5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

村上春樹を超える作家が見つかりません

1 :無名草子さん:2005/10/16(日) 14:56:09
なんていうか、別格ですね。

宮部・・ばば臭いんだよ
金城・・頭は中学生ですか?

ヤレヤレ


2 :無名草子さん:2005/10/16(日) 15:00:07
もっと本読めよ

3 :箱男:2005/10/16(日) 15:14:37
春樹はつまらない
平凡過ぎる

世界の終わりはよかったかもしれない

あとはゴミだと思う

あんな作家しか日本に今いないのかと思うと悲しくなる

4 :無名草子さん:2005/10/16(日) 15:19:00
>>1と3
は同類だな。本を読んでない点において

5 :無名草子さん:2005/10/16(日) 15:22:49
誰が「あんな作家しかいない」なんて言ったの?

6 :無名草子さん:2005/10/16(日) 15:23:46
>>4
同意。1と3は流行りものだけじゃなくて
もっと幅広く本読んでみ

7 :無名草子さん:2005/10/16(日) 15:53:26
んだね

大川劉邦とか間美津夫とか

8 :箱男:2005/10/16(日) 16:10:15
別に争う気は無いが、本は随分読んでるが自分は純文学が好きだから最近の作家全体に対しての意見だったんだ

>平凡

なんならとことん話すか?

もしあれなら最近の作家で
おもしろいと思う作家上げてみてくれ

9 :箱男:2005/10/16(日) 16:13:07
なんだか日本語おかしいが気にしないでおくれ。

>>7はすまん未読だ

10 :無名草子さん:2005/10/16(日) 16:30:58
スレ主の程度が知れるw

11 :無名草子さん:2005/10/16(日) 16:48:07
あほか

12 :無名草子さん:2005/10/16(日) 16:57:41
10年以上前からこんな状態。

13 :無名草子さん:2005/10/16(日) 17:11:06
まあ誰がどんな好みでもいいから気にしないけど、
同じ村上なら龍の方がいいね俺は。

14 :無名草子さん:2005/10/16(日) 19:26:47
村上春樹を読んでいる女の子はいい子

15 :無名草子さん:2005/10/16(日) 23:00:12
もう諦めろよ、何もかもしょうがない

日本の文学はもうおしまいです^^

16 :無名草子さん:2005/10/17(月) 04:41:59
綿谷や金原に章を与えるのが
日本文学の腐敗を表している

ちゃらちゃらタレントぶって、
問題意識が低い。

17 :無名草子さん:2005/10/17(月) 06:43:33
>>16
章を与えるとか言ってるお前の日本語力の方が問題だと思うが

18 :無名草子さん:2005/10/17(月) 11:38:15
>>16
綿谷→綿矢

19 :無名草子さん:2005/10/17(月) 11:40:48
>>16
綿矢も金原も、別にタレントぶってはいないと思うが。
それから「タレントぶる」ことと「問題意識」とは何の関係もない。
タレントぶったって、問題意識の高い人間もいるはずでしょう。

どうでもいいが糞スレ

20 :無名草子さん:2005/10/22(土) 09:55:09
糞スレだっていいじゃないか

にちゃんだもの

21 :無名草子さん:2005/10/22(土) 14:38:53
もう乙一が超えちゃったんだが

22 :無名草子さん:2005/10/22(土) 21:36:28
アインシュタインの相対性理論も
乗り越えたと自称するオサーンが後を絶たないよね

23 :無名草子さん:2005/10/23(日) 21:31:17
>>22
ホーキング博士とかのこと?

24 :無名草子さん:2005/11/05(土) 20:39:49
坂東真砂子、日本の土俗性にこだわってるが実は
人間の悲しみやその裏返しの愛を誰よりも的確に
表現し続けている。なぜ評価低いのか不思議。
俺は桜雨は純文学として評価してる。
漱石、鴎外、賢治、谷崎、川端、芥川、太宰、三島、
公房、大江、司馬、吉川、池波、藤沢、周五郎、春樹、ばなな、
乱歩、正史、清張と遜色ない。日本を代表する文豪だ。




25 :無名草子さん:2005/11/06(日) 17:18:48
>>24
そのひと知らんな。

比較の対象がごっちゃだけれど、好きな作品の作家を並べたらそうなったのか?


26 :無名草子さん:2005/11/06(日) 20:20:37
>>25
知らんと言う事は、テレビも雑誌も新聞もない世界に住んでいるのかね?

27 :無名草子さん:2005/11/06(日) 20:30:09
坂東真砂子ってそんなに有名?

28 :無名草子さん:2005/11/06(日) 21:02:32
大西巨人ファンの俺としては、春樹なんてチン以下。

29 :無名草子さん:2005/11/06(日) 21:28:14
>>24はマルチしまくってるバカだから相手にすんな

30 :無名草子さん:2005/11/06(日) 21:33:37
坂東さんって死国や狗神の作者でしょ。
まぁ、有名と言えば有名じゃないか。読んだ事はないけど。

31 :無名草子さん:2005/11/08(火) 09:02:16
死国なら読んだけどふつうのホラーじゃん

32 :無名草子さん:2005/11/08(火) 09:30:27
江戸川乱歩が最強

33 :無名草子さん:2005/11/10(木) 18:42:13
坂東真砂子の「山姥」・・・泣けた。

34 :無名草子さん:2005/11/29(火) 10:10:59
山姥は近代化の進む明治時代の越後の山村が舞台。
両性具有という悲しみを背負った旅芸人涼の助が
数奇な運命をたどった母親と山中で邂逅。
生まれてはじめて自分を奇異な目で見ない母親への
切ない慕情が悲しみに満ちた感動を呼ぶ。

山中に住み獣を喰らい、いつしか人でなくなった女。
私の母だ。山姥の子。涼之助はフッと笑った。
『案外、私に似合った出自かもしれない』。



35 :無名草子さん:2005/11/29(火) 10:16:36
正直言って、桐野夏生、宮部みゆき、坂東真砂子、藤原伊織のような
大衆小説のほうが純文学より感動する。人間の苦しみ、悲しみ描いてる。
太宰、三島、漱石、谷崎、大江、春樹、ばなななんて小さい世界で
愛だ、友情だ、苦難だなんて苦労知らずの学生の自己満足。
人生の苦しみが小さすぎるんだよ。



36 :無名草子さん:2005/11/29(火) 10:20:03
村上春樹の本を読むと、なんか頭良くなった気がするからな

37 :無名草子さん:2005/11/29(火) 10:24:56
日本の純文学って作者の自伝みたいなのばっかりで
『戦い』がないよね。人間の苦しみの欠如した薄っぺら作品。
メルビルの『白鯨』、ミッチェルの『風と共に去りぬ』
ユゴーの『ああ無常』、トルストイの『戦争と平和』
ゴーリキー『どん底』、スタインベック『怒りの葡萄』等。
かといってゲーテの『ファウスト』、ダンテの『神曲』ほど
壮大な創作も出来ない。鈴木光司の『リング』とかさ。
世界が小さすぎる。



38 :無名草子さん:2005/11/29(火) 10:31:09
鈴木光司『ループ』なんて独自の壮大な世界観あって凄いね。
リングという仮想世界と現実世界の交錯で、哲学になってる。
人工知能が生命体として独自に発展して
創造主である科学者が全てを支配してる。
人間と神の相対性を、近未来の社会を舞台に暗示してる。
あれはもうアーサー・C・クラークやアイザック・ロシモフに
匹敵する哲学的SF作品といえるね。
この『リング』シリーズは、その思想性から言ってもう春樹なんて
100倍超えてるよ。スターウオーズ並の偉大な作品。

39 :無名草子さん:2005/11/29(火) 10:33:35
つーーーか、春樹なんて出版社の作った具像に過ぎん。
スノッブの軟弱文学オタクの編集者達のアイドルが
巧妙な宣伝で大ヒットメーカーに祭りあがっただけ。
実力なんて、平凡。俺が再三指摘した作家のほうが実力は上。


40 :無名草子さん:2005/11/29(火) 10:49:49
天才を天才と見極められる大衆がどれだけいる?
あと今の出版業界に実力とかあんま関係ねーしな
村上はそんな時代性にちょうど合った感じだな

41 :無名草子さん:2005/11/29(火) 16:00:13
この人の本はどうしてどれもこれも
オチのない推理小説みたい話が多いんでしょうか?

42 :無名草子さん:2005/11/29(火) 19:12:59
さあ?

43 :無名草子さん:2005/11/29(火) 21:33:45
>>41

さみしい終わり方にしたいからだお

44 :無名草子さん:2005/11/30(水) 10:12:29
村上って80年代〜90年代の作家でしょ
いまだに叩く意味あるの?

45 :無名草子さん:2005/11/30(水) 19:56:10

馬鹿。

46 :無名草子さん:2005/12/01(木) 00:10:20
なんで皆村上春樹としてまとめてるんだ?
確かにスプートニク、ノルウェイはよくわからないけど羊とかダンスとか世界の終りは悪くは無い気がする。
本によって、っていう考え方はずれてるの?

あと、池澤夏樹って知ってる人いる?有名なのかな?

47 :無名草子さん:2005/12/01(木) 23:56:26
>>45
池澤夏樹知ってるよ。
福永武彦の息子で、声優の池澤春奈の父。
ここはわかんないけど文学板にはスレがある。
個人的には書評やエッセイが興味深い。


48 :無名草子さん:2005/12/02(金) 00:54:46
そうなんだ。詳しくは知らないんだけど表現がどことなく村上春樹に似ている気がした

49 :無名草子さん:2005/12/02(金) 08:12:14
裸の王様の様が気がする。誰もよくないといえない状態。

50 :無名草子さん:2005/12/02(金) 12:44:10
上田晋也がうんちく王で語ったうんちくが『知泉』という本から盗んでいると
でネット上で騒ぎになり、結果、上田が深夜放送の「うんちく王慰安会」の中
で酔った上「知識の泉と書いて知泉という本があるんですが、これを読めば
んちく王になれますよ」とカミングアウトした。しかしその後は相変わらず
「うんちくは周囲の人間から」などとお茶を濁す発言を繰り返している。
その上それがすべてテレ朝スタッフとの共謀によるやらせだというから悪質だ
テレ朝では「霊長類ヒト科最強頭脳」という番組で、上田を別室でカンペを
読ませて「暗記力1位」に仕立て上げるやらせも発覚している


51 :無名草子さん:2005/12/02(金) 15:27:01
読んでないけど海辺の過負荷という本がアメリカなんたらかんたらの
今年の本10冊に選ばれてそれはそれはもう物凄いことであってどの
くらい凄いかというとそれはもうちょっと凡人には驚くくらい凄いことでどのくらい驚くのか
という疑問は実際にもらった人でないと分からないらしい、という話をさっきテレビで見た

52 :無名草子さん:2005/12/02(金) 16:29:29
>>51
うん、NY Times の選んだ今年の10冊、の中に入ったって凄いよ。
今は西海岸に住んでいるけど、次期セメスター(?クォーター?)から
春樹が教鞭をとる、東海岸の大学のクラスに忍び込んで、公聴したいよ。

53 :無名草子さん:2005/12/02(金) 22:59:10
NHKのニュースでは「手品の種明かしをしながらも、超能力を
持っていると思わせるくらいすごい」みたいな言い方で
NYTが絶賛してたということなんだけど、この評価のされ方が
いくら考えてもピンとこない俺がきましたよ。w

54 :無名草子さん:2005/12/05(月) 12:39:22
そこが魅力なのだと僕は思った。

55 :無名草子さん:2005/12/05(月) 15:30:18
>>53
これはありえないストーリー展開だなとわかりながらも、ひょっとしたらこういうこともあるかも知れないと思わせるぐらいすごい
ってことかな。

56 :無名草子さん:2005/12/05(月) 22:58:53
つ【眼鏡】

57 :無名草子さん:2005/12/06(火) 13:38:09
『20世紀少年』かいてる浦沢にも言えるけど
1960年代という熱狂の時代を神格化する人が出版や文化業界に多く
その1960年代文化崇拝でここまで過大評価されてるんだよね。
人類史上で最も世界が大衆文化で連結した時代で
若者や少数勢力が既成秩序に反逆する時代の空気が
彼の文学から『倦怠』『非日常』「無気力』『現実逃避』という
記号を生み出してあの時代の『供覧』『喧騒』を味わいたい人に支持される。



58 :無名草子さん:2005/12/06(火) 19:01:10
村上冬樹

59 :無名草子さん:2005/12/10(土) 06:38:37
ノルウェイの森
ねじまき鳥
TVピープル
レキシントンの幽霊
蛍、納屋を焼く
アンダーグラウンド
村上ラヂオ
以上読んだんだけど、わりと新しいのばっかりを
読んでることに気付いた
誰かおすすめとか教えて
いっぱいあって迷うわ

60 :無名草子さん:2005/12/10(土) 11:34:02
>>59
羊シリーズ。あと、デビュー作も。

61 :無名草子さん:2005/12/12(月) 04:20:51
>>60
さんくす
とりあえず単行本のデビュー作と新作と、
国境〜買いましたよ

読み終わったら羊シリーズ読んでみます

62 :無名草子さん:2005/12/17(土) 01:30:12
>>60
羊シリーズ読むんならそのまえに「風の歌」と「ピンボール」読まなきゃいかん

63 :無名草子さん:2005/12/17(土) 01:41:55
羊シリーズってなんだよ

64 :無名草子さん:2005/12/17(土) 01:55:40
昔は好きだが、今は嫌いだな。村上。
正直、俺の嫌いな小説の流行をこいつが作り出している。


65 :無名草子さん:2005/12/17(土) 01:57:35
>>63
ヒツジの着ぐるみを着た亡霊と北海道で会話するシリーズのことです

ところでピンク色の豚だか女が出だしで出てくる話ってなんだっけ、覚えてないや

村上作品は全部イメージだけ残ってディティールが殆ど残らんわ

66 :無名草子さん:2005/12/17(土) 02:29:34
>>65
太ったピンク色の好きな女性がでてくる話しなら、やみくろの話。
「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」

67 :無名草子さん:2005/12/17(土) 02:30:14
春樹はデビュー作から、ほとんど目を通しているけど、
もう時代を描く洞察力はないね。
「海辺のカフカ」に、
『(前文略)……それからダンガリーシャツを着こみ、
ボタンを首のところまでとめ、裾をズボンの中に入れる。
人目をひかないように、少しでもまともなかっこうに
戻らなくてはなならない……(後文略)』
なんて描写があるけど、なんというか……、笑える。
アキバ系ですか? 逆に目立ってるつの。

あっ、それからいい歳したオッさん(春樹のことね)が、
受け身のセックス(手淫?)に憧れるのもキモいとね(『海辺の〜』『国境の南〜』『ダンス〜』とかとか)。

68 :無名草子さん:2005/12/17(土) 14:52:40
村上春樹を越える作家なんて、掃いて捨てるほどいるぜw

69 :無名草子さん:2005/12/17(土) 18:24:36
これくらいのドル箱作家がいないと、出版界は衰退の一途だな
村上の売り上げのお陰で出版できる本も多いんだろうな

70 :ウーファン:2005/12/17(土) 22:11:52
好きなくせに正直じゃないな
まったくやれやれ

71 :無名草子さん:2005/12/19(月) 10:55:54
村上春樹に作風が似ている作家を紹介して下さい。

佐藤正午は明らかに春樹を意識して書いてますが、
シャレとか比喩とかが不発で、春樹ファンの私には物足りないものがあります。

72 :無名草子さん:2005/12/19(月) 14:58:17
今でも『世界の終わり〜』が大好きだ。
以上。

73 :無名草子さん:2005/12/19(月) 16:31:29
「海辺のカフカ」「ノルウェーの森」「ねじまき鳥シリーズ」
は、面白かったけど、他の作品はイマイチだった。(「ダンス・〜」はまあまあ)

村上春樹の作品は「生活感」が少し欠けているように感じる。
登場人物の職業は、出版関係など極少数に限られてるし、
「スプートニクの恋人」の主人公の男教諭などは、
精神年齢が中学生並みにしか思えない。




74 :無名草子さん:2005/12/19(月) 20:08:16
スレ違いスマソ。ここしか聞くとこ無かったorzんで聞きたいだけど
「羊をめぐる冒険に」出てくる、鯨のペニスが飾ってある水族館は本当にあるんですか?
分かる方いらっしゃいましたら教えて下さいm(_)m

75 :無名草子さん:2005/12/19(月) 20:10:49
俺未だに読んだことないんで、そろそろ読もうかと思ってるんだけど、
これが春樹だ!って作品何になるの?代表作っていうやつ。

そういうのから読みたいんだけど。

76 :無名草子さん:2005/12/19(月) 20:12:18
あたしなら『風のうたを聴け』いちばんシンプルだけど村上春樹らしいと思う。

77 :無名草子さん:2005/12/19(月) 20:17:26
確かに『風のうた〜』読んでればあとあと読めるのが多くなる

78 :無名草子さん:2005/12/19(月) 21:37:06
>>74
役に立つかどうか分からないけど、子供の頃に行ったことがある
「大洗水族館」で鯨の骨の標本をみた記憶がある。そこにペニスまであっあかは記憶にない。
あと葛西の水族館にも鯨の標本があったんじゃないかな。

79 :無名草子さん:2005/12/19(月) 21:43:51
神戸近辺に住んでたらしいから須磨水族館をモデルに
してるんだと勝手に思ってました
ペニスがあるかは知らない
当時は海遊館なんてシャレたものは無かったしね

80 :無名草子さん:2005/12/19(月) 21:52:41
>>78>>79
レスもらえて嬉しいです、ありがとう☆
水族館て鯨の骨や標本置いてあるとこ結構あるんですね。
須磨水族館というのは有力候補かも!
参考になりました!本当にありがとうございますm(_)m

81 :無名草子さん:2005/12/20(火) 20:39:58
今日初めて村上春樹の作品を読んだ。
タイトルが面白かったから『世界の終わり』から入ってみたんだけど…
そこかしこに洋楽名がダラダラ書き連ねてあって作者のサブカルオナニー臭が漂ってる…
あげくの果てにはハリウッドまがいの地下帝国大冒険…
くだらねー!

でもラストで感動しました。

82 :無名草子さん:2005/12/20(火) 21:15:17
春樹は長編もいいけど、短編もかなりいいし

他にも、エッセイで人間性を見習ったりするのがいいと思うね。
あと文章がやたら上手い。


83 :無名草子さん:2005/12/22(木) 00:25:45
手本にする人間性かな。
普通のおじさんのモラルだろ。

売文を生業にしているだけ。
あまり過度の期待を持たないように。
作品とそれを生み出す作者は、全く別物。
むしろ、そのギャップを感じることが興味深いと思う。

春樹はたしかに平易な文章を書くと思うし、
内容も別に悪いとは思わないけれど、
過去の文豪たちと比肩するにはもう少し
精進してもらわないとな。

オーラを感じない。
ま、それがまたいいのかも。


84 :無名草子さん:2005/12/22(木) 00:33:27
>>83
82がいってる人間性というのはそんなにむつかしい
ことじゃないと思います

85 :無名草子さん:2005/12/22(木) 01:29:03
>>84
じゃあ、どういうことか言ってごらんよ。
人間性。





86 :無名草子さん:2005/12/22(木) 08:04:45
>>85
ちょこっと面白いこと書いてあるし
含蓄みたいなのもあるにはあるし
はじめて一人暮しはじめたときに
参考くらいにはなるかもね
という感じ

87 :無名草子さん:2005/12/22(木) 11:40:41
エッセイは小説とイメージが違う。
バランス取ってるんだろう。わりと気楽に書いてて、嘘八百でふざけてて、いい感じ。素人っぽくって。
一方プロっぽいのは全盛期の中島らものエッセイ。

88 :無名草子さん:2005/12/23(金) 02:09:08
>>86
辞書持ってたら人間性って引いてみるといい。
ちょっと意味が離れてないかな?


89 :無名草子さん:2005/12/23(金) 21:14:09
ノルウェイの森ってぶっちゃけ
「ライ麦畑でつかまえて」のパクリだよね?
違ってたらゴメン

90 :無名草子さん:2005/12/23(金) 21:15:53
違ってるからあやまれ!

91 :無名草子さん:2005/12/26(月) 10:41:40
もう謝ってるんじゃね?

92 :無名草子さん:2005/12/28(水) 16:32:33
「絲山よ この本を読め」感想文です。
第一位「海辺のカフカ」(村上春樹)新潮文庫

読書にもいろいろな種類があって、喜読、嘆読、耐読、苦読などと私は名付けて
いるが、このHPで最も多くの方が票を投じて下さった「海辺のカフカ」は、残
念ながら私にとって「苦読」作品だった。まあ、相性が悪かったということです。
常に感じたことは「『海辺のカフカ』に書かれているこいつらは人間じゃない」
ということだった。テーマパークとしてはよくできていると思う。
それにしても「メタファー」ってコトバ、一体何回使ってあるんだろう。

せっかく選んで下さったのに、こんなことですみません。やっぱり無理な企画だ
ったのかなあ、でも嘘つくのはまずいし。ちょっと反省しています。



93 :無名草子さん:2005/12/31(土) 10:30:57
http://sky.ap.teacup.com/angelica/

94 :無名草子さん:2006/01/05(木) 03:27:50
会社の後輩に、ねじまき鳥では何が言いたいのか 全くわからないので
私に読んで感想を聞かせてほしいと言われました。
その為だけに、風の歌から羊 納屋 世界の終わり ダンス ノル森 短編?
を読まされて 昨日やっとねじまき鳥を読み終えました。長かった。
綿谷ノボルはプロパガンダの象徴 湾岸戦争時のアメリカ政府の一方的な
会見に村上が触発されたのでは?
なんて今いろいろ考えてます。 
おもしろい作品でした。

95 :無名草子さん:2006/01/05(木) 09:40:06
迷惑な後輩だことw

96 :94:2006/01/05(木) 20:20:55
今日後輩に、ねじまき鳥の感想を熱く語りました。
が、後輩に「最後になぜ笠原メイが裸になったのか?」と聞かれ
「少女から女にかわる瞬間を、美しく描いたのではないか」と
私が苦し紛れに答えると、こともあろうに
「もう一度、一巻から読み直してほしい」と言われました。orz

がんばります。

97 :無名草子さん:2006/01/05(木) 21:14:11
おれなら「考えるな、感じるんだ」と答えるね
小説なんですから

98 :無名草子さん:2006/01/08(日) 05:11:21
さすがww


99 :無名草子さん:2006/01/08(日) 11:45:28
なぜ笠原メイが裸になったのか? → 春樹がロリコンだから

100 :無名草子さん:2006/01/08(日) 12:33:15
>>1あいたたたたた

101 :無名草子さん:2006/01/08(日) 14:59:48
ロリが裸になる小説なら読んでみようと思います。

102 :無名草子さん:2006/01/08(日) 15:43:39
おっさんが一皮むける小説です

103 :無名草子さん:2006/01/08(日) 23:07:54
>>64
遅レスだけど、今は村上チルドレンがでてきているからかな?
となり町戦争を書いた三崎亜紀なんかは村上っぽい感じがした。

104 :無名草子さん:2006/01/08(日) 23:17:14
ジャンル違いですけど新海誠とか安倍吉俊とかもフォロワーかもね

105 :無名草子さん:2006/01/11(水) 19:59:13
と言った。ってのを使いまくるね。

106 :無名草子さん:2006/01/11(水) 20:12:34
三崎亜記は確かに、「となり町戦争」でも「バスジャック」でも、
はっきりとしたオチをつけないし、人間の再生。。みたいな
感じだった。

107 :無名草子さん:2006/01/15(日) 07:18:15
フィールドも違うし先人だけど、オオエ。
森林浴コース→「世界の終わり...」
岩登りコース→「万延元年...」
両方ともタニザキ賞受賞。私(計算士)と鷹四の生き様、キライじゃない。

108 :無名草子さん:2006/01/15(日) 20:18:36
こえるのって駆動キキじゃないの?

109 :無名草子さん:2006/01/15(日) 20:58:16
日本一の作家は重松清だ馬鹿たれ。殴らないでねにいちゃんアゥ

110 :無名草子さん:2006/01/15(日) 21:29:33
同じ谷崎賞でも、町田康「告白」の熊太郎の生き様には笑うた。

111 :無名草子さん:2006/01/15(日) 21:42:59
>>1
ご冗談を

112 :無名草子さん:2006/01/15(日) 22:00:09
>>1
お戯れを

113 :ゅり:2006/01/15(日) 22:19:02
皆様の【アフターダーク】を読んでの感想をお聞かせください。

114 :無名草子さん:2006/01/15(日) 22:49:29
   ∧_∧     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  (    )  <  こんな時間まで2chとかさ
  ( O   )    \__________
  │ │ │
  (__)_)


   ∧_∧     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ( `・ω・´) 彡<  おまえら、ほんと屑だな
  (m9   つ    \_____
  .人  Y 彡
  レ'(_)


   ┏━━━━━━━━┓
   ┃   ∧_∧     ┃
   ┃  ( ´・ω・`).    ┃
  ∧_∧ (m9  つ.    ┃
  (    )人  Y       ┃
  ( O  つ '(_).      ┃
  ノ  ,イ━━━━━━━┛


115 :無名草子さん:2006/01/17(火) 22:12:07
>>113
海辺のカフカの補完でしょ。
まあ残尿とも言うけど。

116 :無名草子さん:2006/01/17(火) 22:59:51
>>113
卑近な暴漢がでてくるところは新味。
その外は、いやいや、なんとも!



117 :無名草子さん:2006/01/17(火) 23:01:05
>>113
卑近な暴漢がでてくるところは新味。
その外は、いやいや、なんとも!



118 :無名草子さん:2006/01/18(水) 09:53:54
結構好きだけどな、アフターダーク(=w=)


村上春樹のテーマの「人の繋がり」がまったく無関係な第三者の目線で見れて

119 :無名草子さん:2006/01/18(水) 23:14:22
中出しを奨励する小説がなぜ永遠の名作扱いなのか分かりません。

120 :無名草子さん:2006/01/19(木) 12:32:54
中出しをしない小説が永遠の名作になり得ないからじゃないのか?

121 :無名草子さん:2006/02/16(木) 20:11:44
>>1
IWGPの石田衣良がいるよ!
金城って金城一紀だよね?GOとか最強じゃね?

てか、村上春樹の小説からは何も伝わってこないんだけど。なんかやたらどうでもいいようなことが書かれてるし。
例えばノルウェイの森で療養所へ向かうバスの中の話とか。村上春樹の小説は余分な部分が多くてイライラする。作者が何を伝えたいのかもよくわからないし。話も淡々と進むだけで感動するシーンがないように思うんだけど。

122 :無名草子さん:2006/02/16(木) 20:52:49
>>1
探し方がヘタなだけだよ。

123 :無名草子さん:2006/02/16(木) 21:34:40
>>121禿同
でも好き。
読後に何も残らなくて、もっと続きはないの?って思えるからいい。

終始淡々として説教じみてなくて、そこがいい。

124 :無名草子さん:2006/02/20(月) 23:51:39
ストーリーより世界感とか深いけど分かりやすい表現が大好き。人物の感情とか出てくる風景がこれほどぴったり、しっくり感じられるのは初めてで感動した。本を読んで五感を刺激される感じ

125 :無名草子さん:2006/02/21(火) 01:17:22
ねじまき鳥までは好きだったけど、カフカとアフターダークで文体変えてから陳腐になった気がする。
ついでにエッセーも何やら説教臭くてつまんなくなったような。。。


126 :無名草子さん:2006/02/21(火) 02:35:17
俺は儲と取られても仕方が無い方だと思うけど、この人の本はスッっと心に入ってくるモノと入ってこないモノの差が激しい気がする。

127 :無名草子さん:2006/02/21(火) 08:51:58
2月22日、竹島の日
『嫌韓流2』ついに発売!

45万部のベストセラー『嫌韓流』をまだ読んでないやつは、今のうちに買って読んでおこう

128 :無名草子さん:2006/03/25(土) 05:44:48
【文化】 村上春樹氏、ノーベル賞の有力候補に?…「村上ワールドの幅の広さ、世界的で評価」の見方も
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1143163804/
【チェコ/文学賞】村上春樹氏にカフカ賞 プラハで10月に授賞式[060323]
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1143091742/

129 :無名草子さん:2006/03/26(日) 13:40:04
 

130 :無名草子さん:2006/03/26(日) 16:28:29
>>1
とりあえず他の作家をたくさん読んでからスレ立てしようね。

何かがありそうで何もない思わせぶりな人。それが村上春樹。

131 :無名草子さん:2006/03/26(日) 17:33:59
本を全く読まずこの板に来た俺に村上春樹の凄さをまず教えてくれ

132 :無名草子さん:2006/03/26(日) 18:25:40
シュールレアリスム

133 :無名草子さん:2006/03/26(日) 18:34:19
ノルウェーはキザな文書で書かれた官能小説だ。

134 :無名草子さん:2006/03/26(日) 20:06:18
>133
はげどう

135 :無名草子さん:2006/03/29(水) 16:26:01
龍のほうがおもしろい

136 :無名草子さん:2006/03/29(水) 16:28:24
そ れ は 無 い 

137 :無名草子さん:2006/03/29(水) 16:49:50
劇団ひとりこそ、この腐りきった文壇の救世主

138 :無名草子さん:2006/03/29(水) 17:40:45
そんなにおもしろいのかい

139 :無名草子さん:2006/03/30(木) 00:34:33
>>133
官能小説というからには、あれを読んで勃起したりしごいたりするのかね?
元気なこったね〜。血の気が多すぎないか?

140 :無名草子さん:2006/03/32(土) 20:27:22
実存これあるのみ

141 :無名草子さん:2006/04/04(火) 02:31:24
知り合いから村上春樹サンを知りました。これから興味があるので読みたいのですが、オススメがあったら教えて下さい

142 :無名草子さん:2006/04/04(火) 11:37:33
講談社文庫を頭から順番に読んでください

143 :無名草子さん:2006/04/04(火) 20:18:09
>141
なんとなくクリスタルがお奨めです

144 :無名草子さん:2006/04/07(金) 19:18:13
>>143
なかなかニクい選択ですね

145 :無名草子さん:2006/05/04(木) 15:50:09
海辺のカフカ読み終えたけど正直「?」だった。
あと電車の中で読んでるとおっきして大変だった。

146 ::2006/05/05(金) 18:43:54
村上春樹ってやっぱ今世界で一番ノーベル賞に近いんですかね?

147 :無名草子さん:2006/05/05(金) 19:10:35
>146
馬鹿小説書くとのど飴貰えるのか?

148 :無名草子さん:2006/05/05(金) 23:16:53
ノーベル村上

149 :無名草子さん:2006/05/08(月) 02:13:50
村上春樹の本ってなんでこんな楽しいんだろうね、 ノルウェ〜とかまじ飽きないわ。         こいつこどもいるの?

150 :無名草子さん:2006/05/08(月) 16:25:39
村上春樹はこどもいないよぉ〜

151 :無名草子さん:2006/05/08(月) 20:36:29
こどもいないのかぁ、いたら顔みたかったのにな!

152 :無名草子さん:2006/05/08(月) 20:47:32
( ゚д゚)、オェ

153 :無名草子さん:2006/05/08(月) 22:12:42
きっと僕みたいな子供が生まれてきたら
どうしていいかわかんないよ。

154 :無名草子さん:2006/05/13(土) 02:06:01
遅れながらアフターダーク読んだけど、まるで映画だ
春樹なりの映画讃歌なのでは リンチっぽいし

155 :無名草子さん:2006/05/13(土) 03:06:28
そういや伊集院のデヴィッド・リンチ占い
というラジオコーナーは、春樹と同じ匂いを感じた。

156 :無名草子さん:2006/05/13(土) 12:24:36
アフターダークって世間的な評価としてはどうなの?

157 :無名草子さん:2006/05/13(土) 12:56:31
わかんない、けど僕の周りの人からは不評だったな。

158 :無名草子さん:2006/05/13(土) 13:38:40
>>156
ゴミ

159 :無名草子さん:2006/05/16(火) 01:12:39
ホントにこの作家はゴミだ。
あるゆる意味で狭量。
いやな気持ちになるね。


160 :無名草子さん:2006/05/16(火) 09:44:02
村上春樹に深みを感じるか、狭量さを感じるかは意見がはっきりと別れてるよね。

161 :無名草子さん:2006/05/16(火) 09:55:40
この作家が嫌いではないがスレタイに入れると村上春樹程度しか読まない、読書体験の貧しいのが釣れまくるからめんどい

162 :無名草子さん:2006/05/16(火) 21:04:26
>>161
さりげなく春樹を落とすなあ

163 :無名草子さん:2006/05/18(木) 23:59:50
>>160
両方感じるな、それ


164 :無名草子さん:2006/05/19(金) 00:11:16
春樹のジャズ評論はジャズプレイヤーからは思いっきり笑われてる。
しかしリスナーからは一目置かれてたりして。
なんだか小説と似ているような気が・・・・
つまり思いこみが甚だしいんだな。
それが良く作用すると・・・だけど、
ほとんどは・・・・なので。

165 :無名草子さん:2006/05/19(金) 00:18:14
>>164
春樹やジャズに限ったことじゃないよ
だからこそ文芸評論家の多くは文壇と
「良好な」関係を築く必要があるわけだ
評論書いても作家に「ちげーよ、馬鹿かw」って
言われちゃオシマイだもん
何の関係も築くこと無しに批評することは2ch以外では難しいね

166 :無名草子さん:2006/05/19(金) 16:00:50
というか
表現するものと受けるものとの間には、必ず溝がある
表現者の評価するものが素晴らしいものでも、大多数の受ける側に届かなければ
経済としては成り立たないし、誰にも受け取ってもらえなければ表現してるとさえいえないかもしれない
永遠に変わらないジレンマなのでは?


167 :無名草子さん:2006/05/21(日) 02:03:45
或いはそれは僕が偏狭な人間だからかもしれない…。

168 :無名草子さん:2006/05/24(水) 22:55:31
春樹ハケーン

169 :無名草子さん:2006/05/28(日) 21:56:18
やれやれ

170 :無名草子さん:2006/06/05(月) 20:19:21
オッパイぷりんぷりん♪

171 :無名草子さん:2006/06/05(月) 20:41:47
複雑で難解なステップを踏みながら
おっぱいをまさぐりつづけるんだ

172 :無名草子さん:2006/06/05(月) 20:46:51
勃っちゃった

173 :無名草子さん:2006/06/07(水) 22:51:17



隊長!!!ただいま、パン屋とねじまき全シリーズをポチいたしました!!!

任務完了です!!!





174 :無名草子さん:2006/06/07(水) 23:21:05
超えると言うのは厨臭さと言う点?
なら全面的に同意。

175 :無名草子さん:2006/06/10(土) 01:51:53
つまらん!おまえはつまらん!

176 :無名草子さん:2006/06/14(水) 23:23:28
春樹を好きだという→→なぜか読書経験が貧しいと言われる(根拠無し)→→なんだかアンチ春樹のほうがかっこいいからそっちに移ろうWW

177 :無名草子さん:2006/06/24(土) 02:20:06
安倍公房を忘れるな。春樹もかなり盗作しておる。


178 :無名草子さん:2006/06/24(土) 03:04:33
安部公房はカフカそのまんまじゃん

179 :無名草子さん:2006/06/30(金) 18:22:32
村松恒平さんが、
「村上春樹」が面白いという友人からの紹介の本は、
読む参考にするな、と文章上達スクールで発言しておりました。

180 :無名草子さん:2006/07/01(土) 17:34:39
村上好きのヤツって勘違い人生送って幸せだなあと思う。
ま、生きてる意味ないけど。

181 :無名草子さん:2006/07/01(土) 23:14:03
>>180
勘違い人生はおまえのほうだろ

182 :無名草子さん:2006/07/01(土) 23:35:32
>>181
マイドコントされて幸せでつねw

183 :無名草子さん:2006/07/01(土) 23:56:40
春樹さんがリスペクトしてる作家は誰がいますか?

184 :無名草子さん:2006/07/02(日) 00:32:54
C・Wニコル

185 :無名草子さん:2006/07/02(日) 16:16:56
色川武大

186 :無名草子さん:2006/07/02(日) 17:30:19
フィッツジェラルド

187 :無名草子さん:2006/07/09(日) 18:08:49
>>164
 村上春樹のジャズ評論に限らず、
実際やってる人と、そうでない人の意見って違うよね。
 
 あんまり春樹と関係ないけど、俺はジャズ批評みたいな雑
誌愛読してるプレイヤーじゃないジャズ評論家の人って生理
的に受け付けないんだけどそういう人っている?評論家イズム
っていまいち理解できないんだけど。

188 :無名草子さん:2006/07/09(日) 18:51:42
そもそもジャズを聴くのは好きだけど、評論まで読んで聞きたいとは思わないからなあ
そんなの面白くないじゃない?
どこかで目に触れた文章に、たまたまジャズの事が書いてあったら読むけど。

189 :無名草子さん:2006/07/09(日) 19:48:44
>>187
春樹のジャズ、龍のサッカー/モータースポーツ批評って
できない/理解できない人の思いこみが強すぎてイタイよなあ。
結局小説もそのレベル(世界観)で構築されてると分かり
一気に萎えました。
正直今は鼻で笑う感じになってしまった。

190 :無名草子さん:2006/07/09(日) 23:24:06
ま、好きにせよ嫌いにせよ、彼の意見など何千何万という主観の
一つに過ぎない事を分かっていればいいんでないの?
「俺だけが正しい」という過剰な自意識は、見てて不快。

191 :無名草子さん:2006/07/09(日) 23:40:34
>>190
ならこのスレ来るなよヴァカ。

192 :無名草子さん:2006/07/10(月) 22:17:07
叩くばかりで村上を越える作家を紹介してないのがワロスw
お前らほんとに本読んでるのか?

193 :無名草子さん:2006/07/10(月) 22:39:34
>>192
オマエこそ本読めよ。
ひょっとして馬鹿?
村上以上の作家なんかゴロゴロいるじゃん。


194 :無名草子さん:2006/07/10(月) 22:51:30
>>193
じゃ、後学の為にも教えてください

195 :無名草子さん:2006/07/10(月) 22:56:29
>>193
ゴロゴロいるのはわかった。
ゴロゴロしかいえないのもわかった。

196 :無名草子さん:2006/07/10(月) 23:04:13
キモ春樹ヲタ
スタインベックでまず読んでからもの言え、馬鹿。

197 :無名草子さん:2006/07/10(月) 23:23:55
>>196
最初からそういう風に具体的に書けよ。
反論にもならない煽りだけじゃ見ててつまんないんだよ。



198 :無名草子さん:2006/07/11(火) 02:37:52
ドスト読めよ

199 :無名草子さん:2006/07/11(火) 09:23:27
>>198
たぶん、村上ファンはドフトエフスキーを読んでるんじゃないかな?
春樹自身ドフトエフスキーのファンだし、春樹の作品内にも度々
名前が出てくるし。

200 :無名草子さん:2006/07/11(火) 23:11:13
今、ノルウェイの森読み終えたけど…最後どうゆう事なんだろ

201 :無名草子さん:2006/07/11(火) 23:21:49
>>200
あれは傍観者でいた僕が最後に拒絶され
絶望の淵に立つという意味らしいYO!

202 :無名草子さん:2006/07/11(火) 23:25:46
んなこたーない。

203 :無名草子さん:2006/07/12(水) 18:27:51
ノルウェイの森…まぁ引き込まれる話だったような気がする。
今はカフカ読んでる…

204 :無名草子さん:2006/07/15(土) 15:01:13
Mr. Childrenの「Pink〜奇妙な夢」って、世界の終わりが元ネタなの?

205 :無名草子さん:2006/07/15(土) 19:04:16
>>204
まさか〜! あんな程度の低いものを元ネタにするなんてあり得ません。

206 :無名草子さん:2006/07/15(土) 20:04:04
まるでMrChildrenは程度が高いとでもいうかの様な発言だな。やれやれ。
春樹もミスチルもうさんくささは50歩100歩だと思うけど。
ただまぁうさんくさくても騙されてみたい願望が人間にはあると解釈してる。

207 :無名草子さん:2006/07/15(土) 21:25:23
確信犯のさんくささなら、ニヤリとしてしまうが、
自覚無いままのアレだからねえ、、、春樹さん?

208 :無名草子さん:2006/07/15(土) 23:44:40
能力の無い人間の、思わせぶりなだけの芸の無い、つまらない批判。
見苦しい自己顕示欲。そして欲求不満。

傍から見ると「ゴミがある。汚いなあ。」
という思い以上のものはもたらさない。

209 :無名草子さん:2006/07/16(日) 17:04:30
春樹もミスチルも好きだから、もしピンクの太った女の子が元ネタなら嬉しいんだけどな。

210 :無名草子さん:2006/07/27(木) 21:29:14
カフカとノルウェイ読んだけど、他に村上さんのおすすめの本ありますか?

211 :無名草子さん:2006/07/27(木) 21:30:40
半島を出よ

212 :無名草子さん:2006/07/27(木) 23:08:19
龍なら69と、愛と幻想のファシズムっしょ。

213 :無名草子さん:2006/07/28(金) 00:51:32
>>210
「風の歌を聴け」「1973年のピンボール」「羊をめぐる冒険」「ダンス・ダンス・ダンス」をこの順番で。

214 :無名草子さん:2006/07/28(金) 01:15:48
ユミヨシさん>キキ>ユキ

215 :無名草子さん:2006/07/29(土) 00:26:46
私はカフカとねじまきが好きですね。中田さんのキャラがかなり好きです。村上春樹の世界特有の言い回しや情景の表現に引かれます。性描写や暴力的な場面が少なくはないにも関わらず下品に感じられない所が読んでいて感じました。

216 :無名草子さん:2006/07/29(土) 00:45:36
>>215
今まで人生不毛だと感じる事ありませんか?

217 :無名草子さん:2006/07/29(土) 01:01:17
私の人生不毛だらけですよ。不毛を感じない人間なんか存在するのかの方が謎ですよ。全ての人生不平等なので感じないまま天真爛漫に生きている人もいるのでしょうが、少からず私は不毛を感じますよ。

218 :無名草子さん:2006/07/29(土) 01:03:16
>>217 
つ ビールとパスタとサラダ

219 :無名草子さん:2006/07/29(土) 01:17:50
自分の親と同世代なのに、何故ここまで世界観が違うのか…やれやれ。

220 :無名草子さん:2006/07/29(土) 01:31:48
家の食卓に出てきたサラダと言えばミカンの缶詰やリンゴの薄切りがマヨネーズで混ぜ込まれた物だしパスタなどとは程遠いナポリタン(麺うで過ぎ)です。私はボンゴレやら何しろケチャップ風味以外のアルデンテが食べたくても母の世界にその様なメニューは存在しなかった…

221 :無名草子さん:2006/07/29(土) 01:38:25
>>271=220? 悪いけど、何故あーたの人生が不毛なのかが、もう判っちゃったよ。

222 :無名草子さん:2006/07/29(土) 01:39:20
あ、>>217=220?か、ごめん。

223 :無名草子さん:2006/07/29(土) 01:46:55
>>220
なんだかオカンパワー感じて和ませて頂きました。
そういうのいいと思うよ、まじで。

224 :無名草子さん:2006/07/29(土) 02:00:45
ならどんな理由?全く知らない人間の内面をいくつかの文面を読んだだけで解ったのなら彼方は余程優れた分析力の持ち主ですね。ただ一言、彼方が感じたであろう私の不毛の理由なんてものは私の中のどれ程度の物かは謎だと言う事。簡単に他人の内を見抜いたなんてちょっと

225 :無名草子さん:2006/07/29(土) 02:05:59
大体そのような事が書かれるだろうなと思い屁りくだって書き込んでみたらこれだもの…

226 :無名草子さん:2006/07/29(土) 02:09:37
>>224
この人阿呆だなと思って、皮肉っただけなのに真に受けて必死になって・・・・あなた^^;
とまあ、「そんな人だろう」って憶測ドンピシャでしたね。
つまり狭い世界観を絶対正義と思いこんでる狭量な自分に気が付かない
不毛な人生を送っている人ってことです。
ごめんね、攻撃的でさ。

227 :無名草子さん:2006/07/29(土) 02:21:54
彼らは山を崩して海を埋め立て、そして僕らの砂浜が失われた。
この喪失感が彼に対するシンパシーです。

228 :無名草子さん:2006/07/29(土) 14:12:01
【シングルモルト】
シングル・モルト12号店
http://food6.2ch.net/test/read.cgi/sake/1152437954/l50
グレンフィディックについて語ろう
http://food6.2ch.net/test/read.cgi/sake/1149427219/l50
マッカランについて語ろう
http://food6.2ch.net/test/read.cgi/sake/1034827310/l50
アイラ モルトについて語るスレ 7本目
http://food6.2ch.net/test/read.cgi/sake/1147541545/l50
■■ラフロイグでマターリかたりませう2本目■■
http://food6.2ch.net/test/read.cgi/sake/1144858529/l50
☆ボウモアを愛する人のスレ☆
http://food6.2ch.net/test/read.cgi/sake/1090076557/l50
アードベッグはほぼ麻薬
http://food6.2ch.net/test/read.cgi/sake/1144343574/l50
ラガヴーリン
http://food6.2ch.net/test/read.cgi/sake/1148823751/l50
ギネスをチェイサーにラフロイグを飲る
http://food6.2ch.net/test/read.cgi/sake/1145200243/l50


229 :無名草子さん:2006/07/29(土) 14:46:39
>>226
人の振り見てなんとやらだな

230 :無名草子さん:2006/07/29(土) 14:57:51
>>229
同感。
別に荒れ板でもないところへ、普通に書き込んでる人にわざわざいちゃもんつけるなんて、精神的によっぽどのヴァカだな。

231 :無名草子さん:2006/08/09(水) 11:37:55
>>229-230
しーっ!
本人は毒舌気取ってるんだからそんな事言っちゃダメッ!絶対ダメ!

232 :無名草子さん:2006/08/16(水) 19:06:06
つか、春樹を越える作家が居過ぎて挙げられないんじゃないの

233 :無名草子さん:2006/08/16(水) 19:08:17
>>232
居過ぎて挙げられないって、どんな言語障害ですか?

234 :無名草子さん:2006/08/16(水) 19:17:40
>>233
何かだるいんでマジレスするけど、言語障害とか全然関係なく
ただ単に自分が知ってる村上春樹以上の作家全部挙げるのがめんどいだけ

235 :無名草子さん:2006/08/16(水) 19:35:19
誰が全部挙げろと?

236 :無名草子さん:2006/08/16(水) 19:48:44
>>235
じゃ、宮部みゆきを超える作家を挙げてみて

237 :無名草子さん:2006/08/16(水) 19:56:03
>>236
夏目漱石

238 :無名草子さん:2006/08/16(水) 20:03:40
>>237
夏目漱石は良いね 読んだこと無いけど バーカ!

239 :無名草子さん:2006/08/23(水) 13:27:23
ワロス

240 :無名草子さん:2006/08/23(水) 19:05:59
ちょww
厨すぎwwwwww

241 :無名草子さん:2006/08/26(土) 12:33:53
>>27
最近、違う意味で有名になっちゃったな。

242 :無名草子さん:2006/08/29(火) 15:11:34
ジョニー・ウォーカー・バンドウ!!

243 :無名草子さん:2006/08/29(火) 18:30:26
【盗作3バカ】スレに

田口ランディ本人後輪中?! 盗作犯人同士がバトル中!!w




244 :無名草子さん:2006/08/29(火) 18:43:39
春樹くんは夜の9時には寝ちゃうんだってね。健康のために

245 :無名草子さん:2006/08/29(火) 20:47:53
春樹の顔は中年無職wwwwwww

246 :無名草子さん:2006/08/29(火) 20:57:55
右脳と左脳の話は面白かった
あとは普通で 損したとは思わないな。

247 :無名草子さん:2006/08/29(火) 21:11:57
春樹さーん。生きてて楽しいですか?

248 :無名草子さん:2006/08/29(火) 21:26:32
安部きみふさ最強

249 :無名草子さん:2006/08/29(火) 21:28:53
春樹君。もう寝る時間でしゅよ。寝ないとお尻叩きますよ!

250 :無名草子さん:2006/09/02(土) 00:06:40
俺大好きなんだ
孤独つまり独りでいることを肯定してくれる気がする
こんな俺が今後世界が広がる作家を教えて

251 :無名草子さん:2006/09/04(月) 06:24:53
福永武彦でも読んでたらいいよ

252 :無名草子さん:2006/09/04(月) 18:39:52
>>243
そのスレ凄い。盗作で賞金500万円泥棒だと!佐藤亜紀って奴
    盗作本「バルタザールの遍歴」

ここ
 ↓        
【盗作3バカ】田口ランディ/ 佐藤亜紀 /篠原

本人後輪!! 盗作犯人同士がバトル?!



253 :無名草子さん:2006/09/12(火) 01:10:47
春樹になら抱かれてもええ。男だけど・・・


254 :無名草子さん:2006/09/20(水) 20:47:59
春樹は童貞顔

255 :無名草子さん:2006/09/22(金) 01:06:30
村上春樹が一流の文筆家であるのは疑いようのない事実であるが、一流の
小説家であるかと問われると答に窮する。

256 :無名草子さん:2006/10/04(水) 07:07:30
村上春樹以下の作家が見つかりません

257 :無名草子さん:2006/10/04(水) 12:45:23
>>256
太宰治とか

258 :無名草子さん:2006/10/04(水) 12:46:32
春樹以下の作家は龍だけwww

259 :無名草子さん:2006/10/04(水) 12:58:32
俺は読書家ではないけど村上春樹だけは好き。
自分の中に静かに降りていく感じがいい。
春樹の小説は合う人と合わない人にわかれる気がする。

260 :無名草子さん:2006/10/04(水) 13:02:52
読んだことないけど、オススメあります?

261 :無名草子さん:2006/10/04(水) 14:16:49
まずはノルウェイあたりが

262 :無名草子さん:2006/10/04(水) 16:00:25
せっかくまだ一冊も読んでないんだから、年代順に読むべき。
「風の歌を聴け」

263 :無名草子さん:2006/10/04(水) 19:57:52
風の歌を聴けはあんましお勧めできないけどなぁ・・・
少し変わった小説だし、騙されやすいし、挑発的だし。
俺だったら短編の神の子供たちは皆踊るでサクッと入って欲しい

264 :無名草子さん:2006/10/04(水) 20:04:06
春樹さんの小説は苦手だけどエッセイは大好きです

265 :無名草子さん:2006/10/04(水) 20:14:34
春樹は文章がナルシストじゃないからいい

266 :無名草子さん:2006/10/07(土) 16:14:23
世界の終わり・・・今更ながら読みました。


267 :無名草子さん:2006/10/08(日) 08:42:27
>>266
で、どうだっった?

268 :無名草子さん:2006/10/09(月) 14:08:34
カンガルー日和とか読んだけど、よくわからなかった。
誰か解説してくれ。

269 :無名草子さん:2006/10/09(月) 14:36:53
春樹の小説に出てくる男が嫌い。気取ってて女からパコパコやってくれるのを待っている。

270 :無名草子さん:2006/10/10(火) 14:51:30
>>268
短編読む前に「若い読者のための短編小説案内」を読むことを勧める。
小説を読む姿勢みたいなのがわかって直接的ではないけど、
短編を読み解くキッカケを掴むのに役立つと思う。

271 :無名草子さん:2006/10/10(火) 18:41:01
>>1
つ椎名誠

272 :無名草子さん:2006/10/10(火) 20:06:24
>>265
ナルシストじゃないですか・・・そうですか・・・

273 :無名草子さん:2006/10/10(火) 20:39:29
>>265
クマー

274 :無名草子さん:2006/10/12(木) 11:46:11
一応はっとく
村上春樹氏著作に早くもプレミア…ノーベル文学賞12日発表

 ノーベル文学賞が12日午後1時(日本時間午後8時)、スウェーデンで発表される。
村上春樹氏(57)の日本人3人目となる同賞受賞に期待が高まっているが、メディア露出がほぼ皆無の同氏の動向については、大手出版社の担当編集者も「分からない」と口をつぐむ“トップシークレット状態”。
だが大手書籍店では「全店舗で村上さんの著作を一か所に集めてフェアを行う」(紀伊国屋)など日本人3人目の受賞に向け準備を進めている。

 また神田の古本街では著作がすでにプレミア物に。ケヤキ書店によると「『中国行きのスロウ・ボート』の限定本が5万程度の相場から10万円くらいに跳ね上がっている」という。
「受賞が決まったら初版本などは値段が上がるかも知れない」と話した。なお村上氏はサイン会もめったにしないため、「直筆サイン本の値段は計り知れないものになる」という。

275 ::2006/10/16(月) 13:26:00
>>259
本をろくに読まない人には合うんだろうね


276 :無名草子さん:2006/10/26(木) 18:23:22
村上を超える作家というよりも、村上が登場しなければ、存在しなかった作家の一群(現在繁盛している)を考えると、村上春樹は村上春樹的作家の創設者ということになる。その観点から村上春樹を評価することも可能である。

277 :無名草子さん:2006/10/27(金) 00:20:22
ダンスダンスなんですが牧村拓の「書生のフライデー」はなぜフライデーなんですか?

278 :無名草子さん:2006/10/29(日) 02:11:18
>>276
例えば誰?

279 :無名草子さん:2006/11/04(土) 23:35:46
川端康成とか徳川家康

280 :無名草子さん:2006/11/05(日) 03:36:34
授賞式で村上さんがカフカか誰かの言葉を読み上げていましたが
どの一節だったか、わかる方いますか?
聞き逃してしまったので・・・。

281 :無名草子さん:2006/11/10(金) 16:14:44
そういう何にでも依存する性格嫌いだね。

282 :無名草子さん:2006/12/20(水) 22:15:21
あ、見つかりました。
ありがとうございます。

283 :無名草子さん:2006/12/24(日) 14:54:07
誘導されたので来ました。
ID:a7d6c2aOさんは未だでしょうか?

284 :無名草子さん:2007/01/14(日) 16:13:12
安部公房に結局、たどり着く。

285 :無名草子さん:2007/01/20(土) 13:07:08
海辺のカフカはウンコという単語が100回ぐらい出てきたので
読後感はもうウンコしか残ってませんでした

286 :無名草子さん:2007/01/21(日) 22:54:22
村上春樹>>>>>>椋鳩十>>>>灰谷健次郎

287 :無名草子さん:2007/01/21(日) 23:41:54
島田雅彦は?


288 :無名草子さん:2007/01/21(日) 23:52:10
>>286
その3人、同一線上に並んでない。

289 :無名草子さん:2007/01/22(月) 00:16:21
村上春樹、村上龍までが最後の文学。
島田雅彦が完全に文学の終りを告げる作家。

例えば、村上龍と対談した柄谷行人は

たとえば、君と坂本龍一が議論していて、君が佐世保の基地でコカ・コーラを初めて飲んだときのことを語ると、坂本が、いやコカ・コーラなんて別になんとも思わなかったといっている。
しかし、それは坂本がコカ・コーラを飲んだときは60年代だからですよ。
僕らが子どものときは、コカ・コーラは特殊なものでした。
いっぺん飲んでみたいて思いましたね。
あのころは、コカ・コーラにはほんとうにコカが入っていると思っていましたから(笑)
しかも、僕の実感では、あれは今のコカ・コーラと絶対違うんです。
今のものは砂糖水でしかない。

290 :無名草子さん:2007/01/22(月) 00:26:47
で、コカ・コーラが特殊だった世代の村上龍は坂本龍一との対談で

最近の作家ってそういう意識はないんだよね。
自分のフィールドをきちんと確保しなきゃという思いもないし、昔の人が確立したフォーマットがあって、そこに新しいルーズソックスの女の子とか、丹下左善のところに暴走族とかを入れてるだけだからね。
食い破って出てくるという意識はないんだもん。
そういう意味では、日本近代文学ってとーっくに終ってるんだよね。

291 :無名草子さん:2007/01/22(月) 00:35:55
で、コカ・コーラが特殊だった時代の村上龍から10年近く年下の島田雅彦の作品では

おっかなびっくり存在している世界は極めて抽象的な世界である。
ルネッサンス時代の画家がこの世界を見たら、三日三晩熱にうなされて、熱がさめた頃キュビズム絵画を生み出しただろうと予想できるほどだ。
(略)
このままでいれば破滅するし、このままでいなければ破滅するという不安をどうすることもできないのがこの世界の人々だ。
彼らに必要なのは「私」も「人間」も「世界」もとうの昔から幻だったことを悟ることだろう。
「私」は幽霊になり、「人間」は人形になり、「世界」は影になってしまったのだ。

と、近代文学の必須条件である「私」「人間」「世界」を全否定している。

292 :無名草子さん:2007/01/22(月) 00:54:13
春樹の作品はまだ「人間」と会話してる感じだけど、「人間」が人形になるという島田雅彦の意識は『僕は模造人間』『認識マシーンへのレクイエム』という作品タイトルからも分かる。
あと、「世界」が影になるというのは『天国が降ってくる』から。

293 :無名草子さん:2007/01/22(月) 02:37:54
椋鳩十の凄さは動物の気持ちがわかること
これについては春樹はおろか、灰谷健次郎でさえ、いや、タナカさんでさえ敵わないと思う
そう、あのタナカさんでさえ椋鳩十には敵わないのだ。

294 :無名草子さん:2007/01/22(月) 02:43:42
タナカさんて誰?

295 :無名草子さん:2007/01/22(月) 03:12:16
海辺

296 :無名草子さん:2007/01/22(月) 04:08:37
×タナカ
○ナカタ

297 :無名草子さん:2007/01/22(月) 13:02:57
やってもたorz

298 :無名草子さん:2007/01/22(月) 21:34:22
>>250 孤高の作家  丸山健二

299 :無名草子さん:2007/01/23(火) 04:36:28
>>298
丸山健二はいいね。
島田雅彦は何を読んでも何が面白いのか解らない。というか
完読することすらできない。

300 :無名草子さん:2007/01/28(日) 19:10:19
>>272 ナルシストの気はあっても作品に昇華出来ているんだったらいいんじゃね。

ナルシストで昇華も出来ない奴の自己満足文章は気色悪いから
普通にベストセラーになることはない。

301 :無名草子さん:2007/02/01(木) 07:51:47
村上春樹(特に、世界の終わり、羊、ねじまき鳥、カフカ)が好きなんですが、こんな雰囲気の作家は他にいますか?漠然としててすみません。いたら教えて下さい。

302 :無名草子さん:2007/02/02(金) 22:36:27
フョードル・ミハイロビッチ・ドストエフスキー

303 :無名草子さん:2007/02/06(火) 19:19:43
国内にはいないでしょう。

304 :無名草子さん:2007/02/06(火) 23:01:42
わたせ せいぞう

305 :無名草子さん:2007/02/14(水) 14:49:58
安部公房は?

306 :無名草子さん:2007/02/23(金) 21:12:36
北方謙三を読め

話は、それから、だ

307 :無名草子さん:2007/02/23(金) 22:27:54
ぶっちゃけて言うと、いくらでもいる。
W村上は他の作家に比べて耽美性というかお洒落センスがあったので、バブル人としても持ち上げやすかったのでしょう。

308 :無名草子さん:2007/02/23(金) 22:36:42
ただ、村上作品が80年代90年代を代表する表現であったのは確かなコト。

309 :無名草子さん:2007/02/23(金) 23:43:04
俺は本なんかあまり読まない人間だったが、ノルウェーの森を読んで衝撃を受けたね。
小説にこんな力があるなんて思わなかったよ

310 :無名草子さん:2007/02/28(水) 05:51:18
本なんかあまり読まない人間だからだと思われ

本を読む人間なら村上読んでも衝撃受けようがないよ

311 :無名草子さん:2007/02/28(水) 05:52:36
俺は音楽なんかあまり聞かない人間だったが、ミスチルを聞いて衝撃を受けたね。
歌にこんな力があるなんて思わなかったよ

312 :無名草子さん:2007/02/28(水) 09:36:08
>>265
春樹はナルシストだよ

313 :無名草子さん:2007/02/28(水) 12:54:08
自分が今まで読んで凄いと思った小説は
小学生時に読んだスウィフトの『ガリバー旅行記』、スティーブンスンの『宝島』
中学生になってから読んだ三浦綾子の『氷点』
高校生になって読んだ芥川龍之介『地獄変』、村上春樹『世界の終りとハード・ボイルド・ワンダーランド』
大学生になってから読んだ大岡昇平『野火』
だった。
村上春樹のセンスが抜群なのは分かるのだが、大人の読むモノではないかと。
特に、三浦綾子の『氷点』の印象が強いし。
それに、超えるもなにも春樹文学はカート・ヴォネガット・ジュニアとレイモンド・カーヴァーを抜きにしては成り立たないと聞く。

314 :無名草子さん:2007/03/02(金) 09:03:20
じゃ、他に衝撃を受けた作家をあげろっつーの

315 :無名草子さん:2007/03/02(金) 09:09:41
春樹は神

316 :無名草子さん:2007/03/02(金) 10:58:16
そんなー、ミスチル以外のいい曲なんてないわよ
あったら教えてよ、あの衝撃、あの声。。。


・・・・・・・ウザ
文学語る資格なんて「そ・も・そ・も」ないから w

317 :無名草子さん:2007/03/02(金) 11:31:09
そもそも板違いだから

318 :無名草子さん:2007/03/02(金) 12:39:03
春樹の美的センスは凄いと思うが、人生とかドラマとか葛藤みたいなものは書けないだろう。
まあ、川端康成とか谷崎潤一郎とか、日本の有名な作家でも大体そんな感じだけど。
川端の『雪国』とか谷崎の『細雪』も、今の時代に書かれてたら、キモヲタ向け萌え小説じゃんとか言われても不思議はない。
例えば、村上龍もショッキングなモノを書くが、あれはどことなく絵画的というか映像的なモノでショッキングじゃないんだよね。
芥川龍之介の『地獄変』とか泉鏡花の『外科室』とかみたいなドラマ的なショッキングさはない。
あと、春樹の夢と現実がリンクする感じも、安部公房や筒井康隆なんかが既にやってたりする。

319 :無名草子さん:2007/03/02(金) 12:48:25
ただ、総合的にみれば春樹は筒井より美しいモノを書けるし、村上龍よりドラマを書けるし、谷崎より夢想的な世界を書けるというのはある。

320 :無名草子さん:2007/03/02(金) 13:06:04
小川洋子の『寡黙な死骸 みだらな弔い』は小川特有の潔癖症的なセンスを春樹的な夢想世界で描いて、ダークにした感じでこれは完成度高いと思った。

321 :無名草子さん:2007/03/02(金) 13:55:42
春樹氏の描く風物(ブルージーンっていう言い方とか)は自分と世代が違うので
リアル感に乏しくてそこがなんか良かったんだけど(想像とかふくらんで)
最近の作品でレディオヘッドとかリアルなものが出てくるようになったのには
すごく違和感を感じたな
作品に出てくる風物のリアルさと物語の内容の現実感のなさにどうもなじめなかった 

322 :無名草子さん:2007/03/04(日) 07:37:21
シドニーのはしばしに出てくる言い訳っぽい後日譚がなんか嫌だった。
もう少し気楽に書いてくれor書いたら面白いのにって思う時がちょいちょいある。

323 :無名草子さん:2007/03/04(日) 10:05:32
春樹の表現とか世界観は好き。
でもストーリーが下手なのは人気作家としては致命的。

324 :無名草子さん:2007/03/04(日) 18:07:04
前衛芸術家であり小説も書く赤瀬川源平(ペンネームは尾辻克彦)なんかも昔は春樹的な作品を書いてた。
日本版画史に残る版画家の池田万寿夫が村上龍的な作品を書いたりするのに近いものがある。

325 :無名草子さん:2007/03/04(日) 21:55:52
 べたな選択だけど、ここんところ読んだ小説は「ダ・ヴィンチ・コード」」「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」「壬生義士伝」。
 まあ、ブックオフで105円でまともそうな本を探したらこうなった。
 で、感想だけど、壬生>>世界>>ダ・ヴィンチですな。ダ・ヴィンチはあまりに安っぽいストーリーで、聖杯伝説の興味だけで釣っている。これがベストセラーになったほうが不思議な本だった。
 世界は春樹の作品としては成功作だと思う。と云っても私が春樹作品を読んだのは「ノルウェイの森」が新刊で出た時期以来で、作者の作品を俯瞰できるような者ではないけど。
 ノルウェイ以前は全作品を読んでいたと思うが、〈恋愛小説〉は私に向いていないのか、あの本で春樹から遠ざかってしまった。私の小説入門は福永武彦の「草の花」だったので、この手の分野にはつい過剰な期待を抱いてしまうんだろう。
 壬生は読みかけですが、これはもしかして名作なのではないか?小説読みの楽しみを満喫しています。浅田次郎恐るべし。

 読了していない段階で云うのもなんですが、浅田>村上(論外ダン・ブラウン)。

326 :無名草子さん:2007/03/05(月) 02:20:29
浅田次郎も凄い作家ではあるね。
春樹は80年代のポップがそれだけでラディカルな感覚だった時代じゃないと分からんのかもしれない。

327 :無名草子さん:2007/03/05(月) 02:26:45
あさだ?ただの雑文書き

328 :矢印くん ◆Ripvkk4JmM :2007/03/05(月) 02:28:53
さすが一般書籍板。馬鹿しかいないね。

329 :無名草子さん:2007/03/05(月) 08:41:04
>>328
おまえがいるからじゃないの?

330 :無名草子さん:2007/03/05(月) 11:26:24
『1973年のピンボール』は明らかに大江健三郎の『万延元年のフットボール』を意識してるでしょ。
この時点で、春樹が大江を超えたかっていうとそうでもない。
そして、大江が南米文学を超えてるか疑わしいように、春樹がアメリカ文学を超えてるかも疑わしい。
更に、20世紀の南米文学が19世紀のロシア文学を超えてるかも疑わしい。
そもそも、近代文学が前近代における神話を超えてるかも疑わしい。

331 :無名草子さん:2007/03/05(月) 17:08:49
別に越えなくていいじゃん。
日本は後進国なんだから文化の翻訳だけしてればいい。
うまく翻訳できれば宗主国からご褒美がいただけます。

332 :無名草子さん:2007/03/05(月) 17:13:28
いや、もっとおもしろい小説ないか?ってことでしょ

333 :無名草子さん:2007/03/05(月) 22:41:39
 物語として面白いか。
 ある典型の人物を描けているか。
 文体。

 前に書き込んだ 浅田>村上 の人ですが、20歳から小説読みを趣味にしたと仮定してももう30年、私の基準です。

334 :無名草子さん:2007/03/06(火) 18:53:58
>春樹がアメリカ文学を超えてるか

って www
それは「裏原宿のストリートデザイナーがちょっと人気あるからって
バレンシアガを超えたとか妄想してる」のに似てるよ w

335 :無名草子さん:2007/03/08(木) 21:54:34
ハァ?
春樹ごときが篠田先生に敵うわけねぇだろwwww

336 :無名草子さん:2007/03/13(火) 01:52:52
早くカラマーゾフの兄弟に匹敵するぐらいの作品を書いて欲しい

337 :無名草子さん:2007/03/13(火) 19:04:01
>>1
スティーブン・キング

338 :無名草子さん:2007/03/13(火) 19:11:08
>>1
超える作家ばかりだから 悩みが多くて翻訳に逃げた

宮部や金城を比較に持ち出してどーするw全然ジャンルが違う

やれやれ

339 :無名草子さん:2007/03/17(土) 02:45:32
>>306
檻 が傑作だと聞いたので読んだが、うんち だったぞ。

340 :無名草子さん:2007/03/17(土) 02:46:25
>>309
あんたは、ただ手コキフェチなだけ、心配するな。

341 :無名草子さん:2007/03/20(火) 07:07:21
age

342 :無名草子さん:2007/03/20(火) 08:45:50
スティーヴ・エリクスンはアメリカの春樹。

343 :無名草子さん:2007/03/25(日) 17:36:56
このスレの大部分はどうでもいい話だけど、少しだけ参考になるレスがある

344 :無名草子さん:2007/03/25(日) 18:00:47
どこのスレでもそう

345 :無名草子さん:2007/03/30(金) 15:44:31
安部公房の『砂の女』『箱男』には勝てまい。

346 :無名草子さん:2007/03/31(土) 00:31:41
>>336
ドストを侮辱すんなアホ

347 :無名草子さん:2007/03/31(土) 01:33:09
「春樹を超える現代日本の作家」の例で分かりやすいのは、水村美苗だと思う。
『本格小説』が新潮文庫になっているから、暇のある人は読んでみたら。
水村美苗に春樹のパスティーシュは出来そうだけど、逆は絶対無理。
文学的教養が違いすぎる。

348 :無名草子さん:2007/03/31(土) 13:07:12
>>347
しっかり学問として学んでる人だからね

349 :無名草子さん:2007/03/31(土) 17:15:04
 村上春樹をそんなに高く評価しているわけではないけど、創作と文学的教養は別だと思います。
また、パスティーシュは二次創作なので、まあ、インスパイアするだけの能力は評価するけどオリジナルを作れる能力の方を評価しますね。

350 :347:2007/03/31(土) 19:14:17
>>349
冒頭で「『春樹を超える現代日本の作家』の例」とはっきり書いてあるのだから、
水村美苗は「小説家」。
水村美苗のオリジナルな創作物である小説作品(『本格小説』など)が、
村上春樹の小説よりも段違いに優れていると個人的には思うので、例に挙げた。

パスティーシュはここでは主として文体模倣にアクセントを置いた作品模倣の意味。
「仮に」水村美苗と村上春樹が相互にパスティーシュを行ったとしたら(仮定の話ね)、
村上春樹には水村美苗の模倣は絶対に無理だろう、なぜなら水村美苗の文体を模倣するには
かなり高い水準の文学的教養が必要だが、村上春樹にはそれが無いからだ、という意味のことを
述べたわけ。

上記のことより(当たり前だけど)、水村美苗は「オリジナルな創作」能力において、
村上春樹を超えていると俺は思うわけです。ご理解頂けましたら幸いです。

351 :無名草子さん:2007/04/01(日) 16:45:41
水村美苗って、話作りは「上手」そうだけど、いい意味での「アク」がなさそう。
アマゾンのレビュー見た印象。

個人的に村上春樹超えている作家といわれたら筒井康隆か。

352 :無名草子さん:2007/04/01(日) 16:59:46
春樹以降、小説は文学ではなくファッションになったんだ。
いまさら文学としての小説なんか誰もよまないよ。
おっと、このスレの住人は例外ね、たぶん...

353 :無名草子さん:2007/04/01(日) 18:26:10
いつの時代もファッション

354 :無名草子さん:2007/04/02(月) 09:18:44
>>352
君の時代はもう終わったってことさ

355 :続満族:2007/04/03(火) 22:12:24
>>1の作品を3人とも全く読んだことがないんだが
優れていることが語りたいなら分析結果を語って欲しい
それを信用するかどうかは別問題だが

356 :無名草子さん:2007/04/04(水) 07:42:58
1年半前の投稿にレスするなんて、なんてロマンがあるんだろう。

357 :無名草子さん:2007/04/05(木) 20:17:10
やっぱ春樹のエッセイの若い頃の女絡みの話は全部嘘なのかね
あの顔じゃ真実味なさすぎ

358 :無名草子さん:2007/04/05(木) 22:07:16
>>357
鏡で自分の顔見ながら言ってください

65 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)