本買う奴も、ほとんど居ないよなー
ましてや、本屋に並べてあって何気なくそれを手に取るなんてことは、まずありえないよね
さらにそれを買おうとまでする人は、殆ど皆無なんじゃないかねえ

そう考えるとさ
Wikiに500部を初版で作るって書いてあったけど、増刷5%?
500部さえ売り切るのが難しいってのが、当たり前だよなーって、よくわかるなー

ようするに、素人が書いた良くわからんものが本屋に置いてあっても、誰もかわねえ、ってことよね
それでも手出す人がいるってのがおもろいわw

>>460
2万冊ってのはどっから出てきた数字なん?
質問ばっかりで悪いんだけど、この共同商法って端から見てる分にはおもろい商売だから、もっと色々知りたいんだがw

例えば2万冊くらい売れれば、いわゆるネームバリュー? みたいのも生まれてくるってことですかい?
それとも単純に金銭的な元が取れるってこと?

463 :無名草子さん:2006/08/05(土) 19:31:11
〜姉妹スレより〜 この人は共同でも利益はあると思う 

@著名である
A18歳未満である・極端に高齢である
Bおもしろい作品・特異な作品(小学生が純文学とか・老人がライトノベルとか)
C著名人の後盾がある(オビの推薦してくれたりとか)
D美男&美女 (TVに出れるし)

けっこう話題なる

売れる

有名になる

他社からも打診が来る

二流作家へ昇格

さらに売れる





一流作家へ






国語便覧へ掲載

464 :無名草子さん:2006/08/05(土) 22:04:26
昨日、自費出版の本が1冊売れた!やったぜ!

465 :無名草子さん:2006/08/05(土) 22:22:57
残り19999冊がんばってくれ

466 :無名草子さん:2006/08/05(土) 22:47:06
>462
460じゃないが、たぶんこういう計算だと思う。
1300円の本2万部で売上2600万
印税10%で260万円=共同出版費用
ということで、ペイライン(著者が負担を一掃できる分岐点)のことを言っているんだろう

467 :無名草子さん:2006/08/05(土) 22:54:31
>>465
おれ共同出版じゃあないよ〜。

468 :無名草子さん:2006/08/05(土) 23:02:02
>>462
だいたい>>466の記述のとおり。
ただSの場合、印税は第2刷以降印税7%と低め。

いずれにせよ、だいたい2万部売れれば出費が回収できるわけだが、
よく考えたら、2万部売れる内容の本が書けるんなら、
何としても普通の出版社で出すよう努力すべきだった、ということになる。
普通の出版社なら金なんか出さなくていい上に、
通常印税10%で、2万部なら印税で300万円儲かるんだから。

だから共同を「投資は必要だが当たれば大きい」と考えるのは誤り。
本が売れようと売れなかろうと等しく損をするシステムだ。

469 :無名草子さん:2006/08/05(土) 23:07:16
>>467
「共同出版」とやらは、変な名前付けてるだけで、
=自費出版ってことですよ。全額作者が金出してんだから。


470 :匿名五郎:2006/08/05(土) 23:23:02
 自費出版の本のなかには、かなりゴーストライターが書いたものがあるとか。
ライターの原稿料は、通常は400字詰め原稿用紙で5000円ぐらい。ところが
真風舎では、1000円とか。これではライターやり手がないので、主婦や学生を使っている
そうです。そのための本と言っても、ずさんな出来だそうです。

471 :459:2006/08/05(土) 23:34:03
>>468
なるほどね。宝くじを買うよりも儲からないってことね。
そらそうだわなー
全くネームバリューが0で、有名な賞とったとかでもないから話題性も0、宣伝も申し訳程度。
これで売れるほうが不思議、もし売れるとしたら内容の魅力だけで、口コミで広がるようなよっぽどの良作ってことだね。
そこまでの良策なら468が言うように、他に持ってったほうが、全然儲かりそうね。

って、よくよく考えると、するとだよ?
こういう商売が成り立っているってことは、つまり
上からのコピペhttp://www.geocities.jp/z4545454545454545/ これみたいに
オレ様の作品こそはまさに、内容の魅力のみで2万部売れる良策だぜええ!
みたいな勘違いさまが、日本の未来が末恐ろしくなるほど、世の中にいっぱい居るということではないのか!?
やべえ 共同商法おもしろすぎw これ考えた人エライわw すごいギャグ商売なんだね。

472 :匿名五郎:2006/08/05(土) 23:41:26
 生涯で一冊の本を出版しようと真風社を訪ね、出版契約し、ゴーストライターとして
ひまな文学少女(主婦)がしゃしり出てきて、池田対策が二日酔いしたような文章を
書かれたらくればたまりませんは。

473 :459:2006/08/05(土) 23:45:55
>>470
やけに具体的な数字でてきたね。
どこソースなんだい?

ゴーストライターってのは、文芸と新風のサイトみて気づいたけど、
「あなたの原稿お持ちください、原案だけでも結構です」みたいなこととか書いてあるのね。
客が原案持ってきて、それを会社側で書いてるパターンもけっこう多いってことかね。

しかし、そこまでして本だしてどうすんだろね。
増刷されない95%のケースってぶっちゃけ、どうせ買うのって家族とか親戚とか友達だけでしょw? って思うんだが

474 :匿名五郎:2006/08/05(土) 23:54:03
 真風社のために、他の出版社の原稿料まで急落して、多くのフリーライターが
迷惑しているという話をよくきく。悪事がうまくいけば、それを真似るのは
仕方がないかも。まさに「出版界のドンキホーテ」。

475 :元彦:2006/08/06(日) 00:23:29
 まさに出版業界の癌ですね。

476 :匿名:2006/08/06(日) 01:09:27
 つべこべ言う前に、作家になりたければ、自費出版などせずに、堂々と
正面から新人賞を目指せばいいということ。フリーライターやっている
人々も所詮は、2流や3流の人々ではない?

477 :無名草子さん:2006/08/06(日) 01:15:08
>>469
厳密には「自費出版」ではない。
共同出版は客が金を出しているのに、客に所有権がないんだから。

478 :無名草子さん:2006/08/06(日) 08:18:23
>>474
新風舎は確かに迷惑な存在だが、別にフリーライターの生活まで
保障してやる必要はまったくない。

479 :匿名:2006/08/06(日) 11:19:27
 主婦や学生アルバイトのライターを使うから、本の出来が悪くなるとは
限らないよ。1枚1000円でも、丁寧でいい仕事をしています。
 出版文化に貢献しています。ドンキホーテでもいい商品を売っています。
  

480 :無名草子さん:2006/08/06(日) 12:30:17
>>477
所有権があれば何かメリットでもあるのか?
同じだよカス
「共同」というなら制作費を折半するならわかるが、違うだろ。
「共同出版」という勝手に作った珍妙な用語を定着させようとする糞業者かw

481 :無名草子さん:2006/08/06(日) 13:41:26
477は業者じゃねえだろ、むしろアンチだろw
この一連の話って
自費は大変だ、でも所有権がある分、売れた分は全部自分の金になる 
でも共同は自費並みに売れないし、売れてもごく一部しか自分の金にもならんから、もっともっと地獄 ってことなんじゃないの。

共同を薦める業者なら、共同のどうにもならないダメさよりも、メリットを説くと思うんだけどな。
宣伝してくれるとか、とりあえず最初から書店にスペースあるとか。

482 :無名草子さん:2006/08/06(日) 18:24:33
 本が売れないのは、作品の完成度が低いからだろ。共同出版や自費出版
の責任にするなよ。書店にならんでも、つまらない本を買うやつはいないよ。

483 :無名草子さん:2006/08/06(日) 18:42:25
>>482
業者乙。

484 :無名草子さん:2006/08/06(日) 20:06:03
いきなり業者認定とかつまらんからやめようやw

完成度ってのも大事だわな。
事実として文芸やら新風からも、共同出版でそれなりに成功してる人もいるわけだからね。
出版形式よりも作品が持つ一般的な魅力性・伝染力が大事っていう見本でもある。
ただし、そういう作品てのは何も共同じゃないほうが、著者にも利益があったはずって話の流れだと思う。

だから大雑把にまとめるとこんな感じじゃないかね。
売れる共同モノ=ふつうもしくはそれ以上に競争力のある作品=ふつうに出版すれば売れる作品
売れない共同モノ=競争力のない作品=ふつうに出版できないもの、しても売れない

だからまあ、482が主張するように、売れる売れない、は業者の所為というか責任ではないのも確かと思う。
ただし共同系はコンテストなどでの賞本などでも、著しくイメージが良くないので、当然の如くそこで他と販売力にハンデが出てしまうのも確か。

485 :無名草子さん:2006/08/06(日) 21:51:53
>>481
>売れた分は全部自分の金になる 

馬鹿ですか?
自費っていっても書店で流通させるなら、全部自分のものになるわけないだろうが


486 :無名草子さん:2006/08/06(日) 22:01:42
>>485
流石にそういう素の意味の全部じゃないと思うんだが
他人のお店で何かを売る事について、という恐らく小学生以上なら持ち合わせているであろう常識を前提に語っていると思われる。


487 :無名草子さん:2006/08/06(日) 22:11:00
>>484
良い本が売れるとは限らない。くだらない本でも莫大な宣伝費を
掛けることで多少は売れる。
新風舎から出ているもので「成功例」を挙げよ。「うしろのいるの」の
著者くらいじゃないのか?

488 :無名草子さん:2006/08/06(日) 22:17:40
>>486
そりゃ自費出版で自分の家に全部置いて、
自分の手で売ろうとするならそうだろうがな。
少なくとも書店流通させるなら、印税という形になるはず。
その場合で印税率が高い、という意味ならわかるが、どうも変。
業者臭がするな。

489 :無名草子さん:2006/08/06(日) 22:29:20
 企画出版の本ですら、売れない時代。自費本が売れるわけがない。
それぐらい出版界の常識ではないかな。

490 :無名草子さん:2006/08/06(日) 22:32:59
「企画出版」なんて言葉は普通の出版社では使いません
「ハァ? なんですか?」って聞き返されますよ


491 :無名草子さん:2006/08/06(日) 23:07:47
>>488
なるほど 
最近は共同じゃなくて、自費出版でも詐欺臭い業者もあったりするん?
そういうのもあるなら、どういう手口なのか教えてくれくれ。

>>487
そういうことなんだよね。
売るために内容は大事だけど、売り方も大事、だから共同やら自費は売れにくい。
んでこの手を扱う業者の罪たるは、素人の著者に「売れるかもしれない!」っていう淡い期待を抱かせちゃうことだね。
それも嘘も方便で作品をほめ殺して、それをやってるのがクラシックで憎い。
ほんで「売れるわけ無い」と冷静な相手には、出版すること自体の意義をとくとくと説いて説得するらしいから、見上げたもんだ。
端から見てると、ギャグでしかないけど、のせられた人はかわいそうだね。
本人に、のせられたという自覚があればだけどw

成功例かどうかしらんけど、Wikiに絵本の代表作が書いてあったぞ。
あと文芸だとリアル鬼ごっこ? やたらラジオだかで宣伝してた気がする。
てかあれだけ儲けてて成功例が数えるほどしかないって、すごいよなーw

>>489
企画出版ってスレでちょびちょび見かけたけど、良くわからんのだけど、
自費とか共同と違う新しいグレー商売?
その手口も教えてくれ。

492 :無名草子さん:2006/08/06(日) 23:18:19
企画出版は、面白いテーマの場合、制作費を出版社が負担する方法。
普通の出版社がやっている方法でしょう。新風では、有名人は企画出版では
ないかと思うけど。 

493 :無名草子さん:2006/08/06(日) 23:27:18
>>492
だから通常の出版社では「制作費を出版社が負担する」のが通常の出版形式であって、
「企画出版」という変な用語は、出版界では昔から全く使われていないの。
ここで話題になってるインチキ会社で使われる特殊な用語なの。


494 :無名草子さん:2006/08/06(日) 23:33:54
 インチキ会社について議論しているのだから、企画出版という言葉を使って
もいいでしょう。一般の出版社では、どんな言葉を使うの?企画出版のこと
を。そういえば、朝日新聞社や講談社でも自費出版をやっているよ。


495 :無名草子さん:2006/08/06(日) 23:37:13
企画出版て意味が492>493のやり取りでわかったぜ thx
ふつーの出版のことな。つまりその手の灰色業者の隠語みたいなもんね。

なんか大掛かりなグレー商売かとおもってわくわくしてたのになw
例えば、金持ちを狙って数千万単位で金出させて、有名人に代筆させーの、TVラジオCMながしーの、などなど。
そういうのかと思って勝手に期待してた。

496 :無名草子さん:2006/08/06(日) 23:48:53
 ただ、旭で自費出版する奴は、政治家や大学教授と聞いている。
つまりアホな奴が自費出版に走るということだろう。価格は350万とか。
緑より悪質だ。


497 :無名草子さん:2006/08/06(日) 23:59:08
>>494
アホかお前は?


普通の出版社にとっては特殊な出版形式でもなんでもないんだから、
いちいち「企画出版」なんて用語を付ける必要がないの。

インチキ出版社は「全額出版社持ち」だの「作者持ち書店流通」「自費」など
いろんな形式があるから使い分けるために便宜上、
「企画出版」という珍妙な新語を付けたの。

これを読んで理解できないなら氏ね



498 :無名草子さん:2006/08/07(月) 00:04:59
 早い話、実力がないから自費に走るのだろう。甘えだ。だって、実力があれば
緑風社に頼ることないでしょう。カラオケのチャンピオンに、注目するひとがい
ますか?売れなくて当然なんです。

499 :無名草子さん:2006/08/07(月) 02:39:29
>>488
おまえさんこそ、業者臭さがプンプンするんだが。

500 :無名草子さん:2006/08/07(月) 07:53:48
>>498
話の次元が違うのだが。

501 :無名草子さん:2006/08/07(月) 09:21:14
>>499
糞業者が突っ込まれて逆ギレw

ふ ざ け ん や 「共同出版」を浸透させようとする工作員w

502 :無名草子さん:2006/08/07(月) 09:45:09
「共同」といいうからには制作費を折半するのかと思いきや、
実質全て作者持ち。
しかも印税率も低いので回収できる可能性は極めて低い。
糞業者いい加減にしろや
売れもしない素人本で儲かるのは糞業者だけ


503 :無名草子さん:2006/08/07(月) 12:02:42
 印税がほしいのなら、新潮社や集英社から出版すれば。それがベスト。

504 :無名草子さん:2006/08/07(月) 12:06:11
ていうか素人は本出すなって
そうすりゃインチキ商売もなくなるよ

505 :無名草子さん:2006/08/07(月) 12:19:51
「w」好きの頓珍漢がこっちにも現われているな。

506 :無名草子さん:2006/08/07(月) 12:31:12
>>505
どのレスのどの主張が頓珍漢なのか指摘しろやwwwwwwww

2ちゃんでwに因縁付ける阿呆wwwwwww

507 :無名草子さん:2006/08/07(月) 16:04:23
業者がほんとにここの世論操作するくらいなら、まずはあのWikiを書き直せと、思うんだがー
こんな長ったらしいスレよりも、ネットで奴等のこと知ろうとする人は、まずあっち見るだろうしね。
あのWikiみたら、1000人中1000は、うほ、この会社やベーって思うはず。

業者業者って騒いでるけど、ほんとに業者がわざわざこのスレの世論操作しようとかなんて考えてる?
個人的には業者がこんなスレに手出すとは思えんけどなー
なんつーか、奴等のえさはあくまで、なんも考えずに金出すような馬鹿なんだし、
ちょっと冷静になって考えようとか、一回でもネットで評判調べようとさえ思わないような、幸せな人々だと思うんだけどね。

だって業者がここで世論操作しようがなにしようが、極一般的な生活常識さえ持ってれば、奴等のトリック(トリックでさえないんだが)がわかるはず。
それでも手出すのはよっぽどの暇人か金持ちか、常識を持ち合わせてない御バカ様だけでしょう。


508 :無名草子さん:2006/08/07(月) 20:49:45
>>507
まれにだが、業者としてのスタンスを露にした発言を見かけることはある。
向こうさんも、見てるのは見てるんだろうね。
ただやることといったら、変な理屈こねたり、居直って見せたり、
集団で一時的に荒らしたり、まずそうな話題が出てきたら
独り芝居で喧嘩おっぱじめてレス稼いだりとかが大半。
世論操作とか大層なことじゃなく、ともかく当座をごまかすか、
単純に腹立ちをぶつけてるんだろう。

509 :無名草子さん:2006/08/07(月) 21:48:29
>>508
自分の独り善がりな意見を論破されると業者扱いか。
どのレスがどう業者なのか言って見ろ。
そいつが業者臭いなら徹底的に攻撃してやるから。


510 :無名草子さん:2006/08/07(月) 22:08:06
>>507
ウィキの概要の部分のみ(1から4まで)は俺が書いたんだけど、
もっと詳しく書こうか?例えば、「本が売れなくて議員のところに
脅迫文を送りつけた後、本がリストからなぜか削除されていた自称作家」
君の話題とかいろいろある。あれでもかなりおとなしく書いたつもり
なんだがな。

511 :無名草子さん:2006/08/07(月) 22:13:17
>>507
だろうな。
こんなところで業者が擁護してもますます叩かれて逆効果になるだけ。
>>508みたいな妄想で2ちゃんに業者がいると思うような奴こそ痛い。


512 :無名草子さん:2006/08/08(火) 00:15:19
このサイトは、ゲームマニアの自作自演じゃないのか。

513 :無名草子さん:2006/08/08(火) 00:48:44
 書き込んでいる奴は、基本的に一人か?
なにか主張があれば、堂々と実名を名乗れば。名乗れないから、サイトに
閉じこもっているんだ。そんな奴には、自費出版が最適だ。
 自分の作品の未熟さに絶望して、“業者”に責任の転嫁をしているだけ。
これをガス抜きを呼ぶ。
 いっそうのこと、こうしたサイトの実態を取材して、本にしてみれば。

514 :無名草子さん:2006/08/08(火) 01:34:37
 いずれにしても読むに絶えうる作品を書いてから、作品が売れない
ことを嘆くべきだろう。今の時代、出版社は門戸を開いています。
まず、公募です。新人賞は無数にある。それに落選すれば、力不足
ということ。挑戦もできない奴が、こんなサイトに閉じこもって、
業者の悪口を言っているんだ。
 いっそうのこと、このサイトを完全実況生中継にして本にしてみたら。

515 :無名草子さん:2006/08/08(火) 01:42:25
>>513-514
では、君がどこの会社に在職しているのか、まずは明らかにしてみなさい。

516 :無名草子さん:2006/08/08(火) 01:45:31
どこにも属していない。なぜ、会社にこだわるの?君は会社人間か?

517 :無名草子さん:2006/08/08(火) 01:57:28
 とにかく新風社から出した作品名を公開してくれませんか。それを読んだ上で
業者批判を聞きたいものです。ただし、わたしくしは業者ではありませんから。
 まず、読むに絶えうる作品かどうかを知りたい。

518 :無名草子さん:2006/08/08(火) 02:05:50
>>510
それ是非聞きたいわ。訴えられない範囲で教えてくれw
脅迫文ってすごいな 業者側が著者におくりつけたん?
今まで聞いた文芸新風おもしろ話って、大概は著者の方がギャグキャラで、業者が振り回されるていうパターンだったけど、今度は逆か?

>>513
ふつーに思ったんだけど、まじめにそういう自費でも共同でもアマ作家活動? してる人は書き込んだりしてないんじゃないかな。
いるのか?
少なくともあなたが言ってるようなパターンの人々、自費共同でだしたけど売れなくて、どっかに悔しさをぶつけたい人って
むしろこのスレは逆に見るに耐えないと思うんだがw ましてや書き込む気になど、ならないだろう。
なんつーか、ここに書き込んでる人はむしろもっと単純に、香ばしい話題に寄り付いてくるハエみたいな手合が殆どな気がする。

てか、実際にここに、自費共同で文か新もしくはその他灰色業者から出した人っている?
いたらエピソード聞かせてくれよん。

519 :無名草子さん:2006/08/08(火) 02:15:41
>>517
なんか勝手に論点のベクトルが明後日向いちゃってる気がするん、
なんで灰色業者が批判されるかっていうと、出版物が売れるか売れないかじゃなくて、その手口にあるからだって忘れてない?

その手のおもろくない自費共同作文が売れるわけ無いってのは、当然常識なんだし、
つまらん商品が売れてないって事自体は、誰も文句言ってないと思うんだけど、違う?
んで批判される点は、そういう99.99999%売れないような物でも、著者をほめ殺したりして金出させちゃうところが主。
出してる商品が売れないから批判されてるわけじゃないよ。

520 :無名草子さん:2006/08/08(火) 02:22:12
 自費本が売れなてく悔しいから、書き込んでいるのだろ。
“業者”による“被害者”の集まりではないの?

521 :無名草子さん:2006/08/08(火) 02:27:15
それはそれで香ばしさが増すけどなw
けど仮にそうだとしたら、書いてあることの真実味も増すし、ここまで恨まれる会社ってのも、なかなかすげえなw

522 :無名草子さん:2006/08/08(火) 02:30:32
 恨まれるのは、スターにしてあげなかったからでしょう。歌手やタレント志望の
少女がスターになれなければ、所属のプロダクションを中傷するでしょう。
それと同じ。手口が汚いというけど、それは騙される方が悪い。
 出版を自費でやるということなど、元々はあり得ないことだから。

523 :無名草子さん:2006/08/08(火) 02:39:54
ついに必殺技 ★だまされるほうが悪い★ が出ました。

その通りなんだよなーw 引っかかる奴があほすぎるんだ このケースはね
被害者に同情するまえに、ちょっとお前、もうちょい考えろよ! って正直笑いが来るw

客観的に、ひっかかった奴を見れば、ギャグでしかない
ちょっといい子ぶった見方すれば、マジでかわいそうだけどなw
んでまあ、★だまされるほうが悪い★ この姿勢こそが批判される要因なわけだ。

524 :無名草子さん:2006/08/08(火) 02:43:15
「騙されるほうが悪い」というよりも、トロイ、出版の常識、厳しさを知らない
と言うか。実際、自費出版で世に出た大作家は一人もいない。2流はいるけれど。



525 :無名草子さん:2006/08/08(火) 02:51:15
そうだよな
自費で超一流、国民的ヒーローになった人っていえば、一万円札の人くらいしか思いつかんね
学問のススメは、国民十人あたりに一冊くらい出回ったらしい。
逆に言えば、一万円札に慣れるくらいのパワーがないと、自費では一流になれんって例かもなw

ちょっとずれるけど、ドストエフスキーやら芥川って最初は自費冊子でやってたっけか。
まあ福沢さんもどすとえふさんも芥川さんも、時代が一世紀ほど昔だから、今の基準にゃならないがw

526 :無名草子さん:2006/08/08(火) 02:56:39
芥川やドストエフスキーが自費であるはずがない。
ドストエフスキーは借金の山だったから。

 騙されたと思っている人の作品名を、このサイトで公開してみてみたら。
まず、作品を読んで、優作なのか駄作なのかを知らなければ、議論そもの
もが成り立たない。すぐれた作品なのに、宣伝しなかったのなら、“業者”
が悪い。作品が箸にも棒にかからなければ、筆者が悪い。単純な原理だろう。

527 :無名草子さん:2006/08/08(火) 03:21:54
すげえ横道ずれるけど
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E6%80%9D%E6%BD%AE
芥川が最初は同人うんぬんは、これが一番手ごろな資料
どすとえふさんについては、厳密に言えば、お兄さんと一緒に作ってた雑誌に自分の小説を載せてた。
だからまあ、今ここで話題になってる自費とは全然違う、紛らわしくてメンゴ

>>526
まえそういう著者(文芸ともめた)のブログとかあったけど、ことごとく閉鎖になってるみたいだね。
おもろそうだから探したけど、めぼしいの無かった。

あとどっちが悪いとか、すげえええええ簡単な話じゃない。何をそんな難しく考える必要があるんよ?

どの詐欺にもいえることだけど、
だまされる奴も、だまされるほうも悪い。以上 でしょw?


528 :無名草子さん:2006/08/08(火) 08:15:11
>>524
ほうほう。自費出版から始まった内田康夫も、出版費用をなかなか出せずに
苦しんだ宮沢賢治とかも知らないらしいな。

529 :無名草子さん:2006/08/08(火) 08:44:29
宮沢賢治っていつの時代か知ってんのか?
当時は出版産業といえるような規模じゃなかった頃だぞ。

530 :527:2006/08/08(火) 08:45:26
誤:だまされる奴も、だまされるほうも悪い
正:だます奴も、だまされるほうも悪い

531 :無名草子さん:2006/08/08(火) 16:18:56
>>530
カモ探し商売と知りつつ広告を載せまくる新聞社も悪い。

532 :無名草子さん:2006/08/08(火) 21:27:01
いくらなんでもこいつは痛いだろ
http://love3.2ch.net/test/read.cgi/gender/1154073526/


533 :無名草子さん:2006/08/08(火) 22:12:49
実力があれば、勝手に評判は上がっていく。どこから出しても関係はない。
この手の共同出版本の著者達は、あたかもゴミ溜めみたいなものだな。
一部しか実力のある奴がいない。

534 :無名草子さん:2006/08/08(火) 23:55:22
 同人誌なども、力のない人の集まりである場合が多い。群れることに意義ありという
考えなのだろう。

535 :無名草子さん:2006/08/09(水) 00:46:20
>>532
スレの上のほうにあったやつだねこれ
これってマジなのか、ネタなのかわからんのよねw
こんなん出版できるわけないんだけど、個人的には少年ぽさがけっこう好感もてる。

>>533
そのだめーな著者たちはのせられちゃうみたいね。
一般的な新人賞とかなら即効おとされるような作品でも、とりあえず当たり障りのない内容なら、業者は出させようとするみたいだね。
つまり、ダメーな本が多い理由がそれが主な理由。
著者から金とって出せばとりあえずそれで儲かるから、ダメな本でも出せるもんは出しちゃう。

んでも著者からしてみれば、作品を散々ほめ殺されて、世に出す価値のある作品だ、みたいに言われたら、その気になちゃう人も少なからずいるってことなんだろう。
普通はそこで、改めて冷静になって、ほんとにそんなにいい作品か? と自分自身を振り返ってみるもんだろうけど、
そういう客観性のない方々が、そもそも狙われる。オレオレ詐欺で老人が狙われるんと同じだね。弱い奴が食われる。
それでだめーな著者は自分自身の身の丈を錯覚してしまう というのがパターンみたいね。
自分が見えなくなった人間てのは往々にして哀れだね

536 :無名草子さん:2006/08/09(水) 01:25:44
 オレオレ詐欺で騙された老人は気の毒です。
同情に値します。
 “業者”に騙された体験を本にしてみたら。
  ガス抜きよりも意義がある。





537 :無名草子さん:2006/08/09(水) 01:48:10
最高に無様なだまされっぷりを、見世物にできるくらい根性あるやつなら、
最初から業者に手出さないような気もしないでもないなw

誰かここ読んでる奴で、だまされたーって人がもし居るなら是非やってくれ
確実に一冊は売れるぞ、オレ様が買ってやる。

もしくは今からわざと騙されて、スクープする奴いないか?
てか、ちょっと前に週刊誌かなんかで、文芸ネタでその手のあった気もする。

538 :無名草子さん:2006/08/09(水) 01:52:16
共同・協力出版にひきよせられる素人作家たちと業者の生態を、
経験者として生々しく、同時に自分をも含めてつきはなした視点できちんと描けたら、
時代の一断面をとらえたマジに面白い読み物になるだろう。
そういう本なら買うよ。
確実にSやB以外の出版社だろうから、金を払って読むよ。

539 :無名草子さん:2006/08/09(水) 01:57:56
『新譜社、騙しの手口、完全実況生中継』(新潮社)となれば、理想だね。

540 :無名草子さん:2006/08/09(水) 16:40:33
>>539
ブログで書いたほうが話題になる。あとから本にすれば良い。

541 :無名草子さん:2006/08/09(水) 18:44:01
文芸者ネタなら、そんな本がもうすでに出てたはず。
新風やその他はしらん。

542 :無名草子さん:2006/08/09(水) 23:38:21
 普通の出版社も、新興の出版社には迷惑を受けているという声がある。
 特に下請けの編プロ。なにしろ奴隷あつかいとか。利益しか頭にないとか。

543 :無名草子さん:2006/08/10(木) 08:02:42
普通の出版社が旧体制のままだから新興勢力に市場を引っかき
まわされるだけの話。でも、一番悪いのは取次だな。日販、トーハンで
全体の70%の市場を占めているのが問題。

544 :無名草子さん:2006/08/10(木) 09:02:22
>>537
>今からわざと騙されて、スクープする奴いないか?

どこの物好きがそんなゲーム感覚で自分の金をドブに捨てるんだよ阿呆

545 :無名草子さん:2006/08/10(木) 09:23:54
>>543
市場自体には全くといっていいほど影響ないんじゃない?
実質的には出版請負業なんだし。

546 :無名草子さん:2006/08/10(木) 10:02:23
>>545
よく読めよ。
>>542->>543が話題にしている「新興の出版社」は、自費系のことじゃない。
まあスレ違いの話題をする>>542->>543にも問題あるが。

547 :無名草子さん:2006/08/10(木) 22:03:56
ウィキペディアの「新風舎」より。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E9%A2%A8%E8%88%8E
新風舎

>又、2ちゃんねるにおいてもこの新風舎の話題は、一般書籍の板でも
>専用スレッドが常時存在し、社員、関係者、著者を初めとする複数の
>書き込みが盛んではあるが、共同出版に対する厳しい意見が飛び交い、
>評判自体はあまり芳しくはない。

548 :無名草子さん:2006/08/11(金) 12:37:55 ?2BP(1)
>>547
長すぎるんだよ、もっと完結にまとめてくれないか?なんなら俺がやろうか?

549 :無名草子さん:2006/08/11(金) 16:53:24
じゃあ 4文字以内でよろしく。

550 :無名草子さん:2006/08/11(金) 17:55:03
>>549   ちんぽこ
OK?

551 :無名草子さん:2006/08/11(金) 18:14:59
Dearこげんたってまだおいてあるとこあるかな?

552 :無名草子さん:2006/08/11(金) 18:21:02
ライターの世界で「新ぷ」とか「文げ」で仕事してる人は
最底辺ときいたけど、ほんとう?




ほんとにきまってるよな・・





















553 :我輩は名無しである:2006/08/11(金) 19:39:40
「日本ぷんかく館」もダメなのかな?

554 :我輩は名無しである:2006/08/11(金) 19:47:05
ぷんかく館は稀に良い本出すんだけどなぁ・・・

555 :無名草子:2006/08/11(金) 20:26:07
文学館の本買ったけど内容はそこそこだった。
ただ…編集の腕がよろしくない。

556 :無名草子さん:2006/08/11(金) 21:18:18
>>552
意味わかってる?
ライターってのは文章書いて金もらっている人だよ?
逆に金出して本出してるのは単なる素人だろが。

557 :無名草子さん:2006/08/11(金) 21:31:08
 ビジネス書の大半は実は自費出版で、依頼者の企業は制作費を宣伝費
として処理しているという話を聞いた。D社やP社はどうなの。
 問題があるのはSばかりではなさそう。一部の大学教授の本も、
「かくれ自費出版」という話もある。
 もっともDにしてもPにしても、ビジネスとしての出版業ならべつに
批判されるゆわれはないけど。

558 :無名草子さん:2006/08/11(金) 21:44:04
>>557
大量購入を前提とした宣伝代わりの「チョーチン本」なんか、昔からいくらもある。
ここでいう「共同出版」の問題点は、コンテストとか原稿募集という仕掛けをとおして、
素人が「チョーチン」の本質も知らされないまま高額の出版費を取られているところにある。
これはSやB、類似の方法を取る業者に特有の問題だ。

559 :無名草子さん:2006/08/11(金) 21:50:33
大学の教授は、「小遣い稼ぎ」の場合や、「国から学術書に対する
補助金」をもらって出している場合もあると聞いた。学生の頃は、
「教科書指定で買わせて単位を与える」というのもあった。

560 :無名草子さん:2006/08/11(金) 21:51:22
 逆に質問しますが、どのような自費出版を提案されますか。
@価格は?(1000部を想定して)
A営業の方法は?営業禁止ですか?
B配本の方法は?配本をしては駄目ということ?

 

561 :無名草子さん:2006/08/11(金) 23:03:14
 結局このサイトは、作家になりたったかたけど、なれなかった人が集まって
ガス抜きしているだけという印象がある。作家を目指す人間が、自費出版を目指すこと
自体資質がない証でしょう。それが分かりませんか。
 それともSに騙された人を救済しようという「超正義派」でしょうか。


562 :無名草子さん:2006/08/11(金) 23:32:18
>>561
じゃ、「住人の一例」として、ちょいチラ裏風の自分がたりをさせてもらうよ。
昔、「調子いいこといってハンコ押させりゃ勝ち」みたいなセールスする三流会社にいたんだよ。
出版ではないけどね。
仕事はいっぱいあったけど、なんか恥ずかしかった。
もちろん辞めたんだけど、適応しなくてホントよかったと今でも思っている。
そんな商売を出版でやってるのが、ここで批判されてる会社だ。
見てりゃあ、一言言いたくなるよ、それは。
被害者をどうこうよりは、むしろここをのぞく社員に言いたい。
「あんたら、こんな商売やってて、恥ずかしくはないのか?」とね。

563 :無名草子さん:2006/08/11(金) 23:37:20
 被害を受けているというのなら、なぜ、インターネットのサイトの範囲から
出られないのだろうか。裁判という強烈な方法もある。週刊誌にスクープする
方法もある。なぜ、行動しないの。
 こんな所でガス抜きしても解決にはなりませんよ。

564 :無名草子さん:2006/08/12(土) 00:34:19
  このサイトは実名が名乗れない人々の集まりではない。臆病者といおうか。
サイトでしか自分の世界を発見できない惨めな人々の集まりでは。自費出版
の出版社に問題があることは分かる。それなら、なぜ、正面から立ち向かわ
ないのでしょうか。


565 :無名草子さん:2006/08/12(土) 00:56:00
例えばエステで高い美容器具買わされて、後々後悔したりするけどさ、
結局買うと決めたのは自分なんだよね。
共同出版もさ、脅されて屈強な男共に囲まれて、無理やり判子つかされたわけじゃないんだから、
多少の「こんなはずじゃなかった」は、授業料だと思えないのかな?
言っとくけど、私は社員でもないし、別にあれらの会社のやり方に賛成してるわけじゃない。
もし勤めてたら、自分の仕事に誇りはもてないだろうしね。
だけど、妻子がいたら、仕事なんか選べないのも現実。
「被害」と言うのは、あまりにも乱暴な言い方だと思う。
そして「被害」だと思ってるなら、本当に行動したら?裁判とか。それをして、初めて ただの負け犬の遠吠えじゃないって認められるよ。


566 :無名草子さん:2006/08/12(土) 00:56:44
>なぜ、正面から立ち向かわないのでしょうか。


ヒント:契約書

いくら文句を付けようと、
不利な契約書の条項に納得して契約交わしてるからね。
正面から立ち向かっても玉砕するだけ。
だからここでガス抜きしてるんでしょう。

567 :無名草子さん:2006/08/12(土) 01:04:07
 それなら、このサイトで、もっと具体的に情報を公開したらどうですか。
契約書を公開するとか。どこでだれがどのような勧誘が行われたとか。
 ここで公開されている情報は漠然としている。具体的にどこで、だれが、どい
いう被害を受けたのかまったく分からない。だから、メディアも動けない。
 

568 :無名草子さん:2006/08/12(土) 01:08:26
>契約書を公開するとか。

そこまで追いつめてやるなよ。たぶんどんなに不満があろうと、
契約では反論できないよう周到に作成されているはず。
逆に契約書に突っ込みどころがあればとっくに公開されているか、
裁判で勝ってるでしょ。ガス抜きなんだからほっといてやれよ

569 :無名草子さん:2006/08/12(土) 01:14:08
 具体的な事実があれば、メディアで告発できるんだけど。
 こんなサイトでガス抜きしていても詩人Sは屁とも思っていない。
 徹底的にこのサイトで事実を公表すべきでしょう。
 実はsの社員や下請けも、疑問に思っているのですから。

570 :無名草子さん:2006/08/12(土) 01:18:01
批判するとか訴えるとか以前に、きちんと論じるためにも、
契約書の全文を公開して、1行ずつ検討するのはありかもね。
突っ込みどころあろうとなかろうと、とにかく公開する、と。

571 :無名草子さん:2006/08/12(土) 01:29:07
 契約書を公開するとこが、詩人Sにとっては最大の打撃。ガス抜きでは駄目。
契約書を公開できないようでは、このサイトの意味はない。

572 :無名草子さん:2006/08/12(土) 01:30:02
>こんなサイトでガス抜きしていても詩人Sは屁とも思っていない。

まあそれも真理でしょうが。

下請けなんかないだろ。
下請けがあって手間をかけるなら良心的な会社だよ、


573 :無名草子さん:2006/08/12(土) 01:34:26
 下請けをこきつかって、ぼろもうけしていると聞きましたが。
 それが純粋なはずの詩人のやる事でしょうか?

574 :無名草子さん:2006/08/12(土) 01:40:00
>>572
下請けはいると思う。DTPオペレーターとか。
実質セールスマン中心の体制で、あの点数だろ。
手間だの良心だの関係なく、もう物理的に大半丸投げで出さざるをえないんじゃないか。
もちろん質と賃金は極限までしぼってるだろうね。



575 :無名草子さん:2006/08/12(土) 01:50:29
 渋谷区にあるSの事務所は小さいでしょう。あの小さな事務所で、年間に1000冊?の
本が出版できますか。ほとんど、下請けを使っているんですよ。おそらくべらぼうに安い
請負料で。
 事務所にいるのは、幹部だけ。後はすべて下請け。まるでマクドナルド
と同じでしょう。店長だけが正社員というやりかた。
こんな雇用形態を今の出版業界が追随しはじめて、みんな迷惑している。



576 :無名草子さん:2006/08/12(土) 02:30:52
つーか、ここにほんとに被害者とやらが居るのか疑問だなw
やたらにガス抜きガス抜きいう人も居るけど、実際にここに被害者いるのか?
確かに対象社を一方的感情的にこき下ろす様な書き込みも多いけど、もしそれを騙された本人が書き込んでるとしたら、自分の生傷を抉るようなもんだしなあ。
ガス抜きしないとやっていけないような弱い人が、わざわざ自分の傷を抉るようなことするとも思えないんだよな。
居たらいたで、また面白いんだけどな。

大体さ
まんまとのせられてウン百万とられました>あの会社はこんな糞会社です ってやったらさ
その糞会社にだまさらた本人は糞以下ってことでしょうw
さすがに自分でそんな惨めなことできるとはおもえん
もっとも、そういう事さえも自覚しないようなおバカさんが、この商法に引っかかるって話ならわかるが。
そういう奴に、正々堂々とか何いっても無駄な気がするぜw

思うに、ここで書き込んでるような人は、ワイドショーみたいな悲惨な事件に食いつく主婦のごとく、面白半分でやってる人が殆どじゃないかと思う。
超正義はしらんw

577 :無名草子さん:2006/08/12(土) 02:50:31
>ヒント:契約書

契約書自体は別に合法的なものなんじゃないか?
著者にとっては恐ろしく悪い条件で契約させられるんだろうが、会社側としても、素人の本を出して宣伝やらするわけだし、
そのくらいの条件じゃないと割りにあわんて理屈は、まあ理解できる。

それに金を出す本人が、「これくらいの金を払ってでも本を出したい」と思って出すんだろうから、法的にはともかくとして、
道理的にも悪かといわれれば、この点までに関してはなんともいえない気がするんだよなあ。
上のほうにも書いてあるけど、黒服のマッチョマンに脅されて、はんこ押させられるとかじゃないしね。
著者には十分に考える時間と自由がある上で、はんこ押すわけだし。


むしろ道理的に責められるのは、契約書だなんだっていうより、こういう部分と思う。↓

>>ここでいう「共同出版」の問題点は、コンテストとか原稿募集という仕掛けをとおして、
>>素人が「チョーチン」の本質も知らされないまま高額の出版費を取られているところにある。

既にこのスレでがいしゅつなんだけど、このURLも参照のこと。
http://sakka.org/opinion/thread/index.cgi?mode=view&no=46
「作家でごはん」というアマチュア作家向けのサイトの掲示板にかかれた書き込み。

乱暴に要約すると、
「すげえダメダメな作品がいっぱいくるんだけど、とりあえずヨイショして、本を出したくさせる」
つー、非常にクラシックで伝統的なヨイショ商法。
ほとんど詐欺といっていいくらいのショーバイてことですな。
んでこれに引っかかるおばさんの滑稽さと、そこを突く業者の悪辣さのハーモニーが、絶妙な香ばしさを奏でているというわけです。


578 :無名草子さん:2006/08/12(土) 09:36:18
>>574-575
自費系って、山田某の日本語になってない原稿が活字になってるレベルだぞ?
ほとんど校正もせず印刷工程に流すだけだから、下請けなんか必要ないよ。
文字データを流し込むだけでしょうが。
労力かかるのは年配の人の手書き原稿の入力ぐらいじゃないの。




579 :無名草子さん:2006/08/12(土) 14:49:59
山田くんの読んだことないんだけど、そこまで酷いのか?
ダイソー(関東の100円ショップチェーン)の100円文庫が高次な存在に思えてきたぜw

580 :無名草子さん:2006/08/12(土) 16:01:53
>>579
ダイソーは広島に本社があるんだが。
ダイソーの100円文庫は、夏目漱石とかの著作権切れの作品を
売っているんだが。

日本の基礎もできていないヤツと比較するなんて、
明治、大正、昭和初期の文豪に失礼だ。

581 :無名草子さん:2006/08/12(土) 16:02:45
>>580
訂正

日本語の基礎もできていないヤツと比較するなんて、


582 :無名草子さん:2006/08/12(土) 21:58:39
へえダイソー文庫ってそんなのもやってたんだ。
そりゃ知らんかった失礼。
 
ダイソー文庫っつーと、
どっかの知らない獣医が自分の飼い猫の写真をばんばん載せてる趣味100%っぽい「ペットとの付き合い方」とか
どっかの知らない精神医のほとんどおまじない的な「世渡り上手になるための交渉心理術」とか
どっかの知らない教師が居酒屋でくだまいてるみたいな「子育て論」とか
そんなんしか知らなくて、まあ一言で言えば、読んで100円分くらいはためになるかな? 的なもんばっかりのイメージだったw



583 :無名草子さん:2006/08/12(土) 22:03:09
ダイソーもクズ本が多いけど、昔の名作漫画(僕の動物園日記)の復刻判
など、まともなものもあるよ。100円だから、損しても損したと思わない
ところがミソ。

584 :無名草子さん:2006/08/12(土) 22:23:02
話題が変わるけど、わたしの知人の祖父が、最近、自費係出版社が紹介したライターに自伝を代筆してもらった。
出来上がったものを知人が読んでみると、ずさんな出来だったそうです。
 知人の祖父は白内障で文字が読めない。そのために内容がよく分からない。
本が完成したことに満足していた。これって、やはり問題になりませんか。
 ちなみにそのライターというのは元編集者の主婦だったそうです。
 かなり悪質だと思うのですが。
 

585 :無名草子さん:2006/08/12(土) 22:34:40
>>584
金くれれば代筆してやったのに。
ゴーストライターも、人も選びたいものだね。

586 :無名草子さん:2006/08/12(土) 23:13:31
>>584
被害者が老人で、ものが記念本っていうのがポイントだね。
かなり悲惨度数高い。

ただ代筆頼むにしても、そのライターの書いたものを、最初に見本で見せてもらうとか、できなかったのかな?
それが出来た上で、それをしないでダメ自伝になっちゃったってなら、依頼主にも落ち度あるとは思うけど。
目が見えないなら、こういう部分で家族のフォローとか必要だわな。

>>ちなみにそのライターというのは元編集者の主婦だったそうです。
まあ書いた人の肩書きはともかくとしても、
>>出来上がったものを知人が読んでみると、ずさんな出来だったそうです。
これじゃ批判でるのは確かだ。

587 :無名草子さん:2006/08/12(土) 23:25:51
これって、「原稿がなくても、相談くだい」っていうやつ?

588 :無名草子さん:2006/08/12(土) 23:32:25
>>587
たぶんそれだね。
>>586が本当なら酷いな。


589 :無名草子さん:2006/08/12(土) 23:39:43
 そのお爺さんが、喜んでいたというのも滑稽だね。ライターの色気に負けた
ということか?おそらく本の表紙だけは、立派だったのでは。
 

590 :無名草子さん:2006/08/12(土) 23:43:20
>>589
きらきらひかるより後になって、急遽そういう猿芝居に上書き改変したのでしょうねw

591 :無名草子さん:2006/08/12(土) 23:44:49
誰かでさえなければ、テフでもブゥでも
何でもいいってくらいの激バカ茶番にね

592 :無名草子さん:2006/08/12(土) 23:47:10
>>589
その爺さんは目が悪くて出来上がったものを読めないから、純粋に自分の本が出来たということだけを喜んでたんだろう。
もし目が見えてて、出来上がった本の内容を読むことが出来たら、どうだろうな・・・・・って話じゃないのか?

しかし
キャッチ商売みたいなもんだし、この手の話で色を使うってのは、妙にリアルだなw
やっぱあーいう会社も、こういう勧誘するときって、的が男なら女のライターなり編集者を当てて、的が女なら男を使ったりするんだろうかw



593 :無名草子さん:2006/08/13(日) 00:09:51
 その編集者というのは、あんがいライターではなくて、
出版社の社員という気がするが?

594 :無名草子さん:2006/08/13(日) 00:25:36
こんな記事もあったな。

自費出版 ある専門会社の倒産(東京新聞)

碧天舎は定期的に自社主催の作品コンテストを開催し、広く作品を募集していた。
その範囲は文芸作品から写真まで細分化され、十数種類ある。“共創出版”を決意
した人の多くが、このコンテストの応募者だ。「二次審査で落選したが、あなたの
作品はすごい、世に出さないのはもったいない」などと“激賞”され、その気にな
った著者は少なくない。

 「出版プロデューサーという肩書のすごい美人が、目のやり場に困る服を着て説
得してきた。私は七十四歳でもう何とも思わないが、若い男性には効果があったの
では」(関東地方の男性)という声もある。

引用元 ttp://aruhenshu.exblog.jp/3766832/

595 :無名草子さん:2006/08/13(日) 08:01:16
新風舎は、この碧天舎の顧客まで取り込もうという作戦。
自ら金は出さずに出版相談。うまいものだ。

596 :無名草子さん:2006/08/13(日) 12:40:46
しっかしまあ・・・・そこまでやるとは
なんかもう、なんでもアリだな
そのうち社長あたりが空中浮遊しだすんじゃねえかw

597 :無名草子さん:2006/08/13(日) 16:31:21
>>596
オ*ムかよ(W

598 :無名草子さん:2006/08/14(月) 08:46:03
(話題(?)の作品)  by Amazon
ぶっちゃけママ流 育児のお作法―育児はキライよ。文句ある?...368,266位
(参考)
うしろにいるのだあれ...28,207位
小説地下銀行...22,088位
まさかさかさま...94,608位
小説 円谷英二―天に向かって翔たけ(上)...292,748位
小説 円谷英二―天に向かって翔たけ(下)...292,758位
本は読むより書く方が10倍楽しい...267,859位
ナノテクノロジーなの。恋の魔法なの。...315,436位
そしてママはスチュワーデスになった...256,403位
名優・滝沢修と激動昭和...253,630位
報道されなかったイラクと人びと...363,520位
アナウンサーが教える人生が変わる話し方の極意...233,694位

*健康のため、プロ作家転進への過大な期待をかけ過ぎる病に注意しましょう。

599 :無名草子さん :2006/08/14(月) 09:39:37
知ったモン勝ち! 私はこの方法で資格を30取得しました ―無敵のラジカル・マスター学習法 稲垣 勉 (単行本 - 2005/9)ランキング: 本で5,364位
今日、ホームレスになった―13のサラリーマン転落人生 増田 明利 (単行本 - 2006/7)ランキング: 本で501位
うしろにいるのだあれ ふくだ としお (単行本 - 2003/2)ランキング: 本で28,351位
モラル・ハラスメント―普通の結婚生活がわからなかった 北風 めい (文庫 - 2005/10)ランキング: 本で65,771位
改訂版!気功を超えた究極の健康法 ハンドヒーリング 今野 聖也 (単行本 - 2005/12)ランキング: 本で69,761位

誘惑天使―タイ性風俗で生きる女たちの400日を追う 笠原 陽介 (単行本 - 2005/9)ランキング: 本で62,810位
マクロビオティック スイーツ―からだにおいしいお菓子づくり 朝倉 美千代 (大型本 - 2005/9)ランキング: 本で10,630位
スクールガール 小林 基行 (単行本 - 2005/8) ランキング: 本で13,228位
治さなくてもいい?―パニック障害のお話 彩木 美月子 (単行本 - 2005/10)ランキング: 本で25,996位
新人文学賞ガイドブック エディトリアルギャング (単行本(ソフトカバー) - 2000/4)ランキング: 本で70,891位

600 :無名草子さん:2006/08/14(月) 14:01:11
あのさ、著作権切れの作品って興味あるんだけど、
これは誰が出版してもかまわないんでよね?
ダイソーじゃなくても?
極端な話、一般庶民が売ってもかまわないんだろうか?
あるとしたらどんな縛りがあるんだろう?

601 :無名草子さん :2006/08/14(月) 14:52:22
自分で「星の王子様」を翻訳して自費出版してもよい。

602 :無名草子さん:2006/08/14(月) 16:35:06
んで貴方の翻訳本だしませんか?
っていってアマ翻訳家からウン百万をかき集めまくるのも◎

603 :無名草子さん:2006/08/14(月) 23:02:07
>>600
かまわないよ。
死後50年以上経った、たいていの文豪の作品は
「青空文庫」で読めるから、出したい作品を探してみたら?

604 :無名草子さん:2006/08/15(火) 22:25:32
 新風社の社長は詩集を出版していると聞いたが、読んでみたい。
 どこから出版されているの?

605 :無名草子さん:2006/08/15(火) 22:58:10
自分とこで出してるんじゃないか?
詳しくはWikiに書いてあったような。
確か「ナノテクロノジーなの」とかそんなタイトルだった。

606 :無名草子さん:2006/08/16(水) 00:05:09
 そうすると詩人が出版社を経営していることになる。
 詩人といえば、超貧乏人のイメージがあるのだが。
 経済観念のないランボーとか。
 

607 :無名草子さん:2006/08/16(水) 01:23:54
>>603
ほえ〜!これは知らんかった!
これは素晴らしいことだねえ。
駄本にお金かけるよりよっぽどいい。
使わせて頂きます。
ありがとう!
ところでなんでミッキーマウスの著作権は
パブリックにならないの?
どっかのサイトで説明してたけど、よくわからなんだよ。

608 :無名草子さん:2006/08/17(木) 22:34:33
大丈夫か?
キャラクターの著作権と文学作品の著作権は違うだろうが。

609 :無名草子さん:2006/08/17(木) 23:57:01
>>608 一知半解は恥ずかしい。

610 :無名草子さん:2006/08/18(金) 22:32:46

【盗作3バカ】のスレに

田口ランディ本人後輪中?! 盗作犯人同士がバトル?!


611 :無名草子さん:2006/08/18(金) 22:40:26
So What?


612 :無名草子さん:2006/08/18(金) 23:23:49
 やっぱりこのサイトはガス抜きにすぎない。
 新風社に本当に問題があるのなら、それを徹底的に追及しょうという姿勢
が全くない。そう感じるね〜???

613 :無名草子さん:2006/08/18(金) 23:45:18
 確かに否定できない事実を提示して、徹底的に追及されるのが、
後ろめたい商売をやっている者には最も打撃なのかも。

614 :無名草子さん:2006/08/19(土) 00:15:33
 おまえ、新風社を潜入取材しているな。

615 :無名草子さん:2006/08/19(土) 00:39:12
なんか根本的にずれてる気がするんだけどさ
徹底的に追求するなら、なにもこんな掲示板で以下略ってことなんじゃないの
そんなマジメ且つ前向きな奴が、わざわざこんな世界一信頼度の低いようなメディアを通してなんか訴えようと思わんでしょう
ここにゃ最初から、そんな消費者運動的な方向性なんてなかった気がする

マジメな人はちゃんと専門サイトとかつくてたりするね
割と有名なサイトとしては、文芸社と裁判した人のとかがあるね
その本人がそれをネタに本だしてベストセラーらしいになってたりするw

まあなんつーか
ここには消費者運動みたいなダイナミックなすぺくたくるというより、ワイドショー的下世話な面白みしかないのは当然とは思うなー
捏造、騙り、はたまた真実? が確認の仕様も無く渦巻くここで何を言ったところで、ほとんどなんも説得力ないわけだし


616 :無名草子さん:2006/08/19(土) 00:50:09
「捏造、騙り、はたまた真実? が確認の仕様も無く渦巻くここで何を言ったところで、
ほとんどなんも説得力ないわけだし」と言うが、では、なぜ、こんなサイトを
運営しているの?ここにある情報は誹謗中傷ということ?。もし、事実であれば
やはり問題でしよ。


617 :無名草子さん:2006/08/19(土) 01:31:15
最初に一言で言えば、この掲示板『2ch』てのはおばはんの井戸端会議場的なものだと解釈するのが一般的といって置こうか
何故存在するのかといわれれば、井戸端会議をするため ってくらいしか答えられないと思うんだがw

日本全国の匿名のおばはんが、好き勝手べらべらしゃべっているみたいなもんだ
匿名だから当然、心理的な責任を負うことも少なく、物理的な責任もよっぽど反社会的な発言(テロ予告とか)で無い限りは被らない
だから、真実の告発もあったりするわけだけど、その反面、無責任なネタなんかも当然増える。

そして今現在の2chてのは、いわばその、真実とネタが同居している事自体が文化となりつつある
なわけで更に、他のメディアと比べて匿名な分だけ責任てのもないから、書かれていること自体の信憑性がひじょーに軽いものになってしまう
つまりは、ここに書かれていること自体がほんとのことなのか、ネタなのか、どちらかを信じる或いは考察することは出来ても、確証はしにくいってことだね
以上説明終わり

>ここにある情報は誹謗中傷ということ?。
>もし、事実であれば やはり問題でしよ。

こっからは個人的な見解だけど、ここに書かれていることだけじゃ、上記の説明の理由から言っても正直半信半疑な人も多いとは思うね。
少なくとも全てが真実だと思う人は居ないだろう
でもネットに転がってる文芸新風絡みのサイトやらを見てまわったりすると、ここに書いてある物事にもかなり真実味が出てくるね
例えば>>597はかなりオーバーなブラックジョークだけど、この手の会社のノリのイメージは「彼ら自身にとって前向きなプロパガンダを持つ反社会的な会社」というイメージを、多くの人が抱くだろうからねえ。

618 :無名草子さん:2006/08/19(土) 10:57:51 ?2BP(1)
>>616
情報の真偽くらい自分で考えろや!2chに限らずそのくらいネットの常識だし世の中の常識だろ!
おまえは世の中にあふれるありとあらゆる情報が全て真実だと思ってんのか?
テレビだって新聞だって時には嘘を垂れ流したり、歪曲報道したりするんだぞ!
自分の頭で考えて判断することは出来ないのか?頭はなんのためについてるんだ?

619 :無名草子さん:2006/08/19(土) 11:02:35
 つまりこのサイトは、嘘が多いと。それを認めると、名誉毀損で訴え
られても勝ち目ないぞ。

620 :無名草子さん:2006/08/19(土) 11:47:04
 2Chでも嘘を並べたてて、相手の名誉を毀損すれば問題になる。早めに
 謝罪した方がよくない。

621 :無名草子さん:2006/08/19(土) 12:44:48
2ch訴えて、勝ってもひろゆき金払ってくれないよw

622 :無名草子さん:2006/08/19(土) 16:52:20
いまの2chの著作権はひろゆきにあるから
名誉棄損も全てひろゆきの責任さ♪
ぜひたくさん訴えて欲しいものだな♪
もとの2chに戻すいい機会だ!
頑張れ!新風!

623 :無名草子さん:2006/08/19(土) 19:00:51
 参考までに訴訟のひな形を紹介しておこう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   請求の趣旨
1,被告は原告に対して、金2000万円を支払え。
2,訴訟費用は被告の負担とする。

  請求の原因
1,原告は東京都X区XX町で自費出版を営む株式会社である。被告は4CH
を運営するXXである。
2,被告は平成15年3月ごろから、「自費出版を考える」と題するサイトを運営し、
その中で原告の名誉を著しく損なう内容の文書を掲載した。名誉毀損に該当する
箇所は、甲第1号証の一覧表のとおりです。
・・・・・・・
 個人訴訟も可能。地裁の民事部で受けつけているはず。

624 :無名草子さん:2006/08/19(土) 19:45:25
ほお これもおもしろそうだ
今までこの手の匿名掲示板に関わる裁判の判例なんかあったら教えてくれ

あと2chに嘘が多いと認めるとか、もうね
何を今更って言う感じだとおもうけどな
謝りたい奴があやまっときゃいいんじゃないw

625 :無名草子さん:2006/08/19(土) 21:38:49
 名誉毀損裁判など無数にある。自分で、検索してみろ。(匿名掲示板
名誉毀損 裁判)で。
 下の裁判は、賠償請求額6000万円だ。

 http://slashdot.jp/articles/04/02/28/1842228.shtml

626 :無名草子さん:2006/08/19(土) 21:58:56
>>625 URLサンクス
こりゃーおもしろいな 感謝感謝

けどこういう訴訟の起きるって言う事実はあれだね
逆に2chでの書き込みの信憑性っていうか影響力ってやつが、少しだけランクアップしてるってことか?
昔のアンダーグラウンドとか呼ばれてた時代が幻想みたいだなw

上のURLの原告も書き込みによる損失が2億4千万って、相当な影響力ってことだよな
そうなると、2ch自体が消費者運動たりえることもあるということか?



627 :無名草子さん:2006/08/19(土) 23:03:52
 影響力があるから、名誉毀損の賠償額が高くなる。だから、このサイトで
正式に謝罪すべきだろう。提訴は簡単ですよ。

628 :無名草子さん:2006/08/19(土) 23:23:10
だれがだれに謝罪すんの?
あんたどこのことを謝罪したほうが良いって言ってんの?

629 :無名草子さん:2006/08/19(土) 23:41:44
ここに書いてある事が嘘だと認めているんだろ。
だからサイトの運営者(被告)が、自費系の出版社に謝罪すべきなんだろう。
 

630 :無名草子さん:2006/08/19(土) 23:52:48
謝罪ってもな
嘘書いてるつもりもないしなーw
確かに面白半分でやってるだけだけど、
それに影響力があるならあるで、ぎょーしゃに乗せられちゃう人が書き込みを読んで冷静になってくれるなら、十分に公共の利益にもなるだろうと思うし
謝罪する理由がないよなー

それに訴訟したところで、ぎょーしゃに利益があるとは思えん
それこそ自爆スイッチ押すようなもんだ
なんせこの手の商売自体が、無知な人を餌にしてるわけだから、ぎょーしゃ本人が派手に騒げば騒ぐだけ、情報が一般化して餌が減って自分で首を絞める結果になる。

本当にそうなるかといえば、また不確定要素もあるにしても
今話題になってる文芸新風の場合は、本人自体が確信犯的なふしがあるから、いざ闘争となれば自爆スイッチな可能性のほうが高いんじゃないか

631 :無名草子さん:2006/08/20(日) 00:03:11
けどこれはおもしろいね
発言の垣根を下げることを原理に発展してきた巨大匿名掲示板が、その垣根を下げたことに起因する普及の余り、
今度は逆に自然発生的な垣根を高くしていっているということかな
井戸端会議が全国化して影響力を持つようになると、
そこでだべってるおばはん達も、無自覚なうちに全国的な責任を持たざるを得なくなるのね。

けど実際にここを見てる人&書き込んでる人が4,5人くらいしか居ないと感じるのが、滑稽でとてもステキ

632 :無名草子さん:2006/08/20(日) 00:08:26
 まったく同感。これって、一種のゲームじゃない。サイトを運営している
ひとは、びくびくしているし。

633 :無名草子さん:2006/08/20(日) 00:34:14
いいね〜!告訴!自費系の出版社がやったら、それこそ
自費系の出版社を快く思っていない、もしくは関係があまりないメディアが
ここぞとばかりにとりあげてくれればいいね〜!
出版とはいったいどういうものか?!と考えるいい機会ではないか。
まさにこのスレのタイトルに合致する。
いずれにせよ、自費系の出版社が利益を得る部分は筆者、企画出版の
利益を得る部分は本が売れること。この二つの差はでかいし、
自費系の出版社で本を出す人は、多くが企画出版のように印税で利益を
得ることを望んでいてその心のすき間に自費系の出版社がつけ入っている
以上、このスレが名誉棄損だなんだと言うのはばかばかしいぞ。
出直してきなさい。

634 :無名草子さん:2006/08/21(月) 22:08:49
この2CHの“支部”を発見した。参考までに。
 http://www.geocities.com/chikuma162/ese_jihi.htm

635 :無名草子さん:2006/08/22(火) 00:01:33
 これって、やっぱり名誉毀損でしょう。
 甲第1号証:自費系って、山田某の日本語になってない原稿が活字になってるレベルだぞ?
ほとんど校正もせず印刷工程に流すだけだから、下請けなんか必要ないよ。
文字データを流し込むだけでしょうが。


636 :無名草子さん:2006/08/22(火) 00:45:40
 山田某というのは、このサイトの前後関係から明らかに山田悠介
と判断できる。裁判になった場合、被告は「山田某の日本語にな
ってない原稿が活字になってる」ことを立証しなければならない。
 また、「ほとんど(自費係が)校正もせず印刷工程に流す」ことも
立証しなければならない。さらに「文字データを流し込むだけ」で
あることも立証しなければならない。
 他人の名誉にかかわることを、裏を取りもせずに、軽々しく発言し
ない方がいいだろう。




637 :無名草子さん:2006/08/22(火) 07:55:03
なんか変なのがわいてるな

638 :無名草子さん:2006/08/22(火) 08:30:51
新風舎に関しては、事実の部分が多いから、訴えれば自分達に
不利になる。ウィキペティアで「新風舎」で検索すると、実態が
明らか。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E9%A2%A8%E8%88%8E

639 :無名草子さん:2006/08/22(火) 09:20:44
むしろ訴えてくれ、それが望むところ
そして自爆してくれって感じなんだけどなw

名誉毀損もなにも、井戸端レベルの会話なんだから、そういう会話も当然ふくまれるわな
その会話が全国レベルになってるというだけであって、しゃべってる本人たちの意識は友達内でだべってる感覚だからなあ
今後こういう、掲示板訴訟ビジネスとか流行るかもね
ただ新風文芸の場合は>638な通りだから、騒動が起こった時点で会社側の自爆で終わる

640 :無名草子さん:2006/08/22(火) 11:52:19
それにしても、「リピーターが皆無」というのは痛いな。
そんなビジネスが成り立つのはおかしなことだが。

641 :無名草子さん:2006/08/22(火) 14:04:39
出版するのに金が足りないときはローンを紹介してもらえるとかも、おもろいな
お前等ぐるかよって
まさか・・・・・・・紹介してくれるのってチワワの会社じゃないよなw?

642 :無名草子さん:2006/08/22(火) 15:36:14
 つべこべ議論せんと、法廷へ出ろ。名誉毀損なのか、営業妨害なのか
 公衆の前で決着をつけろよ。裁判なんて簡単だぜ。次のように・・・・

  請求の趣旨
1,被告は原告に対して、金XXX万円を支払え。
2,訴訟費用は被告の負担とする。

 少額訴訟(60万円までの請求、1日で決着)もあるよ。手続料:1万円。
2CHでも誹謗・中傷は制裁を受ける。


643 :無名草子さん:2006/08/22(火) 16:03:42
法律厨ってなんでこんなにつまらない人種なんだろう

644 :無名草子さん:2006/08/22(火) 16:21:58
 度が過ぎると民事訴で訟はなく、刑事告訴もあるよ。

645 :無名草子さん:2006/08/22(火) 16:51:00
盗作で刑事告訴はあり? 下のコピペのスレで見たけど
盗作で賞金泥棒した場合は? 
ファンタジーの賞を盗作でとったって。佐藤って人

>【盗作3バカ】のスレに
>田口ランディ本人後輪中?! 盗作犯人同士がバトル?!



646 :無名草子さん:2006/08/22(火) 17:13:11
>>641
新風舎の場合、三つのクレカ会社と付き合いがあり、
最初にライフのショッピングクレジットを紹介されたけど、
審査で通らなかった。200万円以上のショッピングクレジットは、
クレジット会社もそう簡単に通さないよな。あとは、確かクォーク
だったと思う。もう一社の名前は忘れた。
ちなみに、ライフのショッピングクレジットには「保証人」の記述欄
もあり、新風舎の女性Pロデューサーなる担当の話によると「保証人を
つけないと、審査に通りづらい」と電話の向こうでまくし立てていた。
本人だけでなく、保証人付けての長期ローンを組ませても、ともかく
金さえ出させれば版元の勝ち。売れなくても版元では知ったことではない。
案の定、金を調達して契約を進めていく途中、その女性Pロデューサー
なる人物は、「この度、一身上のの都合にて」退職逃亡した。
本の出来上がる前にね。これはすべて100%の事実ですた。

647 :無名草子さん:2006/08/22(火) 18:16:03
>>644
だからなんなんだよ。うるさいやつだなあ
スレ違いだろ?どっか行けよ。

648 :無名草子さん:2006/08/22(火) 18:22:59
>>645
詐取された当事者が詐欺罪で告発することが前提。


649 :無名草子さん:2006/08/22(火) 18:31:52
 少額訴訟もあるしね。

650 :無名草子さん:2006/08/22(火) 21:29:32
>>635-636
↓これを読んで「日本語としておかしくない」と思える奴の頭がおかしいっての。
99 :名無しさん@恐縮です :2006/08/21(月) 16:39:50 ID:vy8g0Znk0
「二人が向かった先は地元で有名なスーパーに足を踏み入れた。」 「もの凄く機嫌が悪く、不機嫌な顔をして」
「頭を悩ませるように渋い顔をして考えている」 「騒々しく騒いでいる」
「翼には素質があると見込んで翼をスカウトした」 「最後の大きな大会では見事全国大会に優勝」
「名実共に実力を上げていき」 「罪として重罪が下される」 「いかにも挙動不審な行動で」
「そう遠くなく、近いようだ」 「愛を探すしかほかないのだ」「十四年間の間」 「うっすらと人影がかすかに現れた」
「しかし、洋の姿は何処にも見当たらなかった。何処を探しても、洋の姿は見当たらない」 100 :名無しさん@恐縮です :2006/08/21(月) 16:40:23 ID:vy8g0Znk0
「佐藤さんを捕まえるべく鬼の数である」 「ランニング状態で足を止めた」
「遠く離れると横浜の巨大な遊園地ができた」 「これに限られたことではない」
「三人は分かち合うように抱き合った」 「営々と逃げ続けた」 「二人は鬼たちに目をとらわれていた」
「いざ、着地してみるとそこは森の様な草むらに二人は降り立っていた」
「愛は一つも振り向かず」 「グラウンドをひた歩き」
「危機に感じた翼と愛は火事場の馬鹿力、ここで二人は足を早めた」
「もう一度首を右に左に素早く後ろへと回し、ぐるりと体を反転させた」
「一人の鬼が瞳の奥に飛び込んだ」 「九人の足跡がピタリと止まった」「記憶を全く覚えていなかった」
「永遠と続く赤いじゅうたん」 「この話は人々の間とともに長く受け継がれていく」


651 :無名草子さん:2006/08/22(火) 21:46:07
 たしかにひどい日本語だな。素人以下といわれても、文句はいえない。
原文が、本当に引用どうりだった場合の話だけど。
 作品を公にしている以上、山田悠介という実名で批判されてしかるべきだろう。ただ、
疑問に思うのは、文芸社の編集者はなぜ日本語の誤りをチックしなかったのかとい点だ。


652 :無名草子さん:2006/08/22(火) 21:54:50
>>651
アマゾンのレビューを見てみろ。原文がひどいのが有名。
さすがに文庫化では直してるだろうがな

653 :無名草子さん:2006/08/22(火) 22:05:33
やっぱり新興の出版社はダメだね。癌だ。出版業を通じて、なにかを主張するとか
、文化に貢献するとかいった感覚はなく、作品のインスタント・ラーメン化をはかり、
収益を出すことしか考えていないのだろう。だから出版業界の人たちみんなが迷惑してるんだ。
金ほしさに、経営者は悪しき例に追随するから。

654 :無名草子さん:2006/08/22(火) 22:08:45
 碧天社の倒産も、出版業界をかきまわした祟りではない。SやBも同じ道を
たどるでしょう。

655 :無名草子さん:2006/08/22(火) 22:10:45
「新興の出版社」がひどいんじゃなくて、「自費系似非出版社」がひどいの。
リアルは例外的に売れたからひどい文章が肴になってるが、
売れもしなかったほとんどの本も校正ぶりが想像できる。

656 :無名草子さん:2006/08/22(火) 22:19:29
 ただ、40歳の男が、月給20万円で働く気にはらんだろう。それより労働争議
を心配するよ。大手出版社から「糞」が乗り込んできて、社内をかき回しているという
話だから。この「糞」は、元小学管とか。これ内部告発ではないよ。

657 :無名草子さん:2006/08/22(火) 22:36:52
>>650
それはマジの文章なの?
マジなら小学生以下の文だな。

658 :無名草子さん:2006/08/22(火) 22:37:47
図書館で確かめろや
有名だろうがw

659 :無名草子さん:2006/08/22(火) 22:47:49
 このサイトで悪文をどんどん紹介してくれよ。漠然と、変化な日本語と言われても
どう変なのかよく分からない。引用があると、なるほどと思う。漠然とした議論よりも
よく分かる。
 結局、文芸社の編集者には、最高の作品を仕上げようという気がないのだろう。なんでも
本の形をしていればそれでいいと。これでは素人でしょう。もっとも、売って利益を得ようという
気持ちが最初からなければ、本の形をしていれば、それでいいということになる。こうした心の持ち方が、
山田悠介の本をすざんなものにしているのだろう。
 普通の編集者であれば、自分の校正ミスを指摘されることほどショックなことは
ないが、文芸社の編集者はその思いもないようだ。ただ、本の形をしたものを世に
出しているだけ。山田悠介の駄文がある以上、このサイトでこうした姿勢をいくら批判しても
名誉毀損にはならない。

660 :無名草子さん:2006/08/22(火) 22:56:23
名誉毀損てwwwwwwwwww
リア鬼のアマゾンのカスタマーレビューのほとんが訴えられるのかw

まともな人間の率直な感想に過ぎないんですけど


661 :無名草子さん:2006/08/22(火) 22:58:16
×ほとん
○ほとんど

やべ、山田ウイルスに感染w

662 :無名草子さん:2006/08/22(火) 23:03:37
 このサイトで、自費出版本の校正ミス特集、ひどい文章特集を組んだら。あるいはワースト・ブック
のランキングを公表すれば。そうすれば、少しはインスタント本がいかにダメかを理解するかも。

663 :無名草子さん:2006/08/22(火) 23:07:25
>「営々と逃げ続けた」
>「永遠と続く赤いじゅうたん」

要はこの人「延々と」という表現を認知してなかったんだね。
で、「営々」と「永遠」どっちかが適切だと思って両方試した強者(笑)。

マジで脱力するわ。
本を読むのが嫌いだった人ってことがよくわかるよ。


664 :無名草子さん:2006/08/22(火) 23:14:47
 結局、本ずくりは、編集者と投稿者が共同でやるわけでしょう。だから変な文章に
なっているということは、投稿者だけではなくて、それを指摘しない編集者にも責任が
あるんだよね。それにしても、「営々」「永遠」には笑っちゃいます。常識ではあり得ない。この編集者は
プロではありませんね。


665 :無名草子さん:2006/08/22(火) 23:21:21
だから自費系には普通の出版社でいうところの「編集の仕事」をしてるプロなんかいないんだよ。
実質は素人作者をおだてて金を出させる「営業補助」だろ。
契約さえ結べばあとは印刷〜製本工程の流れ作業なんだから。




666 :無名草子さん:2006/08/22(火) 23:27:22
  まあ、彼らだけで勝手にやるぶんには差し支えない。しかし、普通の出版社の人間にまで、悪影響が及び、インスタント本の制作を強いられるのは
たまらない。まさに癌ですよ。消えてほしいというのが、みなさんの本音では。

667 :無名草子さん:2006/08/23(水) 00:13:29
わたしの会社(出版社)でも、自費係をひんしゅくしている人が結構多い。
出版業以外の人、つまり出版が何であるのかを知らない人が、出版業をしているのではありませんか。
 もっともSなど屁とも思いませんが。

668 :無名草子さん:2006/08/23(水) 00:35:03
>650 確かにこりゃひでえなw 

こういうのは実際にものを書く人とかから見れば尚更稚拙にみえるんだろうねえ
けど読む専門のオレ様からしてみれば、文章が上手か下手かってのは、あんま興味ないな
読んでておもしろけりゃそれでいいやって感じだ
シベリア抑留帰りの組合?みたいな人達の自費文集とかも読んだことあるけど、文章は小学生並みでも中身が濃くて(体験記だから当然なんだけど)おもろかったりしたな
むしろその稚拙な文章がより当時性やリアル感を増してたりした
もちろんそれが一般市場で売り物になるかといえば、とても受け入れられないだろうけどね

話がちょいそれたか なんというか
自費系ってどっちかっていえば、そういう作者の素を重視なんじゃないんか?
リアル鬼は直接読んだことは無いけど、ここに引用されてるのだけみても、どうみてもわざと変な表現つかってるようにみえるよね
けどこういうの変なのも嫌いじゃないな 実際読んでみたら案外まじめに好きになるかもしれん

>>646 貴重な本人体験話だな 情報提供感謝 てかローンて全部サラ金なのな
しかしプロデューサーw? 逃げるってのがすぎょいなw 流石すぎるw

>>642
はりきる前にまずは流れをよくみとけ
誰が訴訟を起こそうなんて話をしてたんだよw

669 :無名草子さん:2006/08/23(水) 01:02:49
>>668
>どうみてもわざと変な表現つかってるようにみえるよね

ハァ?
どうみたらそう思えるのか教えてくれ。
通俗的な小説だぞ? 
意図的に表現を歪めたシュールな詩じゃあるまいし


670 :無名草子さん:2006/08/23(水) 01:08:16
>>668
体験記のようなノンフィクションなら文章表現は二の次でいいだろう。
小説で稚拙な表現が気にならないのは珍しい人ですな。

671 :無名草子さん:2006/08/23(水) 01:48:55
>>669
わざとじゃなければ、どうやってこんな変な日本語をかけるんだ?
って純粋に疑問におもったわけよ
もし、まともな文章書こうとしてたなら、どう見ても変だと気づくだろうってね
「ランニング状態で足を止める」とか、だいたいどうやるんだw? 実践しようとするとこけそうになるぞ

>>670
いまや大家な作家とかのさ 初期作品の最初の10ページとか好きだな
作家自体がその作品の空気を掴み取ろうと、試行錯誤してる感じがあったりして、なんともいとおしくなる
これは稚拙って話とは違うけど 最初の10ページより後半10ページのが、明らかに上手なかんじの小説ってのあるでしょ?
作家と作品の距離の取り方みたいのを感じられるものが、なんとなく好きなん

672 :無名草子さん:2006/08/23(水) 01:52:43
山田はガチだろうな。そこらへん演出はないと思う。

673 :無名草子さん:2006/08/23(水) 01:57:10
けど一応売れてる? わけだよな
何がそんなに支持されてるんだ?
普通に考えるとだ
ここで抜粋されてるような文章がガチで書かかれていた場合って、
まともに読みきるのさえ苦難だとおもうんだがw
ランニング状態で足を止めるってどうやるんだ

674 :無名草子さん:2006/08/23(水) 09:05:51
単に宣伝が旨かっただけの話。金さえかければ誰でもスターだ。
もっとも、ホリプロで5億円かけてアイドルとして売り出した
井森みゆきの失敗例もあるわけだが。

675 :無名草子さん:2006/08/23(水) 09:28:50
>>671
>わざとじゃなければ、どうやってこんな変な日本語をかけるんだ?
>って純粋に疑問におもったわけよ

皮肉ならともかく、わざと間違える内容の前衛的な芸術作品じゃねえだろが阿呆
ただの娯楽作品なんだから。見苦しい言い訳か阿呆の擁護かしらんが、
意味不明の主張はやめとけや

676 :無名草子さん:2006/08/23(水) 09:47:47
>>674
なるほどな
確かにタイトルとか、ださいけどインパクトあるもんな
インパクトはある

>>675
わかりにくかったか 100%皮肉だ
でも
>わざとじゃなければ、どうやってこんな変な日本語をかけるんだ?
>って純粋に疑問におもったわけよ
これも実際思ったんだよ
普通に見てそれくらいひでえよなって話だ



677 :無名草子さん:2006/08/23(水) 10:55:16
でも、幻灯舎の文庫本にする時は、変な日本語を修正しているのではないの?
 と、いうことは自費系の編集者が居眠りした?

678 :無名草子さん:2006/08/23(水) 11:59:24
自費系には編集もどきしかいません

679 :無名草子さん:2006/08/23(水) 12:04:24
まともな版元ならあんな文章載せたら恥だからな。

680 :無名草子さん:2006/08/23(水) 14:00:43
>>664
それにしても、「本ずくり」には笑っちゃいます。常識ではあり得ない。

681 :無名草子さん:2006/08/23(水) 14:12:34
もっと気楽にやれよw
日常会話でそこまで意識することもあるまい

682 :無名草子さん:2006/08/23(水) 14:26:17
>>651
> 原文が、本当に引用どうりだった場合の話だけど。

>>664
> 結局、本ずくりは、編集者と投稿者が共同でやるわけでしょう。

笑えるなあ。
他人の悪文を指摘しているのに、
そいつ自身が言葉の読みを知らないんだから。
(と書いていたら、>>680に先を越されちゃった)

>>667
> わたしの会社(出版社)でも、自費係をひんしゅくしている人が結構多い。

出版社勤めなら、わかりやすい日本語を書きましょう。

683 :無名草子さん:2006/08/23(水) 15:19:32
>をひんしゅくしている

まさに山田先生が使いそうな日本語もどき


684 :無名草子さん:2006/08/23(水) 16:43:11

【盗作3バカ】のスレに

田口ランディ本人後輪中?! 盗作犯人同士がバトル?!



685 :無名草子さん:2006/08/23(水) 19:03:29
> 結局、本ずくりは、編集者と投稿者が共同でやるわけでしょう。
これは自費系の仕事を意味している。ところが実際は、ほとんど何もやっていないという意味。
 普通、編集者はプライドがあるから、たとえ自費本でも、読むにたえうる
レベルにしてから出版するもの。ところが現実は、中身が二の次になることが多い。だから馬鹿に
されるの!

686 :無名草子さん:2006/08/23(水) 22:16:37
 確かにこれはひどい。校正ミスの範囲を超えている。こんな事が実際にあるのですね。

>>635-636
↓これを読んで「日本語としておかしくない」と思える奴の頭がおかしいっての。
99 :名無しさん@恐縮です :2006/08/21(月) 16:39:50 ID:vy8g0Znk0
「二人が向かった先は地元で有名なスーパーに足を踏み入れた。」 「もの凄く機嫌が悪く、不機嫌な顔をして」
「頭を悩ませるように渋い顔をして考えている」 「騒々しく騒いでいる」
「翼には素質があると見込んで翼をスカウトした」 「最後の大きな大会では見事全国大会に優勝」
「名実共に実力を上げていき」 「罪として重罪が下される」 「いかにも挙動不審な行動で」
「そう遠くなく、近いようだ」 「愛を探すしかほかないのだ」「十四年間の間」 「うっすらと人影がかすかに現れた」
「しかし、洋の姿は何処にも見当たらなかった。何処を探しても、洋の姿は見当たらない」 100 :名無しさん@恐縮です :2006/08/21(月) 16:40:23 ID:vy8g0Znk0
「佐藤さんを捕まえるべく鬼の数である」 「ランニング状態で足を止めた」
「遠く離れると横浜の巨大な遊園地ができた」 「これに限られたことではない」
「三人は分かち合うように抱き合った」 「営々と逃げ続けた」 「二人は鬼たちに目をとらわれていた」
「いざ、着地してみるとそこは森の様な草むらに二人は降り立っていた」
「愛は一つも振り向かず」 「グラウンドをひた歩き」
「危機に感じた翼と愛は火事場の馬鹿力、ここで二人は足を早めた」
「もう一度首を右に左に素早く後ろへと回し、ぐるりと体を反転させた」
「一人の鬼が瞳の奥に飛び込んだ」 「九人の足跡がピタリと止まった」「記憶を全く覚えていなかった」
「永遠と続く赤いじゅうたん」 「この話は人々の間とともに長く受け継がれていく」


687 :無名草子さん:2006/08/23(水) 22:17:42
おれ山田がひどいってまったく知らずに
数ヶ月前に文庫版のリア鬼買っちゃったんだけどさ

文章自体は普通だった やっぱ相当直したんだね

ただ内容は糞だった
>>650って本当にネタじゃないの?
図書館行ってみるわ

688 :無名草子さん:2006/08/23(水) 22:24:52
 ただ、本当に引用に誤りないですか。これだけ明らかなミスに気付かなかった
とすれば、編集者・校閲者としては完全に失格ですね。

689 :無名草子さん:2006/08/23(水) 22:32:19
山田の記念碑的悪文を知らない人、結構いるんだね。

690 :無名草子さん:2006/08/23(水) 22:34:08
>>687-688
ここを参照

ttp://www11.ocn.ne.jp/~nfs/book_yamada_real_kai.html

幻冬舎文庫では7割方改訂されているとのこと。

691 :無名草子さん:2006/08/23(水) 22:44:35
さんざん既出だが、くだんの版元に従来の意味の編集者はいないと思われw

推測だが、売れると思ってなかったから黙認されたのだろう。
もう一つ推測だが、これだけ出鱈目な文章表現をかます奴は、
誤字の方も猛ラッシュだったと容易に想像出来るだろう。
誤字をチェックするのが精一杯だったと好意的に考えてやれば?

692 :無名草子さん:2006/08/23(水) 22:48:25
文章表現力と識字は正比例するだろうからね

693 :無名草子さん:2006/08/24(木) 08:19:48
本来の実力の一万倍も過大評価される著者もいるということか。

694 :無名草子さん:2006/08/24(木) 10:27:12
>>690
ロックなのな! OK!
けどこのブログみるだけだと厳冬社版より、文芸者版のがおもしろそうだな
この本って内容自体が受けたというよりも、電波がおもしろかったんじゃねえのかw?

>>693
この電波力はある意味実力だろ!
他にはない才能だと思うぞw

695 :無名草子さん:2006/08/24(木) 10:55:05
校正ミスの負けおしみを言うな。

696 :無名草子さん:2006/08/24(木) 11:08:46
>>695
>>694が皮肉だってこともわからないの?

奴らが校正ミスなんか気にするわけないっての。


697 :無名草子さん:2006/08/24(木) 12:30:59
つーかね
常識と照らし合わせてみれば、奴等に校正という行為が存在しているのかどうかも怪しいよなw
わざとロックしてるんじゃないかってまじで思えてくるぜ

しかしあれだね
フラッグシップ作品そのものが自爆装置になってたとは、流石としか言いようが無い

698 :無名草子さん:2006/08/24(木) 15:46:10

【盗作3バカ】のスレに

田口ランディ本人後輪中?! 盗作犯人同士がバトル?!



699 :無名草子さん:2006/08/24(木) 21:01:43
リア鬼は結果的にフラッグシップになっただけだろう。
力を入れて売るつもりならあんな雑な校正はしない。
タイトルのネーミングがよかったので間違って売れたんだろうな


700 :無名草子さん:2006/08/25(金) 07:35:25
リアル鬼はほんとに文芸社の象徴だよなあ
あの文章のまま出すって事は、本の質を少しでも高めてより売れるようにしようって姿勢がないってことだよな
でもここまで思って、あらためて感じたんだけど

あれが普通の文章の小説だったら、ただのダメ小説じゃないのか?
文章や内容が電波だから受けたという側面はないのかな
リアル鬼ごっこっていうタイトル自体も、ちょっと電波系ののりだしな
頭の悪いいじめられっこの小学生がワルノリで好き勝手書いたようなやんちゃスタイルが受けたんじゃないかと勝手に妄想中

701 :無名草子さん:2006/08/25(金) 09:14:10
文章と違ってタイトルは電波じゃないよ。
一応水準以上のキャッチーなネーミングセンスだ。
アマゾンのカスタマーレビュー見れば、
「タイトル買いした」って奴が結構いる。
もちろんその後は「失敗した」と書いているけどなw


702 :無名草子さん:2006/08/25(金) 11:31:04
タイトル買いがほとんどなのか なるほどな
内容がうけてるわけじゃないと

あと電波系ってのは100%悪い意味じゃなくて、
古典的な言葉でいえば「良くも悪くも個性的」ってニュアンスだ 
そういう意味で、電波ストーリーと電波文章で作品の電波なふいんき(何故か以下略)作ってるのかと想像してた
平たく言えば、B級のノリとでもいうのかな。それが読者に受けて広まってるのかなと、勝手に想像してたけど違うようだなw


703 :無名草子さん:2006/08/25(金) 20:28:45
>>702
だから内容は電波系ってことはわかるって。
しかしタイトルだけはまともな版元の編集者でも考えるネーミングだってことなの。
それの釣られて内容も手応えあるんじゃないかと錯覚して買った奴が多いってこと。

読解力無い奴だな・・。

704 :無名草子さん:2006/08/25(金) 20:43:27
幻冬舎も出すんなら、毒食わば皿までで「原典」に忠実にやってほしかったな。
担当者がそのまま出すのは精神的に耐えられなかったのかもしれない。

705 :無名草子さん:2006/08/25(金) 21:37:37
リア鬼のアマゾンカスタマーレビューは凄いぞ。
440件というのも異常だが、そのほとんどが非難と嘲笑の酷評w

706 :無名草子さん:2006/08/25(金) 22:39:11
人気商品でもせいぜい十数件だもんな

707 :無名草子さん:2006/08/26(土) 00:09:34
>>703
やっとどうしてアレが売れたのか理解できた 解説感謝
タイトルに関してはむしろダサイと思ってたから、ぴんとこなかったんだ
けどその、ダサイというのもひとつのインパクトな要素だったわけなんだな。

>>704
厳冬者版のは売れてるんだろうか?
ここまで来るともう逆に文芸者版が激しく読みたくなってきた今日この頃
ここまで酷評されるヒット作ってのも、宣伝としてはいい味だしてるんだろうね
逆によみたくなるもんなw

708 :無名草子さん:2006/08/26(土) 01:23:11
幾ら物好きでもあの本を読もうとは思わないが、アマゾンのレビューは面白い。
いちいちクリックして順番に見なければいけないので、最初の方しか読んでいないが、
今まで一番面白かったのは本屋のバイトの人の感想。
「大人でこの本を買っていった人がいました。
日本はもうおしまいだと思いました」って書いてあった。
思わず声出して笑ってしまったよ。

709 :無名草子さん:2006/08/26(土) 04:37:37
リアル鬼のアマゾンレビューまじで面白すぎだな
これレビュー傑作選とか出せば、そっちもベストセラーになるんじゃねえのかw
レビューのほうが面白い本なんてのはいくらでもあった気がするけど、レビューだけで本が作れそうな本ははじめて見たぜ
しっかしこりゃネタかとおもうくらいのレビュー数だな これってもしや新手の宣伝工作なんじゃないのかw?
ほんとにオリジナル版が読みたくなってくるわ
つーわけで、まんまとのせられたオレ様は10時になったら早速、文芸者版リアル鬼探してきます

まだアマゾンレビュー読んでない奴、よんどけ
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4835525795/250-8533517-1137800?v=glance&n=465392
なんとなく山田君は今後もこの路線でつっぱしって行く気がする
次回作ではどんなぶっとび技を見せてくれるんでしょうかね

710 :無名草子さん:2006/08/26(土) 12:32:47
まあ映画における「デビルマン」、
ゲームにおける「デスクリムゾン」の
地位を獲得しているのは間違いないな。

711 :無名草子さん:2006/08/26(土) 14:25:20

【盗作3バカ】のスレに

田口ランディ本人後輪中?! 盗作犯人同士がバトル?!



712 :無名草子さん:2006/08/26(土) 17:22:19
リアル鬼オリジナル版売ってねえええええ
てか文芸者の本自体がおいてねえええええ
地元をひた歩き、そう遠くない割と近い三店回ってみてもなくて、隣駅までいったけど× 物凄く不機嫌になって、不機嫌な顔になった
仕方ないので、向かった先は地元で有名な某古本屋に足を踏み入れたたら、山田作品が僅かにずらりと並べて置いてあった
リアル鬼ごっこはここにもなくて、どれを買おうか頭を悩ませるように渋い顔をして考えた末
「スイッチを押すとき」てのを買ってみた 今からランニング状態で足を止めつつ読んでみる。


713 :無名草子さん:2006/08/26(土) 21:40:06
リア鬼のタイトルがダサいとかぬかしてる奴は、
「週刊ベースボール」がセンスあるネーミングで「野球小僧」がダサいと思える奴なんだろうな。
 あの本でタイトルまで否定したら何が残るんだよw

714 :無名草子さん:2006/08/26(土) 22:44:17
>>713

あ?

715 :無名草子さん:2006/08/27(日) 04:23:25
ダサいっていう言い方は語弊あったか
別な言い方すると、狙いすぎ、気合はいりすぎ、な感じしたんだよね
空ぶるんじゃないかと
まあでもそれが、ばっちりホームランだったわけやねえ
そういう意味でセンスがねえなといわれれば、まったくその通りだなw

716 :無名草子さん:2006/08/27(日) 17:47:45
>>714
あ、亀田オヤジだ!言い負かされると脅しちゃうんだね
こわいよ、こわいよ
さ、さ、ムカついたら殴ってみ? ホレホレ


717 :無名草子さん:2006/08/27(日) 17:55:59
>>716
読まずに書くけど、
痛過ぎ・・・

リア中か、団塊か。

718 :無名草子さん:2006/08/27(日) 18:51:27
なんかこんがらがってるみたいだから整理するけどw
ダサイって言葉使ったのは、オレ様=707=715
んで>713が言うことも、もっともだと思って、その点でセンスを否定されてもしかたあるまいと思ったから、715で言った

だから>714については赤の他人だ 714が何にかみついてるのかはしらん 
匿名掲示板はこういう点でわけわからなくなるなw


719 :無名草子さん:2006/08/27(日) 19:55:47
>>714は意味不明だとして、あのタイトルだけは普通にインパクトあるって。

そういえば「山田の本は装丁とタイトルだけはいい」ってアマゾンレビューで皮肉られていたな。



720 :714:2006/08/27(日) 20:24:42
週刊ベースボール云々のくだりが理解できなかったんだ。すまん。

721 :無名草子さん:2006/08/27(日) 22:03:18
>>711
見たけど盗作で賞金500万円とったんだって佐藤って奴詐欺犯
      盗作本「バルタザールの遍歴」
  ↓

【盗作3バカ】のスレに

田口ランディ本人後輪中?! 盗作犯人同士がバトル?!





722 :無名草子さん:2006/08/28(月) 04:37:04
バルタザールって盗作だったん?
初期の日本ファンタジー大賞シリーズがベリーフェイバリットだっただけに驚きだな
最近じゃ受賞者が辞退するとかいろいろゴタゴタしてるようだけど。

723 :無名草子さん:2006/08/28(月) 20:56:29
>オレ様=707=715

この人やっぱりセンスないよ。
あのタイトルが「気合い入りすぎ」に思えるなんて、変な人としか言いようがない。
むしろさらっと流したタイトルだろうに。
だかろこそ小説の内容まで予測できないので、
みんなが「どんな内容なんだろ?」と興味をひかれてタイトル買いしたんだよ。
普通にキャッチーなタイトルだっての。


724 :無名草子さん:2006/08/28(月) 21:28:35
訂正
×だかろこそ
○だからこそ

これだけ説明して「オレ様」がわからないならダメだな。
山田とは違った意味で痛い人だと思う。

725 :おれさま様:2006/08/29(火) 04:32:42
なんか妙にいじられてるな♪
そういうセンス? を否定されても仕方ねえなとすでに言った筈だがw
現にあれだけ売れたわけだし お前さん723が言ってること自体には、まったく異存ないぞよ。
オレ様はダメセンス お前様はイイセンス だろ

726 :無名草子さん:2006/08/29(火) 16:15:03
わけワカメ

727 :無名草子さん:2006/09/03(日) 22:54:55
いや〜ホンニナル出版から本を出してから2カ月
売れねえのなんの
本当に本が売れるって事は大変なんだな〜
でも、4冊だけうれたもんね
へへ

728 :無名草子さん:2006/09/03(日) 23:38:53
ついに発狂

729 :無名草子さん:2006/09/04(月) 09:19:50
>>690
国王の弟は王子であってるじゃん
この管理人山田以上の馬鹿だな


730 :無名草子さん:2006/09/04(月) 19:38:00
>>721
そのスレえらく面白い。盗作で500万円詐欺した佐藤亜紀てのが
 「赤裸々告白」してる。 盗作本「バルタザールの遍歴

   ↓
【盗作3バカ】田口ランディ/ 佐藤亜紀 /篠原

本人後輪中。盗作犯人同士がバトル?!


731 :無名草子さん:2006/09/05(火) 00:21:32
〉盗作で500万円詐欺した佐藤亜紀てのが
 「赤裸々告白」してる。

 これは事実ですか?本人に伝えておきます。

732 :無名草子さん:2006/09/05(火) 23:38:36
>>731
>>731
見物してきたついで。これだろ
★佐藤亜紀の赤裸々告白?!? http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1153944375/58-76

それから伝えなくても盗作犯佐藤がスレでバトル中みたいだったw

733 :無名草子さん:2006/09/06(水) 11:00:27
盗作スレとりあえず読んでみた。
現物の本読んでないからなんともだけど
設定やら混ぜ合わせただけで、そもそも盗作に当たるのか?

ハリウッド映画とか見てるとさ 
例えばジュラシックパークとか流行ったときには、恐竜ものの類似品が滅茶苦茶溢れてたよね
続編でるのはええな! って思ったら、類似品だったとかよくあった。
インディペンデンスデイとかアルマゲドンとか、両者を足して二で割ったような映画も有った気がする。
ああいうのって全部盗作にならんのか? とか思ったんだけど、今回のとどう違うんだ?
本人?が認めてるってのは大きな違いだと思うけど。

734 :無名草子さん:2006/09/06(水) 22:18:42
いいんだよ、どうせ作家になれないやつの嫉妬なんだから

735 :無名草子さん:2006/09/07(木) 12:57:07 ?2BP(1)
>>729
国王の弟は王弟殿下だ、バカモン!

736 :無名草子さん:2006/09/08(金) 21:11:58
バカはほっとけ

737 :無名草子さん:2006/09/26(火) 05:13:18
キンゲーという出版社に原稿送ったら、
130万って言われたYO!
これってぼったくりですか?

738 :無名草子さん:2006/09/26(火) 05:26:01
>>737
どう見てもボッタ栗です。本当にありがとうございま

739 :無名草子さん:2006/09/26(火) 11:58:14
した

740 :無名草子さん:2006/09/26(火) 23:07:29
キンゲーの話の続きですが、
初版1000部で130万だそうだ。
半分の500部だと110万。たっけえ〜
でも、プーやゲイよりは安いのかな?

741 :無名草子さん:2006/09/27(水) 00:06:13
キンゲー、懐かしい響き
ここって虚ーどー出版の走り的存在だよね?

742 :無名草子さん:2006/09/27(水) 16:24:28
>>730
見て来た。
そのバトルスレ笑える。佐藤てのが盗作で賞泥棒、常駐でジエン弁護工作w
田口ランディに叩きのべされてるw 盗作本「バルタザールの遍歴」

【盗作3バカ】田口ランディ/ 佐藤亜紀 /篠原   スレに

本人後輪中! 盗作同士が激バトル?!




743 :無名草子さん:2006/10/06(金) 20:19:17
新風舎の文庫大賞に詩を応募した者ですが、送られてきた文面の一部です。

○○様の作品『○○○』は審査の過程で大変印象に残りました。私自身、その魅力に大いに惹かれており、真の評価を世に問うためにも『○○○』の出版を実現したいと考えています。
一冊の本にし、読者のもとに届けることで、本作品の可能性はより広がり、表現者としてのステップアップにも繋がると思います。
ぜひお会いして、お話したいと思います。

みたいなベタ褒めなのが届いたんですが、やはりこれは共同出版で出させようとしているんですかね?
経験者さん教えてください!
ちなみに賞はとれませんでしたorz


744 :無名草子さん:2006/10/06(金) 23:58:55
>>みたいなベタ褒めなのが届いたんですが、やはりこれは共同出版で出させようとしているんですかね?

まずこの問いに先に答えておくと
あくまで私論だけど、99% YESと思います
とりあえずメールなり電話なりで、どういう出版形式にするのか確認してみてはどうでしょうか。
もしかしたら、直接店に来いとか言われるかも知れないけど、キャッチとかを絶対喰らわないくらいの精神力が無い限りは、お勧めしない。

これまでの新風関連の情報みるに、
その文面は……まあ話し半分できいてとけって感じかなあ
上の方に審査の実体に関するリンクがあったと思うので参考あれ
もっとも
実際あなたがどんなものを書いたのかわからない以上、何とも言えない部分もあるけどねえ
事実として、賞とれなくても良い作品てのは存在するだろうから
もしほんとに良いものだと思うなら、作風に合わせて別のとこに出してみるのが良いと思います。

とりあえず
少なくとも業者様が「これは金になる!=売れる」と思った作品なら賞に残ってると思うんで、
恐らく貴方の作品は、「売れはしないだろうけど、まあちょっと褒めてやって金出させとくか」見たいなポジションと予測されます。

745 :無名草子さん:2006/10/07(土) 00:26:49
>>744さん丁寧にありがとうございます!
アドバイス通り行くのは止めておきます!

746 :無なし子:2006/10/10(火) 14:38:50
実はワタクシ、約1年前に新風舎文庫大賞に応募し、選外となり、743さんと
同じようなコメントをもらい、1冊の本を共同出版いたしました。
かかった費用は99万円。
あれから1年・・・。出版した著書は鳴かず飛ばずの有様・・・。
今回、もう一度文庫大賞に応募するも、再び同じ文面のコメントをもらい、
新風舎に早々と、無駄な出版企画書だの製作見積りだの、そんな物送らないで
くれと返事を送りました。
あれから、先方からは何の返事もありません。
本当に自分に才能があれば、100万もの大金かけて本なんて作る必要ないんです。
もう二度と金捨てるような馬鹿な真似しない・・・。そう思いましたよ。



747 :無名草子さん:2006/10/10(火) 16:52:52
>>746
残ったのはローンだけとか?

748 :無名草子さん:2006/10/10(火) 17:20:02
文庫本作れるくらいの文量あるなら、他にもいくらでも応募できるとこない?
文芸やら新風の公募は、コンテストというよりも、共同自費の顧客名簿集めと思った方が良い。
本気で良い作品を世の中にだしたいと思うなら、他のとこにだしとけ まじで

749 :無名草子さん:2006/10/11(水) 10:58:54
公募受賞作にしたって、自費と違って編集の手がはいるからなー。
売れないことを覚悟で、好き勝手やりたいなら自費もありだとおもうのだが。

750 :無名草子さん:2006/10/11(水) 16:33:46
そうだな 
売れないのが覚悟できてて、誰も読んでくれないのを承知でやるなら、それもありだろう。
ただ746みたいな場合は、やっぱ普通の公募に送った方が幸せになれるとは思う。

751 :無名草子さん:2006/10/13(金) 18:36:15
知り合いが、38万円文庫で小説だしたよ。数年前。
初版100部くらいらしいので、知人に配付して、
残りは出版社が契約している書店のすみっこに置いてもらって。
まあ、重版なんてありえなさそう。ベストセラー作家が偽名で書いても
むずかしいのでは?
その知人を見ていると、適当に周りがちやほやしてくれるので、
公募して賞をゲットしようという覇気が消滅したな、ということ。
本気で作家をめざす人は安易な近道をとってはいけない、と思うた。

752 :無名草子さん:2006/10/14(土) 00:11:13
38万円でくだらん夢を諦めたのなら、その知り合いは幸運だったね。
200万円もぼったくられて自称作家気取りになるよりはまだまし。

753 :無名草子さん:2006/10/14(土) 20:11:55
うーん。実は順序が逆でね。
定期をいくつかくずして、ハードカバーを出したことも
あるんだって。近所の本屋さんで平積みしてもらったり、地元のタウン誌が
インタビューに来たりね。当初は、自称売れない作家ですこしイタかったよ。
売れない、とつけるだけまともだけどね。
軍資金が切れたので、安いコースに切り替えたの。そんな情熱があるなら公募しなよ、って思う。
でも、予選通過リストに名前が出ない、とかがもうイヤなんでしょうね。
家族がいっしょに舞い上がっていたら、手がつけられなかっただろうなー。


754 :無名草子さん:2006/10/14(土) 22:20:12
なんとも壮絶だな
もう後戻りできないねそれ
そこまで浮かれちゃうともう、改めて新人賞とかに出して一次オチとかだったら、立ち直れ無そうだなw
けどお金で満足買えたなら、本人は幸せだし良いんでない? とも思ってしまった。
作家として生業たてるってよりも、ただ本だしたかっただけなら、むしろ近道だしなあ。

755 :無名草子さん:2006/10/15(日) 01:05:18
>753
一般の公募だったら批評文なんかなくて無造作に返されるだけだもんなあ
漫画とイラストのほうで経験したけど忘れた頃にやってくるいやな贈り物だったよ。
どうも共同出版する人ってプライド高すぎる人多くない?
作家になるためには落選や持込で酷評されたり傷つく経験が不可欠なんだが
金でその辺を回避して「売れない作家」とエスケープしつつ
さっさと作家を名乗ってしまうあたり

756 :無名草子さん:2006/10/15(日) 12:28:52
全くその通りなんだけどなあ
ただ本人にばかり非を浴びせるのも、この場合ちょっとかわいそうなんだよな。
文芸とか新風のやり口は、このスレッドで語られてるわけだけど、
狙われるのは、自分自身の作品を見る目が無い人達 
そういう人達が、散々殺しもんくに乗せられて、その気になってしまう

つまりは弱い立場の人間を、半分騙すような形にしちゃうわけだよね。
んで最終的には753の話し見たいな、袋小路に本人を押し流してしまったり、と

弱肉強食と言えばそれまでなんだけどねえ
かわいそうっても思うよ。


757 :無名草子さん:2006/10/15(日) 14:44:04
たしかにかわいそうだけど
この手に引っかかる人ってそれが好きでやりたいんじゃなくて「(作家などに)なりたいだけ」
のような気がする、一般の志望者には常識な知識もなければろくに情報収集もしていない
弱肉強食というよりは無知は罪の領域だとおもう、この手の話は共同にかぎらず
絵(講○社フェー○マスの才能テスト、公募展でカモ募集は共同出版とやり口が同じ)
タレントスカウト(全員準合格にしておいて養成所の金をもぎ取る)等など
夢を見る人たちの前にいくらでも転がってるんだから

758 :49ban:2006/10/16(月) 19:17:35
私は、いくつかの出版社に原稿を送りました。
返事をもらったり、担当者に会ったりして、分かったことは、「共同出版」というのは、「本」を売ってるのではなく、「出版」を売ってるのだという事です。
それならそれで、詐欺でもないし、悪いことでもないですよ。立派な仕事です。
そういうことなんだから、そういうものとして付き合えば、問題はないと思います。
そしてもし、作品を発表したいのならば、HPのほうがずっと安いです。
HPで発表はできるんですから。

私はそう思って、PCを買って、HPで発表しました。

http://www.geocities.jp/no49ban/

「本」を「出版」したいなら、金払ってすればいいし、「発表」したいのならば、PCのHPのほうが安上がりでいいよ。

「共同出版」とは「本」を売ってるのではなく、「出版」を売ってるのだ。

そこんとこを、分かって利用すれば、いいと思うよ。


759 :無名草子さん:2006/10/16(月) 19:44:35
なら、安い普通の自費出版でいいってことだよ。

760 :無名草子さん:2006/10/16(月) 20:05:00
誰も共同出版そのものを批判してるわけでは無いと思うけどね
批判されてるのは、ここに名前の挙がってる会社のやり口

761 :無名草子さん:2006/10/16(月) 20:19:09
>>758
あんたの小説ちょっと読んだけど、すこしおもろいな
長いから一気に読めないけど、ちょびちょび読ませて貰う。

水鳥>三島>マルクス 
と来るとはおもわんかったw
でも言われてみれば、ああなるほどなと言う感じの繋がりなんだけど

三章はあれでおわりかい?
なんかもったいない感じした
共産主義社会の現実なんかと、自由市場主義社会の比較みたいのを、
人間欲ってテーマで書けば、おもしろくなりそうなんだけど

762 :無名草子さん:2006/10/25(水) 16:04:08
どなたか第27回のS舎出版賞に応募された方いますか?
わたしはこのスレッドを知る前に送ってしまったのですが、
ちょうど今結果待ちというところでしょうか。

1週間おきに審査結果の通知が送られて来るので不審に
思っていました。
今は最終審査に入ったらしいです。
共同出版を持ちかけられてもハッキリ断れば大丈夫ですかね。
ただ作品を原画で送ってしまったので返ってくるか心配です…




763 :無名草子さん:2006/10/25(水) 20:23:42
>>762

んーと、原稿が返ってくるか心配というのは、どういうことでっしゃろ?
大概どの公募でも、規定で原稿返却が成されるか否かが明記してあるはずなので、
返却されることが明記されていれば、いずれ返ってくるはずです。

それと、共同出版を持ちかけられても、その意志が無ければ、はっきり最初に断りましょう
下手にずるずる相手に期待を持たせた上で断ると、最終的にS舎勧誘員の不愉快な言動を聴くことになるかも知れません。

自分も以前、怖いもの見たさで、てけとーな原稿送ったことあるんですが、
その時提案された企画をいろいろ不審に思って、1週間くらいちょいメールでやりとりしてから断ったら
「一生ネットで自己満足の作品を発表してろ三下野郎が!」みたいな感じの捨てぜりふが最後に送られてきましたw
つーか、S舎から本を出したところで、自己満足以外の何ものでもないんですけどね。
まあ、そういう会社ですよw

お金払って出したところで、その分他社よりも宣伝してくれたりするなら良いんですけどね そんなこともないです
何より原理的にS舎をはじめとする高額共同企画の会社は、本を出すだけで儲かる上に、売れない本のほうが採算よかったりするんでw
本気でプロ目指すなら、S舎でやるメリット全く無し、というか、マイナスです。
自信作を他の会社にもってってくださいw


764 :無名草子さん:2006/10/25(水) 21:10:21
>>762
お金がないからとか“間接的な理由”でかわそうとすると、
値段は考えるから、ローンが組めるから、とくるんだよね。
あくまで腕試しなので出すつもりはない、とか冷静にきっぱり言うこと。
原稿返却については、サイトの募集のページにこう書いてある。
ttp://www.spps.jp/visual/bosyu.html
>原稿返却は不可。ビジュアル部門のみ着払いでの返却可(その旨明記)
最初に明記してないんなら、早いうちに伝えた方がいい。
断る前に言っといた方が楽だろうし。


765 :無名草子さん:2006/10/26(木) 14:12:08
>>763
丁寧にありがとうございます。。
では返却希望には○をつけたので、返却は大丈夫ですね。
色々評判がわるかったので少し心配になったので
念のため聞いてしまいました…

プロを目指している身なので、S舎に送った物も
自信作をだしたつもりですが、再来月選外で返事が来たら、
まだまだ実力不足だと認識してもう一度練り直して
他の出版社に持って行こうと思います。

>>764
貴重な意見ありがとうございます。。
共同出版の勧誘がきたら、
自費での出版化にはいっさい気がないことを伝え、
冷静に断ろうと思います。
m(_ _)m




766 :無名草子さん:2006/10/28(土) 14:36:33
私はヤオイの方でイラストレーターしてるんですが、
P舎から表紙のオーダーがはいりました。
ギャラの話はまだです。
問題は、私も出版賞に自作小説を送っていること。
最終選考に残っているそうです。
もし、おなじようにPのバカが電話なぞかけてきて捨てぜりふ嘔こうものなら
録音ののち
「御社にオーダーうけたイラストレーターが本業です。
評判通りの会社でしたので、友人にも関らないように伝えます」
って言ってあげるよ。
そんな話が無くとも、マイナスキャリアだと言って
イラストレーターは嫌がってるみたいだけど。

767 :無名草子さん:2006/10/28(土) 22:19:30
Pのラノベレーベルも、酷いみたいね
「絵で騙してオタク共に買わせる」みたいな感じのことを堂々と
イラストレーターに言って勧誘してるとか聞いたことあるよw

768 :無名草子さん:2006/11/01(水) 20:10:48
俺自身が、
パソコンモニターではなく、本で読みたい性分です

気に入った小説サイトあったらわざわざ印刷して読んでるぐらい
寝ながらや、トイレでも読めるしね
だから人にも本で読んでもらいたいってのはあるなあ
「よかったら見て」と本なら手軽に渡せる
アドは打つのめんどくさい

更新が頻繁だったり続きがあるようならネットの方がいいんだろうな
でも結局は本作るのはジコマンだろうね

まだ作ってないけど絶対作りたい
そして配って、みんなに内心迷惑がられたい(*;´Д`*)ハァハァ

769 :49ban:2006/11/02(木) 21:45:24
>>761

HPはいつでも加筆訂正ができるからいいよ。

http://www.geocities.jp/no49ban/



770 :無名草子さん:2006/11/10(金) 03:28:18
>>758
じゃあ同人誌でいいじゃん
五万ちょいだせばどんな仕様の本でも百冊は出せるんじゃない?
もっと数増やせば単価が減るし

771 :タカラ:2006/11/10(金) 15:07:19
同人誌でデビューするのと新風社でデビューするのと
どちらがより恥ずかしいのか?
私は同人誌のような気がするが?

772 :無名草子さん:2006/11/10(金) 15:57:42
同人誌では、デビューとは言わないから安心しろ。
ただし、同人誌ならマイナスキャリアにはならない。

773 :無名草子さん:2006/11/13(月) 01:32:15
有名なのでは「タンデムローラー」とかがあるが、プロ作家でも同人誌を出してる
同人誌=恥ずかしいは違うんじゃ?

774 :無名草子さん:2006/11/13(月) 12:48:41
アニメ等のパロディ同人誌(しかもエロ)ならともかく
同人誌って恥ずかしいものなの!??
同人誌出すこと自体は恥ずかしいとは思わないけど
中途半端な実力でだしてしまった本の方が後々恥ずかしかったりするよ
高校生の頃部活の部誌とか学校誌にイラスト描いたけど
いまだに持ってる物持ちのいい皆さん
お願いですから私のところだけ抹殺してくださいorz


775 :無名草子さん:2006/11/18(土) 17:06:49
何よりも作品そのものが恥ずかしいんだよね。発表方法じゃなく。

776 :無名草子さん:2006/11/19(日) 13:45:29
最近、mixiにこういうのが出没しているのですが、こういうのも同じようなビジネスなのでしょうか?

http://mixi.jp/view_community.pl?id=1255777
http://mixi.jp/view_community.pl?id=1402258

> 正式な出版(自費出版や同人誌でない)に興味のある方は
> ご遠慮なくご参加ください。
>
>   http://ameblo.jp/publish3/
>
> 出版というのは、あなたの原稿が商品化されて
> 出版社を通じて書店に並び、不特定多数の人々に
> 販売されるのが出版という世界です。
 
実績が紹介されていないので、文社、新社よりもさらに怪しげなのですが。
コンタクトした経験のある方はおられますか。

777 :無名草子さん:2006/11/19(日) 15:18:07
> 出版というのは、あなたの原稿が商品化されて
> 出版社を通じて書店に並び、不特定多数の人々に
> 販売されるのが出版という世界です。

山田悠介テイストだなw

778 :無名草子さん:2006/11/19(日) 15:55:56

>395 :無名草子さん :2006/10/12(木) 01:03:45
>時間にゆとりある方は、夫婦で盗作して逃げている盗作詐欺犯のことを
>どの板にでも貼ってください。
    ↓
>盗作犯佐藤亜紀盗作内容の全てを涙ながらに「告白」?!?
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/sf/1160022536/3-21



779 :無名草子さん:2006/11/27(月) 03:13:52
教えて欲しいんだが、あまり金儲けでない共同出版の会社って、あるの?

780 :無名草子さん:2006/12/05(火) 21:21:20
『公募ガイド』にも広告が載ってるある出版社の人は、
こちらが共同出版の申し出を断った後でも質問にいろいろ答えてくれてすごく親切だった
所見も丁寧だったし、少なくとも営業丸出しな感じはしなかった
某2社のせいで共同系の出版社全てが悪徳と思われているのは業界全体にとってもマイナスだろうね

781 :無名草子さん:2006/12/09(土) 01:03:43
大手出版社だと自費出版部門で誰でも本は出せるんじゃないの?
以前朝日の書籍広告に自費出版本が出てたので驚いたことがある。
講談?だったと思うけど一面の小さい枠でも単独だったし。

782 :無名草子さん:2006/12/09(土) 09:56:22 ?2BP(100)
もう少し自費出版小説家を紹介したいので推奨したい小説家が居たら紹介して

Category:自費出版小説家
http://ja.wikipedia.org/wiki/Category:%E8%87%AA%E8%B2%BB%E5%87%BA%E7%89%88%E5%B0%8F%E8%AA%AC%E5%AE%B6

783 :無名草子さん:2006/12/12(火) 23:42:02
大学時代の知人がs社から絵本を出すそうだ。
先日も青山まで打ち合わせに行ってきたと嬉しそうに話された。
「へぇ〜…」と言う反応しか出来なかったが、
正直、どう言う反応したらいいのかわからない。
元々関係の薄い人なので、自費出版かどうかを聞いていいものか
躊躇してしまう。
すごいねー、絵本作家だねーと言ってやった方がいいのだろうか。

784 :無名草子さん:2006/12/28(木) 12:50:59
人の夢をとやかく言うべきではありません

出版する気もない人には出版する人の気持ちは分からないのです
その程度の人たちが企業や著者をとやかく言うのは失礼千万です

785 :無名草子さん:2006/12/28(木) 13:50:33
>>783
 そんなもんでいいでしょ。身近な椰子や恩在る人なら
場合によっては諌めるべき
>>784
 確かに営業妨害に属するかもな

786 :無名草子さん:2007/01/06(土) 14:20:13
読んだら引っ越せwww

739:無名草子さん :2007/01/06(土) 14:17:51 [sage]
だからさ〜、オマエラなんでそんな正義感に燃えてんのよwww

出版したくねぇなら無視りゃ〜いいじゃんw
どんだけ立派な正しい人生送ってる香具師共なんだっつぅ〜のw

オマエラにこんな小さな企業2匹がなぜそんなに注目に値すんだ?
世の中わりぃことしてる企業はまだまだあるぜw

こんなん小さいw小さいw
もっと身の丈と脳味噌の分量に見合ったこと語れよ池沼共wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

787 :無名草子さん:2007/03/12(月) 19:01:53
関西ローカルだけど
VOICE(毎日放送18:30〜放送)
ttp://www.mbs.jp/voice/
●3月12日(月)放送予定
「憤マン…“話が違う”と激怒!自費出版ブームに潜む落とし穴?」

788 :787:2007/03/12(月) 19:04:55
なお、明日か明後日あたりには(いつもの流れなら)
『特集記事』のところに放送概要がアップされる。

789 :無名草子さん:2007/03/13(火) 01:54:22
age

790 :無名草子さん:2007/03/14(水) 04:24:21
同人誌印刷してくれるところで普通に印刷すればいいのに。
3万ぐらいであがるでしょ?
ハードカバーは無理だけど、ハウツーサイトみれば素人でも結構綺麗なのがつくれるじゃん

791 :無名草子さん:2007/03/14(水) 15:18:11
>>787の放送概要がアップされました。

憤懣本舗「ブームの自費出版『ここが変だ!』」2007/03/12 放送

最近、電車や新聞で「あなたの本を出版します」といった広告をよく目にします。
自分の生きた証を残したいという団塊の世代や、小説を世に出したいといった
人も多く、自費出版はブームになりつつあるのですが、自費出版にはお金が
かかります。
この世界では有名な出版社で、「高い金を払ったのに本屋に並ばない」などと、
トラブルになるケースも出ています。

ttp://www.mbs.jp/voice/special/200703/12_7188.shtml

>>790
同人誌と違って、(実際にともかく)一般書店へ流通して貰える
のが魅力の一つなんでしょ。それに、いくら同人誌が綺麗だと
言っても、比べると同人誌の方が見劣りする事が多い気がするね。
特に、事情に詳しくない一般人が見るとどうなんだろう・・・

792 :無名草子さん:2007/03/15(木) 02:04:18
>>791
誰も手に取ったりしないのに…
そもそも自分が実際その手の本を手に取ったことがあるのか?と小一時間

793 :無名草子さん:2007/03/18(日) 00:43:21
>>791
一般書店に流通してくれる、という点は同意する。

ただ、同人誌でも上製本作ってくれる所もあるし
お金かければ、同人誌印刷所でもかなり装丁等にこだわれる(それでも自費・共同出版系よりかは安上がり)。
本人のデザインやセンス次第で市販品にも劣らない本だって作れる。



234 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)