5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ここで小説書いてもいいですか?

1 :ユウキ:2005/11/06(日) 22:36:21
ダメ?

2 :無名草子さん:2005/11/06(日) 22:45:50
良いよ。

3 :ユウキ:2005/11/06(日) 22:47:56
ホントにいいんですか?

4 :無名草子さん:2005/11/06(日) 22:48:14
糞スレ立って良スレ落ちる

5 :ユウキ:2005/11/06(日) 22:58:24
かなさはなやらはまな
なかたあなはら
かなたかなはやわまやわ
なかあかさ
あかしはかにたいや
にひりきにみ
以下高仲へらやな湯

6 :無名草子さん:2005/11/06(日) 23:06:53
それなりの覚悟と文才を持ってのぞんでください

7 :無名草子さん:2005/11/07(月) 11:48:25
いつもと変わらない風景、訛りの酷い言葉で昨日観たテレビ番組や数学、古文の課題について笑い声をあげ2月という真冬にもかかわらず、彼女らはスカートを短くし赤くなった足を前へ前へと押し出しチラチラと降る雪をものともせず高校へと向かって歩いていた。

8 :無名草子さん:2005/11/08(火) 08:50:11
東北は秋田奥羽山脈の威厳ある山々が連なるそんな土地で素足で歩くなど馬鹿げている。誰しもが思うだろう。その短くしたスカートの女子高生の一団の中に異端児とも呼べる彼女がいた。一人だけスカートを長くし短いスカートの一団の中で一際甲高い笑い声をあげている、

9 :無名草子さん:2005/11/08(火) 09:19:57
彼女の名は―ただSとだけ呼ぼう。Sの夢は漫画家という字の通り夢見がちな子供だ、自分には才能が在ると思い込むのはいつの時代の少年少女にもありがちだ。『夢より現実!金稼いで飯にありつかなきゃ生きてけん!』事など余り考えもしないで今を生きている、

10 :無名草子さん:2005/11/08(火) 15:22:29
雪をすくい…なんて情緒あるものではない、雪を鷲掴みにして軍手を穿いた手でぎゅうぎゅうに丸め登校途中だというのに雪合戦が始まった。鼻や耳朶は寒いというより痛く感じる。「ば〜が、んがよげんなや〜」避けなければ顔面に雪玉が当たっていた、

11 :無名草子さん:2005/11/08(火) 16:29:45
避けた弾みで道路脇の杉にぶつかりSの頭に雪が降り落ちてくる、そんな事さえ日常茶飯事だ。雪にまみれ少女達はやっと校門を潜る、校舎の前に教師達が立ち一人一人に声を掛ける。「おはよう、おめがだあんまりはしゃぎすぎなや〜、スカート短くしてあげばさんびべで〜」

12 :無名草子さん:2005/11/08(火) 17:52:03
改行を工夫してもらえると
ボク読みやすくなる

13 :無名草子さん:2005/11/08(火) 18:09:22
「先生おはよ〜俺がだ若ぇったいに寒びぐねんずや〜」
少女の一人はカラカラと豪快に笑う割に足は震えている
箒を持った生徒が次々と校舎へ入ってくる雪まみれの仲間をバサバサと箒を打ちつけ雪を払ってくれる。
雪を払わないとすぐに廊下が溶けた雪で滑りやすくなってしまう、

14 :無名草子さん:2005/11/08(火) 19:29:39
濡れた廊下をはしゃいで転ぶ生徒は必ず1日に一人はいる。少女達もその内の一人に何度もなっている
一時限目は数学だ。数学が得意な者でない限り酷く憂鬱な1日の始まり
だがこの高校は実に上手いシステムを数学という分野に関しては作っていた

15 :無名草子さん:2005/11/08(火) 20:39:02
二クラス男女合計で約60人の生徒達を数学という分野がとても得意 まぁまぁ得意 とても不得意
単純に言えば、良い、普通、馬鹿の3クラスに分けて授業を展開していた。少女達の一団は一部を除き馬鹿のクラスで授業を受けているのは言うまでもない事だろう。馬鹿のクラス担任教師の名はK馬鹿な女子高生と勉強をする意識はテスト前だけという男子高生

16 :無名草子さん:2005/11/09(水) 00:36:36
良スレ?

17 :無名草子さん:2005/11/09(水) 01:28:33
それらを束ねるには相当な力を要求されるだろう。
少女達はまだ肩に雪を載せながら三階までダラダラと階段を上って行く、一年は四階二年は三階三年は二階というように、学年が上がるにつれ階段を上る苦労も減るというのに
「あ〜こえぇな〜、なして三階まで上がんねばねんずやな」などと口々に文句を垂れる。

18 :無名草子さん:2005/11/09(水) 17:52:00
三階には二年A組、B組、選択教室、専門学科の教室と図書室、トイレ 視聴覚室、別棟に通じる廊下、別棟には女子専用のトイレと生徒会室家政科教室パソコン教室がある。三階へ着いたら少女達は選択教室へと入り、

19 :無名草子さん:2005/11/09(水) 20:21:27
雪玉が着いた軍手を脱ぎ、上着を脱ぎラジエーターの栓を開けその上へポンポンと置いてゆく、一人がバッグからアルミホイルにくるんだおにぎりをラジエーターの上へ置きおにぎりが温まるのを待つ駅前の店で買ったパンを頬張る娘もいる。
その時選択教室のドアが開いた、ドアを開け入って来た少女は色白で華奢な躰をしている

20 :無名草子さん:2005/11/09(水) 20:30:40
二重に黒目がちな目、淡い紅色の唇
走って来たのだろうハァハァと息が荒い、突然朝の挨拶も言わず美しく整っているそのな顔からは想像もつかない訛りで切り出した。
「なぁ〜っちょ、誰かライター持ってね?忘ぃで来ちまった〜」少女達の一団がおはようと口々に言いながらがブレザーの制服ポケットに手を突っ込むと少女達全員がライターを差し出した。

21 :無名草子さん:2005/11/10(木) 01:34:04
「ライター位持ち歩げで〜」
「何?学校来て早々煙草だが〜?」
一番近くの机に腰掛けていた少女に礼を言い彼女が言った。「ばがが、んがんどうぢだっきゃ顔作らねばねんずや〜」
と言いバッグをあさり化粧道具の入ったポーチの中からビューラーを取り出し手慣れた様子でライターに火を着けビューラーを軽くいぶった。

22 :無名草子さん:2005/11/10(木) 02:58:42
で、読んでる人いるの?

23 :無名草子さん:2005/11/10(木) 04:24:20
読んでますん

24 :無名草子さん:2005/11/10(木) 04:35:32
ageるなクズ

sageなら読んでやらん事も無い。

25 :無名草子さん:2005/11/10(木) 04:46:23
エロが足りんな

26 :無名草子さん:2005/11/10(木) 08:45:21
いぶったビューラーをプンプンと振り指先で温度を確かめ睫に当て力加減を微妙に調整しながらカールさせてゆく
睫に夢中な彼女の後ろに立ち櫛をいれ薄い茶色の髪をとかし一人の娘が聞く
「今日はどんた感じさせばいんず?丁髷?それとも三つ編み?普通?」
睫をいじりながら彼女が応える
「可愛ぐなれば何でもいいや〜」

27 :無名草子さん:2005/11/10(木) 08:56:57
「ゴメン、それ無理。」
姿を隠していたら田舎のオバチャン集団が井戸端会議で上げている様な高笑いを彼女らが発した、高校二年というのは昔から言われている様に箸が転んでも面白がる事が出来るらしい。
「よし、目力オッケェ、ファンデファンデ塗りたくらねば」
睫は気に入る出来になったらしい


28 :無名草子さん:2005/11/10(木) 10:32:36
笑た

29 :無名草子さん:2005/11/10(木) 12:04:59
今のところ文章の面白さで読ませる。
飽きたらダメかもな。

30 :無名草子さん:2005/11/10(木) 12:52:49
創文板池

31 :無名草子さん:2005/11/10(木) 15:55:21
「なぁ、香水貸して」
Sが言った。
空中にサムライが舞う、キャッチし「どもども」と言い別棟の女子トイレへと向かった。
トイレには何人か同級生がおり朝の挨拶もそこそこにMarlboroメンソール100に火を着けた
換気扇を思い切り回しているので吹雪の温度を直接感じられる。


32 :無名草子さん:2005/11/10(木) 17:03:51
491 名前: 名無しサンプリング@48kHz [sage] 投稿日: 2005/10/28(金) 10:36:15 ID:udBolw7/
GS使ってる連中は過去の遺産がある奴らが多い感じだな
AKAIやEMUの読み込みはCDエクストラクトで行けるし
まだまだ現役で頑張ってもらわないと困る。

まあ不安定でムカツクのは確かだけど
正直相当数のgigサンプルを買っちまったからもう後には引けん
他サンプラーは互換が悪くてまだ使う気になれないしな。
492 名前: 名無しサンプリング@48kHz [sage] 投稿日: 2005/10/28(金) 12:59:40 ID:x6pdy2YH
>>491
俺は結局GS96 2.5使い続けてる。。


33 :無名草子さん:2005/11/10(木) 17:04:22
491 名前: 名無しサンプリング@48kHz [sage] 投稿日: 2005/10/28(金) 10:36:15 ID:udBolw7/
GS使ってる連中は過去の遺産がある奴らが多い感じだな
AKAIやEMUの読み込みはCDエクストラクトで行けるし
まだまだ現役で頑張ってもらわないと困る。

まあ不安定でムカツクのは確かだけど
正直相当数のgigサンプルを買っちまったからもう後には引けん
他サンプラーは互換が悪くてまだ使う気になれないしな。
492 名前: 名無しサンプリング@48kHz [sage] 投稿日: 2005/10/28(金) 12:59:40 ID:x6pdy2YH
>>491
俺は結局GS96 2.5使い続けてる。。


34 :無名草子さん:2005/11/10(木) 17:31:52
ドラッグなんかやめろ。

35 :無名草子さん:2005/11/10(木) 18:25:49
冷気もかなり混じっているだろう、少女は紫煙を吐き出す
「Sちゃんそろそろ予鈴鳴るよ」
トイレにいた少女の一人がSに注意してくれた、Sは煙草を窓のアルミサッシで揉み消し借りて来たサムライを躰中に振りかける。
「匂う?」
「髪が匂うなぁ〜ワックス付けて誤魔化せばバレねど思うよ」
どう考えても誤魔化し切れていないが少女は余り気にせずワックスを渡してくれた。

36 :無名草子さん:2005/11/10(木) 18:40:22
中途半端にヘタなひとりよがりの文章丸出しだな。

ただ在り来たりの単語を並べて
淡々と状況を説明してるだけだから面白みの無い文章になっちゃうのよ。

37 :無名草子さん:2005/11/10(木) 18:49:44
ワックスを掌に乗せクシュクシュと髪に馴染ませる。髪を整えSはワックスを返しながら少女達と共に教室へ向かい歩いて行く
選択教室を覗くと皆顔作りに熱心な様子だ。
成る程、素の眉毛のない顔に眉毛が書き込まれていたり、一重だった少女は二重になり目が綺麗に開かれている。
Sは二重を見て羨ましくなった。
「アイプチ貸してよ」
と言うと
「アイプチな訳ねぇべ、スティック糊とピン留めで工夫工夫、裏ワザ裏ワザ」

38 :無名草子さん:2005/11/10(木) 18:51:07
おーい、一応板違いなんだからsageろよ。

39 :無名草子さん:2005/11/10(木) 19:00:14
文章が軽薄だな

40 :無名草子さん:2005/11/10(木) 21:49:43
VIPでやれ

41 :無名草子さん:2005/11/10(木) 22:33:31
2ちゃんねるのど真ん中で自分の作品載せるなんてとてつもなく勇敢だね
しかも板違いなのに

尊敬sage

42 :無名草子さん:2005/11/11(金) 01:36:29
予鈴のチャイムが鳴り少女達は焦った。
充電していた携帯を乱暴にバッグの中へ突っ込んだり、顔作りを急ぐ。
一人の少女が廊下を窺う、廊下の向こうから3人の教師が歩いて来る。
「来た、急げ!」
軍手と上着をラジエーターの上から引ったくり選択教室を少女達が飛び出す。


43 :無名草子さん:2005/11/11(金) 01:41:20
こりゃ、リアル厨房だな

44 :無名草子さん:2005/11/11(金) 02:36:35
いいんじゃない。
たくさん書くことにだってたぶん意味はあるよ。
どんどん書こう。上げよう。

45 :無名草子さん:2005/11/11(金) 03:06:18
どっかに小説を書く板がなかったっけ
書きたいならそこで書けば?
これじゃあ荒らされても文句言えないよ
だって君の小説は明らかに「一般書籍」じゃないからね

46 :無名草子さん:2005/11/11(金) 07:42:20
>>44自演乙
ここの住人の大半が読書家だってのに勇気あるな。
厨房は怖いな

47 :無名草子さん:2005/11/11(金) 08:36:31
それぞれの教室へと入り、3人の教師も自分の担当するクラスへと入る。
「おはよう。今日は誰も休んでねぇな、ホームルーム始めるな〜」と言いながら担任教師が席の一列目にプリントを配り始めた、プリントの内容は
『イメージキャラクター名募集』だった。
生徒達が苦笑する。二等身のナマハゲが二人描かれている
「ナマちゃんハゲちゃんでいんじゃねすかこれ」
男子生徒が笑いながら言った。

48 :無名草子さん:2005/11/11(金) 08:48:04
担任教師はニヤつきながら言った。
「審査員が、生の禿だからそんな名前にしたら選んで貰えねぇぞ」
「先生〜ナマちゃんハゲちゃん以外浮かばねぇで〜」
生徒が茶化す。
「商品でんの?」
教師が首を捻りながら言った、
「商品は思い出だろうな」
ふざけるなとばかり生徒達が囀り出した「んたものいらね」「うだでぇで〜」


49 :無名草子さん:2005/11/11(金) 10:28:34
ニー速でやれ

50 :無名草子さん:2005/11/11(金) 19:17:22
創作板でやれよ

51 :無名草子さん:2005/11/12(土) 18:55:37
本鈴が鳴った、
「まずいいがら放課後までに名前考えて提出せな」
担任教師はグダグダと騒ぐ生徒を制し話した。
数学の授業がすぐに始まる。数学教師達が早々と教室に入って来る、急いで教科書や筆箱ノートを脇に抱え習熟度別に別れた教室へ生徒達が急ぐ。
担任教師は数学教師が入って来る前に雑事を言い生徒の顔を見て
「今日だばさんびったいに、窓開けたぐねべばって換気せよ空気こもれば風邪引きやすぐなるんたいに」


52 :無名草子さん:2005/11/12(土) 19:20:11
2ちゃんねらーの辛辣な意見を聞くことで、自分の文章力を高めようとかそういう目的で書いてるの?

とにかく創作版へ行け
せめてsage進行にして、人目につかないようにしろ

53 :無名草子さん:2005/11/12(土) 21:56:58
自分の書いたものを読み直せ。

前:無名草子さん[] 投稿日:2005/11/07(月) 11:48:25
いつもと変わらない風景、
訛りの酷い言葉で昨日観たテレビ番組や数学、
古文の課題について笑い声をあげ2月という真冬にもかかわらず、
彼女らはスカートを短くし赤くなった足を前へ前へと押し出しチラチラと降る雪をものともせず高校へと向かって歩いていた。

風景のあとは句点にするしかない。
課題について声をあげという表現は酷くまずい
スカートを、からの修飾関係が明瞭でない

こういうのを駄文という。
いくら書いても、お前の文才は伸びないだろう。
勉強が嫌いだから。
字を並べれば小説だと思うのは大きな誤り。
まず、全ての学科にガリ勉して学力を身につけろ。話はそれからだ。

お前の唯一買えるところ、それは何かを始めて見たことだ。
つねにそれを忘れず、力がつけば、そして運がよければ、なにかが書けるかもしれない。


54 :無名草子さん:2005/11/13(日) 05:28:19
すでに書いているじゃあないか、なにかをさ。
文才つけるために勉強して書いた、見たことあるようなものよりも、
いまのきみの文章のほうが興味深い。
どうぞ続けてください、ああだこうだ、しながら。

55 :無名草子さん:2005/11/13(日) 10:49:38
だからそういうことやりたきゃ創作文芸板へ行けって言ってんだよ!
ボケ!

56 :無名草子さん:2005/11/13(日) 12:22:32
と換気の注意を促してくれた。
「馬鹿は風邪引がねぇがらよ〜」
小憎たらしい口を聞きながら担任教師に声を掛けそれぞれの習熟度別教室へと向かって行く。
この教室は2年A組だ習熟度別教室では馬鹿のクラスである。
馬鹿クラス担当の数学教師KがA組担任教師とすれ違いに挨拶をしながら教室へ入って来た。
生徒達はKの姿を見て急いで自分達のクラスへ向かう、馬鹿クラスの生徒達は移動せずに済むのでのんびりとしている。

57 :無名草子さん:2005/11/13(日) 13:09:40
あーうyんちうんちうんちぃぃぃぃぃ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

58 :無名草子さん:2005/11/13(日) 13:45:58
マジで図々しいな
自分個人のスレを関係ない板に立てて、おまけに自らage続けるって…



こいつって単に自己顕示欲のみで書いてるんだと思うよ。

59 :無名草子さん:2005/11/13(日) 16:37:12
Pan Sonicの『kesto』。
かなりヤヴぁい。
CD1はMerzbowとの競演の影響がもろに出た感じかもしれない。

あとは海外勢ブレイクコア界隈のやつらがやっていることは
それなりに前衛的な電子音楽として見ると、エレクトロニカって言ってもOKだよね。
ブレイクコア側からして見ると、アカデミズムやオシャレさんが流入するのは
うっとうしく思われるのだろうけど、やつらは面白いよ。

一番だめな兆候としては聴衆たちが「エレクトロニカはこんな音」という
明確なカテゴリーを自分自身の中に持ってしまったことだろうね。
IDMと一緒で「今までに無い音」、「今までなされていなかった機材の使い方」が
生み出した音楽がエレクトロニカだったはずなのに、単純にカテゴライズしてしまった。
上記のMorr風やプチプチ、クリックという作風が単なるひとつの手法だったはずなのに
聴衆の目的、求めるものとなってしまって固定化してしまったのはマズイ。


60 :無名草子さん:2005/11/13(日) 16:42:42
uzeee

61 :通行者:2005/11/14(月) 04:46:11
しかも、ここで書く、とスレタイに掲げてある。
これは当然、一般書籍板の皆さんの、こういった書き込みを想定してのことでしょう。
何が皆さんの心をこんなにも刺激するのか、私にはわからないけれど、
これらの声高な反響も 『ここで小説書いてもいいですか?』 プロジェクトの一部を成すのであれば、
もうすこし建設的な批判なり、批評をしてはどうでしょうか。
どう見ても、ここに小説を書き続けることが、スレタイから逸脱している行いとは思えないしw、
スレとして独立し、他スレに影響を及ぼすことのない完結した断絶地での営みを
わざわざスレを開けて腐しに訪れるとは、どういったことなのでしょう。

62 :無名草子さん:2005/11/14(月) 05:52:55
スレ主は人の言うことに耳を傾けようとしないやつだから、
にちゃんの常識も知らないんだね
板のテーマに合わないスレは禁止されてるんだよ
ここは一般書籍板だから、一見小説全般に関わりあるように思ったのかもしれないけど、
一般書籍って、世の中に出回ってる読み物のことを言うんじゃないかな
君のこの小説は違うだろ

だから創作文芸版に行けよクズ

63 :無名草子さん:2005/11/14(月) 06:57:04
Www

64 :無名草子さん:2005/11/14(月) 10:06:44
>>61自演ばっかだなお前www
小説書くなら創作池。これはルールだ。
普通図書館で歌ったりしないだろ?それと同じなの、解る?
リア厨には解らないかwwwwww

65 :無名草子さん:2005/11/14(月) 10:25:47
voynich

66 :無名草子さん:2005/11/14(月) 12:42:39
Kが教壇の上にあった紙を笑いながら一瞥し、
「よっす。授業始めんぞ〜」
と号令を促した。生徒達はKを見てニヤつき
「ナマちゃんおはよ。」
やら
「ハゲちゃん、おっはー」
と声が掛かる。
教室の中はまるで風俗嬢の控え室と言って過言ではない香水やらファンデーションの臭いが鼻に付く。
Kが「臭ぇなぁ」と呟きながら窓を勢いよく開けた。
「っさびぃっ。ハゲ!んが窓開げなや」女子高生が叫ぶ、

67 :無名草子さん:2005/11/14(月) 15:52:24
>>61
スレ立てが多くなると他のスレッドを圧迫して落としてしまう
他スレに影響しないことはない
板違いが増えると元々板にあったスレッドが無くなってしまう
他の利用者から見れば十分迷惑

68 :無名草子さん:2005/11/14(月) 19:16:06
内容はスレタイに合ってる。


でも誰もが言ってるが、スレが板に合ってないだろ。
板の注意書きくらいは読め。
お前みたいなやつの身勝手のせいでかわいそうな地味な良スレが次々に消えていくんだぞ。
忙しい仕事や学校からやっと解放されて、数週間ぶりに仲間に会おうと2ちゃんねるを覗いたら、
クソスレの氾濫のせいで交流の場だったスレが消滅して、ガッカリするやつのことを考えてやれ

69 :無名草子さん:2005/11/14(月) 21:03:16
はい、止めます。
第一ここは元々>>1さんのスレでした。
一目見てクソスレだと思い、私の稚拙な文章力にブチ切れて皆様がこのスレを荒らして早々に1000を獲てdat落ちさせようと目論んでおりました。
もう私がageる事は有りません。
住人の方々大変申し訳有りませんでした。

70 :無名草子さん:2005/11/14(月) 21:41:48
ムリヤリすぎる言い訳ワロスw
アゲチャオット

71 :54=61:2005/11/15(火) 05:01:14
みなさま、ご意見お寄せくださり、ありがとうございます。>>61です。
はじめに、おことわりとして申しますが、>>54>>61>>1ではありません。

個人名義の創作スレがこの板に立った違和感から、このスレに注目していました。
>>1さんの殊勝と熱意を見ていたのですが、
>>53さんの的確な、私にとっては納得のゆく、励ましの書き込みにたいし、
その文章の強さを、いささか中和できればと>>54を書き込んだ次第です。

が、かえって油を注ぐ結果となってしまいましたね。
その後の暴言レスに向け、>>61を書いたのですが、私自身無用に、少し熱くなっていたようです。
申し訳ありません。




72 :54=61:2005/11/15(火) 05:04:53
つづきです。
>>67>>68さん 得心いたしました。ですが、まさに箸にも棒にもかからないスレが(レス数も多くが10未満で)、
着実に落ちて行くことを鑑みて、この真摯な挑戦を許容することはできないものでしょうか。
一般書籍板に書く、という事が>>1さんにとって必要だったのではないでしょうか。
もちろん、ルールに反しているわけですから、批判、叱責をうけるのは当然ですが。

さて、スレ主でもない私が、なぜこのスレをこうも擁護しようとするのか、私自身わからないのですが、
私の書き込みが余計な波風をたて、皆様にご迷惑をおかけした事をお詫びいたします。
ほんとうに何をやっているのだか。
特に>>1さん、いや、本当にごめん、最悪の荒らしは、おれだ、ごめんなさい。
懲りずに、がんばってください、書き上げることも大きな勉強だ。

>ボケ!、クズ、自演ばっかだなお前www 、リア厨には解らないかwwwwww
見知らぬ他人に向けて、このような言葉を吐くのは、どうかとおもうよ。

長文失礼いたしました。 皆様のご健勝をお祈りいたします。w





73 :無名草子さん:2005/11/15(火) 06:18:03
ネット上で何を語っても自演と言われてしまいますが、
私は削除依頼の仕方を知りませんでした。
ですから上に書きましたように、勝手ながら少しでも皆様の感情を逆撫でさせて戴きたく思っておりました。
反論をさせて戴きますと、私は自分の駄文以外は発言しておりません。
擁護してくださった方々大変失礼いたしました。
私のような者に対して叱責までして下さった方々失礼な態度を取り続けお詫びの言葉もありません。

74 :無名草子さん:2005/11/15(火) 18:19:29
DAYS 駆け抜けた日々に 今問いかける EYES 幼い瞳は 何を映してきたの
心響かせていた物を 失いながら大人になる
忘れかけていた感情が 君と出逢いこの両手に溢れて
高く舞い上がる未来に 笑顔の君を見た たとえ明日が見えなくても 夢は捨てずにいて
転がる石ころを蹴飛ばして 切り裂け閉じた運命を you can fly
DIVE 追憶の海へ 想いを馳せて LIVE 生きてゆくことの 意味が分かればいいね
夕焼けに映える帰り道 すでに面影も無くなった
二度と戻らない思い出を 次は僕が君のためにあげよう
深く沈みゆく世界を 羽ばたく君がいた 人の流れに飲まれても 変わらずいて欲しい
乾いたアスファルトを踏み出し 抜け出そう自由の空へ you can get free
Loving you tell me when you to will fly I just will now your dream
高く舞い上がる未来に 笑顔の君を見た たとえ明日が見えなくても 夢は捨てずにいて
小さなその手がいつか強く 輝く時を信じてる you can fly 果てしない未来へ


75 :無名草子さん:2005/11/18(金) 02:46:35
もう書かないの?続き見たいんだけど…

76 :無名草子さん:2005/11/18(金) 10:10:35
駄文ですよ?
皆様に恥じなければならない者が続きを書いても宜しいでしょうか?
先に語った通り私は自らの駄文で皆様を煽る目的で書いておりました。
そんな人間の書く駄文にこのようなレスが付くとは…


77 :無名草子さん:2005/11/18(金) 16:47:03
>>76
書いてよ
お願い!

sageでやれば基地害も沸いてこないと思うよ

78 :無名草子さん:2005/11/18(金) 19:39:57
基地外の方はいらっしゃらなかったと思います。
兎にも角にも幾度となく申し上げております通り私は乗っ取り厨です。
何より>>1様に許可を頂きたいです。
1様がただスレ立てバックレ厨の輩でしたら、板違いを承知の上駄文を垂れ流しさせて戴きます。


79 :無名草子さん:2005/11/18(金) 23:05:48
何このスレ…

気味悪いよ…

80 :無名草子さん:2005/11/19(土) 04:08:16
>>75です。
>>77さん変わりに返答して頂いた様でありがとうございます。
〉書き手さん。返答遅れてしまって申し訳ありません
もし貴方が>>1でなくとも私は続きが見たいです。
貴方が>>1ではないとすると>>1の文章の続きをその場で考え、
即興で書き始めた小説と考えてよろしいんでしょうか?
色々な意見が出てますが、すでに私や、>>77さんや、途中支援なされていた方等、
楽しみにしている人が現れてきてます。
その時点で既にこのスレは成り立っていると思われます。
>>1さんが立てたスレとはいえ貴方が書いてはいけないとは私は思いません

81 :無名草子さん:2005/11/19(土) 04:19:18
>>80の続きです。
2ちゃんねるのルールの基本は「見た人が楽しめる書き込みをする」ですし、
貴方が見る人を煽る目的で書いているとしてもなんら問題はないと思います。
スレ主以外は書き込み禁止というルールもありません。
書き込みたい人が自由に書けばいいと思います。
板違いという意見がありましたが、私はそうは思いません。
そもそもスレを書き込みするという行為と小説を書くという事は
自分の主張を書き込むという意味で全く同じですので、
小説を書いてはいけないというルールもありません。

82 :無名草子さん:2005/11/19(土) 04:28:24
>>81の続きです。
よって、このスレを続ける事によって他のスレが落ちても貴方には責任等一切ありません。
スレが立てばスレが落ちる。
この繰り返しで2ちゃんねる自体成り立ってるのですから。
以上の理由から貴方がこのスレに小説を書き続けても何ら問題はありません。
既に私を含め楽しみにしている方が待ってます。
貴方が小説を書く事が2ちゃんねるのルールに一番則ってると思うのです。
長くなって申し訳ありませんでした。
続きを楽しみにさせて頂きます。

83 :無名草子さん:2005/11/19(土) 06:46:10
賛成。

84 :無名草子さん:2005/11/19(土) 20:37:29
「黙れ、おめんどぇなしたってそんたに顔塗りたくるのや?」
Kが冷ややかにそしてごく普通の問いかけをした。
少女達は一斉に喚く「めんけぐなりてぇがらや、Sとは違ってな」
KがつとSを見る。Sは確かに化粧していない。
「おめ方Sば見習えでぇ。」
SはKの言葉を聞き反論した。
「ハゲ俺ばめんけぐするったばハリウッドの特殊メイク連れで来ねばねぇもの」
自分を醜女と卑下しながらKにタメ口する。
化粧話を余所に携帯が鳴った。

85 :無名草子さん:2005/11/19(土) 22:17:28
始まった!続き楽しみ!

86 :無名草子さん:2005/11/20(日) 18:29:23
少女の一人がKに謝りながらメールを確認し吹き出しながら声をあげた。
「ちょ〜っマジ受けるんですけど〜っ秋田高校さ猿侵入したどや」
声をあげた少女からの突然のニュースにKも少女達、男子達もつられて声をあげる。
今日は授業にならないだろう事が簡単に予想された。
続けてもう一つの携帯が鳴った。
「いゃあ参ったな、秋田高校って頭良いのにそんた報告聞けば馬鹿みんたく思える、今度は何侵入したのや?」
Kが茶化しながら携帯を鳴らした娘に聞く、
聞かれた娘は笑いながらメールを確認する、笑い声は消えた。
「隣の高校で3組目の寿退学」
教室に 笑い声の絶えなかった空間に 鋭い刃が予告無しに振り下ろされた。
「マジで?誰が?」男子生徒の一人が少女に聞く、
話題を余所にSは呟く
「羨ましいな…。」誰にも聞かれてはいないし誰かに聞かせようと思った訳でもない。
ただ呟いた。

87 :無名草子さん:2005/11/21(月) 01:44:06
男子生徒が声高に
「ヤリマンが子供作るのは当たり前だぁ〜」男子生徒に対し息巻きながら女子生徒は反論する。
「好ぎだ奴ど童こしぇるんだよ?なしたってヤリマンどが言えるのや!おめんど童貞だばエロ本でしか知らねぇべばってな」
数学の授業がかなり露骨な保健体育になるとは、思いもよらなかったがKは諦めた。
昨日微分積分は馬鹿にも分かる様に授業展開したし昨日の様子を思い出す限り、馬鹿達もかなり理解はしていた、大丈夫だろうと思い込む事に決めた。
何よりも今時の子供の性に対する本音を聞いてみたいという大人の興味心が湧いていた。
しかしSは性の話題は出来る限り聞きたくは無かった。
愛は無い男との行為を思い出してしまう上、己の体について嫌でも考えなければならないからである。

88 :無名草子さん:2005/11/21(月) 11:50:06
中国の許可とって書いてるんですか?
とってないでしょ

89 :無名草子さん:2005/11/22(火) 10:04:47
―カラオケで「モー娘」を歌い終え上機嫌な少女を余所にSは次曲を歌う為マイクを手にした。
「中島みゆき」場の空気を読めない選曲をよく出来るものだ。
だが友人達はSの空気の読めない選曲にはとうに諦めている何度言っても「中島みゆき」を譲りはしないからだ、
しかし彼女なりに気を使うのだろう。
場を読めない選曲は一曲だけにして一曲を歌い終えると皆に合わせて流行りの歌を歌ってくれる。
イントロが流れ出し歌手になった気分のSに男からのメールが来た。
焦りながら皆に謝りカラオケを中断しソファから煙草とバッグを奪い取る。
─スパンコールと羽根飾りをつけて今夜も私の出番が来る─
男はカラオケ店の前へ居るらしい。
─ありえない様な御伽の駅から今夜も男達旅立って行く─
急いでエレベーターのボタンを押すがエレベーターは来ない。
─二文字砕けた 呼び込みのネオンが おかげで故郷の綴りと似てしまった─
階段を降りる事にした。よく考えると急ぐ必要は無い。
─霧の深い夜は大好きよ5メートル先にあの日の夢達が映画みたいに映る─
階段を降り化粧室に入り髪を整え、自動ドアへ男の元へ歩き出す。
─WWW夢は57セントWWW一度足を上げる値段夢から夢へ綱渡り シュガー シュガー砂糖菓子─
男は車内で煙草を吹かしている。

90 :無名草子さん:2005/11/22(火) 12:29:51
う〜ん。。。歌詞を掲載しても良いのだろうか?
歌詞を使うことで君の伝えたい事を理解は出来るけど丸投げしてる(?)感は
否めないなぁ・・・
君は幾つだい?

91 :無名草子さん:2005/11/22(火) 17:36:08
駄目だよ。他人(中島みゆき)の言葉に頼っちゃ駄目
自分の言葉で伝えなきゃ!!
君が本気で小説家になりたいなら人の言葉を引用してはいけないよ
そりゃあ楽だし簡単に伝えられるよ?
でもそんな風に簡単に頼っちゃ駄目!!
君の言葉を聞かせてよ、君の言葉で綴るからこそ小説として成り立つんだ。
駄文でもなんでもいい、君が伝えたい事は君の言葉を通すからこそ
見ている人の心を打つんだ。
この言葉を反芻してみて、少なくとも君は僕の言葉を理解できるはずだ。
忘れないで書き続けてね。
もう書き込む事は無いけど最後までROMって見守らせてもらうよ。

92 :無名草子さん:2005/11/25(金) 01:21:44
JKLFがほWHぎZHXFぎあしRGはいWYてぃZHFDぎHじゃじGHじおPFHG
KLCVJBZXふぃGHしPDRぐぎDFDJGXDKJほSDつY9およJZDRそJFZどP
KLCVBKXJびおPXJFPぎおJXCふぉPJKBCJBKZXJFぎおSDJGせうH9あせう
MLCVんBKJDHぎDFSZHぎKZRDHJぎえるG9DRすHじょえすY80QY4680うHGしえ
KXCFGJHKXDJGぉDJRごSじょXふGじょFDZHSぎおHFXZKGBんZDSKGJZSKG
JKCXFKL;GSDKLRGへS9いゆTW89RSGJKんKFんぎKFDHぎせひぃひFRHげおRWぴゅH:P
KSLDFGKSHりぱせうRPつZRどJごGLZDFJごSDRJごSづY@せうYJS
KLFZJGSKZんぎかHんちPく49あRJそきJがせろJごZXRJごさJりょぷFどPじゃSろYじょJだSR
KZDFXがSHRちおYTG90あZSRKGHそPJBVXこHKS@PDTJK@ZDFぃKHPS@DKHげあ
JKCVXBZんDFKGJさえぴるごZFDPすGじょSPDRJごさDRJごJGぉPGDZRPKRY@YSW「
KL;XDFJKGSJDRKRJたえしおPじゅGFX9おPJGSD;おJGFZXどJGそDFJGSどJろJR
XLFKJGKZFDHんKGぁれひPつSDPろうおPDHんけJHGKSDFJXCBJLんXJGKHLXZDK;GHLZSD
XZFKLGKLSDFGひおPSDRHち9うVGHKJFZDぉGJFZDL;GじょLZFJごせぷY:9SDTJHごLSDJとGSD
KXFLCZK;LZDFJGほSGHじおZFJXごJZFPSDごあJろぐJXFっどLBZFDぉGJSどRGじゃSDろHJSD
ZFXKMLHGかHSぎあHSろいPがほPたるおGZふぉJBFVKDJXZごJSDFぞGJそRGじゃ@WR
ZJLFGLさHぎあSHRPぎおうあSRどPつがおSPRJごPSDFJごZじょPJFG:ぞ;FJGSDJGそぴJY
ZFMKGKSFDGぴおSJぽSGDじょPRTぐX:ぽGHS:DGHぞJHそDRじょPSDR:おJPせR
XKFLDJGKさJTごぺJぽぐDSR:PつぇRぽとPXじゅGほPSD:PYぐあえSPTY:お;DZろ;GKDF@GS
ZKFLXG

93 :無名草子さん:2005/11/25(金) 01:23:00
埋め

94 :無名草子さん:2005/11/25(金) 01:23:36
ウメ

95 :無名草子さん:2005/11/25(金) 01:24:19
うめちゃうよ、いいね?

96 :無名草子さん:2005/11/25(金) 01:25:15
あああああああんんんN うめうえめ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

97 :無名草子さん:2005/11/25(金) 01:26:07
今度小説家いたら正式に削除依頼を出すのでそのつもりで。

98 :無名草子さん:2005/11/25(金) 01:27:03
おっと、タイプミス。
「小説書いたら」ね。

99 :無名草子さん:2005/11/25(金) 01:40:29
>>1
ダメです。

100 :無名草子さん:2005/11/25(金) 01:44:07
>>97>>98
貴方はここまでスレをちゃんと読みましたか?
邪魔しないでくれますか?楽しみにしてるんだから。
書き手さん、荒らしは気にしないで続きお願いします。

101 :無名草子さん:2005/11/25(金) 01:48:11
>>100
>>97-98と書くのも知らないのかね?

102 :無名草子さん:2005/11/25(金) 01:54:02
>>101
暇なんですね…可哀相に…
友達とかいないんですか?
頑張って孤独から脱出して下さい。
自分は、貴方の相手はもうしませんので…
早く友達作って下さい。

書き手さんこれからも頑張って下さい。楽しみにしてますから。
こういう荒らはスルーでいいと思いますよ。

103 :無名草子さん:2005/11/25(金) 01:55:44
>>書き手さん
荒らしでした。スイマセン。

104 :無名草子さん:2005/11/25(金) 02:00:25
晒しage

105 :無名草子さん:2005/11/25(金) 02:04:36
( ^ω^)

106 :無名草子さん:2005/11/25(金) 02:08:05
( ^ω^)自己満でキモい小説書いてんじゃねーよ

107 :無名草子さん:2005/11/25(金) 02:09:22
板違いも程々にしろ。
1は早く削除依頼出しとけよ。
糸冬了。

108 :無名草子さん:2005/11/25(金) 02:19:07
こんなスレはさっさと削除するか埋めてしまいましょう

109 :無名草子さん:2005/11/25(金) 02:19:57
うめ

110 :無名草子さん:2005/11/25(金) 02:21:59
( ^ω^)被害者面してんじゃねーぞ
板違いのルール違反の癖に

111 :無名草子さん:2005/11/25(金) 02:26:23
↑キモいなお前。粘着くんw
まっ、オレはどーでもいいが…
とりあえずお前キモいから笑えるよw
もっと頑張って粘着しろよw
キモいけどw

112 :無名草子さん:2005/11/25(金) 02:28:54
age

113 :無名草子さん:2005/11/25(金) 02:29:03
どうした?粘着くんw
もっと頑張って笑わしてくれよw
ファイト!
www

114 :無名草子さん:2005/11/25(金) 02:29:33
>>100 >>102
楽しみにしているならおまえが創作板にスレ立てるか
フリーのサイトでも借りてそこで書いてもらうようにしろよ
捨てアド晒してそこに送ってもらうとかさ
楽しみなんだろ? それぐらいのことできるよな?
そんな苦労もしないで楽しみだけ享受できると思うなよ!
おまえの勝手な楽しみのために板のルールをねじまけてんじゃねえよ!

あ、これ書き手とやらも同様な。どうしても書きたきゃ↑ぐらいのことはしろよな!!

115 :無名草子さん:2005/11/25(金) 02:32:28
↑面白くなってきたなw
その調子で頑張れ、キモ男w
ファイト!
オレは見てるぞ、ちゃんとw

116 :無名草子さん:2005/11/25(金) 02:32:52
>>114GJ

117 :無名草子さん:2005/11/25(金) 02:33:28
( ^ω^)俺3レスしかしてねーぞ
お前すげー嫌われてんな

118 :114:2005/11/25(金) 02:34:27
俺は顔文字の人とは違うのだが…
少なくてもこのスレには二人は反対派がいるってことか

119 :無名草子さん:2005/11/25(金) 02:35:41
>>114=>>116www
腹いて〜w
頑張れw
自演粘着キモ男w
ファイト!

120 :無名草子さん:2005/11/25(金) 02:37:20
小説とやらは全部スルーして読んでないが、
この流れはなんか面白いwので、埋め手伝いも兼ねて記念カキコ。
新たな爆弾投下待っているぜ。

121 :無名草子さん:2005/11/25(金) 02:39:01
お前バレバレだよw
いやいや、オレとお前の二人だけしかレスしてないからw
頑張ってw
ザ・自演粘着キモ男www

122 :無名草子さん:2005/11/25(金) 02:39:49
( ^ω^)俺は>>1も書き手も擁護派もvipperも全て同一人物に見える
どうなんだ?

123 :無名草子さん:2005/11/25(金) 02:40:53
どうした?自演粘着キモ男!
ファイトwww

124 :無名草子さん:2005/11/25(金) 02:42:19
>>119思い切り外れなんだが・・。オレは携帯からだしね。
悔しかったら串さしてみな

125 :無名草子さん:2005/11/25(金) 02:42:42
マジその顔文字キモいw
頑張ってw

126 :無名草子さん:2005/11/25(金) 02:43:58
まあなんにせよこうしてスレが埋まっていくのは結構なことです

127 :無名草子さん:2005/11/25(金) 02:45:08
創作板に逝かないでここに安住とは甘いよ

128 :無名草子さん:2005/11/25(金) 02:46:00
埋め

129 :無名草子さん:2005/11/25(金) 02:46:02
( 'ω')これならどうだ?
かわいいだろ

130 :無名草子さん:2005/11/25(金) 02:47:04
>>126
ワハハ

131 :無名草子さん:2005/11/25(金) 02:47:25
どうした?自演粘着キモ男w
ファイトw
もっと笑わせないと駄目だろ?
がんばれよw
友達いないんだろ?
www
がんばって友達つくれよw

132 :無名草子さん:2005/11/25(金) 02:48:35
>>129
wwwめんけぇなwww

133 :無名草子さん:2005/11/25(金) 02:49:25
その調子で頑張れよw
ブサイク自演粘着キモ男www

134 :無名草子さん:2005/11/25(金) 02:51:14
ブサイクwww
彼女つくれよw
自演粘着キモ男には無理?

135 :無名草子さん:2005/11/25(金) 02:53:20
リアルでもキモいんだろうなあw
ブサイク自演粘着キモ男はwww

136 :無名草子さん:2005/11/25(金) 02:54:35
( 'ω')擁護派vipperには悪いけどもう寝るよ
とっとと削除依頼出しとけよリア厨

137 :無名草子さん:2005/11/25(金) 02:56:03
おやしみ。オレも寝ようっと。

138 :無名草子さん:2005/11/25(金) 03:06:13
バレバレw
これからもがんばってw
見てるからさあw
自演粘着キモ男くんw
あ〜、馬鹿をからかうと面白いw
お・や・す・み・チュ〜〜〜ッ














ぺっ、ぺっ、きたねえな
キモいしw

139 :無名草子さん:2005/11/25(金) 03:10:10
あっ、その顔文字も変えといてね?
キモいからw

140 :無名草子さん:2005/11/25(金) 03:26:13
ウメ

141 :無名草子さん:2005/11/25(金) 03:29:33
埋め

142 :無名草子さん:2005/11/25(金) 03:36:32
じゃあオレも梅w
寝てないじゃんw
悔しいのは分かるけど、早く寝なさいw
自演粘着キモ男くんw
埋め作業もしっかりとやれよ?馬鹿くんw
お・や・す・み

143 :無名草子さん:2005/11/25(金) 05:34:10
うめ

144 :無名草子さん:2005/11/25(金) 05:53:42
上がっとるは埋められとるは最高な事が続いとるっちゃんね┐(´ー`)┌

何で擁護ん人は叩かれとるの分かっちゅうっちに書き手ば守ると?
守る価値なかやろ?それがいっちょん分からんちゃんね〜
歌詞ば載せて自分の言葉っちなか奴やろぅ。


145 :無名草子さん:2005/11/25(金) 07:41:03
↑だからあ、バレバレだってのw
懲りない粘着くんだなあw
まっ、次もがんばって笑わせてくれよw
馬鹿くんw

146 :無名草子さん:2005/11/25(金) 13:07:40
↑てめえ人の真似してんじゃねえよwwwww
猿真似しかできないのか?w
ホントキモいなww
馬鹿くんw

147 :無名草子さん:2005/11/25(金) 13:45:13
↑馬鹿がいる


















プッ

148 :無名草子さん:2005/11/25(金) 13:47:05
>>146
自演粘着キモ男がいる
















ププッ

149 :無名草子さん:2005/11/25(金) 13:50:30
>>146
友達いない可哀相な奴がいる





















プププッ

150 :無名草子さん:2005/11/25(金) 13:54:17
>>146
…………キ……






















……キモい……プッ

151 :無名草子さん:2005/11/25(金) 14:07:56
>>146
どうした?埋めるのが趣味なんだろ?
早くがんばって埋めろよw
見ててやるよ、その馬鹿っぷりをw
「埋める作業」がお前の友達か?













ブフゥッ

152 :無名草子さん:2005/11/25(金) 14:10:46
ふいに耳に落とされたチカの言葉に、僕は思わず目線を落とした。
小学生のような、赤いタータンチェックのプリーツスカート。
丸い骨が浮かんだ、やせぎすの白い膝。
右足のすねに、ぷくんと蚊に喰われた跡がある。
チカは笑いをかみ殺したように口をへの字にゆがめて、上目遣いで僕を見た。
ぴかぴかと光る瞳は、薄く灰色がかっていて、白目の部分が不自然なほどに蒼い。
たぶん、貧血なのだろう。皮膚の薄い頬は赤く高揚している。
「本当に?」
僕はそういったつもりだが、喉が変に乾いて言葉の形にならなかった。
「確かめてみる?」
チカは押し殺した声で睨むようにそう言った。

153 :無名草子さん:2005/11/25(金) 14:12:44
チカは毛細血管のように入り組んだ小道をすたすたと歩く。
丸く揺れる尻にどうしても目がいってしまう。
肩甲骨まで伸ばした、というよりも「伸びてしまった」というような
不揃いのまっすぐな髪がさらさら揺れる。
厚地のプリーツスカートは几帳面にアイロンがあたっているが、
夜目にも判るほどにそそけて古びていて、
「22歳」とふてくされたように吐き出した年齢とはまったく合わない。
白いシンプルな木綿のブラウスや、
珈琲色のカーディガンも僕を懐かしい気持ちにさせた。

154 :無名草子さん:2005/11/25(金) 14:16:05
↑いいねえw
がんばれw

















自演粘着キモ男くんw

155 :無名草子さん:2005/11/25(金) 14:19:01
「どこに行くの」チカはこたえない。
こたえずに、海水魚のようにするするといくつも路地を曲がって、
僕はたちまち自分の位置を見失った。
チューブの抜かれた自転車の残骸、苔に覆われた庭石、
半開きの小型冷蔵庫、ホース、エロ本の束、
路地にはあらゆるものが捨てられていて、僕は歩くのに苦労をしたが、
チカは慣れた足取りでひょいひょいとまたぎ、
そのたびに跳ね上がるスカートの下からのぞく肉の薄い白い腿と、
それに続いているはずの…さきほどの言葉が本当なら…白い連想は、
僕の中心をぎちぎちと痛ませた。

156 :無名草子さん:2005/11/25(金) 14:24:00
↑よかったなw
「埋める作業」という友達が出来てw
後でまた見にくるからしっかりやっとけよ?
サボッたら人間からサルに降格だぞw

157 :無名草子さん:2005/11/25(金) 14:26:56
どのぐらい歩いたかわからない。
いつの間にか、遅い月が出ていた。そろそろ終電がなくなる。
いや、それ以前にここがどこだかわからない。
大通りからもだいぶ離れてしまったようで、
東京の真中であることを忘れさせるほど、不自然に静かだった。
僕たちはいつの間にか、児童公園の中にいた。
ジャングルジムと、滑り台と、鉄棒と、砂場だけの小さな公園だった。
砂場の上には猫避けの緑色のネットが張られていて、
それは僕を少しだけ哀しい気持ちにさせた。
チカはゆっくりと振り向いて、「ここよ」と耳元で囁いた。
僕は月を見上げる。
中途半端に欠けた、レモン型の月が静かに光っていた。

158 :無名草子さん:2005/11/25(金) 14:34:41
あげていいですか?

159 :無名草子さん:2005/11/25(金) 14:37:40
チカはベンチに僕を座らせると、そっと頬をつけて、
「いい?触っては駄目よ。見るだけよ」と温かい息で囁いて、
既にくっきりと形を見せてしまっている僕の中心をするりと撫でた。
僕は思わずうめき声をあげてしまい、真っ赤になってうつむいた。
チカはくすくす笑って「我慢できる?」と小さな声で言う。
僕は子供のように頷いて、小柄なチカを見上げた。
月の光を背中に浴びて、チカの輪郭は青白く光っている。
チカはカーディガンのボタンをはずして袖を抜いてから、
「寒いかしらね」と独り言のように言って、ふたたび羽織った。
ブラウスの貝殻色のボタンを一つ一つ外してゆく。
白い木綿のブラジャーは、やはり子供のつけるもののようにシンプルだったが、
それは僕を妙に興奮させて、更に痛みを増した。

160 :無名草子さん:2005/11/25(金) 15:04:24
チカは背中に手を回して、ほんの少し難しいクイズを解く子供のような顔をして、
もぞもぞと動いていたが、やがてするりとブラジャーを抜き、
ぽん、と無造作に地面に捨てた。
僕は反射的に拾い上げようとしたが、チカは足でブラジャーを蹴り上げて、
「いらないからいいの」とちょっと怒ったように言う。
蹴り上げたときに、下半身は下着を着けていないことがわかった。
桃色が、一瞬だけ見えた。
心臓が、弾け飛ぶような速さで動いている。
僕は胸を抑える。抑えていないと壊れてしまいそうだ。
チカの胸は僕の手のひらですぽりと覆えるぐらいのサイズで、
野いちごのような小さな乳首が硬そうについている。
チカは胸元を広げて、見せつけるように両手で乳房を持ち上げる。
「痛い」
僕は思わず泣きべそのような声をあげてしまった。
「痛いよ。ファスナー外してもいい?」
チカはやれやれ、というように優しく頷いて、僕の膝元にしゃがみこんだ。

161 :無名草子さん:2005/11/25(金) 15:06:53
小学生のような痩せぎすの小さな身体と、古めかしい貧しい服装、
乱暴に切られたまっすぐの黒髪、青く光るアーモンド型の目。
唇は薄く、笑うとわずかに右上がりにゆがむ。
そこから覗く小さく揃った歯は、子供の頃に読んだピーターパンを連想させた。
「まだはえかわらない真珠のような歯」。
永遠の子供、ピーターパンを象徴する描写。
チカはくすくすと笑いながらファスナーを引きおろし、
冷たい手で僕を引っぱり出した。
「もう少し、いい子にしてなさいね」
月が僕の影を作る。僕は涙を浮かべている。
僕はこんなところで、こんな風にさらされて、いったい何をしているのだろう。
鼻の奥が、つん、と痛む。
息を吸い込むと、チカの甘いにおいがする。
左の頬に、チカの滑らかな頬の感触が残っている。
「いい?続きよ」
チカは立ち上がり、赤いスカートの裾に手をかけた。

162 :無名草子さん:2005/11/25(金) 15:49:14
僕は小学生の頃、スカートをめくって泣かせてしまった女の子を思い出す。
チカ、ではない。ミカ、リカ、…とにかく似た名前だった。
前日まで、他の女の子たちと同じようにきゃあきゃあ笑いながら、
「やぁめぇてぇよぉ」と甘ったるい抗議をしていたその女の子が、
急に顔をふせてめそめそと泣き出したので、
僕はあせるとかしまったとか思う前に、ただポカンと驚いて、
「なんで泣くんだよ」と真面目な声で言ってしまった。
「ひどーい」
女の子たちは群れになって僕を囲む。
背の順でいつも先頭を争っていたやせっぽっちの僕は、
丸々と肉の付きだした女の子たちに囲まれて、カエルのように怯えた。
あのときの恐怖は今でもよく覚えている。
じりじりと輪を狭める女の子たち。
「変態!!」「最低!!」「馬鹿!!」「助平!!」
ありとあらゆる罵倒を浴びせられて、僕はひと言もなくうつむいた。
なぜだ、なぜこんなことになったんだ。
昨日までは喜んで…そうだ、あの声と顔は喜んでいたじゃないか…
スカートをひるがえしていた女の子たちが、
鬼のような形相で僕を睨み、じりじりと迫ってくる。
…怖い…僕はぎゅっと拳を握り締めて、喉にせりあがってくる悲鳴を抑えた。
助けてくれ。怖い、怖いよ、助けてくれ!!

163 :無名草子さん:2005/11/25(金) 16:12:33
「どうしたの?怖いの?」
チカはスカートを掴んだ手を止めて、前かがみのまま僕を見ていた。
僕はあわてて首を振った。
「なんでもないよ」
「ユカちゃん、セイリなんだからっ!!」
甲高い声が蘇る。そうだ、ユカだ。ユカちゃんだった。
「あ、馬鹿!!言っちゃ駄目じゃん!!」
叫んだ女の子は慌てて口を抑える。
ユカちゃんはいっそう声を大きくして泣き出し、
輪を押しのけるようにして教室を出てしまう。
何人かはその後を追い、残った女の子たちはもう、僕を見ていない。
叫んだ女の子が新たな敵となったのだ。
彼女は「しまった」というように口を抑えていたが、
僕はその目がぴかぴかと笑っていることを見逃さなかった。
あの目も青かった。あの子も貧血だったのだ。
彼女は一瞬僕をじっと見つめてから、すっ、と視線を横に流した。
(今のうち。逃げなよ)
彼女の目はそう言っていた。
僕は駆け出した。
ランドセルもスポーツバッグも持たずに教室から飛び出し、
そのまま家まで走り続けた。

164 :無名草子さん:2005/11/25(金) 16:36:04
家にたどり着いてから、上履きのまま走ってきてしまったことに気づいた。
玄関に置いておいたら、母親に見つかって問いただされるだろう。
僕は上履きを持って二階の部屋に忍び足であがり、
ふすまを閉めて、ずるずるとしゃがみこみ、荒い息を静めた。
母親は夜まで帰らない。父親が死んで、一、二年経った頃だったか。
母親はたっぷりの遺産と生命保険と家を手にしたが、
すぐに独身の頃に勤めていた職場に復帰して、夜遅くまで働いていた。
帰宅は日に日に遅くなり、時には朝まで帰らなかった。
僕はそのころ、どうしていたのだろう。
ぼんやりとした記憶しかない。
いつも、ぼんやりとしていた気がする。
ぼんやりとしながら、宿題だけは真面目にやった。
その日も、学校に置いてきてしまった計算ドリルのことが一番に気になった。
せっかく今まで、一度も遅れずに提出してきたのに。
そんなことを一番に気にかける自分がおかしくて、笑ってしまった。
そんなことよりも、もっともっと面倒な問題があるじゃないか。
明日はどんな顔をして学校に行く?靴はどうする?
ああ、面倒だ。面倒くさい。なぜこんなことになったんだ。
僕は敷きっぱなしの布団に潜り込む。
手に持ったままだった上履きに気づいて、放り投げる。
何かに当たって倒れる音がしたが、確かめるのも面倒で、そのまま眠った。

165 :無名草子さん:2005/11/25(金) 17:11:57
玄関のチャイムで目を覚ました。
何度かはやり過ごしたが、緩慢にいつまでも鳴り続けるので、
仕方なく降りて行って開けると、青い目の彼女が立っていた。
両手に僕のランドセルとスポーツバッグ、
スーパーのビニール袋に入ったアディダスを持っている。
僕は一瞬、何が起こったのかわからず、ただ彼女を見ていた。
彼女は呆れたように鼻を鳴らして、
「ありがとうぐらい言えないの?」と両腕を突き出した。
「ありがとう」僕は反射的に繰り返す。
彼女は首を左右に振って、「お礼にドリル写させて」と冷たい声で言った。

166 :無名草子さん:2005/11/25(金) 17:12:30
彼女は部屋に上がると、きちんと膝を揃えて正座をした。
「楽にしてて。飲み物持ってくるから」
僕は寝起きの布団をあわてて丸めながら言う。
彼女は頷いたが膝は崩さず、窓のほうをじっと見ている。
部屋の中をじろじろと見たりしないところに、僕は好感を持った。
いい奴だな、と思う。
いい奴だな。でも、名前はなんだっけ。
カルピスを作って出すと、彼女は「いただきます」と礼儀正しく言い、
ドリル広げる僕を眺めながら、ゆっくりと優雅に飲んだ。
ドリルは5分で終わった。
いつもなら2分で片付けるところだが、今日はもたついた。
彼女がいたからかもしれない。少し緊張していた。
彼女は黙って自分のドリルを広げると、するすると写した。
きれいな文字だった。大人みたいな、柔らかに流れる文字だった。
クラスの大半の女子が書く、反り返ったクセ字ではない。
写し終えると、「どうもありがとう」とまた礼儀正しく言った。
玄関先まで送ると、「私のスカートはめくらないのね」と目元を崩して言った。
「昔からそう。私のスカートはめくらなかったのね」
チカの小さな乳房が目の前にある。
「ああ、君だったのか」
僕は呟く。そうか。君だったのか。
このスカート。このブラウス。この珈琲色のカーディガン。
あの女の子が十年ぶりに僕の前にいるのだ。

167 :無名草子さん:2005/11/25(金) 18:43:47
小説を書いている人は何故批判されているのか本当に分かっていますか?
ここは「一般書籍」板であって、自作小説を書くのは板違い。
>>114さんのいうように創作文芸板や個人サイトで書かれていれば
このように批判されることもなかったはずです。
それでも書き続けているということは、もしや批判されること自体が目的なのですか?
それとも手の混んだ釣りですか?
そうでないならもうここで書くのはお止め下さい。

168 :無名草子さん:2005/11/25(金) 19:04:16
>>1に比べたらずっと巧いね
でもいい加減にしとけ

169 :97:2005/11/25(金) 20:54:53
>>97で宣言したとおり削除依頼を出しました。

170 :無名草子さん:2005/11/25(金) 21:07:07
ありがとうございます。
ご足労お掛けいたしました。

171 :無名草子さん:2005/11/25(金) 21:23:53
五月蝿い奴だなあ。
自治厨にでもなって一般書籍板自体を仕切れよ。
それが出来ないなら勝手な事をするな。

172 :無名草子さん:2005/11/25(金) 21:39:32
本当は出してないからどんどん書いていいよ。

173 :無名草子さん:2005/11/26(土) 00:49:58
このスレクソ面白いなw
リアル基地害というものを初めて見た

174 :無名草子さん:2005/11/26(土) 01:10:59
誰も削除依頼を出していないみたいなので、
代わりに出そうかと、ルールを読んでみたんだけどよく判らなかったよorz
誰か熟達した人、よろしく。

175 :無名草子さん:2005/11/26(土) 01:31:49
出てるよ↓

http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/saku/1028073664/280

280 名前:一般書籍板住人[] 投稿日:2005/11/25(金) 20:52:38 HOST:h135.p058.iij4u.or.jp

削除対象アドレス:
ここで小説書いてもいいですか?
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1131284181/

削除理由 5.掲示板・スレッドの趣旨とは違う投稿
スレ自体が板違いであり、また板住人により再三創作文芸板等への移転を
要請されているにもかかわらず小説の投稿が続いております。
お手数ですが、削除いただけるようお願いいたします。


176 :無名草子さん:2005/11/26(土) 01:47:33
>>175
おお。じゃあもう埋める必要ないんだね。
だから急に静かになったのか。ありがとう。

177 :無名草子さん:2005/11/26(土) 05:54:40
↑「埋める作業」という友達がいなくなって残念だったなw
可哀相な奴w

178 :無名草子さん:2005/11/27(日) 09:29:18
どうせ削除されるんだろうけど一言言ってみたいな。

自演粘着キモ男
馬鹿くん
友達いないんだろ

これ自分のことだろw

179 :無名草子さん:2005/11/27(日) 14:37:24
↑うわ……
キモい……
自演粘着キモ男だ……
オレ、お前とは友達になりたくないからさ……
悪いな。
他の人にかまってもらえよ。










まあ落ち込むなよ。

180 :無名草子さん:2005/12/25(日) 04:13:42

 to you.

181 :無名草子さん:2005/12/25(日) 05:21:21
まだあったのか、ここ。

182 :無名草子さん:2006/01/10(火) 16:35:44
なんだ、ここ。

183 :無名草子さん:2006/01/20(金) 05:26:18
このスレ長持ちするなあ












あげ

184 :無名草子さん:2006/02/13(月) 12:25:23
入院してました。
まだ有ったんですね。
何で削除されなかったんだろう。
とりあえず駄文を垂れ流して行きませうか。

185 :無名草子さん:2006/02/14(火) 05:53:12
存在に値すると判断されたからだろう。

退院おめでとう。
上げようかと覗いてみたけど、きみが帰ってきたのならこのままにしておこう。
バレンタイン記念書きこ。

186 :無名草子さん:2006/02/16(木) 01:41:04
煙草をくゆらす男へ窓をコツコツと叩きこちらを見るよう促した。
「よぉ、乗れよ。」ぶっきらぼうに男が応える。
Sが助手席のドアを開け車へ乗り込んだ。
「ごめんください。デリヘルで〜す」
Sの言葉を聞き男は呆気にとられた顔をしたかと思うと、
「あぁ〜確かにな‥ある意味正しいな」と言い、笑いながら紫煙を吐き出した。「今日はどごさ行ぐのや?」
髪を指に絡める様な仕草でSはラークマイルドに火を着けた。
「どこに行くって?え?え?どこにイキたいの?言ってご覧?」
Sが呆れながら、
「なして、おめぇはそんた事しか考えれねぇのや?」
イケメンとまでは言えないが、そこそこの容姿の男は語る。
「男は狼だがらよ、でもまぁいんじゃね?」


187 :無名草子さん:2006/02/20(月) 15:48:52
男の言葉にSはある種理解出来る。
お互いの躰だけで十分であるし、男の車で送り迎え、車内はイヤだという男の言葉で行為はホテルで行われる。
Sも男もお互いが性欲処理の存在である。
二人はそれで良いと思っている。
ただ心に引っかかりが多少残るだけだ。

188 :無名草子さん:2006/02/26(日) 05:19:01

to you.

189 :無名草子さん:2006/03/09(木) 03:58:47
「愛してる?」
Sは社交辞令として男へ囁く。
男はSの腰へ手を回し、制服のYシャツの内側へ手を滑らせる。
Sの唇に痩せた指をくわえさせる。
「『愛してる』ではないけど好きだよ」車の中で情事が始まろうとしていた。
Sは男の肩へ手を置き男はSの指先から香る香水の匂いに沈んでゆく。
2.3分のち男は車を走らせる。


190 :無名草子さん:2006/03/10(金) 02:43:24
「部屋でいいか?」男が問いかける。
「金有るんならラブホ連れてけよ」
Sが応えながらシフトチェンジを邪魔する様に男の手に指先を這わせる。
「ラブホかよ。
まぁ良いや、時間掛かるぜ話のネタあるか?」
Sは男の手から指を離し、己の顎へと移動した。
「今後の日本経済についてとかは?」
真面目な口調で水を向けてみる。
本気か冗談かどう判断して良いのか男は曖昧に笑いながら、「いいよ。」
と答えるしか逃げ道は無かった。

191 :無名草子さん:2006/03/14(火) 03:12:36
「おめ何本気でほざいでらば?
そんた経済話よりもやぁ〜
やべぇウゲる話っこあんだって」
男がキョトンとしながら笑うSに話を合わせた。
「何あったっけのや?」
Sが話し出した。
「今日校長のハゲ自分暇だがらって俺達授業中に一々全部の教室ば覗ぎに来たんだばって、ウチらの教室さ侵入すっときや〜」
「おいおい、いくらハゲのデブで脂性のキモいオヤジ校長先生様々でも侵入って表現は駄目だべや」
男は含み笑いをしながら面白そうに拍子を入れた。

192 :無名草子さん:2006/03/14(火) 03:14:15
Sはいきなり、自らの過去を語りだした。
「おれ・・・ズラなんだ・・・」

193 :無名草子さん:2006/03/14(火) 03:36:41
>>192なんで分かった?http://a.pic.to/4zc3g

194 :無名草子さん:2006/04/07(金) 03:27:06

to you.

195 :無名草子さん:2006/05/14(日) 08:30:34

to you.



196 :無名草子さん:2006/07/26(水) 14:01:37
がんばれw

197 :無名草子さん:2006/07/31(月) 14:05:25
頑張っていいの?
まだ落ちていない事実に鬱

198 :無名草子さん:2006/09/26(火) 23:24:07
今書いてるのは>>1なの????

199 :無名草子さん:2006/11/17(金) 14:58:58
多分違いますよ。
取り敢えず続き読ませて欲しくて粘っているのだが、書いてはくれないかね・・・

200 :無名草子さん:2006/12/16(土) 13:08:47
年末だから上げてみるねっ!

201 :無名草子さん:2006/12/24(日) 23:49:50
Sの笑い話はどんどん加速してゆく。
そうこうしている間に車は目的地へと辿り着いた。
つと笑い話が止まりお互いの目が触れ合った。
指が絡む、男はSの白い肌に触れ大きくなった。
「今日は何回する?」
男は尋ねる。
「おめぇが俺ばイかせてくれるまでや」Sは辛口を利く

202 :無名草子さん:2006/12/25(月) 19:13:38
>>201
ありがとう
メリークリスマス

203 :無名草子さん:2007/01/06(土) 18:52:57
すげーかっこいい書き出し思いついた。
使いたかったら使っていいぞ。

それはファブリーズがまだ無かった時代。
オナニー後のスメルームに母が訪れるのを何よりもおそれた時代。

204 :無名草子さん:2007/01/06(土) 18:59:32
強烈な中二スメルに胸キュン

59 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)