5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【評論家】 立花隆 【知の巨人】

1 :無名草子さん:2006/01/15(日) 11:53:53
評論家 立花隆 を語る。

http://nikkeibp.jp/style/biz/topic/tachibana/media/index.html

2 :無名草子さん:2006/01/15(日) 13:27:40
ちんこ、巨人

3 :無名草子さん:2006/01/16(月) 00:54:14
>>1
日経は他のスレでもやってるから、過去の仕事の方がいいんじゃない?
http://www.ttbooks.com/tachibana/nenpu/nenpu.htm

4 :無名草子さん:2006/01/19(木) 09:36:51
「脳を鍛える」の続刊早く出してください

5 :無名草子さん:2006/01/19(木) 18:29:55
ショウペンハウエルの「読書について」を読むと、
立花氏が憐れに見えてくるから不思議だ。

6 :無名草子さん:2006/01/21(土) 08:02:54
2006年、ライブドアの忘年会では一気飲みした社員に50万円のご祝儀を
与えるなど、常識はずれの乱痴気騒ぎであった事が昨日のTV放送で
明らかになった。
おい、ホリエモンよ!何をやってんだよ・・こんな会社だったのか・・・orz
http://ime.st/www.tanteifile.com/diary/2005/12/31_02/index.html

ライブドアって結局何をやってたのぉ?勧誘?

http://019.gamushara.net/bbs/tv/html/sekai.html

7 :無名草子さん:2006/01/21(土) 09:55:53

保守



8 :75歳 読書人:2006/01/21(土) 17:08:07
この男はまだまだ知恵が足りん。

浅い浅い・・

9 :無名草子さん:2006/01/24(火) 18:14:02
マネックスがライブドアショックの黒幕である、という話は既に火曜日あたりからネット上で話題になってましたけど、
マスコミやブログも扱い始めたようです。 「マネックス・ショック」でぐぐると大量にひっかかりますし。

で、今回のマネックスの裏にはゴールドマン・サックスとジョン・メリーウェザーが絡んでたとか何とか。
これユダヤ資本みたいですね。 メリーウェザーはソロモンブラザーズの元副会長だとか。
そういえばフジテレビ買収のときにライブドアに出資したリーマン・ブラザーズもロスチャイルド系でした。

…流石ユダヤというか何というか。
まあ金のことしか考えてない分、覇権主義的なロックフェラーよりはマシな気もしなくはないですが。

日露戦争のときにもリーマンが出資したというのはかなり有名な話だと思いますけど(『坂の上の雲』にも出てきますし)
やっぱり日本のような経済(だけの)大国は扱いやすいんでしょうねぇ。
強制捜査の情報もだだ漏れだったわけですし。
情報を制するものは世界を制す、みたいな格言はよく聞きますけど、日本もそろそろそのあたりを理解するべきです。

きっこブログ http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/

ホリエモンも読んでるよ・・・田中宇の国際ニュース解説 http://tanakanews.com/

株式日記と経済展望 http://www5.plala.or.jp/kabusiki/index.html

二階堂ドットコム http://www.nikaidou.com/index.html

つながるモリタクBLOG http://blog.goo.ne.jp/moritaku_goo

ジャパン・ハンドラーズとアメリカ政治情報 http://amesei.exblog.jp/

立花隆の「メディア ソシオ-ポリティクス」 http://nikkeibp.jp/style/biz/topic/tachibana/media/

中岡望の目からウロコのアメリカ http://www.redcruise.com/nakaoka


10 :無名草子さん:2006/01/25(水) 18:12:55
第65回 異例ずくめのライブドア事件 なぜトップ逮捕を急いだのか (2006/01/24)
http://nikkeibp.jp/style/biz/topic/tachibana/media/060124_taiho/

11 :無名草子さん:2006/01/26(木) 11:23:23









12 :無名草子さん:2006/01/26(木) 23:10:07
TBSのニュース23に立花が出演中

「赤字会社の利用」は田中角栄と堀江は似ていると言っているけど、使い方がちょっと違うんじゃないの?

13 :無名草子さん:2006/01/26(木) 23:15:50
知の巨人なら評論家なんてやんないんじゃね?

14 :無名草子さん:2006/01/31(火) 09:45:40
知の巨人に似合う商売ってなんだ?

15 :無名草子さん:2006/01/31(火) 20:33:35
コンビニでポップを作る

16 :無名草子さん:2006/02/01(水) 20:15:14
>>12
それを「似ている」といわずしてなんと言う?
ちょっとも違わなかったら「同じだ」と言うだろ?

17 :無名草子さん:2006/02/01(水) 23:52:32
天皇と東大


について、感想キヴォンヌ。
15ページ読んだが、なかなかおもしろそうだ。

18 :無名草子さん:2006/02/02(木) 00:18:26
いま立花氏は、どの程度の情報収集力を持ってるのかな。

カクエイ研究から中核・核マルあたりまでの立花さんは凄かったが、
スタッフに恵まれただけという見方もありうるな。

現状がどうなってるのか、詳しい方のレス希望です。

19 :無名草子さん:2006/02/02(木) 00:48:50
>>17
『天皇と東大』なかなか面白い。
こういう人脈史?みたいなのは立花氏の十八番だな。

分厚い二巻本だけど、文章が上手いので案外早く
読み終えそう。



20 :無名草子さん:2006/02/02(木) 03:33:26
いいかげん「知の巨人」なんていう
形容の仕方はやめろっていうのw

21 :無名草子さん:2006/02/02(木) 12:10:30
>>19
宇宙からの帰還とかロッキードとか、
こういうのはほんとうまいよな

サイエンスは門外漢

22 :無名草子さん:2006/02/03(金) 23:59:30
サイエンスや時評関係は
やめてほしい

23 :無名草子さん:2006/02/06(月) 00:50:27
井沢元彦と同じで持論がメチャクチャなトンデモ作家。
素人にはオススメできない。

24 :無名草子さん:2006/02/06(月) 12:13:31
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__1685426/detail?rd

25 :無名草子さん:2006/02/06(月) 12:25:53
ちなみにこれが動画でつ
http://www.videonews.com/keyperson/keypersonrecent1.html

26 :無名草子さん:2006/02/08(水) 15:35:53
ライブドア野口氏の死はプロによる他殺って言い切っちゃって大丈夫なのかなあ。

27 :無名草子さん:2006/02/08(水) 16:38:11
そこ、ちょっと見ていてハラハラした。

28 :無名草子さん:2006/02/12(日) 17:39:03
第66回 防衛庁・ライブドア・天皇制 小泉政権揺さぶるBLT問題 (2006/02/11)
http://nikkeibp.jp/style/biz/topic/tachibana/media/060211_blt/

29 :無名草子さん:2006/02/19(日) 00:31:13
第67回 朝日・読売の論説トップが批判 小泉靖国外交の危険な中身 (2006/02/16)
http://nikkeibp.jp/style/biz/topic/tachibana/media/060216_gaiko/

30 :無名草子さん:2006/02/28(火) 02:06:57
第68回 ネット時代に直面する問題にテレビ、新聞はどう向き合うか (2006/02/27)
http://nikkeibp.jp/style/biz/topic/tachibana/media/060227_net/

31 :無名草子さん:2006/03/15(水) 13:58:17
天皇と東大ってどうなの?
本屋でパラパラめくったらどうも東大論がメインで天皇は流行りに便乗してくっつけただけ
みたいな感じを受けたんだけど
田中真紀子研究みたいな

32 :無名草子さん:2006/03/22(水) 22:45:16
まあいまだに今上天皇を平成天皇と書いちゃう人だからな

33 :無名草子さん:2006/03/23(木) 02:15:00
昔は優秀なデータマンを使ってましたが、自分で情報を集めるのはへたくそですね。
でブラック系のネタが好きで、そっち系の確度が低い情報で妄想を展開してはずすことが
頻繁に目立つようになってきました。ライブドア事件だけは予想が当たったかなという感じ
ですけどね。

34 :無名草子さん:2006/03/23(木) 03:20:50
挙げ

35 :無名草子さん:2006/03/23(木) 22:37:30
>>33
なんかたいしたこと書いてたっけ。
民主党の永田よろしく、二階堂ドットコムのガセネタを元に記事書いちゃって
慌てて削除したことくらいしか印象にないぽ

36 :無名草子さん:2006/03/30(木) 18:57:25
>>19
ただタイトルが詐欺ってるような。
単に近現代史でもよかったような。


つうかこれ読む前に、
なぜ東大生はバカになったのかを読んだほうがいい。
リベラルアーツとか教養を知りたい方にはお勧め。
これを読んで東大生コンプレックスが無くなったよ。
まあライブドア事件と永田ガセメールがあったのもあるが・・・・・

37 :無名草子さん:2006/03/30(木) 21:05:16
「東大生はバカになったのか」ってやっぱ実際そういうねらいで書かれたのかねえ。
のちに東大生に撃沈されてバカは立花の方だったことが露呈してしまったが。

38 :無名草子さん:2006/03/31(金) 22:54:28
浅いな

39 :無名草子さん:2006/03/32(土) 19:55:12
立花隆の新しい本です

書籍名滅びゆく国家 日本はどこへ向かうのか
著者名 立花隆/著
出版社名 日経BP社
発行年月 2006年4月
価格(税込)2,310円
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/r0184856

40 :間違いだらけの天皇と東大?:2006/04/09(日) 20:11:35
『天皇と東大』、今日から読み始めたけど、
少しパラパラめくってみただけで、単純な間違いとか、筆者の思い込みのような記述が目立つのだが。
立花隆ってこんなものなの????

41 :間違いだらけの天皇と東大?:2006/04/09(日) 20:14:26
「東大生はバカになったのか」は読んでないけど。
このタイトルだけみても、昔の東大生はバカじゃなかったような書き振りが痛い。
東大生も昔から普通にバカだろ。受験勉強できるだけで。

42 :無名草子さん:2006/04/10(月) 00:33:05
>>41
それでは立花と同レベルだぞ。

43 :無名草子さん:2006/04/10(月) 08:39:20
>単純な間違いとか、筆者の思い込みのような記述が目立つのだが。
>立花隆ってこんなものなの????

昔からそうだったよ。割と思い込みで走りやすいから、日本共産党の研究のときは、
共産党の御用学者や党の史料編纂部の執拗なつっこみに閉口してた。
でも大筋では共産党の主張は捏造だったので立花が勝利した。
論駁のときも、ロッキード裁判批判派は渡部昇一はともかく、残りの人はプロの法律家だ
から立花の反論はポイントずらしの無理目の部分があったのは否めない。


44 :無名草子さん:2006/04/10(月) 10:55:56
『知のソフトウェア』だけしから読んだことないな
あれは自分の中では結構良かった気がする

45 :間違いだらけの天皇と東大?:2006/04/10(月) 19:03:48
>>42
えへ。「知の巨人」様と同じレベルなら満足どすぇ。

>>43
『天皇と東大』に関しては つっこむ人がいないから、このまま放置されるのかな。

46 :無名草子さん:2006/04/10(月) 19:09:27
この人は読書量すごいと思うけど、理解の仕方が変な方に逝っちゃってると思う

47 :無名草子さん:2006/04/10(月) 19:35:12
字が違うんじゃありません?

48 :無名草子さん:2006/04/10(月) 21:48:57
うむ。字が間違ってるな。

>>45
「痴の虚塵」だよ。

49 :無名草子さん:2006/04/10(月) 22:17:12
>>46
つうか理解してないと思う。
環境ホルモンの時なんか、参考文献に挙げた本と正反対の結論を出してたし。

50 :無名草子さん:2006/04/10(月) 23:29:07
理解の方向が逝っているのはではない。
頭が逝っているのだ。

51 :無名草子さん:2006/04/10(月) 23:39:30
あんなによく勉強してるのにねえ、気の毒だねえ、みたいな感じ

52 :無名草子さん:2006/04/11(火) 19:16:02
誰か擁護してやってくれ。でないとスレがもたない。

53 :無名草子さん:2006/04/11(火) 19:46:57
昔はよかった。


       以上。

54 :無名草子さん:2006/04/11(火) 22:11:04
「田中角栄研究」「日本共産党の研究」は良かった。後は(ry

55 :無名草子さん:2006/04/13(木) 23:03:05
立花隆を批判した、
おかしいですよ、立花先生だっけ?
あれ、読むと立花のまちがえをパターン化している。
それを知っていると、面白いほど、立花の間違えがわかる。

「天皇と東大」は、読むのが大変。
読みにくい。すらすら読める人は尊敬する。

56 :無名草子さん:2006/04/15(土) 21:50:40
「天皇と東大」上下、まあ7割くらい読了したかな。

現在人に、「国体」っても意味分からん香具師多いだろ。(国民体育大会とちゃうよ)
我なりのキーワード、
「統帥権」「天皇機関説」「滝川事件」「2・16」「満州事変」「児玉機関」
読んで損ないとオモ。

57 :無名草子さん:2006/04/16(日) 16:19:18
>>56
「国体」は数年前、森が総理の時に言及して民主党が噛み付くという
やりとりがあったから、戦前史を知らない奴でも多少わかるんじゃね。

58 :無名草子さん:2006/04/24(月) 21:25:02
第69回 押井守監督、川人光男所長らとサイボーグ革命最前線を語る (2006/04/14)
http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/tachibana/media/060414_cyborg/

59 :無名草子さん:2006/04/29(土) 23:40:08
第70回 “改革”のツケ積み残した小泉政権の5年間を採点する (2006/04/27)
http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/tachibana/media/060427_saiten/

60 :無名草子さん:2006/05/04(木) 10:04:15
第71回 ソムリエ田崎真也さんらと語った『青春漂流』その後の20年 (2006/05/02)
http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/tachibana/media/060502_20year/

61 :無名草子さん:2006/05/10(水) 22:35:48
第72回 堀江被告の保釈・幕引きで闇に消えたライブドア事件 (2006/05/10)
http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/tachibana/media/060510_livedoor/

62 :無名草子さん:2006/05/12(金) 22:54:59
小室直樹がロッキード裁判が
憲法を無視した、暗黒裁判を切り捨てたが、
その理由を読んで、
昔から立花隆は、おっちょこちょいなんだと思った。

63 :無名草子さん:2006/05/12(金) 22:56:18
なんか下に行き過ぎているので、上げる。

64 :無名草子さん:2006/05/13(土) 01:46:42
まず結論ありきで、その結論に都合のいいデータだけ引用しまくりの「脳内汚染」ごとき
トンデモ本にコロリと騙される低能が「知の巨人」とは片腹痛い。
今時の若者を馬鹿呼ばわりする前にテメエの馬鹿さ加減を知れよ、文化人気取りの豚。

65 :無名草子さん:2006/05/13(土) 03:24:27
こいつ妙に東大にコンプ持ってると思ったら文学部仏文科卒かよ。
東大文系の最底辺じゃん。
学生時代に馬鹿にされた私怨で東大叩き、惨めな奴。
まあ>>36のようなヴァカが読むにはお似合いかwww

66 :無名草子さん:2006/05/13(土) 13:06:50
ageるから変なのがよってくるんだよ。

67 :無名草子さん:2006/05/13(土) 20:21:36
>>65
文系の最底辺って言うけど、理系の最底辺は文系の頂点より高いよ。
誤解させやすい表現はやめようね。

68 :無名草子さん:2006/05/14(日) 02:48:57
>>67
ハァ?理T理Uの底辺が文Tトップより上だってか?
精神科行った方がいいんじゃねえの?

69 :無名草子さん:2006/05/14(日) 21:34:50
なんでもかんでも精神科いけって・・・自分で馬鹿げた発言だと思わない?

70 :無名草子さん:2006/05/14(日) 22:31:48
きっと精神科行けば、理Tの底辺のレベルが上がるんだろ。

71 :無名草子さん:2006/05/18(木) 14:05:26
第73回 ポスト小泉を呪縛する靖国問題と竹中問題 (2006/05/17)
http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/tachibana/media/060517_jubaku/

72 :無名草子さん:2006/05/29(月) 10:45:08
第74回 大手銀に“架空利益”もたらした政府・日銀の異常な金融政策の行方 (2006/05/24)
http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/tachibana/media/060524_kinyuseisaku/

73 :無名草子さん:2006/05/29(月) 17:37:00
>>69
馬鹿げた発言ってのは「理系の最底辺は文系の頂点より高い」みたいな妄言のことを言うのだよ。
煽りならともかく、本気でそう思ってるなら精神病の領域だ。

74 :無名草子さん:2006/06/05(月) 23:03:26
日経BPの本読んでるけど、
ライブドアの話って、完全なリライトじゃないか?
大体知っている話ばっかだった。

消したデータを復元したのを体験したというくだりは
まさかバンキシャを見ただけかなと思う。

あと、某極右系のHPってきっこのブログ?


75 :無名草子さん:2006/06/06(火) 22:06:14
第75回 地に堕ちた時代のヒーロー 村上容疑者と堀江被告 (2006/06/06)
http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/tachibana/media/060606_murakami/

76 :74:2006/06/07(水) 21:38:05
その先の靖国論
読んだけど、朝日の受け売りそのままだった。
それに、立花は、自分の意見ではなく
どこどこに書いてあったとか引用がほとんど。
それも、ただ何も考えない。
あと、これを書いたのは、立花ではなく別人が書いているみたいだった。

77 :無名草子さん:2006/06/08(木) 03:27:26
>>75
持ち上げたのも落としたのもてめえらマスゴミだろうが。
無責任体質は相変わらずだな。

78 :無名草子さん:2006/06/08(木) 13:36:13
>>77
無責任じゃないよ、利用しただけ。

79 :無名草子さん:2006/06/08(木) 22:48:14
朝日読んでるとサヨクの
論法そのままで、
諸君!の朝日にこう言われたら、言い返せ
みたいに、簡単に反論できるのだが…。

80 :無名草子さん:2006/06/14(水) 22:46:27
立花は都合が悪いことは全て、流すか無視する。
あと、角栄とか立花隆が脚光を最初に浴びた時の
話が、何度も出てきて、この人進歩ないなと思う。

深く調べている割に、東京裁判は、判決を受け入れるという
事しかないとあるのに、判決以外も全て受け入れたと勘違いしたり
この人、知の巨人というけど、資料の引用しか出来ないとわかりました。

そういえば、立花批判した、ワダサンはどうしたのか?


81 :無名草子さん:2006/06/15(木) 00:18:04
>>80
そうは言っても、「広く浅く」でここまで語れるのはすごいことだよ。
決してマンセーするわけじゃないが、俺も老後はこういう道楽をして暮らしたい。

82 :無名草子さん:2006/06/18(日) 21:20:56
『滅びゆく国家』で書いている論はどれだけ支持できるものだろうか。

なんか、つまるところ「改革はやらなくていい」ということなのかなと思いました。


83 :無名草子さん:2006/06/19(月) 01:48:37
天皇と東大おもしろかった。



84 :無名草子さん:2006/06/28(水) 23:35:31
第76回 小泉演説を封印した一通の書簡「靖国問題はアメリカの問題」 (2006/06/27)
http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/tachibana/media/060627_syokan/

85 :無名草子さん:2006/06/30(金) 12:45:51
第77回 福井総裁「利殖の構図」村上ファンド事件とは何か (2006/06/28)
http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/tachibana/media/060628_risyoku/

86 :無名草子さん:2006/07/10(月) 22:45:33
日本のディラン 昔は

87 :無名草子さん:2006/07/15(土) 22:41:21
書籍名 生命へのまなざし 多田富雄対談集
著者名 多田富雄/著 立花隆/[ほか述]
出版社名 青土社
発行年月2006年5月
価格(税込)1,890円 

書籍紹介
自己とは、生命とは、生命活動としての文化とは?新らしい生命観を求めて、免疫、自己、老化、脳死と臓器移植、
ウイルス、エイズなど、生命科学と文化の接点を縦横に語り合った、会心の対談集
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31702965

88 :無名草子さん:2006/07/22(土) 11:15:23
第78回 靖国参拝論議に終止符 天皇の意思と小泉の決断 (2006/07/21)
http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/tachibana/media/060721_ketsudan/

89 :無名草子さん:2006/07/25(火) 09:32:38
第79回 小泉路線の継承か修正か 次期総理・安倍晋三の決断 (2006/07/24)
http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/tachibana/media/060724_abe/

90 :無名草子さん:2006/07/27(木) 13:19:33
第80回 小泉政権最後の8月15日 南原繁の声に耳を傾けよ (2006/07/25)
http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/tachibana/media/060725_815/

91 :無名草子さん:2006/07/31(月) 22:30:46
第81回 政界を巻き込む水谷建設事件 安倍長期政権の野望を読む (2006/07/31)
http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/tachibana/media/060731_yabou/

92 :橋本 浩司:2006/08/09(水) 11:21:17

立てましたので、見てください。

 まとめ 8月15日と南原繁を語る会 立花隆
http://that4.2ch.net/test/read.cgi/diplomacy/1155045589/1-100



93 :無名草子さん:2006/08/09(水) 11:37:54
田中金脈疑惑の暴露ライターが、いつの間にか「知の巨人」w

94 :橋本 浩司:2006/08/11(金) 10:34:46
>>92

総回診です。

95 :無名草子さん:2006/08/11(金) 11:23:27
>>93
朝日の某シンポで、外岡秀俊と「秋田事件の報道は当然」と発言。権力監視だのカッコ
いいことを言っているが、いつまで経ってもトップ屋根性が抜けないただのオ
ッサンというのがこの人の本質。秋田事件については鳥越も同類だった。
あの類のブンヤ・トップ屋あがりの連中は所詮は事件モノを追うことしか能が無い。
立花の場合、いいソースやデータマンを失ったのか、そうしたオリジナルな取材すらほとんど出来
なくなり、今は膨大な文献やソースを読んでまとめる人でしかなくなっている。
しかもアナリストとしての能力にも疑問があるとなれば・・・。

>>92
東大も立花頼りとは情けないねえ。この類のサロン的なシンポの大体は時間の無駄に
しかならない。出席者の主張を知りたいだけならその人の書いたものやレジェメを読め
ば済むし。今回も南原繁を利用したタダの名刺交換会だな。
講演や媒体出演と違いギャラも出んだろうにようやるわ、みなさん。

96 :無名草子さん:2006/08/11(金) 14:35:27
立花隆を批判してるライターの主張を読むと、もっともだと思える
箇所が多々あるんだけど、批判してるそのライターのやってきた仕事を
見ると冴えないつーか大した事ないんだよね。

97 :橋本 浩司:2006/08/11(金) 15:49:31

>>95

ふむふむ。

98 :無名草子さん:2006/08/12(土) 13:47:33
第82回 天皇はなぜ参拝しないのか 「心の問題」論と靖国神社 (2006/08/12)
http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/tachibana/media/060812_tomita_memo/

99 :橋本 浩司:2006/08/13(日) 09:07:57

>>92

総回診です。

100 :無名草子さん:2006/08/18(金) 01:42:51
第83回 小泉首相“開き直り参拝” 日本が見失った過去と未来 (2006/08/17)
http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/tachibana/media/060817_sanpai/

101 :無名草子さん:2006/08/18(金) 22:39:40
nikkeibp.co.jp の立花隆の記事を毎回読んでいるけど、立花も老いたね。

アメリカ共和党のXX議員が反対しているから、昭和天皇が反対したから、南原繁がどうのこうの、
(北朝鮮のシンパの)高橋鉄哉がどうたら、と得意の文書力で書いている。

最初から靖国反対カルトの癖に、だれだれがこう言っているからという付け足し知識で
批判している立花があまりにも哀れだ、、

自分が靖国参拝に反対なら、僕はキリスト教徒なので靖国は嫌いですってはっきり言えば良いのに。

立花は終わったっていう気がしています。

102 :無名草子さん:2006/08/20(日) 06:24:58
このブサヨ、まだいたのw

103 :無名草子さん:2006/09/24(日) 12:16:55
第84回 ドラマのない総裁選で勝利した「花」のない新総裁 安倍晋三 (2006/09/22)
http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/tachibana/media/060922_hana/

104 :無名草子さん:2006/09/24(日) 17:50:53
>>103
かつては派閥批判、今や派閥擁護かよw
立花バカすぎ

105 :無名草子さん:2006/09/26(火) 04:41:56
元文春ごときカス雑誌の記者の分際で「知の巨人」とはちゃんちゃらおかしいわwww

106 :無名草子さん:2006/09/30(土) 16:51:49
新総理 安倍晋三が受け継ぐ“妖怪”岸信介の危険なDNA (2006/09/29)
http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/tachibana/media/060929_dna/
安倍首相の歴史認識は甘い 立花隆氏講演(動画)
http://www.videonews.com/press-club/0607/000898.php

107 :無名草子さん:2006/10/13(金) 16:02:51
第86回 安倍外交“神話”の試金石 北朝鮮の「核」と「拉致」 (2006/10/13)
http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/tachibana/media/061013_gaikou/

108 :無名草子さん:2006/10/14(土) 17:55:04
「崔秀鎮(チェ・ス・ジン。中国朝鮮族の大物実業家)スジの情報 」(週刊現代10月)

・安倍は、拉致5人を返さなかったことに詫び状を入れている。
・安倍は、8人の家族さえ帰国させれば拉致問題は解決、の言質を与えた。
・安倍は、アメリカの対北経済制裁に、日本は同調しない、の言質を与えた。

立花隆氏も、一連の北朝鮮の暴走は、
「安倍首相が音頭を取った拉致問題強硬外交が、金正日の『狂気』に火を点けてしまった」からという可能性を示唆。
http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/tachibana/media/061013_gaikou/index7.html

このような言質をもっているのに公式に公開していないのはひとえに北朝鮮側の温情であろう。
安倍総理は即刻制裁を解除すべきでは。
また、拉致5人を返さなかった詫び状も即刻撤回すべきである。


109 :無名草子さん:2006/10/15(日) 00:12:54
>>108
反日もここまで来ると異常だな。

立花も北朝鮮国籍とって、北に行けばいいのに

110 :無名草子さん:2006/10/15(日) 17:22:33
>>96
誰が書くかは問題じゃないだろ。
問題は主張そのものが正しいかどうかで。
だから立花が今まで散々出鱈目書いてきたからといって、それを根拠に
現在の主張を否定されるいわれはないのと同じ。

111 :無名草子さん:2006/10/15(日) 17:46:54
>>4
超亀レスだが、「脳を鍛える」の続編刊行停滞は、東大生に
「脳を鍛える」の出鱈目さをボコボコに批判されたのが原因。
何しろ立花は高校程度の物理すら理解していなかったのが露見してしまったし・・・

112 :無名草子さん:2006/10/22(日) 23:52:09
【ウヨ入滅】立花隆「日本は滅びゆく国家」 韓国で出版
http://news20.2ch.net/test/read.cgi/news/1161432896/

1 名前:番組の途中ですが名無しです 投稿日:2006/10/21(土) 21:14 ID:buwVkpuv0 BE:321685237-BRZ(3005) ポイント特典
日本は小泉純一郎前総理就任期間中、「失われた10年」と呼ばれる長期不況と旧体制政治の象徴
だった執権自民党の「派閥政治」を終わらせた。おかげで小泉は再任期間中平均支持率50%台を維持した。

ところが韓国でも多くの本を出版して読者を確保している評論家兼ジャーナリスト立花隆は
今の日本を「滅びゆく国家」と言い切る。



113 :無名草子さん:2006/10/22(日) 23:54:11
著者は小泉の5年5ヶ月執権期間を1931〜37年の激変期と比べる。31年満州事変を契機に
日本は政党を基盤にした民主主義を投げ出して軍国主義で戦争に向かうよう変わった。
同氏は「何年後か、小泉改革の残した負債が遺産として残って社会全般にわたって蓄積、侵透して
来れば小泉改革がいかにでたらめだったのかを初めて悟ることになるだろう」と言い「過去の戦争が
終わるやいなや国民全体がいかに戦争に没入したのか…まるで嘘のように感じられたことと同じ」と一喝する。

著者は小泉の靖国参拝を‘愚かな固執’と指摘する。韓国と中国は‘ドイツ式謝罪’を粘
り強く要求したが小泉は微動だにしなかった。このような小泉の固執のため国連組職改編
の時のドイツは常任理事国進出を認められるが、日本は難しいとのことが著者の診断だ。

戦力保有権の自発的放棄と交戦権を否認した日本憲法第9条2項を直していわゆる‘普通
の国家’になろうという改憲論者の動きに対する憂慮も出る。日本はアメリカと安保条約
を結んでいるが、憲法を言い訳として「一緒に血を流そう」というアメリカの要求を軽く
拒否することができたというのだ。「誰も死なない、誰も殺さない不戦国家の自負心」を守ろうということが著者の主張だ。

安倍晋三現総理が小泉の政策を事実上受け継いでいるという点で、読んで見るに値する。
日本資本主義システムの問題を赤裸々に現わしたライブドア事件、女性天皇即位論争など
日本を賑わせた議論も盛られている。日本言論社である日経BP社ウェブサイトに
2005年3月から1年間連載した文をまとめた。

ソース:京郷新聞(韓国語)でたらめな小泉改革、日本は今さらに危機だ
http://news.khan.co.kr/section/khan_art_view.html?mode=view&artid=200610201628371&code=900308
http://img.khan.co.kr/news/2006/10/20/6j21k02a.jpg


114 :無名草子さん:2006/10/25(水) 03:50:17
瞑想法としての比較
TMは極めて静的な瞑想法で長年実践すると瞑想者は隠遁者の性格をおびるようになる。
家庭生活は崩壊し、社会性を失った瞑想者は会社をやめ、コミューンで生活したり瞑想教師
になったりする。西ドイツでは社会問題化し、当時のボン政府からTMはカルト団体に指定れた。
TMの欠点を知っているボブはより適切な四つのマントラとチャクラ、ヤントラの観点を加味し
たフルフィルを開発し、普及に努めた。現在は価格面でもTMよりはるかに安い。ただし、ボブ
は次から次へと新しいマントラを導入し、そのたびに瞑想者から金銭を集めてタイのリゾート
ビジネスに投入しており、集金システムに載せられてしまうとTM同様危険。


115 :無名草子さん:2006/10/25(水) 21:01:46
第87回 イラク・北朝鮮問題で露呈したアメリカ覇権主義の幻影 (2006/10/25)
http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/tachibana/media/061025_genei/

116 :無名草子さん:2006/10/25(水) 21:41:48
戦前の日本の悪口を書かせたら立花が一番だろうな

117 :無名草子さん:2006/10/27(金) 16:06:26
第88回 この国の将来を委ねた安倍総理一族の魑魅魍魎 (2006/10/26)
http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/tachibana/media/061026_ichizoku/

118 :無名草子さん:2006/10/27(金) 20:12:59
土日は神保町すずらん祭りへ

119 :無名草子さん:2006/10/27(金) 20:45:44


【教祖立花隆センセイの華麗なる予言歴】

・ライブドア事件は東京地検が全力で挑んでいるので、ロッキードばりの
 政界スキャンダルに発展すると予言

・富田メモのせいで靖国反対派が国民の絶対多数となるのは確実と予言。
 参拝で国民の喝采を得ようとしていた小泉は窮地に追い込まれたと大喜び。

・2005年の郵政解散について選挙前に「小泉政権側の敗北」「小泉時代の終わりの始まり」
 と大はしゃぎ。小泉勝利の可能性は「ほとんどない」と予言。

・小泉は任期で辞任せずに続投すると予言。それが外れると今度は
 「小泉はキングメーカーとして安倍を支配しつづける」と恥の上塗り。

http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/tachibana/media/

さっと流し読みした程度でこれだけ。
これ以外にもきっこや二階堂をソースにした電波記事がちらほら。
こういう人を「知の巨人」とかいってる団塊のオッサンは
脳みそが腐ってると思う。




120 :無名草子さん:2006/10/28(土) 08:41:02
>>117
知の巨人とかつて言われた人物が、週刊誌の記事をうのみにして、安倍総理批判。
安倍もうさんくさいが、週刊誌の記事を疑いも無く受け入れて、挙句の果てには
金正日の暴走は、安倍が追い詰めたせいだ、と言う立花氏の脳も多分に怪しい。

http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/tachibana/media/061026_ichizoku/index.html

「脳」に関する本を書くよりも、自分の脳のチェックをお勧めする。

121 :無名草子さん:2006/10/28(土) 08:42:13
「脳」に関する本を書くよりも、自分の脳のチェックをお勧めする。
は、>>117ではなく、立花氏にむけて、です。念のため。

122 :無名草子さん:2006/10/28(土) 08:43:59
もうボケてんね

123 :無名草子さん:2006/10/28(土) 13:04:26
>>122
 そ、痴の虚人

124 :無名草子さん:2006/10/31(火) 06:47:59
知の巨人

恥の虚人

痴の廃人

125 :無名草子さん:2006/10/31(火) 12:24:54
痴の虚塵

126 :無名草子さん:2006/11/02(木) 09:57:14
第89回 東大生にも蔓延!履修漏れ問題 「ゆとり教育」が国を滅ぼす (2006/11/01)
http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/tachibana/media/061101_yutori/

127 :無名草子さん:2006/11/03(金) 02:41:21
留年したアホが何を言うか

128 :無名草子さん:2006/11/03(金) 10:57:27
単なる自民党の悪口を書いているおじさんになってしまったね。
いんちき科学ライターはまだやってるのか?

129 :無名草子さん:2006/11/05(日) 11:36:28
>>119
きっことか二階堂を賞賛していた。
批判精神旺盛な割りに、
盲目に賞賛して、自分の評価を下げることに
いい加減気づかないのか?

まあ、朝日と日経だけしか読んでないとこうなるという
いい見本か?

130 :無名草子さん:2006/11/18(土) 09:38:04
第90回 踏みにじられた教育基本法審議 安倍アナクロ強権政治の誕生(2006年11月17日)
http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/tachibana/media/061117_kyoikuho/

131 :無名草子さん:2006/11/26(日) 17:23:57
 イジメ自殺が社会問題となっている。新聞でもテレビでも識者と称する恥知らずたちが、
おためごかしの助言を垂れ流して小銭を稼いでいる。イジメに苦しむ少年少女よ、あんなものが
何の役にも立たないことは、君たち自身が一番良く知っている。唯一最良のイジメ対処法は
報復に決まっているではないか。

 実はイジメ自殺は何年かごとに社会問題となり、そのたびに真実の声が良識という名の
愚論によって圧殺されてきたのだ。十一年前にもイジメ自殺が相次ぎ「少年ジャンプ」が
悲痛な叫びを特集連載した。それをまとめた『いじめレポート』(集英社)にこんな声がある。
「徹底的に体を鍛えた。復讐(ふくしゅう)のために…。やられる前にやれ!」(A男)。
A君は拳法、柔道で「歩く凶器」となり、イジメを粉砕した。睡眠薬自殺未遂のC子さんは、
死を思う気持ちよりも「憎しみの方が強くなった」「私もガンガン殴り返す」「女でも
やるときはやるんだ!」。別の女児もこう言う。「どうしても死ぬっていうんなら、
いじめた奴に復讐してからにしなよ」

 学校では報復・復讐は道徳的な悪だと教える。しかし、それは嘘だ。人間が本来的に持っている
復讐権を近代国家が独占したに過ぎない。大学で法制史を学べばすぐわかる。復讐は道徳的には
正しいのだ。現に、ロシヤに抑圧され続けたチェチェン人は果敢に復讐をしているではないか。

 被害者が自ら死を選ぶなんてバカなことがあるか。死ぬべきは加害者の方だ。
いじめられている諸君、自殺するぐらいなら復讐せよ。死刑にはならないぞ。
少年法が君たちを守ってくれるから。(評論家・呉智英)


ソース:イザ!
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/books/breview/29130/
前スレ(立った時刻 2006/11/26(日) 13:19:05)
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1164514745/l50





132 :無名草子さん:2006/11/29(水) 00:16:30
第91回 平沼赳夫を男にした郵政造反議員の復党問題(2006年11月28日)
http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/tachibana/media/061128_fukutou/

133 :無名草子さん:2006/12/09(土) 09:58:31
本をたくさん読めば頭がよくなるとは限らないということを証明した人

134 :無名草子さん:2006/12/10(日) 17:48:12
無知の虚塵

135 :無名草子さん:2006/12/13(水) 22:59:14
超能力

136 :無名草子さん:2006/12/15(金) 05:51:01
立花は単語を羅列しているだけ。
意味はわかっていない。


137 :無名草子さん:2006/12/20(水) 19:46:05
猫背に苦虫を噛み潰したような顔
こいつって年とともにどんどんキモクなっていくな。

138 :無名草子さん:2006/12/20(水) 22:35:42
この人、清田少年のスプーン曲げを信じてたんだよね。

139 :無名草子さん:2006/12/21(木) 03:40:17
本人は自信があるようだが、文章下手だと思う。
長くてはっきりしない文。


140 :無名草子さん:2006/12/21(木) 13:27:19
だがそれがいい
頭良さそう

141 :無名草子さん:2006/12/23(土) 00:00:35
第92回 ソニーはどこへ向かうのか PS3の可能性と不透明な未来 (2006/12/21)
http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/tachibana/media/061221_ps3/

142 :無名草子さん:2006/12/23(土) 09:06:54
職業知識人の代表

143 :無名草子さん:2006/12/23(土) 19:46:07
( `∀´) 似非同和団体(大阪と奈良に多い)
( `∀´) 似非右翼愛国団体(大阪と奈良に多く産経の報道で動く)
( `∀´) サラ金業者(産経が必死に庇う団体)
( `∀´) 在日(関西に多く在住)
( `∀´) ヤー公(山口組は神戸だが弱小組は大阪、奈良に多い、産経購読者多し)
( `∀´) 白装束(教祖が産経大好き)
( `∀´) 統一協会(霊感商法で問題の韓国のカルト団体で信者は産経や世界日報を購読)
( `∀´) 産経新聞(愛国を自称しているが似非愛国で統一協会と関係が深い、全国紙を
自称しているが大阪・奈良で全部数の6割強)


144 :無名草子さん:2006/12/24(日) 01:47:19

オバタリアン (c)堀田かつひこ 竹書房
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya_images/246obatarian4.gif

立花隆氏 近影
http://www.spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/exhibition/img/kazuki/tachibana.jpg


オバタリアン (c)堀田かつひこ 竹書房
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya_images/246obatarian4.gif

立花隆氏 近影
http://www.spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/exhibition/img/kazuki/tachibana.jpg


オバタリアン (c)堀田かつひこ 竹書房
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya_images/246obatarian4.gif

立花隆氏 近影
http://www.spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/exhibition/img/kazuki/tachibana.jpg


145 :無名草子さん:2006/12/24(日) 05:40:44
立花の筆跡を見れば信者はいなくなる。
あんな汚い字は見たことが無い。。。


146 :無名草子さん:2006/12/24(日) 19:22:59

  o   。         ______o  O   。    。 °
 。 ○  o    ○   /  ィ     ○  o    ○
        o      /ニニニ)⌒ヽ        o
    o         (丶`∀´)___)
  ○   。  ○  /○  ○) /|,. o       O  o
。  o    o   ∠∠______∠_/ /     ○
      o    .| 統一協会 |_/  ○   。  o  O 。
 o  O     / ̄ ̄ ̄/ ̄   o    。
      。  ノ      /    o         O
 o   o  ∧ ∧___ノ)∧ ∧___ノ)    。   o      ○
   o   (堰ヘ) (堰ヘ) つ  o   °      o   。
 。   o ∪-∪'"~ ∪-∪'"~  。  。 o   °o 。
     __  _ 。    __   _  o  o__       _ °
  __ .|ロロ|/  \ ____..|ロロ|/  \ __ |ロロ| __. /  \
_|田|_|ロロ|_| ロロ|_|田|.|ロロ|_| ロロ|_|田|.|ロロ|_|田|._| ロロ|_

ドス黒い頭の産経さんは いつもみんなの笑いもの
でもその年のクリスマスの日 文鮮明は言いました
金のないときゃ バレバレの おまえの嘘も役に立つのさ
いつも泣いてた産経さんは 今度こそはと喜びました


147 :無名草子さん:2007/01/15(月) 19:07:18
立花隆のエネルギーは凄いと思う


148 :無名草子さん:2007/01/26(金) 23:42:21
第94回 日銀はなぜ利上げを見送ったか 政府介入で失った「国家の冨」 (2007/01/23)
http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/tachibana/media/070123_riage/

149 :無名草子さん:2007/01/26(金) 23:56:14
立花隆の新刊です

書籍名 ぼくの血となり肉となった五〇〇冊 そして血にも肉にもならなかった一〇〇冊
著者名 立花隆/著
出版社名 文藝春秋
発行年月 2007年1月
価格(税込)1,890円
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/r0227891

150 :無名草子さん:2007/01/27(土) 21:38:39

で脳を鍛えるの続編はいつ出るわけ?

151 :無名草子さん:2007/01/30(火) 18:26:26
第95回 明治の「バラバラ事件」もヒット 読売新聞の記事DBを体感 (2007/01/30)
http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/tachibana/media/070130_kijidb/

152 :無名草子さん:2007/02/02(金) 17:09:17
第96回 「女性は子供を産む機械」発言で湧き出る安倍「大政奉還」論 (2007/01/31)
http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/tachibana/media/070131_umukikai/

153 :無名草子さん:2007/02/10(土) 00:56:41
第97回 お粗末大臣のクビを切れない安倍内閣の「弱さの理由」 (2007/02/09)
http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/tachibana/media/070209_osomatsu/

154 :無名草子さん:2007/02/20(火) 21:10:02
>>150
彼が、この30年で書くと言って書いていない本を挙げてみよう。

・「きみたちはどう生きるか」みたいな少年少女向けの本
 >月刊PBインタビューで発言
  原稿は途中とのこと

・日本共産党の研究・宮本身分帳の真実
 >現代の眼・本多勝一との対談で発言
  ほとぼりが冷めたら書くとのこと

・インディオの聖像
 >朝日新聞コラムで述べた
  (10年前に)時のローマ法王にツカ見本まで献本している

あと、書くとは言ってないけど「不破上田兄弟論」も、まとめていないね。
もう、大して興味ないだろうけどw

155 :満族:2007/02/20(火) 21:58:21
王様は裸だと叫んだ子供がスッポンポンの王様になってしまった

156 :無名草子さん:2007/02/21(水) 00:45:47
>現代の眼・本多勝一との対談で発言

本多は立花と「文春の雇われライター」「共産党の研究はできても自民党の研究はできない」って罵倒してたんだけどな。対談してるのか?


157 :無名草子さん:2007/02/21(水) 12:00:14
>>148
相変わらず、経済知識もトンデモだな、このおっさん

158 :無名草子さん:2007/02/21(水) 17:09:14
>>156
78年2月号ね。

「罵倒」していたのは松浦総三なんかじゃないかな。
確か「文芸春秋の研究」とかいう単行本が松浦の肝いりで刊行されたけど、中身はイマイチだった記憶がある。

本多は立花に対しての態度は保留だったようだ。そのことは立花・本多対談でも触れられている。
松浦と本多のその辺についてのやり取りは「貧困なる精神6」に掲載されているらしい。当方、未読。

この対談では、宮本身分帳をどこから持ち出したのかを本多が立花に尋ねている。
しかし、誌面での立花の回答にあたる部分は4箇所にわたって「・・・・・・」と沈黙したかのような表記となっている。
そして立花は「10年くらいたってほとぼりが冷めたら書いてやろうと思っているんですけどね」と発言している。

この発言があってから30年が経過している。宮本顕治は存命のようだが、もう百歳になるはずだ。
おそらくは、宮本の死去が判明したときに、大急ぎで文春あたりに当時のいきさつを執筆するのではないかと思われる。

159 :無名草子さん:2007/02/22(木) 20:29:57
第98回 政権の命取りになるか 安倍首相の健康問題 (2007/02/21)
http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/tachibana/media/070221_kenkou/

160 :無名草子さん:2007/02/22(木) 21:33:53
>>159
「老化」の一点に絞って、自分の体験や過去の取材を引っ張り出しながら淡々と書いて、徹底的に安倍を痛めつけるのだから相変わらず大した芸だ。
いや、皮肉じゃなくてホントに。

「『田中真紀子』研究」だって、悪く言えば焼き直しなんだが、それでもドロドロ系を混ぜつつまとめる手腕はウマイよ。
引用でも再利用でも、読ませれば勝ちじゃないの、って思う。
立花の能力の一つは、大量の情報をまとめ直し、秩序を付けて提供するところにあるのじゃないかな。

以前、Web現代や週刊現代でコラムを書いていた頃は冴えがあったけど(それをまとめたのが「同時代を撃つ」)、日経BPのコラムはどうもなぁという気がしていた。
堀江について二階堂ドットコムに寄りかかった「お手付き」なんかは門外漢が読んでも危う過ぎた。
最近の彼の話は「憂国の情」が多いのだけど、あまり面白くない。
そういってはナンだけど、お歳のせいかもしれない。
ペダンティックでいいからオピニオンはそこそこにして話を解説してくれた方がいい。

日経BPのコラムって、ページが多いよね。
Web担当者がページビューを稼ぐために分割しているのだろうけど、あれ止めてくれないかな。ウザいよ。

161 :無名草子さん:2007/02/22(木) 23:09:29
>一説によると(週刊現代など)
馬鹿丸出し

162 :無名草子さん:2007/02/23(金) 20:12:56
全国紙が必ずしも信用できないのと同じように、週刊誌だからといってホラ話ばかり書いてあるわけではない。
週刊誌の政界情報のネタ元は、記者クラブ詰めの記者であることが結構多い。
彼らは、記者クラブなどの縛りで書けないことをネタとして流したり、小遣い稼ぎに筆名で週刊誌の原稿を書いたりする。
無論、情報を操作しようという権力者におもねって、読者をミスリードするような情報を流す者もいる。

メディアリテラシーと良く言われるが、マスコミを通じて情報を得る限り、大部分の人間はメディアのブランドで情報の取捨選択を行うしかない。
もちろん、「効力抜群の食品がそんなにゴロゴロあるわけがない」といった「常識」で健康番組の当否を判断できる場合もある。
が、込み入った社会問題や法律問題、国内・国外の政治動向などは、大部分の人間にはウラの取りようがないジャンルだ。

近年、立花はサイエンスでの執筆活動が多いが、いわゆる社会ジャーナリズムの分野では二次情報ウォッチャーとしてコラムなどを執筆している。
ちなみに、彼がデータマン(取材記者)を使って執筆したのは「田中金脈」「ロッキード」「日本共産党」「農協」くらいで、後は個人で取材を行っている。
データマンを使わなくなったから質が下がった、とは言い切れないだろう。
過去、データマンを使って立花が扱ったテーマは、ファクトを特定しやすい、あるいは何をもってファクトとするかが分かりやすいものだったのだ。

社会ジャーナリズムの分野に限ってみると、彼が批判されているのは次のような点だ。
政治問題についての予想外れ(思い込みが過ぎていたようだが)、金融の知識不足、ウラ取りできない情報源への依存。
社会ジャーナリズムの分野で、立花隆は信用するブランドと言うには残念ながら心もとない。
が、昔からのファンとしては、欠点を差し引きながら今後も楽しんでいきたいと思うw

163 :無名草子さん:2007/02/23(金) 20:52:29
この人は存在自体が面白いんだから
エッセイとか日記とか書いてればいいよ。
『ぼくはこんな本を読んできた』とかは最高に面白い。

164 :無名草子さん:2007/02/23(金) 21:45:23
>>163
それだけじゃ、ネコビルの借金は返せないんじゃないの?

165 :無名草子さん:2007/02/23(金) 22:01:15
立花氏は一般市民が情報を手に入れられなかった時代には有用だったのだろう
書籍をたくさん読んで情報収集することはかつては難しかったから
でも今じゃあネットでどんな情報も手に入れられる時代
要約者はいらないんだよね

166 :無名草子さん:2007/02/24(土) 07:14:29
>ちなみに、彼がデータマン(取材記者)を使って執筆したのは「田中金脈」「ロッキード」「日本共産党」「農協」くらいで、後は個人で取材を行っている。

日本のジャーナリズムの金字塔系の仕事がすべてデータマン依存だな
この人は取材能力は高くない
情報をまとめるのはうまいけど


167 :無名草子さん:2007/02/24(土) 15:48:48
>>166
取材能力が高い低いの定義によるけど、彼は高いのじゃない?

所謂「ジャーナリズム」系の仕事で立花個人が取材を行ったのは「中核vs.革マル」くらい(資料集めには編集者が協力したようだ)。
この仕事で取材力が格別、低いということはないだろう?

立花が近年、主なフィールドにしているサイエンスでは、彼の取材能力が存分に発揮されているじゃない?
彼は仕事をするにあたっては、取材相手が書いた文字情報は原則的にすべて読んでからインタビューしているそうだ。
実際、「宇宙」「脳死」「電脳」「サル」などなど、単なる読み物以上の内容があると思うよ。
中でも「宇宙からの帰還」で宇宙飛行士から内面に関わるコメントを引き出したのは大きな功績じゃないかな。

もちろん、彼の日経BPでのコラムなどの内容がイマイチといったことに対しては批判されて然るべき。
彼の難点は、論の構築にあると思うね。

168 :無名草子さん:2007/02/24(土) 17:55:52
>>165
立花の能力は要約ではなくて、組み換え・整理だと思うよ。

確かにインターネットではさまざまな情報が入手できる。
ちょっとした調べものならWikipediaでも使えば間に合ってしまう。
サイトの中には本一冊分になりそうなくらい情報量が多いものもある。

でも、ネットで得られる情報の多くは断片的じゃない?
ある事柄について、例えば新書一冊分のまとまった体系・分量を得ようとすると大変だ。
分野によっては、集める側に前もって知識がないとアタリさえ付けられない。

特に最先端の研究者の中にはブログを書かない人も多いし、情報を得ようとしたら出かけていって取材するしかない。
立花は勉強大好きだから、新しい分野も独学でモノにしてしまうわけだ。執筆によるアウトプットよりもインプットしている方がホントは好きらしい。
学問的な書物を相手にしたときは「二次情報ウォッチャー」の面目躍如たるものがある(ネットではガセも掴むけどw)。

それに、彼のレポートは、研究論文のような構造化されたものではなく、一般の人間でも取っ付きやすいスタイルだ。
そもそも、彼は執筆する際にコンテは立てないそうだ。
仕入れた情報をシャッフルして書き下す能力が彼の特質だと思うよ。

学問に限らず、人間の営みが細分化されて複雑化していくと、門外漢には理解しにくいブラックボックスが無数に出来る。
それを一冊にまとめ上げて一般にも分かるようにする能力は、これからも求められると思うな。

169 :無名草子さん:2007/02/25(日) 18:20:50
>立花が近年、主なフィールドにしているサイエンスでは、彼の取材能力が存分に発揮されているじゃない

されてない。基本的にサイエンスの素養がないから、世間にアピールしたい研究者の
たぶんにはったり過剰の自己宣伝をそのまま活字にしてしまっている。また基礎的な
誤りも多く、つっこまれて反論できなかった。

170 :無名草子さん:2007/02/25(日) 18:47:31
要するにどの分野でも専門家には及ばないってことだね

171 :無名草子さん:2007/02/25(日) 19:01:25
専門のことを分かりやすく伝える専門家だと思えばいいのではないでしょうか

172 :無名草子さん:2007/02/25(日) 20:22:03
プロのゼネラリストとか言ってたなw

173 :無名草子さん:2007/02/25(日) 21:08:41
>>169
おそらく「立花隆の無知蒙昧を衝く」のことだよね。
「犬は吼えても歴史は進む」と並ぶ立花ファン必読の一冊。

専門家であるというブランドに従えば「蒙昧」の著者である佐藤進の方が正しいのかもしれない。
正直、立花レポートと「蒙昧」のどちらがどれだけ正しいかは分からない。
この辺が、一次情報を知らない者(オレのこと)の限界だな。

それとは別の話だが、「蒙昧」の中で著者が批判の対象としている立花レポートを読んだ時に覚えた妙な感触を思い出した。
それは、立花レポートには「元気が出る先端科学」のような楽観的に過ぎる論調が感じられるということだ。
あれだな、経営者が業績が悪くて鬱になっても日経産業新聞とか読むと「まだまだ日本も捨てたもんじゃない」って元気になるような類の話だな。
雑誌掲載だから、多少は煽りのサービスが入っているのだろうけど、ちょっと危険な気がした。

ということで、立花レポートで学者が勉強したら困るが(ンな奴はいないだろうが)、一般人が「そんな話もあるんだ」程度で読むなら別にいいんじゃない?
オレは結構、許しちゃうけどな。
しかし、考えようによっては「あるある大辞典」と同じような話だなw
叩かれたから、今後は少しは控えるんじゃない?

立花には、オカルトとか、女性に対するスタンスとか幾つか「弱点」がある。
これを知ってウォッチするのも楽しみの一つだと思っている。

あ、立花は「つっこまれて反論できなかった」の? 「反論しなかった」の?
「反論できなかった」立花のコメントがあるなら出典を教えてほしい。
論駁が得意の立花が、ぐうの音も出ない様になっているのは見ものだからw

174 :169:2007/02/26(月) 10:55:03
>立花レポートには「元気が出る先端科学」のような楽観的に過ぎる論調が感じられるということだ。

おもろい。立花は民主主義精神=科学みたいな時代風潮の中で育ってるから、基本的に
サイエンス賛美、科学技術立国こそが日本の未来みたいな人


175 :169:2007/02/26(月) 11:00:26
反論しなかったよ。できなかったんだろう。明らかに間違えたから。脳死やロッキード、共産党のときは論争したけど、今回はできなかった。
実は共産党のときは、日狂の重箱の隅を顕微鏡でツツクつっこみを入れられてる。
で連載当時の史実の細かい誤りはそれをみて訂正してる。
でもそんなことは大筋にはどうでもいいこと。
しかし、理系リポートの場合は致命傷になるな。
佐藤進ってのは反原発とかやってる工学者で、学者としては二流。インチキ科学史みたいな
こともやってるどうってない奴だけど、曲がりなりにも学者だからね。
立花批判としては東大の学生が書いた本のほうが効いたと思うよ。

176 :無名草子さん:2007/02/27(火) 01:23:03
173だけど、

>>174
日経BPのコラムで、PS3=スパコンみたいな書き方をしてしまうところが(意図的なんだろうけど)どうも筆が滑っているよね。
立花は久夛良木健と対談したら、イケイケドンドン主義で話が合うのじゃないかという気がした。

>>175
サイエンスに関しては、ところどころヘンな箇所もあるんだろうね。
ま、利根川進とそれなりに対談しているから、全否定するレベルでもないのじゃないかと、オレとしては思っている。

「田中裁判論争」「脳死論争」が起こったのは、総合誌で叩かれたというのが大きかったのじゃない?
「サイエンス論争」が始まらないのは、立花への批判が書籍によるもので総合誌ではないこともあるのじゃなかろうか。
それに立花としては「論駁は余り生産的な活動でないから、やりたくない」というのもあるんじゃないか、と勝手に推測している。
今の時代に論争を始めると、ネットを巻き込んでそれなりに大騒ぎになるし。
立花がブログではなく、サイト内のコラムという場所を選んでいるのは、それなりに賢いのかもしれないw

「共産党論争」は共産党のメディアだったけど凄い物量作戦だったなぁ。
上でも書いたけど、立花が宮本身分帳の話を蒸し返したら、今の共産党もあの時のような情宣活動をやるんだろうか(やらないだろうな。宮本は過去の人だし)。

177 :無名草子さん:2007/03/02(金) 00:21:42
今度は「ブラックジャックによろしく」に入れ込んでいるようだ。

日経広告手帖
人気ベストセラー「コミック」の社会的認知度を高める。
潜在読者をターゲットに話題性を強く浸透させる広告に
http://www.nikkei-ad.com/techo/2004/02/topics02.html

>特に、立花隆氏には、予定外の量のコピーを寄せていただき、
>また、東大での講義の素材に採用いただいたりと、話題づくりに
>貢献してもらいました。社会的な認知度を高めたい、また「社会
>現象」として多くの人たちの話題にしてほしい、という編集と宣伝
>部のもくろみはほぼ達成できたとおもいます。

こんな医者は実際の医療では通用しない!
http://www.amazon.co.jp/ブラックジャックによろしく-6-モーニングKC-佐藤-秀峰/dp/customer-reviews/4063288935
>立花隆の書いている推薦文にも違和感をおぼえる。
>私が主人公の上司だったら、なんにも知らない若造が、
>勝手なことをするな!!と怒鳴りつけて臨床の仕事は
>させないだろう。 以上、現役で最前線で連日、患者と
>苦楽をともに戦っている医師の意見でした。

178 :無名草子さん:2007/03/02(金) 22:25:24
>しかし、画像圧縮の技術だけは、国際標準化の話し合いが見事に実を結び、
>静止画はJPEG、動画はMPEG1とMPEG2で統一され、ハードウエアのメーカーが
>ちがってもメディアがちがっても、ソフト・メーカーがちがっても、
>みんな同じ方式を使うようになったので、情報通信の世界で画像情報化が
>一挙にすすんだのは、よく知られる通りだ。

最新の日経BPのコラムだけどさ、ちょっと、なんてのかなぁ〜

こないだもさ、「政治家一人一人に」だったかな、
「国民一人一人に」だったかな、ちょっと忘れたけどね、
「20メガのスペースを与えて情報発信できるようにするといい」なんて
書いていた。もうマルチメディアの時代なのにねぇ〜

こんな感じで素粒子だとか脳の話もしてるんだろうな。まぁ、ちょっと
実際に現場で少しでも仕事してみたらこんなボケたこと(ばかり)言わない
はずなのにね。ま、日経BPの編集者も教養無しってのがばれるね。

179 :無名草子さん:2007/03/03(土) 12:21:10
第99回 画像処理技術に革命もたらした東大安田浩教授の最終講義 (2007/03/02)
http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/tachibana/media/070302_imaging/

180 :無名草子さん:2007/03/04(日) 17:15:13
東大生による批判本は概ね納得したけど、こいつツマンねえ奴だなあ、とも思ったな。
「将来量子力学を感覚的に理解出来るような人間が産まれるかもしれない」みたいな、ドリームな部分まで「意味わかんねえよ」
と切って捨てたり、「たった○○万年で銀河中に人間は播種出来る」みたいな主張を「万年単位は長すぎ」とか切り捨てたり。

181 :無名草子さん:2007/03/04(日) 22:41:00
今回の>>179は割とおもしろかった。

政治の話は外しまくりだからもうやめたほうがいい気がする

182 :無名草子さん:2007/03/09(金) 14:40:25
>>181
藻前、おもしろい?
その記事がぁ?

ちょっとコンピューターの仕事したことあるやつなら絶対
書かないような記事だぞ。ピント外れもいいとこだ。
編集者にどうやら問題有りだね。

それでも、立花隆こそが日本を代表するジャーナリスト
だってことは疑いないけどな。

183 :無名草子さん:2007/03/09(金) 15:35:41
知の巨チン

184 :無名草子さん:2007/03/09(金) 21:44:17
神保町のすずらん通りの東京堂書店によく立花さんいるね
なんでパーマやめちゃったの?

185 :無名草子さん:2007/03/11(日) 18:41:37
>>182
>それでも、立花隆こそが日本を代表するジャーナリスト
>だってことは疑いないけどな。
ここはお笑い小噺板ではないので、レス内にギャグを入れる必要はないよ。

186 :無名草子さん:2007/03/12(月) 17:09:20
>>185
でも、立花を批判しているやつの実績って、たいしたことないよ。
ただの、乞食フリージャーナリストだったりしてさ。

おまえも、その程度の人間だろ、どうせw

ま、立花の間違いは酷い時があるけどね。編集者もどうか
してるんだろ。

187 :無名草子さん:2007/03/13(火) 01:56:45
実績って何?
だいたい言ってることがどうかと実績は関係ないだろ。
それに実績を言うなら、立花は科学について何も言えなくなるぞ。

立花批判に対する反撃(反論になってない)って186みたいなのばっか
なんだよな。指摘されてることじたいに反論できないからしょうもない
茶々入れに走る。

188 :無名草子さん:2007/03/13(火) 21:51:12
今さ、
南原繁について書いた本、立ち読みしてきた。

もう圧倒されたよ。
まだまだ、すてたもんじゃないぞ。

てかさ、おまえ、挑発にうまくのってんじゃんw
サル程度だよ、おまえの あ た ま。ばーーーか。


189 :無名草子さん:2007/03/14(水) 21:48:30
もう少し知性の感じられる燃料を頼む。はい、やり直し。

190 :無名草子さん:2007/03/14(水) 23:41:45
>>188
立ち読みで済む話だった、ということでOK?

191 :無名草子さん:2007/03/15(木) 00:42:49
ぬこビル欲しい

192 :無名草子さん:2007/03/16(金) 22:31:42
読む価値があるのは「日本共産党の研究」くらいまでだな。

193 :無名草子さん:2007/03/17(土) 00:16:00
第100回 地球存続のカギ握る「核融合研究」最前線 (2007/03/14)
http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/tachibana/media/070314_kagi/

194 :無名草子さん:2007/03/17(土) 01:39:30
また飛ばしてるなあ 核融合は確かに水素は無尽蔵だけど、レアメタルと呼ばれる希少金属が核融合反応の継続には不可欠。世界中に核融合炉が建設されればレアメタルはすぐ枯渇しちゃうよ

195 :無名草子さん:2007/03/17(土) 16:51:38
脳死を書いた頃までは批判精神が発揮されてたように思うけど
(細かい点で正しいか正しくないかは別として)、それ以降の
科学ものは突出した専門家の受け売りになっちゃったな 
まあ科学ジャーナリストってその辺に限界あるだろうし、
需要があって本人も好きで書いてるから別にいいんだけどね

196 :無名草子さん:2007/03/17(土) 19:52:45
しらが

197 :無名草子さん:2007/03/18(日) 16:20:14
第101回 東大の「産業総論」で露呈 日本人の知力崩壊が始まった (2007/03/16)
http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/tachibana/media/070316_rotei/

198 :無名草子さん:2007/03/20(火) 23:04:19
自分の知力崩壊をまずなんとかしろよ

199 :無名草子さん:2007/03/25(日) 11:38:28
>>195
脳死もデタラメばかりだよ

200 :無名草子さん:2007/03/25(日) 13:55:39
第102回 タミフルに隠された真実 第二の薬害エイズに発展か (2007/03/24)
http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/tachibana/media/070324_tamiflu/

201 :無名草子さん:2007/03/26(月) 18:55:36
>>200
これはひどいなあ。浜六郎が信頼できる人間だと本気で思っているのか?

タミフルはTVと新聞が作り上げた「医療冤罪」ですよ。タミフル自体が危険だ
と断定するに値する確たるデータは本当にないんだよ。
週刊誌記者出身だから仕方が無いのか、最近の立花のワイドショー的な扇動は目に余る。まずいの
は立花というだけで信用する大学の先生や記者・ディレクターは決して少なくないことなんだ。

202 :無名草子さん:2007/03/26(月) 19:00:06
浜六郎
「高血圧は薬で下げるな!」
「コレステロールに薬はいらない!」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-url/250-6288123-1669017?%5Fencoding=UTF8&search-type=ss&index=books-jp&field-author=%E6%B5%9C%20%E5%85%AD%E9%83%8E
.................................

203 :無名草子さん:2007/03/28(水) 01:45:53
こいつマオイストだったの?

204 :無名草子さん:2007/03/28(水) 22:45:02
結局、立花の発言は素人に過ぎない。
当然、専門家は無視する。
ところが立花は専門家が反論できないと言って、
勝利宣言をしてしまう。。。
裁判の時も脳死の時もそうだった。

205 :無名草子さん:2007/03/28(水) 23:13:36
>>204
立花も角栄裁判の頃まではまともだったようだが。問題なのは、立花信者
は大学やマスコミ業界にはいまだに結構いることなのよ。

206 :無名草子さん:2007/03/30(金) 23:46:27
立花先生は知の伝道者でOK.
専門家と素人の間に立って、難解・マイナーな知識を
飲み込みやすく面白く加工して届ける仕事は成功してたと思う。

自分がメインに立って仕事をしだすと・・・外しまくりの「痴の虚人」 


207 :無名草子さん:2007/03/30(金) 23:56:36
日本のボブ・ディラン

208 :無名草子さん:2007/03/31(土) 00:48:01
>>205
角栄裁判の頃もどうかと思うが。言ってることコロコロかわってたし。
自分が持ち上げた証拠の不備を指摘されると、あんなものは
瓦一枚くらいのもんだとかうそぶいたりして。

209 :無名草子さん:2007/03/31(土) 23:03:50
タフミル問題よくわからんな。浜六郎って週間金曜日系の体制批判医師?

210 :無名草子さん:2007/04/04(水) 19:58:41
俺も医療素人なんで、なんともいえんがね。
浜六郎医師は、日本人の「クスリ好き」もしくは「クスリ漬け」を
批判してる人らしい。
>>201
一応、浜六郎医師は、タミフル使用での異常行動が統計的に有意に
認められると主張してるけど。
専門家的にはどうなんですか??


211 :無名草子さん:2007/04/04(水) 22:49:52
医学の常識に縛られすぎ
タミフルは飲まなくても死なない患者に飲ませるには危険すぎる
それだけで充分に処方すべきでない薬だ

212 :無名草子さん:2007/04/04(水) 23:58:26
客観的証拠があがらないかぎり迂闊なこと言わん方が利口だわな。
特にオカルトにはまってバカを晒した立花の場合、特に気を付けなくちゃならないのに・・・

213 :無名草子さん:2007/04/05(木) 11:30:26
>>211
根拠のない妄想乙

214 :無名草子さん:2007/04/05(木) 23:36:41
500冊の本を読んだが、読んだ本の内容に考えをかなり左右されるようだ。
問題なのは、自分よりレベルが低いと批判できるが
ちょっとでもレベルが高いと純粋まっすぐクンで
信じ込んでしまう。そのレベルが低いのもたまに傷。

02年に読んだ本の感想で5年後に日本は崩壊するだろうとか
もっと景気が悪くなるだろうとか(実際は逆だが…)
中国の脅威論に反論するが、アメリカの脅威には賛同する。
14歳の兵士でおなじみの南京戦を慰安婦よろしく「私が証拠だ」と
言われれば、無批判に信用してしまう。

あと、おっぱいとかエロ話はいくつになっても好きなのは
面白い。

215 :無名草子さん:2007/04/06(金) 23:21:18
昔からこいつは下ネタ大好きだよな。
他は誰も相手にしない、「噂の真相」の「代議士の○○はSMクラブの
常連だった!」とかいうヨタ記事も大真面目にとりあげて、
「権力者にこういう傾向があるのは否定できないのである」みたいな
ことを書いてたことがある。

62 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)