5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

鈴木いづみ

1 :無名草子さん:2005/10/11(火) 04:04:39
語ることあるかな?

2 :無名草子さん:2005/10/11(火) 22:01:11
1がかわいそう(;´・`)

3 :無名草子さん:2005/10/12(水) 02:14:56
2の優しさに脱帽

4 :無名草子さん:2005/10/12(水) 02:35:19
そんな3の気遣いに感涙

5 :1:2005/10/12(水) 04:03:34
語ることねーかな…

6 :1:2005/10/12(水) 04:07:30
SF板のほうがいいかなあ、とも思ったんだけど、エッセイとかもあるんでこちらに立ててみたんだ。

鈴木いづみ女優、作家。
1949年7月10日、静岡県伊東市に生まれる。高校卒業後、市役所に勤務。
1969年上京、モデル、俳優を経て作家となる。
1973年、伝説となった天才アルトサックス奏者、阿部薫と結婚、一女をもうける。新聞、雑誌、単行本、映画、舞台(天井桟敷)、テレビなどあらゆるメディアに登場。その存在自体が一つのメディアとなり、70年代を体現する。
1986年2月17日、異常な速度で燃焼した36年7ヶ月の生に、首吊り自殺で終止符を打つ。
(はてなダイアリーより)

7 :無名草子さん:2005/10/12(水) 04:09:01
ジャズ板の阿部薫スレ
http://music4.2ch.net/test/read.cgi/classic/1049647965/l50

8 :無名草子さん:2005/10/12(水) 04:12:19
ピンク女優、小指切断、長女の目の前で首吊りなど何かとスキャンダラスな人ですが、
昨年、鈴木いづみコレクション2が文遊社から刊行、再び注目を浴びています

9 :無名草子さん:2005/10/12(水) 04:16:36
なかなか影響力のある人だと思うんですがねえ

10 :無名草子さん:2005/10/12(水) 04:47:46
今お子さまは何されてるのですか?

11 :無名草子さん:2005/10/12(水) 05:45:33
>>10
私もそれ知りたいです。
いま、35くらいでしょうか。

12 :無名草子さん:2005/10/12(水) 22:05:04
なんか有名高校行ってたよねえ、娘。

13 :無名草子さん:2005/10/13(木) 04:17:40
そうなのか。語録出したときはフリーターだと言っていたね。
いづみ語録で「『鈴木いづみの娘』という理由で私に接触してくる人がいるんですがどうのこうの(覚えてない)って言ってたよね。
お顔は阿部薫の面影があった。


14 :無名草子さん:2005/10/13(木) 16:59:04
5月のSFセミナーで特集してた。本売ってたけど、あんまり売れてなかった

15 :無名草子さん:2005/10/13(木) 19:18:52
あくが強いからなあ
SF作品としてより、不安定な感情の表現のほうが、評価に値すると思う

16 :無名草子さん:2005/10/13(木) 19:19:27
なんか固定ファンがいるよね
ネットなんか見てても

17 :無名草子さん:2005/10/16(日) 15:15:29
ネットだからこそ、固定ファンがいるんだよ。
ともかく、単純に、文章読んでるとセンスあると思う。
それが小説であれエッセイであれ。影響受けた作家は実は多いんじゃないの?
自分としては村上龍の文章に近いものを感じる。




18 :無名草子さん:2005/10/20(木) 20:35:39
ピンクのデカイ写真集買ったけど素敵なオッパイだったね
作品は、思春期過ぎたらあんまり関心持てなくなった

19 :無名草子さん:2005/10/20(木) 21:11:08
この人ってボーダーだったのかな、と思う。
思春期過ぎたらあんまり…ってところが太宰治なんかと重なるし。

天井桟敷に参加してたらしいけど、寺山修司や美輪明宏とは交流あったんだろうか。
・アラーキーと写真集で一緒に仕事。
・田口トモローとも知り合い
・坂本龍一と対談
・阿部薫
この辺くらいしか自分は知らないけど、作家で鈴木いづみと繋がりがある人っているかな?

20 :無名草子さん:2005/10/20(木) 21:12:13
あ、糸井重里とも知り合いかな?
アシスタントか何かとは寝たってね。

21 :無名草子さん:2005/10/20(木) 21:26:26
五木寛之がタクシーの中で手を握ってきたってエッセイに書いてたよ、確か。
でもなんであんなにヤリマンだったの・・・?

22 :無名草子さん:2005/10/21(金) 00:25:39
へー!そうなんだ。
早くに亡くなったから、若い女性をイメージするけれど、確か1949年生まれだから、今もし生きていたとしたら56か。

あの奔放(過ぎ)っぷり(性的な)からも、ボーダーラインじゃないかって思うんだよね。
いや、境界性人格障害って言ったほうが通じやすいかな。
離人感や、統合失調症のような心理状態、幼児期の自傷行為など、エッセイに書かれていることからも、そんな感じがする。

23 :無名草子さん:2005/10/23(日) 13:10:22
すいません
ボーダーラインの正確な意味が分りません・・・(・ω・`)

24 :無名草子さん:2005/10/24(月) 01:23:07
精神疾患の一種の、境界性人格障害のことです。
あまり知られていないけど、太宰治、尾崎豊、マリリンモンローなんかもそうだった、と言われてます。
ダイアナ妃もだったかな?

25 :無名草子さん:2005/11/18(金) 00:27:35
いづみネタ投下お願い

26 :無名草子さん:2006/01/05(木) 03:45:04


27 :無名草子さん:2006/01/06(金) 12:47:43
↑↑↑↑

28 :無名草子さん:2006/01/07(土) 23:31:21
期待アゲ

29 :無名草子さん:2006/01/10(火) 17:30:02
去年いろいろ復刊されたらしい

30 :無名草子さん:2006/01/10(火) 22:44:58
鈴木いづみ、エッセイをちょうど昨日読み返してた。
この人ってほんと頭が良かったんでしょうね。薬との相乗効果もあったろうし、すごいはやさで回転してたんだろうな。で、薫以降、誰もついてけなかった。

31 :無名草子さん:2006/01/10(火) 23:38:02
鈴木いずみの本をはじめて読もうと思うのですが
オススメを教えてください

32 :無名草子さん:2006/01/10(火) 23:41:02
私は下手に影響されて欝になったからオススメしない

33 :無名草子さん:2006/01/10(火) 23:44:21
まじっすか

34 :無名草子さん:2006/01/13(金) 03:03:26
鈴木いづみコレクション1から気が向くのを一冊読んでみたら
ハートに火をつけてを最初に読むのは個人的にはお勧めしない
それと私も鬱になった

35 :無名草子さん:2006/01/14(土) 22:28:01
思春期には避けるべし
健全に岸恵子のエッセイでも読まれたし

36 :無名草子さん:2006/01/15(日) 18:05:23
このスレだけでもふたり欝になってんのか…

37 :無名草子さん:2006/01/18(水) 09:34:44
鬱になるってのは鈴木いづみに限らずよくあるけどね
小説でも映画でも漫画でも絵画でも

38 :無名草子:2006/02/06(月) 17:47:19
私は思春期真っ只中に読んで鬱になった(笑)。
鈴木いづみの本を読むときって他の本を読むときとはなにか違う感覚がする。
直接彼女を感じてるような気になる。
そして麻薬のように彼女の著書を読み漁って
挙句の果てには自分の中に鈴木いづみが入ってきて暴れまわるようになる。
この世を去ってもなお、私達に影響(多かれ少なかれ)を与え続けるなんて
生前はよっぽど強烈な魂を持った人だったんだろうな。
あぁー、この欝から抜け出したい。。。

39 :無名草子さん:2006/02/06(月) 18:34:01
>>35
岸恵子って渋すぎでんがな

40 :あみ:2006/02/07(火) 01:53:32
明るい絶望感がいづみじゃん☆欝んなるのなんて覚悟して読め!

41 :無名草子さん:2006/02/08(水) 02:17:35
明るい絶望感?
狂気に対する認識甘すぎ

42 :無名草子さん:2006/02/08(水) 21:11:14
絶望ね。
絶望の向こうに希望なんて無いよ。だから明るい絶望なんてあり得ない。明るい絶望ってのはイコール狂気だよ。
鬱になる作品なんてたくさんあると思うけど、分かりやすい例は太宰治かな。この作家と同じように、彼も死んでいった。
絶望も狂気も格好いいものでも美しいものでもなんでもない。だけど否定しようがない、人間の感情の一部でもあるから、人は無視できない。そして強く共感してしまう。
鈴木いづみは、鋭く鮮烈に、孤独感とか寂寥感とか、絶望や狂気を、こんな単語を並べるよりずっとリアルに描き出して見せる。影響力のある作家だと思う。

43 :無名草子さん:2006/02/10(金) 20:51:45
広田レオナと町田康の映画で鈴木いずみを知りました。

44 :無名草子さん:2006/02/11(土) 18:02:30
絶望とか凶器とか、どうも廚臭いすれだ

45 :無名草子さん:2006/02/12(日) 02:48:34
>>44
そういう年頃で読むのが鈴木いづみじゃないの
私もそんなこと言ってたイタイ時期あったし
「人生は速度だと思う・・」とかw

46 :無名草子さん:2006/02/12(日) 09:25:24
>>44
鈴木いづみ自体がそんな感じじゃないかね
むしろそれを取ったら何も残らないような

47 :無名草子さん:2006/02/16(木) 03:37:47
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0943.html

48 :無名草子さん:2006/02/18(土) 01:53:55
>>44-46に密かに同意です。
かといって、彼女自身を否定する訳ではないんです。
スレ違いですが絶望を表現するときに、たとえば深沢七郎の場合は
絶望とかそのあたりの単語を多様せずに絶望を表現されてますよね。
村の掟で、必ず老母を山に捨てなければならない苦しさなどは絶望をかなり表現されてる。
一方で、彼女は死んでしまうほどの絶望を抱えてたのか、と驚きました。
死は重い。


49 :無名草子さん:2006/02/18(土) 08:46:07
42を大マジに書いた私、恥ずかしゅう

50 :無名草子さん:2006/03/18(土) 03:23:12
誰か若気の至りで小指を切り落とす勇者はいないのか?

51 :無名草子さん:2006/03/18(土) 15:26:32
あげ


52 :無名草子さん:2006/03/18(土) 18:12:25
最近鈴木いづみの本を読んでいる。
何故か結構共感できる部分がある気がした。
あんな力強さというかそういうものは無いにしても。

53 :無名草子さん:2006/03/20(月) 14:17:22
このひとって獣ってかんじ

54 :無名草子さん:2006/03/21(火) 20:27:53
あのおっぱいは魅力だな。死ぬ頃の熟れ具合を考えるだけで。。。

55 :無名草子さん:2006/03/27(月) 06:07:35
ボダだってば
思春期の少年少女にはきょーれつに共感できるのさ
それがボダの文学

56 :無名草子さん:2006/03/27(月) 15:43:03
やっぱりこの人ボダなの?

57 :無名草子さん:2006/03/27(月) 23:21:54
ボダって?

58 :無名草子さん:2006/03/27(月) 23:23:17
フランソワ”ザ・ホワイトバッファロー”ボタ

59 :無名草子さん:2006/03/27(月) 23:55:57
ボダって自傷もアリなの?
「速度が重要なのだ」
はいつも心の中にあるよ。
なにかにつけて速度が速度が言ってる。

60 :無名草子さん:2006/03/28(火) 14:50:47
境界線人格障害のこと

61 :無名草子さん:2006/03/31(金) 09:38:18
ボダだろ〜
当てはまりすぎる

62 :無名草子さん:2006/03/31(金) 09:38:56
>>59
自傷なんてボダの代名詞みたいなもんじゃん

63 :無名草子さん:2006/03/31(金) 21:53:45
鈴木いづみはリスカはしてないでしょ?小指は切ったけど

64 :無名草子さん:2006/03/32(土) 12:08:25
>>63
リスカ→自傷だが、自傷→リスカではない。ってこともわからずに言ってないかい?

指切って血ためてたとかは言ってたよね。
離人感、変な考えがずっと頭から離れなかったり(かに座のマークについて延々と考えてたという文があった)、
あとクスリはやってたでしょ、で、著書ではやってないと言ってる
あとは小さい頃の体験 ピンク女優
専門家でもないんで、ボーダーかどうか断定はできないけど、何かしらあるとは思うね

65 :無名草子さん:2006/04/02(日) 14:40:29
今月、鈴木いづみの新刊でるね

66 :無名草子さん:2006/04/03(月) 00:32:33
この人の本高い。文庫化にならないかなー。

67 :無名草子さん:2006/04/07(金) 00:27:32
66に同感

68 :無名草子さん:2006/04/07(金) 07:38:02
文庫化なんて無理無理
だって(一部熱狂的読者を除き)売れないモン

69 :無名草子さん:2006/04/07(金) 19:07:02
阿部薫もこの人も両方ボダだよね。
ボダ同士の夫婦・・すげぇな。
デボラの世界と分裂病の少女の手記が判りすぎるぐらい判るって書いてたな
アホなんで両方かって読んでた・・w

70 :無名草子さん:2006/04/15(土) 01:15:30
HGの彼女が鈴木いづみさんを崇拝してるようです

71 :無名草子さん:2006/05/07(日) 22:22:53
鈴木あづささんの写真みれるサイトとかなにかありますか?

72 :無名草子さん:2006/05/08(月) 00:13:54
>>71
大人しく「いづみ語録」を買いましょう

73 :無名草子さん:2006/05/08(月) 12:15:02
いづみ語録には写真でているんですか?

74 :無名草子さん:2006/05/08(月) 18:57:24
対談と写真が載ってますよ

75 :無名草子さん:2006/06/08(木) 02:07:05
あげ

76 :無名草子さん:2006/06/18(日) 20:36:36
いづみのSFって正直いってどうなの?

77 :無名草子さん:2006/06/19(月) 18:42:55
鈴木いづみのスレなんて二度とこねー

78 :無名草子さん:2006/06/24(土) 22:37:37
ボダはわかるけど離人感て何?
人間嫌いとはまた違うよね?

79 :無名草子さん:2006/06/25(日) 23:09:19
ttp://health.goo.ne.jp/medical/search/10450700.html

それっぽい感覚を味わったことがあるけど、結構怖い。
その辺が書いてあるので鈴木いづみに親しみを感じて本を読んだんだよね。
落ち込むのでその後封印したけど。

80 :無名草子さん:2006/07/14(金) 22:52:55
>>78
寺山修司の「さらば箱船」を見りゃわかる。

81 :無名草子さん:2006/08/01(火) 21:16:45
この人明らかに目が整形だね。卒業アルバムの写真見たらメチャメチャ一重。
でもあの人工的な感じがいいけど・・

82 :無名草子さん:2006/08/01(火) 21:19:20
桐野夏生?

83 :無名草子さん:2006/08/01(火) 21:21:25
>>81
今でもヒトエじゃんw


84 :無名草子さん:2006/08/01(火) 22:18:48
病院にいっても、やりすぎの事実はないと診断される。
集団ストーカーは、長きに渡って悪辣だな。

85 :無名草子さん:2006/08/09(水) 13:22:08
>>81
あの時代に整形ってある意味凄くない?

86 :無名草子さん:2006/08/09(水) 15:46:16
あの時代でも全然あるよ
名前忘れたけどブルーライトヨコハマ歌った人とか、
ザ・ピーナッツも目は整形だし

87 :無名草子さん:2006/08/15(火) 20:51:27
80年ころの記述にある
糸井重里のアシスタントMってみうらじゅんだよね
京都出身
「ぼくとしませんか」という誘い方

ブロンソンズ二人とも!

88 :無名草子さん:2006/08/25(金) 04:28:33
動いてる鈴木いづみが見たい
You Tubeにも無いね
阿部薫はあるのに

89 :無名草子さん:2006/08/25(金) 12:48:31

【盗作3バカ】のスレに

田口ランディ本人後輪中?! 盗作犯人同士がバトル?!




90 :無名草子さん:2006/08/25(金) 12:50:32
>88
ほんのちょっとだけの出演だけど、
寺山の「書を捨てよ、町へ出よう」の映画で、主人公を誘惑する女医役で出てるよ。
あと、最後の出演者の顔が順番にアップになってく時に出てる
>87
そっか、
あのMって、みうらじゅんだったのか
結構鈴木いづみもお気に入りって感じに、書いてるよね
それにしてもトモロヲって、田口トモロヲだよね?
割と、馬鹿にされてたような・・

91 :無名草子さん:2006/08/28(月) 06:11:37
>>90
さんくす!
鈴木いづみを知る前に寺山作品は結構観てたんですが、今度じっくり観なおしますね。

92 :無名草子さん:2006/08/29(火) 11:44:06
>90いづみさんからすると
どちらも7〜8歳年下の彼(セフレ?)という点は同じだけど
ともろうは惚れてるのを手玉に取ってる感じ
一方M(みうら?)は、普段は穏やかだけど
SEXのときあまりにいろいろ強要されて泣いてしまった…なんて書かれてた
みうらささんて映画やコスチュームなど趣味としてのSM嗜好は隠さない人だし
「ベッドやくざ」ってやはり自分の要素なのかもと思って読んだ。

93 :無名草子さん:2007/01/09(火) 13:35:52
あげ

94 :無名草子さん:2007/01/24(水) 02:23:24
まじか、みうらじゅんか…DTパワか…

いづみとあべの映画化のエンドレスワルツてどっかにないのでしょうかね。

95 :無名草子さん:2007/03/05(月) 01:28:10
あげ

96 :無名草子さん:2007/03/05(月) 10:49:53
足の小指は阿部に切られたんじゃなかったっけ?

97 :無名草子さん:2007/03/05(月) 11:23:08
小説「エンドレスワルツ」で鈴木いづみの事を知った。
衝撃的だった。鬱になったけど。

お父さんの「子供時代のいづみは成績の優秀な良い子だった・・」
っていう手記読んで、なんかせつなかった。

98 :無名草子さん:2007/03/05(月) 11:40:54
>97
スマソ、記憶違い。
↓五木寛之談
「先日、古い手紙を整理していたら、以前、彼女(鈴木いづみ)の父親から頂いた手紙が出てきた。
その中に、高校生のころのいづみは本当によく勉強して成績もよく明るい娘でした、
と、いう一行があって、それがひどくこたえた。」  

99 :無名草子さん:2007/03/05(月) 11:54:59
エンドレスワルツはいづみ著書?
鈴木いづみを呼んで
みんな演技って確信した感じ。ひんやりする落ち着きがある。諦めきっているなかに心の奥底で恋慕う気持ちが切ない鈴木いづみ

100 :無名草子さん:2007/03/05(月) 16:04:14
エンドレスワルツ 稲葉真弓/著
`92女流文学賞受賞作
鈴木いづみの事を書いた本


101 :無名草子さん:2007/03/31(土) 13:28:05
あげ

102 :無名草子さん:2007/04/09(月) 13:15:49
もしも今も生きてたら偉くなっちゃっててつまんなかっただろうなと思う

16 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)