5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★☆★ここが変だよ!岩波文庫!★☆★

1 :無名草子さん:2006/04/24(月) 00:35:06
岩波文庫に対するちょっとした不満、激烈な怒りなどを徒然なるままにドカーンいやっほー!ぶちまけるスレ―――――――ー―――――ッッッ!!!!!!!!!!!!!!!!



2 :無名草子さん:2006/04/24(月) 00:39:42
需要少ないカス商品なのに返品不可。かと言ってある程度置いておかないと本屋として格好がつかないぐらいに名前がある。

3 :無名草子さん:2006/04/24(月) 00:39:56
2

4 :無名草子さん:2006/04/24(月) 21:16:01
文庫のくせにえらいプレミアがついているものがある。
『トリストラム・シャンディ』(三冊揃)が五千円だった。
『作家の日記』ドスト著(六冊揃+美装ケース)は一万五千円。
もっと高いやつある?

5 :無名草子さん:2006/04/25(火) 00:17:58
>>4
作家の日記ってちくま学芸文庫では? 岩波でも出てたの?

6 :4:2006/04/25(火) 18:08:45
出てますぜよ。
以下、岩波HPからのコピペ。

作家の日記  全6冊
ドストエーフスキイ
米川 正夫 訳

1873年週刊誌「市民」に約1年にわたって連載されたものと,
のち自費で刊行した雑誌「作家の日記」に2年余にわたって執筆されたものを含む.
内容は単なる日記ではなく,随想・評論・批評・創作など広汎におよんでいる.
円熟した作家の思想と生活体験のすべてを伝え,
ドストエフスキー研究に欠くことのできない貴重な資料.


7 :無名草子さん:2006/04/26(水) 08:33:09
>>4
シャンディ持ってる。
ツマンナイヨ

8 :無名草子さん:2006/04/26(水) 09:43:24
プレミアが付いてる文庫って岩波に限った話じゃないから
すれ違いじゃないかなあ。エンターテインメント系の文庫の方が
需要が多い分、えらい価格になってるのが多い。

また買切りも少ないとは言え(アスキーなど)あるんだから
岩波文庫ならではの話を聞きたい。
自分は特に思い付かないので。

私の大学時代まではグラシン紙だったので明らかに変だった(違ってた)けどね。

9 :無名草子さん:2006/04/26(水) 14:33:24
おいおい、ちょっとさあ、
人差し指を口の中に入れて外側にひっぱって、
「岩波文庫」って思いっきり言ってみな。
そうすると今の岩波の評価が聞けるよ〜。

10 :無名草子さん:2006/04/26(水) 16:11:00
岩波最高

11 :無名草子さん:2006/04/26(水) 17:59:53
最近の新しい版のやつなんか活字が馬鹿みたいにでかいやつがある。
ちょっと間抜けでやだ。
あと関係ないけどなんで芥川龍之介の「ある阿呆の一生」の
底本変えたのだろう?

12 :11:2006/04/26(水) 18:01:25
間違えた。底本変わったの「朱儒の言葉」の方だった。

13 :無名草子さん:2006/04/26(水) 18:09:56
>>11
私も改版の活字が嫌いだ。
だから目ぼしいものは改版が出ないうちに買い占めておこうと思う。
今の岩波文庫は改訳されると活字も変わる。その活字も嫌いだ。
阿部知二訳の『白鯨』は味わい深い活字を使っていたが今のは不恰好だ。
字を大きくすれば読みやすいと思っているらしいがあれは老眼の為の読みやすさだ。
一般の読者には視野内の文字数が減ってかえって読みづらい。

14 :無名草子さん:2006/04/26(水) 18:33:33

同じタイトルでも背表紙の色が微妙に異なるのはどういうわけだからですか?

15 :無名草子さん:2006/04/28(金) 07:53:41
色褪せじゃないの?

16 :無名草子さん:2006/04/30(日) 09:55:28
>>15
そういうわけでもなさそうなのがちらほら

17 :無名草子さん:2006/04/30(日) 14:05:56
色んなところに書いてるが、なぜ『新古今和歌集』に注釈が全くないのかと言いたい。
(古今や樋口芳麻呂氏絡みの詞華集にはちゃんとあるのに)

18 :無名草子さん:2006/04/30(日) 16:11:09
>>16
夏目漱石のなんかは明確に色違うよね

19 :無名草子さん:2006/05/01(月) 11:48:05
岩波はヘミングウェイが少ないよ!

20 :無名草子さん:2006/05/02(火) 03:12:45
紙の質が良くない。すぐに茶色になる。

21 :無名草子さん:2006/05/02(火) 18:13:52
背表紙の色が、意味もなく微妙に異なっているのが許せぬ!

22 :無名草子さん:2006/05/04(木) 09:10:48
ミステリーでいいじゃないか。

23 :無名草子さん:2006/05/04(木) 13:43:47
許せない!許せない雑多イに許せない並べたときの違う色いあやだいyただ!違
うウイ炉許せない許さない許せない!許せ何!
ゆるせないよおうおあycヴぉいあhyvnarabetanoni 並べたのにチアグ感
じ!h年名変な感じ!いやだいyだdいやだおやだ!いやだ!違う色いやだ!許
せないゆるせなくぃ!絶対に一生許せない!許せない許さない絶対に緩さ何緩さ何許さないよお
おお!いやだいyだいyだいやだ!許さないぞぞz!せっかく斧に同じ色なのに!違う
色!名の何同じ違う同じで違う!許せないいやどやだおやぢやぢやだいやだ!やだyだy
だyだyぢゃyやぢゃだ!いやだ許せない!絶対に許せない!なんで!なんで同じ色な
のに違う色!そんなのいやだ!許せない!せkっかく並べたのに!許せない!みんな分かって
くれないなんでいやだ!こんなにいやだってい
ってるのひ!いやだよ!許せ何許せない!許せ何!みんもう許せない!絶対に絶対に絶対に絶対に緩さ
何!緩さに緩さ何!緩さ何許さない!

許さない

24 :無名草子さん:2006/05/04(木) 13:52:29
たかが文庫本だろ…。
昔は文庫本と書いて捨て本と読んだくらいだよ。

25 :モンゴルイタリア人12世:2006/05/14(日) 09:53:55
返品許可

26 :無名草子さん:2006/05/14(日) 12:53:54
はよ、『USA』の続きを出せ。

27 :無名草子さん:2006/05/16(火) 17:13:49
地元の古本屋では絶版になった岩波本が未だに50円・100円で売っているので
重宝しています

28 :無名草子さん:2006/05/26(金) 09:29:18
その絶版の文庫がホコリをかぶったまま昔の値段でずっと新刊書店に売れ残ってます

29 :無名草子さん:2006/06/05(月) 01:31:43
>28
岩波じゃなくてその本屋に問題があるな。

30 :無名草子さん:2006/06/14(水) 00:54:23
絶版の本をブックオフなど安価な古本屋で買って、山陽堂書店で売れば?

31 :無名草子さん:2006/07/22(土) 19:27:10
文字が大きくなってページ数が増え、なんつーこったない値段が上がってるだけ。

32 :無名草子さん:2006/07/22(土) 20:09:35
「伝奇集」「ペドロ・パラモ」「アウラ・純な魂」「悪魔の涎・追い求める
 男」「むずかしい愛」「パロマー」を出版していた頃の岩波文庫は正直
 神だと思った。

33 :無名草子さん:2006/07/23(日) 04:06:54
ユリシーズの訳はどうなったんだ

34 :無名草子さん:2006/07/23(日) 04:08:03
文語文を現代仮名遣いに変えるなよ

35 :無名草子さん:2006/07/23(日) 14:41:48
そういえば、有閑階級の理論を昔、山陽堂で2500円で買ったなぁ。高すぎ。

36 :無名草子さん:2006/07/23(日) 16:58:11
ルソーの『告白』
トーマス・マンの『ファウスト博士』
トルストイの『コザック』

復刊してくれ!!

37 :無名草子さん:2006/07/23(日) 17:00:50
いやしかし最近活字小さい本読むのがつらい
遠視かなorz

38 :無名草子さん:2006/08/10(木) 15:00:03
岩波文庫の現代日本文学は終わってるよ。「観劇偶評」、「浄瑠璃素人講釈」、
「食道楽」なんて、いまどき誰が読むんだ?もう、ネタが尽きてるんじゃないの?

39 :無名草子さん:2006/08/10(木) 19:12:35
多少はいるんでしょ。

40 :無名草子さん:2006/08/10(木) 20:01:38
慥かにゐる。

41 :無名草子さん:2006/09/11(月) 08:33:21
いっそ、安東次男とか篠田一士とか中村真一郎とかを入れればいいのに。
『多情多恨』の解説を丸谷才一が書く時代なんだし。

42 :無名草子さん:2006/09/12(火) 19:16:01
丸谷才一を読んだ後、太宰治を読んだ。太宰治の文章は酷いと思った。

43 :無名草子さん:2006/09/20(水) 23:09:12
なんか、ワロタ。
太宰は酷いトコが好きなんじゃない、みんな。
もう死んじゃおうかな、とかさ。

44 :無名草子さん:2006/10/04(水) 00:05:03
滝本竜彦みたいだな。

45 :無名草子さん:2006/11/09(木) 23:35:57
基地外岩波!

46 :無名草子さん:2007/01/04(木) 14:23:30
岩波文庫の著者が全て故人になりましたとさ。

47 :無名草子さん:2007/01/11(木) 22:58:05
>>38
読んで悪かったな。

48 :無名草子さん:2007/01/12(金) 16:36:55
岩波文庫の選択はなかなかいいと思うよ。
単行本や新書はセンスゼロだけど。

49 :無名草子さん:2007/01/16(火) 00:57:13
青版時代の新書は一流だったけどね。

50 :無名草子さん:2007/02/11(日) 11:52:45
工藤庸子訳のコレットが三冊出てるけど、
クローディーヌシリーズも出れば岩波を見直すかも。

51 :無名草子さん:2007/03/06(火) 21:31:57
なんで危機の二十年が絶版なのよー

52 :名無し募集中。。。:2007/03/10(土) 18:08:13
>>48
(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

53 :無名草子さん:2007/03/10(土) 23:55:42
岩波文庫の上の部分「天」とか呼ばれてる部分がギザギザなのはなぜ??


54 :無名草子さん:2007/03/10(土) 23:58:20
>>53
…新潮文庫の真似



…ではなさそうだ

55 :無名草子さん:2007/03/11(日) 00:00:05
訳者を選んでくれよ。
水田洋には訳出させるな

56 :無名草子さん:2007/03/11(日) 00:03:55
頼むから活字を一新してくれ!!
細くて薄くて読みにくい。歳とっていよいよキツくなった。

57 :無名草子さん:2007/03/13(火) 01:06:45
売れないものは改訂できない・・・

58 :無名草子さん:2007/03/19(月) 07:29:44
>>53
フランスの真似っこです。
製本の仕組みを調べてみな。アンカットのほうが金も手間もかかる。

59 :無名草子さん:2007/03/19(月) 07:32:37
>>56
文庫本なんて廉価版なんだから、本をたくさん読みたい、勉強したい、
けど金がないっていう若い人こそ読むべき本だと思ってる。
んなわけで、年寄りはワイド版にでも乗り換えなさい。

60 :無名草子さん:2007/03/27(火) 12:24:13
角川ソフィア文庫から『新古今和歌集』が出たけど、
見開きの左側ページ全てを右側の和歌の校注・解説に使う親切っぷり。
「校注・佐佐木信綱」とか言いながら全く何も説明して無い
岩波版とえらい違いだ。


まあ、角川の方は親切さの代償で上下二巻なのだが...
岩波の千載和歌集なんて十分な解説付きで一巻なのに。

61 :無名草子さん:2007/04/09(月) 00:56:24
80年記念の改版・重版。
どう?

10 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)