5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

●●貴方の好きな、詩・詩人●●

1 :無名草子さん:2005/12/06(火) 19:50:25
スレタイどおりです。

又、出来たら、お勧めの本もレスして下さい。


2 :無名草子さん:2005/12/06(火) 19:52:15
 

3 :無名草子さん:2005/12/06(火) 20:05:45
昨日やっとボードレール『悪の華』鈴木信太郎訳読みオワタ

4 :無名草子さん:2005/12/06(火) 20:17:51
吉本隆明「佃渡しで」

5 :無名草子さん:2005/12/06(火) 21:36:43
立原道造

詩や詩人には詳しくないしあまり興味もないが、この人だけは別格。
好き過ぎて上手く言い表せないくらい。

6 :無名草子さん:2005/12/06(火) 21:51:51
早々とレス有り難うございます^^。
教えて頂いた、各詩人の本の中で、好きな・感動した
詩をレスして下さい宜しくお願いします。

7 :無名草子さん:2005/12/07(水) 00:29:11
吉本隆明「佃渡しで」は、詩の題名。

吉本の故郷である佃島に、佃大橋ができて渡し船が廃止されたころに書かれた。
「佃渡しで娘がいった/〈水がきれいね 夏に行った海岸のように〉/そんなことはない みてみな/
繋がれた河蒸気のとものところに/芥がたまって揺れてるのがみえるだろう/ずっと昔からそうだった…」
変貌してゆく故郷の風景と、それへの訣別をうたった硬質の叙情が素晴らしい。

8 :無名草子さん:2005/12/07(水) 07:36:36
堀口大學、寺山修司、ボードレール、藤原定家。

9 :無名草子さん:2005/12/07(水) 23:31:09
中原中也の、お勧めの本があったら教えてください

10 :無名草子さん:2005/12/07(水) 23:39:09
山田かまち
17歳で逝くなんて早すぎる。きっと神様に愛されすぎたんだ。

11 :無名草子さん:2005/12/08(木) 00:13:53
ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん

12 :無名草子さん:2005/12/08(木) 12:19:56
汚れちまつた悲しみは・・・

13 :無名草子さん:2005/12/11(日) 21:46:20
面白くなくても
笑い
楽しくなくてもはしゃぎ
寄りそって
いなければ
生きられないのです
淋しい
生きものですから

星野富弘

14 :無名草子さん:2005/12/16(金) 20:22:13
詩にはちょっとウルサイ俺様が来ましたよっと・・・

15 :無名草子さん:2005/12/16(金) 20:53:08
>>14
で、好きな詩を挙げてくれやw

16 :無名草子さん:2005/12/16(金) 20:58:14
>15 じゃ 挙げるね。金子光晴「さびしさのうた」
もうね なんか身震いするほど・・・

17 :無名草子さん:2005/12/16(金) 22:16:16
>>16
そうか。俺は伊東静雄「水中花」だ。いいなあ。

18 :無名草子さん:2005/12/17(土) 00:33:52
>>16
「寂しさの歌」が正確な表記と思われ。
表題は正確にねw

19 :無名草子さん:2005/12/17(土) 21:17:39
私は、高村光太郎の「レモン哀歌」が好きだ。
学生時代教科書で読んだとき、泣いた。


20 :無名草子さん:2005/12/17(土) 21:51:38
まだ1冊も持っていないのですが
お勧めの本がありましたら教えて下さい。 

21 :無名草子さん:2005/12/17(土) 23:04:48
詩とかはとても個人の好みが反映されるので気安く薦められないな。
とりあえず図書館に行って手当り次第読んでみては?

22 :無名草子さん:2005/12/25(日) 10:40:29
百人一首を暗誦出来るようになれば?
萩原朔太郎や大岡信みたいに王朝和歌に傾倒してる詩人はいくらでもいるぞ。

23 :無名草子さん:2005/12/25(日) 20:59:38
寺山修司や高橋睦郎みたいに現代詩と短歌・俳句の両方作ってる詩人もいるし。

24 :無名草子さん:2006/01/10(火) 03:30:45
ゲーテ
サッフォー
ガブリエラ・ミストラル

日本人なら武者小路実篤

25 :無名草子さん:2006/02/04(土) 21:38:23
茨木のりこ

26 :無名草子さん:2006/02/04(土) 21:45:09
寺山修司少女詩集

27 :無名草子さん:2006/02/04(土) 22:15:38
あなたの
一本の黒髪が
地平線になりました 寺山修司

28 :無名草子さん:2006/02/19(日) 03:31:07
三宅惺

29 :無名草子さん:2006/02/26(日) 00:21:04
山田かまち

30 :無名草子さん:2006/03/07(火) 11:04:58
銀色夏生

31 :無名草子さん:2006/03/22(水) 14:25:11
清川妙

32 :みつを:2006/04/16(日) 10:23:42
にんげんだもの

33 :無名草子さん:2006/04/16(日) 16:38:31
高村光太郎
たぶんレモン哀歌のちょっと後ろに載ってる梅酒のやつ。

自分の気が狂って、自分が自分じゃなくなる恐怖に怯えながら、
旦那に残す梅酒を漬ける気持ちってどんなだろう?
と考えたら、いたたまれなくなったよ。。


34 :無名草子さん:2006/04/17(月) 06:06:54
友部正人の朗読歌より良かったなぁぐっときた。遠藤ミチロウ。sion。泉谷しげる。きりがないや。ところで山田正紀の幻象機械は石川啄木が主役なのですが啄木ファンはどんなふうにかんじたの?。

35 :無名草子さん:2006/04/17(月) 09:21:59
新川和江  赤ちゃんに寄す、とか、私を束ねないで、とか有名

36 :ぁぃみ:2006/04/27(木) 18:28:51
初カキコですが↓↓ 
私ゎ,谷川 俊太郎さんの,
「朝のリレー」と歌にもなってる「春に」が大好きなんですょぉ☆★☆

37 :無名草子さん:2006/04/27(木) 19:23:07
谷川俊太郎「二十億光年の孤独」

「万有引力とは 引き合う孤独の力である」

とかそうきたかー!ってかんじだった。ガツンと

38 :無名草子さん:2006/04/27(木) 22:00:34
谷川俊太郎のかなしみは好きだな

39 :無名草子さん:2006/04/27(木) 22:16:22
田亀源五郎先生のシリーズ魂に衝撃が……

40 :無名草子さん:2006/04/27(木) 22:19:38
サアディー
イスラーム文化圏の詩も読んで見ると結構面白い。

41 :無名草子さん:2006/04/28(金) 04:18:37
海の遠くに島が…雨に椿の花が堕ちた。
鳥かごに春が、春が鳥のいない鳥かごに。
約束はみんな破れたね。
空には海が、ね、海には島が映っているね。
空には階段があるね。

うろ覚えだが三好達治。教科書で読んで惚れ惚れした。
結構憶えてるものだな。

42 :無名草子さん:2006/05/15(月) 20:00:42
なんでですか
銀色夏生のスレはあるのに
谷川俊太郎や
高村光太郎のスレは
なぜないですか

43 :無名草子さん:2006/08/02(水) 11:56:02
なぜか?

44 :無名草子さん:2006/09/06(水) 20:57:49
エミリ・ディキンスン。古典詩で著名な方々のはかなり読んでいて、どれも大好きで、
甲乙つけがたいけど、ディキンスンは特別。彼女の詩が存在する時代に生まれて
本当によかったと思う。

45 :無名草子さん:2006/10/13(金) 01:02:47
トーマス・グレイ
アルフレッド・テニスン
ジョン・キーツ

46 :無名草子さん:2006/10/15(日) 11:17:33
中原中也
寺山修司

47 :無名草子さん:2006/12/08(金) 17:05:44
サマー

48 :無名草子さん:2006/12/18(月) 03:57:12
茨木のりこは最高だね。「自分の感受性くらい」とか「依りかからずに」とか背骨が真っ直ぐになった気がするよ。

49 :無名草子さん:2007/02/14(水) 12:08:00
みつを

50 :無名草子さん:2007/02/20(火) 14:17:18
朔太郎 
中也


51 :無名草子さん:2007/03/16(金) 02:44:57
中原中也
ボードレール

7 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)